「ホロ苦い青春」に絶対必要なモノとは? 及川圭哉MUSIC VIDEO『県営プール』

 

日本からのお客人接待の関係で
9月12日(月)と15日(木)のYouTubeトレード動画を
お休み告知させていただいた僕なのですが、

このタイミングで
新着のミュージックビデオが完成しましてね(苦笑)

「トレード動画出さない中で音楽かよ!」

とのお叱りを覚悟の上で公開させていただきます。

 

▼及川圭哉 新着MUSIC VIDEO
『県営プール』

「残暑」の曲なので可能なら8月中に公開したかったのですが、
制作に関わってくださったみなさまが多忙だったこともあり
このタイミングになってしまいました。

 

それはそうと、

僕に近い、いわゆる『昭和世代』の方には
あるいは「80年代全開」の楽曲と感じてもらえるかも知れず、
もしそうなら嬉しい限りです。

僕自身、80年代の音楽に最も影響を受けた人間のひとりでして
こんな感じの曲を作るのは至極当然なのかも知れません。

 

古き良き時代・・・

僕はですねぇ、
ただ「俺らの時代は良かった」とか

間違っても
「それに比べて今の若いモンと来たら」

そんなことを言うつもりは1ミリもなくて、
むしろ逆に思っているんです。

『今の若い人は本当に大変だ』と。

 

僕が青春時代を過ごした1980年代って
いわゆる高度成長期の真っただ中、
それでいてバブル経済のようなお金に対し狂乱する時期の前段階、

つまり『極めてちょうど良い経済状況』でした。

「一億総中流」などと言われていた時代で
必ずしも裕福とまでは行きませんでしたが、
少なくとも食うに困る心配は一切ありませんでした。

さらには戦争の「せ」の字も意識することない
実に平和な時代を過ごすことも出来たわけです。

 

お金の心配もなく、平和に対する不安もなく、
なんと恵まれた青春時代だったことでしょう。

そのおかげで、僕の世代は
恋愛や将来の夢に対し、安心して没頭することが出来ました。

もちろん「手痛い失恋」や
「夢破れる挫折」もしこたま経験しましたが、
そんなもん、今の若い人たちの閉塞感と比べたら屁みたいなもの・・・

いやむしろ「ホロ苦い青春」こそが
なんとも『贅沢』な経験だったのだと
僕は今、心からそのように思っているんです。

 

今年57歳になる僕が
もし仮に「7度目の無一文」に転落し、
そのまま再浮上出来ず野垂れ死ぬことになったとしても、
僕は一切後悔なくこの世を去れる自信があります。

そのくらい僕らの青春時代は恵まれていた、
そう思っているからです。

 

あぁ、、、
もっとも今の若い世代の人は僕が知らないだけで
彼らなりに青春時代を満喫する術を持っているかも知れず、

もしそうなら今僕が語っている話など
「オッサンの戯言」でしかありませんで、
むしろそうであることを願います。

実際はどんなもんなんでしょうね。。。

 

経済的な不安も、平和に対する不安もなく
青春時代を謳歌出来た僕の世代に対し、
そのいずれもに不安を抱えて過ごさねばならぬ現代の若者。

僕はそんな彼らに対し、
なんとも贅沢な『ホロ苦い青春』を過ごして欲しい、
そんな気持ちから作ったのが今回の楽曲なんです。

 

『お前みたいなジジイに心配などされなくとも
こちとら充分充実した時間を過ごしてるわ!』

若者たちからこう言ってもらえることこそを
心のどこかで望んでいる僕だったりするのです。

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

42 件のコメント

  • いつも有益な情報ありがとうございます。
    日々、勉強しながら自分の欲と葛藤しながらFXトレードに励んでいます。

    ロットサイズや資金管理の件で及川先生のご意見を伺いたくてコメントしました。

    自分はトレード歴2年の欲まみれの下手くそトレーダーです。
    一度負けると、一気に取り返したくなる気持ちが先行してしまいロットサイズを上げて、、、当然勝てる事なく溶かしてしまう事があります。(海外口座.レバレッジ500)

    例えば50万円の証拠金の場合、先生が思う適正なロットサイズはどれくらいでしょうか?
    また、1トレードで目指す利益はどの位でしょうか?

    よろしくお願いします。

    • 迷える仔羊さま
      コメントありがとうございます。

      >例えば50万円の証拠金の場合、先生が思う適正なロットサイズはどれくらいでしょうか?
      >また、1トレードで目指す利益はどの位でしょうか?

      ↑まずは僕のパターンから申しますと、
      僕は「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」を基準に置いてやって来ました。
      よって50万円であれば「0.5ロット×数発」を軸にすると思います。

      利益については
      ざっくり資金の2~3パーセント以上のイメージで組み立てていますが
      ここについては固執なく、なんといっても「当日プラス」を優先しています。

      ただし「適正」となるとなんとも言えません。

      僕が折に触れ申し上げるのが
      その人その人の性格や資金の性質などの違いについてです。

      例えば年齢が若い自営業者さんであれば
      リスク許容量が大きいケースが多く、そうであれば強気のロット設定もアリでしょうし、
      退職金でチャレンジするような人がこれと同じようでは危険過ぎます。

      性格面におきましても
      例えば30万の資金で10万くらいの利食い&損切りが平気な人もいれば
      3000万円の元手でも5万円の損切りが死ぬほど苦痛に感じる人もいるかも知れません。

      つまりこれらの問題については
      「答えはご自身の中にある」だと思うんです。

      ちなみに僕の上記ロット設定は世間的には「かなり強気」の部類のはずで、
      そこを踏まえた上でご参考になさっていただけたらと思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    恐る恐る、初めて歌聴きました(笑
    同世代として、
    正直ストライクでした。
    ハートカクテルを思い出したりして。
    切なくほろ苦い青春ですね。
    トレードも頑張ります!

    • キイロイトリ様
      コメントありがとうございます。

      >ハートカクテルを思い出したりして。

      ↑おぉ!忘れてました!
      なんとも懐かしいですね。

      週刊モーニング・・・だった記憶ですが
      「課長島耕作」や「ナニワ金融道」なども併せ、
      通勤電車で毎週発売日に欠かさず買って読んでいたことを思い出します(苦笑)

      貧乏でしたが良い時代だった、そんな記憶です。

      >トレードも頑張ります!

      ↑ぜひともがんばってください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもありがとうございます。新曲、拝聴しました。
    懐かしさを感じたのは、昭和から平成の時代で見てきた既視感からか、とブログを読ませてもらって理解できました。
    子供と公営プールへ出かけたこと、そこでのラーメンとカレーのセットをとても美味しく感じた事など思い出しておりました。師匠の楽曲は、前回もそうでしたが、その情景を強くイメージできるのでとても心に刺さります。
    お声も師匠だとは判るものの、やはり歌唱用の別のお声で、深く耳と記憶に残りました。
    エンドレスな挑戦を続けられるお姿からいつもパワーをいただいておりますのでで、発売のご検討をよろしくお願い申し上げます。
    自分も、多少負けようが諦めず挑み続けたいと思います。

    • 名古屋のShunさま
      毎回楽曲へのご感想をありがとうございますm(__)m

      >子供と公営プールへ出かけたこと、そこでのラーメンとカレーのセットをとても美味しく感じた事など

      ↑ですよね~、普通のシチュエーションでは絶対美味くないはずのものが
      僕もなぜか美味しく感じたものでした(笑)

      >発売のご検討をよろしくお願い申し上げます。

      ↑いや、まぁ、そこは現時点でまったくアタマにありませんで、
      とにかく動画が完成したら後悔しないために公開・・・
      そんなダジャレのレベルでもう少し続けたいって感じです。

      聴いていただけるだけで充分ありがたいですので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  • 当方、58歳になったばかりのおばはんです。
    素敵な曲をありがとうございます。
    確かに、確かに、そんな時代でした。

    • ヤッピー様
      コメントありがとうございます。

      58歳ということは僕の1学年先輩かと。
      完全なる同世代ですので
      話が噛み合いまくりでしょうね(笑)

      ありがたいご感想をありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様、歌を聞かせていただきました。
    懐かしい昭和を思い出させる歌ですね。
    今は閉塞感漂う世の中ですが、またいい時代が来ると思っています。
    素晴らしい歌をありがとうございました。

    • santensjp様
      毎度ありがたいご感想をありがとうございます。

      >今は閉塞感漂う世の中ですが、またいい時代が来ると思っています。

      ↑そうですね、そうあって欲しいと僕も心から思います。

      今後も懲りずに公開するつもりでおりますので
      よろしかったらどうかお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    いつもYouTube&デイトレ大百科で勉強させていただいております。

    その上で今回、実際にリアルトレードをするようなった中で

    「自分がチキンすぎて勝てていない → 自分はトレードに向いていない?」

    というのが浮き彫りになってしまい、それが悩みとなってなかなかエントリー自体できなくなってしまったという部分について相談させていただきたく、コメントいたしました。

    具体的に言いますと、

    ①エントリー後すぐ含み益になっても、相場が一瞬戻った(含み益が一瞬減った)時点で怖くなって微益決済してしまう
     → 我慢していれば当初の利確ラインに到達し、もっと稼げていた事が多数

    ②エントリー後、15分くらいグダグダされると「一気に逆行するのではないか?」と怖くなり、微益 or 微損のうちに逃げてしまう
     → 逃げなければ良かった事が6~7割で、トータルでは損している

    ③及川さんが仰る「怖いと思うところをやれ」 → 怖くてできない

    といった感じで、勝てる時はほとんどが微益、負ける時は微損 or 当初の予定通りの損切りとなり、トータルでは全然勝てていません。

    (ただなぜか損切りは躊躇なくできるので、損切りライン無視→全損といった経験は一度もありません。)

    よく及川さんがご自身の事をチキンだと仰っていますが、私は及川さんの比ではないくらいチキンなのだと自己分析しています。

    さすがにこれはダメだと思い、

    ・ロットを小さくして慣れる
    ・トレード中に含み益、含み損の金額を隠す

    というところから再出発してみたのですが、それでもあまり改善せず、最近はエントリー自体がなかなかできなくなってしまいました。

    技術以前の性格的な問題で、なにが悪いか概ね分かってはいるのですが、、、。

    人には向き不向きがあると割り切ってトレードを諦めるべきなのか、考え方を変えれば意外とすんなりイケたりするものなのか、もし差し支えなければ及川さんのご意見や経験談など、何でも結構ですので教えていただけると嬉しいです。

    お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

    • ゆーすけ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      状況はかなり理解出来たつもりです。

      率直な感想としては
      「近視眼的に観すぎ」です。

      もっとも短期デイトレ自体がそういう性質を伴ったモノなわけですが
      ゆーすけさんの場合、短期デイトレのスタイルを採用することで
      『より近視眼的になってしまう』という話だと思った次第です。

      そこで少々大胆なご提案をさせていただきますと、、、

      もし5分足現場でやられてるとするなら、
      MT4のスケールを一番遠くまで見れるスケールに変更し、
      現時点からそこそこ遠い前回高値または安値に到達したモノだけを逆張りで入る。

      その際損切りを30PIPS、利食いを50PIPSに設定しいったん放置。
      その後1~2時間後にチャートを確認し、いずれの決済にも至っていない場合はさらに放置。
      また、その時点で15PIPS以上の含み益となっていた場合のみストップを「建値+1PIPS」へ変更し、
      その後はリミットかストップに引っかかるまで完全放置。

      このようなやり方を
      デモ口座で繰り返し試してみていただくプランはどうかなと思います。

      本当はエントリー条件をもっと多岐にしたいところなのですが
      ここではまず「脱・近視眼」を計るという主旨をメインにしています。

      トレードとは主に、
      1.ファンダメンタルズ要因
      2.テクニカル要因

      このいずれか、
      もしくは双方のハイブリッドで分析し実行するのが一般的です。

      ゆーすけさんの現状は「テクニカルのみ」のはずで、
      決定的に「方向性の概念」が不足しているように思うんです。

      よって「耐えて良いのかも分からない」ゆえ、
      上下の値動きに右往左往しやすくなると。。。

      もちろん方向性への感度が先に高められれば言うことなしなのですが
      おそらくそこからやるのはかなり難しいと想像しました。

      で、あるならば「これ以上伸びない可能性が高い位置」から
      常に逆張りし、

      1.さらに伸びたら損切り
      2.伸びきれず失速、または反転したら大きな利食い

      このようなプランにまずはしておく方が分かりやすいのでは?
      そう思う次第です。

      要は「もう少し大きなレンジで勝負するクセをつけよう」という話です。

      上記プランは一例ではありますが、
      「決めたことを途中で変えない」という訓練をし、
      そしてそこで得た結果から何かを感じ取っていただきたい、という想いも強くあります。

      ただし、このような試みで大損してしまってはいけませんし
      デモ口座なら思い切った実験が出来るのではないでしょうか。

      「チキン」は僕も同じですし、短期デイトレをやる人は
      チャートをガン見しがちなため、そもそもチキンになりやすいです。

      ですので抜本的なやり方の変化を試すことで
      現状の打破を目指すのはどうかなと思うわけです。

      直近相場はボラも大きいので
      特に試す価値のある施策だと個人的には思います。

      今回重要なのは「収支の結果」ではなく、
      相場、さらには相場の方向性に対する『気付き』を得ることです。

      無理強いはいたしませんが
      片手間でも良いので試してみていただきたいと思っています。

      具体的なやり方は上記をアレンジしたモノでも良いと思います。
      そこに「ご自身なりの考え」を加味したモノであればなお良いと思いますので。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今回の作品も聴かせて頂きました。
    お声と歌の雰囲気がすごく合ってます!
    若い頃に誰もが通る、甘くホロ苦い季節感を感じるとともに
    今でも、そういうものは自分の中に沸々と残り続けているんだなって再確認です。
    (私はほぼ及川さんと同年代ですが)
    ありがとうございました!

    • 37abさま
      楽曲へのご感想をお寄せいただき
      本当にありがとうございます。

      >今でも、そういうものは自分の中に沸々と残り続けているんだなって再確認です。

      ↑ここ、とても大切だと僕も思っております。
      もっとも他人様に気づかれないように・・・ですけどね(笑)

      次作、懲りずに制作中でして
      良かったらまたぜひお付き合いください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております( . .)”
    今回の曲、とっても気に入りました。メロディが綺麗で、プロポーズや将来のことも考えて付き合っている歌詞の中の彼氏さんも素敵だなぁと。
    (あんまり最近の男性で見かけない良い意味で珍しいタイプ…笑)

    及川先生がブログで書かれているように、将来に不安しかない時代だなぁと思います。
    ときどき、私がもし平均寿命くらいまで生きられるとしたら、それまでの間に戦争や、パンデミック、その他諸々の問題が、起きないまま過ごせる可能性はものすごく低い…。早死した方がある意味幸せなのでは?とか思ったりします。
    今の彼氏と付き合い始めたのも、「キャリアなんていらないから、何があってもある程度平和に暮らせる田舎で早めに隠居しよう。結婚指輪も安いのでいいから、貯金しよう。」という考えが一致したから、という青春なんかとはかけ離れたものになってしまいました。
    お互いあの頃は心配性だったんだね、とか言いながら過ごせる老後が来ればいいなと願うばかりです( ˊᵕˋ 😉
    また次の新曲も楽しみにしています!

    ところで、最近海外口座を開こうかと思っています。
    以前から海外口座のゼロカットシステムは知っていたのですが、スイスフランショックのようなことがあった時は借金になるんでしょ、と思い込んでいまして…。
    及川先生の2019年のセミナーをYouTubeで見て、払えない借金はチャラ、というのが欧米では普通、ということに驚きました。ネットで調べたら、海外はゼロカットが義務のところもあったりと、日本に住んでいて常識だと思っていたことが完全に覆された気分です 笑

    おそらく、及川先生たちからすれば、こういったことは基礎的なことだと思うのですが、どこで勉強したらいいのでしょうか…?
    よろしくお願い致します。

    • 丁寧なご返信、ありがとうございます( . .)”
      経済の質問は周囲に聞ける人もいないので、本当に及川先生には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

      今日、日銀の為替介入があって、ちょっと怖い思いをしました 苦笑
      もともと、指標が多い一日だったことと指標がない時間でもクロス円がとんでもない動きをしていたので、デモトレードに切りかえて、リアルマネーと同じルールで取引していました。
      私の取引ルールは、天才チャートの1時間MAを基準に、MAより上ならロング、下ならショート、実態で逆側に抜けたら損切り(その他、通過の相関関係等)、リスクリワードは1対1くらいです。(大体利確は10pipsのところで指値してます)
      今日はユロドル、ポンドドルのショートの損切りから始まり、ドテンして損切りの半分くらいを取り戻したところで、クロス円の下げを発見しました。下げの勢いが強いと思ったので、ショートして、たまたま運良く10pips取って逃げられましたが、もし逆側に行かれていたら?、これがリアルマネーだったら?と思うと、とんでもない危ないことをしたなと…。

      予定されている指標の時は避けられますが、今日みたいな予想外の動きがあった時、できる限り巻き込まれずに済むように、なにかアドバイスを頂ければ幸いです。
      よろしくお願い致します。

      (しばらくクロス円は触りたくないです…笑)

    • ゆり様

      >今日みたいな予想外の動きがあった時、できる限り巻き込まれずに済むように、なにかアドバイスを頂ければ幸いです。

      ↑本音を言いますと「無理」がアンサーです(苦笑)
      突如発表される材料、これは突然だからこそ効果があったりするものでもあり、
      事前に少しずつ、なんてやっていたら効果そのものが消えかねませんので。

      僕が30分刻み突入前に含み益なら勝ち逃げしてしまう方針なのも
      この「相場はいつどんな突発的なネタが飛び出すか分からない」からでもあるんですよね。

      強いて言うなら
      直近動画でも話題にしていますが、
      ひたすらなんらかのネタで一方向に伸び続けている銘柄について
      皆が油断している時に得てして「逆行ネタ」が飛び出すのも相場あるあるでして
      そこは割と心の準備もしやすいのではないでしょうかね。

      僕がドル円140円突破以降、クロス円のロングは一切やっていなかったのも
      このあたりの怖さからでした。
      その代わり欧州通貨のショートはかなり安心してやっていました。

      その違いはなにか?

      欧州通貨に関してはウクライナ問題に対し、
      なんらか材料が出た際、そのほとんどが「下げるネタ」であり、
      突発的に「上がるネタ」はほぼほぼ考えにくいと思っていたからです。

      そもそも論として
      デイトレは可能な限り中途半端な値動きの時はやらず、
      「動き出したあと」をやるようにすると良い・・・

      僕も常に出来ているわけではないのですが
      ここはやはり基本としてアタマに置いておきたいですね。

      本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • ゆり様
      いつもコメントありがとうございます。

      >結婚指輪も安いのでいいから、貯金しよう。」という考えが一致したから、という青春なんかとはかけ離れたものになってしまいました。

      ↑僕も三人の娘がいるのですが、
      「今の若者」がこんな感じになってしまう状況は理解出来ます(汗)
      歌の中の彼氏は、まぁ僕世代なわけでして(笑)

      >払えない借金はチャラ、というのが欧米では普通
      >どこで勉強したらいいのでしょうか…?

      ↑僕も流れの中で知った知識でして、
      特に勉強したというわけではないんですよねぇ。。。

      海外と日本の違い、という明確な定義があるなら
      ネットで普通に調べることも出来るでしょうし、
      質問内容が決まっている場合は僕に聞いてもらっても良いですよ♪

      とにもかくにも彼氏さんとは末永く仲良くお過ごしください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 遅まきながら拝聴しました。
    良いですね〜まんま80s90sサウンドですよね
    リカー、完治〜って聞こえてきそうです。
    そうですよね、あの時代はとにかくパワーがあってお金無くなっても、明日からまた稼げば良いや〜てな感じでとにかく何でも出来そうな時代で緩かったな〜って思います。
    音楽、創作、クリエイト
    携帯電話もゲームもカラオケも次から次へと今に繋がるジャンルが出てきた時代でこの一曲で思い出しちゃいます。
    円盤出なくても気軽に視聴できる良い時代ですよね。
    北海道来道の際は楽しみにしています。

    • ドゥパパ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >リカー、完治〜って聞こえてきそうです。

      ↑おっと!実に懐かしい~♪
      「ラブストーリーは突然に」の冒頭のギター音が鮮明に蘇りますね(笑)

      >北海道来道の際は楽しみにしています。

      ↑あれ?焼肉オフ会も権利おありですか?
      もしそうなら二日連ちゃんですが(笑)

      僕も楽しみにしております。
      当日、お互い元気でお会いいたしましょう!

  • 及川先生、県営プールを拝聴しました。歌詞だけでなく、メロディも何か懐かしい気持ちにさせていただきました。人は、どの時代に生きても、どんな一生であっても、その生き様は、大小説になりますよね。そんなことを思い起こさせる楽曲です。

    • 老兵初心者さま
      コメントありがとうございます。

      >メロディも何か懐かしい気持ちにさせていただきました。

      ↑大変ありがたいご感想です。
      とても嬉しく思います。

      記事本文でも触れていますが、
      僕は現代の若者は本当に大変だなぁと思っておりまして
      逆に言うと、いかに自分たちの時代が恵まれていたかと。。。

      将来の不安がなかったわけではありませんでしたが
      それでも「まぁなんとかなるっしょ」くらいの心持ちで過ごせたものでした。

      しかし現在の若者がそんな雑な考えでは
      本当にどうにもならない可能性もあるように見えましてね。

      あ、音楽とはまるで関係ない話ですが、
      そんな気持ちからつい「あの当時の古き良き時代」の思い出が
      作品を作る際、どうしても影響するような気がしている次第です。

      今後も新作完成の際は発表させていただきますので
      よろしかったらまたお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

  • 及川先生、自分はトレード歴4年の主夫です。
    新曲を聴かせて頂きました。懐かしい感じのする良い曲ですね。次作は、FXismの先生方全員で歌う曲を聴いてみたいです。
    また、自分はオセアニア時間から東京時間でトレードをしています。長時間のポジション保有はメンタル的に耐えられないので、及川先生のような短期デイトレを目指しています。
    この時間帯に及川先生がトレードするなら、何の通貨を中心にしますか? アドバイスを頂けたら幸いです。

    • 東京 主夫さま
      コメントありがとうございます。

      「主夫」とはなんとも魅惑的な響きですね。
      生活サイクルなど、とても興味があります。

      >自分はオセアニア時間から東京時間でトレードをしています。

      ↑オセアニア時間とは、要するに日本時間の早朝ですよね?
      僕はこの時間にチャート監視をすることはほぼ皆無でして、
      正直なんとも申し上げられません。

      突発的な動きが起こったり、スプレッドが不安定だったり、
      流動性も低いであろうことからテクニカルもまるで通用しない、
      そんなイメージなんです。

      僕が早起き出来たら、の前提で申しますと
      チャートを意識するのは8時くらいからです。

      で、あるならば、
      当然観るのは「オージー系」かドル円を含めたクロス円ですね。

      日によって異なりますが
      特にオージーが動く時はボラも大きいので東京時間にしては
      大き目な利益を狙えるシーンも少なくありません。

      ただし、オージーについては
      重要指標でない指標でも大きく動くこともありますので
      指標前後のポジションはいったん手仕舞っておき、
      指標後の動きから再度入り直すなどとすることが多いです。
      (資源国のためか中国の指標に大きく反応することも多く、そのあたりも留意ポイントです)

      ひとまずこんなところですが、
      不足などございましたらお手数ですが再度コメントいただけると幸いです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも丁寧にコメントに返信をいただきありがとうございます。

    毎週のYouTubeも楽しく拝見させていただいてます。

    FXの世界においてはよく成長曲線の話をされると思います。

    サラリーマンやアルバイトのように働く時間数を増やせばそれに比例して収入も増えていくのではなく、どれだけチャート監視や検証作業に時間を費やしても利益にならず、むしろマイナスになることもあるのがFXの世界だと思いますが、一旦ブレイクアウトするとこれまでとは比べものにならないくらいの利益を得られるのがFXの魅力であると思います。

    そこで及川先生がブレイクアウトされたきっかけがあれば教えていただきたいです。(手法を変えた、考え方を変えた等)

    生き残るのは1割と言われている相場の世界で、ブレイクアウトする兆候などがあればそちらも教えていただきたいです。

    よろしくお願いいたします。

    • FURU様
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川先生がブレイクアウトされたきっかけがあれば教えていただきたいです。

      ↑僕はFXに来る前、株で3度の全損を経験しているのですが
      そこに至る過程の中で、
      相場に対する全体像は自分なりに把握していたつもりなんです。

      FX自体ではそこまでの挫折は経験していませんが
      その前段階ではかなりの挫折を経験済でして、
      当時のトラウマが今もって慢心しないでやれている一番の要因だと自分では思っています。

      かの「BNF氏」のような天才を除くと、
      ほとんどの人は挫折なきまま上手くいくことはないと体感的にそう思っています。

      だとすると問題は、
      その挫折をどう捉えるか?または次回以降にどう活かすか?
      ここが大きな分かれ道になる気がしてなりません。

      「なんとしてもこの世界でのし上がって見せる」と思うか、
      「自分の能力を最大限発揮できるのはここではない」と思うか。

      極論「向いてない」と感じ撤退し、
      されど相場での経験を他のジャンルで活かす、なんていうのも人生の妙味だったりする気がするんですよね。

      「ブレイクアウトする兆候」についてですが、
      僕はそういったものを感じた記憶が特にありません。

      ある日、積み上げたモノを振り返った時、
      世間で言うところの成功レベルになっていただけ、みたいな感じです。

      いみじくもFURUさんがおっしゃるとおり、
      「むしろマイナスになることもあるのがFXの世界」なわけで、
      これは今の僕にとってもまったく同じです。

      100万円だろうが1000万円だろうが億だろうが
      油断や慢心、ちょっとした過信などでいつでもダメになれてしまう、
      それゆえ億になっても100万円の時と同じ心構えで油断なく愚直に日々のトレードを続ける、
      そういう話であって、またそうやって来れたから、ここまでなんとか無事に生き残っている、
      そんな風に思う次第です。

      おそらく周りから客観的に観たら
      「アンタのブレイクアウトポイントはあの時だったよ」となるのかも知れませんが、
      本人にその自覚などなく、
      ただひたすら継続しただけのこと。

      これが実際のところではなかったかと
      僕自身はそう思っています。

      かっこいい話が出来ず申し訳ございませんが、
      これが僕の正直な気持ちです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様

    度々質問させていただいております。おそらく覚えてらっしゃらないとは思いますが、前回ロットに関して質問させていただきました。
    その節はありがとうございました。前回お礼の返事ができなかったためこの場でいたします。

    今回質問させていただきたいことは利益確定に関してです。
    私はNYの22時ちょうどの動き出しと相関を見てトレードしております。

    ちょうどの動き出し(MA抜けなど)や次の足でエントリーして、前回高値・安値の手前で利益確定をしております。
    損を出してしまうしてしまう場合、たいてい値動きは途中まで順調で含み益も出ているのですが、今までの足数本分の値動きを
    次の足1本(10秒ほど)で急に戻す、もしくはさらに上へ行くといった値動きに巻き込まれて、損になってしまいます。
    このようになるときは大抵、数時間前から値動きが停滞し、レンジのようになっていることが多いです。(それでも順張りを行っております)
    また、もう少し行くかなと思ってしまっていることも原因かとも考えられます。 

    このように数時間前からレンジといった相場は、そもそもあまり手を出さない方が良いのでしょうか。
    もしくは多めにポジションを入れてすぐ逃げるということをした方が良いのでしょうか。

    ご回答よろしくお願いいたします。

    (普段利益は金額で確認してしまっているので、もっと行くかもを解消するため、
    これを機にプロコントローラー改でpipsのみの管理も検討しております。)

    • 逃げ腰トレーダー様
      コメントありがとうございます。

      ご質問の件ですが、
      伸びる伸びないは、さすがにその時の状況次第ですので
      一概にどうこうは言いにくいのが正直なところです。

      僕の欧州時間を例にお話しますと、
      エントリー直後にスンナリ伸びたら
      「早三光こいなし」でいったん即利食いをすることが多いわけですが
      これは、、、

      1.どちらかに伸びる
      2.いったん戻る
      3.その後グンと伸びる

      あるいは、
      1,どちらかに伸びる
      2.いったん戻る
      3.どの後伸び直さず逆抜けされる
      4.いったん戻し
      5.その後そっち側でグンと伸びる

      この2つのパターンに対し
      どちらでも利食えるとの考え方からなんです。

      つまり「1→2」までは同じ感じになることが多いので
      「1」で利食えるなら利食ってしまえ、という話です。
      (あくまで短期デイトレでの話ですが)

      >数時間前からレンジといった相場は、そもそもあまり手を出さない方が良いのでしょうか。
      >もしくは多めにポジションを入れてすぐ逃げるということをした方が良いのでしょうか。

      ↑前半の話はそれこそなんとも言いにくいですね。
      長い時間レンジだったからこそ抜けたらしっかり伸びたりもしますので。

      後半の話、僕はそのようにすることも実際ありますが
      いつでもどこでもではなく、スキャル的目線で一定以上自信がある時に限ってます。
      (そもそも自信がなければやらないわけですが)

      エントリーする際の判断基準に
      もう少し「何か」が追加出来ると良いような気がしますね。

      僕自身、値動きやテクニカルだけでトレードすることも少なくないのですが
      一方で該当通貨の方向感にファンダメンタルズなどの要因による自信がある時は
      逆行されても粘る、あるいは利を普段以上に引っ張るなどのメリハリをつけてやっています。

      チャート形状のみ、テクニカルのみですと
      どのみち強気な保有は出来ませんので
      どうしても「なるべく早くササっと終わる」というスキャル中心のやり方になってしまいますよね。

      ファンダメンタルズ的要素も加味したトレードを目指すにあたっては
      我々のYouTubeチャンネルで毎週末に公開している「香港K氏」の動画をご覧いただくと良いかと思います。

      米ドル、日本円、欧州通貨の現在の状況をザックリとアタマに入れておくだけでも
      「テクニカルのみ」に対しプラスαのトレードが可能になるはずです。
      (僕も彼の話は常にチェックしてますので)

      このようなアンサーで良いのか不安ですが
      とりあえず僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは。及川さんとリオンちゃん、それぞれ参考になる部分が多く、自分のトレードのヒントとして取り入れさせていただいております。

    1つ疑問に思ったことがあるのですが、リオンちゃんは、一見すると及川さんとは、結構かけ離れたトレードのように感じます。

    及川さんの主軸である、通貨強弱も取引判断に取り入れてないようですし、
    リオンちゃんをピックアップされた理由は、VTuberとしてのエンタメ性を考慮されている部分も多少はあるのでしょうか。

    もちろん、勝ち逃げという部分など、お二人の共通部分もあるかとは思います。

    • となりのトトロ様
      コメントありがとうございます。

      >リオンちゃんは、一見すると及川さんとは、結構かけ離れたトレードのように感じます。

      ↑そうですね、やり方というか相場へのアプローチはかなり違います。
      ただ、彼女と似たトレードをすることもあるんですよ(笑)

      ただし手法自体は違っていても
      考え方はかなり近い部分も多く、そこはお互いリスペクトしあっている部分です。

      >リオンちゃんをピックアップされた理由は、VTuberとしてのエンタメ性を考慮されている部分も多少はあるのでしょうか。

      ↑いや、ここはまったくそうではありません。
      彼女がVtuberなのは本業の関係で顔出しが出来ないからでして、
      顔出し出来ないことをエンタメ性でフォローしている、が実際のところです。

      僕の中では
      「あるいは及川のやり方よりリオンちゃんのやり方の方が
      多くの個人トレーダーにとって理解しやすいのではないか?」

      このような気持ちもありましてね。
      実際リオン式を取り入れて以降、面白いように勝てるようになった人も多いです。

      もっともここ、相性などもあると思いますので
      僕や運営事務局としては、
      取り組む方に「より自分に合ったモノ」を見つけていただきたい、
      そのような気持ちが強いわけです。

      まぁ、あのようなスタイルでの配信ですので
      中にはエンタメ部分のみで判断する人もいるでしょうが、
      いやいや、彼女を甘く観ていると損すると思いますね。
      学べるべき点は僕から見ても実に多いですので。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。

    先日、父から5,000万円の出資を受けるか否かというご相談をさせていただきました。

    重ね重ね大変恐縮ですが、出資を受ける方向で進んでいるため、その際生じた疑問がございます。

    現状は約400万円を月利15%~30%、海外(BigBoss)の個人口座で取引を行っておりますが、

    出資を受け、5,000万円の資本を月利15%~30%で増やす実力があると想定した場合、
    国内か海外、個人か法人、どちらがより、利益を残せるのでしょうか?

    前回及川さんからいただいた、「海外業者ならMAX3000万円、国内業者なら1億円まで追加を続ける」という返答の理由も理解できず。。。

    すいません、なるべく及川さんの時間は取らせないよう、自分で調べられることは自分で、と調べてみたのですが、、、、

    税率だけ見ると国内の個人?
    法人にすれば経費の幅が広がりトータルプラス?
    独身か既婚者か、個人の生活環境によってケースバイケース?

    と若干混乱しております。

    が、将来的には(大変僭越ながら)及川さんのような状況になりたい(嫁子供がいて、FXで月数千万円稼ぐ、その他の金融資産運用で配当所得も作る。。。)と思っているため、

    及川さんがまだ国内にいた頃どのように対応なさっていたのか。
    というのが一番参考になるのではと感じております。
    可能な範囲でご教示いただけますと幸いです。

    何卒宜しくお願い致します。

    • 周 太慶さま
      コメントありがとうございます。

      >出資を受ける方向で進んでいるため

      ↑おぉ!そうですか。
      それはそれは腕が鳴りますね。
      やるからにはぜひともがんばって欲しいです。

      >「海外業者ならMAX3000万円、国内業者なら1億円まで追加を続ける」という返答の理由も理解できず。。。

      ↑まずはこちらから。
      これらの違いは単純に「レバレッジ問題」によります。

      国内業者はレバレッジが25倍、海外だと高額口座でも100倍はあります。
      それにより、撃てる弾(ロット)が変わりますし、当然証拠金維持率にも影響が生じますゆえ
      「国内ならより多めの資金が良いのでは?」という主旨でした。

      >及川さんがまだ国内にいた頃どのように対応なさっていたのか。

      ↑僕が日本居住当時は
      国内業者も海外業者も法人口座でやっていました。

      国内に関しては個人の方が税率が安いわけですが、
      ヒロセ通商は当時、法人口座だけはレバ100倍だったんです。
      よって投入資金の運用効率が良かったため法人にしていました。
      (その後50倍に引き下げられ、その他要因もあって引き上げてしまいましたが)

      海外業者を法人口座にしていたのは
      言うまでもなくそっちの方が税率その他が有利だったからです。
      個人だと雑所得で最大55%ですからね(苦笑)

      ちなみに法人と言っても「僕だけ」の会社でしたので
      そこは諸々楽でした。
      (スタッフの給料とかそういった類の計算が不要でしたので)

      で、周さんはどうしたら良いか?についてです。

      1.周さんの個人口座でやる場合

      メリットは税金が安く済むし納税もシンプルです。
      デメリット?は上述のように低レバのため、
      資金量に対し撃てるロットが低くなることで利益ペースが落ちる可能性があります。

      また、お父様が出資されることに対し、
      「配当」を出す契約だと、周さんの税引き後利益からの配当だと
      その配当自体にお父様の会社で税金が発生する気がしますね。
      その場合二重課税になるのでもったいないと思います。

      金銭消費貸借の契約なら元本分の完済までは無税でイケるはずですが
      その場合は「その後の利益」に対し、完済時点で相談する必要があるかなと。

      2.周さんの新規法人による海外業者口座の場合

      日本の税制では、役員報酬を年度途中で変更できないため、
      周さんの初年度給料を低めに設定せざるを得ないかなと想像します。
      (必ず利益が出るなら最初から強気設定でも良いのですが・笑)

      メリット?と言って良いか分かりませんが
      法人の場合「打ち合わせ飲食」や「接待交際費」も経費で落とせますし、
      理由付けが可能ならクルマや通信費、光熱費などもある程度イケます。

      初年度の給料を安めに設定した際の穴埋めにしたいですね(笑)

      ただし、お父様からの出資金の扱い、
      僕は外部資金を入れたことがないのでここについては無知です。
      要確認ということでお願いいたします。

      3.お父様の法人で口座開設

      あるいはこのパターンが当面一番シンプルかも知れませんので
      そこはご相談なさってみてください。

      このケースだと
      例えば決算月で収益を〆め、
      お父様の会社から周さんが外注費で分配利益を「もらう形」が一番シンプルかなと想像します。

      その際は、達成利益をシンプルに分配となり、
      双方が受け取った利益に対しそれぞれが税金を払う、となるはずです。

      上記、どれも一長一短でしてね(苦笑)
      あくまで僕の想像を言いますと、
      スタート時は「3」が一番スムーズな気がします。

      新規法人の場合、
      それこそ銀行口座開設からいきなり苦労したりしますし。

      日本の徴税システムって、とにかくエグいのと
      今回のアンサーはあくまで僕の浅い経験と知識によるものなので
      間違いも多々あるかも知れません。

      必ず進める中で確認なさってくださいね。
      とてもじゃないですが責任は負えませんので(汗)

      さんざん書いておいてなんですが
      どの選択肢とするかについては
      やはりお父様と相談されるのが間違いないと思います。

      僕のアンサーをご覧になった際、
      「及川ってやつはなんも分かってないバカ野郎だな」って言われるくらい、
      もっと他に良い方法があるかも知れませんので(笑)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です。
    いつも参考になる動画ありがとうございます!

    及川師匠にお伺いしたいのですが、9月21日のユーロ円のチャートについてです。
    私は19:35分頃に、1時間MAタッチの後15分MAに押したところでロングをし、10pips弱で利食いをしていました。(5分足です)
    その直後にユーロ円にだけ相当長い下ヒゲが出て、普段とは違った動きをしているように感じたのですが、いかがでしょうか。
    この値動きの原因や、個人トレーダーとしての対策などを伺えると幸いです。
    よろしくお願いします。

    • シン様
      コメントありがとうございます。

      >ユーロ円にだけ相当長い下ヒゲが出て、普段とは違った動きをしているように感じた
      >この値動きの原因や、個人トレーダーとしての対策など

      ↑チャート、確認してみました。
      ポンド円やオージー円も少し下ヒゲが出てますが
      確かにユーロ円だけが飛びぬけてヘンテコな動きですね。

      正直原因は僕では分かりません。

      例えばインターバンクにたまたまユーロ円の巨大かつ単発の売り注文が入ったことで
      一気に値を下げたものの、それを察知したHFT業者がサクっとさやを抜き、
      何事もなかったように元に戻った、みたいな話かなぁと想像するものの、
      あくまで想像の域を出ませんね。

      対策についても一切思いつくことはありません。
      ストップを入れていたなら狩られてしまいますでしょうし、
      そんな中やれることと言ったら
      せいぜい下ヒゲを確認した時点で再度入り直すくらいでしょうね。

      お役に立てず申し訳ございませんが
      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。5万円を20万円まで持っていき全損、を3度繰り返した私から今日は少しご報告です。
    今回は約一週間で五万円を26万円までもっていき、及川先生の急がば回れ、の言葉を胸に、今日16万出金申請を出し、また10万円から再スタートしようと決意出来ました。
    日々の給料に16万円が上乗せされる気持ちはなんとも爽快でこの上ない気持ちなのですが、それと同時に、今まで周りに馬鹿にされてきた分、こんなところでちまちまやってられるか、という想いもあったのは事実で、出勤したことに対してはかなり歯がゆい気持ちもあります。
    ご報告も兼ねてなのですが、出金して再スタートしてからの気持ちの立ち回り方、ここからはこうした方が良いなど、及川先生が初出金した時の気持ち、経験なども含めて何かアドバイス頂けたら幸いです。
    よろしくお願い致します

    • Yuta.Sさんに言いたいのは、 ・一流を目指す過程を他人には見せるな ・日々コツコツ「自分だけの世界」にて愚直に積み上げるべし ・そもそも評論家とは付き合うな ・評論家に評価されようなどと思うな
      とても身に沁みました。確かに僕も及川先生と同じく、調子に乗って周りに話した途端、全損するなんてことが2回ほどありました 笑
      日々コツコツ、周りと比べず、今日の自分が昨日の自分を超える。この精神で日々精進して参ります。
      いつも勇気の出るお言葉いただきありがとうございます!
      これからもどうぞよろしくお願い致しますm(._.)m

    • Yuta.S様
      いつもコメントありがとうございます。

      >約一週間で五万円を26万円までもっていき、及川先生の急がば回れ、の言葉を胸に、今日16万出金申請を出し、また10万円から再スタートしようと決意出来ました。

      ↑実に素晴らしい!
      まずはそれで良いと心からそう思いますね。

      >今まで周りに馬鹿にされてきた分、こんなところでちまちまやってられるか、という想いもあったのは事実

      ↑ここについては少し言いたいことがあります。

      僕も昔は「トレードやってる」なんて話をすると
      直接か裏でかはさておき、かなりバカにされたものでした。

      で、そのうち他人、特にトレードをやっていない人に対し
      話題にすることをやめました。

      ちなみに「バカにされる」に関して
      僕はバカにして来る人を『評論家』と位置づけています。

      自分では何も事を起こさず、チャレンジしている人間を小バカにする、
      これこそが「評論家」の特徴だと僕は今でも思っていましてね。

      一方、取りも直さず我々は『プレイヤー』です。
      仮に現状、一流のプレイヤーではなくとも
      そこに向けて創意工夫を重ねつつ挑戦しているわけですよね。

      ただし、その過程において「評論家」に話をしても
      そりゃ小バカにされるだけだと思うんです。
      なぜなら彼らはそれが仕事みたいなものだからです。

      Yuta.Sさんに言いたいのは、

      ・一流を目指す過程を他人には見せるな
      ・日々コツコツ「自分だけの世界」にて愚直に積み上げるべし
      ・そもそも評論家とは付き合うな
      ・評論家に評価されようなどと思うな(無駄だから)

      僕はですねぇ、、、資金を増やす過程では
      本当に「一人っきり」の世界に籠ってやっていたんですよ。

      一時期、上手くいきかけたあたりで友人に話をしたら
      その直後に大損し、
      その友人たちから「ほれ見たことか」みたいに言われたこともありまして。

      「あぁ、もっと圧倒的なレベルに行くまでは彼らと接触するのはマイナスでしかない」
      そう痛感したんです。

      評論家って、自分ではなんもしないので
      身近で上手く行きそうな人がいると
      足を引っ張ってくる傾向も感じていました。

      「やめときな、どうせ無理だから」みたいなね。

      しかしそんな彼らは「今の僕」に対しこう言うんです。
      『お前ならやると思ってたよ!』って(苦笑)

      分かりますかね?
      突き抜けたあとであればもう足を引っ張られることはなく、
      そうなる過程の時点で接触するとまだまだ危ない、これの違いをです。

      ですので今はまだまだ愚直にがんばることだと思いますね。

      今回の「16万」は大きな一歩だと思いますよ。
      これを何度か繰り返すことで
      その後「ケタ」をひとつ上げる権利を得る日が来るわけで
      その際今回の16万は「160万」になります。

      さらに愚直に取り組み続けることで
      いつかケタをもうひとつ上げることが出来たなら、、、

      それが「突き抜けたあとの世界」を意味するはずですので。

      今日の10万円が明日億になることはありません。
      ゆえに焦りになる気持ちも分かります。

      しかし「今日の16万」があってこそ
      『未来の億』があるのだということだけは
      僕自身の経験からも強く申し上げておきたいですね。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、初めまして。
    宜しくお願いします。

    今年の6月から、とある大失敗をキッカケに、復讐のつもりで、FXを始めました。
    (海外口座から出金出来ない等の詐欺被害にあいました)
    今では、そんな事も忘れてしまい、FXが楽しくてしょうがないです。
    環境認識、ラインの引き方、相関から見える大衆心理、ロジック、傾向、あらゆる手法から導き出される未来。
    それがハマった時の楽しさ。
    時には、それと乖離してしまう様な現実。
    正しく、人間であり、絶賛片思い中の女の子にも思えます笑笑

    及川先生にご意見を頂きたい事があります。

    小資金から始めている為、どうしても、ロットを上げる事に抵抗を感じている自分がいます。
    また、自分もチキン利食いをして、利益を大きく伸ばせずにいます。
    資金は、順調に増えています。
    ただ、ペースが遅いのです。
    例えば資金1万円が、10万円になっても、ロットを上げられないみたいな感じです。

    リスクリワードを充分に考慮し、損切りも行いますが、それでも、勝率は8~9割代です。
    早い話が、方向性やエントリータイミングは合っているのに、チキンの為、すぐ利確してしまうクセが有ります。

    エントリーして、指値と逆指値をして放置するとかも、1つの手なんでしょうか?
    それは、資金管理が出来てるとは言えない気がして、引っかかってしまいます。

    大金を扱えるトレーダーに成りたいと、日々、自身と向き合っています。
    であるならば、より高みに向かう為に、現状を打破する考え方や捉え方、大金に慣れる方法等はございますでしょうか?

    また、私の様にFX詐欺被害に遭わない様に、こういう海外FX業者には気を付けろ!等、指南有りましたら、今後FXトレーダーを目指す方々への注意喚起になるかと思います。
    あ、現在の自分は、及川先生の紹介されてるFX口座に変更し、無事に出金も出来ています(*^^*)

    宜しければ、ご教授頂きたく。
    いつも動画配信、ありがとうございます。

    • リベンジャー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >海外口座から出金出来ない等の詐欺被害にあいました

      ↑むむ?
      今どきそんな業者がまだあるんですか(汗)

      気になるのは、
      自動売買とかコピートレードとか
      要するに「自動で儲かる」みたいな売り文句に伴った業者指定だったのでしょうかね。

      だとすると、
      そもそもそのスキーム自体が最初から詐欺なだけで、
      「FX業者」というのも架空か架空同然のモノだっただけの可能性が高いです。

      そうでないとして、
      近年普通に営業している業者でドロンするケースは
      かなりレアだなとの感想ですね。

      >どうしても、ロットを上げる事に抵抗を感じている自分がいます。

      ↑お気持ちは分かるつもりです。
      というか、「あのリオンちゃん」もずっと勝てているのに
      なかなか思い切ってロットを引き上げられなかった時期がありましてね。

      その時はかなり僕が背中を押した記憶があります(笑)
      ※今では何事もなかったように引き上げたロットでやっているようです。

      ここはもはや「思い切り」のみだと思いますよ。
      ただし注意しないといけないのが
      「金額」で追ってしまうと引き上げ前と同じことが出来なくなる可能性があるって部分でしょうかね。

      最近のYouTube動画でも話題にしていますが
      もしプロコンをお持ちであれば、
      今のうちに額面ではなく「PIPSのみ」で保有中の管理をすると良いように思います。
      (ターミナルは隠してしまうのも一考です)

      >方向性やエントリータイミングは合っているのに、チキンの為、すぐ利確してしまうクセが有ります。

      ↑トータルで勝てているのであれば、これ自体に問題はないと思いますが
      問題は「プラスで終えたあと」かも知れません。

      「もっと引っ張れた」が「儲け損ねた」という感性になると
      ついすぐ次のトレードをする、みたいな。

      もちろん勝算の高いポイントでやるのなら
      何度やっても良いわけですが、
      数やるうちに、徐々に「ユルいトレード」になってしまいやしないか。

      でもって逆行された際、
      「さっきまでの利益が減るのがイヤだ」と損切りが出来ず、
      結果的にボロ負けになってしまう、なんてパターンは心配します。

      チキン利食いでも勝ちは勝ち。
      とにかくプラス収支でその日を終えることが出来ているのであれば
      「もう少し伸ばせる時」と「そうでない時」の違いなどを
      決済後の値動きをノーポジのまま追確認し以後に活かす、、、
      このような取り組み方で良いように僕は思いますね。

      >現状を打破する考え方や捉え方、大金に慣れる方法等はございますでしょうか?

      ↑大金に慣れる方法・・・
      実も蓋もない話ですが、これはまさに『慣れ』だけです。

      強いて言うなら
      「自分は今、たまたま貧乏なだけで
      本来の自分は大金を稼げる人間である」
      このような自己洗脳を日頃から掛けておくことかなと。

      笑われちゃうかも知れませんが
      少なくとも僕はずーっとそう思っていましたので(笑)

      >私の様にFX詐欺被害に遭わない様に、こういう海外FX業者には気を付けろ!等、指南有りましたら、今後FXトレーダーを目指す方々への注意喚起になるかと思います。

      ↑こちらは上述のとおりです。

      「自動やほったかかしで稼げる」的な話に首を突っ込まないこと、
      これに尽きるように思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント失礼致します。

    私は1983年生まれなのですが、経済は少し分かりませんがなかなか良いタイミングといいますか時代の移り変わりが体感できる世代に生まれたなと思っています。
    音楽もカセットテープ→CD→MDプレイヤーだったり、TVに関しても夜の番組も過激でしたし、普通にTVでタバコも吸ってた時代もあったと記憶しています。
    昔は昔で良かったですが、私からすると現代は現代でなかなかbig dreamがつまった時代なのではないかなと考えたりもします 
    経済といいますか就職してからの将来性に関してはまるでダメですが、YouTubeだったり ふとした情報は昔と違って無料で手に入る時代で可能性を感じずにはいられません。

    私の現在はプライベートといいますかなんとなく自分自身を諦めてきていて 働く事に疲れが出て精神的に影響が来てるのをなんとなく感じています笑

    ドカン負けやチャートを見てしまうが故に乱射してしまうならば 損切り、リミットを入れ パソコンを閉じる。
    実に有効だとは思うのですが、 ならば バイナリーオプションでいいのでは?と手を出したもののそこそこ勝って増えはするのですが 結局負け方が同じなのでFXも並行しながらにしています。
    未だ明確に活路がない状況ですが 救いとしましてはちょこちょこ資金移動はしてるのでマイナスではなくなりつつありますので、全く好転の兆しはなくもなさそうなのですが、自分自身のパターンをよく分かっているだけに、、、
    ブログと全く関係なく恐縮ですが 次回はいまより良いご報告ができるようにと同時に今まで頑張ってこれたのは確実にfxismに携わる皆様の活動のおかげです。

    • ころぴす様
      いつもコメントありがとうございます。

      >私は1983年生まれ
      >音楽もカセットテープ→CD→MDプレイヤー

      ↑1965年生まれの僕が同じ感覚ですので
      ころぴすさんは、この感覚における「ギリギリ最後の世代」ってところでしょうかね。

      >YouTubeだったり ふとした情報は昔と違って無料で手に入る時代で可能性を感じずにはいられません。

      ↑確かに良い時代とも言えますが
      逆に情報が溢れすぎていることで取捨選択のセンスなども問われる時代かも知れませんね。

      それと「無料」自体は良い傾向ではあるものの、
      けど無料ゆえになんていうか「ありがたみ」も薄く、
      せっかくの優良な情報も流してしまう人はかなり多いように感じています。

      ま、それゆえ「活かせる人」にとっては優位性に繋がるわけで、
      そのあたりがポイントでしょうね。

      >次回はいまより良いご報告ができるよう

      ↑嬉しいご報告はいつでも大歓迎ですので
      ぜひそうなさっていただけるようがんばって欲しいです♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 非常に参考になりました。

    3.お父様の法人で口座開設

    上記で進めていこうかなと考えております。

    詳細な解説、ご指導ありがとうございます。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。56歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の24年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。