「ホリエモン氏」と同じステージに立って来ます。

 

先日YouTubeチャンネルの方で
告知をさせていただいたのですが、

来たる9月29日(日)
久しぶりにセミナー登壇をすることになりました。

 

投資系の少々お高め(笑)な書籍で有名な
あの「パンローリング社」さんが主催の大型イベント、

資産拡大フェア2019
https://www.tradersshop.com/topics/190928/

 

イベント自体は28日&29日の二日間なのですが
僕は2日目(29日)の登場となります。
※及川セミナーは16時から

会場はあの「東京ビッグサイト」
もちろん僕は初めての登壇となります。

 

さて、
どんなテーマでお話をしようかと
いろいろ考えてみました。

「トレード系メイン」のイベントなら
トレードに関する技術的な内容を中心で
組み立てようとも思いましたが、

実は今回のイベント、
FXや株式投資だけではなく
「不動産投資関連」も多数出展するとのこと。

そうなると
だいぶ様子が違って来そうですよね。

 

っていうか、
僕はどうも「不動産投資系」の人には
只ならぬコンプレックスがありまして・・・

なぜならアレってそれなりの
「元手資金」がないと無理でしょ?

どうなんでしょう、
僕のイメージでは
最低でも1000~2000万円くらいは
最初の時点から持ってないとダメかなって。

だとすると
それって世間常識的には
『強者の投資種目』じゃないでしょうか?

 

そんな中「我らがFX(笑)」
極論5万円くらいからでも始められる
早い話『弱者の成り上がり種目』なワケです♪

僕はかなりの「弱者出身」であるため、
当然FXに対するシンパシーが強いのと、
その反動?からか
不動産投資がどうも苦手なんですよね。

 

話を戻しますが、
今回はトレード系の人と
非トレード系(不動産系)の人が
混在する中でのセミナーということも鑑み、

経済的弱者が成り上がるための投資手順

これをテーマに
お話をしようと考えています。

ただし「FX組」の方々も意識しつつ、
一部「トレードのコツ」的な要素も
もちろん入れておきますので
お越しいただく方はどうぞご安心ください。

 

で、ですね、
せっかくわざわざ時間を作って来てくださる方が
なんか「得した気分」
少しでも味わっていただくため、

最近一切公開して来なかった
「あるモノ」をセミナー当日に公開します。

それは僕(及川)の、
2019年8月の全トレード履歴&成績です。

※当日は伏字ナシの状態でご覧いただきます。

セミナーのレジュメ資料(パワーポイントなど)は
先週末の時点で締め切り&提出済のため、
今回は「8月度」としました。

 

実は、
古くからお付き合いのある方はご存知なのですが、
僕は以前、セミナーのたびに直近の全取引履歴を
参加された人達にすべて公開していたものでした。

その後、
各種「オトナの事情」などが生じるようになり
なかなか簡単に履歴の大盤振る舞いは出来なくなりましたが、

今回は良い機会なので
ご覧いただくことにした次第です。

※シンガポールへ完全引っ越し後は
今より柔軟にお見せできるようになると思います。

 

ちなみに僕が登壇するのは
会場内でもっとも大きなステージでして
あの「ホリエモン氏」の次の次が僕の出番です。

僕自身、
彼のセミナーには興味津々でして、
お時間に余裕のある人は
両方ご覧になられることをオススメしたいですね。

詳しいお話は
こちらの動画でもさせていただいてます。

ぜひご確認ください♪

↓  ↓  ↓

 

記事をご覧になり終わりましたら、FB投稿にいいね!お願いします♪

及川史上最強の新プロジェクト始動!

FXism及川圭哉の新プロジェクトが遂に始動!
期間限定のキャンペーン特典付き!

特典ゲット

48 件のコメント

  • 大阪のかあくんです。
    初めまして! 師匠の書籍&ブログと出会ったのは、書籍がAmazonでオススメされた日でした。
    内容を見て、即決買い(ポチ)でした。
    主に同じテクニカル指標でトレードしていて、MT4もスタートしたばかりだったので、まさに私のために書いてくれた本だと(すみません)、思い愛読しています。
    その後の成績は、資産を倍にしてドカンと撤退。最近の動画やブログでも取り上げていただいている資産管理がなってないってやつです。反省です。
    こんなんじゃ師匠と呼ぶのもおこがましいです。
    なので、心を入れ替えて頑張ります。師匠も息長くぜひ、活動を続けてほしいです。
    これからも楽しみにしています!

    • 大阪のかあくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >内容を見て、即決買い(ポチ)でした。

      ↑それはそれはありがとうございます♪

      >その後の成績は、資産を倍にしてドカンと撤退。

      ↑おっと・・・(汗)
      言いにくい話ではありますが、
      トレード初期の人の「あるある」だったりはするんですよね^^;;

      ただし、二倍に出来たこと自体は
      今後に繋がる話ですね。
      ぜひとも粘り強くがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。トモと申します。
    今回のブログの内容とは違ってしまいますが、質問がありましてコメントさせていただきました。

    私はノートパソコンに外部モニターを1つ付けてトレードするつもりでいるのですが、それぞれのモニターにチャートをどう表示させるのがベストなのかご意見をいただけないでしょうか。

    東京ビッグサイトでの先生のご活躍を祈っております。

    • トモさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >それぞれのモニターにチャートをどう表示させるのがベストなのか

      ↑うーむ、僕自身は単一モニターでやってますので
      マルチの設定については正直参考になる意見を言える自信がありません(汗)

      仮に僕が「今から」やるのであれば
      オージー系4つのチャートを表示で1画面。

      ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円の
      「円シリーズ」チャートで1画面。

      ポンド円、ポンドドル、ポンドオージーで1画面。

      みたいな感じにすると思います。
      重複する通貨ペアがありますが
      要するに僕の場合
      「シリーズで揃って動いているモノ」をやりたいので
      そのチェックをマルチ画面があるならしたいかなと。

      あくまで僕個人の話です。
      ここは実際に並べてみて、
      ご自身が欲しい情報に基づいた設定をするべきでしょうね。

      >東京ビッグサイトでの先生のご活躍を祈っております。

      ↑お気遣いありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、ご無沙汰致しております。
    Facebookの勝ち逃げ倶楽部には連日投稿させていただいておりますが、もうちょっと頑張って継続できれば、師匠にリアル面談してもらう資格を獲得できそうです。29日は当然ビッグサイトに伺います。FXismのブースに伺えば、師匠や渋谷の社長にお会いできるのでしょうか?私は師匠が苦手とおっしゃる不動産業界に属しています。不動産は長~い期間をかけて回収していくのでまどろっこしいですね、1億の物件を持って1年で1千万の収益を得られたら万々歳の世界です。換金性が低いので、合う合わないがあると思います。

    • 文京区のTAKAさま
      コメントありがとうございます。

      >もうちょっと頑張って継続できれば、師匠にリアル面談してもらう資格を獲得できそうです。

      ↑この辺のルール、
      イマイチ把握出来ていませんが、
      そうなった際はかしこまりました(笑)

      >FXismのブースに伺えば、師匠や渋谷の社長にお会いできるのでしょうか?

      ↑いるときはいるかな・・・くらいのイメージですが
      佐藤社長のほうがより会える可能性は高いかも知れません。

      >1億の物件を持って1年で1千万の収益を得られたら万々歳の世界です。換金性が低いので、合う合わないがあると思います。

      ↑業界の方でしたか(汗)

      そうなんですよね、
      「換金性」の部分がどうしても引っかかってしまいます。

      とはいえやはり「投資の王道」ですし、
      実際「超」のつくお金持ちは大体不動産やってますよね。
      僕は今の年齢(今年54歳)から、ってのも悩みどころだと思っています。

  • 初めまして!
    ガチ速FX、YouTube動画等で勉強させて頂いてます。FXのスタートにあたりヨン様の動画を参考にトレード用パソコンを購入。LINE@登録から口座開設、デイトレ大百科及びプロコンの導入等トレード環境を整え8月末よりデモ口座にてトレードを始めました。
    デモ口座ですが実際にトレードを始めると今まで以上に動画やブログコメント等で及川先生が言ってる事の理解が進み、始めた当初は損切りトレードしかなかったものが徐々にではありますが勝てるようになってきました。
    もう少しデモ口座で経験を積んでリアル口座に移行したいと思います。
    勝っても負けても深追いはしない事を肝に銘じて日々勝ち逃げを目標に頑張っていきます。
    夢は億トレーダーになり及川メシをゴチになる事!
    来月からシンガポール移住で色々大変でしょうがお体を大切に末永い活躍を楽しみにしております。

    • HIRO1022さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ヨン様の動画を参考にトレード用パソコンを購入
      >LINE@登録から口座開設
      >デイトレ大百科及びプロコンの導入

      ↑フル装備ですね(笑)
      ありがとうございます。

      >勝っても負けても深追いはしない事を肝に銘じて日々勝ち逃げを目標に頑張っていきます。

      ↑良い心がけだと思います♪

      >夢は億トレーダーになり及川メシをゴチになる事!

      ↑はい、その際は遠慮なく申告お願いします^^

      それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも大変お世話になっております。
    ユーロ/ポンドに関して質問させてください。
    先生はいつもユーロ/ポンドの強弱を確認した後でポンド系の通貨ペアを取引されていますが、確かにポンドはユーロ/ポンドの方向性が一致していますがユーロは、そうではないケースがかなり多いように感じています。
    例えば、ユーロ/ポンドが売られているときにポンド系の通貨ペアは上がっていますが、ユーロ系の通貨ペアも同じく上がっていることも多くユーロはポンドほどユーロ/ポンドに連動性がないように思いますが、先生はどのようにお考えでしょうか?
    もしお時間がよろしければご回答宜しくお願い致します。

    • 泉州のドンファン様
      コメントありがとうございます。

      >例えば、ユーロ/ポンドが売られているときにポンド系の通貨ペアは上がっていますが、ユーロ系の通貨ペアも同じく上がっていることも多くユーロはポンドほどユーロ/ポンドに連動性がないように思いますが、先生はどのようにお考えでしょうか?

      ↑これに関しましては
      ユーロよりもポンドのほうが単純にボラが大きいことが多いため、
      というのが答えかと思います。
      ボラが大きいのでユーロポンドへの影響もユーロの動きより大きくなる、ってことです。

      場面によっては
      ユーロのほうが動くこともあり、
      その際はユーロポンドへの影響も当然ユーロのほうが大きくなります。

      ただ、現場ではそのパターンのほうが少ないため
      「連動性があまりない?」と感じる機会が今後も多いかと思います。

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    サポートの皆様
    お疲れ様です!
    今回急遽決定という事もあり、参加出来ません(´・_・`)仕事の関係で東北地方におります。(ちなみに実家は東京の大塚です)

    生で及川先生が見れる、そして直接御礼と感謝をお伝えする機会なのですが行けなくて申し訳ございません。

    一際オーラを放った先生の宣材写真はキラキラですね!日本一熱いFXトレーダー、そしてゲスな講師というのは先生だけです。ゲスな所が何よりも親近感が湧いてしまっております。もしやこのまま石原さとみと共演!?というのも有り得ますね!

    今更の質問で申し訳ないのですが、先生のロットは100万に対して1ロット×10発までという感じでよろしいんでしょうか??トレードは今のところ順調にコツコツやっておりますが、ここぞという時にロットをぶち込む限度というのがイマイチ分かりません。結果、それで大きく利益か伸びて良かったという場面も多いですが、それは結果論であります。資金が増えて来た時こそ振り出しに戻らない為、ロットの上限やリスク管理の面でしっかりやりたいと思っています。レバレッジは400から200に下げましたが、海外口座は証拠金維持率が低く設定されている為、レバレッジよりも打ち込む数の調整と素早い損切りが求められてくると思います。
    ご多用と存じますが、先生のご意見をお聞かせ願います。

    セミナーの成功、遠くから見守っております!!

    • パティシエのアッシェさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >今回急遽決定という事もあり、参加出来ません

      ↑急でしたからね(汗)
      こちらこそどうもすみませんm(_ _)m

      >もしやこのまま石原さとみと共演!?というのも有り得ますね!

      ↑ズバリ・・・「ない」でしょうね(笑)

      >先生のロットは100万に対して1ロット×10発までという感じでよろしいんでしょうか??

      ↑正直「10発」は多すぎだと思っていますが
      局面的には入れちゃうこともあります。
      ただし「時短目的」なので、そこ(超短期脱出)は絶対ですね。

      >資金が増えて来た時こそ振り出しに戻らない為、ロットの上限やリスク管理の面でしっかりやりたいと思っています。

      ↑そうですね。
      ここ、非常に重要だと思います。

      >海外口座は証拠金維持率が低く設定されている為、レバレッジよりも打ち込む数の調整と素早い損切りが求められてくると思います。

      ↑ここも全く同意見です。
      たまに「あなた(及川)のレバは?」と聞かれることがあるのですが、
      レバレッジからロット計算したことって正直ないんですよね(苦笑)

      資金に対する自分なりの適正ロット、
      ここぞ!のときのMAXロット、
      これらは損益いずれも「自己メンタル的に違和感のない水準額」から
      割り出すべき、というのが僕の考えで、
      おそらくアッシェさんも同じかと想像します。

      取り急ぎご回答は以上ですが、
      要点ズレてましたかね?汗
      もしそうだった場合はお手数ですがツッコミをお願いいたします^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠こんばんは。
    ご無沙汰してます。
    この度は東京ビッグサイトでのフェア参加おめでとうございます!
    きっと大盛況になることでしょうね。
    私も都合がつけば駆け付けたかったのですが、あいにく午後からの用事と
    かぶってしまい、大変残念です。
    派手派手ブースということなので、私的にはキャバクラ要素が入ってるのでは?
    と勝手に想像してしまいますが 笑。
    このフェアをきっかけにまたFX業界がさらに活況になるといいですね。
    フェアの成功をお祈りしています!

    • はあさん様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >あいにく午後からの用事とかぶってしまい

      ↑せっかくの休日でもありますし、
      そのへんは致し方ないですよね^^;;

      >派手派手ブースということなので、私的にはキャバクラ要素が入ってるのでは?
      と勝手に想像してしまいますが 笑。

      ↑はい「ゲス」がテーマと言っても過言ではありません(笑)
      他社さんのブース担当の人達、
      かなり驚くか、あるいはドン引きするんじゃないかなと思っています^^

      >このフェアをきっかけにまたFX業界がさらに活況になるといいですね。

      ↑そうですね。
      不動産投資やってる人を
      こっち側に引きずり込めるようがんばって来ます♪

  • 及川さんこんにちわ。

    いつもためになる動画、ブログありがとうございます。

    月曜日の動画で4通貨が逆相関なのに一斉に上がってる場面がありましたがあれはなぜなんでしょうか?

    2つの通貨が上がってる場合逆相関側の2つの通貨は下がるんではないんですか?

    それともそういったパターンの場合逆相関側の2つの通貨は時間差で後から下がるのでしょうか?

    わからないのでよかったら教えて下さい。

    • たける様
      いつもコメントありがとうございます。

      >月曜日の動画で4通貨が逆相関なのに一斉に上がってる場面がありましたがあれはなぜなんでしょうか?

      ↑あれはおそらく「オージー全体」よりも
      ユーロ系全体の出来高のほうが
      オージー系の相関が効かないくらい
      明らかに大きかったからかと推察します。

      このような「相関関係が効かない状況」というのは
      いつでも起こりうるわけですが、
      逆に言うと「効いている時」とは該当通貨の出来高が
      他のものより大きい可能性が高いため
      よりテクニカルを信用しやすい、と考えられる次第です。

  • お疲れ様です!
    あのホリエモンと同じステージとの事との事でセミナー楽しみになりました

    さてどうしても師匠に伺いたい事がありましてコメントさせて頂きました!

    もし仮に師匠が今現在の頭(FXで稼げるスキルや様々な社会経験がある)を持ったまま、資産が0になって再び現在の資産に戻すとするならば、どのような道筋の人生をたどることになるのかお聞きしてもよろしいでしょうか?

    ちなみに条件は
    ・毎月必要な出費は20万
    ・バイトでも正社員でもフリーランスでも起業でも自由にできる環境
    ・人脈はリセットされてる
    ・年齢は20代

    これでお願いします。

    師匠がバイトや正社員などをしながらFXをやって現在の資産に戻すのか、はたまたその他の方法なのかとても気になります!

    師匠なりのベストアンサーをください!
    参考にさせていただきます

    • 師匠大好き丸さま
      素晴らしいハンドルネームでのコメント
      ありがとうございます(笑)

      >もし仮に師匠が今現在の頭(FXで稼げるスキルや様々な社会経験がある)を持ったまま、資産が0になって再び現在の資産に戻すとするならば、どのような道筋の人生をたどることになるのか
      >師匠がバイトや正社員などをしながらFXをやって現在の資産に戻すのか、はたまたその他の方法なのかとても気になります!

      ↑なかなか面白いご質問ですね^^

      一番のポイントは
      「今現在の頭(FXで稼げるスキルや様々な社会経験がある)を持ったまま」
      ここですね。

      であるならば、
      バイトや社員などは間違いなく選択肢から外れます。

      理由は、それらは明らかに時間効率が悪く、
      「時間拘束」の視点からもロスがデカすぎます。

      そんな時間があるなら、
      自宅から一歩も出ずに
      仮眠4時間以外はすべてビジネスに充てたい、
      そう考えますし、以前の「無一文時」はいつでもそうでした。

      「人脈のない20代」
      「現在までの経験の記憶がある」
      とするならば、
      FXの種銭稼ぎについては
      まず間違いなくアフィリエイトかネット転売といった
      いわゆる「インターネットビジネス」からスタートすると思います。

      僕は6度目の無一文からの復活時にも
      ブログやメルマガ、果ては情報ビジネスや通販などの
      「ライティング業務」をフル活用していましたので
      本件でもそれを大きな武器にすることは間違いないと思います。

      繰り返しになりますが、
      「勤め系」は勤務時間はもちろん、
      通勤時間やその他謎なお付き合いなども併せ、
      成り上がりたいと願う人間にとっては
      「時間泥棒」にあっている気分となる事柄ばかりです。

      現状貧乏であっても時間的な部分については
      圧倒的に自由である必要性を僕は感じている次第です。

      良い機会なので少し生意気言いますと、
      「仕事がない」とかブーブー言っている人を見ると
      僕は矛盾しか感じません。

      僕は「富はヒマから生まれる」という感覚があり、
      ヒマだからこそ各種アイディアや
      研ぎ澄まされた感性を磨けると思っているんです。

      仕事がない、などなんと贅沢な!
      こんなチャンスはない!って思っちゃうんですよねぇ^^;;

      あ、後半は余談です。

      けど「人脈がない」は
      イコール「しがらみもない」ですので
      僕はむしろそうありたいなぁって今でも思いますね^^

      参考になるかは分かりませんが
      取り急ぎご回答は以上です♪

  • 師匠、いつもYOU TUBE拝見しております。質問です。
    今日(9月25日)16時前ぐらいからチャートをみていたのですが、16時にドル円、ユーロ円が上に行くかと思いきや下に行きました。17時05分に下に垂れてきた15分の移動平均線にタッチしたので戻り売りしたとします。この時、実体高値まできたら最後のナンピンをする予定の時に高値まではきてないのでナンピンはしてない。だけど30分くらいマイナスの状態。こういう時はマイナスで切るのか、プラマイゼロになるまで待つのか、プラマイゼロにならずに高値まできたらナンピンするのか、自分はどっちつかずの状態で切るのはもったいないと思ってどっちかに行くまで(高値かプラマイゼロ)1、2時間経とうがずっと持っちゃいそうです。この考えは間違いでしょうか。やはり、中途半端なマイナスでも切るべきでしょうか。くだらない質問かもしれませんが、ぜひとも教えてください。
    よろしくお願いします。

    • ガンバルマン様
      コメントありがとうございます。

      該当チャート、確認しました。
      ユーロ円だけの話をしたなら
      途中でチャラ付近になった時点で僕なら切ります。

      理由はユーロポンドにおいてユーロが強い側だからです。

      複合ポジションは難易度が高いかも知れませんが
      今後のこともあるので一応聞いてください。

      僕ならもしユーロ円のショートをここでインした場合、
      17時25分あたりのポンド円をショート追加します。
      理由はユロポンの弱いほうの戻しだからです。

      ※本当はそもそもユーロ円のショート自体
      やっていたか微妙なのですが
      そこは言いっこなしで話を進めます。

      こうなると、
      ユーロ円とポンド円のトータルでは
      おそらく明らかにプラ転する場面が生じると思います。

      で、僕なら
      ユロポンの強い方のユーロ円をショートしてしまった
      ある種の後悔を鑑みトータルプラスの時点で勝ち逃げするかなと。

      このように、
      単一チャート以外を確認することで
      「なぜ自分のポジションは不都合な状態なのか?」
      この要因を見つけることが出来ると
      トレードの精度はグンと上昇するはずです。

      ご質問の主旨とは少々違う方向のご回答かも知れず
      そこは恐縮ではありますが、
      このご回答のほうが先々のテーマには良いと考え
      このようにさせていただきました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもありがとうございます。
    勝ってる証明できるはトレード成績表だと私は思っています、どうでもよい話ですみません。
    先生の成績表の曲線は順調に右上がりで綺麗です、さすがだと思います。自分の成績表の曲線は凸凹ですが毎月右上がりで終わっているので少しホッとしてます。
    29日ビックリサイトは大いに賑わうでしょうね、想像するだけでワクワクしますが、残念ながら当日はうち孫娘の運動会に参戦する事でビックリサイトにいかれません。誰がシンガポール旅行当たるのも気になりますよね(笑)
    セミナー大成功でありますように祈っていますので、先生は頑張ってください!

    • かえる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分の成績表の曲線は凸凹ですが毎月右上がりで終わっているので少しホッとしてます。

      ↑途中は凸凹でも長めのスパンで右肩上がりであれば
      充分だと思いますよ。

      >残念ながら当日はうち孫娘の運動会に参戦する事でビックリサイトにいかれません。

      ↑お孫さんの運動会のほうが
      100倍も1000倍も重要だと思います♪
      まさに「期間限定企画」ですからね(笑)

      良い思い出をたくさん作ってください!
      僕らは数年経っても
      もはやそんなに変化はないですので
      ゆっくりやっていきましょう^^

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    私はFXを始めて3年目になりますがなかなか思うように結果が出せておりません。
    開始当初はボクシングで言うところの足を止めての打ち合いばかりして身も心もお金も消耗してしまい、廃人寸前までいきかけましたが、どうにか試行錯誤を繰り返しながら退場しない程度に経験を積んでおります。

     今年に入っても相変わらず勝ちきれない日々の中、ネット検索で師匠のブログと動画に出会い、書籍、デイトレ大百科を購入させていただきました。
    師匠との出会いにより、今までもやもやしていたものが一気に晴れて覚醒してきた気がします。

    天才チャートや水平線で根拠を明確にしてトレードするとメンタルも勝率(70~80%くらい)も安定してきましたが、まだ負け方が下手で、最近も嫌な負け方をしてしまいました。

    一回の負けは中程度の損切りで、それが一日に何度か重なり、結果コツコツドカンレベルになってしまいます。
    一度負けるとリズムが狂い、うまくいかなくなる傾向があるので、一敗したらその日は終了しようかと思い始めてます。

    あと、損切りラインを決めていても5分足が確定するのを待つとアホ程踏まれ、急いで損切るとヒゲで戻す、といった具合です。(大体いつもポンド円を取引してるのでわずかな判断ミスも深手)

    師匠は負けた時どの様に気分転換されてますか?
    損切りラインを超えた時のロウソク足の判断はどのようにされますか?
    今は成行きで損切ってますが、いっそのこと逆指値入れた方が良いでしょうか?

    損切りって、言うのや目標に書くのは簡単だけど、本当に難しいですね。
    負け方を極めるのが今の課題だと感じています。

    初歩的な質問で申し訳ございませんが、宜しくお願いします。

     

    • zeroさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ネット検索で師匠のブログと動画に出会い、書籍、デイトレ大百科を購入させていただきました。

      ↑諸々お付き合いいただき
      本当にありがとうございます^^;;

      >天才チャートや水平線で根拠を明確にしてトレードするとメンタルも勝率(70~80%くらい)も安定してきました

      ↑ここまでは良い感じですね。

      >一度負けるとリズムが狂い、うまくいかなくなる傾向があるので、一敗したらその日は終了しようかと思い始めてます。

      ↑ここは「トレーダー」としてではなく
      「人間」の部分じゃないでしょうか?

      いわゆる「乱射モード」ってやつで、
      「今すぐ取り戻したい!」
      「なんなら秒で取り戻したい!」
      こういう心理になってしまい、
      無理やりエントリーするってパターン。

      これが始まってしまうと
      極論一日で全損出来てしまうので
      くれぐれもお気を付けください。

      >師匠は負けた時どの様に気分転換されてますか?

      ↑僕も「乱射モード」は危険なので
      まずそうなっていないか?を自問。
      ここは経験もあるので
      冷静な判断可能となればそのまま監視続行と。

      ただし、時間的に
      僕なら欧州時間の19時近くとかの
      中途半端な時間に突入してしまった際は
      エアロバイク漕いだり、風呂入ったり、
      それこそパソコン閉じて飲みにいったり(笑)

      「なんとしても今日中に取り戻す!!」
      みたいなのは普段はないですね。

      >損切りラインを超えた時のロウソク足の判断はどのようにされますか?

      ↑これ、過去のやりとりで何度かご回答をしてるのですが、
      長くなっちゃうので今度動画で解説出来たらと思います。

      >今は成行きで損切ってますが、いっそのこと逆指値入れた方が良いでしょうか?

      ↑ここ一番「切れない」となるようなら
      ストップ入れちゃったほうが確かに良いかも知れませんね。

      で、しばらくそれでやってみて
      不都合があるようなら値の調整、
      あるいはエントリーポイントの精査など
      「そうなる前の過程」について検証する形が良いかなと思います。

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 本日(9月26日のEU時間)のチャートから閃いた手法があるので及川先生の見解といくつかの質問の答えをお聞かせください。
    以前及川先生にアドバイスをいただいた監視通貨にドル円とユーロポンド、取引通貨をポンド円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルという通貨ペア構成で小さいロットで練習トレードをしています。
    チャートを見ていてピンク線や基準線に戻らず波に乗り遅れることがあります。デイトレ大百科では水平線を使って水平線を抜けて戻ったら入るや、強いときは水色の5MAに戻ってきたら入るなどの解決方法があるとおしゃっていましたが、自分は水平線のトレードが苦手で、どのように強いときに水色線で反発するのかが今ひとつわからなかったので鉄板ルール5選のみでトレードを始め、コンスタントに勝てるようになってきました。しかし波に乗れないことが多く、悔しかったので他の解決策はないかとチャートを見ていました。そうするとEU時間でポンド円とポンドドルのチャートが似ていて、ユーロポンドのチャートが逆相関になっている日、もしくはユーロ円とユーロドルのチャートが似ていて、ユーロポンドのチャートが相関になっている日があります。そこで今回の手法を思いつきました。
    手法
    ポンドシリーズがそろっている時に日(今日)に、ポンド円とポンドドルがとても強く、伸びてしまって15MAまで戻ったらもさっり戻しになりそうなときや、EU時間の30分刻みの時間帯始まりに少し大きく動いた時に、ユーロポンドはそこまでMAから離れていませんでした。この時大きく動くのはポンド円とポンドドルだと考えます。このような状況でユーロポンドでパーフェクトオーダーが出た状況で、大きく動くであろうポンド円もしくはポンドドルが水色線などの5分足のMAタッチや水平線のタッチした時ならば5分足のMAや水平線の効きも強く、勝率が高いと考えます。(今日のポンド円とユーロポンドチャートの17時00分や17時45分や19時00分など)この時の損切りはポンド円チャートで1HMAや75本線が遠すぎるときはユーロポンドの上位足MA抜けで損切りをします。
    このような考え方の手法は及川先生はどのように感じますか?及川先生の感想、直すべき点、損切りポイントのアドバイスなど頂けないでしょうか?
    質問
    及川先生は水平線でのエントリーの時に考えること、水色線反発すると考える強い相場のチャートの特徴や条件を教えてください。
    及川先生は以前のYouTube動画(9月5日)で1HMAや75本線が黄緑かくかくからかなり遠いときのパーフェクトオーダーでエントリーしている時がありました、この時の損切りはどうするつもりだったのか教えてください。
    長々と失礼いたしました。回答のほどお願いします。

    • ジラール様
      コメントありがとうございます。

      >今日のポンド円とユーロポンドチャートの17時00分や17時45分や19時00分など

      ↑手法の中身、もちろん拝見しました。
      なるほど、なかなか面白い考え方ですね♪

      なんとなくイケそうな気もしますが、
      僕自身、もう少し似た状況の出現を観てみたいと思います。

      >直すべき点、損切りポイントのアドバイスなど頂けないでしょうか?

      ↑まだ今日の時点ではなんとも言えません。
      ただし、ユロポンのチャートを元の根拠とする以上、
      損切り判断も同チャートで行うのは理にかなってると思います。
      ですので、概ねこのままで大丈夫かも知れませんね。

      >及川先生は以前のYouTube動画(9月5日)で1HMAや75本線が黄緑かくかくからかなり遠いときのパーフェクトオーダーでエントリーしている時がありました、この時の損切りはどうするつもりだったのか教えてください。

      ↑ちょっと時間的に過去動画を再確認する余裕がないので恐縮ですが
      ご指摘のような場面、
      僕はその他状況から「かなり自信があるとき」のはずです。

      で、そうだった場合、
      あっという間に含み益になることを想定、
      なのでそうならない時点で逃げの準備。

      あるいはその上(ショートの場合)の
      「ここ抜けたら損切りやむなし」と割り切れる水平線を損切り目安にするはずです。

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    初めてコメントさせて頂きます。
    いつもYouTubeにブログコメント、すごく勉強になっています。
    8月からFXの世界に足を踏み入れ独学で資金1万を1ヶ月で10倍まで増やせたのですが、いわゆるコツコツドカンをやらかしてしまい大変悔しい思いをしましたので、9月はまるっと基礎から勉強し直そうと思い、最近ではデイトレ大百科も購入させてもらいまして、まずは先生のルール(エントリーやリスクリワードなど)やメンタル維持を真似させてもらって、デモトレではなかなかの勝率を叩けるようになりました!

    そこで質問なのですが(ブログ内容と関係無くすいません(汗))、ショート(戻り売り)の場合(リスクリワードは1:1以上)に直近の高値に水平線を引き、損切り位置(10~15pips)を決めるのですが(利確位置も15pips前後)、少し早いかなって思ってしまいます。
    シナリオとの反対方向に動いての損切りなので早いに越したことは無いのかもしれませんが、その後崩れる(押される?)ことをイメージしてしまって切りづらいなと思ってしまいます。
    やはり、そこは損切って弾数かロット数を増やしてエントリーし直し、プラ転まで引っ張るが正解でしょうか?

    ビックサイトの方にも足を運べたらと思うのですが、遠方でかつ当日も仕事なため行くのが難しいのですが、先生の公演やブースの様子なども動画で上げていただければ幸いです(^^)
    公演の成功、心より応援申し上げております!

    • 大阪の優@340さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >8月からFXの世界に足を踏み入れ独学で資金1万を1ヶ月で10倍まで増やせた

      ↑凄いスタートダッシュでしたね^^

      >最近ではデイトレ大百科も購入
      >デモトレではなかなかの勝率を叩けるようになりました!

      ↑良い感じであれば何よりです♪

      >ショート(戻り売り)の場合(リスクリワードは1:1以上)に直近の高値に水平線を引き、損切り位置(10~15pips)を決めるのですが(利確位置も15pips前後)、少し早いかなって思ってしまいます。

      ↑キチンと引きつけてからのエントリーが出来ているのであれば
      このままで良いような気もしますが・・・

      僕のようにフライングで入ってしまうようなときは
      柔軟に変更、、、というか
      「せざるを得ない」って話になりますけどね(苦笑)

      >やはり、そこは損切って弾数かロット数を増やしてエントリーし直し、プラ転まで引っ張るが正解でしょうか?

      ↑セオリー的にはこのほうが良いように思います。
      ただしこれって野球のバッティングフォームの話みたいなもんで
      「こう構えるのが基本」ってなレベルです。

      そのまま例えを続けますと
      例えばピッチャーが投げるボールの軌道の
      「見え方」自体が人によって異なるため、
      その感覚を自分側に寄せてみる、という微調整は
      あって然りじゃないかなと思うんですよね。

      増してや結果について
      完全なる自己責任の世界ですので
      なおさらです。

      良いアドバイスかどうかは謎ですが、
      これも僕の本音ということで
      どうか上手にご理解ください^^;;

      なお、ご回答に不足がありましたら
      そこは遠慮なく何度でもご連絡ください。

      >遠方でかつ当日も仕事なため行くのが難しいのですが、先生の公演やブースの様子なども動画で上げていただければ幸いです(^^)

      ↑お気遣いありがとうございます。
      動画については運営にも相談してみます。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    先日はコメントに返信頂きまして有難う御座いました。
    直近のFXの結果は…勝ち始めた油断から甘いエントリ、傷に塩を塗る展開をまたもやってしまい しくじりましたが、開始から3か月、徐々に損切をした時の気持ちも穏やかになり、光が見えてきている様に感じております。(本当はせめて1週間、1ヶ月とまとまった単位での勝ち報告が出来れば良かったのですが…)

    本題なのですが29日の資産拡大フェアの講演を是非拝聴させて頂きたく準備を進めていたのですが、公式HPに及川先生のセミナーも受講券が必要との記載が御座いました。(公式HPをもっと早く見ておけばよかった・・・)

    https://www.tradersshop.com/topics/190928/order.html

    こちら当日、入場券を取って受講券を獲得するか、またはガチ速FX持参で入場も講演も(空席があれば)フリーパスになる流れになりますでしょうか?及川先生の講演を目的として愛知からお伺いさせて頂くので、行ったもののセミナ会場に入れないという状況だけは避けられたらと考えている次第です。個人的な質問で大変申し訳御座いません。

    大変御忙しい所申し訳御座いませんが、御教授頂けますと幸いです。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • 愛知県のI氏(と呼ばれるようになりたい)様
      コメントありがとうございます^^

      >こちら当日、入場券を取って受講券を獲得するか、またはガチ速FX持参で入場も講演も(空席があれば)フリーパスになる流れになりますでしょうか?

      ↑以前の動画でもお伝えしましたが
      書籍持参で入場可能なはずです。

      ただし、指定席ではないので
      座席に関してはどのみち先着順かと思います。

      愛知からわざわざご足労いただき
      大変恐縮です。
      当日はブースの抽選会なども併せ、
      ぜひとも楽しんでください。

      どうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも勉強させていただいております。
    有難うございます。

    質問があります。
    1時間MAなど絶好の売り場、買い場になる抵抗線についてです。
    私は主にGBP/JPY、GBP/USDで取引をしておりますが、ボラが高い通貨ペアのためでしょうか、これら抵抗線を大幅(例えば5~8pips程度)超えてから戻るパターンによく出会います。例えばロングの絶好の売り場でショートを仕込みましたが、5pips以上ロング方向へのびて暫くしてからショートに転じるといったような感じです。
    そこで及川さんが提案しているラインを越えたら損切りドテンというスキャルピング手法のことですが、これら通貨ペアでは及川さんが言っておられるラインを越えたら損切するというルールの損切幅をもっと余裕をもってした方がうまく立ち回れるという解釈でよいでしょうか?
    それとも損切を我慢して、ルール通りにした方がよいのでしょうか?
    たまに往復ビンタを食らいます。

    ボラが高く短時間で利益を確定でき易いので、私はGBP/JPY、GBP/USDを中心にしておりますが、損切が大きいと当然損失も大きくなり割が合わなくなります。かといって損切に引っかかってから逆走するのも悔しい気がします。
    実は本日もヨーロッパ時間開始直後のポンド暴落の戻しを取ろうとして往復ビンタをくらいました。ラインを突破してからしばらく動きがなくなったので、そこでロング方向に逆張りしましたが、もう一段下がってしまい慌ててドテンしましたが、その後戻されました。

    実際のところGBPがらみはある程度の損切幅を覚悟したほうがよいと考えられますか?

    お忙しいところ恐れ入りますが、お返事いただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    • たなか Kさま
      コメントありがとうございます。

      >例えばロングの絶好の売り場でショートを仕込みましたが、5pips以上ロング方向へのびて暫くしてからショートに転じるといったような感じです。

      ↑いったん順方向にさらに伸びてから落ちて来る、
      みたいなパターンですかね?
      だとしますと、確かによく見る光景ですよね。

      ちなみに以下、
      すべて「ショートエントリー前提」でお答えいたします。

      >ラインを越えたら損切りドテンというスキャルピング手法
      >ラインを越えたら損切するというルールの損切幅をもっと余裕をもってした方がうまく立ち回れるという解釈でよいでしょうか?
      >それとも損切を我慢して、ルール通りにした方がよいのでしょうか?

      ↑具体的な話として、
      上側にMAなどがもうない位置で逆抜けした場合は
      僕はとにかくいったん切ります。
      でないとどこまで上がるか分かりませんので。

      また、水平線は引きますが、
      その上に例えば下向きのMAなどが控えている場合は
      1.水平線で打診売り
      2.MAで最後の追加(ナンピン)
      など、あらかじめ「複数個所」のエントリー位置を想定し
      段階的に入れていったりします。

      「水平線」は観る人によって
      引く場所が違ったりますよね?
      僕は「自分自身が納得して損切り出来るための根拠」
      こういう考え方をベースにしているんです。

      繰り返しになりますが
      下向きのMAが上にあるなど
      まだ方向性が合っている状況であれば
      複数個所に分散したエントリーを検討し、
      ただし、ここでの「最後の砦」を抜けたら
      とにかくいったん損切り。

      で、ポンド特有の
      抜けてから落ちて来るパターンも考慮し、
      損切り後の推移を観ておくなどの対応も僕はしています。
      (その際は再度ショートし直しもします)

      ポンドの「じゃじゃ馬的動き」を
      あらかじめ考慮しておき、多少の「含み」を織り込んでおくことは
      アリと言えばアリと思います。

      ただし、それを勘案した場合であっても
      「ここを抜けたら危険」というラインについては
      しっかり損切りしておくほうが長い目で見たら良いはずです。

      というか、
      「ここを抜けたら危険」というラインの置き方自体の
      感覚や精度を上げていけると一番良いように思います。

      それをするには
      「今何時か?」も含めて意識を置くことです。

      例えば16時早々の「ここ抜け危険ライン突破」であれば
      それはおっかないので逆張り的なことは一切しませんが

      散々大暴れしたのちの19時半とかであれば
      もうどちらかに一方的に伸びるエネルギーもないだろうってことで
      逆行かれてもナンピン対応してしまう、などの「区別」もしているんです。

      ・チャート形状
      ・同じ通貨の「シリーズ揃い動き」
      ・時間帯における「勢い」の違い

      これらが絡み合って
      「加減」を考慮出来ると
      デイトレ全体の精度が一気に向上すると思います。

      直接的なご回答ではありませんが
      今後の「テーマ」になればと思い、
      このようなお話とさせていただきました。

      不足がございましたら
      お手数ですがさらなるご質問をお願いいたします。

  • 師匠、お疲れ様です。いつも勉強させていただいております。質問です。
    ポンドシリーズが15分の移動平均(下向き)の下で揃っていてユロポンは15分の移動平均(上向き)の上で推移してるとします。この時、ポンドシリーズの売りを考えるわけですが、ドル円、ユーロ円は15分の移動平均(上向き)の上で推移してる時、またオージードル、ユーロドルが15分の移動平均(上向き)の上で推移してる時、またオージーテクニカルじゃない時はポン円、ポンドル、ポンオジ全ての売りポジションを取らないほうがいいのか、それともポンドシリーズが15分の移動平均(下向き)の下で揃っていてユロポンは15分の移動平均(上向き)の上で推移してることだけで判断して売りポジションを取っていいものでしょうか。やはり円シリーズやドルシリーズ、オージーテクニカルそれぞれ揃っているとき、揃っていないときで成功確率も違うのでしょうか。また揃っていても閑散の時間帯ではやはりポジションは取られないのでしょうか。いくつも質問してすみません。
    お忙しいところ恐れ入りますが、お返事いただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    及川セミナーの成功を祈っております。

    • ガンバルマン様
      コメントありがとうございます

      >ドル円、ユーロ円は15分の移動平均(上向き)の上で推移してる時

      ↑これだと理屈的にシンプルな狙い目はポンドドルになりますね。

      >オージードル、ユーロドルが15分の移動平均(上向き)の上で推移してる時

      ↑これだと同じくポンド円。

      >オージーテクニカルじゃない時はポン円、ポンドル、ポンオジ全ての売りポジションを取らないほうがいいのか

      ↑オージーテクニカルでないときは
      僕は少なくともポンドオージーは外すことが多いです。

      >ポンドシリーズが15分の移動平均(下向き)の下で揃っていてユロポンは15分の移動平均(上向き)の上で推移してることだけで判断して売りポジションを取っていいものでしょうか。

      ↑いや、さすがにこれだけでは弱いですね。
      「いつ、どこから始まった流れなのか?」や
      「今何時か?」も強弱判断に入れる必要性を感じます。

      >円シリーズやドルシリーズ、オージーテクニカルそれぞれ揃っているとき、揃っていないときで成功確率も違うのでしょうか。

      ↑僕は同一通貨の関連通貨ペアが揃って動くとき、
      そのトレンドを信頼する傾向が強いです。
      ご指摘の「成功率」も高いと考えています。

      ただし繰り返しになりますが、
      「現在地」が初動なのか、相応の時間経過後なのか、
      現状の時間が何時か?なども含めての話です。
      ※当然発生後の初押して初戻しがもっとも成功率が高いと思っています。

      >揃っていても閑散の時間帯ではやはりポジションは取られないのでしょうか。

      ↑揃っての「動き出し」であれば
      僕はやるかも知れません。

      なんらかの材料が出ての可能性もありますし、
      「そこから始まるモノ」については
      時間帯関係なく強い動きになる可能性を考慮しますので。

      >及川セミナーの成功を祈っております。

      ↑お気遣いありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠こんにちは!
    いつもお世話になっております。
    セミナーのことで質問させてください。自分はガチ速fxの方を購入して持っているのですが、連れが持っていなくて申し込みも間に合いませんでした。
    その場合自分のガチ速fxだけで連れも入れますでしょうか?
    こんな質問をしてしまい大変申し訳ありません。
    よろしければご返信よろしくお願いします。

    • あやち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分はガチ速fxの方を購入して持っているのですが、連れが持っていなくて申し込みも間に合いませんでした。

      ↑イベント自体が「無料」ですので
      入場出来ないことは少なくともないと思います。

      ただし、当日用の申し込み書などを
      書かされる可能性はあるかも知れませんね。
      この辺は運営側でないのでなんとも分かりません^^;;

      基本、大丈夫だとは思っています。
      お気を付けてお越しください。

  • 及川先生

    いつも各種コンテンツ、非常に勉強になっております。

    また先日ご質問させて頂いた内容を、先生のYouotube動画の方でもご紹介頂き、
    有難うございました!至極光栄に存じます。。。泣

    さて、毎度質問ばかりで恐縮ですが、下記についてご教示頂けますと幸いです。

    逆行上位足(75期間MA、1時間MA、4時間MAなど)へのファーストタッチ時点での【逆張り】につきまして、最近の相場だと、感覚的に、逆行上位足に触れた時点で大きく反発せず、なんならそのまま抜けきって行ってしまう事が
    多いような気がしておりますが、

    逆行上位足タッチ逆張りの際、
    ①通貨相関性
    ②シリーズ揃いか否か、

    他に、見極めで重要なポイントがありましたら教えて下さい。

    ビッグサイトでのイベントなど、多忙を極めていらっしゃるとは存じますが、
    お手すきの際で差し支えございません、
    何卒宜しくお願い申し上げます。

    29日の登壇、頑張ってください!

    • 東京生まれヒップホップ育ち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >逆行上位足タッチ逆張りの際、
      ①通貨相関性
      ②シリーズ揃いか否か、
      他に、見極めで重要なポイントがありましたら

      ↑シリーズ揃いか否か?のところですが、
      「揃っていない」ほうがレンジの期待が高いので
      逆張りも成功しやすいって考え方は大丈夫そうですかね。

      揃っての上昇または下落の際は
      シリーズの通貨ペアで
      「一番最後に到達した時点」からやるのがオススメです。
      この場合、その通貨ペアが逆抜けしたら損切りすればよく、
      負けたときの損失は軽微で済みますので。

      で、ここからがポイントなのですが、
      上記を理解したうえで、
      それでも「あえて一番最後ではない通貨ペアの到達からやる」
      というのであればそれは考え方次第で「アリ」ですし、
      実際僕もよくやっています。

      この場合、最初のエントリーは一種の「打診」で
      最後に到達した銘柄でのエントリーが「本丸」となります。
      世間的には単なるナンピンとなりますが、
      要するに「分かっててあえてやっている」ということなら
      損失時の管理も出来ているという部分で問題なし。

      また、こうすることで
      「エントリー出来なかったリスク」もその分軽減出来ます。
      つまり「利益チャンス」が増えるという考え方です。

      徹底的に慎重にやると
      リスクは軽減出来ますが
      軽減しすぎて利益チャンスまで減ります。

      大胆にやることで利益チャンスは増えますが
      その分当然仕掛けが早すぎることの損失リスクも増大と。

      これらのどのあたりを兼ね合いとして取るのか?
      これがトレーダーの「ヴィジョン」です。

      重要ポイントの決定打ではないかと思いますが、
      トレードを「組み立てる」という考え方として
      今後の参考になさっていただけたらと思います。

      というか、
      もし逆張りの成果がイマイチでしたら
      上記の中の「かなり慎重なやり方」を軸にされると当面良いかも知れませんね(汗)

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生!はじめまして。
    ガチ速何周も読み込ませていただいています。
    及川先生の人間味あふれるyoutubeもいつも楽しく、
    真剣にこれまた何度も見ています。
    いつか及川先生の手法を真似出来るようになるまで成功失敗を繰り返して
    考察していきたいと思います。

    そしてビックサイトでの講演、出展おめでとうございます!!!
    行きた過ぎて仕方ないのですが、どうしても行けず、、、
    終了後講演やブースなどの写真がアップされるのを期待してやみません。

    では質問なのですが、
    現在私の仕事場が3拠点ありまして、それぞれのPCに及川先生の天才チャートを
    表示させていますが、出先になることも多くその際はスマホ(MT5)でチャートなど値動きを見ています。
    もしお伺いできますなら、出先の際スマホ版MT5でのインジケータなどお勧めはございませんか?
    天才チャートがなければ全くの無力の私でございます(笑)

    及川先生はきっと出先でチャートなど見ないだろうなと思いますが
    もしお教えいただけるなら嬉しいです。

    あと、差し出がましいですがガチ速FXでの訂正を2点ほど。
    もし既に訂正されていましたらすみません。
    先週購入した書籍ですのでもしかしたら訂正がまだカモですが・・・

    P140
    下から11行目
    カウンターパンチをもろに食らってしま(つ)た状況。
    ココが及川先生の狙っての誤字なら最高です!!!!!笑

    P142 図4-15
    ユーロ円とドル円のチャートが逆だと思います。
    これはさすがに訂正が良いかと思いました。

    以前のブログコメントにも訂正のコメントがあったと思いますが、
    もうどなたかがご指摘されてらっしゃったらスミマセン!!

    でも私自身、及川先生のガチ速FXほど読み込んだ書籍はありません。
    好きですし今後もまだまだ読み返します(笑)

    アルコール漬けの日も多々あるかと思いますが、
    お身体どうかご自愛ください。

    これからも及川先生を追いかけます!
    ありがとうございます。

    • 大阪の及川先生になりたい男さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ガチ速何周も読み込ませていただいています。
      及川先生の人間味あふれるyoutubeもいつも楽しく、
      真剣にこれまた何度も見ています。

      ↑大変光栄です♪
      本当にありがとうございます。

      >行きた過ぎて仕方ないのですが、どうしても行けず、、、
      終了後講演やブースなどの写真がアップされるのを期待してやみません。

      ↑大阪から、となるとさすがにカンタンではないですよね^^;;
      画像その他は、ブログなどでもご紹介出来ると思います♪

      >出先になることも多くその際はスマホ(MT5)でチャートなど値動きを見ています。
      >出先の際スマホ版MT5でのインジケータなどお勧めはございませんか?

      ↑なるほど・・・
      ただ、ご想像のとおり、
      僕はスマホでは一切チャートすら見ないんです。

      ですのでスマホにおける良いトレード環境みたいなお話は
      完全な役立たずですね(汗)
      どうもすみませんm(_ _)m

      書籍の訂正の件、、、
      ご指摘ありがとうございます。

      ただ、こちら現状の刷り本については
      訂正済だった記憶です。
      書店さんによって「第●刷」が違うのかも知れません。
      ※ちなみに現状「9刷」だったはずです。

      >これからも及川先生を追いかけます!

      ↑今後もそう思っていただけるよう
      引き続き精進したいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、本日の資産拡大フェア大盛況でおめでとうございます、また、お疲れ様でした。1時間の尺にぴったりで、なおかつ、師匠の事を知らないような初めてこられている方にもわかりやすい講義だと思いました。お気遣いが素晴らしいなぁと。
    師匠とFXismの方は決して商材屋ではなくて、FX市場を盛り上げて勝てる人を増やしたいと純粋に思っているのだろうと感じました。
    他のブースには私がよく知っている不動産会社が多数出展しておりましたが、彼らに聞かれたら確かに『ボコられ』そうな事をたくさんおっしゃっていましたが、不動産業界にいる人間からすると師匠のおっしゃっていることが真実です。
    師匠がノンリコースローンの事をおっしゃられていて、実は不動産の世界にも詳しいのだろうな、と感じましたよ、私も師匠と同様、タワーマンションは賃貸で住むにはいいけど、購入するべきものではない、という意見に賛成です、30年後がどうなるか想像すればわかるのになぁなんて思っている業界人は多いです。人口が減る国の不動産がどうなるかは考えればわかることであり、人口がこれから30年は増え続けるだろう東南アジアの不動産と日本の不動産は比べられないですよね。
    本日はFXをあまり知らない方にもよくわかるような講演でしたが、ノーポジ最強は再度しっかりと頭に入れさせてもらいました。天才大百科の講義動画や月・木のトレード動画や過去動画をみっちり見て勉強すれば、敗けないトレーダーになれるのは間違いないと思っています。私は今日、師匠の位置から左に5メートルほどの最前列で師匠の話を聞いておりました、何度か目が合った気がします(笑)FXismのブースのガラガラ回したのですがシンガポール旅行当たりませんでしたが、自費でシンガポールに行って師匠と面談していただける日を夢見て明日からのトレードをまた頑張りたいと思った次第です。本当に本日はお疲れ様でした。

    • 文京区のTAKAさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >1時間の尺にぴったりで、なおかつ、師匠の事を知らないような初めてこられている方にもわかりやすい講義だと思いました。お気遣いが素晴らしいなぁと。

      ↑ありがとうございます!
      実は途中まで余談だらけでかなり押してたんです(苦笑)
      よって、最後のほうはそこそこ駆け足になりました^^;;

      >師匠がノンリコースローンの事をおっしゃられていて、実は不動産の世界にも詳しいのだろうな、と感じました

      ↑いや、決して詳しいレベルではありません^^;;
      若いころ、買えもしないのに不動産投資のことを結構調べてた時期がありまして
      その名残りみたいな感じです。
      なので「情報」も古いと思います(笑)

      >私は今日、師匠の位置から左に5メートルほどの最前列で師匠の話を聞いておりました、何度か目が合った気がします(笑)

      ↑はい、きっとそのとおりです(笑)

      >シンガポール旅行当たりませんでしたが、自費でシンガポールに行って師匠と面談

      ↑そうですね、
      ガッツリ稼いで「必要経費」でお越しください(笑)

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    ブログのお題と関係ない投稿ですみません。
    天才チャート中退者なのですが、デイトレ大百科で復習をしております。
    今後、何らかの補講動画を作成される予定があるようでしたら、お願いしたいテーマがあります。
    「この時からオージーテクニカル発動と見て良いよね」というものをお願いしたいです。
    現在は15分へのタッチや、上位足MAへのタッチをトレードしていますが、よくオージーテクニカルは通り過ぎてから気が付きます。
    目の付け所も問題かもしれませんが、「今でしょ」を捉えたいと思っております。
    よろしくお願いします。

    • fuku..さま
      コメントありがとうございます。

      >補講動画を作成される予定があるようでしたら
      >「この時からオージーテクニカル発動と見て良いよね」というものをお願いしたいです。

      ↑傾向的なお話はもちろん出来ますが
      具体的事例は都度都度で複数あったほうが良さそうですね。
      良いお伝え方を含め、検討させていただきます。

  • 及川先生!ビックサイトお疲れさまです。
    本日の動画にアップされた写真をみてとても楽しい会場で、ためになる事が満載であったと思います。参加できずとても残念です。
    先程動画を視聴し、月末は怖いという事を身にしみて体験しました。
    入る場所、入る場所逆に行ってしまいあっという間に損切り。
    9月はコツコツ10pipsとれて月間収支でプラスが見えていたのにとても残念です。まだまだ覚える事が沢山あってコツが掴めません。相場に絶対は無いでしょうがどんな相場でも上手く捌けるように勉強を続けたいと思います。
    そこで勉強の方法を教えて頂ければ幸いです。
    現在は
    1.ユーチューブ動画の最新を確認。
    2.デイトレ大百科の基礎講座で勉強。
    3.ガチ速FXで勉強  をメインで行っております。
    個人差はあるでしょうが私のような初心者が挫折しないように
    続けるためには何をメインにやれば成果が出やすいでしょうか?
    私がコツコツ取れた戦法は逆行上位足のファーストタッチを行っていました。併せて最近は順張りの初動・2番煎じを狙っていき成果が上がってきている所でした。今日はポン/円の20:25分の戻し目ショート初動でレンジ相場に捕まり逆に行き大きく負けました。その後ロングに切り替えるもレンジ相場で往復ビンタを喰らいました。なかなかコツが掴めません。
    甚だ自分勝手な質問でありますがよろしければ教えて下さい。

    • シャバロンさま
      コメントありがとうございます。

      >先程動画を視聴し、月末は怖いという事を身にしみて体験しました。
      >入る場所、入る場所逆に行ってしまいあっという間に損切り。

      ↑月末月初はどうも苦手で、
      苦手意識があるから余計難しく感じるのかも知れませんが
      それでもやっぱりおかしな動きは多いと思っています。
      個人的には休んでしまうほうが良いと思いますね。

      >私のような初心者が挫折しないように
      続けるためには何をメインにやれば成果が出やすいでしょうか?

      ↑やはり「得意パターン」を徐々に増やしていくことではないかと思います。

      >私がコツコツ取れた戦法は逆行上位足のファーストタッチ

      ↑これは手っ取り早い、というと語弊はありますが
      一番感覚を掴みやすいのは確かでしょうね。

      >日はポン/円の20:25分の戻し目ショート初動でレンジ相場に捕まり逆に行き大きく負けました。

      ↑時間的に難しい、
      というか読みにくい時間だったのもありそうですね。
      僕は14時半や20時半あたりは
      一番動きが読みにくい、というか
      「アテにならない時間帯」との認識です。

      であるならば21時以降、
      「そこから始まる流れ」に乗れるかどうかに意識を置き、
      乗れた乗れないに関わらず、
      以降は「そこから始まった流れ」に対し対応する。

      こういう「時間帯との付き合い方」も
      意識されると良いように思います。

      NYは他の時間帯と比べ
      もっとも「雑食」というか
      なんでもアリ感が強めですが、

      それでも株式市場がスタートしてからの
      2時間~2時間半程度がどの時間帯も動きがしっかり出やすく、
      その中で当日の仕事が終えられるような組み立てや考え方を試みることも重要だと思います。

      勉強の仕方そのものにつきましては
      記載された内容で一切疑問も感じません。

      ご不明な点は遠慮なくご相談いただくとし、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつも素敵なコンテンツを有難うございます。

    2019年9月28日 11:18 に、逆行上位足逆張りについて
    質問した者です。ご回答頂き有難うございました。

    要は上位足MAに当たってからのトレンド回帰を狙ったイメージではなく、飽くまで逆行上位足を”サポレジ”と意識した逆張り建玉になる、という事ですね。

    ということは、その時間帯も閑散相場や逆張りタイムで上記行うのが望ましい、
    といった認識で間違いなかったでしょうか?

    しばらく前の質問とそのご回答に対する、再確認をさせて頂きたく、
    お手数おかけし恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

    (下記はご返答要りません)
    また、5年間本当にお疲れ様でした。
    実は及川先生の活動を知ったのは、つい最近なのでですが、
    大百科や日々の動画配信から、
    人間味ある、故に解り易い内容で、
    日々非常に多くの事を学ばせて頂いています。

    正直なところ、Youtube動画配信が見れなくなるのはちょっぴり寂しいですが、
    向こうでも更なるご活躍をお祈りしております。

    • 東京生まれヒップホップ育ち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >要は上位足MAに当たってからのトレンド回帰を狙ったイメージではなく、飽くまで逆行上位足を”サポレジ”と意識した逆張り建玉になる、という事ですね。

      ↑うーん、必ずしもそうではないつもりでしたが
      まぁやっていること自体は逆張りですからね^^;;

      >その時間帯も閑散相場や逆張りタイムで上記行うのが望ましい、
      といった認識で間違いなかったでしょうか?

      ↑15分足MA(黄緑)との乖離が浅いときは
      そうとも限らないイメージで僕はいますが
      おそらく今回のご質問主旨から言ったらそれで合ってそうですね。

      >大百科や日々の動画配信から、
      人間味ある、故に解り易い内容で、
      日々非常に多くの事を学ばせて頂いています。

      ↑こちら、大変光栄です。
      正直なところ、僕はそこまで深い考えなしで発言しまして、
      ここまで反響が大きくなることは
      まるで想定していませんでした。

      ある意味カウンターパンチ食らった感じでして、
      多くの方々にここまで認めてもらえていることを知りシアワセな気持ちにもなりました。

      一方で、
      だとしたら今回の発言は失敗だったなぁ、みたいにも思ってまして
      とにもかくにもこのあと引き続きいろいろ考えてみたいと思っています。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。53歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。