「負け方」と『負けたあと』こそが重要!というハナシ。

今日のトレード動画は
以下ブログ本文の“続き”です。
ま、どっちから見てもらっても
特に問題はありませんが

可能であれば
「ブログ→トレード動画」の順番でお願いします♪

↓  ↓  ↓

 

元々は「FXデイトレーダー」の僕ですが、
今年の冒頭より
ビットコインのトレード塾を主宰してきた関係で
今でも「BTCデイトレ」を平行してやっています。

正直な話、BTCの利益は
FX(為替)の数分の1レベルではあるのですが、
ただし近年、国内における
FX(為替)のレバ規制はどんどん厳しくなっていますでしょ?

それにより海外口座へのウエイトが高くなった関係で
国内口座であるビットフライヤーデイトレは
「即金性の高さ」からある意味貴重な存在なんです。

 

BTCデイトレについて
僕はよく冗談で
「飲み代稼ぎ口座」などと呼んでいます。

一日の収支が20万を超えたら「キャバクラ飲み」OK!
10万未満のときは「スナック飲み」でガマン!
みたいな。

※あくまで「冗談」ですからね(笑)
実際には毎日酒飲んだりしてませんので^^;;

 

以前、このブログでも書きましたが
僕のBTCデイトレの戦術はいたってシンプルです。

1.値が騰がったら売り(ショート)
2.値が崩れたら戻ったところで売り(ショート)

つまり、
どっちにしても「売り専門」というやり方で
GW以降一貫しているんです。

※時々ロング(買い)もしますが
ポジションの10%未満です。

 

そんな僕なのですが、
BTCデイトレでは滅多に負けません。

で、つい先日「及川塾」のみなさんに
「今月は今のところ全勝ですよ♪」
って話をしたのですが、

そしたらその翌日に
損切りするハメになりました(苦笑)

僕は以前から「勝ち自慢」的な話をすると
その翌日になぜか負けるのですが、
今回も例外ではなかったワケです(笑)

 

良い機会なので
今月これまでのBTCデイトレ収支の推移を
ご覧いただくことにしますね。

ちなみに、
7月1日はセミナーのためノートレ。

7月2日はセミナー後に延々続いた
「朝まで懇親会(笑)」の影響から
二日酔い死亡にてノートレです。

▼7月3日
キャバ飲みOK

▼7月4日
スナックハシゴOK?

▼7月5日
キャバ飲みギリOK?

▼7月6日
スナックでガマン!

▼7月7日
キャバ飲みギリOK再び!

で、この日の夜に
「僕はこれまで負けなしです!」と
及川塾のみなさんに告知。

でもって・・・

▼7月8日
「勝ち自慢」翌日はなぜか負け!

 

実は今日の本題はここからです。

デイトレーダーには
いろんなタイプがいると思いますが、
僕のような「コツコツ型」の人間にとって
実はマイナス収支の日って案外堪えるんですよ。

毎日コツコツ利益を積み上げるやり方をしている中、
そこそこ大きめな損失を食らってしまうと
「振り出しに戻った感」が強くなるからです。

『なんだよ!せっかく積み上げた利益が
数日前のレベルまで減っちゃったじゃねーか!』
みたいな。

で、実に不愉快な気分になるワケです。

するとどういう気持ちが湧くでしょう?

そう、、、
即座に今すぐその損失を取り戻せ!

こんな「悪魔のささやき」が
僕らの脳裏をよぎるのです。

 

「即座に今すぐ」取り返すためには
「即座に今すぐ」次のトレードをしないといけません。

けどそこで行うトレードって、
ルールとまったく関係ない
自分の感情だけで行うトレード
ではないでしょうか?

・・・って話を
ぜひ今日はあなたに聞いて欲しいんですよ。

 

ルールとまったく関係ない
「自己都合」のみでやったトレードにおいて
もし負けてしまったら人はどうなるでしょうね?

今度はその負けたトレードの分まで取り戻すべく、
すぐまた次の
「ルール外トレード」をおっ始めたりするワケです。

で、気づけば信じられないくらいのボロ負け・・・

実はこういう負け方をするのが
『人間』なんだと僕は思っているんです。

 

トレードで勝ち続けるためには
まず「自分らしい勝ち方」を身に着けること、
これについて異論のある人は少ないと思います。

しかし、実はもっと重要なのは
「その後」ではないでしょうか?

自分らしい勝ち方を得た人が
次に取り組むべきこと、それは・・・

その勝ち方を愚直に継続すること!
だってこと。

 

僕はこれまでトレードに取り組む
たいへん多くの人を見て来ましたが、
その中にはトレードセンス自体、
僕よりはるかに優れた人もたくさんいました。

滅茶苦茶カッコよく勝つ人もいましたよ。

けど、そういう「センスの良い人」ほど、
一度損切りを食らっただけで
その後のトレードがボロボロになる、
なぁんて事例も死ぬほど見て来た僕なのです。

 

つまり「トレードで勝ち続ける」ことで重要なのは
「手法」以上に『自己のメンタル管理』だってのが
僕の結論なのですが、
あなたのご感想はいかがでしょうか?

 

ちなみに、
僕の負け日以降の成績ですが・・・

▼7月9日
前日の損失を一日では取り戻せず!

▼7月10日
二日酔いのため自宅でスマホデイトレ
そのため利益は特に薄目です。

でもって、
このブログを書いている
今日「7月11日14時現在」がこちらです。

まだ「スナック飲み」レベルの利益ですが、
おそらく夜にもうワンチャンスあると思いますので
「キャバ飲み」まではやりたいですね。

 

トレードで「勝率100%」は絶対無理ですし、
そんなもん目指す必要などありません。

つまり・・・
「負け」も普通にあるってこと。

大事なのはその「負け方」と
『負けたあとの振る舞い』だってことを
僕は言いたいワケです。

たった一度の損切りで冷静さを失い、
わずか一日ですべての資金を失うトレーダーが
実に多いってことを
良い機会なのでぜひ知っておいてください。

 

また、
ときに大きめな損切りを食らったとしても、
その後も「普段通り」を貫くこと、です。

間違っても普段ならやらないような
『一撃で大きく勝つ』みたいな気持ちにならず、
「普段通りの勝ち方」で終える。。。

ここをキッチリ守ってさえいれば
先般の損切り額も必ず埋まります。

くれぐれも焦らないこと!

これが「相場で勝ち続ける」ために
もっとも重要だと言うことを
僕はどうしてもあなたにお伝えしないといけない・・・

そのように思う今日この頃なのです。

追伸:
プラスの収支画像をアップした僕は
明日あたり大きく負けるかも知れませんね。
気をつけねば(汗)

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:3ヶ月で225万円の運用益を叩き出した最新インジゲータ解禁!

ついに開催!FXism及川圭哉の集大成プロジェクト
『トレードアベンジャーズ』

これまでたくさんの億超えトレーダーを輩出し続けたFXism及川圭哉の最新プロジェクトがついに始動!
今回のプロジェクトでは過去にFXism及川の指導を受け億超えトレーダーの仲間入りを果たした弟子たちが一同に集結します!
さらに今ならプロジェクト専用LINE@に登録すると3ヶ月で225万円の運用益を叩き出したFXismオリジナルインジゲータをプレゼント!
特典ゲット

16 件のコメント

  • まさにその通りと思います。
    勝ち続けると自分は天才と有頂天になる。
    必ず3日以内に大負け。
    この血迷った負けのパターンは嫌になるぐらい経験しました。
    心は折れ食欲はなくなって(≧∀≦)
    しかし最近は、もうあんな気持ちになりたくないという気持ちが勝り、負ければPCを落とし、イライラMaxでもその日は手仕舞いして他ごとをして翌日0の状態から挑んでいます。

    後、含み損からのチャラ逃げは徹底しています。
    微プラスからマイ転すると怒り倍増しますから。

    今回のブログは、簡単そうに思うことですが、実は物凄く難しいことなんですよね。
    しかし、生き残る最大ポイントであると確信しています。

    • ツル様
      コメントありがとうございます。

      >勝ち続けると自分は天才と有頂天になる。
      必ず3日以内に大負け。
      この血迷った負けのパターンは嫌になるぐらい経験しました。

      ↑安心してください。
      僕も過去には何度もやらかしていますので(笑)

      >しかし最近は、もうあんな気持ちになりたくないという気持ちが勝り、負ければPCを落とし、イライラMaxでもその日は手仕舞いして他ごとをして翌日0の状態から挑んでいます。

      ↑これですよね!
      けど、これがなかなか出来なかったりするのが人間だったりするわけで
      そう考えると僕らの最大の敵は「己のメンタル」なのかも知れませんね。

      >含み損からのチャラ逃げは徹底しています。
      微プラスからマイ転すると怒り倍増しますから。

      ↑僕もまったく同意見です。

      続きをやりたい場合もまずは薄利逃げしてから、ですよね。
      で、薄利逃げが済んでしまうと
      「あれ、しばらく様子見でいっか」
      みたいな感じで客観的に見れることも多いものです(笑)

      >しかし、生き残る最大ポイントであると確信しています。

      ↑よいまとめをありがとうございます♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • とても大事なお話しですね
    大事な事と言うより私は、これが全てだと思いますね
    負けた時と言うよりこれを手法にしてみればとてつもない事が見えてくるかな〜なんて、生意気ですいません

    相場は人の心理で動いています

    • teruさま
      コメントありがとうございます。

      >負けた時と言うよりこれを手法にしてみればとてつもない事が見えてくるかな〜なんて

      ↑全然生意気だとは思いませんよ^^
      その通りだと思います。

      ちなみに手法的にどうかはなんとも分かりませんが、
      目の前の値動きを見る際に
      売り買いそれぞれの立場を俯瞰するのに役立つイメージはあります。

      >相場は人の心理で動いています

      ↑そうですね、
      だからこそ相場は面白いと僕も思っています♪

  • 全くその通り、それは私です(泣)
    自分の負けトレードを振り返って、とにかく損切後がひどいです。もう、なんで、って自分でも呆れます。今はお話の通り、損した分を一気に取り返そうとしないように、いつものようにルール通りに、とにかく意識して注意しています。
    いつもありがとうございます。

    • naruchiさま
      コメントありがとうございます。

      >全くその通り、それは私です

      ↑いえいえ!
      これは相場経験者なら誰でも思い当たる話なだけです。
      もちろん僕も含めてです(苦笑)

      >今はお話の通り、損した分を一気に取り返そうとしないように、いつものようにルール通りに、とにかく意識して注意しています。

      ↑ここについて僕が考えていることは、

      1.勝った時の利益額
      2.勝ちトレードの平均的保有時間

      これらに対し、
      負けトレードとのバランスが合っているか?
      この部分のチェックというか意識です。

      勝ちトレードは薄くてアッサリ、だとしたら
      負けもなるべくアッサリにしておきたいところですよね。

      お互いコツコツがんばっていきましょう!

  • 私のことを言われているのかなと思ってしまうくらいぴったりの内容でした。
    今は、自分のメンタルが信用できない(自信がない)ので、EAに手を出しています。
    無条件で信用しているわけではないですが、10年分のバックテストをやってみた結果、優位性がありそうなので、フォワ―ドテストでしばらく様子をみてみようと・・・

    先生の教材はもちろんあるのですが、メンタル要因で負けることが実感できているので、EAのほうがまだましかなと思っています。
    どうなるかわかりませんが・・・

    • よし様
      コメントありがとうございます。

      >私のことを言われているのかなと思ってしまうくらいぴったりの内容でした。

      ↑いえいえ、トレーダーなら
      誰もが他人ごとではないだけの話ですよ^^;;

      >10年分のバックテストをやってみた結果、優位性がありそうなので、フォワ―ドテストでしばらく様子をみてみようと・・・

      ↑バックテストの件ですが、
      逆に「10年」だとどうでしょう・・・少々心配です。

      というのも、
      10年前と今とではだいぶ値動きが違います。
      逆にもう少し期間を絞ったものと比較するのも
      良いように想像します。

      あくまでご参考まで!

  • メンタル管理苦手です
    つい最近もかなりアホなことをしました。
    ポジションが2つ合計で60pipsもの含み損になり、耐え続けたら深夜になったため損切りだけ設定して寝ることに。
    翌朝、奇跡的に相場に助けてもらい含み損が3pipsにまで減少していたのでそこで損切りしたのですが、ナンピンしとけば30pipsは取れたという後悔が残りました。
    さらに、あと10分耐えれば2つのポジションがプラ転していたというタイミングの悪さ。

    以前耳にした言葉で、”感情は喜びをもたらすけれど、この世で最も人を苦しめるものでもある” というのがあるのですが、トレードをやるようになってつくづくそう感じました・・・

    それにしてもBTCトレード動画、自分ならあんな踏み上げられたら損切りしちゃってるかもしれません。あれをプラ転させる及川先生凄すぎます。

    • TTさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >翌朝、奇跡的に相場に助けてもらい含み損が3pipsにまで減少していたのでそこで損切りしたのですが、ナンピンしとけば30pipsは取れたという後悔が残りました。

      ↑これは・・・逆に僕では出来ないことで
      凄いと思いました^^;;

      含み損抱えたまま寝ることも出来ませんし、
      増してやナンピンして寝るとなると
      もはや寝れないですね(苦笑)

      >さらに、あと10分耐えれば2つのポジションがプラ転していたというタイミングの悪さ。

      ↑ここは仕方ないように思います。
      僕は以前、最大含み損3500万円になったことがあり、
      それを50万円の損切りで終えたことがあるのですが、
      そこで切っておかなかったら10分後には再び1000万円の損失になるところでした。

      大きな含み損が微損で済んだことがラッキーと思うほうが健全だと思います。

      >あれをプラ転させる及川先生凄すぎます。

      ↑いや、、、それはロット数との兼ね合いだと思います^^;;
      僕は最大100ビットは入れるので
      それで2000円取れば20万円です。

      よって10万円くらいの含み損は
      まだまだ許容範囲内なだけですよ。

      とにもかくにも、
      相場やってるといろいろありますが、
      お互い心折れず、粘り強くがんばっていきましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今日のお話し身にしみます
    まるで自分を見透かされているようです
    負けると熱くなってさらに負ける。。。
    もっと成長しないと
    俺は薄っぺらいなぁ
    及川さんのようになるには何年かかるんだろう?
    でも、諦めずに勝つまでやめない!
    がんばります

    • JEANさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >まるで自分を見透かされているようです

      ↑他の方にも言ってますが、
      これは相場経験者なら「誰もが通った道」なだけだと思います。

      >及川さんのようになるには何年かかるんだろう?

      ↑いや、このように考えられる方であれば
      もうあとほんの少し、だと思いますけど^^

      西遊記の「天竺への道」みたいなもんで
      近いと思うとまだ遠い、
      けど果てしなく遠いと思ったが案外すぐそこだった・・・

      そんな話だと思います。

      ご自身の意識の持ち方次第では
      もう目の前!

      ただし、油断したり慢心したりすると
      一気に再び遠くなる、そんな話じゃないかなって思いますね。

      つまり「自分次第」!

      ぜひともがんばってください。

  • ブログでのメンタル的な話、参考にさせていただきます。
    この前にトレード中に起きた不可解な現象についてXMとかなりのやりとりをして
    終わった事を報告させていただきます。XMに調べてもらって判ったことですが
    違うIPアドレスからのログインはなく全て同一IPからの注文で間違いない。
    私が主張する2回の注文はEAによる注文だったという事。
    ところが私はEAなんかプログラムしていないのでXM社のMT4には始めからEAが入っているのか訪ねました。回答は入っていない。
    私のトレードは師匠やNEROさんのようにポジションを分割して入れるために画面の右下の×印で決済してましたが便利な機能を発見したのでそのインジケターを導入していたわけです。それがOneClickCloseという物です。
    手動で一つずつ決済しなくてもそれを使えば全てのポジションが一気に切れるのですがそれを起動させるにはMT4の自動売買をONの状態にしておかないといけなかったわけです。XM社はこちらのMT4にEAを入れてなくてもMQL社の自動売買機能が作動してしまったんではないだろうかという苦しい回答が得られました。
    LOT数とかは関係なく。少ない金額でしたのでこれ以上もめて取引出来なくなるのも困るのでもうこの問題はこれで終わりにしようと思います。色々とお騒がせしました。

    • カワキタ様
      いつもコメントありがとうございます。

      XMの件、内容すべて拝見しました。
      結論から申しますと不可解極まりないですね(汗)

      少なくとも僕は聞いたことのない事例です。

      今後同じようなことがないなら
      まぁ矛を収める感じで良いかも知れませんが、
      逆にもし、次も似たような現象が生じた際は
      さすがに業者変更を検討したほうが良いかと思います。

  • 初めまして。ブログをいつも拝見しています。
    現在、FXトレードの訓練中です。メンタル面を安定させることに苦労しています。
    マイルールを狂信的に守ってトレードしているのですが、四連敗、五連敗とか普通にあって、その時に「自分の手法とルールが本当に信じるに値するのか?」と思ってしまうことがあります。でも、ルールを逸脱してはいけない……。心が不確実性に押し潰されそうになること多々。
    でも、今回のブログにものすごく強い勇気をもらいました。
    「きっちりやっていれば損切り額は必ず埋まる」
    大先輩トレーダーの金言として、トレード日誌に書き写しました。このお言葉は負けた時だけでなく、毎日見ることにしました。
    普段はブログを読むだけなのですが、今回はどうしてもコメントしたくなりました。ありがとうございました!

    • mobileさま
      コメントありがとうございます。

      >マイルールを狂信的に守ってトレードしているのですが、四連敗、五連敗とか普通にあって、その時に「自分の手法とルールが本当に信じるに値するのか?」と思ってしまうことがあります。

      ↑どのようなやり方をされているかにもよりますが、
      デイトレやスキャルで5連敗が普通にあるとしたなら
      そこはちょっと入り場の再検証があって良いかも知れませんね。

      ただし、利を伸ばすトレンドフォロワータイプの方であれば、
      例えば5連敗後の1勝で連敗中の損失を取り戻して余りある利益を稼ぐこともあるので
      そうだった場合は上記の話は忘れてください。

      要するに愚直に同じことを繰り返した際、
      その間のトータル収支がプラスなのかマイナスなのかが
      一番のポイントであることは言うまでもありません。

      まずはその部分の確認からかと思います。

      ※文面を拝見する限り、そこは問題ないようにお見受けしてはいます。

      >普段はブログを読むだけなのですが、今回はどうしてもコメントしたくなりました。

      ↑ご丁寧にありがとうございます。
      今後ももちろん「読むだけ」で構いませんが
      時々気が向いたら遠慮なくコメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。