無事に帰国しました→「及川最新ミッション」と『羽田空港脱出アトラクション』のハナシ。

既にYouTube動画でご挨拶済ですが、
このたび僕・及川は日本に無事帰国することが出来ました。

帰国の理由につきましては
こちらも以前のYouTube動画で
軽くお伝えしているのですが、

ただし!
今日はそこでお話したオモテ向きの理由とは別の
『隠されたもうひとつの理由』についてお伝えしたい考えなんです。

詳細を動画で語らせていただきましたので
まだの方はまずはこちらの動画をご視聴くださいませ。

 

それはそうと、
シンガポールのチャンギ空港から羽田空港に到着したのが
早朝5時半くらい、、、

コロナ禍の現状、
入国手続きにはかなり骨が折れるであろうことを
覚悟していた僕なのですが

実際には僕の想定以上に
難儀な苦行(?)となりました。

 

到着ロビーを進むと
20名くらいのスタッフが二名ずつ机に座り、
我々を待ち構えていたんです。

ま、この程度なら想定内ですよね。

ところが彼女たち(女性スタッフが大半でした)が確認して来たのは
シンガポールでのPCR検査の結果書類とパスポートの照合のみ。

で無事に確認が終わると
「お疲れ様でした!では次にお進みくださ~い」

ってな具合で再び到着ロビーを数十メートル進むと
またまた20名くらいのスタッフが机に座り我々を待ち構えているわけです。

そこでは
シンガポールですでにワクチン接種が済んでいる証明書と
同じくパスポートの照合・・・

確認が終わると
「はい、では次にお進みくださ~い」と。

僕はこの時点でイヤな予感しかしなくなりましたね(苦笑)

 

実はあまりにも『関所』が多く、
上記の2つも順番合ってるか記憶が曖昧でしてね。

上記以外には・・・

・手書きの誓約書を提出する関所
・オンラインで記入した申告書のQRコードを確認する関所
・待機住所を確認する関所

・自宅待機用のアプリ設定を確認する関所

うーむ、他にもあったような気がしますが、
それらの関所をなんとかかんとか乗り越えたあと
ようやっとPCR検査の関所へ。。。

でもって検査結果待ちの関所で約30分待ち、
そこでもらった「陰性証明」を持って
さらに200メートルほど移動し、
その陰性証明を確認する関所へ移動と(汗)

 

この時点ですでに体感では1キロメートルくらい歩いた僕は
うん、これはきっと『羽田空港脱出アトラクション』なんだ!
このように半ば諦めの境地になった次第です。

関所関所で、
注意事項などの書類を持たされたりするわけですが
その印刷物も重複したモノが含まれたりと
とにかくムダが異常に多く、
帰国者は僕を含め全員クッタクタな様相でしたね。

 

ちなみに、
各関所にはそれぞれ20名前後のスタッフがおり、
全部通った感想としては
おそらく大半はアルバイトスタッフだと見受けられました。

関所の数を勘案した限りでは
おそらく総勢200名近くではなかったかなと。

僕が早朝着便で深夜到着便があることも鑑みますと
彼ら彼女らは少なくとも2交代制、なんなら3交代制かも知れません。

仮に3交代制だったとしたら
一日の延べスタッフ数は軽く500名を超えます。

それぞれ日給が1万円だと仮定すると
一日500万円、月間1.5億円前後。

羽田、成田、関空で同じ規模だった場合、
コロナの入国管理にこの時点で毎月4.5億円くらい、
あるいはそれ以上かかってるかも。。。

これに加え、謎な印刷物のムダも含めると、
一体どのくらい経費使ってるんだろう、、、みたいな。

これぞ
『ザ・ニッポンの役所対応』だとは思いませんでしょうか?
僕はめっちゃそう思ってしまいましたよ(汗)

※ここまでの話は
すべて僕の「体感」に基づいております。
人数などの正確な裏付けは一切取っておりませんので
もし大きく数字が異なる場合もどうかご容赦ください。

 

一体なんでこんなことになってしまうのか?

直接的な要因としては
「アルバイトに複雑な確認業務を負わせると間違いの元」
これがあるのでは?と想像しました。
ゆえに「ワン関所ワン確認」にしたのかなぁと。

そもそも日本は
隔離もあくまで「お願いベース」ですので
入国時のチェックを徹底することでしか
本当の意味の水際対策にならない、、、

このような意味合いも大きいのかも知れませんよね。

それにしても
もう少し効率良く出来ないものかなぁと
どうしてもそう思ってしまう僕なのでした。

 

さて、、、
話を冒頭に戻します。

すでに渋谷の社長トレーダー佐藤コーチ、
そして天才プログラマーのヨン様や
FXismの運営事務局のメンバーとは
オンラインでのミーティングを極めて『密』に
スタートさせています。

もちろん動画の中で登場する
「彼」「彼」「彼」とも今後接触を図る予定です。

おそらく・・・ですが、
次回に開催するであろう投資家コミュニティーこそが
僕がみなさんにご提供出来る「最後」の
そして『最強』の内容になるはずです。

今後の僕からの情報発信には
ぜひともご注目なさって欲しいと願っております。

ではまた!

 
今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

42 件のコメント

  • お疲れ様です。
    動画の冒頭で えっ‼️やめちゃうのかよ⁉️
    って
    びっくりしましたが
    最後まで視聴させていただき
    安心
    というか
    新たな楽しみができました。

    まだまだ、FXトレードを始めたばかりで
    たいした結果も出せておりませんが
    及川さんならびに
    スタッフの皆様方のご指導を参考にさせていただき
    成長していきたいと思います。

    今後とも
    よろしくお願いいたします。

    • Shin1さま
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m

      >最後まで視聴させていただき
      安心というか新たな楽しみができました。

      ↑そう言っていただけますとありがたいです。

      この先、そこまで長く続けられる自信もあまりないのですが
      もうひと頑張り、、、
      特に前回のTRIBEでは予定していたリアルセミナーが一部開催出来ておらず、
      そのあたりの忘れ物も取りに行かねば、そんな風に思っている次第です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠おかえりなさい!

    今後のミッションに何をなさるのかとても楽しみです。
    そしてもし仮に、微力ですが何かお手伝い出来る事が有りましたら、『是非!』声を掛けてください

    • 炭火のKAWATE様
      いつもコメントありがとうございます。

      返信が遅くなり申し訳ございません!
      また、お気遣いいただき、
      こちらもありがとうございます。

      このあと動画を中心にいろいろな話題をご紹介させていただくつもりですので
      よろしかったらお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    及川式のトレードを、先生の動画やデイトレ大百科にて日々勉強させて頂いております。
    まずは新プロジェクトの始動、誠におめでとうございます!
    今後の展開をとても楽しみにしております。

    今回はご挨拶に加え、質問させて頂きたい事がありコメントさせて頂きました。
    内容は「欧州時間におけるオージーとその他通貨との関連性に関して」です。

    先日の動画内で「AUD/JPYとAUD/USDが買われ始めたからポンドのショートポジションの大負けを覚悟した」
    というようなニュアンスのコメントをされておりましたが、
    これまでも先生がオージー以外の通貨ペアにエントリーしている際に、
    エントリーしている通貨ペアの相関・強弱にプラスして、オージーの強弱を立ち回りの判断材料にされているのをしばしばお見受け致します。
    僕も及川先生の動画を通じて色々と思考してはいるのですが、かなり漠然としているという状況です。。

    そこで質問させて頂きます。
    欧州時間においてオージーが強い時or弱い時に、それぞれ他の通貨ペアにどのような影響を及ぼす事が考えられるのでしょうか。
    簡素かつ稚拙な質問で大変恐縮ですが、ご教授頂けますと幸いです。

    長くなりましたが、以上となります。
    僕がFXをする中で先生に出会えたことは、とても幸運な事だと思っております。
    これからのご活躍を応援させて頂くとともに、僕自身も先生のように成り上がれるよう精進致します。
    今後とも何卒よろしくお願い致します。

    • 及川様

      お忙しい中ご返信頂き、またご丁寧に回答頂き本当にありがとうございます!
      頂いたご回答を読みながら、先日(11月22日)の先生のトレード動画を見返させて頂きました。
      動画内での解説とも合わせて、自分の中でかなり整理がつきました。
      今後のトレードで経験として落とし込み、より理解を深めていきます。

      >>目を切ります。
      このお言葉、目から鱗でした。。
      確かに先生の動画でも、オージーを全く気にしていない場合と、そうでない場合がはっきり分かれているように感じます。
      今まで色々気にしてしまい空回りする事が多かったのですが、
      足し算ではなく引き算をするための通貨強弱判断。この意識も持って臨みたいと思います。

      私事ですが、及川式を学び始めて約1年が経過しました。
      まだまだブレイクスルー出来ずにいますが、段々と点が線で繋がってきている確かな実感があります。
      これからも及川先生のYouTube動画や新規プロジェクトを心待ちにしております!
      年末のお忙しい時期かと存じますが、日本の寒さで体調を崩されませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。

    • せん様

      >このお言葉、目から鱗でした。。

      ↑腑に落ちる感覚で捉えていただけたとしたら
      僕も嬉しいです♪

      >足し算ではなく引き算をするための通貨強弱判断。この意識も持って臨みたいと思います。

      ↑このコメントから
      かなり手応えをお持ちでは?と想像しております。
      ぜひともがんばってください。

      >日本の寒さで体調を崩されませんよう

      ↑ここは本当にそうですね
      実感しまくってます(笑)

      こちらの方こそお気遣いいただきありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • せん様
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m

      >欧州時間においてオージーが強い時or弱い時に、それぞれ他の通貨ペアにどのような影響を及ぼす事が考えられるのでしょうか。

      ↑僕がオージーを観る際、一番注目しているのは
      AUDJPYとAUDUSDがシンクロして動いているかどうか?です。

      これらはペア側がUSDとJPYなわけですが
      それを無視して同じ動きをするということは
      『オージーで動いている証』と観るわけです。

      で、オージーが強い、または弱い時に
      為替マーケット全体が「買われる相場」または「売られる相場」になりはしないか?
      もし前者の場合、ポンドやユーロのショートは危険では?という警戒をする次第です。

      逆にAUDJPYとAUDUSDのシンクロ度合いが薄い時は
      その時間帯において他の通貨が主役と判断し目を切ります。

      また、オージーの値動きに勢いがさほどない時も意識からは外し、
      自身が扱っている銘柄の動きに集中できるイメージです。

      相場は時に「材料」で動くことがありますが
      その場合テクニカルは無力化されたりします。

      要はテクニカルでやって良いのか、
      それともテクニカルが効かなくなる可能性があるのか?を
      「オージー発」で確認しているという話なんです。

      このような話をしますと
      オージーばかり見るようになってしまうかも知れませんが
      決してそこまで強い意識ではありませんので
      どうか誤解のなきよう。

      一目で分かるような急騰や急落でない場合、
      過度にオージーを意識する必要はないと思いますので
      そのあたりの加減も今後観ていく中で調整なさって欲しいと願っております。

      >僕がFXをする中で先生に出会えたことは、とても幸運な事だと思っております。

      ↑お気遣いに感謝申し上げます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    YouTubeの動画見させていただきました。
    『投機家から真の投資家へ』とても興味深いプロジェクトだと思いました。

    僕は、FXを始めて3年ほどになるのですが、最近ではXMでトレードをして月利50%〜100%程度出せるようになりました。
    エントリーから決済までが数時間〜2日程度の規模で、チャートを見る時間もそれほど長くないので苦ではないのですが、それ以上にもっと楽に稼ぎたいと思い、最近自動売買のシステムを作りました。こちらは、月利15%〜30%程度です。1日に1回はチャートを見て経過観察をしているのですが、これはお金に働いてもらっていると言えるでしょうか?(笑)

    投資家というと、まず最初に想像するのは長期で株を保有している人ですが、FXの自動売買は投資の部類に含まれるでしょうか?
    下らない質問かもしれませんが及川師匠の意見も聞いてみたいです。

    これからの活動にとても期待しているので、新しいお知らせも楽しみに待っています。

    • りり様
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ございません。

      >最近自動売買のシステムを作りました。
      >月利15%〜30%程度
      >これはお金に働いてもらっていると言えるでしょうか?(笑)

      ↑随分と素晴らしいシステムですね。
      極めて優秀だと思います♪

      カタチ的には充分お金に働いてもらえてると思いますが
      とは言えそこは「投機の自動化」くらいかも知れませんね。

      繰り返しになりますが成績自体は充分過ぎるくらいに素晴らしいですので
      まったく持って良い意味での話ですけどね。

      >FXの自動売買は投資の部類に含まれるでしょうか?

      ↑「投資」の概念は人それぞれでしょうし、
      僕の考えが必ずしも正解とも限りません。

      その前提で申し上げますと、
      投資とは
      1.時間を味方にして行うモノ
      2.お金の増減と言うよりは資産そのものが育つモノ

      このようなイメージかなと僕自身は思っています。

      例えば不動産投資の場合であれば
      家賃収入を得ながら経済の成長と共に資産価値自体も育つ、
      株も同様で配当益などを得つつ経済の成長と共に資産自体が育つ、
      みたいなイメージです。

      短期の売り買いによる差分で儲けるカタチは
      やはり投機ではないでしょうかね。

      ただし、だからと言ってそれが悪いという話ではもちろんなく、
      キチンと利益を持ち帰れているのならば
      それは「良い投機」ということなんだと僕は思います。

      とりあえず僕からは言う上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 引退されるんですか。
    私は師匠と同世代で、昨年デイトレ大百科を購入しfxを開始しましたが、今までコツコツドカンを3回ほどして、まだ継続的に勝ててません。
    YouTube 続けてください。月1でもいいので。お願いします。
    貴方は私の希望の星だ

    • 水戸の御老公さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >YouTube 続けてください。月1でもいいので。お願いします。
      >貴方は私の希望の星だ

      ↑身に余る光栄なお言葉です。
      本当にありがとうございます。

      取り急ぎ状況をご説明いたしますと、
      ここまでの活動の「集大成」を区切りとしてやりたい、
      目先はこの考えでいるんです。

      で、その後ですが、
      YouTube動画は過去の受講生さん達への感謝というか、
      そういった意味合いも強いため、のんびりであっても
      可能な限り継続したいと思っています。

      ただし、現実問題として
      トシもトシですのでいつまで続けられるか、、、
      そこは自分でも正直分からないというか、強固な自信もないんです。

      よって少しずつ
      「いずれはやめるなコイツ」と思っておいてもらいたい、
      そんなイメージからのお話だとご理解ください。

      話を整理しますと、

      1.いずれはやめたい(タイミングは現時点では分からない)
      2.いつやめても良いような集大成を動けるうちにやっておきたい

      このような意向です。

      即座にすべての活動をやめるわけではありませんので
      逆に引き続きお付き合いいただけるとありがたいです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、久々の日本帰還、ようこそ。そしてお疲れさまでした。
    ブログ投稿まだ2回目です。

    FXism参加者は、2500人を超える規模と伺っています。
    確かに全員が億トレになっているわけではないと思いますが、
    このラストプロジェクトは、とても大切かと思います。

    FXトレードは労働。本当にそうですね。
    その上のステージで資産増幅を投機家ではなく、投資家として
    学べるチャンスをいただけること、感謝してもしきれません。
    だって、通常であれば、あの方も、あの投資家さまも、一生
    出会うチャンスは、すくなくとも私は無かったでしょう。

    その出会いの場をいただき、さらに学びをいただけるということは
    千載一遇だと直感しています。
    コロナ禍のほぼ2年間、あの方々に学ばせていただいたことは
    たくさんあります。普通にはありえない学びでした。
    心から感謝申し上げます♬そしてただワクワクしています。

    • Singerポール様
      コメントありがとうございます。
      ※実に粋なハンドルネームですね♪

      >このラストプロジェクトは、とても大切かと思います。

      ↑このように言っていただけると活動の勇気に繋がります。
      こちらのほうこそありがとうございます。

      >コロナ禍のほぼ2年間、あの方々に学ばせていただいたことは
      たくさんあります。普通にはありえない学びでした。

      ↑彼らも大変喜ぶはずです。
      僕から上手にお伝えさせていただきますね^^

      ここから我々は少々忙しくなる予定ですが
      途中途中の経過を動画などでなるべく詳しく発信出来たらと考えております。

      どうか引き続き
      お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

  • 引退されるのですか?
    非常に残念です。
    軽く及川ロスになりそうです。
    (私は及川師匠の本でFXを始めた者です)
    しかし、とにかく、今まで週2回のトレード動画はいつも勉強させていただきました。 本当にありがとうございました。
    もし、定期的なトレード動画が大変なのであれば、月に2~3回不定期でいいので、フリートークの動画とかでも(シンガポールの近況とか、日本の外から日本を見た感想とか)上げていただければ励みになります。

    • ヤシの実さま
      コメントありがとうございます。

      >引退されるのですか?

      ↑即座にすべての活動をやめるわけではないんですよ(汗)

      いつまで続けられるか分からないので
      その前に出来ることを集大成的にやりたい、そんなイメージなんです。

      ただし、年齢的な問題もありますので
      いずれは静かに消えて行きたい、そのように思っているのも本当です。

      どこまでやれるか、正直自分でも分かりませんで、
      今のうちから少しずつ「消える準備」を始めた、、、
      そんな風にご理解いただけますとありがたいです。

      現在準備中のプロジェクトが落ち着き次第、
      動画の方もボチボチ再開するつもりですので
      逆にもうしばらくお付き合いいただけたらありがたいです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新コミュニティの発表、本当に嬉しいです!
    ありがとうございます。
    絶対参加します!

    そんな準備でお忙しい中大変恐縮ですが、下記の点で非常に悩んでおり
    師匠の教えを賜われれば幸いです。

    テーマは【エントリーの今際、5分足の確定を待つか否か?】です。

    過去の師匠の動画で「天才チャートクラシック基本講義内・5分足を上手に使う」 で
    5分足の確定を待つことを推奨されております。

    しかし、通常のYoutbeでは足の途中でのエントリーが殆どで足の完成待ちはあまりお見受けしません。

    数十本の動画のエントリー場面を検証し、私なりの見解を捻り出しました

    ・水平線等のラインブレイクは足の確定を待つ
    ・MAタッチは確定途中でもタッチでエントリー
    (方向性はもちろん合っている前提)

    と、仮で私の中では理解したのですが…いかがでしょうか…?
    師匠の見解をお伺いできれば幸いです。

    • 鉄掟守男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >【エントリーの今際、5分足の確定を待つか否か?】
      >・水平線等のラインブレイクは足の確定を待つ
      >・MAタッチは確定途中でもタッチでエントリー
      >(方向性はもちろん合っている前提)

      ↑この2つの区別は僕もアリだと思います。
      逆行MAタッチについては特にです。

      ブレイクに関してですが、
      その前段階で小さなレンジ状態が続き、
      なおかつ水平線と至近にいたモノが抜けた場合は
      近年の僕は足確定を待たずに入ることが多い記憶です。
      (おそらくYouTubeでも同様かと)

      また、通貨シリーズが揃って動いている場合も
      そのブレイクに対する信頼度が高いイメージです。

      ちなみに、
      伸び始めの初動では?と思えた際に
      エイヤーで飛び乗ることもありますが、
      その理由は伸びたあとではもう乗れないと判断するからでして、
      逆にエントリー後に伸びが不発っぽければなるべく微損で一度撤退、
      その後の動きをあらためて確認してから入り直すなどの工夫も僕はよくやっています。

      結局のところインやアウトはすべて自分の責任の元やるものですので
      あとから自分が後悔しないやり方が出来ているかどうか?こそが一番のポイントではないでしょうか。

      結果的に勝てたトレードでも
      「こういう勝ち方してるとそのうちヤバイことになる」みたいな反省は必要ですし、
      結果的に損切りとなったトレードでも
      チャレンジとしては悪くなかった、そう思えるなら僕はOKという考えです。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • FXを今月からやり始めたのですが、ロングをおせば、ショートに行き、ショートを買えばロングにいき、押した方と逆に行きつづけ、負け続け約78万円負けてしまいました。資金もつきそうになってしまい、
    どうしたら勝てるのかと探していたところ、及川さんの所に辿り着きました。
    どうしたら及川さんのように勝てますか?
    動画を見て勉強するのみでしょうか?
    少しでもいいので、アドバイスいただけますか、どうぞ宜しくお願い致します。

    • tomoさま
      コメントありがとうございます。

      >どうしたら及川さんのように勝てますか?
      >動画を見て勉強するのみでしょうか?

      ↑いろいろと申し上げたいことが多いのですが
      一番先にお話したいのは
      「勝ち方は無数にある、自分はどのような勝ち方を目指すか?」

      要は「ビジョン」や「トレードスタイル」についてです。

      例えば僕は数十分から長くても1時間前後の保有時間がほとんどです。
      保有時間が短いことで
      「不測の事態に巻き込まれにくい」
      「ゆえに大きなロットで少ないPIPSでもまとまった利益を狙う」
      このようなスタイルが可能となっています。
      (僕は10~15PIPS前後の利食いが一番多いです)

      一方、短期デイトレの弱点としては
      上下動の値動きに翻弄されやすい、があります。

      この部分が自身に合わないと感じる人も多く、
      その場合はもっと大きな流れに乗ることを目指し
      半日保有、あるいはそれこそ数日保有で利益を得るスタイルを望む人もいます。

      で、この場合は僕のようなロットは無謀となり、
      無理のないロット設定の元「大きなPIPSを狙う」というスタイルになるわけです。
      (例:50PIPS~100PIPS超など)

      このように
      まずはご自身にあった時間軸の模索からではないかと思いました。

      で、ここからが重要なのですが
      「勝ち方」には必ず「上手な負け方」もセットでないといけません。

      利食いは数十分で10PIPSなのに損切りだけはオーバーナイトしたり
      50PIPS超えの負け、なんてことですと
      どんなに勝率が高くても利益化は困難です。

      また、上記後者のやり方を極めた際、
      損失はそこまで大きくないレベルで損切りをし、
      利が一定以上乗った時点で建値にストップを置いて
      徹底的に利を伸ばす・・・みたいなやり方も可能でして
      その場合勝率はかなり悪いのに利益は大きい、なんてやり方に持っていくことも実は出来るわけです。

      これらを勘案する中、
      ご自身の生活環境、時間の取り方なども考慮した上で
      まずはご自身がどのようなトレードスタイルをベースに置くと良いのか、
      繰り返しになりますが、
      まずはその模索からかなと思う次第です。

      もし僕のような短期保有のスタイルで行く!となった場合は
      そうですね、、、やはり過去のものを含め
      動画をご覧いただきつつ、
      ポイントとなりそうな内容をピックアップしていくのが良いように思います。

      で、ご自身なりのスタイルが固まる前段階では
      デモ口座で練習しつつとすることを強くオススメしたいです。

      ご自身のスタイルが固まる前段階で「本番」とするのは
      プロ野球選手がキャンプやオープン戦で馴らし運転する前から
      いきなりしっかり調整した選手相手に公式戦に出場するくらい
      「無謀」だと思うんですよね。

      また、そもそも腕が上がるより先に資金が枯渇しては
      本末転倒この上でないはずですし。

      本件、僕にしては強めの言い方でして
      ご気分を害されてしまったかも知れませんが
      それだけ重要なことだと思っての意見ですので
      何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    無事に帰国、おめでとうございます。そして、脱出アトラクションもお疲れ様でございました。TRIBEの2期がとうとう始まるのですね。自分はまだまだ小資金ですので気が早い方に入りますがとても楽しみにしております。

    さて、いつものご報告です。
    たっくん@9月実績・・・20%程度増
    たっくん@10月実績・・・15%程度増
    たっくん@11月実績・・・15%程度“減”

    今月、前半は良かったものの、10日頃に思いっきり負け、トレードスタイルが崩れて更にその後2〜3日で計30%ぐらい負けました。その後少し取り返したものの、月初比では15%ぐらい負けております(諸事情で今来週がトレード出来ないため、このまま11月を終えそうです)。

    そこで質問させていただきたいのですが
    ①師匠がたまに仰る「月半ばでゼロに戻ることを覚悟で勝負をかける」という場合、損切りはその月の利益額までで容赦なく切る感じでしょうか。例えばショートからの勝負で耐えていたとき、前回高値が近い(数pips)のであれば、そこの抜けまでと言うこともあるでしょうか。
    ②トレードスタイルが崩れたと思ったとき、気を付けていることなどありますでしょうか。

    TRIBEの皆さまが成果を出されてる中、まだまだ元本すら取り返せてなく、お恥ずかしい限りですが、引き続きご助言いただけたら有り難く存じます。

    • たっくん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >TRIBEの2期がとうとう始まるのですね。
      >自分はまだまだ小資金ですので気が早い方に入りますがとても楽しみにしております。

      ↑コロナのせいで延び延びになっていた中、
      2022年の「コロナ後移行」への期待も込め、準備を進めています。
      今後、動画などで諸々ご案内させていただくと思いますので
      しっかり吟味なさってください。

      >「月半ばでゼロに戻ることを覚悟で勝負をかける」という場合、損切りはその月の利益額までで容赦なく切る感じでしょうか。
      >前回高値が近い(数pips)のであれば、そこの抜けまでと言うこともあるでしょうか。

      ↑さすがにあと数PIPSで重要ポイント、みたいな場合は
      当月利益を多少割り込んでも耐えるんじゃないかなと思います。
      (実際そこまでギリギリだったことがないのであくまで想像での話です)

      >トレードスタイルが崩れたと思ったとき、気を付けていることなどありますでしょうか。

      ↑なにかがおかしい、狂ってる、と感じた場合、
      僕は基本「休み」にしちゃいます。
      とにかくアタマを冷やすことから、という主旨です。

      それと僕は打ち手の種類というか引き出しが自分で言うのもなんですが
      かなり多い方だと思っている中、
      それらのほとんどをいったん封印し、
      「これぞ鉄板」
      「さすがにこれはやらないとダメでしょ」のような場面のみをやる、
      これでほぼリセットは出来ているつもりです。

      今月、不本意な成績だったようで
      そんな中でのコメント投稿に感謝いたします。
      なるべく速やかな回復を心より願っております。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    初めてコメントさせていただきます。

    ついに新たなコミュニティの発表となり嬉しいです。
    今回で最後の開催とのことで、ぜひ参加させていただきたいです。

    さて、及川師匠の通貨ペアの採用基準についてお伺いしたいです。
    円についてなのですが、日本は今後さらに人口が減って衰退していくことが予想されていたりと、将来には不安があります。
    そこで、円の取引量が減ったり、避難先通貨にならなくなった場合、将来的に円を採用している通貨ペアから外すことも考えた方がいいのでしょうか。

    具体的にどんな状態になったら考えた方がいいなど、今後の参考として教えていただけたら幸いです。

    YouTubeの動画などを見て、今回のコミュニティで完全に引退されるのかと思っていたのですが、他の方のコメントではYouTubeは続けていただけるとのことで少し安心しました。
    今後ともよろしくお願いします。

    • シン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ついに新たなコミュニティの発表となり嬉しいです。

      ↑そう言っていただけるありがたさに感謝しかございません。
      続報をぜひともご期待ください。

      >円の取引量が減ったり、避難先通貨にならなくなった場合、将来的に円を採用している通貨ペアから外すことも考えた方がいいのでしょうか。

      ↑近年、世界の銀行で「日本円」を取り扱いから外すケースを耳にすることが増えました。
      日本円がやがて世界の基軸通貨から外れる可能性は充分高いように僕も懸念しています。

      FXのトレード対象から外すか外さないかにつきましては
      ひとえに「ボラティリティ次第」だと思っています。

      仮に日本円が世界からの興味が薄い通貨になったとして、
      その場合は「普段は全然値動きがないが、動き出すと一方向へひたすら伸びる」
      そんな特徴に変化する可能性も充分あると思ってまして、
      その際はデイトレ用より、半日から数日保有するスタイルで大きな利益を狙うべき通貨に変貌する可能性もある、
      そんな風に想像したりもするわけです。

      もっとも、ある日突然そうなるわけでもないでしょうから
      今のうちに各種「想定」をしておく程度で良いのではないでしょうかね。

      >他の方のコメントではYouTubeは続けていただけるとのことで少し安心しました。

      ↑YouTubeのトレード動画は
      これまで僕にお付き合いくださった方々に向け、
      「本人の実演を見せることに意味がある」という主旨からですので
      目立った活動を停止したあとも可能な限り継続したい考えを持っています。

      もっとも、、、
      目立った活動を停止することで
      誰からも興味を持ってもらえなくなった際には
      ひっそり消えたいとも思ってますけどね(笑)

      誰も観ていないような動画を公開し続けるのは
      モチベーションの観点からも難しいですので
      結局は再生回数などから判断することになるかも知れません。

      あ、やるからにはクオリティーにもこだわりたいですので
      それらの兼ね合いも考慮することになるはずです。

      つまり、、、
      現時点ではいつまでやれるか分からないわけですが
      続けている間につきましては
      よろしかったら引き続きお付き合いいただけたら幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも、動画を拝見させていただき、ありがとうございます。

    日々非常に悩んでいる事がございますが師匠の教えを賜われれば幸いです。
    まず、トレンド(技術)する精度を上げたいですが、どのような方法をお勧めでしょうか?
    要は、日本匠精神みたいに同じこと一生繰り返して、もっと上に、もっと上に追及したいことです。
    そして、欧州時間をやるときの水平線の引き方もうわかっていて、NYをやる時の水平線の引き方はどうなりますか。
    ちなみに、わたしの推論で欧州時間(16:00-20:00)流れの上げどまりと下げ止まりの線を引くでしょうか?(正しいかどうかわからない 笑)
    東京時間をやる時の水平線は(00:00-08:00)流れの上げどまりと下げ止まりの線を引くでしょうか?(正しいかどうかわからない 笑)
    師匠の動画(全部)を2ー3回ぐらい拝見させていただいて、細かい知識と経験、師匠の頭の中すべての理論を記録させていただきました。
    これから、数十回を目指したいと思います。一億を突破できるなら、きっと会いにいきます。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • SHANさま
      コメントありがとうございます。

      >NYをやる時の水平線の引き方はどうなりますか。

      ↑僕が考える水平線の基本は
      最高値や最安値に限らぬ過去の山や谷が複数点繋がるところです。

      山と谷と両方合致するところがあればとりあえずそこに引き、
      ない場合は何度か上げどまり、または下げ止まった位置に引くことが多いです。

      ただしそれが「正解」か?と言われると
      人によって引き方も違いますのであくまで僕の場合、というお話になります。

      ちなみになぜ水平線を引くのかですが、
      これまた僕の場合、その線を『自分の中の根拠の軸』に置くためです。

      そもそもトレードに正解ってあるのか?という話でして
      取りようによっては「そんなものはない」と言えなくもありません。

      そんな中、自分なりの根拠の軸を置くことで
      後悔しにくく納得しやすいトレードを目指す、、、
      そんな意味合いが強いですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。

      >一億を突破できるなら、きっと会いにいきます。

      ↑その日が来ることを僕も楽しみに待たせていただきます♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、初めまして。帰国お疲れ様でございます!

    いつも拝見しまくっています。

    最初で最後の質問かもしれませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    ユーロシリーズで動く場合、ポンドシリーズで動く場合など、たくさんございますが、私が疑問に思う部分で、初めはシリーズで動くが(例えばEUR/AUD、EUR/USD、EUR/JPY)

    しばらくするとEUR/AUDがAUD/JPY AUD/USDのいつの間にか逆相関の形になっていた。こちらの見極め方と言いますか…

    初めはシリーズなのに、しばらくして蓋を開ければ逆相関の形になっている。

    説明が下手くそですが、及川先生のアンサーをお聞きしたく質問させていただきました。

    宜しくお願い申し上げます!

    • たけし様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >初めはシリーズなのに、しばらくして蓋を開ければ逆相関の形に

      ↑チャートって「過去の結果」でそのような形になっていますので
      時間帯の切り替わりや新1時間足、あるいは新4時間足などへの突入以降、
      『あらたな動き』がスタートした際はそれまでの流れと関係なく動くことは当然起こり得ます。

      よってチャートを見る際には

      1.ここまでの流れをまずは理解
      2.その流れが続行するのかどうかの注視
      3.常に「今から始まる何かがないか」も同時に注視

      これらのバランスだと僕は思っています。

      「そんじゃ今までの流れなんか関係なくね?」
      こう思う人もいるかも知れませんが
      それでいて「ここまでの流れ」を多くの人が意識することで
      上昇や下落の売り買いバランスも結果的にテクニカルポイントで落ち着くことが多いのだと思う次第です。

      ひとまず僕からは以上なのですが
      もし不足などございましたらお手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。

    及川さんの動画やデイトレ大百科をもとに勉強や練習を行い、大分勝率も安定しトレード成績も安定してきました。

    ただ、お恥ずかしながら悪癖がありまして今回ご相談させていただきました。
    まず私のトレードですが、翌日の仕事もあるためトレード時間はNYの開始から2時間限定です。
    エントリーについてですが、エントリーの引付は大分できるようになり、損切りも小さく収めることができるようになりました。リスクリワードも良いトレードができ、以前よりトレードが安定してきました。
    しかしながら、2時間という制限時間のせいか「1日をプラスで終わらせなくては!」と考えたり「ここで入ったら勝てるのでは?」と都合よく考えるようになり、結果的に、1日の収支は買ったり負けたりのトントンだったり、負けで終わってしまう事がしばしばあり困っています。
    僕も野球が好きなので野球で例えると、インコースのストレートのストライクが来たら、高確率でヒットを打てるようになりました。しかし、どうしてもアウトコースのストライクからボールになる変化球には手が出てしまい、結果的に内野ゴロのゲッツー…
    見送ればボールになるのは頭では理解しています。難しい球は見送って次のストライクを待ったり、ボール球はフォアボールを選択すれば成績が安定するのも理解はしています。
    しかし、現実ではどうしても手が出てしまい、結果的に打率が3割に届かず2割6分くらいの微妙な成績になってしまっております。
    このストライクからボールになる変化球に手を出さないようにするにはどのようなことを意識してトレードを行えばよろしいでしょうか?
    ご指導のほどよろしくお願いいたします。

    • しょーさん。様
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m

      >インコースのストレートのストライクが来たら、高確率でヒットを打てる
      >どうしてもアウトコースのストライクからボールになる変化球には手が出てしまい、結果的に内野ゴロのゲッツー…

      ↑大変分かりやすい例えですね(汗)

      >このストライクからボールになる変化球に手を出さないようにするにはどのようなことを意識してトレードを行えばよろしいでしょうか?

      ↑これは何気に難しいご相談ですね。
      僕も特にYouTube動画の日などは
      「なんらか見出してやる」みたいなところがありますので
      あまりエラそうに言える立場でもありません。

      参考になるかは分かりませんが
      僕のプライベートトレードにつきましては
      チャートをサラっと一巡した時点で
      「特に美味しそうな状況のモノはない」と感じた際は
      いったんPCから離れて違うことをしたり、
      PCは離れずともPC上で違うことを始めたりすることが多いんです。

      僕がかねてから申し上げることが多い言葉に
      「やりたいやりたいでやるな!」があります。

      僕自身、常に完璧に出来ているわけではありませんが
      なるべく「やってやっても良い」の位置から出来ると
      そこまで安易に入らなかった“ご褒美”をもらえることが多いのも相場だったりします。

      この「ご褒美をもらおう」という意識は案外良くないでしょうか?
      「我慢したご褒美」・・・
      なんかペットみたいに聞こえかねないところが少々問題ではありますが
      自分自身にのみ課す分にはそこまで自尊心を傷つけることもないような気もします^^;;

      と言いますか、
      実際の相場では本当にその通りでもありますからね。

      ・安易に入らない
      ・待つべきは待つ
      ・そんな中「ここぞ!」では逆に躊躇なく入る

      このメリハリを持てれば持てるほど
      トレードの成績も良くなるでしょうし、
      その経験の積み上げこそが「コツ」になるような気がしますね。

      現場での具体的なメンタリティーとして申しますと
      「なんなら今日はノートレードでもしゃーない」
      このくらい引いた感じで良いとも個人的には思っています。

      例えば敢えて
      「今日は観るだけで絶対にエントリーしない」と決め、
      本当にそれを貫く日を設けるのも一考ではないかと想像します。

      これ、正直「苦行」ですが、
      その代わり上述のメリハリについても気づきが多いのでは?
      そのようにも思う次第です。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画ありがとうございます
    一年前にコメントさせて頂ただいてのりと申します

    家庭の事情で1年ほどトレード休んでいたのですが 先月
    からデモトレードから再開いたしました

    以外と覚えているもので 今月月20%を出しております

    現在は 仕事との都合と 欧州 ニューヨークのトレンドフォロー
    が苦手な事もあり
    8:00ー10:30   21:30ー23:00に 反発しやすいラインや線 付近でピラミッング気味にIN 新しい30分足で反転する前に 勝ち逃げするのが 得意パターンです

    勝率も80%を超えていますが 小心者のため利食いが早く リスクリワード
    2:1で入ってもの 1以下:1 になることが多いです

    また 含み損は想定の範囲ですが 耐えた分に対して 得られる利
    益が少ないと感じています
     利益も勝率も悪くなく 手法もあっていると思いますが

    この部分がトレードでまだまだと思うところです

    この場合はどういった視点から 改善していったらいいのでしょうか

    よろしくお願いいたします

    • のり様
      お久しぶりのコメントありがとうございます。

      >含み損は想定の範囲ですが 耐えた分に対して 得られる利
      益が少ないと感じています

      ↑なるほどですね。
      僕も似たような経緯で利食うケースが多いですので
      お気持ちはとても理解出来るつもりです。

      個人的には短時間保有を優先することで
      現在のような状況になっているのであれば
      そこまで問題でないのでは?が率直な感想です。

      と言いますのも
      利食いで勝ち逃げしているからこその「勝率80%超え」なのではないか?
      そういった要因も色濃くあるのではないか?
      このような想像をしているからです。

      逆に言いますと
      利をもっと伸ばそうと意識して取り組むことで得られる「プラス利益」と
      それによって生じる「勝ち逃し」または『勝ち逃しによる負け』とのバランスがどうなるか?
      ここの確認が出来ると良いでしょうね。

      で、もし「現状のやり方で自分的にはOK」という一定の結論となった場合、
      テーマはただひとつ
      『一度のトレードで壊滅的な負けだけは食らわないこと!』になるのではないでしょうか。
      僕はそんな感覚でやっているつもりなんです。

      本口座と別にデモ口座のMT4を開いておき、
      可能であれば双方でエントリーをし、
      本口座で利食ったあとのデモ口座の結果を追いかける、
      これをゲーム感覚でやるのはオススメしたいです。
      (バタバタして大変かも知れませんが・汗)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは☺️
    私は父が破産して大変でしたが、及川先生のYouTubeを見て一日平均10万円稼げるようになりました!
    経済に興味を持って、大学とある国立大学に推薦入試で合格することができました!
    及川先生は、人生を変えてくださった本当に感謝してもしきれない方です!!
    しかし、最近稼ぐということに疑問を感じています。
    株と違って、fxは人の為になっていないためなにかむずむずするというかなんというか、、、
    最近は何か人の為になるようなことがしたいと思っています!
    及川先生もこういうことはございましたか?

    • 高校生 トレーダー様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生のYouTubeを見て一日平均10万円稼げるようになりました!
      >とある国立大学に推薦入試で合格することができました!

      ↑お若いのに凄いですね。
      僕の若いころとは比較にならぬくらいしっかりされており、
      心から感服します。

      >最近は何か人の為になるようなことがしたいと思っています!
      及川先生もこういうことはございましたか?

      ↑まだ10代ですよね?
      他人様のために・・・などと考えられるようになったのは
      僕の場合「つい最近レベル」ですよ(苦笑)

      お金がすべてではない、、、はその通りだとして、
      しかしお金がないことでやりたくても出来ないことは確実にありますし、
      お金があるからこそ出来ることも当然あります。

      他人様の為になりたい、
      というお気持ちは充分過ぎるくらいご立派ですが
      それを語るにはご自身の経験や
      生意気言って申し訳ありませんが「深み」のようなものが
      まだまだではないかと想像します。

      その前にもっとご自分にいろいろな「投資」をし、
      まずはご自身の人生にたくさんの『彩(いろどり)』を加えること、
      いやむしろ、そうすべき年代ではないでしょうかね。

      お金がある人が必ずしも尊敬されるわけではありませんが
      経験豊富な人は尊敬されやすいものです。

      あ、尊敬されることを目指すのはある意味本末転倒になりかねませんが
      上述した「人としての深み」を目指すことは大切なことのように思う次第です。
      (ここは年寄りの経験によります・笑)

      まずはご自身の充実した人生!
      いろいろなことにチャレンジし、これでもかと経験を重ねたその後、
      他人様のために活動をする、そんな活動こそ「深みも実りもある活動」になるように思えてなりません。

      ぜひとも素晴らしい青春時代をお過ごしください。

      年寄りのオッサンからは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    以前にも質問させていただきました。
    その際には丁寧なお返事ありがとうございました。
    今回もご相談させていただきたいことがあります。

    デイトレ大百科やガチ速FXをはじめ、佐藤社長のインジケーター講座でも勉強をして、現在の方法を確立することができました。
    現在の手法は、デモ口座での結果ではありますが4か月連続で月間収支がプラスになっており、5か月目に挑戦中です。
    月合計獲得pipsとしては、10pips~60pipsです。
    その時期のトレンドにもよるとは思いますが。月勝率は大まかに、買いが75%~80%、売りは50~60%です。

    天才チャートを使わせていただいており、ほとんどNY時間のスキャルピング(5分以内がほとんど)で最大15Pipsの値幅の中で5pipsを取るような感じで、
    通貨相関の具合によっては10pips取れるような手法を用いております。
    トレードが怖くて仕方なく、ほとんど1日1回のエントリーで終わるので、基本的に損失は出た日の翌日に埋めなおし、損失が多いときは3日ほどかけて取り戻しています。
    自分はデモ口座でも本気で負けたくないと考えてしまう性格で、複数エントリーしたうち利益を確保したうえで、1つだけ残しておいて利益を伸ばすということができないでいます。

    エントリー回数を増やすことはリスクと及川様がおっしゃっていたことを思い出し、ロットの分割を2分割でトレードするという、
    1回のトレードで大量のロットを入れて短時間で決済するという方針にしようと考えました。
    この方針にするのであれば、もっと勝率が高くなければならないでしょうか?

    ご回答よろしくお願いいたします。

    • 逃げ腰トレーダーさま
      コメントありがとうございます。

      >デモ口座での結果ではありますが4か月連続で月間収支がプラス
      >自分はデモ口座でも本気で負けたくないと考えてしまう性格

      ↑デモの活用法はひとそれぞれだと思います。
      デモでも本気で利益を獲りに行く姿勢は決して悪いこととは思えません。

      >ロットの分割を2分割でトレード
      >1回のトレードで大量のロットを入れて短時間で決済するという方針にしようと考えました。
      >もっと勝率が高くなければならないでしょうか?

      ↑勝率自体は現状でまったく問題ないと感じています。
      要は「かねあい」ですよね。

      少し上に「のり」さんとのコメントやりとりがありますが
      そちらも一度ご確認なさって欲しいと思います。

      何かを得ようとすることで何かを失う、、、
      いや、逆に言うところの
      「何かを失ってでも得るべきモノを得に行く」
      ここが成立するかどうかがポイントですが、

      これに関しましては
      「損失トレードの内容がどうなるか?」に尽きると思います。

      仮に損切りが現状通りとするならば、
      半分利食ったあとの残りがどのくらい成績に加点されるか?
      ここがフルロットの損切り額に対し割が合わない場合は
      その調整に苦労される可能性もありますよね。

      「大きく伸ばせるところを伸ばす」という部分がテーマだとするなら、
      一度従来通りに利食ったあと、利食い値より有利な位置まで押したり戻したりした際、
      半分のロットを再度入れ直し引っ張れるかどうかをチャレンジする、、、の方が
      効率的となる可能性を感じます。

      ただし、ご自身がおっしゃるように
      一日一回で終えたい、ということであれば
      ここは『あらたな領域への挑戦』となるので
      相応の覚悟を持って挑むことになるでしょうね。

      また、再エントリーのタイミングなどについても
      いろいろな場面を経験しつつ探っていく作業も必要かなと。

      個人的にはひと皮むけるための有意義なチャレンジになるイメージでして
      一度ご自身でじっくり考えてみて欲しいなと思っています。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様

    いつもYOUTUBE楽しく拝聴させて頂いております。
    昨年末にまったく興味のなかったというか、自分の人生には関係のないと
    思っていたFXを、体調崩して退職した事をきっかけに勉強してみようと
    FX本を十数冊読み漁り、そんな中及川先生の「ガチ速FX」に出会うことが出来ました。ある程度FXの仕組みやトレードの仕方を理解した頃、実際どういう手法でトレードしていこうかという時だったので自分の性格的にこれだ!と感じるものがあり、すぐにYOUTUBE動画も拝聴させて頂き、大変勉強になっています。
    トレードの勉強ももちろんですが、
    及川先生の人間性、人生観に惹かれました。

    本格的にトレードを開始したのが今年の1月からで
    勝率は70~80%にも関わらず、
    プラスで終わる月もあれば、スランプ月がありコツコツドカンで
    少額の資金を入金しては証拠金0になるのを続けてきました。
    色々取り入れすぎて自分のトレードが出きていない、
    感じるがままにトレードしようと、
    11月に証拠金5000円の1発0.01lotから再スタートしました。
    途中ラッキーパンチでオミクロン株の暴落で思ったより利を伸ばせたのもあり
    11月は5,000円から70,000円まで増やすことが出来ました。

    基本的には及川先生が動画でされている手法でトレードしています。
    11月に入りまず以下の変更を行いました。

    ①資金管理
     
     1回のトレードの許容損失額を証拠金の10%と定め
     損切りラインをトレード前に計算してから1/4か1/2でエントリー。
     ナンピンは1回。→損切りラインで損切り出来ずドカン。

              ↓
     数年前の及川先生が動画内で10万円の証拠金で0.1lotでエントリーと
     仰っていたのを思い出し
     10,000円で0.01lot、20,000円で0.02lotと徐々に増やす。
     1エントリーで2通貨ペアでトレードするなら2発
     1通貨ペアでトレードするなら3発入れ打診で入り追加で同じ数だけエントリー。

    ②トレード分析
     
     通貨ペア毎の勝率、損益
     ロング、ショート別の勝率、損益
     曜日毎の勝率、損益など細かくExcelで分析。

            ↓
     勝率下げたくないからと損切り出来なかったり
     利を伸ばせたトレードでチキン利食いで
     リスクリワードが悪くなったのでExcelでの分析をやめる。

    ③トレード時間

     夏時間だと
     15:00~18:00、20:30~24:00
     無職なのでほとんどチャートと向き合い、欧州で得た利益を
     NYで溶かす事が多くなる。
     及川先生がよく仰っている勝っていたからマイナスが絶えれなくない
     深い損切りに。
             ↓
     1日目標40pipsから50pipsとし、達成したらその日は勝ち逃げ。
     欧州で負けたら休憩を挟み、NYで再チャレンジ。
     目標pipsが取れればチャートを見ていると入りたくなるので一切見ない。
     
    これらの変更点を加えたところ
    11月はマイナスになったのは1日だけで
    それも大きく負けてから取返し微損で済みました。

    前置きが長くなり申し訳ありませんがここでご相談させて下さい。

    及川先生は今は1日最低100万円で額面逃げしていると思うのですが
    自分のように資金を増やしていく段階で
    どれぐらいのペースで増やしていきましたか?

    1日の目標を50pipsのままでいいのか
    もっと上を目指すべきなのか
    そもそも増やしていく段階であれば手法を変えるべきなのか。

    お忙しい中恐縮ですが、ご回答よろしくお願いします。

    • 及川様

      お忙しい中、ご丁寧に返信下さりありがとうございます。
      ファンダメンタル分析も勉強中でしたのでとても刺さりました。
      次回のプロジェクトの内容も楽しみにしています。
      少し勝てるようになり、尚更メンタル管理や資金管理、
      トレードに向き合う姿勢など、トレードで成功されている方が
      仰る事がその通りなんだと実感しています。
      及川先生に近づけるようトレードでも人間性も磨いていきたいと思います。

    • 元キャバクラ店長トレーダー様
      コメントありがとうございます。

      >FX本を十数冊読み漁り、そんな中及川先生の「ガチ速FX」に出会うことが出来ました。

      ↑まずは見つけていただきありがとうございます^^
      そして、、、

      >トレードの勉強ももちろんですが、
      及川先生の人間性、人生観に惹かれました。

      ↑こちら、大変嬉しいメッセージです。

      さて、、、
      全文拝読いたしました。

      >欧州で負けたら休憩を挟み、NYで再チャレンジ。
      目標pipsが取れればチャートを見ていると入りたくなるので一切見ない。

      ↑個人的にはこの部分が一番良い変更だと感じます。
      特に「休憩を挟みNYで再チャレンジ」の部分です。
      理由はお分かりだと思います♪

      >自分のように資金を増やしていく段階で
      どれぐらいのペースで増やしていきましたか?

      ↑僕は・・・正直昔はかなり貪欲にやっていた方だと思います。
      大きな事故さえなければ一日10回以上エントリーするなどもザラでした。

      が、、、
      これを今からの方にオススメすべきか?となると
      むしろオススメしたくない、が本音です。

      特に近年は東京時間の動きが妙味に欠けていますし、
      その他の時間帯も僕がバリバリやっていた頃より、
      値動きがさらに混とんとしているように見えるからです。

      >1日の目標を50pipsのままでいいのか
      もっと上を目指すべきなのか

      ↑僕のようなスタイルに近いのであれば
      普段は一日50PIPSで充分過ぎるように思います。

      敢えて今後の課題やテーマを置くのであれば
      平時とは異なる大きなイベント時、
      例えば米国大統領選挙やEU圏の国民投票などの際に
      めちゃくちゃ大きく伸びるトレンドを一気にかっさらう、などの試みかなぁとの感想です。

      簡単に触れておきますと、
      選挙結果の「予想」をきっかけに伸び出すトレンドは
      かなり伸びます。

      この場合、途中からでも乗って良い、
      あ、ただし一定の押し目や戻し目で乗れたら言うことなしですが。

      で、選挙の「結果」が明確に分かる時間の前段階で利食っておき、
      結果が出た時点で逆張りというか、失速場面を取りに行くと。

      滅多にないイベントではありますが
      僕は過去、スコットランドがイギリスから独立するしないの国民投票や
      英国のEU離脱の是非を問う国民投票時などの際、
      動画ではお見せ出来ないような利益を得た経験がありましてね。

      極論、そういうところだけやる、でも良いくらいの利益が得られる可能性があるので
      検証される価値はあるように思います。

      なぜこのような話をするのかと申しますと
      元来、投資や投機って
      こういうところだけやり、その他の数年間は一切やらないでも良いのでは?
      極論そんなことを考えたりする僕もいるからです。

      また、僕が日々のデイトレ以外に
      上述のようなイベント時に一気に資金を増やしたりしていることも
      同時にお伝えしておくと良いかも?そのように思った次第です。

      もちろん、
      平時にコツコツやっていくことを否定はしませんし、
      普段はそうすべきでもあると思った上での発言ですので
      ぜひとも上手にお聞きください。

      よって本件のアンサーは

      日々の利益ペースは本当にペースに沿った手堅いものでした。
      という話と、
      めっちゃ資金を増やした投機家には
      「ここぞ!」で一気に資金を増やす経験をした者が多い。

      以上2点となります。
      参考になれば幸いです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもトレード動画とブログをありがとうございます。

    私はFX歴開始とほぼ同時にガチ速と出会い、その後デイトレ大百科、TRIBEで学び続けて2年半が経ちますが、トータル収支は大きくマイナスとなっております。
    コツコツ勝ってはドカンをして、また資金投入しては繰り返して・・・といった感じです。
    ドカンするのはルールを破ったエントリをしたり、カッとなって乱発したりとで、原因は分かっているのですが、なかなかメンタルをコントロールできずにここまで来てしまいました。

    話は変わりますが、勝てない時が続くと、他のFX講師の手法や、他のインジケータに浮気したりもしていました。ですが振り返ると、及川式の動画を日々閲覧し、シンプルに及川式だけ使ってトレードしていた時期が、やっぱり一番勝てていたなあと思っています。

    ただ、直近の半年強は、私自信のオリジナルのエントリポイントで割と勝っていました。
    ベースには、師匠の「通貨相関」や「時間帯(残存)」といった及川式の根幹事項を遵守しているのですが、
    チャート形状はいわゆる押し目戻りではなく、説明が難しいのですが、「これは今までよく目にしてきた下落していく形だろう」ってところでショートして勝ち続けて来ました。
    及川師匠がどこかの動画で口にしていた「チャートの鼓動」みたいなものが感じられるようになったかと思い、これも2年半チャートを見続けて獲得した優位性なのかと思い、このエントリポイントで半年強勝ち続けてきたのですが、この一か月強はてんで勝てなくなりました。
    あまりに連敗するので2年ぶりにデモ口座で今はやっています。
    特に冬時間になってからさらに勝てなくなりましたが関係ありますかね。

    ということで、せっかく自分独自の勝ちパターンを身に着けた気がしていたのですが、もはや自信が折れている今日この頃です。
    やっぱり再び、真摯に及川式の教材を見て、及川式のエントリに戻した方が良いのかなと感じてきています。

    手法(エントリポイント)って水物なんですかね。よく分からなくなってしまいました。ここら辺はコツコツドカンより大きな悩みな気がしています。最近あまりに勝てないので。。

    自分で言うのもおかしな話なのですが、おかげさまで仕事も家庭も順風満帆な生活を送って来まして、トレードでドカンを繰り返しても「次頑張ろう」という気持ちでしたが、最近さすがにダメダメすぎてストレスが溜まっています。割とお腹を壊しています。
    師匠なら「たかがトレード」と言ってくださると思ったので、一旦今日からデモトレードすらも休止して、年を越そうかなと思います。
    年を開けても億トレになるという夢が続いていたら、また師匠の動画を見続けることから初めて見ようと思います。
    それから、新しいプロジェクトも出来たら参加したいなとも思っています。

    とりとめがなさ過ぎてしまいすみません。
    またよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもありがとうございます。3回目の質問です!
    自分はトレードを始めて約9ヶ月くらいになるのですが、初めは10万円入金からトレードを始めました。その10万円は見事に溶かしたのですが、それ以降、一万円や二万円を証拠金として、溶かしては入金。溶かしては入金を繰り返し、最近ようやく溶かさずに月間で一万六千円ほど増やすことができました!
    この9ヶ月間、毎日頑張って値動きを見続け、トレード記録も残しては、負けたトレードを繰り返し見ています。
    まだまだ成長過程なのですが、証拠金が少ない中、一つのポジションの許容損失額を5%に設定して多くても3ポジくらいしか持てない(全てが損切りラインを超えたら、15%の損失)ので、20pipsほどとっても、5〜6千円ほどしか勝てません。損切りは早めにするように頑張っているのですが、勝率は上がってきているものの、ちょこまかちょこまか増えているので、気が遠くなり、たまに爆益してる方を見ると、自分はこのままで良いのだろうかと、虚無感に襲われます。
    焦らず、着実に、地に足をつけ、これからも精進してまいりますが、そんな僕に及川先生からエールがほしいです!

  • 及川先生、久しぶりのトレード動画、大変参考になりました。
    ここ数カ月毎週定期的に動画を見ていたので、定期更新がなくなると何だか及川ロスになってました。笑
    新プロジェクトの準備も大変かと思いますが、今後も不定期であってもトレード動画を楽しみにしています。

    さて、ここ2カ月は月間収支がプラスで獲得pipsも120、230と増加してきましたが、12月に入って1日と2日で100pipsちょっと負けてしまいました。
    いつも、月初は成績をリセットされて慎重に行こうと思うのにそこそこ負けてしまうんですよね。。。
    今月もコツコツ返済しながら終わってみればプラスだったと言って年を越したいです。

    今日は1点質問です。
    最近のトレードで『1時間足と4時間足にローソクや黄緑線が挟まれている時』によく遭遇して、判断に迷う時があります。
    その通貨ペアをトレードしようかどうかで迷うのではなく、トレードしたい通貨ペアのどちらかの別の通貨ペアがそのような状態の時です。

    例えば、ポンドルが戻り売りでショートできそうな場面、ドル円を見ると上向きの1時間足と下向きの4時間に挟まれています。上向きの1時間足に支えられてドル円が伸びるならポンドルショートにエントリーしたいものの、下向きの4時間足に跳ね返されて戻すとポンドルショートは失敗かもと思い躊躇してしまいます。

    より上位足に引っ張られるとよく言うので、下向きの4時間足に焦点を置くべきか、それよりもポンド円が下がりそうならドル円が跳ね返されてもポンドルは下がると決断すべきか。あるいは、迷うぐらいならスルーか(身も蓋もないですが)。
    それまでの流れや相場観もあるかもしれませんが、何か視点としてアドバイスいただければありがたいです。

    宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。55歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。