『リオン式ZONEトレード』の全貌が遂に初見参!

 

今年の1月から5月末まで開催された
FXコミュニティ『TRIBE』が期間満了してから
早3ヶ月が過ぎようとしています。

時間が経つのって本当に早いですよね(汗)

この間、FXism的には
これといったアクションもなく、

おそらく世間の人達には
「冬眠でもしてるんじゃね?」って感じの
そんな扱いだったかも知れません(笑)

ところが・・・

我々はこの間も一切のサボりなしで
ある準備を水面下で着々と進めていました。

それがコチラ↓

かねてからこのブログへの記事投稿や
我々のYouTubeチャンネルへ動画投稿をしてくれている

「FXVtuber リオンちゃん」

彼女のトレードノウハウを丸裸にする企画
進めて来たわけです。

 

リオンちゃんのトレード動画を
一度でも観たことがある人からしたら
彼女のトレードノウハウは
喉から手が出るほど欲しい内容ではないでしょうか?

理由は至ってシンプル、

なぜなら彼女の日々のトレードって
こんな感じの収支が当たり前だからです。
↓  ↓  ↓

 

実は上述の「TRIBE」の中でも
参加特典として彼女のノウハウを一部出していたのですが、

今回は言ってみれば『本チャン』です。

というか、
「本チャンを作るぞ!」ってことで
ここまで時間がかかってしまった・・・

これが実際のところでした。

ゆえに、、、
かなり凄い内容になっていますので
興味がある方にはぜひとも全編ご覧いただきたいですね。

 

ただし!

近年インターネットの世界では
「冷やかし」や「誹謗中傷」の類が大変目立つじゃないですか。

リオンちゃんは女性でもあり、
そういった「あらぬ不快なトラブル」に
一切巻き込みたくはありません。

 

そこで今回、
リオン式トレードノウハウの全貌公開については

1.僕のメルマガへご登録の方
2.FXismのLINE@へ友達登録されている方

以上の方々にだけお届けする
『限定公開』とさせていただきました。

「分かる人」にはかなり濃密に分かる、
「分からない人」に
無理してまで分かってもらう必要もない。

今回僕は、このように思っているのです。

 

上記のメルマガやLINE@へのご登録がまだの方で
「リオン式トレードノウハウ」に興味がある方は
今すぐこの記事の下にあるバナーより
ご登録を済ませておいてください。

目から鱗が落ちまくる・・・

そんな動画をいきなり観ることが出来ますので。

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

【期間限定】“待望”のリオン式トレードノウハウを初公開

月間純利益300万円を叩き出す「Vtuber」リオンの常識はずれの稼ぎ方

FX参戦から2年間、全く勝てなかった女性トレーダーが 「3つのこと」を徹底しただけで一気に覚醒。
わずか7,000円の元手資金から、一年半後に月間純利益300万円を突破できた”理由”と『秘訣』を
LINE@友達登録者限定で今だけ大公開!
特典ゲット

128 件のコメント

  • 及川師匠、初めまして

    TRIBEに参加してから、恥ずかしながら勝ててません。
    今回の動画を観て改めて自分の手法確立の大切さを実感しました。
    時間帯を絞る、通貨を絞る、まずはこの事から見直していきたいと思います。

    様々な情報を見てしまい(他のトレーダーのユーチューブやブログ)、自分で考える事を疎かにし、他人のトレード手法に頼っていては、いつまでも成長は出来ませんよね!

    初心に戻り、過去の師匠のブログで勉強しながら、勝てるようになりたいと思います。

    いつもありがとうございます。

    • 横浜のけんけん様、及川師匠
      私も初めてここにコメントしたいと思います。昨年9月に「デイトレ大百科」に参加させていただき、また1月からの「Tribe」キックオフ大会にも参加させていただきまして、意欲満々でスタートしましたが、ちょうど運悪く2、3、4、5月が別件で忙しく、時々「デイトレ大百科」と「Tribe」の講義を見るくらいで、実践トレードが全然できませんでした。6月からロットを0.10にして、主としてドル円、ポンド円、ユーロ円の練習トレードを始めていますが、思うようにいかないと頭にきて無理なエントリーをしては損を重ねています。けんけん様同様、わたしもあらためて基本に戻り、勝てるパターンを身につけようと思っています。この2か月のトレードを振り返ってみますと、極めて部分的な上げ下げに感情を奪われて、その「部分的な全体像」を見ていなかったように思います。動きが逆にいきますと、0.10ロットでも気が動転してしまいますが、なるべく全体像を考えながらトレードしてみようと、8月後半からもう少し頑張ってみようと思います。初心に戻り、及川師匠の講義動画やYoutube動画を勉強して、自分のやり方をつくっていこうと思っているところです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    • 横浜のけんけん様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      また、TRIBEへのご参加に対しあらためて御礼申し上げます。

      >時間帯を絞る、通貨を絞る、まずはこの事から見直していきたいと思います。

      ↑個人的にはとにかく「時間帯ごとの違い」を意識なさって欲しいです。
      なるべく「同じ条件下」からスタートするようにすることで
      「その後の展開」もバリエーションとして経験値になりやすいと思いますので。

      >他人のトレード手法に頼っていては、いつまでも成長は出来ませんよね!

      ↑見たり参考にするのは悪くないと思いますけどね^^;;
      「盗む」的な見方で本質的な部分を真似しようとすることが
      他人様のを観る際のポイントだと僕は思います。

      あとは取捨選択ですかね。

      最終的には「自分らしいやり方」にどう持っていくか?
      ここにかかっているはずです。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生:

    今回の企画、「リオン式」にフォーカスしてくださっっているということで
    恥ずかしながら初めてコメントさせて頂きます。

    TRIBEに参加させて頂きましたが、最終週に至るまで、損が怖くてエントリーが出来なくなっておりましたが、5月のリオン先生の収益を拝見し、TRIBE終了後の6月になってから自分なりにリオン式?にトライ、初回から信じられない程のPips数と収益を初回から得ることが出来ました・・・及川先生のお言葉通り、リオン先生とリオン式は本当に救世主です!

    しかし、当然、相場はそんなに甘いものではなく、下げ過ぎた相場には戻しがあるため、6月後半の相場で1日で半分を失い、やっと回復したと思った6月末日(及川先生が鬼門とされている月末最終日)のトレンド転換場面で欲をかいたため逃げ損ない全損を経験してしまい、現在、リハビリ中です。

    及川先生が「初心者は相場は上がったら下がるものと思っている(が、そうとは限らない)」と時々コメントされますが、初心者の悲しさ、東京時間、折角大きく勝ち逃げ出来たにもかかわらず、欲を張って東京時間後半にエントリー、その後、欧州時間~NY時間と時間帯管理も無視し、玉切れまで売り上がり、その後、折角相場がくれたワンチャンスでも欲を張って逃げ損ない、痛い全損を経験してしまいました。(コツコツ・ドカン回避のためには損切りルールとトレンド転換?の見極めが重要なのは当然ですが、悲しかな、自分が痛い思いをして損切り・逃げたところが天井、という場面、最近も2回、経験してしまいました)

    今回、リオン式、深堀りして頂けるとのこと。
    リオン式はリオン先生が2年以上の歳月を費やし、ご自身の経験を基に開発されたノーハウだけあって、時間帯管理と相場の天井(ヒゲ先?)の見極めが出来れば最強のノーハウだと思っておりますため、大いに期待致しております。

    もし、可能でしたら、リオン先生もTwitterでコメントしておられるように苦労しておられる部分があろうかとは存じますが、5月のような下げトレンドの相場ではなく、7月相場のような上下に揺さぶりをかけてくる相場での対処方法、トレンド転換時の対処方法、ご教示頂けますれば幸甚と存じます。(・・・私のような初心者は、一度上に振り上げられると、次に下げトレンドになった場合でも、それ(また上に持っていかれる)がトラウマとなり、怖くて売り込めない、という状態となってしまい、次に入ったときにはまた上で損切り、というパターン、悲しいことにはポンド・オージーにはよくありますので・・・カウンター・パーティはそれを正に見越して仕掛けているように思えてしまいます)

    リオン式の深堀り解説、大いに期待致しております。
    及川先生・リオン先生の益々のご活躍・ご発展、心よりお祈り致しております。

    追伸:TRIBE2期があるようでしたら、是非参加したいと考えておりますが、
    その時までに、リオン・チャートに、是非、時間表記もして頂けるように、改良して頂きたく、ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
    (以前、Dr.ヨン様にリオン・チャートの時間設定につて質問させて頂きましたところ、リオン・チャートには時間軸は無いとのご回答でしたが、やはり時間表記が有ってくれた方が色々と使いやすいので)

    • TKさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >リオン式?にトライ、初回から信じられない程のPips数と収益
      >6月後半の相場で1日で半分を失い、やっと回復したと思った6月末日(及川先生が鬼門とされている月末最終日)のトレンド転換場面で欲をかいたため逃げ損ない全損

      ↑なかなか手痛い洗礼のようで。。。
      良い経験であるのは間違いないのですが
      それを言えるのはこの先キッチリ取り返してからになるでしょうね。
      がんばらないと、です。

      >7月相場のような上下に揺さぶりをかけてくる相場での対処方法、トレンド転換時の対処方法

      ↑なるほど、これは良いテーマだと思いますので
      リオンちゃん本人にも伝えます。
      彼女自身は経験値から感覚的に分かってやっている部分を
      今回どのように他人様に伝えるのか。

      ここが彼女の「成長しどころ」でもありまして、
      彼女が成長することで、
      彼女から学ぶ人もさらに成長できる・・・
      こういうループを我々は意識しています。

      >TRIBE2期があるようでしたら、是非参加したいと考えております
      >その時までに、リオン・チャートに、是非、時間表記もして頂けるように、改良して頂きたく

      ↑なるほどですね。
      こちらも伝えておきますね。

      貴重なご意見を含め、
      本当にありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも有益な動画配信ありがとうございます。

    この度は、及川師匠に質問というか相談があります。
    師匠の天才チャートを用いてトレードをすることが多いのですが、結果がイマイチなんです。
    少し失礼に聞こえたかもしれませんが、それは天才チャートが悪いのではなく(むしろ素晴らしい)僕自身の性格やトレードに対する価値観が悪い(合わない)んだと自己分析しました。

    具体的に言うと
    性格上、
    「絶対に損切りはしたくない」
    「決済損益は日毎に絶対にプラスで終わりたい(評価損益はマイナスでもいい)」
    技術面では
    「相関関係またはトレンドを見切る頃には相場はすでに2番煎じ、3番煎じに移行しており含み益がものの数時間後にマイナスへ」
    「逃げ場で逃げれない」
    などがあります。

    でそれらを踏まえた上で本当に恥ずかしい悩み相談なんですが、
    例えばドル円、豪円ぐらいに絞って俗に言う買いなら買いで無限ナンピンをすればいいんじゃないか!というまさに勝てない人?が行きつく果てに来てしまいました(笑)

    ただし、ただ無作為に又は機械的に発注するのではなく、ちゃんと勝ちやすいエントリー、明らかな決済ポイントでの決済は場合によってはスキャル~デイ並みの感覚で決済していきます。
    ただし予想に反してしまって逆行してしまったとしてもそれは切りません。
    ドル円が70円割ろうが、豪円が50円割ろうが切りません。(ただし他の建玉との相殺で日毎にプラスを達成できればそのマイナス建玉は決済していきます)

    そうすれば超超テイレバさえ守れば必ず日毎に超少額でもプラスになり、高いとこで入ってしまった建玉も利益確定もしくは相殺決済が可能なため、僕の冒頭のような性格上、技術面上の不徳な点はカバーは出来るのではと思ったんです。

    これの人様の解答は
    「破産覚悟ならやればいいじゃん」
    「手法も技術もなければただの現物に近い長期投資じゃん」
    なんていう解答が来るのは十分に承知の上です。

    及川師匠やリオンさんのようなトレードがしたいのは山々です。ただしやり続けた約3年で分かった、「向き合えた自分の限界、性格」です。
    よく師匠は
    「俺のやり方が絶対じゃない、100%俺のようになる必要はない」と動画でも仰ってくれています。
    それを180度向こう側まで捉えてしまった情けないやり方ですが、
    相場で大きく活躍されている(キャリアも長い)師匠ならこのような悩みに何てアドバイスされるかどうしてもお聞きしたかったんです。
    (絶対に反対、知人でもそのスタイルはいる等々)
    他の皆様に比べると本当に稚拙な内容で申し訳ありません。

    なお当たり前ですが、師匠からどんな返信が来て実際にやろうが、とどまろうが最終的には自己判断で決断しますので是非バッサリご意見をご教授願いたいです。

    • ノッポさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。

      これってもちろん僕が普段やっているトレードとはまるで違いますが、
      シンプルに「スワップポイント狙いの長期保有戦略」ってジャンルじゃないですかね。

      例えばですが、
      毎月10万円貯金出来る人がいたとして、
      その10万円をドル円や豪ドル円にひたすらつぎ込むと。

      早い話「ドルコスト平均法」となりますが、
      これを

      1.絶対に破綻させない(レバなし)
      2.ずっと毎月足し続ける

      このような条件下でやるってことであれば
      実は戦術的に実践中の人もいると思います。

      その場合はある程度金利が高い通貨を軸にしたほうが
      良いでしょうね。

      これが上手くいく場合って、
      インカムゲイン(金利)とキャピタルゲイン(値上がり益)の
      両取りが可能となり、
      これこそがある意味「投資の王道」だとすら言えます。

      長期投資の効能は
      理屈的には理解出来ても実際にやるのは大変です。

      けど、実際にやるのが大変だからこそ
      やった人は大きな成果を得られるのだろうと思うんですよね。

      ただし、これを短期でやるとなると
      儲かる時にも大して儲からない、
      含み損だけが長期間になる、などの弊害も多いと想像します。

      もはや「長期投資として腰据えてやる」が良いのではないでしょうか。

      そういう意味では

      >ただし他の建玉との相殺で日毎にプラスを達成できればそのマイナス建玉は決済していきます

      ↑こういう考えではなかなか上手くいかないように思います。
      決定的な理由としては
      「絶対破綻させないようにするためには
      相当な低レバ&低ロットでないと成立しないから」です。

      だからと言って破綻覚悟でやった場合は
      要するにただのマーチンゲール手法になります。

      マーチンゲール手法で
      最後まで勝ち続けた人はいないはずですので
      結局短期的目線では成立しないのではないかな、
      というのが率直な感想です。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    トレード大百科を購入して先生の手法を勉強していますが、
    なかなか勝てるようになりません。
    とくにナンピンをうまく使いこなすことができません。
    先生はナンピンをする時は、後ろにこれ以上そこからは戻されないないだろうと
    思われる上位足や平行線があるところだけで、されるのか、
    それともある程度戻されたから、相場感でこれ以上は戻されないないだろうという、値ごろ感でされるのか、どちらに重点をおかれていますか?
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • いちすけ様
      コメントありがとうございます。

      >これ以上そこからは戻されないないだろうと
      思われる上位足や平行線があるところだけで、されるのか
      >ある程度戻されたから、相場感でこれ以上は戻されないないだろうという、値ごろ感でされるのか

      ↑基本としてはやはり前者です。

      特にルール的に処理しようとするのであれば
      そこは統一しておいたほうが良いと思います。

      ただし、個人的には相場観からの判断もありますよ。
      特に時間帯や他の通貨相関などから
      「今、コイツはこれ以上は伸びないはず」
      こういう判断に対し、その位置までツッパれる状況であれば
      耐えてしまうことも正直あります。

      重要なのは
      そのような判断基準や感覚がどこまで今の自分にあるか?です。

      なぁなぁな感覚だけで損切り位置をズラしているのか?
      これまでの経験なども含め一定以上の勝算があってやるのか?

      前者に近いうちは
      「値ごろ感」の判断はやめておいたほうが良いように思います。

      なぜならそうしている間は
      自身のトレードに一貫性や統一性が育たないからです。

      僕が多くの人に言い続けているのが
      「最終的には自分らしいトレードに行き着くべき」です。

      人は性格も価値観も感覚もすべて異なる生き物で、
      相場もある意味「生き物」です。

      生き物同士が対峙する中
      必ずや「微調整」が必要になり、
      そこに「自分らしさ」を介在させることで
      『勝ち方』も変わってくるはずだからです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 圭哉師匠、初めまして!

    いつも勝手にお世話になっております!

    来月から最終決戦に入ります!

    動画や色々勉強させて頂いていると共に、夢をもらっています♪

    現状勝ててませんが、圭哉さんに出会えて良かったです!

    お恥ずかしながら、いつの間にか、借金してまでトレードしていて…

    今月末の入金で最後の勝負となるかと思います…

    学んだ事駆使して、今回のリオンちゃんのノウハウも上手く使って、なんとか借金返済!親孝行!できるようにします

    何してるかも言ってないですが、何回も全額飛ばしてしまっています…

    一カ月でなんとか30万の利益を確保したいです。

    これをすればなんとかなる!なんてむしのいいはなしか、何かアドバイスがあればお願いします。

    勝てるようになるまで、稽古つけてください!

    なんか必死ですいません…
    切迫詰まってましたので、ご了承を願います。

    それでは、最終決戦行ってまいります!

    • Hero_A様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >いつの間にか、借金してまでトレードしていて…
      今月末の入金で最後の勝負となるかと思います…

      ↑なんと、、、
      初のやりとりでいきなり「特攻隊」みたいな話ですので
      さすがに戸惑っております^^;;

      >一カ月でなんとか30万の利益を確保したい
      >これをすればなんとかなる!なんてむしのいいはなしか、何かアドバイスがあればお願いします。

      ↑いやいや、さすがにここは無理があります。
      現状どんなやり方をしているのかや、
      資金量なども一切分からないですので。

      そんな中アドバイスをするとするなら、
      逆に
      「いったんリアル口座でのトレードをストップ!」
      これをむしろ言いたいです。

      トレードは「気合」でなんとかなるものではありません。
      現状勝てていないとするなら、
      どの部分を修正する必要があるのか?など、
      まずはそういった課題を見つけ出すところからやるべきではないでしょうか。

      それをしないまま、魔法のように突如勝つってのは
      それこそが「虫の良い話」だと思いますよ。

      いったんデモ口座に切り替え、
      「自分の課題探し」からスタートするほうが良いと
      ここはかなり強くそう思います。

      で、時間が少々かかろうとも、
      「勝てるようになったあと」に
      リアル口座で再開すれば
      それこそナンボでも取り戻すことが出来るはずですので。

      ブルペンでもストライクが入らないピッチャーが
      試合のマウンドでストライク入るでしょうか?という話です。

      焦る気持ちは理解出来るつもりですが、
      焦ってさらにドツボにハマるのは避けて欲しいと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    いつも楽しみに拝見しております。

    先日はお忙しい中丁寧な返信をいただきありがとうございました。

    先生に相談させていただいてから、
    動画視聴(東京時間は視聴済みだったので過去のものを見ています)
    ガチ速、リオンさん動画を見続けて
    先週、先々週で、月初にぼろ負けした分を順調に取り返してきて、
    今週、月曜日の午前中の勝利を最後に、ぼろ負けになってしまいました。

    今週の月曜日の午前中はトレンドがでていて、
    私にとってとても取りやすかった相場だったのかと思いますが
    そのあと欧州に手を出して大きく損切してから爆損です。
    コツコツドカンの典型です。
    ちょっと自信をつけたら蹴落とされ、自信喪失を繰り返しており
    もはや勝ち方すらわからない状態です。

    乳幼児育児中なので、
    時間をかけてPIPSを伸ばすリオン式も参考にしつつ
    ここぞってときに一発で勝ち逃げする及川式をマスターしたいを思っています。

    いつかの動画で、下がり相場の15分MA(緑)で戻り売りをしたらあっという間に狩られ、一旦損切、
    そのあとすぐに上位足MAでの逆張りで取り返すというものがあったのですが、
    それはよくされる手法なのでしょうか?

    あと、やはり生活の都合上9時半から12時、引き伸ばしても14~15時頃までが
    限界となります。(園の送迎が終わり帰ってきたら9時前後、下の子を寝かせて9時半ごろになります)
    睡眠を削ればNY時間もできますが、(今は取り返したいのでやってます)
    できれば眠りたい・・・

    今月もラスト1日。せめてトントンで終わりたいです。

    取引について
    特にどこが強いとかではなく、レンジ(一定幅)なんだけど
    形の汚いレンジのときはどのようにしたらいいのでしょうか。

    下から入るのか、上から入るのか、何か目安があるのでしょうか?
    またはどちらでもいい?
    上に伸びるのか、下に伸びるのかなんてわからないから、
    逆に伸びたら切ればいいだけ、という感じでしょうか。

    あと、レンジ幅から抜けて伸びた(レンジからはみ出てトレンドが出た)と思っても
    やっぱり戻ってきたときには、レンジと思っていいのでしょうか。
    シリーズで上にグーンと伸びて、次足でグーンと全部戻ってくるケースや
    グーン、グーンと何本か伸びて、上で少しモジモジもみ合った後
    徐々に下がってくる、そして15分足MAもなかったかのようにスーっと降りてきて最初のレンジの下側でモジモジ
    という場面がかなりあり、
    そのようなときにはどういう見方をされているのか
    先生の見解があれば教えて頂きたいです。(わかりにくかったらすみません)

    あと、リオンさんのように及川式に出会って
    突然勝てるようになったという話を結構聞くのですが、
    その方々は、それまでに何年もFXをされていて基礎知識もあり
    チャートも元々見慣れていてという方々が多いのでしょうか。

    勝てるようになるまで最低でも1年はかかるという話も聞きますが、
    及川先生が教え子さんたちから聞かれた話や、及川先生のお考えがあれば
    是非お聞かせ頂きたいです。

    お忙しい中恐れ入りますがどうぞよろしくお願い致します。

    • 2秒後の未来を照らしたい様
      コメントありがとうございます。

      >いつかの動画で、下がり相場の15分MA(緑)で戻り売りをしたらあっという間に狩られ、一旦損切、
      そのあとすぐに上位足MAでの逆張りで取り返すというものがあったのですが、
      それはよくされる手法なのでしょうか?

      ↑ここは「手法」というよりは
      「逆手法」みたいな考え方の部分です。

      僕は「行くべき(伸びるべき)が行かないときは逆に強く伸びることが多い」
      経験上、そのように思っていますので、
      キレイな形状でエントリーしたものが逆行した際には
      ドテンも視野に入れることが多くなる次第です。

      >睡眠を削ればNY時間もできますが、(今は取り返したいのでやってます)
      できれば眠りたい・・・

      ↑ちょうど今、リオン式の動画が始まりましたが、
      ご覧いただけた前提でお話をしますと、
      「がんばりすぎても良いことはなかった」
      これが彼女の結論でしたよね。

      ですので、
      生活リズムにしわ寄せが行くようなトレードは
      決してオススメしたくないです。
      つまり・・・「寝てください!」。

      >形の汚いレンジのときはどのようにしたらいいのでしょうか。
      >下から入るのか、上から入るのか、何か目安があるのでしょうか?

      ↑レンジ状態、少なくとも今すぐブレイクはしない!って思える場面では
      僕も「レンジ逆張りスキャル」はよくやります。

      その場合はどっちかの伸びた時に逆方向をやると。
      ただし、あくまで「スキャル」ですので
      いかに短時間で終えるか?こそがポイントです。

      仮にプラスで逃げられた際であっても
      「長くかかる=失敗」くらいの気持ちでやることです。
      そうでないとどこかで大きくヤラれますので。

      >レンジ幅から抜けて伸びた(レンジからはみ出てトレンドが出た)と思っても
      やっぱり戻ってきたときには、レンジと思っていいのでしょうか。

      ↑このあとの「例え」もイメージは出来てますので
      それ前提でお答えします。

      「シリーズ揃いで伸びた」場合、
      特に「MAを一気にぶち抜いて伸びた」なんてときには
      その後グズついても、基本伸びた方向側に目線を置きます。

      で、MAを逆抜けするまでは原則方向感を変えないことが多いです。

      もちろんそうすることで負けることもありますが
      どのみ勝率100%は無理である以上、そこは仕方ない、、、
      というか、「そうなること自体」を事前に想定しておき、
      さらにその後の展開についてもいくつかシミュレーションして僕はやっています。

      ただし、ここまでのシミュレーションは
      相応の経験というか「自らが直接体験したパターン」の引き出しが多くないと出来ないと思います。

      出来ないことは無理してやろうとしない、って部分と、
      常に「今見てる相場」を「次回以降の引き出しに繋げる意識」はあって欲しい、
      これらを同時に思う次第です。

      >リオンさんのように及川式に出会って
      突然勝てるようになったという話を結構聞くのですが、
      その方々は、それまでに何年もFXをされていて基礎知識もあり
      チャートも元々見慣れていてという方々が多いのでしょうか。

      ↑確かに彼女の場合は
      トレードの基本を含め、
      勉強可能な勉強は概ね一周していたのが
      良かったってのはあると思います。

      >勝てるようになるまで最低でも1年はかかるという話も聞きますが、
      及川先生が教え子さんたちから聞かれた話や、及川先生のお考えがあれば
      是非お聞かせ頂きたいです。

      ↑ここは正直個人差があります。
      いきなりガンガン勝つ人もいますからね(苦笑)

      ただし、ひとつ言えるのは
      最初から順調に勝つ人ってのは
      それだけ「落とし穴」も多いはずなんです。

      お笑いの「オリエンタルラジオ」ってコンビ、
      彼らはデビュー直後から売れましたが、
      早く売れ過ぎたために、その後停滞を余儀なくされましたよね?

      けど、、、
      元々実力もあったからでしょうが、
      今では中田アッチャンのYouTube動画は素晴らしい内容で
      僕もよく見ています。

      結果・・・成功と言って良いのではないでしょうか。

      例えが正しいか分かりませんが、
      こういう話ってあらゆるジャンルに共通するのではないかなと。

      なんていうか「円熟」には
      相応の時間が必要だって部分です。

      そういう話を総合して考えた際、
      安定的に利益を得られるようになるために
      やはり一定以上の時間は必要なのではないでしょうか。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 追記失礼します。

      木曜日の動画、初めて先生の本気を見た気がして、かっこよかったです。
      やっぱり取り戻して終わるっていう・・・凄すぎます。
      あの状況で「プラテンするまで帰れま10」はかなりツボでした。笑

      7月最終日の昨日、NY時間にて取り戻せそうなところまできたのに、
      強×強を買ってしまい、あえなく損切り、
      結局月マイナスとなってしまいました。

      先生の動画はMAや安値、高値等での逆張りが多い印象なのですが、
      今進んでる方と反対側にエントリーするのって私はとても怖く、
      15分MAとかけ離れていたとしても、進んでる方に入る方が自然というか、
      特にレンジから勢いよく伸びていった場合、
      どうしても「まだ伸びそう」という錯覚にかられてしまいます。

      昨日みた過去の動画で、16時前には、伸びたと思ってもまた戻って
      というようなことが多い、と仰ってる場面があり、
      まさに私が上に書いたことだと思ったのですが
      先生が東京時間だからこそ気を付けていること、
      東京時間の午前と午後でも何か区別されていますか?

      あと、トレンドが出てバンドウォークが続いているような通貨があった場合、
      先生はエントリーされないのでしょうか?(MAから乖離している状態)

      8月も月マイナスになるようなら、私もリオンさんみたいに、
      少しトレードから離れてリセット期間を作り、
      動画だけ見続けるというようなことをやろうと思っています。

    • 2秒後の未来を照らしたい様
      コメントありがとうございます。
      すみません、
      順番にお返ししてるので追記を今気づきました^^;;

      >あの状況で「プラテンするまで帰れま10」はかなりツボでした。笑

      ↑半分くらい開き直ってたんですけどね(苦笑)
      もう深夜くらいまでかかるのも覚悟してましたので。

      >先生が東京時間だからこそ気を付けていること、
      東京時間の午前と午後でも何か区別されていますか?

      ↑あくまで「基本」を言いますと、
      午前は「新しい動きが生じる期待」
      午後は「その流れを踏襲?それとも裏切り?」を判断。

      東京時間は午後から突如人が変わったようになることのほうが少ないので
      基本的には踏襲狙いになりますが、
      ただし、裏切る時は裏切って来るのも相場ですので
      「そうなる可能性」は常に心構えとして持つようにしています。

      また、午後については
      煮詰まったチャートからの「放れ」でない以上、
      そこから先にガンガン行くのはむしろ大変って見方をすることは多いです。

      >トレンドが出てバンドウォークが続いているような通貨があった場合、
      先生はエントリーされないのでしょうか?(MAから乖離している状態)

      ↑僕はこの手は正直苦手です。
      理由としては、
      僕の(あくまで)理想は

      保有直後から含み益になり、
      なるべく短時間でサクっと15PIPSくらい抜いて終える。

      こちらですので
      長く保有したほうが有利と思えるときも
      実際にそれをすることはほとんどないです。

      もしそれをしようとすると
      そのパターン時はロットや弾数を薄めにするなどの対応をする必要があり、
      そのような「混在」が僕のトレードを崩す原因になりかねない、
      そう思うからです。

      「自分らしい勝ち方」
      「自分らしい逃げ方:
      ここについてはなるべく統一しておきたいんです。
      元が不器用なので。

      >月も月マイナスになるようなら、私もリオンさんみたいに、
      少しトレードから離れてリセット期間を作り

      ↑お盆も絡みますので、
      そもそも「無理しない時期」って設定にしちゃうのも
      アリかも知れませんよ。

      今年はどうか分かりませんが、
      例年は秋口以降から動きがサクサクして来ますので
      そこをやらないなら、今月やらないほうが合理的かも知れません。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもお世話になっております。
    以前初めてコメントさせてもらい、先生から丁寧な返信がありとても感激いたしました。

    この度はリオン式トレードにフォーカスされるということでとても楽しみにしています。
    リオンさんのことは7000円からの復活やYouTubeでのすさまじいトレードなど知ってはいましたが、体を壊し入院するほど苦労されてたとは知りませんでした。

    動画の中で教科書などの常識では勝てない。
    リオンさんほど勉強されていても常識では勝てない。
    リオンさんは勝てないトレーダーの希望の星だ!!

    色々な意味でとても心に刺さりました。

    元々FXをはじめて間もない頃に及川先生に出会えているので〇〇理論や●●波動は気にしないでいい勇気をもらった気がします。
    そう考えると及川先生の動画でも〇〇理論や●●波動って聞いたことがないと思いました。

    自分の理想は及川先生のようにどんなクソ相場でも確実に利益がとれるトレードができるようになることです。
    そこで必要なものは相場感だと考えております。

    リオンさんのように20時間とはいきませんが、現在8~10時間くらいチャートとにらめっこしており最小ロットでやってやってもいい場面だけエントリーしエントリー、決済、その後をプリントアウトし蓄積しております。
    これが相場感や経験を養うことと思ってましたが少し自信がなくなりました。
    リオンさんが1日20時間チャートを見続けていたことはあまり意味のないことだったのでしょうか?
    たしかにそれで勝てなかったのは事実かもしれませんがそこで相場感や失敗の経験は意味があったことのように思えてしまいます。

    トレードに近道はないと思いますし地獄をみないと成功はないとも思っております。
    ただ今自分のやっていることが無駄ではないという自信がほしくて、先生にご意見いただきたくコメントさせていただきました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    及川先生やリオンさんに失礼があったりお気を悪くされたのでしたら申し訳ございません。
    リオン式とても楽しみにしております。

    • つよぽん様
      コメントありがとうございます。

      >自分の理想は及川先生のようにどんなクソ相場でも確実に利益がとれるトレードができるようになること

      ↑ここは嬉しいやら苦笑いするやら、
      ちょっと微妙な部分ですね(笑)

      >現在8~10時間くらいチャートとにらめっこしており最小ロットでやってやってもいい場面だけエントリーしエントリー、決済、その後をプリントアウト
      >リオンさんが1日20時間チャートを見続けていたことはあまり意味のないことだったのでしょうか?

      ↑「最終的」には「すべてに意味があった」に帰結しているはずです。
      モノゴトってすべてそうですよね?

      直接的、近視眼的には「ムダ」と感じることでも
      結局それも含めて「経験値」になるのが我々だと僕も思いますよ。

      >ただ今自分のやっていることが無駄ではないという自信がほしくて、先生にご意見いただきたく

      ↑あえてメチャクチャな暴論を言いますと、
      仮にこの先トレードを諦めたとして、
      それでもここまでやってきた創意工夫の数々は
      必ずやこの先の人生で役立つはず、、、
      僕はそのように思っています。

      よくあるじゃないですか、
      今の業務とはまったく関係のない「過去にやっていた仕事」が
      今の仕事に役立つってこと。

      けど、それを「今」実感することは出来ないわけです。

      では「今」実感出来ないならやらないのか?
      ここが「やる人」と「やらない人」の違いです。

      成し遂げる人ってのは
      いつその成果が出るか分からないことに対しても
      今出来ることに対し全力を出せる人ですよね。

      逆に、それが出来ない人が
      「ナニか」を成し遂げることなど出来ない・・・

      暴論ついでに言いますが、
      僕は今、トレードを克服しようとしている努力や創意工夫が
      もしかしたらトレードの次にやることで花開く可能性すらある、
      こういう考え方なんです。

      「今出来ることにベストを尽くす!」

      これにムダなことなどないはず、
      僕はそう信じています。

      あえて違う角度から言わせていただきました。
      あるいはご気分を害される話だったかも知れません。

      けど、
      やっぱり「今出来ること」しかどうせ出来ないのが我々ですので
      そこを後悔のないよう取り組むことではないかなと思う次第です。

      本件については以上とさせてください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは、初めてコメント残します。都内の大学に通うものです。

    先日のリオンちゃんと及川師匠の対談拝見させて頂きました。過去のチャートをみてあーだこーだ述べるのは簡単だけど、現在の生の鮮度のチャートでトレードするから過去は関係ないとおっしゃっていたのがビビっときました。なによりもリオンちゃんの転換点がすごいと思いました。
    時間を絞って通過も絞るってことは、拒食症になるほど勉強した自分を否定することと同義と考えます。そんな偉大なことを成し遂げられる精神力はやはり、強者の証だと心得ます。

    さて、本題なのですが来たる本日(7/30)の欧州トレードの動画ですが、及川師匠と全く同じGBP/JPYショートでしました。4Hの平均ラインを超え、これはブレイクと思いロットを上げたが最後、担ぎ上げられ自分の非を認められませんでした。損失は10%に収められたのですが、軽い自己嫌悪になりました。できれば、動画のように殴られても立ち上がれるコツをお教え願います!!

    • 学生FXトレーダーちゃんぐん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >拒食症になるほど勉強した自分を否定することと同義
      >そんな偉大なことを成し遂げられる精神力はやはり、強者の証

      ↑言葉を選ばずにあえて言いますと
      この手の決断力って女性のほうが凄かったりしますよね^^;;
      オトコのほうがウジウジしがちかなって
      僕自身を振り返ってもそう思うんです(苦笑)

      >動画のように殴られても立ち上がれるコツをお教え願います

      ↑どうなんでしょう。
      ここは単純に「慣れ」だと思うのですが・・・

      前回の動画、
      僕からすると「超ダサイ内容」なので
      以前だったらボツにしていたはずです。

      けど、あの日は手術後でボケっとしてましたし、
      長時間動画やるのもシンドいってことで
      そのまま公開したって話でした。

      ところが、想定以上に高評価となり、
      僕からするとギャップがハンパないんです(汗)

      ナニが言いたいかって
      あのくらいの損失も、その後の取り返しも
      過去に散々やってきているので
      僕にとってはなんら特殊な日ではなかったということ。

      ですので要するに「慣れ」なわけです^^;;

      おそらくは額面が大きかったため、
      ド派手に見えただけではないでしょうかね。

      ロットや額面が大きかろうが小さかろうが
      やることは同じ!
      むしろ重要なのはこちらではないかと思います。

      トレードで負けるのもすべて想定内。
      ある意味当初想定以上に負けるのも想定内、みたいな(笑)

      つまりトレードとは
      「いかに想定外をなくす競技か?」ってことだと思うわけです。

      「想定外すらも想定内に!」
      おかしな話かも知れませんし、
      そんなこと出来ないかも知れませんが、

      けど、意識としてはそうあるべき。
      このように思う次第です。

      よって、「殴られても立ち上がる」とか
      そんなカッコの良いスピリッツはそもそもありません。

      「負けても次を淡々とやる」
      これだけの話ですのでどうかご容赦ください。

      それでは本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画とブログで勉強させて頂いております。リオン式動画の続き楽しみにしています。1077 万円を埋める動画大変勉強になりました。自分は大きく負けると一回でプラスまで持っていきたいと無理をしてしまいます。今回、先生の数回に分けて無理せず計画的にトレードしている姿を拝見して、自分は負けが大きくなると感情的で無謀なトレードをしていると反省しました。上手く自制しなければいけないと心がけているのですが、一度崩れるとその後のトレードも無謀な事をしてしまいます。負けた後どのように建て直すかという課題の参考になるとても素晴らしい動画だったと思います。ありがとうございました。先生の怪我が早く良くなり元気になることを祈っています。

    • あむろっく様
      コメントありがとうございます。

      >今回、先生の数回に分けて無理せず計画的にトレードしている姿を拝見して、自分は負けが大きくなると感情的で無謀なトレードをしていると反省

      ↑確かに「一気に取り戻したい」ってのは人情ですよね^^;;
      お気持ちは分かりますし、僕もそう思った経験はあります。

      ただ、そう思ってもそうはならなかった経験もありまして(笑)

      結局は「今、目の前のトレードを淡々とやる」
      これだけの話なんだと思います。

      あ、あの動画みたいに
      スキャルをやりまくること自体、
      本来はないほうが良いですので
      そこも含めてよろしくお願いいたします。

      >先生の怪我が早く良くなり元気になることを祈っています。

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      コロナの関係で、どのみち派手な外出はしにくいですし、
      僕にとっては都合が良かったと受け止めています。
      モノは考え方次第ですよね(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして赤羽のピヨたんと申します。
    私は今年3月から新型コロナをきっかけに稼げる術はないかと本屋で及川先生のガチ速と出会いました。
    兼業トレーダーとしてこの数ヶ月朝夜の入浴時は動画、通勤時はガチ速で勉強してトレードさせて頂いております。ようやくこの7月からプラスで終われる日が多くなって来ました。
    負けた日は検証や反省をしています。そこで質問させて頂きたいと思いコメントさせて頂きました。
    方向感覚に注意しながらエントリーポイントとなる上位足MAタッチで打診エントリーしてます。そして踏まれて追加、損切ラインで一度ナンピンという学ばせて頂いているルールでトレードしております。
    問題はMAが全く機能しない場合です。通貨ペアの相関や状況も見てエントリーしてます。線がタッチする瞬間を待ちに待ってエントリー。あれ?反発ない?と思いつつスルスルと逆行される時があります。その上、利益を出す為の追加をし複数ポジションを保有。マイナスpipsが合計で40から60pipsになりここっていう肝心のMAで揉み合いここで戻れと願いつつも抜けられた上、損切を躊躇しドカンを誘発しております。(損切するルールを守りきれない事は特に意識して反省してます)
    保有20分という時間を守りエントリーする時の時間帯(指標や欧州、ニューヨーク開始)も注意してます。
    ポン円、ポンドルでトレードしてますが『いつもは上手くいくのに今日はMAタッチのエントリーが全然上手くいかない』という日は機能しない事が何回もあります。通貨ペアを変えてトレードすべきなのか等々、及川先生はどう立ち回りをされるかお聞きしたいです。
    併せてこういう場合のチェックする箇所はございますでしょうか?
    助言の程、宜しくお願い致します。
    最後に3月からほぼ毎日及川師匠の様なトレーダーになりたくて動画を見て刺激を頂き先生に憧れております。これこらも勉強させて頂けたらと思っております。
    重ねて宜しくお願い致します。

    • 赤羽のピヨたん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今年3月から新型コロナをきっかけに稼げる術はないかと本屋で及川先生のガチ速と出会いました。

      ↑なるほど、コロナの影響ってのは
      想像以上に大きいのを再認識させられますね。

      >『いつもは上手くいくのに今日はMAタッチのエントリーが全然上手くいかない』という日は機能しない事が何回もあります。
      >及川先生はどう立ち回りをされるかお聞きしたいです。

      ↑確かに「今日はイヤな感じだ」って思う日はありますね。
      そしてそのような「イヤな予感」ってのは
      大抵当たります。

      おそらくそれは
      「過去に似た雰囲気を感じたことがある」からだと
      自分では思っているんです。
      (いつだったかまでは覚えていませんが)

      僕は常日頃、
      「実際に立ち会って直接自分の眼で見ている相場は
      必ず経験の蓄積にせよ」このように言ってます。

      実際、すべてのことを記憶しまくるのは無理ですが、
      それでもその経験って潜在的には残るそうです。
      (脳科学の話です)

      よってこの「イヤな予感」などの精度は
      今後トレードを続ける中でどんどん上がっていくことでしょう。

      同時に
      「これはイケるかも?」という感覚も、です。

      そういう意味では
      やはり「経験」ってのは大きいと思います。

      特に『無意識下で感じる感性』はなおさらなんでしょうね。

      さて、
      「経験」ですべてを説明してしまっては
      身も蓋もありませんので話を戻しますが、

      >こういう場合のチェックする箇所はございますでしょうか?

      ↑一番はやはり「チャート形状」だと思います。

      僕のインジケーターには
      15分足、1時間足、4時間足のMAが表示されていますが
      それらの向きがバラバラだった場合、
      あるいはローソク足との位置関係が上下に混在している場合などは
      そもそも方向感をつかむのはかなり難しいです。

      こういう場面しかやりようがない場合は
      最初からレンジの逆張りスキャルで対応します。

      その逆張りスキャルが逆食って負ける場合、
      それは「新規トレンドの発生」を意味しますので
      損切り後に「順張り(トレンドフォロー)目線」に切り替える、、、

      こんな風に「手法そのもの」ではなく、
      「全体的な取り組み方」を
      大きく戦術として据えるイメージが良いかなと思います。

      ただ、この話、、、
      ちょっと早いかも知れませんので
      いきなり実戦でガンガンではなく、
      「やったつもり」や、なんならデモ口座で別途試すなど
      「手応え」を充分掴むことをまずは優先して欲しいと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2か月ぶりに投稿させて頂きますジョナです。

    今日(7/30)しでかした大きな失敗を恥ずかしながらシェアさせて頂こうと思います。苦笑

    前回の投稿からコツコツドカンを何度か経験しながらも、ドカン負けのトリガーになりそうな点を削ぎ落しながら、何とかまたコツコツ勝って損失を取り戻してきました。

    毎日トレードする中で7月は生涯初めて月間プラスまであと-60ドルというとこまできました。月末日はトレードしないという及川先生に倣い、7/31はトレードしない前提で今日7/30が7月最後のトレード日というつもりでいました。
    ロットは3万通貨を複数ポジで入っており、1勝すれば月間プラス達成できるかなというイメージです。

    今日7/30の及川先生の動画と同じ欧州をトレードしました。
    16:50のポンドル1時間足上抜けでユロルのショートを損切し、ポンドルに乗り換えロング4ポジで入りました。

    先生と同じところに利確目標で水平線を引いていまして、17:20の足で当日の確定損-76ドルと月間累積損失-60をプラ転できる含み益140ドルまでいったのですが、、、、

    その時、月間プラ転が確定していなのに小躍りパーティー状態でして17:30まであと5分あるもう少し伸ばせるんじゃね?という本能からの伝達があり、先生が利確したタイミングでは利確できず、、次足で15PIPS全戻しという結果。。
    その足の戻し途中で微益で逃げたとはいえ、生涯初の月間プラスをマイ転させており、その時の本能から大量に伝達される「取り戻せ!!」のメッセージに今まで培ってきた自己規律は対抗できませんでした。。

    その後、ポンドル17:30の足の反発を見てロングで入りなおしたのですが、先生の様に利確できず戻されての損切。。既にメンタル崩壊のトリガーは引かれており、本能独壇場の乱射発動であと60ドルで月間プラ転が終わってみれば-800ドルという結果に、、、

    終わった後、ここまで絵に描いた様なプラス収支に固執した挙句のドカン負けあるかねぇと、、もちろん落胆しましたけど何か笑っちゃいましたね。。。苦笑

    先生がアップされた動画を見て、確定損1千万があったにもかかわらず、ポンドルロングの冷静で的確な利確2発にマジでド肝抜かされました。。
    自分も同じタイミングで持ってたポジションを2回共自分は利確できなかったのに、このお方は的確に利食っておくという判断をした。。
    もう、この先生の圧倒的な相場観を目の当たりにして動画見ながら飲んでいたアイスコーヒーを落として愕然としました。。

    以前のブログ記事「トレードに向いている人」ってどんな人?で、「トレードは本能を克服する競技だ」とありますが、この数週間それをとても実感しています。そして、本能はとても手強くて克服が難しい。。

    すみません、長々と自分の話をしてしまい申し訳ありません、少しアドバイス頂けますでしょうか。

    ①7/30動画でのポンドルの2回の利確はここで利食っておいた方がいいと判断した理由は何かありますか?感覚ですか?
    ②本能を克服する為に何かアドバイス頂けませんでしょうか。。。

    予定通り7/31はトレードせず、また入金して8月からコツコツ出直します。笑
    また1つドカンを負けを経験してまたメンタル崩壊へのトリガーは1つ発見されたので、コツコツ勝ちコツコツ負けを継続できるよう頑張っていきたいと思います。

    長々とすみませんでした。ブログ読者の皆様にもメシウマのネタと何か気づきの種になれば私も少し救われます。笑

    • ジョナ様
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しましたが、まずは、、、

      >その時の本能から大量に伝達される「取り戻せ!!」のメッセージに今まで培ってきた自己規律は対抗できませんでした

      ↑ここですが、
      僕も一番最初の損切りトレード、
      あれはチャラ逃げって決めていたにも関わらず
      タッチの差で大き目なマイナスになったことが
      次のトレードの損失を大きくしたと思っています。

      本当に「人間の心」ってやつは、という話です(汗)

      >終わった後、ここまで絵に描いた様なプラス収支に固執した挙句のドカン負けあるかねぇと、、もちろん落胆しましたけど何か笑っちゃいましたね。。。苦笑

      ↑ここも僕が大負けした時点では
      ほとんど同じ心情だったイメージです^^;;

      >確定損1千万があったにもかかわらず、ポンドルロングの冷静で的確な利確2発にマジでド肝抜かされました。。

      ↑「的確」だったかは微妙ですよ。
      もう負けてられないって状況だったので
      常に腹八分で着実に利を確保せざるを得ない状況だっただけです。

      >本能はとても手強くて克服が難しい。。

      ↑おっしゃるとおりだと思います。
      本当に「紙一重」のときも多いですからね。。。

      >①7/30動画でのポンドルの2回の利確はここで利食っておいた方がいいと判断した理由は何かありますか?感覚ですか?

      ↑あ、ごめんなさい、
      ここは上述のとおりです。

      追記するとしたら、
      「前回高値まで行かないときの頃合い」が
      あのあたりという経験上の判断、
      さらには、、、
      説明が難しいのですが、動きにイマイチ力強さがなく、
      いったん下げるかも?という「怖さ」もありました。

      >②本能を克服する為に何かアドバイス頂けませんでしょうか。。。

      ↑いや、、、
      これも上述していますが、
      本能の克服は僕もいまだ出来ているとは言い難いです。

      本当にちょっとしたところから
      一気に「決壊」もあり得るのがこの世界だと思います。

      こんな話をしてしまうと
      やたら恐怖を煽るようかも知れませんが、
      決してマイナス思考ばかりでもなく、

      『恐怖は逆に常に感じていよう』
      『魔が差す怖さも常に意識していこう』

      結局は「自制」って話になるわけです^^;;

      >ブログ読者の皆様にもメシウマのネタと何か気づきの種になれば私も少し救われます。笑

      ↑そんなことおっしゃらずで(汗)

      ここの読者さんは
      そういう感じの人、そうそういないと思います。

      それでは本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 今月もご報告に来ました。
    先月に大きく負けてからメンタルをかなりこじらせてしまい
    気がつけばため息ばかりつく日々でした。
    ビギナーズラックがなかった私が勝つ経験ができただけ良かったと
    再び引退してもいいかもと思いつつ、今月は手法と通貨ペアの選択の見直しをしていました。
    色んな条件を鑑みてリオンちゃんっぽくやってみようと決めた次の日に師匠から何やら思わせぶりなメール(笑)
    しかもこのタイミング(泣) もう一回やり直そうと思います。
    師匠、何やら大変そうですがどうぞご自愛ください。ご無理なさらず。

    • 大阪のT−meさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >色んな条件を鑑みてリオンちゃんっぽくやってみようと決めた次の日に師匠から何やら思わせぶりなメール(笑)

      ↑それは失礼しました^^;;

      というか、
      「良いタイミング」になって欲しいと願うばかりです。

      >師匠、何やら大変そうですがどうぞご自愛ください。

      ↑あ、縫った件ですかね?
      まったく持って事件性はないですので
      ご安心?くださいませ^^;;

      他にも日本にいる間にやっておきたいことが多く、
      今後もおかしな格好で登場する可能性があります(笑)

      前回動画は若干体調不良でしたが
      基本「元気」ですので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • FXism 及川先生
    おはようございます。
    初めまして、TERUIと申します。
    3人の子持ちサラリーマンの42歳です。

    いつも先生のコンテンツは楽しみにしており、ほぼ毎日及川先生の声を聞かない日はないと言えるぐらい視聴させて頂いております!
    もはやインキュベートの法則により習慣になっています(笑)

    僕は去年の11月ぐらいにバイナリーオプションを始めるきっかけがありトライしてきましたが、コツコツドカンと負けてしまい、今年の4〜5月ぐらいからFXにもトライし始めました。
    そのタイミングで及川先生のコンテンツと縁があって今に至ります。
    一言で言えば、凄まじい人だなという印象でいつか同じような土俵に立ちたいと強く感じました!

    それに伴い、リオンちゃんの存在も知りまたこれ同じく良い意味で衝撃を受けている次第です。
    お二方の更新される動画やコンテンツは一語一句漏らさず日々の糧にし試行錯誤しながらFXに奮闘しています。

    今はどうしても合間合間でしかチャートが見れず、開いたタイミングでちょいっと入ったのは良いが見張りができずに負けているというのが少なくないのです。
    勝てる時は勝てるのですが…
    やはりサラリーマンだとじっくりチャートがみれるのは帰宅後のNY時間になってしまいますよね…

    いまのところは勝ったり負けたりの繰り返しですが、段々と天才チャートの見方や上位足のトレンド、水平ライン、レジサポ、プライスアクションなどの裁量が分かってきたところです。
    先生が動画でよくおっしゃっている、日経やダウとの連携がまだ理解できていませんが…
    いずれにせよ、まだまだスタートラインにも立てていない初心者の自分ですが早くプロトレーダーになって脱サラをするのが目標です。
    そして20歳手前からハマって以来ずっと追いかけ続けてきた波乗りと並行して為替の波にも上手く乗れるサーファーになりながらのライフスタイルを送りたいと思っていますし、必ず実現したい気持ちです。

    更新されるコンテンツはいつもとても楽しみにしております。ガチ速FXも付箋を貼りまくって再度熟読しています。

    引き続き有益な情報を、何卒宜しくお願い致します。
    先生はお酒が大好きなようで…いつか同じ席でご一緒できる日が来れば幸いでございます。
    その為には、睡眠時間返上で頑張るしかありません。

    長々と申し訳ありませんが、気持ちを伝えたくて文章にいたしました。
    感謝しております、ありがとうございます。

    ラインの方に返信してしまい事務局のご担当者様にはお手数をお掛けしました。
    ご指示頂き、誠にありがとうございました。

    • TERUI様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ほぼ毎日及川先生の声を聞かない日はないと言えるぐらい視聴させて頂いております!

      ↑それはそれは、
      なんだか申し訳ない気持ちになります^^;;
      本当にありがとうございますm(_ _)m

      >今年の4〜5月ぐらいからFXにもトライ

      ↑なるほど、
      そうなると「まだまだこれから」ですね^^

      >やはりサラリーマンだとじっくりチャートがみれるのは帰宅後のNY時間になってしまいますよね…

      ↑僕自身がNY時間に苦手意識を持っていますので
      ついハンディっぽく感じてしまいます。
      ただし「NYしか出来ない」ってことであれば
      その中でやっていくしかないですよね(汗)

      >先生が動画でよくおっしゃっている、日経やダウとの連携がまだ理解できていませんが…

      ↑ここはそんなに意識しないで良いと思います。
      「連動する時もある」というだけのことでして
      ここを中心に見る必要はまったくありませんので。

      >早くプロトレーダーになって脱サラをするのが目標
      >20歳手前からハマって以来ずっと追いかけ続けてきた波乗りと並行して為替の波にも上手く乗れるサーファーになりながらのライフスタイルを送りたい

      ↑おぉ!サーファーですか!
      僕はほとんど泳げないので海は危険なのですが
      サーフィン出来る人は本当にカッコイイと思って憧れています^^

      >先生はお酒が大好きなようで…いつか同じ席でご一緒できる日が来れば

      ↑そうですね♪
      ただし、僕は僕ばかりがずーっとしゃべり続けるパターンでして、
      あるいは「二度とごめんだ!」って思うかも知れませんよ(苦笑)
      美味しいお酒に出来ると良いですね^^

      >ラインの方に返信してしまい

      ↑あぁ、こちらのほうこそご面倒をおかけしましたm(_ _)m

      LINEのほうは6万人くらいの登録がある関係で
      とてもじゃないですが個人では対応できず、
      そのため事務局に一任している状況なんです。
      何卒ご理解の程^^;;

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも大変お世話になっております。

    体調はいかがですか?心配です。

    あまりご無理なさらないで下さい。

    YouTube「社会貢献」「リオンちゃんのと対談」「損切1077万」

    拝見させて頂きました。

    どれも心に刺さる箇所がたくさんありました♡

    私はこれといった物欲もなく、
    トレードで安定した利益は家族へとの思いが強く、

    師匠が仰る通り、私のトレード益は実際なくても困らないので
    先に進まないという事実に気が付きました。

    出金しては入金の微益なわけです。

    リオンちゃんの「勝てばよい!」
    にもなるほど!と納得させられました。

    損切はS/Lを入れることできるようになりましたが、

    私は勝ち方にこだわって「0か100的思考の勉強」ばかりしていました。

    そして、昨夜の師匠のYouTube!

    仕事(生き様)=プロフェッショナル

    よく主人が子供に言って聞かせてるのですが、

    どんな職業でもよい!
    手の震えるような困難な場面でも、
    冷静に判断し行動できる技術、精神力を鍛えろと

    世の中にはそんなに難しいことなんてない
    やってみたら、意外に簡単だったってことの方が多い
    だから、誰にも負けないと思える何かを身に付けろ

    まさしく、昨日の師匠のトレードはそれを体現していたように感じました。

    及川師匠は天才トレーダーです。

    私は師匠のようにとは思っていません。
    私の性格、環境での最高を目指したいと思います。

    まずは目標!からと

    エルメスのアップルウォッチ

    私にとっては本当に贅沢品で(笑)←なくても困らないので
    (価格到達メールが来るので外出中でもOKとよく分からない理由!?で思いつきました)

    購入できたと言うことは

    手法、自制など総合力が上達した結果なので

    Getしたら師匠に写真送ってよいですか???

    それを目標にがんばります♡

    今後もご指導よろしくお願い致します。

    くれぐれもお体ご自愛下さい。

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >体調はいかがですか?心配です。

      ↑恐れ入りますm(_ _)m

      手術の翌日だった関係で
      正直まだ痛みもあったりして大変でしたが、
      今はまったくもって元気です♪

      >どんな職業でもよい!
      手の震えるような困難な場面でも、
      冷静に判断し行動できる技術、精神力を鍛えろと
      >世の中にはそんなに難しいことなんてない
      やってみたら、意外に簡単だったってことの方が多い
      だから、誰にも負けないと思える何かを身に付けろ

      ↑これ、、、
      僕なんかはもはやどうでもよくて、
      ご主人が凄いですよ!

      こういう明確な話を
      分かりやすくお子さんに伝えられる人、
      これこそ「生き様あって」だと思いました。

      本当に素晴らしいご主人様です。
      誇りに思い、さらに大切になさってください^^

      >まずは目標!
      >エルメスのアップルウォッチ
      >私にとっては本当に贅沢品で(笑)←なくても困らないので

      ↑おぉ!よろしいかと思います♪

      >購入できたと言うことは
      手法、自制など総合力が上達した結果なので
      Getしたら師匠に写真送ってよいですか???

      ↑もちろんです^^
      あ、ズルなしで
      ちゃんと「トレードの利益」で購入してくださいね(笑)
      その際は一緒に大喜びしましょう^^

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、大変なそのような状況で約束通りのトレード動画の作成、感謝の言葉しかありませんが、何よりも、ご自愛ください。そんな時は、「NOポジ最強!」です。
    7月30日のトレード動画のポジション、私も同じところでエントリーしていました。損切できず大負けしました。当然、先生とは金額もショボいですが、今月の利益をほぼ全部溶かしました。もう取り返す気力もなく…。
    今回の動画、「メンタル」の勉強になります。そんな時の「冷静さの事実」の公開ありがとうございます。ただ何度も言いますが、ご自愛ください。

    さて、待ちに待っていた「リオン式」の公開、ありがとうございます。
    恥ずかしながら彼女のyoutube見て真似てやってみて「プラス!」これだ!と目から鱗!そう思っていた、「真髄を知りたい」と思っていた矢先、「降りてきた神」のように思って、次を次をと期待しております。

    大変楽しみに期待しております。ありがとうございます。

    • soraさま
      コメントありがとうございます。

      >7月30日のトレード動画のポジション、私も同じところでエントリー
      >損切できず大負け

      ↑そうでしたか(汗)
      言い訳承知の話なのですが
      僕は動画がなかったらもう少し早く損切り出来たイメージでして
      それが出来ていたらそのままドテンも出来たかも知れません。

      その後の取り戻しトレードよりも、
      損切りが遅かった恥ずかしさのほうが大きい動画なんです^^;;

      >彼女のyoutube見て真似てやってみて「プラス!」これだ!と目から鱗!そう思っていた、「真髄を知りたい」と思っていた矢先、「降りてきた神」のように思って、次を次をと期待しております。

      ↑彼女のやり方は
      真似すべき点が多く、

      誤解を恐れずに言いますと、
      やるべきことも僕以上に明確だと思います。

      世間的には「常識外」っぽいやり方かも知れませんが
      常識を疑ったからこそ勝てるようになった、
      僕にはそう見えるんです。

      今後の展開にご期待ください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    初めて投稿、質問をさせていただきます。
    先生のYouTubeチャンネルに出会い早2年、いつも大変勉強させて頂いております。ありがとうございます。

    が、負け続けております。昨日も欧州時間ポンド円にてドカンといかれて資金がショートしてしまいました。と言っても小遣い程度の金額です。総額でいうとぼちぼちヤバいですが、、、

    先生の動画で勉強して、先生のおっしゃっていることもある程度理解しているつもりなのですが、こうも負けが続くといい加減センスがないのだろうと、心が折れかけています。

    昨日のトレードを終えてから先生の『真似厳禁!1077万円の損失を埋めるスキャルピング大会 』拝見いたしました。まさしく自分がショートエントリーした場面でした。
    私はポンド円のみでしたが、初めのエントリー、ナンピンのタイミングもほぼ同じでした。先生はその後一度損切りをして、再度ショートでしたが、私は損切りはせず追加ナンピン、そして先生は1077万損切りで、その後の捲りは感服致しました。私はというと損切りできずにそのまま上に行かれてパンクとなりました。

    先生と同じタイミングでエントリーできていたことが唯一の救いなのですが、この後のチャートの動きを知っていたので、先生がどう対処するのか注目していたところ、1時間MAを抜けたところで損切り。
    やはりあの辺で損切りできないといけないと思いながら動画の続きを見ていたのですが、先生が動画の最後の方で『1077万になった時の損切り、まぁダメですね』とおっしゃいました。そこが引っ掛かりました。

    私的にはあの損切りタイミングはベストに近いのではと思っています。私もあそこで損切りできていればまだ戦えました。1番の反省点だったのですが、何がダメだったのでしょうか?
    確かにポンドルに関してはもう少し早めがよかったのかなとも思いましたが。
    それとも、そもそもエントリー自体が間違っていたという意味での発言だったのでしょうか? 

    なにぶん心が折れかかっております、お手数とは存じますが、お時間があるときで結構ですのでご回答いただければと思います。

    • こうみこパパ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >動画の最後の方で『1077万になった時の損切り、まぁダメですね』とおっしゃいました。そこが引っ掛かりました。
      >私的にはあの損切りタイミングはベストに近いのではと思っています。
      >何がダメだったのでしょうか?

      ↑実は動画では尺の関係でほとんどカットしてしまったのですが
      ショート保有中の途中経過のシーンで
      「これは逆抜けで上昇することもあり得るパターン」
      このような話をしていたんです。

      自分の中ではかなり前の段階から
      「あり得る」と思っていた中で、
      さらにその際はドテンで取り返すイメージも持っていた中だったため、
      「遅い!」となった次第です。

      つまり、あの動画は
      僕の決断次第では
      もっと早めに見切りをつけて損切りし、
      そこからそのままドテンで取り戻す展開になっていたはずなんです。

      そう出来なかったことが
      僕の中ではメンタル的なダメージだった、
      そうご理解いただけますと助かります^^;;

      >そもそもエントリー自体が間違っていたという意味での発言だったのでしょうか? 

      ↑いや、そこまでは思っていませんでしたが、
      途中から「逆抜けで伸びるパターンかも?」というイヤな予感は感じていました。

      この予感に関する理由は
      なんとも説明がしにくいところなため、
      次回以降、似たような感覚を持った際は
      なるべくその場で解説を試みたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして
    及川先生、師匠と呼ばせてもらいます。
    さっそくご報告させてもらいます。
    FXismメンバーになってすぐの初陣で、勝ってきましたー!!
    初めての戦闘は、ニューヨーク時間の手仕舞い時間帯での戻り始めを狙いました。
    資金計画では、フルレバレッジの60%を全弾分として、それを10分割して1玉分としました。師匠の教えの通りに、下げトレンドが始まったサインを検知し、キレイな信号機ラインの並びとギザギザのライン、ボリンジャーのラインが近いときに、エントリー開始、狙い通りの動きをしたので、増し玉をポン、ポン、と入れながら、下のレンジまで段階的に下がるのを監視していました。
    画像をここに残せないのが残念ですが、初陣を勝って帰ってきましたので、そのご報告でした。

    タイムマシン動画のメッセージを受け取りました、ありがとうございます!

    <ここまでの経緯>
    投資家メンタリストSaiさんの動画で及川師匠の本を紹介されていて、師匠の存在を知りました。
    ガチ速FXは、KIndle版で読んで、書籍も入手しました。
    師匠が書籍のなかの「死ぬ気でゲームする為の投資資金小分け術」のところで、言われているように、この10万円を失ったら俺は死ぬ。この10万円は俺の命、これを増やせないと俺は殺される、というぐらいの死ぬ気の覚悟でもって資金を増やしていく、それ位の強く激しい気持ちを秘めながらも、淡々とトレードを続けていこうと思っています。
    及川師匠も過去に苦労されたことを知り、わたしも15年前、5千万の負債を抱えて会社を倒産、破産した事を思い出していました。それから色々あって、中年のオッサンが看護学校に入り直し、病院勤務を経験し、今は触法障害者を社会復帰させる障害者ホームの運営に関わる仕事をしています。
    自分は、今の生活は続けながらも、それとは別に、経済的にリベラルになり、自立することが目標です。最終的な目標は、日本という国家にも依存しないで生きていける位になりたいです。
    そこまでやってこそ、次の課題が出てくるのだろうと思っています。

    いま自分はデイトレ大百科を使って、学習を進めています。
    MT4は少し前から使っていましたが、本格的に理解出来たのは、ヨン様のMT4解説のおかげです。
    ヨン様に感謝!

    しかも感謝なのは、最新企画のリオンちゃんの動画をみて、相場にエントリーする勇気が湧いてきました。
    わたしも以前、リーマンショックのとき、何も判らずに、相場に焼かれて死んだ経験があります。
    そうならない為にも、及川師匠のトレード手法とマインドを学び、リオンちゃんの動画やヨン様の動画も学びながら、それから社長さんのフェイスブックなども楽しみながら、トレーダー人生の再スタートをしたいと思います。
    これからもお世話になります!
    自分の時間帯は、おもにニューヨーク時間にしたいと思います。
    感謝です。
    リオンちゃんのように、自分の得意分野に特化したトレードを行い、自分でコントロール可能な、安全圏でトレードをやっていこうと思います。
    これからも、FXismマインドでやっていきたいです!
    宜しくお願いします!!

    PS.
    Big Bossのご紹介をありがとうございます。
    海外FX業者は、どこの業者がいいのか判らず、信じられず、不安でしたが、師匠のFXismでご紹介されていることもあり、Big Bossの口座を開きました。ところが、こちらの不手際ではあるのですが、入金しても口座に反映されてなくて、困りました。サポートにメールすると、たいへん親切で丁寧なサポートを受けることが出来まして、言葉使いにも気遣いを感じられ、大変感銘を受けました。さっそく取引口座に正しく資金反映してもらい、しかもさらに35万円がクレジット追加されていました!!
    太っ腹! BigBoss!!
    感謝、感謝のトレード人生の幕開けです。

    • 中山さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >初陣を勝って帰ってきましたので、そのご報告でした。

      ↑まずはご丁寧にありがとうございます。
      幸先が良いに越したことはありません。

      ただし、水を差すようで申し訳ありませんが、
      相場は良いことばかりではなく、
      むしろ隙を見せたら一気に持っていかれる危険な競技でもあります。
      どうか心してがんばってください。

      >わたしも15年前、5千万の負債を抱えて会社を倒産、破産

      ↑これは・・・
      僕よりもヘビーな状況だったかも知れませんね(汗)

      >中年のオッサンが看護学校に入り直し、病院勤務を経験し、今は触法障害者を社会復帰させる障害者ホームの運営に関わる仕事

      ↑これはかなり目を引くお話ですね。
      それこそテレビ番組の取材が来ても良いくらいの経緯だと思いました。
      凄いです。

      >リオンちゃんのように、自分の得意分野に特化したトレードを行い、自分でコントロール可能な、安全圏でトレードをやっていこうと思います。

      ↑「安全」の概念はいろいろで、
      そもそも相場に安全などあるのか?って話もあります(笑)

      そんな中、明確なる「自分の武器」「自分なりの戦い方」
      これらを持つことは重要、というか「必須」でしょうね。

      ビッグボスの件は
      お金が絡む話なのであまり触れませんが、
      ご無事であれば何よりです。

      同社はサポートもかなりキチンとやっていますので
      安心して付き合えるはずです。
      上手にご活用なさってください。

      >感謝、感謝のトレード人生の幕開けです。

      ↑僕は元気な人には戒めから入るクセがありまして(笑)

      慢心なく、自制をしつつがんばってください、
      と申し上げておきます。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちわ。 
    1077万の動画ヤバかったです。 

    先週はユーロドルで 
    今回損失した先生の様な感じで全敗しました。  

    前回コメントのお返事が 
    「バウンドを意識する」とあり意識しながらやっておりましたが 

    そのバウンドのボールの正体が 

    ボーリングの玉なのか 
    テニスボールなのか 
    ピンポン玉なのか 
    パチンコ玉なのか
    全くわからなく5分足を基準に見るの止めて15分足を見る事にしました。  

    でも5分足を見てないので 
    エントリータイミングもわからなく、でも15分足を見てなかったらどえらい損失になってただろうなと思う箇所が何回かあり今はエントリーしないようにしています。  

    今回不思議だったのは 
    損失した後にプロの技を駆使して三連勝して取り返すあのすごさと損失のギャップです。 

    そこで損失した理由が知りたいです。 

    何かを見誤ったのか? 
    エントリーがいつもよりも早すぎたのか? 
    それともいつも通りのエントリーなのか?  
    逆に言うと何故ロングじゃないのか?
    また実は読者の為にという潜在意識的なサービスエントリーなのか?  
    それとも他の理由があるのか?
    不思議で仕方がないです。

    その答えによっては自分のエントリーの仕方も変わるような気がします。 

    多分一回目にエントリーしてなかったら二回目のエントリーで負けてもすぐにドテンして一回で取り返せていたように思います。

    今回の動画は今まで見た中で1番驚きました。

    • ヨマヨエルさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >損失した理由が知りたいです。 

      ↑順番に行きますと、
      エントリーはアレについては結果的に早すぎでしたが
      けど、そこまで致命的ではなかったと思います。

      いつもどおり、、、については
      形的には割といつも通りだったと思います。
      ただ「感覚的」にはイヤな予感は当初から少しありました。

      ロングか?については
      実はカットしたシーンの中で、
      「これはドテンも視野に入れて準備しておかないとかも」
      このような気持ちでいました。

      ただし動画内での、しかも初期の段階で
      ロングはまだまだ選択しない位置だったと思います。

      「読者さんの為に」については
      ある意味、少し要因としてあるかも知れません。
      YouTubeについては曜日固定でやっていますので
      録画のない日よりかは「やらないと」という意識が強いですので。

      けど、あそこの場面自体は
      そこまで無理やりではなかったイメージです。

      >それとも他の理由があるのか?
      不思議で仕方がないです。

      ↑このように言われるほどではなかった気がしますね。
      ああいう上げ方は過去にもしょっちゅうありますので
      決して想定外ではありませんでした。

      >多分一回目にエントリーしてなかったら二回目のエントリーで負けてもすぐにドテンして一回で取り返せていたように思います。

      ↑あれ、これは僕のセリフでしたっけ??
      ここは本音でそう思っています。

      最初のポジションが
      チャラ逃げするつもりにアタマを切り替え、
      なおかつそれが可能だった中で逃げ損ない大き目な損失になったこと、
      この部分はその後の展開に結構大きな影響を与えたと自分では思っています。

      いろいろお話していますが、
      それでも本件、
      そこまで極端に珍しい展開ではないですよ。

      ま、「しょっちゅう」でもないですが(苦笑)

      強いて付け加えるなら
      一回目の損切りのせいで
      二回目の弾数を撃ちすぎたこと、

      これにより損切が遅れ、そしてそのために早めのドテンも出来ず
      いったん「負けたまま」で終わる形になった、という流れだと思います。

      その後の取り戻しについては
      参考になりそうなとこがもしあええば参考に、
      ないなら、もはや見なかったことにしてもらうほうが良いかも知れませんね^^;;

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは!
    いつも動画、ブログを大変楽しみに拝見しています。

    今回ご相談したいのは「損切り」についてです。
    私はいつも損切りを建値から10pips程度のところに置いています。
    先生のトレード動画では損切りは平行線やMAを基準に機械的に置いているということではなく、裁量でダメだと判断して行っているように見えます。

    私の場合は、裁量でやることに慣れておらず、またエントリーする際にリスクリワードを計算してエントリーしているので、損失の許容も最初から決めている関係でエントリー後に逆指値で損切りラインを決めています。

    ところが、かなりの高確率でヒゲなどで切られてしまい、その後順調に思惑の方向に伸びることが多いです。そのため勝率も5割を下回っています。
    その度に悔しい思いをするのですが、損切り位置にもっと余裕を持たせれば良いのかということを考えやってみたところ、そうすると結局普通に逆行して損切りすることが多く、結局損切り幅が大きくなりリスクリワードも悪化します。

    また、損切り位置にローソク足の実体で考慮するということはなんとなく理解していますが、5分足でトレードを行っていると足が確定するまで最大5分かかるので、その間に戻して実体が逆指値にかからなければ良いのですが、その間逆行し続けそのまま足が確定してしまうリスクを抱えることになると思います。

    この部分で非常に悩んでいます。
    この損切りのタイミング、方法について先生のお考えをお伺いできますと幸いです。

    • シュンリョウ様
      コメントありがとうございます。

      >今回ご相談したいのは「損切り」について

      ↑文面を拝見しましたが
      読めば読むほどどうお答えすべきか悩みますね(汗)

      話を整理しますと、
      まず「固定PIPS」で損切りとするのは反対です。

      ボラが大きい時期の10PIPSと
      小さい時の10PIPSでは価値が違うからです。

      大きい時に10PIPSで決めてしまいますと
      損切りにいちいち引っかかりやすくなり、
      小さい時だと「もっと早く切るべき位置」を超えることもあり得るからです。

      で、損切り判断の基準となるMAや水平線を決めるわけですが
      例えば該当する線に対し、ジワジワ近付いて来た時点で新しい足になり、
      その足のスタート直後から逆抜けするようなときは
      僕は足の確定を待たずに切ることが多いです。

      ※イメージ的にはブレイクアウトで伸びる場面
      →つまりそっち方向へエントリーして然りの場面だからです。

      比較的手前からグングン伸びて該当線に接近するような時、
      恐怖感はこっちのほうがありますが、
      この場合は抜けきれないと一気に失速、
      つまり「元の方向」へ向き直すことも多いと考えています。

      まずはここの区別を意識し、
      確認なさってみてください。

      ただし、この手の話って
      誰がナニを言おうとも
      「感覚的部分」ってのがあるものです。

      同じ景色を観たり説明を受けたりしても
      観る人によって感じ方が違ったりしますので
      結局は自分的にどうするのが良いのか?という
      アジャストが必要になるはずです。

      取り急ぎ僕からの話を以上とし、
      一度持ち帰っていただき確認なさって観て欲しいんです。

      その上で不足がありましたら
      お手数ですが再度ご連絡をください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    リオン式は前々から非常に興味がありました。時間足を週足や日足まで見て環境認識をしていて自分と似ていると思いましたがショート専門というのは驚きです。週足や日足で下げトレンドの時は凄い稼げるけど逆に上昇トレンドの時はどうなんだろう?とか思ったりしています。そのへんも含めて月曜日の動画を楽しみにしています。

    あと一つ質問があるのですがライン@のほうで海外業者の記事の中に

    >僕はビックボス社に対し、「出金しきれてない金額」が少ない時で2億、多い時期は3億程度、常時入ったままです。

    ↑とありますがこれは月に出金できる額に制限が決まっているのかそれとも別に「出金しきれない」理由があるのか教えて頂けたら幸いです。稼いでから聞けと突っ込まれそうですが(笑)宜しくお願い致します。自分はSNSとか苦手で税金だったり海外業者の裏側だったりの情報は少ないので今後もこうゆう情報を発信して頂けたら嬉しくおもいます。

    怪我のほうは大丈夫でしょうか?!!動画を拝見した瞬間にまたシミ抜きをされたのかなとも思いましたが話を聞いてビックリしました!自分も以前、指を開放脱臼して手術を初めてしまして水に濡らすなと言われてかなり不便でした(涙)
    お大事になさって下さい。

    今後も動画やブログを楽しみにしております。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >時間足を週足や日足まで見て環境認識をしていて自分と似ていると思いましたがショート専門というのは驚き

      ↑本当に独特ですよね。
      僕も不思議に思ってまして、
      今回の動画企画の中で直接聞いてみたいと思っています。

      >月に出金できる額に制限が決まっているのかそれとも別に「出金しきれない」理由があるのか

      ↑あぁ、感じ悪かったらすみませんが
      僕は同社の「出金本来ルール」は理解していないんです(汗)

      これまた感じ悪いと思いますが
      僕は毎月、なかなかな金額を出金してまして、
      また、円やドルやビットコインなど
      あらゆる種類を混在させたりもするため、
      先方から「出金の際は事前に教えて欲しい」と言われているんです^^;;

      で、概ね毎月の出金パターン額を決めておき、
      それ以外を随時声掛けしつつ出金申請しています。

      「上限」は特にないって言われてはいますが
      あまり大きな金額だと右から左には用意しにくいそうで、
      「お手柔らかに」とは言われている次第です^^;;

      >怪我のほうは大丈夫でしょうか?

      ↑ご心配をおかけし申し訳ございません。

      事件性(笑)などは一切ありませんし、
      場所的に大袈裟に見えるだけだと思います。

      >水に濡らすなと言われてかなり不便でした

      ↑ここは正直厄介ですけどね(汗)

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんこんにちは。
    日経225先物デイトレーダーです。(兼業)

    ちょっと気になったことがあったので質問させて下さい。

    及川さんの動画見始めてから3ヶ月くらいになります。

    殆どの動画を見たつもりですが、
    ほぼ同時に複数の通貨でエントリーするのはどうしてですか?

    「同じ籠にたまごを入れないとか入れろ」という相場格言がありますが、
    私なら最も優位性のある通貨(リスクリワードがいい資金効率がいい、
    レジサポが効いているとか)に資金を集中しますが、どうでしょうか?
     
    ちなみにFXはやったことがないので、通貨の相関関係については、
    あまり理解していません。素人ですみません。

    追伸

    及川さんとは同世代で「無一文物語」読んでたら、
    共通キーワードがバシバシ出てきて、
    百貨店の実演販売で家庭日用品を売っていたそうで、
    包丁か鍋ですかねえ?

    私も実家が家庭日用品の卸売業をやっていて、昔で言う”荒物問屋”です。
    もう30年以上前に廃業して両親も他界しました。

    そして次に就職したのが「街金」ですか。
    私もその頃は新卒で就職して地方銀行の営業マンでして、
    「ナニワ金融道」は毎回、目を皿のようにして読んでましたよ。
    たしか週刊モーニングでしたっけ?

    預金集めがメインですけど、時代柄、
    金利10~15%の「消費者ローン」とか
    8%位の「不動産担保ローン」も売り込んでました。
    とにかく土地か建物さえ持っていれば、
    不動産相場がガンガン上がっていたので、
    年金生活者でも2000万円まで資金使途自由で貸し付けてました。

    そしてそのお金を「株、不動産、ゴルフやリゾートの会員権や美術品、高級車等」に投資してまた含み益が出るという、まさに「バブル!」

    そしてほどなくはじけて戦後からの高度成長時代の終焉を迎えましたね。

    さすがに私は下着関係はやってませんが、
    その頃私は、銀行の「利益至上、ノルマ主義」に嫌気が差して
    脱サラ起業しました。

    及川さんの「人となり」に興味があるので、
    もっとプライベートのこと、例えば家族とか
    趣味とかシンガポールに移住したいきさつとか
    株からFXに鞍替えした理由とかこの前のブログの
    大橋巨泉みたいな感じでお願いします。

    • ジャックおじさん様
      コメントありがとうございます。

      >ほぼ同時に複数の通貨でエントリーするのはどうしてですか?

      ↑例えば「ポンド」をショートするとします。
      その際、ドル円が下げトレンドならポンド円、
      上げトレンドならポンドドルをショートするのですが、
      どっちつかずだった場合、
      エントリー後にドル円がどっちか一方に伸び出した時用に
      ヘッジで両方、みたいなイメージです。

      また、円シリーズを買いたいとなった時にも
      ドル円、ユーロ円、ポンド円の
      どれが一番伸びるかエントリー時点で判断しにくい場合、
      あるいは判断をとにかくせずに
      「利益均一化」みたいな感じで同時エントリーすることが多いです。

      >百貨店の実演販売で家庭日用品を売っていたそうで、
      包丁か鍋ですかねえ?

      ↑包丁は怖くて出来ませんでした^^;;
      鍋と小物系が多かったです。

      >私もその頃は新卒で就職して地方銀行の営業マンでして、
      「ナニワ金融道」は毎回、目を皿のようにして読んでましたよ。

      ↑完全に時期がシンクロしてますね(笑)

      はい、ナニワ金融道がちょうど連載していた時期で、
      僕は作者の青木雄二氏の本はほとんど読むくらい
      当時は憧れていました。
      (ちょっとクセの強い方でしたけどね・苦笑)

      >とにかく土地か建物さえ持っていれば、
      不動産相場がガンガン上がっていたので、
      年金生活者でも2000万円まで資金使途自由で貸し付けてました。

      ↑僕のいた会社では
      「保証人の不動産」で勝負していたので
      ほとんどが代理弁済(汗)

      会社のほうで営業と回収部門を分けていたので
      なんとか大丈夫でしたが、
      物凄く気が重い仕事でした。。。

      >及川さんの「人となり」に興味があるので

      ↑光栄・・・と言って良いのか、
      同世代のしかも「話の通じる人」に
      いろいろお話するのは勇気がいりますね(笑)

      引っ越す前の過去ブログでは
      かなりいろいろお話していたのですが、
      今後、少し意識してみます。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご無沙汰しております。
    前回は非常にご丁寧にお返事をいただきありがとうございました。
    またまた質問ばかりで恐縮なのですが、今回はチャートの見方について教えてください。

    私は当初、天才チャートの黒背景のものを使っていましたが、色のせいでローソク足が見えにくく、インジケーターばかりに意識がいくので白背景にしました。ところが、今後はローソク足が目立つことによりインジケーターへの意識が薄くなり上手くいかず、今は色々改良した黒背景にしております。
    (先生も最初は黒でしたが白にしたのには何か理由があると思います。)

    このように、目では見えていても頭で意識している情報が違うため、同じチャートを使っている人でも違う結果になると思います。
    「ローソク足を意識すると入りたい」「このインジを意識すると絶対入れない」「このインジの組み合わせで見ると待ちかな」など、同じ絵でも”美女にも老婆にも見えるトリックアート”のように見え方が変わり、目線がかなりブレます。

    特に天才チャートは表示情報が多いため、いかに先生でも全ての情報を頭で考えてトレードすることはないと思います。ぶっちゃけ今となっては先生にとっては要らないインジもあるかもしれません。

    一例として、先生がチャートを立ち上げてローソクやインジケーターなどを視覚的に見ているときの、頭の中での情報整理のプロセスを教えてください。

    p.s.
    動画を見て驚きましたが、お怪我は大丈夫でしょうか。
    月木の動画アップやブログ記事やコメント返信などは楽しみではありますが、及川先生の体調によっては逆に心配になります。具合が悪い際は休むなどして、どうかご無理なさないようにしてください。

    • ハイエナトレーダーj様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >同じ絵でも”美女にも老婆にも見えるトリックアート”のように見え方が変わり、目線がかなりブレます。

      ↑なるほど、、、
      言われてみると確かにそうかも知れませんね。

      ちなみに僕が黒背景を白背景に変えたのは
      「YouTube動画が観にくい!」というクレームきっかけでした(苦笑)

      実は僕、
      驚くほど鈍感なところがありまして、
      背景色などの変化で戸惑った記憶はほとんどないんです^^;;

      >一例として、先生がチャートを立ち上げてローソクやインジケーターなどを視覚的に見ているときの、頭の中での情報整理のプロセスを教えてください。

      ↑僕はほとんどの場合
      該当する市場の「午前中」をやるのですが、
      その前提にて。。。

      ▼東京時間
      前日のNYダウや日経の寄り付き前の状況と
      ドル円や豪ドルとのシンクロ性があるかどうか?
      (ここは寄り付き以降の連動性も気にします)

      ▼欧州時間
      東京時間の流れは一応見ますが
      それよりもトレンドが収縮しているかどうかが一番気になります。

      収縮しているなら
      「どっちかに動く」ことを想定するわけですが
      さらに密集したMAとローソク足が近い位置からなら
      極論どっちから入ってもよく、
      そのまま勝ったら1勝0敗で勝ち逃げ。
      最初のが負けたらロット圧力かけ1勝1敗で勝ち逃げ。
      実はざっくりこんなイメージを持っています。

      ▼NY時間
      上述の「密集系」があれば嬉しいのですが
      なかなかないのが実情ですので、
      まずは「レンジ狙い」でイケそうモノを
      水平線引いたりして探す作業からって感じです。

      このように、
      取り組む時間によって
      ルーティーンはかなり異なります。

      共通している点としては
      「収縮からの放れ」をやれるならそっちをやりたい。

      それがないならレンジスキャル狙いも辞さずで
      対象を探すところから。

      このような感じですね。

      >お怪我は大丈夫でしょうか。

      ↑恐れ入ります!
      まったく、、、問題ございませんので。
      お気遣いいただきありがとうございます。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^

  • 及川先生、こんにちわ。

    先日も質問させていただき、その際にも丁寧な返答をいただきありがとうございました。

    FXを初めてまだ日は浅いのですが、先月初めて自分の中では大きなプラス収支でおわることができました。ただその前はデモ口座でやっていた時期も含めずっとマイナスでしたが。。。

    私のやり方は及川式をベースにしているつもりで「デイトレ百科」や「ガチ速」を何度も見て、その真髄を理解するために日々葛藤し続けた数ヶ月間でした。

    最近になってyoutubeを見るたびに先生と同じポイントでエントリーしてること(利確に関しては私の方がよりチキンですが)が増えてきて少しづつ及川式を理解できてきたのではないかと勝手に喜んでいます(生意気言ってすいません)。

    少し精神的な部分もあるのかもしれませんがまたご質問させてください。
    実は「先月がプラス収支」と言いましたが実は内心とても複雑な心境でいます。

    私は及川式の中で現在最も重要視しているのは、通貨ペアの相関性です。
    それぞれの通貨ペアでMAや水平線などの状況をしっかりとかんがみた上でエントリーするようにしています。連動しそうな通貨ペアの中で少しでも不安な要素があるときは絶対入らないようにしています。そのためエントリーの回数はいい意味で減りました。

    万全を期して入っているつもりなので伸びるときは気持ちよく伸びで、多くを望まず前回の高低値できちっと逃げるまた他の通貨ペアでMAや平均線などに妨げられる前に利食うというやり方です。これはとても自分の身になってきたと考えています。

    ただし通貨ペアを重要視しているということが損切りに関しては少し怖くなってきています。実体での損切りを自分の指針にしているのですが、5分足で大きく指針の損切りポイントを実体がわった時に損を受け入れられず、相関性のある通貨ペアで次の新たな損切りラインまたはナンピンポイントを見つけるという習慣が出てきています。
    いろんな通貨ペアでのMAや平均線を考慮して入っているので、逆にいうと逆を行かれた時に反転するんじゃないかという根拠になりうるMAや平均線が多く、耐えやナンピンが増えたという感じです。

    全く根拠のない耐えやナンピンではないのですが、何が怖いかっていうとその時の含み損が普段の自分が気持ちよく利食うときよりもかなり大きいということです。その時の精神状態たるやまぁまぁやばい状態です。なので耐えやナンピンが上手くいった時も「ほら思った通り」というよりは「あぶねー」とか「セーフ」というマインドです。
    正直今月に関してはそれが上手くいくことが多く結果全体収支がプラスになったという一面があるのではないかと思ってよくないなと思う反面、損切りしまくってたらまたマイナス収支になっていたのではないかという迷いが今自分の中で渦巻いています。

    結果勝てたからリスクを背負いつつも今の方向性を信じてやるべきなのか、負けが多くなってもやはり負荷のない損切りラインに切り替えていくべきなのか、どう思われますでしょうか?

    ちなみに先日の「1077万円の損失〜」拝見しましたが、まさに同じポイントで入って
    他の通貨ペアで反転ポイントを探しながら含み損を重ねていってしましました。
    結果1時間MA近辺で倍でナンピンしその時の少しの反転で損小で終われましたが、ナンピンしてそのまま行かれたらと思うとゾッとしています。

    漠然とした質問で申し訳ありません。

    • Heroさま
      コメントありがとうございます。

      >先月初めて自分の中では大きなプラス収支でおわることができました。

      ↑まずはおめでとうございます。
      ここは素直に喜びましょう^^

      ご相談の件ですが、
      ここはかなり深いというか、
      確かに危険と隣り合わせな感じはしました。

      >その時の含み損が普段の自分が気持ちよく利食うときよりもかなり大きいということです。その時の精神状態たるやまぁまぁやばい状態
      >「ほら思った通り」というよりは「あぶねー」とか「セーフ」というマインド

      ↑なるほど(汗)
      ここは大きな課題ですね。

      >結果勝てたからリスクを背負いつつも今の方向性を信じてやるべきなのか、負けが多くなってもやはり負荷のない損切りラインに切り替えていくべきなのか、どう思われますでしょうか?

      ↑ここでいう「負け」の概念、
      それと「負けたあとの対応」がポイントかも知れません。

      僕が常に出来ているわけでもないのですが
      それでも提案したい点としては

      1.やはり損切りはそんなに深くない位置で
      2.「損切り後」再度あらためて入り直すやり方の模索

      僕が動きやすい時間帯をやっているのは
      ご存知かと思います。

      で、動きやすい時間帯ってことは
      浅めに損切りを済ませてさえおけば
      「次のチャンスはまだある状況」と言えますよね。

      ただし
      「損切→即ドテン」かは別です。

      一度アタマを落ち着かせ、
      「今からやるならどっち」

      さらに先日の動画に絡めて言いますと、
      「行くべきが行かぬ時、その逆にへの伸びは強い」
      このあたりも勘案し、
      「損切り後の再トレード」を模索すると良いはずです。
      ※ただしそこそこ熟練度は要求されるかもですが。

      他の方にもお話していますし
      過去のYouTube動画でもお話したことがあるのですが

      1.最初のトレードで勝てたら1勝0敗で勝ち逃げ
      2.負けた場合は次のトレードでプラテンし1勝1敗で勝ち逃げ

      これをやるためには
      「動きのある時間帯」であることが必要でして
      逆にいうとそういう時間をやっていれば
      ここを目指せる、という話だと僕は思っています。

      話を戻しますが、
      本件のみの結論としては
      「損切りはやはり浅いに越したことはない」です。

      取り急ぎ以上ですが
      不足がありましたらお手数ですが再度メッセージをお寄せください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします

  • いつも動画楽しみに見ております。

    月の利益が100万円を2回超えてきました。
    今後も継続できるようにしていきます。

    本題はメールでも拝見した税金対策についてです。
    法人化した方が良いのか全くわかりません笑
    法人化すると、税金以外のところで支出が増えたり、役員報酬で収入が固定化するといったデメリットを聞きます。
    実際のところいかがでしょうか?
    何卒よろしくお願いします。

    • 月収150万円に到達さま
      コメントありがとうございます。

      >月の利益が100万円を2回超えてきました。

      ↑素晴らしい♪
      今後が楽しみですね。

      >法人化すると、税金以外のところで支出が増えたり、役員報酬で収入が固定化するといったデメリットを聞きます。
      実際のところいかがでしょうか?

      ↑はい、確かにメリットとデメリット両方ありますので
      しっかり検討されることをオススメします。

      特に役員報酬(給料)の設定はポイントになると思います。
      取り過ぎて収益が足りないのはもったいなく、
      取らなすぎで収益が莫大なのももったいないと(苦笑)

      ただし後者であれば
      会社に利益が残るので節税の対策はそれなりには出来ますよ。

      個人的にはざっくり「年間利益3000万以上」くらいからで
      間に合うのでは?というイメージです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたしま

  • 及川先生はじめまして。
    私は5月からFXを始めた42歳のど素人トレーダーです。世間に販売されている数ある書籍を読んでも他の人と同じ思考でトレードしても勝つことができないのではと考え一切書籍は読んでいません。最低限ローソク足の意味といくつかのインジゲータの読み方を先生のサイトから学びトレードを続けていましたが先日のドル円の急激な上昇時にもう下がるだろう損切り出来ず(いつも後から後悔してます)損失を膨らませ、資金40万から現在28万まで減らしてしまいもう辞めようか迷ってる時に先日配信されたリオンさんの動画に何か希望をもらいました。私は一つ試してみたい手法(書籍を読んでないので既にある手法かもしれませんが)を以前より考えておりましたが一回の利益が少なくどうしてもドカンと稼ぎたい男心から実行しておりませんでしたが、コツコツでも勝ちは勝ちという先生方の考えに、頭では分かっていましたが「やっぱりそうだよな。」と何か自分の中で腑に落ちた感じがありました。通常からいくとドル円は月曜以降落ちると予想しておりいつもなら稼ぎ時と意気込むところですが、急な上昇にビビるのも落ちる機会をじっと待つことからも少し自分を開放させてやるために、考えた手法を鉄の鉄則として月曜から実践したいと考えております。この手法が上手くいったとしても今の損失を取り戻すのに2ヶ月ほどかかると思いますが、取り戻せた時は改めて報告させて頂きます。これからも配信楽しみにしています。(損失を膨らませた私が考えた手法なのでいまいち自信がないです。(笑)可能なら個人的に先生のご意見お聞きしたところです。。)これ以上損失が膨む場合は退場を考えており自分に言い聞かすために長々とコメントしてしまいました。申し訳ございません。これからも健康に気をつけて頑張ってください。

    • いち様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >他の人と同じ思考でトレードしても勝つことができないのではと考え一切書籍は読んでいません。

      ↑なるほど、実は僕もそっち派です^^;;

      >一回の利益が少なくどうしてもドカンと稼ぎたい男心から実行しておりませんでした

      ↑こまめに回数やるなら利益もこまめ、
      ドカンと勝つことを狙うなら、相応の場面厳選。
      要はこの兼ね合いですよね。

      >この手法が上手くいったとしても今の損失を取り戻すのに2ヶ月ほどかかると思いますが、取り戻せた時は改めて報告させて頂きます。

      ↑逆に言いますと、
      取り戻せた場合、「その後」が超楽しみですよね。
      なぜなら「取り戻し続ける」ことが出来ますので^^

      ぜひともがんばってください。
      嬉しいご報告をお待ちしています。

  • デイトレ大百科からいろいろと勉強させていただいてます。
    現在トレードの勝率が60パーセント前後で、じりじりと資金を減らして、ある時
    大きくやられる展開でなかなか資金が増えません。
    大きく負けた時の原因として、戻り売りの失敗トレードが一つの原因になっています。いけると思った場面でポジションを増やして逆に行かれることが原因。
    2019年の1月31日の先生のトレードで、売りたくなるGBPJPYをやっていません。GBPUSDのロングで勝っています。
    同じような場面で、2019年11月27日の16時付近、私はGBPJPYのほぼ同じ形をショートしてやられています。おそらくこの時GBPが強かったのだと
    思いますが、このように敗因のわかる戻り売りはさておき、敗因のわからない戻り売りが多くそれに悩んでいます。
    2020年7月30日の及川先生のパターンのようなケース。
    質問させていただきたいのですが、
    1  そもそも戻り売りで勝てるメカニズムとはどのようなものなのでしょうか。
       細かいエントリーの条件はあるのでしょうか。 
    2  失敗する戻り売りには特徴があるのでしょうか。わかれば負けを回避できるのでしょうか 。
    3  戻り売りを狙ってはいけない場面てあるのでしょうか。
       

    • 馬券屋さま
      コメントありがとうございます。

      >1  そもそも戻り売りで勝てるメカニズムとはどのようなものなのでしょうか。
         細かいエントリーの条件はあるのでしょうか。

      ↑戻り売りのメカニズムというか
      相場値動きのメカニズムに由来しています。

      相場とは
      普段はどっちつかずで動きます。
      これはボクシングで例えると
      どっちの選手もまだダメージ少なく元気である状態です。

      で、ジャブを差し合う中、
      やがて徐々に一方が優勢になり、
      逆側がジリジリ後退を始める・・・

      そんな中。攻めてる側に大き目なパンチが当たると
      一気に形勢が傾きますし、
      押されている側が起死回生のカウンターパンチで
      一気に形勢を逆転することもあります。

      そして一度形勢が明確になった際、
      押してるほうが押し戻されても
      再度押し戻す。

      こういう流れをイメージしています。

      >2  失敗する戻り売りには特徴があるのでしょうか。わかれば負けを回避できるのでしょうか

      ↑上記のことから、
      発生したトレンドが「新しいモノ」か
      それとも「出がらし」か、
      ここは同じようなチャート形状でも異なる判断が要求される部分でしょうね。

      多くの人は
      視覚的に分かりやすい場面に目が行きがちですが
      それだと「出がらし」を掴む可能性も高まります。

      トレンドがおっぱじまったあとの
      なるべく「若いタイミング」
      極論、終わったチャートからでは見つけにくいの初期が
      最も勝ちやすさが増す場面と言えるはずです。

      で、その逆になればなるほど
      回避したほうが良い、となりますね。

      >3  戻り売りを狙ってはいけない場面てあるのでしょうか。

      ↑ここもほぼ「2」と同じです。

      追記すると
      例えば東京時間で形成されたチャートを引きずっての
      欧州直後の戻しは、
      「戻し」なのか「新しい動き」なのか判断が割れる場面ですので
      ここは注意が必要だと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      ぜひともがんばってください。

      今後ともよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもタメになる講義ありがとうございます。以前、コメントをさせていただいた者です。
    その際は、リアルトレードでなくまずはデモ口座で練習すべきだとアドバイスをいただき、その後、約2ヶ月程デモ口座で練習を重ね相場に戻ってきました。
    リアルトレードに切り替わってから負けが再び続いたのですが、今月より日足、4時間足でトレンド方向を見極め、短い時間足でエントリー、伸びた時に押し目でロットを追加していく方法をとり5万円から約30万までと6倍近い利益を出すことができました。(一度に100pips抜きを複数回)
    レバレッジは高めではありますが、損切りをとにかく早く、通貨ペアの乗り替えなど臨機応変に対応してきたので私としては、根拠のあるトレードが出来たと初めて感じました。
    ただ、保有期間が長いと2日弱持っていたこともありメンタルには応えたので、短い時間で利益が上がれるようなトレードが出来るよう、デモを活用しながら頑張っていこうと思います。

    最近は、ドル円に対するポン円、ユーロ円のシンクロ性が薄く感じます。欧州通貨が単独で伸びる場面が多く、その修正を見て今回は利益を取ったのですが、、、。
    現在の相場状況がどこで変化するかが怖くなってきたので慎重にならねばと考えてます。(月も変わったので特に)
    及川先生は、短い時間足での素晴らしいトレードをしてらっしゃいますが、トレンド転換の兆しをどのように見極めますか??
    経験からくる部分も含めてヒントとなるようなアドバイスを頂けると助かります。

    これからもドキドキワクワクするトレードを見るの楽しみにしております!

    • けいすん様
      コメントありがとうございます。

      >今月より日足、4時間足でトレンド方向を見極め、短い時間足でエントリー、伸びた時に押し目でロットを追加していく方法をとり5万円から約30万までと6倍近い利益

      ↑これは凄い!
      ナニが凄いって「研究の視点」からでして
      さらにはそれを
      カタチにした成果が素晴らしいと思いました。

      >保有期間が長いと2日弱持っていたこともありメンタルには応えたので、短い時間で利益が上がれるようなトレードが出来るよう、デモを活用しながら頑張っていこうと思います。

      ↑おそらく「やるべきテーマ」や課題出しがお上手なんでしょうね。
      本質を観るセンスってやつかな・・・
      短期デイトレでもきっと良い方向性を見出されるはずです。

      >最近は、ドル円に対するポン円、ユーロ円のシンクロ性が薄く感じます。

      ↑こういうのをサラっと言えるところが
      上述のセンスゆえなんだと思います。

      >トレンド転換の兆しをどのように見極めますか??

      ↑そうですねぇ、、、
      結構重きを置いているのは
      「新値を更新出来る?出来ない?」の部分です。

      長いこと新安値や新高値をアタックして不発の場合、
      MAとローソク足が接近してくるわけですが、
      このような場合はMAのそれまでの向きには固執せず、
      なるべくシンプルに「値動き」を観るように意識しています。

      つまりこれって、
      「転換」を見極めるというよりかは
      「今から始まる新しい動き」を観たいイメージです。

      先日大きな損切をYouTube動画でしましたが
      実はアレ、もっと早くドテン出来たと
      自分では思っています。

      その理由が
      チャート形状と関係ない新しい動き」っぽく
      見えたからなんだと思います。
      ※結局出来なかったので言い訳でしかないですが。

      >これからもドキドキワクワクするトレードを見るの楽しみにしております!

      ↑僕自身は「ドキドキ」はあまりしたくないのですが、
      どうしてもそういう局面も生じますからね^^;;

      お気遣いありがとうございます。
      とりあえずがんばります!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRIBEに参加させてもらいました。その時は大変ありがとうございましたm(__)m
    初めてコメントさせてもらいます。いつも及川先生の動画は頑張る励みになります(^^♪

    先生のブログの中で・・・

    実は上述の「TRIBE」の中でも
    参加特典として彼女のノウハウを一部出していたのですが、

    今回は言ってみれば『本チャン』です。

    とありますが、言える範囲で構いませんのでどのようにTRIBEの時のものと違うのかなんらかの形で教えてもらえるとうれしいです!

    • 富山のR様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加にも
      あらためて御礼申し上げます。

      >どのようにTRIBEの時のものと違うのか

      ↑彼女は「教材」のようなものを作るのはTRIBE時代が初めてでしたので
      「作る側」としての成長というか、グレードアップの余地は
      たくさんあったはずなんです。

      一度作ることで、
      「あ、もっとこういう伝え方をすればよかった」
      「次作るならここを補強や強調しよう」などなど

      作り手としての課題やテーマが山ほど生まれるわけです。
      (ここは昔の僕も同じでした)

      で、今回は1から作り直していますので
      内容はもちろん、綿密さの度合いもかなり向上していると思います。

      ・・・と
      概ねこんなところでしょうか。

      動画のご案内はもう少し続きますので
      引き続き楽しみながらお付き合いいただけると幸いです^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 何をやっても上手くいかず、ポジ持つと即逆行、損切りするとすぐに戻り持っていればそのままかなりのプラスになっていたと反省し、次はそういうことないように長く持つと大きく逆行;;様々な商材購入し試すも、自分の技術のせいでしょうが全く使い物にならず(何回か手法トライで駄目だと即諦めてるせいかもしれませんが;)2年ほど前に及川さんのブログに出会い、TRIBEの入会も考えていたのですが、タイミング悪く募集前に他の研修に入り100万もしたのですが、全くの無駄;;フィボナッチ、ダウ理論等々分かっていてもどの時間足で勝負したらよいのかわからず右往左往し、もう何をやってもダメな自分に腹が立ち、一つの手法を極めようと及川さんの手法、ガチ速も試しましたが、根本的に相場観がないので当然負け続け、コロナの影響で仕事もなく、為替でしか今の状況は打破できないのはわかっており、それの焦りからかポジポジ病も再発、余裕がないとこうなるのですね;;52歳で現在無職。車を売りその資金で為替をやり続けてますが、底をついて家を売りその資金で生活と為替をやるしかないと思っていますが、リオンさんの今日の動画を見て泣きながら自分を奮起したところでした。約5年ほど為替に向き合ってますが、センスがないのでしょう;;ツイッターとかユーチューブを見てると1年ほどで成功してる人も多い中、悲しくなります(´;ω;`)リオン式の天井の髭を狩る方法ですが、その天井を見極める技術がない私だと、ポジションとったとしておそらく今のところが天井なのかさえ不安にかられ少し上昇すると損切りをしそうです;;怖くないロット調整で頑張ってみます。本当にリオンさんの話を聞くと勇気が出てきます。ありがとうございました。

    • チョビさま
      コメントありがとうございます。

      これは・・・
      リオンちゃん宛てのメッセージっぽいですね。

      もし彼女に対する質問や相談であれば
      彼女の担当した記事へのコメントがよろしいかと思います。

      そんな中、
      随分大変な状況であることは分かりました。

      お金の絡む話ですので
      軽々には申し上げられませんが
      どうかモノゴトが好転するよう願っております。

      ご連絡ありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、いつも動画で勉強させていただいております。
    さて、最近のポンドの爆上げ。。。何か背景があるのでしょうか。。。単なる同調波によるものなのでしょうか。。。

    • たあ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >最近のポンドの爆上げ。。。何か背景があるのでしょうか

      ↑すみません、
      僕はデイトレ、しかも超短期保有のスタイルなため、
      為替のファンダメンタルズは普段あまり意識してないんです^^;;

      もちろん象徴的な事象などは把握するよう心掛けてもいますが
      それ以外はかなり無頓着でやってます。

      お役に立てず申し訳ございません。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川 師匠
    コメントは2回目ですが、久しぶりに書かせて頂きます。
    耳の件、もう大丈夫とのことでしたがまだまだご自愛なさって下さい。
    1000万の損切りの動画も有難うございました。あのようなシーンを見られるのは大変貴重な機会であったと思っております。公開して頂き、有難うございました。

    さて私事ではありますが、TRIBEに参加をして先月やっとやっとデモで一ヶ月プラスを達成できたので、まさに今から本チャンで初トレードをしようと言う直前に書いております。

    思い起こせばキッオフセミナーに参加したあの日、1,000人近い参加者を目前にして「こんなに同士がたくさんいるんだ」と胸が熱くなったこと、
    生で師匠を拝見してアーティストのコンサートに行ったときの如く鳥肌が立ったこと、
    TRIBEの期間中に分速スキャル・BTG・天才チャート色々な事を自分なりに時間を割いて一生懸命やったこと
    大きな損切りをし、デモ口座を何回も溶かしながら試行錯誤を重ねたこと
    「座学」といった意味合いでは、過去一番時間を割き、自分の生活スタイルをもTRIBEの受講に合わせて変えていったこと
    等など、色々なことが思い起こされます。

    及川師匠の
    「お金持ちの世界って、自分に関係のない世界だと思っていませんか?」という言葉に気づきを受け
    「今から“やる”と決めて下さい」の言葉で行動に移し
    「腐らず真摯にやっておけば、順番なんです」という言葉で折れそうな心が救われました。

    「勝てるきっかけはある日突然」と師匠がおっしゃっていたのを思い出しますが、私の場合も7月7日から日ベースの負けは一日しか有りませんでした。その前の記憶はあまり有りませんが、それまでは一ヶ月を最終的にプラスで終えたことは皆無です。
    いざ実弾初日、気負っているのが自分でもわかるくらいです。
    でも、トレード前に師匠の言葉が何か欲しくて、今日の動画の後半のブログコメントの部分だけ拝見しました。(14時からはトレードと決めているので)
    今回も刺さりました。勇気を頂きました。
    「戦う君の歌を、戦わない奴らが笑うんだろう、ファイト!」
    ホントですよね。FXのことを話すとわからない奴らには鼻で笑われる、そんな経験自分も散々してきました。

    だけど今、少し前に自分が羨ましいと思っていた方々と一緒の位置に立てているのか自信が有りません。
    「実弾に入った途端に負け越し」そんなことも思われて恐怖心もあります。

    支離滅裂、アチコチに話が飛んでしまって申し訳有りません。しかし、今スタートラインにやっと立てたので、お礼を書こうと思い立った次第です。
    TRIBEの投稿の中で先輩方が「自分は及川さんに会って人生が変わった」という方がいらっしゃいましたが、FX参加当時はこんな日が来るとは想像できませんでした。しかし、このようになれたのは一重に師匠はじめ講師、ismのスタッフ様のおかげだと思います。本当に、有難うございました。
    いつの日か億トレになります。その際はご馳走させて下さい。

    まだまだ暑い日が続きますので、お身体ご自愛ください。

    • 及川 師匠
      ご丁寧なお返事誠に有難うございました。
      自分のつぶやきのようなコメントにわざわざお返事頂けるとは、師匠のお人柄に頭が下がります。

      またコメントさせて下さい。

      有難うございました(^^)

    • 及川 師匠
      丁寧な御返事有難うございました。

      >どのみち「先の方がはるかに長い」ですので
      結果がどうであれ、いちいち気に留めないことでしょうね。
      プロ野球の松坂投手が高校を卒業しプロデビューした際、
      確か2戦目は敗戦投手だった記憶です。
      で、その時の彼のセリフが
      「プロは負けても次がありますから」
      こういって笑っていたのが実に印象的でした。
      ↑なるほど、プロのプロたる所以をしかと教えて頂きました。

      >勝っても負けてもどうせ次がある。。。
      いちいち気に何かしてられない。
      逆に言いますと、
      「気に病むような内容にならないよう心掛ける」
      ここが重要なのかも知れません。
      ↑そうですね。自分のトレードの振り返りは大事かと思いますが、そこに固執しすぎても悪い方向にしか進まなものですよね。
      「気に病むような内容にならないよう心掛ける」
      先月も2時間ほどただただ損切りを耐えてやっとプラ転決済、こんなことも有りましたが
      「こんなことは2度としない!」と誓ったばかりです。

      師匠も仰っていますが、FXって
      “変なことしなければ負けない”
      最近、これを本当に思います。
      自分の中では、変なこと=無駄に損切りを耐えることだと思っています。
      自分の理想の位置で損切りができると、なぜかその日は必ず勝ち逃げができる。本当に不思議なことです。事実、今日もそのパターンでした。
      しかし、人間の本能に逆らうことは時に難しくもなりますが、煩悩を断ち切り、
      これからも「損切りできる自分はかっこいい」を胸に精進していきます。

      いつも素敵な言葉を有難うございます。

      今後とも、宜しくお願いいたします。

    • Matsudaさま
      コメントありがとうございます。

      >FXって
      “変なことしなければ負けない”
      最近、これを本当に思います。

      ↑そうなんですよね。
      僕もまったく同感です。

      >自分の理想の位置で損切りができると、なぜかその日は必ず勝ち逃げができる。本当に不思議なことです。事実、今日もそのパターンでした。

      ↑おそらくこうすることで
      「リズム」が良くなるんだと思います。
      乗り直しのリズムですね。

      逃げ遅れるとリズムそのものがややこしくなる、、、

      またまた野球で例えますと
      バウンドのタイミングが良いときは
      ワンバウンドし、ちょうど取りやすい位置で取れるものが
      タイミングがズレるとショートバウンドの凄く難しいバウンドになる、
      みたいなものかなと。

      >これからも「損切りできる自分はかっこいい」を胸に精進していきます。

      ↑僕も油断せずがんばりますので
      お互い精進してまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • Matsudaさま
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >今から本チャンで初トレードをしようと言う直前に書いております。

      ↑おぉ!これはなんとも感慨深いですね。

      >いざ実弾初日、気負っているのが自分でもわかるくらいです。

      ↑これ書いてるのが4日なので
      すでに初日は終えたわけですね・・・

      どのみち「先の方がはるかに長い」ですので
      結果がどうであれ、いちいち気に留めないことでしょうね。

      プロ野球の松坂投手が高校を卒業しプロデビューした際、
      確か2戦目は敗戦投手だった記憶です。

      で、その時の彼のセリフが
      「プロは負けても次がありますから」
      こういって笑っていたのが実に印象的でした。

      勝っても負けてもどうせ次がある。。。
      いちいち気に何かしてられない。

      逆に言いますと、
      「気に病むような内容にならないよう心掛ける」
      ここが重要なのかも知れません。

      ぜひとも慌てずじっくりとがんばってください。

      >いつの日か億トレになります。その際はご馳走させて下さい。

      ↑いや、その際は僕が奢るってのが「しきたり」ですので(笑)

      嬉しいご報告を楽しみに待たせていただきます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠はじめまして。
    はじめて投稿をさせていただきます。

    なぜ投稿をさせていただこうと思ったかと申しますと、かなり自分なりには勉強をしていると思うのですが、勝率は5割も行かず、資金は溶けていくばかりです。

    先月は、なけなしの30万円を日本のFX会社の口座に入れ、レバレッジ25倍で取引をしていましたが、25倍にも関わらず20万円以上負けてしまい、資金は10万円を切ってしまいました。

    あまりの情けなさに資金10万円を切った日は、なにもしたくなくなり、途方に暮れていました。
    翌朝目が覚めたときに「これでは負けではないか。絶対に負けたくない。」と再度勉強することにしました。

    それまでは師匠のyoutube動画、デイトレ大百科を何度も見て、その手法を頭に叩き込み、トレードに望んでいましたが、最近なんとなくではありますが、最終的に「勝つ」手法を自分のものにするには、外に求める(教材や勝てるという手法を勉強する)だけではなく、結局自分の中にある”なにか”を見つけなければならないのではないかと思うようになりました。
    トレードが上手くいかなくなると、ネットに出ている「勝てる手法」についつい目が行ってしまいますが、つまるところ過去の自分のトレードを変えなければ、なにも変わらないのだと思うようになりました。

    そこで、あれこれといろんな通貨(といっても9画面+ユロポンしか開いていませんが)に手を出すのではなく、オージーテクニカルに絞り、自分なりのトレードルールを決めようと思いました。
    とりあえずは7月全部の15時~18時までの、EURAUD,GBPAUD,AUDJPY,AUDUSD,EURGBPのいわゆるオージーテクニカル関連のすべてのチャートを印刷し、どこでエントリーすればよいのか、相関逆相関、シンクロ、おっぱじまりをキーワードに、師匠のやり方を真似つつ、なにがおっぱじまりのサインになるのか、どの足でエントリーすればいいのかなど、自分なりのエントリールールをノートに書き、作成しました。

    そして今日15時を迎え、そのルールに従ってGBPAUGをロングでエントリーし、約9pips(スプレッドがあるので実質は約5pips)の利益を取れた(1時間足の青いラインに当たって利確)のですが、その後のチャートを見ると、最大で70pipsくらい伸びていました。
    たしかにルール通りにエントリーすれば利益を取れていた、と自分の作成したルール(といっても師匠のまねごとですが)が「正しかった」と勉強の成果があった喜びとは反対に、その理論を持っていても、現実のトレードの場面で活かすことができなかった自分に自信をなくしてしまいました。
    実はそのエントリーをする前に、逆のエントリーもしていたので、結局はそこでの損失をその5pipsで埋めただけのトレードです。

    その後、メンタル崩壊トレードを数回やってしまい、必死で勉強したことを無にしてしまった後悔で、このコメントを書かせていただきました。

    リオンさんは勝てるようになるまで、入院したり等かなりの苦悩を味わっておられると聞いています。また勝てるようになったきっかけも動画でよく聞かせていただきました。でも今は勝てるようになる自分を想像できず、なにをどこまで勉強して、どのような経験を踏めば、勝てる人の仲間入りができるのか、苦悩の日々を過ごしています。

    絶対に負けたくないので、また勉強し直します。
    なにをコメントに書こうかよくわからなくなってきましたが、今の私の気持ちを意思表明ということにさせていただきます。

    いつも勉強になるyoutube動画を拝見しています。
    これからもよろしくお願い致します。

    • しんじ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >最終的に「勝つ」手法を自分のものにするには、外に求める(教材や勝てるという手法を勉強する)だけではなく、結局自分の中にある”なにか”を見つけなければならないのではないかと思うようになりました。

      ↑ここはかなりの「真理」だと思います。
      ポイントなのは「人間それぞれ違う」って部分です。

      僕がよく言うのが
      野球のピッチャーが「カーブの投げ方」を習うとして
      まったく同じ投げ方を教わっているはずでも
      人によって曲がり方が違うと思うんです。

      また、ちょっと極端の話、
      「カーブよりもフォークボールのほうがその人に向いている」
      そういうこともあるはずなんです。
      おっしゃっているのはまさにそこでしょうね。

      >今日15時を迎え、そのルールに従ってGBPAUGをロングでエントリーし、約9pips(スプレッドがあるので実質は約5pips)の利益を取れた(1時間足の青いラインに当たって利確)のですが、その後のチャートを見ると、最大で70pipsくらい伸びていました。

      ↑ここは「今後の課題」とし、
      まずは「勝ちやすい場面を選択出来ているかどうか?
      ここから順番に追及していくほうが良いように思いますよ。

      課題やテーマの達成については
      なるべく「細かく刻む」のがオススメです。

      小さな課題をひとつずつクリアする形のほうが
      やりやすいはずですので。

      具体的には
      「利を伸ばすのはあとからの課題」
      「まずは方向性の捉え方の精度向上」みたいな。

      もしかしたらデモ口座を使うことを
      屈辱的に思ってらっしゃるかも知れませんが
      課題を持って取り組む過程においては
      デモ口座でも良いように思います。
      「実験中」みたいなイメージで、です。

      苦しんでらっしゃる方に
      軽々には言えませんが、
      それでもあえて言いたいのは
      「まだまだこれから!」です。

      仮に現状すでに勝てている人であっても
      それは同じって話ですので。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    はい♡

    時間はかかると思いますが 、地道にコツコツと
    購入報告できるようにトレード頑張ります!

    今後ともご指導よろしくお願い致します。

  • 及川先生
    久しぶりの投稿になります。

    今回は初の月ベースでの勝ち逃げに成功したことの報告です。
    ありがとうございます!
    今までは無駄うちのトレードばかりで、損切りばかりでしたが、前回の時は勝率が50%でしたが、今は70%まで上がりました。
    及川先生の書籍に出会う前の勝率20%の時に比べればとんでもなく前進しました。
    自分のなかでもコツというようなものが、だんだんわかってきました。
    僕は、基本的にはトレードができる時間が19時以降なので、実際にポジションをとるのはニューヨーク時間になるんですが、トレードをする通貨ペアを
    ユロドル、ポンドルに絞ってその他は、すべて監視通貨ペアとし、トレードをやってみた結果勝ち逃げできるようになりました。
    完璧ではありませんが、ユロドルとポンドルの癖が見えてきた気がします。
    これも及川先生のデイトレ大百科を見続けていた効果が出てきたのだと思います。
    通勤時間が長いので、その時間にはずっと見ています。もう20通り以上見たと思います。
    覚えが悪いですよね。(笑)これからもずっと見続けていこうと思います。
    そう思っているときに、リオン式トレードを学べる機会が来るとは、大変光栄です。これからもよろしくお願いします。

    • kiri様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >今回は初の月ベースでの勝ち逃げに成功したことの報告

      ↑おぉ!
      それはありがたい話です^^
      まずはおめでとうございます。

      >及川先生の書籍に出会う前の勝率20%の時に比べればとんでもなく前進

      ↑確かリオンちゃんも昔は勝率20%って言ってました。
      順番的にそういうもんなんですかね?(笑)

      >完璧ではありませんが、ユロドルとポンドルの癖が見えてきた気がします。

      ↑同じ銘柄に絞るのは良いことだと思います。
      それこそ「今日のご機嫌」まで見えるイメージに到達して欲しいと思います♪

      >デイトレ大百科を見続けていた効果
      >もう20通り以上見たと思います。

      ↑ここまで来ると
      僕の講義内容とか、もはや関係ないかも知れませんね
      単なる「イメージトレーニング」なのかも(笑)

      >そう思っているときに、リオン式トレードを学べる機会が来るとは

      ↑逆に混乱の元にならぬよう、
      そこは充分ご注意ください。

      なにをやるにも重要なのは
      「取捨選択」です。

      自分にとって意味があると感じる部分だけ、
      上手に盗むようなイメージで!

      では、こちらのほうこそ
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    今年3月半ばからFXを始めた初心者のBLACKと申します。

    FXを始めたのはいいのですが全然勝てなく検索したらFXismに辿り着き及川先生の動画やリオンちゃんの動画を見て勉強をしてます

    先週の事ですが初めてリオン式でトレードをして偶然80Pips獲得する事が出来ました!

    が、、、

    その後に負けが続きマイナスになってしまいました…。

    時々勝手も全然利益に繋がらなく3月半ばからでマイナス500万以上になってしまいました…

    何故か買いや売りを入れると直ぐに反転して遠くに行っしまい待っても戻って来なく毎回損切になり損切貧乏りなってしまいます

    (俺、嫌われてるのかななんて思ったりも…)

    ちなみに自分はBig Boosを使っていますがレバレッチが555倍なのでトレンドが弱いと直ぐに反転してしまいトレンドが強いかなと思って買いや売りしても反転してしまいタイミングが全然分かりません?

    動画でも逆張りしたら越える事はあまりない事を言ってましたか自分がやると何故か7割りぐらいは越えてしまい戻って来ないのです

    ちなみにロットは0.2~0.4を1~3ロットぐらい

    自分もリオンちゃんと同じで20時間まではFXをしてませんが以前まではやってて、動画を見てからはやる時間を決めてやっても勝てない…

    センスが無いのかな???

    っとも思ってしまいます。

    自分には何が足りないのか?どうしたら勝てるようになるのか全然分かりません

    動画を見て勉強しても勝てないのは自分にセンスが無いからなのか?

    それとも他に原因があるのか?

    簡単な書き込みですがもしアドバイス等ありましたら宜しくお願いします。

    • BLACKさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >3月半ばからでマイナス500万以上

      ↑これは・・・随分と大きい金額ですね。

      「センスがない」って話が出ていますが
      僕からすると、
      まだそれを判断する以前の状態ではないかと想像します。

      一言でいいますと
      「実弾でやるのはあまりに時期尚早」ではないでしょうかと。

      相場は動き出しから一気に伸びることや
      逆に一度戻り目をつけてから伸びることなど
      いくつかパターンがあります。

      「それらのパターンの数々を直接見て、そして感じる」
      という経験がまだ圧倒的に不足しているのではないでしょうか。

      だとすると
      そこはセンス以前の「経験値」である可能性が高いはずです。

      よく分からないままお金を溶かしてしまうのは
      あまりにもったいないですので
      充分な手応えを感じるまではデモ口座でいろいろ試しながら取り組むことを
      まずはオススメしたいと思います。

      逆に言いますと
      せっかくデモ口座を使うのであれば
      何度か破産させる勢いでいろいろ試してみて欲しいと思います。

      「どうやると勝ちやすいのか?」も大切ですが
      「なにをやるとボロ負けしやすくなるのか?」
      ここも同時に実感を持てるようになると良いはずです。

      さらに言いますと
      せっかくのデモ口座ですので
      一度、よそから教わったり習ったり勉強したことすら
      一切無視し、思うように気の向くままやってみるのも良いですよ。

      そうする中で
      徐々に「統一性」のあるやり方に絞っていき、
      自分らしいやり方へと向かうのが個人的にはベターじゃないかと思っています。

      取り急ぎ本件は以上です。
      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です!いつも動画ありがとうございます。

    8月3日のyoutube動画のワンポイントレッスンの内容はとても共感しました。
    自分の周りでもいるんです。「金がない。いい金儲けの話ない?」って聞いてきたから自分が知ってる案件をいくつか教えてあげたんですけど、「それは初期費用がかかるから嫌だ。」とか「怪しい」とか「リスクが大きい」とか結局、口だけな人が多いんですよね、、、
    都合よくお金だけ得ようとする人が成功するなんてありえないですよね(汗)
    自分も及川さんと同じでそういう人が苦手です。最近は自分と同じ考えをしている人たちと過ごす時間のほうが増えてきました。自分サラリーマンなので会社にいくと結局そういう思考の人たちと一定の時間過ごさなきゃダメなんですけどね、、(笑)
    たとえ、まだ結果が出ていなくても上述している彼らとは違い、「自分は、もう行動に移している」「彼らとは既に違うステージにいる」と思いこみ、僕はここまで頑張ってきたんですけど、やはり思い込みやマインドコントロール的なことも重要なのですかね?及川先生の「栄光はクソまみれのその先にある」って言葉好きです!

    リオンちゃんのプロジェクトも面白いですね!トレードノウハウを言葉にするのってとても難しいと思いますが楽しみにしています(^^)

    及川さんお身体ご自愛くださいね。僕は手術とかはホント苦手で抜糸を想像しただけで震え上がります(笑)
    コロナも早く収まって先生のセミナーまた行きたいです。もし可能でしたらZOOMセミナー検討していただけませんか?(笑)
    とにもかくにも先ずはお怪我の治療に専念なさってください!
    これからも応援しています。

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >最近は自分と同じ考えをしている人たちと過ごす時間のほうが増えてきました。
      >サラリーマンなので会社にいくと結局そういう思考の人たちと一定の時間過ごさなきゃダメなんですけどね、、(笑)

      ↑僕も20代の頃
      サラリーマンを経験していまして、
      当時は若造でイマイチ気づいていませんでしたが
      今考えると尋常ではない後ろ向き話ばかり聞かされていましたね(苦笑)

      そういうのを拒絶したい中で
      それでも受け入れざるを得ない環境の大変さは充分理解できるつもりです^^;;

      >やはり思い込みやマインドコントロール的なことも重要なのですかね?

      ↑僕は「ここだけ」ってくらいにこだわっていたものでした。
      もはや『妄想レベル』でしたよ。
      「根拠などない!けどオレはやる子だ!」みたいな(笑)

      軽々には言えませんが、
      どこかのタイミングでご自分が望む環境にガラっと変える、
      などの出来事があると良いかも知れません。
      (難しいところですけどね、このご時世ですし)

      >僕は手術とかはホント苦手で抜糸を想像しただけで震え上がります(笑)

      ↑実は今回、日本にいる間に
      歯のインプラント入れ替えなど
      他にも「手術」的なことがまだ残っているんです(苦笑)

      抗生物質を飲みまくりで
      そのうち効かなくなるかも?とビビってます^^;;

      >コロナも早く収まって先生のセミナーまた行きたいです。もし可能でしたらZOOMセミナー検討していただけませんか?

      ↑ホント、、、困った世の中になっちゃいましたよね。
      海外との行き来が一日も早く普通に戻ることを
      心から願っています。。。

      セミナーもタイミングを観て検討すると思います。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、いつも動画やブログ、ありがとうございます!

    以前2度ほどコメントさせていただいた時は好調だったのですが、その後コロナ騒動であれよあれよと資金が消えていき、入金ボーナスのクレジットでなんとか生き残りましたが、それももはや4000円を切ってしまいました。
    BIGBOSSの最低入金額である5万だけでも入金しようかと何度か考えたのですが、4000円を4万円、40万円に出来ない者が、5万円を50万、500万に出来るわけないんだと思い直し、なんとか食らいついています(^^;

    及川さんに出会うまで、私は「”学ぶは真似ぶ”だ!勝てない自分は、とにかく勝ってる人のやり方を100%真似できるようにならなければ!」と思っていました。
    だから「この損切り幅はちょっとキツイな…」とか「このインジケーター見にくいな…」とか、自分の感覚とあわないものがあっても「イヤイヤ、これに違和感を感じない自分にならなくては!」と、無理やりそれを続けて、とにかく勝ちトレーダーさんたちのやり方を完コピすることを目指していました。

    でも、及川さんやリオンちゃんに出会えて、そうじゃないんだ、勝ちトレーダーさんたちの手法を丸ごと身につける必要はなくて、その中で自分にしっくりくるものを自分用にカスタマイズして、自分のトレードスタイルを見つけていけばいいんだと、やっと気づくことができました。

    また「やらないことを増やす」「自分の生活スタイルに合ったトレードをする」という部分も私にはとても重要だった気がしてきています。

    これまでは、短時間で稼ぎたいからボラの高い欧州時間!と選んでいたのですが、欧州時間、実は子育て世代の主婦にとってはこれから忙しくなるぞ!って時間帯なんですよね(^^;
    私は小学校×2、幼稚園、乳児の4人の子育て真っ最中なので、幼稚園のお迎え行って帰ってパソコン開いてたら小学生組が帰ってきて…
    おたより出して明日はあれがいるとかこれがいるとか宿題や連絡帳にサインくれとかお腹すいたオヤツ!とか!笑
    さらにはあぁ、夕飯の支度があるから17時半までには終わりたい…とかも考えだして。
    普通に考えて、そんな状況でしっかりしたトレード出来るほど自分は器用じゃないよなぁって。

    それで今は、きっぱり欧州は捨てて(NYは、子どもと寝落ちが多いのでもともと捨ててました笑)、東京のみに絞ることにしました!

    小学生組を送り出し、幼稚園の送りから帰宅しての8時半から。
    そこからチャートをチェックして9時前後に少し動きが出始めたあたりで入り、9時半~10時頃の勢いが出たあたりで決済することが多い感じです。

    通貨は、リオンちゃんみたいにGBPAUDやってみようかな?とも思いましたが、どうしてもスプレッドが気になるので✕。
    時間的にはやっぱりAUDJPYかな…と、しばらくAUDJPYのみをやっていたのですが、あまりピンと来ず…
    ボラが低いうちに入ることも多いうえ、短時間でのトレードで、あまり引っ張ることはできず小さな利幅を狙っているので、たとえ1.6やそこらのスプレッドでも邪魔で…(^^;

    そこで、それならいっそ一番スプレッドの低いUSDJPYにしてみよう!と、今はUSDJPYに絞って見ることにしました。←USDJPY、実はほとんどトレードしたことがなかったんですが…

    まだ日が浅いので、やってみた結果的なことは言えませんが、スプレッドが小さいとこんなに早く含み益になってくれるのか~と有難いし、悪くない手応えかな?と思えています!

    そしてなにより、同じ通貨を同じ時間帯で見続けることで、負けても、なんというか、落ち込まなくなりました!笑

    バグ出しが出来た気持ちになれるというか…

    「なるほどそう来るのか~、なら次はこうしてみよう!」とか「そうか、こういう時はこういう風に動きやすいんだな、よしよし、次こそは!」というような、むしろ「いいデータを取らせてもらったよ…ニヤリ」という感じかもしれません。

    これまでも「負けてもそこからの反省を次にいかせばいいんだ!これは負けではなくて学びだ!」思うように努力してはいたんですが、その”次にいかす”が上手く出来ず、結局「ハァ…また負けた…もう、なんなのよ~!」という気持ちのほうが大きかったんです。

    でも同じ通貨を同じ時間帯見ていると、反省を次にいかしやすくなったと思います。
    「~で損切りになったから、次は~してみたらいいかも?」と思ったことをトライしてみて上手くいった時は、本当に「勝てた!」という気がして嬉しいですし、そんな場面が少しずつですが増えてきています。

    まだまだ「勝てるようになりました!」と言える状況ではないのですが、いつか必ずその報告がしたいので、その日まで頑張ります!!

    今日は本当は、「自分の努力は本当に~」の動画にとても感動して勇気づけられて、及川さんに出会えて本当に良かった!!感謝の気持ちを伝えたい!!とコメント欄を開いたのですが、つい長々と近況報告をしてしまいました!
    お忙しい中すみません!!
    何かと大変な時勢ですが、お身体どうぞご自愛ください。
    今後ともよろしくお願い致します。

    • ちはる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >勝ちトレーダーさんたちの手法を丸ごと身につける必要はなくて、その中で自分にしっくりくるものを自分用にカスタマイズして、自分のトレードスタイルを見つけていけばいいんだと、やっと気づくことができました。

      ↑そのとおりだと僕も思います。
      人は誰もが違う性質や特徴を持っていますので
      同じモノを観ても違って見えることも実はかなり多いのでしょうね。

      >「やらないことを増やす」「自分の生活スタイルに合ったトレードをする」という部分も私にはとても重要

      ↑あぁ、これはリオンちゃん語録ですね^^
      彼女は散々もがき苦しんでから、そこを脱却して今に至るので
      説得力が違いますね

      >きっぱり欧州は捨てて(NYは、子どもと寝落ちが多いのでもともと捨ててました笑)、東京のみに絞ることにしました!
      >今はUSDJPYに絞って見ることにしました。

      ↑これ、、、なかなか良い案かも知れませんね。
      ガラっと状況が好転す予感すら感じます。

      普段、なかなか派手に動いてはくれませんが
      それが良い方に出ることを期待したいです♪

      一点注意を!
      「普段大きく動かない銘柄」を扱う際、
      けど、ときどきメッチャ動く時や時期もあるので
      そこのメリハリには充分注意なさってください。

      イメージ的には
      「スピードがいつもより速い?」と感じた際に
      危険なので逆張りはやめよう、など。

      >同じ通貨を同じ時間帯見ていると、反省を次にいかしやすくなった
      >本当に「勝てた!」という気がして嬉しいですし、そんな場面が少しずつですが増えてきています。

      ↑扱う銘柄は違いますが
      プロセスや「自分へのアジャスト」を意識しているあたりなどは
      リオンちゃんに通じる部分が多いと感じました。

      ドル円専属で
      派手ではないが日々着実な利益を!

      子育てママトレーダーとして
      もっともバランスの良いスタイルかも知れませんね♪

      今後に期待しています!
      次回以降の「嬉しいご報告」を
      心よりお待ちしております^^

  • 師匠質問させてください!

    師匠はエントリー、損切り、特にこの2つの根拠を立てるときに、水平線とmaどちらを使いますか?最近頭に情報を詰め込みすぎてどうしたらいいのか迷走してきたので教えていただきたいです。水平線は動かないというお話も覚えています。その中でも及川師匠が実際どのような考えでやってるのか教えていただきたいです。
    よろしくお願いします!

    • あきな様
      コメントありがとうございます。

      >エントリー、損切り、特にこの2つの根拠を立てるときに、水平線とmaどちらを使いますか?

      ↑正直、どっちも使いますので
      2択からのお答えはちょっと難しいです^^;;

      もし迷いがあるようでしたら、
      MAと水平線の位置がほぼ合致する場面を
      中心にやるのはどうでしょう?
      僕はこれ、案外よくやっています。

      結局、ナニを基準にしようが
      勝つときは勝ちますし負けるときは負けます。

      重要なのは
      「自分が納得できること」だと思うんですよね。

      「ここで切ると決め、実際に切った」
      「自分でそう決めたことだから後悔はない」

      こう思える内容にするため
      どうするか?という考え方だと僕は思うわけです。

      そもそも水平線も
      人によって引く場所変わりますからね^^;;
      そこに「明確な正解」などないわけです。

      もちろんテキトーにやるだけではよくないので
      水平線を引くなら引くで
      その引き方は研究すべきところです。

      ただ、それでもMAや水平線は
      僕の中では極論
      「自分を納得させるための根拠」でしかありません。

      その根拠をなるべく質の高いモノ、
      あるいは「アテになるもの」
      というか自分にとって「そう思えるもの」にする意識こそが
      重要ではないかと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは!
    及川さんいつも動画やブログありがとうございます!
    大百科はもちろんyoutubeで勉強させていただいてます.

    最近思ったことと,質問があります.

    最近思ったことは,及川先生が大百科や動画でたまに仰っていた,
    「及川式を自分のスタイルに合わせて変化させていくといい」
    という言葉.

    始めは意味が全く分かりませんでした.
    「なぜ完成されたものがここにあるのにわざわざ自分の都合で変えるのか?」
    と,

    最近コロナの影響で大学がオンライン授業となり,FXの勉強や実践に時間を費やせるようになり,いろいろと勉強,経験をする中で

    「手法に心(性格)を合わせるのではなく,心に手法を寄せ合わせていく」

    ということに気づけました.取引する上で大事なのは,何を扱うか,どこで入るかという理論的なこと以上に,これらを考えることが出来る冷静さをいかに保つか,だと今では強く思います.

    この冷静さを根こそぎ奪っていく人間の”欲”,練習しても変えられない”欲”を取引期間やlotなどを調整することで制御していく.ということに気づけました.

    自慢ですが,僕はデモ口座を4つ潰しました.「俺FX向いてないなと思った」と考えるほど追い込まれて,ようやく気づけました.これも及川先生の言葉あってのことだと思います.ありがとうございます.

    今は及川先生やリオンちゃんをベースにした,”自分の心”にあった取引時間長めの手法を作り,試し打ちしています.

    質問について
    質問は損切についてです.
    及川先生と同じく,僕は足の確定を待って損切をしていますが,
    レンジの底から,長期の動きと逆方向にシリーズ揃って長陽(陰)線でブレイクしたとき.かつ次の抵抗線や上位MAまで30pips位あり,ナンピンすると損が大きくなる,でもそこまで逆行きブレイクしたらタッチで戻るでしょみたいなブレイクはどのように対処されていますか?

    最近はリオンちゃんの手法公開もあり,お忙しいとは思いますが,お答えいただければ幸いです.

    • まさと様
      コメントありがとうございます。

      >「手法に心(性格)を合わせるのではなく,心に手法を寄せ合わせていく」

      ↑これは名言ですね。
      というか、最近「自分らしいやり方」関係のメッセージがとても多い気がします。

      これは実践する中で感じることでしょうから
      いかにみなさんが創意工夫をして日々奮闘されているのかが分かります。

      ちなみにもうご理解済かとは思いますが
      「完成されたもの」なんか、きっとどこにもないのでしょうね。

      僕だって、いまだに「もっと良いやり方はないか?」
      こういう気持ちでやっていますので^^;;

      >レンジの底から,長期の動きと逆方向にシリーズ揃って長陽(陰)線でブレイクしたとき.かつ次の抵抗線や上位MAまで30pips位あり,ナンピンすると損が大きくなる,でもそこまで逆行きブレイクしたらタッチで戻るでしょみたいなブレイクはどのように対処されていますか?

      ↑早めに切替が出来るのであれば
      個人的にはドテンで(その時点の)順側に乗りたい考えです。
      なんといっても僕は「超短期保有が最高」との考えだからです。

      先日、1000万の損失をスキャルで取り戻すYouTube動画がありましたが、
      あれも本当ならもっと早めにドテンしたかったのですが
      録画してて正直ちょっと手が固まってしまいました。

      ちなみに、なぜもっと手前からドテンを考えたか?なのですが
      ここは「過去にこの手の動きで逆抜けされたことが何度もある」
      というパターンだったからです。

      実際昔のYouTube動画ではあのような展開から
      ドテンで取り返した動画もあるはずです。
      (いつかは忘れましたが^^;;)

      このように「どう対処するか?」につきましては
      その対処初動が早めに出来るか、遅れるかでだいぶ変わってきます。

      繰り返しになりますが
      可能であれば上述のようなドテンの順乗りしたく、
      それが出来なかった場合はやむなく一度損切りで終え、
      次の展開を待つ、、、となります。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもブログや動画を拝見させていただいております。
    6月12日のブログ『日経225先物『暴落GET物語』の一部始終を総括します。』で
    コメントをさせていただいたものです。
    及川先生からのアドバイスをいただいてから、まずはデモ口座で始めること、
    ユロポンの相関性の確認はあえて横におき、個別チャートのキレイな形状で入る
    ことを考えることに重点を置き、次の30分切り替わりまで待つこと。
    その後、リアルトレードでこれまで毎日極微益が続いております。
    霧が晴れたようにトレードができ、まだまだではありますが、小さく
    なるほどと頷く場面が増えました。
    及川先生、ありがとうございます。

    そんな中、度々お伺いしたいのですが、
    最近チャートを見ても、エントリー位置がぼやけてしまい、なかなかエントリーが
    できなくなってしまいました。
    例えば上位足MAが全部上向きなのに、本当に上がるのかな?と疑ってしまい、
    押し目買いができなかったり、下げ相場でも同じくです。また、方向転換する
    かも?、と思ったローソク足だと感じても、エントリーできずに、チャートや、
    自分の考えを信じれずにいます。原因がわからないのですが、頭でっかちなのか、、、素直に騙されてだめっだら損切りすればいいと思うのですが、ぼんやり
    してしまって、うまくできません。
    駄文でわかりにくい質問をしてしまい、申し訳ございません。

    • ayaさま
      コメントありがとうございます。

      >最近チャートを見ても、エントリー位置がぼやけてしまい、なかなかエントリーが
      できなくなってしまいました。

      ↑これ、なんとなく分かりますね。
      僕にもそういう時期はありました。

      一言でいうと「考えすぎ」なのですが、
      理解が深まる過程における過渡期みたいなものかも知れません。

      前回がデモ口座活用のお話だったと思いますが、
      例えばリアル口座とデモ口座のMT4をそれぞれ立ち上げておき、
      「セオリーを疑う(アタマデッカチ的)時」はデモでやってみたらどうでしょう?

      5分足現場でやってますと
      ついさっきまではロングだと思えたものが
      今観たらショートに見える、、、
      なんてことがよくあります。
      これも過渡期ならではかも(笑)

      ところが、いろいろ考えすぎで
      「逆手」をやったとして、
      僕は結構後悔することが多かったです。

      もし、上記を試したデモ口座の成績が良い場合、
      それはそれで「感性的」に良いこととも言えますよね。
      (ま、トレードスタイルの再構築は必要でしょうけど・笑)

      本件のひとつの結論としては
      「理解が深まってきたゆえの迷い」
      おそらくはここだと推察します。

      で、迷うなら迷ってみれば良いんです。
      そうすることで「突破すべき道」が見えてくると思いますので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川 圭祐 様

    はじめまして!
    Fxスタートして1年半ほど経ちました。
    いろいろなテクニカルを講師から学びましたが、大きな損はしないながらもなかなか勝率の上がらない日々を過ごしていました。
    そして、約1年程前に「及川式デイトレ大百科」と出会い、則購入して動画コンテンツよりいろいろと学んでおります。
    もちろん当初はなかなか勝てませんでしたが、繰り返し繰り返し、そして繰り返しデイトレ大百科を観ました。
    チャートの形を覚え、どんな環境認識をして、どんなタイミングで及川さんがエントリーしているかを繰り返し観て学習しました。
    そしてその甲斐あってか数カ月前くらい前からどんどん勝率が上がってきました。
    この7月8月は勝率は多分7~8割になってると思います。
    ただし、まだエントリーロットが低いので大した利益にはなっていませんが、自分のトレードに確信が持てるようになってきました。
    もちろんまだまだ及川式(リオンさんのトレードも)で学びます!
    本当にすごい教材を発信してくださってると感謝しております。
    これからも宜しくお願いします。
    またメールさせて頂きます。

    • UPDATEさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >この7月8月は勝率は多分7~8割になってると思います。
      >自分のトレードに確信が持てるようになってきました。

      ↑なんともありがたいご報告ですね^^

      初投稿でこの内容ですので
      次回以降、どこまで凄いモノになるか
      大変楽しみです♪

      こちらのほうこそ
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも貴重な情報をいただき、ありがとうございます。今年5月からFXを始めたばかりで、及川先生の大百科やYouTubeから目を離せない状態でおります。リオンちゃんのトレード法を取り入れて是非行ってみたいです。

    今日はおすすめのノートパソコンがあれば教えていただきたくコメントしてみました。*大百科内にある「ヨン様のパソコン選び」を拝見したところ、選んだモノが販売終了しており(HPの11万円台のノートパソコンでした)、あまり詳しくなく悩んでおります。。
    現在販売中のノートパソコンの中で、及川先生のオススメがあるようでしたらアドバイスいただけないでしょうか??

    いつも役立つ情報をありがとうございます☆

    • みや様
      コメントありがとうございます。

      >おすすめのノートパソコンがあれば教えていただきたく

      ↑ごめんなさい!
      僕もその手はまったく詳しくないんです(汗)
      いつも運営スタッフに選んでもらってる始末でして(苦笑)

      もし、どうしてもってことでしたら
      お手数ですが運営事務局へご相談ください^^;;
      info@fxism.jp

      お役に立てず申し訳ございませんでしたm(_ _)m

  • 及川先生こんにちは
    今回は2回目のコメントですが、前回は丁寧にご回答頂きありがとうございました。
    今回お聞きしたいのは時間帯についてですが、自分は兼業の為、NY時間で押し目買い、戻り売りでトレードを行なっているのですが成績が良くありません。そのためこの2週間はトレードは行わずにチャートを見続けて、本日久しぶりに鉄板だと自信を持った場所でトレードを行なったのですが、あっさり逆に行かれ2回のトレードで350pips以上負けてしまいました。この負けは入り方や、色々反省する点が多々あるので仕方ないですが、トレード前の環境認識でいつも思うのですが日本時間、欧州時間のチャートは押し目、戻り目に素直に反発して勝ちやすそうな気がしてしまいます。終わったチャートですので好きな事が言えるのですが先生の感覚としてはどの様に感じておられるのでしょうか?仕事上NY時間でトレードをするしかないのですが、派手に負けたあと思考が堂々巡りをして先生に聞いてみたくなりコメントをしました。
    皆さん沢山コメントを残されているので、このコメントを残す項目までスクロールするの大変でした。でもそんな皆さんからの沢山のコメント全てに真摯に回答される先生は当然もっと大変で行なっておられる先生に驚愕しています((((;゚Д゚)))))))
    リオン式の公開も含めて今後の活動も楽しみにしていますので頑張ってください。

    • ハスキー4everさま
      コメントありがとうございます。

      >日本時間、欧州時間のチャートは押し目、戻り目に素直に反発して勝ちやすそうな気がしてしまいます。

      ↑ここは結構「言えてる部分」だと僕も正直思います。

      決めつけるのは良くないですが
      傾向として僕はNY時間に対し
      「壮大なレンジ」となる可能性はいつも意識しています。

      欧州時間であれば
      逆食ったら損切りからドテンをしたりもしますが
      NY時間でそれをやることはほとんどないんです。

      むしろメッチャ踏まれた時こそナンピンのほうが良い、
      くらいのイメージですね
      (あくまでイメージで、実際常にそうしているわけではありません)

      近年の僕はYouTube動画や
      受講生さん向けレクチャー以外でNY時間をトレードすることはほとんどないので
      ウォッチの総時間がそもそも短いんです。

      ですのでここは「NY時間でメシを食う」って人が
      がんばって見出す必要がある部分だと思いますね^^;;

      僕の方にも
      「もっとNY時間をやってくれ!」というリクエストというか
      プレッシャーというか(笑)がかなり届きますので
      今後もチョイチョイとはやるつもりです。

      その中で上述のお話をする機会はあるかなと思っています。

      ただし、現場で「壮大なレンジ前提のド派手なナンピン」は
      まず間違いなくやりません(汗)

      そうなることを知視野に入れつつ、
      小刻みなトレードにて対応することになると思いますので
      そのあたりも意識しつつ観ていかれてはどうでしょう?

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    毎日及川先生の動画見させて
    頂いています。

    リオン式の話を聞いて
    勇気をもらいました。
    何故なら
    私も99%ショートしか入らず
    またゾーントレードを
    行っていたからです。
    自分では
    偏ったやり方なのかな?と
    ずっと悩んできたため
    本当に嬉しいです。

    私もリオンさん同様
    チャートを見ている時間が長く
    今まで一度マイナスで退場して
    また今年3月のコロナで相場が
    動いた際にトレードを再開しました。

    色んな本を買って勉強しましたが
    ラインを読むというのが
    どうしても出来ず
    自分で意識しているのは
    直近の高値や安値
    チャートの月日時間単位の
    動きなどを見ながら
    ショートで入りやすいところを
    厳選して入っております

    あと時間的なクセのような
    ものも検証しながら
    記録してポジションを持ってます

    先生に質問です
    ほとんどチャートの専門的な
    インジケータなどは
    一切使用せず
    3月→50万
    現在→90万まで
    プラスになりましたが

    インジケータを使わずの
    私のやり方でも
    先生がおっしゃっていたように
    結果が出れば
    このやり方で
    やっていけばいいのでしょうか。。

    どうしてよいのか
    わからなくなって
    きています。

    お忙しいところ大変
    申し訳ありませんが
    ご指導頂けましたら
    有難いです。
    よろしくお願いします。。

    • くみ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >リオン式の話を聞いて勇気をもらいました。
      何故なら私も99%ショートしか入らず
      またゾーントレードを行っていたからです。

      ↑女性にあった発想なんでしょうかね?(笑)

      >インジケータなどは一切使用せず
      3月→50万 現在→90万までプラス

      ↑充分な成績ですよね。
      インジケーターに頼らずに勝てているということは
      そこになんらかの「コツ」があるのだと想像します。

      しかもインジケーター表示なしで見つけられるコツなのだとしたら
      それこそ「王道」の見方が出来ている可能性がありますので
      そのままで良いのではないでしょうかね。

      リオンちゃんもローソク足とMAのみでやってますし。

      彼女とは話が合うかも知れませんので
      なんなら彼女とやりとりされてみてはいかがでしょう?

      僕からのアンサー以上に
      自信を持てるきっかけになるかも知れませんので。

      では
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    はじめまして、初コメントさせていただきます。
    FXは13年前頃に初めて着手して全財産を溶かし、それから為替や株トレードからは離れていたのですが、いろいろと社会人経験を踏み、世の中の大局や人の心の動きなどがなんとなく見えてきたように感じ、これはトレードでも生かせるのではと思ったのと、及川先生の理論に共感することが多かったので再びFXに触ることにしました。
    私事ですが、本業でYouTuberのマネジメントやコンテンツ制作をしておりまして、そこでも「いろんなことをやりたいことまかせにバラバラとやっては伸びない」であったり「得意なことに一点集中する」という持論を持っていたので、及川先生やリオンさんのように、やることを減らす、得意なことに絞る ということがすごく通じる部分があり、最初は負けるかもしれないけどいつか絶対に勝てるようになれると確信を持ちました。
    同じくして、ゴルフも少し嗜んでおりまして、ゴルフの基礎もやはり最初から全力振りをするのではなく、小さい幅(振り幅を時計に例えて3時9時なんて言ったりします)から軌道を覚えて、徐々に広げ、また崩れたら小さい振り幅に戻して確認する ということをレッスンで教わり「崩れたら1つ前に戻る」ということの大切さを実感しました。

    FXの実績はといいますと、資金100万円から5月ころにはじめ、順調に130万円くらいまえ増えていったのですが、チャートを長時間みて一日中やってしまうこと、だんだんとエントリーが適当になってしまうこと、当初決めた損切りポイントで切らずに次の抵抗線まで持ってしまうこと、負けたあとに大ロットで一か八かのギャンブルをしてしまうこと。などやってはいけないことのオンパレードが調子が乗ってくると遊んでも大丈夫という気持ちが出てしまうのか、結局90万円になり、60万円になり、80万円に戻し50万円になり とちょうど資金を半分にしたところで、改めて「選択と集中」であったり、「確実にできること」に立ち返らないと0円になるな と思い、それを徹底したい決意表明の意味でコメントをさせていただきました。

    今やろうと思っていることは、及川先生のいう「鉄板の形」のみを、「特定の通貨」で「特定の時間で」だけでやっていこうと思っています。
    ゴルフでいう3時9時よりもっと狭い4時8時くらいの狭い範囲からの素振りをしていきたいと思います。
    こんな形になったらエントリーするという、形をまとめた単語帳みたいなものがあったらいいのにななんて思いつつ、きっとそんなのをファイリングしている方もたくさんいるんだろうなと思いますが、やっぱりそれでも最新の時間の動きというのはいつも生モノだと思いますので、そのときの判断がどうだったかの蓄積でしかないんだろうなと思いながら日々小さな積み重ねをしていきたいと思います。

    いつか億り人になった際には、あーあのYouTubeやってるって言ってた人ね!というお話をしながらお酒が飲める日がくるといいなと夢みています。
    引き続き勉強させていただきます!

    • ヨシヒコ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >FXは13年前頃に初めて着手して全財産を溶かし

      ↑ってことは2007年ですかね、、、
      僕がFX始めたのとたまたま同じ年のようです^^;;

      >ゴルフの基礎もやはり最初から全力振りをするのではなく、小さい幅(振り幅を時計に例えて3時9時なんて言ったりします)から軌道を覚えて、徐々に広げ、また崩れたら小さい振り幅に戻して確認する

      ↑これは確かに通じる点がありそうです。
      僕はゴルフはからっきしですが
      もしやり始める日が来た場合はこのお話を思い出したいです(笑)

      >チャートを長時間みて一日中やってしまうこと、だんだんとエントリーが適当になってしまう

      ↑これは耳の痛い人がめっちゃ多い話だと思います。
      集中力自体、そんなに持たないですからね^^;;

      >今やろうと思っていることは、及川先生のいう「鉄板の形」のみを、「特定の通貨」で「特定の時間で」だけ
      >ゴルフでいう3時9時よりもっと狭い4時8時くらいの狭い範囲からの素振り

      ↑良い試みだと思います。
      その後、広げていく、ということも含め、でそう思いました。
      (無理して広げる必要はないですが)

      >いつか億り人になった際には、あーあのYouTubeやってるって言ってた人ね!というお話をしながらお酒が飲める日がくるといいなと夢みています。

      ↑その際はぜひとも「申告」なさってください。
      僕がごちそうするって「しきたり」がありますので♪

      では
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、お怪我の具合はその後いかがですか?
    動画でもおっしゃっていた通り、いまは再び自粛が求められている世の中ですのでお怪我の回復にはいいのかもしれませんね。

    以前、巨泉さんのアーリーリタイヤメントの時にコメントさせていただいた、師匠とドンズバ同い年の潜在能力信者(!?)のaritakaと申します。

    師匠の動画と出会ってちょうど1年、TRIBEに参加して半年ちょっとですが、まだまだ「及川式」では勝率が低いです。
    これは言うまでもなく私のチャート精査の仕方が甘さが原因です。
それが分かっているので、どうやら自分の性格(せっかちで心配性、最小限の努力で最大の結果を求める)に合っていると思われる「佐藤式」(と勝手に呼んでおります)、すなわち分速パラボリックをデモで練習した後本口座に移行し、佐藤式資金管理と併せることで億へのスモールステップを踏み出しました。
    あとは「自制」さえできればゆっくりでも確実に億に到達します。
    しかも1年と7ヶ月で!(コーチの資金管理表によると♬)
「とにかく待つ」「ちゃんと損切りする」。
    一生のテーマですね。
    師匠、佐藤コーチ、ヨン様、事務局の皆さまには感謝の気持ちしかありません。
    本当にありがとうございます。

    一方で「佐藤式」はどちらかというと欧州、NY時間メインの手法となると理解しいるため、東京時間に合っている「リオン式」も勉強したいと思いつつ「まずは『佐藤式』に集中して、そちらに自信が持てるようになったら『リオン式』も勉強しよう」と手付かずでいたままTRIBE期間も終了、今日にいたっていました。
そんな中、今回のリオン式フィーチャー!
すごく嬉しいです!
これを無料で配布公開ですか!? 凄い、凄い!
皆さんの太っ腹さ、心意気に改めまして感動しています。
ますます仲間が増えますね♬
    もちろん我らTRIBE生にとっても、期間終了後にも関わらず素晴らしいご教授をいただける貴重な機会となります♬
8日の20時を楽しみにしております!

    引き続き、今後ともどうぞよろしうお願い申し上げます。




    • aritakaさま
      コメントありがとうございます。

      >お怪我の具合はその後いかがですか?

      ↑はい、世間の「自粛ムード」のおかげで極めて順調です(苦笑)

      >分速パラボリックをデモで練習した後本口座に移行し、佐藤式資金管理と併せることで億へのスモールステップを踏み出しました。

      ↑佐藤さんはロジックを限りなく明確にすべくやってますので
      迷いなくやるには良いかも知れませんね。

      >まずは『佐藤式』に集中して、そちらに自信が持てるようになったら『リオン式』も勉強しよう

      ↑はい、それが良いと思います。
      あるいは佐藤式できっちり勝てるようになった際は
      もはやそれ以外のことは一切やらないって選択もアリだと思いますよ。

      FXはロットをあげればそれだけ利益額も増やせる競技なので
      勝ち方を増やすことに血眼になる必要はないはずですので。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして、及川さん。
    初のコメント失礼致します。
    いつも、動画やブログ有難く、楽しく拝見しております。
    天才チャートや今回のリオンさん企画でのツールなど、とてもありがたく頂戴しております、本当にありがとうございます、FXismの方々にも本当に感謝です、これからも宜しくお願い致します。

    バイナリーオプションから初めて為替歴3年目に入りましたが、及川さんとリオンさんの、動画&著書&コラムに出会い自分の方向性(トレードスタイル)をようやくみいだせました、まだ結果は出せておりませんが、本当に感謝しております。
    お忙しいところ恐縮なのですが、及川さんはバックテストについてどうお考えでしょうか、もし可能であればお聞かせください。
    「自分の手法を固め、バックテスト何年分、何十年分行い、勝率を割り出すべき」という主旨の動画がいくつもありますが、自分にはボリバンタッチ&RSI一定数値以上逆張り、、などなどの固定的?数値的?手法は無く、及川さんから教わった、通貨強弱、時間管理、資金管理これらを守り、臨機応変にトレードして行こうと考えております。
    及川さんのご意見を頂けたら、ありがたいです。

    まず目標である”月40時間以内の監視で20万円獲得”を達成すべく、これからもリオンさん、及川さん、に勉強させて頂きます。

    • 大阪のGさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんはバックテストについてどうお考えでしょうか

      ↑ここは正直微妙ですね。
      個人的には結構懐疑的ですらあります。

      というのも、そもそも僕は
      同時に複数の通貨ペアを観るやり方なので
      バックテストが出来ないんです。

      バックテストが出来ないやり方だから普遍的たり得る・・・
      自分ではそんな風にも思っているんですよね。

      もちろんバックテストのすべてを否定する気はありません。
      けど、
      「そんじゃ何年分やるのが良いの?」って話になったとき、
      5年前と今ではかなり相場の雰囲気も違います。
      10年前ならまるで別物かも知れません。

      あ、共通している部分ももちろんありますが、
      つまり「共通してたり相違してたり」が混在していることが
      ますますバックテストの設定の難しさではないかと思うんですよね。

      参考までにバックテストをベースに作った自動売買EAで
      長年勝ち続けたものは僕が知っている限り「皆無」です。

      これがひとつの結論ではないでしょうかね。。。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    いつも有益なお話をどうもありがとうございます。

    「リオン式トレードノウハウの全貌公開」

    1.僕のメルマガへご登録の方
    2.FXismのLINE@へ友達登録されている方
    以上の方々にだけお届けする
    『限定公開』とさせていただきました。

    とのことですが、FXismのLINE@へ友達登録をしているのですが、その後
    どうすれば、
    「リオン式トレードノウハウの全貌公開」
    に辿り着けるのでしょうか?

    お忙しい中、申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

    ※FXism事務局に問い合わせしたところ、
    「及川圭哉@FXism」アカウントに
    直接メッセージをするように言われ、メッセージしたのですが、ノンリアクションのため、こちらにコメントさせていただきました。

    • 裏チャネルで第三波 さま

      いつもお世話になっております。
      FXism事務局です。

      この度はご不便をおかけして申し訳ございません。
      このあとすぐLINE、メールにてプロジェクトの詳細のご案内をお送りいたしますので、
      そちらをご確認いただければと思います。

      よろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めてコメントさせていただきます。
    ご挨拶と感謝、質問と続けさせて頂くので長文になってしまいますがご容赦ください。

    まず、さまざまな場を無償で提供して下さっていることに本当に感謝しております。

    私は及川先生をYouTubeのトレード動画で知り、お考えに深く感銘を受けた者の一人です。

    私が及川先生に衝撃を受けたことはインパクトのあるロットや金額、手法でももちろんですが、何より

    「月木、欧州メイン」

    こういった規則性を持って動画の配信をされていたこと。

    それともう一つ
    「こうなったら足します」
    などと明言される事。

    トレードを公開している方は数多くいますが、私は意識的に「作り物」として見るように心掛けています。
    極論、数回取引をすれば半丁博打で勝ちトレードを作れて、それに後付けで根拠を付ければ常勝トレード動画になってしまうと考えているからです。

    それが許されないスタイルに初めて見えたのが及川先生でした。

    また動画を拝見していると説明や解説
    の内容はもちろんですが、それ以上にその伝え方、会話の組み立て方、質問の本質の汲み取り方などにいつも感銘を受けています。

    私が及川先生に提供出来るものは何一つありません。
    勝手に、一方的に色々な事を与えて頂いているだけです。
    その上で更にこうしてズカズカとメッセージまで足を踏み入れて、、、汗
    厚かましいのは重々承知しているのですが、どうしても今のトレードの悩みを突破するヒントが欲しくてコメントした次第です。

    前置きが長くなりましたが及川先生に是非お聞きしてみたい事が2つあります。

    質問1
    及川先生がもし仮にスイングトレードを主軸にするとしたら、一番に軸を置く事は何でしょうか?

    (質問意図)
    私は本業を持っていまして、色々な条件を考えるとスイングトレードを確立する事が理に適っていると至りました。
    先生の
    「相場にいる時間を長くするほどリスクが増える」というお考えにとても共感しているのですが、私はトレードを生活の中心としたルーティンを作る事が難しく時間軸を手法ベースに組み込む事ができないため、デイトレードではどうしても場当たり的な取引を繰り返してしまい、少なくとも今の環境では太刀打ち出来ないと至りました。

    では真っさらな状態からスイングトレードを考える場合、まず何を一番の軸としてそこに肉付けをするか?と悩んでいます。
    例えば
    「日足の高安値を軸に手法を組み立ててみよう」
    「そもそもファンダメンタルズを最重視しよう」
    「ローソク足の形に特化して考えよう」
    などです。

    それ一つに絞る。という意味ではなく、「ここにまず着目してみては?」という意味合いの質問です。

    将棋に例えると、真っさらな状態での先生の第一手を聞いてみたい感じです

    質問2
    今までトレードルールを変化させる際、特に「今まで守ってきたルールを捨てる」という経験がありましたら、その時の心境やそうなった経緯など聞いてみたいです。

    (質問意図)
    私はfx歴1年、師はおらず、セミナーや教材も手を出した事がなく、全て我流で始め現在に至ります。
    困った事に始めた頃の方が今より勝率が高く、現在何をやっても裏目になる時期が続いています。
    私は最初にストキャスティクスを主軸にトレードを始めました。性に合っていたのか「このパターンならシグナル出てるけど違うかな?」みたいな感覚が掴めていき、ストキャスティクスをベースにしながら、騙しのシグナルを回避する。みたいなトレードを続けていきました。
    最初は感覚や雰囲気でやっていたのですが、それがうまくハマり勝ちが続きました。
    今度はその感覚を明確な理論にしたい。そう考え、様々なテクニカル分析を使いました。
    騙しのシグナルの時、MACDはどうか?移動平均線はどうか?出来高はどうか?RSIはどうか?
    など。自分の感覚に何か法則性はないのかと様々なテクニカルツールをチャートに組み込み検証しました。
    しかし、結果として色々な事を知り過ぎた事でフィルターだらけで視界が真っ暗になりました。
    何が正解だったのかがどんどん曖昧になっていき、テクニカルツールに思考を支配され、バランス感覚が無くなってしまったような感じがしました。
    「こっちではシグナルだけど、こっちでは違う」
    気付くとテクニカルツールに振り回されていて、
    「利用していたつもりが、誘導されてしまっている」
    ここに至りました。

    ここで私が考えたのが
    「全てのテクニカルツールを消し、ロウソク足と水平線だけしか見ない」
    という、今までのやり方を全否定する方法です。
    これが正解なのかはわかりませんし、何より私が一年間見続けてきた「ストキャスティクス」という武器?を捨てる事にも抵抗があります。
    どんなに迷っても波があっても一つの手法を極め続ければそこに活路が見出せる。というのが最初に私が拠り所にした考えだったからです。
    しかし今現在だけで言えば、間違いなくストキャスティクスを見ればそれに思考が左右され、柔軟にチャートを見れていないと思っています。

    もし及川先生にも似たような経験がありましたら、その時何を考え、どう突破したのかをお聞きしたいと思いました。

    長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。
    これからも及川先生のさらなる御活躍楽しみにしています!

    • toshi2020さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「月木、欧州メイン」
      こういった規則性を持って動画の配信
      >「こうなったら足します」
      などと明言される事。

      ↑近年はもうそんなに意識もしていないのですが
      以前は「どうせインチキ」系に対し
      ツッパっていたのを思い出しました。
      上記はその名残です(笑)

      >質問1
      及川先生がもし仮にスイングトレードを主軸にするとしたら、一番に軸を置く事は何でしょうか?
      >「ここにまず着目してみては?」という意味合いの質問です。

      ↑随分と難しい質問ですが、
      実は僕も以前は4時間足の「プチスイング」でやっていた時期もあります。
      大体1泊2日くらいのスイングにしては短い保有でしたが。

      株などでも似たような相場観を持っているのですが
      僕は「トレンドが始まった?」や「フラグが立った?」のような
      明確な変化を伴う「動き出し」を常に意識すると思います。

      で、「始まったトレンド」に対し短いモノでも2日くらいは持つという前提で
      1泊2日、みたいなそんなやり方をすると思います。
      これは「テクニカルメイン」の考え方ですが
      逆に言うと「ファンダメンタルズの影響を受けにくい保有時間」を意識してのことです。

      テクニカルはファンダメンタルズ(材料)の前では無力ですので
      テクニカルでやるならファンダメンタルズの影響をなるべく受けずにやるべき、
      これが僕の考え方です。

      もちろんファンダメンタルズでやるのもアリだと思いますが
      僕はそれを為替ではやらないですね。
      (やるとしたら他の投資種目にすると思います)

      >質問2
      今までトレードルールを変化させる際、特に「今まで守ってきたルールを捨てる」という経験がありましたら、その時の心境やそうなった経緯など聞いてみたいです。

      ↑その後の「意図」も拝読しましたが
      ここのお気持ちは僕もよーく分かります。
      僕もいろいろ試しましたので^^;;

      ただし、僕の場合は
      「それまでの全否定」のような変更はなかったですね。

      チョイチョイ足したり、そんでもって引いたり、
      開店以来、継ぎ足し続けてる「秘伝のタレ」みたいな感じです(苦笑)

      >「全てのテクニカルツールを消し、ロウソク足と水平線だけしか見ない」

      ↑これはリオンちゃんもそうなので
      考え方自体が悪いとは思いません。

      一方で、

      >何より私が一年間見続けてきた「ストキャスティクス」という武器?を捨てる事にも抵抗があります。

      ↑オシレーターは相性があると思ってますので
      相性の良いものを無理して棄てる必要があるのかな?
      そんな風にも思います。

      相場分析やトレード戦術に重要なのは
      多角的な視点ですよね。

      なにか「圧倒的に異なる目線」という意味で
      オシレーターを活用するのも悪くはないようにも思います。

      >色々な事を知り過ぎた事でフィルターだらけで視界が真っ暗

      ↑確かにこれが一番具合の悪い状態でしょうから
      一度スパっとすべて捨てるのも一考でしょうが、

      要するに
      「あまり頑なに決めないでも良いのでは?」
      ナンパな回答で恐縮ではありますが案外これが本音です。

      いったん全部捨てる、
      ここからリスタートするとして、

      ・そのままMA&ローソク足オンリー
      ・ストキャスを加味した場合

      シンプルにこの2つを両方試し、
      しっくり来る方で進めていくのが自然ではないかなと
      そんな風に思った次第です。

      軽々に「こうした方が良い」とは言いにくい内容でして
      イマイチ歯切れが悪くお感じであれば申し訳ございません。

      最後の最後に凄いことを言いますと、
      「自分の直感を信じる」
      なぜなら
      「そのための創意工夫は充分してきたからだ」
      これが僕の正直な結論ですね。

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです師匠!
    いつもありがとうございます。
    リオンさん凄いですね。゚(゚´ω`゚)゚。
    僕も心が揺らぐ時もありますが、なんとか自分の手法を磨いております。
    師匠に相談があるんですが、今の僕の手法なんですけど、正直に言いますと、利食いか損切りのトレードになっています。
    エントリー後に含み益。
    確かに実現できています。
    それらは「絵」で覚えていて、確かに振り回される事もあるので、損失許容範囲外になると、市場を変えてまた新たな勝ちパターンまで待つのですが、リスクを追わないとダメと言う事も聞きますが、これってリスクを追えていないトレードになるのでしょうか?
    ポンドの崩壊トレード。
    1時間MAからのブレイク。
    抜けの1押し
    逆張り。など。
    15分MAより、1時間MAまで引き付けてトレードする事が多くなりました。
    先にいかれるともう見送ります。
    もちろんナンピンもしますが、先程も申し上げましたが、利食いか損切り。バーンと動く場面のみでトレードしていますので、そうならなければすぐに撤退して、また新たに伸びる場面に乗り換えています。これってリスクなんでしょうか。。。師匠の考えるリスクとはなんでしょうか?よろしくお願いします。

    • MT4戦士さま
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >今の僕の手法なんですけど、正直に言いますと、利食いか損切りのトレード
      >15分MAより、1時間MAまで引き付けてトレードする事が多くなりました。
      >先にいかれるともう見送ります。

      ↑これらを統一してやっているのであれば
      ナニも言うことはないですね。

      >師匠の考えるリスクとはなんでしょうか?

      ↑リスク・・・
      「トレードをすること」がそもそもリスクです。

      どんなに優位性が高かろうとも
      損切りをちゃんと出来ようとも
      それらは「なるべくリスクを軽減するための創意工夫」でしかないですので
      リスクは常に存在するはずです。

      ていうか、
      それ言い出すと
      「生きて行くのもリスク」ですけどね(笑)

      なぜ急にこのようなご質問となったのか
      イマイチよく分かっておりません^^;;

      ご自身がやるべしと決めたことを遂行しているのであれば
      その結果を一定期間において判定するまでの間、
      続行で問題ないのではないでしょうか?
      そのみち「リスク」はありますので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    お世話になっております。

    先日はコメント返信ありがとうございました。
    ポンドちゃんとユーロさんの件、及川様に、秀逸と言っていただき自信になりました。

    そんな自信がつき口説けないユーロさんは相手にせずポンドちゃんと
    戯れています。
    欧州時間をメインでトレードしておりポンドが主導で動いているときはなんなく勝てるのですが、
    「ドル」と「円」が主で動いているときは訳が分からなくなり先日ほぼ全損してしまいました。

    「ポンドちゃんだったら何しても許されるだろう」みたいな驕りもあったのかもしれません。

    そこで、相談があります。
    実際にエントリーはしなくても
    ユーロ円、ユーロドル、ユーロポンド、ドル円は注視した方がいいのでしょうか?
    (そもそも及川様は注視していると思います)
    また、ドルと円が別々に動いているときの捌きかたなどポイントがありましたら教えてください。

    とりとめのない文章になってしまいましたがよろしくお願いします。

    • 倉庫作業員さま
      コメントありがとうございます。

      >実際にエントリーはしなくても
      ユーロ円、ユーロドル、ユーロポンド、ドル円は注視した方がいいのでしょうか?

      ↑僕的には「観た方が良いのでは?」との立場です。

      例えばユロポンでユーロが強い側だとして
      これは「ユーロが強い」のか「ポンドが弱い」のか、
      そういった部分の確認が出来ると全体のイメージが僕は掴みやすいんです。

      具体的には
      上記のようなときにユーロが横横の動きなら
      「明らかにポンドが弱い」「ポンドが明確に売られている」
      「ポンドの下落が今の主役」こういう見立てが出来るので
      同じ下落中でもその内容や濃さの判断がしやすくなると思います。

      >ドルと円が別々に動いているときの捌きかたなどポイントがありましたら教えてください。

      ↑これはイマイチ意味が分からないのですが
      それってつまり「ポンドかユーロがメイン」って状態ではないでしょうか。
      だとするとそれらを注視、、、ですね。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • たまたまです!

    師匠、本日も欧州時間のトレード動画ありがとうございます。

    今日の相場、ポンドが強い側でユーロが弱い側、僕は16時過ぎから同じ場面を裏でユーロを売ってました。

    行ってこいになって、しかもここはもう買ってる人は逃げるしかないでしょ?ということで入りました。

    そこまで引っ張ってはいませんが手応えを持って勝てました。

    あと、ポジション持ってても安心でした。

    僕はいま、MAから近いものを徹底する練習をしているので、その選択からもポンドは避けて、ユーロチョイスでした。

    それにこの場面のユーロなら上昇しても損切りが浅く、勢いよく上がり、なおかつユロポンも上昇するならユーロをドテンでロングしてもいいなと考えていました。

    こういう、すんなり勝ちやすく、逆に行っても勢いによってはドテン可能な場面に絞っています。

    この辺り、簡単にでもコメントいただけたら嬉しいです。

    また動画のメインのポンドのロングですが、ああいう場面は1MAから距離があるので、逆行かれた時に損切りが深くなりがち、なおかつドテンはできないポイントが多く、大きな勝負になることもあり、現時点では得意としておらず、避けています。

    大勝負になる可能性のあるトレードは避けがちです(汗)

    そんな中もしこの場面を大勝負にせず、普通にトレードして終わらせるためには、どんな戦略があるか?を考えています。

    最後に支障が足した場面で、水平線管理、もしくは15MAの辺り、ここまで引き付けてエントリーできればいいのかな?と思っています。

    行かれちゃった場合はしかたない、しっかり戻ってきたら入る、というスタンスかなと考えています。

    まずはMA密集付近をメインの得意場面にして、手数を増やす段階になったら、今回のように強い相場に少しずつ入れるようになることかな?と考えています。

    アドバイスいただけると助かります。

    • たまたま様
      いつもコメントありがとうございます。

      >僕はいま、MAから近いものを徹底する練習をしているので、その選択からもポンドは避けて、ユーロチョイス
      >すんなり勝ちやすく、逆に行っても勢いによってはドテン可能な場面に絞っています。

      ↑一言でいうと「最高です♪」
      なにも言うことはありません。

      >動画のメインのポンドのロングですが、ああいう場面は1MAから距離があるので、逆行かれた時に損切りが深くなりがち、なおかつドテンはできないポイントが多く、大きな勝負になることもあり、現時点では得意としておらず、避けています。

      ↑明確な考えを持ってやっているのが分かりますので
      まったくもってそれで良いと思います。

      >水平線管理、もしくは15MAの辺り、ここまで引き付けてエントリーできればいいのかな?と思っています。

      ↑おっしゃるとおりすぎて
      ちょっと耳が痛いくらいですね(笑)
      僕の仕掛けが早すぎなのは確かでしたし^^;;

      ただ、言い訳させてもらいますと
      僕は「活きの良いモノ」をやりたいので
      しかもそれがポンドであれば、
      まぁそっちにどうしても向かってしまうんです。

      で、もちろんもっと引きつけたいのですが
      来ないで行かれてしまうのもシンドいので
      少々リスクが過重になろうとも僕は「鮮度重視」でやることが多いです。

      >まずはMA密集付近をメインの得意場面にして、手数を増やす段階になったら、今回のように強い相場に少しずつ入れるようになることかな?と考えています。

      ↑今回は全編、
      なにひとつツッコむところがありませんでした(苦笑)

      テーマや手順などもしっかり考えてらっしゃるので
      逆に余計なことは言いたくないですね^^;;

      ぜひともその調子でがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    初めてコメントさせて頂きます。
    及川式を学び初めて、デモ口座ではありますが、できる時はトレードをしています。
    及川式されてるみなさんのようにうまくいかない日々が続いています。
    今はトレードをすると言うよりも、時間があれば、このブログを片っ端から読んでいるところです。(宝の山だと聞いた為。笑)
    そして、リオン式のプロジェクトの動画などを拝見させて頂きましたが、凄く興味のある内容で楽しみにしています。
    しかし、8月8日は仕事のため動画の視聴ができない状況です。
    もし、よろしければ、後日でも見られるようにして頂ければ嬉しく思います。
    個人的なお願いを当ブログの初コメントでして申し訳ありませんが、ご検討していただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願いします。

    • FX雲母さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >8月8日は仕事のため動画の視聴ができない状況です。
      もし、よろしければ、後日でも見られるようにして頂ければ嬉しく思います。

      ↑おそらくは運営事務局のほうで
      再放送などの段取りはするはずです。
      そちらのほうでぜひともご覧ください。

      ご心配をおかけし申し訳ございませんでした。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お世話様です。前回もご返信頂きありがとうございました。

    今回もいくつかご質問させて頂きたく思います。

    1 、1000万損切り動画に関連して

     あの動画のポンドにおいては自分も方向性として下に見ていたので「戻り売り」を軸として売り上がっていく形を取りましたが、師匠と同じようなところで75本maと1hmaがいとも簡単に抜けられたので損切りとなりましたが、自分はあのような激しい上下への振り回しがとても嫌いです。そもそもあの下げの形は15時からの流れであったため信頼してはいけなかったものかもしれませんが、あのような激しい振り回しは喰らいたくないです。そのあとのドテンでも結局取り返しきれず、欧州時間を18時までと決めているのでマイナス収支で終わらざるを得ない形となりました。こうなるとそもそも16時からの上の方向性になることも考慮に入れて、15時からの流れに売りあがりで立ち回ること自体を避けて、あのようなマイナスを避けなければならないと思います。
    あのような流れがあっさり裏切られるの繰り返しで上下に振り回される時、及川師匠であればそもそもそうなることも想定した立ち回りで1勝1敗でもドテンでプラスのようなプランもあると思います。しかしドテン以前に自分的にはそもそもあの踏まれ方はしたくないのです。逆に行かれた時に損切りを早く済ますのは大前提としても、そもそも方向性が自分にとってはあり得ない形で裏切られることはもうどうしようもないと思ってしまいます。相場に絶対にないのであのようなこのような負け方は致し方ないのでしょうか。正直あんな動きされるともうたまったもんではない、というのが僕の気持ちです。

    2 怖いところをやれ、の動画に関して

     15時からの材料上げでポンドの方向性が上、連れ高のような形でユーロも一応上げ基調。上記の1番の質問にも関わるところですが、あのときの負けから考えて、この日のトレード実は私はロングは怖すぎるという気持ちでした。なので僕はあの場面、16時になってもポンドの上値が重そうに見えたので、ドル円、ユロポンの下げ基調を考慮して弱い側のユーロ円を打診でショートを入れて、ユーロ円、ユーロドル1hma抜けの時点でその両方をショート追加しました。結果前回安値付近で利食いとなりました。正直1hmaをユーロ円ユーロドルが下抜けし、ポンド円もポンドドルも新高値をつけに行こうとしては上髭で戻され、という過程を見た段階でこれはまあまず負けないだろうな、という感覚でした。しかしあの場面結果として僕は利食いができたのはいいものの、本来ポンドの上目線というのがあまりにもはっきりとしていてもし強い側のポンドが新高値をつけに行っていたら僕が持っていたユーロもかなり危なかったように思います。
    実際、ポンドは欧州序盤において上値が重かったものの、下値も下値で強く固まって一瞬で下髭でもどして20pips上げるなんていう簡単な上目線のレンジになっており、絶対こっちの方が楽だったなという感じです。
    話が散ってしまって申し訳ないです。
    まとめさせていただきます。
    振り返ってみて、結局、明らかな方向性があるときはその方向性にのった方がいいとは思いますが、問題なのは時間帯。まだ欧州が開いていない15時台からの方向性を師匠がどの程度信頼して、どのような考えで臨んでいるのかご教示いただきたいです。

    3. 欧州からNYへの変化
     上の時間帯の質問に関連しまして、欧州で方向性が出たままNYに雪崩れ込むことがしょっちゅうですが、一応ここではma的には方向性が出ているわけです。しかし欧州でできた方向性の押し目、戻し目にはとてもじゃないですが僕は信頼してポジションは持てません。そもそも動いてしまっている後なので、リスクリワードも取りにくいしで、難しく感じます。しかし実際馬鹿になってついていけばかなり取れる場面も多いと思います。通貨がシンクロしていれば尚更だと思います。このような上がったところからさらに上がる、下がったところからさらに下がる相場ではどのような場面で入るのがいいのでしょうか。それともスルーがセオリーでしょうか。

    4 リスクリワードについて

    リスクリワードがあっていれば何をやってもいい、これは納得はできるのですが、これが実際に現場でトレードしている僕にとっては疑問が残ります。いまだにトレードはリスクリワード比が全てだ!という論は根強いですがそれで勝てている人はほとんどいないし、とても現実的ではないと感じます。。なぜならmaなどに近い水平線などもしくはma自体を背にして利食い目標までめっちゃあるぞ!リスクリワードめっちゃいいなんて話になるわけですが、(実際に自分もそのように教えられた過去があります).それっていわばmaに近い状態でボラが収束してあるわけで、その少ないボラで極端なリスクリワードを取れば、トレンドが出ない限り、うねりの中で先に損切りに遭ってしまうのはいわば当然だと思います。
    根拠が崩れたタイミングで早めに損切りをして結果としてリスクリワードが良いという形は目指すべきだと思いますが、単純に安値高値を測って、はい!リスクリワードイイですねー!という世間の先生の論は正直ふざけてんのかとしか思えません。そもそもこいつ現場でトレードしてねえだろと思ってしまいます。実際過去にそのようなリスクリワードの良いところでやっても結局ボラがなく利が伸ばせないので、実際この論で臨むと、現場ではリスクリワードが尋常じゃなく悪いところを持たされてということに気づかされました。
    ボラが高まって、方向性が一時的に戻したところのリスクリワードが良い場面であれば僕もやるべきだとは思います。これはよく師匠がおっしゃっる怖いところをやれ的な考えだと思います。
    自論になってしまい申し訳ありません。以下の質問を最後にしたいとおもいます。
    リスクリワードが良ければ何やっても良い。この考えは今でも師匠はお持ちでしょうか?
    また、怖いところをやれ、これは方向性が出た段階の一瞬戻して、「うわやっぱり逆行っちゃうの?」的なところ(要はまだ動き始めて間もないので、maも近くリスクリワードが良い。)こういう意味での怖いところをやれ、リスクリワードの良いところをやれ!ということなのでしょうか?
    愚痴っぽくなってしまい申し訳ありません、、、、
    よろしくお願いします!!

    リオン式ゾーントレード、素晴らしい内容だし、生放送も楽しみです。一連の動画を見て僕にとってのリオンさんのイメージが「7000円からか〜ほんとすごいなー」から「いやまってすごすぎだろこの人とんでもねえやんやば」に変わりました。本当に技術もそうですが、考え方捉え方メンタルがすごいなと思います。特にメンタルが凄すぎて、、自分もあそこまで客観的に自分を俯瞰して、自制を取れるように努力します、、、。凄すぎるリオンさんの自制心。。。。
    このような企画をしてくださったfxismの方々に感謝です。これからも全てを盗ませていただきます!!

    P.S 師匠耳お大事になさってください!
      すっかり夏ですね!最近は僕がちっちゃい頃の家族との夏旅行の車で流れててすっかり僕にとって夏の代名詞となったミスチルは「終わりなき旅」、「名もなき詩」をよく聞いております。

    • Hansさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >1 、1000万損切り動画に関連して
      >相場に絶対にないのであのようなこのような負け方は致し方ないのでしょうか。正直あんな動きされるともうたまったもんではない、というのが僕の気持ちです。

      ↑僕も言って良いならソレ言いたいですけどね^^;;
      欧州時間をやるなら
      あの手の動きが「ある」と言うこと自体は
      受け入れざるを得ないのではないでしょうか。

      対策的には
      僕がよくやる「最後の砦」まで入らず、のやり方が一番無難ですが
      そうすることで「普段のチャンス数」はかなり犠牲になります。

      さぁ、どうする?って話でしょうね。

      ちなみに他の方にも書いてますが
      実は僕、もっと早い時点で
      「逆抜けあるかも?」という感覚は持っていました。
      それもやはり経験からだと思います。

      けど、動画的にロスが多いので耐えてしまい、
      結局それにより、より多くのロスとなったわけですが(苦笑)

      これが、、、相場なんだと思います。

      究極的に避けたければ
      そこには近づかなければ良い、
      けどある程度危険な場所にこそ宝はある・・・

      上述の上位足まで常に待つは言い過ぎとしても
      ロットの調整や、エントリールールの時間帯を含めた
      今一歩の厳格化など、
      自分なりの工夫でどう対処するか?

      こここそがそもそも我々が問われる部分だと思うんですよね。

      >振り返ってみて、結局、明らかな方向性があるときはその方向性にのった方がいいとは思いますが、問題なのは時間帯。まだ欧州が開いていない15時台からの方向性を師匠がどの程度信頼して、どのような考えで臨んでいるのかご教示いただきたいです。

      ↑僕自身は経済指標で明確に動いたので
      その流れは踏襲する、
      少なくともそんなにあっさり反転はしない、
      もしするなら15時半からしてる、
      そんなイメージでした。

      それと、
      あの時点で1000万損切動画の「残像」は一切なかったです。
      僕の中では「まったく別モノ」と今でもそう思ってます。

      >3. 欧州からNYへの変化
      >欧州でできた方向性の押し目、戻し目にはとてもじゃないですが僕は信頼してポジションは持てません。そもそも動いてしまっている後なので、リスクリワードも取りにくいしで、難しく感じます。

      ↑僕もここはかなり感覚が近いです。
      ホント、難しいです。

      >上がったところからさらに上がる、下がったところからさらに下がる相場ではどのような場面で入るのがいいのでしょうか。それともスルーがセオリーでしょうか。

      ↑他の方にも言いましたが
      NYって僕にとっては「壮大なレンジ」みたいなイメージもありまして
      セオリーっぽい位置はむしろ「中心」にすら見えることがあります。

      で、そう見えてしまう?ときは
      伸びた先からの逆張りを狙いますが、
      ただし黄緑線至近からこれやって踏まれるとアツいので
      そこは気をつけています。
      あ、以前の動画で踏まれてましたけどね(苦笑)

      >単純に安値高値を測って、はい!リスクリワードイイですねー!という世間の先生の論は正直ふざけてんのかとしか思えません。そもそもこいつ現場でトレードしてねえだろと思ってしまいます。

      ↑おぉ・・・言いますねぇ^^;;

      >リスクリワードが良ければ何やっても良い。この考えは今でも師匠はお持ちでしょうか?

      ↑そりゃ基本はそのように思っていますよ。
      ただし、前段でおっしゃってる内容は大変共感出来ますし、
      僕にとっての「リスクリワード」って
      保有時間とか、そういう視点も加味しているつもりなので
      上記で激しく非難されている先生方とはかなり意識は違うつもりなんですけどね。

      >怖いところをやれ、これは方向性が出た段階の一瞬戻して、「うわやっぱり逆行っちゃうの?」的なところ(要はまだ動き始めて間もないので、maも近くリスクリワードが良い。)こういう意味での怖いところをやれ、リスクリワードの良いところをやれ!ということなのでしょうか?

      ↑はい、そのとおりで合っていると思います。
      終わったチャートを観ると
      「はい、ここから入れば楽勝ね」ってとこあるじゃないですか?
      けど、リアルタイムではリペイント前なのでそこまでバッチリじゃない、、、

      こういう中、
      「ハマればあの感じになるパターンや!」っていうのが
      おっかないところをやれ、の一番チャレンジしたいとこなんです。

      僕はよく、エントリー時のスクショを撮れっていいますが
      リペイント後のチャートを前段階でイメージする訓練はあって然りだと思っているんです。

      そこに「(動きの出やすい)時間帯」などを勘案することで
      「こりゃあとから見たらバッチリになってるパターン!」みたいな。

      もちろんスベることもあるのですが、
      ほぼ密集的MAの展開なので、ドツボ負けはないですよね。
      (その前の仕掛けが早すぎると相応に食らいますが)

      >凄すぎるリオンさんの自制心。。。。

      ↑彼女はですねぇ・・・
      「芯」は相当強いと思いますよ
      僕も含め、そこいらのオトコじゃ歯が立たないでしょうね、
      おそらく(汗)

      さぁて、、、
      今回はなかなかハードな内容でしたね。
      お気持ちは充分分かるつもりです。
      それだけ真剣にやってるんだ!って意味でです。

      今後もなんでもお答えはしますが
      あとは「感覚的」というか
      もはや「個体差」「感性」の領域にも突入しかねないでしょうね。

      僕の中ではこれで伝わる、という言い方が
      全然伝わらない、なんてこともありそうな^^;;

      少々激しいやりとり後なので
      逆に敢えて言わせていただきます。

      「まだまだ工夫の余地はあります」
      「まだまだ打てる対策や施策があるはずです」

      逆に言いますと、
      「もっとチカラ抜いて利益抜けるやり方もある」
      ここも同時に付け加えておきます。

      僕は、普段結構ズルくやってますのでね(笑)

      では今日のところはこの辺で!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして♪
    及川さんのブログのファンです。

    今、デイトレ大百科の基本動画講義の21番を
    復習していたのですが、垂れボリバンの話で、

    「先に垂れてからのあたったところからの逆張り」
    とおっしゃてますが、
    これは、どういう意味でしょうか?
    先にと言うのは、どういった意味になりますか?

    自分なりに解釈してみたのですが、
    「トレンドになるより先に、
    あるいは、ローソク足が上昇あるいは下降していくより先に」
    かな?と思いました。

    この推測が正しいのかどうかわからなかったので
    ご回答をお待ちしております。

    お忙しいかとは思いますが、
    耳の抜糸ももうじきとのこと、
    暑いのでお身体に気をつけてがんばってください。

  • 及川師匠、何度もすいません。もう一つだけお願いします。

    4、5、6、7月の月末日について、4か月連続で月末日のNY時間をピークに欧州系通貨(特にGBYJPYなんかはわかりやすいと思います)100~200pips以上上げているのですが、これは手法として機能すると思いますでしょうか?師匠はそもそも月末日にトレードをしたくないといおっしゃっていますが、月末日の欧州系通貨を欧州時間帯あたりから少し長めの時間軸で保有して日付が変わるころに決済というのはどうでしょうか?
    よろしくお願いします!

  • はじめまして、RURUと申します。どうしてもご挨拶したく、メッセージをお送りしました。私は今年の1月からFXを本格的に勉強し始めた初心者です。私もリオンちゃんと同じように色々勉強したり、超高額なトレード塾に入ったりしてみましたがはいっぽん2時間近い動画はまとまりの無い話ばかりで見ていても全く理解できませんでした。そんな時及川先生の動画に出会い、そこからリオンちゃんに出会い、今回このリオンちゃんのトレードの秘密の動画を見て、目からウロコでした。難しい線をいっぱい引いたりしても全くわからなかった事がリオンちゃんのゾーントレードは頭にすっと入ってきました。全く勝てず1月から30万から1万まで資金を減らしてしまった私ですが今回の企画で生まれ変われるようにしっかり勉強したいです。
    及川先生、リオン先生よろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもお世話になっております。
    富田です。

    本日4週間ぶりに大きな損失を出しました。(gbp/audショート)
    この損失については想定内の出来事であったのできちんと損切りできてよかったと感じています。(-300pipsほど)

    しかし、その後なぜ損切りになったかをよく確認しないまま次のゾーンに入ったため(熱くなってしまっていたためダブルトップと思い込んでしまった)エントリーをしてしまい傷口を拡大させてしまいました。(-300pips程度)
    ポンドオージーの急騰は中国関連の材料でした。

    質問させていただきます。

    急に大きく逆行し損切りした際は次のゾーンに入ってもエントリーはしないほうがいいでしょうか。(まだわからない材料の可能性?)
    質問は以上です、

    本日熱くなってしまいました。熱くなってしまって取引したことを非常に後悔しております。
    熱くなってしまうと手法も何もあったものではなくなってしまいます。
    投資・投機はメンタルが全てといっても過言ではないという言葉の意味を改めて実感いたしました。
    実際に、頭が冷えた欧州時間にきちんとルールを守ってトレードしたところ240pips程度取り返すことができました。

    最近負け知らずで調子に乗っていた面もあったと思います。
    今回は怪我の功名としてあまりロット数が多くないときにメンタルについて再確認できたため負けることができてよかったと考えるようにいたします。
    また、熱くなっている際はマウスを叩き壊してでもトレードができなくするくらいの気持ちでいることが大切だと思いました(実際はPC周りは愛着のあるものばかりですのでそんなことはしませんが・・・)。

    もう二度と熱くなり冷静さを失った状態でトレードをしないことをここで宣言させていただきます。

    長文失礼いたしました。

    今後もよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。六月に先生のYouTubeに出会い、本も買わせていただき、勉強中です。しかし、資金5万円スタートで、0.1ロットで5~6本入れて、毎日いつも5千円くらいまでは勝てるのです。しかしたまに読みが外れて、一万円くらいの損切をくらいます。そして取り返そうとドテンして結構簡単に損失分を埋めるくらいまではいくのですが、欲に負けて、「もう少し行きそう」とおもってしまい、そこから全戻しされて、それでもきれずにまた一万円くらい負ける。往復びんたに毎回資金をもっていかれてしまいます。勝つのはだいたい一日一万円いかないくらいなのに、負ける日は3~4万円くらいので入金しての繰り返しです。及川先生のおかげで勝てるようになったのに、もっと負けてる状態です。何か今の自分に響く言葉が欲しくてコメントしてしまいました。明日の生配信絶対見ます!いつか、及川先生たちに並べるくらいのトレーダーになりたいです。

  • 師匠!ご質問させてください!

    TRIBEに参加していた私の知り合いが20万を40営業日で1000万にしていたので(その方は及川式と両建て駆使している方です)、私も長きにわたったデモ口座を卒業して20万リアル口座に移行します。そこでロット管理についてアドバイスが欲しいです。
    今まで動画でのアドバイス等をもとに100万に対して1ロットの割合でナンピンも含めてMAX6発までにしていました。このロットがスピード違反なレベルなのかどうか自分では正直わかりません。これは個人の胆力によるとは思いますが、一回のトレードで何パーセントのリスクを負うようなロット管理がいいのか、10pips前後の利食いで一回のトレードで何パーセントほどの利益が望ましいと思うか及川師匠のアドバイスを聞きたいです。
    また富山のK氏が低資金から増やしていた時に尋常じゃないロットを入れるとは言われていましたが、実際どのくらいのロットで何発ほど入れていたのかなどもご存じでしたら聞いてみたいです。

  • 及川先生

    とても丁寧なご回答頂けて本当に光栄です。ありがとうございます!

    お返事頂いた内容、というか考え方がとても参考になりました。

    足して引いて、秘伝のタレというのが及川先生の強さの真理のように感じました。

    質問した内容とは逸れるのですが、そもそも答えを決める事に意識が行き過ぎていて、それが致命的だと勝手に気付かされました。

    もちろん、私の段階ではまずは自分なりの勝ち方を身につける事が第一ですが、長く勝ち続けるには同時にそれを疑う意識も常に忘れてはいけないのでしょうね

    そもそも相場は人と人の奪い合いが前提ならば「今現在勝てる手法」は「未来の負ける手法」へと変わっていくのが自然な流れですよね。。。汗

    手法を決める事より、いつまでも決めない事の方が理にかなっているのかもしれないとすら感じました。

    とはいえ、まだその段階にすらないので結局はまずはベースとなる手法を確立したいと思います。

    やはり一度フラットにした上で、ストキャスだけは今後も活かしてみようと思っています。

    お礼を言う場がどこなのかわからなかったのですが、本当に参考になりましたので一言お礼を言いたくここに書かせていただきました。

    それにしてもこのコメント欄、、、
    良い意味で異常でびっくりしています笑
    誰でも匿名で質問できる上に、その一つ一つに丁寧に回答してくださって。及川先生は手際よく本質を汲み取ってご回答出来るのだとは思いますが、それでもその労力と時間を考えると、、、汗

    及川先生へのお礼は自身の成功だと勝手に都合良く解釈して頑張ろうと思います。

    及川先生のさらなる御活躍楽しみにしています!

  • 及川師匠はじめまして。
    僕は、4月からバイナリーオプションから始めて、現在は、FX初めて1ヵ月半になります。資金は8000円から始めていますが、2回全損しています。(ロット数はオ恥ずかしながら0.01です)及川師匠の本を何回も読み込んで臨んでいるのですがなかなか勝つことが出来ません。6月までは不規則の勤務だったことから、日本時間、欧州時間それぞれできたのですが今は勤務が変わりNY時間しかできていません。NY時間は下がると見せかけて上に抜かれたりと変則的なことが多い気がします。及川師匠は、なぜNY時間げ苦手意識があるのでしょうか?このような理由なのでしょうか?
    質問の内容は、変わりますが、NY時間はオージー関係のトレードはやられますか?何度か僕も挑戦したのですが、及川師匠の通り揃ったときにトレードしているのですが逆をいかれ負けることが多いです。正直負けすぎてどうトレードをしていいかよくわからなくなってきています。いいアドバイスをお願いします。

  • 及川先生は若干プライベートのトレードとは違うという事をおっしゃっていることがあると思いますが、その時のボラや様々な要因によって変化してくるとは思いますが、プライベートのトレードでは10pipsに満たないような5pipsやそのくらいのような利食いのスキャル的なものが多いのでしょうか?
    であるとしたら、動画の中での先生のトレードはだいぶ利を引っ張っているほうで、勝率もプライベートよりも落ちるのではないかと想像しました。先生は動画を回していないプライベートのときは数pipsで利食いをする代わりに勝率がかなり高いのでしょうか?
    自分の利食い幅と勝率のバランスに疑問が出てきたので質問させていただきました。

  • 一つ質問なのですが、動画内でリオンちゃんの手法をまとめたnoteのようなものを作っていると話していますが、それは今現在どこかのリンクからダウンロードできるのでしょうか?それとも今後公開する予定なのでしょうか?
    すでにこの事を動画内などで話されていましたら申し訳ございません。
    これからも応援しております!

  • たまたまです!

    いつもコメント返信ありがとうございます。

    今回は師匠の考えるずる賢いトレードってどんなもの?を聞きたくて質問しました。

    師匠はいろんなところで「トレードはクソ真面目にやるんじゃなくて、どっかでずる賢さがあった方がいい」という話をしてると思います。

    「大して勉強してないのにちゃっかり点数とるやつ」みたいな感じですよね。

    で、トレードにおいてずる賢いところでのトレードってどういうところだろう?と。

    普段師匠がトレードしてる場面って、お手本のようなわかりやすい場面なこともありますが、結構多いのが、師匠の引き出しの多さからくるトレード、つまり普通の人には判断を一歩間違えるとドカンとやられる場面かと思います。
    (トレード動画を曜日を決めてやっていることから、仕方のない部分だとも思います)

    そんな中、これから相場とうまく付き合っていく上で、難しい場面を頑張ってトレードするよりも、なるべくずる賢く、ちゃっかり利益を積み上げるトレードを軸にしたいと思っているので、この「ちゃっかりしたずる賢いトレードってどういう場面なんだろう?」と理解を深めたいと思いました。

    いま文章を書きながら自分に問うてみて出た答えは、ガチ速にもあったように、売り買いの勝負がついた方に乗っかる、卑怯者トレードがそれかな?と。

    で、そういう場面って、MAで方向が分かりやすい場面、もしくはガチャガチャした後のおっぱじまりのなるべく初動の部分なのかな?

    こんな答えが出てきました。

    勝負あった!→そっちに乗っかる
    という感じですね。

    ずる賢いトレードをしていこうと思ったら、自分がいま軸にしているMAの方向が分かりやすいもの、MA付近からおっぱじまるやつ、ここだけに集中して、いい場面でちょろっと取って後は静観というのが理想なのかな?と感じました。

    いま自分が軸にして手応えを持って勝てるようになってきたトレード場面をよりよくしようと思ったら、ずる賢さを考えて取り入れることが何かヒントになるかも?とも思ったので、師匠が考えるずる賢いちゃっかりトレードってどの辺のトレードを指すのか?少しお話聞ければと思います。

    よろしくお願いいたします。

  • はじめまして。

    周太慶(シュウ タイケイ)と申します。

    2019年6月、はじめてYou tube動画を拝見し、ガチ速、デイトレ大百科で学ばせて頂いております。

    おかげさまで今月も、プラス収支で進んでおります。

    本日は生ライブありがとうございました。

    マシンガンハントFX、早速購入させていただきました。

    欧州時間&及川式で行っている為、リオン式との相乗効果をどのように生み出すかが課題でしたが、さすが及川先生。

    特典動画も心待ちにしております。

    直近の目標は年内に月収200万円です。
    (以前及川先生が、独立する基準の一つとしておっしゃっておりましたので。)

    FXにおける金額的な、現状一番大きい目標は2022年、年収10億円超えです。

    自分の為、家族のため。

    そして、希望を与えてくださったFXismを盛り上げる一端になれるよう精進いたします。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして!いつも動画拝見して勉強させて頂いてます!
    ライブ配信を仕事で見れなかったのですが、動画公開予定などはありますか?
    どこかで、コメントしていたら申し訳ないです。

  • 昨夜土曜のライブ配信おつかれさまです。とても期待していたのですが、途中受信障害で待機中に、寝落ちしてしまい、目が覚めたら終了していました。ぜひ最後まで視たいのですが、再放送の予定はありますか?

  • 及川様&リオン様

    昨日のLIVEありがとうございました。

    天才チャート無料配布(ガチ速FXの)受領済みで、今回はマシンガンFXを即購入しました。
    前回のデイトレ大百科は買わなかったのですが、及川さんとリオンさんの動画を見ているうちに、より学ばなければ!と感じまして、、、
    それで『リオンさんの視点を見たい!!』とも考え、昨夜、購入即決となりました。

    手法をよく学んでから挑戦します。とりあえず、稼ぐより学ぶことを第一にしておきます。
    理由としては、
    FXを始めてから8ヶ月ほどしか経ってないのですが、その間に無駄なトレードをしてしまっていて、稼ぎたいという気持ちが多少強すぎたのだと(実体験として)自覚したからです。
    今後は、自らにより規律を持って、学ぶこと自体を楽しんでおけば、無駄なトレードもおのずと減ると考えています。
    実際、先月はある程度冷静にトレードできました。より学ぶことを優先したからだと思います。
    今回のリオンさんのトレード手法で、実力プーストアップします!
    私も追い玉が好きなので、結構相性が良いかも!と思ってます。

    昨日のLIVEに話を戻しますが、お二人の手を振っているところに心が和みました♪
    あと、本日の録画版を今視聴してます。配信ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。