2021年一発目、あなたに『勇気』をお届けします。

 

新年明けましておめでとうございます。

世界中がコロナに翻弄され続けた2020年も終わり、
何はともあれ新しい一年がスタートしました。

 

昨年はまさにこのコロナのせいで
仕事面などでご苦労された方も多かったと想像しています。

が、その一方で、
リモートワーク環境をフル活用し
トレードテクニックを劇的に向上させた方も多く、

あるいはトレーダーにとっては
ピンチをチャンスに転換出来た一年だったとも言えそうです。

 

そんな中、
「今年こそは大きな飛躍の一年にするぞ!」
このように意気込んでらっしゃる人も多いことでしょう。

そんなあなたに、
新年一発目から『勇気』を持ってもらえるお話を
させていただこうと思います。

 

あなたは「10万円チャレンジ」という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

世間のトレーダーにて
最近そこそこ流行しているようなのですが、

要は「元手10万円」を
どのくらいの期間でどのくらいの資金に増やせるのか?
このようなチャレンジを指すみたいです。

 

実はこの件を昨年の10月頃に
あのリオンちゃんとの会話で話題にしたことがあったんです。

彼女もこういうゲーム的なことは嫌いではないようで
「そんじゃ私、やってみます♪」
みたいな話になりましてね。

11月1日~12月31日までの2ヶ月間、
メイン口座とは別の口座で
この10万円チャレンジをトライしてくれることになりました。
※ちなみにデモ口座ではなくリアル口座です。

 

早速ですが、
まずはその結果から。。。

データを見ると
正確には「約10万円」からのスタートですね。
※出金の方をジャスト値にした関係で残高に端数が生じたようです。

終了時点の残高が
「75万8200円」ですので
2ヶ月間でおよそ7.5倍に増やした計算になります。

 

ちなみに
僕の中での「10万円チャレンジ」とは
本当はもっと資金的に余裕のある人が
あえて少なめの資金からスタートをする、

また、
資金増加ペースをなるべく早くしたい主旨から
取引ロットは比較的高めからスタートする、
このようなイメージでした。
※ゆえに成績を「より派手」に演出出来るわけです。

 

ところがそこはリオンちゃん、
キッチリとミニマムロット(0.01)から
スタートさせるあたりが憎いんですよ。

で、少しずつ資金が増えたあたりから
徐々にロットを引き上げると。

↓これはチャレンジ終盤の画像です。

いつの間に「0.19ロット」まで
引き上げているのが分かります。

 

話が前後しますが、
ここでもう一度最初の画像をご覧いただきます。

僕が後からつけた「赤枠」にご注目ください。

これは期間中における
「最大連勝利益額」と「最大連敗損失額」の箇所です。

最大連勝利食い額→ 205,180円
最大連敗損切り額→ 36,454円

圧倒的な
「損小利大」であることが分かります。
しかも
『これぞ複利』と言わんばかりのエクイティカーブ。

いや、スゲ~な、マジで(苦笑)

 

古いお付き合いの方はご存知かと思いますが
彼女は「元手資金7000円」から
大復活を果たした経歴を持つ女性です。

現在、そこまで大きな資金から
リスタート出来ない人にとって
この成績推移は大いに励みになるのではないでしょうか?

いや、
ぜひそうあって欲しいと願うばかりです。

特に少ないロットからスタートさせ、
資金増加に応じて徐々にロットを引き上げ、
けれども「PIPS獲得ペースを同じまま」で淡々とトレードを続けると
あなたの資金は勝手に、
しかも『複利的』に増えていく・・・

この部分を
よーく意識して欲しいと思う僕なのです。

 

いよいよ2021年の相場がスタートします。

今年も為替マーケットにおいて
お互い大暴れしてやろうではありませんか!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

追伸:
昨日(1月3日)有酸素運動後の体重が
遂に65kgを切りました♪

以前のブログでも触れましたが、
僕は日々、尋常でない水分量を摂取するためか
運動直後は1kg前後体重が落ちるんです。

なので現状は
おそらく65kg台前半あたりのはずです。
※ちょうど一ヶ月で5㎏落とせました♪

いよいよ「実質65kg」まであとわずか。

必ずクリアして見せますので
その際は再度話題にするかも知れません。

こっちの方も「決めれば出来る」に対する
励みになさっていただけると嬉しいですね。

 

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

71 件のコメント

  • 今年も宜しくお願いします。
    今年こそは 人に教えられるまで 自慢できるまで行きたいです!!
    及川師匠の背中が見えるまで頑張ります。(^^)

    • 気分は億trader様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >今年こそは 人に教えられるまで 自慢できるまで行きたいです!!

      ↑ぜひともがんばってください♪
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております
    水を指すようで申し訳ないのですが、「赤枠」のところは「最大連勝」と「最大連敗」の箇所かと思います…
    平均はその2つ上の箇所で
    平均利食い額→ 1,313円
    平均損切り額→ -1,412円
    です。このトレード結果のすごいところは勝率が81.51%もあるところと思います。

    • ウバ飯さま
      コメントありがとうございます。

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
      なんともおバカな間違いで恐縮です。
      徹夜後、そのまま書いたのが悪かったのかも知れません(汗)

      早速修正かけます。
      大変助かりました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今までの自分の考え方を一掃してくれました。
    今までは、別にチャレンジでは無く、自分の資金を増やす目的でも、最大ロットで1日数万とかをしていて、結果的にロスカットになり、またコツコツ貯めてから再チャレンジを繰り返していましたが、今回のリオンさんの結果を見て、小ロットでもコツコツ利益を出す事で結果的には、資金を増やす事を再認識しました。

    トレードは、ギャンブルでは無い事はわかっていても、ついついギャンブルの様なロットで早く増やしたい。と思ってしまい、それがプレッシャーになり、最終的にはロスカットになるのがパターンでした。

    夢に近ずけるには、着実に一歩一歩進む事は頭で解っているのですが、このご時世なので焦りばかりが先走っていました。

    そして、リオンさんのTwitterに書かれていましたが、無くして良いお金なんてない。の言葉にハッとしました。

    今後のトレードは、ギャンブルでは無く地道にコツコツをモットーにして行きたいと、改めて考え直しました。

    目からウロコをありがとうございます。

    • ケン様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >今回のリオンさんの結果を見て、小ロットでもコツコツ利益を出す事で結果的には、資金を増やす事を再認識

      ↑なんといっても
      7000円からコツコツやり切った粘り強さは
      見習う点が多いですよね。
      本当に大したモンだと僕も思っています。

      >リオンさんのTwitterに書かれていましたが、無くして良いお金なんてない。の言葉にハッとしました。

      ↑女性ならではの感性なのかも知れませんよね。
      オトコは生物学的に「ギャンブルチック」になりやすいのかも知れない、
      彼女を見ているとそんな風にもつい思ってしまいます。

      ゆえに!我々男子は「日々自制」なんだと思うわけです(苦笑)

      お互いがんばってまいりましょう。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新年あけましておめでとうございます。
    いつも勉強させていただいてます。

    今回の記事、リオンちゃんのトレードブレないのさすがだなー!と感動しました。
    わかっていてもついつい焦りがちになるので先生の言葉とともに大切に胸に刻もうと思います!
    私はまだまだで、いい報告といえる報告ができませんが、きっと報告できるようにがんばって参ります。

    私も今年は資金は増やし、体重は減らすことを目標に!╭( ・ㅂ・)و ̑̑グッ

    • とわわ様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >今回の記事、リオンちゃんのトレードブレないのさすがだなー!と感動しました。

      ↑ホントにそう思います^^;;

      >私も今年は資金は増やし、体重は減らすことを目標に!

      ↑おっと!ここは僕と極めて近い目標です(笑)
      お互いがんばってまいりましょう。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 明けましておめでとうございますm(_ _)m
    今年も何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

    久しぶりのコメントですが、新年のご挨拶をしないとと思い勝てるようになってからコメントしようと思ってたのですが勝てるようになる前に連絡致しました(⌒-⌒; )

    本日1月4日初トレード。

    及川師匠がエントリーした場所に水平ライン僕はその何分か前にポンド円ショートして及川師匠がエントリーしたとこで足してます。

    エントリー自体師匠と同じようなトレードをできて新年1発なんとか勝ちスタートをきれました!^_^

    去年資金2倍まではなんとか増やすもいつものパターンで、ドカン負けを繰り返しておりました。

    恐らく僕と同じ境遇の方はいらっしゃると思うんですが、勝ち方はもう結構わかってますが負け方がやはり下手です。

    下手といっても原因はわかってるのですが(⌒-⌒; )無駄なナンピンプラス仕掛けの早さ。

    とはいえあれ?これ勝てるパターンじゃね。よしエントリー!あれなんか違う、やな予感がする剥離逃げしとこ。

    色んなパターン状況がある中で自分でこれは行けると思ってもそうならない。天才チャートこうなるはずがならないなら逆を疑え。

    このパターンが明確に自信あるのは一つですが笑

    でも負ける時は決まって仕掛けが早く中途半端な位置で足してはもうちょい戻って足してドーン負け。これにつきます。

    天才チャート及川師匠に出会って一年近くが経ちますが僕の中でもこれは行ける!と思えるパターンは少ないですが存在します。

    今年の目標はとりあえずわかるとこだけやってみようです^_^

    それによってチャンスロスになろうが今まで散々負けて、これからもわからないとこやって負け続けるよりはマシかなと(⌒-⌒; )

    後常にリスクリワードですね。

    そしてうまく負ける事です^_^

    これを徹底すれば勝てる手応えは感じつつあるのですが(⌒-⌒; )

    それとリリさんのコメント読ませていただきましたが凄いですね。

    でもそれを読んでしっかり理解し納得できると言うことは僕も少なからず少しは身についてると思ってるんですが(⌒-⌒; )中々結果が(⌒-⌒;

    最後になりますが今年こそはと意気込んでおりますが丁寧に謙虚にトレードをしていこうと思っております。(前も似たようなコメントしてます(⌒-⌒; )本当学習してないです(⌒-⌒; ))

    これからも何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

    • エデン様
      明けましておめでとうございます。
      いつもコメントありがとうございます。

      >エントリー自体師匠と同じようなトレードをできて新年1発なんとか勝ちスタートをきれました!

      ↑お互い好スタートでなによりです♪

      >負ける時は決まって仕掛けが早く中途半端な位置で足してはもうちょい戻って足してドーン負け。これにつきます。

      ↑ここは僕もまぁ似たようなもんです(汗)

      「仕掛けの早さ」もそうですが
      もっと気をつけたい点として「ユルい感覚でのエントリー」ではないでしょうかね。
      そもそもユルい感覚のエントリー自体、仕掛けが早いとカブる要素のある問題点だと思う次第です。

      >僕の中でもこれは行ける!と思えるパターンは少ないですが存在します。
      今年の目標はとりあえずわかるとこだけやってみようです

      ↑逆に「分からないとこ」の「その後の流れ」を確認することで
      「分かるとこ」が増えていく、というやり方もありまして、
      そのように徐々に引き出しを増やして行くのも良いと思いますよ。

      >今年こそはと意気込んでおりますが丁寧に謙虚にトレードをしていこうと思っております。

      ↑丁寧、謙虚、おっしゃる意味は理解出来ているつもりですが
      あえて付け加えさせていただきますと、
      「されど行くべきは行く!」という大胆さも実は必要だったりします。

      「入りは大胆に!」
      「けど、過信は禁物!」
      このような意識で上手な負け方に繋げていただくことで
      勝つ時はキッチリ勝つという流れも掴みやすいように思いました。

      お互いがんばってまいりましょう。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも勉強になる動画を配信していただきありがとうございます。
    天才チャートを実践させていただいています。

    以前にアドバイスをいただき 「エントリーポイントの精査」 を行いました。
    直近、2週間の勝率は74%。アドバイス後から10%ほど改善できました。
    最小ロット(0.01)でエントリーしているので大きな利益は出ていませんが、以前に相談したように大きく負けることはほとんどなくなりました。

    現在のトレードは
    昼は仕事をしているのでNY時間しかトレードはしません。
    冬時間は22時から24時ごろまで。
    エントリーはよほどのことが無い限りポンドドルのみ。
    エントリー根拠が崩れたら損切り。(MA実体抜けなど)

    一日の目標を20PIPSとして、2ポジで合計20PIPS獲れるところを狙ってトレードをしています。着実に20PIPS獲れることができれば、資金管理を行いながらロットを上げていけば、資金は増え収益を伸ばしていくことができると考えています。

    天才チャートを実践しているのですが、例えば、緑船タッチでエントリーみたいな基本的なエントリーはほとんどしていません。
    ドル円とユロポンの値動きと時間帯でポンドルがどちらに動くか判断し、エントリーポイントを考えていく と言った感じです。
    もちろん、全体的な値動きを見るため10通貨すべて観ていますし、MAの位置や傾きも観てポンドルのみエントリーをしています。

    以前にアドバイスをいただいた時点ではよさそうに見える通貨でエントリーしていましたので、連敗することも多かったのですが、エントリーポイントの精査をする上でもすべての通貨に手を出すのではなく、ポンドルのエントリーを決めるための判断材料として他9通貨を観ている と言った感じになっています。

    及川師匠のアドバイスのおかげで勝率は上がりはしたのですが、私が行っているエントリーって根拠が何か感覚的なものでいつか全く勝てなくなるんじゃないかっていう不安に思うこと多くなりました。
    ※ドル円とユロポンの値動きを感覚的に捉えて、ポンドルのエントリーポイントを探していくようなやり方。

    現在の私の感覚的なやり方は今のうちに修正し、エントリー根拠をもっと深く考えた方がよろしいのでしょうか?

    お忙しい中、つまらない質問で申し訳ありません。

    • 及川師匠

      お忙しい中、ご返信いただきありがとうございます。
      自分の中でもやもやしていたものが一気に晴れたような気持ちです。

      自分の中の不確かな感覚というものが及川師匠にアドバイスをいただいたおかげで、ようやく形になったようです。そして、これからやるべき方向性もはっきりと定まりました。

      本当にありがとうございます。

    • クランチ様

      >自分の中でもやもやしていたものが一気に晴れたような気持ちです。

      ↑おぉ!それは良かったです♪

      もっとも僕が言うことが常に正しいわけでもなく、
      例えば「相性」や「個性」などを鑑みつつ、
      最終的には『自分らしいやり方』に落とし込むことこそが大切だと思います。

      ぜひともがんばってください!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • クランチさま
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >直近、2週間の勝率は74%。アドバイス後から10%ほど改善

      ↑おぉ!それは何よりです。
      ご自身の創意工夫の賜物だと思いますので
      ぜひとも自信に繋げていただきたいですね^^

      >ポンドルのエントリーを決めるための判断材料として他9通貨を観ている と言った感じになっています。

      ↑このやり方はとても良いと思います。
      他通貨ペアとのいわゆる「バランス」を観ることで
      取引する銘柄の強弱感や主役感的なモノも判断しやすいですよね。

      >私が行っているエントリーって根拠が何か感覚的なものでいつか全く勝てなくなるんじゃないかっていう不安に思うこと多くなりました。
      >今のうちに修正し、エントリー根拠をもっと深く考えた方がよろしいのでしょうか?

      ↑詳細が分からないので一概には言えませんが
      「感覚」ってとても重要な要素だと僕は思いますよ。

      逆に世間の人の多くは「明確なロジック」に重きを置きすぎることで
      この「感覚」が身に付きにくい、このくらいに僕は思っているんです。

      僕は至る所でトレードを「恋愛」などに例えているのですが、
      それこそ恋愛で重要なのは「変化への対応」などを含めた感覚的な部分だと思うのです。
      なんたって人間相手ですからね(笑)

      僕は立場上根拠立てた内容にある程度重きを置いて動画での解説をするようにしていますが
      けど、ひとたび大ピンチになった際、そんな悠長なことは言ってられませんで、
      一気に「感覚全開」でやったりしますよね?(苦笑)

      あくまで極論ですが、
      感覚を徹底的に研ぎ澄ませることが可能であるなら
      僕はそのほうがむしろ強いとすら思います。
      なかなか大きな声では言いにくいですけど。

      ただし、感覚に頼りすぎることで
      無駄なトレードが増えるなどの弊害がある場合は
      要修正って話にはなると思います。

      本件の結論としましては
      「やり方の修正」というよりは
      エントリー根拠を「肉付け」するイメージが良いように感じました。

      感覚的にも根拠的にもOK→ 自信を持ってエントリー出来る!みたいな
      そういう感じの「強化」を目指すってのはどうでしょうかね。
      僕はかなり有効なテーマのように思います。

      それでは
      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新年明けましておめでとうございます。旧年中は本当にお世話になりました。本年も宜しくどうぞお願い致します。
    初めてコメントさせて頂きます。田舎モンのインディアンと申します。
    私はトレード歴だけは長いのですが全く勝てていません。及川先生の動画から2020年5月に天才チャートを勉強し始めました。夏のリオン式は天才チャートの勉強中と言う事もあり見送りました。しかし、デモでは勝てるようになりましたがリアル口座へ移行するとガクブルし勝てない。トレード終了後のマウスを持っている手は汗でびしょびしょ。しまいには首が痛くなり病院に行くとストレートネックと診断され、スマホやパソコンは長時間やらない方が良いと言われました。それもその筈で5月から1日の平均睡眠時間は約4時間。本業から帰宅後、自宅でパソコンのチャートとにらめっこの日々を過ごしていました。病気で入院されたリオン先生には勝てませんが、そうまでしてでも勝てません。本気でやっている(つもり)んです。自分には本当に向いてないのかもしれない。そんな日々でした。そもそも私はあがり症で、人前で話するのも緊張して話が出来ません。話そうとして頭が真っ白になり言葉が出てきません。このような人間はトレーダーには不向きなのでしょうか?と思うようになってしまう始末です。
    しかし、私にクリスマスがやってきました。リオン式の再販です。すぐに申し込みました。一から勉強し直しも辛いですが、分かりやすい説明で腹に落ちていくのがわかります。あれもこれも手を付けるのではなく、身の丈にあった自分なりのやり方。通貨ペア、ロングショート、時間帯など背伸びしなくていいんだ。少しづつでいいんだ。みんなから少しだけの勇気をおらに分けてくれ!と言って放つ元気玉(元ネタ:ドラゴンボール)本当にためになります。
    私のエントリは1本だけだからプロコンは必要ないかなと思い購入を見送っていましたが、リオン式を学習するに従いまして分割エントリには必要と判断し導入しました。決済のツールと侮っていましたが、使いやすいです。分割エントリする人には必須のアイテムです。
    そして今回のリオン先生の10万円チャレンジ。実は私もデモ口座で10万円チャレンジしています。12月25日からスタートして現時点でプラスになっています。(10万→19万)デモでは出来るのですがリアルになると緊張して撃沈してしまいます。ちなみに怖いと感じる瞬間はエントリです。自分の中で鉄板と思っている場所てエントリしてても怖いです。先生方は楽しんでトレードしてとメッセージして下さりますが、楽しめていないのが実情です。楽しめていなければ楽しめるまでは一生勝ちはないと思います。
    楽しいと思える瞬間はエントリ後、伸びて思惑通りに利確できた時です。
    いわゆる先生方がやっているトレードが自分でも再現できた時は最も楽しいと思えます。そのようなトレードが出来るようになるために日々鍛錬するしかないですよね。トレードで緊張するのは扱っているのがお金だと思っているからで、いくら余剰金とはいえ失っては悲しいですもんね。扱っているものがお金と思わなくなった時こそ緊張の糸が切れる瞬間ですね。私はしかしまだ切れた音を聞けていません。お金くんに働いて貰わなければいけませんが、お金くんが私の思い通り働いてくれるかは私の手腕にかかっています。お金くんはやんちゃです。お金くんは私を翻弄してきます。お金くんは賢いです。
    このようにトレードは自分を騙す様々な、いい意味でのメンタル崩壊をしなければなりません 笑。
    私もトレードが楽しめる域に達するべく、3種の神器(天才チャート、リオン式、プロコン)には頼りながら、まずもって己のメンタル崩壊に全力を尽くしていきます。

    ◆2021年のリアル口座の目標
    3月まで→月間プラス(微益でも可)
    6月まで→週間プラス(微益でも可)
    9月まで→日プラス(微益でも可)
    12月まで→日プラス&月間2倍

    取り留めのない長話で申し訳ありませんが、今年もどうぞ、宜しくお願い致します。

    • 田舎モンのインディアン様
      明けましておめでとうございます。
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しましたが
      ご自身のことをしっかり自己分析出来てらっしゃるようですので
      ツッコミどころは特にないですね。

      >先生方は楽しんでトレードしてとメッセージして下さりますが、楽しめていないのが実情です。楽しめていなければ楽しめるまでは一生勝ちはないと思います。

      ↑この辺は一概に言えないかも知れませんよ。
      性格にもよりますけど
      常に緊張しているほうが良い結果になる人もいるんじゃないかなと思いますし。

      かくいう僕も、
      なんだかんだトレード後はドッと疲れが出ることも少なくありません。
      これは「集中」しているゆえの現象なんだと思うのですが
      集中している最中に楽しさは特段感じていないはずなんです。

      他の方のコメント返信でも触れましたが
      ポジションを持っていない時はなるべくリラックスした状態で
      客観的な判断を意識、
      で、チャンスと観た時点でエントリーするわけですが
      ここから一気に集中力のギアをあげ、保有中はアタマをフル回転、みたいなイメージですね。

      >12月25日からスタートして現時点でプラスになっています。(10万→19万)

      ↑あれ、充分すぎるペースじゃないですか。
      ちょっとスピード違反かも?くらいのペースです。

      このあとにつきましては
      「増えた分が減るのはなんかイヤ!」
      この感情から損切りが出来なくなるってパターンに対し
      特に注意なさって欲しいなと思います。

      トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲームである!

      ここを常にアタマに置いておくことで
      「ボロ負けだけは回避!」という行動を常態化させたいですね。

      最後にリアル口座の目標についてですが、
      個人的には「週単位プラス」をひたすら継続する、というあたりが
      一番合理的でメンタル管理もしやすいように想像します。

      ですので例えばですが、

      >6月まで→週間プラス(微益でも可)
      >9月まで→日プラス(微益でも可)

      ↑ここに対しては
      週単位プラスの収益増加を目標に置くほうが
      実現性が高いように思います。

      あくまで僕の考えですので
      参考程度にお受け取りください。

      それでは
      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、リオンちゃん、事務局の皆様。いつも企画や記事をありがとうございます。

    動画も記事ももう少し後かな?って勝手に思ってたので嬉しいです笑
    そしてとても勇気になる記事をありがとうございます(*´-`)

    トレードは少しずつ良くなって気がするものの、今年こそ爆発出来るように頑張ります。
    決意表明も含めコメントさせていただきました!!今年もどうぞよろしくお願いします!!

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様
      明けましておめでとうございます。
      いつもコメントありがとうございます。

      >動画も記事ももう少し後かな?って勝手に思ってたので嬉しいです笑

      ↑なんかヒマだったんですよ^^;;
      ヒマなら活動しろ!と心の声に押されてしまいました(笑)

      >トレードは少しずつ良くなって気がするものの、今年こそ爆発出来るように頑張ります。

      ↑いつも動画内容を整理してくださっているようで
      ありがとうございます。

      あまりご負担にならない程度でお願いいたしますm(_ _)m

      それでは
      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

  • 及川さん
    こんばんは。
    初コメント失礼します。
    ガチ速FXやYouTubeでいつも勉強させていただいております。
    ためになるお話ありがとうございます。
    ブログ内容とは少し関係ないかもしれませんが及川さんにご質問させていただきたいことがありコメントさせていただきました。
    私はトレード歴1年で勉強の方はもっと前からしていました。
    仕事の都合上、NY時間しかトレードが出来ずNY時間のトレード動画を中心に拝見させて頂いております。
    ですがなかなかトレードで勝つことができません。。。
    何日も連勝する日もあるのですが一度大きく負けるとそこから何日か続いて負けてしまい結果資金は減っていく一方です。
    急ではありますがご質問の方に移らせていただきます。
    及川さんのトレードを拝見させていただいてますが実際にトレードする際、まだ理解しきれていなかったり、自分の身になっていないのにあれもこれもと様々な場面でトレードしてしまいます。
    そこでまずは一つ自分のスタイルと言いますかエントリーポイントを確立させてしっかり利益が出せるようになってから次にいこうと考えました。
    及川さん的にはNY時間でまずはこれをしっかりできるようにしたほうが良いと言うトレード方法はありますか?
    自分のやりやすいやつ探せよ!と思われるかもしれませんがにっちもさっちもいかなかったので教えていただけると幸いです。
    もう一つの質問は最強、最弱の通貨ペアを探し出すことはできるようになってきましたが見つけた時にはすでにその通貨ペアはある程度上昇もしくは下降しています。
    その際のトレードプランは高値、安値抜けのブレイク手法ですか?
    上位足移動平均線まで戻ってきたところで押し目買い、戻り売りですか?
    移動平均線での押し目買い、戻り売りをしますが結構そのまま突き抜けて上昇、下降が反転し負けてしまいます。
    そもそもNY時間でこの待ちかたはよろしくないですか?
    長々と申し訳ありませんが及川さんのご意見をお聞かせください。

    お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

    • SKさま
      明けましておめでとうございます。
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さん的にはNY時間でまずはこれをしっかりできるようにしたほうが良いと言うトレード方法はありますか?

      ↑僕は近年、欧州時間がメインであるため、
      NY時間をやるときはどうしてもスキャル的なトレードになりがちです。
      理由は「日常的に現場を見れていないから」です。

      このような状況で僕がよくやるのは
      上位足MA(主に1時間足MA)からの押し目買いや戻り売りが出来ないか?が
      おそらく一番手です。

      理由は上位足MAタッチからやることで
      損切りが浅くて済むこと。
      それと逆抜けされた際、例えばポンド円&ポンドドルの同時抜けなどであれば
      ドテンで一気に圧をかける展開も可能と考えるからです。

      ※ショートを例にしますと
      下向きの1時間足MAに下からタッチしたタイミングなど。
      その際黄緑線(15分足MA)の向きも上転換していないとGOODです。

      NY時間はMAがバラけていることも多く、
      そういう日はバラけを逆手に取り、伸びたモノを逆張りスキャルで利をすくう、
      みたいなことも割と多いです。

      ちなみに、MAが密集している状態であれば
      王道である「密集からの放れ」を普通に狙うことも当然あります。

      >最強、最弱の通貨ペアを探し出すことはできるようになってきましたが見つけた時にはすでにその通貨ペアはある程度上昇もしくは下降しています。

      ↑なるほど、確かに探し方によっては
      すでに結果が出たあとの単なる「答え合わせ」になってしまうことも多いでしょうね。

      僕の場合は「今からどうなっていくか?」を常に意識し、
      プラスαで個別チャート形状の良いもの、という感じで観ています。

      思惑と逆に伸びることももちろんありますが、
      事前にそうなった場合のことも想定し、
      逆抜けされたら逆側に伸びるかも?と疑いながら判断をします。

      イメージとしましては
      「すんなり勝てそうな形状をエントリーしたのにそうならない」
      「時間経過と共にドンドン怪しくなって来ている」
      こういう時は逆に伸びた際にどうするか?をその時点でシミュレーションする感じですね。

      行くべきが行かない時、
      逆側への伸びが強くなることは多いが、
      ここについては
      「通貨のシリーズ単位で連動して動きがあるもの」
      特にこれに留意すると良いはずです。

      ※ノーポジでこれを見つけたら順張り、
      保有ポジが逆行の際は損切りからのドテンなど。

      例えばユロポンが下向きだった際、
      1.ユーロが弱くてそうなっているのか?
      2.ポンドが強くてそうなっているのか?
      3.どっちも強くてポンドがより強いのか?
      4.どっちも弱くてユーロがより弱いのか?

      ここを各通貨ペアチャートから判断し、
      該当するものの押し目や戻し目を扱うようにすると
      精度を上げやすくなるはずです。

      いろいろ書きましたが、
      どうか上手に整理してくださると助かります。

      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生明けましておめでとうございます。
    また本年度もよろしくお願いいたします。

    りおんちゃんのトレード履歴素晴らしいですね!
    勇気をいただきました。
    自分もよい報告をできるよう気合が入ります!

    そういえば、最新のYoutubeを拝見しまして、新しい書籍を出版するんですね!今から待ち遠しいです(^^)
    先生はFXを始めた時は書籍で勉強したりしましたか??
    もし、おすすめの書籍とかあればお教えいただけますと幸いです。

    • ゆう様
      明けましておめでとうございます。
      いつもコメントありがとうございます。

      >りおんちゃんのトレード履歴素晴らしいですね!
      勇気をいただきました。

      ↑そう思っていただけたなら何よりです!

      >最新のYoutubeを拝見しまして、新しい書籍を出版するんですね!今から待ち遠しいです(^^)

      ↑お気遣いありがとうございます♪
      はい、第2弾の準備が現在進行中なんです。

      まだまだ詰める必要がある状況なのですが
      おそらく大丈夫ではないかと思います。
      ハッキリした際はご案内させてください。

      >先生はFXを始めた時は書籍で勉強したりしましたか??
      もし、おすすめの書籍とかあればお教えいただけますと幸いです。

      ↑正直に申しますと
      FXで本やネットから参考にしたモノは一切ありません。
      完全なる独学のみでやっていました。

      ただし、僕はその前に株のデイトレの歴もそこそこありまして
      そこでの経験があったから、という部分が大きいです。

      そんなわけで、
      恐縮ながらオススメ的なご紹介が出来ません(汗)
      どうぞお許しください。

      それでは
      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先日も申しましたが、改めて、明けましておめでとうございます。
    新年早々に勇気をいただけるブログをありがとうございました。
    現在、リオンちゃんの大復活と同程度の資金から再起をかけている自分にとっては、とても励みになる内容でした。
    いずれはこのようなトレードも夢見つつ、まずは「及川式」をしっかり身に着けていきたいと思っています。

    さて、前回投稿から3日ということで悩んだのですが、「全投稿にご報告する」と決めておりましたので、トレード数は少ないながらいつものご報告と、一つ質問をさせてください。

    たっくん@2021.1.1~1.5実績…2.5%増(実質、昨日今日の2日)

    ご報告としまして、昨日の年始最初のトレードが損切でした(苦笑)
    その後に取り返しはできましたが、前回「しっかり損切する」ということを申し上げていたことで、迷わず損切できたことがよかったです。引き続き1日1日をしっかりやっていきます。

    別件で、一つ質問をさせてください。
    お伺いしたいのは「エントリー後にほとんど動かず逃げる際の基準はあるか」ということです。
    本日のトレードでは、エントリーのマイルールは崩さなかったものの、思った以上に動かずプラ転とマイ転を繰り返したため、結果として20分ルールで一度薄利逃げすることにしました。(根拠にしていたドル円やユロポンの動きもあまり良くなかったというのもあります)
    師匠の場合、「動かない場合は別の通貨が主役」ということで乗換を探してらっしゃる動画もよく拝見しますが、自分の場合はまだまだそのような見方ができないことや、多くを見すぎて混乱することもあるため、エントリーしているペア(主にポン円かポンドル)とそのもう一方、それとドル円・ユロポンの監視で勝負しています。
    分かりにくい質問で恐縮ですが、何卒、よろしくお願いいたします。

    • たっくん様
      あらためまして
      新年明けましておめでとうございます^^

      >たっくん@2021.1.1~1.5実績…2.5%増(実質、昨日今日の2日)

      ↑お気持ちは分かりますが、
      あまり短期間の際は持ち越しでよろしいのではないでしょうか(笑)

      >「エントリー後にほとんど動かず逃げる際の基準はあるか」

      ↑明確な基準は設けてはいないです。
      ただし、確かに僕は日頃から「20分ルール」や
      欧州時間における「30分刻み」を意識していますので
      そのあたりでいったん降りておく、というケースは確かにあります。

      そもそもそこまで長い保有をしない中で利食えると判断してのエントリーですので
      思惑と違うすなわち危険という判断はあって然りですよね。

      ただし、とは言え、
      動きがない場合であっても
      方向性に一定の自信がある際は正直続行してしまうこともあります。

      この場合は白黒つくまで仕方ない、という考えですが、
      結果的に利食いになろうが損切りで終えようが
      そのトレード(エントリー)自体は反省材料として自分の中に残すようにしています。

      僕の元に届くご相談でも
      「動きがないのでシビれて決済したらその後保有側に伸びて後悔」
      このような内容は結構多いです。

      これについて僕は
      「決済したことを後悔するのではなく
      仕掛けが早過ぎた判断のほうこそを反省しましょう」
      このようにお話するようにしているんです。

      意味はお分かりいただけますよね?

      あ、僕のような超短期でない人はこの限りではありません。
      あくまで「20分ルール」なども加味してトレードしている人向けの話ですので。

      >自分の場合はまだまだそのような見方ができないことや、多くを見すぎて混乱することもあるため、エントリーしているペア(主にポン円かポンドル)とそのもう一方、それとドル円・ユロポンの監視で勝負しています。

      ↑こちら、方針として正しいように思います。
      いずれにしましても「状況の変化」に留意し、
      「今からやるならどっち?」を意識しつつ取り組むことが重要だと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもデイトレ大百科、youtube等で勉強させていただいております
    小生昨年5月よりFXを始めた40歳の男です、現在トレードに励んでいますがなかなか勝率を上げることができず悩んでいます。
    この度アドバイスいただきたく投稿させていただきましたお忙しい中かと思いますがご容赦願います。
    現在苦悩しているのがあらかじめトレードのこうなったらこうするという予測想定
    をして損切、利確ポイントを事前にきめてたり立ち回りを決めてエントリーするのですが、及川先生式の通貨相関を気にするあまり、例えば損切ラインに到達した際に監視通貨 例えばポンドルロングをしていた場合、ドル円がそれまで下げ基調であったのに急に上げたり、ユロポンが下がり始めたりすると、もしかするをここから上がるかもしれないと損切できずに損が膨れてしまいます(それでうまく巡行することもあり余計に迷います)
    先生は事前の想定においてほかの通貨ペアの動向なども含めた複数パターンのプランを立ててエントリーされるんでしょうか?あるいは事前の動向はプランの考慮に入れたとしてもエントリー後は当該通貨ペアの動きの動向予測のみの損切、利確パターンプランで組み立てされるのでしょうか? 

    • 京都のS様
      コメントありがとうございます。

      >先生は事前の想定においてほかの通貨ペアの動向なども含めた複数パターンのプランを立ててエントリーされるんでしょうか?
      >あるいは事前の動向はプランの考慮に入れたとしてもエントリー後は当該通貨ペアの動きの動向予測のみの損切、利確パターンプランで組み立てされるのでしょうか?

      ↑本来であれば「ケースバイケースです」という話になってしまうのですが
      それではアンサーになりませんので少々深掘りさせていただきます。

      誤解される人も案外多いのですが
      僕自身、エントリーのタイミング自体は個別チャート形状から入ることが圧倒的に多いです。

      なぜそうか?と言いますと、
      やはり保有する銘柄のチャート形状からでないと
      損切りの明確な位置判断がしにくいからです。

      ただし「個別チャート形状だけ」ではなく、
      その他の状況も加味することで信頼度を測る、そんなイメージです。

      具体的には1月7日のYouTube動画、
      アレはポンドドルの個別チャート形状でショートしていますが
      それ以外では
      1.ドル円↑
      2.ユロポン↑
      このような外部環境から信頼度が高いと判断したことも大きいです。
      ここまでが「エントリー根拠」です。

      で、エントリー後については
      「管理」がポイントになります。
      具体的には「状況の変化」や「時間帯管理」が主です。

      16時30分の時点で僕は「保有続行」を決めましたが
      その時点で大きな変化はないのでは?と判断したからです。

      ちなみに16時半から一気に変化する可能性も考慮はしますが
      そうなる前に過度に気にしすぎるとトレードが硬直してしまい
      結果利食いが常に浅すぎる、なんてことになりかねませんので
      そこは一定の「リスクを許容する」要するにある程度の覚悟を持ちつつ続行するわけです。

      動画の中でも申し上げていますが、
      ポンドドルのショートを保有の際、
      ポンド円もシンクロした動きになっていたなら
      もう少し強気に継続も検討したかも知れません。

      しかし、そうではなかったため、
      より無難な位置で決済をしました。

      >もしかするをここから上がるかもしれないと損切できずに損が膨れてしまいます(それでうまく巡行することもあり余計に迷います)

      ↑ここ、お気持ちは充分理解出来ますが
      都度都度でご自身の決断度合いを変更することが「迷い」に繋がりますので
      「自分の中で後悔をしない決断とは?」という意識を持ち、
      『どこまでリスクを許容し、どうなったら諦めるか?』の決断度合いを
      ある程度統一しておけると良いように思います。

      どのみちすべてのトレードで勝つことは無理でして、
      けど、耐えることで結果プラ転で終えることも出来ますよね。
      とはいえ、耐え過ぎると負けばかりが大きくなる・・・

      ここの兼ね合いをどの程度の具合に置くのか?
      これはある意味「ビジョン」の領域だと思う次第です。

      で、、、
      リスク許容の自分なりのビジョンを持った際、
      逆算したエントリー位置、
      要するに「ここまで来ないとエントリーしない」
      「なぜなら早く入り過ぎると負けた時ばかりがデカいパターンになってしまうから」
      など、エントリータイミング自体にも自分らしい位置を定めやすくなる、
      そんな風に思うのですがいかがでしょうか?

      話が前後しますが、
      僕の場合、

      1.エントリータイミング自体は個別チャート形状
      2.エントリー後の判断はその他通貨ペアなどの動向も観つつ
      3.「2」の状況変化に留意しつつ個別チャート上の決済狙い目を調整

      このようなプロセスが基本です。

      ご参考になれば幸いです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもyoutube拝見させていただいて勉強に勤しんでいる40歳の男です
    デイトレ大百科なども参考に及川式といわれる通貨相関を基軸としたトレード手法
    をやっておりますがお聞きしたい点があり投稿させて頂きました。お忙しい中恐縮ですがどうかご容赦願います。
    先生が良くおっしゃっている事前にこうなったらこうするというトレードの予測、損切・利確ラインをきめてトレードするのですが。
    私の場合、損切ラインに達して損切しなければならないのですが、その時に例えば
    仮にポンドルロングをしていた場合、監視通貨のドル円が下げていたのに急に上げだしたり、ユロポンが下げたりといった現象が起きた場合、ここから上がるかもれないと(歳の男です
    デイトレ大百科なども参考に及川式といわれる通貨相関を基軸としたトレード手法
    をやっておりますがお聞きしたい点が二点あり投稿させて頂きました。
    先生が良くおっしゃっている様に事前にこうなったらこうするというトレードの予測、損切・利確ラインをきめてトレードするように心がけてはいるのですが。
    私の場合、損切ラインに達して損切しなければならないのですが、その時に例えば仮にポンドルロングをしていた場合、監視通貨のドル円が下げていたのに上げだしたり、ユロポンが下げたりといった現象が起きた場合、ここから上がるかもれないと損切・利確を裁量で移動させたりしてしまうのですが、これは良いのでしょうか?
    もう一点ですが
    エントリー前にエントリーポイントを探す際に基軸監視通貨ペアの強弱以外にも エントリーを決めたシリーズ通貨ペアの各々のペアのMAの位置関係なども参考にしてエントリー通貨ペアを選ぶのですが
    どうにも全体を見ているようで結果偏った見方で特定の通貨ペアが邪魔なMAが近いから相関関係における強弱顕著な通貨ペアのエントリーをためらい結果中途半端なペアを選択して結局は最強・最弱の通貨が一番伸びたり・・・・
    と思えば他のシリーズ他通貨ペアのMAがじゃまして伸びるどころか反転してしまったりします、先生がやっておらるようにほかの通貨ペアのMAタッチで利確すればよい部分もあるのですが・・・
    辛いのはエントリー後にシリーズ他通貨ペアを参考程度に見るは良いとして
    エントリーの前段階ですべての要素を複合で見る(時間帯・レンジ相場なのか否か・基軸通貨ペアの強弱(ドル円・ユロポン・オジテク)と各々ペアのチャートとMAの位置関係水平線の引き直し・エントリーを決めた後の当該通貨シリーズの各々ペアのチャートのMA・水平線引き直し)これらをエントリー前とその後の値動きも継続してみてやるのは非常に大変でつらいですしその間にチャンスを逃していたりもします。及川先生は割とyoutubeでエントリー通貨ペアの瞬時の乗り換え・ドテンなどをされているのでその際見ておらる優先的な基準はどこにあるのでしょう?

    • 京都の坊主さま

      あれ、メアドからひとつ前と同じ方のようですね。
      基本、同じアンサーですが、

      >及川先生は割とyoutubeでエントリー通貨ペアの瞬時の乗り換え・ドテンなどをされているのでその際見ておらる優先的な基準はどこにあるのでしょう?

      ↑僕はかねてからこんな言い方をよくしています。
      「今からやるならどっち?」
      これは扱う銘柄選択の意味と、保有または保有候補銘柄の「今から」と
      両方を指します。

      よって、エントリー後も他の通貨ペアを観つつ、
      「今からやるならどれが良いのか?」と
      「保有中の銘柄を続行して良いのか?」を
      常に意識しています。

      ただし、ちょっとした値動きでいちいち乗り換えていたら
      スプレッド貧乏になってしまいますので、
      耐えるところは耐えます。

      逆に言うと「これ以上は耐えてはアカン」となったら
      躊躇なく乗り換える、ということです、

      基準についてですが、
      僕が常に意識しているのは
      「今、どの通貨シリーズで動いているのか?」です。

      ここも1月7日のYouTube動画が参考になると思いますので
      そのあたりに留意し、ご覧になってみてください。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、久しぶりにコメントさせていただきます。
    去年、資産が80万円ほどに減ったときにコメントさせていただき、それから8か月ほどたち、現在1500万を超えました

    詳細レポートとともに、お礼のメールを個人的にさせていただくことはできますか。

    • Hansさま
      コメントありがとうございます。

      >去年、資産が80万円ほどに減ったときにコメントさせていただき、それから8か月ほどたち、現在1500万を超えました

      ↑なんと!大復活ですね♪
      リオンちゃんもビックリの凄まじい成績だと思います^^

      80→1500
      これを8ヶ月かけたということは
      どう考えてもフロックや偶然ではありません。

      特に一定の時間をかけて、という部分が
      逆に素晴らしい、そのような感想です♪

      >詳細レポートとともに、お礼のメールを個人的にさせていただくことはできますか。

      ↑そうしましたら、取り急ぎ
      info@fxism.jp
      こちらまでメールを頂戴出来ますでしょうか?

      事務局のほうへ、Hansさんからメール来たら
      僕の連絡先を伝えるよう話を通しておきますので。

      ご面倒をおかけし申し訳ございませんが
      どうぞよろしくお願いいたします。

      それにしても凄い!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    明けましておめでとうございます。久しぶりのコメントとなります。
    以前TRIBEにシンガポールから参加していたものです。

    最近雨季ということもあり肌寒い日もありますが、師匠はいかがお過ごしでしょうか。

    TRIBEのコミュニティに投稿しようか迷ったのですが、せっかくなので直接ご報告したく、ブログへのコメントとさせていただきました。 (そもそも出金しすぎてきれいなレポートが出せなかった笑)

    2018年ごろに及川師匠のYoutubeの動画を見つけて早3年弱。デイトレ大百科とガチ速を2019年10月と11月に購入させていただき、そのままの流れでTRIBE参加。
    と及川師匠歴はまだまだ短いですが…

    なんと気が付いたら…億トレーダーになってました…(^-^;

    TRIBEに参加して一年、自分の中ではかなりの手法の変化がありました。
    もともと私はスイング専門(それも自己流)だったのですが、TRIBE参加前は及川式、期間中は及川式+佐藤社長式超速スキャル、TRIBE終了後は佐藤社長式スイングトレード+リオン式ゾーントレード、といろいろと研究に研究を重ねて、自分だけの必殺手法がようやくほぼ完成した!と思ってます。
    まさに師匠が以前上げていた動画でおっしゃる通り、FT4やデモトレを駆使してトライアンドエラーでとにかく頑張りました。

    師匠のようにまだ毎日勝つ、ということはできませんが、今はまだ無理かな、と半分諦めております(^-^;
    (むしろ毎日勝つのをあきらめた瞬間から勝ち始めましたので…笑)
    あと5年、6年くらい鍛錬して、それから師匠のようなトレードができるようになればいいな、と思っております。
    まだまだ未熟ものですが、師匠の動画やコンテンツを見てもっと研究して、いつかせめて師匠の3歩後ろを歩けるように頑張りたいと思います。

    及川師匠には本当に感謝しております。本当にためになる無料動画や、デイトレ大百科などのコンテンツ。TRIBEのコンテンツも充実していて、昨年は実りのある一年でした。

    もし本当に道端でばったり出くわすことがあれば、ぜひとも御礼をさせてください。

    今後とも及川師匠、佐藤社長、リオンちゃん、Dr.ヨン様を、実は師匠の近くのシンガポールのどこかから応援しております。

    • 及川師匠
      こんにちわ。ご返信ありがとうございます!

      気付いたらなっていた、というのは、複数口座持ってまして、トータルの損益がパッとは分からず…また出金も儲かったらすぐにやっているのでなかなか把握できず笑

      毎月、家の資産の管理表を作成しているのですが、その際に、まさに気づいたら収益が億超えてました(^-^;

      そしてお誘い誠に有難うございます。
      私などが及川師匠とご一緒させていただけるなんて、夢にも思いませんでした!
      もし及川師匠のご都合がよろしければ、是非お願いしたいです。

      師匠から直接連絡をいただけるとのこと、大変お手数をおかけし恐縮です。
      メールアドレスも投稿時に記載させていただいているもので問題ございません。

      よろしくお願いいたします。

    • 投資家てこも様

      >毎月、家の資産の管理表を作成しているのですが、その際に、まさに気づいたら収益が億超えてました(^-^;

      ↑知らぬうちに到達ですか?
      最高ですね(笑)

      >メールアドレスも投稿時に記載させていただいているもので問題ございません。

      ↑そうしましたら近日連絡をさせていただきます。
      その後はメールでやりとりをいたしましょう♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 投資家てこも様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >なんと気が付いたら…億トレーダーになってました…(^-^;

      ↑気が付いたらなっていた、、、
      ってのはなかなか凄い話ですね(笑)
      いやはや、何はともあれおめでとうございます♪

      >自分だけの必殺手法がようやくほぼ完成した!と思ってます。
      >むしろ毎日勝つのをあきらめた瞬間から勝ち始めましたので…笑

      ↑後半のは特に名言だと思います。
      ここは多くの方々にぜひ聞いて欲しいお話です。

      ところで、
      シンガポールにお住まいということでしたら
      一度直接お会いしませんか?

      僕は昔から億到達、もしくはメッチャ勝てるようになった人などには
      食事をごちそうする「しきたり」がありましてね。

      現状、日本の方々には出来ていませんが、
      シンガポールなら可能ですので。

      今回投稿時のメールアドレスで問題ないでしょうか?
      であれば、僕の方から連絡することも出来そうなので
      ご検討なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、明けましておめでとうございます。
    初めてコメントさせて頂きます。
    去年5月頃〜FXを始めました。
    スキャルピングから始めデイトレ、スイングもやりました。
    8月頃までビギナーズラックってやつで資金が数倍に増えましたがその後全損しました。
    その頃に及川師匠の動画を知り過去から一通り拝見させて頂きました。
    ガチ速FXも読みました。
    及川師匠の言う腹八分、リスクリワードがあっていれば何をやってもいい、その他諸々自分の性格にマッチして今は少しずつですが資金が増えてきました。
    凄く感謝しています。
    毎週2回のトレード動画楽しみにしています。
    あと大変恐縮なのですがNY時間遅めの動画も宜しければ拝見したいと思います。
    あつかましくてすいません。
    これからも頑張って下さい。

    • トニ吉さま
      明けましておめでとうございます。
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川師匠の言う腹八分、リスクリワードがあっていれば何をやってもいい、その他諸々自分の性格にマッチして今は少しずつですが資金が増えてきました。

      ↑それは何よりです♪
      僕の話って、特別凄いことを言ってるわけではなく、
      けどシンプルに「個人」には合っているやり方ではないでしょうかね。

      なんていうか「現場向き」だと自分では思っている次第です。

      >NY時間遅めの動画も宜しければ拝見したいと思います。

      ↑あぁ、なるほどですね。
      僕はつい早く終わらせたい気持ちがあり、
      なかなか深夜帯は出来ないでいます。
      もっとも実際にトレードする機会自体が少ないですけど。

      次回以降、NY時間をチャレンジする際は意識してみます!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • あけましておめでとうございます。

    質問です。自分は株を中長期投資でやっているのですが、早く利食いしてしまいなかなか利益を引っ張れません。
    現物株はどのようなタイミングで利食いをするのが良いのでしょうか。
    よく証券アナリストが「目標株価:〇〇円」と設定していたりしますが、あれって信じて良いのでしょうか・・・?

    • キロシさま
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      ご質問の件ですが
      僕は株が専門ではありませんので
      適切なお答えが出来る自信はございません。

      その道のプロにお聞きいただく方がよろしいかと存じます。

      >よく証券アナリストが「目標株価:〇〇円」と設定していたりしますが、あれって信じて良いのでしょうか・・・?

      ↑僕はまったく信用しません。
      アナリストの言う通りになるなら、彼らこそが億万長者でして、
      スーツにネクタイなどしていないはずですので。

      取り急ぎ以上です。
      お役に立てず申し訳ございませんでした。

  • こんにちは。いつもYouTubeなど拝見させて頂いております。
    1つ質問ですがよろしいでしょうか?
    2021年1月7日にYouTubeにてアップされました「超参考事例→利食いの強弱感はホニャララで判断出来る!」の中で、師匠は「本当はここ(1MAタッチ)から入りたかった」とおっしゃっていました。
    私もその時同じくトレードしてまして、ポンドドルが1MAにタッチしたのも見てました。しかし、私はそこで入れなかったです。なぜかというと、13時台で一度1MAにタッチしており、16時台のタッチは二番煎じだと思ったから入れなかったのです。トライブに参加させて頂いて、師匠から二番煎じは危ないと教えて頂いたので、私はファーストタッチ以外はやらないと決めていました。しかし今回のYouTubeでの師匠の発言と自分の考えが矛盾してしまったので質問させて頂きました。

    東京時間と欧州でファーストタッチはリセットされるのか、通貨ペアの相関がよければ二番煎じという考え方は二の次でも良いのか…師匠の考えをお聞きしたいです。
    お忙しい中とは思いますが、ぜひ返信お待ちしております。これからもたくさん勉強させて頂きますのでよろしくお願い致します!

    • カッパのおとうと様
      コメントありがとうございます。

      >13時台で一度1MAにタッチしており、16時台のタッチは二番煎じだと思ったから入れなかった

      ↑なるほどですね、
      「僕の教え」からということなので申し訳ございませんでした。

      僕の中では
      欧州時間への切り替わりに伴う動きとの認識なのと
      形状的には「まだキレイ」との認識から「二番煎じ危険」的な感覚は
      あまり意識していませんでした。

      もっとも「16時台からのあらたな動き」によって
      上に抜けきってそのまま上昇する展開はあり得るという部分のほうを意識してまして
      当然その際は損切り、場合によってはドテンも検討したと思います。

      で、「損切り時の対応」が明確にイメージ出来ているため、
      『ならばエントリーもOK』という思考手順になった次第です。

      >東京時間と欧州でファーストタッチはリセットされるのか、通貨ペアの相関がよければ二番煎じという考え方は二の次でも良いのか…師匠の考えをお聞きしたいです。

      ↑大変良いご質問だと思います。
      本件に関しましては「リセット」ではなく、
      「通貨ペアの相関がよければ」の方が該当するイメージです。

      逆に言いますと、
      例え「一番煎じ」であっても、その他要因から見送ることもありますので。

      あくまで個別トレードの解説ゆえ、
      今後も矛盾が生じる内容もあるかも知れません。
      (そもそも僕自身、平気で間違うこともありますし・苦笑)

      本件、このようなアンサーですが
      大丈夫そうでしょうか?

      もし不足などございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    明けましておめでとうございます。
    初めてコメントさせて頂きます。
    いつもYouTube動画を拝見し勉強させて頂いています。本当にありがとうございます。
    ガチ速は毎晩半身浴のお供で、フニャフニャになってしまいました。笑
    今年も、毎週2回の配信しっかり勉強させて頂きます。

    私は女子ですがボクシングも大好きで、いつもボクシングに例えたお話、なるほどなるほど…と思いながら楽しく聞かせて頂いています。
    井岡×田中、面白かったですね!
    あんなに圧勝するとは…
    ディフェンススキルが勝敗を分けましたね。トレードにも通じる、という師匠の言葉に深く頷いてしまいました。
    井岡さんに、田中さんのパワーとスピードが加わったのがモンスター井上ですね!

    すいません、熱くなってしまいました…笑

    ご質問させて下さい。
    ・今は冬時間ですが、師匠は夏時間同様、欧州は16時からが本番という捉え方でトレードされていますか?17時から、ではなく?

    ・エントリーや利確に水平線を目安にする場合ですが、師匠はあまりユロポンの高値安値は気にしておられないようにお見受けします。
    例えば、ユロポン上昇でポンドルをショートした場合、師匠はポンドルの直近安値に水平線を引き利確目安にされたりしておられますが、ユロポンの直近高値はあまり気にされていないような…
    お互いの高値と安値が合致している場合も多いのですが、師匠の相関パズル理論について、私の捉え方が何かズレているのでは…と不安になり質問させて頂きました。
    単独チャートが一番大事という事かなとは思いつつ、ユロポンチャートに引いた水平線が気になって迷いが生じたり…
    例えば、ブレイクアウトの際に、ユロポンの水平線突破を待っていたら、ポンドルやポン円がそこそこいってしまって、次の水平線が近付いてきて手が出せない…みたいな事もあります。
    ユロポンの水平線を気にしすぎでしょうか?

    ご回答どうぞよろしくお願い致します。 

    • ★格闘技大好き女子★さま
      明けましておめでとうございます。
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ガチ速は毎晩半身浴のお供で、フニャフニャになってしまいました。笑

      ↑これ、なんかとっても嬉しいです♪
      それにしても半身浴でフニャフニャにする本が
      「FX本」というところがなんともオシャレですよね(笑)

      >井岡×田中、面白かったですね!
      あんなに圧勝するとは…

      ↑まったく同じ感想です!
      井岡選手は昔のマッチメイク(ロマゴンから逃げた、など)から
      ネット上の評価ではイマイチな声も多かったですが
      個人的には日本ボクシング史上でもかなり上位レベルだと思っています。

      >ディフェンススキルが勝敗を分けましたね。

      ↑田中選手もかなりの強豪なはずで、
      しかもスピードも田中選手の方が速いように見えましたが、
      井岡選手得意の「詰将棋」みたいな
      アレぞ教科書的ボクシングと言ったところでしたよね♪

      >井岡さんに、田中さんのパワーとスピードが加わったのがモンスター井上ですね!

      ↑こちらも同意見です♪
      井上尚弥選手は別格すぎて、同世代の選手が可哀そうになります(笑)

      >今は冬時間ですが、師匠は夏時間同様、欧州は16時からが本番という捉え方でトレードされていますか?17時から、ではなく?

      ↑本来の時間管理から言ったら「17時から本番」が正しいと思っています。
      が、、、16時台から動いてしまうこともあるため、
      可能であれば監視は16時から、という風にしている次第です。

      で、動画の時が特にそうなのですが
      「観てるとやりたくなってしまう」というか、
      「動画を早く終えて楽になりたい」という意識がどうしても強いんです(汗)

      7日に関しましては、
      日本時間の17時に僕の部屋のワインセラーの故障修理で
      業者さんが来るのが決まっていたため、なおさら早く終えたいと思いながらやっていました^^;;

      >エントリーや利確に水平線を目安にする場合ですが、師匠はあまりユロポンの高値安値は気にしておられないようにお見受けします。

      ↑あぁ、確かにそうですね。
      僕はユロポンを「強弱感の判断ネタ」くらいにしか使っておりませんで、
      そのあたりの感覚が一番の要因です。

      参考までに昔話を少々しますと、
      僕がユロポンを活用するようになった頃って、
      ボラが全然出ないことが圧倒的に多かったんです。
      イメージ的にはドル円のボラがない日に似ていました。

      よって「取引対象としてはつまらん!」となり、
      その当時の感覚がいまだに残っている部分はかなりありますね。

      >ユロポンの水平線を気にしすぎでしょうか?

      ↑僕が「気にしなさすぎ」でもあり、何とも言いにくいところです。

      ひとつ言えるのは、いずれも欧州通貨という類似点がある中、
      この通貨ペアをトレード対象、特にメインで扱う人ってのは
      そうそういないのではないかと個人的にはそのように思うんです。

      で、あるなら、同銘柄のテクニカルもさして当てにはならない、
      僕的にはこのような考えになりますね。

      取り急ぎ本件のアンサーは以上となりますが、
      もし不足などありましたら遠慮なくメッセージをお寄せください。

      なお、ボクシングに関しましては
      FX以上にアツく語りますので、機会があったら激論しましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、まずは新年あけましておめでとうございます。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    以前一度だけコメントさせていただきまして、今回で2度目のコメントとなります。

    以前コメントの際に書き込みましたが、2021年より実弾でのトレードを開始しました。
    気が遠くなるような度重なるデモトレードをこなしたお陰か、デモも実弾もなんらメンタルに変動なく、デモトレードと同じ感覚・同じ獲得PIPSでトレードが出来ています。
    おそらくこのままぶれずにやっていけそうです。不思議と変な自信があります。

    本日コメントさせていただいたのは1つご質問といいますか、参考までにお聞きしたいことがありコメントさせていただきました。

    それは、資金に対するロット数の管理についてです。
    私は現在自分なりの管理(全て及川先生が参考です)でこれまでやってきたので、こちらのマイルールはぶれずにこれからもやっていくのですが、参考までに聞かせてください。

    以前YouTubeの動画内で及川先生の方で、3000万あれば及川先生と同じトレードができるとおっしゃっておりました。
    私なりの解釈では「3000万:30ロット:上限弾数は状況に応じて」
    このように解釈をしておりました。
    この感覚をもとに今のマイルールを構築しております。
    例えば資金が1000万であればロットは10、200万であればロットは2といった感じです。
    弾数については、基本5発までで状況に応じて(時短で終わらせる時やチャラ逃げを目的とする場合)10発まで許容範囲としております。10発以上は絶対に打たないよう徹底してます。まあ8発目以降は大体損切覚悟ですが、、
    よくネット上では証拠金維持率に応じてなど書かれていることがありますが、正直私はあまりピンときません。ブレイクイーブンラインを目指してのチャラ逃げや時短決済を目指す場合は限界まで(私の場合は10発)弾は打っていいかなと思ってますし、どこまでいっても正解は無いですが、正解を言うならば自分に合っているかどうかかと思っています。

    このような感じでこれまで上手くやってこれたので、自分に合っているやり方なのかなと思っていますし変えるつもりもないのですが、参考までにご意見を聞きしたいと思ってコメントさせていただきました。
    どうぞご教授の程よろしくお願いいたします。

    • てんぷら様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >気が遠くなるような度重なるデモトレードをこなしたお陰か、デモも実弾もなんらメンタルに変動なく、デモトレードと同じ感覚・同じ獲得PIPSでトレードが出来ています。

      ↑デモ時とメンタルに変動なし、この時点でかなりの優位性ですね♪
      今後が実に楽しみです。

      >「3000万:30ロット:上限弾数は状況に応じて」
      このように解釈をしておりました。

      ↑はい、その解釈で合っています。
      実は昔、一時50ロットでやっていた時期もあったのですが
      それだとメンタル的に少し負担が大きく、
      30ロットに下げた経緯があるんです。

      で、そうすることで心理的負担は少なくなり
      以降30ロットを上限にし今に至ります。

      >よくネット上では証拠金維持率に応じてなど書かれていることがありますが、正直私はあまりピンときません。

      ↑僕も証拠金率を普段気にすることはほとんどないですね。
      あ、国内業者だったら話は変わります、
      気をつけないと証拠金率で強制ロスカットされちゃいますので(笑)

      レバレッジからロット調整すべし、みたいな話もたまに聞きますが、
      僕としては「そんな面倒な計算は逆に無理!」と思ってしまいます。
      シンプルに資金に対しロット調整、これで充分じゃないでしょうかね。

      >このような感じでこれまで上手くやってこれたので、自分に合っているやり方なのかなと思っていますし変えるつもりもない

      ↑要するにこれが結論でしょうね。

      適切な言葉かどうかは分かりませんが
      自分にとって「居心地の良いロットや弾数」
      ここの兼ね合いをとるのが一番だと僕も思います。

      実弾トレード、今後もぜひがんばってください。
      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんこんにちは
    いつも動画を楽しみにして参考にさせて頂いてます。
    私事ではありますが、年末の12/28から資金1万円でトレードを始めて実質8日間のトレードで18万6千円です。目標は笑われるかもしれませんが億トレです。資金管理をしながら負けないトレードを心掛けてます。
    もし億行ったら及川さんにお会いできたら嬉しいです☺️

    • とももん様
      コメントありがとうございます。

      >年末の12/28から資金1万円でトレードを始めて実質8日間のトレードで18万6千円です。

      ↑それは凄い!
      恐ろしいほどのペースで、スピード違反が少々心配です(笑)

      >資金管理をしながら負けないトレードを心掛けてます。

      ↑資金管理は重要です、
      特に現在のようなハイペースのまま行こうとすると
      どこかで大怪我をしやすくなるので、そこは充分ご注意なさってください。

      >もし億行ったら及川さんにお会いできたら嬉しいです

      ↑もちろんです。
      僕が直々に食事をごちそういたしますので
      その際、もしくは良い線まで行った時点で遠慮なくご一報ください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
      損切りをすべきはし、
      その上で資金が増えていくのが健全である。
      ここを常に忘れずにがんばってください。

  • 及川先生

    おけましておめでとうございます。
    2021年も勉強させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。

    先月『海外口座』と『国内口座』の違いに違いに苦しんでいるとコメントさせて頂きました。あれから3週間ほど過ぎましたが、ようやく海外口座のMT4での勝ち方が掴めてきました。

    最近勉強になったのは、及川先生の別の方への回答で、相場感の養い方で『エントリーはサイコロで決めてもよくて、それをプラスに持って行くためにどう対応するのか』でした。
    それを常に考えるようになってから対応力が付いてきたように思います。
    それと海外口座はロット調節が肝とゆうことが分かって来ました。

    私の最近のトレードですが、リオンちゃんのマシンガンハントの購入も考えましたが見送り、天才チャートも封印し、MAも使わず純粋にまっさらなローソク足チャートのみでトレードしています。
    及川先生はローソク足のみでチャートを見ることはありますか?

    年末年始でやったことはダウ理論とプライスアクションの復習です。
    12月25日に10万円入金から再出発して現在70万円になりました。
    とは言え他の方の華々しいpips報告に劣等感を感じますが、毎月課題の設定と弱点克服に務め、軽自動車の買換え⇒家の購入を目標に一歩ずつ進んで行きます。

    それでは今後とも宜しくお願い致します。

    • きよん様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >相場感の養い方で『エントリーはサイコロで決めてもよくて、それをプラスに持って行くためにどう対応するのか』でした。
      それを常に考えるようになってから対応力が付いてきたように思います。

      ↑良いヒントになったのであれば良かったです^^
      デイトレは「対応」こそがすべて、これが僕の持論でして。

      >及川先生はローソク足のみでチャートを見ることはありますか?

      ↑たまに見ることはありますが、
      けど、そのままトレードをしたことはないですね。

      >年末年始でやったことはダウ理論とプライスアクションの復習です。
      12月25日に10万円入金から再出発して現在70万円になりました。

      ↑これは凄いですねぇ。
      ご自身による創意工夫でここまで出来るのは素晴らしいと思います。

      >他の方の華々しいpips報告に劣等感を感じますが

      ↑いやいや、そんなことはない、充分すぎるペースですよ。
      逆に無茶なロットを焦って入れて大怪我しないで欲しいと願うくらいです。

      >軽自動車の買換え⇒家の購入を目標に一歩ずつ進んで行きます。

      ↑着実にひとつずつクリアしていく感じは良いですね♪
      目標到達の際にはぜひともご一報ください^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    新年明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い致します。

    12月の投稿で『コメント欄は見ないようにして勝てるようになりました』とクソ生意気な事を言ってしまいましたが、
    また有難く拝見させて頂いております(^^;

    色んな方の負の悩みを聞いていると
    自分も負からいつまでも抜け出せなくなりそうとの思いからでしたが、
    トレード歴が約一年となり、様々な意見や考えに振り回されずに見れるようになった事も大きいです。

    それに及川師匠の返信コメントは、やっぱり勇気を頂けたり、糧になり、前を向けます。
    本当に宝の山です。

    師匠は音楽の道を諦めたとの事でしたが、この返信コメントだけでも、音楽と同じように人を感動させたり救えたりしていると思います。

    『しばらく投稿もしません』と前に投稿しましたが、それも却下させて頂きます。笑
    お忙しいとは存じますがお力添え頂ければと思います。

    今回のリオンちゃんの『10万円チャレンジ』
    とても勇気と希望を頂きました。

    それにしても2ヶ月で75万円・・・。
    しかも0.01ロットからのスタートで。
    凄すぎます。
    ちなみに私も可変ロットで増減させてますが、
    証拠金10万円だと0.4になります。
    40分の1なのにぶち抜かれてる。笑

    私はリオンちゃんのように午後も早朝も深夜もチャンスがあればトレード!
    というわけにはいかず、
    毎日NYの約1時間の中でというスタイルなので、同じペースで真似しようとは思っていませんが、
    低資金・低ロットでも資金管理と安定した勝率を会得すればこんなに増やす事が出来るという見事な見本を示して頂きました。
    ありがとうございます。

    私の当面の課題としてるのは『待つ』事です。
    この一年でマイルールはかなり増えてきましたが、
    『やらない』ルールを増やして、『やらないルールを破らない』を徹底すること。
    というのも負けトレードはほとんどが『無駄なトレード』をついやってしまっているからです。

    年末年始に毎日保存(トレード前と後)しているキャプチャ画像で11月からのチャートを過去検証して、どこで入るべきか(終わったチャート形状で理屈をこねるのではなく自分自身の現場目線で)を洗い出していったところ、約1時間の間で『入って良い』と言えるタイミングはせいぜい1回から多くても3回です。
    入っちゃダメという日もあります。
    しかし、実際の私は1回から5.6回は入ってます。
    10回くらい打ってる日もあります。
    そしてそんな日は大体負けかボロ負けか、結果勝っていても苦労させられたと言うことです。
    そういうのを極力減らして、自分の思う『7割以上の確立でここは勝てる』もしくは『リスクリワード的に負けてもしれてる』場面まで待つ。 
    ここだと思えば勇気を出して入る時はスパッと入る。
    その忍耐力と状況判断力と感性をもっと磨いていこうと思います。
    回数を減らし、負けを減らし、結果、資金は増える。
    そんなスタイルが精神衛生上にも良いと思いますので。

    もう『まだ初心者だから』という甘えは捨てて、授業料はもう払わない、着実に稼ぐトレーダーに今年はなります。

    そのために師匠のご教授を度々仰ぐかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

    • 三度の飯よりメッシ様
      明けましておめでとうございます。
      いつもコメントありがとうございます。

      >12月の投稿で『コメント欄は見ないようにして勝てるようになりました』とクソ生意気な事を言ってしまいましたが、
      また有難く拝見させて頂いております(^^;

      ↑まぁそのぉ、
      いずれにしましても意固地になる必要はないってことで(笑)

      >今回のリオンちゃんの『10万円チャレンジ』
      とても勇気と希望を頂きました。

      ↑おっしゃる通り
      「0.01」からスタートしてるってあたりが憎いですよね。

      >約1時間の間で『入って良い』と言えるタイミングはせいぜい1回から多くても3回です。
      >しかし、実際の私は1回から5.6回は入ってます。
      10回くらい打ってる日もあります。

      ↑さすがにこれは多いですね^^;;
      保有ポジションの「変化に対応」することで増えるのであれば
      僕自身、チョイチョイあるのであまり言えませんが、
      平時の状態からとなると多過ぎだと思います。

      >自分の思う『7割以上の確立でここは勝てる』もしくは『リスクリワード的に負けてもしれてる』場面まで待つ。 
      ここだと思えば勇気を出して入る時はスパッと入る。

      ↑この2つはとても良いテーマの置き方だと思います。
      「待つ」のも重要ですし、けど「入る時は入る!」という部分も忘れてはならぬポイントでしょうね。
      僕もよく「デイトレはおっかないと感じる時にチャンスが多い」とお話をしています。

      >回数を減らし、負けを減らし、結果、資金は増える。
      そんなスタイルが精神衛生上にも良いと思いますので。

      ↑まったく同感です。
      限られた時間、されど「毎日見ている勝手知ったる時間」の中で
      日々マネジメントすることが大切でしょうね。

      >もう『まだ初心者だから』という甘えは捨てて、授業料はもう払わない、着実に稼ぐトレーダーに今年はなります。

      ↑大いに期待しております。
      お互いがんばってまいりましょう。

      それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。
      またのコメントをお待ちしております(笑)

  • あけおめでとうございます!!

    わたしは、まだ黄緑線タッチ後
    上に行くのか下に行くのかの判断がつきません。
    どうしたらわかるのかな?

    参考になる動画などあれば
    おしえてください。

    コロナが猛威を奮ってるのでお気をつけて・・・

    • 虹色さま
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >わたしは、まだ黄緑線タッチ後
      上に行くのか下に行くのかの判断がつきません。
      >参考になる動画などあれば
      おしえてください。

      ↑僕のYouTube動画ですが
      黄緑線スタートの方が少なくないでしょうか?

      近年は「水平線+MA」など複合根拠で解説しながらやるケースが多いと
      自分では思っているのですが。

      「どの動画か」となるとたくさんありすぎて僕も覚えていませんが、
      例えばせっかくご覧いただいた動画については
      いくつか種類分けして残しておけると良いかも知れません。

      例:
      ・黄緑線からのエントリーパターン
      ・水平線根拠のエントリーパターン
      ・通貨シリーズのシンクロ度合いで入ったパターン
      ・逆張りパターン

      他にもありますが、
      ご自身が思いつく種類で良いと思います。
      そのほうが理解しやすい気がしますので。

      >コロナが猛威を奮ってるのでお気をつけて・・・

      ↑お気遣いありがとうございます。
      シンガポールは市中感染がほとんどゼロの状況が続いておりますので
      むしろこちらは安心なんです。

      日本は冬の寒さもあって感染が拡大しやすいでしょうから
      ぜひともご自愛ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新年あけましておめでとうございます。
    本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
    昨年はTRIVEにも参加させて頂き実弾トレードにもチャレンジしましたが
    全損を経験し、これも次回に繋げる経験ととらえています。

    今回、及川先生にアドバイスを頂きたいと思いコメントさせて頂きました。
    それは胆力の鍛え方です。覚悟ともいうのでしょうか。
    及川先生の動画を見ていて時計を見ていると、なるほど、これだけの時間を耐えられたのかと感心するばかりです。
    僕の場合は、エントリー後、ゆっくり動く相場や戻しに耐えがたいストレスを
    感じて微益撤退してしまうことが多いです。
    また確定損が有る時などは、これロングだなとかショートだなと思っていても
    怖くてエントリーを躊躇してしまいます。
    結果、負ける時は大きく勝ちは小さいという状況に陥ってしまいます。
    そもそもが及川先生の手法は損大利小を勝率でカバーする手法とは理解して
    いるのですが、胆力がなければ勝率すら下がってしまうというのがリアル口座に
    切り替えてからの課題となりました。
    覚悟を決めると言い聞かせていますが何か良いアドバイスはないでしょうか。
    お忙しいとは存じますが宜しくお願い致します。

    • ドリームスタイル様
      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >全損を経験し、これも次回に繋げる経験ととらえています。

      ↑そうでしたか(汗)
      なんとしても倍返し、と言いたいところですが
      あまり焦ってもよろしくないですので
      まずは着実に進んでいけるようがんばっていただきたいと思います。

      >胆力の鍛え方です。覚悟ともいうのでしょうか。
      >胆力がなければ勝率すら下がってしまうというのがリアル口座に
      切り替えてからの課題
      >覚悟を決めると言い聞かせていますが何か良いアドバイスはないでしょうか。

      ↑うーむ、ここはどうでしょう、
      なにか大きなズレを感じてしまいました。

      胆力は確かに必要ではありますが、
      無根拠に耐えるのが覚悟ではないと思うんです。

      その前段階で一定の「方向性への自信」などがないと
      ただの「ガマン大会」になってしまうと思います。

      例えば本件のポイントが
      「方向性に対しての自信はそこそこあるのに
      目先の値動きに翻弄されてしまい決済が早い」ということであれば
      例えば保有時間を「次の30分刻み付近までは持つ」などの対策もアリだと思います。

      よって、現時点で目指すべきことは
      「胆力」ではなく「方向性の見極めや判断力の向上」ではないかなと想像する次第です。

      1月7日のYouTube動画で
      僕はポンドドルをショートしましたが、
      ポンド円とのシンクロがなかったため利食いを早めにしました。

      あれがもしポンド円も同じような形状で同時に崩れていたなら
      もっと長い時間、具体的には「次の30分刻み付近」まで持っても良かったと思っています。

      このように
      「どういう状況なら粘って良いのか?」
      「どういう状況だと逃げておく方が良いのか?」
      この区別パターンをご自身なりに持つことこそが重要ではないでしょうか。

      その上で前者に対し、初めて「胆力」の必要性が生じる、
      この順番を間違えてはいけないと思います。

      なお、僕の誤解で方向性に一定の自信がある中でのご相談ということでしたら
      上述の「次の30分刻み付近まではとにかく持つ」から
      まずは始めてみることをオススメしたいです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      僕のアンサーがトンチンカンだった際は
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 相関通貨ペアについて質問があります。及川さんは、
    たとえば、GBPUSDのレジサポ要因を他の、たとえばUSDJPY通貨の分析で
    根拠付けをされたりしますか?

    GBPUSDでテクニカル的に時にレジサポ要因を導き出せない場合、
    他の相関、逆相関の通貨で強いサポートがあるので、GBPUSDもサポートされるだろうという見方です。

    • えいじ様
      コメントありがとうございます。

      >たとえば、GBPUSDのレジサポ要因を他の、たとえばUSDJPY通貨の分析で
      根拠付けをされたりしますか?

      ↑文面で正しくお伝え出来るか少々不安ですが
      直接的に事例のような根拠付けをすることはないように思っています。

      例えば、、、
      ドル円が上昇基調の中でポンドドルのショートを保有している際、
      ポンド円のレジスタンスラインまで引っ張れるのでは?と判断した際は
      ポンドドルのレジスタンスラインは下抜けするまで保有続行、などのケースはあります。
      ※この場合はポンド円のレジスタンス到達のタイミングでポンドドルショートを決済。

      あるいはドル相関根拠でユロポンの弱い側のポンドドルをショートしたとして
      その際にユーロドル(強い側)のレジスタンスライン到達タイミングで決済などをすることも
      同様にあります。

      これらはいずれも
      「伸びて然りの通貨ペアのレジスタンスラインが近すぎる場合」
      「近すぎではないまでも、もっとイケると判断可能な場合」です。

      お話のポイント、ズレてますでしょうか?汗

      もしズレているようなら僕の理解不足ですので
      お手数ですが再度メッセージをお寄せくださいm(_ _)m

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初のコメント失礼致します。

    私は34歳、建築関係の個人事業主です。
    体商売ですので怪我をしたら…等将来への不安もあり、昨年9月からずっと興味を抱いていたFXを始めました。
    生き方は人それぞれ。
    お金に不自由して右往左往されるより、少しでも心豊かに暮らす為にも何ができるか。
    5年後10年後を見据え、その為にも今から出来る事。
    何をすべきなのか。
    そんな思いを抱きFXを始めました。

    まだ初めて4ヶ月の超初心者ですが、時間があればずっとチャートを見て、FXの魅力に取り憑かれ夢にまでチャートが出てきて目が覚める、そんな睡眠不足な今です。笑

    妻の理解もあり45万円から始めましたが、のらりくらりと資金が増えたり減ったりを繰り返し、つい先日のゴールドの下落でゼロカット退場してしまいました。
    実は退場は3度目なんですが。笑

    ギャンブル脳で熱くなった、完璧に自分の反省です。
    最近やっと順調に利益を出せ初めていたので、心にかなりの隙があったと思います。
    悔やんでも悔やみきれませんが、2日経ち現実を受け止めまた立ちあがろう。
    やっとそう思え始めました。

    普段はGBP、EUR、AUDのドルストレート取引きを主にしてまして、損切り設定は必ず入れる様にしてます。
    高値安値を目安に、分からなければ30pipsを目印に。
    合ってるかは分かりませんが損切りだけは必ず入れていました。

    けれどゴールドの下落相場に熱くなり冷静さが無かった私は損切り入れず、しかも勢いのある下落途中の値頃感から、一瞬の反発上昇にかけ逆張りロング。
    ほんの一瞬の出来事で。
    一瞬でのゼロカット、今でも怖さで震えてしまいます。

    及川さんに聞きたい事は山ほどありますが、どうしても今聞きたい事として、ゴールド等のCFD取引はなされますか?

    テクニカルな質問じゃなく、下らない質問でしたらすみません。

    FXを初めてから及川さんのYouTubeは拝見しています。
    CFD取引の動画は見当たらないので、もし宜しければ取引されない理由など教えて頂きたいです!!

    今回の苦痛を糧に、しっかり受け止め、もっと少額から少しずつ這い上がっていこうと思います。
    今は初心者の癖に自信無くなり、不安と恐怖は物凄いですが、やはりFXは続けたい。
    自分に負けたくない!
    及川さんの動画に出会えた事も、私のFXが好きだと思える一つのキッカケです。
    魅力を与えてくれ、ありがとうございます

    私は負けません!!
    何度だって立ち上がります!

    こんなコメントでいいのか迷いましたが、今の私の聞きたい事の一つですので、宜しくお願い致します✨

    • 秦 健治さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >時間があればずっとチャートを見て、FXの魅力に取り憑かれ夢にまでチャートが出てきて目が覚める、そんな睡眠不足な今です。笑

      ↑4ヶ月でここまでハマってらっしゃるのはある意味凄いです^^
      ただし、カラダを壊しては意味ないですので、
      「チャートを閉じてしまう勇気」も今から意識なさっておくと良いはずです。

      個人的には
      「日々同じ時間帯を見続け、その中における動きのクセなどを捉えるほうが信頼度が上がる」
      このように思っています。

      普段やらない時間帯を一生懸命見るよりは
      普段出来る時間帯のみを集中して取り組むほうが合理的だと思いますので。

      >どうしても今聞きたい事として、ゴールド等のCFD取引はなされますか?

      ↑僕は一切やりません。
      僕のやり方の大きなポイントのひとつに
      「通貨の相関性」「シンクロ性」などの判断が挙げられます。

      実際に保有する銘柄以外の動きから保有している銘柄の強弱感が計れるため、
      僕にとってはこれ以上勝ちやすい投資種目は他にないんです。

      で、そういう種目がある中、
      わざわざよく分からない銘柄に手を出す必要がない、
      このように考えている次第です。

      >及川さんの動画に出会えた事も、私のFXが好きだと思える一つのキッカケです。

      ↑こちらは大変光栄ですし、
      今後もご期待に沿える内容を目指したいと思えます。
      ありがとうございます。

      本件のアンサーは以上ですが、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも拝見させていただいです。ブログとは関係のないお話ですが、FXの税金対策についてです。日本は累進課税にてFXの収益がだいたい年間400万円を超えてくると、海外FXよりも日本のFX口座の方が税金面でお得なように書いている記事が多いです。

    及川先生は今までの生徒さんにはやはり、ある程度稼げるようになってきたら、税金対策にて、海外FXよりも日本口座を利用するようにご指導されているのでしょうか?
    海外FXでも節税できる方法などはあるのでしょうか?
    (及川先生のように海外に移り取引を行う以外で)
    もしくは他の方法で節税することは可能なのでしょうか?

    • やまちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >累進課税にてFXの収益がだいたい年間400万円を超えてくると、海外FXよりも日本のFX口座の方が税金面でお得なように書いている記事が多いです。

      ↑海外口座の利益は「雑所得」つまり合計所得に対する所得税の税率が適用されます。
      よって本業のお給料との合算値が高ければ高くなるほど所得税率が上がるというお話ですね。

      最近は調べていませんが
      記憶では確か695万円以下であれば税率20%で、
      695万を超え900万円以下までは23%だったような。。。

      これに対し、国内業者は申告分離課税による一律20%チョイなので
      海外口座で大きく稼ぐほど税金面では国内業者が有利になる、
      そういうお話でしょうね。

      >及川先生は今までの生徒さんにはやはり、ある程度稼げるようになってきたら、税金対策にて、海外FXよりも日本口座を利用するようにご指導されているのでしょうか?
      海外FXでも節税できる方法などはあるのでしょうか?

      ↑このあたり、話すと長くなるので
      別の機会にじっくりやるとして、
      取り急ぎ言いたいのは僕の場合「法人口座」でやっていた、という部分です。

      そうすることでトレードの利益も「事業所得」として合算されます。
      税率は申告分離に負けますが、
      ただし法人の場合、各種必要経費が落とせるというメリットがあります。
      (例えば接待交際費、年間800万円まではほぼ問題なくOKや、他にも諸々あります)

      ここまで書いておいてなんですが、
      税金の心配はある程度稼げるようになったあとからでも充分間に合いますよ。
      それこそ上述のように695万円以下であれば税率20%ですので
      いきなり50%とかにはなりませんし。

      もっとも「年間億以上」とかまで行く状況が見えて来た際は
      それこそ海外移住などの検討もあって良いかも知れませんが、
      まずは稼げるようになること、
      その次に法人口座へ移行、などで当面は充分ではないかと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 1月7日にコメントさせて頂いた者です。お忙しい中ご返答ありがとうございました!

    損切りのイメージがしっかりあるからエントリーしたというお言葉がとても勉強になりました。

    申し訳ないだなんて謝らないで下さい!これからもYouTubeやこのブログを拝見させて頂いて勉強しますのでこれからもよろしくお願い致します。

    私はFXを勉強して2年になります。最初の1年はまったく勝てませんでしたが、及川師匠と出会って勉強して、ここ3ヶ月はデモ口座ですが月間収支がプラスになってます。これも及川師匠や、佐藤コーチ、ヨン様、リオンちゃんのおかげです、ありがとうございます。これからも頑張りたいと思います。

  • 及川先生、リオンちゃん。いつもYouTube動画、ブログ、twitter、拝見させていただいております。
    BigBossの口座につきましては、及川先生から案内頂いたものから、口座開設させて頂きました。
    それで、質問があります。
    その他のFXの口座(特に海外FX業者の口座)を開設する際に、単純にHPから口座開設をする方がいいですか?それとも、TariTariみたいな、一定のキャッシュバックがあるサイトから、口座を開設するようにした方がいいですか(得ですか)?
    キャッシュバックがあるというサイトから口座を開設した場合に、何かデメリットやリスクというものはあるのでしょうか?
    初心者の質問ですみません。よろしくお願いします。

    • hideさん様
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ありません。

      >キャッシュバックがあるというサイトから口座を開設した場合に、何かデメリットやリスクというものはあるのでしょうか?

      ↑正直、僕はこのあたりに詳しくないのですが
      キャッシュバックのある口座はアフィリエイトシステムを使ってのことだと想像します。
      で、そこから得られる報酬をキャッシュバックに充ててるのかなと。
      だとしたら、そこから開設をするデメリットは特にないはずです。

  • 及川師匠、いつも動画やコメント誠にありがとうございます。
    5年以上継続されているその活動姿勢に平伏しきりです。

    昨年11月2日の動画にて質問をピックアップしていただいたハンドルネーム「パブロフの犬」です。取り上げてアドバイス頂いた事、本当に嬉しかったです。誠にありがとうございました。

    お陰様で週単位でのプラスをかなり意識するようになり多少光が見えてきた様な気がしておりました…

    が、別の問題が… ズバリ「待てません」

    芋虫のように這いながらMAに接近したモノに入ってみたり。”ここまで来たら”の水平線に強い方の通貨で入ってみたりと裏切られるトレードばかりで勝率が著しく低いです…

    トライブや大百科の動画を毎日復習しながら拝見しているのですが、まだまだ及川師匠の様に振舞えるワケなどないのに妙な万能感に囚われ乱射しております(苦笑)
    そして負け込むとリベンジトレードしての悪循環…

    度々図々しく恐れ入りますが
    「待つ」が出来るように、叱責でも罵倒でも何か金言を頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

    • 待てないパブロフの犬さま
      コメントありがとうございます。

      >「待つ」が出来るように、叱責でも罵倒でも何か金言を頂ければ幸いです。

      ↑僕の元にはよく「叱ってください」みたいな内容も届くのですが
      オトナの方を相手に上から目線で説教みたいなことはしにくいです。
      僕自身、大した人間ではありませんし(汗)

      「待てない」をどう克服するか?
      僕ならどうするかを考えてみました。

      最近、いろんな方にお話しているのが「あえてのゲーム化」です。
      勝てないで悩んでる方にはデモ口座をオススメすることは当然多いのですが
      ここにちょっとしたゲーム性を加味する、なんてのはどうでしょう?

      具体的にはリアル口座とデモ口座(業者違いならMT4を同時立ち上げ可能です)を
      同時に立ち上げておき、
      最初のエントリーは必ずデモ口座からスタート。

      で、そのまま勝てばデモ口座の成績は良好ですが、
      ナンピンや追加、あるいはそもそも本来入りたかった位置
      僕がよく言う「やってやっても良い位置」に来たらリアル口座で初めてエントリー、など。

      これをしばらく続け、デモ口座ばかりが成績良いとしたら
      それはそれでOKですし、

      デモ口座は仕掛けが早くて成績良くない中、
      けどリアル口座は無駄打ちが少ないので着実に利益になってる、、、みたいな感じであれば
      言うまでもなくそれはそれでOKだと思います。

      それか、なんなら一度デモ口座オンリーにして
      思い切り気のすむまで大暴れするってのも良いかも、
      そんな風に思わなくもないです(笑)

      個人的には、デモ口座を前面に置き、
      最初のエントリーを必ずデモで、
      本来入りたい位置まで来たら初めてリアルで追加、
      これをすることで2つの口座の成績が終えますので
      面白いのではないかなぁと想像しました。

      「待てない」ってあえて良い言い方をすると
      「トレードが大好き」とも言えますよね?

      ならばそこに一定の「遊びごころ」を加味するのも
      アリではないかなと思った次第です。

      とはいえ、繰り返しになりますが
      上記をやった際に重要なのは
      「2つの別口座のそれぞれの成績」をあとから確認出来る点です。

      「待ったほうが圧倒的に成績良かった」みたいな結果になることで
      ご本人的に腑に落ちれば、その後の行動にも変化が見出せるようにも思うのです。

      叱責でも罵倒でもなく、ましてや金言でもなく大変恐縮ですが
      本件は以上とさせていただきますね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生ご無沙汰しています。
    1月12日のトレード中に思った事でコメントさせて頂きました。
    及川先生は東京、欧州、ニューヨークの時間で、もうこの時間からは新値を付けに行くような動きは無いだろうと思う時間帯は大体どの位の時間帯でしょうか?チャートパターンや通貨の強弱など他の要因は無しとした上で及川先生の考えを教えていただけたら幸いです。

    ちなみに12日の日本時間で19時頃(MT4時間で12時)のGBP/USDのレンジを日本時間で24時までひたすら上がったらショートって感じで何度もやってまして、たまたま1日の利益額になったのでやめた10分後位に上昇し始めてほっとしていた感じです。自分でもこの時間は新値を付けに行くかもと思いながら水平線を越えたら切る感じでトレードしていましたが、プロトレーダーの及川先生の御意見が聞きたくコメントいたしました。
    何卒ご回答の程よろしくお願いします。

    • 岡山のガチ速ヒロポン様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は東京、欧州、ニューヨークの時間で、もうこの時間からは新値を付けに行くような動きは無いだろうと思う時間帯は大体どの位の時間帯でしょうか?

      ↑東京時間は日経の終盤と同じ主旨から
      14:30あたりで伸びきることが多いイメージを持っています。

      欧州については夏時間の18時、冬時間の19時から
      反転(巻き戻し)かさらに伸び直すかの分岐点のイメージで、
      NY時間は夏時間の24時、冬時間の25時から欧州と同じイメージを持っています。

      ただし、
      あくまでザックリとしたイメージでして、
      そこに固執することはないです。

      >12日の日本時間で19時頃(MT4時間で12時)のGBP/USDのレンジを日本時間で24時までひたすら上がったらショートって感じで何度もやってまして、たまたま1日の利益額になったのでやめた10分後位に上昇し始めてほっとしていた感じです。

      ↑チャート観ました。
      随分トリッキーなトレードですね(笑)
      ま、損切りがキチンと出来るならなんでもアリちゃあアリだと思いますが。

      ちなみにここ、
      下げたらロングのほうが目先安全じゃないですかね?
      特にポンドですので行く時は一気に行きますので^^;;

      1時間足MAとの乖離が大きくなればなるほど
      上値が重くなる、みたいな根拠で上からショートという考えなら
      ショート戦略も悪くないと思いますが
      ここについてはむしろ接近を続けていたようなので
      ショートはちょっと怖いように個人的には思うかなとの感想です。
      (終わったチャートからなので何とでも言えますけどね)

      取り急ぎ以上です。
      ご参考まで!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生ご回答ありがとうございます。

    自分ではその時間帯が曖昧に思ってましていつも曖昧だったので考えの基準として参考にさせて頂きトレードに打ち込んでいこうと思います(^-^)

    ポンドドルのショートをしたのはその前の上昇時にロングエントリーしてまして、自分の引いた水平線でちょうど上昇が一旦止まった感じに見えまして、それでその水平線を実態ブレイクか、また上昇が始まったと思える動きをするまでショートをしてみようと思った感じです。前の上昇時にロングを厚めに入って利食いしていたので少しの損切りは問題ないと思ってました。

    損切りに関しては及川先生の『ノーポジ最強!』や『勝ち逃げで終える!』や『明日の為に資金を残す』等の思いを身に沁みさせる為に自分に合った取り組みをした結果、損切りできないのもドカン負けもポジポジ病も克服できました。
    やはり自分の性格は何十年も生きてきて自分が一番知ってますからそうしようと思って克服に挑んでからは1ヵ月程でドカン負けと損切り出来ないのとポジポジ病は全く無くなりました。その思いにたどり着かせていただいた及川先生には感謝でしかありません。
    ですが、乱射は未だ健在なのですが、熱くなっての乱射ではなく乱射できるエントリーポイントまで待つ事ができ、もし損切りになっても1~1日半の損切り以内に収まってます。
    今は『磨穿鉄硯』の思いでトレード勉強に励んでおります。

    コメントのついでで申し訳ないのですが、今日(1月14日)のトレードで思わぬ事があったのでこの場を借りてご報告したく思います。
    1月14日のEUR/USDの日本時間21:50分~22:00分(MT414:50~15時)の下落が21時の段階でかなりの確信(勘)がありショートエントリーで獲得できるまでになりました。ただ、21時10分の足でエントリーしてから指標発表があったのを思い出し、そこをまたぐ為一旦利食いして、その後また入り直しました。
    結局下げましたが、指標で下げたのかどうかは私には分かりませんが、21時の段階でかなり下がる予感がしていて、その予感が継続していた為利食い後の再エントリーも『直感リスクリワード』(及川語)でエントリーできました。その勘も及川先生の動画のお陰で自分の感性が磨かれたのだと思います。自分も着実に経験を積めていると思えたトレードでした。
    FXを始めてまだ1年も経ってませんが、2020年の9月から及川先生のデイトレ大百科やYouTube動画やガチ速FXと出会って凄く役に立ってます。
    今後ともよろしくお願いします。

    • 岡山のガチ速ヒロポン様

      >1月14日のEUR/USDの日本時間21:50分~22:00分(MT414:50~15時)の下落が21時の段階でかなりの確信(勘)がありショートエントリーで獲得
      >21時10分の足でエントリーしてから指標発表があったのを思い出し、そこをまたぐ為一旦利食いして、その後また入り直し
      >21時の段階でかなり下がる予感がしていて、その予感が継続していた為利食い後の再エントリーも『直感リスクリワード』(及川語)でエントリーできました。

      ↑おぉ!なんか良い感じなのが想像出来ます♪

      イケるという「直感」で取れるようになると、
      逆に当初の直感エントリーからイメージ通りにならない時の逃げ方や、
      その後の逆方向への強い伸びなども狙えるようになるので
      そういった応用活用まで持っていけるようになると良いですね♪

      今後が大いに楽しみです。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、先日は私のコメントにご返信頂きありがとうございました。大変自信になりました。今あのデモトレードを振り返ってみると、180倍に出来たとはいえ、スタートの資金が500万円と高額でしたし、月の中盤から後半にかけては、根拠が薄い中でポジションを持ち、それが捕まることが多々あり、及川師匠のルールに従えば、さっさと損切りして次のトレードに繋げるべきケースでも、ムキになって損切りを外してしまい、資金にモノを言わせたパワープレイになってしまって、トレード自体が雑になっていた感じがします。
    及川師匠はYouTube動画の中でも、度々損切りからのドテントレードをなさっていますが、自分の思惑と逆にレートが走った場合、損切りpipsに到達する前に手動で損切りして、展開次第でドテンを出来る様になる良い練習方法などありましたらご教授いただけたら幸いです。

    追伸  香港のK氏との100万ドルレポートの動画拝見させて頂きました。

    大変有意義で濃い内容で、目からウロコが大量に落ちました。

    続編楽しみにしております。

    長文失礼致しました。

    • さんちこ様
      コメントありがとうございます。

      >大変自信になりました。

      ↑全文拝見した上でお話しますが
      なんだかんだあの成績は凄いです^^;;

      確かにリアルで同じことをした際、
      運が悪いと一発で全損みたいなことにもなりかねませんので
      そこは注意しないといけませんが、

      例えばリアルトレードでは損切りを済ませるものの
      「耐えても大丈夫では?」と思える場面も
      今回一連のデモ取引で経験出来たようにも想像出来ます。

      であれば、いったん損切りは済ませるものの、
      さらに逆行が伸びた際の天井付近から再度逆張りで取る、
      なんてやり方も模索可能ではないかと思うんです。
      (それこそリオンちゃんや香港K氏のように、です)

      >自分の思惑と逆にレートが走った場合、損切りpipsに到達する前に手動で損切りして、展開次第でドテンを出来る様になる良い練習方法などありましたらご教授いただけたら幸いです。

      ↑なかなか鋭いご質問だと思います。

      「練習法」と言えるかは分かりませんが、
      僕はエントリーをする際「決済までにかかる時間」も意識しています。

      例えば動きやすい時間帯に狭いレンジの水平線をブレイクした場合、
      一気に伸びて利食いまで行ける、くらいのイメージを持つわけです。

      一方、少々仕掛けが早いかも知れない、と考えつつ
      方向性に対する信頼度でエントリーを「しておく」。
      まずはこの違いですね。

      つまり値という「縦軸」だけではなく
      時間と言う「横軸」も同時に意識し、
      そして上記のような違いを区別して保有続行を検討する、
      そんな思考手順です。

      要するに「短時間で終わって然り」のトレードと
      「方向性を信じ、時間がかかるのはある程度事前に覚悟」
      ここをエントリー時点でイメージする、というか
      場面ごとの違いをあらかじめ整理整頓できるようになると
      逃げ方がかなり上手くなるように思います。

      僕自身が常に出来ているわけでもありませんが
      案外YouTube動画でもここの違いは見て取れるケースが多いはずです。
      (おそらくですが・汗)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。55歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。