及川、ただいまシンガポールで『絶賛隔離中』というハナシ

 

約3か月弱となった日本への一時帰国を終え、
先日シンガポールに戻って来ました。

今年の3月以降、
コロナへの締め付けから
一度国外へ出た人間は再入国が出来ずにいたのですが、

8月くらいから徐々に大丈夫となり
最近は申請すればほぼスルーで再入国OKという流れになっているんです。

ただし!

入国から14日間は政府機関が振り分けるホテルの室内から
一歩も外には出られず、
誰とも接触出来ずの『完全隔離』状態を経過しなければなりません。

で、今回僕が隔離されたホテルが
ここ↓

「マンダリンオーチャード」という名称で
本来ならハイグレードなホテルなのですが
僕が連れて来られた部屋はそうでもありませんでした。

そりゃそうですよね、
なにせ「隔離部屋」なんですから(苦笑)

 

部屋に到着し、
まず目に入ったのがコレ↓

一人部屋に並んだミネラルウォーターの数を観て
「あ、オレって今から隔離されるんだな」と
あらためて認識し直したのは言うまでもありません(笑)

 

ちなみに3食付きの14日間で
2000シンガドルを取られます。
(日本円で約16万円)

これ、安いですかね?

・低グレード部屋
・たいして美味くないメシ
・ホテルスタッフほぼノーサービス

僕個人としては、これらを考慮した際
必ずしも安くはないような・・・

 

食事は一日三食、
事前に渡されたメニュー表に基づき
部屋まで運ばれて来ます。

まずはメニュー表↓

ただし「運ばれる」と言っても
部屋の中まで、ではありません。

こんな感じで↓

この画像は部屋のドアを開けた状態で撮ったものですが
各部屋の前にこのような椅子が置いてあります。

届け物があった際はこの椅子の上におき、
スタッフはドアをノックし、去って行くシステムと。

つまりホテルスタッフとも
交流はおろか、顔も見ることはないわけです。

さすがシンガポール・・・
と言ってよい徹底ぶりですよね。

 

部屋から一歩も出られない雰囲気は
ご理解いただけたと思いますが、
それ以外には専用のアプリを使って
一日3回の「ヘルスチェック報告義務」もあります。

こちらはアプリを開いたあとの画面ですが、
朝、昼、夕と一日三回の送信義務があるわけです。

内容的にはまず自撮り画像。

さらには、

Temperature    → 体温
Cough      → 咳
Sore Throt    → のどの痛み
Running Nose   → 鼻水
Shortness of Breth → 息切れ

※体温だけが入力方式で
あとは「Yes」「No」の選択式です。

このアプリについては
「位置情報の常時許可設定」がマストです。

 

一日3食をドアの前に置かれ、
食べ終わったら外に出し、
位置情報は常に把握されている状態・・・

もうこれで充分ですよね?普通なら。

しかし、これで終わらないのがシンガポール。

さらに毎日一回、
抜き打ちの電話確認があるんです。

「毎日」って時点で
もはや抜き打ちではありませんけどね(苦笑)

電話については
「Whats App」という日本のLINEに相当するアプリの
音声通話でした。

あ、ついでに言いますが
基本食事がマズいので
「Grab」というアプリで夕飯は出前を取るようにしています。
(日本のウーバーイーツとほぼ同じ)

これらのアプリアイコンが表示されている画面を
上記、参考にて。

 

チェックインの際に渡された紙によると
14日間、部屋の清掃はなしで
そんでもってリネン関係は3日ごとに交換。

こんな感じの記載だったため、
僕はてっきりタオル類とベッドシーツが届くとばかり思っていたのですが、

ちょうどこれを書いているときに
ドアのノック音がしたので取りにいくと
例の椅子にはこれが乗っていました↓

中身はバスタオルと普通のタオルが各2まい。

あ・・・ってことは
ベッドシーツも2週間そのまんまなワケね、
みたいな(苦笑)

 

さてさて、
こんな感じでスタートした僕のシンガポール隔離生活は
これを書いている今日で4日目です。

大好きな映画「ショーシャンクの空に」の主人公のごとく、
僕は孤独にはメチャメチャ強いという自信があるつもりなのですが、

そもそもネット環境さえあれば
現代人の多くは大丈夫なのかも知れませんね。

 

それはそうと
窓から見えるシンガポールの景色は今日もバリバリの快晴。

そんな中、
14日間まるでお天道様に当たれないって、
よくよく考えたら刑務所以上のヒドさじゃないのかなぁ・・・

なぁんてことには絶対に気付くものか!
と、心に決めている僕なのです。

 

※昨夜のYouTube動画でもお話をしています。
まだの方はぜひ♪
↓  ↓  ↓
[FX]ポン円ショートと
『シンガポール14日間隔離生活』の現状バナシ
2020年9月21日※NY時間トレード

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

107 件のコメント

  • 及川さんこんにちは。
    隔離生活お疲れ様です(+_+)

    日本ではgotoトラベルもあってか、この連休中もUSJなどのテーマパークには来場者が多かったとニュースでしてました。
    今現在でもシンガポールとは、えらく違うんだなと思いました(汗)

    youtube動画が隔離中もできそうということで、とても嬉しく思ってます。
    最近は徐々に相場にボラが出始め、相場も年末モード突入か?ということも肌で感じれるようになってきました。
    及川さんがおっしゃっている一週目より二週目、二週目より三週目ということが身に染みてきました。退場しないようにコツコツいきます!

    また対談動画も楽しみにしてます。
    これからも応援してますので頑張ってください!

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >日本ではgotoトラベルもあってか、この連休中もUSJなどのテーマパークには来場者が多かった
      >今現在でもシンガポールとは、えらく違うんだなと思いました

      ↑正直、シンガポールはやりすぎだと思いますけどね(苦笑)
      もっともここまでやっているからこそ、
      世界でも一二を争う感染率や死亡者の低さなのかも知れませんが。

      >最近は徐々に相場にボラが出始め、相場も年末モード突入か?ということも肌で感じれるようになってきました。

      ↑今年の残りは波乱要因が多いので
      良く言えばボラがあり、悪く言えば大荒れの可能性が高いでしょうね。

      >一週目より二週目、二週目より三週目ということが身に染みてきました。

      ↑年間を通しての時期時期の特徴、
      大きなイベントの際に生じる値動きの特徴など
      単純なテクニカルの勉強ではイマイチ知る機会のない部分を
      「己の体験」で身に着けられるのが最大の利点だと思います。

      多くの人は「一周目」ゆえ、
      体験してから初めてびっくりする、なんてケースが
      どうしても多いですからね(苦笑)

      >また対談動画も楽しみにしてます。

      ↑ホリーさん的にはリモートではなく
      直接お会いした中での対談が話をしやすいということのようなんです。

      僕のトレード動画もやれるっぽいため、
      そしたら監禁明けでもいいかな?と
      一応そんな風に思っている現状です。

      あ!
      「香港のK氏」とはどのみちリモートしかできないので
      近いうち、対談動画をやるかも知れません。

      その際はお付き合いください♪

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    いつも勉強になる動画ありがとうございます。
    資金管理について質問です。
    一回のトレードの損失額ですが、証拠金の何%でやっていますか?
    私の場合、資金管理が全くできておらず、小さいロットでも大きいロットであろうが同じところに損切りポイントをおいてしまい、コツコツドカンで毎回やられてしまいます。
    証拠金維持率は900%ぐらいを意識していますが、小さいロットでナンピンしまくり、損切りポイント辺りでも証拠金維持率が800%だと、まだ耐えれると思って持ちつづけて、結局負けてしまうことも多々あります。
    資金管理の改善ポイントについてご教授ください。よろしくお願いします。

    • コナン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >一回のトレードの損失額ですが、証拠金の何%でやっていますか?

      ↑僕は口座内の資金からパーセント設定することはないんです。
      というのも、
      例えば月末に大きな出金をした時と月初と
      出金する前の月末では口座内の資金がだいぶ違うからです。

      ちなみに僕は多くても1億、
      少ない時は4000~5000万くらいの時が多いのですが
      元々ハイロットでトレードをするため、
      世間の教科書的にはおそらく3~5億くらい入れておいたほうが良いレベルのはずです。

      で、その中での5%ということなら
      1500万~2500万となり、
      過去最大の損失を鑑みますとこんなところかも知れません。

      ただし、僕の資金管理法は
      もしかしたらちょっと独特かも知れませんで、
      例えば月中などで耐えたいポジションがあった際、
      当月利益分を全部飛ばすまでは耐えても良い、というマイルールがあります。

      こうなると杓子定規な「何%」とかは関係なく、
      あくまで「自分の世界における資金管理法」となります。

      >小さいロットでも大きいロットであろうが同じところに損切りポイントをおいてしまい、コツコツドカンで毎回やられてしまいます。

      ↑ここの部分が少々謎なのですが、
      トレードごとにロットが違うのでしょうか?

      弾数が変わるということであれば理解出来るのですが
      その際もナンピンや増し玉する際には
      それも含めた損切りをしないといけないでしょうね。

      具体的には
      例えば僕の場合ですと
      ナンピンは「ここを逆抜けしたら損切り」という場面でやったりしますので
      そうなると追加分の損失はかなり限定的になるんです。

      資金量の何%というのを先に決めてしまいますと
      耐えて良いところでも損切りしないといけないなどの弊害もありますので
      その場合は、そもそもロットが過大です。

      損切りすべき位置で損切った際に
      資金の何%以内、ということなら問題はありませんが、
      そのパーセントは各々の資金の性質にもよると思いますね。

      再び僕で例えますと、
      口座内の資金が仮に全部溶けたとしても
      全然追加投入が出来ますので
      そのような人であれば極論10%強でも良いと思います。

      一方、追加投入が出来ない、
      またはしないで済むような安全運転を目指すのであれば
      個人的には2%くらいに抑えるのが無難かと想像します。

      繰り返しになりますが、
      まずは利食いや損切りまでのpipsなど
      トレード現場的な部分を優先し、
      それに対し、資金の何%までかを仮決めし、
      その金額で収まるロットにてトレードをする。

      順番的にはこうすべきかと思いますので
      そのあたり、再確認なさってみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 隔離生活、ご苦労様です。

    トレード動画、毎回視聴しています。
    デイトレ大百科でも勉強させていただいています。ありがとうございます。

    私が悩んでいることをひとつ相談させてください。

    私は現在、海外口座(Big Boss)を使用しています。
    資金が少ないため、レバレッジをかけないと、利益を出しにくいからです。

    ある程度資金ができた際、海外口座が有利か、国内口座が有利なのか判断ができません。

    海外口座と国内口座は双方に、メリット・デメリットがあります。

    海外口座はレバレッジがきく代わりに、手数料がかかります。私はスキャルピング的なトレードが多く、取れるpipsは5~10pips程度です。
    必然的に、資金効率を上げるためには、トレード回数を増やしていかなければなりません。
    その際、手数料の負担が結構大きいと感じています。

    国内口座は、レバレッジがかけられない代わりに、手数料がかかりません。
    スプレッドも国内口座のほうが小さいです。

    トレードコストの面から考えれば、圧倒的に国内口座に軍配があがります。
    税金面でも違いがありますが、これは対処が可能ではないかと思っています。

    及川さんも以前はライオン口座(ヒロセ)を使っておられましたね。
    現在はライオンは使われないのですか。
    及川さんほどの資金がありながら、なぜ海外口座で取引されているのか、その理由を知りたいと思い、メールしました。
    資金効率という視点から、ぜひ及川さんのお考えを聞かせてください。

    • マケテル・ジョーダン様
      コメントありがとうございます。
      (それにしてもハンドルネームがシュールですね・汗)

      国内業者と海外業者について、
      おっしゃりたい主旨は理解出来ているつもりです。

      まず僕の話からしますと、
      確かに以前はヒロセ通商を利用していました。

      ただし、僕はかなり以前から国内海外ともに
      法人口座を使っていましたので
      税率上の違いはほとんどありませんでした。

      ※ヒロセの場合、以前は法人口座だとレバが100倍だった時期があり
      このへんにもメリットを感じていました。

      スプレッドの件、確かにヒロセのほうが薄いですが
      ところが実際のトレードの際に約定が滑るのが悩みだったんです。

      1PIPS程度すべることもザラでして、
      これ、なかなかなストレスなんです。

      仮に毎回1PIPS不利な側にすべるのであれば
      MT4口座のほうがよほど健全だと思い、
      昨年の春ごろ、あれ一昨年だったかな(汗)に
      ヒロセを使うのをやめた経緯があるんです。

      ※この話は以前のYouTube動画でもしたことがあるのですが
      いつの動画かは思い出せずすみません。

      ちなみに「現在」に関しましては
      海外居住者であるため、投資の利益に税金がかかりません。
      ゆえに日本国内の業者を使うメリットはますますないのが現状です。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      もし不足がございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です&お久しぶりです。

    マンダリン系なら5つ星ですね。
    でもデラックスタイプのお部屋でしょうからダブルベッドで30㎡くらいでしょうか。
    なら、ネットで約2万@日、14日で28万。16万ならお安いかと、、、普通ならww
    ブログのネタ代込みだからガマンです(笑)

    ショーシャンクは私も好きです。だから孤独も好きな方ですけど14日はちょっとした拷問ですね。
    何か課題でも持ってかないと、ストレスで余計に毛が抜けますww

    Health Reportの鼻水はRunning Nose!!
    はなたれっちゅう意味じゃんwww 失礼なヤツですねえ、誰だと思っているんでしょうか、。後で注意しておきます!

    全く意味のない内容で申し訳ございません。
    今日は本業で別に暇ではないんですが、師匠のご尊顔を拝したら何か一筆入れたくなりましたw

    でも隔離されながらもトレード配信される師匠は、やはり期待を裏切りません。
    あ、でも暇MAXですよね?
    では、ガンバッテ配信よろしくお願いします。

    p.s.配信動画はちゃんと見てます、、ホントですってば。

    及川さんを真面目に尊敬している〇中より。

    • hamamatsuの〇中様
      コメントありがとうございます。
      もちろん誰だかは理解済です♪

      ってか、「〇中」って
      最初なんかの中毒の人かと思っちゃいましたよ(笑)

      >デラックスタイプのお部屋でしょうからダブルベッドで30㎡くらいでしょうか。

      ↑あぁ、多分そのくらいかと思います。
      なるほど、それでもかなり安いわけですね^^;;

      >14日はちょっとした拷問
      >何か課題でも持ってかないと、ストレスで余計に毛が抜けますww

      ↑ちょうど今日、
      Mr.Tから「良い機会なのでファスティングをやったらどうです?」と言われました。

      彼が高品質の酵素を持ってるそうで
      実際良い機会なのでそれを試すかも知れません。

      >今日は本業で別に暇ではないんですが、師匠のご尊顔を拝したら何か一筆入れたくなりましたw

      ↑ブログ記事へコメントくださるあたり、
      謎な律儀さを感じてしまいました(笑)
      お気遣いであれば感謝いたします♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    初めてコメントさせて頂きます。
    デイトレ大百科で勉強中です。
    結果はまだまだついて来ていませんが諦めずに頑張ります。
    質問なのですが本日9月22日にアップされたポンド円のショートですが15分maが上向き転換後で更には前回高値の水平線+maタッチ、私は及川先生と同じ所でロングしてしまいかなりの損失をだしてしまいました(涙)
    崩壊トレードの逆バージョンみたいなイメージでロングしたのですが勘違いしてますか?
    まだまだ勉強不足で大変恥ずかしい質問なのですが宜しくお願い致します。

    • ししまる様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >9月22日にアップされたポンド円のショート
      >崩壊トレードの逆バージョンみたいなイメージでロングしたのですが勘違いしてますか?

      ↑なるほどですね。
      このトレードについては
      他の方にアンサーした内容がありますので
      まずはコピペさせてください。

      ↓ここから

      あえてチャートを見直しせず
      記憶のみでお話しますと、
      欧州16時からユーロやポンドが超絶に下落していましたよね?

      ここは生では観ていなかったのですが、
      その後NY時間に突入後のチャートも
      ユーロ円とポンド円のシンクロ性が高かったところに
      僕はまず目が行きました。

      僕はシンクロ度合いの高い通貨シリーズは
      テクニカルが効きやすいという感覚がありまして、
      そんな中、ポンド円とユーロ円が黄緑線を抜け
      されど75本線&1時間足MAを抜け切れずグダグダしている状況へ。

      僕がチャートを開いたのがこのあたりだったのですが、
      そもそも僕は下げ過ぎでの戻し、
      3番煎じ以降や、時間帯切替わり後の戻しに対し
      黄緑線から入ることはあまりなく、
      上述の75本線&1時間足MAあたりからやるか、
      めぼしい水平線からやるようにしているんです。

      これは「やってやっても良いでやる」の部分です。

      で、あの場面は上述の要因がかなり合致していたため、
      1時間足MA接近時の高値までは売り向かおうと思える場面だった次第です。

      さらに言いますと、
      ここは「感覚的」に、
      株式市場もかなり弱含みの状況でもあり、
      より一層自信を持ってのエントリーが出来たと思っています。

      ↑ここまで

      ポイントを整理しますと

      1.欧州時間からの超絶下げ
      2.株式市場の低迷
      3.該当時間におけるポンド円とユーロ円のシンクロ度合い

      これらのことから
      僕は「上にはいけないはず」との判断でした。

      1と2はテクニカルよりも
      ファンダメンタルズ寄りの判断だったと思います。

      崩壊トレードにつきましては
      僕は「逆」をやることはあまりありません。

      なんだかんだ人間の心理って
      「急落の恐怖」のほうが強いからです。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    お返事ありがとうございます。

    師匠のアドバイスを受け、
    いろいろと自分なりに考えてみました。

    私には甘い部分がたくさんあると思います。

    旦那も私によく自分の身を守ることの大切さを説くことがあります。

    そんな自分があまり好きではありません、、、

    現実をよく見て、将来、家族
    そして自分のためにつらい決断をできる人を
    非常と言う人がいるかもしれませんが
    トレードと同じですね。

    私はこれができる人を一番優しい人だと思い

    尊敬しています。

    そんな

    私が何でFXを続けられてるかと

    それは人ではなく相手が相場だからと思っています。

    最近も手痛い目にあいました。

    師匠が木曜日のYouTubeで
    勝った場面で私は負けてしまいました。

    スイングだったのでかなりの含み益を
    T/Pを入れずにマイナスにしてしまいました。

    このように私の性格からの
    甘さがトレードに出ていると痛感しました。

    時間はかかると思いますが、
    ひとつひとつ経験して、矯正⁈できればと
    諦めずに頑張っていこうと思います。

    文章が下手ですみません。
    伝わると良いのですがw

    また、ステップアップできら
    報告します♡

    隔離生活で体調崩さないようにお身体ご自愛下さい。

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >私には甘い部分がたくさんあると思います。
      旦那も私によく自分の身を守ることの大切さを説くことがあります。

      ↑前回の続きみたいな話になりますが
      僕は「甘い=悪い」とは思っていません。

      例えばご両親から大切に育ててもらった「箱入り娘」は
      世間から見たらかなり「甘い」ことでしょう。

      けど、おかしなしがらみもないため
      とても純粋な心の持ち主かも知れませんよね。

      というか、
      世間の荒波に対し、
      立ち向かっていく必要がない人が
      わざわざそんな世界に足を踏み入れる必要などないとも言えます。

      上述の箱入り娘さんは
      ご両親からそういう想い、具体的には
      「経済的には自分たちが死ぬまで、いや死んだあとも苦労はさせたくない」
      そんなで気持ちで育ててもらったとも言えます。

      この育て方が正しいかは正直微妙ですが、
      少なくとも「争いを避けて通れる人生」を
      特に女の子に対し父親が願う気持ちは
      娘が3人いる僕にも理解できるつもりなんです。

      話が逸れましたが、
      相場の世界を「戦場」とした際、
      そこでシノギを削る必要性がどこまであるのか?

      ここをしっかり考えるところからではないかと想像しています。

      で、「やる!」となったらやるしかない、
      なぜなら相場は「やらねばやられる世界」だからです。

      時間をかけて着実に、については
      もちろんそれで良いと思います。

      ちなみに、
      当初は相場に荒波に巻き込まれ、
      泣いて過ごした女性が
      その後、諦めずにがんばることで
      今では大きな利益を涼しい顔して稼ぐようになった、
      そんな女性を僕は知っています。

      やるからにはどうかがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    毎回動画を楽しく拝見させていただいております。
    また及川さんの動画を見るようになってから約1年になりますが、トレードの成績も随分と良くなり、本当にありがとうございます。あらゆる面でとても参考になっています。

    さて、FXとは関係無いコメントになりますが、当方オーストラリア在住で、4月中旬にオーストラリアに戻った際に2週間の隔離生活を経験しました。ホテルの部屋の窓も開けられず、また、部屋のドアより外に出ることもできませんでした。シンガポールの隔離も同じ感じですね。2週間は、短いようであり、また長いようでもありました。隔離期間は、自分の内面を見つめる良い機会と捉えて過ごしましたが、隔離が終わって外の空気を吸った時はさすがにホッとしました。まさしくシャバに出た喜びがありました。残りはあと10日ですので、頑張ってください。

    次回の動画をたのしみにしております。今後ともよろしくお願いします。

    • パースYさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんの動画を見るようになってから約1年になりますが、トレードの成績も随分と良くなり

      ↑このようなコメントが僕の「燃料」になります♪
      本当にありがとうございます。

      >当方オーストラリア在住で、4月中旬にオーストラリアに戻った際に2週間の隔離生活を経験
      >ホテルの部屋の窓も開けられず、また、部屋のドアより外に出ることもできませんでした。

      ↑あらま、ほぼ同じですね^^;;
      おつとめ、ご苦労さまでした(笑)

      >隔離が終わって外の空気を吸った時はさすがにホッとしました。
      >まさしくシャバに出た喜びがありました。

      ↑一番は「お天道様に当たれる」かなと。
      14日間、一切日に当たらないって
      それ自体が健康によくないですよね(苦笑)

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございますm(_ _)m
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして
    いつもYouTube拝見させて頂いております。
    私は兼業でFXを始めて2年になります。
    いつかは専業でやっていくつもりで、取り組んでおります。
    本題なのですが、
    私のFXに取り組むテーマとして、
    ゼロサムゲームなのだから、誰かが損をしないといけない。
    つまり、個人のストップロスが溜まっているポイントを大口が狙う。個人が耐えきれなくなり、ぶん投げる。
    その後本来の方向に向かう。というのが、大前提として、私の中にはあるのですが、中々上手くいきません。
    及川先生は、ストップ狩りについて、過去の動画で、触れられてるのを見た事ないのですが、全く気にしてないのか、大事な事すぎて、YouTubeの無料動画で、公開出来るようなものではないのか、気になります。
    私がおかしな道に迷い込んだのか、トレード仲間も1人もいないので、誰にも相談できず、悩んでおります。
    回答頂けたら幸いです。
    読んでいただきありがとうございました。

    • サムライ84さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >個人のストップロスが溜まっているポイントを大口が狙う。個人が耐えきれなくなり、ぶん投げる。
      その後本来の方向に向かう。

      ↑「ゼロサムゲーム」の件と併せ
      ここはひとつの真実だと僕も正直そう思います。

      >及川先生は、ストップ狩りについて、過去の動画で、触れられてるのを見た事ない

      ↑FXでお話をしたことは確かにないはずです。

      ただし、いわゆる「私設取引所」についてなら
      お話したことがあります。

      具体的にはビットコインがブームだった頃の
      「ビットほにゃらら社」などについてです。
      あそこはしょっちゅう「ストップ狩り」をしていたように
      僕には見えていたものでした。

      FXも相対取引という性質上、
      ブローカー単位でのストップ狩りは
      少なくとも過去には山ほど事例がありました。

      それをするブローカーとは付き合わない、
      当たり前ですが僕自身、そこは注意をして来たつもりです。

      さて本件のストップ狩りについては
      もっと大きな「為替相場全体」での話かと思います。

      為替全体であっても広義の意味における「ストップ狩り」は
      確かにあるかも知れませんが、
      これについての名称は株式市場などでよく使われる「ふるい落とし」が
      平時については適切かなと思っています。

      ちなみに「平時」でないときに行われるストップ狩り的なものも
      過去には幾度か大きなものがありました。

      強く記憶に残っているのが
      東日本大震災後のドル円や豪ドル円の早朝大暴落です。

      当時は日本人が寝ている時間にレバレッジポジションを強制決済(ロスカット)させ、
      さらに寝ている間に底値で買い戻し、日本人が起きたときには
      「値は戻ってるのに損切りだけさせられた」
      要するに買い戻しさえさせてもらえず値を戻した、なんてことがありました。

      これなどは典型的な「仕掛け」ですよね。

      で、「平時」に話を戻しますが、
      おっしゃられるような仕掛け的動きも当然あるとは思いますが、
      僕はここ、極端に気にはしないようにしています。

      というか、
      「そういうのもあるのが相場」という具合に
      割り切っているからです。

      そうなると逆に話は早く、
      「行くと見せかけてフェイクだったときは逆に伸びる」
      など、自分の中で逆手に取れるような戦術を採用したり、
      そういった経験値の積み方をしていくことを
      あらかじめテーマに置いておくと良いのではないでしょうか。

      僕もこの手の話は大好きでして
      実際「逆手に取ってやる!」という意識は
      常に持って今に至ります(笑)

      繰り返しになりますが
      上記「仕掛け」の動きも含めて『相場』ですので
      その中でどう立ち回るのか、
      そこを準備し対応するかこそが我々にとって必要なことだと思う次第です。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生、まずは無事そちらにお付きになられたとの事でホッとしております。
    日本の中でも1番罹患者密集地域にご滞在でしたから少々冷や冷やしてました。

    動画拝見していて、以前のルーティン動画以上にシュールで(笑)早く解放される事を願わずにはおられません。

    FXに関係ないんですが、先生、お髭似合いますよ?整えてみたら如何でしょうか?
    あ、コレには画像貼れないですね。恐れながら…画像処理してみたんですが、かっこ良いですよ?Twitterの方にに貼っておきますからご覧下さい❤︎

    FXでお聞きしたい事もありますが、とりあえずは今回はこの辺で失礼致します。
    あ、日光浴出来ないなら身体各所に陽の光が当たるイメージをしながら、ゆっくり深呼吸すると良いですよ。

    では、失礼致します。

    • オワヨン。様
      いつもコメントありがとうございます。

      >動画拝見していて、以前のルーティン動画以上にシュールで(笑)早く解放される事を願わずにはおられません。

      ↑まずはお気遣いに感謝いたします(笑)

      >先生、お髭似合いますよ?整えてみたら如何でしょうか?
      >Twitterの方にに貼っておきますからご覧下さい❤︎

      ↑先ほど、拝見させていただきました。
      もっともアレ、元が「ユーライク」で撮影した
      なかなかの詐欺画像なんですけどね(苦笑)

      >日光浴出来ないなら身体各所に陽の光が当たるイメージをしながら、ゆっくり深呼吸すると良いですよ。

      ↑そうなんですか、
      試してみたいと思います^^
      アドバイスありがとうございますm(_ _)m

      では、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、初めまして。
    fxを始めて1ヶ月半の学生です。

    いつもYouTubeを見て勉強や励みにさせて頂いています。

    勝手ながら悩み相談になってしまいますが、僕はコツコツドカンではなく、チキン利食いに悩んでしまっています…。

    損切りはエントリーの根拠と外れた時に比較的早く出来ているので、ドカン負けする事はないのですが、移動平均線をベースにトレンドに乗るエントリーは出来ているのにも関わらず、少しでもローソク足が移動平均線に隔離した状態から戻って来た時に、今までの失敗トレードを想像してしまい微益で撤退してしまいます。損切りは非常に早いつもりなのですが、利確も早過ぎるよです…

    「チャートの動きに翻弄させられるのならチャートを見なければいい!」

    という事は良く聞くのですが、やはりチャートを見ないでいると「逆行してしまっているのでは…」と良くない不安が頭をよぎってしまいます。

    トレンドに乗るトレードは出来ているはずなのに、どうしても自信が持てません。 及川さんはYouTubeを拝見しているところ、チャートを確認しながら利確の判断や損切りをしておられますが、どうやってトレンドに乗っている最中の一時的な逆行に立ち向かっておられますか?

    稚拙な文章で申し訳ありません…
    シンガポールは大変な時期だと思われます、お体に気をつけてください。

    • まっや様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >僕はコツコツドカンではなく、チキン利食いに悩んでしまっています

      ↑感覚的には少数派のイメージですが
      けど、それなりにいらっしゃるようですね。
      過去に何度かご相談を受けたことがあります。

      もっとも僕も「かなりのチキンですので
      あまり他人様のことは言えないんですけどね(苦笑)

      >どうやってトレンドに乗っている最中の一時的な逆行に立ち向かっておられますか?

      ↑ここは一言で言いますと
      「事前に決めた方針に沿う」ですね。

      僕は動画の中でも
      逆行されてもつっぱるケースが多いと思いますが
      これ、そもそも「つっぱっても良いと思える場面」をトレードするよう
      心掛けているからなんです。

      特に多いのが上位足の方向が合っている時で
      「ここを抜けたら損切り」と決めたケース。

      逆に言うと「抜けるまでは諦めない」わけで
      そういう立ち回りをあらかじめ決めておくことだと思います。

      これは利食いにも同じことが言えますが
      ただし僕は利食いについては
      「グズグズするなら目標手前でも逃げちゃう」を
      基本方針にしているので
      そういう「マイ基本方針?」とでもいうものを
      各種定めておくことも良いように思います。

      あとは、
      アリテイな言い方で恐縮ですが
      「腹をくくる」ということかなと。

      自身が許容可能な損失や損切りラインなどを事前に定めておくことで
      そこまでは「むしろガマンしなければいけない」
      みたいな。

      あ、利食いにもこの部分は必要かも知れませんね。

      まとめますと

      1.トレードは事前イメージが重要
       なんならイメージ上ではトレードがすべて完結しているくらい固めてからでも良いくらいです。
       なぜならそのイメージ通りにいかない時点で戦術を「修正」することが可能だからです。

      2.「1」で決めたことに対しては腹をくくる!
       要するに「バタバタしないでドンと構える」という話です。

      僕から言えるのはこんなところです。
      もし不足がありましたら遠慮なくお声かけください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 前回ブログのコメントへお返事頂き、めちゃくちゃ嬉しかったです!!

    隔離生活、孤独ですよね(泣)
    それに16万は高いと私も思います…
    ミスチル熱唱して部屋の中でトレーニングされてると動画で話されてたのを聞き、何かのせいにしてダイエットができないと嘆いてる自分が恥ずかしくなりました(笑)

    私は今年3月頃及川先生の本と運命的な出逢いをし(←勝手に運命と思ってます。)、そこから、負けたり勝ったり負けたり負けたり…
    今、正直、若干エントリー恐怖症なんですよね。。
    及川先生の動画や、リオンちゃんのTwitterで今日はここだったよね…と思うんですが、自分ではなかなか入れず。
    少し前は、調子良かったんですが、一旦負け続けたら、怖くなってしまって。

    勿論、諦めるつもりもなく、野望の火はメラメラ燃えています。
    回りに、FXなんてギャンブルだし危ないよーとか言われても、そうではないと思ってるので、やめる気ゼロです。
    むしろ、見返したい!

    まだ、勉強が足りてないし、コレだ!と言えるモノを身に着けてないからだと思っています。
    でもチャートみるのも、分析するのも、時間忘れるくらい楽しいんですよねぇ。

    成功したら、あれもこれもしたい!っていう欲望はあり、何より、親孝行したいんですよねー。
    だから、
    とにかく絶対諦めない!
    ってここで及川先生に伝えることで、自分の中でのモチベーションになると思い、コメントさせて頂きました。

    及川先生たちに、追いつけるように、頑張ります。

    隔離で体調崩されることがないように。。
    隔離終了、楽しみにしています!
    いつもありがとうございます!!

    • りえ様
      コメントありがとうございます。

      >ミスチル熱唱して部屋の中でトレーニングされてると動画で話されてたのを聞き、何かのせいにしてダイエットができないと嘆いてる自分が恥ずかしくなりました(笑)

      ↑本当なら筋トレもしたいのですが
      僕は有酸素運動をより重要視していまして、
      それが出来ていると安心(?)するんです(笑)

      ここからはマジレスしますが、
      看護師さんは激務でしょうし
      無理もないのでは?とも思いますよ^^;;

      >私は今年3月頃及川先生の本と運命的な出逢いをし(←勝手に運命と思ってます。)

      ↑光栄です♪
      ますます「お酒の場」が必要そうですね(笑)

      >FXなんてギャンブルだし危ないよーとか言われても、そうではないと思ってるので、やめる気ゼロです。
      むしろ、見返したい!

      ↑こういう気持ちって、
      なかなかオトナになってからは持ちにくい感情ですよね、
      反骨心みたいな。

      なんか気持ちが若いままでいられそうで
      良い部分なのかも?って思いました^^

      >ここで及川先生に伝えることで、自分の中でのモチベーションになると思い、コメントさせて頂きました。

      ↑了解しました!
      ただし、気ばかり焦ってバタバタしないよう
      どうかお気をつけください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

  • こんにちは、2度目のコメントになります
    Noritoと申します

    現在の僕自身、選択や意思決定する時、迷いが生じて決断できなかったり選択を先延ばしにする事があり悩んでます、その点に関して相談です。

    トレードにおいては損切り・利確位置を決めたり毎日Twitterでトレード記録を残すことで習慣化し、トレード初期のようにドカン負けすることはなくなりました。ある程度機械的にすることで感情や額面の影響を最小限にして改善・継続できています

    僕自身について現在、流通・小売業の会社員をしていますが、3か月程前に体調を崩してしまい現在休職してます、診断は早めの発見で復帰もすぐできるとのことでした。休職期間に入り慢性的な頭痛や鼻血がなくなり、体調面でいうと仕事をしているときより良くなりました。(確かに休んでいれば良くなる話ですけれども、)休職中の間にできることはないかと及川先生のブログとYouTubeに出会い3か月にFXの道に足を踏み入れた次第です。(投資に関して数年前から興味をもち読書等で浅く勉強してました)

    相談したい選択・意思決定というのは”転職”に関して、専業になるということです。確かに専業になるには生半可な事ではないと重々承知しています。周りからお金目的で甘い考えと思われても仕方ないかなと思います。現在十分な利益が出ているわけではありません。しかし、自分で稼いで食べて生活していく気持ちは十分あります。数年前から4,50代でセミリタイヤをし、投資やビジネスの世界で生きていくと目標を持って会社で頑張っていましたが、2ヵ月前にFXを始めたことで実戦を積むことが大事と実感し、早いうちから取り組んでおかないと4,50代から始めると遅く、おっかないことになると痛感しました。

    及川さんのデイトレ大百科やYouTube、それ以外のFX関連本を読んでひとまずFXで生活するにはどこを目指していくか見立ても立てています(小ロットから始め勝率と利益率を意識→徐々にロットを上げる(ざっくりですが)、資金管理等)

    そのことをパートナーに話をしたら理解はしてくれたのですが、両親の理解は得られてない状況です。結婚などのライフプランを考えると会社にいることで安定していることが周りにとっていい影響がある事、との見解でした。でも、会社に戻ると兼業で続けれる、専業で失敗したらどうするなど。自分の性格上分散的にできない、けど周りの意見が気になってしまうという感じで天秤が行ったり来たりしています。(休職してからずっと先延ばしにしている状態です)

    及川さんはこのような重要な場面で選択や意思決定をする際に何か重要視していることや基準などありますか?パートナーや周りの反応はどうだったのでしょうか。また、僕のようにたった2か月FXやったくらいで専業になろうという考えは甘いのでしょうか?

    重めの長文と少々口が悪い部分もあると思います、人生相談のようになってしまいすみません。このような質問は後押しだとか甘えのように思われるかもしれませんが、後押しされたいわけでなく及川さんのような投資家側からの考えも頂戴したいです。厳しいお言葉でも構いません、人生の先輩でもある及川さんから何か学べたらと思い質問させていただきました。

    • Noritoさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。

      >休職期間に入り慢性的な頭痛や鼻血がなくなり

      ↑逆にいうと、
      休職前は慢性的だったってことでしょうか?
      さぞシンドい状況だったと想像いたします。

      現状が良好であるならば
      なにはさておきホッとしますね。

      >相談したい選択・意思決定というのは”転職”に関して、専業になるということ
      >たった2か月FXやったくらいで専業になろうという考えは甘いのでしょうか?

      ↑このような考えに至る経緯は理解出来ているつもりです。
      ただし、そうであってもいきなりの専業は正直オススメ出来ないですね。

      もっともこれ、
      Noritoさんだからではなく
      ほぼすべての人に同じことを言うと思います。

      トレードの最も「ヤバい」ところは
      「負けたら資金が減る」という部分です。

      さらに専業の場合、
      「生活費を出金せねばならぬ」ことも大きな障害になるはずです。

      このブログの中に
      僕の「無一文物語」という実話集がありますが
      僕自身、以前株式投資デイトレの専業をして
      死ぬ思いをしたことがあるんです。

      ちなみに専業になる前は順調で
      ずっと勝てていました。

      ところが上述の
      1.負けたら資金が減る
      2.勝てなくても生活費分は減る

      これらが尋常ではないプレッシャーになり
      勝てていたものが勝てなくなってしまった・・・
      という経験をしているわけです。

      マジで言いますが上記、
      ハンパないですよ。

      まずはこの部分ゆえ、
      「なんでも良い、少なくても良いから
      なんらかの収入を別途確保してスタートしたほうが良い」
      僕はこうお話するようにしているんです。

      それともう一点は
      やはり「経験不足」です。

      相場の世界はさまざまな「想定外」に満ち溢れています。

      例えば「普段の相場」では無敵状態だった人が
      突如訪れた「過去に経験したことのない現象」に対し、
      平時の対応をしたがために一気に資産を溶かす、
      なんてこともよくある話なんですよ。

      よって僕は
      「想定外も想定できるようになるべし」
      このように言うわけですが、

      けどこれって、
      ある程度の「想定外体験」をしていないと
      なかなか実感できないと思うんです。

      ですので、
      まだ「経験不足」という話なわけです。

      誰が言ったかは忘れましたが
      商売を始める人に対し、
      「半年間、一円も儲からなくともメシが食える余裕を持って始めろ」
      こんな話をガキの頃聞いたことがあります。

      これはかなり真理だなぁと今はそう思うんですよね。

      ですので
      「半年分の生活費」と
      「それ以外のトレード用資金」
      これが両方準備出来ていることも
      専業化への最低限かも?と思います。

      さらには可能な限り、
      トレード以外のなんらかの収入源確保も
      しておくこと、、、

      これこそがメンタル維持の最大のポイントになると
      経験上、そう申し上げておきます。

      本件は取り急ぎ以上とさせていただきますね。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    隔離生活お疲れ様です。
    なんか大変そうですね^^。また、欧州でもコロナ感染が増加しているようで
    これから、涼しくなった日本でも、、。心配ですね。

    一つ質問です、ビッグボスの約定ですが、最近レートと離れて約定します。
    新規も仕切りも、、。例えばドル円で105.102で売りでクリック→
    約定値段が105.091とか、、。1PPとか離れます。(注文は1ロット)
    及川さんのように一度に30ロットの注文の時レートは滑らないでしょうか?
    トレード時間も日本の夕方で祭日ではない時間帯なので、、。また、
    サポートにもメールして聞いたのですが、、。以下の文章です。
    ↓   ↓
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ワンクリック注文は成行注文の形式となりますので、
    お客様がワンクリック注文行ってから、
    弊社サーバーがその注文を受け取った時点でのレートが約定レートとなります。

    なお、この間に相場が変動した場合は、
    取引画面に表示されていたレートと約定レートに
    スリッページが発生する場合がございます。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    MT4も再インストールして、500キロ離れた友達と現在レートを一緒に確認しているのですが、まったく同じで遅延もないのですが、、、。

    すみません変な質問です、、、。今前及川さんもMT4がうまく動かないとか
    動画で話し照らしていたので、、。

    宜しくお願いいたします。

    • 葛飾の罫線より様
      コメントありがとうございます。

      ビッグボスというより
      MT4の約定の件についてですが
      システムの裏に株でいうところの「板」があり
      その板と注文が噛み合わないときに
      いわゆる「すべる」という現象が起きるものと
      僕は理解しています。

      ここから先はあまり大きな声では言いにくいのですが
      例えば顧客の取引を全呑みしている業者であれば
      一切すべらずにやれる可能性があります。

      ※この場合はユーザーの負け分が業者の利益
      ユーザーの勝ち分が業者の損失、となります。

      おかしな言い方ですが
      スベるほうがある意味健全と言えなくもない、
      FXとはそんな世界であることもひとつの事実です。

      僕個人の感想としましては
      普段の時間帯であれば約定でスベるイメージはほとんどありません。
      ただし、深夜の時間帯などでそこそこ大きくスベった経験は確かにあります。

      あまりに頻発するようであれば
      業者変更も検討したほうが良いかも知れませんが、

      その前に別の業者と同時利用を試し、
      ご自身にとって使い勝手の良い方をメインにし、
      他方をサブにする、みたいな形が一番良いと個人的には思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします

  • 及川師匠、ご無事でシンガポールに到着されたようで嬉しいです。

    前回ご返信いただきありがとうございました。以前600万から全損しかけた者です。
    新たにスタートし直したわけですが、かなり良い結果が出そうです。1000万到達した時点でもう一度報告させてください!

    今日は別の件で師匠のご意見を伺いたいです。
    それは金(ゴールド)についてです。

    以前から金ドルにおいて通貨のようにmt4上で相関を見て優位性を測れないか、というものを検証してまいりました。その結果、相関係数、自分の肌感覚において、
    1、銀ドル
    2、オージードル
    3、ドル人民元
    上から優先順位が高い順という結果になりました。今更かよ!って思われてしまうかもですが、類似商品、金輸出国との相関はかなり強固に感じました。
    これらのシリーズのシンクロしての同時高安値抜けなどのブレイクは通貨と同じくらいにやりやすさを感じました。
    また、通貨においてボラがあるものはテクニカルが効きやすいという自分の感覚があるのですが、それがNY時間の金の動きではかなりテクニカルで判断がしやすいように感じました。特に、
    1、シンクロでの同時抜け
    2、行って然りが行かずに逆抜けした後の逆への圧倒的強さ
    3、夏時間21時からの流れ

    これらはかなりやりやすく感じました。

    他にもたくさんわかったことがありますが、これらから金は通貨と同じくらいアリなのでは?という結論に至りました。師匠の金に対するご意見を頂戴したいです。

    長文失礼しました。

    髭かっこよかったです。僕はあの方がダンディさが増して好きです。

    • Hansさま
      コメントありがとうございます。

      ゴールドの相関関係の件、
      かなり興味深い内容だと思いました。

      ちなみに僕自身は
      これまで相場でゴールドを扱ったことがないんです(汗)

      値動き程度は確認するのですが
      レバを効かせてトレードする概念がなかったのが
      一番の原因だと思っています。

      ですので・・・

      >師匠の金に対するご意見を頂戴したいです。

      ↑大変恐縮ながら
      ゴールド自体に対する意見はなんとも言えません。

      ただし、
      シンクロ性の高い「相関関係先」を見つけたとなると、
      挙げてくださった3つのパターンは
      かなり威力があることを充分想像が出来ます。

      参考までに、
      僕がオージーをやるようになったのは
      知り合いのとあるプロがやっていたのを観たのがきっかけです。

      その後、僕が動画などで
      「オージーテクニカル」などと言って広げてしまったため、
      それまでひっそり楽勝で儲かっていたのに、、、と
      かなり怒られてしまった過去があります(苦笑)

      本件、情報はありがたく頂戴しますが、
      僕が動画などで広く告知し、多くの人がこぞってやるようになった場合、
      大口から「狩り」にこられるリスクがあがりますので
      この話題は目先ここまで、としましょう。

      ぜひとも「ご自身の必殺技」として
      利益に変えて欲しいと思います。

      >髭かっこよかったです。僕はあの方がダンディさが増して好きです。

      ↑お気遣いに感謝いたしますm(_ _)m

      せっかくの監禁期間なので
      もう少しこのままで行くかも知れません^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 追記 オージーテクニカル発動中はゴールドかなり勝ちやすく感じました

  • 及川様、はじめまして。

    最近及川先生の動画見つけました。数々のFXの動画を見てきましたが、これだけ分かりやすく説明してくれる講師の方は他にはいないと思います。ブログのコメント欄を見て衝撃をうけました!一つ一つ丁寧に素晴らしいですね(^.^)
    なんと言っても動画から優しさが、滲み出ています。

    私は今年の2月頃から本格的にトレードを始めました。しかし、全くの知識不足で入ったため50万円ほど負けています。
    しかも海外口座でクレジットカードでの入金でまだ払いきれていません(涙)

    そんな時に及川先生の動画に出会う事が出来ました。ちなみに初めて見た動画はルーティン動画でした
    ミスチルを歌いながらのトレーニングは衝撃的でした。自分もよく歌いますミスチル。

    今はトレードを中断。書籍、デイトレ大百科、プロコン改購入しました。毎日学習の日々です。
    食品関係の職人の仕事をしているため、イヤホンをしてYouTubeで音声のみですがずっと聞いて自宅に帰ってからも動画学習しております。四六時中及川先生の声聞いてます。笑
    先生の話も面白くて、とても楽しく学習させてもらっています。

    これからどうぞよろしくお願いいたします。

    隔離生活大変だと思いますが、お体にお気をつけください。

    • 茨城 N Kさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      まずはお褒めのお言葉を頂戴し
      本当にありがとうございます。

      >ブログのコメント欄を見て衝撃をうけました!一つ一つ丁寧に素晴らしいですね(^.^)

      ↑ここが一番嬉しかったです^^
      ありがとうございます。

      >ミスチルを歌いながらのトレーニングは衝撃的でした。自分もよく歌いますミスチル。

      ↑おぉ!我々がカラオケ行ったら相当盛り上がれますね^^

      >四六時中及川先生の声聞いてます。笑

      ↑案外、このように言ってくださる人も多く
      僕としては「本当に大丈夫なんだろうか?」
      「健康を害したりはしないだろうか?」
      などと心配してしまうわけです(笑)

      >隔離生活大変だと思いますが、お体にお気をつけください。

      ↑お気遣いに感謝いたします。
      こちらの方こそ
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんばんは。
    いつも、いつも、ありがとうございます。

    14日間監禁生活。
    大変ですよね。

    私も、今年の2月~4月末までの60日間の内、通算42日間、3度の隔離を味わいました。(笑)

    それでもコロナにかからない。
    両親に感謝です。

    及川さん頑張ってください。

    さてさて、前回の投稿が2回目で今回が3回目です。
    前回の次の目標である、エントリータイミングですが、本日のトレードでは、満足できるポイントでエントリーができました。

    今日の平均損切は3.6Pipsです。
    トレード回数は4回~6回程度です。

    前回よりも無理なエントリーをやめて、MAや相関にもっと注意し挑んだところ改善されました。

    特に、本日のシンガポール時間で21:00頃のポンドルで4時間MAひげを逃さずショートエントリーしました。
    理由は、上位足のMAと4時間チャートなどみて考察した結果、レンジで動いていると判断。
    的中させることができました。

    そのエントリーはその後も、何回か4HMA超えるたびにエントリーを行い合計4ポジションを持ったまま21:25分利確で53.7Pipsを獲得しました。

    今回のポイントはエントリーポイントの見極めができたこと、次に相関としてポン円も見て高値の更新なども行わない、いわゆる相関とシリーズでの動きを確認。

    そして利確の時ですが、本当は、黄緑15分MAまで下がると予測はしてましたが、逃げる動きが出たので、勝ち逃げ優先で撤退Pipsを積み上げました。

    勝ち逃げ最強です。
    頑張りません。
    そこに自分の努力は関係ないので。(笑)

    でも本当に今日勝てた理由は前日に68Pipsの負けがあり、それの復習を行ったことが大きかったです。

    天才チャートのMAどれも意味がしっかりあります。
    これからも理解を深めます。

    昨日は大きくPipsを失いましたが、本日は昨日の損失+14.6Pipsの勝ち越しです。

    これからもエントリーポイントの選定レベルを向上させていきます。
    そして、月単位である程度の勝ち越しPipsが日平均と比較しばらつきが少ないようであれば、ロッドを挙げて挑んでみます。

    今後も、宜しくお願いします。

    ありがとうございました。

    • 130さま
      コメントありがとうございます。

      >私も、今年の2月~4月末までの60日間の内、通算42日間、3度の隔離を味わいました。(笑)

      ↑なんと!
      あぁ、あの時期は世間的に最も神経質な時期でしたよね^^;;
      お疲れ様でした(笑)

      トレードの件、中身を拝見いたしました。

      >昨日は大きくPipsを失いましたが、本日は昨日の損失+14.6Pipsの勝ち越し

      ↑心を折らず、常に「今、目の前のトレードに集中」
      これが出来ているからこその結果だと思います。

      ちなみにこれ、
      今後どれほど資金が大きくなろうとも
      やることは「まったく同じ」ですので♪

      >月単位である程度の勝ち越しPipsが日平均と比較しばらつきが少ないようであれば、ロッドを挙げて挑んでみます。

      ↑徐々に上げる、あるいは
      毎日前日の口座残高増減に伴う可変制にする、
      このいずれかが良いでしょうね。

      後者に慣れると
      PIPSのみに集中しやすい効果もありますので
      一度検討なさってみてください。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんばんは。
    いつも動画楽しみに拝見させていただいております。

    シンガポールでの隔離生活、不便はあると思いますが
    この機会に、動画での映画やドラマ鑑賞など新しい趣味を見つけてはいかがでしょうか?!^^

    私はオフィシャルパートナー生で、何度かコメントも投稿しておりますが
    本日はある仮設に気付きまして、検証しているのですが及川先生のご意見をお伺いいたします。

    資金10万に対して、1LOTでスキャルピングトレードで1日10PIPSの1万円を一日の利益目標として、ハイレバレッジでトレードをしています。
    及川式やその他FXismの技法を勉強してきましたので、勝率は8割ほどで推移しています。
    しかしながら、2割の負けトレードでやらかしてしまうことがありまして
    50PIPS分の資金の半分を溶かす場合があります。その後取り返そうと神経を研ぎ澄まし、勝率8割のスキャルピングトレードで30PIPS程度を取り返したりもできます。

    ここで、ふと思ったのですが1日の利益を10PIPSに制限するのではなくて、30PIPS取れる能力が私にはあるのでは?と仮設し、日利を10%という固定概念を捨て10%~30%の日利が取れる大胆なトレードを今週から始めました。

    また、長期的な検証結果は報告しますが、今のところは以前よりも利益が出せていると実感しており、私自身のトレードスタイルにフィットしつつあります。

    損切についても、プロコントローラー改のトレーリングストップを損切ラインとして活用する手法も思いつきました。通常のトレーリングストップは利益を伸ばす際にチャートを放置して使うことが多いと思いますが、1分足のマジカルチャートで使うと損切ラインとして損切を浅く設定が自動でできます。
    上に行くと見せかけたテクニカルチャートで中々いかない場合に、逆に強いチャート形状があると思いますが、その際にナンピンでのドカン負けになっていました。
    トレーリングストップをしていくと損切ラインが1分毎に下からだんだんと上がっていくので、上がりきらない場合の逆パターンに浅い損切に適応しています。

    及川先生は、マジカルチャートは使用したことはないと思いますが
    MT4を立ち上げた際、私は5分足の天才チャートで通貨の強弱を環境認識した後にチャンスのある通貨ペアを1分足のマジカルチャートに時間足を切り替え、プロコン改を生命線にするトレードスタイルです。

    話は長くなりましたが、私の仮説について、及川先生はどうお考えですか?

    今後ともよろしくお願いいたします。
    長文読んでいただき誠にありがとうございます。

    • ヤマカツさま
      コメントありがとうございます。

      まずはトレード成績が順調なご様子で
      安心しております。
      引き続き慢心なくがんばってください。
      (慢心はしなそうな方とお見受けしますが^^)

      >1日の利益を10PIPSに制限するのではなくて、30PIPS取れる能力が私にはあるのでは?と仮設し、日利を10%という固定概念を捨て10%~30%の日利が取れる大胆なトレードを今週から始めました。

      ↑これ、、、確かにそうなんですよね(苦笑)

      僕も大きな損切りが続いた時などは
      圧力かけて取り戻したりしますが、

      「それが出来るなら最初からやれば?」
      と言えなくもないわけです(苦笑)

      ただし、多くの人がこれをやると
      ボクシングで言うところの
      「ノーガード打ち合い」になりかねず、
      そうなると常にヒリヒリとした
      緊迫感の強すぎるトレードになるのでは?と危惧するんです。

      ロープ際に追い込まれた際に、
      圧力をあげて盛り返す、という行動も
      時にはあって良いと思いますが、
      それが常時、、、ではボクシング人生を削ることになる、
      そんなイメージはありますね。

      本件の仮説をトレードに置き換えた際、
      「やりたいやりたい」でやる感じにならずに済むか?

      どんなに手数を打とうとも
      その一手一手は常に
      充分引き付けた、余裕を持ってのトレードと出来るか?

      このあたりがポイントになると想像します。

      文面を拝見する限り、
      いつでもクールで冷静な判断を出来そうな方との印象を受けますので
      そういう人であれば手数を増やすリスクも
      一般の人よりは低いのかも、と想像しています。

      で、あれば、
      今回の仮説は「充分推し進める価値あり!」
      これが僕のアンサーです。

      ただし、「慣れ」ていくうちに
      ついつい前のめりなエントリーになってしまうなど、
      「人間のバグ(笑)」についてはくれぐれもご留意ください。

      愚直に継続・・・
      ここをどのくらいのクオリティーで継続できるか?

      トレードのようなジャンルにチャレンジする人間に
      一番試されるのがここだと思っているからです。

      ぜひともがんばっていただき、
      「嬉しいご報告」「僕が腰を抜かすようなご報告」を
      お寄せください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    お返事ありがとうございます。

    私は決して箱入り娘ではありませんが、

    両親に愛情をかけて育ててもらったと感じています。

    そして、子供にも師匠と同じ気持ちでいます

    FXを始めてから決めたことがあります。
    もちろん、家族にも話していますが、

    妻として夫の収入で家計をまわす
    生涯夫に養ってもらってる

    その気持ちを絶対忘れない。
    なくなったら、FXはきっぱりやめるつもりです。

    熟慮した結果

    「涼しい顔で一日5万」を目標にトレード頑張りたいと思います。

    アップルウォッチの時も師匠にお話ししたら実現できたので
    今回も有言実行できるように宣言してみました w

    時々、近況報告させて頂きます♡

    末永くご指導よろしくお願い致します。

    • よう様

      >妻として夫の収入で家計をまわす
      生涯夫に養ってもらってる
      その気持ちを絶対忘れない。
      なくなったら、FXはきっぱりやめるつもりです。

      ↑素晴らしい言葉で感動です。
      僕が想像していたイメージにもきっとかなり近い方だと
      あらためてそう思いました。

      >熟慮した結果
      「涼しい顔で一日5万」を目標にトレード頑張りたいと思います。

      ↑了解です♪

      前のめりになり過ぎず、
      トレード中に険しい顔にならぬことなども
      意識なさって欲しいと思います。

      ご家族仲良くでがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。
    初コメントさせていただきます。22歳のrukaと申します。
    下記よりブログ内容とはあまり関係のない個人的なトレードの質問になるのですが
    アドバイスいただけると幸いです。

    およそ3か月前に先生の著書「ガチ速FX」を購入し、本格的に小ロットではありますが資金5000円でトレードを始めました。(用語やテクニカル等の知識は以前勉強していたため多少はありました。)
    小ロットなりにも自分のお金をつかっているという認識を忘れず、相関性をみたり、リスクリワードを頭においてエントリーしたりと、それなりに考えてトレードしているつもりですがなかなか勝てません。勝率30%切るくらいです。

    まず、大前提としてまだまだ相場観を養えていない、経験が浅い、などは痛いほど理解しているのですが、自分のトレードを分析するとチャート上に引いた利確目標ラインの半分ほどまで伸び、その後逆に伸びて損切、という場面が本当に多いです。毎回エントリーの際はtp、slラインの両方を設定しているのですが、利確ラインまで届いたことがありません。(両ラインとも額面やpipsではなくチャート形状をみて引いています。)

    前置きが長くなってしまいましたが結論として先生にアドバイスいただきたいのは
    利確目標ラインまで利を伸ばせないのはまだまだ経験不足、見立てが甘いと判断すべきか、それとも自分が引いた利確目標ラインの半分まできたならば自分の見立ては合っていた→利確 と割り切ってしまったほうがいいのか、どちらだと思いますか?

    技術よりもどちらかというとメンタル?に近い相談だと思うので明確な正解等はないかもしれませんがぜひ先生の意見を聞かせていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    • rukaさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      なかなか「応え甲斐」のある内容ですので
      気合い入れてアンサーしたいと思います。

      まず、僕のやり方は
      世間的には「超」の字がつく短期トレードかと思います。

      そんな中、上位足の向きなどを見ながらやるので
      ハマれば巡行でとても大きな利益を狙えるケースもあります。

      ただし!
      あえてマイナス面を挙げますと
      5分足という短い足からトレードチャンスを見出すやり方であるため、
      言ってみれば「チャンスっぽい場面」
      つまり「そこまでチャンスではないけどチャンスに見える」
      そういう場面が多くなりがち、という側面もあるわけです。

      これらを前提に話を進めますと、、、

      >毎回エントリーの際はtp、slラインの両方を設定しているのですが、利確ラインまで届いたことがありません。

      ↑実際にどのあたりで引いているかが分かりませんが
      半分くらいまで行く、ということは
      「超短期デイトレ」的にはある意味見立ては悪くないとも言えます。

      ここからぜひともお願いしたいのが
      半分あたりから戻されて損切り、のケースの「その後」の傾向を統計だてて確認して欲しいんです。

      その後、逆方向に強く伸びることが多いのか?
      それとも損切り後に「持っていれば助かった」ことが多いのか?

      後者が多い場合は
      「方向性」自体は間違いではなく、
      あるいはその後、利食い目標位置すら抜いて伸びる、
      なんてケースも目立つことと想像します。

      前者であればトレンド転換前のものを
      なぜか扱ってしまうという傾向があるかも知れません。

      ちなみにこれ、
      一概に悪いとは言い切れません。

      もしそうだったとしたら
      その傾向を逆手に取って「自分なりの勝ち方」を築くことも可能だからです。

      本日ぜひお伝えしたいのは
      「教科書の勝ち方」と「自分の勝ち方」が
      同じである必要などない!って部分です。

      今回、僕の書籍などをご覧いただき、
      相応の「統一性」を持ったトレードをしているはずです。

      けど、上手いこと噛み合わずに勝てない、
      そういう話かと思います。

      この場合「自分のほうを修正する」が
      一般常識かも知れませんが、
      実は僕、そうは思わないんです。

      チャートの見方、いや「見え方」って
      人によって違うと思うんです。

      例えばまったく同じ内容を知識に入れたとして
      けど実戦の場でチャートを観た際、
      ある人は「ここはまだ」と見えるものが
      ある人は「ここがチャンス場面」に見えることは
      普通にある話だと思います。

      で、もし自分が「いつもズレてる」としたなら
      そのズレを修正するのも悪くはないものの、
      そのズレを逆手にとって勝つやり方にしたほうが
      実は断然早いとも言えるんです。

      なぜなら「クセ」って簡単には直りませんので(笑)

      ちなみに、
      多くの競技は自分のクセのほうを直すことでしか
      生き残れないかも知れませんが、
      トレードは違います。

      騰がるか下がるかしかない中、
      さらにはどこで利食おうが利食えば勝ちで
      どんなに良い位置でエントリーしても最終的に損切りで終えたら負け、
      そういう世界ですよね。

      であれば、
      例えば毎回「半分くらいまでは行く」なら
      毎回そこで利食えば勝ちです。

      一方、上述したように、
      もしいつも損切り後に逆側に伸びる傾向があるなら
      「自分が行くと決めたところ」から毎回「半分利食い」を済ませ、
      そこから逆抜けして伸びるまで待ち、逆側で大きく勝つ、

      あくまで例えではありますが
      そういう組み立ても素晴らしいと思う次第です。

      つまり、、、

      まだちょっと難しい話かも知れませんが
      今後意識して欲しいのは「自分の中の統一性」です。

      なるべく同じ感性でモノを見ることで
      「自分にあった勝ち方」を必ず作れるからです。

      これですねぇ、
      可能であればもっと長時間レクチャーしたい内容でして
      今後の動画などでもテーマにするかも知れません。

      ちなみに、
      「自分らしさ」「自分の特徴(弱点含む)」
      そういう部分をそのまま活かし、
      教科書とはまったく違う自分らしい勝ち方で
      勝てるようになったのが、このブログでも登場するリオンちゃんです。

      個人的には「自分のクセ」を逆手に取るほうが
      のびのび勝てるトレーダーになりやすいと思いますので
      取り急ぎ、上述した内容を参考にしていただき、
      今後のやり方について模索なさってみてください。

      その際、分からない点などありましたら
      遠慮なくお声かけください。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 隔離生活お疲れ様でございます。
    免許の更新があり中国から一時帰国考えてましたが中国も2週間の隔離があるので悩んでます。

    お忙しい中恐縮でございますがアドバイス頂けますでしょうか。

    前回LotについてのコメントYouTubeで取り上げて頂き有難うございました。

    今回ですが、利を伸ばせない悩みについてです。
    例えばロングの場合押し目を待って直近高値や意識されてるラインで利確。これはこれで良いのですが、そのラインが15pipsほどで利確後更に伸びていき保有してれば目標の25pipsに到達。逆に全てのMAも上向きなので今日は伸ばすぞ!と思って保有すると伸びず下落していきいつもの直近高値で利確しとけば良かったと思いながら損しないところで微益撤退。
    特に9月今月は最低当日収支証拠金の2%は取れてるのですがここぞと思った時に通常1Lotを2本入れるところ3本〜4本入れて勝負仕掛ける時もありそれが逆行かれたら耐えナンピン時最初のエントリーの倍入れていきます。師匠もおしゃる通り逆いかれた時本数も増えプラマイゼロで逃げれたり大きく利益取れる時もあります。その分損切り幅もデカいのは確かで損切りした後取り返しトレードで何とか取り返すのですが、いつか、取り返しのきかないドッカンをしてしましそうです。
    師匠のトレードYouTubeで拝見する限り3桁のプロフィットは確保されてますが恐らくプライベートのトレードではもっと利益をとられてる印象を受けます。
    性格的にリオンちゃんみたいに長く保有はできないのでスタイルとしては玉数打ち込んで超短期で終わらせたいのです、師匠もここぞと言うところは引っ張ると思うのですが、その判断基準やコツなど教えて頂けると幸いでございます。(相関逆相関関係や揃ってる通貨も普段みております)

    • 広州のSさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >免許の更新があり中国から一時帰国考えてましたが中国も2週間の隔離があるので悩んでます。

      ↑噂ではシンガポールは10月から隔離期間が一週間に短縮されるとの話です。
      中国も短縮されるかも知れませんよね。
      もしそうだとかなり違いますので^^;;

      >損切りした後取り返しトレードで何とか取り返すのですが、いつか、取り返しのきかないドッカンをしてしましそうです。

      ↑ここ、確かにお気持ちは分かるつもりです。
      僕もなるべく圧力かけたトレードはしたくないですし(苦笑)

      >師匠もここぞと言うところは引っ張ると思うのですが、その判断基準やコツなど

      ↑ちょうど先日24日のYouTube動画で
      欧州時間で「ポンドドルとポンド円で取り返したところ」をお話していますが
      あのパターンはかなり伸びることが経験上期待出来ます。

      具体的には16時台でショートOK的な場面を経過し、
      その後上昇転換した際、、、です。

      ただし、すんなりいかない場合もあります。
      先日も途中かなりグダグダしてました。
      しかし、グダグダ後に上に伸びるときはかなり伸びるイメージです。

      もっとも僕は持ちっぱなしは出来ず、
      2回に分けて取りましたが(汗)

      この話は僕が普段から割とよく言っている
      「行って然りが行かない時、逆に凄く伸びる」
      このパターンです。

      よろしかったら検証確認なさってみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもブログ&youtube大変楽しく拝見しています。
    シンガポールでの隔離生活はやはり退屈になってしまいますよね。
    自分だったら、やることがなくて結局一日中チャートを開いてしまい、無駄にエントリーをしてしまいそうです。

    さて、今回先生にお伺いしたいのは、エントリー後のポジションの持ち時間と決済についてです。
    先生は常に「ノーポジ最強」と提唱していることもあり、エントリー後にできるだけ早く決済することを心がけていらっしゃると思います。
    もちろん、ポジションの保有時間は短いに越したことはないと私も同じように思います。
    ただ、実際はエントリー時に一旦そのあたりの時間帯でロングポジションなら底値、ショートポジションなら天井でエントリーできるわけではないので、ある程度含み損を抱えてながら、思惑の方向に価格が移動しプラスに転じるまでポジションを保有しイグジットするという流れになると思います。

    ただ私の場合、ここで含み損を抱えたまま細かいレンジに移行して全然動かなくなってしまったりすることが結構多いのです。
    「保有時間は短くしたい」、でも「マイナスのまま決済したくない(微益、またはプラマイゼロで決済したい)」という葛藤が出てジリジリと決して心地よくない時間を耐えるという感じになってしまいます。
    そして、そういう時に限ってそのレンジを抜け出した後は、やはり自分が考えていた方向に抜けていき、やっぱり我慢してポジションを持ち続けた方が良かったなと思うこともまた多く悔しい思いをしたりします。

    先生は動画の中で20分を目安にポジションを持つと言っておられますが、その目安の20分が経過した時に同じように動かずマイナス収支だった場合、どうされますか?

    マイナス収支だろうが、次のチャンスに乗り換えるというのも一つの作戦だと思います。ただ、自分のトレードプランが逆行し損切りしたマイナスであればある意味納得が行くのですが、動かないためにマイナスで決済するのはなんとも納得感がないんじゃないかなと考えています。
    プラスであれば次のチャンスも来るという先生の教えもあり、できるだけマイナスで決済したくないということもあります。

    是非先生の考えをお聞かせください。

    宜しくお願いいたします。

    • シュンリ様
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      お話はめっちゃよく分かるのですが
      これは「トレードのビジョン」の違いにもよると思いますので
      そのあたりも含めお話させてください。

      >実際はエントリー時に一旦そのあたりの時間帯でロングポジションなら底値、ショートポジションなら天井でエントリーできるわけではないので、ある程度含み損を抱えてながら、思惑の方向に価格が移動しプラスに転じるまでポジションを保有しイグジットするという流れになると思います。

      ↑この「ある程度」の加減具合にもよりますが
      僕のやり方は5分足ベースの短期デイトレですので
      そこまで深い含み損は抱えないで済む場面をあらかじめ狙っています。

      おっしゃるとおり、方向性さえ合っていれば
      含み損も耐えつつ、、、という考え方は正しいと思いますが、
      それは「そういうやり方」に基づいた考え方かなと。

      というのも、そのやり方の場合
      結局損切りとなった際、損切り幅も大きくなりやすいと思うのです。
      言ってみればスイングトレードに近い感覚ですので
      そうなるとロットはあまり高く出来ませんよね。

      僕の場合は
      あくまで理想を言いますと
      「エントリー直後から含み益となり、含み益のまま利食いまで行く」
      こういうところをやれないか?が前提に立っているやり方なんです。

      あ、とはいえ、
      あらかじめ含み益を覚悟してやるケースもありますけど。

      >先生は動画の中で20分を目安にポジションを持つと言っておられますが、その目安の20分が経過した時に同じように動かずマイナス収支だった場合、どうされますか?

      ↑上述の内容から
      「そうならない場面」を想定してやっているので
      保有時間が長くなってしまう時、僕のやり方ではピンチになることのほうが多いです。

      よって、なるべく長時間の保有はせず、
      そうならずに済む場面を次回以降も目指す、
      そういう考え方でトレードを継続しています。

      話を戻しますが
      長い時間をかけてでも
      その方向性を信じるやり方は
      日足や4時間足の環境認識もしたほうが良い考え方で
      その場合、逆に振られる際のふり幅も大きくなることもあるでしょうが、
      それで良い、というかそういう手法なんだと思います。

      >自分のトレードプランが逆行し損切りしたマイナスであればある意味納得が行くのですが、動かないためにマイナスで決済するのはなんとも納得感がないんじゃないかなと考えています。

      ↑ここはおっしゃる通りだと僕も思います。
      繰り返しで恐縮ですが
      「方向性に変更はなし」であれば保有続行で良いと思います。

      僕の場合は短い時間で決着をつけることを目的とした場面をあらかじめやるため、
      そうならなかった際、すなわちピンチになることが多い、
      そういう違いがあるという話だと思っています。

      かようにこの「方向性」を
      どの時間軸で捉えるのか?
      ここがポイントではないでしょうか。

      僕のように30分後はどうなるか分からない場面をやるのか?
      それとも例えば丸一日近くかけても戻って来て然りの
      上位足における方向性に基づいてやるのか?

      この違いだと思う次第です。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      不足がございましたら再びやりとりいたしましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、いつも色々ありがとうございます!

    以前、自分の生活スタイルから、東京時間のUSDJPYのみにしぼってみることにしました、とコメントさせていただきました。
    あの時及川さんに「なかなか良い案かもしれない、状況が一気に好転する予感すら感じさせる」と返信いただいて、すごくすごく勇気が沸いて、1ヶ月半がんばりました!←正確には2ヶ月ですが、8月は子ども夏休みで半月程度しか出来なかったので…
    そして、負け続けてきたFX人生で初めて、初めて!!月間150pips残すことが出来ました!
    多くの方と比べたらちっぽけな利益かもしれませんが、私にとっては今までどんなに足掻いても残せなかった月間での利益…本当に本当に嬉しいです!
    及川さんの動画やブログ、コメントがなければきっと出来なかったです。
    本当にありがとうございます!

    トレードルールとしては、置いていかれないよう一本入り、順行は足しません。
    逆行したときのみ、抵抗帯になりうるポイントで計画的にMAX3本(中間で1、損切間際で2)まで追加します。
    なのですが、意外と打診のまま順行することも多く、結果、利確目標までも浅いし本数も1本のみになり、獲得pipsが小さくなることもあります。
    また逆行時も、もう一息ここまで逆行したら足すぞ!と狙っていたとこまでは届かず順行を始め、あー足しとけば良かった!結局打診の一本のみになっちゃったぁ~と思うことも多いです。
    何度か追い玉も試みたのですが、そもそもできるだけ短時間で「利益を切り取る」を狙っているので、順行してから追い玉すると、底値高値掴みみたいになってまた戻されたりして時間がかかるんです。
    長く持てればいいのですが、動きもゆっくりなので、一旦戻されると追い玉ぶんに利がのるまで待ちきれなくなって、結局プラ転の瞬間切っちゃうとか、時には微損のままトータル利益出てるから終わっちゃえ!と決済したりしていたので、それならむしろ追い玉邪魔じゃない?と思ってやめました。

    こんな感じなので、一度の獲得pipsは小さいことが多いのですが(一桁のときも…)小さくてもとにかく勝ちを積み重ねることに注力した結果、一気に勝率が上がって、90%超を保っています!
    なので、獲得pipsに対しての損切りが少し深めなのですが、勝率でカバーして、2日、最低でも3日で取り返せるようにしています。←リオンちゃんを参考にしました!

    一気に勝率が上がったのであれ以来まだ2回しか損切りしていないのですが、許容範囲内できちんと損切りが出来て、損切りしたにも関わらず「私、引っ張ったりせずちゃんと計画通りに損切り出来た!」と何故か清々しかったり…笑

    そして、できるだけ損切りを小さくするには?ということをすごく考えてエントリーするようになりました。
    そのために、逆行したときも「もう一息行ってもらってから足したい…」と狙いすぎて本数入れないという事情もあるにはあるのですが、利益が小さくても深い損切りになるよりかは遥かに良し!と思うようにしています。

    コツコツコツコツ勝ってたまにドカンまで行かずにゴツンと負ける、そんな感じです。
    そのうちにたまにはドカンと勝てる日も出来たらいいなぁ~と思いますが、それはまだまだ次の話だと思うので、とにかく今は、小さくても勝ちを積み重ねて、来月からは少しずつロットも上げていきたいと思っています!

    勝てるようになったこと、どうしても報告したくてコメントさせていただきました!
    またいい報告が追加できるように頑張ります!

    何かと不自由が続く毎日かと思いますが、身体大事になさってください。

    • ちはる様
      コメントありがとうございます。

      >自分の生活スタイルから、東京時間のUSDJPYのみにしぼってみることにしました
      >初めて!!月間150pips残すことが出来ました!

      ↑おぉ!まずはおめでとうございます♪

      トレードスタイルも拝読しましたが
      きちんと「自分なりの解釈」をベースにされており
      ブレがない感じなのが良いですね♪

      >一気に勝率が上がって、90%超を保っています!
      >一気に勝率が上がったのであれ以来まだ2回しか損切りしていない
      >損切りしたにも関わらず「私、引っ張ったりせずちゃんと計画通りに損切り出来た!」と何故か清々しかったり

      ↑大変素晴らしいです。
      ある意味完成形ですよ(笑)

      >そのうちにたまにはドカンと勝てる日も出来たらいいなぁ~と思います

      ↑確かにここは課題だと思います。
      逆にいうと、ここが出来たらもはや無敵です。
      いずれテーマにして取り組むようにしましょう!

      >勝てるようになったこと、どうしても報告したくてコメントさせていただきました!

      ↑僕も嬉しいです♪
      しかも、内容が良いのが余計嬉しいですね。

      引き続きがんばって行きましょう!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。トライブ参加者です。
    現状を打破したくコメント致しました。

    日々ご多忙とは存じますが、お手すきでアンサー頂けますと幸いです。
    簡単にまとめます。

    FXをはじめ、記録を取り始め15か月目、まだプラス収支の月はありません。
    『毎月』なのですが、勝率は大体60~65%あるのに損大利小でプラスになりません。
    小さく連勝して一回の負けで吹き飛ばすというサイクルです。

    自己分析として、損切りができないわけではなく、極端にビビりで利が伸ばせません。
    ①決めたエントリポイントまで待てない
    ②決めた利確目標まで待てない
    これが原因と考察しているのですが、一向に直せません

    メンタルに関してなにかアドバイス頂けると幸いです。
    本当に悩んでます
    宜しくお願い致します。

    • yyyさま
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加に対し、
      あらためて御礼申し上げます。

      >勝率は大体60~65%あるのに損大利小でプラスになりません。
      >①決めたエントリポイントまで待てない
      >②決めた利確目標まで待てない

      ↑なるほどですね。
      現状、僕のような短期デイトレが中心でしょうか?

      あるいは佐藤コーチのスイング手法のほうが
      合っている可能性はあるかも知れませんね。

      と、言いますのも今から提案したいのが
      「エントリー後にストップとリミットを入れて放置」
      (パソコンを閉じてしまうなど)
      これなんです。

      あ、僕のやり方であっても良いのですが
      とにもかくにも試していただきたいのが
      いったんデモ口座にし、
      上記作業でトレードをしばらくやってみたらどうかなと思う次第です。

      これにはいくつかの意味合いがあります。

      もちろん「見ないで済むからビビりもない」
      これもありますが、

      それ以外に
      「あ、ちゃんと伸びる時は伸びるんだ」ということを
      結果で見ることが一番自分を納得させやすいと思うのです。

      さらには、、、
      このやり方をすることで
      あるいは損切りのほうが多かったとして、

      その場合は「上手くいったエントリー場面」と
      「損切りになったエントリー場面」をいったん分け、
      これらの違いはどこ?を検証することでトレードの精度そのものを
      向上させることが可能という効能もあると想像します。

      ここについては
      「メンタル」が課題というよりも
      「傾向をより理解し実感する」のほうが良いと思うのですが
      いかがでしょう?

      早い話「こういうときはここまで行くことのほうが多い」
      という事実を理解してしまうほうが良い、という主旨です。

      少々面倒な作業かも知れませんが
      しっかり取り組むことで
      「その後ずっと最強」を目指せるかも知れず、
      苦労する価値は充分ある作業だと思います。

      よろしかったらご一考ください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。

    毎回Youtube動画楽しみに拝見しており、かつ、その中で多くのことを勉強させていただいております。
    今回、メンタルコントロール、心の持ちようについてご意見伺いたく初めて投稿させていただきました。

    先生はいくつかの動画の中で、大きな損切りで終えたトレードの後でそれを補って余りあるほど大きく取り返したり、また、一日をプラスで終えることを目標としているとも言及されていらっしゃいました。
    私の場合、そこそこの損切りした後その日をイーブン、もしくはプラスで終わらせたいと考えて臨むとまず間違いなく損失が膨らんでその日が終了します。巷でも「負けが続いた後はその時の相場が自分の見立てと異なっていることを認め相場から離れることが損失を拡大させないコツ」ということもよく目に(耳に)し、そうしていればどれほどの利益が残ったのかということも自分のトレード履歴を見て非常に強く納得しています。ただ、終わった後に頭で納得してもまた同じ場面に遭遇した時に心がついていかないというのが実際のところであります。

    及川先生はその日のトレードが損切りで終わった時、何を感じ、どのように自分をコントロールして次のトレードに臨まれようとされているのでしょうか?
    いくら先生でおられても、見立てと逆に相場が動き損切りとなった時、苛立ちを隠さず、熱くなられているように見られた動画もいくつか拝見しました。(一見そう見えても実は心の中では努めて冷静でいらっしゃるのかもしれませんが。)

    ご多忙のところ恐縮ですが、是非ともそのような時の実際の先生の心情や心構えについてご教示いたけますと幸いです。

    • Realityさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私の場合、そこそこの損切りした後その日をイーブン、もしくはプラスで終わらせたいと考えて臨むとまず間違いなく損失が膨らんでその日が終了

      ↑ここについては実際そのパターンの人のほうが
      「圧倒的」に多いと思います。
      ゆえにトレード回数を決めてしまい、負けてもその日は撤退のほうが
      良いでしょうね、僕が言うのもなんですが(汗)

      >及川先生はその日のトレードが損切りで終わった時、何を感じ、どのように自分をコントロールして次のトレードに臨まれようとされているのでしょうか?

      ↑僕も正直なところ「アツくなる」ことはあります^^;
      ただし、そんな中、それこそそうすることで大きな損失につながりやすいということも
      多々経験済みでもあるため、なるべく「次の一回のトレードに集中」
      ここを意識するよう心掛けているつもりです。

      >損切りとなった時、苛立ちを隠さず、熱くなられているように見られた動画もいくつか拝見しました。

      ↑「動画」は結構大変なんです。
      僕の場合、曜日を決めているのと
      「なるべく早く終えたい」という考えがついあるため、
      普段とはかなり意識の部分が異なっていると思います。

      逆に言いますと、
      動画がない日については
      もっと気楽にやってまして、

      「なんなら無理してやらない」
      →結果、充分引き付けてのエントリーが出来ている

      「誰も観てないので突っ張ることもない」
      →結果、損切りも浅く、その後すんなり取り戻せる水準であることが多い

      こんな感じでやれています。

      僕のYouTube動画については
      「曜日固定でなんとしても成立させたい」
      こういう側面が苦労の元になっている部分が多々ありまして
      その点はあらかじめ割り引いてご覧いただけますとありがたいです。

      繰り返しになりますが
      僕も極力「アタマに血が昇らないよう」
      心掛けていますし、
      無理して取り戻そうとすることも
      動画のときと比べると圧倒的に少ないですので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      もし不足がありましたら遠慮なくお声かけください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    動画を見る限り、撮影を始めてまもなくしてエントリーしていらっしゃいますが、及川さんは毎日夕方にはエントリーされているのでしょうか。FXは待つのが仕事と言われますが、あまり慎重ではないエントリーに見えるのでコメントさせていただきました。

    • WHさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんは毎日夕方にはエントリーされているのでしょうか

      ↑僕が一番得意としているのが欧州時間の前半でして
      15時くらいから監視を開始し、16時台17時台をやることが
      回数的には一番多いです。

      >FXは待つのが仕事と言われますが、あまり慎重ではないエントリーに見える

      ↑ここは耳が痛いですね。
      ちょうどひとつ前のコメント返信でも触れさせていただきましたが
      僕はYouTubeのトレード動画を基本「曜日固定」でやっています。

      これは昔、
      「勝っている時だけ公開してるんだろ」と
      言われてカチンと来てからのルーティーンなんです(苦笑)

      ちなみに近年はその手のツッコミも
      気にしなくはなりましたが、
      それでも曜日固定のほうが統一性があって良いかなと、
      そんなこんなで続けています。

      で、その際、どうしても
      「なるべく早く終えたい」
      このような感覚になりやすく、
      仕掛けが早く苦労することが多いのだと思います。

      プライベートトレードでは
      なんら焦りもなく、
      「別に無理してまではやらんで良い」
      といった心持ちで出来ているため、
      心理的負担もほとんどなくやれているつもりです。

      「そんななら動画などやめちゃえばいいのに」
      と言われることもありまして、
      実はまったくその通りだと僕も思っています(笑)

      けど、せっかくここまで継続して来たものでもあり
      「やめてしまう勇気」もなかなか持てず、なんですよね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。初コメント失礼します。半年ほど前から書籍を購入させていただき及川式を勉強しています。 及川式の深いところ、ご質問させていただきたいです。読んでいただければ幸いです。

    及川先生は時間帯の管理、16時などの動く時間に合わせることの重要性を説かれていますが、その点においてご質問させていただきたいです。よく時間帯の話と合わせてよく「やってやってもいい」まで待つ、動きが出てからの戻りを待つといことをおっしゃていて、その重要性は理解しているつもりです。

    しかし、チャートの方向性を判断する能力がない自分には、それが押し目なのかそれとも反対方向への強い流れなのかの判断ができません。黄緑線と青線の乖離、向き、上位足POはしっかりと意識してやってはいます。しかし、押し目などが機能せずに逆抜けされてしまいます。これはおそらくトレンドが出きったところをつかまされてると思うのですが、これからまだトレンドが伸びなおすのか否かが判断できません。時間帯はしっかり意識して18時以降は欧州時間はやらないようにはしています。
    これに加えて、自分はどこまでなら利益を引っ張れるというのがまだまだ分からないのでここも難しいところです。

    そこで自分なりに考えたのが、初動をつかむようにしようという事です。動き出す時間帯の前(15時台など)のMA密集の状態で、ろうそく足の位置が例えばポンドのシリーズとして一致しているという状態であれば、動く時間帯に突入したらそっちにトレンドが出るという前提でもうポジションを15時などの段階で持ってしまうというやり方です。逆に伸びてもMA密集なので損切りも浅いし、ドテンも比較的やりやすいと思います。どこまで伸びるかもわからない自分にとっては利をとりあえず引っ張ればいい、また利食いは水色線を実体で抜けたら、のようにわからないことが多い自分はできるだけ最初は裁量を排除して機械的やってその中で特徴を捉えていくほうがいいのかなと思っています。仕掛けが早すぎるのは良くないのはわかっていますがどうしても早い段階で乗れないと、判断力が乏しい自分では利食いをするチャンスがなくなってしまう気がします。

    どう思いますでしょうか?よろしくお願います。

    また及川先生の過去ブログはもう拝見できないのでしょうか?

    • れん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      文面すべて拝見しました。
      おっしゃる話、充分理解出来ているつもりです。

      そんな中、

      >動く時間帯に突入したらそっちにトレンドが出るという前提でもうポジションを15時などの段階で持ってしまうというやり方

      ↑これはある意味とても理にかなったやり方だと思います。
      さらには、、、

      >動く時間帯に突入したらそっちにトレンドが出るという前提でもうポジションを15時などの段階で持ってしまうというやり方

      ↑ここはむしろ、僕が普段から言っている話でもありまして、
      僕が言う前にそうしようと思われたことは
      ある意味素晴らしいと思います(笑)

      結論から言いますと
      ぜひともチャレンジしていただき、
      その中における「やり方」や「微調整」などの構築を
      進めて欲しいなと思います。

      ただし、16時前後はトレンドが出たと思ったらダマシだったり
      MAをまたいで上下動することもありますので
      そういった点には充分ご注意ください。

      往復で食らったり、一往復半とか食らったりなど
      日によってはそうなりかねないですので。

      ちなみに、その場合
      ユロポンはあまり見ないようにし、
      あくまで個別チャートから、で良いと思います。

      で、もし逆にいかれた際、
      そこから初めてユロポンや通貨シリーズなどを確認すると。

      あ、いきなり利が乗った場合も
      その時点から各通貨ペアを確認し強弱感を判断するのも良いでしょうね。

      さらに追記しますが、
      このやり方、一定期間をデモ口座でやることをオススメしたいです。

      というのも、
      本件、実際にやってみて
      「やっぱり動きが出たあとの対応のほうがやりやすい」
      こう思う可能性も充分あると想像するからです。

      とにもかくにも
      「一定の仮説」に対し、そこを追求し、
      ご自身なり感触をつかむことにこそ意味があると思っています。

      それこそ、
      「なんだ全然ダメじゃん」となった際、
      それを逆手に取るなど、必ずやご自身のスキルアップに
      いずれの場合であっても繋がるはずだからです。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お世話になります。
    シンガポールでの隔離生活は慣れてきた頃でしょうか?
    断食も頑張ってください!

    ユーチューブではサクサクとポジションをもつお姿に恐れ入っています。
    及川先生の言葉で「勝ち逃げ最高」ここ好きです!ですが自身は欲をもち過ぎ、挙句ロスカット、反省する日々です、、、(こつこつドカン化しています)
    自分の悪い所が分かっているので修正の過程です。

    私は数か月前からデイトレ大百科とユーチューブ動画で勉強させて頂いております
    初心者です。まだまだ経験が必要と痛感します、、、

    今回、初めてのコンメントになります。先日、3者リモート(K氏、T氏)動画を
    拝見しました件で及川先生に感動し、お伝えしたく画面に向かっております。
    動画の終盤で今後の相場動向について3者で語られている中で、私の勝手な解釈かもしれませんが、生徒目線でも理解し易く話されていた及川先生のお姿に感動いたしました。これからも生徒、初心者にも分かり易い動画を期待しております。
    (初心者な為、すみません。)
    私も年末に向け10、11月と無茶をせず利益を伸ばせたら幸いです ^^)

    • カズッチ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >先日、3者リモート(K氏、T氏)動画を拝見しました件
      >生徒目線でも理解し易く話されていた及川先生のお姿に感動

      ↑恐縮です、
      ありがとうございますm(_ _)m

      僕は日頃から「講師」をやっていることから
      立場上、僕がある程度噛み砕いてまとめる作業をするべきなんです。

      また、これをすることで観てくださる方々が
      すんなり理解しやすくなることは確かに意識しているつもりです。

      けど、そこはやはり立場立場の違いですので
      褒めていただくほどの話ではありません^^;;

      とにもかくにも
      お言葉ありがたく頂戴させていただきます♪

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは。初めてコメントさせていただきます。損切りについてご質問させていただきます。

    及川式では〇〇線を実体抜けしたら損切り、というのをよくやられていると思うのですが、適当なpipsで逆指値を置く事はしないのでしょうか?

    一瞬のうちに大きく抜けることもあり、逆指値をおかないと大きな損失が生まれることもあると思います。
    ただ、逆指値を置いてると髭で損切り貧乏になることも多いようにも思えて(特にポンド通貨)、損切りで悩まされています。

    損切りで気をつけいていることがあれば、教えていただけると幸いです。

    • ユウイチ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >適当なpipsで逆指値を置く事はしないのでしょうか?

      ↑あくまで僕個人のことを言いますと
      僕は逆指値を置かないことのほうが多いです。

      ただし普段から使っている「プロコン改」をオンにすることで
      自動的に20PIPSにストップが入るため、
      まずはオンにし、その後自分で置きたい位置にストップをズラすことはあります。

      >逆指値をおかないと大きな損失が生まれることもある
      >逆指値を置いてると髭で損切り貧乏になることも多いようにも思えて

      ↑ここは確かに悩ましいところですよね。

      実際の現場において
      損切りが浅く済むことは重要ですので
      やたら深くなりがち、ということでしたら
      とにもかくにも一度切るをクセ付けしておいた方が良いでしょうね。

      ちなみに僕は
      方向性があっていると思った際には
      損切り後、再度同じ方向に入り直すことをよくします。

      これをやるときはほとんどの場合
      損切りした位置より不利な位置から入ることになるわけですが
      これが精神的に出来ないって人は多いと想像するんです。

      けど、、、

      1.とりあえず極度に突っ張ることなくいったん損切り
      2.その後アタマを冷やしつつ推移を見守る
      3.最初のエントリー方向でやはりあってる!と思った時点で再エントリー

      こういうやり方にしておけると良いでしょうね。

      ちなみに、もし逆側に伸びると判断した際は
      「3」で逆方向へのエントリーとなるわけですが
      いずれの場合であってもかなり勝率は高くなるはずで、
      しかも利益幅も比較的すんなり多く取れることが増えるはずです。

      なぜならこのような言ってみれば「ダマシ」を経過後に伸びる伸びって
      早い話「本物」になりやすいからです。

      ここ、結構重要な部分ですので
      一度そういう目線で相場をご覧になってみてください。

      僕がマイナス収支を取り返す場面って
      ほとんどがこのような場面ですので。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんばんわ。初めてコメント致します。
    私は及川さんと同じ1965年、昭和40年生まれの55歳です。たまたまYouTubeで貴殿を拝見してその実績と手法に彼我との違いに感嘆、驚愕しながらも同世代ということで勝手に親近感を持っている者です。
    初めての投稿で大変言いにくいことではあるのですが、このブログにあるように及川さんが2週間隔離され不便な生活を強いられてまでもシンガポールに在住されることを私は非常に残念に思っています。
    勿論、シンガポールに居住される一番の理由は貴殿は高額所得者ですから日本の20%とシンガポールの0%では途方もない税金の差があるからでしょう。
    今の時代ならシンガポール在住者との交流や情報交換も日本で住んでもそれほど差はないと思います。
    ですから日本人であるなら日本に居住して我々弱小個人と同じく日本で納税ほしいと思います。人がどこに住もうと勝手だろって思われるのは当然です。
    しかし、私は50を過ぎて人生後半戦に入りもう金銭的な栄達より何か世の中に役立つことをしたいと常々思うようになりました。
    先が見えて今まで育ててもらった愛する祖国に何か貢献したいと強く思うようになりました。ですから及川さんにも一般国民と同じく国民の義務として日本に居住して納税を果たしてほしいのです。
    今回のように時折帰国されて講演などをされると思いますが、現状ではその為の途中の道路や各種公的施設インフラ等を謂わばただ乗りしていることと同じだと言ったら言い過ぎでしょうか。
    大変不躾ではありますが、是非貴殿のお考えをお伺いしたいと思いコメントした次第です。

    • 一文字隼人さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      ハンドルネームからも
      まさに僕と同じ年なのが分かります♪

      >日本人であるなら日本に居住して我々弱小個人と同じく日本で納税ほしいと思います。
      >今まで育ててもらった愛する祖国に何か貢献したいと強く思うようになりました。

      ↑ここは僕もまったく同意見ですよ。

      >途中の道路や各種公的施設インフラ等を謂わばただ乗りしていることと同じだと言ったら言い過ぎでしょうか。

      ↑最近のブログでも書きましたが、
      僕は日本に法人を所有しています。
      と言ってもほぼ僕一人の法人ですが(笑)

      そこで得た利益から僕は役員報酬を取ってまして
      当然その報酬からは日本へ税金を納めます。

      2020年の概算では僕の個人所得と法人税とで
      4000万~5000万円の税金を日本に納める予定なんです。

      僕は単身でシンガポールに来てまして
      家族は日本に残したままです。

      当然家族は日本の各種インフラにお世話になるため
      僕も「ただ乗り」はしたくないと思っています。

      また僕は死ぬ際には日本で死にたいとも思ってますし、
      おっしゃられるように、
      帰国後は日本に対し何らかの貢献が出来るよう
      そういう活動もイメージしています。
      (そのために必要な資金を稼いでいるつもりなんです)

      これらのことから
      僕はシンガポール在住の期間も
      毎年相応の税金を日本に納める意思を持っています。

      もっとも4000~5000万円ではすくない!と言われてしまうと
      返す言葉もないのですが(汗)

      僕としましては日本に残った家族が
      「お世話になっている」という感謝の気持ちを
      日本という国に持っていますので
      今後も引き続き日本国内への納税はするつもりです。

      ・・・と、いう話ですので
      多少なりご理解いただけると幸いですね。

      お話されたい主旨は充分理解出来ているつもりです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、久々にコメントさせていただきます。シンガポールで隔離中ということで何かと大変な日々を過ごされているのだと思います。自分もとても短期なので動画内でおっしゃっていた愚痴とても分かります。「一回でわからんかい、しつこいなぁ、いい加減にせぇ」といったところでしょうか?(笑)でも健康そうで少し安心しました。

    トレードを毎日するようになって半年近くたち、いろいろとわかることが出てきました。その中で自分の中で解決しなかった部分を質問させていただきます。

    しっかりと自分が得意な勝ちパターンがある程度決まってきて自分の考えで納得して勝つことができるようになってきました。ただ勝ち切ることができないんです。ただこれは最初はだれにでも起こることだとはわかっているのですが、相場状況などによって手法がかみ合わなくてトータルで負けているような気がするのです。ドカン負などではなく勝ったり負けたりを繰り返しながらトータルで負けていくといった感じです。立ち回りというよりは、エントリー場所が悪い感じなのかなと分析しました。その時の相場によって臨機応変に対応してトレードの精度を上げればよいと答えはわかっているのですが、その答えの導き出し方がわからない。FXよ公式を教えてくれといった状態です。
    この状況を改善するにはいかに自分の勝ちパターンを再現できるかだと思うのですが、このような時はどのような考え方でトレードしたら良いのでしょうか?
    またその時の相場に臨機応変に対応するにはチャートの本質や基本をしっかりと理解すればよいのでしょうが何を勉強して何を理解すればよいのでしょうか?
    及川先生がコンスタントに勝てているのは上記ができているからだと思います。及川先生が常に無意識で大切にしていることがトータルで勝てる鍵ではないかと考えています。
    このような時どうしたらいいのか乱暴でもいいのでいくつか解決策を教えてください。隔離等大変な時とは思いますがお願いします。

    お体に気を付けてお過ごしください。

    • ジラールペルゴ様
      久しぶりのコメントをありがとうございます。

      >その時の相場によって臨機応変に対応してトレードの精度を上げればよいと答えはわかっているのですが、その答えの導き出し方がわからない。

      ↑今回はなかなか難しいご質問です。
      というのも、
      「お聞きになりたい決定的なポイント」が拝読しても見出せないからです。

      イメージ的には
      「どこが分からないか分からない」といったところでしょうか。

      そうなりますと
      普段どのようなトレードをされているか分からない僕としましては

      「まず統一性のある内容」
      ここからではないか?というお話になります。

      具体的には逆行している1時間足へのファーストタッチを逆張りするとか、
      狭いレンジに引いておいた水平線を抜けたら抜けた方向へINするなど。

      どういう場面を狙っているのか、
      あるいは狙っていくのか、
      まずはここの絞り込みからのように思います。

      やっていることに統一性がある中で
      成績が伸びないのであれば
      自ずと問題点や改善点が見えて来ます。

      ちなみに、ちょうど昨日28日にアップした
      YouTube動画のエントリー場面、さらには最後の解説は
      統一性のあるトレードをする上で多いなるヒントになり得ると思います。

      アレにつきましては
      大きく伸びる時によく起こるパターンですので
      上手く乗れたら利を引っ張るチャレンジもアリかも知れません。

      ぜひともご確認なさってみてください。

      で、統一性を持ってやっているつもりの中で
      何かが違う、ということであれば
      それが「時間帯」なのか、「通貨のシンクロ性の有無」なのか、
      あるいは「引っ張り過ぎ」や「チキン過ぎ」など

      いろいろと修正ポイントを見つけやすくなるはずです。

      その際、ある程度具体的な状況や内容をお教えいただけますと
      僕ももう少し踏み込んだアンサーが可能になると思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 早速、ご返信いただきありがとうございます。
    予想通りハンドルネームに反応いただいてうれし限りです。我々の世代でこの名前にクスリとこなければ「モグリ」ですよね。もちろん、本郷猛でもおやっさんでも死神博士でもよかったんですが(笑)
    それはさておき、私は及川さんを誤解していたようです。投稿後に8月24日の海外移住の経緯についてのブログを読み、及川さんが法人で納税されていることや税金に関してのお考えを知りまさしく汗顔の至りです。大変失礼致しました。
    日本の税金の徴税方法や使い道に関しては、私も全く同意見です。もっとコスト意識を持てと納税者は声を大きくして政府、自治体を監視していかないと納得できないことが多いですよね。
    話が脱線しました。FXに関してひとつ質問させてください。及川さんのテクニカルチャート、インジケーターについてのお考えです。
    及川さんは「天才チャート」に基づいてトレードされていると思いますが、表示されているのはローソク足、MA、上位足MA、ボリバンですよね。
    私も当初はMA、RSI、MACD、ボリバン等様々なテクニカル指標、インジケーターを画面に表示させてトレードしていました。
    しかし、結果はいわゆるだましが多くて惨々たるものでした。
    及川さんが動画でよく言われる、「このエントリー場面を録画していたほうがいい、なぜなら後で振り返って見た時、チャートの形が変わっているから」というお話の通りです。
    各種のテクニカル指標は、後付けで見ると有効に機能しているように見えるけど、ライブではだましのほうがはるかに多いと実感しています。
    各種のテクニカル指標、インジケーターはFX会社が素人にこれを使えば儲けられると誤解されるための釣り餌、疑似餌じゃないかとさえ思うに至りました。
    ですから今はMAとレジサポラインだけでトレードしています。
    これからコンスタントに利益を上げていくには経験で克服していって自分なりの手法を見つけるしか方法がないのでしょうか?よろしくご教授ください。

    • 一文字隼人さま
      コメントありがとうございます。

      >本郷猛でもおやっさんでも死神博士でもよかったんですが(笑)

      ↑当時の僕は「2号派」だったので
      一文字で正解だったように思います(笑)

      >各種のテクニカル指標、インジケーターはFX会社が素人にこれを使えば儲けられると誤解されるための釣り餌、疑似餌じゃないかとさえ思うに至りました。

      ↑ここはさすがに言い過ぎなような気もしますが・・・(汗)
      ただしリペイントについてはあらかじめ
      「生じる」ことを「理解しておく」ことは重要でしょうね。

      >今はMAとレジサポラインだけでトレード
      >これからコンスタントに利益を上げていくには経験で克服していって自分なりの手法を見つけるしか方法がないのでしょうか?

      ↑僕も水平線はかなり重視していますので
      基本的な考え方は似ているのではないかと想像します。

      その場合、極論MAやその他のオシレーターを
      すべて「参考程度」に置き、
      メインは水平線ってことでも充分イケると思います。

      具体的にはMAで一応の方向性のみをアタマに置き、
      逆張りなら水平線タッチで、
      順張りなら水平線ブレイク、あるいは抜け後の初押しタッチ付近、
      などなど。

      ここから先は「場面の精査」になりますが
      僕ならここ、やはり「時間帯」から重視しますね。

      動きやすい時間帯とそうでない時間帯を考慮し、
      前者は順張り、後者は水平線の逆張り、などの区別も
      面白いかも知れません。

      「自分なりの手法」につきましては
      結局のところ、そうすべきだと僕は思っています。

      例えば僕も教材やスクールで講師をやりますが
      どんなに同じことを教わった人の間であっても、
      性格面や環境面の違いもあり、
      さらには「解釈の違い」も生じたりで
      「僕とまったく同じ」にはならないんですよね。

      誰からだろうがネットからだろうが
      得た知識をどう自分のクセや特徴に活かしつつ身につけていくか、
      結局はここがモノを言うのだと、
      それこそ受講生さんにすらそう言い続けている僕なんです(笑)

      そういう意味では「経験」も確かに必要でしょうね。
      というか、経験なくして余裕で勝てるほど
      相場や我々に対し優しくはないです(苦笑)

      僕はよく相場を女性を口説く行為と似ている、
      このように言います。

      いろいろ言いたいことはあるのですが
      一言でいいますと、
      「たったひとつの正解などない」ってことです。

      テキトーに口説いても上手くいくこともあれば
      充分な戦略を練ってもダメなこともある。

      そういう中、
      「自分の得意パターン」を持っているのは
      一定以上の優位性がありますし、
      何より自信の持ち方も違うと思うんです。

      自分の必殺技で落ちなかった、
      そんじゃ縁がなかったと思って撤退だ!

      相場もこんな感じだと思っているわけです。

      世の中には数々の「手法」がありますが
      それさえあれば万能、、、
      なんてことはどうせないですよね。

      ゆえにそこに「自分らしい得意パターン」を持つこと、
      これを成功体験から、
      さらには失敗体験からの逆手を取るなどで
      徐々に切れ味を鋭くしていくのが王道ではないかと
      そのように思う次第です。

      本件は以上とさせてください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生ご質問させてください。

    1、方向性のフラグが出た後の戻しが焼かれるように逆抜けするような動きがあると思いますが、このような行ってしかりが逆抜けされるような場面はどのような要素から早く察知しますでしょうか?特にシリーズで方向性が明らかで通貨強弱的にも有利側のものがいとも簡単に逆抜けされるような場面の素早い判断が難しいです。逆抜けを早く察知するための視点をご教示いただきたいです。

    2、ユーロとポンドが又裂きの時にユーロとポンドどちらをやるかの判断基準についてです。やはりその時の個別チャートの形などからの判断でしょうか?ユロポンが上げている状態でユーロのロングとポンドのショート両方ができる形の時など、どちらを選択すればいいのかわかりません。

    よろしくおねがいします!

    • えみみ様
      コメントありがとうございます。

      >逆抜けを早く察知するための視点

      ↑僕も早めに察知出来ているかはそこまで自信はないのですが
      例えば欧州時間の16時から監視をしたとして
      東京時間でキレイに伸びたチャートの戻しが
      16時以降に来た場合など、

      「新しい時間帯による新たな流れによるもので
      テクニカルは効かないかも?」
      という疑いをあらかじめ持つようにはしています。

      また、特にポンドについては
      一方向へ伸びそうと思いきや
      MAをまたいで往復や往復半してから伸び出すことも
      ままあるので、そもそも注意をしています。

      ちょうど28日にアップしたYouTube動画で
      見極めの参考になりそうな展開になっていますので
      よかったらご確認なさってみてください。

      >ユーロとポンドが又裂きの時にユーロとポンドどちらをやるかの判断基準

      ↑ここも僕が毎回当たるわけではありませんが
      短期デイトレ、特にスキャル的な利食いであれば
      どっちでも取れるイメージではあるんですよね。

      で、そうなるとポンドのほうが
      よりPIPSを稼ぎやすいという観点から
      僕自身はポンドを選択することが多いです。
      (それをしてイマイチだったことも多々ありますが・汗)

      それと僕のクセ?というか
      ショートのほうがやりやすい感覚がどうしてもあって
      そもそもショートを選択することが多いんですよね。

      で、これは余談ですが
      ついショートのほうが勝ちやすい感覚がある中、
      ショートポジが逆食らって負けたときに
      ロングで取り返すことも多いわけですが
      そういう時のロングの伸びはなぜか凄いです(笑)
      (「1」のアンサーにもつながるかも知れません)

      すみません、
      今回は「正解バナシ」ではないですね(汗)
      僕の感覚をお話しただけになってしまいました。

      いずれも良いご質問だと思います。
      良いご質問すぎて、
      僕自身「正しい正解はない」という中、日々やっている部分です。

      動画でもお話をしていますが
      「想定外を常に想定しておく」
      ただし、ビビってばかりでは行くべきが行けなくなる。

      これらの兼ね合いの強弱感が
      トレードにおける個性やセンスに繋がってくる、
      それゆえ磨くべく部分でもある、
      そういう話ではないかと思っています。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠はじめまして、初コメントさせてもらいます。
    いつもYouTube、デイトレ大百科、ガチ速FXにて勉強させていただいてます。
    名前通り一昨年まで独立リーグで野球をさせてもらっていたので野球での例え話が凄く身に沁みたり、わかりやすく感謝しています。
    小学校から始めた野球を引退すると決意するときはここまで本気で取り組んだから悔いなし!とする自分とNPBに行くと決めて成し遂げれなかった悔しすぎる自分がいました。必ず次の世界では成功する!と決めて入社させていただいた会社では野球のように燃えれない自分がいました。もちろん自分次第なのは承知しております、、、
    しかし去年9月FXを知ってからとてつもない燃え上がる気持ちになり、色んなことを調べたり、試したりしている中で師匠に出会う事が出来ました。
    この一年全損も3回させましたが諦めるどころか負けの原因がどんどん明確になっていく事に成長や楽しさすらも感じています。
    師匠が毎回言われている通り野球もFXも同じで少しずつ成長していくんだということをヒシヒシと感じながら頑張っています!めぐり合う指導者によって一気に人生が変わる選手はたくさんいます。僕自身も大きく球速が伸びた体験者の一人です。ただそれまで指導してくださった方々の教えがあってたからその指導者の教えで全てが一致したという感じでした。
    まさに今FXでいろんなことが一致しそうな感じがしてます。も~少し、も~少し諦めずに頑張ります。
    なんか自分の話ばかりすいません。でも本当に感謝でいっぱいでめちゃくちゃ師匠に出会えて、しかもコメンできるなんて嬉しすぎるんです。(笑)
    とにかく本当にありがとうございます。こんなに充実した毎日を過ごせるのもFXism
    のおかげです。今後ともよろしくお願いします。

    • 元独立リーガーさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >一昨年まで独立リーグで野球をさせてもらっていた
      >本気で取り組んだから悔いなし!とする自分とNPBに行くと決めて成し遂げれなかった悔しすぎる自分

      ↑おぉ!!!
      僕は小学生までプロ野球選手を夢見ていた
      「通りすがりの素人(笑)」ですので
      そこまでがんばって来られた人を率直に尊敬します!

      野球の世界は本当に過酷ですよね。
      まず高校野球で注目をされるのも狭き門、というか
      規模が大き過ぎて必然的に狭き門になるでしょうし、

      大学や社会人に進んだことで
      逆に伸び悩んでしまう人もいるでしょうし、

      さらにはたった一度のケガでそれまで築いたものが
      一瞬で元の木阿弥になりかねなかったり・・・

      もっというと、NPBに入ったから安泰かって
      全然そんなわけでもなく、みたいな(汗)

      そういう中で昇り詰めるべくがんばるのって
      「果てしない」感じがどうしてもしてしまい、
      例えば僕に息子がいたなら、応援はすれど薦めたくはないのが正直なところです。

      そんな世界でがんばって来られた方に対し、
      僕はリスペクトしかありません。

      >去年9月FXを知ってからとてつもない燃え上がる気持ち
      >野球もFXも同じで少しずつ成長していくんだということをヒシヒシと感じながら頑張っています!

      ↑上述のような根性をお持ちの方ですので
      なんていうか「突破力」は相当お持ちだと想像します♪

      >めぐり合う指導者によって一気に人生が変わる選手はたくさん
      >僕自身も大きく球速が伸びた体験者の一人
      >ただそれまで指導してくださった方々の教えがあってたからその指導者の教えで全てが一致したという感じ

      ↑NPBを目指されていたレベルでの話なので
      説得力が違いますね(笑)

      さて、トレードの話を少ししますが
      球技系スポーツの上級者の方は
      「空間認識力」や「間合い」や
      「駆け引き」「引くは引く、行くは行く」などの感性が
      元より高いように想像します。

      で、デイトレは上記の要素が
      かなり重要だと個人的には思っていますので
      ハマればおもしろい、というか

      それこそ「ある日突然160kmの速球」を
      投げられるかも知れません(笑)

      もっとも速球派が必ずしも良いわけでもなく、
      軟投でも試合を征服出来る人も野球同様います。

      充分お分かりかと思いますが
      相場も明確に「敵」がいる競技です。

      そんな中、敵を知り、その上でその敵を攻略するために
      どんな自分でいることが効果的か?

      ある意味相手に合わせることが重要で
      されどそこに「自分らしさ」もないといけません。

      例えて言うなら
      自分らしい投球フォームをしっかり固め、

      けど試合ではバッターボックスに立つ相手の
      いきり具合や狙い球のウラをかくしたたかさを持って臨む、みたいな。

      こちらがバッター側だったとしたら
      相手は時に、
      まぁ謎な配給をしてくる曲者ピッチャーだったりするのが
      デイトレ相場です(苦笑)

      あ、バッター側のほうが例えがしやすいので続けますが
      僕が目指しているのが

      「ホームランも狙えば打てるが
      普段は二塁打がベスト、
      なんなら内野安打でも良いと思い毎回バッターボックスに立つ」

      これです(笑)

      ただし、中には
      三振もそこそこ多いが当たればデカい、
      これを良しとするトレードスタイルもありますので
      そのあたり「自分の適性」を性格面などと併せ
      組み立てていただきたいなと思います。

      なんだか話が長くなってしまいましたが
      とにもかくにもがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。ガチ速FXの購入からYouTube・ブログを拝見させていただくようになりました。非常に勉強になる話ばかりで、また及川先生の人柄が滲み出ていて、惹きつけられてしまいました。(むさくるしい男がひきついてしまいすみません)
    大変恐縮ですが、私も一つ質問をさせていただきたくコメントさせていただきました。
    内容は「ドテン」についてです。
    基本的な先生の教えの通りトレードしているつもりなのですが、私の負けパターンの王道が、ドテンにより往復びんたを食らうことなんです。
    当初想定のナンピン位置でナンピンし、それを超えたら損切・・というところまではできるのですが、損切りした後に「行くべきが行かず..」なのだから逆に伸びるのでは?とつい安易にドテンしてしまいます。
    損切りした時点で一度冷静になり判断すべきだし、そもそもエントリーする時点で逆行した場合にドテンするかどうかまで決めておく、ということなのかと思うのですが、私なりにここぞという場面を待ってエントリーしているつもりなので、それが逆に行って損切となった場合「これだけ行くべきと思ったものが行かず…」だったのだから逆に伸びるのでは?という思いが強くなってしまうんです。
    勿論上手くいくこともありますが、確率的には往復びんたを食らっていることのほうが多いです。
    及川先生がドテンをするときに気を付けていること(判断基準)、また先生もこの「ドテン往復びんた病」に罹ったことがあれば、どうやって克服したかを教えていただければ幸いです。
    乱文乱筆お許しください。

    • チャーリー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生の人柄が滲み出ていて、惹きつけられてしまいました。(むさくるしい男がひきついてしまいすみません)

      ↑いえいえ、というか
      こちらのほうこそ、むさくるしいオッサンで
      おまけに現在、無精ひげを伸ばし放題でして(汗)

      ドテンのお話、
      お気持ちはよく分かります。
      特に、

      >私なりにここぞという場面を待ってエントリーしているつもりなので、それが逆に行って損切となった場合「これだけ行くべきと思ったものが行かず…」だったのだから逆に伸びるのでは?という思いが強くなってしまう

      ↑この部分はとても共感いたします。

      僕が逆抜けからの強い伸びを懸念するケースとして、

      1.あらたな時間帯の突入前にきれいに伸びていたトレンドの
      新時間帯突入後の戻し

      2.「1」で一度順方向へ伸びかけたものの
      前回高安値まで伸びきれずに戻ってきたケース

      特に「2」は実際にエントリーをしていることもあり、
      チャート形状的には合っているイメージのため
      判断に迷うことが僕でも多いです。

      で、これらのようなケースでは
      とりあえず損切りがなるべく深くならぬよう注意しつつ、が良いように思います。

      問題はドテンをする、またはしないの話です。

      正直な話、僕は過去のYouTube動画で
      「損切りからの即ドテン」を結構やっていましたので
      エラそうに言うのは忍びないところなのですが

      本来、というか、統計的に考えた際、
      「損切り即ドテン」はなるべくやらないほうが良い、
      その辺は最近僕自身もかなり留意しているんです。

      なんといっても難易度が高いことが一番です。

      僕からのメッセージとしましては
      損切り即ドテンは禁じ手とまずはすること。

      損切り後にトレードをする場合も
      例えば「水平線の抜け後の初戻し」など
      引き付けてやる展開まで待つこと。

      これらを提案したいです。

      これはテクニカルの統計以上に
      まずは「自身のアタマを冷やす」という主旨もあります。

      それともう一つ特に注意したいのは
      損切り即ドテンが
      「ある程度伸びたあとの後追い」になっているケースです。

      この場合、仮にそのまま順行する際にも
      一度押し目や戻し目をつけにこられると
      そこそこ大きめな含み損を抱えることになり、
      そもそも精神衛生上よろしくありません。

      さらには往復ビンタだっただった場合の
      損失も普段以上になりやすいですよね。

      なので「やる」にしても
      相応に引き付けてから!というマインドの管理は
      しておいたほうが良いと思うわけです。

      ちょうど28日に僕が公開した
      YouTube動画の判断や見極めの解説などは
      多少なり参考にしていただけるのではないかと期待します。

      今後も「損切り後の立ち回り」については
      動画的にも参考にしていただきやすい内容を
      僕自身心掛けたいと思っています^^;;

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。

    最近はおかげさまで、資金は増えているものの
    やはり資金を減らしてしまうときがあり、そのパターンが決まっています。

    いつも上下20PIPSくらいの小さいレンジに捕まり5連敗以上するときがあります。
    伸びると思っても入っても伸びずマイナス5~10PIPSなどが連続して続き
    トータルするとマイナス50PIPS以上になることがあります。

    9月28日は欧州時間から複数ポジションですが70PIPSほど勝っていたのにも関わらず
    21時から0時までの間に全て負けてしまいました。

    一度負けてしまうと、次も負けるのが怖くなり損切りが浅くなってしまい
    小さいレンジがブレイクすると思ってもブレイクせず
    戻されたときに、小さな損切りを繰り返してしまいます。

    おこがましいとは思いますが、勝てているときは及川師匠の手法を実践できているつもりですが
    負けるときは、後から振り返るとルール外の事をしてしまっています。

    これは、手法がどうこうではなく、私の精神的な弱さから来ているものなので
    自分で解決するほか無いのはわかっていますが、
    できれば今後につながるようなアドバイスを頂けないでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    • ヤッターマン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >上下20PIPSくらいの小さいレンジに捕まり5連敗以上するときがあります。

      まずはここからですが
      ちょうど28日のYouTube動画での解説
      「小さなレンジ幅」と「おっぱじまったあとのボラの世界」
      これの解説はかなりヒントになるのではないかと想像します。

      噛み砕いて言いますと、
      小さなレンジ幅で動く時間であれば
      水平線の高値から売り、安値で買う、
      つまり逆張りのほうが楽に勝てます。

      ただし、これらの時間帯は
      そもそも「方向感もバラバラ」な感じのため
      とりあえずやりにくいですよね。

      で、そんなことから
      我々は「動きやすい時間帯」をやり
      『おっぱじまったヤツの初動』を狙いたいわけです。

      ところがここについても
      「おっぱじまり」自体がダマシで終わってしまい、
      本当のおっぱじまりではないケースもありますよね。

      で、この時点では焦ってドテンのポジション変更をせず、
      ある意味「腹くくって耐える」か
      あるいは浅めでいったん損切りを済ませ、
      少し状況が明確化するまで待つ、が良いはずです。

      これを実演したのが28日の動画です
      (まぁたまたまですが・笑)

      >一度負けてしまうと、次も負けるのが怖くなり損切りが浅くなってしまい
      小さいレンジがブレイクすると思ってもブレイクせず
      戻されたときに、小さな損切りを繰り返してしまいます。

      ↑この症状の防止こそが上記かなと思いますので
      ご自身なりに今一度考えてみてください。

      それと、

      >欧州時間から複数ポジションですが70PIPSほど勝っていたのにも関わらず
      21時から0時までの間に全て負け

      ↑ここについても触れておきたいのですが、
      例えばトレードをしない人からしたら
      70PIPS勝ちが50PIPS勝ちに減っても
      「プラスなんだからいいじゃん」となりがちですが
      トレードをしてる本人はまるで違う感覚なんだと思うのです。

      それは
      「さっきまで70あったのに50になってしまった」
      「自分は本来であれば70勝ちで終われるはずだった」
      「ゆえに取り返したい」

      つまり、プラス収支状態の時に
      「ほんの少し小遣い稼ぎで」なんて
      軽い気持ちでやるトレードで負けるダメージって
      思いのほか「危険」なんです。

      ゆえにすでにプラス状態の時にやる
      「次のトレード」こそを極めて慎重にやること。

      僕はこの危険さを経験上よーく理解しているので
      「勝ち逃げ上等」を謳い文句にしているわけです。

      トレードは「人間」がやるもので
      外野が言うほどカンタンではありませんよね。

      「なんで70が50に減っただけでおかしくなるの?」
      いや、、、なるんだってって話なわけです(苦笑)

      >私の精神的な弱さから来ているもの

      ↑ここも念のため言わせていただきますが
      精神的に弱いなんてのは「誰もが同じ」です。
      もちろん僕も含めてです。

      精神的に弱いのを「知っている」からこそ
      プラス収支時の次のトレードこそが怖く、
      怖いからやらない、これが他でもない僕なんです。

      一定のプラス収支を確保した時点で
      もうチャートを見ない、
      それよりトレード以外の楽しみも見つけて置き、
      とっととそっちに行く、
      なんてことが出来ると良いように思います。

      ※僕の場合、
      「夜の街へ繰り出す」がこれに当たります(笑)

      最後のほうはとんでもないアドバイスで恐縮ですが
      本件、取り急ぎ以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。

    YouTubeとデイトレ大百科にて毎日勉強させていただいております。

    最近やっと理解ができてきまして、利確が毎日できるようになり、毎日トレードを続けることができています。
    勝てるようになってきたのには、
    ・チャートの上に時計を出すようになった。
    ・損切と利確の比を考えて入れるようになった。
    ・損切した後は、とりあえずMT4を閉じて集中しなおすようにした。
    継続的に実践した事が大きいかと思います。
    また、リオンさんのトレードを及川先生が解説していた時に、ポンオジに限定したという話を聞き、限定しても勝てるのか。と考えを改められました。
    サラリーマンで時間限定の夜しかトレードをできないこともあり、今まではその日その時に入れそうなチャートを探して、これなら比もいいかと入っていましたが、チャートを見る力もないうえに、一つのチャートを考察している時間も短いので逆に踏まれることが多く、小さな損切が発生して他で勝っていても毎日総合的に負けていました。
    そこで負けていたほとんどの理由がオージーがらみだったので、オージーはチャートは見るものの手は出さず、なるべく円シリーズで手を出すようにしました。
    すると、チャートの入りたい理想のポイントまで待つことができ、結果小さな損切がほとんどなくなりました。もちろん逆を踏まれることもありますが今は利益が大きくなりました。

    そこで、今後も継続して勝ち逃げしていこうと考えているのですが、ここで質問があります。
    lotについてです。
    だんだん勝ってきて軍資金がたまってきたのですが、例えば、100万円で1lot入れていたとして、4日後に110万になったとしたら1.1lotにすべきなのでしょうか、それともひと月はlotを動かさない方がよいなどあるのでしょうか。
    昔から、コツコツドカンをやってしまう性格なので、今はなるべくlotを動かさずやっておりますが、勝っていくうえで、このままだと勝つ額に変動が起きません。
    入れる本数は同じにしたいので、もしいい方法があれば教えていただきたいです。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    • MoLさま
      コメントありがとうございます。

      >勝てるようになってきたのには、
      ・チャートの上に時計を出すようになった。
      ・損切と利確の比を考えて入れるようになった。
      ・損切した後は、とりあえずMT4を閉じて集中しなおすようにした。

      ↑なるほど、
      実践されている人の話ですので
      説得力があります。
      多くの人に読んで欲しい部分だと思いました。

      >負けていたほとんどの理由がオージーがらみだったので、オージーはチャートは見るものの手は出さず、なるべく円シリーズで手を出すようにしました。

      ↑夜の時間のみやる人にとって
      オージーは確かに扱いにくいのかも知れませんね。

      >例えば、100万円で1lot入れていたとして、4日後に110万になったとしたら1.1lotにすべきなのでしょうか、それともひと月はlotを動かさない方がよいなどあるのでしょうか。

      ↑ここはある意味永遠の課題です(笑)
      正直、どっちが正解ということはありませんし、
      それこそ人によっては
      「永久にロットを上げないが良い」ということもあり得ますので。

      というのも、
      ロットを引き上げた途端、負けだし、
      結局振り出しに戻ってしまうというご相談は
      かなり多いからです。

      上手に聞いていただく必要がありますが
      これって「お金の器」なのかも知れません。

      あ、人間の器って意味では決してなくて、
      言うなれば「まだその金額を受け入れるメンタルが出来ていない」
      という主旨で申しあげています。

      逆にここが大丈夫の人であれば
      極論、いつロットを引き上げても大丈夫なはずで
      生意気言いますと、僕なんかは元々大きな額面自体には慣れていたので
      まったく問題はありませんでした。

      もしご面倒でなければ
      ひとつ提案したいやり方があります。

      それは資金の増減に対し、
      毎日ロットを可変させるやり方です。

      例えば前日2%の資金が増えたなら
      今日は前日ロットの2%増しにすると。。。

      具体的には「1.02ロット」など
      なんだこれって数値になるわけですが、
      これをすることで

      1.ロット引き上げた感が軽減
      2.トレード中「額面」ではなく「PIPS」で管理するクセ付けが可能になりやすい

      このようなメリットがあると思うのです。

      恐縮ながら僕自身はこれをやった経験がないのですが
      ロット引き上げると負け始める、という人には
      試して欲しいやり方として、過去に何度かお話させていただいています。

      個人的にはもっともロット引き上げに対する
      メンタルブロックを回避しやすいのではと思っていますので
      よかったらご一考なさってみてください。

      で、良い感じだった際は
      ご報告いただけますとありがたいです^^

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    貴重な隔離生活の情報ありがとうございます。
    チャートのセッティングについて質問させてください。
    師匠が天才チャートやBTCのチャート、日経225のチャートなどに表示するMAの数値などはどのようなプロセスで決めて使用するに至りましたか?

    シンプルに色々なMAやインジケーターを表示してみて過去のローソク足が反発しているであったり、ゴールデンクロスやデッドクロスした後のチャートの勢いとかを確認して実践で使えるか試していったのでしょうか?

    その他ボリンジャーバンドや雲なども含めて普段なかなか聞くことができないチャートのセッティングを0から作る方法についてお答えいただけると嬉しいです。

    よろしくお願いします。

    • IDさま
      コメントありがとうございます。

      >天才チャートやBTCのチャート、日経225のチャートなどに表示するMAの数値などはどのようなプロセスで決めて使用するに至りましたか?

      ↑僕はFXの前にも株のデイトレをやっていまして
      しかも経験年数だけは異常に長いんです(苦笑)

      その際、例えば5分足の場合
      75本線は株時代から重宝していました。

      このように5分足ならこれ、
      15分足ならこれ、みたいに
      過去の経験からまず第一に試す基準がありまして
      そこからの調整だったので
      ゼロから・・・というケースは正直あまりないんです。

      凄く良く言えば
      「継ぎ足し継ぎ足しの秘伝のタレ」みたいな。
      もちろん冗談ですが^^;;

      ボリンジャーバンドや一目均衡表など
      他のオシレーターなども過去に使った際
      自分にとって相性の良かったものを残しています。

      一方でRSIやピボットなど
      他の方々が重宝して使っているものであっても
      あくまで僕との相性がイマイチだったものは外している次第です。

      要するに、
      長い時間をかけて「一通り試した中からの選択」
      このようなアンサーとなります。

      美味いか不味いかはとりあえず食ってから判断する、
      あまり良い例えではないかも知れませんが
      実際、そんなイメージでやって来ましたので
      そのままお伝えさせていただきますm(_ _)m

      なお、

      >シンプルに色々なMAやインジケーターを表示してみて過去のローソク足が反発しているであったり、ゴールデンクロスやデッドクロスした後のチャートの勢いとかを確認して実践で使えるか試していったのでしょうか?

      ↑ここについてですが、
      僕は過去「仮説魔」と呼んで良いくらい
      様々な仮説に基づいて「聖杯的なもの探し」をやっていました。

      その中にはゴールデンクロスなどもありました。

      ただし「採用後」も仮説検証は続き
      採用時の根拠とは違う理由で残っているMAやオシレーターもあります(笑)

      そういう意味でも「相性」はあるように
      個人的には思っています。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして及川師匠
    隔離生活お疲れさまです。
    師匠の動画に出会って3ヵ月程経ちましたが師匠のテクニックに惚れ惚れしどんどん虜になっていってます。
    最初動画を見た時は違和感ありありで理解出来ないこともたくさんありましたが、最近やっと少し理解出来てきたつもりです。
    師匠に質問させて頂きたいのですが、日利2%を目標に頑張っているのですがどの位のピップス数で2%到達が理想ですか?
    師匠の手法は短時間で10〜20ピップスを取っていくものと理解しております(間違ってたらすみません)
    それによってロット数も変えていかなければと思っています。
    焦らずにやっていかなければならないのは重々承知ですが参考までに教えて頂ければ幸いです。質問が過去の方と被ってるかもしれず申し訳ありません。
    あと少し隔離生活頑張って下さい。

    • 早速のご回答有難うございます。
      何度も同じ様な質問されてるのにわざわざ返信頂き本当に有難うございました。
      今までのロット数でしたらガッツリピップス数を取らなければ目標に届かなかったので調整していきます。
      あとニューヨーク時間は本当に難しいです。
      欧州時間だったら割と成績はいいのですがニューヨークでやられてしまうことが多々あります。
      もっと勉強して師匠のようにサラッとニューヨークでも勝てるように精進したいと思います。
      お忙しいとは思いますがこれからも動画アップ宜しくお願いします。

    • 崖っぷち農家さま

      >欧州時間だったら割と成績はいいのですがニューヨークでやられてしまうことが多々あります。
      もっと勉強して師匠のようにサラッとニューヨークでも勝てるように精進したいと思います。

      ↑こちら軽くツッコミを入れさせていただきますが
      欧州時間で勝てているのであれば
      NYやる必要なくないですか?
      時間ばかり使って不毛なだけじゃないかと思うんですよね。

      それならば極論
      欧州時間のロットを上げて、
      欧州で勝ったらその日は終了し、
      トレード以外の趣味などに時間を使う。

      それこそ、筋トレとかやるほうが
      よほど健全だと思いますよ(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 崖っぷち農家さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >師匠の動画に出会って3ヵ月程経ちましたが師匠のテクニックに惚れ惚れしどんどん虜になっていってます。

      ↑それは光栄です。
      こちらのほうこそ、ありがとうございますm(_ _)m

      >日利2%を目標に頑張っているのですがどの位のピップス数で2%到達が理想ですか?

      ↑うーん、なかなか鋭いご質問です。
      というのも「日利2%」は僕の大好きな基準なんですよね(笑)

      あまり深く考えず、感覚的に言いますと
      「30PIPS程度」とのイメージです。

      ただしこれ、
      僕の場合は複合ポジションの合計でも良くて
      あるいはスキャルを数回やった合計でも良いイメージです。

      あくまで僕の経験からの話としてですが
      一日30PIPSくらいが一番快適というか、
      特段の圧力もかけず、無謀な領域にも行かずに
      スッと取れることの多い値との感触なんです。

      もちろん損切りトレードが混ざった際は
      時に運動会みたいなトレードになることもあるわけですが(苦笑)

      逆に言うと、
      一日トータル収支が30PIPS程度なら
      すんなりやめちゃっても後腐れ感がないかなと。

      あくまで僕の感覚ですので
      そのへんは上手にお聞き入れください^^;;

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。
    いつも丁寧なご返答とても感謝しております。

    上記の質問でアドバイスいただいた通り、28日の動画を参照したところ
    面白いことに、ポンドシリーズで同じような位置でエントリー、損切り、再エントリー、利確をしていて
    結果がわかっているだけに、自分のトレードを見ているようでニヤニヤしてしまいました。

    ただ、自分のトレードと違うところは、
    2回目のエントリーをする際、及川師匠よりも少し高い位置でエントリーしており
    私は上に抜けそうだからエントリーするという意識で行ったものに対して
    及川師匠はポンドドルのレンジの下の方からエントリーしている点でした。

    これはポンド円が鉄板パターンの形をしているのに対して
    ポンドドルが下げそうではあるが、まだレンジ内という状況で
    私と師匠の意識の違いが如実に表れていると感じました。

    ポンドドルのレンジ内の下の方からのエントリーはとても理にかなっており
    損切りドテンするにしても損が少なく、
    そのまま上に伸びた場合でも利益も大きく取れるのに対して

    私のレンジの上の方からのエントリーは、まったくその逆で
    28日は、そのまま抜けて勝てたからいいものの
    ブレイクしそうで戻される状況になった場合、含み損が大きくなり
    先日相談させていただいたレンジで戻されて負ける状況と一致すると感じました。

    今思うと普段のトレードも、15MA まで引き付けてエントリーするものの
    エントリーするタイミングで少し躊躇してしまい少し伸びてからエントリーしてしまったり、乗り遅れて置いて行かれることが多々あるので
    まだエントリーに対して少し恐怖を感じているのかもしれません。

    結果、飛び乗りのようなエントリーになってしまい
    伸びると思っても伸びない状況では、大きめの含み損や損切りになるのだと感じました。

    それが連続で負けだすとさらにエスカレートして、損切りが浅くなってしまい
    レンジブレイクしそうなところで戻されて切らされるといった状況になっていると思いました。

    恐らく私の意識が、伸びだしたところに乗る方に安心感を覚えてしまっているので
    まずはその意識を15MAもレンジも引き付けききったところの方が安全だと変えていこうと思います。
    これで飛び乗りや、レンジの先からのエントリーは減らせるのではと考えております。

    また、最近は勝率も良く資金が増えているだけに
    早く資金を増やしたいとの思いから、16時から23時までのエントリーチャンスは全部入ると考えてしまっていましたので
    少し肩の力を抜いて、前半で勝った日は勝ち逃げするという意識で
    トレードをやめてしまおうと思います。

    練習ソフトでは師匠の手法を使い資金100倍を何度も達成しているので
    あとは私の意識やメンタル次第だと考えています。

    私も夜のお店は嫌いではないので、私の年収が1億を超えた時には
    是非ご馳走させていただければ嬉しく思います。

    実は師匠の歌手時代の動画を何度も見ており、特に絶体絶命を始めて見たときは
    いい意味で この人は何をやっているんだ笑 と思いました。

    トレードの話以外にも、ぜひこういったお話もお聞かせいただければとても嬉しく思います。
    いつも本当にありがとうございます。

    • ヤッターマン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >28日の動画を参照したところ
      面白いことに、ポンドシリーズで同じような位置でエントリー、損切り、再エントリー、利確

      ↑そうでしたか、
      それは僕と同じとかそういうのでなくても
      笑っちゃうところですね^^

      >私は上に抜けそうだからエントリーするという意識で行ったものに対して
      及川師匠はポンドドルのレンジの下の方からエントリーしている点でした。

      ↑ここはたまたまですよ。
      ポンド円を入るタイミングで同時に入っただけで
      ポンドドルの位置は本当にたまたまです。

      >恐らく私の意識が、伸びだしたところに乗る方に安心感を覚えてしまっているので
      まずはその意識を15MAもレンジも引き付けききったところの方が安全だと変えていこうと思います。

      ↑ここは僕も普段はそんなもんです。
      ただし、動き出しがダマシだった場合
      常に「プチ飛び乗り」になりやすいので
      そこはお互い注意が必要でしょうね。

      >練習ソフトでは師匠の手法を使い資金100倍を何度も達成しているので
      あとは私の意識やメンタル次第だと考えています。

      ↑ここ、逆に凄いですね(苦笑)
      どうやったら100倍になるのか、みたいな。

      >私も夜のお店は嫌いではないので、私の年収が1億を超えた時には
      是非ご馳走させていただければ

      ↑まずはお気持ちだけ頂戴いたします。
      というのも、そこまで稼いだ方には
      「僕が」ごちそうするしきたりですので♪

      >実は師匠の歌手時代の動画を何度も見ており

      ↑あぁ、、、それは言ってはダメなやつです(笑)

      しかし、あれももう8年くらい前じゃなかったかなぁと。
      時間が経つのは本当に早いですね
      恐ろしいくらいに(汗)

      ということで
      お互い時間も大切にがんばってまいりましょう^^
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。主婦の毎日母さんと申します。

    いつもブログや動画をみて勉強させて頂いています。

    及川さんやリオンちゃんのやり方や考え方を勉強し、自分なりに考えてルールを作ってトレードをしています。そのおかげで毎日勝てます。損切自体二か月に一度あるかないかです。及川さんのおかげです。

    そしてそのやり方ですが、この記事ではドル円に絞ったら9割勝てるようになって月間150PIPS取れたという方、前の記事ではポン円ポンドルを同時でやられて日ベースで負けがまずないという方と全く一緒なんです。まずそれに驚きました。あれ、この方々私と全く一緒のやり方じゃないのって思いました。
    私がやってる通貨はだいたいポンドルでたまにポン円です。

    時間帯や追加する感覚、MAの見方使い方など多少の違いはあると思いますが、見る限り全体像はほぼ一緒なんです。多分このお二人もお互いに同じだと思ってらっしゃるんじゃないかと思います。

    こうやりなさいと教えられたやり方ではないにしろ、及川さんのやり方とリオンちゃんのやり方をミックスというか、いいとこ取りするとこのやり方を思いつくように思います。私は勝手にハイブリットと呼んでいます。
    簡単に言えば計画的分割ナンピントレードということになると思うんですが、世間ではナンピンはするなとかドカン負けするぞと書いてあります。

    確かに損切するときはナンピンしてる分大きい負けになりますけど、ほんとにたまーにしかないので全然気にならないです。それ以前にそうなってしまう前にだいたい逃げれますから。損切したときは旦那に今日はやっちまったー!と愚痴をして終わります。

    昔は別の高額塾に入り、教わった損小利大の言いつけを守って長期足のトレードしていましたが、肌が合わなかったのか私の頭が悪かったせいなのか普通に負けていまいずっと泣いていました。あの頃に比べると天国です。

    世間のいう教えで勝てない方がいっぱいいて、そういう方が救いを求めてこのブログでコメントされているのをたくさん見ていますが、みんな今負けて困ってるんだったら私たちと同じことすればいいのになと思ってしまいます。
    というかこのブログのコメントをたくさんちゃんと読んで、ちゃんと考えたら自然とこのやり方がいけるんじゃないかと思うんじゃないかって思っています。手法はたくさんあるし人それぞれだと思いますが、私たちのハイブリット式をやればとりあえず負け続けて泣かない日々を送れることは確かです。

    リオンちゃんも過去に言っておられますけど、それくらい有益な情報やヒントになるやり取りがこのブログには詰まってると思うんです。それも無料で。

    ただの主婦が偉そうに言って申し訳ないですけどせっかく宝の山があるんだから今勝ててない人たちは自分の悩み相談ばっかりしてないで、他の方のコメントとその回答を自分自身に役立ててほしいなと思って投稿しました。

    相談でも報告でもなくてすいません。誰かの参考と勇気になればと思います。
    私みたいな学歴もないただの主婦でもできるので及川さんのブログを読む人ならみんなできるようになると思います。

    追伸・及川さんはこのまま髭を残したスタイルでいてほしいに一票です。男らしくてかっこいいです。

    • 毎日母さん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんやリオンちゃんのやり方や考え方を勉強し、自分なりに考えてルールを作ってトレードをしています。そのおかげで毎日勝てます。

      ↑まずは嬉しいご報告をありがとうございます^^

      >損切自体二か月に一度あるかないかです。

      ↑となると、
      「リオン式」のほうが色濃い感じのスタイルですかね。
      いずれにしましても素晴らしい限りです。

      >ドル円に絞ったら9割勝てるようになって月間150PIPS取れたという方
      >前の記事ではポン円ポンドルを同時でやられて日ベースで負けがまずないという方と全く一緒な

      ↑なるほど、
      なんとなくではありますがイメージは掴めて来ました。

      >及川さんのやり方とリオンちゃんのやり方をミックスというか、いいとこ取りするとこのやり方を思いつくように思います。私は勝手にハイブリットと呼んでいます。

      ↑ますますなるほど、ですね。
      というか、僕もいいとこ取りしたくなって来ました(笑)

      >昔は別の高額塾に入り、教わった損小利大の言いつけを守って長期足のトレードしていましたが、肌が合わなかったのか私の頭が悪かったせいなのか普通に負けて

      ↑あれ、経緯もリオンちゃんとかなり似てますね。
      こういうパターンが世間的に多いだけなんでしょうかね。

      >リオンちゃんも過去に言っておられますけど、それくらい有益な情報やヒントになるやり取りがこのブログには詰まってると思うんです。それも無料で。

      ↑ここは、、、
      僕自身かなり意識しているつもりなんです。

      デイトレ大百科ならぬ
      「Q&A大百科」みたいになればいいなって(笑)

      >せっかく宝の山があるんだから今勝ててない人たちは自分の悩み相談ばっかりしてないで、他の方のコメントとその回答を自分自身に役立ててほしいなと思って投稿しました。

      ↑「アツいご提案」と受け止めさせていただきます。
      まずはありがとうございます。

      ただ、みんながそれをしちゃいますと
      今度はコメント投稿もなくなってしまいますので
      痛し痒しかも知れません^^;;

      ここは冗談ですが
      常に「新しい初心者さん」も来られるようですので
      そこは僕自身、粘り強く続けていきたい考えなんです。

      とはいえ、
      上述の「Q&A大百科」は可能であれば実現したいんですよね。
      やはりキーワード検索などでご自身の悩みアンサーを
      過去やりとりから引っ張れるなら、
      相談される方の時短にもなりますので。

      >誰かの参考と勇気になればと思います。

      ↑特に「刺激」になって欲しいところです。
      それと、
      具体的にどうやっているのか?の探求もですね。

      大変ありがたいメッセージでした。
      本当にありがとうございます。

      >追伸・及川さんはこのまま髭を残したスタイルでいてほしいに一票です。男らしくてかっこいいです。

      ↑本当ですかぁ??(苦笑)
      せっかくの機会なのでもう少し続けてみますが
      あとは「手入れ」が出来るかだと想像しています。

      メンドクサくなって剃っちゃう日も
      そう遠くないような・・・(汗)

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもお世話になっております。

    監禁生活あとわずかだと思います。
    思ってた以上に厳しい管理の中、動画の撮影にファスティングも実施中ということで頭が下がります。
    これも及川先生がおっしゃられた「自分は自制できる人間」の証だと感じています。
    ちなみにですがお酒も飲まれてないんですか?
    答えにくかったらすいません(笑)

    9月の成績なんですが平日は毎日トレードして自分でも驚きの一日単位では二日しか負けておりません。
    10万円からはじめてロット増量キャンペーンもあり17万円まで増やすことができました。
    ただ二日負けの一日がドカンとゼロカットをくらってしまいました(涙)
    理由は連勝による変な自信からくる乱射です。
    入金も考えたんですが残金数千円からでも増やせなければ一緒のことと入金はせずまた低ロットからコツコツやり今日の時点で5万円まで戻ってこれました。

    ドカンさえなければ資金は増やせる!!
    と思う反面、たまたま相場と相性よかっただけでそんな簡単に勝てるようにならないだろ。
    ・・・そんな思いが行ったり来たりな今日この頃です。

    「自信」と「自制」のバランスが難しいと痛感しております。
    及川先生は「自制」できておりますし相場観から「自信」のほうがはるかに強いように考えております。
    初心者にとってそのあたりのバランスはどうお考えでしょう?
    抽象的な質問になってしまい申し訳ありません。

    まずは「自制」100%で毎日コツコツ10万円に戻せるよう努力してまいります。
    今後ともよろしくお願い致します。

    • つよぽん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ちなみにですがお酒も飲まれてないんですか?

      ↑ファスティング中はもちろん抜いてましたよ。
      飲んだらぐでんぐでんになっちゃいますので^^;;

      2日間の回復食を経過後は
      例えば今日も缶ビール一本だけ飲みました♪

      >9月の成績なんですが平日は毎日トレードして自分でも驚きの一日単位では二日しか負けておりません。
      >ただ二日負けの一日がドカンとゼロカットをくらってしまいました

      ↑良い報告かと思わせてからのこれですか(汗)

      >「自信」と「自制」のバランスが難しいと痛感しております。
      >初心者にとってそのあたりのバランスはどうお考えでしょう?

      ↑お気持ちは充分理解できるつもりです。

      ただし!
      「乱射」に関しては
      そもそもが論外でメンタル論からはもはや外さないと
      その先に行けないのではないでしょうかね。

      乱射についてはメンタルではなく、
      どちかというと「技術」のカテゴリーに入れておく、
      こういう感性が良いように思うのですがいかがでしょう?

      イメージとしては「自信と自制の兼ね合い」ではなく

      トレードで行くべきは行く!
      行くとなれば自信を持って行く。
      けど損切りで終えることがあることは事前に覚悟しておく。
      で、本当に損切りで終えたときには
      「今回はそーゆータイミングだっただけ」で終える。
      それ以上もそれ以下もなし!

      例えばですが

      10→15→12→17→20→18→22→25→28→25→30

      資金とはこのような経過で増えていくものと
      あらかじめアタマに置いておくことで
      自信も自制もへったくれもないようにするのが
      あるいは一番正しいようにも思いますね。

      いったん増えた資金が一時的にでも減るのがイヤ

      すべての問題はここから来ていると
      そう思うからです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    及川先生の言うとおりにやれば勝てるようになるよな。と分かっているのですが余計なことをしてしまい失敗ばかりです。

    今も、ポンドルショート含み損250pipsで頭を抱えてしまっている状態です。
    なぜ、こんなにはまってしまっているかと分析すると、とりあえずエントリーが間違っていたのです。ほかの作業をしていて、いい感じにポンドルが下げていたところ、安値を割り込んできたので「あ」という気分でショート。
    相場をなめているつもりはなかったのです。リラックス気分で肩の力を抜いたぐらいのトレードしようと思っていたので、ついついポチっとやってしまったのです。
    それがなぜか、その後一度も、ほんの一瞬もプラ転せず現在マイナス250pipsになってしまいました。
    軽い気分で入ってしまったために、幸い小ロットではあるのですがそれも裏目に出たのか逆に全く手放せず今も高値更新とニラメッコ状態です。
    軽い気分でどん底をつかんでしまったので、今度は最高値で放してしまうんじゃないか…、そんなバカすぎるトレードを記憶に残してしまうと、下手すぎる自分に呆れてトレードを諦めてしまうのではないかと思いなかなか決心がつきません。
    バカすぎるな、と自分に吐き気を催しながら損切800pipsに設定と傷口を大きくして握り続けています…(日足高値です…アホです)
    先週最安値が1.26755で私がポチっと握ってしまったのが1.26750…
    まさか、そこが分岐点になるはずがないだろう。と思っていたらまさかの分岐点だったのでしょうか…
    そんなことってあるんですね…

    • きたっち様
      コメントありがとうございます。

      なんかこのあと続きがあるみたいですので
      返信につきましてはそちらのほうにさせていただきますね(汗)

  • こんにちは。
    シンガポールに帰ってしまわれて、なんだかさみしい気持ちですが
    無事に到着され、もうすぐ謹慎もあけるということで良かったです。

    FXを再開して早5ヶ月が経とうとしており、焦りが出てきたのもあったり、
    だいたい初回に負けるので、「取り返そうと必死になる」から一層負ける。
    勝ってるときは、この調子でさらに取り返そうとして、結局負ける・・・。
    やはり一旦離れてみるのが得策かな、と。

    及川式にこだわっておりましたが、一度ポンオジに絞ることにしました。
    そして起きてる時間見続けることをしないように、
    できるときだけやる、無理にやらないようにしました。(でも総計負けてる)

    そして、なんぴんでドカン負けしていたので、
    なんぴんを禁止するためと、取り返すためにロットを増やすのを禁止するため、
    10000円のみ入れてやっています。
    日本の口座でポンオジなので、1ポジしか入れません(汗)
    いかに方向を見定めるか、の練習中です。
    無意味でしょうか?必要なときになんぴんもできません。

    そして、しない日は動画みたり、ブログコメントを読んだり、
    MAについて再度勉強したりしていたのですが、
    もしかして及川式ってかなり難しいのではないか?と思いはじめたら
    ますます勝てなくなりました。

    でも確実に最初らへんは東京・欧州の取引で及川式でドカンと負けても、
    NY時間に及川式スキャルで結構取り戻していました。

    今ではもはや取り返せない。

    及川師匠はスイングからはじめて、デイトレ(スキャル)になり
    FXにおいては負け続けた、というか暗黒時代がなかったとおっしゃっていましたが、それはなぜなのでしょうか?誰にでも来るといわれる暗黒時代がない方もいる。
    やはりかなり研究され、確証を得てからトレードしておられたからでしょうか?
    それとも株取引での実践経験のおかげでしょうか?

    6月下旬からはじめて、10月になりましたが、
    初回に東京時間で2~3pipsを取るのがやっとだという相談をさせていただいた後、
    勝ったり負けたりしながら、
    今ではたびたび40pipsとれることもでてきました。
    これは成長と思っていいのでしょうか。

    なのに日単位で負け続けているという。
    成長なのか後退なのか・・・。

    あとはいかに負けトレードを減らすか、
    勝てるトレードのみ見極め、取引をする。
    トレードをしないというトレード。

    自分に必要なものを見定めることって難しいですね。
    本当に色んな勝ち方がある。
    色々見れば見るほど、勉強すればするほど情報が入り、
    勝てるはずなのに頭がごっちゃになっていく。

    自分に合ったもの、合わないものの取捨選択をしていく作業が
    重要なのだろうけど、本当に難しいです。

    独身時代にFXに、及川式に出会いたかった・・・

    • 2秒後の未来を照らしたい様
      コメントありがとうございます。

      >10000円のみ入れてやっています。
      日本の口座でポンオジなので、1ポジしか入れません(汗)
      いかに方向を見定めるか、の練習中です。
      無意味でしょうか?必要なときになんぴんもできません。

      ↑テーマが「方向性の見定め」ということであれば
      決して無意味だとは思いません。
      テーマなくやるのが無意味なわけですので。

      あとは、そこまで手足を縛られているような状況の中、
      実弾の必要があるのかというのは少し感じました。

      >暗黒時代がなかったとおっしゃっていましたが、それはなぜなのでしょうか?

      ↑一番は株時代の経験と、二番目はその株で全損した経験。
      三番目としては僕がFXを始めた当初は今よりはるかにイージーだった、
      などが挙げられると思っています。

      ただし途中途中、
      苦労がなかったわけではありませんよ。
      というか、ある意味今だって油断したらすぐにやられるって
      そういう意識はずっと持っていますので。

      >今ではたびたび40pipsとれることもでてきました。
      これは成長と思っていいのでしょうか。

      ↑「こういう場面、こういう状況でやればいいのかも!」
      といった「手応え」が伴っているのであれば
      充分成長と呼んで良いように思います。

      ただ、文面を拝見するに
      勝ったら勝ったで迷いに感じてしまうような
      なんともこんがらがった様子を感じてしまいますね。

      >色々見れば見るほど、勉強すればするほど情報が入り、
      勝てるはずなのに頭がごっちゃになっていく。

      ↑僕は思います。
      「外から得る勉強」を遮断すべきだと。

      これがまったくの初心者だったら言いませんよ。
      けど、すでに相応な知識も経験もあるわけじゃないですか。
      それこそ勝つときは勝てるわけですし。

      であるならば

      1.まずやる
      2.その結果を自分なりに検証する
      3.修正や改善ポイントを「自分の中」で見つける

      「外からの情報」なんて
      ある段階からは「クソ食らえ」くらいで良いと思うんです。
      僕もそうやって来ましたし。

      だってそうでしょう?
      世間の情報ったって、
      世間の人の9割は負けてるんですよ。
      そんな情報、いりますかね?

      問題提起もその解決も
      さらには創意工夫もすべて自分の感性でやる!

      ここを決めることでチャートの見方にも
      一定レベルで「腹がくくれる」かも知れませんよ。
      ※ブレが少なくなるって意味です。

      最後にちょっと厳しめの話を言わせてください。

      フラフラといろいろやって負けるくらいなら
      自らが立てた仮説に基づき、まずはブレなくやってみよう!

      で、そこで出た結果から
      どこをどう修正すれば良いのかを「自分」で決めよう!
      どうせ誰も責任など取ってくれない世界なんですから。

      で、わずかな突破口が見いだせたなら
      もう他人の話などどうでもよく、
      そこから先は「自分だけの世界」です。

      というか、
      トレードで勝てている人は
      ほぼ例外なくこのあたりをやっていると思いますよ。

      一度整理整頓しつつ考えてみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    朝の続きの顛末です。
    本日の欧州時間初めにチャートチェックをしたところ、東京時間のレンジを抜けてさらに高値を付けているところでした。
    むむ、やはり800pipsはさすがに阿呆かと思い、観念して損切270pipsでした(←十分に愚ですが…)
    が、その後に大陰線…
    そうなんです。
    何のルールも守れない、度胸のない自分が悪いんですが、随分広いレンジの天底を拾ってしまいました…
    怖ろしいほどの逆神ぶりに相当へこんでしまいました。
    こんなことって”あるある”だとは思ってましたが、本当にあるんですね…

    • きたっち様
      コメントありがとうございます。

      2回に渡るコメント、
      すべて拝見いたしました。

      これは、なかなかなんとも言いにくいお話ですね。
      確かに凄まじい経験だと思います。

      特にご相談系ではないようですが
      とりあえず感じたことだけ申し上げておきますと

      トレードで重要なポイントのひとつが
      「時間軸の統一」です。

      デイトレで入ったポジションが逆行したからと
      そのままオーバーナイトしたことこそが
      今回最大の反省ポイントですよね。

      もう充分お分かりだと思うので
      わざわざ言う話ではないかも知れませんが。。。

      >こんなことって”あるある”だとは思ってましたが、本当にあるんですね…

      ↑確かにそうそうないケースだと僕も思います。
      ただ、あまりにインパクトの強いご経験でしょうから
      今後絶対に忘れることはない、ともいえるはずです。

      で、それゆえ
      今後大きな失敗はしにくい、ということに向かうのであれば
      あるいは意味があったと言える日が来るかも知れません。

      いや、意味があったことに出来るよう
      ここから先がある、がおそらく正しいのでしょう。

      ちなみにですが
      ここまでの内容をよくぞコメントしてくださいました。

      多くの方々の身が引き締まることに繋がるならば
      僕からは感謝申し上げるしかありません。

      次回以降、
      良い方のご報告なども頂戴出来ることを望んでおります。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。
    天才チャートを使い始めて半年になり、動画も何回も見直してます。
    資金が少額な為にコツコツドカンばかりくらってます。
    ポジション持つと逆に行きます。
    段々と天才チャートの見方がわからないです。
    理解しているようで理解できてない状態です。
    ロスカットも何十回もくらってます。
    出来ればFX初心者向けで教えてもらえませんか。
    天才チャートの詳しい見方、使い方の動画配信があれば嬉しいです。
    諸事情で仕事が出来ないので、FXで生計をたてたいです。
    こちらの都合のいい事ばかりですみません。
    リオンさんみたいに、少額資金からでも利益が出せるようになりたいです。
    ご指導のほどよろしくお願いします。

    • zj3さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >出来ればFX初心者向けで教えてもらえませんか。
      天才チャートの詳しい見方、使い方の動画配信があれば嬉しいです。

      ↑「デイトレ大百科」の件でしょうか?
      だとしたら、基礎編的なものも相当数あるはずなのですが。。。

      ただし、当時からはかなり時間も経過しているのは確かですので
      「直近の僕」からのあらたな動画などがあると良いかも知れませんね。

      今後の動画配信の中、
      諸々工夫していきたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    いつもお世話になっております。

    本日の動画を拝見し、前回と同じく師匠と同じようなところでトレードしており嬉しくなりなした。

    ポンド円、ポンドドルを監視しており16時から一旦下げたものの
    まだどちらに伸びるかわからない状況で、再度15MAの上まで上昇しました。

    午前中に上昇が続いていたので下げる可能性が高いと思いつつ、
    まだ上昇の目も残っていたので、念のためにポンド円、ポンドドルを2発ずつロングし、
    もし15MAを下に下げなおしたなら、そこから本番の下げが始まるだろうということで、ドテンすればいいやという気持ちでした。
    結果は下落していき、ドテンしたところで一気に下に伸び、無事利確できました。

    師匠との差ですが、私は無駄なロングで損切りを食らっておりましたので
    動画の通り、上の方で入らなくても、もう少し様子をちゃんと見て
    ショートだけを上手く取れたらパーフェクトだなと感じました。

    以前は負けまくっていた私が徐々に勝てるようになったのは
    練習ソフトで師匠の手法を実践し、手法に間違いがないと
    心の底から納得というか腑に落ちた瞬間でした。

    ここでは手法は書きませんが、師匠の教材の手法そのままで
    ランダムに年と月を選択し練習すると
    相場が良くない月でも勝率65%前後
    相場が良い月の勝率は85%近い月もあり
    平均すると勝率75%前後を達成しており
    1トレード資金の5%の損失でトレードすると
    1か月あたり2倍から6倍近い成績を出すことができ
    複利で数か月分練習すると資金を100倍にすることができました。

    この練習を何度か繰り返すうちに、師匠の手法通りにトレードするだけでいいんだと、
    心から府に落ち、現在少しずつではありますが、利益を伸ばすことができています。

    ただ、実際の相場では常に動いており、飛び乗りや追いかけエントリー
    ビビッて損切り、ルール無視などで練習ほど成績を出せていませんが
    それでも資金を増やせているのは、師匠の手法が凄すぎるからだと考えています。

    精神的に未熟な部分があるので、まだまだ課題は多く残っていますが
    これからもコツコツ頑張っていきたいと思います。

    また、長いホテル生活お疲れさまでした。
    自宅に戻られた際は是非ゆっくり休んでいただければと思います。
    次回の動画も楽しみにしております。

    • ヤッターマン様

      >本日の動画を拝見し、前回と同じく師匠と同じようなところでトレードしており嬉しくなりなした。

      ↑今後も欧州時間の序盤にポンドを触るときは
      大体同じ内容になりそうですね(笑)

      >師匠との差ですが、私は無駄なロングで損切りを食らっておりました

      ↑ここはたまたまですよ。
      なんていうか、良く言えばメンタルコンディション、
      普通に言うと気まぐれで僕もエントリーしちゃうことはあります。
      てか、過去のYouTube動画では結構やってるはずですよ(苦笑)

      >1か月あたり2倍から6倍近い成績を出すことができ
      複利で数か月分練習すると資金を100倍にすることができました。

      ↑へぇ、、、それは僕も驚きですね。
      裁量のウエイトがさほどなくともそれだけの成績ってことは
      僕もさらに自信を持って良いのかも知れません(笑)

      >それでも資金を増やせているのは、師匠の手法が凄すぎるからだと考えています。

      ↑ここは「上げ過ぎ」だと思いますが
      お言葉はありがたく頂戴いたします。

      お返し(?)に
      ご自身の成績が劇的に向上することを願っております♪

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お気遣いありがとうございます。
    及川先生から頂いたお言葉を無駄にしないように今回の件、心に刻んでおきます。
    肩の力を抜いてエントリーしたのに、損切りせずに思いっきり肩に力を入れて握ってしまっていたんですね、後から検証ですが…
    “軽い気持ち”→”鈍い決断”となってしまっていました。
    また、今回はほぼ全てのルールを破ってしまいましたが自分では防御策のつもりで選んだ”普段より小ロット”でのエントリーが、5分足→15分→1時間→4時間→日足→週足→月足と監視軸を延々と拡大してしまった遠因となってしまいました。小ロットとは言え、5分足レベルのエントリーで、日足週足レベルでの損切りではさすがに額が大きくなり過ぎました。
    “小ロット”だから様子見の勉強、含み損に付き合えるようになるのもトレーダーとしての成長過程と耐えていましたが一週間以上のマイナス監視はメンタルが狂うには充分でした。
    今後は肩の力を抜いて、腹の力は据えてチャレンジしていきます。

    及川流のおかげで、デモで資金を15倍に出来た後、リアルトレードに移行しました。今はリアルでデモ時でのロットよりは大分抑えたトレードをしていますが、前述の経験をしながらもまだ何とかプラスキープしています。
    デモでは先生の真似をしてどんどん追加エントリーしてとりあえずのプラス逃げが出来ていたのですがリアルではなかなかワンクリックに躊躇してしまいます…
    しかし、エントリーすれば損切となっていた過去と比べると飛躍的に成長できている実感はあります。
    それは正に、及川先生と出会えたからだと思っています。
    このコメント欄にもいらっしゃる数多くの”勝ち逃げ爆益トレーダー”の皆さんに負けないよう日々研鑽を積んでまいります。
    まだまだ、先になりそうですがいつか億越えのご報告をさせて頂きます!

    先生のニュー髭面、楽しみにしてます。

    • きたっち様

      >“軽い気持ち”→”鈍い決断”となってしまっていました。

      ↑ここはワナですよね、
      本当に注意が必要です。

      僕も「ちょいと軽く・・・」なんてときに
      逆行されると損切りがしにくくなりますので
      人間心理的にほとんどの人が同じじゃないかなと想像します。
      お互い気をつけましょう。

      >前述の経験をしながらもまだ何とかプラスキープ

      ↑これを聞いて少し安心しました。
      まぁダメージは大きいでしょうが、
      この先、似たようなエラーがなくなるのであれば
      良い授業料とも言えるのでは。

      >いつか億越えのご報告をさせて頂きます!

      ↑はい、僕の目の黒いうちにぜひお願いしますね(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生毎回丁寧で親身なご返信ありがとうございます。

    10/1のポンドドルで16時からの1時間MAタッチでロングしました。ポンド円もそろって抜けたので潔く損切したのですが、少し抜けただけで陽線で戻り始めたので上位足からもやっぱり上だよねと再度ロング。高値まで戻ることなく大暴落。
    多分このあたりでメンタルがおかしな方向にいったんだと今では思います。

    その後急騰があり1時間足抜けで全戻しはないだろうとショートがあっという間に損切に、上なのかぁとドテン気味にロングがダブルトップみたいな形から暴落。
    まったくかみ合わず復活させた5万円とばしてしまいました(涙)

    最近は1万通貨で2発、最後のナンピンで2発。利益は伸ばさず1ポジ20pips以内では利確しちゃってます。その分損切は引き付けてのエントリーなので5~10pips以内です。
    乱射に関してですが最初に2回損切からはいると次のエントリーでは取り返すために5発スタート、ナンピンで5発という感じです。
    上位足に沿ったエントリーなら微益で逃げれたりすることもあるんですが、10/1のようない1時間MA完全無視みたいな乱高下では全部くらいます(涙)
    9月のゼロカットも1時間MAきかず方向性がわからずただ伸びてく方向についていくだけ。その結果数発往復ビンタくらい死にました。

    及川先生から「乱射は技術」と教えられ取り返そうと玉数を多くするのはまだまだ自分には早いと気づかされました。
    2連敗したらやめ!!そのくらいの気持ちでいないと今の自分ではダメなのでしょう。

    言い訳なのですが動画で及川先生が損失を10発~20発いれてとりかえすのがかっこよくてかっこよくて^^
    せっかくサムネに真似厳禁と書かれていたのに(汗)

    これからは1日単位でみるのではなく一回のトレード事わけて考え、取り戻すために球数増やすのはやめます。
    まだまだルールつくりからのようです。

    及川先生はポンドの最初の暴落を2分で利食いされましたが、その後の急騰含めMAをまたいでの乱高下でテクニカルが効かないような状況になったら手を出さないほうが無難でしょうか?
    及川先生がもしあの暴落後にトレードされてたらどういうプランでトレードされるのかとても興味があります。

    連投になってしまい申し訳ありません。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • つよぽん様

      >10/1のようない1時間MA完全無視みたいな乱高下では全部くらいます(涙)

      ↑チャート観ました。
      あれは確かにヒドいですね(汗)

      >その後の急騰含めMAをまたいでの乱高下でテクニカルが効かないような状況になったら手を出さないほうが無難でしょうか?

      ↑あの場面は普段YouTube動画でベンチマークにしている利益の
      倍以上取れてますので、基本やらないです。

      なぜか?
      ここは過去に何度も言っているのですが
      300万円のプラスのあとにやったトレードが
      例えば100万円の損切りになったとします。

      外野からみたら
      「それでも200万プラスなんだから余裕じゃん!」
      こう言われるかも知れませんが
      本人は本当にそう思えるでしょうか?

      「さっきまで300だったんだから300に戻して終えたい」

      こう言ってまた次のトレードをやりませんかね。

      しかもそういう心理の時って
      「今すぐ取り戻したい」ってことで
      即座に次のトレードをしがちです。

      即座にするってことは
      充分に引き付けたりもしてないってこと。
      この感じが危険なんだと僕は思うわけです。

      ゆえに勝ち逃げでチャートを閉じちゃうのが
      もっとも間違いない、という話ではないでしょうか。

      >及川先生がもしあの暴落後にトレードされてたらどういうプランでトレードされるのかとても興味があります。

      ↑あれをやってたら普通に負けてたと思いますよ(苦笑)
      負けたあとのことは、負けてないので想像出来ませんが^^;;

      本件は以上です、
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも大変お世話になっております。

    前回のメールからスイングは好調ですが、短期デイトレはよくない状態が続いていました。

    トレードを始めて1年余りのひよっこトレーダーですが、

    このような挫折感ははじめてでした。

    スイング慣れしまって、すっかり短期のトレードを忘れてしまったのです。

    全く胆力がなくなってローソク足に翻弄されるまま。

    どうしたらよいのかと、、、

    前回のロットを下げることアドバイスされたのですが、、、してませんでした。

    諦めて下げると、徐々に勝てるようになってきました。
    ↑さすが師匠だな(旦那の一言w)

    ですが、まだスッキリしないまま

    日々、スイングの思考をデイに変えていく作業をしていました。

    昨日のYouTubeを見て

    私は思わず

    「師匠はトレードの天才だ」と叫んでしまいました。

    「おれは最初から知ってたよ」と旦那

    まさにここに私の答えがありました。

    「トレードは生き物」

    スーパーの例え最高ですね♡ そして、無一文物語(ずいぶん前に読みました)師匠大好きです♡

    私は二日前に逆パターンがありました。

    迎えついでに、いつもは行かないスーパーでの出来事なのですが、

    私は商品はすでに値下げされいてラッキーと思いながら買い物していました。

    突然、お店の方から声を掛けられ、

    「今から全品値札から半額にしますから、欲しいものがあったら言って下さい!かごの中のもシール貼り替えますよ」

    私は欲しいなと思っていた2品から一つ選びシールを貼ってもらいました。
    もう一つと思ったのすが、欲張ってもしかたがない、そんなに食べられないし。

    それに十分得したのだから、他の人に譲ろうと

    と思っている間に人だかりになり、、、あっという間に商品はほぼなくなってしまいました。

    旦那が帰宅し、
    そのことを話したら、そっちも食べたかったと言われ、ちょっと後悔しましたw

    トレードにおいても鈍感なのか、、、

    私は動きの遅い東京時間、2時くらいのレンジから3時半時間の切り替わりが好きです。
    ですが、

    師匠がおっしゃる通り動き出す時間帯はだいたい決まっているので
    時間の無駄のように感じていましたが

    私はずっと見てないとダマしにあってしまいます。

    でも、それでも勝てるならよいと思える気がしてきました。

    師匠の動画を見て気持ちが前向きになったおかげで

    今日は涼しい顔で目標の1/3の利益でした♡

    トレードは克服する競技そう思って頑張ります。

    (また訳のわからないメールですみません)

    • よう様

      >前回のロットを下げることアドバイスされたのですが、、、してませんでした。
      諦めて下げると、徐々に勝てるようになってきました。

      ↑なんだかんだ「そのあたり」が居心地良いのかも知れませんね^^;;

      >「今から全品値札から半額にしますから、欲しいものがあったら言って下さい!かごの中のもシール貼り替えますよ」

      ↑随分と気持ちの良い店員さんでしたね^^

      >十分得したのだから、他の人に譲ろうと
      と思っている間に人だかりになり、、、あっという間に商品はほぼなくなってしまいました。

      ↑私生活においては素晴らしい対応だと思いますが
      トレードではもうちょっと貪欲で良いかも(笑)

      >今日は涼しい顔で目標の1/3の利益でした♡
      トレードは克服する競技そう思って頑張ります。

      ↑「涼しい顔」でなるべく日々を過ごしていただきたいものです♪
      お互いがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎日母さんです。
    返信くださってとても嬉しいです。
    ありがとうございました。

    >デイトレ大百科ならぬ
    「Q&A大百科」みたいになればいいなって(笑)

    これ本当にあった方がいいと思います。逆引き辞書のようなものが。

    これだけたくさんのコメントが毎日ある中で、
    その質問って過去に同じものが山ほどありますから。

    それに及川さんの返答内容もだいたい一緒ですから。
    皆さんまず同じ質問があるかないか調べてから聞くか検討した方がいいんじゃないのってずっと思っていました。過去からすぐに調べられるのであれば、聞かなくてもいいわけですもんね。便利ですよ。
    私でさえそれ前に同じ質問あったからーって思って読んでます。

    神様のお手を煩わせすぎだよって思ってるのが正直なところです。

    皆さんは私みたいに主婦で暇じゃないから人の質問やコメントなんて全部見てられないよと思ってらっしゃるかもしれないですけど。確かにそうかもしれないですけど、それだけ必死になってありがたいこのブログを必死に読みましたし、それで勝てるようになりました。さらに勝てるようなった今も読んでます。

    完全に読み専門だった私がコメントするのは今回が初めでしたけど、勝てるようになる前の悩みは全てこのブログのコメントにヒントと答えがありましたから。

    今のやり方も、結局直近の私と同じスタイルのお二人がほぼはっきりと書いてくれてますからね。

    >ただ、みんながそれをしちゃいますと
    今度はコメント投稿もなくなってしまいますので

    これはその通りですよね。すいません。
    読み手の都合しか考えていませんでした。
    運営側の都合もありますよね。すいません。

    >↑特に「刺激」になって欲しいところです。

    本当にそう思います。泣いてばかりいた情けないおばさん主婦が今は家のローンを完済したくらい勝てるようになってるんだから私にもできる!できないわけがない!って思ってほしいです。

    >メンドクサくなって剃っちゃう日も
    そう遠くないような・・・(汗)

    辞めてください。お髭さんをガチホしてください。お願いします(笑)

    • 毎日母さん様
      ご返信ありがとうございます♪

      >神様のお手を煩わせすぎだよって思ってるのが正直なところです。

      ↑ここは読んでて苦笑いしてしまいました。
      「神様」って(汗)

      ただ、確かに質問をする前に
      いったん自分で調べるなり確認するなりするクセ付けは
      あったほうが良いでしょうね。

      >運営側の都合もありますよね。すいません。

      ↑いやいや、そんな意味でもないですよ^^;;
      なんもコメントがないのも
      僕自身が寂しく思うだろうなって、そんな話ですので(笑)

      >泣いてばかりいた情けないおばさん主婦が今は家のローンを完済したくらい勝てるようになってるんだから私にもできる!できないわけがない!って思ってほしいです。

      ↑これは凄い話ですね、
      「主婦」というキーワードと
      「家のローン完済」というキーワードののギャップが凄い(驚)

      多くの人の刺激になって欲しいものです♪

      >お髭さんをガチホしてください。お願いします(笑)

      ↑とりあえず、今日床屋さんに行って
      今後の相談をしてくる予定です^^

      前回同様「アツいメッセージ」をありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、こんにちは!
    別の方が師匠の音楽についてのコメントをされていたので「私も聴いてますアピール」させてください♪
    去年iTunesでアルバムを購入してお家や車でよく聴いているのですが、トレードと同じくらい(それ以上?!)元気をもらえます。
    トレードがうまくいかなかったり落ち込んでる時はいつも師匠の曲を流して癒されています!
    PVの変態ちっくな師匠や声も好きすぎて、やってやってもいいって言われたいです(笑)
    でもギターを持った師匠が一番かっこいいですね。

    語彙力が無さすぎて思っていることの半分も書けない自分が悔しい。。
    久しぶりのコメントが事務局に削除されそうな内容ですが、次回こそトレードで良いご報告がしたいです★

    • あずメロ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >去年iTunesでアルバムを購入してお家や車でよく聴いているのですが、トレードと同じくらい(それ以上?!)元気をもらえます。

      ↑なんと!
      それはそれは恐れ入ります^^;;

      >でもギターを持った師匠が一番かっこいいですね。

      ↑あ、、、あのMVですね^^
      あれは一連のMVからは少し後に撮ったもので
      一番お金はかかってないのですが、
      けど自分では結構気に入ってましてね、
      ですので大変嬉しいです♪

      ただ、気づけばあれももう8年くらい前だった記憶です。
      時間が経つのは本当に早いですね(苦笑)

      >でもギターを持った師匠が一番かっこいいですね。

      ↑ぜひぜひトレードのほうの嬉しいご報告をお寄せください!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様、

    初めまして。初コメントです。
    いつも、勉強になる動画配信ありがとうございます。

    FX歴ですが、10年前に少し経験がある程度です。当然ですが当時はまったく勝てませんでした。また、本業が忙しかったこともあり、しばらくFXからは遠ざかっていました。

    昨年から、本業以外の一生もののスキルを習得したいため、FXの勉強を再開したところです。

    スキャルピングのスキルを習得するため、現在はデモトレードで検証中です。及川先生の、負けトレードから勝ちトレードにもっていく動画が非常に勉強になっています。

    あと、FXをやるにあたって追い風になったことがあります。現在、在宅勤務になり、早朝から働けば夕方から自由時間になり、欧州時間のトレードができるようになったことです。欧州時間は動き出すと一方向に動くので、やはり勝ちやすい時間帯と思います。

    デモトレードですが、以下が月間成績です。日ベースで負けなしです。値動きをずっと見ていたらコツがつかめた感じがしています。負けトレードになっても、取り返せるコツもつかめたと感じています。

    トレード手法とルールは以下です(完璧に守れていませんが)。
    ・ポンドドルのみのスキャルピング
    ・取引時間は欧州時間
    ・負けトレードになったら、取り返しチャラ逃げする
    ・最初が勝ちトレードになったら終了(9/7の週のトレードができています)
    ・勝てる自信がある時はピラミッティングする
    ・逆方向に動くとと判断したら、諦めて損切を実行
    ・経済指標はトレードしない

    結果を振り返ってみて、9/30のトレードが良かったと思います。理由ですが、最初負けトレードになり、負けの分を取り返しチャラになりました。この時、もっと取り返してやろうという強い衝動にかられましたが、ルールを守りチャラ逃げでやめたことです。

    今後も、及川先生の負けから勝ちに逆転する動画配信楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

    <ポンドドル デモトレード 結果>
    資金20万円想定で、一発0.5ロット です。

    9/1 -10822円(0.5×1),+20251円(0.5×8),トータル勝 +9429円
    9/2 +24117円(0.5×8),-16306円(0.5×3),トータル勝 +7811円
    9/3 +31944円(0.5×12),-29789円(0.5×6),トータル勝 +2155円
    9/4 -5154円(0.5×1),+9749円(0.5×2),トータル勝 +4295円

    9/7 +5060円(0.5×1),トータル勝 +5060円
    9/8 +2527円(0.5×2), トータル勝 +2527円
    9/9 +3600円(0.5×3), トータル勝 +3600円
    9/10 +3476円(0.5×2),トータル勝 +3476円
    9/11 +3002円(0.5×2),トータル勝 +3002円

    9/14 +5703円(0.5×2),トータル勝 +5703円
    9/15 +4985円(0.5×1),トータル勝 +5703円
    9/16 +7777円(0.5×3),-4240円(0.5×2),トータル勝 +3537円
    9/17 +3521円(0.5×1),トータル勝 +3521円
    9/18 -6502円(0.5×3),+9753円(0.5×4),トータル勝 +3251円

    9/21 -4562円(0.5×2),+7502円(0.5×5),トータル勝 +2940円
    9/23 -1984円(0.5×1),+4506円(0.5×3),トータル勝 +2522円
    9/24 +2908円(0.5×1), トータル勝 +2908円
    9/25 +6330円(0.5×1), トータル勝 +6330円

    9/28 -7470円(0.5×1),+11214円(0.5×3),トータル勝 +3744円
    9/29 -3790円(0.5×1),+5895円(0.5×2),トータル勝 +3744円
    9/30 -10888円(0.5×3),+11822円(0.5×3),トータル勝 +934円
    10/1 -15679円(0.5×3),+30903円(0.5×3),トータル勝 +15224円

    月間成績
    利益:99059円
    勝率:72%
    プロフィットファクター:1.87

    • makoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生の、負けトレードから勝ちトレードにもっていく動画が非常に勉強になっています。

      ↑好きでそうなっているわけではもちろんないのですが
      あの手のを参考にしていただけるのだとすれば
      ブサイクなトレードも多少は救われます^^;;

      >現在、在宅勤務になり、早朝から働けば夕方から自由時間になり、欧州時間のトレードができるようになった

      ↑なるほど、ここはかなり大きいですね♪

      >デモトレードですが、以下が月間成績です。日ベースで負けなしです。

      ↑素晴らしい!
      トレードの基本ルールも世間的にはどうか分かりませんが
      僕の中ではかなりの正攻法に見えます。

      >負けトレードになっても、取り返せるコツもつかめたと感じています。
      >9/30のトレードが良かった
      >もっと取り返してやろうという強い衝動にかられましたが、ルールを守りチャラ逃げでやめたこと

      ↑アツくならず、冷静に終えることが出来たのは
      逆の意味でかなりの自信にして欲しいと思いました。

      ちなみに月末日はどのみち
      いやらしい動きとなることが多いですので
      今後もご注意ください。

      >今後も、及川先生の負けから勝ちに逆転する動画配信楽しみにしています。

      ↑ここは「はい了解です」とも言いにくいところですが
      そのような局面になった際はがんばります(汗)

      というか、
      今後も油断せずお互いがんばってまいりましょう。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。