トレードの必勝理論、それは『卑怯の極み』!

弱いモンを売り、強いモンを買う。
実に卑怯なやり方ではありますが、
これこそがトレードで勝つための真理です。
↓  ↓  ↓

 

前回のブログで
「ハチミツ二郎さん」を話題にしたところ、
その翌々日に緊急入院をされたようで・・・

正直ちょっとビビりました。
僕のせいか?みたいな(汗)

とりあえずご無事で何よりでしたが、
特定の誰かを話題にするのは
今後控えなければと思いましたね。

まずはハチミツ二郎さんの
早期のご快復をお祈りいたします。

 

さて、、、

今日は『トレードの本質論』について
お話をしていきたいと思います。

先に言っておきますが、
今日の話を聞き終わったあと、
あなたは僕を嫌いになるかも知れません。

けれども
「マジで勝ちたい!」と思っている人は
例え僕を軽蔑しながらでも、
その実しっかりと
ご理解を深めて欲しいと思います。

では早速・・・

 

トレードでなるべく安全に、
かつ安定的に勝ち続けたい人がやるべきこと、
それは・・・『卑怯者』になることです。

僕はよく
トレードを「ボクシング」に例えます。

「売り」と「買い」が攻防をする中、
双方共に元気なうちは
なかなか一方的な展開にはなりません。

打ちつ打たれつ、
みたいなイメージですね。

で、僕はそのような状態のときは
ただひたすら「静観」を決め込むわけです。

 

ところがある時点で、
いずれかの「大きなパンチ」がヒットし、
打たれた方がグラつきます。

ここで一気にラッシュをかけるボクサーもいますが、
クレバーなボクサーはまだここでは仕掛けません。

なぜなら、
もう少し相手を弱らせてからでないと
ラッシュをかける際、
相手からの「一撃カウンターパンチ」を
まだまだ食らうリスクが生じるからです。

で、さらに相手をジャブで弱らせておき、
いよいよ相手が反撃出来ないようにしてから
ラッシュを仕掛けるワケですね。

 

僕はこれを、
「他人にケンカさせておいて
どっちが強い(弱い)か見極める時間」

このように定義しているんです。

これをチャートで示すと
こんな感じとなります。

これは今日(19日)午後のユーロ円5分足ですが、
下向きの1時間足MA
上向きの15分足MAが混在する中、
上下に行ったり来たりしているのが分かります。

途中、1時間足MA(青いカクカク線)を
上抜けしてますが、
まだまだ時間帯的にどっちが優勢かは判断出来ません。

 

そんな中、15時を過ぎたあたりに・・・

1時間足MA15分足MAを揃って下抜け。
赤の縦線が15時の足です。

オマケに2本連続で
一度MAを上抜けしかけたにも関わらず
結果2本とも「上ヒゲ」で終えています。

これは「買い側」が反撃を試みたものの
「売り側」に跳ね返された状態を意味します。

 

ここで僕はこう思うワケです。
「もう買い側のカウンターパンチはない!」

ならばどうする?
そう・・・「売る」んです。

 

もっとも僕はこの時間、
主にスキャルピング中心のため
利食いは早いのですが、
とりあえずこの時のトレード結果がコレ。


ね?卑怯でしょ(笑)

 

次に『もっと卑怯』な考え方についてです。

誰かと誰かがケンカをし、
ボコボコにやられてしまった人がいたとします。

やりたい放題殴った相手は気が済んだのか
すでにその場を去ってしまいました。

よってその場に残っているのは
ケンカに負けてボロボロになった人だけです。

※この時点の僕はただの「野次馬」です。

 

そんな中、ケンカで負けた方の人も
時間が経つと「少し回復」しますよね?

で、その段階で僕は
そいつにケンカを売るんです。

なぜ?
そのケンカ、勝つ可能性が極めて高いからです。

当然ですよね、
まだまだ相手は「弱った状態」なんですから。

これをトレードに置き換えると
こんな場面となります。

画像は同じく今日(19日)のポンド円です。

「買い側」が一度大きく「売り側」にボコられ、
ボコった売り側が去ったあと、
買い側が少しだけ回復・・・

それが前回安値の赤い線あたりとなります。

ここで、
「卑怯だけど絶対勝ちたいズルイ奴」は
この赤い線まで買い側が回復したところから
『ケンカ』を仕掛けると・・・

このケンカ、
極めて勝ちやすいとは思いませんか?

 

実はこれこそが「トレードの本質」だと
僕はそのように思っているのです。

すでに弱った相手が少し回復したのを見て
その人にケンカを売る・・・

メッチャ卑怯ですよね。
もはや人間のクズレベルです(苦笑)

けど、トレードの世界では
これをやる人間が勝っているということ。

 

ちなみに
今回の事例は「売り側目線」ですが、
「買いポジ」の際にはどう考えるべきでしょう?

その答えはこうです。

「買い」がボコボコに殴った側の場合、
チャートは急上昇をしているはずです。

けど、一方的に殴っている側も
そのうち「殴り疲れ」てしまい、
いったん休憩を入れたくなるはずです。

で、その休憩中に
僕はその「強いヤツ(親分)」にオベッカを使い、
軍団の一味に加えてもらうワケです。

そして、その強い親分の休憩後に
一緒になって買いを入れると(笑)

 

で、しっかり利益が乗った頃、
そろそろ親分の利用価値が薄くなったところで
僕は「バックレ」る、というオチがラストですね。

実にヒドい話です(苦笑)

 

「正々堂々」と生きるのは
どうか『トレード以外』の場でやってください。

トレード現場とは、
このような『卑怯』を極めた人間こそが
勝てる世界なのですから。。。

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:たった10ヶ月の運用でBTC資産2億円突破!

たった10ヶ月で10BTCを304BTCに増やした
禁断の手法を公開

あなたのビットコインがあれよあれよと増え続ける「BTC増殖ツール」
ビットコインを増やし続けるために必要な“現役稼働中”の 魔法の杖ビットコイン増殖ツールを今なら完全無料にてプレゼントします。
つまりあなたは“今この瞬間”より手持ちのビットコイン枚数を毎日増やし続けることが出来るのです。

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード

22 件のコメント

  • 相変わらず兄貴は話が上手いですね(笑)

    僕もトレードをしている身なので、まさにその通りだと思います。

    早くラーメン行きましょ〜ね( ̄▽ ̄)

    • 埼玉の車屋さま
      コメントありがとうございます。

      また、先日のセミナーの際は
      わざわざお声かけくださりありがとうございます♪

      >相変わらず兄貴は話が上手いですね(笑)

      ↑光栄です^^

      >早くラーメン行きましょ〜ね( ̄▽ ̄)

      ↑なんとしても「ラーメン」なんですね、
      僕は太りやすいのでなるべくガマンしてるのに!(笑)

      とか言いながら、
      今日あたりラーメン食べちゃうかもしれませんが^^

  • コメント失礼いたします。
    チャート画像のポンド円ですが、今日の午後のものですよね…間違っていましたらすみません。

    及川先生の喩えはホントに面白いです。
    それに、ズバリ本質を突いていると僭越ながら感じます。

    私も今日は夜勤明けでしたので、午後ポンド円でトレードしていました。まだ訓練中なので、枚数はとても少ないのですが、絶好の売りチャンスだったと思います^^

    訓練を通じて、まずは戻り売りを自分のモノにしようとしているのですが、この形はもう入らなくてはならない形でした。
    この後、英国のなにかの指標発表があって更に下落したと思うのですが、まあそれは予想しても仕方がないことなので置いておいて。

    今月は4連敗していたのですが、今回のトレードで少し息を回復しました(勝てそうな場面を厳選していると、トレード回数がホントに少ないです笑)。

    及川先生の仰るように、今後も卑怯に、しかしクレバーにトレードして行きたいです。

    • mobileさま
      コメントありがとうございます。

      >チャート画像のポンド円ですが、今日の午後のものですよね

      ↑はい、もう一個のコメントにもご返信しますが、
      このときはユーロ円とポンド円両方観てましたので
      どちらでも話は通じると思います^^

      >及川先生の喩えはホントに面白いです。
      それに、ズバリ本質を突いていると僭越ながら感じます。

      ↑実に嬉しいお言葉です。
      このあたりは「現役」の意地もありますね^^

      >まだ訓練中なので、枚数はとても少ないのですが、絶好の売りチャンスだったと思います^^

      ↑そうですね。
      こういうところをしっかりやれると
      ややこしい場面を見送れることにもつながりますので
      成績向上はしやすいと思います。

      >今月は4連敗していたのですが、今回のトレードで少し息を回復しました(勝てそうな場面を厳選していると、トレード回数がホントに少ないです笑)。

      ↑勝てそうな場面の厳選が出来るようになることで、
      そこに対しロットをぶち込むことが可能です。
      で、それ以外は無視・・・

      実はこれが出来るかどうかが極めて重要だと思います。

      デイトレやスキャルの悪いところは
      「いつでもやれちゃう」部分で、
      せっかくの利益をそういうところで削ってしまうことが
      多くのトレーダーが稼ぎきれない理由だと思うんですよね。

      >及川先生の仰るように、今後も卑怯に、しかしクレバーにトレードして行きたいです。

      ↑ぜひとも「少ないトレード回数」の中、
      ガッツリ資金増やしてください♪

  • 及川先生

    すみません、チャートはユーロ円でしたね^^;

    先程のコメントは承認いただかなくて大丈夫です。無視してください^^;

    • mobileさま

      コメントの承認非承認は事務局がやってるんです。
      で、内容的に問題なかったから表示されたはずです。
      僕も同様の考えですし^^

      では、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今日コラムを読んで確信ました 及川文学ここにあり と。って偉そうにすいません
    でもすごいんですよ及川先生の書くコラム かっこいいんです  もう文学です 
    自分はそう感じてます
    唐突にすいません でも伝えたかったんです。
      

    • 菅原さま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生の書くコラム かっこいいんです  もう文学です

      ↑まずはありがとうございます!

      正直、そこまで言っていただけるほどではないと思っていますが、
      文章を褒められるのは
      ある意味トレード褒められるより嬉しいのは確かです^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 新堂さま
      コメントありがとうございます。

      >なんか気持ちいいくらいスッキリしました。

      ↑おぉ!それは嬉しいですね♪

      ただし、
      「卑怯」をテーマにした話で「スッキリ」というのも
      なんだか皮肉ですよね(笑)

      今度は全方位でスッキリ出来るお話が出来たら、と思います^^

      今後ともどうぞよろしくお願いします。

  • ありのまま本音でいつもぶっちゃけトークな及川さんは正直で大好きです…本当にワルいヤツはこんな事誰にも多分絶対言ったり等はしない…でしょうから…。これからもいつまでもご健勝ご多幸でありますように…! 拝

    • せごどん様
      コメントありがとうございます。

      >ありのまま本音でいつもぶっちゃけトークな及川さんは正直で大好きです

      ↑ありがとうございます♪

      >本当にワルいヤツはこんな事誰にも多分絶対言ったり等はしない…でしょうから…。

      ↑いやいや、そうとも限らないと思いますよ。
      そう思ってもらえるのを見越した上で
      あえて言っているかも知れませんので(笑)

      お気遣いのあるコメントに感謝いたします。
      ありがとうございました。

  • 及川さんどんだけヒドいひとなんだ…
    と、妄想してしまいました(笑)

    でも大変わかりやすかったです(^^)
    ありがとうございます。

    • 内田さま
      コメントありがとうございます。

      >及川さんどんだけヒドいひとなんだ…
      と、妄想してしまいました(笑)

      ↑はい、そうです。
      僕はハンパないレベルの「卑怯者」なんです(笑)

      私生活ではそうならないよう
      気をつけたいと思います^^

  • いつもトレード動画拝見させていただいています。質問なのですが、及川先生のおっしゃるパーフェクトオーダー完成というのはチャート上で言うと、水色、黄色、ピンクのMAが揃った時のことを指すのでしょうか?他に色々表示してあるMAも含んでいるのか、ずっと気になっていたので今回質問させていただきました。すごく初歩的な質問で、このような場でコメントするようなものじゃないかもしれませんが。すみません^^;

    • コメントありがとうございます。

      >パーフェクトオーダー完成というのはチャート上で言うと、水色、黄色、ピンクのMAが揃った時のことを指すのでしょうか?

      ↑こちらですが、
      ご指摘の3つの線の順番が青・黄・赤
      つまり信号機の並びの状態で、
      なおかつその状態のまま黄緑線までローソク足が戻った段階で
      星マークが表示するようにしています。

      その他の線、
      具体的には1時間足MAと75本線も同じ向きの場合は大きな星、
      そうでないときは小さな星マークです。

      ついでなので申し添えますが、
      僕はこれのみでエントリー判断はしません。
      他の要件(時間帯や相関関係)も確認はしていますので念のためです。

      ただし、その他要件も条件的に有利な場合、
      かなりの威力を発揮することも多いですので
      ご参考になさってみてください。

  • こんにちは
    いつも動画を楽しく拝見しております。
    及川塾の次期募集は予定ありますか?
    是非参加させていただきたいです。

    • kumanomiさま
      コメントありがとうございます。

      >及川塾の次期募集は予定ありますか?
      是非参加させていただきたいです。

      ↑こちら、ご期待いただきありがとうございます。

      時期開催の時期については
      運営事務局のほうが管轄のため
      僕からはなんとも言えませんが、
      現在リクエストも多数頂戴しているようなので
      おそらく新規のプロジェクトはこの先あると思います。

      その際はこのブログやメルマガなどで
      告知させていただきますので
      充分吟味なさってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご丁寧に回答していただき有難うございました^ ^

    とても参考になります。

    及川先生のおっしゃられた場面でサインが出るインジを探してきます笑

  • こんにちは^ ^

    オージーテクニカルについて質問です。長期目線(4時間足、1時間足)ではAUDUSD,AUDJPYが上げ、GBPAUD,EURAUDが下げの場面で、長期の流れとは反対に、それぞれの通貨ペアで短期的に急騰、急落しました。一瞬だけの急騰、急落ではなく、その後1.2時間、そちらの方向に動いております。その場合でも、オージーテクニカルが効いていると判断してエントリーされますでしょうか?それとも、長期(4時間足、1時間足)の流れとは逆なので、見送りでしょうか?

    GBPAUDだけ4時間足MAを一度割り、その後MAのラインを押し目として再び上昇という動きが確認できたので、長期足も割ったしエントリーしてもいいのでは?という判断をしたのですが、如何でしょうか?

    説明が下手くそなため、場面が想像し難いかもしれません。

    • コメントありがとうございます。
      2つのコメントを同時に拝見しましたので
      こちらに一括でご回答します。

      まず、オージーテクニカルですが、
      基本は「東京時間のみ」が無難です。

      それ以外の時間帯でも派手に伸びることは少なくないですが、
      けれども「見極め」は難しいはずです。

      最近、僕はYouTubeのトレード動画でも
      「なるべくシンプルに勝てるやり方」を意識してるのですが、
      そうなるとオージーはあえて外し、
      ポンドドルやポンド円などが中心になります。

      もし、オージー系の判断が難しいとお感じのようでしたら
      直近動画を再度ご確認いただき、
      極論「単体チャート」でも判断しやすい場面から
      極めて行く方が無難かも知れませんので
      そのあたり留意なさってみてください。

      今、フィリピンからですが、
      帰国後のトレード動画でも
      当面そのあたりを意識して進めていこうと思っています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 長期的な相場の流れでオージーテクニカルが効いていると判断するのか、短期的な流れ(1.2時間程度)でも効いていると判断して良いのか分かりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。