TRIBEメンバーがレクサスLC500を購入したのが嬉しくて仕方ない、というハナシ。

 

つい先日、
渋谷の社長トレーダー佐藤コーチから
実に嬉しい連絡が届きました。

それは「TRIBE」のメンバーが
トレードの利益であるクルマを購入した、という内容でした。

慌てて見に行った僕の目に
こんな投稿が飛び込んで来たのでした。


これは「TRIBEメンバー」の
Facebookグループページでして、
ご本人の許可を頂戴しての掲載です♪

トレードの利益(だけかどうかは分かりませんが)で
『レクサスLC500』を購入されたようでした。

この投稿を見たとき、
僕は二重三重の喜びを感じてしまったのです。

今日はそんなお話を少々・・・

 

僕は昨年秋から
シンガポールでの単身生活をスタートさせているのですが、
日本在住時に最後に乗っていたのが
この「レクサスLC500」でした。

ブログやYouTubeなどで
いちいち紹介することもなかったのですが、
実は2018年年末に行ったプロモーション動画の中で
一度だけ登場したことがあったんです。
※正確には「登場させられた」ですが(苦笑)

 

で、今回のメンバーさんは
おそらくその時の動画を観てくださったんだと思います。

及川師匠がレクサスLCを動画の中で乗られてるのを拝見して
『こ!これだ!!』と思いました。

こんな風に思ってくれていたことが
僕はとても嬉しかったわけです。

ちなみに僕が乗っていた時の画像です。

日付を観たら「2019年9月3日」なので
記憶では売却するちょっと前に撮ったモノだと思います。

っていうか、
そういえばこの頃はパーマかけてましたね。
似合ってねぇ・・・(汗)

 

話を戻します。

前回のブログでもお話をしましたが、
僕の「元受講生さんたち」にもいろいろな人がいましてね。

正直な話、
中には「なかなか勝てるようになりません」という人もいらっしゃいますので
僕は受講期間が終了している今日現在も、
ご相談コメントにはなるべく詳細なアンサーを心掛けているつもりです。

「なんとか少しずつでもコツを掴んで欲しい」
この一心からです。
※ここについては今後も妥協なく続けるつもりです。

 

一方、前回の「ロレックス」もそうでしたが
今回のような飛びきり嬉しいご報告を頂戴出来ることも増え、
僕はこれ一発で様々な疲れが一瞬で吹っ飛んでしまうわけです。

あ、よーく読むと「リオン式がメイン」みたいなので
若干苦笑いも含みますけど(笑)

 

僕が言うのもナンですが、
TRIBEメンバーをはじめとする
いわゆる「及川組」のみなさんは
圧倒的に「オトナ」が多いんです。

ネガティブ発言で周りの足を引っ張ろうとする人は
これまでもほとんどいませんでした。

今回の投稿にも数多くの祝福コメントが届いており、
「刺激になった!」「次は自分の番!」みたいな
実に前向きかつハートウォーミングな雰囲気で溢れています。

僕はこういった状況を見るたびに
「自分はなんと恵まれた環境にいるのだろう」
こんな感謝の気持ちでいっぱいになるのです。

 

実際には
「まだ勝てるようになっていない人」もいらっしゃいますので、
そんな人に向けたアドバイスなども鋭意取り組んでいかなければなりません。

本音を言いますと、
これ、、、結構疲れます。

けれども、今回のような嬉しいご報告を観ることで
そんな疲れなど一瞬で吹き飛ぶのです。

ゆえに僕は、
現在のような活動を継続出来ているのかも知れません。

 

こんな僕ですので、どうかお願いです。

あなたのトレード成績が安定したり、
劇的に向上したりなどした際は、
ぜひとも「嬉しいご報告」をお寄せください。

それこそが僕の『継続エネルギー』となるからです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに僕、、、
決して「クルマ通」ではありません。

いわゆるミーハーな部類でしてね。
詳しい性能面などにはさしたる興味もなく、
単純に「カッコイイ」と思えるクルマが欲しくなる
その程度のレベルなんです。

そんな僕が最近一目ぼれをしたクルマがコレ。

フェラーリ初(?)のクーペモデル
「フェラーリRoma」です。

シンガポール帰国時に食らった二週間隔離の最中、
あまりにヒマだったので日本のフェラーリディーラーに連絡をしましてね。
営業担当の人にいろいろ聞いてみたんです。

すると、
仮に今注文しても納車は最低でも2年後だそうで・・・

及川:「2年後じゃオレ、生きてるか分からないジャン!」

営業マン:「ガンバって生きてください!」

及川:「・・・」

フェラーリの営業マンって随分お茶目なんですね(苦笑)

おあとがよろしいようで♪

 

 

【期間限定】香港K氏の投資メソッドを本邦初公開

NYダウ&日経225ショートで含み益1900万円!
あなたを『真の勝ち組トレーダー』へと導く珠玉のインビテーション

現在、及川とのYouTube対談で数々の予想を的中させている話題のスーパートレーダー“香港のK氏”。
本来ならヘッジファンや限られた彼の顧客しか見れない「秘密のレポート」を本邦初公開。
彼の渾身の投資メソッドが記された『100万ドルレポート』が見れるのはLINE登録者だけ!

特典ゲット

166 件のコメント

  • 及川師匠いつもYouTube楽しみに拝見させて頂いてます。
    今回のブログとても刺激を受ける内容でした。トレーダーとして成功とは人それぞれだと思います。当然目標が高い人ほど良いと思います。
    収支がひと月プラス目標や目標何百万、車購入、家購入、億トレーダー等々です。目標が高ければあくまでも通過点を通過するだけでそれなりの恩恵を受けながら高みを望めると思います。私もやはり目標は高く設定してます。まだ億トレーダー目指すなんて言える身分ではありませんがやるなら徹底的に目指したいと思ってます。
    以前に及川師匠がYouTubeで仰られていた海外ブローカーを利用した『成り上がり』について質問ですが証拠金を例えば10万でスタートして成り上がる為のボーダーラインというのは設定されていましたでしょうか?
    例えば10万を10倍の100万にしたらまずは成り上がる為の最低限の種銭が作れた。100万を500万まで増やせてようやくここからが跳ねるかの勝負だ。の様にトレーダーとしての目標設定も大事ですが成り上がる為のプロセスとして嫌らしい話ですが金額設定も当然大事だと思ってます。
    及川師匠がまずは証拠金増やそうと第一の目標を設定するとしたらいくらぐらいまでハイレバでガンガン勝負して増やされるのかなと聞いてみたくて質問させて頂きました。
    お金の話なのでブログにあげさせてもらう質問として適切か悩みましたがやはりFXで海外ブローカーを利用し成功する。目標を達成すると考えた場合にFXの研究者でも学生でもなく趣味でやってる訳ではない為、この目標金額もしくは利益率のパーセンテージ等、成り上がる為の感覚をお聞きしたいです。
    トレード手法を学ばせてもらいマネをしたい。マネさせてもらってます。
    トレーダーとして及川師匠の様になりたい。ルーティンや考え方マネさせてもらってます。
    そこで成功の第一歩もマネしたい。それなら目標設定は知っておきたいですし重要な指標になります。及川師匠が『まずこれぐらいまで証拠金を増やしてここからが勝負』と仰られていたから頑張ろう!と目標にしたいです。
    なんだか漠然とした質問で申し訳ありません。
    これからも勉強させてもらいたいです。トレーダーとして人として目標にさせて頂きます!
    コロナ第三波も感染拡大しております。応援しておりますので気をつけて下さい。
    長文失礼しました。

    • 赤羽のピヨたん様
      コメントありがとうございます。

      >私もやはり目標は高く設定してます。まだ億トレーダー目指すなんて言える身分ではありませんがやるなら徹底的に目指したいと思ってます。

      ↑そうですね、
      目標はすなわち「イメージ」にも繋がるものですので
      高くしておかないとむしろいけないのかも知れません。

      >質問ですが証拠金を例えば10万でスタートして成り上がる為のボーダーラインというのは設定されていましたでしょうか?
      >及川師匠が『まずこれぐらいまで証拠金を増やしてここからが勝負』と仰られていたから頑張ろう!と目標にしたいです。

      ↑そうですね、、、
      うろ覚えではありますが
      当初はまず「1000万超え」からだと思っていた記憶です。

      上手にお聞きいただきたいのですが
      ただしこの金額、僕の中ではさほど強烈ではありませんでした。

      というのも、
      僕は30歳あたりから自営業をずっとやってまして
      1000万円くらいの額面には慣れていたんです。

      イメージ的には5000万を超えるあたりからが「未開拓領域」で
      そのあたりを突破するしないくらいの時点が
      一番プレッシャーを感じた記憶です。

      このような主旨から

      1.まずは1000万円
      2.または自分自身が「高額」と感じて少々ビビる額面

      このいずれかの突破を第一目標に置かれてはどうかな、と思います。

      参考までに5000万以降の「億超え」は思った以上にアッサリだった記憶です。
      つまり僕にとっての心理的壁は5000万のほうがはるかに大きかったのだと思います。

      取り急ぎ以上です。
      こんなアンサーで大丈夫でしょうか(汗)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • Rolex Lexus と来れば次は不動産ですかね?
    ということで、私はハワイに不動産を買います。
    将来このコメント欄に報告をする事を誓います。
    とは言っても、まだ11月にデイトレ大百科を購入したばかりで、一通り見終わり、今はデモトレードをしておる身分でして。成績は2回ぼろ負けし、資金を継ぎ足し(デモなので自由自在)今はじわじわと増えており先週1週間は勝ち越しで終えることができました。本日も勝ちました。リスクリワードを図りトレードをしますが、余りに勝ち逃げにこだわり、含み益が削られそうな動きなるとすぐ利確してしまい、わずか3pips程度しか取れず、履歴を見るとスキャルピングみたいなっております。でも一度に7本ぐらい入るので合計では15pipsぐらい取れてます。なんだか可能性を感じており、久々に気持ちが明るい今日この頃です。50オーバのオッサンでして、今まで数々の挫折を繰り返し、他人に騙され金を取られたり、今でもうまくいってない事業を抱えており、生きていてもしょうがないとか、今この瞬間死んでも構わない、いや、むしろ楽に死ねるならそうしたい等とずいぶん長い間考えておりましたが、数十年ぶりにポジティブ思考になれました。これまで数々の情報商材を購入し、ほとんど全部ゴミでした。デイトレ大百科の購入の際もすごく悩みました。でも今は買って良かったと思っています。及川さんのようなyoutubeで実際のトレードをアップロードしている情報商材執筆者は初めて見ました。勝ちも負けも見せており、これぞ本物だと思います。これからも精進して参りますのでよろしくお願いします。死ぬときに、良い人生だったと思えるような生き方を目指します。

    • 松本さま
      コメントありがとうございます。
      (ご返信が遅くなりまして申し訳ございません。)

      >Rolex Lexus と来れば次は不動産ですかね?
      ということで、私はハワイに不動産を買います。

      ↑なるほど!確かにそういう流れかも知れませんね^^
      ハワイの不動産、かなり良いと思います♪

      >余りに勝ち逃げにこだわり、含み益が削られそうな動きなるとすぐ利確してしまい、わずか3pips程度しか取れず、履歴を見るとスキャルピングみたいなっております。でも一度に7本ぐらい入るので合計では15pipsぐらい取れてます。

      ↑うーむ、ここは少々微調整があったほうが良いかも知れません。
      負ける時との兼ね合いがさすがにイマイチだと思いますので^^;;

      >数十年ぶりにポジティブ思考になれました。

      ↑ここは大変ありがたいメッセージです。
      僕自身の勇気にも繋がりますので。

      >及川さんのようなyoutubeで実際のトレードをアップロードしている情報商材執筆者は初めて見ました。

      ↑ここは、どうなんでしょうね。
      確かに僕がYouTubeを始めた当初はいなかった記憶ですが。
      僕はよそ様の投資系の動画をほとんど見ないので。
      ※ボクシング系と音楽系ばかり観ています(笑)

      >死ぬときに、良い人生だったと思えるような生き方を目指します。

      ↑ここは激しく同意いたします。
      どのみち「今出来ること」をやるしかありませんが
      であるならば、今やれることを全力で・・・ですよね。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも勉強になる動画をアップしてくださりありがとうございます。
    本日アップしてくださった「 2020年11月23日※欧州時間トレード」についてもすごく勉強になりました。

    ただ、動画を見ていて、悔しい気持ちになった(笑)ので、質問させてください。私も、EUR/AUDは、動画と同じタイミングで、「あ、これ落ちてくるだろうな」と思い、また、利確目標も及川先生と同じ価格帯で見ていて、「これは、売ったら絶対勝てる」と確信めいたものまであったのですが、エントリーをすることができませんでした。その理由は、もしもの時の損切位置をどうしようと考えたときに、直近高値で切ろうと考えていたため、そうすると損益比的に悪いなと思ったためです。
    ただ、今回の動画で及川先生が、エントリーしてかつ利益の確保をしていたのを見て、やっぱりEUR/AUDのトレードをやっておけばよかったな(汗)と思った次第でした。しかし、私は勝率があまり良くないため、1トレード当たりの損益比のことも気になります。
    私は、直近高値を損切位置として考えていたのですが、及川先生は、今回のEUR/AUDのトレードでは、どこで、損切もしくは逃げようと考えておりましたでしょうか?

    お忙しいところ、すみません。是非とも今後のトレードに活かしていきたいので、教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

    • 及川先生、いつもコメントへの返信ありがとうございます。
      私のしがない質問にも丁寧に回答してくださり、毎回本当に勉強になるので、感謝しています。

      >値で決めるというよりは「状況変化」があるかないか?をポイントにしたと思います。
      ↑なるほどですね。状況的には下降でショートエントリーをしたところ、一旦、上昇し逆指値で損切されて、その価格よりもちょっとだけ上昇したけれど、また、反転下落して、元々の決済指値位置まで下げてくるという無駄な損切パターンも私にはちょくちょくあるので、ぜひともこの考え方は参考にさせていただきたいと思います。

      >「短時間で終えられるイメージ」は結構ありました。
      ↑この点については、私もすごくあったのですが、「もし、間違っていたらどうしよう、もし、間違っていたらどうしよう」と心配症の自分が出てしまい、勇気を出せずにエントリーできませんでした。そして、取り逃がした機会損失を補填しようと思い熱くなってしまい、次のトレードでテクニカル的な根拠も薄く直感も冴えないところでエントリーしてしまい、損切になってしまうというのが私の最近の頻出負けパターンとなっています。ここを直し、絶好のチャンスをものにして、この頻出負けパターンをなくしていきたいと思います。

      ありがとうございます。及川先生のようにデキるトレーダーになれるように精進していきたいと思います。

    • ぽぽにゃん様
      コメントありがとうございます。
      前回のアンサーがかなり正確に伝わってるみたいで安心しました。

      ちなみに、
      少し上でやりとりしている「シュンリさん」とのやりとりをご確認なさってみてください。

      ぽぽにゃんさんにとって
      かなりのヒントになる可能性を感じています。

      >及川先生のようにデキるトレーダーになれるように精進していきたいと思います。

      ↑僕が「デキる」のかは微妙ですが、

      ・おっかないと感じるところをやる
      ・その中で利食いなどの強弱感は時間軸との兼ね合いも観ながら調整

      このような意識でやっている点は
      付け加えさせていただきます。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • ぽぽにゃん様
      コメントありがとうございます。
      (ご返信が遅くなり申し訳ございません。)

      >及川先生は、今回のEUR/AUDのトレードでは、どこで、損切もしくは逃げようと考えておりましたでしょうか?

      ↑アレにつきましては
      値で決めるというよりは「状況変化」があるかないか?をポイントにしたと思います。

      例えばMAを一気に逆抜けしたら、など、
      「ショートの続行は無理」あるいは
      「今からやるならむしろロング」みたいな展開になったら損切り。

      逆にいうと、
      状況の変化がないと思えるうちは続行した可能性が高いです。
      あ、他にもっとオイシイと思える銘柄が出た際に「乗り換え」はしたかも知れませんが。

      >私は勝率があまり良くないため、1トレード当たりの損益比のことも気になります。

      ↑なるほどですね。
      ちなみに上述の内容とは矛盾するかも知れませんが
      あの場面、僕の利食い位置あたりまではスンナリ伸びるのでは?という
      「短時間で終えられるイメージ」は結構ありました。

      というか、何度も観て来た展開なんですよね。
      そう考えると、正直「経験」の部分はあるのかも知れません。

      こんな感じのアンサーで大丈夫でしょうか(汗)
      取り急ぎ僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。
    碧と申します。今年、コロナということもあり、何か家でできることがないかと思いYouTubeを見ていたらFXというものを知り、及川先生の動画を見ました。一日で何百万も稼ぐのを見てすごいな!という気持ちと失礼な話をしてしまいますが、これならできるのではと思い、5月ごろから天才チャートとプロコンを買い、デモで練習をしました。なんと初めてなのに余裕で倍に出来、あれ?簡単やん。出来そう!と思い違いなことを思ってしまい、リアルトレードに30万入れてやってみたら、1ヶ月はプラスで行けたのですが、そこから沼にハマってしまいました。入れたお金は溶けてしまいました。ですが諦め切れません。
    というのも、私はすごい人見知りで人に会うのも嫌で、話すだけですごい吐き気や体調不良を起こしてしまいます。しかし、FXをするには軍資金がいるので、仕事をするしかありません。なので、今は医療系の仕事をしていますが本当は人に会いたくないのでしたくありません。なので、及川先生みたいにFXだけで生きていきたいと本気で思っております。
    手法は
    先生と一緒で5分足のデイトレ
    NY時間だけ(仕事の都合で)
    順張り、鉄板の形という動画を参考
    こんな感じでやっていますが、最初の1ヶ月以降は勝率は60〜70ぐらいですが、これは5pipsぐらいしか取れない回数が多く、負ける時は一気に50pips位持っていかれ勝率は高いがコツコツドカンになってしまうといった感じです。ドカンな時は急な吹き上げやシンクロを確認してから入っているのに急にシンクロが崩れて逆方向に吹っ飛び損切りができなくなる。1番多いのはオージーテクニカルで円とドルが上、ポンドとユーロが下の時に弱い方のショートをすると急にその通貨だけ逆に吹き上がる。これを毎回なってしまいます。しかし、NYしかできないのでエントリーの回数が少ないので綺麗と思っていても本当はダメなところで入っている可能性があります。心身ともに疲れてきました。しかし、人と会う仕事よりはマシなので諦めたくありません。曖昧なことを書いてしまい申し上げありませんが、どうかアドバイスや、及川先生のセミナーみたいなものとかないでしょうか。
    家族を養っていかなきゃならないので本気で悩んでいます。どうかよろしくお願いいたします。

    • 碧さま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      (コメント返信が遅くなり申し訳ございません。)

      >初めてなのに余裕で倍に出来、あれ?簡単やん。出来そう!と思い違いなことを思ってしまい、リアルトレードに30万入れてやってみたら、1ヶ月はプラスで行けたのですが、そこから沼にハマってしまいました。

      ↑いきなり「資金が倍」ここ自体は言うまでもなく優秀です。
      おそらくはリズムも合っていたのだと思います。

      で、「沼にハマって」については
      リズムが噛み合わぬ中で、いろんな迷いなども生じ混乱されたのでは?
      そんな風に想像をしています。

      NY時間については、正直難易度が高めだと僕も思ってまして、
      その中でやり切るとなると、やはり「NY時間の戦い方」について
      経験の蓄積をして行かざるを得ないという話になりますよね。

      NY時間のチャートって
      実は「欧州時間で形成されたチャート」ですので
      そのまま続行かはある程度疑ってかかる必要があります。

      ちなみにこれ、欧州時間の序盤にも言えます。
      ※東京時間で形成されたチャートなので
      必ずしも「今から始まる動き」に沿うかは分からないわけです。

      特に欧州→NY時間への移行は
      マーケットの時間帯がカブる関係で
      東京→欧州への移行よりも判別の難易度があがります。

      仮に「欧州時間までの流れを疑う」とした際、
      僕なら「状況が変化したヤツを扱う」という意識でチャートを観ますね。

      例えばそれまで下げトレンドで来たモノが黄緑線を逆抜けし、
      黄緑線の向きも反転した時点で目線を「ロング」に置き、押し目を狙うなどです。

      この辺の話は実際のチャートを観ながら解説するほうが分かりやすいはずですので
      今後、NY時間の動画をやる際に僕も意識してみたいと思います。

      >5pipsぐらいしか取れない回数が多く、負ける時は一気に50pips位持っていかれ勝率は高いがコツコツドカンになってしまう

      ↑目先、一番の問題はここですので
      損切り判断の軸となる位置をもっと引き付けてからエントリーする、、、

      これによりエントリーチャンスの回数は減るかも知れませんが、
      「まずは大損をしない」ということは勝てるようになった後もずっとついて回る部分ですので
      何と言ってもまずはここからかなと思いました。

      取り急ぎ今日のところは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも勉強になる動画配信ありがとうございます。

    月木の動画は毎回拝見してデイトレ大百科も何度も見返しているのですが、なかなかうまく勝てません。
    ただ、及川先生がアップしている動画を拝見しているときは「きっとこの形だからこっちのポジションを持つんだろうな~」と考えながら観ていて頭の中では大体勝てています。笑

    しかし、実際の自分のトレードだと
    ①ロングだと思って入ったのに逆行してしまい損切した直後に爆上げまたはその逆になること。
    ②直近高安値まで引っ張ろうと思って持っているとそこまで行かずに反発して持ちすぎてしまい、損切。
    などが多いです。
    しかも、なかなか切れないのでそこそこの火事になっています。
    特に今日は全て逆に行ってしまい、結構な損になってしまいました。

    ポジションを持つ位置や決済位置が悪いのだと思うのですがいつも同じようなことになって資金が減ってきています。
    環境認識が不十分なせいか方向性が間違っているのか最近は自信が持てなくて自分でもトレードがよくわからなくなってきています。

    拙い文章で申し訳ありませんが、方向性の確認方法やポジションの入り方、決済の仕方で及川先生が気にされていることや打開策等があれば改めて教えて頂けるとうれしいです。

    よろしくお願いいたします。

    • 群馬のおーちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生がアップしている動画を拝見しているときは「きっとこの形だからこっちのポジションを持つんだろうな~」と考えながら観ていて頭の中では大体勝てています。笑

      ↑YouTube動画のコメントなどでも
      「同じところやって勝った」みたいな内容が届くようでして
      ぜひともそうあって欲しいと願うばかりです。
      (時に「反面教師トレード」もありますが・苦笑)

      >方向性の確認方法やポジションの入り方、決済の仕方で及川先生が気にされていることや打開策等があれば

      ↑こちらですが、ちょうど少し上でコメントをくださっている
      「碧さん」へのアンサーをご覧いただけますでしょうか?

      テクニカル手法とは通常「過去に形成されたチャート」を基に
      今から動く方向やタイミングを測るわけですが、
      僕は特に時間帯切替わり後については
      「ここからあらたに始まった動き」あるいは「始まりそうな動き」がないかどうかにも
      かなり注目しているつもりでやっています。

      僕の中での理想は「一番煎じ」
      つまり「今からおっぱじまるヤツに乗る」という形なのですが
      トレード的にもっとも楽(?)なのは「二番煎じ」ではないかと思っています。

      というか、
      「一番煎じ&二番煎じ」しか僕は基本やらない、が正確なところなんです。

      具体的には
      ・それまでの動きと関係ない「今から始まる動き」
      →これがここでいう一番煎じ

      ・一番煎じからの押し目や戻し目
      →これがここでいう二番煎じ

      こんな感じです。
      (これ以外の各種スキャル技はいったん話から外します)

      僕は「あとになればなるほどややこしくなる」との考えでして
      例えば黄緑線と1時間足MAの距離が離れれば離れるほどやりたくなくなるわけです。

      で、そういう時にどういう見方をするのか?が
      「碧さん」へのアンサー、という話です。

      取り急ぎ以上ですが、
      もし不足がありましたらお手数ですが再度コメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    高級車購入も夢の1つで現実にしたいと思います。
    継続は力なりを信じて勝ちパターンを多く取得したと思います。

    この度は、テクニカルやシリーズ等で上昇局面のトレードをする時です。
    最近気づいたことですが上昇トレンドと下降トレンド(水平線ブレイク抜け)等でトレードを終えてみると上昇トレンドで負けが目立ちます。
    (初動で捉えれば問題ないです)。
    はじめの頃は右上がりの上昇がトレードしやすいと思っていましたが、気づけば負けが多く苦手意識を持つようになっているように思います。
    また上昇より下降の方が勢いがあり分かりやすい様に感じてます。
    MA青・ミドル線・MA黄緑線どこで反発するか分かりませんので、目安として前回の反発がMA青線反発なら今回も青線、そろそろ深く戻すかと思えばミドルラインやMA黄緑線反発でのポイントで考えていますが、青線でエントリー・・・MA黄緑線反発、MA黄緑線待ち青線反発です。
    サポレジラインも意識してますが・・・
    青線エントリーで黄緑線まで下がるとそれ以上下がる様な気がしますし実際下がるときもあります。
    また含み損も気になりますがこれがトレードと流します。
    最近は下降トレードを主に戦略を考えることが多くて損をしていると思います。
    上昇トレードの苦手意識をなくしたいと思いますので特徴やアドバイスを頂ければ幸いです。

    • 昌景さま
      コメントありがとうございます。

      >最近気づいたことですが上昇トレンドと下降トレンド(水平線ブレイク抜け)等でトレードを終えてみると上昇トレンドで負けが目立ちます。
      >上昇より下降の方が勢いがあり分かりやすい様に感じてます。

      ↑為替(FX)は通貨のペアが銘柄であるため、
      本当なら上昇も下落も勢いに違いがなくて然りなのですが、
      それでも人間心理としては「急落」「暴落」のほうが恐怖を感じやすく
      よってそのスピードが速くなるのだと想像しますね。

      >上昇トレードの苦手意識をなくしたいと思いますので特徴やアドバイスを頂ければ幸いです。

      ↑うーむ、僕も「ショート好き」の傾向が強いので
      なかなか難しいご質問かも知れません。
      ここはやはり基本の整理整頓ではないでしょうかね。

      ・ユロポンの強弱からどっちを売るのか買うのかを判断
      ・通貨のシリーズが同時に同方向へ伸びた展開
      ・プラス個別チャート形状

      それと、
      「難しいと感じるところを無理してやらない」も
      案外重要ではないかと思います。

      で、ですね、
      ここには続きがありまして、
      「難しいと感じるところ」を見送ったとして、
      その後その銘柄がどのように動いたか?
      あとから確認するクセをつけることは強くオススメしたいです。

      多くの人は「実際にエントリーしたモノ」しか経験の蓄積にしてないのではないか?
      そのように僕は推察しているのですが、
      上記のような「やってないモノのその後のチェック」も
      断然経験の蓄積とすべきだと僕は思います。

      「もし自分がやっていたらどうなったか?」
      このシミュレーションは大変面白いモノとなる気がしてならないんです。

      その理由は
      「人は本能的に怖いと感じる場面をやれない」
      しかし実際には
      「怖いと感じるところこそがチャンス」であることが多いからです。

      ここ、言うなれば
      「チャンス場面ばかりを見送り、ややこしいところばかりをやっている」
      こういう話でして、

      ゆえに「自分が普段見送っている場面のその後」に
      実は一番『自分らしい勝ち方へのヒント』が詰まっている可能性があるかも、
      そのように僕は想像しているんです。

      直接なアンサーではないですが、
      可能であれば上記を意識なさってチャートを確認なさってみてくださいませんでしょうか。
      このやり方であればエントリー自体をしていないため、
      損失なく何度でも追体験出来ますので。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも貴重なトレード動画を公開して頂き、ありがとうござます。

    先生の動画と出会ってから、トレードに対する考え方が変わりました。

    箇条書きですが、私の今まで流れをまとめました。
    2017年にFXを真面目に学び始めました。
    2018年頃に先生の動画に出会いました。
    先生の動画と本で学ばせて頂きました。
    2017年から毎日19:30から24:00までチャートに張り付いてました。
    勝ったり、負けたり、最終的には
    「利益全部相場に戻す」を何回か繰り返した後、「口座溶かす」でした。

    今回のコメントは3度目だと思います。

    最後にコメントさせて頂いた時は、最後に口座を溶かした直後でした。

    仕事から帰宅したら、子供とも遊ばず、お風呂に一緒に入らず、毎日チャートに張り付いて、当時3歳になる子供との時間を削ってまでトレードしているのに、成果が全然出ない。
    最後に口座を溶かした時に「もう2度とトレードなんかしない!」「3年もこんな無意味な事して、役に立たないトレード…」を口に出して、叫んだ事を覚えています。心の中では、本当じゃないと知っていましたが、怒りが収まらず、妻の目の前で涙が出ました。

    それから、半年間、トレードを辞めました。
    トレードに関する全ての情報を一切、見ませんでした。

    心苦しいですが、先生の動画も一時的に見るのを控えました。

    トレードを辞め、帰宅後は子供と遊び、夕食、お風呂を一緒に入って、子供との時間を優先させました。

    10月からは、少しだけチャートを見るようになりました。
    夕方16:00 17:00 夜21:00
    時間で言うと10分から30分くらいです。

    私は、文章を書くのがあまり得意な方ではないので、表現が難しいですが、感覚的に表現するならば、「長期間チャートを見ていないのに、エントリーポイントと損切りポイント、利確ポイント」を瞬時と言うと、言い過ぎかもしれませんが、ある程度、迷いなく、早い形で先程述べた3点を見つけることができるようになりました。

    すごく不思議な感覚です。

    今は、チャートを見た時に「形が気持ち悪いから、今日は、エントリーポイントないから入らない」。
    半年間前までは、考えられなかった事です。
    トレードに対する自信とは違う、感覚が芽生えました。
    及川先生がおっしゃるように「相場は生き物」おっしゃる通りだと思います。
    生き物であるならば、私達は彼らをコントロールできません。相場においてコントロールすべきは、自分自身なのです。

    この自分自身というのが、1番厄介かもしれません。私はそう感じてます。

    トレード成績ですが、
    11月初めから97,000円で始めた実弾トレード、11月23日時点で、540,000円です。
    トレード時間は、16:00、17:00、21:00
    30分以内で切り上げてます。
    各国の相場が開く時間帯を意識してトレードしてます。
    なるべく、トレードに時間をかけない事を意識してます。

    先生の動画と出会い、最初はトレードに対しての「考え方」を変えてくれました。

    今は、私の人生そのものを変えてくれた恩師だと実感してます。
    ありがとうござます。

    私は、まだ、億トレーダーではないですが、確実に先生のおかげで一歩一歩近づいてきていると感じてます。
    これからも応援しております。
    お体に気をつけてください。

    • A.F.Xさま
      アツいコメントをありがとうございます。

      >トレードを辞め、帰宅後は子供と遊び、夕食、お風呂を一緒に入って、子供との時間を優先させました。

      ↑これ、絶対的に正しかったと僕も思います。
      過去に何度も言ってますが、
      「FXごときに人生狂わされてはならぬ!」ですからね。

      >11月初めから97,000円で始めた実弾トレード、11月23日時点で、540,000円

      ↑これは凄いですね。
      なんて言うか「チカラ」が良い具合に抜けているのも奏功しているのかな、
      そんな風に思いました。

      >先生の動画と出会い、最初はトレードに対しての「考え方」を変えてくれました。
      >今は、私の人生そのものを変えてくれた恩師だと実感してます。

      ↑さすがにここは言い過ぎだと思いますが、
      もちろん嬉しく、そしてありがたいメッセージです。

      ・「前のめり」でやらない
      ・前のめりになりかけてはいないか?を常に自問
      ・日々「淡々と」やる
      ・執着をしない

      そして、
      ・トレードなんて人生における「ほんの一部分」でしかない!

      この感覚の「維持」や「継続」が今後のテーマかも知れませんね。
      ぜひとも良い具合の“脱力”を維持なさって欲しいと願っております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、リオンさん、スタッフの皆様、こんばんは。
    ロンドンが閉まった時間帯での投稿すみません。

    先月、2週間で30万→160万?にしたものです。
    これは、先月全部飛びました(笑)

    今月は、アメリカ大統領選の投票が終わってから再スタートし、
    2週間で5万→150万(現在)になりました。
    しかも、5万→45万→13万→150万での150万です。
    つまり、1度損切りからの復活でした。

    主戦場はゴールドで分割トレードですが、
    ドル円で始めたものは今でも生きていますし、
    環境認識をするうえで、ユーロー・ポンド・株などとの相関性はみるので、
    及川先生のガチ速にもあった通貨の相関性の見方は、今でも生きています。

    今月は1000pp超えが3回あり、
    約5000pp・約2300pp・約1000ppでした。
    爆益以外ではロングもショートも取れましたし、
    逆に損切もありましたが、
    1000pp超えの共通点は、すべてショートでした。

    もちろん、ロングで爆益をとれる人も当然いると思いますが、
    リオンさんのような完全ショーターではないですが、
    もしかしたら、自分にはショートがあっているのかもしれません。

    レクサスLCの人ほどではないですが、ちょっとだけほめてもらえたら嬉しいです。

    先生が日本に戻ってこられたときに、もし8桁になっていたら、先生をふくめたトレーダーの方々とお食事をしたいです(^^;)

    • DAIKI WATANABEさま
      コメントありがとうございます。

      >先月、2週間で30万→160万?にしたものです。
      これは、先月全部飛びました(笑)

      ↑なんと^^;;

      >今月は、アメリカ大統領選の投票が終わってから再スタートし、
      2週間で5万→150万(現在)
      >5万→45万→13万→150万での150万です。
      つまり、1度損切りからの復活でした。

      ↑凹みの際の凹み具合に少々不安は残りますが
      それでも「凄まじさ」はかなりのものですね。

      >1000pp超えの共通点は、すべてショート
      >もしかしたら、自分にはショートがあっているのかもしれません。

      ↑僕も「ショート好き」の部類です。
      もっとも僕もリオンちゃんほどではありませんが(汗)

      >レクサスLCの人ほどではないですが、ちょっとだけほめてもらえたら嬉しいです。
      >先生が日本に戻ってこられたときに、もし8桁になっていたら、先生をふくめたトレーダーの方々とお食事をしたいです

      ↑まずは「素晴らしい!」と申し上げておきます(笑)
      8ケタの件ですが、その際は遠慮なく申告ください。
      日本への帰国時に一席設けさせていただきますので♪

      あ、僕以外のメンバーも多忙な人が多いので、
      何人揃うかはちょっと約束しにくいですがとりあえず僕は時間作るようにします。

      ※ただしブログやYouTubeでネタにさせていただくことについてはご了承願うと思います(笑)

      引き続きがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、先日はコメント返信ありがとうございました。まさか自分の存在を覚えてくださっていたとは、とても驚きました。
    そうなんです8月に誕生日にを迎え、18歳になっていました。

    昨日のトレード動画のコメントのピックアップの内容とても共感しました。
    守らなければいけない家族などもおらず、コメントされた方よりは身軽ですので一緒にすると怒られてしまうかもしれませんが…
    自分の場合は父の反対がすごかったです。友人などには言わないことができますが自分の場合は親でしたから。
    今では別居状態になり正式に縁を切り他人になりました(笑)

    新しいことを始めるときには様々な障害があるとすでに実感していたの、同じような苦労をしている方がいると知ってなぜか安心しました。
    自分は若さもあったので思い切って人生の大きな決断ができたのかなと思っています。いずれ及川先生をはじめ先輩方に追いつけるように頑張ります。

    今回の記事もそうですが、及川先生の動画やブログを見ているとトレードの勉強以外に様々な情報が知れていい意味で刺激になり、トレードの勉強をする活力になっています。トレード関係の情報はもちろんですがそれ以外の情報も楽しみにしています。
    コメントの返信など今後もご指導のほどよろしくお願いします。

    • ジラール様
      いつもコメントありがとうございます

      >そうなんです8月に誕生日にを迎え、18歳になっていました。

      ↑いやぁ、本当にその若さが羨ましい^^;;

      >自分の場合は父の反対がすごかったです。
      >今では別居状態になり正式に縁を切り他人になりました(笑)

      ↑え、、、ここはとてもじゃないですがコメント出来ないです(汗)

      >及川先生の動画やブログを見ているとトレードの勉強以外に様々な情報が知れていい意味で刺激になり、トレードの勉強をする活力になっています。

      ↑そう言っていただけるのは大変嬉しいです。
      なんていうか「人間力」みたいな部分もトレードには必要じゃないかって
      そんな風に思っている僕だからです。

      僕はもう年齢的にアレですが、
      今後の長い人生をどうか充実した実のりあるモノとなるよう
      引き続きがんばっていただきたい、そう願うばかりです。

      こちらのほうこそ
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもYouTubeにブログに天才チャート、プロコンにお世話になっています。ひょうたんです。
    ようやく先月何とか、月20%の利益を出すことができました。(でも一万円ですが…)しかし今月は忙しくて、まったくトレードできない日々にもやもやしています。他にもトラリピなどの自動売買も動かしているので、利益がないわけではありませんが、やはり裁量で稼いでいきたい気持ちがあります。以前動画でも少し話していましたが、スイングトレード向けのチャートのようなものはあるのでしょうか?現在天才チャートの1時間足の4時間MAをローソクが上抜け、または下抜けしたら売買する、4時間足の75MAをローソクが抜けたら売買するなどの検証をしていますがいまいち自信がもてず、またもやもやしている日々です。図々しいですが何か及川先生方の力を借りたく思いました
    いつか私もレクサスなどの高級車にのってみたいです

    • ひょうたん様
      コメントありがとうございます。

      >ようやく先月何とか、月20%の利益を出すことができました。(でも一万円ですが…)

      ↑額面はまだ気にする必要ないように思います。
      月利20%は凄いですし、そもそも「プラス収支」こそが重要という段階だと思います。

      >スイングトレード向けのチャートのようなものはあるのでしょうか?

      ↑今年の前半に開催されていた「TRIBE」では
      佐藤コーチ直伝の「ビッグトレンドゲッター」という4時間足ロジックとインジケーターはありました。

      僕自身はスイングをやらないので詳細はイマイチ理解していませんが
      有効活用されている方は多いはずです。

      「TRIBE」の次回開催については、
      かなり多くの方から問い合わせを頂戴しているようですが
      コロナの関係でいろいろと延び延びになっているのは確かです(汗)

      2021年のなるべく早い時期に
      次回開催を目指してそれぞれのメンバーが準備を進めているところです。

      ちなみに次回はホリーさんやKAZさんも一肌脱いでもらえそうなため、
      充実度は間違いなく「過去最強」になると思います。

      まだ少し先の話ではありますが、ご期待いただけると幸いです。

      >いつか私もレクサスなどの高級車にのってみたいです

      ↑この手のモノは「一度経験しておくこと」に意味があるように思います。
      実際に手に入れてしまったあとは、そこまででもない、なんて人も多いものです。

      逆に言うならば
      「とっとと経験を済ませておこう」みたいな心意気でよろしいように思いますね^^

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。初めて投稿させていただきます。

    約14年前に株を始め1200万円損失を出し3年間で取引を止めていましたが、3年前からFXを始めました。1年目は300万円勝ち、2~3年目はトータル900万円負け。

    45歳貯金無し。人生詰んだと思い毎日心臓に針を刺されるように過ごしていましたが、今年9月に及川先生の天才チャートに出会い10月5日から本格デイトレを始めました。

    運用は国内口座がメインで海外口座は10万円だけ入れて始めましたが3週間で溶けてしまいました。(資金管理・ロット配分の失敗は自覚しています)
    国内口座は僅かながらも日単位で増えています。
    天才チャートを見ながら国内口座も同じようにエントリーしているのですが、海外口座ばかり損切りで資金が減っていきます。

    スプレッドのせいもあると思うのですが海外口座で利益を出すコツのようなものがあれば教えて頂けますでしょうか。
    国内口座で利益が出ているから継続すればいいのですがレバレッジが25倍なので大きく資金が増やせません。

    まずは6歳の息子のために軽自動車の買換え報告したいです。
    (息子は仲良しの近所のお宅が家を建てたので、家が欲しいとしきりに言ってきます笑)

    ご指導のほどどうぞよろしくお願い致します。

    • きよん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >3年前からFXを始めました。1年目は300万円勝ち、2~3年目はトータル900万円負け。

      ↑そうでしたか・・・
      株では僕も食らった側なのでお気持ちは充分理解できるつもりです。

      FXにつきましては
      なんていうか「コツ」というか手応えというか、
      そういうモノが掴めるとその先はかなり早いんですけどね。

      >国内口座は僅かながらも日単位で増えています。
      >海外口座ばかり損切りで資金が減っていきます。

      ↑ここ、なんででしょうね。
      「海外口座で利益を出すコツ」とのことですが
      利益を出すコツ自体は国内も海外も相違ないはずです。

      増してや
      「海外=MT4→ダイレクトに発注」「国内→MT4を観ながら別ツールで発注」
      本来ならMT4口座(海外)のほうが成績が良くて然りとすら思いますので
      このあたりの「違い」はむしろ僕のほうがお聞きしたいです。

      あるいは「便利」ゆえに仕掛けが早過ぎてしまうとか、
      エントリー回数が少々ムダに増えるとか、そういう部分はどうでしょうか?

      ちなみに国内業者は資金が増えているということであれば
      当面の間、国内のみでやってみたらどうなるか、というのも気になります。

      資金を早く、そして大きく増やしたいお気持ちは充分分かりますが
      それをしようとするあまり、資金を減らしてしまっては本末転倒です。

      「まずは減らさない」
      ここの地固めをしっかりなさった上で
      「減らなきゃそのうち増えて来る」

      僕はこのプロセスのほうがはるかに健全ではないかと思います。

      実際には勝てるようになったあとでも
      ロットを引き上げたりするタイミングで調子が狂う人もいますが、
      それについては技術面ではないメンタル面などの問題がテーマになります。

      で、あるならば
      繰り返しになりますが
      まずは「損失を出さない」
      そして「減らなきゃそのうち増えて行く」

      ここをしっかり継続出来るようになることが
      結局のところ一番の近道ではないかと思うんですよね。
      ※「自信をつける」という部分も大きいはずです。

      >まずは6歳の息子のために軽自動車の買換え報告したい
      >息子は仲良しの近所のお宅が家を建てたので、家が欲しいとしきりに言ってきます笑

      ↑こちらはいずれも達成していただきたいと願っております。

      最後に申し上げておきたいのが
      1万円をある日突然1億には出来ないってこと。

      僕のYouTube動画をご覧の方の中には
      「及川だから出来るだけ」
      「資金量があるから出来ているだけ」
      そう感じてらっしゃる人も少なくないのですが、

      けど、僕だって最初から億持ってたわけではありません。
      億の前には5000万があり、その前には1000万があったわけです。
      (さらにその前には500万もありました)

      極論、1万円を2万円に出来ずして億には絶対いかないわけで、
      そこは粘り強くやっていくしかないはずなんです。

      けど!逆に言うと1万を2万に増やせる人が
      2万を10万にし、100万にし、1000万に出来るって話です。

      で、そうやって育てた1000万なら、まず3000万には出来ますし、
      それが出来る人は間違いなく5000万を目指せます。

      そして・・・

      こういう話ですので、
      今出来ることが例え「小さな一歩」であっても
      大切にされることは強くオススメしたいですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、FXizmの皆様、初めまして失礼します。
    著書を拝読し、遅まきながら先生の存在を知った者です。

    FXを始めるにあたり何冊かの本を読んだのですが、
    他の本にはなかった通貨ペアの相関についての記述(とデモ口座での確認)が
    この世界でやっていけそうな自信を持ち、FXをスタートするに至りました。
    しかし実際に足を踏み入れてみると――

    本日(或いは昨日)の最安値・最高値や15分足MA、1時間足MAを
    エントリーの基準とし、通貨ペアの相関が問題なければ注文するのですが、
    通貨ペア相関が数分と持たず変わってしまって損切りする事が多かったり、
    自分の思った通りの方向に延びても
    通貨ペア相関が不利になると利食いしてしまうので
    4.5PIPS以上出した事がありません。

    デビューして3週間になりますが、計600LOTほど買ってトータル収益は
    若干マイナスといった感じです。
    ここ数日はエントリーするのさえ怖くなり、
    ただただ指を加えてチャートを眺めている状態です。

    もしこの不肖の身に何かアドバイスでも頂けたらとても幸いです。

    • 嶋 三郎さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >自分の思った通りの方向に延びても
      通貨ペア相関が不利になると利食いしてしまうので
      4.5PIPS以上出した事がありません。

      ↑通貨の相関や強弱は確かに重要なのですが
      気をつけないといけないのは
      チャートとはあくまで「過去のモノ」である、という部分です。

      理想は「今から動く方向」にその瞬間からエントリーすることなのですが
      まぁこれが出来たら苦労はないわけで、
      その場合「今(つまり過去からの流れ)の状況が新鮮か否か」を見ていくことが
      大切なポイントにひとつになると僕は思います。

      チャートをパッと見た際、
      ある程度以上、長く続いたトレンドのほうが見つけやすいですが、

      「見つけやすいモノは実入りも少ないモノ」
      このようにアタマに置いておくと良いかも知れません。

      僕のYouTube動画にて、
      なるべく「今から動くモノ」「今から動く方向」
      あるいは「動き出してから初期のモノ」を意識して取り組んでいる部分に
      今後ご注目いただけると、見方がかなり変わるかも知れません。

      >デビューして3週間になりますが、計600LOTほど買ってトータル収益は
      若干マイナス

      ↑「若干マイナス」はある意味優秀と言えるかも知れません。
      「ドカン負け」を食らってない証左でしょうから。

      本件につきましては
      取り急ぎ以上とさせていただきます。

      不足がございましたらお手数ですが
      再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  •  及川先生 いつも動画やブログありりがとうございます
    前回のブログで初コメントさせていただいたのりと申します

    今回のブログも大変も興味深く読ませていただきました
    わたしも目標にむかって精進していきたいと思います

    先日先生に トレードの時間帯についてアドバイスをいただきましたが
    自分トレードを見直すいいきっかけになりました

    現在 自分と相性のいい東京時間(仕事の都合で9時~10時半) ニューヨークの閑散時間逆張り を集中してトレードし 毎日が無料で食べられる程度の利益を稼げるようになってきました

    大きな損切をするので利益自体は少ないですが 日銭が稼げようになり メンタル面での負担は減りました

    いろいろお聞きしたい事はあるのですが 今日は2つほど質問いいでしょうか

    その前に私のトレード履歴は少し書かせていただきます

    最初は知人の紹介で知り合ったトレーダーの方に基礎と手法を教わり
    月50~60pipsを安定してとれるようになったですが

    その手法が
    ・月数回~十数回までトレードを絞る
    ・回数を絞る代わりに 100%近い勝率を目指す
    ・確実にpipsをとってロットを上げて利益を増やす
    といった方針でやったいるもので
    勝てはいるのですが
    ・月に数回なので待ち疲れる
    ・一回大きく負けると取返しずらい
    ・上記の理由でロット上げる精神的な余裕がつくれない

    そのため ストレスから別ルールつっくて 高ロットスキャルを乱射すること
    を繰り返すし資金を減らすしました
    そして 結局我慢できずにトレードするなら 毎日入れるルールをつくろうと思い
    先生やリオンさんの手法を参考に自分なりのルールつくり 少しずつ勝てるように
    ようになってきました

    そこで最初の質問なのですが
    最近は手法の引き出しが増えてきたこともあり 使い分けに苦労しています
    先生は手法の使い分けでなにか意識している事はおありでしょうか?

    2つ目は損切りです
    先生の動画みてから ロットを分割して打診買いやナンピンを取りいれました
    ナンピンは 最低利益目標額や ±0になる位置を計算し 反転しそうな場所で
    先生のお話にあったように 時間短縮のためしています

    その結果、負ける時もありますが
    いままで大きな損切りでおわっていたトレードが+で終える事が増え 
    トータルとしては損切が大きく減りました

    ナンピン後、±0近くまで戻すのですが、その後急な反転でして損切りになるケースもよくあります このとき動きについていけず予定していた損失の倍以上で損切
    なったことこもります

    +にならずナンピン位置から ±0の間で損切するときはどうすればいいだしょうか。
    よろしくお願いいたします

    追伸
    私の尊敬するスポーツ選手で 元オリックス・阪神でプレーされた 星野伸之投手と方がおられます
    一見 プロでは通用しなさそうですが 自分だけのスタイルをつくり 大きな記録つくられた方で 学生時代に深い感銘を受けました

    当時、私は他人と自分を比べてよく悩んでいましたが 自分だけスタイルを磨けば活躍大丈夫だと吹っ切れるきっかけになりました

    リオンさんをはじめてしった時も同じ感銘を受けました
    トレードを見て 横浜のマシンガン打線みたいだなとも。

    私も自分なりトレードスタイルをみつけ精進していきたいと思います

    • のり様
      コメントありがとうございます。

      ここまでの「トレード遍歴」は興味深く拝見しました。
      勝ち方は無数にあるものだ、とあらためて実感出来ました。

      >先生は手法の使い分けでなにか意識している事はおありでしょうか?

      ↑うーむ、、、見も蓋もないようで恐縮ですが、
      普段やっている「短期デイトレ」に関しましては
      諸々やっているやり方が特段「別モノ」である意識はないんです。

      ですので「使い分け」をしているという概念自体が僕の場合は存在しません。

      FXのデイトレ以外にやる「ビットコイン現物」や「日経先物」などに対しては
      本当に別モノですので、そこは切り替えて観ていますが。。。

      僕の場合、トレンドフォローだろうが逆張りだろうが
      世間的にはスキャルピングに属する部類だと思います。

      そうなると「スキャルピング」というのが僕にとっての枠組でして
      その中における異なる小技にはさしたる違いも感じないわけです。

      それと、逆張りであっても順張りであっても
      基礎概念、見ているモノ、注視するポイントなどはほとんど同じなので
      言ってみれば野球のピッチャーが直球とカーブを交互に投げる際に意識の変化があまりないのと似ているかも知れません。

      逆に言いますと「切り替え」などしないで済むやり方へと持っていくほうが早いのではないでしょうか?
      そんな風に思いました。

      >ナンピン後、±0近くまで戻すのですが、その後急な反転でして損切りになるケースもよくあります
      >+にならずナンピン位置から ±0の間で損切するときはどうすればいいだしょうか。

      ↑僕の場合、ご存知(?)のとおり、
      途中途中でも追加してしまうことが少なくありませんが
      建前的(笑)には「ここを逆抜けされたら損切り」という位置でナンピンをする形をイメージしています。

      ですので、ナンピン位置からプラ転に向かう途中で再反転し、
      (最後の)ナンピン位置を逆抜け、あるいは「そうなりそう」と判断した時点で損切りをします。

      よって、ナンピンをしたことによって
      「よりヒドい損切り」となることは通常ありません。

      おっしゃるとおり「時短」が大きなポイントであるわけで、
      途中でグズついてしまい、イメージ以上に時間がかかる状況になった場合も
      諦めなければと思ってやっています。
      (ここは粘ってしまうことも少なくないですが)

      >私の尊敬するスポーツ選手で 元オリックス・阪神でプレーされた 星野伸之投手

      ↑僕も長年プロ野球大好き人間でしたので
      星野投手はそれなりに詳しいつもりです♪

      ストレートの球速が130にも満たない中、
      それでもとても速く見える、いや「見せる」と言うべきですかね。
      そんな投球術には惚れ惚れしたものでした。
      確か三振奪取率も結構高かったですよね?

      >自分だけスタイルを磨けば活躍大丈夫だと吹っ切れるきっかけになりました

      ↑ここはまったく同意見です。
      基本とか教科書的とか、ある程度は必要なのかも知れませんが
      極論、そんなもん一切なくともやれる方法はありますよね。
      それが「自分らしさ」だと思います。

      というか、自分の強みや弱みを理解しないままでやるほうが
      僕からすると不思議なわけです。

      お互い「自分の特性」を充分活かした道を
      今後も目指してまいりましょう。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも素敵で豊富なコンテンツをありがとうございます。トレード、対談、生演奏、その全てから、日々、勇気と情熱を貰っております。

    今回質問させて頂きたいのは
    損失時の《引き際》と、己が手法を再構築する際の《見極め》についてです。

    お陰様で、先日はじめて月利40%を達成する事ができ、自分の勝ち方についてはある程度わかってきた”つもり”になっています。
    (あえて強調する理由は下記質問にあります。)

    以前あげて下さった動画の中で、
    デイトレ損失限度の基準として
    “2日分の儲けを飛ばしたらその日は終了すべき”
    といった内容を仰っておられたかと存じます。

    なんの自慢にもなりませんが、、
    2日分の儲け(※資産の4%)を溶かして、取り返してプラ逃げということはざらにあります。
    (※日の目標は資産の2%分)

    むしろ5〜10日分くらいまでならその日のうちに取り返せるのではないか、、?という謎の自信を持ってしまったが最後、1ヶ月分以上の損切を食らってやっとこさ強制終了、、

    典型的なコツコツドカンに陥っています。

    なによりも厄介なのは、それで取り戻せてしまう日が結構な頻度で存在し、日々の勝ち方の中から博打の要素を捨てきれていない事にあると感じています。

    5日分の負けなど最早メンタル的にそこまで負担になっていない、むしろここで止めるルールを課してしまったら、取り返せるものも取り返せなくなる、負けが積算してしまう、、という変な意地まで働いてしまう始末です。

    そこで以下2点質問です。

    ・自分のやめ時、引き際。その見つけ方のヒントをご教示頂けますと幸いです。

    ・そもそも、1日に5日分も負けるような自分の今の手法、エントリーポイントをもっと厳格化すべきでしょうか?

    これもまたくだらない意地なのですが、今のやり方で勝てるようになってきたのだから、ドカン負けさえ回避すればいいハズ、、そう言い聞かせて毎度、チャンスは見送らずに入っています。(各トレード損切限度は基本的には資産の2%以内/タガが外れて乱発ドカンもアリ。。)

    以上、厳しいご意見を頂けますと、
    幸いに存じます。

    長くなってしまい申し訳ございません。
    宜しくお願い致します。

    • 東京生まれヒップホップ育ち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >むしろ5〜10日分くらいまでならその日のうちに取り返せるのではないか、、?という謎の自信を持ってしまったが最後、1ヶ月分以上の損切を食らってやっとこさ強制終了
      >ここで止めるルールを課してしまったら、取り返せるものも取り返せなくなる、負けが積算してしまう、、という変な意地まで働いてしまう

      ↑なるほど・・・

      >なによりも厄介なのは、それで取り戻せてしまう日が結構な頻度で存在

      ↑僕も時にド派手な立ち振る舞いをしてしまうので
      おっしゃる意味、あるいは感覚についても充分理解出来るつもりです(汗)

      >・自分のやめ時、引き際。その見つけ方のヒントをご教示頂けますと幸いです。
      ・そもそも、1日に5日分も負けるような自分の今の手法、エントリーポイントをもっと厳格化すべきでしょうか?

      ↑ここは同時アンサーとさせていただきます。

      あまりに普通のことを言うので拍子抜けされるかも知れませんが
      そもそも「撃ち過ぎ」じゃないですかね、さすがに。

      僕はYouTubeではムキになってやる、というか「やらされてしまう」こともありますが、
      動画じゃない時にはそんなにムキになってまではやっていませんよ。

      今回のお話をお聞きし僕がイメージするのは
      「一般道を常に時速120キロ以上で走り続ける」かのような状態です。
      これでは遅かれ早かれ事故りますって。

      時にはアクセル全開で吹かすほうが危険を回避できることもありますが、
      そこはやはり例外としておくべき領域ではないでしょうか。

      エントリーポイントの厳格化、と言えば確かにそうかも知れませんが、
      僕には本件、
      「厳格化」ではなく「通常化」にすることではないかと想像します。

      それと「チャンス」という言葉についても少々懐疑的です。
      実際には全然チャンスではなく、
      「やりたいやりたい」でやってるだけではないか?
      そう思う次第です。

      で、もし僕の話にギクっとするようであれば
      これにて僕のアンサーは終了です。
      (まぁまぁ自信持って言ってますけどね・笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご無沙汰しております。

    なかなかコメントを残せなくてすいません。
    メンバーの方が夢を実現されて、ほんとうに私も頑張らねばと思います。
    ほんと、夢を持てば、夢が叶う・・・私も速く実現しなければ。

    ただ、
    こんな盛り上がっているさなか、暗い話で申し訳ないですが
    色々と、努力しましたがコロナの波に飲み込まれてしまいました。
    (^^。
    メインの取引先での仕事が、打ち止めなどで収入が激減。
    残念ながら、
    個人再生か、破産か・・・まで追い込まれました。
    「なんでやねん!」って気持ちです。
    でも、このFBを見た時に、また頑張ればなんとかなるかと
    半分ヤケクソみたいですが、勇気が湧きました。

    無一文・・・になるかどうか解かりませんが、
    人生2回目のリスタートです。この悔しさを忘れずに、
    いつか這い上がって笑ってやりますよぉ!絶対に。

    このコロナで、人の嫌なところ、うわべだけの関係、信じられい所を
    見せつけられて、かなり人間不信になり、自分を助けてくれるのは
    自分だけだという事を痛感いたしました。

    ただ心の救いは、師匠に出会えてFXを始めて、
    「師匠のようになりたい」と言う目標がモチベーションに
    なっていることでしょうか。

    なかなかコメント出来ませんが、また落ち着きましたら
    コメントを残します(^^。

    なんか盛り上がっているのに、場違いなコメントで
    すいません。

    • いつか踏まれたい男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >色々と、努力しましたがコロナの波に飲み込まれてしまいました。
      >個人再生か、破産か・・・まで追い込まれました。

      ↑そうでしたか・・・
      正直、言葉もありません、
      少なくとも今日時点においては。

      >このコロナで、人の嫌なところ、うわべだけの関係、信じられい所を
      見せつけられて、かなり人間不信になり、自分を助けてくれるのは
      自分だけだという事を痛感

      ↑なにしろ僕も「無一文6回のオトコ」ですので
      そのあたりの部分は深く共感できるつもりです。

      当面はシンドい期間が続くのかも知れませんが、
      必ずやそう遠くない時点で「底打ち」するはずです。
      まずはそこまでガマン!

      で、底打ち後は、
      もはや上がり目しかないって意識で
      まずは小さくても良いので「幸福の雪だるま」を作り、
      一歩一歩それを大きくしていく日々へと移行していただきたい、
      心からそう願っております。

      で、、、
      なんとしても復活なさってください。

      >また落ち着きましたらコメントを残します

      ↑はい、待っています。

      それでは
      「引き続き」どうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    このようなお話を聞くと、私もきっと!と思って希望になります。

    私も師匠と同じレクサスに乗りたい。
    そして、師匠と飲みに行くのを目標に日々勉強しています(もちろん師匠のおごり)
    そのためにはせめて億トレーダーにならなければ・・・と。

    今は車はお持ちではないのでしょうか?
    ぜひアウディーにも乗ってほしいなぁ。
    アウディーに乗ってる男性は、ゆったりと余裕のある感じで
    とてもダンディーなイメージなので。

    次回のトライブ、心待ちにしております。
    コロナが収束したら、ぜひセミナーもお願いします。(関西でも)

    • 今回は匿名希望さま
      コメントありがとうございます。

      >そして、師匠と飲みに行くのを目標に日々勉強しています(もちろん師匠のおごり)

      ↑最後は秀逸ですね♪
      もちろん、心得ておりますのでご安心ください^^

      >ぜひアウディーにも乗ってほしいなぁ。

      ↑シンガポールは本当に狭い国で、
      クルマはむしろ邪魔なんです。
      お酒飲む機会が多い僕は特に(苦笑)

      記事内のフェラーリローマも「日本用」として検討している次第です。

      アウディは昔、僕が幼少時に離婚した実の父親が乗ってました。
      確かにオシャレなイメージで「東京」にも似合っていた記憶です。

      ただし、僕は「ダンディー」よりも
      無謀と知りつつ「若々しさ」を追い求めていまして(笑)
      そんなこんなでアウディは僕には似合わないかなぁと思っております^^;;

      >コロナが収束したら、ぜひセミナーもお願いします。(関西でも)

      ↑そうですね。
      TRIBEの終盤でもリアルセミナーを予定していた中、
      開催出来なかった経緯もありますので
      状況が好転した際はぜひともこまめに帰国したいと思っています。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんお久しぶりです。いつもお世話になってます。

    先日の動画で取り上げていました「専業トレーダーを目指すにあたり家族や友人からの反応は?」という内容で、友人からの賛同は得られないということにとても共感しました。自分はまだ金持ちになる道中なので友人たちにはまだ言えないのですが、順調なこともあって、このモチベーションを保つという意味でも誰かに話したくてたまらないんです。(笑)及川さんはそういうことありませんでしたか?

    今回の動画で家族に対し「お前たちを守るためにやる挑戦だ」という言葉をおっしゃられていますが、自分が家族に言いたいことを代弁してくれている!そういうふうに思いまして、一人で動画を見たあとに、後日、妻に「一緒に見たい動画がある!」このように言いまして、夫婦並んでもう一度拝聴させていただきました。
    以前、夫婦で及川さんのセミナーに参加し、写真もとらせていただいてるので妻も及川さんのことは存じあげております。
    なかなか自分の口からは家族のために頑張ってるなんていえないものですから、、、汗
    見終わった後、妻からは「これからも頑張ってね」と一言でしたが、伝わった気がします!師匠ありがとうございました!
    コロナが収束し、リアルセミナーができるようになりましたら、また夫婦で参加させていただきたいと思います。
    これからもよろしくお願いします。

    • 和歌山のMさま
      お久しぶりです!
      コメントありがとうございます。

      >順調なこともあって、このモチベーションを保つという意味でも誰かに話したくてたまらないんです。(笑)
      >及川さんはそういうことありませんでしたか?

      ↑順調なら話したいですよね^^

      ちなみに僕にもありましたが、
      友人などに自慢げに話をした翌日は大抵大きく負けるので
      以降はあまりしなくなりました(苦笑)

      >後日、妻に「一緒に見たい動画がある!」このように言いまして、夫婦並んでもう一度拝聴

      ↑おぉ!!!それはとても嬉しいお話です。
      光栄の極みですね♪

      >以前、夫婦で及川さんのセミナーに参加し、写真もとらせていただいてるので妻も及川さんのことは存じあげております。

      ↑あ、そうでしたか^^
      くれぐれもよろしくお伝えくださいm(_ _)m

      >妻からは「これからも頑張ってね」と一言でしたが、伝わった気がします!

      ↑とても良い話♪
      心が一気にあったか~くなりました♪
      (こっちはずっとあったかい国ですけど・笑)

      >コロナが収束し、リアルセミナーができるようになりましたら、また夫婦で参加させていただきたいと思います。

      ↑ぜひ!
      次回直接お会い出来る機会を僕も楽しみにしております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    りりと申します。

    まず初めに勝手ながら軽く自己紹介をさせてください。
    私が投資に本格的に関わったのは3-4年前の仮想通貨バブルでした。
    多くの方と同様にここでそこそこの収益を得ることができたことをきっかけに、
    仮想通貨→株→FX
    とやってきて今に至る状況です。

    勝負ごとに関してはある程度勝ちの仕組み化が自分の中で形づくまでは大きく戦わないようにしており、ここ3年間はずっとシミレーションをしているような状況でした。
    投資(投機?)の領域は自分が想定しているよりはるかに難しく、一向に攻略の糸口がつかめず、勉強すればするほど霞をつかむような気持に陥る状況でした。

    そんな中の書籍を通して先生を知ることとなったわけです。

    大変失礼ながら最初にyoutubeを拝見した時は自分の理解が及ばず、かなり怪しいと疑ってみていたことを覚えてます。笑
    ただ、動画や書籍を見進めて行く中で自分が求めていたものはこれなのかもしれないという気持ちが芽生え、約3か月前に天才チャートの購読に至ったわけです。
    (失礼な物言いとなってましたら、申し訳ございません)

    それからは毎日かじりつくように動画を見続け→実践を繰り返してきました。
    一通りの教材や補講動画を見終わり、現在は一つ一つ実践している段階です。
    成績は恥ずかしながら決めたルールが徹底で来てない面などが原因で月単位で見るとマイナス収支が続いておりますが、少しづつ前に進んでる実感が持て始めたかなという状況です。

    これまでの3年間と比べるとやっと進むべき道が見え、わずかばかりの安堵を感じるとともに、腰を深いところまで落とし、じっくりと自分の能力に結びつけようと考えてます。

    私は将来事業家として活動することを目指しております。
    現在本業を通していくつかの会社の立ち上げに携わってきましたが、今の世の中核となる武器が一つしかない状態で事業をしていくのは非常にリスクが高いと感じており、投資を自分の武器の一つにすることに強い意義を感じております。
    先生が長い年月をかけて道を作ってくださったので、私はまずは3年間を目標に時間を全力投資し先生の技や考え方を武器の一つとできるレベルまで体得できればと考えてます。
    どうか先生の無理のない範疇で、お力添えお願いできればと思います。

    非常に長い前置きとなってしまったことをお許しください。
    さて本題ですが、現在私は学習を進めていく中で自分の理解とトレードのルールを下記のようにまとめております。

    ざっくり書き出しますので、学習した内容の理解が間違った方向にないか、ポジションや日々の目標の設定に問題はないかを見ていただくことは可能でしょうか?

    また、デイトレ大百科の閑散時間の逆張りトレードは冬時間の場合1時間ずらしたほうが良いのかも教えていただけると幸いです。

    ■事前準備(監視時)
    1.時間帯確認し順張りか逆張りか方針を決める(市場が活発な時間は順張りメイン、閑散時間は逆張りメイン)
    2.オージーのシンクロを見る→シンクロしてればEUR/AUD GBP/AUD(順張りのみ)
    3.ユロポンの強弱と他の通貨ペアとの対比で、ユロポンの関係が『強/弱 超強い/強 弱/超弱』のどれかをみる
    4.ドル円の形加味して『ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル』の優位性が高いものを入る

    ■ルール
    ・ポジション数は下記ルールで決める
    順張り→2ポジ
     ※損切ラインでナンピン4ポジ(ここの建値10pipsでsl→引っかかれば全損切)
     ※シリーズで持つ場合上記を2分割
    逆張り→3ポジ(ここの建値10pipsでsl→引っかかれば全損切)
     ※ナンピン禁止
     ※シリーズで持つ場合2ポジづつ(監視通貨の損切ラインの実態割れ)
    ドテン→シリーズ揃い+時間 6ポジ(シリーズで3ポジづつ)
    ・一つでも25pipのマイナスを超えたら全ポジション強制損切
    ・ナンピンは損切直前で一度きり。エントリーの倍ポジ入れて逆指値10pips設定→1つでも当たったら全損切
    ・ナンピンして建値に戻った場合元々のポジションは微益で決済→ナンピンのポジションを伸ばす
    ・ナンピンしてから1-2本たってもぐだぐだして値をしっかり戻せてない場合、少し戻してたタイミングで損切
    ・リスクリワード1.5:1以下のトレードはしない
    ・エントリーはひげ、損きりは実態の水平線がメイン
    ・上の例外としてブレイクの飛び乗りは実態が確定してまだ入れる形だったら(そのあとの戻り売り押し目買いはOK)
    ・1日の利益目標は30pips、60pipsを超える負債が出たらその日は終了
    ・ロットの変更は月に1回口座残高の2%のロット

    ※例 証拠金100万なら2lot で30pips(6万)目標、60pips(12万)以上の負けで終了

    ■順張り(各市場の午前時間)
    ・黄緑線の押し目買い戻り売り(3回目以内) 高値更新できてる 
    ・黄緑戦の方角があってる逆光上位足 
    ・MA密集の抜け 
    ・水平線(直近高値・安値)の押し目買い戻り売り
    ・抜けの1戻し(上位足も水平線も)
    ・通貨ペアシンクロ
    ・パーフェクトオーダー
    ・レンジブレイク
    ※上記を複合的に見てエントリー根拠が複数あればエントリー

    ■逆張り(各市場の午後、1時間足の終わりころ、1130-12、1430-15、24-2430)
    ・4時間MAのファーストタッチ 
    ・逆食ったらドテンできるところでやる (シンクロしてたらドテン)
    ・高値水平線のダブルトップ
    ・前日高値安値
    ・逆光上位足の抜けなおし
    ※上記を複合的に見てエントリー根拠が複数あればエントリー

    ■利確
    直近高値安値やma
    平行以下のボリンジャータッチ
    実態の青割れ
    一気に伸びたときの2回目の髭の腹八分
    最高値の腹八分(複数ポジの場合)
    黄緑戦やピンク線(特に逆張りの場合)
    キリバン
    ■損切
    最初に決めた損切ライン(ナンピン箇所)の実態割れ、またはそこから10pips先にひげが触れたとき

    以上でございます。
    あまりにも長い内容になってしまい申し訳ございません。
    先生のご無理のない反中でご確認いただけると幸いです。

    引き続き、よろしくお願いします。

    • りり様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私が投資に本格的に関わったのは3-4年前の仮想通貨バブル
      >ここでそこそこの収益を得ることができたことをきっかけに、
      仮想通貨→株→FX
      とやってきて今に至る状況

      ↑なかなかのモノだと思います。
      「多くの方」は案外利益残せてないですので。

      >最初にyoutubeを拝見した時は自分の理解が及ばず、かなり怪しいと疑ってみていたことを覚えてます。

      ↑そう感じる人のほうが多数派だと思います。
      決して理解が及ばず、、、だからではないはずですのでご安心ください(笑)

      >今の世の中核となる武器が一つしかない状態で事業をしていくのは非常にリスクが高いと感じており、投資を自分の武器の一つにすることに強い意義を感じております。

      ↑ここは本当にその通りでしょうね。
      逆に言いますと「トレードのみ」もどうかって話でして、
      ゆえに僕はビジネスも別途携わるようにしているんです。
      りりさんとはアプローチの順番が逆ですが、主旨は同じです♪

      以下は、気になる部分を抜粋しながら進めます。

      >2.オージーのシンクロを見る→シンクロしてればEUR/AUD GBP/AUD(順張りのみ)

      ↑オージーは主に東京時間と欧州時間序盤であれば優先度を上げても良いと思いますが
      それ以外の時間帯は優先度を下げ目にしたほうが良いように思います。
      ちなみに僕は最近、オージー円&オージードルのほうをやることも増えました。
      「素直」という部分ではこっちのほうが素直なことも多いですよ。

      >※損切ラインでナンピン4ポジ(ここの建値10pipsでsl→引っかかれば全損切)

      ↑目安としての「10PIPS」には反対しませんが、
      仮に10PIPSまで行かなくとも、足の終わりで逆抜け確定した場合や
      想定よりもグズグズしている場合などは切っちゃう、みたいな部分に対し
      柔軟性を持っておくと良いかなと思います。

      >※上記を複合的に見てエントリー根拠が複数あればエントリー

      ↑ここを押さえているのが素晴らしい♪

      >・4時間MAのファーストタッチ 

      ↑僕のYouTubeでも結構出くわしますが
      例えばポンド円とポンドドルの形状が似ている中だった場合は
      「あとからタッチする方」にしておくと負けにくいかなぁと思います。

      >・逆食ったらドテンできるところでやる (シンクロしてたらドテン)

      ↑このへんも考え方のセンスが良いですね♪

      いやぁ、、、実によく勉強されてらっしゃる!
      これが教材で良いくらいです(笑)

      今後が楽しみです。
      ぜひともがんばってください!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様、初めまして。
    義勇と申します。
    コメント失礼します。

    私はFX歴2年程でずっと自己流(主に1、4時間足でのダウ理論)でやっていましたが、月べースで勝った事がなくどうしたものかという時に、youtubeで及川様と出会い、数ヶ月前からデイトレ大百科及びyoutubeで勉強させてもらっています。

    始めて数ヶ月で直ぐに結果が出るとは思ってはいないのですが、そうは言いつつ期待はしてしまうもので…
    が、やはり勝てず悩んでおります。

    大体私の成績をまとめると、
    ・勝率40~50%
    ・損益率0.7~1前後
    とやればやるだけ資金が減ってしまっている状況です。

    トレードスタイルは30分以内でなるべくケリをつけるスキャルパーです。
    また、揃って動いているものを選びリスクリワードは1:2以上のところを取引します。

    取引時間は21時~23時(冬時間の時はは1時間後ろにズレます)の間に限定しています。
    理由は参加者が多いのでテクニカルがききやすく、仮に逆に行ってもドテンで取り返しやすいと考えているからです。

    このような状況で、今回2つ相談させて頂きます。

    まず、1つ目ですが、相場に振り回されてしまっているということです。
    私は、レンジや高値、MAのブレイクからのエントリーを良くするのですが、戻って来てしまい損切りになることが多いです。(損切りラインはブレイクしたラインとしています。また、一気に行かれた場合を想定してそのラインから10pips後ろに逆指値を入れています。)

    そこで損切りだけならばまだいいのですが、逆に強そうだなと思えればドテン(逆張りのときは特に)するのですが、見事に往復ビンタを食らうことが多いです。(その後またドテンしてさら食らうこともあります。)
    上記のとおり、時間帯的には逆に行かれてもそっちに伸びやすいと思うのですが、上手く行きません。
    いいようにカモにされてしまっているなぁと感じます。
    逆に、抜けたけどどうせ戻ってくるのでそれを狙ってエントリーということは怖くて出来ませんし違うような気がします。
    これによって成績を著しく悪くしてしまっている状況です。

    2つ目ですが、上記のとおり私はリスクリワードが1:2以上のところしかやらないのですが、結果的に1:1ぐらいになってしまうことです。
    30分刻みの中で利益確定しているからというのが大きな要因なのですが、1:1だと勝率が70~80パーセントくらいないと厳しいのかなと感じています。
    保有時間を伸ばしてリワードを取りに行く方がいいのでしょうか?
    どちらにせよ今より勝率を上げる必要があると思いますが。

    以上が相談内容となります。
    本来ならば、自分で考え解決しなければいけないと思うのですが、煮詰まってしまったので今回思い切って相談させて頂きました。

    今は兼業トレーダーですが、専業を目指しております。
    どんなに時間が掛かっても技術を身につけ、成功させようと思っています。
    お忙しい中大変申し訳ありませんが、ご教授して頂ければと思います。

    長文失礼しました。

    • 義勇さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >youtubeで及川様と出会い、数ヶ月前からデイトレ大百科及びyoutubeで勉強させてもらっています。

      ↑まずは出会いに感謝です。
      どうもありがとうございます。

      >・勝率40~50%
      ・損益率0.7~1前後
      >トレードスタイルは30分以内でなるべくケリをつけるスキャルパー

      ↑スキャルピング的なトレードとなると
      この勝率は正直かなり悪いですね。

      >見事に往復ビンタを食らうことが多いです。(その後またドテンしてさら食らうこともあります。)

      ↑これは「時期的なモノ」も影響しているかも知れませんが
      NY時間という部分もあるかも知れないと感じました。

      >保有時間を伸ばしてリワードを取りに行く方がいいのでしょうか?

      ↑ここですが、
      重要なのはあらゆる意味で「方針」ではないかと思いました。
      スキャルでやるならスキャル、
      利をある程度まで引っ張るのであれば含み損の耐え方もまるで変って来ますでしょうし。

      まずはスキャルについてからですが、
      エントリーポイントが常にワンテンポ遅い、なんて感じではないでしょうか?
      早過ぎも乱打に繋がるので難しいところではありますが、
      とはいえ「ちょっと伸びた位置からの結果飛び乗り」みたいになることで
      いちいち含み損を抱えやすくなっている、などの症状がないかは気になるところです。

      トレードは短期デイトレになればなるほど
      「怖さ」を感じる場面のほうが勝ちやすかったりします。
      これは「他者を出し抜く」ことで保有直後から含み益になる機会が増えることに起因する考え方です。

      逆に言うと「怖さを感じない場面」は旨味も少ないことが多いです。
      このあたりは一度振り返ってみて欲しいと思います。

      それと「NY時間」に話を戻しますが、
      例えばMAから20PIPS以上離れた位置にある前回(または直近)高安値に水平線を引き、
      そこまで到達したモノを逆張り、みたいな戦術もNY時間ならアリかもと思っています。

      この場合「待ち構える」ことでトレード機会は減りますが
      その代わり「見つけやすい」のと、ぶっちゃけ勝率も高くなりやすいと思います。

      また、該当水平線を足の終値が逆抜けした時点で損切りとしておけば
      損失も少なめで対処出来ますよね。

      振り回されてしまうことが多いという方には
      以前も何度かお伝えしてきたやり方です。
      即実行かはさておき、そういう場面に遭遇した際は
      「その後どうなったか」の確認をされると良いヒントになるかも知れません。

      これとは別に正統的に攻めるのであれば
      ちょうどひとつ上の「りりさん」のコメントをご覧いただくのもオススメです。
      かなりしっかりとポイントを網羅出来てらっしゃいますので。

      >どんなに時間が掛かっても技術を身につけ、成功させようと思っています。

      ↑こういうお話であればなおさらです。
      ぜひともがんばってください。

      取り急ぎ以上ですが、
      不足がございましたらお手数ですが再度メッセージをお寄せください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、事務局の皆様
    いつも動画やブログをありがとうございます。

    「なかなか勝てるようになりません」…の内の1人ですが、少しずつ成績は向上しているので諦めずに頑張ります!いつもブログ、動画更新していただき感謝しかありません。

    今日は1つ質問をさせていただきたくコメントしました。
    及川さんにとって「稼ぐ事」以外で、トレードの楽しさ・魅力があれば教えていただきたいです。

    FXを始める人は、稼ぐ目的で始める人がほとんど(というか全員?)だと思ってます。…でも簡単には稼げないので、モチベが続かない方が多いと思うのです。

    そこで長年トレード継続しており、結果を出し続けている及川さんのお話を聞きたく上記質問をさせていただいた次第です。

    ・プライべートでこんなメリットがあった!
    ・トレード続けてたらこんな楽しさに気づいた!
    些細な事、細かい事でもいいので伺えたら嬉しいです。

    僕含めて、少しでも今頑張っている方のモチベになれば!…と、思い質問させていただきました。
    今後も動画・ブログ楽しみにしております(^-^)

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川さんにとって「稼ぐ事」以外で、トレードの楽しさ・魅力があれば教えていただきたいです。

      ↑おっと、これは思いのほか難しいご質問ですね。
      ちょっと「ゲスモード」のアンサーでよろしいでしょうか?(笑)

      折に触れ僕はデイトレを「女性を口説く行為と似ている」みたいに言いますが
      これ、マジなんですよ。

      ゆえに僕は「毎日女性を口説いている」とも言えるワケで
      言ってみれば『攻略する楽しさ』がそもそもあるのだと思います。

      時に「オチにくい女性」もいたりするわけで、
      さらには「オトすつもりがこっちがオチてる」みたいなことも(苦笑)

      そういう中で僕はつまり
      「疑似恋愛を楽しんでいる」という感覚があるのだと思っています。

      だとするとですよ、
      もはや他に理由必要ですかね?(笑)
      毎日がバラ色って話ではないかと。

      要するに「楽しい」ってことです。
      ここは「カネ稼ぐ」とはまるで別の部分ですね、僕の中では。

      夕方、トレードで相場を「攻略」し、
      気分良く意気揚々と夜の街に繰り出し、
      そこではまったく「攻略」出来ずあえなく玉砕!みたいな。

      これが僕のルーティーンなのかも知れません(苦笑)

      >僕含めて、少しでも今頑張っている方のモチベになれば!…と、思い質問させていただきました。

      ↑ヤバい、ここを読む前に上記の話をしてしまいました^^;;
      不謹慎だったならお詫びしますが、
      けど、人は恋愛したらがんばりますよね?

      「がんばる」という意味においては同じではないでしょうか。

      日々誰か(何か)を攻略することを目的に行動し、
      実際に攻略出来た際は一時のシアワセを味わえる。。。

      これが「相場」の最大の魅力だと思ってまして、
      お金を稼ぐこととはまるで直結していない部分だと僕は思ってやっております。

      どうかこのアンサーにてお許しください^^;;
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは!
    先日もご回答いただきありがとうございました。
    いろいろと参考になりました。

    今日はとても初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
    アメリカの休日でも欧州時間はトレードしない方が良いのでしょうか?
    よくFXの本などには
    休日の国の市場はトレードしないほうがよい、
    たとえば、アメリカの休暇ならNY時間はトレードしないほうが良い
    と書かれていますよね。

    ご存知のように
    11月26日(木)は感謝祭で
    本日、11月27日(金)も続けて休暇を取る人が多いわけですが、
    私はいつも欧州時間しかトレードしないので
    いつも通りにトレード(デモトレですが)しました。
    結果、あまり長続きするトレンドも出ず、
    はっきりしない非常にやりにくい動きでした。
    ズタボロの成績でした。

    アメリカはやっぱり大国なので、
    アメリカの休暇日は欧州時間もお休みしたほうが良いんでしょうか?

    昨日は感謝祭の当日でも
    師匠はばっちりとっていたので、
    今日の動きが芳しくなかったのは別の要因なのでしょうか?
    とは言え、昨日はいつもより早めに大きいのが出てしまったし、
    17時過ぎの動きはいまいちだったので
    やっぱりなにか休日の影響なのでしょうか?

    今後の各国の休暇の日の過ごしかたの参考にしたいので
    どうぞよろしくお願いいたします。

    また、毎年
    年末年始(12月中頃~1月上旬)や
    ゴールデンウィークや
    欧米の夏季休暇の時期は
    やればやるほど損をするイメージなので、
    市場参加人数が少ないときは難しい動きになりがちなので
    諦めてきっぱり休むのが正解なのでしょうか?
    そう思うと年に10か月くらいしか稼げない感じですが、
    無理して損をするよりは良いのでしょうか?
    上記の時期、師匠はどのようにお過ごしですか?

    • パールちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >アメリカの休日でも欧州時間はトレードしない方が良いのでしょうか?

      ↑先日、僕はYouTubeの日なのでやりましたが、
      このような日は「なるべく早い段階で決着を!」という意識はかなり強いです。
      あとになればなるほどややこしくなる、との思いからです。

      早い段階で仕掛けるトレードでスンナリ勝てれば言うことなしですが
      もしドハマりなどしようものなら、取り戻す際の難易度はかなり上がりますので
      それを恐れるならいっそのこと「やらない」で統一しちゃうほうが確かに無難かも知れません。

      >年末年始(12月中頃~1月上旬)や
      ゴールデンウィークや
      欧米の夏季休暇の時期は
      やればやるほど損をするイメージ

      ↑ご自身の中で苦手なイメージがあるのであれば
      上記、すべて「やらないで統一」で良いと思いますよ。

      僕は「クリスマス付近から年末年始」については極端にボラがないのでやりませんが、
      他は「参加者は少ないかも知れない」自体をアタマに置きつつやるならやる、といった感じです。

      得意な形やイメージも大切ですが
      苦手なイメージをやらない、についてはそれ以上に大切かも知れませんね。

      >無理して損をするよりは良いのでしょうか?

      ↑はい、この主旨からの話でした。

      今回は以上です^^
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもYoutube動画が配信される月曜・木曜が待ち遠しいぐらい先生の動画を楽しみにしています。

    動画の中で先生がいつも言っている鉄板のエントリーポイントである「抜けのファーストタッチ」について質問させてください。
    自分はそのポイントでエントリーをすることが多いのですが勝率がよくありません。
    むしろ負けるケースの方が多いです。

    というのも、
    「ファーストタッチは15分足MAなのか1時間足MAなのか」という判断がうまくできないためです。

    このケースはいわゆる押し目買い、戻り売り、のパターンになるのだと思いますが、15分足MAタッチでエントリーすると1時間足MAまで到達する形になり、とあれば1時間足MAタッチまで待つとそのまま4時間足MAまで到達したり、はたまた、15分足MAタッチですんなり戻ったり…。
    どこで戻るのか判断がうまくできないのです。

    15分足MAタッチでエントリーし、そのまま抜けてしまうと1時間足MAタッチまで含み損を抱えながらポジションを持つと結構なストレスなのはいうまでもありませんが、先程のケースでいうとそこすらも抜けるケースがあるのでどこまでポジションを持てば良いのかという判断も難しいです。

    また、タッチ後のエントリーも一旦戻す(利益方向に)けれども、すぐに上位足MA方向に逆行して損切りになることも多いです。
    (その一瞬の数pipsの微益でスキャル的に逃げれるじゃないかといえば確かにそうかもしれませんが、リスクリワードが合いづらいです)

    先生はおそらく15分足MA、1時間足MA、4時間足MAの「形」を見て、「今回は15分足MAタッチ時ではなく1時間足MAまで待つ」などという判断をしているように思います。
    その見極めのコツは数多く経験するしかないのかもしれませんが、先生が考えるコツがもしあるのであれば、是非ご教示いただけますと大変助かります。

    今後も引き続き動画・ブログを楽しみにしています。

    • シュンリ様
      コメントありがとうございます。

      >「ファーストタッチは15分足MAなのか1時間足MAなのか」という判断がうまくできない

      ↑文面でどこまで伝えられるかの勝負ですが、
      まず申し上げたいのは、デイトレ相場における「動き」に多いのが
      『小さくバウンドし、その後大きなバウンドになる』です。

      僕はYouTubeでもよく水平線を引きますが、
      テーマ性のありそうな(意識されそうな)水平線を抜けた際、
      その抜け具合が少ないPIPSであっても、その後の戻しに対し
      「抜け後の初戻し」と扱うことが多いです。

      で、上手くハマる時はその後グンと伸びます。

      もう一度言いますが
      「小さなバウンドのあと大きなバウンドになる」です。

      つまり大きなバウンドのあとの戻りのほうが
      難易度は高いという話なんです。

      ところがチャートを初見で観た際、
      大きなバウンドをしている形状のほうが見つけやすいですよね?
      ここに「ワナ」があると言えます。

      他の方にもお話していますが
      「見つけやすいポイントは旨味が少ないことが多い」です。

      逆に「小さなバウンド」は見つけにくいのですが
      ここを狙えるとスンナリ勝てる機会が一気に増えるはずです。

      あ、ここは「見つける」というか
      「ここからそのようになりそう→そうなったらGO」が正確かも知れません。

      僕のYouTubeをご覧いただくと、
      大きな一見して分かりやすいようなバウンドからの戻りをやるケースって、
      実はそんなにないはずです。

      以降、そのあたりに注目してご覧になってみてください。
      と、ここまでが一点。

      で、大き目なバウンドからの戻しについては
      「あとになればなるほど難易度が上がる」ことを念頭に、
      エントリーのハードルを上げておくか、あらかじめナンピン対応が可能な組み立てにしておくと良いかと思います。

      コツとしては「MA+水平線」みたいに
      根拠が複数ある位置がないか?を模索しておくことかなと。
      こうすることでなるべく自信を持ってエントリー出来るようにし、
      自信があるエントリーだからこそ、そこを逆抜けされたらピンチになる、という感覚を同時に持てると
      相場観がだいぶ育つと思います。

      1.小さなバウンドからの大きなバウンド
      ここを狙えるようになると、かなりデイトレが楽しく感じられると思います。

      2.大きく膨らんだあとの戻りのほうが見つけやすいが難易度は高い
      ここはMAだけではなく水平線とのW根拠位置がないかを確認、
      原則「エントリーのハードルは高め」に置く
      (ここまで来たらやってやっても良い、の意識で待つ)

      いずれも重要なポイントで
      「コツ」にも繋がる部分だと思います。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    ひよこFXと申します、初めまして。

    私はFXをリーマンで退場してました。
    で、約半年前、先生のキャラ含め
    インパクト絶大なyoutube動画に遭遇。

    最初こそ
    昔はFXなんてやってたなーと思い出しながら
    キャラ強烈な先生の動画を
    失礼ながら色物的に視聴してました。

    が、ものの数分で
    本質的な動画だと確信しました。
    ここが勝手ながら出合いです。
    いい時代ですよね。

    そこからFXで稼ぐことが
    非常に現実的に感じ、再開を決意。
    ガチ即FXを即購入。

    今は記載されているテクニカルではなく
    あのボクシングの例えこそ
    相場の本質であると感じてます。

    今日コメントを残したのは
    今日のトレード結果をもって
    継続性を手に入れた手応えを得たこと
    がきっかけです。

    ※ちなみに大勝したとか短絡的な話ではないです。
    今日のトレード結果自体は
    負⇒負⇒負⇒勝 でトータルちょい勝ち程度で
    結果はしょぼいものです。

    最近テクニカルが効きにくい感じがしたり
    すんなり伸びがないことも多い気がしてます。
    だからこそ、この環境で生き残る立ち回りの経験値
    が積めているのは大きいと思ってます。
     今より利を伸ばすのが楽な地合いの相場
     はいくらでもあると思うので。

    今回、自分が行き着いた確信の部分の根幹
    について記載し、意見も伺いたかったのですが。。。

    ※テクニカル的な話は実はあまりありません。
     うまく言えませんが
     ガチ即の書籍に記載のある
     ボクシング寄りの感覚の話かもしれません。
     あとは基本認識に齟齬がないかの確認くらいかと。

    先生はブログへのコメントが多数あるのにも関わらず
    1つ1つ丁寧なアンサーをしているので
    正直、御多忙かと思ってます。

    長文になると申し訳ないので(結果、書き終わってみたら長文。。お恥ずかしい)
    次回、御厄介になろうかと勝手に思ってます。。
    その時はどうか忌憚なき意見
    よろしくお願いできればと思ってます。。

    そんな中で恐縮ですが、一点
    最近、先生のyoutube動画の中で
    [専業になることを家族に伝える話]
    あれが非常に私の心を打ちました。
    ※トレーダー?ふざけるな!と家族に猛反対(汗)
     のタイトルのものです。

    自分はまだ専業ではないのですが
    現時点で理解のある妻に
    さらにさらに、感謝しなくてはいけない
    と気づかされました。

    無事、継続的に結果が出ることで
    専業になる決断と許可を得た際は
    トレードの是非よりも大事な要素として
    肝に銘じて生きていこうと思った次第です。

    最後になりますが
    先生の動画のおかげで
    人生の再構築をするきっかけを頂き
    ありがとうございました。

    みんなの先生です。
    どうかお体、ご自愛下さい。

    本日はこれにて
    失礼いたします。

    • ひよこFX様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >キャラ強烈な先生の動画を
      失礼ながら色物的に視聴
      >が、ものの数分で
      本質的な動画だと確信しました。

      ↑大変ありがたいご感想です^^
      「色物」のまま、って人のほうが多数派だと思っていますので(笑)

      >今日コメントを残したのは
      今日のトレード結果をもって
      継続性を手に入れた手応えを得たことがきっかけ
      >今回、自分が行き着いた確信の部分の根幹
      について記載し、意見も伺いたかったのですが。。。

      ↑長文になりそうだからと遠慮してくださったようで^^;;
      お気遣いに感謝いたしますが、
      そんじゃ次回はいきなり本題から、としましょうかね♪

      >現時点で理解のある妻に
      さらにさらに、感謝しなくてはいけない
      と気づかされました。

      ↑素晴らしいですね。
      ビジネスにも言えると思いますが、
      ご家族の理解があるかないかの違いはとてつもなく大きいと思っています。

      もちろん「足を引っ張る」なんてことはしないでしょうが、
      それでも「本当はやめて欲しい」と思われているのでは?ってだけで
      心理的には大きなビハインドになりますからね^^;;

      >専業になる決断と許可を得た際は
      トレードの是非よりも大事な要素として
      肝に銘じて生きていこう

      ↑こういった姿勢や意識こそが上手く行く要因になる、
      そんな風に思います。

      「家族仲良し」はピンチの時にこそ威力を発揮するものなので
      この先、あるいは何度も救われるかも知れません。

      ぜひとも仲良しを継続なさっていただきたいですね。

      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、お世話になっております。

    私もフェラーリかランボルギーニ欲しい!なんて夢を嫁さんと話したりしてます(笑)

    及川師匠のおかげでだんだんとトレードが安定するようになってきました。
    デモ口座ですが、10日間で資金を100万→200万と倍にすることが出来ました。
    先週の金曜日の東京時間のトレードでもキッチリとクロス円に乗っかることが出来ました。結果として合計45pips以上をユロ円、ポン円で取ることが出来ました。

    11月初めぐらいから講義動画を見始め日が浅いので、まだまだ勉強しなきゃいけないことだらけですが及川師匠の講義はムダが本当にないです。
    先週の金曜日の東京時間は大百科の講座の中での形がそのまま出ていたので本当にわかりやすかったです。1HMAは反対を向いてましたが、とりあえずMAをクロス円全てぶち抜いたので流れに乗れました。

    すみません、ひとつ質問なのですが流れに乗る際に及川師匠は流れる方向に強い通貨はレジサポラインで入るとおっしゃってますが、レジサポラインが見当たらない場合は直近高安値で引いたものでも代用は可能でしょうか?
    あと、レジサポラインで入った場合は損切はレジサポラインを終値が超えたら損切という感じでやってるのですがそれで大丈夫でしょうか?

    最近強く感じるのは勝つことより負け方がうまくならないと絶対に生き残れないと感じてます。勝つのは時間がかかりますが、負ける時は一瞬ですね。

    コロナがまた流行ってきているそうですね。
    師匠お身体、ご自愛ください。
    また、歌って頂けるのを楽しみにしています♪

    • たぬき様
      コメントありがとうございます。

      >私もフェラーリかランボルギーニ欲しい!なんて夢を嫁さんと話したりしてます(笑)

      ↑僕も当初はそんな感じでしたよ。
      「本気で欲しい」ならそこには必ず近づくチャンスがあるものです。

      ちなみに僕はFXで調子が上がって来たころに
      初めていったマカオのカジノにランボルギーニのウラカンが展示してあって、
      「これ欲しい!」と強烈に思い、
      「必ず手に入れる!」と心に誓ったことを今でも覚えています。

      実際に購入する段階になって、
      ウラカンだとイチイチ地面に擦るなぁってことで
      諦めてレクサスにした経緯があるんです。

      >10日間で資金を100万→200万

      ↑おぉ!それは凄いですね♪

      >レジサポラインが見当たらない場合は直近高安値で引いたものでも代用は可能でしょうか?
      >レジサポラインで入った場合は損切はレジサポラインを終値が超えたら損切という感じでやってるのですがそれで大丈夫でしょうか?

      ↑「可能」かどうかは正直言い切れないです。

      ひとつ言えることは、どんな根拠で入ろうとも
      それ自体が「自分を納得させる材料」だと言うことだと僕は思っています。

      どこが正解なんて、実はなんもないわけです。
      そんな中、一定の優位性がある場面をなるべく選定し、
      例え損切りになった場合も「自分的にアホなことやってないからOK」
      そう思える根拠が欲しくて僕は水平線を引いている、、、とも言えます。

      で、その根拠が逆抜けなどで崩れたら損切り、
      ということであれば、なんら問題はないと僕は思いますね。

      ちなみに、損切りしたあとに同じ方向にに入り直すことも
      僕は結構あります。

      特にMAから少し離れた水平線の場合は、
      損切り即逆流とは限りませんので、そこは冷静に!

      >最近強く感じるのは勝つことより負け方がうまくならないと絶対に生き残れない

      ↑そうですね。
      ここを早い段階で感じ取ってるとなると
      今後が楽しみだと思います。

      >コロナがまた流行ってきているそうですね。

      ↑シンガポールはほとんど感染者出てないのでかなり安全なんです。

      >また、歌って頂けるのを楽しみにしています♪

      ↑こちらはみなさんがすっかり油断したころにでも
      こっそりやらせていただくかも知れません(笑)
      その際は温かい気持ちでお見守りくださいm(_ _)m

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生。自分ではどうしても答えが出せなかったので、なにかアドバイスをいただきたくコメントさせていただいています。

    私は現在、20〜22時や深夜2時〜5時までの間に及川師匠が良く仰られている閑散時間の逆張りスキャルのみをしています。

    欧州スタートなどのボラがある時間帯のトレードを及川師匠のトレード動画から学ばせいただいていましたがどうも上手くいかず。そして自分なりに考えて、閑散時間のピンク線乖離したところから逆張りをひたすら回転させてくやり方になりました。
    このやり方にしてからfx人生で初めて何日も連続でプラスで終わることができるようになりました。

    現在このやり方でナンピンをうまくしていけば大体プラスで逃げられるので、1ポジ目が数pips利益が乗ったら即利食い。ナンピンした時はトータルプラスで全決済を徹底し、とにかく一つ一つのトレードを必ずプラスで終えるくらいの気持ちで回転数を増やしています。

    しかし、一度ダラダラ伸びて押し目や戻しもつけてくれない相場に出会ってしまったら、自分の理論上高安値をブレイクしようがこの時間帯ならどこかでプラスで逃げれるだろうという考えのもとナンピンしているので、無限ナンピンを事実上容認してしまっているので、一撃で全損の恐れも常にあります。

    実際今までの、ナンピン分も1トレードとした時の勝率はとてつもなく高く、全ポジマイナスの損切りはした経験がないのが現状です。

    これではいけないと思い、その対応策を自分なりに考えたのですが、そちらも踏まえてこの点にどう対処をすれば良いかご教示いただけないでしょうか。

    1、出金をこまめに行い、全損しても再起できるお金を常に残しておく。

    2、資金の10%の含み損になったら一度全決済をする。(自分のロット管理では資金の10%の含み損はかなり異常事態なため)

    3、保有時間が長すぎて、閑散時間の枠を出てしまう時は無理矢理全決済するルールを作る。

    などを自分なりに考えました。
    もし及川師匠でしたらどのようになさるでしょうか。もしお答えいただけるようでしたら何卒よろしくお願いします。長文失礼いたしました。

    • 及川先生。本当にありがとうございます。
      「世間」のトレード一般常識ではやってはいけないやり方のような感覚がありましたが、先生のアドバイスで完全に吹っ切れました!

      まずは当面、「最適化」をテーマにひとつひとつ微調整していきスタイルを確立していきたいと思います。
      今のやり方を追求してじぶんだけのやり方をモノにします!

    • かな様

      >まずは当面、「最適化」をテーマにひとつひとつ微調整していきスタイルを確立していきたいと思います。
      今のやり方を追求してじぶんだけのやり方をモノにします!

      ↑リオンちゃんもそういう意識で今に至っているはずです。
      ぜひともがんばってください♪

    • かな様
      コメントありがとうございます。

      >自分なりに考えて、閑散時間のピンク線乖離したところから逆張りをひたすら回転させてくやり方
      >このやり方にしてからfx人生で初めて何日も連続でプラスで終わることができるようになりました。
      >無限ナンピンを事実上容認してしまっているので、一撃で全損の恐れも常にあります。

      ↑マーチンゲールの応用というか、
      マーチンゲールが通用しやすい時間帯を使って「勝率」で利益を積み上げるやり方ですね。
      僕は手法管理が出来れば、決して間違いだとは思いません。
      実際にそれで利益は取れているわけですし。

      ただし、懸念される部分はごもっともです。
      よってここからが「管理」の話となりますね。

      ご自身で挙げてらっしゃる
      「3つのポイント」はどれもよく考えられての内容でしょうから
      僕の方からのダメ出しなどはもちろんありません。

      おそらくは勝率的に90%以上狙えるやり方と想像しますので
      そうなると算数的には「利食い10回分以内での損切り」がひとつの目安かなぁと
      僕なら考えると思います。

      ただし、状況によっては「10回のうち2回損切り」となることもあり、
      その際は当分「損失を埋めるためのトレード」となってしまうため、
      メンタル的にはシンドい時期も生じるかも知れません。

      逆に時には20連勝とかもあるはずなので
      その時の「余分?な利益」を損切り時のための保険とし、
      「自分のカネではまだない」みたいに例えば別管理にしておくなども良いかも知れませんね。

      ここまでの話から、
      例えば「そんじゃ利益5回分の損切りにしよう」などでも良いかも知れませんし、
      その辺の『最適化』がポイントでしょうね。

      可能であれば、
      過去トレードの中で
      今回新設するルールだと負けていたであろうトレードが
      どのくらいあったか?を確認出来ると良いのですが。

      これにより、
      「当面の最適化」をご自身の納得可能な範囲で行えるように思いました。

      それと、ここは余計なお世話ですが、
      ネットなどの「世間」では、
      「マーチンゲールは必ず破綻するから邪道」みたいな声も聞こえてくることでしょう。

      けど、それは「管理」が出来ていないのか、
      あるいは優位性における最適化が出来ていない場合ですので、
      損切りで仕切り直しがキチンと出来る場合はこの限りではないと。

      ゆえに「外野の声」には惑わされることなく、
      「自分の世界」「自分自身の戦い」として前向きに取り組んで欲しいなと思います、

      最後になりますが、

      >3、保有時間が長すぎて、閑散時間の枠を出てしまう時は無理矢理全決済するルールを作る。

      ↑個人的にはここの考え方が既にある時点で
      かなり安心、というか今後に期待をしています。

      ぜひとも良い具合に突破して欲しいと願っております。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • Tribe に参加させていただいたものです。Facebook グループの方では違う名前で投稿しております。非常にゆっくりではありますが、少しずつ上達してきていると思っております。さて、それはさておき、創薬ベンチャーの Youtube みさせていただきました。FX 以外に現物株もやっているので、非常に参考になりました。「ワクチン企業創業者が宮沢りえ主演映画を作った理由【全文公開】」← こんなネット記事を見ると、ますますもって何にお金をつぎ込んでいるのかまったく怪しいですね。以前の動画のあと、米国ディズニーと米国マクドナルド、ちょっとだけですが買いました。また暴落があれば買い増ししようと思います。ビットコインはちょっと買う決断ができませんでした。少しぐらい買っておけばよかったです。これからも怒りの動画楽しみにしております。

    • TTSS000さま
      コメントありがとうございます。
      また「TRIBE」へのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      >「ワクチン企業創業者が宮沢りえ主演映画を作った理由【全文公開】」← こんなネット記事を見ると、ますますもって何にお金をつぎ込んでいるのかまったく怪しいですね。

      ↑なんと、そんな感じなんですか。
      もはや「自分のやりたかったことを他人のカネ使って実現してるだけ」みたいに感じてしまいますよね(苦笑)

      >米国ディズニーと米国マクドナルド、ちょっとだけですが買いました。また暴落があれば買い増ししようと思います。

      ↑極論、最終的にはこれらの銘柄がポシャる時は資本主義経済も終わるわけで、
      ホリーさんが言う「買ったら売るな」は、充分理にかなっているのでしょうね。

      >これからも怒りの動画楽しみにしております。

      ↑ありがとうございます。
      Mr.Tも相場バナシが大好きでして、
      彼とホリーさんとでは「あんな感じのテーマ」ばかり普段からやってるようです(笑)

      当然次の機会もあるはずですので
      こちらのほうこそ引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

  • 及川先生
    お久しぶりです。
    7月以来になりますが、コメントさせて頂きます。

    以前先生に相談したときに、以下のようなアドバイスを頂きました。

    ①性格的に客観的な視点がもてないでいることはトレードにとって大敵。ここは何としてでも修正が必要。

    ②全体的にエントリーと追撃ポイントがズレている感じがする。このままでは勝率の向上は望めない。

    ③判っていてもいつも同じパターンで負けてしまうときは、二度とトレードをしない位のつもりで一定期間、チャートから離れてみる。

    実はこれらの相談をした際には転職活動中で無職だったのですが、8月から新しい仕事を始めました。

    無職の間はそれこそ一日中チャートを見ることも可能だったので、東京時間で大敗を喫すると何としてでも欧州、NY時間で…のように意気がってトレードをし、更なる大負けを喫することも多く、「2日間勝ち続けた」記憶さえ、殆ど無いような状況でした。

    でも就職した今は、チャートを見る時間がほぼ欧州時間終了間近~NY時間開始直後に限定されてしまったこともあるせいか、ある程度は気持ちの制御も効くようになり、わずかながらも数日間、プラス収支を継続することも出来るようになってきました。

    ただ、上記の時間帯ですと、私の素人目かも知れないですがポンド系、ユーロ系共に欧州時間で「下げ切って」しまっていることも多く、ショートもロングも共に狙いにくいことが多い気がしています。

    また、新しく始めた仕事が屋外でかなり体力を消耗し、かつ時間に追われて細かいものであるため「疲れ切った」状態でトレードをせざるを得ず、そのせいか「早く勝って終わりにしたい」という気持ちもつい働いてしまいます。

    この気持ちがチャートが動くときにいい方向に働けばいわゆる「勝ち逃げ」もし易くなるのですが、チャートが動かないときに悪い方向に働くと「取れそうもないけど数pipsでも取れれば…」という安易な気持ちからエントリーしてしまいがちになります。

    その結果以前のように逆方向のレンジ相場に嵌って大敗を喫してしまい、数日間積み上げた利益を一気に吹き飛ばしてしまうことも多くなってきました。

    話はトレードとは全く無関係になってしまい恐縮ですが、私は昔から人の輪に入れず「変わっている」と言われることが多く、就職してからも「話が通じない、仕事が遅い、ミスも多い」と言われ続けて短期間で切られてしまうことが多く、先生より9学年下の40代半ばですが、恥ずかしながら短い職歴が殆どです。

    やむを得ず始めた今の仕事も決して本意ではなく、これを長く続けると言うよりは、「自分が何故ここまで苦戦しなければならないのか。必ず生まれつき人と違った点があるはず。残り半分の人生を懸けてもう一度大学で勉強し直してその点を追究し、いつかそれを生かして社会貢献したい。また、一人っ子なので結婚も何とか出来るようにして親の期待に応えたい」という気持ちが強いです。

    そのためには既にかなりの損失を出してしまったものの、やはりお金を稼ぐ(専業トレーダーになる)手段として、トレードを辞めるというのは考えられず、寧ろ続けることで道が開けるのならば、何としてでも続けるつもりでいます。

    話を戻しますと、上記のような条件下でトレードを続けるにあたってチャートに向き合うときの心構え、また視点などはありますでしょうか。

    また、せいぜい週に一日ですが平日休みがあることが多く、その他の時間帯を見る機会もわずかにあります。動きの激しい欧州時間はともかく、東京時間は勉強のためにも見れるときには見ておきたいな…とも思うのですが、いかがなものでしょうか?

    併せてご指摘頂ければ幸いです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • Mklose1125様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      全文、拝見しました。
      心意気と言いますか、
      そういったお気持ち的な部分は少なからず理解出来るつもりです。

      とはいえ、ここではその部分を掘り下げても仕方ありませんので
      トレードに絞ったお話とさせていただきます。

      >チャートを見る時間がほぼ欧州時間終了間近~NY時間開始直後に限定

      ↑まずはトレード可能な時間帯についてですが、
      ちょうど少し上のコメントで「かなさん」とのやりとりがあります。

      この方は閑散時間帯の逆張りスキャルをメインにしてから
      成績が良いようです。

      「閑散時間」というのはマーケット的に動きが出にくい時間帯を指すのですが
      動きが出にくいということは、
      「どちらかに伸びても伸びきらず戻ってくることが多い」という解釈になります。

      時間帯的にはこのやり方での相性が良い可能性は高く、
      僕であってもそういう組み立てにすることが多いはずですので
      まずはやりとりの中身をご確認なさってみてください。

      ただし!
      どんなやり方でも同じですが
      エントリーするタイミングと併せ、
      「どうなったら損切りをするか?」
      「資金量とナンピンとの兼ね合いをどこにおくか?」
      こういった『組み立て』が大変重要です。

      特に逆張り系となると、
      損切りルールを曖昧にしたままですと
      一度のトレードで壊滅的に負けることもあり得ますので
      充分留意し「損切りするときはとにかくする」
      さらには「自分の決めたルールに基づいてする」が重要となるでしょう。

      これらを押さえた上で取り組むことで
      実は成績向上はかなり早まると思いますので意識なさってみてください。

      >平日休みがあることが多く、その他の時間帯を見る機会もわずかにあります。

      ↑いや、個人的には休みの日は休むが良いように思いますね。
      それよりも「ある時間帯のスペシャリスト」を目指すべきではないでしょうか?

      それこそ、普段の時間帯で勝てるようになった利益を
      普段見れない時間帯で溶かすようでは「趣味」になってしまいます。

      実際の取り組み後でないと現時点では言えないことも多いので
      今日のところは以上とさせていただきます。

      進めて行く中でご質問などが生じた際は
      遠慮なくコメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川圭介様

    はじめまして。初投稿させて頂きます。私は30代会社員でFX歴は2年です。転勤族なので、自分の人生を自分で決めたいと思いFXを始めました。
    累計の損失額が400万を超えてしまい、精神的にとても参っていたところ及川様のコンテンツに出会いました。FXで実際に生計を立てている事と、その手法や考え方にとても勇気を頂きました。

    最近はFXを辞めるか続けるか、真剣に考えるようになり、及川様に忌憚のない厳しいご意見を頂いてから再考したいと思いコメントさせて頂きました。

    私はいつも10万を入金し、10万通貨のハイレバでエントリー、1日で20〜30pipsを目標に主にポンドドルのみをトレードしています。しかし損切りができず、ゼロカットされる事を何度も繰り返しています‥
    10万から30〜60万に行く事が5.6回。100万にした経験が2回あり(どちらも期間は約2ヶ月)、その度に調子に乗って20万通貨×2発等、ハイレバでエントリーし、ゼロカットされる事を繰り返してしまいます。学習をしない自分を嫌悪しながらも、前回ブレイクアウトで取れたので今回も抜けると思い、ついエントリーしてしまうのです。

    手法は及川様の書籍の内容を参考にしたMA(天才チャートではありません)と、1時間、4時間足レベルで意識されていそうな水平線を表示させ、5分足を主に見てエントリーしてますが、押し目で入ったと思ったら急に10pips下落して損切り。戻り売りで入ったと思えばそのまま上昇して同様に損切り。それが怖いので少し伸びてから飛び乗ると、一瞬は微益になるが、逆に伸び続けてゼロカットというのがいつもの負けパターンです。

    時間帯は仕事に余裕がある時は欧州と、帰宅後のNY時間がメイン。通貨相関はドル円、ユロドル、ユロポンの動きを参考にしています。 

    前置きが長くなりましたが、もし及川様が10万円でスタートする場合、どのくらいのロットとpips数で1日のトレードを終えられますでしょうか?また、動画では三尊等のチャートパターン、ダウ等に言及される事が少ないように思われますが、優先度は低いのでしょうか?
    ご教示頂けますと幸いでございます。

    最後に、初投稿で長文になり大変失礼しました。
    これからも動画やブログでの配信を楽しみにしています。コロナ禍で色々とご苦労が多いかと存じますが、お身体ご自愛頂き、勝手ながらこれからも勇気や知識を与えて頂けると幸甚でございます。

    • しんべえ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私はいつも10万を入金し、10万通貨のハイレバでエントリー、1日で20〜30pipsを目標に主にポンドドルのみ
      >損切りができず、ゼロカットされる事を何度も繰り返し

      ↑なるほど、、、このような方はかなり多いように思います。
      いきなり厳しめに言わせていただきますと
      「ネットカジノ」みたいな状態のように推察します。

      勝てば高揚し、負けてはアツくなり、
      どっちにしても全損するまでやる・・・みたいな感じではないでしょうか?

      あ、再度読み直すと、そこまでではなさそうですね。
      どうもすみません。

      >もし及川様が10万円でスタートする場合、どのくらいのロットとpips数で1日のトレードを終えられますでしょうか?

      ↑僕はかねてから
      「資金100万円に対し10万通貨×数発」のペースでやって来たとお話をしています。
      正直、世間的にはこれでもなかなかなハイロットのはずでして、
      もっと低くても良いくらいかも知れません。

      ですので仮に10万円なら
      僕の場合、1万通貨×3~4発を上限にトレードをすると思います。

      PIPSの目標は特段置きませんが
      収支としては一日2%がベンチマークです。
      ただし必達目標、ではありません。
      当日プラス収支であればOK、を優先します。

      トレードは「勝ったり負けたりしながら資金を増やす競技」
      僕はこのような認識でして、
      「損切りが出来ない=致命的」という意識を同時に持っています。

      ですので、どんなやり方をしようとも
      損切りは必須ですので、まずはその点を強調させていただきます。

      ただし、例えば100万円の資金をあえて10分割し、
      その10万円をゼロカットか2倍か、みたいに管理するのであれば
      もしかしたらアリかも知れませんね。

      >動画では三尊等のチャートパターン、ダウ等に言及される事が少ないように思われますが、優先度は低いのでしょうか?

      ↑僕は世間的にはスキャルピングに分類されるような短期デイトレですので
      「観ているところ」が世間の教科書とはだいぶ違うのかも知れません。

      ちなみにWトップなどは普通に意識していますし、
      「抜けの初押し(戻し)を狙う」などの考え方はダウ理論とカブる部分はあると思います。

      僕はこれまですべて独学でやって来た関係で
      そういう理論的なものに詳しくないんです。
      それも「名称」が出てこない大きな要因です。

      取り急ぎ本件は以上です。
      不足がございましたらお手数ですが
      再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    よろしくお願い致します。
    現在、26才でfx歴は約2年です。
    入りは違うスクールだったのですが、
    全く勝てず今年の5月頃に及川さんを知り、そこからデイトレ大百科とyou tubeで日々勉強させていただいております。
    7月頃からミニマムロットでリアルトレードを行い、よくわからない手応えは感じていたのですが思うよな結果が出せていない状況です。
    (月のエントリー回数はだいたい、20〜30回ほどです)
    勝率は60%から70%ほどだったのですが、利食いはトレードに自信がないせいか目標まで引っ張ることができず5〜10pipsほどで決済。
    大きく負けるときは150pipsほどでした。
    大きな含み損をかかえてしまったときに切れなくなってしまいナンピン→爆死を8.9.10月とやってしまいました。客観的に自分のトレードを見返したときに、損切りしなくていい理由を無理やり見つけてしまっていました。
    そこで、以下ルールを決めたところ、11月は初めて月間プラスで終えることができそうです。
    (ミニマムロットなので、大した金額ではないですが。)
    ・トレンドが長く続いたあとの三尊(逆三尊)ネック割れMAの角度を見てエントリー
    ・高値(安値)更新後の押し目買い(戻り売り)→損切りの幅が遠ければ×
    ・リスクリワード1:2以上
    ・ナンピンは1回まで
    幸いにも11月は大きな含み損を見ることがなかったのですが、
    損切りは必要経費と何度も自分に言い聞かせ、根拠が崩れたらすぐ決済。
    損切りが出来るおれかっこいい。
    これを常に頭に置いておりました。
    また、若干ポジポジ病なところもあるため、
    お前はトレードがしたいのか?
    それともお金を稼ぎたいのか?
    この言葉をパソコンの待ち受けにしております。

    そこで以下、2点について質問させて下さい。
    以前の手法ではフォレックスシュミレーターという検証ツール使っての検証がなによりも勉強だったのですが、及川先生の手法では相関を必ず見るため、そもそも個別チャートの検証は意味があるのか?という疑問があります。
    及川先生のおすすめの勉強方法などがあれば教えていただきたいです。
    ロットを上げるタイミングについてですが、私の中では3ヶ月連続で月間トータルプラスで終えることができたときには、大きく資金を追加しロットも上げて行こうかと考えております。
    及川先生はロットを上げるタイミングについてどのようにお考えでしょうか。

    お忙しいところ申し訳ありませんが、返信いただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

    • kakeruさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      ここまでの「経緯」は大変興味深く拝見しました。
      なんだかんだ技術的な部分よりもメンタル管理のほうが重要になってそうなところが
      この世界の不思議なところですよね。

      >及川先生の手法では相関を必ず見るため、そもそも個別チャートの検証は意味があるのか?という疑問があります。

      ↑意味がないことはないと思います。
      僕自身、強弱や時間帯など諸々見てはいますが
      その上で「個別チャート形状」はやはり大切にしていますので。

      例えばですが、
      個別チャート形状からの検証に当てはまる展開に現場でなった際、
      強弱、相関、シンクロ性、時間帯、などを確認し、
      なんていうか「信頼度合い」を測る、みたいな手順も良いのでは?と推察します。

      >及川先生はロットを上げるタイミングについてどのようにお考えでしょうか。

      ↑過去にもアチコチでお話をしていますが、
      僕はデイトレ移行後は原則「100万円に対し10万通貨×数発」を基準にしていました。
      引き上げるタイミングはテキトーでしたけど(汗)

      僕はやっていませんでしたが
      例えば毎日毎日、前日の口座残高に対しロットを可変させる、
      こうすることで一気に上げるより良いかも?
      とアドバイスさせていただいたことが過去に何度かあります。

      もしこれをやる場合、
      「PIPS管理」に慣れていきやすいかなと思ってまして、
      だとするとメリットは大きいように思った次第です。

      順番が逆で恐縮ですが、
      全文を拝読した感想としては
      「かなり良い感じで推移」している印象を受けました。

      今後に期待!ですね♪

      では
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    はじめまして。こんにちは。FX歴半年の会社員です。
    この夏に国内口座でポンド/円で50万を30万まで溶かした天才でもあります。
    私も無一文を2回やってて、先月末2回目のみそぎが終わったところです。
    結局8年かかりました。5年前に完済はしていましたが。。

    夏までに、マルチタイムフレーム分析や200SMA、フィボナッチ系を使ったトレードを勉強していましたが、成績は思うようにはいきませんでした。いや、成績はいいのですが、エントリーポイントが極端に少ないので、ポジポジ病にかかり、適当にエントリーしたらドカンとやられていました。
    しかも、寝落ちしたらポンド(さつ人通貨)が200pips飛んでたという、不真面目な奴でした。
    ここで退場しておきました。

    実は結構前から、ちょいちょい師匠のyoutube動画を酒を飲みながら、エンタメ感覚で観ていたんです。
    しかし、「この人の言ってることやってること全くわからない」という感じでした。単純にエンタメで観ていたんですが、ちょっと興味が湧きました。
    速攻ガチ速FXをキンドルで買って読みました。もう、バイブルです。
    (ドリルもちゃんとやりました!紙にドル>円、ポンド>ユーロ・・・と書いて、だから、このペアを選ぶといった感じで。全問正解!今は脳内でできています)
    ↑youtube動画で、「あえてテクニカルが効きやすい準候補の方を選んだトレード」や「強い通貨が〇〇まで来たらをエグジットの参考に」等、補足解説していただいて非常に勉強になります。

    ガチ速FXを読んでから、FXの勉強をしっかり始めました。
    ここ一か月は師匠とリオンちゃんの動画を平日は4時間、土日は10時間以上見ながら、解説してくださる値動きの意味やエントリーの根拠を脳内に刷り込んでいます。ガチ速FXの補足&キターな単語はメモっています。

    海外口座のデモトレードも始めています。
    最初2日間で、2回わざと飛ばしました。mt4を使っての初めてのトレードで、
    ・レバ25倍よりも何倍も高いため、怖さを払拭するため
    ・海外Lot数に慣れるため&適正Lotを身に着けるため
    ・証拠金維持率が100%割っても飛ばない=有効証拠金がマイナスになっても生きていることの確認
    ・ロスカットされた際の挙動確認(ロスカットは未経験でした)
    ・海外口座の残高表示反映の正当性確認
    ・mt4の決済時の挙動確認等もろもろです

    現在、ちゃんとトレードしてみて最初の1週間(月~金)経ったのですが、及川式自分風味のトレードで291.5pips取れました。資金は1.71倍に増えました。
    デモトレードですが。。
    ①師匠のおっしゃっている「ビビる金額」を「ビビらない金額」にするまでデモトレードを続けること。自分的には300万円。
    ②そのトレードを呼吸するようにできるまで、①をあと5回はデモで続けること。

    それまで非常に頭を使うことになりますが、チャートを見ることが楽しみすぎるので、前向きに頑張れそうです。
    初心者の駄文ですが、ほんとに300万円がビビる金額ではなくなり、及川師匠に報告できるよう頑張りますという所信表明です。

    PS.僕は「傷つけた人々へ」が好きです。
    シンガポールからの歌声を聴きたいです。

    • さつ人通貨嫌い!様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      ※ハンドルネーム、サイコーです♪

      >実は結構前から、ちょいちょい師匠のyoutube動画を酒を飲みながら、エンタメ感覚で観ていた
      >しかし、「この人の言ってることやってること全くわからない」という感じでした。

      ↑このような初見の方は実に多いです(笑)
      僕的には面白がって観てもらうだけでもありがたいですね^^

      >youtube動画で、「あえてテクニカルが効きやすい準候補の方を選んだトレード」や「強い通貨が〇〇まで来たらをエグジットの参考に」等、補足解説していただいて非常に勉強になります。

      ↑このように捉えていただけると本当に嬉しいです。
      継続へのやりがいに直結しますので。

      >及川式自分風味のトレードで291.5pips取れました。資金は1.71倍

      ↑凄いですね、、、進めて行く上での「手順」が、です。
      寝落ちしてて200PIPS飛ばした人とは思えないくらいしっかりしていると思いました(笑)

      >ほんとに300万円がビビる金額ではなくなり、及川師匠に報告できるよう頑張りますという所信表明です。

      ↑「デモをあと5回」ここまでしっかり準備できる自体で
      メンタル面はかなり安心出来そうな印象を持っています。
      今後が実に楽しみです。
      ぜひともがんばってください。

      >僕は「傷つけた人々へ」が好きです。

      ↑これは奇遇というか・・・
      僕が尾崎を大好きになったきっかけが
      まさに「傷つけた人々へ」でした。

      同じ年だったこともあり、その前から彼のことは知っていましたが、
      最初は「いけ好かない」くらいに思っていたんです。

      そんな中のこの曲・・・
      とても繊細で、せつなくなったのを今でも覚えています。

      「僕のいくつもの想いが指の隙間から滑り落ちてゆくよ」
      このフレーズで一気に持っていかれました(笑)

      それでは、
      先々の「嬉しいご報告」を楽しみにしています。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    お世話になっております。
    名古屋のしんのすけです。

    6月にブログでご相談に乗っていただき『やり方』よりも『やっている場所』が悪いとのご指摘を頂き5ヶ月間自分のトレードを洗い直してきました。
    自分の表現で申し訳ないのですが、中から外に行く波を狙うが師匠のやり方だと思うんですが、僕は外から外のブレイクアウト狙いでした。強いトレンドの時は多くpipsを取れるのですが、なかなか強い時ばかりではありません。
    これに気づけたので中から外を狙う事を必死にやってきました。
    まだまだエントリーが遅れたりで外から外になってしまう事もありますが『やる場所』の意識は改善しつつあります。
    ありがとうございました。
    おかげさまで11月はデモですが月間12000円のプラスで終わる事ができました。(1万通貨)

    ただ最近の悩みが目標に届かず戻されてビビって切ってしまいます。
    選択通貨ペア、狙う方向も間違ってないと思います。
    ほぼ必ずといっていいほどビビって切った後に巡行して目標に届いています。
    少なくても利益がある内に切ってしまえーという考えが働いてしまいます。

    以前師匠が動画の中仰ってたと思うのですが『含み益が含み損になると気分が悪くなる』というのが凄くわかります。
    僕も死ぬほど嫌いです。

    元を正せば入るのが遅れるので少しの戻しで含み損が消えそうになるのだと思いますが我慢も必要ですよね?

    自分のエントリーに自信が持ててないのかもしれません。

    僕は器用ではないので一気には行けないので少しずつ改善できるように頑張っていきたいと思います。

    以上。
    報告と抱負でした。

    • しんのすけ様
      コメントありがとうございます。

      >中から外に行く波を狙うが師匠のやり方だと思うんですが、僕は外から外のブレイクアウト狙いでした。

      ↑この表現は秀逸ですね。
      初見の方でも一発で意味が分かる大変素晴らしい表現だと思います。

      >強いトレンドの時は多くpipsを取れるのですが、なかなか強い時ばかりではありません。

      ↑「外から外」は取れる時は大きく取れるので
      これを出来る人はある意味羨ましくもあるんですよ。
      ただし、大きく伸びないときの対処法がセットであることと、
      勝率が低くても「ガマン」出来るメンタルは必要でしょうね。

      >11月はデモですが月間12000円のプラス

      ↑まずは良かった、と言わせていただきます^^

      >ほぼ必ずといっていいほどビビって切った後に巡行して目標に届いています。
      少なくても利益がある内に切ってしまえーという考えが働いてしまいます。

      ↑ここは僕も同じなので、エラそうに言えることはないですね(苦笑)

      >元を正せば入るのが遅れるので少しの戻しで含み損が消えそうになるのだと思いますが我慢も必要ですよね?

      ↑あぁ、なるほど・・・
      ここ、とてもよく分かります。
      ゆえに僕は少々フライング気味でも入りますし、
      「フライングで通用しそうな場面」の嗅覚みたいなものも
      感覚的には磨いているつもりです。

      このお話がヒントになれば良いのですが・・・

      >僕は器用ではないので一気には行けないので少しずつ改善できるように頑張っていきたいと思います。

      ↑短期デイトレは
      より「生き物」「生もの」を扱うイメージが大切だと僕は思います。
      大袈裟に言うと『息遣い』みたいな。

      当然「不発」の時もありますが、
      それも含め、対応のバリエーションを増やしていけると良いように思います。
      そういう意味では、やはり「経験」は大切でしょうね。

      ただし、ひとつ言えるのは
      この感じでやっていくことで
      「やればやるほど上手くなる」ことは確かだと
      経験上僕はそう思います。

      ですのでどうか粘り強く継続なさって欲しいと願っております。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    コメントへの返信ありがとうございます。昨日気づき何度も読ませていただきました。

    他の方の質問回答も十分ヒントになる部分はあるのですが、いざ自分への回答が来てみると本当に感激しました。印刷して何度も読み返しました。

    MT4で勝てない原因を自分なりに分析してみると、
    ・MT4は繊細なので1pips動いても大きく動いたように感じてビビッてしまう。
    ・一定間隔でグリット線が無いため値幅が分かり難く感が狂う。(最近は先生のように20pips幅の縦線入れています)
    ・含み損になった時、優位性があると思った時の上位MAや水平線で計画的にナンピンができていない。
    ・他の方のTwitter等での海外口座トレードの勝ち報告に焦り、「レバレッジがあるので稼がなくては」と前のめりになっている。
    差し当たりこんな感じでしょうか。

    と問題点を洗い出すとおのずと答えが見えてきた気がします。

    ご回答頂いた
    >「まずは減らさない」
    「減らなきゃそのうち増えて来る」
    これで国内口座は徐々に増えてますので、海外口座でも徹底し、粘り強く改善していきます。

    とここまで自己完結したような文章になってしまいましたが、一番言いたかったことは先生からの返信が本当に嬉しくてお礼を言いたかったのです。
    ありがとうございました。ありがとうございました。

    皆さんに同じように1件1件ご回答されているのを見ると本当に頭が下がります。

    先生もお体に気を付けて頑張ってください。
    私も自分の目標を達成すべく邁進します。

    それでは失礼いたします。

    • きよん様
      コメントありがとうございます。

      >印刷して何度も読み返しました。

      ↑こちらの方が恐縮しますね^^;;
      光栄です、ありがとうございますm(_ _)m

      >・一定間隔でグリット線が無いため値幅が分かり難く感が狂う。(最近は先生のように20pips幅の縦線入れています)

      ↑あれ、グリッド線自体は設定で入れることが出来ますよ。
      (チャート画面右クリック→「グリッド」)

      もっとも任意で設定は出来ないかもなので
      あると逆に観にくいかも知れませんね。

      >・他の方のTwitter等での海外口座トレードの勝ち報告に焦り、「レバレッジがあるので稼がなくては」と前のめりになっている。

      ↑ネットは便利なツールではありますが
      トレードに関しては、あまり他人様の成績を気にしない方が良いと思います(汗)
      正直「目の毒」じゃないかなと。

      僕は一切観たことはありません。
      元々SNSが好きではないってのもありますが。

      >一番言いたかったことは先生からの返信が本当に嬉しくてお礼を言いたかったのです。

      ↑そういっていただけるのは本当に嬉しいです♪

      ご覧いただくとお分かりかと思いますが
      みなさん、長文の方が多いですよね?
      それだけ真剣なご相談だと思うわけです。

      で、あるならば
      こちらも真剣にお返ししないといけませんからね。

      今後も遠慮なくメッセージをお寄せください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんにちは。
    初めてコメントさせていただきます。

    7月にデイトレ大百科を登録し、10月まで勝率30~50%とコツコツ負けてきました。
    ですが、11月はついに勝率75%となり、初めて月間でプラス収支となりました。
    まあ、仕事が忙しく、8回のトレードで1.5万のプラスでしたが、逆行した際も冷静に見極めてドテンして取り戻したりと、内容的には「何かを掴みかけている」という感触が得られました。

    今の悩みは
    ・慎重になりすぎて、結果勝てたトレードを見送ることが多い
     ⇒逆に軽率なエントリーが減って勝率が上がったから結果オーライか?
    ・MAを背にしたエントリーしかできないので、MA乖離した状態での水平線を根拠にしたトレードができない
     ⇒これは経験次第なのでしょうかね。
      いつも先生の動画を拝見して、「え!?(そんなところで入るんだ!)」と声が出ることがあります(笑)

    そんなところです。
    今後は、資金に応じて自分で決めたロットを守り、徐々に増やして行きたいと思います。
    今のロットだとなかなか資金が増えず、ハイレバにしたくなりますが、間違いなく変な負け方をしそうなので、グッと堪えて頑張ります。
    イメージは、「忍者が苗木を植えて飛び続けたら、そのうち高く飛べるようになる」という感じです。
    焦らずに取り組みます。

    トレードは孤独ですね。
    話す相手がいないので、たまにここで報告させてください。
    いつも動画にコメントにと、お忙しいなか活動されている先生には頭が下がります。
    何もお礼はできませんが、せめて私が成長することで、恩返しができればと思っております。

    引き続き、よろしくお願いいたします。

    • ニモ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >11月はついに勝率75%となり、初めて月間でプラス収支となりました。

      ↑前月まではご苦労なさったようですが、
      まずは直近の好成績を喜ばせていただきますね^^

      >・慎重になりすぎて、結果勝てたトレードを見送ることが多い
       ⇒逆に軽率なエントリーが減って勝率が上がったから結果オーライか?

      ↑結果オーライでも良いと思いますが、
      「見送る時の傾向」と「見送ったことで損せずに済んだケースとの兼ね合い」
      これらをあとから洗い出してデータ化出来ると良さそうですね。

      人は「儲け損ね」ばかりが印象に残り、
      「損しないで済んだケース」はスルーしがちですので(笑)

      で、その中で「あ、やった方が良いかも」ということであれば
      短時間勝負で徐々にチャレンジするのもアリではないでしょうか。

      苦手、怖いと感じる場面、
      これらが「やっていたら勝てていた」に多いパターンでして、
      そこを逆手に取って「得意パターン」にする、、、
      こういう思考はとても大切だと思うんです。

      よく「人前に立つと赤面する」なんて人のほうが
      それを克服して講師になるケースも多いので。
      (そう、テーマは「克服」です)

      >・MAを背にしたエントリーしかできないので、MA乖離した状態での水平線を根拠にしたトレードができない
       ⇒これは経験次第なのでしょうかね。
        いつも先生の動画を拝見して、「え!?(そんなところで入るんだ!)」と声が出ることがあります(笑)

      ↑あれ、僕も基本MAに近いところが多いはずですが^^;;
      僕もMAから遠いやつは入りにくいですよ。

      >イメージは、「忍者が苗木を植えて飛び続けたら、そのうち高く飛べるようになる」という感じ

      ↑素晴らしい♪

      僕からは、他の方にも書きましたが、
      「1万が明日億になることはない」
      「1万→2万に出来ない人が億に出来るはずなどない」
      こういう意識で「コツコツ」に対し挫折しないで欲しいという部分です。

      >トレードは孤独ですね。
      話す相手がいないので、たまにここで報告させてください。

      ↑僕とのやりとりで息抜きが出来るのなら喜んで♪

      こちらのほうこそ
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    早速のご返信ありがとうございます。
    頂いたアドバイス肝に銘じて実践してみます。

    勇気をもって先生とコミュケーションをとった甲斐あってか
    ここ一週間は毎日プラス収支で終われてるので引き続き日精進してまいります。

    また、見づらくなることも危惧し、本当は別の機会にまたコメントさせて頂こうと考えていたのですが、
    2点気になったことがあったので、返信する形で追加のご質問をさせていただきますことをご容赦ください。

    >>2.オージーのシンクロを見る→シンクロしてればEUR/AUD GBP/AUD(順張りのみ)
    >↑オージーは主に東京時間と欧州時間序盤であれば優先度を上げても良いと思いますが
    >それ以外の時間帯は優先度を下げ目にしたほうが良いように思います。
    >ちなみに僕は最近、オージー円&オージードルのほうをやることも増えました。
    >「素直」という部分ではこっちのほうが素直なことも多いですよ。

    ますは、ここの部分に関してですが、オージーの優先度を上げることは理解できたのですが、どういった状況の場合スプレットの高いポン、ユロ/オジよりオージー/ドル、円を優先する状況になるのでしょうか。

    重ねて下記についてもご確認お願いできると助かります。
    >また、デイトレ大百科の閑散時間の逆張りトレードは冬時間の場合1時間ずらしたほうが良いのかも教えていただけると幸いです。

    ここはデイトレ大百科の「閑散時間帯」を逆手に取る高勝率トレード
    に関して冬時間の場合対象となる時間は1時間後ろだ押すべきなのか
    というものです。

    というのも、主に0:00~0:30の逆張りは個人的に相性がよく比較的高勝率で着地できてるのですが、冬時間に突入して以降も同じ時間帯同じ手法で勝利できてしまってるので、たまたまなのか、それとも冬時間でも時間変更なく逆張りを行ってよい理由が何かあるのか気になった次第です。

    お忙しい中恐縮ですが、お手すきの際にご確認いただけますと幸いです。
    引き続きよろしくお願いします。

    • りり様
      コメントありがとうございます。

      >勇気をもって先生とコミュケーションをとった甲斐あってか
      ここ一週間は毎日プラス収支で終われてる

      ↑まぁ僕はここ、関係ない気もしますが、
      ご自身の中で良い効果があったと感じてもらえるならありがたいです♪

      >どういった状況の場合スプレットの高いポン、ユロ/オジよりオージー/ドル、円を優先する状況になるのでしょうか。

      ↑えっとですね。
      以前の僕は「とにかくユロオジ&ポンオジ側」ばかりだったのですが
      近年、いわゆる「逆側」がややこしく感じる機会が増えているんです。

      そんな中、オージー円&オージードルの方で狙い目としてのPIPSがそこそこある場合は
      「こっちでいいや、分かりやすいから」みたいに考える機会が増えたという感じです。

      最近の欧州時間以降は、特にユーロやポンドで動くケースが多く、
      「オージー由来の根拠」で逆側をやると難易度が高くなってしまうことが多いと感じているんです。
      このため、最近の僕はユロオジのみ、ポンオジのみでやる機会も増えました。
      (ユロポンの強弱にて、です)

      >主に0:00~0:30の逆張りは個人的に相性がよく比較的高勝率で着地できてるのですが、冬時間に突入して以降も同じ時間帯同じ手法で勝利できてしまってるので、たまたまなのか、それとも冬時間でも時間変更なく逆張りを行ってよい理由が何かあるのか気になった次第です。

      ↑うーむ、ここは正直なんとも言えません。

      あるいは、時間はさほど関係ないくらいに
      「逆張り可能な場面の選定」が出来ているからかも知れませんよね。

      だとすれば、特段問題ないようにも思いますが・・・

      僕は深夜の時間、最近ほとんどやってないので
      直近の状況が分からず、消化不良アンサーで申し訳ございません(汗)

      取り急ぎ以上ということでご勘弁くださいm(_ _)m
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも大変参考となるトレード動画ありがとうございます。
    FXismではTRIBEから参加しております。及川さんほどのロットはまだ張れるレベルではありませんが、おかげさまでかなり勝率もアップし資金も増え、場所は言えませんが、念願の南国への移住も果たしました。今は暖かい南国からトレードしています。
    特段これといった質問ではありませんが、僕はTRIBEが終わった後も、収録されている講義や、過去のYouTubeの動画を繰り返し見返し、何か新しい発見がないかを日々模索しています。
    そんな中で、2015年~2017年頃の動画も見ているわけですが、この頃の及川さんのトレードスタイルが一番好きですね。今もすばらしいトレードであることは間違いないですが、何といいますかね、必死にやっているというか(もちろん今も必至だとは思うのですが)、よく仰るカッコ付け感がなく素のトレード感が出ているというか、「俺をなめるんじゃねー!」的な部分がこの頃はないといいますかね、今を悪く言うつもりはないですが、この頃はある意味「素直」だったように思いますね。玉数もバンバン張ってないですしね。
    今は見ている人も多くなってきたので、多少そこも意識するのも仕方のないことだと思いますが、ま~人間って変わる動物なのでそうあって然りかもですね。
    とりとめもないコメントですが、昔の動画を見た感想でした。
    これからも動画楽しみにしております。

    • 南国トレーダー様
      コメントありがとうございます。
      また「TRIBE」へのご参加に対しまして
      あらためて御礼申し上げます。

      >場所は言えませんが、念願の南国への移住も果たしました。

      ↑おぉ!そうでしたか^^
      南国の一番良い点は「ダイエットにチャレンジしやすい」だと
      来てみて感じました(笑)
      あ、僕は単身で来てるのでなおさらかも知れませんが^^;;

      >2015年~2017年頃の動画も見ているわけですが、この頃の及川さんのトレードスタイルが一番好きですね。
      >この頃はある意味「素直」だったように思いますね。玉数もバンバン張ってないですしね。

      ↑なるほど、自分では気にしたことがありませんでしたが
      確かにそれなりの「変化」はしているのかも知れません。

      ただ、一点言い訳(?)をさせていただきますと、
      当時のほうが、例えば月間の履歴などをお見せする機会は少なかったと記憶しています。

      YouTube初期の僕は、
      録画トレードが損切りになった際、
      スキャルなどで一度当日収支をプラ転させてから
      再度録画し直す、なんてことも結構ありましたので
      結果的に危なげないトレードが多くなったというのはあるかも知れません。

      近年の方が、
      ピンチ系もそのまま出しちゃってますので(苦笑)

      まぁ言うまでもなく
      常に危なげなく終えれるに越したことはありませんで、
      僕自身、毎回「そうありたい」と願っています^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    久々のコメントになりますがよろしくお願い致します。

    今回お聞きしたい事はズバリ損切です。
    損切と言っても何パターンもありますし、状況がいつも同じと言うことではありませんがお聞きしたいのです。
    たとえば 一度含み益が出てから(10pips程度)逆を行かれ含み損になった場合や入ったとたんに10pips程度含み損になった場合 もしくは自分の決めた損切ラインを超えたが髭で戻しそう もしくは戻ってきているが損切ラインギリギリの場合などがいつもの迷う場面です。しかし、迷ってはいますがこのまま続行しているのも現状です。
    上記はもちろんエントリーのlotなどいろいろな条件があると思いますが、お聞きしたいのは考えや、志向です。
    私は以前に何度も何度も資金を溶かしていますが損切のタイミングが行動と心、考えが乖離し、損切の行動ができるのが決めた場所よりはるか損を含んだ場所。又はわかっているのにできないで躊躇しています。最悪の場合ナンピンで逃れようと乱射などし、損失の倍を被ることもあります。もちろんプロコンで設定してますが余裕を持って動かしています。動かさないと言われるとそこまでですが、毎回反省しますが同じ過ちを犯し、治っていません。1つづつのトレードの損失を最小限に抑えることができるのであれば結果はついてくると思うのです。損切がテクニックなどではなく自分との闘い、メンタルと思いますが師匠の言葉であれば素直に聞けるような気がしています。メンタルに対してのコメントは難しいと思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

    • hakuさま
      コメントありがとうございます。

      >今回お聞きしたい事はズバリ損切です。
      >お聞きしたいのは考えや、志向

      ↑これ、最初は「難しいご質問だな」と思いましたが、
      次の瞬間「あ、そうでもないかも」と感じました。

      と、言うのも
      僕の場合、エントリー時点で
      「このくらいまでは苦労させられるかもな」と思ってやってますので
      その過程における含み損には特に感情が揺れることはありません。

      ただし、事前に想定(イメージ)していた展開以上のピンチになった時は
      やはり僕も動揺します。

      で、ここからが「自己管理」の話になるわけですが、
      ポイントは「動揺してからが勝負」となります。

      「損切りか?」「耐えか?」「追撃(ナンピン)か?」
      他に「今からやるならコレという銘柄はないか?」

      ここに対し
      一気に集中力のギアを上げて対応するように意識しています。

      僕が想像するに、
      ここで言う「動揺」への到達ハードルが低いのではないでしょうか?

      だとすると、
      そもそも「想定」自体も甘いということが言えるのかなと。

      エントリーする前段階において

      ・スンナリ勝つ時のイメージ
      ・手こずる時のイメージ
      ・ピンチになる時のイメージ

      これらを「かかる時間」と共にイメージすることで、
      逆に言いますと、そのイメージが出来ない時点ではエントリーをしないと。

      僕はYouTube動画でも
      よくフライング気味にエントリーすることが多いのですが
      これは上記3つのイメージが出来ているからだと自分では思っています。

      つまり、
      上記3つのイメージが出来る場面については

      『どこでもやって良い!』
      『例え誰がなんと言おうとも』

      こういう話ではないでしょうかね。

      フライング気味のエントリーとは、
      ハタから見ると
      「なぜハッキリとしてない時点で入れちゃうわけ?」
      「感覚だけでやってるんじゃない?」
      このような感想になると思うのですが、

      確かに感覚でやっている部分もあるものの、
      その感覚自体、僕の長年の経験蓄積によるものなわけです。

      「感覚を磨け」という話では
      あまりに曖昧ですし、途方もない話になりますが、

      少なくとも、上記3つ・・・

      ・スンナリ勝つ時のイメージ
      ・手こずる時のイメージ
      ・ピンチになる時のイメージ

      ここについては現時点での感性で良いので
      イメージするように心がけると良いように思いました。

      つまり!
      「メンタル力の強化」ではなく、
      「メンタル力が低いままでもやれるやり方」を構築すべき。

      これが本件、拝読した上での僕からのアンサーです。

      このアンサーで大丈夫かはちょっと分かりかねますが
      もし参考にしていただける部分があるならぜひ。

      そうでない場合は
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちわ。以前3~4回コメントさせていただいており、その節は丁寧なご回答ありがとうございました。

    今回は『マイルールはとても大事。でもガチガチに型にはまる必要はないのでは?』と思うようになってきたので、どうかなと思いコメントさせていただきます。

    FX歴は2年強、及川歴は『ガチ即FX』『デイトレ大百科』『TRIBE』『リオン式』と参加し1年半弱になります。
    調子のよい時もありましたが、定期的にそこそこのドカン負けをしたりしてしまい、なかなかうまくいきませんでした。

    そこで、『デモトレードでドカン負けをしないで100万円を150万円くらいにできたらリアルトレードにもどろう。』漠然とこんな風に考えてリアルトレードは封印。デモトレードをリアルのつもりで開始しました。
    さらに本業を一日休み、一人レンタルスペースにこもってデイトレ大百科やTRIBE、リオン式の重要だと思われる動画や資料を再確認し、自分なりのトレード手法・トレードルールをまとめました。及川式手法・エントリールールは『壱の型』から『拾の型』まで分類しました(流行の『鬼滅の刃』風になっちゃいました。ちなみにリオン式は『七の型』まで分類してあります。)

    そして、デモトレードではエクセルで損益や勝ち負け、獲得Pipsだけじゃなく『用いた手法やルールが何の型だったか』を記録していきました。結果は8月からデモですがドカン負けはなく『100万円を150万円』は2回達成。10月からはリアルトレードに復帰。現在は負けることはもちろんありますが、以前のようなドカン負けはなくなりました。『手法やルール』を再構築し、なにより『損切りの大事さ』を自分の中で強く意識することでドカン負けをしないで、逆行った時はちゃんと損切りできるようになりました。自分でも大きな進歩だと思います。

    長々と書きましたがここからが、本題です。トレードでは基本自分でまとめた及川式『壱の型』から『拾の型』でエントリーするようにしていましたが、最近になって『型からはちょっとずれる』または『どの型にも当てはまらない根拠』でエントリーし、結果勝ててる日が増えてきました。
    そういう場面の中にはエントリー時は型にはまってなくても、時間が経ってからリペイントで上位足MAが書き換えられて絶好の及川式エントリーポイントになり後から見ると『~の型』になっている場合ももちろんあります。
    ですが、『時間帯』『通貨の相関・強弱』『自分で引いた水平線』『上位足からの方向性』等、分類した型にない根拠でエントリーしている場面も多いです。うまく説明できませんが、簡単に言うと及川先生ならここで入るだろうって所でエントリーしてます。そして、それらのトレードの勝率は日ベースで約77%。分類した『型』で入ったトレードと遜色ない成績です。

    相場は似たような動きをすることはあっても同じチャートの日はないはずです。パターンに分類できたとしても相場は簡単にパターンを逸脱してきます。
    故に『時間帯』や『通貨の相関・強弱』で短期デイトレを行う場合、『型にはめたトレード』や『チャートパターンのみでトレードする』ことは意外に難しく細かい厳密なルール作りは実は困難。もちろん、『大火事になる前に損切りする』とか『スーダラトレードはしない』などの大負けしないためのルールは厳守ですが、『型にはまらない』『ちょっと型からずれる』からこそ日々の相場のちょっとした変化や流れに対応できるのではないか。最近そんな風に思うようになりました。

    正直ちょっと勝てるようになってきたんで、調子に乗ったただの傲慢発言のようにも思いますが、自分なりに及川組としてトレードを積み重ねてきた上での最近の実感です。

    長文失礼いたしました。

    • Satyさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >『マイルールはとても大事。でもガチガチに型にはまる必要はないのでは?』と思うようになってきた

      ↑いきなり大変興味深いテーマですね。
      ここでの結論を先に申し上げますと
      実は僕も「同感」なんです。

      >簡単に言うと及川先生ならここで入るだろうって所でエントリー
      >それらのトレードの勝率は日ベースで約77%。分類した『型』で入ったトレードと遜色ない成績

      ↑はい、実に面白い!
      本当にその通りだと思います。

      >『大火事になる前に損切りする』とか『スーダラトレードはしない』などの大負けしないためのルールは厳守ですが、『型にはまらない』『ちょっと型からずれる』からこそ日々の相場のちょっとした変化や流れに対応できるのではないか。最近そんな風に思うようになりました。

      ↑読み始めの時点で回答文を書き始めましたが
      ここはまさに僕が書こうとした内容とほぼ同じなので
      書きかけのアンサーをいったん消しました(笑)

      そのくらい「同意見」だということです。

      ちょうどひとつ上の「hakuさん」のアンサーでも触れていますので
      引用させてください。

      ↓引用ここから

      ・スンナリ勝つ時のイメージ
      ・手こずる時のイメージ
      ・ピンチになる時のイメージ

      これらを「かかる時間」と共にイメージすることで、
      逆に言いますと、そのイメージが出来ない時点ではエントリーをしないと。

      僕はYouTube動画でも
      よくフライング気味にエントリーすることが多いのですが
      これは上記3つのイメージが出来ているからだと自分では思っています。

      つまり、
      上記3つのイメージが出来る場面については

      『どこでもやって良い!』
      『例え誰がなんと言おうとも』

      こういう話ではないでしょうかね。

      ↑引用ここまで。

      「マイルール」ってやつは
      本来ならもっと広い範囲内における
      「絶対外してはならぬ位置」に置くことが良い、
      これが僕の本音なのですが、

      ただし、そうすることで
      「ユルユルなトレード」「言い訳ばかりのトレード」になりかねないため
      普段はあまり声を大きくして言えません。

      けど、本質はSatyさんのおっしゃるとおりだと僕も思っています。

      例えば、

      女性を口説く際は、3回振られるまで諦めない

      こんな「マイルール」だとヤバいことになりますよね(笑)

      実際には数回断って、
      それでもあきらめないくらいのオトコが好きな女性もいるかも知れませんが
      そうでない女性だった場合は警察に通報されかねませんので(苦笑)

      相場を「生き物」と捉えることこそが重要で、
      その場合、上記のようなマイルールはトンチンカン以外のナニモノでもなくなります。
      (ちょっと極端な例えですみません^^;;)

      「相手に合わせる」
      「相手のご機嫌に応じて対応を変える」

      具体的にはマイルールでは損切り位置ではない場合であっても
      「継続してもムダ」な時はさっさと損切りする、みたいな。

      >正直ちょっと勝てるようになってきたんで、調子に乗ったただの傲慢発言のようにも思いますが

      ↑いやいや、まったくそうは思いません。
      それどころか本件の話こそが相場、特にデイトレの本質だとすら思う次第です。

      大変面白いやりとりとなりました♪
      ありがとうございます。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生。コメント失礼します。

    及川先生はよくベンチマークとして一日2%の利益があるといいと仰っていましたが、先生含め先生の周りの勝ち続けている方々はどの程度の利率の成績なのでしょうか。
    日利2%というと月500pipsくらいだと思いますが、このくらいなら無茶せずとも割とスムーズに達成できるイメージでしょうか?
    月1000pips、2000pipsなどは先生や勝っている方々でもやはり無茶なイメージなのでしょうか。

    • ハマとおる様
      コメントありがとうございます。

      >先生含め先生の周りの勝ち続けている方々はどの程度の利率の成績なのでしょうか。

      ↑ここは本当にバラバラです。
      ほとんど統一性ないんじゃないかなぁと。

      そもそもトレードスタイルも僕のような短期デイトレの人ばかりではなく、
      なおさらです。

      >日利2%というと月500pipsくらいだと思いますが、このくらいなら無茶せずとも割とスムーズに達成できるイメージでしょうか?

      ↑僕はご存知のとおり弾数が多いので計算がややこしいのですが
      単ポジに引き直した際、充分無理ない水準だと思います。

      >月1000pips、2000pipsなどは先生や勝っている方々でもやはり無茶なイメージなのでしょうか。

      ↑いや、僕が今のようなノンビリモードでない時期は
      このくらいはやっていましたよ。

      その代わり毎日、そこそこ長時間やってましたが^^;;

      無茶か?無茶でないか?と聞かれるなら
      僕のアンサーは「断然無茶ではない」となります。

      ただし、ここは取引出来る時間帯や、
      その人の生活リズムや性格なども絡んで来ます。

      「無茶をしないくらいのほうが勝てる」
      こういう人もいますので、
      そこは自分の特性をよく理解した上で取り組むと良いように思いますね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    お久しぶりです、2回目のコメントとなります、とんままです。
    幼い子供の手術があり、ここ2か月ほどトレードを休んでおり、最近トレード再開しました。ちなみに、無事手術は成功し、術後の経過も良好です。

    お休みしている間、SNSのアカウントで、及川式を実践されていていつも同じ型でトレードしている数人の方々の投稿だけを見るようにしていました。リオンちゃんもいつも同じようなチャートで勝負していますが、上手い方々もやはり、いつも同じようなチャートで同じ時間帯で勝負していることが多いように思えました。みなさん自分の型をおもちですね。型がひとつの方もいれば、いくつも持っている方もいらっしゃいます。

    これをやったことで、いい形になるまでトレードをやらない、という感覚がわかるようになりました。うまい方々でも、自分の持ち場でしか勝負しないのだから、初心者の私がいろいろ突っ込んでも勝てるわけがないとやっとわかりました。笑 及川先生のおいしいところだけ、やってやってもいいところだけをやるという言葉をやっと理解したとおもいます。

    SNSをやると情報過多で、及川式ひとつとっても様々な勝ちパターンがあり、自分はどれをやればいいの?と迷いがでていましたが、情報を絞ったことで、その迷いを捨てれたのが、今回大きな一歩になったとおもいます。いまも、その数人の方々以外のトレードは見ないようにしています。

    12月にはいってようやくトレードをじっくりできそうな状況なので、この感覚を大事にして、自分の型を極めたいと思っています。デイトレ大百科の講義1~3も反復して見て及川式の理論を脳にすりこみ、実践で反射神経レベルで行えるように持っていくのが今の目標です。

    また、SNSで及川式の勝ちトレーダーの方々が何度もアドバイスを下さりました。自分の利にもならないのに、こんな私目に無償でご指導くださって、本当に徳の高い方々だなとおもいます。Youtubeでご自身のトレードを公開してくださり、ブログコメントでは懇切丁寧に相談に乗ってくださる及川ismが受け継がれているのだと思いました。このご恩を仇で返すことにならないよう、自分も型を極めてたんたんとトレードできる域に持っていきたいと思っています。そしていつか自分のような初心者さんに何かヒントを与えられる存在になりたいです。

    まだトレードを再開しはじめたばかりで、勝率うんぬんもいえるものがありませんが、いい報告ができるよう精進します!

    • とんまま様
      コメントありがとうございます。

      >幼い子供の手術があり

      ↑そんなことが・・・
      それは心労などもあわせ、かなり大変だったでしょうね。
      手術は成功とのことでまずはなによりです。

      >SNSのアカウントで、及川式を実践されていていつも同じ型でトレードしている数人の方々の投稿だけを見るようにしていました。
      >みなさん自分の型をおもちですね。型がひとつの方もいれば、いくつも持っている方もいらっしゃいます。

      ↑やっていくうちに自ずとそうなっていくでしょうね。
      というか、それがないままですと、いつまで経っても偶然性から抜け出せませんので^^;;

      >これをやったことで、いい形になるまでトレードをやらない、という感覚がわかるようになりました。
      >うまい方々でも、自分の持ち場でしか勝負しないのだから

      ↑本当にその通りだと思います。

      >いまも、その数人の方々以外のトレードは見ないようにしています。

      ↑情報過多はまったく同感でして、
      僕はSNS自体、普段はまったく見ることがありません。

      >12月にはいってようやくトレードをじっくりできそうな状況
      >SNSで及川式の勝ちトレーダーの方々が何度もアドバイスを下さりました。

      ↑おぉ、それは素晴らしい。
      こういう話を聞くとSNSも悪くないと思います^^

      >いつか自分のような初心者さんに何かヒントを与えられる存在になりたいです。

      ↑まさに「第2のリオンちゃん」ですね。
      ぜひともそうなっていただきたいです、
      心よりお待ちしていますので♪

      今回はアレですね、
      なんていうか「決意表明」みたいな。

      あまり先を急ごうとはせず、
      あえて「気楽」にやっていただきたいなと思います。

      もちろん「テキトーに」とは意味がまるで違いますが
      もう、そのへんはご理解済ですよね(笑)

      嬉しいご報告をお待ちしています。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    ご無沙汰しております。
    約半年ぶりに投稿させて頂きます。
    (先日のビッグボスキャンペーン記事では質疑を投稿させて頂きましたが。)

    とはいえ物凄い数の生徒さんを抱えていらっしゃるので私の事はあまり記憶にないかと思いますので簡単に自己紹介しますと、今年1月に『FXって何?』から勉強を始めて『絶対に専業トレーダーになる!』と決めて2月から実践トレードを始めた46歳会社員です。

    4月に初めて投稿した際に、師匠に覚えてもらえるようにと考えたハンドルネームが師匠に『ハンドルネーム最高!』とウケてもらえたことが、もう遠い昔の事のようです。

    さて、今回の投稿は少し早いですが師匠へ今年一年の感謝と、私の現況をお伝えしたくて投稿しました。

    私は4月の初投稿で『絶対に専業トレーダーになって年内に今の会社を退職する!』と宣言し、師匠から『意気込みは買うがどうか慎重に。』と諭されました。

    そして現況を結果から申し上げると、会社も退職していませんし資金も増えていません。

    4月の投稿時に『元手50万で始めて年内に月収40万は可能でしょうか?』との問いに師匠は『十分可能です』と仰って頂きましたが、それも年内には達成出来そうにありません。
    私の力足らずで申し訳ございません。

    しかし、今は資金管理上、元手10万からのスタイルでトレードしていますが、月利40万も時間の問題だと思っていますし、もっともっと増やして専業への道筋もおおよそ見えています。
    来年、資金は増えていくと思っています。
    現実的にロットをどこまで張るかによりますが、一年後に月利50万からMAX250万くらいまでは可能と試算しています。

    なぜそこまで思えるようになったか。
    2月からの大まかな変遷を聞いて下さい^^;
    ・2月
    国内業者で元手50万、10万通貨単発トレード、スマホでFXデビュー。ドル円しか知らないまま、今思えばコロナ不安による下落トレンドにたまたま乗っていきなり利益を出す。
    ・3月
    コロナショックでさらに儲けようとするも、逆に負けが混んで一気にマイナスに転落。
    このままでは資金を溶かすと思いロットを落としてスキルアップ向上目的のトレードに変更。
    ・4月〜5月
    及川師匠に師事すると決めてデイトレ大百科で勉強。スマホで仕事中でもどこでも常にトレードしていたスタイルから、PCで21時半過ぎから23時までに限定(現在は冬時間なので22時から23時半頃まで)。通貨ペアもドル円のみから10通貨ペア相関の及川式を実践。天才チャートも装備完了。しかし思うように結果は伸びず。トレードは一時デモに移行。
    ・6月
    及川式に慣れてきて勝てるようになったもののナンピン失敗からのドカン負けパターンでやはり月利はマイナス。
    ・7月〜8月
    なかなか勝ちきれず低迷。毎日保存している10通貨ペアのキャプチャー画像で過去チャート検証の結果、21時45分頃時点であるチャート形状の通貨ペアを見つけて入り、23時まで保有すれば勝てる法則を大発見!
    実践してみるもやはり勝てず…迷走。笑
    ・9月〜10月
    迷走しながらまたも考えた結果『リオンちゃんと同じで自分には複数通貨ペアを同時に見ながら判断するというのは向いていない。もったいない気はするけど思い切って一つに絞ろう』と、及川師匠やリオンちゃんもNY時間でオススメしていたポンドドルに絞ってトレードするも、やはり勝ちきれず。『何かジャジャ馬過ぎて自分にはしっくりこない。』『もっと素直にずっと自分が何となく一番好きなポンド円にしてみよう』と、ポンド円に固定。

    そこから勝率が安定。
    日ベースでほぼ負けなくなり(9月8勝5敗、10月14勝4敗)で初の月間プラス。
    ・11月
    3月から抜け出せなかった『低ロットでスキルアップのためのトレード』から『資金を増やすトレード』に移行。
    日ベース13勝4敗で月間ももちろんプラス。

    といった感じです。

    12月、1月はチャートを注視しながら年明けの通常の流れになるまで無理せず備えようと思っています。

    まだまだ経験も浅く課題(エントリーすべき場面とすべきでない場面の精度向上)もありますが、
    それは逆にまだまだ上手くなれるということだと前向きに捉えています。

    現在に至る変遷の中で自分でターニングポイントだと思うのは、
    まず外部から無作為に入ってくる情報(様々な手法や考え方、経験談など)を見ないようにして、日々のトレードの中で自分で感じて考えながら、必要と思う情報(自分に都合の良い情報という意味ではなく調べたい情報)だけを自分で探すようにしました。

    師匠には本当に不躾な話で申し訳ないのですが、ブログコメントも見ないようにしています。
    ブログコメントにはどうしても『うまくいっていない人の悩み』が多いですよね。『ついこうしてしまう。ドカン負けしてしまう。全損してしまった』など。
    私は元来めちゃ弱い人間で『俺なんかどうせ』といった諦め根性が根底に染み付いているので、そういった『負のスパイラル』を聞くと自分もいつまでもそこから抜け出せなくなると思ったのです。
    こんな言い方をすると人のせいにしている様ですが、そうではなく『とにかく自分で悩んで考えて抜け出そう。そうしないと自分はすぐ負の方向に引っ張られる』『良いイメージだけを持っていよう』と思いました。
    そこからは一切ブログコメントは見ないようにしました。

    これは本当に語弊を招く話だとは思いますが、師匠には話の本質はご理解頂けると信じてのカミングアウトです(^^;

    でもブログ記事とYouTubeは欠かさず観ていますので^ ^
    尾崎の弾き語りは私も世代ですのでマジで鳥肌でした!

    そして10通貨ペア相関の及川式は自分にはモノに出来ないと判断して、周りがすすめるポンドドルでもなく、自分のフィーリングを信じてポンド円に限定したこと。
    毎日同じ時間帯だけポンド円だけを見る。他の時間は全く気にもしないし当然チャートを見ることもない。
    (今となっては他の時間にトレードなんて怖くて出来ません^^;)

    さらに『手法』に頼らず、毎日『生のチャート』の中で真剣にトレードしながら、その日の反省と検証を日々重ねて培われる『自分の感性』を信用してエントリーする。

    手法も相場も信用しない。

    なので判断基準は天才チャートのMAと自分で引く水平線とローソク足の形のみです。
    あとはトレード前に30分足・1、4時間足・1日足、週足のボリンジャー+20SMAのみのチャートをさっと見て、強いサポレジラインの確認や、ローソク足の位置や形から『この30分、1時間の動き』を何となくイメージしておく。

    前日のトレード終了後のチャートを確認して『答え合わせ』をする事も欠かしません。

    始める時間もやめる時間も限定しているので『この形状になったら、このサインが出たらエントリー』という様な手法に頼るよりかは、『今の位置からどうなったらどこまでどうするか』を考えて、チャートの一部だけを切り取って利益を拾う。
    なのでトレンド中でもレンジでも、その場の状況に合わせるだけです。

    欲張って儲けようとしない『勝ち逃げ最強』が基本で、でも絶対に勝ちで終わることに固執するのも禁物で、負けるときは許容範囲内で負ける分には問題ないと割り切る。 
    とにかく『正しく負けること。そうすれば今の自分であれば勝ちを追わずとも勝ちがついてくる』
    そう信じて明日に備える。

    自分のキーワードはとにかく『一定』です。

    同じ時間に同じ通貨ペアだけを、毎日同じ考え方でエントリー、利確、損切りする。

    ロット設定も自分なりにしっくりくる、精神衛生的にも負担のない、その日毎の証拠金に応じた可変ロットにしています。

    ミソは証拠金が増えるとロットが上がりますが、負けてもロットは落としません。
    連敗続きで全損するまで同ロットです。
    証拠金に対するロット割合も世間一般で言われている割合よりも高いですが、それくらいのリスクは負って良いと考えています。

    勝率が安定して正しく負けていれば事実上は全損する可能性は極めて低いという考えです。
    仮に全損したとしても、元手はあくまで全自己資産の一部の範囲からのスタートなので『健全な精神状態』でトレード出来る範囲内での証拠金にしています。

    そして証拠金が増えればロットも増えて、複利の威力がどんどん増していきます。
    しかし、どんなに増えても証拠金に対するロットの割合は常に一定です。

    そしてある程度の金額になれば、それこそ万が一全損した時の精神的ダメージが大きくなりますし、ロットも大きくなってきますので一旦出金して利益を確保して、残した証拠金でのロット設定で、再度また複利の力を借りて淡々と同じことを続ける。
    (数年前の師匠のブログでも『複利の威力』を説いた記事を執筆されてましたよね。)

    1日に取るpips数も変わりません。ちなみに取れるのは10から20pips程度です。数pipsの日もあります。
    それでも安定した勝率と正しい負け方で勝っていれば、資金を溶かす事なく、時間と共に増えるはずです。
    その増やすペースも決して焦らず追っかけず『時間の問題』と割り切って同じトレードを淡々と続ける。
    ごちゃごちゃ先のことを考えずに、欲張らずに一定の気持ちで続けるのみです。

    そうすれば来年は師匠にもっと良い『結果』報告が出来ると信じています。

    ブログコメントは見ないとか及川式は合わないとか、言いたい放題言い放ってしまって本当に申し訳ございません。
    しかしながら、私の師匠はこれからも及川師匠に他なりません。
    ここまでたどり着けたのも師匠に出会えたおかげです。紛れもない本心です。

    TRIBEなどのコミュニティ等にも参加した事もありませんし(タイミングが合っていれば参加していたとは思いますが)、『及川組』とはまったく言えない『勝手な取り巻き』でしかありませんが、これからも及川師匠を遠くから追いかけながら、少しでも近づけるように頑張っていきます。

    私は『専業トレーダーになる!』と言っていますが、自分にとってFXはあくまで自分の目標とする生き方を叶える為の『手段』です。
    趣味でもゲームでも職業でもありません。
    お金はあくまで生活に必要な『モノ』。
    その収入源として今はFXを利用して、お金のための生活から抜け出し、『自分の人生』を全うしたい。それが目的です。

    前回の投稿でも師匠に『一番刺さりました!』と仰っていただいた事ですが、
    幸いにも私は妻の理解があるので、こうやって毎日夜の時間にトレードに専念出来ています。
    私の妻も師匠の奥様と同じように『家を支えてくれさえすれば良い』という感覚で、私のする事にあまり口を挟むことはありません。
    そんな妻への感謝と恩返しのためにも、必ず目標の暮らしを達成します。

    今はまだ何も得ていませんし、ようやくスタートラインまで来れたというくらいですが、自分の目標を叶える為、焦らずに今日も明日も淡々と精進していきます。

    今回は私の『スタートから10カ月間の変遷とこれからの戦略』を師匠にご報告して、一言でも率直なアドバイスが頂ければと思ったのと、何より今年一年の感謝を師匠にお伝えしたくて投稿させて頂きました。

    またしばらくは自分のトレードに専念して投稿は控えると思います。
    次は先日のTRIBEメンバーさんのように良い『結果』を報告出来る日まで。

    師匠もくれぐれもご自愛ください。

    長文にて失礼します。

    少し早いですが、来年も何卒宜しくお願い致します。

    • 三度の飯よりメッシ様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >師匠に『ハンドルネーム最高!』とウケてもらえたことが、もう遠い昔の事のようです。

      ↑いやいや、バッチリ印象に残ってますので
      そんなに遠くは感じていませんよ(笑)

      全文、拝見しました。
      さすがに長い!ですが(笑)

      まずはここまでの「経緯」から。
      いろいろやった結果、ポンド円に絞るようになったのは
      僕の感覚でも良策ではないかなと思いました。

      >外部から無作為に入ってくる情報(様々な手法や考え方、経験談など)を見ないようにして、日々のトレードの中で自分で感じて考えながら、必要と思う情報(自分に都合の良い情報という意味ではなく調べたい情報)だけを自分で探すようにしました。

      ↑これも良いと思います。
      僕はネットやPCのスキルが低いせいもありますが、
      FXを初めて以降、他人様の情報はほとんど見ないでやって来ましたし、
      それで良かったと思っています。
      (情報を上手に取り入れられる人ならもちろんそうされるのもアリだと思いますけどね)

      >『とにかく自分で悩んで考えて抜け出そう。そうしないと自分はすぐ負の方向に引っ張られる』『良いイメージだけを持っていよう』

      ↑トレードなんてどのみち「自分だけの世界」ですし、
      性格や環境の違う人と自分を比べても仕方ないですもんね。

      >尾崎の弾き語りは私も世代ですのでマジで鳥肌でした!

      ↑ならばOKです!
      なんて、もちろんここは冗談です(笑)

      >『自分の感性』を信用してエントリーする。

      ↑良いフレーズですね。
      相場は「生き物を相手にしている」くらいの感覚が良いと僕も思ってやってます。

      それと「感性」って人によっては曖昧に聞こえるかも知れませんが、
      例えばオネーちゃん口説く時に
      「こうなったらこうしよう」なんていちいち考えて言葉なんか出ませんからね(笑)

      ゆえに僕も「感性を磨いておく」が一番だと思う次第です。

      >前日のトレード終了後のチャートを確認して『答え合わせ』をする事も欠かしません。

      ↑これ、メッチャ大切です♪
      なんていうか「イメージの構築」に役立ちますよね。

      「証拠金」のくだりも、僕はそれで良いとの立場です。
      というか、僕も世間的にはかなりハイロットの部類だったからです。

      >自分にとってFXはあくまで自分の目標とする生き方を叶える為の『手段』
      >お金はあくまで生活に必要な『モノ』。

      ↑はい、完全に同意いたします。

      >幸いにも私は妻の理解があるので、こうやって毎日夜の時間にトレードに専念出来ています。

      ↑ここは本当にありがたい環境ですよね。
      「アンタを信じて良かった」と必ず言わせてあげてくださいね。
      というか、言われた時に一番嬉しいのは自分なわけですけど(笑)

      >『スタートから10カ月間の変遷とこれからの戦略』を師匠にご報告して、一言でも率直なアドバイスが頂ければと思ったのと、何より今年一年の感謝を師匠にお伝えしたくて投稿

      ↑アドバイスは・・・ないですね、マジで。

      大のオトコが「やる!」と言ってるわけですから、
      「OK!がんばってください!」しかないですよ♪

      ハンドルネームのインパクトは生きたままですので
      安心(?)してトレードに専念なさってください。

      どれだけ期間があこうとも、即座に思い出せる自信がありますので(笑)

      ご健闘を心よりお祈りいたします。
      ではまた!

  • 及川師匠
    いつも動画楽しみにしております。
    最近は似たような場所でのエントリーがとても多く非常に嬉しく思っております。
    12月3日の動画の日はポンドドルのロングで取れました。

    最近はポンド円、ポンドドルのみを監視しており
    2か月ほど1日単位では負けなしでトレードできており
    順調に来ておりましたが

    12月4日欧州時間
    15MAを中心に大きく上下に揺さぶられ、3連敗し
    複数ポジションでトータル300PIPS (約5日分の利益に相当) 負けてしまいました。

    ただ思ったより心のダメージは軽く、19時以降から100PIPS取り返したものの
    1日で200 PIPS負けてしまいました。

    本日投稿しましたのは
    12月4日のように拡散しながら上下に激しく動く相場での立ち回り方を
    ご教授いただきたく投稿させていただきました。

    普段は上下に水平線を引き、抜けた戻しの15MAでエントリーしているのですが
    この日はそれが全く機能せず、何度も逆に抜けており
    15MAを逆に抜ける際も、指値の損切りを-10PIPSに設定していても
    一気に動き-30PIPSまで滑って決済されてしまう始末です。

    本来であればユーロが綺麗な動きをしていたのでユーロを触るべきでしたが
    監視通貨が多い時期は全く勝てておらず、ポンドだけに絞ったところ勝率が安定してきたので
    今はポンド円、ポンドドルしかしないというルールを自分に課しております。

    動きが変だと思ったらトレードしないという選択もできたかもしれませんが
    現場ではそれが判断できず、このような結果になりました。

    もし、師匠が12月4日欧州時間のポンド円のようなチャートでしかトレードできない場面が来た場合
    どのように立ち回っていましたでしょうか?

    アドバイスいただけますと嬉しく思います。
    お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

    • ヤッターマン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >12月4日欧州時間
      15MAを中心に大きく上下に揺さぶられ、3連敗
      >指値の損切りを-10PIPSに設定していても
      一気に動き-30PIPSまで滑って決済されてしまう始末

      ↑チャートを確認してみました。
      18時45分のポンドはなんかあったんでしょうね(汗)

      これをポジション持った状態で食らってしまっては
      言うまでもなく僕でも対処不能だったはずです。

      アレ、その前の16時台17時台もトンでもない動きのようで・・・
      これは確かに厳しい。。。

      >もし、師匠が12月4日欧州時間のポンド円のようなチャートでしかトレードできない場面が来た場合
      どのように立ち回っていましたでしょうか?

      ↑実を言いますと、僕は19時台にポンド円をロングしています。

      19:21&19:23&19:24にエントリーし、
      19:45に140円(キリ番)で決済。
      (一部残したポジションは少し下で切らされてますが)

      先月の僕はYouTube動画以外のトレードを一切していまんせんでしたが
      今月は12月ということもあり、
      多少は動画以外でもやりたい意向を持っていました。

      ただし、もはやオカルトの世界の話なのですが
      僕は偶然にも今日は19時過ぎからチャートを見始めてたんです。
      (当初はトレードする予定ではなかったから、が最大の理由です)

      もし、、、
      今日がYouTube動画の日で17時前後から見ていたとしたら、
      17:35の足終わりのユロポン、ドル円を観た上で
      ポンドドルのショートはやっていたかなぁとの印象です。

      これであれば4時間足MAまで10PIPS強はあるので
      保有10分弱で利食えたのでは・・・と。

      で、ここを取れたら僕の場合はそれで終了のはずです。

      ただし、それ以外の時間にエントリーを「してしまっていた」としたら
      相当苦労はしたと思います。

      ただし、17時台序盤はユロポンがユーロ強い側だったので
      ポンド円の押し目ロングをしていただろうか、みたいな。

      仮にやっていたとしても、
      上述トレードの時点でドテンだったはずなんですけどね。

      で、ドテントレードで「チャラ終わり」だった場合に
      ポンドドルの戻り売りを18:30にしていたとしても
      おそらくは10PIPS強抜けてるので逃げれたのではないか?

      手前みそで恐縮ですし、
      所詮は終わったチャートからの後講釈ですので
      どうか寛大なお気持ちでお聞きください。

      一見するとかなり難しいチャートでしたが、
      僕の普段の「短時間&PIPSチキン利食い」でやっていれば
      おそらく勝ち逃げは出来たのではないか?
      恐縮ながらそのような印象でおります。

      あくまでご参考まで!

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  •  デイトレ大百科を購入し、動画を全部見ました。そして、リオンさんのトレード動画がきっかけで急に勝てるようになりました。
    本当に教材と動画をありがとうございます!!
    11月27日から米雇用時計発表までの12月5日まで毎日プラスで、合計240pips獲得できました。
    銘柄はGBP/JPYで、ニューヨーク時間のみ、毎日2時間くらいです。

     きっかけの理由が3つあり、1.上位足の解説、2.エントリーは上下幅の端、3.複数ポジション です。
    また、理解に役立った知識がデイトレ大百科の動画で、4.前回高値、5.水平線、6.パーフェクトオーダー です。

     水平ライン引いたおかげで、中長期目線と短期目線でトレンド把握ができ、伸び方や反転の仕方が想像しやすくなりました。
    全体的に上昇トレンドだから、安値切り上げない限り、上目線だなと予想しながらエントリータイミングを待ってました。
    できる限り上下幅の端から入り、パーフェクトオーダーになりそうなところでとりあえずエントリーし、様子見てエントリー価格より下がっても買い増しもしました。
    水平線のおかげで損切りラインも利確ラインも確認できました。

     その後の動きは、伸びたり反転したりしましたが、なにより利益で終えたことがうれしかったです。
    もし伸びた分も取りたかったらさらに勉強しようと思いました。

     今週のトレードを終えて振り返ったのですが、自分の中では、5分足はタイミングだと感じました。
    及川さんとリオンさんの動画のおかげでタイミングが少し見えてきました。
    上位足でトレンド把握することだけで、どっちを狙おうかなって思えるので、その方向を意識してポイント探しができました。
    今週2度、上位足で見ると逆張りをしましたが、いったん下げたので逆張りでエントリーして勝てました。

    いままで勝ったり負けたり、コツコツドカンで全損でしたが、今週はなぜかオールプラスで勝率100%でした。
    タイミングがよかっただけかもしれないのですが、水平線だけはしっかり引けるようになりたいです。
    その思いで、4時間足に引きすぎてストライプ模様になってしまいました。

     本当にデイトレ大百科と動画がなければ見えなかった世界です。
    さらにきっかけとなったリオンさんの動画もなければ、初心者の自分にとってシンプルに考えることができなかったと思います。
    本当にありがとうございます

    どうしても報告したかったので、2週前ブログですがコメントさせていただきました。

    • おしず様
      コメントありがとうございます。

      >リオンさんのトレード動画がきっかけで急に勝てるようになりました。

      ↑それは何よりです♪
      こちらこそありがとうございます。

      >きっかけの理由が3つあり、1.上位足の解説、2.エントリーは上下幅の端、3.複数ポジション
      >理解に役立った知識がデイトレ大百科の動画で、4.前回高値、5.水平線、6.パーフェクトオーダー

      ↑後半は僕へのお気遣いかも知れませんが、
      それでも充分嬉しいです(笑)

      >自分の中では、5分足はタイミングだと感じました。

      ↑そうですね、まったくその通りだと思います。

      >さらにきっかけとなったリオンさんの動画もなければ、初心者の自分にとってシンプルに考えることができなかったと思います。

      ↑リオン式は彼女が教科書通りの勉強で、どうしても勝てなかった中、
      「自分なりのやり方でいいんだ!」と吹っ切れた時点で激変した経緯を手法としています。
      彼女自身、普段はほとんど負けないので、
      そりゃタメになるはずですよね^^

      >どうしても報告したかったので、2週前ブログですがコメントさせていただきました。

      ↑ここのコメント欄は本文記事とはまったく関係ない内容で溢れています(笑)
      「相談窓口」というか、
      ここ自体がある種コミュニティー的な使われ方をしておりますので、
      今後も遠慮なくコメントをお寄せください。

      というか、
      僕の更新頻度が低いことも要因ですので(苦笑)

      このたびは嬉しいご報告をありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    早朝にも関わらずご返信くださり、本当に感謝いたします。

    まず、19時20分台のトレードでは同じ場面で取れていたので一つ安心しました。

    >ただし、17時台序盤はユロポンがユーロ強い側だったので
    ポンド円の押し目ロングをしていただろうか、みたいな。

    この場面ですが、私はこの時ユロポンを見ておらず、個別チャートのみで判断しており、抜けの戻しという1つの根拠でしかエントリーしておりませんでした。

    なのでやはり、ユロポンの強弱をしっかり見てエントリーしようと思います。

    >仮にやっていたとしても、
    上述トレードの時点でドテンだったはずなんですけどね。

    こちらも、以前は15MAを強く抜けたときはドテンしていたのですが、
    以前はなんでもかんでも抜けたらドテンして負けてしまっていた時期があり
    即ドテンは封印してしまっていました。
    なので、今後は臨機応変に対応しようと思います。
    具体的には、ポンド円、ポンドドル揃って強く抜けた場合(15MA、1HMAも揃って抜けたら尚よい)だけは即ドテンも考慮してトレードします。

    >で、ドテントレードで「チャラ終わり」だった場合に
    ポンドドルの戻り売りを18:30にしていたとしても
    おそらくは10PIPS強抜けてるので逃げれたのではないか?

    こちらもおっしゃる通り、18時30からポンド円、ポンドドルを2発ずつショートしており、一時的に30PIPS強の含み益が出ていました。
    しかし、4HMAがあるのにも関わらず、前回安値までは引っ張るという自分のルールを優先し、利食いができておらず結果的に逆に抜けてしまいました。

    こうしてみると、やはり負けるべくして負けているのだと痛感しました。
    トレンドが綺麗に出ている時は、今のルールでも勝てており、仮に1度負けても次のトレードで取り返せる場合が多いのですが

    昨日のような拡散型の波動や大きなレンジに巻き込まれるとどうしても負ける場面が多いので
    ①通貨の強弱は必ず確認しポンドが劣勢の場合はエントリーを控える。
    ②15MAを逆に抜けた場合、損切りだけでなく、抜け方によってドテンしても良い場面なのかも考慮しトレードする。
    ③含み益が出ている場合、前回高安値を狙っていても、間に上位足がある場合
    そこから反転する可能性を考慮し、
    利食い、もしくは半分だけ利食いし、もう半分はトントンの位置に損切りをズラす。

    などもルールに盛り込みたいと思います。
    以前はルールを忘れたり、関係ないところでエントリーし負け続けていたところ
    思い切ってルールをガチガチに固めたところ、勝率が安定しましたので
    少し慢心していたのだと思います。
    なので今後はもっとルールに幅を持たせる代わりに、自分の見極め力を磨き柔軟にトレードしていきたいと思います。

    また、昨日の18時30の場面では
    含み益の状態から1秒ほどでいきなり-30PIPS(4本で120PIPS)の損切りを食らい、一瞬の出来事だったためドテンするという判断ができませんでした。

    なので、いい勉強になったと思い、ドテンなどいつでも即座に次の手が打てるように、逆に言った場合の想定と気持ちの余裕をもってトレードしたいと思います。

    以前は負けても悔しいだけでしたが
    最近は負けても、師匠のおっしゃるように、あらゆる場面を一周するという考えで
    トレードのバージョンアップができているように思いますので
    さらに腕を磨き、さらに勝率を高めていきたいと思います。

    本日はお忙しいのにも関わらず、本当にありがとうございました。

    • ヤッターマン様
      ご返信ありがとうございます。

      全文拝見しましたが、
      ご理解の度合いは充分ハイレベルだと感じています。

      「分かってる」ことはやはり大きいですので
      今後、さらなる進展が期待出来るものと確信しております♪

      >こうしてみると、やはり負けるべくして負けているのだと痛感しました。

      ↑ここは少々言い過ぎな気もします。

      エラそうに言っている僕自身、
      ちょっとした「アヤ」でドツボにハマる可能性はいつだってありますし。

      今回、様々な「工夫の余地」について触れられてらっしゃるので
      今後、どのようなアジャストをされていくのか楽しみです。

      我々が相手をしているのは「生き物」「生もの」ですので
      最終的にはちょっとした息遣いなども感じ取れるようになりたいものですよね。

      お互いがんばってまいりましょう!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 面倒な質問かもしれませんが、回答いただけたら嬉しいです。
    1時間足MAからの逆張りをメインにトレードしようと思っているのですが、常にチャートを見ながらそこまでくるのを待っているのは疲れるので1時間足MAにタッチしたらアラートがなるような無料のインジケーターがないか探しているのですが、なかなか見つかりません。
    何かいいインジケーターをご存じでしょうか?

    • らく様
      コメントありがとうございます。

      >1時間足MAにタッチしたらアラートがなるような無料のインジケーターがないか探しているのですが、なかなか見つかりません。

      ↑すみません、
      僕はツール系にまったく詳しくありませんので
      僕ではとてもお答えが出来かねます。

      例えばヨン様ならおそらく作れるとは思いますが、
      彼も現在、尋常ではないくらいの多忙状態ですので
      本件をそのまま依頼することは難しいです。

      もし、誰かがそういったインジケーターを知っているようなら
      今後の動画などでご案内することを検討しますね。

      お役に立てず申し訳ございません。

  • こんにちは。

    今回はOCOについてご意見いただけたらと思います。

    及川式では使用されないことは承知の上で、先生の見解をお聞きしたいです。

    当方乳幼児のいる子育て主婦でして、
    ずっとチャートに張り付いて見ているわけにはいかない状況です。
    ならやめたほうがいいと言われそうですが・・・
    こんな状況でもなんとか自分のスタイルを見つけ
    勝てるように努力したいと思っています。

    主にするのは東京時間なのですが、動きが遅かったり、
    うまく見つけれなかったりしたときには、
    16時のブレイクに飛び乗ることもあります。
    そのときに、念のため(突風に巻き込まれないため)OCOを入れておいたりします。

    及川先生の動画の中で、ショート狙いで入ったけれど、
    「その前にあったレンジの上までは想定内で損切しない、そこまでは耐える予定」のような場面があるかと思います。

    そのような場合、上の方の相談にもありましたが、
    見ていられたらヒゲで終わりそうだから損切しないなど判断ができますが、
    少しラインから余裕をもってOCOの逆指値をいれていても、
    そこまで到達してから下がる、という場面などにもよく遭遇します。

    方向はあっているのに、調整で切れてから進んだりが多く、
    損切貧乏になっています。

    入る場所が悪いと言われればそれまでなのですが・・・

    やはり「見れないときはやらない」が正解なのでしょうか。

    以前はスイングをされていたというお話でしたが、
    その場合もOCOなどは使用されなかったのでしょうか。

    東京時間の見れるときは使用しません。
    主に欧州の忙しい時間に入ったときに突風に巻き込まれないため入れています。

    いつも申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    • 2秒後の未来を照らしたい様
      コメントありがとうございます。

      >当方乳幼児のいる子育て主婦でして

      ↑あれ、女性だったんですか?
      僕、ずっと男性のつもりでアンサーしていた記憶なんですが(汗)
      だとしたら失礼も多々あったかも知れません。
      恐れ入りますm(_ _)m

      さて、、、OCOについてですが、
      そうですね、僕は短期デイトレでやっているので
      まず使うことはありません。

      「ならやめたほうが良い」などとはもちろん言いませんが
      それでも僕のような短期デイトレをやってらっしゃるのであれば
      そこはやはり「観れないときは難しい」と言わざるを得ません。

      あくまで僕の私見ですが、

      1.東京時間(見れている時間)はこれまで通り
      2.欧州も監視可能な時間帯のみとし、
      利益が乗ったポジションを一部利食い後、残りを微益位置にストップし放置、
      またはトレイリングストップ設定にするなどで放置。
      3.長期足(4時間足など)のスイング手法を取り入れる

      このようなやり方だとどうでしょう?

      特に欧州時間は
      一番荒れた動きになりやすいので
      そこを監視なしで短期デイトレとしてやるのは
      ちょっと無理があるのではないかと思う次第です。

      >以前はスイングをされていたというお話でしたが、
      その場合もOCOなどは使用されなかったのでしょうか。

      ↑かなり大きめな位置に念のためのストップなどは入れていましたが
      OCOはほとんど使った記憶がありません。
      ただし当時は、
      使い方もイマイチ理解出来ていなかったのが原因でもあるんですけどね(苦笑)

      そんなこんなでご満足いただけるアンサーが出来ず
      申し訳ございません。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。はじめまして。
    私は数年前事故事故に会い、普通に働けない身体になってしまいました。。そうなってしまい、『人生この先どうしよう。。どうやって稼いで生活していったらいいんだ。。』っと困ってしまい、落ち込んでいた所、あなたの動画を偶然発見し、はじめて拝見させていただきこういった世界がある事を知りました。。

    『すごく稼いでる人だなー。すごいなー。』っと感心しました。

    幸い貯金はある程度あるので私もやってみようかな。。っと思ってネットでももっとよく調べてみるとこの世界で稼いで生活するのはとても難しい。一握りだ。っとたくさんでてきたんですがはじめてこの世界に足を入れる私でも必死で勉強すれば及川さんの様に稼げるようになれるんでしょうか?

    まだこの世界を知った段階の人間ですが人生に行き詰まってるわたしの人生の突破口になる方法の一つになる可能性があるので動画を投稿されている及川さんにお礼を言わせて下さい。

    感謝しています。ありがとうございました。

    • 人生迷走になった。様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ネットでももっとよく調べてみるとこの世界で稼いで生活するのはとても難しい。一握りだ。っとたくさんでてきたんですがはじめてこの世界に足を入れる私でも必死で勉強すれば及川さんの様に稼げるようになれるんでしょうか?

      ↑相場の世界は世間において
      「9割の人が負ける」と言われています。
      それを「ひと握りしか上手くいかない」と言うのであればそうなんだと僕も思います。

      ただし、逆に一割の人間は勝っているとも言えるわけで
      ここをどのように捉え、そして取り組むか?ではないでしょうか。

      ちなみに僕は人生におけるチャレンジに
      「確率論」を持ち出したことはありません。
      そんなことを言い出す時点で
      それは「チャレンジ」でもなんでもないと思うからです。

      そんな中ではありますが、
      どのような世界に踏み出す場合であっても
      その世界をよーく理解するための知識や経験が必要であること、
      これまた間違いのない事実だと思います。

      おそらくですが、
      最初からトントン拍子で上手くいくのは難しいかと想像します。
      いや、あるいは始めるタイミングによっては
      はじめから上手く行く可能性もあります。

      けれども、そのままずっと上手く行き続けることはおそらくないはずでして、
      そういう中でどう対処していくか、
      それでも継続していくのか、
      問われるとしたら「そこから先」になるものと想像いたします。

      僕は現在の活動を7年近く継続しておりまして、
      その過程においてなかなかな人数の「億超え達成者」や
      「プロと呼べるレベルの人」が育っていきました。

      これはひとえに「ご本人の創意工夫の賜物」でして、
      僕などはわずかなきっかけ程度にすぎません。

      その一方で、勝てるようにならぬまま
      諦めてしまわれた人もその数倍、あるいはそれ以上いらっしゃるわけです。

      さぁどうする?
      これが現時点で僕が申し上げられるすべてです。

      僕は他人様の人生を変えられるほど大きな人間ではありません。
      あくまでやるかやらないかは取り組む方ご本人の問題だと思っています。

      そんな中、僕が出来ることと言えば
      「僕自身が勝っているやり方をご覧いただくこと」です。

      チャレンジする価値がある、そうお感じの際は
      どうか参考にしていただくなり、盗み取っていただくなりなさってみてください。

      チャレンジをする!という人を
      僕は心から応援しております。

  • 12/7 Youtubeの動画を拝見させて頂きました(^-^)

    私も全く同じ時間でエントリーをしていたのですが質問させて下さい。
    私がチャートを見た時間は17時20分頃でした。
    その時間EURGBPが急激な上げAUDJPY下げAUDUSD下げUSDJPYが上げでした。

    私的に思ったのはAUDが両方下げているけどGBPAUDも同じような勢いで下げているのでこれはEURに引っ張られているのかな?と思いGBPAUDはショートだと思いエントリーしました。
    最近の中では底値だなぁと思っていてロングに変わるかも知れないとは思っていて注視していました。

    師匠と全く逆のエントリーです@@;

    私がエントリーした時は下げてくれて20Pipsは取れたので間違いは無かったと思ったのですが疑問が浮かびました。

    師匠は私より少し早くエントリー(ロング)をされていたのですがなぜロングになると思われたのか凄く知りたいです。
    MAから離れていたのでロングで戻る気はしていましたがそのタイミングがいつなのか?は私には全く予測は出来ませんでした。

    結局は師匠が正解で少ししたら上げて来ていたので凄い!と思ったのです。

    そこで質問なんですが師匠的にはどういった事が根拠でロングを選択されたのか?
    損切覚悟でのエントリーなのか?
    戻ると分かっていてのエントリーなのか?
    私がショートだと思ったのがそもそも間違いなのか?
    を教えて頂ければ幸いです。

    この時、起きたてだったのでリスクリワードを計算していませんでした。
    後で考えると怖いエントリーだったと思います@@;

    • Kashima Masahiro様
      コメントありがとうございます。

      >12/7 Youtubeの動画を拝見
      >私がエントリーした時は下げてくれて20Pipsは取れたので間違いは無かったと思った
      >師匠は私より少し早くエントリー(ロング)をされていたのですがなぜロングになると思われたのか凄く知りたいです。

      ↑うーむ、実に困りましたね。
      あの場面を正解・不正解で切り分けるとするなら
      Kashimaさんこそが正解側で僕は不正解だったと思います。

      あのトレードは僕にとってもはや言い訳ばかりでして、
      不謹慎ながらまず、、、

      1.その後飲み会の予定があり「チャチャ」っと終えたいヨコシマな思惑があった
      2.一応上位足の下げ止まり位置を模索をしていましたが、
      そもそも短期デイトレで上位足の位置を目標におくのは根拠として脆弱(危険)

      このような状況だった次第です。

      僕のことをいったん横に置きKashimaさんのトレードに話を戻しますと、
      勢いがあるうちに順側に乗り、適度なところで利食い(勝ち逃げ)をした、、、
      これが「正解」ということで良いと思います。

      確かにリスクリワードは決して良くなかったかも知れませんが、
      それ以上に「下落の勢い」が勝っていた場面でしたので、
      あそこはそれで良いはずです。

      ただし、今後の話をしますと、
      あのような強い下落が「平時」ではありませんので
      いつでもどこでも飛び乗りクセになるのはよろしくない、
      動きが急激でないと感じる際は戻り売りに徹する方が長い目で見たら安全だとは思いますので
      そのあたりのご留意があれば良いかなと思います。

      >損切覚悟でのエントリーなのか?
      戻ると分かっていてのエントリーなのか?

      ↑僕の中ではイケる、との判断でしたが
      上述のような状況から「ユルい判断」だった点は否めません。
      それゆえ損切りが遅れてしまい、結果損切りをせずに耐えることとなってしまいました。
      大変危険なトレードだったと思います。

      戻ると分かっていたか、につきましては
      あそこからのショートは絶対に出来ないと思っていたため、
      ある意味戻すだろうという意識はありました。
      ただし、最初から読み切っての行動ではありませんでした。

      Kashimaさんのショートについての見解は上述の通りです。

      僕のほうは大変お恥ずかしい内容でしたので
      そこもしっかりと付け加えさせてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 【泥沼】
    いつも補講動画ありがとうございます。
    トレード初めて2年半になります。
    最初は全然勝てず、収益がトントンになるまで1年半かかりました。
    今年の3月くらいから週単位・月単位で負けは無く、月末に出金して小遣い程度ですが収入を得れるようになってきました。

    しかし、10月後半から負ける事が多くなり
    今現在、もう何をやってもダメな状態です。
    焦っているのか、逆張りが多くなってしまったり
    順張りにしないといけないと思って強く意識すると
    ルール通り損切になってしまったりと
    もう成すすべが無いくらいの状態に陥っています
    あれだけ簡単に取れていた2.30PIPSが今は全く取れなくなってしまいまして。
    重症です。

    相場を絶対諦めたくもありません。
    及川先生が相場で勝ち始めたのは何年くらいからでしょうか?(糞質問とは分かっています。参考程度に教えて下さい)
    また、泥沼にハマった時に対処方はありますでしょうか??

    • のじ様
      コメントありがとうございます。

      内容、拝見しました。
      随分と混乱されてらっしゃるのが分かります。
      そんな時に無理やりトレードを続けてもドツボにハマるばかりですので
      本来ならいったんお休みしてアタマを冷やすことをオススメしたいところです。

      >及川先生が相場で勝ち始めたのは何年くらいからでしょうか?

      ↑過去にも何度か話題にしていますが
      僕は相場歴自体はかなり長いです。

      ただし、長いこと苦しんで来たのは株式投資のほうでして
      株では過去に資金の全損を3回食らっています。

      その後FXに移行するわけですが
      株時代の経験もあってかFX自体ではさほど苦労はせず
      最初の時点からプラス収支で推移して来ました。

      ご質問の主旨を株時代からと受け止めた際、
      途中の退場期間も加えると、それこそ7年くらい苦しんだことになります。

      ただし株時代も決して負け続けだったわけではありませんで
      途中途中はいずれも勝てていました。
      しかし、大きな波を直撃で食らっての全損が二回。

      最後の一回は当ブログ内の「無一文物語」6度目の無一文転落時のお話として掲載していますので
      興味がありましたらそちらをご覧ください。

      ※ブログ左上のタブ「トレードブログ」にマウスを当てると
      「無一文物語」というカテゴリーが出現します。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。僕は現在43歳です。
    単刀直入にご相談ですが、FXでの利益を株式に再投資したいと考えてます。
    資金管理の観点からも出金はコンスタントにしてるので現時点で銀行口座には着実にお金が増えていってます。
    ですが利益をそのまま寝かせておくのは投資家として非効率だと思うのです。
    もちろん「投資」なのでキャピタルゲインではなく、インカムゲインです。
    その昔は株式をやった事もありましたが相場観もなく上手くいきませんでした。

    これまでFXでチャートを腐るほど見てきて、苦い経験もたくさんして相場観を養ってきたことは少なからず株式でも活かされるものだと考えています。
    株式の場合、これに加えファンダ要素も重要であることも重々承知しています。
    僕も40代半ばにさしかかろうとしていて若くはありません。
    複利を使い、投資で勝手にお金が入ってくる仕組みをなるべく作って、むちゃくちゃ裕福でなくともせめて老後は苦労しない暮らしをするためにも手段として配当株にどんどん再投資していくことが最強じゃないかと考えました。

    例えば10年以上連続増配No.1の花王(4452)の直近の価格は1株7700~8000円ぐらい。チャートを見ても月足は右肩上がりで、優待はありませんが配当金による株主還元が、増配の見込みも含めて大変手厚くなっているなどがあります。
    優待など要らないからより配当が高い方が再投資もできるし僕はその方が魅力的です。
    こういう会社に投資したいですが、花王は100株からしか買えないので最低でも80万円のお金を用意しないといけない。用意はできますが株式投資に回していい余力資金はこの歳で恥ずかしながら900万弱(全財産)です。
    これとは別にFXの資金は用意してあり、ずっとFX口座に入れてあります。

    そこで、米国株にも魅力を感じていて、どこかしこもSNSなどで表に出てきてる投資家達が開示するポートフォリオの中にはほとんどETF S&P500が組まれてました。他にS&P500のNISA積み立てなども。
    単元縛りじゃなく1株からでも買えるし、ETFのS&P500は確か過去動画でホリーさんも本当におすすめと仰ってたような、それを思い出しました。

    この手のYouTubeを見てみようとしたらおすすめでトップに中田敦彦さんのチャンネルの動画が登場し、中田さんも米国株の銘柄選定に迷って面倒臭い人はETFのS&P500を少しずつでいいから買っとけばいいよと強く推してました。
    FXは労働であり、配当がないので勝手にお金が入ってくる仕組みにはなれません。
    仮想通貨も長年現物を握り続けてやってますが仮想通貨も同じ。

    僕の年齢も決して若くはないので、かすり傷ならまだしも、投資をやるにもビジネスをやるにも復帰できないほどの大失敗はもう許されません。
    今の10代20代平成生まれの人は情報がたくさんで投資環境が恵まれてますよね、羨ましい限りです。43歳で株式投資はもう遅いでしょうか?
    良くてもギリギリの年齢だとは思いますが、諦めず毎日かなり色々な事を調べまくっています。ファンダ要素を重視するってこんなに大変で難しいんですね。

    僕の中で結論付きかけてるS&P500をETFで買い増していく選択は配当利回りも高いしおそらく悪い選択ではないとは思うのですが、先生からしてもFXの利益の再投資先の第一歩として米国株やS&P500はおすすめでしょうか?
    ただ、ダウも3万円を突破し、史上最高値で不安な気持ちも少々。

    個人的な印象として日本企業と比べてアメリカの企業はすごく成長率が高い印象で、だいぶ安くなった所から「押しては買い増し」をくり返したいです。
    FXと違って現物の長期保有だし配当も出るので少しずつ買っていくならいいかなと考えてます。

    ただ、リスク回避に分散投資も考えていて脇が甘いことはなるべくしたくはありません。あの苦しみはFXでもうこりごりです。
    投機投資においてリスクはもちろん承知の上なので含み損や少々の損失は受け入れるつもりだしFXで十分すぎるほどそこは慣れてるつもりです。
    900万がすっからかんなんてレベルの無駄にだけはしたくなく、あとはFXで得た利益でも再投資をやるのでしばらくは投機家&投資家として資産形成をしていく第一歩として、何かワンポイントアドバイスがあればぜひお聞きしたいです。
    色々な先人の方々のご意見、及川先生のアドバイスも参考に、最終的には自分で総合的に考え判断を下したいと思いますので宜しくお願いします。

    • 犬好きなオッサン様
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      しっかりと考えられており、頼もしく感じました。

      僕もホリーさんとの対談後
      たまたま中田あっちゃんの動画も観まして、
      彼の伝え方は素晴らしいなぁと感服していた次第です。

      さて、どこからお話をしましょうかね。。。

      まず43歳からの件、
      僕はまったく遅いとは思いません。
      というか、どのみち時間は戻せませんので
      人生的には「今日の自分」が一番若いわけでしてね(笑)

      僕の最後の無一文が41歳の時であることを鑑みても
      まだまだ今からやれることはあると思います。

      僕には娘が3人いまして、
      実はホリーさんとの対談後、全員に証券口座を作らせました。
      S&P500かNYダウを買わせるためです。

      ※ここは僕のオススメというよりは
      ホリーさんや中田あっちゃんの影響からです(笑)

      やり方としてはドルコスト平均法の変形で、
      基本買ったら放置でなおかつ配当は再投資。
      ただし、上昇の月は追加せず、
      下落した時だけ追加していく形です。
      ですので、まだ言うほどは買えていません(苦笑)

      今ある資金を全部同じタイミングで突っ込むよりかは
      慌てず騒がず少しずつ入れていくってのはどうでしょう?

      それと僕の考える理想形は
      こういった投資を長く継続し続けることを目的に
      「カネを稼ぐ!」という概念を同時に持つことです。

      ここは余計なお世話になりかねないので慎重に聞いていただきたいところなんですが
      例えば副業、例えば独立起業、例えば社内起業など、
      今以上にバリバリ働きバリバリ稼ぐ、みたいな行動も同時に取り、
      人生に張り合いや充実感を持たせる、なんてのもアンチエイジングの観点から良いように思うのですが
      どんなもんでしょうか。

      結果、バリバリ稼げるようになったとして、
      上述の投資と並行し、今の人生自体も豊かなモノへと変貌させる、
      なんてのは実にロマンがあって良いと思ってしまう僕がいるわけです。

      あ、ただしここをFXで、なんてのはオススメしにくいです。
      現状コツコツ利食っている人のペースを崩して欲しくありませんので。

      若干ネガティブな話もさせていただきますと、
      世の中、株だ株だってなって来ている状況なので
      本音はここからのスタートはどうだろう?という気持ちもあります。

      株の長期投資&再投資での複利運用については、
      低迷期、それこそ世間の誰もが株なんかに興味を持っていないような時期から始めたいのが本音です。

      現在の株高については
      ・世界中がカネをジャブジャブ刷っていることによる無理くり相場
      ・アメリカの権威維持は今後も本当に可能かどうか。
      ・中国共産党のリスクは?
      などなど、そこそこ大きな爆弾も内包しているように思うんですよね。

      そういう意味も含め、
      一気に資金を入れるのではなく、
      例えば上記のようなやり方にするなども
      ご検討されると良いのかなぁと個人的には思ったりするわけです。

      あくまで僕の個人的な意見ですので
      どうか上手にお聞きください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠 
    7日のYouTubeのブログコメントにチョイスしていただきありがとうございます。
    いつも丁寧なコメントを頂き感謝しております。
    さすがは師匠。メンタルは「メンタル力の強化」ではなく、
    「メンタル力が低いままでもやれるやり方」と一番心に響きました。
    いままでTRIBEで勝ち方ばかりを求めていました。しかし、勝率はいいものの負けがお聞かせできないぐらいの負けっぷり。そこで勝つ方法は負け方なのではと思い今回のコメントでした。
    私も良い子、悪い子、普通の子 見ていた世代です。
    大変分かりやすく返信だけではなく言葉でもらえると身に沁みます。
    事前に想定 含み損の時は今からやるならどっち
    今後に生かしていきます。
    また結果報告か悩み相談かわかりませんが今後ともよろしくお願いいたします。

    • haku様
      コメントありがとうございます。
      また勝手に動画で取り上げてしまい申し訳ございません^^;;

      おかげさまで大変良いやりとりになったことから
      紹介させていただきました♪

      >私も良い子、悪い子、普通の子 見ていた世代です。

      ↑そうでしたか、なら良かったです。
      今の若い人はまず知らないでしょうからね(笑)

      >事前に想定 含み損の時は今からやるならどっち
      今後に生かしていきます。

      ↑このあたり、いずれは無意識というか
      トレードモードに突入した時点で徐々に俯瞰できるようになるはずです。
      というか、そうなればシメたものってのも含めてです。

      お互いがんばってまいりましょう!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今日は、師匠だったらどうするのかな、どういう風にしてきたのかな、というのをお聞きしたくコメントさせて頂きます。

    私は、師匠の色々な側面、トレードでもトレード以外のお考えや言動、思考などからも様々なインスピレーションが得られる気がして、例えば及川先生の昔のyoutube動画(トレード解説以外のもの)や先日の弾き語りなど、トレード以外のお話などもよく聞いています。ちなみに弾き語り後の11月の成績はとても良く一日以外は全勝でした。一日だけちょっと決め打ちな入りを(こともあろうにポンオジさんで)分厚いロットでしてしまい、小さくはない損切がありました(500万弱位)が、その損切は絶対に何があっても切らないといけない場所だとわかっていたので、速やかに切ったのですが(それでも切れずにとんでもないアナザーワールドに連れて行かれたことが過去何回もありますので)、その直後妙に心静かで、当たり前にしたその損切にとても満足な気持ちでした。11月はそれまでの貯金が結構あったので、また明日がんばろーと、その日のトレードは終えようと思ったのですが、メンタル的に非常に落ち着いていて、まだ今日できそうだなと思ったので、なんとなくチャートは眺めていて、その後3回位のトレード(トレードと言っても便乗即逃げのせっこぉ~い利食いでした)で損切り分を埋め、微益でその日を終えることができました。

    直近のyoutubeでも’相場は生き物’というものがありましたが、私は、色々な価値観や世界観、人の気持ちに対する深い理解、痛みや欲望などいろんな感情、心理を日々自分の人生の中で感じて、それが豊かになっていくほどに、トレードが向上していく感覚がありました。少なくとも自分の場合は、フィボなんとかを勉強するより、例えばキャバ嬢のフロアーでの攻防(自分はキャバ経験はないので、あくまでも想像です^^)、なぜその日そのタイミングでA氏ではなくB氏に目をつけ、その言葉、その行動をチョイスしたのか・・を考える方がトレードには活きました。もちろんその世界だけが全てではなく、他のどんな分野からでも共通することが学べたり、やはりインスピレーションを得ることができると思いました。

    もう今ではポンドさんがどんな動きをしても自分のメンタルが揺らぐことはあまりないのですが、それでも、トレード以外の自分自身や自分以外の周りのことなど、自分のメンタルを激しく強く揺さぶるような何か不測の事態が起きた時、起こっている時(天変地異も含め、家族や大切な人の事故、病気、仕事上の何等かのトラブルなどなど・・)、単純にその期間はトレードを中断する、というのが多くの人なのだろうと思いますが、それでも続行する、と決めた場合、どんなことを及川先生は考えてこられたか、その際のアドバイスなどがもしあればお聞かせ頂けますか?

    及川先生の長いトレード人生の中で、他の人や周りがどうであるかば別として、トレード以外のことでご自身の心が激しく揺さぶられる状況というのは少なからず存在したかと思うのですが、そんな時、師匠はどんなことをお考えになりどう行動されたか、また、その時を振り返ってみてのご助言などがあればご教示願えればと思います。

    • gg様
      いつもコメントありがとうございます。

      >小さくはない損切がありました(500万弱位)
      >その後3回位のトレード(トレードと言っても便乗即逃げのせっこぉ~い利食いでした)で損切り分を埋め、微益でその日を終えることができました。

      ↑「心静かに」これを出来たってのは凄いですね。
      もう達人の領域と言って良いかも知れません♪
      あ、冗談ぽく言ってはいますがかなり本音ですので。

      >少なくとも自分の場合は、フィボなんとかを勉強するより、例えばキャバ嬢のフロアーでの攻防(自分はキャバ経験はないので、あくまでも想像です^^)

      ↑ここ、僕的には「苦笑しきり」ですが、けど嬉しいというか、
      あらためて共感いたします。

      >他のどんな分野からでも共通することが学べたり、やはりインスピレーションを得ることができると思いました。

      ↑僕は時々「トレードも人間力」とかホザくのですが、
      ここ、なかなか理解してもらえない中、
      こういうお話が出来るのはとてもシアワセに思います。

      >自分のメンタルを激しく強く揺さぶるような何か不測の事態が起きた時
      >そんな時、師匠はどんなことをお考えになりどう行動されたか、また、その時を振り返ってみてのご助言などがあれば

      ↑実に難しいご質問ですね。
      大したお話は出来そうもないのですが、
      「いよいよ大きな出来事」のときはトレード休んじゃっていたはずです。

      というか、そこまで心揺さぶられる出来事が
      そもそもなかったかも知れません(汗)
      いや、あったのかなぁ、本当に思い出せないですね。

      おそらくですが、
      トレードどころではない事象が生じた際は
      「休む」という意思をあえて持たずに「やっていなかった」。

      で、そこまで大きな事象でない時には
      「普通にトレードが出来た」ということだと思います。

      基本僕はトレード中に他のことを考えることはないんです。
      良く言うと「無の境地」でして、
      逆にそこが侵食される状況の時は
      トレードをしよう、という発想が自然と湧かないんだと思うんです。

      もしかしたらここ、案外重要なのかも知れませんが
      要するに僕って、トレードを人生の中心になど置いてないってことではないかなと。

      あるいは昔はもっと執着していたのかも知れませんが
      少なくとも今は執着めいた気持ちは一切ないんです。
      別に出来なければ出来ないでいいや、みたいな。

      ある意味YouTubeがあるから続けていられる、
      ここは言い過ぎだと思うものの、
      それでも現に11月は動画以外のトレードを一切しませんでからね(苦笑)

      あまり参考にはならないかも知れませんね。

      そんな中、やはり「執着しない」
      それこそggさんのような「心静か」が大切なのではないでしょうか。

      と、こんな感じで今回はシメさせていただきます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも貴重な情報を発信して頂きありがとうございます。
    「チキン利食い」について悩んでおり、初コメントさせて頂きました。

    私は含み益が出た状態から含み損になる状況を極端に嫌います。
    「逃げといてよかった」と思うことよりも
    「もっと利を伸ばせたのに!」と思うことの方が多いです。

    エントリの方向はあっているもののの、途中で戻しがあると「せっかく得られる利益が逆に損になってしまう」と悲観的になります。
    エントリー時に「ここまで耐える」と決めていたラインも無視して、イーブンになるぐらいまで戻されると逃げてしまいます。
    その結果、再び当初狙っていた方向に相場が向かい、「もっと利を伸ばせたのに!」ということが多く、コツコツドカンになってしまっているのが現状です。

    これはメンタルの問題なんでしょうか?
    先生はこのような問題を抱えていた時があったのでしょうか?
    及川先生の観点からアドバイス等いただければ幸いです。

    • 勉強中!様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「チキン利食い」について悩んでおり
      >これはメンタルの問題なんでしょうか?

      ↑メンタル面もないとは言えませんが
      一番は「経験」ではないかと想像します。

      と、いうのも
      チキン利食い自体は僕もまったく同じなのですが、
      「その後伸びる」あるいは「伸びそう」というパターンの時には
      キッチリ逆抜けで損切りするまで持ってしまうことが多いからです。

      つまり、その後キッチリ伸びて然りという場面と
      この展開は危険かも?と感じる場面の区別はある程度出来ているわけです。
      これは要するに「知っている」という部分ですよね。

      今後「せっかくエントリーしたからには白黒つくまで持つ!」
      仮にこのように決めたとして、
      「あぁ、やはり逆抜けされてしまった」
      「こんなならチャラ逃げしておけばよかった」
      こういう時もあるかも知れません。

      けど、それって次回以降に
      「この展開は逃げておくほうが良い」と感じる経験として活きるのではないでしょうか。

      というか「活かすために今のトレードがある」
      このような考え方が良いと思います。

      僕はよく「デイトレの腕前なんて所詮は経験の蓄積でしかない」
      こんな風に言うこともありましてね。

      毎回迷って結果オーライ、、、ではなく、
      今目の前のトレードを勝とうと負けようと、
      次回以降の「経験の蓄積」として活かせるようにしよう!

      こういう意識で、今やってることをいかに無駄にしないか?
      こちらこそが重要ではないかなと思うのです。

      このような意識でトレード経験を積み上げることで
      徐々に様々なパターンへの対応が可能となったり、
      それこそ「勘」も働きやすくなるはずです。

      なぜなら「勘」ってやつも実は
      過去に経験したデジャブであることが案外多いからです。
      (少なくとも僕はそう思っています)

      思い切った実験を試みる際は
      なんならデモ口座でってのも一考かと思います。

      「オレの今やってるトレードはすべて未来のオレに役立つ経験でもある」

      目先の勝ち負けも重要ではありますが、
      僕は「未来の自分」それこそ「資金が増えたあとの自分」のために
      今からチカラ強いトレーダーへとなるための経験の蓄積をなさっておくと良い、
      そのように思う次第です。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠はじめまして。ysと申します。
    これまでFXを2年間やって累計で1000万ほど負けており、取り戻そうと日々勉強中です。
    これまでは負けっぱなしのトレード人生だったのですが、つい最近転機が訪れました。
    先日fxismで紹介していただいたBigBossのキャンペーンで30万円を入金し、これを元手に順調に勝ちを重ねることができた結果、これが昨日12/8夕方の時点でなんと360万円まで増えました。
    及川式やリオン式のチャート分析をベースに、5pips-15pips程度の利確を1日数回重ねていく手法でトレードしていった結果、プロフィットファクターが2.5、勝率が8割近く出るように鳴りました。
    まだまだ負け額は大きいですが、結果が出始めていたので「今度こそうまくいきそう」と思っていました(過去形・・・)。
    昨日、ロンドン時間の13時すぎ、ポンドドルがものの数分で100pips近く急騰した場面がありました。
    私はその時にショートポジションを持って、ある程度の利益が出ていたので、逆指値で利益を確定させたつもりでいました。
    ところがあまりの急騰故、逆指値が引っかからなかったのです。
    いきなり200万近い含み損になり、狼狽し、損失を助けようと普段と違うトレードをした結果、360万円がほとんどすべてなくなってしまいました。
    短期間とはいえ、積み重ねた360万をまるごと失くすとは・・・明るい未来が見えかけていただけに、ショックは大きかったです。
    逆指値が通らないことがあるという知識不足に加え、Brexitが注目され、相場の急変が懸念される中、大きい数量を張ってしまうという相場認識、資金管理についても猛省していますが、逆指値が通らずにひどい目に合うまでは、内容的にはいいトレードができていたのも事実です。
    まだ数日引きずりそうですが、また相場に挑戦しようと思います。

    本当は360万円を1000万円にしてから喜びのご報告をしようと思っていました。
    正反対のネガティブなご報告になってしまったことは心苦しいですが、私自身の戒めのため、また気持ちの整理のため、コメントを残すことで胸を借りさせていだたければと思います。
    今度こそプラマイゼロにして、喜びと感謝のご報告をしたいと思います。
    今後も有益な情報を発信してくださることをいちファンとして切に願っています。
    この度はお忙しい中お読みいただき、ありがとうございました。

    • ysさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >BigBossのキャンペーンで30万円を入金し、これを元手に順調に勝ちを重ねることができた結果、これが昨日12/8夕方の時点でなんと360万円まで増えました。

      ↑これは凄まじいペースでしたね。

      >昨日、ロンドン時間の13時すぎ、ポンドドルがものの数分で100pips近く急騰
      >ある程度の利益が出ていたので、逆指値で利益を確定させたつもり
      >ところがあまりの急騰故、逆指値が引っかからなかった

      ↑チャート、見に行きました。
      これはまた、凄い急騰だったみたいですね(汗)

      >いきなり200万近い含み損になり、狼狽

      ↑これは僕でもキツかったと思います。
      というか、人間なら誰でもってくらいのレベルです。

      >本当は360万円を1000万円にしてから喜びのご報告をしようと思っていました。

      ↑前段のペースであれば、そうなっていた可能性は充分ありましたので
      ショックやダメージの大きさは僕でも充分想像が出来ます。

      ただし、、、
      たまたま直近の動画でもお話していますが、
      今回みたいなのを「億超え後」に食らっていたら
      さらに一大事になっていた、とも言えます。

      トレードの内容自体はかなり手応えを掴めてらっしゃるとも想像していますので
      ここからの復活を大いに期待させていただきます!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも実戦的な動画ありがとうございます。なかなかうまくいかなく、落ち込んでるいる時に拝見したのですが及川先生でも見立て違いがあるのだからヌルい自分が百発百中するわけゃない。明日からも頑張ろう、と良い発破になりました。

    出来れば及川先生の体験をお聞かせ願いたいのですが、さすがの先生にもあまり勝てない、というか勉強中の時期があったと思います。
    今の御姿からはとても想像できませんが…
    そんな先生が「あ、俺いけるな…」みたいな実感を掴んだ時、先生の中で何か変わった感覚はあったんでしょうか?
    私はいつも「あ、何か掴めたな」と感じて1週間くらいは勝てたりするのですが、すぐに元の木阿弥になってしまい…
    大成の切っ掛けとなった感覚などあれば是非お聞かせください

    • キタッチ様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生でも見立て違いがあるのだから

      ↑と言いますか、日々普通にありますよ(苦笑)

      >「あ、俺いけるな…」みたいな実感を掴んだ時、先生の中で何か変わった感覚はあったんでしょうか?

      ↑うーむ、どうでしょう。
      僕に関しましては「一気に変わった」みたいな感覚の記憶はないですね。

      理由はまさにキタッチさんと同じでして、
      「お!オレいけそう」なぁんて考えだすと大抵負けたもんでしたので。

      で、「ナメたらアカン」「調子コイたらやられる」
      こういう気持ちを毎日しっかりと持ち続けるうちに
      それが習慣化し、結果的に良い感じになって行った・・・
      このような記憶です。

      なんか人生全般に言える話じゃないでしょうかね。
      「オレって天才」とか「俺様」とかになった時点で人は斜陽へと向かう、みたいな。

      慢心せず、今目の前のことに集中をし、
      そういう日々をひたすら繰り返すことが上手くいくコツのようにも思いますね。

      あ、こんな話をすると退屈な人生みたいに聞こえてしまうかも知れませんが、
      こういう行動はトレードやビジネスなど「ある特定のジャンル」のみでの話でして、
      それ以外の時間は遊びを含め大いに楽しめば良いのではないでしょうか。

      結局、、、「地味に愚直に継続」
      ガッカリさせてしまったならお詫びしますが
      けど、これが僕の本音です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 人生相談です。。
    この度、FXで400万円の借金を作ってしまいました。

    定職にもついていないため、支払う事も出来ません。
    もはや自己破産を考えていましたが、親の資産を失うわけにはいきませんので出来ないです。

    このような状況で、人生お先真っ暗です。
    及川さんは何度も無一文になられた経験がありますが、具体的にはどのように借金返済しましたか?

    このような質問になり大変申し訳ございません。

    • ほぼニート様
      コメントありがとうございます。

      >FXで400万円の借金を作ってしまいました。
      >自己破産を考えていましたが、親の資産を失うわけにはいきませんので出来ない

      ↑これはなかなかキツいパターンですね。
      がんじがらめ感が大変そうです。

      >及川さんは何度も無一文になられた経験がありますが、具体的にはどのように借金返済しましたか?

      ↑僕は無一文には何度も転落していますが
      その割に「借金」はないケースが多かったです。

      復活を目指すための借金はありましたが、
      借金によって転落したケースはなかった記憶です。

      多少なり参考にしていただける話があるとしたら
      6度目の無一文からの復活時の件かも知れません。

      「お金がない中でお金を稼ぐ」
      このような経験でしたので、もし興味がおありのようでしたら
      一度こちらの記事をご覧になってみてください。

      第十三話 「6度目無一文」からの復活バナシ
      https://fxism.jp/nomoney-13/

      今後、事態が好転されることをお祈り申し上げます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、10日の動画にコメントを取りあげて頂きありがとうございます。

    先生が自身をチキン利食いと評されるのは存じてましたが、私のチキン利食いと明らかに違います。その差がどこから生じるのか、よく分かりました。

    先生がこれまで想像を絶するトレード数をこなされて来たこと…
    そのトレード一回一回を漫然とするのではなく、次回以降のトレードにフィードバックしてきたこと…
    それらの積み重ねが強固な経験となり、相場の区別ができるに至っていると認識しました。

    私も漫然とトレードしているつもりではなかったのですが、フィードバックのレベルを上げたいと思います。実験はデモでやり直します。

    道半ばで諦めかけた時に、先生の存在を知り、希望を見出しました。通貨の相関、そして、時間軸(単位時間あたりの値幅)が肝なんだと理解しました。波瀾万丈の人生を歩まれた先生の言葉には深みがあり、説得力があります。どうかお身体に気を付けて頂き、ご自愛下さい。そして、元気な姿でこれからも個人トレーダーの希望であり続けて下さい!先生に成功を報告できるよう精進します。

    • 勉強中!様
      先日は動画で紹介させていただきありがとうございます♪
      このように「勝手に」取り上げる僕ですので
      今後も油断なく、よろしくお願いいたします(笑)

      >私も漫然とトレードしているつもりではなかったのですが、フィードバックのレベルを上げたいと思います。実験はデモでやり直します。

      ↑デモを良い意味でフル回転させられると面白い発見が多いと思います。
      ぜひ、そんな風に活用なさって欲しいです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも大変お世話になっております。

    たかたかと申します。

    この度は、昨日の木曜日のユーチューブ動画、
    『[FX]小資金だからこそやっておくべきこと、それが『経験の蓄積』である!というハナシ 2020年12月10日※欧州時間トレード』
    の動画につきましてご質問が御座いますので、書かせて頂きました。

    その内容のなのですが、
    昨日のチャートの相関関係で私が考えましたことは、

    ドル円が上げていて、
    ユーロポンドが上げている場合にエントリーをして良いのは、
    ポンドドルのショート

    ユーロ円のロング
    となり、
    次に、
    ドル円が上げていますので、相関関係で、
    ユーロ円のロングがエントリーして良い、
    と考えたのですが、
    動画の中では、
    ポンド円とポンドドルのショートをやっていらっしゃいました。

    なぜポンド円とポンドドルのショートをやられたのでしょうか?。
    ご教授頂けましたら幸いで御座います。

    宜しくお願い致します。

    • たかたか様
      コメントありがとうございます。

      >なぜポンド円とポンドドルのショートをやられたのでしょうか?。

      ↑前段の相関パズルの件は、その解釈で合っていますので
      まずはご安心ください。

      動画でのポンドドル&ポンド円のダブルエントリーは
      僕から見て「ポンドのシンクロ度合いが高そう」という判断によるものでした。

      それ以外のポイントは以下となります。

      ・ユーロ円は仮に上がってもPIPS的に稼ぎにくそう
      ・ドル円の「影響度」や「相関性への寄与度」は低そう
      ・ならばポンド円の個別チャートを優先しよう
      ・ポンド円が下げならポンドドルはさらに下げる、または同じように下げる
      ・双方とも「明確な利食い目標位置」があった

      このような感じでした。
      参考になれば幸いです。

      では、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは、
    いつもありがとうございます。

    最近、スランプ気味だったのですが、
    過去動画に「稼げない人はまず線を引いてみよう」という
    内容のものを見つけて
    早速実践したら、スランプを脱出することができました。
    もうすぐ底値なのに売ってしまう的なミスを犯さずに済むようになり、
    かなり成績が向上しました。
    ありがとうございました!

    その日のトレード前に直近の最高値と最安値に線を引いているのですが、
    そこで疑問が出てきたので質問させていただきます。
    今更こんな初歩的な質問はたいへんお恥ずかしいのですが、
    恥を忍んでお尋ねします。

    最高値最安値はどれくらいの範囲でのことでしょうか?

    5分足だと一日半くらいしか画面に表示されないので
    1時間足にして6日半くらい表示して
    そのなかで一番高いところと安いところに線を引いているのですが
    これで良いですか?

    それで有効な時も多々あるのですが、
    現時点からあまりに価格的に離れていると、
    そのかなり手前で跳ね返されたりして
    参考にならない時もあるので
    そんな時は
    ・二番目に高いところと安いところ
    ・その日の高値、安値
    にも線を引いてみました。
    でも、有効なのかいまいちわかりません。

    高値安値の線の引き方について
    教えていただけると幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • パールちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >過去動画に「稼げない人はまず線を引いてみよう」という
      内容のものを見つけて
      早速実践したら、スランプを脱出

      ↑そうでしたか、
      それは実に嬉しいご報告です♪
      ありがとうございます。

      >最高値最安値はどれくらいの範囲でのことでしょうか?

      ↑僕はMT4の5分足におけるスケール変更で見える範囲でやっています。

      おっしゃるとおり、あまりに乖離している線は短時間のデイトレではあまり意味がないですので
      「ではその下は?」みたいな探し方を僕もしていますよ。

      ただし、それが「正解」かどうかは正直僕にも分かりません。
      結局のところ「自分が納得出来る場所」「イメージとして行って然りと思える位置」
      ここに引くことで、自分の行動を制御可能なモノにしておきたい、、、
      ある意味ここが一番の目的だったりするんですよね。

      ちなみに、ご質問にはない話として
      今観ている相場がボラが出る前の状態だった際、
      狭いレンジで何度か跳ね返されているところにも水平線を引いておき、
      「ここを抜けたらボラが一段広がる」→「順張り!」
      みたいな管理も大変有効ですのでお試しください。

      ※僕がYouTube動画で結構やってるヤツですので。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、動画いつも参考にさせてもらいます。
    利確に関して、教えてもらえないでしょうか。メンタルに通じるものもあるのですが、例えば今日(12/11)のロンドン時間のポンドルです。日本時間で高値を付けて、少し下落して、MAに反発して、再上昇で、高値付近まで上昇。13時過ぎに、高値更新はないと考え、Shortエントリー。そのあと、上昇したので、数ポジション痛いかして、高値抜けたら損切りを考えていました。そこで、1630頃、いきなりの下落で、そこそこの利益は確保できました。(10PIPS程度)
    ただ、その後、さらに下がって、50-100PIPSさがりました。

    そこで質問なのですが、今回のようにエントリー後、そこそこの時間(今回3時間ぐらい)経ってから利益になった場合、どうしても利確が早くなります。
    目標はあるのですが、保持していた期間の値動きで、戻ってしまうのではないかという不安があります。建値から、数PIPS(今回は10PIPS)で利確してしまいました。

    エントリーしてすぐにプラスになった場合は、そこそこ目標をもって耐えられます。

    値動きに振り回されるのも原因かと思うのですが、何か良い対策があれば。
    プロコンを使っていて、半分利確とかすればいいのかもしれませんが、安直にプロコンの全ポジ決済のボタンを押してしまいます。(半分利確のボタンがあればいいのかな?)

    よろしくお願いします。

    • zoom zoomさま
      コメントありがとうございます。

      >13時過ぎに、高値更新はないと考え、Shortエントリー

      ↑まず、この判断は面白かったと思います。

      >そこそこの時間(今回3時間ぐらい)経ってから利益になった場合、どうしても利確が早くなります。
      >値動きに振り回されるのも原因かと思うのですが、何か良い対策があれば。

      ↑ここは「トレードのビジョン」に関係している話だと思います。

      どのくらいの時間でどのくらいのPIPSを狙う、または狙えるか?
      という部分です。

      東京時間でエントリーをした上述のプランは面白いと思いますが
      ただしこれって基本は「東京時間内のトレード」ではないでしょうか。

      なぜなら東京時間でどれだけ強かろうが弱かろうが
      欧州時間突入以降、それまでとまったく違うトレンドになることも
      普通にあり得るからです。

      つまり、欧州の下落を取ろうとするのであれば
      13時台のポジションからではない、と僕は思います。
      それこそ16時半からエントリーすれば良い話だと思うんですよね。

      13時台のショートの利食い(10PIPS)は
      ある意味妥当かなと個人的には思います。

      ちなみに
      仕掛けが早過ぎることで長時間白黒つかないことで
      動き出した初期の時点で利確してしまうということは僕にもあります。

      で、ここでの反省点は
      「伸ばせなかったこと」よりも
      「仕掛けが早過ぎて飽きてしまったこと」の方となるわけです。

      あ、もともと数時間持つのが普通のやり方なのでしたらこの限りではありませんが
      けど、もしそうだとしても東京時間から欧州時間へポジションを持ったままで入るのは
      逆側に大きく持っていかれる可能性も考慮した際、イマイチ合理的とは思いません。

      本件の結論は
      「動きの出にくい時間に保有したこと」が原因であり、
      そういう時間のトレードはそもそも効率が良くないのと、
      エントリー時点で欧州時間突入後の動きが読めないことも鑑みると
      むしろリスキー度合いのほうが強いかも知れません。

      理想を言えば、本件の利食い後に
      「欧州時間のトレード」として再度入り直せれば良かったと思いますが
      人間の心理として「利食い値より安い値でショートしにくい」もあると思います。

      ゆえにエントリー出来なかったのだとすれば
      やはり最初のエントリーが結果的に足を引っ張ったとも言えないでしょうか。

      エラそうに語ってますが
      僕もそういう経験は山のようにしていまして、
      だから近年は監視開始時間をいたずらに早くしないよう心掛けている次第です。
      (長く観てりゃ良いって話ではなく、むしろそのせいで損するくらいに思ってます)

      ちなみに僕には「20分ルール」というものがありまして、
      ルールと言うよりは、カラダが覚えているって部分で
      20分を超えた保有は飽きてきちゃうんです。

      ですので動かない時間にエントリーしてしまうと
      本当に動き出した時にはすでに決済済だったりと、
      結局「取り損ね」が増えてしまいます。

      本件もそういう話ではないかなと思いました。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。

    相変わらず勝ったり 負けたりが続き結果的に言えば全然成長してもいない感じですが 相変わらず 負けても再度起き上がる気力だけは続いています。

    特段なにか良いご報告ができるわけでもないのですがコメントさせて頂きます。

    先月、この歳でフリーターの私はコロナの影響でシフトに入れなくて今月収入がかつてなく落ち込み ( 普段はフリーターと言えど40万程度あります)僅かながら貯めた貯金も過去のだいぶ昔の住民税の差し押さえをくらう( 収入があっても支払ってない時点でダメですよね。)など情けない話ではあるんですがいよいよもってもうダメかなぁ、、、なんて 家賃を滞納してしまうか 親へ仕送りを今月辞めるか考え出したりとか、なんか精神的に参ってる時にあるあるなのかも知れませんが自己啓発系の動画やセミナーを調べ出したり 及川さんの動画を見直したり ブログコメントをみたりしていました。

    結果を言ってしまいますと 私を再度ポジティブにしてくれたのは 過去の様々なブログの質問やそれに対する及川さんのご回答でした。
    やっぱりこれがめちゃくちゃリアルで 自分もあるあると共感したり みんな頑張ってるんだなぁと少しづつポジティブとゆうか久しぶりにピンチスタートだけど今月頑張ってみるかぁ!とそんな気になれました( この時は何故かケンカの慰謝料払うために朝晩交通警備員してた時を思い出してしまいました。 アレ辛かったなぁ 泣)
    私はとりあえず 食費と家賃をなんとか払らえるか?って状態でしたが今月分の食費とお小遣いの6万円のうち半分3万入金をし( 失敗したら食費3万でお小遣いなしを1ヶ月過ごす覚悟をしました)
    偶然かたまたまかそのまま負けずに17万円程になり無事全額出金する事が出来ました。( こんな状態なんですが出金するときは何故か断腸の思いでした笑)
    私なりにいままでの勝ちパターン負けパターンを考えたのですが、パターン以前にやはり私には胆力といいますかやりたい願望、乱射が顕著で自己管理能力がまるでないのだなと感じました。
    食生活も好きなものを好きな時に食べていた自堕落。
    遊びたい時には時間の限り遊ぶ お小遣い管理能力のなさ
    ダイエットもやっては辞める継続力のなさ
    以前 及川さんが断食されてましたが、普段から運動されていたり自制されたりがやはり結果に繋がっているのかなぁと思い( 自堕落で努力しないで成功してるアスリートなんかいませんもんね、、、、)
    そこで私なりに勝手に私が出来ると思われる決意表明させていただきます。

    ◎ 毎日起きたら腹筋1回。(正直効果は多分ないですが メンタル的に続けられてるとゆう自己暗示です 小さな事ですがここからスタートします )

    ◎毎月トレード利益1万円+手数料になった瞬間とりあえず出金をして、半分の5000円を上乗せて親に仕送り 残り半分5000円をどこかに募金する( 多分おそらく普段の入金金額が最近10万円程度からスタートなので自分の過去の経験上 1万円スタートだった頃からみても1万も利益増えずに全損ってなかなかなかったはずなので、絶対に全損させない精神的ブレーキと抵抗力の強化。そして普段、動画を普段無料視聴してる利益をトレードで大成功したらどこかに還元したいとずっと考えていたのですが このままの自堕落具合では多分一生無理なんで、それは思考を改めていま出来る範囲からスタートしたいと思います)

    もし最悪ダメならもっと簡単なレベルから頑張っていきたいと思います!

    この度は個人的なピンチを救って頂き皆様方ありがとうございました!

    • ころぴす様
      いつもコメントありがとうございます。

      前半、本来ならかなりヘビーな内容のはずなのに
      心なしかコミカルに描かれているような気もしてしまい、
      スルスルと読み進めてしまいました(汗)

      「決意表明」につきましては
      しかとお聞きいたしました。

      出来ることからやる、ここについてはまったく同意見です。
      が、、、「腹筋1回」はほどなくもう少し引き上げても良いかなと(笑)
      おそらく1回も10回もそんなに変わらないと思いますので^^

      >この度は個人的なピンチを救って頂き皆様方ありがとうございました!

      ↑これを読まれた方は潜在意識の中で「がんばれ!」と思ってくださるはずで
      それらの気持ちが良い方向へと導いてくれるものと信じています。

      どうかがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、及川先生。
    とても面白い内容のブログを拝見させていただきました。私も及川先生に長生きしていただくパワーを送るために「先生のおかげで勝てるようになりましたよ!」って胸を張って報告できるようにがんばります!

    私も他の方と同様に悩みを抱えていまして、もしご回答がいただけるようでしたら、よろしくお願いします。。。

    2つありまして、

    1つがつっぱり度合いについての悩みです。
    通貨の相関関係、シンクロ、個別チャート形状からしてここまで耐えちゃえばまあ負けないでしょ!みたいなトレードをよくしていまして、方向性に対して順側に乗れている時はヒヤヒヤさせられてもほとんど勝っておわれます。

    ですがごく稀に逆抜けされて、利確の5〜10倍の損切りをさせられる感じでして、完全に高勝率のコツコツ勝ちでその損切りを埋めるやり方になっているのですが、大変なのが方向性に対して逆側に持ってしまったが故に切り場が見えなくなってしまうことです。

    及川先生が先週の動画でポンドの逆張りで2000万含み損を耐えて勝った動画を拝見しましたが、あのような場合、少ないとは思いますが、もしさらに下げられた場合どのような場所に切り場を置いていたでしょうか。私はチャートに関係なく、「あーもうこの額面は耐えられない」との感じで切ってしまうことがあります。難しいところです、、、

    間違っていた時点で切るのが理想ですが、そう事は単純ではなく、耐えてしまいたくなりますが、最悪の事態に巻き込まれてしまい、その後またさらに逃げ遅れた際、及川先生ならどのように損切りをなさるのでしょうか。

    二つ目が出金についてです。
    よく複利で回した方がよい!という風に世間で言われますが、どうも資金が潤沢ではない私は口座のお金が溶かされるとすごく動揺します。

    及川先生が今よりも小資金の頃、出金はこまめになさっていたのでしょうか。

    また、先生の生徒さんで勝っている人たちは、成り上がりの段階でも出金はこまめにしていたのでしょうか。

    複利運用は理想的ですが、人間なのでメンタルを考慮すると意外と簡単ではなく、出金癖をつけた方がいいのかなと思いまして、この質問をさせていただきました。

    長文失礼いたしました。適当で大丈夫ですので、もしご回答いただけたら嬉しいです。

    • かな様
      コメントありがとうございます。

      >私も及川先生に長生きしていただくパワーを送るために「先生のおかげで勝てるようになりましたよ!」って胸を張って報告できるようにがんばります!

      ↑お気遣いありがとうございます。
      「僕の長生きのため」って部分は少しだけ引っかかるんですけどね(笑)

      >つっぱり度合いについての悩み
      >利確の5〜10倍の損切りをさせられる感じ

      ↑利益トレードの5~10倍はさすがにデカすぎですね(汗)
      入りのポイントが早過ぎなのでしょうか。
      まぁ僕も早めに入ることが多いのでエラそうには言いにくいのですが、
      それでもそこまでの倍率にはなってない・・・と言いかけましたが
      ポジション数の多い時はたまになってるかも知れませんね(苦笑)

      >もしさらに下げられた場合どのような場所に切り場を置いていたでしょうか。

      ↑あ、動画の逆張りのヤツですね。
      アレは動画の中で水平線引いた位置を下抜けされたらさすがに切ったと思います。
      ただしアレ、かなり危険ではありましたが
      そこまで早い段階からの逆張りではなく、
      僕的には「もうここまででは?」との感覚はそこそこ強く持っていました。

      一点申し上げておきたい点としては
      僕は「額面で切ることは通常ない」って部分です。

      厳密には額面との「兼ね合い」はそこそこ観てはいますが
      それをやるにしてもチャート的に「ここ超えたら無理」というラインは
      保有段階で考えながらやっているつもりです。

      本件につきましては、
      仮にエントリー回数が減ったとしても
      もう少し引き付けてから、
      僕がよくいう「ここまで来たらやってやっても良い」という位置近くからやる、
      あるいは、狭いレンジからのブレイクにそのまま乗り、
      短時間で勝ち逃げ出来るエントリーをメインにするなどの対応が良いように思いました。

      >及川先生が今よりも小資金の頃、出金はこまめになさっていたのでしょうか。

      ↑いや、僕は当時からトレード以外のキャッシュフローも多少あったので
      小資金時代は極力出金をしなかったです。

      >先生の生徒さんで勝っている人たちは、成り上がりの段階でも出金はこまめにしていたのでしょうか。

      ↑ここは「それぞれ」であるはずです。
      口座残高をユルく多めにすることでトレードもユルむって自覚のある人は
      あえて出金をし、常に緊張感のある資金でやっていた人もいました。

      一方では5000万くらいまでそのまま一気にって人もいましたね。

      おそらく、多くの人は「こまめに出金」のほうが正直無難じゃないかなと思います。
      理由はロットの引き上げでトレードが狂うパターンと、
      資金量(証拠金率)がユルくなることでナンピン連発、みたいになっちゃうパターンと
      2つの大きな問題が絡んで来るはずだからです。

      それと案外大きいのは「お金に対する感覚」です。

      以前他の方にも回答したことがあるのですが、
      僕はずっと自営業だったためか、
      数千万くらいの金額にビビることは最初からありませんでした。
      ここはメンタル的にはかなりデカかったはずです。

      かように、「大きな金額に慣れる」あるいは
      「口座の資金をお金と思わない慣れ具合」
      この2つのどちらか、あるいは両方の感覚を少しずつ引き上げ、
      それに伴い口座残高やロットを引き上げていくと良いように思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      大丈夫そうでしょうか?汗

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも大変有益な動画を配信して下さりありがとうございます。
    FX情報発信系ユーチューバーの中で及川様が一番本物だと思います。

    質問です。
    マーケットメーカー達は利益を上げるためなら自国通貨を犠牲になろうが関係なしに運用してるのでしょうか?
    例えばアメリカ大手ヘッジファンド等がドルに売り浴びせるとか
    イギリスの大手ヘッジファンド等がポンドに売り浴びせるとか
    市場開始時間のマーケットメーカーの動きに合わせた手法を作っているので質問しました。

    ご教授いただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    • たくや様
      コメントありがとうございます。

      >FX情報発信系ユーチューバーの中で及川様が一番本物だと思います。

      ↑ありがたい評価を頂戴し、大変嬉しく思います。
      そんな中ではありますが、
      僕は「本物」という概念が今一つ理解出来ておりません^^;;
      そんじゃ偽物っているの?みたいな感じでしてね(笑)

      動画の配信、これを定期的に継続する大変さは僕も充分理解しておりまして、
      実際にそうなさっている方々へはリスペクトしたい気持ちのほうが強いです。
      (あ、ただし僕はよそ様の動画はほとんど観ないんですけどね・汗)

      >マーケットメーカー達は利益を上げるためなら自国通貨を犠牲になろうが関係なしに運用してるのでしょうか?

      ↑どの規模のか?にもよって変わって来る話かなとの印象ですが、
      基本的にはそこまでデカい資金を「トレード的」にぶん回すところはほとんどないのでは?
      これが僕個人の感覚です。

      今後、機会があったら詳しくやっていきますが、
      ただし、彼らがリテール(個人投資家)のポジションを観つつ、
      それらを「狩り」に来るってのは日常的にあると思っています。
      ※僕の周りのファンド系で「そういう手法」で儲けているところを知っていますので。

      >市場開始時間のマーケットメーカーの動きに合わせた手法を作っているので質問しました。

      ↑これまた随分と凄い手法ですね(驚)
      ガッツリ儲かった際は、手法の開示はなしで構いませんので
      「儲かってる報告」をぜひ頂戴したいです。
      その際はぜひご検討ください♪

      それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    はじめて拝見させていただきます。
    私は最近この投資をはじめて間もない者です。
    質問なんですがチャートをよく観察していたらゴールドやシルバー動きとドル円などの動きがよく似ている事があったんですがこの3つの動きや関係って何か繋がりがあるんでしょうか?

    あともう一つ質問なんですがネットでいろんな事を調べていたらスキャルピング、デイトレ、スイングの3つの中ならデイトレが一番勝ちやすいなど沢山見かけるんですがこれは本当ですか?

    この3つならどれが初心者にやりやすく勝ちやすいと及川さんは思いますか?

    ちなみに及川さんがデイトレをされているのも勝ちやすいなどの関係があるんでしょうか?

    • つとむ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ゴールドやシルバー動きとドル円などの動きがよく似ている事があったんですがこの3つの動きや関係って何か繋がりがあるんでしょうか?

      ↑僕はゴールドもシルバーもトレードをしないので詳しくは分かりませんが
      いずれも象徴性の高い銘柄という意味で
      リスクオン(買い)やリスクオフ(手出しせずまたは売り)という相場状況に対し、
      連動しやすい、という部分はあるかも知れません。

      ただし、ここも時期や状況によって異なることもあるはずですので
      あまり過度な依存期待はしない方がが良いのでは?と個人的には想像します。

      >スキャルピング、デイトレ、スイングの3つの中ならデイトレが一番勝ちやすいなど沢山見かけるんですがこれは本当ですか?
      >この3つならどれが初心者にやりやすく勝ちやすいと及川さんは思いますか?

      ↑どれが勝ちやすい?という話ですと
      いずれも一長一短だと思います、
      その人の性格や生活サイクルなどもありますし・・・

      例えば陸上競技をやる場合、
      長距離のほうが合ってる人や短距離の方が向いている人などそれぞれで、
      トレードもこれと似ているように思います。

      ただし・・・

      >及川さんがデイトレをされているのも勝ちやすいなどの関係があるんでしょうか?

      ↑ここについては確かに関係があります。

      というのも、僕は以前、4時間足を使ったスイングが中心だった時期がありまして、
      当時(2007年~2012年くらい?)はそれの方が比較的簡単に勝てたイメージでした。

      ところがFXが世間で一般的になるにつれ、
      どんどん分かりにくい相場に変遷していき、
      それに伴い僕のトレードも短時間で決着をつけるスタイルに変えて来た歴史があるんです。

      ただしこれは、相応の経験があっての話だと思っていまして、
      短時間の値動きに右往左往されやすい、あるいはお仕事の関係でドッシリ構えてチャートを観る時間が少ない、
      このような方はスイングを研究した方が良い場合もあると思います。

      なお、僕のトレードにつきましては
      短い時には数分で終えてしまうこともあり、
      世間では「及川はスキャルピング」と捉えてらっしゃる人も少なくないようです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めまして。
    いつも動画拝見させていただいております。くるると申します。
    私は、FXを始めてちょうど1年が経過しました。
    始めた頃は、負けた際に感情的になって取り返そうとするあまりロットを上げさらに破滅…、エントリー後お祈りして就寝し、朝に結果を確認する等等…それはもうひどいトレードばかりで、収支はマイナスばかりでした。

    しかし、ここ3ヶ月程は月単位で100pips前後を取れるようになりました。(ロットは4万通貨)
    手法といたしましては、5分足でMAからの離れ、小さなレンジ形成後のブレイク(大きいレンジ帯はスルー)、16-20時のGBP/JPYの欧州時間のみ の3点が重なった場合のみトレードで、日に1〜3回、15pips以上いったらその日のトレードは終わり。
    上位足と方向性があった場合は15-20pipsで利確、上位足と方向性があっていない場合は、10-15pipsで利確としております。(それ以上伸びても知らん。笑)
    損切りはレンジ帯のちょい下あたりでタッチすれば損切り(大体10pips前後が多いです)としています。(その日マイナス20pips前後になればトレードをやめる)

    及川先生が普段からおっしゃっている「勝ち逃げ最強」「今日生き残れば明日もトレードできる」をモットーにトレードするよう心がけています。

    このような自分なりに決めたルールでトレードを行なっているのですが、やはり日によって負けた後勝ち、その日はトレードの結果は2pipsの微益で終える事もございます。
    しかし、Twitter等で他のトレーダーの方々を見ると、「100pips取れたぜー!」「20万で利確しました!」など、自分では取れないようなpipsをいとも簡単に?取っている報告も見かけます。
    こういったものをみると、自分の手法でいいのかな?将来このままの手法でトレードやっていけるのかな?と思ったりもします。(27歳サラリーマンの嘆き…)
    お忙しいところ、大変恐縮ではございますが、及川先生の視点によるマインドや手法などの改善点がございましたら、ご指摘願います。

    • くるる様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >日に1〜3回、15pips以上いったらその日のトレードは終わり。
      >上位足と方向性があった場合は15-20pipsで利確、上位足と方向性があっていない場合は、10-15pipsで利確としております。(それ以上伸びても知らん。笑)
      >「勝ち逃げ最強」「今日生き残れば明日もトレードできる」をモットーにトレードするよう心がけています。

      ↑個人的には「言うことなし」のように思いますね^^

      >Twitter等で他のトレーダーの方々を見ると、「100pips取れたぜー!」「20万で利確しました!」など、自分では取れないようなpipsをいとも簡単に?取っている報告も見かけます。

      ↑これは折に触れ話題にしたことがあるのですが
      ネット上の「勝った自慢」は多くの場合「勝った時だけの発信」だと思ってます。
      言ってみればパチンコや競馬やってる人の勝ち自慢と同じじゃないかなと。
      ※もしお知り合いにこれらをやってる人がいたら分かりやすい例えのはずです(笑)

      ちなみに僕も一撃で100PIPS取ることなどほとんどありません。

      が、その一方で大きく伸びる日でも伸びない日でも
      同じような成績で勝ち逃げ出来ています。

      これで充分ではないでしょうか?
      いや、むしろこっちのほうが安定感抜群で良いと思うのですけどね。

      なぜなら「100PIPS取った!」ってネットで自慢する人の中に
      億トレの人ってまずいないと思うからです。

      >及川先生の視点によるマインドや手法などの改善点がございましたら、ご指摘願います。

      ↑頂戴した文面からだけですと、正直なんとも言えないですね(汗)
      大切なのは「自分らしい勝ち方」と「それを貫くこと」だと思います。

      で、自分らしい勝ち方がイマイチだとお感じであるならば
      そこを微調整しつつ改善を重ねること、ここに尽きるのではないでしょうか。

      現在やっていること以外に「小技」を徐々に増やして行く、ということで
      僕もそのようにやっているのでアリだと思いますが、
      ただし、それをやることで「ダボハゼ」みたいになんでもかんでも手を出すようになるのであれば
      本末転倒になりかねません。

      そういう兼ね合い自体も経験の中から磨いていくものだと思いますね。

      断定的な結論ではなく恐縮ですが
      今回のアンサーは以上とさせていただきます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    2.3ヶ月前に及川先生の動画を拝見して自分の理想のトレードスタイルに出会い及川先生の真似をしようと毎週のトレード動画を楽しみにしています。
    僕自身はまだ24歳で投資歴も2年ほどの新米なのですが親に家を買ってあげると言う夢がありそれを叶えるには自分の場合FXの投資しかないと自分で思っています。
    今現在借金が約300万…笑笑
    まあこの程度の借金はFXで勝てるようになれば簡単に返せると思い今まであまり気にしていませんでしたが今年いっぱいで今の職場を辞めてもうFXで生活するしかないという状況を自分で作りました。
    今までは収入がありましたがこれからはゼロになるのでなにがなんでもFXで勝たなければいけません。
    及川先生に出会い本気でFXで成功したいと思えるようになり感謝しています。
    お忙しい中恐縮ですが、この馬鹿な若者にエールのお言葉を頂ければ幸いです。

    • とし様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >僕自身はまだ24歳で投資歴も2年ほどの新米なのですが親に家を買ってあげると言う夢がありそれを叶えるには自分の場合FXの投資しかない

      ↑なるほど、心意気は大いに買いたいですね♪

      >今までは収入がありましたがこれからはゼロになるのでなにがなんでもFXで勝たなければいけません。

      ↑おっと、、、ここはなんと言って良いのか迷うところです。

      ご想像がつくと思いますが
      僕は大変多くのトレーダーさんとお付き合いがあります。
      その中には志半ばで相場を離れた人も正直たくさんいらっしゃいます。

      それらの人を見て来て、
      また僕自身の経験も踏まえた上でお話をしますと、
      トレード以外の収入を最初から絶ってしまうことは
      むしろトレードで勝つことを難しくする可能性が高まる、ということです。

      ちょうど僕の6回目の無一文転落がこれに当たります。
      参考までにURLを記載しておきます。

      ▼第十二話 6度目(現時点で最後)の無一文
      https://fxism.jp/nomoney-12/

      この時の話をしますと、
      僕は会社経営をしながら合間合間にトレードをしていたのですが
      そのときは普通に勝てていたんです。

      勝てていたから専業へ転身を図ったわけですが
      トレード以外の収入を断った時点から徐々に勝てなくなったものでした。

      一番の理由は「出金」です。
      専業トレーダーってことは
      毎月生活費を出金しなければなりません。

      もちろん勝てている中からなら問題はありませんが、
      それでも僕は
      「もし負けた月でも生活費を出金せねばならぬのか・・・」
      こう考えた瞬間から尋常ではない恐怖感に苛まれたことを今でも鮮明に覚えています。

      で、そのプレッシャーから徐々にメンタルもおかしくなっていき
      結果勝てるものも勝てなくなった次第です。

      ここ・・・ハンパないですよ、恐怖感。

      ですので僕が多くの方にオススメし続けているのが
      「どんなに勝てるようになっても、トレード以外のなんらかのキャッシュフローを持っておいた方が良い」
      これなんです。

      トレード以外の収入があるからこそ、
      トレードの成績が安定しやすい、こういう話なわけです。

      チャレンジすること自体には多いに賛同いたしますが
      絶対に失敗は許されない、なんて中でやるのは
      特にトレードにおいて得策ではありません。

      期待してくださったようなエールでなく申し訳ない気持ちもありますが、
      けど、ここは絶対にお話しておくべきと感じましたので
      このような内容にて失礼いたします。

      どうか上記内容を踏まえた上でがんばっていただきたい、
      そのように願っております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 こんばんは。
    初めてコメントを投稿させて頂きます。

    先生の動画に1ヶ月ほど前に出会い、感銘を受け、
    先生の過去動画を日々拝見し、書籍でも お勉強させて頂いております。

    私は、今から丁度1年前の12月に、
    1年で3000万円の利益を出したと言う友人からバイナリーオプションを教えて貰い、其処から為替、チャート等、諸々の勉強を始めました。

    1ヶ月間、連日連夜勉強し、鼻息荒く、口座を開設し、
    デモ口座で勝率50%で行けると勘違いし、リアルトレードを開始。
    毎月殆ど勝率50%を行ったりきたりで、資金を減らさないのですが、
    其処にイライラを感じ始める途端、結果、毎月負けの繰り返しでした。

    翌年、コロナショックがあり、
    及川先生を始め、プロの投資家にとっては、この上ない投機だったのでしょうが、
    私にとっては危険と判断し、良い機会だと、リアルトレードを一切辞めてみることにしました。

    リオンさんも同じ事を仰っていましたが、私も始めてからの3ヶ月程、
    兎に角、朝から晩まで時間さえあればチャートを見ていたい、早く把握したい、上達したいで、私生活の全てが邪魔に思えるほどで、大変いただけない状態でした。

    その後、あらゆる本、youtube、ネット等で勉強を重ね、
    結果、最初から何かバイナリーオプションに色々違和感を感じていたこともあり、FXに移行することにしたのが1ヶ月前です。

    axioryに口座を開き、先ずはFXでデモトレードを始めたところ、
    格段に私にとってはバイナリーより楽に感じました。
    (自分で利益を確定できると言うところが)
    リアルな金額でのデモトレードで、1ヶ月間試したところ、収支で利益が出ていました。とても嬉しかったです。
    利益が出せたのは、この1ヶ月間、デモをしながら、及川先生の動画で勉強をさせて頂いていたからなのです。

    MAの集まっているところ、時間帯、短期トレード、相関等。
    先生の教えに従い、私も欧州時間、ジャストタイムに気をつけ、10Pipsでも利益が出たら20分以内で利食い等。その結果、負けずに来ていました。

    嬉しくなって、リオンさんの動画も見始め参考にしたのですが、
    まねしてキリバンからのトレードで負けてしまいました(苦笑)。

    リオンさんのトレード手法と及川先生の手法をごちゃ混ぜにしては駄目ですよね。
    リオンさんのトレードも素晴らしいですが、
    まだ勉強の身ですし、及川先生の手法でのみ取り組む事に致します。

    長々と申し訳ございません。
    此処でご質問をさせて下さい。

    私は現在、axioryナノ口座で、資金60万円、
    レバレッジ25倍の1ロットでトレードしているのですが、
    先生からして、これは危険でしょうか?
    先生は、レバレッジは何倍でしていらっしゃるのでしょうか?
    (プロの先生とアマの私のレバレッジこそ同じではいけないかもしれませんが)
    axioryですと、1ロット以下が、0.05等となっているのですが、
    計算をして、0.05ロットを10本等に分散して入れた方が安全でしょうか?

    レバレッジとロット数等について、どうか先生のご意見を賜りたく
    お願い致します。
    長々と申し訳ございません。宜しくお願い足します。

    • ヨシュア様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      バイナリーオプションからスタートし、その後FXに転向された件、
      特に、

      >格段に私にとってはバイナリーより楽に感じました。
      (自分で利益を確定できると言うところが)

      ↑ここの部分が「キモ」でしょうね。
      FXなら「利を引っ張ること」も出来ますし、
      イマイチの際に「引き分け(微損や薄利)逃げ」が出来るのも良い点だと僕も思っています。

      >レバレッジとロット数等について、どうか先生のご意見を賜りたく

      ↑僕は「レバレッジ」からの計算が苦手というか
      正直めんどくさいって思ってしまう人間でして、
      僕の場合は資金量に対するロットのみでここまでやって来ました。

      具体的には「資金10万円に対し1万通貨×数発」のペースです。

      現在は1ショット30ロット(300万通貨)でやってますので
      理論的には資金3000万以上からは一定となるのですが、
      けどまぁ実際にはYouTube動画でももっと弾数を撃ってますので、
      ここはやはり相応の資金量がないといけません(苦笑)

      ちなみに上記のペースは
      世間的にはかなりハイロットの部類かと思います。

      成績が安定しない段階からこれでやるのは正直危険かも知れませんが
      ただし、勝てるようになっている人がわざわざ低ロットに抑える必要もない・・・

      特に短時間で終えるデイトレをやる人でリスク管理が出来ている場合は
      個人的にはこのくらい攻めても良いイメージは持っています。

      繰り返しになりますが
      僕はレバレッジ側から計算することが普段なく、
      このようなアンサーになっております。

      何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

  • お世話になります。及川先生のYoutubeを参考にさせていただいているyoshiと申します。

    いつの日か及川先生に追いつきたいと思いFXを始め1年半が経ちました。日が経つにつれ及川先生の素晴らしさが身に染みてわかるようになっていく一方で、まだまだ及川先生までの距離が遠く離れていることを実感し絶望しています。(‘_’)

    ここ最近はトレード手法はもちろんのこと、資金管理に焦点を置きFXに取り組んでいます。そこで質問です!デイトレード(スキャルより?)を行う及川先生のリスクリワードはおよそどのくらいを意識してトレードをされているでしょうか?動画を拝見していると、明確には決めておらずその場の相場状況で判断しているように感じます。

    私は現在1:1~1.5を目安にトレードしていますが、証拠金額はずっと横ばいが続いています。リスクリワードを上げようとすれば損切貧乏になってしまうことも多くあり、今のリスクリワードに落ち着きました。トレードの勝率なども考慮に入れないといけないことから一概に「リスクリワードは〇:〇だ!」とは言えないかもしれませんが、及川先生が意識しているリスクリワードの目安を教えてほしいです。

    ご回答のほうよろしくお願いします。

    • yoshiさま
      コメントありがとうございます。

      >FXを始め1年半
      >まだまだ及川先生までの距離が遠く離れていることを実感し絶望しています。

      ↑僕のYouTube動画の件ですよね?
      アレについては「動画を早く終えたい」という感覚がどうしてもあり、
      結果的にアクロバティックなトレードも増えてしまいがちなんです。

      本来であればもっともっと厳選した場面に絞り、
      常に一撃で仕留めるよう心掛け、
      その上で、逆食らった際の対応をご覧いただく流れのほうが良いのですが
      まだまだ僕自身の甘さがどこにはあるわけです。

      ですので、あくまでご自身なりの勝ち方を引き続き模索なさって欲しいと願います。

      >私は現在1:1~1.5を目安にトレード

      ↑ここはひとえに「トレードの時間軸」に応じた形になるはずです。

      例えばスイング手法だった場合、
      含み損もそこそこなPIPSを耐える展開も生じますし、
      勝率を捨ててでも大きく伸びるトレンドを獲りたいところですので
      例えば勝率は50%前後、最悪40%でも良いのでリスクリワードは1:3以上、
      なんなら1:5などであって欲しいくらいに思います。

      僕の場合は相当な短時間で終える部類のトレードですので
      一定以上の高勝率を要求されます。
      イメージ的には70%以上でして、
      ただしここを維持出来るのであればリスクリワードは1:1でも充分です。

      そんな中、短期デイトレでもRRが1:2以上の場面はそれなりにありますので
      そういうところだけをやれれば一応最強と言えます。

      なぜ「一応」をつけるかと申しますと、
      そこに絞ることで「もう少しユルいRR場面を見送る」になってしまうため、
      これが逆に利益機会の喪失にもなるわけです。

      このあたりの兼ね合いをどのあたりに置くか?が
      各トレーダーの考え方になると思います。

      僕は事あるごとに言っていますが、
      人はそれぞれ性格も環境も違えば「価値観」も違います。
      どのように利食いをするのか?や、トレード可能時間や可能回数も違いますからね。

      よって「自分らしい勝ち方」はどうしても「自分」で決めるしかありません。

      あ、ご相談については今後も遠慮なくで構いませんので
      そこは誤解のないようお願いいたします。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    最近この世界を体験しとんでもない金額をやられてしまい、この世界の恐ろしさを知りました。。

    及川様の動画を拝見し、高額を損切りしてもすぐさま取り戻している凄まじくすごい動画をみてびっくりして世の中にはすごい方がいるなぁ。と思ってしまいました。

    ある方が言っていたのですが『負け続けていても諦めず欠点を改善し続ければいつか勝ち続けて取り返せる時がくる!』『過去チャートを観察し負けた経験に似たチャートがあらわれたら負けた経験の記憶の逆をやれば勝てるようになる。』と言っていたのですがこれは本当なんでしょうか?

    言っていることはなんとなくわかるのですが実際やるとなるとおそらくそんな単純なものではないと思うのですが万が一これがほんとだとするとそのレベルに負け続けている方が辿り着くにはどのくらいの時間がかかるんでしょうか??

    やはり負け続けている方が取り返せるレベルまで辿り着くのはかなり難しいんでしょうか?

    • かさとし様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >『負け続けていても諦めず欠点を改善し続ければいつか勝ち続けて取り返せる時がくる!』
      >『過去チャートを観察し負けた経験に似たチャートがあらわれたら負けた経験の記憶の逆をやれば勝てるようになる。』と言っていたのですがこれは本当なんでしょうか?

      ↑本当かどうか?と問われた場合、
      とりあえず僕のアンサーは「本当です」になります。

      けど、実際にそれが出来るのかについて、
      なかなかそれが出来ないって人のほうが多いと想像しますね^^;;

      ちなみに僕はときどきドテンをしますが、
      僕がドテンをするときの「感覚的な基準」のひとつに
      『過去に粘って大きく負けた時と同じ状況』があります。

      そういう意味で「経験の蓄積」はトレードを継続するうえで
      極めて重要です。

      ただし・・・
      誤解を恐れずに言いますと、
      「今日勝った」「今日負けた」で終わってしまい、

      そして今日やったトレードを忘れてしまい、
      あらたな「今日勝てる方法」ばかりを探し求めてしまう人は
      かなり多いとこれまた想像する次第です。

      >そのレベルに負け続けている方が辿り着くにはどのくらいの時間がかかるんでしょうか??

      ↑上述の話からも
      ここは「時間」と言うよりは「意識」の問題だと僕は思います。

      経験の蓄積が出来ない、またはしないままの人が
      どれだけ時間をかけても同じことの繰り返しか、
      あるいは上述の「今日勝てる方法の模索」ばかりで時間を費やしてしまうように思うんです。

      もっともっと「経験」を、
      さらに言うならば「自分が直接痛い目にあった経験」を活かす意識を持つことではないでしょうか。

      おそらくですが、
      今日現在相場で勝てている人のほとんどは
      ここを出来ているはずでして、

      逆に言うと、今日現在勝てている人のほとんどは
      過去に手痛い敗北をたくさん喫した経験の持ち主だという話です。

      そういう意味では「諦めない」という気持ちも同時に必要かも知れません。

      ちょっと厳しめなアンサーで恐縮ですが、
      その上でがんばるお気持ちがおありのようでしたら
      応援したい気持ちが強いです。
      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    事務局 ご担当者様

    お世話になります。
    そしてご無沙汰しております。
    (最後にコメントさせて頂いたのは1年ぐらい前だったかと思います。)

    トレードを始めて早2年。
    やっと月ベースでは負けなくなってきており(たまにマイナス収支の月もありますが 笑)
    少しづつ少しづつでは有りますが資金が戻ってきました。

    私は自分で言うのも何ですが、とても要領が良く、
    頑張れば必ず結果がついてきて
    比較的スムーズに人生が進んできておりました。
    そんな中、約2年前(31歳)の時にトレードに出合い
    『この俺がトレードでも上手くいかないワケが無い!』
    と意気込んで参戦したところ、まぁご察しの通り見事に
    完膚なきまでに打ちのめさました。笑

    正直、これほどまでに人生で上手くいかなかったことは初めてでした。
    でも、だからこそ!諦めたくない!!
    そんな思いでトレードをずっと続けてきました。

    時には自制出来ない自分が悔しくて、憤りを感じ、壁を殴り、
    何度も夜道を泣きながら歩いたあの頃にはもう戻らないと決意してからは
    落ち着いたトレードが出来ております。
    日々、相場に感謝。

    さてさて、話はゴロっと変わりますが!
    ワタクシお風呂で良いことを思いつきました。

    師匠、また書籍を出版されるご予定は無いでしょうか?

    書籍の内容は師匠のコメント欄に寄せられている質疑回答を
    【手法】【メンタル】【負けた時】【勝ち続けいる時】
    などをグループ分けにして一個ずつ完結で
    数分(もしくは数十秒レベル)で読めるようにする。

    ちきりんさん(社会派ブロガー)の【多眼思考】と言う書籍も
    同じ様な感じで出版されております。
    (ちきりんさんがTwitterでつぶやいた名言ばかりを集めた書籍。)
    特に今の若い子は分厚い書籍よりもサクサク読める書籍の方が好まれます。

    師匠の類稀なる才能の文章能力、例え話はトレードをする万人にとって
    非常に心強い内容となるはずです。

    そして師匠のコメント欄で助けられたのは
    私ももちろんその一人ですし、
    多くの方もそうだと思います。
    そして我らがリオンちゃんも証明するその一人かと。

    書籍販売にあたりみなさんの意見も聞いてみてはどうかと。
    例えばyoutubeで
    【書籍を出してほしい方はグッドボタン!】
    【そんな書籍、興味ねぇ!な方はバッドボタン】
    とかしたら面白いかも。

    多かれ少なかれ、ある一定数の需要は必ずあると思うんですよね。

    及川組の方はみんなご存じかと思いますが、師匠のコメント欄は
    巷に溢れている書籍よりも、生のトレード現場での実践に活かせる
    文章の宝庫かと思います。

    師匠がインターネット上で何年も大切に大切にされている
    ブログという無形財産を“形”として残る書籍になれば
    師匠、みなさんもWIN-WINになれるのかなと?♪

    どうも長々と大変失礼しました。
    師匠、事務局様もご多用かと存じますが
    是非一度ご検討頂きたく宜しくお願いします!(^^)!

    今後ともよろしくお願い致します。

    • 兼業トレーダー“やると決めた男”様
      久しぶりのコメントとのことで
      本当にありがとうございます。

      前半のお話、僕もまったく同じ感じでしたので
      もう「苦笑」しかございません^^;;

      >時には自制出来ない自分が悔しくて、憤りを感じ、壁を殴り、
      何度も夜道を泣きながら歩いたあの頃

      ↑僕はこれに加え「マウスをぶっ壊す」ってのもありましたね(笑)

      >師匠、また書籍を出版されるご予定は無いでしょうか?
      >ちきりんさん(社会派ブロガー)の【多眼思考】と言う書籍も
      同じ様な感じで出版されております。

      ↑大変素晴らしいご提案をありがとうございますm(_ _)m

      ここは僕自身、
      なんとか出来ないかと以前から考えていたところでした。

      ただ「書籍」がベストかは悩みどころでして、
      理由は「トレードをある程度理解している人のみ」
      「短期デイトレの人のみ」などが対象になってしまうことで
      出版社にとってはあまり美味しい話ではない可能性があるわけです。

      僕がイメージしているのは
      サイト上にてキーワードからコメントのやりとりを検索出来る機能なのですが
      現状(ワードプレス)では機能的に難しい状況のようなんです。

      例えば運営サイドで良さげなやりとりをピックアップし、
      専用サイトにて、、、という形であればキーワード検索も可能でしょうから
      そういう感じで良いモノが作れないか?については運営と相談したりもしています。

      もっとも運営スタッフも案外多忙でしてね・・・
      なかなか本件まで手が回らないのが実情なんです。

      >師匠のコメント欄は
      巷に溢れている書籍よりも、生のトレード現場での実践に活かせる
      文章の宝庫かと思います。

      ↑ここは光栄の極みです。
      確かに僕もせっかく一件一件丁寧にアンサーして来たつもりなので
      もっと機動的に活用出来ないものかと正直思っています。

      ご提案の主旨につきましては
      僕自身、充分理解出来ているつもりでして、
      今後もなんらか形に出来るよう模索してまいります。

      というか、良い機会なので
      このやりとりを事務局スタッフにも読んでもらいましょうかね、
      多少はつつけるかも知れませんので(笑)

      ありがたいご提案をありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん初めまして。翔と申します。
    いつも動画等拝見させて頂いております。

    私は、今年の4月よりトレードを始め、連日連敗を繰り返し、4月~9月までの半年間は、月単位マイナスと惨敗状態でした。

    それまでは、何をどうすれば良いのかも・・・
    ず~~~っとチャートを眺める事しかできず・・・

    その後、長期足は上向きかな?移動平均線がホニャララ・・・等を意識する様になり、10月・11月と月単位連続で、僅か万円(笑)ながら、プラス収支に出来ました。

    そんなこんなで、トレードをしております。

    そこで、現状での私の問題点は、
     ①とにかく、利が伸ばせない。(一気に伸びた!!と思っても戻されるだけでビビって利確)
     ②目先の値動きに反応しすぎる。

    そんな状況ではありますが、いきなり損切りを繰り返し、-60Pips程度まで行くと、この世の終わりの状況となります。
    (これまで、最大でも1度で25Pips程度しか獲った事がない為。涙)

    その様な状況に陥った際、目先の値動きに反応し、スキャルピング(数秒・数分)を何度も実施するとなぜだか、チャラまたは、ちょいプラスにした経験がこれまで、多々あります。

    ここで質問なのですが、
    これをズバリまぐれと言うのでしょうか?笑

    優秀トレーダーの皆様の様、明確な根拠がある訳でもなく、チャートを見た感覚でロング・ショートとトレードしてるのみでの、なぜチャラにできるのか?
    結果、勝てた事が自分でも不思議です。

    大変お忙しい中での長文、変わった質問で恐縮ですが、厳しいご指摘でシバキあげて頂けないでしょうか?

    コロナ等この様な状況が続いておりますが、お体ご自愛下さいませ。
    今後も楽しみに拝見させて頂きます。

    今後共、宜しくお願い致します。

    • 翔さま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      (返信が遅くなり申し訳ありません)

      >長期足は上向きかな?移動平均線がホニャララ・・・等を意識する様になり、10月・11月と月単位連続で、僅か万円(笑)ながら、プラス収支

      ↑何はともあれ「基本」を押さえてる部分が奏功してそうですね。

      >目先の値動きに反応し、スキャルピング(数秒・数分)を何度も実施するとなぜだか、チャラまたは、ちょいプラスにした経験がこれまで、多々あります。
      >これをズバリまぐれと言うのでしょうか?笑

      ↑ここは案外面白い話だと思います。
      ある意味まぐれの部分もあると思いますが、
      一方で短期トレードに必要な「今からやるならどっち?」の見立てに対し、
      感覚的に鍛えることが出来ている、とも言えるような。

      スキャルの腕を磨く過程においては
      僕も似たような時期がありましたので、おそらくそれと同じ感覚なのかも知れません。

      ちなみに、スキャルも調子に乗ってガンガンやっていると
      ドハマリしたり、やりすぎて何が良かったのか悪かったのかが
      よく分からなくなってしまう、なんて状態になることを想像します。

      仮にそのような状況に陥ったとして、
      それは一般的には大変マズイ状況なわけですが、

      けど、そこから「本気の取捨選択」をしていくことで
      スキャルの精度はあがる、というか
      「どういうところをやり、どういうところをやらないのが良いか?」
      ここが徐々に固まって行く展開が実は最も腕が上がるように僕が思いますね。

      つまり「上手く行かなかった経験」をどれだけその後に活かせるか?
      ここが一番のポイントだと思う次第です。

      本当は負けないまま勝てるようになれると良いのでしょうが、
      ここは自転車の運転とある意味同じで
      「転んだ経験」からのほうが運転感覚が早く育つってのは真理じゃないでしょうかね。

      仮に一度も転ばずに自転車が漕げるようになったとして、
      それって逆に怖くないでしょうか?

      なぜなら転んだ経験がない人ほど
      「絶対に転びたくない」と運転が慎重過ぎて
      自転車本来のポテンシャルを充分に発揮できない運転になると思うんです。

      つまりこれこそが「リスク」と「リスク管理」のお話なわけです。

      話がそこそこ逸れてしまい恐縮ですが、
      今後のテーマのひとつに置いていただくと良さそうだと思い、
      このようなアンサーとさせていただきました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、こんにちは。
    時間帯についての質問です。

    欧州序盤の夏時間と冬時間の違いについてです。
    何か意識されてることはありますでしょうか?

    以前、夏時間ですと動画の中で15:00台の動きはあまり信用していない、
    というようなことをおっしゃっていたかと思います。
    冬時間だと16:00-17:00がこれに該当するかと思いますが、
    TRIBE始まったこころは冬時間でしたが、夏時間に代わってから、
    まだまだ経験も浅いので違いがあったのか記憶にありません。

    今回、冬時間に代わってから思いましたが、16:00台も結構動くな~と
    いう事です。
    師匠の動画でも16:00台からエントリーしていることも結構あるような
    気がしています。

    何か夏時間・冬時間で違いを意識されていることとかありますでしょうか?
    お忙しいところ、お手数ですがご教示お願いいたします。

    • ケーエス様
      コメントありがとうございます。
      (返信が遅くなり申し訳ありません)

      >欧州序盤の夏時間と冬時間の違いについてです。
      何か意識されてることはありますでしょうか?

      ↑ご指摘のとおり、冬時間も16時から動くこと結構ありますよね。
      ですので、チャート監視が可能であるならば16時からチャレンジするのもアリだと思います。

      ただ、その一方で16時直後からの動きがダマシというか
      動いたと思ったらレンジで、、、みたいな苦労する日も相応にあるので
      そこはあらかじめアタマに置きながらが良いかなぁと思います。

      僕は最近、YouTube動画でも16時ジャストからはあえて見ない日が多いです。
      もっともこれ、支度が間に合わなかったから、、、ということも多いのですが、
      仮に16時から動いてしまっても、まだまだ対応可能な「残存時間」が残っているため
      焦る必要はない、という意識が強いのも大きな要因なんです。

      とりわけYouTube動画の日は「早く終えて楽になりたい」という意識がどうしてもあり、
      前のめりのエントリーになることが多かった時期も結構ありまして・・・

      そうなると結果的に「ダサいトレード」になりやすいんです。

      それならば動いてしまったあとであっても
      「その後の対応」ボクシングで言うところのカウンターパンチャーのような取り組みの方が
      結果的にキレイなトレードにしやすい、近年はこのような気持ちが強いです。

      シンガポール移住後は、このあたりかなり顕著ではないかと思っていまして
      また、今後もそのような傾向が続くはずですので
      そのあたりもご注目いただけたらと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 おはようございます。
    こんなに早く、しかも長文で丁寧にご返信を下さるなんて!感激しました!ありがとうございます!先生は、本当に人情味溢れていますよね。

    図々しくも
    追加質問させて下さい(・_・;)
    申し訳御座いません。

    及川先生は、どちらのFX会社を利用されていらっしゃるのですか?
    先生程になられると、
    あちこちの会社から依頼が来ると思いますしコメントが難しいかと存じますが、もし可能であれば教えて下さいm(_ _)m

    引き続き、先生の動画等で
    お勉強させて頂きながら
    がんばります!
    ありがとうございます!

    • よし様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は、どちらのFX会社を利用されていらっしゃるのですか?

      ↑こちらですが、
      ブログ上部のタブの中に「オススメFX業者」があります。
      https://fxism.jp/fx-ranking/

      いずれも海外業者なので、そのあたりはご自身の判断にてお願いいたします。

      僕としては業者は「相性」が重要だとの認識でして、
      例え誰に薦められようとも自分自身が実際に使ってみて使い勝手の良い、
      それこそ「なんとなくここの方がやりやすい」みたいな感覚でも良いので
      その感覚こそを大切にしていただきたいと思っています。

      「オススメ」というネーミングではありますが、
      あくまで僕が使っている業者をご紹介しているだけですので
      ぜひともご自身にとって相性の良い業者を見つけていただきたいのが本音です。

      ※ちなみに近年のYouTubeトレード動画はBigBoss社の口座でやっています。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、初めまして!みつと申します。
    いつも動画を拝見させていただきましてとてもお世話になっております。
    FXを始めて3年ほどになりますが、自分なりにチャートの流れやテクニカル分析を行いますがリズムに乗り切れず、また読みが一歩遅れた判断になり負けてしまうこともあります。

    そこで質問なのですが、ポジションを持つタイミングといいますか、ここだ!って判断できるチャートの見方や利確するタイミングの見極めができず、どの通貨においても今持っておくべき時、様子を見るべき時、流れは急にかわるのは当然ではありますが、先読みがうまくできず空回りすることが多いです。

    経験や知識不足となればそれまでなのですが、過去のチャートから分析して今持った方がいいな、何時何分頃まで様子見てそのころに持ってた方がいいななど、チャートの動きから推測できるすべをご教授いただければ幸いでございます。

    • みつ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >過去のチャートから分析して今持った方がいいな、何時何分頃まで様子見てそのころに持ってた方がいいななど、チャートの動きから推測できるすべをご教授いただければ

      ↑これは、どこから説明して良いものか、
      内容が多岐に渡りすぎてしまうため正直迷います。

      僕のやり方を参考にしてくださっている方の中で
      大変秀逸なまとめをしてくださったコメントがありますので
      その方と僕とのコメントやりとりをご覧いただけると良いかも知れません。

      当記事のコメント欄に「りりさん」という方からのコメントがあるはずです。
      この方のポイントのまとめは、ほぼ完璧ですので
      一度ご確認いただけますでしょうか?

      かなり踏み込んだやり方までまとめてらっしゃるので
      とても参考にしていただけるはずです。

      で、その上でさらにポイントを絞ったご質問が生じた際は
      遠慮なくメッセージをお寄せください。
      僕のアンサーもより踏み込んだものになると思いますので。

      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠。約半年振り近くにコメントさせて頂きます。
    あの時は感覚を掴みはじめ10日で月利50%だ!と多少浮かれた話をしていましたが案の定、全損です。

    それからなんですが、ほぼ毎月ほぼすべての日を+で終われるのに経った1日取り返しがつかない日がやって来て沼に嵌まるパターンを「ホントもう何度やってんの自分」と言うことを繰り返してきました。

    正直FXからもう退場しようかとも真剣に考えましたが
    「そういえば日ベースで見ればほぼ全てをプラスで終われる腕はようやく身に付いてきたのにここで諦めるのは後悔が残らないか?」
    「というか大負けのパターンは理解してるんだから単純にやらなければ良いだけではないか?」

    単純にやらなければ良い←ここが今までの自分に取って1番難しい課題でした。
    そう思っていても実際チャートを観ていると「ここ取れそうだな」と思ってやっちゃってしまうのが人情だと思うんです。

    以前師匠が言っていた
    ”スーダラトレード”ですね。
    「わかっちゃいるけど辞められねえ」
    ↑ホントこれでした。
    で「ルールは決まってるのに、なんで今まで守れなかったの自分」って考えたとき頭を過ったのは、
    「日頃から制御することをしていないからルールを守る癖が出来ていない」
    ことに気付き、まずは私生活から自分を見直しに入りました。
    私は大の甘いもの好きなんですが、まずジュースとお菓子を絶つ。更にコーヒーも大好きなのですが大嫌いなブラックに変えました(笑)
    最初の数週間は糖分が減ったことによりかなりのストレスで「酒もタバコも絶ってるのに何で自分の大好きな甘いものまで奪われなきゃいけないの?(笑)」と思いましたが
    「自分が決めた事をやらないに打ち勝つ為!FXで生き残りたいんだろ!」と言い聞かせ何とか乗り越えて今ではどれもそんなに欲求は無くなってきました。
    それ以外にも暮らしのなかでやらないを他にも決めて日々生活して再びトレードと向き合い始めたら、

    「前だったらここやってたな~でもまだやる価値なし」とか
    「乗り遅れた~じゃあ次のチャンスまで待とう」とか明らかに前のめりで物事を考える事が減ってきました。

    ダイエットや筋トレもやらなきゃならない事は当然あるのですがその中でやってはいけないことをすると結果がついてこないわけで最近FXも同じ感じがしてきました。

    自分も自分なりの及川流勝ちパターンをいくつも持ってるんですが如何にそれ以外のパターンに手を出さないことが重要か。
    そして勝ちパターンが負けパターンに変わったときにどれだけ冷静に相場を観察しノーポジなら自分はどうする?と感情ではなく冷静に考えれるか?

    日々勉強です。

    毎日勝つことは意識してますがチャンスが無ければやらんでも良いくらいの感じでいますので私生活見直してからは理想的な右肩上がりが続いています。
    ちなみに月利いくら増やしたとかは極論どうでもいいって言ったら変ですが自分に取って逆に邪魔になるワードだなと最近思います。

    それ以上にトレードをする日にやっていい時間、場面まで待ち利益を抜き取ること、抜き取れたのならややこしい展開に巻き込まれたくないのでその日は極論辞める。

    今の普段通りを繰り返せば振り出しに戻らなくても積み上げれるんだということが感覚的にもわかってきました。

    最後になりますがこれも全て活動を現在も継続してくれている師匠のおかげです。
    師匠の格言、名言、迷言(笑)が無ければ私はトレードの本質すらわからずにいつまでもトレードを無知に続けていたと思います。

    勝手な話で恐縮ですが師匠が引退するまでには絶対にお会いしたいのが私の夢の1つですから、まだまだ師匠も頑張ってください!(笑)

    • 戒めを込めて”千里の道も一歩から”様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >そういえば日ベースで見ればほぼ全てをプラスで終われる腕はようやく身に付いてきた
      >大負けのパターンは理解してるんだから単純にやらなければ良いだけではないか?

      ↑そうなんですよねぇ、
      ここまで来れてる人はとても多いと僕も感じています。

      そういう意味では「ここでやめてしまう」のは
      確かにもったいない・・・

      >私は大の甘いもの好きなんですが、まずジュースとお菓子を絶つ。更にコーヒーも大好きなのですが大嫌いなブラックに変えました(笑)

      ↑なんと!これは凄い決断でしたね(汗)

      >チャンスが無ければやらんでも良いくらいの感じでいますので私生活見直してからは理想的な右肩上がりが続いています。

      ↑おぉ!それは頼もしい♪

      >師匠の格言、名言、迷言(笑)が無ければ私はトレードの本質すらわからずにいつまでもトレードを無知に続けていたと思います。

      ↑うーむ、ここは喜んで良いやら複雑ですねぇ(笑)

      上記の「甘いモノを断つ」の件について・・・

      僕も現在ダイエット&肉体改造にいそしんでいる最中なのですが
      これってひとえに僕がナルシストであることに起因しています。
      (ブサイクのくせに、です・苦笑)

      つまり、上手く行くこと自体が僕にとっては「ご褒美」になるわけです。
      自己満足という名の^^;;

      ナニが言いたいかと申しますと、
      甘いモノを断つと決めた決断は素晴らしいと思うものの、
      一定の出口というか、継続出来た自分になんらかの「ご褒美」があると良いなぁと思うんです。

      それこそ、甘いモノを断つことでシェイプアップになり、
      その結果かっこいい自分になって、その結果女子にモテるようになった・・・とか(笑)

      実際にモテるかはさておくとしても、
      「今のオレ、絶対にイケてるはず!」
      みたいな精神的な満足感があると良いように思うんですよね。

      あ、上記はあくまで「及川感性(笑)」の話でして、
      ご自身に置き換えた際のご褒美をなんらか用意できると良いんじゃないかと思う次第です。

      てか、それなしで継続するのは単なる「修行」ですからねぇ(苦笑)

      現状、良い感じで推移されているのであれば
      僕が余計なこと言って惑わせるのも良くないかも知れませんが、
      けど人間・・・「楽しみ」もないと♪

      そんな風に思いました。

      >師匠が引退するまでには絶対にお会いしたいのが私の夢の1つですから、まだまだ師匠も頑張ってください!(笑)

      ↑光栄です♪
      コロナがホントに余計な状況でして、
      日本との行き来が一日も早く普通に戻ることを祈るばかりです。

      それまで、お互いがんばってまいりましょう!

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。碧です。
    以前コメントさせてもらい、返信を読ませてもらいまた、及川先生の動画を全て見て大百科も見て勉強してます。
    しかし、一向に勝てなくなってしまいました。環境認識もしっかりして緑線まで引きつけて、強いor弱いを確認してエントリー。すると、そのまま抜けてしまう。ルール上そこを抜けると損切りにしているので損切り。そうすると逆に行き、今度は前にもあったしという考えで少し緑線を超えても耐えたらそのまま吹き抜けてドカン負け。
    これが常に続いてしまい、何を信じたら良いか、自分が悪いのかそれともタイミングが悪いのか分からなくなってきました。
    前のコメントでも相談させてもらったのですが、私は人に会うのが辛い性格でして、このような人に会わないFXを極めたい(家族が裕福に生活できるぐらい)と思っているので諦めたくはありませんが、自分には向いてない、運がないと思ってしまい、辞めた方が家族のためなのではと色々と心配と不安が募ってしまいコメントしてしまいました。こんな突拍子もないコメントですが本気で悩んでいます。何かこの負のスパイラルの抜け出し方などはありませんか?

    • 碧さま
      コメントありがとうございます。

      >一向に勝てなくなってしまいました。
      >自分には向いてない、運がないと思ってしまい、辞めた方が家族のためなのではと色々と心配と不安が募ってしまい

      ↑そうでしたか・・・
      詳細が分からないので何とも言い切ることは出来ませんが
      トレードにおける「迷い」はある意味『過渡期』の症状であることが案外多いものです。

      ですので、少々無責任な言い方をしますと
      現状を突破することで、一気に視界が広がる可能性も充分あると思います。

      悩み、もがき苦しむからこそ見える「ヒント」というものは
      トレードに限らずどの世界でも共通すると僕は思っているからです。

      ただし!
      その過程において資金やメンタルを
      どん底まで疲弊させてしまってはこれまた意味がありません。

      僕だったら、、、ですが、
      僕ならいったん相場を離れると思います。

      なんて言うか「ガン見」することで見えるものも見えなくなっている、
      そういうことってあると思うんです。

      ところがいったんその世界を離れた際、
      それこそチャートなどまったく観ていないで他のことをやっている時に

      「あ!もしかしてここをこうすれば改善出来たかも?」

      このような「ヒラメキ」が突如降りて来たりすることがある、
      ここは経験上からもそう思います。

      例えばいったん相場を離れることで
      そのまま二度と戻って来ない可能性も生じるかも知れませんが
      その時はその時。

      それこそ縁がなかったということでしょうし、
      そのような感覚になった時点でおそらくは未練もなくなっていることでしょう。

      誤解を恐れずに言いますと、
      僕はトレードを「一生懸命などやらない」って部分が
      とても大切だと思っているんです。

      「勝ちたい!」
      「お金を稼ぎたい!」

      このようなガチガチな感覚でチャートを観れば見るほど邪念が生じ、
      邪念が生じることで投資本来の「多くの人が負ける」というワナにハマりやすいと思うのです。
      ほとんどの場合、敵は「相場」ではなく『自分の本能』ですので。

      どのようにすればチカラが抜けるのか、
      ここは性格面などもあると思うので一概に言えませんが、
      何はともあれ、目先に目指すべきは
      「良い意味での脱力」だと思いますね。

      脱力が余裕になり、余裕があるから視野の広い、あるいは感度の高いトレードが出来る、
      そういう流れを作れると良いかなと思います。

      で、そのやり方がよく分からない場合は
      とりあえずいったん相場を離れるのが無難ではないでしょうか。

      一見、不本意なアドバイスに聞こえるかも知れませんが
      実はかなり大切な根幹に関わる話だと僕自身は思っておりまして
      このようなアンサーとさせていただきました。

      取り急ぎ本件は以上とさせていただきますね。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。

    先日は超長文で失礼致しました^^;

    しかも『また来年まで投稿しません』と言いながら連投してしまいました。笑

    昨夜のNY時間トレード動画で一点だけ質問させて下さい。

    23時台あたりでポンド円が欧州時間から上昇トレンドの中、直近高値の140円付近まで再チャレンジし始めてる頃に
    『これを超えるとは思わないなー』と何気なく仰ってましたが、師匠はどうしてそう思ったのかが気になりました。
    もし覚えていらっしゃったら教えて頂きたいです。

    ちなみに私は日足がヒゲ高値で何度も140円付近で落とされていたので、落ちるだろうなと思いつつ、もし超えたらグワーンと行くかもと、しょうもない色気を出して、見事にヤられました(^^;

    こういうふざけたバクチ的トレードをしていては安定して勝てないですね。

    エントリーするなら『高値超えたら損切り』でショートすべき場面だったかなと反省しています。

    あと余談ですが、弾き語りミスチル編!
    めっちゃ楽しみにしています!
    私もミスチル大好きです。

    パッと思い浮かぶリクエスト曲は『HANABI』ですが、何でもいいので是非公開して下さい!

    宜しくお願いします!

    • 三度の飯よりメッシ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >『また来年まで投稿しません』と言いながら連投してしまいました。笑

      ↑ここはまぁ、堅苦しい話は抜きで♪

      >23時台あたりでポンド円が欧州時間から上昇トレンドの中、直近高値の140円付近まで再チャレンジし始めてる頃に
      『これを超えるとは思わないなー』と何気なく仰ってましたが、師匠はどうしてそう思ったのかが気になりました。

      ↑少し説明が難しいのですが、
      僕はユーロのショートを踏まれている中、ポンドの反応が著しく悪く、
      僕がもしロングを保有していたなら、間違いなく逃げたいと思うであろう雰囲気でした。

      ちなみにこれ、
      そこまでのプロセスをポジションを持った中で観ていたことで感じることが出来る感覚なんです。

      もしノーポジや、あの時間帯からチャート監視をしていたなら
      あそこからポンドのショートはまず出来ていないと思います。

      「苦しみながら観ていた」ことで
      そこまでの流れから今後の動きへのイメージが出来た、という話です。

      >私もミスチル大好きです。
      パッと思い浮かぶリクエスト曲は『HANABI』ですが、何でもいいので是非公開して下さい!

      ↑恐れ入ります^^;;
      「HANABI」はもちろん僕も大好きですが
      キーの転調が伴う曲は僕のギター演奏レベルでは難しいですね(汗)

      歌はさておき、
      ギターの難易度があまり高くない中から、、、になると思いますm(_ _)m

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    16日のトレード、やはりお見事でした。
    8月末にFXism、先生のyoutube動画に出会ってまだ大百科等含め勉強中ですが
    youtubeネタでは危機管理としては1000万マイナスのやつ他から、立ち回り、
    向き合いかたは、逆いかれたときのコントロールで実は結構参考になっています。
    とはいえ、取り返し、自身は何回かに1回破綻、先生も真似するなと明言してますが 苦笑)

    今回、bigbossのキャンペーンにのって初ECN口座を先週ひらき、
    いまの本業冬期ボーナスの一部、30万(+ボーナスクレジット)を入れて、
    基本は0.50~1.00 lot、やられたときに自信の度合いで3.00~5.00で取り返し、
    1週で証拠金50万までにしましたが・・・(含み損はあまりなかった)

    時同じくして昨日、さぁこれから定期的に利益出金していくぞ!っていうときに
    全損し、ボーナスクレジット1万だけが手元に。
    (ここから少しずつ出金しようと思ってたのでまたスタート2歩手前に逆戻り…)

    原因はやはり明確、メンタルコントロール、自制・・・というのも、

    ・以前、〝仕事中はやらない!〟として、先生にも
    〝専業でやるならそうあるべきでしょうね〟とはっきり言って頂いたのに
     仕事で議事録作成の暇に欧州時間に入り、ついついチャートみて入ってしまい、
     そこでたかだか5000円の損を取り返そうと二桁違うロットで入って・・・hell!
     (こんなのはア〇丸出しで門前払いなのは重々承知ですが・・・)

    業務中チラ見エントリー⇒動揺、判断ミス、うかつなドテン、高ロット・・・
    全てがルール違反、悔恨発狂しそうになって1日、今はむしろすっきりしてます(苦笑

    やはり、FX…というより、ヒト?はなかなかどうして、難しいですね。

    幸いこれまでの失敗を学習して、まだ半分の資金余力があるので、また冷却して、
    自身のルールを徹底、25万円-0.50、50万円-1.00で積んでいこうと思います。
    これがなくなると半年また足止めになるので
    多少の損でも〝生きてるだけで丸儲け!〟くらいで冷静にいきたいです。
    そうすれば普段は勝てると思うので。これからこれから。。。

    ちなみにここで質問させてください。

    ①今回判断の誤りを助長したのが16日、
    MT4 bigbossチャートの時間で10:30~10:50、ポンド円、139.700~139.300
    とりわけ10:50のひげ下降でやられました。(ロスカットはその逆の上がりでくらい)
    ちょっと荒れるとこのくらいは茶飯事かもしれませんが、
    例えば、ロング持っていて、この辺に30pips損切りを置いていた場合、
    先生ならそのあとの立ち回りどうするでしょうか。再エントリー?見送る?
    個人的にこういうひげは悩ましいです・・・

    ②年度の手じまいはクリスマスまでにした方が安全といえるのでしょうか・・・

    すみませんが、お時間のあるときにコメント頂戴できればと思います。

    よろしくお願い致します。

    • Phoenixさま
      いつもコメントありがとうございます。

      お仕事中でやったトレードの件、
      結局本業の作業は完全にストップする中、
      それでも脳の中だけはどっちも気になり、ますます集中力や判断力に欠けてしまう、、、
      こういう部分が一番シンドイところですよね。

      ちなみにここでの一番の問題は
      僕から言うと「勘が働かない」という部分なんです。

      キチンと集中し、なんていうか「研ぎ澄まされた」感じでやると
      ヒラメキにも似た直感的判断が可能となり、
      またその直感は大体正しいものです。

      たまにお酒飲みながらトレードする人がいますが
      そうすることで上記の感性が鈍るので
      この部分から僕は大反対なんですよね。
      ここは話のついでで言いましたが。

      >16日、
      MT4 bigbossチャートの時間で10:30~10:50、ポンド円、139.700~139.300
      とりわけ10:50のひげ下降でやられました。

      ↑チャートを確認しました。
      確かに恐怖を感じるには充分な急落だったようですね(汗)

      僕はおそらくですが「入り直し」すると思いました。
      チャート形状自体は買って良い中、
      急落からの下ヒゲは、もはや「答えを教えてくれているようなもん」
      こう考えたように想像します。

      ただし、その後の動きはイマイチですね、
      大して勝てていたとも思えませんが(苦笑)

      >年度の手じまいはクリスマスまでにした方が安全といえるのでしょうか・・・

      ↑安全かどうかという議論以上に、
      そもそもボラが全然出ないのでつまらないと思いますよ^^;;

      ま、ボラが出ないってことは
      逆張りスキャルやってれば勝ちやすくはありますが、
      そこで万一大きく逆行されて損切りとかなったら、
      まずもう取り戻せないです。

      それでも良いなら逆張りスキャル&強気ナンピンで
      逆に複数回トレードするのも面白いと言えなくはありません。

      「事故」に遭遇しないで済んだ場合は
      そこそこ勝てると思いますので。

      ・・・と、僕のこの意見に対し、
      どう捉えるか?が宿題かも知れませんね(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • すみません、①わかりにくいと思ったので補足です。

      ロングでポジションを大きくもってしまっていたけれど、
      20~30pips急落、そこで自分は損ぎってしまいました。

      しかし実際にはその後ひげですぐに一気に上に戻ってしまった・・・
      ここで我慢しておけば、その後のチャートから結果はまったく逆だったんですが、
      こういうおおきなひげ変動の立ち回りはいかがすべきものかと・・・

      というところです。

  • いつもありがとうございます。
    ご質問させて頂けるとありがたく思います。

    及川先生の本を知ったのが昨年の9月頃。
    それ以降、デイトレ百貨店、TRIBE、リオンさんと全て受講しており、かつ、空いている時間はずっと学んだことをチャート上で実践してきています。

    ただ。。。
    どうしても最終的な勝率が上がらず勝ち組に行けません。。。

    理由は、
    全体的な方向性に確信が持てないからではないか?
    と思っています。

    全体的な方向がこちらで合ってるという自信がないから、すぐに利確や損切りしてしまったり、信じて待てないのかなとも思っています。

    ただ、、抜けて動いた!と思っても、平気で全戻しがあったりするので、どうしても疑心暗鬼になってしまう所があります。。

    昨日16日のトレードについてもやはり及川先生とのの大きな違いは、
    『相場観による方向性判断』
    ではないかと思いました。

    動画の中で。
    『これは何て言うか説明が出来ないのですが、相場観なんですかねー。。ドテンはなくショートだったんですよねー』
    と仰っており、私にはいまいち分かるようでわかりませんでした。

    リオンさんも、4時間足等で、確率的に下がるだろう所で入っている=『方向性がショート』と判断出来る場所で入っているから。あそこまで意志を持って、持ち続けることが出来るのではないか?と思っています。

    そこでご質問させて頂きたいのですが、

    『相場観を上げるための日々のチャートの見方(訓練の仕方など)』
    『方向性判断能力を上げるための日々のチャートの見方(訓練の仕方など)』

    について、どの様にしてチャートを見ていくとそれが向上するのか?
    逆に言えば、及川先生は日々どの様にしてその能力を磨いてきたのか?

    について教えて頂けると大変ありがたく思っております。
    客観的な内容で申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いいたします。

    • KEIさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >『相場観を上げるための日々のチャートの見方(訓練の仕方など)』
      『方向性判断能力を上げるための日々のチャートの見方(訓練の仕方など)』
      >及川先生は日々どの様にしてその能力を磨いてきたのか?

      ↑大変良いご質問だと思いました。
      あ、上から目線で恐縮ですが(汗)

      まず僕のことからお話をしますと、
      僕はチャートを観ている時間のほぼすべてが
      「シミュレーション」で形成されています。

      今、目の前で動いているモノに対し、
      このあとどのように動いていくのかを
      これまで積み上げて来た経験を基にシミュレーションをしているわけです。

      もちろん、そのシミュレーション通りにならぬことも多かったですが
      ならばそれも「経験の積み上げ」として次回以降に活かせるデータとなる・・・
      これがある段階から「感覚」になっていく、そんなイメージです。

      ここからはご提案も含むのですが、
      僕は以下のような「ゲーム」をすると良いように想像しています。

      それは、
      デモ口座で構わないので
      チャートを開いた瞬間にロングかショートかいずれかのポジションを必ず持つんです。
      極論サイコロの目で決めても良いです。

      で、そのポジションを基に例えば30分後や1時間後どうなるか?を想像することがまず一点。

      途中、含み益になろうが含み損になろうが
      とにかく決めた時間内は保有自体を継続し、
      そしてその後、そのポジションを一定以上のプラス収支で終えるよう、
      トレード展開をしていく、、、そんなゲームです。

      含み益が一定以上であればもちろんそのまま決済で終了ですが、
      含み損状態のとき、
      「さぁここから私はどうすればコイツを逆転勝利へ導けるのだろうか?」
      ここの訓練をするわけです。

      ナンピン?
      ドテン?
      他の銘柄へ乗り換え?

      様々なシチュエーションの中、
      最善の打ち手をそこから組み立てて行くわけですね。

      というか、YouTubeで僕が苦戦した状況からやっていることが
      まさにこれなんですよね。

      ポイントは「ポジションを持っていること」でして、
      「ポジションを持ち続けていたから感じる相場観」というモノが
      ここで圧倒的に育つ、僕はそのように思っています。

      実際には僕は実弾でこの作業をしたようなものですが、
      練習や訓練中に資金が溶けてはさすがに意味がないので
      デモ口座で良いと思います。
      (もしデモだと身にならないということであればミニマムロットで)

      なお、ここではあえて「ゲーム」と呼んでいますが
      こういう訓練の中、まさにゲームのように
      トレード中に見える収支が「お金と感じない」ようになれば
      それこそが最上級の結果になるはずです。

      本件のアンサーは取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めまして、NY時間専門のサラリーマン兼業FX初心者のpictureと申します。初コメです。

    以前からYoutubeの方でフォローさせていただいていたのですが、つい先日の16日のNY時間のYouTubeトレードをきっかけに、今回書かせて頂くこととしました。

    というのも、及川先生の16日のNY時間のトレードというのが、EURJPYショートの負けからGBPショートでの取り返しまでの一連のトレードが私とかなり酷似していたからです。

    その感想と、いつも有用なコンテンツをご提供いただけることへの感謝をお伝えしたく、書かせていただいています。

    まず、及川先生ほどの相場観を持つトレーダーがNY時間のあのタイミングでEURJPYでのショートを選択したこと、ドテンを戦略に入れなかったことに、改めて、相場に絶対はない、何が起こるかわからない、テクニカルを突き詰めても相場を深く予測できる訳ではないということを再認識させられました。そして、このERUJPYショートで負けた時のチャートは深く脳裏に刻み込まれました。

    その後、及川先生が次の一手を迷いの中でGBPに注力してショートに投下したことにも、私の当時のマインドとシンクロして、大変興味深い下りでした。私もGBPJPYとGBPAUD(USDの方ではなく)の高値圏崩れをショートで狙い、ブル派の押し目買いを警戒しながら、勝ち逃げし、EURJPYの負けをほぼチャラにして、その日を終えました。USDの値動きは重たかったので、私は敬遠しました。

    いつも仰る「勝ち逃げ最強」、「相場を信じていない」、小いさい値幅でも確実に利確するという考えに、世に言われる利益を伸ばす損小利大の考えに囚われていた私をかなり救ってくれました。

    NY時間は、ロンドン時間のトレンドが継続することもあるのですが、基本的にはロンドントレンドの一服反転、もしくは、あらたなカオスの始まりという見立てを私はしており、利益を伸ばそうとすると、あざ笑うかのように反転するといったことがよくあり、困らされてきましたので。及川先生の考え方、短期デイトレの手法が、NY専門の私にはかなりしっくり来たのです。

    私ごときの初心者トレーダーが及川先生と同じ目線だったと書くことは、おこがましいことではありますが、深い戒めになったこと、少しだけ自信になったこと、書かせ
    ていただき、締めたいと思います。

    また、もう少し安定して勝てるようになったら、あらためてお礼込めてコメントさせて頂きます。

    もし可能でしたら、またNY時間の動画もアップいただけると幸甚です。

    あのような負けトレードもアップしていただける懐の広さ、そして結局勝ち返してしまう圧巻、引き続き楽しみしております。
    駄文失礼いたしました。

    picture

    • picture様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生の16日のNY時間のトレードというのが、EURJPYショートの負けからGBPショートでの取り返しまでの一連のトレードが私とかなり酷似していた

      ↑おぉ!そうでしたか。
      アレは感覚的な判断が中心の対応でしたので、
      なかなか参考にはしにくいだろうなと思っていたんです^^;;

      >NY時間は、ロンドン時間のトレンドが継続することもあるのですが、基本的にはロンドントレンドの一服反転、もしくは、あらたなカオスの始まりという見立てを私はしており、利益を伸ばそうとすると、あざ笑うかのように反転するといったことがよくあり、困らされてきました

      ↑16日の動画は僕自身が翻弄された流れでしたので
      ここは僕自身、少々耳が痛いんですけどね(笑)

      >もし可能でしたら、またNY時間の動画もアップいただけると幸甚です。
      あのような負けトレードもアップしていただける懐の広さ、そして結局勝ち返してしまう圧巻、引き続き楽しみしております。

      ↑NY時間へのリクエストはかねてから多く、
      僕もなるべく・・・と思ってはいるものの、

      ・その後のお酒の予定
      ・欧州のほうが僕にとってははるかにやりやすい

      などなどの諸事情(笑)から、
      ついつい先送りにしがちなんです^^;;

      もう少しウエイトを上げねばならぬ認識は持っていますので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

      話は前後しますが、
      >もう少し安定して勝てるようになったら、あらためてお礼込めてコメントさせて頂きます。

      ↑こちらは楽しみにしていますので
      ぜひとも!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもためになる動画、ありがとうございます。
    数か月前に1度投稿をさせて頂きまして、今回は2度目の投稿となります。
    私は先生の「ガチ速FX」購読からFXを始めました。去年の6月から現在までで1年を超え、今はようやく自分の「鉄板エントリー」の型も完成してきましたが、いくつかの要因が残っているために、まだ資産を蓄積することができておりません。
    現在は基本的に「重要な水平線のブレイク」でエントリーすることで、トレンドが明確に出ているときにはしっかり利益を出すことができており、この時には「利確はこの位置、この時でよかったのか」と、利確の方の妥当性で悩むようになってきましたので、この部分では「自分も成長したな」と感じております。
    これが今の私の鉄板エントリーです。
    ですが、及川先生の仰るようにこの方法ではトレンドが明確に出ていないときや、特にトレンドの終わりにすっ高値で買わされて、大きな損切りになっております。
    ここからが私が今課題に感じておりますことで、
    一つ目は損切り額を減らすことです。
    私は資産に対して一定の割合になるようにロットを調整しているので、資産が増えた後の損切りが今までのトレードの利益よりも大きな損切になることにつながり、かつ、水平線ブレイクのエントリーではMAから離れたところから入るので、損切り目安が遠いことも大きな原因であると感じています。ここに関しましては、エントリー時のロットを減らすことで、水平線をきちんと超えてから増し玉し、改善を図ろうとしています。
    二つ目の課題が「MA戻りのエントリー」を身に付けることです。
    長くなりましたが、ここからが及川先生からアドバイスを頂きたい部分でして、今までは
    ①「MAまで戻ってエントリーするとMAをそのまま通過して逆に伸びて損切り、数時間後にチャートを見てみたら、実は前のトレンドは終わっており、むしろトレンド変換して逆に伸びていく相場だった。」というパターンと、
    ②「上昇相場と見込んでMAまで戻ってエントリーするとMAをそのまま通過して逆に伸びて損切り(買いで入って損切り)、また1時間後くらいに戻ってきたので今度は下降トレンドとみて売りで入ったらまたMAをそのまま通過して損切り、結果として数時間相場と格闘し、往復ビンタどころか3往復ビンタくらい喰らって、あとで振り返ると単なるレンジだった(大ダメージ+汗)」という、精神的にも資産的にも大ダメージを受けるパターンの、2つのパターンを乗り越えることができずにいるために、「MA戻りのエントリー」での利益の蓄積ができずにおります。
    また私のトレードの時間帯ですが、いつも仕事をして帰ってくるので、夜の7時から、次の日の仕事を考えると深夜のトレードはできないために、11時くらいのトレードで終えることが殆どで、相場としましては欧州の後半からニューヨークの初動くらいでしょうか、いわゆる「ひと相場、大きく動いている最中、もしくは終わった後」のような状態が殆どで、東京から欧州の「MA収縮から拡散」のタイミングで入れることがほとんどないという状態です。
    ここで及川先生に質問なのですが、このような私が心得ておくと良いこと、してはならないことなとがございましたら、教えていただけますでしょうか。
    特に私としては、「レンジかそうでないのか」の見分けが「時間帯という要素」以外に何かあればなぁと思っております。
    及川先生の動画より、今後もしっかり学ばせていただきたいと思います。
    今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
    (シンガポールの気候はちょっと分かりませんが、)徐々に寒くなってまいりましたので、お体、どうぞ自愛くださいませ。
    また少し早いですが、来年も良い年になるよう、お祈り申し上げております。

    • 愛パパ様
      コメントありがとうございます。

      >夜の7時から、次の日の仕事を考えると深夜のトレードはできないために、11時くらいのトレードで終えることが殆ど

      ↑なるほどですね。
      本件のポイントはここじゃないかと思っています。

      いわゆるトレンドフォロー(順張り)は
      トレンドが出る、あるいは伸びることを前提とすることで
      リスクリワードのバランスが取れるわけですが、
      トレンドが出にくい、伸びにくい時間帯となると
      逆にリスキーな場面が増えてしまうという部分は見逃せませんね。

      現在、得意となっているパターンはそのままにし、
      それ以外の技としては、逆張りスキャルなどを研究されるのも良いように想像します。

      例えばトレンドフォローの際は「密集→拡散」を狙うわけですが、
      これの真逆、つまり「拡散のその後」をやるという話です。

      で、あるならば
      ローソク足が黄緑線から「めっちゃ乖離しているモノ」をやる、
      という仮説がまず立ちます。

      そこから先は

      1.一気に下げた瞬間からの逆張りで1分もかからぬレベルで勝ち逃げ
      2.何度かアタックした高安値の水平線を抜けられないところからの逆張り
      (こっちは少し長めの保有もOK)

      このような戦術を目指し、日々のチャートから狙い方の模索をする、
      なんて進め方はどうでしょうか。

      おそらく僕ならそうすると思い、
      ひとつのご提案とさせていただきました。

      特に20時過ぎくらいからは、
      逆張りでもイケるパターンは多いのではないでしょうかね。

      ご質問の主旨とは離れてしまうアンサーかも知れませんが
      実戦的な意味合いからもアリではないかと思いました。

      取り急ぎ以上といたしますが、
      実際にチャレンジする中で追加のご質問などが生じた際は
      遠慮なくご一報ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。55歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。