【2019】ドイツ銀行破綻問題とは?CDS崩壊の可能性や為替への影響をMR.Tが解説

ドイツ国内最大手の投資銀行として知られるドイツ銀行。

しかし、現在このドイツ銀行の経営が悪化しており、
その上「倒産するのではないか?」
といった噂が流れて問題となっている事をご存知でしょうか?

このドイツ銀行の破綻問題、
実は一つの民間銀行だけの問題に留まらず、
今や世界が抱える大問題にまで発展しているのです。

そこで当記事では、
ドイツ銀行の破綻問題についての詳細を解説し、
今後の経済や為替相場への影響についてまでを紹介していきます。

コンテンツ

世界経済を揺るがす「ドイツ銀行破綻問題」とは?

ドイツ銀行問題とは、
ドイツ銀行の収益低迷による経営の悪化、
そして同行の大量に抱えているデリバティブ(金融派生商品)などによって
経営破綻の危機が恐れられている大問題の事です。

ドイツ銀行に「経営破綻」
という噂が表沙汰となったのは2016年頃。

2015年12月、
ドイツ銀行は2015年度の業績が
約68億ユーロ(当時のレートで
約9,000億円)の赤字となった事を発表し、
その赤字額は2008年のリーマンショックを
超える過去最高額となりました。

仮にドイツ銀行が経営破綻したとすれば、
その世界経済への影響力はリーマンショックを超える規模に達すると言われています。

なので、
このドイツ銀行問題は世界の全トレーダーが
絶対に無視できない重要トピックとなっているのです。

そもそもドイツ銀行とは?

出典:Deutsche Bank Group Japan

ドイツ銀行(Deutsche Bank)とは、
ドイツのフランクフルトに本拠を構え、
世界に2,000以上の支店を持つドイツ最大手の民間銀行です。
※ドイツ銀行は民間銀行の一つであり、ドイツの中央銀行ではない。

このドイツ銀行は2018年の世界の為替取引の市場シェアで8位に位置しており
過去には世界の為替取引の16%を扱う巨大銀行でした。

しかし、
そんなドイツ銀行は今や過去3年間連続の赤字を記録するようになり、
遂には倒産が噂されるようになってしまったのです。

その後の2018年、
ドイツ銀行は投資銀行部門を縮小して
同行の従業員数を7000人規模でリストラしていく事を発表し、
さらには米格付け会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)によって
ドイツ銀行の長期発行体格付けは「A-」から「BBB+」へと引き下げられました。

出典:Bloomberg

とうとうその経営状況も極限状態まで来ていた事が、
これらの事で明確となったのです。

破綻寸前のボロ株となったドイツ銀行の株価

では、
そんなドイツ銀行は本当に倒産してしまうのでしょうか?

それを探る為の一つの指標となる、
ドイツ銀行の株価を確認してみましょう。

ドイツ銀行の株価は今からおよそ12年前となる2007年以降から綺麗な右肩下がりとなっており、
2019年4月現在の株価は7ユーロといった一桁台の価格で推移している事が分かります。

株価が90ユーロもあった2007年と比較して
現在の株価はおよそ10分の1までに縮小しており、
その下落率も直近12年で約90%を超えている事から、
既に倒産する会社の株価であると言っても過言ではありません。

さらに2018年6月には、
ドイツ銀行株の空売りが世界の大手銀行の中でも
過去1年間で最大規模であるという事も報道されました。

このように、
ドイツ銀行の株価は既に破産寸前のボロ株と化しているのです。

大量のデリバティブを抱えるようになったドイツ銀行

そして、
現在ドイツ銀行の経営破綻が危ぶまれている大きな原因となっているのが、
ドイツ銀行が大量に持つデリバティブです。

デリバティブ(金融派生商品)とは、
本来の株式や債券などから派生して生まれた金融商品の事ですが、
ドイツ銀行はそのデリバティブを約75兆ドル(約8250兆円)抱えているとされています。

たった一つの民間銀行が日本や
ドイツのGDPの約20倍にも及ぶ規模のデリバティブを持っているのです。

そして、
このドイツ銀行の抱える主なデリバティブが
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と呼ばれるものでした。

ドイツ銀行破綻問題の大きな原因となるCDS(クレジットデフォルトスワップ)とは

では、
ドイツ銀行が大量に抱えているCDSとは何なのかについて詳しく解説します。

CDSは倒産による損失を回避する為の保険商品

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは、
国や企業の発行する国債・社債といった
債券の信用リスク(デフォルト)を回避する為の金融派生商品であり、
企業や国の倒産に対する損失を保障するような
「倒産保険」とも言い表す事ができます。

例えば、
日本のトヨタ自動車の社債を100億円保有している会社があるとしましょう。

当然ながら、
トヨタ自動車が万が一倒産する事となれば、
この会社の保有している社債の価値は一気に吹き飛んでしまいます。

※債務者の信用(クレジット)が悪化して
債務不履行(デフォルト)となってしまうリスクの事を
デフォルトリスクと言います。

しかし、
ここでトヨタ自動車の社債に関するCDSを購入しておけば、
毎年一定料の保険料(プレミアムとも言います)をCDSの売り手に支払う事で、
万が一トヨタの社債が潰れてもその損失分を補填してもらえるようになるのです。

このように、
CDSの買い手である会社はCDSの売り手に対して一定の保険料を支払う事で、
自身の持っている債券のデフォルトリスクを回避する事ができるようになります。

CDSは他人の家に火災保険をかけるようなギャンブル

しかし、
このCDSは使いようによっては丁半博打のようなギャンブルにもなります。

では仮に、
何も社債を持っていない会社がこのCDSを買うとどうなるでしょうか。

その場合、
CDSを買った会社はそのCDSの対象となる企業や
国の倒産を賭けた大博打となるのです。

例えばトヨタの社債の100億円分のCDSを購入し、
その1%となる1億円をCDSの売り手に毎年払い続けるとしましょう。

それでもしもトヨタがデフォルトすれば、
毎年1億円の掛け金で一発100億円がそのCDSの買い手によって
儲けられる事となります。

このように、
CDSは他人の家に火災保険をかけて、
家が燃えるのを待つようなギャンブルにもなり得るのです。

なぜCDSがドイツ銀行を破綻に招く問題となっているのか

このような丁半博打のCDSを、
ドイツ銀行のエリートセールスマン達が莫大なコミッションを受け取りながら
世界中の金融機関に売り捌いていました。

もちろんCDSは買い手にとって企業の倒産リスクを回避する為の
デリバティブ商品なので、
それ自体が駄目な訳ではありませんでしたが、
一つだけ致命的な問題がありました。

それは、
CDSを大量に販売するドイツ銀行の支払い能力です。

なぜなら、
もしもCDSを販売している国や企業がデフォルトした時に、
ドイツ銀行はCDSの買い手に対して大量の保険金を支払わなければならなくなるからです。

ギリシャ国債のCDSを大量に抱えるドイツ銀行

ドイツ銀行が実際に売っていたCDSは企業のものだけではありません。

ドイツ銀行はギリシャのデフォルト問題の際に
ギリシャ国債のCDSも大量に販売していたのです。

しかし、
ドイツ銀行はギリシャの国債がデフォルトした場合に、
CDSの買い手に対して莫大な保険金を支払う必要があります。

仮にギリシャが財政破綻した場合、
ドイツ銀行は莫大な損失を被るとされています。

巷ではその損失額が合計50兆円にも及ぶとも言われてますが、
果たしてどこまでその損失額が広がるのかは誰にも分かりません。

これでドイツ銀行の大損失だけで収まれば不幸中の幸いですが、
恐らくそれだけには留まらないでしょう。

一つのデフォルトが世界経済を破綻に導くデッドスパイラルとなる

CDSは商品を売り出す事で手っ取り早く保険料を稼ぐ事ができますが、
万が一それが一つでも破綻すれば、
ドイツ銀行の破綻は疎か、
その損失が連鎖的に広がるような時限爆弾となり得ます。

なぜ一つでも倒産すれば損失が連鎖するのかというと、
このCDSはドイツ銀行だけに限らず、
世界中の金融機関同士が持ち合っているからです。

反対にドイツ銀行が倒産した時に
保険が支払われるようなCDSを持っている金融機関も存在する為、
もしもドイツ銀行が破綻した場合は、
それらの金融機関も連鎖的に潰れてしまう事も考えられるでしょう。

そして上述したように、
その債券に直接利害の無い人であっても、
CDSを買う事によって対象となる国や企業の倒産に賭ける事ができます。

要は、
国や企業の命を自分達のお金に変えるような
ギャンブルが無限に繰り広げられるのです。

そうして博打(CDS)に群がってくる人が増えれば、
それを売り捌くドイツ銀行は莫大な保険料が集まって儲かりますが、
万が一デフォルトが起これば大損失を被る事となります。

このように、実際の債券を発行・流通させなくても、
CDSを作って買い手を揃えるだけで
無限の市場を作り出す事が出来るのです。

これがCDSの凄さであり、恐ろしさでもあるのです。

ドイツ銀行にCDSの支払いが発生したらどうなるか

7500兆円にも及ぶデリバティブ(CDS)を抱えているドイツ銀行ですが、
その実態は3年連続の赤字です。

2018年の決済では4年ぶりの最終黒字と発表されましたが、
それ以前の2015〜2017年は3年連続で赤字となっています。

しかし、
本来それほどのCDSを抱えているのであれば、
CDSの売り手として莫大な保険料を受け取って儲かっているはずです。

それにも関わらずこれまで大きな赤字を出してきたという事は、
既にドイツ銀行に本業の収益が出ていないと考える事ができるでしょう。

よって、
仮に75兆ドルも抱えるCDSの中から今後買い手への支払いが1%でも発生したとすれば、
それだけでもおよそ7,500億ドルとなるので、損失が更に膨れ上がる事となります。

つまり、CDSの支払いが発生すれば、
ドイツ銀行は倒産へ大きく近づく事となり得るのです。

なぜドイツ銀行は破綻問題となるまでCDSを抱えていたのか

では、
なぜドイツ銀行はこれほどまでにCDSといった
デリバティブを抱えるようになったのでしょうか。

そこには様々な複雑な要因があるかと思われますが、
大まかな理由として考えられるのは以下の2つでしょう。

  1. ドイツ銀行が既に本業で儲けられなくなっている為
  2. 銀行の自己資本比率の規制をクリアできる為

本業で儲けられなくなったドイツ銀行

ドイツ銀行がCDSを大量に抱えるようになった理由の一つには、
超低金利政策によって銀行の本業である預金業が
儲からなくなってしまったという背景があります。

ヨーロッパの中央銀行であるECBは、
世界に先駆けマイナス金利による超低金利政策を行いました。

出典:Yahoo!ファイナンス

この政策がドイツ銀行をはじめとしたユーロ圏内にある民間銀行の収益を圧迫する要因となり、
これまで預金の利息で稼いできた銀行のビジネスモデルが危うくなってしまったのです。

なお、
このようなマイナス金利政策はヨーロッパに限った事ではなく、
日本でも同じように行われている為、
日本の銀行にとってもこれは決して他人事ではありません。

CDSは自己資本比率に引っ掛からない

ドイツ銀行がCDSを大量に抱え出したもう一つの理由として、
CDSが自己資本比率に引っ掛からないといった事情がありました。

そもそも国際取引を行う銀行ではBIS規制(バーゼル合意とも呼ばれる)
といった自己資本比率に関する国際統一基準が定められており、
国際取引を行う為には8%以上の自己資本比率(ROE)が求められています。

しかし、
ドイツ銀行は直近の経営悪化によってこの自己資本比率が低下し、
その数値は8%ギリギリとなっていました。

なので、
それ以上自己資本比率を下げられないドイツ銀行は
大きな融資業務も自由に行えなかったのです。

そこで、自己資本比率に引っ掛からず、
保険商品として保険料が入ってくるCDSを
大量に売って儲けるという手段を選んだのです。

ドイツ銀行の今後は?いつ破綻してしまうのか

ドイツ銀行の筆頭株主である海航集団が株式を売却へ

ドイツ銀行の筆頭株主である中国複合企業の海航集団は、
同社の保有する約10%のドイツ銀行株の持ち分を6.3%に引き下げ、
今後はそれらを全て売却していく事を
明らかにしました。

海航集団といえば世界で最も活発な投資会社の一つであり、
中国の航空会社である大新華航空や、
米ホテル大手ヒルトンの系列会社であるヒ
ルトン・ワールドワイドなどの株を所有していました。

しかし、
積極的に海外投資を行ってきた海航集団も経営危機に陥いるようになり、
既に同社の持つ様々な資産が売却された他、
ドイツ銀行の株式も今後2020年頃までにかけて段階的に売却していくとされているのです。

このように、
筆頭株主である海航集団自らも経営危機を迎えている為、
同社による株式の売却が今後ドイツ銀行の低迷する株価の重荷となり得るでしょう。

コメルツ銀行と正式に合併協議に入ったドイツ銀行

出典:Commerz Bank

今にも潰れそうなドイツ銀行ですが、
世界中の金融機関にとっては、
このような巨大銀行であるドイツ銀行に簡単に潰れてもらっては困ります。

”Too big to fail”という言葉があるように、
金融システムの中核を担う銀行は大きすぎて潰せません。

このままではドイツ銀行は疎か、
ドイツ国内やEU圏内、
そして世界の経済崩壊を招きかねないと危惧したドイツ政府は、
ドイツ銀行に対してどこか他の銀行と合併しないかと合併協議を打ち出しました。

そして2019年3月、
ドイツ銀行は政府主導のドイツの主要銀行である
コメルツ銀行との合併協議を
正式に同意したのです。

よって今後ドイツ銀行は恐らくコメルツ銀行との合併が予想されますが、
合併後にその経営が正常化されるかどうかは不透明です。

以下のチャートの通り、
コメルツ銀行の株価はドイツ銀行と同様で大きな下落となっており、
既に1株10ユーロ以下のボロ株と化しています。(※2019年4月現在)

・コメルツ銀行の株価チャート

この合併が成立すれば、
資産規模がおよそ200兆円を超えるEU最大規模の新たな銀行が誕生する事となりますが、
それでも両行の株は既に1株10ユーロ以下の価値しか無く、
その時価総額はピークからいずれも90%以上も縮小しています。

よって、
このコメルツ銀行との合併がドイツ銀行問題の根本的な解決となるかは
疑わしいものだと言えるでしょう。

ドイツ銀行が破綻したらその影響はリーマンショックを超える?

上述した通り、
仮にドイツ銀行が経営破綻したとすれば、
その影響は2008年のリーマンショック時を超える規模に達すると言われています。

リーマンショックによって破綻したリーマン・ブラザーズ銀行は、
金融業界の先を行っていると思われていたにも関わらず、
負債総額64兆円という人類史上最大の破産となりました。

しかし、
ドイツ銀行の負債総額はそれの約4倍となる
260兆円に達するといわれています。

さらに今回問題となっているCDSはドイツ銀行に限らず、
様々な金融機関によって複雑に入り組んでいる為、
実際にドイツ銀行が破綻した際の経済損失が
いくらになるのかは誰にも分からないとされているのです。

リーマンショックで大量にCDSを抱えて倒産の危機に陥ったAIG

実はこのCDSは、
以前のリーマンショック時にリーマン・ブラザーズ銀行や
世界最大の保険会社であるAIGなどが
投資銀行に向けて大量に販売していました。

その結果リーマンブラザーズは破産し、
それが世界経済の崩壊へと繋がりましたが、
当時CDSを売っていたAIGも連鎖的に倒産する事が明らかとなったのです。

しかし、
そこでCDSの売り手であるAIGも破産した場合、
CDSの買い手に保険金を支払いすることができなくなる為、
世界の金融システムが破綻する恐れが懸念されていました。

そこで米FRBは緊急融資を決定し、
AIGに計17兆円もの税金を投入します。

このように、
経済の中心となる金融機関が潰れれば
金融システムが崩壊してしまうリスクがあったので、
政府が税金を使って救済するしかなかったのです。

ドイツ政府による救済も余儀なくされるかもしれない

以上のようなシナリオは、
今のドイツ銀行問題において同じ懸念がされています。

実際にドイツ銀行が破綻寸前となれば、
リーマンショック時のAIGと同じように、ド
イツ政府がドイツ銀行への資本注入を行う可能性もあります。

しかし、
実際に75兆ドル規模のCDSが爆発した場合には、
政府も規模が大きすぎて手に負えないでしょうし、
これに関してドイツのメルケル首相も
「ドイツ銀行の救済はしない」と消極的です。

こうなれば、もうこの問題は誰にも止められません。

とは言えドイツ銀行が一つ破綻すれば、
他の複数の金融機関もドミノ式に倒れていく可能性が強く、
そうなれば政府が否が応でも国民の税金を使って
救済するという事態にもなり兼ねません。

このように、
ドイツ銀行問題の深刻さは月日を追うごとに増すばかりです。

ドイツ銀行の破綻で為替市場(FX)にもたらされる影響とは?

もしもドイツ銀行が破綻する事となれば、為
替市場にもリーマンショックと同等、
もしくはそれ以上のダメージとなる事が想定されるでしょう。

・リーマンショック後のドル円相場

かつてのリーマンショック後はアメリカ経済の成長率が約3%下がり、
ドル円相場も2008年から2011年の3年にかけて約30%も下落しました。

よって、
今後ドイツ銀行の破綻でユーロやドルを中心に
再び大規模な為替相場の低迷が起こる事も考えられますが、
最終的にはドイツ政府による救済も可能性として十分考えられる為、
市場の予想よりもその影響は限定的になるのではないかといった見方もできます。

ドイツ銀行問題と同時にBrexit問題も深刻化している

また、
現在世界を揺るがしているもう一つの問題に
イギリスのEU離脱(Brexit)問題があります。

このBrexit問題とドイツ銀行問題は共存している
という事も忘れてはならないでしょう。

2019年4月10日、
イギリスのEU離脱が2019年10月31日まで延期される事が
EUによって合意されました。

Brexitの最悪のシナリオは「合意なき離脱」だとされていますが、
今後期限までにEU離脱に関する離脱協定案が
イギリス議会で可決されなければ、
それが現実となる可能性もあります。

イギリスのEU離脱に関するBrexitも更に透明感が増す中、
EU経済、そして世界の株式・為替市場は
今後も引き続き大波乱となりそうです。

2019年のドイツ銀行破綻問題まとめ

以上、
ドイツ銀行は収益低迷による経営の悪化や大量のCDS保有によって倒産が危惧されていますが、
もしも破綻すれば、
その影響は世界中の金融システムを揺るがす事となるでしょう。

今回紹介した事例以外にも、
ドイツ銀行はデンマークのダンスケ銀行からの送金をドル転換する、
いわゆるマネーロンダリングに関与したとして捜索されており、
決して良い状態とは言えません。

なお、これまでの金融危機は、
ざっと10年サイクルで起こってきました。

  • 1987年:ブラックマンデー
  • 1997年:アジア通貨危機
  • 2008年:リーマンショック

そして2019年はその節目ともなり得る年です。

イギリスのEU離脱問題や、
今回のドイツ銀行の破綻問題が渦巻く今、
いつ金融危機が起こってもおかしくない状態だと
言っても過言では無いでしょう。

いずれにせよ、いつ金融危機が起こっても良いように、
これから万全の対策を練っておく事が大切です。

もしかすると、
明日にでもその事態は起こるかもしれませんから。

 

記事をご覧になり終わりましたら、FB投稿にいいね!お願いします♪

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です