「トレードに向いてる人」ってどんな人?

 

僕のような活動を長年していますと
数多くの人から
トレードに関する質問や相談が届きます。

そんな中、以前は

「またまた大損してしまいました。
こんな私はトレードに向いていないのでしょうか?」

このような相談(?)が
随分多かったものでした。

あなたはご自身に対し、
どう感じてらっしゃいますか?

 

ちなみに僕はこのようなご相談に対し、
いつでも以下のようなご回答をして来ました。

生まれつきトレードに向いている人など
ほとんどいません。

なぜならトレードとは
『克服の競技』だからです。

今日はこの辺のお話を少々・・・

 

以前、あるトレードブログの著者さんが
こんなことを言っていました。

敵は「本能」にアリ!

これはあの織田信長の
「敵は本能寺にあり」のアレンジですが、

トレーダーという職業を表現するにあたり
あまりにも的確な表現だと
エラく共感したことを今でもよく覚えています。

 

人間は一度得た利益が減ることを
本能的に嫌う生き物だと思います。

そしてこれは「含み益」も同様です。

例えば保有したポジションの含み益が
一時的に10万円になったのを観たとして
その後その含み益が5万円に減ったら
あなたはどう思いますか?

多くの人は
「さっきまで10万だったんだから
10万円に戻るまで売りたくない!」

こう思うはずで
またこれこそが人情ってモンです。

 

で、再び含み益が10万円になった時、
そこで利食えば僕的には大成功な気がするのですが、

その際、上昇の勢いが強く
一時的に含み益が15万円になったあと
10万円に戻ったらどうでしょう?

「さっき15万円だったんだから
15万円に戻るまで売りたくない!」
みたいな(笑)

キリがないですよね。

 

で、ですね、、、
この程度の水準であれば話は可愛いもんでして

例えば上述の「瞬間最大含み益15万円」が
その後マイナス収支(含み損状態)にでもなったら
その人、どう思うでしょう?

「あり得ない!」
「絶対プラ転するまで売らない!」

みたいになるんじゃないかなと(苦笑)

 

こうしていつまで経っても利食いをせず、
その後下落相場に転換した際、
どんなに値が下がっても売ることが出来ず
「塩漬け」し続けたのが

例えて言うなれば昨年から今年にかけての
ビットコインや仮想通貨相場で
大損した人達だったりするわけです。

※そういえばここに来て
ビットコインはだいぶ値を戻していますけどね。

 

かようにして多くの人は、

値が上がれば
「もっと上がるかも?」とか言って売らず、

値が下がれば
「さっきの高値に戻るまで売りたくない」と言って売らず、

さらに下がれば
「戻ってくれ~」とか言って売らず、

さらにさらに下がった時
「こりゃ一生下げ続けだわ」
とか言いながら最安値で売るわけです。

思い当たるフシのある人もいるかと思いますが、
だからと言って恥みたいに思う必要はありません。

なぜならこういう思考順序自体が
おそらく「人間の本能」だからです。

 

利食いや損切りをし損なってしまい、
結果大損した人の多くが

「欲をかき過ぎてしまいました!」

このように言ったりしますが
これも僕からすると少し違うイメージなんですよね。

なぜなら、
そもそもトレードは
「利益を得る」ためにやる行為なわけで
そこに一切の「欲目」なしでやることなど不可能、
というか、現実的ではないと思うからです。

 

そうではなく、
問題があるとするならば上述のような
本能の部分・・・

明らかに
「損するように出来ている人間の本能」に対し、
どのような対応をしていくか?

ここを課題とし、
その課題を明確に克服していくことだと僕は思うのです。

 

僕の、
いわゆる「及川式デイトレ」では
いくつかのマイルールがあるのですが、

これらはすべて
「本能への対策」が含まれているんです。

・グンと伸びたらさっさと利食ってしまい
利食ったあとさらに伸びても知ったこっちゃない

→「儲け損なった」と考えてしまうと次回利食いが遅れるぞ!

・含み損の時間が長かったポジションはチャラ以上でいったん逃げ
→その後再びマイナスに転じた場合、
アタマに来てもう損切り出来なくなるぞ!

・当日収支がマイナスからプラ転した時点でいったん利益確保
→マイナスかプラスかは地獄か天国かくらいの差だぞ!

・その日一発目のトレードで勝てたら、なんならその日は終了!
→次のトレードで損切りだった場合、
 さっきの「瞬間最高利益」を超えるまで、
とか言いながらトレード乱射しだすぞ!

などなど。


※画像は僕の大好きな
椎名林檎ちゃんの「本能」より
(ネット検索にて拝借)

 

実はですねぇ・・・

ここ、かなり重要なんですが、
おそらく「データ」を取った場合、

例えば含み損からのプラ転場面、、、
これって保有継続したほうが統計的には
利益額は大きくなるはずです。

よくある「トレードの教科書」なんかでも
『利は徹底的に伸ばせ!』とか書いてありますよね?

アレもあとからチャート分析したら
そのほうが利益大きくなるからなんですよ。

 

具体的には利を引っ張っろうとした場合、

10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→200PIPS(爆益)

こんな感じで
戻されることのほうが多いものの
時々、ヤバいくらいに伸びるわけです。

統計的には・・・ね。

 

けど、データ的に
「そう」だとどんなに分かっていても
実際に上記みたいなトレードって出来ますかね?

僕には出来ません。

ゆえに僕はトレード場面を
細かく切り分け、
ひとつひとつの「短いシーン」の中で
エントリーと決済を済ませるような組み立てにしているんです。

なぜなら保有時間が長くなればなるほど
僕は「本能」に負けてしまう可能性が高まるからです。

 

実は僕のトレード手法や理論的な部分について
否定的意見の人も少なくありません。

特に相場を大変深く深く研究(検証)された人こそ
その傾向が強いです。

「アンタのやり方では損大利小になる!」
みたいな。

 

なぜなら相場を理論的に勝とうとすると
その究極は上述の

10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→0PIPS(チャラ逃げ)
10PIPS→200PIPS(爆益)

↑このような勝ち方になるからなんです。
※これぞ損小利大、と。

 

いや、これ、合ってるんですよ。
そこは僕もよーく分かってます。

けど、これって早い話、
終わったチャートから導き出したデータでしかなく、

つまりは「人間の感情」など介在しようもないくらいの
デカい資金を運用する
ファンドなどの理論だと僕は思うんですよね。

ま、実際のファンドは「チャラ逃げ」はしなくて
目指す方向性への『ガチホ』ですけど。

 

いずれにしても
僕のような個人では再現出来ないんですから
その理論は僕にとって
ほとんど意味がないって話なわけです。

ゆえに僕は
いかに「本能」とケンカせずに
トレードを継続出来るか?

ここに自らの活路を見出し
現在に至っています。

 

参考までに僕のデイトレ理論に否定的な人で
僕以上にトレードで勝てている個人って
ほとんどいないと思っています。
(いたら謝りますけど・笑)

「超理論派」の人って
けど自分自身のトレードにおいて
全然その理論通りに実践してなかったり、

あるいはそもそも実際のトレードなど一切せず、
机上の論理のみを語る評論家がほとんど、、、
これがこれまで僕が見て来たほぼすべてだったからです。

少々生意気を言いますと、
日々「現場」でやってる人間にとって
上記みたいなトレードのほうが
いかに非現実的か・・・って話なワケです。

 

僕らは言ってみれば
「弱小の個人」ですよね?

けど「個人」だからこそ出来る
トレードってモンもたくさんあります。

例えばあっけなくドテンしたり、
アッサリと損切りしたり利食ったり。

こんなのは
大口のファンドでは絶対に出来ない芸当です。

 

ゆえに僕たちは
個人投資家最大の利点である
「機動性」をフルに活かし、

さっさと利を確保し
当日収支を「勝ち逃げ」し、

ノーポジという最強のメンタル状態の中
安眠をすべし・・・

これが今日時点における
僕の結論なのです。

 

あれ、最後の方は
「本能」とは関係ないかも(汗)

ま、そんなこんなで
そろそろ〆ますが、
最後にもう一度・・・

 

生まれつきトレードに向いている人など
まぁいません。
※もちろん僕も含めてです。

トレードとは
「本能を克服する競技」だからす。

その克服法はいくつかあると思いますが、
とりあえず僕は
「本能とケンカしないで済む方法」をメインにしています。

あなたならどうしますか?

 

手法ももちろん大切だとは思いますが
その前段階である「本能との対峙法」こそが
実はトレードで成功出来るかどうかの
大きなポイントではないでしょうかね。

追伸:
実はこの話にはまだまだ続きがあるのですが、
かなり長くなってしまったので
また別の機会にさせていただこうと思います。

 

▼FXism直近トレード動画

秘技?逆張り利食いからの順張りダブル利食い!
2019年8月12日※欧州時間トレード

5分足1本が明暗を分ける!
不安定相場を生き延びよう!
2019年8月9日(金)※東京時間トレード【GBP/AUD】

 

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

79 件のコメント

  • こんにちは。
    及川さんはスゴイですね。
    大勝ちおめでとうございます。 
    昨日の円シリーズの上げは凄かったと思いますがなぜ急にあんなに上がったんですか?
    経験上ヤバイやつだとラインにありましたがなぜヤバイ上げだと分かったんですか?

    及川さんの様に爆益の方もたくさんいたと思いますがショートをしてた方々はかなりでかい損切りなどをしたかもしれません。
    実は投資家の知り合いが数日前からショートのポジションを複数持っていていて昨日の急な上げで一億の損切りをしたみたいです。。
    その知り合いはしばらく立ち直れないかも。とショックをウケてました。
    相場の世界も一瞬でお金を失う恐しさとお金を一瞬で得る良さがありますね。

    • たける様
      コメントありがとうございます。

      >なぜ急にあんなに上がったんですか?

      ↑アメリカが中国製品へ関税かけると言ってた件が
      ひとまず延期になった、みたいな話のようでしたね。
      ※僕はこのへん、まったく詳しくはありませんが。

      >経験上ヤバイやつだとラインにありましたがなぜヤバイ上げだと分かったんですか?

      ↑経済指標発表ではなく、あんな時間に急騰するってのは
      まず間違いなく「なんかの材料が出た」だと思いました。

      その場合、一気に上げてすぐ戻すか、
      すぐ戻すパターンの時のタイミングでさらに上げるか、
      大体この2パターンなんです。

      で、今回は後者だったので5分足上で上ヒゲの時点でガンガン買いました。
      絶対にヒゲ以上に上げ直すと思っていたからです。

      >実は投資家の知り合いが数日前からショートのポジションを複数持っていていて昨日の急な上げで一億の損切りをしたみたいです。

      ↑中期保有かと推察しますが
      だとすると随分大きなポジションですね(汗)

      >相場の世界も一瞬でお金を失う恐しさとお金を一瞬で得る良さがありますね。

      ↑まったくその通りだと思います。
      ゆえに僕は超短期でしか保有せず、
      ほとんどの時間を「ノーポジ」で過ごすようにし、
      現在に至るわけです。

  • ブログ更新ありがとうございます!こんにちは、先日30歳を迎えた新米トレーダーです。

    8月の始めに大きなマイナス食らってます。いつもの10倍のロットで2ポジ入れました。1ポジ3pips取ってその日の収支をプラ転しようとしました。プランニングも無しに下落のポンドに乗っかり、その後逆行して耐えられず損切り。お恥ずかしい話です。そして今日でようやく収益がプラテンしました。勝てそうなとこだけ、ロットもいじらず(ポジ調整あり)こつこつ勝ち逃げしてきた結果です。下記の四つは本当に意識してトレードしてきました。

    ・グンと伸びたらさっさと利食ってしまい利食ったあとさらに伸びても知ったこっちゃない
    ・含み損の時間が長かったポジションはチャラ以上でいったん逃げ
    ・当日収支がマイナスからプラ転した時点でいったん利益確保
    ・その日一発目のトレードで勝てたら、なんならその日は終了!

    手法もそうですが及川先生のおかげで健全なメンタルの維持ができていますし、その結果がトレードに出ていると日々実感しています。ありがとうございます!

    質問です。既出の質問だと思いますがどうかよろしくお願いします。
    ・例えばとある日30pips損切、その後別のトレードで31pips利確。結果現在の収益がとるに足らない微益の場合でもトレードをやめることがほとんどです。理由はせっかく取り返したのにまた負けたらマイナスになるのが嫌。そして現時点では先生のような相場観やトレード力が備わっているとは微塵も思わないのですし、必ず取り返せるとは限らないからです。そうしてると月初のようなロットを上げて自分都合でのトレードを繰り返しそうで怖いです。
    『含み益や利が乗っている場合のみこちらの都合できっていい(ぶつけていい)』という及川先生の言葉があります。本当にそうだなと思います。話に方向性がなくてすみません・・

    及川先生は損切→微益の場合でもチャンスを待ってトレードしますか?もしするのであればメンタルの持ち直し方など教えてもらえたらありがたいです。

    • えむえーfx様
      コメントありがとうございます。

      >今日でようやく収益がプラテンしました。勝てそうなとこだけ、ロットもいじらず(ポジ調整あり)こつこつ勝ち逃げしてきた結果です。

      ↑何はともあれおめでとうございます^^

      >及川先生は損切→微益の場合でもチャンスを待ってトレードしますか?もしするのであればメンタルの持ち直し方など教えてもらえたらありがたいです。

      ↑その前段階のお話ももちろん拝見していますが、
      大変良いご質問だと思いました。

      まず、当日収支がマイナスからプラスに転じた時点、
      ここで「一区切り」とする考え方は問題ないと思います。

      僕自身、なんならそこで終了にてOK
      常にこのように思っています。

      そんな中、僕はブログやその他の書き物など、
      パソコンの前にいる時間は少なくありませんで、
      その際、MT4もとりあえずは開いたままです。

      で、作業の合間にテキトーにチャートを観て、
      特に面白くない状況の際はスルーで元の作業に・・・

      これをやっていると時々
      「お!これはやらねば損くらいの楽勝パターン!」
      なぁんて場面に遭遇したりするんです。
      で、そういうところはもちろんトレードします。

      これを僕は
      「やりたいやりたい!でやるな!」
      「やってやっても良い、でやれ!」
      などと表現しているんです。

      オンナを口説くのではない!
      「好みの女」を口説け!って
      そーゆー話です(笑)

      「なんでも食いつく安いオトコになるな」
      「誇り高いオトコ(トレーダー)であれ!」
      って言えば少しはゲス感が薄まりますかね^^;;

      ただし、
      これはチャートを「ガン見」してしまう人には
      案外難しいやり方かも知れません。

      他のことをやりつつ、
      たま~にチャートを観る・・・
      これが出来る人には大変良い考え方だと思います。

      ちなみにその際、
      「もう少し前に見てればチャンスだったのに!」
      みたいなこともありますが
      それすら気にしない「執着心ゼロ」くらいの感覚が良いですね。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 
    ブログ更新ありがとうございます。

    lineに記載がありましたが、クロス円の爆益たまげました。
    やっぱりFXって夢あるなーって実感しました。
    本当にすごいです。感動です。

    感銘いたしました。

    本能を克服するという点では、自分ことをよく理解して、少ない獲得ピップスでも勝ってやめること、勝ったらやめること、その後は相場も見ない、後はまた明日。

    このように割り切って付き合うようにしています。
    僕は弱いですし、その上、負けず嫌いと来たものですので、すぐに欲に負けてしまいます。

    器用でもないのでひとつの事を一生懸命守っていくことを最優先しています。

    そうでもしないと余計なことをしてしまうので、
    余計なことをして勝ち点を減らしてしまわないよう
    自分なりの自己防衛策をとっているつもりです。

    方向性としては、大丈夫かなぁ?
    なんて思いながら答え合わせの日々を送っています。

    まだまだ地盤固めに努力している段階ですが、
    新たな局面に入れるよう日々の鍛錬を続けていきたいと思います。

    なんだか修行みたいな内容になりましたが、
    他の記事にてトレードに向いている人って元々いないとおっしゃっておりましたが、トレードに合う自分になる?という認識でよいのでしょうか。
    自己都合(一般的な考え方)で勝てる世界ではないという側面があるのかなと解釈をしています。

    FXで稼ぐために本能を克服できるよう、
    そして先生の足元に及ぶように少しはなっていきたいと思います。

    ありがとうございました。

    • Maruさま
      コメントありがとうございます。

      >lineに記載がありましたが、クロス円の爆益たまげました。
      やっぱりFXって夢あるなーって実感しました。

      ↑アレはほんとにたまたまだったんです。
      ブログ記事を書こうか、それとも帰宅しようかって
      迷ってたんですが、
      翌日の作業を軽くしたくて書けるとこまで書いておこう、
      って感じで作業してたらアレに遭遇したって話でした。

      >僕は弱いですし、その上、負けず嫌いと来たものですので、すぐに欲に負けてしまいます。

      ↑ここは極めて重要なところでしょうね。
      実は今回のお話には続きがあるのですが、
      それがまさに「負けず嫌い」や「プライド」に関する部分なんです。
      (そのうちちゃんと書きますね)

      >余計なことをして勝ち点を減らしてしまわないよう
      自分なりの自己防衛策をとっているつもりです。

      ↑まずはこれで良いかと思います。
      で、逆に言うとここが出来る人は
      試験的であっても「攻める」というチャレンジをするのも一考です。

      多くの人は「むやみなチャレンジ」をしており、
      勝っても負けても
      なぜ負けたのかが分からないまま負けたり、、、
      これでは負ける意味もないですよね。

      自制が出来る人が
      次なるステップへ行くための(試験的)チャレンジは
      むしろやるべきかなとも思います。
      なぜなら仮に負けてもその負けに意味がある、というか
      次回以降の貴重な経験やデータになるからです。

      >トレードに向いている人って元々いないとおっしゃっておりましたが、トレードに合う自分になる?という認識でよいのでしょうか。
      >自己都合(一般的な考え方)で勝てる世界ではないという側面があるのかなと解釈をしています。

      ↑うーん、少し違うかもです^^;;

      相場における「勝ち方」は極論、幾千もあります。
      そんな中「自分らしい勝ち方」とはなんぞや?
      みたいな部分の探求がまず一点。

      一方「負け方」はほとんど同じでして、
      その負けに付き合わない「自己管理法」の構築がもう一点。

      僕のイメージとしてはこんなところですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんはじめまして!書籍、ブログ、Youtube動画、大百科、いつも楽しく拝見させて頂き、学ばせて頂いております。今回、綴って頂きましたブログの内容に大変共感したところがあり、僭越ながら初コメントさせて頂きました。

    (過去に緩くかじっていた頃もありましたが本腰を入れてという意味で)私のFX歴はガチ速FXを拝読させて頂いてからという所で約2か月になります。自分なりに一生懸命取り組んできたつもりでしたが、はっきり言って2ヶ月で100万円は負けました。

    ただ、ほぼ毎日取り組んでいた事もあり、恐らく勝ち方は分かってきているのだと思っています。でも、勝てない。。。その理由は明確で、自分が決めたルールが守られていない事だと考えております。
    (きちんと損切が出来ていても、負けたという事実がリズムが狂わせ始め、リズムが狂い始めると、あとから見返した時に信じられないトレードを無意識にやっているパターンが多い。これがメンタル崩壊???)

    先日もいつのまにか謎トレード(根拠のないルール外のトレードで損切ラインも利確ラインもない)をしはじめてまた全損。終いには吐き気を催し、風呂場でリアルに発狂してしまった所でした。

    自分は一生勝てないんじゃないか?

    負けが込んでいたこともあり本気でそう思いましたし、なぜ謎トレードを始めてしまうのか?本当に意味が分かりませんでした。

    そんな時に ”なぜ”決めただけ”でFXが稼げてしまうのか?”という過去に拝見した及川さんの動画が頭を過り、今までの経験が様々リンクをし始めました。

    実は顕在意識と潜在意識の話で、些細なルールだとしても守れていなかったという事実(例えばトレードをする時間を破ったり、損切せずに我慢したら結果的に勝ってしまった場面)が自分の中の潜在意識となって積み重なり、過去にルールを守らなくとも上手くいったのだからという記憶と取り返したいという気持ちが謎トレードをし始めるきっかけなのではないかと・・・

    いきなりすべての事柄でそれを実現していく事は難しいと思うのですが(私自身、小太りだったりしますので… 汗 )これからは出来る限り自分で自分に嘘をつくトレードとなくし(勝っている場面でもちゃんと自分のルールを守り、約束を破らないようにする)、誘惑に負けず、自分で決めた事を一つずつ守り、勝った負けたではなく “決めたルールをきちんと守れた” × “それによりトータルで勝てている” という事実を時間をかけて積み重ねていけるように再チャレンジしてみようと思っています。

    (また同時に気付いたのですが、私自身、どうせ負ける時は負けるのだから、毎日時間を決めてトレードする事に意味はなく、体調的・精神的に取り組める状況×相場が動く時間であれば、いつでも続けてトレードしていけば良いのではないかと思っていましたが、恐らく大きな間違いですね。。。時間帯×相場のクセが異なるという話もあると思うのですが、短期間で経験を詰め込むよりも長期的に経験を積み重ねていった方が自分に良い意識として定着させていけるような気がしています。もちろんトレードを詰め込みながらも長期間続けられれば良いのですが我々は生身の人間ですもんね…)

    ほぼ、自分の”決める”という事の決意表明になってしまっている文面で申し訳ありません。。。

    また、FXismの様々なコンテンツ、私自身毎回大変楽しみにしており、こちらも私の生きる楽しみの一つになっております。(特に自分がトレードした場面で及川さんがどのようにトレードされるのか?を見る事は毎回非常に楽しみ拝見しておりました。今後はトレード時間を少しずらそうと考えております為、きちんとルールを守れていれば時間が被らなくなってしまうのが少し残念です…)
    いつも本当にありがとうございます。

    出来る事であれば億越えを実現し、どこかでお会い出来る日が来ることを本当に楽しみにしております。長文失礼致しました。

    • 愛知県のI氏(と呼ばれるようになりたい)様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >きちんと損切が出来ていても、負けたという事実がリズムが狂わせ始め、リズムが狂い始めると、あとから見返した時に信じられないトレードを無意識にやっているパターンが多い。これがメンタル崩壊???

      ↑これは・・・
      ほとんどのトレーダーが実体験として共感するお話だと想像します。
      もちろん僕もです(苦笑)

      >損切せずに我慢したら結果的に勝ってしまった場面)が自分の中の潜在意識となって積み重なり、過去にルールを守らなくとも上手くいったのだからという記憶と取り返したいという気持ちが謎トレードをし始めるきっかけなのではないか

      ↑この分析には激しく同意いたします。
      ほぼパーフェクトな分析じゃないかと思います。

      そうなるとあとは
      これらをどう克服するか?の対策だけですね。

      >どうせ負ける時は負けるのだから、毎日時間を決めてトレードする事に意味はなく、体調的・精神的に取り組める状況×相場が動く時間であれば、いつでも続けてトレードしていけば良いのではないかと思っていましたが、恐らく大きな間違いですね

      ↑体調や精神面が穏やかな状態でやる、ということについては大賛成なのですが、
      例えば東京時間の午後などが「緩い時間帯」からトレードを開始した際、
      そのスピード感やボラ感に慣れたあたりから欧州時間に突入、なぁんて時に
      一気に雰囲気が変わり、その対応が遅れて大負け、、、なんて心配も僕はしてしまいます。

      どの時間にやっても良い、とは思いますが、
      「動きの緩い時間帯」「動きが出やすい時間帯」
      これらに対し「今どっち?」との意識は常にアタマに置いておくと良いように思います。

      >出来る事であれば億越えを実現し、どこかでお会い出来る日が来ることを本当に楽しみにしております。

      ↑極論「億」じゃなくてもいいですからね(笑)
      勝てるようになった、今後もイケそうな気がする、
      みたいな時点でお会いするのが一番合理的かつ効果的かと思います♪

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 3度目の投稿です。

    前回は8月2日の記事にコツコツドカンをしてしまいましたというコメントでした。
    丁寧なご回答ありがとうございました。

    その後ロットを以前のレベルに下げ、収支を隠してプロコンのpipsだけを見るようにし多少ですが残高が増えてきました。
    このまま行ければと思いますが、2点ほどご意見を伺いたいことがあります。

    一つですが、その日のトレードの1発目は高確率で損切りになってしまいます。エントリーが早い(ポジポジ病?)のでしょうか。MT4を開けて10通貨ペアを一通り眺めて、、、わりとすぐエントリーしてしまいます。早いときは10分もかからずエントリーしてしまいますがそういう時はたいてい損切りです。時間帯にもよると思いますがどれくらい様子をみてエントリーすべき、とかあるんでしょうか。

    もう一つは通貨ペアへの相性ってあるのでしょうか。というのはGBPUSDとEURUSD以外ではあまり勝てていないのです。やってる時間が夕方や深夜(18:00~24:00前後)が多いので時間帯という要因もあるとはおもいますが、せっかく及川式を勉強しているので他の通貨ペアでも勝てるようになりたいです。

    • Satyさま
      >3度目の投稿です

      ↑いつもコメントありがとうございます。

      >その後ロットを以前のレベルに下げ、収支を隠してプロコンのpipsだけを見るようにし多少ですが残高が増えてきました。

      ↑即座に対応されるところは凄いですね。

      >その日のトレードの1発目は高確率で損切りになってしまいます。エントリーが早い(ポジポジ病?)のでしょうか。
      >早いときは10分もかからずエントリーしてしまいますがそういう時はたいてい損切りです。

      ↑僕が損切りスタートになるときと
      なんか症状が似てますね(苦笑)

      ポジポジ病、と言われれば確かにそうかも知れませんが
      何はともあれ「仕掛けが早い」ってのが一番かなと。
      (僕もまったくもってコレです)

      僕のトレード動画は
      「動き出し初動」
      「一発目の動き」
      これら狙いが圧倒的に多いです。

      これは「早く録画済ませて楽になりたい」という
      時間的な意味合いが一番です。

      本当は僕が利食って動画編集している時間あたりにある
      「その後の初押し(初戻し)」のほうが
      はるかにカンタンで大きなPIPSを取れることが多いのですが、

      ただしこれ、
      何時になるかキッチリと予測することが難しく、
      さらには「絶対発生するとも限らない」
      つまり「トレード出来ないリスク」も少なからずあるんです。

      僕の場合、そうなると動画ネタを逃すことになるので
      どうしても「なるべく早めにやれるならやりたい」
      構造的にこういう思考になってしまうわけです。

      その心配(?)をする必要がない人については
      しっかり動き出したあとの初押しや初戻しまで待つという戦術もアリではないでしょうか?

      このへんの意識を強めておくことで
      自然と「現在やってる二回目以降のトレード」が
      今後の「最初のトレード」になるかも知れません。

      >通貨ペアへの相性ってあるのでしょうか。というのはGBPUSDとEURUSD以外ではあまり勝てていないのです。
      >せっかく及川式を勉強しているので他の通貨ペアでも勝てるようになりたいです。

      ↑相性はあるかも知れませんね^^;;

      で、その場合なんですが、
      「得意な(相性の良い)通貨ペア」って
      それはそれでアリじゃないですかね?
      聞く人が聞けば充分羨ましい話だと思いますが。

      ちなみに僕の場合、
      長いこと円シリーズ中心だったので
      それ以外の通貨ペア、
      特にGBPUSDやEURUSDの勝率は比較すると低かったですよ。
      (回数自体も少なかったですが)

      得意なパターンを一つ一つ自分の型として固めて行き、
      それが出来る時点で自然と「周りを俯瞰する能力」が上がるはずです。

      そうなると「円シリーズ」や「オージーテクニカル」などを
      見極めるチカラも今以上に向上するので
      それ以降、徐々に幅広いトレードを展開するってことで充分な気がします。

      野球のピッチャーでも
      「決め球」がひとつあるほうが
      アレコレ球種だけ多いピッチャーより成績良かったりしますでしょ?(笑)
      まずはそれでいいんじゃないかって思いますね。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも貴重な提言をありがとうございます。
    「本能への対策」は大きなフォントにして、壁に貼っておきます!

    さて、質問がございます。
    昨夜の円の暴騰。実は私もロングを持っていました。長めのホールドだったので、動き出したときに喜び勇んで利確。しかし・・・そのあと爆上げは、「急落するかも・・・」とビビッて入れませんでした。そこで質問ですが、指標や要人発言で見られる2つのパターン、
    ・バ~ンと伸びてヒゲで戻って行ったり来たりでそれなりで収束
    ・今回のように、グングン伸び続ける
    の見極め方は有るのでしょうか。
    本日頂いた先生のLineによると「経験上」「直観」とありましたが、もしも何か「見極めるコツ」がありましたら、ご教示ください。
    もちろん、「経験則」というご回答でも、教えていただければ嬉しいです。

    よろしくお願いします。

    • イーグル@大阪さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >「本能への対策」は大きなフォントにして、壁に貼っておきます!

      ↑え!アレは貼りだすほどの内容ですかねぇ(汗)
      もちろん止めはしませんが^^;;

      >昨夜の円の暴騰。実は私もロングを持っていました。長めのホールドだったので、動き出したときに喜び勇んで利確。しかし・・・そのあと爆上げは、「急落するかも・・・」とビビッて入れませんでした。

      ↑これは心理的にとてもよく分かります。
      「利食えた!」という心理が優先される中、
      「次やってもし損したらダメージがデカイ」
      「利食えたんだからそれでいいじゃん」
      僕もこう思った可能性が高いですので。

      >・バ~ンと伸びてヒゲで戻って行ったり来たりでそれなりで収束
      ・今回のように、グングン伸び続ける
      の見極め方は有るのでしょうか。

      ↑他の方に書いたコメントのコピペで恐縮ですが、、、
      ────────
      経済指標発表ではなく、あんな時間に急騰するってのは
      まず間違いなく「なんかの材料が出た」だと思いました。

      その場合、一気に上げてすぐ戻すか、
      すぐ戻すパターンの時のタイミングでさらに上げるか、
      大体この2パターンなんです。

      で、今回は後者だったので5分足上で上ヒゲの時点でガンガン買いました。
      絶対にヒゲ以上に上げ直すと思っていたからです。
      ────────
      上手いこと参考になるとこを抜き取ってくれたら幸いです。

      ひとつだけ言えるのは
      この手の動きで安易な逆張りは絶対ダメ!って部分ですね。

      なるべく早く乗る。

      早い段階の上ヒゲ発生時点の
      「おっかないとこ」で乗る。

      僕はこのあたりを強く意識しています。

      もっとも今回はあまり早く気付いたほうでもなく
      そういう意味ではよりおっかなかったですけどね(汗)
      その分利食いも早くなりました。

      ちなみに、
      ちょうどこれを書いているときに
      またまた円シリーズが急騰しました
      (8月15日15時40分前後)

      ここでは苦労させられてますが
      途中から動画撮ったので
      あるいはYouTubeで解説するかも知れません。

      では取り急ぎ以上です。

  • 及川様
    いつもお世話になっております。

    昨日は爆益おめでとうございます!
    こう言うのにも確り乗っかれるのは流石としか言いようがありません。

    僕は東京、欧州で利益が出ていたので、及川さんの教えの通り、その後のNYを
    どれだけ我慢できるかを、21時半の指標発表を見ながら訓練していました。
    ドル円はやっぱり105.500を抜けられず不発で終わったな!勝ち逃げ勝ち逃げとPCの電源を落としてしまいましたが、その30分後にあんな事が起きていたなんて!笑

    買いのマグマが溜まっているはずと警戒はしていましたが、乗るどころか呑気に入浴してました。でも逆張って無くて命拾いしたとも言えますが。笑
    今日もトレードやってたのですが、ボラが無いにも関わらず20Pips程度取れる場面を確実に複数ポジで取る事で20%の利益になり、改めて利益の切り取りが重要だと理解しました。ありがとうございました。

    僕もチャンスに乗っかれるよう監視時間を増やしたいと思います。

    • 野村ラテ様
      コメントありがとうございます。

      >昨日は爆益おめでとうございます!
      こう言うのにも確り乗っかれるのは流石としか言いようがありません。

      ↑ホントに偶然でして、
      たまたま翌日用のブログ記事の下書きをしていました。
      帰宅するつもりもあった中、なんとなく・・・だったんです。

      >ドル円はやっぱり105.500を抜けられず不発で終わったな!勝ち逃げ勝ち逃げとPCの電源を落としてしまいましたが、その30分後にあんな事が起きていたなんて!笑

      ↑アレはいわゆる「材料」ですので
      事前に待ち構えてやることは不可能です。
      ですので僕の履歴も「目の毒レベル」で
      お見せしといてナンですが一切気にしないで良いと思います。

      >でも逆張って無くて命拾いしたとも言えますが。

      ↑そうですね。
      むしろこっちを良しとすべきかと思います。

      >今日もトレードやってたのですが、ボラが無いにも関わらず20Pips程度取れる場面を確実に複数ポジで取る事で20%の利益になり、改めて利益の切り取りが重要だと理解しました。

      ↑俄然、こういう話のほうが安心出来ます。
      なぜなら「日柄や状況を選ばずに勝てる」からです。

      ぜひとも引き続きその調子で
      コツコツがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    はじめてコメントさせていただきます。
    ガチ速FXで及川先生の事を知り、デイトレ大百科・プロコンと購入させていただきました。

    盆休みに入りようやく本格的にトレードを始めましたが、毎回プロコンの赤字マイナスpipsに耐えれなくなり、ちょっとでもトントンになろうものならすぐ薄利逃げ(2,3pips)をしてしまいます。初めに、こうなったら損切、こうなったら利確というイメージを持って臨んでいるのですが、上記のようにすぐ方向転換をやってしまいます。メンタルって大事ですね。

    結果的に救われていることもあるのですが、コツコツドカンで一回で利益を吹き飛ばしました。
    経験を積むのが大事と言い聞かせ、今は少ないロットでやっているので、精神的なダメージは少ないのですが、この薄利逃げ病が治るかどうか心配な所です。

    今後もお忙しいとは思いますが、体を大事に、これからも私たちの先生として道しるべをしていただければと思います。

    失礼いたしました。

    • tomoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ガチ速FXで及川先生の事を知り、デイトレ大百科・プロコンと購入させていただきました。

      ↑とにもかくにも
      まずはありがとうございますm(_ _)m

      >毎回プロコンの赤字マイナスpipsに耐えれなくなり、ちょっとでもトントンになろうものならすぐ薄利逃げ(2,3pips)をしてしまいます。

      ↑僕も長時間含み損状態だったときはプラテンで一度逃げることが多いのですが
      そうでもないときも薄利逃げしてしまうのでしょうかね・・・

      >初めに、こうなったら損切、こうなったら利確というイメージを持って臨んでいるのですが、上記のようにすぐ方向転換をやってしまいます。メンタルって大事ですね。

      ↑このへんはご自身がおっしゃるとおりかと思います。

      >この薄利逃げ病が治るかどうか心配な所です。

      ↑ここを課題とされるのであれば
      エントリー時点における利食い目標と損切ラインを
      一切動かさないで固定させるのもアリだと思います。

      ただし、そこに
      1時間以上経過した時点でチャラ逃げ、など
      若干の追加ルールはあって良いと思いますが。

      自分の中で改善したいポイントが明確な場合は
      そこに対し「戦う」「攻める」そういったチャレンジをすることは
      とても意味があると僕は思っています。
      仮に少々遠回りになろうとも
      目先カワして問題を先送りするよりは100倍良いですからね。

      ぜひとも勇気を持ってチャレンジなさってください。

      あ、ここはデモ口座や極小ロットで良いですからね(汗)
      くれぐれも誤解のないようお願いします^^

  • いつもお世話になっております。
    デイトレ大百科にて、日々学習させてちただちております。
    一点質問ですが、及川先生が仰っている閑散時間帯と言われているのは、具体的に何時頃のことでしょうか?
    日本時間だと、11時半〜12時半や14時半等と認識していますが、その他の欧州時間やニューヨーク時間の場合、何時くらいなのか悩んでいます。

    • こう様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生が仰っている閑散時間帯と言われているのは、具体的に何時頃のことでしょうか?
      >日本時間だと、11時半〜12時半や14時半等と認識していますが、その他の欧州時間やニューヨーク時間の場合、何時くらいなのか悩んでいます。

      ↑現在は夏時間ですので
      まずはそれ前提でお話しますが
      僕は欧州時間については19時くらいまでには終えたいイメージでいます。
      それ以降はイマイチだと思ってまして
      言ってみればこれら閑散時間ですね。

      ただし伸びた通貨ペアの逆張りなどを狙う際は
      20時以降くらいからが多く、ここは冬時間も同様です。

      NYに関しては普段深夜をやらないのでなんとも言えませんが、
      感覚的には25時以降はアテにならないイメージでいます。
      ここについては
      実際に普段見ている人の意見のほうを優先していただきたいですが(汗)

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠こんにちは!
    いつも動画、コメントありがとうございます。

    椎名林檎いいですね~
    初めて聞いたときに只者ではないなと思って、それからファンです。
    本能のMVがまたいいんですよね。
    エロチシズムですよ。
    「丸の内サディスティック」が好きなんですが、歌詞が秀逸です!
    ベンジーが羨ましい(^_^;)

    師匠と音楽の話もしてみたいです。
    FXの話じゃなくてすみません(o_ _)o))

    • haru様
      いつもコメントありがとうございます。

      >椎名林檎いいですね~
      初めて聞いたときに只者ではないなと思って、それからファンです。

      ↑ですね^^
      当時は宇多田ヒカルちゃんもデビュー直後でしたが
      僕は俄然「林檎ちゃん派」でした♪

      >本能のMVがまたいいんですよね。
      >「丸の内サディスティック」が好きなんですが、歌詞が秀逸です!

      ↑彼女のMVはどれも良いですよね。
      あの当時にしてはかなりトンがってたと思います。

      おそらく誰も共感してくれないと思いますが
      僕は彼女のファーストアルバムの中の
      「茜さす帰路照らされど」という曲が大好きです。
      100回連続で聴くくらい何度も聴いていました。
      アンニュイな雰囲気の曲が好きなんですよねぇ。

      あ、ちゃんと他のも全部好きですので
      そこは誤解なきようお願いします^^

      >師匠と音楽の話もしてみたいです。

      ↑そうですね♪
      一晩かかると思いますが(笑)

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    2か月ほど前に、及川先生のYoutubeを見つけまして、
    それ以来、アップされるYoutube動画を必ず見たり、ガチ速FXを読ませていただいたりして勉強させていただいております。
    デイトレ大百科も入会いたしまして、見させていただいている最中です。
    Youtubeも含めまして、コメントをするのは初めてでございます。はじめまして。

    さて、及川先生に質問させていただければと思い、コメントいたしました。
    最近、「〇か月ぶりの安値を更新」などという場面が見受けられます。
    急降下して安値を更新している場合、リスクリワードはどのように計ればよいのでしょうか。

    エントリー後の利食いのタイミングは、水色線をローソク足実態が割り込んだ時などでよいかと思いますが、
    エントリーのリスクリワードを計る時点でどこを目指すと考えればいいのかがわかりません。
    〇か月前の安値なのか、それともPIPS数で考えればよいのでしょうか?

    今のところ、私は怖いのでリスクリワードが計れない場面ではエントリーしないようにしております。
    もしかしたら初歩的な質問かもしれませんが、ご教示いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • NKBさま
      コメントありがとうございます。

      >Youtubeも含めまして、コメントをするのは初めてでございます。

      ↑ご丁寧にありがとうございます。
      こちらのほうこそよろしくお願いいたします。

      >最近、「〇か月ぶりの安値を更新」などという場面が見受けられます。
      急降下して安値を更新している場合、リスクリワードはどのように計ればよいのでしょうか。

      ↑5分足で目指すポイントがもうない場合は
      通常日足などまでスケールを変えてみるのがセオリーです。

      ただ、僕は正直めんどくさいからと
      そこまではやっていませんで、
      直近安値に水平線を引き、
      「ここを実体抜けたら戻り売り」
      「そんでもって20PIPSくらいでOK」
      「逆抜けしたら損切」
      この程度の管理でやっちゃうことも少なくないです。

      >今のところ、私は怖いのでリスクリワードが計れない場面ではエントリーしないようにしております。

      ↑あ、これはこれでまったくOKだと思います。
      「よく分からないことはやらない」
      これこそが重要ですので。

      ってことで上述の僕の話は余計ですけど
      せっかくなのでとりあえず残してはおきますね(笑)

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    度々の投稿失礼いたします。

    いつもご返信ありがとうございます。

    率直にご質問をさせていただきたく思います。

    初心的なご質問になるのですが
    先生が勝ち続けられるようになった際、言うならば、成功曲線が上昇に転じるようになった時、今のような華麗な相場観を持ち、複数のパターンを駆使し、稼ぎ続けていけていたのでしょうか。

    もしくは、これといった1つや2つくらいのチャートパターンに重点を置いて、それを使い方を間違えず、迷わず使い続けてきたのでしょうか。

    勝ちを積み重ねる数年の中で、技術的、内面的にさらに昇華している部分は多様にあるとは思いますが、先生の初期の頃、fxで飯が食える段階までの心情、心の内といいますか、相場への向き合い方、資金を増やすための取り組み方など、ご教授いただければと思いまして、コメントをさせていただきました。

    初心の頃からブレずにあるものなど、お聞きできたらと思いこの度はご質問をさせていただきました。

    波瀾万丈の中、勝ち抜いてきた先生のことですので、辛い当時のことなどを思い起こすことは楽しいものではないかもしれませんので、差し障りのない程度で構いませんので、少しでも切り出しポイントをご教授頂けますととても嬉しいです。

    まとまらない文でいつも恐縮です。

    宜しくお願い致します。

    • maruさま
      コメントありがとうございます。

      >先生が勝ち続けられるようになった際、言うならば、成功曲線が上昇に転じるようになった時、今のような華麗な相場観を持ち、複数のパターンを駆使し、稼ぎ続けていけていたのでしょうか。
      >もしくは、これといった1つや2つくらいのチャートパターンに重点を置いて、それを使い方を間違えず、迷わず使い続けてきたのでしょうか。

      ↑これは随分と難しいご質問ですね(汗)

      ひとつ明確に言えるのは
      僕自身、自分ではまだまだ成長過程である!
      というか、実際問題、
      日々の相場で勉強になったり発見することってまだまだあるんですよね。

      つまり「完成してから勝ち続けた」ではなく
      「勝ちながら成長を続けた」が正確かなと自分では思います。

      具体的には僕は大昔の株時代から
      順張りと逆張りを両方やっていましたし、
      常に「これって使える考え方じゃないか?」と
      様々な仮説に基づきあらたな手法を試しても来ました。

      もちろんお試しのときは
      小さなロットにするなどはしていましたが
      けどデモ口座で試す、ではなく、
      原則リアルマネーで試すようにしていましたね。

      もっともそれにより
      普段勝ってる利益を吐き出してアタマに来ることもありましたが、
      常に「課題」や「テーマ」を持ってトレードすることで
      僕がよくいう「知識と経験の蓄積」は継続出来ていると思います。
      それにより「知恵」もついたような・・・

      もっともこの手の話をしだすと
      どこまでがこの手の話か分からなくなるくらい
      境目が分からなくなります(汗)

      僕は「先生」とか呼んでもらってはいますが
      実際には「現役のプレイヤー」でして、
      いまだに「もっと良い感じに出来ないか?」などの模索は続けているつもりなんです。

      そう考えますと
      「成長しながら勝つ」
      「勝ちながらさらに成長をする」
      こういう感じが王道ではないかと思いますね。

      なお、途中まで良い感じだったものが
      アホなトレードで振り出しに戻る、
      なぁんてことは僕にも何度かありました。

      そういうとこも含めて
      「現役のプレイヤーの悩みなど皆同じ!」
      僕はそう思うのです。

      ちょっとご回答がズレてますかね・・・

      また懲りずになんなりお聞きください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもありがとうございます。
    長期休暇で猛暑日も続いてにもかかわらず毎日バタバタしてます(汗)
    13日円シリーズ急騰時、慌ててポンド円を5ポジパンパンパンで入ってあっという間にプロコンが利確してくれましたが、ジェットコースター恐怖症じゃないけどあの上昇スピードについていけず、長い陽線何本も伸びたのに何もできずただただ茫としてみていました(苦笑)、けいさい日15:35の急上昇パタンはまさに前回と違ってました、これが脳にインプトされたパタンです!いずれにせよどれも一回しか取れないのです(苦笑)。先生みたいにどれにしても余裕でたっぷり利確、危機面にも冷静に勝ち逃げできるなんで本当にすごいです!いつもの俊敏な判断力絶対に身に着けたいと思いますが、頭が固くて((´;ω;`)ウゥゥ
    今回ブログのタイトルは及川先生と出会う前であればきっとドッキとしてまさか自分のことじゃないかと思うだりしたかもしれない、おかけ様でトレード順調に上達していて?メンタル面はかなり鍛えられましたよ、損切、利確どれも淡々とできるようになりました。
    特にトデンはたいすきです、強気で倍ポジ入れられるので確実にプラテンになるので、絶対にと言えませんが少なく自分自身の経験値です。今日80:15もポンド円を2ポジトデンして4ポジにその後映画DVD鑑賞の中で25分ころ急上昇であっという間プロコンが利確してくれましたよww
    あとはノーポジ最高!毎日快眠できますから(笑)
    先生に感謝です!

    • かえる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >13日円シリーズ急騰時、慌ててポンド円を5ポジパンパンパンで入ってあっという間にプロコンが利確
      >いずれにせよどれも一回しか取れないのです(苦笑)

      ↑13日のほうは、
      あれを乗れただけ良いんじゃないですかね。
      一回だけ、と言いますが
      一回取れれば少なくてもダメではないと思いますよ^^

      >メンタル面はかなり鍛えられましたよ、損切、利確どれも淡々とできるようになりました。

      ↑これが一番ですね。
      急騰時の動画の対処については
      まず第一に経験。
      それと「何が起こるか分からないのが相場」という感覚が染みついているので
      「想定外」が一切ない、くらいのイメージで普段からやってます。

      特に動画の場面では
      苦戦する可能性をあらかじめ考慮出来ていたので
      比較的落ち着いて対応出来たように思います。

      >ポンド円を2ポジトデンして4ポジにその後映画DVD鑑賞の中で25分ころ急上昇であっという間プロコンが利確してくれましたよ

      ↑ドテン好きでしたか(笑)
      たしかにバチっと決まると気持ち良いですよね。

      >あとはノーポジ最高!毎日快眠できますから(笑)

      ↑そうですね、
      僕も毎日安眠出来ているのがとてもありがたいと思ってます^^

      ではでは、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、ご回答ありがとうございます。
    そして、まさに今回アップしていただいたYoutubeがそのまま、活きた教材と感じました。これからもしっかり勉強させていただきます。感謝です。

    • イーグル@大阪さま

      >まさに今回アップしていただいたYoutubeがそのまま、活きた教材と感じました。

      ↑上手くいかない事例のほうが
      参考になる部分が多いかも知れませんね。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めて質問させて頂きます。二郎と申します。
    いつも大変勉強になるYouTubeありがとうございます。

    及川先生はいつもエントリーの際30万通貨2本で入られますが
    60万1本でなく30万2本なのはどういった理由なのでしょうか?

    また損切り後状況を見てドテンする際マーチンゲールで最初の建て玉の2倍〜4倍等
    かなりの本数を建てかなりリスクを取って再エントリーされますが
    その際再度損切りになった時のリスクの金額の計算方法や考え方などを
    お聞きしたく思っております。

    先生の動画のおかげで最近は勝率が上がり利益が残るようになりましたが
    大きく負けた日はトレードはしないように決めています。

    先生のようにドテンを覚えてせめてプラマイゼロで1日を締めくくれるような腕前になりたいと思っています。

    お時間のある時にでもご返信いただけましたら幸いです。

    • 二郎さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >60万1本でなく30万2本なのはどういった理由なのでしょうか?

      ↑MT4の一度の発注は50がMAXだった記憶です。
      以前は1ショット50でやっていましたが
      さすがにデカすぎ、と思い30に下げたんです。
      50でも平気で2発とか入れちゃってたので(苦笑)

      >ドテンする際マーチンゲールで最初の建て玉の2倍〜4倍等
      かなりの本数を建てかなりリスクを取って再エントリーされますが
      その際再度損切りになった時のリスクの金額の計算方法や考え方などを
      お聞きしたく思っております。

      ↑その都度での計算は正直していません。
      感覚的な部分が大きいです。
      まず、損失の「額」につきましては
      常に1000万円程度までは覚悟しています。
      それを超えるとさすがに少しビビりますね(笑)

      なお、ドテンやナンピンのときは
      「時短」も目的のひとつでして、
      そこに対しロット数でリスクを取っています。

      例えば一気に動いたあと、
      しばらくレンジになったりしますが、
      その幅が仮に10PIPSだとして
      その範囲内の上下動でチャラ以上になる、
      そういう感覚でロットを入れたりしているわけです。

      単純に「負けたから次は倍」ではないんです。

      この辺は軽くお伝えは難しく、
      一度きっちり時間を取ってのほうが良いかも知れません。

      ちょうど15日の動画もそうですが、
      「このままでは敗色濃厚」って時点で
      目先の上下動ボラの中で一気に逃げられる可能性に対しチャレンジ。
      それがロット数、という話です。

      なかなか分かりにくいかも知れませんが
      「時間をロットで買う」
      「上昇相場も上げたり下げたりしながら上げ
      下落相場も下げたり上げたりしながら下げる」

      こういう特性を超短期保有の中で
      どう活かすか?
      こういう考えに基づいているってとこを
      ザックリとでもイメージしておいてください。

  • 師匠!
    こんばんは、きりんです。

    本能。

    まさに本能にやられてしまいました。

    前回のコメントで
    0.01ロットから開始し勝ち越せばロットをあげて云々と言っていたのですが、
    その後ほかの方とのやり取りなどで
    結局資金にあった通常ロットでの運用をしておりました。

    7/29より比較的ルールを守り
    日利平均7%程(複利)を稼ぎ8/12の時点で
    資金は約2倍弱となっておりました。

    そして8/13、当日は
    東京時間に稼いだ分を欧州時間でマイナスにし、
    NY時間でチャラまで戻したりしながら。。。
    22時くらいだったでしょうか。

    その後もしばらくチャートを見ていてなんとなく
    「円シリーズは下げトレンドだし大きめのロットで張って数Pipsを利食って終わろう。」とあまり深く考えずにエントリー。

    及川式のどれにも当てはまらないエントリーでした。

    多少逆行されても下げトレンドだから戻ってくるでしょ。
    と安易なナンピンを数回。

    そうこうして数分が経過した後、あの瞬間が突然やってきました。

    初動の一気上げで
    「これは絶対に切らなきゃヤバいっ!」
    と直感的に感じましたが

    数回のナンピンによりポジションが膨らんでいたため
    含み損も大きくなっており
    それを確定させることを一瞬躊躇してしまいました。

    本当に一瞬の躊躇。

    その直後には師匠もご存じの通りの爆騰。

    私の口座は文字通り一瞬で消し炭にされてしまいました。

    口座をとばしたこと、あの爆騰に乗れなかったこと
    どちらも多少の悔しさはあったのですが

    チャートの初動を見た瞬間、
    あの瞬間に直感でヤバいとわかっていたのに
    損を確定させるという行動を一瞬躊躇した自分への落胆。
    その悔しさのほうが断然大きく当日の夜は一睡もできませんでした。
    (自分をサンドバックの様にボコボコにしてやりたいくらいでした)

    大きく張っている時こそ
    やばいと思ったら瞬間的に損切りしないと即死するのだということが
    強烈なインパクトを持って記憶に刻み込まれた一日でした。

    できれば体験したくなかったですが、
    この体験でトレーダーとしての心構え部分が
    まだまだ甘々だったことを認識しました。

    これを機にまず1つを極めることに注力することを決意いたしました。
    死ぬほど検証を重ね、数倍パワーアップ
    本能で損切りできるレベルまで研鑽し
    常勝の報告ができるように精進いたします。

    今後ともよろしくお願いいたします!

    • きりんです。様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >7/29より比較的ルールを守り
      日利平均7%程(複利)を稼ぎ8/12の時点で
      資金は約2倍弱となっておりました。

      ↑これ自体は凄まじい成績ですねぇ。

      >初動の一気上げで
      「これは絶対に切らなきゃヤバいっ!」
      と直感的に感じましたが
      数回のナンピンによりポジションが膨らんでいたため
      含み損も大きくなっており
      それを確定させることを一瞬躊躇してしまいました。

      ↑ここ・・・
      かなり多くの人が他人事ではないと感じる話でしょうね。

      「逃げておくべき」と感じたものの
      その時点でナンピンポジが溜まってることで
      「状況的理由」でそれが出来ない・・・
      実に恐ろしい話です。

      >あの瞬間に直感でヤバいとわかっていたのに
      損を確定させるという行動を一瞬躊躇した自分への落胆。
      その悔しさのほうが断然大きく当日の夜は一睡もできませんでした。

      ↑お気持ちは充分過ぎるほど理解出来ます。
      僕も同じような経験したことは当然ありますし。

      >大きく張っている時こそ
      やばいと思ったら瞬間的に損切りしないと即死するのだということが
      強烈なインパクトを持って記憶に刻み込まれた一日でした。

      ↑言葉もない、されど完全同意・・・です。

      それと順調な推移で勝てているときに
      「損切りで足踏みしたくない」って油断が生じやすいってのもありますよね。
      それらの複合要因・・・

      逆に言うと、
      ボロ負けに成りうるリスク要因を
      同時に複数持たないように日々努めるってのも
      考え方として重要かも知れませんね。

      連日勝っている、
      これ自体が「ヤバい要因」ってことで、
      そういう時に安易なトレードはしない、みたいな。

      トレーダー、
      勝てば勝つほど謙虚にならざるを得ない・・・
      この意味も今回かなり実感されたかも知れません。

      だとしたら今後は
      数歩以上進歩した「強いトレーダー」へと進んでいけるのではないでしょうか。

      やるからにはぜひともがんばってください!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    はじめまして、こんにちは。
    日々デイトレ大百科とYoutube動画で学習させていただいております。

    ご質問なのですが、じわりじわりと伸びていて、また短期の移動平均線を割っておらずラインも中々引けない場合はどのように対応したらよいのでしょうか?
    例えば、EURだけ強くて他の通貨の相関もそのように動いており、リスクリワード比率は良さそうに見えても、損切りラインまで20pipsもあるみたいな状況(他のEURがらみの通貨も)です。
    僕の場合その状況でとりあえずエントリーし、逆をいかれるのが鉄板の負けパターンとなりつつあります。。。
    何度か負けたので、今度はエントリーせず、スルーしていると、なんだ伸びてるじゃんか!みたいな。まあ結果論なのですが。
    及川氏でしたらどのように対応されるのでしょうか?

    話かわりますが、デイトレはボクシング。なるほどと思いました。僕はボクシング経験者ですが、いまさら気づきました(笑)
    タイミング、戦略、戦略の考え方、環境認識等。。。
    また最近Youtubeでベーリング海のカニ漁の動画を見て、これもなにかデイトレに通じるものがあるな~と思って見ていました。
    過去の経験の積み重ねが大事で、カニのいるスポットの予測には流氷の位置や速度の環境認識、他の漁船より先んずる必要があったり等
    まあ、彼らは命懸けで、僕らはお金を懸けているので、そこは大分違いますね!

    • Leoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ご質問なのですが、じわりじわりと伸びていて、また短期の移動平均線を割っておらずラインも中々引けない場合はどのように対応したらよいのでしょうか?

      ↑すみません、冷たい言い方のようで恐縮ですが
      そういうときは「やらない」だけですね^^;;

      監視可能時間の兼ね合いはあろうかと思いますが、
      それでも無理やりなんとかトレードしようとするのは賛成しかねます。

      時間の経過と共に、
      どこかのタイミングで
      「とてもイージーな場面」が生じるのが相場です。

      まずは「場面まで待つ」。
      で、待ってたつもりが行かれてしまった場合、
      それにより次回以降のタイミングの感覚も掴みやすくなるように思います。

      仕掛けが早すぎるのは僕もよくあることなのですが
      もっと引きつけてからのほうが良い、、、
      こういう経験を積み上げることも意味があるはずです。

      >何度か負けたので、今度はエントリーせず、スルーしていると、なんだ伸びてるじゃんか!みたいな。まあ結果論なのですが。

      ↑つまりこれ、「結果論」ではないとも言えるわけです。
      毎回仕掛けが早すぎ・・・
      ゆえに打ち疲れて休んでるときに
      「本番」が始まった、みたいなケースも多いんじゃないかなと。

      >デイトレはボクシング。なるほどと思いました。僕はボクシング経験者ですが、いまさら気づきました(笑)

      ↑ボクシングやってたんですか。
      羨ましいです。
      僕も今からでもやりたいくらいで
      時間が作れたらマジで検討すると思います。

      >最近Youtubeでベーリング海のカニ漁の動画を見て、これもなにかデイトレに通じるものがあるな~と思って見ていました。

      ↑これは面白い♪
      世の中の様々な競技で「通じる部分」ってかなり多いですよね。
      それをヒントになにか出来ないか?みたいなことを
      僕はしょっちゅう考えながらやってます。
      まぁヒマなので(笑)

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 前回の質問に対する丁寧なご回答ありがとうございました。及川先生の1つ1つの言葉を糧に日々精進しています。

    今回はブレイクか反転についてです。あるラインでブレイクするか反転するかの今現在の自分の判断は上位足の向き、市場に人が多いかどうかで判断していますが、なかなかうまくはいきません。及川先生はほかに何か判断基準としているものはあるでしょうか?よろしくお願いします。

    • yoshiさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >あるラインでブレイクするか反転するかの今現在の自分の判断は上位足の向き、市場に人が多いかどうかで判断していますが、なかなかうまくはいきません。
      >ほかに何か判断基準としているものはあるでしょうか?

      ↑これ以外では圧倒的に「今主役っぽい通貨はなんだ?」ですね。
      動きやすさを鑑みた際、その多くはポンドになりがちですけど。
      それと「シリーズで動いているかどうか?」も同時に見て、
      合致したら気持ち的には相当やりやすくなります。

      それと、上手くいかないケースが多い場合ですが、
      自分が見ていた時間帯において
      「こっちやってれば良かったじゃん」ってシーンを洗い出し、
      そのとき、そのチャートを観てなぜやらなかったのか?を思い出してみると良いです。

      興味を感じなかった理由も重要ですが、
      「あ、こういうのがその後オイシイ状態になったりするんだ」みたいな
      「見え方の修正」みたいな作業も経験蓄積すると良いかと思います。

      先々、
      「コイツ、こういうパターンのやつが
      このあと伸びたりするんだよなぁ」みたいな見方が出来ると
      さらに経験の蓄積が濃密なものになったりますので。

  • 及川 様

    返信頂きまして有難う御座います!また、8/15の動画拝見致しました。過去の圧倒的な場数がモノをいうトレードであったと個人的に感じました。今更なのですが改めて凄みを感じた次第です。大変興味深い動画ありがとうございます!!!

    >>過去にルールを守らなくとも上手くいったのだからという記憶と取り返したいという気持ちが謎トレードをし始めるきっかけなのではないか
    >↑この分析には激しく同意いたします。ほぼパーフェクトな分析じゃないかと思います。そうなるとあとはこれらをどう克服するか?の対策だけですね。

    お褒めのお言葉を頂き有難う御座います。克服の為の対策についてですが先にも御伝えした内容で申し訳ないのですがトレードする時間を限定する事を考えております(朝 8:00~10:00)。この時間に限定する理由は大きく3つありまして、

    ①9時からは勿論なのですが8時からでも許容できるレベルで動く(特に円シリーズ)
    ②ダマしが発生し辛い(騙す側も参加者が少ない状況でわざわざ騙しに来ないだろうという予測とここ2・3か月の経験より。恐らく不意打ちでの要人発言やツイートなども可能性として低い時間帯であろうと…)
    ③一日の残り時間を有効に使える(これは将来的な自分都合ではありますが 笑)

    如何に美味しそうな場面でも、この時間以外はエントリしないと決めました。特に今月はダマしの様な動き(不可解な値動き)が多く、不可解な負けを喰らうとメンタル崩壊を招きやすいという経験もありますのでこのように仮説を立て、自信を持ってエントリしていく形でまずは継続的にやってみようと考えております。またコメントにて御教授頂きましたスピード感・ボラ感の変化につきましては9時以前以後と指標発表タイミングを切り分けて、出来る限り短い時間での決済にて対応していく様、考えております。(本チャンの勝負所は9~10時だと思っておりますが、その為の監視時間内に美味しい場面が来る時も少なくなかったので8~9時もエントリ出来る時間として付け加えたという経緯も御座います。)

    決めて守る事は大きくコレだけといえばコレだけなのですが、長時間トレードが招く集中力の低下による無駄なエントリを防げたりという効果もあると考えており、まずはこれを守っていれば自分はトータルで勝ち続ける事が出来るという事を潜在意識に刷り込んでいこうと思っています。

    細かい所でいうとMAが密集している場合(方向性がつかめない為)と動き出した後の追っかけ(どこまで続くかが見えにくいのと、間違えた時のダメージが大きい為)はやらない様にと考えております。改めて考えてみると後者を守るという観点でも東京時間の朝一は自分に向いているのかも知れません。

    >>出来る事であれば億越えを実現し、どこかでお会い出来る日が来ることを本当に楽しみにしております。
    >↑極論「億」じゃなくてもいいですからね(笑)勝てるようになった、今後もイケそうな気がする、みたいな時点でお会いするのが一番合理的かつ効果的かと思います♪

    本当ですか!!?!!?個人的には是非お会いし、お話させて頂きたいです!!!
    自分がどうしようもない状態でお時間を頂くのも申し訳ありませんので、またコメントにて経過報告をさせて頂き、結果が伴ってきたタイミングで是非是非御願い出来ればと考えております!今後ともどうぞ宜しくお願い致します!!!

    • 愛知県のI氏(と呼ばれるようになりたい)様
      コメントありがとうございます。

      >8/15の動画拝見致しました。過去の圧倒的な場数がモノをいうトレードであったと個人的に感じました。

      ↑正直、その通りだと思います。
      あそこ(3回目)で追加するのはおっかない、
      けど追加しないとチャラ逃げ出来ない、
      これが「経験上の判断」でした。

      最終的には逃げ切り出来ないことのほうが
      「おっかない」わけで、
      ならば負けた時、より大きな負けになるのを覚悟で
      プラ転に賭けようって話になるわけです。

      ※ただし最後に追加した分が
      大きな負けにはならない程度であることが重要です。

      >トレードする時間を限定する事を考えております(朝 8:00~10:00)。

      ↑リオンちゃんにかなり近い時間帯ですね。
      彼女は午前中いっぱいまではやることもありますけど。

      >本チャンの勝負所は9~10時だと思っておりますが、その為の監視時間内に美味しい場面が来る時も少なくなかったので8~9時もエントリ出来る時間として付け加えたという経緯も御座います。
      >長時間トレードが招く集中力の低下による無駄なエントリを防げたりという効果もあると考えており

      ↑お話の主旨、とてもよく分かります。
      考察のポイントもしっかりしており
      聞いていて安心出来る内容に感じました。

      >またコメントにて経過報告をさせて頂き、結果が伴ってきたタイミングで是非是非御願い出来ればと考えております!

      ↑了解しました♪
      僕は年内にシンガポールに引っ越す予定がありますが
      けれども日本へはチョイチョイ戻りますので
      充分チャンスは作れると思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様

    はじめてコメントさせていただきます。

    本日無料講座を申し込ませていただいた者です。

    私はNY時間にトレードをしたいのですが、スキャルピングしやすい時間帯はいつでしょうか。

    また逆に、NY時間でスキャルピングしにくい時間はいつでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • 龍ドラ様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      ※ご返信が遅くなり申し訳ありません。

      >私はNY時間にトレードをしたいのですが、スキャルピングしやすい時間帯はいつでしょうか。
      また逆に、NY時間でスキャルピングしにくい時間はいつでしょうか。

      ↑まずは「基本」から言いますと
      動きのある時間帯がトレードしやすい、となります。
      通常、参加者が多い時間帯が動きやすいですので
      そう考えますと22時~25時くらいまでがよろしいかと思います。

      一方、人が少ない時間は動きも少なくなりがちですが
      その分レンジになりやすいとも言えます。
      であるならば一方へ伸びた際の逆張りスキャルも勝率が高くなるはずで
      そういう狙い方も一考です。

      このように時間帯ごとにスキャルの方針を使い分けると
      トレード出来る幅が広がります。
      いろいろ工夫なさってみてください。

  • 及川 様

    何度もコメント頂きまして有難う御座います。恐縮です。

    >あそこ(3回目)で追加するのはおっかない、
    >けど追加しないとチャラ逃げ出来ない、これが「経験上の判断」でした。

    本当にドラマチックでした。恐らく私自身がメンタルが崩壊している状況でないとエントリ出来ない場面であったと思いました。根拠があり素晴らしいトレードだなと思うと同時に私とは器が違うなと感じました。また別件では御座いますが、解説の途中で映画館のお話が出ておりましたが、上映されている映画の主演は及川さんであったとも思いました 笑

    >リオンちゃんにかなり近い時間帯ですね。
    そうですね!もともと私自身24時間チャートに張り付きたいタイプなので、リオンちゃんのメンタル・体調のコントロールは非常に参考にさせて頂いております!!!

    >聞いていて安心出来る内容に感じました。
    ありがとうございます!まずは自分を信じて負けた時も”本能”に負けずに継続していきたいと思います♪

    >けれども日本へはチョイチョイ戻りますので充分チャンスは作れると思います。
    こちら本当に有難う御座います!引っ越しの件、承知致しました!今回の決めた取り組みの結果も引き続きブログにて報告をさせて頂けますと幸いです。

    こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。

  • 初めてまして!
    及川先生の書籍を購入させて頂き、読み終わった後、衝撃とこれからのトレードに期待が持てました!
    私はバイナリーオプションからFXに移行する予定で及川先生のブログにたどり着いた者です!
    質問なのですが、及川先生の天才チャートを活用させて頂くにはWindowsのみでしょうか?現在、Macを使用していますが、難しいようであるば買い替えを検討しています。
    ブログ内容とは関係のない質問で申し訳ありません。またお手隙の際にご返信頂けますと幸いです!

    • 溝さま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      ※ご返信が遅くなり申し訳ございません。

      >及川先生の書籍を購入させて頂き、読み終わった後、衝撃とこれからのトレードに期待が持てました!

      ↑まずはありがとうございます。

      >及川先生の天才チャートを活用させて頂くにはWindowsのみでしょうか?現在、Macを使用していますが、難しいようであるば買い替えを検討しています。

      ↑天才チャートが、、、というよりは
      MT4がWindowsでないと、、、というのが正確ですね。

      僕自身は元々Windowsを使っていますが
      Mac派の方はこの動画を一度ご覧になってみてください。
      https://youtu.be/3ndP8eR0cNk

      僕はPCスキルが低いので
      そのあたりのご質問は僕でない方が良いと思います^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    fxトレード歴1年弱の者です、初コメント失礼します。
    いつもYouTube動画を見て勉強させていただいています。

    先週にデイトレ大百科を購入し(まだ生放送の1,2,3を繰り返し見ています。)、勉強しながら今週から10万円の資金で0.1ロット(最大10発ですが大体のトレードが2〜6発)でトレードをしております。
    今までは10万円に対して1ロット(10万通貨)でトレードをしていましたが、弾数が多い方が打診で入ったりメンタルが保てるのでこのロットにしました。

    先程8月15日の動画を拝見させていただいたのですが、ドル円とポン円で合わせて18ポジも保有していたのを見てとてもびっくりしました。笑

    1つ質問させていただきたいのですが、
    普段は打診で1〜2発入り、押したところで3〜4発入ったり、損切り後はシリーズで5ポジずつ計10ポジ持ってドテンしプラスですぐ逃げる、といった立ち回りをされていると思うのですが、
    資金に対して最大何発打てるようなロットでトレードをしているのですか?
    教えて頂けると幸いです。

    • Takanobuさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >資金に対して最大何発打てるようなロットでトレードをしているのですか?

      ↑正直に言いますと、
      僕の場合弾数は明確には決めていないんです。
      ※多いときは20発前後になることもあります。

      けど、普通(?)の人は決めておいたほうが良いと思います。
      イメージ的には10発くらいまでがやはり良いでしょうね。

      >先程8月15日の動画を拝見させていただいたのですが、ドル円とポン円で合わせて18ポジも保有していたのを見てとてもびっくりしました。笑

      ↑アレは最初のエントリーで間違えて入れすぎてしまいまして
      その流れでああなった次第です(苦笑)
      明らかに「多すぎ」ですので真似しないでください^^;;

  • こんにちは。
    及川先生のブログや動画はずっと拝見してきて陰ながら応援している者です。
    コメントは初になります。
    まずは先日のドル円とポンド円の爆益おめでとうございます!
    たった1日でほぼ2000万円を稼ぐなんて・・・凄すぎて開いた口がふさがりません。
    今月はもうトレードしなくていいみたいなことおっしゃってますが・・・トレードやりますよね?笑

    質問に移ります。
    先生はFXを始めた頃は、なけなしの300万円でFXを始めたと過去のブログで見ました。
    先生ご自身が勝ちパターンに確信みたいなのを持ち始めた時に張っていたロット数は1ショットいくらで、どのくらいの維持率やレバレッジ、日利や月利は何%を目標に運用されていたのか覚えていれば教えて欲しいです。

    私が利用するのはレバレッジ888倍のあの海外ブローカーです。
    急落のショートカバーを狙った1ショット数十pips~取る逆張りデイトレを主体に、明らかなトレンド形成時には押し目フォローの順張りもやります。
    よくやるのが合計20万通貨を分割エントリーします。いくら自信のシナリオ通りにエントリーしても相場に絶対はない事を痛いほど思い知らされてきたので最初の玉はほぼ打診して、その後は含み損になって下げてきた所をあと2回だけ打って取得単価を下げることができればヨシヨシってな感じでやってます。

    単体5万通貨には慣れっこになったおかげで「合計」なら20万通貨にも慣れましたが、20万通貨単体での免疫はまだないのです。
    5万通貨より下のロットだともう空気のような、自転車をこぐのと同じ無感情の感覚で扱えます。10万通貨単体にも慣れて10万通貨×2本とかのエントリーもやりますしあまりビビらなくなりましたが20万通貨単体だとビビってしまうかもと想像できます。

    ここまでどうやってロットを上げてきたのかというと、証拠金を多めに入れて維持率に注視して一気にロットを上げました。いくらレバ888倍といえど低額超ハイレバで一気に稼ぐことを夢見てしまってはいけませんよね。
    結局低額ではナンピンもできないし相当無理しなきゃいけなくなる。
    退場⇔入金をくり返して何も前に進まない。そのことに嫌気をさし、今では私にできるそれなりのまとまった資金を入れて維持率最低でも5000%をキープしてます。
    5万通貨の次はいきなり10万通貨と一気に上げました。
    最初はドキドキしましたが今はしません。ですがこれ以上の余力投入資金はなく、20万通貨単体に移行するためのバランスを取ることができません。
    ロットは徐々に上げていく方がいいに決まってることは理解していますし、資金があればあるほど大きなロットを張ってもさほど負担にならず有利なのは承知です。
    及川先生の場合は最初300万でどんなふうだったのか、どんな感じで増やしていったのかとても知りたいです。

    先生のような数十億の取引は夢のまた夢。
    いつか5千万クラスから、そして1億の取引をできる身分になりたいです。
    お忙しいところすみませんが具体的にご教授いただけましたら幸いです。

    • かすみん様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      ※ご返信が遅くなり申し訳ございません。

      >今月はもうトレードしなくていいみたいなことおっしゃってますが・・・トレードやりますよね?笑

      ↑はい、おそらく(笑)
      けど、ここは本当の話として
      最近はYouTube以外のトレードはホントに減りましたね。

      動画の時との緊張感や集中力に大きな違いがあり、
      いい加減なトレードになることは結構恐れているんです。

      >先生ご自身が勝ちパターンに確信みたいなのを持ち始めた時に張っていたロット数は1ショットいくらで、どのくらいの維持率やレバレッジ、日利や月利は何%を目標に運用されていたのか覚えていれば教えて欲しいです。

      ↑僕の場合は実にシンプルでして
      100万円に対し1ロット(10万通貨)
      で、これを数発入れてOK、みたいなマイルールでした。

      ただし、昔は1ショット50ロットの時期もありましたが
      気疲れというか、プレッシャーが過大になりがちと感じたため
      最大30ロットを上限とし、現在に至ります。

      証拠金の維持率は海外レバだったこともあり
      ほとんど気にしたことはありませんが
      さすがに500%を切ることはそうそう多くはなかったと思います。

      利益率についてですが
      これに対し「目標」を定めたことも僕の場合はありませんでした。
      それをすると余計なトレードを増やしたり、
      逆に早期達成しちゃった際の心の持ち方が難しかったからです。

      >10万通貨単体にも慣れて10万通貨×2本とかのエントリーもやりますしあまりビビらなくなりましたが20万通貨単体だとビビってしまうかもと想像できます。

      ↑このあたりを「上限」と捉える人は多いですね。
      極論「慣れ」の世界だと思いつつ、
      10ロットはメンタル的な壁(上限)なのかも知れません。

      ちなみに僕も国内業者のときは
      1ショット10ロットですよ^^
      で、それを10発以上入れて
      証拠金ギリギリ、なんてこともよくありました(笑)

      >5万通貨より下のロットだともう空気のような、自転車をこぐのと同じ無感情の感覚で扱えます。

      ↑僕はこの感覚こそを優先されるべきかなと思いますね。
      「ロット多いかも」って感じてしまう時点で
      そのロットは多すぎなんだと思いますし、
      そういう中で行うトレード自体、
      本来のチカラが発揮できない危険なモノになりかねないですよね。

      >及川先生の場合は最初300万でどんなふうだったのか、どんな感じで増やしていったのかとても知りたいです。

      ↑ロットに関しては上述の通り
      ほぼ機械的に増やしていきました。

      どうでしょう?
      思ってたご回答とだいぶ違うかも知れませんね。
      かなりズボラというかテキトーというか(汗)

      取り急ぎ以上ですが
      不足がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

      順番が逆ではありますが、

      >及川先生のブログや動画はずっと拝見してきて陰ながら応援している者です。

      ↑こちら大変嬉しく思います。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    初めてコメントさせて頂きます。

    まず、デイトレ大百科購入して本当に大正解でした!
    ありがとうございます。

    負けっぱなし、
    コツコツドカンをやってしまっていた僕には、
    目から鱗な事ばかりで、脱帽です。

    特に、及川さんも仰っているように、
    ・時間帯(おっぱじまる瞬間)とタイムプロフィット。
    ・通貨の相関・逆相関。
    ・揃って動く通貨シリーズをやる。
    これらを意識するだけで格段にトレードがやり易くなりました。

    ※欧州時間をメインにトレードしています。

    お盆期間中はトレードやるつもりではなかったのですが、
    いけそうな場面が多々ありましたので、天才チャートでトレードしました。
    結果今週は100pips程取れました^^

    やり方としては、欧州始まる前15:30頃から監視スタートして、
    揃って動いているかを確認、強い弱い通貨を見極め、
    直近の安値と高値にラインを引いて、
    弱い通貨、または強い通貨がラインを実体一本で抜けてきたら、
    飛び乗り+一押しで追加エントリー。ラインを割って戻ったら5pips程度で損切。
    今までまだ伸びるかもで大変痛い思いをしてきたので、
    1ポジション10pips程度で利食って次を見てます。
    おっぱじまりの瞬間に方向性さえ合っていれば、10pips程度ならすぐに動いているイメージから安全に取っています。
    その後は、MA密集の抜けを狙って監視するかなんならその日はトレード終了といった感じです。

    弱点としてはまだまだリスクリワードが甘いと感じていますので、
    徹底して強化していきたいと思っています。
    基本順張りが好きなのですが、
    ダブルトップ、ダブルボトムの逆張りも今後は狙っていきたいですね。

    最後に質問なのですが、
    及川さんはGOLDは扱われないのですか?
    ボラが大きいので、レンジ相場のGOLDはとても魅力的だと個人的に思っています。昨日一昨日は上がれば下がる、下がれば上がるチャートで、350pips程度取れました。

    ただボラが大きすぎて、これ以上のトレードは怖いなという印象です。
    もし何かやらない理由がありましたらご教授願いたいです。

    お忙しいとは存じておりますが、お返事頂けたら嬉しいです。^^
    今後とも宜しくお願い致します。

    • Kさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >デイトレ大百科購入して本当に大正解でした!

      ↑こちらこそありがとうございますm(_ _)m

      >今週は100pips程取れました^^

      ↑調子良さそうでなによりです♪

      トレードのやり方について
      文面すべて拝見いたしましたが、
      実に合理的かつ、ご自身の中で明確に整理整頓が出来ているように感じます。
      これならまぁ負けにくいでしょうね^^

      >及川さんはGOLDは扱われないのですか?
      >昨日一昨日は上がれば下がる、下がれば上がるチャートで、350pips程度取れました。

      ↑凄い成績ですね(汗)

      僕は現状GOLDはやっていません、
      というか、経験的に一度もやったことがないんですよね。

      「やらない理由」は特にありません。
      単純に知らないだけです(笑)

      そんなに楽に儲かるなら今後検討するかも知れません(笑)
      と、ここは半分冗談でして、
      僕は結構な「めんどくさがり屋」でして
      FXで充分稼げている中、他の種目をあらたに研究するのが
      正直おっくう・・・と思うんじゃないかなと^^;;

      取り急ぎ以上です。

      トレード成績絶好調、なによりです♪
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんばんは、はじめてコメントさせていただきます。

    オフィシャルパートナーズからお世話になり、今年の1月からリアル口座でトレードを始めました。戦果としてはまだまだご報告できるものではないのですが、イメージ通りの展開でトレードできることが増えてきているように感じており、本当に有難うございます。
    動画を見返しながら現場と向き合う勉強と鍛錬の日々なのですが、最近迷いがあり、目標の持ち方についてご意見を伺えたらと思います。

    私は、日や月の目標はあって然りだと思っています。具体的な目標をたててチャレンジすることで技術も向上するとの考えです。ただ、目標を意識するとき、特に月末や、もう少しで一線を超える辺り、1日の内では損切りした後など、「あと〇pips」を意識するような場面でトレードが粗くなる、安易なエントリーなど墓穴を掘る行動が多くなり、逆に目標から遠ざかるとういうことを繰り返しています。
    自分のメンタルが弱いだけのような話でお恥ずかしいのですが、月単位で思うような結果を出せないこともあり、勝ちきれないうちはプロフィットには目標を持たず結果を受け入れる姿勢のほうが良いのだろうか、という気になってきたり、いやいや乱射対策とか別問題やろと思ってみたり…。先生のお考えはいかがでしょうか。

    ちなみに今の私の目標は、プロフィットで日に1%、月に10%です。稼働は基本的に毎日、23時から2〜3時間です。日に複合で10pips取れれば目標達成するロットで運用しており、1〜2ポジで5〜10pipsの利食い、損切りは5〜15pipsが多いです。延長戦がなければ1日で1~2回戦といったところですが、チャラ逃げでpipsが取れない日や乱射で大き目の損失を出す日があり、1月から現在で少し元手を割っているような状況です。

    フェイスブックで他の受講生さん方が素晴らしい報告をされる中で、このようなコメントは恐縮なのですが、悔しい思いもバネに遠くない将来には先生に自慢してもらえるような戦果をご報告できるようになりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

    • Toruさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >オフィシャルパートナーズからお世話になり、今年の1月からリアル口座でトレードを始めました。
      >イメージ通りの展開でトレードできることが増えてきているように感じており

      ↑そうでしたか、
      こちらのほうこそありがとうございます。

      >「あと〇pips」を意識するような場面でトレードが粗くなる、安易なエントリーなど墓穴を掘る行動が多くなり、逆に目標から遠ざかるとういうことを繰り返しています。

      ↑あぁ・・・これは僕も似たイメージを持っていますよ。
      というか、共感される人、とても多いように想像します。

      ちょうどさっき、
      他の方へのご回答で以下のようなことを書きました。

      利益率についてですが
      これに対し「目標」を定めたことも僕の場合はありませんでした。
      それをすると余計なトレードを増やしたり、
      逆に早期達成しちゃった際の心の持ち方が難しかったからです。

      ↑「目標」はフワっとあるくらいで良いように僕は思います。
      特に「ノルマ」みたいにしてしまうと
      トレードを「やらねばならぬ状態」になりかねず、
      そうなると本末転倒ですからね^^;;

      >悔しい思いもバネに遠くない将来には先生に自慢してもらえるような戦果をご報告できるようになりたいと思っております。

      ↑芳しくない現状をご連絡されるのも
      なかなか勇気のいる行動だと思います。
      ぜひとも「バネ」になさって欲しいですね。

      何かありましたら遠慮なくご連絡ください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして。(勝手に先生と呼ばせていただきます)

    FXでなかなか勝てずに先生のところに辿り着きました。
    いつかは先生のようなトレードができればといつもガチ速と動画を拝見させていいただいております。

    ひとつ質問なのですが、
    本日(20日)のGBPがらみのチャートについてなのですが、
    私がGBPJPYのチャートを見たのがMT4時間の9:55(日本時間15:55)で
    その他のGBPがらみの通貨ペアも急激に下げ始めたところでした。
    (当時のチャートを見ていただければ幸いです)

    時間帯的にもヒゲつきの上下移動が激しくどっちにいくかわからない感じもあり
    私自身、急な値動きの場面での立ち回りが苦手で、
    飛び乗ったら逆に行って損切りを繰り返しておりましたのでエントリーできず、
    ダダッと下がっていくのを指をくわえて見ているだけでした。

    あのようなタイミングの時に先生ならばエントリーするのでしょうか?
    また、あの付近のタイミングでエントリーする場合、立ち回りやリスクリワードなどをご教授いただければ幸いです。

    また過去の動画の中でダダッと動いた時に飛び乗るようなところがあったとも思いますがどんな動きの時「これは乗らなきゃ!」と感じるのか先生の判断基準が知りたいです。

    どうぞ宜しくお願い致します。

    • Sheez様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >本日(20日)のGBPがらみのチャート
      >私がGBPJPYのチャートを見たのがMT4時間の9:55(日本時間15:55)で
      その他のGBPがらみの通貨ペアも急激に下げ始めたところ
      >あのようなタイミングの時に先生ならばエントリーするのでしょうか?

      ↑チャート、拝見しました。
      うーん、、、同じように15:55分から見ていたとしたら
      僕も入れなかったように想像しますね(汗)

      15時から見れていたなら
      ポンドドルの15時の足確定以降の展開が絶好の売り場だったので
      ドル円の下げ基調っぷりを考慮しつつポンドドル&ポンド円の
      両方ショートならほぼ間違いなく出来たと思います。

      15:55を逃したとして、
      その後18:00の足でドル円にパーフェクトオーダーの★マーク。
      このタイミングでドル円、ユーロ円、ポンド円のすべて
      あるいはドル円&ポンド円のショートは出来たかなとのイメージです。

      僕も「追っかけ」は超苦手です。
      判断の軸になるような水平線がある場合は
      MAから離れていても出来ますが
      今回の事例ではそれもないですよね(苦笑)
      そうなると手が出ません。

      >過去の動画の中でダダッと動いた時に飛び乗るようなところがあったとも思いますがどんな動きの時「これは乗らなきゃ!」と感じるのか先生の判断基準が知りたいです。

      ↑これですが

      1.上位足含むMAが方向同じ向きでかつ距離が近い
      (密集してる)
      2.直近高安値などの水平線を●時ジャストから一気抜け
      3.円シリーズやポンドシリーズが一斉に同期で動き出す

      こういったときは飛び乗りもしやすいですね。

      他にもあるかも知れませんが
      これら以外はもはや感覚的になっちゃいますので
      あまりテキトーなことは言えません(笑)

      逆に言うと、こういったとき以外は
      「あぁ、いかれちゃった」
      「次の戻り待つしかねぇなぁ」
      みたいな感じとなり、
      狙い目となりそうな水平線を引くなどして待機します。

      どうでしょう?
      思った以上に「普通」で
      「慎重」ではないでしょうか?

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お忙しい中ご返信ありがとうございます!
    同時間帯のチャートでのエントリータイミングなどのご指導もいただきありがとうございます!
    飛び乗りの基準もご教授いただきありがとうございます。

    私の場合まだまだ反射神経が鈍いので、焦らず待って自分のシナリオが描けるシーンを待つ。
    これを徹底したいと思います。

    また質問するかもしれませんが、今後とも宜しくお願いし致します。

  • 初めてコメントさせていただきます。いつもブログやyutubeを拝見させていただいております。先日デイトレ大百科を購入させていただきまして、facebookの勝ち逃げクラブに友達申請をしておりますが、まだ承認されていません・・・いろいろ探してみたのですが問い合わせ先がわからないのでご迷惑かとは思いましたが、書き込みさせていただきました;;

    • やってぃ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >facebookの勝ち逃げクラブに友達申請をしておりますが、まだ承認されていません

      ↑恐れ入ります、
      こちらは僕の管理ではないもので
      大変ご面倒をおかけしますが
      info@fxism.jp
      こちらまでご相談いただけますでしょうか?
      僕はフェイスブック自体が苦手なんですよね(汗)

      よろしくお願いいたします。

  • 及川先生 初めまして。
    いつもyoutubeやブログを拝見して勉強させていただいております。
    今まで何度もトレードにあたり、自分ルールを積み重ねてまいりましたが、
    先生の色々な例え話や経験談を聞き、とても単純な自分のトレードに対する
    座右の銘が完成しました。

    トレードに「勝負の日」などは無い
    トレードに「勝負のポジション」などは無い

    たったこれだけです。
    ですが、なんか非常に感謝しております。
    私は生徒でもなく、何でもないんですが一言伝えたくて
    ありがとうございます。
    いずれはセミナーなどにも参加し交流を持ちたいとおもっています。

    • アンダーソン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >トレードに「勝負の日」などは無い
      トレードに「勝負のポジション」などは無い

      ↑なるほど、とても良いと思います♪
      シンプルですけどとても深い・・・

      >いずれはセミナーなどにも参加し交流を持ちたいとおもっています。

      ↑そのようなチャンスがあれば僕も嬉しいです。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントを書かせていただきます。

    及川氏の動画やblogコメント、書籍から多々勉強させて頂いております。

    先日の動画『[FX]デイトレを「ナンパ」で例えるとナニが分かるか? 2019年8月19日※欧州時間トレード』においえ15分くらいのところ

    >「もう少し前に見ていればチャンスだったのに!」
    >それすら気にしない「執着心ゼロ」

    が大変心に刺さりました。

    私は天才チャートを頼りにしてバイナリーオプションに投資しております。
    勝率の高いパターンを見つけたものの出現率が低く、結果をあせるばかりにやきもきしていたところに氏の金言に出会いました。

    何と気が楽になったことでしょう!
    金言を頂戴してからまだ一度もエントリーしておりませんが、気にしません。
    何故ならパターンにハマッていないからです。
    これからも”OKパターンに出会ったらラッキー♪”というスタンスで、気楽に付き合っていこうと思っています。

    本当の本当に救われた一言でした。
    心より感謝申し上げます。

    • 杉さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「もう少し前に見ていればチャンスだったのに!」
      >それすら気にしない「執着心ゼロ」
      が大変心に刺さりました。

      ↑それはそれはありがとうございます^^

      >これからも”OKパターンに出会ったらラッキー♪”というスタンスで、気楽に付き合っていこうと思っています。
      本当の本当に救われた一言でした。

      ↑そこまで強くは言っていないつもりでしたが
      そう取っていただけるなら大変光栄です。

      実際、リキんでも良いことないですよね。
      それに「コッチ都合」で無理にやろうとするとドツボになったりしますし。

      バイナリーオプションということですので
      僕とは主戦場が違いますが、
      引き続きお互いがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠。毎日デイトレ大百科で勉強させていただいています。
    お忙しいところ恐れ入りますが、質問させてください。
    自分がMA密集の抜けをみて「ここだ!」と思ったときにレンジだったりして結局もどされてしまうことがあります。
    その見分けが自分にはつかないのです。
    お時間があるときでいいので、ぜひ回答よろしくお願いします。

    • あやち様
      ご返信が遅くなり申し訳ありません。
      コメントありがとうございます。

      >自分がMA密集の抜けをみて「ここだ!」と思ったときにレンジだったりして結局もどされてしまうことがあります。
      その見分けが自分にはつかないのです。

      ↑ちなみに僕も前のめりにチャートを観ているときなどは
      同じような展開になることが多いです^^;;

      見分け方、となると基本になるのは
      やはり「時間帯」と「シリーズ揃い」になろうかと思います。

      僕は欧州時間のトレードが多いのですが
      例えば「16時」からの密集抜けならかなり期待度は高く
      実際見ていたらエントリーすると思います。

      で、これが最上位レベルだとして、
      「●時ジャスト付近」の抜けがその次くらいに期待出来るパターンとの認識です。

      「シリーズ揃い」は
      例えばドル円、ユーロ円、ポンド円が
      似たようなチャート形状の中、
      一斉に同方向に動いた時などは
      「トレンドスタート」を期待します。

      時々上記2つが同時に揃った条件で動き出すこともありますが
      その際は当然「鉄板」となることが多いです。
      今後、留意しつつご覧になってみてください。

  • いつも動画観ています。
    初心者です。
    及川先生の取引は、すごいの一言です。
    わたしは、ビビりなので、ショートもロングも含み損から回復し、微益で出てしまいます。
    結果、微増の損大で終わります。
    及川先生は、かなりの時間を待ったりしますが、それは、確実性が高いから?でしょうか?
    わたしは、NY時間しか取引できず、ほんとに混沌としていて、傾向がつかめません。
    やはり、コツは確実性の高いとこだけやる!に尽きるのでしょうか?
    難しいです

    • やま様
      ご返信が遅くなり申し訳ありません。
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は、かなりの時間を待ったりしますが、それは、確実性が高いから?でしょうか?

      ↑僕はそこまで「待つタイプ」でもありませんが
      やるかやらないか?となった際、
      よく分からない時点ではやらないようには心がけています。

      「確実性」については
      当然高い方が良いですし、
      動きの展開が読みやすい場面をやりたい、という気持ちが強いですね。

      >わたしは、NY時間しか取引できず、ほんとに混沌としていて、傾向がつかめません。
      やはり、コツは確実性の高いとこだけやる!に尽きるのでしょうか?

      ↑「確実性の高いところ」が分かってらっしゃるのであれば
      当然そうすべきだと思います。
      問題はむしろそこが分かっているかどうか?ではないでしょうか。

      8月21日にYouTubeにアップしたNY時間のトレード動画は
      NY時間をやる人にはかなり参考になるのではないかと思っています。
      事前段階の「待ち方」から解説していますので
      ぜひとも参考になさってください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、及川師匠のトレードを参考させていただいております。私は、ここ何日間のニューヨーク時間のポンドに吹き上げで資金の半分を溶かしてしまいました。及川師匠は、指標では無い突発的な動きがある時に、ポジションを持っている事はありませんか?
    そもそもその様な時間帯にトレードする事がないのでしょうか?もし、1日のトレード回数が3回に限られているならば、東京、欧州、ニューヨークで、及川師匠は、何時から何時にトレードしますか?教えていただければ幸いです。ポジポジ病、乱射の抑制にさせて頂きます。宜しくお願い致します。

    • きしもん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川師匠は、指標では無い突発的な動きがある時に、ポジションを持っている事はありませんか?

      ↑正直、近年は幸運なことにそういうケースはありませんが
      過去には数回あったような記憶です。
      なぜ記憶が曖昧かと申しますと
      おそらく損切りを普通にしたことで
      特段大きな損害にならなかったからだと思います。

      >もし、1日のトレード回数が3回に限られているならば、東京、欧州、ニューヨークで、及川師匠は、何時から何時にトレードしますか?

      ↑こちらは極めてシンプルでして、
      「16時~19時あたりまで」です。

      YouTubeの動画も概ねこの時間帯でやってますし
      僕にとっては一番分かりやすく、
      そして勝ちやすい時間帯だからです。

      ちなみに東京時間だけしか出来ないとするなら
      9時~12時

      NY時間しか出来ないとするなら
      22時~25時

      このようにすると思います。

  • こんばんわ。いつも勉強させてもらっておりますシャバロンです。懺悔を聞いてください。
    今週はずっとコツコツ毎日10pipsを目標にやってましたがポンド急騰に飛び乗りし少しの利益で目がお金になり、その後資金の半分をなくしてしまいました。これがコツコツドカンですね・・・自分の身の丈にあったロットでまだまだ続けるべきでした。でもこの4日間(今日の前半までは)は通貨ペアの強弱を測り、相関を見て逆行上位足のファーストタッチでなんとか勝ててましたので今後このパターンを続けます。負けたパターンも逆行上位足のタッチでしたがファーストではなかったのが弱かったんだと思います。今日は、ポンド、円が急に噴き思った動きと逆に行きましたがこれを糧に慎重にトレードしていきたいと思います。
    一つ損切りについてお聞きしたいことがあります。
    自分でサポレジを引いて(あるいはMA)これを実体が切ったら損切りというルールを私も使わさせてもらっておりますが、ペアの強弱で目標利確に届く可能性がある場合先生はどちらを優先しておりますか?本日の22:40のポンド/円で前回高値のヒゲでつられロングを入り押し目でナンピンをして耐えていた所自分でヒゲと実体に引いたサポレジを割ってしまい損切りしました。ポンドはずっと強く円はその時急騰しておりそこに引っかかったようです。その後5分足の後半よりロング側に動き結果的に持っていれば・・・となりました。最後は自分次第ではありますが何かアドバイス等頂ければ幸いです。

    • シャバロン様
      コメントありがとうございます。

      >本日の22:40のポンド/円で前回高値のヒゲでつられロングを入り押し目でナンピンをして耐えていた所自分でヒゲと実体に引いたサポレジを割ってしまい損切りしました。

      ↑チャート、確認してみました。
      随分難しいところから入ってらっしゃるなというのが率直な感想です。

      あそこまで吹き上がっているので
      「ロング目線」で見ることは言うまでもなくOK。

      ただし、言葉は悪いですが
      「楽に勝ちたい」のであれば
      こういう展開ではとにかく「下がったら買う」という基本姿勢にしたほうが良いです。

      上がったからもっと上げるかも?という思考は
      上がり出し初動のときには良いですが、
      かなり上げたあとは「押し目買い」を基本とするほうが
      早い話「簡単」だと思います。

      今回の場合、
      まず最初のエントリーが高い位置過ぎかなと。
      それによってナンピンポジも高い位置になったのでは?と推察します。

      あ、水平線でしたね。
      ここを基準にすると決めた場合であれば
      正直損切りは仕方ないと思いますが
      ただしその場合、
      水平線の設定がMAとの乖離が大きすぎる位置だったので
      設定自体がタイト過ぎだったようにも思います。

      つまり損切りしたこと自体については
      「事前に決めたことを守った」という主旨でOK。

      改善すべきは水平線の設定のほう、
      これが僕の感想です。

      黄緑線以外にも
      ピンクのボリンジャーバンド基準線、
      その手前であれば黄色の5分足MAもあります。

      「上昇中」であれば
      相場に助けてもらいやすいので
      本来は粘る価値はあるのですが、

      一方で相場は何があってもおかしくないため
      無定見に強気であってもいけない・・・

      これらを合理的に鑑みた際、
      「上昇相場開始早々における下落場面こそチャンス」
      こういう考えに沿って
      最初のエントリーも「ある程度下げたら行く」
      みたいな待ち方をすると緊張感はあるものの
      良いトレードになりやすいと思います。

      話が前後しますが、
      最初のエントリーが「飛び乗りチック」だったことが
      一番手っ取り早く修正すべきポイントかなとの感想です。

  • Youtubeや本などを見て勉強させていただいているsankchiと申します。
    動画や本などを見て時間帯や上位足、相関関係などを意識してトレードを行うことができるようにはなってきたのですが、利益が出ないのが現状です。

    僕が思う一番の問題は損切りとだましの違いが分かっていないことだと思っています。例えば、ある上位足にタッチしたときに反転すると予想し、エントリーします。その時の損切はその上位足をブレイクしたらだと思うのですが、その上位足をまたいで値動きすることもあると思います。その際多少の上抜けは我慢することができるのですが、ある程度のところまでローソク足が進んでしまうとすぐに損切りをしてしまいます。たしかに、これは損切のルールとしてはいいものだとは思いますが、そのローソク足が結局ひげになってしまい最終的には最初の予想した方向に値動きすることが多々あります。そのようなことが積み重なり損ばかりが増えていってしまいます。及川先生は動画上ではブレイクしてもローソク足を1本、2本は様子見することがあることなどをおっしゃっていました。が、僕はブレイク後の急劇な上昇などが恐ろしくすぐに損切ってしまいます。また、損切ラインで損切を行い、またチャンスがくればエントリーする手法もあると思います。ですが、これはラインをまたいで値動きするときにはエントリーと損切りを繰り返すことになりスプレッドの分損してしまうような感じがします。 

    だましで損切をしてはたとえ自分の予想が当たっていたとしても、負けトレードになってしまいます。自分はまだ未熟ですので、おかしいことも多々あるとは思いますが、ご回答の方よろしくお願いします。

    • sankichi様
      コメントありがとうございます。

      文面はすべて拝見いたしました。
      確かにこのあたりの部分が感覚的にも難しいところですよね。

      では、以下のような修正を検討なさってみてください。

      1.逆行上位足からの逆張りは引き続きOK
      2.実体が逆抜けしたら損切り
      ここまでは同じ。

      3.エントリーする際は利食い目標(黄緑線など)まで
       最低でも15PIPS以上ある場面のみをやる
      4.損切後に再度下抜けした時点で再エントリー

      こうすることで
      1勝1敗でもトータルプラスに理論的にはなります。
      まぁならないときもあるとは思いますが、
      相場戦術としては大変合理的な考え方のはずですので。

      ※損切後の再エントリーの際は2倍ロット、
      などのルールにしても面白いと僕なら考えます。

      取り急ぎご回答は以上です。
      いきなり実戦とするかはさておき、
      上記、過去チャートなどから検証確認なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    初めまして。ソランと申します。

    何時も動画、大百科を見させて頂き勉強をさせて頂いております。ありがとうご
    ざいます。

    デイトレ大百科の内容について2つご質問がございます。

    【質問1:シリーズ揃いについて】

    シリーズが揃い、さあやるぞと進める場合、一番伸びそうな通貨ペアをやるべきなのでしょうか。

    それとも、一番伸びにくい通貨ペアで利確を行うのであれば、一番伸びにくいペアを行うべきなのでしょうか。

    よくあるのが、全ペア行うのですが、利確判断は、伸びにくいペアで止まりそうな場所で判断したりするので、そうであるならば、最初から伸び
    にくいペアになるべく注視して動きの照準を合わせた方が確実なのでしょうか。

    【質問2:通貨の強弱での判断について】

    なかなか通貨の強弱から、どの通貨ペアを行えば良いのか、また通貨から、師匠が動画の中でよく言われております変化に対応する判断ができないでおります。

    (例:先日の動画の中でも、師匠が話してました「ドル円が下げているのでポンド円を売りたい」など、そういった判断)

    私ができるのは、ヨーロッパ時間であれば、ポンドシリーズ、ユーロシリーズを確認して、ポンドシリーズが揃って上げていればポンドシリーズを確認します。

    ユロポンを確認して、ポンド強い

    ドル円を確認して、ドル強いといった場合、

    ポンド円をすれば宜しいでしょうか。それとも、ユーロ絡みの売りを考えた方が良いのか。

    そこの判断がよくわかりません。一番強い通貨、弱い通貨、など並べることはできるのですが、その後の判断と「今やるべきは何か」の判断ができないでおります。

    また、師匠は、よく動画の中で変化が起こった瞬間を的確に捉えておりますが、それというのは、15分MA(緑カク線)から見て、上とか下とかの判断が一番確認しないとならない変化場所でしょうか。

    素人質問で大変恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いします。

    • ソラン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >シリーズが揃い、さあやるぞと進める場合、一番伸びそうな通貨ペアをやるべきなのでしょうか。
      それとも、一番伸びにくい通貨ペアで利確を行うのであれば、一番伸びにくいペアを行うべきなのでしょうか。

      ↑なかなか鋭いご質問ですね。
      やはり基本は「伸びそうな通貨ペア」だと思います。

      利食い位置については
      伸びそうなペアは目標を超えてさらに伸びることも少なくないため
      そんじゃ伸びない方の目標位置で、という主旨でして
      ここ自体が「各トレーダーの価値観」によります。

      ご存知のとおり僕は「チキン利食い系」ですので
      いち早く到達するほう(伸びる方)で利食うことが多いですが
      結果的に早すぎのことのほうが多いわけです。

      ただし、伸びない方の目標位置で毎度利食いを狙うと
      到達前に失速することも当然ありますので、
      利食いし損なうケースも生じます。

      毎回着実に利食いたいなら前者。
      取れる利益はなるべく取りたい、という考えなら後者。
      いずれにしても一定の「統一」が必要でしょうね。

      >ユロポンを確認して、ポンド強い
      ドル円を確認して、ドル強いといった場合、
      ポンド円をすれば宜しいでしょうか。それとも、ユーロ絡みの売りを考えた方が良いのか。

      ↑「ユロポン」でポンドが強い側だった場合

      1.ポンドが強い
      2.いやユーロが弱い
      3.ポンドもユーロもどっちも強い
      4.どっちも弱い

      このどれかになるわけですが
      それはユロポンだけでは僕も分かりません。

      ポンドが強い側、の時点で
      ポンド系のチャート形状とユーロ系のチャート形状を観るわけですが
      どっちも強いあるいは弱いときはさておき、

      ポンドが強くてユーロはウロウロ
      あるいはユーロだけが弱くてポンドはウロウロ、
      みたいな展開のどっちか?を僕は観ています。

      で、ウロウロではないほうをやる、みたいな感じです。

      どっちも強い(弱い)場合は
      もはや個別チャート勝負に集中してしまえばOKで
      ユロポンはこの「個別チャートに集中する前段階の状況判断」として意味があるわけです。

      >師匠は、よく動画の中で変化が起こった瞬間を的確に捉えておりますが、それというのは、15分MA(緑カク線)から見て、上とか下とかの判断が一番確認しないとならない変化場所でしょうか。

      ↑「変化」という主旨で言いますと
      1時間足MA(青カクカク線)が一番かも知れません。
      例えば黄緑線は割り込んでも1時足MAで止まるかも知れないって思う中、
      ここを抜けたらいよいよ反転か?みたいなイメージですね。

      現場を見ながらでない中での説明はなかなか難しいものですが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • Re;及川先生、忙しい中返信いただきありがとうございます。
    今回は飛び乗りして失敗しましたが、この貴重な経験を繰り返さないようします。
    1.吹き上がった場合はそちらに目線を置く
    2.その後は監視し、押し目を狙う
    3.水平線の引き方は勉強する
    4.トレードに飛び乗りはしない
    5.上昇相場開始早々の下落場面こそチャンスとする
    具体的なアドバイスを頂き目からウロコで大事に守っていきます。
    今後も先生の動画、ブログで勉強させていただきます。本当にありがとうございました。

  • Re;及川師匠

    先日質問させて頂きましたソランです。

    お忙しい中、ご丁寧にご返信頂き、本当にありがとうございます。

    ーーーーーーーー
    ポンドが強くてユーロはウロウロ
    あるいはユーロだけが弱くてポンドはウロウロ、
    みたいな展開のどっちか?を僕は観ています。
    で、ウロウロではないほうをやる、みたいな感じです。
    どっちも強い(弱い)場合は
    もはや個別チャート勝負に集中してしまえばOKで
    ユロポンはこの「個別チャートに集中する前段階の状況判断」として意味があるわけです。
    ーーーーーーーー

    →この文面から師匠の見ている目線と判断が少しわかり、すごくイメージが掴めました。ありがとうございます。

    始めたばかりで、やり方等は、講座で理解できるのですが、どういう視点で判断されているのかが、なかなか掴めずにいましたので、見ている順番とか、その判断に至る過程がわかり、感覚として非常に参考になりました。

    まだわからない事が多々出るかもしれませんが、これからも頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 及川師匠こんにちは。
    たびたび質問して申し訳ありません。
    デイトレ大百科の基本講義動画(トレンド発生直後は損切りしないでOKの事例)についてです。
    0:25~からのエントリーした理由についてなのですが、あそこでMAが全部下向きというのは黄緑線と信号機MAのことでしょうか?
    あの時点では1時間MAやオレンジ線は上向きですよね?
    あと、あの時点で上向きのMAを下に抜けたらそれは強いということですか?
    今回は下トレンドですが上トレンドの時も同様ですか?

    質問が多くなってしまい申し訳ありません。どうかお時間のある時で構わないのでよろしくお願いいたします。

    • あやち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >あそこでMAが全部下向きというのは黄緑線と信号機MAのことでしょうか?

      ↑久しぶりに自分でも見直してみました^^;;
      えっと、動画を観る限りでは
      「黄緑線&信号機MA」で合ってそうです。
      (僕も当時の記憶はさすがにないので)

      >あの時点で上向きのMAを下に抜けたらそれは強いということですか?

      ↑トレンドが転換するか?あるいは元に戻るか?
      この判断を僕は1時間足MAの抜け具合で判断することが多いんです。
      ちなみに動画ではまだ上向きですが、かなり水平には近い状態ですので
      下抜けした際はリペイントで後から見た際に
      この時間付近も下向きになっている可能性もあります。

      >今回は下トレンドですが上トレンドの時も同様ですか?

      ↑基本的には同じです。
      ただし僕は個人的に「売り」のほうが好きなので
      買い転換については慎重な判断になりがちで、
      売りの時の方が比較的強気ではあります。

      取り急ぎ以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • Re;及川師匠

    及川師匠、お忙しい中早々にご対応くださいましてありがとうございます。

    >↑トレンドが転換するか?あるいは元に戻るか?
    この判断を僕は1時間足MAの抜け具合で判断することが多いんです。
    ちなみに動画ではまだ上向きですが、かなり水平には近い状態ですので
    下抜けした際はリペイントで後から見た際に
    この時間付近も下向きになっている可能性もあります。

    1時間MAの抜け具合で判断する。自分にとってとても重要な気づきになりました。

    これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

  • 本能の克服の視点から言ったらお釈迦さんとかFX強そうですよね(笑)
    瞑想して見る事をおススメします
    僕も椎名林檎好きなので、応援してます

    • 内田さま
      コメントありがとうございます。

      >本能の克服の視点から言ったらお釈迦さんとかFX強そうですよね(笑)

      ↑だったらウケますよね
      お釈迦様が「利益追求かよ!」みたいな(笑)

      >僕も椎名林檎好きなので、応援してます

      ↑ありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。53歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。