「他人ばかりを見る時代」からイチ抜けし『なりたい自分』を目指しませんか?

 

突然ですが、
我々現代人って基本「恵まれて」いますよね。

いつからか資本主義経済が発展することで
あらゆる「道具」も進化しました。

インターネットの普及に伴い
パソコンから始まり、その後スマホへとメイン機種が移行していく中、
今ではネット環境を持っていない人の方が圧倒的に少ない。。。

 

ほんの数十年前までは
海外旅行時、自宅の家族に電話ひとつするにしても
高額な国際電話料金がかかったものでしたが、

今ではLINE通話で世界中どこにいても
なんなら映像付きの通話ですら何時間話そうが
基本無料で出来るようになっています。

 

世界中の高級食材や美味しいお酒も
料金さえ厭わなければいつでも食べたり飲んだり出来ます。

市販の入浴剤を買ってくれば
自宅のお風呂でだって温泉効果を得られますし、

トイレは清潔で
日本に至ってはどこのコンビニに入っても
ウォシュレットのない店舗を探す方が難しいくらい。

これって古代王朝の王様なんかより
はるかに便利で充実した環境だと言えるのではないでしょうか。

そう、我々現代人はとても便利で優れた環境で
日々生きているわけです。

 

ところが・・・

便利の裏側ではとても大きなデメリットもある、
僕はそんな風に思っているんです。

僕が若い頃は携帯電話などありませんでしたので、
デートの待ち合わせをすっぽかされた時など
数時間待ちぼうけを食らう、なんてこともありましたが、

その一方で
例えば勤務先で就業時間が終わり会社を出たあと、
仮になんらかの追加業務が生じた場合であっても
上司から連絡が来ることなどありませんでした。

そりゃそうです、
連絡する手段がそもそもないのですからね。

けど今は違います。
「リモート」などと言えば聞こえが良いですが
取り方によっては24時間いつでも「管理されてしまう」状況でもあるわけです。

あれ?これって「不便」じゃね?みたいな。

 

携帯電話がなかったあの頃、
今と比べたら確かに不便な点も多々ありましたが
けれども『自分だけの時間』については
今よりはるかに作りやすかったように記憶しているんです。

自分だけの時間、
これはいみじくも『自由』を意味します。

ネット社会によって
我々現代人は間違いなく便利にはなりましたが、
けれどもその一方では
自分の時間を自分でコントロール出来にくくなっているのではないか。

実はこの部分こそが
現代人が抱える一番の問題だと僕は思っているんです。

そう考えると「便利」も考えモノだなぁってね。

 

近年はSNSの発達により、
いつでもどこでも“誰か”と繋がることが出来ます。

出来ますけど、その一方で
いつでもどこでもその“繋がり”から逃れられない、
そんな時代とも言えるのではないでしょうか。

僕はひとりでいるのが大好きな人間なため
特にその環境が苦手でしてね。
ゆえに僕はSNSの類はほとんどやりません。

Twitterもやりませんし、
インスタグラムに関してはアカウントすら持っていません。

ま、昭和人間な僕ですので
「ついていけてない」という側面も否定しませんが、
それでも僕は『これで良い』と本気でそう思っているのです。

 

実は「本題」はここからです。

インターネットの普及、
さらにはTwitterやインスタグラムなどSNSの発達により、
我々はいつでもどこでも
世界中のあらゆる人たちの情報を入手出来るようになりました。

友人や家族はもちろん
芸能人や、なんなら外国の大統領に至るまで・・・

これによりSNS利用者の多くはいつしか、
「他人のことばかり観る時間」がとても増えたのではないか?
そんな風に想像しているわけです。

 

その最たる例が
Twitterなどで繰り広げられる『オトナのケンカ』です。

多くのフォロワーを抱えた著名な人が
同じく著名な誰かを非難する発信をする・・・

するとその内容を非難された側がキャッチし、
売られたケンカを買うが如く、誹謗中傷で返す・・・

以降はそれぞれのフォロワーが火に油を注ぐように双方を煽り、
そのケンカは収拾がつかぬ状態まで発展していく、みたいな。

大嫌いな相手の発信を
自分の悪口を言っていないかとつぶさにチェックし、
なにか言って来たらすかさず反論。。。

 

僕はですねぇ、
嫌いな人間と距離を置けることこそが
「オトナの特権」だと思って生きてきた人間なので
これじゃまるっきり逆じゃない?ってどうしても思ってしまいます。

『他人ばかりを観る時間』
なんて不自由な時間だろう。

僕にとってはそんな時間が不毛でしかないため、
ゆえに僕はSNSが苦手なんでしょうね。

 

そんな時間があるなら
僕はもっと「自分」を観ます。

あなたは普段「姿見」で自分を観ることはありますか?
僕は毎日、姿見の前を素っ裸で立ち、
自分の体型を毎日欠かさずチェックするのが習慣なんです。

こんな感じで↓

さすがにブログで素っ裸の画像は載せられませんので
ここでは服を着ていますが
実際には真っ裸で立ちます。

例えばお腹が出て来てやいないか?
脇腹がブヨブヨしかけていないか?
などなどをチェックするわけです。

すべては
『なりたい自分になる』ための行動です。

今年で57歳になる僕ですので
油断するとたちまちメタボ一直線でしてね(汗)

それだけはどうしても避けたいわけです。

 

僕の行動原理は至ってシンプルです。

・まだまだ女子にモテたい
・オッサンがモテるには一定以上のお金が必要

ゆえに僕はみっともない体型を拒絶しつつ、
お金もまだまだ稼ごうというモチベーションが湧くのです。

あ、実際にモテているわけではありませんよ。
あくまで「イメージ」の話ですので(笑)

 

僕は「金持ち自慢」には一切興味がありません。

そもそも僕よりお金持ちは世の中にたくさんいますし、
また、僕より金持ちじゃない人に対しマウントを取ったところで
そんなもん「痛い」だけですし。

そうではなく、
おそらく僕が究極的に欲しいのは『自由』なんです。

 

誰にも邪魔されず
「なりたい自分」をひたすら目指す・・・

そのために必要なのは
「他人を観る時間」などではなく、
『自分を観る(知る)時間』だと思っているわけです。

また、現状の自分を目を背けずに理解することで、
今から自分がやるべき行動も見えて来る、そうも思っています。

 

このブログに来てくださるのは主に、
「FXでお金を稼げるようになりたい」
「いや、FXに限らずお金を稼げるようになりたい」
このように願ってらっしゃる人が多いはずです。

お金がすべてではありませんので
そこはさておいたとしても、
『自分のなりたい自分』を強くイメージすることは
おそらく誰にとっても重要ではないでしょうか。

そのためにはまず「己を知る」
例え不都合な部分があったとしても
そこから目を背けずに己を理解する。

そうすることで
自分が取るべき『的確な行動』を導き出せるはず。
僕はそう信じてやみません。

 

随分とエラそうに語ってしまいましたが、
この辺の話は一度しておきたかったこともあり
生意気ながら話題とさせていただきました。

なお、直近のYouTube動画にて
もう少し別角度からお話をしております。

あるいはこっちの内容の方が分かりやすいかも知れませんので
よろしかったらご覧になってみてください。
※動画後半で話題にしております。

それではまた!

及川圭哉

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

99 件のコメント

  • 及川氏に同感ですね。
    僕も他人には全く興味なしです。
    (孫ちゃんも居てるんで、ファミリーは別物)
    情報収集の為、最近Twitter始めたのは良いのですが、要らない情報が入ってき過ぎて困ってる所です。
    半年ほど前から投資の勉強初めて、最近FXに興味を持ち出し勉強中です。
    ※家族を守れるだけの自由&お金の為に!!
    これからも、楽しい講座(動画)など期待してます。

    • 東野さま
      コメントありがとうございます。

      >孫ちゃんも居てるんで、ファミリーは別物

      素晴らしいじゃないですか♪
      僕は成人の娘が3人いますが孫は現状まったく期待出来ない状況です(笑)

      >家族を守れるだけの自由&お金の為に!!

      そうですね。
      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。
    先日の香港K氏と及川先生のライブ配信、とても楽しく見させて頂きました!
    2回目のライブ配信の理由が、視聴者想いの及川先生らしいなと、涙がちょちょぎれました 笑
    (トレードで稼ぐためのコミュニティだとは分かっていますが)金欠なので、今回のMSCには参加出来ませんでした…。またの機会があれば、参加できるように頑張ります。

    ところで、やっと海外口座を開く準備が整ってきたので、今度手続きをしようかと思っているのですが、(BIGBOSSとXMで悩んだのですが、今のところXMで開設予定です……)、何か気をつけておいた方がいいことや、確認した方がいい事等、注意点はありますでしょうか?
    日本の証券口座と違って、書類が郵送される訳では無いという所から驚きで、色々とテンパっています
    調べ物が苦手な私にとっては、ネットが便利なのか不便なのかいまいちよく分からないです 苦笑

    これからもよろしくお願い致します( . .)”

    • ゆり様
      コメントありがとうございます。

      >2回目のライブ配信の理由が、視聴者想いの及川先生らしいなと

      そう言っていただけると僕も嬉しいです。

      >やっと海外口座を開く準備が整ってきた
      >何か気をつけておいた方がいいことや、確認した方がいい事等、注意点はありますでしょうか?

      海外業者の多くは
      ひとつのアカウントで複数の口座が作れます。
      例えば2つの口座番号を作っておくことで
      利益をいちいち「出金」するのではなく
      別の口座へ「資金移動」して貯める、なんてことも出来ます。

      この場合、例えば元口座が元本を割り込んだ際、
      別アカウントで貯めておいた分を再度資金移動することも出来ます。
      つまり入金や出金を現金ベースでいちいちしないで済むと話でして
      このような仕組みを上手に活用されると良いはずです。

      また「円建て口座」と「米ドル建て口座」をそれぞれ作ることも可能なはずでして
      例えば今後円安に振れそうだと思う時に、その時点で円建て口座資金をドル建て口座に移動しておく、
      なんてことも可能です。

      まぁ最初はとりあえず慣れることだと思いますので
      先々の参考になさっていただけたら幸いです♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様、記事をありがとうございます。
    みんななりたい自分というものがあって、それに対して追い求め続けているのが人生という気がします。
    私もなりたい自分を追い求め続けています。

    • santensjp様
      コメントありがとうございます。

      >みんななりたい自分というものがあって、それに対して追い求め続けているのが人生という気がします。

      そうですね、
      おっしゃるとおりだと僕も思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも拝見していて勉強させてもらっています。

    ——-
    『自分のなりたい自分』を強くイメージすることは
    おそらく誰にとっても重要ではないでしょうか。

    そのためにはまず「己を知る」
    例え不都合な部分があったとしても
    そこから目を背けずに己を理解する。

    そうすることで
    自分が取るべき『的確な行動』を導き出せるはず。
    僕はそう信じてやみません。
    ——–

    ここはグサッときました。

    なかなか損切りができず、ナンピンでギリ逃げを繰り返して典型的なコツコツドカンを繰り返して資金を何度もなくしています。

    損切りの大事さは重々承知しています。
    ですがマイナスを確定させたくない。
    そんなナンピンでもギリ逃げができればいいなでトレードをしてしまっていてそんな自分を変えたいのですが、どのような考え方、資金管理をすれば変えられるでしょうか。

    他の方のコメント等でもちらほら見かけます。
    極論、損切りできないならトレードする資格ない。
    といわれてしまうのかもしれませんが、何度溶かしては数か月資金を貯め今月こそは!で繰り返してしまっています。

    しかしデモトレード通りにやればきちんと損切りできるのですが、リアルトレードになるとどうもなかなか損切りができずナンピンギリ逃げその後ドカンです。

    逆に損切りを意識しすぎて損切り祭りになってしまいよくわからないトレードもやってしまいます。

    こんな自分でも変われる、変わりたいので何かお言葉頂けるとありがたいです。
    お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

    • よく様
      コメントありがとうございます。

      >デモトレード通りにやればきちんと損切りできるのですが、リアルトレードになるとどうもなかなか損切りができず

      このようなご相談は確かに多いです。
      ちょうど直近のYouTube動画でも話題にしているのですが
      「損失トレードは当たり前のようにあるモノ」
      「勝つことだけを想定していないか?」

      それとなんだかんだまだロットが過剰な部分があるのかも知れません。
      含み損、それこそ含み益に対してでも
      そこで繰り広げられる「額面への慣れ」が伴わないことで
      損切りの痛みをつい避けてしまう、なんてことはないでしょうか。
      https://www.youtube.com/watch?v=DDUNmZquYmk

      この動画でもお話していますが
      口座内の資金を「お金」と感じてしまう限り、
      そこに対する恐怖感の払拭は「誰であっても」困難なものです。

      例えばミニマムロットでトレードした場合、
      勝っても負けても数百円単位。
      これなら「どっちにしても大した話ではない」と思えたとして、
      その「大したことない」の金額に慣れ、その金額を徐々に上げていくのが
      遠回りなようですが一番早いのかなぁと想像します。

      もちろん、いくらであっても気にならないくらい
      口座内資金を「お金」と思わない感覚に出来ればそっちの方がはるかに早いわけですが。。。

      ちなみに僕はこの部分に対し
      かなり早い段階で「麻痺」させることが出来たように思っています。

      方法は人それぞれあると思いますが
      まずはここに対し、想いを巡らせていただくと良いように思います。

      逆に言うと、この部分が解決(?)することで
      あとは「実際のトレード成績を上げるのみ」です。

      トレードを「勝ったり負けたりしながら増やすゲーム」
      このように割り切ることが出来たなら
      自ずと成績も向上するように思いますね。

      とにもかくにも「損したくない」は人間の『本能』です。
      トレードをする際、
      『敵は本能にあり』に対し、どう自分自身をダマすのか?
      その工夫がポイントではないか、僕はそのように思う次第です。

      なかなか「これだ!」という話がしにくいテーマですが
      僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先日の生放送、大変楽しく拝見致しました。お二人のお話はいつ聞いても面白いです。特に視聴者の方への気遣いがとても伝わってくるので、観ていて気持ちがいいです。
    今回のテーマは自分を知るということでしたが、これって本当に難しいですよね。あと、なりたい自分って言うのも年齢を重ねるごとに忙しくなり、ゆっくり考える時間も無くてただただ毎日が過ぎていきがちです。

    こういったことを、ブログで発信して頂けることで、大切なことを思い出せるのでとてもありがたいです。

    トレーダーとして成長して、早くWABI-SABIでご一緒できる日を楽しみにしています。

    引き続きよろしくお願いします。

    • jay-aiさま
      コメントありがとうございます。
      (フリガナ付き、ありがとうございます♪)

      >お二人のお話はいつ聞いても面白いです。

      大変光栄です!
      香港K氏も喜ぶと思います。

      >大切なことを思い出せるのでとてもありがたいです。

      こちらもそう言っていただけると助かります。
      YouTube動画もそうですが、
      僕は過去に話したことをつい何度も話題にしてしまうようでして(苦笑)

      >トレーダーとして成長して、早くWABI-SABIでご一緒できる日を楽しみにしています。

      ぜひともお越しください!
      他愛ない話も含め、いろいろと語り合いましょう。

      ご丁寧にありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもありがとうございます。
    私はこの2ヶ月以上勝ち続けており、日ベースで負ける事は10%程度です。
    要するに、1日1日を買って終わるようにしているわけですけども、この間のプロフィットファクターは1.57程度で勝率は58%程度です。
    一日の取引を振り返ってみると、1発目の取引で負け、その後の取引で取り返すみたいな、大きく負けているときは圧力をかけて取り返すようなことがほとんどです。チャートを開けると15分以内にはポジションを持ってしまってます。
    やっぱり、もっとやってやってもいいというところまで待って、もっと勝率を上げないといけないでしょうか。

    • やってしまいました。前回の投稿した直後、ドカンをやってしまいました。負けを取り戻そうと何回もトレードし、しまいには乱射になってしまいました。私が負けるのはいつもこのパターンです。せっかく3ヶ月近く月ベースで勝っていたのに、典型的なコツコツドカンです。やっぱり負けを取り戻すトレードはしてはだめですね。1日に負けられる上限額を決めているんですけど、なぜか負けると熱くなって頭に血が上り乱射してしまいます。でも逆に言うとこれさえしなければ勝てるのではないかと思っております。

    • 水戸の御老公さま
      新年あけましておめでとうございます。

      >前回の投稿した直後、ドカンをやってしまいました。
      >せっかく3ヶ月近く月ベースで勝っていたのに

      おっと・・・そうでしたか(汗)
      確かにもったいないですね。

      ついムキになってしまい乱射に至るのが
      短期保有スタイル一番の弱点だと僕も思っています。

      >逆に言うとこれさえしなければ勝てるのではないかと思っております。

      まったくその通りです。
      いかに「やり過ごすか」も勝ち逃げ最強とするのに大切な要素ですので
      今年はぜひ「やり過ごし力」も意識なさって欲しいと願っております。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    • 水戸の御老公さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >プロフィットファクターは1.57程度で勝率は58%程度

      こちら、数字だけを観たなら充分優秀だとの感想です。
      この数字を維持出来ているのであれば
      要するに「やればやるほど資金は増えていく」わけですので
      それを優秀と言わずなんというか、という話です。

      ただし、今回のようなメッセージをお寄せいただくということは
      心のどこかで
      「勝ててはいるが危なっかしい感覚もある」
      こんな感じなのかな?と想像もします。

      もしそうだとして、
      それはもはや「ご自身の感覚」なので
      僕がどうすべきかを述べるのは正直難しいです。

      なんだかんだ勝ち続けているなら良いのでは?と言う部分もありますが
      けどご本人的に例えば
      「もっと危なっかしくないスマートなトレードにしたい」
      このような意向がおありであれば
      そこを課題とした取り組みもあって良いと当然思います。

      実際問題として
      「より引き付ける」ことで損切りが浅く済むなどのメリットはありますが
      それとの引き換えで「チャンスを逃す」場面も相応に生じますよね。

      ここをどうバランス取っていくか?については
      まさに「自分らしい勝ち方」の大きなテーマだと思うんです。

      よってこの部分に対し、
      外野である僕が軽々に「どうすべき」とは言えませんので
      そこはどうかご理解ください。

      お役に立てず恐縮ですが
      本件僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、ご無沙汰しております。
    久しぶりにコメントさせて頂きます、次郎です。

    かっこいいデニムですね、スタイルも良くて、相当努力されているんだろうなと
    思います!
    (いつも言っていますが、トルネードマートでしょうか?笑)
     及川先生は、バッファローボブスも似合いそうです☆

    ブログの内容、とても共感致しました。
    僕も、twitterやインスタ等のSNSは一切やらないし、そこまで他人に興味が
    なく、自分の成長のみにフォーカスしている(つもり)なので、その部分及川先生と同じなのかなと思って少し嬉しかったです(^-^;)

    今年の2月7日に動画内でも取り上げて頂き、FXだけではなく多方面から
    「お金」や「自分のできること」に対して向き合ってきた、、つもりでした。。

    ただ、仕事とは別にしっかりFXでも稼ぎたいという欲自体は抑えられず、
    証拠金を250~300万単位(レバ400倍 1ポジ100万通貨×2発)で追加しまくって、最終的に、今年の損失が合計1500万ぐらいになってしまいました、、
    そんなにお金を失える自分もある意味凄いなと思いつつ、社会人になってから何年も地道に貯金してきたお金をどんどん失って、正直失望もしております。
    他人から見れば、《もう無理なので諦めた方がいい、更にお金と時間を失うことになる》と思われるでしょうね(^-^;)

    ただ、もう少しだけ、FXに挑戦できる軍資金があるので(残り250万程、なので後1セット)来年1月から、また頑張ってみようとも思っていますし、まだ心のどこかでFXで成功できる自分を信じてもいます。

    及川先生のトレード動画やメンタル・精神面について・人生についてのヒントの動画は本当に沢山あるので、自分の中ではそれで充分納得しています。

    ただ、(いい報告ではありませんが)まだ僕はFXを諦めずにやっている、ということをお伝えしたかったのと、及川先生のような方がいらっしゃって僕の心の支えになっているということ(技術面だけではなく、現在は人としての考え方や捉え方の方が大きいです、もちろん技術面もですが)に対して、お礼を言いたかったです。
    いつもありがとうございます。

    及川先生、もうすぐお誕生日ですね、少し早いですがおめでとうございます☆

    彼女とシンガポールへ行って、及川先生に直接お礼を言うこと、自分の成長を見せられることを目標に、また来年も頑張ります、今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

    • 次郎さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >トルネードマートでしょうか?笑

      はい、正解です(笑)
      前回日本への一時帰国の際、補充購入して来ました。

      >今年の損失が合計1500万ぐらいになってしまいました

      あぁ・・・ここは正直言葉が出ないです。

      >残り250万程、なので後1セット

      この資金で「1セット」はどうなんでしょう。。。
      僕なら50×5セットにするかも知れません。

      来年から再チャレンジということであれば
      一点、きっちり検討して欲しい話があります。

      ・50万×5として「ハイロット&短時間保有」の徹底
      ・250万であっても50万分のロットにし「方向性に沿った耐えの許容範囲を広げたトレード」へ

      どちらが良いかは普段のスタイルにもよりますが
      上記については方針を明確にした方が良いのでは?と思いました。

      >もうすぐお誕生日ですね、少し早いですがおめでとうございます☆

      いやいや、まったくもって「めでたく」などはないですって。
      このトシの誕生日など「人生のカウントダウン」でしかありませんので(苦笑)
      ※お気遣いには感謝いたしますが。

      「チャレンジする意思」をお持ちである限り
      僕がなんら邪魔するような発言は出来ませんが、
      ただし「のるかそるか」のような刹那的な取り組みではなく、

      『長きに渡って続けられることが実はトレードの勝者である』
      このような感性をもとに、
      もう少し「ゆっくり資金を増やそう」という意識で取り組んでいただきたい気持ちもあります。

      そうすることで
      乱射も減るでしょうし、逆に勝ち逃げも増えるのでは?
      そんな風に思うからです。

      それでは来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも及川先生の YouTube を見て勉強させて頂いております。そろそろ、リアルトレードを視野に入れてデモトレードでアウトプットをしようと思っています。老兵とは言え、まだ会社勤めをしておりますので、トレードできる時間は夜間しかなく、夜9時から12時の間の時間でトレードを考えています。しかし、この時間帯は欧州とニューヨークが共存する時間であり、値動きも激しいと承知しています。及川先生のデイトレを見習うとしたら、あまり適した時間帯とは思えないのですが、そこで一つご教示をお願いできたらと思います。
    先生が仰る自分なりのロジックを見つけるために、この時間帯でトレードする上での何かヒントを頂戴できたらと思います。よろしくお願いいたします。

    • 老兵初心者さま
      コメントありがとうございます。

      >夜9時から12時の間の時間でトレードを考えています。
      >この時間帯でトレードする上での何かヒントを頂戴できたら

      12月12日のYouTube動画
      こちらはたまたまというか、僕が苦戦した関係もあって
      久しぶりのNY時間トレードとなりました。

      そこでやったのは
      「これ以上上に抜けられない?」の位置からやる、でして
      これですとナンピンはしませんので損失は限定的で
      ハマると大き目なプロフィットを取れることもあります。

      また、似たような形状に見えても
      そこまでのプロセスがボラティリティの少な目な銘柄だった場合、
      「抜けたらブレイクで入る」というある種逆バターンも大きく取れることが少なくありません。

      ポイントは
      いずれの場合も
      「ナンピンなし&損失が限定的」なところがオススメポイントです。

      取り急ぎ一例ではありますが
      実際の相場でご確認なさってみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです師匠。

    「自分だけの時間が無い」……本当にその通りだと思います。
    私はここ数年で「芸術」に手を出したのですが、アレって結局は「自分との会話、戦い」なのですよね。
    そこで”客観性”が養われました。「自分を考える時間」が増えました。そしていつしか、私もSNSを辞めていました。

    ——自分への理解。考察、実行。それらを繰り返すうちに、芸術はさておき……何故かFXで上手くいくようになり、今年度は600万の利益確定で終えられるようになりました。
    FXを始めて4年目。年間プラスで終えられた記念すべき年です。今までの累計損失も全て回収出来ました。完全勝利です。

    ——しかし、不思議な事にFXでの行動は何も変えていません。手法も資金管理も、今まで通り。
    変わったのは、明らかに「自分自身」です。私は自分を全く知りませんでした。知った気になっていただけでした。
    芸術に手を出すにあたり、いろいろな先生のハナシを聞くのですが、動画やブログで師匠が繰り返していた言葉が何度も何度も出てきて「若いうちに及川師匠を見つけられて本当に良かった」と、その時に初めて、心から感謝しました(オイ

    自分だけの時間。自分への理解。
    ……私は、今や過去の存在となった懐かしき「出川組」と呼ばれたBTCバブルの敗者だったんです。ありふれた「バカな若者」の1人でした。
    それが悔しくて、絶対に相場で取り返すと、復讐心8割くらいでFXを続けていました。
    成し遂げた今、そんな事などどーでも良かったのだと知りました。否、知ったから勝てるように、”勝ち切れる”ようになったのかな……と。
    結局、私は「相場が好き」なんですよね。もちろん「嫌い」な部分もあります。やらなきゃいいんです。そういう場面は。

    自分だけの時間。「好き」も「嫌い」も、人間ってのは自分の事を全然全く理解出来ていません。FXや芸術を通じて、身をもって実感しました。

    なんか要点がなく、長文ですみません……。今の自分に合ったテーマだったので、久々にコメントさせて頂きました。
    動画、ブログは常に追いかけています。今後も応援しています。

    • fun^10×int^40=Ir2様
      本当にお久しぶりです!
      コメントありがとうございます。

      >私はここ数年で「芸術」に手を出した
      >いつしか、私もSNSを辞めていました。

      ここはかなり分かる気がします。
      「自分だけの精神世界」みたいなやつですよね。
      僕の場合はそこに妄想も含まれますが(笑)

      少なくとも他人様に目が行かなくなるのは僕も同じでして
      僕自身それで良いと思っています。

      >今年度は600万の利益確定
      >今までの累計損失も全て回収
      >完全勝利です。

      おぉ!おめでとうございます♪
      ご自分の世界に没頭してこの結果なのであれば
      こんなところにもうコメントなどしている場合ではありませんね(笑)

      以降のお話も大変興味深く拝読しました。
      なんていうか共鳴出来ている部分がとても多いと感じています。

      今回は記事テーマによるメッセージだと思いますが、
      そういう流れであるなら、
      今後は再び「ご自身の世界」へお戻り(笑)いただき
      さらなる飛躍を目指していただきたいと願っております。

      大変嬉しいコメントでした。
      こちらの方こそありがとうございます。

  • 及川先生、はじめまして。
    今更ながら、及川先生の書籍や商材を購入させていただいたノブナガと申します。
    FX自体が初めてだったので、こんな世界があるのかと驚きながら月木のトレード動画も楽しく拝見させていただいております。

    過去検証を行いつつ、リアルトレードも並行して行っているのですが、いくつかお聞きしたい点がありコメントさせていただきました。

    1点目は、最近の先生のトレード動画を見ていると、水平線を抜けるか戻すかを重視されていて、書籍や商材にあるような、15分MAや1時間MAにタッチしたかどうかや向きが合っているかはそこまで重視されていないように思います。

    つまり、現状の相場では、水平線を最重要と考え、15分MAや1時間MAのタッチや向きは、水平線とたまたま重なっていたら少しエントリー根拠が増えるくらいに考えておけばいいという感じなのでしょうか?

    2点目は、上記の水平線重視のトレードから、また以前のMA重視のトレードに変化することはあり得るのでしょうか?

    3点目は、欧州時間の過去検証をしていると、何年か前のチャートまでは、かなりの頻度で通貨ペアのシリーズが最低でもどれか1つはわかりやすく揃っていて、その状態で押し目や逆行上位足でエントリーすれば比較的楽に勝てていたのですが、最近のチャートでは、全てのチャートがバラバラな形をしている日も割と多いように感じます。
    この認識は合っていますでしょうか?

    4点目は、現状のチャート形状がシリーズであまり揃っていない日が多い相場の場合、まずユロポンとドル円の大まかなトレンドを見て、監視通貨にトレンドが出ていればその相関に即した通貨ペアを選び、ユロポンとドル円のトレンドがグチャグチャでよくわからない状態であれば、個別チャートの形状的に良い位置に来ているものを選んでエントリーするようにしています。
    しかし、そのようなやり方だと、実質的に監視通貨の相関は見ておらず、個別チャートの形状だけを見ていることになるので、やはり、トレンドが出ていないグチャグチャな動きの監視通貨に対しても水平線などを引き、「ここまで行ったら反転するはず」というような仮説を立てて、その仮説通りに監視通貨が動くという前提で通貨ペアを選ぶべきでしょうか?

    以上4点です。
    コメント欄がこういった質問をする場でなかったら申し訳ないです…。

    可能であれば、お時間のある時にお返事いただければ幸いです。
    何卒よろしくお願い致します。

    • ノブナガ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >現状の相場では、水平線を最重要と考え、15分MAや1時間MAのタッチや向きは、水平線とたまたま重なっていたら少しエントリー根拠が増えるくらいに考えておけばいいという感じなのでしょうか?

      教材について誤解を恐れずに言いますと
      「作った時点でどうしても過去のモノとなる」という部分です。

      根本的なところに違いはないものの、
      「以降の僕自身」がさらなるトレード精度向上を目指し今に至ります。
      そうする中、水平線を根拠に対し増やすことで実際の精度が上がったため、
      「今のYouTube動画」では積極的に多用するようになりました。

      従いまして、
      今の相場が水平線管理に向いている、というよりは
      水平線を使うことで「より勝ちやすいトレード」が可能では?の模索をしているわけです。

      他の方にも申し上げていますが
      YouTubeのトレード動画は「永遠の補講動画」と考え継続しておりまして
      「今」へのアジャストは今後も常に続けていくつもりです。

      そのようなご理解をしていただけると幸いです。

      >上記の水平線重視のトレードから、また以前のMA重視のトレードに変化することはあり得るのでしょうか?

      前述の主旨から「戻る」はないと思います。
      どちらかと言いますと今後についても「対応」を目指すイメージです。

      >最近のチャートでは、全てのチャートがバラバラな形をしている日も割と多いように感じます。

      そうですね、僕もそう思う日は少なくありません。
      その際は

      1.なんらかの通貨が「揃う」または「揃いそう?」まで無理してやらない
      2.個別チャート形状メインでやる場合は「逆抜けされたら損切り」という位置からのみなるべくやるようにする
      (ナンピンなし&損切り時の損失を限定的にしておく)

      これらの対応を意識するように僕はしています。

      >4点目

      あ、これはまさに前述の内容ですね。
      個別チャート形状に対し、
      「逆抜けされたら損切り」の位置から入るようにし、
      ナンピンなしで損失を限定しつつ、
      ハマると大き目な利益を狙えるようにしておくと良いかと思います。

      ※少し上「老兵初心者」さんとのやりとりもご一読なさってみてください。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもYouTube楽しみに観させて頂いておりました。
    三回目のコメントです。
    及川先生は数度破産されたようですが、最後には成功され、ご家族を守ることができたのですね。
    私は常々思っておりましたが、成功者とは「ありがとう」と感謝をされる人だと。ですから及川先生は成功者で間違いありません。
    私は妻が後押しをしてくれ、「あなたが及川さんに泣きながら会っている姿が思い浮かぶ」とその言葉を糧に頑張ってきました。本当にクソまみれの様にもなりました。
    しかし、栄光を掴む事ができず、家族を守ることができませんでした。
    私は及川先生を恨む気持ち等一切ありません。感謝しかありません。
    一時は楽しい時期もありました。
    ありがとうございました。

    • 自分の勇気の無さと、残された家族の事を想い、自○することができませんでした。
      オフィシャルパートナー2022とMSCに入会していました。
      今年7月に病気を患い会社へ行けなくなり退職、9月から専業としてやってきました。こんな事をご相談できる方もいないので、先生にすがるしかないのですが、借金についてご相談できる弁護士さんをご紹介いただく事はできないでしょうか。
      何卒よろしくお願いします。

    • hiromi555様
      コメントありがとうございます。
      2つお送りいただいた内容をいずれも拝読いたしました。

      詳細は分かりかねますが
      かなり厳しい状況になられていることは容易に想像がつきます。

      特に退職されたあとの「焦り」につきましては
      僕の6回目の無一文の時と酷似しているようにも思え、胸がかなり痛みます。

      >借金についてご相談できる弁護士さんをご紹介いただく事はできないでしょうか。

      借金を解決するための方策は大きく2つあると思ってまして、
      ・債務整理
      ・自己破産手続き
      これらは民事中心の弁護士さんなら大抵対応していますし、
      むしろこの手の業務がメインの弁護士さんも数多くいるイメージです。

      よくいう「敏腕弁護士」さんは
      逆にこの手の仕事は受けないことが多いです。
      (イージー過ぎて彼らにとって美味しくないからだと思います)

      よって「法テラス」などの
      無料もしくは低額の相談窓口で対応してくれる弁護士さんで充分解決可能なはずですので
      地元の法テラス相談窓口を検索なさっていただくと解決が早まると思われます。

      日本人のメンタリティーとして「恥」の文化は色濃いですが
      しかし、重要なのは『解決』することです。

      借金を解決するプロセスを他人様に言う必要などそもそもありませんし、
      またそれを恥じる必要も一切ありません。

      ここについてはどうかしっかりとご認識なさってください。

      「解決を目指す行動に一切問題などない!」
      「世間体を気にして問題を先送りする方が問題を引きずり大きくするだけ!」

      ここは強いメッセージとして
      どうかお受け取りいただきたいと思います。

      目の前の問題を「解決」してこそ『次』に進めます。
      ぜひとも前向きに解決へ向けた行動をなさってください。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      状況が落ち着いたあと、気が向かれた際には
      遠慮なくメッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、YouTubeいつも拝見しております。ありがとうございます。
    久しぶりにコメントさせていただきます。

    私も初めて携帯電話を持ったのは高校生の頃ですが、今時の子は小学生でもスマホを持っている、すごい時代になったなと思いますが、インターネットの普及により日々FXトレードができているので私は良い時代だなと思っております。

    リスクリワードとボラティリティについて質問させてください。

    私はリスクリワード1対2、利益35〜50pips、損失18〜25pips程度でトレードしておりまして、トレード回数は1日2回まで、1勝0敗、1敗1勝、2連敗でその日は終わるというルールです。直近3ヶ月の勝率は56%程です。
    3ヶ月間、月間プラスで終えることができました。

    感覚としては、ボラティリティが高い日は割と勝てているなと思っていますが、当然のことながらボラティリティが低い日は負けます。

    感覚的には「あー今日ボラないな」となんとなくわかるようになってきたと思います。

    質問内容としましては、ボラティリティが低いなと感じる時はリスクリワード、値幅をどのような考え方で調整するか、ということです。
    及川先生はボラティリティが高い時でも低い時でもどちらでも勝てるようなやり方をされているかと思いますが、私のようにリスクリワードレシオが1より大きいような人はどのように考えたら良いか、アドバイスいただけると幸いです。

    未熟ながら以下のパターンを考えてみました。

    ① リスク側に合わせてリスクリワードを下げる
    ・1対2、20pips-40pips
    →1対1、20pips-20pips

    ② 値幅を下げる
    ・1対2、20pips-40pips
    →1対2、10pips-20pips

    ③ ①と②の両方

    ④ 何も変えない(あえて、負けるぐらいで良い、いずれ取り戻せる)

    ⑤トレードしない

    私としては、直近3ヶ月の成績を根拠に④で良いのではないかと安直に考えています。あわよくば勝てる、という感じです。

    もしよろしければ及川先生のお考えをお聞かせください。

    よろしくお願いします。

    • ドカドカコツン様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。
      ※実に素晴らしいハンドルネームです♪

      >リスクリワード1対2、利益35〜50pips、損失18〜25pips程度でトレード
      >1日2回まで、1勝0敗、1敗1勝、2連敗でその日は終わるというルール
      >直近3ヶ月の勝率は56%程
      >3ヶ月間、月間プラス

      ご自身なりの明確な方針を感じます。
      その上でこの成績なら、今後さらに精度も上げられそうなイメージでとても楽しみですね。

      ①~④ すべて拝見しました。

      >私としては、直近3ヶ月の成績を根拠に④で良いのではないかと安直に考えています。

      なるほどですね。
      結論から言いますと僕もそれで良いように思います。

      参考までに申しますと
      僕の場合は結果的に②となっているイメージです。

      そもそも僕の場合、
      200PIPS伸びるような現場でもせいぜい20PIPS程度ですし、
      逆に30PIPS程度しか動かないような場面でも10~15PIPS、
      つまり元々リワードで勝負というより「ロット(弾数)管理」で勝負みたいなやり方です。
      ※昔はもっとちゃんとRRでやってたんですけどね(苦笑)

      そんな僕ですので本件のアンサーは結構難しいです。
      自分がやってない(出来てない)ことをエラそうに語るのも・・・という意味からです。

      欲を言うなら、僕がやっているような
      「②+弾数調整」が出来ると良いような気もしますが
      しかし、3ヶ月連続で月間プラスの人に余計なことを言ってトレードが崩れてしまうのも忍びないです。

      そのような意味から上述の通り
      ご本人の意向のままで良いかなぁと思う次第です。

      おそらく、現状のまま変えないという方針で続けて行く中、
      現場を観ているからこそ感じる「ご自身に合った対応策」が見つかるようにも想像していまして
      一番の期待ポイントはむしろそこですね。

      なんだか切れ味の悪いアンサーで申し訳ございませんが
      取り急ぎ以上とさせてください。
      不足がございましたら遠慮なくツッコミOKですので。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。
    いつも動画楽しく拝見させて頂いております。
    1か月ほど前に1週間全敗をしてそのあと2週間は勝ち越せましたが、そのあといつも通り負け続きになってしまいました。
    仕事の都合上NYタイムだけですが、12月の7日~9日までは全て逆行しました。
    私のやり方は青のMaタッチ+平行線でエントリーですが、ほとんどが突き抜けたり突き抜けた後に戻ってきたりしました。そこで質問させて頂きます。
    ①青のギザギザを突き破るかどうかを1H足のトレンドラインと平行線で確認をするようにしますが、現状のドル円のように1H足のトレンドがない場合どのようにしたらよろしいでしょうか?また及川先生はどのようにされていますでしょうか?
    ②損切りについてです。及川先生は青(緑)のギザギザから何ピップ離れたら損切りしますか?
    来年こそは何かつかめる年にしたいので是非よろしくお願いします

    • ベロゾール様
      コメントありがとうございます。

      >現状のドル円のように1H足のトレンドがない場合どのようにしたらよろしいでしょうか?
      >また及川先生はどのようにされていますでしょうか?

      僕はトレンドラインを使いこなせないため、
      トレンドラインについて語ることは出来ません。

      今年のドル円につきましては
      米ドルのファンダメンタルズ要因が中心で動くケースが多いイメージでして
      実際テクニカルが全然効かないことも多い印象です。

      そうなると僕の場合、やることは一択でして
      「テクニカルが効いているモノをやる」のみです。

      元々僕はドル円を状況判断用の「監視通貨」という位置付けでした。
      去年まではボラも大してありませんでしたし。

      今年はボラが大きいため直接扱う機会も少なくありませんでしたが
      ここのところはテクニカルがアテにならないという理由から
      それ由来でのトレードは激減しています。

      >及川先生は青(緑)のギザギザから何ピップ離れたら損切りしますか?

      僕は「PIPS数」で決めてはおりません。
      エントリーの時点で
      「大体このくらいの時間でこのような動きになる」という想定で入ることが多く、
      その場合「そうならない」時点で切りたくなります。

      ここについては含み益であろうと含み損であろうと同じでして
      よって、勝つか負けるかだけではなく、引き分け(ドロー)の概念にて決済することもあります。

      それとたまたま12月15日のYouTube動画で損切りしていますが
      「こうなったら切る」という行動をあらかじめ決めておくことも意識しています。

      良いパターン、悪いパターン、さらには「とても悪いパターン」など含め、
      事前に想定しておくことが大切ではないかと思います。

      >来年こそは何かつかめる年にしたい

      そうですね。
      大いなる飛躍の一年になるよう、
      ぜひとも精進なさってください!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • Dear 及川 先生,

    お世話になっております。Conx.と申します。私のことを覚えていますか?
    ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?
    いつもご親切に詳しくYouTubeでトレードに関する知識をシェアしていただき誠にありがとうございます。

    前の質問投稿から随分時間が経ちました。確か9月中旬頃、東京セミナーを開催する前の一か月ぐらいの時でした。これから先生はお忙しくなると思ったためその時から先生への質問投稿を控えて自分の勉強に集中していました。でも、最近、突然思い出しましたがひょっとしてその時、出席できないことを事前に先生に挨拶しなかったようです。この件について改めてお詫びいたします。空港の出入りがリスクが高いですので私だけであれば大丈夫ですが家の両親はハイリスクの年齢層でまだ、コロナが落ち着かないうちに家族に迷惑をかける恐れがあるので欠席させていただきました。実はセミナーで先生を含め先生たちとお会いできず残念でした。ずっと動画で見ていますのでご本人はどんな感じかなと思って一度確かめたかったです。^‐^

    また、いつも真剣に質問に対して詳しくご説明いただくことに一度、フェイス to フェイスでお礼できればとも思っていました。正直に先生に初めて質問した後、特にOP2022に参加した後(FXと関係ないですが)何かいろいろ謎の現象は起こっています。?^‐^?私にはその謎を解く課題がまだ残っています。そのため、シンガポールにいらっしゃる先生への訪問も考えていました。しかし、長年的な病気の関係で今年になりようやく治れるそうな兆しが見えてきますので積極的に週三回、病院に通っています。今は最後の段階でそろそろ完治できると体が実感しています。12月31日までに卒業する前の訪問は間に合わないと思います。また、OP2022卒業したら先生を訪問することはご迷惑をかけると思いますので多分謎を解けないままで終わってしまいます。

    ずっと上記の話を話すべきかどうかずっと迷っていましたが最近、Youtubeで突然出てきた日本人の先生の方は「仏教の人間関係」という話題の動画がありました。人と人の関係は心と心の交流ですが口で話し出さないと相手側が自分の考え方はわからないです。例えばテレパシーのこともありますがすべて通じられるものではありません。そこで人と人は口でのコンミュニケーションすることを通じてそこから人間関係を構築するとの話がありました。そう考えてみると先生はいつも何事でもとても詳しく話しているのがまさに人間関係にとても力を入れてると感じてます。また、6回の無一文を読んでみますと先生はそのような辛い豊富な経験を乗り越えて自分の過去を皆さんに晒した自信、それは心が広い方ではないとできないことと思っています。何となく卒業する前に一度先生に話したほうがいいと感じてます。?^‐^?

    ところで最後にちょっとトレードに関して先生のご意見をお伺いしたいです。ずっとデモトレードで練習して来ましたがつい最近、そろそろ実トレを始めようと考えています。恥ずかしいながら今だにロットとレバレッジ、保証金のバランスがあまりわからないです。練習中に私にとっては何となく0.5ロットは一番、やりやすい感じです。それ以下であれば何か物足りない感じがしています。でも、佐藤コーチのお教えによりますと最初、0.1や0.2ロットで徐々に増やしていて確か、百万円で損切幅は2%での戦略ですが、私は普段の練習のやり方では佐藤コーチの戦略から見ると結構ハイリスクトレードになってます。

    例えば、エントリーする時、一単位で0.5ロットベースでトレードしますが、同時進行のトータルロット数は大抵3ロットから5ロットぐらいの間です。損切りと利確の金額は大抵1:1の比率でやっています。AXIORYはレバレッジが設定できますが1:400に設定していますがBIGBOSSのほうは何か知らないですが自動的に1:555、また自動的に知らないうちに1:1111になっているシステムです。保証金に関しては自分の経験ではデモ口座を飛ばさないように10000ドルと百万円を設定していました。11月にドル口座だけ練習していましたが、ずっと負けて最後に一度1360ドルになってしまったことがあって、また、連勝と負けの繰り返し、10000ドルまで元に戻る練習の結果になったこともありました。12月に入り最近のトレードは、経済指標のことにすかっり忘れてしまい、そこで巻き込まれて2日間で半額まで負けてしまったとともに、天才チャートもあちこちの所で暴れてしまい、トレード中にラインがなくなったり歪んだりしています。翌日テンプレートをもう一度切り替えてみたら、また落ち着いてるようです。ヨン様先生に助けていただかないとまた起こるかもしれませんと思いますので今、画像を取っておいてFacebookで相談中です。正直に使えなくなる心配もしています。先生の天才チャートも急に暴れますか?(^‐^;汗)

    本題に戻りますと今までのトレードが殆どチャートを見た瞬間に入れるタイミングで、エントリーするスタイルです。一々密集的に検証した後、固定的な場所で入るやり方ではなくてチャートのリズム感やスピード感、全体の雰囲気でトレードを練習してきましたのでこれで大丈夫かとずっと自分に疑問を問いかけています。そのような背景で先生にお伺いしたいのは私のやり方でどのぐらい証拠金を入れたほうがよいですか?練習の時と同じように、10000ドルや百万円でよいのかそれともロスカットしてもよい金額でいいのかと悩んでいます。今、実トレをやるかやらないかとその前で立ち止まっています。また、今のやり方で大丈夫なのかそれともデモを続けて検証のベースがないと駄目なのか実トレがまだまだなのかといろいろ戸惑ってる所です。どのぐらいの実力レベルで実トレに入っていいのかについて先生はどう思われますか? 前の動画で先生は15万円の証拠金を入れるという話がありました。それは一回に同時進行で何ロットベースのお話でしたか?ちょっと先生のご意見をお伺いいただきたいですがご指導下されば幸いです。

    よろしくお願い致します。

    Conx.

    • Conx.さま
      コメントありがとうございます。

      はい、覚えてますよ。
      台湾在住の方ですよね。

      >私だけであれば大丈夫ですが家の両親はハイリスクの年齢層でまだ、コロナが落ち着かないうちに家族に迷惑をかける恐れがあるので欠席

      ここは致し方ないですよね(汗)
      実際にはすでに現状を「コロナ後」と捉えている人も多いですが
      しかし結局日本のセミナー会場では会場側からマスク着用を義務付けされているような状況でしたので。

      >今は最後の段階でそろそろ完治できると体が実感しています。

      そうでしたか。
      ちなみにシンガポールで直接お会いする機会の件ですが
      相当な人数の方を「お一人ずつ」対応して来たことで
      僕のプライベートがほとんどなくなってしまいましてね。

      さすがにこれをずっと続けるのは厳しいということで
      年内を期限にさせていただいた次第です。

      正直なところ「しょっちゅう」でなければ対応は可能ですので
      なんなら事務局に一度メールなどで打診なさってみてください。

      ま、こんなことを書くと読まれた人が
      「え!いいの?そんじゃ私も!」と再び殺到状態になっては困るわけですが(笑)

      >AXIORYはレバレッジが設定できますが1:400に設定していますがBIGBOSSのほうは何か知らないですが自動的に1:555、また自動的に知らないうちに1:1111になっているシステム

      僕はレバレッジ設定を確認することはないのですが
      BIGBOSSに関しては前日の口座残高でレバレッジ設定が可変する仕組みだった記憶です。

      ただ、個人的にはレバレッジ設定は特にどうでもよく、
      あくまで資金に対するロット対応で良いのでは?という考えです。
      (よって証拠金維持率も僕はほとんど観ていません)

      >先生の天才チャートも急に暴れますか?

      あぁ、、、暴れるというか
      僕もPCの電源を入れてチャートを立ち上げる際には
      毎日テンプレートからチャートを読み込み直していますよ。

      >私のやり方でどのぐらい証拠金を入れたほうがよいですか?

      佐藤コーチとの間でロットの話もあったようですが
      もちろん「一般論」として認識しておく必要はあるものの
      リスクの取り方は人それぞれだと思いますので
      最終的にはご自身が受けいられれる許容範囲から決めるべきだと僕は思います。

      以前の生放送でも話題にしたのですが、
      例えば30代でバリバリ稼いでいる自営業の人であれば
      300万円の資金で含み損100万円でも耐えられたりしますし、
      なけなしの退職金でトレードする人であれば
      1000万円の資金に対する10万円の含み損でも吐き気がすることもあり得ます。

      ここは完全に個々人の問題ですので
      他人が「適正入金額」や「適正ロット」を決めることは出来ないと思うんです。

      ただ、間違いなく言えるのは
      これまでデモ口座だったのをリアルに移行するのであれば
      当然「試運転」からとすべきでしょう。

      あとからいくらでも追加は可能なわけですので
      当初はなるべくミニマムな額やロットから始めると良いように思います。

      また実際に試運転をする中
      「こうなったらこうしよう」

      具体的には一定期間(ここもご自身で決めるべきです)の結果に対し、
      その利益ペースなどによって、その後の追加投入やロット引き上げペースを
      あらかじめ決めておくと良いように思います。

      ちなみに資金量とロットのペースの話をしますと
      僕はかねてから「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」でやっていました。

      これは世間的にはかなりハイロットの部類だと思いますので
      当初はこの半分もしくはそれ以下から試運転とされる方が良いかも知れません。

      重要なのはまず「手応え」を掴むこと。
      そのためにはいつまでもデモ口座では良くないようにも思いますし、
      一方でリアル口座でいきなりガンガンハイロットでやるのもどうかと思います。

      この辺の兼ね合いをどう取って進めていくか?
      これはもはや人生設計に近い領域ですので
      チカラ加減についてはぜひとご自身で悩み、見出して欲しいと願います。

      取り急ぎ以上となりますが、
      返答漏れなどがございましたらお手数ですがご指摘ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもためになる動画配信有難うございます。日々勉強させていただいております。
    早速大変具体的な話で恐縮ですが、12月15日の動画に関して一点御質問させていただければ幸いです。
    2回目のトレードで先生はポンド円をショートされた後、その時点での相関関係からポンドドルもショートされましたが、動画の中でポンドドルに関し「前回安値の水平線もブレイクする可能性が高い」と仰っていました。結果、ものの見事に(揉み合いになる気配もなく)前回安値をブレイクしていきました。
    私も及川先生がポンドドルをエントリーした時点をリアルタイムで見ており、それぞれの相関関係(ドルの強さ、ポンドの弱さ)から、先生同様ポンドドルのショートを考えたのですが、既にだいぶ崩れていたことと、前回安値までのPIPS数が少なかったことから入る事ができませんでした。
    先生が前回安値の水平線を突破するだろうと予想された理由は何だったのでしょうか?
    私が及川式を深く理解できていないという事かと思いますので、大変申し訳ありません。

    • 及川先生
      とても丁寧な御回答有難うございました。
      大変参考になりました。引き続き宜しくお願いいたします。

    • ちゃり様
      コメントありがとうございます。

      >12月15日の動画に関して一点御質問
      >先生が前回安値の水平線を突破するだろうと予想された理由は何だったのでしょうか?

      はい、それでは順を追って説明していきますので
      どうかしっかりついてきてください(笑)

      オージーが弱い展開だった中、
      ドル円上昇&ユロポンで明確にポンドが弱い側だったので
      「下げ出した際ポンドドルが一番崩れる主役」になる可能性を感じていました。

      その際、前回安値の水平線は平気で下割れすることは
      過去の相場で何度も観て来た流れでした。

      よって、例えばですが
      あの水平線を「ダブルボトムでロング」という選択肢などありませんよね?
      まずはここが一点。
      ※あ、もちろん「ロングをしない=ショート」というわけではありませんが。

      ドル円が上昇している中、
      にもかかわらず僕はポンド円の「ダブルトップショート」をまずやりました。

      これは損切りも充分あり得ると思っていましたが
      もし・・・コイツが損切りにならないとするなら
      ドル相関におけるポンドドルは前述の「予定通り?」水平線を下割れする流れになります。

      よって僕は先んじて入った「ポンド円ショート」の推移を観ることで
      ポンドドルを思い切ってショートすることが出来たことになります。

      ちなみに、僕がもしあの時点でノーポジだったなら、
      あそこからポンドドルのショートは入れなかった可能性が高いです。
      もとよりあんな位置から追っかけで入ることはないからです。

      けど、「よりリスキー」なエントリーだったと言える
      ポンド円ショートが無事な状態である限り、
      ポンドドルはやはり「想定通り下げ」と判断出来たわけです。

      ここから先は「今後の話」も含みますが
      このように僕はユロポンの弱い方を逆張りロングで入ることはほとんどなく、
      けれども、その弱い方をドル円が上昇中であっても逆張りショートをすることはあるわけです。
      それが動画内ポンド円ショートでした。
      (ただしこれ、結構リスキーです)

      理想を言うなら、
      上述の内容をすべてノーポジであっても俯瞰し、
      いち早くポンドドルのショートに舵を切れたら言うことなしでしょうね。

      僕からは以上です。
      参考になれば幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今年のお礼 コースケより
     酔って寝落ちの300万損切り、1,000万含み損を日銀介入に救われたコースケでありす。今年はオフィシャルパートナー2022と天才チャートと師匠のトレード動画で勉強した一年でした。これまで10年くらいの間、暇な時にギャンブルみたいな気持ちでやっていたFXの世界。夜中に酔って、ちょこっと入り、逆行でナンピンし負けばかりでした。本業で稼いだ金をパチンコでするようなもの、どうせ勝てないからと低ロットで適当にやってました。
     しかし、無一文物語を読んでから師匠に惹かれ、師匠の書籍と動画でFXを改めて勉強しました。師匠が言っていた「クソまみれの先に栄光がある」という映画「ショーシャンクの空」は私も好きな映画です。今日、また見直しました。
     「冷静さ」「諦めない」「友情」といった主人公アンディーに師匠が重なりますね。そして年輩のレッドや他の友達は師匠の友人のトレーダー仲間、(囚人とはいってませんよ(^0^))に重なりますね。私も映画の中で隅っこにいるセリフのない師匠の囚人仲間だと思っています。
     いつも見ている動画やコメントの返事内容にも師匠の「人柄」が伝わってきます。
     本業では生活保護の方から、弁護士、医師にまで、内省的な精神療法を提供していますが、師匠は、自己受容、他者信頼、他者貢献という「幸せの3要素」(アドラー)を実践している方だと思います。師匠の優しさは、多くの苦労や難局を生きぬいてきた人の優しさで本物です。
     自分を見つめることは内省につなりますよね。自己受容ができてこそ、他者を信頼できるし、他者に貢献できると思っています。ショーシャンクの空で、仲間の囚人達に看守と交渉しビールをふるまい、刑務所に図書館をつくっていくアンディーが、師匠の心に今でもいるのだと思います。
     師匠からの私へのコメント「FXは仕事です。酔ってフィールドにでる野球選手はいないでしょ」の一発は今でも私に喝をいれてくれています。
     専業の方のように、今では入れるところでしか入らず、師匠のように短期デイトレとスキャルを繰り返し、損切りも許容範囲を決め、昨年は年間マイナス20万ででしたが、今年は7桁プラス、あと少しで8桁プラスで終われそうです・・・が。
     でも(これ重要)クリスマスになりますので欲張らず今年はこのくらいで終わりにしようと思っています。
     及川師匠 今年は本当にありがとうございました。私の知らないFXの本当の世界、FXを生業としている人達の覚悟とプロ意識を知った一年でした。
     最後配信のライブ動画は楽しく観させていただきます。
     師匠は他者貢献のあまり、おそらくプライベート時間も削るくらい大変なのではないかと推測します。自己受容する時間、プライベートタイムは大切です。
     ご自愛ください。
     メリークリスマス、そして良いお年をお迎えください。

    • コースケ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >「ショーシャンクの空」は私も好きな映画です。
      >私も映画の中で隅っこにいるセリフのない師匠の囚人仲間だと思っています。

      いやいや、それはご謙遜が過ぎます(汗)
      コースケさんとのやりとりは毎回刺激的で僕自身大変学びになっています。

      なんていうか、
      「モノゴトをしっかり分かってらっしゃる人」と認識しているため
      返信の文を書く際、相応の緊張感があるんです。
      (良い意味で、ですが)

      >師匠の優しさは、多くの苦労や難局を生きぬいてきた人の優しさで本物です。

      専門の方にこのように言っていただくことで
      さらに緊張感が増すわけです(笑)

      >昨年は年間マイナス20万ででしたが、今年は7桁プラス、あと少しで8桁プラスで終われそうです

      素晴らしい成績・・・なのはもちろんですが
      コースケさんが本気を出せばこのような結果となることは
      充分想像が出来ていました。

      おそらくもう
      「本質」についての感覚的理解がお済みなんだと思います。

      FXをどの程度の頻度でされてらっしゃるのか興味がありますが
      本業あってこそ、と言う部分も達観済なのかと想像します。

      つまり「固執なし」「執着なし」で続けられるでしょうから
      よって、来年の成績も良いモノとなるのは間違いないでしょうね。

      あ。こーゆーヨコシマな話をすると
      相場にイジワルされかねませんので、気を付けないとですが(笑)

      >最後配信のライブ動画は楽しく観させていただきます。

      ご期待に沿えるよう、
      それでいて楽しんでもいただけるような内容にしたい気持ちでおります。

      OPの方では目立った活動が出来ず申し訳ございません。
      現在制作中の「デイトレ総仕上げ教材」は万一年明けになろうとも
      OPのみなさまには責任を持ってお届けするつもりですので
      どうぞよろしくお願いいたします。

      >私の知らないFXの本当の世界、FXを生業としている人達の覚悟とプロ意識を知った一年でした。

      僕の方こそ、普通であればお話出来る機会もないであろう方と
      こうしてやりとりさせていただけることを光栄に思っております。

      少し早いですが
      来年以降もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんにちは、いつも必死に勉強させて頂いております。
    はじめてコメントさせて頂きます。

    私はFXを始めて2年、及川式の勉強を始めて半年です。
    成績は毎月勝率が30%、300ピップほどのマイナスです。
    仕事の都合でNYしかできません。トレード手法としては及川先生の本を徹底的に真似させて頂いているつもりです。しかし真似できていないのが実情です。
    今回いくつか質問させてください。

    12月20日のNYタイムのポンドルですが及川式の下降トレンド。抵抗線を抜けてからのショートで入りましたが見事に上抜けされてしまいました。これは先生が何度も動画で言われていた箇所なので自信をもったのですが上手くいきませんでした。
    以下の箇所で入りましたがこれは及川式とは何が違うのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    ポンドドル
    抵抗線:1.21355
    ショート:1.21355
    利確:1.2102
    損切り:1.2149
    11月後半は比較的勝てましたが、12月に入り勝ち越せた日にちがありません。過去最低の数字になってしまいそうです。
    2年間土日も勉強してきましがいまだに月間で勝ち越せたことがありません。
    先生は色んな方を見てこられた方がいると思いますが、この成績の人間はもうやめた方がいいのでしょうか?
    あまり悲観的になりたくないですが、苦しいです。

    • 30歳でマイナス月給さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >毎月勝率が30%、300ピップほどのマイナス

      勝率が30%ですか。。。
      デイトレでこの勝率だとさすがに厳しいモノがありますね。

      >12月20日のNYタイムのポンドル
      >以下の箇所で入りましたがこれは及川式とは何が違うのでしょうか?

      時間が書かれていないので正確な位置は分かりませんが
      狙いは悪くなかったと思います。

      僕の観ているところに間違いがなければ
      一度全MAを上抜けされてしまっていますよね。
      このあたりで撤退を決断されるのは致し方ないと僕も思います。

      ただ、その後再度下抜けし直していまして
      ここは余談ですが
      もし僕がやっていた場合、上抜け時点で損切りをしたとしても
      もう一度ショートを入り直した可能性は充分あるとの感想です。

      >これは及川式とは何が違うのでしょうか?

      観ていたら僕もやった可能性が充分ありますので
      その意味ではここも及川式ポイントと言って良いと思います。
      そして、その僕自身、一度損切り撤退した可能性もあるのは上述の通りです。

      >この成績の人間はもうやめた方がいいのでしょうか?

      やめる、やめないについて
      決めることが出来るのは本人だけのはずですので
      僕が「●●すべき」と言えることは正直ありません。

      ひとつ言えるのは
      トレードの世界において
      最初からスンナリ上手く行った人はとても少ないという部分でしょうか。

      有名なBNF氏など極々一部の天才的な人を除き、
      ほとんどの人は勝てるようになるまでの間、
      相応に苦しんだ経験をお持ちで、僕もその中の一人です。

      勝てない時期において
      一体どの部分がダメなのか?
      ここに対する分析と、それを改善するための創意工夫を模索し続けることで
      自分にあったやり方を見出す・・・

      逆説的に「上手くいった人」を挙げると
      このようなタイプの人がほとんどでした。

      勝率が30%となると
      明らかにどこかが噛み合っていないと思いますが
      そこがどの部分か?

      その分析なしのまま続けることについては
      確かにやめた方が良い、、、とは思います。

      ただ、本当にそれで良いのかについては
      やはり僕では判断出来かねます。

      少なくともここまでの間、
      学んで来た知識や蓄積された経験があるわけで
      それを活かせぬまま終了となると、それももったいなさはありますよね。

      その上で「さぁどうするか」
      まずはこのあたりを考えてみることはオススメしたいです。

      また、繰り返しになりますが
      「一体どの部分が噛み合ってないのか」について、

      ここはおそらく学んで来た内容云々以上に
      「ご自身の中にあるクセなどの問題」である可能性も高いと想像しています。
      それが一体なんであるのかについて
      なんら答えを見出せない、ということであれば
      その状態のままトレードを続けるのはよろしくないと正直そう思います。

      ひとまず僕からは以上です。
      ちょっと考えてみてください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもYouTubeで勉強させていただいております。
    私はFX歴4年。天才チャートと出会い、間に色々な手法(フィボナッチトレード)など試してきましたが、最後にはやはり天才チャートに戻ります。本当に素晴らしいチャートだと思います。FXで少しずつ勝てるようになり(勝率72%)、去年の11月に30万円を入金、今年の3月に155万円まで増やすことが出しました。ですがドカンをしてしまい全損。取り返そうと追加で30万入金しましたが、連射してしまい、わずか10日で終わってしましました。及川先生の余分な資金は入れるなとYouTubeでおっしゃっていましたが、本当に身に染みてわかりました。資金に余裕があれば、どうせレンジだから戻って来ると思い損切りせず放置、全損。本当にバカでした。
    頭を冷やすため、7カ月間トレードはせず、仕事に打込みました。11月に再開し30万入金、年末までに60万にする目標でしたが、54万まで出来た所で欲をかかず出金しました。年末の訳の分からない動きにハマってしまいそうな予感がしたからです。自分の直感を信じてみる。これが大切なのかな?と自分に言い聞かせています。 及川先生の本に頂いたサインの言葉、勝ち逃げ最強!の文字を毎日見ながら
    来年こそは勝ち逃げ、出金を貫いて行けるように頑張るつもりです。
    及川先生何かエールを頂けたら嬉しいです。
    来年も素晴らしい年でありますように心よりお祈り申し上げます。

    • BBQパパ様
      コメントありがとうございます。

      >FXで少しずつ勝てるようになり(勝率72%)、去年の11月に30万円を入金、今年の3月に155万円まで増やすことが出しました。

      これは凄いペースでしたね。
      ただ、調子が良い、波にのっていると感じている時など
      往々にしてワナが待っているのも相場ですよね。

      特にここ↓
      >資金に余裕があれば、どうせレンジだから戻って来ると思い損切りせず放置、全損。

      口座内の資金が増えることで証拠金維持率に余裕が生じることって
      本来なら「良いこと」のはずなのですが、
      なまじ耐えることが出来てしまうことで「たった一度のデカいトレンド」に飲まれてしまう。。。

      もはや僕が口にする必要がないくらいご理解済だと思いますが
      「余分な資金を置いておかない」ことで
      常に一定の緊張感?や危機感を持ち続けることが
      『初心忘れるべからず』に結局繋がるという話なんでしょうね。

      >11月に再開し30万入金、年末までに60万にする目標でしたが、54万まで出来た所で欲をかかず出金
      >年末の訳の分からない動きにハマってしまいそうな予感がしたから

      はい、実に賢明な判断だったと思います!

      FX口座の中のカネは「まだカネではない、単なる数字だ!」
      実際に出金し、自分が好きなように使える段階で初めてお金である。

      こう考えることで、
      より現実的な対応をクセ付け出来るのだと僕も思います。

      あえて繰り返しますが
      >資金に余裕があれば、どうせレンジだから戻って来ると思い損切りせず放置、全損。

      これは何千万あろうとも何億あろうとも
      「たった一度の負けですべてを失う」ことが出来てしまう部分です。

      いち早く大きな資金に育てたい気持ちはもちろん理解出来ますが

      ・余分な資金は入れておかない
      ・常に対応ロットや弾数に応じた資金とし、緊張感を維持し続ける

      逆に言うと、この部分で隙を見せないことで
      来年以降、大いに期待出来ると信じておりますので
      ぜひとも精進なさってください。

      2023年、大いなる飛躍の一年と出来るよう
      お互いがんばってまいりましょう!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • Dear 及川 先生、

    ご返事ありがとうございます。
    結局日本のセミナー会場では会場側からマスク着用を義務付けされているような状況でしたので。 >そうでしたか。室内の場合は台湾も同じ状況です。ただ、室外で移動する時、例えば散歩したらバイクに乗ったりしている時等、何らかの条件でのマスク着用規制はすでに解除しています。シンガポールも同じですか?

    ちなみにシンガポールで直接お会いする機会の件ですが 相当な人数の方を「お一人ずつ」対応して来たことで 僕のプライベートがほとんどなくなってしまいましてね。 >それは先生がちょっと大変かと思います(目上の及川先生に話す時、この言い方は大丈夫かどうかと?もっと丁寧な表現がないかとずっと考えています。
    ーー;)。この表現の仕方を考えている時、何か自分の学生時代のことを思い出しました。実は昔、ある日、私の指導教授はゼミの飲み会で自分の経歴と独立した経緯を話したことがありましてその時、私はそのお話を聞いて何か感動して直接、先生に「先生、さすがですね。」と言ったとたん、突然、ゼミのクラスメイト達と先生に一斉大笑いされたことがありました。何?ーー?の私でしたがクラスメイトに「先生にさすがの言葉を言ってはいけないよ」と言われました。それで「そうですか、先生、それは申し訳ないですと^‐^/先生に謝ったのです。それで先生は何かニコニコして、皆さんも喜んでいました。ベンチャーのゼミであったため個人の個性を重視するお蔭で、また、私は一番、年下でしたのでクラスメイトたちと先生にとても可愛がっていただいて今でもその時のことを覚えています。皆さんのご厚意に今もとても感謝しています。確か今は「頑張ってください」という言い方でも部下に言ってはいけないと昔、日本の管理職の友達から聞いたこともあります。日本語は上下関係、曖昧や婉曲表現に対するニュアンスが特に難しいと感じています。もし、先生とやり取りする時、違和感を感じたら直接に話していただければ自分の勉強にもなりますのでご遠慮なく教えていただければとてもありがたいです。^‐^

    正直なところ「しょっちゅう」でなければ対応は可能ですので なんなら事務局に一度メールなどで打診なさってみてください。 ま、こんなことを書くと読まれた人が 「え!いいの?そんじゃ私も!」と再び殺到状態になっては困るわけですが(笑)
    >そうですね。先生を困らせてはいけませんね、^‐^。実は私の治療もまだ受け続けていますので今の段階では日程がまだ、決められません。もし、シンガポールに行く予定がありましたら、一度、事務局に打診してみます。もし、その時、先生のご都合に合わなければご遠慮なく言っていただければこちらも承知しますので本当に先生とご縁があればいつかどこかでまた会えるかもしれませんね。

    あぁ、、、暴れるというか 僕もPCの電源を入れてチャートを立ち上げる際には 毎日テンプレートからチャートを読み込み直していますよ。
    >そうですか。なるほど。ただ、こちらの状態は恐らくドクターヨン様先生に解決していただかないと改善できないレベルの問題ですのでドクターヨン様先生とスケジュール調整中です。

    「試運転」からとすべきでしょう。 あとからいくらでも追加は可能なわけですので 当初はなるべくミニマムな額やロットから/「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」/当初はこの半分もしくはそれ以下から試運転とされる方が良い重要なのはまず「手応え」を掴むこと。 そのためにはいつまでもデモ口座では良くない
    >先生のお話を聞いて何か自分の迷いを取り除きました。先生に聞いて良かったと思います。どうもありがとうございます^‐^。実トレの試運転調整をこれから試してみます。

    更にもう一つFX会社の選択に関して先生にお聞きしたいです。
    今、A社とB社のデモ口座を持っていましてB社のほうは当時、先生の本を買った時事務局の案内で初めてFX口座を開いたのです。全く未経験のため、ただどんなものかと試すために少額の資金を入れてみました。確か69000円でした。その時、100%ボーナスキャンペンー中でしたのでずっと負けても最後まで76000円あまりの資金が残されていました。その後、デモトレードに移したのですがその間、B社からのご連絡は一切ありませんでした。それで今年なり確か8月下旬頃急にCRYPTO口座を自動的に開設されたとの連絡通知が来て私のアカウントIDとパスワードはそのまま、隠さずメールの中で載せて「そちらからログインしてください」とのメール内容でした。この時点でB社は顧客に対するセキュリティー対策の不十分さ、また、許可をもらってないのに口座を自動的に開設されたことに対する尊重の足りなさに疑念を持っていました。その後、11月8日に再びメールが来たら私のアカウントが休眠ステータスへ移行の知らせであり、その内容は一か月以内で取引や入金等の活動しないと$5の管理費用を徴収すると、また、何もしないと管理費用が徴収できない場合、口座を解除するとの通知メールでした。それで私のアカウントをログインしてみたら口座の中で残された残高は約3600円ぐらいでボーナス分がなくなってしまいました。調べた所、11月2日の時点ですでに自動的に休止ステータスに入ったものの向こうからの口座休止連絡はその後の11月8日の時でした。つまり何も知らないままで新しい口座を開かれてわからないうちにボーナス分の金額を引かれたのです。それでカスタマーセンターに「では、再び取引を再開したらトレード資金としてのボーナス分が元に戻りますか?また、新しい開設したCRYPTO口座も同様に管理費を徴収しますか?」と問い合わせてみると「ボーナス分が戻りません、CRYPTO口座の管理費用を徴収しません」との返事でした。それに対してA社のほうはデモ口座だけを持ってもずっとマーケット情報や取引スケジュール等の情報を送り続けていてその顧客に対する姿勢はB社と違うと感じています。ただ、100%ボーナスのキャンペーンがあまりやっていないため、最初は全部自己資金で入れることになります。今、B社を使用し続けるメリットは恐らく100%ボーナス分を最初にトレードする時、運用できるだけの魅力と感じています。

    先生はずっと実トレで大量的なロット数でやっていらっしゃいますので恐らくこのようなことを経験したことがないと思いますがこのような状況はFX会社では普通ですか?その辺のご経験とご見解をお伺いしたいです。

    よろしくお願い致します。

    Conx.

    • Conx.様
      いつもコメントありがとうございます。
      順々にアンサーさせていただきます。

      >シンガポールも同じですか?

      シンガポールでは数ヶ月前からマスクの義務はなくなりました。
      それでも当初は半数程度の人がマスクをしていましたが
      徐々にその比率は下がり、今ではマスクなしの人が圧倒的多数で
      マスクをしている人が少数派といった状況です。

      >クラスメイトに「先生にさすがの言葉を言ってはいけないよ」と言われました。

      そうでしたか(笑)
      ただ、近年は日本人でも昔ながらの日本語を使える人は減っていますし、
      そこまでこだわらなくても大丈夫だと思いますよ。

      大切なのは「意図」だと思っています。
      例えば日本語って、一見丁寧な言い方であっても
      そこに「皮肉」を込められていることもあります。
      (小バカにする、などとも言います)

      一方、リスペクトが感じられる場合であれば
      仮に言葉選びが正確でなくとも特に問題はないのが現状だと僕は理解しております。

      >もし、シンガポールに行く予定がありましたら、一度、事務局に打診してみます。

      こちら承知いたしました。
      アタマに留めておきます。

      >FX会社の選択に関して先生にお聞きしたいです。

      全文拝見しました。
      まずB社の件ですが、もちろん僕も使っておりまして
      休眠ステータスの件も事前にメール連絡があったと認識しています。

      CRYPTO口座については
      要は「オマケ」というか無料でのトークン配布ですので
      少なくとも悪意があるとのイメージは僕にはありません。

      僕自身はA社もB社も口座を保有しており、
      どちらも使い勝手は良好だと思っていますが
      逆に言うと「どっちでもOK」とも言えますので
      Conx.さんが心情的にA社の方が好感を持てるということであれば
      A社メインで今後やっていくのもアリだと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      もしアンサーに不足などございましたら
      お手数ですが再度ご一報をお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして。

    確認させてください。
    既存教材(FXデイトレ大百科)の購入を検討しているのすが、
    次のコメントが気になってしまいました。。

    >現在制作中の「デイトレ総仕上げ教材」

    仮の名前かと思いますが、既存教材をより、強化された内容であり、
    既存内容はもちろん、最新の手法が盛り込まれている印象を受けたのですが、いかがでしょうか。
    認識に誤りがない前提ですが、
    いつ頃を目途に販売予定になりますでしょうか。

    • 大久保さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >現在制作中の「デイトレ総仕上げ教材」

      こちらの件ですが、
      ちょうど数日前に概ね完成し、現在は装飾などの
      いわゆる「お化粧」を依頼している段階です。

      こちらにつきましては
      本年末まで開催していた有料コミュニティーのメンバーの方々へ
      完成次第まずはお配りすることが決まっています。
      (高額な参加費だったこともあり、僕としても筋を通す必要がありました)

      その後については現時点では何も決まっておりませんで、
      そのあたりは年明け以降、日本の運営事務局と相談しどうするか決める流れになると思います。

      したがいまして、
      「まだ何も決まっておりません」とお答えするしかなく、
      せっかくのお問い合わせに対し、大変申し訳ございませんが
      今しばらくお時間を頂戴したい状況です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも動画を拝見させていただいております。

    1年前からデモですが資金15万、1日5万円というノルマを課せ
    取引をおこなってます。
    半年ぐらい前から、大きな損失もなく、ほぼ1日5万をとれるようになりました。
    そろそろ本番デビューをと思っているのですが、何か壁があるような感じがして、ぶち破る事ができません。
    億の壁ならカッコいいのですが、私の場合、デビューの壁が・・
    スタートからつまずいております。
    及川先生、何か良い方法はありませんか。

    • チェゴマン様
      コメントありがとうございます。

      >1年前からデモですが資金15万、1日5万円というノルマ
      >半年ぐらい前から、大きな損失もなく、ほぼ1日5万をとれるようになりました。

      随分と凄い収支ペースですね(汗)
      毎回フルスロットルのハイロットトレードなのかな?と想像します。

      僕はハイロット自体を否定はしない立場なのですが
      いずれにしてもリアル口座移行後、
      「今までと同じことがちゃんと出来るか?」
      ここがテーマになるでしょうね。

      僕ならどうするか?を考えてみたのですが
      そうなると以下のような手順を検討するかなと思います。

      1.メイン口座以外に資金移動&保管用のサブ口座を作っておく
      2.ロットをデモの5分の1に落とし、一日の利益目安を1万円にする
      3.利益トレードのたび、利益分をサブ口座へ資金移動
      4.サブ口座に30万円貯まった時点でメイン口座の15万円でデモと同じロットでトレードをする

      あくまで「僕だったら」ですので
      上記をご自身なりにアレンジするカタチで検討なさってみてください。

      ただし!
      一点気になるのは
      「現状勝つときは一日5万円だが、負ける時は毎回全損」
      このようなトレードになってはいないか?
      ここを心配しています。

      もしそのような状況だった場合、
      要するにそれは「単に損切り出来ていない」とも言えますので
      その際は上記のやり方ではまるでダメでしょうね。

      頂戴した文面のここ↓
      >半年ぐらい前から、大きな損失もなく

      損切りトレードに対し、きちんと損切りが出来ている中での成績であるなら、
      上記対応でスタートすると良いのでは?と思っている次第です。

      僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもコメントに対するご返事ありがとうございます。NY時間のTradeの勉強のために、半月前からNY時間開始の前後30分間のチャートを毎日見ています。仕事の関係上この時間帯のトレードを考えているためです。主にドル円、ユーロドル、ポンドドル、オージードルを見ているのですが、午後9時半頃からドルが弱くなり、10時を過ぎてからは、早遅はあるもの、ドルが反転し強くなる傾向があるように見受けられます。
    このメカニズムは、NYが始まる10時からはドルを売買するプレーヤーが増え、また、ドルに対して円やユーロ、ポンドがファンダメンタル的に強い傾向にあることが要因と考えてよいのでしょうか?自分のLogicを見つけるため、修行中の老兵です。宜しくお願いします。

    • 老兵初心者さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >午後9時半頃からドルが弱くなり、10時を過ぎてからは、早遅はあるもの、ドルが反転し強くなる傾向があるように見受けられます。
      >NYが始まる10時からはドルを売買するプレーヤーが増え、また、ドルに対して円やユーロ、ポンドがファンダメンタル的に強い傾向にあることが要因と考えてよいのでしょうか?

      直近の値動きについてはその時々の相場状況によるものでしょうが、
      NY時間が基本「米ドル主役」で動く傾向が強いのは必然だと思います。

      今年に関してはロシアのウクライナ侵攻によって
      欧州系通貨が常に不安定な状態になり、欧州時間以外でも極端に大きく動くケースが散見されましたが、
      元来は株式市場がオープンしている国の通貨が為替において主役になりやすい、がセオリーです。

      ・東京時間→ 日本円、オージー
      ・欧州時間→ ユーロ、ポンド
      ・NY時間 → 米ドル

      ただし、まさに上述の通り
      ウクライナ侵攻の関係で欧州系通貨がどの時間帯でも関係なく大きく動くことがあるのと同様、
      世界情勢において「より目立つ大きな事象」が材料として生きている際には
      該当する通貨を軸に相場が展開する可能性もアタマに置いておくことだと僕は思います。

      話を戻しますが
      NY時間を基本「米ドル中心」で見ていくことはセオリー的にもちろん賛成です。

      また、ファンダメンタルズ要因も加味しつつ強弱感を模索するのも
      賢明なやり方だと思います。

      >自分のLogicを見つけるため、修行中の老兵です。

      良い方向へ進まれることを心より願っております!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんわ、松戸のコウです。

    今回は一日6%~10%以上取ったらその日は終わりのルールでコツコツ勝ち逃げで
    11月1日から27営業日で3万円→47万円(15.6倍)まで増やせました。
    がその後47万円→39万円でスイッチが入りその日ベースでプラスで終わらせたい欲が出てきていわゆる自分Bが出て、リスクを取りすぎて5万円まで減らして、メンタル壊してその翌日のトレードで全損という流れでした。

    で、ここからが本題といいますか、頭では分かっているんだけど、このコツコツドカンのに至るその日ベースで、プラスで終わらせたい欲、大負けした次のトレードで運動会になってしまうリスク無視のトレードの発動スイッチの部分
    この感情が湧いてこなければ普段は勝てているのにって方が自分含め大勢いると思います。

    今回この執着トレードを手放す(負の感情が湧いてこない)為にはどうすればいいか自分なりに色々研究してみました。

    自分場合、10日~20日に1回の割合でレンジ相場などで流れに乗れないで1日-10%以上の負けがあるって感じなのですが、この3歩進んで2歩下がるの負けを受け入れてコツコツやってみたらどうなるか電卓で計算して、紙に書き出してみました。

    例 10万円スタートで1日利益は資金の6%
      20日に1回は13%負け
      出金は無しの複利

    1ヶ月 10万円→32万円→27万円
    2か月 27万円→89万円→77万円
    3か月 77万円→249万円→217万円
    4か月 217万円→696万円→606万円
    5か月 606万円→1943万円→1691万円
    6か月 1691万円→5423万円→4718万円

    この様に電卓使って色々なパターンを紙に書き出して見返してを繰りかえしやってみたら、
    全然1回や2回の大負けしてもリズム崩さずにコツコツやってればすごい増えていくから大丈夫じゃん!っと
    やっと自分の中で腑に落ちた感じで、執着の部分が無くなり、日ベースでプラス目指さなくてもいいや!どうせ根拠あるところでトレードしてればすごい増えるしって思えてなんか肩の荷が下りて、脳みそが上書きされました。

    来年は少し力を抜いてやっていこうと思います。
    以上、コツコツドカンを無くすヒントになれば幸いです。

    • 松戸のコウ様
      コメントありがとうございます。

      それと、本件YouTube動画で紹介させていただいた件、
      事後報告ではありますが大変感謝いたします。
      良い内容のメッセージをありがとうございます。

      >1日利益は資金の6%
      >20日に1回は13%負け
      >出金は無しの複利

      正直、こちらの前提はなかなか無理もあるように感じましたが、
      もっと緩い条件で計算したとしても、
      充分戦えるであろうことは想像出来ましたので
      事例としてはアリですね(笑)

      >日ベースでプラス目指さなくてもいいや!どうせ根拠あるところでトレードしてればすごい増えるしって思え

      僕がYouTube動画で日ベースでプラ転させるまでやっちゃうのが
      目の毒なんだと僕自身分かってはいるんです(汗)

      ただ、YouTube動画って「その場完結」のイメージが強く、
      どうしてもムキになっちゃう部分がありましてね。

      そう、この「ムキになる」こそが大敵なわけで、
      そのあたりは今後、折に触れ注意喚起しなければいけない、
      僕自身の当日プラ転をムキになる点を棚に上げてでも言っていかないと、
      そのように思っている次第です(汗)

      >来年は少し力を抜いてやっていこうと思います。

      そうなると本当に楽しみですね♪

      実際問題、週単位でプラスなら月間勝率は100%になり得ます。
      それだって世間的には充分超人ペースですので
      お互い近視眼的な収支に翻弄されぬよう、
      来年は大いなる飛躍の一年になるようがんばりましょう!

      来年もどうぞよろしくお願いいたします。
      良いお年をお迎えください。

  • 及川先生お久しぶりです、3年振りの相談となります。
    TRIBEにも参加させていただき、NY時間限定で3年間ほぼ毎日トレードを続けており、負けからの反省を繰り返すことで日々成長は実感できております。

    しかし、未だに、どうしても克服できない問題があり、ご相談させていただきに来たところ偶然にも、私が相談したかった内容と全く同じ内容を上記で松戸のコウ様が書き込んでいました。

    要は、一度の損切りで自分Bが出てきて乱射した結果、すこし押されただけで含み損が多額となり、切るに切れずに無限ナンピンで全損のパターンです。
    結局これに何度もやられます。
    本当に何度もやられ、いい年の男が深夜に一人で悔し泣きをするのです。

    今回の反省から、すぐに取り返したい気持ちが元凶であると感じ、日ベースでのプラスにこだわらない事、つまりトレードは1つ1つ独立したものであり直前の結果に影響されてはならないと改めて強く感じました。

    そもそも、松戸のコウさんがおっしゃる通り、1、2回そこそこ負けても気にせずに次のトレードをコツコツ普通にやれれば何も問題なくプラスが積みあがっていくはずなんです。

    しかし、トレード前にそのことを再確認していても、
    自分Bはそのことを一切忘れるんですよね。

    自分Bに思い知らせるにはどうしたらいいのでしょうか。
    冷静な自分がいくら理解していても自分Bが分かってくれないのです。
    過去にそれで助かったことがあるのも原因かもしれません。
    しかし、それ以上に全損している回数の方が多いので確実に私にとっては、大量乱射を克服しない限り成功はないと思っています。

    一度習慣にできてしまえばいいのでしょうが、そのためのいいキッカケがあればいいと思っているのです。
    及川先生はどうしても克服しなければならないと感じている課題が克服できないとき、何か意識していること等はありますでしょうか。
    些細なことでも構いません、ぜひ先生のご意見を伺えれば幸いです、よろしくお願いいたします。

    • ヒロアキラ様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      TRIBEへのご参加の件、
      再度あらためて御礼申し上げます。

      自分B問題・・・
      ほんの些細なきっかけがトリガーになったりするので
      余計に厄介ですよね。

      逆にここさえ克服出来れば、
      そんな人がとても多いことも自身の経験からも強く思います。

      >及川先生はどうしても克服しなければならないと感じている課題が克服できないとき、何か意識していること等はありますでしょうか。

      僕が何かと意識するのは
      「いかに執着しないで済むように出来るか?」です。

      おかしな例えで恐縮ですが
      恋愛のストーカーってそれこそ執着心からですよね。
      相手のことばかり考えてしまうからのめり込んでしまう、みたいな。

      トレードも執着心があればあるほど
      「自分B問題」が大きくなりやすいように思うんです。

      僕は欧州時間序盤をやることが多いため、
      「とっとと終えて飲みに行きたい」と動画でもよく言っていますよね。
      これ、本気でそう言っているわけです。

      つまり「トレード<飲み」だということです(笑)

      NY時間をトレードする人の多くは
      その後の予定がないので同じような気の持ち方はしにくいかも知れませんが
      それでも例えば「●●時からは映画を観る」とか、
      「家族との会話をする時間にする」など、

      要は『トレードなんかよりやりたいことが他にある』
      趣味でも副業でも飲み会でも映画でもなんでも良いので
      そういったモノを設定しておけると良いように思います。

      ちなみに僕なんですが、
      シンガポール移住以降、つまり3年くらい前から
      トレード回数が激減しました。
      なんなら月&木のYouTube動画の日だけ、なんて週もかなりあります。

      もっともこれ、
      資金に余裕があるからでもあるわけですが
      ただし、そうすることで収入が激減したかというとそうでもないんです。

      おそらく執着して取り組んでいた頃と比べ、
      大きな事故も激減したからだと自分では思っています。
      結果的に効率が良くなったとすら言えます。

      その意味では「収支目標」とか「ペース目標」のようなモノもいったん取り外し、
      淡々と一ヶ月やった結果だけを確認するなど
      『緩い管理』にするのも一考ではないかなと思いますね。

      「FXで一旗あげたる!」と意気込んで取り組む人は多く、
      それ自体を反対など出来ませんが
      けど、リキめばリキむほどそこに執着が生じ、
      それにより「自分B」が出現しやすくなる側面があるのではないでしょうか。

      FXの優先順位をもっと下げる。
      いや「FXなんかより大切なモノが他にある」
      このような環境設定をすることは、ある意味真理なはずですし、
      そのくらいの距離感の方が長く続けやすいようにも思う次第です。

      「お金を稼ぐ、稼ぎたい」の主旨からすると矛盾した話ではありますが
      けど、やはり時間をかけてじっくり育てることの方が
      あらゆるジャンルで上手くいきやすいコツなのかも知れません。

      なかなか「これだ!」というアンサーにならず恐縮ですが、
      僕からは以上です。
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。
    今回初めて投稿させていただきます、takasugiと申します。
    OP2022にも参加させていただき今年1年、師匠をはじめ他の講師陣や事務局の方たちには大変お世話になりました。
    本当にありがとうございます。

    私自身は今年序盤はうまくいっていたものの、ロシアのウクライナ進行後からトレードが崩れ、
    2022年は負け越しで終わりそうです。

    この1年を振り返りますと、勝てているときは勝てるのですが、1度のクリティカルな負けで今までの利益と元本を吐き出す
    ということを何度もやってしまいました。

    この負けパターンを精査してみたのですが、結局はこの2パターンが大きな負けの要因となっていました。
    ①トレンド発生狙いで入ったものの何度も戻され損切を繰り返し、ロット過多で損切り貧乏となってしまう
    ➁レンジだと見込んで入ったものの逆抜けし、そのままフルロットでナンピンし全損してしまう

    上記を考えますと、トレンド相場とレンジ相場の区別ができていなかったことが負けの要因かなと考えています。

    そういった意味では、トレードをする上である程度の戦略が必要だなと思い、改めて師匠が1日の中で
    どのような戦略に基づいてトレードを行っているか自分なりにまとめてみました。

    以下、師匠のご認識と合っているかご確認いただけないでしょうか?

    ————————————————————————————-
    ■時間帯毎によるトレード戦略

    ・欧州オープン①(夏16時-18時,冬17時-19時)
     ①-1 密集→拡散によるトレンドフォロー(トレンドフォロー戦略)
       オープン直後、通貨ペアの相関を見ながらシリーズで揃った通貨に関しては飛び乗りも可

    ・欧州中盤(夏18時-21時,冬18時-22時)
     ②-1基本的にはレンジ狙い(逆張りレンジ戦略)
       動かない相場(レンジ)を前提にRRレシオが最も良い場所でのみ逆張りエントリー

     ②-2 欧州時間で発生したトレンドが更に伸びるケース(トレンドフォロー戦略)
        =レンジ狙いだったが、本来の①のトレンドに戻る場面
        ダブルトップ、ダブルボトムなどの状態から高値安値を更新した場合は逆張りからの倍掛けド転も可能

    ・NYオープン③(夏21時-23時,冬22時-0時)
     ③-1 欧州でトレンドが発生しない場合のMA密集→拡散によるトレンドフォロー(トレンドフォロー戦略)
     ③-2 欧州で伸びつくしたトレンドの転換狙い(崩壊トレード=逆張り的なトレンドフォロー)
        →NY時間に入り、欧州からガラッとトレンドが変わるケース

    ・NY中盤④(夏23時-1時,冬0時-1時)
    ④-1 大きなトレンドが発生しないことを前提としたレンジ狙い(逆張りレンジ戦略)
     ④-2 欧州、NY共にトレンドが一方方向に生じた場合のトレンド転換狙い(崩壊トレード=逆張り的なトレンドフォロー)
     ———————————————————————————-

    もちろん上記の戦略に当てはまらないような場面もあると思いますが戦略を元に損切りパターンを明確に定めておけば、
    損切り貧乏や逆張りにおける一発負けはなくなるのではないかと考えております。

    認識相違等あればご指摘いただけると嬉しいです。
    (東京時間の動画はあまりない認識で、もし東京時間の戦略もあれば助かりますm)

    私からは以上となります。
    来年度も何卒よろしくお願い致します。

    • takasugi様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      また、返信が遅くなり大変申し訳ございません。

      時間帯毎によるトレード戦略についてですが、

      >ダブルトップ、ダブルボトムなどの状態から高値安値を更新した場合は逆張りからの倍掛けド転も可能

      こちらについて
      ドテン倍掛けする際には
      「それまでのボラが欧州時間にしては低い」
      ここをとても留意するようにしていますので参考まで。

      その他はほとんど訂正不要との感想です。

      >東京時間の動画はあまりない認識で、もし東京時間の戦略もあれば助かります

      昔は東京時間も結構トレードしていたのですが
      早起きが出来ないという理由以外でも
      今年はやりにくさを強く感じていました。

      以前は例えば株が上昇ならクロス円やオージーも強いなど
      株式市場との連動度合いが高かったのですが
      今年はロシアのウクライナ侵攻やコロナ後の金融政策など特殊事情が多かったせいか
      まったく連動しない日が目立ちました。

      こうなると「糸の切れた凧」に近い印象となり、
      触らぬが無難という判断になった経緯があるんです。

      来年以降、連動性が戻ると思えた際には
      YouTube動画でもその旨お伝えしつつ、チャレンジするかも知れません。

      僕からは以上です。
      こちらの方こそ
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 いつもありがとうございます

    のりAです
    前回のご報告から3か月がたち今年の損益も確定
    しましたので1年トータルの成績をご報告いたします
    4月時点 証拠金162500円 国内業者 実質レバレッジ15~20倍

    4月 -34000円 ー21%
    5月 +400円     0%
    6月 -6800円    -5%
    7月+9000円     +7.3%
    8月+6600円     +5%
    9月+25000円     +18%
    10月-16000円     -9.2%
    11月-1000円     -0.06%
    12月+17000円     +11.5%

    4月は海外MT4デモと国内業者の違いにとまっどているところに ウクライナ
    や米利上げのニュースに巻き込まれ 大きく負けました

    5・6月は試行錯誤   
    先生の動画を見直し 1日1000円~2000円 をコンスタンと稼げるようになりましたが 主に指標発表のトレード大きくまけて 結果は残せず

    7月以降は 指標でのトレードをやめる
    9月はトレードの初動に乗ろうとして2連敗する事が多かったので 30分ずらして
     トレード 結果 負けが減り 成績が向上

    9月は・月の利益1万越え
       ・3か月連続+
       ・月利10.15%越え
       ・直近3か月 平均月利10%越え
    上記はすべて初めて達成しました。
    また4~6月の負け分を取返し 年間利益を+にすることができました。

    10月 先月からの変更点:最終ナンピン地点でのロットが少なく 目標利益もしくは+まで行けなくて負ける事がおおかったので思いっきってロットを入れるようにする
     そういうときに限ってイギリスの国債や要人発言がらみのポンドの上げに巻き込まれ-3万円。(あまりに急すぎて思考がフリーズして損切が遅れる) 
     取り返すためにスキャルを勉強しなおして 一時+になるも ポンドの急騰にあって-3万円を3回繰り返す 最後は時間が足りなくて -15000円で終了
     利益は-でしたがスキャルの技術は向上

    11月 先月のトレード疲れと冬時間にうまく対応できず -1000円

    12月 変更点:金曜日のトレードを減らす 負けて週間利益をとばすと土日にずっとストレスを感じるので やらないかもしくは薄利で終了
     fx以外の取り組みも始める(後述) fxしかやってないと利益をとばしたときに 時間を無駄にしたと後悔したの 監視時間中にできる事をはじめる
    結果 今月はいつもよりストレスなくトレードができ +17000円
    年間利益も+1000円になったの12月22日に勝ち逃げを選択。

    初めてFXの年間利益が+で終われたで今年は気持ちよく年がこせそうです。

    私生活の変化について
    先生のブログの内容にもかかわわってきますが
    fxをやっている事で変化がありました

    1, 本業で愚痴や不満を言う事が少なくなる
     言っても無駄な上 ここでストレスを抱えるとトレードにも影響がでると思い
    やめる。本業の仕事も効率的になり早く帰れるようになる

    2 過去を後悔することが減る
    他人から 散々 意味がない 無駄だ言われ続けてきたことが トレードで役に立つ事も多いので後悔する事が減り 他人の言葉を流せるようになる

    3 現在・未来への行動ができるようになる
     上記の理由でストレスが減り 行動的になる インフレ前に備品を取り換える
    高齢の親が元気なうち 一緒に出掛ける等。

    4 トレードの隙間時間に勉強するようになる
    切っ掛けは 人にFXを教えたとき FXよりも税金とか法律の勉強の方が先じゃないかなと思う人(主に学生)がいたのでFXだけじゃなくて 会計・法律・ファイナンシャルプランも一緒に教えられるような自分は かっこいいと思えたので

    教えるために勉強を始めました 
    トレードで負けても 勉強がすすんでいれば時間を無駄にした思う事が少なくなりました。

    おかげ様でなりたい自分に近づいてきました 本当ありがとうございます
     
    来年もどうぞよろしくお願いいたします

       

    • のりA様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      今年の振り返り、拝読するだけで充分状況が想像できる内容でですね。
      創意工夫のあとも見受けられ、そのあたりも感心した次第です。
      一年をプラス抜け出来た点も本当に良かったと思います。

      私生活の変化についても興味深く拝読させていただきました。

      >FXだけじゃなくて 会計・法律・ファイナンシャルプランも一緒に教えられるような自分は かっこいいと思えたので

      ここは僕もそう思います。
      一番の理由は「僕にはそれが出来ない」からです(笑)

      ご自身の成長にフォーカスして日々過ごせる環境は
      とても充実度が増しますよね。
      来年はさらなる飛躍の一年になることを大いに期待いたします。
      お互い精進してまいりましょう!

      こちらの方こそ
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは!
    エミンユルマズさんをご存知ですか?
    この方の情報は本当に有益なので僕はこの人のツイートをフォローしてるのですが最近こんなツイートがありました。(完全コピペしました。)

    ❝16日に発売になった四季報を読んでいたらずっと動かなかった地銀の株価が年後半に上昇に転じたことに気づいてとても不思議でした。日銀の利上げが来て理由を分かりました。機関投資家はすでに分かっていたことですね。これが相場です。不可解なことに必ず理由があります。❞

    昔から銀行株は安いから僕でも買えそうかも?と思いつつも、ほとんど上がらないので買うのを躊躇って結局買わずじまいで居ました。
    エミンさんの文面からだとこれは日銀の利上げ発表前から機関投資家はすでに分かっていたとか察していたということ?なんか怪しく感じました。(国がらみはどこまでいっても闇と思いませんか。)
    僕ら個人投資家に情報が回ってくるのは二周くらいしてからですもんね 苦笑

    なんかモヤモヤしますがああいう人達に太刀打ちなんかできやしない。
    こういう強者が居る株式相場にも隙や抜け穴とか盲点みたいなのがあると思うのでそこを突いてコソっとわからないように儲けていくしかないのでしょうかね。

    それと、今回の衝撃的な利上げで僕の住宅ローン変動金利はどうなるのだ?と不安一杯でした。(0.25→0.5は大きいのか大した数字ではないのかどうかよくわからないです。)
    銀行は年二回の金利見直しがありまして、これまでは低金利のままずっと据え置きで毎月の返済額も何年も同額でしたが利上げのせいで返済額がドカーンと跳ね上がることはないそうです。(既存の人。)
    こんなの、新規で住宅ローン組む人かなり減りそうですよね。
    これからもずっと低金利で良かったのに、黒田さんは任期終了前になぜ利上げの置き土産をしたのでしょうか、確実に何か意図がありますよね。(笑)

    25歳の時に家族が出来たと同時に、新築戸建てを元利均等返済(変動金利)35年で購入し今で15年ほど、あと20年も残ってます。
    金融リテラシーが全く無かった若かりし頃の話で、投資やFXの世界に足を踏み入れて色々と学び、知識や教養が付いてくるたびに住宅ローンを組んだことを大変後悔しました。(飽きても引っ越しできない。)
    真の投資家は長期でかかる住宅ローンなどもってのほかと聞きますし、そういう人達やお金持ちも基本キャッシュでローンとはほぼ無縁ですよね。

    「住宅ローン組んでる人がお金持ちになれる可能性はゼロに等しい」と言ってる人も居て、なんでそんな不安を煽るのだろう?と思ってます。
    「いや、そんなことないでしょ」と思う中、仰ってることは正しく間違ってはないのでやっぱり自分はバカなんだろうな、もっとリテラシー高めないといけないなと痛感させられました。
    及川先生のご意見もお聞きしたいです。

    • 投資家デスタさま
      コメントありがとうございます。

      >エミンユルマズさんをご存知ですか?

      恐縮ながら存じ上げておりません。
      が、、、

      >機関投資家はすでに分かっていたことですね。これが相場です。

      この部分は実際そうなんだろうなと僕も想像しています。
      アメリカでこれ(いわゆるインサイダー取引)をやると即逮捕事由になり得ますし、
      本来なら日本でも同様のはずなのですが、
      しかし日本の場合、このあたりがユルユルだと感じています。

      >黒田さんは任期終了前になぜ利上げの置き土産をしたのでしょうか、確実に何か意図がありますよね。

      僕は専門ではないので、あくまで個人の感想でしかありませんが
      後任の人の打ち手をある程度柔軟に出来るよう配慮した部分もあるのではないかと思いました。

      >「住宅ローン組んでる人がお金持ちになれる可能性はゼロに等しい」と言ってる人も居て

      まぁ僕自身、最初の戸建ては建売で住宅ローンも35年でしたけどね。
      ですので少なくとも可能性がゼロでないのは確かです(笑)

      この手の話をする人は「合理性」を重視しているのだと思いますが
      それを言い出すと

      ・ブランド品を買う人
      ・高級車を買う人
      ・外食好きのグルメ志向

      などなども
      すべて「金持ちになれない人」にカテゴライズされるように思います。

      しかし金持ちになるかならないかの本質的問題は
      「支出の仕方」だけではありません。

      充分な「稼ぐチカラ」を身に着けることも当然のように重要なはずで、
      合理主義に理論を集約する傾向の人は、
      逆に言うと決定的にここが欠落している、とも思うんですよね。
      ※生涯収入が決まっている前提でのみ語っている話ではないかということです。

      なぜなら僕は住宅ローン以外の上記事例についても
      すべて該当する人間だからです。

      大切なのは「稼ぐチカラ」と「支出項目」のバランスだと思ってまして、
      例えば収入を増やすことが出来ない状況の中で
      ブランド品を買うのは確かにリテラシーに欠けていると言われても仕方ないですが
      ただし前者は自力で増やすことも出来ますので
      そのような人からすると本件は「大きなお世話」だと僕は思います。

      要するに「分相応」ってだけの話でして
      さらに言うと持ち家か賃貸かは「嗜好性」の問題も大きいんじゃないですかね。

      「マイホームが欲しい」と願って購入をされたのであれば
      それを手に入れた充実感から日々幸せを感じることも出来ますので
      僕はそれも充分正解ではないかと思います。

      ちなみに僕の35年ローン物件ですが、
      昨年新居の完成に伴い売りに出したところ
      購入価格以上で売却が出来ました。

      僕は「これで良かった」と思っています。

      とりとめもない内容になってしまいましたが
      僕からは以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お疲れ様です。
    YouTubeでコメントを取り上げていただき、ありがとうございました。

    コツコツドカンにいたる補足として、
    例えば10万円スタートで数ヶ月で50万円~100万円位までは毎回できるんだけど、
    その後大きくやられて、リスクをとって
    全損トレードをしてしまう方は多いと思います。

    その後50万円→40万円→15万円という感じで減らしてしまうと、
    先ほどまでは50万円が口座にあったプライドの自分と15万円しか口座にない自分とのギャップが起こり、50万円と比較して残っている15万円の価値が下がりゴミのように感じてしまうバイアスにかかってしまうようです。YouTubeで勉強しました。

    このギャップを埋めたい欲と、この残った15万円がゴミに思えてしまうバイアスで
    リスク無視のトレードをしてしまい全損してしまうという罠が多そうです。
    この価値が下がってしまうバイアスも来年のトレードで気を付けないと、
    と思いました。

    今年もありがとうございました。
    それでは及川師匠もよいお年をお迎えください。

    • 松戸のコウ様

      >先ほどまでは50万円が口座にあったプライドの自分と15万円しか口座にない自分とのギャップが起こり
      >残っている15万円の価値が下がりゴミのように感じてしまうバイアスにかかってしまう

      読まれた人が一発で理解出来る、とても分かりやすいお話だと思いました。
      本当にその通りなんでしょうね。

      いよいよ今年もおしまいですね。
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • Dear 及川先生、

    いつも良い助言をいただきとてもありがたく存じます。

    マスクをしている人が少数派といった状況です。
    >そうですか。こちらは まだまだです。

    大切なのは「意図」だと思っています。 例えば日本語って、一見丁寧な言い方であっても そこに「皮肉」を込められていることもあります。 (小バカにする、などとも言います)

    >「皮肉」場面というのは日本のドラマでよく演じたオフィスや嫁姑、近所付き合い等とかの間で行ったやり取りのようなシーンですか?つまり競う相手の間で起こる使い方のことですね。これを使いこなせるのが結構上級者の日本語だと思います。(今自分が書いている日本語の表現の仕方は何か「皮肉」のニュアンスが入ってると感じてますがーー;先生も同じく感じられていますか?)。多分、私は皮肉に言われてもわからない時があると思います ^-^;。ただ、聞いてわかるための勉強と知っていても使わないための学びも重要だと思います。もちろん、その言葉に対する解釈の方向性(善意か皮肉か)が聞き手にもよります。でも、時にわかるよりはわからないほうがある種のひとつの幸せもあります。

    アタマに留めておきます。
    >とてもありがたいです。

    悪意があるとのイメージは僕にはありません。 僕自身はA社もB社も口座を保有しており、 どちらも使い勝手は良好だと思っています。

    >この場合もどの「意図」かが大切ですね。ただ、単純に何か処理の仕方やミスの問題であればこの先に改善されればいいだけという話だと思います。先生のご経験によるご説明を聞いて安心しました。ネットの取引ですので個人情報のセキュリティが特に重要だと思います。また、クレジットカードの入金は一番便利な方法ですので大丈夫かと正直にその心配もありました。そこで実トレに動いていく前に一度、先生に確かめたかったのです。では、先生を信じてまた使ってみます。もうすぐ日本の新年ですので

    Wishing you the best in 2023. ^-^/

    Conx.

    • Conx.様

      >これを使いこなせるのが結構上級者の日本語だと思います。

      僕もそう思いますが、
      別に使いこなせるようになる必要もないと思いますよ。
      性格に問題あるケースも多いですので(笑)

      >でも、時にわかるよりはわからないほうがある種のひとつの幸せもあります。

      はい、まさにその通りだと僕も思います。

      >先生を信じてまた使ってみます。

      信用していただけるのは光栄ですが
      業者については「個人の好み」や極論「相性」もあると思います。

      それこそ「理由は特にないけど、なんとなくイヤ」
      そういうことだって使わない理由になり得ると思いますので
      とにかくご自身の気持ちを優先されることをオススメいたします。

      >Wishing you the best in 2023. ^-^/

      こちらの方こそいつも楽しいやりとりをありがとうございます。
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めてコメントさせて頂きます。
    長文になると思いますが
    お手すきの時にお目に留まることを願っております。

    私は、もうかれこれ10年程FXに関わってきました。

    関わってと言っても、トレードをガッツリしてきた
    というのではなくて、所謂FX関係の情報商材に
    関わる仕事をしてきた者です。

    及川先生がよく言う、FXEAが流行った時期の
    初期に、いくつかのEAを発売し、どの商品も
    販売1位を取ってきました。

    それらの商品は、自分開発のものではなく
    誰かが開発したものを代わって販売するというもので
    プロモーターのような立ち位置です。

    そうした仕事をしていると
    その商品を使用して、大負けした人の話を
    よく聞くようになりまして、だんだんと心が痛む
    と言いましょうか、後ろめたい気持ちを感じるように
    なりました。

    それで、何とか購入者様方に喜んでいただける
    本当に良い商品を出すことができないだろうか?
    という思いが強くなり、FXについてそれまでよりも
    勉強するようになりました。

    その結果、FXはやはり裁量を磨くのが一番
    という結論を得ました

    ただ、EAが悪いという思いはなく
    それよりも、それらEAを使って利便性を求めた上で
    どう使いこなすか?が大事なのだという思いに
    至ったということです。

    これはある意味、及川先生の言う
    『対応力』の重要さに類するものではないか
    と、思うのです。

    そんな時、何となく見ていたYOUTUBEで
    及川先生のチャンネルに出会いました。

    もう何年も前のことです。

    見るほどに神々しく、ご自分の実力というか
    ロジックに自信をもっているその芯の強さに
    憧れ、トレーダーとしても人としても
    尊敬するに至ったものです。

    そんな先生の姿を、心の中に置きながらも
    付いたり離れたりしておりましたが
    最近になって、真剣にFXに取り組み始めた
    のが今の私です。

    長々と自己紹介的なことを書いてしまいましたが
    ここから質問です。

    先生の本を購入しまして
    天才チャートをダウンロードし
    デモで日々トレーニングしております。

    直近4か月間、100万円のデモ口座を
    繰り返しやっておりまして、毎月口座資金を
    230万円程度まで増やすことができている状況です。

    成績的には良いのですが
    詳細レポートを出してみると
    最大値でも平均でも、勝ポジションの金額より
    負けポジションの金額のほうが多い状態になります。

    勝率は、68%~58%の間で
    資金が増えているので悪くはないのでしょうが
    どうしても気になります。

    勝ポジションの金額よりも
    負けポジションの金額の方が多いこの状況を
    及川先生ならどう思われますか?

    長い間先生の動画を見ているのですが
    いつも感銘を受けております。

    これからも生きるバイブルとして
    見させていただこうと思っております。

    ありがとうございます。
    よろしくお願いいたします

    • たけぞう様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >所謂FX関係の情報商材に関わる仕事をしてきた者です。

      ほほぉ、なかなか興味深いお人ですね。
      プロモーションがお上手な点は率直に凄いスキルだと思います。

      >EAが悪いという思いはなく

      ここは僕も同意見です。
      知り合いでもEAのみで優秀な成果を上げてる人もいまして、
      ここについては正直「羨ましい」という思いもあります(笑)

      >最大値でも平均でも、勝ポジションの金額より
      負けポジションの金額のほうが多い状態
      >勝率は、68%~58%の間で資金が増えている

      ここは「戦術次第」の部分だと思います。
      短期デイトレや、いわゆるスキャルピングなどの場合、
      高勝率を拠り所に資金を増やすやり方ですので
      損失トレードの方が大き目な金額になりやすい傾向はどうしても出てしまうと思います。
      (スプレッドなどの関係もあります)

      僕の場合を申しますと、
      利益トレードの平均額と損失トレードの平均額が同程度、
      もしくは少し損失トレードの方が大きい程度であれば気にしないようにしています。
      元よりそういうスタイルだからです。

      最も気を付けるべきは
      「勝率を落としたくない」からと損切りが出来なくなり、
      結果たった一度のトレードで巨大な損失に陥ってしまう部分でしょうね。

      世間ではこれを「コツコツドカン」などと言いますが、
      実際これでヤラれてしまうケースは数多くご報告を頂戴しています。

      逆に言うと
      ここさえ回避出来れば多くの人はきっちり資金を増やせますので
      たけぞうさんもぜひともご留意なさって欲しいと思います。
      ※勝率を拝見する限り、逆に上手いことやれているのでは?と想像していますが。

      取り急ぎ僕からは以上です!
      回答に不足がございましたらお手数ですが再度ご一報ください。

      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも楽しくブログや動画拝見しています。トライブにも参加したことあります。

    ご意見を聞きたいのですが
    私は損切りが出来ないので、
    以下の事をやってるのですが、どう思いますか。

    また、損切りを仮にしたとしても熱くなってしまい、乱射してしまうために以下の通りにしました。あまりお金は爆発的に増えませんが、ドカン負けがなくなりましたし、全損はなくなりました。

    ①資金の1%を入金する
    ②フルレバ限界ギリギリのロットをはる。
    ③勝てれば資金の3~5パーセント位ですぐ出金。
    ④負けたらまた1%口座に入れる

    これのいいところは、負けたあと、すぐに入金ができない、エントリー出来ないため、冷静になれます。

    及川師匠がよく仰る、別口座も考えたのですが、結局損切り後すぐ資金移動してしまい、トレードをしてしまいかねないので、
    出金することにしました。

    弱点はやはり、入出金時の手数料です。。。

    この方法どう思いますでしようか。

    • 及川師匠
      お忙しい中、すぐに返信頂き嬉しいです(*^^*)

      >ここでの「3~5パーセント位」って
      >全資金のパーセントでしょうか
      はい、さようです。
      二勝くらいしたら、すぐに出金です

      >別口座管理でなんとか自制出来れば一番良い
      >のですが
      >そこを新年の課題にされてはいかがでしょう
      >か?
      ほんとにおっしゃる通りで自制が一番かと思います。
      です、が、今年一年、何度も損切りをずらし、無限なんピンをくりかえし、乱射をしてしまい、
      お恥ずかしながら何度も何度も同じことをしてしまいました。その都度反省はするものの。。。(もはや病気❓)

      ですので、このやり方にしたらドカン負けだけはなくなりました。FXDreamのドカン勝ちもなくなりましたが。。。収支がゆるやかになった気がします。

      僕みたいに損切りができない人は、
      ロスかっとを損切りに使います

      アドバイス、ありがとうございます。
      プロの方に意見きけて助かりました。

      年末で寒い日が続いていますが
      体調くずさず、過ごしてくださいね( ^ω^ )
      今後の活動楽しみにしてます。

    • まーさん様
      新年あけましておめでとうございます。

      >はい、さようです。
      >二勝くらいしたら、すぐに出金です

      なるほどですね。
      それなら良いやり方だとあらためて思います。

      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • まーさん様
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへご参加の件、あらためて御礼申し上げます。

      全文拝読いたしました。
      これは資金管理というよりは「自己管理」の範疇ですね。
      とてもユニークではありますが、個人的には良い方法ではないかと思いました。

      >弱点はやはり、入出金時の手数料です。。。

      そうですね(汗)
      さすがにちょっともったいないと僕も思います。

      別口座管理でなんとか自制出来れば一番良いのですが
      そこを新年の課題にされてはいかがでしょうか?
      やり方自体は悪くないと思いますので。

      ちなみに、
      >②フルレバ限界ギリギリのロットをはる。
      >③勝てれば資金の3~5パーセント位ですぐ出金。

      ここでの「3~5パーセント位」って
      全資金のパーセントでしょうか。
      だとするならリスクとのバランスも良いと言えます。

      入金額の・・・ということだと
      RRはイマイチですので、せっかく?のフルレバなら
      もう少しリターンを大きく狙うのもアリかなとの感想です。

      おそらく「全資金」からのパーセントだと思っていますが
      ここは念のためです。

      それでは
      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • OP2022参加者です。

    OP2022のフェイスブックに書けないので
    FXismにメールをしましたが、コチラはOP2022の内容を省略して書きます。

    文章を書いている間にYouTubeが発表され殆ど回答は書いて有るようなものですが
    OP2022サポート中に、及川師匠からの金言が独自に貰いたく書いております。

    天才チャートの参加者で、ジョーンズさんが居る頃から居ます。
    天才チャート以前にもFXをやっており大金を溶かしました。

    投資歴は長いのですが未だに成功してません。

    因みに及川師匠と同じ昭和40年生まれで、勝手に親近感を感じています。

    昨年年末に、母が尻餅を付き今年1月4日から調子が悪くなり
    腰の骨折に伴う、脊柱管狭窄症と判断され手術をしましたが未だに歩けない状態です。

    2月には人間ドックで父の大腸がんが発覚し5月に手術

    OP2022は5月下旬からようやく取り掛かった状態で、OP2022が一年で良かったです。

    ここからが本題になります。
    金ドルで8万円を数千万円にした方のインタビューから
    分速を使い、金ドルをDEMO口座にしてデモで成功したので、リアルに移行し一週間で4万円が8万円になり
    blogに投稿しましたが、
    その後金ドルの相場が大幅に変わり勝てなくなり。

    「FXで勝つってどうやるんだっけ?」との状態になってしまいました。

    その後独自に見つけた激しく動く相場を5月に見つけ
    この激しく動くことを発見し
    取る事を試みました。
    11月中旬から取る事に成功しました

    5月から11月までは1万2千円から始めて
    「全力買い売りで」
    4万円なったらドカン負けを何度も繰り返してました。

    リアルでトレードをしていましたが50万ある資金が25万円になった事で
    リアルでのトレードを辞めました

    DEMO口座で、全力買い売りを止め
    11月16日から2万円を12月15日迄で18万円にして
    同日の独自の相場で、ドカン負けをして2万5千円まで落としてます。

    12月17日に4万円から初めて23日で12万5千円にして
    同日の独自の相場でドカン負けをほぼ全損してます。
    そこからお金を足して継続するも利確すれば良いもののしないで損ばかりしてようやく止めてます。

    後、OP2022で発表された、新しい手法でDEMO口座ですがほぼ全勝しております。
    (リアルなら3回損切りしてますね。)

    後、OP2022で発表された、新しい手法は良いのですが

    自分で見つけた独自の手法で一ヶ月の間に2回もドカン負けをしているようでは困ります。

    DEMOでもリアルでも 1万円円に付き、0.01ロットでやってます。

    パソコンには以下の言葉が付箋で貼って有りますが最近は見ないでトレードして居るのも原因でしょうか?

    「毎日勝たなくても良い
     とにかく
     ・ドカン負けはしない
     ・ドカン駄目
     ・ドカン回避」
    「当日負けはあっても良い ドカン負けを無くせればトータルで勝てる」
    「『あと〇〇円稼ごう』スーダラトレードはしない その結果ハマる」
    「2022/08/31みたいな変な相場に手を出すな 5分足を見ろ」
    「下って来たらもうのびない 早めに利確」
    『「さっき〇万円を見た 〇万円を見るまで」「もう来ない」』
    「腹八分
     ・あともうちょっとで××円
     ・あとちょっとでプラス
     ・××円行くかも
     ・ポジション+になってから
      『は駄目』」
    『欲をかくな
     ・やってやっても良いを守る
     ・まだ行くかも、で入らない
     ・指標で逆を行ったら損切
     ・5分足を見て逆が判るから』
    『「こんな損容認出来ない」
     ☆容認する
     ・しないと損がもっと膨らむ
     ・2022/08/30~31夜を思い出せ』
    『「全部勝ちたい」
     それは無い
     ☆勝率100%は絶対無い!!
     「負け方」の上手いヤツこそ億を稼ぐ』
    『・ナンピンポジが20pips食らったら全部損切
     ・このパターンが有ったらこの日はもうトレードしない
     ・この日の損はデカいが翌日から取り戻せる』

    以前はトレード5分前に座って全部読んでいたのですが
    今改まって読み返すとコレで何でドカン負けするのか?
    読んでないからなのかな。

    Fxismにもメールしました
    ソチラには、画像が貼って有るので、参照頂いて答えを頂ければ幸いです。

    • 群馬の古株さま
      コメントありがとうございます。
      また、OP2022へご参加の件につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      本件ですが、
      事務局へお送りいただいたモノに対し
      すでに回答させていただいてますが
      まだ届いてないでしょうか?

      念のため以下ペーストさせていただきますね。

      文面はもちろん全文拝読しました。
      チャートなどもある程度拝見しましたが
      終わったチャートで、しかも僕が実際に扱っていない銘柄もあり
      なんとも言えない部分が大きいです。

      傾向として強く感じたのは

      ・ドカン負けが多い
      ・全損が多い

      要するに「一度の負けが大き過ぎる」点についてです。

      『トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲームである』

      これは僕がかねてから申し上げている話なのですが
      群馬の古株さんの場合、
      負けトレードを受け入れにくい傾向が強いのではないか?
      これが率直な感想です。

      もう一点想像するのが
      「一気に資金を増やそうとし過ぎ」
      これにより野球で言う「大振り」が目立つようにも感じました。

      僕自身、勝率自体はせいぜい75%程度でして、
      つまり「負ける時は負ける」わけです。

      ですので、
      損切りは普通にあるモノとまずは考えていただくことかなと思います。

      損切りを大きく以下に分けたとして、

      1.ボヤ程度の軽微な損失
      2.そこそこ大き目なダメージを伴う損失
      3.壊滅的な損失

      「1」でいちいち損切りをすると損切り貧乏になりかねませんが
      しかし「2」になった時点で全戻しやプラ転を諦め、
      損切り前提でそこそこ戻った時点で切る準備をするなどの自己管理はあって良いように思います。

      「そこそこ戻った時点」についてですが、
      おそらくその段階ですでにチャート形状も逆側に伸びて然りの状態のはずです。
      例えばショートポジを保有中でそのような状態になった際、
      「ノーポジだったらロングで入る場面」では損切りすべしだという話になります。

      もし、そうではないとすると
      例えばショートならからり下落した時点からのエントリーのはずですので
      そもそもそのような場面で入る場合には
      僕がYouTube動画でよくやる水平線の逆抜けで一度逃げておく、
      などの対応も良いはずです。

      いずれにしても上記「3」だけは避けなければならず、
      その手前段階での心の準備をここまでの内容から参考にしていただきたい、
      そのように思います。

      勝てる時はしっかり勝ててらっしゃるようですので
      あとは『損切り』への向き合い方次第ではないでしょうかね。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは!
    本年中は大変お世話になりました。
    デイトレ大百科との出会いは、私にとって大変貴重なものでした。FXの神髄を知ることができ深みのあるトレードが出来るようになりました。来年も引き続き宜しくお願い致します。
    今年最後の質問を二点程させて下さい。
    ①デイトレ大百科の基本講義動画㉔「リスクリワードを測り・・・」5分53分頃の解説で「75MAの距離があるからやらない」とありますが、直近高値を引いて、抜けたら損切りとすれば利食えたのではないかと思ったのですが・・・?間違っていますでしょうか?
    ②毎週月木にアップされているYouTubeについて質問なのですが、先生の基本概念は「限られた時間に利益を出して逃げる」で良かったでしょうか?間違っていたらすみません。
    デイトレ大百科では「ナンピンは①打診②確信場面しかやらない」と解説があるように伺えますが、YouTubeの殆どがナンピン手法のように伺えるのは私だけでしょうか?
    以前にも質問させて頂きましたが、「ワンポジ、一通貨ペアで億を目指すことは可能でしょうか?」の問いに対して「十分可能です」とのお答えを頂きました。
    何が言いたいかと申しますとナンピンの打診、確信の意味を理解せずにYouTubeを見ている人も少なからず居ると思います。その人たちが及川式を勘違いして複数のポジションを入れてナンピンをする手法がメインかと思いませんか?という事です。YouTubeでは毎回「額面(たぶん百万?)でやめます」と仰っていますが、この種の動画はもう十分拝見させて頂きました。
    「FXで儲けたい」と夢見ている初心者の方々が300万通貨を数ポジションも保有できるのでしょうか?
    なのでナンピン手法で勝つ動画はあまり参考にはならないのでは?と思ったのです。
    前述(ワンポジ、ワンペア通貨)のようなトレードで鉄板パターン5選等を使った手法で勝つ動画の方が参考になるのでは?と感じたのです。
    もちろん手法を理解している人は今の動画が参考になると思います。ただYouTubeを見ている人では理解していない人の方が多いのではないでしょうか?
    先生はYouTubeを6年位?アップされていると仰っていられますが、目的は何なのでしょうか?目的によって内容も変わると思うので、参考までに教えて頂けますでしょうか?
    今年最後の質問ということでドラスティックな質問になってしまったことをお許しください。

    • ジョー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >直近高値を引いて、抜けたら損切りとすれば利食えたのではないかと思ったのですが・・・?間違っていますでしょうか?

      いや、間違いではないと思います。
      場面ごとの解説をすることで、トータル的に観ると矛盾となってしまう部分は
      特に短期保有スタイルの場合生じやすいはずでして、
      ここを「お詫び」とするべきか「現場対応を磨いて欲しいです」とするべきか。。。

      僕的には後者でお願いしたいのが正直なところですが
      分かりにくい、混乱する、ということであれば申し訳ございません。

      >YouTubeの殆どがナンピン手法のように伺えるのは私だけでしょうか?

      YouTube動画の場合、
      「なるべく早く終えて楽になりたい」の意識が働きやすく
      その気持ちが拙速なエントリーになる点は正直否めないと自分でも思っています。

      ただし、僕の中では必ずしも「ナンピン」とは思っていません。
      (ナンピンの時もありますが)
      方向性に変化がないと判断した場合、逆行はむしろ「大きなプロフィットへのチャンス」、
      あるいは「より短時間で終えられるチャンス」と捉え、追加をするイメージなんです。

      >なのでナンピン手法で勝つ動画はあまり参考にはならないのでは?と思ったのです。

      なるほど、ここは真摯にお聴きする必要がありますね。
      ただし、上述の内容については一定のご理解もいただきたい想いです。

      >先生はYouTubeを6年位?アップされていると仰っていられますが、目的は何なのでしょうか?

      YouTubeをスタートしたきっかけは
      当時やっていたオンラインスクールの受講生さんに対し、
      実際に僕が実演して見せることが目的でした。
      講義動画は終わったチャートからの解説が中心だったためです。

      また、日本の運営事務局はビジネスとして
      以降もオンラインスクールの販売を継続して来たわけですが
      そうなると講師である僕自身の実演はカンタンにはやめられない、
      イメージとしては「永遠の補講動画」として継続している次第です。

      単ポジのみでやる、といった「縛り」を作ってトレード動画を実践すること、
      ここについては確かに課題にすべき点と感じますので
      そこは来年からの動画で意識したいと思います。

      その一方で
      講義動画などの「終わったチャートからの講釈」ではなく
      『実際の現場であらゆるシチュエーションの中でどう対応していくか』
      ここについては“僕のリアル”でもあります。

      そもそも実際のトレード現場では
      こちらが望むような場面が都合よく訪れることは稀で、
      常に「対応」をしなければいけない部分が生じます。

      僕としては特にピンチになった時、実際にどう対応するのか?などを
      そのままご覧いただくことに一定の価値があると考えて来まして、
      その部分は今後も変更したくない気持ちを持っています。

      取り急ぎ僕からは以上ですが
      「単ポジ縛り」については今後の動画でやってみたいと思いました。

      来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お忙しい中ご返信くださり
    感動です。( ´∀` )

    元商材屋のたけぞうです

    >ほほぉ、なかなか興味深いお人ですね。
    どんな感情なのか自分でもわかりませんが
    先生にそう言っていただくと何か嬉しいですね。(笑)

    >元よりそういうスタイルだからです。
    成程です。
    スッキリしました。

    >世間ではこれを「コツコツドカン」などと言いますが、
    全くもってその通りですね。
    一番の悩みがそれです。

    コツコツドカンは私も何度もやっておりまして
    その度に『これさえなければ・・・』と思ってきたものです。

    これまで先生が出されてきた動画では
    この事についての処方箋は何度もありましたので
    それを手掛かりに場面場面で思い起こすように
    何とか自分を律することを心がけています。

    もちろん、まだまだ完全ではありませんが

    具体的な取り組みとしては
    『焦って入らない』
    『ここで入ってダメなら損切しかないという所まで待つ』
    と言ったところでしょうか?

    先生の動画で数多くそんなニュアンスの事を
    仰っているような場面がたくさんあったと思ったので
    (教えの場面でもトレード中の場面でも)
    そのように理解しているのですが、合ってますか?(;^_^A

    先生の動画は本当にありがたいです
    悩みのパターンが凝縮されている感じで
    何か悩んだときは、先生の動画からそれらしいタイトルを探して
    アドバイスをいただいています

    本当に感謝です!

    今後とも何卒よろしくお願いいたします。

    • たけぞう様
      新年あけましておめでとうございます。

      >具体的な取り組みとしては
      『焦って入らない』
      『ここで入ってダメなら損切しかないという所まで待つ』
      と言ったところでしょうか?

      そうですね。
      よくお笑い芸人さんが言う「こっちの間」みたいなイメージです。

      パッと見の時点で美味しい感じではない、と言う時に無理して入らず
      他のことをやってチャートに戻り、それでも美味しい場面ではないので無理してやらず
      他のことをして戻るを繰り返す中、
      時に「おぉ!これこれ♪」って場面がやって来ることは僕の場合結構多いんです(笑)

      ガン見し続けると疲れるじゃないですか(苦笑)
      なのでこのくらい脱力しながらやるのも個人的にはオススメなんですよね。

      >何か悩んだときは、先生の動画からそれらしいタイトルを探して
      アドバイスをいただいています

      大変光栄です!
      今後も少しでもお役に立てる機会があれば幸いです。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • あけましておめでとうございます。
    数年ぶりのコメントで恐縮ですが、今、テレビで「月曜から夜更かし」を見ていたら一瞬、及川さんが映ったように見えました。いや、映ってました(笑)
    本年も更なるご活躍をお祈りしています!
    動画、ブログも毎回楽しみにしています。

    • しんのすけ様
      新年あけましておめでとうございます。

      >テレビで「月曜から夜更かし」を見ていたら一瞬、及川さんが映ったように見えました。いや、映ってました(笑)

      あぁ、よくぞ見つけてくださいました。
      2秒あるかないかでしたので(笑)

      「シンガポール企画」だったのもありそうですね。
      いずれにしてもありがとうございますm(__)m

      それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  •  及川先生、明けましておめでとうございます。Cowb(髙木)です。いつも各種教材でお世話になっております。
     年は明けましたが、私の夜明けはまだ来ておりませんで、日の光を観る為に更に邁進して行こうと思います。昨年の、特に最後にコメントさせて頂いた内容につきましては、「生き方」の相談のようになってしまったにも関わらず、真摯にご返信を頂き、ありがとうございました。
    上記の通り、私の夜明けはまだ来ておりませんので、今年もブログにご質問させて頂く事があるように思いますが、その際はどうぞ宜しくお願い致します。(__)
     (概念的な意味で)ロックンロールスターになる準備は出来てますので、後は時が来るまで研鑽を続けるだけです(笑)

    追伸 
     先ほど、過去チャートを振り返りながら「月曜から夜ふかし」を観ていたら、結城さんが出演しておられて驚いたのですが、及川先生も一瞬映ってらっしゃいませんでしたか?(勘違いだったらすみません^^;)

    • Cowbさま
      新年あけましておめでとうございます。

      >(概念的な意味で)ロックンロールスターになる準備は出来てますので、後は時が来るまで研鑽を続けるだけです(笑)

      実に良いですねぇ
      心より応援したい気持ちです♪

      >「月曜から夜ふかし」を観ていたら、結城さんが出演しておられて驚いたのですが、及川先生も一瞬映ってらっしゃいませんでしたか?

      はい、2秒ほど(笑)
      WABI-SABIでのロケ自体は3時間くらいかかったのですが、
      実際にはほとんどカットでした(笑)

      (結城)はるみちゃんが昔からの仲良しのようで
      どうせ対談を収録するならWABI-SABIって話をしてくれたみたいです。

      桐谷さんご自身は2日連読で飲みに来てくれまして
      結構たくさんの話が出来て他のメンバーも楽しかったようです。

      それはさておき
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 明けましておめでとうございます。
    元TRIBE受講生です。

    さっそくですが。
    及川先生、月曜から夜ふかし元旦SP、投資家桐谷さんのコーナーで一瞬だけ出演されてませんでしたか?笑
    桐谷さんと別れ際に手を振ってた。
    シンガポールだからワンチャン及川先生居たりして・・・なーんて冗談に思ったらホントに居ておもしろかった笑

    桐谷さんと結城はるみさんは有名な投資家同士なので接点があっても全然おかしくはない話ですが、桐谷さんが仰るシンガポールに居る友人がまさかのはるみさんとは驚きでした笑

    結城はるみさんみたいにスタイル抜群で美しく品があって投資が上手な女性投資家とても憧れます。

    • みさお様
      新年あけましておめでとうございます。
      TRIBEへのご参加につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >月曜から夜ふかし元旦SP、投資家桐谷さんのコーナーで一瞬だけ出演されてませんでしたか?笑

      そうなんですよ、本当に「一瞬」でしたが(笑)

      >結城はるみさんみたいにスタイル抜群で美しく品があって投資が上手な女性投資家とても憧れます。

      そうですね、
      シンガポールは常夏に近い気候のためか
      服装もラフで済ます人が結構多いのですが、
      彼女はいつでもちゃんとしててですね、
      そういうところも何気に凄いなといつも感心しているんです。

      ちなみに昨年末の夕刊フジ「株1」の決勝戦で
      彼女は4回目のグランドチャンピオンに輝きました。
      (しかも独走ぶっちぎり)

      そのあたりの話題にも近日触れたい考えでして
      よろしかったらお付き合いください。

      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    あけましておめでとうございます。

    OP2022ではとてもお世話になりました。

    今年こそはプラス収支で終わらせ、大台に乗った時には大好きなワイン(特にボルドー右岸のメルローが好きです!)を飲みにシンガポールへお邪魔したいなと思っています!

    今年もよろしくお願いします。

    • こじまっくす様
      新年あけましておめでとうございます。

      OP2022へのご参加の件、
      あらためて御礼申し上げます。
      こちらの方こそ大変お世話になりました。

      >大台に乗った時には大好きなワイン(特にボルドー右岸のメルローが好きです!)を飲みにシンガポールへお邪魔したいなと思っています!

      実は僕自身はワインの経験知識いずれもまだまだなんです。
      Mr.Tがとにかく好きで始めた店でして。。。

      オススメワインがおありのようでしたら
      僕もぜひご一緒したいと思っております。
      (味の良し悪しはだいぶ分かるようになりましたので・笑)

      それでは
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    TOUTUBEはここ3年くらいは欠かさず拝見させて頂いています。
    テレビ一瞬、WABISABI出演されましたよねーとともに出演されましたよねー?
    おめでとうございます!
    テレビ界進出ですか?笑笑

    • アックン様
      新年あけましておめでとうございます。

      >テレビ一瞬、WABISABI出演されましたよねーとともに出演されましたよねー?
      >テレビ界進出ですか?笑笑

      結城はるみちゃんが、
      たまたま桐谷さんと仲良しだった関係で来店してくれたんです。

      テレビはおっかないので「進出」など一切考えておりません(笑)

      本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、新年明けましておめでとうございます。そして今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
    今回は少しご報告ありまして、12月15日〜1月4日開催、FXGT社主催のトレード大会において1729名中41位に入ることができまして賞金10万円獲得することができました。
    僕自身はお仕事上約9日間の稼働日で収益率300%を越えることができ、また大会期間中は及川先生の言葉を胸に、10万円→32万円→22万円出金、10万円→21万円→フィニッシュ、みたいな感じでこまめに出金もできました、
    去年はこの出金が僕の中で課題でありましたが、及川先生に言われてから、10万円→30万円→出金、を4〜5回やりまして、FXのライフタイム損益もプラスに転じております。及川先生のアドバイスによってメンタルを冷静に保つことができ、この結果を生み出す事ができました。本当に感謝しかありません。ありがとうございますm(_ _)m

    ここでまたくだらない質問に付き合っていただきたいのですが、去年から幾度となく及川先生にも伝えておりますが、僕がFXをやっている理由は女の子にモテたいという気持ちが9割くらいあります。良い家に住みたい、良い車に乗りたい。女の子にモテたい。同期は不純です。
    最近ではトレードの収益が普段の仕事の給料を超えており、ここ数ヶ月のトレードで稼いだお金、普段の仕事の給料で、だいぶ楽にはなってきてるのですが、ほしい物(服や時計)や行きたいところ(キャバクラとか)、引っ越したいとか、やっぱり月20万〜30万円の収益では事足りず、もっともっと稼がなければならない状況です。
    お金が貯まる気がしないのですが、及川先生はどのようにしてその欲と戦い、お金を増やしていったのでしょうか。そして僕はここからどのようにして、ネクストステージに飛んでいけるのでしょうか。僕は及川先生と同じように、日ベースで100万のプラス、額面逃げ、が理想です。雑な質問で申し訳ないのですが、ここからの立ち回り方を教えていただきたいです!
    よろしくお願いいたします!

    • 及川先生、厳しいご指摘ありがとうございます。僕は後者を選びます。
      もう、いちにねん、歯を食いしばって死ぬ気でやろうと思います!
      今年の目標は月利100万を安定させること、です!
      月利100万達成でまたご報告させていただきます!!
      よろしくお願いいたします!

    • Yuta.Sさま
      新年あけましておめでとうございます。
      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      >FXGT社主催のトレード大会において1729名中41位に入ることができまして賞金10万円獲得
      >10万円→32万円→22万円出金、10万円→21万円→フィニッシュ、みたいな感じでこまめに出金もできました

      おぉ!これはかなり凄いですね。
      出金の件もお見事だと思います。

      >良い家に住みたい、良い車に乗りたい。女の子にモテたい。

      至って「健全」だと思いますよ。
      僕も断然そっち系のメンタリティーですので(笑)

      >月20万〜30万円の収益では事足りず、もっともっと稼がなければならない状況です。

      お気持ちは充分過ぎるほど分かりますが
      ここについてはどうしたって「モノには順序」という話だと思います。

      まず「月20~30万の利益」がいかに価値あるものか?
      ここの認識からすべきではないかと僕は思います。

      理由はシンプルで、
      多くの人は「そもそもプラス収支ですらない」からです。

      プラス収支が安定して叩き出せるという前提がある場合、
      残りはほぼ「資金量&ロット」だけの問題となります。

      年末最後のYouTube動画でもご紹介した
      コメント欄少し上「松戸のコウ」さんの文面からコピペさせていただきますが

      ↓ここからコピペ
      例 10万円スタートで1日利益は資金の6%
        20日に1回は13%負け
        出金は無しの複利

      1ヶ月 10万円→32万円→27万円
      2か月 27万円→89万円→77万円
      3か月 77万円→249万円→217万円
      4か月 217万円→696万円→606万円
      5か月 606万円→1943万円→1691万円
      6か月 1691万円→5423万円→4718万円

      ↑ここまで。

      これは複利かつ出金なしでの計算なので
      恐ろしいほどのペースとなり、正直現実的ではないかも知れませんが
      しかし毎月20~30万は10か月後には200~300万となり、
      現在のロットを年に数回引き上げるだけで
      おそらく来年の今頃は「毎月100万超え」は充分狙えるのではないかと想像します。
      (それ以上もあり得ると個人的には思ってますが)

      で、ですね、
      もしそこまで到達出来たとするなら、
      もう一年「同じこと」をするだけでさらに翌年は「毎月1000万超え」も視野に入るはずです。

      それだけ「今の月間収支プラス」に価値があるというのと、
      それだけ『未来への可能性』に繋がっているのだと思って欲しいわけです。

      コップの水が満杯になる前に飲んでしまうと
      いつまで経っても満杯にはなりません。

      しかし、満杯になったコップからあふれ出す水を飲むことで
      コップは常に満杯状態を維持出来ます。

      で、その段階になった時点でコップのサイズアップをし、
      また満杯になるまで飲まずに我慢・・・

      これを数回続けることで
      以降は『溢れ出す水』だけで充分過ぎる利益を「得続ける」ことが可能となります。

      そこに到達するのに例えば3年かかるとして、
      それを我慢出来ずに小さな利益の時点でそこそこの娯楽に走るのか?

      それとも3年後以降、永続的に大きな利益を得続ける立場を獲得後、
      イヤになるほど遊ぶのか?

      究極的にはこの二択だと思っていますし、
      僕はかなり後者に近い道程だったように思います。

      さぁ・・・どうしますか?という話です。

      新年早々、このあたりについて
      じっくり腹を据えて進むべき道をイメージなさって欲しいと思います。

  • 及川先生こんにちは。
    あけましておめでとうございます。

    昨年12月の勝率が13%、そして今年1週目ですが、現在5戦5敗です。
    長い足を見て5分足の押し目買いと戻り売りを徹底していますが、なぜかMAにタッチする前に動いたり、MAをタッチしたら急に大陽線が発生し突き抜けてしまったり、、、他の通貨の相関性もみてはいるのですが全くうまくいきません。正直完全に行き詰ってしまいました。及川先生のようにいつでも勝てるのが理想ですが、私に及川先生の手法はレベルが高いのでしょうか?何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

    • 30歳でマイナス月給さま
      新年あけましておめでとうございます。

      >昨年12月の勝率が13%、そして今年1週目ですが、現在5戦5敗

      これはさすがにダメですね(汗)
      実際のエントリーを観てみないと詳細は分かりませんが
      もはや相性的にやり方が合わないと考えた方が良いかと思います。

      僕のやり方は、悪い言い方をすると
      「どちらにも伸びる可能性がある場面」とも言えます。

      もちろん相場は常にどっちにも伸びる可能性があるわけですが
      具体的にはダブルトップやダブルボトムからの逆行狙いなど
      エントリーをピンスポットの位置で行い、
      逆抜けされたら損切りのようなシンプルなやり方の方が良いかも知れませんね。

      そうなるとリオンちゃんのやり方は大いに参考になると思いますので
      彼女の動画をご覧いただくと良いように思います。

      僕の動画でも同様の場面からやっているモノは結構あるのですが
      彼女は「これ以上上がり切れないだろう位置」を普段からやってるので
      該当手法の動画を探す手間はほとんどないはずです。

      少し追記しますが、
      逆張り的なショートトレードをする場合
      「上がったから売る」ではなく、
      「さすがにこれ以上は無理じゃね?」から売ることがポイントとなりますので
      その点については先んじてアタマに置いておいてください。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも勉強になる動画、ブログのアップありがとうございます。
    FXを始めてから3年経ち、やっとトレード方法の大枠ができてきたと実感してきたところです。これまでお手を煩わせるのはいかがなものかと質問を控えてきましたが、どうしても結論が出ないのでお教えいただければと思いコメントを書かせていただいています。

    今は欧州時間の5分足チャートで逆行上位足のファーストタッチ、なおかつキリ番や水平線などが近くにある損切のしやすい場所でエントリー。
    もしくは○○時ジャストでのシリーズそろって拡散していくときと、損切の基準がわかりやすいときにエントリーしています。ナンピンはしていません。
    ですが、勝率60%、獲得pipsと損失pipsの比率が5pips:7pipsと何ともパッとしない成績です。

    損切はうまくなってきた自信があるのですが、引きつけてエントリーしている分ここが最後の砦だから戻されたら損失になると思ってしまい高値or安値につく前に利確してしまう場合が多いです。

    収益を上げていくために獲得pipsと勝率の両方を上げていくことが必要ではあると感じているのですが、どちらに優先するのがよいでしょうか?

    • ご返信ありがとうございます。

      以前からトレードの振り返りをする際にエントリー位置は合理的なものだったかとその後のチャートの動き動きを確認するようにしていますが、体感では自分がエントリーしたトレードの半分以上で前回高値に到達する場合やそれを大きく超えていくと感じています。

      今一度及川先生の動画や書籍等を参考に出口戦略を見直し、自分自身のトレードを洗練していき、今年の最終結果が勝率70%、損益比2:1(14pips:7pips)を超えてるよう努力を続けようと思います。

      なお、お忙しいことと存じますのでご返信には及びません。

      今後ともご指導を賜りますようお願い申し上げます。

    • 竹次郎さま
      コメントありがとうございます。

      >勝率60%、獲得pipsと損失pipsの比率が5pips:7pipsと何ともパッとしない成績です。

      エントリー場面について
      充分引き付けることを意識されてらっしゃるように感じます。
      その場合、思惑通りに行く展開においてはもっと利を伸ばせるケースが
      「かなり」多いのではと想像するのですが、そのあたりどうでしょうか?

      決済後、翌日でも構いませんので「その後」のチャートを追跡確認することで
      利食いの強弱感を今より深化させられるのではと期待します。

      具体的には
      15~20PIPSくらいは充分狙えるケースが多いのではないですかね。
      逆に言うとそのくらいは充分狙える場面をやるべしで、
      文面から竹次郎さんはそういう場面をやれているのでは、とも思う次第です。

      >獲得pipsと勝率
      >どちらに優先するのがよいでしょうか?

      15PIPS前後を狙ってエントリーしたものの、
      グズグズして怪しいので5PIPSで逃げておいた・・・

      という感じの「結果5PIPS」なら良いと思いますが
      常に5PIPSというのは現状の引き付けエントリーをされる人にとっては少なすぎだと思います。
      ※最初から5PIPS狙いは僕の場合逆張りスキャルなどだけで、
      なんならその際もハマれば10PIPS以上狙えそうだと思った場面に絞っています。

      その意味で「優先」という言葉を使うのであれば
      僕のアンサーは「獲得pips」となります。

      僕からは以上ですが、
      上述の
      「決済後、翌日でも構いませんので「その後」のチャートを追跡確認」
      こちらはぜひともやって欲しいと思っております。

      それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    新年明けましておめでとうございます。
    いつも動画、ブログを楽しく拝見させて頂いております。

    FXを始めて今年でおよそ3年強です。
    昨年夏ごろにあまりにも勝てないので一度撤退。11月頃、物心ついたところで、口座に余っていた6000円を運用して現在20万超へと増やすことができました。
    トレードスタイルとしては基本デイトレですが、大きく増やせたのはスイングトレードによるものです。
    11月ごろのユーロドルロングで650pipsほど、年初のポンド円ロングで400pipsとこの二つが大きかったです。ロットはイメージとしては、10万円に対して0.03ロット複数発で小さめのロットにしてあります。
    というのも、以前はかなりハイロットでレバ500倍くらいを一度に投入していましたが、逆に向った際にどうしても金額を見て切るのが遅れ大損害。利食いも早くなってしまった事で損益バランスが不釣り合いでした。そのため、取り戻す為にさらにロットを投入。自分勝手にここまで来たら大勝ちだとオーバーナイトもしばしばやっていたのでルールもクソも無いただのギャンブルトレードでした。
    FXから離れた期間でキャッシュフローを増やす為他の仕事に取り組んでいるのですが1000円を自力で稼ぐにもかなり大変だと感じました。(本業はあるので別の稼ぎ所を増やそうと)
    今まで相場で稼げる気になっていた。言葉は悪いですが、お金に対して甘く見ていた部分があったのだと思います。
    そういった心理的変化から今ではかなりロットを抑えまずは自分のトレードスタイルを見直し小さな利益でもコツコツと、ロットを抑えたおかげで逆をいかれてもスッと切ることが出来ています。

    長々とした前置きになってしまいましたが、エントリーについての質問です。
    水平線でのファーストタッチエントリーの時が結構怖いです。特にチャート上でさらに上が見えない、下が見えないときです。前回も反発して意識はされてそうですが本当に入って良いものなのか、通貨強弱を確認して揃ってる時は出来るだけ入らない(抜けると一斉にそっちは向かいそう)のですが、揃っているような揃っていないようなといった中途半端な時のエントリーが特に迷います。抜けたら損切りで良いのですが、即抜けで損切りしようか足1本、2本待ったほうが良いのか、、、。
    分からない時はトレードを見送ってるのですが、トレード幅を広げたいと思っています。
    絶対はないのですが、こういう時は見送る、また損切りの速さ加減をアドバイス頂けると助かります。

    • けいすん様
      あけましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます。

      >口座に余っていた6000円を運用して現在20万超へと増やすことができました。

      おぉ!これは凄い!
      リオンちゃんパターンですね♪

      増加率ももちろんですが
      小資金を雑にならず粘り強く取り組めたのでは?という部分に対し
      特にリスペクトする次第です。

      >水平線でのファーストタッチエントリーの時が結構怖いです。
      >通貨強弱を確認して揃ってる時は出来るだけ入らない(抜けると一斉にそっちは向かいそう)

      入らないパターンの考え方は良いように思いました。
      実際その通りだと僕も思いますので。

      >即抜けで損切りしようか足1本、2本待ったほうが良いのか

      正直な話、僕も粘ってしまうことがあるのですが
      本来なら即抜けで切るがやはり良いはずです。

      で、ここからが案外重要なのですが、
      逆抜けで損切りとなった「その後」を僕は観ることが多いです。
      理由は逆抜けが一時的なオーバーシュートなのか
      さらに抜け方向に伸びて行く展開なのか?の部分についてを観たいわけです。

      時間経過後も戻って来ない場合は
      そこで足場を固め、同場面で損切りしなかった玉の「絶望切り」と併せ
      抜け方向にガッツリ伸びる可能性があるのでそこを見極めたいのが一点。

      一方、一度逆抜けしたものの即当初側に戻った際、
      我々の読みは間違いではなかった、という展開になる可能性が高まり、
      そこは取り返したいという考えがもう一点です。

      後者の場合、再エントリーが損切りより不利な位置からとなりますが
      ハマれば大きく取れることも少なくありませんので。

      ただし、損切り後の再エントリーを必ずやるわけではありませんので
      そこはご留意ください。
      その間、他に美味しい銘柄が見出せた際はそっちを僕もやりますので。

      お伝えしたいポイントとしては
      トレードを一元的な「切った張った」の目線だけではなく、
      もう少し深い「展開」として捉えたいという部分です。

      このあたりを意識することで
      結果的に「超初動」とでもいうべき、かなり伸ばせる場面を捉えられる機会が増える、
      そのように僕は思っているんです。

      本件、取り急ぎ僕からは以上です。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも動画を楽しみに拝見させていただいております。
    ※初コメントで不躾ながら「”及川シャワー”のすゝめ」という内容で及川組の皆さんに披露できればと思い、失礼いたします。

    <ご挨拶と自己紹介>
    毎回、短時間で爆益を相場から獲り、逆行損失も倍返しで回収なさる。華麗なトレーダーとしての姿に憧れ、「及川式」の体得を目指してからはや8年目となりました。

    15年前より株式の兼業デイトレからスタートし、FXに移行して13年、専業3年目の45歳(男)です。

    当時、私も中堅企業に勤める30代でしたが、セキュリティだのコンプライアンスだの個人裁量も利かせにくくなる中、高い成果だけはしっかり求められる環境に身を置いておりました。
    いわゆる師匠のおっしゃる”サラリーマンの不自由さ”に嫌気がさし、その後、資金調達系のコンサルタントとして独立。
    当初、シャカリキに頑張っていたものの”体一つ24時間”でやれることに限界を感じ、より高い時間効率求めて、”大好きな相場で食っていこう”と決断したのが3年前。
    この間、同じく”6度の無一文”で辛酸をなめながら、今ではなんとか、美味しめのご飯を食べれるようになりました。

    私のトレーダーとしての目標は「時間的自由、空間的自由、経済的自由」の3点につきます。
    専業になると決断して以降、「時間的自由」は即達成、ノートPCなど設備が充実するにつれ、カフェでも、旅先でも、なんなら今日は裏山の頂上でトレードだ、と思えばできる「空間的自由」も達成し、あとは「経済的自由」の獲得に向けて日々精進しております。

    <私がうまくいくようになった方法(のひとつ)>
    誰もが、経済的な自由や夢の達成に向けてFXにチャレンジするのだろうと思います。
    中には師匠に憧れて手法を取り入れうまくいく方もいれば、散る方もいるでしょう、しかし、「あきらめずに必ず成功してやる!」と強い信念をもって何度も何度もチャレンジを続ける方も多いと思います。

    そのようなチャレンジを続ける方は、テクニカルや資金管理、メンタル調整といろいろな観点で工夫を重ねておられると思いますが、私も相場を続ける中で「メンタル管理」に重きをおくようになりました。

    ・全損した/大きな損失を出した。
    ・大きな含み益が相場急変で一気にマイ転。
    ・ちょっと一杯のつもりが、ボヤで逃げれず大火事に。
    ・連勝が続いて調子がとても良い。無敵感MAXだ。

    このような相場経験は、相場に対峙するマインドを歪め、悪ければ退場するきっかけにもなり得ます。
    いい時も悪い時も相場と戦う以上、「中心軸に自分を戻す」ことが最も重要との思いに至ります。

    そのため私は、時間を置く(相場から離れる)、出かけたり趣味に時間を割いてリフレッシュ、運動や瞑想といったことを実践してきましたが、どうも「相場観」を中心軸に戻す効用としては限定的で
    ・負けた後に時間を置いても、「エントリーが怖い」
    ・気分はリフレッシュできても、「いつもの悪癖が顔を出す」
    ・運動や瞑想で心が穏やかになっても「相場の上下に振られて心を乱す」
    ・連勝が続くときは「軸を戻したつもりで戻っていない」し、そもそも「軸を戻す必要性を感じにくい」 ※負けた後に気づく
    といった状態になります。

    ~ “及川シャワー”のすゝめ ~
    そこである連敗が続いたときに時間を置く一環でYoutubeの動画を自動再生しておりますと、及川師匠の動画が連続して次々と流れ始めます。

    最初は、いつもの華麗なトレードに感心するわけですが、トレード中におっしゃる名言やボソッとおっしゃる相場観の機微、ブログピックアップコメントでの助言や戒め、はたまたポジション逆行時のヒヤヒヤ感や大きな損切り時の失望感など、プラスの面やマイナスの面が絶妙なタイミングで繰り返される中、やがて”自分のマインドが同調”しはじめ、いつのまにか軸を戻せているような感覚になりました。
    プラスとマイナス交互にマインドが揺さぶられて同調していく結果、”中心にマインドが収束していく”、、、そんな感覚です。

    以降、相場に入るときには常に再生リストを自動再生してトレードに入るようになりました。
    これを私は「及川シャワー」と名付けています。(※便宜上の呼び捨てご容赦ください)

    ・エントリーが怖くても、相場に入る勇気が沸々と湧き
    ・ポジションの行方が心配でも、自分の手法を信じることができ
    ・ポジション固執の愚に早めに気づくことができ
    ・悪癖が出そうなときでも、その戒めが得られ
    ・リスク高めのポジ保有時でも、ボヤで逃げる重要性を目の当たりにし
    ・損切り後のリベンジトレードを一緒に追うならば、こちらは最初から”高集中状態”でスタートできる
    ・逆行時でもドテンをする決断力が備わり(行って然るべきが・・・の認知力向上)
    ・大勝や連勝でふわふわ気分でも、慢心早仕掛けの痛い目を先に見せてくださる

    といったように師匠にとって「良いシーン」でも「悪いシーン」でも、いいように自分に作用するんです。
    好調な時に「軸を戻さねば」と努めて思う必要もなく、自然と中心軸の自分でトレードすることができ、今では毎日そのシャワーの恩恵に預かっています。
    月/木の欧州時間になれば、「今日は環境がこうだから師匠はGBPAUDのショートかな」なんて予想をしては、新着動画で答え合わせをして解釈の違いを学ぶ(一緒だと喜ぶ)といった小テストにも活用させていただいております。

    <ありがとうございます>
    専業でやっていますと、社会や人とのつながりが希薄になり少し寂しい感覚にもなります。
    繋がりを求めてTwitter再開したり、社会貢献のつもりで寄付をしてみたりと”自分にできる何か”を模索するような日々でもあります。

    いつか師匠にお会いして直接お礼を申し上げたいと思う中、まずは「及川シャワー」の披露で師匠の背中を追う戦友へエールを送ることを通じ、勝手ながら今の自分にできるお礼とさせていただきます。
    また、素敵なコンテンツの発信にお力添えをなさるFXismのスタッフの皆様へも改めてお礼申し上げます。

    いつかお会いできる日を楽しみにしております。

    • Grow8さま
      まずは初コメントとのことでありがとうございます。

      全文、大変興味深く拝読させていただきました。
      僕的には大いに「照れ」も感じる内容ですが、
      内容自体はなるほどと唸るお話ですね。

      >「中心軸に自分を戻す」ことが最も重要との思いに至ります。

      ここは一定期間以上トレードをしている人であれば
      この言葉だけで充分伝わると想像します。
      (僕自身、完全同意です)

      >専業でやっていますと、社会や人とのつながりが希薄になり少し寂しい感覚にもなります。

      ここも充分過ぎるほど共感いたします。
      僕は日本の運営事務局スタッフに
      「もうやめたいんだよねぇ」などと困らせるような発言もたまにするのですが
      本当にやめちゃったらその後自分はどうなってしまうんだろう?と
      一種の恐怖感すらあるんです(苦笑)

      気付けば僕にとって
      現在のような活動「だけ」が社会と繋がっていられる唯一のアイテムなのかも知れません。
      (良いか悪いかはもはや分かりませんが・笑)

      >いつか師匠にお会いして直接お礼を申し上げたいと思う中

      いやいやお礼など滅相もございません。
      お会い出来る機会があった際には
      シンプルに「トレード仲間」として楽しい時間を過ごしましょう♪

      お気遣いや愛情に溢れたコメントを本当にありがとうございます。
      多くの読者さんの目に留まることを僕自身望んでおります。

      今後ともお互い精進しつつがんばってまいりましょう。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    ご丁寧にご返信をくださり、誠にありがとうございます。
    感激しております。

    お金が無くて赤本しか買えなかったような私がこのように及川師匠とやりとりできる日がくることは想像しておりませんでした。

    及川師匠はこのように本しか買えないような(コミュニティに参加できずとも)者にも大きな影響を与える存在であられると思います。

    動画を拝見しておりますと、本投稿にてムズ痒い想いをなさるだろうとリアクションが目に浮かんだものですが、そのような謙遜されつつ少しニヤッとなさるような人間味も伝わるのがこの動画の楽しさの一つです。

    ぜひ、許されます限り我々含め全世界のトレーダーへ”永久補講動画”のご提供を望むばかりです。

    わたくしも未だ道半ばでございますが、お会いできました時には、直接、存分に「及川シャワー」を浴びたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    • 及川師匠

      多分、世界一、及川動画を拝見していると自負しています。
      及川シャワーは想定内でありますし、浴びに浴びたいと余っております!

      度々のご返信、重ねてありがとうございます

    • Grow8さま
      実際にお会いしていただくと分かるはずなのですが
      僕はずーっと喋り続けたりしますので
      その意味で「及川シャワー」は言い得て妙かも知れません(笑)

      僕もお会い出来る日を楽しみにしております。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。57歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の24年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。