『金融工学の天才』との共演第2弾を公開します。

 

先日、僕らのYouTubeチャンネルに
シンガポール在住
金融工学の天才「ホリーさん」との
対談動画を公開したところ、
おかげさまで大きな反響を頂戴しました。

彼のいう「米国株の選び方」は
僕自身、とても参考になりましてね。
喜んでくださった方も大変多く、
本当に企画して良かったと思っています。

 

その動画の中で僕が、
「あまりに内容が高度過ぎてボツにしたヤツがある」
このように話をしたところ、

『ボツになったほうをぜひ観たい!』

このようなご要望が多数届いてしまいました。

けど、実はアレ、、、
ボツの時点で動画データも削除してしまったようで
残ってないんですよ(汗)

公開したくとも出来ないってことで
そこはどうかご勘弁ください。

 

ただですね、、、

「観たい」とおっしゃる気持ちは分かりますが、
マジで難しすぎる内容でして、
途中から僕やMr.Tですら
まるで付いていけない状況になりまして・・・

決してみなさんを甘く見るわけではないですが、
仮に視聴したとしても、
まぁほぼ理解不能だったと思いますよ(苦笑)

 

で、そんなこともありまして、
今後徐々に難易度を上げて行こうって話になり、
先日、第二弾の対談を収録と相成りました。

現在、シンガポールでは
基本的に家族以外の人間との接触が禁止されているため、
いわゆる「オンライン宅飲み」の形式で収録。

その点はどうかご理解のほど、
よろしくお願いいたします。

 

当動画の「19:46付近」で
ホリーさんが語っているサイトを
YouTubeの説明欄に貼ってあるのですが、
念のため、ここでも貼っておくことにしますね。

▼投資適格債ETF
https://finance.yahoo.com/quote/LQD?p=LQD&.tsrc=fin-srch

▼参考 ハイイールド債ETF
https://finance.yahoo.com/quote/HYG?p=HYG&.tsrc=fin-srch

↑こっちは少し怪しい会社の債券価格と思ってください。
byホリーさん

 

ちなみに彼(ホリーさん)は
デリバティブ取引が専門で、
僕を含めた一般の個人投資家とは
正直、見ているところがまるで違います。

移動平均線をはじめとする
各オシレーターの数値を見たりは基本せず、
僕らがやっている「テクニカル分析」などには
それこそ全くと言って良いほど興味がない(苦笑)

騰がれば儲かって下がれば損する・・・
みたいな概念でもなく、
常に『相場が(いずれかに)動けば儲かる』
分かりやすく言うとそんな感じの取引をしているわけです。

 

こんな話をすると、
「ホリーさんの教材を作って欲しい!」
みたいなリクエストもあるかも知れませんが、
まぁやめておいた方が良いでしょうね。

彼の取引の全貌については
まず確実に理解出来ないはずですので(笑)

 

そんなホリーさんですが、
けれども僕らFXismの
「日本の個人投資家の底上げをしたい!」
この理念には大いに賛同してくれているんです。

ゆえに、このような対談にも
快く応じてくれているのだと思います。

 

今後・・・

少しずつ難しい話を加えつつ、
みなさんのお役に立てる情報発信について
引き続きご協力を仰ごうと思っています。

ぜひともご期待ください。

 

追伸:
まだ観ていない人向けに、
前回動画(第1弾)も貼っておきますね。

 

 

 

【期間限定】“待望”のリオン式トレードノウハウを初公開

月間純利益300万円を叩き出す「Vtuber」リオンの常識はずれの稼ぎ方

FX参戦から2年間、全く勝てなかった女性トレーダーが 「3つのこと」を徹底しただけで一気に覚醒。
わずか7,000円の元手資金から、一年半後に月間純利益300万円を突破できた”理由”と『秘訣』を
LINE@友達登録者限定で今だけ大公開!
特典ゲット

120 件のコメント

  • 毎回ラインでご指導頂き、ありがとうございます分かりやすく楽しんでメンタルを鍛えさせて頂いています。67歳の私ですが新たな挑戦中ですが、思うような成果を出せていません頑張ってついて行きたいと思います。

    • 菊池さま
      コメントありがとうございます。

      >67歳の私ですが新たな挑戦中

      ↑そのご年齢でも
      あらたなチャレンジを志すのは凄いバイタリティーですね。
      僕も先々そういう風でありたいと思いました♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画ありがとうございます。
    今度ホリーさんにリクエストがあります。
    子供に投資の教育をさせたい場合、どのような方法があるのでしょうか?

    ホリーさんはやっぱり英才教育で育ってきたのでしょうか?
    非常に興味があります。
    日本はお金はタブーみたいなところまだまだある気がするので。

    • ハローウーにゃん様
      コメントありがとうございます。

      >子供に投資の教育をさせたい場合、どのような方法があるのでしょうか?
      >ホリーさんはやっぱり英才教育で育ってきたのでしょうか?

      ↑ホリーさんはゲストなので
      ひとつひとつの質問を相談するのは気が引けます。
      機会があったらまとめて聞いてみることにしますね。

      僕が聞いている限りですと、
      確かに独特な雰囲気のご家庭だった気はします。

      直接的に英才教育だった感じではないですが、
      明らかに一般家庭の常識とは異なっていたように思います。

      ちなみに彼、
      すでに一生食える分のお金は持っていますが、
      高級志向には一切興味がなく、
      家賃も日本のワンルーム並みのところで良いと言っていました。
      今度ご自宅にも訪問してみたいですね(笑)

      ・・・と、まぁ
      ひとことで言うところの
      「浮世離れ」して人ではあります。

      僕の予想では「投資教育」そのものは
      そこまででもなく、
      彼の専門分野である「数学」を極めたことが
      「お金に対する独特な概念」を育んだように想像しますね。

      あ、あくまで僕の想像ですので
      今度機会があったらご本人に直接聞いてみます。

  • こんにちわ。

    もう完全に虜です。

    FXで及川師匠に出会い、アメリカ株をやろうと思ってのホリー師匠との出会い、なんか最近思うんですけど自分がしたいと思う事を必死に勉強しなが考えてると、こんなに情報の方が寄ってくるのにびっくりです。
    キャピタルのFX、インカムのアメリカ株この考え方をブレずに頑張ります。
    一生ついていきます!
    及川師匠の個人投資家の底上げの一人にがんばってなります。

    とりあず指標の見方の勉強を取り入れようと思います。

    いつもためになる事ありがとうございます。

    • ぶーやん様
      コメントありがとうございます。

      >自分がしたいと思う事を必死に勉強しなが考えてると、こんなに情報の方が寄ってくるのにびっくりです。

      ↑ほほぉ、それはありがたい状況ですね^^
      日頃の行いがさぞ良いのではないでしょうか(笑)

      >キャピタルのFX、インカムのアメリカ株この考え方をブレずに頑張ります。

      ↑僕もそのイメージですので
      お互いがんばってまいりましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画ありがとうございます。
    前回動画(第1弾)も視聴させていただきました。
    すごい内容で、少しづつ、学習したいと思います。

    今、米国オールドエコノミー株を選定中です。(家族会議?)
    毎月の積立で少しずつ、購入していこうかなと検討しています。

    今回の動画で日本株に対する透明性がないということで、
    より、米国株を意識するようになりました。

    本当に、及川師匠&ホリーさん&Mr.Tに感謝いたします。

    今回のブログ内容に、「▼投資適格債ETF」と「▼参考 ハイイールド債ETF」の
    リンクがありますが、どういうポイントで見ていいのか難しく、
    合わせて、教えていただければ幸いです。

    どうぞよろしくお願いします。

    • 沖縄のsassiman様
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >今、米国オールドエコノミー株を選定中
      >毎月の積立で少しずつ、購入していこうかなと検討しています。

      ↑世界的に暴落したところからの長期投資・・・
      これは成功率が大変高い考え方だと思います。
      ぜひともがんばってください♪

      >「▼投資適格債ETF」と「▼参考 ハイイールド債ETF」の
      リンクがありますが、どういうポイントで見ていいのか難しく

      ↑はい、僕もそう思っていました^^;;

      ホリーさんにも聞いてみたのですが
      「そんじゃ次回のテーマにしましょう!」
      みたいな感じでしてね(苦笑)

      今度の対談でしっかり確認しますね。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 天才デイトレーダー、及川師匠と
    天才数学者、ホーリーさんの対談は凄い面白いです。

    第一弾、第2弾ととても参考になり、有難いお話を聞かせて頂きましたー。

    第一弾の時は、直ぐにアメリカ株を買いました。それも「BUD」株です。

    来年が楽しみで仕方ありません。

    「ガチ速」の本を手にしてから、及川師匠の天才チャートを頼りに勉強中で、早く実弾で勝てるようになりたいと頑張っています。

    コツコツドカンもなかなか治らず、自制することもまだまだ足りないようです。

    動画を拝見するたびに、そうだ‼️と分かったつもりでトレードしても、逆に行かれて損切りで終わる。

    どこが間違っているのだろうと考え込むこともしばしばです。

    Fx で稼ぎながら、株などに長期投資して行くことをしっかり描きながら取り組みたいと思っています。

    ホーリーさんとのコラボセミナーを楽しみにしています。

    是非、よろしくお願いします。

    • Tetsujyさま
      コメントありがとうございます。

      >第一弾の時は、直ぐにアメリカ株を買いました。それも「BUD」株です。

      ↑そうでしたか(笑)
      Mr.Tは34ドルで買ってるようなので
      彼の着眼点はかなりのものだったと今回思っています。

      けど、長期であれば充分楽しみだと思いますよ^^

      >動画を拝見するたびに、そうだ‼️と分かったつもりでトレードしても、逆に行かれて損切りで終わる。
      どこが間違っているのだろうと考え込むこともしばしばです。

      ↑なんとなく想像が出来なくもない部分なのですが、
      「ナニかが逆」なんだと思います。
      ここ、実に説明が難しいところなんですが、
      ご自身なりにその「逆」の部分を感覚的に気付けたとき、
      そのときこそ「これだったのか!」という気持ちになれると思うんですよね。

      ※「早過ぎ」か「遅過ぎ」のどちらの可能性もありますので
      そのあたりも留意なさってみてください。

      >ホーリーさんとのコラボセミナーを楽しみにしています。

      ↑彼のファンが増えてくれれば
      今後も気持ちよく出てきてくれるはずです♪
      僕らも望んでいるところですので
      引き続きアプローチしていこうと思っています。

      では
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 色んなわからない言葉でちんぷんかんぷんだけど
    一年後には
    言ってる意味がわかる私になれてたら
    と、またまた思う私あります。

    先生✨
    ホリーさん
    ありがとう

    • たっち由紀さま
      いつもコメントありがとうございます♪

      >色んなわからない言葉でちんぷんかんぷんだけど
      一年後には
      言ってる意味がわかる私になれてたら

      ↑あ、やはりチンプンカンプンでした??(汗)
      要点だけは分かりやすくまとめようと努めてるんですけどね^^;;

      僕もさらにがんばりますので
      引き続きお付き合いくださいね^^

  • いつも動画で勉強しております。

    先生が割合的にポジションはショートの方が多いと言っておられたこともあり、自分もショート気味にポジションを持つことが多いです。
    直近高値を超えるかをどうかを見て時間を見ながら叩くというのをよくやります。
    そうしてるうちにロングにいく度胸が多少なくなっていることに気付きました…
    ショートの方が急落に勢いがあるというのが頭に残りすぎてロングのときにはポジションを持つのに戸惑ったりビビリ利食いをしてしまいます。
    なにか打破できるプラスな考え方で背中を押してください( ;∀;)
    よろしくお願いします。

    • ろくでなし様
      コメントありがとうございます

      >自分もショート気味にポジションを持つことが多いです。
      >そうしてるうちにロングにいく度胸が多少なくなっていることに気付きました…

      ↑なるほど、、、
      結論から先に言いますと、
      「ショート好き」自体はそのままで良いと思いますよ。
      僕もそのまんまです。

      で、ですね、
      ところがFXって実は上げる時も
      凄い勢いの時って多いじゃないですか。

      感性的に
      「これって上げの勢い凄そうだなぁ」って時、
      けどロングが苦手だからって見送ると
      やっぱり凄く上がった・・・
      こういう経験を繰り返すうちに、
      なんだか「腹が立つ」わけです(笑)

      そういう気持ちが積みあがることで
      やがて
      「爆上げっぽいやつは乗らないことがムカつくわ!」
      こんな感覚が芽生えるものです。

      で、自然とロングも
      「やる」ようになるんじゃないでしょうかね。

      ここで重要なのはやはり「区別」です。
      普段はショート好きでOK。
      ちょっとやそっとじゃロングは入らないと。

      けど、
      「あ!これ何度も見送って腹立ったパターンのやつじゃね?」
      そう感じたときだけロングを入ってみる・・・

      つまり「凄く勢いがある気がする時」だけロングもやり、
      それ以外は普通に「ショート好き」のままの自分でいる。

      僕はこれが一番自然で良い流れだと思います。

      ただただ無理してロングも出来るようにしようと考えると
      上述の「区別」があやふやになり、
      結果もあまり良くない可能性が高い気がします。

      いかがでしょう?

      僕はこの
      「時々やるロング」こそが
      今後の大きな武器になり得るとすら思いますが。

      ご自身なりにも考えてみてください^^

  • 初コメントさせていただきます。
    昨年ガチ速を購入し、めっちゃ面白いなと思い大百科も見させていただきました。
    YouTubeも毎回楽しみにしております。
    世間が自粛ムードのなかこの様なためになる動画をありがとうございます。
    ただ、まだまだ歴が浅い自分には難しい事も多いですが、一つ一つ覚えていけたらと思います。
    そこで一点ご質問なんですが、以前の動画で直感に関してチャートパターンの蓄積とのお話があったかと思います。
    私は仕事の時は23時〜25時を主にチャートを見ているのですが、平日休みもあり日中もチャートを見れる時もあります。
    蓄積という観点では沢山見た方がいいようにも感じますが、いつも監視する時間帯に絞った方がいいのでしょうか。
    お忙しいとは思いますがお手すきの際にご教示いただけますと幸いです。
    何卒宜しくお願い致します。

    • 気ままにFX様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >昨年ガチ速を購入し、めっちゃ面白いなと思い大百科も

      ↑それはそれはありがとうございますm(_ _)m

      >私は仕事の時は23時〜25時を主にチャートを見ている
      >平日休みもあり日中もチャートを見れる時もあります。
      >蓄積という観点では沢山見た方がいいようにも感じますが、いつも監視する時間帯に絞った方がいいのでしょうか。

      ↑なるほど、確かに微妙なところですね。

      基本的には「自分が主戦場にする時間帯」に絞るほうが
      良いように思います。

      理由は「その時間帯で生じるパターンのクセ」などを
      いくつも把握しておきたいのが一番だからです。

      ただし、他の時間帯を見るのも
      「蓄積」の部分では確かに意味がありますよね。

      だとすると僕がアドバイスしたい点として
      「各時間帯の主役になる通貨ペアを常に探す練習をする」
      これです。

      東京時間は日本円と豪ドルがメインで動くのがセオリーで
      欧州時間であればポンドやユーロ。
      NY時間だけは「ごった煮」になりやすいものの、
      それでもやはりメインは米ドルであることがセオリーです。

      こうした「時間帯ごとの違い」を意識しつつ
      複数の通貨ペアの動きをご覧になると
      「気付き」も多いのではないかと想像します。

      「この通貨ペアにはこう動くクセがあるのか?」
      ではなく、
      「その時間帯の主役の通貨ペアにはこう動くクセがあるのか?」

      このような見方が良いかなと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お疲れ様です。
    また、有益な動画をありがとうございます。難しい話でしたが、何となく理解出来ました。
    証券会社に口座を作り、積立投信をやるつもりでしたが個別の株も良いかなと思い、株の本を買って読んでいます。
    FXでは昨日、今日と2連勝し前向きな気持ちになり、部屋の電気修理もはかどりました。
    これからも、よろしくお願いします。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます

      >証券会社に口座を作り、積立投信をやるつもりでしたが個別の株も良いかなと思い、株の本を買って読んでいます。

      ↑長期投資のきっかけやヒントになれば幸いです♪

      >FXでは昨日、今日と2連勝し前向きな気持ちになり、部屋の電気修理もはかどりました。

      ↑むむ?少々意味が分かりかねますが、
      電気修理、自分でやっちゃうんですか?
      「電気」は素人では無理というか危険なので
      プロの方なんでしょうかね^^

      なにはともあれ、前向きな気持ちは良いですね♪
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画楽しみにしてます。
    昨年末にTRIBE参加出来なかったのですが、2期生的な募集はされませんか?
    是非参加させて頂きたいです。

    • K_rockさま
      コメントありがとうございます

      >昨年末にTRIBE参加出来なかったのですが、2期生的な募集はされませんか?

      ↑TRIBEは現在進行中でもありまして、
      まだ「次」についてはどうなるか自分たちでも想像がついておりません^^;;

      運営事務局はビジネス的視点もありますので
      ニーズがあればそういうお話も当然出て来るとは思います。

      その際は事前にこのブログやメルマガなどで
      告知をさせていただきますので
      タイミングがあうようでしたら
      その際ご検討なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも有り難うございます
    直近で株をやろうかとはまだ考えてはいませんが、ホリーさんと先生のお話は投資の世界に身を置いていなくてもとても良い社会勉強になります。是非継続してお話を聞かせてください。

    すみませんがまたまた教えて頂きたいと言いますか、叱ってもらえないかと。。。
    コツコツドカンです。
    先生の動画を見て、言う通りに注意して、その通りにマウスをクリック出来れば問題は起こりません。わかっている ”つもり” です。
    ヤバイ状況を回避できたらゼロでもいいから逃げる。。。ですが、含み損の状態から、仮に水平線を引いていた所まで戻してくれて少しのプラスになりました。ただ、抜けそうな気配もあります。抜けたらエントリー前の思惑通りの予感ありです。神頼みではないですが、抜けてくれと画面を見ながらマウスを握る手は動く気配なしです(◞‸◟)
    結果、水平線と含み損のエリアの中でレンジになり、時間が過ぎ、気付けば○時を越えるトレードになり、その時間から逆に伸びてしまう始末です。
    そこで切れれば良いのですが、逆行したショック(いつも先生が言ってるのにまたできない自分に対しての失望感も)で冷静になれないで損切り出来ずに大損をくらう。
    どうしましょう。
    つい昨日の出来事です。
    以前どなたかのコメントにも返信されてました。
    謙虚さがない、傲慢なのでしょうか?
    自分は下手くそだという自覚も必要ですね。
    長々とすみませんが、先生に喝を入れていただきたく、また自分とは違う考え方や視点でのご意見を頂きたくコメントをさせて頂きました。
    シンガポールは凄いですね。日本はマスク2枚の配布も届いていない状況です。よく言えば中央に絶対的な権力が行かない国民主権と言う事なのでしょうかね。
    お身体に気をつけてください。
    いつも御返信ありがとうございます

    • ユキトアさま
      コメントありがとうございます。

      全文、拝見いたしました。
      割と最近のYouTube動画
      「仕掛けが早いと負けやすい」の中でのお話と同じですね。

      長時間含み損→チャラ→いったん逃げ!

      いったん決済しておくことで
      まずは「アタマが冷え」ます。

      で、そのアタマが冷えた状態で
      再度その場面に旨味があると思えば
      再エントリーすれば良い・・・

      こういう決め事にしておくことは
      強くオススメしたいです。

      長時間含み損→チャラ→その後再度マイ転

      このパターンは精神的に一番堪えますし、
      もう損切り出来なくなっちゃうのが人間心理って話ですので。

      >謙虚さがない、傲慢なのでしょうか?
      自分は下手くそだという自覚も必要ですね。

      ↑特段ご自分を卑下する必要はありません。
      人間、誰もが同じだからです。

      重要なのは「人間ってそういう生き物」だと
      『理解』することなわけです。

      あ、とりあえず上記のヤツは
      「ルール化」しておくほうが良いでしょうね。

      それと、、、
      「長時間ハマってる間に
      他やってたら普通に勝てたのに!」
      この悔しさこそをアタマに叩き込み、

      「無駄な長時間保有こそが悪」
      このような思考を重要視すると良いと思います。

      僕は完全にその考えでやってますので。
      まぁゆえに利食いがチキンではあるのですが(笑)

      >シンガポールは凄いですね。
      >よく言えば中央に絶対的な権力が行かない国民主権と言う事なのでしょうかね。

      ↑そうですね。
      良し悪しはそれぞれにありますが、
      ただし「ガチなピンチ」の時に
      日本の政治すステムはいかにも脆弱であることが
      露呈したのも確かかなと思います。

      それこそ万一、
      他国から攻め入られたりしたら
      どうなってしまうんだろう?
      ここについては考えさせられました。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いや及川師匠m(__)m

    いつも大変お世話になっておりますm(__)m

    動画拝見させて頂きました。国内の株式は何度か手を出したことはありましたが、米国株の選び方などなど第一弾の動画も含め始めて聞く話で大変興味深かったですm(__)m
    まず一言お礼を申し上げますm(__)m
    話しはfxトレードに変わりますが、欧州のみを軸にトレードをして行こうと決めてから、まず気持ちに余裕が出来ました^ ^
    今まで本当チャートガン見ばかりして訳のわからないとこで、打ちまくりなどで資金を溶かしていきましたから(⌒-⌒; )
    なんと言ったら良いでしょうか、チャート監視を始めてまずパッとやれそうかやれないか(ここが自分の中でわかるようになっただけでも少し成長したかなと笑)得意な形だったりシナリオを立てエントリーするその瞬間までしっかり待つ!ここが出来る様になりました。
    以前ぐじゃってるチャートはわからない。及川師匠もここについては僕もわかりませんと仰っておりました。そんな時はシリーズ揃いを待つのも一つの手かなと。
    僕が今まで負けてた理由も改めて考え、それはわからないチャートでの瞬間的な動きの乱射からの往復ビンタです(⌒-⌒; )
    今ではそれはすっかりなくなり、わからないならやらない!やるなら何かシリーズなり状況の変化に乗れるかを待つ。
    ここがこの約2週間程で起きた僕の変化です^_^
    兎にも角にも驚くほど負けにくくなっているのは事実で自分でも実感があります。
    相変わらず利食いはチキンで伸ばせるとこを伸ばさずもったいない事もしてますが、その後恐らくここまでは来るだろうと自分なりにシナリオを立てて一旦チャートを終わり、改めて見るとやはり行ったか等は多々あります。(⌒-⌒; )笑
    デイトレ大百科でもあった答え合わせです。これは毎回やっています^_^
    それにしても負けにくくなっているので少しではありますがプラスになってきています!
    以前及川師匠から自分がやったトレードについてもお褒め頂き、充分勝てる素養はお持ちだと感じております等、本当に嬉しいお言葉を頂けて自信にも繋がりましたm(__)m
    これからも及川師匠のスキルを学びつつ日々精進して参りたいと存じますm(__)m
    長々と失礼致しました!
    これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
    お体には気をつけてくださいm(_ _)m

    • エデンさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >米国株の選び方などなど第一弾の動画も含め始めて聞く話で大変興味深かったです

      ↑それはなによりです♪
      ホリーさんのファンが増えることは
      すなわち僕の顔も立つのでありがたいことでもあるんです^^

      >欧州のみを軸にトレードをして行こうと決めてから、まず気持ちに余裕が出来ました
      >チャート監視を始めてまずパッとやれそうかやれないか
      >得意な形だったりシナリオを立てエントリーするその瞬間までしっかり待つ!

      ↑いずれも「頼もしい」と思いながら拝見しました。

      >驚くほど負けにくくなっているのは事実で自分でも実感

      ↑ここは「素晴らしい」の一言ですが・・・

      >その後恐らくここまでは来るだろうと自分なりにシナリオを立てて一旦チャートを終わり、改めて見るとやはり行ったか等は多々あります。

      ↑これはまんま僕ですね(笑)

      全体を拝見する中、
      非常に「内容が良い」と想像出来ます。

      もちろんイケるときはもっと取れないか?など
      相応の課題はあろうかと思いますが、
      それをやるにもまずは「ディフェンス」がしっかり出来てのこと。

      また、
      「やる」よりも「やらぬ選択」がより重要な中
      この部分の手応えがあるようですので
      今後が実に楽しみですね^^

      引き続き「嬉しいご報告」を
      楽しみにしています♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせて頂きます。
    FXを始めてから負け続け心が折れかけているとき及川師匠の本とYouTubeにたどり着きデイトレ大百科も購入して日々勉強させて頂いてます。

    師匠の説明はすごくわかりやすく自分なりに少しずつ理解しました。それからのトレードは劇的に変化しました。 今までにないくらいのスムーズなトレードも出来るようになりました。

    しかし勝つには勝つのですが気が付くと典型的コツコツドカンとやられてしまいます。
    もちろんリスクリワードも理解しているつもりです。

    下位MAを実体がぬけたら損切とルールも決めているのですが、その時に限って実体がかなりぬけてしまい想定以上負けてしまい、今度はそれを取り返そうと利益を伸ばそうと我慢するとドテンされ結局損切。

    気が付くとマイナスが増えていく。これの繰り返しです。
    かなり迷走しています。何卒アドバイス頂けますと幸いです。宜しくお願いいたします。

    • keeさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >師匠の説明はすごくわかりやすく
      >それからのトレードは劇的に変化
      >今までにないくらいのスムーズなトレードも出来るようになりました。

      ↑ここまでは良いお話ですが
      どうやら続きがあるようで・・・(汗)

      >その時に限って実体がかなりぬけてしまい想定以上負け
      >それを取り返そうと利益を伸ばそうと我慢するとドテンされ結局損切

      ↑詳細を観ていないのでナンとも言えないところなんですが、
      ここでも「区別」についてお話してみたいと思います。

      まずは「時間帯」から。
      「活きの良い時間帯」は大体お分かりですかね?
      一般的には各市場の「午前中」です。

      この時間帯に逆を食らうと、
      勢いもあるゆえドツボになりやすいため
      どちらかというと損切りは早め。

      一方で市場の後半、特に終盤に近い時間帯は
      逆を食らった場合もドテンするほどでもない・・・
      なぜなら、
      そこからガンガン伸びる側に乗るポジションも少ないからです。
      (あくまで普段の話で例外もありますけどね)

      で、そういう時に少々逆を食らっても
      少し長めに耐えて様子を見ることを僕は割とよくします。

      これは「性急にドテンして失敗した経験」に基づく考え方です。

      このように
      「失敗したトレードを次回以降に活かせないか?」

      具体的には自分が負けた時の
      状況(時間や通貨ペア名ややった位置など)
      これらを次回以降の注意ポイントに挙げ、
      なんなら見送り「見るだけ」で結果を確認するなど。

      負けトレードもある意味貴重な経験です。
      それを無駄にしない意識や創意工夫を持つことは
      重要ではないかなと思うんですよね。

      ちなみに僕は、
      「大負けしたトレード」こそをよく覚えてまして
      その兼ね合いから「耐えて良い」「いや耐えては危険」を
      自分なりに判断するようにしています。

      また、デイトレの場合、
      どのようにチャートが動こうとも
      自身のやるエントリータイミングや決済タイミングで
      大きく結果が異なります。

      これは勝ったトレードでもおさらい出来る部分でして、
      そういう確認作業を重ねることで、
      「次回以降はこういう方針で行こう」
      「こういうパターンのときはこうしよう」
      このような
      『自分なりのやり方』『自分なりの逃げ方』を
      構築していくべし!という姿勢で
      今からのトレードを大切になさって欲しいと思います。

      人は誰でも「クセ」がありまして、
      トレードの場合、それは他人からではなかなか見つけられません。

      「自分の直すべきポイントを見つけるのは自分しかいない!」
      このような自身に対する責任感のようなものを
      持って挑むのも姿勢としては良いように思います。

      今日のところは以上ですが
      もし不足などありましたら遠慮なく!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント失礼します。私も、最近投資信託をはじめ、モルガンスタンレーでコツコツ貯めてます!
    前回のコメントのお返事をいただき、デイトレ大百科を購入させていただきました!毎日みております!
    まだ頭の中が整理できておらず、負けっぱなしですが、コンテンツの豊富さに感動しています。
    質問させていただきたいのですが、最近は、FXを始めた頃よくあった現象なのですが、ポジション持てば、逆に動き出すと言った状態で、どこかで神様が見ているのでは、、、と思ってしまうほどです、、、
    この様なとき、状況を打開するために取り組むべきことなどございましたら、おしえていただけると有難いです。
    よろしくお願いします。

    • NanCさま
      コメントありがとうございます。

      >私も、最近投資信託をはじめ、モルガンスタンレーでコツコツ貯めてます!

      ↑長期で投資を考えられるのはとても幸せなことだと思います。
      ぜひともコツコツがんばってください^^

      >前回のコメントのお返事をいただき、デイトレ大百科を購入させていただきました!

      ↑おっと、そうでしたか。
      それはそれはありがとうございますm(_ _)m

      >ポジション持てば、逆に動き出すと言った状態で、どこかで神様が見ているのでは、、、と思ってしまうほど

      ↑ここはシンプルに二つ、考えられるかなと。。。

      ひとつは、
      そもそもエントリーをするポイントが良くない。

      ふたつめは少し伸びたあとからしか入れないため
      どうしたって直後は含み損スタートになりやすい。

      前者であれば
      なにはともあれ、エントリータイミングについての
      勉強や研究からですね(汗)

      後者であれば、結果的に含み益に戻り
      利食いまで行ける機会も多いと思います・・・
      が!その場合でももっと引く付けたあたりの良い位置で
      入るよう意識を置くと良いはずです。
      (おっかないところをやれ!の話です)

      それと、大きなお世話かも知れませんが
      このようなご質問をなさる状況であれば
      まだリアル口座は早いかなとの印象を持ちます。

      デモ口座でガンガン練習、
      その代わりデモ口座ならではの
      「実験的トレード」なども目一杯やってみるのも
      オススメいたします。

      取り急ぎ今日のところは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。初めてコメント欄に投稿させていただきます。
    4月より、デイトレ大百科で勉強させていただいております。
    プロコンも昨日購入してpipsのみを意識してトレードできるよう訓練しております。

    昨年、FX教材を購入してFXをやってみましたがうまくいかずでした。

    そんな時、及川先生のYouTubeトレードを拝見し、数日の無料講座を経て
    デイトレ大百科へたどり着きました。
    こんなにも丁寧に教えてくださる方がいらっしゃるのかととても感謝しております。
    リアルトレードの動画もとても勉強になります。
    まだまだ相場を読み切れておらず損切も多いですが
    及川先生やお弟子さん方みたいなトレードができるよう精進してまいります。
    及川先生のように、その都度、チャート見て、ポジション保有を短くした効率的なトレードができるようになりたいです。

    お忙しいところ大変恐縮ですが
    トレードする中でお聞きしたいところがあり
    アドバイスをいただけますでしょうか。

    ①ユーロポンドの強弱の見分け方
    オージーシリーズなどトレードする際に
    ユーロポンドを見るようにしているのですが
    どちらが強いか判断する際に、1H足の強弱を見ておられますでしょうか。
    実際、エントリーして20分以内に決済する場合
    直近の動きの強弱を見るべきかわからず
    時々、ユーロポンドで1H足だと下降しているけど、直近10分くらいでは上昇といった場面が多々あります。
    その場合は、よくやられているように、ユーロオージー、ポンドオージー両方エントリーする方法になりますでしょうか?
    今は慣れていないので片方のみのエントリーを心がけております。

    ②ダブルトップの逆張りについて
    ダブルトップが出現した場合、下降するサインかと思いますが
    壁となるラインへのセカンドタッチは抜ける危険があるというお話もございます。
    ダブルトップとセカンドタッチの見分け方はありますでしょうか。
    根本的に、まったく違うことをお聞きしていたら申し訳ありません。

    お時間がございましたら
    アドバイスをいただけると幸いです。

    宜しくお願い致します。

    • Keiさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >4月より、デイトレ大百科
      >プロコンも昨日購入してpipsのみを意識してトレードできるよう訓練
      >数日の無料講座を経て
      デイトレ大百科へたどり着きました。

      ↑まずはこちら、まことにありがとうございます。

      >①ユーロポンドの強弱の見分け方

      ↑「ユロポン」の件ですが、
      僕自身は他の個別チャートを観るのと
      同じ感覚で同銘柄を観ています。

      黄緑線や1時間足MA(青カクカク)の向きと
      それに対するローソク足の位置などで
      ・現状どっちが強い側か?
      ・伸びきったあとなどは「変化」がありそうか?
      などです。

      僕の場合、見るのはあくまで5分足上です。
      (そもそも僕はどの銘柄であっても
      時間足チャートの切り替えはしていません)

      >ユーロポンドで1H足だと下降しているけど、直近10分くらいでは上昇といった場面が多々あります。

      ↑おっしゃる意味は分かるつもりです。
      ただし、僕のトレードはすべて「5分足上」で行うため、
      強弱を把握するための「監視用通貨ペア(USDJPYやEURGBP)」も
      同じ条件(5分足上)で観ている次第です。

      ご指摘のとおり、例えば形状的には下向きでも
      局地的には上昇、ということはよくあります。

      が、これはすべての通貨ペアに言えることでして
      逆にいうと「下トレンドにおける上昇」は
      「上がったら売り」を考慮する場面にもなりうるため、
      基本はやはり「5分足上の方向」を見るのがセオリーかなとの認識なんです。

      ただしここ、結構混乱される方も多いようでして、
      ユロポンを見ることで余計やりにくくなるようでしたら
      ひとまず見るのをやめても良いと思います。

      とりあえずエントリーの判断は
      個別銘柄の「単体チャート形状」で判断し、
      エントリー後に「状況の大きな変化が生じていないか?」を
      チョイチョイ確認しつつ、みたいな付き合い方のほうが
      やりやすさは増すかも知れませんね。

      僕の中ではユロポンの強弱や
      通貨ごとのシンクロ性などを先に把握し、
      それに対し個別チャート形状が合致するモノをやるのが良いとの考えなのですが

      そうすることで混乱度合いが増すようでしたら
      ひとまず個別チャート形状からエントリー、
      そしてエントリー後の推移を見守る中でユロポンの状況などを
      確認しつつ決済タイミングを検討されてはいかがでしょう。

      >②ダブルトップの逆張りについて
      >ダブルトップとセカンドタッチの見分け方はありますでしょうか。

      ↑おっしゃるとおり、
      僕はあらゆる手持ち技に対し、
      そのほとんどを「ファーストタッチが有効」
      「セカンド以降は精度が下がる」を基本としています。

      「見分け方」というよりは、
      トレード開始の準備段階において
      それぞれの通貨ペアのチャートチェックをする際、
      チャート上における最高値や安値に水平線を引いておくと良いはずです。

      いろいろな通貨ペアを巡回していくうちに
      自身が引いた線の存在を忘れてしまったりする中、
      気付いたらその水平線にかなり近づいている・・・

      このくらいの時間間隔、
      いわゆる「一度全然違う展開になったあと再度到達」
      こういう場面をダブルトップのひとつの定義に置いておくと
      判断が楽かなと思います。

      「セカンドタッチ」については
      そうして引いた線への二度目以降の到達となりますが、
      例えばそれが前々日などの場合、僕はあまり考慮しません。

      僕がやっているのはあくまで「短期デイトレ」でして
      せいぜい当日&前日のチャート内で確認を済ませるからです。

      文面でお伝えするのはなかなか難しいですが
      取り急ぎ僕からは以上です^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎日動画を反復練習として何度もみて勉強しています。
    投資と出会い15年以上たちますが、未だになにかを成し遂げた事はありません
    そんな中、及川先生の動画を偶然見つけてからこらだと、今回こそはと日々鍛錬しています。
    そこで質問なんですが、
    オージーテクニカルです。
    私も含め初心者の方も同じ部分で悩んでいる方いると思います。

    EUR/AUD,GBP/AUDが同じ向き
    AUD/JPY,AUD/UYDが同じ向き
    の場合わかりやすくどうすればいいのか?
    何を見たらいいのか?

    その後によく言われているEUR/GBPが強いまたは弱いは
    どう捉えてどうすればいいのか?

    お手数ですがよろしくお願いします。

    • セサァァァミィィィ様
      コメントありがとうございます。
      (面白いハンドルネームですね♪)

      >オージーテクニカル
      >何を見たらいいのか?

      ↑それぞれが黄緑線(15分足MA)を抜けた位置にあり、
      さらにそれぞれが単体チャート的にもエントリーして良いような状態なら理想的です。

      が、そこまでキレイな状況のケースは
      特に動き出しの初動時ではさほど多くはないと思いますので
      なにはともあれ4つとも黄緑線を抜けた位置にいること、
      これを基本に置いておくと良いかと思います。

      ただし、もっとシンプルに勝ちやすくするには
      それぞれが形状的にもきっちり一度整ったあとの
      「初押し(初戻し)」を狙うのが安全かも知れません。

      >EUR/GBPが強いまたは弱いは
      どう捉えてどうすればいいのか?

      ↑こちらは単純に
      「EURGBP」の個別チャート形状から判断しています。
      同銘柄が上昇トレンドであれば
      ユーロが強い?それともポンドが弱い?
      こちらについて各個別チャートから確認します。

      ちなみにユロポンが上昇トレンド形状であっても
      ユーロもポンドも強くて「ユーロがより強い」
      こういうケースもありますので、
      そこは留意しておく必要があります。

      ここでユーロとポンドの強弱感を確認しつつ
      「ユーロ系の買い」が良いのか?
      「ポンド系の売り」が良いのか?
      などを各個別チャートから見ていく流れですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 【コロナ相場展望:4/11】個人投資家が見るべき指標とは?金融工学の天才と宅飲み談義 Youtube 見させていただきました。

    おもしろかった。
    ノートを取りながら聞かせていただきました。

    間に入られるのが、及川師匠だからこそ、
    引っぱり出せるお話なんでしょうね。

    続編、楽しみにしてます。

    ここ何日かのチャートですが、
    ヒゲヒゲのレンジ、
    MA密集でどちらに動くのか分からず、

    欧州時間の浅い時間帯に
    閑散時間の逆張りをするのは恐ろしく、

    本日は+1,500円で一応勝逃げしました。
    目標額5,000円には届きませんでしたが。

    及川師匠がどこでトレードされるのか、
    楽しみにしてます。

    • ヴィヴィアン様
      コメントありがとうございます。

      >おもしろかった。
      ノートを取りながら聞かせていただきました。

      ↑おぉ!それは光栄です!
      ホリーさんも喜んでくれることと思います♪

      >ここ何日かのチャートですが、
      ヒゲヒゲのレンジ、
      MA密集でどちらに動くのか分からず

      ↑確かに急に動きがショボくなりましたよね(苦笑)

      >本日は+1,500円で一応勝逃げしました。
      目標額5,000円には届きませんでしたが。

      ↑プラス収支なら上等じゃないですか^^
      とても重要なことです。

      動きが少ない時に損失を出してしまうと
      取り返すのはどうしても難しくなりますので
      これでOK!かと思います。

      >及川師匠がどこでトレードされるのか、
      楽しみにしてます。

      ↑あぁ、こちらは「YouTube前」の段階ですね。
      一応「あんな感じ」となりました(笑)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRIBEには参加できていないため、いつも動画を拝見し、日々勉強させていただいております。
    簡単な質問なのですが、「天才チャート」は過去に改良などは加えられていますでしょうか?
    現在はLINE@からの特典でいただけるver1.0.0を続けて使用しております。
    もし過去にアップデートがあった場合、そちらの入手(購入)方法を教えていただけないでしょうか?
    トレードに関する質問ではなく申し訳ありません。

    今後とも、及川氏の動画や教材にて精進させていただきます。

    • 名無しの権兵衛さま
      コメントありがとうございます。

      >「天才チャート」は過去に改良などは加えられていますでしょうか?
      >そちらの入手(購入)方法を教えていただけないでしょうか?

      ↑MAのパラメータ設定など、基本は変化しておりませんので
      まずそこはご安心ください。

      ただし、YouTube動画をご覧いただくとお分かりのとおり、
      バージョンアップ自体は確かにしております。

      こちらなんですが、
      実はDr.ヨン様が「TRIBEメンバー向け」に対応してくれたモノでして
      これ自体の販売等は現在していないんです。

      ご期待に沿えず、大変申し訳ございません。

      ただし上述のとおり、
      基本、根幹の部分は変更ありませんので
      ぜひとも引き続き有効活用をなさっていただけますと幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ベトナム在中のKAIと申します。
    この度はじめてコメントさせていただきます。
    最近ずっと及川先生の本、ブログ、動画を拝見させて頂いております。
    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    私は、ビットコインFXを4年前にスタートし、幸運にもビットコイン急成長の恩恵を大いに受け、7500万のプラスを生み出す事ができ、FX人生で最高のスタートを切りました。
    ですが…
    実はこの成功体験が今、足枷となり今非常に苦しんでおります。きっと私のような方は多いはずです。
    今何をやっても全然勝てない日が続き、試行錯誤の連続です。
    そうこうしてうちに及川先生が配信されてるYouTube動画へとたどり着いた次第です。
    もう一度過去の経験は忘れて、初心に返ってイチから勉強を始めたいと考えております。
    ここでいくつかご質問させていただきたいのですが…
    ①私は頭の回転が良くないので、まずは『オージーテクニカル』をマスターしたいのですが、先生がよくおっしゃる 押し目買い、戻り売りからやっていこうと考えていますが、型は無理に決めない方がよいのでしょうか?
    それとも及川先生のFXノウハウはあくまで場面場面に応じての通貨ペアの選択し、柔軟に対応することが大事なのでしょうか?

    何度も本を読んだり、動画を見たりを繰り返してます。
    どうも私には10個を通貨を見て伸びそうなものを選択するスキルが下手で、あれもこれも気になって、知らない内にポジションばかり増えてしまいます。
    野球で例えると、ストライクが来たら全部振ってしまう的な感じです。
    狙い球を絞り込んで、ポンオジ、ユロオジorオージー円、オージードル だけの組合せならポジションも増えないので、理想的なのですがいかがでしょうか?

    ②損切り、利確ははじめに決めた方がよいのでしょうか? 私はスイング出身なので
    どうしても利も損も伸ばしてしまい、成功する時もありますが、その逆も然りで痛い目に合うケースが多く、デイトレの本質を見失ってしまう事が多々あります。

    ③デイトレをどうしても身に付けたいのですが、スイングトレードを中心にやってきた癖がどうしても抜けきれず、つい先日の動画でも先生が話されてた縦軸と横軸が全く釣り合わないトレードが多くなりがちの傾向があります。
    負けてる時は、自分に言い訳しながら、スイングトレードで俺は成功したんだ…的な感じで、先延ばしし、大体失敗して、後悔を繰り返してます。
    このような癖を直す方法を教えてください。
    ④私のトレードはまさにコツコツドカンの典型なのですが、賢く潔く負ける方法があれば是非教えてください。
    損切りを先生のようにスパッとできないのです。

    わかっていながらやる → 負ける →後悔する → 初心に帰る → やっぱりやる → 負ける →死ぬほど後悔する

    こんなサイクルを繰り返してます。

    初歩的な質問ばかりですみません。
    今、五里霧中のまさに最中にいる状況なんでご指導くだされば嬉しいです。
    こんな私ですが、どうぞ宜しくお願いします。

    • KAIさま
      ベトナムからの初コメント、
      まことにありがとうございます。

      >ビットコインFXを4年前にスタート
      >7500万のプラス

      ↑いきなり凄い話ですね(汗)
      素晴らしい成果だと思います。

      フロックではここまで勝ちきれないはずですので
      以下、ご回答はしてまいりますが
      当時の「上手く機能していた部分」を
      上手に織り込めると良いですね。
      どの相場でも根幹は共通するものがありますので。

      >まずは『オージーテクニカル』をマスターしたい
      >場面場面に応じての通貨ペアの選択し、柔軟に対応することが大事なのでしょうか?

      ↑順番が逆になりますが、
      「オージーテクニカル」は東京時間は信頼しやすく
      それ以外は固執しすぎるのは良くないかも知れません。

      もちろん発生した際の威力は絶大だったりするのですが
      それだけを待っているのは正直効率が悪いと思います。
      (そもそも東京時間以外の発生頻度はそれほどは高くないです)

      僕のデイトレのキモは「通貨の相関関係」からの銘柄選択や
      「通貨シリーズのシンクロ性を伴った動き」です。

      特に後者はオージーテクニカルと同じ理屈ですし、
      毎日のようにチャンスがあります。

      基本は常に
      「昼間の時間帯の通貨」を軸に注目をします。

      東京時間であれば「円」か「豪ドル」
      欧州時間なら「ユーロ」と「ポンド」
      NY時間だけは正直ごった煮の感がありますが
      それでも基本は「米ドル」など。

      例えばポンドであれば
      ポンド円、ポンドドル、ポンドオージーが
      同時に目立って動き出した際、
      通常その勢いは強いです。

      ただし、ここはご理解済かと思いますが、
      相場はグンと伸びた初動は
      一度乱高下気味な動きをしたりします。
      (かなり短い時間レンジの話です)

      ここの瞬間戻しを「エイヤ」で入るのが
      本当の「初動」狙い。

      一度しっかり上げたあと、
      前回高値をブレイクしたあたり付近への押し目で入るのが
      いわゆる「抜けの初押し狙い」で
      難易度はこれが一番低く、安全に勝ちやすいのもこれかなとのイメージです。

      話を戻しますと
      「オージー」をやるときも基本は同じですが、
      逆にいうとオージーもいくつかある候補のひとつ程度にし、
      柔軟に「シリーズで動き出したモノを狙う」という捉え方のほうが
      懐の深いトレードが出来やすいはずです。

      >あれもこれも気になって、知らない内にポジションばかり増えてしまいます。

      ↑これは・・・充分ご理解済かと思いますが
      これだと「管理」が出来ませんよね(汗)

      コンセプトの違うポジションを同時に持つのは
      さすがにやめないとダメですね。
      せめて「乗り換える」などの対応にすべきです。

      >②損切り、利確ははじめに決めた方がよいのでしょうか?
      >私はスイング出身なので
      どうしても利も損も伸ばしてしまい

      ↑なるほど、だいぶイメージは見えて来ました。
      スイングとデイトレは確かにもはや「別種目」ですよね。
      短距離ランナーとマラソンランナーくらい
      要求されるスキルが異なりますので。

      ちょうど最近のYouTube動画でも話題にしましたが
      トレードで重要なのは縦軸(値幅)とプラスして「横軸(時間)」
      このバランスだと思っています。

      もちろん「値」で利食いや損切りを決めておくのも
      イメージ的には大切ですが、
      そこに加え「このトレードは何時までに終えるべきか?」
      この感覚が掴めて来ると、随分分かりやすくなるのではないでしょうか。

      >つい先日の動画でも先生が話されてた縦軸と横軸が全く釣り合わないトレードが多く

      あ、すみません、
      僕は読みながら返信してるので今ここを読みました(汗)

      ちなみに、
      >負けてる時は、自分に言い訳しながら、スイングトレードで俺は成功したんだ…的な感じで、先延ばし

      ↑これは過去に「混ぜるな危険!」という主旨で
      テーマにしたことがあります。

      BTCの上昇相場時代を経験されていたとすると
      これは「株ブーム」時の株式投資にも言えるのですが
      含み損に耐えた者勝ち、みたいな部分もありましたよね。

      おそらくはこの経験が悪い意味、
      つまり弊害になっているのかも知れませんね。
      要は「損切り回避クセ」ってやつです。
      「耐えてりゃ戻る」みたいな。

      もちろん戻る時もありますし、
      極論「戻る時のほうが多い」くらいなのですが、
      けどこれに甘んじてしまうと
      「たった一度の負けで全損」になりかねません。

      ここは正直、
      ご自身にどれだけ「修行的意味合い」を課せるかどうか。
      大袈裟に言うとこういう話ではないかと思います。

      具体的には

      1.エントリー時点で「こうなったら損切り」を必ず決めておく
      2.で、そうなったら本当に切る
      3.もし損切りばかりが続く場合はそもそも入り方が悪い
      4.そんじゃどう入るのが良いのか?を研究

      3と4は実際どうだか分かりませんが
      1と2を何度か繰り返さないと見えて来ませんので
      まずはどうあっても1と2から、になるでしょうね。

      >賢く潔く負ける方法があれば是非教えてください。

      ↑非常に難しいご質問・・・
      ここって「技術」でやる部分ではないですからね(汗)

      僕の話で恐縮ですが、
      僕は常に「最初のエントリーは上手くいかないかも?」
      このような意識でやっています。

      相場は、特に動きが出やすい時間帯(主に各市場の午前中)であれば
      どこかのタイミングでなんらかほとんど「動き」ます。
      しかも最終的には「キレイ」に動くことが多いです。

      そんな中、自分のポジションがイメージ通りに動かない中、
      その間に他の銘柄で「あ、こっちだったじゃん!」
      「なんだ、ここからだったか」と客観的に観て回れると良いです。

      で、自分のポジションがグダグダであれば
      微損で切って乗り換えるわけです。

      「せっかくエントリーしたのだから
       これでなんとしても勝ちたい」
      こう思うのは人情ですが、

      けど、実際にやるべきなのは
      「今からやるならどっち?」
      ここを毎分“更新”する意識で見るイメージです。

      あ、僕は「毎分更新」していますが
      けど慣れないうちに毎分でやると、
      「乗り換え乗り換え」で振り回されてしまう恐れもありそうですね(汗)

      このあたり、
      なんならデモ口座で練習してみるのも一考だと思います。

      ひとつ言えるのは
      「損切りは普通にある!」
      「デイトレは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲームである!」
      特に後者が重要だと思いますね。

      勝ったり負けたりしながらやるもの・・・

      損切りが恥ずかしかったりカッコ悪かったりするのではなく
      損切り出来ない自分がカッコ悪いと。

      それこそ、
      「損切り出来たオレってカッコイイ♪」
      このくらいの心持ちで良いくらい
      僕はそう思っています。

      >わかっていながらやる → 負ける →後悔する → 初心に帰る → やっぱりやる → 負ける →死ぬほど後悔する

      ↑ここについては
      「やる」と「やらない」の区別。

      特に「やらない」を増やして行く意識が重要なはずです。

      「やらないを増やしたせいで全然トレードが出来なくなった」
      こうなったとして、それはむしろアリだって話だと思うんですよね。

      そんな中で「ここはヤレる!」のここは
      自ずと精度の高い場面、
      ひいては「得意技」のひとつになるであろうからです。

      こちらも長くなってしまいましたが
      とりあえず今日はこのへんまでといたします。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもありがとうございます。
    TRIBEでの学び、動画での学び共に、日々取り組めることで充実した毎日を送ることができております。

    最新動画を拝見致しましたが、2点ご質問させてください。

    まずコメントのご回答で傲慢をテーマにお話しをされてましたが、逆にアグレッシブになれない人間へのアドバイスはありますでしょうか?
    私はなかなか基準ロットを上げて複利で回すことができません。
    毎日同じロットで同じ目標pipsを取り、プロフィットを達成する、でまた何かのタイミングで目標プロフィットを上げ(そのタイミングというのも未だ曖昧です)、pipsとロットを調整して上げていこうと考えてはいるものの、TRIBEでの投稿を拝見すると何発も何エントリーもされる方が多く、自分のメンタルの小ささを痛感致します。

    TRIBEに入ってから、ロジック云々よりも自分がより真剣に取り組むと決め、その場を用意してくださったTRIBEがあるからこそ成績も伴っており感謝しかありません。
    ただ複利で運用し、毎日のように金額が大きくなることに対応する勇気がない人間に、何かアドバイスがあれば教えていただければ幸いです。

    もう一点は、ポンドルのエントリー根拠の中でドル円が崩れないことを仰っておりましたが、あの場面についてご質問させてください。
    ドル円は上向き4h足MAを一旦割って、再度上抜け直していだと思います。あのような場面で自分は逆行上位足MAを割って下に行けないことを懸念してしまいますが、及川先生の他の動画も拝見してみると、 60分MA以下のMAがPOを形成している時、実体が15分MAより下であると弱いと判断されているのかなと考えたのですがこのような環境認識でしょうか?

    もちろんその場によって認識は変わると思いますし、及川先生が仰っていたレンジの疑いがある中で局面的にと言うことも理解しております。
    平時の基準としての見方を教えていただければと思います。

    よろしくお願い致します。

    • セリーヌさま
      いつもコメントありがとうございます

      >逆にアグレッシブになれない人間へのアドバイスはありますでしょうか?
      >複利で運用し、毎日のように金額が大きくなることに対応する勇気がない人間に、何かアドバイスがあれば教えていただければ

      ↑おっと、そう来ましたか(汗)

      ここは毎回同じことを言うのですが
      複利的に継続運用していくために
      一番間違いないのは
      「毎日のロット可変」だと思いますね。

      スタート時の資金量に対し、
      1ショット単位のロットは決めていると思います。

      それを基軸におき、
      毎日の収支結果で翌日のロットを可変させる、というやり方です。
      ※もちろん損失の翌日は下げることになります。

      おそらく「プロコン」は既にお持ちかと思いますが、
      トレード中は「収支」ではなく
      プロコンのPIPS数とチャート上の位置から決済判断を徹底させます。
      もっともここが一番大変なところだとは思いますが
      「克服」を目指すのであれば
      早い段階から慣れていくしかないように思いますね。

      けど、これが功を奏した場合、
      その恩恵は計り知れませんよ。

      なぜならもはや「資金がいくらでもやること同じ」
      このようになれるからです。

      >ドル円は上向き4h足MAを一旦割って、再度上抜け直していだと思います。あのような場面で自分は逆行上位足MAを割って下に行けないことを懸念

      ↑はい、ここは僕も同じです。
      よって下げないまでも
      「そのあたりでグズグズしててくれ!」
      とは思っていました(笑)

      あとは「時間」です。
      僕は21時半過ぎにエントリーしてますが
      「22時からの変化」は気になるところではあるものの
      逆にいうと22時までなら大きな変化はないのでは?
      こういう感覚を持っていました。

      これは僕が常に意識している部分でして
      ゆえに僕は「30分刻みの範疇」で
      エントリー&決済をすることが多いわけです。

      このお話が一番伝わりやすくないですかね?
      場面関係ない考え方でもありますので。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも非常に勉強になる動画、ブログ更新ありがとうございます。
    私もまだまだ取引を始めてから間もないのですが初心者の方の中では時々ビギナーズラックという始めてから数日間運良く勝てる方がいるようですがそういった方々はなぜ運良く勝てるんでしょうか?
    そういった方々は知らず知らずのうちに勝てる手法を実践してしまっていて勝てているんでしょうか?

    • たける様
      コメントありがとうございます

      >ビギナーズラックという始めてから数日間運良く勝てる方がいるようですがそういった方々はなぜ運良く勝てるんでしょうか?

      ↑どうでしょう(汗)
      最初から負けっぱなしの人もいる中、
      最初はトントンと勝てる人もいる・・・
      そういうことではないかなと僕は想像しますが。

      >そういった方々は知らず知らずのうちに勝てる手法を実践してしまっていて勝てているんでしょうか?

      ↑おそらくですが「リズム」の部分かと推察します。
      その人なりの「クセ」や「タイミング」が
      たまたまその時期の相場の動きとマッチした。

      さらにはある意味良い意味で
      余計なことを考えることなくやれるのも
      スイスイ勝てちゃう要因かも知れません。

      ただし「リズムのみ」でやっていると
      相場側のリズムが変わった時点でいきなりややこしさを感じるはずです。

      で、そうなったことで今度は「迷い」が生じ出し、
      段々どうすれば良いのか迷子になる。。。

      これがビギナーズラックの
      ひとつのパターンではないかなと僕は思います。

  • いつも動画、ブログなど本当に勉強になっております。
    いろんな動画、コメントなど見て勉強しているつもりですが、やはりなかなか利を伸ばすことができません;;
    その背景には時間とリスクリワードのバランスがわからない、というか難しいです。
    リスクリワードはできるだけ2:1、悪くても1:1を心掛けています、ですがそこに時間軸、例えば17時までや18時までなど自分の中である程度決めていて、勝っていときはその時間で目標に届いてなくても勝ち逃げしたくなってしまい、負けているときは損切りラインまで時間オーバーしても粘ってしまうことです。
    要するに、時間オーバーしても粘ったほうがいい場面とやめたほうがいい場面がわかりません;;
    せっかちなので、単純に時間にとらわれているだけかもしれませんがご教授あれば光栄です。
    これからも及川先生の動画楽しみにしています、よろしくお願いいたします。

    • Re:ゼロから始めるFX生活さま
      コメントありがとうございます。

      >リスクリワードはできるだけ2:1、悪くても1:1を心掛けています
      >例えば17時までや18時までなど自分の中である程度決め
      >負けているときは損切りラインまで時間オーバーしても粘ってしまう

      ↑僕も含み益のときは決済しちゃうことが多いですけどね(汗)

      問題はやはり負けている時でしょうね。
      ちなみに僕も含み損のままあらたな1時間に突入することは多々あります。
      ただし「かなり警戒しつつ」をセットにしているんです。

      新1時間のスタートにより、
      それまでと状況がガラっと変わるのか否か?
      まずはここを見る。

      次に自分が保有している以外の銘柄で
      新1時間突入から「オイシイもの」はないか?
      ここも同時に観ているんです。

      で、もしイケそうなものがあったら
      僕は結構カンタンに乗り換えをしてしまうわけです。

      ここでのポイントはふたつ。

      ●常に「今からやるならどれが良いか?」
      →実際にオイシそうなものを見つけたら乗り換えを検討する

      ●自分のポジションに固執をしない。
      →「ノーポジ思考」を持ってチャートを観て回る

      このように僕はやっていますので
      考え方的にぜひともご参考になさってみてください。

      また、このお話のあと、
      僕のYouTubeトレード動画をご覧になると
      納得していただける点が増えるかも知れません。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。よろしくお願いします。
    いつも及川先生の動画やブログで勉強させていただいております。

    今年の3月からMT4でトレードを始めたばかりの初心者です。
    とりあえず2万円入金して、見よう見まねで始めて(いきなり実弾で怖かったので0.05ロットでトレードしています)、1か月半ほどで資金が10万円にはなりましたが、自分の中で上達しているように全く思えません。

    私はよく証券会社のメルマガや、投資関係の記事やブログを読むのですが、そこに例えば「豪ドルは買われすぎ」とか、「円は強い」などの文言を見つけてしまうと、最初から頭が「豪ドル円のショート」になってしまい、チャートをきちんと自分で分析できていない気がしてしまうからだと思います。

    及川先生は何の事前情報もなしに、基本的にはチャート分析のみでトレードされてますよね。
    相関関係(先生の方法はあまりにも高度なので、今は円シリーズを中心に見ています。)やエントリーポイントは自分なりには気を付けているのですが、自分の頭に事前情報が完全にインプットされたうえでトレードしてしまっているので、いつまでも自信が持てないのだと思います。

    このような場合、事前情報は完全にシャットアウトした方が良いでしょうか。
    それとも事前情報もうまく入れつつ、トレードしてもいいものでしょうか。
    今、少し迷っておりますので、アドバイスいただけると助かります。
    よろしくお願いします。

    • おゆき様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >とりあえず2万円入金
      >1か月半ほどで資金が10万円
      >自分の中で上達しているように全く思えません。

      ↑上達の件はひとまず置いておくとして
      それにしても凄まじいペースであるのは確かです。

      >例えば「豪ドルは買われすぎ」とか、「円は強い」などの文言を見つけてしまうと、最初から頭が「豪ドル円のショート」になってしまい

      ↑なるほどですね。
      確かに僕は基本的にはこれらの情報を気にしません。

      あ、けど象徴的に「デッカいネタ」などは
      ちゃんとチェックしてますので、
      そこはあしからずでお願いします^^;;

      これなんですけど、
      例えば「豪ドル買われ過ぎ」からの「ショート目線」自体は
      心掛け的にはさほどダメとも思いません。

      ただし、特にデイトレの場合は
      「タイミング」ですよね。
      理由はカンタン、
      「そんなに長時間保有しないスタイル」だからです。

      例えばですが上記のような場合、
      「そんじゃそこそこ上がったら売ろうかな」
      みたいな捉え方にしておくと気が楽じゃないですかね。
      もし僕なら「そんな程度」にしておくと思います。

      >事前情報は完全にシャットアウトした方が良いでしょうか。
      >事前情報もうまく入れつつ、トレードしてもいいものでしょうか。

      ↑あ、上記で先にご回答しちゃってる感じですね(汗)
      僕は読みながら返信を始めちゃうので。。。

      うーむ、、、
      個人的にはどちらでも良い気がしちゃいます。
      信頼出来る筋からの情報ってことであれば
      聞いておいて損はないと思いますし。

      ただ、なんでもかんでも、ってことになると
      確かに迷いの元、先入観の元になりかねませんね。

      まずは情報を仕入れる先を
      キッチリ信頼できる、あるいは相性が良い、
      あるいは「読んでて楽しい」などのところに
      絞り込むこむとどうでしょう。

      ちなみに、

      >自分の頭に事前情報が完全にインプットされたうえでトレードしてしまっているので、いつまでも自信が持てない

      ↑これって、
      それらの情報が生きている可能性ってないですか?
      上記の成績を考えたらあり得るかも?と思いました。

      で、もしそうだったとして
      それなら断然OKとも言えますので
      まずはそのまま。

      で、勝てている間に
      ご自身なりの「デイトレ判断の向上」を
      追求されていけば良いのではないでしょうか。

      注意点があるとしたら「情報への固執」で、
      損切りが出来ずにボロ負けしちゃうなどの部分です。

      しかし、文面を拝見する感じですと、
      そういうハマり方はしなさそうかな??との印象ですので
      大丈夫であれば過度な心配は無用だと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      もし不足がございましたら
      遠慮なくメッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも拝見しています。勉強させてもらってます。
    今回の内容と関係ないのですがアキリオリーのナノスプレッドでしていきたいのですがキャッシュバックサイトのタリタリやロイヤルキャッシュバックなどはいったほうがいいですか?
    及川さんぐらいロット張ってらっしゃる方はとくにバックおおきいとおもうのですが使ってますか?
    スプレッドが広がるなどの噂も聞くので怖くて。
    確定申告も面倒になるのかと思うとすいませんへんな質問で。お時間あればよろしくお願します。

    • 鉄格子さま
      コメントありがとうございます。

      >キャッシュバックサイトのタリタリやロイヤルキャッシュバックなどはいったほうがいいですか?

      ↑すみません、
      僕はキャッシュバックサイトを利用してことがないので
      詳しいことは分かりません。

      僕は以前から業者さんとはそのあたり
      ダイレクトに契約が出来るので
      外部を使う必要がないんです。

      >スプレッドが広がるなどの噂も聞くので怖くて。

      ↑ここはキャッシュバックとは別問題ですね(汗)
      アキシオリーは僕も口座を持っていますが
      基本、そんなにイヤな思いをさせられたことはありません。
      知らない業者に行くよりは安心感は高いと個人的には思っています。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  •  初めまして及川師匠。
     昨日のYouTubeを見て自分のことのように思い、初めてコメントさせていただきます。
     昨年の5月に及川師匠のFX理論に出会い、それからどんどん及川イズムにのめり込み私のトレードライフが始まりました。
     しかし、師匠のように簡単には利益を出すことができず、どんどん資金が溶けていき、5月から始めたのもつかの間、年明けには50万の資金もわずか5万円のところまで減ってきていました。
     負け続けていた私も何かが吹っ切れたのか、
       資金が0になるまで及川イズムでやり切ってやる!
    と決意してから、何がきっかけかはわからないが、そこからは負けなし、一か月で5万円の資金を30万円に増やすことができました。
     今から考えると師匠の教えの通り、
      勝ち逃げ最優先、やってやったってもいい
    を心掛けた結果がこのような勝ちにつながったのだと思います。
     翌月から私は、
      元手を増やせばどんどん資金が増えていくのではないか?
    と思い、30万円からトレードを始めることにしました。
     しかし、今までの連勝記録も最初のトレードですぐに止まり、あっという間に30万円を失ってしまったのです。
     今から冷静になってその時の自分の心境を振り返ってみると、先日の師匠のお言葉を借りると
        自分は特別な存在だ
        どんな場面でも勝てるんだ
    と過信し、どんな場面でも乱射しまくるポジポジ病にかかり、どんどん負けにつなっがっていったのだと今ではわかるようになりました。
     そうして今では再度30万円でコツコツトレードを心掛けながら、
      日々勝ち逃げ、日々感謝の気持ちを忘れず
    に少しずつ資金を増やしていっている次第であります。
     最近のトレードで感じた質問は、黄緑線の信頼度です。
     今まで黄緑線の方向性はあまり見ず、青色線のファーストタッチ、相関、逆相関の観点でトレードすることが多かったのですが、ふと、画面を見ていると、黄緑線の方向に従って相場が動いていることが多いような気がしました。
     今までのやり方に加えて、黄緑線の動きも見るようにしてから勝率も勝ってきたような気もします。
     追伸、最近の喜びは、自分のトレードと月木の師匠のYouTubeトレードで同じ場面をやっていた時に、無性に親近感が沸き、うれしく思いながらトレードライフを励まさせていただいております。
     いつも本当に参考になる情報をありがとうをございます。
     次回コメントではより成長できるようになった自分を披露できるように精進していきます。
        

    • 大阪のIさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >年明けには50万の資金もわずか5万円
      >一か月で5万円の資金を30万円
      >あっという間に30万円を失ってしまった

      ↑なんと言ってよいやらですね(汗)

      常にフルスロットル、
      相場との波長が合うときは一気に稼げるけど
      ひとたびリズムが狂うとたちまち奈落の底へ。
      あるいはこんなパターンだったのかも知れませんね。

      だとすると
      「一か月で5万円の資金を30万円」も
      褒め称えてはいけないのかも??
      そんな気がして来ました(汗)

      >今では再度30万円でコツコツトレード
      >日々勝ち逃げ、日々感謝の気持ちを忘れずに少しずつ資金を増やしていっている

      ↑そうですね、
      他で何度も言ってますが
      「トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム」
      ここの意識が重要だと思います。

      一度の負けですべてが狂うことがないよう
      損切りすべきはする!をぜひとも統一なさって欲しいと思います。

      >今までのやり方に加えて、黄緑線の動きも見るようにしてから勝率も勝ってきたような気もします。

      ↑大きな足の方向ももちろん大事ですが、
      特に短期デイトレの場合は15分足の趨勢も観ておきたいところですよね。
      なぜなら短期ゆえ「直近の趨勢」の判断も当然必要だからです。

      >自分のトレードと月木の師匠のYouTubeトレードで同じ場面をやっていた時に、無性に親近感が沸き

      ↑これは僕も嬉しいです♪
      もっとも僕も間違うことはしょっちゅうあります。
      その中でどう仕切り直しやスコアメイクをしているのか?
      そのあたりも今後注視なさってみてください^^

      >次回コメントではより成長できるようになった自分を披露できるように精進していきます。

      ↑大いに期待しております!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    いつも大変勉強になる動画ありがとうございます。
    ちょうど1年前ぐらいになると思うのですが、及川師匠の「ガチ速FX」本に出合いました。そこからトレードに対する価値観も大きく変わり、デイトレ大百科やTRIBEでもとても貴重な考え方をいただいてます。

    さて、FXを始めた当初は、典型的なコツコツドカンを幾度となく繰り返し、その度に反省を繰り返していましたが、なかなか直すことが難しく、、
    最近はロスカットされても大丈夫な額しか口座に入れないでトレードをしています。実際どんなにトレードに失敗しても許容額しか負けないわけですから、心理的にはダメージも少ないです。
    ただ、このやりかたでは、損切りのタイミングがなかなか上達しない気がして、今後改めていく必要があるのかな。。と最近思っています。

    この線を抜けたら損切り。と自分の中では毎回根拠を持ってエントリーしています。しっかりそれどおりに損切りをすることも多々あるのですが、チャート形状的に耐えられそう、なんて思うと、つい耐えてしまいます。結果的に損が大きくなりロスカットに引っかかるのですが、もし昔のように口座に大きな資金を入れていたらそのまま損切りせずにドカンしてしまうのでは。と自分では思っていて、ロスカット前提のトレードは止めたほうがいいのか、及川師匠のご意見をお聞かせください。。

    お忙しい中ではありますが、お待ちしております。

    • おにちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >デイトレ大百科やTRIBEでも

      ↑あ、まずはあらためまして
      ありがとうございますm(_ _)m

      >ロスカットされても大丈夫な額しか口座に入れないでトレード

      ↑海外口座は「ゼロカット」があるので
      考え方としては僕もアリかなと思います。

      正直なところ、
      これではなかなかロットを上げていくことは難しいと思いますが
      メンタル管理上のメリットがそれ以上な気もしますね。

      で、あるならば提案なのですが、
      資金が二倍になった時点で出金(またはセカンド口座などに資金移動)
      これを何度か繰り返すことを当面の目標にされるのはどうでしょう?

      一回目の出金(資金移動)の時点で
      「勝ち確定状態」で、二度目以降は「完全プラス」です(笑)

      そんな中「飛ばしても大丈夫な金額」を
      徐々に引き上げていき、
      その中でロットも上げていく・・・

      もしこれで上手くいくとしたら
      実は大変すばらしいやり方だと言えるように思います。

      なぜなら、やはり相場の世界は
      突発的なナニかがいつ起きないとも限りません。

      けど、ナニがあろうとも
      常に「全損OK」の金額しか入っていないのであれば
      ある意味最強だと思うんですよね(笑)

      あるいはご自身が望む資金増加ペースからは
      大きく後退するかも知れませんが、
      「とにかく損失が限定されている状態」って
      投資ではめっちゃ重要な部分ですので
      アリなんじゃないかなとの感想を持ちました。

      もちろん僕個人の感覚ですので
      ご自身でしっかり考えて決めてくださいね^^

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。

    私の相場歴は3年、昨年末に「ガチ速」と出会い、それ以来 FXismのトレード動画で勉強させてもらっています。「時間的要素」と「通貨ペア相関」を考えるようになってから明確に成績が向上しました。 現在までに約100本ほど動画を見させていただきましたが、
    先生はエントリーや利確の時に何故1分足を見に行かれないのでしょうか。そもそも必要の無いものなのか、ノイズに煩わされない為なのか、また特別な理由があるのでしょうか。すでにどなたかが質問されておられるのかも知れませんが気になっていますので。 よろしくお願いをいたします。

    レジェンドにあやかって「東京のK」と名乗らせていただきます。既に「東京のK」さんがいらっしゃるのであれば「東京のK-2」ということで。

    • 東京のKさま
      コメントありがとうございます。

      >相場歴は3年、昨年末に「ガチ速」と出会い
      >「時間的要素」と「通貨ペア相関」を考えるようになってから明確に成績が向上
      >現在までに約100本ほど動画

      ↑まずは感謝感謝です^^
      本当にありがとうございます。

      >先生はエントリーや利確の時に何故1分足を見に行かれないのでしょうか。

      ↑実は以前は1分足に切り替えていた時期もありました。
      そのせいか、5分足を見ながらにして
      1分足の形状は大体イメージが出来るつもりでいます。

      それ以外の部分では単純に「慣れ」ですね。
      僕が通貨ペアをカチャカチャ変えながらやってるのは
      ご承知かと思いますが、
      そこに違う時間足のチャートを混ぜると自分自身が混乱しかねない、
      という気もしていまして。

      とにかく僕、
      非常に不器用なオトコなんです(苦笑)

      >レジェンドにあやかって「東京のK」と名乗らせていただきます。

      ↑僕の記憶ではまだいらっしゃらないはずです♪
      あらたなレジェンドとぜひなってください^^

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもいつもご丁寧な対応と親切なトレードの解説大変ありがとうございます。いつぞやの粘着質なコメントに付き合わせてしまい、申し訳無かったです。最近の対談動画で香港のk氏、Mr.T氏、そして金融工学のホリーさんの話は資金を溶かしてしまった自分に地獄に仏です。また、及川師匠の中長期投資やファンダメンタルズの考え方にとても感服させられております。もし、次の機会がありましたら質問があります。eMAXIS SLim s&p500や米国株のおすすめがありましたが、不謹慎に思われますがやはり絶望の二番底はあると思います。
    それでいて、感染者や死者が増えているにもかかわらず米国株は少しずつ最高値に戻しているのが理解出来ません。私は絶望の二番底狙いでチャンスを伺いたいと思ってます。また、スワップ取引にてFRBや日銀がバランスを取っているとは言ってもどこかでハイパーインフレの心配はないのでしょうか?某国のように自国経済が危機になるとお金を刷っていればIMFが入ってきて大変になるのでないかと察しますがどうなのでしょうか?及川師匠のファンダメンタルズのお考えを合わせて次回の対談動画がありましたら楽しみに待ちたいと思います。
    FXはデモトレにてコツコツ勉強していくつもりです。恥ずかしいTRIBE受講生ですが末席でいいので破門にはしないで下さい。ドン底の受講生より(早くこの文章が過去のものになりますように。)

    • warasibeさま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >香港のk氏、Mr.T氏、そして金融工学のホリーさんの話は資金を溶かしてしまった自分に地獄に仏です。

      ↑ありがたいお話ではありますが
      資金を溶かしたと聞けば心境は複雑です(汗)

      >やはり絶望の二番底はあると思います。

      ↑僕も基本「ある」と思っている側です。

      >スワップ取引にてFRBや日銀がバランスを取っているとは言ってもどこかでハイパーインフレの心配はないのでしょうか?

      ↑ここは僕レベルでは正直なんとも言い切れないですね。

      直近の株価上昇は
      エラく無理してやっている可能性も充分高く、
      「こんなことやってて本当に良いのだろうか?」
      「政治家たちの思惑だけで随分無茶するなぁ」
      これが正直な感覚です。

      今後、世界中の実体経済悪化が表面化する中、
      株価だけはバブルチックモードへ再突入・・・
      なんてことはむしろあってはならない話ですよね。

      >及川師匠のファンダメンタルズのお考えを合わせて次回の対談動画がありましたら楽しみに待ちたいと思います。

      ↑参考までに僕は自分の子供たちには
      ホリーさんの話に基づいたコツコツ積み立て型長期投資を
      スタートさせました。
      どのみち一括で大きな資金は入れられないからです。

      そんな中、僕自身の長期投資は
      まだ先でいい、との考えを持っています。
      (このへんは過去の生放送勉強会でお話した通りです)

      >末席でいいので破門にはしないで下さい。

      ↑なにをおっしゃいますか^^;;

      >早くこの文章が過去のものになりますように。

      ↑はい、こちらに激しく同意いたします♪

      今後とも
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんわ。
    おつかれさまです!

    報告します!笑
    FX勝ち逃げ最強の及川手法にて4月17日終了時点で月利100%きてます(´∀`)
    エクイティグラフもまぁまぁきれい…だと思います(笑)
    PFが1.8で勝率60%、アベレージでロストレードよりもプロフィットトレードのほうが金額が1割ほど勝ってる状態です。
    及川さんや他の上手な人から見たら下手くそかもしれませんが、自分の成長が嬉しいのです。笑
    まだまだ精度あがるように頑張ります!

    負けまくっていた自分がこのレベルまでこれたのがとても嬉しくて、及川先生のこれからの活動の励みになってほしくて書きました!
    傲慢さを捨てて謙虚に謙虚にいきます。笑

    ボラが大きいので勝ててる額も大きいと思うのですが、ボラはある日突然なくなっちゃうのですか?それとも気づかないうちに「そういや最近小さくなったな〜」という感じでなくなってくるのでしょうか?
    負けていた頃に、このボラだったらもう額がハンパないことになってたかもしれないですね…汗
    ボラが小さい頃にちょっとずつ月利20%ほど出せるようになって、
    勝てるようになったら尚更、「ボラってありがてぇ」って思うようになりました。笑

    及川さん活動頑張ってください!
    応援してます!

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます

      >4月17日終了時点で月利100%
      >PFが1.8で勝率60%、アベレージでロストレードよりもプロフィットトレードのほうが金額が1割ほど勝ってる状態

      ↑おぉ!これは僕より断然お上手ですね♪
      参りました!(笑)

      >及川先生のこれからの活動の励みになってほしくて書きました!

      ↑実にありがたいです、
      お気遣いいただきありがとうございます^^

      >気づかないうちに「そういや最近小さくなったな〜」という感じでなくなってくるのでしょうか?

      ↑通常はこっちですね(苦笑)

      >ボラが小さい頃にちょっとずつ月利20%ほど出せるようになって、
      勝てるようになったら尚更、「ボラってありがてぇ」って思うようになりました。

      ↑とても重要なことを言ってらっしゃいます。
      今後「低ボラ」と「ハイボラ」の移り変わりにも
      無理なく対応できるようであれば
      もう相当な熟練プロレベルだと思います♪

      普段手堅く、ハイボラ時はごっそり!
      今後もこれでお互いがんばりましょう。

      嬉しいご報告をありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    『無一文物語』すべて拝読しました。2〜3年ブログを拝見していましたが気がつきませんでした(汗)まるで乱高下な相場のような人生で及川先生と比べると自分の人生はまだまだぬるいなと思いました。

    今回のホリーさんの動画拝聴しました。株が下がったからと言って膿がでたわけではないという所に非常に関心をもちました。まだまだこれからが本番なのでしょうかね?

    それともう一つ興味をもったのはMr.Tさんのボリンジャーバンドのマイナス3σで買って負けたというところです。FXでデイトレをやっている自分としてはテクニカル分析でトレードをしているのですが自分はテクニカルは半分信じて半分信じていないところがあります。MAやボリンジャーバンドで反発するようなことが一般的に言われていますが自分はあくまでMAなどは目安程度に考えてトレードしていて水平線などを根拠にやっていることが多いです。及川先生はMAや水平線を根拠にエントリーや利食いをされていますが、MAやボリンジャーバンドをどのように捉えているのでしょうか?すごく抽象的な質問で申し訳ございませんが教えて頂けたら幸いです。

    今後も動画やブログなど楽しみにしております。

    • チャートラブさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >『無一文物語』すべて拝読しました。2〜3年ブログを拝見していましたが気がつきませんでした(汗)

      ↑分かりにくいところにありますからね^^;;
      もうアレ、、、何年前か記憶がないくらい古い記事でして
      当時リアルタイムで読んでくださった方でないと
      なかなか存在自体に気付けないと思います。

      >今回のホリーさんの動画
      >株が下がったからと言って膿がでたわけではないという所に非常に関心をもちました。

      ↑彼はデリバティブ取引が専門で
      株は「長期ほったらかし系」のはずです。
      よって目先の値がどうでもほとんど気にしていないと思いますが、
      それを気にする僕を含めた「普通の人」向けに
      いろいろと分かりやすく解説してくれているわけです(苦笑)

      FRBも日銀も「銀行は助ける」という姿勢だと思いますが、
      そこが火を噴くようならオオゴトになると。
      まずはそのあたりを注視せよ、って話のようですね。

      >自分はテクニカルは半分信じて半分信じていない
      >MAなどは目安程度に考えてトレードしていて水平線などを根拠にやっていることが多い
      >MAやボリンジャーバンドをどのように捉えているのでしょうか?

      ↑僕の場合は短期デイトレですので
      ボリンジャーバンドは主に利食い決済で使うことが多いです。
      ※水平状態のボリバンに当たったら一度決済しておくなど。

      ただしこれ、本来の正しい使い方ではないようで
      そこは僕も承知しているのですが、
      けど実戦の場では相応の目安になっているのでそうしている次第です。

      >マイナス3σで買って負け

      ↑僕は逆張りメインではないですので
      このやり方はないですね。

      MAに関しましては
      僕のインジケーター上ではそこそこ機能しているため、
      特に上位足(1時間や4時間)のモノは結構信頼して使っています。

      水平線も同様でして、
      もっともこれは「どこで引くか?」にもよりますよね。

      それと、僕は「時間帯」もかなり考慮しながらやってます。
      動きの出やすい時間帯とそうでもない時間帯などは
      対応を変えることが多いです。

      つまり、、、というか、
      MAは方向性を見るうえで大変参考になりますが、

      それだけでは精度がイマイチであることから
      その他のこと、具体的には
      「時間帯」や「通貨の相関」「通貨シリーズのシンクロ度合い」
      これらを加味しつつという感じですね。

      その意味で、
      「テクニカルを半分信じて半分信じていない」の件ですが
      ある意味ここは僕も同じかも知れません。

      それだけではイマイチ。
      もっと全体の動きや流れは加味したいですよね。

      取り急ぎこのようなご回答で大丈夫そうでしょうか?
      不足がありましたら遠慮なくご連絡ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先日はあんなにもご丁寧にご回答頂きありがとうございました。

    気持ちがすごく救われました。

    正直に、傲慢、慢心とは思いもせず、先生に仰って頂けたおかげで、ハッとなり、本当にこの一言で気付かされました。
    ありがとうございます。

    謙虚に、利益を持ち帰れる感謝の気持ち、
    明日も相場できるんだって喜び、初心の気持ちを忘れていました。日々利益を取れた喜びを忘れ、欲まみれになり、制御できなくなった自分が情けないです。

    正直、80万儲かった次の日のトレードで、今日は2万しか儲からないのかよ、昨日はあんなに取れたのに、あぁつまんねって、偉そうに思ってる自分がいました。それこそ慢心ですね。

    完璧なまでに相場をなめていました。

    振り返れば、私生活のちょっとした乱れ(肉体的にも精神的にも)が、トレードの自分を映すしていたと思います。

    冷静でフラットな時こそ、シナリオを立ててテクニカル通りの事が出来て、躊躇なく損切りはでき、しっかり利食えて終わる事が出来ていました。それで満足でした。

    反省でもあり教訓でもあり、課題となりました。
    何事も謙虚でいれれば、自制できると思います。
    マネジメントの重要性は考えていませんでした。

    色々と反省文みたいになってしまいましたが、先生のご回答を振り返って、思った次第でした。

    こんなもんじゃ終われないです。このままでいいとも一ミリも思いません。

    もう見ないと思っていた動画見ちゃいました(失礼極まりないですよね、言い訳になりますが、相場から遠ざかりたかったんです)

    一言一句が慰めにも聞こえ、励ましにも聞こえ、お叱りにも聞こえました。
    自分を客観的に見て、改めて向き合ういいキッカケとなりました。そして、自分の事を良く知れました。
    それと、こうなったから得られる気付きは凄いです。

    この機会を糧にして、
    また初心にかえって謙虚な気持ちが戻った時、また復活します。

    何も面白くなくて、すいません。
    乱文駄文失礼しました。本当にありがとうございました。

    • ピレリよりコンチネンタル派さま
      コメントありがとうございます。

      >気持ちがすごく救われました。
      >本当にこの一言で気付かされました。

      ↑恐縮ですm(_ _)m

      僕も結構がんばってご回答したつもりでして
      それゆえ動画でもご紹介させていただいちゃいました^^;;
      ここは感謝しております。

      >マネジメントの重要性は考えていませんでした。

      ↑あぁ・・・マネジメント・・・
      確かにここではバッチリな良いフレーズですね。

      >こんなもんじゃ終われないです。このままでいいとも一ミリも思いません。

      ↑はい、このようにおっしゃる方だろうなとは
      文面から想像をしておりました^^

      >自分の事を良く知れました。
      >こうなったから得られる気付きは凄いです。

      ↑このコメントは「さすが」だと思いました。

      僕も株式投資時代に資金を3回全損させています。
      当時の僕は「オレって天才」くらいに思っていた中、
      相場においてまるで自制を出来ない自分自身に
      大きな大きなショックを受けたものでした。

      「あ、オレってなんて傲慢なんだろう」
      「オレなんかナンボのもんでもなかったわ」

      この挫折感が僕に一定の「謙虚さ」をもたらし、
      その謙虚さが相場以外のジャンルにおいても
      活きた記憶があるんです。

      「相場ではメタメタに食らったが、
      自分という人間を過大評価していた自分に
      戒めをもたらしてくれた」のは
      僕自身にも言える話だった次第です。

      一定の謙虚さを取り戻せた僕は
      その後、相場以外のジャンルにおいても
      良い流れが出来やすくなりまして、
      それがさらにその後の相場復帰時にも活きた・・・

      僕もそのように思っているんです。

      つまり、、、
      あなた様にもおそらく同じことが起きて然りかなと。

      勝手な僕の勘ですが
      まず間違いなく「大いなる復活」をされる方だとお見受けしています。

      例えその出だしが相場でないにしても、です。

      そして大いなる復活後、
      再び相場に戻られる際は
      ぜひともお声かけください。

      心より健闘をお祈り申し上げます。

  • 及川先生

    いつも動画を見て勉強させて貰ってます。本当にありがとうございます。

    質問ですが、私は、価格をみてポジションを持つことがありますが、これだけ上げたからもうそろそろ下げるだろとか、これだけ下げたから、もうそろそろ上げるだろうとか、それで勝てることもあれば大損害する事ありました。こないだの大暴落も101円代で買っていれば凄く利益が出せた人もいると思いますが及川先生は、価格を見て判断することありますか、あくまでもチャートの形で取引されるのでしょうか?
    もし大暴落した時に取引する場合のアドバイスありますか?ロット数を下げて逆張りナンピンするとかありですかね?宜しくお願い致します。

    • FX大好き様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は、価格を見て判断することありますか、あくまでもチャートの形で取引されるのでしょうか?

      ↑「価格」からやることはほぼ皆無です。
      僕は短期、どちらかと言うと超短期トレードの部類でして
      そこに「値ごろ感」はまず介在する余地がないんですよね。

      もっとも「チャート形状のみ」でもないですよ(汗)
      時間帯や通貨間の強弱、あるいはシンクロ度合いなどを勘案した上で
      「どの部分を利益として切り取るか?」という概念がメインです。

      >もし大暴落した時に取引する場合のアドバイスありますか?

      ↑ここはどのくらいの時間軸でトレードするかによって
      全然答えが変わって来ちゃいますね。

      FXの場合であれば、あくまで超短期のままですので
      暴落だろうとその後の急な戻し場面であろうと
      「目の前の状況で着実に利益が抜ける場面」を心掛けるだけです。

      スイングトレードのように
      ある程度の日数を保有するトレードであれば

      1.下げ切ったと判断したところから反転狙いの保有
      2.ある程度値を戻したところからあらたな売り

      このように組み立てると思います。

      下げている途中における逆張り&ナンピンは
      短期だろうと中期だろうとやらないと思います。
      (ただし現物株の長期投資などは別です)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも動画ありがとうございます。

    今回は少し困っていると言うか怖くなってきている事の相談をさせていただきます。
    いままで勝てない悩みばかりでしたが今回は反対でして、
    今月に入り資金が10倍になりました。ただ、小額から始めているので金額的にはまだまだですが、ここで困っていることがあります。
    利確、損切の位置を自分なりに考え、エントリーしています。
    そこで利確位置まで来てもらえば問題は無いのですが、損切位置まで9割の確率と言ってもいいぐらい含み損になります。そこでナンピンを最初のエントリーの2倍入れ、初めに設定した損切ラインを越えて確定すれば損切します。が、いつもそこで戻りチャラか薄い利確で逃げます。こんなことが何日か続くとナンピンの数が増えていってます。もちろん損切ラインは守っていますがこのまま続けばドカンとなりそうで怖いです。ロッドも少し減らしたりとしてはいますがいい考えが思いつきません。このトレードスタイルだといつか痛い目を見るようで怖いのです。
    何度も少額で資金を溶かしてきましたがやっと勝って逃げることもできてきています。少なくとも今のトレードルールで利益が出ているのも事実です。
    また、小額ではありますが出金もしております。
    ただのびびりかもしれませんが何か一言いただければと思います。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • hakuさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >今月に入り資金が10倍

      ↑おぉ!これは凄い♪
      どんな経緯であろうとも、なかなか出来ることではありません。
      特に今月は先月までと比較した際、
      そこまでボラも大きくないですので。

      >損切位置まで9割の確率と言ってもいいぐらい含み損になります。
      >このまま続けばドカンとなりそうで怖いです。
      >何か一言いただければ

      ↑これ・・・めっちゃシンプルな話だと思いますよ。

      結論から言いますと、
      現在のエントリールールにおける
      「損切り予定付近」からやるようにすれば良くないですか?
      だって9割近くそこまで行くのですから。

      実はここ、少し想像がつきます。

      トレードフォロー系のトレードを目指す際、
      「伸び始め」を狙う機会が多いと思いますが、
      それって上下レンジの
      「ちょうど中間」くらいの位置であることが多いからです。

      僕は「動き出し」あるいは「動いてからの戻し」をやるので
      そこまで踏まれることは多くないですが、
      エントリーの決断タイミングによっては充分あり得る話だと想像します。

      実際、僕の過去の受講生さんで
      その特性を生かし、
      まさに今お話しているようなやり方で
      ガッツリ資産を増やした人もいます。

      詳細が分からないのでなんとも言えませんが
      お話の内容が事実であれば
      もはや試すことは上記ただひとつではないでしょうか。

      これ、、、
      ハマったら凄いことになると思いますよ。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    私はTRIBEにも参加させていただいてる者なのですが、ついに6度目の全損を果たしてしまいました。
    初めの方は日々の利益をプラスで終えながら少しずつ資金を増やすことができます。
    しかしある時突然勝てなくなり、それまで増やしてきた資金どころか元の資金まで失って全損です。これを今までに6回繰り返してきました。
    私は少しでも及川先生のトレードを真似できるようにがんばってきたのですが、6度目となるとさすがに心にきてしまいました。
    それでも私はFXをどうしても諦めることはできません。
    こんな私ですが、いつか及川先生の様なトレーダーとなって実際に及川先生にお会いさせていただきたいです。
    絶対に諦めません!

    • 飛さま
      コメントありがとうございます。
      TRIBEへのご参加に対しましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >ついに6度目の全損
      >初めの方は日々の利益をプラスで終えながら少しずつ資金を増やす
      >しかしある時突然勝てなくなり、それまで増やしてきた資金どころか元の資金まで失って全損

      ↑ここですが、

      1.普通にやれば勝てているのに損切りが出来ず全損?
      2.そもそもエントリーポイントなどに問題がある?

      どっちでしょう?

      そのあたりが文面からは分からないので
      技術的なところは正直なんとも言えないです。

      僕自身もそうだったのですが、
      負けトレードの際「なぜ負けるのか?」

      成績が落ち込んだとき「どの部分が問題なのか?」
      ここを自分なりに総括出来ていないと
      ある意味「せっかくの負け経験」が次に活かせませんので
      そこは常に分析や整理整頓されておくと良いと思います。

      >いつか及川先生の様なトレーダーとなって実際に及川先生にお会いさせていただきたいです。

      ↑こちらは僕もぜひそうあって欲しいお話です。

      次回以降、もしメッセージをお寄せいただける際は
      どのような部分でお悩みなのか?など
      良かったらお教えください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
    及川さんが去年シンガポールに行き、ファンドへ加わるかどうかのお話をしていらっしゃったと思いますが、最近ある別の著名FXトレーダーのYouTube動画にて「FXにおいてファンド(大口)の買い集めなどは幻想である。株と違ってFXは銀行が買っているだけだ。」と話していました。
    私は及川さんの動画をみて以降はFXでも大口の存在を意識してトレードしていました。(ここは買い集められているな 等)
    実際のところはどうなのか?
    値幅をとる為にFXをして行くことにおいて、大口についていくって事をそこまで意識しなくても良いのでしょうか?

    • サク様
      コメントありがとうございます。

      >最近ある別の著名FXトレーダーのYouTube動画にて「FXにおいてファンド(大口)の買い集めなどは幻想である。株と違ってFXは銀行が買っているだけだ。」と話していました。

      ↑ここは基本その通りかなと僕も思います。
      ファンドが為替(通貨)を「買い集める」なんてことは
      確かに考えにくいでしょうね。

      ただし、数年前のビットコインFXの時のように
      個人投資家のポジションを狩って利益を得ようとする
      いわゆる「悪意のある仕掛け」などはあると僕には見えます。

      それゆえ、FXのチャートは
      かくも「あのような動き」をするのではないかと。

      >FXをして行くことにおいて、大口についていくって事をそこまで意識しなくても良いのでしょうか?

      ↑うーん、ここはデイトレとスイングとで
      考え方が変わると思います。

      デイトレであれば
      上下の揺さぶりはかなり意識、
      というか、そこを逆利用したいですし、

      スイングであれば
      「材料性」のあるトレンドに追随で良いと思います。

      ここは「区別」の話ではないでしょうか。

      と、いうことで
      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは!
    前回は回答ありがとうございました。
    及川さんと同じMT4での通貨ペアの並びにしたいんですが良ければ左から順に教えていただきたいです(T-T)

    • アルセーヌさま
      コメントありがとうございます。

      >及川さんと同じMT4での通貨ペアの並びにしたいんですが良ければ左から順に

      はい、それでは早速。
      AUDJPY
      AUDUSD
      EURAUD
      GBPAUD
      EURUSD
      GBPUSD
      USDJPY
      EURJPY
      GBPJPY
      EURGBP

      僕はこの順番でやっています。

  • 及川さんいつもお世話になっています。

    ブログ記事と関係ない内容で恐縮なのですが、一点トレードに関しアドバイス頂きたくコメントさせて頂きました。

    【エントリーのタイミング】についてです。
    私は基本、MAタッチでエントリーを意識しているのですが毎回エントリーが早く、MAを抜けていったり、グズグズされたりします。
    ただ、方向性は合っているようで待っていれば戻ってくるのですが結局、微益で非常にタイムプロフィットが悪いトレードになってしまいます。
    また、エントリーが早い故に損切りも大きくなります。で、損切ると思惑の方向へ伸びていき『やっぱり方向性合ってた…』となります。
    『方向性◎』『タイミング×』が私のトレードの現状です。
    せっかく方向性があっているのにエントリーが早く損大利小になりがち(自己分析)
    なので、あとはタイミングさえ掴めれば…と日々悶々としています。

    エントリーをする根拠は現場毎に違うと思いますが、エントリーするタイミングに関して何かアドバイスを頂ければ幸いです。
    宜しくお願い致します。

    ちなみに現場は主に東京時間の円シリーズとオージーです。

    • 匿名キボンヌ様
      コメントありがとうございます。

      >『方向性◎』『タイミング×』が私のトレードの現状

      ↑なるほど、ここは確かにもったいないですね(汗)

      ここを踏まえて僕ならですが、
      自身の見据える方向性に対し、
      逆行である程度伸びた位置から入るなどの工夫を考えるかなと。
      例えば逆向き上位足への接近やタッチなど。

      それか、最初のエントリーは
      常に薄めのロットで「試し打ち」で入り、
      相応に踏まれた時点で「本チャン」を入る・・・

      後者については
      常に「今後のエントリーポイントのアジャスト」を目指す意味で
      あえてやるイメージです。
      もちろん負けても知れているロットが良いと思います。

      リオンちゃんの名台詞のひとつに
      「相場は行き過ぎるし届かない」があり、
      我々は常に「アジャスト」を要求されます。

      「感覚」と言い換えても良いと思うのですが。
      これを実戦しながら調整出来れば良いのではないかと思う次第です。

      あくまで僕だったら、、、と前提にお話をしていますが
      やり方としては結構良いのではと思いますね。

      よろしかったらご参考まで!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画拝見させて頂いてます。
    ありがとうございます。

    及川さんのトレード動画でいつも勉強させてもらってますが、何気に気になったことを質問させて頂きます。

    及川さんのトレードで、水平線は常に出てきますが、トレンドラインが出てくることはないと思います。
    僕もトレードをしていて、トレンドラインの有効性みたいなものも多少あるように思うのですが、ただ、及川さんのトレードの中には出てきません。

    トレンドラインを引いたり、使ったりしないのは、何か理由があるのでしょうか?必要性がないということなのか、それとも、いちいち引かなくても、及川さんのレベルになると、チャートを見てある程度、目視で確認してトレードをしているのでしょうか?
    ご教授頂けないでしょうか?宜しくお願いします。

    • HIROさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川さんのトレードで、水平線は常に出てきますが、トレンドラインが出てくることはない

      ↑はい、おっしゃるとおり
      僕はトレンドラインを引くことはまずありません。

      これはひとえに「相性」の問題かなと思っています。
      僕も以前はトレンドラインにチャレンジしたことはあるのですが
      どうも上手く使いこなせない、というか
      僕のやり方とはイマイチ合わない感じだったんです。

      ただしトレンドラインの有用性は認識していますし、
      上手に活用されている方がたくさんいるのも知っています。

      例えて言うなら、
      野球のピッチャーが
      「カーブは投げるがスライダーは投げない」
      「スライダーだと自分の投げ方とは合わない」
      こんなイメージに近いですね^^;;

      よって「持ち球」にはしていない、
      そんなところです。

      おそらくは「超短期トレード」という
      性質上との相性もあるように思いますが、
      ただ単にマジで「相性のみ」かも知れませんので
      そこはあしからずでお願いいたします(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRIBEではお世話になってます。

    今日は及川さんにお願いがあってコメントさせていただきました。

    及川さんのチャートに通貨ペアが一目で分かるインジケーターを入れていただけませんか?

    通貨ペア 表示 インジケーター MT4

    なんかで検索いただけると出てくるのですが···

    ヨン様だと一瞬で作れると思いますけど(^_^;)

    TRIBEでもYouTubeでも通貨ペア表示があるともっと分かりやすいですし、外で(電車、カフェなど)YouTubeを音量なしで見たとしても何となく分かると思います。

    もし可能でしたらよろしくお願い致します。

    • まーやん様
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >及川さんのチャートに通貨ペアが一目で分かるインジケーターを入れていただけませんか?
      >ヨン様だと一瞬で作れると思いますけど(^_^;)

      ↑恐れ入りますm(_ _)m

      早速ヨン様に作ってもらいましたので
      次回動画から表示させていただきます^^;;

      これまでご不便をおかけし
      申し訳ございませんでしたm(_ _)m

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせて頂きます。
    FX始めて1年半、2月から及川式を勉強し始めました。
    いつも有益で面白い動画とブログ情報を提供頂きありがとうございます。とても為になります。
    ホリーさんの動画もとても参考になりました。実際に参考にさせて頂き米国株を長期保有目的でエントリーしました。

    トレードについて質問させて頂きたいのですが、シリーズが異なる複数銘柄を保有することはありますか?
    4/21の欧州相場16:30頃からEURUSDとGBPUSDが下げに動きましたが、似たようなタイミングでオージーテクニカルでAUDUSD,AUDJPY下げ、EURAUD,GBPAUD上げに動きだしました。
    この時点で私はEURUSDとGBPUSDをショートしていましたが、オージーの動きも見てこちらにもエントリーのチャンスに見えました。こういう場合は及川先生はEURUSD,GBPUSDのショートとEURAUD,GBPAUDのロングというシリーズを跨ぐポジション取りはしませんか?Youtubeを拝見している限りどちらか元々保有していた銘柄シリーズで勝負するか、若しくはオージーに乗り換えるようにされているように見えますが、プライベートトレードでは両方持ったりされますか?
    同時保有して動きが早いとどうするか焦ってアタフタしたりしますが、、持ってたシリーズが結局グタグタになり、後から持つか迷ったシリーズが狙いの方向に伸びた場合とても悔しい思いもします。。。
    しかし先生がやられていないことを無理してやるレベルにないので、どう考えるべきかアドバイス頂ければ幸甚です。

    • ジョナ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >FX始めて1年半、2月から及川式を勉強し始めました。

      ↑光栄ですm(_ _)m
      ただし、そうなるとまだ
      「不明な点だらけ」かも知れませんね(汗)

      >シリーズが異なる複数銘柄を保有することはありますか?

      ↑その後の文面ももちろん拝見していますが
      僕は「シリーズまたぎ」は基本しないです。

      ただし「乗り換え」ならあります。

      これですね、、、
      そんなにカッコイイ理由ではありませんで、
      僕は通貨シリーズを混同させてしまうと
      結構パニックに陥りやすいというか、
      頭脳レベル的に情報処理が混乱してしまうんです(汗)

      例えばですが、
      シリーズまたぎでポジションを持ち、
      「より良い方だけ残して伸ばす」みたいなやり方が出来るのであれば
      それはアリだと思います。

      けど不器用な僕にはちょっと無理・・・
      ということでして(苦笑)

      ちなみに、乗り換えはしますと申し上げましたが
      乗り換えたことで
      「あ!やっぱりアッチのほうが良かった!」
      みたいな展開になることはありますよ(苦笑)

      僕も毎回毎回
      「ベストチョイス」が出来ているわけではありません。

      で、その悔しさをバネに
      選択眼に対し次回以降のトレードに活かしたい、
      このような意識でやっているつもりです。

      本件とは違う主旨で言ってはいますが
      「混ぜるな危険!」
      これは不器用な僕自身への戒めでもあるわけです(笑)

      エントリー後に
      他の通貨シリーズを常に確認しつつ、、、
      ここはもちろん僕もやっていますし、
      可能ならそうすべきだと思いますが、

      あっちもこっちも同時に手を出し、
      ややこしくなってしまうと
      経験値的にはイマイチではないかな?とは思いますね。

      あくまで僕個人の考えです。
      ご参考まで!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。

    日々とても有益な動画をありがとうございます。
    何度も動画を拝見し、学習させていただいております。
    及川さんの動画を観ない日は無いほどです。
    それほどFXのことだけに時間を使い、FXで成り上がろうとしている最中です。

    そんな私ですが、
    どうしてもコツコツドカンの連鎖から抜けられません。

    ドカン負けをしてしまうたびに、反省と自己分析そして改善をしています。

    約1ヶ月前にドカン負けから再スタートし、毎日コツコツ勝ち逃げをしていき1ヶ月後には3,5倍になりました。
    が、再度ドカン負けをしてしまい、口座に入っていた資金を全損。
    資金だけでなく僕の心までも痛手を負ってしまいました。

    僕がドカン負けしてしまうパターン
    ・無限ナンピン(乱射)
    ・はじめに決めていた損切り位置を広げてしまう(損切りできない)
    ・↑2つにより相当な含み損になりお祈りトレードへ(放置してしまう時も有)

    これまで数え切れないほどドカン負けをしてきましたが、ほぼ毎回このパターンです。

    切らないとマズイ。またドカン負けする。
    でも戻って来るかも。

    そう思ってしまいます。

    マイナスpipsが大きくなればなるほど損切りできなくなってしまう上にナンピンをしてしまうんです。
    分かってはいるのです、切らないといけないことは。
    ただ、なぜか切れない。

    逆に、マイナスのpipsが少なければ躊躇なく損切りできます。

    及川さんがコツコツドカンについて話している動画が何本もあることは存じていますが、
    そんな僕の「悪い損切りマインド」を変えられるアドバイスをいただけないでしょうか?

    • Takuさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      ドカン負けのパターンを
      ご自身で充分理解されてらっしゃるので
      そこからさらに何かをって話はとても難しいですね(汗)

      無限ナンピンをしてしまうというのは
      そもそも「戦術が明確ではない」って話だと思います。

      いや、実際はあるのかも知れませんが、
      損切り位置を「値が近づいて来たからズラす」となると
      ここはもはやトレードの話とは別モノかなと。

      技術的には
      「ナンピン一切禁止」
      または
      「当初決めた位置からの一回のみ」

      このいずれかに統一し、それさえ守れれば
      少々大きめな負けを食らっても
      「ドカン」にはならないですよね。

      で、そこを充分に分かっているのに
      いざとなると手が止まるということでしたら
      やはり前者の「ナンピンそのものを禁止」とし、
      それが可能な入り方、
      具体的には元来の戦術における
      「一度だけナンピンするとしたらここ」
      その位置からのみエントリーとするしかないですね。

      よく自己啓発の本などでは
      「意識を変えると行動が変わる」みたいなことが書かれていますが
      どうあっても意識を変えられないとするならば
      それはもうお金がもったいないだけなので
      トレードからは一度手を引かれたほうが正直良いのかも知れません。

      「アタマで理解出来ていることを
      どうあっても繰り返してしまう」のであれば
      それは少なくともそのジャンルにおいては
      不適格なんだと考えたほうが早いのではないでしょうか。

      ・・・と、
      これを本気で他人から言われたときに
      どう感じるのか?

      まずはそこを自問なさって欲しいなと思います。

      正直、本件の答えは
      他人から言われてどうなる部分ではないはずです。

      「自分が決めたことは絶対に守る」

      トレードにおいてここが出来ていないのであれば
      例えばダイエットや肉体改造のような
      「メニュー通り実行すれば絶対に成果が出る種目」にて
      実行可能かどうかを試すのも一考かと思います。

      あくまで私見ですが
      これらですら目指した目標までやりきれない人は
      トレードでも同じ結果になる可能性はとても高いと思います。

      なぜなら
      「絶対に成果が出るダイエットや肉体改造」のほうが
      やり切ることの難易度がトレードの何倍も低いと思うからです。

      厳しい話で恐縮ですが、
      ただただお金をなくすようではあって欲しくありませんので
      あえてこのように言わせていただきました。

      何卒ご理解ください。

  • 及川師匠

    いつもありがとうございます。
    4月になってから勝てなくなってしまいました。
    4月からボラの縮小&BTGでレンジになってしまったというのが原因なような気がしていて、こんな相場環境でも勝てる方法を日々模索しております。
    「ボラ縮小&レンジならスキャルでコツコツ」がよいのかと思って、
    師匠の過去の勉強会のスキャル動画を見ているのですが、、正直あまり腹落ちが出来ていません。
    私の中の理解ですが、
    「師匠や佐藤さんが教えてくださる技術の核にあるのは、上位足MAがきれいな形の時の押し戻りエントリであり、トレンドに順張り。」
    と思っています。
    一方、師匠のスキャルは、上記及川式デイトレをMAが揃っていない環境下に取り入れてるように見えており、
    MAがバラバラかつ方向感が無い中であんなに勝てているのが本当に不思議でなりません。
    腹落ちするまで、動画を繰り返し見ようとは思いますが、
    もしよければ、こういう相場環境でのスキャル方法を(ここで言うのはなんですが)TRIBEで教えてくださると幸いです。

    • ハリー様
      コメントありがとうございます。

      「4月になってから急に勝てなくなった」
      このようなご相談は随分多い印象です(汗)
      おっしゃるとおり「ボラ感の変化」に対し、
      慣れていないゆえからか
      上手いこと順応出来ていないことが要因の可能性は高そうです。

      >MAがバラバラかつ方向感が無い中であんなに勝てているのが本当に不思議でなりません。
      >こういう相場環境でのスキャル方法を(ここで言うのはなんですが)TRIBEで教えてくださると幸いです。

      ↑昨夜(22日)にTRIBEメンバー限定の「NY時間実演動画」をアップしました。
      もうすでにご覧いただいているかも知れませんが、
      こちらでは僕が実際にやっている流れを「ほぼノーカット」で
      なおかつひとつひとつ解説しつつ進めています。

      結果的にですが
      MAの向きも関係ないトレードになりましたので
      ぜひともこちらをご覧ください♪

      テキストベースでは到底お伝え出来ない内容が
      ふんだんに散りばめられているはずですので。

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも拝見させていただいております。

    及川先生・・・・
    このところ日収支がずっと負け続きとなっており、完全にスランプ状態です。
    時間帯を確認し、大百科での基本や鉄板エントリーを意識してはいるのですが、うまくいきません。

    負け方はいつも同じで、「エントリーした場所で反発するか止まる」です。引き付けていても、ホントにこればっかりです。
    MT4のエントリーした破線が、皮肉にも水平ラインのように良く効いています。マウス投げたくなります。笑

    勝っていた頃が信じられないほどの成績になり、何をどうしたらいいか思考ができていません。
    どうかご助言いただけないでしょうか。

    • 緒方さま
      コメントありがとうございます。

      ちょうどひとつ上のコメント返信でも触れていますが
      「4月になって急に勝てなくなった」というご相談は
      結構多い気がしています。

      おそらくが「ボラ感の変化」に対する対応というか
      リズムや波長が合わなくなっている人が多いのかなと
      そのように想像したりしているんです。

      ちなみに、

      >このところ日収支がずっと負け続き
      >勝っていた頃が信じられないほどの成績

      ↑ということは
      それ以前は勝てていたわけですよね?

      僕が一番恐れているのは、
      成績が悪化することで「疑心暗鬼」や「恐怖感」が生じ、
      それにより勝てている時に出来たエントリーの手が止まり、
      そうでもないところのエントリーが増えてやしないか?って部分です。

      すでにご理解済みかも知れませんが
      デイトレ、特に短期デイトレは
      「怖さ」を感じる場面のほうが美味しかったりします。

      けれどもそこに対し、
      本当の意味で恐怖してしまっては
      エントリー自体出来なくなってしまう気がするんです。

      で、「それ以外の良いとこ探し」を無意識にし、
      けどそれって実は
      調子の良いときにやっていたことと実は違う、
      なんてケースも過去には多かったです。

      緒方さんがこのパターンかは分かりませんが
      ちょっと確認なさってみて欲しいなと思います。

      全容が分からない中ですので
      取り急ぎ僕の中で考えられそうなお話を
      させていただくことにしました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。
    動画拝見しました。
    原油マイナスの理由が少し分かったような気がします。

    早速で申し訳ないのですが、ご質問させてください。
    普段から及川先生が仰っている
    『セオリーと逆に行ったらそのトレンドは強い』についての質問です。
    5分足でそういう場面が来た際、上位足の展開というのはどういうものなのでしょうか。
    5分足のセオリーとの逆行の場合、1時間足、4時間足を見たら逆行して然るべき状況だったのか、それともどっちにもあり得る状況だったのか、もしくは上位足もびっくりの逆行だったのか
    相場なので様々な動きあるかと思いますが、その辺のお考えをお聞かせ願います。

    • 蓮井さま
      コメントありがとうございます。

      >『セオリーと逆に行ったらそのトレンドは強い』について
      >5分足のセオリーとの逆行の場合、1時間足、4時間足を見たら逆行して然るべき状況だったのか、それともどっちにもあり得る状況だったのか、もしくは上位足もびっくりの逆行だったのか

      ↑僕が基本と考えるやり方は
      「上位足の順向き」でして、
      みなさんにどう見えているかは別として
      僕自身は「相当手堅く」やっているつもりなんです。

      で、その「相当手堅いやり方」が通用しない時、
      もっと言うと「裏切られてまだ逆に行くとき」
      その逆はかなり強い、、、これが丁寧にお話した際の真理です。

      ゆえに「上位足をもぶち抜く勢い」が
      ここでのお答えになります。

      ちなみに上位足、特に僕にとっての最後の砦である
      「4時間足MA」が1時間足MAと近い位置にある時に
      僕は「岩盤」という言い方をし、
      ここを抜けるのは大変なはず、という主旨で
      このような場面を好んでやるのですが、
      逆に言うと、ここを突破した場合、
      その先もまだかなり伸びる可能性を考慮します。

      一方、4時間足MAまでの距離がかなりある場合は
      1時間足MA抜けの時点で4時間足MAをターゲットにドテンするなど
      細かい戦術はその状況によって異なりますし、

      さらには「単体チャートのみ」でドテンを判断することはなく、
      通貨のシリーズで揃ってぶち抜いた時などを主にやるようにしています。

      文面でお伝えするのは難しいですが、
      機会があったらチャートで解説出来ると良さそうですね^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRiBEでお世話になっております。
    初めてのコメントです!

    FXを始めた当初からYouTubeで及川さんの動画で勉強させていただいており、毎日トレードに励んでおります。(FX歴は1年半ぐらいです)
    そこで最近悩みが出てきたので質問させていただきます。

    常に方向性、時間帯を意識してトレードをしているのですが、ポジションを持ち利が伸び始めるとすぐに利食いしてしまい思った以上に利益が伸びません。そして利食いしてしばらくしてからチャートを見返すとしっかり自分が思った方向に伸びていることが多いです。利食いしてから戻ってきたらまたポジションを持とうとするのですがうまくいかず逆に伸びることもしばしば…
    また損切りはコツコツドカンを防止するためと個人的に心的ストレスを緩和するために複合ポジでも合計20PIPSで損切りすると決めています。損切りするときは確定で20PIPSになるので毎トレード20PIPS以上利食いできるようにリスクリワードを意識してトレードしています。
    そこで利益を上手に伸ばすコツや心構えを教えていただけないでしょうか。

    • そーめん様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      TRIBEへのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      さて、文面すべて拝見しました。
      順不同で気が付いたところから回答させていただきます。

      >心的ストレスを緩和するために複合ポジでも合計20PIPSで損切り

      ↑損切りをきちんとすると決めている点は良いのですが、
      「PIPS」で決めてしまうと例えばボラのある相場では
      「とにかく切らされてしまう状況」が多発しかねないと思います。

      そうではなく
      「ここを抜けたら損切り」
      逆に言うと
      「ここまでは耐えると決める」

      ただしご自身もおっしゃっている
      「時間帯」を加味することは重要でして
      そこは引き続き活かして欲しいと思います。

      で、損切りをこのように決めることで
      当然利食いも同じ感性にするべきでしょうね。

      「利食いは早い」は僕も同様なのですが、
      ただし、例えば一本の5分足でしっかり伸びたら利食い、など
      エントリー時点の「本来の目標位置」との
      2本立てにすることをオススメしたいです。

      もう一度言いますと、

      1.本来の目標位置(水平線など)
      2.その途中でグンと伸びたら勝ち逃げ

      逆にいうと
      この2つ以外は継続。
      (ただし新30分突入時などは例外も可)

      このような基本姿勢にすることで
      実際の利食い&損切りのバランスが改善されるのでは?と
      想像します。

      上記を参考に、
      ご自身なりに組み立てを再考なさってみてください^^

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お疲れ様です。
    KAZさんとMr.Tの動画を拝見しました。難しい話でしたが、先物には手を出すなということですね。
    自分は投資信託に加え、仮想通貨も始めようと思います。給料の10%を、これらに長期投資する予定です。FXは、、、2日間で150pips負けました。
    でも、あきらめません。自分は3年後に、月に300万円稼ぐ人間になります。そう思い、景気づけに玄関の照明のスイッチを交換しました。
    これからもよろしくお願い致します。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >先物には手を出すなということですね。

      ↑基本はそうですね(汗)
      もちろんちゃんとした戦術を持って挑むのであれば
      この限りではありませんが、

      世間の人の多くは
      思った以上に「え?儲かりそう?」
      「そんじゃやってみよう」くらいのノリで
      やってしまうイメージがありまして(苦笑)

      これではなにかあっても
      自力で脱出は出来ませんよね。

      >給料の10%を、これらに長期投資する予定です。

      ↑単純に貯金するよりは
      やはり「利回り」も得られるモノのほうが良いと僕も思います。
      (いわゆるインカムゲイン)

      ここに対し「安い時期に仕込む」という概念と
      「長期保有」つまりは「時間を味方につける」という概念があることで
      結果的に値上がり益(キャピタルゲイン)との両取りが出来たら言うことなしで
      これが出来るのが『投資家』ということになると僕は思っています。

      >自分は3年後に、月に300万円稼ぐ人間になります。
      >そう思い、景気づけに玄関の照明のスイッチを交換しました。

      ↑後半は少々謎ですが(笑)

      けど「気分を一新」みたいな作業って
      自分にスイッチを入れるみたいで良いかも知れませんね♪
      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    先日はコメントにご返信いただきありがとうございました。
    非常にご丁寧で分かりやすく、とても参考になりました。

    今回もブログ記事と関係ないコメントで恐縮なのですが、もし可能であればお願いしたいことがございます。このブログのコメント欄を、HP右下にあるキーワード検索で拾えるようにできないでしょうか。

    先生が動画でもおっしゃっているとおり、このコメント欄だけでもかなり勉強になるご質問、ご回答が多くあります。メモしていなかったコメントを再び探す際や、自分が調べたいキーワードで同様の質問があるか等を検索できたら非常にありがたいです。

    システム的にもし可能であれば、ご検討お願いいたします。

    • saiさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >このブログのコメント欄を、HP右下にあるキーワード検索で拾えるようにできないでしょうか。

      ↑なるほどですね・・・

      僕はシステム関係がからっきしなので
      ちょっと関係する担当者に聞いてみます。
      もし可能であればもちろん対応してもらいますが
      そこは聞いてみてからですね^^;;

      気付けばここのコメント欄、
      トレードQ&Aの宝庫みたいになってますので
      検索可能なインデックス化が出来たら良いのは確かだと思います。

      良いご提案をありがとうございますm(_ _)m
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもブログやデイトレ百科、YouTubeをみて書いて勉強しています。
    正直なところ覚えることが苦手なので何回も見ていますが(笑)

    微々たるところで勝ち逃げができてきているので以前よりは成長できたのかなと感じてます。

    ただ、最近スランプに陥っています。
    損切りラインと目標ラインを決めエントリーとここまではいいのですが、エントリー後マイナスPIPSが出てしまうとビビってしまってすぐに損切りしてしまいます。
    最初に環境認識をしてどこかできる場所はないかと探しているので結果としてその方向性には間違いがないことが多いですが、エントリー後マイナスPIPSを見てしまうと自分自身の考えている方向性が間違っているのではないかもしかしたら相場が転換してしまったのではないかと頭をよぎってしまいます。
    そして損切りラインに到達する前に損切り、、、そして時間残存があるのでドテンしてのダブルパンチで損切り。
    それでもスキャルで何とか取り返しとりあえずプラス収支と綱渡り状態がほぼ毎日で、この悪循環がなかなか抜け出せなく悩んでいます。

    及川師匠、このような時はどのようなことに注意しトレードをしていいのかアドバイスを頂けないでしょうかよろしくお願いいたします。

    記事とは関係のない内容で申し訳ございません
    PS 仕事中、及川師匠のコメントで笑うことがあり一人でなに笑ってんだみたいな目で同僚にみられるのに慣れてきました(笑)

    • うちなータイムさま
      コメントありがとうございます。

      >損切りラインに到達する前に損切り、、、そして時間残存があるのでドテンしてのダブルパンチで損切り。

      ↑これはご自身の「当初イメージ」に対しての自信がないのか、
      あるいは急な、されど結果的にちょっとした動きに対し
      即反応してしまうといったところでしょうかね。

      確かにもう少し「どっしり」と構えつつ
      方向性を信頼出来るよ良さそうですね。

      ちなみに、、、

      >スキャルで何とか取り返しとりあえずプラス収支

      ↑これは僕も結構よくやるのですが、
      スキャルでイケているのであれば
      一度「スキャルだけでやったらどうなるのか?」
      この感覚を実戦で試してみるのはいかがでしょう?

      本来であれば「スキャル癖」は
      あまり良くないと思ってもいますが、
      もしかしたらそっちのほうがご自身に合っているのかも知れませんので。

      ただし!
      そこに特化しようとした際、
      それこそ大きめなハマりは避けねばなりません。

      よって
      トレードの回数や取り組む時間のケツを決めておくなどし、
      とにかく「勝ち逃げ」で終える意識は必須だと思います。

      >仕事中、及川師匠のコメントで笑うことがあり一人でなに笑ってんだみたいな目で同僚にみられるのに慣れてきました(笑)

      ↑そのうち、
      「いよいよナニ見てるのか教えろ」って
      言われるかも知れませんね^^;;

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生!いつもYouTubeで勉強させていただいています。
    実は先生のYouTubeを見てから、急に勝てるようになりました!(この2ヶ月間、週ベースで負け越す事はなく、月利20%程)
    特に「損切りライン直前のナンピン」「逆張りは利をすくう」こういった教科書に書いてあることとは逆の、人間味あふれる先生の教えが僕のマインドを変えたからだと思います!

    ここで相談があります。
    私は、チャネルと水平線と移動平均線を主に使って裁量トレードを行なっているのですが、裁量なだけに今勝てているのがまぐれなのではないか、これからも勝てていけるのか、不安になります。
    先生のトレードも裁量の部分が多いと伺えますが、先生は初めて勝ち始めたときそういった不安のようなものはありましたか?
    そういった不安とどう向き合えばいいのでしょうか?
    また、勝ち始めた時に気をつけた方がいい事などがありましたらご教授頂けると嬉しいです。

    これからもYouTubeの投稿楽しみにしています。(今出ているものは全て見ました!笑)

    • むらまつ様
      コメントありがとうございます。

      >先生のYouTubeを見てから、急に勝てるようになりました!
      >この2ヶ月間、週ベースで負け越す事はなく、月利20%程

      ↑それはそれは
      嬉しいご報告をありがとうございます^^
      安定感ドッシリって感じで素晴らしいですね。

      >裁量なだけに今勝てているのがまぐれなのではないか、これからも勝てていけるのか、不安になります。
      >先生は初めて勝ち始めたときそういった不安のようなものはありましたか?

      ↑正直なところ、当時の感覚はイマイチ覚えてないです。
      ただ、なんとなく思うのは
      多くの人は勝ち始めた時点で「不安」ではなく
      「調子に乗る」ケースのほうが多い気がしますよ。

      僕の記憶がイマイチなのも
      おそらく僕が後者だったからかも知れません(苦笑)

      で、調子コイたあたりで大きな負けを食らい、
      「アカンアカン!調子に乗ってた!」
      このように反省しつつ、再び謙虚に戻る、、、みたいな(汗U

      >勝ち始めた時に気をつけた方がいい事などがありましたら

      ↑もう答えを言ってしまってますが
      とにかく調子ずかないことではないかなと。

      「オレって天才」とか思った途端に
      損切りせずツッパって大損したりするものですので。

      僕が最近何度も連発している言葉なのですが、

      『トレードとは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム』

      ここを常に忘れないことだと思います。

      「自信がつく」ことは良いのですが、
      それが「過信」となり、
      「トレードが上手い自分が損切りなどしない」
      みたいな心の隙から大損・・・
      大抵の人はこのパターンですので。

      ある意味「不安」なうちのほうが安全ではないかなと
      僕はそのように思いますね。

      >今出ているものは全て見ました!笑

      ↑それは恐れ入りますm(_ _)m

      今後も参考になるような内容を心掛けますので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初見で失礼いたします。
    及川先生、私もYouTubeや及川先生の天才チャートで勉強させていただいています。すごくためになります。ありがとうございます。
    ブログ内での質問で大変恐縮なのですが、最近の相場の動きを見ていて、どうしても気になってしまったので質問させて下さい。
    2020年4月24日のEUR/USD5分足チャートで、MT4時間9:35の時のパーフェクトオーダーの時は、基本エントリー①に基づき売りを出して利益を確保できたのですが、その後の値動きで、MT4時間10:15~15:20の上昇の動きを見るとかなり大きな上昇波が発生しています。基本エントリー①に基づいて利益を1回は確保できたのだから、十分だと思えるのですが、MT4時間10:15~15:20の上昇の動きを見るとかなりもったいないようにも思えます(最近のEUR/USDではこのような動きをよく見かけます)。しかし、天才チャートの基本エントリーから読み取れるような適切なエントリーポイントは凡庸な私には見つけることができません。
    及川先生は、MT4時間10:15~15:20のEUR/USDの上昇波から利益を確保するとしたら、どこを基準にどのような根拠に基づきエントリーと決済をいたしますでしょうか?それとも基本エントリー①や②で捉えられないリスクの高いような波だから、どんな波でもとろうと欲張らずにこれは見送るべきということでしょうか?ご教示いただけますと幸いです。

    画像を添付できず、すみません。

    身勝手な質問で申し訳ないのですが、ぜひとも及川先生の考えをお聞きしたいのでよろしくお願いいたします。

    • ぽぽにゃん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      ご質問のあたり、チャートを確認してみました。
      この上昇は正直「僕の仕事」ではないですね。

      僕は短期、どちらかと言いますと
      「超短期デイトレ」だからです。

      あるいはご指摘の上昇を取る考え方や
      手法などもあるのかも知れませんが、
      僕は専門外なのでなんとも言えません。

      ちなみにですが、
      このインジケーターを使って僕がロング出来たとしたら
      MT4時間の13:30(19:30)の足付近からです。

      上位足1時間足MAをも抜け、
      黄緑線に戻ったあたりですので
      仮に損切りになった場合も傷は浅く済んだはずです。

      で、エントリー出来たとして
      決済は10分後の13:40(19:40)の足が
      4時間足MAに当たったあたり。
      つまり保有時間は10分前後だったと思います。

      このように僕は
      「なるべく短い時間で着実に取れそうなところを狙い」
      「短時間保有のため時間的な不確定要素を排除出来」
      「ゆえにロットをあげてトレード出来る」
      というやり方をしている次第です。

      ※合う合わないは個人差かなと。

      ただし、
      それでも僕はこれをやった可能性は極めて低いと想像します。
      他の全チャートを観てみないと詳しくは分かりませんが、
      おそらくもっとイージーに取れる銘柄が他にあっとのでは?というのと、
      そもそも僕は19時以降の欧州時間は観ていないことのほうが多いからです。

      >どんな波でもとろうと欲張らずにこれは見送るべきということでしょうか?

      ↑どんな波でも取ろうとすることは確かにあまり賛成しませんが
      重要なのは「自分はどういう波なら取れるのか?」
      「どういう波なら見つけることが出来るのか?」
      ここではないでしょうか?

      トレードの手法など星の数ほどあります。
      ある人にとっては良い手法でも
      ある人にとっては全然噛み合わないこともあるでしょう。

      そんな中、
      「じゃあ自分はどうする?」
      そういう話ではないかと思います。

      ほとんどの場合
      プロは「自分の得意パターン」を持っているものです。

      で、ここからが重要なのですが
      それらプロは
      「自分が得意でないところはやらない」って部分です。

      「いつでもどこでも勝てるのがプロ」ではなく
      「勝てるとこだけ着実にやるのがプロ」ということです。

      なぜなら僕も含め、
      彼らはこれでメシを食っているからです。

      上手くお伝え出来ているか分かりませんが
      これが本件の僕からのアンサーです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもブログとYouTube拝見しながら、デイトレ大百科で勉強してさせていただいております。先日もコメントへの返信ありがとうございました。
    5日間ほど40(pips)、 80、30、30、110、35と順調に勝っていたのですが
    翌日に往復ビンタにハマり-85pips、その次の日には損切りできず-190pipsと大きくマイナスになってしまい、1週間での収支ではマイナスになってしました。

    東京時間と欧州時間でオージーテクニカルを意識してトレードしているのですが
    GBPAUDやEURAUDでエントリーした際に
    黄緑線を割っても、まだAUDJPY/AUDUSDは黄緑線を割っていないから
    75MAを割っても、まだAUDJPY/AUDUSDは75MAを割っていないからと損切りできなかったりで(以前、耐えて戻ってきたこともあり)
    前に及川先生がおっしゃっていた自分に都合の良い損切りラインを作ってしまい
    コツコツドカンやってしまいました。
    まず、個別チャートでの損切りラインをしっかり意識してちゃんと損切りをできるように意識したいと思っておりますが
    こういう状況の時に損切りで初心者が優先的に意識した方がポイントなどありましたらアドバイスいただけると幸いです。
    他の方々からも同じ様な質問があるかもしれず申し訳ありませんが
    宜しくお願い致します。

    • Keiさま
      コメントありがとうございます。
      文面すべて拝見しました。

      オージーテクニカルの際に留意しておきたい点としましては
      東京時間のほうがより信頼しやすく、
      欧州でやる場合は「ユーロ」と「ポンド」の強さ(弱さ)を
      同時に注視しておくこととなります。

      例えばポンド円とポンドドルがシンクロして強いまたは弱い場合、
      僕はオージーではなくこっちをやるようにしています。
      ここについてはオージー系のエントリー後も
      常に意識して見るべき部分です。

      東京時間の場合はユーロやポンド中心に
      動くことはさほど多くないですが、
      欧州時間以降は「当然のように」そうした動きが起こり得ますので
      まずはそこですね。

      ここについては不随する話としてもう一点。

      東京時間の間はオージーがシンクロして動いていたとしても
      欧州時間突入からの「あらたな動き」で
      そもそも東京時間内で形成されたチャート形状自体が
      アテにならない可能性も考慮すべきという部分もありまして、
      これはオージーに限った話ではありません。

      そう考えますと、
      欧州以降は「オージー優先」で見ていくのではなく、
      むしろそれ以外の通貨ペア、
      具体的にはポン円&ポンドル、ユーロ円&ユーロドルの
      シンクロ度合いを先に確認し、
      それらで良いものがあったらそっちをやる。。。

      この基本姿勢のほうが良いかなと思いました。
      (僕も基本そうしています)

      損切りについてどうすべきか?より
      上述の見方を意識することで
      自ずと損切りすべきかどうかの判断がしやすくなると思いますが
      いかがでしょうか。

      取り急ぎ以上ですが
      不足がございましたら遠慮なく!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんばんは!
    前回は、質問へのご回答ありがとうございました。
    デイトレ大百科で非常に前進しております。
    TRIBEの2期の募集もありましたら、是非、参加させて下さい。

    質問なのですが、
    先生が動画内で使われる「もっさり戻し」についてです。
    感覚的には分かるのですが、感覚なので確証がありません。
    明確に判断する方法はありますでしょうか?
    宜しくお願い致します^^
    いつもありがとうございます^^

    • 古賀さま
      コメントありがとうございます

      「もっさり戻し」については
      以前一定の定義付けをしました。

      それがコチラ↓

      5分足MAの水色・黄色・ピンク
      この序列が先に崩れたあと黄緑線に戻る、
      これをもっさり戻しの定義とする・・・

      ただし、
      ここからは最近追加した部分なのですが、
      黄緑線と1時間足MAが至近距離にいる状態からトレンドが伸びたところを起点に
      その次の一回目の戻しはやる価値あり!としています。

      それ以外では
      時間帯終盤、具体的には14時半や20時半あたりの戻しは
      その後、まったく新しい動きが始まる可能性を考慮し見送りするなども
      僕がよくお話しているポイントです。

      取り急ぎ以上です、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めましてです。1年前くらいから、及川師匠のYouTubeなど拝見させていただきながらFXの勉強をしております。
    初めて尊敬できる先生にお会いしました。最初は、先生のおっしゃる相関関係などの説明がよくわからなかったのですが、だんだんと理解できるようになってきたと思っております。
    FXの成績に関しては勝ったり負けたりありながら、臆病者なのでまだ大きいロットを打つことができずで、あんまりプラスにはできておりません。今はまず、長期保有をしない。決めたところで損切をする。利が乗ったら決済するタイミングを逃さないなど、自分で決めたルールをまもることから始めています。
    プラスにするスピードが遅すぎて自分でも嫌になるのですが、私の性格的に、FXで生きていきたいと思っています。だから、先生のYouTubeをもっと見てさらに勉強を頑張ります。これからも、出来るだけ長くYouTube続けてください。先生にお会いできるのをいつも楽しみにしております。

    余談になりますが、先生の今いらっしゃるシンガポールは良いところですね。ある程度お金持ちでなければ暮らせませんでしょうけど。。友人が住んでいるので何回か遊びに行きました。美味しいお店もたくさんですね。この時期はコロナのせいで自粛生活が大変でいらっしゃるかと思いますが、早く終息して楽しいお酒が楽しめるようになることを願っております。

    • Lady Raraさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >初めて尊敬できる先生にお会いしました。

      ↑メッチャ光栄です♪
      ありがとうございます。

      >今はまず、長期保有をしない。決めたところで損切をする。利が乗ったら決済するタイミングを逃さないなど、自分で決めたルールをまもることから始めています。

      ↑ハンドルネームから女性?とお見受けしていますが
      大変女性らしい堅実さを感じました。
      (万一男性だったらごめんなさい^^;;)
      (いずれにしても良い意味ですので)

      >これからも、出来るだけ長くYouTube続けてください。先生にお会いできるのをいつも楽しみにしております。

      ↑実は随分前から
      「もう辞めたいかなぁ」と思ったりしていたのですが
      いざ辞めようとすると
      僕が元来持っている「出たがり」の性分が
      そこそこブレーキをかけてくるんです(笑)

      現在はシンガポールにいることで
      ヘンテコな人的しがらみが随分減ったので
      割と自由に出来ているのも良いように思っています。

      てなことで、
      まだまだ健康なうちは継続したいですね^^

      >シンガポールは良いところですね。
      >美味しいお店もたくさんですね。

      ↑そうなんです。
      ま、今は全店休業中ではありますが
      「美味しいお店」は山ほどありまして
      僕もかなり驚きました。

      コロナに関しましては
      どの国も大変ですし、
      本当に一日も早い収束を願いたいですね。

      お気遣いありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、いつも動画アップありがとうございます。
    直近の動画拝見しました。
    インゴットはもちろん現物ですか?
    また、ビットコインの現物はどのように購入されてますか?

    • ハローウーにゃん様
      コメントありがとうございます。

      >インゴットはもちろん現物ですか?

      ↑そのようです。
      僕は昭和人間でカタカタ(英語)ばかりの会話は
      どうもイマイチなんですよね(苦笑)

      >ビットコインの現物はどのように購入されてますか?

      ↑僕は今、シンガポールですので
      日本の業者からは一切購入していません。

      日本からだと取引出来ないところを使っていますので
      現時点では詳細はご容赦ください。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠。初めて投稿します。m(_ _)m
    去年の秋ぐらいからデートトレ大百科とかトライブとかでお世話になっております。2020年4月24日の生放送勉強会に参加させて頂いておかげさまでようやく師匠の言ってる相関逆相関の01初動が理解できるようになり自信を持ってトレードができるようになりました。
    しかもどっちに動くかわからない場合は相対通貨を同じ方向に両建てするとかまたその強弱を枚数で調節するとかこの世のものとは思えないレベルの高さに本当に敬服いたします!(トライブ限定の動画でこの3つを押さえておけば後は何もいらない。。。と言っておられた動画です)
    もう目から鱗で大変な騒ぎです!

    いまは利食いのポイントも他の通貨ペアを見て決められたり足すなら足すで他との兼ね合いで自信を持って打てるようになりました。逆言ったら損切るだけでドテンするかはこれまた他との兼ね合いですよね。

    まさに相場は生き物であり東京時間から欧州時間そしてニューヨークへと1つのストーリーのように流れていく感じがおぼろげながらつかめた感じがします。

    今までは1つのチャートを決めてその中でトレードしていましたがなんでこんな動きをするのかとかこの動きは何のためだったのかとか理解不能でしたがこの2020年4月24日の生勉強会に参加させていただいてその時は分かりませんでしたが後で何回も繰り返し見ることによっておかげさまでチャートの不可解な動きも理解できるようになりようやくトレーダーの入り口に立てたような気がします!今までは汚いチャートを見ると忌み嫌っておりましたが今は汚いチャートを見るとお‼︎通貨が拮抗しているかも‼︎チャンスかもと思えるようになり汚いチャートが好きになりそうです(笑)

    あとホリーさんのお話の中でお札刷り刷り大会でFRBと日銀の需給のバランスが崩れて4月27日の動画で師匠がドル円は売ってればいい! 100%自信があるおっしゃっていましたがドル円はかなり崩れましたね。これもいってみれば1種の01初動でありレパートリーの中に加えさしていただきました。本当にありがとうございます。
    師匠最高にかっこいいですね‼︎
    かっこ良すぎ‼︎(笑)

    • コロナ以前からプー太郎さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      また、TRIBEへのご参加に対しまして
      あらためて御礼申し上げます。

      >この世のものとは思えないレベルの高さに本当に敬服いたします!

      ↑なんとも大袈裟な・・・(苦笑)

      ただし、

      >トライブ限定の動画でこの3つを押さえておけば後は何もいらない。。。と言っておられた動画です

      ↑ここはかなり本音ですので
      ぜひ感覚を掴み取っていただきたいと思います♪

      >逆言ったら損切るだけでドテンするかはこれまた他との兼ね合いですよね。

      ↑そうですね。
      僕も最近ドテンの回数はかなり減りました。
      もっともこれは現在が「ボラなし相場」であることも要因です。

      先々はドテンのパターンも試してみて良いとは思いますが、
      「それありき」みたいになってしまうと危険でしょうね。

      損切り・・・からの一度アタマをフラットに戻して・・・
      からの「再エントリー」

      こういう考え方で
      ハタから見たら「結果ドテン」でも
      これならアリだと思いますので
      そのあたりも今のうちにお伝えしておきます^^

      >今は汚いチャートを見るとお‼︎通貨が拮抗しているかも‼︎チャンスかもと思えるようになり汚いチャートが好きになりそうです(笑)

      ↑ここはなんて言って良いのか微妙なので
      スルーさせていただきますね(笑)

      >4月27日の動画で師匠がドル円は売ってればいい! 100%自信がある
      >これもいってみれば1種の01初動

      ↑あれ、、、そうでしょうか?汗
      あそこは完全なる「戻り売り」なので
      僕の中では「0→1」とはかなり違うつもりなんですが・・・

      なんとなくおっしゃる意味は分かるつもりではありますが、
      この辺は次回以降、詰めていくことにしましょうかね^^

      >師匠最高にかっこいいですね‼︎
      かっこ良すぎ‼︎(笑)

      ↑今年で55歳になるおっさんですが
      お言葉はありがたく頂戴させていただきます♪

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • あぁ〜〜〜〜〜。
    ホントなんてバカなんだ。。。

    何度同じ失敗をしたら気が済むんだ。

    いつまで経ってもスタート地点から進んでないじゃないか。

    そんなんでよく最愛の人を幸せにするなんて言えたもんだ。

    そんなんだから捨てられるんだよ。。。

    そんな反省をしている今日この頃でして、、、
    ここは一発師匠から喝を入れて頂きたいと思い、大変失礼なお話であることは重々承知はしているのですがコツコツドカンはこれで最後にする決意をしたので、師匠にパワーを頂けたらと思いご連絡させて頂きました。

    TRIBEに参加させて頂いて以来、様々なことが順調に進み
    明るい未来が見え始めて来た頃に過去最大のドカン負けをしてしまいました。

    幸い幾らか資金を抜いていたもので、それを原資に再チャレンジすることができました。
    しかし、月末までの目標に到達した時点で、その翌日にまたもや全損してしまいました。

    資金を抜いた翌日や目標達成の翌日など、物事が上手く行っているときにすぐ調子に乗ってしまうのが私の悪いクセのようです。

    幸いTRIBE開始前の状態に戻ったという状況でして資金的なマイナスがあるわけではないですが、この1週間内の2トレードにおいて本業月収の2倍以上の損失を被ってしまいました。

    これまでの自身の負けパターンを拾い、ドカン負けをしないよう対策はバッチリ立てましたが、ちょっとしたメンタルの変化で同じ過ちをしてしまいそうで不安です。

    そんなこと言ってる時点で甘いなぁ〜と思うのですが、自分が弱い人間だと十分わかっているからこそ1つでも多くのストッパーを胸にしまっておきたいのです。。。

    勝手を言ってすみません。

    ですが、私は及川師匠の「専業トレーダー1000人を生む(かなり前にお話しされていたことなので、今は違うのかもしれませんが)」というライフワークに、確実に貢献できる人物であると確信しています。
    結果的に素質が足りなかったとしても、必ずや叶えてみせます。
    それだけの覚悟を持って、私はトレードをやっています。
    、、、とはいえまだまだ「つもり」でいるだけなんだと思います。。。

    私にできることは、師匠に教えて頂いたFXで結果を残し、より良い人生を手にすることしかありません。

    なので、まずはそれを何より最優先し合目的的に突き進んで行きたいと思っております。

    そして、お互い望まない別れを決断することになってしまった最愛の人とまた一緒に楽しい人生を歩めるよう精一杯頑張って行きたいと思います。

    なんだか決意表明のようになってしまいましたが
    今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

    • 戸愚呂さま
      いつもコメントありがとうございます

      >そんなんでよく最愛の人を幸せにするなんて言えたもんだ。
      そんなんだから捨てられるんだよ。。。

      ↑ちょっと!
      ナニゲに凄い書き出しでビビりました(汗)

      >コツコツドカンはこれで最後にする決意をしたので、師匠にパワーを頂けたらと思いご連絡させて頂きました。

      ↑全文を拝見しましたが、
      ダメージは大きいのは言うまでもない中、
      まだ「リスタート」は充分切れる状況かと推察いたします。

      ただ、
      お気持ちは分かるつもりですよ。

      人は「振り出しに戻る」ことで受けるダメージ、
      いや『喪失感』かな・・・
      これが物凄く堪えるってことをです。

      僕が20代序盤のころに自殺未遂をした際、
      いろいろなことが重なる中のひとつに失恋も含まれていました。

      全然カッコよくないですが
      あえて言いますと、
      「愛も夢も同時に失った」みたいな気分だったんです。

      もちろん当初は絶望感でいっぱいでしたが
      なんて言うか、時間経過とともに吹っ切れた際、
      『何もない自分』ゆえのある種の清々しさを感じた記憶があります。

      アリテイなところの
      「失うモノなどオレにも何もない」
      「やるだけだ!」
      「すべてはプラスにしか行かない」
      こんな気分だったことを思い出しました。

      イメージ的には『進撃』です。

      ただし、誰にも気づかれず、
      自分だけから始まる「静かなる進撃」

      これは集中力などを研ぎ澄ますことに対し、
      思いのほか「良い環境」とも言えました。

      なんていうか
      「空気すら澄んでいる」ように感じたものです。

      誰からもなんの評価もされず、
      ただただ淡々と自らの復活を図る時間。。。

      僕はこれこそが
      モノゴトを成し遂げようとする人にとって
      最も必要な時間なのではないかと思っているんです。

      つまり・・・
      今の環境は決して悪くはないと。

      人は大きくジャンプするためには
      一度膝を落とさなければなりません。

      また、そうすることで
      より大きな跳躍が可能となるわけです。

      今がその時期ではないでしょうか?

      そして「そんな時期が必要だった」と
      あとから言えるよう、
      自らのチカラでぜひとも証明なさって欲しいと願います。

      ちなみにこれ、
      トレードに限った話ではありませんので。

      もはや「人生レベル」ってことで!

      応援しています。
      少々時間がかかろうとも
      必ず復活なさってください。

      その時には
      「人生史上最強の自分」がそこにいるはずですので。

  • いつも動画拝見させていただいております。過去の投稿にもコメントさせていただきましたTIと申します。

    トレードの成績は非常に良くなってきているのですが、利益確定について課題があります。

    エントリーしてから、当初狙っていたターゲットまで届いて利確という場面が一番ベストなのですが、ターゲットまで届かずに反転し、建値決済及び損切になる事があります。←これが現在の悩みです。

    この時に反発を恐れて早く利確すると損切とのトータルのバランスが崩れますし、粘ってターゲットギリギリで反転して損切になるとメンタルも相当きついです。

    このようにその時々で変化する相場の中で、納得できる利確を行うために、何か意識されていることやアドバイス等はありますでしょうか。

    お忙しいところ大変恐縮ですが、ご教示をお願い致します。

    • TIさま
      コメントありがとうございます。

      >その時々で変化する相場の中で、納得できる利確を行うために、何か意識されていることやアドバイス等はありますでしょうか。

      ↑お話の主旨はとてもよく分かるつもりです。

      僕からのアドバイスというか、
      常にやっていることを申しますと、

      僕の場合、
      あらかじめの「目標位置」を決めてはいますが、
      実際にはその手前で決済してしまうことが多いです。
      YouTube動画でもほぼ毎回そうですよね(笑)

      ここについては、

      1、時間(30分刻みなど)
      2、グンと伸びたらいったん終了

      概ねこんな感じのはずです。

      僕自身が「チキン野郎」であることが
      一番の理由ですが、
      それ以上に「戻される時間が不快」であることも大きいです。

      例えばですが、
      ショート場面で一度利が乗ったモノが
      いったん戻され、その後上下しながら最終的には
      当初目標まで到達することが多いはずです。

      しかし、そのまま逆行してしまうこともあります。

      ならどうするか?
      そこで僕は上記のようにした次第です。

      「値=縦軸」だけを見るのではなく
      「時間=横軸」も考慮することを僕は猛烈に意識している次第です。

      で、ここからは「提案」です。

      本来の目標値より手前で利食ったその後、
      そのまま目標値まで伸びたら諦める中、
      もし自分の利食い値よりも値が戻った場合に
      再度入り直す、、、という考えはどうでしょう?

      がんばって利を引っ張ろうとした際、
      含み益が「0→10→0→15→5→20」
      こんな風に推移することが多くないですか?

      ならば最初の「0→10」で利食ったあと、
      そのあとの戻しを再度やり直すことで
      同じ値幅の中で複数回利食えますし、
      しかもそれぞれの保有時間は少なくて済みます。

      さらには入り直した際に逆行損切りを食らっても、
      最初から持ちっぱなしで利益を一切取れずに損切りするより
      状況的には有利ですよね。

      ちなみに、利食いが早いことで
      「もったいない」と思った経験は僕にも山ほどあります。

      が、「利食いし損ねて悔しい思いをする」ほうが
      はるかにダメージが大きいので
      「もったいない」を引きずることは今は一切ないです。

      すべては「プラス収支でナンボ!」
      「時間効率こそが重要!」
      この考えに基づくことで、
      トレードがかなり負担なく出来るように僕はなりました。

      参考になる部分がありましたら
      ご一考ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    はじめまして。初投稿、30歳後半です。いつも動画拝見させていただいております。
    投資歴は5年で、株式投資から始め、2017年以降は株式のシステムトレードを行っていました。
    昨年の8月からFXをはじめてから「ガチ速FX」と出会い、以降、及川さんの動画を拝見させていただいております。

    FXをはじめた理由ですが、(お忙しいと思うので、点線部分は軽く読み飛ばして下さい)
    ——————————————–
    株式のシステムトレード(バックテストしたルールが出すシグナルに従い、売買をひたすら繰り返す)は、
    1,2日で短期決済するスイングトレードでコツコツ利益を出すというスタイルなので、自分の肌にあっていました。
    ところが、ルール自体が相場にマッチしていない場合、年単位で負けてしまい、(年200万弱の利益を翌年半分に減らしました。)

    「日単位で決済しているが、(相場に左右され自分でコントロールが効かないという意味では)長期保有と
    変わらないのではないか」という結論にいたり、一旦システム(ルール)の運用を止めております。

    それまでFXについては、株式投資に比べ、どこかチャラさがあると感じており(笑)、食わず嫌いでいたのですが、気になりながら手をつけないことに気持ち悪さもあり、昨年8月、デモ口座からスタートしました。
    その中で、「ガチ速FX」と出会い、短期保有で、小さな利益を積み重ねるというスタイルは、まさにシステムトレード
    と同じで、しかも1回、1回のトレードは、自分の裁量(ある程度はコントロールが効く)という部分に魅力を感じました。
    ——————————————–

    以下、本題です。
    昨年8月のデモトレードでは、2週間で、20万円程の利益を出すことが出来たので、
    (及川神様と喜びながら 笑 )実資金を投入しトレードを開始したところ、
    翌月には損益マイナス30万円となり、実運用に適したロットに切り替えました。
    (デモの勝ちについては、500万円資金をフルロットで仕掛けて数秒~数十秒で決済するという、 実運用では到底実行できない無茶をやってのビギナーズラックであることを自覚しています。)

    その後、日単位では、大まかに言うと、
    勝ち(1万円弱)、負け(1~1.5万円程度)、時々、大きな負け(5万円~10万)ということを繰り返し、
    現時点(2020年4月末)では、合計損益は通算マイナス45万円となりました。

    大きな負けについては、負けを取り返そうとする連発トレードでの連敗が原因で、
    それをしなければ大きな負けとならないことも分かっています。
    ただ、その大きな負けを抜きにしても、そもそも自分の普段のルールの期待値が低く、プラマイゼロか、「じわじわ資金を減らす」ようなトレードとなっており、結局、それがじれったくなり、別のことをして負け、それをすぐ取り返そうとして、1日に何度も仕掛けて負けを重ねる「大きな負けトレード」に繋がるのではないかと考えています。

    手法としては、基本的に、15分足、1時間足の移動平均線のタッチしたタイミングの押し目、戻り売り(ファーストタッチに限らない)をしており、

    ・各通貨ペアの強弱を天才チャートの15分足平均線の方向(上下)で判定(NY時間)(ドル、円、ユーロ、ポンド、オージー)
    ・最強と最弱の通貨ペアでなくとも、強弱関係が隣り合わせでなければトレード対象として、その中で
     チャート形状が良い通貨ペアを選ぶ。
    ・リスクリワードは1:1 程度か、それよりも悪くても仕掛ける。

    という感じで、今年 1,2月はプラス1万円弱と連続でプラスでしたが、4月はマイナス12万円(やはり日単位の大きな負けが要因)、現在、合計損益マイナス45万円に至ります。プラス1万円の利益が出た月も、月合計20回はトレードしており、かなり利益効率の悪いトレードとなっています。
    会社員のためNY時間のみトレードですが、それでも、ほぼ毎日仕掛けているということは、仕掛け条件が甘すぎるのではと考えており、週1,2回にトレードを減らそうと考えているところです。(勝ちを増やすのでなく負けるトレードを減らせば良いのは頭ではわかっているのですが、実践はなかなか難しいです。)
    それで今年8月までやってみて、そこで1年となるため、結果が変わらずならば、「そもそも自分に短期デイトレという時間軸が肌にあっていないのではないか」なども含めて考えなおさなければいけないと思っています。
    (数十分保有でなく、ロット減らして数時間保有とかもありなのではとか)

    このまま続けて、何が悪いのかについて明確にジャッジできないまま、じわじわ損失100万円に近づいていくのではないかという
    懸念もあり、今回、投稿させていただきました。(株式投資の経験があるため、ある意味、損失に鈍感な部分もありますが(苦笑))
    同じやり方をどこまで続け、どこで見切りをつけるべきか、ということについてもアドバイス頂ければと思います。

    また、及川先生に具体的に伺いたい疑問があります。

    日々のトレード動画では、通貨の強弱をチャートを切り替えながら、瞬時に判断していますが、5分ローソク足単位の伸びで判断しているように私には見えます。もしその超短時間の時間軸で判断しているとしたら、次の5分後には根拠が崩れてしまうことも多いのではないかと感じてしまうのですが、いかがでしょうか。やはりそれは保有中の臨機応変な判断で対処するのでしょうか。
    また、私自身は、15分足移動平均線(天才チャート緑線)の方向(先端が上向きか,下向きか)で通貨ペアの強弱を判定していますが、そもそも強弱判定を見誤っているのではないかということも心配です。

    及川先生のトレード動画を拝見していると、とてもスマートに勝っているように見え(損切りもしっかり動画UPして頂いていますが)、
    やはり凄い思います。ただ、動画で仕掛け根拠を丁寧に説明を頂いていますが、やはり長年の経験による直感の判断もあるのかと思い、言葉では伝わらない「行間」があるのではないかと感じております。(そこがプロからど素人が教わる難しさだろうという意味で)

    お忙しい中、長々と大変申し訳ありませんでした。ご確認いただけたら幸いです。

    • MYTさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      僕も株式投資出身で、
      当初FXは嫌いでした(笑)

      一番の理由は

      株→市場取引
      FX→相対取引

      ここでして、
      透明性の部分に対し
      非常に懸念を抱いていた次第です。
      (特に僕がFXを始めた2007年は
      まだまだインチキな業者が多かったのもあります)

      さて、では気づいた点を
      ひとつずつピックアップして行きますね。

      >勝ち(1万円弱)、負け(1~1.5万円程度)、時々、大きな負け(5万円~10万)

      ↑僕が言うまでもありませんが、
      これではさすがに厳しいですね(汗)

      気になったのはどのくらいの資金量に対し、
      どのくらいのロットを入れているのか?
      また何発まで入れているのか?などの部分です。

      「一日1万の利益」が
      あるいは過少なのかもとの想像をしてまして
      もしそうなら、そっちを伸ばす組み立てが必要かなと思いました。

      このあたりは「PIPS」のほうが
      イメージが掴みやすいです。

      銘柄選択の基準は概ね良いように感じましたが、
      ただし、

      >押し目、戻り売り(ファーストタッチに限らない)
      >リスクリワードは1:1 程度か、それよりも悪くても仕掛ける。

      ↑この2点は大変気になりました。

      {ファーストタッチ」の解釈は人によって異なりますが、
      連続して数回「抜け」をアタックしてる一段の状態までを
      ファーストタッチとし、
      一度そこから跳ね返されて伸びたあとに
      再度戻って来て抜けをトライするのがセカンドタッチという前提で言いますと、
      このセカンドタッチでの精度はかなり下がります。
      (特に水平線根拠の場合)

      ですのでここを極力「ファースト」に絞るほうが
      結果的に楽に取れる場面が増えるかなと推察します。

      それとリスクリワードの件ですが、
      僕は結果的にスキャル的なトレードとなることが多いですが、
      リスクリワードが1:1より悪いものはまずやりません。

      イメージ的には
      「20PIPS狙える中で時短の10PIPS逃げ」
      こういうパターンが多いはずなんです。

      あくまでリスクリワードは
      良好なモノに絞ったほうが良いと思います。

      >ほぼ毎日仕掛けているということは、仕掛け条件が甘すぎるのではと考えており、週1,2回にトレードを減らそうと考えているところ

      ↑ここはトレードスタイルの問題だと思います。
      どういう時間軸でのトレードをしているのか?こそが重要でして
      例えば僕は「やらない日がほとんどない」ですよ。

      僕に近い短期デイトレをされているとするなら
      トレード回数が問題というよりは
      「選択している場面」や
      「エントリー後の裁き方」などのほうに
      改善すべき点があるのではないでしょうか?

      >「そもそも自分に短期デイトレという時間軸が肌にあっていないのではないか」
      >数十分保有でなく、ロット減らして数時間保有とかもありなのではとか

      ↑ここについては「相性」もあると思いますので
      正直なんとも言えませんが、
      短期デイトレを志す中で
      まだまだやれるべき改善はあるように感じましたね。

      >同じやり方をどこまで続け、どこで見切りをつけるべきか

      ↑いや、というか、
      現状の収支バランスから見て
      そもそも「同じやり方」ではダメではないでしょうか。

      エントリーポイントの改善や
      利食いポイントの改善など、
      やるべき改善はいくつかあるように想像します。

      >5分ローソク足単位の伸びで判断しているように私には見えます。もしその超短時間の時間軸で判断しているとしたら、次の5分後には根拠が崩れてしまうことも多いのではないかと感じてしまうのですが、いかがでしょうか。

      ↑ここはちょっと違いますね。
      確かに5分足ローソクの動きから判断はしますが、
      決してその足単体で観ているわけではなく、

      1.チャート形状のそこまでの流れ
      2.リアルタイムでの動き

      これらから
      3.ここから数十分間の動きや伸びを勘案
      このように観ている次第です。

      従いまして、
      エントリーする時点で目先のノイズ的な上下動には
      あまり惑わされることはないです。

      >そもそも強弱判定を見誤っているのではないかということも心配

      ↑僕のYouTubeトレード動画では
      かなり開けっ広げでノウハウを語ってますが、
      大きなポイントのひとつに「時間帯管理」があります。

      例えば17時ジャストの時点で「これは下!」と判断出来た際、
      僕は17時半までのどこかで利食いが出来ないかを
      エントリー後に模索しています。

      逆に言うとその間の5分足ローソクの場中の細かい動きは
      判断からある程度外しちゃっているわけです。

      >動画で仕掛け根拠を丁寧に説明を頂いていますが、やはり長年の経験による直感の判断もあるのかと思い、言葉では伝わらない「行間」があるのではないかと感じております。

      ↑僕の中では特別な「行間」はないつもりでいますが、
      「他人様に伝える」って部分が難しいのかも知れません。

      同じ言葉で喋っても
      受け取り側の人の感性の違いなどで、
      なかなか思ったままには伝わらないことが多いですので(苦笑)

      切り取り切り取りで恐縮ですが、
      僕からは取り急ぎ以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントします。

    最近及川師匠のことを知りました。
    このような活動を2014年から行っていらっしゃり、また数々のスクールも開催していたと聞き、また現在はシンガポールに在住とのこと。
    完全に出遅れた感があります。
    もっと早く及川師匠に出会えていれば、と後悔しています。

    FXは、独学で市販の本などで勉強していましたが、その中であやしげなコピートレードやツイッター上であやしげなお姉ちゃんが出てくるバイナリーオプションに引っ掛かり、何十万と損をさせられ、時間とお金を無駄にしました。

    他の方のメルマガなどにも登録して勉強していたこともありますが、結局最後は教材を買えというような話になり、こっちはお金がないからFXやっているのに、そんなの買える余裕はないよ、と思っていました。
    結局ただで教えてくれる人なんかいない。本当に儲かっていたら人に教えるわけがない。結局騙されるだけか、と。

    私生活でもどん底の生活でしたから、ここから這い上がるには、現実を変えるには投資しかない。その信念だけは持ち続けていました。

    FXで検索をかけているときに及川師匠のツイッターにたどり着き、そこからYouTube動画を貪るように見続けました。
    その感想は、「やっと本物に出会えた」です。
    ここに本物がいた、と。
    そしてなぜもっとはやく及川師匠の存在に気づかなかったのかと、後悔しています。
    ただそれと同時にこうして今、及川師匠に出会えたことを感謝しています。

    及川師匠がYouTube動画でワンポイントアドバイスとしておっしゃっていること、メンタル面のこと、トレードに対する考え方、FXを恋愛話などに例える、例え話。すべて腑に落ち、納得し、勉強になりました。これだけで一冊の本になるくらいに中身が濃いです。本当に全部をまとめて本として出版してほしいぐらいです。私も動画を一時止めて、参考になったところはメモを取っています。

    私は人生も相場も一緒だと思うんですね。
    とにかく生き残れと。生きてさえいればどこからでも再起は図れる。
    相場も、とにかく全損はさせるな。資金が残ってさえいればどこからでも再起は図れる。
    とにかく退場だけはしないように、人生もFXも生きています。

    もう一度気合を入れ直し、資金1万円からFXに挑戦します。這い上がります。

    今は及川師匠は異国に住んでいるとのことですが、いつの日か、及川師匠と日本でお目にかかれる機会がもしあれば、駆け付けて、感謝を伝えたいです。

    長文失礼しました。
    ありがとうございました。

    • XYZさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文、拝見させていただきました。

      特に
      >「やっと本物に出会えた」です。

      ↑ここについては光栄の極みです。
      こちらの方こそ感謝申し上げます。

      ちなみに、
      >結局ただで教えてくれる人なんかいない。本当に儲かっていたら人に教えるわけがない。結局騙されるだけか、と。

      ↑こちらについてですが
      補足をさせていただきたいと思いますので
      ぜひともお付き合いください。

      僕はこれまで
      ・有料の書籍
      ・有料のデイトレ教材
      ・有料のオンラインスクール
      などなど、
      活動歴の中で何度も有料のモノに関わって来ました。

      ですので「完全にタダ」でお教えしているわけではないんです。
      よってこの先、僕に対し失望される機会もあるかも知れません。

      ただし、
      ではなぜそのような活動をしているのか?ですが
      僕は「トレードは少々得意」ではあるものの、
      その他のことはからっきし苦手なんです。

      例えばこのブログ、
      結構整っていますよね?

      これはすべて運営事務局のメンバーがやってくれています。
      他にもYouTubeチャンネルやTwitterアカウントや
      Facebookページなど、

      すべての環境を整えてくれており、
      僕はその「出来上がった箱」に
      ただコンテンツをアップするだけで済んでいます。

      これらをすべて自分でやらねばならなかった場合、
      僕は今のような活動は間違いなく出来ていなかったと思います。

      ではなぜ運営事務局は
      すべての段取りをしてくれるのでしょうか。

      理由はかんたん、
      彼らは「ビジネス」でやっているからです。

      僕のサポートを無償でしてくれることで
      僕はその感謝として各種有料教材などの制作協力をします。

      で、それらが一定数売れることで運営事務局のスタッフは
      メシを食えるわけです。

      ちなみに僕自身、
      それらの売り上げに対し、一定の「講師料」ももらっています。

      このようにモノゴトには
      「手間」や「お金」がかかる中、
      それらが苦手な僕をサポートすることで
      多くの人が「Win-Win」になっている現状については
      少しで良いのでご理解いただけると嬉しいです。

      そんな中、
      僕には僕なりのプライドがありまして、
      「一円も使わずともタメになる内容」については
      充分こだわって各種動画などを公開しているつもりです。

      よって、お金を投じる余裕がないなら、
      ぜひとも無料で僕の教えを盗みとってください。

      僕はこれまで膨大な量の「コツ」を
      完全無料で公開し続けている自負があります。

      しかし、世間では
      それらを体系立てて整えた「教材」にして欲しいとの
      ニーズが存在しています。
      そこに運営事務局の「ビジネス機会」があるわけです。

      よって彼らは僕の活動がスムースに出来るよう、
      各種準備や段取りや手配をしてくれているという話なんです。

      「有料教材を販売=悪」
      「有料教材を販売=詐欺」

      このように思われる人が一定数いるのは
      僕も承知していますが、
      ただし、大袈裟な例えを言うと、
      ミスチルの桜井氏は
      すでに一生食えるレベルのカネを持っていても
      新曲作ったり、毎年ツアーを企画しますよね?

      あれは、
      「ミスチル」でメシを食っているスタッフなどが
      数百人レベルでいるからだと僕は思っています。

      つまり、
      ミスチルがミスチルの都合で突如引退した場合、
      途端にメシが食えなくなる人が膨大にいるということです。

      ゆえに彼らは安易にやめることなど出来ないはすです。
      (もっともアーティストとしての新作欲求も当然あるでしょうが)

      ミスチルと僕を比較するなど
      おこがましいにもほどがありますが、
      それでも今の僕が自分勝手に今の活動をやめてしまうことなど
      すでに出来ないのも事実なんです。

      ゆえに運営事務局は今度もあらたな教材や
      スクールの企画やプロモーションをすることでしょう。

      このあたりについては
      「経済合理性」の範疇として
      ご理解していただけるとありがたいかなと思いますね。

      ただし、
      繰り返しになりますが、
      僕のコンテンツは無料のものだけでも
      充分学べる内容が揃っています。

      それらを
      体系立ててまとめる作業をご自身の手で行える人であれば
      完全に無料で学びきれるはずです。

      どうされるかはご本人次第。
      僕としましては「盗み取って」いただいて一向に構いませんので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

      >いつの日か、及川師匠と日本でお目にかかれる機会がもしあれば、駆け付けて、感謝を伝えたいです。

      ↑こちらも光栄です。
      機会がありましたらぜひ!

  • 及川先生。

    私の駄文に真摯にご回答くださり、ありがとうございました。
    重要なことを書き忘れていましたので、再コメントさせて下さい。

    「デイトレ大百科」と「ガチ速FX」 は購入させていただきました。
    読破済みです。
    TRIBEは募集終了していたため、入っていはいませんが、
    今はこの2つを復習しつつ、実戦トレードしています。

    今まで私は良き先生に巡り会えていませんでしたが、及川先生なら信じられる。この方の教えについていきたい。学びたいと、そう心の底から思えたんです。
    それが私が一番伝えたかったことです。

    前置きが長すぎて、誤解を与えてしまいました。
    余計なお手数をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

    このまま誤解されたままだと嫌だなと思い、再コメントさせていただきましたこと、お許しください。
    誠にありがとうございました。

    • XYZ様
      コメントありがとうございます

      >「デイトレ大百科」と「ガチ速FX」 は購入させていただきました。
      読破済みです。

      ↑あ!そうでしたか。
      それは大変失礼をいたしました(汗)

      >及川先生なら信じられる。この方の教えについていきたい。学びたいと、そう心の底から思えたんです。
      それが私が一番伝えたかったことです。

      ↑あらためて光栄です。

      それでは今後もご期待を裏切ることのないような
      そういう活動に努めたいと思います。

      ご丁寧にありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。