80万円→1500万円を達成した読者さんは『21才現役大学生』だったというハナシ。

 

昨年終盤あたりから、
我々FXismや僕(及川)の動画コンテンツ等がきっかけで
トレード成績がグンと向上した方々からのメッセージを
ご紹介出来る機会が一気に増えて来ました。

実は僕の元受講生さんの中には
過去にもたくさんの「億トレ達成者」がいたのですが
「稼いでいることは内緒で!」という方が圧倒的に多く、
ご紹介したくても出来ないケースがほとんどだったんです。

 

ところがここに来て、
「トレードの利益でロレックスを購入!」とか、
「レクサスLCを購入!」など、
TwitterやFacebookなどのSNSで発信する人が増えたおかげで
僕の方でもご紹介がしやすい環境になって来ました。

SNSってなんだかんだ便利なツールですね。

 

ただし、僕自身はいまだにSNSが苦手でして
おそらくここ「世代の問題」なんだと思っています。

なぜそう思うのかと言いますと、
過去の「億トレ達成したけど公開しないで欲しい派」の方々は
総じて僕に近い世代の方々だったからです(笑)

昭和世代って、
お金を稼いでいることをどちらかと言うと隠しておきたい、
なんていうか「人知れずひっそり稼ぎたい」という方が多く、

一方で若い世代の方は
それこそSNS慣れしているせいか、
大きな金額を稼いだことを堂々と発信出来る人が多い、
そんな違いを感じるわけです。

 

さてそんな中、
またまた当ブログの読者さんから
あらたなツワモノが名乗りを上げてくれました。

その名は「Hansさん」
※「ハンさん」とお読みするようです。

ひとつ前の僕のブログに
このようなコメントが届いたことがきっかけでした。

スマホの方は画像が小さいでしょうから
ザックリ説明しますと、
昨年、80万からリスタートしてから8か月後の現在、
口座残高が1500万円に増えました。
このようなお話でした。

その流れで
「お礼のメールを送りたい」とお申し出いただいたことから、
僕と直接メールでのやりとりをさせていただくことになったんです。

 

実際の「お礼メール」はちょっと長文でして、
僕の方で部分部分をピックアップしたモノを
ご紹介させていただきますね。
※ピックアップと改行調整はしていますが
文面の変更は一切しておりません。

↓ここから

及川師匠、お世話様です。
ブログのほうで、Hans(ハン)という
ニックネームでコメントさせていただいたものです。

僕は現在21歳の大学生、男です。

去年2020年の2月末からFXをはじめて、
投資歴は10か月ほどです。

よく投資経験浅い人間は勝っていても
いつか一度負けるといわれて嫌な気持ちになりますが、
期間は短い代わりにほぼすべての時間をFXに費やしてきました。

始めたばかりの僕は貯金のうち100万円を口座に入れて
バカの一つ覚えのように適当にトレンドに乗っていくトレードを続け、
あの頃の相場はそれで勝ててしまうものですから、
4月頭?くらいの段階で700万を超えてました。

そして当然のごとく負けはじめ、
気づけば80万ほどまで溶かしました。

当時は人生において精神的にMAXレベルの不安を抱えましたが、
幸い80万残して一度リアルトレードを止めれたこと、
元本の100万は出金しておいたことでなんとかもう一度リスタートできました。

その後、及川師匠の動画をもとに、
4か月間ほどデモトレードでひたすら取り組み、
勝ち始めてから100万円を再入金し、
790万ほどにしたところで口座凍結を食らってしまいました。

けれども利益分も出金はさせてもらえたので、
納税するであろう額と元本分などを大事にとっておき、
400万円で再スタートし、現在1500万円を超えました。

及川師匠には始めたてのころから常に学ばせていただき、
本当に心の底から感謝しています。

そして最初に叩く門を間違えなかったことが本当によかったと、
基礎を作るタイミングで及川師匠の教えに触れることができて本当に恵まれていたと思います。

正直、僕の今のやり方は、
及川式とは一切違っておりほぼすべてオリジナルですが、
それでも師匠から、基本的なチャートの見方、収縮と拡散、
時間帯の概念、プラスでしっかり利食いをすることの大事さ、を学び、
これらが今の僕の大事な基盤になっています。

これらの教えに触れることがなく、
自分でも見つけられなかったとしたら、
僕はとっくに退場していたと思います。

なので疑いようもなく、僕は及川組の一員です。

↑ここまで。

「最後の一文」に僕はシビれましたね♪
本当にありがたいと思いました。

 

でもって、
メールに添付してくださった画像がコチラ↓

 

さてさて、
あなたのご感想はいかがでしょうか?

それにしても「21才大学生」って・・・
本当に凄い時代ですよね(汗)

 

実は彼が資金を溶かした時期、
僕とはここのブログコメントにて
かなり長文のやりとりを数回しています。

当時の彼は本当にメンタルが壊れかけていましてね。

そんな状態から見事に復活した若者に
僕は心から拍手を贈りたい、そう思うのです。

 

ちなみに、
セミナーなどで僕の書籍を持参してくださった方に
一筆頼まれる機会が多いのですが、
そんな時に僕がよく書くメッセージは、
あなたもご存知(?)の

勝ち逃げ最強!

そしてもうひとつが
栄光は『クソまみれ』のその先にある!
これです。

 

トレーダーとして成功した人の
おそらくほとんどがその過程において
大きな大きな挫折を経験しているものです。

逆に言うと、
一度も挫折ないままに成功している人って
僕の知る限りでは、あの「BNF氏」くらいかもしれません。
(他にも少数いるとは思いますが)

他ならぬ僕自身、
何度も「クソにまみれた経験」をしています。

でも・・・
結局やめることはなかったわけです。

あなたはどうですか?

 

ここまで書いてみて、
「あ、そういえばリオンちゃんと初めてやりとりした時もこんな話だったかも」って
少し懐かしい気持ちになりました。

彼女も地獄の苦しみを超えて「今」がありますからね。

 

なお、Hansさんから
TwitterのURLを教えてもらいました。

彼自身、切磋琢磨出来るトレード仲間が欲しいようですので、
よかったら一度見に行かれてはどうでしょう?

▼HansさんTwitter
https://twitter.com/Hans_s07

今回のお話が
あなたの勇気の一助になることを願っています。

 

▼追伸その1:
前回記事でご紹介したリオンちゃんの
「10万円チャレンジ」ですが、
1月11日時点で100万円まで到達したそうです。

一区切りついたことで、
ひとまず今回のチャレンジは終了!
ここからは普段のメイン口座に戻るとのことでした。

画像のほうも参考まで!

 

▼追伸その2:
昨年12月から始めた僕のダイエットの件、
「体重65kg」を目指してのチャレンジでしたが
運動直後に体重を計る僕は、普段より約1kg落ちた数値となる関係で
64kg割れを目標値に置いていたんです。

前回記事では「64.4」まで行ってましたが
遂に・・・

これにて「目先体重」へのこだわりはいったん外し、
今後は「維持」そして「フォルム重視」へと舵を切ろうと思っています。

昨年末に上半身裸の画像をアップしましたが
当時よりも脇腹の肉も落ち、腹筋も割れ実に良い感じなんです。

が!
「FXブログに裸の画像ってどうよ?」と
各方面から戸惑いや嘲笑を受けてしまったことから
とりあえず当面、裸画像はやめておくことにします(苦笑)

僕って「ブサイクなくせにナルシスト」でしてね、
ひとことで言うと『痛いヤツ』って話なわけです。

おあとがよろしいようで♪

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

【期間限定】香港K氏の投資メソッドを本邦初公開

NYダウ&日経225ショートで含み益1900万円!
あなたを『真の勝ち組トレーダー』へと導く珠玉のインビテーション

現在、及川とのYouTube対談で数々の予想を的中させている話題のスーパートレーダー“香港のK氏”。
本来ならヘッジファンや限られた彼の顧客しか見れない「秘密のレポート」を本邦初公開。
彼の渾身の投資メソッドが記された『100万ドルレポート』が見れるのはLINE登録者だけ!

特典ゲット

117 件のコメント

  • こんにちは。
    たびたびお世話になっております。

    このような話を聞くと、希望になるとともに
    本当に私にもできるの?という疑念にもなります。

    SNSは私も苦手ですが、
    一人でPCに向かっているよりも
    勉強になるなと思い、見始めました。

    トライブに参加されていた方が毎日のトレード画像を
    あげてくださっていたりして、
    入り方や根拠の考え方など、とても勉強になります。

    難しく考えてこんがらがっていた頭の中が整理されて、
    あれ?それでいいんだ!
    及川先生がいつも言ってることじゃん。
    って初心?に戻れたりして、参考にさせてもらってます。

    元金を超えられない女(改名したいくらい)ですが、
    今後も頑張っていこうかと思います。

    • 2秒後の未来を照らしたい様
      いつもコメントありがとうございます。

      >このような話を聞くと、希望になるとともに
      本当に私にもできるの?という疑念にもなります。

      ↑お気持ちはよく分かるつもりです。
      あくまでこれ、
      「出来ている人もいるんだから自分でもやれるはず」
      こう思っていただきたいのが主旨です。

      もう少し言いますと、
      トレードって各人なりの「弱点」があって
      そこを解決することでほとんどの人が劇的に成績が改善出来たりする、
      そういうイメージを僕は持っていましてね。

      で、「出来ている人がいる」ことで
      『自分でも出来るはず』と思う中、
      では自分がどの部分を修正さえすれば良くなるのか?を
      しっかり見つけて課題にして取り組んでいただきたい、
      そんな風に僕は思っている次第です。

      もう一度言いますが、
      修正すべき点って人それぞれ違うんです。
      ゆえに人と同じようにはどうしてもならない。

      ここを理解したうえで
      「自分が修正すべき点」としっかり向き合い
      そしてその修正に正面から闘いを挑むことで、
      ご自身の道が開ける・・・

      上手くいった人を数珠繋ぎでご紹介出来るとした際、
      クリアしていく方々はおそらくほとんどこの部分を解決された人だと
      そのように僕は思っているんです。

      そういう意味では
      他人様の成功事例って、実は再現性が必ずしも高いとは言えません。
      けど、そんじゃ意味ないか?って言うとそうでもないと(苦笑)

      なかなか表現は難しいのですが、
      ことデイトレに関しましては
      長所を伸ばすことも大切ではありますが
      それよりも「決定的な短所や弱点」をまずは解決することではないでしょうかね。

      そこが解決することで、
      いかようにも長所は伸ばしていけるものだと思います。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 自分では解決策が出せなかったので質問させていただきます
    01/13 16:30 ユロポン、ドル円共に下 ポンドルレンジブレイクしたのでポンドルロングしたのですが結果不発、
    17:00の足でポンドル密集抜き、直近安値ブレイク、ドル円上、ユロポン下、ユロポン下は気になりましたが、でかい陽線出たのですぐ上になると思い17:00の足でポンドルショートしましたが、結果不発、ポンドル密集MAを上にもどっていきましたので損切しました

    16:30でロングをして失敗したのは前日からの上げでこれ以上あげるエネルギーがないから降りてきたということで間違いないでしょうか?
    及川様は動画でよくこれ以上上げられないとおっしゃておりましたが、為替にける天井をどのようにしてご判断されていますか?

    17:00の負けは自分ではなぜ負けたのか理解ができず、質問させていただきました
    自分の実力不足は承知しておりますが、自分の中で理解できない動きが起き負けてしまうとこの後の怖すぎてトレードできなくなります
    為替に絶対などないと言い聞かせ、冷静になろうとしましたがどうしても、トレードに不安を感じてしまいます
    及川様は全く理解できない動きをした時のメンタルの持ちようについて詳しく教えていただきたいです

    自分の学のなさとトレードによるダメージが合わさり非常に読みにくい質問になってしまいまして誠に申し訳ありません

    • 純さま
      コメントありがとうございます。

      >01/13 16:30 ユロポン、ドル円共に下 ポンドルレンジブレイクしたのでポンドルロングしたのですが結果不発
      >17:00の足でポンドル密集抜き、直近安値ブレイク、ドル円上、ユロポン下、ユロポン下は気になりましたが、でかい陽線出たのですぐ上になると思い17:00の足でポンドルショートしましたが、結果不発

      ↑チャート確認しました。
      というか、ここは僕も観ていましたが、
      上下の振り回しが確かにキツい時間帯でしたね。

      >16:30でロングをして失敗したのは前日からの上げでこれ以上あげるエネルギーがないから降りてきたということで間違いないでしょうか?

      ↑ここはあくまで結果論ですし
      終わったチャートから講釈をしても特段説得力もないでしょうから
      正直コメントは難しいです。

      ひとつ言えるのは18時台の天井がダブルトップで
      ここからの下落は充分想定出来たかなとの感想でして、
      その前段階の上下動は誰がやっても読み切ることは難しかったと思います。

      もし僕がやっていたとして
      僕も17時のショートは充分あり得たと想像します。
      で、やっていたら僕も当然損切りでした。

      ただし、上述のダブルトップを上抜け出来ない時点で
      目線はショートに切り替え、19時台はかなり強気で売りを仕掛けたのでは?
      このようにも想像します。

      >自分の中で理解できない動きが起き負けてしまうとこの後の怖すぎてトレードできなくなります
      >及川様は全く理解できない動きをした時のメンタルの持ちようについて詳しく教えていただきたいです

      ↑13日のこの時間帯、大変難しかったのは確かで、
      僕も早い時間帯は連敗で推移した可能性が高い、
      というかほぼ間違いなくそうだったはずです。

      そんな中、早い時間帯がそうであったとして
      相場とは「どこかのタイミングでしっかり方向性が出るもの」という概念も僕は持ってまして、
      「そんじゃその場面はなんとしても乗るぞ」と
      連敗後こそ、その部分に注力をするよう心掛けることが多いです。

      基本通りにやることでスンナリ勝てる日もあり、
      時に面白いようにハマる日もあります。

      一方、まったくハマらない日もあるのが相場でして、
      ここについては何はともあれまず「ある」ということを理解しておく。

      ただし、上述しましたが

      ・相場とは「どこかのタイミングでしっかり方向性が出るもの」という概念
      ・「そんじゃその場面はなんとしても乗るぞ」

      このような意識をなるべくアタマが冷えた状態で持てるようになると
      良いように思います。
      これ、言うのはカンタンですけどね(汗)

      >自分の学のなさとトレードによるダメージが合わさり

      ↑こちら、理不尽なお気持ちであろう中、
      かなりガマンされた表現であると想像します。
      お気遣いに感謝いたします。

      上記、いろいろ言いましたが、
      すべての局面を俯瞰しつつ順応解決していくことを
      一気にやろうとするのはなかなか無理があるかも知れません。

      基本形で進めて行く中、
      どういう局面だと注意が必要であるか?
      ここを実際の経験から蓄積していくことがまずは良いように思ってまして、

      その上で上述のような、ある種の応用を少しずつ加味していくと
      良いように思いました。

      どのみちすべての相場では勝てませんし、
      けど、スンナリ勝てる相場も今後たくさん生じるはずです。

      とにもかくにもまずは「壊滅的な一度の負け」だけはしないよう、
      そこを押さえてさえおければ、
      今後の経験値で解決できる部分はかなり多いと思います。

      どうか心を折らずにがんばってください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは!
    看護師の梨恵です。

    Hansさんのエピソード、心に刺さりました。
    私も同じ時期にFXを始めて、及川先生に出会って…しかし、なかなか結果出せない私。。
    本業や家事育児の忙しさを言い訳に、逃げていたのかもしれません。
    経済的にも、大きな金額を充てることも難しく、覚悟も足りてないのかな。
    毎日少しずつ勉強しているつもりでした。
    ネガティブに自分を責めてるという訳ではなくてなく、今、目が醒めたような、前向きな気持ちなんです。

    ここのところ、精神的なコントロールも学んでいて、トレードだけではなく、人生において軽やかに楽しく過ごすことを意識しています。
    なので、このブログを早い段階で読めて、心に残せたことにラッキーだなと思うと同時に、感謝しています。
    ありがとうございます。

    私も、胸を張って、及川組です!と言いたい!!
    そして、自分の成長で及川先生に喜んでもらいたいって思ってます。
    これからもよろしくお願いしますっ!

    • 梨恵さま
      コメントありがとうございます。

      >本業や家事育児の忙しさを言い訳に、逃げていたのかもしれません。

      ↑いや、そんなことはないと思いますよ。
      お仕事と家事、さらには育児を同時並行、なおかつ本業が看護師さんとなると
      もはや八面六臂のご活躍で、毎日クッタクタではないでしょうか?
      僕ならその状況の中でFXと向き合う気力すら湧かないと思います。
      本当に尊敬します。

      >トレードだけではなく、人生において軽やかに楽しく過ごすことを意識しています。

      ↑そうですね、誤解を恐れずに言いますけど
      「FX」など「たかがFX」です。
      こんなもんで日々の生活に支障をきたすようなことはあってはならぬと思いますし、
      FX以外の人生こそを充実させていただきたい、
      矛盾した話かも知れませんが、ここは結構本気でそう思います。

      で、そういう中でのトレードこそが
      時間効率や集中力に繋がるように思えてなりません。
      (執着しないことが重要ですよね)

      >私も、胸を張って、及川組です!と言いたい!!
      そして、自分の成長で及川先生に喜んでもらいたいって思ってます。

      ↑看護師さん、家事、育児、FX
      もしこれらを同時にこなせた時のスーパースターっぷりは
      ハンパではないと思います。

      なんていうか
      シンガーソングライターダンサー、みたいな(笑)

      その際には
      僕もブログなどで大々的に宣伝しちゃうと思います♪
      ぜひとも無理ない範囲でがんばってください。

      なにかありましたら
      今後も遠慮なくコメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、事務局の皆様
    いつもありがとうございます。

    及川組の方が結果を出した記事は本当に嬉しいです!!それはもう、自分事のように嬉しく感じました!!(読んでて少し涙しました…笑)

    「これは僕も更に頑張らないと!!」
    そんな風に決意を改めるキッカケにもなりました。

    恥ずかしながら正直なお話すると…
    昔の僕なら”結果が出ない事の焦り””他人が稼いだ事による妬み”等、負の感情を抱いていたと思います。

    今は純粋に他人が結果を出せば出すほど「自分にも出来るはず!だから頑張ろ!」と勇気をいただけます。
    それが及川組の方なら尚更ですね!!笑

    なので、このような記事を共有していただき感謝しかありません。また同じような事があれば記事にしていただけると嬉しく思います。(…そこに自分が紹介される事を目標にまず頑張ります!!)

    最後にHans様へ。
    及川先生とのやり取り、結果の共有の了承いだきありがとうございました。

    自分も続けるように、頑張ります!!
    では今後ともよろしくお願いいたします。

    • 及川先生
      いつも返信ありがとうございます。

      YouTube動画整理の件ですが、完全に趣味でやっているので負担は全くといってありません笑
      本当にお気遣いいただきありがとうございます!!

      始めた経緯としましては個人的に動画を見返す時、
      見たい場面へすぐスキップ出来るようなメモ書きみたいにしてます。(他の視聴者の方も利用してくれてたら嬉しいですが…笑)

      なので、今回このような返信をいただき驚いているのが本音です。というか、めちゃくちゃ嬉しかったです!!

      日本に戻られた際に”自信を持って”「メシでも奢ってくれ!」と言えるような、そんなトレーダーを目指して引き続き頑張ります!!
      こちらこそ、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様

      >見たい場面へすぐスキップ出来るようなメモ書きみたいにしてます。(他の視聴者の方も利用してくれてたら嬉しいですが…笑)

      ↑そうですね、
      他の方々にも参考にしてもらえると良いように思っていました。

      >日本に戻られた際に”自信を持って”「メシでも奢ってくれ!」と言えるような、そんなトレーダーを目指して引き続き頑張ります!!

      ↑確かに「本分」はこっちかと思いますので
      ぜひともがんばってください^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >昔の僕なら”結果が出ない事の焦り””他人が稼いだ事による妬み”等、負の感情を抱いていたと思います。
      >今は純粋に他人が結果を出せば出すほど「自分にも出来るはず!だから頑張ろ!」と勇気をいただけます。

      ↑こういうお話を出来ること自体が凄いなぁと思います。
      何を隠そう「昔の僕」もまったく同じだったはずでして。
      どんなに昔のことであっても、口に出して言えた自信は僕にはないかも?
      そう思いつつ拝読させていただきました。

      >そこに自分が紹介される事を目標にまず頑張ります!!

      ↑ぜひともそうあって欲しいと僕も心から願っております。

      それと、YouTubeのほうで
      毎回動画の整理をしてくださっているようで・・・
      大変ありがたいと思っていますが
      どうかご負担にならない範囲でお願いいたしますm(_ _)m

      佐藤コーチやヨン様も僕と同じ感覚なのですが
      我々は無償でいろいろやってくださる方に大変弱いんです^^;;

      そもそも彼らと最初のころのお付き合いが
      同じく無償でいろいろやってくださったことに由来しているんです。

      ですので僕が日本に戻れた際には
      「メシでも奢ってくれ!」くらいのコメントを遠慮なくお寄せください(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも楽しくYouTubeとブログを拝読しています。
    沖縄トレーダーと申します。

    hansさんとのやりとりは以前から拝読していて、考え方もしっかりしておりすごく好感の持てる方だなと思っていました。
    まさかの大学生とは、、、ビックリです。
    たった10ヶ月でここまで復活できることが億トレーダーを目指す私の希望となり目標になりました。

    私はというと基本1万円スタート。一時期90万円までは伸ばせたのですが、負け癖がついたのかそこから2週間で全損。
    ブログやYouTubeを見ながらデモトレでトレードし、また勝てるようになったので1万円スタートするも5万円辺りからまた全損。
    これを繰り返している状況です。

    お悩み相談になりますが、負けパターンは大体順張りしていればいいのに逆張りをしてしまって損をするパターンがおおいです。
    それがわかっているんですが、その場所に来るとやってしまいます。やらなけばいいとは思います。でも、苦手も克服しないと先がないとも感じています。
    何かいい解決方法はないでしょうか?
    一応、トレードは米時間がおおいです。

    • 及川師匠、お忙しい中ご返信頂きありがとうございます。

      今まで出来ない自分がだめなんだと思い悩んでいましたが、及川師匠のコメントを読んで悩んでいたことに一つの道筋を照らして頂きありがとうございました。

      実際にはお会いしたことがないのに、目の前でアドバイスをいただいたような不思議な感覚で感動し目から涙が溢れそうになりました。

      逆張りなら任せとけと言えるぐらい僕の手法にします。そして、億トレーダーになった暁には及川師匠にお礼参りしたいと思います。
      今後とも宜しくお願い致します。

      YouTubeも全然ご紹介して頂いても大丈夫です(笑)
      多くの方々に参考の一つになれば幸いです。

    • 沖縄トレーダー様

      >実際にはお会いしたことがないのに、目の前でアドバイスをいただいたような不思議な感覚

      ↑こんな風に思っていただけるとするなら
      僕の活動も少しは意味があるって話です。

      >逆張りなら任せとけと言えるぐらい僕の手法にします。そして、億トレーダーになった暁には及川師匠にお礼参りしたいと思います。

      ↑逆張りを極める、これはこれでとても奥深く、ある意味楽しい作業でしょうね^^
      ぜひとも極めちゃってください。

      「凄く嬉しいご報告」をお待ちしておりますので♪

    • 沖縄トレーダー様
      コメントありがとうございます。

      >hansさんとのやりとりは以前から拝読していて、考え方もしっかりしておりすごく好感の持てる方だなと思っていました。

      ↑おぉ!それは凄い、
      コメント欄もしっかりご覧いただけていることが嬉しいですし
      大変ありがたいです♪

      >まさかの大学生とは、、、ビックリです。

      ↑ホントですよね^^;;
      他にも10代の方からコメントが届いたりで、
      僕の時代では考えられないことになっています(笑)

      >負けパターンは大体順張りしていればいいのに逆張りをしてしまって損をするパターンがおおいです。

      ↑ここは容易に想像がつきます。
      逆張りは取れるときはアッサリ取れるので
      ついクセになりやすいって話ですよね。。。

      やっちゃダメと言い切るつもりはありません。
      実際楽に取れることも多いですので。

      ただし!

      1.逆張りは損大利小の手法である
      2.時間がかかる=超危険

      この2つをまずはしっかり認識することでして
      具体的には

      3.一定時間が経過した時点で切るなどの決め事をする
      4.MAの方向に逆らっている時は特に注意
      5.トレード中にMAの向きが転換した際は超絶に注意!!
      (損切りして逆方向に張り直すくらいで良い!)

      いろいろ書いてはいますが
      圧倒的に「時間がかかった時点で危険」
      まずはここに対するマイルールを絶対的にしておくこと。

      で、それが出来た際に
      ご褒美として「5」のドテンででっかく勝てるケースが増えるという
      特典が付くと思って欲しいですね。

      1月13日のYouTube動画、
      深夜時間でやっていますが、
      実は動画の前に僕は「5」で一気に取り返しています。
      (ゆえに収支額が大きかったわけです)

      大きく負けるパターンは本件のようなケースが
      圧倒的に多いはずです。
      で、あるならば、そこを逆に張れるようになることで
      「時々ドカンと勝てるトレーダーになれる」ことを意味します。

      ぜひともそっちを目指して欲しいですし、
      そういうシーンを意識的に狙えるよう
      日々取り組むことすらをなんならオススメします。

      逆張りで大きく負けた経験があるからこそ分かるやり方

      このようにご自身で工夫するようにし、
      「自分なりの勝ち方のひとつ」に出来れば最高ではないでしょうか。

      あ、、、これ、
      めっちゃ重要な話になりましたので
      もしかしたらYouTubeでご紹介するかも知れません(笑)

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちわ。及川先生!
    私は先月、先生の無一文物語に初めて投稿させていただきました。
    昨年春に先生の情報を得て教材を購入して動画も毎日勉強を続けております。
    4年前からFXをしておりますが当然のごとく勝てておりません。
    先生が常々言われているように簡単に勝てるという教材に騙され続けてきました。
    私は会社経営を約40年間続けてきたので何でも社員任せでした。
    だからFXは個人のものだからコツコツと勉強してきたつもりでした。
    でも先生に出会ってから勉強するうちに今までの自分は何て適当だったんだと思い知らされました。
    この一年間真剣に取り組んでいますが負け続けています。
    具体的にはお話ししても御理解いただけないので簡単にお話しすると原因は乱射、利益の引っ張りすぎ、そして損切貧乏です。
    分かっているのにやめられない!(先生と一緒の感覚です。植木等です。笑い。)
    私の言いたいことは要するに自分を律することができない我儘と分かっているのですが。
    ご相談ではなく愚痴になってしまいました。
    こんな投稿で先生の貴重なお時間をとって皆様にしかられそうです。
    こういう時はトレードを休む、いやチャートを見てしまえばエントリーするので見ないほうが良いですか?
    は今では先生のトレードを少しは理解できています。
    昨日も同じところでエントリーしましたが、利益の引っ張りすぎで結果損切してしまいました。
    エントリーの回数が多すぎて勝率が30%くらいで負け続けています。
    先生の言う通り時間を決めてチャートを見ればよいのですが、時間があるのでついチャートを見てしまい見ればエントリーしてしまう馬鹿さ加減で自分に腹立ってしようがありません。
    FX以外では心も体も健康でいるのですが。
    ダラダラとお話ししてしまい申し訳ありません。
    先生からひと言お願いいたします。

    • 先生!
      お忙しいところ私のために御返事ありがとうございました。
      返信を読ませていただいて先生の温かい言葉の一つ一つに涙がでました。
      先生はすごいの一言です!
      何故あったこともない私の複雑な人生を感じ取られたのでしょう。
      きっと先生も挫折と成功を繰り返してきたから理解してくれたかと思います。(私の友人で修行僧なのですが人の人生を過去から未来まで見える人がいますが及川先生は同じ感覚だと思います。)
      今までの自分を振り返ることは何度もやりました。
      先生の言われる通り傲慢な自分がいました。
      今はどうなのかといえばやはり傲慢が抜けたとは言えません。
      別れた二つの家族と7人の子供と複数の孫たち(今は3人ですがこれから増えるので複数といいます。)のためにもう一度成功します!
      及川先生そしてスタッフの皆様ありがとうございました。
      これからもよろしくお願いいたします!

    • スーパーイルマン様

      >私の友人で修行僧なのですが人の人生を過去から未来まで見える人がいますが及川先生は同じ感覚だと思います。

      ↑いえいえ、僕はそんなレベルでは到底ないですよ(汗)
      あくまで僕自身のこれまでの経験などからの推察でした^^

      >別れた二つの家族と7人の子供と複数の孫たち(今は3人ですがこれから増えるので複数といいます。)のためにもう一度成功します!

      ↑どんな形であれ「家族を守る」という意識や志はパワーになりますよね。
      また「活力」は『若さ』にも繋がると僕は信じておりまして、
      お互いまだまだ「ハリのある人生」を続行したいものです♪

      それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • スーパーイルマン様
      コメントありがとうございます。

      >私は先月、先生の無一文物語に初めて投稿させていただきました。

      ↑おぼろげに覚えておりましたが
      念のため再度読み直させていただきました。

      おそらくは僕なんかとは比べ物にならぬくらい
      バイタリティーに溢れたオーラの強い方ではないかと想像します。

      ただし、ご気分を害されることを覚悟であえて言いますと
      なにをやっても上手く行った経験のほうが多い人や
      自信に満ち溢れた人ほど、トレードでは苦労することが多い、
      そんな風に思います。

      自分に自信がある人は
      そのプライドからか損失を上手に受け入れられないことに繋がりやすく、
      例えば含み損が大きくなった際も降りるどころか追撃ナンピンなどで
      「なんとかプラスで終えよう」ということについ固執しがちになる気がするんですよね。

      なぜなら「俺は負けないオトコだ」という
      トレード以外では大いに威力を発揮した部分が
      ことトレードに限っては一番邪魔になってしまうからです。

      どこかのお寺で「内観」というモノがあると
      実際にやった人から聞いたことがあります。
      これは僕で例えますと50代の自分、40代の自分・・・
      そして幼少期の自分など人生を遡り、当時の記憶を本気で呼び戻す作業をするそうなんですが
      これをやると大のオトナがボロボロ泣くそうなんです。
      人を傷つけた過去を思い出したりするみたいです。

      僕はやったこともなく、怖くてやろうとも思えないのですが
      何が言いたいのかと申しますと、
      「自分にだけはカッコつけてはいけない」
      これがトレードをやるうえでの必須な考えだと思っている部分なんです。

      世間に対しては颯爽とふるまう自分がいたとして、
      けれども心の奥では
      自分の弱さや脆さ、ダメな部分も本当は理解出来ていたりしますよね。

      この部分をしっかり認識することって
      トレードをする上ではとても重要だと僕は思っているんです。

      ちょっと油断するとすぐに調子に乗ってしまう自分がいることを
      僕自身が誰よりも理解しているからです。

      で、こういう意識を持つことで
      初めて「自制」が出来る、、、僕はそのように日々過ごしているつもりでしてね。

      参考になるかはまるで分かりませんが
      「やれば出来る」という自信をお持ちの人にこそ
      あるいは感じてもらえる部分があるのではないか?
      この想いでお話をさせていただきました。

      自分とケンカする必要はありません。
      そうではなく、自分から目を背けず
      仲良く折り合うように付き合うこと。。。

      こうすることでトレードに対し決めたルールなども
      守りやすくなる、というか、
      破りかけた際に気付き、自分自身を諫めることが出来るのではないかなと
      そんな風に思う次第です。

      とっちらかった話で申し訳ございませんが
      本件、取り急ぎ以上とさせていただきます。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちは。
    1/13の深夜NY時間動画、ありがとうございました!
    ここ数ヶ月間ほぼあの時間帯しかしてないので、とてもためになりました。

    まずはあの時間帯の専門家になろうと思って他の時間を一切やっていなかったのですが、いつもの動画よりも先生のお話がよく頭に入ってくる感じがして、自分でも驚きました。
    やっぱり、通貨や時間を絞るのって大事ですね。
    たまに気まぐれで21:00頃のチャートを覗いたりもするのですが「あ、これは『知らない人』だな」みたいな感じがして、すぐにMT4を閉じてしまいます(笑)。

    自分は23:30~24:00あたりのポンド・ユーロ系の逆張りが中心ですが、確かにこの時間帯で、伸びたトレンドがやや大きめに崩れだした後では、長めの陰線の連続やMAへのタッチであっても逆張りはやや怖いという印象(と経験)を持っていました。
    それでも打診ロットが十分に軽ければ小反発を取って逃げたりも出来ますが、今回は順張り側からの視点をお聞きすることが出来たので、ほんと理解が深まりました。

    逆張りなので利益の伸びは大きくなく、他の方の成功体験が羨ましく感じることもあるのですが、色々試していくうちに「自分にはこれが合ってるのかな」と思ってるので、今のところはこれでやってこうと思ってます。
    いちおう、確定申告で税金を「納める側」にはなりましたし(笑)。

    とてもためになる動画をありがとうございました。
    これからも頑張ってください。

    • 伝統芸能のみやびー様
      なんだか粋なハンドルネームですね^^
      コメントありがとうございます。

      >たまに気まぐれで21:00頃のチャートを覗いたりもするのですが「あ、これは『知らない人』だな」みたいな感じがして、すぐにMT4を閉じてしまいます(笑)。

      ↑「知らない人」って表現はとても面白いですが
      けど、実に本質を突いていると思います^^

      >今回は順張り側からの視点をお聞きすることが出来たので、ほんと理解が深まりました。

      ↑あの日は順張りがシンプルにしやすい環境でしたので
      幸運だったと思っています。

      >逆張りなので利益の伸びは大きくなく、他の方の成功体験が羨ましく感じることもあるのですが、色々試していくうちに「自分にはこれが合ってるのかな」と思ってるので、今のところはこれでやってこうと思ってます。

      ↑それで良いと僕も思います。
      逆張りだけで億稼いだプロも知っていますので♪
      大切なのはナニをやるか?ではなくどうやるか、ですからね。

      >確定申告で税金を「納める側」にはなりましたし(笑)。

      ↑素晴らしい♪
      それこそ羨ましいって思う人は多いと思います(笑)

      ご丁寧なコメントをありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生が思われる、同じ及川式を学んでいるにも関わらず成功する人と伸び悩んでいる人との違いって何があるんでしょう?

    • さゆう様
      コメントありがとうございます。

      >同じ及川式を学んでいるにも関わらず成功する人と伸び悩んでいる人との違いって何があるんでしょう?

      ↑あくまで私見ですが、
      トレードに限らずビジネスなどにも言えると思っているのが
      「トライ&エラーに対する捉え方」ではないかなと。

      ビジネスもトレードも日々トライ&エラーを繰り返し
      より良いモノへと仕上げていく作業だと僕は思っているんです。

      そんな中、
      エラーは失敗を意味するわけですが、
      この失敗を「間違え」と捉えるのか、
      それとも「失敗も意味あるモノ」と捉えるのかで
      経験の積み上げ方に大きな違いが生じるように思います。

      日本の教育や文化は「間違え」を許さない、というか
      「間違えないように生きていく」ことに注力されがちなように僕には見えます。

      ところが実社会、それこそトレードやビジネスの世界において
      「失敗」は当たり前のように生じます。
      これはどんなに成長した後でも同じでして、
      要するに「失敗は常について回るもの」だという話なわけです。

      そんな失敗を「間違え」と捉え、
      「間違えないようにしよう」とすることで
      本質がなかなか見えず停滞してしまう・・・
      このようなケースはとても多いように想像している次第です。

      ちなみに
      僕もいまだに数多くの失敗をします。

      トレードにもビジネスにも
      「たったひとつの正解」などありません。

      そんな中、つい「正解」を求めようとすることこそが
      遠回りの要因になりやすいのではないか?と。

      トレードにおいて「失敗=損切り」と仮定しますと
      つまりは「上手な負け方(損切り)」をも含め成長を目指すことが
      結局は突破への近道になるように思うんですよね。

      なぜなら、どんなに腕が上達したあとでも
      損切りトレードは必ずついて回るからです。

      「たったひとつの正解などない」
      「目指すべきは『対応能力の向上』である」

      このような意識を持つと持たないとで
      本質へ近づくスピードはかなり違ってくるのではないでしょうか?

      他にもあるのかも知れませんが
      個人的にはこの部分が一番ではないかなと思っています。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。
    2回目のコメントをさせていただきますチャーリーと申します。
    これだけのコメントに対し一件一件返信されるのは相当な労力(時間的にも)と思われ、なるべく皆様のコメントのやり取りを拝見するに止めようと思っているのですが、前出のスーパーイルマンさんのコメントにいたく共感してしまい今回久々にコメントさせていただく事としました。
    私もイルマンさん同様、自分を律しきれていない、正確には律し続けることができないのです。自分の最大の敵は多くの皆様と同じく損切ができないことです。
    もちろん、数日、数週間の単位ではできるんです。ただ、ある日その時はやってきます。今まで律することができたはずなのに、、何故かその時がやってきてしまいます。そうやって少しずつ増やしてはすっ飛ばしの繰り返し。。本当に自分自身が笑えてきます。
    そこは及川先生が教えてくれるものではなく、各人が自分で越えなければいけない壁なのだと思いますが、一点だけ御教授ください。
    及川先生もこれまでにそういった難敵(自分の場合は損切できない)を克服したからこそ今の状態があるのだと思います。私もどうやったら克服することができるのか試行錯誤しながら数年の歳月が流れました。損切りができれば「ボヤで済ませることができた俺ってかっこいい!」と言い聞かせたり、損切りできずに大火事を起こした時は、過去の動画から及川先生が損切りしている場面をいくつも探し出して「及川先生も損切りしているからこそ今の地位があるんだ!」と言い聞かせたり。。
    及川先生がそういった難病を克服した時って、どんな感じだったのでしょう?例えば「やられてもやられても気を付けて愚直にやり続けていたところ、気が付いたら霧が晴れていた…」という感じでしょうか?それとも「何か良い手段・方策はないかと懸命に探し続けた結果、これは!というものに出会って克服した」という感じでしょうか?
    文面より伝わるかもしれませんが、私自身が現在全く光の届かない深い霧の中におりまして、自分の歩いている方向が正しいのか全く分からず途方に暮れている状態です。
    霧が晴れた時、どういう感覚なんだろう。。その感覚を味合うことを楽しみにこれからも精進したいと思っています。
    大変抽象的な話となり恐縮です。宜しくお願いします。

    • 及川先生
      大変お忙しいところ丁寧にご回答いただき、本当にありがとうございます。
      はっとさせられましたし、大変勇気をいただけました。。。
      もう一度大火事後の検証から始めたいと思います。
      有難うございました!

    • チャーリー様

      >もう一度大火事後の検証から始めたいと思います。

      ↑ここ、実はかなりやりがいのある作業になりますよ^^
      ぜひともがんばってください!

    • チャーリーさま
      コメントありがとうございます。

      >「何か良い手段・方策はないかと懸命に探し続けた結果、これは!というものに出会って克服した」という感じでしょうか?

      ↑どちらかと言うとこっちのほうが近いイメージです。

      僕もかなり痛手となる損切りを経験したことは何度もありますが、
      その際、あとから必ず「その後のチャート」を確認するようにしているんです。

      なぜか?
      「その後も継続保有していたらどうなったか?」などを知っておきたいのと、
      「次回、似たような展開になった際、大きく取る立ち回り方法はないだろうか?」
      こういう視点でシミュレーションをするためです。

      多くのトレーダーが
      普段はコツコツ勝つ中で時々ドカンと負ける、という部分って
      ある意味「定説」なわけですよね。
      つまり「自分だけではない」と。

      もしそうであるなら
      決して超珍しい展開ではない、と言えますよね。

      で、あるならば
      「そいつを利益に変える方法はないか?」
      このような視点で大損トレード後に
      「大損時」と「その後」の両方の動きを研究するようになりました。

      これらの研究成果が「ドテンタイミング」であったり
      大きな損切り後の「ロットぶち込み」だったりして今に至ります。

      具体的には「これ、ヤバい展開かも?」という時点で
      過去に行ったシミュレーションのどのパターンかを思い出し、
      その後の身の振りを先んじてイメージしていくようになりました。

      損切り→即ドテン?
      いったん損切り→銘柄チェンジで倍賭け?などなど。

      ピンチになった際、
      一番最悪なのは「思考停止」になることだと僕は思っていまして、
      そうならないような訓練をした、という話です。

      この訓練?のおかげからか、
      ただただ大火事のまま終えることは基本なくなりました。

      ただし!
      そこに至るまではただただシンドく落ち込むだけで終えていた時期もあります。

      悔しくてマウスをぶん投げて壊したり、
      壁をグーで殴って拳を痛めて余計ミジメな気持ちになったり、
      そういった経験が僕にもあったことは付け加えておきたいと思います。

      本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもブログや動画で沢山勉強させて頂いています。ありがとうございます。普段はブログも動画もROM専門でコメントを残すことは無いのですが、ちょっと気になったことがあったので初めてコメントさせていただきます。

    及川先生は断じてブサイクなんかではありません!ご自身のことをそのように書かれていたのでFXとは関係ありませんが一言、言いたくなってしまいました。及川先生は、整った良い顔立ちをされていると思います。今は勿論イケオジですが若かった時はイケメンで相当おモテになられたのではないかなと思います。娘さんがいらっしゃるとおっしゃってた時、直感できっとお嬢さんは美人に違いないって思いましたから。
    トレードと関係ないことを書き込んですみません。
    なんか気になってしまいました。失礼しました。

    • さくらんぼ様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は、整った良い顔立ちをされていると思います。
      >若かった時はイケメンで相当おモテになられたのではないかなと思います。

      ↑なんと!
      そんな風に言ってくださる方が現れるとは!

      もう、とにかく素直に嬉しいです♪
      本当にありがとうございます。

      明日以降の勇気に繋げ、
      今後の活動もがんばろうと思いました^^

      >娘さんがいらっしゃるとおっしゃってた時、直感できっとお嬢さんは美人に違いないって思いましたから。

      ↑娘たちも喜ぶと思います。
      お気遣いに感謝いたしますm(_ _)m

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    今年もよろしくお願いいたします。

    まずはご報告ですが、
    ついにリアルトレード始めました。
    初日当日までは手術の前みたいに逃げだしたい気分でしたが、
    いざトレードしてみると意外に平気でした。
    損切りもデモトレの時と同じくらいのタイミングでできました。

    人間、他に選択肢がないと腹をくくれるものですね。
    全資金をいきなり投入するのは危険なので、
    まずは最小ロット(1万通貨単位)から始めているので
    思ったより冷静にトレードできるのかもしれません。
    これがロットを増やしたときに同様にできるかはわかりませんが。

    当日の昼食を「勝負飯」として
    いつもより豪華にしようかと思いましたが
    ふと思いなおして
    「そんなことするとかえって緊張するから、
    極力いつも通りの日常を送ろう」と思いなおしたのも良かったのかもしれません。

    今日の質問ですが
    名付けて「恐怖の50分問題」
    です。

    私は欧州時間16:00~19:00にトレードしていますが、
    毎日ずーっと観察していると
    けっこうな確率で
    16:55とか17:55とか
    もう少しで次の時間に切り替わるタイミングで
    大きく押したり(戻ったり)反転したり
    チャート形状的にも動き的にもいい感じで動き出します。
    デモトレ時代
    そこでエントリーするとプラスにならないまま次の時間17:00とか18:00
    に突入して、
    ドカーンと逆に行って大きく損切り、というパターンで
    何度もしてやられたので、
    リアルトレードになってからは
    「もうその手は食わん」
    とエントリーしたい気持ちをぐっと抑えて手を出さず我慢していました。
    しかし、私のトレードする時間帯の2回に1回くらいの高確率で
    時間またぎでその日一番のトレードチャンスが出てしまう
    しかも、時間をまたぐ前のほうが良く動くことも多い
    ということもわかったので、
    なんとか攻略しないと飯の食い上げだ、、、(汗)
    と思い、あとからチャートを分析して研究して
    このような作戦をたてました。

    ・55分までなら
    勢いがあって総合判断して大丈夫そうなら
    (58分や59分だと間に合わない)
    エントリーする。
    ・丁度の時間には必ず大きく逆方向へ行くので
    時間帯がかわる前に決済する。

    というものです。

    このあとなのですが、

    ・時間をまたぐ前の方が良かった時と
    時間をまたいだ後の方が良い時とあるのですが、
    見分け方ってあるのでしょうか?

    時間をまたぐ前にある程度取れていたらそこで勝ち逃げですが、
    微益だった時は
    丁度の時間から数分間は1分足に切り替えて観察して
    逆に行って戻って直近の高値を超えて
    まだ勢いがあったら
    再エントリーというのも考えています。
    丁度の時間を超えていったん逆にいっても戻ることも多いので、
    時間をまたいで持ちっぱなしという作戦も考えましたが
    そのまま逆に行ってしまうこともけっこうあるし、
    ポンドなんて10pipsくらい逆に行くこともあるので
    そのまま逆に行って戻ってこなかったときのことを思うと
    おそろしいです。

    ・動画を拝見すると及川先生も50分とか微妙な時間から
    エントリーされて、
    踏まれても戻るからいい、
    とおっしゃいますが
    丁度の時間から数分間逆に行っても絶対戻るという自信があるということでしょうか?
    戻る戻らないの見分けポイントがあるとしたらどんなところでしょうか?

    ・及川先生の
    「恐怖の50分問題」に対する考え方や対処法
    また、この問題にたいする
    アドバイスがあったお願いいたします。

    ・こちらの動画を拝見してから
    この動きはどのような投資家心理なのか?
    を考えるようにしていますが、
    どうして55分くらいから急に動きが活発になるのか?
    できるだけみんな後出ししたくてギリギリまで様子を見て
    手を出さないから?
    ですか?

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • パールちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ついにリアルトレード始めました。
      >損切りもデモトレの時と同じくらいのタイミングでできました。

      ↑まずはおめでとうございます。
      今後が実に楽しみですね。

      >名付けて「恐怖の50分問題」

      ↑面白いネーミングですね。
      おっしゃる意味は理解出来ているつもりです。

      ──────────
      ・55分までなら
      勢いがあって総合判断して大丈夫そうなら
      (58分や59分だと間に合わない)
      エントリーする。
      ・丁度の時間には必ず大きく逆方向へ行くので
      時間帯がかわる前に決済する。
      ──────────

      ↑僕自身はちょうどの時間で必ず逆方向・・・とまでは思っていませんが
      「そうなることは充分あり得る」とは常に警戒しています。
      で、僕も動画でジャスト前に利食いを済ませることは多いはずです。

      >・時間をまたぐ前の方が良かった時と
      時間をまたいだ後の方が良い時とあるのですが、
      見分け方ってあるのでしょうか?

      ↑いや、、、どうですかねぇ
      雰囲気的にイケると感じる時はあるのですが
      明確な見分け方となると正直微妙です。

      55分の足がしっかり伸びて終える時は利食いで
      グズグズしていたら続行、みたいな感じが多い記憶なのですが
      ここは現場見ながらでないと説明しにくい感覚ですね。

      ひとつ言えるのは
      55分の足で伸びが甘い時、
      黄緑線と1時間足MAの距離がどの程度か?は無意識に観ている記憶です。
      理由は「収縮からの拡散」を期待しているため、
      そうであれば少々時間がかかっても保有を続行する価値があると思えるのと、
      逆行された際の痛手も少なく、なんならドテン対応も可能と思えるからです。

      >どうして55分くらいから急に動きが活発になるのか?
      できるだけみんな後出ししたくてギリギリまで様子を見て
      手を出さないから?

      ↑逆に新1時間足からの伸びに先んじて乗りたい、
      他のポジションを出し抜いて乗っておきたいという心理のほうが強いのではないでしょうか?
      僕はそのような認識です。

      これを「フライングエントリー」と名付けたとして、
      けど実際に新1時間足突入時に他がついてこない場合は
      「不発→何はともあれいったん戻す」みたいな流れになるように思っています。
      ※その後「本来の動きに戻る」までがセットです。

      一応これらが僕の考えですが、
      僕が合っているかは正直分かりません。
      あくまで我々は「実際の値動きに対する対応」でついて行くしかないですので^^;;

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めて投稿します。及川組三年生です。
    三年前に戻って、再度始める決意をして投稿します。
    そもそも及川組とはまだ言えない自分ですが
    振り返ると、師匠にお会いしたのが、もう約3年前です。
    仮想通貨第一次バブルがはじけたころでした、

    さまよえるジプシーのごとく(笑)、チャートの海を漂泊して
    気付けば3年が経っていました。

    「行き詰ったら原点に戻れ」という言葉が好きですが
    マジで、息詰まりすぎて、リスタートするつもりで
    まずは、師匠のブログを真剣に読ませていただきます。

    振り返れば、師匠のトレード動画はずっと観てましたが
    こうしたブログはほとんど読んでいませんでした。

    ハンさんのご紹介、ありがとうございます。
    Twitter並びにnoteフォローさせていただきました。

    ハンさんのnote記事読まさせていただきましたが、
    あらためてその内容を見ながら
    自分は何も考えずに中途半端な姿勢で
    トレード遊び的なことをしていたのだと
    思いました。それも長い間。

    行き詰ったら原点に戻って、また今日から
    マジカルチャート動画から再度
    勉強しなおします。
    これからも、トレード動画そのほか
    たまに素敵な弾き語りを楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    • 3年前に戻ってリスタート様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >師匠にお会いしたのが、もう約3年前です。
      仮想通貨第一次バブルがはじけたころでした

      ↑おっと、、、ということは
      BTCのデイトレなどもやっていた時期ですね。

      あの時期は講師としての僕は非常に難しい時期でした。
      それによりみなさんにも混乱を与えてしまったはずです。
      ご苦労をおかけしてしまったとしたらあらためてお詫びいたします。

      >自分は何も考えずに中途半端な姿勢で
      トレード遊び的なことをしていたのだと
      思いました。それも長い間。

      ↑少々極端にご自身を卑下されているようにも思いますが
      「もっと真剣に」「もっと課題を持って」などの意識からのお話であるなら
      僕はただただ応援したい気持ちです。
      ぜひともがんばってください。

      >これからも、トレード動画そのほか
      たまに素敵な弾き語りを楽しみにしています。

      ↑お気遣いも併せ、感謝いたしますm(_ _)m
      こちらの方こそ
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    今年もよろしくお願いします。
    名古屋のしんのすけです。

    早速ですが、直近3か月の収支です。(デモです。)
    11月 +12610円
    12月 +3061円
    1月 +20343円
    となってます。
    数字だけ見る分にはいいのですが内容があまりいいとは言えません….。

    最近多い形がブレイクアウトしたと思いエントリーしたけど戻されて…
    それでも方向は合ってるので粘ってナンピンして何とかプラスで終えるパターンです。
    後は損切した後のリカバリートレードなどもそうなんですがポジションを入れすぎてしまいます。
    基本2本、ナンピンした時で4本でやってます。
    ただ先日、17本入れてしまいました。
    結果としてはそのトレードも日ベースもプラスで終える事が出来ました。
    ただずっとモヤモヤしたものが残り罪悪感みたいな感じでした。

    しかし勝負の世界としては”勝ち”です。

    何が正しいのでしょうか?
    今は経過を大切にするべきでしょうか?
    それとも結果が全てでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    • しんのすけ様
      コメントありがとうございます。

      >今は経過を大切にするべきでしょうか?
      それとも結果が全てでしょうか?

      ↑最終的には「結果がすべて」の世界ではあるのですが
      現状。デモでやられているということでしたら
      話はだいぶ違って来ます。

      結論から言いますと、
      「リアル口座で実際に再現出来ないことやっても意味がない」という話です。

      リアル口座で書かれているような入れ方をしますと
      一度の負けで口座残高が全損に近い損失になるのではないでしょうか?

      もしそうだとして
      そんな入れ方を実際に出来るのか?という部分と
      出来てしまっても問題あり、という話になりますよね。

      僕はよく、
      「デモ口座は何度ツブしても良いので思い切ったことをやってみては?」
      このような提案をすることが多いのですが、

      しんのすけさんの場合はこの逆で
      損切りルールや弾数などにわざと強めの制限をかけ、
      そのせいで負けて終わるのはむしろOK、とすると良いように思いました。

      言うまでもなくデモ口座はいくら負けても問題ない中、
      厳しい制限下で、どのようにすれば利益を取っていけるか?に対する
      創意工夫をすることを当面のテーマにする・・・

      ここをクリアすることで
      リアル口座移行後も「同じことが出来る」ようになるのではないでしょうか?

      これにより、目先勝率や成績が下がってもヨシとし、
      逆に言うと厳しい制限のある中で勝てるようになった場合は
      その成績には大いに自信を持って良い、となるはずです。

      具体的には
      ・エントリーポイントの精査
      ・仕掛けが早過ぎで苦労することはないか?
      ・待つは待つが、行くは行く!のメリハリ
      ・損切り判断の向上

      その他は僕が動画などでよくいう「時間帯管理」や
      「通貨の相関や強弱」「通貨のシンクロ性の有無」
      これらを加味することで厳しい制限のもとでも勝てるようになることは
      充分目指せると思います。

      で、、、
      それが出来たならいよいよリアル口座へ移行して良いように思いますね。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして。
    毎週のYOUTUBE動画を楽しみに拝聴している40歳会社員(家族、子どもあり)です。はじめてコメントをさせていただきました。
    毎回、及川先生の理に適った、素晴らしいトレードを見させていただき、大変勉強になります。
    私は、昨年の3月にFXを開始し、自分なりに考えてトレードしていたつもりでも、今思うと、相場観もルールもなにもない、適当トレードで勝ったり、負けたり、そして負けたり、、、を繰り返し、3ヶ月ほどで100万円ほどを相場で溶かしてしまいました。
    正直、稼いで家族を旅行に連れていく!と初めたFXで、100万も失ってしまい失望感がものすごかったですが、負けず嫌いな性格もあり、どうしてもあきらめることができず、及川先生のトレード動画や本で勉強を重ね、天才チャートを使い、半年ほどデモトレードで訓練。順調にプロフィットを伸ばせるようになったので、いざ、本番で再スタートし、初めは順調でも、どうしても最後は資金を溶かしてしまいます。それでも諦めきれず、またデモで練習をし、順調に資金が増やせることを確認し、再トライ。そして資金を溶かす。この繰り返しです。
    なぜか?
    自分でもわかっているのです。適正な資金管理ができていないことを。資金管理、資金管理と何度も言い聞かせながらトレードをやりますが、証拠金10、20万ではロット(0.3〜0.5)もしれており、勝てても、1回のトレードで稼げる額も大したことはありません。利益の積み重ねということも分かっているものの、どうしても、少し大きめの損切りが出た瞬間、それを取り返そうと、資金に見合わないロットでトレードしてしまい、そして、逆に行き、ロスカットされる(もちろん、それで取り返した経験も何度もありますが、最終的には溶かしてしまいます。)
    私は、市場に長い時間、資金をリスクに晒すことがメンタル的に難しく、及川先生のとおり、勝ち逃げ最強で、地道にコツコツと利益を積み重ねていきますが、たまにくる損切りで、積み上げた利益がゼロ、またはマイナスになった瞬間、冷静さを失い、そして、熱くなってしまい上述のように高ロットトレードをやってしまいます。
    いつも冷静にならないといけないと肝に命じてトレードをしていますが、一瞬の暴走で資金を溶かしてしまいます。
    及川先生のように、華麗に損失を取り返せません。
    いまも、何度目か忘れましたが、15万の資金で再トライ中です。1週間で10万円弱ほど、小さな利益額をコツコツコツと積み重ね資金を増やしていましたが、昨日、またまた、やってしまい、積み上げた10万以上の額の損失を出してしまい、振り出し、むしろマイナス地点にきてしまいました。(まだ資金を溶かさなかっただけ、今回はマシですが、それはもう本当に紙一重です。)
    及川先生は、資金を溶かすなんてことはないと思いますが、トレードを行うにおいての資金管理の観点、特に、FXの初期の低資金の段階で、どのようなことを意識してトレードをすればよいか、私のような悪い例を打破するためにアドバイスをいただけないでしょうか。
    どうぞ、よろしくお願いいたします。

    • チェロ2020様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >初めは順調でも、どうしても最後は資金を溶かしてしまいます。

      ↑ある程度まで資金が増えるとなぜか大きな事故に遭遇し、
      結局振り出しに戻る、というご相談はかねてから多数頂戴して来ました。

      そのため、過去に何度か話題にしたことがあるのですが、
      人って資金が増えだすと増えた資金を減らしたくないという意識が働くのではないか?
      このような仮説を立てるようになりました。

      例えば10万円からスタートしたとします。
      最初は「よし!コツコツと利益を積み上げるぞ」といった具合に滑り出すことが出来るのですが、
      その10万円が20万円になった際、
      「せっかく20万円まで増えた資金を減らすのはイヤ!」
      このような気持ちが無意識に芽生え、
      当初なら損切り出来たモノが大きく立ち遅れ、
      その際、「ここまで大きな損はますますイヤ!」と
      それまでならやらなかった無茶なナンピンやハイロットのトレードをしてしまう、
      こんな構造ではないか?という話になりました。

      結論から先に申しますと、
      トレードは「勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム」であるため、
      例えて言うなら
      10万→20万→15まん→25万→20万→30万
      こんな風に増えていくのがむしろ理想的だと僕は思ってまして、
      このような推移でやれるようになった人は
      その後も順調に進むはずとのイメージなんです。

      けど、人間の心理としては
      「せっかく増やした資金が減るのはイヤ」となり、
      結果『端折ったトレード』になりやすい、という話ではないかと。

      対策としては
      仮に10万→20万になった時点で10万を出金し、
      「トータルで負けなし状態」をまずは確保。

      残りの10万は極論全損してもOKなので思い切ったトレードをしてもよし、
      となるわけですが、
      けど、一度出金して「利を確定」した経験をすることで、
      残りの資金でも無茶はしなくなるかも知れませんよね。

      で、10万→20万→10万出金
      このパターンを何度も繰り返すほうが確実性が高いのであれば
      当面そのスタイルでも良く、
      さらには「10万→20万→出金」を「20まん→40万→出金」のように
      徐々にミニマムの資金を上げていく、なんてやり方も良いように思います。

      多くの人はこのやり方、
      「めっちゃ遠回りじゃん!」って思うかも知れませんが
      毎度資金を溶かすほうが余程遠回りなわけですから、
      一考の余地は充分あるやり方ではないかと個人的には思います。

      参考までに以前この手の相談をして来られた人は
      「30万→100万→ドカン負け」みたいな話でしたので、
      上述の出金を繰り返すことで、結果的に大変良い収支になったことを付け加えておきます。

      増えた資金をあえて自ら振り出しに戻すことで
      「常に同じメンタルでトレード出来る訓練」になると良いなと。

      繰り返しになりますが、
      最終的には
      10万→20万→15まん→25万→20万→30万
      このような推移で良いのだ!としっかり俯瞰できるようになった際、
      そこから先は目指す資金まで伸ばしていけるようになると想像します。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもありがとうございます。
    今回ご紹介いただいたハンさん、とても驚きました。しかも、「8か月で」と言いつつも、4か月のデモを考慮したら実質4か月で80万⇒1500万(約20倍!)ということですよね。
    とても自分には…と思う反面、そこは「トレードは昨日の自分を超えていくもの」という教えを心に、自分の弱点克服や自分にあったルールの模索などに目を向けていきたいと思います。

    さて、今回も勝手ながらご報告させていただきます。
    たっくん@2021.1.6~1.14実績…7.7%増
    最近、負けるのが怖くなって早めの利確になってしまっているので、近いうちに軽い損切で少し慣らそうかと思っています(笑)

    また、本日も一つ質問をさせてください。追加・マシ玉についての考え方やそのときの感情についてです。
    自分の場合、エントリーから逆行されてしまったときのナンピンはスンナリできるのですが、一旦含み益になってから戻された位置での追加がどうしても躊躇してしまいます。(含み益が減ってることで、このままマイ転するのでは、という不安からだと思います)
    師匠の場合、大前提として「今からやるならどっち?」を考慮したうえで、エントリー位置からプラスでも、もうこれ以上は戻してこないとして追加しているかと思うのですが、その際に最初に入れたポジションのことはあまり考えていないでしょうか。例えば、最初のポジションは「ないもの」として考えて「今からやるなら」で追加エントリーになっているのか、最初のポジションも一つの基準にしたうえで「ここよりはいかない」という感じです。

    また、追加(≒LOTを上げる)は時間短縮のためと仰っていますが、ここもどのようなイメージか教えてください。例えば、10P目指してエントリーしたが5Pまで行って戻されたような場合、まだ10Pを目指せそうだけどさっきのエントリー時よりは雲行きが怪しいので倍ポジにして5Pを目指す、というようなイメージでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • たっくん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >たっくん@2021.1.6~1.14実績…7.7%増
      最近、負けるのが怖くなって早めの利確になってしまっている

      ↑こちらですが、
      ここへの「報告」が原因で
      「負けるのがイヤ」と委縮したトレードになってはいませんでしょうか?

      よく連勝中の人が連勝を途切れさせたくないからと
      ドンドン利小のトレードへと委縮し、
      さらには損切りをしたくないからと、結果的にどでかい損切りになる、
      なんてケースは過去にも大変多かったですのでお気を付けください。

      >師匠の場合、大前提として「今からやるならどっち?」を考慮したうえで、エントリー位置からプラスでも、もうこれ以上は戻してこないとして追加しているかと思うのですが、その際に最初に入れたポジションのことはあまり考えていないでしょうか。

      ↑ここは正直なところ、場面場面の感性で対応を変えているつもりなのですが
      感覚的に「イケる」と思える時には追加し、イマイチな感覚の時は様子を見る、
      そんな違いが自分の中ではあります。

      >追加(≒LOTを上げる)は時間短縮のためと仰っていますが、ここもどのようなイメージか教えてください。

      ↑正直に言いますと、ここは「動画の時」に顕著です。
      僕は曜日固定でやるようにしていまして、
      そうなると「なるべくややこしい展開になりたくない」という意識がどうしても芽生えます。
      そのため、普段以上に時短で終えたいという気持ちになりやすいんです。

      例えばプライベートトレードでは、
      追加した際に、追加分だけ先に利食い、残りをチャラ覚悟で引っ張る、
      なんてことも普通に出来ます。
      なぜなら誰にも見られないのでカッコよいも悪いも関係ないからです(笑)

      特に欧州序盤のトレンドに乗れた時などは
      本来このようなスタイルのほうが
      「勝ちを確定&さらにトコトン利を伸ばせる」
      このようなトレードが可能となるのでむしろオススメしたいですね。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。

    波の全体像について質問します。
    僕はチャートから優位性や法則性を探すのが好きで、探究心は旺盛ですのでリアルチャートを録画しながら検証していました。
    前々からずっと思ってたのがポンドル、東京時間で妥協しながらジリジリ上げた波を欧州初動が平気でブチ壊しにくる習性みたいなものがあるように思います。(その逆、ジリ下げの時も同じく)
    ※朝からチャート形状がキレイすぎて、明確な短期上昇トレンドの日はこれに当てはまりません。こういう日はNY時間までずっと1日中ポンド最強の日だったりします。

    僕は下位足の中で、前日から本日にかけての全体像が把握しやすい15分足をよく見てるのですが、全体を俯瞰すれば、相場は上がったら下がるし下がったら上がる原理原則?が前提にあるように思います。
    前日NY時間上昇トレンド→本日東京時間レンジ→欧州前15時台から少しだけ崩れ始める→欧州初動16時でまた上げていき、やっぱり上か?と見せかけて実は上を狩ってから本筋17時から大陰線ドーン下げ!みたいな光景がパターン化してるように思えてならないです。(逆も同じく)

    このように前日NY時間の上昇トレンドが崩れた場合、その上昇トレンドとなった起点まで大きな山の形を形成していきながら下げ、最終的にはクローズしていく・・・
    そしてその上昇起点までキレイに下げが到達したらその後、少しだけ反発と拮抗が起こり、ジリジリ安値切り上げていきNY時間はまたドーンと上昇反発していく、そして本日高値更新や前日高値アタックする・・・というパターン化された値動きの見方でトレードの組み立てをする時があります。
    チャートは15分足と5分足での波で話してます。

    先生もこのような観点も持ち合わせつつ、及川式の取引されてますか?
    先生が見るチャートの全体像はどのように見られてるか、僕のようなイメージを組み立ててるのか、それとも単に直近高安やサポレジラインだけに絞って意識されてるだけなのか知りたいです。
    先生も似たような全体像観をお持ちでしたら嬉しいです。
    もちろん上位足の方向性を頭に入れられてる事は大前提だと認識してます。

    このような観点から、東京午前から15時頃までは基本的に取引量が少ないはずのポンドルがなぜかジリジリ上昇してて、16時または17時から一気にドーンドーンと大きな大陰線を付けてそのジリ上げを全て帳消しにしてしまう光景をよく見かけます。上位方向性は上方向なのに行くべきものが行かなかったがこれに当てはまりますか?
    必ずしも毎回こうなるとは限りませんが、よく見かけますよね。
    僕はこういう下げによく飛び乗るわけですが、エントリーしてものの数秒で含み益状態、こういう時はスーッと伸びて5分~15分程度の超短時間で20PIPS前後から、多い時で30PIPSほどラクに取れたりします。

    めちゃくちゃ簡単すぎて精神的苦痛のない、時間のかからぬこういうトレードが先生が時々表現されてる「良い子トレード」だと思ってますが合ってますか?
    動き出す時間帯にやる重要性ってこういう事なのかと。
    角度が急で大きな陰線が2~3本連なるヤツに乗るのがとても大好きです。
    僕は買いも売りも両方しますが、売りは基本的に上昇よりも決着が早い傾向なので特に好きです。
    買いは決着までの時間が長くかかり気味から「ロング」、売りは決着までの時間が短い事が多いから「ショート」というネーミングになったと聞いてます。

    • 穀潰し様
      コメントありがとうございます。
      (凄いハンドルネーム・苦笑)

      ──────────
      前日NY時間上昇トレンド→本日東京時間レンジ→欧州前15時台から少しだけ崩れ始める→欧州初動16時でまた上げていき、やっぱり上か?と見せかけて実は上を狩ってから本筋17時から大陰線ドーン下げ!みたいな光景がパターン化してるように思えてならないです。(逆も同じく)
      ──────────
      ↑こちらは大変鋭い考察だと思います。
      これをアタマに置きつつ取り組むこと自体に
      大いなる優位性があるでしょうね。

      >先生もこのような観点も持ち合わせつつ、及川式の取引されてますか?
      >先生が見るチャートの全体像はどのように見られてるか、僕のようなイメージを組み立ててるのか、それとも単に直近高安やサポレジラインだけに絞って意識されてるだけなのか知りたいです。

      ↑ポンドが上記のような動きをよくすることについての意識は持っているつもりですが、
      ただし僕の場合、分類的には「超短期」「スキャルピング」の領域でして
      さらにはロットもかなり厚く張るので過度な意識はしていません。

      逆食らった時には今回お示しくださったような展開は意識し、
      なんでもかんでもドテンすれば良いとかにならぬよう注意しますが、

      逆に耐えてりゃいずれ戻って来る、みたいな甘えにならぬようにも
      同様に注意しています。

      >東京午前から15時頃までは基本的に取引量が少ないはずのポンドルがなぜかジリジリ上昇してて、16時または17時から一気にドーンドーンと大きな大陰線を付けてそのジリ上げを全て帳消しにしてしまう光景をよく見かけます。上位方向性は上方向なのに行くべきものが行かなかったがこれに当てはまりますか?

      ↑ここまで具体的事例を挙げてお話することはありませんが
      確かに「行くべきが行かぬは逆に強く伸びる」の一例と言って良いかと思います。

      もっともこの事例について僕的に言いますと
      「欧州序盤から生じたあらたな動き」と表現することが多いです。

      >僕はこういう下げによく飛び乗るわけですが、エントリーしてものの数秒で含み益状態、こういう時はスーッと伸びて5分~15分程度の超短時間で20PIPS前後から、多い時で30PIPSほどラクに取れたりします。

      ↑素晴らしいですね。
      僕もこの手の動きにスンナリ乗れた日はあっさり勝ち逃げ出来るのでありがたいです♪

      >めちゃくちゃ簡単すぎて精神的苦痛のない、時間のかからぬこういうトレードが先生が時々表現されてる「良い子トレード」だと思ってますが合ってますか?

      ↑合っていると思います。
      毎日このパターンで取れたら言うことなしなんですけどね(笑)

      >僕は買いも売りも両方しますが、売りは基本的に上昇よりも決着が早い傾向なので特に好きです。

      ↑ここは僕もまったく同じ感覚です。

      >買いは決着までの時間が長くかかり気味から「ロング」、売りは決着までの時間が短い事が多いから「ショート」というネーミングになったと聞いてます。

      ↑はい、僕もそのように聞いていますし、
      実際そうだと思っています。

      為替の場合「通貨ペア」なので
      本来は上げも下げも同じであって然りなのですが、
      それでも人間心理として「急落」のほうが恐怖心がどうしても強くなるのでしょうね。

      お話、全体としてポンドの特性などを大変良く検証されてらっしゃり、
      頼もしい限りだと思いました。
      ツボにハマった際には僕なんかよりはるかに鮮やかに勝ってらっしゃるように想像します。

      今後が大いに楽しみですね。

      素晴らしい考察をありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。
    今年成人式を迎える歳になりました
    リアルマネーでトレードを始めて10ケ月経ちました。
    最初の5ヶ月は全く勝てませんでしたが8月、及川式が急にカチッとはまり日ベースでプラスのままこれて資金も少しずつ増やすことができましたました。(少々大きめの損切りからスタートしたらプラ転した所で逃げるを徹底してました)
    しかし、1月15日に舐めた逆張りトレードを行ってしまい踏まれまくりどんどんどんどんナンピンを行い資金の半分以上を溶かしました。完全にコツコツドカンでした。
    日ベース負けなしにこだわりすぎたのが原因です。
    またコツコツドカン負けについては、及川先生がデイトレ大百科やYouTubeで何度も講義されていました。正直言うとコツコツドカンの話を聞いている際はドカン負けなんてちゃんと自制して損切りすればならないじゃんと考えていました。そんな自分が今回やらかしてしまいとても恥ずかしい気持ちです。
    しかし!今回の大負けで今更ながら気づくことがありました。それは、バカなトレードをして自制がきかなくなるようなバカな事はせず、いつも通りのトレードをすれば資金は増えていく!です(凄く当たり前の事ですが)汗

    ここからは上記とは関係ないことですが、質問があります。
    自分は本業の定時が15時で今は仕事の残業が月10時間もないため欧州のトレードの時間がつくれています。(NY時間は長引くと次の日に支障が出そうなためやりません)そんな中色々あり今後残業がどんどん増える事が確定してしまい、今の様に多くトレードの時間が作れるか分かりません。今回減ってしまった資金をまた複利で増やせるかも残業の件で時間がかかりそうで不安です。
    そこで、上の内容で書いたバカなトレードをしなければ資金は増やせるを心に刻み少し大きめに資金を入金しようと考えています。数ヶ月勝っただけでドカン負けしたような奴が何を言っているんだと怒られてしまいそうですが…
    及川先生はトレードを始める際の資金はこれくらい必要というような考えはお持ちでしょうか?
    長文になってしまい申し訳ありません。
    これからもYouTube、ブログ楽しみにしております。
    今後ともよろしくお願いいたします!

    • 海外へ行きたいユダさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >今年成人式を迎える歳になりました

      ↑まずはおめでとうございます^^
      それにしても本文の彼は21才ですし、
      僕の時代はその年齢でトレードなど想像もしていませんでしたので
      本当に時代だなぁと思いますね(汗)

      >1月15日に舐めた逆張りトレードを行ってしまい踏まれまくりどんどんどんどんナンピンを行い資金の半分以上を溶かしました。
      >日ベース負けなしにこだわりすぎたのが原因

      ↑「日ベース負けなし」は僕の場合YouTube動画の日に
      こだわらざるを得ない感じでやっているのも遠因かも知れませんね。
      本来はそんなにこだわる必要はないんですけど・・・

      >トレードを始める際の資金はこれくらい必要というような考えはお持ちでしょうか?

      ↑僕の場合はFXの前に株のデイトレをやってまして、
      株なら300万くらいないと、、、というイメージが当時ありました。
      信用銘柄でもレバが3倍なのである程度資金ないと張ること自体が出来なかったためです。

      けど、FXはその部分が関係ないですので
      あくまでご自身の中で負担ない資金量からで良いと思いますね。
      リオンちゃんは7000円からがんばってましたし。
      (ここは極端な例だと思いますが)

      例えばですが、5万円を特段の大ピンチなく10万円に出来て自信がついた、
      みたいな状況になった時点でさらなる加速を目指す中で資金の追加投入を検討するのもアリだと思います。

      ただしその際、仮に100万円を投入したとして、
      100万→200万になった時点で100万円を一度出金し、
      「生涯負けなし状態」にしてから再度100万円でリスタート・・・
      みたいに進めていけるとメンタル的にも安心で、実際の資金的にも安全です。

      あくまで一例ではありますが
      FXデイトレはハイレバによるリスクや
      ロット引き上げによるプレッシャーリスクもあるので
      一見、遠回りのように感じても
      上記のような工夫はあって良いのではないでしょうか。

      取り急ぎ本件は以上です。

      あらためましてご成人おめでとうございます。
      今後の未来が素晴らしいものになることを祈念いたします♪

  • 及川師匠!いつもご返信頂き、本当にありがとうございます!

    まだ全然勝てていませんが、先週くらいからなんとなく分かってきたのか、理解してきたというのか分かりませんが、いつもYouTubeで師匠が言ってることを実践したところ(デモですが…)、勝率が大きく上がりました!ですが、まだまだ不安なので質問させてください!

    天才チャートを使用しており自分のやり方は、

    ・欧州時間が始まり、黄緑足と1時間足がなるべく近いところを狙う。

    ・おっぱじまった時に、シリーズが揃って方向性が同じ方向にいく。揃ったほうが伸びやすいため狙う。

    ・ユロポンのどちらが強弱かみて、同時にドル円の強弱をみながら、利食い場所を探る。

    上記はいつも及川師匠が言っていることなのですが、これを理解しているようでしていなかった気がします。理由は、黄緑足と1時間足が遠いのに、シリーズが揃って下げてるからまだ伸びると思い手を出してしまい、結局下げ止まりにあい損切りするパターンが多かった気がします。

    そこで質問なんですが、欧州時間が始まったとして、戻り売りに期待したり、シリーズが同じ方向に動き出したにも関わらず、ウダウダになって結局含み損が30分以上になりそうな時、及川師匠は時間の無駄なので含み損で終わらせたほうがいいと言うとは思いますが、結局もう少し(10分ほど)待てばチャラになってたのにとかそういうことが多すぎて、損切りが多くてマイナスになることが多いです。
    含み損の最中、他の通貨が伸びないかを見ながらやってるのですが、ウダウダされて1時間近くポジション持ってるのがストレスで…。で、結局損切りみたいな…。さらに、ウダウダされてる間に方向も変わり、余計に含み損が膨らみみたいな…。

    基本、師匠のYouTubeを毎日みて勉強しているのですが、どこがまだ勝ってる人と違うのかが分からず、悩んでいます。

    大変お忙しいとは思いますが、ご教授ください!

    • 師匠、またまたアドバイス頂き、本当にありがとうございます!

      最近、欧州がはじまったくらいで、上位足の向きやシリーズが揃って動きだす時に、フライングして入ることが多いので、本格的に動きだしてから入って、流れに乗るようしたいと思います!

      いつも貴重なアドバイスを頂き、本当にありがとうございます!

    • 師匠、いつもお忙しいところご返信頂き本当にありがとうございます!

      師匠の言うとおり、仕掛けを早くしようと心掛けてるので、初動が早いため、伸びないときはグダグダになり結果損切りとなってしまいます。

      師匠の言うとおり、「とにかくいったん大きく動いてからの戻しなどをやる」に統一することを実践したいと思います!

      FXはじめて数ヶ月ですが、ガチ速やYouTubeをみながら理解を深めていきたいです。いつもお忙しいところご返信頂き、本当にありがとうございます!

    • くに様
      僕の動画でも、
      「時間が経過すればするほど良い形になっていく」
      そんなパターンはチョイチョイ登場しています。

      このように
      1.時間経過によりますます良い方になる展開
      2.時間経過によりどんどんイヤな形になる展開

      この区別についても今後の現場で意識なさってみてください。

      なにが言いたいのかと申しますと
      「1」なら慌てないでも入れてそれでいて勝てる。
      「2」なら慌てずに入らなかったことでムダなトレードが減る。

      こういう「メリットしかない話」になるってことです。

      それではまた!

    • くに様
      いつもコメントありがとうございます。

      >欧州時間が始まったとして、戻り売りに期待したり、シリーズが同じ方向に動き出したにも関わらず、ウダウダになって結局含み損が30分以上になりそうな時
      >結局もう少し(10分ほど)待てばチャラになってたのにとかそういうことが多すぎ

      ↑僕もYouTube動画の時には
      「とっとと撮り終えて楽になりたい」という気持ちになりがちで
      それゆえ仕掛けが早く苦労することが少なくありません。

      ちなみに、
      「シリーズが同じ方向に動き出した」場合で
      長時間グダグダなのは、そもそもその根拠が崩れているか、
      参戦が遅すぎたゆえに次なる動きに時間がかかるか、
      そのいずれかではないですかね。。。

      おそらくは僕が苦労するとき同様、
      「仕掛けが早過ぎ」の傾向があるのではないかなと想像するのですが
      ご本人的にはどうでしょう?

      慎重になりすぎると、一気に伸びる初動には乗れないケースが増えますので
      そこを取りたければ一定の思い切りも必要です。
      ただし、それをやる時には常に「仕掛けが早いゆえの不発終わり」になる可能性は
      あらかじめアタマに置いておくと良いはずです。

      一方で「仕掛けの早さを改善したい」が主となる際は、
      「とにかくいったん大きく動いてからの戻しなどをやる」に統一するのもアリです。

      これらを一方に絞るのも良いでしょうし、
      「仕掛け早過ぎの不発時」の対応(乗り換え含む)に対し
      実戦で磨きをかけるのも個人的にはアリだと思います。

      ひとつ申し上げておきたいのは
      「エントリー後の動きがグダグダ」なのは相場が悪いのではなく、
      「グダグダのモノに乗ってしまった自分の側」に問題、いや問題は言い過ぎですが
      要するに原因は自分側と捉えることだと思います。

      トレードには「仕掛け」と「対応」があり、
      動き出し初動を狙う場合の「仕掛け」には
      「実は動き出しではなかった」というリスクが伴います。

      一方、動いたあとのモノに「対応」するやり方の場合は
      上記リスクは軽減されるものの、
      今度は「遅すぎで旨味残ってないリスク」がある。

      これらを理解したうえで、
      ご自身なりにどうタイミングを取っていくのか?

      具体的には
      「動き出したあとのなるべく早いタイミングを狙う」というところを意識し、
      「美味しいタイミング」を狙うよう心掛けるとデイトレ的にはかなり上級者になるように思います。

      例えば僕の動画でそれが出来ている時のパターンを参考になれるなども良いかも、です。

      今回のアンサーを加味しつつ
      各種動画にご注目なさってください。
      (僕もイマイチなトレード多いですけどね・苦笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。
    どうしても一言お礼をお伝えしたく、僭越ながらコメント欄で失礼します。

    去年12月にYouTube動画で先生に出会うことができました。
    今までは、EAを作るなどで自動売買システムトレードがほとんどで、裁量は怖くてほんの少ししかやれず、ともかく損を出しまくっていました。

    先生の動画を拝見し、まるでボクシングでもするかの如く立ち回っておられる様子を見て、本当に感動をいたしました。その後、先生の過去動画を拝見させていただく中で、ある言葉がきっかけとなり、手法云々ではなく、突然負けなくなりました。

    その言葉とは(正確な表現でなくてすみませんが)、「このトレードをどうやって利益で終わらせるかを考える」というものでした。

    損切りについての重要性は理解しているつもりですが、よくよく自分の心を観察してみると、トレードに入る前から「損してあたり前」といった弱気にまとわりつかれていたような気がします。いわゆる「負け癖」がついていたようでした。

    1日の収支において昨年末から毎日トレードして、今日までずっと利益が出ています。(といってもかなりの少額ですが)
    損切りもやれていますし、勢いに任せてドテンしてみて、往復ビンタをくらいながらも、先生の気合を真似して、なんとしてもプラスで終えるのだと精神的に踏ん張ることができ、本当にプラスでその日を終えることができたこともありました。

    ブラウン運動のようにランダムに動く相場だとわかっているのにも関わらず、一喜一憂する自分が中々滑稽に思えた時もありましたが、最近は、利益がても損切りしても、感情がさほど動かない自分に気づきました。単純作業をしているような状態です。

    今回の記事も本当に励みになり、参考になりました。
    先生のお仕事に心から感謝いたします。

    本当にありがとうございました。
    これからも及川先生の動画を楽しみにしております。

    • ポリン・チャー・パンツ様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      (ハンドルネーム、秀逸です・笑)

      >先生の過去動画を拝見させていただく中で、ある言葉がきっかけとなり、手法云々ではなく、突然負けなくなりました。

      ↑こういうお話って割とよく頂戴します。
      正直なところ、どんな話をいつしたかまで、
      僕自身覚えているわけではないのですが、
      過去動画などがきっかけになった際などは本当に嬉しい気持ちになれます♪

      >最近は、利益がても損切りしても、感情がさほど動かない自分に気づきました。
      >単純作業をしているような状態です。

      ↑ここは実に頼もしいです。
      淡々とやる・・・ここは僕自身かなり意識していたのですが
      気付けばそういったことすら考えなくなりました(笑)

      損切りも普通に出来てらっしゃるのであれば
      今後ますます感情に左右されないトレードが出来る可能性が高く、
      そうなったら本当にシメたものだと思います。

      >先生のお仕事に心から感謝いたします。

      ↑このように言っていただけることが
      僕の大きな大きな活力になります。
      こちらこそありがとうございます♪

      それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。ぽぽにゃんと申します。アップしてくださるトレード動画は毎回毎回すごく勉強になります。ありがとうございます。
    「[FX]トレードで成功する人しない人→その『決定的な違い』とは? 2021年1月18日※NY時間トレード」について、気になった点があったのでご質問させていただきたいです。
    動画でトレードされていたNY時間トレードとは直接関係はないのですが、欧州時間でのGBP/USDでの逆張りをされていたのが気になったので、教えていただければ幸いです。
    私は、欧州時間でGBP/USDの水平線をブレイクした日本時間でいうところの16:30の足でショートエントリーをしました。伸びた足だったのでちょっと出遅れた感はあったのですが、及川先生のこれまでの動画を見ていた中で、「及川先生だったらここは絶対やっているだろうな」と思い、結構自信をもってエントリーしました(話が脱線してしまいますが、最近ようやく及川先生と同じようなところでのエントリーができるようになり、月・木の動画でも自分がやったところと同じところで及川先生がトレードされているのが多くなり、なおかつそのトレードでは勝てているので、自分もようやく及川先生の見立てに近づけているのかなと自分の成長を実感していた次第でした(喜))。ただ、今回の場合は、エントリー直後から戻されてしまい、黄緑色カクカク(15分足10SMA)で反発してからの伸びの勢いのほうがよかったので、自分の中では結構苦戦した感があり、水平線ブレイクした足ではなく、戻しを狙っておけばよかったかなと反省する次第でした。しかし、「もし及川先生だったら、打診で私が今回エントリーしたところと同じポイントでエントリーし、かつ黄緑色カクカクでナンピンしていたかもしれない…」とも思い、前述のとおり、「及川先生だったらここは絶対やっているだろうな」と思っていたため、アップされる動画は、その時のトレードかもしれないので、動画を見て及川先生だったらどういった対応をしていたのかを勉強することにすごく意気込んでいました。

    しかし、アップされた動画では、その日の及川先生の欧州時間のトレード履歴から見ても、水平線ブレイクした16:30辺りでのショートでのトレードではなく、GBP/USDの伸びた後の、逆張りロングをされていたので、私の見立ては、及川先生の見ていた相場観とは違ったのかなと不安になってしまいました。
    GBP/USDの逆張りロングの際の見立てや根拠の解説は、動画でしっかりと拝見させていただいたのですが、及川先生は、この日の欧州時間でのGBP/USDでは「売りはないな…」という感じだったのでしょうか?

    文章が長くなってしまい、また支離滅裂な文章となってしまい大変申し訳ないのですが、ぜひとも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたしますm(‗ ‗)m

    • ぽぽにゃん様
      コメントありがとうございます。

      >日本時間でいうところの16:30の足でショートエントリー
      >「及川先生だったらここは絶対やっているだろうな」と思い、結構自信をもってエントリーしました

      ↑はい・・・あの辺の一連については
      ショートで取りにいくべきだったと僕自身思っています(汗)

      普段なら出来たはず、と言いたい気持ちもありますが
      一方で僕、「ずっと下げ続けたあとの下値ブレイク」は少々苦手でして
      あの場面も警戒しすぎてやりすごしてしまったというのが実際のところなんです。

      >「もし及川先生だったら、打診で私が今回エントリーしたところと同じポイントでエントリーし、かつ黄緑色カクカクでナンピンしていたかもしれない…」とも思い

      ↑その場面も見ていたのですが、
      やはり上述の部分を警戒したため、入ることが出来ませんでした。

      >GBP/USDの伸びた後の、逆張りロングをされていたので、私の見立ては、及川先生の見ていた相場観とは違ったのかなと不安になってしまいました。

      ↑いえ!決してそんなことはありません。
      慎重になりすぎた、、、が実際のところなのと、
      欧州序盤を考慮した際、あそこは「やってOK」で問題ないと思いますよ。

      ただ、アタマの片隅に
      「ここまで下げ続けて来たので欧州からの状況激変もあり得る」
      ここは押さえておきつつ、がより良いかも知れませんね。
      ※僕はその意識が強すぎて手が出ませんでしたが(笑)

      本件は以上です!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お疲れ様です。2度目の投稿です。去年の始めに資金の大半を失い再度10万円入金して1000通貨から再スタートし、コツコツ利益を切り取るを念頭に年末には、5000通貨で最大8ポジ打つスタイルで、1トレードで、3000円から5000円を切り取り何とか50万まで増えました。他の投稿者さんの、ご活躍から比べれば大変しょぼいので恐縮ですが、質問させてください
    現在の私の資金で1回のトレードで取れるリスクとリワードは金額にしていくらぐらいが適正とお考えでしょうか?皆さんに比べれば小さい目標ですが、今年の目標は、年間利益100万を目指してます。それを達成させるためにロットの増やし方、獲得pips目標、獲得金額目標などご指導頂ければ幸いですよろしくお願いいたします。

    • きしもん様
      コメントありがとうございます。

      >再度10万円入金して1000通貨から再スタート
      >何とか50万まで増えました。

      ↑いやいや、充分素晴らしいと思います^^

      >現在の私の資金で1回のトレードで取れるリスクとリワードは金額にしていくらぐらいが適正とお考えでしょうか?
      >今年の目標は、年間利益100万
      >それを達成させるためにロットの増やし方、獲得pips目標、獲得金額目標など

      ↑実は僕、この「適正ロット」というやつへのアンサーがとても苦手でして。

      というのも、
      例えば元手資金が100万円の人でも
      10万円の損失リスクが気にならない人もいれば
      1000万の元手でもこの10万円が死ぬほど苦痛に感じる人もいます。

      つまり「適正」とは、
      資金量から考えていくというよりも、
      ご自身の中で負担や違和感を感じない「額」から決める方が良い、
      そのように思う次第です。

      >5000通貨で最大8ポジ打つスタイルで、1トレードで、3000円から5000円を切り取り

      ↑ここまでこうしてやって来られた中、
      それを一気2倍3倍に引き上げてもご自身的に大丈夫か?
      これこそが本件のポイントだと僕は思います。

      なぜこのような話をするのかと申しますと、
      ロットを引き上げたことで突如トレードが崩れてしまう、なんて人は
      過去に数多くいらっしゃったからなんです。

      あくまで利益ペースからのみで算出するのであれば
      シンプルに現状の2倍~3倍程度まで引き上げられると良いはずですが
      ここまでの話を鑑みた際、
      例えば「月間プラスで終えた翌月はロットを●●%引き上げ」にするとか、
      それこそ日々の残高増減に合わせて毎日ロットを微調整するのも一考かなと思います。
      (ちょっとめんどくさいですけどね・苦笑)

      いずれの場合も今のうちから
      トレード中の確認を「収支額」ではなく「PIPSのみ」を観るクセをつけておけると良いはずです。
      (収支額は画面上から隠してしまうってのはかなりアリです)

      明確な指針をお示しせず申し訳ございませんが
      けどこれが紛れもない本音ですので何卒ご理解ください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初投稿失礼します。
    及川先生いつも動画大変参考にさせていただいております。リアルトレードはこの上ない教材だと個人的には思っていまして、動画のアップには大変感謝しております。
    わたしはガチ速とデイトレ大百科で勉強させていただいており、本気でFXを始めてまもなく1年になるのですがどうしても勝ち続けることができません。最新の動画についての質問とこのトレードにおいての先生に考えを教えていただきたいとお願い思い投稿した次第です。
    わたしもNY時間で先生と同じ場面をショートしていました。MAの方向性や通貨ペアの強弱から直近安値までは行くとシナリオを立てており、途中まではプラス(ちょうど先生が利確しあたり)で15分MA付近まで戻ってきたところでもう1本足して安値を狙いました。ところがそれ以降はだらだら上げてきて結局安値切り上げとなり損切りになってしまいました。確かに動きは遅くしかもNYは休場だったので心のどこかで嫌な感じはありました。しかし毎度そのような疑心暗鬼の状態でトレードしているせいで伸ばせる利益も伸ばせなかった場面も沢山ありますし、今回のように利確場を間違えて負けてしまうことも多々あります。
    先生があの場面で利確した理由はやはり動きの遅さや相場状況から判断し安値までは行かないだろうと判断したからなのでしょうか?お忙しいことと思いますがご回答いただけると幸いです。

    • あっくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >わたしもNY時間で先生と同じ場面をショート
      >確かに動きは遅くしかもNYは休場だったので心のどこかで嫌な感じはありました。

      ↑えっとですね・・・
      大変お恥ずかしい話なのですが、
      僕はあの日、NYが休場なのを見逃していまして。
      「どうりで動かないわけだ」と後から理解したアリサマなんです(汗)

      休場相場となると、動きが分かりにくいですし、
      そもそも市場原理が働きにくいことを考慮せねばならず、
      なんならトレード自体をしない選択肢でも良いくらいです。

      >先生があの場面で利確した理由はやはり動きの遅さや相場状況から判断し安値までは行かないだろうと判断したからなのでしょうか?

      あの場面につきましては、僕がアホだったというのが結論でして
      動画として公開すること自体が間違いだったとお考えください。

      「NY休場」を知ったうえでトレードしたのであれば
      そこをキチンと説明したうえでやらねばいけなかった、というお話です。

      恐縮ながら本件はそれ以上の考察について
      対象外とするのが妥当ですので、
      テクニカルや値動きに関するご相談はお手数ですが
      また別途お願い出来ますと助かります。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 こんにちは! 2度目のコメントをさせて頂きます。

    昨日アップされたyoutube動画を拝見し、
    いたく感動しコメントせずにいられなくなりました(笑)!
    (とはいえ、毎日沢山の長文コメントが入る中、読むのでさえ大変なのに申し訳ございません!丁寧なご返信を下さる先生の優しさ、人柄にとても感動致します。)

    先生が、
    トレードもビジネスもトライ&エラーの繰り返し!
    より良いものへ仕上げていく作業!
    と、仰っていた事がとても胸に刺さりました。

    失敗を、ただの失敗に終わらせては何も変われない。生まれ変われない。
    失敗したら何故失敗したのか?ちゃんと向き合って分析しよう、
    失敗の理由を理解し改良しよう!と、
    今日、初めて自分の失敗した画面をスクショしました。
    これからマイノートを作り、ちゃんとトレード記録を残します。
    自分の弱点、、、いつも負けるところ、同じなのです。いい加減、目を覚まさなければ。
    先生の昨日の動画で、エラーへの対処をちゃんとしようと思いました!
    結果はこれからですが、また御報告させて頂きます。

    PS:私の、今は亡き師匠は、中卒の方でした。学歴なんて本当に関係ないですね!自分がどう生きているか、生きて行きたいのか?を、ちゃんと自身で向き合えている人は、世の中がどうであろうと、自分の考え、言葉をちゃんと持っていて、ぶれる事が無い。こういう人は素敵でかっこいいし尊敬します!
    及川師匠、ありがとうございます!

    • ヨシュア様
      コメントありがとうございます。

      >トレードもビジネスもトライ&エラーの繰り返し!
      より良いものへ仕上げていく作業!
      と、仰っていた事がとても胸に刺さりました。

      ↑そう言っていただけますと話題にした甲斐があったということで
      僕自身救われます^^

      実は公開後、
      「もっと良い表現もあった」
      「もっと言いたいことがあった」など反省点がいくつも生じ、
      ここは次回以降の課題だなと考えていたところなんです。

      >自分の弱点、、、いつも負けるところ、同じなのです。いい加減、目を覚まさなければ。
      先生の昨日の動画で、エラーへの対処をちゃんとしようと思いました!

      ↑勝ち方は数え切れないほどある中、
      「負け方」は多くの人が共通するのがトレードかも知れません。
      もちろん僕もその例外ではなく、です(苦笑)

      負け方が同じであるならば、本来その対応は充分可能ですので
      お互い「上手な負け方」は押さえておきたいものですよね。

      >私の、今は亡き師匠は、中卒の方でした。学歴なんて本当に関係ないですね!

      ↑ほほぉ、なんのジャンルの師匠さんか気になりますが、
      そこは次回以降にでも機会があったら教えてください^^

      僕の高校時代の担任は
      「お前にとって大学は人生考察の猶予期間だからとりあえずどっか入っておけ!」
      気遣いからこのように言ってくれていたものでした。

      けど、僕は貧乏な家でしたので
      「猶予期間」などと悠長なことを考える気分ではなかったんです。

      でもって、とっとと一人暮らしを始めたのですが、
      その後は当ブログの「無一文物語」で示させていただいたとおりの
      よく言えば波乱万丈、早い話がおバカで間抜けな人生へと続くことになりました(苦笑)

      現在、なんとかなっているのが奇跡でして、
      本当に幸運だったと、あらゆる人や社会に感謝している次第です。

      ですので、
      >こういう人は素敵でかっこいいし尊敬します!

      ↑こんな良い感じでもありませんので
      上手に折り合いをつけていただけるとありがたいですね(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。初めてコメントさせていただきます。

    14か月前くらいでしょうか、たまたま暇つぶしで立ち寄ったカフェ併設の本屋さんで、なんとなくで手に取ったガチ速。(FXは数年前にかじった程度だったので本当に奇跡的な出会いだと勝手に思っています!)

    「なるほど!」と心底納得できたFX本に出会ったのは初めてで、そこから及川さんの大ファンです。
    すぐにLINE⇒ブログ⇒Youtube⇒TRIBE⇒デイトレ大百科と夢中になり(もちろんマシンガンハントも)、こんな時勢ですが私にとってはFX勉強にひたすら打ち込むことができ有意義に過ごせた2020年でした。
    本当にありがとうございます。

    おかげさまで最近は月の8割くらいの日を5%増くらいで終えることができています。
    ですがどうしても週に1回ほど「何をやってもダメ」という日が出てきてしまうのが悩みでコメントに至りました。

    私のトレードスタイルは、ポンドル・ポン円のみ/監視通貨としてドル円・ユーロ円をチェック
    欧州スタートから見始めて可能な限り1日1トレードで終わらせる
    損切スタートになってしまったら4トレードくらいまでは許容 としています。

    しっかり待てるようになった今は
    ほとんどの日は1トレード目で5%以上取れるのでその日のトレードは終わりにしています。
    1回目で2%程度しか取れない場合も、1回目が勝てた場合は、その後に損切にあったとしても計4トレードくらいで5%を取れています。

    ですが1回目のトレードが損切となった場合は、なぜかその後に何度やっても損切になってしまいます。
    1回1回の損切は2-3%程度なのに、繰り返しているうちにトータルで10-15%くらいのマイナスになってしまい、もう今日はやめておこう、という流れになります。
    結果的に、4歩進んで3歩下がるような資金推移の状況でとても歯がゆいです。

    最初の見立てが間違っていた場合の頭の切り替えがどうも苦手な様で、ドテンしたら往復ビンタにあい、時間を空けてもう一度期を待ってエントリーしても逆へ・・・とどんどん沼にハマってしまいます。

    先週こうなったのが13日の夕方~でして、他の方のコメントやりとりで「難しい場面だった」と及川さんも回答していらっしゃったので「こういう日があるのは仕方ない」と捉えるべきなのかとも思いましたが、やはり将来的には及川さんのように損切から綺麗に挽回するトレードもしていきたいです。
    損切そしてまた損切、となってしまった場合どの様な思考で次を見ているのか、何かアドバイスがございましたら教えていただけないでしょうか。

    よろしくお願い致します。
    長文失礼しました。

    • ぽぴぺぽ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >たまたま暇つぶしで立ち寄ったカフェ併設の本屋さんで、なんとなくで手に取ったガチ速。
      >「なるほど!」と心底納得できたFX本に出会ったのは初めてで、そこから及川さんの大ファンです。

      ↑それはそれは大変ありがたい評価をいただきありがとうございますm(_ _)m

      >最近は月の8割くらいの日を5%増くらいで終えることができています。
      >ですがどうしても週に1回ほど「何をやってもダメ」という日が出てきてしまうのが悩みでコメントに至りました。

      ↑随分とかっ飛ばしたペースですね^^;;
      若干無茶な部分もあるのかもと思いつつ以下のお話へと・・・

      >1回目で2%程度しか取れない場合も、1回目が勝てた場合は、その後に損切にあったとしても計4トレードくらいで5%を取れています。
      >ですが1回目のトレードが損切となった場合は、なぜかその後に何度やっても損切

      ↑このように傾向がかなりハッキリしているのであれば
      すでに答えはご自身の中にあるような気もします。
      それは言うまでもなく
      「一度めで損切りとなった際はいったん席を外す」などです。

      僕も連敗スタートからのドタバタって結構ありますので
      状況はかなり想像つくんですよね(苦笑)

      正直に言いますと、
      僕は損切りで数回連敗したとしても
      その最中に「最終的に伸びる方向」を検知する作業はかなりしているつもりです。

      それこそ「損切りした流れだからこそ、今からの動きの強弱が分かる」
      このようなイメージです。

      今後、そのあたりの立ち回りも上手になっていかれると想像も出来ますが、
      けど、その前段階で大きなロスになるのもどうかという話ですよね。

      もっというと、
      元来僕のような取り返し方はやはりリスキーでして、
      立ち入らない方が賢明だと、ここも正直なところそう思います。

      僕の場合、YouTube動画を曜日固定でやることに対し、
      かなり意固地になっているって部分がありまして、
      仮に動画が一切ない生活であれば、あそこまで無茶はしないはずなんですよね。。。

      >結果的に、4歩進んで3歩下がるような資金推移の状況でとても歯がゆいです。

      ↑確かにもったいない(汗)

      上述のとおり、僕のような取り戻し方は邪道と割り切り、
      そこは追いかけない!
      そうではなく
      「4歩進んで1歩か2歩下がる」でとどめるように心がける。

      実はこの考え方がもっとも正しい、
      これが僕の偽らざる本音です。

      いかがでしょうか?

      本来トレードなど他人様に見せるものではなく、
      僕も見せない生活だったならば、
      おそらくは
      「4歩進んで1歩か2歩下がる」でとどめる
      このように心掛けつつ日々トレードをしていたはずなんです。

      トレードに損切りは付き物。
      そんな中「大やけどしないことこそがスマートでおしゃれ」
      このような意識で取り組むのが
      実はもっとも心穏やかに資金が増える流れではないでしょうか。

      期待してくださったアンサーとは真逆かも知れませんが
      それでも僕はこのアンサーのほうが絶対意味を持つはず!
      そう信じつつ、書かせていただいてます。

      重要なのでもう一度。。。

      及川のようなド派手な取り返しなど邪道であり無用である。
      もっとも重要なのは「どでかい損失を回避すること」だ。
      それが出来ることで、実はもっとも高速で資金は増やせる。

      僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画楽しみに拝見させて頂いてます。
    及川師匠のトレードを参考にしてトレードでは打診でエントリーし踏まれてからMAや反転しそうなところでポジションを追加してます。
    想定内の逆行であればナンピンしてるという意識ではないのですが、いつしか想定外に到達した場合にポジション数が相当入ってしまってる場合に最後の損切手前の『ナンピン』を撃ち込む際に不安から迷ってしまい1番撃たなければいけない場所でのナンピンをスルーしてしまう事があります。
    この悩みは『適切な追加、適切なナンピン』だと思ってます。
    『ナンピン』については及川師匠の動画でもありました通り損切の手前であり適切な追加はとても難しい課題と思っております。
    資金管理をして20発ぐらい撃てる様なロットで追加、ナンピンしているのでそこまで負けてませんがやはり『損切のルール』と同じ様に『追加のルール』を決めようと模索中です。
    そこで及川師匠はナンピンではなく打診後の追加をするなら数発までとかMA、通貨相関、高安値等目安にされてる追加基準はありますでしょうか?
    長文分かりづらいかもですが宜しくお願い致します。

    • 赤羽のピヨたん様
      コメントありがとうございます。

      >想定内の逆行であればナンピンしてるという意識ではない
      >想定外に到達した場合にポジション数が相当入ってしまってる場合に最後の損切手前の『ナンピン』を撃ち込む際に不安から迷ってしまい1番撃たなければいけない場所でのナンピンをスルーしてしまう

      ↑このあたり、僕の動画が少々目の毒になっているかも知れませんね(汗)
      気をつけないと・・・

      >及川師匠はナンピンではなく打診後の追加をするなら数発までとかMA、通貨相関、高安値等目安にされてる追加基準はありますでしょうか?

      ↑正直なところ「明確な基準」は設けておりません。

      実はその理由が重要だと僕は思っていまして、
      明確な基準があると、リアルタイム進行における雰囲気などを観ずに
      「基準通りに追加する前提」という見方になってしまうことを僕は恐れてしまうんです。

      そうなると一種の思考停止になりかねず、
      そうではなく「相場は生き物」である部分と
      常に「今からやるならどっち?の目線」を外さないことに僕は留意したい、
      その意識を大切に考えている次第です。

      おかしな日本語かも知れませんが
      僕の中では「打診」も二種類あり、

      ・まだ方向性に今一つ自信がない中での打診
      ・方向性に一定の自信がある中での打診

      前者は安易な追加をなるべくしないようにし、
      なんなら損切りからのドテンもイメージしておきます。

      後者はしっかりと追加ポイントと枚数を事前に想定する・・・のですが、
      それでもその後の展開でイメージ通りになっていないならば
      事前に決めた内容も白紙に戻せる柔軟性は常に持っていたいと。

      ただしこれ、
      言うのはカンタンで、実際はそれが出来ず苦労することが少なくないことも
      付け加えさせていただきます(汗)

      『追加のルール』自体を決めておくことに反対はしません。
      ルール自体はあったほうが規律に繋がり、おかしなトレードをしないで済むとも言えますし。

      ただ、可能なら上述の
      常に「今からやるならどっち?の目線」を外さない
      ここも同時に押さえておけると良いはずです。

      いろいろ言ってしまい
      こちらこそ分かりずらくて恐縮ですが
      取り急ぎ僕からは以上とさせていただきます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    ご無沙汰しております。銀色流星群です。
    最近非常に調子が良かったのですが、また自分の負けパターンにはまってしまいました。というのも、ドテンが下手すぎて毎回往復ビンタを食らうのです。
    まず、熱くならないように弾数を抑えているのですが、1度損切りしてしまうと2度目がどうしても切りにくくなってしまい、結果往復ビンタの時にかなり手痛い損切になってしまいます。もっというと、ドテンでの勝率があまりに悪いと申しますか、

    ドテンせずにもう一度同じ方に入りなおそう→ダメだ、やっぱり逆だった!ユロポンを見直してドテンしよう!→今頃になって戻ってきた!損切りするしかない!

    これが僕の中で一番コツコツドカンをやらかしているトレードなのです。
    こうなるとその日のうちにトータルプラ転までもっていくことが非常に困難になってしまい、メンタル崩壊を引き起こしている原因になっています。どう対策してよいか分かりません。何かアドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • 銀色流星群さま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >ドテンが下手すぎて毎回往復ビンタを食らうのです。
      >どう対策してよいか分かりません。

      ↑これは・・・
      もはや「いったんドテンは封印」しかないのでは(汗)

      エントリーの根拠を「1WAY」とし、
      利食いで終えられるか損切りで終了かでまずはいったんケジメをつける、
      例えていうなら「単利のトレードプランのみでやる」です。

      お気づきかも知れませんが、
      最近の僕、YouTube動画でもドテン極端に減っていませんでしょうか?

      ここ、「なんかあってもドテンで対応可能」みたいな感覚を
      多くの人に与えてはいけない、ということで自分なりに結構意識しているんです。

      そのような意識を持つことで
      僕自身のエントリーポイントも以前とは少し変わって来ていると思っていますので
      ぞのあたり、ちょっと気にしつつご覧になってみて欲しいです。

      「ドテンをしても良い」という感覚でやるトレードと、
      「ドテンはしてはダメ!」と決めて行うトレードでは
      エントリーポイントも変わって然りのはずでして、

      おそらく僕はその意識からエントリーポイント自体が変わって来た、
      というか、ドテンも視野のエントリーをなるべくしなくなったのでは?
      そんな風に思っています。

      具体的には上位足のMA形状などから
      方向性に変化がなさそうなモノを選択することが増えたのと、
      逆行した際にも即座にMAが逆転換しなそうな位置をやるなど。

      このような状況のモノを安易にはドテン出来ませんよね。
      なぜならテクニカル的にはまだ転換の確認が出来ない状況ですので。

      このように
      「仮に逆行した際にもドテンの決断を早期にはしにくいモノ」を
      やるようにするのも良いのではないでしょうか。

      それと・・・
      >こうなるとその日のうちにトータルプラ転までもっていくことが非常に困難になってしまい

      ↑こここそが僕の動画の弊害かも知れませんが
      「当日収支プラス」を過度に意識すればするほど
      トレード全体がリスキーになります。

      勝てる時は普通に勝ててらっしゃるはずですので
      時に日ベースの負けは普通にあるもの!
      こっちに思考をシフトしてしまうのが実は一番早いように思いますね(汗)

      週単位でプラスならOK!

      こうするだけでもだいぶ負担のないトレードが出来るのではないでしょうか。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ガチ速FXを購入しました!!
    あと、YouTubeの動画にはある右横のボラティリティを測る緑のバーは何処で入手できますか??
    くだらない質問で申し訳ございません!
    よろしくお願いいたします!!

    • 新米トレーダー様
      コメントありがとうございます。

      >YouTubeの動画にはある右横のボラティリティを測る緑のバーは何処で入手できますか??

      ↑あぁ、アレですね。
      実はアレ、昨年開催した「TRIBE」というコミュニティーに
      ご参加くださった方に向けた特典でお配りしたものなんです。

      開発系については僕は完全なる素人で、
      我々には「ヨン様」というプログラマーがおり、
      その彼が各種バージョンアップをしてくれています。

      「参加特典」でバージョンアップした経緯があるため、
      現時点で無料配布するのは難しいかも知れません(汗)

      ただし、MT4のプログラムに明るい人であれば
      自力で作れるはずでして、
      今後、どなたかがネットに無料で出す可能性は充分あると思います。

      現時点でお役に立てず申し訳ございませんが
      何卒よろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも素晴らしい動画をありがとうございます。久しぶりにコメントさせていただきます。
    この一年、なかなかいい成績を出せず安定して結果を出している(しかもずっと❗️)師匠やリオンちゃん、皆様をすごいなと尊敬しております。
    基本的に私の悪い癖は「コツコツドカン」に集約されるのですが、(あとたまに往復ビンタ…)その矯正を心がけて毎日トレードをしております。
    質問なのですが、師匠は打診で入り本当に入りたいところで入り、損切りラインで倍ポジ、みたいな感じで入っていると思いますが、普通であれば損切りライン超え確定足で全切りし、ドテンか、「ここ」まで来たら同じ方向に入り直していると認識しております。
    もし(個人的によくあり、コツコツドカンの元になっております)損切りラインを超えて一本足で次の入り直しの位置まで価格が走った場合はどうなさいますか?
    もちろん他の通貨の状況もあるでしょうが、基本的な考え方を教えてほしいと思いコメントしました。
    やはり損切りラインを超えているので切るのがいいのでしょうか?
    私はつい、入り直しもここからだし、ここで切りたくないと突っ張り、上手く行く時も多いですが、爆死も度々です。
    わかりづらい文章で恐縮ですが何卒宜しくお願いします。

    • ビビりな特攻隊長さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >損切りラインを超えて一本足で次の入り直しの位置まで価格が走った場合はどうなさいますか?

      ↑これは持ちっぱなしの時の話でしょうか?
      もし持ちっぱなしの時のお話だとしたら、もう少し持ちたくなると思います。
      ただしこれ、動画でもよく話題にしていますが、
      一度上抜けした足の終値か上ヒゲ先にラインを引き、
      そこを抜けたら足の途中でも迷いなく損切りするなどの対応が基本です。
      (このケースではドテンする可能性もかなりあります)

      で、一度損切りしたあとでノーポジ状態だった場合は
      そもそも「同じ通貨ペアで良いのか問題」が僕の中で生じ、
      該当銘柄で良いと判断出来たら入り直すかも知れません。
      その際、他の通貨ペアのほうに旨味を感じたら乗り換えも考慮しますが。

      もしかして文面の読み方を
      僕が間違えている気がしないでもないですね。
      その際はすみません、再度ご質問を投げ直していただけると助かります。

      そんな中、同じ理解のまま総括しますと、
      損切りラインを抜けたあと、再度戻って来るように見せて
      その後伸び直された際って、要するに「トレンドの初動」ですよね。

      ノーポジなら伸びる方向へ入る鉄板に近いパターンです。
      ここらへんをどれだけ客観的に観ることが出来るか?って話ではないですかね。

      もし僕の誤解でアンサーがトンチンカンだったらお詫びします。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん

    いつも楽しく動画、ブログを拝見させて頂いております。
    ご紹介の学生さんすごいですね、、、若いのに数百万をぶち込める胆力が特にすごい、、、
    私もこの方を見習って更に精進をしていきたいと思います。
    さて、Hansさんも書かれている「プラスでしっかり利食いをすることの大事さ」についてご質問をさせて頂いてもよろしいでしょうか?
    この勝ち逃げ精神は私も常に意識しており、一番気をつけているところなのですが、トレードですので逆を行ってしまうことも当然よくあります。そんな時に負けを小さく抑えられたとしても、それを「取り返す」と考えてロットを張ったり、利を伸ばしていこうとしたりして、結局トータルの負けを増やしてしまうことがよくあります。
    私の場合はその日は一旦トレードを終了することで損を確定させて、翌日リフレッシュして再スタートすることにしているのですが、及川さんが動画で負けを取り戻す時のように、その日のトータルをプラスで終えるためにはどのように(どのようなメンタリティで?)立ち回ったらいいでしょうか?
    今のままでもある程度は負けをコントロールできているのでいいのかもしれませんが、できれば微勝ちでもいいのでプラスでその日を終えられるようにしたいなと考えている次第です。
    お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答お願いします。

    • ちゃんたけんす様
      コメントありがとうございます。

      >若いのに数百万をぶち込める胆力が特にすごい

      ↑確かにそうですね^^;;
      僕の21歳時を思い出すと、あまりの違いに言葉もありません(苦笑)

      >私の場合はその日は一旦トレードを終了することで損を確定させて、翌日リフレッシュして再スタートすることにしている

      ↑先に結論めいたお話からさせていただきますと
      これこそが正解だと思います。
      直近のコメント欄でも「日ベース収支プラス」にこだわることで
      結果大きな負けになっているってご相談多いですし。

      >その日のトータルをプラスで終えるためにはどのように(どのようなメンタリティで?)立ち回ったらいいでしょうか?

      ↑僕の場合は、
      動きの出やすい時間帯において
      必ずなんらかの通貨ペアがしっかり伸びる、という前提で見てまして、
      損切りが連続した際にその原因が「伸び不発」だった場合は
      その後、どこかで生じるであろう「伸び」に乗ることを考えつつ挑むイメージでやっています。

      自分のポジションが伸び不発だった場合、
      1.仕掛けが早かった
      2.伸びる主役の選択が間違えだった

      このどちらかであることが多く、
      そのいずれであるかを見極めるのと
      銘柄違いだった場合、そんじゃどれか?という見方をしています。

      これってつまり
      「損失を取り戻すこと」に注力をしているようで
      ある意味「本来伸びるモノを適正なタイミングで入り直す」という行為を優先させるイメージなんです。

      もちろん損失を埋めたい意向もありますが
      そっちを優先させてしまうと、さらなる深みに陥る可能性が高い気がします。

      なんかカッコつけた話でもあるわけですが、
      けど、外せない考え方であるのは確かだと思っています。

      正直に白状しますと、
      必ずしもそうではなく必死にやってしまうこともある、
      ここを付け加えつつ本件のアンサーとさせていただきます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。碧です。
    何回もコメントさせていただき、及川先生にアドバイスをもらい、改善しながらやっているんですが、いまだに勝てません。NY時間しか出来ず、緑線か一時間足に来てからやれ!というアドバイスを受け入れ、やろうと思うのですが、ブレイクを確認してから待つもそこまで来ずそのまま進行。かたや、確認後一本だけ入り、来たら入ろうと思いファーストタッチでエントリーするも、次はそのまま逆行して吹き上げ負ける。毎月100から200pips負けていて、勝ったことがありません。以前はデモだったら勝ててたのにそれすらも勝てなくなりました。毎日取れても5pips良くて10pipsです。なので口座も増えるわけなく、溶かしてしまう。エントリーもなぁなぁで入ってはおらずしっかりと相関パズルを確認してエントリーすると、すぐにパズルが逆になり損切り。そして、少し経つとまた戻り予想通りになる。それを信じても逆に行く。何を信じて何を見ていいか分からなくなってきました。専業にしたいと考えているのですが、どうしたらよいか分からずコメントさせていただきました。先生に関しては無理難題だと思いますが、本気なのでよろしくお願いいたします。
    もし先生の勉強会みたいなものがあるなら参加したいです。

    • 碧さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >毎月100から200pips負けていて、勝ったことがありません。

      ↑全文拝見しましたが、
      あまりにも逆が多そうなのでもはやいくつかのトレード事例を
      見せてもらわないと原因が分からないですね。

      明らかに何かポイントがズレているはずです。

      あまりに多いと確認も出来ませんが
      直近の2~3トレードの
      1.通貨ペア
      2.エントリー時間
      3.決済時間

      こちらをお教えいただけますでしょうか?
      ちょっと確認してみます。

      ただし、この手の確認を多くの方々から送られてしまいますと
      時間的にとても対応出来ませんので
      取り急ぎ今回限りでお願いいたします。

      それでは。

  • 及川師匠 
    大変遅くなりましたが、2021年あけましておめでとうございます。
    そして、今年もよろしくお願いいたします。

    突然ですが、
    及川師匠はもちろんのこと、この記事の方もそうであろう、記事を読んでる方の中にもFXに限らず何か「ビジネス」(ジャンル固定)で成功されてる方への質問です。

    突拍子のない質問ですので先にお詫びいたします。

    まさに「これだ!」「この方法だ!」「こうすれば間違いなく成功をつかめる!」
    などといった、成功をつかむ時の流れというのはどのような時、タイミングだったのでしょうか?
    FXに限らずだと思いますが、度々動画でもお話しされている「成長曲線」がブレイクする(した)時の感想を良ければ思い出してお聞かせいただきたいです。

    師匠がたまにおっしゃる「FXごとき」「所詮FX」のお言葉に衝撃を受けました。(いい意味です)
    実際、私も同感です。人生を豊かにしてくれるであろうツールにしか過ぎないと思います。

    ただ、「所詮FX」をツールとして上手く使いこなせていない自分に行き詰っています。
    そもそも「成長曲線」に個人差が出て当たり前のお話だということは重々理解していますが、無一文物語でもあるような波乱万丈の人生を謳歌されている及川師匠のお話にはとても興味があります。

    宜しくお願いいたします。

    • 鹿人さま
      コメントありがとうございます。
      こちらこそ引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

      >まさに「これだ!」「この方法だ!」「こうすれば間違いなく成功をつかめる!」
      などといった、成功をつかむ時の流れというのはどのような時、タイミングだったのでしょうか?

      ↑おそらくですが、これって相場の値動きと似ている気がします。

      世間的には大きな変化とは観られていない中、
      また、決して「大きな成果」ではないものの
      けど自分では「それなりの手応え」を感じる。。。

      この時点では「確信」ではないが、
      それでも継続する価値は充分あるので継続するうちに
      気付けば「大きな成果」になっていた、みたいな。

      つまり「これさえすれば絶対に成功出来る!」をその時点で確信できることなど
      おそらくないのではないかなと。

      相場は「疑念の中から生まれる」と良く言いますが
      まさにそれと同じではないかと思う次第です。

      「あれ?もしかしたらこれでイケるのかも??」
      あとから見たらあそこが分岐点だったと思う時点であっても
      その時リアルタイムで感じているのはこのような感じだったように思います。

      >「成長曲線」がブレイクする(した)時の感想を良ければ思い出してお聞かせいただきたいです。

      ↑ここについても基本、上述の通りです。
      「成功を確信」なんてものは、かなり先に進んだ時点で初めて実感するもので
      逆に言いますと、ちょっとくらいの伸び時点でそう感じるようでは
      その先の伸びは知れてるのではないか?
      なぜなら「成功を実感した時点」で人の急成長は止まると思うからです。

      例えば東京ドームでのライブを夢見るミュージシャン(バンド)がいたとします。
      そのバンドがZEPP東京で2000人動員したライブまでたどり着いた際、
      「俺たちってもしかしたら良い流れに乗りつつあるのかも?」と思い、
      油断なくさらなる進化を目指すのか?

      それとも
      「俺たちってそこそこ成功出来た部類に来たよね」と思うのか。

      後者のバンドはそこで頭打ちになりやすいと僕は思うんですよね。

      つまり、リアルタイム進行中に成功を実感するなんてことは
      そうそうない、というかあってはいけないと思う次第です。
      なぜなら「実感」した時点でその歩みの勢いが止まるからです。

      「まだまだ」
      「油断していたらいつ足元をすくわれるか分からない」

      可能な限り、このような思考でチャレンジを続け、
      ある日気付いた時に「あぁ、オレ、ここまで来れたんだ」
      これがご本人が望む高いレベルの成功へ到達するパターンのように思います。
      少なくとも僕はそんな感じでしたね。
      (僕が「成功」しているかは別問題ですが・汗)

      あくまで僕自身の振り返りをもとにしたアンサーです。
      上手にお聴きください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、コメント失礼します。

    この文章を読んでいて気になったのは、この方が「口座の凍結を食らった」というとこです。

    実は自分はAxioryに口座を作って実弾を去年の7月に入れたきり、トレードの技術が納得行くまではデモ口座で練習を重ね、納得が行くまで実弾に手は付けまいと手付かずにしているのですが突如この放置してある実弾口座が心配になってきました。

    口座が凍結なんて事があるんですか?
    また、それはどういったときに起こるんですか?

    • 近江の戦闘妖精さま
      コメントありがとうございます。

      >口座が凍結なんて事があるんですか?

      ↑ご本人から詳しく聞いていないので詳細は不明ですが
      おそらく「一気に勝ちすぎて凍結」というパターンだと思います。

      近年は聞かなくなりましたが
      昔はユーザーが勝ちまくると口座凍結させる、なんてケースは普通にあったものでした。
      名前は言いませんが、国内の某大手も昔は平気で口座凍結していましたね。

      けど、それは10年以上も昔の話で
      いまだにこれをやる業者があるのは僕も驚いています。
      ※ただし・・・どの業者かは大体想像ついていますが。

      近年、こんな暴挙をする業者はそうそうありませんで
      特に現在口座をお持ちの業者がそれをやることもないはずです。

      あくまで「ある特定のヒドい業者」の話だと思います。

      ※本来なら業者名も挙げたいところなんですが
      証拠をこちらで出せない関係で僕の方からはご勘弁ください。
      ネットで検索すると、「おそらくここ」という業者名は推察できると思います。
      もともと評判の悪い業者なので。

      取り急ぎ以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。

    1月20日(水)21時過ぎからポンド円とポンドドルをロングで取り引きをしました。
    結果を先に言うと、この日はガツンとやられてしまいました。

    この日の通過の強弱は、オージーが1番強く、次にポンド→円→ドル→ユーロでした。

    ロングを入ったところは上向きの75MAと1HMAタッチてエントリーをしました。
    エントリーをしたところはポンドの深押しで、エントリーをしたところはそんなに悪くないと自分では思っています。
    しかし、エントリーした後MAを嘲笑うかの如く下に突き抜け、戻しという戻しもなく1HMAも下抜けしてしまいました…

    この日ポンドは結構強かったので方向的にも上に戻すと思い絶えていたのですが、強かったポンドはNY時間では戻すことなく思いっきり売り込まれてしまい、結果大きめの損切りとなってしまいました。

    トレードをしていて思うのですが、及川さん達プロの方がエントリーした時、今回の用に全くMAが機能せず一方的に逆に行く相場の場合、一体どのような考え方をして、どのように立ち回るのでしょうか?
    また、今回僕は最初に書いた条件からポンドの押し目をロングという選択を行いましたが、そもそもここでロングのエントリーをすること自体が間違いでしょうか?

    大変恐縮ですが、ご返信いただけると幸いです。

    • しょーさん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >1月20日(水)21時過ぎからポンド円とポンドドルをロングで取り引きをしました。
      結果を先に言うと、この日はガツンとやられてしまいました。

      ↑おっと・・・
      僕がYouTube動画をやっていたまさに同じタイミングのようですね(汗)

      僕がショートで攻めることにした理由につきましては
      動画内で詳しく解説していますので、まずはそちらをご確認お願いいたします。

      一言でいいますと、
      僕個人は「ポンドはもう上げられない」という感覚でいまして、
      ゆえに逆行1時間足MAからのロングは見送った次第です。

      ただし、僕のショートは最初少し踏まれていましたので
      スキャルピングであればロングでも少しは取れたかも知れません。
      けど「取れても少し、逃げ遅れるとむしろ大変」の意識のほうが強かったという感覚でした。

      >そもそもここでロングのエントリーをすること自体が間違いでしょうか?

      ↑上記のようにスキャルであればロングでも多少は取れた可能性もありますが
      黄緑線はすでに下向きだったため、僕は上位足の状況も確認した次第です。

      あ、それと、夜間のトレード動画で公開は翌朝と決めていたため、
      「時間をかけてじっくり保有可能」だったことも、
      上位足確認からのショート選択と出来た理由となりました。

      同じタイミングでの動画ですので
      ぜひとも内容をご確認いただきたいと思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。先日及川先生がブログで書いていた21歳のHansさんのブログで、fxismでもオススメしているXM他、TitanFX, Gemforexのことをカス業者、闇ブローカーなどと書かれているのですが、何か問題があるのでしょうか?あるとすればどのような問題があるのでしょうか?不安になったので及川先生や運営事務局の方の見解を伺いたいです。
    hansさんのブログ
    https://note.com/hanss/n/nba1e96d60da1

    よろしくお願いいたします。

    • 匿名さま
      コメントありがとうございます。

      >21歳のHansさんのブログで、fxismでもオススメしているXM他、TitanFX, Gemforexのことをカス業者、闇ブローカーなどと書かれているのですが、何か問題があるのでしょうか?

      ↑彼がどのような主旨で書かれているのかを僕は知りませんので
      詳細についてはなんとも申し上げられません。
      直接お聞きくださるのが間違いないと思います。

      あくまで推測込みでお話をしますと、
      彼のメールに「勝ちすぎて一度口座凍結を食らった」旨の記述がありまして、
      おそらく上記いずれかの業者だったのではないかなと。

      ※正直に言うとどこかの想像はついていますが
      僕が実際に証拠を握っているわけではないので名前はご勘弁ください。

      で、その該当業者以外に名前を挙げてらっしゃる業者については
      システムやユーザビリティの部分でよろしくない、という主旨ではないかと推察します。

      繰り返しになりますが、これはあくまで僕の推察でして
      彼の本意について、僕では分かりかねます。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。
    今年も宜しくお願いします。

    またまた凄いトレーダーさんが登場しましたね。自分も良い報告ができるように頑張ろうと勇気をもらえます。とともにHansさんのように勝っているトレーダーさんをブログ内で紹介して下さってありがとうございます。HansさんのTwitterなどを見てもたいへん勉強になります。勝っているトレーダーさんは自分なりのロジックがあるんだなと改めて思いました。

    1つ質問したいのですがHansさんのやっているマーチンゲールのトレードなのですが及川先生も損切りスタートの時は倍入れてまた負けたら倍入れてと1勝2敗でも勝って終わられている時のlotの入れ方が絶妙だといつも見ていて思うのですがその時のlotの加減は長年の経験によるものなのでしょうか?
    マーチンゲールに詳しくないので解説して頂けたら幸いです。

    年末のミスチル最高でした!!また機会があったら楽しみにしてます♪
    最新のアルバムも最高ですね。

    今後もブログや動画を楽しみにしております。

    • チャートラブさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >HansさんのTwitterなどを見てもたいへん勉強になります。勝っているトレーダーさんは自分なりのロジックがあるんだなと改めて思いました。

      ↑僕は詳細を確認していないのでなんとも言えませんが
      「自分なりのやり方」特に「自分で導き出したやり方」の意味は大きいでしょうね。
      なぜなら、それがあることで日々の微調整などもやりやすいでしょうから。

      >その時のlotの加減は長年の経験によるものなのでしょうか?

      ↑ここは説明難しいところですね。
      なんでもかんでもマーチンゲールで対応ではないですし。。。

      他の方のアンサーでも触れていますが
      僕は「動きのある時間はどれかがいつか必ずしっかり動く」
      このような前提で考えていまして。

      損切りが動きのないレンジ由来による場合であれば
      「そんじゃこのあとますます何かが動く」
      「で、そいつには乗りたい」
      このような意識でイケそうな銘柄とそのタイミングを計り、
      実際にイケると判断した際にぶっこむ!みたいな流れなんです。

      ここを外したまま、ただロットを上げるでは危険極まりないと思います。

      あくまで順番は上述した部分を優先、という話ですので
      くれぐれも誤解なきようお願いしたいですね(汗)

      >年末のミスチル最高でした!!また機会があったら楽しみにしてます♪
      最新のアルバムも最高ですね。

      ↑ありがとうございますm(_ _)m

      実は最新アルバムはまだ入手していません。
      というか、発売自体知らなかったという・・・(汗)

      僕は小林武史さんが抜けたあたりから
      少しだけ直近の楽曲への興味が薄れつつありましてね。
      今でも毎日運動中に歌っていますが、
      前作のアルバムも全体的にそこまで好きではないんです。

      ま、それでも近日入手はしますので
      機会があったらその話題でも盛り上がりたいですね♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、ぱんだと申します。
    FX歴は約4ヶ月で、今月頭から先生の書籍や動画での学習を始め、通貨の強弱性•シンクロ度合い•時間帯•リスクリワード•チャート形状が軸となる部分だと理解しておりますが、勝ったり負けたりの繰り返しです。

    質問させていただきたいのですが、通貨の強弱を意識しているときに例えばユーロ強 / ドル弱だとしてユーロドル買いしたいところですが、ユロポンを見ると天井らしきものが見えており、ユーロが弱くなるorポンドがこれから強くなりそうだと思い、更にドル円も底が見えてきたから逆張りが入ってきたりしてそろそろドルが上目線に切り替わるのではないかと考えたりしていると、そういったことが頻繁に起こるためエントリーが難しく、入りたい通貨で順張りだと信じていても中々流れに乗るのに億劫になってしまい、躊躇いが出てしまいます。
    纏めますと、監視通貨の目線切り替わりを考えすぎているあまりに、本命通貨の方向がすぐ変わってしまうのではないかと、チャンスに見えても目線が定まりません。

    またユロポンが暴落したとして、ユーロ銘柄が下がっていたためユーロが極端に弱いと思っていたのに、気が付いたら(ユロポン暴落は続いているにも関わらず)ユーロ銘柄は下げ止まり、代わりにポンド銘柄が強くなっているといった現象もあり、よくわからなくなってしまいます。

    時間帯や臨機応変にすぐ対応できれば良いのでしょうが、中々器用にできないところがあります。

    普段大変お忙しい所恐縮ですが、もしお時間ありましたらで結構ですので、何かお言葉いただくことはできますでしょうか?(><)

    • 及川様
      お忙しい中大変丁寧にご返信いただきありがとうございます。
      おっしゃる通り比重を「主」に向けて相場を見てみるよう心掛けてみます。
      過去動画を見返していても、「好みの女性からまずは見つける」という例えが凄くわかりやすく思えました!(笑)
      今後ともよろしくお願いいたします。
      ぱんだ

    • ぱんだ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      コメント全文拝見いたしました。
      お悩みの主旨、僕なりにですがかなり理解出来ているつもりです。

      そんな中、早速ですが・・・

      まず、僕のやり方を言葉で表現しますと
      「時間帯や通貨相関などを加味して実践するテクニカル手法」
      ざっくり言うとこのようになろうかと思います。

      テクニカル手法とは基本的には「個別チャート形状」から判断していくやり方でして
      言うならばこれが『主』です。

      で、それ以外の時間帯管理や、通貨の相関や強弱関係、
      さらにはシリーズ揃いで動くモノは伸びやすい、などなど
      これらが『従』となります。

      本件のお悩みは『従』を気にし過ぎて『主』への判断がブレやすい、
      そのようなお話のように思いました。
      合ってますでしょうか?

      現状もし、そのような状況であったとするなら、
      判断の比重をもう少し「主側」に引き上げてみると良いかなと想像します。

      僕も常に「従」を意識しつつトレードはしますが、
      けど、実際にエントリーする際の決定的判断は「個別チャート形状」から行っています。

      エントリー後につきましても、基本姿勢は同じで良いと思いますが、
      ただし「状況の変化」には留意されると良いはずです。

      5分足チャートでのちょっとした上下の値動きに極端に翻弄されてしまうことで
      もったいない結果になるケースも多かったのではないでしょうか。

      まとめますと、
      「従」の確認をしつつあくまで主体は「主」である、という話になります。

      そうしてやって行く中、
      損切りのトレードも生じると思いますが、
      その損失トレードの際、保有中に「従」にどのような変化があったかを

        よく覚えておくことで、
        「あぁ、こういう展開になると勝ちにくいんだな」みたいな
        次回以降に活かせる経験となるよう心掛けることで
        どんどんデイトレの判断力は向上出来るはずです。

        本件、取り急ぎ僕からは以上です。
        今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    こんばんは。
    名古屋のしんのすけです。

    ブログのご回答、そしてYouTubeにピックアップして深堀りまでして頂きありがとうございました。

    僕の弾数の増える理由は戻り売り(押し目買い)で戻るまで待てないのが理由でした。
    抜けたら戻ってくる気がしなくて飛び乗ってしまい戻される。
    戻されてる間にナンピンしまくっていつの間にか……って感じです。

    師匠からのご回答を頂いてから飛び乗り禁止を掲げて『戻るまで待つ』『戻らなかったら仕方ない』と割り切ってエントリーを精度を高めて行きたいと思います。

    僕も野球好きで高校球児でしたので野球に例えさせて頂くと今まではピッチャーが投げた球を全部打ちに行こうとしていた気がします。
    今後はストライゾーンのみ打ちに行こうと思います。
    欲を言えば好球必打ですね!
    まだそこまでできるかはわかりませんがそこに近づけるように頑張ります。

    分割エントリーも少し頭を使ってどのような形で追加していけばいいのか研究していきます。

    またご報告のコメントさせていただきます。
    ご多忙の中ありがとうございました。

    • しんのすけ様
      あらためまして
      このたびは動画で紹介させていただきありがとうございました。

      >飛び乗り禁止を掲げて『戻るまで待つ』『戻らなかったら仕方ない』と割り切ってエントリーを精度を高めて行きたいと思います。

      ↑「待つ」されど「行く時は躊躇なく行く」
      このへんのメリハリについてもテーマのひとつに置いてみて欲しいと思います^^

      >僕も野球好きで高校球児
      >今後はストライゾーンのみ打ちに行こうと思います。
      欲を言えば好球必打ですね!

      ↑そうでしたか、高校球児。
      ここはたまたまでしたけど、まぁ良かったです(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 以前投稿させてもらった武田と申します。

    現在も及川さんの利用会社はビックボスかと思います。
    僕もビックボスを使っています。

    先日、ビックボスから2月18日よりレバ規制をするという通達がきました。
    口座残高に比例して規制がかかるというもので1000万以上は100倍という内容です。

    僕は1000万につき10ロット数発、ナンピン前提のトレードをしています。
    2000万なら20ロット数発という感じの可変ロットでだいたい二通貨同時にエントリーします。
    及川式がベースなのでだいたい似てるやり方だと思います。

    今まで資金管理をレバレッジで考えたことがなくやっておりまして、
    555倍から100倍に落とされたら今までのトレードができるのかと疑問になりました。

    そこでデモで1000万の口座を作りレバを100倍にして検証してみました。
    結果、無理でした。いつもならここでも余裕で足すという局面で証拠金が足りなくなりました。
    本当にレバ規制があるなら、時短目的のナンピンをやめて保有時間、利食い目標を伸ばす等やり方を変えないといけません。今更やり方を変えるのは非常に億劫です。かといって5倍の証拠金を入れるのも心理的に嫌です。

    しかし、このコメント欄もそうですが、ネット上でもビックボスのレバ規制に触れている方がいません。この通達は僕だけなのかと思ってしまうくらいです。

    そこで僕より多い資金量でトレードされている及川さんに質問です。

    ①及川さんにもこの通達はきていますか?(及川さんはVIPだから適用除外等の特例がある可能性があることは想像しています。)
    ②来ていたとして100倍適用されたら及川さんはやり方を変えますか?又は5倍の証拠金を入れますか?
    ③適用されるくらいなら会社を変えるという選択をされるなら、どこかいい会社はありますか?

    お手数ですがよろしくご返答下さい。

    • 武田さま
      コメントありがとうございます。

      >僕は1000万につき10ロット数発、ナンピン前提のトレード

      ↑僕も普段はレバレッジを気にしていませんが、
      国内業者を使っていた時には、そういえば証拠金率を睨みながらやっていた記憶です。

      ちなみに、国内レバが25倍に規制された直後も
      国内業者の一部では法人口座ならレバ100倍という時期がありまして、
      その時期は3000万円に対し1ショット10ロットでやっていた記憶です。
      (昔のYouTube動画で実演しているモノが残っているはずです)

      3000万に対し1ショット10ロットということは
      本件のテーマに置き換えるとレバ300倍相当だと思います。
      僕はこれで充分ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

      つまり5倍の資金を入れる必要まではなく、
      せいぜい3倍、
      さらには500万~1000万未満では200倍だったと思いますので
      この資金間で得た利益に対し、ロットを引き上げないことで
      ほぼ対応可能ではないかと想像します。

      それと一点追記させていただきますと、
      僕は現在1ショット30ロットでやっていますが、
      理論的にはこれ、3000万円で実践可能だったことになる中、
      けど多くの方はこのあたりの資金量になった時点で
      ロット引き上げのスピードを落とすように思います。

      落とす、というよりは
      含み益&含み損に耐えられない、が実際のところかと思う次第です。
      (ここは実際にその立場のご経験をされた際におそらく感じるのではないかなと)

      >>デモで1000万の口座を作りレバを100倍にして検証してみました。
      結果、無理でした。

      ↑このお話からしますと、
      現状はまだ1000万以上ではないわけですかね?
      もしそうだとしたなら、上記のような手順で対応可能ですし、
      実際問題として、そのあたりからロット引き上げペースを少し落とすくらいで良いのではないでしょうか。

      参考までに僕は30ロットを上限にしていますが、
      口座には1億前後常に入れている感じでやってます。
      (レバ規制以前からです)

      小資金から成り上がるためにハイレバをフル活用することに
      僕自身異論はありませんが、
      そのペースのままいつまでもやるのは、逆にあまりオススメしたくないです。

      >①及川さんにもこの通達はきていますか?(及川さんはVIPだから適用除外等の特例がある可能性があることは想像しています。)

      ↑はい、もちろん届いていますし、了解もしています。

      >②来ていたとして100倍適用されたら及川さんはやり方を変えますか?又は5倍の証拠金を入れますか?

      ↑こちらは上述のとおり、近年は元々多めに入れてますので特段の対応はしない予定です。

      >③適用されるくらいなら会社を変えるという選択をされるなら、どこかいい会社はありますか?

      ↑現状だとビッグボスは僕にとって一番信頼出来る業者でして、
      他に変える予定は現時点ではありません。

      というのも、レバ規制よりももっと大きな問題は
      「出金がちゃんと出来るか?」でして。。。
      上記、特にビッグボスについてはこの部分で圧倒的に信頼しています。

      ですのでレバの問題だけで業者変更することはないですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもyou yubedeでトレードを拝見させてとても勉強させていただきまして有難うございます。この度及川先生が愛用されえていますBigBossがレバレッジを変更されるとのことで、もうご存じかもしれませんが・・・下記参照
    【変更日】
    2021年2月18日(水) 7:05~(日本時間)
    【レバレッジ設定】
    口座残高に比例してレバレッジが変動
    ◆USD口座
    口座残高   レバレッジ
    5万ドル未満 :555倍
    5万ドル以上 :200倍
    10万ドル以上:100倍
    ◆JPY口座
    口座残高   レバレッジ
    500万円未満 :555倍
    500万円以上 :200倍
    1000万円以上:100倍

    とのことで、私自身億トレーダーを目指すものとして非常に気持ち的に沈んでいる状況ですが、このレバレッジでも億トレーダーが(1年間に)目指せるのでしょうか??

    真剣に悩んでいますので、及川先生のご意見をお聞かせ願えないでしょうか?

    • 口ひげ様
      コメントありがとうございます。

      ビッグボスのレバ変更の件、
      ちょうどひとつ上で頂戴したコメント返信にて
      僕の考えを詳しくお伝えさせていただいたところです。

      恐れ入りますが、そちらをまずはご覧いただけますでしょうか?

      >このレバレッジでも億トレーダーが(1年間に)目指せるのでしょうか??

      ↑こちらも上記で話題にしていますが、
      例えばレバ500倍をフル活用したまま億まで到達させようとするのは
      僕からすると逆にかなりリスキーだと思いますよ。

      小資金からある程度まで一気にのし上がるために
      ハイレバをフル活用することには基本賛成しますが、
      ただしこれ、トラブった際に一気に振り出しに戻されるリスクもかなり生じますので
      1000万超えあたりからロット引き上げペースを少し落ち着いたモノにしていくことについては
      むしろそっちを推奨したいくらいです。

      ですので本件、
      僕は悲観すべき変更ではない、との立場でして、
      むしろ投資家保護の観点から「アリ」ではないかと考えています。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。はじめまして。
    私は、及川さんのことは存じておりましたが、YouTube見ても、なんのこっちゃわからなかって、チャート画面も一見ごちゃごちゃしてて、見にくく、及川さん独自のものだったのであまりきちんと見てませんでした。
    及川さんの本も、その辺のうんちくFX本だと思ってました。でも、このコロナ自粛で自分の腕を上げるべく、沢山の本を買い、読みました。及川さんのも買ってみました。
    私は、フィボナッチやMAは日本、あとは水平線、スキャ、を使ったトレードをしてました。コツコツドカンと負けていました。
    理由は、なぜ今一旦落ちて、なぜ一旦上がったのか、これはどこまで伸びるのか、と不安になりレンジや少しトレンドがぐらつくとポジポジするから膠着場面でドカンと負けてるのです。そして、ノートパソコンでやってるので、4時間足や1時間のチャートを画面切り替えでガチャガチャやるからわけわからなくなってどんどん負けます。さっきまで何倍もの利益があっても、負けると一瞬で元の軍資金に戻り、諦めてしばらくトレードできなくなります。
    及川さんの本で、きちんと学んで、MAの大切さを知り、虎視眈々と待つ、それを学びました。
    どこまで落ちるか、どこまで伸びて戻そうとしてるか、MAをマルチタイムで表示でよくわかりました。
    なのでガチャガチャやらなくなり、これから成長できそうです。
    だらしない私は、今後、時間や、ルール、それを守るメンタルを磨こうと思います。私は自分から閃くことは頭が悪いのでできません。でも、人から学んだことを覚えて生かす事は得意だと思います。たくさん読み返して、自分のものにしていこうと思います。
    本当にありがとうございました。

    • 田村さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      僕に対する当初の所感、、、
      多くの人がそんな感じだと思いますので至って普通の感覚かと思います(笑)

      >どこまで落ちるか、どこまで伸びて戻そうとしてるか、MAをマルチタイムで表示でよくわかりました。
      >人から学んだことを覚えて生かす事は得意だと思います。

      ↑すでにある程度深いところまでご理解が進んでいるかも知れませんね。
      今後が楽しみです^^

      僕のYouTube動画、
      バタバタとお見苦しい回もありますが
      基本的には「補講動画」でありたい、そう願いつつ継続しています。

      反面教師的な動画も今後たくさん生じるかも知れませんが
      それも含め、実際にご自身が取り組むトレードに対し、
      参考になるべき部分などありましたら活かしていただきたい、
      そのように願っております。

      このたびはご丁寧にありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠 いつも有意義な動画をありがとうございます。
    はじめてコメントさせていただきます。

    トレードを9月の終わり頃から初めて、ようやく12月から勝てることが増えてきました。
    ですが、12月も7万円からスタートし、60万円まで増えたところでドカン負けをしてしまい、今月また5万円から最スタートしています。

    【トレードルール】GBPUSD(5M足)のみ
    12月・・・5分足200MAにエンベロープを入れて逆張り
         偏差0.2 0.3 0.4 0.5 各1ポジションずつ
         0.2のポジションがプラスになるか、トレード時間が長引けばトータルプラスで決済。
         0.5のポジションが10pips逆行されたら損切。
    →このルールだと日単位での勝率は70%ありましたが大きな損切が発生したことと、トレード時間が伸びるにつれてポジションが不利になっていく為、ダメでした。(長いトレンドに弱い)
    1月・・・12月の逆をしてみることにしました。
         崩れてから戻ったところから1ポジション、その後は水平線や偏差をラインで追加。
         200MAの偏差0.5と天才チャート長期足平均線、意識される水平線を目安に決済。または複数ポジションになった場合は初めのポジションがプラスになった時点で決済。
         また、EURGBP、GBPJPY、USDJPYと長期足の動きを見て決済
         200MA割り直しか時間で損切。
    →このルールでも日単位での勝率は今のところ70%以上ありますが決済するルールが自分の感覚(主観)に偏っているような気がして不安です。ルールとして決め切れていないような気がしています。lotを落としたため増えるペースは12月程ではありませんが現在は11万円まで何とか増やしてきています。

    私の中で、ドカン負けをすることが最も嫌いなため、含み益が含み損に替わってポジションを増やした場合にどうしても薄利逃げしてしまいます。
    薄利逃げする日が続くと一度の損切で数日分の利益が飛び、結果ドカン負けにつながるのではないかと思います。

    損小利大のトレードになるようなアドバイスがあれば御教授いただきたいです。

    • RYOさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >12月も7万円からスタートし、60万円まで増えたところでドカン負けをしてしまい、今月また5万円から最スタート

      ↑こちら7万→60万のペースが凄すぎですね(汗)
      勝てている最中にはなかなか指摘しにくいですが、
      含み損をかなり耐え切るパターンなのかなと想像します。
      これ、僕は「スピード違反」とよく表現するのですが、
      このあたりを踏まえて以下に進みますね。

      後半のルールに対し、

      >勝率は今のところ70%以上ありますが決済するルールが自分の感覚(主観)に偏っているような気がして不安です。
      >ルールとして決め切れていないような気がしています。

      ↑ここ、世間からは異論反論あるのを承知で言いますと
      僕はすべてを画一的なルール化させるのはむしろ反対という考えなんです。
      一番の理由は「相場は生き物」だと思っている部分。

      僕はよくトレードを恋愛に例えますが
      同じようなシチュエーションであっても
      そもそも「彼女のご機嫌」がその日その日で異なるわけでして(苦笑)

      具体的には
      「基本的なルールはあって良い中、例えばイメージ通りの時間で伸びて来ないので気持ち悪いから早めに撤退」
      このように「時間的概念による強弱感」それと申し訳ないですが「感覚」も僕は相応に重視しちゃうんです。

      例えば、僕の中で案外多いパターンとして
      「基本ルールに沿ったポジションがまるでイメージ通りに動かない中で逆行したやつは逆側にメッチャ伸びる」
      これを逆に乗り換えた時の利益は早いしデカいです。

      けど、これをルールとして定義するのはなかなか難しいんですよね。
      あくまで経験からの裁量判断の領域ですので。

      かように僕は、
      「感覚を磨くこと」こそが重要だと考えるのですが、
      これをすべての人に言って良いのかは正直迷います。
      カッチリとルールを決めた方が自己管理、メンタル管理も容易という人は
      実際かなり多いとも想像しますし。

      >lotを落としたため増えるペースは12月程ではありませんが現在は11万円まで何とか増やしてきています。

      ↑この数字がもし、さほど無茶なく出来ているというなら
      僕は充分これでOKではないかと思うのですが^^;;

      >損小利大のトレードになるようなアドバイスがあれば御教授いただきたいです。

      ↑ここなんですが
      追加ポジションをたくさん入れた際、
      2つのパターンに分類管理するイメージをご提案したいです。

      1.損切りラインで最終追加した場合などの
      いわゆる「ピンチからの脱出」パターン

      2.打診は少し早めに入れ、予定通りの追加で増し玉したパターン

      前者は僕もチャラ以上でいったん逃げることが多く、
      後者はそこそこ伸ばせます。
      (動画では失敗を恐れ慎重になりがちですが^^;;)

      また、大きな含み損からのチャラ逃げはするものの、
      その時点で保有方向側に伸びる期待が持てるとその時点で再度判断をし直した際には
      スプレッドはロスするものの、再度通常ロットで入り直す、なんてことも僕はよくやっています。

      少々曖昧な表現で恐縮ですが、
      僕は複数ポジの際、「想定内」的な感覚の時と
      「ちょっと入れすぎだなぁ」的な感覚の時と大きく2パターンありまして
      後者の時はプラ転で一度逃げる、あるいはポジションを軽くしたい意向が強く働きます。

      ここは世間で言うところの厳密なルールではないわけですが、
      けど、「自分のメンタルをなるべく常に平常な状態で保つべし!」
      これは僕にとってのある意味「ルール」なんです。

      もう少し技術的な話を続けますと、
      利食いも分割でやっていく、という模索も良いように思います。

      例えばマイナスからのプラ転でポジションを軽くし、
      残りをがんばって継続した際に一定の利益が乗った時点で
      チャラ付近にストップを置き、残りを放置などです。

      ちなみにこれを書いているのは24日朝ですが、
      23日に、たまたまシンガポール在住のTRIBEメンバーが億超えしたことをお祝いし、
      食事をしました。

      その彼が上記に近いやり方をしていまして、
      一部会話を録音したモノを近日YouTubeにアップ予定です。

      そちらも参考になれば良いかなと期待しています。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントをさせていただきます。LEOと申します。
    現在37歳でほぼ無一文です。

    FXに出会ったのは約8年前、それから現在に至るまで様々なビジネスに手を出しますがことごとく失敗し、最近自分にはFXしかないと思い取り組んでおりますが、現状いまいち結果に結びついておりません。

    そこで及川さんにお伺いしたいのが、やる気スイッチの入れ方です。
    SNSなどで他のトレーダーさんが勝てるようになるまでに尋常ではない努力をされている方が多いように思います。1日十数時間チャートを見ていたとか、兼業時代にほぼ寝ないで勉強していたとか。。。
    それと現在の私の取り組み方を比較すると明らかに努力が足りていないと感じます。
    土日などまとまった時間が取れるはずなのに、ついダラダラと過ごしてしまったりしています。

    及川さんなりのFXに本気に向き合えるようになるための考え方だとか、メンタルの保ち方などあればご教授いただけますでしょうか。

    宜しくお願い致します。

    • LEOさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >1日十数時間チャートを見ていたとか、兼業時代にほぼ寝ないで勉強していたとか。。。

      ↑このような人もいらっしゃるかとは思いますが、
      必ずしもそうではないような気もします。

      例えばリオンちゃんは毎日20時間近くチャートとにらめっこしていた時期もあったようですが
      その当時はそれでも全然勝てるようにはならなかったと語っています。
      カラダを壊しただけだったと。

      「努力が足りない」というよりは
      創意工夫、言うなれば「コツ」を掴むみたいな感覚が重要だと僕は思っています。

      仮にコツを掴むことが出来たとしたら
      必要以上に時間を費やす必要もなくなり、
      むしろ、サラっと勝てたらチャートを閉じて他のことをするくらいのほうが
      実戦では勝ちやすいくらいに思います。

      多くの人は「努力が足りないから上手くいかない」みたいに言いますが、
      どんなジャンルにおいても、この「コツの習得」こそが重要なはずです。

      もっともそのために、
      結果的にある程度の時間が当初かかるのは仕方ないかも知れませんが
      「どうすれば効率良い時間配分が可能か?」
      世間ではこれを「ズルい」などども言いますが、
      僕はこっちのほうが本質ではないかと思う次第です。

      ちなみに、僕の場合は
      「勝ちたい勝ちたい」という概念よりも、
      「相場が好き」という感覚から入り、
      あたかもテレビゲームの攻略をするかのような感じで
      日々チャート研究をしていた記憶です。

      繰り返しになりますが、
      結果的にそこそこ時間を使った日々もあったかも知れませんけど
      「努力が足りない」みたいな感覚は皆無でした。

      >及川さんなりのFXに本気に向き合えるようになるための考え方だとか、メンタルの保ち方などあれば

      ↑期待されたようなアンサーではないかも知れませんが
      可能であれば「相場が好き」というところからスタート出来ると良いように思います。

      それこそ大好きなロールプレイングゲームだったら
      一日中やってても飽きませんし、それどころか先に進めば進むほど
      その先に進めたくなり、そういう時間が楽しくて仕方ないなんて風になりますよね。
      僕はむしろこういう感覚が理想的ではないかと考えます。

      「好きこそモノの上手なり」
      アリテイな回答で申し訳ございませんが、
      本件に関しましてはこれが僕なりの結論です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。225先物デイトレーダーのジャックです。
    2ヶ月半振りくらいのコメントですかねぇ。

    ユーチューブは毎回視ているのですが、
    ブログは今年初めてまとめて見させてもらいました。
    遅ればせながら、今年もよろしくお願い申しあげまするぅ。

    まずは、ダイエットの話、実は私も毎日”プチファスティング”なるものを
    やってまして、要するに朝飯食べないってことなんです。

    前夜の晩飯から翌日の昼飯まで16時間以上あけてるんです。
    まぁ、リンゴ半個とか素焼きのナッツとかコーヒーくらいは飲みますけど。

    趣味で、昔とったきねづかで草サッカーやってます。

    なので、及川さんよりは小柄ですけど身長167cm、体重58kgくらいです。
    これは私の高校生時代とほぼほぼ同じです。

    そして、及川さんと同じでやっぱり40歳過ぎの頃は激太りで、
    MAX80kgまでいきました。あの頃はやばかったぁ。

    それにしてもリオンさんにしても21歳の大学生にしても
    凄いですねぇ。

    ちょっと怖いですけど、若いのに大金手にして、
    及川さんも言ってたけど、
    「短期間で儲けると心配です。」と・・・

    ちょうど私の息子くらいの年齢なんで・・・余計なお世話ですけど。

    私のドラ息子どもは高校中退した不良ですけど。
    学校にはまともに行かんし、警察の世話にもよくなってたけど。

    今は毎日朝6時に起きて、
    現場でドロだらけになって働いてますわ。
    ただ、今でも夜遊びしまっくてますけどね。

    話が飛んでしまいましたが、
    私なんぞは2011年からデイトレ始めて11年目。
    今まで約15000回のエントリー、イグジットを繰り返し。
    ちなみに増し玉は含んでませんよ。

    自虐ネタじゃないんですけど、
    「よくぞまぁ、ここまで負け続けれるなぁ。」
    というくらい負けてますよ。
     
    でもね、負けて退場ってのがもうないんです。

    歳も歳なんで、勝つか死ぬまでやるかなんです。

    何故って?

    兼業でやってるからです。

    固定給ではないけど、ほぼ安定してます。
    健康であれば75歳まで働けます。

    家のローンや扶養家族はいるけど、
    「そろそろ、少ないけど年金もらえるなぁ。」
    「若い時からちゃんと払っていて良かった。」
    そして何より健康だからです。

    そしてそして最も大事なのが、一定額負けたら、
    いつでもバーチャル(デモ)トレードに戻れるからです。

    2年ほど前にフルローンで戸建てを買ってから、
    「もうトレードで1円も失うことはできない。」
    状況になったからです。

    そして、その時
    「俺は今まで8年間、ギャンブル依存症の状態でトレードをしていたんだ。」
    ということに気がつきました。

    なんか手前味噌みたいな話で申し訳ありません。
    及川さんだったら何でも話してしまう。

    なんか同世代で、やってきたことも当たらずも遠からずで
    共通項が多くて、相場で勝ち組、負け組は正反対ですけど。

    あと生まれも育ちも東と西ですし、何より人間性は真反対です。

    私は”自己中で不親切な人間”です。
    よく女房に言われます。

    前置きはもういいから、横に置いといて
    肝心のトレードの話です。

    建て玉操作ですが、及川さんの場合、
    1ショット、1pps動いて、
    5万円のプラスマイナスですか?

    1回目に、3ショットを2つの通貨でエントリーして、
    順行すれば、そのままプロフィットで利食い。

    想定内の逆行でナンピン、3ショットを1発か2発3発。
    MAXで24ショットですか?

    そこの建て玉操作の解説をよろしくお願いします。

    実は、今年に入ってCFDというものの存在を知りまして、
    証券口座の10分の1の資金でできるようになりました。

    つまり、日経225先物が100円動いて
    プラスマイナス10,000円が1,000円ということで
    分割して売買できるようになりました。

    できれば、心理面のご教授もよろしくお願いします。

    追伸
    「及川さんって本当に優しくて親切な人なんだぁ。」
    といつも思います。グレートです。

    読者のコメントに対して、全て丁寧に返信されていて、
    こんな人見たことないし、僕には絶対できません。

    僕なら、
    「あーた3年以上やってからコメントしてきて。」
    デヴィー夫人口調で返します。
    この程度の人間です。

    • ジャックおじさん様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      少々長文のようですので
      部分引用でお話を進めさせていただきます^^

      >ダイエットの話、実は私も毎日”プチファスティング”なるものを
      やってまして、要するに朝飯食べない
      >前夜の晩飯から翌日の昼飯まで16時間以上あけてるんです。

      ↑あ、僕は特段勉強したわけではないのですが
      やってることは結構似ていると思いました。
      最近は朝ヨーグルトを食べ、それ以外は1食のみの日が多いです。
      お酒の席がある日はそこで摂るのが1食、みたいな(笑)

      >及川さんと同じでやっぱり40歳過ぎの頃は激太りで、
      MAX80kgまでいきました。あの頃はやばかったぁ。

      ↑僕のMAXが85kg、身長からの比較ではほぼ同レベルのヤバさだったかも知れませんね^^;;

      >「短期間で儲けると心配です。」と・・・
      ちょうど私の息子くらいの年齢なんで・・・余計なお世話ですけど。

      ↑僕も似た感情はあるのですが、
      けど、時代が違いますしねぇ・・・
      近年の若者は我々の時代と違ってかなりしっかりしてるようにも見えます。

      >私なんぞは2011年からデイトレ始めて11年目。
      >歳も歳なんで、勝つか死ぬまでやるかなんです。
      >兼業でやってるからです。

      ↑これは面白い言い方ですね。
      「なるほど~」と唸ってしまいました(笑)

      >そして何より健康だからです。

      ↑一連のお話における結論はまさにここでしょうね。
      なんだかんだ健康なカラダに産んでくれた両親には感謝しかありません。
      まぁ我々世代になりますと「自己のメンテナンス」も重要だとは思いますけど(笑)

      >あと生まれも育ちも東と西ですし、何より人間性は真反対です。
      私は”自己中で不親切な人間”です。
      よく女房に言われます。

      ↑真反対って、実は共通点のほうが圧倒的に多いですよね。
      白と黒って、真逆のようでも赤とピンクよりも共通点が多かったり・・・
      なにかがひとつ真逆なだけで、他は全部同じ、みたいな。
      ちなみに「人間性」についてですが、
      僕は決して良くなんかないんですよ。
      強いて言えば「ボロが出ないように気をつけている」くらいです(苦笑)

      >建て玉操作ですが、及川さんの場合、
      1ショット、1pps動いて、
      5万円のプラスマイナスですか?

      ↑いえ、30ロットなのでクロス円ベースですと3万円ですね。

      >想定内の逆行でナンピン、3ショットを1発か2発3発。
      MAXで24ショットですか?

      ↑実はMAXに関しては特に決めていません。
      その時その時の強弱感で必要と判断する弾数を裁量で入れています。

      >今年に入ってCFDというものの存在を知りまして、
      証券口座の10分の1の資金でできるようになりました。
      >日経225先物が100円動いて
      プラスマイナス10,000円が1,000円ということで
      分割して売買できるようになりました。

      ↑ポジションの分割は個人投資家にとっては良い戦術でしょうね。
      リオンちゃんもこれを上手に活用することで一気に勝てるようになったようですし。

      >心理面のご教授もよろしくお願いします。

      ↑ここは案外難しいのですね。
      心理面というよりは技術的な面が大きい部分ではないでしょうか?
      強いて言うなら、
      「分割を使えるからとテキトーなエントリーをしないこと」
      本来入りたい位置や時間帯については基本守る、
      そうなるまではガマン・・・このくらいかなと。

      要するに雑なトレードをしないよう心掛けるって話でして
      こんなもん、わざわざ言うことでもないですよね^^;;

      >読者のコメントに対して、全て丁寧に返信されていて、
      こんな人見たことないし、僕には絶対できません。

      ↑いや、逆に多くの人が見に来てくれるので出来るだけです。
      多くの人が僕のアンサーを読んでくれているはず、
      ゆえに手を抜けないと。。。
      そういう意味では僕って実に世間体を気にする、
      昭和日本人の典型だと自分ではそう思っています。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 武田です。
    ご回答ありがとうございました。

    >落とす、というよりは
    >含み益&含み損に耐えられない、が実際のところかと思う次第です。
    (ここは実際にその立場のご経験をされた際におそらく感じるのではないかなと)

    ここに関しては何度か3000万を超えた時に経験をしました。
    30ロットナンピンでの損切り額に精神的に耐えられなくなり、損切り後のトレードが狂ってしまうことが多いんです。
    これはこのブログの質問にも多い、〇万までは増やせるのにいつも振り出しにもどってしまう。という相談例に非常に似ていると思います。
    何度目かの経験で3000万までいったら一旦出金してリセットしようと思うようになりました。
    そのため現状では、1000万開始の3000万までで出金をするという方法でやっています。
    ですのでロットとしては10ロットから20ロットまでの可変で終了です。

    >現状はまだ1000万以上ではないわけですかね?

    最低が1000万スタートというラインでやっています。
    よって本件では丁度規制される丁度ぎりぎりのラインだったわけです。
    なので規制される前に一度リセット額の1000万で100倍での検証をしてみた次第です。

    僕にとっての開始ラインが1000万、10ロットであるためなんだか悩ましいなと思った次第です。

    >さらには500万~1000万未満では200倍だったと思いますので

    これに関しては500万開始にして1000万に増やす作業に切り替えることも検討しましたが、もろもろ考慮するとなんだかなーと思ってしまいます。

    >参考までに僕は30ロットを上限にしていますが、
    >口座には1億前後常に入れている感じでやってます。

    これが全ての答えな気がしました。
    もともと1億入っているなら特に気にすることもないですよね(笑)
    月末に整理して5000万~6000万くらいで調整されているものとだと勝手に思っていましたので。

    よく及川さんが心地のいいロット、という表現をされますが、今のところ僕にとって心地のいいロットは10ロットです。
    頂いたアドバイスを元にもろもろ考えると普通に証拠金を3000万開始の10ロット固定にするのがいいように思えました。

    ご回答頂きありがとうございました。
    大変参考になりました。

    • 武田さま
      こちらのほうこそご返信ありがとうございます。

      >最低が1000万スタートというラインでやっています。

      ↑そうでしたか、
      だとすると大変失礼な物言いになってしまったと反省します。
      申し訳ございませんでした。

      >よく及川さんが心地のいいロット、という表現をされますが、今のところ僕にとって心地のいいロットは10ロットです。
      >普通に証拠金を3000万開始の10ロット固定にするのがいいように思えました。

      ↑僕が日本にいた時の国内業者(法人口座)と同じロット水準で、
      短期デイトレとしては、このくらいがちょうど良い、あるいは上限と言って良いかも知れませんね。

      ご丁寧にありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    初めまして
    初めてコメントさせて頂きます。

    私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。
    36歳
    トレード歴10ヶ月となりました。
    仕事はしていないので、専業トレーダーになりたいです。

    勉強したり、デモトレードしたり
    毎日トレードのことで頭がいっぱいです。
    日々努力しています。熱い思いが体の中からメラメラしています。

    リアル口座を何ヶ月か前にやりまして、少額ではありますが、負けては泣いて、また負けては泣いて、また勉強して、そして最近リアル口座を再開しました。

    結果としては自分なりには、以前より
    成果は出てきているなと思っています。
    まだ私のレベルですと、トレードには絶対がないため、勝っても、負けても不安です…(笑汗)

    最近のトレードでは、勉強が生かされてきたのかしっかりと勝てた結果に、初めて勝ち泣きしちゃいました。3ロットで8万3千プラスにできました。
    今までは負けて泣いていたのですが
    勝って泣く嬉しさは格別でした。

    及川さんに質問があります。

    メンタル面においてです。
    トレードにエントリーした瞬間から
    変な汗が出てきて、勝てても、負けても
    精神的に負荷がかかります。
    ポディションを持つだけで私自身結構なストレスになります。
    ロットは3ですが、下げたくはありません。

    元々根性はある方です。
    トレードメンタルを強くするために、滝修行にでも行こうかなと考えてみたり…日々の生活からメンタルを鍛える意識もしています。
    経験が物を言うのもわかります。
    慣れていけば、大丈夫だろうとも思えます。

    及川さんなりの、メンタルを鍛える秘訣や方法などは、ありますでしょうか??

    私には大きな目標や夢があります。
    本物になるために、そして結果を出す為に、絶対に諦めません。
    絶対自分と相場に負けたくありません。
    結果が全てだからただただ、多くを語らず必死に努力しようと思っています。

    シンガポールに行って及川さんをお見かけできましたら、感謝のご挨拶ができるよう
    とにかく死にもの狂いで頑張ります!!
    私はかなり燃えています。

    どんな事があっても、絶対負けません!
    絶対にやり切ります!

    読んで頂きありがとうございました。

    • 夢がデカブツえりりん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >36歳
      トレード歴10ヶ月となりました。
      仕事はしていないので、専業トレーダーになりたいです。

      ↑ハンドルネームからお察しする限り、
      あるいは女性でらっしゃるのでしょうか?
      あ、だからどうという話ではなく、
      普段僕がよくやる「ゲスな例え」をお詫びしておかないとなと
      少し思った次第です^^;;

      >最近のトレードでは、勉強が生かされてきたのかしっかりと勝てた結果に、初めて勝ち泣きしちゃいました。

      ↑ご自身なりの手応えあってのエントリーがハマった時は嬉しいですよね♪

      ちなみに、損切りトレードも含めて言いますが
      このような経験の数々が今後、
      エントリーしたあとの動きを判断する際の経験に繋がっていくと
      「やればやるほど分かってくる」という状況に進みます。
      ぜひそうなるべく、日々のトレードに取り組んでいただきたいなと願っております。

      >トレードにエントリーした瞬間から
      変な汗が出てきて、勝てても、負けても
      精神的に負荷がかかります。
      ポディションを持つだけで私自身結構なストレスになります。

      ↑ここですけど、
      ある意味僕もそうですよ。

      どんなに自信を持ってエントリーしたつもりでも
      一気に上手くいく時以外は「あれ?オレ間違えちゃったかな?」と
      保有過程においてそう思うことは日常茶飯事です。
      (動画ではなるべくそれを悟られないようにしてるだけです・笑)

      >及川さんなりの、メンタルを鍛える秘訣や方法などは、ありますでしょうか??

      ↑ある意味「怖さ」はずっと持ち続ける方が良いようにも思います。
      ナメた感覚でトレードやった時って、逆に損切りが出来ず、
      気付いた時には大やけど、なんてことにもなりやすいですし。

      ただし、上記「経験の蓄積」に伴い、
      「自分なりの相場感性」を育てる意識はあるべきかなと思います。

      例えば僕は教材やYouTube動画などで
      「こうすると良いですよ」的なことをお話する機会が多いですが
      けどこれって突き詰めると「あくまで及川の感性」でして、
      採用可能な部分もあればご自分とは全然違う部分もあって然りです。

      あの「リオンちゃん」も困った時、迷いが生じた時、
      それとなんらか閃いた時などは「自分の感性を信じる」とよく言っています。

      つまり、メンタルの強化って、
      体育会系的なモノではなく、
      「自分を信じるチカラ」「自分の感性を信じれるようになる経験」
      これではないかと思う次第です。

      トレードにおける勉強をたくさんすることには基本賛成なのですが
      けど最終的には「自分に合ったやり方」「アジャスト」こそが重要です。
      なぜなら自分以外の人は「自分」ではなく、感性もまるで違う可能性があるからです。
      (ゲスの極み乙女で昔こんな曲ありましたね・笑)

      いたずらに「根性」を身に着ける必要はないのではないか?
      僕はそう思うんですよね。

      ちなみに、直近の動画で「てこもさん」という億利益達成の方との対談動画を公開していますが、
      彼は利がある程度乗った時点でチャラ位置にストップを入れ、
      目指す目標値にリミットを入れ「寝てしまう」と語っていました。

      メンタルと戦うより、
      このような「工夫」をするのも一考かも知れません。

      ここについては時間的余裕があったら
      次回(1月28日)のYouTube動画でテーマにしたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん

    ご丁寧に返信頂きありがとうございました。
    はい笑 女子です!

    お返事頂いてから
    凄く嬉しくて、返信内容をiPhoneの待受けにしたいって思った位です!!! 本当です!!

    お陰様で
    益々メラメラ×100 してきました!!

    及川さんの説得力あるアドバイスに本当に救われました。ありがとうございます。

    初コメントする前までは
    ポジションを持ってから胃が痛くなったり、無意識に力が入ってしまい毎回背中がバキバキになったり、夢に出てくるので安眠出来なかったりと、長い目で見て精神的な部分でトレードができなくなるのでは、、、と思った時が多々多々ありました。
    毎日及川さんのご返信を読み返して
    頭と体に染みつけていこうと思います!!!

    あれから、意欲的にトレードを励んでみて、今のところプラスではありますが、喜んでる暇は全くないです、、、汗笑

    たまに、含み損の時は少し涙目になってしまいますが、、汗

    私の中では
    勝つ事が最高ですが
    損切りも、負けることも大事だと思うので
    勝ち負けも、しっかり受け止めていこうと思います。負けることの大切さも体に染み込ませていきながら資金を増やしていきたいです。

    勉強方法としましては、主に繰り返し繰り返し過去チャートに励んでいます。
    及川さんのおっしゃる通り
    自分なりの感性とやり方で勝ち方を見つけ
    ていければと思っています。

    前回も熱い思いを伝えてしまいましたが、
    トレードが大好きですし、
    デカ夢、デカ目標を実現するために
    死に物狂いで突き進みますね。

    大変恐縮ながら、やるからには
    生半可は絶対に嫌なので
    億トレーダー目指します!!!!
    というよりは、なります!!笑 

    今後も、ちょくちょくコメントしてしまうかも知れませんが、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

    返信頂き、こんなにも益々パワーが出た事にとても感謝しています!
    ありがとうございます。

    • 夢がデカブツえりりん様
      コメントありがとうございます。

      >負けることの大切さも体に染み込ませていきながら資金を増やしていきたいです。

      ↑勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム
      この部分を忘れずに、「損切り=悪ではない」
      いやむしろ「正しい」くらいのモノだと捉えておくことでしょうね。

      >トレードが大好きですし、
      デカ夢、デカ目標を実現するために
      死に物狂いで突き進みますね。

      ↑もちろん応援しますが、
      「死に物狂い」ってリキ入り過ぎですって(笑)

      リキまない、ってのも結構重要だったりしますので
      そのあたり、上手にやって欲しいと思います♪

      >返信頂き、こんなにも益々パワーが出た事にとても感謝しています!

      ↑こんな風に言っていただけると僕も嬉しいです。
      が、、、やはりチカラ入り過ぎかも?(笑)

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつも動画を拝見させて頂いております。色んな方の動画を見て勉強しましたが及川先生のスタイルが1番しっくりきました。書籍も拝読しましたが、最強通貨と最弱通貨、20分という時間の制約、全てが合理的でありこのやり方にしたところ、勝率もあがりました。引き続き勉強させて頂きます。

    • ジェイアイ様
      コメントありがとうございます。

      >色んな方の動画を見て勉強しましたが及川先生のスタイルが1番しっくりきました。
      >最強通貨と最弱通貨、20分という時間の制約、全てが合理的でありこのやり方にしたところ、勝率もあがりました。

      ↑多少なりお役に立てているとしたら光栄です♪

      こちらの方こそ
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、Hans様

    及川師匠、いつもとてもためになるお話しをありがとうございます。及川師匠(デイトレ大百科)やリオンちゃん(マシンガンハントFX)で出逢えた事に日々感謝しています。

    自分は6年前からFXを始めましたが過去に6回ほど強制ロスカットにあいました。その都度、損切りを含めて色々反省をして再チャレンジしては結局はドカンで退場してきました。今回取り上げて頂いたHansさんの記事も読ませていただき、とにかく自分の弱点は損切り外しであると痛感させられました。

    損切りラインのそばに来るとほんの少し考える時間が欲しいとか思って損切りをずらし、そのラインに近づくとまたずらす。そして、ほとんど助かる。しかし、必ず全て失う日が来る。このトレードが癖になっていると心底気付けたのは最近の事でした。しかし、また昨日もポンドの急騰でしてしまいましたが、今までと同じわけには行かせないと自分の手で損切りすると決めて資金の33%を失った所で損切りをしました。

    失った金額は自分には大きかったですが、自分で切れた事による安堵感で気持ちは落ち着いていました。その後、間を空けてニューヨークタイムでスキャルピングを行い、とにかく『損切りが助けてくれる。損切りは味方、損切りは神様、損切りが一番の武器』と心に称えながらトレードを行い33%から5%まで取り戻す事が出来ました。
    これも全て、及川師匠、リオンちゃん、佐藤様や、今回記事のHans様のおかげだと思っています。
     
    損切りをずらしたり外す事が6年越しの癖になってしまってるために、いつ再発するか心配な所も有りますが、いつも心の中に及川師匠やリオンちゃんが見守ってくれていると思い必ず克服しようと思っています。

    あと1つ質問が有るのですが。もしこの後セミナー等がある場合、休日等が不規則な仕事をしている自分の様な人は参加は無理でしょうか?

    2021年1月8日から出直したトレードは20万円からスタートしました。この間、損切りをずらした事による損失額は26万円ですが、それ以外はデイトレ大百科とマシンガンハントFXをミックスして勝ち越しましたので、現在残高359,000円ほどです。本当にありがとうございます。

    これからも精進します。本当にありがとうございます。

    • 損切り父さん様
      コメントありがとうございます。

      >損切りラインのそばに来るとほんの少し考える時間が欲しいとか思って損切りをずらし
      >そして、ほとんど助かる。しかし、必ず全て失う日が来る。

      ↑これはまさに本質ですね(汗)
      ここの怖さをどの時点で痛感し、修正出来るか?
      それがデイトレでメシを食えるかどうかの分岐点と言っても
      過言ではないかも知れません。

      >『損切りが助けてくれる。損切りは味方、損切りは神様、損切りが一番の武器』と心に称えながらトレードを行い33%から5%まで取り戻す事が出来ました。

      ↑なんと!ここは逆に凄い(汗)
      あまり無茶のないようやって欲しいと、少し心配になるレベルです(笑)

      >もしこの後セミナー等がある場合、休日等が不規則な仕事をしている自分の様な人は参加は無理でしょうか?

      ↑過去のケースで申しますと、
      セミナーの日程は可能であれば一か月前か、なるべくそれに近い時点でご案内するように心がけています。
      また、当日は撮影班も導入し、ご参加出来なかった方には「録画版」もご用意するのが通例でした。

      今後もセミナーの際は同様の対応をさせていただくはずですので
      その流れの中、日程等のご検討をなさっていただけたらと思います。

      >2021年1月8日から出直したトレードは20万円からスタート
      >現在残高359,000円

      ↑順調なようで何よりです。
      資金の増加ペースについてはあまり意識せず、
      一日一日でアタマを切り替えるようなさっていただきたい、
      そんな風に願っております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠様

    昨日コメントを入れさせてもらいました損切り父さんと申す者です。

    実は本日のトレードで36万円あった資金の内、約30万円を溶かしてしまいました。原因は複数あり、発端は単純なLOTの掛け違いで、5万通貨を掛ける所を海外口座の5LOT(50万通貨)を掛けてしまった事でした。直ぐに気付きましたがプラスになっていたために欲が出てしまいこのまま保有したら昨日の負け(28,000)なんて直ぐに取り返せると思ってしまいました。しかし…あっという間に逆行されてしまいナンピンして挙げ句の果てには両建で証拠金維持率を保たせた物のもはやコントロール不能で気付けば-20万程を行ったり来たりで、せめて強制ロスカットだけにはなりたくないと自分で損切りをした時には-28万円を越えていました。残高は約7万円程となってしまいました…

    1月からやり直して色々失敗もしましたが何とかプラスに出来ていましたが、またやってしまいました。

    多分、今の自分では無理だなって心底思った日になりました。6年間ここまで思った事は無かったと思います。今は諦めようと思って家内にも謝罪をいたしました。とても優しく許してくれて、その優しさに改めて心から申し訳なく思い一人でいる時に、ただひたすら涙が溢れてきてしまいました。

    今まで幾つかの教材でトレードしてきましたが、デイトレ大百科とマシンガンハントFXは断トツの成績になりました。本当に心から感謝をしています。ありがとうございました。僕は及川師匠と同い年で、何故こんなに及川師匠と違うのか、何故自分は及川師匠の様に成れないのか…と思いコメントをするのも恥ずかしいのですが、仲間もいなくトレードをしてきたので、寂しいのとこのトレードが何かの役に立ってほしいのと、何より師匠に読んでほしかったのだと思います。

    師匠…僕はもう諦めた方が良いですかね…『クソまみれの中』に入っていてもう少しで見つかりますかね…

    リオンちゃんにも焦らずにと言ってもらえたのでが、焦ってしまいました…

    長々、本当に申し訳有りませんでした。お忙しい中、こんなコメントに目を通させても何の生産性も生まないとは思いながらもコメントしてしまいました。

    及川師匠、リオンちゃん、佐藤さま、ヨン様、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

    • 損切り父さん様
      コメントありがとうございます。

      と、言いますか、
      前回のコメント返信をさきほど済ませたばかりでしたので
      本件の内容にはかなり驚きました。

      >5万通貨を掛ける所を海外口座の5LOT(50万通貨)を掛けてしまった事

      ↑なんと・・・ここは正直言葉もないですね。

      >今は諦めようと思って家内にも謝罪をいたしました。とても優しく許してくれ

      ↑そうでしたか。
      どのように言って良いのか難しいところですが、
      それでもここはやはり「良かった」と言わせてください。

      トレードに限らず、ナニをやろうともご夫婦仲が良いのは前提条件だと
      僕はそのような持論がありましてね。。。
      今後、FXかどうかはさておき、なんらかの投資などをする際にも
      奥様のご理解は絶対必要だと思います。

      >師匠…僕はもう諦めた方が良いですかね…

      ↑ここについてはなんとも言えないです。
      僕自身、「二度と相場なんかやるものか」と思ったこともありますし。
      また、実際にそのままやめてしまう人も多いはずでして
      「やる」も「やらない」も本人が決めたことが正解、、、僕はそのように思います。

      とりあえず一度相場を離れることで
      気持ちが逆に晴れ晴れするかも知れません。

      あるいはその真逆で
      より一層相場に対し燃え上がる情熱を持つかも知れません。

      まずはそのあたりをご自身で確認なさってみるところからではないでしょうかね。

      気の利いたお話が出来ず申し訳ございませんが
      以上が僕からの今日時点でのメッセージとさせてください。

  • 及川師匠

    心に刺さるご返信をくださり本当にありがとうございました。師匠も「二度と相場なんかやるものか」と思った時期もあるのですね。とても励まされました。「ショーシャンクの空に」を見直して最後のラストシーンを胸に焼き付けて、まだまだこれからだって思いやり直します。しかし、今コメントを入力している自分は冷静ななのですが、画面を直視してトレードしている自分の中に、とてつもなく危険なもう一人の自分を過去6年間のトレード経験の癖が作り出してしまった気がします。それをご返信の中の「少々心配(笑)」で気づかされました。また、一日一日頭を切り替える重要性も…

    次回、TRIBEの様なセミナーがあった際には必ず参加をして及川師匠をはじめ勝っている方々と知り合い自分を修正して行きたいと思っています。もう一人の危険な自分を打ち負かすには必要だなってとても強く思いました。その際はよろしくお願いいたします。

    トレード界の「矢沢永吉」(勝手思ってしまいすんません)師匠のご返信。本当に嬉しいです。もう少しのところまで来ていると思えました。師匠がコメント自分のコメントを取り上げたいと思えるようになろうと思います。本当にありがとうございます。お忙しいと思いますのでご返信は結構です。

    次回、セミナーを是非開催してください。よろしくお願いいたします。敵は自分の中に。その闘い方を学びたいです。

    • 損切り父さん様

      >次回、TRIBEの様なセミナーがあった際には必ず参加をして及川師匠をはじめ勝っている方々と知り合い自分を修正して行きたいと思っています。

      ↑コロナの影響でリアルセミナーが出来ずに困っています。
      やはり「直接会える」ことの意味は大きいですよね。

      再び、そのような機会が普通に設けられることを僕も願っています。
      その際はぜひお会いしましょう。

      奥様とはくれぐれも仲良くで!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも有益なトレード実演や丁寧なご返信を、ありがとうございます。
    お忙しい及川先生に対して、大変恐縮なのですが、もし、お時間がございましたら、ご無理のない範囲で以下の質問にご回答いただけましたら幸いです。
    今日、先生に質問させていただきたいのは
    1 FXに向いている人はどんな人でしょうか?
    2 FXに向いていない人はどんな人でしょうか?
    3 仮にFXに向いていないと思われる人が、自分はFXに向いていないということを自覚しつつFXで資産を運用するとした場合、その人に対して、「FX自体を辞めた方が良い。」という以外には、どんなアドバイスが考えられるでしょうか?
    私は自分がFXに向いていないという自覚を持ちつつも、少額でも良いから継続的・安定的に稼ぎ続ける道はないものかと、検証を重ねつつ、諦めずに少額・少ロットで取引を重ねています(私の場合、預貯金1000万円のうち、FX口座には100万円のみ入金、レバレッジの設定は25倍)。
    こんな私にもいつかFXで小さな成功を掴める光が差し込む日が来るのかどうか、不安を抱えながら、暗中模索している最中です。
    私と同じような境遇の方も沢山おられると思いますので、及川先生から何かアドバイスを頂戴できましたら嬉しく思います。
    もし、既に、今回の私からの質問に対してご回答となるようなYouTube動画が公開されておりましたら、そのURL等をご案内いただけましたら、その動画も拝見いたしたく思う所存です。

    • 40歳の会社員さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >1 FXに向いている人はどんな人でしょうか?
      2 FXに向いていない人はどんな人でしょうか?

      ↑こちらについては過去に何度かお話をしたことがあります。

      「生まれ持ってトレードに向いている人などほとんどいない」
      これが僕の考えです。

      トレードとは「克服する競技」だと思っていまして、
      つまり「向いている」という表現は適切ではないものの、
      強いて言うなら「常に克服」「常に自制」を出来る人、
      そのような心掛けを継続出来る人が「向いている」と言って良いのかも知れません。

      よって「3」のアンサーも上記と同じです。

      自制がどうしても難しい、
      自己の克服がどうしても難しい、
      そう感じてしまう場合は無理して継続してはいけないのが
      相場の世界だと思うわけです。

      こういう話をしますと
      なにやら「果てしない課題」に聞こえる人もいらっしゃいます。
      で、「そんなに果てしないことは無理」と思う人もいることでしょう。

      ならば・・・そこまでにしておけば良い、
      僕はそんな風にも思うんですよね。
      人生、FXや相場がすべてのはずなどありませんので。

      >今回の私からの質問に対してご回答となるようなYouTube動画が公開されておりましたら、そのURL等をご案内いただけましたら、その動画も拝見いたしたく思う所存です。

      ↑YouTubeにつきましては
      なにしろ週2回ペースを6年以上続けていますので
      いつなんの話をしたかをピンスポットで思い出すのは正直困難です。

      なんかの拍子にたまたまドンピシャでヒットした際には
      ご案内出来るモノもあるかも知れません。
      何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして。

    及川先生のYouTube動画でFXを勉強し始めてから、1年8ヶ月に及ぶ負けの連続の生活から抜け出し、人生をかけた最後のなけなしの40万円が3週間で5800万円に化けて、九死に一生を得ました。こんなことって本当に起こるんですね。どん底を味わっている時、「栄光はクソまみれのその先にある」をはじめとした及川先生の数々の金言を胸に、借金だらけになりながらも、負けても負けてもとにかく諦めないで続けました。そして、ある日を境に一気に流れが変わりました。

    私が実践しているのは、及川式の通貨ペアの相関の考え方をもとに、リオン式のショートのみのトレード、そして上位足から流れを考えるというデイトレード&スキャルピングです。扱う通貨は、AUD/USD/GBP/EUR/JPYの組み合わせですが、ほとんどJPYがらみではやりません。及川先生が以前の動画で説明されていたように、儲かったら口座間で資金移動を繰り返して原資の確保に努めるということも実践しています。

    及川先生の動画で勉強していなければ成しえなかったこの奇跡と感動と感謝の気持ちを及川先生にどうしても伝えたくて、そして、私と同じように負け続けている人たちに、お宝に溢れた及川先生の動画をしっかりと見て実践していれば、奇跡も起こりうるんだという実例をお話したくてコメントしました。

    これからも先生の動画をずっと楽しみにしております。 そして応援しております。お体に気をつけてがんばってください!

    • TSURAさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >人生をかけた最後のなけなしの40万円が3週間で5800万円に化けて、九死に一生を得ました。

      ↑なんと!
      これは驚きますね、一体ナニをどうやってこんなことになったのか。
      何はともあれ良かったです。

      >私が実践しているのは、及川式の通貨ペアの相関の考え方をもとに、リオン式のショートのみのトレード、そして上位足から流れを考えるというデイトレード&スキャルピング

      ↑トレード内容については
      性格的な相性などもありますので僕が口出しすることはございません。
      それにしても凄い・・・(汗)

      >及川先生の動画で勉強していなければ成しえなかったこの奇跡と感動と感謝の気持ちを及川先生にどうしても伝えたくて、そして、私と同じように負け続けている人たちに、お宝に溢れた及川先生の動画をしっかりと見て実践していれば、奇跡も起こりうるんだという実例をお話したくてコメントしました。

      ↑ありがたいお言葉の数々、
      本当にありがとうございます。

      本件は正直「奇跡レベル」のお話ではありますが、
      誰にでも「逆転ホームランは打てる」という部分については
      強く共感いたします。

      多くの方々の“勇気”になると嬉しいですね。

      素敵なメッセージをありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。55歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。