少年も中年も壮年も今一度「大志」を抱け!というハナシ。

 

ごあいさつが遅れてしまい申し訳ありませんが
先日6月30日に
ようやっと日本に戻ってまいりました。

昨年10月からシンガポールに移住した僕でしたが
当初は1ヶ月ないし2ヶ月に一度は
一時帰国をするイメージでしてね。

実際、年末年始は日本で過ごし
2月の上旬も一週間程度日本に一時帰国していたんです。

 

その流れで
3月下旬にも帰国便を予約していた中、
コロナの関係でシンガポールが事実上のロックダウンへ。

※「サーキットブレーカー」という
少々柔らかな名称でしたが
実際にはロックダウンと同義でした。

 

ギリギリまで悩んだ結果、
僕はシンガポールに残ることを決断。。。

予約していた航空チケットはムダにしましたが
もし3月に帰国していた場合、
今日に至るまで
シンガポールへの再入国は叶わなかったはずですので
結果的には留まって大正解だったことになります。

 

そんな中、6月後半にシンガポール政府が
「ビザ保有者については今後段階的に再入国させる」
このような発表を行ったことから、
「そんじゃ夏の間は日本にいようかな」と思うに至りました。

逆に言うと、
ここで一時帰国をしておかないと
年内はもう無理かも?

そんな気持ちも湧きましたね(苦笑)

 

ちなみに、以前は一年の半分以上
日本にいたら海外居住者扱いにならない
みたいな話だったのですが、

近年はその日数が
どんどん縮小解釈されていまして、
「120日以内」という説や
中には「100日以内」という人もいます。

僕は今回の帰国前時点で
2020年の合計滞在日数が15日程度でしたので、
計算上あと3ヶ月弱は滞在可能となります。

 

ただし、すっかりシンガポールの
「緩い気候」に慣れてしまった僕にとって
日本の冬はかなり厳しい寒さに感じます。

というか、
2月の帰国時もソッコーで風邪ひきましたし(笑)

ですので今回も夏の間のみ滞在し、
寒さを感じ始めるあたりにはシンガポールに戻ろうかなと、
そんな風に目論んでいる次第です。
(再入国させてくれれば、ですが・汗)

 

ところで、今回の一時帰国に伴い
僕は「あること」を思い出しました。

それは、
『こうありたいと願う自分をイメージすること』の重要性
です。

大昔のブログ記事でお話したことがあるのですが、
僕は以前「大橋巨泉さん」の大ファンでした。

若い人はご存知ないかも知れませんが、
「11PM 」
「クイズダービー」
「世界まるごとHOWマッチ」
などなど。

数多の人気番組を仕切った名司会者で、
その生き方も当時の日本人には
とても斬新だったんです。

 

56歳くらいの時点で
「セミリタイア宣言」をし芸能界の第一線から突如退き、
その後は日本、カナダ、ニュージーランドなどに構えた「自宅」を
それぞれの寒くない時期に滞在し生活をするスタイルでしてね。

当時20代から30代に突入するあたりだった
若造の僕には衝撃的な生き方に見えたものでした。

「こんなオトナになりたい・・・」

 

僕は巨泉さんの書籍はほぼすべて購入し、
実は35歳で施術した「パイプカット」も
巨泉さんからの影響だったんです。

あ、、、
パイプカットについては
大いなる誤解をされている人も多いので
軽く言っておきますが
決して「去勢」ではないですからね。

あくまで子供が出来ないってだけの話でして
アッチのほうになんら変化はありませんので
そこはあしからずで!(笑)

 

話を戻します。

僕が今回シンガポールへ移住を出来たのは
周りの人達の多大なる尽力のおかげでして、
全方面「無知」な僕ひとりでは
到底成し遂げることなど出来ませんでした。

そこについては感謝しかないのですが、
とはいえ「移住をするの?しないの?」って決断をする際、

一切の迷いなく「する!」と思えたのは
間違いなく大橋巨泉さんへ当時抱いていた憧れに
少しでも近づくことが出来る・・・
という気持ちからだったのは間違いありません。

 

巨泉さんと僕を比較するなど
おこがましいにも程があることは重々承知しています。

それでも僕が言いたいのは

人は自分がこうありたいと願う自分に向かうものだ!

ということと、

それを強く願わぬ者に望む結果など絶対に訪れやしない!

この2点なんです。

 

僕は人生で6度の無一文を経験しています。
最後の無一文は41歳の時でした。

普通であれば「もう間に合わない」
そう思いますよね。

実際僕もそう思っていました。

心はささくれたまま、
テレビに映る芸能人を片っ端から批判しては
娘たちに嫌われるような毎日・・・

けど、心のどこかで僕は
「いや、まだやれることはあるはず」
そう信じていたのかも知れません。

 

それからの僕は他者批判を一切封印し、
「己の成長のみ」に
出来うるすべての能力をつぎ込みました。

当時は大橋巨泉さんへの憧れを
思い出す余裕などありませんでしたが、
今ならなんとなく分かります。

僕が若かりし日の
「こんなオトナになりたい!」
「少しでも近づきたい!」

これらの“想い”は、
間違いなく僕の潜在意識に
深く深く刻み込まれていたのだと。

 

僕ごときがナニをエラそうに、、、
って話ではありますが、

生意気を承知で
最後にもう一度だけ言わせてください。

今一度『意思』を持とう!

あるいは、
若かりし頃に描いた『大志』を
もう一度思い出そう!

 

帰国報告をするだけのつもりだったのに
気付けば全然関係ない話になってしまいました(汗)

そんなこんなで2ヶ月程度は日本にいると思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 

追伸:
大橋巨泉さんのセミリタイアが56歳の時。
そんでもって僕は今年55歳になります。

運営事務局のメンバーからは
「師匠にはあと最低10年現役でいてもらいますので♪」
こんな冗談を言われているのですが、

みなさんに多少なり注目してもらえているうちに
とっとと自分から消えるのが良いんだろうなぁって、
そんな風にはちょっと思ったりもする僕なのです。

※とかなんとか言いながら
なかなか辞めないでここまで来た僕なんですけどね(苦笑)
「引き際」ってのはなんとも難しいものですね。。。

 

▼FXism直近トレード動画
勝てるトレーダーになるための
チョット非常識な「突破口」の見つけ方とは?
2020年7月6日※欧州時間トレード

 

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

190 件のコメント

  • 及川師匠

    お疲れ様です!そしておかえりなさい!
    急にパイプカットの話をされていたので、ほんとに師匠は幅が広いお方だと実感しましたww
    大志を忘れず、そして奢らず堅実にトレードに打ち込みたいと思っております(゜д゜)

    事務局の方に僕からプレゼントを送りました!【勝ち逃げ最強】とプリントされたTシャツとマグカップです。トレード仲間の凪之介さんという稚内の方に作って頂きました。勝ち逃げ最強という言葉は師匠の言葉です。本当は【勝ち逃げ最強及川組】と入れたかったのですが、師匠の許可が取れてませんのでwご迷惑で無ければぜひ使って頂きたいと思います。
    ご無理なさらずお身体ご自愛ください。
    今後もどうぞよろしくお願いします(゜д゜)

    • パティシエのアッシェ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >急にパイプカットの話をされていたので、ほんとに師匠は幅が広いお方だと実感しましたww

      ↑このブログでも過去にお話したことはあったのですが
      かなり昔でしたからね。
      「幅広い」というよりは「おバカ」が正しいところだと思います(苦笑)

      >事務局の方に僕からプレゼントを送りました!

      ↑こちら、スタッフが届けてくれました!
      か・な・り、驚きました!
      本当にありがとうございますm(_ _)m

      ちなみに、マグカップは室内ゆえ問題ないですが
      Tシャツ・・・
      みなさんマジでアレを着て外出するんでしょうか?
      なかなかの根性が必要じゃないかなと^^;;

      僕も勇気が試される局面だなと思っています(笑)
      ありがたく使わせていただきます。

      ※「凪之介さん」にも
      どうぞよろしくお伝えくださいm(_ _)m

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、お久しぶりです。

    ブログ新着記事ありがとうございます。
    なんていうか、及川さんの記事って内容に関係なく読んでいておもしろいです(笑)
    文面にひきこまれていってしまいますね^ ^
    ライターのお仕事で玉銭を稼いだのも納得です!!
    文面をみているとそろそろ引退するのかな?と思ってしまって寂しくなってしまったのでコメントしました(汗)

    FXのほうは、前にドカン負けしてしまったと報告しましたが、まだ全額戻っていません。ですが、戻りつつありますので継続していきたいと思います!
    今回のブログ記事にもありましたように目標を明確にして、持ち続けるというのはとても重要だと共感しました。しかし、FXにおいては、その思いが強すぎると、負けトレードが許せなくなり乱射に繋がる可能性もでてきてしまうという過去の自分を思い出しました。
    目標が億を稼ぎたいなら自制をしなくてはいけない場面でも、負けられないという考え方にいってしまっていた気がします。
    なんといいますか、目標との距離感というのも大事なのですかね、、?

    いつも動画、みなさまへのコメント返信、勉強になります。
    及川さん、引退なんて言わずにこれからもバリバリ頑張ってくださいね♪
    では、失礼します。

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川さんの記事って内容に関係なく読んでいておもしろいです(笑)

      ↑トレードを褒められるより嬉しいです♪
      ありがとうございますm(_ _)m

      >文面をみているとそろそろ引退するのかな?と思ってしまって寂しくなってしまったのでコメントしました(汗)

      ↑僕は「辞める辞める詐欺」で有名なオトコでしてね^^;;
      ていうか、事務局メンバーとの関係性もあり、
      僕の気分でカンタンに辞めることはなかなか出来ないですね。

      けど、さすがにいつまでもってわけには行きませんので
      良い頃合いがあればなぁとは結構本気で思っている次第です。

      >目標を明確にして、持ち続けるというのはとても重要
      >しかし、FXにおいては、その思いが強すぎると、負けトレードが許せなくなり乱射に繋がる可能性も

      ↑ここのバランスは確かに重要ですね。
      ちょっと生意気を言いますと
      僕の場合、事前に「億」をそこまで意識はしなかったですよ。

      大切なのはやはり「勝てていること」で、
      それと「お金」という概念もさほどない感じで
      気付けばそこそこの金額だった、みたいな。

      イキり過ぎないという意味で「距離感」は大切でしょうけど、
      一番良いのは「お金」という感覚を麻痺させることかも知れませんね。

      >引退なんて言わずにこれからもバリバリ頑張ってくださいね♪

      ↑少なくとも「今すぐ」ってことではありませんので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生は現在シンガポールでどのような活動をされているのですか? シンガポールでの夢は何ですか?

    • ヤシの実さま
      コメントありがとうございます。

      >シンガポールでどのような活動をされているのですか?

      ↑やっていること自体は大きく違いないです。
      一応アッチにも法人を作りましたので
      そのあたりの管理が増えたことと、
      諸々投資や出資などの機会は増えましたね。

      >シンガポールでの夢は何ですか?

      ↑シンガポールで叶えたい夢となると特段ありません。

      強いて言うなら
      海外で生活することで「日本にいた自分」よりも
      多少なりでも視野が広がると良いなというのはあります。

      逆に言うとそのくらいです^^;;

  • 久しぶりのブログ更新待ってました!
    他者批判を一切しないこと、自分も過去に無一文物語を読んでから実践しています。一切批判しなくなった今、過去の自分は何ともみじめでダサい生き方をしていたんだと思いました。そんな自分と向き合え始めた自信を少し好きになり始めることができていてなんだかうれしい気持ちです。自分の人生に集中しきれております。
    それを強く願わぬ者に望む結果など絶対に訪れやしない! であれば僕は及川先生みたく、いやそれ以上に投資で成功してやる!そう思って、及川先生の真似事ではありますが今まで通り今まで以上に努力してまいります。

    前回のブログからまた先生に聞きたいことがたまっていますのでここで質問させていただきたく思います。
    ①ブレイク飛び乗りについて
     前回ブレイク飛び乗りについて僕は質問させていただきましたが、その際に先生に なんかしら動くものがあるという信念を拠り所にしている とおっしゃていただきました。僕もその一回の動きを逃さないように心がけて出来るだけ早く入るように各時間の切り替わり、通貨がそろって動くところを及川式の基本のキではありますが意識しています。何回か繰り返して自分の手法として落とし込めました。自分の利確パターンがまた一つ増えてうれしい限りです。しかし自分はかなり臆病で含み損になったら即切ってあーもうここはやーめた みたいな性格なのですが(良い方向に働いている部分もあると思います)各相場の時間帯のブレイクを今まで、そして今も不安に思っていることはその正確に起因しています。なぜかというと損切り幅を決めるのが少し難しく感じてしまい、根拠薄弱なままで切ってしまうからです。普段はMAの近いところ水平線を背にしているので即切るのですが、ブレイク手法はどこまで逆行したら不発なのかという判断がまだまだできません。ブレイクの根拠にした水平線の逆行抜けなおし、その時の通貨強弱、時間帯など様々な要因があると思いますが、先生が普段、不発を察知するものはどこにあるのでしょうか?

    ②動いてしかりの時間に動かない
     16時台などに欧州系通貨を中心に動いてしかりの時間から1時間以上たっても全く動かず細かいレンジの中なんてことがあると思います。この後に動き始めたブレイクを僕は俄然信頼できる気が、ブレイクアウトを練習してる際に気づきました。出来高がなく動かないからレンジになっているくだらない時間帯でのレンジ、出来高があり、売り買い攻防が拮抗して起きているレンジ、前者は抜けた後も走らないですが、後者、特に動いてしかりの時間から長く経過してから抜けてきたブレイクはめっちゃ意味わからんくらい伸びると感じています。レンジ上限でたくさんのストップが置かれたことによる需給のせいだとは思いますが、このような傾向及川先生はどう思われますか?

    ③行ってしかりがいかねえ
     行ってしかりで乗ったブレイクがいかずに飛んでもない逆行を食らいそうになる場面、よく及川先生が言う 行ってしかりがいかないときは逆に強い をもとにドテンで圧力かけて取り返すなんていうことを真似事ながらやっているわけですが、たまに見事に往復ビンタどころかもう一回しばかれて損切りを積み重ねるなんていうあほしているのですが、これを回避することはやらない以外の方法であるのでしょうか?(笑)自分的には、通貨強弱、時間帯的にもドテンはあり!と思ってやっていて、根拠薄弱なめちゃくちゃなトレードではないと思います。これは増えたり減ったりしながら増やしていくプロセスの一部として割り切るほうがいいのでしょうか?

    ④勝ち逃げについて
     自分は過去から及川先生の真似事を始めたころから自分の中に作ったルールとして、ポジションが一つでも20pipsに到達したら何が何でも利食いをする、日利10%到達したらやめる、を常に意識しています。これはもしそのあとその利益が減ったときにふざけんじゃねえってなりゲームセンター化してしまうのがとても怖いからです。(過去に1度経験あり、その時は自分がそんなことになるとは思ってもいませんでした。) しかし、最近エントリーの精度がだいぶ上がってきたことで20以上取れる時や、日利ももう少し伸ばせそうなときもあります。この欲がいけねえんだなあと思いつつ、及川先生だったらおそらく おめえがいいならやれよ?でもそのかわり自分で責任を持てよ?なんていうのかなと思い、ほんとにこれ以上欲張って恥かかねえかなと困惑してます。これ以上伸ばそうとすれば、それは勝ち逃げでなくなってしまうなと思います。いままでうまくできていた自分ルール、これをさらに変える必要はあると思いますか??ほんとにくだらない質問ですいません。

    日本に無事帰国できたという事でうれしい限りです!お体には気を付けてください!
    今日のトレード動画も楽しみに待たせていただきます!

    • Hansさま
      コメントありがとうございます。

      >他者批判を一切しない
      >自分の人生に集中しきれております。

      ↑ここは本当に大切だと思います。

      ちなみにシンガポールでは
      僕なんか目じゃないくらいの大金持ちばかりなのですが、
      彼らはほぼ例外なく他者批判などしません。

      元々そういう人だから成功出来たのか、
      他者批判しなくなったから成功出来たのか、
      正直そこは人それぞれかも知れませんが、
      少なくとも心にゆとりが出来るのは確かだと思いました。

      >①ブレイク飛び乗りについて

      ↑僕の場合はなんといっても「時間」です。
      ブレイクで伸びるってことは
      仮に大きな押し目をつけたとしても
      その後かなり早い段階で伸び直すもので、
      僕自身「その前提」でやっています。

      どのタイミングで入れたか?にもよりますが
      個人的には足1~2本程度で決着をつけたいイメージで
      時間が経過すればするほどチャラ逃げしたくなります。

      ちなみに、一気にボラがデカくなることにより、
      PIPSのみで平時の判断をしようとすると
      切らされてしまうことになるので
      そこはある程度腹をくくって耐えることもあります。

      で、耐えるPIPSがデカければデカいほど
      その後一気に伸び直す展開を期待しますし、
      そうならない場合は他の通貨シリーズの動きも観つつ、
      鈍い動きならいったん諦めるイメージですね。

      >②動いてしかりの時間に動かない
      >動いてしかりの時間から長く経過してから抜けてきたブレイクはめっちゃ意味わからんくらい伸びると感じています。

      ↑はい、僕もまったく同意見です。
      ていうか、結構こういう日もありますよね。

      なので我々は「そういう日もあること」を
      まずはアタマに置いておくことだと思います。

      つまり、その前のレンジで往復以上(一往復半など)の
      連敗を避けることが重要です。

      僕も往復ビンタスタートとなるときはありますが、
      ここでもやはり
      「どこかのタイミングでキッチリ動くのが相場!」
      この信念?があるため、「そこ」は絶対に取りたいと思いつつ、
      ガマンしてその場を待つことは結構あります。

      >たまに見事に往復ビンタどころかもう一回しばかれて損切りを積み重ねる
      >これを回避することはやらない以外の方法であるのでしょうか?

      ↑僕もYouTube動画ではかなり危なっかしいことをやることがあるので
      あまりエラそうには言えませんが、
      けどあれは「動画回しているから」の部分も大きいんです。

      動画がないならいったん引いてしまうほうが
      例え当日中でなくともあとから充分取り返せますので
      そういう組み立てにしちゃうこともありますよ。

      短期デイトレでとにかく一番ヤバいのが「乱射」。
      特に「アタマに血がのぼった状態での乱射」ですので
      そうなってやしないかの自己確認は常に出来る自分でいること。

      そこが危ういなら
      「いったん引く」で統一したほうが良いのかも知れません。

      あ、ここは「そのまま数珠繋ぎでやる」ことに対してで、
      アタマを冷やしたあとに「あらためてやる」なら
      僕はやってOKとの立場で、実際僕もそこはやっています。

      >最近エントリーの精度がだいぶ上がってきたことで20以上取れる時や、日利ももう少し伸ばせそうなときもあります。
      >いままでうまくできていた自分ルール、これをさらに変える必要はあると思いますか??

      ↑ここはもはや「ヴィジョン」の領域ですよね。
      少なくとも「もっと精度の高いトレードを目指したい」など
      『向上心』『探求心』が土台であるのなら
      僕は充分チャレンジする価値があると思います。

      文面を拝見するに、
      「スケベ根性」とは一切感じませんでしたので。

      取り急ぎ僕からは以上です。

      >日本に無事帰国できたという事でうれしい限りです!お体には気を付けてください!

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも拝見しております。

    チャンスをものにするには?
    ここだというGetするときに苦労しています。
    その質問をさせていただきたいのです。

    皆さんFXトレーダーの方はチャンスがくるまで
    ずーっと画面に張り付いているのでしょうか?
    以前よりの疑問です。

    仕事が休み以外の時間で30分以上張り付きにくい状況です。
    当然短い時間足で騙しを喰らいますし、後手後手乗りが
    多くPipsを重ねられないことや、損になったりします。
    今日はレンジでまったく動かない、スルーの日も。
    その日のそんな1時間後・2時間後にチャートに戻るとチャンス
    過ぎてしまった。という日を送っています。

    未だマイスタイルを確立しているわけではないのですが、
    手ほどきいただきたく、ご返信切望しております。

    • yoyoさま
      コメントありがとうございます。

      >皆さんFXトレーダーの方はチャンスがくるまで
      ずーっと画面に張り付いているのでしょうか?

      ↑他の方がどうかは分かりませんが、
      僕は「ガン見」で見続けることはしていないです。

      >仕事が休み以外の時間で30分以上張り付きにくい状況

      ↑たまたまチャートを観れる30分間で、となると
      僕も「トレード出来ない日」はかなり増えるでしょうね。

      あらゆる機会でお話をしているのですが、
      なるべく日々同じ時間帯の「2~3時間」をトレードに充てられると良いと思います。

      いつも同じ時間帯、あるいは同じ通貨ペアを見続けることで
      「動きのクセ」や「パターン」を押さえることが可能だと思うからです。

      YouTube動画でもたまにお話するのですが、
      相場を「人」のように僕は観ています。
      ※僕の場合は「女性」ですが(苦笑)

      今日のこの子は機嫌の良いパターン?
      それとも虫の居所が悪い日?
      てか、今日は寝てる感じ? などなど。

      これらは「その日だけ」では判断しにくいですが、
      ずっと見続けることである程度分類できるようになります。

      もちろん「まったく同じ」ではないかも知れませんが
      「かなり似ている」なら何度も出現してくれますので
      そういう「引き出しの多さ」を持てると良いと思います。

      >1時間後・2時間後にチャートに戻るとチャンス
      過ぎてしまった。

      ↑これは誰でも経験する、というか
      時間帯を決めてやっている人ならしょっちゅうじゃないでしょうか。

      そこを気にしても仕方ないですので
      繰り返しになりますが
      「自分が観ている時間帯におけるパターン」の中で
      やりくりしたほうが良いと思いますね。

      まったく動かないとなれば諦めるしかありませんが
      「大きく動く」「さほど大きく動かない」などの分類の中、
      後者も動かないわけではない以上、
      レンジの中でスキャル的な利食いを狙うなど、
      やりようはあると思う次第です。

      話が前後しますが、
      トレードをすると決めた時間に対しては
      もちろんチャートを開いてはいます。

      けど、「ガン見」だとつい前のめりの見方となり
      「やらないと損」みたいな感覚になりかねません。

      僕はPCでネットを観て回ったり、
      他の作業をしつつ「チョイチョイ確認」みたいな監視が多いです。

      さっき見たときにはなんとも感じなかったチャートが
      数分後には凄いチャンス状態になっていることも僕は多く、
      また、そういう時のトレードはかなりの確率でスカっと勝てます。

      「時間は決めるが前のめりになり過ぎない」

      ある程度チカラを抜いてユルめに監視する加減みたいなものも
      工夫なさると良いはずです。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠!!
    私も巨泉さんの引退宣言で初めて「アーリーリタイヤ(メント)」という言葉を知った1965年生まれです。(あ、お帰りなさい♪)
    当時私はサラリーウーマンを初めて2年目で「あ〜、36年働くのかぁ〜(当時は 定年&年給支給開始が60歳)、やだな〜」と思っていたのでかなりの衝撃でした。
    その後フリーランスになり、ここ数年「あ〜、引退したい」と言い続け、そんな中、10年くらい前に手を出して痛い目にあったFXを今度はちゃんと勉強して再開しようかな?と検索していたところ師匠に出会い、ガチ速、天才チャート、TRIBEで関わらせていただいた次第です。
    巨泉さんの話を友人としたばっかりだったので今日の師匠のブログに感動しコメントしてしまいました。
    私は潜在意識が導いてくれたと信じて疑っておりません!

    もともと脳の機能に興味を持ち、住んでいる自治体の図書館の脳に関するすべての本を読んでいましたが(買ってないw)ここ数年は潜在意識にもすごく興味を持ち本を読み漁っていました。
    そんな中、潜在意識と量子力学、ヨガ、スピリチュアルなどの関連性についての本も読み漁り(これまたすべて図書館)すべてのことに合点がいき「潜在意識=スピリチュアル=科学的なもの」納得していたので、師匠のブログで潜在意識の話が出たのもとても嬉しいです。(変な宗教に入っておりませんので、ご心配なく)

    20代の時に情熱を持っていたことを実現し、
    30代でフリーランスで仕事をしながら「将来は師匠(仕事の)のようなク大きなライアントの仕事をする!」と勉強を続け、
    40代でそれが叶い10年以上続けて飽きるw
    アーリーリタイヤのためにFXで稼げるようになりたい!と強く望み師匠と出会う。
    OPに乗り遅れた!とタイミングを嘆きつつ次回を切望していたらTRIBEに間に合った!

    これ、すべて「強く望み、強く信じる」ことによる潜在意識の力だと信じています。
    (もちろん努力は不可欠ですが)
    強く望み信じるからこそ、今まで顕在意識では気づかなかったことに潜在意識が気づくようになり現実が変わるんですよね。
    と書くとまだ怪しい感じを受ける方も多いかもしれませんが、私はそう信じています。

    例えば「億トレーダー」と聞くと「え?億?ムリムリw」と思う人が多いと思うんです。
    そうすると、潜在意識が「ムリ」という言葉を捉えてしまい、「ムリ」が現実になると思うんです。
    自然に、ふ〜っと、軽い感じで「着実にやれば1億なんて通過点」と心から言えるようになったらコッチのもんだと思っています。
    佐藤コーチが作ってくださった資金管理表をベースに好みな感じにアレンジして使っているのですが(まだデモですが)、あれをくまなく見ていると「いやいや、絶対に1億到達できるでしょw」という気持ちになるんですよー。
    私は信じて疑っていません。

    文無しの時に師匠が高級車の試乗に行ったというのも、潜在意識への働きかけ、具体的にイメージして働きかけるという点で非常に理にかなっていたのではないでしょうかね。
    「悪口を言わない」というのも潜在意識にとっては重要なポイントだそうですよ。

    師匠が以前動画の中で「リアル口座になると突然勝てなくなる」とか「金額が大きくなると突然勝てなくなる」というご相談に答えて潜在意識の話をなさっていた時に「そう!それ!」と声に出して反応するほど感激し、いつか同じ思いであることをお伝えできたらと思っていたので、勝手にこれを好機と考えコメントさせていただきました。

    長文、失礼いたしました。

    • 師匠に「ご縁」と仰っていただけて最高に嬉しいです!
      潜在意識をベースに、ちゃんと必要な修行をしてまいります。
      1億達成したらぜひご馳走させてください!

    • aritaka様
      コメントありがとうございます。

      >私も巨泉さんの引退宣言で初めて「アーリーリタイヤ(メント)」という言葉を知った1965年生まれです。

      ↑おぉ!完全なる「同期」ですね♪

      >ガチ速、天才チャート、TRIBE

      ↑こちら、あらためて御礼申し上げますm(_ _)m

      >私は潜在意識が導いてくれたと信じて疑っておりません
      >「潜在意識=スピリチュアル=科学的なもの」

      ↑僕も「変な宗教」には入ってませんし、
      そもそも無宗教です(笑)
      けど、潜在意識がもたらす影響は実感としてビンビンに感じますね。

      >強く望み信じるからこそ、今まで顕在意識では気づかなかったことに潜在意識が気づくようになり現実が変わるんですよね。

      ↑まったく怪しいなどとは思いません。
      僕も絶対そうだと思っていますので。

      >潜在意識が「ムリ」という言葉を捉えてしまい、「ムリ」が現実になる
      >自然に、ふ〜っと、軽い感じで「着実にやれば1億なんて通過点」と心から言えるようになったらコッチのもん

      ↑特に前者に関しては
      多くの方々とやりとりをする中、実感しますね。

      「自分自身がブレーキかけてる」と感じる人って
      かなり多いと思っています。

      >「悪口を言わない」というのも潜在意識にとっては重要なポイントだそうですよ。

      ↑僕はここを意識しだしてから
      信じられないくらいにモノゴトが好転し始めましたので
      あるいはこれが「思い込み」だったとしても、
      そんじゃやっぱり「思い込みこそが大事じゃん!」って
      そういう話ですよね。

      >いつか同じ思いであることをお伝えできたらと思っていた

      ↑それはそれはありがとうございますm(_ _)m

      巨泉さんの話、
      ブログを書き始めの時点ではまったく予定していなかった中、
      なぜか書いている途中から導かれるように話題が移ったんです(笑)

      これもご縁なのかも知れませんね。

      ご丁寧にありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お帰りなさい!!
    コロナのことがなければ飲み会開催するなら参加しますって言いたいところです。残念です。ぜひ、終息したら開催してください。
    今は師匠のヘアバンド着けて、FX頑張ります!!
    未来の自分を想像して、、、

    • しょうちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >コロナのことがなければ飲み会開催するなら参加しますって言いたいところ
      >ぜひ、終息したら開催してください。

      ↑ホント、そうですよね^^;;
      せっかく日本に戻って来たところで
      うかつに飲みにも出れませんので。

      >今は師匠のヘアバンド着けて、FX頑張ります!!

      ↑ヘアバンド、僕がしてるのでナンですが
      つけてると良い効果とかあるんですかね(汗)

      ご家族がいる場合などは
      なにかと「誤解」を受けやすいような(笑)
      くれぐれもお気をつけください^^

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠殿

     コロナ禍で大変な中、無事にご帰国頂き嬉しい限りです。
    空港や機内の様子なども、動画の中でお話しいただけるとありがたいです。

     さて、通貨の強弱を見て、どの通貨ペアをトレードするかを判断するという戦術は、非常に参考になっています。
    しかしながら、師匠の様に,パッパ、パッパと画面を切り替えて瞬時に判断する技は、素人には難しすぎると感じています。

     そこで、円・ドル・ユーロ・ポンド・オージーの10通貨ペア + 日経225・ダウ30の合計12枚のチャートを、1画面に表示することで通貨の相関が見えるようになってきました。
    ところが、これは現時点の通貨の強弱であって、知りたいのはこの先 30分間の動向な訳であります。

     師匠は、USDJPY や EURGBP の微妙な変化を見て、反転しそうだと判断されている様な動画が見受けられました。
    一体、どうやって未来を予見されているのでしょうか。
    ターニングポイントを見分けるツボをご教授頂けるとありがたいです。

     大橋巨泉さんの時代より、人生は長くなってますよ。
    まだまだ引退しないでくださいね。
    日本でも飲みすぎにご留意ください。

    • 及川師匠殿

       コメントへのご丁寧な返信を頂きありがとうございます。
      なるほど、先を読むには、いろんなパターンを経験していくことが一番の早道ということですね。
      「活きが良い」瞬間を見つけられる様に精進いたします。
      コロナが収まったら、師匠とシンガポールでお会いできる日が来ることを願っております。

      白髭爺さん@現在は東京都在住

    • 白髭爺さん様
      ご返信ありがとうございます。

      >コロナが収まったら、師匠とシンガポールでお会いできる日が来ることを願っております。

      ↑まったくもって同意見です^^;;
      一日も早い終息と、
      各国の往来が通常に戻ることを願うばかりです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • 白髭爺さん様
      コメントありがとうございます。

      >知りたいのはこの先 30分間の動向な訳であります。
      >一体、どうやって未来を予見されているのでしょうか。

      ↑まずは身も蓋もないことを言いますと
      「経験」が一番ではあります。

      では経験ってナンだ?という話になるのですが、

      ・現時点の通貨の強弱

      これまで自身が実際に見てきた日々の中で
      「この先どう動くパターンがあったか?」
      言ってみれば「パターンの記憶出し」が一点。

      ただし、まったく同じチャート形状ってそうはないので、
      そこに「状況(変化)のパターン」を重ねます。

      具体的には
      ・参加者が多く発生したトレンドが伸びやすい時間帯?
      ・頭打ちになりやすい「出がらし」の時間帯?

      イメージ的には「活きが良いかどうか?」でして、
      例えばMAが密集している状態から抜けた(放たれた)通貨があったとして
      それが各市場の午前中であれば「活きが良い」ですし、

      「●●時ジャスト前後」からの動きも「活きが良い」ことが多いです。

      で、活きが良いモノの押し目や戻し目は
      値幅が取りやすいのでチャレンジしたいと。

      話が前後しますが、
      これらの状況に「通貨の強弱」と
      「個別チャート形状」などを併せて判断しているイメージです。

      >大橋巨泉さんの時代より、人生は長くなってますよ。
      まだまだ引退しないでくださいね。

      ↑なるほど、確かにそうですね^^;;
      お気遣いいただきありがとうございます。

      それでは取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お帰りなさいませ★
    いつも動画やブログ楽しく拝見し、モチベーションを上げさせて頂いております。

    いやいや、先生!お願いですから私が一人前に稼げるまで現役でいらして下さい!我がままなのは重々承知での切望です。

    引き際って…私と5歳くらいしか違わないし!言うてお兄様みたいな年齢差ですからね?まだ引退しないで下さい。確かによる年並に抗えん時は、ちょいちょい有りますが(笑)まだまだ共に頑張って参りましょ^_^*

    先生に、初心者として質問が数個あります。

    ❶よくトレード中に、プロコンを開くか否か悩まれてる事ありますが、アレは何故開かない時があるんですか?何かリスクがあるんですか?

    ❷今、まだデモで馬鹿みたいにトライアンドエラーを繰り返し、自分の負けトレードの癖とかを研究していますが…先生は、どのくらいの勝率になったら実弾投じてやるステージに上がればいいと感じますか?

    ❸どうも5分足と相性が悪く、いつもは15分足、1.4時間足、日足にして見ています。そうすると保有時間がどうしても延びてしまう傾向にあります。
    タイムプロフィットを考えて、保有時間を短めにしたくて、でも15分足で…というのは無理難題な事なんでしょうか?

    因みに5分足や1分足だと、すぐダマシに揺さぶられて、切らんでも良い所で慌てて損切りしてしまい、利が乗らない傾向が多発しております。どーしたら、いいのか絶賛お悩み中です

    ご無理の無い程度で教えて下さいませ。

    あ、先生。
    東京はかなりコロナ蔓延してますから、どうぞお身体に気をつけて下さい。

    • オワヨン。様
      コメントありがとうございます。

      >引き際って…私と5歳くらいしか違わないし!言うてお兄様みたいな年齢差ですからね?まだ引退しないで下さい。

      ↑お気遣いありがとうございます。
      即座になんとかって話ではありませんので
      まずはご安心ください^^;;

      >❶よくトレード中に、プロコンを開くか否か悩まれてる事ありますが、アレは何故開かない時があるんですか?

      ↑僕はプロコンを初期設定のままイジっておらず、
      そのため開くとリミット&ストップがそれぞれ20PIPSの位置に表示されます。

      値動きの激しいタイミングですと
      不本意な損切り、または利食いになる場合があるので
      そうならないよう、あえて開かないままでやることもあるんです。

      >どのくらいの勝率になったら実弾投じてやるステージに上がればいいと感じますか?

      ↑短期デイトレの話ですよね?
      だとしたら65%くらいは欲しいところです。

      ただし、ナンピン対応などをすることで
      「負けるときが巨額」みたいな状況であれば
      そのあたりの改善が先かなと思います。

      MT4口座でしたら期間中の「詳細レポート」にて

      1.プロフィットファクター(PF)
      2.平均利食い額
      3.平均損切り額

      勝率以外にこのあたりも確認してみてください。

      PFは高いにこしたことはありませんが
      個人的には「勝ったり負けたりしながら資金が増えている状態」が望ましいので
      PFは「1.5以上」なら特に問題ありません。

      むしろ「2」と「3」のバランスでして、
      スプレッドの関係で「3」のほうがやや大きい程度なら
      まぁ仕方ないところですが、

      これらの数字乖離が大きい場合
      要するに「利食いは浅く損切りは深い状態」ですので
      短期デイトレをやる上では大いなる改善ポイントになります。

      >タイムプロフィットを考えて、保有時間を短めにしたくて、でも15分足で…というのは無理難題な事なんでしょうか?

      ↑僕も以前は15分足でデイトレやってましたし、
      今でもそういう人は多いはずです。
      よってダメってことはもちろんありません。

      ただし、今の僕では
      15分足チャートでのトレードアドバイスは正直難しいです。
      なにせ自分がやってないので。

      イメージ的には陸上の100m走、200m走、400m走、
      4時間足以上なら1500m走などの違いに似ているイメージです。

      陸上競技においても
      それぞれ重点を置くポイントって微妙に違いますよね。

      ですのでどの時間足をやるのが良いか?ではなく、
      それぞれの中における「アジャスト」が重要って話です。

      タイムレンジの選択は
      性格的な部分などによる相性もあると思いますので
      そこはご本人の感覚や感性を優先すべきでしょうね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。先日トレード大百科のほうに登録させていただきました。
    いきなり私事ですが、決意表明として書き込ませていただきます。
    3年ほど前FXに興味を持ち、口座を作ったのですが当時まだ高校生で少ない資金しかなく、とりあえずは本買って勉強して相場を眺めててみよう!と頑張っていました。
    しかし、勉学や遊びで全く本気にならなかったので少しずつ資金が消えていきます。(当然ですね)
    そしてつい最近自分の夢というか、頑張ってきた意味を失いまして、もうそっちのことは知らん!自分のやりたいことで頑張っていく!!と吹っ切れたのでFXを頑張っていこうと決意しました。
    及川先生のトレード動画との出会いはつい最近で、今まで参考にしてきたトレーダーさんの手法(戦い方?)とは全く違うような人間味のあるやり方で感銘を受けました。(ほかのトレーダーさんの手法がダメとかではなく)
    たとえば勝ち逃げOKとかです。いままで考えたことなんて一度もありませんでした。
    また、トレード大百科の内容も非常に濃く、昨日一気に全部見てしましました。そして今日相場を見ると、視界が広がり、今の相場が今まで以上に俯瞰して見えるように感じました。
    今日の欧州時間(2020/07/06)のユーロ円、ポンド円の動きがまんま講義の内容と同じで、ここ入れたじゃん!と思いました。(残念ながら授業でトレードができませんでした)
    たった一日でみる世界がここまで変わったのはFXismの皆さんや及川先生のおかげです。本当にありがとうございます。

    相場に対して、前のめりにならないように頑張っていきたいと思います。

    • みなづき様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >3年ほど前FXに興味を持ち、口座を作ったのですが当時まだ高校生

      ↑ってことはまだ二十歳そこそこですか?
      若いですねぇ、羨ましい限りです^^;;

      >たとえば勝ち逃げOKとかです。いままで考えたことなんて一度もありませんでした。

      ↑過去チャートから検証した場合、これでは成績イマイチなのかも知れませんが、
      そもそもほとんどの人は過去検証の通りになどトレード出来ないはずなんです。

      なぜなら最終的に戻って来る「結果」だったとしても
      リアルタイムで逆行される様子を見ていると心揺れますからね(苦笑)

      僕はあくまで「生身」であることを前提に、
      さらには「なるべく心乱されぬこと」を優先、
      そうなると自ずと「勝ち逃げ最強(実は無難・笑)」となるわけです。

      >今日の欧州時間(2020/07/06)のユーロ円、ポンド円の動きがまんま講義の内容と同じで、ここ入れたじゃん!と思いました。

      ↑ズバっとハマったときは気持ち良く勝てますが
      そうでない場面もありますので、
      「そうでない時にどうするか?」も今後意識しながら
      相場と付き合っていただきたいと願います。

      >相場に対して、前のめりにならないように頑張っていきたいと思います。

      ↑そうですね。
      5分足でのトレードは
      悪くいうと「アチコチチャンスだらけ」に見えたりしますが、
      実際はそうでもありませんので。

      「今何時か?」
      ここを常に意識しながら、
      その中での値動きのクセやパターンを
      数多く見て経験の蓄積とするイメージが良いと思います。

      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、おかえりなさい、日本の皆の元へ。
    ※前回お忙しい中、及川先生より、有り難いコメントを頂きましたので、お会いしたこともないのに師匠呼ばわりをすることをお許しください。

    もう、14日の在宅自粛期間は終えられましたか?想像するに、結構長くて大変ですよね。

    師匠がセミリタイヤを考え、シンガポールでそちらの方々と何度もお会いなさって、VIPルームや高級なワインも美味しかったと様々な夢と共に語られていた動画を思い出しました(ハローエブリバディから始まるやつ)。結果的にご自身で、今の道(日本の強いトレーダーを育成する)を選択されとても嬉しく思っている私ですので今回のブログもとても感慨深く読ませて頂きました。
    師匠の1番推しの巨泉さんの書籍ありますか?一度本屋で探して見てみます。

    さて、私はと言うと、前回5万円を9万円超にしたとコメントに書かせていただいたのですが、今はひたすらもがく日々です。
    簡単に言えば、もっさり戻し(及川用語)が未熟な私は中々判断できず、トレンド変換してるのにそのまま突っ張ってしまい、大きな負けを喫する。勿論、上述の状況の前は、時間帯管理をした上でトレンド判断をし、順張りで利食いをマメに出来る様になってきました。その後、順張りのつもりでエントリーし、逆行かれた際にチャラ逃げをなんとかしようと頑張る訳ですが、結果大きなマイナスとなってしまいます。

    要するに、私はまだトレーダーとしての腕や経験が未熟です。ご案内頂いたビッグボスのボーナスキャンペーンもあるのでこのチャンスも活用して経験を積みます。師匠がよく仰られる私の大好きな言葉の一つ、『負けなければ、明日もトレード出来る』と言い聞かせ頑張ります。

    ナンピンは難しいですね。師匠の様な神業は無理にしても、損切りと突っ張る微妙な判断ができる様に勉強します。

    さあ、成功出来る日を目標に、明日に向けて、努力あるのみ!!今日もデイトレ大百科で勉強し直します。

    また、オンライン授業などのチャンスが有れば、ご案内いただければと思います。

    • みやさん様
      コメントありがとうございます。

      >師匠の1番推しの巨泉さんの書籍ありますか?

      ↑アレもコレも手あたり次第に買っていたのと、
      引っ越しに伴い、現在は手元に一冊も残っていない関係で
      どれがオススメかは分からなくなってしまいました(汗)

      書籍の出版数が多い人の特徴として、
      「実は重複する内容が多い」があります(笑)

      よってどの本であっても
      あの方の生き方を理解することは概ね出来るはずですので
      恐れ入りますがよろしくお願いいたします^^;;

      >もっさり戻し(及川用語)が未熟な私は中々判断できず、トレンド変換してるのにそのまま突っ張ってしまい、大きな負けを喫する。
      >ナンピンは難しいですね。

      ↑例えば黄緑線戻しを狙う際には
      それが何度目の戻しか?はチェックポイントにしておくと良いかなと思います。
      (タッチはしてないがそこそこ接近した場面もカウントすると良いです)

      それ以外では、
      黄緑線と1時間足MAとの距離が近いほうが僕は好んでやります。
      実はこれだと初動すぎてあまり大きくは取れないのですが、
      けどボロ負けはしにくく、また、ドテンもしやすいからです。
      (ドテンするかどうかはそれ以外の要素も加味しますが)

      また、このやり方だと
      なんならナンピンしないでもよく、

      あるいはロットを半分にしておき
      上位足到達時点で追加した際
      その時点で「本来のロットになる」というやり方もアリだと思います。

      これらはアドリブで言っていますが、
      要するに自分らしいトレードに対する創意工夫の余地は
      たくさんあるというお話です。

      ぜひともがんばってください^^
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、シンガポールからねご帰還お疲れ様です。実は、私もこの夏にシンガポールに行く予定でした❗実は、去年の正月にも行きYouTube写っていたマンダリンオーチャードホテルに泊まりました。今年の夏には、マリーナベイサンズに宿泊する予定でした。とてもいろんな意味で刺激になり、日本が物足りなくなりますよね?(なんちゃって!)
    私もシンガポールに住めるように、頑張っています。
    それはさておき、私も始めて日は浅いですが、なんだかんだ経って3ヶ月経ちましたが、天才チャートを手に入れ、大百科を適当に見て過去の及川さんのYouTubeを見て見よう見まねでやってみた結果、諭吉さんが9割居なくなりました❗もう一度大百科を見直したところ少しましになりました。
    ですが、入る時のタイミングが、必ずと言って良いほど早い❗またビビって終わるのも早い❗10ピップス以上なんか取れません。ピン4~6本ぐらいで10~20ピップス取るにはコツみたいのがあるのですか?何度YouTube見て真似するんですが、損はしなくとも取れません。もっと凄いピップス数を取る人は、一杯いらっしゃいますが、それを真似しようとは思いませんが(気持ちが持ちません)どの様にすれば、取れますか?(やはり時間帯ですかね?)
    ご体験の、知恵を御話していただければ有り難いです。
    よろしくお願いします。

    • クランクたか様
      コメントありがとうございます。

      >実は、私もこの夏にシンガポールに行く予定でした
      >去年の正月にも行きYouTube写っていたマンダリンオーチャードホテルに泊まりました。

      ↑そうでしたか^^
      コロナでまさかの状況一変となってしまい、
      人生なにがあるか、本当に分からないものですよね(汗)

      >ピン4~6本ぐらいで10~20ピップス取るにはコツみたいのがあるのですか?
      >やはり時間帯ですかね?

      ↑一番はやはり「動きやすい時間帯をやる」でしょうね。
      動くか動かないか?を我々がどうにかすることは出来ませんので^^;;

      例えば動きが出にくい時間帯であっても
      動く日はありますよね?
      で、僕もスケベ根性で普段やらない時間帯をトレードし
      長時間ドハマリさせられることは今でもチョイチョイあるんです。

      仮に結果的にプラスで終えられた場合であっても
      そこは毎回反省しますね。

      なぜなら大抵の場合、
      その後に「もっとあっという間に勝てる展開」になることが多いからです。

      ですので、
      ご自身がトレードをした「その後」を後からでも良いので
      確認することは強くオススメしたいです。

      「楽勝で勝つ」なんていうと
      世の中ナメてるみたいな表現ですが、
      そうではなく、
      「わざわざ難しいとこやって苦しむ必要はない」
      ここは確かですからね。

      取り急ぎ今回は以上ですが、
      今後も遠慮なくお問い合わせください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です先生
    無事に帰国されてとても嬉しいです

    先生にお聞きしたい事がありまして
    質問させてください

    先生がトレードする前に日経225やダウをチェックするのはどうしてですか?
    クロス円などに相関、逆相関?しているのでしょうか?
    少しでも勝率に役立てられるような見方があるならばアドバイスお願いします
    m(_ _)m

    • とも様
      コメントありがとうございます。

      >先生がトレードする前に日経225やダウをチェックするのはどうしてですか?
      クロス円などに相関、逆相関?しているのでしょうか?

      ↑一言でいうと「クセ」なんですが、
      株式市場と為替が「連動してるのか?」や
      「連動しそうかな?」などを観ている感じです。

      東京時間については
      以前は円シリーズやオージーと連動することも多く、
      今よりもっと詳細に見ていましたが、
      最近は連動しないことのほうが多いイメージですね。

      で「連動しないならしないでOK」というか
      「連動していないこと」をある意味確認している次第です。

      「そんじゃ意味ないじゃん!」と言われれば
      まったくその通りなんですが、
      けど、たまにガッツリ連動することもあるので
      確認自体は外せない、、、そんなところです。

      面白味のないアンサーで恐縮ですが
      本件は以上です^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生。

    泣き言をいうようで恐縮ですが、全く勝てません。
    正確に言うと勝てることもあるけど、負けがそれを上回っている状態です。

    先生のYouTube動画、毎回見させていただくんですけど、なんでこんなに軽く、短時間で勝ててしまうのか?

    「プロはどこでも勝てるのではない、勝てるところだけをやるのがプロ」

    先生が以前このようなことを言っていて、その言葉は重々承知しているのですが、
    ただ先生の動画を見ていると、どうしてもどこからでも勝てているようにしか見えないです。
    正直、勝てていない自分からすると。

    まったく自分のトレードに自信が持てません。
    10通貨ペアを監視して、トレードしてますが、まったく経験が積まれているように感じられないんです。
    時間帯管理、強弱関係、見ているつもりなんですが。
    どこか、10通貨ペアだと、広く浅くしか知識が残らない気がして、深く経験が積まれていない気がしているんです。

    いっそのこと、リオンちゃんみたく、ひとつの通貨ペアに取引を絞った方がよいのか?
    と心に迷いが生じています。
    そうすれば、
    「この通貨ペアでこういう動きをしたら、こっちに行きやすい」
    などと、こういう境地に達するのか?と想像しています。

    そこで先生にひとつご質問なのですが、
    先生はFXを始めた最初から10通貨ペア(取引は8通貨ペア)でずっと経験を積まれてきたのでしょうか?
    どこかの時点で、「よし、この通貨ペアだけ、とことん研究してみよう」
    などと、ひとつの通貨ペアに絞って取引されていたことはありませんでしたか?

    自分、不器用な性格だと自己分析しておりまして、このまま10通貨ペア体制を続けていても、果たして身につくのか?
    不安な気持ちでいっぱいです。
    真剣に悩んでおります。

    何卒ご教授下さい。宜しくお願い致します。

    • XYZさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >先生の動画を見ていると、どうしてもどこからでも勝てているようにしか見えないです。

      ↑決してそんなこともないのですが
      ただし僕は短期デイトレに関して
      「引き出し」がかなり多いのは確かです。
      なんたって長年これだけでやっていますので。

      さらに追記しますと、
      ピンチな展開になった際の対処法についても
      経験数が豊富なため、そこについての引き出しも同様に多いと自分でも思います。

      ただしここ、
      誤解をして欲しくないのは
      これらの経験って
      「手痛い負け」を僕自身食らっているから、でもあるんですよ。

      手痛い負けを食らった経験もあれば
      大ピンチをなんとか無事に脱出した経験もある・・・

      そのいずれも「次回以降に活かす」
      こういう考えでひたすら継続して来た次第です。

      「勝ちトレード」にも反省すべき点はあり、
      「負けトレード」にも自分を褒めて良い場合がある。

      そしてそれらすべては
      「次回以降のトレードに活かすための経験の蓄積だ」
      ということだと思うんです。

      勝って良かった、
      負けて残念、など、
      それだけで終わってしまっては
      せっかくの勝ち体験負け体験がもったいないです。

      「今回は勝てたけど、この勝ち方は危険だった」
      みたいな「次に繋げる課題やテーマ」を
      常に持ち続けることで、
      やればやるほどトレードの精度が上がるというか
      要するに「腕が上がる」のだと僕は思っている次第です。

      >いっそのこと、リオンちゃんみたく、ひとつの通貨ペアに取引を絞った方がよいのか?
      >そうすれば、
      「この通貨ペアでこういう動きをしたら、こっちに行きやすい」
      などと、こういう境地に達するのか?と想像しています。

      ↑ここは正直「アリ」かなと思います。

      僕の場合は「他の通貨との相関性を観ること」が
      ある意味生命線なのですが、
      それをすることで混乱してしまうようであれば
      何かに絞るほうが良いかも知れません。

      >先生はFXを始めた最初から10通貨ペア(取引は8通貨ペア)でずっと経験を積まれてきたのでしょうか?

      ↑昔、4時間足を使ったトレードをしていた時期は
      オージー系4種とユロポンは観ていませんでした。

      今のような5分足メインになった時点で
      短期保有ゆえに「相関性が重要」という判断から
      同時に見るようになった経緯があります。

      ※オージーはその後しばらくしてから「美味しさ」に気付き、
      トレード対象に追加しました。

      繰り返しになりますが
      相関関係を観ることで逆に混乱の元になるようでしたら
      「どれかに絞る」にチャレンジするのもアリだと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして及川先生。
    ブログの更新大変心待ちにしておりました。

    簡単に今の状況をお伝えさせていただきます。
    3年ほど前から会社への不満が急激に膨らみ強いストレスを感じるようになり、安定剤を飲まないと出勤できない状況となりました。
    安定剤を飲み何事もなく1日が過ぎるのを待ち、休日は特にやることもなく只々時間が経っていく毎日でした。
    会社の状況も悪化する一方で精神的に限界を感じ今年の4月に約10年務めた会社を退職しました。
    その後、今の精神状態で務めれそうな職種を探しているうちにデイトレード(FX)に出会いました。
    ネットで色々調べたりYouTubeを見たり(当時まだ及川先生には出会えていませんでした)でデモ口座が1か月ほどで資金3倍ほどになりこれだ!と思い6月よりリアル口座に10万入金しトレードを始めました。
    入金した10万は2日でなくなりました(苦笑)

    さすがにこのままではなんともならんと思いネットで調べているうちに及川先生に出会うことができました。
    6月中場からデイトレ大百科、プロコン改を購入させていただき約半月、なんとか戦えるようになってきました。
    とはいってもお小遣いにもならないようなロットで勝ったり負けたりですが。
    プロコン改のおかげで金額は関係なくpips勝負で経験値を稼いでレベルアップと思い毎日チャートに張り付いています。
    今は毎日が楽しくて仕方ありません。今までのようなただ時間が過ぎていく毎日ではなく、将来への投資に時間を使っているというか、なんて表現したらいいかわかりませんが毎日が充実しています。そのかわり市場がやってない土日がつまらなくなりましたが(汗)
    これも及川先生のような本物に出会えたからだと思います。

    私のような初心者が質問なぞ恐れ多いのでLv30くらいになったら改めて質問させていただこうと思います。
    先生のブログにコメントすることで自分への決意表明、まさに今回のブログの内容のように、

    人は自分がこうありたいと願う自分に向かうものだ!
    それを強く願わぬ者に望む結果など絶対に訪れやしない!

    今の自分にピッタリだと思いコメントさせていただきました。

    及川先生に引退されたら路頭に迷うので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

    • つよぽん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しましたが
      なんとも興味深く、そしてありがたい内容でした。
      まずは先んじて御礼申し上げます。

      >3年ほど前から会社への不満が急激に膨らみ強いストレスを感じるようになり、安定剤を飲まないと出勤できない状況

      ↑ここまでではありませんでしたが
      僕もサラリーマン時代はストレスが尋常ではなかったので
      かなりお気持ちを理解出来るつもりです。

      >今年の4月に約10年務めた会社を退職しました。

      ↑世間の常識を鑑みた場合、
      この選択を一概に良かったですねとは言いにくいですが、
      僕もサラリーマンを辞めたときは
      将来不安の何倍も「スッキリ」したことを覚えているんです。

      ですので、あえて
      「無事に脱出出来て良かったですね」
      と言わせていただきます。

      >プロコン改のおかげで金額は関係なくpips勝負で経験値を稼いでレベルアップ

      ↑初期の段階でこのクセ付けをしておけると良いですね♪
      先々ロットを引き上げる時の「壁」がかなり低くなると思いますので。

      >今は毎日が楽しくて仕方ありません。
      >そのかわり市場がやってない土日がつまらなくなりましたが(汗)

      ↑なるほどですね(笑)

      ちなみに、
      トレードも充分ストレスの伴う世界ですが、
      それでも僕は
      「サラリーマン時代のあのストレスに比べたら屁みたいなもん」
      こういう気持ちでやってきました。

      つよぽんさんも
      きっと同じ感覚かも知れませんね。

      >私のような初心者が質問なぞ恐れ多いのでLv30くらいになったら改めて質問させていただこうと思います。

      ↑そんなことは言わず、
      やって行く中でご不明な点など生じた際は
      遠慮なくお声掛けください。

      >今の自分にピッタリだと思いコメントさせていただきました。

      ↑決意表明・・・かっこいいですね♪
      ぜひともがんばってください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。

    ここ数ヶ月、仕事とトレードのバランスを考えNY市場を21時から23時位までトレードをしています。
    その際気をつけているのが指標発表の時間です。
    及川さんのトレードのNY動画を観て、21時半から重要指標が発表される時は、指標発表が終わってからトレードするようにしていますが、23時に発表される重要指標への対応が上手くできなくて困っています。
    23時から指標発表なので、21時からトレードを行うのが良いのか?それとも23時の重要指標が発表されるまで待った方が良いのか?
    このような環境の場合、及川さんならどのようにトレードをされるか教えていただけないでしょうか?

    本日23時からISM非製造業景況指数があり、21時からトレードしたのですが余り動きがなく、指標発表まで2時間程あるのでトレードしたのですが、どうもボラが出ず揉み合いでした。
    結果エントリーしても損切りになってしまい、23時の指標発表後に相場は動きました。個人的には重要指標がある時は重要指標が発表されるまでは待つのが良い様に思うのですが、是非プロから見たご意見を教えていただけないでしょうか?
    お手数ですがご回答の程どうぞよろしくお願い致します。

    ※先月リアル口座を開設して半年で、ようやく月間プラスで終わる事ができました。これもガチ速とデイトレ大百科。そして及川さんのYouTubeやコメントのおかげです。これに奢らずコツコツとトレードをしていきたいと思っております。
    今後ともよろしくお願い致します。

    • しょーさん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >23時から指標発表なので、21時からトレードを行うのが良いのか?それとも23時の重要指標が発表されるまで待った方が良いのか?

      ↑23時以降もトレードが可能なのであれば
      待つのも一考だと思います。

      けど、23時には可能なら終わりたい、ということでしたら
      僕ならその前にケリをつけたいと考えます。

      東京時間を例に出しますと
      オージーは10時30分に指標発表の日がチョイチョイあるのですが、
      僕はその前にケリがつけられるなら
      やってしまうことが少なくないんです。

      ただし!
      言うまでもなく、その場合は
      時間前に終わっておく必要がありますので
      「なんとなく」的な状況では触りません。

      NY時間を同じように当てはめて良いかは微妙ですが、
      僕の場合、23時発表の日に
      その前段階でスキャル的なトレードをやった記憶は
      結構あります。

      確認してから・・・にして欲しいのですが、
      例えば時間前に大きなトレンドは出にくい、という仮説を立てたなら
      レンジ狙いの逆張りスキャルは有効かも知れません。

      あるいは順張り(押し目買いなど)であっても
      利食いハードルを低く置くか、
      あるいは逆行上位足の到達まで触らないなど
      エントリー自体のハードルを上げて対応する、
      なんてのも悪くないのではないでしょうかね。

      >先月リアル口座を開設して半年で、ようやく月間プラス

      ↑まずはおめでとうございます♪

      ただ、その前段階はマイナスって話ですか?汗
      だとしたら、まずはそれらを焦らず埋めるところからですね。
      ぜひともがんばってください^^

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは。
    日本帰国おつかれさまです。コロナがなければセミナー等でお会いできる機会があったのではと思いました。

    また以前はYoutube動画でコメントの返信を取り上げいただきありがとうございました。
    成長曲線をブレイクするって内容で、リオンちゃんの話しも出た動画です。
    本当に参考になり、何度も見返してしまいました。見る度にモチベーションが上がります!
    もちろんいいね済みです 笑

    ところで及川先生は検証についてはどのように行っていましたか?
    私はトレードをしたら必ず、エントリー根拠、利食い、損切り、感じたこと等を簡単にノートへまとめ、チャートは写メで残すようにしております。
    次の朝にその後のチャートも確認するようにしています。
    (ニューヨーク時間しかトレードができないため)
    そのためか、根拠ない逆張り及びナンピンを厳禁したところ大きな損切りが減りましたが、利の伸ばし方が悪くノートを見返すと直近高値、安値までは持てばよかったというのが多いです。
    なので、時間の割に資金の増えもたいしたことないといった状態です。
    チキン利食いを公言されている先生よりも、さらにチキンだと思います 笑
    ポジションを長時間保有してる時は、総じて具合が悪い時です。
    今後の課題だと自分でも認識してますが、検証の仕方も含めてアドバイスいただけますと幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • ゆう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >成長曲線をブレイクするって内容で、リオンちゃんの話しも出た動画

      ↑こちらこそ許可なしで使わせていただき
      ありがとうございますm(_ _)m

      「許可なし制」は今後も続行しますので
      どうかご了承ください(笑)

      >私はトレードをしたら必ず、エントリー根拠、利食い、損切り、感じたこと等を簡単にノートへまとめ、チャートは写メで残すようにしております。
      >根拠ない逆張り及びナンピンを厳禁したところ大きな損切りが減りましたが、利の伸ばし方が悪くノートを見返すと直近高値、安値までは持てばよかったというのが多いです。

      ↑これは大変良い試みだと思います。
      最近の動画でも話題にしましたが、
      「自分がやった後」を確認する作業は大きな意味があると思います。

      例えば
      「もっと引っ張れば目標位置まで行った」なんてことは
      僕ももちろん多いです。

      ただし僕の場合は
      「行かないで戻され、コジれるのほうがイヤ!」なため、
      「引っ張れば良かったケース」のほうが圧倒的に多くない以上、
      現状のままで良いとの考え方なんです。

      こういうところをどう選択していくか?が
      「自分らしいトレードの構築」には必要ではないでしょうかね。

      あ、もちろん長く継続することで
      「利益が増えて行くやり方」でないと話になりませんので
      そこを押さえたうえでの話ですが。

      >ポジションを長時間保有してる時は、総じて具合が悪い時です。

      ↑ここは僕もそうですが、
      まぁ当然の話だと思います。

      そもそも短時間でケリをつけるイメージで行うトレードですので
      長時間保有になっている時点で具合が悪いのは必然ですからね(汗)

      検証の話に戻りますが、
      基本的には今のやり方で良いと思います。

      ポイントとしては

      1.自分が決済した「その後」の確認
      2.本当はここまで引っ張りたかった、の位置に到達したかどうか?
      3.到達した場合「スンナリ」か「一度戻されたあと」か?などの確認
      4.これらを鑑み「次回以降どうするのが自分にとって折り合いが良いか?」

      例えば「データ的」には
      引っ張ったほうが良い成績になる・・・

      けど、「戻されたポジション」の切り方が悪いと
      そのトレード自体が「大事故」になるかも知れない、
      などなどもあらかじめ意識して
      組み立て方(特に損切り)を考えると良いはずです。

      どんなに「データ上」ではあーだこーだであっても、
      現場をやっているのは我々「人間」でして、
      常にリアルタイム進行で戦う中、
      そのデータ通りの行動がとれるのか?って問題があるわけです。

      含み益だったポジションが含み損になれば
      誰だってアタマに来ますよね(苦笑)

      そう言う中でデータ上で導かれたルールに沿った行動が取れるのであれば
      それを貫くことです。

      そうではない、
      またはそう出来ない自分がいるかも?ということなら
      そこにアジャストしたやり方を模索すべきでしょうね。

      ちなみに僕がよくいう「20分ルール」や
      「30分刻みをまたがない」などは
      僕自身のダメなメンタルを補うために決めた考え方なんです。

      「機械的にやる」のと
      「感情を制御しつつやる」について、
      なるべく良いバランスを取れるよう
      考えていくことが重要かなと思います。

      こんなアンサーで大丈夫ですかね(汗)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRIBEではお世話になりました。
    youtube及びブログもいつも参考にさせていただいております。

    「億トレになる」そんな大志を心に刻みながら日々精進していこうと思います。
    目標を達成できるまで諦めるつもりはありません。「億トレ」になるのが先か寿命が尽きるのが先かぐらいのつもりでいます。(流石に時間が掛かりすぎですかね笑)

    最近のトレードについてですが、先週ぐらいからかなり調子を落としてしまっています。
    自分なりにいろいろ考えた結果レンジに捕まっている場面で往復ビンタをくらい積み上げた利益を吐き出してしまっている場面が多かったです。
    もちろん、伸びるかなと思ってエントリーしますが、大きな枠の中ではレンジという場面が苦手です。
    苦手なレンジ相場をこれからは避けていきたい思っていますが、及川先生はこれはレンジかなと考える基準はおありでしょうか?
    また、レンジ相場の対処はどうされているのでしょうか?
    参考までにご教授いただけると幸いです。

    • ブライアンとトーマス様
      コメントありがとうございます。
      TRIBEへのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      >「億トレ」になるのが先か寿命が尽きるのが先かぐらいのつもりでいます。

      ↑ここはツッコんで良いところか迷いますね(笑)

      >及川先生はこれはレンジかなと考える基準はおありでしょうか?
      また、レンジ相場の対処はどうされているのでしょうか?

      ↑ここは考え方をシンプルにすることをオススメします。
      結論としては「レンジ相場」がむしろ普通だってことです。

      というか、トレンドが出ないときがすなわちレンジでして、
      レンジ相場が発生することはない、という考え方です。

      そうなると問題は「トレンドが出るか否か?」でして、
      僕は「トレンドはそう簡単には出ない」を前提にしているため
      利食いがセコくなるわけです。

      思考手順は概ね以下となります。

      1.トレンドが出そう、あるいは「出て然り」の場面をやる
      2.トレンドが「出かかった時点」でそこそこ伸びるのでまずはそこで利食い
      3.そのまましっかり伸びたらMAや水平線を活用して2度目や3度目をアタック

      また、

      4.「トレンドはどうせ出ない時間」と見切った際は
       単純にある程度伸びたところ(MAからの乖離など)から逆張りもアリ

      世間のトレード自慢は
      トレンドが「出た」時の結果をアピールしているだけで
      そもそも出ないときには大きなPIPSなど稼ぎようがありません。

      ですので、利を引っ張る手法の場合であれば
      トレンドが出そうもないところをいかに触らずに済ませるか?が
      おそらく重要になるはずです。

      僕の場合は
      「明確なトレンドが出ずともこの時間帯はある程度は動く」
      「動くのであれば取りようがある」という考え方のもと
      『ではどのような取り方があるか?』を模索して今に至るわけです。

      ですので僕は短期デイトレに関しては
      結構多くの「引き出し(やり方)」があるのだと思います。

      まとめますと、

      ・トレンドはそう簡単には出ない
      ここを念頭に置き、

      ・出かかっているところはそこそこは伸びる
      (トレンド発生期待のポジションが入るので)
      この特性を活かして「そこそこは取る」みたいなイメージでまずは臨む。

      実は・・・

      つまり多くの場合「逆張り」のほうが利食いはカンタンなんです。
      おそらく勝率を高めるのも楽勝です。

      特に初心者の場合は
      最初逆張りのほうがカンタンで利益も得やすいはずです。

      けど、「時々生じたトレンド」で
      一気に逆に持っていかれるため、損大になってしまうのと、
      普段の利食いPIPSよりかなり大きな含み損を抱えることで
      パニックになり、ヘンテコなとこで切らされたり、
      あるいは損切り出来ずに全損したりするのだと思います。

      ここを踏まえ、損切り管理をキチっと出来るのであれば
      常に「レンジ前提逆張り狙い」でも良いということになります。

      あ、最後はちょっと脱線してしまいましたが、
      「レンジと考える基準」となると正直ないので
      その前段階における「相場に対する見方の前提」をお話させていただきました。

      不足がございましたら追加でご連絡をください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ブログ更新お疲れ様です、お久しぶりです(^^v
    動画を拝見してはいますが、お元気そうでなによりです。

    私も、なんとか無事に生活を送ることが今のところ出来ています。
    ただ、少しバタバタした気持ちやイライラが溜まっている事もあってか、エントリーもこんな気持ちが反映されるのか、雑になり少し上手くいかない事が続いています。「ヤバい!いかんいかん・・・」と最近は穏やかな気持ちになれるように心掛けています。
    メンタルや心の不安定さが、ふとした生活の面でも影響されるのかなぁ~って、最近思うようになってきました。若い頃は気にして無かったけれど、歳のせいかなぁ~・・・・と思う今日この頃ですw

    師匠とは、同世代なので「大橋巨泉」さんはタイムリーでした。なかでもクイズダービーは、家族で毎週見ていました(^^。「竹下景子さんに3000点」懐かしいですねぇ~。
    個人的には、大橋巨泉さんは実業家のイメージがあって、カナダのお土産ショップ「OKストアー」が印象に残っています。
    実際、仕事の兼ね合いでカナダへ行った時に立ち寄った記憶があります。

    今回のブログの内容にもありました「自分がこうありたい」は、ほんと痛感しています。コロナで色々なことがあり「辛い事や嫌な事、不安な思い」を感じで、腐りかけてた自分が居たのですが「俺はこんな思いから解放されたいからFXを勉強したんだろう?」と思い返させられました。

    ただ、変な意味で物事をとらえている訳ではなく「きっと神様が、いつまでこんな事に耐えてるっだ?早く覚悟を決めろ!」と自分に問いかけてきていて、「はよぉ~師匠に追いつけるようになれや~」っと言っているのだと思っています。
    (なぜか私の神様は関西弁ですw。自分も関西人ですからw)

    ん・・・・真面目にコメント書きすぎかな( ´∀` )

    遅くなりましたが、トライブお疲れ様でした。
    いやはや、また凄い人が誕生してビックリですw、私には到底真似できませんし、FBの投稿も、みなさん凄すぎて、アップするのに躊躇しました・・・と言うか最後の方は、もう恥ずかしくてアップ出来ませんでしたw

    これから暑くなりますが、熱中症などにはご注意くださいませ
    あと、飲みすぎにも(^^。

    ん~、面白い事・・・・思いつきませんでしたw
    くぅ~残念w(なんでやねんw)

    ありがとうございました。

    • いつか踏まれたい男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >少しバタバタした気持ちやイライラが溜まっている事もあってか、エントリーもこんな気持ちが反映されるのか、雑になり少し上手くいかない事が続いています。
      >メンタルや心の不安定さが、ふとした生活の面でも影響されるのかなぁ~って

      ↑トレードに限らずメンタルの管理や維持は重要ですよね。
      特にトシ取ると・・・(苦笑)

      >個人的には、大橋巨泉さんは実業家のイメージ
      >仕事の兼ね合いでカナダへ行った時に立ち寄った記憶があります。

      ↑へぇ!そうでしたか。
      僕は当時、貧乏続きで海外には行けずでしてね^^;;
      行けてたら絶対立ち寄ったはずです。
      実に羨ましい。

      >コロナで色々なことがあり「辛い事や嫌な事、不安な思い」を感じで、腐りかけてた自分が居た

      ↑詳しくは知る由もありませんが、
      コロナが多くの人を困惑させたのは充分想像がつきますので
      その大変さもある程度イメージは出来るつもりです。

      >なぜか私の神様は関西弁ですw。自分も関西人ですからw

      ↑ここ、最高ですね♪
      僕の神様も「オーゲー!」とか言いますよ(笑)

      >遅くなりましたが、トライブお疲れ様でした。
      いやはや、また凄い人が誕生してビックリです

      ↑結論から言いますと
      「気にしても仕方ないし意味もない」でしょうね。

      トレードは誰かに勝つためのものではなく、
      「自分がどう勝つか?」という世界ですので。

      トレード結果をアップすることが励みになったり、
      それをすることで自制につながったりなど、
      ご自身にとって都合よく活用すれば良いものだと思いますので
      惑わされるだけなら、そもそも見る必要すらないと思います。

      >ん~、面白い事・・・・思いつきませんでしたw

      ↑無理してネタをブッコむ必要もありませんでしょ!(笑)
      またお気楽にコメントをお寄せください♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもお世話になります。TRIBEでは大変勉強になり日々勉強しています。
    トレードに関してすごく悩んでいます・・・。
    デモトレードでトレードをすると非常に勝率もよく、利益も取れます。例えば100万円の資金で1か月後には200万円に、そしてそれが3か月間コンスタントに気持ちいいくらいに勝てます。が、しかし、いざリアル口座でトレードを開始するとぼろ負けします。リアル口座ではいつも30万円入金し、1トレードあたり0.5ロットで取引し、負けると資金に合わせてロットを下げたりしています。
    資金を溶かすと、またデモトレードに戻りトレードをすると、すぐに勝ちだします。
    そして、もう大丈夫だろうとリアル口座で取引するとまたぼろ負けします。
    このような状況を4回繰り返しています、どうしたらよいかわからなくなってしまいました・・・。何か良いアドバイスなどございましたらご教授いただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    • getwinさま
      コメントありがとうございます。
      TRIBEへのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      >デモトレードでトレードをすると非常に勝率もよく、利益も取れます。
      >しかし、いざリアル口座でトレードを開始するとぼろ負け
      >またデモトレードに戻りトレードをすると、すぐに勝ちだします。
      >もう大丈夫だろうとリアル口座で取引するとまたぼろ負け

      ↑うーむ、、、それは困りましたね(汗)

      確かに「あるある」ではあるのですが
      それにしても、、、ですね^^;;

      実はここ、以前突き詰めて考えたことがあるのですが、
      僕なりの結論は「慎重と大胆のバランスが崩れる」です。

      やっかいなのは無意識下でそうなる部分でしょうから
      対策を取るとしたなら一番は「ルールのより明確化」「詳細化」だと思います。

      ここをデモの時点でもっとキッチリ絞り込むことから
      「作り込んでいく」イメージが良いのではないでしょうか?

      そうすることによって
      デモの成績も悪化するかも知れませんが、
      そこは「過渡期」としてむしろ必要と考えること。

      ・エントリーする際の条件
      例:アレとコレの条件がが揃った時のみ!

      利食いも損切もなるべく
      「こうなったら必ずやる」というルール化を
      少々強引でも仮説から組み立て、最終的に「仮決定」すると。

      個人的にはこれをすることで
      デモの成績も一度悪化したほうが良いくらいに思います。

      で、悪化した成績に対し、
      ところどころ修正を加えていき、
      なるべく機械的に自分を管理出来る方式を作っていくことかなと。

      そういう過程を経てデモの成績が向上した際は
      リアル移行後の成績も概ね近いモノになるのではないでしょうかね。

      それ以外では
      リオンちゃんも言っていますが
      「生活全般のリズムもなるべく統一する」のも良いかなと。

      トレードをする時間帯もなるべく同じとし、
      トレード以外の生活も含め平日に関してはルーティーン化してしまう、みたいな。

      決定的なコレ!みたいな答えではないので恐縮ですが
      まずは出来ることから、ということで思いつくのが上記でした。

      いろいろ試す中で、あらたな疑問や問題などが生じた際は
      遠慮なくお声掛けください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    お久しぶりでございます。ご無沙汰しております。

    デモ口座で金額が目標に到達し、かねてよりリアル口座で始めたのですが、調子に乗って追加入金して、そこそこの金額を飛ばしてしまいました。反省してます(苦笑)
    しかし泣き言は言わず、極小ロットではありますがリアル口座でコツコツとやっております。その甲斐あってか、先月やっとリアル口座初の月単位でのプラスを勝ち取ることができました。
    ほんの数千円ですが、自分の中でとても価値のある数千円だと思っています。いつか必ずこの数千円が数千万円になると信じて、記事の通り「大志」を抱いて頑張りたいです。
    師匠が引退される前には必ず億突破させてみせますので、よろしくお願いします!

    • 銀色流星群さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >デモ口座で金額が目標に到達し、かねてよりリアル口座で始めたのですが、調子に乗って追加入金して、そこそこの金額を飛ばしてしまいました。

      ↑そうでしたか(汗)

      >先月やっとリアル口座初の月単位でのプラス
      >ほんの数千円ですが、自分の中でとても価値のある数千円だと思っています。

      ↑僕もそう思います。

      確かリオンちゃんも2年間負け続けで、
      僕のブログを見つけた月に初めて月間プラスになったと言ってましたが
      その額は確か「数十円」だったはずです(笑)

      そんな彼女も今では月間300万稼げるようになっていますので
      焦らず同じようにやりつつ、
      「あとはロット上げるだけ」みたいな境地になっていただきたいと願います。

      >師匠が引退される前には必ず億突破させてみせますので、よろしくお願いします!

      ↑僕は世間では「引退するする詐欺」くらいに思われていますし、
      実際、そうカンタンには周りも抜けさせてくれないので
      結構先は長いかも知れませんよ(苦笑)

      というか、僕が引退しないと億いかない、みたいな話にはならぬよう、
      行くべきは行ってくださいね(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お疲れ様です。
    自分はトレード歴10ヶ月の54歳のオヤジです。
    昨年は35万円負け、今年は100万円負けています。しかし、あきらめません。今年の10月に退職が決まっていて、その後は収入が無くなるからです。
    チャート全体が見えない傾向があり、また、損切りも遅い。乱射してしまう。などの点を改め、ルールを守り精進したいと思います。
    そして自分も大橋巨泉さんのように、素敵な老後を過ごしたいと思います。
    今後もよろしくお願い致します。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >トレード歴10ヶ月の54歳

      ↑あらま、学年一緒かも知れませんね。

      >あきらめません。今年の10月に退職が決まっていて、その後は収入が無くなるからです。

      ↑ぜひともがんばっていただきたいところなのですが、
      金額の大小は別として「トレード以外の収入」は
      なんとしても確保しておくことを強くオススメしたいです。

      僕の最後の無一文は41歳のときですが、
      それは「株のデイトレ」が原因でした。

      実は仕事と並行してやっている間は調子よく勝てていました。
      けど、トレード以外の収入を絶った時点で
      尋常ではないプレッシャーがかかるようになり、
      トレードがめちゃくちゃに崩れてしまった経験があるんです。

      マジで「恐怖」ですよ。

      脅かすようで恐縮ですが
      間違いなく当時の僕と同じ感覚になるはずですので
      ここはどうしてもお伝えしておかないと、、、
      そう思ってのお話ですのでどうぞご理解ください。

      >自分も大橋巨泉さんのように、素敵な老後を過ごしたいと思います。

      ↑ここはお互いがんばってまいりましょう!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    ご無沙汰しております。
    以前、潜在意識でお話ししました黒風 虎徹です♪
    TRIBEで勉強させていただき、日々 自分自身のメンタル鍛錬を行い
    その後のご報告です。

    トレードをする上で、メンタル崩壊は無くなりました!!
    3月~4月に2回の全損トレードをしたのですが
    その時も、自分のトレードに対してのバグを翌日には発見できて修正できました。
    その後は、着実に利益を伸ばせております^^

    ゴールドジムでのトレーニングは、3月~5月までコロナが怖くて通っていなかったため太りました。。。
    6月1日から再スタートをしまして、元のウエイトまで戻せたところです♪
    今年中には腹筋を6パックにするべく、継続してトレーニングしております。

    メンタル崩壊するトリガーはなくなったのですが
    2つほど気づきがありましたのでご報告いたします。

    1つは、トレードで儲けた実感がなかった事です。
    今までは、10万円が20万円になっても証拠金を上げれるだけの存在にしか捉えていなかったので
    ロットを引き上げてトレードを続行し、全損して爆死(T_T)
    これを繰り返していました。
    ですので、1回も利益を手元に残すことが出来ずに
    FXって勝てないセルフイメージになっていました。

    今回、とりあえず証拠金10万円を入金して
    15万円になったら5万円を引き出し手元に残すことにしまして実行しました。
    そして、再び10万円が15万円に増えたので5万円を引き出し手元に戻しました。
    トータル10万円が手元に戻り、預けている10万円は全損しても損失ゼロ♪
    そして、再び10万円が15万円になったので5万円を引き出し
    通帳から現金を出した時に、「あ~FXでお金を稼げたんだな~」と実感しました。

    おそらく、全く勝てない方の中には儲けたお金を出金することをせず
    全損したり初期資金以下になってしまい損をするイメージだけが出来ているのでは?
    と思いました。
    ですので、少しでも儲けたら1回は出金して現金を手元に置くことで勝つイメージが出ると思います♪

    2つ目は、エントリー時の2つの衝動に気づきがありました。
    含み損になっても全然平気な時と
    エントリーした途端、不安で仕方がない時です。

    全然平気な時は、躊躇なくナンピンも出来て
    しっかり利確となります。
    不安な時は、ナンピンをしたら余計に不安が大きくなり
    1番不利なところで自分勝手な判断で損切りをしてしまいます。
    そして、そこから変なトリガーを自ら引いてしまい
    ローソク足の値動きに左右され始め、ハチャメチャなトレードに突入です。

    エントリーして不安がある時は、決まって根拠が薄いエントリーでした。
    それと飛び乗り(行かれちゃった時用)の打診エントリーが多かったです。

    逆に、不安がない時は
    しっかり待つ事が出来ている時でした。

    根拠が薄い・待ちきれていない時は、損切り後に取り返そうとして
    乱射する傾向にあります。
    ですので、私のバグの2つ目は「しっかり待ちきれていなかった」事でした。

    しっかり待って、根拠を持ってエントリーした時は
    損切りしても全く悔しくなく、その後のローソク足の動きを落ち着いて分析が可能でした。

    今では、トレードをしてても不安がなく(全く無いわけではありません)
    決めたところで損切りをし、満足がいくところで利食いをしています。

    毎回、師匠の動画では決めたところで損切りを絶対にしてください!と伝えておりましたが やっと自分の潜在意識にインプットされました♪
    以前は分かっているつもりでも、損切りをするレートになると
    もしかしたら「ここから反転するかも!いや、まだ損切りのタイミングじゃない」と自分を偽って損切りをずらし、淡い期待をして爆死していましたw

    ですので、5月に淡い期待はゴミ箱に捨てました^^

    同じ師匠の動画なのに、自分に飛び込んでくる瞬間がありますので
    何度も見て気づきを確認していきますね♪

    これからも動画がんばってください!

    • 黒風 虎徹さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。
      TRIBEへのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      >トレードをする上で、メンタル崩壊は無くなりました!!

      ↑ここに対し自信が持てるようになるとデカいですよね^^
      「損切りをすること」が極論苦痛以上にスッキリする感じとでも言いますか、
      早めに切れて良かったわぁ、みたいな感覚は僕もあります。

      >ゴールドジムでのトレーニングは、3月~5月までコロナが怖くて通っていなかったため太りました。。。

      ↑僕もシンガポールではコンドミニアム内のジムとプールすら禁止され
      かなり困ったものでした(汗)

      >今年中には腹筋を6パックにするべく、継続してトレーニングしております。

      ↑ここは僕も追随したいですねぇ♪
      お互いがんばってまいりましょう!

      >証拠金10万円を入金して
      15万円になったら5万円を引き出し手元に残す
      >再び10万円が15万円に増えたので5万円を引き出し
      >トータル10万円が手元に戻り、預けている10万円は全損しても損失ゼロ♪

      ↑地味なようですけどとても重要ですよね。
      「FXで稼げることを実感!」そういう話ですからね。

      >含み損になっても全然平気な時と
      エントリーした途端、不安で仕方がない時
      >根拠が薄い・待ちきれていない時は、損切り後に取り返そうとして
      乱射する傾向

      ↑メチャメチャ良い話!
      もはやセミナーに登壇して話をしていただきたいくらいの内容です。

      >しっかり待って、根拠を持ってエントリーした時は
      損切りしても全く悔しくなく、その後のローソク足の動きを落ち着いて分析が可能でした。

      ↑激しく同意!
      おそらくこれを読まれた人のほとんどが同じだと思います。

      あ、まだ「格闘中」の人はそこまでではないかも知れませんが、
      一皮むけたあとの人であれば「赤べこ」くらいの勢いで頷く話でしょう(笑)

      >もしかしたら「ここから反転するかも!いや、まだ損切りのタイミングじゃない」と自分を偽って損切りをずらし、淡い期待をして爆死していましたw

      ↑ここをどの時点で抜け出せるか?ですよね♪

      内容が素晴らしすぎて
      僕が口を挟む余地がまるで残っていませんでした(笑)

      多くの悩めるトレーダーにお伝えしたい話ですので
      あるいは取り上げさせていただくかも知れません。

      本当にありがとうございました!
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちわ。

    みなさんからの先生への質問は全部読んでると思いますが
    いまいち自分には入ってこなく、自分も質問した事は
    ありますが、工夫してくださいと返信ありましたが
    それから数か月経ちますが
    それでもやっぱりわからないです。

    自分は5年目で180万円を30万円に減らしました。
    そこで自分のトレードを見てもらって返信をいただけたら
    何かわかるかもと思い質問させていただきます。

    いつもエントリーすれば逆に行くというよくある内容ですが
    今日はユーロ円を18時32分に15MAで5ロット入れました。
    30分前に長い陰線があり、そこまで伸びるかなと思い入れました。

    そして15MAを抜け
    18時56分に最後の4時間MAでナンピン5ロット入れ(この時点で-6千円)
    結局19時8分の下ヒゲで決済し利益は250円でした。

    自分は長い時間はできないタイプで
    トレード中はタバコがないとできなく
    長くなければ長くなるほど
    吐くまでタバコ吸ってしまいます。

    毎回こんな感じです。

    ここは先生だったらどうされていましたか?

    よろしくお願いします。

    • ヨマヨエルさま
      コメントありがとうございます。

      7日のユーロ円、
      実際のチャートを確認してみました。

      18時すぎの欧州はややこしい動きになることが多く
      僕はその前段階でトレードを終えておきたいと普段考えています。

      そんな中、本件のナンピンからの脱出は
      結果論ではなく良かったように思います。
      ここが目先のラストチャンスでしたし。

      >ここは先生だったらどうされていましたか?

      ↑こちらは本件ユーロ円ショートの話でしょうか?

      だとしたら、仮に同じ場面でエントリーした場合、
      僕も同じような逃げ方になったと想像します。

      ただし、上述のとおり、
      おそらくはトレード自体をしなかっただろうなというのが本音です。

      それと、ご存知かも知れませんが
      僕はひとつの通貨ペアだけを観てやることは少なく、
      キチンと確認をするとなると、
      同時間帯のその他銘柄のチャートをすべて確認しないと
      なんとも言えません。
      けど、そこは時間的に少々大変なためご容赦ください^^;;

      ちなみにトレードをする時間帯ですが、
      欧州の場合、もう少し早い時間は難しいのでしょうか?

      欧州時間をやるのであれば
      可能であれば16時台、17時台を中心に出来ると
      トレンドフォロースタイルとの相性は良いことが多いはずです。

      現在、コメント投稿が増えた関係で
      返信が遅れがちとなり恐縮ですが
      取り急ぎ本件は以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • FX初めてから約1年半までの間はひたすらFT3で検証しました。

    テクニカルや資金管理の勉強をして、インジゲーターをいじったり、かなりのデータを検証しましたが、結果リスクリワードが1:1の場合、どの手法も回数をこなすと勝率が5割に収束され手数料負けになります。
    リスクリワードを調整したところで勝率がそれに伴い上下するだけでトータルでプラスにはなれませんでした。

    後程自分なりにいろいろ調べたところ、ランダムウォークや効率的市場に辿り着き、テクニカル分析や資金管理のみでは勝てないじゃないかと疑問に思ってます。

    及川さんの動画を見ている限りでは主にテクニカル分析を中心にトレードされていると思いますが、自分が検証したデータの結果ではインジゲーターや手法そのものに優位性がなく(トレードの回数こなすとランダムウォークによって勝率が5割に収束される)、ファンダメンタルズ抜きでも継続的に収益を上げることは可能でしょうか?及川さんがトレードしている時にファンダメンタルズに関してどのように考えていますか?

    お恥ずかしながら、自分なりにいろいろ考えても答えが出ず、ご教授お願い致します。

    • kさま
      コメントありがとうございます。
      文面すべて拝見しました。

      >ひたすらFT3で検証

      ↑こういう作業をマメに出来る方は本当に尊敬します。
      僕はこの手の作業がからっきし苦手なので。

      正直なところ、
      データ的にはkさんのおっしゃることは
      正しいのかも知れない、そう思います。

      ただし「現場」をやっている人間からしますと
      その検証の仕方って「正しい最終結論」を前提にされているように想像するんです。

      ちなみに、データ検証する際に
      「時間帯を絞った場合」や
      「通貨シリーズのシンクロ性」などは加味出来るのでしょうか?

      僕らはこう言った部分を「目視」でやらざるを得ず、
      それって「生き物を観察する」に近いイメージなんです。

      例えば動物であれば活発な活動をする時間や
      寝ている時間、動きの鈍い時間などがそれぞれあると思います。

      そのような言ってみれば「生態」を加味することで
      付き合い方は「数学的」ではなく、
      ドンくさい例えで恐縮ですが「飼育員」的なモノになる、
      僕の中ではそんな感覚なんですよね。

      アホな例えで恐縮ですが
      「女性を口説く」ということを検証するとして、
      日本中の全女性を対象にしてしまっては
      なかなか明確な「必勝法」は見いだせない気がします。

      相手の年齢、職業、活発に動く時間帯、性格その他、
      ターゲットを絞っての検証のほうが「正解」は導きやすいように思います。

      ただし!
      そこで導かれた「正解」も決して万能ではなく、
      その女性のその日の「気分を観る」なども
      可能であれば加味したいですし、
      実際にデートをするなら、きっと見ますよね?

      かように僕は相場を「生き物」と捉え、
      その「機微」についても観ているつもりです。
      というか、そっちのほうこそがデータよりも重要くらいに思っています。

      こんな話をすると
      数学的な検証を全否定するように聞こえるかも知れませんが
      決してそんなことはありません。

      数学的というある種の「無機質なデータ」ももちろん重要でして、
      ただし、それらを傾向として押さえておき、
      現場では「その人(銘柄)の機微」を意識する。。。

      「機微を意識するってナンだ?」と思うかも知れませんが、
      毎日付き合っていると、結構感覚的に把握できて来るものですよ。

      相手を「感情のある生き物」くらいに捉えてみると
      それこそ可愛く思えることもあるくらいですので(笑)

      実は僕は完全なる「文科系」で、
      理系のことがまるで分かっていません。

      バカな話で恐縮ですが、
      いったんこちらをお聞きいただいたうえで
      今後のやりとりとさせてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。及川先生。
    いつも動画を拝見させていただき、日々勉強させていただいております。

    大変、恐縮ではありますが、初めてコメントさせていただきます。

    僕は、約1年程前に知人の勧めでFXと出会いました。
    それまでは、学校でもしたことない自分でしたが、人生で初めて
    勉強というものをさせていただきました。
    ※もちろん現在進行形ですが・・・

    成績はというと、多少のビギナーズラックは経験させていただきましたが、
    当然の事ながら、プラスに転じることはなく、どうしたものかと悩んでいた
    ところ、今年の4月に偶然に立ち寄った書店で及川先生の本(ガチ速)が
    目に止まり、新たに勉強を始めることにしました。

    及川先生の本やデイトレ大百科、youtubeを拝見させていただいた時は
    『何?この人?やばい、かっこよすぎ!僕もこうなりたい』
    と夢を見るようになりました。

    それからというもの、寝ずに動画や本を見続け、及川先生がおっしゃっていた
    検証も初めて行いました。検証は以下の感じです。

    ①エントリー場面
    ②利確or損切り
    ③その後のチャート(エントリーから、約1時間後)

    客観的に自分のエントリーを見ると衝撃を覚えたのをよく覚えております。
    (例:エントリー時間、MA向きバラバラなど・・・)
    それからは、日々良かった点と悪かった点を振り返り、明日は
    同じ間違いはしないと自分に言い聞かせ、しばらく繰り返してきました。

    そうした中、一ヵ月程の成績ですが、プラスに転じ始めることができ、今では
    日にTOTALで50pips~100pipsくらい勝てるようになりました。

    さて、ここからが僕の悩みになります。

    上記のように勝てるようになってきたのは、間違いなく、最初は凄く嬉しくて
    興奮したり、油断してルールを破った自分に嫌気が差し、反省を繰り返す。
    ということをしてきたのですが、ここ最近になってですが、
    変な感覚におちいるようになったのです。

    上手く表現できないですが、なんか心が空っぽになってしまったんです。
    ・50pips取っても特に嬉しい感情もなし。
    ・損切りしても悔しい感情もなし。

    この感覚はなんでしょうか?
    又、僕はこのまま進んでもよろしいのでしょうか?

    大変、長文になりまして申し訳ありません。

    宜しければ、僕の悩みにご教授いただけないでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    • yukiさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生の本やデイトレ大百科、youtubeを拝見させていただいた時は
      『何?この人?やばい、かっこよすぎ!僕もこうなりたい』
      と夢を見るようになりました。

      ↑光栄のさらに上を行くようなありがたいお話です。
      こんなオッサンに対し、本当に恐れ入ります^^;;

      >今では
      日にTOTALで50pips~100pipsくらい勝てるようになりました。

      ↑ひとことで言うとセンスが良いのでしょうね。
      取り組むべきポイントというか
      「コツ」の掴み方がお上手な方なんだと推察します。

      おそらくはここまでの人生においても
      ガリ勉なしで行けちゃうタイプだったのかなと。

      >・50pips取っても特に嬉しい感情もなし。
      ・損切りしても悔しい感情もなし。
      この感覚はなんでしょうか?
      又、僕はこのまま進んでもよろしいのでしょうか?

      ↑良いじゃないですか。
      全然問題ないと思いますよ。

      あえて悪い言い方をしますが
      「FXごとき」に人生を縛られるのではなく、
      とっとと短時間で勝って終えてしまい、
      健康や恋愛など、人生を充実させたり「彩(いろどり)」を加えたりすることに
      時間をもっと使え!という神の指示かも?くらいに思ったらどうでしょう。

      そもそも「勝って嬉しい」「負けて悔しい」で
      一喜一憂することのほうがむしろ問題とも言えますよね。

      あ、それがダメって話ではないのですが、
      今後、例えばFXで大きな利益を得続けるようになったとして、
      いちいちガッツポーズなどしなくなりますって(笑)

      ちなみに、世間の人の多くは
      「専業って一日中チャートばかり見てる」みたいなイメージかも知れませんが、
      例えば僕は「やるときは観る」けどそれ以外は一切見ません。

      いつまでもダラダラとチャートなんか見てるヒマあったら
      仲間と酒飲みに出かけたいくらいです(笑)

      「心が空っぽ」の中身にもよるかも知れませんが、
      少なくとも「FX縛りの人生」よりは良いと僕は思います。

      もし、今回のアンサーがポイントずれまくりだった場合は
      お手数ですが、再度ご連絡ください^^;;

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして
    僕は1ヶ月ほど前からFXを始めました。
    今もなのですが、全然勝てなくてYouTubeで色々な人をみて勉強していたところ及川先生にたどり着きました。元々、薄らとした自分のトレードの仕方を考えていたのですが、他のYouTubeの人は使っていませんでした。そして、及川先生のYouTubeを見た時に、通貨の強弱の考え方を聞いて、自分が探していたものはこれだ!となりました。もやがかかっていたものを形にしてくださってありがとうござます。
    始めた当初は、ポジポジ病で大変でした(笑)。今も残っているかもしれないけど、自分の入りたいと思うところしか入っていないので最初よりはマシかなと思っています。
    今のところの自分の手法は、通貨の相関、水平線、天才チャート、チャートパターンを使っています。何かアドバイスがあれば教えてください。
    これからも及川先生のどうを見て勉強していきたいと思います。及川先生の動画を見ていると、本当にプロコントローラー改は便利だなと思います。FXで稼いで絶対買います!
    今回は当日収支が初めてプラスになった記念にコメントさせていただきました。ありがとうございます。

    • まるまるもりもり様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生のYouTubeを見た時に、通貨の強弱の考え方を聞いて、自分が探していたものはこれだ!となりました。

      ↑短期デイトレに関しては有効、というか
      僕の場合はある種の生命線でもありまして、
      参考になる部分があれば嬉しいです^^

      >今のところの自分の手法は、通貨の相関、水平線、天才チャート、チャートパターンを使っています。何かアドバイスがあれば教えてください。

      ↑ひととおり網羅されてしまってますので
      僕から言えることはほとんどなさそうです(汗)

      強いて付け加えるとしたら
      「動きやすい時間帯とそうでない時間帯の区別」くらいでしょうか。

      今後トレード経験を重ねていくにつれ、
      より自信や確信に近いエントリーが増えていくものと想像します。

      ちなみに「確信に近いエントリー」が思うように行かない時、
      「これは逆抜けしたら相当そっち側に伸びるかも?」
      みたいな部分も含めた感性が育つとかなり強力です。

      ぜひともがんばってください。

      >今回は当日収支が初めてプラスになった記念にコメントさせていただきました。

      ↑こちらこそありがとうございます♪

      当日収支プラスはこの先当たり前となり、
      一切感動しないくらいになって欲しいですね(笑)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして 及川先生 日本に無事にお帰りになられて良かったです。デイトレ大百科登録させていただきました。 メモを取りながら動画拝聴しています。
    及川さんが巨泉さんに憧れたように 僕は及川さんに憧れています。

    帰国後のお疲れのところ 質問したいのですが 仮にドル円でずっと上昇してたところでチャートを開いて見たその時は、陰線が2本ぐらい出ていたとします。(分かりにくくてすいません)この場合 ドル円の強弱はどう見られているのかご教授お願いします。

    それと 強い通貨と弱い通貨を選んで取引したはずなのにすぐに強弱が変わってしまうのは選び方がまずかったんでしょうか?いつまでこの強弱が続くのか指標あるのでしょうか? 

    • んぼっくNBO様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんが巨泉さんに憧れたように 僕は及川さんに憧れています。

      ↑光栄ですけど、
      「こんなオッサンでごめんなさい」という気持ちもあります^^;;
      どうかほどほどでお願いいたします(笑)

      ドル円強弱の例えについてですが、
      これが「●●時ジャストからの動き」であれば
      あらたな流れかも?と疑いを持つと思います。

      あとはMAとの乖離幅にもよりまして、
      「そんじゃどこでいったん下げ止まるのか?」
      みたいな観察の仕方をします。

      また、強い状態が生きている場合であれば
      下げ止まりからの再反発も早いですし、
      下げ止まりからグズグズしていたら下げ転換もあり得るなぁと、
      そんな見方を僕はしている感じです。

      >強い通貨と弱い通貨を選んで取引したはずなのにすぐに強弱が変わってしまうのは選び方がまずかったんでしょうか?いつまでこの強弱が続くのか指標あるのでしょうか? 

      ↑僕は「ユロポン」を強弱感の確認で見ていますが
      確かにあっさり逆転することも少なくないですよね。

      よって、身も蓋もない話をしますと
      「あっさり逆転することもある」とアタマには置いておき、
      あとは個別チャート形状の良さとの兼ね合いで
      取り組みを決めていく、ということでよろしいかと思います。

      ユロポンにつきましては
      これを意識することで逆に混乱の元になる人は案外多く、
      そうなってしまうようなら
      エントリー前はあまり意識をせず、
      「エントリー後の状況変化確認」的な使い方で良いかも知れません。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    いつもありがとうございます。
    YouTube動画とデイトレ大百科とガチ速FXで勉強させていただいています。
    私も海外に居住しています。
    日本の非居住者の条件ですが・・・・
    外国では原則的に183日以上滞在すると居住者となり、納税の義務が生じます。しかし、日本では明確な規定が存在せず、182日以下の滞在でも居住者とされることがあります。(183日以上の滞在は居住者とされるようです。)その判断は国税当局の裁量によるようです。
    詳しいことをここで書くのは難しいので、もしよろしければ、emailでご連絡ください。
    教えていただきたいことがあります。
    オージーテクニカルは東京時間とロンドン時間の最初のころまでと言われていましたが、それ以降の時間帯では有効でないのでしょうか。あるいは使わない方がよいのでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • SIさま
      コメントありがとうございます。

      >私も海外に居住しています。

      ↑そうでしたか!
      ご連絡ありがとうございますm(_ _)m

      >日本では明確な規定が存在せず
      >その判断は国税当局の裁量

      ↑こういうところが実に「日本式」ですよね(汗)

      我々も相応に情報は入れておりまして、
      「充分以上」の要件は満たすべくやっているつもりです。

      >オージーテクニカルは東京時間とロンドン時間の最初のころまでと言われていましたが、それ以降の時間帯では有効でないのでしょうか。あるいは使わない方がよいのでしょうか。

      ↑NY時間でも発生することはありますし、
      発生すると「鬼のように伸びる」こともよくあります。

      よって答え的には
      「有効ですし、チャンスがあればGO!」となります。

      ただし、出現頻度はそこまで高くない印象です。
      (頻発する時期もときどきあるのですが)

      僕が立場上気になりますのは
      「オージー狙いばかりに固執する状態」です。

      なんていうか、
      「ホームラン狙いばかりで打率が低くなることに注意してください」
      みたいな部分はよくお話をしているんです。

      その点にはあらかじめご留意の上であれば
      チャンスがあったらGO!でオッケーかと思います。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
      今後、混迷しそうな際は相談させていただくかも知れません。
      その際はよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  • (直前の投稿での質問に自分の仮説を付記しましたので、こちらで掲載をお願いします。)

    及川先生、ひさびさのブログ更新、楽しく読ませて頂きました。
    巨泉さん、ぼくも大好きでした。今の時代、あれだけ突き抜けたキャラの人は、もう出てこないでしょうね(笑)
     先生はシンガポールライフ満喫されてますね。自分も以前海外(欧州:ルクセンブルグ)に3年ほど居住したことがあります。当時からカラオケ大好きで、ミスチルは今の課題ですが、元々B’zには結構ハマってます。)

    今回も貴重な動画配信、誠にありがとうございます。

    16時05分の足でのエントリー、オージー円でもポンドオージーでも、パーフェクトオーダー白抜きサインが出て、申し分のない完璧なオージーテクニカル成立に見え、私もポンドオージーのみでエントリーしました。でも結局のところオージー円が想定通りに反発せず、突然のポンド急落に助けられてポンドオージーが伸びただけ、それがなかったら、やや大変な事になっていた可能性大の、確かに先生も仰っていた通り、「なんか勝てた気がしない」相場だったと思います。

     よくよくみると、オージー円とポンドオージーの白抜きサインにしても、ひとつ前の押し(戻り)と同水準まで押し(戻り)過ぎてしまっていて、エリオット波動での5~6割押し(戻り)とはいえず、またどちらも、ファーストタッチではない2番煎じ、かつ、特にポンドオージーは、水色ラインの上をバンドウォークしながら戻ってきた形なので、反発しないで突き抜ける意欲満々と、このあたりは、やめたほうがいいような、ケチのつきどころだったのかもしれません。

     そういう意味では、動画のちょうど1時間前の15時05分の足での、オージー円とポンドオージーの黄緑線タッチは、オージー円こそ白抜きサインではなかったものの、どちらも初動で直近高値かつ複数回反発のレジサポラインを抜けた後の、5~6割のちょうどいい押し(戻り)で、しかもファーストタッチ、と申し分ありませんでした。結果も、動画と同じ45分後の決済で、動画で使用されたすべての通貨ペアで、大きく利確できています。

     自分も、15時台はこれまでよく痛い目にもあってきているので、危険な時間帯との認識はあり、あまり手掛けたくはないのですが、きちんと及川式を勉強した上で、これだけのしっかりした根拠がそろっていたら、16時前後まで待たず、15時台前半でも迷わずエントリーするのも、ありでしょうか。

    仮説:黄緑ファーストタッチに限りOKとします。理由は16時前にすでにトレンド初動が起きていて、その押し目を拾う形なので、単なるフライングとはいえないと思うからです。初動への飛び乗りは危険なので16時前後まで待つこととします。

    先生の豊富なご経験に基づき、アドバイスを頂ければ幸いです。
    どうぞ宜しくお願いします。

    • イーサンKさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >巨泉さん、ぼくも大好きでした。今の時代、あれだけ突き抜けたキャラの人は、もう出てこないでしょうね(笑)

      ↑ビートたけしさんも僕にとってはヒーローですが
      いずれにしましても「昭和ならでは」って部分もあったでしょうね^^

      >自分も以前海外(欧州:ルクセンブルグ)に3年ほど居住

      ↑おぉ!それは凄い!
      僕はアジアがギリで欧米で生活するとなると
      一気にビビってしまうと思います(苦笑)

      >当時からカラオケ大好きで、ミスチルは今の課題ですが、元々B’zには結構ハマってます。

      ↑B’zもさすがとしか言えない貫禄ですよね。
      僕は「今宵月の見える丘に」のみ歌っております^^

      >16時前後まで待たず、15時台前半でも迷わずエントリーするのも、ありでしょうか。

      ↑アリかなしかで言ったら断然アリだと思います。
      ここは要するに「整理整頓」ですよね。

      15時台突入前後の時点で
      バラけているときに
      一生懸命根拠探しをしつつやるのは不毛!

      けど、状況が整っているのであれば
      そこを頑なにスルーする必要はなし!みたいな。

      例えば良い形状だからとエントリーしたあと、
      グダグダになったらなったで、
      それって「スンナリ勝てるイメージの中、そうはならなかった」
      という例のヤツですので
      そこまで大怪我せずに脱出も可能だと思いますし。

      仮説についてですが、
      僕なら「シリーズ系がいずれもやって良い形状のとき」とします。
      ※具体的には「オージー4種」や「ドル円、ユーロ円、ポンド円」のシンクロです。

      こういう状態なら15時でも16時でもアリだと経験上思っています。

      本件は取り急ぎ以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    はじめまして!初投稿になります。
    私はあるFXコミュニティに在籍しており、コミュニティに在籍して1年半になりますが、なかなか結果が出ておりません。
    そのコミュニティ内ではFX歴1年にも満たない方が資金を1日で6倍にしたりとなかなかの強者もいます。
    及川さんの生徒の方でもそのような強者数多くいらっしゃると思います。私もそのようになりたいと思うのですが、なかなか上手くいきません。
    そこでご相談ですが、1日の獲得利益の目標はどの程度に設定したら良いのでしょうか?
    私はここ最近日利10%が上手くいっているので、目標に設定し、複利で回していこうと考えてます。
    ご教授願います。

    • FXバカ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >1日の獲得利益の目標はどの程度に設定したら良いのでしょうか?
      >私はここ最近日利10%が上手くいっているので、目標に設定し、複利で回していこうと考えてます。

      ↑一日10%で、しかもそれを複利ってことになると
      あっという間に億超えしますので
      充分過ぎる、というか、もはやスピード違反バリバリのペースだと思います。

      ちなみに僕は
      「当日収支プラス」が目標と言えば目標でして、
      増加の「額面」や「パーセント」に深いこだわりはありません。

      実際にはあると言えばあるのですが、
      問題は
      「目標額に到達するまでトレードをやめない」ことだと思っているんです。

      僕は各市場の主に「午前中」をトレードするのですが、
      その時間内で出た結果がプラス収支であれば
      それでやめてしまうことがほとんどです。

      「あと●●万で目標到達だから続行」ではなく、
      「自分の得意パターンがあったらやる」
      ここを統一しておかないと、
      本末転倒になる可能性があるので注意が必要かなと思います。

      つまり
      普段なら手を出さない場面だが、目標達成のためにやる、だと
      そのトレードが事故ったとき、
      「目標額が遠のいたためさらにやる」になりませんでしょうか?

      そうなるとますます普段と違うトレードになりやすく、
      トレードが狂う原因になりかねないと思うんですよね。

      「複利でやる」自体は僕もそうだったので反対はしませんが、
      目標の額やパーセントにはあまりこだわらないほうが良いように思います。

      なぜなら相場は時期時期によって
      稼ぎやすいボラのある相場や、
      全然ボラもなく稼ぎにくい相場も混在するからです。

      ボラの出ない時期は相応に耐え忍びつつ
      薄目の利益でも確保しておくことで
      ボラの出た相場で大きく勝てれば良い・・・

      このくらいのほうが
      伸び伸びトレードが出来て良いですし、
      結果、順調な利益推移になるように思いますがいかがでしょう。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    陰ながら本やYouTubeでお世話になってるものです。
    まだ、FX歴が2年目なのですが、
    数ヶ月調子がよく本業の収入よりも多くなったことで専業として頑張っています。
    それが、コロナショックで資産の大半を失くし、少額で始めましたが最近なかなかうまくいかないどころか自分の相場での立ち位置が分からなくなってます。
    エントリーの際もちろん分析をしているつもりですが、大きな損がトラウマですぐに切ってしまったり、利も伸ばせず散々な結果です。
    本当に独学でしてるものですから、誰かに相談したこともなく、自分の中の答えが分からなくなっています。
    完全に損切りビンボーです。
    もちろん答えを出すのは自分ですが、先生の「答えを出すまでの考え方や方法」をお聞かせ願いたいです。

    • 鹿人さま
      コメントありがとうございます。
      あとからの追加コメントも含め、
      全文拝見いたしました。

      「トラウマ」も「迷い」も
      トレーダーとしてその感覚はすべて理解できるつもりです。

      そんな中、、、

      >答えを出すまでの考え方や方法

      ↑拍子抜けするくらいアッサリした答えで
      がっかりされるかも知れませんが
      僕なら単純明快で
      「気が済むまで相場からいったん離れる」です。

      僕自身にも経験があるのですが、
      気分的にも状況的にもドツボな状況の中、
      「相場と関わりながら解決」をしようとしても
      ますますややこしい感じになるだけでした。

      それなら極論「もうやめた!」くらいの気持ちで
      しばらくトレードで時間を取られ出来なかった他のことに
      時間を使ったほうが良いと思ったんです。

      具体的にはトレーニングをみっちりやったり、
      観たかった映画を観たり、などなど。

      こう言ってはナンですが、
      ある程度相場から離れていると
      結局また戻りたくなるのではないでしょうか。
      僕はそうでした(苦笑)

      で、そういう気持ちになったときに
      あらためてボチボチチャートを観る、みたいな。

      そうすることで
      あるいは相場を離れている最中も、
      「あれ、こんな感じでやれば良いのでは?」みたいな
      仮説がいくつかアタマに浮かんだり思いついたりして、

      そんじゃそれを試してみよう、みたいなところから
      リハビリ(?)していくと新鮮で良いように思いますね。

      まさにポイントは
      「新鮮」や「リフレッシュ」です。

      濁ったプールの水は
      いったんすべて抜いてしまい、
      あらたな水を入れるって話です。

      この話をすると
      「それではここまで蓄積したものが・・・」
      みたいに心配する人もいますが、

      僕からしたら、
      濁った水をどんなに蓄積させても意味ないですよね?
      って話になるわけです。

      しかも、一度は勝てる感覚を知った人であれば
      リフレッシュすることで
      むしろその時と近い感覚で取り組める可能性は高まるように思いますよ。

      さらに言いますと、
      どのみちトレードに対する負荷を
      もっと下げるくらいで良いと僕は思います。

      僕自身、トレードをする時以外は
      一切FXのことなど考えません。

      これってある意味、
      「常にアタマをリフレッシュ」出来ているとは言えないでしょうか。
      僕はそんな感覚でいます。

      まぁ、お金が絡む世界ですので
      言うほど切り替えは簡単ではないかも知れませんが、
      いずれにしましても
      「執着」や「固執」は良い結果を生みにくいはずです。

      なぜならトレードをやっているのは
      僕ら「生身の感情を持った人間」だからです。

      少なくとも今後は
      「チカラを抜いてやる感覚」についても
      意識しつつ取り組んでいただけると良いのでは?
      そんな風に思う次第です。

      本件は取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします

    • ほんの数ヶ月の調子が良くなっただけ。の間違いです。
      訂正お詫びします。

  • 及川様

    初投稿にて失礼致します。
    横浜のRと申します。

    YouTube等を拝見させていただき、勝手にこの人こそが本物だ、と師匠にさせていただいております。

    相場に株から踏み入れておよそ4年ほどになりますが、未だにFXにおいて「利益を出金する」ということを経験したことがありません。

    現在は海外業者にてFXをしておりますが、最大で資金を30倍くらいにまでした経験は何度もあるものの、いつも最終的にゼロカットになり振り出しに戻るを繰り返している次第です。

    手法自体が問題ではなく、最新の動画でいうところの成功者との「逆」は、「損切りができない」事であると自覚しています。

    及川先生の損切りがらみの内容は何度も勉強させていただいていますし、リスク管理において損切りすることの重要性は頭では理解しています。
    が、いざポジションをもつとまさに目線が短期から中期に移り、損切りができなくなってしまうのです。

    単純に自制の問題、メンタルコントロールの範囲だというのは承知しておりますが、師匠と崇める及川先生から直接コメントをいただき、また先生がもし同じような状態を経験されたことがあるとすれば、損切りを必須として難なく出来る様になったきっかけ等をお聞かせいただければ、自分にとって変われるのではないかと考え、勇気を持ってコメントさせていただきました。

    不躾な質問ではございますが、何卒宜しくお願い致します。
    これからも応援させていただきます。

    • 横浜のRさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >相場に株から踏み入れておよそ4年ほど
      >「利益を出金する」ということを経験したことがありません。
      >最大で資金を30倍くらいにまでした経験は何度もある

      ↑早速ですがまずはこちら、
      当記事コメント欄の少しうえのほうで投稿してくださっている
      「黒風 虎徹さん」とのやりとりをぜひご確認なさってみてください。

      とても重要で、参考になるお話のはずですので。

      >いざポジションをもつとまさに目線が短期から中期に移り、損切りができなくなってしまう
      >損切りを必須として難なく出来る様になったきっかけ等

      ↑正直なところ、
      僕も損切りしないでエラい目にあった経験は何度もあり、
      これじゃアカンって思うところからでした。

      特に、勝ちトレードがなまじ続いているときのほうが
      損切りがしにくくなっているのではないでしょうか?

      ここをセットで解決する意識が本件で
      もっとも重要だと思いますので
      まずはここを念頭に置いていただきたいと思います。

      僕自身、損切りは今でも「自分で切る」というスタイルで
      本当はそっちでイケるようになったほうが良いとの立場なのですが、
      けど、実際に損切りが出来ないということであれば
      やはりストップをあらかじめ置き、
      そして一度置いたストップは絶対に動かさない!からしかないでしょうね。

      なんなら一度デモ口座にし、
      ここからやってみるのはどうでしょう?

      注意点としては
      ストップで切らされた場合に
      当面「その直後のエントリーはしない」ことです。

      「損切りからの乱射」こそが実は最大の危険要因だからです。

      で、ここに慣れて来たあとは
      「自力で切る」をクセ付けする作業です。

      実はですね、、、
      損切りを自力でするようになると
      「損切り出来るオレってイケてる♪」
      みたいな不思議な感覚になったりするものですよ。

      もっとも、その中には
      「損切りしなけりゃ勝てたのに」って場面も出てくるはずです。
      けど、それでも「大事故にはならないオレが素敵」
      「なぜなら大事故さえなければその後いつも取り戻せてるし♪」

      ここまで来たら完璧です。

      というか、
      長いこと相場で稼いでいる人間は
      これらが「普通」なんですよ。

      で、ここからが今日のポイントになるのですが、、、

      『連戦戦勝のトレーダーがかっこいい』
      これは大間違いだと思うようにしてください。

      そうではなく、
      『勝ったり負けたりしながら資金を増やすトレーダーこそが最強』
      このように意識を変えて欲しいんです。

      なぜなら、
      連戦連勝の人は負けを受け入れることが出来ず、
      たった一度の負けですべてを失う可能性が残るからです。

      一方で
      勝ったり負けたりしながら資金を増やすトレーダーに
      その心配はほとんどありません。

      この「違い」こそが重要!
      そう言う話なわけです。

      こう考えると
      「損切り出来るオレって素敵」ではないでしょうか。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも大変お世話になってます。
    著書や大百科、YouTubeで勉強させて頂き、デモでトレードして検証している身ですが、トントンレベルで直近は推移しています。。
    理想トレードは20分くらい保有し10pips〜くらい取りたいのですが、チキってしまい利が乗ってる時は10分が限度で通貨の強弱を重視しすぎてしまい翻弄され『もったいない』トレードばかりしてます。
    取引時間は仕事子育ての関係で静かになったNYオンリーしかできません(*_*)

    トレードレベルを上げたく、ご質問させてください!

    ①経済指標について
    先生は経済指標(雇用統計等の特大イベント以外)の時、発表前後でどのくらいの時間を様子見として次のエントリーを考えますか?

    ②通貨の強弱に翻弄されてしまう
    上記にも書かせて頂きましたが、通貨の強弱の参考はどの程度、確認されますか?
    例えば…
    ドル円↓
    ユロポン↓(ローソクレンジ気味、MAは↓)
    でポンドルを買うとします。
    その場合でレンジ気味のユロポンがユーロ↑になった瞬間、不安になって利確してしまいます。
    もちろん、ドル円や通貨ペアなどを確認しますが、なかなか上手くいきません。。
    見方や気持ちを楽に持てる方法などありましたらお教えください。

    ③トレンドが強い時
    トレンドが強い時、なかなか戻さずにイカれてしまう場合、及川先生は『気立ての良い方をヤルと良い』とおっしゃっていますが、やはり強い側よりゆり動きに翻弄(ビビら)されがちになってしまっています。
    気をつける点などありましたらお教え頂けると嬉しいです。

    拙い質問で恐縮ですが、ご回答頂けますと幸いです。

    • 迷える大人の羊さま
      コメントありがとうございます。

      >①経済指標について
      先生は経済指標(雇用統計等の特大イベント以外)の時、発表前後でどのくらいの時間を様子見として次のエントリーを考えますか?

      ↑ここは少々「区別」が必要かも知れません。
      僕はオージーのみ重要でない指標も警戒しますが、
      それ以外の通貨については重要指標以外は極論無視します。
      (一応「ある」ことはアタマに置きますが)

      で、重要指標については
      可能であれば発表10分から15分前くらいまでに
      ポジションを落としておくよう心掛けています。
      (ギリギリになることも結構ありますけど・汗)

      発表後についてですが、
      発表と同時に激しく動くかどうかをまずは観ます。
      で、大して動かないようなら、
      その時点から普段通りに近い感覚で僕はやってしまいます。

      大きく動いた場合は
      基本「動いた方側」のテクニカルを観ます。
      よって、伸びた先に逆行上位足がある場合などは
      それを抜けるかどうかを注視し、抜けられないとなれば逆張りすることもあります。

      伸びた方に邪魔な線がない場合は
      これも普段通りに近い戻り待ちとなることが多いです。

      つまり「純粋な様子見時間」はそこまで長くありません。
      その後の展開で「やれるタイミング」があればやる、という程度です。

      ちなみに、
      事前に「こっちに伸びるのでは?」とイメージしている際に
      発表直後そっち側に伸びた際は飛び乗ることもあります。

      また、逆行上位足がとても近い位置にある場合、
      つまりMAが密集している場合にそれらを一気に抜けた場合も
      飛び乗ることはあります。
      (ここは指標発表時以外でも同様です)

      >②通貨の強弱に翻弄されてしまう

      ↑ここに対するお悩みは数多く頂戴していますが
      その際僕は
      「翻弄されるなら当面確認を外した方が良い」とお話をしています。

      通貨の相関はトレードの精度や
      取引する通貨ペア選定の精度を上げることが目的でして、
      トレード主体はあくまで実際に取引する通貨ペアの個別チャート形状からです。
      取引していない通貨ペアの上下動に翻弄されては
      そこは本末転倒になりかねません。

      保有後に「大きな変化」が生じていないか?程度に
      ユロポンやドル円をチョイチョイ観る、
      みたいな感じで当面やってみてください。

      >トレンドが強い時、なかなか戻さずにイカれてしまう場合、及川先生は『気立ての良い方をヤルと良い』とおっしゃっていますが、やはり強い側よりゆり動きに翻弄(ビビら)されがちになってしまっています。

      ↑ここは僕も同様ですよ。
      ですのであらかじめ利食い目標もより着実な位置に置きますし、
      保有時間もなるべく短く済ませるよう意識しています。

      こっち側の銘柄は要するに「レンジ」になりやすいですので
      レンジ銘柄の場合は「戻ったところで切らされる」ではなく、
      なるべく「伸びたところをさっさと切る」という心構えが重要かと思います。

      誤解を招きかねない中、あえて言いますと、
      もし「レンジが絶対」であるならば
      含み損が増えた時点でナンピンすればするほど
      ロットが大きい分、最終的な利益が大きくなる、という風にも言えます。

      こういう部分に対し、
      どこまで腹をくくるか?という考え方も僕は大切ではないかと思っているんです。

      で、こういう考え方を採用する場合、
      セットとして押さえておかねばならないのが
      「やるとなったら様子見てるヒマなくやる」です。

      多くの人は
      何度か大丈夫だったのを確認してから
      やっとチャレンジしたりしますが、
      それだと「出がらし」を掴みやすく
      「慎重」という名のもとに負けが多くなりやすい、
      そんな風に僕には見えるんです。

      「やるならやる」
      「躊躇するならその一連の動きは諦める」

      これが僕の考える「メリハリ」です。

      負ける時はどうせ負けるわけで、
      けど、そういう場面こそ
      上手くいくときはスカっと勝てるものです。

      短期デイトレにおける判断って
      当然「ここから数十分程度」の展開についてを指すはずで
      だとするならば
      あとになればなるほど旨味が減ることが多いと思うんですよね。

      負けることを極端に恐れると
      行くべきを行けなくなり、
      その結果「出がらしばかりを掴む」ことになりかねませんので
      そのあたりも意識しつつ、今後チャートと向き合ってみて欲しいなと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは、いつも動画を中心に拝見してますのでこちらへのコメントは久しぶりです。

    最近月単位で勝てるようになってきたのですが勝ちが続くとついつい思い込みや忘れがちな事柄が出てきてガッツリ負けてしまいます。
    それでも月単位でプラスなのですがこれを克服出来ればもっと安定した成績を上げられるんではないかと思ってます。
    勝ち続けた後にリセットしてまた一からチャートを把握するにはどうしたらよいでしょ。
    師匠は負けても瞬時にドテンしたりしなかったりと完全にリセットとしてやり直しておられるのでその辺の極意とかマインドセット、メンタルコントロールとか意識されてるんでは無いかと思ってご質問させて頂きました。
    漠然として答えにくい質問で申し訳ありませんがご回答頂けたら幸いです。
    よろしくお願いします。

    • K_rockさま
      お久しぶりのコメントをありがとうございます。

      >勝ちが続くとついつい思い込みや忘れがちな事柄が出てきてガッツリ負けてしまいます。
      >それでも月単位でプラスなのですが

      ↑それでもプラス・・・なのは大したモノだと思いました。
      多くの人はプラス分全部スッ飛ばしたりしているようですので(汗)

      >勝ち続けた後にリセットしてまた一からチャートを把握するにはどうしたらよいでしょ。
      >師匠は負けても瞬時にドテンしたりしなかったりと完全にリセットとしてやり直しておられる

      ↑勝ち続けている時のリセットと
      負けたあとのリセットは種類が違うかな、と思います。

      というのも、
      僕の場合、最初のエントリーが負けから始まることが
      そもそも想定内でして、
      該当する時間内で「どっちかにはちゃんと伸びるもの」
      そういう前提がアタマにあるからです。

      ですので「負けたあとのリセット」は
      ある意味リセットではなく、
      「あ、こっちだったのね」みたいなイメージなワケです。

      勝ち続けている時のリセット・・・
      こちらは僕にとっても常に難題であり続けている部分です。

      人はどうしても慢心したり
      気がユルむ生き物ですよね(苦笑)

      決してユルんでるつもりもないのですが、
      けどずっと勝ちが続くと
      少なくとも「慣れ」は生じてしまいまして、
      まぁ結局それが「ユルみ」というか油断に繋がるのでしょうね。

      「極意」などという大それたモノはありませんが、
      あるいは上述の
      「最初のエントリーは負けから始まることが想定内」
      この感覚は案外有効なのかも知れません。

      今からやるトレードが損切りになるとして、
      それってどういう状況??

      ここまでを想定しておくことで
      その先の一手を勝てる、みたいなイメージは
      僕の中で常にあるんです。

      つまり僕はいつでも
      「1勝1敗でトータルプラス」を意識しながら
      手を打つようにしている、という話です。

      こうすることで
      特別なメンタルコントロールは不要となるのではないでしょうか。
      そもそもが「想定内」ですので。

      こんなアンサーですが
      大丈夫ですかね?汗

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初投稿失礼します。
    動画を拝見させて貰いました。
    チャート上に表示さしている本日高値や安値は何かインジケーターを入れていたりされてるのでしょうか?

    • mk様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >チャート上に表示さしている本日高値や安値は何かインジケーターを入れていたりされてるのでしょうか?

      ↑こちらは我々FXismのメンバーはすべて作ってくれています。
      (僕はシステム関係はまるでダメなので完全におまかせしている状態なんです・汗)

      おそらく個別の機能的には
      それぞれネットで拾えるモノも多いはずです。
      お役に立てず申し訳ございませんが
      検索などでご確認なさっていただけると助かります。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント失礼致します。

    初めまして。

    只今、及川さんの無料講義の天才チャートで日々勉強してるのですが、FXデイトレ大百科を購入しようか迷っております。
    問題は資金です。

    余裕資金が毎月1~2万円程しか今はなくそんな生活を何とかしたくて勉強し始めたのですが、この資金からでも少しづつでも良いので増やして行くことは可能でしょうか?

    どうかお返事頂ければ幸いです。

    よろしくお願い申し上げます。

    • お忙しい中、
      お返事ありがとうございました。

      前回のコメント書いたあと、体裁チャートの4本の無料講座を見たあとに、只今は及川先生の.ガチ速FX と デイトレ大百科を合わせて購入し、YouTubeなども含めて勉強中です。

      ある程度のところからデモを始めたいと思っているのですが、デモでもプロコンを入れれるでしょうか?

      プロコンが凄く良い便利ツールなのは色んな動画を拝見させて頂き、このツールはこれからの投資人生において欲しい!と思ったのです。

      デモにも入れれるなら、本番と近い状態でデモで慣れたいので入れれるならある程度、自分の頭の中の勉強が出来たら購入したいと思っております。

    • Etsu様
      コメントありがとうございます。

      >4本の無料講座を見たあとに、只今は及川先生の.ガチ速FX と デイトレ大百科を合わせて購入し、YouTubeなども含めて勉強中です。

      ↑あらま!そうでしたか^^;;
      もっと早く返信出来たら良かったのですが、
      少々混みあっていたもので本当にすみませんm(_ _)m

      >デモでもプロコンを入れれるでしょうか?

      ↑もちろん大丈夫です。
      同じ業者のMT4であれば
      デモからリアルに切り替えた際もそのまま使えるはずです。

      もしリアル移行時に違う業者になる際は、
      若干作業が生じるはずですので
      お困りの際はサポート事務局までご一報お願いいたします。

      ちなみにデモ口座は
      言うまでもなくどんなに負けても資金は減りません。

      まずは「大胆にガンガン攻めて」みてください。
      極論何度か破産させるくらいで良いと思います。

      その代わり、
      「なぜ勝てたのか?」
      「なぜ負けたのか?」を終わったあとご自身なりに振り返り、
      次回以降に活かすようなイメージで!

      それと、
      異なる種類の場面をやるときには
      それぞれのやり方ごとに結果を集計すると良いですよ。

      これにより
      「自分と相性の良いやり方」が浮かびあがればシメたものです。

      あとは「時間帯」もそれぞれ分けて管理することも重要です。

      ・得意な時間帯
      ・得意な通貨ペア
      ・得意なチャート形状

      これらを発掘する「宝探し」のようなイメージで
      ある意味楽しみながら練習なさって欲しいと思います。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • Etsu様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >余裕資金が毎月1~2万円程しか今はなくそんな生活を何とかしたくて勉強し始めたのですが、この資金からでも少しづつでも良いので増やして行くことは可能でしょうか?

      ↑我々のYouTubeチャンネルに動画をアップしてくれている
      「リオンちゃん」は7000円の元手資金からリスタートしています。
      (2018年10月時点)

      で、今年の5月は利益300万円を突破していますので
      「可能かどうか?」と聞かれれば「可能」という答えになります。

      ただし、、、
      彼女は勝てるようになるまで2年間はいろいろ苦しんだ時期もありました。

      つまり「勝てるようになるまでの期間」は人それぞれですし、
      その時間がもったいないと途中でやめてしまう人も多い世界だと思います。

      近年はネット上の有益な情報も多いですので
      資金をかけずに勉強する方法はいくつもあるはずです。
      また、デモ口座で練習を積むことも可能です。

      なるべくお金をかけずにやる、という意思も
      ある意味大切だと思いますので
      充分ご検討をなさって欲しいと願います。

      あえて言いますが、
      「やれば誰でも必ず上手くいくとは限りません」
      「ただちに大きなお金が稼げるかも分かりません」

      そこを事前にしっかり理解した上で、
      「その中で自分は突破したい」と
      強く願い、創意工夫を継続出来る人であれば、
      先々、過去に稼いだことのない金額を稼げるようになる可能性もある世界です。

      甘くはないけど、
      乗り越えれば、とても魅力的な世界。

      これが「相場」だと思いますので、
      よーくご自身の気持ちと相談なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    一時帰国お疲れ様です。

    自分もこうありたいと強く思って生活はしているのですが中々そうは行かない事が多いです。すぐになれるようなことでもないですが思わなければ絶対になれないので日々精進しております。最近、7つの習慣と言う本を読んでいるのですがそこでも核となるものを持たないとダメだなと思わせてくれました。

    トレードも似ていてここはやらないとと言う自分なりの核がないとダメだと思っていてそれ以外はやらないようにしています。5月21日と7月6日のYouTube動画の語りを拝見してこれでいいんだと腑に落ちました。探求し続ける終わりなき旅だと自分も思いました。やっぱり及川先生の語りは好きです!!

    終わりなき旅と言えばMr.Children!!自分も好きで弱っている時に終わりなき旅と皮膚呼吸を聞いて気持ちを高めています(笑)

    コメント欄すごい数ですね(汗)自分は毎回勉強の為に全部読まさせて頂いているのですが読むのも大変です。それを及川先生はすべて返信なさっていて及川先生の人柄がわかります。

    健康に気おつけてご自愛なさって下さい。

    今後もブログと動画を楽しみにしております。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >7つの習慣と言う本を読んでいるのですが

      ↑アレは名書ですが、ちょっと難しくもありますよね。
      僕はアタマが悪いので理解するのが超大変でした^^;;
      ※中田あっちゃんのYouTube動画でやっと理解出来たクチなんです(苦笑)

      >探求し続ける終わりなき旅だと自分も思いました。やっぱり及川先生の語りは好きです!!

      ↑光栄です^^
      ありがとうございますm(_ _)m

      >終わりなき旅と皮膚呼吸を聞いて気持ちを高めています

      ↑「皮膚呼吸」をチョイスするあたりは
      なかなかのコアリスナーですね♪
      カラオケ行きたくなりました(笑)

      >コメント欄すごい数ですね(汗)

      ↑昔はせいぜい1記事に4~5件くらいでしたので
      じっくり返信出来ていました。

      ゆえに「キチンと丁寧に!」を心掛けも出来たのですが、
      だからと言って件数増えたからとクオリティを下げるのも
      自分的には許せず・・・

      で、気づけば「こんな状態」になっていたという次第です(笑)

      ただし、大変ではありますが、
      僕自身にも「気づき」は常にありまして、
      新鮮であり続けることが出来ているのも確かなんです。

      今後は「トシ」との闘いでしょうね(笑)

      いつもお気遣いいただきありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもお世話になっております。

    以前アドバイスをいただき、自分なりに考えて相場に臨んでまいりました。

    おかげさまで、2週間の間日単位での負けはなくなりました。
    非常に感謝しております。
    (私にはリオンさん式のゾーントレードが向いているようです。)

    質問をさせていただきます。
    1.ロットが引き上げられなくて困っています。
    6/29の及川先生の動画の通りトレードに対する恐怖心が強く、ロットの引き上げに躊躇してしまっています(現在はワンショット0.1ロット)。
    ロットの引き上げはどのタイミングでするのが適切でしょうか。

    2.的外れな考えかもしれませんが、最近株が上がっている際はオージー、ユーロ、ポンドがすべて上がりやすくオージーが一番強く上がっているように感じました。
    この点で及川先生は最近何か感じられたことはありますか。

    以上です。

    ご回答よろしくお願いいたします。

    • 及川先生、ご返信ありがとうございます。

      MT4の収支額を隠す、これは効果がありそうですね。
      現在プロコンを使用させていただいてますが、利確・損切りをした際にスマホのMT4で収支がどうなったかを毎回確認してしまっています。
      ロットを引き上げた際には思い切ってプロコンのpipsだけを見るようにし金額を目に入れないようにしていくことも必要かなと感じました。

      リオンさんもロットを上げることに苦労されていたそうですね。
      やっていることは同じと考えても及川先生のおっしゃる通り、人間ですのでどうしてもトレード中にそわそわしてしまったりすると私も思います。

      今後は、オージーテクニカルが確認できた場合等、自信が持てる際に勇気を出してロットを引き上げるような流れをとっていきたいと思いました。
      もし、それで成績が落ちるようなことがあればその場合も勇気を出して元のロットに戻すことも勇気を出して行いたいと思います。(これは過去に取り戻そうと思って大けがを負ったことがあったからです。)
      そうして経験・検証を積むことでいずれは及川先生のようなロットで心を乱さずにトレードができるようになっていきたいと思います。
      いや、なって見せます!

      今回も丁寧に対応していただきありがとうございました。
      今後もよろしくお願いいたします。

    • 富田さま
      コメントありがとうございます。

      >もし、それで成績が落ちるようなことがあればその場合も勇気を出して元のロットに戻すことも勇気を出して行いたいと思います。

      ↑この一文を読んでかなり安心しております。
      これを言える方なら大丈夫だろうと♪

      手短で恐縮ですが
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 富田さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >2週間の間日単位での負けはなくなりました。
      >私にはリオンさん式のゾーントレードが向いているようです。

      ↑おぉ!それは素晴らしい成果ですね!
      今後が楽しみです。

      >1.ロットが引き上げられなくて困っています。
      >ロットの引き上げはどのタイミングでするのが適切でしょうか。

      ↑ここですが、
      あのリオンちゃんも以前はそれで悩んでいた時期がありました。

      彼女の場合は長いことずっと月単位はもちろん
      週単位でもマイナス収支がない状態でしたが、
      それでもいざロットを上げるとなると躊躇していたわけで、
      これも人間って話なんでしょうね。

      彼女に関して知っていることを言いますと、
      MT4画面の「収支額」を隠すようにしたようです。

      「やっていることは同じ!」
      いかにこう思えるか?が重要だったようです。

      で、ロットを引き上げた月に
      獲得PIPSが同じだったので
      当然利益額も一気に伸びました。

      こうなると、今度は「それが基準」になりますので
      もう翌月からはそのロットでイケるようになったと。。。

      つまり「タイミング」なんてものはある意味なくて、
      「自分がやる」といつ決断するか?
      ここだけなんだと僕は思います。

      あ、もちろん「成績が安定しているからこそ」である部分は
      押さえておいてください。

      >最近株が上がっている際はオージー、ユーロ、ポンドがすべて上がりやすくオージーが一番強く上がっているように感じました。

      ↑この傾向は実際あるでしょうね。
      オージーは資源国ですので世界経済が好調とされる時期は
      シンクロして上昇しやすいのだと思います。

      もっとも「実体経済」が本当に好調かは別問題で、
      株価のみの空虚な好景気だと思えてなりませんけど(苦笑)

      本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お帰りなさい。
    いつも動画楽しみに勉強させていただいております。
    私はFXを始めて約1年が経ちました。全く勝てない現状に足掻いています。
    天才チャートを使わせていただいてから、少しですが勝率は上がっているような気がしています。

    そこで先生に何点かご質問させていただきたくコメントをさせていただきました。
    •ほぼ毎回なのですが、例えばロングのポジションを持つと逆をに行かれ、耐えに耐えたが損切り後に上がって行く。
    目線は間違っていないとは思うのですが、含み損で何十pipsも保有して、利確で5pipsなんてのがほとんどで悩んでいます。
    相場の観察力が足りていないのが全てなのですが、なにが欠落しているのかが分からず悩んでいます。

    ・先生が動画で「チャートの形」と言うお言葉をよく聞くのですが、その「チャートの形」と言うのがあまり理解が出来てない状態でして、よくネットなどを検索していると「チャートの形を覚える」など書いてあるのですが、チャートのどの様なところに注目をしているべきかがわかりかねてます。

    ・検証についてですが、これもよくわからない状態です。
    「ここで入れば良かったな」、「なんでここで入ったんだろう?」位しか検証をする事が出来ません。
    及川先生は、どのような検証をされているのかお聞かせ願えればとおもいます。

    初心者過ぎて、きっと及川先生もこれを見たら呆れられるとは思いますが、ぜひ何かご教授いただければと思います。
    お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

    • Asterisk様
      コメントありがとうございます。

      >•ほぼ毎回なのですが、例えばロングのポジションを持つと逆をに行かれ、耐えに耐えたが損切り後に上がって行く。

      ↑「ほぼ毎回」ということであれば
      逆に対策は立てやすいかも知れません。

      考えられるのは仕掛けが「早すぎ」か「遅すぎ」なわけですが、
      いずれにせよご自身が
      「ここ」と感じる時点をズラすことにまずは主眼を置く必要がありそうです。

      具体的にはこれまでエントリーしていたタイミングでは
      「保有したつもり」として待機。

      その後「ここを抜けたら損切り」という時点で初めて実際のエントリーをし、
      実際に抜けたら損切りと。

      こうすることで
      エントリー直後から含み益になるトレードが増えるはずです。
      ※ただしトレード回数は減るかも知れませんが。

      >チャートのどの様なところに注目をしているべきかがわかりかねてます。

      ↑ここについては僕の中では明快です。
      それは
      「自分自身が実際に経験(体験)したチャートを覚える」です。

      自分が実際にトレードをした前後の動きを毎回確認し、
      「こういう展開のときにやると上手く行きやすい」
      「このような時間や場面をやっても上手く行きにくい」
      これらの「情報」を自分のアタマの中にデータとして蓄積し、
      徐々に自分にあった、自分の勝ちやすいやり方にアジャストさせていくことです。

      世間の教えや情報は、極論一切無視しても良いくらいに僕は思っていまして、
      「自分自身の経験」こそがもっとも自分に合ったやり方に導いてくれる、というか
      そうすべきだと思います。

      >及川先生は、どのような検証をされているのか

      ↑ここも上述の通りです。

      僕はすべてを独学のみでやっていまして、
      教材や書籍、ネット情報などは一切参考にしたことがありません。

      「自分自身の経験」
      「自分が見つけたこと」
      これらがすべてでしたし、今も「経験の蓄積」は続行中です。

      実際には他から学んだり教わったりすることにも意味はあると思いますが、
      結局は自分がやってみて「腑に落ちること」が重要ですよね。

      ちなみに
      難しいことをしようとする必要はないと思います。

      例えば毎回エントリーすると逆に伸びるのであれば
      「あれ?ここは逆に入れば毎回勝てるってこと?」
      あるいは
      「タイミングをもっと早く、あるいは遅くすれば良いってこと?」
      これらの「発見」を次回以降に活かす・・・
      この繰り返しで少しずつ「自分らしい勝ち方」を固めて行くという話です。

      誰かに教わることも悪くはないですが
      最終的には「自分の感性」こそを信じること。
      どうせ誰も責任を取ってなどくれない世界なのですから
      常に「自分らしさの追求」を続けることだと僕は思います。

      「明確な答え」ではなくて恐縮ですが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    お世話になっております。
    度々で申し訳ございません。

    6/12付けのブログでのコメントのご返信ありがとうございました。
    まず全体的に自らの勉強不足、そして大人気の無さを露呈しているようで、お恥ずかしい内容だったと思います。そこが正直な気持ちです。

    「全体的にエントリー&追撃ポイントががズレている感じがする。勝率悪くないですか?」

    →正しく仰る通りで、いつもナンピンを繰り返して途中まではプラス収支なものの、最後には深追いし過ぎてドカンと逆に行かれ、利益を大きく上回る損失を被ってしまう「毎日」です。

    今日(7/9)も実はいつも以上に同じような負けを喫した結果、正直悔しがる気持ちも失せてきて少し冷静に考えてみたのですが、原因は次の点に集約される感じがしてきました。

    →どうしてもFXで成功して資金を増やさないといけない(さすがに詳しくはお話出来ないのですが…)状況が、「シリーズが揃っている訳ではないのに、揃っているように錯覚させてしまう」「これから逆方向のレンジに移るタイミングかも知れず、危ないと判っていても、エントリーした方向に伸びると(楽観的に)思わせてしまう。挙句の果て本当にレンジに移られると、どうしていいか判らなくなってしまう」

    「ドカン」と逆に行かれる…とは言っていますが、実際には先生も何処かで仰っているように相場は基本的に「レンジ」だと思いますので、「普通の動き」だということも充分理解しているつもりです。
    その「普通の動き」で被った損失は、既にどれ程になるのか…という感じなのです(普通に数十万はいっていると思いますが)。

    正直、次に何をすべきかさえも迷っている状況です。
    失礼なこと、またお恥ずかしいことも充分承知のうえですが、先生がかつて初心者だった頃、上記のような状況に陥ったとしたら、次に何をしようとお考えになるでしょうか?

    率直なお話をお伺い出来れば幸いです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    (余談ですが、大橋巨泉さんに纏わるお話の中にもあったように、今の私自身も「他者批判は封印し、己の成長のために全ての能力をつぎ込みたい」と正しくそんな気持ちです)

    • Mklose1125さま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました・・・
      なかなか厳しい感じですね(汗)

      >先生がかつて初心者だった頃、上記のような状況に陥ったとしたら、次に何をしようとお考えになるでしょうか?

      ↑他の方にもお話する機会が多いのですが
      僕は困ったときはとにかく相場からいったん離れます。

      極論「もうトレードなんか絶対やらねぇ!」くらいの勢いでやめますね。

      で、本当にしばらくチャートを観ない日々が続く中、
      アタマの中では「あ、こういう風にやれば上手くいくかも?」
      などなどが勝手にイメージとして湧いて来てしまい、
      数日後には「ちょっとあの仮説が通用するかチャート見て確認してみよう」
      みたいな感じで戻って来ると(笑)
      僕はそんなことの繰り返しだった記憶です。

      思うのは、
      「なんらかの負の感情を引きずったままでは
      結局そこから脱出は出来ない」って部分なんですよね。

      例えばですが、
      「もう現世のオレには期待出来ない」
      「ゆえに来世のオレに期待だ!」みたいなイメージです。
      ふざけた話で恐縮ですが結構本気で言っています。

      一度相場を「辞めた人間」だからこそ
      客観的に観れることが多いと思うのです。

      で、そのような目線やイメージで相場を見直すことで
      「生まれ変わった来世のトレーダー」として
      あらためて参戦するわけです。

      ちなみに相場を離れることで
      中にはそのまま本当にやめてしまう人もいると思います。
      それならそれもアリで、その人にとっての相場は
      そこまで人生の中で重要なものではなかったというだけの話だと思うんです。

      とにもかくにもテーマは「リセット」ではないでしょうか。
      それと「客観的に観る視点」も、ですね。

      本件、取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。デイトレ大百科で勉強している者です。
    NY時間の動画UP、ありがとうございます!

    NY時間しかやれない環境でやっていると「及川流ってNY時間には効きにくいのでは…」みたいな、失敗を他人のせいにする「邪念」が頭をよぎることがあり、自己嫌悪になるのですが、そのたびに先生のNY時間動画が上がると「あの場面ってこうやるのか!」「やっぱりこの人はすごい!」と手のひらを返して感動し、またトレードに戻っていく日々を過ごしています(笑)。
    やっぱり、自分がやったのと全く同じ場所をやられると、「格の違い」を痛感しますね。

    おととい(7月8日水曜日)も、動画と全く同じ時間帯に、先生のよくおっしゃる「時間帯に注意」「NY時間は逆張りが多くなる」などを考慮し、水平線を引いて、EUR/USDで人生初の「及川式逆張り」に挑戦してみたのですが…。動画でもあったポンドの上げにビビってしまい、+1.3pipsで撤退。

    「まあプラスで終われたし、及第点かな」くらいに思っていたのですが、今回の動画で「ここは水平線を抜けたら終わり、という場面ではない!」という説明を聞いて、もう目からウロコでした。

    ポンドが抜けても余裕の先生の姿もまぶしすぎて、本当に勉強になりました。重ね重ね、いつも動画を上げてくださってありがとうございます。

    そんなこんなで、日々の成長こそ積み重ねている感覚はあるものの、あと少しのピースが埋まらないトレードが多く、「あと一歩、あと一歩のはず…」という日々を過ごしています。

    あと変な話で申し訳ないのですが、私は自分の師事した先生の「最後の弟子」(またはその世代)になることが多く、とある伝統芸能でもそういう経験をしました。

    なので、「及川先生でも最後の弟子世代になったりして…」などと漠然と考えていたのですが、このブログ記事で「早めの引退」を考えてらっしゃるとのことで、運命的なものを感じてしまいました。

    もちろん自分としては「せめて私が勝てるまでは動画(できればNY時間w)を続けてほしい」という勝手な気持ちもあるのですが、私も年齢的には人生の折返し地点に近づき、もっと若い頃には考えもしなかった「人生の終点」を意識し始めている自分に驚いています。

    何事にも終わりがある、という気持ちの中で「いつまでも及川先生が『答え合わせ』の動画を出してくださるわけではない」「今を大事にして、先生のいてくださるうちに、学べるだけのことを学んでおかねば」と気持ちを新たにしている次第です。

    今までは先生にお聞きしたいことがあっても、先生の負担もありますし、「まずは自分の頭で考えて実行!」と我慢してきましたし、実際、それで大抵解決してきました。
    ただ、今回の動画については、ぜひとも自分の感動をお伝えしたかったのでコメントさせていただきました。感動屋さんのため、長文となったことをお許しください。

    どうしても、本当にどうしても分からないことが出てきた時には、また質問させてください。
    では!

    追伸:NY時間での「トレンド発生…に見せかけたレンジ」に苦戦していたのですが、上のほうの先生のコメント返信(相場はレンジが普通)で、突破口が見えたように思います。本当に金の鉱山のように、掘れば何でも出てくるブログで助かります。ありがとうございます!

    • みやびー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      冒頭「これはクレームか?」と思い読み始めましたが、
      その後は「褒めすぎ」で逆に困惑しております(笑)

      >今回の動画で「ここは水平線を抜けたら終わり、という場面ではない!」という説明を聞いて、もう目からウロコでした。

      ↑ありがたいご感想ですが、
      けど「負けること」もありますからね^^;;

      例えば金曜の夜など、
      そのままずっとダラダラ上昇することもありますので
      そのあたりは注意なさってください。

      日本時間深夜のトレードで一番困るのは
      「スコーンと上げてそのまま横横で動く展開」でして、
      もし前回動画がそのような動きになってしまっていたら
      僕はお手上げだったと思っています。

      この「お手上げなときもある」ってことも
      良い機会なので付け加えさせておいてください。

      >「及川先生でも最後の弟子世代になったりして…」などと漠然と考えていたのですが、このブログ記事で「早めの引退」を考えてらっしゃるとのことで、運命的なものを感じてしまいました。

      ↑大変光栄ですし、
      そうなると本当にやめないといけないな、と考えたりもします(笑)

      僕はかねてから「やめるやめる詐欺」で有名なオトコでして、
      案外やめません(苦笑)

      実はそういう気持ち自体はずっとあるのですが、
      運営事務局スタッフからのサポートやフォロー、
      さらには「熱意」などを観るにつけ、
      僕の気まぐれでカンタンにはやめられない、という事情もあるんです。

      >本当に金の鉱山のように、掘れば何でも出てくるブログで助かります。

      ↑この「褒め言葉」は最強ですね^^
      とても嬉しく、そして心強く感じました。

      ね、、、
      カンタンにはやめらないでしょ?みたいな(笑)

      常に「まずは自分のアタマで考えて実行」
      この姿勢は素晴らしいと思います。

      ゆえにこれまで
      コメントを控えてくださっていたことも想像がつきます。

      今後につきましては
      特段相談ごとがないときであっても
      気が向いたらメッセージをお寄せください♪

      最後になりますが、
      「とある伝統芸能」って気になりますね
      こちらも機会があったらお聞かせください^^

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生どうも返信ありがとうございます。

    先生ならトレードを終えてる時間ですよね。
    実は朝の9時からチャートを見ていて
    やっとトレードできたのがそこで
    含み損にびびって切った次第で上にいくか下にいくかは
    全くわかりませんでした。
    あんなに上に行くとは思ってなかったです。

    方向感が全くイメージできないんです。
    この方向感を養うにはどこを見て
    何を思えばいいんでしょう?

    また他の通貨と一緒に見ているのですが
    どれをやればいいのか迷いすぎて
    エントリーできないというのもあります。
    僕の頭じゃスピードについていけません。

    デモトレードなんかで試しても見るのですが
    どうも気持ちが入らなく無駄打ちしまくって
    全く掴めない状況で延々とチャートを眺めている状況で
    今週は利益が500円というしょぼさです。

    自分はチャートの動きが意地悪な奴にしか見えませんが
    先生からしたら友達のようにでも見えるんですかね?

    あと順張りが出来ず逆張りしかできません。
    しかも一番上からじゃないとエントリーしたくないという感じで
    途中で入れないまま気づいたら終わってたという感じを
    ずっと続けてます。

    そんな時にデモトレードをやればいいんですが
    もう最初から本番で5年やってるので
    多分このまま行きます。
    方向感さえイメージ出来れば悔いのないトレードが
    出来ると思います。

    今、先生から一番影響を受けてるのは
    踏み台昇降です。
    ずっと座ってるとどんどんやる気が失せます。

    運動は前頭前野を鍛えるので
    今の自分に一番必要なものかもしれません。

    たくさんの質問がありながら
    丁寧にありがとうございました。

    よければまた返信ください。

    • ヨマヨエル様
      コメントありがとうございます。

      >方向感が全くイメージできないんです。
      この方向感を養うにはどこを見て
      何を思えばいいんでしょう?

      ↑ここはある意味僕も同じですよ。
      特に「数時間先」なんてことになると
      僕もまるで見当がつきません。

      ゆえに僕は「超短期保有」という
      現在のスタイルになったわけです。

      もし方向感でお悩みだとするならば
      その解決はいったん後回しにし、
      「バウンド」という意識を先に持ってみてはどうでしょう?

      例えば野球のボールを立った状態で手から離すと
      地面に落下し、最初のバウンドから数回にかけバウンド幅が小さくなり
      最後は動きが止まりますよね?

      相場の軌道はある意味「この逆」の動きです。

      コツンコツンと小さく上下し、
      どこかでドーンと伸びる、みたいな。

      で、「今はどの時点のバウンドかな?」
      「時間帯からそろそろどっちかにドカンと行くかな?」
      こういう目線で見ると良いように思います。

      つまり見るべきは「方向」ではなく
      「どのタイミングで大きなバウンドになるか?」です。

      極論伸びる先はどっちでも良い、という考え方ですね。

      僕の動画でも
      連続損切りからスタートするときってありますよね?
      けど、その後生意気にも取り戻すわけですが、
      これは「バウンド」を意識していることに由来しているんです。

      ちなみに、
      バウンドの感覚が掴めることで
      「入るタイミング」もこれまでとかなり変わるかも知れませんし、
      「怖い」と感じるタイミングもだいぶ変わってくるかも知れません。

      で、その後は勝手に「方向感」も見えてくるようになるのでは?
      ※ただし短期での話ですが。

      ちょっと試してみていただけますでしょうか?

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、お帰りなさいませです。
    パイプカットのお話は実に衝撃的でした。
    日本もコロナ禍絶好調のさなかにございます。

    くれぐれもお気をつけて日本での生活をご家族と共に、ご満喫できますことを心よりお祈りしております。

    人は自分がこうありたいと願う自分に向かうもの

    このお言葉、とっても重く、多くのこと考えさせられるお言葉でした。
    FXで飯を食うために、日々、チャートに向き合う日々ですが、
    期間や日数といった概念もなく、なんだかぼやっとした感覚で取り込んでいる自分がいることに気が付いた次第であります。

    それを強く願わぬ者に望む結果など絶対に訪れやしない

    この原点に立ち返り、自分への十戒として戒め、もう一度向き合う姿勢を改めたいと思います。願えば必ず届く。
    それはわかっておりますので、この機会にしっかり立て直したいと思います。

    素敵なお言葉をありがとうございました。

    先生へのご質問でございますが、ボンド円のショートを狙っている際、
    ドル円は下げて、ポンドルはあげている、それなのにポン円は下がると思いきや、全く微動だにせず、方向感がない。

    このような場面では、単純にポンドがやるきないだけなのでしょうか。
    ユーロがあげているから追随するかと思いきや上げず、ドル円が下げているからとポン円は下げるわけでもない。

    単純にポンドのボラがないだけなのでしょうか。。
    ユーロを選択できる方はここでユーロで勝ち逃げするのかもしれませんが、
    ポンド1択の私にとっては少々きついお時間でもありました。

    7月10日の欧州時間、ドル円の15MAタッチに合わせてポン円をショート。
    ポンドルは1時間MAタッチも同時期だったので、調子に乗ってショートをしましたが、ドル円が下げているため、早々撤退しました。

    18時前までずっと逃げられず、17時55分のちょっとした下げで逃げることが出来ましたが、先生の言う「及川ルール」に則したトレード体系をとることは出来ませんでした。

    この時、ポンドルはドル円が下げているおかげで常に強気気味でした。
    このポンドルに引っ張られ、ポンド円も下げ切れなかったのかな?
    なんて勝手に推測いたしておりました。

    所詮、相場は相場が決めるものですので全てをわかろうとしてもそれは無理なことは重々承知しております。

    先生ならば、きっとユーロ系やオージー系で勝負していた局面だと思いますが、何かご指摘箇所がございましたらご助言をお願いできましたらと思っております。

    宜しくお願い致します。

    • まる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ドル円は下げて、ポンドルはあげている、それなのにポン円は下がると思いきや、全く微動だにせず、方向感がない。
      このような場面では、単純にポンドがやるきないだけなのでしょうか。

      ↑「やる気がない」ということではないと思います^^;;
      ここは「影響度合い」の話かと。

      該当の時間帯において「円シリーズの下落」よりも
      「ポンドの上昇」のほうが影響度(おそらくは出来高)が高かったことで
      ドル円の下げに対しポンド円が綱引きで下げなかったと推察いたします。

      >ポンド1択の私にとっては少々きついお時間でもありました。

      ↑お気持ちは分かります。
      ただし、ポンド一択ということであれば
      ポンドドルのロングも選択肢としてはアリだったかも知れませんね。

      >このポンドルに引っ張られ、ポンド円も下げ切れなかったのかな?
      なんて勝手に推測いたしておりました。

      ↑あ、、、ここでちゃんと答えを分析済でしたね。
      読みながらの返信でしたので恐れ入ります。

      >何かご指摘箇所がございましたらご助言をお願いできましたら

      ↑本件のトレードにつきましては
      状況をご理解済とお見受けしますので
      特に付け加える話はないかなぁとの印象です。

      ドル円(円シリーズ)の下げによる影響度合いよりも
      ポンド買いのほうの威力が大きかったことがポンド円が下げなかった要因、
      ここを押さえてらっしゃるのであれば
      次回以降、この「影響度合い」を考慮しつつ、
      どっちを売り、どっちを買うのが効率的か?の模索は可能ではないかと思います。

      ちなみに、、、

      >先生ならば、きっとユーロ系やオージー系で勝負していた局面だと思いますが

      ↑チャートをあらためて確認しましたが
      どれも逆向きの上位足が上に控えているような形状ですので
      ここは正直難しかったと思います。

      もし見ていたらですが
      16時過ぎにポンド円の14時あたりの安値に引いた水平線タッチからショートし、
      黄緑線前後でセコく利食いで終了、
      こんなところかな、との感想です(苦笑)

      難しいと感じる相場は当然僕にとっても難しいですし、
      常にバッチリとキレイに勝てているわけではありませんので
      そこはあしからずでよろしくお願いいたします。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。
    動画も拝見しております。今日は過去の相関についての
    動画を視聴していました。

    相関の関係が、全くわからないので
    書籍でも、デイトレ大百科でも、ユーチューブでも
    相関の部分が全然理解に至らず、
    困り果てました。

    ほぼ挫折状態です。
    こんな場合は、何を練習したら良いのでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、
    ご回答よろしくお願い致します。

    いつも難易度がわたしにとっては高い
    及川師匠の回答を・・・ビビリながら
    お待ちしております。

    • ウサギ7様
      いつもコメントありがとうございます。

      >相関の関係が、全くわからない
      >こんな場合は、何を練習したら良いのでしょうか?

      ↑相関関係の掌握が出来るようになると
      短期デイトレについてはだいぶ見えてくる部分も大きいのですが、
      けど感覚的に難しく感じる人は確かに多いようです。

      で、あるならば
      「同じ時間帯」の「同じ通貨ペア」の動きを
      毎日徹底的に追及(研究)するほうが良いかも知れません。

      あのリオンちゃんもそのような考え方でして、
      彼女は
      ・東京時間のポンドオージー
      ほぼこれ専門でやっています。

      同じ時間帯の同じ通貨ペアを毎日見ることで
      その時間帯におけるいくつかのパターンが見えてくるのだと思います。

      一言で例えるなら
      「浮気しないで同じ人だけを観察」し、
      「その人のクセや特徴を把握」し、
      「その人のことなら毎日どんな状態か大体分かる」ようにする。

      こんな感じの進め方のほうが
      早くて合理的かも知れませんね。

      今回はそんなに難しい話ではないと思っていますが
      いかがでしょう?^^;;

      本件は取り急ぎ以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • デイトレ大百科を購入し日々実践させて頂いております。

    取引をしているときどうしても上位足(1時間足)の方向が
    気になり取引が上下どちらの根拠にもなりそうでぶれてしまいます。
    上位足では目線は上、取引をする5Mではショートへのトレンド転換とエントリーの
    サインがでている場合などどうしても迷ってしまうのですが、
    こういった場合は素直に5Mでの目線やMAに従った方が
    良いのでしょうか?
    それと、全く上位足を見ずに、見るとしても5Mでの1時間MAや4時間MA
    のみでいいのでしょうか?

    非常に文脈が読みづらく申し訳ございません。

    よくある質問欄でも同じような質問がありたいへん恐縮なのですが、
    回答して頂ければ幸いです。

    • 神威さま
      コメントありがとうございます。

      >上位足では目線は上、取引をする5Mではショートへのトレンド転換とエントリーの
      サインがでている場合などどうしても迷ってしまう

      ↑ここは僕も同じです。
      「どっちにも取れる」ときは当然判断が難しくなりますので
      原則触らない、が一番良いでしょうね^^;;

      >全く上位足を見ずに、見るとしても5Mでの1時間MAや4時間MA
      のみでいいのでしょうか?

      ↑あ、、、なるほど、
      実際の上位足チャートをご覧になっているという話ですね。

      僕自身はどのみち短期保有前提でしかトレードをしませんので
      5分足から切り替えることはほぼ皆無なんです。

      どっちが良くてどっちがダメということではなく、
      自分の中で納得出来る内容にすることが一番ではないでしょうか。

      僕の場合は「動きやすい時間帯」と
      その中における「通貨の相関関係」を元にやっているわけですが
      それ以外の情報をあえて入れていない、という主旨もあるんです。

      いろいろ知り過ぎないほうが
      僕にとっては都合が良いのだと思います(笑)

      例えばリオンちゃんは
      日足から降りて来る環境認識を欠かしていないようでして、
      そこはトレードスタイルや保有時間によるのかなとの認識です。

      繰り返しになりますが、
      どのようなやり方をするにせよ、
      「自分が納得できる要件」で行うことだと思います。

      そうすることで
      スンナリ勝てばすっきりしますし、
      逆行された際には素直に損切りもしやすいと思いますので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。強欲のツボと申します。
    デイトレ大百科とyoutubeで勉強させていただいております。
    自分のクセを治す方法があればと質問させていただきました。

    半年間ほどトレードをしてきましたが勝てるようになっていません。
    週単位で見ると勝てる週などはあります。
    例えば1週間毎日勝てることもあればほとんどの日で負けてしまうこともあります。
    ここ2ヶ月の勝率を出すと45%ほどになります。

    含み損が多くなってしまいプラスになるまで切れないでドカンをしてしまうのはよくあるパターンだと思います。
    自分の場合は含み損自体が切りたくなってしまい、含み損のままだと5分~10分くらいで切ってしまいたくなります。
    このクセのせいで1度のトレードで大きな負けというのはほとんど見たことがありません。
    ただし連続4回負けたりすることなどがあり、そんな日があると大きな負けになってしまいます。
    トレードを振り返ってみると早めに切っているせいで次の足でシナリオ通りになり、方向性はあっているのに切ってしまうという現象が起きてしまいます。
    逆へ行くと方向性が間違っているのではと思ってしまい切ってしまいます。

    始めて半年ほどになるのにまだ値動きに右往左往してしまっている自分がいるのですが、解決法ありますでしょうか?
    勝率が低いので、そんなことよりエントリーポイントをもう一度見直したほうがいいのでしょうか?

    以上になります。
    お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

    • 強欲のツボ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。

      >ここ2ヶ月の勝率を出すと45%ほど
      >勝率が低いので、そんなことよりエントリーポイントをもう一度見直したほうがいいのでしょうか?

      ↑損切りが早すぎで勝てたトレードも負けてしまっている、
      ということであれば、それによって勝率が低くなっている部分もあるでしょうから
      エントリーポイントの良しあしは文面からだけですと判断しにくいですね。

      解決策、というよりかは
      どこから手をつけようか?って部分になりますが、
      僕なら「時間を区切ること」から始めると思います。

      一度デモ口座に戻していただき、
      エントリーしたポジションを
      必ず「●時30分」や「●時ジャスト」のちょっと前まで保有し、
      その結果を集計すると
      いろいろな傾向が見えて良いかも知れません。

      これをやる場合、
      どんなに含み損だろうが、逆にどんなに含み益だろうが
      とにかく次の「新30分前までは決済しない」と統一することが重要です。

      で、これで成績が悪いなら、
      エントリーのタイミングに改善余地があるとなります。

      また、それ以外の点として、
      「なるほど、方向性があっていた際はがんばって引っ張ったほうが良いのか!」
      みたいな確認も出来、自信にもつながる可能性があるかなと思いました。

      で、そこで出た結果をもとに、
      どこを使い、どこを削るかの判断もしやすいのではないでしょうか。

      なお、繰り返しになりますが、
      含み損の場合も時間が来るまで絶対に切らないので
      そうする場合は、デモ口座からになさってくださいね^^;;

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 1カ月ほど前からユーチューブの動画を拝見させてもらってます。とても衝撃を受けました。それで、デイトレ大百科とプロコントローラー改を購入しました。正直まだまだ利益には程遠い状態ですが日々勉強させてもらってます。
    それで質問なのですが、及川先生始め皆さんが使用されているインジケーターで①チャート上部に表示される日本時間、②本日の高値安値、前日の高値安値のライン、③緑色の20pipsが表示されるインジケーターはどうやって手に入りますか??私も使ってみたいインジケーターなのですが、入手方法が解りません。よろしければ教えて頂けたいです。よろしくお願いします。

    • チキンチキンモンキー様
      コメントありがとうございます。

      僕が現在使っているインジケーターの件ですが
      こちらはFXismメンバーの「ヨン様」がバージョンアップを
      施してくれたものです。

      今年の1月から5月まで開催されていた
      オンライントレードコミュニティ「TRIBE」への
      ご参加特典でもあったため、
      おそらく一般公開は当面出来ないはずです。
      お役に立てず申し訳ございません。

      ちなみに、
      ①チャート上部に表示される日本時間
      こちらはネット上で無料のモノがおそらくあるはずです。

      ②本日の高値安値、前日の高値安値のライン
      こちらは正直、僕はなくても良いとの考えなんです。
      水平線は「都度都度自分で引きたい」ので。
      ※入れて欲しいとのリクエストが多く追加したようですが。

      ③緑色の20pipsが表示されるインジケーター
      こちらは確かにあると便利なのですが
      元々僕は各通貨ペアチャート右側の値の
      「1目盛りごとのPIPS数」で直近のボラ大小を確認していました。

      便利な機能はたくさんありますが、
      僕は「自力で確認する作業」も大切だと思っています。
      そうすることでキッチリと「認識」出来るからです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも有益な情報ありがとうございます。

    早速ですがお考えをお聞かせいただきたいことがありまして書かせていただきます。

    マーチンゲールについてです。
    私は18時から21時の比較的レンジになりやすい時間で4時間MAと1時間MAの方向性が揃っていないのであればマーチンゲールで計画的にではありますが難平すれば勝てるのではないかと最近実践しております。
    その辺のお考えお聞かせいただけたらと思います。
    漠然とした質問で申し訳ありません。
    何かしらヒントを得られたらと思い質問させていただきます。

    • 蓮井さま
      コメントありがとうございます。

      >18時から21時の比較的レンジになりやすい時間で4時間MAと1時間MAの方向性が揃っていないのであればマーチンゲールで計画的にではありますが難平すれば勝てるのではないかと最近実践

      ↑大変面白い考え方だと思います。
      おそらくは勝率もかなり高いと想像します。

      マーチンゲールに関しましては

      ・最初の入り場
      ・追加のタイミングと総量
      ・撤退(損切り)の基準

      これらのバランスがすべてだと思っています。

      僕は専門ではないですし、
      僕自身が実践する予定もないのでなんとも言い切れませんが、
      これなら「勝ちながら微調整も可能」って感じで取り組めるかも知れませんね。

      もっとも、詳細なやり方が「固まる」までの間は
      なるべく少ないロットで実験を積み重ねるのが
      間違いないかなぁとは感じます。

      それとマーチンゲールの場合、
      通常「一度の負け」が普段の利食い額より
      圧倒的に大きくなるはずですので、
      そこのバランスは極めて重要かなと想像します。

      ここを
      「何回分の勝ちまで飛ばして良いか?」
      という話です。

      なるべく損切りにならぬような組み立てにすることで
      勝率は上がりますが、
      その分負けたときにはより多くの利益を食われます。

      ここについては
      事前に計算値を出せるでしょうから
      当面どのあたりに設定をしておくか?からでしょうね。

      僕は元来マーチンゲールについては否定的ですが
      レンジになりやすい時間に絞って、、、という部分が
      面白いかも?と思った次第です。

      ぜひとも良い成果を出していただきたいと思います。
      期待しておりますので。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。

    ここ最近は動画よりもこのブログのコメントや及川さんやリオンさんのそれに対するご回答をみております。
    勝ちきれない同志達の共通点や結局 何をしなければ勝てていたのか?
    等々思い過ごしています。
    私は先月25辺りから1万からスタートし7月10日辺りで23万程度になったのですが、やはり前回と同じく全損です。
    つまり いくらからどれくらい増やせた云々関係なく、結果全損するのです
    私は1万なら0.01ロット(10万なら0.10)をナンピン込みで2~3発 10~20pipsで回転させる感じでやっており 負けるときは決まってロットを崩してお祈りトレードしてしまいます
    たった1度の損切りが許せずハイロットで逆行して負けます。
    前回は入る前 入った後どうなったら負けるか?を考え、大体はナンピンに助けられ損切に合わず勝てていましたが一夜にして全損です。
    自分が信じた損切りポイントを抜けた!=ドテンみたいな、そこには自分なりの妄信があり、実はレンジでした。 それを4~5発くらいまして退場です
    多分 スピード違反なのかも知れませんが勝ち方自体は悪くないと思うんですが、
    負け方が異常に下手です。
    20~30pips 逆いったらではなく明確なポイントを決めてそれに合わせてロットを変えるなどしたほうがよいのでしょうか?
    一番の敗因はロットを崩す。ですが もはや指値 逆指値を入れて放置なんてのも考えたのですが チャートを見ていたからこそ助かった部分もありますし
    マイナスを見ているとき 損切をしたと時の乱射しないメンタル安定させる方法などやはり自分自身で克服するしかないのだと思いますが、及川さんが全然なおらなかった癖を克服した方法などございましたら教えて頂きたいです

    • ころぴす様
      いつもコメントありがとうございます。

      >先月25辺りから1万からスタートし7月10日辺りで23万程度になったのですが、やはり前回と同じく全損
      >いくらからどれくらい増やせた云々関係なく、結果全損

      ↑さすがにこれは
      「もったいない」と言わざるを得ませんね(汗)

      他の方にもお伝えしているのですが、
      当記事のコメント欄やりとりの中に
      「黒風 虎徹さん」という方からの投稿がありますので
      ぜひともご一読なさって欲しいと思います。

      特に、、、

      おそらく、全く勝てない方の中には儲けたお金を出金することをせず
      全損したり初期資金以下になってしまい損をするイメージだけが出来ているのでは?
      と思いました。
      ですので、少しでも儲けたら1回は出金して現金を手元に置くことで勝つイメージが出ると思います

      ↑ここはかなり重要かなと推察いたします。

      >20~30pips 逆いったらではなく明確なポイントを決めてそれに合わせてロットを変えるなどしたほうがよいのでしょうか?

      ↑いや、、、どうでしょう?
      ご自身でも分析されてらっしゃる、

      >負けるときは決まってロットを崩してお祈りトレード
      >たった1度の損切りが許せずハイロットで逆行して負け

      ↑こっちのほうが明らかに問題ですからね(汗)

      それこそ、勝とうが負けようが決済をしたら
      その時点で一度パソコンの電源が自動で落ちる、
      くらいの荒療治機能が欲しいところです。

      >及川さんが全然なおらなかった癖を克服した方法などございましたら

      ↑これは正直「ない」と断言出来ます。

      大変良くない例えで恐縮ですが、
      麻薬を常習していた人はよくこのように言いますよね。

      「克服は無理!」
      「日々、今日はやらない、を繰り返す毎日」
      「ゴールはない」

      ここについては僕自身も同じです。
      僕だってひとたび油断したら
      乱射もしかねない、そう思っているからです。

      つまり僕も「克服中」だって話です。

      「とりあえず今日は絶対にバカなことをしない!」
      毎日このような戒めを持ってその日のトレードに向かう。

      この繰り返ししかないように思う次第です。

      これって手厳しい意見でしょうか?

      それとも「誰もが同じ問題を抱えている」と捉え、
      明日から自分と向き合うきっかけになる話でしょうか?

      「そんな果てしない話は無理」と
      相場を諦める話でしょうか?

      これらをどう考え、そしてどう対応していくか。

      それを決めることが出来るのは
      「自分だけ」だと思うのです。

      本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも懇切丁寧なご回答、誠にありがとうございます。

    >B’zもさすがとしか言えない貫禄ですよね。
    僕は「今宵月の見える丘に」のみ歌っております^^

    ↑おおっ、そうだったんですね! 
    ♪たとえば~どうにかして~君の中Ah~入っていって~yeah eah…
    この曲はテレビドラマの主題歌になっていたので、聴いたことがあるという人も多く、また、出だしから意味深な歌詞(笑)で、初メンバー同士でもハズすことなく乗りが期待できますね。
     B’zの名曲も数限りありませんが、カラオケの観点で私のイチオシは、
    ・上記、安心の打診買い「今宵月の見える丘に」
    ・大受け必至、お約束の回転パフォーマンスでぶっ飛ぶ『Zero』
    ・思いを伝えたい時の最強バラード『ハピネス』
    ・大切な人の誕生日に、世界一盛り上がるバースデーソング『Happy Birthday』
    の4曲です。
    自分の中では、オージーテクニカルの4種の神器にも匹敵する最強兵器です(笑)
    ぜひ一度お試しを♪

    >15時台突入前後の時点で
    バラけているときに
    一生懸命根拠探しをしつつやるのは不毛!
    けど、状況が整っているのであれば
    そこを頑なにスルーする必要はなし!みたいな。

    ↑15分足トレードの名残りで足の形状にとことん囚われがちな傾向を見事に看破して頂き、ありがとうございます。
     全くその通りで、またまたスッキリと視界が晴れました。通貨ペアのシンクロ、ここに徹底的に重きをおき、チャンスと見たら、スピード重視で、足形状にはあまりこだわらず、飛び乗りOK、もし踏まれてもナンピンで逆にチャンス拡大、という心意気で、今後はやっていきたいと思います。

    >僕なら「シリーズ系がいずれもやって良い形状のとき」とします。
    ※具体的には「オージー4種」や「ドル円、ユーロ円、ポンド円」のシンクロです。

    ↑こちらですが、その他のシリーズ系、たとえばドルシリーズ「反転させたドル円、ユーロドル、ポンドドル」や、ポンドシリーズ「ポンド円、ポンドドル、ポンドオージー」やユーロシリーズ「ユーロ円、ユーロドル、ユーロオージー」については、自分は今まで割と気にしていたのですが、あまり実用性なく、振り回されない方がいいという認識でよろしいのでしょうか?
     ドルシリーズについては、たとえば昨日金曜日の16時台~18:30の間の動きがそうだったのですが、ずっと続いていた円シリーズ「ドル円、ユーロ円、ポンド円」のシンクロが、その間だけ崩れて、「ユーロ円、ポンド円」と「ユーロドル、ポンドドル」が相似形になるシンクロはずっと変わらないのに、「ドル円」だけが、それらと逆シンクロになり、でもそれはつまりドルの分母分子の位置が逆になる「ユーロドル、ポンドドル」に対してはシンクロという状態です。この間はきっと円の動きからドルの動きに主導権が移っていた時間帯といえるのかなと推測し、自分ではドルシリーズ相関成立と思っています。
     でもひょっとしたら先生は、このドルシリーズのシンクロは、円シリーズ相関の中での一時的な崩れ、または歪みであって、そこはややこしい時間帯として、トレードは避けた方がよいと、お考えでしょうか?
     先生の最近の動画で、ポンドドルでのエントリーをお見受けした気がしますが(気のせいだったらごめんなさい)先生がポンドドルでエントリーされる時は、上記のドルシリーズ、またはポンドシリーズ、あるいはそのいずれでもない別の根拠でされるのでしょうか?

    ぜひアドバイス頂ければ幸いです。
    どうぞ宜しくお願いします。

    • イーサンKさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分の中では、オージーテクニカルの4種の神器にも匹敵する最強兵器です(笑)

      ↑ご紹介いただいた4曲は押さえるようにします(笑)
      ありがとうございます^^

      >その他のシリーズ系
      >自分は今まで割と気にしていたのですが、あまり実用性なく、振り回されない方がいいという認識でよろしいのでしょうか?

      ↑いや、シリーズで動く場合であれば
      どの通貨シリーズでもやりたいです。

      ただし、欧州序盤は日本時間の流れから
      チャート形状を伴ったシンクロ性の確認は
      円シリーズかオージーが断然目視で見つけやすいので
      結果的にこれらになっている次第です。

      >この間はきっと円の動きからドルの動きに主導権が移っていた時間帯といえるのかなと推測し、自分ではドルシリーズ相関成立と思っています。

      ↑その認識でよろしいかと思います。

      >でもひょっとしたら先生は、このドルシリーズのシンクロは、円シリーズ相関の中での一時的な崩れ、または歪みであって、そこはややこしい時間帯として、トレードは避けた方がよいと、お考えでしょうか?

      ↑いえ、決してそのようなことはありません。
      僕はあくまで「見つけやすさ」からの話をしただけでして、
      イーサンさんの見立てにはむしろ同意いたします。

      >先生がポンドドルでエントリーされる時

      ↑もちろん「ポンド」か「ドル相関」か
      あるいはその両方の兼ね合いでやっています。
      「別の秘密のやり方」などはしておりませんので(笑)

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちわ。
    以前アドバイス頂きました溶かし率100%の者です。
    近況報告です。
    だいぶ資金は減らしながらも何とか喰らい付いている状況です。
    この三カ月間でいろいろと実践してきましたが未だ天才チャートを使い極めるには至っておりません。そこで考え直しては実践の繰り返しで、勝てそうだけど勝てないもどかしい日々が続いておりました。
    まず、なんで負けるのか?について徹底的に自分を研究しました。そこで気づいたのがコロナ事情で金曜日が一時帰休となりそういった時間がある時こそ大負けする事です。週末に今までのコツコツ利確分をおつりを出して返してしまうという感じです。なぜなんだろう?を研究した結果、単純にルールを守っていない事が明確に分かりました。損切りはできるが損切りをしても逆に入ったり、ダメだと思って損切りしてさらに逆で入って、気づいたら資金の半分をその一つのエントリーで失ってました。なので、ここを重要視して一回のエントリーをしたら損切り箇所で躊躇なく切り、この場は負けたと諦めて、次のチャンスを待つ事を厳守にすることにしました。
    次に勝率についてです。
    どうしても各MAを基準に反発を狙う手法となっておりましたが、そうなると勝率が非常に良くなく新たなチャンスが来ても半信半疑で入る感じで、楽しくない気持ちでやってました。勝率が上がればチャンスがくればアドレナリンがでる感じになるのかな?と未知の世界に憧れを抱いてました。
    そこで、なぜ?勝率が上がらないんだろう?とさらに研究をして出た答えは、自分には10通貨を使いこなす事は出来ないという結果でした。チャンスが来ても目移りして変な所で入ったり見逃したり、さらにはチャンスを見逃して今から入っては遅いタイミングで不利になるのに悔しくて無理に入って後悔する事が続きました。その為、欧州通貨のポン円、ポンドルと基準通貨のドル円、ユロポンの4通貨にチャートを絞る事にしました。それにより一時的に勝率は上がりましたが、また50%程度までに落ち込みます。また徹底的に見直しをした結果、相関がどうも苦手で下手なんだと分かりました。その為、自分は一つの事しか出来ない相場の世界では最弱の人間なんだという事が分かり認識をしてドル円一本で1カ月実践しました。チャートは天才チャートを使い手法は2種類に限定し損切りをしたらドテンなどは禁止で負けを認めて新たなチャンスを待つ事にしました。
    その結果、7月の1カ月間で、これで負けたらもう俺は無理という背水の陣を組み挑んだ結果、資金の20%を増やす事が出来ました。資金管理はエントリーは資金の3%で、利確もそこを1日の目標額としてきました。損切りは2%で切る感じですが最大3%で諦めて切ります。手法は完全に2パターンに限定です。
    こんな感じで天才チャートを使いこなす事は出来ませんが各MAと方向性を重視し、相関に頼らない事でしか勝つ事が出来ない人間をお許しください。
    最終目標は天才チャートを極める事ですが、実践克服出来たとしてもポン円、ポンドル、ユロポン、ドル円の4通貨による相関取り引きしか出来ないと思います。こんな人間でごめんなさい。以上です。長文失礼しました。

    PS
    天才チャートにFXデビューから出会えた事に感謝です。
    勝つ方法を知っているのに負けて退場寸前まで行きましたがドン底を知っているので今後はルールを守れると思います。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しましたが
      ご自身の特性などを含め、
      しっかりと分析出来てらっしゃるところは
      凄いなぁと感心しきりの気持ちです、

      >7月の1カ月間で、これで負けたらもう俺は無理という背水の陣を組み挑んだ結果、資金の20%を増やす事が出来ました。

      ↑これぞ「創意工夫の成果」ですね。
      驚くばかりです。実に素晴らしい!

      >こんな感じで天才チャートを使いこなす事は出来ませんが

      ↑トンでもない!
      ここまで自身と向き合いつつ「突破」されたことに
      ただただ深いリスペクトを抱くばかりです。

      僕はかねてから
      「自分らしいやり方の構築こそが大切」
      このように言い続けているのですが、
      まさにそれを体現したお話でした。

      今後が楽しみです♪

      僕のやり方かどうかなんて一切気になさらず、
      「自分らしい勝ち方」で今後もがんばってください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めてコメントさせていただきます。
    2週間前に及川先生のYouTubeを初めて拝見し、そこからのめり込んで毎日見ています。メルマガ、デイトレ大百科も見ています。これまでFXというと最低でも1時間ぐらい保有するのかと思っておりました。それぐらいまだ初心者です。
    そして現在私が実際に取引しているのはFXではなく、バイナリーオプションです。
    なので、ここにコメントを残してもいいのかどうか迷いましたが、及川式の早い取引はバイナリーに活かせるのではないかと、今デモで勉強している所です。
    これまでサインツールに頼ったりインジケーターオシレーターに頼ったり負けっぱなしでした。裁量が1番と思っても自分の目線が合っているのかどうかもわかりません。
    及川先生のYouTubeを拝見し、天才チャートをパソコンに入れさせていただきましたが、普段はipadで見る機会が多いので天才チャートの各時間足のMAは数値を計算して5分足に表示しています。
    まだデモでのエントリーですが、期待値が高い所を見つけられてとても発見が多くて楽しいです!

    相場の世界はFXをされている方が大半ですし、バイナリーだからと言ってバイナリーのルールだけではダメだと自分では思っています。
    ゆくゆくはFXの世界でも戦っていきたいと思っています。

    これからも勉強させていただきます!
    及川先生も体調にお気をつけてお過ごしください。

    • メルさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >現在私が実際に取引しているのはFXではなく、バイナリーオプションです。

      ↑ほほぉ、それはなかなか興味深いですね。
      僕自身はどちらかと言うと
      バイナリーオプションについては否定的な立場ではありますが、
      けど、それで勝てているのであれば
      その人にとっては良いトレード種目ですよね。

      >期待値が高い所を見つけられてとても発見が多くて楽しいです!

      ↑多少なりお役に立てているとしたら僕も嬉しい限りです^^

      >ゆくゆくはFXの世界でも戦っていきたいと思っています。

      ↑お待ちしております(笑)
      その際は遠慮なくお声掛けください。

      お気遣いのあるメッセージに感謝いたします。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、初めまして。
    いつもブログやYouTube拝見させて頂いております。
    今年で20代半ばになり、FXに興味を持ちFXトレードを始め、及川先生のYouTube動画等を見て勉強しながらトレードを行い徐々に資金を増やしてはいましたが、
    一度ドカン負けをしてしまい、その後のトレードも思うようにいかない為、一旦リアル口座での取引からデモ口座へ移行し、
    ある程度勝てる自信がついてからリアル口座の取引をするようにしました。
    そして先日デイトレ大百科を購入しYouTube動画と合わせて勉強させてもらっています。とてもタメになる内容ばかりで本当に感激しています。
    そのおかげもあり、2か月ほどデモ口座で取引を行った中で勝率もかなり上がり順調に資金を増やせるようになったので今月に入ってからリアル口座での取引に戻りました。
    リアル口座での取引も順調だったのですが、今週の金曜日(7/10)のニューヨーク時間、MT4時間で15:30のGBP/JPYで青線タッチで1発、その後の黄緑線タッチでナンピン1発ショートエントリーしました。
    1時間・4時間足MAも下向きで、15分・1時間足MAを下抜けしてからの戻しであり、USD/JPYも下げ(EUR/GBPはレンジっぽい)なので下げるだろうと思っていたのですが、EUR/GBPが崩れGBP/JPYは急上昇し結構な損切になってしまいました。
    そこで質問なのですが、これは及川先生のおっしゃる「行くべきが行かない場合は逆に伸びる」というパターンなのでしょうか?
    後でもう一度色々チャートを見返してみるとGBP/USD、EUR/USDはGBP/JPYエントリー時点ではすでに1時間足MAが反転して上昇していく様な感じにもとれるので、
    円が強いとしてもGBP/JPYのショートはするべきではなかったのでしょうか?
    損切りの後、GBP/USDのロングに切り替えて多少取り返せはしましたが、今後このような判断ミスをしないためにも及川先生ならばどの様な対応をするのかご享受願いたいです。
    初めての質問で分かりづらい部分等あれば申し訳ありません。
    これからも及川先生のもとで勉強をして勝てるトレーダーになっていきたいです!
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • グリム様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今年で20代半ばになり

      ↑他の方にも申し上げていますが
      近年は本当に若い方の参戦が増えましたね(汗)
      僕の時代では考えられない若さでの参戦です^^;;

      >これは及川先生のおっしゃる「行くべきが行かない場合は逆に伸びる」というパターンなのでしょうか?

      ↑チャートを確認しましたが
      この時間帯、どれも難しい感じでしたね。。。

      ポンドドルも4時間足MAに下から当たっていますので
      ロングはしにくい中ですので
      そう考えるとポンド円のショートはアリのようにも見えました。

      そういう意味では
      「行くべきが行かぬは・・・」のパターンと言えなくもないですが、
      ただし、ポンド円のショートについても
      そこまで強気で攻めたくなるチャートでもないなぁというのが正直な感想です。

      この時点ではオージーも含め、
      上位足MAが伸びた先にいるなど、
      要するに混とんとした状況で、
      結果論で恐縮ではありますが、
      「まだナニやるにも早い」だったように思います。

      その後のポンドドルロングでの取り返しはお見事だったと思いますが、
      願わくば、こっちをファーストエントリーに出来れば良かった、
      これが率直な僕の感想です。

      つまり、本件の結論は
      「仕掛けが早すぎだった」という話かなと。

      自分がやってない時間の話をするのは恐縮ですが
      本件は以上です^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生が日本にいらっしゃるのでととても嬉しく思います^^ が、東京では
    感染率がやや高まってきているようですので、十分に十分にご留意なさって下さい。

    今日は、少し前にTRIBE(私は参加しておりませんでしたが)のファイナルイベントで行われていたXMのトレードコンテストについてお聞きしたいと思います。

    優勝者の方のトレード結果「約2週間でスタート100万円から3000万円」を、自分で試してみたいと思い、デモでトライしました。

    自分で思いつく限りのありとあらゆる形で、

    例えば大ロット超スキャル連射、
    大きいトレンド発生狙いに絞った保有時間長めのトレード、
    動きあらば何でもござれのアクロバットトレード、・・・などなど

    様々なものをトライしたのですが、結果口座8回飛ばしました。どうしても2週間では3000万円に到達しません。そして自分自身に内省し思ったのですが、実弾でこのトレードが達成できるかは別としても、
    ここへ到達するには、きっと自分がまだ気が付いていない考え方や視点、発想があり、そこにこそFXトレードの真理が渦巻いていて、まだ行ったことのない世界が広がっているのかな・・と。

    及川先生は実際のトレード履歴をご覧になっているかと思いますが、もし、差支えないようでしたら、(差支えあるようでしたらヒントのようなものだけでも構いません)そのトレードがどういったものであったか、教えて頂けないでしょうか?

    また、そのトレード履歴と優勝トレーダー様について、及川先生はどのようにお感じになられたのか、もお聞きしたいと思います。

    • ggさま
      コメントありがとうございます。

      >東京では
      感染率がやや高まってきているようですので、十分に十分にご留意なさって下さい。

      ↑お気遣いいただきありがとうございます。
      僕は今年で「アラ還」で
      重症化リスクはかなり高いでしょうから気をつけます^^;;

      >優勝者の方のトレード結果「約2週間でスタート100万円から3000万円」を、自分で試してみたいと思い、デモでトライしました。
      >結果口座8回飛ばしました。どうしても2週間では3000万円に到達しません。

      ↑これは相場環境の手助け?などもないと
      なかなか難しいでしょうね^^;;

      >実弾でこのトレードが達成できるかは別としても

      ↑いや、まさにその通りでして、
      これは優勝されたご本人も明言されています^^;;

      このコンテストの上位入賞の方は
      シンガポールで僕がディナーをごちそうするって特典があり、
      これ目当てでかなり危険なロットでぶん回す人が増えてしまいました(苦笑)

      それゆえの成績である点は
      付け加えさせていただきます。

      >そのトレードがどういったものであったか、教えて頂けないでしょうか?

      ↑履歴はサラっと観ましたが、
      僕は過去チャートから追いかける作業があまりにシンドかったので
      そこまで詳細な内容は把握していないですよ(汗)

      ご本人のお話によりますと、
      最後のほうは50ロット(500万通貨)で回していたようで、
      資金量との兼ね合いを考えたら、絶対にリアルで同じことは出来ないでしょうね(笑)

      ちなみに、やっている中身は
      トレンドフォローに対しかなり基本に忠実だったようです。

      ただし、僕のようなチキン利食いではなく、
      伸ばせるところはしっかり伸ばしたはずです。

      >そのトレード履歴と優勝トレーダー様について、及川先生はどのようにお感じになられたのか

      ↑ご本人もアレについては冷静に受け止めてらっしゃる感じでした。
      実弾であんな狂った(?)ことを普段から出来るはずもなし、と(笑)

      ただし、バーチャルとはいえ、
      ロットをガンガン引き上げた体験については
      良い経験になったと、あとあと言えるようになる可能性は高い気がしています。

      「日々のトレードをキッチリ勝ち切れるのであれば
      むしろロットは上げるべき!」
      みたいな感覚は
      ぜひ持って欲しいと僕自身そう願っているからです。

      ご期待してくださった内容ではないかも知れませんが
      取り急ぎ本件はこんなところです。

      もし不足がございましたら
      遠慮なくお声掛けください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 前回はコメント返信していただきありがとうございました。それを踏まえてまたご質問させていただきたいです。
     
    ①「時間」の概念について
     
     今まで師匠の動画、ブログなど様々のところで「時間帯」のことを自分なりにも理解したつもりでした。しかし、先日師匠にいただいたご回答をもとにもう一度考えて実践してみたところ、まったく深掘りができていなかったようです。
    僕は今まで「時間帯」に関しては、欧州前半などのボラのある時間にやることで大きく動くところをとれる。負けてもボラがあるから取り返せる。その程度でしか理解できていませんでした。ですが誠に変態ながら、過去の師匠の動画で確認できる約定履歴のエントリー時間などをほぼすべて拝見させていただきました。そこで、16時ジャスト、17時ジャストなどが多いこと、〇時55分などのタイミングでは「まだ早いですねー」と言っているものの、16時を超えたあたりですぐに何の躊躇もなくいきなりエントリーしだす師匠の姿をみて、よく師匠がおっしゃている「新一時間足の新しい流れ」「新しい世界が始まる」という概念、ここに大きなヒントがあると思い、15:58~16:15、16:58~17:15、21:58~22:15、22:58~23:15の4つ、これだけのエントリータイミング、その中でチャート形状、通貨相関逆相関で入れそうなものに絞って、長くとも各時間の30分もまたぐタイミングまでには勝ち逃げという形に統一して1週間を過ごしました。結果、自分でも不思議なことに、ほんっっっとうに負けませんでした。正確には一度逃げ遅れて、手数料負けになりました。しかしそれ以外、ほぼ含み損の時間がなくそのまま伸びました。いままで最後の砦ナンピンなどをしてナンピンをすることも頻繁にあったのですが、追加したいところまで戻りもせずにそのまま巡行して10~20分で10pips前後で利確というなんとも違和感があるくらい簡単に伸びたものがほとんどだったという感覚です。よく師匠がおっしゃている時間の区切りからおっぱじまった通貨のそろった流れ、これがはじめてこういうことか!!!!!!!うおおおおお!!!! となりました。今までの自分は良くても勝率75%いかないくらいでちょこちょこ負けたりしているのでこんなに連続で次々と勝てている感覚が気持ち悪いです。この新一時間の流れについてお考えを聞かせていただきたいです。
    またほかにも感じたことがあり、下げ目線の中でいうと16時からそろって動き出し、16時半前後で一服し、17時前後まで戻して17時ごろからまた下げの動き再スタートという何とも時間な型にはまった動きをしていて、なんだこの規則的な時間の中での動きは!!と感じました。この点どう思われますか?

    ②時間帯、チャート形状、通貨相関の重視度の配分について
     
     上記の時間を絞ったトレードでは根本に時間の概念があり、チャート形状、通貨相関がその下にある感覚です。どんなにそろって通貨が動いていたり、チャート形状が良くとも中途半端な時間からでは伸びないという考えからです。師匠は普段、1「時間」 2「チャート形状」 3「通貨の相関逆相関」の重要性についてどの程度の割合で考えていますか?

    ③エントリー回数について
      
     もし現在3つの勝ちパターンがあるとした時、その中で2つは勝率6~7割でもう1つが9割であれば、その9割のトレード?パターンに絞る代わりに、普段よりもLOTを大きく張ることはありだと思いますでしょうか?よく師匠は「トレードの引き出しは多い」とおっしゃているものの、「エントリーが多いと事故率が上がる」ともおっしゃていると思います。師匠が少ない手法に絞らずにいろいろと逆張りまでも狙う理由はどこにあるのでしょうか? またこれは目安と知りたいです、一概に数字では表せないかもですが師匠の「トレード引き出し」は数でいったらどのくらいあるのしょうか?興味本位の質問ですいません。 またこれに関連して、10回のトレードで100万円をとりにいくか、2、3回のトレードで100万をとりにいくどちらのほうがいいと思いますか?

    • Hansさま
      コメントありがとうございます。

      >「新一時間足の新しい流れ」「新しい世界が始まる」という概念、ここに大きなヒントがあると思い
      >結果、自分でも不思議なことに、ほんっっっとうに負けませんでした。
      >この新一時間の流れについてお考えを聞かせていただきたいです。

      ↑気持ち良く勝ちすぎると気持ち悪いものなんですね(笑)
      そこはさておき、、、
      「考え」と聞かれましても、特別なことは言えないです^^;;
      単純に「自分が見続けて感じたこと」でしかありませんので。

      >16時からそろって動き出し、16時半前後で一服し、17時前後まで戻して17時ごろからまた下げの動き再スタートという何とも時間な型にはまった動き

      ↑ここについて僕は「相場のバウンド」という捉え方をしています。
      相場ってやつは、時に素直に伸び続けることもありますが、
      けど、特に「初動時」は気迷いな動きにもなりやすいからか
      いったん戻しを試したりしますよね。

      これはボクシングで例えるところの
      「まだ相手が元気」または
      「余力が残っている状態」みたいなイメージです。

      で、逆襲を仕掛けたにも関わらず、
      再度追い込まれたところで勝負あり、、、
      こういう展開が多いのではないかと思っている次第です。

      >師匠は普段、1「時間」 2「チャート形状」 3「通貨の相関逆相関」の重要性についてどの程度の割合で考えていますか?

      ↑面白い考察ですし、実際良い着眼だと思います。
      上記を割合で示すのはなかなか難しいです。
      ここはやはりその時の状況もありますので。

      そんな中ですが、
      「1」に妙味があるときに「3」がまずまずな中の「2」であれば
      僕はGOって感じですかね。

      少なくとも「2」だけで入ることはあまりないです。
      あるとしたら逆行上位足ファーストタッチ逆張りくらいかなと。

      >2つは勝率6~7割でもう1つが9割であれば、その9割のトレード?パターンに絞る代わりに、普段よりもLOTを大きく張ることはありだと思いますでしょうか?

      ↑大いに「アリ」だと思います。
      僕はロット自体は統一していますが
      強気のときは弾数を一気に入れますので、同じことですよね。

      >師匠の「トレード引き出し」は数でいったらどのくらいあるのしょうか?

      ↑おおまかな分類か、こまかな分類で全然違うと思いますが、
      「小技」を入れても10くらいじゃないですかね・・・
      ただし「エントリー後の対応バリエーション」まで含めたら
      数十パターンくらいはあると思います。

      要するに「YES-NOクイズ」みたいに
      枝分かれしていくわけですので。

      >10回のトレードで100万円をとりにいくか、2、3回のトレードで100万をとりにいくどちらのほうがいいと思いますか?

      ↑可能であれば回数が少ないほうが当然良いと思います。
      ただし、例え自信がある場面であっても、
      それでも逆食うことは想定しますので
      僕のような短期デイトレをやる場合は
      どうしても刻みがちになってしまいます。

      ちなみに、過去記事で日経225先物をショートした話をしましたが、
      日経が現状専門でない僕は、あるいは今年はもうやらないかも知れません。
      そんな中、二週間で3000万円抜いてますので、
      このまま今年が終わったら一度のみでの勝ち逃げとなります(笑)

      このように「トレードのビジョン」がそれぞれ違う中、
      短期デイトレについては
      どうしても「回転数」を意識しますので
      理想とおりには行かないですね。

      それでも同じ利益額であれば
      やはり回数は少なく済ませたいのが本音ですよ。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画拝見しております。
    天才チャートに適したお勧め検証ソフトツールなどございますでしょうか??
    デモ口座で練習はしているものの週末練習としてなにか先生の天才チャートの機能を検証できるものが欲しいと考えております。先生の天才チャートは15分上位足や1時間上位足が非常に重要なのでその機能をしっかり役割と果してくれる検証ソフトがあればやってみたいのですがどれが良いかわからずご連絡しましました。

    • hiroken090様
      コメントありがとうございます。

      >天才チャートに適したお勧め検証ソフトツールなどございますでしょうか??

      ↑こちらですが、
      僕のやり方は複数通貨ペアの動きを「同時」に見るやり方ですので
      現状僕が知る限り、それが出来るものはないですね^^;;

      この先、そのようなモノが出て来るか、
      あるいはヨン様が作ってくれるか、などしたら
      ブログやYouTubeなどでご紹介しますね。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんばんは。

    書籍のP.172でA~Dの人がいると書いてますがAとBの人に共通するところはどのようなものでしょうか。
    お忙しいところ恐縮ですが、お答えしていただくと幸いです。

    • Tさま
      コメントありがとうございます。

      >AとBの人に共通するところはどのようなものでしょうか。

      ↑最初からそうかは別として、
      「負けることもある」という事実を
      受け止め、そして対応できる人かなと思います。

      トレードの世界では
      プライドの高い人はどうしても苦労します。

      「この俺が負けるなんて・・・」
      みたいな感情が損切りや撤退を出来なくするのではないかなと。
      ちなみに僕も昔はそうでしたけど(苦笑)

      よくよく考えると
      人生なんて結構負けも多いものですよね?
      それを観てみない振り出来ることがほとんどなだけで。

      けど「相場」はそれを絶対に許してはくれません。

      そこを理解し、
      負けることを上手に許容することで
      「トータルで勝つ組み立て」が出来るようになる、
      僕はそのように思っています。

  • 事務局の皆様へ

     提案です。
    このコメントを書籍(第2弾)にされませんか?

     毎回、師匠に丁寧なコメントを付けて頂いております。
    コメントに対する回答は読んでいますが、過去のブログの中には回答を読みそこねたものもあると認識しています。

     師匠も動画の中で仰っていますが、これ宝の山ですよね。
    一度、過去分も含めて再編集し、ぜひ書籍にして頂けたらと思います。
    (金持ち父さんシリーズにも、そんなものがありましたよ)
    自分のコメントが採用されたら、真っ先に購入しますね。^^;

    /白髭爺さん@シンガポールへ行くぞぉ after Corona

    • 白髭爺さん様
      コメントありがとうございます。

      このあとにももう一件メッセージがあるようですので
      詳しくはそちらにて失礼いたします^^

    • スタッフの皆様へ

       分類の例としては、
      ● コツコツ・ドカンへの対処法
      ● 損切が出来ない人へのアドバイス
      ● ロットが上げられない時は
      ● どこでエントリーすればいいか分からない人へ
      ● 時間帯を意識し始める場合
      などなど

      番外編
      ● シンガポールへ移住する人へのメッセージ

       これまでのネタを統廃合して編集すればいいので、師匠への負荷は初版本より少なくて済むと思います。
      (スタッフさんは大変でしょうけど)
      ぜひ、ご検討ください。

       ご質問等がございましたら、メールでお問い合わせください。

      /白髭爺さん@本を書いたことがあるので、出版の大変さは分かっています

    • 白髭爺さん様
      コメントありがとうございます。

      今回のご提案につきましては
      運営事務局のほうにも伝えさせていただきました。

      僕はほとんどのことを事務局に任せっきりなため、
      実現可能性などについては正直なんとも言えません。

      良きご提案であるのは間違いなく、
      まずは僕の方からで恐縮ですが深く御礼申し上げます。

      本当にありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは、いつも勉強になる動画をありがとうございます。また質問させてください。今日の動画で、GBPUSDで売りに入られたところなのですが、私も同じところを見ていて、はいりたかっのですが、リスクリワード合わないと思って入れませんでした。このあたりのところは、どのように考えておられたのか、お教え願えれば幸いです。よろしくお願いします。

    • mfさま
      コメントありがとうございます。

      >今日の動画で、GBPUSDで売りに入られたところ
      >リスクリワード合わないと思って入れませんでした。

      ↑相場なので絶対はありませんが
      僕自身は経験上「これは下げ!」という感覚は強かったです。
      よってリスクリワードは正直計っていなかった気がします^^;;

      なぜやったか?は
      概ね動画内で説明をしたとおりですが
      一番は「状況の変化」でした。

      東京時間である程度シンクロしていた円シリーズが
      欧州からバラけた・・・

      この時点で「ドル相関のほうが効きやすいかも?」
      というイメージがまずありまして、
      その中でもユロポンが明確に上抜けしたので
      「そんじゃポンドドルはまず下げ」という思考手順だった記憶です。

      取り急ぎですが本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    初めて送らせて頂きます。
    いつも及川先生の書籍をはじめ、動画やブログを見て学ばせて頂いています。
    楽しいです!ありがとございます!
    まだまだ始めてから半年近くですがすでに50万ほど損失、小資金で取引し、一回の利益も少なく、大きく増やせずにいます。リオンさんみたく通貨や時間帯や手法(というかどの波を取りに行くか?)を決めてやっていこうと固まってきた段階です…
    半年近くやってきて勝率がよかったのでユーロドルのみ、17:00頃~25:00までとし、狙うところもボリバンをみて(レンジの高安値をみてBOXを入れてみたりしてます)、レンジブレイクした所だけを狙って、SL約15~20pips、TP目標30~50pipsトレードしています。
    ただ一つの通貨で自分の手法だとエントリー回数も少なすぎてしまうと思い、他のドルストレートでエントリーするも失敗…ユールドルの利益を他の通貨で減らし、ユールドルの勝率まで落ちてしまう始末…ポンドやオージーで取り返そうとして倍返しをくらうこともしばしば…
    先生やリオンさんを見て、自分自身のルールとして(何かおかしいところあれば思いっきし突っ込んでほしいです…)
    ■獲れるところだけ獲る、エントリーは1日1~2回
     →だいぶ待てるようになったと思います
    ■陰でこっそり売り買いバトル見て、決着ついたら(レンジブレイク)おこぼれ頂戴
     →先生の本見て、なるほどー!
    ■ひげつけて戻るかもしれないから、ローソク足が確定するまで待つ
     →飛び乗って戻されて損切る経験を何度もしました…
    ■BOXレンジ抜けた後、次のローソク足ですぐに含み益になればできるだけ伸ばす
     次のローソク足でレンジBOXに戻され含み損になれば即切る(心で叫びながら…)
     ただしBOXレンジの上限下限がサポレジ転換していてレートが支えられていれば
     様子みて判断
    っていう感じなんですが、小ロットすぎるのか、勝率をもっとあげなければならないのか、チキン利食いすぎてもっとpipsのばさなければならないのか(利確がほんとに難しいです…わからない…)、手法というかやること(取りたい波)は決まっているのになかなか資金を増やせず迷路に迷いそうになってます(T_T)
    ただ「余計な事(他の通貨に手を出したり損切ってすぐ取り返そうとする)するな」ってことだけ守れば良いんだろうか?と…。
    色々あって…早く稼ぎたいと思い小資金なのにロット上げすぎて含み損金額&維持率見て手に汗握ることも多いし、負けた時のメンタルの立て直し?が課題です(T_T)
    また先生やリオンさんの動画見直して、メンタル保とうと思います。
    新しい動画また楽しみにしてます!よろしくおねがいします!

    • お返事頂けてすごくうれしいです!お忙しい中、ありがとうございます!
      及川先生に自分の取り組みを見てもらってそうおっしゃって頂けて
      まちがってないんだ…と自信になりました!
      レンジブレイク(エクスパンション)したと思ってルール通りエントリーしても
      戻されて負けた時のイメージが蘇ってしまって。
      10pipsちょっとくらいですぐ利食ってしまうことがとても多いです。
      戻されて損するよりかは良かったんだ、と思ったりもするんですけど…
      売り買いバトルの勝敗がついて伸びていくはずの方へ便乗しているのだし、
      レンジを抜けたのだからトレンド発生ととらえて
      利確目標の30~50pipsまで「待つ」ことができればよいのですが、
      実際利食ってからさらに伸びて後悔することも多く。

      15分足でエントリーしているんですが、エントリー後チャートを見続けていると
      それこそ「あ~…逆行った…」「ちょっと利益出てる!戻されたらどうしよう…」と感情に振り回されて15分ローソク足1本2本ですぐ決済してしまって
      うまくいかないことがとにかく多かったんです。
      エントリー後、SL・TPおいて1時間~2時間は放置してみようかな…
      初心者の自分に丁寧にお話してくださって本当にありがとうございます!
      良い報告ができるようにがんばろうとおもいます!

    • cookieさま
      コメントありがとうございます。

      >エントリー後、SL・TPおいて1時間~2時間は放置してみようかな…

      ↑デモ口座を使って
      放置してみた結果を確認したいところですね。

      それで成績が良くないならば
      エントリールールの調整や、
      エントリールールの要素(フィルター)追加などで
      一気に成績が向上したりする可能性も考慮したいです。

      同じチャート形状であっても
      人によって「見え方」が違ったりするもので、
      そのあたりも確認したいなぁと思いました。

      とにもかくにも
      「まだまだこれから」のはずですよね^^

      ご健闘をお祈りいたします。

    • cookieさま
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      ご自身のルールについては
      特にツッコみどころもない印象です。

      が、、、
      それにしては「チキン利食い」というフレーズが登場したり、
      少々矛盾は感じましたね(汗)

      観ている箇所や取り組み方については
      問題ないというか、むしろ良い感じに見えますけど。。。

      あとはなんていうか「ビジョン」というか
      スタイルの部分なのかも知れませんね。

      ここでのスタイルとは
      例えば「状況を見て決済タイミングを変える」などです。

      これをやるときの注意点は
      「利食いばかりが浅くなる」という部分です。

      もしそうであれば、
      当面リミットとストップは原則動かさないで
      あとは僕がよくやっている「時間区切り」での決済のみ、
      それ以外は放置、などでどのような成績になるか?

      ここを目先デモ口座で試してみる、
      なども一考かも知れません。

      >余計な事(他の通貨に手を出したり損切ってすぐ取り返そうとする)するな

      ↑ここですが、
      僕も取り返しトレードはするわけですけど、
      損切り直後からですと、どうしても不利になりやすいでしょうね。

      なぜなら乗り換え先がある程度伸びたあとのことが多いでしょうから。

      ここは本来であれば
      「乗り換え(損切り)タイミングを早める」ことが出来ると良いのですが
      なかなかそうもいかないはずです。

      で、あれば「遅くする」しかないです。

      つまり、損切り直後のエントリーは禁止とし、
      その時点で伸びたやつの戻しまで待つ・・・

      要するにこれって「普段通り」って話になるわけです。

      普段通りをもう一度やる、
      その場面が来ないなら諦める。

      取り返しトレードをやる僕が言っても
      説得力は低いかも知れませんが、
      僕の場合「ここぞ!」は一気にロットの圧をかけたりなど
      そこは正直キャリアもありましてね(苦笑)

      すぐに真似するのもオススメしにくいので
      どうしても上述のような話になるんです。

      取り急ぎ本件は以上ですが
      不足があったら再度ご連絡をください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもブログと動画を楽しみにしています。
    デイトレ大百科とガチ速FXで勉強させて頂いています、ジョナです、三回目の質問コメントさせて下さい。

    前回投稿から、増えたり減ったりを繰り返しながら、資金1万円が2万円に増えたので、資金を10万円にしロットを10倍に上げて毎日相場と向き合っています。

    本日(7/13)にYoutubeでアップされたトレードについて質問させて下さい。
    同じ時間の16時にチャート監視しており、ユーロとポンドに注目していました。
    東京時間の日経225の上げ、欧州系通貨とオージーの上げからリスクオンと見て、
    ユーロとポンドの目線は上方向の見立てで深く押したら買いで入ればいいのかなぁと考えていました。

    16:10の足でポンドルは鉄板のショートエントリーの形ともいえる1時間足割れとなっており、ユーロの買いかポンドの売りか迷いましたが、
    上記見立てもありユロポンの強い側のユーロドルを1時間足タッチからロングしました。16:25の足でユーロドルも1時間足割れで間違いに気づき損切り、ポンドルのドテンに切り替えました。

    以上が私の一連のトレードでしたが、及川先生は16:10の足でポンドルの下げを的確に判断され、上げても直近高値付近までは売り向かうとの考えでエントリーされていました。
    この日の東京時間はリスクオンの環境だったのに、ポンドルは直近高値付近まで踏まれても売りで大丈夫じゃないかとどのように判断できていたのでしょうか。

    直近高値がかなり強い抵抗となりそうな水平線だからでしょうか?
    ポンドルの16:05の大陰線や16:10の足が上ヒゲで戻ってきたりのプライスアクションからショートと判断できたのでしょうか?

    お忙しい所、いつもご丁寧に質問にお答え頂き恐縮ですがヒントを頂けたら嬉しいです。

    • ジョナさま
      コメントありがとうございます。

      >本日(7/13)にYoutubeでアップされたトレードについて

      ↑動画の中でも申し上げていますが
      冒頭シーンのような状況ではエントリーがしにくく、
      「あらたな動きが出る」のを期待しているタイプなんです。

      で、円シリーズが揃って上げていた中、
      アレは「東京時間での出来事」だとした際、
      ポンドが崩れた時点で
      「ここからはドル相関のほうが効くかも?」というイメージを持ちました。

      で、あるならばその時点でユーロドルのロングはなくなりますよね。
      まずはこんな感じでした。

      それ以外につきましては、
      僕はあのような流れからポンドがダラダラと大きく崩れるシーンを
      何度も見て来たと、という「経験」の部分も正直あったと思います。

      >上げても直近高値付近までは売り向かうとの考えでエントリー

      ↑動画ではあぁ言ってはいますが、
      実際に高値を目指してしまった場合は
      どうしたか分からなかったと思います(笑)

      イメージ的には
      「それくらい下げに自信あり」ゆえの発言かと今は思います。
      ※動画でつい「ええかっこ」した可能性はそこそこ高いです(苦笑)

      僕が一番あり得ると思っていた展開としては

      ・時間経過により黄緑線が降りて1時間足MAとデッドクロス

      これでして、
      それに近い段階で追加(つまりナンピン)を出来れば良いと。

      最初のエントリーは
      あくまで「そのまま落ちてしまったとき用」のつもりでしたので
      そこはお伝えしておかないとですね。

      本件についてはこんな感じです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも動画を楽しみにしています。
    私は株をメインに取引していますが、FXにも関心があります。及川先生は昔は株をやられていたそうですが、なぜFXに転向されたんですか?

    • 株トレーダーさま
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は昔は株をやられていたそうですが、なぜFXに転向されたんですか?

      ↑元々僕は株のほうが好き、、、というか
      相対取引のFXはどちらかと言うとむしろ嫌いでした。

      ところが2006年の時点で僕は株デイトレで資金を全損しまして、
      これが41歳、人生6度目の無一文転落だった次第です。

      本来ならそもそも相場に復帰すべきではない中、
      とあるきっかけでFXを検証する機会がありまして、
      当時(2007年)は正直、いまよりもはるかに分かりやすい相場だったこともあり、
      最初からトントンと勝てたのもFXに定着出来た要因だと思います。

      このあたりのことは、
      当ブログ上部のタブ「トレードブログ→無一文物語」でもお話していますので
      もしお時間があったらご覧になってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です、

    またまた質問をさせていただきたいのですが、及川先生はポジションを保有中にユロポンの強弱が変わってしまった時、どのように対処をされているのでしょうか。
    ちなみに、ポン円ユーロ円などの片方しか持っていない時です。

    • すー様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生はポジションを保有中にユロポンの強弱が変わってしまった時、どのように対処をされているのでしょうか。

      ↑うーむ、意外に難しいご質問ですね。
      凄くシンプルに言えば「間違った!」と言いつつ
      損切りからの乗り換えだと思います。

      僕は最初のエントリーで負けから入ることは
      常に想定していまして、
      「その次」のトレードまでをなるべく想定しているつもりなんです。

      で、「1勝1敗でトータルプラス」になるよう
      ロットの入れ具合も調整しているつもりです。

      間違えたと思ったら損切り。
      ここの判断が早すぎると振り回されるので
      兼ね合いは必要ですが、やはり基本はここだと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、このブログ内で一度投稿したことがあるのですが、またアドバイスをください。
    当日収支をプラスにすることを今は目標にしています。しかし、最近は自分のミスや予想だにしない動きで連敗しています。始めたばっかのペーペーが負けるのは理解していても、やはり精神的にくるものがあります。
    自分は及川先生の動画やブログ、ガチ速などを見ているのですが、上達しているのか不安になります。
    及川先生は始めた頃は、どのようなトレーニングをしていましたか?
    自分の負けトレードを振り返ってみるとNY時間が結構あったので、その時間帯は観察だけしていようと思います。

    • まるまるもりもり様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は始めた頃は、どのようなトレーニングをしていましたか?

      ↑僕がFXを始めて以降、いまだにずっと継続しているのが
      「仮説→検証」です。

      こういう動きになったあとはこうなることが多い気がする。。。
      そういうネタ(?)が見つかった時点で過去や進行形チャートを含め、
      その優位性の高さを検証しています。

      また、時間帯や通貨相関など
      個別チャート以外の要件を加味したらさらに成功率が高いのでは?などの確認も
      当然しています。

      さらには、自分がトレードをした通貨ペアの
      「その後」も必ず確認します。

      ここについては
      「手堅く利食って正解だったか?」
      「もっと引っ張っても良かったか?」などはもちろん
      「損切り後、ドテンしていたらどうなったか?」なども確認します。

      これらの作業はすべて
      「次回以降のトレードに活かす」ことを目的としています。

      なぜならせっかく現場で動いているチャートを観た経験を
      次回以降に活かさないとあまりにも「もったいない」からです。

      結論的には
      なるべく多くのことを「想定内」に出来ることを目指す。

      極論、すべてのことを想定内に出来れば最高で、
      つまり究極として「想定外」をなくしたいわけです。

      もちろん完璧には出来ませんが
      なるべくそれに近い状態にはしたいと思っています。

      ですので僕は今現在に至っても
      「今日より明日、もっとトレードが上手になりたい」
      「今日より明日、もっと相場の理解を深めたい」
      こういう考えで今日を過ごしています。

      >自分の負けトレードを振り返ってみるとNY時間が結構あったので、その時間帯は観察だけしていようと思います。

      ↑ここは良い心掛けだと思います。
      僕もNY時間は決して得意ではありませんし、
      正直、他の時間帯より難易度も高いイメージを持っているんですよね。

      ただし、
      毎日観察を出来るのであれば
      それこそ様々な「仮説」も立てられるはずです。

      せっかく見ている相場ですので
      そのすべてを「経験の蓄積」となるよう
      意識なさって欲しいなと思います。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、TRIBEではお世話になりました。
    こちらへのコメントは初めてです。

    TRIBEでは勝率の高い様々な手法を教えて頂き、全て実践しました。
    色々試した結果、自分の中で勝率が高いものに絞って練習をしています。
    ただ絶対はありませんので、しっかり待てなかったり、
    その場その場の「値動き」に対応が出来ないと痛い目に合います。

    今日質問したいのは、「値動き」についてです。
    手法はたくさんありますが、そのチャートパターンに合致していても
    その時の「値動き」を見て、
    エントリーをやめておこうとか早めに利食っておこうとか、
    やばそうなので損切りしておこうとか
    タイミングを図ったりしているのかと思います。

    師匠も動画でよくおっしゃっていますが、
    終わったチャートで解説しても移動平均線がリペイントされたり、
    実際の「値動き」が見れないので、動画でやんないと伝わらない事があるんですよね?

    「値動き」を見て、
    なんか変だからこの辺で利食っとこうとか、
    なんか変だから入るのやめておこうとか、
    ん?上がるな?と感じてロングエントリーしたり、
    相関性やチャートパターンに加えて、「値動き」という要素も加味して判断されているのかなーと思っています。

    この「値動き」に全トレーダーの心理状態が表れていると思いますので、
    これが読めるようになるとかなり損を少なく、利を多く出来るんだろうなと
    思っています。
    この「値動き」が分かるようになるのにどれくらいの期間が必要と思われますでしょうか?
    また習得方法でいい方法があれば教えて頂けますでしょうか?

    時間帯の特徴や通貨ペアの特徴もきっとあると思うのでそんな短期間に習得は出来ないシロモノとは思っていますが。。。

    • KSさま
      初コメントとのことでありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加にもあらためて御礼申し上げます。

      >「値動き」が分かるようになるのにどれくらいの期間が必要と思われますでしょうか?
      また習得方法でいい方法があれば教えて頂けますでしょうか?

      ↑「期間」についてはなんともお答えがしにくいのが正直なところです。
      そもそも僕自身、今もって読み切れているわけでもありませんので。

      いくつかお話出来る点としましては、
      何と言ってもまずは「時間帯を絞ること」かなと。

      東京、欧州、NYと、
      それぞれ動き方は若干違うように思いますので。

      それと「相性」も案外重要かなと思うんです。
      自分にとって分かりやすい、とか
      自分にとっては分かりにくいなど、
      そういうのも凄くあるのではないでしょうかね。

      なぜこんなことを言うのかと申しますと、
      僕は相場を「人」のように見ているからなんです。

      その人のクセや機嫌など、
      自分の感性との波長が合う相手であれば
      それらを掴むのも案外早いような気もしますね。

      ですので話が前後しますが
      やはりまずは「自分と相性の良い相手」を見つけることこそが
      一番の早道ではないかと思う次第です。

      ここには「時間帯」や「通貨ペア」の絞り込みも当然含みます。

      繰り返しで恐縮ですが
      相場を「人」だと思いつつ、
      相性の良い相手を見つける作業と並行すると良い気がします。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。いつも動画で勉強させていただいています。
    今回は損切りできない人への呪文がめちゃくちゃ響きまして、コメント書かせていただきました。
    今現在、損切り出来なくて塩漬けしてしまっているポジがあります。元本はまだ割っていないので切ろうと思いつつ、タイミングを見ていいところで切ろうと延ばし延ばしに(汗)
    まさに動画やコメントで話されていた状況によって、今の現状になっており本当に耳が痛かったです。本当にずっと調子が良くて損切り出来ない体質を作っていました。
    明日、朝一で全てを切ります。
    そして、また一からやり直します。

    • ビリー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >損切りできない人への呪文がめちゃくちゃ響きまして、コメント書かせていただきました。

      ↑それはご丁寧にありがとうございますm(_ _)m

      >今現在、損切り出来なくて塩漬けしてしまっているポジがあります。
      >ずっと調子が良くて損切り出来ない体質を作っていました。

      ↑塩漬けのポジションの切頃は難しいですよね
      僕も迂闊にはコメントしにくいです(汗)

      今回の損切りが吉と出るか凶と出るかは僕では分かりませんが、
      とにもかくにも
      「塩漬けになる状況の排除」こそに繋がる機会となることを願うばかりです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様 
    初めてブログに投稿させて頂きます。
    まだ先生と呼ばせて頂く段階でもないため「様」としました。
    私は還暦間近で、FXを10年以上続けている普通のサラリーマンです。
    ご察しの通り、未だ損失を出し続けて、このままだと還暦に至る頃には1,000万円の大台に乗りそうな勢いです。過去を振り返る事が怖くて、夢だけを追い求めて歩んできましたが、最近この辺が限界かと感じ、コロナ禍の影響もあって深く落ち込んでおりました。
    負ける事が習慣化し、精神的にも言いようのない不安と戦い続け、誰に相談できるわけでもなく、とても辛い日々を送っていました。
    最初に及川様の存在を知ったのは、いつものように書店に赴き何気に手に取った「ガチ速FX」でした。
    過去数百冊に及び購入したFX関連書籍と同様、手に取った時には「どうせ駄目だろうけど、一応読んでみよう。何か見つかるかも知れない…」程度の感覚でした。
    読み終えた後も、特段何かを発見した等の感覚もなく、こんな人もいるんだな…程度でした。でもMT4を駆使した手法であった事から、一応ライン登録でもしてみるか…程度の気持ちで登録だけ済ませました。その後、幾度か送られてくる新着のメッセージにも気が向かず視聴しようとする意欲さえもありませんでした。
    仕事から帰宅後の日課は、相変わらずの負けトレード、合間に適当にYoutubeを閲覧する事でした。
    ある日の事、何気に見ていたトレード関係の動画の中に及川様の「天才チャート」なるものを見つけました。最初は、長年の間に疑心暗鬼になっている私の眼には、及川様の存在が、「派手目な成り上がりのトレーダーさん」にしか映りませんでした。人生の成功者に対して大変失礼な言葉だと思いますがお許しください。
    興味本位で何本か視聴するうちに、及川式と呼ばれるトレード手法ではなく、及川様の人間性、気質、考え方に惹かれ、「天才チャート戦略」、「デイトレ大百科」の購入に至りました。
    購入後、約1ヵ月…トレードは相変わらず勝ったり負けたりしながら、たまにドカンと資金を減らしてしまうといった今まで同様の結果ですが、日々、天才チャートの基礎講座、デイトレ大百科を見ながら自分なりのマニュアルを作っています。とにかく今は、何とかして、どんなにダサい泥仕合でもいいから勝ちたい思いの一心で頑張りぬく決意です。
    自分の日々のスケジュールからすれば、落ち着いてPCに迎える時間は22:00~25:00の約3時間です。
    ロンドン市場とニューヨーク市場でのトレードになりますが、天才チャートで説明されている10種類の通貨ペアから相関・逆相関関係を瞬時に判断し、複数の通貨ペアでポジションを持つ手法は、正直今の私にはハードルが高過ぎます。それならば、例えば10種類の通貨ペアの中から一つを選ぶという選択方法でも良いのでしょうか。今まで、ずっと一つの通貨ペアでしかポジションを持った経験がありません。ちなみに、現在の私のFX口座にある資金は約60万円で、及川式で10pips程度の損切りを確実に実行できたと仮定して、最大でもトレード枚数は10枚程度です。本来は、2枚くらいで複数回に分けて、或いは2枚で5通貨ペアでポジションを持つ感じが理想なのかもしれませんが、正直、今の私にはその判断ができません。できる事なら及川様の指導を仰ぎたいと思っております。激務の中、底辺の私の質問に目を通して頂ける時間が少しでもあれば幸いです。

    • kazushi様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      なんだかんだと書籍も大百科もご購入くださっているようで
      本当にありがとうございますm(_ _)m

      >落ち着いてPCに迎える時間は22:00~25:00の約3時間
      >例えば10種類の通貨ペアの中から一つを選ぶという選択方法でも良いのでしょうか。

      ↑得意な時間帯や銘柄を絞り込むことはむしろ重要ですので
      もちろん問題ないと思います。

      実際に扱うのは1つ、
      ただし、エントリー後の状況確認のために
      他の通貨ペアを確認しつつ、、、みたいに出来ると良いかなとは思いますね。

      例えば「ポンド円一本」に絞るとして
      ドル円とポンドドルの強弱からそのポジションを引っ張るか
      無難に逃げておくかなど。。。

      これだけでも結構な「メリハリ」がつけられると思いますので
      徐々にでもチャレンジなさっていただけると良いかなと思いました。

      >最大でもトレード枚数は10枚程度
      >本来は、2枚くらいで複数回に分けて、或いは2枚で5通貨ペアでポジションを持つ感じが理想なのかもしれません

      ↑いや、ひとつの通貨ペアに全ポジションをつぎ込むなら
      それも全然アリだと思いますよ。

      ただし常に全部入れる必要はなく、
      クルマやバイクで言うところの「予備タンク」みたいな感じで
      「ここを逆抜けしたら損切」という位置で最後に投入などの工夫をしつつ
      使うときは使う、くらいが良いのではないでしょうか。

      コツは「最後に入れた分は負けたとしても知れた損失」のときに入れることです。
      つまり、損切りするかしないかギリギリの位置で入れると。

      デイトレで結構多いのは、
      含み損は減ったけどチャラまでは戻さない、ってパターンです。

      上述の追加によって、
      このパターンをプラス逃げ出来る機会はかなり増えますので
      いきなり実戦で試すかはさておき、
      「やったつもり」などで確認なさってみてください。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも動画を拝見させて頂いてます。
    TRIBEではお世話になりました。

    最近では自分の形というものが出来てきて勝率も安定してきているのですが、どうも途中でリズムが崩れてしまうときがあり資金が振り出しに戻ってしまうことがあります。
    いわゆるコツコツドカンかなとも思ったのですがそうではなく、そういう日は何をしても逆にいかれ、早め早めに損切りで損が積み重なって、それまでの利益を飛ばしてしまいます。おそらく損切り貧乏というものになってしまっているのだと思います。
    この損切り貧乏から抜け出すにはどのような対策をしたらよいと思われますか?
    どうか私にご教授ください。よろしくお願いします。

    • そーめん様
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加につきましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >何をしても逆にいかれ、早め早めに損切りで損が積み重なって
      >損切り貧乏から抜け出すにはどのような対策をしたらよいと思われますか?

      ↑なるほどですね。
      ただしこれ、僕からしたら対策はかなりシンプルです。

      やるべきことは
      「水平線管理」へと当面すべてを切り替えすることですね。

      例えばMA基準でやっている場面も
      「MA+水平線の合致する場面」しかやらない。

      あとは前回高安値など
      「ここを逆抜けしたら損切り」という位置からの逆張りのみに統一するなどです。

      ちなみに後者は逆張りと言っていますが、
      上位足がすべてエントリー方向であれば
      ある意味順張りでして、
      そういう場面に特化できると良いはずです。

      おそらくですが、
      「どっちに伸びてもおかしくないと感じてしまうところをやっている」
      と想像します。

      外野から観たら
      「いや、まだこの時点で損切りする必要ないのでは?」の状況時点で
      「逆に伸びちゃうかも?」と思ってしまうわけですよね?

      であるならば
      逆抜けしたら損切りと僕などが普段言っている位置からのみ入り、
      当然その場合はナンピンもなしです。

      それ以外の対処法としましては、
      利食い幅と損切り幅をあらかじめもっとワイドに取ることも良いと思います。

      上位足の方向性は意識しないといけませんが
      逆にいうとそこを押さえているのであれば
      一定の含み損は最初から許容する必要があります。

      特に上位足の方向性が整っている場合、
      「そう簡単にはトレンド転換はしにくい」わけで、
      本来は耐えて良いわけです。

      で、
      1.耐えて良い状況の・・・
      2.逆抜けしたら損切りの位置

      少なくとも「2」になるべく接近したところから入るように心がけ、
      「2」を本当に逆抜けするまでは損切りはしない!
      このように統一されると良いのではないでしょうか?

      トレーダーは
      「損切りが怖い」のではなく、
      「切るべきところで切れないことが怖い」
      このように考えるべきで、

      その後、
      「切る必要がないところでは切らない」を
      セットで考えるようにすることが重要かなと思いました。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、youtubeにブログ、Twitterと師匠の追っかけをしております。動画は勿論、毎度参考になる情報やコメント、誠にありがとうございます。

    TRIBEが終わりましたが、引き続き膨大な資料や講義を見直しており、及川式5分足で安定して成績が残せるようになりました。教えていただいた通貨の揃い、時間帯と相場心理(反対ポジションの気持ち)への意識が体に染みついてきたのが成績が安定した理由だと思っています。改めて感謝致します。

    とは言うもののまだまだ初心者の域は出ておらず日々腕を磨くため勉強と実践を繰り返しております。そんな中、師匠がTRIBEの講義で「しこり玉は株用語」とおっしゃっていたことから、FXデイトレードを磨くため株デイトレードの勉強も始めました。しこり玉など心理面で似ていると思える半面、多数の個別銘柄や板の考え方など現物相場特有の特徴もある気がします。

    そこでかつて株デイトレーダーであった師匠に以下についてご意見をお伺いしたいと思います。

    1. 株デイトレードとFXデイトレードの類似点・相違点
    2. 株デイトレードの手法や考え方はFXデイトレードに活かせるか。活かせるならどんな点か
    3. FXデイトレード(及川式5分足)を磨くために勉強したり磨いたりしたら良い他の分野は(株以外で)

    面倒な質問で大変恐縮ですが、どんなご意見でも構いませんので、よろしくお願い致します。

    追伸:この質問をするため改めてブログのコメント欄を見てみましたが、どんな質問に対しても丁寧に且つ相当分量の回答を書かれている及川師匠に改めて感服しました。自分ももっと腕をあげて少しでも夢を目指す仲間の役に立てるようになりたいと思いました。ありがとうございます。

    • 及川師匠

      心のこもったご回答をいただきありがとうございます。FXと株の類似点として人が集まってくるところ・時間帯はテクニカルが効きやすいこと、相違点としての前日比●●高・安が株でより意識されること、大変参考になります。

      アドバイスをいただき、やはりFXトレードそのものをもっともっと磨くべきと思いました。遠大なる師匠を目指し精進したいと決意を新たにしました。本日(2020年7月20日)の動画も大変勉強になりました。引退など考えず(笑)引き続きよろしくお願い致します。

    • とげぬきトレーダー様
      いつもコメントありがとうございます。

      早速ですが・・・

      >1. 株デイトレードとFXデイトレードの類似点・相違点

      ↑類似点は「参加者の心理」が一番に思い浮かびます。
      相場参加者って「現状ノーポジ」の人も含まれると思っていまして
      それらの人が「お!おっぱじまるか?」みたいな展開を待っているイメージはありますね。

      ゆえに抜け後の押し目や戻し目には
      待ってましたで入ってくる人が多い、みたいな。

      相違点につきましては
      株の場合「板読み」の概念も結構あるイメージです。

      例えば売り買いの注文数が薄めの板状況に対し、
      突如大きな買い板が出現した時点で
      「お!大口来たか!」みたいになることもしばしば。
      もっともこれ、不発だったりすることも多いですけど(苦笑)

      また「前日終値」の意識はFXよりはるかに高いイメージも持っています。
      例えば下げて始まった際、「-●●円」となっている中、
      前日終値を超える時点で「+●●円」との表示になるわけですが
      ここを超える超えないの心理的要因はFXより断然大きい気がしています。

      >2. 株デイトレードの手法や考え方はFXデイトレードに活かせるか。活かせるならどんな点か

      ↑こちらは上述の「参加者心理」かなと思います。
      ひとことで言うと「テクニカルが効きやすい、効きにくい」の話です。

      活況銘柄であれば当然出来高も多く、
      出来高の多い銘柄はテクニカルは効きやすい・・・

      僕がFXをやるうえで
      「動きやすい時間帯をやる」と言っているのは
      まさにこの部分からですので。

      >3. FXデイトレード(及川式5分足)を磨くために勉強したり磨いたりしたら良い他の分野は(株以外で)

      ↑ここは正直パッと思いつくものはないですね(汗)

      僕からしますと
      FXこそが異質で特殊な投資種目だと思っていますので^^;;

      >自分ももっと腕をあげて少しでも夢を目指す仲間の役に立てるようになりたいと思いました。

      ↑ぜひそうあっていただきたいと願っております。
      僕をとっとと引退させていただく意味でも、です(笑)

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    初めてコメントさせていただきます。
    今年3月にデイトレ大百科を購入しいつもyoutube動画も拝見しております。いつも貴重なトレード動画ありがとうございます。

    私は投機において過去様々な失敗をしている典型的な負け組です…
    スイスフランショックで追証を食らいFXを離れ、仮想通貨バブルで出川組と呼ばれる頃にアルトコインを購入し塩漬けしていまい、日本株を始めても買った銘柄は暴落、FX自動売買も破綻、コロナショックでも暴落したドル円と株で自分的には多額の損失を出してしまいました。
    もう自分には投資や投機は向いていない、全てやめようとしましたが、「ここでやめたらこれまでの失敗も無駄になる。もう一度真剣に取り組んでみよう」と自分を奮い立たせて対象をFXに絞り、もう一度一から勉強することにしました。そんな折、デイトレ大百科と出会いました。

    及川様の相場観にはいつも脱帽しています。。数々のYOUTUBE動画を拝見していますが、この相場観が及川様の最強の武器であるとの印象です。そして泣き言のようで恐縮ですが、この相場観というものが一切身に付いている自信が無く、実際トレードでも未だに負け続けています。
    自分の相場観の至らなさをフォローするためにと日足や4時間足でも環境認識をして立ち回っているつもりですがそれも空回ってしまっているのかもしれません。

    本日2020/7/16のyoutube動画も拝見しました。
    今回も「ポンド円は上側にトレンドが出る事は無いだろう」「ドル円も上に抜け切る事は無いだろう」との相場観が核となるようなトレードだと思います。

    ただ未熟な私から見ると日経も連日強いしドル円も上に伸びてくる可能性も全然あるように見えてしまい同様のトレードができなかったと思います。(実際に同じようなチャート形状でも焼かれた記憶が沢山あります…)

    上記のような相場観で見ていたのは「東京時間」「9時から始まった下落」以外の理由で何かありますか?相場観となると言葉で表現できない部分もあるかもしれませんが…初心者の質問ですみません。

    また、「踏まれても損切りやドテンはしない」と話していましたが、仮にどの辺りまで上に伸びたらさすがに損切りしていたというポイントはありますか?(4時間MA上抜け等)

    以上、恐れ入りますがご返答いただけたら幸いです。
    お体に気を付けてこれからも頑張ってください、応援しています。

    • 迷走トレーダーさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >スイスフランショックで追証を食らいFXを離れ

      ↑なんと言ってもこれが真っ先に目に入りました。
      スイスフランショックをご経験されてらっしゃる方とは・・・
      アレは凄まじいご経験だったと推察いたします。

      >2020/7/16のyoutube動画
      >「東京時間」「9時から始まった下落」以外の理由で何かありますか?

      ↑なるほどですね。

      ちょっとキチンと話をしておきたいのですが、
      僕は「絶対反転しない」と決めつけていたわけではないんです。

      僕はポジション保有中には常に
      「状況の変化の有無」を確認しながら見ています。

      あの動画のトレード中もそこは同様でして、
      「上昇に転じることはない」というよりは、
      見続けている中で「上昇に転じるような変化がなかった」が実際のところです。

      つまり「状況の変化がない→続行」という話なわけです。

      >「踏まれても損切りやドテンはしない」と話していましたが、仮にどの辺りまで上に伸びたらさすがに損切りしていたというポイントはありますか?(4時間MA上抜け等)

      ↑ここも状況が変わったか?と思ったらその時点で意見を変えていたはずです。

      具体的には途中何度か上ヒゲを連発で出しているのですが
      アレば長い陽線で確定するなどした場合は、
      いったん撤退を検討した可能性が高いです。

      あとは「時間帯残存」も意識しています。
      なんとか午前中に終えることが出来ましたが
      午後までずっとダラダラあのような状態が続いたなら
      その時点で他の状況を観つつ、考えを変えた可能性もあります。

      つまりですね、、、
      「値」だけではやっていないという話なんです。

      4時間足MAまでとにかく粘る、なんてことをしてしまった場合、
      損切額は1000万超えになったかも知れませんし、
      あの動かなさでそんな損失は許容出来ませんよね(苦笑)

      ポジション数、保有時間、動きが出やすい時間の残存時間、
      エントリー後の状況変化、

      これらを常に考えつつやっていますので
      エントリー時点で「損切する気はない」と発言したとして、
      それはあくまで「その時点」でのものでしかありません。

      デイトレーダーは極論1分前の発言も簡単に翻しますので
      そこはご理解のほど、お願いしたいところですね(汗)

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 初めて投稿します。
    今年のコロナ開始からFXを始めました。昔から興味がありましたが、タイミングがなく出来ず、今回その時が来たと思いやることを決めました。
    真剣にしたく、先生の本も読み動画も全て見させていただきました。リオン先生の動画も見ました。座学に関しては一通り頭に入れた自覚があります。先生のインジケーターを入れてやってます。
    しかし、一向に勝てません。先生の教え通りリスクリワードも考え、水平線も引き、トレンドの方向も確認しながらしているのですがもう3-4ヶ月で10万無くなってしまい、助けを求めてコメントしました。
    仕事と両立したく、
    NY時間で、
    しっかりと勝つまで0.1ロット
    RRは1:1.5〜2.0
    でやってます。ですが、ノーポジで見てエントリー練習の時はほとんど勝てるのですが、いざエントリーした時は即損切り、一気に逆行といった感じで負けます。
    無理難題なことを言っている自覚もありますがどうすれば良いか分からず、自分はFXに向いていないのではと毎日悩んで体調が悪くなる時があるので、アドバイスをお願い致します。

    • 真紅・ルーデンベルク様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ノーポジで見てエントリー練習の時はほとんど勝てるのですが、いざエントリーした時は即損切り、一気に逆行といった感じで負けます。

      ↑この手のお悩みは本当に多いですね。

      人によって原因は異なるのかも知れませんが、
      そんな中で想像するのは「慎重と大胆の相違」かなと。

      トレードは金銭的なリスクを取る競技ですので
      ある意味大胆さが必要です。

      お金を損することがない状況ではこの大胆さが
      バランス良く機能し、
      お金がかかった途端にその大胆さにブレーキがかかるのかも知れませんね。

      ここの改善は慣れしかないのかなと思いますが、
      いずれにしましても現状のような状況では
      リアル口座はいったん封印された方が良いかと思います。

      一度デモ口座で試していただき、
      そこでの成績を確認する必要は強く感じました。

      「やったつもり」ではなく「実際にやってみる」でして、
      ただしそこをデモ口座で、という話です。

      あるいはデモ口座でも苦戦する可能性も少し感じていまして、
      その場合は言うまでもなく
      まずデモ口座でなら勝てる、という状況まで練習することです。

      その後、デモ口座での成績が安定的に良好であれば
      再びリアル口座に移行となりますが、
      その際はまたあらためてやりとりをしましょうかね。

      おそらくは最小ロットからやるべき、
      という話になろうかとは思いますが、
      それもこれもまずはデモ口座での成績次第だと思いますので。

      ちなみに、

      >悩んで体調が悪くなる時がある

      ↑このようなときは
      そもそも一度相場から離れることもオススメしています。

      カラダ壊してまでやるモノでは絶対にないですので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生 初めて投稿させて頂きます。
    6月からデイトレ大百科を勉強しプロコンを導入して、トレードを始めました。

    デイトレ大百科の中で、不労所得としてトルコリラをドルコスト平均法で購入(金額より下落した時のみ買い足し保有価格を現状価格に近付ける)スワップで収入を得るとのお話をされていたと思います。
    当時よりトルコリラは下落し15円台となり金利も下がりましたが、高金利は魅力だと思います。投資信託の資金をトルコリラに移そうと考えています。(下落に備えて買い足しの出来る余裕資金を準備した上でですが)

    ただ国債の格付けが下落し、エルドアン大統領の独裁政治や世界大手の三銀行へのトルコリラ取扱禁止や可能性は低いと思いますが、最悪のケースとしてデフォルトのリスクがあると感じています。

    及川先生の現在のトルコリラの投資状況やお考えを聞かせて頂けると助かります。
    また、FX業者はスワップポイントの引き出しが出来るヒロセ通商で考えていますが。お勧の業者があれば教えて頂けると幸いです。

    トレードと直接関係のない質問になり恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

    • 及川先生
      丁寧な返信ありがとうございます。
      まずはFXでしっかり勝つ事が大事だと思うので、デモ口座で頑張ってみます。今後ともよろしくお願いします。

    • 及川先生
      お忙しいところ返信ありがとうございます。トルコリラは売却されたんですね。デイトレ大百科の収録時に金融機関に勤めており、トルコリラは底値に近いとセールストークになっていましたが、その後の独裁態勢に進んでる状況で、リスクはやはり高いですね。

      自分はリーマンショックの暴落と自民党勝利のアベノミクスの上げ相場で2度退場してしまいました。
      今回はしっかり勉強して、しっかり勝ち組に入りたいと思っています。

      一方やはり不労所得の必要性も強く感じており、及川先生は仮想通貨も売却されたようですが、現在投資されてる物を教えて頂けませんでしょうか?

      スワップだと南アもトルコと同じく外貨準備の不安があり、メキシコペソは国債格付けも投資適格かなと考えています。
      もちろんアルゼンチン・エクアドル以来なかった、主要格付会社の一斉格下げの不安もありますが、高金利は魅力かなと。

      再度の質問になり恐縮ですが、よろしくお願いします。

    • 西郷どん様
      コメントありがとうございます。

      >トルコリラは売却されたんですね。

      ↑そうなんです。
      結局「FX口座」ですので
      値動きが気になって仕方ない状況になりまして、
      めんどくさくなり、利益あるうちに全処分した次第です(苦笑)

      僕は為替を長期保有するのは無理!と思い知りました^^;;

      >及川先生は仮想通貨も売却されたようですが、現在投資されてる物を教えて頂けませんでしょうか?

      ↑ビットコインだけはある程度常に保有しています。
      というか、「買う」ではなく
      FXの利益を「BTC出金」ってパターンがほとんどですが。

      上述のとおり「通貨」は気持ち的にダメなので
      今後もやる可能性はあまり高くないと思っています。

      シンガポールでは死ぬほど多くの投資案件がありまして、
      それらの中から精査した案件に投資をしています。
      ただし、証券会社など一般で購入できるものは皆無なため
      詳細はご勘弁ください。

      お役に立てず申し訳ございません。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 西郷どん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生の現在のトルコリラの投資状況やお考えを聞かせて頂けると助かります。

      ↑トルコリラについてですが、
      実は僕はあの講義からほどなく全部薄利逃げでポジションを処分してしまったんです^^;;

      それ以降、一度も買ったことがないので
      正直本件はなんとも言えません。

      世界情勢がなにかと怪しい昨今ですので
      デフォルトの可能性も考慮はしておいたほうが良いようには思いますね。

      業者に関してですが
      僕も当時はヒロセでしたが、
      今確認したら、もうそれほどのチカラは入れてない感じでしたね。

      金利だけで観たらもっと良い業者が多かったです。

      いくつか投資先を分散する中でのひとつということであれば
      何も申し上げることはありませんが、
      一極集中でやる銘柄だとするとかなりリスキーかなとの感想です。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも動画等拝見しております。
    デイトレ大百科のユーザーです。
    いつも有難うございます。

    昨日7月16日の東京市場のGBP/JPYのレンジ相場の動画ですが、私も同じところでトレードしておりました。
    そこでお聞きしたいことがあります。私もこの場面でショートしておりましたが、先生がこの場面で相場は上昇しないと確信された根拠を教えてほしいと思います。動画ではかなりの自信でおっしゃっておりましたが、私にはまだまだ上昇の不安がありました。ですので先生以上にチキン利食いをして終えましたが、その後見事に大きく下落しました。確かに上がりそうもない雰囲気はありましたが、これはあくまでも雰囲気で根拠ではありません。
    どうしてもこんな場面は確信を得られるような根拠が得られなくて、ドレード時間が長くなると気持ちがついていかず早く安心したい気持ちが上回ってしまします。
    もしよろしければご教授お願いいたします。

    • カルロス様
      コメントありがとうございます。

      >先生がこの場面で相場は上昇しないと確信された根拠を教えてほしいと思います。

      ↑他の方にもお話していますが、
      エントリー時点では「そう簡単にトレンド転換はない」と思っていましたので
      そのようにお話をしていますが、

      その後につきましては、
      「状況の変化が生じないかどうか」を常に留意して見ていました。

      つまり、長時間ずっと反転しないと思っていたわけではない、が実際のところです。

      あのトレードは僕にとっては時間がかかりすぎで、
      正直苦手な展開でした。

      そういう時、やはり「反転されないか?」は気になりますよね。
      僕も同様でしたので、そこは気にしながら見ていた次第です。

      途中何度か陽線になりかけたものが上ヒゲで戻って来る状況でしたので
      少なくとも「大きな状況の変化」ではないと僕は判断し、
      「変化なし→続行」この時間が長くかかったという流れでした。

      >確かに上がりそうもない雰囲気はありましたが、これはあくまでも雰囲気で根拠ではありません。

      ↑おっしゃるとおりだと思います。
      僕も動画がなかったらもっと早く終えていた可能性は高いです。

      あのあと外出予定もあり、
      もしなかったらいったん逃げておき、
      別場面をやり直したかも知れませんので
      そこはご理解いただけると幸いです。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、ご丁寧なお返事をいただき、有難うございました。大変恐縮しております。
    私は及川先生と同じ歳です。実は覚悟を決めて昨年末に会社を辞めて専業トレーダーを目指すことにしました。まだまだ専業でやっていける保証も何もないのですが、自分を追い込むことにしました。まだまだ体と頭が働くうちにチャレンジしたい。かなりかなり無謀ですが、諦めずにFXを続けます。そして会社勤めでは決して実現しそうもない自分の夢実現に向けて頑張ります。

  • いつも及川先生のYouTube動画を楽しみにしております。

    及川先生の考え方を学ぶようになり引き出しが増えました。
    巷の教材にはない知識が蓄えられました。

    巷の教材では同じような事しか書いていないので笑。
    そして勝てません、稼げません。
    個人投資家が生き残るためには巷の教材では物足りない気がします。

    私達個人投資家が生き残る為には努力はもちろんのこと、努力以上の何かが必要で、巷の教材を勉強しているだけでは生き残れないと考えます。
    及川先生のような発想や考え方がまさに必要なのではないかと思います。
    そのように思う今日この頃です。

    そこで、話は変わりますがリスクリワードについて及川先生のご意見をお聞かせ下さい。
    私はリスクリワードは平均2:1〜3:1です。これはエントリー前には1:1くらいかと想定してエントリーしますが、いざエントリーするとチキン利食いで終わらせるので結果2:1〜3:1くらいになっています。
    早く終わらせたいという気持ちから早めの利確をします「保有時間が長い=資金をリスクに晒す時間が長い」といった認識があるからです。

    しかし、3回の利益を1回で失うなどまさにコツコツドカンをしてしまいます。時間をかけてコツコツ利益を出し、1発でその利益を失うと「時間をかけて、精神を削りながら蓄えた利益が」と思いヤケになりハイロットでエントリーしたりガチャガチャしているうちに元本まで削ってしまいます。

    その様な状況に陥らない為に何かアドバイスや考え方をお聞かせ頂けないでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    • shunさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川先生の考え方を学ぶようになり引き出しが増えました。
      巷の教材にはない知識が蓄えられました。

      ↑そう言っていただけるのは大変光栄です。
      ありがとうございます。

      >リスクリワードは平均2:1〜3:1
      >エントリー前には1:1くらいかと想定
      >チキン利食いで終わらせるので結果2:1〜3:1くらい

      ↑僕もこのへんは他人様にことをあまり言えないんですけどね(苦笑)

      実際にやれると良いのが
      ロットや弾数の使い分けです。

      僕はイケると確信をしにくい時には弾数が少なく、
      保有後に自信を持てる展開になったら追加したりします。

      たまたま7月20日のYouTube動画もそうですが、
      損切りの2倍ポジションを入れる展開となっています。

      ただしこれ、相応の熟練度と言いますか、
      自信を持てる感覚がないと難しいですので
      そうなると利食いも損切りも「同じ条件」
      つまり、当初予定していた位置から
      なるべくズラさず決済まで持っていくしかないかも知れません。

      そうすることで戻されてしまうケースも生じるでしょうが
      当然当初イメージ通りの位置で決済できるケースも増えるはずです。

      一定期間それを統一し、
      成績が悪化するようならエントリーポイントを修正する必要がある、
      そういう手順ではないでしょうか。

      僕のやり方はスキャルピングと短期デイトレが混在していますので
      「チキン利食いでそもそもOK」という場面も少なくないんです。

      それゆえもっと引っ張って良いときも利食いが早くなるわけで、
      もしそれでトータルの成績が悪化するなら
      僕自身「どっちかに統一」する必要が生じることになります。

      ただし僕は上述のようにロットや弾数で調整が出来ている側面もあり
      そこには至っていません。

      本件については
      どっちを採用するか?ではないでしょうかね。

      ロット調整が難しいとお感じの間は
      時間帯をより重視し
      「もっと伸びて然り」の場面を今以上絞り込んだエントリーを目指す・・・

      これが当面のテーマではないか、
      そのように思いました。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは。
    日経225先物兼業デイトレーダーのジャックおじさんです。
     
    まずお聞きしたいことがありまして質問なんですが、
    エントリーを分割でナンピンしているのは
    何回か動画を見て、考え方を理解できてきました。
    初めはかなり衝撃的でしたが、
    (ピラミティングという手法なんでしょうか?)
    今年のゴールデンウイーク頃から
    及川さんのユーチューブならびにブログを
    さかのぼって見ています。

    しかし利食いは一括でされていることが
    多いと思いますが、
    なぜ分割でしないのですか?
    過去に同じ質問があればすみません。

    追伸
    及川さんとは同世代で、巨泉さんの番組は大概見てましたね。
    まあPCも携帯電話もない時代なんでね。TVが娯楽でした。

    特に11PMは親が寝静まった頃、小さい音でかぶりついて見てましたね。
    子供心に大人の世界に興味があったんでしょうね。

    及川さんも若かりし頃は凄い経験をされてますね。
    実演販売とかは今のジャパネットタカタの
    路上ライブ版ですものね。口が達者でないとできませんなあ。
    バナナのたたき売りとか映画でやってましたけどね。

    酒飲んで車乗るって言うのも時々やってましたし、
    元阪神タイガースの掛布さんは現行犯逮捕されてましたね。
    男なら車にはあこがれがあったし、ドライブが趣味でした。
    「飲む、打つ、買う、車、命」みたいな時代。

    かくいう私も8年前、個別株のデイトレで2年あまりで全財産飛ばしてしまい
    51歳で無一文になってしまって、それからは兼業でやってます。
    もう”毒を食らわば皿まで”ということです。

    今年の3月10日から日経225先物に鞍替えしまして、
    及川さんの動画を参考にさせてもらってます。
    また日経225動画もお頼み申します。

    テスラの話も凄かった、日経が40000円?の頃
    思い出しましたよ。

    • ジャックおじさん様
      コメントありがとうございます。

      >利食いは一括でされていることが
      多いと思いますが、
      なぜ分割でしないのですか?

      ↑ぶっちゃけた話
      YouTube動画やり始めてから激減しました。
      以前は分割決済も普通にやっていたのですが。

      動画の場合、
      ・早く終わって楽になりたい
      ・ややこしい展開に巻き込まれたくない

      こういう考えがどうしても優先するため、
      普段以上に利食いそのものが早まる傾向があるんです。

      >11PMは親が寝静まった頃、小さい音でかぶりついて見てましたね。
      子供心に大人の世界に興味があったんでしょうね。

      ↑僕もまったく同じでした(笑)
      実に懐かしいです。

      >実演販売とかは今のジャパネットタカタの
      路上ライブ版ですものね。口が達者でないとできませんなあ。

      ↑当時は百貨店の家庭用品売り場がメインでした。
      雨風の問題はないのですが、
      アレってマイク使っちゃうと売上下がるので
      僕の頃は全部地声だったんです。

      なので途中、ホントに声は潰れかかりましたね(汗)

      >私も8年前、個別株のデイトレで2年あまりで全財産飛ばしてしまい
      51歳で無一文になってしまって、それからは兼業でやってます。

      ↑そうでしたか^^;;
      こういうのを「仲間」とは言いにくいですけど(汗)

      >また日経225動画もお頼み申します。

      ↑個人的には225は大好きなんですが、
      調子に乗ると派手に食らう可能性があるため、
      年に数回「ここぞ」のみをやるつもりでいます。

      タイミングがあえばまた話題にすることもあるかと思いますので
      その際はお付き合いください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんわ。先日コメントした17歳のTRIBE受講生です。
    来月18歳になるのでFX業者での口座開設を考えています。そこで自分なりにいろいろとFX業者の情報を調べてみたのですが。様々な情報がありどの情報を信用してよいのかわからず、混乱しています。
    ゼロカットのある海外業者は呑み業者だから勝ち過ぎると口座凍結されてしまうと発言している人もいれば、国内業者こそ呑み行為をしていて追証もあり危険と発信している人もおりもう何が何だか,,,。
    金融庁の許可もあるので国内業者が安全かといえば追証などがあったり、注文が滑ったりなど危険な点もあります。ポジションの持ち越しはせず指標時もトレードはしないので、追証の可能性はほぼないですが何があるかはわからないというのが現実です。
    海外FXはレバレッジが効くので資金の5分の1ぐらいを入金してハイレバレッジでトレードするなどリスク管理もしっかり行いますが、それでも出金拒否や口座凍結はつらい。海外業者をお勧めしている記事もアフィリエイト目的で過度にお勧めしすぎていることもありそうですし。これは業者や記事にもよりますよね?
    しかし不思議なのは日本では金融庁の管理もあって安全という国内業者もシンガポールなどからしたら日本の金融庁もFX業者も海外FX業者ですよね?海外のトレーダーはどこの証券口座で取引しているのでしょうか?そしてどのようにとらえているのでしょうか?シンガポールで知り合った方などから聞いたことも教えていただけませんか?そもそも海外トレーダーは基本的な常識が違うのでしょうか?
    投資にリスクはつきものなのは承知していますが避けられるリスクは避けたいと思っています。自分で調べて結論が出なかったので及川先生の知っている限りで構わないのでFX業者の情報と助言をいただけませんか?
    一番の理想はスキャルピングが可能でインターバンク市場にしっかり注文を流しており口座凍結や出金拒否のないゼロカットをしている口座ですが。

    • ジラージラール様
      コメントありがとうございます。

      >17歳のTRIBE受講生

      ↑何度聞いても凄いです(笑)
      あ、TRIBEへのご参加へは感謝しかありませんので^^

      >ゼロカットのある海外業者は呑み業者だから勝ち過ぎると口座凍結されてしまう
      >国内業者こそ呑み行為をしていて追証もあり危険と発信している人もおり

      ↑確かに両方の記事がありますよね。
      というか、どっちにしても「危険を煽る」ばかりで、
      おそらくそうするほうがアクセスが集めやすいのかも知れません。
      そうなるとマスコミと考え方は同じですよね(苦笑)

      参考までに僕は現在使っている業者から
      毎月少ないときでも数千万円は出金しています。
      ※一番多い月は9000万円でした。

      毎月毎月出しても凍結はされてませんので
      僕からしますとこれこそが「事実」です。

      昔はお金を集めるだけ集めてドロンする業者もいましたので
      その名残があるのかも知れませんね。

      >シンガポールで知り合った方などから聞いたことも教えていただけませんか?

      ↑シンガポール在住ゆえに可能なこともありまして、
      逆にそれを日本国内で声高には言えないですね。
      言っても意味ないのと、僕は将来的には日本に戻るつもりだからです。
      (日本の中央とは基本ケンカしたくないってのがありまして)

      >一番の理想はスキャルピングが可能でインターバンク市場にしっかり注文を流しており口座凍結や出金拒否のないゼロカットをしている口座

      ↑僕の理解において、
      これらをすべて満たす業者はないですね(苦笑)

      ちなみに、、、
      これもどこまで話して良いか微妙ですが
      現在の国内業者のスプレッド、
      あれをインターバンクにしっかり全部出していたら
      とてもじゃないですがあんな薄いスプレッドは無理ですよ。
      大赤字です。

      顧客の売りと買いを社内でブツけてサバくことでこそ
      薄いスプレッドが保てるってことも知っておくと良いでしょうね。

      ここは良いか悪いかの話ではありません。

      「呑む」という言い方をすると
      業者が「ウッシッシ」みたいなイメージとなりがちですが、
      例えばMT4の仕様なども「いったん呑まざるを得ない」部分もあるようですので。

      僕だけの話をしますと、
      以前、国内業者の極薄スプレッドの魅力を優先し、
      一時国内業者に戻りかけましたが、
      けどその業者は約定がスベるスベる・・・

      1PIPSくらい平気でスベるので
      そうなるとMT4業者と大して変わらないわけです。
      で、結局は海外業者に戻った経緯があります。

      このように「どれをどう選択するか?」は
      結局自分自身で試してみないことには結論は出ないと思います。

      なぜなら優先すべき項目も
      人それぞれで異なると思うからです。

      海外業者の最大のデメリット(リスク)は
      出金関係であることは確かで、
      けど、そうであれば「必要以上の資金は常に出金」で対応すれば良く、
      国内の「追証」のほうが際限ないため、むしろおっかない、
      こういう人もいます。

      言いたいことは結構ありますが
      ネットですのでこのくらいにしておきましょう。

      オフラインでお話出来る機会がありましたら
      もっと深いところまで(笑)

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします

  • 及川先生、初めてコメントさせていただきます。

    先生の資料や動画などで日々勉強させていただきながら少額ではありますが四月からトレードを始めました。
    まず、トレードを始めるに当たってそのきっかけとトレードに対する考え方など様々な影響を私に与えてくださった及川先生と運営の方々にお礼を言わせてください。

    ありがとうございます。

    最初はポジションを持つことが楽しく、まさに「コツコツドカン」の典型のようなトレードをしていたのですが最近になってようやくポジションを持つ回数も減り(自分の中ではですが)、厳選したタイミングでロットをあげて入るようにすることで日々の収支も計算できるようになって来ました。

    そんな中でご質問あります。
    普段私は自動の損切りラインを入れていないのですが、
    自分の中で「ポジションを持つ際に明確な損切りラインを決め、実体でそこを割ったら問答無用で手動損切り」というやり方でやっています。
    自動の損切りを置かないことでヒゲ先で刈られず自分で決めた損切りラインから何度も挽回してプラ転するなどという局面も多く経験しました。

    しかし、時々全く予想もしないような逆の大きな値動き(経済指標などではなく)に巻き込まれた時、「自動の損切りラインを置かず実体で損切る」というやり方をしている分、損切りが遅れとんでもない損失を被ることがあります。

    どのような方法で解決をしたらよいでしょうか?

    アドバイスをいただけるとありがたいです。

    • Heroさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      手動で損切りをされている件、
      僕も基本そうしているのでお話はだいぶ理解できるつもりです。

      ここはご自身も書かれてらっしゃるとおり
      良い面、悪い面とありますよね。

      正直、両方の良い面だけを取り入れる方法は
      僕も持ち合わせておりません。

      もしお話後半の「不測の事態」を意識するのであれば
      僕なら逆に損切りのストップを厳格に入れておき、
      「ヒゲで切らされ、戻り直した場合」に再度同じ方向に入り直す、
      こういうやり方を採用すると思います。

      ちょうど7月20日のYouTube動画でも
      「損切り後、再度同じ方向へIN」していますが
      これに近いイメージです。

      損切り位置よりも不利な値で入るのと
      スプレッドを損するのと二重の損が生じますが、
      値が伸びやすい、動きが出やすい時間帯であれば
      充分許容できる範疇だと思います。

      このお話がどう聞こえるか?

      「いや、毎回そんな保険みたいな経費を取られたくない」のか、
      「思いもよらぬ大きな損失だけは避けたいので実行する」のか。

      そう、本件はまさに「保険」の話だと思いますね。

      どうされるかはご本人の考え方次第だと思います。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします

  • 及川先生、おかえりなさい!!
    ウナギは食べられましたか??

    いつも、動画やブログありがとうございます。
    月・木は、子供のころ、毎週楽しみにしていた、テレビ番組の日のようです。

    いくつか、質問がございます。

    ①どの手法を試しても、初めの1か月は順調に勝てます。
    しかし、それ以降は、全く勝てなくなります。
    知らず知らずの内にルールが弱くなっている事に気づき、ルール通りのトレードを徹底しているつもりなのですが、今度は、不安にかられ、無意識にルールを厳しくし過ぎて、ベストポイントでのトレードを逃し、薄利で終わることが続いています。
    及川先生ならどうされますか。

    ②一気に伸びた後、及川先生のように、直近高安に水平線を引き、戻しや押しでエントリーを心掛けているのですが、水平線を突き抜けて行くことが多いです。
    そのため、いつも中途半端な位置でポジションを持たされ、結局薄利逃げか損切で終わります。
    やはり、水平線の引き方が悪いのでしょうか。
    デイトレ大百科に水平線の引き方講座を追加して頂きたいです。笑

    お忙しいところ恐縮ですが、ご返信して頂けると幸いです。

    • アオさま
      コメントありがとうございます。

      >ウナギは食べられましたか??

      ↑いや、帰国してからはまだですね^^;;
      言われて急に食べたくなりました(笑)

      >どの手法を試しても、初めの1か月は順調に勝てます。
      >しかし、それ以降は、全く勝てなくなります。

      ↑僕にも一定のルールはありますが、
      ルールのみではやっていない部分もありまして、
      あまり本件のような悩みは持ったことがないんです。

      日々チャートを観ている中、

      ・ルール外でもやって良いパターン
      ・ルール内だけどやらないほうが良いパターン

      これらをそれぞれ感じる機会って多くないですか?
      僕はそういったモノを常に記憶に「積み上げる」ようにして
      日々過ごしています。

      よって「ひとつのルール」が効くか効かないか、
      みたいな概念はそもそもないんです。

      ルール外でもやって良いところ、
      ルール内でもやらないほうが良いところ、
      これらはまさに「宝探し」のように楽しく、

      またこれらを積み上げることで
      昨日より今日、今日より明日のトレードが上手くなる・・・
      こんな感じなんです。

      ですので
      本件のような問題に直面したあとで「どうするか?」ではなく、
      どのみち「日々精度向上」を意識して取り組みことではないかなと。

      >直近高安に水平線を引き、戻しや押しでエントリーを心掛けているのですが、水平線を突き抜けて行くことが多いです。
      >水平線の引き方が悪いのでしょうか。

      ↑ここは実際の事例を観てみないと
      なんとも言えないですね(汗)

      >デイトレ大百科に水平線の引き方講座を追加して頂きたいです。笑

      ↑YouTube動画でも水平線は引いている機会多いですよね?
      特別な引き方をしているつもりはないですので
      大体同じところに引いているのではないでしょうか?

      もし、毎回水平線が機能しないとするならば
      あるいはトレードの「タイミング」のほうに問題があるかも知れません。
      ※トレードのタイミングが早すぎる、あるいは遅すぎるなど。

      文面だけでは難しいところですが、
      例えば、

      ・動きの出やすい時間帯

      これに該当する中における「ファーストタッチ」
      なども意識なさってみて欲しいかなと想像します。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。
    FXは初めての超初心者です。
    以前は少額から出来るのかのコメントにお返事ありがとうございました。

    7/7に及川さんの無料講座から入り、そこから天才チャート大百科とガチ速FXで勉強し、まだまだ勉強中ですが只今1週間前ほどから実際にチャートを毎日見て少額ですがトレードを開始しております。

    東京時間、欧州時間メインで
    初心者なので基本的にテクニカルが効きやすいオージーテクニカルやクロス円が発生している時に入れるポイントを見つけてトレードしており、何とかFacebookの勝ち逃げ倶楽部に投稿出来てる状態です(^^)

    今回お尋ねしたいのはフィボナッチについてです。
    今色々な動画をみたり(YouTube)自分なりに勉強(ネット)してるのですが、

    及川さんのように初心者でも分かりやすく説明してくれてる方がなかなか見当たらず(説明が下手、そもそも初心者向けに作られていないが主でチンプンカンプンです)

    そしてフィボの動画は1時間などが多く5分足での引き方のコツ?みたいなものが全く見つけられず困っております。

    フィボナッチは初心者は基本的に身につける知識として認識しているのですが、及川式でフィボを引く場合どうすれば良いのか…(5分足の場合)
    そしてそもそも、及川式やリオンちゃん式にもフィボはあった方が良いのか…?

    本当に素人の質問で上手く説明出来ず申し訳ありませんが、お返事頂ければ幸いですし、フィボの動画などあげて頂ければ尚幸いです。

    穴が空くほど観ます!ヾ(`・ω´・)ゞ

    宜しければご検討下さい。

    • お忙しい中ご返信ありがとうございます。(^^)

      確かに及川師匠は使っていませんよね^^;

      少し考え方を変えて、今はあれもこれもと手法を覚えるより今の手法で確実に勝ち逃げ続ける事をまず目標にします!(^^)

      まずは1つの手法を確実に自分の中に落とし込む。
      でも通過の強弱と相関性が分かり自分のエントリーする根拠がある所で入って勝てているので、それを当分貫いてその先にまた新しい手法を取り入れて行こうと思います(^^)
      まずは徹底して勝ち逃げする事。
      無駄なポジション持たないこと。
      無駄な乱射しない事。
      きちんと根拠のある部分でエントリーする事。
      など基本的な事を中心に頑張って行きます。

      ご返信ありがとうございました(^^)

    • Etsuさま
      コメントありがとうございます。

      >確かに及川師匠は使っていませんよね^^;

      ↑以前は研究したこともありますし、
      株の時代は使ってもいたんですよ。

      けど、現在のやり方だと基準や目安が増えすぎてしまい、
      逆に混乱するので使わなくなったが実情です。

      オシレーターなどは好みや
      それこそ「相性」もあると思います。

      ご自身にとって相性が良いと感じるものであれば取り入れ、
      逆にそうでもないものは抜く、などで良いように思います^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • Etsuさま
      コメントありがとうございます。

      >東京時間、欧州時間メイン
      >テクニカルが効きやすいオージーテクニカルやクロス円が発生している時に入れるポイントを見つけてトレード

      ↑コンセプトが明確で良いと思います。
      勝ちやすい展開のみをやりきっちり勝ち切る。
      これが一番ではないかなと。

      >及川式でフィボを引く場合どうすれば良いのか…(5分足の場合)
      そしてそもそも、及川式やリオンちゃん式にもフィボはあった方が良いのか…?

      ↑すでにお気づきかとは思いますが
      僕自身はフィボナッチをほとんど使っていません。
      よって「上手な引き方」もお伝え出来ないですね(汗)

      フィボナッチがダメというわけではなく、
      僕のやり方的に「特段必要ない」が正直なところなんです。

      世の中にはフィボナッチの使い方が上手なトレーダーさんもたくさんいますので
      恐縮ながらそれらの方々を参考になさって欲しいと思います。

      お役に立てず申し訳ございません。

  • 及川さん、事務局の皆様
    いつも素敵な記事をありがとうございます!

    今回は直近動画([FX]195万円損切りしても『動きのある時間』なら取り返せる! 2020年7月20日※欧州時間トレード)での質問がありコメントさせていただきました。

    損切時に「今はドテンする場面では無い」と仰っていたと思いますが、どんな動き、形になってたらドテンするイメージだったのでしょうか?

    実際はその時のリアルの値動き次第になるとは思いますが、大まかなイメージでも構いませんのでお聞かせいただけると幸いです。

    また、損切りからの立ち回りはとても勉強になりました!僕は損切後に同じ方向で再度入り直す事を躊躇う事が多いので、損切後も常にフラット、優位性が高い方向を考えていきたい思います!

    【追伸】
    最近は本当にコメント数の多さに驚かされます!
    今後どれだけ増えていくのか…今後も楽しみにしてます!(返信される及川さんは大変だとは思いますが…)

    • おぐ@わさび好き兼業トレーダー様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >損切時に「今はドテンする場面では無い」と仰っていたと思いますが、どんな動き、形になってたらドテンするイメージだったのでしょうか?

      ↑少なくとも上位足MAを逆抜けするまで、が一点。
      あとは「時間経過」も考慮したはずです。

      結構古い動画では
      損切りから即ドテン」みたいなこともやっていたと思いますが、
      近年そのパターンはかなり減りました。

      理由としては
      トレンド転換をしたならしたで、
      その後「すんなり短時間で勝てそうな場面」ってのが
      随分あとになって出現することが多いからです。

      MAとローソク足の位置関係や形状の好転化にも
      一定の時間経過が必要ですし。

      >最近は本当にコメント数の多さに驚かされます!
      今後どれだけ増えていくのか…今後も楽しみにしてます!

      ↑大半がブログ本文とは無関係ってのも特徴ですよね(笑)

      返信作業は正直大変なんですが、
      時々素晴らしい質問も届きましてね。
      それが僕自身の勉強にもなっているんです。

      数的には限界点に近いのですが、
      なんとか引き続きがんばって行きたいと思います^^;;

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。初めて書き込みます。
    デイトレ大百科を購入し、日々勉強中です。まだまだ全然うまく勝てませんが…
    質問ですが「鉄板エントリー場面5選+1」の50:46あたりのUSDJPYの形は「微妙だからやらないかな…」とおっしゃっていましたが、どの辺が微妙と判断されているのかが分かりません。経験?勘?
    なにか判断できる根拠みたいなのってあるんでしょうか?
    もしお時間許すなら教えてください~

    • FX fukuoka Tomさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「鉄板エントリー場面5選+1」の50:46あたりのUSDJPYの形は「微妙だからやらないかな…」とおっしゃっていましたが、どの辺が微妙と判断されているのかが分かりません。

      ↑久しぶりに見直しました(笑)

      基本は「下」の判断で良さそうな場面でしたね。
      ただし、小動きの時間が続いたあとだったので
      上に伸びたら伸びたであとからチャート見た際、
      「上で然り」に見えてしまうパターンかも?
      そのような判断からだったと思います。

      数年前なのでさすがに想像ですけど(笑)

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 昨日たまたま及川様のブログ並びに動画を目にし、どちらも時間の許す限り拝見させていただきました。
    FX歴は約10年ほどになりますが、どちらかというと「感覚」でエントリーすることが多く、利益を取れることもありますが、ほぼコツコツドカンでやられて退場を繰り返していました。
    先月、私はほぼ無一文の瀬戸際まで追い込まれ手元の生活費17万円を元に2日間で110万まで増やすことが出来ました。(ちゃんと出金しましたが、その後、前述の通りで50万ほどやられました(笑))
    とはいえ、自分は明確な根拠、ファンダメンタルズやほかの通貨、チャートの動き方でエントリーばかりしており、世間のFX教科書に書かれているようないわゆる「正攻法」ではなかったため自分では「これは投資でなくギャンブルだな・・」と自分でもなにか邪道だなと思ってしまい、学ぶこともせずおりました。
    しかし、先生のブログや動画を拝見し、「自分なりのやり方」でもいいじゃないか?事実勝てている時も多々あるので、そこを分析し、もう一度一から学ぼう。と思うことが出来ました。
    利益を出した時、損失したときの心理分析を含め、今まで感覚と思っていた部分が実は理由があった事を知り、半ばあきらめていたトレードで安定した収益を出す、という事へ希望が持てるようになりました。本当にありがとうございます。
    おそらく損切を迫られるシーンでエントリー時のルールを守れるかが自分の課題ですが、少しづつでも耐性をつけ、焦らずコツコツ頑張ってみようと思います。
    これからも学ばせていただきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。
    どうしても御礼を申しあげたくコメントさせて頂きました。

    • コツコツドカンマスター様
      コメントありがとうございます。

      >今まで感覚と思っていた部分が実は理由があった

      ↑正直な話、僕もこういう部分が実に多かったです。

      僕は生意気にもトレードスクールや教材なども出してますが
      それらをやる、つまり「他人様に教えねばならぬこと」で
      初めて自分のやり方を体系的に整理整頓するようになったんです。

      さらには「もっと合理的に出来ないか?」
      「もっとルールっぽく出来ないか?」など意識から
      どんどん具体的になっていきました。

      そういう意味では
      「他人様に教える」はご自身の成長にとっても
      大変威力があると思いますので
      機会があったらぜひともチャレンジされることをオススメしたいです。

      >どうしても御礼を申しあげたくコメントさせて頂きました。

      ↑ご丁寧で
      お気遣いに溢れたメッセージを頂戴しました。
      こちらこそありがとうございます。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎回お世話になります。
    お忙しい所すいません。なるべくお手間を無くしたいのですが、周りにFXを相談できる人もいませんし、どこかに所属しているわけでもないのですいません。
    今日も相談?になります。
     前回、Youtube(最後のナンピン損切)にも紹介(あの時はお世話になりました)されて、ナンピン、損切については出来るようになりました。特に、そのあと公開された「損切できる俺ってかっこいい」回は、私にはジャストミートでした。
    おかげで大きな負けはなくなったのですが、以前、勝てません。
    まだ、初めて4か月ですが、月ベースでは勝ちきれず、連続で赤字になります。自身では大きな勝ちを経験していません。
     それでも不思議な経験をしました。NY時間でポンドルが上がっている時で確かアヤフヤですがドルも上がっていたはずでポン>ドル>円なはずでしたが、ポン円をショートしたのです。5pipsですがぴったりと抜けたのです。それも何となく指が動いたのです。一度だけですが、これが毎日同じ時間をやっていると解るプライスアクションなのかと思いました。
     現状はコツコツ勝ち、コツコツ負け、中くらいな負けが2,3で、毎日マイナスな感じです。
    ボディーブローのように効き、結構落ち込んでいます。そこで負けたトレードを自分なりに分析してみました。損切ポイントで反転できずにそのまま負けたケースが7割でした。反転ポイントの取り方にもよるのですが、リスクリワードが1:2を守れずに大きめにとっている時に限り、最後のナンピン分も入れてまあまあな負けで、コツコツ買っても半分以上の利益が飛んでいるので、勝ちきれない状況と自分で確認できたのですが、つまりエントリーポイントがへたくそだと結論を自分なりに出したのですが、及川さんお薦めの鉄板5選プラス1選だけでは、上達できないといろいろな角度でエントリーをしています。根拠が脆弱だからこのような状態になっています。
    ここからが相談なのですが、及川さんは「やってやってもいい」スタイルでトレードを推奨しているのは解っているつもりですが、天才チャートはどこからでも勝てるように見えてしまいます。
     及川さんはほぼ毎回Youtube動画では根拠を教えて頂いていますが、自身でやると初心者には根拠の強さがないので、エントリーが下手な自分。また、及川さんはエントリーする時は怖いとも言っています。それでも、引出しの多さや勝ち続けている経験で、臨機応変に対応できるから常勝なのだと思います。当然経験もないド素人には無理なはなしでやってやってもいいでエントリーする基準が私が緩いので、苦慮しています。
     リミッターをかける心得というか、天才チャートを見て勝てそうになる気持ちを抑える方法というか、やりたいやりたいを抑える心得というのですかね。文面で表現できないのですが、やりたい症候群とでもいいうのですか、やるんだけどやらない心の持ち方?。「損切りできる俺ってかっこいい」みたいな格言みたいな及川語録で一言釘を刺してほしいです。
     ちなみにチャートみるからダメなんだと思っていますが、家に帰るとチャート見ています。それも自然と。土曜日も日曜日も見ています。病気です。リオンさんの限定公開を見て、もしかして私はヤバい状況かもと思っています。負けが人を変えるのですかね。
     負け分析でわかった事と先の不思議な体験から、自分はスキャルがの方が向いているのかもしれないと感じました。レンジの上下で少しだけ切り取る方がなんとなく、向いているのかもしれないと実感できました。毎日欧州後半からNY前半見て少しわかったことは欧州後半は逆張りもいれて、NYは絶対に順張のみがいいのかと。この見えてきた自分のスタイルエントリーでさえ、どこで入っても勝てるように見えていので困っています。なまじ少額でも勝つから、余計立ちが悪いです。
    こんな状態でも、薄っすらともう少しで光がさしそうで刺さない感覚が残っています。だからがむしゃらにやってしまいます。経験はほしいけど実力が伴わない。
     まとまりがない文ですが、エントリーがやばいのです。むちゃくちゃな相談ですが、心に残る釘差しというか、苦言、叱責?みたいなアドバイスをお願い致します。お忙しいのに申し訳ございませんが相談できるところがないのでよろしくお願い致します。

    • 行くべきが行かない足利のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      全文拝見しましたが
      これまた随分難しいご注文ですね(汗)

      >リミッターをかける心得というか、天才チャートを見て勝てそうになる気持ちを抑える方法というか、やりたいやりたいを抑える心得というのですかね。

      ↑決定的な一言となるとちょっと無理がありますが、
      「チャートばかり見る病」ってことなら
      言いたいことも少しは出て来ます。

      僕の話をしますと、
      パソコン画面にチャート(MT4)は常に起動させてはいますが
      僕は1画面でやってる関係で、
      ネットサーフィンなど他のことをやっているときには
      必然的にチャートは観てない状況になっているんです。

      個人的にはこれが案外良いんですよね。

      YouTube動画の中でもたまにありますが
      例えば2分前に見たチャートには一切反応しなかったのに
      他の通貨ペアをカチャカチャ見て回っている中で
      再び戻って来たチャートを観て
      「あ!ここだ」ってことが僕にはよくあるんです。

      これは言ってみてば「一目惚れチャート」です。

      この一目惚れってのは
      実は「ガン見」し続けていると案外見つけることが出来ません。

      他のことをやってて
      たまにチャートチェックをした際に
      「お!」ってなる、ここがポイントなんです。

      もちろんこれにも経験がモノを言う部分はあるのですが、
      「基本やらない」
      「まったくやる気はない」
      こういう中でたまにチャートを観に行く、
      その程度の監視が結構良いと思うんですよね。

      「まったくやる気がない」にも関わらず
      「お!これは!!」って思うチャートって
      相当イケてるわけです。

      なかなか信じてもらいにくい話なのですが
      僕はYouTubeのない日については
      この「一目惚れ」くらいしかトレードしてないですよ。

      結果的に「厳選」されたやつだけやってるので
      それはそれは成績も良いわけです。

      矛盾した話ではありますが
      多くの人は「やろうやろう」とし過ぎかも知れません。

      もちろん最初から厳選出来る人であればそれで良いのですが
      そうでないからこそ、今回のようなご相談になるわけですよね?

      で、あるならば
      トレード用の時間であっても、
      パソコン画面上ではそれこそYouTube動画観たり、
      好きなことをやりつつ、たまに「チラっ」と
      チャートチェックをする程度の頻度に落とす、、、

      これは効果があるというか、
      そもそも僕が普段からやっていることなんですよね。

      こういう話をすると
      「それじゃチャンスを逃すこともあるのでは?」
      このように言われます。

      で、、、実際逃しますよ(笑)
      けど、それは気にしません。

      ちなみに「逃す」ってことは通常「初動」への乗り遅れですので
      そんじゃソイツの戻りや押し目からでいいや!みたいな切替も容易なんです。

      渋谷でナンパをするとして、
      ずーっと道行く女子をガン見してるナンパ師がいたら
      おっかないですよね(苦笑)

      そうではなく、
      スマホをテキトーにイジりつつ、
      たまにチラっと目線を上げたときに
      「お!一目惚れ!」って女子が通りががる・・・

      日頃の行いが良い人は
      これで大抵上手くいくものだって話なんです(笑)

      あ、くだらない話のようですが
      けど僕は「めぐり合わせ」ってあると思ってまして
      言い換えれば「波長」かな・・・

      日々の行いがリズム感のある
      良い流れの人は不思議とこのめぐり合わせも良いはずなんです。

      なんか最後はオカルト全開になりましたが、
      話を戻しますと、

      1.ガン見からはチャンスはむしろ判定しにくい
      2.「一目惚れ」出来るような監視の仕方を!
      3.「やらない前提」で観ているにも関わらず「これは!」と感じた女子との出会いを大切に!

      ま、こういう話なわけです。

      参考になると良いのですが^^;;

      本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります
    凄く難しい注文のような質問に丁寧に答えて頂きありがとうございます。

    >渋谷でナンパをするとして、
    ずーっと道行く女子をガン見してるナンパ師がいたら
    おっかないですよね(苦笑)

    ↑この例えは、効きました。 変質者ですね(ヤバい)
    注意しようと思いました。気が付きさせて頂きありがとうございます。

    >2.「一目惚れ」出来るような監視の仕方を!
    >3.「やらない前提」で観ているにも関わらず「これは!」と感じた女子との出会いを大切に!

    ↑口答えするようですいません。
    そして墓穴掘ります。
    NY時間をやっているうちに金髪の方も好きになってきました。
    なので、ストライクゾーンが広めになっている自分がいます。
    言い訳がましいですが、ほとんど美人に見えます選り好みしないです(汗)

    >1.ガン見からはチャンスはむしろ判定しにくい
    に話はつながり、

    チャート見ないようにしてみますが、見てしまった場合は
    チャートは見ていてもチャートを見なければいいのだと考えました。
    天才チャートは見ないで、デフォルトの緑のやつに平均線だけ入れた物を
    見ていれば、いいのだと。そして平均線の形でこれはと思う時に
    天才チャートに切り替えるという作戦を考えてみました。
    切り替えた時は、緑と青のMAが美人に見えるか見えないかでエントリー
    これで、少し頑張ってみます。

    >日頃の行いが良い人は
    これで大抵上手くいくものだって話なんです(笑)
    >日々の行いがリズム感のある
    良い流れの人は不思議とこのめぐり合わせも良いはずなんです。

    ↑これも、効きました(汗)日頃の行いですか・・・
    悪い事はしていませんが、良い事もしていないような気がします。
    めぐり合わせ検証してみます。

    >もちろん最初から厳選出来る人であればそれで良いのですが
    そうでないからこそ、今回のようなご相談になるわけですよね?

    はい、すいません。先生のおかげでまだFXを続けています。
    ここに質問とかコメントする事態までメンタル的に追い込まれ
    ここに書き込むと、考えが整理させれます。
    この質問を書いた後から及川さんから返信が来るまでにも
    自分の弱点を発見できたり、考え方を変える事が出来ました。

    弱点の方は
    昨日NYで、早速試してみました。
    上手くいき、小さいですが少しだけ成長できたと実感できました。

    考えの方は
    例えですがドラゴンボールを知っている前提で書きます
    「サイヤ人は、負ける度に戦闘力が上がっていく」
    FXトレーダーもそんなイメージかな?
    今日の負けは明日の戦闘力。
    って考えてみます。
    負けたくない負けたくないでチャート頑見でした。
    負けても戦闘力に変るだけ、100%勝てない。
    思い込みが強かったのだと。

    今回もありがとうございました。
    今後もお見捨て無きように宜しくお願い致します。

    • 行くべきが行かない足利のM様
      コメントありがとうございます。

      >これも、効きました(汗)日頃の行いですか・・・

      ↑あ、、、これは今読むと
      随分ヒドい話ですね(汗)
      大変失礼しました。

      ここで一番言いたいことは
      「リズム」なんです。

      日々の行いというよりは
      「リズムが噛み合う人生」みたいなイメージでして、
      あれ、ますますヒドい言い方かも(苦笑)

      なんていうか
      ここにも「やりたいやりたい」と
      「チャンスがあったらやってやっても良い」という
      『待ち方』によって生じるものじゃないかなって
      そんな風に思っている次第です^^;;

      >「サイヤ人は、負ける度に戦闘力が上がっていく」
      FXトレーダーもそんなイメージかな?
      今日の負けは明日の戦闘力。

      ↑あ、ここは僕も腑に落ちるイメージありますね。

      負け方がどんどん良くなっていく推移・・・
      ここはこれまでもずっと意識し続けてきた気がしますので。

      ま、いずれにしましても
      文面だけで伝えあうのはお互い大変ですよね(汗)

      酒でも飲みながら話が出来る日が来たら
      そこでがっつりやりましょう^^

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    初めてコメントというか質問をします。小生師匠のデイトレ大百科に参加しているZOと申します。小生のトレード上の悩みについてご指導いただきたいと思って書いております。
    小生FXを勉強し始めてから早5年近くになります。しかし一向にプラスになったためしがありません。最初はバイナリの方でしたが、途中でFXの方が面白いと思い、始めたのですが、これまでリアルトレードで負けてはデモ口座で練習しということを繰り返し、今日に至ります。しかし、それでもいっこうにうまくなりません。
    ほかの方々のようにデモで勝てるようになって、それからリアル口座でと思って、現在も準備中なのですが、そのデモ口座ですらほかの方のように勝てないのです。最初の数年はかなり気合を入れで必死で勉強しましたが、いくつかの教材を購入し勉強もしました。どれをやってもしっくりいかず、及川師匠にたどり着きました。そしてかなり手法的にも自信が持てるようになりました。しかしそれでも勝てません。最近はあまりの下手さ加減に自分でもあきれるほどです。デモで100万から始めても数か月後には半分になり、現在も30万円台にまで落ちて、これではいつまでたってもうまくなれそうもありません。本日のブログ記事にはデモで資本を2倍にした方の話がありましたが、情けないことに2倍どころかデモ口座ですら負けてしまうということはもう話にならないというしかありませんね。絶句!です。ちかぢかリアル口座に再度入金し、再挑戦しようと思っていますが、今のままではまたしても資金を溶かしてしまうのかと不安でいっぱいです。これって小生の怠慢ゆえなのか、それとも性格的に、そして本質的に向いていないのか、あきらめた方がいいのかもしれないなとも思ったりしています。どうしたらいいかご指導いただけると助かります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。