「ジャブジャブバブル」vs『相場の歴史』勝つのはどっちだ?!

 

5月12日のブログ記事で
僕は「バブル崩壊の歴史」について
お話をしました。

▼今後の相場を
『過去のバブル崩壊』から読み解こう!
というハナシ。
https://fxism.jp/20200512/

古くは「元祖バブル経済崩壊」から、
2017年年末の「仮想通貨バブル崩壊」まで・・・

崩壊からの“その後”について
僕の相場歴史観についてテーマにした次第です。

 

で、ですね、
実際に僕はもし次にこのようなタイミングがあったら、
全力で売りまくるつもりでいたんです。

まさにそれが「今」という話です。

あ、とは言え、
このトシで全財産ブッコむほどの勇気も男気もないため、
せいぜい「勝って1億、負けて5000万」くらいの
勝負しか出来なかったと思いますが(苦笑)

 

そんな中、
5月末時点の日経225が遂に
僕が当初からイメージしていた
「仕掛け頃」の位置まで到達しました。

日経225の『2万2000円』です。

もし僕がシンガポールに移住せず、
日本在住のままだったとしたら
一切の迷いなく、
ここから売り仕掛けを敢行していたと思います。

ところが・・・

5月18日に僕のYouTubeチャンネルで公開した
この対談内容が、
現在僕を大いに迷わせているのです。

この対談動画の中で
KAZさんとホリーさんは、

「日本を含めた世界中が
お金をジャブジャブに刷りまくっている状況のため
株はむしろ上がる可能性が高い」

「及川さんの全力売りは危険!」

このように僕に対し
忠告(警告?)をしてくれました。

 

確かに経済の仕組みとして、
市中にジャブジャブお金がバラまかれた際、
その資金は「株」に向かう、、、

というか、そもそも株の仕組みとは
そのような構造で成り立っていると。

大変理路整然とレクチャーをしてもらい、
大いに納得をさせられた僕なのでした。

 

けどね・・・

それでも僕は、
このまま株式市場が何事もなかったように
元の相場に戻るとはどうしても思えないんです。

この感覚にある意味根拠はなく、
ひとえに僕の「相場観」
いや相場における『歴史観』に基づきます。

理論的には今後も株は上がるはず・・・
ここについては僕も理解しています。

けれどもそれでもやはり、
『こんなもんでは終わらない』
僕はこの想いを払拭出来ないわけです。

 

ちなみに、
現在の僕はFXのデイトレがメインですので、
ムキになって日経の売りにこだわる必要など
正直ありません。

ただし僕は、僕の人生において
株式市場で3度の資金全損を経験していましてね。

『次の崩壊時は必ず売りで取りたい』

もはや「怨念(笑)」のレベルで
そう思い続けて来たのだと思います。

 

投資人生的には
すでに僕は株での損失の数十倍取り返していますが、
けど「株」ではまだ負けたまま・・・

なんて言うか、
「人生の忘れ物」みたいなイメージなのかも知れません。

こんなことにムキになるなんて
バカ丸出しだと自覚している僕なのですが、
これはもはや「男のロマン」レベルなんですよ。
(やっぱりバカですな!苦笑)

 

ただし、プロ中のプロである
KAZさんやホリーさんの忠告は
さすがに無視することも出来ません。

さぁどうする?って話です。

 

いろいろ考えた僕なのですが、
それでもボチボチ日経は売ったろうかなと思います。

例え負けたとしても、です。

ここでの「売り」は
もうずっと以前からイメージしていたものですし、
逆にそれをしないと僕は後悔することでしょう。

 

ちなみに、
僕が過去の株式投資人生における累計損失を
ざっと計算してみたところ、
約3000万円でした。

※日経先物では勝てていましたので
あくまで「株だけ」の話なのですが、
そう考えると仮に今回勝てたとしても
「株の復讐」にはならないか・・・
やっぱアホですな、僕は(汗)

 

「全力売り」はしないまでも、
勝った際に最低でもこの額面以上になるくらいの仕掛けは
してみようかなと思います。

また、利をとことん引っ張るでもなく、
こまめに利食いをしつつ進めていこうとも。

あれ、
それじゃあ「普通のトレード」か(汗)

 

さて、、、

そんな「おバカな僕」の話はどうでも良い中、
実際の相場はどうなることでしょうね。

前回記事時点での
日経チャートがコレ↓

そんでもって
5月末時点のチャートがコレ↓

随分と騰がりました。

短期であれば普通に売りたい位置ですが
さてどうなることやらです。

 

しつこいようで恐縮ですが、
僕が認識している「歴史観」では
このまま再バブル突入はないはず・・・

どんなにジャブジャブと金を刷ったからと言って、
コロナ前みたいな上昇相場へ本当に戻れるのか??

いやいや、
そうは問屋が卸さないってのが
相場ではないでしょうかね。

こんな僕の考えが「大間違い」だった際は
どうか笑ってやってください。

 

2020年も早6月。

このままでは終わらない、
この期に及んでも
僕はまだそのように思っているのです。

 

追伸:
当コラムはあくまで僕(及川)の
相場観に基づいたモノです。

売り推奨をするつもりは一切ありませんので
トレードの際は
必ずご自身の判断にてお願いしますね。

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

95 件のコメント

  • 『普通のトレードか』という言葉を聞いてあー師匠は日経がこの先上がろうと下がろうとどうあれ負ける気なんか微塵も無いんだなと思いました!
    TRIBEも終わりを迎え今後を学ばせて頂いた事を糧に自分も負け無いように継続し続けていけるよう自制を徹底していこうと思います。師匠佐藤コーチヨン様リオンさん運営様お世話になりました!

    • ゆ様
      コメントありがとうございます。

      >師匠は日経がこの先上がろうと下がろうとどうあれ負ける気なんか微塵も無いんだなと思いました!

      ↑いやいや、そんなことはないですよ(汗)
      日経については、そんなに無理せず、
      損切りするなら損切りで終えるつもりです。

      あ、、、
      とか言いながら、現時点で「打診から」みたいにやってるので
      可能なら勝とうとは思っていますけど(笑)

      あくまで本業はFXですので
      あまりこっちに囚われ過ぎぬよう
      ボチボチやっていくつもりです。

      >師匠佐藤コーチヨン様リオンさん運営様お世話になりました!

      ↑お気遣いありがとうございますm(_ _)m

      このブログは彼らも観てくれることが多いので
      目に止まることと思います。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初コメントさせて頂きます。
    3コ下68年生まれの兼業トレーダーです。
    FX歴は3年ですがバブルを知る年代のショーターとしては期待値の上がる予想ですが、自己責任で勝負ってところでしょうか。ゼロカ7回目にならないよう慎重、大胆に勝負したいです。ガチ速購入して読ませて頂きました。専業の方に教わり別のコミュニティにいたのでトライブには参加してませんが、卒業後初のゼロカでコミュニティは出てトレード見直し検証中です。要因は
    ほぼ自分の慢心だと思っています。月利が300〜500%行き褒められて内緒でロット上げすぎて自爆全損しました。
    内容の振り返りもなかった、超ギャンブルトレードでした。建て直す参考に及川さんやリオンさんの動画を見させて頂き自分の手法を模索して行こうと思います。どうかこれからも参考にさせて下さい。
    宜しくお願いします。

    • meg0707様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >月利が300〜500%行き褒められて内緒でロット上げすぎて自爆全損しました。
      >ほぼ自分の慢心だと思っています。

      ↑元々のセンスは良いのでしょうね。
      でないと、この月利は無理ですので^^;;

      もう僕がとやかく言う話ではないでしょうが、
      相場環境との相性や兼ね合いも絡みますので
      基本「どのような相場付け」でも大丈夫な
      言ってみれば最大公約数的なロットにしておくと良いでしょうね。

      復活を願っております。
      ぜひともがんばってください。

  • いつも拝見しております。

    その「上げ」について。
    今の相場状況は先を織り込んでいるとよく言いますが、
    では今後、月も変わるところで何を織り込んでいくのか、
    及川様のおっしゃる「売り時」となるのか、
    探っているところです。

    で、為替についてなのですが、
    このところの各通貨の中で個人的にはオージーが豪政府の政策的にも
    チャートを見ていてもすごく強気に感じますが、
    これからの展開、攻め所について見解がございましたら
    伺いたいのですが。

    • tsukasaさま
      コメントありがとうございます。

      >今後、月も変わるところで何を織り込んでいくのか、
      及川様のおっしゃる「売り時」となるのか、
      探っているところです。

      ↑それにしても株は強いですね。
      ここまでの強さは正直想定外でした。
      あまりムキになって売り向かわないよう
      適度な数量でやっていこうと思います^^;;

      >個人的にはオージーが豪政府の政策的にも
      チャートを見ていてもすごく強気に感じます

      ↑確かにそうですね。
      ただ、為替に関しましては
      僕は中長期の見通しを意識することはないんです。

      動画などをご覧になるとお分かりいただけるかも知れませんが
      僕はデイトレ、しかも「超短期保有デイトレ」なので
      例えば日足の確認などもしていません。

      ファンダメンタルズ状況も意識はしますが、
      例えば上昇基調の銘柄であっても
      局面的に下げだとなればショートしたりもするので
      あまり「大きな目線」はあえて持たないようにしています。

      ※その意味で為替については「情報」もあまり得ようとしていません。

      お役に立てず申し訳ございませんが
      ここはひとえにトレードスタイルに由来する考え方ですので
      どうかご理解ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お世話になっております。
    tribe一期生です いよいよtribeも終わりですね!いつも為になるお話やトレードありがとうございます お陰様でトレードでは、日ベースで勝てるようになりました。
    (たまにドカン負けもしてしまいますが)
    トレード歴はまだまだ小僧ですが ここまで腐らず頑張って来れたのも及川先生率いるFX ism皆様のおかげです。 
    本当に有り難う御座います。
    またトレードで悩んだ時相談に乗って頂きましたら幸いです。 
    今後の活躍を陰ながら応援していますね
    及川組の名に恥じぬよう看板背負って邁進して参ります。 
    今後共宜しくお願い致します

    • FUKUSINさま
      コメントありがとうございます。

      TRIBEでは大変お世話になりました!
      おかげさまで僕自身、大変充実した時間となりました。
      心より感謝いたします。

      >お陰様でトレードでは、日ベースで勝てるようになりました。
      (たまにドカン負けもしてしまいますが)

      ↑勝てるようになったとして、
      それはすべてご自身の創意工夫の結果です^^

      そこがないとナニを学ぼうとも
      勝てるようにはなりませんので
      堂々と自信を持っていただきたいと思います。

      あ、ドカン負けには注意が必要ですけどね(笑)

      >またトレードで悩んだ時相談に乗って頂きましたら幸いです。

      ↑こちらは遠慮なく!

      >及川組の名に恥じぬよう看板背負って邁進して参ります。 

      ↑いや、そんな看板背負ってもメンドくさいだけだと思いますよ(笑)
      伸び伸びご自身なりのペースでがんばってください^^

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お久しぶりです!
    TRIBE終わっちゃいますね。トレードコンテスト3日目のドカン(50万近くの)で目が覚め、その後師匠が動画で言ってらしたある一部分にフォーカスし丁寧なトレードを心掛けたらその週のうちにまずはちょいプラスまで回復し、その後2週間で37%近くの利益に出来たことは自信にもなりました。
    この過程で少しは自分の進む道が見えてきたように思います。
    今後もトレードコンテストの2週間で心掛けた点に注力して頑張っていきます!
    またトレードで壁にぶち当たったらこちらのコメントで相談させていただきますのでよろしくお願いします(笑)
    TRIBEという素晴らしいコミュニティーを提供していただきありがとうございます!
    TRIBE1期生、また及川組一員としてこれからもよろしくお願いいたします。

    • HIRO1022様
      コメントありがとうございます。

      >その後師匠が動画で言ってらしたある一部分にフォーカスし丁寧なトレードを心掛けたらその週のうちにまずはちょいプラスまで回復し、その後2週間で37%近くの利益に出来た

      ↑ほぉ!なんか凄いです。
      「ある一部分」とは意味深ですが(笑)

      おそらくは落ち着いて自制を伴ったトレードなら
      基本大きな損失はなしでイケる状態なんだと思います。

      その部分にこそ、
      自信を持って今後取り組んでいただきたいなと思いますね♪

      >またトレードで壁にぶち当たったらこちらのコメントで相談させていただきますのでよろしくお願いします(笑)

      ↑もちろんです!
      そこはどうか遠慮なく。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。

    最近、及川さんがYouTubeにトレード動画を載せてもらった時、恐れ多いのですが勝手に及川さんのトレードを分析させていただいております。
    そしていつも思うのが「僕ならスルーなのに、ここで入れるのは本当凄いなぁ…僕には無理だぁ…」と勉強しながら、改めて及川さんの凄さを感じております。

    前回の動画も現在いろいろ調べているのですが、あの動画の時はどのような状況になったら損切りする予定だったのでしょうか?
    また、最近自分はチャートがガチャガチャでよくわからない時は、無理にトレードせずトレードを休む事があります。(単にエントリーする技術がないのですが…)
    及川さんやリオンさんは、月末以外で「今日はトレードチャンスが無い」という理由から、トレードを行わない日があったりしないのでしょうか?

    お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答のほどよろしくお願いします。

    • しょーさん。様
      いつもコメントありがとうございます。

      >「僕ならスルーなのに、ここで入れるのは本当凄いなぁ…僕には無理だぁ…」と勉強しながら、改めて及川さんの凄さを感じております。

      ↑あらま、ここは少し引っかかりますね。
      僕の中では結構当たり前でやっている部分のはずでして、
      そこが「スルー場面」なのだとしたら
      何かが逆なのかも知れません。

      >あの動画の時はどのような状況になったら損切りする予定だったのでしょうか?

      ↑僕の場合、エントリー時点でその後の展開をイメージしておりまして
      しかも生意気なことに「勝つパターン」だと、そういうイメージがメインです(笑)

      で、実際にエントリーしたあと、
      そのイメージ通りにならない時点で
      「あ、、、これ、違うかも?」
      まずはこの疑念から。

      その時点で「耐えて良いか?撤退か?」を判断し、
      前者なら少し耐えます。

      ただしその際も「好転する展開」を考慮してのことですので
      その展開にならないと感じた時点で撤退(損切り含む)。
      このような感覚ですね。

      もちろん縦軸(値)も気にはしますが、
      僕は横軸(時間経過)との兼ね合いも意識しますので
      「何PIPS逆行なら損切り」ではなく、
      「イメージ通りでないなら撤退(損切り)」みたいな感じです。

      >及川さんやリオンさんは、月末以外で「今日はトレードチャンスが無い」という理由から、トレードを行わない日があったりしないのでしょうか?

      ↑リオンちゃんについてはちょっと分かりませんが
      僕は動画のない日などは
      もともとそんなにムキになってはやらないです。

      とか言いながら、なんかしらやれるモノはあったりするのですが、
      「トレードしなくちゃ!」って意識ではやっていません。

      いや、そういう意識でやってはアカン、というのが実際かなと。

      特に、その後外出などの予定がある日は
      ハマってしまっては大変なので余計ですね。
      (最近はコロナの影響でそんな予定もないのですが・苦笑)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントします。

    私は、もうすぐ還暦になります。

    相場は1997年当時の原油暴落の少し前から相場張ってます。毎日、日経新聞の価格をひらって
    方眼用紙に日足チャート書いてました。その頃は綿糸取引から初めて、過去に最大損失
    4億1060万を記録しています。それがあって、ついつい相場にのめりこんできました。
    そして今は先物から225に移行、ここ10年は、225とFXをしています。

    2年くらい前に及川さんのブログ拝見するようになって、シンガポールから発信のブログは
    興味持ちながら相場観を拝見していました。

    今回、私も下方向に予測していまして、今月から仕込み始めようと思います。
    (相場は蚊が止まっても崩れる、天井3日、底100日)まだまだ底は見ていないように思います。

    売るときは静かに売れ。買うときはじっくり買え。私の師匠の教えです。
    今回は、225、原油を中心に仕掛けていこうと思っています。

    そして為替は底確認後、じっくり買い玉を入れていこうと思っています。

    • 天風さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >毎日、日経新聞の価格をひらって
      方眼用紙に日足チャート書いてました。

      ↑おぉ!久しぶりにお聞きしました!
      実に懐かしいです。

      昔はこれやっている方、
      多かったですよね^^
      もっとも僕は経験ないのですが(汗)

      >今回、私も下方向に予測していまして、今月から仕込み始めようと思います。

      ↑6月2日の朝にこちらを書かせていただいてますが
      それにしても株は強いですね^^;;
      ここまで一気に戻すとは正直思っていませんでした。

      >売るときは静かに売れ。買うときはじっくり買え。私の師匠の教えです。

      ↑名言ですね。。。
      僕は現在デイトレーダーですが、
      先々は株に戻りたい意向も持っています。

      その際は「じっくり買う派」を目指していますので
      よろしかったらご指導のほど、よろしくお願いいたします。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。
    久しぶりのコメントとなりますが、
    いつかの及川さんのどなたコメント返しだったかではないですが、
    例え、過去の怨念に固執してようが、 及川さんの過去の歴史観、相場観が根拠となっている以上、それは勝とうが負けようが 及川さんの決めた投資であり、決してゲームでもギャンブルでもないのですから、周りの助言を受けるかは置いといて、挑戦する価値はあると思います。
    そんでやっぱりダメだった時にはたまにはド派手に負けた動画でも上げてもらった方が動画を普段みてる見てるこちらも安心ってもんです(笑)

    最近私もまた負けまして 過去のリオンさんのコラムをみて衝撃的に気付かされる事があり感謝しております。
    私は私で勝つことより負けることを意識したトレードで再挑戦したいと思います!

    • ころぴす様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >そんでやっぱりダメだった時にはたまにはド派手に負けた動画でも上げてもらった方が動画を普段みてる見てるこちらも安心ってもんです(笑)

      ↑なるほど(笑)
      ちなみに「売る売る」言いつつ、
      当初予定からかなり数量を下げて
      「徐々に売り上がり」へとこっそり作戦を変更したりしてましてね(笑)
      ビビりながらやっていこうと思っています。

      >過去のリオンさんのコラムをみて衝撃的に気付かされる事があり

      ↑彼女の話は良いですよね。
      僕も驚かされる機会がとても多いです。

      >私は私で勝つことより負けることを意識したトレードで再挑戦

      ↑そうですね。
      ある意味「負け方」の意識は「勝ち方」以上に重要だと僕も思います。

      お互いがんばってまいりましょう!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    お世話になっております。
    (※4月FXism及川デイトレ大百科入学、猛勉強中です)

    今回のブログも大変興味深いお話でした。
    日経225の動きをウォッチしておきます!

    今回もアドバイスをいただきたくコメントさせていただきました!
    まず勝てるようになるために先週から及川先生がよくおっしゃっている時間帯と通貨ペアの絞り込みをしてトレードしています。
    仕事的に欧州はできないので
    Rionさんを参考に
    時間帯:8時~10時(長くて10時半)
    通貨ペア:GBPAUDのみ
    トレード数:1トレード/日
    でトレードしています。
    Rionさんの日足からの確認後、
    AUDJPY、AUDUSD、EURAUDの動きを見て
    自分に「動きが出てきてから」と言い聞かせてやっています。
    先週は、月曜が損切ミスで大きめの負け後、火曜から金曜は少ないpipsのときもありますが勝ちで終えられました。

    本日、8時から監視続けて、朝の9時5分の足の動き出しで、GBPAUDを売りエントリーしたのですが(待てたのはよかったです)
    EURGBPが下降していたため、AUDJPYとAUDUSD上げ、EURAUDにも関わらず
    GBPAUDは-15pipsほど戻ってしまいました。
    結果的には、TPまで行き20pipsまでいったのですが
    もしEURAUDでエントリーしていれば、怖い10分くらいの含み損なくすんなりプラスになっていました。

    まずは勝ち逃げができるようにしていくため
    ・GBPAUDだけに絞ったままやる

    ・GBPAUDを中心にして、EURGBPの動きによってはEURAUDにエントリーする
    というどちらでやっていくか迷っています。

    色々な生徒さんをご指導されてきた及川先生としては
    どちらがおすすめでしょうか。

    お忙しいところ恐縮ですが
    よろしくお願いいたします。

    • Keiさま
      いつもコメントありがとうございます

      内容、拝見しました。
      なるほど、僕のように通貨ペアを同時に
      しかも都度都度の動きも観ながら、となると
      確かにこのような考えになりますよね。

      >・GBPAUDだけに絞ったままやる

      ・GBPAUDを中心にして、EURGBPの動きによってはEURAUDにエントリーする
      というどちらでやっていくか迷っています。

      ↑僕は「オージーテクニカル(及川語)」を軸にやりますので
      ユーロとポンドのどっちが伸びても、
      あるいはくすぶっても良いようにと、両方持つことが多いです。
      これは「利益の均一化」のようなイメージですね。

      リオンちゃんから具体的に聞いたことはありませんが
      彼女は「GBPAUDを極める」感覚なのかも知れませんで、
      あるいは保有中も他の通貨ペアをそこまで観ていないのかも知れません。

      その代わり彼女は環境認識も日足から降りて来るなど
      GBPAUDの状況は僕以上、はるかに把握した上で取り組んでいるはずです。

      Keiさんが僕みたいに
      「オージー4通貨」の推移を常にウォッチするのであれば
      あるいは僕のように複合(均一化)でやったほうが良いかも知れませんね。

      その代わり、ポンドのほうがより伸びることもあり、
      そういう機会が頻発した際は
      「ポンオジだけでよくね?」と再度悩まれる可能性もあるかもです(笑)

      ここは正直「割り切り方」ではないかなと。

      実はここ最近、
      東京時間でもポンドやユーロが結構動くので
      本件もそういった兼ね合いはあるのかなと思っています。

      今後、コロナ以降の相場が落ち着いたら、
      東京時間は以前のように「オージーメイン」で
      しっかり動く機会が増えると個人的には想像しています。

      そうなった場合は
      ポンオジだけで良いかも知れません。

      結論的には
      「利益の均一化を意識するなら複合保有」
      「平時相場に戻ったらポンオジのみで良いかも?」

      これが僕の感想です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして、初コメントさせていただきます。
    昨年ガチ速FX、大トレ大百科を購入し、定期的にyoutubeを見て
    勉強させていただいてます。いつも参考になるお話をありがとうございます。

    師匠に質問なのですが、1回目〜2回目のトレードで損切りにあった時の向き合い方についてです。

    最初は調子良く勝てて資金2〜5倍になるのですが、調子に乗ったところでコツコツドカンをくらい、これまでに資金がなくなる退場を4回ほどくらいました_:(´ཀ`」 ∠):原因は、いつも損を取り返そうと勝率の低い場面や、計画性の無いトレードを乱発し結果毎回全損してしまいます。FXはメンタル、計画性が重要だというのは、認識してますが、なかなかうまく立ち回れません。

    及川師匠のyoutubeでは、1発目に損切りにあっても、2回目で損をチャラにして、3回目に利益を出している動画を何回か拝見しましたが、どのようにマインドセットして、2回目に向かってますでしょうか。

    また良くあるケースでは10万円利益が出た時に、その後2万円の損切りに合い、この2万円を取り返そうとする心理でトレードに臨むとは危ないと聞きますが、どうしても損を取り返したくなってしまいます。このような場合は、どのような考え方やスタンスで臨めば良いかアドバイスいただければ幸いです。

    何卒宜しくお願いします。

    • ヒラタダシ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川師匠のyoutubeでは、1発目に損切りにあっても、2回目で損をチャラにして、3回目に利益を出している動画を何回か拝見しましたが、どのようにマインドセットして、2回目に向かってますでしょうか。

      ↑僕がトレードしている時間帯って
      「基本、何かがしっかり動く(伸びる)」
      または伸びて然りの時間帯なんです。
      (各市場の午前を基本としています)

      その際「損切り」とは
      「銘柄選択のミス」というイメージでして、
      『あらためて伸びそうなものに乗り換える』
      こんな形であることが多いです。

      ですので「損を取り返す」というよりは
      「本当に伸びるモノに乗り換えよう」
      こっちの意識のほうが強いですね。

      ポイントは
      「動きが出る時間帯はなんらかの銘柄(通貨)がしっかり伸びるもの」
      この考え方がベースです。

      ですので要するに「それに乗ろう(乗りたい)」です。

      ただし、例えば16時台から始めたとして、
      その時点で全体がハッキリしない動きだった際は
      「そんな17時台までいったん待って落ち着こう」

      このような意識も同時に持つようにしていますので
      そこも併せてアタマに入れておいてください。

      >10万円利益が出た時に、その後2万円の損切りに合い、この2万円を取り返そうとする心理でトレードに臨むとは危ないと聞きますが、どうしても損を取り返したくなってしまいます。

      ↑うーむ、、、
      ここはもはや「自覚」しかないんじゃないでしょうかね(汗)

      僕もそういう気持ちは湧きますし、
      ほとんどの人が同じじゃないかと思います。
      早い話「それが人間」ってやつかと。。。

      なので僕は「勝ち逃げ最強!」と唱え、
      勝った時点でそもそもやめてしまうことが多いわけです。

      「さっき勝った利益の貯金があるから
      それを元手にもう一勝負」

      こういう時のほうがヤバいですので
      勝ったあとほどもうやらない、で
      パソコンから離れて他のことをした方が良いと思いますよ。
      僕もいつもそうしています。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは。

    YouTube動画にブログコメントのご丁寧なご返信いつも感謝しております。
    私は兼業トレーダーなので特にニューヨーク時間のYouTube動画は特に勉強になります。
    最近は先生と同じタイミングでエントリーできたことも何回かあり少し成長したかな?と思うこともありましたが、通貨の相関を考慮した利の伸ばしかた、逆へ伸びた時のナンピンによるワンチャンの逃げは神業だと驚愕するばかりです。
    ニューヨーク時間のオージーテクニカルは、はまればガツンと伸びますね。利食いが早くて悔しい思いをすることも多いです。
    ただ、少しづつではありますが勝率や資金も上がってきておりますので、及川先生のガチ速やデイトレ大百科のおかげであると思ってます。

    今後もトレード動画やブログ楽しみにしてます!何気に先生の2冊めの書籍も期待しております 笑

    • ゆう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >通貨の相関を考慮した利の伸ばしかた、逆へ伸びた時のナンピンによるワンチャンの逃げは神業だと驚愕するばかり

      ↑いや、どうでしょう・・・
      要するに僕はチキン逃げがメインでして、
      動画のときは「ハマってる場合じゃない」という意識が
      普段以上に働くので、より着実優先って部分が大きいんですよ^^;;

      >ニューヨーク時間のオージーテクニカルは、はまればガツンと伸びますね。
      >利食いが早くて悔しい思いをすることも多いです。

      ↑僕もまったく同じです^^;;
      とりあえず、オージーは「安易な逆張り不可」とさえしておけば
      利食いが出来ていることを「良し」とするしかないですね(笑)

      >何気に先生の2冊めの書籍も期待しております 笑

      ↑そういえばそんな話もありましたが、
      最近は話題に出なくなりました(苦笑)

      僕が常に受け身であるため、
      もう少し積極的な姿勢を示さないとダメかも知れません^^

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは

    FXの世界でもイカサマや詐欺まがいの商売をしている方がいます
    全く悲しい限りです。
    先生の2020年5月28日の『チャート形状+ホニャララ』である、のYouTube動画を見ました。先生が話しているのはいつの時間のことですか、画面のアナログ時計は
    21時30分ですね。話の内容も21時30分からのことです。窓にはスクリーンが下りて部屋には照明がついています。夜です。
    さて動画のMT4の時間を見ると、履歴から15時33分からのトレードです。つまりアナログの時計の時間とMT4のトレード時間が6時間ずれています。
    過去のMT4の動きを再現するアプリがあります。時計も任意の時間を表示させるものがあります。実際にトレードをしているのならば、ありえない話をしています。
    あまりにもこの動画が面白いのでダウンロードしました。

    • ポンドでいこう様
      コメントありがとうございます。

      >画面のアナログ時計は21時30分ですね。
      >さて動画のMT4の時間を見ると、履歴から15時33分からのトレードです。つまりアナログの時計の時間とMT4のトレード時間が6時間ずれています。

      ↑こちらですが、
      海外MT4業者はその業者の現地サーバー時間がMT4に表示されます。

      夏時間で6時間、冬時間では7時間、日本との時差がありまして、
      これは僕のどの動画でも同じです。

      海外業者を利用されていないようなので
      あるいはご存知なかったのかと思いますが、
      良い機会なので知っておいてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • MT4の時間はサーバー時刻です。トレードの世界を知らずして、トレードの世界で類稀なる実績を上げている人を無闇に非難、侮辱するのはやめましょう。

  • 及川先生

    いつも有益な情報ありがとうございます。
    私も二波目は取ろうと日経のベアを少し買っていたのですが、先日の対談動画で難平しようか迷っています。
    まあ株はゆっくりやろうと思っているので前回高値の24000くらいまで待ってもいいかなとか思ってます。

    FXに関しては以前毎日2%の利益をコツコツ積み上げ1ヶ月で1.5倍にできていたんですが、一回大きく負けてそこから崩れて全損してしまいました。
    今はとりあえずpipsに集中しようと最小ロットで毎日コツコツやってます。
    先日ブログでリオンちゃんにも質問に答えていただき、トレードは全部取ろうとせず自分が狙ったピンポイントをモノにすることが大切なんだと、見ててもやらない日があってもいいんだと、深く腑に落ちた次第です。
    今は自分なりにルールも確立してこれから再出発に向けて毎日トレードしてます。
    ありがたいことに負けただろうという時でもなんとかトントンに持っていけるようになりました。
    FXismさんには本当にいつも有益な情報感謝してます。
    陰ながら成長させてもらってます。

    • 蓮井さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >株はゆっくりやろうと思っているので前回高値の24000くらいまで待ってもいいかなとか思ってます。

      ↑今回については
      この考えのほうが正解かも知れませんね。
      いやぁ、株は実に強いです(苦笑)

      僕は日経に触ること自体が久しぶりでして、
      少々手痛い負けを食らうことを覚悟で
      売りをしてみるつもりです。

      >トレードは全部取ろうとせず自分が狙ったピンポイントをモノにすることが大切なんだと、見ててもやらない日があってもいいんだと、深く腑に落ちた次第です。

      ↑彼女の話は本当に説得力がありますよね。
      僕も驚かされることが多いです。

      やはり苦労して乗り越えている人の話は
      それだけ重みがあるのでしょうね。

      >今は自分なりにルールも確立してこれから再出発に向けて毎日トレードしてます。

      ↑もはや誰も慢心などしていない中、
      それでも気を付けないとちょっとしたことでトレードが崩れてしまう・・・
      ここは永遠の課題なんだと思います。

      お互い「勝ち逃げ最強」でやっていきましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは〜〜〜

    負けて終わった忘れ物負けた場所で取り返したい わかります。
    私も色々投資・投機してきましたがEAは損失で終わってます ポートフォリオ組んでこまめにチェックしてってのをやらず ほったらかしてて溶けてました(笑
    管理を怠ったんで当然の結果でした。なので損失は納得してます。金額も50万くらいだったんで、ほかの投資でカバーできましたし・・・・
    また暇になったら点検しながら稼働させようかな〜〜と思いつつ、めんどくさいからもういいかなとの気持ちと半々で普段は忘れています。でもその損失50万はEAにいつか稼いでもらおうと気持ちはありますね。普段忘れてるけど

    それよりも今若干危機感があるのが、いくつか投資・投機してるとそのうちの一つがめっちゃうまくいって、それによって他の投資が雑になるって気の緩みがあるのに気がつきまして、昨夜反省しました。
    いつものようにロンドンフィックスを見ていたのですが、普段だったら「今日はもう入るとこじゃ無いからノートレで記録だけだな!」のところ一本だけポジ入れてみようかな になり、その後一時間以上苦戦しました。かろうじて勝ち逃げしましたが、余計でした。

    ちょっと話が飛びましたが、負けようが勝とうが自分がルールに則り、もしくは応用トレードとしてあくまでも納得してエントリーし、納得してイグジットしたならそれでいいと思います。
    一個一個のエントリーもですが個々の投資・投機案件に対しても・・・

    なので及川さんの
    プロの忠告はそれとして、売る、っていうのは共感しました。

    今後とも動画等で学ばせていただきますので、どうぞよろしくお願いします(⌒▽⌒)

    • WM(ワカハラ ミココロ)様
      いつもコメントありがとうございます。

      ※すみません、アンサー漏れしてました(汗)
      遅くなり申し訳ございません。

      >負けて終わった忘れ物負けた場所で取り返したい わかります。

      ↑これ書いてるのが6月7日でして、
      まぁ現状見事に踏まれてます(苦笑)

      まだまだツッパりますが、
      「ロマン」でトレードなどしてはいけない見本になりましたね^^;;

      >その損失50万はEAにいつか稼いでもらおうと気持ちはありますね。普段忘れてるけど

      ↑なるほど・・・
      こういってはナンですがEAのほうは
      忘れたまんまでも良いような気もしますが。
      「ロマン」的なことを考え出すと僕みたいになりますよ(笑)

      >普段だったら「今日はもう入るとこじゃ無いからノートレで記録だけだな!」のところ一本だけポジ入れてみようかな になり、その後一時間以上苦戦しました。かろうじて勝ち逃げしましたが、余計でした。

      ↑これは正直僕もあります。
      一応「たまに」ですが。

      こういう「なんとなく系」がドハマりすると
      案外ムキになりやすく、それゆえ思いのほかマズい状況になることもありますので
      本当に注意が必要ですよね。

      ※ちゃんと「やるべし」でやるものなら
      ムキになることもありませんからね。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 追記
    最新動画を見てきました。
    昨夜はちょうど同じところから見ていて、まさに見事に美人を追いかけ回して・・・・しまってました(苦

    リグいで終われたので、、美人さんは最後にちょっとだけ手をにぎってくれた感じで終了でよかったっちゃあよかったですが
    最初から話を聞いてくれる子にしとけばあんなに時間かけなくてもよかったですね。。って感じですかね()

    いつも勉強させていただいていますが、今回は大変学びがありました。
    ありがとうございます。

    今後ともよろしくお願いします(^∇^)

    • WMさま

      >美人さんは最後にちょっとだけ手をにぎってくれた感じで終了でよかったっちゃあよかった
      >最初から話を聞いてくれる子にしとけばあんなに時間かけなくてもよかったですね。。って感じ

      ↑センス抜群ですね(笑)
      そういう中でもなんとか逃げ切るあたりはさすがだと思います♪

      >今回は大変学びがありました。

      ↑アレは機会があったら実演でやりたかったもののひとつなんです。
      もちろん狙ってやるものではないのですが
      状況的にラッキーでした♪

  • おはようございます。
    「さすが師匠だな」と感心しました。昔とかわらずロマンを追求するドデカトレードを資金潤沢な今でもトライされてらっしゃるところに感銘を受けますし、共感もしています。50 lotをバンバン撃たれていた師匠を思い出します。まあ今もお変わりありませんけど。

    そしてさらには「やっぱ師匠、意志貫いたわ」的なところも。

    あ、2015年の養成学校受講の者です。今回のTRIBEコンテストは1日目が終わったところで他の方の伸び率を見て到底勝てないことを察したのと、ある意味それが悪影響となって自分のトレードスタンスがブレるほうが怖かったので1日目でやめてしまいました。ほんとスゴ腕の生徒さんが多いですね。日々のトレードに関しては私は私なりのスタンスやペースでこれからも資金を減らさないようやっていこうと思っています。

    5年前の当時の講義では師匠は4時間足トレードの講義もされていらっしゃいましたので今回ビッグトレンドのショートをもう撃たれたんですね。ガチ速以降からの生徒さんからは、「及川師匠は5分足専門じゃないの? え?ビッグトレンドもやるんだ!?」って声が聞こえてきそうですね。
    今回は日足ベースで捕らえられたのだろうと個人的には認識しています。私はフィボも使うのですが日足で23.6キッカリの位置ですね。私もリーマン全損経験ありですのでそのリベンジとして日経のビッグトレンドショートは狙っていましたが、私はS&P500の23.6の位置まで待っていました。なのでもう少し待つつもりでいます。まさか師匠が先手ですでに行かれるとは思っていませんでした。昔の4時間足講義の5MAと21MAのデットがまだきていない感もありましたので少しビックリしています。我らが師匠はさすがなんなく見切りもやられる師匠でございます。

    私も思惑の位置が来ましたら、男たるもの時には大勝負!でもある「ロマン張り」をしようと思います。不動産で稼いだ分を倍にできるか吹っ飛ばすか。なかなかの大勝負ですね。でもそうそう来ない「時」が来ましたからね。師匠、追随しまっせ!!あ、あくまで自己責任でやりますのでご心配なく。

    早く街中をマスクなしで歩ける日が来るといいですね。

    • 福岡のセルフさま
      いつもコメントありがとうございます。

      ※アンサー漏れしてました(汗)
      遅くなってすみませんm(_ _)m

      >昔とかわらずロマンを追求する

      ↑日経に関しては苦労してますけどね(苦笑)
      週明けからさらに売り増ししますが、
      段々と「ロマン」ではなく「普通のトレード」になりつつあります(笑)

      >TRIBEコンテストは1日目が終わったところで他の方の伸び率を見て到底勝てないことを察した
      >それが悪影響となって自分のトレードスタンスがブレるほうが怖かった

      ↑ここはそうかも知れませんね^^;;
      最終結果もちょっと尋常ではないモノとなりましたので。

      >ガチ速以降からの生徒さんからは、「及川師匠は5分足専門じゃないの? え?ビッグトレンドもやるんだ!?」って声が聞こえてきそうですね。

      ↑こっちは佐藤コーチのほうかと思います。
      デイトレは苦手、あるいは時間的に無理と言う人で
      スイングやっている人も多いと聞いていますので。

      >私はS&P500の23.6の位置まで待っていました。なのでもう少し待つつもり

      ↑おぉ!これは良い位置からっぽいですね♪
      僕はいかんせん早過ぎでした。
      というか、結構感覚的にやっちゃってますので、今回。

      >男たるもの時には大勝負!でもある「ロマン張り」をしようと思います。
      >不動産で稼いだ分を倍にできるか吹っ飛ばすか。なかなかの大勝負ですね。

      ↑自分でやる分には良いのですが
      自分以外の人が「ロマン」とかいうと止めたくなるものですね(笑)

      いや、もちろん冗談ですが、
      僕もまだ降りませんのでお互いやるからにはがんばりましょう!

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • たまたまと申します

    トライブに参加させていただいており、師匠からブログコメントも上手に使って質問してね!ということで初質問です!

    これからも質問させていただくかと思いますが、FXで目標達成するために、それまでぜひよろしくお願いします!

    師匠の一番古いYouTube動画にある通り『決めればできる精神』でがんばっていきます。

    現在デモトレードで訓練中です!

    さて、質問ですが取り組むべき時間帯についてです。

    僕は自営業ということもあり、わりとチャート監視には融通が効きます。

    東京時間は10時以降の監視、欧州は15時〜18時すぎまで、NY21時以降それぞれチャートが見れます。

    師匠はチャートをずっと見るのを推奨していないこともあるので、見る時間をなるべく決めて、それ以外は師匠の動画を見たり、整理したりしてます。

    そこで、師匠ならどこの時間に集中することをお勧めしますか?

    今の師匠であれば欧州が楽だと思いますが、今取り組んでいる人に対してもやはり欧州がおすすめでしょうか?

    また、最近の東京時間は9時前後の初動に乗れないと結構ややこしい動きになるイメージが強いです。

    オージーテクニカルの発動だけに絞ってやるのも手ですかね?

    最近は特にやるべきところと手を出すべきじゃないところの見極め、区別ができるようにしていきたいと考えていますので、NY時間のトライブ向け動画でやっていたような、環境認識と、どうなったら何をやろうと考えているか?の欧州バージョンの解説楽しみにしています。

    また最後に最近の成長ポイントとして、時間を意識することでの場面の区別がすごくしっくりきています。

    15時からの動きはあまり信頼しない。

    16時から動き出したら向こう30分は信じて流れに乗っていく。

    というような00分、30分という時間を意識して動き出しを信じていいのか?を考えると、区別もつけやすいと感じています。

    いつも多くの気づき、勉強になる内容をありがとうございます!

    稼げるようになるまで突っ走りたいと思います!

    • たまたま様
      コメントありがとうございます。

      >東京時間は10時以降の監視、欧州は15時〜18時すぎまで、NY21時以降それぞれチャートが見れます。
      >師匠ならどこの時間に集中することをお勧めしますか?

      ↑どれも良さげな時間帯だと思います。
      これらすべてでも良いイメージですが、
      その中でご自身にとって相性が良いと感じる時間帯を
      メインにして行けばOKではないでしょうか。

      念のため、上記の中で僕なら、
      ・10時~11時半
      ・16時~18時
      ・21時~24時
      これらを基本に置くと思います。

      >今取り組んでいる人に対してもやはり欧州がおすすめでしょうか?

      ↑繰り返しで恐縮ですが
      ここは「相性次第」だと思います。

      僕は欧州時間が一番やりやすいと感じていますが、
      東京やNY時間のほうがやりやすいという人もいるかも知れませんので。

      >オージーテクニカルの発動だけに絞ってやるのも手ですかね?

      ↑あぁ、確かに東京時間に関してはそれで良いかも知れませんね。

      >15時からの動きはあまり信頼しない。
      16時から動き出したら向こう30分は信じて流れに乗っていく。
      というような00分、30分という時間を意識して動き出しを信じていいのか?を考えると、区別もつけやすいと感じています。

      ↑そうですね。
      すべて僕と同じ考え方です。
      もっとも僕だけが正しいワケではありませんが(笑)

      少なくとも
      「やらない」を区別しておけると
      無駄にハマるトレードを回避しやすいので
      大変良い考え方だと思います。

      >稼げるようになるまで突っ走りたいと思います!

      ↑ぜひともがんばってください♪

      先々、嬉しいご報告を頂戴出来ること、
      楽しみにしています^^

  • 及川師匠
    二回目のコメントになります。
    初コメントの際は分かりやすくご説明いただき有り難うございました。
    いつも参考になる動画や質問者に対する丁寧なご対応に感謝しております。
    今回、ブログの記事とは関係ないことで恐縮ですが、利益目標の考え方でアドバイスをいただけたらと思います。
    大百科、ガチ速で及川式を4月末から勉強させていただき、最初は理解が浅く負けていましたが、5月になり負けた日は5月1日だけでそれ以降は勝ち逃げで、初めて月でプラスで終わりました。
    ロットはまだまだ低いですが、やっていることはロットが高くても同じことなのでこの先の自信につながりました。
    私は、月額利益率40%を目標に1日20pipsで達成できるようにロット調整して実践しています。

    例えば資金10万円で月額利益目標40%で40000円。それを20日トレードして1日2000円。それを20pipsで取るにはロットは0.1に設定という風に。

    しかし、損切りすることもある中で1日の利益が数十円で終わるときもあり、プラスで終わるなら目標に到達していなくてもその日のトレードを終えることもあります。
    すんなり目標に到達できた日はその日のトレードは終わりにしています。
    また、ビビリの私はトレード開始時に描いた利確目標より早めに利確してしまい一回のトレードが5〜10pips程度になることが多いです。
    すると1日の目標の20pipsまで2〜4回更にトレードをすることになり上手くいけばいいのですが、折角のプラスがマイナスになることもあります。
    1日の目標に拘ることは、あまりよくない事なのでしょうか?
    拘るために普段ならもう少し15MA付近まで待ってトレードするところを、早仕掛けして失敗することも多々あります。
    1日の収支をプラスで終わらせことが一番大事なことと思いますが、ドカンとくらって無理して1日の収支をプラ転にさせることも同様に乱発トレードとなってしまうんじゃないかと危惧するところです。唯一の負けの5月1日は損切りスタートから取り返そうと乱発トレードをしてしまったことでした。
    師匠は、1日の収支がマイナスになってしまったとき諦めずにプラ転までがんばるのでしょうか?
    1日もしくは、ひと月の利益目標とか設定してトレードをおこなっているのでしょうか?
    参考までにご教示いただけたら幸いです。
    宜しくお願い申し上げます。

    • 夢を追うもの様
      コメントありがとうございます。

      >5月になり負けた日は5月1日だけでそれ以降は勝ち逃げで、初めて月でプラスで終わりました。

      ↑実に素晴らしい♪
      まずはおめでとうございます。

      >1日の目標に拘ることは、あまりよくない事なのでしょうか?
      >師匠は、1日の収支がマイナスになってしまったとき諦めずにプラ転までがんばるのでしょうか?

      ↑収支の目標は可能であればない方が良いと僕は思っています。
      もっとも誰であっても自分のペースや収支パターンってのはありますので
      そこに到達していない日はもうちょっとやりたくなるのは人情でしょうね。

      マイナス収支状態の日にプラ転まで粘るか?についてですが
      正直に言うと粘ることのほうが多いです。

      ただしこれ、
      僕の場合スキャルの引き出しというか、
      あらゆる時間帯において「やる方法」のバリエーションを
      かなり多く持っているので
      生意気で恐縮ですが、
      そうでない場合はオススメはしにくいです。

      要するに、
      「自分の納得できる場面だけをやる」でして、
      収支のプラ転を先に考えるのは逆!という話だと思う次第です。

      >1日もしくは、ひと月の利益目標とか設定してトレードをおこなっているのでしょうか?

      ↑「一日単位」ではざっくり意識しますが
      月単位に関してはまったく意識していません。

      ひと月終わってみて
      「たまたまこの利益だった」という感じです。
      多かろうが少なかろうが、そこは一切気になりません。

      資金を増やす過程においては
      どうしたって増加のペースなども気になりますよね。
      そこはお気持ち、充分理解出来ます。

      ただし、なるべく・・・
      そこへの固執は少ないほうが良い結果になりやすいと
      僕は経験上そう思っています。

      デイトレは「職人」であると。
      職人であれば昨日のことは終わった話で
      常に「今日に集中」と。

      このような意識でやれれば
      それが一番良いように思いますね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも素敵なコンテンツをありがとうございます。

    前々回の動画にて、
    いかにやらないか、が肝要である!という旨のお話をされていたかと存じます。

    どういう部分が”やるべきでない所なのか?”についてはこの場でお聞き出来る身分ではないので、今回はその”メンタル面”について、質問させて頂きたく存じます。

    (前提として、東京時間前場か欧州前半など、そこそこ動くであろう時間帯を狙ってやっているつもりです)

    相場を眺めていると、ときたま、
    自分が見ている時間帯(3〜4時間)の間に、どの通貨をやっても取るのが難しい局面が確かにあって、後になって”これノーポジが正解だったわ”と後になって気付かされることがあります。(先生なら軽々取ってしまう局面なのかもしれませんが…笑)

    勝てる勝てないは別として、

    【ノーチャンスの日が確かにある、という事を認めるのが怖いが故に】

    ガッついてしまう事が多々あり、
    そこが現在の課題となっております。

    デイトレやってるのだからどうしても日ベースでプラスが欲しい!
    たった数時間の間でも、
    【何処かで必ずチャンスはあるはず!】と躍起になってしまいます。

    お陰様で大抵の場合は、数時間のトレードでも何処がチャンスか、というのは分かるようになってきましたが、
    ときたまやってくる、
    “ノーチャンス・ノーポジが正解の時”にその最中でそれを意識し自制する事が難しく感じます。

    その辺りのメンタル管理的なお話を御教示頂けますと幸いでございます。厳しいご意見をお待ちしております。

    ※生意気な質問で大変申し訳ありません。
    完全に慢心だな、と打ちながら思いましたm(_ _)m

    • 東京生まれヒップホップ育ち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >後になって”これノーポジが正解だったわ”と後になって気付かされることがあります。

      ↑手法的なモノを絞り込んでトレードをされる方であれば
      確かにこういう日もありますよね。

      それでも「どこかで何かしらは必ず動く」
      僕は正直このような考えでやってます(汗)

      ただし!
      おそらくはここが重要なのでしょうが
      「躍起になってやる」にはかなり注意を払っています。

      僕の場合、動画を固定日でやっているので
      本当にここについては苦労をしていましてね。

      「そんならやめれば?」って話なんですが
      なんて言うか、
      もう「降りるわけにはいかない」みたいに
      意固地になってる部分もかなりあります(苦笑)

      ちなみに動画のない日につきましては
      「固執」や「躍起」はほぼ皆無でして、
      「捨て日」になることもなんら気になりません。

      なぜそこを出来ているのか?
      普段そんなことは考えないのですが、
      今回あえて考えてみたところ・・・

      おそらくですが
      「トレードが人生の大半を占める自分は嫌い」
      こういう意識があるように思いました。

      投資やトレードが好きなのは確かですが、
      例えば僕、仲間と酒飲むときに
      トレードの話をすることはほとんどありません。

      あ、トレーダー仲間と飲むときはそうも行きませんが、
      逆にいうとトレードをやらない人と飲みに行く方が
      どっちかと言うと楽しいんですよね。

      音楽とか、クルマとか、女性(笑)とかの話で
      盛り上がりたいわけです。

      他の方にも書いていますが、
      トレードって「職人の世界観」ではないでしょうかね。

      もしそうだとして、
      例えば寿司職人の人が
      営業時間以外に寿司の話なんかしたくないって
      そんな風に想像をするわけです。

      なんか話がだいぶ逸れつつありますが、
      ご自身を「デイトレ職人」と捉え、
      「もっと淡々とやろう」

      こんな感じがちょうど良いのかなぁと思いました。

      全然厳しい意見ではなく
      なんか申し訳ありませんが、

      要するにどれだけチカラを抜けるか?
      ここではないかと思うのです。

      こんなアンサーで良いのだろうか??
      そう思いつついったん〆させていただきます(汗)

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    3月にガチ速Fxを購入し、師匠のYouTube動画などで勉強し、最近日ベースの負けがほぼなくなりました。いつもためになるお話をありがとうございます。

    師匠へ質問なのですが、自分は今大学生で、ゆくゆくはトレードで生計を立てていきたいと思っています。そこで、トレードで生きていく際に、必要な知識や勉強しておいたほうがいいことを教えていただきたいです。

    自分は今のところ、チャート形状や通貨相関を見て取引をしていますが、市場の仕組みや指標発表、株価などの知識が浅く、それらの意味や相場に与える影響がよくわかっていません。知っておくに越したことはないと思ってはいますが、何から勉強したほうがよいものか、なかなか手が出ません。投資についてこんな半端な知識で生きていけるのだろうか…とも思っています。

    そのあたりの、日々の相場で死なないために、勉強すべきものがありましたら、ご教授願いたいです。

    • ゴボウくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >最近日ベースの負けがほぼなくなりました。

      ↑素晴らしい♪
      嬉しいご報告をまずはありがとうございます。

      >市場の仕組みや指標発表、株価などの知識が浅く、それらの意味や相場に与える影響がよくわかっていません。
      >日々の相場で死なないために、勉強すべきものがありましたら、ご教授願いたいです。

      ↑うーむ、僕もすべて我流でやって来ましたので
      あまりパッとしたお話は出来ないかも知れません。

      あくまで僕の場合を言いますと、

      ・とにかくやり始める
      ・やってて疑問に感じたことをネットで調べる
      ・それで腑に落ちた内容が「身」となる

      単純にこの繰り返しでした。

      大切なのは
      「分かっていることしかやらない」でして、
      分かっていないことが生じた際に
      そのことを調べる、で僕は良いと思いますよ。

      ていうか、
      僕もいまだに分かっていないことだらけのはずですので(笑)

      今、特段必要でないことを
      一生懸命勉強してもどうせ身にならない・・・

      その代わり、
      必要に迫られたことを勉強した際、
      それは一気に知識や知恵につながりますよね?

      僕はそれで良いように思います。

      それにしても
      最近は若い人が増えました。

      僕の時代、その年齢から投資をするなど
      まったく考えたこともなく、
      良い時代というかなんていうか、です(笑)

      とにもかくにも
      やるからにはがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 謹啓 
    及川先生

    初めてコメントさせていただきます
    いつも動画・ブログ・デイトレ大百科等、大変参考になり感謝しております

    前回のブログで「バブル時代」の相場がテーマになっていたので
    非常に興味深く拝読いたしました
    奇しくも私は東京育ちで先生と同級生です
    銀座・赤坂・六本木で毎日狂った夜を謳歌したことは先生と同じです(笑)
    当時の私は先物(小豆・白金・エビ)を証券会社の友人に勧められてやり
    大損した経験がありますが株は仕手相場しかやったことがありません
    先生のブログにあるようにバブル崩壊の過程は熱狂から絶望へと移行するという感覚は間違いないと思います。あの熱狂さは街にいたほうが絶対わかりますよね
    日本いや世界のあちこちで、あの当時の「山一証券の社長」の顔をしなければならない方たちが続出すると思えてなりません

    私は先生と同じで会社をパンクさせたりと紆余曲折があって最近FXを始めました
    たまたま選んだ書籍の中の3冊にガチ速FXがありまして
               「あ、これだ。僕にぴったり」
    トイレに行くにも持っていってYOUTUBE動画を観て、それからチャートを開けるようになりました。
    この1週間ほどでやっとイメージ通りにエントリーする事ができるようになりました。その理由は「怖いところから入る」という先生の言葉でした。
    怖い=「逆張り」と勘違いしていました(時にはそこもありますが)
    但しどうしても解決できない問題がありまして先生にアドバイス頂けたらと存じます。それは小さいLOTでやると全然身が入らず根拠のないエントリー・丁半博打的なエントリーになってしまいます。緊張感がないとデタラメなトレードだと自省しております

    先生は今の手法確立や天才チャートを作るまでの試行錯誤の間、資金に対してどのくらいのバランスでどのようにやっておられたかご教示いただけないでしょうか
    私はいま毎月なら溶けても大丈夫な金額をフルレバでやり、維持率30%台までいく事もあって相場に助けられてるからパンクしないでいられるとも思っています。
    FX関連の記事などを見ると私のやり方は「退場する」条件にも思うのですが。
    お忙しいところ恐縮ですが宜しくお願い致します。

    先生はじめご家族の皆様のご多幸をお祈り申し上げます
                                     謹白

    • らふ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >奇しくも私は東京育ちで先生と同級生
      >銀座・赤坂・六本木で毎日狂った夜を謳歌したことは先生と同じです(笑)

      ↑僕は銀座方面はどうも敷居が高く、
      「池袋&歌舞伎町」が中心でしたが(笑)

      >日本いや世界のあちこちで、あの当時の「山一証券の社長」の顔をしなければならない方たちが続出すると思えてなりません

      ↑はい、僕もそう思っているのですが、、、
      それにしても株は強いですね(苦笑)

      投げが入りそうになると
      「見えざる手」のごとく買いがはいります。
      僕もそこそこ踏まれているのですが、
      どこまでツッパッたろうか思案しているところです^^;;

      とはいえ、長い目で見たら
      やはりこのままでは終わらない気はしているんですよね。
      どうなることやらです。

      >小さいLOTでやると全然身が入らず根拠のないエントリー・丁半博打的なエントリーになってしまいます。緊張感がないとデタラメなトレードだと自省しております

      ↑お気持ちは充分分かります。

      実は僕もYouTubeのほうは
      もっと薄いロットでやりたいとずっと思ってたのですが
      ロット下げると、どうしてもユルくなるんですよね(苦笑)

      >資金に対してどのくらいのバランスでどのようにやっておられたか

      ↑ここは基本一貫してまして
      僕のマイルールは「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」
      これを軸にずっとやってきました。
      (ただし1ショット30ロットを上限)

      >私はいま毎月なら溶けても大丈夫な金額をフルレバでやり、維持率30%台までいく事もあって

      ↑これ、おそらく世間的にはかなり邪道だと思いますが、
      「余計な資金をあえて入れないおく」という考え方自体は賛同の立場なんです。

      余裕を持った入金ってのは
      レバレッジの高い投資にはむしろマイナス、というか
      余裕があるゆえに損切りしないで耐えちゃう、なんてのが最悪。

      ならば強制的にでもロスカット食らったほうが
      実は良い、というか、
      ルール無視になりがちな人用の管理方法としては
      むしろアリなんじゃないかとすら思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。

    TRIBEが終了し、寂しい気持ちでいっぱいです。
    たくさん学ばせていただきました。ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

    さて、日経平均のお話ですが、正直読んでいて嬉しく思いました。
    それは、師匠が信念を曲げなかったことです。
    たしかに今も株も日経も上がり続けていますし、バブルに止む気配はまだないですが、1回発した信念を曲げない、というのが我が師として誇らしいです。

    トレードのルールにしてもそうだとは思うのですが、改変しなければいけない部分と、決して曲げては行けない部分があるのだと思います。
    『いやーショートしなくて助かった!』よりも、予定通りエントリーしてルール通り損切り!の方がプロとしてカッコいいと思います!

    (余談ですがコンテストでは丁度このブログの二枚目の日経平均の状態で、日経225で全力勝負してやられました)

    ブログでも勉強会でも、本当にきめ細かい質問に対するアンサー(笑、本当にありがとうございました!

    まだ、自分のエッジを探し中で、なかなか勝てないでいますが、勝てるようになったらまた報告に伺います!

    私からの質問のようなものは無いのですが、とにかく直接お礼が言いたくて始めて投稿しました。

    これからもどうぞよろしくお願いします!

    • shimo ryuさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      TRIBEへのご参加につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >1回発した信念を曲げない、というのが我が師として誇らしいです。

      ↑ありがたいご感想ではありますが、
      投資にあまり「信念」は持ち込まないほうが良いですよ。
      正直、現在踏まれてる最中ですし(笑)

      ただ、余力充分で対応していますので
      今回のショートは是が非でも勝ちにいくつもりです。

      >ブログでも勉強会でも、本当にきめ細かい質問に対するアンサー(笑、本当にありがとうございました!

      ↑最終回、なんだかチョイチョイ「ご回答」って言ってたみたいですね(苦笑)
      長年染みついたクセはカンタンには払拭出来ないと痛感しています^^;;

      >とにかく直接お礼が言いたくて

      ↑それはそれはご丁寧にありがとうございます。

      お付き合いそのものが消滅するわけではありませんので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

  • 暴落狙い一本です。225 逆に上がってますね。1日からとは 行かなかったですね。週末, 来週でしょうか。リーマン,震災経験者なので今回は狙ってますがやはり AI主導で動きが違いますね。及川さん と共々, 一儲けできれば!!

    • Grande Hさま
      コメントありがとうございます。

      >暴落狙い一本です。225 逆に上がってますね。

      ↑いやぁ、日経もNYダウも本当に強いです。
      ただし、今朝(4日)の寄り付きで
      強制決済っぽいショートの投げがかなり出たのでは?
      と、現場を見ていたMr.Tが申しておりました。

      僕は寝坊して見てないのですが、
      そうなると、さすがにここいらで落ち着くのではないでしょうかね。

      僕はまだまだツッパりますので
      お互いがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ※TRIBEでの質問です

    及川先生、昨日も貴重なお時間を講義動画割いていただき、ありがとうございました。

    今週いっぱいでTRIBEは集大成ではありますが、ここからが更なるスタートと考えて一層努力していきます。

    昨日の動画で、ポンドの強さについて質問させてください。
    私は18時前に監視した為、たらればですが、結果ポンドは上向き60分MAに反発して上昇致しました。

    先生のエスカレーター論が私は大好きで、仮に先生と同じく水平線で入って損切りしても、私ならば60分MA辺りから倍掛けして再度入ってしまうと思います。

    しかし先生はより時短でポジション厚くして、ポンドのショート(ポンオジ)をチョイスされました。
    ここでオージーストリートに乗り換えられたのは、エスカレーター論よりもオージーの強さとユロポンの明らかなポンド弱の根拠だと考えますが、あの場合チャート的にはまだポンドも押し目が生きていると固執してしまい、深押しエスカレーターロング、逆にユロオジポンオジは欧州通貨リスクオンで下げ渋りを懸念してしまいます。

    正解はないと思いますが、あの場面で先生はポンドがさらに弱い可能性、欧州通貨の強さよりオージーストリートの勢いを考えられたのでしょうか?

    また、オージーで揃ったときは欧州時間でユーロ、ポンドが流れ的に上に強くても、あの様に局面的に押した場面は、オジテクのチャート形状からショートを狙うことはままあるのでしょうか?

    今まで先生の動画シリーズは何往復か拝見しておりますが、あの様なケースは記憶にございません(見逃していたら申し訳ありません)

    リスクオンでロング狙い過多の頭があるから余計、先生の機転の速さに度肝を抜かれたのかもしれませんが、ご教示の程よろしくお願い致します。

    • セリーヌさま
      コメントありがとうございます。

      >あの場面で先生はポンドがさらに弱い可能性、欧州通貨の強さよりオージーストリートの勢いを考えられたのでしょうか?

      ↑結果的に最初のポンドドル&ポンド円をガマンしていれば
      助かったことになります。
      実際そうする手もあったのですが、
      動画を録っている中、
      「ただ耐えただけ」なのもシンドいなぁという思いもありました(笑)

      ま、ここは半分冗談でして、
      ポンドの場合、
      あのまま上位足を下抜けしてしまうこともあり、
      そうなるとちょっと内容が悪すぎです。

      ポンドオージーについては
      あの流れ、大体大きく下げるという経験則があったのと、
      もしポンドドル&ポンド円が戻すとして、
      そんときはオージー円とオージードルも上かな?と。

      そうであればポンドオージーは
      どうあっても下げでは?みたいな感覚でした。
      繰り返しになりますが、あのパターンはそもそも急落前に
      よく見る流れだったのもあります。

      >オージーで揃ったときは欧州時間でユーロ、ポンドが流れ的に上に強くても、あの様に局面的に押した場面は、オジテクのチャート形状からショートを狙うことはままあるのでしょうか?

      ↑確かにあまりないと思います。
      その際は、まさにあの動画のように「ポンドル&ポン円」をやりますので。

      とにもかくにも、
      あの動画の入りは早過ぎで
      それゆえに耐えどころまで耐えることが出来なかった次第です。

      ただし、ポンドオージーがあの流れでなかったら
      最初のポジションをとにかく耐えたかも知れません。
      (そうでないと他にやれるものもなかったですので)

      まとめますと、

      1.ポンオジの流れは僕の中で「急落パターン」だった。
      2.ポンドル&ポン円は入りが悪く、ゆえに切らされる結果に。
      3.ただし「1」がなければ「2」は耐えた可能性高い。

      こんなところです。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さま

    お返事ありがとうございます。

    それにしても、及川さまの、活動はすべてにおいて頭が下がります。
    お話がとても聞きやすく、動画見ていると相場張っている時の気持ちが
    びんびんに伝わってきますね^^。

    さて、現在6/3、225は22770円まで登ってきてます。今日明日中にいいところ来そうです。(窓埋め、、。?)
    本日のNY指標が気になりますが、チャート分析からは、行き過ぎのところに入りましたので、22750円小玉ぶち込みました(陽線売り向かえ)。あと10時まで、もう少し仕込みます。
    ただドルスト、ユーロ圏の通貨も強いので、、、。

    ではでは、失礼します。

    • 天風さま
      コメントありがとうございます。

      というか、
      すでに新規コメントもしてくださっているようですので
      なるべく早く追いつき、
      そちらで詳しくお話させていただきますm(_ _)m

  • 初めまして。兼業トレーダーのXと申します。

    FX歴4年程度の若輩者ですが、頭と体力を使うことで、自分なりに効率を最大化しつつ、平均すると8時間/日程度の研究をしてきました。

    以前は利を伸ばすスタイルのデイトレーダーだったので、いつも一回は伸びるけど、建値に戻るか損きりで終わることが多く、寝る前の100pipsが朝起きたら建値で終わっていることなんて当たり前でした。

    その結果、自分は年単位ではトントンになってしまうトレーダーで、「毎回伸びるのになぜ戻ってくることが多いのだろうか。研究した最適な利確ポイントまで伸びない。でも、利確を早くするとRRが一気に悪化してしまうし、、、」と眠れなくなる日々を過ごしてきました。

    それが、及川さんのレバレッジをデイトレ比であげる&短時間で終わらせるやり方を取り入れることで、一気に利益が増えるようになりました。

    本当にありがとうございます。

    そこでハッとしたのですが、理論値で見たら成績は従来の方が確かにいいのですが、及川さんのこのやり方って、金額面で見たら従来比でレバレッジを上げた分だけ、RRが高くなので、最終結果として利益が大きくなりやすいんですね。

    例:
    ①【デイトレでPIPSベース】RRが1:5、勝率4割 

    ②【短期利確でPIPSベース】RRが1:2、勝率8割

    ⬇︎ロットの概念を加えた場合の実際の成績比

    ①【デイトレで金額ベース】10万通貨で、RRが1:5、勝率4割 

    ②【短期利確でPIPSベース】50万通貨(早期撤退するからレバレッジ上げられる) RRが1:10(ロット5倍なので利益が実際は1:2の5倍される)、勝率8割

    いやはや、ここに気づかずにそのままもがき続けて、挫折してしまっていたかもしれないと思うと本当にゾッとします。

    • Xさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >平均すると8時間/日程度の研究をしてきました。

      ↑これは凄いですね。
      僕はそんなに時間かけていただろうか・・・
      と、思い返してみたのですが、
      そういえば確かに昔はあなりの時間を使っていたことを思い出しました。
      懐かしい思い出です^^

      >寝る前の100pipsが朝起きたら建値で終わっていることなんて当たり前でした。

      ↑これはキツいですね(汗)
      僕もこれが続いたらやめたくなったと思います^^;;

      >及川さんのこのやり方って、金額面で見たら従来比でレバレッジを上げた分だけ、RRが高くなので、最終結果として利益が大きくなりやすいんですね。

      ↑大変面白い分析結果だと思いました。
      僕は数字には弱いので羨ましい限りです。

      ちなみに、僕の場合は
      こういう緻密な計算は一切しておりませんで、
      とにもかくにも「人間心理」や「人情」の部分によります。

      含み益だったものがマイナスになったら
      そのダメージは甚大ですし、
      で、そんなダメージを負った気持ちでは
      ルール外のどうでも良いトレードを乱射しかねない。

      こういう「気持ちの折り合い」こそが
      現場では重要だと痛感し続けたことに起因し
      現在のようなスタイルになりました。

      言ってみれば「小市民対応手法」です(笑)

      ただし、
      短時間で終わらせるゆえにロットを上げるなど
      ある側面ではビビらずやるようなメリハリが必要で、
      それを伴わないと、単なる「利小損大」になりかねませんので
      そこは要注意だと思います。

      ま、文面を拝見する限り、
      そんな野暮な話は無用な方だと思っていますが、
      このコメントやりとりをご覧の方に対し、
      付け加えておきたいなということでどうぞお許しください^^

      大変面白いお話をありがとうございました!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも及川先生の動画で勉強させていただいています。ありがとうございます。
     
    ブログの記事とは関係ありませんが、mt4の使い方で教えてほしいことがあります。
    「mt4」⇒「表示」⇒「ストラテジーテスター」を使ってチャートを時短で過去検証できればいい勉強になるのでは!?   と思い試してみましたが、ストラテジーテスターに天才チャートは表示できるものの、すぐにM15、H1、H4のMAだけが横一直線になり動かなくなります。

    なにか改善できる方法がありましたら教えていただけないでしょうか。

    また、この勉強法ですが及川先生的には「有効性」があるように感じられますでしょうか?  素人質問で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

    • hajimeさま
      コメントありがとうございます。

      >ストラテジーテスターの件、、、

      すみません、僕はこの手のシステム関係は
      からっきし苦手でして、
      いつも事務局スタッフや、
      それこそヨン様などに丸投げばかりしているんです(苦笑)

      お手数をおかけし申し訳ございませんが
      support@fxism.jp
      こちらのほうへ質問メールをお送りいただけますでしょうか?

      おそらくは分かる人間より
      回答を得られるはずです。

      よろしくお願いいたしますm(_ _)m

      >この勉強法ですが及川先生的には「有効性」があるように感じられますでしょうか?

      ↑僕のやり方は常に複数の通貨ペアを見ながらなので
      正直僕なら使いません。

      ただし、単一通貨ペアオンリーでも、
      その通貨ペアを徹底的に練習し、
      クセや特徴などを掴むことが出来たなら
      当然そこには大きな意味があります。

      これは実際にやってみて、
      ご自身の手応えがどんなもんか?
      この確認からではないですかね。

      ということで、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠 こんにちは 

    PDF化のOです

    TRIBE用の講義動画「欧州時間ルーティン まさかの640万損切りスタート」に関しての質問です。

    今回の動画内での解説では出て来なかったと思うのですが、ポンドドルとポンド円のロングを損切りして、17時過ぎに ポンドオージーのショートに乗り換えた(疑似 ドテン?)
    のは、オージーテクニカルの相関もあったとは思うのですが、ポンドオージー単体チャートでも、オフィシャルパートナーズ時の最初の「緊急講義動画 『需給』が見えると相場が見える」 のように、急騰していた ポンドシリーズでしたが、ポンドオージーに関しては、全MAを下抜けして17時だったので、 需給面においても ポンドオージーが下がる  と考えたのかな?

    と想像しているのですが、いかがでしょうか? 

    • 兵庫のO様
      コメントありがとうございます。

      もちろんどなたかは理解していますので
      まずはご安心ください。
      本当にいつもお世話になっており感謝していますm(_ _)m

      あの動画の件ですね。

      >ポンドオージーに関しては、全MAを下抜けして17時だったので、 需給面においても ポンドオージーが下がる  と考えたのかな?

      ↑ポンオジのあの流れ・・・
      過去に何度も観てきた
      「今から落ちるヤツ」だったんです。

      ポンドル&ポン円については
      あの段階でドテンは出来ないのと、
      そもそも上げ直す可能性も考慮する中、
      もしそうであればおそらくオージー円&オージードルも上げ。

      そうなると個別チャート的に
      今から下げそうな状況を鑑み、
      スイッチングがベター、と考えました。

      ちなみに、、、
      もし動画を録っていなかったら
      ポンド円とポンドドルは耐えたかも知れません。
      (誰にも見られてないなら・笑)

      けど、動画やってて
      アレをただ耐えて助かるってのは
      少なくとも美しくはないなぁと。
      そういう気持ちは正直ありましたね。

      ちなみに、、、
      今月上旬の一時帰国は現時点で微妙になりました(汗)
      帰国日程は「確定」時点でご連絡しますね^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。

    及川師匠を勝手に師と仰ぐようになってからというもの、毎日ヒマさえあれば(ヒマではないのでスキマ時間など時間を作っては)ブログのコメント、YouTube、デイトレ大百科で勉強しています。

    NYの一定の時間だけをやるようになって約1ヶ月。安定して勝てるようになってきました。
    値動きにも右往左往せず、10通貨ペアを落ち着いて見れるようにもなりました。
    カチャカチャのスピードは及川師匠に比べればまだまだ遅いですが。笑

    最初の頃の『負けトレードはそのまま負ける』ではなく、なんとか立ち回ってチャラ逃げもしくは薄利逃げで終えれるようにもなったので、勝率も上がってきました。立ち回り方を失敗してドカン負け連発さえ気をつければ安定してくるのではないかと思っています。

    あと、毎日同じチャートを見続けてる結果なのかもしれませんが、もちろんチャート形状を見てエントリーはするのですが『なんとなくの感覚』で入れるようになりました。
    同じなんとなくの感覚でも最初の頃は『何も分かってない悪い感覚』でしたが、最近は『こうなるというイメージが出来る良い意味の直感』という感じです。
    以前のYouTubeで師匠が『直感は信じていい』と仰ってましたが、その感覚に近いのかなと思います。
    私も元々直感は信じるタイプですし、日頃からいろんな物事を理屈よりも感覚で捉えて考えるタイプなので、それが感じられるようになってきたのは良い傾向かなと思っています。

    ここ2週間はデモで真剣勝負をしながら
    自分のエントリーパターン別にデータを取って『このパターンは負けが多い』『このパターンはほぼ勝てる』という傾向が分かってきました。

    トレード環境も一通り整ったので、今週からまた実弾に戻り、継続してデータを取って負けパターンの精度を上げながら、これから本腰入れて『練習気分ではなく資金を増やすトレード』に取り組んでいくつもりです。

    それに際して決めたルールは下記です。
    ・自分で設定した、獲得金額の増減による可変ロットで無理せず雪だるま式に資金を増やしていく。
    ・トレードは毎日同じ時間(原則22時から23時、最長0時)。
    『これは仕事』という意識で、自分都合で休まない。
    妻には毎日『今日も夜のお勤め行って参ります』と言ってPC部屋にこもります。笑 理解してくれる妻に感謝です。
    ・利益目標は決めない。100pipsでも10pipsでも1pipsだろうが、とにかく『その日をプラスで終わる』。23時近くの時点で勝っていたら終了する。もしくは鉄板の場面があれば『ヤッてやってもいい』けど収支がマイナスにならないリスクリワードでしかやらない。
    23時時点で負けていても『取り返すためのトレード』でやらずにあくまでも勝てそうな場面があれば無理せずやる。
    ・週ベースの勝ち、月ベースの勝ちも意識しない。とにかくとにかく『日々勝ち逃げ』。
    なので、むしろ3日連続で負けが続いた場合や、ドカン負けが続いた場合は何かが問題ありなのでとことん検証して、負けが続く状態で無理して続けない。

    といったところです。

    まだまだFX歴3ヶ月ちょいなのでヒヨッコもいいとこですが、いつまでも『まだ始めたばっか』ではなく、あくまでも専業を目指すのならそれなりの意識でぼちぼち取り組まないといけないなと思っています。

    ブログの内容とは全く関係ない話を、しかもだらだらと箇条書きのように書き連ねたので支離滅裂になっていたら申し訳ございません。

    上記の内容で師匠から見て何か気になる点などございましたら遠慮なくご指摘、アドバイス頂ければ幸いです。

    毎回沢山届くコメントに一切の手を抜いていないのが分かる返信メッセージ。何よりそこが一番尊敬していますし、毎回の楽しみでもあります。
    このコメント欄は本当に宝の山ですよね^ ^

    今後とも何卒宜しくお願い致します。

    • 三度の飯よりメッシ様
      いつもコメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      非常に「良い感じ」なのが分かります。
      頼もしい限りです。

      設定ルールについては
      もう何も言うことがないくらい
      キメ細かく本質を突いた実に素晴らしい内容だと思います。

      これを貫けるのであれば
      普通に考えて資金は着実に増えていくことでしょう。

      >妻には毎日『今日も夜のお勤め行って参ります』と言ってPC部屋にこもります。笑 理解してくれる妻に感謝です。

      ↑個人的にはここが一番刺さりました^^
      ご家族の理解や応援がある中でトレードが出来るのは
      とても幸せなことだと思います。

      いつかしっかり
      奥さん孝行をなさって欲しいと願っています。
      (当然そうされると思っていますがあえて念押しです・笑)

      >まだまだFX歴3ヶ月ちょいなので

      ↑あ、、、そっか、
      そうでしたね(汗)

      3ヶ月でここまでの理解度とは恐れ入ります。
      まずいないレベルだと思いますよ。

      今後が楽しみですね。
      とはいえ、どうか着実に歩を進めていただきたいと思います。

      今後「嬉しいご報告」は大歓迎ではありますが、
      メッシさんにはあえて
      「じっくり着実に!」と言わせていただきます。
      それで充分イケると思っているからです。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもブログ更新ありがとうございます。
    TRIBEお疲れさまでした。終わりとなり寂しい限りです。。
    また、非常に勉強になる知識を惜しみなく教えて頂きありがとうございます。
    日経平均については正直分からないため、、先生の考えとKAZさんとホリーさんの考えの両方を意識しながら、今後の勉強とさせて頂こうと考えております。

    それでまたご質問させて頂きたいのですが、
    通貨の相関強弱についてになります。

    前からいまいちよく分からない所が何点かあり教えて頂ければと思っております。

    ①そもそもどうして相関が起きるのか?
    私の見解としては、ファンド等の大口の方々が、リスクエッジを常に考えるため、例えばポンドを買う場合には、ポン円・ポンドル・ポンオジなど多種通貨を同時に買えるような仕組みになっていて、その意向を中心にして動くから。
    なのかなと思ったのですがいかがでしょうか?

    ②どうしてシリーズ揃いが起きるのか?
    ①のファンド等大口のどこかが、この通貨で波を起こそう!と思って仕掛けるから発生する。
    のかなと思っていますがいかがでしょうか?

    ③上記の基本的理解の上でなのですが。
    ユロポンの強引で不自然な上位足MA横切りの往復により、ポン円とポンドルでやられてしまう事が多々あるのですが、、

    ユロポンが中心となり⇒ポンド相関が効いて動くのか?
    それとも、ポンド相関が効いているので⇒ユロポンも動くのか?

    の、どちらを中心にしてみるべきかが分からず、、困っております。。

    ユロポンを中心に見ると⇒ポン円やポンドルがPOの1時間MA押し目でも危険と思ってしまいエントリ出来ず、、でも、結果的に1時間MAは最高の押し目となった場合とかがあり、その辺の判断基準をいつも迷っております。。

    及川先生の動画では、まずは単体通貨で見て、他は監視通貨としてみる。とあり、言っている事は分かるのですが、そういう場合の考え方や判断基準を教えて頂けると大変ありがたく思っております。

    概念的な質問になってしまい大変申し訳ありません。。
    でも、私の中では、デイトレ百貨店の頃からずっと疑問で、、かつ理解が難しく今回ご質問させて頂きました。
    何卒宜しくお願い致します。

    • KEIさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >①そもそもどうして相関が起きるのか?

      ↑うーむ、書かれているようなこともあるかも知れませんが
      僕はもっと単純に通貨の「ペア」によって生じる
      ジャンケンみたいなイメージから見ています。

      例えば
      ドル円⇔ユーロドル⇔ユーロ円
      計算式は忘れましたが、
      これら2つの値が分かれば残りのひとつは自ずと計算で値が出せます。

      これに対し、いずれかの通貨の出来高で
      ある意味「歪み」が生じるという話でして、
      それが値の「飛び出し」あるいは「ハミ出し」を生む・・・
      僕の中ではそんなイメージです。

      >②どうしてシリーズ揃いが起きるのか?

      ↑こちらは書かれている内容に近いと思います。
      ただし、もっとシンプルに「ポンドを買う」という流れの中で
      自然とポンド系銘柄の全般が上がりやすくなり、
      けれどもペアの逆側の通貨の強弱で騰がり方が異なる、
      僕の中ではそのようなイメージです。

      >ユロポンが中心となり⇒ポンド相関が効いて動くのか?
      それとも、ポンド相関が効いているので⇒ユロポンも動くのか?

      ↑正直に言いますと、後者だと思います。
      ユロポンを動かすことが先導することはほとんどないと想像しています。

      「そんじゃ見ても意味ない」と思う人もいると思いますが、
      それでも上述の「ジャンケン」を意識するうえで
      やはり状況把握はしておきたいと僕は思っています。

      >及川先生の動画では、まずは単体通貨で見て、他は監視通貨としてみる。とあり、言っている事は分かるのですが、そういう場合の考え方や判断基準

      ↑この辺のお話は以前もした記憶があるのですが、

      1.ユロポン先導ではないと考え、
      2.それでもジャンケン的な強弱は観つつ、
      3.その上で個別チャートと併せて判断する

      一番分かりやすいのは
      ポンド円とポンドドルが似た形状で
      どっちをやろうか?と考えた際、

      それがショート狙いであれば
      ・ドル円上げ基調→ポンドドル
      ・ドル円下げ基調→ポンド円
      このような選択を基本とする、です。

      本来テクニカルトレードは
      「その銘柄の個別チャート形状」を元にやるものなので
      そこ自体は外さず、が基本。

      そんな中、いくつか候補があった際、
      「より美味しそうな銘柄を選ぶ」
      これにユロポンやドル円との相関関係を見る。。。
      このような手順です。

      この他にも僕は「時間帯」の話もよくしますが、
      要するにこれらって「補完情報」なんです。

      やるのは個別チャート形状からですが、
      そこに「相関の強弱関係」と「今何時か」などの
      補完情報を加味し『より確実性の高いものはないか?』
      こういう話なわけです。

      そういう意味では
      「主」はあくまで個別チャート形状で、
      相関強弱や時間帯は「従」です。

      僕の場合は「従」の把握を先にしつつ
      そこに「主」を乗っけて考える思考手順でして、
      おそらくこのあたりが観ていて混乱される部分かも知れませんね。

      「従」にこだわり過ぎると本末転倒になりかねませんので
      ややこしいと感じる際は「主」のウエイトを上げて判断するほうが
      混乱しにくいかも知れません。

      なかなかお伝えが難しい部分ですが
      なんとか伝わると良いのですが^^;;

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    お世話になっております。
    私は株はやった事がありませんので、(日経も)今回のブログ内容は正直な処
    ??な感じでした。
    以前の先生とKAZさん、ホリーさんの動画も次元が違い過ぎて内容はあまり入ってきませんでした。(勉強不足で申し訳ありません)

    今回の記事とは全く関係ないのですが、最近FXの傾向なんですが、
    主に取り組める時間がNY以降です。
    少しずつではありますが、ボロカスに負ける事は減って来ました。
    思惑通りにエントリー出来て取り合えず勝てた。
    思惑と違ったが次のプランでナンピンして勝てた。
    というのがあったとして。
    (先生推奨の勝ち逃げ上等!なのでpips数に関わらず勝ったらやめるようにしています)
    次にやる時に予定通り勝てた翌日はあまり負けてません。
    ただ、ナンピンしてトータルで勝てた翌日は必ずと言っていいくらい負けます。
    負ける時はナンピンしているのでpips数もそこそこやられます。

    思惑通りに勝てる時は分割エントリーとはいえ、せいぜい2発なので獲得pips数は
    それほど多くはありません。
    ナンピンした場合だと打診1発ナンピン2発と倍にしているので、2発なら4発(計6発)になるので全プラ転で勝った時はpips数は同じだとしてももの凄く勝てたかのような。
    姿勢としては打診で入って上手く行けば追加、逆ならナンピンというのが今の所しっくりきている部分があるのでこのスタイルは継続していきたいと思うんですが、結果が一進一退という感じでもどかしいです。
    先生のように逆行かれたらドテンが出来ればいいのですが、いざその時になると
    指を咥えて見てるだけになってしまいます。ドテンは自信がないというか勇気がないです。
    トータルでプラスなら良いとは頭では解っているつもりでもあまりにも牛歩戦術すぎて、ロットを上げるにしても躊躇してしまいます。
    ネガティブ発言ばかりで申し訳ありません。
    先生ならロットを上げても良いとかの基準みたいなのはありますか?
    月間何pips位取れるようになったならいいとか?

    話は変わりますが、コメント欄に面白い方いらっしゃいましたね。
    時計とMT4 の時間が違うって。
    無知最強!ですね。

    くだらない〆で申し訳ございませんでした。
    月間プラスめざしてがんばります!
    これからもよろしくお願いします。

    • 北乃SHINさま
      いつもコメントありがとうございます。

      文面はすべて拝見しました。
      なるほど一進一退というか、

      コツコツ勝ちvs大き目な負け
      こんなイメージでしょうかね。

      ちなみにドテンについてですが、
      僕が動画でやっているような「損切りからの即ドテン」は
      やめておいたほうが良いと思います。

      僕も動画じゃないときは、
      損切り時点で一度落ち着き、
      その後の「抜けの初押し」から行くようになるべく心掛けています。

      要は入り場はその前が損切りだろうが
      その日のファーストトレードだろうが
      やることはいつも同じ、みたいにしたいところです。
      それであれば常に大きな負けにはなりませんので。

      ナンピンの件ですが、
      ここは悩みどころですね。

      ナンピンをすることで飛躍的に勝率が上がっているのかどうか。
      打診で勝ててしまう(?)ことのほうが多いのか。
      そのあたりでエントリーの仕方を微調整する必要はあるかも知れませんね。

      >先生ならロットを上げても良いとかの基準みたいなのはありますか?
      月間何pips位取れるようになったならいいとか?

      ↑他でもお話させていただく機会が多いのですが
      一番良いのは「可変式」ではないでしょうか。

      毎日当日の口座残高に応じてロットを可変するやり方です。
      前日少しのプラスなら少しだけロットも上げ、
      大きく勝てたならその分上げ、
      逆に前日マイナス収支なら引き下げと。

      これの良さは一気に上げないので慣れやすいのと、
      トレード中に額面を見るのではなく、
      常に「PIPS」と「チャート形状」から判断出来る
      クセを付けやすい点が挙げられます。

      正直、ちょっとメンドくさいですし、
      現状僕はそれをやっていませんので
      強くオススメはしにくいのですが、
      おそらく合理的なやり方ではないかと思うんですよね。

      ※僕は自分の中における「上限ロット」のため、
      引き上げも引き下げもない、ということなんです。

      >コメント欄に面白い方いらっしゃいましたね。

      ↑最初はなんの話をしているのか分かりませんでした(汗)
      けど、しばらくして「あ、そういうことね」みたいな^^;;

      まぁいろいろな人がいますし、
      以前はもっと悪意性の強い人も多かったんですよ。

      >月間プラスめざしてがんばります!

      ↑そうですね。
      今月もお互いがんばってまいりましょう!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして、クランクたかと言います。いろいろなところを回りここにたどり着きました。買えば下がり、売れば あがる、ここで見てるとスクールのようなものが有るような?是非基本を教えて下さい。まだはじめたばかりです。が、かなり損して死にそうです。助けてください。

    • たか様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ここで見てるとスクールのようなものが有るような?

      ↑今年の年明けから「TRIBE」という
      スクールとコミュニティを併せたようなモノを開催しておりました。

      ただしちょうど5月末で満了となり、
      我々もしばし「オフシーズン」となります。

      次回のリクエストもすでにかなり頂戴しているので
      おそらくあらたな募集をする機会はあろうかと思います。

      時期は現時点ではまったく未定でして、
      募集の際はこのブログやYouTubeなどで告知させていただきます。

      今すぐに、となると、
      僕の書籍「ガチ速FX」

      あるいは、
      メルマガやLINE@へご登録いただくことで
      「デイトレ大百科」というオンライン教材のご案内が届くはずです。

      ただし、その前段階において
      無料動画などのご案内が届くはずでして、
      まずはそれらをご覧のうえ、
      ご自身との相性なども考慮なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 
    感謝の気持ちや、文章として伝えたいことはたくさんあるのですが、乱文になってしまう事が恥ずかしくて今日感じた素直な気持ちを言わせてください。

    天才チャート、分速スキャル、BTG、リオンチャート。
    一生懸命画面を見て、期待と興奮と落胆と希望をこの5か月繰り返し
    今日、何とも言えない感覚で利確をしました。
    たった10ピプスのトレードだったんですけど、
    相場と一緒に自分がロングされる?ような・・・
    上がるべくして上がったんだよっていう答えを相場が教えてくれたような。。。
    病気か?って思えるくらい一人でニヤニヤして
    感謝がこみあげました。

    たまたまプラス収支でいる自分におごらずに
    今日の10ピプスの感覚をまた感じられるようにこれからも頑張っていきます。
    ありがとうございました。

    追伸・・・ 先生!ミスチルナイスです。

    • たか様
      コメントありがとうございます。

      >今日、何とも言えない感覚で利確をしました。

      ↑おぉ!もしかしたら「ゾーンに入った」ってやつかも知れませんね。
      だとしたらさぞ快感だったことでしょう^^

      >病気か?って思えるくらい一人でニヤニヤして

      ↑良いと思いますよ♪
      その感覚は大切になさって欲しいです。

      逆にいうと
      ピンと来ないときはやらない、に繋がるかも知れませんし。

      >先生!ミスチルナイスです。

      ↑恐縮です^^;;
      自分では超恥ずかしいシーンの連続なのですが、
      概ね好評を頂戴出来ているので
      かなり安堵しています(汗)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 記事とは関係ない質問ですみません。
    大百科の受講生です。
    現在の資金は30万円程度なのですが、どの位のロッドで取引するのが適正なのでしょうか。また、どの様にロッドを上げていけばよろしいでしょうか。
    私の実力もわからない状態でお答えいただくのは難しいと思いますが、迷走しております。
    株は以前よりやっておりますが、FXは大百科の受講と共に今年の1月から始めた初心者です。始めてから順調に資金を減らし(汗)、現在残り30万円程度になってしまいました。
    勝率は、1月59%、2月67%、3月50%、4月78%、5月62%で、パッとしない成績ですが、主な敗因んは損切りが下手くそで典型的なコツコツドカンなのだと思って反省しているところです。
    ロットも当初は最小ロットで始めましたが、少額のために乱発してしまったり、ナンピンが増えてしまったり、負けを引っ張ってしまったり、エントリーの吟味が足りないまま気楽に入ってしまったりしているのを防止するためにもロッドを上げてみたりと迷走しているところです。
    そもそも、どの位のロッドから始め、どの様に上げて行けばよいのか。
    その辺の目標と言うか、基準をもってやっていければと思っております。
    お答えしにくい質問と思いますが、アドバイスを頂けると喜びます。
    よろしくお願いいたします。

    • シゴン・ナラン様
      コメントありがとうございます。

      >現在の資金は30万円程度なのですが、どの位のロッドで取引するのが適正なのでしょうか。

      ↑とりあえず僕の基準を申し上げておきますと
      「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」
      このペースで上限を30ロットとし現在に至ります。

      今後、成績が安定した際は
      参考になさってみてください。

      ただし!
      「適正ロット」とは本来額面から決めるものではなく、
      「ご自身の状況」を加味して決めるべきと僕は考えています。

      例えば「10万円の損益」はその人にとってどのくらいのものか?
      痛みはどのくらいか?
      それこそ1000万の資金量の人でも10万円が死ぬほどキツいと感じる人もいれば
      100万円の資金でも平気に感じる人もいます。

      「痛みが伴う金額」をリスクに置くことで
      冷静なトレードが出来なくなるなど弊害も大きくなりがちですので
      まずは「利食いの額面」「損切りの額面」に対し、
      自分の中で折り合う上限を想定し、
      慎重にやるならそこからさらにロットを落とすなどの工夫をすべきかなと思いますね。

      で、問題はここからでして、
      成績が安定していない段階では
      そもそもリアル口座が時期尚早とも言えます。

      もっと手応えを掴むまでの間は
      デモ口座で練習されたほうが良いように思いますので
      そこはしっかりお考えになってみてください。

      「デモだと真剣になれない」という人はいますので
      その場合はとにかく最小のロットでやることかなと。

      腕があがる前に資金が枯渇してしまっては
      意味がありませんので、
      ぜひともしっかりご検討なさってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    オフィシャルパートナーズ、TRIBEで受講しておりました。
    残念ながら未だに良い結果が出ておりません。申し訳ございません。
    理由としては利食いが浅い、損切りが結構深くなる。よくあるアレです。
    及川先生の教えの下で、勝率の良いエントリー場所は理解しているつもりです。
    結果、勝ちトレードの場合(利食いが浅いのを除き)その後は思惑通りの方向へ進む可能性が感覚7割です。

    エントリー直後から3分程度で利が乗れば、薄い利を確保したいと利食いをしてしまい
    5分たってもスプレッドが埋まらなければ、チャラ逃げ。(含み損で苦労したら逃げる論)
    もちろん最初から思惑が外れると、なかなかの損切りとなります。
    結果的に週ベースでトータルマイナスになるという程の成績です。
    この欠点を改善する方法は何か無いでしょうか?

    これを欠点を改善しない限り、壁が破れないような気がしています。
    何か良い処方箋はございませんでしょうか?
    かれこれ及川流を学習して丸2年になりますが、あまりの劣等生で申し訳なく思います。
    勝てるようになるまでは石にしがみついてでも頑張るつもりです。

    • さゆう様
      コメントありがとうございます。
      また、TRIBEおよびOPへのご参加、
      あらためて御礼申し上げます。

      >エントリー直後から3分程度で利が乗れば、薄い利を確保したいと利食いをしてしまい
      5分たってもスプレッドが埋まらなければ、チャラ逃げ。(含み損で苦労したら逃げる論)
      >この欠点を改善する方法は何か無いでしょうか?

      ↑なるほどですね。
      だとすると、
      僕がいの一番に思うのは「時間帯で区切る」です。

      僕の動画では「00分前後」「30分前後」に
      エントリーするパターンが多いと思います。

      で、僕自身が
      「まずはこの30分の中でケリをつけたい」
      このような考えでやっています。

      これをそのまま置き換え、
      例えば17時前後にエントリーしたものは
      損切りラインによる損切りは除き、
      次の30分切り替え近くまで基本持つようにする・・・
      これをベーシックな考えに置いておくのはどうでしょう。

      もっともこの話、
      僕の講義動画やYouTube動画では
      毎度お話している考え方ですので
      なんら新鮮味はありませんが(汗)

      とにもかくにも
      「次の30分切替わりまで基本放置!」
      こういう意識をあらかじめ持っておけば
      今よりかは右往左往しにくくなるのではないかなと。

      実際の僕は、
      その途中でグンと伸びたら決済してしまうことが多いですが
      上記を意識することで、このあたりの感覚も
      真似しやすくなるのではないかと想像します。

      ちなみに!
      逆張りのときはこれはダメですからね。
      あくまで「伸び狙い」のやり方のみですので。

      >あまりの劣等生で申し訳なく思います。

      ↑そんなことはおっしゃらずで!
      なにをやろうとも「コツ」はありますし、
      ご自身の中で「これは!」という感覚を掴めた以降は
      一気に状況が好転するのもよくある話です。

      ガチガチな精神状態ですと
      行くべきが行けず、ヘンテコな位置からやる、
      などになりやすいので
      なるべくチカラを抜いてリラックスして取り組んで欲しいですね。

      取り急ぎ僕からは以上ですが
      不足があれば遠慮なくご相談ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもありがとうございます。

    及川先生のトレードのルーティーンについてお伺いしたいのですが、
    (最近の動画にあったような一日の流れということではなく、その日のトレードの始まりから終わりまでのルーティーンについて)

    youtubeなどで見る限りでは、

    その月の全体の相場観把握(ざっくりとしたファンダ状況、しかしあまり拘らず)

    その日その場の5分足のチャートづけチェックで各通貨の強弱、需給などを
    テクニカルや感覚でイメージング
    ※エントリーしてからイメージと違った場合の処理は、あくまで値動きによって現場対応、この時点では細かいBプラン、Cプランなどは持たず?

    ボラ(人多い?)、リスクリワード、時間帯、サポレジ/水平線/直近高安値(これらは既にテクニカルのイメージングの中で行われている?)、値動きなどを複合で、瞬時にジャッジし、その場で最も優位性が高いと思われるものをエントリー

    本当にざっくりですが、シンプルに言うとこのような理解で良いでしょうか?

    トレード中に1時間MA/15MAなどをご覧になっていることはほとんどな無いように思いますが、利食いや損切の参考にされることもないでしょうか?

    実際に、毎日のトレードの全てを5分足チャートだけで完了しているのかを知りたい質問させて頂きました。自分のトレードの一連の流れの中で、無理ムラ無駄がないか、思考のズレの調整など、あくまで自分のスタイルに合わせた上で精査する為の参考にさせて頂きたいと思い、何卒ご教示頂けますと幸いに存じます。

    • ggさま
      コメントありがとうございます。

      ルーティーンについてですね。
      書かれている流れで概ね合っている気がしますが、
      行き違いがあるといけないので
      僕の方でもざっと羅列してみます。

      1.当日経済指標の確認
      2.日経やNYダウの状況確認(参考程度)
      3.個別チャート確認
      ※動画よりひとつ、内しふたつスケールを広げて
       前日くらいからの流れも観ることが多いです。
      4.ユロポンとドル円の強弱確認
      5.直近における通貨シリーズのシンクロ性の有無と該当通貨の確認
      6.各通貨ペアのポイントになりそうな水平線入れ
      7.「こうなったらエントリーしても良いかも?」の候補出し

      大体こんな流れです。

      >トレード中に1時間MA/15MAなどをご覧になっていることはほとんどな無いように思いますが、利食いや損切の参考にされることもないでしょうか?

      ↑ここはちょっと意味が分からないのですが、
      足の切り替えの話でしょうか?
      MAは結構見ているつもりですよ^^;;

      あぁ、けど言われてみれば
      「その時点の強弱感」のほうが優先されているかも知れませんね。
      けど「見てない」ということもないつもりです。

      ひとまずこんなところですが
      よろしいでしょうか。

      不足がありましたら
      遠慮なくご連絡ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    株が強いですね(汗)自分は株には手をだしていないのですが及川先生の売りには本当にロマンを感じます。過去に株でやられていてこのコロナ相場で勝てたらかっこよすぎます。とともにKAZさんやホリーさんのもう少し上がってから落ちる、時間軸の問題と仰るのも当たっている感じでプロは凄いなと思っています。

    トレードの方なのですが5月26日のYouTube動画、及川先生は恥ずかしいと仰っていましたがプラスで逃げれたのは凄いなと見ていました。自分なら完璧に損切りです。あそこを耐えられると思った根拠は何ですか?

    1日ルーティンYouTube動画、面白かったです。思ったほどパソコンの前にいないんですね。東京、欧州、ニューヨークの午前中だけを見る感じですか?
    あとモニターの下にある鏡が気になります?
    くだらない所を見ていてすみません(苦笑)

    今後もブログと動画を楽しみにしております。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川先生の売りには本当にロマンを感じます。

      ↑いやぁ、すっかり踏まれてますので
      お恥ずかしい限りです。

      ちなみにホリーさんは現在
      「投資人生最高収益」だそうですよ
      参りましたね(苦笑)

      ただし、乗り掛かった舟でもありますし、
      ここで降りるのもシャクなので
      今回はかなりのところまでツッパるつもりです。

      あ、とはいえ
      それこそ彼らのおかげで
      まだまだ余力を残せているので
      そこは本当にありがたかったです。

      >5月26日のYouTube動画
      >あそこを耐えられると思った根拠は何ですか?

      ↑実はTRIBEの生放送勉強会では詳しくお話をしたのですが、
      ポイントは「日本人の個人が狩られる位置」というのがありまして、
      僕が最後に追加したのはそのギリギリのラインだったんです。

      もちろん自信満々で、、、などではありませんでしたが、
      逆にあそこで追加しないと、逃げきれないというのも経験則なんです。

      また、あくまで理屈の部分で
      実際にやるのは大変かも知れませんが、
      僕は「ここを抜けたら観念する」という位置で
      追加をかけることが多いです。

      負けてるところにさらに追加って
      実におっかない話なのですが、
      逆にいうと、最後の追加ポジション自体の損失は知れているので
      極論「そのまま負けるか、一抹の助かる道を模索するか」
      で、後者であれば実は概ね助かるため、
      案外リスクリワード(?)は良いんです。

      >思ったほどパソコンの前にいないんですね。

      ↑そうですね。
      トレードしない時間はなるべく見ないようにしています。
      どうせ観てもやりませんし、
      中途半端な時間に観ててやりたくなるのもイヤなので(笑)

      >あとモニターの下にある鏡が気になります

      ↑良く言えば「身だしなみ」で
      悪く言えばナルシストです(汗)

      あ、自分がイケてるなんて思ってはいませんからね^^;;
      ヘンテコなみっともない感じになってやしないか?
      そのチェックをしているつもりです(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    いつも本当にご苦労様です。
    今回はTRIBEに参加させていただいた結果を報告をさせていただきたいと思います。
    師匠の4月17日のTRIBE動画は僕にとっては神動画でした。
    あの動画を拝見して以降、週ベースで負けがなくなり、日ベースでもほぼほぼ(しょぼい時もありますが…)プラスで終わっています。
    また、師匠がいつかの動画でおっしゃていたのですが、『富山のK氏』のエピソードで『利を伸ばすのではなく、利を残すを意識する』という言葉で本当に救われました。
    伸びるときは勝手に伸びるので、無理に伸ばさず、利確をしっかりとする。
    すぐに損切をせず、しかし通貨の強弱で不利なようなら自分の主観を入れずに(まだまだ難しいですが)切る。
    このすべてが4月17日の動画に集約されていると思います。(もちろん、それ以降の動画も現在の血肉になっており、少しずつですが上手になっている気がしております)
    まだまだ相関の理解が下手なので、油断をすると長時間大変な思いをします。
    が、『勝ち逃げサイコー』をモットーにこれからも精進いたします。

    • 藤村さま
      コメントありがとうございます。
      また、TRIBEへのご参加に対しまして
      あらためて御礼申し上げます。

      >師匠の4月17日のTRIBE動画は僕にとっては神動画
      >あの動画を拝見して以降、週ベースで負けがなくなり、日ベースでもほぼほぼ(しょぼい時もありますが…)プラス

      ↑ほほぉ、それは嬉しいご報告ですね♪
      ありがとうございます。

      ちょっといろんな動画を作り過ぎて
      どんな内容だったか自分で分かっていませんけど(笑)

      >『利を伸ばすのではなく、利を残すを意識する』という言葉で本当に救われました。

      ↑理論的、あるいは数学的、
      もしくは確率的には「利を伸ばす」が正解なのかも知れませんが
      実際にやっているのは「人間」でして、
      終わったチャートからでは理解できない
      「心のアヤ」みたいなものもありますからね。

      ここは現場やってる人間のほうが
      理屈抜きで理解している部分だと思います。

      >『勝ち逃げサイコー』をモットーにこれからも精進いたします。

      ↑ぜひまた嬉しいご報告をお待ちしております^^
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • イーサンK より:
    及川先生、おはようございます。
    本日は通貨相関の見方について非常に悩ましい以下2点を
    ご質問させて頂きたいと思います。
    質問1 オージーテクニカルとドル円シリーズ相関が両方成立している時は、
    そのどちらを優先すればよいのでしょうか。
    質問2 オージードル、オージー円は、ポンドやユーロのペアと比較してあまりボラがないため、
    普段あまり手掛けることはないのですが、やるとしたらどういう局面でしょうか。
    さて、今回も質問者の礼儀として(古い人間かなー 笑)私自身の仮説を提示しておこうと思います。
    わかりやすくするため昨日6月4日(木)の実際のチャートで見ると、
    18:00スタートの5分足で オージーテクニカルと円(ドル)テクニカルの両方が成立しています。
    【オージーテクニカルの状況】
    ・オージー円、  オージードル が 陰線(15分10MA下)
    ・ユーロオージー、ポンドオージーが 陽線(15分10MA上) 
    という状況なので、
    ユーロオージー、ポンドオージーの買いが 準決勝進出
    【ドル円シリーズの状況】
    ・円シリーズ:  オージー円、 ユーロ円、 ポンド円  が陰線(15分10MA下)
    ・ドルシリーズ: オージードル、ユーロドル、ポンドドル が陰線(15分10MA下)
    が成立している状況なので、 
    ここで、ドル円の陰線(15分10MA下)という状況に鑑みて、
    ドル買い ではなく、 円売り がなされている状況と判断し、円シリーズ売りを選択した結果、
    ユーロ円、 ポンド円 の売りが 準決勝進出
    ・(オージー円 の売りは ワイルドカードで進出 ※理由は後述)
    【準決勝前の状況】
    ・ユーロ円、    ポンド円      の売り
    ・ユーロオージー、 ポンドオージー の買い
    という売り買いが相反したシリーズのペアがそれぞれ準決勝で残っている、
    ということは、理論上、売りペアと買いペアの両方の分子としての、ユーロおよびポンドは動きが弱く従属的であり、
    売り買いの方向性の主導権を持っているのは 分母としての、円の買いと、オージーの売りである。
    ということは(ユーロポンドが無風という仮定なら)
    それらの、方向の相反する最強通貨同士の組み合わせである、オージー円の売りが、準決勝前にすでに理論上
    の勝者である。(※ワイルドカードにした理由)
    ただし実際の結果はその後のユーロポンドの動き次第で、ユーロまたはポンドのいずれかのペアが大きく伸びる可能性がある。
    そのため、
    18:05スタート時のユーロポンドが陽線(15分10MA上)という状況から
     事前判断で理論上の決勝進出ペアを選抜すると、
    【理論上の決勝戦】
    ・ポンド円の売り
    ・ユーロオージーの買い
    ・オージー円の売り(ワイルドカード)
       となる。
    【実際の決勝戦の結果】(18:05エントリー18:30決済の実利益)
    優勝: ユーロオージーの買い 約@40pips
    準優勝:オージー円の売り   約@25pips
    第三位:ポンド円の売り    約@10pips
    仮に2口でエントリーするとすれば
    無難に行くなら
    ・オージー円の売りに2口                  では約50pips
    ・ユーロオージー買いとポンド円売りに1口ずつ分散 では約50pips
    リスク覚悟で
    ・ユーロオージー買いの1点読みで2口         では約80pips
    ・ポンド円売りの1点読みで2口              では約20pips
    という結果であった。
    (ユーロポンドの方向を逆に読んで選抜してもオージー円以外は逆のペアではあるが似たような傾向になった。)
    【結論】 質問1と2を併せた回答
    ◎オージーテクニカルとドル円テクニカルの両方が成立している場合の選択肢として
    ●はずれを避けて無難にいくなら
    ・オージー/ドル(あるいは円)で全部いくのと、
    ・優位性のあるユーロ(あるいはポンド)/ドル(あるいは円)とユーロ(あるいはポンド)/オージーに
    半分ずつ分散していくのと
    理論上の期待収益はほぼ同じ。
    ●リスク覚悟で決め打ちするなら
    ユーロポンドは方向性が変わりやすく予測が難しいが、もし絶対の自信を持って決め打ちするなら
    オージーテクニカルまたはドル円テクニカル1点張りの方が大きな利益になる可能性がある。
    (ただし、はずれたら下手をすればマイナス)
    ●ただし取引時間等の環境を考慮する必要あり。
    (特に東京時間)株(先物含む)の値動きと連動した動きであれば円・ドルシリーズは強い。
    というふうに仮説を立ててみました。
    長文になりましたが、ぜひ及川先生のご意見を頂けると助かります。

    • イーサンKさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >質問1 オージーテクニカルとドル円シリーズ相関が両方成立している時は、
      そのどちらを優先すればよいのでしょうか。

      ↑こちらのご質問はこれまでも大変多かったです。
      ちなみに分析結果も拝読していますが、
      ここは都度都度で変わって来ますので
      正直なんとも言えない、というのが僕の感想です。

      ただし、
      >・円シリーズ:  オージー円、 ユーロ円、 ポンド円  が陰線(15分10MA下)
      >・オージー円、  オージードル が 陰線(15分10MA下)

      ↑この状況の中で
      「オージー円の売り」は確かに利にかなっているなと思いました。
      どっちに転んでも極めて負けにくいですよね。

      僕はこういう考え方で観たことがないので
      かなり新鮮でした。
      もし今後、YouTube動画でこのような局面に遭遇した際は
      「イーサン売り」と名付けてご紹介しますね(笑)

      >質問2 オージードル、オージー円は、ポンドやユーロのペアと比較してあまりボラがないため、
      普段あまり手掛けることはないのですが、やるとしたらどういう局面でしょうか。

      ↑ここは至ってシンプルでして、
      ボラは「まあまあ以上にある時」です。

      僕のチャートには右側に「緑バー(20PIPS)」があるので
      その長さで判断出来ますが、
      以前はMT4右の値幅(縦軸)の1目盛りごとのPIPS幅で
      ボラ感を確認していました。

      僕のチャートスケールで
      目盛りあたり2.5PIPSくらいはあって欲しくて
      ただし東京時間やオージー円なら2PIPSでもまずまずと思うイメージです。
      もちろんそれ以上なら言うことなしですが。

      今回はこんな感じです♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    こちらの記事とは関係ないのですが、質問があるのでコメントさせて頂きます。
    デイトレ大百科を購入し現在勉強中です。
    自分自身何か新しい手法等試す際はいつもフォレックステスターを使用し検証してからリアルトレードに臨みます。
    天才チャートはフォレックステスターでは検証出来ないかと思います。
    そこでおすすめの検証の仕方がもしあれば教えて頂きたいです。
    関係ない質問で申し訳ございません。

    • BOさま
      コメントありがとうございます。

      >天才チャートはフォレックステスターでは検証出来ないかと思います。
      そこでおすすめの検証の仕方がもしあれば

      ↑僕はなんとフォレックステスターを使ったことがありませんで、
      過去はずっと「現場を観て」でやってました(汗)

      僕のやり方は同時に複数の通貨ペアを見ながらやるので
      バックテスト系の検証だと正直難しいですよね^^;;

      ちなみに、マルチタイムフレームを諦めるなら
      僕の上位足MAはいずれも「SMA10本」ですので

      黄緑線→ 30SMA
      1時間足MA→ 120SMA
      4時間足MA→ 480SMA

      これで一応代用は可能かと思います。

      単一通貨ペアでしか出来ないのは難点ではありますが
      それでもひとつの銘柄を徹底的に解析するという考えも
      それはそれでアリかも知れませんので
      決して無駄にはならないかなと思います。

      お役に立てず申し訳ございませんが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お世話になります。
    質問させていただきたいことがあります。

    ポジポジ病が治せません。少しでも動き始めたらチャンスと思ってしまいエントリーしてしまいます。

    きちんと、MAまで待てればそこまで苦労なく勝てているか微損がほとんどです。
    MAに戻った際には含み損が大きくなっておりそこでナンピンをして逆行すると、とても大きな損失となり見つめているしかなくなってしまいます。

    及川先生は指値を使用されていませんが、私のような場合はエントリーは成り行きでせずにMAまで戻って指値にかかったらラッキーくらいの考えで行ったほうがいいのでしょうか。
    毎回エントリーの方向は間違っていないのですがエントリーが早すぎるため負けてしまっている状況です。

    指値をする際の注意点やその他お気づきになった点などを教えていただけると幸いです。

    辛口のご意見をお待ちしております。

    • 富田さま
      コメントありがとうございます。

      >私のような場合はエントリーは成り行きでせずにMAまで戻って指値にかかったらラッキーくらいの考えで行ったほうがいいのでしょうか。

      ↑なるほど、、、
      確かにそのほうが良いかも知れませんね。

      ただし、

      >指値をする際の注意点やその他お気づきになった点など

      ↑短期デイトレの場合、
      例えば数十分前と現在とで
      まるで判断が変わる場合もあります。
      ※僕などは極論数分前とガラっと変わることもあるくらいです。

      よって、指値を入れたモノに対し、
      10分ないし長くても20分くらいに一度は
      確認されることをオススメしたいです。

      けど、この一連の作業の良い点として、
      「今からやるならどれ?」を
      常に点検し、方向修正出来得るところだと思います。

      そう考えますと、

      1.指値でエントリーするスタイルに統一
      2.10分~20分に一度、
        そのままの指値で良いのか?あるいは別銘柄のほうが良いのか?
        これを点検するごとに行い、実際に変更あれば指値を取り消す

      これ、、、
      かなり良いやり方のような気がします。
      大いに試す価値はあると思いますね。

      この「点検」という概念が
      相場の見方をガラっと変える素晴らしい機会になるかも知れませんので
      その意識でぜひともがんばってみて欲しいです。

      なんとなくですが、
      ハマれば一気に成績向上につながる可能性を感じます。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、ご回答ありがとうございます。

    >もし今後、YouTube動画でこのような局面に遭遇した際は
    「イーサン売り」と名付けてご紹介しますね(笑)

    大先生の動画でそのようにご紹介頂けるなんて、
    なんという光栄、まさに『イーサン売り』の名付け親、ゴッドファーザーですね(笑)
    心から嬉しい限りです。

     整理するとこのロジックは、まさに皆既日食のように、「オージーテクニカル」 と、「ドル円シリーズ相関」 とが ピタリと重なって同時に成立したその瞬間の 通貨相関の連立方程式を解く事により、
    普段は脇役である オージー/(円またはドル) のペアが、主役である ポンドやユーロのシリーズ に代わって、理論上の最強通貨ペアになるイメージです。

     ただし、もちろんユーロ/ポンドの変動や、株価とドル円の連動、などの不確定要因がエントリー後に強く働けば、順位が入れ替わることもありますが、
    まさに先生におっしゃって頂いたように、それらの要因が「どっちにころんでも負けにくい」という、ロジックになるかと思います。

     しかし、もちろんエントリー時の根拠はあくまでその時のものであって、その根拠が途中で崩れたと気づいたら、6月4日の先生の動画のように、すぐにいったん全部決済して、新しい根拠に基づいてエントリーするという、断固かつ臨機応変な対応が、何より重要だと思います。
    いずれにせよ、本当にありがとうございます!

    • イーサンKさま
      毎度コメントありがとうございます。

      >『イーサン売り』の名付け親、ゴッドファーザーですね(笑)

      ↑実際にそのような機会があったら
      本当にそうさせていただくつもりです♪

      >もちろんエントリー時の根拠はあくまでその時のものであって、その根拠が途中で崩れたと気づいたら、6月4日の先生の動画のように、すぐにいったん全部決済して、新しい根拠に基づいてエントリーするという、断固かつ臨機応変な対応が、何より重要だと思います。

      ↑ここは短期デイトレでは極めて重要な部分ですよね。
      お互いがんばってまいりましょう。

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 いつもありがとうございます。

    まず、先日の質問中の

    >トレード中に1時間MA/15MAなどをご覧になっていることはほとんどな無いように思いますが、利食いや損切の参考にされることもないでしょうか?

    ↑ここはちょっと意味が分からないのですが、
    足の切り替えの話でしょうか?
    MAは結構見ているつもりですよ^^;;
     
    についてなのですが、誠に申し訳ございません(;’∀’)、先日2日間で資金が2倍になったところ直近の損切で少しヘコみ、訳のわからない文章になっておりました。MAと書いてしまいましたがMAは全く関係なく、1時間チャート、15分チャート(’スケールを広げて’’、とご回答にある通り)における、意識されていると思われるラインのチェックをしているか?というただそれだけの質問でした。先生は恐らくそれまでの相場流れが頭の中にあるので、参考程度に1時間及び15分チャートの意識ポイントも脳内イメージのマップの中に表示されているので、特にラインを引いたりしなくても5分足チャート上だけで全て完結している、という感じでしょうか?

    今回、「手法」というものについて質問したいと思います。具体的なテクニカル手法の話とかそういったことではなく、その人その人の手法の根幹となる概念について、です。というのも、自分はどんな手法で、どんなトレーダーなのか、定義できている人は安定しているような気がし、自分はどうか、と考えた場合、明確な答えが見つからないからです。あるいは、見つからないままでいいのでは、とも思ったりします。

    先生は、よく女性や恋愛などの表現をされますが、それがとても分かりやすいのですが、それに倣って表現しますと、私は相場(相手:主に大口などのbig boys)を見る時、相手が何をしようとしていて、どこに今注力しようとしているか、どんな心理なのか、などの機微がチャートに現れるのを感覚として捉えることを意識します。相手は永遠に同じ性質、性格なわけでもないので、その場その場によって相手の取り扱いも変化させる為、そもそも手法と言うもの自体が存在しない、という感じです。なので、けしてロジカルともテクニカルとも言えず、一般的にはちょっと変わった完全感覚トレーダー(ワンオクさんの曲のタイトルみたいですが)なのかなぁと思うのですが、

    そこで、これまでの人生で様々なトレーダーを見てこられた先生にお尋ねしたいのですが、先生はじめ富山のKさんやその他類まれなパフォーマンスを叩き出し続けるスーパートレーダーの方に、それぞれのやり方に違いはあっても、根幹で共通する思考や、原則的なもの、そこ同じだよね、と共感できる「何か」というものは存在しますか?それは、ものすごい訓示のようなものだったり、あるいは拍子抜けするような「きちんと損切、資金管理する」など一言で終わるようなシンプルなものであったりするのかもしれません。ですが、私はそういったウルトラスーパートレーダーさんに直接お会いしたことがなく、尊敬する及川先生にぜひ聞いてみたいと思っていました。

    PS
    動画ではあまりよく聞こえませんでしたが、先生はとっても艶のある高音のしゃがれ?た美しい声(表現が下手ですみません)をお持ちなので、ミスチル曲素敵だろうなぁと思います。機会があれば生歌もぜひお願いします.。o○

    • ggさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >先生は恐らくそれまでの相場流れが頭の中にあるので、参考程度に1時間及び15分チャートの意識ポイントも脳内イメージのマップの中に表示されているので、特にラインを引いたりしなくても5分足チャート上だけで全て完結している、という感じでしょうか?

      ↑もちろん経験的なものもあるのでしょうが、
      元々が超短期保有のスタイルですので
      マルチタイムフレームの上位足MA程度で良い、
      基本はこっちですね。

      >その場その場によって相手の取り扱いも変化させる為、そもそも手法と言うもの自体が存在しない、という感じです。

      ↑僕の場合、ここまでのレベルではありませんが
      それでもかなり理解出来るというか、賛同します。

      >類まれなパフォーマンスを叩き出し続けるスーパートレーダーの方に、それぞれのやり方に違いはあっても、根幹で共通する思考や、原則的なもの、そこ同じだよね、と共感できる「何か」というものは存在しますか?

      ↑大変良いご質問だと思います。
      僕はここ「存在する」と個人的には思っています。

      例えば理数系の人って
      相場を「法則」や「公式」などで攻略したがりますが
      それでやってもどうにも勝てないケースが多いです。

      そうではなく、
      相場を「感情のある生き物」くらいに思うことで、
      それこそ「今日のご機嫌はどうか?」みたいな
      そういう目線のほうに意味があると思うんですよね。

      具体的にはキャバ嬢やホストやナンパ師、
      あるいは格闘家など、
      「相手に対する対応」を心掛ける競技の人のほうが
      僕は相場との相性は良い気がします。

      そういう意味では
      アインシュタインよりも井上尚弥選手のほうが
      トレードやったら上手いのではないかと。

      「相手の気持ちを汲む」とか
      「間合いを取る」とか、
      そういう部分が長けている、
      あるいはそうしようとの感覚がある人のほうが
      スンナリ自分らしいやり方を作りやすい気がしますね。

      この部分を端的に示しているのが
      「多くの人はチャート形状ばかりを観ている」点です。

      もちろん僕もチャート形状は観ていますが、
      それ以外の、
      もし相手が感情を持った人間だった際に留意するような
      「心の機微を読む」感覚がとても重要だと思うわけです。

      で、そうだったとしたら、
      日々相場と付き合う中で
      「どの部分を経験値に置くか?」

      この部分が法則やパターンばかりに目が行く人とは
      まるで違ってくるのではないでしょうか。

      どちらかと言うと、
      「今日の機嫌はどんな感じ?」みたいに
      繊細に観察し、きめ細かく、さらには自分が発した言葉に対する
      相手の反応次第では「その先の言葉」を常に柔軟に変更するつもりで臨む。

      こういう感性があるような気が僕はしています。

      あ、、、
      重要なことが漏れてました。

      「怒っている相手を無理になだめようとはしない」
      「怒っている最中の相手に理屈で勝とうとはしない」
      「相手を論破しようとするのではなく
      どちらかと言うと、おだてて機嫌よく付き合ってもらう」

      要するに「相手を立てて」
      そして『負けるが勝ち』みたいな感性もある気がします。

      プライドが高い人や
      自己主張が強い人はかなり苦戦する世界かなと。

      なぜなら昔の僕がそうで、
      今の僕はそうではないからです(笑)

      なんだか異常に長い話になってしまいました。
      ここまで書いておいて
      もしかしたらこんな感覚は僕だけだったらウケますけど(苦笑)

      で、最後の最後に・・・

      >けしてロジカルともテクニカルとも言えず、一般的にはちょっと変わった完全感覚トレーダー(ワンオクさんの曲のタイトルみたいですが)なのかなぁと思う

      ↑つまるところ、この感性はアリではないか?
      そんな風に思う次第です。

      では、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生ご回答ありがとうございます。
    なるほど、指値を入れてかかるまで放置ではなく10~20分刻みで相場を点検する。
    この手法は私に非常にマッチしそうです。
    ありがとうございます。

    いつか、大きく成長し及川先生と直接お話ができることを目標に日々勝ち逃げを徹底させていただきたいと思います。

    また、TRIBEに前回参加できなかったため2回目の開催を楽しみに待っています。

    この度は親身になって回答してくださりありがとうございました。

    • 富田さま
      ご丁寧にありがとうございます。

      >いつか、大きく成長し及川先生と直接お話ができることを目標に日々勝ち逃げを徹底

      ↑今回のやりとりは
      受講メンバーにも伝えたいくらい
      興味深いやり方だと思っています。

      ですので
      ぜひとも上手くいっていただきたいです^^

      >TRIBEに前回参加できなかったため2回目の開催を楽しみに待っています。

      ↑光栄です。
      その際はぜひご検討お願いいたしますm(_ _)m

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生、こんにちは。修羅場マンです。

    先週のトレード報告ですが、木曜日にあった、ユーロの政策金利の指標時間に手を出してしまい、証拠金の半分の損失をだしてしまいました!

    指標時間になっても動きがなく、ロウソク足が15分MAの下にあるという事で、
    下がるだろうと思い、ショートを入れて数十秒後、見事、上に勢いよく伸びてしまいました。

    伸びきって、落ち着いた相場を、改めてテクニカル的に見てみると、僕がショートを入れた場所は、普段の僕なら、安値を更新して割安になったポイントなので、ロングを入れている場所でした。

    指標発表という事もあり、何か焦りのような気持ちがあったのかもしれません。

    ただ、翌日には、その負け分は取り返し、先週もプラスで終えています。
    これで、3週連続プラスです。人生初です(笑)。

    先生は今も、1日の収支を、プラス100万円は最低限のような目標を持ってトレードしているのですか?

    ここ最近の、先生のYouTubeを見ていると、東京、欧州、ニューヨークと、3つの市場でトレードされているようで、プラスの額が半端ない事に驚かされています。

    僕も今は、1日の目標金額を設定していまして、証拠金の15%を毎日取るように、心がけています。
    こうすると、1か月、20日稼働だとしたら、資金が3倍に増える計算です。
    勿論、達成できず、10%だったり、それ以下の日も、たまにありますが、ほぼ毎日、プラスで終えています。

    ただ僕は、逆張りのスキャルピングがメインになってしまい、10PIPS前後取れたら利食うので、どうしても、エントリー回数を増やさないといけません。
    ロットを厚くして、取得単価を上げる事も考えて、実行もしたのですが、逆行され、ナンピンとの戦いになり、長期戦となり、何とかプラスで終わる時もありますが、損切りした時の額が大きすぎて、その日には、回収不可能という事が、たまにあります。

    もう少し、逆行され、含み損に耐えるストレスを減らしたいのですが、エントリーが早いからなのでしょうか?
    しかし、先生は、逆行上位足タッチの逆張りは、鮮度が大切だと仰っています。
    デイトレ大百科のスキャルピングの講義内容を、もう1度見直して、落とし込んだ方がよいのでしょうか?

    何か、アドバイスをよろしくお願いいたします。

    • 修羅場マン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ユーロの政策金利の指標時間に手を出してしまい、証拠金の半分の損失

      ↑いきなり衝撃的な書き出しでかなりびっくりしました(汗)

      >ただ、翌日には、その負け分は取り返し、先週もプラス

      ↑でもってコレ・・・
      「なんだ、この人は?」って話です(笑)

      まぁ取り戻せたこと自体は本当に良かったですね。
      ただ、だいぶ無茶もしてそうで少々心配にもなりましたが^^;;

      >先生は今も、1日の収支を、プラス100万円は最低限のような目標を持ってトレードしているのですか?

      ↑YouTubeや講義動画で実演するときは
      ある程度意識していますが、
      普段はほとんど意識していません。

      僕の場合、YouTubeのせい(?)で
      週に最低2日はトレードをしないといけない状況のため、
      逆にそれ以外の日は、
      まさに「やってやっても良いでやる」
      「好みのねーちゃんだけを口説く」
      このスタイルを貫いている次第です(笑)

      >先生のYouTubeを見ていると、東京、欧州、ニューヨークと、3つの市場でトレードされているようで、プラスの額が半端ない事に驚かされています。

      ↑これもYouTubeがなかったら
      全部はやりませんよ。

      YouTubeは「無料教材」
      「アーカイブ」を意識しているため、
      各時間帯をそれぞれ残す意味合いでそうしていますが、
      プライベートトレードのみであれば
      NYはまぁ外して酒でも飲みたいところですね。

      >僕も今は、1日の目標金額を設定していまして、証拠金の15%を毎日取るように、心がけています。

      ↑これは・・・随分とリスキーですねぇ(汗)
      資金量が増えるにつれ、さすがにペースは落としたほうが
      良いように思います。

      大型バイクをノーヘルで高速走行するイメージでして、
      いろんな意味で危険がデカすぎると思いますので。

      >もう少し、逆行され、含み損に耐えるストレスを減らしたいのですが、エントリーが早いからなのでしょうか?
      しかし、先生は、逆行上位足タッチの逆張りは、鮮度が大切だと仰っています。

      ↑ここですが、
      「あらゆる場面を全部取りたい」という意識が強いと
      そこそこな確率で「事故」に遭いやすいと想像します。

      逆行上位足の逆張りをやること自体は良いとして、
      例えば水平線との合致など「根拠」を増やし、
      複数根拠が伴わない場面は見送る、など
      エントリーのハードルを少し上げたらどうでしょう?

      個人的には「回数勝負」よりも
      「精度を上げてハイロット勝負」のほうが
      良いように思います。

      あ、現状上手くいっている人に
      あまり惑わすような話はしたくありませんので
      あくまでご自身なりにじっくり考えたうえで
      参考になさってください。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。ちよと申します(どなたかとハンドルネームがかぶっていたらすみません)。

    数年前にFXを始めましたが損ばかりで、及川先生の本や動画に出会ってから、今まで自分がいかに博打をやっていたのかに気付かされました。

    数ヶ月前に及川先生の本に出会い、それから動画をさかのぼって観たりして、今のところ元手の約2%ずつのペースで増やすことができています。

    今回コメントさせていただいたのは、申し訳ないのですが記事の内容に対してではなく、6/8のYouTube動画に対しての質問です。

    何度も視聴したのですが、ポンドに乗り換える根拠がピンと来ませんでした。
    「ユロポンの大幅な伸びに対してユーロが伸び悩んでいるから」とご説明なさっていましたが、先生が「これから下がるんじゃないかな」と仰っている時点のチャートを見ても、「一時的な伸び悩みで、これからユーロが伸びるんじゃないか」とか「ポンドはMAにタッチしているから、ここから買う人もいるんじゃないか…しかももうすぐ17時で時間の変わり目だし……」などと思い、「乗り換えたいなぁ」としきりに仰っている場面が理解出来ませんでした。

    今の私には難しすぎるのだろう、ということでしたら、及川先生の動画をこれからもさらにさかのぼって観る予定なので、もっと自分の知識をつけてから再度視聴しようと思います。

    ただ、もしさらにご説明いただけるようなポイントなどございましたら、ご教示いただけませんでしょうか。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 及川先生
      返信ありがとうございます。
      先生のコメントに対する返信ボタンが見当たらなかったので、この方法で失礼します。

      まずは、すでに同じ内容をお答えくださっていたのに、見落としてしまい申し訳ありません。お手数おかけいたしました。

      「たまたまさん」とのやり取り、拝読しました。「絵」で見える感覚、と先生が記してらっしゃったのが印象的です。やはり経験の積み重ねで培われた感覚なのですね。

      「たまたまさん」の推察がとても分かりやすく、愚鈍な私にもやっと、おぼろげに青写真が見えたように思います。ありがとうございます。

      ユーロの件は、私がまだまだ未熟で、客観的な「買う人目線」「売る人目線」になりきれず疑心暗鬼になっているのかもしれません。
      >「買いたくない!」という雰囲気だったですよ。
      という及川先生の言葉を受けてからチャートを見ると、たしかに買いたくない、と思うのですが、これではいけませんね。今後精進いたします。

      この度はお忙しい中、ご丁寧にご教示くださいまして、ありがとうございました。このコメントへの返信はどうぞお気遣いなさらないでください。
      これからも、益々のご活躍をお祈りしております。

    • ちよ様
      コメントありがとうございます。

      >すでに同じ内容をお答えくださっていたのに、見落としてしまい

      ↑いえいえ!そうではないんです。
      僕はコメント返信を「届いた順」で対応させていただいているのですが、
      たまたまひとつかふたつ前のご質問内容と同じだったもので
      あのようなアンサーとなりました。
      こちらこそ言葉足らずで申し訳ございません。

      ※違う記事のコメントなので
      「以前の内容」に見えましたよね^^;;

      >「買いたくない!」という雰囲気だったですよ。
      という及川先生の言葉を受けてからチャートを見ると、たしかに買いたくない、と思うのですが、これではいけませんね。

      ↑ここは正直「慣れ」もあるとは思います。
      それと、僕だけが常に正しいわけではなく、
      僕もしっかり間違えることは普通にあります。

      増してや相場・・・
      「明確な正解」などありませんで
      あくまで「発生した状況に対し対応する」
      こここそが重要ですので。

      その前段階の中でなるべく苦労しなさそうなモノ、
      なるべくすんなり勝てそうなものを選択する、、、

      逆にいうと「やらない選択」も実はかなり重要なはずです。

      そのあたりも含めての精進としていただけたら!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • ちよ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今のところ元手の約2%ずつのペース

      ↑それは嬉しいご報告ですね^^
      こちらこそありがとうございます。

      >6/8のYouTube動画に対して
      >何度も視聴したのですが、ポンドに乗り換える根拠がピンと来ませんでした。

      ↑身も蓋もないことを言いますと
      「感覚的」の部分もあるように思います。
      もっとも感覚と言っても、
      ここまでの経験から来るものではありますが^^;;

      このブログの「ソフトバンク」の記事コメントに
      「たまたまさん」というハンドルネームの方とのやりとりがあります。

      この方が推測してくれた理由が
      大変僕の感覚に近いですので、
      お手数ですが一度ご確認いただけますでしょうか?

      ※ちなみに「追加質問」と併せ、
      2コメントあります。

      ちなみに「ユーロ」の件ですが、
      僕が観た時点でのユーロは
      「買いたくない!」という雰囲気だったですよ。
      確か上ヒゲ連発だった記憶です。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。