「独自手法」を検証する際の留意ポイントとは?

内容はタイトル通り。
「閑散時間の逆張りトレード」です。
保有時間は2分弱でしたが、
実際普段からこういうトレードは多いですよ。
↓  ↓  ↓

 

信じるか信じないかはおまかせしますが、
僕のFXトレードはすべて「我流」です。

誰かにお教えを乞うたこともなければ
教材などで勉強したことも一切ありません。

 

例えば「ダウ理論」ってのがありますが、
僕がその中身を知ったのは
トレードで勝てるようになった随分あとでして、

「エリオット波動」など、
いまだにその詳細を知ろうともしていません(笑)

 

あくまで自分自身が相場と対峙する中、

・実践経験
・感覚
・独自検証

これらの繰り返しから自分なりのやり方を築き、
そして今に至ります。

そんなオトコが生意気にも
「トレード塾」とかやっちゃっているワケですが、

けれども僕は「理屈」ではなく『実戦』で通用する、
早い話自分自身が実際に勝てているやり方を
お教えしているつもりなんです。

 

こんな話をしますと、
「すべて独自手法とか凄いですねぇ」
みたいに言ってくださる人もいますが、

逆に言うと、
「手法」や「ルール」などは
最終的に自分自身で組み立てるのがもっとも安心ですし、
実際そうすべきじゃないかと思うんですよね。

というか、ほとんどの人は
おぼろげながらでも
「自分独自のやり方」について
模索しているのではないかと想像しているんです。

 

例えばチャートや
なんらかのインジケーターをずっと眺めていると、

「あれ、このパターンから反転することが多いぞ」
「こういう形になったあと一気に伸びることが多い気がする」

などなど、時に
『もしかしたらこれって使えるかも?』
そう思えるパターンが見つかったりしませんか?

で、過去チャートで検証し
似たパターンがたくさん見つかったりすると、
確信めいた気持ちが湧いて来たりします。

「よし!実戦で試してみよう!」
みたいな。

ちなみに僕、
しょっちゅうこんなことばっかやってるんですよ(苦笑)

この手の作業が楽しく感じるようならシメたものです。
ぜひともチャレンジなさって欲しいなと思います。

 

で、ですね、
その独自手法・・・

ここでは「仮手法」と名付けておきますが、
その仮手法の検証をする際に
ぜひとも心がけて欲しい点を聞いてください。

 

ある日あなたがチャートを開いた際、
ちょうど少し前に「仮手法」が炸裂し、
もしエントリーしていたらメッチャ儲かっていたとします。

その時、
あなたはきっとこう思うことでしょう。

「マジか!完全に儲け損なった!」

僕も含めて人間ってやつは、
なぜか「儲け損なったこと」については
異常に敏感な反応をする生き物です。

※ま、こんな感じですかね。
僕もよくこんな顔してます(笑)

 

ところが一方で、
同じくチャートを開いた際に
もしその「仮手法」でエントリーしていたら
ボロ負けしていたはずのチャート・・・

つまり
「大損しないで済んだチャート」に対しては
あまり反応しないというか、
気付くことすらない人って結構多いと感じます。

ここ、
実に重要なところです。

 

僕が「仮手法」を見つけた際にまずやるのが、

・もしエントリーしてたら勝てた場面捜し

ではなく、

・もしエントリーしてたら負けた場面捜し

こちらのほうにより多くの時間を使うんです。

 

で、
その「負けた方」の分析を徹底的にやります。

時間帯?
指標発表などの材料?
他の通貨ペアの相関の影響?

このように
いろいろと負けた要因捜しをするのですが、

「どういう時に負けやすいのか?」を
先に押さえておくことで初めて
「それ以外はイケる!」となるワケです。

 

サッカーのW杯がいよいよ佳境に入ってきましたが、
例えば僕がサッカーチームの監督なら
まずは「ディフェンス」から固めるんでしょうね、おそらく。

ここは性格的な面が大きいですが、
どんなに得点を重ねることが出来ても
それ以上に失点していたら結局負けてしまいますし、

特にトレードの場合、
そういう負け方がメンタル的に一番堪えるのを
僕自身、充分すぎるほど
経験してきたことも大きいように思います。

 

まぁエラそうにいろいろ語ってはいますが、
そんな僕も
もしエントリーしてたら勝てたチャートを観た際に
「くそ!儲け損なった!」
こう思ってしまうことは少なくありません。

ただし、
「アブねぇ!もしやってたらかなり食らってたわ!」

こういうチャートにもしっかり気づくことが出来るよう、
日頃から相当意識してチャートを見ている点については
ぜひとも知っておいてください。

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:たった10ヶ月の運用でBTC資産2億円突破!

たった10ヶ月で10BTCを304BTCに増やした
禁断の手法を公開

あなたのビットコインがあれよあれよと増え続ける「BTC増殖ツール」
ビットコインを増やし続けるために必要な“現役稼働中”の 魔法の杖ビットコイン増殖ツールを今なら完全無料にてプレゼントします。
つまりあなたは“今この瞬間”より手持ちのビットコイン枚数を毎日増やし続けることが出来るのです。

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード

10 件のコメント

    • 内藤さま
      コメントありがとうございます。

      >及川さんの為替塾を、今後も楽しみにしています!

      ↑このように言っていただけるのは光栄です。
      次回について今日時点では特に決まった話はありませんが、
      これまでの経緯から見て、おそらく運営がなんらかの新規プロジェクトを
      計画はすると思います。

      その際、充分吟味なさっていただき、
      もし興味が持てる内容でしたらぜひ参加をご検討ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 有難うございます
    私も師匠のやり方を学んで独自の手法になりました

    結構師匠と似てますが更伸ばさず
    1日二桁取れたら欲をかかないで終える

    勝ち逃げですですね〜

    師匠に近いロットかけますf^_^;

    損切りを超深くしてるので負けは年に1〜2回数百万やられますが月単位で負けは有りません。

    なので師匠のやり方で負ける訳ない事も理解出ます。

    流石に8億とはいきませんが、目標額は溜まったのでロット下げてのんびり系にしようかと思ってます。

    • 竹中 半兵衛さま
      お久しぶりです!
      コメントありがとうございます。

      >私も師匠のやり方を学んで独自の手法になりました
      結構師匠と似てますが更伸ばさず
      1日二桁取れたら欲をかかないで終える
      勝ち逃げですですね〜

      ↑机上の空論ではなく「リアル」でやっていますと
      結局こうなりますよね^^

      >損切りを超深くしてるので負けは年に1〜2回数百万やられますが月単位で負けは有りません。
      なので師匠のやり方で負ける訳ない事も理解出ます。

      ↑はい、僕も損切りが深くなることは正直多いです。
      なぜなら「勝ち逃げ」や「チャラ逃げ」を模索するからですよね^^;;

      ただし、ツッパるところはツッパるものの、
      数回分、あるいは最悪でも数日分の勝ちで取り返せるレベルまでしかツッパりません。
      それ以上食らうと心折れますので(笑)

      「最悪でも月単位でのプラスは確保」
      ここを外さなければ、事故のない月はかなり楽勝になりますので
      今後も最重要なポイントでしょうね^^

      >流石に8億とはいきませんが、目標額は溜まったのでロット下げてのんびり系にしようかと思ってます。

      ↑それが良いかも知れませんね。

      僕なんか、特に最近のBTCトレードにおいては
      「キャバクラで飲める額」か
      「今日はスナックでガマンだな」という額か、
      そんなレベルでやってますので(笑)

      お互いノンビリやっていきましょう♪
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    こんばんは! まだまだ 独自手法まで行けません(汗)

    デイトレ大百科の視聴中です、前回は2月頃に1巡視聴してデモトレをしてきていましたが、全くダメで、ファイナルセミナー(大阪)で、気持ちを一新して、記憶に残るように再度視聴させていただいています。

    守破離の守の段階でしょうか?

    まずは偉大な及川師匠の真似を体得する事で必死です(*_*;

    頑張ります(^^)/

    • 大西さま
      コメントありがとうございます。

      >まだまだ 独自手法まで行けません(汗)

      ↑ここですけど、
      「完全オリジナル」の必要はないと思いますよ。

      僕も含めた誰かの手法をベースに、
      日頃ご自分が感じる要素などを加味させれば
      それも充分「独自」です。

      これについては、単純なPIPS数以外にも
      例えば1ショットにおけるロットや
      撃ち込むポジション数の調整などでも組み立ては充分可能です。

      例えば僕の場合、最初は打診程度のポジ数にして
      そのまま利益になったらそれでOK!
      逆に伸びたら伸びたで「待ってました!これでロット入れられる!」
      みたいな感じで本来入れたかったロットにする、などが多いです。

      またその場合も、
      「予備タンク」のような概念で必ず『最後の一手』が打てる余力を確保するようにしています。

      このやり方は「ノーブレイク」の相場では無敵ですが、
      唯一怖いのは「戻り一切なしのブレイク伸び」となります。

      で、そういうときの動きの特徴なども逆説的に経験しておき、
      「ツッパらずに損切りするときのパターン」として
      想定しておけるようになると良いと思います。

      >ファイナルセミナー(大阪)で、気持ちを一新して、記憶に残るように再度視聴させていただいています。

      ↑僕の動画は数も多いですし、オマケに話が長いですからねぇ^^;;
      観るのも大変なのは充分想像出来ます。
      どうもすみません。

      ただ、ここは僕の動画に限らず、
      時期をズラして視聴することで
      前回気が付かなかった部分に気づいたり、などの効果があります。

      ※これは多くの人が言っていますので、きっと本当です。

      >まずは偉大な及川師匠の真似を体得する事で必死です

      ↑ちっとも偉大ではありませんが、
      徹底的に真似するというのはアリだと思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    コメントはかなり久しぶりです。
    でもメルマガは毎回拝見させていただいております。
    独自手法まだまだ模索中です。

    もしエントリーしてたら負けた場面探し

    確かに逆はやってました。目からウロコです。ぜひやってみようと思います。

    • そなまま様
      コメントありがとうございます。

      >コメントはかなり久しぶりです。
      でもメルマガは毎回拝見させていただいております。

      ↑ありがとうございます♪

      >もしエントリーしてたら負けた場面探し
      確かに逆はやってました。目からウロコです。ぜひやってみようと思います。

      ↑トレードは多くの人が負けると言われています。

      トレードとは基本、買いか売りしかないワケでして
      ということは、負けている人の逆をやれば勝てる・・・

      理屈的にはそうなるわけですが、
      では「どの部分の逆」をやれば良いのか?
      ここを探求するといろいろ面白いことが見えてくるはずです。

      「勝ち方」の模索ももちろん良いのですが、
      「人はどうやって負けるのか?」を
      もっと突き詰めて考えてみることも重要だと思うんですよね。

      ていうか、これ自体が「逆」だとも思うわけです。

  • いつも動画楽しみにしています。BTCには乗り遅れた感があるのでFXの動画以外は見てませんでした。すいません。久しぶりにコメントさせていただきます。
    実は現在、XMにて海外FXを始めたのですが昨夜、1時位にトレード中に自分が入れていないポジションが2回も勝手に取引きされるという現象が起きました。
    しかも自分の張っているロットの40倍という大きさで・・・一瞬でクローズされてまた入るという・・・そちらはすぐに自分で決済しましたが口座資金が一気に半分に削られるという悲劇に会いました。色々と調べたらMT4で取引している口座には複数のIPアドレスから同時にログイン出来るという事がわかりました。
    無知な自分を恥じます。私は及川師匠のスクールには入っていませんがずっと前からチャートのインジケーターを自分で勝手にコピーして使わせてもらっています。
    でも鉄板マスターは買いましたよ。蛇足ではございますが師匠もお気をつけ下さい。

    • カワキタさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >昨夜、1時位にトレード中に自分が入れていないポジションが2回も勝手に取引きされるという現象が起きました。
      しかも自分の張っているロットの40倍という大きさで・・・

      ↑げ!この経験はさすがにないですね(汗)
      確かにアイパスが誰かにバレてしまっての話だと思います。
      それにしても、犯人は一切得しない中、
      珍しい事例だと思いました。

      >蛇足ではございますが師匠もお気をつけ下さい。

      ↑はい、気をつけます。
      パスワードはメンドウでも複雑化しておいたほうが良いという
      警鐘と受け止めます。

      これを読まれた方が、みな気をつけてくれると良いですね。

      お辛い話をわざわざしてくださり
      本当にありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。