[FX]デイトレ必勝講座:テクニカルは『確率論』である!2018年9月3日

 

今日のトレード動画は、

1.冒頭でデイトレ実演
2.その後デイトレ講義

このような流れで撮りました。

一番観て欲しいのは
GBPUSDを追撃エントリーしたあたりです。
↓  ↓  ↓

 

最近のブログコメントで

「なぜ及川さんはポジションを分けてエントリーするんですか?」
「最初から全部入れるのと、半分のロットを2発入れるのと
なにか違うのでしょうか?

このようなご質問を頂戴したんです。

こちらについても
動画の中でご回答していますので、
ぜひともご確認なさってみてください。

 

実は後半の講義内容を鑑みた際、
15時台の「動き出し」をやるのではなく、
『動いたあとの戻り』などをトレードしたほうが
理解してもらいやすかったと思います。

けど、まぁ、
「イケるかも?」と思いながらチャートを観ていると
ついエントリーしてしまう僕なんです。

特に動画を回しだすと
余計にその傾向が強まりましてね(苦笑)

ここは少々気を付けたい部分だと思っています。

 

とはいえ、いずれにせよ
今後もトレード動画を継続する中、
いろいろなパターンのトレード解説が
満載となることでしょう。

なぜなら相場は生き物、
「僕が教えたいパターン」が
録画しているときに出現するとは限りませんし(笑)

あくまで柔軟に・・・
あるいはそのあたりも含め、
真似していただくと良いかも知れませんね。

 

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

14 件のコメント

  • 今回も本当に勉強になりました!ただでさえクオリティが高いのに、「顔出し」動画になってから、更に内容が超優良級になってきていて鼻血が出そうです。
    過去、色んなFX講師の方のお話も聞きましたが、及川さんが最も実践型の内容で説得力があり感動します。FX勉強すればするほど、及川さんの凄さが分かってきました。
    通貨ペアの相関関係の判断の仕方のレベルを上げたいのですが、何か良い練習方法があったらお教えください。及川さんのように、カチャカチャから瞬時に的確に判断できるようになりたいのですが、結構ムズイですね笑。やはり経験あるのみなのでしょうか。

    • タカハシ様
      コメントありがとうございます。

      >ただでさえクオリティが高いのに、「顔出し」動画になってから、更に内容が超優良級になってきていて鼻血が出そうです。

      ↑ありがたいですね^^
      そのように言ってもらえること自体が
      次なるパワーにつながります♪

      >通貨ペアの相関関係の判断の仕方のレベルを上げたいのですが、何か良い練習方法があったらお教えください。

      ↑ここなんですけど、
      いろいろ見過ぎて混乱してしまう、という人は結構多いようです。

      一番分かりやすいだろうポイントとしましては、

      1.新1時間のスタート時
      2.ここでMAの向きとローソク足の揃った
      または近似している「通貨シリーズ」があるかチェック
      3.その通貨シリーズが同方向に動き出す雰囲気アリ

      ここまでを確認し、
      個別チャート的に良い形ならGO!

      基本これだけでも随分違うと思います。

      元来テクニカルチャートとは
      単体の通貨ペアチャートでも通用するべきものですので、
      まずは個別の形を優先して然りです。

      で、個別形状からターゲットペアを絞ったあとに
      例えばそのターゲットが「ポンド円」ならば
      円シリーズでの揃いかポンドでの揃いか?を確認。

      この順番のほうがスンナリいけるかも知れませんね。

      それ以外では、
      上位足MAの向きが上下バラバラなものより、
      揃っている、または密集してさらに向きが揃っているものがあると
      より信頼度は高いはずです。

      なるべくご自身にとってシンプルな順番を模索なさってみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも動画を見ています。ものすごく勉強になります。1つお聴きしたいのが、チャートに表示されている階段みたいな線はどういうインジケーターでしょうか?よろしくお願い致します。

    • オリス様
      コメントありがとうございます。

      >チャートに表示されている階段みたいな線はどういうインジケーターでしょうか?

      ↑こちらは「マルチタイムフレーム」という機能です。
      ネット検索で無料で拾えるはずです。

      で、僕の場合は5分足に
      15分足と1時間足と4時間足の移動平均線(それぞれ10MA)を
      表示させています。

      僕自身はPCスキルが低く、
      セッティングを人任せにしてまして、
      詳しい導入についてはちょっと上手く説明できませんが、
      マルチタイムフレーム自体を入手出来たら
      あとは設定だけだと思います。

  • こんにちは。今回もかなり充実した動画をありがとうございます。

    及川先生は指標や要人発言等で相場がかなり動いた直後ってどうされてますか?

    戻ったり押してきた時に、指標で伸びた方向にポジション持っても大丈夫なのでしょうか。
    めちゃくちゃ大きく動いた後ってどう立ち回るのが良いですか?

    自分は、戻りや押し目を待ってたらそのまま伸びられてしまった事や、飛び乗ったら飛び乗ったで全然伸びなかったり、色々振り回された経験が・・・

    • 仁狼さま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は指標や要人発言等で相場がかなり動いた直後ってどうされてますか?

      ↑僕は基本、重要指標などのときはトレードしません。
      ただし「なんらかの根拠や狙い」があるときはやります。

      早い話「よく分からないとき」はやらない、という方針なんです。

      大きく動くときはチャンスだらけにも見えますので
      ついついやりたくなるのが人情ですが、
      指標などの材料で動くときはテクニカルがアテになりにくいものです。

      根拠なしにやるのは丁半博打と紙一重ですので
      僕は無理してはやらないですね。

      そういうところ以外でも
      普通に勝ちやすい場面や時間帯はたくさんありますし、
      また、それらは「分かってやってる」ので当然勝率も高いです。

      勝率が高いからこそロットを張れるので
      結果的にそのほうが儲かるはずです。

      >めちゃくちゃ大きく動いた後ってどう立ち回るのが良いですか?

      ↑手出し出来ぬまま観ているだけになってしまったときは
      「縁がなかった」とすっぱり諦め、
      他のことしちゃいますね(笑)

      テクニカルの最大の敵は「材料」です。
      材料で動いた直後にテクニカルを観てもアテになるかは微妙ですので
      であるならば「平時」をコツコツやったほうが良い、、、

      つまらないご回答だったかも知れませんが
      僕はそのような考えです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも非常に勉強させて頂いております!
    何となくですが、相関感が分かってきたような気がします。
    そこで更に理解を深めたいと思い質問させて頂きます。
    動画の中でポン円、ポンドルは躊躇なくエントリーしたのにポンオジは一瞬ためらったのには訳があるのでしょうか?
    ドル円が上がっているから?といったコメントをしてらっしゃったように思えたのですが、何故ドル円が上がっているとポンオジは根拠が薄くなるのでしょうか?
    PS 他の方のコメントと先生の回答を始めてマジマジと拝見しましたが、非常に勉強になりますね!
    有り難いです^ ^!

    • 藤田さま
      コメントありがとうございます。

      >動画の中でポン円、ポンドルは躊躇なくエントリーしたのにポンオジは一瞬ためらったのには訳があるのでしょうか?

      ↑MAから距離があったので最初ためらいました。
      ただし、ユーロオージーも下がったのを見て
      オージー4種の動きが揃ったので「イケる!」という流れです。

      >何故ドル円が上がっているとポンオジは根拠が薄くなるのでしょうか?

      ↑これは発言のタイミングというか、
      ドル円はポンド円を追加しない理由でした。
      連続で銘柄名言ったのでポンオジを追加しない理由にも聞こえますよね。
      どうもすみません。

      ドル円が上げてたので「円シリーズ」のポンド円のショートをしなかった、
      これが実際の話になります。

      >他の方のコメントと先生の回答を始めてマジマジと拝見しましたが、非常に勉強になりますね!

      ↑確かに、オンラインスクールのサポート返信みたいになってるときがありますよね(笑)
      時間的に余裕があるときは、なるべく丁寧なご返信に努めているつもりです。
      せっかくなのでぜひ参考になさってください^^

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんばんは。
    この一週間諸々あって(交代勤務などしているので…)バタバタしていましたが、やっと『勝率40%』『胆力』『確率論』を拝見できました!
    大切なことを本当に【出し惜しみなく】お話ししていただいて感激しています。

    『勝率40%』を拝見して感じたことなのですが、いくら正しい(と思われる)ルールでトレードしていても、連敗してしまうと僕のような訓練中トレーダーはメンタルがおかしくなってしまい、その正しいルールを疑い出してしまうことがあるのではないかと思っています。連敗中でも連勝中でもルールを貫き通せるメンタルを確立するのが、いまの僕の課題なんです。
    連敗中の時に、負けるのも確率なんだから避けられないと自分に言い聞かせていますが、やっぱりまだメンタルにきてしまいます(だから負けるとチャートを閉じて、他のことをします笑)。

    チャートパターンのお話もすごく勉強になりました。MAファーストタッチやブレイク後のエントリー、戻り売りに優位性がある理由がよーく理解できました^^

    また、訓練期間を脱したら、追撃などを取り入れて損小利大を実践したいと思っています。

    本当に勉強になる動画をありがとうございました…無料でいいんでしょうか笑

    • mobile様
      いつもコメントありがとうございます。

      >連敗中でも連勝中でもルールを貫き通せるメンタルを確立するのが、いまの僕の課題なんです。

      ↑ここは、僕にとっても永遠の課題です。
      トレードを続ける限り、この課題も続くということでしょうね。

      >MAファーストタッチやブレイク後のエントリー、戻り売りに優位性がある理由がよーく理解できました^^

      ↑なるべくややこしくない「シンプルに勝てそうな場面」を
      どれだけ引き出しに持っているか?がポイントです^^

      >無料でいいんでしょうか笑

      ↑いいんです!(笑)
      僕はおだてられるとホイホイ乗るタイプですので
      今後も上手いこと盗めるネタを引き出してください♪

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    FXismパラダイムメソッドの生徒です.
    いつも動画を見ています1つお聴きしたいのが、チャートに表示されている星はどういうインジケーターでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    • 結城さま
      コメントありがとうございます。

      >チャートに表示されている星はどういうインジケーターでしょうか?

      ↑あれは5分足の3つの移動平均線
      水色、黄色、ピンクが信号機の序列が崩れぬままのタイミングで
      黄緑線にローソク足が戻った際に点灯するように設定しています。

      この星点灯のみでエントリー判断はしませんが
      かなり参考になることは多いです。

      また、上記パターンは目視でも十分確認可能ですので、
      アタマに置くとよろしいかと思います^^

  • こんにちは

    及川先生は移動平均線を使う時、EMAとSMAどちらをお使いになりますか?また、その理由も教えていただけると嬉しいです。

    余談ですが、ビットコインがここ半日ほどで12万円以上暴落しました!
    暴落する少し前に海外の取引所で巨額のショートポジションが建てられたことが判明していて、まるで暴落を知っていたかのようです・・・

    • NOEL様
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川先生は移動平均線を使う時、EMAとSMAどちらをお使いになりますか?

      ↑僕はSMAです。
      理由は単純に「慣れ」ですね^^;;

      EMAのほうが良いという人も多いですが、
      僕は株時代からずっとSMAだったため、
      選択肢がそれしかなかった、、、が実情です。

      以前、一度EMAも試したことがありますが
      感覚的に合わず、すぐ元に戻しちゃいました。

      >暴落する少し前に海外の取引所で巨額のショートポジションが建てられたことが判明していて、まるで暴落を知っていたかのようです・・・

      ↑ビットコインは、上昇も下落も仕掛けでしか動かないイメージですよね。
      あんなだとちょっと触れないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。53歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。