金融市場大波乱!からの『トレーダー黄金時代』へ

 

今日はちょっと真面目に
「金融」についてお話をしたいと思います。

一昨年、
僕はデイトレとは別にスワップ金利狙いの
トルコリラ投資を始めました。

 

当時のトルコリラ円は
ダダ下がりの状況だったのですが、
30円台前半の時点で
僕は随分安くなったとの判断から、

「金利」というインカムゲイン
価格反転による「値上がり益」
つまりキャピタルゲイン
両取りを狙いに行ったわけです。

 

ところが、
僕のイメージ通りに反転上昇しなかったため、
昨年の夏頃、32円台ですべて利食い決済をしました。

※今となってはこの判断、
「大正解」だったことになります。。。

 

その後、
さらなる下落を続けるトルコリラに対し、
秘かに僕は「次なる買い場」を探っていたワケです。

そんな中、今年7月になり
トルコリラ円が23円台に突入。

僕は「安いなぁ、そろそろ買おうかな」
こんな風に思い始めていたんです。

ところがそんな折・・・

以前このブログでもご紹介したことがある
『WEB BOT』のクリフ・ハイ氏
気になる「予言」をカマして来たんですよ。

彼は昨年、仮想通貨に関する予言を
かなりの精度で当て続けていたのですが、
今年になってからは一転してハズしまくり・・・

よって僕もほとんど彼の話に
耳を傾けることはなくなっていました。

けれども最近の彼の「予言」に、、、

今年(2018年)の秋ごろ、
欧州あたりの通貨が大きなトラブルに巻き込まれ
金融市場が大混乱に。
その影響で仮想通貨への資金流入が加速する。

 

ちなみに彼の予言書は
解読が大変困難なため、
上記の文面はあくまで僕の「意訳」です。

ですので、読み取る人によっては
全然違う内容になるかも知れませんので
そこはあしからずでお願いいたします。

 

「トルコリラ」に話を戻しますが、
現在トルコのエルドアン大統領と
アメリカのトランプ大統領が
極めて険悪な関係であることは
ご存知の方も多いと思います。

早い話「天下のアメリカ様」
(もちろん皮肉ですが)に対し
ケンカを売っていることで、
トルコの通貨リラには大いなるリスクがある、
そういう状況なわけです。

ただし相場とは
悪材料を先んじて織り込むモノでもあるため
つまり上述の「23円台」とは
充分悪材料を織り込んだ価格じゃないかな・・・

よって「安い!」
僕はこのように思っていたのです。

 

しかし、上述した
クリフ・ハイの「予言」を見た際、

「もし通貨のトラブルが起こるとして、
それはどう考えてもトルコリラからじゃね?」

このように考え、
念のためトルコリラの買いに対し
僕はもうしばらく様子見することにしたんです。

※結果的にこの判断、
「大正解」だったことになります。。。

 

そんな中で迎えた先週の金曜日、
トルコリラは尋常でない大暴落をしました。

※トルコリラ円 8月13日の日足チャート

カンタンに言いますと、
トランプがトルコにかけている関税を
ざっくり2倍に引き上げるとTwitterで発信したのが
今回の暴落の引き金になりました。

一時「15円台」まで急落したワケですが、
これにより日本人のレバレッジポジションは
壊滅的なレベルで強制決済を食らったことでしょう。

もし僕が23円台でリラに投資をしたとして、
おそらくレバ3倍~5倍でやっていたはずなので、

つまりその場合の僕は、
たった数日で投資資金を全損していたことになります。

なんとも恐ろしい話です。

 

それにしてもトランプって人は
「空気を読む」とか、
「落としどころを探る」とか、
そういう概念が極めて希薄なんですかね。

常に「感情むき出し」みたいな。

仮にも「アメリカ大統領」なんですから、
自身の発言が世界にどれほどの影響を与えるのか?

ここについては、
もう少し慎重であって然りだと思う人は
おそらく僕だけではないでしょう(苦笑)

 

もっともエルドアンもエルドアンで
ことここに至っても、

「彼らにドルがあるなら、
我々には我々の国民や神がいる」

なぁんてノタまってる有様でして、
危機感ほんとにあるのかよ!
ってな話です。

 

これはもう下手すると、
トルコの銀行がぶっ飛ぶ可能性も充分ありますね。

もし、そんなことにでもなったら
世界の金融市場は雪崩を打って
大混乱になることが必至・・・

あ、ここは異論反論あるかも知れませんが
少なくとも僕はそのように思っています。

 

そこで俄然注目を浴びるのが
『仮想通貨』です。

聞くところによると、
すでにトルコの仮想通貨取引所の取引量は
2倍以上に急増中とのこと。

おそらくこれは
自国通貨(リラ)を見限ったトルコの富裕層が
仮想通貨に資金を避難させている表れかと思います。

このような流れがもし世界中に広がったなら、
再び仮想通貨への期待需要は
一気に再来する可能性もあるでしょうね。

 

「そんじゃアンタ(及川)はどうするの?」
って話ですが、

本音を言いますと、
僕はもう少し様子を見るつもりです。

理由は需給面でのみ考えた場合、
今年中に仮想通貨が「爆上げ再び」とは
そう簡単にはならないはず、との考えによります。

 

もっともこの予測、
大外れの可能性もあるわけですが、
それならそれで僕は構いません。

「買わないこと」で損することはありませんし、
もし本当に爆上げするのであれば、
爆上げを始めてから買えば良いだけの話だからです。

むしろ・・・

実は今日の本題はここからです。

 

先週の金曜日、為替のマーケットは
トルコリラの問題もあってか
大きく上下動しました。

ボラがある。。。

これはデイトレーダーにとって
大きなチャンスを意味します。

そんでもって、
金曜日の僕のトレード結果が
コレ↓

約3000万円入っている口座にて、
一日の利益が2200万円を超えました。

利益率にすると
「日利70%超え」です。

上下に激しく動いてくれたおかげで、
この日は面白いように利食いが出来ましたね。

まさに
「ボラ最高!」という話です。

 

今後、世界の金融市場が
「大荒れ」となる可能性はかなり高い、
僕はそう思っています。

「大荒れ」とは乱高下を意味するワケですが、
つまりここからの相場は
「急騰」と「急落」を繰り返すだろう、
ということです。

 

例えば「ビットコイン」などは
すでにそんな状況ですよね。

上昇するときは
一気に値を上げたかと思えば、
その後やっぱり急落、みたいな。

もうかれこれずっと
そんなことを繰り返していますでしょ?

今日僕が言いたいのは、

急騰と急落を繰り返す相場に対し、
『ガチホ』なんかしている場合ですか?

って話なんです。

 

今後「大荒れ」するのが必至な金融市場において、
我々が今、最も手に入れておくべきスキル・・・

それが『トレード技術』である、
僕はそう確信をしているのです。

 

実は先週金曜日の相場後、
僕はFXismのメンバーと緊急の打ち合わせをしたんです。

テーマは、
2018年の秋から年末にかけて訪れるであろう
乱高下相場で一気に資産を増やすプロジェクト

↑ちょっと長いですね(汗)

文面はあとでもう少し短くしますが、
とにもかくにもこのようなテーマを掲げた
新しいプロジェクトを急遽立ち上げることを決めました。

イメージ的には
例えば元手資金100万円の人が、
今年中に数千万円・・・

中には年内に「億」に到達する人も
何人か出てくるであろう、
そのようなプロジェクトです。

 

「そんなバカな!」
そう思う人はそれで構いませんが、

上記の僕の「一日の成績」を見れば、
決して不可能なペースではないのが
分かる人には分かってもらえるんじゃないですかね。

そんなこんなで、
ここからの僕はかなり忙しくなりそうです。

けど、がんばりますので
興味のある方はぜひともご期待ください。

※9月中には詳細の発表が出来るよう努めます。

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:3ヶ月で225万円の運用益を叩き出した最新インジゲータ解禁!

ついに開催!FXism及川圭哉の集大成プロジェクト
『トレードアベンジャーズ』

これまでたくさんの億超えトレーダーを輩出し続けたFXism及川圭哉の最新プロジェクトがついに始動!
今回のプロジェクトでは過去にFXism及川の指導を受け億超えトレーダーの仲間入りを果たした弟子たちが一同に集結します!
さらに今ならプロジェクト専用LINE@に登録すると3ヶ月で225万円の運用益を叩き出したFXismオリジナルインジゲータをプレゼント!
特典ゲット

16 件のコメント

    • ドラさん様
      コメントありがとうございます。

      >毎回有意義な内容で為になります

      ↑光栄です♪
      ありがとうございます。

      今日の記事はちょっと長文で恐縮なのですが、
      それだけお伝えしたい内容が多かったため
      ご理解いただけたら幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • うたさん様
      コメントありがとうございます。

      >どんなプロジェクトなのか楽しみにしています。

      ↑すでに「イメージ」はバッチリ出来ています。
      あとはどれだけそれを具現化出来るか?の勝負です。

      世間様を圧倒する内容に必ず持っていきますので
      ぜひともご期待ください。

  • すごく参考になりました。

    ガチホが悪いわけではないですけれど、
    トレードを上手に取り入れることで資産構築を
    加速することができますよね。

    私はほとんどFXの実践経験がないので
    暗号通貨も含めFXトレードのスキルを引き上げたい
    と思ってる次第です。

    新しいプロジェクト始まるんですね!
    詳細、楽しみにしてます。

    • chloeさま
      コメントありがとうございます。

      >ガチホが悪いわけではないですけれど、
      トレードを上手に取り入れることで資産構築を
      加速することができますよね。

      ↑あ、仮想通貨がメインでらっしゃるのでしょうか?
      もしそうだとしたら「ガチホ」のくだり、
      ご気分を害されてしまったかも知れませんね。
      申し訳ございません。

      僕はトレーダーであるため、
      銘柄保有に対してどうしても「時間効率」を考えてしまうんです。

      例えば仮に3年持ってたら10倍になる銘柄があったとしても、
      僕はその間に数十%の利食いを何度かし、
      途中途中はノーポジでありたい、
      このような考え方なんです。

      いったんデイトレ中心の生活になりますと、
      睡眠時にノーポジでないと寝れないんですよね(苦笑)

      >新しいプロジェクト始まるんですね!
      詳細、楽しみにしてます。

      ↑ありがとうございます^^
      今回は僕だけではなく、
      有能なチームスタッフやメンバーが大暴れしてくれる予定です。

      本当に期待してもらって良い内容になりますので
      もうしばらくお待ちください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも拝見しています。さすがに及川さん1日で日利70%超えは驚異的ですね!!専業でも年間2000万円も取れたらたいしたものですがwトルコ円まさか15円台とは想定外でした。(今後も下がって長期的に10円台はあると思ってました)しかしスワップ狙いでのガチホは余裕資金でやるなら問題ないですが、危険なのでできませんね。私は様子見でノーダメージでした。20円割ったら100枚位でホールドするぞ!って考えてた知り合い達もみな、急激な下げで怖くて実際には手を出していませんし。今月はほぼノートレードで様子見です。3年前の8月11日くらいはチャイナ・ショックでしたが、夏枯れといいつつ急にボラが出ることが多く、ボラが大きいということはそれだけリスクもあることですので、損切りや判断が遅れると大きなダメージを食らうこともあるので、私はそれでよかったなと思っています。実際今月になって大きく資金を減らした専業の知人もいます。ちょっとした油断や自分の欲で失敗する厳しい世界ですので・・。

    • ヒロさま
      コメントありがとうございます。

      >トルコ円まさか15円台とは想定外でした。(今後も下がって長期的に10円台はあると思ってました)

      ↑相場観的には僕も同じようなイメージでした。
      下落率も去ることながらスピードもハンパなかったですので
      僕も保有していた場合、逃げそこなってガッツリやられたのは間違いと思っています。

      で、もしそんな状態だったとしたら、
      デイトレどころでもなく、
      あの利益も絶対得ることはなかったはずです。

      ほんと、ちょっとした「アヤ」で
      結果が大きく違って来る世界なので
      油断はなりませんよね。

      >20円割ったら100枚位でホールドするぞ!って考えてた知り合い達もみな、急激な下げで怖くて実際には手を出していませんし。

      ↑そうですね、
      僕もすっかりビビってしまい、
      当分手を出せそうもありません^^;;

      >実際今月になって大きく資金を減らした専業の知人もいます。ちょっとした油断や自分の欲で失敗する厳しい世界ですので・・。

      ↑そうでしたか。
      おっしゃるとおり、まったくもって油断のならない世界ですよね。

      僕もとにかく戒め!戒め!でやっています。
      「オレって天才」とか思った途端に負けますので(苦笑)

      今後もお互い、
      身を引き締めつつがんばっていきましょう。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • トルコリラ…酷いことになりましたね。
    私は日本の証券会社(特にトルコリラ投資を勧めていた某取引所)の「安易な資金集め」キャンペーンもどうかと思います。
    これだけジリジリと値を下げてるなかで肝心の時価総額に全くふれずに、価格だけを見てこれでもかと投資を勧めるのは、それこそ金融庁に行政指導食らうレベルだと思います。

    • 夕張メロン様
      コメントありがとうございます。

      >私は日本の証券会社(特にトルコリラ投資を勧めていた某取引所)の「安易な資金集め」キャンペーンもどうかと思います。

      ↑なるほど、確かにそれはあるかも知れませんね。
      僕も検索などでリラの調べものして以降、
      PCではトルコリラ投資の広告ばかり表示されて
      苦笑いしていたところなんです^^;;

      >これだけジリジリと値を下げてるなかで肝心の時価総額に全くふれずに、価格だけを見てこれでもかと投資を勧める

      ↑広告に関しては
      ただひたすら「スワップ金利競争」みたいな感じでしたよね。

      もっとも僕自身、
      少しでも有利なFX会社は?
      なぁんて感じで調べてましたので
      正直ギリギリセーフだった感じです。

      結局僕にとってはデイトレが一番安全ということが分かりましたので
      当面「楽しよう」などとは一切考えず、
      コツコツやっていこうと思います。

  • 及川先生、こんにちは。

    いつもブログを拝見して、トレードの考え方を学ばせていただいております。

    今回の、年末に向けてボラティリティが高くなるかもという相場予測は興味深いです。
    ボラティリティが高くなれば、トレードチャンスが増えるし、手法に優位性があるなら、稼げますね!
    マーケットはなんでも起こり得るので、絶対は無いと思いますが、未来に向かって気持ちが明るくなりました笑

    あと、仮想通貨トレードのところの「様子見」や「上げてから買えば良いだけ」の言葉こそ、稼げるトレーダーのマインドかなと思いました。
    勝てそうな場面まで待つことって大切だと思います。

    これからも、トレードの大事な考えや言葉をもらさずキャッチさせていただきます!

    • mobileさま
      コメントありがとうございます。

      >ボラティリティが高くなれば、トレードチャンスが増えるし、手法に優位性があるなら、稼げますね!

      ↑そうなんですよね。
      僕も大いに期待している次第です。

      また「乱高下」につきましては
      内容にもよりますが、基本デイトレーダーには有利との考えです。

      特に僕は「チキン」でして、
      利食い自体着実にやるため、
      不謹慎覚悟であえて言いますと、
      かなり楽しい相場になることが多いんです。

      >仮想通貨トレードのところの「様子見」や「上げてから買えば良いだけ」の言葉こそ、稼げるトレーダーのマインドかなと思いました。

      ↑お褒めいただきありがとうございます。

      ただ、他の方にも書かせていただきましたが、
      僕は「時間効率」を凄く考えてしまうので、

      「買う→ひたすら待つ」
      これがなかなかの苦痛なんです。

      まぁ早い話せっかちというだけの話です(汗)

      >これからも、トレードの大事な考えや言葉をもらさずキャッチさせていただきます!

      ↑今後もそう思っていただけるよう、
      がんばって行きたいと思います^^

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもありがとうございます。

    デイトレにとって、乱高下してる時は一番稼ぎやすいでいう理解でよろしいでしょうかね

    うまく乗ったら、高速で走ってるスポーツカーのようで、
    でも、逆行したら、すぐ飛び降りないと、ww

    これからも、「乱高下」を楽しみにして、資産を爆増させられたらいいなと思います\(^o^)/

    • クリス・マツシタ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >デイトレにとって、乱高下してる時は一番稼ぎやすいでいう理解でよろしいでしょうかね

      ↑乱高下のパターンにもよりますね^^;;
      数分刻みの乱高下などは僕も手を出しませんが、
      例えば1時間足や、なんなら15分足レベルの乱高下であれば
      「大漁タイム」に出来得ることが多いとの立場です。

      >でも、逆行したら、すぐ飛び降りないと

      ↑はい、ここは絶対ですね(笑)

      今後、別の機会で公式にお話するかも知れませんが、
      多くの人は激しい動きを怖がり、
      ゆっくり動くときを好みがちです。

      ところが、
      ゆっくり動くことで含み損の損切りがしにくいという側面もあり、
      これが案外大きな負けにつながりやすいと僕は思っているんです。

      「怖い」からこそ、
      損切りや利食いを着実に出来る。

      僕はこの概念が非常に重要だと思っています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 新しいプロジェクト、すごく楽しみです。
    及川さんの情報にはいつも敏感に反応する私ですので、
    今後ともよろしくお願いいたします。
    期待しています。

    • こいこ様
      コメントありがとうございます。

      >及川さんの情報にはいつも敏感に反応する私ですので、
      今後ともよろしくお願いいたします。

      ↑そう思っていただけるのは光栄です♪

      次回のプロジェクトは
      「マジスゲー」って感じですので大いにご期待ください^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。