実は「この世」こそが“地獄”ではないでしょうか?というハナシ。

 

先月終盤、
具体的には8月23日~30日までの約一週間に渡り、
僕は高熱&食欲不振で寝込んでいました。

本来であれば
50過ぎのおっさんの体調不良の話など
どーでも良いことなのは重々承知しているのですが、

大変多くの方々にご心配していただき、
また励ましの声も数多く頂戴したことから、
恐縮ながら軽く「おさらい」をさせていただくことにします。

 

昨年秋口より「シンガポール在住」の僕は
現在日本に一時帰国中の身です。

日本への年間滞在日数を120日程度に押さえつつ、
元々は毎月一週間くらい、
あるいは二か月に一度
二週間くらいの滞在などにするつもりでした。

 

ところが、コロナの関係で今年前半は
ほとんどシンガポールで過ごすことになります。

そのため、年内の残日数に対し、
最大で3ヶ月くらいいても良いくらい
日本での滞在日数に余裕が生じた僕は今回、

7月・8月、そして9月の前半までという
比較的長期の滞在が可能となった次第です。

 

かなり「ゆとり」を持っての日本滞在、、、
のはずだったのですが、
いざ過ごしてみると案外そうでもないんですよね。

今回、高熱のきっかけとなった
歯のインプラント手術もそうですが、

人間ドッグや、ケガの治療などなど、
「なるべく日本でやりたいこと」が実に多く、
僕のスケジュール帳はまずまずの「盛況」具合だったわけです。

 

そんな中、
何と言っても一番は「お酒の誘い」でしてね(苦笑)

FX関係はもちろんのこと、
今回の一時帰国では
それ以外のお付き合いも実に多岐に渡りました。

 

ちなみに、
僕にとっては「連夜の飲み会」でも、
先方からすれば『年に一度の機会』です。

よって手抜きみたいな感じになるのも相手に申し訳ないってことで
結果、50過ぎのおっさんが連夜の「全力飲み」と。

そんなこんなで
知らず知らず体力や免疫が削られていたのかも知れません。

 

ところで今回は
「体温39.5度」が三日続いたのですが、
ここまで来ると完全に“夢うつつ”となります。

ずっと寝てるけど、眠りは常に浅いので、
なんかヘンテコな夢ばかり見てましたね(笑)

 

それと久しぶりに『死』を意識しました。

あ、大袈裟なのは分かっているのですが、
人間ってカラダのどこかがチョット具合悪いだけで
実に不便、というか不安定になりますでしょ?

『もし自分が今死んだら・・・』

僕は現状、
日本よりも海外に大きなお金がありますので
相続とかどうなるんだろう?

相続税はまぁ払うとして、
そもそも海外のお金を持って来れるのだろうか?

そんなことを結構マジで考えたりもしましたね。

 

あなたは「死」について
どのような考えをお持ちでしょうか?

実に恥ずかしい話ではありますが、
僕はガキの頃から『輪廻転生』を信じて今に至ります。

要するに
「生まれ変わりはある」という考え方です。


※「輪廻転生」で画像検索したらヒットしました。
本文とは一切関係ありません(笑)

 

縁起でもない話で恐縮ですが、
例えば高層ビルから飛び降り自殺をするとします。

この場合、地面に落下した時点で
おそらく即死すると思うのですが、
本当にそれで何もかもすべてが「無」になるのかなぁと。

もちろん肉体的には完全に滅びるわけですが、
例えばそれまで生きて来た「記憶」とか
「感情」とかが、一切跡形もなく消えて「無」になるほうが
僕にとっては不自然に思えてならなかったんです。

 

映画にもなった
「デスノート」って有名な作品がありますが、
アレってこの世から消したい人間の名を書くことで
相手を殺すって設定ですよね。

けどそれって、あたかも
「この世こそが正義であり、悪は死んで滅びれば良い」って
そんな考えが前提に立っていると思うわけです。

この世に生きていることが正義・・・
本当かなぁって。

僕はむしろ「この世」こそが地獄で、
我々はこの世に修行をしに来ている、という考えなんです。

 

ゆえに僕の感覚では
「良いヤツほど早く死ぬ」ってイメージなわけです。

あ、長生きする人がダメとは思っていません。

けど別段として「クソ野郎ほど長生きしがち」
みたいには思ったりもするんですよね。

 

そんなことを日々考えている僕ですので
正直「死」が怖いとはまるで思っていません。

50年以上、無事に生きて来れたことを鑑みた際、
もはやいつ死んでも後悔などない、
一応そんな風に思っているつもりなんです。

※ただし「痛い」のはイヤ!ですが(笑)

 

・メッチャお金稼いで贅沢をしたい!
・メッチャお金稼いで女子にモテたい!
・良いオンナを死ぬほどたくさん抱きたい!
・普通じゃ買えない高級車を乗り回したい!
・豪邸を建てて優雅に暮らしたい!

おそらく多くの男子が思い描く
「こんな風になれたらいいな」の数々を
僕も例外なく夢見て生きて来た一人です。

ひとつ、そしてまたひとつと、
実現すべくここまで生きて来た僕なのですが、

ただ、これってよく見ると
どれも物凄く『業の深い欲望』ですよね。

いざ達成してしまうと、
人生にとってそこまで重要ではないって、
そんな風に気づく日もあるように今は思う僕なのです。
(トシのせいもある気はしますが)

 

以前のYouTube動画の中で僕は、
「社会貢献を目標にしてしまうと稼げない」
「なぜなら達成出来ないことに対し“痛み”を感じないからだ」

そうではなく、
「まずは自分自身の剝き出しの欲望を叶えるためにやるべし!」
「なぜならそのほうが達成スピードが圧倒的に速いからだ!」
こんなお話をしました。

 

僕はこう思うんです。
人間は元来「業の深い生き物」だと。

ゆえに数多くの「欲望」を持って生きるのだが、
その先には2つの道がある・・・

ひとつは「叶えることを諦めて達観する道」で、
もうひとつは『達成することで達観する道』であると。

 

人は誰もがやがては
年老いて「達観」するようになります。
なぜなら、もうその時点で
カラダも心も思い通りには動かないからです。

誰もが同じであるならば、
もはや「達成して達観」しようが
「達成を諦めて達観」しようが同じとも言えますよね。

どうせ最後はみんな死ぬわけですし。

けど「輪廻転生」を信じる僕は
このようにも思うのです。

「目標未達は来世の宿題として残る」と。

一方「達成して達観」することで
来世の課題やテーマは「次の扉」に移るのではないか?と。

 

ちなみに「達成した人間の来世」って
他人様から観て、今以上に羨ましい人生になるか?と言うと
僕はまるっきり真逆かも知れない、そう思っているんです。

むしろ、生まれた瞬間から不幸だらけ、
絶望の連続のような人生を歩むのかも、とすら想像します。

なぜなら僕は、
この世こそが地獄で、我々はこの世に修行しに来ている
そう思っているからなんです。

「レベルの高い魂ほど困難も多くなる」
理由はそれだけ解決すべき課題レベルが高い、
むしろこっちが正解ではないか?くらいに思ったりもするわけです。

 

話が取っ散らかって恐縮ですが
ここまでの話からも僕は、

・今生で恵まれている人が魂レベルが高い人とは限らない
・今生で不幸全開の人のほうが魂レベルが高い可能性もある

このように考え、
どんな人に対しても『リスペクト』を怠らないよう、
日々心掛けて生きています。

おそらく、
いやきっと、

我々には「死んだ先の世界」や
「来世」がある、そう思うことに
僕は意味があると思えてならないのです。

 

さてさて、、、

随分「困った内容」で困惑させてしまったかも知れません。
どうもすみません(汗)

そんな中、ひとつ言えることは
僕はまだ、

・もっと贅沢な暮らしがしたい
・まだまだお金も稼ぎたい
・もっと女子にモテたい

このような『業』から抜け出せずに今を生きています。

死ぬまでにこれらの業から少しでも抜け出し、
世の中を達観出来る領域に一歩でも近づくことが出来るだろうか?

そんなことを
39.5度の高熱で夢うつつの中、
ずっと考えて過ごしていた僕なのです。

 

追伸:
病気療養中にたくさんの励ましメッセージを
本当にありがとうございました!

このあと、頂戴したコメント返信に移りますが、
あまりの多さから、取り急ぎ「ご相談系」のコメント返信を
優先させていただくことをお許しください。

みなさまからの「お気持ち」は充分僕の元へ届いております。
こんなオッサンに・・・本当に申し訳ありません(汗)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

179 件のコメント

  • 本当にご無事でよかったです。これからはぜひ活動を大きく遅らせてでもお体一番に大事になさってください。。

    • Hansさま
      ご心配をおかけしてしまい
      申し訳ございませんでした。

      とりあえず「無事」ですので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします^^

    • BIG WAVEさま
      お気遣いいただきありがとうございますm(_ _)m

      多分(笑)、もう大丈夫ですので
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • まず、得ないといけませんね。
    得てから、「清貧がいい」というのと、なにも持ったことがない人が言う「清貧がいい」は全く意味が違います。
    満たされなかった魂の記憶がネガティブにならないように、満たすことから行動しています。

    • MWさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >得てから、「清貧がいい」というのと、なにも持ったことがない人が言う「清貧がいい」は全く意味が違います。

      ↑確かにそうですね、実に鋭いご指摘だと思います。

      >満たされなかった魂の記憶がネガティブにならないように、満たすことから行動しています。

      ↑ここは「意識」として大変重要だと思いました。
      僕も見習いつつ、精進してまいりたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 体調戻られてよかったです!
    PCR検査も陰性とのことで、このご時世そこが一番心配でした。
    本当によかったです。
    これからも師匠のご活動楽しみにしております。
    お身体最優先でお願い致します!笑

    • えびふらいのしっぽ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >PCR検査も陰性とのことで、このご時世そこが一番心配でした。

      ↑恐れいりますm(_ _)m

      高熱ではありましたが咳はほとんどなく、
      呼吸器系も大丈夫っぽい感じでしたので
      個人的には陰性だろうなと予想していました。
      ただ、結果が出るまでは心配なもんですよね(苦笑)

      >お身体最優先でお願い致します!

      ↑実際「トシ」ですからね^^;;

      僕の場合、
      「トラブルの原因大体酒説」ですので
      そこだけ気をつければ概ね大丈夫なはずです(笑)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 無事に回復なされて安心しました。コロナかもとちょっと心配しました。復帰一発目のYouTube動画での相変わらずの豪快な取り引きを見れて良かったです。この世は修行の場というの共感できます。これからも体調に気を付けて頑張って下さい。

    • しんぢ様
      お気遣いいただきありがとうございます。

      >復帰一発目のYouTube動画での相変わらずの豪快な取り引きを見れて良かったです。

      ↑最初から豪快にしたいわけではないんですけどね。
      結果的にああなってしまうという(苦笑)

      >この世は修行の場というの共感できます。

      ↑実際のところはどうなのか僕には分かりませんが、
      「修行」くらいの気持ちでいるほうが謙虚を保てて良いかなと思いますね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、いつもデイトレ大百科そしてYouTubeで勉強させていただいております。
    まとまった時間がとれず勉強も毎日少しずつではありますがそろそろデモトレードを始めようと思っています。
    仮想通貨から入りトレードを始めて1年と2ヶ月くらいになりますが今までトレードノートなるものを微塵も取っておりませんでした。そこで今回ブログでトレードノートのようなものを書きつつエントリー理由や損益、感情などを書いていこうと思っているのですがここで1つ問題が生じております。
    それはデイトレ大百科は会員様のコンテンツでありエントリー理由などをどこまで書いていいのか、次に天才チャートの画像をブログに載せても大丈夫なのかという点です。
    病み上がりでまだ体調も万全ではないとは思いますがお答えいただけると幸いです。
    これからもよろしくお願いいたします。

    • こじかちゃん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >デイトレ大百科は会員様のコンテンツでありエントリー理由などをどこまで書いていいのか、次に天才チャートの画像をブログに載せても大丈夫なのかという点です。

      ↑悪意のある表現を意図的に掲載する、などでない場合は
      特段問題はないですよ。

      確か、他でもブログをトレードノート代わりに使っている方は
      いた記憶です^^
      ぜひとも有効にご活用ください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 復帰おめでとうございます。本当に待っていました。
    お声を聴くと、ダメな自分でも元気になれます。

    体調にはご自愛ください。

    TRIBEで先生に教えていただいた教えを守れず、GBP/USDの逆張りで大失敗し、損切できず30万くらいの含み損中です。

    少額なら損切できるのに、金額が膨らむと損切ができません。

    同じ質問を何度もアドバイスされていると存じていますが、損切の極意をご教示ください。

    病み上がりに自己中心的な質問で申し訳ございません。

    • air516様
      お気遣いいただきありがとうございます。

      >少額なら損切できるのに、金額が膨らむと損切ができません。
      >損切の極意をご教示ください。

      ↑僕は動画でも「手で切る」ことにこだわっていますが
      それが出来ないということであれば
      ストップを入れておき、一度入れたストップは絶対に動かさない!
      まずはここからやらざるを得ないと思います。

      もしプロコンをお持ちであれば、
      初期設定は20PIPSのはずですので
      なんならそのまま固定で。

      ただし、ボラのありなしによって
      損切りのPIPS設定も変わって然りですので
      20PIPS未満の位置に損切りラインがあるなら
      そこまでずらし、それより上にある場合もズラすと。

      ただし、損切り位置が最初から30PIPSくらいあるようなときは
      そもそもそのエントリーポイントが「ユルい」可能性が高いですので
      結果的にエントリー場面の厳選や精査もポイントになってくると思います。

      話を整理しますと、

      1.エントリー時点で損切りラインを確認
      2.「1」の確認が出来ていない時点でのエントリーは厳禁!
      3.損切りラインがエントリー位置から30PIPS程度ある場合は
       トレード判断が「ユルい?」かどうかをいったん疑う
      4.エントリー時点でストップを入れ、一度入れたストップは絶対に動かなさい!

      当面は上記を徹底することかなと思います。

      「損切りの極意」を意識するということは
      すなわち「エントリーポイントの厳選&精査」にもつながるはずです。

      また、それでこそトレード全体の精度もあがりますので
      そういった相乗効果をぜひ得ていただきたいなと思いました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • まさやん様
      コメントありがとうございます。

      >師匠の世界観を知れて、良かったです。

      ↑そんなに大それた内容ではないと思いますが、
      少しでも共感していただける部分があったなら嬉しいです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 復帰お待ちしておりました。
    早速の動画配信もあり、元気な姿を見れてホッとしております!

    今回のブログの内容のついては・・・
    今まで考えもしなかった事なのでとても面白く読ませていただきました!!
    及川さんが常日頃からどんな人に対してもリスペクトしている姿勢はこの考えからだったのですね。
    とても勉強になりました。

    今後ともFx以外の事も勉強させていただきますので、よろしくお願いします。

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川さんが常日頃からどんな人に対してもリスペクトしている姿勢はこの考えからだったのですね。

      ↑若い頃は今とはまるで違う、
      とても傲慢なクソガキでした(汗)

      トシを取り、自分の人生を振り返った際、
      恥ずかしい記憶ばかりが思い出され、
      本当にみっともない人生を歩んで来たものだと、
      自分自身に打ちひしがれた経験があるんです。

      そこからですね、
      本当の意味で少しずつ謙虚でいられるようになったのは。

      ですので「つい最近」の話なんですよ(笑)

      >今後ともFx以外の事も勉強させていただきますので、よろしくお願いします。

      ↑こちらこそです!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画で勉強させて頂いております。
    今年、知り合いから及川さんの事を教えて貰って、初めてFXの世界に足を踏み込みました。
    デモトレードで勝てるようになったつもりになって、先週から資金を用意してあったリアル口座に切り替えて、始めた途端に、安倍首相退任に伴って相場激変。
    数万円の損切りをしました。
    今週、それを取り返そうと、ユーロドルにロットを大きくして挑戦した途端、急激な下落に出会い、今までと違う大きな損金の発生と、リアルトレードだからこそ、元々苦手な損切りが全く出来ず、真夜中まで祈りながら見守って、口座資金が完全にマイナスになる寸前で損切り…。
    今回用意したほぼ全ての資金を失いました。
    でも、これで改めて真剣に取り組む気持ちが生まれました。
    正直、簡単に甘く考えてた自分が居ましたので…。

    さて、トレードの件については、シロート過ぎて負けた話しかないのですが、筆を取ったのは及川さんの輪廻転生の話。
    私も子供の頃から信じていて、この世は修行の場という言葉には共感致しました。
    日蓮もキリストも、皆、高い魂を持っていたからこそ、様々な難に出会い修行して、更なる高みに移って行ったのだろうと思います。
    当然、私は欲望の塊の低い魂ですので、まずは欲望を満たす為に努力していくしかありません。
    今回の負けも修行と思って頑張ろうと、今回のブログを読んで気持ちを切り替えられました。
    ありがとうございました。

    トレードと関係ないですし、仏教的な考え方とも異なりますが、もし未読でしたら、「アミ小さな宇宙人」と言う本を読んでみて下さい。
    伝え方は色々あっても、世界の真実は恐らくひとつだと思っているので、それを知る為の優しい本です。

    これからも応援しております。
    私も同世代なので、色々酒でも失敗しましたが、お酒は程々に身体を大事にして、人生という修行を楽しみましょう!
    ご自愛下さい。

    • こんぽんたん様
      コメントありがとうございます。

      >先週から資金を用意してあったリアル口座に切り替えて、始めた途端に、安倍首相退任に伴って相場激変。
      >今回用意したほぼ全ての資金を失いました。
      >でも、これで改めて真剣に取り組む気持ちが生まれました。

      ↑相場の洗礼・・・
      もちろん洗礼なしでイケれば一番なのでしょうが、
      あえて言いますと、
      資金がそこまで大きくなる前に痛い目にあっておくことは
      経験上、アリだというのが僕の正直な感覚です。

      今後、その数倍、数十倍と取り返す過程において
      「必要な経験だった」と言えるよう、がんばっていただきたいと願います。

      >私も子供の頃から信じていて、この世は修行の場という言葉には共感

      ↑共感していただける方がいると勇気が出ます^^
      ありがとうございます。

      >日蓮もキリストも、皆、高い魂を持っていたからこそ、様々な難に出会い修行して、更なる高みに

      ↑エラそうに語る僕ではありますが、
      「みずから難に立ち向かう」なんてレベルには到底及んでいません。
      現世でそこまでいける自信も、ほとんどないですね(汗)

      >「アミ小さな宇宙人」と言う本を読んでみて下さい。

      ↑情報ありがとうございますm(_ _)m
      早速検索してみました。

      いろいろあるようですが
      ちびまる子ちゃんの絵のやつが
      一番優しそうですね♪

      >私も同世代なので、色々酒でも失敗しましたが、お酒は程々に身体を大事にして、人生という修行を楽しみましょう!

      ↑はい、、、
      「お酒の失敗」はそろそろ卒業しないとって、
      今回割と強く反省しています^^;;

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは。
    はじめまして。いつも拝見しております。私は今週月曜日からリアルトレードを始めたばかりの超ど素人です。お身体がよくなって本当に良かったです。
    1年ほど前からFXに興味があり、色々な本を見ながら少しずつ勉強してきましたが、ここ3ヶ月ほど前に及川さんとリオンちゃんにたどり着き、youtubeをみて勉強しながら通勤してます。
    資金は20万からスタートし、及川さんオススメの海外口座を開き、お陰さまで3日で65000円増やすことができました!今は平日の少しの時間しかできないですが、これからFXだけで生活するために、日々勉強していきますので、これからも配信よろしくお願い致します!お身体壊さないように気をつけて下さい!
    では、次に報告するときは、元手資金が100万円になったらご報告致します!

    • くに様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ここ3ヶ月ほど前に及川さんとリオンちゃんにたどり着き、youtubeをみて勉強しながら通勤してます。

      ↑そうでしたか^^
      見つけていただきありがとうございます♪

      >資金は20万からスタート
      >3日で65000円増やすことができました

      ↑まずは順調なスタート、おめでとうございます。
      途中、諸々の困難が生じるかも知れませんが
      先は長いですし、そういった経験も含め「強いトレーダー」になっていくものです。
      ぜひともがんばってください。

      >元手資金が100万円になったらご報告致します!

      ↑了解しました♪
      ケタがあがるたびに報告・・・なんてなったら
      凄くカッコイイでしょうね^^

      焦らず、ご自身なりの無理ないペースでがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、Noritoと申します。まずは復帰おめでとうございます、復帰1発目の動画は病み上がりとは思えない豪快っぷりでシビれました!今後も勉強させていただきます。

    記事と内容が違いますがトレード関連について質問があります。

    僕の経歴ですが27歳、小売会社員5年目です。コロナ禍の中、今後の人生や現在の仕事、社会に疑問を持ち今年3月頃から投資に興味を持ちました。その中でガチ速FXを拝読し、ブログや先生自身が動画を上げている信頼感から本気で専業を目指す決意をしました。取引を始めたのは8月1日から、資金30万、1000通貨。ですが気持ちは30万通貨でやってます(笑われるかもしれませんが,,,)

    トレードについて質問です、相関性について。

    内容:9月3日東京市場、9時10分にユーロ円ショートしました。根拠は円シリーズ下げ、ユロポンの弱いユーロの戻り売り。

    イグジットは9時35分陰線がパッと出たので微益になった所で逃げ、その直後にバーンと下げました。

    逃げ根拠は3pips幅をダラダラした事と、約25分間にドルシリーズが揃ったり、オージーテクニカルで動いたりと崩れた為です、しかし最終的には円シリーズ下げになりました。方向性と通貨ペア判断は悪くないと思ってましたが、相関性の崩れと20分ルールで切りました。損切りポイントは緑線上抜け(余裕はありました)。

    質問:複数のシリーズが短時間でガチャガチャ組変わるという事はあるのでしょうか?(説明下手ですみません)

    また、及川さんの動画で長くポジションを持つ場面がありますが、耐えポイントなどがあるのでしょうか?

    1ヶ月と初心者の為、説明が下手なのと環境認識が甘い部分があると思います。教えて頂きたいです。また長文ですみません、宜しくお願いします。

    • Noritoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >復帰1発目の動画は病み上がりとは思えない豪快っぷりでシビれました!

      ↑いや、、、好きであぁなったわけでもなく(苦笑)
      月初でもありましたので、本当に助かりました。

      >9月3日東京市場、9時10分にユーロ円ショート

      ↑チャートを拝見しましたが
      ドル円自体はどっちつかずっぽい感じでしたね。
      ユーロとポンドが相対的に両方弱かったように思います。
      オージーも下げてる中、ユーロオージーも下げてましたので。

      そういう意味で
      「ユーロ売り」は良い選択だったように思います。

      >複数のシリーズが短時間でガチャガチャ組変わるという事はあるのでしょうか?

      ↑当初「こっちかな」と思ったのがフェイクで、
      実際は違うシリーズが伸びた、、、みたいなことは僕も多いです。

      これは「短時間で入れ替わる」というよりは
      どっちかが不発だった、が実際のところなのではないか?
      というのが僕の感覚です。

      >及川さんの動画で長くポジションを持つ場面がありますが、耐えポイントなどがあるのでしょうか?

      ↑ここは案外明確でして
      例えば「オージー系」の場合、
      特にAUDUSDとAUDJPYのMA方向とローソク足との位置関係が
      崩れてない限りは続行しやすいです。
      その他の通貨シリーズもここは基本同様ですね。

      それと耐える時のもうひとつの隠れた基準は
      「他に乗り換えた方が良さそうな通貨シリーズの動き出しがない」
      ここも結構重要です。

      僕は耐えるときは耐えますが、
      他に通貨シリーズで「おっぱじまったモノ」があった場合は
      あっさり乗り換えることも少なくありません。

      理由はカンタン、
      僕は短期デイトレでしかもロットをドカンとかけて
      「より短時間で終えること」を常に意識しているからです。

      僕の動画、、、
      保有してない銘柄を常にカチャカチャ切り替えて観てますよね?

      あれって、常に
      「今からやるならどれが良い?」
      あるいは
      「なにかおっぱじまったりしてはいないか?」
      などを観てるんです。

      ゲスな例えで恐縮ですが、
      今現在、ナンパした女性とお茶してる最中でも
      「もっと好み」あるいは「君こそを待っていた」というような女性が
      窓の外を歩いていたなら、
      僕はお茶代をテーブルに置き、即座にその場を離れるわけです(笑)

      「執着しない!」
      「常に今からやるならどうする?を優先」
      こういった感性をベースにしているつもりです。

      少しでも参考になれば幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもありがとうございます。
    無事に回帰されたとの事、とても安心いたしました。

    引き続き無理をなされず、活動のご継続をお願いできましたらと切に願う今日この頃でございます。

    輪廻転生にまつわる記事、とても深かったです。

    この世こそ、地獄である。とても感銘を受けました。
    未達は来世への宿題。

    僕はこのお話、嫌いではありませんでした。

    日々、迫り来る様々な感情や周りの動性に左右され、そして振り回され、決して楽とはいえないこの現実を少しでも周りとの差をつけるべく挑んでいるFX。

    なかなか勝ちきれず、昇華させる前に我慢の糸が切れ、全損を繰り返す、まさに人生そのもののように思います。

    人生も、また、FXも、生涯我慢を強いられるものなのかもしれないと、改めて感じさせていただける記事でございました。

    証拠金が増えて、ロットが大きくなっても、証拠金が少なく、ロットが少ないときであっても、我慢することには変わらず、日々精進なのだなと。

    ローマは一日にしてならず。まさにFXは人生であると考えこれからも精進してまいります。

    最後となりますが、ユロポンの強弱関係について、ご意見をいただければと思います。

    この8月は良く見る光景だったのですが、ユロポンはユーロが強いのに、ポンドも上がる。
    むしろ、ユーロ円、ポン円、ポンドル、ユロドルが相関して上がっている。
    こんなときが多かったように感じられます。

    ポンド同士の相関を見ていると、ユロエン、ユロドルが相関している。なんて事があります。
    ユロポン強弱どおりにユーロ優勢の際にはポンド劣性みたいな動きだとわかりやすかったのですが、最近はこのような絡み合った相関、欧州通貨の総上げによって苦しめられております。。

    ユーロ優勢に際は、ユーロ形ロングでの考察、
    相場を牽引しているのは何かを考えることがこの上げるか下げるかだけの頭でっかちを柔らかくほぐすことができるのでしょうか。

    欧州時間において、ユーロ強い中、ポンドがユロドルにあわせ動いているのはどう対応すればよいのか、とても苦慮しております。

    時間の経過共にかならず、ユーロとポンドがバラけるときが来るのを待つべきなのか、先生が同じような状況でお悩みになられた場合、どのように打破していくのか、もし、お時間ございましたらご教授くださればと思っております。

    何卒、宜しくお願い致します。

    業は浅く、深い欲は取り去る努力を惜しむことなく今後も頑張ります。

    • まる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >この世こそ、地獄である。とても感銘を受けました。

      ↑少々大袈裟ですけどね^^;;

      >8月は良く見る光景だったのですが、ユロポンはユーロが強いのに、ポンドも上がる。

      ↑確かに多かった気がします。

      >最近はこのような絡み合った相関、欧州通貨の総上げによって苦しめられております。

      ↑僕も例えばユロポンでユーロが強い側のとき
      なかなかポンドを買うことは出来ないです。

      ただし、かと言って「売らねばならぬ」とまでは思いません。
      なぜならユーロもポンドも両方強い(または弱い)現象は
      過去にも数えきれないくらい観てきているからです。

      ここで大切なのは
      やはり個別チャート形状との兼ね合いではないでしょうか。

      ユロポンでユーロが圧倒的に強い、
      けど、ポンドも単体チャート形状的にはロング・・・

      正直、ここでポンドを買う勇気は
      僕もあまりないのですが、

      ところが、欧州時間においてユーロがガンガン伸び、
      その後伸び悩んだ際に、ポンドが「出遅れ銘柄」の如く
      時間差で伸びることは割と普通にありますので、
      そこは知識としてアタマに置いておくと良いかと思います。

      ※以前のYouTubeでやった
      「美人銘柄と気立ての良い子銘柄」のトレード概念です。

      それと最後になりますが、
      「分からないはやらない」も案外重要です。

      無理やりその場の状況を解明しようとし過ぎないこと、
      対応を無理にしようとしすぎないことなども
      併せて申し添えておきたいと思いました。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、復帰良かったですね‼️
    自分の事のように嬉しいです(*^^*)
    とても心配してました。お体ご自愛ください。

    もし余裕があれば、お伺いしたいのですが、
    損切ったときだけ戻ってくる、
    損切らなかったときだけずっと進み続け、
    ロスカットくらったら、戻ってくるのですが(かなりの高確率で)

    これは、どうしてでしょうか。
    そんなことばかりなので、
    どうしても損切りできない、
    ドカン負けを連発してしまいます。

    よくあるしつもんかと思いますが、
    師匠のお考えをお伺いしたいです。

    • まーさん様
      お気遣いいただきありがとうございます。

      >損切ったときだけ戻ってくる、
      損切らなかったときだけずっと進み続け、
      ロスカットくらったら、戻ってくる

      ↑確かによく聞かれるお話ですが、
      これってどうなんでしょう、
      イメージ的にそう感じてしまう部分も多いように想像するのですが。

      ご自身の中で同一条件と分類できる状況を起点とし、
      「その後どうなったか?」
      具体的には
      1.そのまま伸びた
      2.少しだけ伸びたがほどなく戻って来た
      3.戻ったが再度伸び直した
      4.戻ったまま逆方向に伸びた

      これはあくまで例ですが
      一度統計を取ってみたらどうかなと思います。

      これをやっていくうちに、
      上記いずれになりそうかが
      やっている最中になんとなくイメージ出来るようになるような気がするんですよね。

      なぜなら「同一条件からのその後を確認」って
      テーマがかなり明確ですので、
      そこを毎回注視することで、ご自身の肌感覚的な感性も
      育つ可能性が高いように思うのです。

      このように、
      どこかのポイントに絞って傾向を観て行く、
      という作業は意味があるケースが多いです。

      漠然と「トレードが上手くなりたい」ですと、
      常に総花的な対応しか出来ず、それだと課題やテーマがボヤけるため、
      いつまでも手応えがつかめない、なんてことになりかねないからです。

      あくまで一例ではありますが、
      一度試してみてはいかがでしょう。

      また、今後もなんらかの課題が生じた際は
      「一点突破」の意識で取り組むと
      結果、それにより全体像の把握が早まることも多いはずですので
      よろしかったらご参考になさってください。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠初めまして。
    「ガチ速FX」に出逢い師匠のご活躍を知り「You Tube」「デイトレ大百科」に魅了され、及川式を日々勉強させていただいております超初心者です。

    人生かけてFXに取り組もうと思い、色々な方のYou Tubeチャンネルやブログを読ませていただきましたが、初心者の私には理解できないことばかりで、どのように勉強すれば良いのかすら分からずに迷宮入りしている時に「ガチ速FX」に出会いました。
    しかしながら当初は「ガチ速FX」も序盤の相場観や、終盤の読者へ向けたメッセージしか読んでいませんでした。(チャートの図式や通貨ペアの相関関係のお話になると頭が混乱していました。)
    しかし、You Tubeやデイトレ大百科の基礎講座で勉強するにつれて、当初は意味不明だった「ガチ速FX」を自分自身で納得しながら読み切ることができました。
    及川式を極める為、失礼ながらも今まで拝見していたYou Tubeチャンネルやブログ、フォローさせていただいていたTwitterも全て解除し及川式だけに集中しております!

    初めてのコメントにも関わらず誠に恐縮ですが超素人の勉強方法についてご教授いただければ幸いです。

    現状
    ・東京時間3時間(9時-12時)欧州時間4時間(15時-19時)リアルトレード
     ※本格的にトレードを始めたのは8月初旬
    ・デイトレ大百科、You Tubeで勉強(平日3時間、休日6時間)
     ※5月頃より少しづつ開始して7月からは上記時間実施
    ・Wトップ、ボトム、三尊、逆三尊、ダウ理論、などの意味は理解できてない
    ・天才チャートの各MAラインは少しづつ理解できてきている
    ・今後も東京時間、欧州時間のみをメインとしたトレードlife構築したい

    成績
    ・資金は着実に減り続けています
    今週:月 +9.1pips -23.3pips 火 +54.9pips -7.3pips 水 +10.9pips -80.9pips
    ・含み益でも利確が遅れ、都合よい解釈で意味のないナンピンでの損切からの損失
    ・勝ち越し日は負けトレードが少なく損切も早い
    ・全トレードを日誌に記載(画像付き)

    環境
    ・基本的に24時間365日トレードや勉強ができる環境
    ・証拠金は10万円以上は入れていません(10万円入金口座、1万円入金口座)
    ・プロコン改、推奨海外口座

    課題
    ・勉強方法(時間がかかっても良いので最初から全通貨ペアを勉強したい)
    ・相場との向き合い方
     ※決まったことを日々淡々とやり続けるのは得意です
      (筋トレは月-金の朝5時スタートを4年続けています!笑)

    2年前に実業で失敗し、数十億の負債を背負いました。
    その時初めて私はお金の存在する意味について真剣に考えました。
    お金が存在する意味を考え続け、自己否定を繰り返しながら再スタートした実業は以前よりも楽に軌道にのせることができました。
    不謹慎ではありますがコロナの影響で、実業は多くの方からご支持を頂き、着実にインフラ事業へと進化しています。
    一般的にはレッドオーシャンといわれるジャンルで実業をしていますが、お金に対する優先順位を変えるだけでこんなにもブルーオーシャンなんだと気づきました。
    逆にレッドオーシャンにこそ大きな需要がありチャンスだらけだと感じております。

    語弊のある表現で申し訳ありませんが私がFXに向き合うにあたり、勝てなくてお金が減っていくことに対しては全く抵抗はありません。(考え方、判断が正しければ気が付いた時にはついてきていると考えます。)
    しかし、根拠のあるエントリーができなかったり、結果のだせない自分自身(考え方、判断が誤っている。)が悔しくてたまりません。
    (たまたまできた利確よりも即損切できたほうが清々しいです。)

    365日24時間トレードだけに向き合う環境づくりは整いました。
    あとは今日の自分を明日の自分が半歩でも越えている人生を歩みたいです。

    ご多忙の中お手数おかけして申し訳ありませんが、私のような人間の場合どのような勉強方法や相場への向き合い方が良いかをご教授いただければ幸いです。

    • SKさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      最初は普通のトレード相談のイメージで読み進めましたが
      途中、ビジネスの話になったあたりから、
      「あれ、この人はタダ者じゃないかも?」と感じつつ、
      今このコメントを書いています(笑)

      実業のほうでしっかり利益を得てらっしゃるようにもお見受けし、
      なんならトレードなんかしなくても良いのではないか。
      そんな感想も持ちました。

      以前もいらっしゃったのですが、
      なんでしょう「目の前にあるものを攻略しないと気が済まない」みたいな、
      そんな意味合いもあるのでしょうか?

      月→金の筋トレを4年間継続出来、
      お金やビジネスに対する概念も俯瞰出来てらっしゃる・・・

      こういう人に出来るアドバイスってあるのかなぁ、
      これが正直な僕の感覚です。

      というのも、
      そういう人であれば
      言葉は悪いですが「放っておいても」ご自身で
      取り組むべき課題などを見出すのではないか?

      また、そうやってご自身で課題を見出しつつ進むほうが
      望むべく状態への到達も早いのではないか?
      そんな風に思った次第です。

      そんな中でのアンサーですので
      どこまで納得いただけるか心配ですが、
      僕から申し上げたいのは
      「勉強法」よりは「自分らしいスタイルの確認」かなと。

      僕のYouTube動画をご覧いただいているようなので申しますが、
      僕は言ってみれば「超ハイロットでの超短時間保有スタイル」です。

      獲得PIPSを引っ張らないことのほうが多いため
      観る人によっては「チキン野郎」かも知れませんし、
      一方では「あんな狂ったロットをなぜ投入出来るの?」という見方もあるかも知れません。

      ちょっと古い話をしますと
      ジャイアンツのゴジラ松井選手とイチロー選手って
      どっちが凄いの?みたいな話に少し似ています。

      結論「どっちも凄いでいいじゃん!」って話なのですが、
      自分がプレイヤーとして活動する際、
      どっちのスタイルが自分にフィットするかの決断は思いのほか重要です。

      例えば保有ポジションが20PIPSのプラスになった際、
      該当市場の残り時間がまだまだある場合は
      もっともっと利を引っ張ることで50PIPSや80PIPS勝てるかも知れません。

      けど、その場合、
      途中途中、大き目な戻しを経過することもあり、
      20PIPSの含み益がいったんチャラになったりもします。

      さぁ、あなたならこの一連の流れをどう捉えますか?
      こういう話だと思うのです。

      ちなみに僕は「戻される」のが思いのほか苦痛のため、
      「そんじゃ伸びたところで終わっちゃおう」
      ってことで現在のようなスタイルになっています。

      その代わり、利食ったあとさらに伸びたチャートをあとから見ても
      それについてはまったく気にならない、という感性もセットなわけです。

      もしご自身が利食ったあと、
      しこたま伸びたチャートを観て、
      「これ、取りたいなぁ」という気持ちが強い場合は
      僕とは少し異なる戦術構成が必要となることでしょう。

      打率を少し落としてでもホームラン王を優先、するのか、
      長打が少なくなろうとも打率や安打数を優先、するのか。

      SKさんの場合、
      ここが定まることで
      自ずと取り組むべく課題は見えてくると想像します。

      また、そうすることによって
      例えば僕のYouTube動画の見方も随分変わって来るのではないかなと。

      自分とは違う、
      オレならこうする、

      これは僕(及川)の否定ではなく、
      個性の距離感の話なわけです。

      ご自身との「違い」を意識しながら視聴することで
      客観視がこれまで以上に可能になり、
      それにより、参考や反面教師などの場面が増える、
      こんなイメージですね。

      取り留めもない長文アンサーで恐縮ですが、
      取り急ぎ本件は以上です。

      もし不足がございましたら
      お手数ですが再度コメントをお寄せください。

      また、トンチンカンなアンサーだった際は
      お詫びいたします^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お帰りなさいませ

    うん、同世代として申します。
    無理しちゃダメ!でも全力で今生を呆れる位、楽しみ尽くせ!!…コレは、私の信条でございます。

    この身は神様からの借り物。だから無理しちゃダメなんです。意識は無形だから際限なくという感じですかねww

    私は思います。
    死ぬ時は、どんな方も1人です。
    その薄れゆく意識の中、あ〜今回は、結構色々あったけど、今思い返してみると楽しかったなって言える様に生きよう!
    そう、思うんだ。

    だからね、先生?
    まだまだ頑張って楽しみましょう⭐️
    いつか、お会いしますから!
    それまで、お互いに頑張りましょ

    • オワヨン。様
      コメントありがとうございます。

      >無理しちゃダメ!でも全力で今生を呆れる位、楽しみ尽くせ!!…コレは、私の信条でございます。

      ↑実に素晴らしい理念ですね♪
      僕もそうありたいと心から思います。

      >薄れゆく意識の中、あ〜今回は、結構色々あったけど、今思い返してみると楽しかったなって言える様に生きよう!

      ↑こんな風に思いつつ死ねたら最高ですね。

      >だからね、先生?
      まだまだ頑張って楽しみましょう⭐️
      いつか、お会いしますから!

      ↑はい、無理はせず、それでいて楽しむ・・・
      そういう意識でこの先やっていこうと思いました♪

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    1年ぶりにコメントさせていただきます。

    お元気になられて、本当に良かったです。
    こういったご時世ですから、かなり心配しました。
    いちファンとして、今後も応援させていただきます!
    あまり無理なさらずに、今後もご活躍をお祈りしております。

    FXを始めて1年たった今、未だに全く結果を残せていません。それどころか、資金を溶かしかけること3回、増やしては減らしを繰り返し、もう底をつきそうです。
    リオンちゃんは7000円からの再起と伺いました。今僕の支えはその一言です。
    自分のトレードを分析し、どんなときに負けるのかを考えてみました。

    ・トレンドが伸びそうだと考え、エントリーすると、実はそこが天井or大底だった。
    ・リスクリワードを測らない。
    ・典型的な損大利小である。
    ・エントリー直後からの動きが悪くなり、トレンドが生まれずなかなか損切りしない。結果、突然の吹き上げ等にやられる。

    不謹慎で大変申し訳ないのですが、このコメントを書いた直前にも損切りしました。エリオットの第4派とMA緑線タッチでトレンドフォローでロングしたのですが、結果的にヘッドアンドショルダーのような形になってしまいました。

    正直自信を失いかけています。

    しかし、ここで引き下がるわけにはいきません。今回の師匠がおっしゃっていた「いつ死んでも後悔などない」状態に至っていません。FXismの皆様のご活躍や、Facebookの勝ち逃げ倶楽部の皆様の華麗なトレードを拝見し、もっともっと勉強します。

    そこで1点ご相談があります。

    いま僕はどんな勉強を行えばよろしいでしょうか?副業トレーダーになると豪語してから1年、結果を残せないでいる自分に苛立ちを覚えています。努力が足りないことは重々承知の上でコメントをさせていただきました。どうかお導きください。

    病み上がりのところを大変申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

    • ハマキムさま
      一年ぶり、ですか。
      コメントありがとうございます。

      負けパターンの分析、拝読しました。
      ちょっと近視眼的というか、余裕がない状態のときに
      よく見られるパターンかなと推察します。

      >努力が足りないことは重々承知

      ↑いや、そんなことはないと思いますね。

      上述のとおり、心に余裕がない、つい焦りの感情が表面化する、
      僕はこっち、つまりメンタル面のほうが大きいと思えてなりません。

      で、あるならば
      僭越ながら僕がアドバイスしたいのはただ一点。

      「いったん相場から離れて心のリラックスを!」です。

      なんていうか
      「相場中毒」みたいになってないでしょうか?
      トレードしなくてはいけない!みたいな。

      そんなことはないですって。
      敢えて悪い言い方をしますが、
      FXなんて人生における重要度からしたら断然低いはずですので。

      それといったん相場を離れる効果は結構ありますよ。
      しばらく相場を忘れて過ごす中、
      それでもここまで培ってきた経験は残ります。

      で、しばらくぶりにチャートを観た際、
      あらためて
      「あぁ、こういうところをやれば良くて、
      こういうところをやっちゃダメなんだろうなぁ」
      みたいな驚くほどクールに俯瞰してみることが出来たりしますよ。

      ちなみに相場を離れる期間ですが
      特に決める必要はないものの、
      「なんならもうやめちゃってもいいかな」くらい
      どうでもよくなったあたりが個人的にはオススメです。

      結局「執着」とか「固執」とかが問題だと思うんですよね。
      これらが「心の肩こり」みたいな感じになり、
      柔軟な発想が湧きにくくなり、硬直した見方によって、
      チャートに対しても近視眼的になっていくのかなと。

      近視眼的にチャートを観たらどうなりやすいか?
      ここは経験的にお分かりのはずです。

      そう、目先の値動きばかりに振り回され、
      本来見るべき方向性やこの先の流れなどがまるで見えなくなると。

      エントリーは「おっかけ中心」になり、
      エントリー直後に含み損になると
      もうイライラしだす。

      しかも方向性を冷静に見れていないため、
      ちょっとの含み損でもイライラがMAXになりやすく、
      損切りしてはまた次の「おっかけ→即含み損」のポジションへ、みたいな。

      いったん休むことで、
      こういったことがすべて「見えてくる」はずです。

      そこから・・・ではないでしょうかね。

      ご気分を害されるようならお詫びいたしますが
      紛れもない本音アンサーですので
      どうぞお許しください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    体調不良ということでコメントは控えておりました。お元気になられて良かったです(嬉しい)

    少し前の話になってしまうのですがリオンちゃんの生放送を拝見しました。リオンちゃんの環境認識やトレードの根拠がわかりやすく勉強になりました。
    自分も長期足の環境認識をしているので似ている部分もありました。
    生放送後にエントリーの方法を少し変えてみました。リオンちゃんや及川先生のように分割にしてみました。今までは1ポジで1回までナンピンをしていいと決めていたのですが5〜6分割にしていけそうなら足すというふうにしてみました。そうすると今まで『エントリーしてれば勝てたのに』というのがなくなりました。打診で1ポジだけ入れるのが自分にいいような気がしています。負けても1ポジならたいした負けにもならないですし。ただ足せないと以前より利益が少なくなってしまうのですがメンタル的には分割の方がはるかにいいので暫くこの方法でやりたいと思います。

    打診でのエントリーにしてからいけるときといけないときがわかるようになった気がするのですがこれはメンタル的にいいからなのか?また別の要素が分割にあるのか?はわからないですがいい感じです(笑)

    病み上がりということでどうかご自愛なさって下さい。

    今後もブログや動画を楽しみにしております。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >リオンちゃんの生放送を拝見
      >リオンちゃんの環境認識やトレードの根拠がわかりやすく勉強になりました。

      ↑彼女の動画などを初見で観た人は
      あるいは凄く邪道に映るかも知れませんが、
      実際はとてもクレバーで、なおかつ合理的なやり方ですよね。

      >打診で1ポジだけ入れるのが自分にいいような気がしています。

      ↑リオンちゃんもここの部分を取り入れることで
      随分気が楽になったと言っていました。
      「個人トレーダー」のメンタル管理的にも合理的なのかも知れませんね。

      >病み上がりということでどうかご自愛なさって下さい。

      ↑お気遣いありがとうございますm(_ _)m

      もう、、、さすがに大丈夫かなという状態です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、ご回復されたようで本当に安心しました。まだまだ先生には追いかけるべき目標であってほしいので!私もトレードに対してはストイックに、欲望に対してはもっと素直に
    なっていけたらいいなと思います。現在は稼ぐのは一旦脇に置いて、最小ロットでリスクを減らして成績を安定させるのを課題にやっていて、歯を食いしばってます(笑)。我慢の時期を乗り越えた先に桃源郷があると信じて、欲望を叶えた瞬間コケないようにだけは気をつけます(笑)。

    • guideさま
      コメントありがとうございます。
      またお気遣いにも感謝いたしますm(_ _)m

      >現在は稼ぐのは一旦脇に置いて、最小ロットでリスクを減らして成績を安定させるのを課題にやっていて、歯を食いしばってます(笑)

      ↑なるほど、確かにここは「我慢」のしどころかも知れませんね。

      >我慢の時期を乗り越えた先に桃源郷があると信じて、欲望を叶えた瞬間コケないようにだけは気をつけます(笑)。

      ↑長くやって行く中、
      どうしたって不調な時期は出てきます。

      そういう時期に変に焦って全損、みたいなおかしなことをしない、
      これこそが勝てるようになったあとの最大の課題になるはずです。

      要は「人生」と同じなんですよね(苦笑)

      良いことばかりではない、
      けど悪いことばかりでもない、みたいな。
      バイオリズムみたいなものもあるでしょうし。

      極論「たかがトレード」くらいの気持ちで
      淡々とこなすことを、今から少しずつ意識していくと良いかも知れません。

      勝っても特段喜ぶでもなく、
      負けても特段悔しがるでもなく、です。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんにちは。体調回復されたようでとても安心しました。健康があっての日々の暮らしですので、くれぐれもご自愛くださいませ。

    いつも動画配信ありがとうございます。
    はじめてコメントさせていただいております。今年からデイトレ大百科をきっかけにFXを始めて、数か月がたとうとしています。最近はようやく自分の想定があたることが増えてきて、チャートをみていて楽しいです。
    ところがです、、エントリーするとほぼレンジにつかまります。例えばダブルトップのネックライン割れで入ったつもりが戻されてずるずるとレンジを繰り広げ、30分程度経ったところで、待てない私は建値で決済or微益or微損で逃げてしまいます。そして、その次もしくは次の次の足で思った方向にズドーンと伸びます。そこから飛び乗りも怖いのでただただ静観するのみで悔しいです。過去には飛び乗りもしましたが多くの場合は微益or高値安値をつかまされて損切のことが多かったのでやめました。
    持ち続けれない私にアドバイスいただけないでしょうか。レンジに捕まった時、逆にグインといかれないか心配になってしまい持ち続けれないのが課題です。

    • 及川先生
      お返事・アドバイスいただきありがとうございます。
      環境認識をしたのだから自信をもって持ち続けましょう!とか、精神的なアドバイスが返ってくるかなとおもっていたのですが、全然ベクトルの違う実践的なアドバイスで、目からうろこです。レンジにはまらないようにするにはどういうエントリーにしたらいいか、検証していきます。

      ※ちなみに午後もオージーのレンジにはまっていました。及川先生のアドバイスをうけ、そこはチャラ逃げしたあと、15時やっと動き出したところの戻しで入れ、保有10分もせずに利確できました。この勝ち方だと本当にストレスもなく、明日からのトレードもまたがんばろうと思え、潔くMT4を閉じれます。レンジで時間だけ潰してしまうと未練たらたらでずっとチャート見続けてしまうのでTT
      わたしもレンジのように成長曲線が煮詰まっていたと思います。及川先生とのこのやりとりがブレイクのきっかけになるといいなと思っています。ありがとうございました!!

    • とん様
      コメントありがとうございます。

      >全然ベクトルの違う実践的なアドバイスで、目からうろこです。

      ↑そう言っていただけて助かります。
      僕自身、自分が常にちゃんと出来ているわけではなく、
      「ダメな自分」や「きをつけないとダメになりかねない自分」に対し、
      しっかり戒めを持って臨まねばならぬと思って日々やっていまして。

      そうなると、上から目線でのアドバイスなど
      そうは出来ないわけです(苦笑)

      >保有10分もせずに利確できました。この勝ち方だと本当にストレスもなく、明日からのトレードもまたがんばろうと思え、潔くMT4を閉じれます。

      ↑羨ましい!(笑)

      僕も毎回そうありたいと思ってやってますが
      ハマるときはどうしてもハマりますね。

      で、そんじゃ「ハマった時にどうするか?」
      こういう対応法もこの先引き出しとして持っておくと
      幅が広がって良いはずです。
      ※ハマらないのが一番ではありますが(汗)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • とん様
      まずはお気遣いいただきありがとうございます。

      >エントリーするとほぼレンジにつかまります。
      >30分程度経ったところで、待てない私は建値で決済or微益or微損で逃げてしまいます。
      >その次もしくは次の次の足で思った方向にズドーンと伸びます。

      ↑これは僕のあるあるでもありますね(苦笑)
      「トレードはまずは負けないこと」を優先する意味で
      建値や薄利でいったん逃げておくこと自体は賛成です。
      僕もそうすることは多いです。

      ただし、その後狙った方向に伸びることが多いとなると、
      やはりタイミングが早すぎ、あるいは微妙に遅すぎのどちらかかなと思います。

      後者に関しては、
      さらにもっと積極的に早めの仕掛けをすれば
      そこそこ取れた、みたいなパターンです。

      僕はこの手の障害?をクリアするために
      エントリーする時間帯を意識するようにしました。

      欧州の夏時間で例えますと、
      僕は16時からを起点に考えるのですが、
      時に14時や15時から動き出すこともあります。

      そこを観ていたならやるのもアリですが
      観ていなかった際、
      今度は16時台はいったん伸びたトレンドの「その後の調整」を考慮した際、
      ちょっと早すぎの時間帯になり得ます。
      その場合は意図的に遅らす意識を僕は持ったりしますね。

      >レンジに捕まった時、逆にグインといかれないか心配になってしまい持ち続けれないのが課題

      ↑ここは考え方だと思いますが
      僕なら「タイミングが早すぎたこと」自体が反省ポイントなので
      レンジでハマった際にはいったんチャラ逃げを優先しますね。

      曲がりなりにもレンジで煮詰まったあとって
      どっちに一気伸びしてもおかしくはなく、
      それだと丁半博打に近いトレードになりかねないからです。

      「今やっているこのトレード」の結果も大切ではありますが、
      今後長く継続していくつもりであるならば
      「レンジにハマりやすい」は解決するために創意工夫すべき課題ですよね。

      ですので
      「なんだ、やっぱり持ってれば良かった」と後悔するのではなく、

      「もっと分かりやすいタイミングで入ればすんなり勝てたので?」
      こっちに対し、研究を続けるべきではないかと僕なら思う次第です。

      だって、レンジハマりから
      逆に伸びて損切りとなった時の後悔って
      上述したパターンの数倍腹立つ負け方ですからね(苦笑)

      >持ち続けれない私にアドバイスいただけないでしょうか。

      ↑「待ち切れないこと」に対するアドバイスは難しいですね(汗)

      そうではなく、
      「タイミングが良くない現状」に対し、
      ご自身なりの創意工夫をすべし!を
      本日のアンサーにさせていただきたいと思います。

      進めていく中で、お困りの際は
      お手数ですが再度コメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは及川先生。初コメント失礼します。
    最近利益が乗ってきて、税金のことについて考え始めました。
    これまで私は海外の個人口座でfxをしてきています。国内での課税は雑所得として納めていますが、ほかの方へのご回答で海外業者の法人口座をお勧めされていました。私もそろそろ金額が大きくなり始めているので真剣に考えなければならないと思い、何か対策を打とうと思っているのですが、具体的にはいくらぐらいの利益が出始めた段階で法人口座などへの切り替えをしたほうがいいのでしょうか。法人化することで様々な制限も出てくると思いますし、利益がそこまでではないときは逆にお金がかかってしまうこともあると思います。また、先生の周りの凄腕のトレーダーさん方は稼げるようになった段階でどのようにしていたのでしょうか?

    税理士の方に相談をしても、そもそもfxを事業として認められるのかなどのことを言われたり、そもそもその法人化などのことも含めたことに詳しい方にお話を全然聞くことができなかったので、周りに凄腕トレーダーさんがたくさんいらっしゃる及川先生にご質問させていただきたく思います。どうかお願いします!

    • えみみ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >これまで私は海外の個人口座でfxをしてきています。
      >具体的にはいくらぐらいの利益が出始めた段階で法人口座などへの切り替えをしたほうがいいのでしょうか。

      ↑法人化の良しあしにつきましては
      ぜひともご自身で調べ、確認した上で検討をお願いしたいと思います。

      僕が実際にやったことや感じたことを以下列挙しますと、、、

      ・「FXのみ」で法人化は世間的には確かに微妙
      ・FX以外の、それこそブログ開設からのアフィリエイトなど
       売上自体は小さくとも「他にも収益源がある設定」は用意しておくと良いように思います。
      ・あくまで僕の感覚では毎月200万円以上の安定利益がある時点で法人化。
      ・法人化以降のご自身の「給料(役員報酬)」は
       少なすぎると法人税のウエイトがあがりますし、多すぎると会社は赤字でも収益以上の個人所得税が発生します。
      ・また、会社に利益を残し過ぎると、次年度以降、自身の報酬を上げた際、
       「法人税支払い後の内部留保」に対し個人の所得税がかかるので、早い話二重課税になります。
       ※ここは僕がこの国の税制でイラつくトップ3のひとつです(苦笑)

      以上のことを考慮した際、
      あるいは月間500万以上とかになってからのほうが良いという結論になる人もいると思います。
      それか一気に海外移住とか(笑)

      一番良い意味で諦め?がつくのが
      トレード以外の利益を会社に計上できる状態です。

      これがあることで、
      上記の二重課税もまぁ仕方ない、というか
      普通の会社が全部そうであるため、諦めがつきやすいかなと想像します。

      まとめますと、

      1.トレード以外の収益源もあるとベスト
      2.月間利益は最低でも200万円以上。
       ただし、ギリギリだと役員報酬の設定もタイトで二重課税回避の難易度は上がる。

      こんなところでしょうかね。

      不足があれば追加アンサーいたしますので
      取り急ぎ本件は以上とさせてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • まずは、ご快復の報を聞き、大変嬉しく思います。

    今回の記事を拝見し、思うことがありましたので、コメント致します。

    私は、生と死は、朝が来て、夜が来て、また朝が来るように巡り巡るものだと考えています。死は次の朝を迎える睡眠のようなものだと。

    私の座右の銘で「金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流」という後藤新平氏の言葉があります。

    私の実家は、両親の学生結婚、父の勤務先の倒産などで、金銭的に恵まれた家ではありませんでした。ただ、母は「貧しいくらいが知恵が沸いて良い」といつも笑っていたので、明るい家庭でしたが、お金がないコンプレックスを抱えながら幼少期を過ごしました。

    一見すると不幸に見える側面もあったかもしれませんが、今、自分が家庭を持ち、日々働く中で、最近この幼少期の環境に感謝の念が沸いてくるのです。

    貧しかったからこそ、どう工夫して回りと同じような環境を得るかという、ものの考え方を子供の頃から自然と訓練できたこと。私は金融系企業で働いているのですが、お金が全てではないということを知っている強みなど。

    ないものねだりではなく、今あるものでどう工夫していくか、これはトレードでも全く同じことが言えるのではないでしょうか。あれやこれや手を出すのではなく、一つのことを工夫しながらレベルアップさせていく。結局それが一番の近道だったりしますよね。

    そんな父ですが、3年前に病気で他界しました。56歳でした。

    役員でも何でもないイチ中小企業の会社員の父の葬儀に700名近い方が来て下さったのです。私は喪主を務めながら、これだけの人を残した父は一流だなと誇らしく思ったことを記事を読んで思い出した次第です。

    及川先生も言わずもがな超一流の方ですので、これからも健康にご留意されながら、引き続き素晴らしいものを残して頂けますことを心より願っています。

    • むっつり真面目さま
      コメントありがとうございます。

      >私は、生と死は、朝が来て、夜が来て、また朝が来るように巡り巡るものだと考えています。死は次の朝を迎える睡眠のようなものだと。

      ↑ここは僕もかなり近いイメージのつもりです。

      >母は「貧しいくらいが知恵が沸いて良い」といつも笑っていた

      ↑これは何気に素晴らしい言葉だと思いました。
      実際その通りじゃないかと、結構本気で共感しますね。

      >あれやこれや手を出すのではなく、一つのことを工夫しながらレベルアップさせていく。結局それが一番の近道だったりしますよね。

      ↑はい、激しく同意いたします。

      >そんな父ですが、3年前に病気で他界しました。56歳でした。

      ↑随分とお若いですね・・・

      >役員でも何でもないイチ中小企業の会社員の父の葬儀に700名近い方が来て下さった
      >これだけの人を残した父は一流だなと誇らしく思ったことを記事を読んで思い出した次第

      ↑良いお話です。
      お父様の「56歳」はいかにも早すぎな感しかありませんが、
      今回の記事で僭越ながら書かせていただいた、
      「良い人ほど早く逝く」

      これはですね、
      「とりあえず現世での修行はクリア!」
      みたいなイメージからなんです。

      そういう意味からも
      お父様は充分な修行を現世にてクリアし、
      我々より一足も二足も先に「次の課題」に取り組むべく
      準備をされてらっしゃるのではないでしょうかね。

      お父様に負けぬよう、
      我々も出来ることからコツコツとがんばって行こうではありませんか。

      素敵なお話をありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠!まずは復帰!おめでとうございます。
    長期療養でお休みをするとメッセージが届いたときは師匠の声が聴けなくなるのかと残念な気持ちがありました。
    そんな中、更新の通知が来たときはとてもうれしかったです。

    そして初コメントです。
    いつもは見ているだけでしたが、このままではどうにもならないと思いコメントします。

    FXはある程度まとまった資金がある人がやるものだよと始める前に誰かに言われ、中々踏ん切りがつかず手が出せなかったFXも、少額を元手に増やしていくものなんじゃないか?とどこかのタイミングで思い2020年の4月に、本気で始めよう!と超少額の2万円でスタートしました(海外口座のハイレバでデモトレは一切やってません)
    トレードスタイルは師匠と同じく短期デイトレ~デイトレ、師匠の言葉をお借りするとタイムプロフィットを意識しながら始めました。

    軽い自己紹介ですが、僕は自営業のため毎月ある程度の収入もあり、チャートを見る時間も1日の中で何度もあります。
    その中で、師匠のスタイルを基本としながら基本的に余裕のできる欧州時間からやってみようと始めたFX。
    ※たまに東京時間で動きがあるときは東京時間も

    よくある話ですが、0.1lotでスタートして1ヶ月も経たずに口座資金は20倍以上になり、”これはビギナーズラックだな” ”本当に出金できるのか” ”出金して出金して永続トータルplusでもいいんじゃないか”などいろいろな思いもあり月終わりに10万円だけ残して出金しました。

    その後5月になり心機一転!さてやろう!と再奮起をかけたところ何を考えたのかスマホ片手に同じようなチャート形状だからとLotを上げ、しまいにはナンピンナンピンで初日で全ロス。
    ※この時から歯車がずれているのを感じています。

    その後出金分から小分けにして入金、入金、稼いだ資金も底をつき、さらに回数を重ねれば!Lotを張れば!と自己資金をさらに追加追加で恥ずかしながら収益20倍から損失数倍の3桁万円までこの約半年間で負けに負け続け、メンタル崩壊中です。

    以前にも同じようなコメントを残している方がいる気がしましたが、当初できていたスタイルも、負けが続き、当初は0.1Lotで20pips/30pipsでやった!資金が増えたぞ!と本気でうれしかった思いも、同じように今、Lotを落とし再エントリーしてもこれだけ取ったのに数百円、数千円かよ、あんときはもっと取れてたじゃん。早く稼がないと資金は増えないよ。と自己嫌悪に陥っています。

    リオンちゃんのように7千円から再スタートで今のスタイルを確立した歴史を聞くと、少々安心感もあるものの何度も少額スタートをしてみては、負け癖がついているのか天才的負けトレーダーになりつつあります。

    何に対しても負けたくない思いが昔から強く、トライ&エラー&エラーを続けている状況です。

    病み上がり&お忙しい中、大変恐縮ですが”喝”を入れてください。

    • メンタル療養中のあっくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >0.1lotでスタートして1ヶ月も経たずに口座資金は20倍以上
      >”本当に出金できるのか” ”出金して出金して永続トータルplusでもいいんじゃないか”などいろいろな思いもあり月終わりに10万円だけ残して出金

      ↑ここまではパーフェクトでしたね^^

      >収益20倍から損失数倍の3桁万円までこの約半年間で負けに負け続け、メンタル崩壊中です。

      ↑なんと(汗)
      そんなにまで変わってしまうものでしょうか。
      ここまで極端なケースはさすがに珍しいです。

      >今、Lotを落とし再エントリーしてもこれだけ取ったのに数百円、数千円かよ、あんときはもっと取れてたじゃん。早く稼がないと資金は増えないよ。と自己嫌悪に陥っています。

      ↑ここですよねぇ、
      ここについてはドンピシャで共感って人はかなり多いと思います。
      僕自身も、そのシンドさは充分理解出来るつもりです。

      >大変恐縮ですが”喝”を入れてください。

      ↑想像込みのお話としますが、
      おそらく負けが続けば続くほど、
      相場に対する目線が近視眼化してるのではないかなと。

      短期勝負に意識が向かいすぎで
      「相場の方向性」とかをないがしろにしすぎではないかと想像します。

      もっとも僕のやり方って
      上位足も観ませんし、極論上昇中の相場でも
      その過程における一時的な下げも取りに行ったりします。

      が!!!
      そういった変幻自在をやるにも
      「全体像」があってこそ、と言わせてください。

      僕のトレードで多いのは
      「結果スキャル」です。

      これはナニかと言いますと
      僕も本来ならトレンドや方向性に乗り、
      スイスイとPIPSを伸ばすトレードがしたいんです(笑)

      ただし、僕の弱点のひとつに
      「含み益が戻されると気分が悪くなり判断がおかしくなりやすい」
      これがあるため、
      『伸びたところで終わっちゃう』となり、
      それが短期デイトレへと繋がっている次第です。

      「本当は大きく伸ばしたいけど、
       結果的にスキャルピングになっちゃっている」
      こういう話です。

      つまり、僕は普段
      「本気で伸ばそうと思ったら伸ばせるような場面選び」を
      心がけているわけです。

      ってことはですよ、
      やはり相場の「方向性」を把握する作業は必要で、
      そこをおざなりにしてると
      「上下動の動きにただ右往左往させられかねない」ことになるんです。

      あっくんさんは
      最後の部分のみ、付き合わされている可能性ないでしょうか?

      もし思い当たるフシがあるとするなら
      「やはり基本に返ろう!」
      「方向性の把握を強く意識しよう!」
      ここからじゃないかなと思います。

      なにもスイングトレーダーになれ、とまでは言いませんが、
      ちょうどロットを下げているのであれば、
      「ちょっと引っ張る訓練もしてみよっかな」
      みたいなテーマを持つことも良いように思います。

      僕は以前、毎年プロ野球観戦を数試合行くほど
      野球好きだったのですが、
      オリックス時代のイチロー選手は
      試合前のバッティング練習の終盤はほとんど看板直撃のホームランで
      締めくくっていました。
      マジで凄いと思ったもでした。

      けど彼って、試合ではホームラン狙いはせず、
      とにかくヒットで出塁、を優先していましたよね。

      「打とうと思えば長打も打てる」
      「けど自分のスタイルがそうではないので単打メインで」
      「単打しか打てないわけではない中で単打OKのスタイルだからこそ
      人並み外れた成績を出せた」

      ここがトレードと同じ重要なポイントではないかなと
      そんな風に思う次第です。

      長打(スイング的見方)を打つような取り組みをまずは行い、
      そのまま長距離打者で成長を目指すのもあり。

      長打を打てる感性もある中で、
      あえて短期デイトレを極めるのもアリ。

      いずれにせよ、
      「トレンド」や「方向性」の感性は重要と。

      近視眼的な見方になってはいないか?
      ここが日々の注意ポイントのひとつなんだと思います。

      取り急ぎ今日のところは以上です。

      なるべく「明確な課題」を持って取り組むこと、
      これが結果的に一番の近道ではないかと僕は思っています。
      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは。
    日経225先物兼業デイトレーダーのジャックおじさんです。

    いつもていねいなご返信ありがとうございます。

    体調も戻ってきてるようでなによりです。

    実は私も去年の正月にインフルエンザにかかり、
    及川さんと同じような状況になりました。

    やはり40度近い高熱で、3日3晩、水すら飲めなくて
    「年取って体力落ちとるわぁ、
    老衰死って、こんなんだろうなぁ。」としみじみと思いました。

    家族は部屋すらのぞくこともなく、私がトイレに降りたら、
    「お父さん、仕事行ってなかったん?」だって・・・とほほ。
     
    前置きはこれくらいにして質問なのですが、
    及川さんの動画を見ていると
    「よくこのまま順行したら嫌なので入りますね。」といって
    まず打診でエントリーされますよね。そして逆行して当初予定していた
    ポイントで「こうなったらギリギリまで突っ張りますよ。」
    といって含み損でも平気で何回も増玉していってることが多いと思います。
    これについては理解できるようになりました。

    逆にそのまま順行したときですが、利食いまでの途中で
    つまり含み益で追撃(増玉)しないように思いますが、
    どうしてですか?

    あともう一つ質問があったのですが、それは”トレード回数と時間帯”のことだったんですが、9月3日のユーチューブ動画で得心しました。

    追伸:
    前回「もっと昔のことも発信して下さい。」
    とコメントしたんですが、
    過去のブログを見たら、シンガポールに移住した、いきさつ等々
    詳しく書いたあったので遡って読んでいきます。
    よく見てなくてすみませんでした。

    そんな中、過去ブログで日経225先物の値動きについて
    「よくトレンド転換するので、逆張りのほうが
    勝ちやすいですよ。」という記事を見つけて、
    「あっそうか。なるほど。」と大変参考になりました。

    これを頭の片隅に入れて置くのと置かないのでは
    結果はえらく違ってきます。

    及川さんは225先物は仕掛けていますか?

    ところで、8月28日に阿部首相が辞任を発表した日に
    日経225先物は10分間で760円急落しました。

    場を見ていて、ノーポジだったので売ろうと指値したんでですが、
    値動きが早過ぎて刺さらなくて置いていかれまして、

    「今度は戻り売り」と思って慌てちゃって、
    エントリタイミングが早すぎて一気にリバウンドで
    もって行かれて、及川さん式に
    上でもう一発エントリーするも
    さらに踏みあげられて、23000円超えちゃって、
    かなりの含み損だったのですが、
    「もう一回安値を試す動きがあるだろう」と腹くくって
    見ていたらジリジリと下げていって、
    結局一回目のエントリー地点位まで下がったので
    イグジットしました。

    その後、引けにかけて2回目のリバウンドがあったので、
    結果プラスで終わって良かったです。
    結果オーライトレードです。
    リスクリワードが3対1の馬鹿トレードです。

    でも及川さんの動画見る前だったら、怖くなって
    23000円超えたひげ先で投売り(買戻し)していたと思います。
    ありがとうございました。

    先日、散歩がてら家の近くの本屋に行ったら
    「ガチ速FX」があったので遅ればせながら買いました。
    「流石、ベストセラーこんな郊外の本屋にも置いてるなんて!」
    じっくり読んで、活かしたいと思います。

    • jackおじさん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >やはり40度近い高熱で、3日3晩、水すら飲めなくて
      「年取って体力落ちとるわぁ、
      老衰死って、こんなんだろうなぁ。」としみじみと思いました。

      ↑僕は水分だけはジャブジャブ取れたので
      僕以上の辛さだったのは間違いなさそうです(汗)

      僕の状況にプラスして水すら飲めない・・・は
      考えただけで無理ですね^^;;

      >逆にそのまま順行したときですが、利食いまでの途中で
      つまり含み益で追撃(増玉)しないように思いますが、
      どうしてですか?

      ↑動画回してないときは追加することもあるんです。
      けど、動画では余計なことしてカッコ悪い流れになるのを恐れ、
      そのあたり、つい無難な行動を取りがちなんです。

      ※昔は結構攻めた動画もあった記憶ですが
      近年、特に無難路線が増えました(苦笑)

      >及川さんは225先物は仕掛けていますか?

      ↑6月はブログで報告しなければいけなかった関係で
      割と大き目な勝負を打ちましたが
      以降はたまに気が向いたらデイトレをするくらいです。
      225のほうも1時間~せいぜい2時間くらいの保有が多いです。

      ちなみに考え方は基本同じで、
      上昇に強い状況か、下落に強い状況かをまずは考え、
      前者なら下落したところから、後者なら上がったところからそれぞれ逆張りが多いです。

      >8月28日に阿部首相が辞任を発表した日に
      日経225先物は10分間で760円急落しました。

      ↑このあたり、ちょうど体調が絶不調だったので
      スマホで値動きは観てましたが、
      トレードは出来ませんでした^^;;

      >「もう一回安値を試す動きがあるだろう」と腹くくって
      見ていたらジリジリと下げていって、
      結局一回目のエントリー地点位まで下がったので
      イグジットしました。

      ↑安倍総理の辞任発表後もしばらく強かったですよね。
      米国株が異常に強かったのもあったと思いますが。

      そういえばちょうど昨日、
      FXの東京時間があまりに動かないので
      動画の合間に225やってました(笑)

      ※直近は「上がったら売るが比較的楽」とのイメージなので
      ショートで70円抜きでした。

      >及川さんの動画見る前だったら、怖くなって
      23000円超えたひげ先で投売り(買戻し)していたと思います。
      ありがとうございました。

      ↑いや、、、
      これが「ありがとう」かどうかは
      今後の成績次第じゃないですかね(汗)

      「耐える」ことでドツボになる可能性もあるわけで、
      ちょっと聞いてておっかない気持ちになりました(汗)
      くれぐれも無茶のないようお願いいたします。

      >先日、散歩がてら家の近くの本屋に行ったら
      「ガチ速FX」があったので遅ればせながら買いました。

      ↑おぉ!それはそれは恐れ入りますm(_ _)m
      225の人にとっては意味不明な内容が多いかと思いますが、
      参考程度にでもなれば幸いです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、体調不良からの復帰、おめでとう御座います!。

    とても心配を致しておりました。
    フェイスブックの勝ち逃げ倶楽部になにか情報があがるかと思いしょっちゅう確認を致しておりました。
    こうして、また及川先生のブログを読めることに幸せを感じます。
    これからは、あまり無理をなさらず、先生ご自身のお体のことを第一にお考え下さい。

    話は変わりまして、
    この度は、昨日あがりましたユーチューブにおきまして疑問に思うことがありましたので、ご教授頂けましたらと思いまして書かせて頂きました。

    その内容なのですが、
    『[FX]『勝ち逃げ最強メンタル』の正しい作り方とは? 2020年9月3日※NY時間トレード』
    この動画の中の13分29秒のところでポンド円だけをショートした理由と、
    14分57秒のところで、
    「ドル円が上げてる側で、ポンドドルとポンド円でいうとポンド円の方が強い側なわけですよ、ドル相関で見た時にですね」
    とおっしゃられているのですが、ポンド円が強い側、とおっしゃった理由がわかりません。
    ポンドドルとポンド円の絵を単純に比較して、ポンド円の方が15分足MA黄緑線を超えていて、ポンドドルは15分足MA黄緑線を超えていないので、ポンド円が強い側、という考え方をされたのでしょうか?。

    ご教授頂けましたら幸いで御座います。
    宜しくお願い致します。

    • たかたか様
      コメントありがとうございます。

      >フェイスブックの勝ち逃げ倶楽部になにか情報があがるかと思いしょっちゅう確認を致しておりました。

      ↑恐縮です。
      ご心配をおかけしてしまい
      申し訳ございませんでしたm(_ _)m

      >この動画の中の13分29秒のところでポンド円だけをショートした理由

      ↑ポンドドルは最終的にショートした位置でショートしない、
      それまでは手を出さないことで自分を混乱させないような意識でした。

      もっともそれ言い出すと
      ポンド円のショートも仕掛けが早すぎなんですけどね(苦笑)

      >ポンド円が強い側、とおっしゃった理由がわかりません。

      ↑ポンド円とポンドドルを比較する際、
      それぞれのペア側である「ドル円」を観ることで強弱感を僕は計っています。

      ドル円が上昇形状であれば
      仮にポンド自体が強い場合であっても
      ポンドドルよりポンド円のほうがより上げやすく、

      ドル円が下落形状であればポンドドルの方がより上げやすい、
      単純にそこのみを観ている次第です。

      ※ドル円が上昇の際は「円シリーズ通貨ペア」としてポンド円も上げやすく、
      ドル円下落の際はドル相関的にはポンドドルは反対、つまり上昇しやすい、となります。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生回復されて良かったです、安心しました。
    輪廻転生の話はとても深いですね、量子学の話も思い出しました。
    先生の言うとおり人間って死んだら「無」になるし、死んだ時の想像をしてみたら恐ろしくなりました。死ぬことも当然怖いですが、死んだその先を想像したらもっと怖く感じてしまいました。

    記憶が無くなる?
    自分は一体誰だったのか?愛する人や家族とは向こうの世界でも会えないのか?
    生まれ変わったら別の家族の一員となるのか?そんなのは絶対にイヤだ、とか考える事はしょちゅうあってそのたびに怖くなります。

    この恐怖の感情も元々は存在しないもので、人間も愛する人や家族も目の前にあるPCも車も地球も何もかもが元をたどれば目には見えない細かい粒子だったっていう量子学を軽く知って深すぎると思いました。
    量子学は難しすぎて私にはついていけませんけど笑

    結果はどうあれ、老いぼれた時に悔いのない人生を精一杯歩もうと決めてます。

    目標額まではまだ全然足りてないですが、まとまった利益を出金する事ができました。
    ずっと思い描いていた一番初めに叶える夢が、FXで稼いだお金で人の少ない平日に行くハワイ旅行でした。

    まだまだ目標額までは全然足りてないですよ、目標の半分すらいってません。
    ですが「FXで稼いだお金でハワイ」という実感をあえてしておいて大きなモチベーションをアゲて帰国後さらにトレードで好循環になるかもしれないと思い、とりあえず1つ目の夢だけは叶えておこう!といった感じです 笑
    FXで4年間苦しんできたので自分に精一杯のご褒美です。

    そしてワクワクしながら旅行会社のサイトを見まくって予約してたのですがコロナ禍のせいで今回は断念しました・・・(悲
    早く行きたくてたまりませんが未だに飛行機が全然飛んでないと聞いてるし、コロナももっと落ち着くまでお預けです。
    来年には絶対に行きたいです!

    シンガポール行きの飛行機も1週間で1便程度と聞きましたがそうなんですか?
    あちらへ帰国したら2週間も隔離されるというのはシンガポールの自宅ではないどこか施設で隔離されてしまうのでしょうか?

    多忙を極めて大変だとは思いますが、39度の熱が連日と聞いて心配でしたのでくれぐれもコロナにだけはかからないようご自愛下さい。

    • みさお様
      コメントありがとうございます。
      ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

      >輪廻転生の話はとても深いですね、量子学の話も思い出しました。

      ↑量子学は、僕も難易度が高すぎで
      全然ついていけない分野です(苦笑)

      イメージ的には理解できる部分も多々あるつもりなんですが、
      他人様に説明できるレベルからは程遠いです^^;;

      >目標額まではまだ全然足りてないですが、まとまった利益を出金する事ができました。

      ↑おぉ!それは素晴らしい!

      >FXで稼いだお金で人の少ない平日に行くハワイ旅行
      >FXで4年間苦しんできたので自分に精一杯のご褒美

      ↑充分素晴らしい話ですって。
      読んでて清々しい気持ちになりました♪

      >コロナ禍のせいで今回は断念しました・・・(悲

      ↑コロナ・・・ですか(汗)
      本当に困ったものですよね。

      >シンガポール行きの飛行機も1週間で1便程度と聞きましたがそうなんですか?

      ↑いや、一日1便くらいはあるイメージです。
      ただし、普段よりメッチャ高いですね、価格が(苦笑)

      >あちらへ帰国したら2週間も隔離されるというのはシンガポールの自宅ではないどこか施設で隔離されてしまうのでしょうか?

      ↑はい、日本からの帰国者は
      現状はホテルで2週間の隔離です。

      もはや大して意味などないと思いつつ、
      ルールなので仕方ないと思って受け入れます(汗)

      >39度の熱が連日と聞いて心配でしたのでくれぐれもコロナにだけはかからないようご自愛下さい。

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      お互い無理なくがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠のブログ内容と今年の春に
    就職した長男の職場での悩みを今晩、酒を交わしながら聞いていたら、コメントに手が伸びました。
    私事ですが、長男は和食料理人の世界に飛び込み、〇〇万というお店に入り
    今までのアルバイトの経験はただ単に大目に見てもらっていた仕事で、正社員になったらメンタルもやる気も軽く吹っ飛ぶ世界なんだと痛感していました。自分もカミさんも料理人の世界はわからず、ただ励ますのみでした。しかし、酔いも覚め時間も経てば色々と思う事もあり、自分が悪戦苦闘しながらもFXトレードを続けてられているのは、一つの理由に尊敬できる人物(及川師匠)が丁寧に丁寧に優しくそして、驕らず威張らず仏様のように親身に相談してくれているからだと思っています。ですから、料理人の世界に職場の中に尊敬できる人物がいたら、その人を目標にやれる限りモチベーションを高めて頑張ってそれでもダメならその時に考えるように助言するつもりです。
    また、私はそんな息子の奨学金を返済すべくWワークにいそしみ、合間を縫い仮眠をとりながらTRIBEの動画で勉強し、マイルールを掲げトレードに向かっています。歳も50を超えましたが5年前から「50歳=0歳論」を思いつき
    50歳は0歳と同じ生まれたてと同じという考えで、これから人生が始まる(やり直しではない)として、身体の衰えは差し引き50歳までの経験値として考えてこれからの自分の未来にワクワクしながら過ごしています。もちろん、メゲる事も凹む事も多いですが及川師匠のようにFXで勝ち、人に優しく接して社会貢献に繋がり視野の広い投資の世界で高い次元での活動しかイメージしていません。身体を酷使したWワークも数年後には酒の肴の話題になってるように懐しむつもりで頑張っております。及川師匠もコロナの影響や不意の体調不良と大変な時間をお過ごしですが、事務局の皆さんの言う通り無理をなさらずマイペースでご自愛下さい。
    水平線の描き方、オージーテクニカル、ポンド崩壊トレード、相関逆相関の考えかた数え出したらキリがないほど教えを私を始め及川組のメンツは教えを頂いています。
    今まで育った生徒のように独り立ちする生徒はこれからも沢山(自分もその中に名を連ねるように)出てきますから。
    コメ書いていたら、勝手にモチベーションが上がってきました。きっかけを頂きありがとうございました。

    • warasibeさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分が悪戦苦闘しながらもFXトレードを続けてられているのは、一つの理由に尊敬できる人物(及川師匠)が丁寧に丁寧に優しくそして、驕らず威張らず仏様のように親身に相談してくれているから

      ↑いやはや、なんとも恐れ多いお言葉で(汗)
      今後のプレッシャーになりかねませんので
      やんわりと「そんなことないですって!」と言わせていただきます(笑)

      >料理人の世界に職場の中に尊敬できる人物がいたら、その人を目標にやれる限りモチベーションを高めて頑張ってそれでもダメならその時に考えるように助言するつもりです。

      ↑ただし、こちらの助言は素晴らしいと思いました。
      「良い出会い」は本当に人生を変えるくらい重要だと僕も思います。

      >「50歳=0歳論」
      >身体の衰えは差し引き50歳までの経験値として考えてこれからの自分の未来にワクワクしながら過ごしています。

      ↑この発想は凄い!
      ぜひとも参考にさせていただきたいと思いますm(_ _)m

      それはそうと、

      >私はそんな息子の奨学金を返済すべくWワークにいそしみ、合間を縫い仮眠をとりながらTRIBEの動画で勉強し、マイルールを掲げトレードに向かっています。

      ↑ここはかなり心配です。
      身体的な疲労がなるべく蓄積されぬよう、
      休むときはしっかり休む!も意識なさって欲しいと思いました。

      充分な休息があるからこそ、
      その後ガンガンやれるのだと思いますので。
      くれぐれもご自愛くださいませ。

      >今まで育った生徒のように独り立ちする生徒はこれからも沢山(自分もその中に名を連ねるように)出てきますから。
      >コメ書いていたら、勝手にモチベーションが上がってきました。

      ↑バイタリティーが凄い方なんですね。
      見習いたい点が本文の中にいくつもありました。

      ただし!
      しつこいようですが無理や無茶はほどほどになさってください。

      「50歳=0歳論」は素晴らしいですが
      とはいえ、やはり「健康なカラダ」あってこそですので!

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎回回答ありがとうございます。輪廻転成、同感です。
    僕は音楽で世界を変えることを目指しているのですが、(東大を卒業して音楽志して就職をやめた24歳です)(ミスチルの好きな曲3選は終わりなき旅I’LL BE Worlds Endです)
    輪廻転成と魂の進化を主題にした「光になる」という曲を書きました。ぜひ聴いていただけると幸いです。https://www.youtube.com/watch?v=bXkt_OmgdXs
    トレードの方も質問させていただきます。
    オージーテクニカルについてですが、
    東京時間に揃ったオージーテクニカルは東京時間中に切っておくことが無難で良いのでしょうか?それともテクニカルが揃っているうちはそのまま継続してオージーテクニカルに乗っかってしまっていいのでしょうか?

    それと個人的な質問なのですが現在お金もなく名声もなく彼女もおらず精神安定剤を飲んでるくらいには追い込まれてるのですが、
    そういう逆境にいるときに何か及川さんがオススメする思考法なり行動なりはありますか?

    • KJさま
      コメントありがとうございます。

      >東大を卒業して音楽志して就職をやめた24歳です

      ↑なんと!
      トンでもない「変態」ですね(笑い)
      もちろん褒め言葉です♪

      >輪廻転成と魂の進化を主題にした「光になる」という曲を書きました。

      ↑拝聴しました。
      壮大な世界観を感じました。
      これはバンドですか?
      それともマルチトラックでご自身のみでやってるのでしょうか?

      コーラス、ギターは打ち込みではなさそうなので
      もしそうならかなり労力のかかった作品ではないかと思いました。

      >東京時間に揃ったオージーテクニカルは東京時間中に切っておくことが無難で良いのでしょうか?それともテクニカルが揃っているうちはそのまま継続してオージーテクニカルに乗っかってしまっていいのでしょうか?

      ↑あくまで僕ならですが、
      14時半くらいまでに終えちゃうことがほとんどです。

      欧州時間の特徴のひとつに
      「東京時間のトレンドなどまったくなかったかのような新たな動きになることが少なくない」
      これがあります(苦笑)

      そう考えますと、
      何はともあれいったん終えておくが無難だと個人的にはそう思います。

      実際、その後も伸び続けることもあるとは思いますが、
      それを取りにいくのであれば
      欧州時間突入後の然るべきタイミング、
      例えば押し目や戻し目で入る、などで良いように思います。

      >現在お金もなく名声もなく彼女もおらず精神安定剤を飲んでるくらいには追い込まれてるのですが、
      そういう逆境にいるときに何か及川さんがオススメする思考法なり行動なりはありますか?

      ↑同じような状況は僕も若い時にありました。

      カネもない、彼女もいない、
      名声などもちろんない、

      ただしこれって「しがらみもない」わけで、
      僕も当時は音楽制作をひとりでやっていた中、
      「作り放題作れるぜ!」みたいなチャンスタイムのように捉えていましたね。

      僕は元々孤独好きだったので
      誰とも会わない時間が少々長かろうとも
      ほとんど問題ではありませんでした。

      ただし!
      あまり過度に自分の世界のみに閉じこもってしまうと
      世間との融合が取れなくなってしまいますので、
      たまには友人たちと酒を飲んだり、語り合ったりはしていた記憶です。

      それと、、、
      一定の社会性はやはりバランス的に必要だと考えてましたので
      「お金を最低限稼ぐ」も意識はしていました。
      バイトとか、そんなレベルでしたけど、

      曲がりなりにも
      「自分の食い扶持は自分で稼いでおかないとマズイ」
      ここは案外重要ではないかと思っていました。

      つまり、、、
      特段なにか凄いことをやるでもなく、
      社会とも最低限繋がっている中、
      好きなこと(音楽制作)を好き放題やる、が当時の僕でした。

      最低限、バイトなどでも社会と繋がっていることで
      相応の「出会い」があります。
      これは異性に限らずです。

      例えば尊敬できる人との出会いをきっかけに
      現実的に今後どういう生き方をするべきか?が見えて来たり、
      それを行動に移すことで自信を得たり、
      まぁ自信を失うこともあるわけですが、
      けど、そういう「いろいろあること」で
      自分自身の人生の「彩(いろどり)」になるわけです。

      何も行動しない人が仮に「無色」だとしたら
      そこから徐々にいろいろな「色」がついていく・・・

      それが個性となり、思考を具現化する際の
      指標みたいなものにもなっていくように僕は思います。

      まだまだお若く、
      よってまだまだ迷ったり迷走したりするかも知れません。
      それで良い・・・とも僕は思います。

      ただし、殻に閉じこもって
      社会性を放棄することはオススメしません。

      上述したような
      「出会い」の可能性は常に開いたままでいて欲しいなと思いますね。

      あまりぱっとした話ではなく恐縮ですが、
      僕からは以上です。
      ぜひとも充実した時間を模索なさってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせて頂きます(返信不要です)。
    「良いヤツほど早く死ぬ」…。身内の事で恐縮ですが、この一文を拝読し、私は昨年亡くなった夫を思い浮かべずにはいられませんでした。
    気の優しい人で争いごとが苦手、一般病棟でも緩和病棟でも最年少で…今生から「卒業」しました。
    そして残った私は…やはりと言うべきか、そんな夫とは対照的なクソババアです(多分長生きするのではないかなと思います)。
    とは言いましても…この「善人早逝説」も絶対的なものというわけではないですよね。人柄の良い方が長生きされる例も多々あるのだから…。及川先生は、きっとそっちのグループに入られる事と信じています。
    今回無事に復帰されて、本当に良かったと心底ホッとしました。
    これからも無理のない程度に、トレードの事、人生の事、末永く教えて頂けましたら幸いです。
    私もなるべく前を向いて、トレード技術と人格(!)の向上に努めていきたいと思います。

    • Nyagoさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私は昨年亡くなった夫を思い浮かべずにはいられませんでした。
      >気の優しい人で争いごとが苦手、一般病棟でも緩和病棟でも最年少で…今生から「卒業」しました。

      ↑そうでしたか。
      気遣いのある優しい方だったのでしょうね。

      >そして残った私は…やはりと言うべきか、そんな夫とは対照的なクソババアです(多分長生きするのではないかなと思います)。

      ↑いやいや、そんな自虐はなさらずで(汗)

      >「善人早逝説」も絶対的なものというわけではないですよね。人柄の良い方が長生きされる例も多々あるのだから…。

      ↑確かに素晴らしい人格をお持ちの方で
      しっかり長生きされる方もいらっしゃいますので
      絶対的ではないと僕も思います。

      まぁ「イヤなやつほど長生きするパターン」も
      個人的にはたくさん見て来ていますけどね(笑)

      このたびはお気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川 様

    はじめまして。
    FXトレード歴4年の56歳オヤジです。

    まずは、お身体のご回復、何よりのことと存じます。

    以前より、動画をはじめ及川様の情報発信についてはことあるごとに触れ、参考とさせていただいてまいりました。

    現在、トレードはじめ、人生ボロボロどん底状態に陥った状況の中(具体的内容は他読者様に対する及川様のご回答に共通すること)、改めて及川様の動画・ブログを拝見したことにより、心救われ光明を得ることができましたことをお伝えしたく、コメントさせていただきました。

    ”ありがとうございました”

    現状を乗り切り、常勝トレーダーとなりましたら、また改めてコメントさせていただくつもりでおります。

    末筆になりましたが、
    お身体にお気をつけいただき、今後の更なるご活躍を心よりお祈りいたします。

    • Demeeさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >FXトレード歴4年の56歳オヤジです。

      ↑ほぼ同年代ですね^^
      どうかお手柔らかにお願いいたします(笑)

      >改めて及川様の動画・ブログを拝見したことにより、心救われ光明を得ることができましたことをお伝えしたく、コメントさせていただきました。

      ↑恐縮です!
      こちらの方こそありがとうございますm(_ _)m

      >現状を乗り切り、常勝トレーダーとなりましたら、また改めてコメントさせていただくつもりでおります。

      ↑ぜひともお待ち申し上げます。
      「常勝」も結構ですが、
      状況がある程度好転した時点からでも遠慮なくメッセージをお寄せください。

      明るく楽しくお付き合い出来ると良いかなと思っていますので。

      では
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、ご無事でなによりです!
    潜在意識信者、巨泉さんに憧れる師匠と同い年のaritakaです。

    私も輪廻転生を信じています。
    魂は「人間関係」でしか修行ができないので、修行を積むべく生まれ変わると記された、アメリカの科学者の奇妙な体験談を読んでから信じています。
    なので現世の辛い状況は修行で、それを投げ出してしまうと次の人生で同じことが繰り返される、だから現世でクリアにするのだ!という励みになっています。
    宗教観が薄い日本人の人生の指針になる考え方じゃないかな〜、と思います。

    この考えを持って以来、嫌な人と関わったりすると
    「あ〜、もしかすると前世でこの人に迷惑かけた分、いま自分に返ってきてるのかもな」と自然に考えたりします。
    仏教には生まれ変わりの概念が存在するので、このくらいの話なら誰にでもできるのですが、もっと深い部分で本気で話をする相手は選びますよね(汗
    「怪しい宗教にでも入っているのでは」と思われるといけないと用心してしまいます。
    だけど信じることでと人生の意味を理解できるようになりました。
    一人でも多くの人にそう思ってもらえれば「自分さえ良ければ」「今さえ良ければ」という考えが地球上からなくなるはずなのにな、、、、

    潜在意識といい、転生といい、師匠と似た考えで嬉しい!
    年代のせいですかね(汗

    トレードはまだまだうまく行っていません(汗
    「とにかく足掻いて、足掻いて、いっぱい経験を積むべし」というアドバイスを最近先輩トレーダーさんから頂戴しました。
    TRIBEの仲間がいて本当に幸せです。

    足掻いて足掻いて、必ず師匠に「1億いったのでご馳走してください!」とお願いしますので、それまで引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    お忙しいでしょうし、体調も完全ではないかと想像しますのでご返信は無用です。
    読んでいただいてありがとうございます。
    引き続きご自愛くださいませ。

    • 師匠、病み上がりのところご返信をありがとうございます。

      >実際には「億」まで行かずとも
      ある程度の時点でダメ元で連絡ください(笑)

      まじですか!?
      では、中間までたどり着いた時点で「ダメ元」で連絡させていただきます(笑
      励みが一つ増えました♬

      師匠やコーチの教えを何度も見返し読み返してがんばりま〜す

    • aritakaさま

      >では、中間までたどり着いた時点で「ダメ元」で連絡させていただきます(笑
      励みが一つ増えました♬

      ↑僕との食事ごときが励みになるのであれば
      そんなに光栄なことはありません。

      ちなみに、
      都度都度すべてをご紹介しているわけではないですが
      合計するとすでにかなり多くの方にごちそうしているんですよ(笑)

      ですのでどうぞ遠慮なく♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • aritakaさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >魂は「人間関係」でしか修行ができないので、修行を積むべく生まれ変わると記された、アメリカの科学者の奇妙な体験談を読んでから信じています。

      ↑共感しまくりです。

      >現世の辛い状況は修行で、それを投げ出してしまうと次の人生で同じことが繰り返される、だから現世でクリアにするのだ!という励みになっています。

      ↑恥ずかしながら、
      僕は以前やっていたテレビ番組「オーラの泉」を観てまして、
      美輪明宏さんや江原啓之さんの言葉を一生懸命聞いていました。

      その中で
      「自殺してはいけない、自殺すると来世でも同じ課題が残るだけ」
      みたいな話があって、感覚的に凄く納得したのを覚えているんです。

      >もっと深い部分で本気で話をする相手は選びますよね(汗

      ↑確かに難しい線引きが要求されるジャンルですよね(笑)
      僕は「今回程度の内容」なら、まぁ大丈夫かな?と思ってます^^

      >一人でも多くの人にそう思ってもらえれば「自分さえ良ければ」「今さえ良ければ」という考えが地球上からなくなるはずなのにな、、、、

      ↑そうですね、
      けど、例えば僕自身も
      いまだに「自分さえ良ければ」の気持ちがないとも言えず、
      そう考えるとなかなか難しいんだろうなと、そんな風に思っている次第です。

      >足掻いて足掻いて、必ず師匠に「1億いったのでご馳走してください!」とお願いしますので、それまで引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

      ↑もちろん了解です♪

      実際には「億」まで行かずとも
      ある程度の時点でダメ元で連絡ください(笑)

      良い感じで進んでいるようでしたら
      その時点でごちそうさせていただきますので。

      ※ただしブログネタにはさせてもらうと思いますので
      そこんとこよろしくお願いします(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    お体良くなって良かったです!!毎日動画で勉強させて頂いています‍♀️

    以前コメントさせて頂いたものです^_^
    その時先生に
    自分のやり方で成績が出せてるのなら
    それがあった方法で
    そのまま続けていけばいいのでは?
    とコメントを頂きました。
    有難うございました‍♀️

    私のやり方は
    恐らく多くのFXをされて
    いる方からしたら
    「はあー?そんなことで
    勝てるの?」
    というやり方です。

    リオンさんと同様に
    売りからしか入らない
    また、自分なりに研究した
    時間のクセ(円高になりやすい時間)
    を捉えて
    直前に円安に上昇した時に
    エントリーして
    円高が終わる頃に決算する

    円高になる傾向とは
    上昇傾向(円安傾向)にある時でも
    その時間は一時円高に
    なりやすいという時間帯です

    環境認識として
    時間足の状態や
    経済指標
    直近のローソク足の状態など
    自分なりに見る視点を持って
    見てはいますが

    明らかに人と違うところは
    ローソク足にラインを表示したり
    しないという点です

    表示をしていた時期もありますが
    自分にはあっていなかったです

    成績としては
    自分なりに時間のクセを
    見つけてからは
    ある程度ポジション量を
    多く持てるようになり
    少しずつですが
    プラスが増えてきました

    師匠のように
    なるのが夢ですが
    時々こんな自己流で
    いいのかと頭を悩ませます

    前に先生がリオンさんの
    ことを
    「諦めない才能があった」
    と仰っていましたが
    私もリオンさんと同様
    為替が好きで
    チャートを寝ずに見てても
    飽きないぐらい好きで
    諦めない才能は
    ありそうです(笑)

    しかし
    ただただ
    こんなやり方では
    師匠のようになるのは無理だし

    でも一度しかない人生で
    師匠のようになりたいです

    何がいいたいか
    わからなくなってきましたが
    私のようなものでも
    及川師匠のように
    なるためには
    これから何をやっていけば
    いいでしょうか。。

    • 正義の味方さま
      コメントありがとうございます。

      >時々こんな自己流で
      いいのかと頭を悩ませます

      ↑独自のトレード手法でしかも勝てている、
      ということであれば
      充分良い状況だと思うのですが??

      あとはそのまま利益を積み上げるか、
      「イケる!」となればもっとロットを引き上げる手もありますよね。

      >私のようなものでも
      及川師匠のように
      なるためには
      これから何をやっていけば
      いいでしょうか。。

      ↑トレードの相談については
      多くの方からお寄せいただいていますが
      そのほとんどが「勝てないことのお悩み」です。

      今回のように「勝ててはいる」となると
      何をどうお答えすべきか実に難しい話になります。

      特にFXの場合
      「もっと利益を増やしたい」のであれば
      ロットを上げることで即座に解決が出来てしまいますので
      なおさらです。

      例えば「お金を稼いだあと」について
      お悩みがあるということであれば
      また話は別ですが、そうなると「何がしたいのか?」なども
      お聞きしないとどうお答えして良いのか分かりかねます。

      >少しずつですが
      プラスが増えてきました

      ↑投資やトレードをする上で
      この部分は「超重要」だと思います。

      なぜなら最初からドカンと稼ぐことは
      それこそ宝くじで「一発当てる」などしないと
      通常の場合無理ですからね。

      「少しずつ利益が増えている」のであれば
      油断なく、その流れを継続させ、なるべくなら複利的に
      資金増加に伴いロットも引き上げていくこと。

      これが出来た場合、
      ある時点で「プレイクポイント」が訪れるはずです。

      ここでのブレイクとは、
      突如ケタが変わる勢いで資金が増える状況を指します。

      現状、利益が徐々に増えているのであれば
      特に目新しいことをやる必要もなく
      むしろ慢心なく現状を継続することが一番ではないでしょうか?

      そうすることでこそ、
      気付いたとき「あぁ、ここまで到達したんだな」と
      実感できる日が来るように思います。

      適切なアンサーか、イマイチ自信がありませんが
      本件、僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 無事生還、良かったです!
    不思議なことに、子供の頃から、及川先生と同じことを考えていました。あまりの偶然に驚いてます。まさか、このようなことを同じように考えていることを嬉しく思います。この手の話は誤解を招くのでなかなかお話できないのですが….今回、三浦春馬さんのことで考えることがあり、輪廻転生を確信しました。FXの事に今世、もっと集中しなければ…

    • ことりん様
      コメントありがとうございます。

      >子供の頃から、及川先生と同じことを考えていました。あまりの偶然に驚いてます。

      ↑僕はかねてからスピリチュアルは信じるほうでして、
      こういう部分が謙虚さに繋がるのであれば、持ち続けたいと思っています。

      >この手の話は誤解を招くのでなかなかお話できないのですが….今回、三浦春馬さんのことで考えることがあり、輪廻転生を確信しました。

      ↑三浦春馬さんの件、僕は詳しく知らないのでなんとも申し上げられません。

      ちなみに三浦さん主演のミュージカルを
      以前観劇したことがあるのですが
      歌も上手で本当に素敵な役者さんでした。

      >FXの事に今世、もっと集中しなければ…

      ↑本件、投資など「欲徳」の世界とは相性が良くない話だと思いますが、
      生きていくために必要なアイテムに関連すると捉えれば
      なんとか大丈夫でしょうかね。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 無事に体調の回復おめでとうございます。
    ブログを読んでいて、私の様な、煩悩のたっぷりな者は稼いでいくきいびしいく、やはり成功するトレーダーは悟りを開いた者しかなれないのかなーと思いましたが、後半の文章でまだ、及川様がまだ欲がありそうなので少し希望が持てました、(次元が違うので目標にするのはおこがましいですが)
    これからも、ブログ、動画楽しみにしています。

    • モーメント川添さま
      コメントありがとうございます。

      >後半の文章でまだ、及川様がまだ欲がありそうなので少し希望が持てました

      ↑いやいや、僕などはまだまだ「煩悩の塊」ですので(苦笑)

      気後れしてもらうような立派な人間では一切ありませんので
      遠慮なく普通にお付き合いのほどよろしくお願いいたします^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、

    お忙しい中、
    大変貴重なご返信、
    ありがとうございました!

    度々のコメントですみませんが、

    以下の件を書くかどうか?
    迷いましたが、

    及川さんの長年の「輪廻転生」のテーマや、

    >あなたは「死」について
    どのような考えをお持ちでしょうか?

    との問いでしたので、
    敢えて書き込みさせて頂きます。

    それに
    及川さんも、

    「この世の修行を早く終えた人が、逝く人じゃないのか⁈」
    みたいな深慮に立たれていらっしゃり・・・、

    私もその様な考えに至ったことがあります。

    その及川さんだからこそ、

    この世、あの世について、
    自分が日頃
    感じているままに綴りたいと思います。

    中々、その視点まで深く考えて
    生きていらっしゃる方は、
    おりませんからね。

    なので、私は以下のことは、
    これまで、
    あまり人には話さないで来ましたが、
    ここに綴らせて頂きます。

    ※また以下を読まれる方は、
    これはあくまでも私の感覚なので、参考程度に読まれて下さい。

    私は、血小板減少症という病気を持って生まれました。

    難病にも指定されていて、
    血液凝固作用の血小板が通常よりもかなり少ないので、
    出血多量で最悪、死んでしまうという病です。

    爪を切って、誤って深爪して、
    肉を切ったら血液がジワジワと止まりません。

    子供の時に、転んで擦りむいた時の出血が、
    ドクドクと止まりませんでした。

    何度も、発作に見舞われて、
    三途の川を見てきました。

    いわゆる、危篤状態です。

    俗に言う、三途の川っていう映像よりは、
    この地球上には無いような、
    本当に居心地のいい世界に感じました。

    今回の及川さんの高熱の症状で、
    そこまでの状態だったか?は
    分かりませんが、

    本当に、危ない状態に達すると、

    実際に、
    自分の体から魂(=いのち)がフワ~っと抜けて、
    病室の天井から、ベットで寝ている自分を、
    上から見下ろしている もう一人の自分が居ます。

    ※ここでいう「いのち」とは、心臓で動いている「命」とは違い、
    そのもっともっと深いところにある「本当のいのち」です。
    この世で言う表現なら「魂」というものです。
    以下、魂と表現。

    これらの発作を何度か繰り返すうちに、
    私はいつの間にか「体外離脱」の癖がつきました。

    ※体外離脱という言葉は好きではありませんし、
    私は宗教家でもありませんが、この言葉しか見当たらないので
    敢えて使います。

    今では、普段の健康な体調でも、
    体外離脱することが度々あります。

    特に、寝てる時が多いです。

    ※寝てない時でも、
    私はピアニストでしたので、本番中も大ホールの天井から
    弾いている自分を見降ろしている時もありました。
    以下に記載する「凧糸」のために、体外離脱しても演奏はできました。それにいち早く気づいたのは、世界の 〇〇〇爾さんでした。
    彼は私に、「ピアノの神様が降ってきてるよねー」みたいな表現をされてましたね。

    それはさて置き、

    人間の体は、「仮蓑」(=ぬいぐるみ)みたいなもので、
    あくまでもこの世の物質に過ぎず、

    その中に魂(いのち)があります。

    実際に、その体の仮蓑から、
    魂が離脱すると、
    どうなるか?と言うと、

    元々、魂が本来の私なので、

    ベットに横になっているデブの私の姿を見て、

    「トドじゃん」(笑)

    ってな感じで、

    体から魂が一旦、抜けると、
    もう自分の体に対して薄情な感情になり、

    魂は自由自在に 虚空を飛べるので、
    自分の仮蓑へはもう帰りたくなくなります。

    もう抜けた瞬間、
    時空も波長も違う感じです。

    この世の時空はもの凄く短く、
    あの世の時空はもの凄く長いです。

    体外離脱した時の感覚を表現すると、

    たとえば、
    プールでターンをすると、
    モ~~~、モワ~~~~~~
    みたいな、
    水の中はゆっくりな感じですよね。
    その様に、時空が長ーーい感じがします。

    もうこんな狭い借蓑なんかに 戻りたくなくなります。

    借蓑=虫かご

    みたいな感じに思います。

    しかし、その借蓑の体に、
    当然、瞬時に戻されます。

    時間的には、長くても2分くらいでしょうか。
    (この世の2分でも、あの世の時空(エアー)ではけっこう長いのです)

    何故、戻されるのか?
    と言ったら、

    体の細胞が、まだ元気なうちは、
    体と魂とが、凧糸の様に繋がっているからです。

    死とは、

    体の細胞が死ぬ。→ということは細胞の周波数(=電子)が無くなる→いわゆる体が物質化する→そうすると「魂」との凧糸がプッツンと切れる
    →それが、いわゆる人間の死

    なのです。

    なので体が死んだら、
    もう魂は体には戻れません。

    体の細胞(主に心臓や脳)が死なないうちは、
    たとえ魂が離脱しようとも、
    凧糸の様に繋がっているので、
    体に戻って来れるのです。

    そして及川さんの

    「輪廻転生」のテーマになるのですが、

    私は、何度も死にかけて、
    それでもって、
    通常時でも体外離脱の癖がつき、
    そういう体質になりましたが、

    体から魂が乖離、離脱しても、

    (もう借蓑の体への執着は微塵も無くなりますが、)

    これまで生きてきた感情や記憶は、
    魂に全部刻まれております。
    リセットはされません!

    なので、

    及川さんが言われるように、
    ビルから自殺して、体は死んでも、
    「無」にはならないということです!

    体と魂の、凧糸が切れても、
    これまでの記憶は魂に刻まれたまま、
    全て残るのです!

    なので、自殺しても苦しさはそのまま残るのです!

    又、自殺の場合は、
    自然死ではない分、余計な力み(重量)が加わり、
    物理的に虚空を飛びづらくなります。
    当然の事です!

    浮遊霊とまでは言いませんが、
    何事も自然に反したことは、
    無駄が多くなるのです。←FXも何事も、同じ原理原則です!

    まあ、その辺は長くなるので、
    また機会があれば書きたいと思います。

    私も死んだら無になりたいのですが、
    残念ながら、そうではありません。

    なので、魂は、
    三世(過去世、現世、来世)を永遠に生きるという、

    そういう感覚を抱いております。

    生まれ変わっても、魂には深く刻まれていて、
    仮蓑の脳ミソ的な表面的には、記憶が無いというだけなので
    過去世の事は思い出せませんが、

    たとえば、

    過去世でこれまで行ってきた、
    ピアノなども、
    そんなに苦労せずに今世でも弾けてしまうという事があるのだと思います。

    及川さんでしたら、生まれ変わっても、
    FXで苦労せずに、またトレードがすんなりできると思います

    まあ、来世にFXが無くなっても、
    それに似たような取引が楽にできると思います。

    それから、これは余談ですが、

    前述した通り、
    私はアルコールが好きですが、

    不思議と、晩酌するようになってから、
    持病がすっかりと治ってしまったのです。
    医師も かなり驚いてました。

    晩酌するようになってから、数十年になりますが、
    あれから血小板の数値はずーっと正常値なのです。

    なので私の場合は、
    むしろアルコールを断つと怖いという先入観があるので、
    中々、断てないでいます。

    「酒は、百薬の長」
    と、いい訳しながら毎日飲んでます。(笑)

    大変長くなり すみませんが、

    私なりの
    死生観を書いてみました。

                     by ピアノ

    • ピアノさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >私は、血小板減少症という病気を持って生まれました。
      >血液凝固作用の血小板が通常よりもかなり少ないので、
      出血多量で最悪、死んでしまうという病

      ↑詳しくはありませんが
      何度か聞いたことがあります。
      「ケガも出来ない」となると凄いプレッシャーですね。

      >私はいつの間にか「体外離脱」の癖がつきました。
      >私はピアニストでしたので、本番中も大ホールの天井から
      弾いている自分を見降ろしている時もありました。
      >それにいち早く気づいたのは、世界の 〇〇〇爾さん

      ↑自分が一切経験したことのない話なので
      想像はするものの、実感にはなかなかつながらないです。
      それにしてもお名前の最後の一文字だけで誰だか分かるって、
      とてつもないですね(笑)

      >体の細胞が、まだ元気なうちは、
      体と魂とが、凧糸の様に繋がっているから
      >体が死んだら、
      もう魂は体には戻れません。

      ↑ここはイメージすら出来ませんが
      「きっとそんな感じなんだろうなぁ」という理解は出来るつもりです。

      >これまで生きてきた感情や記憶は、
      魂に全部刻まれております。
      リセットはされません!

      ↑むしろそうあって欲しいと思っています。
      「チャレンジ」や「経験」それこそ「思いやり」なども含め、
      自分がやってきたことがすべて死によって「無」になるのは
      切ないですからね。

      >過去世でこれまで行ってきた、
      ピアノなども、
      そんなに苦労せずに今世でも弾けてしまうという事があるのだと思います。
      >及川さんでしたら、生まれ変わっても、
      FXで苦労せずに、またトレードがすんなりできると思います

      ↑なるほど、
      だと良い、、、ような
      来世ではもうトレードなんかしたくもないような(笑)

      >不思議と、晩酌するようになってから、
      持病がすっかりと治ってしまったのです。
      >私の場合は、
      むしろアルコールを断つと怖いという先入観があるので、
      中々、断てないでいます。

      ↑これも興味深いお話ですね。
      「嗜む」「楽しむ」そんな感じで飲めるのであれば
      全然問題ないどころかまったくもって「良いお酒」です♪

      お互い飲みすぎには注意が必要でしょうが
      「美味しいお酒」とは末永くお付き合いしたいものです(笑)

      造詣の深いお話をありがとうございました。
      大変勉強になりました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは!初めてコメントします。
    僕は今fxを始めてまだ半年ですが、FXismの動画を観始めてから通貨の相関関係を知りました。FXismの動画を2〜3周観て勉強しています。
    取引通貨はGBP/JPY GBP/USD GBP/AUD AUD/JPY
    AUD/USD 監視USD/JPY,EUR/GBPです。理由は相関関係が特に強いからです。通貨の強弱をGBP,AUD,JPY,USDの4つの柱が長い短いで意識しています。
    そこで質問なのですが、EURを取引するか迷っています。何故なら、EURは相関関係が特に強いわけではないからです。EURは全ての主要通貨でEUR/JPY,EUR/USD,EUR/GBP,EUR/AUDとゆうようにEURが左側にあります。これらはEURを買うか売るかなのですが、同じ方向のトレンドが出ている場合は良いのですが方向がバラバラだと買いに見えても他のEURの通貨に引っ張られることがあります。及川さんはEURを取引する時に特に意識していることはありますか?
    返信よろしくお願い致します。

    • 天和さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >EURを取引するか迷っています。何故なら、EURは相関関係が特に強いわけではないからです。

      ↑僕もEURはあまり得意ではないですし、
      トレード回数もポンドなどに比べるとかなり少ないです。

      ボラもイマイチなことが多く、
      そういった部分からも取引対象から外してしまうのはアリだと思います。

      >及川さんはEURを取引する時に特に意識していることはありますか?

      ↑さほど意識していることはないつもりですが
      一番はやはりボラティリティですかね。

      時間ばかりかかり、PIPSも大して稼げそうもない、
      こう感じる時が多いですので
      どうしても敬遠しがちなのが正直なところです。

      ただし、取引対象からは外し、ポンド優先でやる場合も
      「強弱の比較」などをする意味でチャートは観れるようにしておくと良いかなと思います。

      例えばユーロポンドが上昇中の状況であっても
      ユーロが強いではなくポンドがめっちゃ弱い、なんてこともありますし、
      どっちも弱く、ポンドがより弱い、なんてこともありますので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちわ。
    以前より資金を溶かす事を繰り返していた者ですが前回に月を通して勝ち越せる様になったことを報告させて頂きましたが、それから2ヶ月が立ち2ヶ月間勝ち越しできました。各月共に30%増という結果です。
    本当にありがとうございます。
    そこで質問なのですが、これってまぐれなのかな?と思う様になってきまして、ただ無理な運のみのギャンブルトレードはしていないのです。自分の経験上から自分に合った手法と通貨ペアが分かり、それ以外は一切見ないし、他の手法などの情報も遮断して入れない環境で実践してきました。
    2ヶ月間程度の収益化に成功したくらいでは、まぐれでしょうか?また、先生はどの程度の期間を勝ち越せる様になったら自信をもてましたか?
    宜しくお願い致します。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >それから2ヶ月が立ち2ヶ月間勝ち越しできました。各月共に30%増

      ↑ご立派!の一言です。

      >2ヶ月間程度の収益化に成功したくらいでは、まぐれでしょうか?

      ↑いやいや、そんなことはないと思いますよ。
      文面を拝見するに「内容」も良い感じみたいですし。

      ただし、強いて言うならば
      相場は時期によって動きの流れや特徴が変わったりします。

      その際、それまで気持ちよく勝てていた人が
      同じやり方だと思うようにいかず、迷いが生じてスランプになる・・・
      なんてことは割とよく聞く話なんですよね。

      そういう意味では
      「いろんな相場状況を一通り経験すること」
      「それらへの微調整対応を一通り経験すること」

      これらを経過することで
      初めて「強いトレーダー」になっていく、という側面はあるかも知れません。

      つまり、
      「このやり方は最強」
      「これさえやってればバッチリ!」
      みたいな成功体験をガチガチに自分の中で固めてしまうと
      相場状況の変化に戸惑う可能性はありますね。

      今のうちから
      「決め打ちはしない」
      「アタマはなるべく柔軟に」
      「相場状況は時期によって変化することを事前に想定」
      「戸惑うにしても、ドツボ的にならぬよう心掛ける」
      「頑固にならぬよう注意!」

      こういう感性を今のうちに心の中で準備しておき、
      『柔軟に対応出来る自分』を意識なさっておくと良いはずです。

      実際のところ、
      今後スランプのような時期もあるかも知れませんが、
      それは「対応するために必要な経験」だということです。

      機嫌の良い時の彼女との付き合い方が今出来た状態で、
      次に機嫌の悪い時の彼女とも上手いことやらねばならぬ訓練・・・みたいな(笑)

      恐れすぎることはないですよ。
      基本的にことが出来ているようですので
      そこまで大崩れしないで済むとも思っています。

      とにかく「柔らかアタマ」を意識なさって欲しいです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもお世話になっております。
    体調良くなられたようで本当によかったです。
    長期療養メールにはほんとに肝をひやされました。

    以前の動画「成し遂げる人と成し遂げない人」でピックアップとして取り上げていただき熱いメッセージありがとうございました。
    タイトルからもしかして自分のことかも?と気が付いたら正座して動画拝見させていただきました。
    いつもはゴロゴロしながら拝見しています。すいません(汗)

    先生からの激励と受け止め何事にも無駄はないとあいかわず8時間近くチャートとにらめっこしております。
    まったく動かない日(特に東京時間)も多々あり、以前ならせっかく見てるんだしと安易なトレードでマイナスをくらい欧州で取り返す(取り返せない日は乱射)ということが多かったですが、見ているだけも勉強とボラのない日は静観できるようになりました。
    それからは欧州時間をじっくり構えられ不思議と負けも少なくなり少なからず成長を実感しています。

    もう一つの成長としまして「あなたは本気で億をかせぎたいですか?」の動画です。
    ピックアップの内容が今の自分にビシビシきました。
    初心者の自分はまだまだと0.02ロットでトレードしてきましたが、はっきりいって埒が明きませんでした。
    まだまだ低ロットで経験をと思っていましたがアラフォーの自分にはあまり時間もなく、、、
    そこでロット増量キャンペーン実施してみました。
    一気に5倍の0.1ロットです。正直最初はビビッてエントリー自体できないこともありましたが、自分にはこのキャンペーンがとてもしっくりきまして、今までのトレードの無駄な部分がはっきり見えてきました。

    例えば自信がない15分MAは我慢して1時間MA付近まで待てるようになったことや、含み益を根拠もなく無駄に引っ張らないこと、カッコイイいさぎいい損切もできるようになりました。
    自分はどうも低ロットだとエントリー根拠が崩れているのにこんくらいの金額ならとただ耐えて損切せず怒りが限界に達したら損切してドテンで乱射などまるでゲームセンター状態でした。
    及川先生のいわれるように時間をロットで買うという意味が本当の意味でわかったような気がしています。

    ロット増量キャンペーンで資金が40%増えたことなど低ロットでは経験できなかったことがたくさんあり自分にはとてもいいキャンペーンでした。
    引き続きキャンペーン続行中ですのでトレードが雑になってきたと感じたら乱射する前にさらにロット増量キャンペーンを実施したいと思います。

    まだまだ初心者の域はでてないので調子に乗らず勝ち逃げ最強、カッコイイ損切を胸に内容のいいトレードを目指していこうと思います。

    引き続きどうぞよろしくお願い致します。

    • つよぽん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >長期療養メールにはほんとに肝をひやされました。

      ↑ご心配をおかけしてしまい
      申し訳ございませんでしたm(_ _)m

      >以前の動画「成し遂げる人と成し遂げない人」でピックアップとして取り上げ
      >気が付いたら正座して動画拝見させていただきました。

      ↑こちらこそ勝手に取り上げさせていただき、
      ありがとうございます♪

      >見ているだけも勉強とボラのない日は静観できるようになりました。
      それからは欧州時間をじっくり構えられ不思議と負けも少なくなり少なからず成長を実感しています。

      ↑素晴らしいですね。
      僕なんか、動画があると今でもつい
      「早く終えて楽になりたい病」で苦労させられます(汗)

      >ロット増量キャンペーン実施してみました。
      一気に5倍の0.1ロットです。

      ↑おぉ!それはがんばりましたね。
      めちゃくちゃ勇気が必要だったのではないでしょうか。

      >時間をロットで買うという意味が本当の意味でわかったような気がしています。

      ↑なるほど、このあたりは
      ご自身の「お金への感覚」とリンクするでしょうし、
      「短時間」と「ハイロット」のセットやバランスは
      合う人にとってはとても相性が良いのかも知れませんね。

      >ロット増量キャンペーンで資金が40%増えた
      >トレードが雑になってきたと感じたら乱射する前にさらにロット増量キャンペーンを実施したいと思います。

      ↑「キャンペーン」は常時やってると
      世間から見透かされますので
      メリハリについてはご留意なさってくださいね(笑)

      >調子に乗らず勝ち逃げ最強、カッコイイ損切を胸に内容のいいトレードを目指していこう

      ↑そうですね。
      僕の方が最近、そのあたりの塩梅がよろしくないので
      気をつけたいと思います^^;;

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    元気になられて本当によかったです!!₍^^*₎

    いつもお世話になっております。
    時折コメントさせていただいているものです。
    いつもご回答を下さり、ありがとうございます。

    現在、主人とともに、デイトレ大百科や書籍、動画などで
    勉強させていただいております。
    本日(9/7)の動画で、ワンポイントレッスンとして、
    ご回答くださった中で私にとって、難しいなと思う点がありました。
    それは、相場の「方向性」を把握する作業です。
    トレンドや方向性の感性を磨くというのは、どのようにして
    獲得していくものなのでしょうか?

    銀行員としてリーマンショックの年に入行したころは、金融商品を販売
    するにあたり、証券会社出身の先輩から学んだり、新聞、ニュース、
    各証券会社のレポートなどから、相場観を得るために(。。。すみません、
    そこまで自信を持って相場観を語れるほどのことはできていませんでした
    ><;)情報を集めていましたが、現在は主婦のため、そこまでのことは
    できておりません。。。

    天才チャートを見て、長期足の位置を把握することはできても、
    例えば、日経平均が前日より、プラスなのかマイナスなのか、
    またファンダメンタルがどこまで短期足で影響されてくるものなのか、
    本当にわからなくなっております。
    主人は、肌感覚で「上げ過ぎて気持ち悪いなぁ、下がるんじゃないかな」
    と言って、よくその通りなることが多いです。
    (私は、そのときほとんど逆方向にエントリーして、損切りをしてしまうので、
    恐らく近視眼的にチャートを見てしまっていると今回の動画で反省して
    おります。)

    及川先生の仰る、相場の「方向性」を把握する作業とは、具体的にどのように
    なさっているのでしょうか?

    お忙しいところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

    • ayaさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >相場の「方向性」を把握する作業
      >トレンドや方向性の感性を磨くというのは、どのようにして
      獲得していくものなのでしょうか?

      ↑今となっては僕もあまり得意ではないのですが
      やはり基本は上位足からの環境認識かなと思います。

      リオンちゃんはそのあたりがかなり優れたやり方でやってますので
      彼女の動画などはぜひ参考になさって欲しいと思います。

      9月10日のYouTube動画で僕もそれっぽいことをしていますが
      僕がやるとまだまだ危なっかしいです(苦笑)

      「僕のやり方」ってことであれば
      5分足上のみで基本トレード判断をしますので、

      そうなると
      まずは「それまでの流れ」から
      つまり、黄緑線や1時間足MAの向きが基本となります。

      ただし、例えば東京時間から欧州時間への切り替わり時には
      「あらたな流れ」が発生することも考慮しますので
      もし、そこまでの流れとしてMAが密集し、ローソク足との距離も近い場合は
      その時点での判断は避け、

      その後どっちかに明確に振れた時点から
      その戻しや押し目を狙うイメージが良いように思います。

      つまり、その向かいべき方向が
      ここでいう「方向性」と基本同じです。

      >主人は、肌感覚で「上げ過ぎて気持ち悪いなぁ、下がるんじゃないかな」
      と言って、よくその通りなることが多いです。

      ↑ほほぉ、それはセンスの良さに由来してそうですね。
      実際、そういう感性は重要だと思います。

      で、読みが当たったときは
      「なぜ当たったのか?」
      「結果的になにがどういう感じだったのか」などを
      あとから検証し「答え合わせ」をすると
      その後、そういった感性が
      「感覚的のみ」ではなく「パターン的な根拠」などとも相まみえ、
      分析精度がどんどん向上していくと思います。

      というか、僕はそういう作業の繰り返しで
      相場観を磨いてきたつもりなんです。

      >及川先生の仰る、相場の「方向性」を把握する作業とは、具体的にどのように
      なさっているのでしょうか?

      ↑話を整理しますと、

      1.上位足チャートの環境認識にて行う
      2.5分足上であれば黄緑線&1時間足MAの向き
      3.ただし時間帯切り替わりなどで「あらたな流れ」が発生した際はその流れの方向性

      僕はよく、
      「方向性を信じた際は突っ張る」みたいなことを言いますが、
      ここは2つの対処法があって、

      「早期で一度損切りをし、その後入り直しを模索」するのと
      ダブルトップなど「いよいよここを抜けたらお手上げ」という位置まで
      突っ張り切るとがあります。

      多くの人はこの「突っ張り切る」が難しく、
      そうなると一番悪いタイミングで損切り、などになりやすいので

      「一度損切りを済ませておき、再エントリーのチャンスをうかがう」
      これが間違いない対処法かと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもお世話になっています。月木にアップされるYouTube動画も、いつも楽しみに勉強させていただいています。

    コメント拝見しましたが、療養中に「死」を意識されるほど3日間高熱に悩まされていたのですね。本当に元気になられてよかったです。さて、その時に意識が朦朧としている状況で考えていた輪廻転生。私も興味深く読ませていただきました。

    及川先生からは、トレードを勉強させていただくだけでなく、色々な人生観を学ばせていただいています。私が、人生を(世の中を)達観できるようになりたいというのは、40超えてからでしたが、いくつになっても成長したいと願う今、及川師匠のような良い歳の積み重ね方をしたいと強く思っています。

    動画にある師匠のメッセージは、多くの全国の日本のトレーダーの方々に刺さっているとおもいますが、私も常に自分に落とし込んでいます。

    勝ち逃げ最強・ノーポジ最強・損切できる自分はかっこいいetc、自分のトレードスタイル構築に本当に役立っています。今後も、日本のトレーダーを強くしたいと仰られた師匠の信念に共感した私が、結果が残せるように日々努力していきます。

    追伸 今月は、負けていません、、、あっそうだ、連勝していると損切できなくなると師匠が言っていた、、、汗。しっかり損切しよう。

    • みやさん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >療養中に「死」を意識されるほど3日間高熱に悩まされていたのですね。

      ↑ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません。
      「死」につきましてはちょっと大袈裟だったかも知れません(汗)

      ホントにそこまでマズイ状況だったなら、
      逆に考える余裕もなかったかも知れませんので(笑)

      >私が、人生を(世の中を)達観できるようになりたいというのは、40超えてからでしたが

      ↑僕も実際には40過ぎからだった気がしますね。
      6度目の無一文が41歳のときで、
      そこから復活したあたりから、少しはマトモなオトナに近づいた気がしているんです。

      >勝ち逃げ最強・ノーポジ最強・損切できる自分はかっこいいetc、自分のトレードスタイル構築に本当に役立っています。

      ↑光栄です。

      他人様には言えることが
      自分で出来ていないことも多々ありますので
      僕自身、「日々戒め」を忘れずにいたいと思います(汗)

      >今月は、負けていません、、、あっそうだ、連勝していると損切できなくなると師匠が言っていた、、、汗。しっかり損切しよう。

      ↑(笑)
      調子の良い時期は
      あまり考えすぎないほうが良いのかも知れず、
      だとすると僕も余計なことを言いすぎないようにしないとなんですよね。

      僕の話は抽象的な内容であることも多いでしょうから
      くれぐれも上手にお聞きいただき、
      無視するところは無視!と割り切ってください。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして
    いつも動画やブログ記事楽しみにしております。
    今まで読み専見る専でしたが、初のコメント失礼いたします。

    未だに感覚が分からないのですが
    各MAを背にエントリーし、抜けたら損切りというのをメインでやるのですが
    この”抜け”の判断が非常に難しいです。
    抜けたと思ったらオーバーシュートで戻り、抜けないと思ったらグズってその後一気に抜ける。
    慌てて損切りするとそこが実は天辺でそのまま狙っていた方向へ行く。

    明確に相関関係で見て取れるものもありますが、そうでないものもたくさんあります。
    このあたりはやはり自らが注視し続け、経験として時間をかけ蓄積させていくのみでしょうか。

    体調回復なさったとのことで大変安心いたしました。
    そろそろ季節も変わり目、特にこの時世ですので何卒ご自愛くださいませ。

    • 踏まれ続ける男さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >”抜け”の判断が非常に難しいです。

      ↑僕自身、このへんの話を
      もっと上手にお伝え出来ないものか?と
      いろいろ苦慮しているところなんです。

      例えば9月10日のYouTube動画では
      リオンちゃんを見習い、上位足チャートから上限判断をしたりと。

      で、最終的には見立ては合っていたものの、
      上位足目線を優先することで5分足上の含み損はかなり増えてしまいました。

      おそらく、このへんの加減で
      ご苦労されている人も多いのではないかと想像しています。

      >抜けたと思ったらオーバーシュートで戻り、抜けないと思ったらグズってその後一気に抜ける。

      ↑僕がよくやるのは
      「とりあえず一度損切りはしておく」で
      損切り後に当初想定していた方向に伸び直す際は
      もう一度入り直すなどを試みます。

      損切り場よりも不利な位置から入り直すのは勇気がいる、というか
      正直気分も良くないものですが、
      けど相場って、そういうヤツですからね(苦笑)

      「我々を振り回そうとして来る」
      これが基本設定みたいに捉えておいたほうが
      心構え的には良いように思うんです。

      >このあたりはやはり自らが注視し続け、経験として時間をかけ蓄積させていくのみでしょうか。

      ↑身も蓋もないことを言いますと、確かにそうなのかも知れません。

      そんな中、ひとつ「コツ」があるとすれば
      僕は『自分の決断には後悔しない!』を貫くようにしているんです。

      よく「慎重にやれ」などと言いますが、
      一体なにをどうやれば慎重なのか?って話ですよね。

      損切りが単に浅ければ慎重なのかと言えば
      そうではない気がするんです。

      大切なのは
      「自分が決めたことに対し迷わない」
      「その結果、悪い目になったとしてもそこに対し後悔はしない!」
      「なぜなら自分が決めてそうしたからだ」
      こういう思考ではないかと僕は思っています。

      で、もし自分の決断が逆目ばかりになるのであれば、
      一体どの部分が「逆」なのか?
      これを終わったトレードから逆分析すると良いように思います。

      なんていうか
      「自分の傾向」を理解することが重要、という話です。

      なかなか上手くお伝えが出来ず恐縮ですが
      とりあえず今日のところは以上とさせてください。

      さらにご不明な点や追加で確認したい点などございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして
    いつも動画を見させていただいております
    軽く自己紹介をさせてください
    今年からFXを始め、とあるサロンに入会したのですがうまくいかず500万ほど溶かし右往左往していたところにYouTubeで及川先生に出会い、先月から天才チャートとプロコンを導入しました。
    早速ですがご教授願いします
    天才チャートの使いはじめは30万円ほど溶かし
    最近では30万円ほど勝ちトントンになってきたのですが
    結局全部溶かしてしまいました。
    今までとは違う形で利益を出せていて、このまま行けそうだと思った矢先でした。
    ですが今までと溶かし方は変わりませんでした
    負けがこんでくるとエントリーポイントの根拠があいまいになり、利確も浅くなり、損切は深くなってしまいます
    先生の動画を見て、デイトレ大百科を見て同じようにしているつもりでしたが
    何か間違っているような気がします
    ですが今の私には間違い探しがうまくできません
    普通に考えればエントリーを待ち、利確を深く、損切を浅くしたらいいのだと言われちゃいそうですが、そこに至る何かがあるのかな?
    と思っています
    お手すきの時でいいのでよろしくお願いいたします

    あと先生の動画ではGOLDなどはエントリーされていないようですが
    何か理由はあるのでしょうか?
    実際に取引されていないのですか?

    • 大阪のKさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >負けがこんでくるとエントリーポイントの根拠があいまいになり、利確も浅くなり、損切は深くなってしまいます

      ↑僕が過去の動画で折に触れお話していることのひとつに
      「乱射」があります。

      一日の最初のトレードは
      比較的冷静に出来る人が、
      ひとたび損切りをすることで突如アタマに血が昇り、

      「今すぐ取り戻したい」
      「一秒でも早く取り戻したい」と

      冷静な時ならやらないようなトレードを
      次から次にやる・・・これが乱射です。

      このパターンで負ける人はあまりにも多く、
      また、このパターンの負け方はほとんどの場合「同じ」です。

      負けて資金を溶かす時のパターンが同じ、だとするならば
      改善すべきは「手法」ではなく、
      自己管理である場合が圧倒的に多いのが僕が長年今のような活動をしての感想なんです。

      では具体的にどうするか?ですが、
      例えば僕の場合、

      1.最初のトレードで勝ちならそれで終了(勝ち逃げ最強)
      2.欧州時間序盤の動きがサクサクしている時間帯であれば
       最初のトレードで読み間違いの逆を食らっても
       次のトレードで取り戻せるため1勝1敗でトータルプラスが可能

      つまり「多くて2回」で終えることを意識しているんです。

      実際には数多くトレードすることもありますが
      当面「一日2回まで!」と決めることには一定の意味があると思います。

      なぜなら回数に制限があることで
      中途半端なところではやらない、
      やるのがもったいないと思えるようになる人が多いからです。

      まずはそのあたりからでどうでしょうかね。。。

      >先生の動画ではGOLDなどはエントリーされていないようですが
      何か理由はあるのでしょうか?

      ↑僕は元々GOLDのトレード経験がなく、
      やらないことに特段理由もありません。

      僕にとってのFXは
      通貨の相関や強弱関係が分かることで勝ちやすいため、
      GOLDにその要素がないとなると、特にやり理由もありません。
      (もし今後、相関関係を見出せるようなら逆に積極的にトレードするかも知れません)

      今回は取り急ぎ以上です。

      もし不足がございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 早速のていねいなご返信ありがとうございます。

    >おぉ!それはそれは恐れ入りますm(_ _)m
    225の人にとっては意味不明な内容が多いかと思いますが、
    参考程度にでもなれば幸いです。

    「ガチ速FX」ですが手法とかノウハウは
    もう2の次で、 及川さんの相場哲学を
    学んで生きたいと思っています。

    ほんと、及川さんとは同世代で「無一文物語」を
    読んでいたら同じ時代に似たような仕事をやってまして、
    勝手に親近感がわいております。
    「無一文」になったのは一回だけですけど(相場です)。

    また2014年のシリーズ動画を見て
    及川さんのFXにかける”思い”に感銘しました。

    ここで質問させて下さい。

    及川さんはナンピンする時、
    「突っ張りますよとかドンドン足していきますね。」
    とか言って結構な含み損でも平気な顔をして
    増し玉していますが、心境はどうなんですか。
     
    方向性に自信があるのか経験からきているものなのか
    どうなんでしょうか?
    またFXはじめた時からナンピンしていたのですか?

    実は私も225先物で1ヶ月ほど前から、
    一回だけ増玉をしています。
    しないより結果は少しよくなっているのですが、
    どうしても含み損でのナンピンが不安で、
    同値くらいでやってます、結果利益が少し少なくなります。
    よろしくお願いします。

    • jackおじさん様
      コメントありがとうございます。

      >手法とかノウハウは
      もう2の次で、 及川さんの相場哲学を
      学んで生きたいと思っています。

      ↑いやはや、光栄ではありますが
      なんとも恐れ多くもありますね(汗)

      >及川さんはナンピンする時、
      「突っ張りますよとかドンドン足していきますね。」
      とか言って結構な含み損でも平気な顔をして
      増し玉していますが、心境はどうなんですか。

      ↑含み損が増えて楽しい人間はいないです(笑)
      そういう意味では一定以上、
      特に事前想定をしていた位置を超えての含み損は
      かなりのストレスとなります。

      >方向性に自信があるのか経験からきているものなのか
      どうなんでしょうか?

      ↑どっちもあると思いますが、
      それ以外の部分として
      「負けるときは1000万くらいは普通」みたいな覚悟ですかね。

      ブログ記事にもなった6月の日経225先物・・・
      あれは最終的に3000万円の利益でしたが
      途中、1000万以上の含み損だった時期があります。

      もちろん含み損なしで勝ちたいのはやまやまですが、
      そうもいかないのが相場ですよね(苦笑)

      で、そうであるならば
      もはや「含み損は普通にあるもの」と考えるほうが気が楽でして、
      僕の場合その基準?を「1000万くらいは仕方ない」にしているイメージですかね。

      ゆえに1000万円を超える含み損のときは
      かなり落ち着きもなく、平静を保つのもギリギリな状況になりがちです。

      >実は私も225先物で1ヶ月ほど前から、
      一回だけ増玉をしています。

      ↑したほうが良い場合のほうが多いと想像しますが、
      「しない!」と決めて、それなりのエントリーポイントまで待つと統一するのも
      考え方としては正しいはずですよね。

      僕は総じて待ち切れずにやってしまうことが多いゆえ
      「打診買い」などネーミングをつけて自分を正当化しているのかも知れません。

      ちなみに、ナンピンをするのが良いのか
      するべきではないのか、については
      人それぞれ言い分があると思いますが、

      けどトレードって
      その1項目だけで形成されるものではないですよね。

      他にもたくさんの要素、
      判断が真っ二つに割れるような項目ってありますので
      結局はそれらの取捨選択により形成される「個性?」のようなものではないかと思う次第です。

      それこそ極論「勝てばよい」という話で、
      負け方についても自分が納得可能な折り合いのつく範囲であれば
      なにをやってもその人間の勝手じゃないかと思うわけです(笑)

      で、何をやっても良いけど
      すべては自分の責任だよ!って。

      逆にいうと
      自分がイマイチ乗り気でないときや
      「なんとなくイヤな予感」なんてときに
      「そんじゃやらない!」という決断も
      僕は結構大切にしているつもりです。

      なんか話が要領を得てないですね(汗)

      YouTube動画で苦戦したあとの深夜だからかも知れません。
      どうもすみませんm(_ _)m

      取り急ぎ今回は以上とさせてください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    返信有難うこざいます!!
    感謝です!!
    憧れの師匠から返信が来るだけで
    嬉しく励みになります!!

    師匠の一人ひとりに対する
    優しいコメントや
    そもそも声も素敵で
    完全にファンです^_^

    私は一度数年前に
    FXで損をして退場しましたが
    為替が好きで
    このコロナ相場だった3月半ばから
    また再開しました。

    何度も負け続けたFX
    でも大好きで諦めきれなかったFX

    今年は何故か?
    急に安定して勝てるようになり
    元手の57%まで資金も増えました。

    最初は1万通貨でも怖かったのが
    現在は7万通貨から
    計画的ナンピンで20万通貨ぐらいまで
    の取引ができるように
    なりました。

    師匠に再度質問お願いします。
    通貨量を増やしていく段階の
    メンタルについてですが
    ポジションを取って
    すぐに利益が出る場合はいいですが
    含み損をしている場合
    (短期的でも)
    通貨量が少ない時と同じ
    メンタルでその状態を見ていられる
    もんでしょうか?
    自分の思う場所にくるまで
    相場を見ていく場合
    そこが心配で自信がありません。
    (含み損の単位も違ってくると
    思いますが)
    そこに自信がなく
    早めに損切りしたりするのでは
    ないかと自分では思ってしまいます。

    ある程度資金が増えてくれば
    どんなに通貨量が増えても
    通貨量が少ない時と同じ
    メンタルでいられるものでしょうか。。

    よろしくお願いします。。

    • 正義の味方さま
      コメントありがとうございます。

      >何度も負け続けたFX
      でも大好きで諦めきれなかったFX

      ↑「大好き」って言えるのが凄いと思います。
      で、それをギャンブルチックにせずやれるなら
      とても素敵でしょうね^^

      >含み損をしている場合
      (短期的でも)
      通貨量が少ない時と同じ
      メンタルでその状態を見ていられる
      もんでしょうか?

      ↑金額的な「規模感」に慣れれば
      特段問題はない、と僕は経験上思っていますが、
      ここは正直個人差がありそうですね。

      他の方にもお話していますが
      例えば「今の僕」の金銭的規模感としては
      保有中の含み損が1000万円くらいまでは気になりません。
      ここはもはや「慣れ」です。

      で、1000万円を超えたあたりからは
      おそらく多くの人と同じ感覚に近くなり
      冷静な判断をするのが少々困難になるイメージです。

      ちなみになぜ「1000万円」か?なのですが
      おそらく特段の理由はなく、
      単なる思いこみに過ぎず、
      極論、自己洗脳に近いイメージです。

      つまり、慣れは実際にあるものの
      その前段の「規模」に関しては
      自分の思い込みで決めることも出来るような気がするんですよね。

      >ある程度資金が増えてくれば
      どんなに通貨量が増えても
      通貨量が少ない時と同じ
      メンタルでいられるものでしょうか

      ↑上述の内容から
      「自然にはそうはならない」が正解かも知れません。

      どこかで自分自身に対し、
      「オレの許容可能な器はもっとデカいはず」
      みたいな自己洗脳をしないと、
      なかなか大きな金額に増やしていくことは
      大変なのかなぁと想像します。

      僕は貧乏な頃から
      思い込みだけは一人前だったのと、

      人生の残存時間を意識した際、
      「じっくり時間をかけてなどいられない!」
      という意識がとても強かったため、
      いわゆる「ネジの1~2本吹っ飛ばして」やれた部分はあると思います。

      ここはメンタルというより
      もはや「マインド」かも知れませんね。

      あくまで経済面のみの話ですが
      『自分の器はこんなレベルではない』
      このような意識と、
      そして同時にどのくらいの規模まで到達するイメージかを鑑みることで
      「現状の金額やロットなど大したレベルではない」

      なんていうか
      もっと先を見越すことで
      現状のレベルを超越させるような感覚、、、

      これをトレード以外の私生活から
      意識し続けることで
      日頃からの立ち振る舞いも変わるのではないでしょうか。
      僕は結構そんな感じだった記憶です。

      アリテイな話で恐縮ですが、
      今回は以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    お元気になられて本当によかったです♡

    エルメスのアップルウォッチの
    経過報告です。

    購入できる分の利益、
    本日のトレードで獲得することができました!

    ですが、あと二つ買える分まで
    頑張ってみたいと思います。

    子供が夏休みの間、 
    師匠やりおんちゃんの動画などを見て
    チャートの本質について猛勉強しました。

    その成果が出たのか、以前より
    トレードが楽になった気がします。

    また、師匠♡に良い報告できるように
    トレード謙虚に頑張ります!

    ご指導よろしくお願い致します。

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >エルメスのアップルウォッチ
      >購入できる分の利益、
      本日のトレードで獲得することができました!

      ↑おぉ!おめでとうございます!
      有言実行、めっちゃカッコイイと思います♪

      >ですが、あと二つ買える分まで
      頑張ってみたいと思います。

      ↑良いと思います^^
      ぜひともがんばってください。

      >師匠やりおんちゃんの動画などを見て
      チャートの本質について猛勉強
      >以前よりトレードが楽になった気がします。

      ↑ここでの「楽になる」は
      「チカラが抜けた」に近いイメージでして
      だとしたらとても良い流れかなと想像します。

      今後がさらに楽しみですね♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 大変お忙しいと思われますが宜しくお願い致します。

    及川先生(先生とお呼びするのは一方的なのですが^^;)、自分は及川先生を知ったのは、今年の8月末ですが(FXを本格的に始めたのが今年の5月)、
    及川先生の動画を拝見してから、マイナストレードが減り、勝率が上がりました^ – ^ありがとうございます。

    しかし獲得pipsが少ないです。

    ヘタレな性格もあると思いますが、まだまだ相場の流れを読みきれていないと考えています。
    難しくて「通貨の相関関係」がまだ出来ていません。
    「通貨の相関関係」のスキルが身に付けば
    「時間とpips」の効率が上がると考えています。
    この考えの方向は合っていますでしょうか?

    • 溜箭さま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生の動画を拝見してから、マイナストレードが減り、勝率が上がりました

      ↑勝率が上がったのは、
      あくまでご自身の創意工夫や自己管理の結果だと思います。
      いずれにせよ、良い傾向なら何よりです。

      >しかし獲得pipsが少ないです。
      >ヘタレな性格もあると思いますが、まだまだ相場の流れを読みきれていないと考えています。

      ↑後半の「相場の流れを読みきれていない」

      読み切るのは誰でも難しいですが
      「ある程度のところまで読む」については
      それが出来ることで自信を持ったトレードがしやすくなるので
      確かに必要な要素ですね。

      >「通貨の相関関係」のスキルが身に付けば
      「時間とpips」の効率が上がると考えています。
      この考えの方向は合っていますでしょうか?

      ↑間違いだとは思いませんが、
      上記の「相場の流れ」もっというと「方向性についての読み」が
      出来るようになるほうが、PIPSを稼ぐには良いかも知れません。

      通貨の相関やシンクロ性などについては
      「今からやるならどっち?」の部分、
      つまりは『タイミング』の要素が大きいです。

      で、エントリー後については
      「時間帯管理」や「方向性」と。

      前者は着実な利食いポイントの模索に特に意味を持ち、
      後者はスイングトレードなど、
      長く保有する際に意味を持つ概念です。

      話を戻しますが
      「通貨の相関関係」のスキル
      こちらについては「今」とか「タイミング」の部分で重要なので
      例えば保有しているポジションの流れが変わった際などの判断にも使えます。

      いろいろ書きましたが、
      それぞれの特性や上手な活用法については
      区別しておくと良いと思います。

      本件、僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして及川先生いつもお世話になっています。

    7月末よりFXを開始しYouTubeより及川先生にたどり着き『YouTubeとガチ速FXとデイトレ大百科』にて日々勉強しています。
    まだ始めたばかりの若輩者ですが、相関逆相関をまずはしっかりと覚えようと頑張っております。

    さて本題ですが、9月8日のMT4の時間帯で12:40以降の EUR/USDとEUR/JPY の下落の意味が分からなくご質問しました。
    この時は4時間足がすぐ上にある事もあり全くのエントリータイミングではないにしても傍観していて下落という事が腑に落ちず
    考えていましたが答えにたどり着きませんでした。

    状況として(9月8日12:40)
    上昇通貨ペア
    EUR/GBP USD/JPY EUR/AUD

    下降通貨ペア
    GBP/USD GBP/JPY AUD/JPY

    レンジ通貨ペア
    EUR/JPY EUR/USD

    勉強不足でとんちんかんなご質問かもしれません。
    単にこの時間帯は相関等が効いてないだけなのでしょうか?
    自分の予想は出遅れで多少の上昇で4時間足に反発される感じかなと思っていたのが真逆にかなりの勢いで動きこの時に4時間足が無く、エントリータイミングがたまたまあったら大事になると思いどんな相関があったのか、どのペアが主だったのか考えてました。
    今後の対策として色々考えましたが結果を見てもそれらしい答えが見つからないままです。
    何かアドバイスでもあればご教授頂けますと幸いです。
    経験則として経験を積むしかないとの答えでも構いません。
    自分の中で何らかの結論に至ればと思いコメントいたしました。
    お忙しい中申し訳ありません
    何卒よろしくお願いします。

    • 岡山のガチ速ヒロポン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >9月8日のMT4の時間帯で12:40以降の EUR/USDとEUR/JPY の下落の意味が分からなく
      >単にこの時間帯は相関等が効いてないだけなのでしょうか?

      ↑チャートを確認しました。
      正直なところ、
      明確な原因は僕には分かりません。

      なんらかの材料があっての急落かも知れませんで
      もしそうだった場合は、そもそもテクニカルなど無力ですし。

      ちなみに「材料」に関して言いますと
      経済指標発表や要人発言など大きく影響を与えるモノもあれば
      ニュース的には目立たないモノが為替のみに対し、
      大きく影響を及ぼす場合もあります。

      後者の場合、我々は基本なす術はなく、
      仮に保有している方向と逆に動いた際は損切り対応するしかないですね。

      ただし!
      ここからは案外重要なのですが、
      テクニカル的に「こうなって然り」と思う状況の中で
      その状況が強ければ強いほど、
      そこで逆に伸びた際の逆伸びはかなり強いことが多いです。

      よって、比較的自信があるポジションが
      あえなく損切りとなった際のドテンは効果的であることは
      理屈抜きでアタマに置いておくと良いですよ。

      相場って「理屈じゃ説明出来ない時」に
      説明出来ない方向へ伸びることが多いものですので。

      話を戻しますが、
      トレードの勉強をするという行為は
      基本「テクニカルの勉強」を意味するのが一般的です。

      テクニカルとはちょっと乱暴に言うところの
      「確率論」です。

      実際にその確率に基づき、勝てることも当然多いわけですが
      逆に言うと「解読不能」「説明不可」みたいな現象も多々起こるのが相場でもあります。
      なぜなら、確率論などまるで意味をなさない
      『突発的なネタ』で大きく動くものでもあるからです。

      例えばですが
      アメリカ大統領の選挙の際、
      「ここまで上がったらいったん押し目をつけやすい」
      なんてそんな話は一切無意味ですよね。

      なぜならトランプが勝つか負けるか、
      その途中経過などだけでも
      大衆の思惑は大きく揺れるからです。

      この例えは極端ですが、
      けど、「小さな材料」も含めれば
      テクニカルで説明できないナニかが常に起こる可能性があるのも相場ですので、
      そこは理不尽ながらも理解しておくことが重要かと思います。

      ちなみに、
      「そんな不確定なモノならおっかなくてやれない!」
      ってことなら確かに相場はおっかないです。

      けど、なるべく材料系に巻き込まれにくいところだけをやることで
      普段は「テクニカルの恩恵」を多々受けることも出来ます。

      言ってみれば「クルマの運転」に近いですね。

      運転時間が長くなればなるほど事故に遭遇する可能性もあがりますが
      近所のスーパーに買い物に行くにはその可能性も低く
      実に便利な乗り物でもある、みたいな。

      核心的なアンサーではなく申し訳ございませんが
      本件は以上とさせてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画を何度も見返し勉強させて頂いています! You TubeでFXの講義動画が山の様にある中、及川先生ほど誠実さが感じられる人は他にいません。
    本当に人間力に惹かれました。

    この度の体調不良は大変でしたね。
    看護師として働いていますと、そういう方を毎日見ていることが当たり前になっていましたが、ひとりひとり、考えられてるんだなぁと、改めて感じました。

    ところで、
    今回の話は、まさに死生観ですね。
    私自身、持論がありまして、死生観や宇宙とのつながりなんてことが大好きで、時々ぼーっと考えたりしています。(怪しいですね笑)
    及川先生の、この世こそ地獄という、斬新なフレーズ、共感します。
    死生観とは少し脱線しますが、
    自己実現をされた成功者の多くは、みんな同じことを言ってます。『強い思いは実現する』と。100%正解とおもいます。
    が、人間って弱い生き物で、つい不安や弱気になり、諦める方が楽なので自己実現できずにいるんだと思います。そんなときに出てきたのが宗教です。
    神や仏のいう拝む対象を作り上げることで、信じるということを強めようとしたのかもと。
    長くなってすみません。

    及川先生のコラムが、いつも漫然と考えていたこととつながってて、言葉にできなかったので、少し吐き出させて頂きました。

    無理なさらずに。
    また動画楽しみにしています。

    及川先生にお会いし、一緒に飲んで語りたいな〜と密かに思ってます笑
    とりあえず、FXで結果を出し、また報告させて頂きます!!

    • りえ様
      コメントありがとうございます。

      >You TubeでFXの講義動画が山の様にある中、及川先生ほど誠実さが感じられる人は他にいません。

      ↑光栄です!
      本当にありがとうございますm(_ _)m

      けど「誠実」ですかねぇ?
      言ってることはかなり「ゲス」ですが(笑)

      >私自身、持論がありまして、死生観や宇宙とのつながりなんてことが大好きで、時々ぼーっと考えたりしています。(怪しいですね笑)

      ↑今回、多くの方が「持論」をコメントくださったことは
      かなり嬉しかったです。
      なぜなら普段なかなかこの手の話はしにくいですからね。
      なんたって「怪しい」ので(笑)

      >自己実現をされた成功者の多くは、みんな同じことを言ってます。『強い思いは実現する』と。
      >が、人間って弱い生き物で、つい不安や弱気になり、諦める方が楽なので自己実現できずにいる
      >そんなときに出てきたのが宗教

      ↑なるほど、納得です。
      僕はずっと無宗教ですが、
      心が弱ってるときにのみ
      都合よく「神頼み」したものでしたので(汗)

      >及川先生にお会いし、一緒に飲んで語りたいな〜と密かに思ってます笑

      ↑ぜひぜひ!
      以前はもっと気楽に「オフ会!」なんてやっていたのですが
      近年は人数的にもカンタンではなくなってしまいましてね(汗)

      本当は僕も初対面の人を含め、
      もっといろんな飲み会に参加したいんです。
      ヘアバンドなしの逆変装で行けば良いのかも知れませんね(笑)

      なんからの機会があったらぜひお会いいたしましょう。

      話が前後しましたが
      看護師さんとのことで日頃からの激務を想像します。
      りえさんこそご無理のないよう、
      どうぞご自愛くださいませ。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画で勉強させていただいております!
    僕はガチ速を参考に5分足でトレードさせてもらっています。5分足では下げトレンドでも、1時間足で離れてみると大きなレンジの中の動きであったりと、買いや売りのタイミングが分かるものですが、1時間足でみても4時間足で見ても下げトレンドで、もちろん5分足のチャートも下げている場合があります。この場合、このまま下がるとは思っていても、その価格は現状そのチャートでは底値なわけですのでそこから売りポジを持つ決断をすると言うのはとても難しいです。その場合どのような方法でタイミングを判断すれば良いでしょうか。

    • fx小僧さま
      コメントありがとうございます。

      >1時間足でみても4時間足で見ても下げトレンドで、もちろん5分足のチャートも下げている場合
      >現状そのチャートでは底値なわけですのでそこから売りポジを持つ決断をすると言うのはとても難しい

      ↑なるほど、確かにそうですね。
      それこそ、保有後に上げ転換などされた日には
      損切り出来なかった場合、地獄でしかないですからね(苦笑)

      僕も「全下げ」のときは逆に気持ち悪く感じることは少なくありません。

      ここでのやるやらないの区別は

      1.黄緑線と1時間足MAの「距離感」
      2.すでに何回「戻してからの下落」があったか?
      (3回目以降は見送ることが多いです)

      この2つを軸にしています。

      黄緑線(15分足MA)と1時間足MAの距離が近い場合は
      まだ「旨味」が残っていることが多い、
      あるいはトレンドが「若い」状態のことが多く、
      また負ける際の損切幅も深くないので手を出しやすいです。

      「2」については
      ガッツリ一気に大きく崩れた場合で
      黄緑線と1時間足MAの距離が乖離した際も
      その崩れが「一回目」であれば戻し目はチャレンジすることが多いです。
      (二回目なので)

      これらが僕が「やる」時の主だった基準でして
      やるとなった場合、
      そのタイミングに関してはMAや水平線を軸に置きます。
      このあたりはYouTube動画などもぜひ参考になさってください。

      また、上記以外の展開は
      そもそも手を出しませんので
      そこも併せてご理解いただけると幸いです。

      それでは本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • この世は修行の場所である。

    FXトレードを初めて3年半、右肩下がりで資産を減らしています。
    ここで諦めたらすべてが終わりだと思い頑張ってはいます。
    だが、昨年末に5万円で再開、最後の覚悟で始めたがいまや2千円を切る体たらく。
    これはもう、やってはいけない、会社に従事してこつこつ生きてゆけとの使命かなとも思ってしまいます。

    回答に困ってしまうかもしれませんが、踏ん切り場所はどんな時だと思いますか。さすがにメンタルがしんどくなってきました。

    • 及川先生

      丁寧な回答有難うございます。
      親身になって考えて頂けたのが分かるのですごく嬉しいです。
      自分の課題は分かっているので、自分の可能性を信じてもう少しだけでもFXで頑張ってみます。

      先生の健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

    • すし家の牛丼さま

      >自分の課題は分かっているので、自分の可能性を信じてもう少しだけでもFXで頑張ってみます。

      ↑そういうことでしたら
      ぜひともがんばってください!

      また、なにかありましたら
      遠慮なくメッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • すし家の牛丼さま
      コメントありがとうございます。

      >FXトレードを初めて3年半、右肩下がりで資産を減らしています。
      ここで諦めたらすべてが終わりだと思い頑張ってはいます。
      >踏ん切り場所はどんな時だと思いますか。さすがにメンタルがしんどくなってきました。

      ↑これは確かにどう回答したら良いのか困りますね。
      「人生の決断」は言い過ぎかも知れませんが
      それに近い感じでもありますよね・・・

      あくまで「僕の感性」で言わせていただくなら
      「メンタルがしんどい」と感じる時点で
      そもそも「休む」という選択肢はあって良いと思います。

      もっとも「休む」が「逃げ」と感じるようなら
      思い切って「一度やめる!」という決断もありだと正直思います。

      僕も昔、何度か「相場を辞めた!」という経験がある中、
      今もちゃっかりトレードをしているわけで、
      「辞めた」からと言って二度と復帰してはダメって話でもないわけです。

      というか、
      この手の話をあまりキッチリと煮詰め過ぎないほうが良いかなと思うんですよね。

      個人的には「しんどいならとりあえず休む」
      これで充分ではないかと思います。

      また、そのように決断したからと言って
      それが

      >会社に従事してこつこつ生きてゆけとの使命

      ↑これで決定、という話でもないと思うのです。

      人生にはなんだかんだ運気などもあるはずで
      だとした場合、流れが良くない時期に
      どんなにがんばったところで良い結果にならないのは
      誰でも同じではないでしょうか。

      今、上手くいっていないことに対し
      「いったん休む」「いったんやめる」として
      そこになんら問題などなく、ごくごく普通のことだと思います。

      そうやってやめたあとに
      我々の人生を劇的に好転させてくれる違うナニかと
      出会えるかも知れませんよね。
      (ただしアンテナは常に張っておく必要はあると思いますが)

      「ご自身の可能性」を信じること、
      これさえ継続していくことで
      なんらかのチャンスは今後も必ず訪れるはずです。

      で、それがFX以外のモノだったとして
      それはそれで普通の話だと思います。

      大切なのは「FXで成功する」ではなく
      「ご自身の人生を充実させること」です。

      もしこの先、FX以外のナニかと出会い、
      それに邁進するならそれもOK。

      そういったモノとの出会いがなかった際、
      再びFXにチャレンジするならそれもOK。

      僕はこのように思う次第です。

      何はともあれ
      しんどいならとにかくいったん休む!

      話が前後して恐縮ですが
      ここが僕からの基本アンサーです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、無事でなによりでした。引き続き、ご無理をなさらずにご自愛ください。

    さて、マイペースながらも及川式を学んでおります私ですが、ちょっと興味があることがあって質問させてください。(既出でしたらすみません)

    及川先生(およびFXism方々)は、EAを使ったシステムトレードはなさらないのですか?
    師匠の手法は色々と考えを巡らせていらっしゃるので、自動のロジックに落とし込むことは困難だとは分かっています。
    一方で、多くのインジケーターやツールを生み出しているヨン様の技術力にできないことはない!?・・・んだったりしませんかね。
    (佐藤コーチのスキャルピングは、初心者向けに機械的にできるようなルールにして下さっているので、こちらはどうでしょうか?)

    あとは、、今回のように体調を崩された時など、トレードは出来なかったかと思いますので、「システム化されてたらな~」とかお思いになったりしますでしょうか。

    裁量・シストレ、それぞれメリデメあると思いますが、長年相場に向き合ってきた師匠・皆様としては、両者をどのようにとらえているのか聞かせてもらえると嬉しいです。

    ※EA作ってくれ!とか言うつもりは毛頭ありませんので、、m(__)m

    • TOSSさま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生(およびFXism方々)は、EAを使ったシステムトレードはなさらないのですか?

      ↑僕自身はEAを使ったことがなく、
      今後も使う予定はありません。

      >多くのインジケーターやツールを生み出しているヨン様の技術力にできないことはない!?
      >佐藤コーチのスキャルピングは、初心者向けに機械的にできるようなルールにして下さっているので、こちらはどうでしょうか?

      ↑ヨン様ならかなりのことが出来るでしょうが、
      実際のところ、ご本人が本気で作ろうとするかどうかは
      僕ではなんとも言えないですね^^;;

      佐藤コーチのそれこそスイング手法などは
      一番EA化がしやすいと想像しますが、
      それでも佐藤コーチ自身、
      常に裁量判断も加えることで成績精度を向上させているゆえ、
      「EAのみ」の選択肢はないのでは?と想像します。

      >今回のように体調を崩された時など、トレードは出来なかったかと思いますので、「システム化されてたらな~」とかお思いになったりしますでしょうか。

      ↑いや、、、
      僕は自分が体調不良で充分な管理が出来ないとなれば
      なおさら「自動系」はイヤですね。

      例えばの話、
      それぞれのEAの特徴などを熟知したうえで
      数多くのEAを同時に回しトータル成績を向上させる、
      みたいな考え方は「アリ」だと思います。

      けどそれって、
      それをするうえで必要なスキルが必要かなと思います。
      理工系の人なんかは得意な気がしますが
      僕は不得手極まりないスキルなんですよね。

      ゆえに僕は今後も
      「自分の手」以外では一切トレードしないと思います。

      >裁量・シストレ、それぞれメリデメあると思いますが、長年相場に向き合ってきた師匠・皆様としては、両者をどのようにとらえているのか聞かせてもらえると嬉しいです。

      ↑誤解しないでいただきたいのは
      シストレ系を全否定する気はないって部分です。

      上述したような「管理」が出来る人であれば
      あるいは素晴らしい「資産運用」が可能かも知れません。

      けどそれってこれまた上述の
      「トレードスキルとは別の能力」が必要って話だと思う故、
      要するに僕では出来ないってだけのことです。

      ていうか、
      多数のEAの特徴をすべて把握し、
      それらのオンオフを相場状況に合わせて常に調節・・・

      ここまでのことをやるなら
      自分でトレードしちゃったほうが早い!(笑)

      これが「僕」の結論なわけです。

      ここまで書いてなんですが
      もしかしたら僕以外のメンバーは
      自動系の模索もしているかも知れませんので
      今度彼らの本音も聞いてみようと思います^^

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントいたします。
    私も44歳のおっさんですがやはり39度を超えると最悪の事態に思いが至るのはわかる気がします。ただ師匠の今回の場合は本当にやばかったのでは・・(泣)ご無事でなによりです。
    私は5月ごろからデイトレ大百科の講座にて勉強させていただいています。実は今年からFXをはじめまして大負けに負けております。ここ最近、師匠とは別の意味で死を意識するくらいでした・・保険金で穴埋めできんじゃないか?と・・。実際にまだ死ぬつもりはないので本気でないにしても借金で死ぬ人の気持ちはわかったような気もしました(笑)
    ここ最近の悩みですが、負けを取り戻すべく、毎日コツコツ積み上げていこうと思い、及川式にて初めは勝つことが多く、今日の目標額を達成したので今日は終わりとパソコンを閉じて、ログアウトしてとするのですが、そのあとなんとも言われぬ焦りのようなものが出てきて、結局またチャートを開いてしまい、そこで大きく動いていたりするとエントリーしてしまい、先ほどの勝ちを飛ばして、取り戻そうと泥沼にはまって、ロットを上げたりして超ドカン負けをするパターンに陥っています。
    いろいろ勉強する中で、迷っているのがよく本などに書かれている、うまくなりたいならチャートに張り付いているべきだとか、血を吐くほど勉強しろとか見かけます。どうしてもそれが頭をよぎって、負けているのに少し今日勝ったくらいでのんびりしていていいのか?という気持ちになってしまいます。
    師匠はこういった考えについてどう思われますか?
    例えば一般的な職業人であれば、苦手を克服したり、努力するが普通ですが、FXにおいてはやはり苦手なところは手を出さないほうがうまく行きやすいのでしょうか?師匠の勝ち逃げを理解しているつもりでまだわかっていないのかと悩んでおります。

    • 及川師匠
      本当に丁寧な返信、感謝の気持ちでいっぱいです。
      私はリオンさんの講座にも登録させていただいておりまして、生配信の際にたしか6000人でしたか参加しているとのことで、それほどのお弟子さんがいる中でこうして個別に返信してくださるのは本当に頭が下がります。
      返信いただいてから週末ずっと考えている中でたしかに自分は客商売をしておりますが、店舗営業で飛び込みの営業は経験したことがありません。しかし、たしかに私が飛び込みの営業をする営業職に就いたならたしかに得意技で勝負すると思いいたりました。苦手を克服も大事ですがノルマが達成できないとそもそも職を失います(笑)今回のお言葉を忘れず、今後とも頑張りたいと思います。
      そもそもチャート見て、動いているからとエントリーしてしまうあたりがポジポジ病のウイルスが変異した程度の結局ポジポジ病の一種だと思いました。
      今後とも勉強させていただきたいのでお体にはどうかお気を付けください!

    • MUNEさま
      コメントありがとうございます。

      >生配信の際にたしか6000人でしたか参加しているとのことで

      ↑あぁ、あれは「視聴してくださっている人数」ですので
      弟子や受講生さんばかりではないんです^^;;

      >そもそもチャート見て、動いているからとエントリーしてしまうあたりがポジポジ病のウイルスが変異した程度の結局ポジポジ病の一種

      ↑随分面白い表現ですね^^

      トレードはやらかすと資金が減る競技ですので
      絞り込みは重要なポイントだと思います。

      「得意パターン」が少しずつ増えていけば
      それが一番かも知れません♪

      お互いがんばってまいりましょう。

    • MUNEさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私も44歳のおっさんですがやはり39度を超えると最悪の事態に思いが至るのはわかる気がします。
      >師匠の今回の場合は本当にやばかったのでは

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。

      真っ最中の間はかなりキツかったですが、
      人間ってのは現金なもので、
      治ってしまうとそんなに辛かった気もしない、
      みたいな感じなんですよね(苦笑)

      >今年からFXをはじめまして大負けに負けております。
      >保険金で穴埋めできんじゃないか?と

      ↑あぁ、、、僕も6度めの無一文が41歳のときで
      このときはカミさんに「保険金でなんとかするしかない」って
      言ったことがありました。

      今回冗談っぽく書いてくださっていますが
      かなりシンドいお気持ちではないかとも想像してしまいます。

      >よく本などに書かれている、うまくなりたいならチャートに張り付いているべきだとか、血を吐くほど勉強しろとか見かけます。

      ↑僕は他人様の本をほとんど読まないので詳しくありませんが
      もし本当にこんなことが書かれているとしたなら
      その著書さんは「トレーダー」ではなく「分析屋」だと思いますよ。

      例えば「アナリスト」とかって
      相場に対し、いろいろ解説はしてくれますが
      その結果自分が儲かったとか損したとかって話、
      まずしませんよね。

      早い話「そういう系」の人じゃないかなって。

      >例えば一般的な職業人であれば、苦手を克服したり、努力するが普通ですが、FXにおいてはやはり苦手なところは手を出さないほうがうまく行きやすいのでしょうか?

      ↑「フルコミッションの営業職」を想像してみてください。
      彼らは最初のうちは大きな契約を取れませんので
      当然利益も少なめです。

      そんな中、少しずつ大きな契約を取れるように研究はするはずですが、
      仮に契約が取れないと各種コストが赤字になるとしたら
      むやみに大きな案件には手を出さず、
      まずはコツコツ小さな案件を契約するのではないでしょうか。
      僕ならそうします。

      で、大きな案件については契約の過程を
      すでに大きな案件を扱う先輩の助手を無償でするなどして
      僕なら研究させてもらうかなと。

      ここでの問題は
      失敗しても失うものがない場合と
      赤字になってしまう場合の違いです。

      苦手なことを克服しようとする姿勢は一見「買い」ですが
      それをやることで得意パターンの利益を削ってしまうのはどうなんでしょう?
      ってこと。

      その種目で「メシを食う」のであれば
      まずは得意パターンで得る利益を優先させるべきかと思う次第です。

      以前、他の方にも言いましたが、
      変化球をカーブしか投げられないピッチャーが
      フォークボールを覚えれば必ず成績が向上するのか?

      もしかしたらカーブをより凄い決め球にしたほうが
      成績が良くなるのではないか?

      なんでもかんでも球種を増やし、
      どれも中途半端だと返ってダメなんでじゃないか?

      この辺の兼ね合いをどうするかが
      重要ではないかと僕は思うんですよね。

      とにもかくにも
      勝ちながらさらに精度を上げることが
      勝てるようになったあと、もっとも必要なことですので
      今のうちからそのへんの進め方は意識しておくと良いように思います。

      繰り返しになりますが
      苦手の克服もダメとは思いませんが
      「得意技の精度をより高める」ことも良いはずですので
      「得意以外はやらない」も立派な戦術であることは
      考慮のひとつに入れておいて欲しいように思います。

      本件、僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。パルムと申します。
    先日のご病気からご無事に復帰されて嬉しく思っています。
    どうか無理なさらずご自愛下さい。

    私はFX実戦歴は半年程度の初心者です。
    またFXを学ぶ過程で及川式と出会い、及川式を取り入れ天才チャートを使わせて頂いています。

    戦略はユロポンを意識し、ポンド系の押し目からの順張りトレンドフォローのみのスタイルでやっております。
    エントリーする段階で2から3段階のナンピンを想定してから入ります(ほぼポンド円とポンドドルの二通貨同時)。最初のエントリー位置もだいぶ厳選してからでないと入りません。

    ①押し目で入るので初めから1HMAまで到達する可能性があることを前提とし、そのままエントリー方向へ行き目標まで到達すればそれで終了(1ポジ×2通貨)。

    ②踏まれれば想定通りナンピンをしてこの時点で倍ロット(合計2ポジ×2通貨)になっていますので最初の半分くらいの位置で決済、又は額面で決済。

    ③さらに踏まれて1HMAまで到達すればさらに追加(合計3ポジ×3通貨)、又はその倍を追加(合計4ポジ×二通貨)をします。この時点で逃げることが最優先になっていますので、プラ転で決済又は多少引っ張って額面(微益)で決済。

    ④1HMAを明確に抜ければ損切。この場合ポジションが多いのでまあまあ大き目の損失になります。

    基本的にはこのようなルールをメインにトレードを行っています。
    ①の場合は何の問題もありません。②の場合も想定内ですので問題ありませんし、時短にもなって合理的だと思っています。
    ③の場合もルール上想定内ではありますし、ほぼ逃げることができています。この場合逃げれたことに感謝ということでほぼファーストチャンスで逃げるようにしています。

    今回お聞きしたいのは③の場面です。
    及川先生の動画でもこのような踏まれまくる場面からの生還を目にしますが、ほぼプラ転又は額面で決済されていますよね?

    ただ、先日のユーロドルとユーロ円のショートで+700万ほど取られた動画を拝見し、驚愕しました。
    動画を見ながら、いつものように130万プラスくらいで決済されるのだろうなと思っていましたが、全ポジプラスを狙ってやると仰られ、実際に実行されたからです。

    かねてから私のパターン③については疑問がありました。
    想定内とはいえ取ってるリスクに対してリターンが少なすぎるのではないかという疑問です。
    逃げれてるからよしとしていますし、④の損切になるより100倍ましだと思って躊躇なく実行していますが、結果方向は合っているのに抱えた含み損に対して利確できても微益。これはこれでどうなんだろうという(③までいってしまう頻度にもよりますが)。

    言葉選びが難しいのですが、先生は上記の+700万のトレードは、何故全ポジプラスを狙われたのでしょうか?また、このようなトレードを行う比率はどれくらいありますでしょうか。

    私も時にはこのような場面で含み損に見合った利益を狙うことが必要なのかもと思っての質問です。
    初投稿にも関わらず長文で恐縮ですが、ご教授頂けると幸いです。

    • パルムさま
      コメントありがとうございます。

      まずは1~4の基本戦術を拝読したうえで
      以下、進めさせていただきます。

      >先日のユーロドルとユーロ円のショートで+700万ほど取られた動画を拝見し、驚愕
      >かねてから私のパターン③については疑問
      >結果方向は合っているのに抱えた含み損に対して利確できても微益。これはこれでどうなんだろうと

      ↑お話の主旨は完全に理解出来ているつもりです。

      ちょっと身もふたもない結論から言いますと
      YouTube動画では普段の数倍決済が慎重、というか
      チキン度合いが凄いです。

      理由はひとえに
      「動画をスンナリ成立させたい」に尽きます。

      決済をし損ない逆流されては
      カッコ悪いですし、実際めんどくさい展開になります。

      なのでややこしい展開になる前に
      「プラスなら逃げておこう」と
      動画の際は特にそうなりがちなんです。

      で、最近ですが
      「これだと観てくれている人に対しミスリードになりかねない」
      こういう意識は以前より持つようになったように思います。

      もっとも、そういう意識を持って以降、
      「ドハマリ」する機会も増え、
      どっちにしてもスランプ気味なのかも知れないと、
      ここは自分の中で少々悩んでいる部分です(苦笑)

      >先生は上記の+700万のトレードは、何故全ポジプラスを狙われたのでしょうか?また、このようなトレードを行う比率はどれくらいありますでしょうか。

      ↑含み損状態の長さや時間帯残存などの状況にもよりますが
      ナンピン後の「全ポジプラス逃げ」は
      一発目がよほどフライングでない限りは割と常に意識しています。

      まさにおっしゃるとおり、
      額面逃げばかりだと、確率論的にも割が合いませんので。

      あくまで「本来は」ということで言いますと
      僕もイメージとしては
      「含み損状態のMAX値」を利食い時にも取りたい、
      例えば含み損500万円を耐えたナンピントレードであれば
      当然利食いも500万以上あって然り、、との考え自体は持っているんです。

      でないと負けトレードの損害比率が高すぎになりかねないですからね。

      けど!
      そこに固執して、一度プラ転したあと、
      再度マイ転すると「もう損切り出来ない!」なんてなるのも人間です。

      さぁどうする?ってところについては
      僕もいまだに悩みますよ。

      僕自身が心がけているのは
      「今からやるならどっちだ?!」で
      その時点その時点で判断を更新することです。

      事例に挙げていただいたYouTube動画は
      「アレを抜けられなかった以上、全ポジプラス辺りまでは比較的余裕で落ちるはず」
      こういう感覚だったはずです。

      ただし、例えばその時点で疲労困ぱい、クッタクタみたいな状態なら
      一秒でも早くプラスで終えたいと思ったかも知れません。
      ここは正直「その時の自分」以外分からないですね(汗)

      話を整理しますと、

      1.動画のときは普段以上に決済が慎重(ビビリ)
      2.本来であればナンピン時は全ポジプラスで終えたい
      3.含み損時間が長ければ長いほどプラ転時点で逃げることが多い
       (ここは動画関係なく)
      4.「今からやるならどっちだ?!」は常に判断を更新し続けるイメージでやっている

      こんなところです。

      もし不足がございましたら
      遠慮なくメッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。お忙しいところ毎度毎度すいません。しかも病み上がりで、より忙しいところ、コメントする事をお許しください。また、お体にはご自愛ください。39度の熱ってのがとても心配になりました。復活したときの動画を見た時、私は喜びの舞を舞いました。(←呆れないでください(汗))
    冗談はさておき、今回は心構えが変わったキッカケの報告と更に何かないですかという無茶ぶりです。重ねてすいません。
     前回の相談から私のやっていることを見ているのではないかと思うくらい「ドキッ」とするくらい動画でのピックアップ話が続いています。。特に、8/20のデモからリアルへ、8/24の本当に億を(体調悪いなか心に響きました)この2回は、「ギクリ!!」
    としました。
     デモ否定派だった私ですがちょっと突っ張って大負けしたので及川さんも進めていたのでデモ口座を作りました。ぶっちゃけ、勝ちすぎて笑いが止まりませんでしたのでその流れでリアルに戻り、また、大負けし落ち込んでいる時にデモ口座から注意点の動画。
     次の億を稼ぐ動画はどうしたら勝てるようになるのかを考えていて、及川さんが自分に負荷をかける話は心から賛同しました。さて、自分にそのような覚悟があるのかというと、正直、現在サラリーマンでそこそこの稼ぎあり兼業というより趣味の分野になりつつあるトレードでは、伸びないだろう。それが1年で9割の人がやめていくところなのでしょうかね。とも思ってしまいました。それでもFXで及川さんのレベルとは言いませんが生活できるくらいの技量にはなりたいと思っています。ロットの話や、やってやってもいいの話もそうですが経験しないとわからないことばかりですね。
     そんなんで毎回ピックアップの話は、自分をみすかされているようでちょっと怖いですが自分を見直せるので感謝しております、また同時に自分はまだスタートラインに立っていないのかもしれないと萎縮しています。
     長い前置きでしたが、本題としては8月上旬のリオンさんマシンガンハントの生配信の時に及川さんは、リオンさんに人に教えるのは自分も伸びるみたいことを言っていたのを覚えています。
     最近ツイッターで成果報告をやり始めましたら、以外とみている人が多くてびっくりしました。変に失敗出来ないのでエントリーが減りました。以前は渋谷で通り過ぎる女の子をガン見しているヤバいおっさんの例えを頂いた人間とは思えないくらい、やってやってもいいスタイルができつつあるのではにかと実感しています。 
     で、今度会社のサークルというほどではないのですが、投資の話を私がすることになったのですが、負けているのにも関わらず教えるみたいなことをするのは恥ずかしいのですが、今回は自分のために頑張ってやってみようと思います。結果を発表することで自分にプレッシャーをかけるつもりで臨みます。
     及川さんのちょっとした発言をも聞き逃さず、ちょっとしたきっかけで良い方向へ流れそうな気がしています。
     人に教えるみたいな方法以外にも何か秘伝というか、一般的でも構いませんがなにか気構えが変わる方法はありませんか、また、過去の動画やブログコメントでもこの話を見なさいというおすすめがあればご教授お願い致します。前回に引き続き変な質問ですいません。人に教えて自分も伸びるという方法が自分にはすごくあったようなのですが、もう一枚延びるための技量というか心構えがほしいのです。
    よろしくお願い致します。

    • 行くべきが行かない足利のM様
      いつもコメントありがとうございます。

      >39度の熱ってのがとても心配になりました。復活したときの動画を見た時、私は喜びの舞を舞いました。

      ↑またまたぁ、
      さすがに言い過ぎじゃないですか?(笑)

      >デモ口座を作り
      >勝ちすぎて笑いが止まりませんでしたのでその流れでリアルに戻り、また、大負け

      ↑おやおや(汗)
      僕の動画で「ギクリ」なんてやってる場合じゃないんですけどね(苦笑)

      >毎回ピックアップの話は、自分をみすかされているようでちょっと怖いですが自分を見直せるので感謝

      ↑いつも言ってますが、
      トレーダーの悩みや問題点など、大抵同じですので
      普通に問題提起をすれば、どうしたって賛同のほうが得やすくなりますね(汗)

      また、最近は初心者の方も増えていますので
      過去の話とカブる機会は増えているかも知れません。

      >リオンさんマシンガンハントの生配信の時に及川さんは、リオンさんに人に教えるのは自分も伸びるみたいことを言っていたのを覚えています。

      ↑これは随分昔からずっと言い続けているんですよ。
      ぜひとも試して欲しいです。

      >今度会社のサークルというほどではないのですが、投資の話を私がすることになった
      >自分のために頑張ってやってみようと思います。

      ↑かなり良い経験になるはずです。
      可能な限り「燃え尽きる」勢いでがんばってみてください(笑)

      >人に教えるみたいな方法以外にも何か秘伝というか、一般的でも構いませんがなにか気構えが変わる方法

      ↑どうですかねぇ・・・
      僕は基本「出し惜しみ」とかしてないつもりなので
      今になって「実は秘伝のね・・・」みたいなのはないですよ(苦笑)

      強いていうなら、
      この場で「なんか教えて」という前段階で
      まずは自ら「なんか出来ることはないか?」と考え
      その考え方に対し
      「及川ならどうとらえる?」みたいな話をするべきかも知れませんね。

      ちょっと意地悪でしたかね。
      そんなに深くは取らないでください(笑)

      トレードに限った話ではないような気もしますが
      「手と手を取り合ってみんな仲良く上手くいきましょう」
      みたいな話ってリアリティがないですよね。

      なんだかんだ言って
      自分で這い上がるしかないのが世の常かなと
      ここは僕自身の経験からもそう言わざるを得ません。

      僕としましては
      今後も「ギクリ」としてもらえるような話を心がけますが
      足利のMさん的には真逆の意味として
      「そんな話は解決済だからギクリなんてしないよ」って
      そういう攻防が必要なのかも知れませんね(笑)

      本来は以上でーす!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2020年1月16日※欧州時間トレード

    及川先生
    ゲイリーです。
    上記のオージートレードで
    緑色の15分×10本のMA以外の上位足が
    全て上向きだったにもかかわらず

    先生は、ショートでエントリー
    見事な利食い!

    なぜ、こんなエントリーが可能なのでしょうか?

    他の方々が、「及川先生は先が見えている」と
    おっしゃるのがわかる気がします。

    お答えいただけると幸いです。

    ※自分はBIGBOSSなのですが、
     グリーンバーはでてきません

     先生はどちらの会社のMT4をおつかいなのでしょうか

    よろしくお願い親します。

    • 先日コメントさせていただいた
      2020年1月16日※欧州時間トレードですが、

      ポンド円&ポンドドルのショートでした。

      17時とトレンドが出やすいタイミングとはいえ
      ポンドドルについては緑(15m)以外の
      上位足が全て上側。

      ポンド円は逆に緑線が下向き。

      ユロポンドに関しても、
      上がるか、下がるか、自分には判断がつきません。

      この状況でのポンド円&ポンドドルのショート。

      「ぐっと下がるかも」とおっしゃり、
      その通りになる不思議。

      その後ユロポンドがぐんぐん上げていき

      きれいな利食い!

      この予想についてお教えいただければ幸いです。
      よろしくお願いします。

    • ゲイリーさま
      コメントありがとうございます。

      >2020年1月16日※欧州時間トレードですが、
      ポンド円&ポンドドルのショートでした。

      ↑二度手間とさせてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

      >ポンドドルについては緑(15m)以外の
      上位足が全て上側。
      ポンド円は逆に緑線が下向き。

      ↑当時の記憶があるわけではないので
      推察も含みますが、

      1.ポンド系通貨ペアの動きにシンクロ性を感じた
      →だとすると「主役的」にきっちり動く可能性は充分。

      2.ただしそれ「上に動き出す可能性」もあるので注視。

      3.17時から一度上抜け?みたいな動きをしたが早い段階で上ひげっぽい流れに。

      「3」からの下落は
      僕からするとよくあるパターンなんです。

      で、ポンド系通貨ペアが揃って似た動きをしたため
      シンクロ性も含め、
      「そんじゃポンドは下げ」という結論になった次第です。

      MAの向きの件ですが、
      上記のような判断をしている間は
      あまりMAの向きはアタマに入って来ませんで、
      おそらく該当動画の際も
      「観ているようで観ていない」
      「視界に入ってはいるが集中して観ている部分が別だった」
      このような状態だったはずです。

      局地的に判断の優先順位がローソク足の動きのシンクロ性に集中した、
      と言えば伝わりますでしょうか?

      分かりにくかったら恐縮ですが
      概ね上述内容のとおりです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • ゲイリーさま

      >2020年1月16日※欧州時間トレード

      ↑過去動画を確認しましたところ
      同日にYouTube動画をアップしていました。

      が、、、
      やったのはポンド円&ポンドドルのショートで
      オージーではなかったです。
      違う日付の動画ではないでしょうか?

      >自分はBIGBOSSなのですが、
       グリーンバーはでてきません

      ↑グリーンバーの件ですが
      結論から言いますとこちらは「バージョンアップ版」に搭載の機能です。

      今年前半に実施していた「TRIBE」の参加メンバーに対し、
      ヨン様がバージョンアップをしてくれました。

      いわゆる「ご参加特典」のような性質ですので
      TRIBEメンバーの方以外にお配りすることは現時点では難しいかも知れません(汗)
      お役に立てず申し訳ございません。

      取り急ぎ以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。
    動画を見て勉強させてもらっております。今年コツコツどかんで15万全損してしまいました。少しショックですが、またいたから頑張ろうと思います。まだ、1回目なので及川先生の6回の無一文を今読ませていただいて、考えを己に刻み、日々精進していきたいと思います。
    話は変わって、
    質問なのですが、一から勉強し直すと先ほど申しましたが、勉強方法が分からなくなってきました。色々なサイトや動画、SNSなども拝見しました。が、理解が追いつかなくなりました。そこで及川先生が今トレーダーとして成功するために培った勉強方法や教材、どのようなことを思ってチャートをみているか(損切り、利確、リスクリワードなど)、そして、いろんな方はノートを作っているそうですが、先生は作っておられましたか?
    真剣にFXをしたいと思っておりますので、長文でまた数多く質問してしまいましたがよろしくお願い致します。
    私はNY時間しかトレードできないので、その時間のトレードをもっとみたいです。

    • 真紅さま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生が今トレーダーとして成功するために培った勉強方法や教材、どのようなことを思ってチャートをみているか

      ↑うーん、実はこれ、
      かなり難しいところですね。

      というのも、
      真紅さんがこれまでどういうスタイルでやって来たか、
      あるいは真紅さんの性格面なども本来であれば考慮に入れたい中、
      つまり本人以外が「こうするべき」と言い切るのは逆にナンセンスだと思うのです。

      ご自身がどのようなトレードスタイルでありたいか、
      あるいは自身に向いているとお考えなのか、
      これらのほうが先ではないかと思ってしまいました。

      例えばファミリータイプのミニバンやSUVが必要性の高い人に
      スポーツカーをオススメしてもダメ、みたいなイメージに近いです。

      >いろんな方はノートを作っているそうですが、先生は作っておられましたか?

      ↑僕はやっていませんでした。
      なんていうか僕は
      「カラダで覚える」みたいなイメージでやっていましたので(笑)

      ただし、
      ノート化したほうがアタマの整理が楽な人もいるでしょうから
      どっちが正解ということはないと思います。

      >私はNY時間しかトレードできないので、その時間のトレードをもっとみたいです。

      ↑こちらはリクエストも多いので
      引き続き心がけるようにいたします。

      取り急ぎ今回は以上とさせてください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん。こんにちは。
    質問とゆーか。悩みを聞いてください。
    及川さんの9月10日のポンドのトレードの件です。

    自分もその時ポンド円のトレードをしてましたが、、、。ロングポジションで損切りです。
    ここからが悩みなのですが、その前日の急激な下落があり、僕の頭の中は、これ以上下がらないだろ!こっから上昇していくだろう!となってまして、ロングの事だけした見えてない状況でした。負ける時はいつもこのパターンです。
    この、思い込みというか、固定概念というか考え方を変えるにはどうすればいいでしょうか??
    よろしくお願い致します。

    • 迷えるトレーダーさま
      コメントありがとうございます。

      >前日の急激な下落があり、僕の頭の中は、これ以上下がらないだろ!こっから上昇していくだろう!となってまして、ロングの事だけした見えてない状況でした。

      ↑なるほど、
      デイトレをやる人にしては珍しいというべきか、
      そこまでの流れを観ることで「方向性」を捉えようとしているのであれば
      一概に悪いとも言いにくいところです。

      ただし「思い込み」は確かに良くないというか
      トレードにおいては「危険」ですよね。

      >この、思い込みというか、固定概念というか考え方を変えるにはどうすればいいでしょうか??

      ↑ご気分を害されることを覚悟して言いますが、
      ここは「どうすれば良いでしょうか?」なんてレベルのお悩みではありません。

      相場をやるうえで
      「固定概念」やそれに対する「固執」
      もう少し言うと
      それによって損切や方向転換が出来なくなる、
      いわゆる「降りられなくなる感情」

      これらはすべて『致命的』です。

      考え方を変えるどころではなく、
      相場でそれやってると
      途中までどんなに儲かっていたとしても
      最後には必ず死ぬ!

      相場とはそういうもの!
      このように思うことでして、
      それが無理なら相場をやらないこと、しか対策はありません。

      ちなみに僕が常に意識しているのが
      「今からやるならどっち?」の見方です。

      例えばロングだと思いエントリーはしたものの
      保有後に状況が変化し、
      「今からやるならショートだな」ということもあるわけです。

      もちろんその見立て自体が間違いであることもあり得ますが
      少なくとも「固執」はしていないつもりです。

      もっとも固執したおかげで最終的に
      利食いで終わることもあるかも知れませんが、
      そういうケースが100回続いたとしても
      上手いこと戻って来てくれないことが
      「たった一回あっただけ」で全損してしまいますよね。

      そもそもエントリー時点で
      「こうなったら損切り」と決めておくことも
      当たり前ながら重要で、
      それ自体が「思い込み」とは別次元で存在すべきです。

      単に固執や思い込みだけでエントリーし、
      損切りすることを一切イメージしていないトレードだとしたら
      それはいずれ全損するのが当たり前ですので
      最低限、損切りメドだけは常に押さえておくことだと思います。
      (ここは本当に最低限です)

      ちょっと厳しめな話だったかも知れませんが
      こうでも言わず、ユルい感覚で継続するほうが
      余程具合が良くない結果になると思いましたので
      お話させていただきました。
      何卒ご理解ください。

      では、
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも為になる動画ありがとうございます。
    久しぶりに一つ質問させてください。
    昨日の及川先生の動画を拝見しました。
    私のイメージとして、及川先生は始めにロスカットすると、倍掛けで次のチャンスにエントリーしているように思います。
    私もその部分は参考にさせていただいております。
    そこで疑問なのですが、
    先月私は資金の9割を失う損切りをしました。
    原因はエントリー後セオリー通りに行かず切れずに難平を繰り返したものだと認識しております。
    そこで多くのトレード仲間や教え子がいらっしゃる及川先生に是非聞きたいことがあります。
    人が大きく損切りをする時というのは、
    ①切れなくなって難平をしたことによるものなのか
    ②それとも倍掛けによる連敗の結果なのか
    どちらがどの程度多い等先生の肌感でご教示いたかたらと思います。
    私の考えは①が圧倒的に多いと考えております。
    やはり損切り不可の状態にならない限りは、再エントリー倍掛けで取り返せるのではないかと考えております。

    併せて先生のお考えも聞かせてください。
    何卒よろしくお願いします。

    • 蓮井さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >人が大きく損切りをする時というのは、
      ①切れなくなって難平をしたことによるものなのか
      ②それとも倍掛けによる連敗の結果なのか
      どちらがどの程度多い等先生の肌感でご教示いたかたらと思います。

      ↑僕も「1」が圧倒的に多いと想像しています。

      ちなみに、、、

      >及川先生は始めにロスカットすると、倍掛けで次のチャンスにエントリーしているように思います。

      ↑実際、そういうケースも多いとは思いますが
      「損切り=必ず倍掛け」かとなると、
      必ずしもそうではありませんのでそこは念のため(汗)

      僕は「動きの出やすい時間帯でのトレード」を意識してまして
      その場合、仕掛けが早すぎることで
      まだ動きが出る前をやってしまうことも少なくないんです。

      僕の基本的考えとして
      「動きやすい時間帯はどこかで大抵キッチリ動く」
      これがあるゆえ、
      大きな動きが始まる前で損切りした際は
      「次は動くべくところをやろう」となる次第です。

      この考え方でいけば、
      本来なら倍掛けをする必要もありませんので
      そこはアタマの片隅に置いておいてください。

      僕の場合、動画を早く成立させたいなどの事情で
      ロットを厚くするケースも結構ありますので。

      それと、生意気ながら
      資金的に余裕もあり、
      極論「その先、さらに倍掛け倍掛けでもいける」
      こういうバックボーンがあることも念のため追記させていただきます。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、体調はどうでしょうか。
    体調不良で休養と聞いた時はびっくりしました。ご自愛くださいませ。
    話は変わりまして、2回目のコメントです。
    そうどんなハンドルネームだったかも自分は覚えてないほど久々なのですが毎回お世話になっております。
    相関関係、パズル理論がバカでもわかるほど一目でわかるツールを開発してくださいと、ヨン様にいってください!
    及川先生の頭脳のような素晴らしいツールをお願いしたいです。
    日夜勉強してますがやはり相関関係、パズル理論でつまづいてしまいます。
    考えすぎて蕁麻疹と腹痛になやんでます笑
    是非、可能でしたらご検討ください。

    • ゼロワンさま
      コメントありがとうございます。

      >体調不良で休養と聞いた時はびっくりしました。ご自愛くださいませ。

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      もう問題なく大丈夫です。

      >相関関係、パズル理論がバカでもわかるほど一目でわかるツールを開発してくださいと、ヨン様にいってください!

      ↑佐藤コーチとヨン様とで
      このあたり、かなり以前から模索してくれているんですけどね。

      「TRIBE」のメンバーには
      かなり良い具合のモノをお渡ししていると思っているのですが
      僕はツールに頼るのがイヤなので使っていません。

      一番厄介なのは
      「急激な変化に対応すること」がツールではどうしても難しいのだと思います。

      逆に言いますと、
      目視でやることでこそ
      急激な変化にいち早く対応が可能となり、
      それが出来ることで他人様より勝ちやすくもなると
      僕は思っているんです。

      とりあえず本件、
      近日相談してみたいと思います。

  • こんにちは。
    昨日の動画拝見させていただきました。
    動画内では最終的に下がっていましたが途中で予想に反した動きをして『まさか、こういう展開になるとは、、』っと及川さんは驚いた様子でしたが今回の様に及川さんの様なプロの方でも予想できない動きをすることはよくあるんでしょうか?

    • たける様
      コメントありがとうございます。

      >今回の様に及川さんの様なプロの方でも予想できない動きをすることはよくあるんでしょうか?

      ↑先の動画レベルでの「想定以上」はそこまで多くはないと思っています。
      けど「常に起こり得る」のは確かですので
      決めつけ、思い込み、固執、などには注意が必要でしょうね。
      (僕自身、気をつけないといけません)

      トレードは「想定外」をいかに少なくするかが重要で、
      極論「想定外も想定しておく」くらいでちょうど良いです。
      意味不明っぽく聞こえてしまうかも知れませんけどね(苦笑)

      ただし、あまりに過度に警戒をしすぎても
      今度はやって大丈夫なところまで出来なくなりますので
      順番としては、

      1.経済指標など事前に波乱の可能性が高い場面は充分注意するか見送る
      2.普段は「普段通り」でトレードをする
      3.「想定」をある程度しておくことで「想定外突入」を察知できるようにしておく
      4.「想定外」が逆に強く伸びることが多いので早期に察知した際はドテンも視野
      5.あるいは「想定外」になった時点ですべてのポジションを落としいったん終了

      想定外への事前想定は
      こんな感じでよろしいかと思います。
      変な日本語ですけどね(笑)

      それでは本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    6月からFXをはじめて、そこから負け続け、及川さんの動画、リオンちゃんの動画に出会い、さらに負け続け、9月でやっと回復の兆しが見え始めているものです。
    いろんな動画を出していただき、目からうろこを何度も落としては、しかし、体というか心に沁みついたクセや欲望で負けパターンを繰り返し、何度も何度も何度も悔しい思いをしています。
    そんな中、心の奥底では、これはFXを通じて、自分の奥底にもった欲や執着をあぶりだして(日常ではここまで激しい感情はだせません)、そこを乗り越えていく必要が、今回の人生では必要っていうのが分かっているように思います。
    この時代だからこそ、あらゆる可能性があるチャンス、飛躍的に魂を磨けるチャンスです。今世がダメなら、もうどの時代に生まれ変わってもダメでしょう。だから、負けても負けても、立ち上がる思いでいます。
    ぼやきながらも、毎日に感謝しつつ、FXも勝てるようになってみせます。(きっとw)
    今日もありがとうございます。
    ※飲みすぎは少々ダメージが大きいですのでお体くれぐれも気を付けて楽しんでください。

    • KGさま
      コメントありがとうございます。

      >心の奥底では、これはFXを通じて、自分の奥底にもった欲や執着をあぶりだして(日常ではここまで激しい感情はだせません)、そこを乗り越えていく必要が、今回の人生では必要っていうのが分かっているように思います。

      ↑こちら、随分と「深い」話だなと思いました。

      特に「日常ではここまで激しい感情はだせません」って部分は
      トレーダーとして大変共感出来ますし、
      こういうところが
      「トレードって人生の縮図なのかも?」みたいに思える所以なのかなと感じました。

      >今世がダメなら、もうどの時代に生まれ変わってもダメでしょう。

      ↑これは凄い!
      めちゃくちゃカッコイイです♪

      FXだけに限らず、
      それこそ恋愛とか仕事とか子育てとか
      あらゆる場面で自身に問うていけたら良いですよね。

      >飲みすぎは少々ダメージが大きいですのでお体くれぐれも気を付けて楽しんでください。

      ↑最近、、、
      飲みすぎた翌日のダメージが以前より一気に増した気がしています。

      これが老いというやつかって
      思い知らされている今日この頃なんですよね(苦笑)

      はい、気をつけたいと思います。
      お気遣いに感謝です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    パルムです。

    大変ご丁寧なご回答を頂きありがとうございました。
    コメント送信後、記載文章に言葉足らずだなと思う部分が多数見つかり私の質問意図が伝わっているか、先生を批判しているように受け取られてしまっていないか等、不安になりましたが完全に汲み取って頂けて嬉しく思います。

    私のトレードの場合、記載させて頂いたような基本戦術プラスアルファで日ベースでマイナス収支になることは月に1度か2度くらいしかありません。
    損切り時は大きめの損失となりますが勝率が高いのでパターン③について疑問は残るものの全体で見れば何の問題ないとの判断で現在に至ります。(損切り後はドテンで一撃で取り戻しにいくか、数回に分けて取り戻しにいくか、その日は諦めるかですがその場のその場で判断しています。)

    >「含み損状態のMAX値」を利食い時にも取りたい、
    >例えば含み損500万円を耐えたナンピントレードであれば
    >当然利食いも500万以上あって然り、

    まさに私も同様の疑問をもっていた次第であります。
    私の現在のロットで記載手法のようなトレードをしますと、パターン③に到達する際にはマックスで140万くらいの含み損になることが多いです(ご回答頂いた例題の500万にすらまだ到達しておらずお恥ずかしいです)。これに対し私の平均利食い額は40~50万程度となっており(損切り後の損失を埋めに行くトレードの利食い額は除外する)、パターン③からの生還でも引っ張れて平均程度の額面で利食いし、逃げれてラッキーと自分に言い聞かせるようにしていました。パターン③の数字だけ見るとリスクリワードは逆1:3です(苦笑)

    500万を現在の私に置き換えると、-140万を耐えたのであれば、+140万を狙う場面があって然り、ということになります。
    本当におっしゃる通りだと思っていましたが、これを狙うことにより逃げれず逆を行き損切りになる回数が増え、勝率のバランスが崩れる。最終的にはトレードロジック全体が崩れるかもしれないことを恐れていました。何よりベースとなっている先生のトレードがチャラ逃げを優先されているのだから黙って真似しておけと思っていました。(TRIBE生ではありませんので、YOUTUBEで公開されている動画のみで勉強させて頂いております。そもそも相談できる相手も師もおりません。)

    ですがご回答のように、動画でなければ狙っていくことも普通にあると知れてすっと腑に落ちました。
    え、やっぱりそうだよね!?というのが素直な感想になります(先生がよく仰っている、上手に聞いて下さいね。です。生意気をいって申し訳ありません)。

    パターン③からの全ポジプラス狙いを即座に実行できるはわかりませんが、まずはこの考え自体を念頭においてみます。
    これが実行でき、且つロジックが崩壊しなかった場合、今以上の資産増加曲線となりえるように思います(実戦値がでないと自信をもってはいえませんが)。その際はどうかお礼をさせて下さい。

    大変参考になりました。本当にありがとうございました。

    • パルム様
      コメントありがとうございます。

      >完全に汲み取って頂けて嬉しく思います。

      ↑批判的な意味合いはまったく感じませんでしたし、
      「汲み取れた」としたなら逆に僕の方こそホッとしますね(笑)

      >日ベースでマイナス収支になることは月に1度か2度くらいしかありません。

      ↑ここは充分想像出来ます。
      それこそ月に一度もマイナスなしでイケる可能性も充分あるはずですよね。

      >動画でなければ狙っていくことも普通にあると知れてすっと腑に落ちました。
      え、やっぱりそうだよね!?というのが素直な感想になります

      ↑いろんな方に申し上げていますが
      僕がとても重要だと思っているのが
      「今からやるならどっち?」
      あるいは
      「今からやるならどうだろう?」
      このような状況判断の随時更新です。

      保有時間が長くなってしまった際、
      エントリー当初の思惑やイメージとはすでに異なっていますよね。

      そんな中、
      例えばナンピン対応した際に戻りつつあるとき、

      1.あそこを逆抜け出来なかったのだから全ポジプラスどころかそれ以上に伸びて然り
      2.もうMA形状もトレンドの雰囲気やマインドも逆側のほうが強い

      このような真逆の状況判断になることが多いと思うのですが
      そういった部分をなるべく客観的にすることで
      決済の強弱は大きく変わるように思います。

      ここがナンピン対応したあとの
      最重要ポイントじゃないですかね。

      で、ここの判断に自信が持ちにくいようなら
      プラ転逃げ、みたいな。

      >パターン③からの全ポジプラス狙いを即座に実行できるはわかりませんが、まずはこの考え自体を念頭においてみます。

      ↑一番良いのは
      エントリー以降、一度も方向性に疑問を持たず、スンナリ勝てることなんですが
      なかなかそうもいかないのが相場ですよね(苦笑)

      >これが実行でき、且つロジックが崩壊しなかった場合、今以上の資産増加曲線となりえるように思います

      ↑そうなったら最高ですね♪
      上記、「状況判断の随時更新」については
      ぜひとも意識なさってみてください。

      では
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは!
    体調が回復してなによりです.

    9/10の動画について質問です.

    僕は普段NY時間をしないのですが
    ・EU時間で大きなトレンドが出なかった
    ・及川先生と同じところでショートし,大きな損切した.
     (僕は1時間足を見る余裕がないので,先生とは異なる根拠です)
    ・19:00越えても,動画が上がらず,「及川先生,今日はNYのトレードを上げる
     な」と思い
    NY時間トレードしました.

    慣れない時間ではありましたが,及川先生と同じところで入り,ナンピンしました.

    しかし,利確が異なりました.

    僕は,21:55の足で切りました.理由は
    ・この時点でプラテンしていたから
    ・EU時間の損切を抱えていたから
    ・1時間切り替え前だったから
    ・慣れない時間でビビっていたから

    ここで質問です.

    及川先生はNYが苦手であり,今回は想定外の動きでした.
    もしあの時PCの不調がなければ,
    どこまで伸ばそうと思っていましたか?
    そしてそこまで伸びるだろうといえる根拠はなんですか?

    よろしくお願いします.

    • マサゴン様
      コメントありがとうございます。

      >・19:00越えても,動画が上がらず,「及川先生,今日はNYのトレードを上げる
       な」と思いNY時間トレードしました.

      ↑これ、ホントですか?
      だとしたら相当なプレッシャーかも知れません。
      それこそ急病で動画出来ない、みたいなのもアウトですよね(汗)

      健康第一で気を付けようと思います(笑)

      >もしあの時PCの不調がなければ,
      どこまで伸ばそうと思っていましたか?

      ↑トレードの、特に決済は感覚的な要素も増えるので
      なんとも言えませんが、
      僕はもともとがチキンのため、ある程度の額面で切っちゃったはずです。

      「どの位置まで」というよりかは
      グンと値が伸びたタイミングなどにしていた可能性が高かったと思います。

      普段あまりやらない時間帯ですので
      なおさらだったはずです。

      カッコイイ答えではなく恐縮ですが
      取り急ぎ本件は以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お疲れ様でございます。
    はじめましてガロン32と申します。

    いつも動画を楽しみにしており勉強させて頂いております。
    またこの度は先生のご体調が回復されまして本当に嬉しい気持ちになりました。ご無事で本当に何よりです(^^)

    さて私事で大変恐縮ですが、先生にご相談させて頂きたく初投稿させて頂きました。
    FX歴3年程で、内2年は上がるか下がるかのギャンブル感覚で適当にやっており、本気で取り組んでから1年が経過した所です。

    資産にゆとりがあったため始めの2年は適当なエントリー、過剰ロットを繰り返し気付けば300万程溶かし、こりゃいかんという事でこの1年勉強に勉強を重ねてきましたが、結果はまたしても300万程負けてしまいました。

    それでも諦め切れないのは、FXは人生を劇的に変える事のできる大いなる魅力可能性があり、実際にFXだけで生計を立てているトレーダーがいることは事実であるということです。

    絶対に諦めたくない、成功するまで諦めない、成功するまでやり続けるから自分は絶対に成功するんだとの不退転の決意で取り組んでいます。

    しかし現実は成功には程遠くコツコツコツコツ勝ってドカンドカンドッカーンと負けてしまい、メンタル崩壊→ギャンブルトレード(ふざけんなよ相場の野郎め怒怒怒)→超攻撃的連射連発乱射乱発→超絶大敗→1週間ノートレ(ストレス極MAX)→頭を冷やす→諦め切れずにまたコツコツ小ロット勝ち(特にここ最近3~4ヶ月は小ロットで10連勝、15連勝と普通に取れるようにはなってきました)

    以上を何度も何度も何度も何度もループしております。

    敗因及び自己分析出来ております。出来ているつもりです。

    損切りしたら一旦PC離れる
    ルール外の事はやらない
    負けて悔しいからって取り戻そうとしない
    熱くなりすぎない

    きっと自分にとってのFXは夢を見ないで、熱くなりすぎず、はまり過ぎずに、ここまで来たらやってやってもいいよ~、小ロットでね、今日は1発目で勝てたからおしま~い、今日は3回も負けたから終わりにしよう、今日は中々相場がわからないからPC閉じよう、みたいにゆるくゆる~く、決して力まずコツコツと副業的思考で、かつFXで喰ってくことなんて考えない方がうまくいくのではないかとも思います。

    でもそうではないと。そうじゃないんだよなって(涙)。極端にそこまでゆるくしすぎるのもどうなのかなとも思っています。

    長文大変恐縮でした。

    及川先生、こんな自分にFXとの向き合い方に対するアドバイスを頂きたくよろしくお願い致します。

    • ガロン32さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >資産にゆとりがあったため始めの2年は適当なエントリー、過剰ロットを繰り返し気付けば300万程溶かし
      >この1年勉強に勉強を重ねてきましたが、結果はまたしても300万程負け

      ↑なんとも優雅な滑り出しだったようですが、
      ここ1年の負けが、本当の意味での「相場の洗礼」だったのかも知れませんね^^;;

      >ゆるくゆる~く、決して力まずコツコツと副業的思考で、かつFXで喰ってくことなんて考えない方がうまくいくのではないか

      ↑確かにこここそが「真理」かも知れません。

      というか、全文拝読する中、
      おっしゃられている内容は「真理だらけ」に感じます(笑)

      ちなみに、現状の僕は
      まさにここで書かれているような
      ある意味とても「ユルい」感じでやってるんです。

      で、そうするから余計勝ちやすいと。

      そうなって来るとポイントは
      「気合など一切入れずにユルくやる」
      「ただしハイロットで!」みたいな感じではないでしょうかね?
      僕はまさにそんな感じですし。

      極端なハイロットはさておき、
      「中ロット」はアリな気がしてなりません。

      要するに一日に取れる利益額が
      そこそこ納得できるレベルであれば、
      それ以外に余計なことはしないで済ませられるでしょうし、

      さらには
      「どうせ同じ利益なら時短で済ませたいわ」ってことで
      チャートに張り付く時間も絞るようになるのでは?

      「ユルい」っていうと言葉は悪いですが
      「集中」って方向に意識を持っていくと良いように思います。
      やってることは同じですからね。

      そもそも「ユルくしたほうが勝てる」って
      凄い話だとは思いませんか?

      以前、プロ野球の新庄選手がテレビで、
      「シロウトは投げ始めからチカラを入れる」
      「プロは球をリリースする瞬間だけチカラを入れる」

      で、実際にそのアドバイスを受けたタレントが
      一気に強い球を投げられるようになったのを観て
      僕は大変勉強になったのを思い出しました。

      やってやっても良いでやる
      なんならやらない
      勝ったら勝ち逃げ
      ノーポジ最強

      これらをユルいと取るか、
      それとも「やるときだけ真剣に集中してやる」と取るか?

      ここが重要な分かれ道なのではないでしょうか。

      ガロンさんの書かれた内容がユルいとするなら
      僕くらいユルいトレーダーもいないくらいに僕はユルいわけです。

      でも、、、ちゃっかり勝てているのは
      「やるときは気合も胆力も判断力も全開!」
      こういう側面もあると思うんですよね。

      とてもアタマの良いかたとお見受けしていますので
      ここまでお話すれば充分な気がしています♪

      もし不足がございましたら
      そこは遠慮なくメッセージをお寄せください。

      ひとまず以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    いつも動画とブログを楽しみに拝見させていただいております
    いつの間にか月、木曜日が日課になってしまい動画が更新されないと、どうしたのかな?と勝手に不安になってしまいます 汗
    この度初めてコメントさせていただくのは、感謝の気持ちをお伝えしたく
    FXを始めて6年目二度目の人生プラテン致しました。
    というのは前回は3月相場にボラが出たのをチャンスに思いいつもよりも本数を打ち結果プラテン達成、しかし2日後に調子に乗り普段は見ることのない金額のマイナスを見て残高にまだ余裕があるため切るに切れず全損 泣
    それからはメンタルが崩壊し見るだけで少しトレードはしたものの気持ちも入らず昔のトレードの本や動画を見て過ごしていました。
    8月末に彼女からどうせやるのなら使ってない貯金入れてやれば?あなたは及川さんの手法を真似て上手くいってるのに資金に余裕持たずにやってるからメンタル壊れるのよ!いつもの10倍にしていつも通りやれば?
    と言われて入金しいつも通りに及川さんの真似てやって見たところとても楽
    陰線一本取るだけで満足して終われます。あと伸びても知ったこっちゃねぇ
    少し資金が増えた所のタイミングでプロコンの最安値の告知!
    迷わず購入!するとpipsだけで金額見なくてトレード出来ます。というよりpipsの方が気になってしまう メンタル余裕
    今月すでに800pips獲得で余裕のプラテンです。
    更にこれを資金にトレードも余裕がありやってやってもいい精神でやれてます。
    こんなもんでいいやのところで一括決済ポチっ 後はPCから離れてしまいます
    やっとここまで来れました 及川さんのおかげです。
    これからも動画を参考にしてメンタル保ちます。
    お体ご自愛下さい。

    • AN&Kさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >いつの間にか月、木曜日が日課になってしまい動画が更新されないと、どうしたのかな?と

      ↑とてもありがたいお話なのですが
      そうなるとますます休めませんし、
      健康管理も重要かも知れません、もうトシですし(苦笑)

      >8月末に彼女からどうせやるのなら使ってない貯金入れてやれば?あなたは及川さんの手法を真似て上手くいってるのに資金に余裕持たずにやってるからメンタル壊れるのよ!いつもの10倍にしていつも通りやれば?

      ↑これは凄い!!!!
      彼女さん、最強すぎますね。

      僕なんかへの感謝はどうでもよく、
      100%彼女さんへ振り分けたほうが良いと思います(笑)
      それにしても凄い・・・
      感動しました。

      >メンタル余裕
      今月すでに800pips獲得で余裕のプラテン

      ↑実に良い感じなのがビンビン伝わってきます♪

      >トレードも余裕がありやってやってもいい精神でやれてます。
      >こんなもんでいいやのところで一括決済ポチっ 後はPCから離れてしまいます

      ↑素晴らしい、最高ですね。

      繰り返しになりますが
      本件の恩人は100%彼女さんです。

      アレを言える人はそうはいないはずです。
      トレードで増やした資金でどうか幸せにお過ごしください。

      気が早いかも知れませんが
      間違いなく良い夫婦になることでしょう♪

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 9月14日の動画を拝見させていただきました。
    前回の質問のご返信と動画にて丁寧なアンサーを頂きありがとうございました。

    14日は私も先生とほぼ同じ所で同じ根拠でGBP/USDのエントリーと利食いをしていました(^^)
    先生のお陰で更に勉強しようと思い、自信も上がりました。
    FXは若輩者なのでこれからも精一杯精進いたします。
    またコメントすることもあると思いますが、何卒よろしくお願いします。

    シンガポールでも様々なお仕事等あると思いますが、体調を崩されませんようご自愛ください。

    • 岡山のガチ速ヒロポン様
      コメントありがとうございます。

      動画でご紹介の件、
      こちらこそありがとうございました。

      今後も事前許可なしでやりますので
      どうかご理解くださいませ^^;;

      >14日は私も先生とほぼ同じ所で同じ根拠でGBP/USDのエントリーと利食い

      ↑もっと楽に勝てて良い場面でしたが
      最近は動きがどうにもノロいですよね(苦笑)

      ただし、ああいう場面が美味しそうと思えるなら
      基本としてしっかり押さえておいて欲しいところです^^

      ご丁寧にありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、お久し振りにコメントさせて戴きます。

    いつもはブログの内容とは無関係にFXの事についてアドバイス頂いていて、とても恐縮していたのですが、ようやく僕にも師匠に「逆アンサー」が出来る話題がありました。

    僕はもう20年近く完治の難しい病気を患い、6度の手術を受け、今尚生きながらえてるわけですが…「死」というものは中高生くらいから考えていました。

    その時は「死」は生き物全てに共通する恐怖という理解でいました。

    が、ある時突然降りてきたのです。

    作曲家がメロディーが突然浮かぶ時「降りてくる」と表現するのですが、それと同じように…

    それの結論は「え、たったそれだけの!?」というものでした。

    「生」があるから「死」がある。
    両者は対局であり対であるもの。

    が、「死」によって、財産や意思は愚か名前や友人全てを剥奪されて「無」へと還る。ですが、よく考えて見ればそれは「生まれる」事によって得たもの。

    名前、両親、肉体、五感、その後の生きる事によって友人や財産や才能や努力によって色んな能力を得て人生を送る。

    が「死」によって全てが剥奪されるというより元から我々は何も持たずに生まれてきたのです。名前も魂も意思も。

    前世の記憶を持って生まれる人がいるかはわかりませんが、僕は少なくとも生まれる前の記憶が無でした。

    その”無”が恐怖であるか?と問われれば、そこには恐怖も安らぎもない。何せ”無”なんですから。

    そこで考えてみたのです死に対する恐怖は冷たくなった遺体や惨たらしい死に方をした人達の骸や、それを描いた映画や小説、宗教によって人に刷り込まれたものではないか?

    どんなに幸福な人生を送っていても、突然殺人鬼に刺されても、惨たらしい遺体にされても、生きたまま獣に食われても、”死”は”死”なのでと。

    手塚治虫の”ブッダ”の中では本当に飢えた獣に慈悲の心から生きたままその身を食われると言う描写が出てきます。
    僕はそれが出来る人は心から尊いと思います。

    僕らはそうして数多の命の犠牲の上に生きてるのですから。

    結論、「人は”無”から生まれて”無”へと還る」ただそれだけの事。

    天国も地獄も前世も来世も人の魂を救済する為に人が信じたいと願うものではないか。
    魂のリサイクルが繰り返されるなんて聞いた事もない。

    もし生まれ変わって山にでもなったら、途方もない時を生きるのか?星にでも生まれようものなら気が狂いそうになる時間を生きるのか?
    ともすれば、そこらの虫に生まれ一瞬の命を生きるのか?

    な〜んて事を人に話したら、瞬く間に”変人”扱いされ、災いの元になるのでこんな事考えても話さないでおこう。他者に己の思想を押し付ける事こそ愚の骨頂。生や死の観念など人それぞれ、それでいいのではないかと…

    そんな風に言いながらも最後には僕も「死にたくない!」と浅ましくもがくのかもしれませんが、願うなら切望する事も絶望する事もなく”死”と向かい合える人間でありたいと思います。

    さて、コロッと話は変わって、最近トレードで考えるのは師匠のトレード動画やガチ即で出てくる言葉。

    ”オーバーシュート&損切り=ドテンではない” VS “行くべくが行かないは逆に強い&ここを打ち抜いたら逆に強い”という一文です。

    それは平行線であったり逆行上位脚であったり様々ですが、ここ実線出たら切るところで、次の脚が同じくらい長いロングなら陽線、ショートなら陰線が出るような時です。

    これに対し心の中のオーバーシュート師匠は「一旦切って入り直せばいいんじゃないですか」とお答えになるのですがこれが本当に逆行くものなら、「抜けの戻し」ってなり、ドテン派の師匠は「僕はここ俄然足しますよ!」って言う師匠が頭の中で対立します。

    そうすると「まだMAの角度が生きているうちは切らなくていい」ってアドバイスあった」とか「ボリンジャーが垂れてるから切らなくていい」ってデイトレ大百科かどっかであったとか思い出してるうちに…

    あ、この「1時間足さっきまでと真逆に向いてるよ」とか「ボリンジャー開いてきた〜!」とかなってる事も様々。

    「あ〜確か師匠、「僕が逆の事言ってる時は時系列で後の方を信じてください、経験値が違いますから」」

    僕「あ〜情報量が膨大で”どっちの師匠”が後だったっけ〜!」とパニック。
    師匠「僕は普段怖いとこをやれって言ってるんですけど、本当に怖い事になったら…」
    僕「←この後何て言ってはったっけ?YouTubeの動画量が多過ぎて、セリフ一つ探すの至難の技〜」

    すると3人目の師匠が寝っ転がって鼻ほじってPSやりながら「そんなややこしいとこやんなきゃいいじゃん。ノーポジ最強!」

    僕「う…ごもっとも、だけどややこしいと判るのは出来上がったチャートを見てわかるのであって…」
    3人目の師匠「じゃあ、ややこしく感じたらやめなさい」

    あ、自己完結してしまった。

    と長々と頭の妄想の漫才を繰り広げましたが、丁寧に答えてくださいる師匠の事だから、1行1行に答えて貰うのは恐縮なので、要は1行目の

    オーバーシュートVS逆に強い

    この判断なんですけど…長々とすいません。つい頭の中のボケとツッコミを入れてしまいました。

    追伸:師匠が高熱を出された時は「もろコロナの症状じゃん!」と本気で心配しました。陰性と聞いて本当に安心しました。

    • 近江戦闘妖精さま
      お久しぶりのコメントをありがとうございます。

      拝読させていただきました。
      大変勉強になると共に共感させていただく箇所も多々あります。

      >死に対する恐怖は冷たくなった遺体や惨たらしい死に方をした人達の骸や、それを描いた映画や小説、宗教によって人に刷り込まれたものではないか?

      ↑ここは本当にその通りじゃないかなぁと
      僕もおぼろげに思っていました。

      >どんなに幸福な人生を送っていても、突然殺人鬼に刺されても、惨たらしい遺体にされても、生きたまま獣に食われても、”死”は”死”

      ↑ここもかなり同感です。
      遺体にはすでに魂が宿っていない以上、
      そこに意識や感慨を置くのは
      現世を生きている側の人たちの勝手な思いでしかないって
      そんな風にも思ってしまうんです。

      >な〜んて事を人に話したら、瞬く間に”変人”扱いされ、災いの元になるのでこんな事考えても話さないでおこう。

      ↑そうですね(笑)

      今回面白いなぁと思ったのは
      多くの人が実はこの手のことを考えているけど、
      他人様に話す機会やタイミングってそうはないって部分でした。

      それでいて
      誰かが口火を切ると、
      結構それぞれ「思うところ」はちゃんとあるものですよね。

      >「あ〜確か師匠、「僕が逆の事言ってる時は時系列で後の方を信じてください、経験値が違いますから」」
      僕「あ〜情報量が膨大で”どっちの師匠”が後だったっけ〜!」とパニック。

      ↑後半のトレードの話、
      面白過ぎて、もはやご相談なのか漫談なのか分かりませんでした(笑)

      >オーバーシュートVS逆に強い

      ↑僕の中ではこれ、「場面が違う」んですよね。
      オーバーシュートに遭遇ってときは
      イメージとして上昇中をショートで立ち向かってしまった時で、
      上位足もその先にはもうない、みたいな感じです。

      一方「逆に強い」は1時間足MAを逆抜けするかしないか?ってタイミングで
      逆抜けした先にさらに他の上位足MAがある、みたいな。

      ただし後者については
      全MA抜けまで耐えるの?ってときに全然そうではなく、
      その前のキレイなチャート形状状態、
      つまり「スンナリ勝てて然り」の状況から
      まったく利が乗らずにグズグズし、徐々に、あるいは時には一気に状況が変化する、
      そんな感じで捉えているので、
      「気持ち悪い!」という感覚は結構早い段階で感じることが出来ます。

      その時点で
      「あ、、、これはいったん降りとくか?」
      「逆に強いパターンも想定しておこう」
      みたいになるわけです。

      オーバーシュートのときのほうが
      「いや、ここはまだ大丈夫」
      「逆抜けしきれないで戻ったらむしろ元の方向へ順調に伸びるはず」
      こんな感じで観てられることが多いです。
      (損切りは済ませておいた上でってときも多いですが)

      この違い、、
      具体的なチャート事例に遭遇した際、
      それを実例としてお伝えする形でないと
      なかなか正確な意図の伝達は難しいかも知れません。

      ※それぞれのケースがYouTubeの過去動画にはあるはずなんですが。

      ひとつ思い当たることとしては、

      「オーバーシュート」は
      「ここを逆抜けされたら仕方ない」ってラインが『明確』なことが多く、
      それゆえオーバーシュートの可能性を意識した際は
      少しがんばって粘りたくなる気持ちが生じます。

      「逆に強い」のほうは、
      損切りラインが「明確ではない」というか、
      次から次に「その先」があったりすることで
      損切り判断がある意味とても難しい、あるいは曖昧なケースが多い記憶です。

      あとからもっと良いお伝えの仕方があったら動画なので対応しますが
      今日のところは取り急ぎ以上とさせてください。

      >師匠が高熱を出された時は「もろコロナの症状じゃん!」と本気で心配しました。

      ↑僕もそう思ってはいたのですが
      けど「咳は出ない」「呼吸器系がキツかったわけではない」ってことで
      「ほなコロナちゃうか~」ってひとりミルクボーイをしてました(笑)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    先日の返信ありがとうございました

    及川先生が、なぜ自分が及川先生を凄いと思うのか
    一つの言葉を知って
    理解を深めたつもりです。
    その言葉は

    「前に進める人はミスをしない人ではなくて、フォローできるからミスを恐れない人、投げて後悔をしてしまえば、すべて終わる、探せば道は見つかります」

    です。

    • 溜箭さま
      こちらこそありがとうございます。

      >「前に進める人はミスをしない人ではなくて、フォローできるからミスを恐れない人、投げて後悔をしてしまえば、すべて終わる、探せば道は見つかります」

      ↑とても良い言葉ですね。

      ちなみに僕も知らない世界、詳しくないジャンルについては
      ミスをとても恐れるタイプだと思っています。

      つまり「ミスを恐れない」ようするためには
      そのジャンル、自分が取り組み種目に対し、
      日々造詣や自信を深めていくことなのかも知れませんね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、リオンさん、スタッフの皆様こんばんは
    渡邉大生(ワタナベダイキ)です。
    いつも楽しみにしています。

    久々に7桁乗りました。

    決して少額スタートではなかったですが、(30スタート)とりあえず一週間で100に乗りました。

    及川さんとリオンさんのやり方を参考にしつつ、うまくはまりました。

    ゴールドでこれだけ綺麗にとれたのは、ある種のテクニカル分析が効いていたのかもしれませんσ(^_^;)

    次は、月間トータルで勝てるようにしたいです。
    実はまだ、月間トータルで勝ったことはないので(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
    ロット現状維持でも充分イケると思うので、先ずは200を目指していきたいと思います。

    • ありがとうございます!

      無理せず、焦らず、増やせていければいいかなと思っています。と言いながら、今週もトータルで勝った形で終えることができました。

      ちなみに、160は超えてしまいました

      具体的な金額を意識しすぎるとたしかにブレかねないので、先ずは月間トータルで勝てることを考えていきたいです。

    • 渡邉大生さま

      >ちなみに、160は超えてしまいました

      ↑凄まじいペース(苦笑)

      >具体的な金額を意識しすぎるとたしかにブレかねないので、先ずは月間トータルで勝てることを考えていきたいです。

      ↑そうですね♪

      ちなみに僕の場合は
      「とりあえず今日をプラス抜けで!」
      ここにほぼ100%注力しています。

      一日単位でプラスでさえあれば
      一番間違いない、と思っているからです(笑)

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 渡邉大生さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >(30スタート)とりあえず一週間で100に乗りました。

      ↑凄いペースですね(汗)
      まずはおめでとうございます♪

      >次は、月間トータルで勝てるようにしたいです。
      >ロット現状維持でも充分イケると思うので、先ずは200を目指していきたいと思います。

      ↑目標を掲げるほうが良い人もいるかも知れませんので
      なんとも言えませんが、
      あまり数字的な目標には固執しないほうが良いかも?と
      個人的には思っています。

      「あと少しで達成」みたいに意識すると
      そのためだけにトレードしてしまったり、
      でもって、それで負けたら乱射につながりかねなかったりなどなど。

      良い意味で気楽にやり、
      気付いた目標を軽く突破していた・・・
      なぁんてのが理想でしょうね(笑)

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    大変お世話になっております。

    証拠金&ロットを上げることに成功したのですが

    ロットの魔法で利益がすぐ出るので
    なまじっか「負けてもすぐとりかえ返せる!」と変な自信を持ってしまい。

    利益がたくさん欲しくなり

    自制が効かなくなり一日に何度もエントリー
    無駄なエントリーで無駄な損切
    損切分以上に利益を確保したく利を伸ばす

    最悪な精神状態です。

    旦那には一日の目標額を決めろと
    そんなに稼ぎたいのか?
    私は「やるからには億トレーダーになりたい」と返事しています←本気です

    以前は否定的でしたが

    やめようかなぁと弱音を吐くと
    「一度自分でやると決めたことは最後まで頑張れ、納得のいくまで極めろ」
    と応援してくれています。

    現状を正直にお話すると、証拠金は2~5万から10万にして
    利益は出金するというスタイルです。
    かなりのハイロットでエントリーしています。

    トレーダーとして
    次のステージに行くにはどうしたらよいでしょうか?
    ふざけた質問ですみません。ですが私は真剣に悩んでいます。

    こんな私にアドバイスよろしくお願い致します。

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ロットの魔法
      >「負けてもすぐとりかえ返せる!」と変な自信
      >利益がたくさん欲しくなり
      >自制が効かなくなり一日に何度もエントリー
      >最悪な精神状態です。

      ↑なんと・・・
      最近は良い感じなのかと想像していましたので
      正直困惑します。

      内容を伺う限りでは、
      不本意でしょうがロットをいったん下げたほうが良いかも知れませんね。
      現状は単に「ギャンブル度があがっただけ」の状態に見えますので。

      >証拠金は2~5万から10万にして
      利益は出金するというスタイル

      ↑これは「2~5万円」だったのを10万円に増やした、という解釈で合ってますでしょうか?
      だとするなら証拠金はそのままでロットを以前のように落とす、というやり方も一考だと思います。

      ちなみに以下の2つのやり方について・・・

      1.余分な資金はあえて入れず、その中でハイロットにて集中してやる
      2.充分余裕のある資金を入れておき、利食い額も損切額もストレスのない金額でユルくやり

      どっちが良いのかは人によりますが
      一般的には「2」のほうがストレスがないようです。
      (僕は「1」についても肯定派なんですが)

      上手に聞いて欲しいのですが、
      ロットを引き上げたことでトレードが乱れるとしたら
      それはまだ「そのロットでの利益や損切額」が
      ご自身にとって過剰なのかも知れない、という部分です。

      「器」なんて言葉を使うと
      その人自身の器が小さいみたいに聞こえてしまうかも知れませんが
      決してそうではなく、
      それまで生きて来た中の金銭感覚などから生じる
      「お金に対する感覚の器」が現状まだ小さいのかも知れません。

      僕が思うにこれは
      真面目に生きてきた証だって話でして
      決して恥ずべきことではありません。

      ただし「お金を稼ぐ」という部分については
      例えば「他人を出し抜いてでも!」みたいな
      「したたかさ」「ズルさ」が
      トッポく生きてきた人と比べるとどうしても弱い・・・

      そういうところに起因しているのではないかって
      思うんですよね。

      相場の世界ってやはり「戦場」でして、
      その場合「やらねばやられる」わけです。

      道端で敵国の兵士とバッタリ出会ってしまった際、
      どんなに優しそうで、良い人そうで、良い家庭人っぽく見えても
      相手が銃を構える前に撃たないとこちらが撃たれる・・・

      なんていうか
      「タマの取り合い」をしているところだということについては
      一度しっかり認識をし直す必要はあるかも知れません。

      もっとも、普段の日常で
      いちいち他人様を疑ってかかるように急変して欲しいわけではありません。

      あくまで「相場の世界」において
      したたかさやズルさ、あるいは「ちゃっかりさ」など、
      「お人好しの真逆」要素で挑む必要があるということ。

      で、そのあたりを突き詰めて考えた際、
      「そんなドロドロした世界はイヤ!」ということであれば
      一度相場からは離れたほうが良いようにも思います。

      あ、完全にやめるかどうかは別で
      いったん離れてみて、そこであらためてどう思うか?です。

      僕自身、心苦しい中
      それでも言わねばならぬことのひとつに、

      相場の世界って
      『みんなで仲良く稼ぎましょう』なんて甘い世界ではないって部分。

      やる人はやるし、
      そうでない場合「やられる側」になる・・・
      これが現実なわけです。

      >「一度自分でやると決めたことは最後まで頑張れ、納得のいくまで極めろ」
      と応援してくれています。

      ↑つくづく素敵なご家族、
      ありがたいご家族ですね。

      今回は少々辛口なお話だったかも知れませんが
      正直なところ、もっと辛口な話もしようと思えば出来ますし、
      実際相場は甘い世界でもないですからね。。。

      やらねばやられる世界。

      ここについて
      どこまで立ち向かう意識や覚悟があるか。

      良い機会なので一度じっくり考えてみてはいかがでしょう。

      おそらくはご家族も、
      そして僭越ながら僕も、
      ようさんの出される結論がいかなるモノであっても
      それを支持するはずですので。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画を拝見しております。とても勉強になっており、感謝しています

    この度は生活習慣に関する質問にお答えしていただきたく、こちらに来させていただきました。
    私は小さな誘惑によく負けてしまい、生活習慣を乱してしまいがちです。そこで思ったのは、これがトレードなら、変な負け癖で、これを直さなければ勝てないなということです。
    質問というのは、及川先生を始め、トレードや株などで成功している方々は、私生活でも締めるところは締めていますか?及川先生もエアロバイクなどはされていて、健康維持には努めておられると思います。しかし、私生活がぐちゃぐちゃでもなんとかなるものですか?しっかりトレードなどで稼いでいる方々はそのあたり、どうなのでしょう?というとろを教えてもらえませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • Yoshishiさま
      コメントありがとうございます。

      >私は小さな誘惑によく負けてしまい、生活習慣を乱してしまいがち
      >トレードや株などで成功している方々は、私生活でも締めるところは締めていますか?

      ↑僕はダラしないところも山ほどありますので
      エラそうに語ることなど本来出来ませんが、

      トレードでもビジネスでも
      上手くいっている人の多くは自己管理も上手ですね。

      おそらくですが、
      「こうなりたい自分」のイメージが明確で
      明確ゆえに「今なにをすべきか」もイメージ出来るのではないかなと。

      人間って
      「やるべきこと」がしっかり理解できたら
      それをやることは出来ると思うんです。

      多くの人は
      なにに邁進すべきかがイマイチ明確ではないため
      全力で取り組むことが出来ないのでは?
      僕にはそんな風に見えるのです。

      生活習慣について、
      乱れるよいは乱れない方がいいのは当然ですが、

      それ以前の段階で
      「自分がどうありたいか」「どんな自分になりたいか」
      ここについて、より具体的なイメージをすることは
      強くオススメしたいです。

      で、そのイメージが明確であればあるほど、
      「そのために今、何をすべきか」が明確になり、
      おのずと生活習慣も整ってくるように思います。

      ちなみに、生活習慣の乱れが
      職場など外部環境によるものだとしたら、
      そこで得られる報酬などどの兼ね合いもあろうかとは思いますが
      僕ならその職場で良いのかどうかまでしっかり考えるはずです。

      なぜなら
      自分がナニかに取り組もうとする際、
      その継続や達成を困難にするモノは
      なるべく排除しなければならないと思うからです。

      あれ、話がズレてますかね?(汗)

      僕自身は正直そんなにしっかりした生活習慣ではありませんが
      ただし「やると決めたことはやる」という傾向は強いです。
      それがエアロバイクだったり、筋トレだったりということですね。

      ご参考になれば幸いです。

  • いつも動画拝見しております。
    おかげさまで最近勝率が上がっており、1週間単位での勝ち越しが増えております。
    ただ、たまにやらかすので、資金が少しずつしか増えてない状況です。

    本日の質問ですが
    最近の相場の傾向として、伸びだしたら押し目を付けずに一直線に伸び、入りどころがないというような状況です。
    いつも大体16時からチャートを見はじめるのですが
    チャート自体は12時ごろから下げはじめ、17時くらいまで下落トレンド
    その後15分MA,1時間MAを上に抜け、少しモジモジした後一気に40~60PIPS上昇みたいなことに良く出くわします。

    一旦動き出すと止まらないので、その前の段階でエントリーしようと思っていますが

    今の戦略としては16時から15分、1時間MAが下向きなら
    ピンク線~15分MAあたりまで戻ったところでひたすらショート。

    15分MAを逆に抜けられ1時間MAを抜けて終わったら損切して少し様子見。
    一応保険で半分だけドテンロングする場合もあります。
    そこからモジモジしつつ少し下がったところで、本命のロング。
    このような戦略を取っていますが、この方法で問題ないでしょうか?

    それとももう少し待って
    ①上の抵抗線をブレイクでロングエントリー。
    ②または、15MAが上向きになりローソクがタッチしたところでエントリー。

    どちらかまで待ってエントリーした方がいいのでしょうか?
    ②を待った場合、入り損ねる恐れがあるので、先にエントリーしてしまうことが多いのですが
    最初の戦略はエントリーが早すぎるのでしょうか?

    チャートが無く、文字ばかりで大変わかりにくいと思いますが
    アドバイスいただけますと嬉しく思いおます。

    • ラッキーマンさま
      コメントありがとうございます。

      >最近の相場の傾向として、伸びだしたら押し目を付けずに一直線に伸び、入りどころがない

      ↑動き自体も随分ゆっくり、
      なんなら「ダラダラ」っとした感じさえしますよね。
      確かに僕も最近の相場はやりにくさを感じています。

      「今の戦略」について拝見しましたが
      どうでしょう、総じて「早い」ような気はします。
      ただし、そうすることでハマる機会もあるかも知れませんので
      そこは正直なんとも言えないですね。

      >それとももう少し待って
      ①上の抵抗線をブレイクでロングエントリー。
      ②または、15MAが上向きになりローソクがタッチしたところでエントリー。

      ↑僕のイメージでは
      こっちのほうがスンナリ勝てる機会が増えるイメージですが
      さていかに^^;;

      >②を待った場合、入り損ねる恐れがあるので、先にエントリーしてしまうことが多い

      ↑ここは僕もそうですね。
      1.「置いていかれたとき用」に入っておき
      2.本来入りたかったところで追加
      こんなパターンが多いです。

      「打ち手」にはその人なりのタイミングもあり、
      また利食いや損切りの判断はさらにその人の性格なども左右します。

      よって文面のみでは一概に言えない部分が多いことは
      どうかご容赦ください。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん

    こんばんは、2回目の投稿です。
    1回目の投稿からトレード回数を重ねてます。
    経験がないので予想に反したチャートの動きに弄ばれています。

    Pipsを取ることを念頭にチャートを見て仕掛けを行いポジションを持ちますが上手くはいかなく、ポジポジ病であったり、思考停止していたり、感情的なエントリーを繰り返しました。

    私は0.01ロットでリアルトレードで実験を繰り返しています。
    もちろんその中でもお金を失っている感覚はあります。
    それに一度獲得できた大量のPipsの幻想が消えなくて20Pipsを目指していて状況把握を怠ることもありました。

    今はFXを初めて多分2ヶ月が経過しました。
    そして、ここ最近はルール決めに集中してます。

    ルールの内容は、周りの皆さんと特に変わりはないと思います。

    でも、今朝作ったルールは私の中では今後のトレード人生の中で核となるルールです。

    原因は、前日自棄になり大量にエントリーポジションを持ってしまい大量のマイナスをだしました。(オージーテクニカルあとから効いているに気づいたパターン)普通なら絶対やらない事です。

    ロッドが小さいのでメンタル実験の意味も込めて実行しました。
    そして今朝起きた時に、ものすごく気分が悪かったです。(最悪・最低です)
    理由は、負けたから気分が悪いのではありません。
    自棄になって実施したエントリーの行為で気分が悪かったです。

    そこで、今朝決めたルールは、「負けトレードでも、勝ちトレードでも、翌朝気持ちよく起きれるようにトレードを行う」です。

    その為に、
    ①・・・根拠を持ってトレード行う。
    ②・・・根拠が崩れたら即撤退。
    ③・・・②で崩壊している状態なのに、もしかしたらの一発逆転狙いでナンピンでの逆張り、順張り、は最悪、最低なトレード。(私の場合です)

    そして今後は、根拠が崩壊している時は、損切して次に行く。
    ですが、大前提は、損切しないで済むトレード技術を身につけれるように頑張ります。

    ちなみに本日のトレーも、負けました。
    でも、すべて自分なりの根拠をもって挑みました。
    そして損切もその根拠の部分でしっかりできたました。

    次の課題は、エントリーのタイミングとエントリーするべき通貨ペアの発見反射神経を磨きます。

    今日はいいトレード日でした。

    これからも動画で勉強させていただきます。

    宜しくお願いします。

    • 130さま
      コメントありがとうございます。

      >負けたから気分が悪いのではありません。
      自棄になって実施したエントリーの行為で気分が悪かったです。

      ↑トレーダーなら
      誰もが経験するヤツのはずですね。
      もちろん僕も含めてです。

      >今朝決めたルールは、「負けトレードでも、勝ちトレードでも、翌朝気持ちよく起きれるようにトレードを行う」です。

      ↑なるほど、
      それをするために
      「まずはルールを守るを徹底」という考え方は
      確かにアリでしょうね。

      ルールを守ってても勝てない場合は
      ルール自体を修正すれば良いという順番になりますので。

      >次の課題は、エントリーのタイミングとエントリーするべき通貨ペアの発見反射神経を磨きます。

      ↑ここは手前味噌で恐縮ですが
      僕のYouTube動画などもそれなりに参考になるかも知れません^^

      今後、アタマに置いておいて欲しいことに
      「トレードに100点満点などない」
      「たったひとつの正解を求めるのは無意味」
      これらです。

      クルマのハンドルにも「遊び」があります。
      それがないとかえって危険だからでしょう。

      トレードの場合「遊び」とはい言わないかも知れませんが
      「含み」みたいな表現には近いと思います。

      「こうなったらこうなるはず!」の「はず」が曲者で
      こうなるはずがそうならないときも普通にあるのが相場で、
      また、その際は逆に強く伸びたりするのも相場。

      こういうところを逆にしたたかに応用し、
      「ちゃっかり勝つ」みたいなズルさも持って欲しいなと思いました。

      今後、付き合っていけば分かる部分も増えると思いますが、
      「正確な攻略法」みたいなモノをあまり固め過ぎず、
      どちらかというと「生き物としての機微を観る」ほうが重要かも知れませんので。

      あ、、、
      そう言う意味では

      >次の課題は、エントリーのタイミングとエントリーするべき通貨ペアの発見反射神経

      ↑これは実に良いテーマですね。
      さすがです♪

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めまして。

    いつもyoutubeのトレード動画を勉強教材として学習させていただいております、
    YMBと申します。

    FXism等を受講していない身でご質問するのが大変恐縮ではありますが、
    現在検証を続けているトレードスタイルを継続して良いのか、
    迷いがでてしまったため、及川先生にアドバイスを頂けないかと思い、
    こちらにてコメントをさせていただきました。

    ▼以下、ご相談内容(長文になってしまい申し訳ありません…)
    【私のトレードスタイル】
    ・トレード時間:欧州時間(15時-18時)※15時台は基本静観
    ・通貨ペア:欧州系通貨ペア(EUR/JPY、GBP/JPY、EUR/USD、GBP/USD)
    ・資金管理:1日の損失許容額は資産の20%、1日の獲得目標は資産の10%
    ・ポジション:通常1ポジション。損切りラインまで来たら1ポジのみ計画ナンピン
     の場合有り
    ・設定lot:資産の増減を翌日のlotに反映
    ・トレード戦略:1時間MAの角度と方向性を重視しながら、
     欧州時間初動のMA密集時を狙ったスキャルよりのデイトレード
     1勝0敗 or 0勝1敗で、1日のトレードを終了 ※チャンスが無ければノートレード
    ・勝率:70.1%(約2カ月半の実績)

    【ご相談①】
    ・このトレードスタイルで損大利小と共存は可能なのか?
    →大量のpipsを狙うことはなく、1日10pipsで10%の利益がとれれば大感謝!
     という気持ちで、相場と向き合っていますが、
     連敗が続くと、この少ないトレード数かつ勝率だと、損大利小の世界では
     生き残っていけないのかな?と不安になっております。
     まだまだ検証期間が短い中なので、長期的に見れば成果がでるのかもしれない
     のですが、直近5日間の結果だけ見ると、順調に増加していた資産が、
     スタート時点の資産に戻ってしまったため、
     このループを繰り返すのだけは避けたい…といった状態です。
     ※スタート地点の資産に戻ってしまった原因として、
     約40%ほどのルール外の損切りをしてしまったことも一因にあります。

    【ご相談②】
    ・ポジション数の変動は必要なのか?
    →エントリーの際には、1発だけポジションを持つルールでトレードしていますが、
     やはり優位性が高い(ここは勝てるかもしれない?)という場面では、
     ポジションを増やさないと、勝率だけでは資産が増加しないのかな?と
     不安になっております。
     ただ、何をもって優位性が高い低いを判断すれば良いのかの材料がないため、
     現状は、一定のポジション数でトレードするようにルール化している状態です。

    ご相談内容は以上になります。

    このトレードスタイル自体、
    まだまだ改善しなければならない部分がたくさんありますが、
    特に資金管理の部分に関しては、設定している損失許容額のリスクが高いことを
    自覚しており、そのため、かなり角度の高い場面に絞って一定の勝率をキープでき
    るトレードを目標に、試行錯誤しております。

    また証拠金が100万や1,000万になったとしても、
    同じことを繰り返しできるトレードスタイルを目指しているのですが、
    このままこのトレードスタイルで継続して良いのか不安になってしまったため、
    ご助言を頂ければと思っております。

    お手すきの際で構いませんので、ご返信頂けると嬉しいです。

    恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

    • YMBさま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      現状のトレードスタイル、すべて拝見しました。

      一日の損失許容が20%というのは凄いですね。
      もっとも利益目標の10%も凄いですが^^;;

      もっともここはロット調整でどうにでもなる部分なので
      ひとまず横に置きますね。

      >直近5日間の結果だけ見ると、順調に増加していた資産が、
       スタート時点の資産に戻ってしまったため、
       このループを繰り返すのだけは避けたい…といった状態です。

      ↑僕のやり方に近い、という前提を含めてお話しますと
      本音では勝率はもう少し高めていけると良いように思いました。
      かなり厳選してやられているように感じていますのでなおのことです。

      ちなみに僕の場合
      MT4上での勝率は大体73~75%くらいに収まるのですが
      ただしこれって「ポジション毎」の勝率でして、

      例えば複合ポジションで4つ持った場合、
      ひとつがマイナス収支であればその時点で勝率75%になります。

      このように「勝って終えているトレード」のみで拾っても
      勝率100%にならないため、
      実際の「トレード毎」の勝率はもっと高いはずなんです。
      (体感的には80%中盤くらい)

      勝率の向上を「トレード場面の厳選」で高めていくとしたら
      ここはもう経験の積み上げしかありませんので
      がんばってください、としか言えないですよね(汗)

      損小利大についてなのですが、
      最近僕のYouTube動画で多いのは
      「僕が利食ったあとさらに伸びていることが多い」という部分。

      今後、エントリー場面の厳選を進めるにあたり、
      「その後さらに伸びる場面」も増える可能性は高いですよね。

      そうであれば、
      例えばエントリーロットを分割して弾数を増やし、

      1.通常の利食いを半分
      2.残りを建値にストップ入れて引っ張る
      3.建値で切らされた時点で、再チャレンジ可能か判断し終了か再エントリーを選択
      4.再エントリーの場合は半分だけでそのまま引っ張るか、ナンピンなしの損切りのみ
       (仮に負けても最初の利食い分でチャラ)

      例えばこのようなルールにし、

      1.トレンドにバッチリ乗れたら大漁
      2.伸びないときはトントンか半分のみの微益
      3.損切りは時に深くも浅くもない

      特に「損小利大」を目指す場合は
      こういう組み立てを模索するのもアリかなと思いました。

      >何をもって優位性が高い低いを判断すれば良いのかの材料がないため、
       現状は、一定のポジション数でトレードするようにルール化

      ↑実際そうなりますよね。
      ただし、ここもあらゆる検証をしたり、
      動いている相場と対峙し続ける中、
      「ここは!」と感じるパターンがいくつか自然と見つかる可能性は高いと想像します。
      (僕がそうなので)

      ここまで話をしておいてナンですが
      「トレードスタイル」って
      普段はなかなか首をつっこみにくい領域です。

      なぜならご本人の性格面なども合う合わないに関係して来ますし、

      「ルール」の重要性はもちろんあるとして、
      それでも一定の裁量判断は現場をやるうえではどうしても必要になるのが相場だと思っていますので。

      参考までに僕の場合は
      利を引っ張るのが苦手で、
      「戻されるのを見てるのもイヤ」という性格面もあり
      今のようなスタイルになっています。

      そのため「伸びたところ」で利食うわけですが
      その際、戻された時点でもう一度入るスタイルも模索可能なんですよね。

      なぜならもとより「引っ張る人」って
      伸びたところも戻されたところも放置している中、
      僕はすでに一度利食っており、
      さらには利食い位置より有利な位置から入り直せる、
      つまり「サヤ」を得ているわけです。

      このような「二度利食う組み立て」を模索するのも
      アリかなと思います。

      本件は取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ブログでは二回目の投稿です。

    提案なのですが、コロナ騒ぎが終息し、先生のシンガポールでの生活が充分落ち着いたあたりで、現地集合、現地解散のシンガポールセミナー(ファンの集い、オフ会)の開催というのはいかがでしょうか。

    参加者の中にはファーストクラスのフライトで移動し、ラッフルズホテル宿泊という参加者もいれば、LCCを乗り継いで参加し、格安ホステル宿泊という参加者もいるかも知れません。 コアなファンばかりで、バラエティに富んだ楽しい集いに成ると思います。 

    まだまだ先のことになりそうですが、可能性として御検討いただければ幸いです。

    • 東京の Kさま
      コメントありがとうございます。

      >先生のシンガポールでの生活が充分落ち着いたあたりで、現地集合、現地解散のシンガポールセミナー(ファンの集い、オフ会)の開催というのはいかがでしょうか。

      ↑実は運営事務局のほうで
      「シンガポールセミナー」は企画があるみたいなんです。

      合宿形式というと大袈裟ですが
      遊びと学びを両方やるツアーみたいなイメージのはずです。

      >ファーストクラスのフライトで移動し、ラッフルズホテル宿泊という参加者もいれば、LCCを乗り継いで参加し、格安ホテル宿泊という参加者もいるかも知れません。 

      ↑こういう部分を特段気にしないでやれると良いですよね♪

      もっとも「運営事務局の企画」となると
      少々ビジネス臭もしそうですが、
      そこは充分ご吟味ください^^;;

      それ以外のまさに今回ご提案のような
      ざっくばらんなモノも別途出来たら良いかも知れませんね。

      シンガポールとの渡航が再開された場合は
      充分検討させていただけると思いますので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お世話になっております。

    昨日の動画撮影もある中で、翌日早々にご返信を頂き、
    誠にありがとうございます。

    返答に困ってしまうトレードスタイル関係のご質問にも関わらず、
    ご丁寧に解説して頂き、本当に感謝しております。

    冒頭にご助言のあった”勝率の話”が、エントリー場面の厳選含め、
    意識しながらトレードしていく必要があると強く感じました。
    及川先生のおっしゃる通り、
    「損小利大」のプランでトレードする方法もあるなと感じる一方、
    自分の性格面を考えると、
    ・はやくトレードを終わらせたい
    ・戻されるぐらいであれば直近高値や安値あたりで決済したい
    ということを常に考えながらトレードしてしまうため、
    「損大利小」のプランのまま、損失をいかに限定できるか。
    (リスクが少ない場面を厳選して、コツコツ利益をすくいながら、中ドカンにならない範囲でリスクをとるイメージです。)
    で今後も検証トレードを進めていこうかと考えております。

    その中で、及川先生のように、
    「ここは!」という裁量判断のスキルが向上した際には、
    ポジションで圧力をかけれるように、胆力も養っていきたいと思います。

    お忙しい中、ご回答頂きまして、本当にありがとうございました!
    またどうしても自分の頭で考えてみてもモヤモヤを解消することができない時は、
    ご迷惑かもしれませんが、ご質問させていただけます幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • YMBさま
      コメントありがとうございます。

      >自分の性格面を考えると、
      ・はやくトレードを終わらせたい
      ・戻されるぐらいであれば直近高値や安値あたりで決済したい

      ↑ってことは基本僕と同じですね(笑)
      そうなると、時に僕のYouTube動画でもやるような
      「ここ一番で一気に圧をかける」の
      『ここ一番』の嗅覚も徐々に育てていきたいところです♪

      「検証」についてですが、
      過去チャートからは「普段やるトレード」

      直接、特に各種イベント的な動きを観ているときには
      将来の「ここ一番探し」を含めた傾向を探るなどもオススメです。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    武田といいます。

    塾生ではありませんが、及川式を取り入れさせて頂いている専業のものです。
    僕も及川さんのブログを参考にビックボス(PRO口座)もアキシオリーも使っています。

    9月17日の動画を拝見しました。
    この動画で今月の収支を出されている場面がありましたが、
    何故及川さんの口座には取引ボーナスが付与されていないのでしょうか?
    及川さんのロットでトレードをされる限り相当量のボーナスが付与されると思います。

    僕の知る限りMT4の履歴画面で取引ボーナスを非表示にするという項目はありません。
    ビックボスを使う限り利用ロットにつき4ドルの取引ボーナスが自動的に週頭に付与されるかと思います。
    履歴画面にも強制的に表示が出るかと思います(出入金と同じで)。

    ・及川さんはこれを拒否されているのでしょうか?(そういう制度があるのかも僕は知りません)
    ・別ルートか何かの登録形態(アフィリ主だからとか)の関係で付与されない形になっているのでしょうか?
    ・及川さんの資金量(又は一定以上の資金量)になるとボーナス制度自体なくなるのでしょうか?
    ・MT4上でボーナス非表示にする方法があるのでしょうか?
    ・又は利用されているのはビックボスではないのでしょうか?

    デモ口座だと付与はされないことは知っていますが、17日に利用されていたMT4はLIVEと表示されており、デモでないことは確認済みです。

    断っておきたいのは、及川さんが公開されているトレードがデモだとかそうでないとかいうことを議論したいわけではないということです。

    仮に、一般の僕たちへの公開用になんらかの形でリアルに見えるデモを使っているとしても批判するつもりも何もありません(専業の身からするとデモでもあれだけの利益を出すのは素人には到底無理だということを分かっているからですし、そうであったとしても変な話ですが僕のトレードにも成績にも無関係ですので)。

    そもそもが及川さんのロット量で、一体月にどれくらいボーナスつくのだろうと思っていたからの質問になります(毎回動画はみていますが、月に何トレードしたかは知らないので)。

    もし、この質問がブログを読む方への不本意な誤解を招くと判断された場合は、承認して頂かなくても構いませんので、僕のアドレス宛てにでも返信してもらえればそれで構いません。

    どうぞよろしくお願いします。

    • 武田さま
      コメントありがとうございます。

      お問い合わせの件、
      結論から言いますと僕や僕の周りの人間は
      一般の口座開設ルートではなく、独自で契約していることに起因しています。

      例えばキャッシュバックやボーナスなどについても
      当然アフィリエイト経由ではありませんし、
      お詳しいかも知れませんがIB的なものも含め、
      すべての受け取り権利額を別途海外法人に着金する形をとっています。

      ちなみにこれ、
      国内トレード、国内からの送金、国内への出金、
      このようなスタイルでは難しいはずです。
      (裏技もありますが、ここでは控えます)
      ※僕は現在海外居住で法人も海外にあります。

      >もし、この質問がブログを読む方への不本意な誤解を招くと判断された場合は、承認して頂かなくても構いません

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      特段問題はありませんが、
      まぁ言えることと言えないことがありますゆえ
      その点はご理解いただけますと助かります。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠大変ご無沙汰しておりますm(__)m

    欧州ハンターエデンですm(__)m

    昨日のYouTube動画拝見させて頂きましたが、ピックアップコメントでのやり取り非常に共感致します。

    僕もやっぱりゆるーく(真剣に)やってる時は研ぎ澄まして集中してると、自分でも感じますし、そんな時に限り色んな事を想定してますので結果勝ちが多いと思います。

    さて、久しぶりのコメントでいい報告かなと思いきや残念なほうです笑

    今の僕の現状しばしお付き合い下さい(泣)

    僕の妻も最近fx始めまして、僕が始めた頃思い出しました。

    fx始めた頃って大体何もわからないので当たり前ですが手法を探すと思います。
    このインジケーターがこうなったらこうするとか色んな教材みたりとか。ここが最初の課題?壁?何しようみたいな笑

    妻は割と引っ張れる性格なので、それならリオンちゃんの手法勉強しろと言ってマシンガンハントで勉強させています^_^

    でも僕は天才チャート及川式でやってますので、この課題はクリアできましたし、この手法探しの迷宮入りを省けただけ妻はラッキーだと思います笑

    僕も及川師匠にたどり着くまで本当に本当に何年も回り道苦労してきました(⌒-⌒; )

    本当は僕が勝ち続けられてたら教えれたんですがその前に妻が始めちゃいました笑

    少し長くなりましたがここからが今回お話ししたい内容です。

    やり方も少しずつは理解してきています。
    コツコツコツコツ2週間、1週間毎日勝ち続けられても僕が毎回負ける時はその積み重ねた物を1日でなくします(⌒-⌒; )
    ここが本当に直らない。

    ちょっとでも勝ち続けてきたことに調子に乗るのか俺はいけるなんてクソみたいな自信のおかげで熱くなり、乱射大会始まり結局1日で全てを失う。

    今までコツコツ毎日勝ち続けてこられた!そんな日々の中で負けた時の暴走が中々直りません(泣)

    でも今更やり方だとか、エントリー場所だとかの問題ではないと思います。

    今の僕の課題それは自己管理、この一点に思います。

    どうすれば暴走を止めれるのか、自分を抑えれるのか。

    そんな事を考えブログのコメントでヒントにあるものがありました。

    これは及川師匠を毎回言ってますし今更なんですが、僕の場合1日のトレード回数【2回】までと決めました。

    一回損切りになっても欧州での巻き返しも考慮して二回。

    それで取り返せなかったら今までの経験上そこから乱射始まりますのでその日は負けてますがやめるように決めました。

    今は自分を制御、自己管理する為に一旦リアルを離れ1日2回まで。最初勝てたら一回でやめますが、これを徹底、ルール化する為にデモ口座でやっております笑。

    しかしながらしっかりチャートを集中して真剣に取り組んでるとやっぱり負けにくいんですね。

    デモでやってから2週間程経ちますでしょうか?

    いまだに毎日勝ち続けています笑

    調子にのらぬようトレード回数制限して、自己管理ここを鍛えたいですm(__)m

    それが落ち着けばまたリアルから7000円からスタートしてみます^_^

    シンガポール道中お気をつけて下さい。

    師匠の動画しばらくみれないの残念ですが、またお会いできる事楽しみにしております^_^

    • エデンさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >僕の妻も最近fx始めまして

      ↑なんと!
      それぞれ別のPCで同じ時間帯をやってたら
      なかなかシュールな絵かも知れませんね(笑)

      >乱射大会始まり結局1日で全てを失う。

      ↑これさえなければ・・・なんでしょうね。
      もう充分ご理解済とは思いますが(汗)

      >僕の場合1日のトレード回数【2回】までと決めました。
      一回損切りになっても欧州での巻き返しも考慮して二回。
      それで取り返せなかったら今までの経験上そこから乱射始まりますのでその日は負けてますがやめるように決めました。

      >しかしながらしっかりチャートを集中して真剣に取り組んでるとやっぱり負けにくいんですね。
      >いまだに毎日勝ち続けています笑

      ↑自制的ルールを明確に守ろうとする「意思」があるだけで
      すでにトレードの精度は上がるのだと思います。

      つまり好循環はより一層の好循環を生むと。

      おっかないのは
      これ、逆も真なりって部分でしてね(苦笑)
      くれぐれも逆流にはご注意ください。

      >シンガポール道中お気をつけて下さい。
      師匠の動画しばらくみれないの残念ですが、またお会いできる事楽しみにしております^_^

      ↑お気遣いありがとうございます。
      すでにシンガポールでの「隔離生活」がスタートしていますが
      まぁヒマです(笑)
      近日、ブログ記事でレポートしようと思っています♪

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 復帰待ってました!
    いきなりで申し訳ないのですが、通貨相関についてご質問です。

    超ーーー大雑把で分かりにくい話になりますが、もしドル/円単体が200万/50万lotの勢力でユーロ/ドル単体が100万/70万lotの勢力だとしたらこの文章上の「ドル」の勢力は200万+70万lot=270万lotの勢力になるということでしょうか?
    これが正しければ他の通貨相関においても「式」的なものが成り立つということでOKでしょうか。

    • kkさま
      コメントありがとうございます。

      >もしドル/円単体が200万/50万lotの勢力でユーロ/ドル単体が100万/70万lotの勢力だとしたらこの文章上の「ドル」の勢力は200万+70万lot=270万lotの勢力になるということでしょうか?

      ↑僕は数学がからっきしダメなのですが
      けど、この考えは「合っているはず」との認識です。

      >これが正しければ他の通貨相関においても「式」的なものが成り立つということでOKでしょうか。

      ↑各通貨の取引数量が正確に分かれば、
      相関関係の強弱も当然数式で弾き出せるはずですよね。

      もっともそこには
      「今から先の数量」も欲しいところでして
      さすがにそこは無理ってことで
      トレード的には「読み」や「頃合い」の裁量判断は
      どうしても付いてくるとは思います(笑)

      着眼はおもしろいと思います!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。ご復帰おめでとうございます。

    輪廻転生…大変興味深いお話でした。
    今世こんなに大変なんだから
    来世は少し楽になるだろうな、頑張ろう・・なんて淡い期待してましたが
    達成したらむしろ真逆はちょっと待って~です
    でも死ぬ間際にそれくらいの覚悟は持っておいたほうがいいのかもしれないと思いました。

    ネットでこのような記事を見つけました。
    https://ameblo.jp/hikarugennji/entry-12624581220.html

    10/1通貨リセット?信憑性はわかりませんが
    もし本当ならFXトレードに少なからず影響があるのではと思いました。
    こちらは情報共有までに。

    お身体ご自愛くださいませ。

    • 東京のDさま
      コメントありがとうございます。

      >来世は少し楽になるだろうな、頑張ろう・・なんて淡い期待してましたが
      達成したらむしろ真逆はちょっと待って~です

      ↑あ、実際は分かりませんよ(汗)
      とても充実した素晴らしい来世になるかも知れませんので(笑)

      >ネットでこのような記事を見つけました。
      >10/1通貨リセット?

      ↑これはどうなんでしょう、
      僕ごときでは到底分からない世界です。
      確かに本当なら影響モロありでしょうね^^;;

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画を見せてもらっています。
    及川先生の体調がよくなってホッとしていました。

    色々な方のブログのコメントを診させてもらっていますが、分からなかったことがあります。
    「もっと勉強します」等のことを言われている方が多いと思うのですが、勉強とはどのようなことをしているのですか。
    自分は、基本的なチャートパターンや及川先生の本、デイトレ大百科等は見ているのですが、それ以上の事は何を勉強するのだろうかと思っています。
    まだFXを始めて数か月しかたっていないのですが、FXは自動車の運転みたいだなと思います。最近、免許を取ったのですが、教習所で習った事だけが実際の道路で起きるわけではないので、FXも同じで実際にトレードしないとやはりうまくならないのかなと思いました。
    及川先生がおっしゃっていたようにトレードした後のチャートの動きなどは追っています。
    及川先生は勉強というものはどの様な事だと思いますか。

    • まるもり様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生の体調がよくなってホッとしていました。

      ↑ご心配してくださってありがとうございます。

      >「もっと勉強します」等のことを言われている方が多いと思うのですが、勉強とはどのようなことをしているのですか。

      ↑なるほど、ある意味鋭いご質問ですね。

      確かにオトナの世界では
      何かにつけて「勉強します」
      「勉強になりました」などと言うものです。

      これはいわゆる「机上の勉学」とは違い、
      己の感性に響く、なんらかの影響を与えることに対し
      「勉強」という言い方を便宜上していると僕は理解しています。

      「気づき」と言えばもう少し伝わりますでしょうかね。

      実際、僕自身
      この「気づき」が己の成長に大きく影響していると思っています。

      昨日までならスルーしていたであろう
      ちょっとしたことに「気づくこと」で
      一気にモノゴトの理解が深まることってありますよね?

      多くの人はこれを総じて「勉強」と言っているのだと思います。

      世間的には実に汎用性の高いフレーズですが
      ただしトレードに関しては
      この「気づき」は特に重要だと思いますよ。

      なぜならここ、
      他人から体系立てて教わることとは別に
      ある意味自分だけの感性に訴えるものだったりしますので。

      つまり、
      誰にも上手に説明は出来ないけど
      自分だけは理解している感覚、なわけです。

      トレードではこのような感覚がとても意味深いはずですので
      ぜひとも「日々の気づき」を大切になさって欲しいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも動画を拝見させていただき勉強しております。ありがとうございます。また、シンガポール到着おつかれさまです。窮屈な隔離生活大変そうですね。

    今朝アップされた9月21日のトレードについてなのですが、予定外のトレードということなので大変申し訳ないのですが、どうしてもエントリー根拠が気になったので、質問させてください。

    私も同じ時間帯にGBP/JPYのチャートを見ていたのですが、欧州時間で大きく下げた後のレンジなのかなぁと思って、その考えで売り目線でエントリーしたいなぁと思っていたのですが、結局、GBP/JPYではエントリーできませんでした。

    その理由は、結果、青色線(1時間足MA)で頭を押さえられたものの、日本時間22:30の5分足で、レンジの高値(134円のキリ番辺りの価格帯)を更新してしまったので、上に行っちゃうのかなぁと思ったからです。私は、そのような理由から、ロングするにも難しいものの、当初の目線であるショートエントリーも怖くてできなかったのですが、及川先生は、どのようなことを根拠にショートエントリーを判断されたのでしょうか?

    1時間足MAを実体で超えられずに跳ね返されたからというインジケーターのテクニカル的なことからでしょうか?それとも、何かの「感覚」的なことからでしょうか?

    ぜひとも参考にしたいのでご教授いただければ幸いです。

    すみません。

    • ぽぽにゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      21日のトレード動画でやったやつですね?

      正直にいうと僕は「直感」である場合が少なくないのですが
      ただしこれ、本当の意味の直感だけではなく、
      各種状況を一瞥した際に僕なりに一気に状況把握が出来ることが多い、
      これがおそらく実際のところだと思います。

      あえてチャートを見直しせず
      記憶のみでお話しますと、
      欧州16時からユーロやポンドが超絶に下落していましたよね?

      ここは生では観ていなかったのですが、
      その後NY時間に突入後のチャートも
      ユーロ円とポンド円のシンクロ性が高かったところに
      僕はまず目が行きました。

      僕はシンクロ度合いの高い通貨シリーズは
      テクニカルが効きやすいという感覚がありまして、
      そんな中、ポンド円とユーロ円が黄緑線を抜け
      されど75本線&1時間足MAを抜け切れずグダグダしている状況へ。

      僕がチャートを開いたのがこのあたりだったのですが、
      そもそも僕は下げ過ぎでの戻し、
      3番煎じ以降や、時間帯切替わり後の戻しに対し
      黄緑線から入ることはあまりなく、
      上述の75本線&1時間足MAあたりからやるか、
      めぼしい水平線からやるようにしているんです。

      これは「やってやっても良いでやる」の部分です。

      で、あの場面は上述の要因がかなり合致していたため、
      1時間足MA接近時の高値までは売り向かおうと思える場面だった次第です。

      さらに言いますと、
      ここは「感覚的」に、
      株式市場もかなり弱含みの状況でもあり、
      より一層自信を持ってのエントリーが出来たと思っています。

      以上、僕のアタマの中のイメージを
      ほとんどお伝え出来たつもりです^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • > おそらく多くの男子が思い描く
    「こんな風になれたらいいな」の数々を
    僕も例外なく夢見て生きて来た一人です。

    ひとつ、そしてまたひとつと、
    実現すべくここまで生きて来た僕なのですが、
    ただ、これってよく見ると
    どれも物凄く『業の深い欲望』ですよね。

    いざ達成してしまうと、
    人生にとってそこまで重要ではないって、
    そんな風に気づく日もあるように今は思う僕なのです。

    ☆ この気づこうとしている、あるいは気づいている、
    そういう自分自身を見ている、観察している
    及川 圭哉さんが、本当の及川さんです。

    ニュー・アース 第二章 エゴという間違った自己の
    メカニズムより    所有という幻、より抜粋

    エゴの自尊心は多くの場合、他者の目に映る自分の
    価値と結びついている。
    自己意識を獲得するには他者が必要なのだ。
    そして何をどれくらいもっていると見抜けない限り、
    自尊心を求め自己意識を充足させようとしてむなしい
    希望に振り回され、一生、モノを追い求めることになる。

    モノに対する執着を手放すにはどうすればいいのか?
    そんなことは試みないほうがいい。
    モノに自分を見出そうとしなければ、モノへの執着は
    自然に消える。それまでは、自分はモノに執着している
    と気づくだけでいい。
    対象を失うか失う危険にさらされなければ、何かに
    執着している、つまり何かと自分を同一化している
    ことがわからないかもしれない。
    失いそうになってあわてたり不安になるなら、
    それは執着だ。
    モノに自分を同一化していると気づけば、モノへの
    同一化は完全ではなくなる。
    「執着に気づいている、その気づきが私である」。
    それが意識の変容の第一歩だ。

    世界のスピリチュアル・リーダー、
    エックハルト・トールの本を謹んでお薦めいたします。
    彼は自分が悩んだり、疑問があった場合
    ヒントをくれたり、答えを出してくれます。

    • アーナンダさま
      コメントありがとうございます。

      >この気づこうとしている、あるいは気づいている、
      そういう自分自身を見ている、観察している
      及川 圭哉さんが、本当の及川さんです。

      ↑ありがとうございます。
      勇気を頂戴できるコメントです。

      >エゴの自尊心は多くの場合、他者の目に映る自分の
      価値と結びついている。
      >「執着に気づいている、その気づきが私である」。
      それが意識の変容の第一歩だ。

      ↑大変勉強になりました。
      お教えいただきありがとうございます。

      >世界のスピリチュアル・リーダー、
      エックハルト・トールの本を謹んでお薦めいたします。

      ↑ご紹介ありがとうございますm(_ _)m
      恥ずかしながら存じ上げておりませんでしたので
      検索などで調べてみたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。