「終活」の一環? 及川圭哉MUSIC VIDEO第一弾『ふたりに、朝は、来ない』

 

古いお付き合いの方であれば
僕が若かりし頃、プロミュージシャンを目指す若者であったことを
ご存知かも知れません。

もちろんその夢が無残に頓挫したことも、です。

 

僕と同じ「1965年生まれ」って
ミュージシャンの当たり年でしてね。

尾崎豊
吉川晃司
岡村靖幸
奥田民生(ユニコーン)
ドリカムの吉田美和
X-JAPANのYOSHIKI
(あ、彼は年齢非公表だったかな・笑)

などなど、

当時の日本の音楽シーンを
大きく揺さぶった面々に溢れていました。

20代の僕は
「いつかオイラもあいつらと肩を並べて見せる!」
なぁんて息まいていたモノでした。

 

ちなみに僕は
ブログやYouTubeなどで芸能人を話題にする際、
年下であってもキチンと「敬称付き」にするのですが
なぜか同い年の彼らだけは呼び捨てで呼ぶという・・・

当時は勝手ながらのライバル心もあったからだと思いますが
今では深い「愛情」と「リスペクト」によります。

好きすぎて呼び捨て、、、となるわけです。
おそらくですが(笑)

 

20代も後半になり、
当時は人生唯一であるサラリーマン時代を過ごしていた僕でしたが
それでも音楽制作はコツコツ続けていたんです。

きっと周りの人たちはこう思っていたはずです。
『もう遅せ~よ、諦めな!』ってね。

25歳・・・まだ全然イケる!
26歳・・・大丈夫、まだ間に合う!
27歳・・・そろそろヤバいけど、まだなんとかなるはず!
28歳・・・どうしても諦めらんねぇよ(涙)

 

そんな中、29歳目前の僕の前に
「彼ら」が現れたんです。

それが「Mr.Chirdren」でした。

1994年リリースのアルバム
『Atomic Heart』

彼らにとって4枚目のアルバムだったのですが
それまで彼らの存在を知らなかった僕は
TVドラマの主題歌となった「CROSS ROAD」という楽曲に衝撃を受け、
その流れで当アルバムを購入するに至ったんです。

 

アルバムを初めて通しで聴いた僕は
完全に打ちのめされてしまいました。

僕が自分の作る楽曲に対し
おぼろげにイメージしていた世界観や表現、
そのすべてを圧倒的に凌駕するクオリティーだったからです。

しかもミスチルの桜井氏は1970年生まれ、
つまり僕の5歳も年下でしてね。

『もう、オレに出来ることなど何一つ残ってない』

これにて僕の楽曲制作は
完全に幕を下ろすことになりました。

 

ちなみに現在僕の日課である
「防音マイクでミスチルを14曲歌いながら走る」について
多くの人から「毎日歌ってて飽きないんですか?」って
聞かれる機会が少なくないのですが、

ミスチルは僕にとって
『自分がやりたかったことすべてを体現し続けてくれている存在』

例えるなら自分が叶えられなかった夢を息子に託す
父親みたいなイメージなのかも知れません。

ですので「飽きる」なんてことは一切なく、
それどころか毎日14曲を何年も続けている僕は
あるいは桜井氏よりもミスチルの歌を歌った回数が多い
唯一のオトコである可能性すらありますね(笑)

 

さて、ミスチルショック以降の僕は乱高下、
いや「ボラティリティ(笑)」に溢れた人生となるのですが、
そのあたりは当ブログ『無一文物語』にてお伝えしておりますので
もしご興味のある方はご一読ください。

▼及川圭哉 無一文物語
https://fxism.jp/category/trading-blog/nomoney-story/

 

41歳で6度目の無一文を経験した僕は
その後「FX」との出会いで運良く息を吹き返すことが出来たわけですが
そんな僕・・・

実は50歳目前のあたりから
再び楽曲制作を秘かに再開していまして。

「陽の目を見ることなどない」とは思いつつ
それでもコツコツやって来た次第です。

『1965年生まれで最後に世に出たミュージシャン』
こうなることを淡く夢見つつ・・・です。

あ、あくまで『淡~く』ですからね、
念のため(笑)

 

そんな僕のワガママな活動に
少しでもお付き合いいただけたら幸いです。

▼及川圭哉MUSIC第一弾
『ふたりに、朝は、来ない』

 

 

 

【期間限定】香港K氏『100万ドルレポート』を全公開!

2022年“波乱”に満ちた相場で「勝ち続けた」すべての『根拠』がここに。
圧倒的な相場観!プロの相場レポートを刮目せよ!

「今より倍勝てるようになった」「100万円→2,000万円達成!」など購読者から数多の実績者が誕生。
本来なら限られたヘッジファンドや彼の顧客しか見れない「秘密のレポート」を
“期間限定”でバックナンバーすべて無料公開!
渾身の投資メソッドが記された『100万ドルレポート』が見れるのはLINE登録者だけ!

特典ゲット

115 件のコメント

  • 及川様

    こんばんは。
    いつも楽しみにブログ更新を待っております。
    記事を拝読しながら、及川様のデビュー曲を聴いております४४४♬*゚
    いつもお聴きしてる先生のお声ではないのでゾクゾク४४४♬*゚ゾクゾク४४४♬*゚してしまいました。
    感動いたしました。衝撃。感涙。

    素敵ですね。「夢」って。
    もう 〇〇歳なんだから…なんて思わず、こうやって行動で、カタチにする。
    尊敬いたします。

    胸がぽわわん*ೄ˚と温かくなりました。

    素敵な夜になりました。
    ありがとうございます。
    今後もずっとずっと応援しております。
    二曲目♬*.:三曲目४४४♬*゚を楽しみに待っております。

    • れいか様
      コメントありがとうございます。

      >いつもお聴きしてる先生のお声ではないのでゾクゾク४४४♬*゚ゾクゾク४४४♬*゚してしまいました。

      ↑大変嬉しいです♪
      トレードを褒められるより、です(笑)

      >もう 〇〇歳なんだから…なんて思わず、こうやって行動で、カタチにする。
      >尊敬いたします。

      ↑自分でも一応「年齢」は認識しているのですが
      どうもどこかアタマのネジが飛んでるようでして
      まったく無根拠に「まだやって良い」と思ってるんですよね(苦笑)

      >二曲目♬*.:三曲目४४४♬*゚を楽しみに待っております。

      ↑こちらの方こそ
      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもありがとうございます。
    切ない思いが込み上げてくる禁断の
    ラブソング、聞かせていただきました。
    iTunes Storeで販売されることを心待ちにしております。(願)

    最近のFXとの付き合いは、
    いい具合なところでのめり込まず、
    されど蔑ろにはせず、でも少し優位な
    位置でコツコツと。今回はやられるかも?と怖がりながらやっております。

    • 名古屋のShun様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >iTunes Storeで販売されることを心待ちにしております。

      ↑それは・・・まったく考えておりませんでした(笑)
      僕の中では「なんらかの形で残したい」という気持ちが強く
      聴いていただける方がいてくれるだけで充分シアワセです♪

      >今回はやられるかも?と怖がりながらやっております。

      ↑ここは僕もまったく同じですよ。
      今、これからやるトレードに対しても
      「今回は食らうかも」という意識は常にあります。
      それくらいの方が良い、とも言えるような。

      ただ「ビビり過ぎ」も考え物で
      リスクを背負う覚悟を良い意味で攻める姿勢に出来ると良いでしょうね。
      ボクシングにとても近いイメージです。

      今回はお門違いとも言える音楽にお付き合いいただきありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 凄くいい歌声ですね。楽曲もすごく、とても気に入りました。心に染みます。
    なんか、、、ありがとうございます。

    • ヤス様
      コメントありがとうございます。

      >楽曲もすごく、とても気に入りました。心に染みます。

      ↑光栄です。
      こちらの方こそありがとうございました!

  • はじめまして。
    1964年生まれのSHINJI-ROCK-G
    と申します。
    及川さんの曲を聴かせて頂きました♪
    素敵なラブソングですね♪
    同年代だからか曲調もスッと心に入る曲で何度も聴きたくなりました。
    ありがとうございます。
    現在FXを始めて一年になりますが及川さんのYouTubeはFXを始める前からずっと見て勉強させて頂きました。でもごめんなさいやっているのはリオン式になっていますm(_ _)m でも動画は毎回楽しみにしています(^^)
    話は変わりますが及川さんが弾き語りをしてる動画を見た時にとても親近感が湧いたのを今でも覚えています。
    実は自分もプロを目指して頑張った若い時があったからです!今でも第一線で活躍しているロックバンドYMのギターと対バンした事があり(10代に…)そのギタープレーを見て自分は諦めてしまいました!その位衝撃的でした。でも今でも音楽は楽しんでいまして息子とツインギターでバンドを組み目標は孫も巻き込み(笑)親子3代でのステージです。トレードとはかけ離れたコメントをしてしまい申し訳ありませんでした。
    とても嬉しい気持ちになってしまいコメントしてしまいました。恐縮ですがFXでも成功して及川さんのバックでギター弾けたら幸せだなぁ〜と勝手に妄想している次第です。これからもFXそしてミュージシャンとしての及川さんを楽しみにしています。
    これからも動画の配信頑張って下さい。

    • SHINJI-ROCK-G様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >1964年生まれ
      >同年代だからか曲調もスッと心に入る曲で何度も聴きたくなりました。

      ↑大変光栄です。
      完全なる同年代ですね。
      聴いて来た音楽もかなりカブっていると想像します。
      良い時代でしたよね、今となっては。

      >今でも音楽は楽しんでいまして息子とツインギターでバンドを組み目標は孫も巻き込み(笑)
      >親子3代でのステージです。

      ↑めっちゃかっこいいじゃないですか!
      「昭和おやじ」のパワーをぜひとも若い人に見せつけて欲しいです♪

      ちなみに「YM」は一発で分かりました。
      メジャーっぽくないメジャーバンドとても言うか、
      売れたあとも一定のアングラ感を失わない良いバンドだったイメージです。
      (とか言いつつ、時々メッチャ売れ線の曲も出したりして・笑)

      >FXでも成功して及川さんのバックでギター弾けたら幸せだなぁ〜と勝手に妄想している次第です。

      ↑光栄ですね。
      「親子三代」のインパクトには勝てませんけど(笑)

      お気遣いのあるメッセージをありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • すいません。歌だけ、拝聴させて頂きました。
    同じく音楽をやり続けている、ひとりの
    シンガーソングライターとして、
    感動して拝聴いたしました。

    ミスチルは、わたしはクロスロード、よりも、そのあとのシングル、イノセントワールド、に衝撃を受けました。
    当時、某TSUTAYAさんのお店のレンタル部門の主任として、毎日お店に流れるミスチルの歌に、嫉妬しながら、仕事をしていました。
    しかしながら、その後の曲、トモロネバーノーズ、で完全に嫉妬心は消え、それは
    尊敬の念に変わっていきました。

    先日、発売された新曲の数々。
    もう尊敬の想いを持って聴いております。

    師匠の歌のサビの声の伸びは、
    桜井さん?と思うほど、声艶と声色が
    似過ぎてます。

    素晴らしい楽曲です♪
    久しぶりに歌にこころを預けた
    夜更けでした。

    第二弾、待ち焦がれます。
    FXも、まだ諦めていない
    おじさんより感謝を込めて。

    • シンガーポールさま
      コメントとのことでありがとうございます。
      (ハンドルネーム、最高です♪)

      >わたしはクロスロード、よりも、そのあとのシングル、イノセントワールド、に衝撃を受けました。
      >毎日お店に流れるミスチルの歌に、嫉妬しながら、仕事をしていました。

      ↑イノセントワールドも確かに凄かったですね。
      で、確かにTOMMOROW NEVER KNOWSで決定的となりましたが
      さらにその後シーソーゲームですからね。。。
      もう、参りました~!お手上げです!って思った記憶です。

      >師匠の歌のサビの声の伸びは、
      桜井さん?と思うほど、声艶と声色が
      似過ぎてます。

      ↑声質自体は似てないと自分では思っているのですが
      なにせ毎日歌ってるので、つい「寄せてしまっている」のかも知れません(苦笑)

      楽曲に対し好意的なメッセージをお寄せいただけることには
      感謝しかございません。

      こちらの方こそ
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、お疲れ様です。
    素敵な歌声を聴かせていただきありがとうございます。
    最初聴いたとき、声といい、歌詞といい、一瞬ミスチル?と思いました。
    いつも聴いている声とは少し違いますね。
    なんか色気があります。
    第二弾、三弾と楽しみにしています。

    • ykms様
      コメントありがとうございます。

      >最初聴いたとき、声といい、歌詞といい、一瞬ミスチル?と思いました。

      ↑声質自体は似てないと自分では思っているのですが、
      そもそもミスチルは僕がやりたかったことをほとんど網羅されてしまい
      僕が出来る隙間がないんですよ(汗)

      あ、「色気がある」はとても嬉しいです♪

      次回以降もよろしかったら付き合ってやってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。

      >失礼かもしれませんが、ダイゴさんの声に似てる気がしました。

      ↑全然失礼なんかではありません。
      あれ、「ウィッシュ」の方のダイゴさんですかね?
      だとしたらむしろ光栄です。

      ありがとうございます。

  • ちょっと切ない歌詞とコードの進行が素敵で耳に残る素晴らしい曲ですね。
    私もミスチルと同じ70年生まれで学生時代ヤマハのバンドエクスプロージョンやティーンズミュージックにオリジナル作って参加した者です。
    作る苦しみ生み出す喜び、そして評価される恐怖。
    すごく心に残ります
    ありがとうございます。
    円盤になるなら絶対買います!!

    • ドゥパパ様
      コメントありがとうございます。

      >私もミスチルと同じ70年生まれで学生時代ヤマハのバンドエクスプロージョンやティーンズミュージックにオリジナル作って参加した者です。

      ↑おぉ!かなりガチにやられていたようですね♪
      僕は20代半ばの時点から自前のバンドがなく、
      一人シコシコと16トラックのシンセで打ち込み作業にてデモテープを作る生活でした。

      いずれにしてもお互い懐かしい思い出ですよね。

      >円盤になるなら絶対買います

      ↑その予定はありません、、、が
      そんなことより「円盤」って表現が我々世代全開じゃないですか!
      今の若い人にはまず通じないでしょうね(笑)

      僕の周りでは「円盤」のほかに「お皿」って言ってたヤツもいました、
      いやぁこんな話題は酒飲みながらしたいですね♪

      お気遣いありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 声や歌い方がミスチルの桜井さんにとても似ていました。
    いつもトレードを教えてくれている師匠の楽曲とは思えませんでした。
    歌詞も良かったですが、私は曲の構成がすごいなと何度も聞いて感じました。
    個人的には1番の歌詞の
    「僕を見つけては瞳潤わせて笑う
    二人を見た人たちは “恋人同士”だと思うだろうか?
    夕焼けがグラスの氷と共に 溶けていく」の所の音がお気に入りです。
    1番の「ふっと君が呟く~」の所や2番の歌詞の「誰にも侵されぬ様・・・」の部分なんかは歌い方がまさに桜井さんみたいでした。
    あと「「それじゃまたね」と強がるその目に もう僕は言葉もない」にあてられたメロディーがとても盛り上がりがあり、私はこの部分が大好きです。
    歌の途中に入るバイオリンやギターのメロディーもとてもきれいでした。
    サビ部分はもう歌えちゃえます。
    明日、歌詞もワードで出して、ブレス位置や特徴あるリズムの所は記号をつけて
    歌ってみたいと思います。
    想像以上に「ふたりに、朝は、来ない」いい曲でした。
    聞き入ってしまいました。
    次の新曲も楽しみにしています!

    • 動画概要欄の歌詞ペースト、使わせてもらいました!ありがとうございました。

    • Ayumi612さま
      コメントありがとうございます。

      >1番の「ふっと君が呟く~」の所や2番の歌詞の「誰にも侵されぬ様・・・」の部分なんかは歌い方がまさに桜井さんみたいでした。

      ↑今回、高校時代の友人にも聴いてもらったんですが
      「当時のお前となんら変わってない」と言ってもらえました。

      つまり、時系列的には
      「あっち(桜井氏)が僕に似てるだけの話です!」と言いたいわけですが
      間違いなく世間では通用しませんよね(笑)

      >あと「「それじゃまたね」と強がるその目に もう僕は言葉もない」にあてられたメロディーがとても盛り上がりがあり、私はこの部分が大好きです。

      ↑キチンと聴いてくださっているのが分かり、大変光栄でありがたく
      なによりとても嬉しいです♪

      >明日、歌詞もワードで出して、ブレス位置や特徴あるリズムの所は記号をつけて
      歌ってみたいと思います。

      ↑動画の概要欄に歌詞をペーストしておりますので
      よろしかったらご活用ください!

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 大変聞き心地が良くうまいなぁと思いました!

    古いですが、オフィシャルパートナーズ、ドライブ一期生です!2022はすいません、、、。

    一つトレードの質問をさせてください!

    オージーテクニカル及川語とお伺いしておりますが、及川さんにとってのこれはオージーテクニカルであるという定義を教えていただけたら幸いです。

    日々これはオージーテクニカルなのか?とわからない部分があります。

    2つの形(わざとぼかしております)が同じならと話を聞いたことがありますが、例えば、オジ円オジドル高値抜け、ユロオジ安値割れ、ポンオジ15緑線近辺など三つしか揃ってない時などはオージーテクニカルなのか?逆にユロオジポンオジ安値割れ、オジ円高値抜け、オジドルは15緑近辺、はオージーテクニカルなのか?等迷います。

    よろしくお願いします。

    • 清水さま
      コメントありがとうございます。

      >オフィシャルパートナーズ、ドライブ一期生です!2022はすいません、、、。

      ↑そうでしたか。
      毎年毎年では実際先立つモノのほうも大変ですもんね(汗)
      こちらの方こそいつもありがとうございます。

      >及川さんにとってのこれはオージーテクニカルであるという定義を教えていただけたら

      ↑明確な定義となるとちょっと難しいのですが
      僕の中では4つともに黄緑線の向きが順(もちろん2×2は真逆としてです)で
      ローソク足の位置がMAに対し順側にいる、、、が基本かなとのイメージです。

      ただし、その前段階で例えばポンドが独自の動きにてMA逆側にいたのが
      「追いついて来る」かのような動きに見える時は
      そうなることを見越して先んじてエントリーチャレンジすることも僕はあります。

      不発で終わるケースもありますが
      「すべてて条件が揃うのを待って」だとかなり立ち遅れ、
      入るのがむしろおっかなくなってしまうんです。

      ちなみに、数年前くらいまでの僕は
      PIPS数を稼ぎやすいとの理由から
      EURAUD&GBPAUD側を扱うことが多かったのですが
      近年はAUDJPY&AUDUSD側をやることが圧倒的に増えました。

      東京時間であれば今でも逆側含め全部やるのもアリですが
      近年は欧州時間以降、ポンドとユーロの寄与度が高まった気がしてまして
      例えばポンド単体の突発的な値動きなどに巻き込まれないよう
      「PIPSは稼げなくともAUDJPY&AUDUSD側でいいや」と割り切ることが増えましたので
      この部分もお含みおきください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは
    うっとり聞かせていただきました。
    ミュージシャンの方は経験をもとに曲を書くと聞いたことがありますが。
    まさに及川師匠もこんな切ない、しかも素敵な忘れられない経験をされていたんですね。
    私が師匠の奥様なら
    ちょっと嫉妬してしまうけど笑って許してしまうんでしょうね。
    …あ!詩の解釈間違っていたらすみません!

    でもさすが毎日14曲歌いながら走るってのをやってのけるだけあって
    50代、しかも後半に突入された声帯とはお世辞抜きでまじでこれヤバいです。
    ↑が素直な感想です。

    私も50台に突入した女性ではありますが内に秘めた夢はまだでっかくあるんです。
    トライブ卒業生として億トレーダーとなった暁には
    ぜひ師匠にごちそうになり、私は朝が来るお付き合いをしていただけたらこんな幸せなことはありません。(師匠がよろしければ朝が来ないおつきあいも是非喜んで!!ナンツッテ)

    師匠に会えるまで走り続けます!!
    師匠もどうぞお体お自愛くださいませ!!

    • ゆってい様
      コメントありがとうございます。

      >及川師匠もこんな切ない、しかも素敵な忘れられない経験をされていたんですね。

      ↑いやいや、
      あくまで「作品」でして実体験とは限りませんので(汗)

      >50代、しかも後半に突入された声帯とはお世辞抜きでまじでこれヤバいです。

      ↑ここはほぼ毎日歌っている部分が確かに大きいかも、です。
      ミスチルの原曲キーはなかなか高い中、
      良い鍛錬になっているのは間違いありません。

      現役当時よりも今の方が高いキーが出てるくらいでして
      当時このくらいやれてたら運命も変わっていたかも知れません(笑)
      (もちろん冗談ですが)

      >私も50台に突入した女性ではありますが内に秘めた夢はまだでっかくあるんです。

      ↑「自分の人生、今日が一番若い」が僕のモットーでして
      生きてる限り、やりたいことや「なりたい自分」を目指し続けるべきですよね♪

      >億トレーダーとなった暁には
      ぜひ師匠にごちそうになり、私は朝が来るお付き合いをしていただけたら

      ↑必ずしも「億」にこだわらず、
      充分な手応えが得られた時点で遠慮なくご連絡ください。

      もっとも「朝」までお付き合い出来るかは、
      その時点の僕の体力次第ですけど(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 久しぶりのコメント失礼致します。

    音楽活動を諦めていなかった事に物凄い勇気を頂きました!
    日々の鍛錬の賜物なのか一流の歌声とセンスを感じましたし、もしかしたら遅咲きのビッグバンが起きそうな予感すらします。

    私の方は相変わらず鳴かず飛ばずで過去動画の[努力とは何か?]と自分ながらに向き合っています。

    こっそりではありますがブログコメントや動画を欠かさずみてます。

    これからもぜひ音楽活動動画もよろしくお願い致します

    • ころぴす様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >もしかしたら遅咲きのビッグバンが起きそうな予感すらします。

      ↑僕としましては現時点でとてもそこまでは考えられませんが
      心密かにそうありたいと願う気持ちはあります。
      (やるからには常にそのくらいの気持ちが必要ですよね)

      >私の方は相変わらず鳴かず飛ばずで過去動画の[努力とは何か?]と自分ながらに向き合っています。

      ↑そうでしたか、、、
      僕も「あがく期間」がとても長かった人間でして
      また、その間の閉塞感もかなりのモノでした。

      ただ、意思と行動さえあれば
      どこかのタイミングで「なんらか」の突破口はあるものです。
      例えそれが今取り組んでいるものと違うとしても、です。

      実は僕、
      この「なんらか」こそがポイントだと思っています。

      今日時点でまるで想定していなかった何かが
      自分を大きく変えるきっかけになることもある・・・と。

      ですので一定の「柔軟な思考」は常に失わず過ごしていただきたい、
      そのように思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生へ

    初めまして、ギターリストの鉄山(てつざん)と申します。
    50代のギター弾きです。

    音楽仕事はギター講師やレコーディングなどです。
    僕はライブ演奏ですとクロスオーバー、フュージョン、ジャズなどの歌なし音楽ジャンルです。

    FX歴は3年半、天才チャートでデイトレをしております。

    及川先生のバラッド楽曲「ふたりに、朝は、来ない」聴かせて頂きました。

    密度が濃くてアレンジも凝ってるしキレイな楽曲ですね!
    コード進行も好きです!!!

    ここまで楽曲を仕上げてレコーディング完了と映像編集までに結構時間が掛かっているのではないですか?

    プロモ映像と楽曲のイメージがピッタリとシンクロしていて素敵です!

    及川先生は声の音域が広いですね。
    声の音域が広いと曲作り(ヴォーカルのメロディライン)のバリエーションが多彩そうですね。

    及川先生はしゃべっている声と唄っている声が一致するヴォーカリストですね。
    思いっきり技巧派のヴォーカリストですとホントに唄っているのあなたなの?っていう方も結構いらっしゃいます。

    僕はしゃべり声と唄声が同じに聴こえるヴォーカリストが好きですよ!

    楽曲中のブリッジパートで張って唄っている及川先生の唄声が一番好きかも!!!

    今回はバラッド曲でしたがもう何曲か聴いてみたいです♪
    ミスチルで言うと「NOT FOUND」みたいなポップロック調の楽曲があれば聴いてみたいです。

    次回楽曲のアップ期待しております♪♪♪

    • 鉄山(てつざん)様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >音楽仕事はギター講師やレコーディングなどです。
      >僕はライブ演奏ですとクロスオーバー、フュージョン、ジャズなどの歌なし音楽ジャンルです。

      ↑音楽でメシが食える人は心から羨ましく思います。
      僕にはそこまでの覚悟がありませんでした。

      >ここまで楽曲を仕上げてレコーディング完了と映像編集までに結構時間が掛かっているのではないですか?

      ↑はい、、、音源も映像もいちいち時間がかかりまして、
      年齢的には焦りしかありません(笑)

      >思いっきり技巧派のヴォーカリストですとホントに唄っているのあなたなの?っていう方も結構いらっしゃいます。

      ↑山下達郎さんとかはこっち系ですよね。
      あの方のラジオ番組を初めて聴いた時、「まるで声が違うジャン!」って
      かなり驚いたことを今でも覚えています。

      あ、「ますます凄いなぁ」が当時の感想だったのも
      付け加えさせていただきますが。

      >今回はバラッド曲でしたがもう何曲か聴いてみたいです♪
      >ミスチルで言うと「NOT FOUND」みたいなポップロック調の楽曲があれば聴いてみたいです。

      ↑次回はかなり「攻めた曲」を公開予定なんです。
      音源自体はすでにありまして、映像待ちです♪

      「NOT FOUND」は僕の中でもミスチルで最上位ランクの「凄い曲」との位置づけです。
      アレはマジでやばい・・・
      好みかどうかは別に(もちろん大好きですが)
      あんな曲をどうやったら作れるのか?ってくらいに畏敬の念しかないですね。

      それにしましても
      このブログで音楽の話をやりとり出来る日が来るとは思っていませんでした。
      本当に幸せです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 歌手デビューおめでとうございます!
    日頃のヴォイストレーニングの賜物ですネ。声の伸びが素晴らしいです。
    イントロのクリシェのスリーフィガーもセンスがイイ!
    私は及川さんよりも年上でビートルズ世代ですのでジョージがよくクリシェのコード進行を使っていたのが想いだされました。
    FXは何とか生き残ってボチボチとやってます。
    私はどちらかというと逆張りが多くドカンとやられています。6月27日配信の「安易な逆張り・・・」はとても参考になりました。肝に銘じてやっていこうと思います。
    今回の及川さんの歌手デビューで、夢は諦めるのではなく叶えるものだということを感じ入った次第です。
    私に死ぬまで諦めないぞという気持ちを起こさせていただき有難うございました。
    これからもFXトレーダー&シンガーソングライターとして私たちに夢を与えて下さい。

    • チーパパさま
      コメントありがとうございます。

      >歌手デビューおめでとうございます!

      ↑いやいや「デビュー」とはなんともお恥ずかしい(汗)
      ただ、こうして聴いていただける機会があるのは本当にありがたいと思っています。

      >私は及川さんよりも年上でビートルズ世代ですのでジョージがよくクリシェのコード進行を使っていたのが想いだされました。

      ↑音源のレコーディングにつきましては
      その道の人たちに深くご協力いただけてまして
      僕ではとてもあんな演奏は出来ません。
      そういった部分も併せてシアワセを感じている次第です。

      >6月27日配信の「安易な逆張り・・・」はとても参考になりました。肝に銘じてやっていこうと思います。

      ↑トレードのこと・・・であれば
      それなりに自信を持ったお話が出来るつもりですので
      そこは引き続き「分相応」にやっていく所存です(笑)

      >私に死ぬまで諦めないぞという気持ちを起こさせていただき

      ↑そのように取っていただけると本当に助かります。

      人はどうせいつか死ぬ、
      生きている中で「今日」が一番若い、

      何かをやるのに「遅い」なんてことはない、
      なぜなら今日が一番若いからだ。

      本当は・・・
      僕も諸々達観している部分はあるんです。

      しかし、仮に恥をかくことがあろうとも
      後々「やっておけば良かった」と後悔するよりはマシ、
      そんな思考がどうしてもアタマをよぎります。

      また、こういう思考でいることこそが
      なんなら「老後」を遅らせることに繋がるかも?みたいな気持ちも少しあるような(笑)

      何をどうやるかはさておき、
      とにかく生きている限り、なるべく「現役」でい続けられるよう
      お互いがんばってまいりましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    ご無沙汰しております。
    2714万円計画の世田谷のSです。

    まず、デビュー曲おめでとうございます!
    とても心地よい曲と歌声でいつも聞いている先生の声とちがう繊細さにビックリしました。

    「終活」と言う言葉もあり、いよいよ先生のトレードを見られる機会が長く無いのかなぁ。と寂しく思う反面、こうして多彩な一面を見せられてしまうと、先生の新たなチャレンジを心から応援したいとも思います。

    是非2曲目、3曲目と発表してください!
    音楽は車で流す事が多いのでアップテンポな曲も楽しみにお待ちしています

    イタリア旅行記もとても楽しく拝読させて頂きました!
    いつも欧州勢をカモに(?)している及川先生が思わぬ反撃に遭いましたね汗
    子供も共犯のスリと聞いて、子供を持つ親としてはとても嫌な気持ちになる話でした。
    色々言われていますが、こういう話を聞くと日本はいい国ですよね。

    実はこの度連絡したのは及川先生に是非ご検討して頂きたいリクエストがありまして。
    機会があれば「円安」をテーマにいつもの対談動画をやっていただけないでしょうか!?

    と言うのも、USD/JPYを私のテクニカル的な視点で見ると、2〜3年のうちに175円辺りまで行ってもおかしくない形に見えてしまい汗
    (月足レベルのとても綺麗な超巨大逆三尊です笑)

    この予想が当たるかどうかはさておき、もし本当にそんな事が起きた場合、私たちの生活はどうなっているんだろう?

    なんとなく物価の上昇はイメージ出来るのですが、一方で賃金の上昇はイメージしづらく、普通に会社員として働く一般庶民の生活ってどうなってしまうの?というなにが不安なのかわからない不安があります。

    どんなに円安が進んでも物価と賃金が比例して上がるなら生活は変わらない気もしますし、そうならない気もするし。
    何を備えたらいいのかもわからないです。

    私は経済や金融の知識が全く無いもので、、、汗

    及川先生をはじめ、MR.Tさん、ホリーさん、KAZさん、香港K氏などのお話はとても興味深く、いつも勉強させて頂いています。

    こんな超有料級のテーマを対談して動画にして欲しいとはあまりにも虫が良いとは重々承知しているのですが、、、

    「円安の行く末」は私だけでなく、他の視聴者の方、と言うか大袈裟でなく全日本人が知りたいテーマだと思うのです。

    是非皆様で対談する機会があれば円安の影響や備え方などテーマに挙げていただけると嬉しいです。

    以下、2年で5万円を2714万円計画の途中経過のご報告です!

    運用3ヶ月で、無事6ターン目に突入したところです

    50000

    65000

    84500

    109850

    142805

    185646
    ↓今ここです(210600)
    241340

    まだまだ先は長いですが、24回複利の5回転が終わったと考えると同じことをあと4周で達成ですので、金額的には遠いですが案外イメージ出来てきました。

    一度に大きく勝ったり負けたりもなく、ルール通りコツコツ5%ずつ利確損切りを繰り返して今に至るので、今のところ安心感はあります。

    3ヶ月で5周達成なので前倒しのペースですが、合計55回のトレード
    43勝12敗
    勝率78%
    と言う結果で、想定より勝率が良かったのが要因です。

    今のペースを維持できれば大幅に速く及川先生にお会いできる!とついつい前のめりになってしまいそうなのですが、焦らず自分のペースで続けようと自分に言い聞かせております。

    また良いご報告が出来るよう継続していきます。

    • 攻めた曲調、ものすごく期待してお待ちしています!
      私は職人仲間と朝3人で私のハイエースで現場に向かうのですが、私がいつも先生のトレード動画を車で流すので他の二人もすっかり先生のファンです笑(2人はトレードはやってませんが笑)
      3人とも先生のデビュー曲は歌えるレベルで聴いていますので、2曲目お待ちしています!

      先生のドル建て口座や、先日の渡邊大生さん、TRIBEの皆様のお話を聞いているとものすごい勢いで資金を増やしていて、それと比べると私は地味なやり方だなぁと思いますが、もはや別競技だと割り切っています笑

      また嬉しい激励のお言葉本当にありがとうございます。
      先生に評価して頂けると私も単純な性格なのでより一層やる気が出ます笑
      私が地道に今回の計画を続けていられるのは先生の存在がすごく大きいと感じています。

      おっしゃる通り決めたことを続けることは本当に難しく、一人で計画して一人でやっていたらもっと難しいと思います。
      ある意味、私の1番のファインプレーは先生に計画をお話しした事です笑

      計画のアウトプット(宣言)の場を頂けた事、こうして応援して頂けている事が物凄く大きな糧となっていると実感しています。

      先生がブログで書かれていた
      「自分の考えを言語化しアウトプットすることで自身を向上させる」
      という趣旨、とても共感したのですが
      「目標や計画のアウトプット」
      もかなりの効果です。
      (最も、これは先生の存在があってこそですが)

      これから金額の壁やまだ経験していない連敗などまだまだ難関は現れると思いますが、不安より楽しみの方が大きく、とても充実したメンタルで日々を過ごせています。

      では、また一区切りしたらご報告させてください!

    • 世田谷のS様

      >3人とも先生のデビュー曲は歌えるレベルで聴いていますので、2曲目お待ちしています!

      ↑身が引き締まる思いです(笑)

      >もはや別競技だと割り切っています笑

      「他人様の成績が気にならなくなる」
      これも自立したトレーダーの特徴だと思います♪

      >では、また一区切りしたらご報告させてください!

      ↑楽しみに待たせていただきます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 世田谷のS様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >是非2曲目、3曲目と発表してください!
      音楽は車で流す事が多いのでアップテンポな曲も楽しみにお待ちしています

      ↑お気遣いありがとうございます。
      次は結構攻めた感じの曲調でして現在映像待ちなんです。
      僕自身が仕上がりを楽しみにしておりまして(笑)

      >いつも欧州勢をカモに(?)している及川先生が思わぬ反撃に遭いましたね汗

      ↑まったくです、
      欧州に税金落とした気分ですね(苦笑)

      >USD/JPYを私のテクニカル的な視点で見ると、2〜3年のうちに175円辺りまで行ってもおかしくない形に見えてしまい汗
      (月足レベルのとても綺麗な超巨大逆三尊です笑)

      ↑今のままの金融政策が続けばあり得るかも知れません。
      通貨の価格については供給量や金利差などの兼ね合いが大きくモノを言いますので
      どれだけ事前予想をしたところで結局「政策次第」の側面が強いです。

      それこそ例えば新しい日銀総裁が「緩和終了&金利上昇」をもし言い出したなら
      一撃で10円近い円高になることもありえます。
      まぁまずない、というか出来ないとは思いますが。。。

      >何を備えたらいいのかもわからないです。

      ↑FXに置き換えてお話をするなら
      「USD建て口座で資金を増やす」はヘッジになり得るとは思います。
      もっとも勝つことが前提になりますけど。

      >皆様で対談する機会があれば円安の影響や備え方などテーマに挙げていただけると嬉しいです。

      ↑そうですね、
      今後も大きなテーマについては機会を設けて話題にしたいと思います。

      >運用3ヶ月で、無事6ターン目に突入したところです
      >43勝12敗 勝率78%

      ↑順調そうで何よりです♪
      ここまで決めた通りに実行されている方はあまりいませんで
      本当に素晴らしいと思います。

      ご自身でもおっしゃられる通り、
      今後も焦らずやれた暁には
      世間的には地味に見えるかも知れないものの
      僕の評価は「かなり高いモノ」になります。
      (驚異的、とすら思うはずですので)

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    はじめまして、及川圭哉MUSIC第一弾を聴かせていただきました。
    「好きなことをやる」これは、私の生きてきた中で大事にしてきた部分です。
    それがとてもヒシヒシと感じられる作品になってます!
    少なくことも私にはそう感じました。
    そして本当にやりたい事であるなら、年齢など関係ないんだと思います。
    私がよく聴かせていただく濱口祐自さんは59歳でメジャーデビューしました。
    そんな事も思い返しながら、最近は大事にしてきた部分を忘れかけていた所なので、聴けてとても良かったです…勇気や気づきをいただきました!
    どうも、ありがとうございました(^ ^)

    • 37abさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「好きなことをやる」これは、私の生きてきた中で大事にしてきた部分です。
      >それがとてもヒシヒシと感じられる作品になってます!

      ↑大変光栄です!
      ありがとうございます。

      ぶっちゃけ、もう「いいトシ」の僕ではありますが
      けどそんな中「生きてる限り今日が一番若い」という想いは常にありまして。

      増してやインターネットやSNSの発達で
      「やろうと思えばなんでも出来る世の中」でもありますので
      なら、やらない手はないかな、という思考手順でした。

      また、その一方で
      「人はいつか必ず死ぬ、絶対に」
      ゆえにやりたいことはやっておこう、と言う気持ちもありますね(笑)

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもブログや、動画などで勉強させていただいております。
    ありがとうございます!

    前回コメントをさせていただき、その後はトレードで利益がでたら
    別口座に資金移動をしながら、進めております。

    すみません、2つ質問がございますm(_ _)m

    まず1つ目です。
    3か月前から始めたのですが、初月はまず勝つことを目標にpipsで管理し、
    100通貨で取引をしていました。
    日ベースで損切りもありましたが、なんとか月単位でトータルプラス
    でした。
    先月からは1000通貨の方が勝ったときは嬉しいし、負けたときの痛みも
    感じられるロットにしようと考え、1000通貨でトレードをし、金額で
    管理をしています。
    主人にも相談は常日頃しているのですが、ロットを上げる条件は、資金が
    倍になってからじゃないの?ということで、私も話し合っていくなかで
    納得し、1000通貨で今の資金を倍にすることをまずは目標にしております。

    ただ、2、3回連続で負けた場合は、5000通貨にロットをあげてトレードを
    しています。これに対しては主人は良くないんじゃないの?という立場で、
    私もそうかも、、、と思っております。
    今のところ損切したあとはプラスで薄利逃げしたりしたり(100円や1000円
    プラス)ですが、きっと周囲からみたら危なっかしいトレードだと思います。

    ロットを上げても損切りは当初決めたところでしっかりとできているのですが、
    こういったロットを上げて取り戻そうとするトレードの仕方は、及川先生のような
    プロトレーダーの方からみて、典型的な負けパターンになってしまうのでしょうか。

    2つ目なのですが、
    今後長くトレードをしていけた場合、例えば負けがひどく続いてしまって、
    翌日もその次の日も自分のトレードがくるってしまったりすることはある
    のでしょうか?
    どこでエントリーすればよいのか分からなくなっちゃうというようなことは
    起きてしまうのでしょうか。

    変な質問をしてしまって、本当にすみません。。
    長文、駄文を失礼いたしますm(_ _;)m

    大変恐れ入りますが、宜しくお願いいたしますm(_ _)m

    • aya様
      コメントありがとうございます。

      >2、3回連続で負けた場合は、5000通貨にロットをあげてトレードをしています。
      >こういったロットを上げて取り戻そうとするトレードの仕方は、及川先生のような
      プロトレーダーの方からみて、典型的な負けパターンになってしまうのでしょうか。

      ↑まず「僕の話」からさせていただきます。
      僕の場合、損切りするまでのプロセスを他の銘柄を見ながら進めることで
      損切り時点で「これが伸びるやつだった」とかなり『見える』ことがありまして
      そのような時は一気に弾数を撃ち込んで大き目な利益を取りに行くことがあります。

      で、これが「(絶対ではないですがある程度は)分かる」ということであれば
      そのトレードのロットを一時的に引き上げるのもアリかも知れません。

      しかし、そうではなく
      そこまでの流れは関係なくあらたな個別エントリーということであれば
      ご主人の感覚が合っているかなぁとの感想です。

      また、そうすることで
      一回一回のエントリーを丁寧にやれるクセ付けにもなって良いかも知れません。

      相場ですので勝つときも負ける時もありますが、
      そんな中、僕は
      「このエントリーで負けても後悔しないか?」
      そういう場面をなるべくやるよう意識しています。

      時々スケベ根性で
      「サラっと少しだけ抜ければ良い」なぁんてトレードが損切りになると
      自己嫌悪がハンパないですので。

      >例えば負けがひどく続いてしまって、
      翌日もその次の日も自分のトレードがくるってしまったりすることはあるのでしょうか?

      ↑噛み合う時期・噛み合わない時期については
      人によって実際あると想像します。

      例えばボラが大きい時期に利を引っ張るのが得意な人は
      多少飛び乗り気味でエントリーしてもスンナリ勝てますが、
      その逆で動きが出にくいレンジっぽい相場でそれと同じやり方だと連敗しやすい、など。
      飛び乗りエントリーで戻されると即座に含み損となりますので。

      ゆえに僕は、基本常に着実に利食い、
      その後さらに伸びても「知ったこっちゃない」を徹底しているわけです。
      これなら伸びる相場でも伸びない相場でも同じように利益に出来ますので。

      つまり「どういうトレードを日頃しているか?」で
      答えは変わってくるのでは?が僕のアンサーとなります。

      ・基本しっかり引き付けて入る
      (そのまま伸びた時用に打診で少し入っておき本来位置で追加、ならOKです)
      ・伸びたモノの「追っかけ」は原則しない
      ・利食い(&損切り)は常に着実に行い利食った後、さらに伸びても気にしない

      このようなやり方を軸にしておくことで
      トレードは「狂いにくい」と僕は思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      もしトンチンカンなアンサーだった場合はお手数ですが再度コメントをお寄せください(汗)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは

    自制できない自分に喝をいれてください。先生に言われてもできないようなら、成功しえないと思っています。

    最近の僕は、5月9日から6月17日までのトレードをした25営業日連続でプラスを記録し10万円を38万円まで増やすことができました。この間ちゃんと損切でき無駄にナンピンするということはありませんでした。一度目のトレードで勝ったらそれで終わり、ダラダラと続けることもありませんでした。一度目のトレードが損切になっても二回目のトレードを絞ってエントリーし圧をかけてプラ転で逃げてました。しかし二度目のトレードで損失を出してしまってそこからリベンジトレード、乱射で数時間で全損したのが6月20日でした。そこから一日空け22日から昨日7月5までの9日間連続プラスで再度投入した10万円を19万円にできたのですが、全く同じことをして今日全損しました。

    今年に入り日ベースで負けることはほとんどなくなり、勝ち方は分かっている、あとは負け方なんだと自分に言い聞かせてもどうしても自制できません。
    サイズは10万円の0.1ロット最大6発で、11万円になれば0.11ロットという具合です。勝率はどの期間でも大体65%程度です。
    60万円から複利で130万円にできたこともあるので特に今のロットが大きくてトレードが狂ったということではないと思っています。

    少し間をあけてまたチャレンジしたいと思いますがその際の戦略として
    ①複利でずっと増やしていくのを一旦諦め、10万円の資金が30万円を超えるか、スタートして一か月たった時点で10万円残して出金の繰り返し。
    ↑今まで勝率や月利目標を立てることはしませんでしたが日ベースではたいてい勝てるので月10万から15万くらいは充分勝てるのではと予想しています。
    ➁二回連続して損切したらその日は終了

    先生は以前トレードは克服する競技だと言っていて、僕は②が出来ずに全損するまでやってしまうので、どうしてもここを克服したいのです。厳しくて構いません。
    何か言葉をもらえないでしょうか。

    • いずれ及川氏を越えていく男さま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >5月9日から6月17日までのトレードをした25営業日連続でプラスを記録し10万円を38万円
      >一日空け22日から昨日7月5までの9日間連続プラスで再度投入した10万円を19万円

      ↑普段、これだけ順調に勝てる人が
      全損で振り出しとはなんとももったいないですね(汗)

      >複利でずっと増やしていくのを一旦諦め、10万円の資金が30万円を超えるか、スタートして一か月たった時点で10万円残して出金の繰り返し。

      ↑最近の動画で「サブ口座に利益を移動」というお話をしまして、
      試験的に始めたUSD建て口座で僕自身実践中なのはご存知かと思います。

      で、、、
      ストック用のサブ口座を作り、
      もはや『利益は毎日抜き、毎日同じ資金でトレード』
      このくらい縛りを入れても良いくらいでは?そう思いました。
      ※損失で終えた日は移動先からその分を補充するのは仕方ないとして、です。

      全損時って、それまで積み上げた利益も併せて飛ばすわけですので
      それなら「飛ばすなら初期元手資金のみ」とした方が明らかに良いですよね。

      この場合、毎日「ちょっと心細いスタート」となるのは僕にも想像がつきます、
      が!
      そのくらい口座に余計な資金がないほうが
      良い具合の緊張感を常に持ったトレードになるのではないででしょうか。

      ちなみに僕もUSD口座は常に証拠金ギリギリでやってるので
      神経を使い、めっちゃ疲れます(苦笑)

      しかしその代わり、
      ユルいトレードはかなり少ないと実感しています。

      ここは発想の転換でして
      「全損は今後も絶対起こる!」と達観し、
      「全損したとしてもそれは常に元手資金のみ」
      「既存の利益はストック用口座に移動済、または出金済」
      「だから自分は常にトータルではプラス」

      複利を当面封印するのは大賛成、というかそうしないとダメで、
      そんな中、どこまで我慢強く毎日同じ資金でリスタート出来るか?

      もしこれをやったとして、
      以降の締め日、別管理口座にある金額こそが
      「己の現状リアルな実力」
      このようなチャレンジをされることをオススメしたいですね。

      毎日出金(資金移動)をすると心細いであろうことは
      「USD口座」をチャレンジ中の僕もよーく理解出来ます。

      でも、だからこそそこを突破して見せる!
      これを今の課題に置くとどうでしょうね。

      僕もUSD口座に関しては、かなり状況が似ている立場です。
      お互い「突破」したろうではありませんか。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    いつもお世話になっております。
    「ふたりに、朝は、来ない」、とてもお気に入りで、動画がアップロードされてから、ほぼ毎日聞かせていただいております。
    ふだん、不倫とか浮気をする人は大嫌いなのですが、曲の中の2人には幸せになってもらいたいなと思いました…。
    最近、男性でも高い声の歌声が人気なイメージがありますが、私は及川さんのような低い声の方が好きで、いつか、直にお聞きしてみたいです。

    ところで、実は今日、大きな損切りをして、ほぼひと月分の利益をぶっ飛ばしました。明日からロットを上げたり、無駄なトレードをしてさらに損をしない為に、戒めのつもりでこのコメントを書いています。
    それと、私はとても反省が苦手で、どこがまずかったのか、自分なりに考えてみたのですが、恐らく抜け落ちている部分があるかと思いますので、ご教示いただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

    【通貨】ポンドオージー (7月7日)
    【エントリー】ショート
    21時11分(1.74939)、21時20分(1.75094)、22時25分(1.75688)
    〇根拠
    ・21時が始まってから1.75097の水平線を下にブレイク
    ・オージーテクニカル(オージー円、オージードル⤴︎︎︎⤴︎︎、ポンドオージー、ユーロオージー⤵︎⤵︎)

    【全決済】
    23時(1.75779)
    〇根拠
    1.75691を実線抜け

    反省点
    ①1時間MAから20pips以上離れている上に、水平線からも10pips以上ある場所からエントリーしたこと
    ②水平線を上に突きぬけた時点で損切りせず、損切りラインをレンジの上1.75691まで引きあげてしまったこと
    ③ポンドの強さを甘く見たこと
    (オージーテクニカルが効いており、ユロポンも19時台から少し上がり気味だったことから、余程ポンドが強くならないかぎり、下げるだろうと思っていました)

    狭いレンジをブレイクでエントリーする手法が好きなのですが(今回に関しては、全く狭くないのですが…)、損切りのことを考えると、ボラが大きい日は、1時間MAと水平線が重なっているような戻し目でエントリーする方がいいのかなと…。
    損切りラインを頭に入れて、改めて全通貨のチャートを見てみると、ポン円、ポンドドルが同じようなちゃんと形状で押し目になっていたこと、ドル円が下げていたこと、から、ポンドドルのLだったかなと思います。
    (長文失礼致しました)

    • ゆり様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ふだん、不倫とか浮気をする人は大嫌いなのですが、曲の中の2人には幸せになってもらいたいなと思いました…。

      ↑そう言っていただけるのは作者としては光栄です。
      ちなみに「実話でしょ」ってよく聞かれますが
      「いやいや、作品ですから!」が僕のアンサーですので、そこはあしからずにてお願いします(笑)

      >【通貨】ポンドオージー (7月7日)
      【エントリー】ショート

      ↑こちらオージー系4通貨ペアのチャートを確認してみました。
      いくつか思うところがありまして、

      まず、EURAUDとGBPAUDの推移を観た限りでは
      ユーロの方が安定的?に弱かったように思います。
      よって、もしやるならEURAUDの方だったのではないかと。

      それとオージーテクニカルとおっしゃれてますが
      AUDJPYに関しては黄緑線を下回り、おそらくはリアルタイムでも既に同MAは下向き転換後だったのでは?と想像します。

      また、AUDJPY&AUDUSDのシンクロ度合いも低かったように見えますので
      そうなると、そもそもこの局面でオージーテクニカルとは言い難く、
      そうなると途端に難易度の高い通貨ペアになる、が僕の感想です。

      オージーを東京時間以外で扱う際の注意点としましては
      AUD側とペア側通貨のどちらの「寄与度」が高い状態か?を見ると良いです。

      さらに分かりやすいポイントとしましては
      AUDJPY&AUDUSDの形状や値動きがかなり似ている状態かどうか?
      ここを真っ先のチェックポイントにすると良いかも知れません。

      で、「そうでもない場合」については
      上述の「寄与度」がペア側通貨の方が高い可能性が濃厚となり、
      その場合は「USD&EURGBP&個別チャート形状」に基づき、
      クロス円やドルストを扱う方が『分かりやすい』というのが僕の結論的なアンサーです。

      僕は自分がやってもない終わったチャートを後講釈でエラそうに語るのは
      フェアではないように感じてしまい、正直好きではないのですが
      本件は割とポイントが明確かなと思いましたので生意気ながらお話させていただきました。

      ご不明な点などが残ってしまっている場合は
      お手数ですが再度コメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お忙しい中質問失礼いたします。
    私は過去に2度質問させて頂きました。
    毎回丁寧な返信ありがとうございます。今回で最後の質問にしようと思っています。
    私が2年間FXをやり続けた過程の中で大枠のフェーズのようなものを感じています。
    ①負け続ける→②勝ったり負けたり→③ロジックもある程度固まり数ヶ月資金を順調に増やせるのに、あるきっかけで全損や大損をする(今の私がここです)
    ④及川さんのように安定して勝てるトレーダー

    私は今のフェーズ③が最後の壁だと思っているのですが、③を乗り越えた後にまた新たな壁が何かありますでしょうか?
    トレードは次から次へと壁がでてきますが、全ての壁を乗り越えている先輩の意見を教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

    • 3000万ボーイ様
      コメントありがとうございます。

      >私は今のフェーズ③が最後の壁だと思っているのですが、③を乗り越えた後にまた新たな壁が何かありますでしょうか?

      ↑ここはかなり明確に「あります」です。

      ここでは「行列の出来るラーメン屋さん」を例にお話させてください。

      ラーメンの味を極めるべく、創意工夫を重ねた結果
      「美味いラーメン」が作れるようになったそのお店は
      世間で評判になり、日々長い行列が出来る店になりました。

      毎日毎日放っておいてもお客が来て、しかも儲かることで
      知らず知らずにその店主は傲慢となり、
      お客さんに対しぞんざいな扱いをするようになったり、
      儲かっていることで夜遊びが派手になったり・・・

      そんな中、徐々に「仕込み」が雑になり味が落ちて行き、
      気付けばリピーターはすっかり来なくなってしまった・・・

      これをトレードに置き換えると分かりやすくないでしょうか。

      さらには、
      近所に強力なライバル店が出店したりする中、
      本来ならその店主は
      「油断しているとすぐにダメになる」などの危機感を持ち
      時代の変化などにも対応しつつ己の腕に磨きをかけ続けなければいけませんよね。

      これが出来る店は長く繫盛しやすいでしょうし、
      出来ない店は衰退する可能性が高まります。

      これを「壁」と呼ぶかは分かりませんが
      要するに慢心や怠惰がきっかけで
      「いつでも即座にダメになってしまう恐れがある」のは
      トレードの世界でもまったく同じだと僕は思っている次第です。

      つまりですね、、、
      >④及川さんのように安定して勝てるトレーダー

      ↑こんなもんは幻でしかないんです。
      もし「安定してるように見えている」とするなら
      それは僕自身が日々慢心なく、細心の注意を払い続けていることによるだけです。

      現状「3」とのことですが、
      ある意味そこは僕も同じです。

      そしてその部分はトレードを続ける限り
      永遠に続く、これが真理だと思います。

      決してネガティブな主旨で申し上げているつもりはありません。

      むしろ「そのような姿勢」を心とカラダに沁み込ませる意識が重要という話でして
      それが出来れば出来るほど、
      結果的に外から見たら「安定している」ように見える状態になるのではないかなと思う次第です。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 披露された楽曲を聴きました。
    もう何度も言われてると思いますが、桜井さん?と思ってしまいました。笑
    人はやっぱ特別好きなアーティストが居たら、歌い方も無意識に寄せてしまうのでしょうか?でもお上手でしたよ、作曲も及川さんがしたのですか?だとすればすごいですね!

    及川さんのアーティスト名簿にサザンオールスターズは含まれませんか?
    桜井さんと桑田佳祐さんがコラボした「奇跡の地球」あの曲好きです。

    僕は及川さんの14歳下なんでちょっと世代が違いますが、バンドブームだったことに違いなく僕はそのころ中高生でした。
    XやブルーハーツやJ(S)Wを特に聴いてて、ブルーハーツだけは僕的には特別な存在です。(今はクロマニヨンズです)
    僕のブルーハーツ愛を語ったら宇宙の果てまで長くなるのでやめときます笑

    ちなみに、ヴォーカルの甲本ヒロトさんの弟は俳優の甲本雅裕さんですが、会計時に至近距離で見たことあります。
    プライベートぽかったので「あっ!甲本雅裕さんだ!」と気づいた顔だけ見せて会釈してスルーしました 笑
    ピンと来ない人は検索してください、顔見たらああーこの人かと言うと思います。
    ドラマ観てたらイジメ役とか腹立つほど嫌な奴を演じる役とかお似合いで、一方でイジメられる役もできるし役者になるべくしてなった人で演技が上手い証拠ですよね。
    味がある俳優なんでヒロトさんの弟という肩書き抜きで好きです。

    質問です。
    及川さんが日本へ完全帰国(居住者)に戻った場合。
    シンガポールで稼いで持ち帰ったお金は、日本居住者になった時点でなにか税金が課せられてしまうのでしょうか?
    シンガポールではキャピタルゲインは非課税なのに、日本人に戻って持ち帰った時点で新たなワケわからん税が取られるのかどうかすごく気になります。
    そうなると海外移住までして租税回避してFXで稼いでる意味がなくなりそう。
    租税回避はなにかと聞こえが悪く、税法の抜け穴をついて税金から逃れることに代わりはありませんが、何も法を犯して悪いことをしているわけではなく、節税の一環で通りますよね。
    だから富裕層の一部は日本を捨て、タックスヘイブン国へ移住するのだと思う。

    僕はトレードでこれまでの負債を回収し、僕には今までにない額を稼げるようになって額がデカくなれば国内で海外FXをやり続けるのは税制面でキツくなってくるだろうなと感じています。(僕はすでに来年の税金が怖いと感じてる。)
    海外を使い続けるのであれば僕もいずれ香港かマレーシア辺りにと考えているからです。それか、国内FXなら一律20%なので国内口座へ移行するかどちらかですね。
    ちなみに法人化は決算書作成とか色々面倒くさいし、たまにメルカリ転売するぐらいで確立したビジネス1つやってもないので最終手段でしか考えてません。
    国内個人口座なら最大税率20%で済むのにわざわざ法人を選ぶ意味は僕にはないと考えます。(株の億トレの某氏は50億の資産があっても個人口座と聞いて驚きました。それだけの資産額ならてっきり会社経営してると思ってたので。)

    検索したのですがけっこう難しいことがたくさん書いてて、結局のところどうなの?とよくわかりませんでした。
    よろしくお願いします。

    • 牛と熊さま
      コメントありがとうございます。

      >もう何度も言われてると思いますが、桜井さん?と思ってしまいました。笑

      ↑自分ではそんなに似てないと思っているのですが
      このようなご感想を多数頂戴しているので、やはり「そーゆーこと」なんでしょうね(苦笑)

      >作曲も及川さんがしたのですか?だとすればすごいですね!

      ↑作詞作曲はもちろん、基礎となるデモの制作まですべて僕が一人でやっています。
      (レコーディングの演奏はプロに依頼しておりますが)

      >桜井さんと桑田佳祐さんがコラボした「奇跡の地球」あの曲好きです。

      ↑もちろん僕も大好きでして
      カラオケで歌える人がいたら、よくデュエットしてますよ。
      (僕はハモる側です♪)

      >ヴォーカルの甲本ヒロトさんの弟は俳優の甲本雅裕さん

      ↑はい、こちらももちろん存じてます。
      とても味のある俳優さんですよね。

      >シンガポールで稼いで持ち帰ったお金は、日本居住者になった時点でなにか税金が課せられてしまうのでしょうか?

      ↑現行の法律でさすがにそれはないです。
      ただ、、、将来的には「やりかねない」かも知れませんが(苦笑)
      少なくとも現状は大丈夫ですのでご安心?ください。

      >海外を使い続けるのであれば僕もいずれ香港かマレーシア辺りにと考えているから
      >それか、国内FXなら一律20%なので国内口座へ移行するかどちらかですね。

      ↑香港やシンガポールは物価が高く、マレーシアは比較的安いようですが
      最終的なポイントは「住む」に対する許容が可能かどうかでしょうね。

      税率だけを見るなら国内業者一択だと思いますが
      いかんせん「レバ25倍」は僕からするとシンドいイメージが強いです。

      例えば最近僕は
      「5万USドルスタート」の口座で合間を観てトレードしていますが
      これを国内業者で同じことやろうとすると2億円以上入れないといけず、
      僕はFX業者にそこまで入金したくはないんですよね。
      (その分は他で長期運用したい考えのため)

      ただ「それでもOK」と思われるなら
      国内業者がベターな選択かも知れません。

      >国内個人口座なら最大税率20%で済むのにわざわざ法人を選ぶ意味は僕にはないと考えます。

      ↑僕が日本にいた時、
      法人口座だけはレバ100倍、などの時期があったんです。
      (その後50倍に下げられ、近年はどうなったか未確認です。)

      また、各種必要経費が使えたこともあり、
      当時の僕としては個人より法人口座の方がメリットがありました。

      しかし、レバレッジのメリットがないとするなら
      個人口座で充分かも知れませんね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    いつも勉強させていただいて
    おります。

    及川様の動画を繰り返し見る事で、
    同じ動画でも新たな気づきなどがあり
    楽しませていただいております。

    そんな中、今の自分に合った
    テーマを見つけました。
    (デイトレは「ヤらせてください!」と〜)
    2年前の動画です。

    その中で、
    デイトレは、ここまできたから買う。
    ではなく、動き出した物の
    新たなストーリーを想像して
    トレードするのだと。
    チャートの形状だけじゃダメだと。
    上か下か当てる物ではないと。

    あ、確かにチャートを開いて
    チャートの形状を見て線を引いて
    その線に来るまで待つけども
    その線に来た時にはもう状況が
    変わってる場面って結構あったな。と

    それって、ヤってやってもいいの
    つもりだったけどもある意味違うんだなと。
    今のこの状況の中で ここまでくるなら
    ヤってやるよ。って事か!と納得しました。

    お忙しいとは思いますが、
    このテーマを深掘りしていただけると
    幸いでございます。

    • ポルトフィーノ様
      コメントありがとうございます。

      >2年前の動画です。
      >デイトレは、ここまできたから買う。
      >ではなく、動き出した物の新たなストーリーを想像してトレードするのだと。

      ↑話題にした記憶もなくはないですが
      当時具体的にどのようなお話をしたかの詳細までは覚えておりません(汗)

      ただし、
      「そこに至る時間的プロセスの中で状況はすでに変わっている」
      これについては普段から意識しておりますので
      僕が言ったことは間違いなさそうです(笑)

      深掘り・・・が可能かはちょっと考えてみないといけませんが
      可能であれば今後どこかでテーマにしようと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お久しぶりです
    のりAです
    素敵な歌声ですね。私もあのように歌ってみたいものです

    まずは近況報告です 
    6月 -6000円 7月 +100円(-1万円までいったのが今日で+になりました)
    1日あたり1000~3000円はコンスタントに稼げています
    負ける時は 大火事手前で損切はできていますが 指標や大きなトレンド(ボラ)がでているときに切っては入りなおして連敗の時がほとんどです

    大きなトレンドが出ているときにドテン その後そのトレンドが信じられずまた入りなおして 結果3連敗のような形です

    負ける場面ははっきりしてきましたので今はそれを避けて トレードするように意識してやってます

    今日は私のトレードルーティンについてご相談があります
    自分なりに組み立てきましたが どうしても主観的になってしまうので
    先生の意見もきいてみたく よろしくお願いいたします

    1日の目標利益1500円 1回のトレード目標利益500~1500円 
    ロット最大15000通貨 基本は1000通貨単位でin 損切 2500円状況によって±1000円

    東京午前 JPY AUDの初動狙い
    仕事の都合で長くても10:30までしかできないないので 9:45までに利益がでていればきってしまう事が多い

    東京午後 休日の時は
    13:00~15:30の間に閑散時間逆張り 15:30までなの15:00から急な反転多いのそこを狙うときもあるため

    欧州時間 休日のみ あまり得意ではないのロット減らしてやるか スキャルでスコアメイクが基本

    欧州閑散 19:00~21:00 閑散逆張り狙い 相性のいい時間なので 仕事の終了時間次第では 帰宅前にスマホでトレードすることも

    ニューヨーク時間 帰宅後 食事等を済ませて23:00~24:00にトレード
    初動・押し目狙い

    ニューヨーク時間閑散 24:00~26:00 逆張り狙い 相性もいいので
    体調によっては 帰宅後 仮眠をとってこの時間からはじめることも多い

    最近は 閑散時間逆張りでとれるようになったので 基本入るように予定を組んで
    います
    休日や-の時はそれのみ時もあります
    それ以外は押し目やブレイク 相場が伸びてるときはスキャルでとるスタイルです。

    蛇足的なものですが 先生にならってFXを野球にたとえてみました

    単打:目標利益の半分
    二塁打:目標利益
    三塁打:目標利益を上回った利益 2倍未満
    本塁打:目標の2倍以上の利益

    四死:目標利益の半分未満
    犠打:規定内の損切
    併殺打:コツコツドカン
    盗塁:飛び乗りエントリー

    1番打者:スキャル
    打席(取引回数)が多く盗塁(飛び乗り)もできる 出塁率(勝率)が高い打者
    置くことで中軸の破壊力が増す(スコアメイク)

    2番打者:レンジ
    小技が得意で(ボラなし相場が得意) 状況判断ができる人 状況によってヒットではなく
    犠打(損切)や四球(薄利逃げ)で中軸につなげる(ドカンを避ける)

    3番打者:密集からの離れ
    単打から本塁打も狙える中距離打者 
    場合よっては一番成績の残せる打者(トレンドの初動がとれる)

    4番打者:押し目・戻り売り
    打線の中核 チャンスに強い(リスクリワードがいい・上位足タッチ) 本塁打も狙える
    ピンチ(大きな含み損)の場面で流れを変える一打(最終防衛ラインでの大量ナンピン)が放てる

    5番打者:ブレイク
    本塁打が多い長打力(ピプスが狙える) ただし打率は低めになる(ブレイク失敗もあるので)

    6番打者:逆張り
    成績はすごくないが安定している 中軸が返せ無かった走者をかえせる(損切の取返し・残業トレード)

    7番:指標
    守備要因(トレードを見送る) 併殺打が多い(ドカン負け) ただし
    1発逆転の長打力あり

    8番打者:オージー 
    基本は7番と同じ ただし特定の投手や状況に強い(オージーテクニカル)

    9番打者:投手 基本は犠打(すでに損切して負けている状態)
    単打や出塁が目標(損失を埋めるもしくは減らす)
    併殺打はさける(連敗するとピンチ)
    2刀流(損失を埋め立て+目標利益を乗せる)は難しい

    あくまで私のイメージです

    動画で分類した手法を打者に例えてみました

    ちなみに 今の私のチームはしっかりとした中軸がいません
    今の4番打者は海外と国内の違い(レバレッジ・維持率)苦しむ外国人です(実際海外MT4デモとリアル国内業者の違いで苦しんでいます)

    当面は中軸をしっかりさせるのが目標です

    強いチーム(FXで稼げる)をつくれるよう頑張っていきます

    • のりA様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      各時間帯の取り組み方に関しましては
      ご自身の性格やトレードスタイル、
      得意不得意などをご勘案のうえでしょうから
      僕が何か申し上げることはないですね。
      ※違和感を感じる部分もありませんでしたし。

      野球のラインナップは面白い発想ですね。
      特に、、、

      >7番:指標
      守備要因(トレードを見送る) 併殺打が多い(ドカン負け) ただし
      1発逆転の長打力あり

      ↑ここは秀逸というか、
      思わず笑ってしまいました。

      強いて言いますと
      手法が多岐に渡ってらっしゃるのが少々心配な部分ではあります。

      トレード中毒のようなことにならぬよう、
      それ以外のジャンルにおいても
      日々を充実した楽しいモノになさって欲しいなというのが正直な気持ちです。
      (もちろんトレードについては応援していますけどね)

      僕からは以上です。
      お互い無理のない程度にがんばってまいりましょう!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんこんにちは。
    どんな元気な人やすごく存在感がある人でも、人って簡単に亡くなるのだなと改めて実感しました。儚いですね、国内だけではなくあれだけ世界中の要人達にも愛された安倍晋三という政治家ってすごいなと思いました。

    現在、年次億を築く専業トレーダーの方々が、「自分を勝ちきれるトレーダーに導くキッカケとなった10年前の円安、アベノミクスの大相場を作ってくれた安倍さんには感謝しかない」とSNSでつぶやいてる人を何人か見かけました。
    今、専業歴5年10年してるトレーダーはアベノミクス組かと思われますが、及川さんもアベノミクスの申し子だったのでしょうか?
    及川さんが今のYouTube活動をまだ始める前で、FXで利益が出だした頃なのかな、あの大相場に乗れたのだろうなと勝手に想像してました笑
    あの大相場はもう二度と来ないだろうと言われてるほどだったそうですね。
    あの頃自分は30代前半でしたが、パチンコばっかりしてなんでトレードに目を向けてなかったのだろうとずっと悔やんでました。

    アベノミクスからちょうど10年が経って、今回のドル円の大相場もアベノミクスの再来みたいなものだと思っています。(キシダミクス?笑)
    ドル円トレードは僕は嫌いではないし普段からメインだったので、恩恵は自分的にはかなり受けました。(もちろん買い一択ですし、他のクロス円は短期でやってました。)
    ドル円は分割決済をみみっちくやっていきながら最後の2本をまだ握ってる最中で、保有4ヶ月目で11円の含み益です。(11円は初めてです、相場のおかげですね。)
    一旦の目途は140円と見ていますが、次にめざすと思われる直近高値は娘が生まれた年の高値でして、僕もトレーダー歴そこまで浅くはないのですが月足で見ないと左側の高値がわからないなんて初めての経験です笑

    とにかくこの大相場をキッカケにして「勝ちきれる人」になってモノにしなければと思ってます。もちろん寒い相場でも勝ちきれる人が一番最強だと思います。

    及川さんがかつて仰ってたように、やっぱり歴史って繰り返されるんですね。
    今ドル円は上昇トレンド休憩中かと思われますがまだ終わりではないと思ってます。ドル円はずっとボラがない期間が続いてレンジでしたが、この大相場が終わればまた低迷期が続いて、10年後にまた拡散するという歴史が繰り返していくのかもしれませんね。
    リーマンショックやなんちゃらショックは繰り返さないでほしいですが、良い歴史だけ繰り返すのは都合良すぎですかね、こういう悪い歴史も繰り返されて当然と思っておくべきですよね。
    数年後や10年後には今度は僕がこの大相場に感謝しかないと言えるほど生き残れてる人になってなきゃいけないと思ってます。

    • ぶるべあまん様
      コメントありがとうございます。
      ※返信が大変遅くなり申し訳ございません。

      >及川さんもアベノミクスの申し子だったのでしょうか?

      ↑客観的に観たらそういう要因もあったかも知れませんが
      僕は中長期で保有するスタイルではなかったので
      自分の中では特にそう思ったことはありません。

      デイトレなのでクロス円もロング専門だったわけでもなく、
      そもそもドル円中心でもないスタイルでしたので。

      ただし、FXではないいわゆる本当の意味の為替(現金資産)においては
      安倍政権誕生時点でかなりの円資産をドル転し、そこから大きな為替差益を得たのは確かです。

      >やっぱり歴史って繰り返されるんですね。
      >この大相場が終わればまた低迷期が続いて、10年後にまた拡散するという歴史が繰り返していくのかもしれませんね。

      ↑かなり同意見です。
      当時も確かEURUSDが急降下で「1.00000」目指していたのも似ています。

      >悪い歴史も繰り返されて当然と思っておくべきですよね。

      ↑こちらはさらに同意見です。

      「歴史を知っている」ことが
      今後も大きな武器になることは間違いないです。
      極論、そのような場面のみ参戦するのもアリくらいにすら思います。

      お互いがんばってまいりましょう!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

      追伸
      安倍さんの件はもちろんショックでしたが
      思うところがいろいろとありすぎて
      逆に軽々にコメント出来ない僕がおります。

  • 及川師匠、お久しぶりです。
    金なしFXトレーダー白石 23歳です。

    以前コメントしたのは確か5月ごろだったかなと思います。
    まず5月から7月13日現在の収支の方ですが、
    5月、10万スタート→16万→最終稼働日で溶かし11万でfin。+1万。

    6月、11万スタート→最終稼働日前日に27万円→最終稼働日に16万円損切りでfin。±0。

    7月、11万スタート→稼働3日で17万円→その次の日に4万まで減り、10万追加で14万スタート。→本日7万円負け、残高7万。
    となっております。

    あと少しで利益をお持ち帰り出来そうな所でつまずいてしまう事が多いです。
    この壁を避けずに壊したいと思っています。
    現状、東京時間前場と欧州で勝ちが続いている時、日利8%前後がアベレージです。

    運良く、爆伸びした際に日利30%取れた時などの、快感というのでしょうか。
    そういったものが頭に残っていて、10万という元手に対して1万勝つぐらい取れないと満足しない自分がいたりもします。
    日利3%で上出来なのは重々承知ですが、この金額に対するコンプレックスみたいな物に師匠が上司金の場合どのように向き合いますか?
    安定して勝てるのですが、複利運用で回しているので、爆勝ちの後の上げたロットで大きめの損切りにあうループを抜け出したいです。

    話が変わるのですが、ビッグボスのポンドオージーユーロオージーのレバレッジが100倍が上限になってしまいました。
    打診からの本来入りたい場所で入るやり方が出来なくなり、とても困っています。
    こちらの件に関しても今後どのように対応していくか教えていただきたいです。
    お忙しいと思いますが、宜しくお願い致します。

    追伸
    師匠の音楽最高でした!
    そこで歌う曲のリクエストをしたいのですが、
    挑戦者に向けた曲、言い換えれば、及川師匠の成り上がり人生を歌詞とした曲をぜひ聴いてみたいです!

    • アンサーありがとうございます。
      仕掛ける根拠があって入り、それが否定されるパターンが多くなってきたのは気のせいじゃなかったみたいですね!
      継続して粘り強く取り組みたいと思います。
      昨日にコロナになり、熱が40度近くあってもチャートを見てる自分がいました。
      動くのも厳しいと周りの感染したからも教えていただいていたのですが、トレードしようとしてる自分がいました。
      なんとしても現状を打破しようとしてる自分の潜在意識的なものを感じました笑

      ただ、今は寝て安静に過ごす方が将来的に見ても期待値が高いと思ったので安静にします笑
      師匠も体調に気をつけてこれからも頑張ってください!
      いつも感謝しています!

    • 白石さま

      >昨日にコロナになり、熱が40度近くあってもチャートを見てる自分がいました。

      ↑執念は買いますが、さすがに健康あってこそですからね(汗)
      くれぐれもご自愛ください。

    • いつも丁寧に回答ありがとうございます。
      率を受け入れてトレードする事を強く意識します。及川師匠に言われると心強いです。

      タイムリーで今日(7月25日月曜、16時〜)の相場で、16時からオージーのロングを持っていました。しかし、ポンドドル、ポンド円、ユーロドル、ユーロ円が上位足を同時に下抜けしました。それが16時15分の出来事です。
      オージーを決済して、ユロポンMA下側で、ユーロはより下げると思いショートしました。そしたら、16時20分で20pips以上跳ね上がり、ショートのでかい損切りをして、なにかあった動きかと思い、ロングに変えました(ドテン)。そうするとまた下抜けで右往左往。
      特大の負けになってしまいました。
      その後よく見るとクロス円は長い下げの中で小休止しているような形にも見えます。

      どちらかにトレンドが伸び、ボックスレンジで止まっている際の元のトレンド方向へのMA抜けのプライスアクションで入るとえらい目に合っている記憶が何回かあります。

      師匠はこの相場をどのような見方で見ていましたか?
      自分のイメージと師匠のイメージの乖離を知りたいです。
      お忙しいと思いますが宜しくお願い致します

    • 白石さま
      >今日(7月25日月曜、16時〜)
      >ポンドドル、ポンド円、ユーロドル、ユーロ円が上位足を同時に下抜けしました。それが16時15分の出来事
      >そしたら、16時20分で20pips以上跳ね上がり
      >師匠はこの相場をどのような見方で見ていましたか?

      直近のYouTube動画でお話しているのですが
      月曜日は日本への一時帰国直後のバタバタで
      相場を観ていませんでした。

      ただ、最近この手の動きが多いのは理解しています。

      自分でやっていない過去チャートに対し
      後講釈するのが好きではないため何とも言いにくいですが
      確か22日も16時直後から総下落となり、この日はそのまま大きく崩れましたよね。

      僕はこの日はロングを持っており、
      損切りからのドテンで取り返しました。

      25日との違いは「下抜けの次足」でしょうか。
      25日は直後の足で上抜けし直しているように見えます。

      こうなると元々の方向性が上向きだったので
      一度損切りはしても再度上抜けした時点で「↑継続かも」
      そういう見立てが良かったように、あくまで後講釈でそう思います。

      ちなみに22日の僕も損切り即ドテンをしていますが
      次足で戻せないのを確認後、さらにショートを追加しています。
      (このポジションのおかげでプラ転した経緯があります)

      その時々で状況は異なるものの、

      1.逆抜けによる損切り
      2.一本あるいは2本待って抜け直せない、あるいは再度上抜けを目指すも跳ね返される
      3.「2」を観てからドテン、しかも気合いを入れてOK

      こういう流れを基本にしておくと良いように個人的には思います。

      それにしましても、
      イヤらしい値動きが多い点には深く同意します(苦笑)

      ただし、ボラ自体はあるので
      損切りしたとしても、落ち着いて臨めば
      その後取り戻すことも充分出来る相場環境だとも思っていますので
      お互いがんばってまいりましょう。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 白石さま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >日利3%で上出来なのは重々承知
      >金額に対するコンプレックスみたいな物
      >爆勝ちの後の上げたロットで大きめの損切りにあうループを抜け出したいです。

      ↑これの答えはすでにご自身の中にあるのではないかと想像します。

      ・利益「率」を受け入れている間は勝てる
      ・利益「額」に対しドーパミンが出てしまうと、どうしてもアタマがそっちに向かう
      ・そうなると「食らう可能性が高い状況」の中でのトレードになる
      ・「率」に思考を戻すと勝てる

      額面に重きを置き出す状態って
      要するに「過剰なリスクを取り過ぎ」なわけで
      そりゃ食らう時にデカい食らい方をするのは当然です。

      逆に言うと
      「率」を受け入れている間は勝てるので
      実はトレーダーとしてはすでに『かなり優秀なレベル』である、
      そのような自覚を持たれることを強くオススメしたいです。

      小資金のジレンマは充分理解出来るつもりですが
      とはいえ、当初の資金力が豊富な人でも、
      しっかりした「率」を追えない人は
      資金が大きい分、損失も大きくなるわけです。

      とにかく我慢!
      引き続き「率のみ」で進んでいくことでして、
      一定の資金量に増えた時点で自ずと「額」もついてくるようになりますので。

      むしろここを我慢強く取り組み切ることで
      資金が増えたあとも安定して勝てるようになる、
      このような思考を持たれると良いのではないでしょうか。

      僕にはそう思えてなりません。

      >ビッグボスのポンドオージーユーロオージーのレバレッジが100倍が上限になってしまいました。
      >打診からの本来入りたい場所で入るやり方が出来なくなり、とても困っています。

      ↑ちょうど僕も先日その「洗礼?」を受けました。
      確かに悩ましいところですが、
      で、あるならばAUDUSD&AUDJPY側を中心にシフトするようかな・・・
      僕はそのようなイメージでいます。

      >挑戦者に向けた曲、言い換えれば、及川師匠の成り上がり人生を歌詞とした曲をぜひ聴いてみたいです!

      ↑好意的にお聴きいただけたようで感謝いたします。

      僕は例えば尾崎豊のような「自分の身を削るかのように作る唄」は
      タイプ的に難しい、というかおそらく似合わないと自己分析しております。
      もちろん僕の中では「魂を込めた曲」もありまして
      次回以降、それらの楽曲をどう評価していただけるのか期待と不安が交錯しますね(笑)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもためになる講義をありがとうございます。
    FXをしながらも音楽活動や飲食のお店経営など、多才にご活躍されていて、
    本当に尊敬します。
    自分も都内へ行って音楽活動をコロナ前にしていましたが、
    コロナで音楽活動自粛の波が来て以来、活動がなくなり、
    楽器の練習を一人でするだけになってしまいました。
    FXで安定するまでは精神的にも落ち着かないのと、田舎で孤独で生活しているので
    音楽からはまだ離れ気味ですが、いつか平穏がきたら、できたらいいなと
    コロナ前を懐かしく思い出しました。。

    度々ですが、、トレードのご相談をさせてください。
    デモ口座でおおよそ安定して利益を出せる日々が続いたので、
    リアル口座にしてみたのですが、狼狽がすごくて困っております。。
    当初予定していた方向に、手じまい(損切)した後は進むのですが、
    その前に狼狽してすべてチャートを見ながら損切してしまい、
    また利益が出せなくなってしまいました。

    自殺願望と鬱がひどく、組織で生活する苦痛から抜け出したい一心で最近仕事もやめ、
    なんとかFXで結果を出さないとと思ってFXに全集中しているのも
    あまりよくないかもですが、以前より精神は安定しています。

    デモ口座でのlotのまま、リアル口座に移行したところ、
    狼狽ドテンの繰り返しで速攻大損したので、
    lotをデモ口座でやっていた1/10まで落としました。
    しかし、勝たないとという意識になり、エントリーした後に反転すると、とたんに狼狽が激しくなり、
    焦りで入る位置も適当になったりと、まともな精神状態になれないのですが、
    狼狽をなくすには、どうしたらよいでしょうか。。

    ちなみに、マルチタイムフレーム分析や、ダウ理論も改めて勉強したほうがいいのかなと思い、
    空いた時間で昔勉強していた理論勉強も再開したのですが、
    波を抽象化するイメージができないのであまり役に立たず、
    スキャルのみに頼る状態です。
    EURUSD(次にEURGBP)の値動きは狼狽せずにエントリーを信じられるので、
    通貨ごとの結果を出すと一番良いのですが、
    以前、単独通貨だけにしたときに、ポジポジ病で結果が悪くなってしまったので、
    他通貨もエントリーするようにしていました。

    しかし、やはり他通貨の値動きは翻弄されてしまうので、
    他通貨はやらない!欧州時間以外はやらない!と決めても、チャートを開くと10通貨を表示させるので、
    エントリーできそうと思ったところで入ってしまい、後悔する。が続いています。

    他チャートを非表示にするのは、相関逆相関を見れなくなってしまうので、断念しましたが、
    自分をコントロールして、ルールを破らせないためにはどうしたらよいでしょうか。。

    長文乱筆、大変失礼いたしました。
    何かアドバイスいただけたらうれしいです。
    お忙しい中申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

    • 涼子さま
      いつもコメントありがとうございます。

      まず、デモ口座では勝てるようになったの件、
      だいぶ「ご自身なりの勝ち方」が身について来たのではないかと思います。
      そこは喜ぶべきポイントなのが正直な感想です。

      >エントリーした後に反転すると、とたんに狼狽が激しくなり
      >狼狽をなくすには、どうしたらよいでしょうか。。

      ↑ここは非常に難しい話になります。

      そもそも「FXでなんとしても勝たねばならない」
      このようなメンタルで臨むこと自体が負けやすい要因だと思うからです。

      僕がかねてから
      「トレード以外のキャッシュフローを確保すべし」と
      言い続けている理由がまさにこの部分によるものですので。

      「組織」が苦手なのは僕もまったく同じでして
      それゆえトレードをやっている、も同じです。

      ただし「トレードのみ」に利益を依存することが
      負けやすさを助長するため、そのほかのキャッシュフローを常に確保するよう
      心がけている点はどうしても申し添えておかねいといけません。

      何度も申しますが、
      「トレード以外のキャッシュフローがあるからこそ勝てる」
      ここをどう解決していくかこそが
      本件のポイントだと思えてなりません。

      「働きに出る」とは別に、
      例えばフリーランスでなにか出来るモノはないか?

      イラストだったり、文章だったり、
      あるいは世間の業者が「めんどくさがってやらない作業」の代行をしたり、などなど。

      自宅&PCで出来る「お金を稼ぐ作業」って結構あるんですよね。。。

      例えばちょうど今回のミュージックビデオのイラストは
      ネットで見つけた女性に依頼しているのですが
      具体的な金額は言えないものの、世間の会社員の月給よりも多いんですよ。
      (作業期間的には実質一ヶ月かかっていないはずです)

      このように「組織」には属さずとも
      キャッシュを得る方法はこの時代、いろいろあります。

      >自殺願望と鬱がひどく

      ↑上手にお聞きいただきたいのですが
      このような方は感受性が高いからではないかとも思っていまして
      クリエイティブなことにも向いてらっしゃるのではと思うんです。

      ここでいうクリエイティブとは
      別に「一流」や「メジャー」にはこだわりません。

      また上述したような
      「人がめんどくさがってやらない作業」を引き受けてキャッシュを得るなども
      「まずはやってみること」でその後、ご自身がやりたいモノをやっていくことの
      第一歩にもなったりするものです。
      (僕がそうでしたので、ここは確かだと思っています)

      トレードのアンサーをまるでしないことはお詫びしますが、
      僕には本件の解決が「トレード以外」にあると思えてならないので
      このようなお話とさせていただきました。

      ぜひご一考なさってみて欲しいです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お久しぶりです。

    イタリア旅行お疲れさまでした!私は新婚旅行を思い出し、ほのぼのとした気分でブログ拝見しておりました。
    ミラノもベネチアもいいいいところですね!
    ただ、先生はスリの被害にあわれたのはびっくりしました(^_^;)
    治安や飲料水などは日本は恵まれてるなと感じております。

    今回はお礼を申し上げたくコメントさせていただきました。
    ガチ速とオリジナルヘアバンドが当選し本日届きました!
    こういったものに当選したことがないので大変嬉しく思います。
    ガチ速はもちろん1冊持っておりますので、いただいたのは大事に飾っておきます。
    機会がありましたら先生のサインをいただければ嬉しいです 笑

    肝心のトレードは、最近ゴールドをメインで行っておりまして、ボラが大きいので動き出した方に順張りすれば利が得やすくなったと感じております。
    動くのを待つことにより狙い玉を絞れるようになりました。
    日々が試行錯誤でなかなか、短期間で億トレーダーというわけにはいきませんが、兼業トレーダーとして地道に自分の勝ち方をみつけていきたい所存です。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    • ゆう様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >私は新婚旅行を思い出し、ほのぼのとした気分でブログ拝見しておりました。

      ↑新婚旅行ということなら
      なおさら良い思い出でしょうね。

      >ガチ速とオリジナルヘアバンドが当選し本日届きました!
      こういったものに当選したことがないので大変嬉しく思います。

      ↑今回のはかなり当選確率高かったと想像していましたが
      とはいえ当たったのなら何よりです♪

      >ガチ速はもちろん1冊持っております
      >機会がありましたら先生のサインをいただければ嬉しいです 笑

      ↑はい、機会があったら喜んで。
      字にまるで自信がないので本当にそれで良いかは微妙ですけどね(笑)

      >最近ゴールドをメインで行っておりまして、ボラが大きいので動き出した方に順張りすれば利が得やすくなったと感じております。

      ↑僕は一切触らないので詳細は分かりませんが
      「ボラがある」は確かに重要な要素ですからね。

      ただし当然「逆」もあるでしょうから
      切る時はしっかり切っていただきたいと願っております。

      ご丁寧にありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。真紅です。動画を拝見しました。素晴らしい歌詞と歌声でした。さすが及川先生です。
    今回コメントさせていただいたのは、また全損してしまいました。5月に全損して10万を入れて、今日までで40万近くまで行ったのですが、全損。
    何度も講義動画やYouTubeを拝見して勉強させていただいてるのですが、毎回損切りラインをで止まり継続すると、噴き上げドカン負け。1番多いのはこれです。そして、今回全損の原因はドル円が上でユーロ、ポンドも上だったのでユロポンの強い方でロングしたらすぐに下がってきて青MAを抜けました。損切りルールできるのですが、ドル円が上だったので円シリーズは上だ!と思ってしまい切らず戻ると思い全損。
    聞きたいのは、ドル円が強いとはいえ、シリーズで形が変わったらそのような考えを捨て、ルールを重視した方がいいってことですよね?また戻ってきてMAを抜け直したらまたはいるといった感じにした方がよろしいでしょうか?
    全然勝てず、どのように取り組んでいけばわからず、悩んでいます。ルールは守っているのですが、損切り貧乏みたいな感じになってしまいます。ご教授お願いいたします。
    p.s
    数ヶ月の合宿みたいな感じでfxismの講師の皆様の隣でトレード勉強できたらと思ってしまう今日この頃です。

    • 返信ありがとうございます。しっかりと勉強してはいるのですが、全然勝てず向いてないのでは?と思ってしまい生きる気力すら無くなる思いです。病気のこともありまして、貯金がある間に真剣に勝てるようにならなければいけないので、頑張ります。ただ、しっかりとしているにも関わらず、一向に勝利ができません。これは、①環境認識を間違っているのか?それとも、リオン先生みたいに環境認識に囚われて負け続けるのであれば、②一つか二つに絞ってチャート形状だけでスキャルピングとデイトレをすべきなのでしょうか?
      ①に関しては動画で何度も解説があり見て覚えてるのですが、やはり自分でやると負け続けます。大変申し訳ないのですが、環境認識な詳しい動画を希望しても良いですか?
      ②に関しては、二つにするとしたらどれにしたら考えやすいでしょうか?ちなみにオージーは倍率がおかしくなっており除外させてください。
      ご教授お願いいたします。

    • 真紅さま

      >環境認識な詳しい動画を希望しても良いですか?

      ↑こちらは心がけます・・・が
      デイトレは「その日その日」の状況などから判断しますので
      出現している状況に対しどうするか?という話の仕方にどうしてもなりがちです。

      基本はもちろんありますので
      「基本+今日の環境」という流れでお伝え出来るよう意識しますね。

      >②に関しては、二つにするとしたらどれにしたら考えやすいでしょうか?

      ↑BIGBOSSのEURAUDとGBPAUDはつい先日、扱いが格上げされたようですので
      あるいはこれらでも可能かと思います。

      ただし、リオンちゃんが主戦場にしているGBPAUDは
      スプレッドも少し厚めなので取引時間が欧州以降中心ということなら
      やはりGBPUSDやGBPJPYが良いかも知れませんね。

      これならUSDJPY&EURGBPを照らし合わせての
      それこそ「基本判断」がしやすいように思います。

    • 真紅さま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >素晴らしい歌詞と歌声でした。さすが及川先生です。

      ↑お褒めいただき光栄です。
      トレードを褒められるより嬉しいです
      お気遣いありがとうございます。

      >ドル円が強いとはいえ、シリーズで形が変わったらそのような考えを捨て、ルールを重視した方がいいってことですよね?
      >また戻ってきてMAを抜け直したらまたはいるといった感じにした方がよろしいでしょうか?

      ↑そうですね、
      「シリーズで動いているモノのシリーズ揃いが崩れた場合」は
      かなり危険な状態を指すはずですので、アタマに強く置いておく必要があろうかと思います。

      ドル円上昇時を例にした普段の心構えとしては
      ・円が弱いの?
      ・ドルが強いの?
      一番のポイントは言うまでもなくここでして、
      本件ではポンドドルやユーロドルはいち早く下落が明確な状況だったと想像します。

      このようにポンド円やユーロ円をドル円ベースで扱う際には
      常にポンドドルとユーロドルの状況も同時確認することを強くオススメいたします。

      確か数回前のYouTube動画でも話題にした記憶がありまして、
      ドル円が上げてもポンド円とユーロ円がイマイチ→ドルスト売り
      こんな展開だったはずです。

      >数ヶ月の合宿みたいな感じでfxismの講師の皆様の隣でトレード勉強できたらと思ってしまう今日この頃です。

      ↑こういう企画が出来れば確かに良いのかも知れませんが
      リアルの場では時間的制約も生じますので正直難しいですね。

      オンライン形式でならなんらかやりようもあるかも知れませんで
      そのあたりが今後の検討課題かと思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。ご無沙汰してます。
    昨年の秋以来、二度目のコメントです。

    その後、独自に手法を研究して、キチガイのようにバックテストを繰り返して、ようやくボチボチ勝ち逃げできるようになり、直近三ヶ月はプラスを確保できました。
    トータル収支もギリギリですがプラ転して、このまま冷静に、平常心でトレードを続ければ、年末にはそこそこの利益が見込めると思えるところです。
    だがしかし、です。
    その「冷静で平常心」がこれほど難しいとは思ってませんでした。
    大勝すれば浮かれて、翌週に利益の大半を飛ばす、負ければ、小さな負けにも関わらず、もう二度と勝てないかのように落ち込み、絶望する・・・
    頭ではわかってるんです、「トレードは勝ったり負けたりしながら増やすもの」「カネなんてドラクエのゴールドみたいなもん」
    それでもやっぱり、負けたときの胃を締め上げられるみたいな苦痛は避けられなくて。。
    以前は、残高が元本を割り込んでるから苦しいんだ、と思ってましたが、トータルがプラスでも、やっぱり血を吐く思いなんです。
    (多分、トレードに少なからず将来を賭けてるのも理由でしょうね、勝てない=負けということで)

    この苦しみはずっと長く、例えばうんざりするほどの経験値がたまるまで続くものでしょうか。さすがに及川さんは、こんな無様な一喜一憂はとうに卒業していると思うのですが、どう思われますか?

    • こんにちは。
      いつも大変丁寧な返信、ありがとうございます。
      (HN気に入っていただけて嬉しいですw)

      あれから数日で、また連敗しました。
      バグって連射したわけでもなく、損切りズラシをやらかしたわけでもないので、ルール内での負けなのですが、二ヶ月分くらいの利益がこの三週間でキレイに吹き飛びました・・・

      やはり、今のレバは、僕にはキツすぎるようです。このままやると、利益が上る前に自殺してしまう(笑)と思うので、アドバイス通り、レバを下げようと思います。とりあえず1/5まで落として、慣れてきたら、メンタルと相談しながら、少しずつ上げてみようかと。
      (今までは80~160倍くらいのレバでやってました)
      半年で勝ち抜ける予定は頓挫したので、次は二年かけるつもりです。
      そう決めたら、だいぶ気持ちがラクになりました。
      (及川さんの株全損からの復活の話、感服します。僕なら死んでた気がします)

      蛇足ですが、少し自分の話をさせてください。
      20代なかばで一文なしだった僕は、あるきっかけで、親から在庫分の資金を借りて、ビジネスを始めました。数年で急成長して、ピーク時には年収2000を超えていたのですが、だんだんいろんなことが嫌になり、業界全体が厳しくなってきたのを感じたときに、事業を処分しました。
      その後、それまでに貯めた資金で、南の島で民宿を開業しました。
      大きく稼ぐことはできないですが、家族を養っていくくらいの余裕はあり、なにより、新鮮な空気と自由な時間がたっぷりありました。
      そして、例のコロナです。
      初めて赤字を経験して焦り、マネーゲームに勝負をかけることにしました。
      コロナが何年も続くなら、本業だけではかなりキワドいと思ったからです。
      1年ほど前の話です。

      自己評価では、メンタルも知性も人並み以下ではないと自負していたのですが、見事に打ち砕かれましたねww謙虚さが足りなかったかもしれないです。
      2年後に勝利報告ができれば幸いです。

    • サトシクリプトン様

      >とりあえず1/5まで落として、慣れてきたら、メンタルと相談しながら、少しずつ上げてみようかと。

      ↑「気持ちが楽」と「ある程度負荷をかける」のと
      いずれ良いバランスが見つかると思います。
      何はともあれ「焦り」は常に大敵です。
      どうかがんばってください。

      >数年で急成長して、ピーク時には年収2000を超えていた
      >それまでに貯めた資金で、南の島で民宿を開業
      >自己評価では、メンタルも知性も人並み以下ではないと自負していたのですが

      ↑充分人並以上の実績だと思いますよ。
      「トレード」がそれだけ独特な世界だという話ではないでしょうかね。

      ポテンシャルが高い人なのは間違いないので
      あとはどれだけ「力み」なく出来るかがポイントかも知れませんね。

      また何かございましたらメッセージをお寄せください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • サトシクリプトン様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      ※それにしてもハンドルネームは秀逸です(笑)

      >直近三ヶ月はプラスを確保
      >このまま冷静に、平常心でトレードを続ければ、年末にはそこそこの利益が見込めると思えるところ

      ↑まずは「良い感じ」になられていることを
      素直に喜ぶところから、とさせていただきます。

      >以前は、残高が元本を割り込んでるから苦しいんだ、と思ってましたが、トータルがプラスでも、やっぱり血を吐く思い
      >この苦しみはずっと長く、例えばうんざりするほどの経験値がたまるまで続くものでしょうか。

      ↑ここは「捉え方次第」かなぁとの感想です。
      もう一点言うならば
      「口座内資金を増やしている間」は続く可能性があるかも、、、です。

      例えばロットや口座内資金が
      イメージされている上限に到達したあとについては
      それこそ僕のように一発目の利食いトレードで勝ち逃げしてしまえば良く、
      またその間の経験からも、
      おそらく「深追いしてハマるのがかったるい」と感じるようになっているはずなので
      かなり楽な心理状態を保ちやすくなると思います。

      ちなみに、最近僕が
      USD口座で5万ドルスタートのチャレンジをしましたよね?
      あっちの口座でのトレードは僕自身かなりシンドかったです。

      まぁ血を吐くまでではありませんでしたが、
      毎回クッタクタになりながらやっていました。

      あまりのシンドさに一度全額資金移動をしてしまいましてね(汗)
      けど「それじゃあチャレンジにならんだろ!」ってことで
      現在再開するか悩んでいるところなんです。

      おそらく資金量に対してハイレバ度が高いことが原因だと思います。
      10ロットでやっている中、
      例えば30万ドル程度に増えた時点で
      ロットを引き上げさえしなければ、かなり楽になると想像しています。
      額面的にも日本円換算で100万円抜くのにそこまで大きなリスクを取らずに済みますので。

      要はハイレバ度合いと一度のトレード利益における「額面度合い」が
      大きく影響するのではないかと思うわけです。

      よって資金量に対するロット比率や
      一日ごとの利益額面の目安をユルくすることで
      本件のポイント部分はかなり改善すると思います・・・が、

      そうなると今度は
      資金増加ペースに対しストレスが生まれるかも知れませんよね(苦笑)

      と、言うことはですね、
      「さぁ自分はどっちの道を選ぶ?」の
      二者択一の世界観という話になるのではないでしょうか。

      利益効率をユルくすることで言葉は悪いですが
      少々のんびりと続けて行くのか?
      それとも血を吐く(苦笑)勢いでセーフティーゾーンまで突き進むのか?

      ここはもはや「自分」にしか決められない領域ではないかと思います。

      試しに一度ロット比率を下げて数日やってみて
      どう感じるのか?を確認するのも一考ではないでしょうか。

      で、それをやっても血を吐く勢いだとするなら、
      もう開き直って「いつか経験が解決してくれる」と考えるしかないかも知れませんね。

      トンチンカンなアンサーだった場合はお詫びいたします。
      直感的に思ったこととしては以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもご丁寧なご返信ありがとうございます。今回で3回目くらいの投稿になります。今回のご相談はコツコツドカンでの大負けになります。この手の相談はもう数百回もしくはそれ以上お受けされてきたかと思いますが、ご容赦ください。

    損切りは必ず置く、負けても取り返そうとはせず一旦離れる、自分の得意な形/動きになるまで待つといったルールを守ってトレード”できたならば”、後から見て必ずトータルでは利益がでているのに、トレード中にそれを破壊するもう一人の自分Bが出現し、毎回そのBに負け続けている本当の自分に腹が立ち、情けなく思っている本日この頃です。最近はお金を稼ぐというよりもこの自分Bに絶対負けたくないという目的でトレードを続けているような気持にもなっています。=>(1)

    私は会社員ですので当然余裕資金でトレードをしておりますが、ルールを守れている時は数週間で資金を数倍にできたことも何回かありますが、時に余裕資金だからこそ飛んでもいいやという思いがよぎったりして無茶なことをしてしまいます。数回の大勝ちで資金を一時的に増やすのではなく、長期的に安定的に勝てるスキル、考え方を習得するのが先と”頭では”わかっておりますので、少なくとも数ヵ月は自分なりに手ごたえがつくまで超少額で試した方がよいか、少額のため緊張感がもてないのであれば余裕資金の中でギリギリと思えるまでの金額を入れ、これが全部飛んだらその先ある程度の期間はトレードできないような環境の中でやった方がよいのか悩んでおります。=>(2)

    よい大人として、社会人として、会社員として、同じ失敗は繰り返さないように努力すること、自分が決めたルールを守り続けることはある意味当たり前で、簡単なことのように思えますが、トレードでは私の中でこれがいとも簡単に破壊されます。根本にあるのはお金が欲しいという「欲」からきているのだと思ってはいますが。=>(3)

    及川先生も初めは別の仕事と兼業されていたことを存じ上げました。
    前置きが長くなりましたが、上述番号を附番しました以下の3点について及川先生のご経験やお考え等も踏まえてアドバイスいただけますと幸いです。
    (1)自分Bに負けない、もしくはBと付き合いながらうまくやっていくにはどうしたらよいか。
    (2)勝っている期間はあるものの最終的にコツコツドカンとなることが大半である現状において、まずは我慢して超少額でも数ヵ月はドカンしないように続けられる型や自信の習得が先か、根本の目的である「お金を稼ぐため」にはどの道資金やロットを上げないといけない時期がくるため、ある程度入れて緊張感を持って臨んだ方がよいか。
    (3)社会人としてはできていることをトレードでもできるようにするためには何に焦点を置いた方がよいか。

    • Realityさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      「自分B」とはなんとも的確な表現だなと思いました。
      共感される人は僕も含めとても多いと想像します。

      >(1)自分Bに負けない、もしくはBと付き合いながらうまくやっていくにはどうしたらよいか。

      ↑僕が折に触れ
      「たかがFXごとき」「たかがトレード」などと言うのは
      まさにこの部分、具体的には「執着しない」を実践できるようになることを目的としているからです。

      お金が絡むとどうしたって欲も絡みます。
      ここを真正面から戦おうとしても無理があると思うんですよね。
      だって人間の本能ですから。

      ゆえに、出来るかどうかは別として
      「こんなモンは金ではない」
      「FXごときで何があろうとも自分の人生に大きな影響などない」

      『今日もサラっと抜いて帰ってやる』

      稼ぐという行為に切迫感があればあるほど
      トレードでは不利になるわけですよ。

      実に困った問題ではありますが
      けどそうしたことを「知っている」ことで
      自分に合った対処法(かわし方?)を見出す工夫余地が生まれます。

      あえて厳しい言い方をしますと
      ここをなんとか出来ないならトレードで大きな資金を得るのは諦めた方が良い、、、
      本当にそれでいいのか?
      もはやそういう話なのかも知れません。

      ヒントのひとつに
      「ちゃっかり」「ズルい」があると僕は思っています。

      我々はテレビや映画のストーリーの影響で
      つい「堂々と勝つ」とか「ズルいことをしてはいけない」とか
      そういう思考を持ちがちですが、
      ことトレードの世界においては圧倒的に「逆」だと理解することです。

      極論インチキしたって勝ち逃げしたヤツが正義な世界。。。
      なら自分もズルく立ち回ってやろう、くらいの基礎メンタルを持つべきではないかなと。

      以後「2」と「3」についても
      ここまでの内容をベースに置くことで
      おぼろげにご自身の中にアンサーが見えて来るのではないでしょうか。

      要するに「真っ当な世界」なんかじゃないって話なわけです。

      真っ当じゃない相手と対峙する世界なのですから
      そこに正義や道理など持ち込むべきではありません。

      というか、それでなくても個人トレーダーは不利な世界ですので
      そこを逆手にとってズルく利益を「引っこ抜く」くらいのメンタリティーで臨むべきでしょうね。

      「脱・マジメ」
      一度ここを軸にご自身なりの取り組み方を
      模索なさってみていただくことをオススメしたいです。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生の歌声を聴いてから、以前よりもさらにミスチルを集中的に通勤時に聴くようになりました。
    音楽はズブの素人&自分はめちゃくちゃ音痴なので、曲の本質的な部分は分からないですが、直感的にミスチルは歌詞が好きです。
    同じ意味でも言葉のチョイスでこうも聴き手に与える影響が違うのかと思いますし、日本語の素晴らしさを余すことなく表現されていて、とても心に刺さります。
    ちなみに、最近よく聴くのは『ひびき』で『タンデムシートに~♪』から始まる柔らかい雰囲気がとても好きです。

    トレードについて1つ質問があります。
    及川先生もトレードされていた14日のNY時間に私もトレードしていました。
    私はいつも23時前後ぐらいからしかチャートが見れず、14日も既にユーロドルはパリティ割れ直後ぐらいでした。
    逆張りは怖すぎてできず、戻り売りで待ち構えていたところ23時40分前に0.9989ドル付近まで戻ってきたので、ここで2発エントリー。
    1.000ドルまで来たら待ってましたとばかりに2発追加!
    …そしてその後のチャートは及川先生もご存知のとおりのところです。
    ストップに引っ掛かって損切になり、ドテンして取り戻せたものの、あれがまた下抜けしてたらと思うと。。。
    と言うか今回も落ち着いてドテンができたわけではなく、損切すぐドテン、戻されて追加とパニックドテンでした。
    なので、再度下抜けされてたら大惨事になってたところです。

    及川先生の動画では上記の手前で終了し、その後はトレードされたか分かりませんが、及川先生ならどう立ち回っていたのか、仮に、私と同様にショートして損切になっていた場合、自信を持ってドテンしているのか、もしかしたら、何らかのポイントを捉えて戻り売りは見送っていたか。
    終わったチャートでの解説になるかもしれませんが、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
    (18日のトレード動画で解説あるかもしれませんが。汗)

    先週は13日もNY時間(23時30分頃)のポンドルで同じようにショート損切、ドテンして何とか取り返すってことがあり、ドテンは極力しないようにしているのですが、勢いよく抜かれるとカッとなってパニックドテンをしてしまいます。
    先週は幸いにもどちらも助かって週ベースでもプラスでしたが、いつか往復ビンタ喰らって利益を吹っ飛ばしてしまいそうで。。。

    損切したらそこで終了、あるいは、チャートから離れてリセットしてから損を取り戻すのではなく半分取り返すぐらいのつもりで取り組む、こうした負けた時の立ち回りが今の自分の課題だと思っているのですが、一筋縄ではいかず。

    以前にもコメントされているかもしれませんが、及川先生の負けた時の立ち回りについて、改めてコメントいただけるとありがたいです。

    宜しくお願いします!

    • FX係長さま
      いつもコメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ございません。

      >及川先生の歌声を聴いてから、以前よりもさらにミスチルを集中的に通勤時に聴くようになりました。
      >日本語の素晴らしさを余すことなく表現されていて、とても心に刺さります。

      ↑桜井氏は曲はもちろん、詞も良いですよね。
      当時の僕が「もう無理、勝てない、お手上げ」と打ちのめされた時の記憶は
      今でも鮮明に覚えております(苦笑)

      >及川先生ならどう立ち回っていたのか

      ↑実際にやっていないチャートを後講釈で解説するのは気が引けますが
      おそらく僕は該当時間にEURUSDを観ていたとしても
      触ることが出来なかったんじゃないかと想像します。

      これは「やらない」ではなく、
      「怖くて触れない」の意味合いによります。

      パリティ割れからの急落は想定としてはあり、
      僕も前段階ではショートしていたのですが
      まるで動かず損切り撤退してあの下げが取れず地団駄を踏んでました(汗)

      で、その急落が取れなかったゆえの
      動画内戻り売りだったわけですが、
      LINE配信で書いた通り、僕はパリティ以上に「戻す」と思っていたので
      該当箇所はどっちも出来なかったはずなんです。

      ユーロドルのパリティ付近は全トレーダーが注目して然りだった中、
      そういう場面の乱高下は読み切るのが困難で、
      やるとしてもビビりながらのスキャル逃げくらいしか出来ません。
      (まさに動画のトレードです)

      >及川先生の負けた時の立ち回りについて、改めてコメントいただけるとありがたいです。

      ↑僕も損切り即ドテンをすることはあるので
      あまりエラそうに語るのは気が引けますが、
      可能であれば「逆抜け後」の損切り直後はいったん手を止め
      その後の経緯を観てから次なる手をどうするのかを考える方が良いでしょうね。

      多くの場合、逆抜け完遂時点で一度動きが止まり、
      次足以降で再度の逆割れし直さないところから吹き上がりますので。

      これを時系列で言いますと

      1.ショートポジが逆抜けされ損切り
      2.次足でMAなどに戻る
      3.再度下抜けしたらショート側トレンド続行の可能性
      4.上抜けした際のいったん高値を再抜けするタイミングでブレイクロング

      こんな流れで出来ると良い・・・のでしょうが
      まぁ僕も常に出来ているわけではありませんで、そこはあしからずです。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもトレード動画やブログコメント等ありがとうございます。
    本日、トレード手法についてお伺いしたいです。

    私は3年ほど5分足天才チャートでトレードに取り組んでいるのですが、
    いまだにトータル勝てていません。
    今まで、他の人の手法を取り入れたり色々試したりもしたのですが、
    この3年間の間にも、安定して勝てている時期はちょくちょくあって、その時期は、
    師匠のトレード講座(ガチ速、デイトレ大百科)に自分なりに忠実にやっていた時期でありました。
    ですので、今年からは改めて、他の手法に浮気せずに及川式5分足デイトレに絞ってやっています。

    そんな今年ですが、初めてデモトレードを試してみて、
    デモで2,5か月資金順調に増やす⇒本番に変えたら一か月で溶かす
    ⇒またデモに戻し1,5か月資金増やす⇒本番ですぐに全損
    という有様です。

    自分なりに「伸びそうなところ」が感覚的にわかってきた(かもしれない)ところはありますので、
    「自分B」(言葉拝借しました)を退治して、デモでできていることを、本番でも続けるようにするのが課題と感じています。

    ここからが質問なのですが、
    ネットやリアルで会うトレーダーで勝っていそうな人は皆さん、
    日足、4時間足、1時間足、と、上から環境認識をして、チャネルラインやサポレジを引いていき方向を見定め、
    上位足でエリオット波動を数え、時には値幅を分析し、ようやく下位足の分析を行い、ダウ理論に逆らわずにエントリをする、
    という緻密な手段を踏んでいるようです。

    (間違ってたらごめんなさい)師匠はおそらく、5分足天才チャートを通して相場を長年見続けてきた結果、
    上記のような、一般的なテクニカル分析を重ねていかずとも、
    おそらくそういったことが感覚的に分かる(読める)領域に達しておられるのだと推察しております。

    私は上述の通り、天才チャートを曲がりなりにも見てきて、伸びる雰囲気がほんの少しだけ読める気もしていますが、
    当然キャリアが段違いですので、まだまだ相場を読めていない部分は多いと思います。
    特に最近は自分Bにかき回されて7連敗したこともあり、自信が崩れています。

    再度デモに戻してペースを取り戻そうとしているのですが、
    こういった「上位足からのテクニカル分析を重ねる」ことを取り入れるべきかどうか迷っています。

    及川式以外の手法を取り入れることで、ボチボチだった自分のトレードが崩れる恐れはあります。
    (これまでもそうでした。今日、上位足から試しに見てみたのですが、とても混乱しました苦笑)
    しかし、そもそも5分足だけで相場を読めるようになるには全然キャリアが足りず、結局は地道な分析を取り入れた方が遠いようで早道なのでは、
    という疑念もあります。

    長くなってしまい恐縮ですが、このような岐路にある中、何かアドバイスを頂戴できると幸いです。
    師匠のようになりたいと思う一方、まだ背中は遠いようです。

    • Yさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      ご相談の主旨はかなり正確に理解出来ているつもりです。

      まず、僕が普段やっていることからお話しますと
      ご指摘のとおり、僕は上位足からの環境認識は普段ほとんどしていません。
      一応マルチタイムフレームに4時間足MAまでは表示しているので
      そこまでの「向き」は視覚的に分かるという部分もあります。

      しかし、おそらくご存知のとおり、
      僕は上位足が上昇傾向でも
      「今からの30分は下方向では?」という局面ではショートをしたりします。

      これが良いことかどうかはさておき、
      ひとつ言えるのは
      僕のトレードは「時間がかかる即ち危険となる可能性が高まる」ということです。
      「とても刹那的」とも言えます。

      一方、上位足から環境認識する利点は
      なんと言っても「方向性の掌握」だと思います。

      そこで本件のアドバイスとしましては

      1.上位足の環境認識で得た方向性を「フィルター」と捉える。
      2.「1」が上昇方向の場合は5分足現場のチャート形状がショートの時は見送り、ロング形状の時だけ入る

      シンプルにここを統一するだけで
      トレード精度はかなり向上するのではないかと想像します。

      >ネットやリアルで会うトレーダーで勝っていそうな人

      ↑彼らの多くが上位足から環境認識しているのは僕も理解としてあり、
      実際有効だと思っています。

      ですので僕のようなやり方、
      Yさんがおっしゃる
      >自分なりに「伸びそうなところ」が感覚的にわかってきた

      ここに対し、上位足の方向性と合致していたら行き
      そうでない時はスルー(その後伸びたとしても気にしない)

      このようにすることで
      メンタル的にも自信を持ったトレードがしやすくなるのではないか、
      そのように思う次第です。

      本件のやりとりが良いきっかけになることを願っております。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠いつもありがとうございます。

    コツコツドカンのメカニズム、対処方法などを調べましたので、
    悩んでいる方々に伝わればと思い書かせていただきました。
    長文になってしまうかもしれません。
    すみません。

    7月18日の動画のブログコメントのピックアップ
    Realityさんの自分B コツコツドカンの件、観させていただきました。
    皆さん、トレーダー達がこのコツコツドカンを越えなければ稼ぎ続けられない
    人間の本能の壁ですよね。

    普段勝てている人がコツコツドカンをやってしまう時には、
    ① 想定外の急な値動きにより大きく損切りさせられてメンタルの崩れ。

    ② その日大きく利益が出てたけど、急な動きにより大きくマイテン
      そこからロットを厚く入れて絶対に取り返してやる。
      プラテンするまで辞めれませんのリスク無視の運動会。

    大体がこの様な感じで大負け全損コツコツドカンという流れだと思います。

    普段は頭では分かっているのに、いざその場面に遭遇した時に
    取り戻したい感情に支配されて大きくロットを張ったり、
    損切りは大きくなりそうだけど、ここまで伸びれば取り戻せそうだと思い、
    利益計算のみでいい所を待たないで、エントリーして大きく損切りしてで、
    自己嫌悪に陥り、翌日以降、冷静になったら、
    なんであんなエントリーをしてしまったんだと後悔して、
    次からはこう対処しようと計画を立てるけど、また自分Bが何度も何度も出てくる。
    正に負のループだと思います。

    で、なぜエントリー時に破産につながる感情が湧いてくるのかを
    一応、数日前から調べてたのですが、コツコツドカン本能の自分Bの部分

    上の
    ①の場面

    急な値動き等により大きい損切をする。
    この時、脳では大量にアドレナリンが分泌され、その作用により、
    リスクに対しての痛覚のマヒが起こる。
    なので麻痺が起こると損切りに対しての恐怖やここでのエントリーはやばいかな!
    という感情や思考が湧きづらくなり、
    反対に利益利益でリスク無視の無謀なトレードを繰り返すことにより、
    プロスペクト理論にハマりやすい。

    ②の場面

    アドレナリンが分泌されることにより、高揚感や麻痺が起こる。
    承認欲求の部分、自己承認が刺激され、
    その日のプラマイゼロまで戻せたけど、全然満足しない。すごくモヤモヤが残る。
    最高益を更新するまでは、辞めたくないという感情になると思います。

    この様な自分の対処法ですが、
    熱くなってしまったら、まず今は自分中で何がおきているのかを認識をする事が
    大事だと思うんです。認識する事により少し客観的になれるかなと。

    「あー今、トレードに必要ないアドレナリンの作用により、
    痛覚のマヒが起きて承認欲求が刺激されちゃってるから
    こういう時はトレードは危ないな!
    くっそーアドレナリンめー!!」みたいに思い出す様にしています。

    また、自分は潜在意識に刷り込ませられるようにアドレナリンによる、
    感情の作用、メカニズムをプリントアウトして、モニターの壁や
    トイレの壁に貼り付けて毎日眺めています。

    自分は投資歴13年、デイトレ及川式は2年目です。
    ロットは例えば10万円ならば、
    電卓で10×0.4%= 1ポジは0.04ロットという比率でやっています。
    一応1日の利益目標は2%ですが、一日平均で5%位は取れるようになり、

    少額ですが一ヶ月で30倍や10日で3.5倍 
    及川式でエントリーしてポイント&フィギュアチャートの利確位置まで、
    引っ張って3日で8万→51万などなど冷静にやれば稼げるようになりました。

    課題はアドレナリン認識対処法により
    コツコツドカンをやらない様に気を付けるだけです。

    以上、誰かの救いになれればと思い書かせていただきました。

    及川師匠には感謝しています!いつもありがとうございます。

    • 及川先生、コウさん、
      私の悩み、疑問にお答えいただきありがとうございました。ご指摘いただいたことを自分の中で腹落ちさせ、また自分Bとの付き合い方や避け方を見出し、次回は良いご報告ができるように頑張りたいと思います。

    • コメント拝見しました。とても分かりやすく明確な理由が分かりました。ありがとうございます。

    • コウさま
      いつもコメントありがとうございます。

      大変有意義なコメントだったため、
      返信前に急遽YouTube動画で取り上げさせていただきました。
      本当にありがとうございます。

      僕が「アンサー」する余地などない(笑)
      そんなありがたいメッセージです。

      >一ヶ月で30倍や10日で3.5倍 
      >及川式でエントリーしてポイント&フィギュアチャートの利確位置まで、
      引っ張って3日で8万→51万などなど冷静にやれば稼げるようになりました。
      >コツコツドカンをやらない様に気を付けるだけ

      ↑実に頼もしい状況で
      こちらも僕が申し上げる隙間がございません(笑)

      引き続き
      お互い冷静にがんばってまいりましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご無沙汰しています。
    へっぽこトレーダー改めロスカット王子です。
    途中まで順調にトレードしていたのにある日突然ロスカットになってしまい結局全損になっています。
    損切りできないところから損切りできるようになってきました、(損切りはヒゲで戻ると嫌なので少し待ちますが損切りできています)このまま順調に行けるかと思いきや全損。
    原因としては、仕掛けが早い、ポジションが多い、子供を寝かしつけた後なので自分も寝ぼけている可能性などが考えられます。
    チャートを開いてからエントリーまでがいつも早く、終わってから見るとこの位置でのエントリーはないなと思うことも多いです。トレードしようと思えばどこでも出来てしまうのがトレードの怖いところだと思いますが、自分の中では勝てそうなところでエントリーしているつもりです。NYのトレードなので欧州で大きく動いた後、その方向と同じなのか、逆なのか、レンジなのか、MAや水平線、トレンドライン、ピボットを駆使して見極めているつもりです。
    ですが、急な動きなので大きく逆に行くこともありその時の対処法としてはどうしたらいいのでしょうか?

    また、ポジション管理で最初はナンピン一回で1通貨ペアにつき2発までと決めていても大きく逆に行った時などにナンピンで2発入れるなどして、当初よりポジションが大きくなってしまうことが多くあり、勝てればいいのですが負けた時に大きな負けになってしまいます。2発足すことで利益を出すことが出来るのも事実で、当初のルール外になっていることはわかっていますが、どのようにポジション管理していけばいいのかわからなくなってしまいました。ポジション管理についてご助言お願いします。

    最後に、及川先生ほトレード前のトレードに対する気構えや精神統一、ルーティーンなどありましたら差し支えない範囲で教えていただけないでしょうか?

    読みにくい文章だとは思いますが、
    ご回答のほどよろしくお願いします。

    • ロスカット王子さま
      いつもコメントありがとうございます。
      ※今回のHNもエグいですね(苦笑)

      >急な動きなので大きく逆に行くこともありその時の対処法としてはどうしたらいいのでしょうか?
      >ポジション管理についてご助言お願いします。

      ↑急な値動き、、、
      これは相場が動き出す際、ある意味当然のことですので
      「対処法」というよりは
      まだ動き出す前段階で動き出したらどうするか?を事前想定しておくことではないでしょうか?

      また、プロトレーダーの中には
      しっかり動き出したあとしかやらない、という人も少なくありません。
      急に動き出したあと・・・

      1.その後の高安値に何度もアタックしても越えられないと判断出来そうな位置から逆張り
      2.急激に動いたあとの初押しや初戻し専門

      このようなトレードスタイルも一考です。
      これならそもそもナンピンも不要ですので。

      >トレード前のトレードに対する気構えや精神統一、ルーティーンなどありましたら

      ↑あまり意識していませんが
      強いていうなら「ユルい感覚でエントリーはするな!」
      ここについては毎回気を付けるようにしています。

      ユルい判断、これも要は「動き出す前段階」を指すわけですが
      こういうところをやることで

      1.やたら時間ばかりがかかる割に利食いは浅くなりがち
      2.動き出し方向が逆側だった時、負けだけがデカくなりやすい

      大抵の場合、こうなりますので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、おはようございます!お久しぶりの投稿でございます!絶賛爆睡中かと存じ上げます(笑)

    本日は2点お伺いさせていただきます。

    この2点とも既に他の方にご回答済みかと思いますが、宜しくお願い致します。

    1.及川師匠はオシレーター系を使っていた過去とかはあるのでしょうか?macdやRCIなどたくさんありますが、いかがでしょうか。またオシレーター系もやはり視覚的補助といった感覚で捉えていたらいいでしょうか。ちなみに僕は一度も使ったことがありません!

    2.師匠の様に9通貨全てを見てトレード判断をさせていただいています。

    そこでなんですが、エントリーした5分足の次の足で既になんで?となる事が多いです。

    例えばですが、クロス円が上げていたので「これはシリーズで動いてるな」と思いGBP/JPYをロングしたとします。

    次の足ではドル相関側のGBP/USDと同じ動き。あれ?と思ってすぐ決済するのですが、その次の足にはまたUSD/JPYと同じ動き。そして次の足はまた違う動き。これの繰り返しで四苦八苦してしまいます。

    リオンちゃんの様に一つの通貨をやろうと思った事も多々ありますが、やはり全てを見るにこしたことはない、チャンスが増えると思っています。

    勿論、全く同じ動きをするとは思ってはいませんが、何か良い方法、考えなどがありましたらご教授お願い申し上げます。

    必ずwabisabi に招待される様頑張ります!!!

    • たけし様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >及川師匠はオシレーター系を使っていた過去とかはあるのでしょうか?

      ↑昔「株」のデイトレをやっていた当時はよく使っていました。
      MACDやRSI、パラボリックなどもです。

      FXを始めた当初もその流れで使っていましたが
      徐々に頻度が減り、今では僕もほとんど活用しなくなりました。

      >次の足ではドル相関側のGBP/USDと同じ動き。あれ?と思ってすぐ決済するのですが、その次の足にはまたUSD/JPYと同じ動き。そして次の足はまた違う動き。これの繰り返しで四苦八苦してしまいます。

      ↑これはさすがに翻弄されすぎですね。
      もう少し「大きな流れ」をイメージし、
      そこに至る判断で入り、入ったら一定時間は腹をくくる、くらいの方が良いように思います。

      で、そうやって負けが多い場合は
      そもそも見立てや判断ポイントがズレていることになりますので
      状況判断の要件自体を見直す必要が生じるはずです。

      ちょうどひとつ上の
      「ロスカット王子さん」とのやりとりも参考にされると良いかも知れません。

      ・ジリジリ動いている時はアテにならないのでやらない
      ・ハッキリとスピード感のある値動きになったらスタンバイ
      ・その際は上記2つのトレードプランに絞る

      待つのはかったるいですが
      結果的にこうするほうが快適な利食いトレードが増えます。

      僕が出来ているわけでもないやり方なので
      あまりエラそうには言えませんが
      考え方を含め有効なはずですのでご一考なさってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもYouTubeの動画拝見させていただいております。

    また、いつも質問に丁寧に返信していただきありがとうございます。

    現在自分のトレードは月間の勝率が65%〜75%ぐらいなのですが、平均損失額が平均利益額の2倍くらいです。

    勝率に幅があるので、勝率が良い月はプラス収支なのですが、勝率が悪いとマイナス収支になるといった感じで、思うように証拠金が増えていきません。

    要は利確は浅いが、損切りは深いというのが悩みです。

    利確は及川先生がされているように、戻されてメンタルがブレるのが嫌なので、目標の利確ポイントに達しなくても00分や30分で利確することが多いです。

    その反面、逆向した場合は時間関係なく損切りのラインを越えるまで耐えてしまいます。

    及川先生は以前、想定している以上に時間がかかる場合は一旦逃げた方が良いと仰っていましたが、18時、19時台になれば値動きが落ち着くので、逆向の上位足MAを越える勢いは無いだろうとむしろ耐えることが多いです。

    また早めに損切りをすることで、今度は勝率が下がってしまうのではないかとも思います。

    勝率は65〜75%、リスクリワードは1:1以上のところでエントリーしているので、理論上は平均利益額と平均損失額が同じになり、資金もどんどん増えていくと思うのですが、これはあくまでも利確を伸ばしたらの話です。

    及川先生はこのまま耐えていれば戻ってくると長く保有されることもあれば、すぐに損切りをされていることもあり、この辺の相場観的なものが自分にはまだ備わっていないように思います。

    今のこの状況を打破したいので、何かアドバイスをいただけると幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • FURUさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      お話の主旨は充分理解出来ているつもりです。

      短期デイトレで利食いを目指すスタイルの場合、
      保有時間が長くなる、これ即ちピンチになることが圧倒的に多いですよね。

      そこで今回はちょっと発想の転換による
      「含み益の時の方が保有時間が長くなるやり方」を
      試していただくとどうかなと考えます。

      デモ口座をご用意いただき、
      ダブルトップやダブルボトムの高安値から逆張りで入り、
      「損切り15PIPS リミットを30~50PIPS」に設定し放置。
      数時間後にどうなったか?のみ確認と。

      ダブルトップ高値の場合、
      これがもし「いっぱいいっぱい」のケースであれば
      なんならその後下げ転換することも少なくありません。

      さらに伸びる場合はもちろん損切りが必要ですが
      ここは15もあれば判断的には充分で、
      逆に含み益は普段見れないくらいに伸びるケースもあるはずなんです。

      これ、実際に僕がやっているわけではなく
      あくまで「実験」なのですが、
      これを機械的にしばらく続けることで
      「見えてくるモノ」がおそらくあるはずだと想像しています。

      ちなみに上記は僕の思いつきでして
      この手の実験テーマはもっといろいろなシチュエーションで可能です。

      要は「損小利大」つまり含み益ほど長く持つ、に対してのチャレンジでして
      勝率は下がって構いません。

      なぜなら上記設定なら勝率50%でも余裕でプラス収支だからです。

      このような「仮説→検証」へのチャレンジを常に意識する姿勢も
      今回身に着けていただくと良いのでは?

      そう考えての一案ですのでどうかご理解ください。

      繰り返しになりますが上記プランは一例でして
      ご自身が思いつく仮説に基づいた検証ももちろんアリです。

      こういう作業を続けることで
      相場の本質的なモノ、なぜ多くの個人は負けやすいのかなども理解しやすくなり、

      さらには
      「負けやすい個人のどの部分を逆にやれば勝ちやすくなるのか?」
      こういう思考やアイディアが少しずつ積みあがっていく・・・

      かなり手前ミソな言い方をしますと
      僕がこんな感じでやって来たので、参考にしていただけるのではないかなと思った次第です。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 久しぶりに投稿いたします。
    コロナワクチンの投稿以来ですが、ご記憶ありましょうか。
    昨年の12月までずっと負け続けて、一旦頭を冷やそうと考えたこと、また 新たに何かをつかむまで、トレードは再開しないと決めてました。ほぼ毎日 師匠のトレード動画を ずっと欠かさずみていました。
     何かつかめたような感じがしたので7月にトレード再開いたしました。もう週の後半には、恐ろしいアメリカ指標がでるのと、月末は訳わからないと散々師匠が言われているので今月はもう今日でトレード終了にします。軽微な益ですが、月利13%勝ち逃げできました。全然 今までの損をカバーしきれていないですが、悪い流れは止めることができたかもしれません。なんと月利プラスになるまで、2年ちかくかかりました。
     何か掴めたと感じた動画がいくつかあります。「ずるく勝て」「FXはゲリラ戦
    」 「買うか売るかはAUGをみろ」「勝ち逃げ最強」(私流に言わせてもらえば早逃げ最強)「額面逃げ」「損切しないと、次のチャンスをつかめない」「リスクをとる」などなど、感謝の言葉もありません。これらの動画(主に欧州時間)を多分 10回以上繰り返し見てました。頭に定着させるには この半年ほど要しました。まだまだこれから勝ち続けることは難しいと感じています。
     ただ以前は なんで勝ったのか なんで負けたのか訳が分からなかった部分が多かったのですが、振り返ってみたところ、そうですね勝敗の原因が7割位わかるようになりました。たとえば戻り売り(やってやってもいい形)でshortをしかけて、そのまま上にもっていかれて損切したとき、以前は「なんで?」と思っていました。ところがAUGが上げの形で 上げたんだ と何となく負けた原因が振り返りしてみるとわかってきました。
     時々 FXは突風が吹きます。不思議なことに、トレード中は逆風になることがほとんどです。先日 突風にやれれたですが、ガン見していたので合計50P(1ポジは-17P×3)の負けに抑えることができました。突風対策にプロコンはとても優秀と思います。-20の初期値が設定されていますが、これを場合によっては、方向性が自信があれば-15に変更するのもありと思います。方向性が正しいと感じ、粘ろうという考えであれば、師匠がやられているように-20を-25とか-30に設定してねばってもいいかと思います。ファンダメンタルズ要素以外の要因で突風がふくときは、ドル円 ユロポン AUDの強弱が一致したときに生じるように感じます。いかがでしょうか。師匠の見解をお聞きしたいです。いきなりユロポンがすごい反転攻勢をかけられることは しばしば経験しております。突風に対する対策がございましたらご教示いただければありがたいです。
     あとお忙しいところ まことに恐縮なお願いなのですが。
    最近 師匠は大きく負けられたときも スキャルでこつこつとスコアメイクして取り戻ししておられます。是非ともスキャル大全集を作成してほしいと思っています。他の読者の中も そう願っている方は相当の数おられると思います。特に及川先生の方法を実践(多分 リオン式も含めて私もそうですが)している方は切望しているのではないかと想像します。
     及川先生関係(リオン式も含む)の教材を買わせてもらって勉強しても、私みたいになかなか勝てない及川組の方は 水面下にたくさんいると思います。それだけ相場の世界は甘くないということです。及川式手法でも及川式スキャルでも 「ずるく買って 勝ち逃げ」するのが一番ではないかなと感じます。師匠が「スキャル」で動画でだすのも何だかな とつぶやいておられる場面をときどきお見受けします。しかしゲリラ戦では スキャルは必要な鉄砲だと感じます。
     御多忙とは存じますが、「及川式スキャル大全集」を何らかの形で、だしていただければ 「私は大喜び」です。
     師匠が命を削って 動画を配信されているのに、私は恩返するものはありません。せめてもの恩返しをいつかさせてください。
     私は師匠より10歳くらい年長です。学生の頃はラグビーしていて体には自信があり、毎日運動して体重も維持してきましたが。60歳すぎてから、いろいろな病気が舞い込んできました。師匠もあと数年したら60歳台です。予期せぬ事態が起こりえます。がんへの対策などなど 直接お会いして、今もっている最新の医学的な知識をお話しできたらいいなと感じております。それがせめてもの恩返しです。師匠が健康面でいろいろお聞きになりたいときは、メールしてください。40年ちかくやぶやってますので 少しはお役にたてると思います。すぐ最果ての地から飛んでまいります。
     月 木は楽しみで楽しみで「しょうがない」(笑) 今後とも トレード動画を頑張ってください。本当に毎回楽しみにしてます。
     「思い」があふれて ついつい長文になってしまいました。すみません。 

     
     

    • 鷹さん様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      前回のコメントを読み直したのですが
      まもなく一年経つようですね。
      時間の経過が早くて参りますね(苦笑)

      >何か掴めたと感じた動画がいくつかあります。

      ↑こちらで挙げてくださった内容ですが
      バッチリ重要ポイントを網羅しており
      「さすが!」との感想です。

      >突風に対する対策がございましたらご教示いただければありがたいです。

      ↑「突風」とは言い得て妙なネーミングですね。
      もちろん僕も巻き込まれることはあります。

      ただ、正直対策は限られていると思っています。
      なにせ突然来るからゆえの突風でしょうから。

      僕は結構「巻き込まれにくい体質」だと思っているのですが
      その要因に
      1.新1時間、新30分突入近くはノーポジが多い
      2.トレンド初期を中心にトレードするので状況が激変する突風時は「もうそこにいない」
       ※突風はそれ以前「無風」から生じることが多いので
        無風時にノーポジが多い僕は比較的巻き込まれにくいのではと。

      これらが挙げられるかなと自分では思っています。

      >是非ともスキャル大全集を作成してほしいと思っています。

      ↑こちらはかねてからリクエストも多く、
      僕自身、現在の活動において「最後の忘れ物」くらいに思ってましてね。

      なるべく早いタイミングで挑戦したいと常日頃思っているのですが
      なにしろ「疲れる」んです(汗)

      「無音でもいいので動画を回しっぱなしで」などのご意見もあるのですが
      過去に動画ソフトを回しっぱなしにした際、
      途中でPCが重くなり、MT4も止まってしまったことがありまして、
      そうなるとPCごと再起動しなければならず、これがかなりのトラウマなんです。

      また、回しっぱなしの場合、
      編集作業もかなり煩雑になるんです。
      ※場面ごとに区切っての録画は編集が楽でして。。。

      そんなこんなで、なかなか思い切れないのですが
      最近は特に一人で部屋に籠ることも多いので
      なんとかそのうち・・・と思っております。

      >60歳すぎてから、いろいろな病気が舞い込んできました。師匠もあと数年したら60歳台です。

      ↑そうなんですよね。
      ここまで幸い大きな病気には縁がなく大変幸運でしたが
      いつまでもそういられるかは分かりませんよね(汗)

      >師匠が健康面でいろいろお聞きになりたいときは、メールしてください。

      ↑大変心強いです!
      その際はどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

      >「思い」があふれて ついつい長文になってしまいました。

      ↑いえいえ、ありがたい気持ちしかございません!

      今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  • 師匠。お久しぶりです。
    名古屋のしんのすけです。
    今月より実弾トレードを開始しました。
    1か月必死にやりまして… まぁトントンで終わりました。
    勝率は52%でした。
    僕はこの結果については悲観しておりません。
    デモトレードと実弾トレードでこんなに気持ちの部分が違うことに気付けたのはかなりの収穫でした。
    一か月間山あり谷ありでつい2~3日前まで最悪でした。
    トレードが出来た日数が13日間、日ベースで勝った日が9日間、負けた日が4日間…
    0.1LOTでやってますが勝つ日は3000円前後、負ける日が10000円以上と、まさにコツコツドカンです…。
    利益を積み重ねていくと損切ができなくなりました。
    ナンピンを繰り返して損切位置をずらしまくって…
    耐えれば戻る… 切らなきゃ利益は減らない…
    もうまさに………….ですよね。
    デモなら簡単にできた損切りが出来なくなるとは思いませんでした。
     さらに途中、自分のトレードスタイルまで変えようとしました。
    その時に『何やってんだ…俺は…』と、ふと我にかえりました。
    トレードを見返してみると、デモである程度自分の中で”イケる!”と思ったやり方があったのですが、実弾になった途端に少し変わり、負けると少し変えてを繰り返していつの間にかぐちゃぐちゃになってました。
    それを今週に入ってから修正することができました。
    それでなんとかトントンに戻せた次第です。

    あらためてメンタルは大事だなと実感できました。
    僕の中では一つ成長できたと思っております。

    ひとつ質問よろしいでしょうか?
    一ヶ月間やってきて思ったことがあります。
    当たり前のことかもしれませんが、ボラがあるときは割と簡単に勝てます。
    ボラがないとかなり苦戦します。
    師匠はボラによって何か意識的に変えてることはありますか?
    よろしくお願いします。

    また8月にいい報告が出来るように頑張ります!

    • しんのすけ様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >デモトレードと実弾トレードでこんなに気持ちの部分が違うことに気付けたのはかなりの収穫

      ↑なるほどですね。
      逆によくぞトントンで乗り切れた、が実際のご感想ではないでしょうか。
      本当に良い経験になったであろうことは充分想像がつきます。

      >当たり前のことかもしれませんが、ボラがあるときは割と簡単に勝てます。
      ボラがないとかなり苦戦します。
      師匠はボラによって何か意識的に変えてることはありますか?

      ↑ここはおっしゃるとおり極めて「当たり前」の範疇ですね。
      トレーダーはボラがあってこその生き物ですので(笑)

      そんな中、僕が気を付けているのは
      「動きがノロい時のエントリーは無理しない」です。

      ジリジリ動く相場で仮に含み益になっても
      かったるいので利食ってしまいますし、
      逆に含み損になったらなかなか損切りが出来ません。
      (ジリジリ動くので損切りの決断がしにくくなります)

      そんな中、一番怖いのは
      ジリジリ逆行されたあと、その逆方向側に一気にボラが生じた時です。
      こうなると大損必至ですし、まず間違いなく
      「なんであんな状況でエントリーしたんだ、バカなオレ」
      このように後悔するのが目に見えているからです。

      「数PIPSチョイと抜こうと思ったトレードで大損する」
      過去にスーダラトレードの話をYouTubeでもやっていますが
      これが一番堪えますよね。

      ですので動きのない時間はチャートから目を切ってしまい、
      多少乗り遅れても「動きが出たあと」に触るよう心がけています。
      (まぁ出来ていない時も多々ありますけど・苦笑)

      初動を狙おうとする余り
      仕掛けが早くて苦労したりする中、
      しっかり動いたあとを対応する方が
      結果的に楽に勝てたりすることも少なくないですよね?

      ここが本件一番のポイントかなと思います。

      >また8月にいい報告が出来るように頑張ります!

      ↑大いに期待して待たせていただきます♪
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。

    7/28日の動画のポンド円のチャートのまさに早朝で天井をつかみ全損をいたしました。

    FOMCも終わり全上げからの一気に下げを予想をしなかった訳ではないのですが
    その後の夜の経済指標まではレンジで一度もおそらく助からないことはない’だろう’との思い込みでした。(結局コツコツドカンでたすかりませんでした)

    私は今までFXで勝てない理由として

    ① 普段の生活を含め自制ができない(我慢等)
    ② 努力が継続できない(ダイエット等)

    これらが大半で上記の努力をすれば「いつかは報われるはず」
    俺は及川さんの動画を何度も見なおしているし、人とは違う道を選んで
    失敗してもあきらめてない。ほふく前進でも少しは前に進めているはずだ。
    その「自分なりの努力とは何か?」
    ずっと及川さんの動画をみていて考え、私生活の自制や及川さんの動画を何度もみることを努力をしていたのですが、自分のどこかにそれとは別の違和感を感じていました。
    全損した当日に偶然に過去の辰吉丈一郎さんのコメントニュースを見ておぼろげながらうぬぼれという言葉に答えを見つけました
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e28a0b5cf4aafd7b681a98299f06bb27f80c2de8

    ↑一応はっておきます。
    今回の私の場合、全上げだから相手はグロッキー ジャブジャブストレートでナンピンすれば
    一度は助かるはずだ。との思い込み。→結局全損。

    私がおぼろげながら見つけた努力以外のいまいち未だに報われない違和感の正体とはまさに根本的にズレた「うぬぼれと勘違い」ではないかと。

    私の場合、本当にしなければならない努力とはまさに全損に対する対策。今になれば当たり前ですがこのための努力。(及川さんが以前動画で仰っていた 努力以前にやるべきことを見い出す→それを継続することが努力)

    相手はグロッキー。ラッシュかませばいつかは倒れる`だろう`前提の取引で(こうなると自制も忘れてすっかり自分B)。この思い込みからくる一度も助からない思い込みドカン全損のこの問題と 私の思っていた努力をすれば「いつかは報われるはず」
    俺は及川さんの動画を何度も見なおしているし、人とは違う道を選んで
    失敗してもあきらめてない。ほふく前進でも少しは前に進めているはずだ。
    これは全く別問題で本当にしなければならない負け方を直視せず悪い意味で努力しているとうぬぼれ、自分が努力と思っていたのは(自制生活や及川さんの動画をみなおす→これ自体間違いとは思っていないのですが)そもそも努力ではなかったように思います
    及川さんの動画の動画ですでに答えは今になれば回答されていましたし 全損対策の動画もみたはずなのにいまさらしっくりときました

    • ころぴす様
      いつもコメントありがとうございます。

      >7/28日の動画のポンド円のチャートのまさに早朝で天井をつかみ全損

      ↑全文拝見しましたが
      FOMC後のこのチャートを観て
      「ロングで一度は逃げ場がある」と考えてしまうのは
      致し方ない部分もあると、ここは正直そう思いました。

      ただ、逆行した際に思い込みで方向転換出来ず、が相場においてかなり危険なのは
      僕も過去に経験したことがあります。
      (その時の僕もかなり食らいました)

      過去に欧米の著名トレーダーが
      「私がもっとも利益を得たトレードは伸びると思った方向と反対に伸びた際、その反対に賭けた時だ」
      このように話していたことがあり、かなり強烈な印象を持った記憶がありまして
      その理由がまさに今回のような動きを僕自身経験したことがあったからなんです。

      ゆえに「決めつけは危険」
      「こうなって然りが真逆に伸びた時はその真逆はかなり伸びる」
      これが以降の僕の相場格言になり今日に至ります。

      今回「うぬぼれ」というフレーズが登場していますが
      僕はそこまでご自身を卑下することはないのでは?そんな風に思うんです。

      例えば上述の相場特性をあらかじめ意識していたなら
      あるいは回避、極論ドテンすら出来た可能性もあると思えるからです。

      僕にもボロ負け体験は多数ありますが
      その都度「もし次回同じような展開になった際はボロ勝ちしてやる!」
      このような気持ちで以降の対策や意識づけを増やしここまで来ました。

      もし、まだ心折れずに相場へ向き合えるなら、
      今回の経験は相当役に立つ、、、
      いや、次回ボロ勝ち出来るかはさておき、

      「相場など信じない!ゆえに勝ち逃げは絶対にしておく」
      「一気に狙うとロクなことにならない」
      それこそ
      『自信があるときの逆行はドテン』など含め、
      ご自身の中に
      いくつもの格言的意識が刻み込まれたのではないでしょうか。

      努力自体はかなりされてらっしゃるようにお見受けします。
      本件に限って言えば「うぬぼれと勘違い」というか
      『より多く相場のことを知る』がポイントだと僕は思った次第です。

      僕がよく
      「相場を一周目でやめてはいけない」
      「何周もすればするほど有利になる」
      このように申し上げる理由のひとつがまさに本件のような事象なのだと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも素晴らしい動画に真摯なアドバイス、本当にありがとうございます。
    自分のような人生詰んだ者に、たくさんのご助言いただけて心から感謝します。

    >このような方は感受性が高いからではないかとも思っていまして
    クリエイティブなことにも向いてらっしゃるのでは

    こちらについて先生の仰るとおりでした。
    自分は新卒から10年以上クリエイティブ職の人間です。
    ただ、会社員としてずっと在籍していたため
    業界のよくない慣習で上司やクライアント側が横暴になりやすく、
    (暴力を振るわれないように)フルリモートの会社に転職しましたが、
    zoomによる長時間監視と接待に近い会議に多くの時間が使われる日常になりました。

    ストレス癌の原因になった数年前の頃と比べると労基の力が働いてか、
    だいぶよくなってきてますが、奴隷覚悟で勤める。といった印象です。。

    また、以前一時フリーランスに挑戦したところ、仕事が全く取れないので
    金銭的な安定のため、サラリーマンにしがみついてきましたが、
    詐欺師に800万奪われた後、組織のストレスでFXでも数十万溶かし続けるループなので
    フリーランスで仕事をまた一から探してみたいと思います。

    ちなみに、、先生にコメントいただいてから、
    リアル口座で1/10の少額で続けておりましたが、
    みごとに毎日全損に近い結果となってしまい
    現在無収入なのに短期間で数か月分の給料分を溶かす日々となってしまいました、、

    リアル口座にしたとき、lotを下げると長時間持たないと利益にならないので
    狼狽せずにホールドして損。
    lotを上げたことを想定して早めに損切すると狼狽ドテン。
    のような形です。。

    最近また涙が止まらない感じの
    できたらしばらくFXを触りたくない心境まで来てますが、
    なんとか結果出すためにもまずは
    デモ口座に戻してメンタルの安定を戻したいと思います。

    癌のことを知られると、婚活市場も私生活でもゴミ扱いかカモネギにされるため、
    自分の家族も友人も身近な場所では作れないので
    一旦、一人生きる最低限度のお金を確保できればいい状況です。
    これ以上大きく溶かし続けることがないことを目標に
    ハードルを下げて考えてみたいと思います。。
    どんどん情けない方向に進んでる報告で申し訳ありません。。
    (自殺しか方法を思いつかないのも、感受性が強いというか、
    人間関係が極端に苦手で芸術(物)に逃げるしかなかった
    自閉症気質ゆえかなと最近感じます。。)

    とりとめのない長文乱筆、大変失礼いたしました。
    陰ながらいつも応援しております。
    温かい活動の数々、本当にありがとうございます。
    先生もどうか健康に気を付けておすごしください。

    • 涼子さま
      いつもコメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      やはりクリエイティブ畑ご出身だったんですね。

      ただ、クリエイティブ系の仕事を「お勤め」の場合、
      いわゆるブラック系になりがちなのは僕も何となく知っています。
      (アニメーターやWEBデザインなどの会社実例を知人からの話でよく聞いていました)

      フリーランスで仕事が取れたら良いはず・・・なんですが
      確かにここに対しても一定の対人関係構築などが伴いますので
      その部分で今一歩踏みこみ切れないのも、これまた理解出来るところはあります。

      ただ、どうでしょう、
      会社勤めが業界的にブラック傾向が強いとするなら
      それでもフリーランスに活路を見出す方が良いように思いますし、
      会社勤めで使う「神経」をフリーランスで仕事を得るために使う方が
      仮に同じ容量の神経を使うとして、後者の方が精神的ご負担は明らかに少ないとも想像する僕がいるんです。

      で、もしフリーランスでの仕事受注が一定の軌道に乗った場合、
      むしろ前向きな感覚で仕事に向き合える可能性も高まるような気がしてなりません。

      と、言いますか
      ぜひそのような展開になっていただきたいと願っております。

      FXに関しては
      デモ口座を続行することには反対しませんが
      まずは「お仕事」での収入を確保する動きに一度集中なさる方が良いかも?
      これが今日時点での率直な感想です。

      あえて申しますが
      FXを心のどこかでご自身への免罪符にしてはいないか?
      そう思ってしまう部分も感じてしまうからです。
      (FXをがんばってるから他は目先疎かでも仕方ない、みたいな)

      これは正直なところ本末転倒になりかねません。

      何度か申し上げているかも知れませんが
      「他のキャッシュフローがあるからこそ平常心で出来るし、ゆえに勝てる」
      これがトレードだと思っているからです。

      悩んでらっしゃる真っ最中の方に
      安易に「がんばって」と言って良くないことは承知しています。

      けれども今日はあえて申し上げたいです。
      「今一度立ち向かえ!」
      「まずはその意思を勇気を持って挑もう」と。

      僕は男性なので女性の感覚は分かりませんが
      オトコの場合「やったるぞ!」とまず思うところから
      アドレナリンのようなモノが生じ、行動が前向きになりやすい、
      経験上そう思っているため、このような言い方とさせていただきました。

      ひとまず以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも勉強になる動画、本当にありがとうございます。
    相談したいことがあり、コメントいたしました。

    要点は損切り後の全戻しに対してのメンタルケアなのですが、

    ・損切り後、全戻しにあうと腹が立ってしまい損切りをするんじゃなかった。と思ってしまう(もともと損切りを的確な場所でできるタイプではありませんでした)

    ・損切り後、やはり方向性は間違っていなかったと思っても、再度同じ方向のポジション(ロングの損切りならロング)を怖くて持てない

    上記2点が相談内容です。

    以前の動画で損切りは武器なんだと仰っていましたが、
    損切り後、前戻しあった際に及川師匠はどのようなメンタルケアをされていらっしゃいますか?

    お忙しいところ大変恐縮ではございますが、アドバイスいただけますと幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • かかとう様
      コメントありがとうございます。

      >損切り後の全戻しに対してのメンタルケア

      ↑なるほどですね。
      真っ先に申し上げておきたいのが
      そのような経験は僕自身「山のようにある」でして、
      それを踏まえた上で以下、お付き合いください。

      実はFXの場合、
      損切りが遅れ巨額な含み損になってしまった際に
      「耐える」それこそ数日以上耐えることで助かる、
      つまりチャラ逃げ出来ることは「かなり多い」です。

      この特性を中途半端に理解してしまうことで
      浅め、もしくは普段通りの損切りをし損なった際に
      耐えることを選択する個人トレーダーは案外多い印象を持っています。

      実際多くの場合、耐えると戻って来るわけですが
      そこで助かってしまった人はヘンテコな成功体験となり、
      損切りが遅れるたびに耐える選択肢を安易に取るようになるわけです。

      しかし、ご想像の通り、
      時に「一切戻って来ない相場」も訪れます。

      よって安易に耐える選択がクセになっている人は
      その「たった一度の負け」が壊滅的な負けになるわけです。

      ここまで理解することで
      「やはりドツボになる前には切っておこう」となるはずで
      同時に、
      「入り方が悪かった?」や
      「思い込みでツッパるとロクなことにならない」など
      実際のトレードにおける『対策』を打つのだと思うんです。
      (重要なのは断然こっちです)

      過去のYouTube動画で話題にしたことがあるのですが
      割と多くの人は
      観れていなかった例えば前日のチャートを観た際
      「なんだよ、ここやってれば大きく勝てたじゃん!」
      このような場面を見つけやすいものです。

      ところがその逆で
      「もしここをやってたらボロ負けしてた可能性が高い」
      そういうシーンはなぜか目に残らないんですよね。

      損切り後の全戻しが腹立つのは僕もまったく同じですが
      では、損切りしたことで全損しないで済んだことはないのか?
      ここも同時にキチンと後追いしておくことではないでしょうか。

      その上でやはり重要なのは
      「入り場が甘かったからこうなったのでは」の可能性の方をむしろ追及し、
      トレード自体の精度を高める創意工夫を模索することこそが
      やはり本件の本質ではないかと思う次第です。

      損切り後、再度同じ方向に入り直すことで大きく勝てる、
      このパターンも確かに少なくなく、僕も心がけていますが
      現実問題として、損切り値より不利な入り値で入り直すことが精神的に大変なのは確かです。

      ここについては
      何度も似た経験をする(または観る)ことで実行に移せると思っていますので
      要するに「経験」や「知識」さらには「勇気」も含めた範疇です。

      よってすぐに出来るようになるかはご自身の経験&ハート次第です。
      (やがて出来るようになるに越したことはありませんが)

      以上のことを
      全体的に一度納得されることをまずは強くオススメしたいです。

      その上で目先課題に置くべきはやはり、、、
      ・エントリータイミング
      ・その時点での損切りプラン(実行含む)

      結局はここに行きつくように思います。

      「メンタルケア」とはおよそ異なるアンサーで恐縮ですが
      僕にとって本件は特段ケアする領域でもないため
      このようなアンサーとさせていただきました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。
    いつも動画とても楽しみにしています。
    及川式を勉強しはじめて、やっとこさ形になってなってきました。
    少しずつですが利益も出てきて、ある意味では順調です。
    自分はもっぱら1時間足、15分足MAに対する順張りトレードしかしない(それしかできない)のですが。及川先生の動画を拝見していると、逆張り”したい”とおっしゃっているチャートと逆張り”したくない”とおっしゃっているチャートで正直違いがわかりません。伸びてしまったから逆張りを狙ってみるのはわかります。おそらく感覚的な部分も大いにあるかとは思うのですがそこの判断基準の根底はいかがされていますでしょうか?よろしくおねがいします。

    • クラウン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >先生の動画を拝見していると、逆張り”したい”とおっしゃっているチャートと逆張り”したくない”とおっしゃっているチャートで正直違いがわかりません。

      ↑僕もどの動画でどう話をしたのかあまり覚えていませんが
      「おそらくこういう主旨」として思い当たるところをお話させていただきます。

      まず僕は長い時間をかけてジリジリ伸びている銘柄の逆張りは出来ません。
      反転ポイントやタイミングがまるで読めないからです。

      一方「テクニカル的動き」とでも言いますか
      上下動の波動を作りながら伸びた銘柄は逆張り場が比較的分かりやすいイメージを持っています。

      そもそも僕は逆張りでは利を伸ばさないので
      上下の動きがあるモノは対応しやすいんです。

      「ジリジリ伸び」の場合
      ローソク足と黄緑線との乖離がないというか、
      MAが「すぐに追いついてきてしまう」ので
      そうなると「過去高値INからの邪魔な線で利食う僕の逆張り」は
      リターン期待値が著しく低いというのもあります。

      それとジリジリ伸びって
      そもそもテクニカル的な動きではないと思ってしまうんですよね。
      売り買いの思惑を持った参加者が中心ならもっと上下動して然りと思うわけです。

      このあたりが一番のポイントだと自分では思っていますが
      まるで的外れなアンサーだった場合は、
      いつの動画かお教えいただければ確認してみます(汗)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お返事ありがとうございます。
    なるほどです。長期で伸びていたり、中長期MAの乖離が少ない場合は逆張りしにくい。おっしゃる通りかと。トレードは自己都合の押し付けだと自分は思っていて、目安としているMAが近いとリスクリワードも悪くなりますから当然の判断だと納得しました。
    ちなみに自分が見た中の一部ですが、
    2022 7/18 GBPJPYの逆張りショートの判断
    2022 4/11 クロス円は触れない(逆張り出来ない)という判断
    他にもいくつかあったと思うんですがスグにどの動画だったか浮かばないため割愛させていただきます。
    及川先生からお返事頂けたことがさらに今後の活力になります。
    今後も努力していい報告をできるように頑張ります!!
    流行病が多々ありますが、お身体お大事に頑張ってください。

  • 及川先生初めまして。

    私は、1年ほど前からトレードを始めるも、なかなか勝ちきれずにいるRyoと申します。

    今までは自己流だったため、もっとしっかり為替(FX)のことを勉強してしっかり安定的に利益を残していきたいと思うようになり、教材を探していたところ、たまたまYoutubeで及川先生の動画にたどり着き、「私が目指すのはこれかもしれない」と動画を見るようになりました。

    今までの私のトレードを分析すると、負け方のほとんどが「高値つかみ・安値つかみ」をしてしまい、マイナスがマイナスを呼び、負けてしまっていました。

    さらに悪いことに、後々改めてチャートを見ると上下の方向性は間違っていないのに、自分がトレードをした時だけ「高値つかみ・安値つかみ」をしてしまっていることが、多くありました。

    及川先生なら、この「高値つかみ・安値つかみ」をどう克服しますか?

    私は、この不安定なご時世の中、何としてもFXスキルを武器に、及川先生のようなトレーダーとして成長していきたいと考えています。

    どうか、ご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • 及川先生へ

      質問へのご回答していただきありがとうございました。また動画でも丁寧に解説していただき重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

      及川先生のお話を聞いて負けた当時のことを改めて振り返ると確かに、私は「こんなに上がってるのに(又は下がってるのに)ここで取れないなんてもったいない!」って思う事が多かったように思います。そこで焦って追っかけ買い又は売りをしていました。その結果、直後に反転。マイナスがマイナスを呼んで結局損切り…と言う事だったんだなと改めて認識致しました。

      これからは、この「儲け損ない=損」と言う認識を改め、「入らなかったけど、マイナスにはなってないからよしとする」と言う認識に変え、及川先生の手法を学び、取れるところをしっかり取ると言う方法に変えていこうと思います。

      これからも及川先生からたくさん学んで、先生のような億トレーダーになりますのでどうぞこれからもよろしくお願いします!

    • Ryo.さま
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      動画の件、
      勝手に取り上げさせていただき恐れ入ります。

      YouTube動画でのピックアップは
      多くの方に共通して意味ある内容を意識しておりまして
      その点、僕の方も助かっている次第です。

      >先生のような億トレーダーになりますのでどうぞこれからもよろしくお願いします!

      ↑「僕のような」が良いかは分かりません(笑)が
      目指す方向へ真摯に愚直にコツコツ進んでいただけることを願っております。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • Ryoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ありません。

      >及川先生なら、この「高値つかみ・安値つかみ」をどう克服しますか?

      ↑方向性が合っているにも関わらず
      高値や安値から順張りし、含み損がキツく損切りというパターンは
      一番もったいないですよね。

      僕は短期系のプロトレーダーとも結構数多く話をする機会がありましたが
      彼らは例外なく「追っかけエントリーは絶対しない」と語っていたものでした。

      理由は言うまでもなく、
      まさに上述の「もったいない負け」がイヤなのでしょう。
      (もちろん僕も同じです)

      本件は「克服」というより、
      戦術の整理整頓のような話ではないかと思います。

      ちなみに僕が一番苦手なのが
      「ジリジリ少しずつ、そのくせダラダラ上がり(下がり)続けるパターンの相場」です。

      この場合、仮に伸びる方向に乗れたとしても
      少しずつしか含み益が増えず、途中でかったるくなってしまい利食ってしまいがちです。
      一方、逆側のポジションだった場合、含み損が少しずつ増えるのでイマイチ損切りの決断が出来ず、
      結果、終わってみれば時間ばかりが経過した上で、かなり大きな損切りになってしまったりもするからです。

      この話から、つまりデイトレーダーにとって重要な要素のひとつに
      「動きの波」が挙げられます。

      波の存在により、至る所に「谷」や「山」が出現するわけですが
      我々はこの山や谷を攻略するゲームをしているとも言えます。

      山や谷を攻略すると言うことは、
      つまり「山では売り」「谷では買い」をすると良いわけです。
      なぜなら山はその後下がり、谷はその後上がるからこそ山谷になるからです。

      このシンプルな話を再認識するだけで
      高値つかみや安値つかみは一気に減りませんでしょうかね?

      上がっている途中のモノを買ってしまうと、
      その直後に山が発生したらたちまち損します。

      そうではなく、上がりだした銘柄ではあるものの
      一度下落し、そこで発生する「谷」を見出すことを研究課題にするわけです。
      理由はカンタン、谷はその後上がるからです。

      これは必ずしも逆張りではありません。

      ・上昇途中の押し目
      ・下落途中の戻し目
      トレンドフォロースタイルの場合、狙うはあくまでこれらです。

      要は「意識」の問題かも知れませんね。

      僕は上昇に乗り遅れた際、
      一度押し目をつけてくれないとなかなか買えません。
      しかし、もし買えないまま終わったとして
      別に損しているわけではないので、特段気にもしないんです。

      高値つかみ、安値つかみをしやすい人の心理パターンとして
      「儲け損ない=損」という意識があったりするのでしょうか?

      もしそうだとしたら
      「克服」すべきはその感情面こそのように思う次第です。

      他にもいろいろあるかも知れませんが
      おおまかなポイントして考えられるお話を優先させていただきました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お疲れ様です。
    アドレナリントレードのコウ改め松戸のコウです。

    7月18日から開始して7月29日まで10営業日で8万円→53万円まで増やせました。
    トレード中は感情に支配されないように常に気を付けつつ、普段の落ち着いた状態ならば、勝てる自身がついたことで、
    チャンスの時にはガッツリ足せるようになり、
    コツコツ勝ってドカンと勝つが出来るようになりました。

    7月18日~29日の期間
    プロフィットファクター 4.14
    勝率69.40% (勝率いたって普通)

    損はすぐに切ってチャンスの時は値動きの様子や勢いを見ながらポジ数を普段の3、4倍とか10~20ポジ入れてやっています。

    例えばロングの場合、
    欧州で5分足上のレジスタンスラインを上抜けしたのでロングして値動き、各相関を見て強そうならガッツリ足す。
    利確は普通に及川式のポイントで全部利確したり、
    まだ上昇しそうなら、3ポジ程を残して1分足か5分足でスラストアップ中に前の足のロウソク足の安値に逆指値をずらしていって伸ばしています。

    ラインブレイクの損切は上抜けでエントリー後にジリジリ下がって、
    レジスタンスラインを割ってきたらすかさず切る。
    なぜなら上値を買いたい人が少ないからが根拠です。

    トレード中は常に自分自身が納得できる損切は小さい所はどこかな?っていう視点第一でエントリーポイントを探して見ています。

    FXは自分自身の癖とか性格、負け方、勝ち方、メンタルなど、
    ありますがバグチェックみたいに負ける要因を1回1回焦らず、改善していけば勝てるようになると思っています。
    『自分はFXで絶対に成功できる!なぜならば辞めないからだ。1個ずつ原因をつぶしていくだけ!』のスタンスでやっています。

    自分の場合、つまづいた原因が出てきたら、ノートに書いたり、今回の課題として紙にプリントアウトしてトイレなどの壁に張って毎日見えるようにして、
    付箋に書いて仕事の車のダッシュボードに貼り付けて、常に眺めて、
    瞑想などを取り入れ、いいイメージを想像して自己暗示にかけたり、
    24時間寝るとき以外はどうすれば改善できるかなって常に頭の中を
    いっぱいにしてやってきました。
    そうするとアンテナが立っている状態ですので
    数日後いいアイデアが浮かんできて、実践しての何十回もボコボコにされて
    トライ&エラーで、
    また新たな課題が出てきての繰り返しでどんどん改善されていったという流れです。

    来年は法人を作り、トレードをしていきたいので、
    またいい報告が出来るように億トレーダー目指して頑張ります。
    YouTubeいつもありがとうございます。

    • 松戸のコウ様
      コメントありがとうございます。

      >7月18日から開始して7月29日まで10営業日で8万円→53万円まで増やせました。

      ↑凄いですね!
      同期間内の僕のペースを何倍も凌駕してまして
      およそ太刀打ち出来ないレベルです。

      >7月18日~29日の期間
      プロフィットファクター 4.14
      勝率69.40% (勝率いたって普通)

      ↑勝率も充分「普通以上」だと思いますが
      それ以上にPFの数値が群を抜いていると思います。

      トレード内容も全文拝見しましたが
      なにより「自分にあったやり方」への工夫が感じられ、
      もはや僕が口を出すことなどないという感想です。

      >来年は法人を作り、トレードをしていきたいので、
      またいい報告が出来るように億トレーダー目指して頑張ります。

      ↑ここまで内容が良いので逆に申し上げておきますが
      「焦って先を急ぎ過ぎないこと」にはご留意なさって欲しいです。

      慌てないでも充分この先進んでいけますし、
      変に焦ることで逆に遠回りになることこそを避けていただきたい、
      そんな風に思います。

      「嬉しいご報告」はいつでも大歓迎です♪
      こちらの方こそありがとうございました!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。及川先生
    いつもためになる動画をありがとうございます。

    私事になるのですが、『プロコン』のMT5用をリリースしていただけませんでしょうか?
    微妙な性能でパクった物を販売している輩がいます。
    そういう輩からは購入したくありませんが、プロコンを使用したトレードをしたいので、お忙しとは思いますが、MT5用もリリースしていただけると幸いです。

    MT4でトレードすればいい話ですが、MT4だとクロスヘア等細かい所が。。。っていう感じなのです。

    検索エンジンの予測変換にもMT5 プロコンとよく出てきますので、需要はそれなりにあると思うのですが。。。

    • たきちゃん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      MT5版のプロコンの件ですが
      こちらはヨン様が現在鋭意開発中とのことでした。

      ただ、、、
      リリース時期はまだ何とも言えないみたいです(汗)

      「時間がかかる場合はそれだけ良いモノになる」とのことですので
      お急ぎであろう中、大変恐縮ではありますが、そこはどうかご期待ください。

      お気遣いいただきありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様いつも動画を楽しく拝見しております。新曲を聞きおなかがきゅんとするような感覚を受けました。それが何なのかわからずすぐには投稿できなかったのですが、ようやくわかりました。何か同時代的な、なつかしさを感じるのです。曲調は違いますが、松原みきの真夜中のドアを開けてにも通じるような、日本中がイケイケムードのバブルの真っ最中に大学生や新米社会人として青春時代を過ごした思い出がよみがえるような、なつかしさを感じます。ほろ苦い思い出ですが。(笑) 次の曲も期待しております。

    • 小田さま
      コメントありがとうございます。

      >何か同時代的な、なつかしさを感じるのです。

      ↑僕はバリバリの「昭和人間」ですので
      本件の考察は極めて的確だと思います。

      どんなに今風を意識しても
      若い頃に聴いていた音楽の影響は排除出来ませんね(笑)

      >日本中がイケイケムードのバブルの真っ最中に大学生や新米社会人として青春時代を過ごした思い出がよみがえるような、なつかしさを感じます。

      ↑僕もほろ苦さでは負けていないつもりです。
      しかし、それでも「良い時代だったなぁ」というのが正直な感想です。

      おそらく、、、
      次作はこれまで以上に「昭和感」が強い楽曲ですので
      公開の際はぜひともお付き合いください。

      嬉しいコメントをありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。真紅です。以前全損してしまいまた1から頑張って入るのですがなかなかうまいようには行かないですね。人生と同じように甘く無い世界だと実感しています。
    一つ質問なのですが、及川先生は時折”こんなに含み損してナンピンさせられたから同じぐらいまで伸ばす”と言って、最終ナンピンしてから本当に同じぐらいの利益まで持っていってると思います。しかし、私はそれができなく、最終ナンピンしては抜けたら損切りで全てプラスか合計が目標に到達したら利確してしまいます。何度か伸ばしてはみたものの、途中で反発したり抜けたりが多かったので怖くなって利確してしまいます。及川先生はこの時どういう心境なのかとお伺いしたいと思いコメントしました。やはり、待たされたのでその分取りに行くべきか、そこまでマイナスになったので一度プラスにしてから考え直すかどちらでしょうか?

    • 返信ありがとうございます。この頃勝てなくて不安になってます。ただ、全然勝てないのではなく、今回も全損する前は10万を2カ月で60万にできました。それをドカン負けをして全損。勝ててはいるので手法自体は間違えてはないと思うのですが、やはり、全損してしまいます。どういう対応したら良いでしょうか?やはり損切りをしっかり無心でする努力はしているのですが、ラストナンピンのところを一気に抜けてしまうと切れなくなってしまって。ただ、帰ってくる時もあるのでSLも置きにくく悩んでいます。

    • 真紅さま

      >ラストナンピンのところを一気に抜けてしまうと切れなくなってしまって。

      ↑途中まで勝てていても結局全損、、、ということでしたら
      ナンピンを一度封印し、その中でどうやっていくかを模索する必要があるように思います。

      ナンピンは僕の場合「時間短縮」を一番の目的としています。
      ナンピン後にトータルチャラまでの戻しの際に一度逃げる場合もあるからです。

      ただ、多くの方はナンピン後のさらなる逆行により
      時間短縮どころか「ますます切れない病」になってしまい
      長時間塩漬けになってしまうことが大問題だと想像しています。

      そうなるとナンピンは悪でしかなくなりますので
      それならば封印するしかないと思うわけです。

      ナンピンをしないことで
      今まで逃げ切れたケースもそうでなくなる場合が生じるでしょうが
      一方で「一撃全損」もほぼなくなるはずです。

      また、最初からナンピンを想定することで
      エントリーがユルくなっている部分もおそらくあるしょうから
      そのあたりの点検や改善も同時に行える可能性も感じます。

      ここは本気で検討されると良いように思いました。

    • 真紅さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ありません。

      >待たされたのでその分取りに行くべきか、そこまでマイナスになったので一度プラスにしてから考え直すかどちらでしょうか?

      ↑ここは過去にもよく話題にする部分なのですが
      僕は仮にノーポジだったとして「今からやるならどっちか?」の目線で見るようにしているつもりです。
      (出来ていないこともありますが)

      例えばエントリー後の値動きによるチャート変化で
      「戻ったらラッキー」に近い状況であればなんとしても逃げようと思いますが、
      逆に「これが戻って来たらさらに伸びて然り」と思える状況なら引っ張ることもします。

      またまた例えば、で言いますが
      仮にチャラでいったん決済したとして
      再度入り直すとしたらどうするか?

      1.同じ方向へもう一度入りたい
      2.逆側に入りたい
      3.どっちもやらない

      「1」なら引っ張り「2か3」なら逃げておしまい、
      分かりやすく言うとこんな感じです。

      ポジションを持つことで
      自身の収支状況だけをつい観てしまうのは人情ですが
      常に「今ノーポジだったら?」の目線でチャートや各種状況を
      少しずつでも見れるようになると良いでしょうね。

      そうなる前の状態であれば
      「とにかく一度切る」で統一しておき、
      決済後に「今からやるならどっち?」で再エントリーするか
      あるいは他の銘柄でもっと良いものはあるか?を
      いったん気持ちを落ち着かせて観る訓練をされると良いかも知れません。

      ぜひともがんばってください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 返信ありがとうございます。一度それでやってみようと思います。FXを3年間して今のところ300万ほど負けているので、10万から300万まだ行くまでゆっくりとやっていきます。元が全て取り戻したらまたコメントにて報告させていただきます。これに関しましては返信は大丈夫です。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。56歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の24年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。