香港K氏(MSC)いきなり炸裂! でもって及川は新著発売開始、というハナシ。

 

今月(4月)の1日から怒涛のように始まった
香港K氏の新プロジェクトが
先週末の生放送でクライマックスを迎えました。

おかげさまで大変多くの方々に視聴いただき、
オマケに本募集は電光石火のごとく
あっという間に募集人数に到達する結果になりました。

ご注目くださったすべての方々に
あらためて深く御礼申し上げます。

 

香港K氏プロジェクト
『MSCマイノリティーストラテジークラブ』では、
早速数多くの“勝利報告”を頂戴しています。

これらは当ブログへ投稿してくださったコメントですが
この他にも運営事務局には
まさに「山のような」勝利報告を頂戴しているようです。

 

トレードは
「勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム」

日頃からこのように言い続けている僕ですので、
短期的な結果に一喜一憂することは基本ありません。

そもそも香港K氏の『実力』については
僕自身何度も思い知らされた経験を持っていますので、

今回の立ち上がりについても
「まぁ当然でしょ」ってなモンです。

 

とは言え、、、
彼を「イチ推し」で紹介しまくった僕としては
この立ち上がりに対し、正直嬉しい気持ちでいっぱいなんです。
※「ホッとしている」が本音ですね。

今回ご参加されたみなさんの
その決断が正しかったことを
今後もガンガン証明し続けて欲しい・・・

僕は心からそのように思っている次第です。

 

さてそんな中、
どさくさに紛れる(?)ように
僕の新しい著書が発売開始となりました。

▼及川圭哉 最新著書
マンガでわかる はじめての海外FX
https://www.amazon.co.jp//dp/4065214556
講談社

香港K氏のプロジェクトに絡み
僕も事務局もバタバタしていた関係で
事前告知を一切していなかったにも関わらず、

今さっき確認したところ
アマゾンランキングですでに第1位となっていました。

本当にありがたい話です。
すでにご購入してくださった方々には
これまた深く御礼申し上げます。

こちらについては
今後、FXism運営事務局から
再度あらためて告知をさせていただく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ところで、僕の住むシンガポールでは
Mr.Tと僕が共同オーナーのワインレストランが
もう間もなく新規オープンという段階までたどり着きました。

もっとも僕、飲食業界は完全なるシロウトで
お店のプランや各種段取りはほとんどMr.Tが担当。

つい先日も内装工事中の新店舗を見て来ましたが、
なかなかオシャレな仕上がりになってて驚きましたね。

ちなみにMr.Tいわく、
「師匠(及川)の売上だけでそこそこ店の経費を捻出したいですね(笑)」
このようにノタマっておりました。

なんだろ、、、
タコが自分の足を食うみたいな話なわけです(苦笑)

 

そんなこんなで、
いずれにしても僕やMr.Tが
お客の立場で飲んでる機会は多いと思いますので、

現状は日本との渡航行き来が難しい状況ではありますが、
「コロナ後」にシンガポールにお越しの際には
ぜひともお立ち寄りいただけると嬉しく思います。

 

いろいろとお話をして来ましたが、
まとめますとですね・・・

なんだかずっと忙しい!です(笑)

まだまだ『現役』にこだわりたい僕ですので、
ヒマで怠惰な時間を過ごすよりははるかに良いわけですが

けど、、、

今年で56歳になるオッサンとしましては
もう少しノンビリ過ごしても良いのではないか?

そんなことを思ったり思わなかったりする
今日この頃なのです。

 

追伸:
先日「タンジョンパガー」という街で
ディナーをして来ました。

最近はグッと行動範囲が広がりまして
シンガポールの良さを満喫できるようになって来た気がします♪

 

※2021年4月16日追記
新宿紀伊国屋書店さんで
僕の新書「マンガでわかるはじめての海外FX」
前作「ガチ速FX」が隣り合わせで並んでいるようです。
ありがたいですね。

今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

99 件のコメント

  • 先日(4/15)のyou tube動画にてコメント取り上げていただきありがとうございました。
    5年以内に必ず勝ってお店に伺いたいと思います。
    その時には「今」同じ悩みの「同士」達とワインを酌み交わせたらと思います
    自分は下戸なのですが(笑)
    書籍は紙とkindle版両方購入しました。ガチ速同様にサイン書いていただけることも目標にしたいと思います。

    • テンパリスト様
      コメントありがとうございます。

      >先日(4/15)のyou tube動画にてコメント取り上げていただきありがとうございました。

      ↑いえいえ、お礼を言うのはこちらのほうです。
      本当にありがとうございました。

      >5年以内に必ず勝ってお店に伺いたいと思います。
      その時には「今」同じ悩みの「同士」達とワインを酌み交わせたらと思います

      ↑そのためにも、コロナは一日も早く終焉して欲しいところですよね。

      >自分は下戸なのですが(笑)

      ↑あらま、そうでしたか(笑)

      >書籍は紙とkindle版両方購入しました。ガチ速同様にサイン書いていただけることも目標にしたいと思います。

      ↑それはそれは申し訳ございません^^;;
      恐れ入りますと共に、心より感謝申し上げます。

      直接お会い出来る際にはぜひ!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもYouTubeありがとうございます。
    4月15日のYouTube「理想と現実のギャップに悩むすべての人へ」は心に響きました。

    ここからは長くなりますが、
    先日のYouTubeを見ての相談なんです。

    【私のFX遍歴】
    私がFXを始めたのは2018年の夏、あることがきっかけでFXを知り、ちょっとやってみたら「なんだ、簡単じゃない」と。FXの本当の怖さを知らず、アホな私は消費者金融から500万円を借りて突っ込み、3ヶ月程は順調に増やして800万円を超えるところまでいったのですが、そこで溶かしてしまい、出金もしてなかったので借金のみが残りました。

    負けず嫌いな性格なので、学んで取り返そうと、師匠の書籍に出会い、「デイトレ大百科」「TRIBE」と受講し、買ったり負けたりしながらも徐々に勝てるようになりました。

    私は師匠と同じ55歳なのですが、子供が4人いてしかも下の二人は4歳と5歳なんですね。なので70歳くらいまで働かなければならない。ただ、普通の組織にいても定年がきますので、何が何でも専業トレーダーとして生計をたてるようになりたいという思いがあります。

    そんな中、昨年4月に会社の経営方針と私の価値観が合わないので会社を辞めて、背水の陣でFXに取り組もうと思い切った行動にでました。

    昨年11月にそろそろいけると手応えを感じたので、これまで少額だった証拠金に300万円を投入しました。順調に増えて、2月の頭には2000万円を超えました。そこまで増やしながら全く出金せず、億を目指すんだと取り組んできたのが裏目に出て、2月からこれまでの順調な結果が崩れ始め、3月末にとうとうすべて溶かしてしまいました。。。
    結局ラッキーなだけだったのかと。

    【相談したいこと】
    貯金もそろそろ底をつくため、今週から就職活動も始めました。
    でも、FXは諦めたくない。

    実は、「MinorityStrategyClub」も今回申し込んだのですが、その真意は、これまで主夫業しながら子供らを保育園に送り出し、9時~18時で相場とにらめっこしてやってたのですが、就職するとこれまでのように時間を割いて相場とにらめっこできないので、5分足ではなく1時間足でのトレードに切り替えなければという思惑からでした。

    それで、今週取り組んでみたのですが、どうも今までの5分足のトレードとは勝手が違うなぁと。

    そもそも私は短気な方で、待ってられない、戻されるのも嫌で気になって仕方ない。
    やっぱり自分には5分足の短期デイトレが合っていると思いつつ、どう切り替えていっていいのか。

    5分足の短期デイトレが身体に染みこんでしまった者が、どう1時間足のスイングに切り替えていけばいいのか。自分を変えるしかないのか。しかも、東京時間と欧州の午前中しかやってきていない。一からやり直すしかないのか。

    こんなアホな私に何かアドバイスがございましたら、いただければ幸いです。

    長くなりましたが、何卒宜しくお願い申し上げます。

    追伸
    「MinorityStrategyClub」で及川師匠流デイトレとどう組み合わせてやるかといった講座をやっていただければうれしいです。

    • 追伸
      すみません、追加なのですが。
      「レポートの内容をすべて無条件で受け入れると危険ですが」
      とのご指摘ですが
      MinorityStrategyClubですと
      その分析にまだまだ知識が及ばす
      K氏のシグナルを無条件で受け入れてエントリーするしかありません。
      “自身のウイニングエッジを見つける”方法、勉強の仕方も
      ぜひMinorityStrategyClubで発信していただければ幸いです。
      何卒宜しくお願い申し上げます。

    • 猫の名前はMIKE様

      >「レポートの内容をすべて無条件で受け入れると危険ですが」
      とのご指摘

      ↑こちらについては
      他の方にも触れている

      「行って然りが行かぬ時は逆に強いことがあるので注意」
      についてでした。

      要するに損切りするときは普通にすべし、
      レポートの方向性を盲目的に信じ、
      変にツッパったりしない、という話です。

      >“自身のウイニングエッジを見つける”方法

      ↑ここについては自分自身の相場観と、
      「レポートは週刊で、当日直近のものではない」という戒めがメインです。

      自分自身の相場観については
      あくまで経験がポイントになりますが、
      ハッキリしない場合は「直近チャートに聞こう」で良いと思います。

      それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 及川師匠
      貴重なコメントありがとうございます。

      >ただし!「額面から来るプレッシャー」が
      >スピード感があったゆえに追いつかず、
      >それにより冷静な処置が取れなかった、が実際のところではないでしょうか。

      ビックリするほど的をつかれたご指摘です。
      その通りです。
      慢心してはいけないのですがそこそこ勝つことは問題なくできるのですが
      スピード感を維持しようとしたときにかなりプレッシャーを感じてました。
      夢には毎晩のようにロウソク足の前でヒヤヒヤする自分が出てきました。

      >K氏のレポートに対し僕自身が腑に落ちた部分を活かしてのものです。
      はい、流石です。
      私の場合、K氏のレポートで腑に落ちていながら
      K氏のエントリーポイントが当然ながら1時間足を前提にしたものにも関わらず
      その視点にとらわれてしまい
      5分足でもっともっと引きつけてという意識になって
      結局エントリーできずに逃してしまうということが多く
      うまく視点を修正しないといけないなと感じております。
      『「MinorityStrategyClub」で及川師匠流デイトレとどう組み合わせるか』
      のような発信をしていただけるのであれば
      ぜひ1時間足と5分足の“視点の違い”のようなことも
      盛り込んでいただければ幸いです。

      >1時間足で取り組む際に
      >僕なら
      >「伸びかかったポジションが何度か連続で値を戻されて
      >チャラ逃げになったとしても
      >諦めずに続け伸びるところをゴッソリ伸ばして取る」
      >このような意識にシフトすると想像しています。

      ありがとうございます。
      プリントアウトして壁に貼ります。
      本当にそうですよね。
      チキンなのでとにかく途中で見ると
      「勝ち逃げ」意識が強くて我慢できずに利確してしまい
      「損小利大」できないのですよね。
      そこの意識を変えられるように心がけていきたいと思います。

      とは言っても今までがスキャルピングに近いようなトレードしてましたので
      慣れないNY時間などでも
      “K氏のレポートに対し腑に落ちた部分を活かして”の
      5分足トレードもチャレンジしていきたいと思います。

      とてもご丁寧なアドバイス、いつも頭が下がります。
      今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
      そしていつか億達成して
      師匠にお目にかかれることを夢見ております。

      ありがとうございました。

    • 猫の名前はMIKE様

      >スピード感を維持しようとしたときにかなりプレッシャーを感じてました。
      夢には毎晩のようにロウソク足の前でヒヤヒヤする自分が出てきました。

      ↑資金が増えることで感じる重圧は誰でもあるものです。
      増してやそのスピードが早過ぎたことが皮肉な展開になった、、、
      と、するならば、一定額の時点で数回出金か資金移動などをし、
      「しばらく居心地の良いロットで継続」することも検討して欲しいです。

      上手に聞いていただきたいのですが、
      例えば僕の場合、自営業が長かったこともあり、
      2000万くらいの数字の上下ではもともとそこまでビビらずに済んだんです。

      このような「額面に対する耐性」ってのはあると思っていまして、
      過去の動画などでは
      それを利食いや損切り額から逆算する
      「居心地の良いロット」と表現しているつもりでした。

      居心地の良いロットならスンナリ勝てるということであれば
      極論、ずっとそのまま継続するのも手ではないかとすら思います。
      なぜならなるべくストレスなく継続出来ることこそが
      勝ち続けるポイントだと思うからです。

      その場合、例えば月ごとの利益の額面は
      満足いかないかも知れませんが
      例えばその利益を米国インデックスファンドなどへ
      ドルコスト平均法で入れ続けるなどで
      実は長期的には「とても安全な運用」になっている、
      なんて可能性も充分あると思うのです。

      >『「MinorityStrategyClub」で及川師匠流デイトレとどう組み合わせるか』
      のような発信をしていただけるのであれば
      ぜひ1時間足と5分足の“視点の違い”のようなことも
      盛り込んでいただければ幸いです。

      ↑そうですね、ここまで創意工夫されて来たことも
      活かせるような発信もぜひしたいと思います。
      (現時点では内容がまだ固まっていませんので
       ここはお時間を頂戴するかも知れませんが)

      こちらについては以上です。

    • 猫の名前はMIKE様
      コメントありがとうございます。

      >消費者金融から500万円を借りて突っ込み、3ヶ月程は順調に増やして800万円を超えるところまでいった
      >昨年11月にそろそろいけると手応えを感じたので、これまで少額だった証拠金に300万円を投入しました。順調に増えて、2月の頭には2000万円を超えました。

      ↑凄い経歴ですね。かなり驚きました。
      現時点では良い意味とは言えないものの「ハートの強さ」も相当なものだと思います。
      (ここは本心です)

      >結局ラッキーなだけだったのかと。

      ↑ラッキーだけで300万を2000万までは増やせないと思いますので
      実力自体は充分お持ちだと想像します。

      ただし!「額面から来るプレッシャー」が
      スピード感があったゆえに追いつかず、
      それにより冷静な処置が取れなかった、が実際のところではないでしょうか。

      >これまで主夫業しながら子供らを保育園に送り出し、9時~18時で相場とにらめっこしてやってたのですが、就職するとこれまでのように時間を割いて相場とにらめっこできないので、5分足ではなく1時間足でのトレードに切り替えなければという思惑からでした。

      ↑なるほど、就職されるとなると
      確かに5分足デイトレは難しい、というか
      少なくとも欧州時間などのトレードは出来なくなりそうですね。

      >一からやり直すしかないのか。

      ↑「作業」という点においては確かに一からかも知れません。
      ただし、これまでやって来たことがすべて無になるかと言うと
      それは違うとも思います。

      僕のスタイルも「チャート張り付き型」なので
      お仕事をしながらのスイングとなると、取り組み方に悩むところです。

      おそらくは指値を上手に使うなど、
      サブ的な作業の最適化がテーマになるでしょうね。

      >「MinorityStrategyClub」で及川師匠流デイトレとどう組み合わせてやるかといった講座をやっていただければうれしいです。

      ↑これについては僕もなんらかの発信をしなければ、
      そのように思っています。

      ちなみにですが、
      例えば4月19日のYouTube動画も
      K氏のレポートに対し僕自身が腑に落ちた部分を活かしてのものです。
      (ドル円弱に対するドルストが強いだろうとの判断)

      レポートの内容をすべて無条件で受け入れると危険ですが
      自身の相場観と合致する部分については「根拠への自信」として
      すでに大きく役立てています。

      今後お仕事をしながらのトレードになる際、
      この「相場観」が大きなポイントとなるはずでして、
      つまり彼のレポートは今後かなり有効ではないでしょうかね。

      話を戻しますが、
      確かに5分足現場と1時間足現場では取り組みがかなり異なると思います。

      で、当面はデモ口座ですることをオススメしますが
      その際に確認していくべき課題は
      何と言っても「資金管理」となるはずです。
      指値など、ある程度「自動化」させる中、
      どの程度のロットが適正か?の最適化への作業。

      それともう一点が「損小利大」の概念。

      1時間足で取り組む際に
      僕なら
      「伸びかかったポジションが何度か連続で値を戻されて
      チャラ逃げになったとしても
      諦めずに続け伸びるところをゴッソリ伸ばして取る」

      このような意識にシフトすると想像しています。

      プロジェクト動画で香港K氏も語っていたような
      「勝率は50%以下でもめっちゃ勝つやり方」を僕も模索したいです。

      なぜかと申しますと、
      チャートをガン見出来ない状況を逆手に取ろうとした際、
      このやり方が一番良いと思えるからです。

      具体的な方法については
      僕が指値などの使い方を熟知していないのでなんとも言えませんが
      進むべき方向として、僕ならここを目指すかなぁと思っていることだけは
      先んじてお伝えしておきたいと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも勉強させていただいております。
    まだ勝てていない自分が恥ずかしいので、ハンドルネームは変えさせてください。

    FXを始めて2年になりますが、自分自身が原因で勝てていません。
    克服するにはトレード回数を制限するしかないと思い試してみたところ、1日1回だけと決めている期間は資金を大きく減らすことがなくなりました。
    ですが勝率が悪くトータルでじわじわと減っていきます。

    及川式の鉄板の中からさらに絞ってエントリーをするとしたら、何をすればいいですか?
    今は東京時間のオージーテクニカル順張りに絞っています。
    及川先生が1日1回までと決められているとしたら、どんな場面を待ちますか?
    アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

    • まいはむすたあ様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生が1日1回までと決められているとしたら、どんな場面を待ちますか?

      ↑主に欧州時間序盤のパターンで良いなら
      言いたいことは割と明確です。

      まさに最近のYouTube動画
      4月12日のエントリー、4月15日の最初のオージーのエントリーです。

      1.狭いレンジで動いていた
      2.そのまま「動きやすい時間帯」へ突入後・・・
      3.その狭いレンジの水平線を「通貨シリーズ」が揃って抜けた
       あるいは抜けるような勢いで伸びた

      このパターンはハマればスンナリ勝てるので
      言葉は悪いですが「かなり楽」です。
      いわゆる「おっぱじまったヤツをやる」です。

      それ以外ですと、
      逆行1時間足MAへのファーストタッチで
      こちらは黄緑線の方向が転換前の状態でのファーストタッチがベターです。

      ただしこちらは逆張りスキャル的になることも多く
      その場合PIPSはあまり稼げないことも多くなります。

      前者のパターンであれば、
      例えば半分だけ手堅く利食っておき、残りを引っ張るなんてことも出来、
      一日一回しかやらない人にとっては期待値はこっちのほうが高いと思います。

      僕自身、可能であればこの入り方で毎日やりたいくらいです。
      過去のYouTube動画でも多いパターンのはずですので
      お時間がある際にはご確認なさってみていただきたいです。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもためになるビデオとブログをありがとうございます!
    日曜日のライブを見て、早速、今回のMSCに参加させていただきました。

    今回のブログで早速成果を出されている方の報告を呼んで、FX歴の浅い私には少し早かったのかもしれないと思っています。
    正直なところ、パブリックバイアスやピボットチャートの活用法がよく分かりません。

    前日のパブリックバイアスで買いが多ければ、逆に下がるとみて、売りで入り、S1で利確する、損切はR1でというスイングトレード的な使い方なのでしょうか?
    すいません、全く見当違いのことを言っているのかもしれません。

    ピボットチャートの活用法のビデオなど作成していただけると大変ありがたいです。

    • マッキー様
      コメントありがとうございます。

      >早速、今回のMSCに参加させていただきました。

      ↑ご信頼いただきありがとうございます。

      >正直なところ、パブリックバイアスやピボットチャートの活用法がよく分かりません。
      >ピボットチャートの活用法のビデオなど作成していただけると大変ありがたいです。

      ↑活用法などの解説は講義動画があるはずですし、
      今後も随時追加投入されるはずです。

      で、サポート的なご質問につきましては
      僕がテキトーなことをお答えするわけにはいきませんので
      お手数ですが運営事務局宛てにお願いいたします。
      support@fxism.jp

      すでに香港K氏直々で対応してくれているようですので
      ぜひともご活用ください。

      それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております!
    及川先生の本も早速購入しました!届くのを楽しみです!

    そこで及川先生に質問です。
    トレードルールに関してです。
    私のトレードルールの一つに時間を設定しています。
    16:00~21:00の間にトレードするというルールを設けています。
    15:00~監視はしています、その際に、狙っていた通貨が15:30~15:45くらいに動き出したりします。そのようなときに限って大きく伸びたりします、エントリーしたいが、その横でもう一人の自分が「ルールは破ってもいいのか?」と。このような場面ではどのように考えるべきでしょうか?待つべきか、エントリーしても良いのか?。アドバイスをお願いいたします。

    • shunさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >及川先生の本も早速購入しました!届くのを楽しみです!

      ↑大変光栄です。
      ありがとうございます。

      >狙っていた通貨が15:30~15:45くらいに動き出したりします。
      >このような場面ではどのように考えるべきでしょうか?待つべきか、エントリーしても良いのか?。

      ↑ちょうど少し上
      「まいはむすたあ」さんへのアンサーをご確認いただけますでしょうか。

      ペーストすると以下の部分です。

      4月12日のエントリー、4月15日の最初のオージーのエントリーです。

      1.狭いレンジで動いていた
      2.そのまま「動きやすい時間帯」へ突入後・・・
      3.その狭いレンジの水平線を「通貨シリーズ」が揃って抜けた
       あるいは抜けるような勢いで伸びた

      通貨のシリーズごと狭いレンジに引いた水平線をブレイクした時、
      この時だけは時間関係なく僕は入ることが多いです。

      単体チャートだけではやらない、
      揃って抜けたらやって良い。

      この区別で良いと僕は思っています。

      ご確認のうえ、検討なさってみてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 1000万達成

    お世話になります。

    先日今年に入って500万とご報告してから、さらに増え続け、ほぼ1000万到達しました。
    これもひとえに天才チャートと「損切最強」の教えによる成果です。
    大変感謝いたしております。

    実は内訳は、株関連が約1084万
    為替は相変わらずジリ貧で気がついたら約△106万になっていました。
    差引正確には22万足りませんが・・時間の問題でしょう。
    72営業日ですから13.5万/日、若干加速しています。
    FXは向いていないのかもしれませんね。
    強い通貨と弱い通貨の組み合わせが相変わらずわからない。
    もちろん終わってからはよくわかるのですが、始まる前には全くわかりません。

    それはともかく、これを一つの区切りとして、記念に利益の1割を使って、ささやかながらポルシェの中古車を買おうかと思っています、こういうのって師匠はどう思われますか、昨年の「カモ」状態から脱却して年明けから大掃除して心機一転トレンド転換、勝ち組の精神状態にしてきたわけですが、これをさらに強固にできればと思っている次第です。でも、そんなことをしてしまうとマイナスにトレンド転換してしまう可能性も無きにしも非ず、師匠ならどう考えるでしょうか。自分の気の持ちようであることはわかっていますが、「弱い」ので師匠の後押しがあればと思っている次第です。
    ちなみに、昨年の負けを取り戻せたわけではなく、取り戻せた時点で相当気が晴れると思いますのでそこでも何か記念に、そして億達成がかなったら新車に買い替えという夢を持ちながらやっていこうというところです。

    よろしくお願いします。

    • やはり師匠は背中を押すのが上手ですね。
      ありがとうございます。

      「カモ」の真逆の「慢心」気をつけなきゃですね。
      コツコツドカンのドカン(勝ちの、ついついやりたくなっちゃうんですよね)は狙わず、あくまでコツコツと勝ち逃げしていきます。
      車も「買ってみたら程度が最悪だった」ではトレンド再転換しかねないので、厳しくチェックするようにします。

      入金¥0の口座も漫画の世界が実現するよう少しずつコツコツと着実に億目指して増やしていきます。
      結構スプレッドが広くて、使いにくい業者なんですが、なにしろタダですから(笑)

    • MT0様
      いつもコメントありがとうございます。

      >やはり師匠は背中を押すのが上手ですね。

      ↑あらま、そうでしょうか^^;;

      >入金¥0の口座も漫画の世界が実現するよう少しずつコツコツと着実に億目指して増やしていきます。
      >なにしろタダですから(笑)

      ↑こっちはこっちで逆に夢がありますね(笑)

      クルマについては
      良いお買い物となることをお祈り申し上げます♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    • MT0様
      いつもコメントありがとうございます。

      >先日今年に入って500万とご報告してから、さらに増え続け、ほぼ1000万到達

      ↑おぉ!凄いペースでしたね。
      まずはおめでとうございます^^

      >株関連が約1084万
      >為替は相変わらずジリ貧で気がついたら約△106万
      >FXは向いていないのかもしれませんね。

      ↑FXが向いてない、というよりは
      株関連が向いている、という話でよろしいのではないでしょうか。
      ものごとには「相性」ってやつもあるでしょうし、
      であるならば「向いている方をより伸ばす」が戦術的にも健全ですよね。

      >記念に利益の1割を使って、ささやかながらポルシェの中古車を買おうかと思っています
      >師匠ならどう考えるでしょうか。

      ↑個人的な意見としましては
      「思ったことはやる」で良いとの立場です。

      購入後にもし調子が狂った際は
      「調子に乗るのは早かった」と思ってしまうかも知れませんが
      けど、購入することで、ますます良い緊張感で取り組める可能性も感じます。

      要するに「捉え方次第」。
      あ、まるでアンサーになっていませんね(笑)

      >年明けから大掃除して心機一転トレンド転換、勝ち組の精神状態にしてきたわけですが、これをさらに強固にできればと

      ↑MT0さんはこれが出来る人だ、そんな風に想像します。

      >億達成がかなったら新車に買い替えという夢を持ちながらやっていこうというところです。

      ↑もう断然応援したいですね♪
      もはや敵は「慢心」くらいしか思いつきません。

      新車GETの際には、ぜひとも画像付き報告をお待ちしております!
      もちろんブログで自慢するためです(笑)

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 追伸です。
      本日勝ち逃げ分46万
      含み益60万
      1千万到達しました。
      狙ったところの近くまで落ちてくれました。
      ゾーンで待って、底近くで戻るって最高ですね。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。

    M.S.C.参加させて頂きました。
    こういったいわゆる有料モノは手を出さず基本独学派の私ですが、及川師匠のデイトレ大百科、プロコン改、そして今回のM.S.C.はどれも迷うことなく即決でした。

    特に今回のM.S.C.はこれまでのそれとはトレード戦略の着眼点が一線を画すシロモノですよね。

    今週は一切K’s式トレードは実戦なしで毎日のバイアスとピボットの整合性、K’s公開ポジションと自分なりの見立てとの答え合わせのおさらいをしていました。

    来週から実戦に取り組んでみたいと思います。
    そこで相談といいますか実際の活用方法についてなのですが、
    私は会社員で平日は仕事なので、朝の当日バイアス等はスマホサイトで確認出来ますが、PCのmt4でトレードする事は出来ません。
    なので取り組み方としまして、朝6時に更新される当日のピボット値とボラ幅をPCで確認し写メに撮り、当日の戦略をある程度見立てておく→9時頃に更新されるバイアスをスマホで確認して、写メのピボット値をもとにスマホで指値エントリー指値決済を入れておく。

    そんな手順を考えておりますが、平日働いてる人向けのもっと合理的な実践方法はありますでしょうか?
    同じような方はたくさんおられると想像しますが皆さんどうされてるのでしょうね。
    師匠に聞かれても困るかもしれませんが(^^;)

    毎日21時半からの短期デイトレも今まで通り継続します。
    こちらは先日ご報告させて頂いたように、勝つことに執着せずエントリーして思うように動かない場合は粘らず祈らずあっさり即損切りすることを体得するところから出直しているところです。

    それを継続しながらその日のK’s式のおさらいもしておく。
    K’s式は別口座で基本日計りトレード。

    そしてK’sリポート等も参考にしながら週単位やもっと長期視野でのトレードも別口座で考えています。実際すでに少し始めています。

    そんな感じで多角的にポートフォリオを組むイメージでトレードに取り組むことにより、今まで毎晩1時間半の短期デイトレに一点集中で『そこに賭ける!』スタイルから解放された感覚で、とても視野が広くなり以前よりも短期デイトレも気持ちにゆとりが持てるようになりました。

    デイトレやスイングを同時にやるのは混ぜるな危険状態になる恐れがあるとよく聞きますが、私の場合はそれは大丈夫そうで、むしろ良い相乗効果が出そうな気がします。

    兎にも角にも来週からのK’s式トレード頑張ります‼︎

    今後とも宜しくお願いします。

    • 三度の飯よりメッシ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >基本独学派の私ですが、及川師匠のデイトレ大百科、プロコン改、そして今回のM.S.C.はどれも迷うことなく即決

      ↑ご信頼いただき光栄です。
      本当にありがとうございます。

      >朝6時に更新される当日のピボット値とボラ幅をPCで確認し写メに撮り、当日の戦略をある程度見立てておく→9時頃に更新されるバイアスをスマホで確認して、写メのピボット値をもとにスマホで指値エントリー指値決済を入れておく。

      ↑MSCを5分足デイトレとは「まったく別のトレード種目」のように扱うことには大いに賛成します。

      >K’s式は別口座で基本日計りトレード。
      >短期デイトレに一点集中で『そこに賭ける!』スタイルから解放された感覚で、とても視野が広くなり以前よりも短期デイトレも気持ちにゆとりが持てるようになりました。

      ↑おっしゃりたいことはかなりイメージが出来ます。
      「視野が広がる」については僕もそのように思ってまして、
      香港K氏効果は思いのほか大きいですね。

      >デイトレやスイングを同時にやるのは混ぜるな危険状態になる恐れがあるとよく聞きますが、私の場合はそれは大丈夫そうで、むしろ良い相乗効果が出そうな気がします。

      ↑拝読してて僕もそう思いました。

      キーワードは「まったく別の種目」
      それでいて視野の広がりから短期デイトレにも良い効果が期待。
      さらにいうと5分足現場の「無駄打ち」も減る可能性が上がりますよね。

      最後のやつが一番良い効果かも知れません。

      僕のやり方は言ってみれば「職人的」で、
      彼は「相場の俯瞰」つまりより本質的な相場観が学べる大変良い機会になるはずです。

      大いに有効活用していただき、
      クールでカッコイイ投資家になっていただきたい、
      そんな風に思っています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして、及川先生。いつも勝手にお世話になっております。今回のk氏のプロジェクト、本当に感謝してもしきれないほど感謝しております。お恥ずかしい話、fxを初めて1年半初めて週単位で勝つ事ができました。と言うか、出来すぎも出来過ぎで、一週間で複数ポジションですが450pip獲得できました、まだまだロットは小さいですが1日1日のトレードを大切に頑張っていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
    p.s 特に16日金曜日のk氏のポンドルとポン円の見解、正直鳥肌がたちました。ここまでピンポイントかと。ではまた。

    • theshow様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >fxを初めて1年半初めて週単位で勝つ事ができました。
      >一週間で複数ポジションですが450pip獲得
      >特に16日金曜日のk氏のポンドルとポン円の見解、正直鳥肌がたちました。ここまでピンポイントかと。

      ↑なんとも嬉しいご報告をありがとうございます♪

      勝っている時にしか言えないのでぜひお聞きいただきたいのですが、
      今後「当たる時だけではない」です。

      プロジェクト動画の中でも触れていますが
      「外れる時は鬼のように真逆に外れること」も今後絶対起こり得ますので
      突っ張り過ぎには特に特にご注意ください。

      外れる時には真逆に大きく外れる、
      ここは相場観がある場合にこそ起きやすいものです。

      僕がよく言う
      「行って然りが行かぬ時は逆に強く伸びる」です。

      この真逆をドテンで取れたら言うことなしですが
      そこまでは最初から考えず、
      「引くべきは引く(損切り)」ここの意識だけは外さないで欲しいと思います。

      今後負けトレードも必ずある!

      ここについては何度でも念押ししておきますね。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは

    初めて投稿させていただきます いち と申します

    私は2008年頃からFXを初めまして山あり谷ありでなんとか今日まで生きのびてきました・・

    今まで色んな手法を試してみて、儲かったと思っては大きな損失を抱えの繰り返しです

    そんな中、2年ほど前から及川先生の動画と出会い、毎週月木に勉強させていただき

    勝率も上がり最近はコンスタントに勝てるようになりました

    ありがとうございます

    しかしながら、それでもたまに値動きに振りまわされてムキになりトレードして

    コツコツドカンを繰り返して一進一退しております

    しかし最近あることに気付きました

    私は早く儲けたいという気持ちが先走り、時間を見つけては46時中相場とむきあっていたのですが

    ドカンする時はだいたい相場が大きな値動きをする時

    時間帯でいえばもちろん欧州とNYです

    逆に相場が落ち着いているオセアニア、東京時間では、取れるPIPSこそ少ないものの

    ほとんど負けた記憶がありません

    どうやら私はゆったりとしたレンジ相場が向いているようです

    そんな事から来週から欧州NYを捨てて、朝専門になろうと決意したのですが

    及川先生のご意見をいただければと思います

    何か注意点でもあればうれしく思います

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • いち様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ドカンする時はだいたい相場が大きな値動きをする時
      時間帯でいえばもちろん欧州とNY
      >逆に相場が落ち着いているオセアニア、東京時間では、取れるPIPSこそ少ないものの
      ほとんど負けた記憶がありません
      >そんな事から来週から欧州NYを捨てて、朝専門になろうと決意したのですが

      ↑なるほどですね、
      こういうのは「相性」の部分が一番ですので
      朝専門にされることにはもちろん賛成します。
      あのリオンちゃんも朝中心ですし。

      そもそもやる時間を絞る、ということ自体に大賛成ですので
      ぜひとも朝専門を極めていただきたい、そのように願っております。

      で、手応えや成果が良い感じになった際には
      ぜひとも「嬉しいご報告」もお待ちしていますね♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です❗
    いつも勉強させてもらってます。
    今回は本、早速買わせていただきました。
    読み込ませていただきます。
    実は、以前に及川さんに意見してもらおうとコメントしたのですが、ノウハウをもっと勉強してから取り組んだ方がいいというご意見を戴き大変沈みました。
    天才チャートを手に入れ講義動画を見て本を買い何度も読んで、リオン式も購入して試しました。
    及川さんの言われてる自分らしいトレードを見つけるために失敗しまくって自暴自棄になって、入るのが怖くなっています。
    自分てこんなバカだったんだ❗って思います。自分の分析では、根底には、頭から取らないと気が済まない所がありこれがネックになっています。またここで逆に行くと決めつけて入り我慢して大損します。結局は自分勝手なんですかね。
    もう一度、初心に戻るとしたらどこに気を付けて何からやったら良いですか?
    (本のどこを、良く読めとか)
    どうかよろしくお願いいたします。

    • クランクテツ様
      コメントありがとうございます。

      >前に及川さんに意見してもらおうとコメントしたのですが、ノウハウをもっと勉強してから取り組んだ方がいいというご意見を戴き大変沈みました。

      ↑気になって前回のやりとりを再確認してみました。
      今読むと、確かにかなり手厳しい感じですね、大変失礼いたしました。

      >自分てこんなバカだったんだ❗って思います。

      ↑これ、、、実はほとんど全員に当てはまる話だと思います。
      僕も「相当なバカ」ですので。

      ただし、自分はバカだと一度思い知った方が「その後」には良いとも思います。
      少なくとも僕はそうでした。

      >もう一度、初心に戻るとしたらどこに気を付けて何からやったら良いですか?

      ↑うーん、結構難しいご質問ですが
      取り急ぎ思うのは
      まず「トレードする時間を当面固定」すること。

      僕がYouTubeでやっている時間帯は
      動きの出やすい時間帯で、なおかつ慣れると「読みやすい」時間帯でもあります。

      「読みやすい」につきましては
      日々同じ時間帯を観ているからこそでして、
      ここ、前回もお話している部分ですが、とにもかくにもまずはここから。

      それと、MAに固執し過ぎな可能性も少し感じますので
      「MA+水平線」など根拠が複数合致したところをなるべく扱う、

      あるいは4月15日(木)のYouTubeで
      一番最初にやっていたオージーのように
      「狭いレンジから水平線を通貨シリーズで一斉に抜けたブレイク」
      このような場面に特化するとスンナリ勝てる経験が増え、
      自信も付けやすいのではないか?と想像します。

      で、このようにいくつか「こういう場面をやる」と決めた際、
      「それ以外はやらない」で統一することも重要かなと。

      やっていくうちに
      「ルール的に手が出なかったが、イケそうな雰囲気を感じた」
      こういう経験も生じるかも知れませんので
      その際は「やったつもり」でその後の推移をウォッチ。

      で、やっていたら勝てていた、ということが多いようなら
      そのような場面も「自分だけのポイント」として採用して良いように思います。

      なぜこの話をするのかと申しますと、
      「教わって」も腑に落ちないことってモノゴトには多く、
      自分が直接目にして感じる「感性」も大切にすべし、という考えが僕にはあるからです。

      仮に他人様から見たら邪道なやり方でも
      自分にとっては相性の良いパターンというものがあって然りです。
      というか、僕はそればかりでした(笑)

      今でこそ「及川式」なんて言ってもらってますが
      昔は僕のやり方って邪道邪道と散々言われたもんなんです。

      話を戻しますが、
      キーワードは「絞る」ですね。

      時間帯もそうですし、やるべきことも絞る。

      絞って上手く行くようになったと、
      徐々に打ち手を「広げる」
      こういう手順がトレードに限らず必要ではないでしょうか。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもありがとうございます。
    今回も多くの方がたくさんの利益を得られているとのこと、
    本当に素晴らしいプロジェクトなのだと敬服いたします。

    さて、定例の勝手なご報告です
    たっくん@2021.4.9~4.16実績…99%増(実質▲2.2%減)

    先週は「ある日のトレードを除けば」2%ほど利益を減らした週となってしまいました。
    その「ある日」ですが、デモ口座と間違えて本番口座で高LOTを入れてしまいまして
    数字だけで言えばトンデモナイことになってしまいました。
    (すんなり勝てたトレードでよかったです。。。)

    前回「収縮と拡散」について質問させていただき、以前の投稿へのご回答も踏まえて
    現在はMAの距離感について自分なりに検証しながらやっております。
    たくさんの有効な手法はありつつも、自分ではまだまだ使いこなせないため
    師匠の天才チャートを「モノにできる」ように精進していきます。

    • たっくん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >デモ口座と間違えて本番口座で高LOTを入れてしまいまして
      数字だけで言えばトンデモナイことになってしまいました。
      (すんなり勝てたトレードでよかったです。。。)

      ↑これは、、、本当に上手く収まって良かったですね(汗)

      >現在はMAの距離感について自分なりに検証しながらやっております。
      >「モノにできる」ように精進していきます。

      ↑トレードは仮説と検証、そして実践からの修正
      言ってみればこの繰り返しですよね。

      というか、ここは今日現在の僕も進行形です。

      言葉は悪いですが
      ある意味「もっとシンプルにすんなり勝つポイント」
      この引き出しを増やすことを永遠の課題としています。

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。初めましてコメントさせていただきます。
    新規飲食店開店おめでとうございます。
    富山のYと申します。ハンドルネームは富山のK様からあやかりました。私もいつか及川さんと一杯交わしたいと願う、及川さんの1つ年下の54歳サラリーマントレーダーです。
    現在私は3人の子供がまだ学生なのでもともとFXに投資できる資金は少ないのでいままで溶かした金額はそれでも100万ほどのまだまだトレーダーです。

    2019年の9月にFXトレードを始めて2020年1月に及川さんの動画にたどりつき、それからは自称「及川組」です。
    無一文物語、ガチ速FX、天才チャート、プロコントローラー。コロナ過でなければ勉強会にも参加していたのは確実な組員です。
    及川さんに出会い1年と3か月・・・、やっとこさ±0が見えてきたような気がしてた4月16日、全額溶かしました・・・。

    そして昨日、藁にもすがるおもいで「はじめての海外FX」をアマゾンでDLして読みました。
    購読して感じたのは、成長していたようで基本を忘れていたということです。
    15MAが1HMAと乖離しているのにトレンド方向に「いまから伸びるー」と思い込みエントリー。速攻含み損になりましたが、反対方向に新値をつけて戻って来ました。
    ±0まで戻ったのでここで一旦利確が本来の手法なのに、「よっしゃ今からだー!」と冷静さを失い保持してあえなく大きな含み損となり、どう見てもトレンド転換と気づき損切しました。ほぼ口座全損です。

    及川さんのブログコメントなども参考にしながら自己反省すると、せっかちな性格でエントリーが早すぎるのと、同じ失敗を繰り返し懲りないところがなかなか治らないと自覚しています。
    それでもFXを止めようと思ったことは一度もないのが良いのか悪いのか・・・。
    いい加減素質がないのではと時々思う反面、「明日からまたがんばろう」と及川さんの動画見たり、昨日DLした書籍を読み返したりしながら日曜日過ごしています。
    このような状況ですが、及川さんからの力強い叱責をいただければと思っています。

    最後になりますが、いつか必ず億トレーダーになりシンガポールに居る及川さんに会いに行って、私がお礼に及川さんにご馳走できる日を楽しみにトレードを続けて行きたいと思っています。

    これからも宜しくお願いいたします。

    • 富山のY様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      ハンドルネームの主旨は理解いたしました♪
      「K」と同様、大きな資金を稼げる方になっていただきたいですね。

      >2019年の9月にFXトレードを始めて2020年1月に及川さんの動画にたどりつき、それからは自称「及川組」です。

      ↑光栄です。
      ありがとうございます。

      >±0まで戻ったのでここで一旦利確が本来の手法なのに、「よっしゃ今からだー!」と冷静さを失い

      ↑人間心理の大きなワナのひとつに
      「一度見た途中利益を割ると切れなくなる」があると僕は思っています。

      本件は一度チャラになった中、
      もう一度含み損に突入して、そのまま切れなくなった、ですよね?

      つまりこれ手法とかノウハウとかとはまったく別の
      「自身の感情」に由来した話です。

      言っておきますが、
      僕もこの「自分の感情」や「都合」によって
      何度も痛い目にあった経験があり、
      それらを回避するための「マイルール」が出来上がっていった経緯があるんです。

      例えばですが、
      チャラで一度切ったとして、
      その後もう一度入り直したか?ここが大きなポイントですよね。

      少なくとも入り直すことで
      「新しいトレード」ですので
      あるいはこのほうが損切り出来たかも知れません。

      つまり言いたいのは
      「どうすれば自分の管理が出来るか?」という話でして、
      ここは教わるより「自分で見出す」ほうがはるかに早く、
      また的確なやり方に出来るはずです。

      「やるべきこと」ももちろん大切ですが
      それ以上に『やってはいけないこと』の洗い出し&実行こそが重要です。
      もっともこれ、充分ご理解済かと思いますけど。。。

      見栄えも悪いはずなので、なかなか強くオススメはしにくいですが
      それでもこの『やってはいけないこと』は
      書き出して常に目の届くところに置いておくくらい出来ると良いように思います。

      で、危うくハマりかけたその際、
      その張り紙の内容通りに損切りをし、
      ドハマりせずに済む経験を得た時点で
      「損切りしたのに気持ち良い感覚」を覚えるかも知れません。

      で、そういった経験こそが
      その後長く継続出来るトレーダー生活における
      真の第一歩になる・・・

      少々大袈裟な表現ですが
      けど、そんな風に思ったりもしますね。

      >私がお礼に及川さんにご馳走できる日を楽しみにトレードを続けて行きたい

      ↑事あるごとに申し上げておりますが
      このパターンは「僕がご馳走するヤツ」です(笑)

      達成の際には喜んでご馳走させていただきますので
      ぜひとも会いに来てください!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもお世話になります。
    マルチタイムフレーム移動平均線を私も使いたいと思うのですが、
    これを使わせていただくことはできないでしょうか?

    • 久郷さま
      コメントありがとうございます。

      >マルチタイムフレーム移動平均線を私も使いたいと思うのですが

      ↑あれ、、、
      当ブログからLINEとメルマガのご登録をされると
      インジケーターが無料でもらえる仕組みのはずです。

      もしご不明な点等ございましたら
      info@fxism.jp
      お手数ですが
      こちらまでお問い合わせをお願いいたします。

      運営事務局のスタッフが対応いたしますので。

  • いつも大変お世話になっております。

    漫画版、早速Kindle版で購入しました。
    前作のガチ速よりも更に理解し易い内容となっており、良い復習の機会をいただきました。ありがとうございます。

    先週、M.S.C参加後にしっかりPIPSを取れるようになったご報告をさせていただきましたが、木曜日と金曜日で全損させてしまいました。取組に泥を塗る結果になってしまい、大変申し訳ございません。

    折角の教えを無にしてしまっているのが悔しすぎて、土曜、日曜で再度勉強し直している次第です。

    原因は結果的に「M.S.Cのルール逸脱」と「調子に乗ってハイレバエントリーをし、更に逆行損切りが直ぐに出来なかった」という典型的な負け方をしてしまった事にあります。

    明日以降はルール逸脱をせずじっくりと見極めてエントリーをしていく、ということを「意識的」に行っていきます。

    この「意識的」ということができないと、結局はルール逸脱をすぐにやってしまい、大衆と同じ動きをしてカモになってしまうと先週で思い知らされました。

    人によってこの部分は違うでしょうが、己を知るということが本当に大事なんだなと痛感した次第です。

    今後ともご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

    • nontan様
      コメントありがとうございます。

      >漫画版、早速Kindle版で購入しました。
      前作のガチ速よりも更に理解し易い内容となっており、良い復習の機会をいただきました。

      ↑こちらのほうこそありがとうございますm(_ _)m

      >木曜日と金曜日で全損
      >原因は結果的に「M.S.Cのルール逸脱」と「調子に乗ってハイレバエントリーをし、更に逆行損切りが直ぐに出来なかった」という典型的な負け方

      ↑そうでしたか。。。

      少し上のコメントで
      「theshow」さんとのやりとりがあるのですが
      ぜひともご一読お願いしたいです。

      今後取り組む上で大変重要で
      またnontanにとってもアタマにしっかり刻み込んでおくべき内容では?
      そのように想像もしておりますので。

      >己を知るということが本当に大事なんだなと痛感した次第です。

      ↑ここは、、、本当にそうなんですよね。
      トレードやってる人間の共通テーマです。
      もちろん僕も含めてです。

      取り急ぎ僕からは以上ですが
      今後もなにかありましたら遠慮なくメッセージをお寄せください。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。mediusと申します。
    初めてコメントさせていただきます。
    動画・ブログ共に楽しみに拝見させていただいております。

    私は自分とこの国の将来に不安を感じ、仕事以外に収入を得る方法としてFXを勉強
    し始めました。私はパート仕事で貯金こそありますが、大きな収入は期待できません。
    初めてまだ1年ほどです。このサイトにも勉強中にたどり着いたのですが、まだ全てを閲覧することは出来ていません…

    私はまず初期資金として、現金・ボーナス合わせて40万ほどで開始しました。
    最初こそ運などに助けられ、大きく利益を伸ばしたこともありました。ですがやはりどんどんと負けが膨らみ、ついに口座の残り資金僅かというところまで来てしまいました。

    今現在、2つのことで悩んでいます。

    一つは、このまま続けるべきかということです。
    また資金を入れたとしても、今のままでは再び負けて失うだろうという事が何となくわかります。
    ならば成果の出ないFXに見切りをつけ、もっと他の事を勉強する時間などに当てたほうがいいのではないかと考えてしまいます。
    しかし私自身、FXには可能性を感じており、負けず嫌いな性格を相まってこのまま辞めるのもどうなのだろうか?とも思っています。

    そしてもう一つは、FXに資金を投じること、収入を得る事が、良いのかどうかという事です。
    せっかく自分のお金を出すのなら、私はその資金が少しでも世の中の役に立ってほしい。
    このような場所で書く悩みではないかもしれません。ですがFXのギャンブル性の高さ、投機的な商品の性格、そして投資と違い、自分のお金が社会の役に立てているという実感が得難いのも確かです。

    質問なのですが、及川先生にもこのような迷いを持った時期はあったのでしょうか?
    その時はどのような決断をされたのでしょうか?
    また、先生はFXが投資か投機か、FXに資金を投じることが社会に貢献することになるかどうか、お時間がある時、よろしければお考えを聞かせていただきたいと思っています。
    長文失礼いたしました。

    • medius様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >一つは、このまま続けるべきかということです。
      >成果の出ないFXに見切りをつけ、もっと他の事を勉強する時間などに当てたほうがいいのではないかと考えてしまいます。
      >しかし私自身、FXには可能性を感じており、負けず嫌いな性格を相まってこのまま辞めるのもどうなのだろうか?とも

      ↑誤解を恐れずに僕の感性のみで言わせていただきますと、
      トレードを続ける最大のエネルギーって
      なんだかんだ「相場が好き」って部分じゃないかと思うんです。

      何度転んでも「やっぱり好き」だから克服への道を再び選ぶ、
      その繰り返しで気づけば勝てるようになった、みたいな人は
      僕が観ている限り多数派です。

      中には惰性やお金になるから仕方なく、、、なんて人もたまにいますが
      けど、そう言う人も克服中の時点では相場好きだったケースの方が断然多い、
      ここは推察も含みますが、そのように僕は思っています。

      つまり、トレードに対しある意味における深い愛情や情熱がそこまでないのであれば
      結局途中で心が折れてしまう可能性が高まるのでは?なんて思うわけです。

      目先の対応で一番合理的なのは
      「とりあえずいったんやめる」ではないでしょうか。

      で、やめた生活のほうが平穏で
      日が経つに連れ、トレードのことなどアタマからどんどん薄くなり、
      もっと他に情熱を傾けられることが見つかるようなら
      そのまま相場から離れるのが自然ではないかと想像します。

      要するに「無理してまでやるものではない」という話かなと。

      >もう一つは、FXに資金を投じること、収入を得る事が、良いのかどうかという事
      >FXのギャンブル性の高さ、投機的な商品の性格、そして投資と違い、自分のお金が社会の役に立てているという実感が得難いのも確かです。

      ↑ここは一定以上の真理かなと僕も思います。

      あのホリエモンこと堀江氏は以前テレビ番組で
      「株投資はまだ社会性もあるがFXはゼロサムでしかないので社会性に欠ける」
      みたいな発言をしたことがありました。

      あの方は大変アタマが良く、合理的な考えをお持ちですが
      本件、一理あるなと僕もテレビを見ながらそう思ったものでした。

      >先生はFXが投資か投機か、FXに資金を投じることが社会に貢献することになるかどうか、

      ↑FXのトレードが直接社会に貢献するのか?については
      正直「そこ」について思案することはありません。

      強いて言うならば、
      FXにも「業界」というものがあり、
      数多くの取引会社がユーザーからの手数料で食っています。

      またそこに従事する多くの社員がいることを鑑みますと、
      まったく社会に貢献していない、とは言えないはずです。

      ちなみに僕の場合、
      「欧米の投資筋から日本の個人投資家は搾取され続けている」
      ここに大きな憤りをかねてから感じており、
      「ナメんじゃねぇぞ、こら!」みたいな
      早い話、見返してやりたい気持ちが意固地になっている部分が結構ありました。

      その気持ちが高じて現在のような活動につながっているとも言えます。
      (ちょっとカッコつけすぎですが)

      結論的なお話をさせていただきますと、
      FXトレードそのものにあまり大きな社会性はないかなぁというのが
      僕個人の感覚です。

      ただし、そこで得た資金をどう使うか?
      ここについては大いに可能性を感じます。

      僕はトレード以外で今のような資金を稼ぐことは出来ないので
      逆に言うと
      「僕の中でもっとも稼げるトレードで稼ぎ、その稼いだカネで何が出来るかが勝負」
      ここに社会性を見い出せたら、そのように思っています。

      あまり参考になる話か分かりませんが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。
    練馬のJと申します。

    初めてコメントさせて頂きます。
    いつも本当に為になる情報ばかりを発信して頂き、心より感謝申し上げます。
    昨年9月よりfxを始め、YouTubeで直ぐに及川先生に出会える事が出来、天才チャート、プロコン、大百科、書籍、全ての情報を受け取らせて頂いており、今回のMSCは勿論即決させて頂きました。
    新しい書籍も勿論購入済みです^ ^

    及川先生の情報は借金してでも買う!と以前から決めておりましたので即決!(今回は自費で購入しております笑)

    そして手に入れやっぱり大正解…
    とんでもないものを手に入れた感…
    そして過去全損食らったあの日、唖然と何も出来なかったその真逆の事が16日金曜日に訪れ…
    ポンド1番下から合わせ計450pips取れました…

    本当に凄すぎますK氏。。
    K氏本当にありがとうございます!

    MSC参加後は今までよりも早く起き、チャート確認、携帯mt4にラインを引き、またチャート保存画面を自分宛にメールを飛ばし、仕事に向かう、仕事中は常にスタンバイ、そんな日々を過ごしております。

    まだまだご報告出来る様な利益は取れてはおりませんが、及川先生に出会えて今は相関逆相関が見れる様にもなり、勝ち逃げ最強を肌で感じ、日々着々と成長出来ているなと感じております。
    そしてまた、行き詰まった時は何故だかブログコメントにヒントがある…
    何度救われた事かわかりません笑

    今は相場が大好きです。
    勝てば少し自信を頂け、負ければ成長の場、どっちに行ったっていい…先ずは1年相場に慣れよう。今はそんな穏やかな精神状態で日々トレードが出来る様になりました。
    どれもこれも及川先生が本物の情報発信をし続けて頂けたからだと心の底から感じております。
    本当にありがとうございます。

    そしてMSCプロジェクト、K氏に甘えるのではなく、学ぶ姿勢を第一に日々取り組んで行きます。
    この度はとんでもないチャンスを与えて頂き本当にありがとうございました。

    またfxism事務局の皆様、いつもありがとうございます。

    p.s 近い将来、しっかりと利益を得た上で先生のワインレストランで乾杯したいです。
    そして私はこの先もずっと及川組です。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

    • 練馬のJ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >昨年9月よりfxを始め、YouTubeで直ぐに及川先生に出会える事が出来、天才チャート、プロコン、大百科、書籍、全ての情報を受け取らせて頂いており、今回のMSCは勿論即決させて頂きました。
      新しい書籍も勿論購入済みです^ ^

      ↑なんと、、、(汗)
      まずはこの場をお借りし心より御礼申し上げます。
      ご信頼いただき本当にありがとうございます。

      >過去全損食らったあの日、唖然と何も出来なかったその真逆の事が16日金曜日に訪れ…
      ポンド1番下から合わせ計450pips取れました
      >本当に凄すぎますK氏。。

      ↑なんだかスタートダッシュがかなり効いたみたいですね。
      本当に良かったです。

      ただし!
      他の方にも念押しでお話をしていますが
      「勝つ時ばかりではない」
      「必ず負けも混在する」という点については
      今のうちにアタマに置いておいてください。

      特に注意していただきたいのが
      例えば「レポートで買い」と書いてあったことがアタマに残り、
      突っ張りまくって損切りをしない、などです。

      そうではなく
      「基本、勝つことの方が多いのだから
      逆に損切りはスッキリ済ませておこう」
      このような思考を平時からしておいて欲しいわけです。

      >今は相場が大好きです。
      勝てば少し自信を頂け、負ければ成長の場、どっちに行ったっていい

      ↑頼もしいお話ですね♪
      僕もいまだに「相場好き」です。

      で、しつこいそうですが
      ゆえに、上述の部分はしっかりと!でお願いしたいですね。

      >近い将来、しっかりと利益を得た上で先生のワインレストランで乾杯したいです。

      ↑僕もそんな日を楽しみにしているひとりです。
      まだしばらくはコロナで思うように動けませんが
      必ずや落ち着く日が来る、
      そう信じて今出来ることをコツコツやっていきたいものですよね。

      このたびは
      お気遣いに溢れたメッセージをありがとうございます。
      こちらのほうこそ
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画で楽しく勉強させてもらってます。
    「マンガでわかる はじめての海外FX」も楽しく拝読させていただきました。自分はデイトレ大百科、TRIBEで及川式の勉強をしていたのでほとんど内容は知っていましたが、新たな気付きや忘れていたことを思い出したりと自分もまだまだだと改めて感じました。
    ストーリー仕立ての漫画での勉強が初めてだったので面白かったですし、及川先生は顔がかっこよくなっていると仰ってましたが自分は似てると感じました。

    ここ最近株高、ビットコインの暴騰などの影響なのかわかりませんがYouTubeの広告に自動売買の広告など投資関係の広告が多発していたり、昨日カフェの隣の席で「FXを始めようと思う」「ETFや投資うんぬんかんぬん」などと話している中年の男性を見かけたりと素人が多く市場に足を踏み入れているような気がします。
    2017のビットコインバブル崩壊や最初のFXブームなどもこのような感じだったのかなと想像しています。
    及川先生の普段の発言の「FXはいかに退場しないか」「まず一周回ってみる」等の意味を肌で感じて理解し始めています。そしてここまで続けてきた自分をほめたいと感じました。
    素人の過熱感はどの程度から危機感を持つのかなど及川先生目線で何か助言をいただきたいです。

    最後に、ずっと香港のK氏が誰かに似ていると感じていたのですが巨人の高橋由伸元監督に似ていると思いました。

    これからもご指導よろしくお願いします。

    • ジラール様
      いつもコメントありがとうございます。

      >「マンガでわかる はじめての海外FX」も楽しく拝読させていただきました。

      ↑まずはありがとうございます。

      >自分は似てると感じました。

      あらま・・・ホントですかぁ、
      恐縮です(汗)

      >YouTubeの広告に自動売買の広告など投資関係の広告が多発

      ↑コロナのせいで企業の広告出稿自体が大きく減少したため、
      審査がユルくなったという事情もありそうです。
      以前は投資系の広告はなかなか表示されなかったと聞きますので。
      まぁ皮肉な話ですよね。

      >「FXを始めようと思う」「ETFや投資うんぬんかんぬん」などと話している中年の男性を見かけたり

      ↑これも例えば中田あっちゃんのYouTube動画などの影響もあるかも知れませんね。
      というか「副業しないといけない」みたいな危機感が世間全体で大きくなっている、
      そんな背景もあるのではないでしょうか。

      >「FXはいかに退場しないか」「まず一周回ってみる」
      >ここまで続けてきた自分をほめたいと感じました。

      ↑ここはとても重要だと思います。
      「知っている」ことのアドバンテージはとても大きく、
      いや、大きくなければならぬモノ、ですので。

      >素人の過熱感はどの程度から危機感を持つのかなど及川先生目線で何か助言をいただきたいです。

      ↑そうですねぇ、株やビットコインなどの「現物系」については
      だいぶ危機感を感じてまして、僕は当面手が出せないかなと思っています。

      けどFXに関しましては
      「ガチホ」などとは無縁のやり方をしていますので
      デイトレ組はそんなに意識する必要はないように思っています。

      >ずっと香港のK氏が誰かに似ていると感じていたのですが巨人の高橋由伸元監督に似ていると思いました。

      ↑あぁ・・・なるほど。
      言われてみれば似たタイプかも!
      今度本人にも伝えてみます♪

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠!

    お世話になっております。

    で、一つクレームです。

    先週末出張でネット環境が有りませんでした。

    で楽しみに帰宅したら募集終了。

    限定は分かりますがせめて曜日を変えて二回くらい募集して欲しかったです!

    • SOMPOのK様
      コメントありがとうございます。

      >先週末出張でネット環境が有りませんでした。
      で楽しみに帰宅したら募集終了。
      限定は分かりますがせめて曜日を変えて二回くらい募集して欲しかったです!

      ↑おっと、そうでしたか(汗)
      ここは正直参りました。

      ちなみに、銀行振込でお申し込みの方で
      着金のない人がキャンセル扱いになると聞いています。

      あまり大きな声では言えませんが
      もしご面倒でないようでしたら
      一度事務局宛てに確認していただけると助かります。
      (僕が動くわけにはいかないもんで・汗)

      info@fxism.jp
      あるいはタイミング合えばキャンセル枠があるかも知れませんので。
      (なかった場合はすみません)

      とりあえず言い訳をさせていただきますと、
      今回は本当にあっという間でして^^;;
      どうかご容赦のほど!m(_ _)m

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    furuと申します。
    いつもYouTubeやブログを拝見させていただいております。
    また、この度は書籍の刊行おめでとうございます。
    及川先生が漫画になるとのことで、早速私も購入させていただこうと思っております。

    今回及川先生にぜひともアドバイスをいただきたいと思い、初めてコメントさせていただきました。

    FXを始めて半年程が経過したのですが、なかなか上手くいかず成績が向上しません。
    昨年の11月に及川先生の書籍、『ガチ速FX』に出会ったことがきっかけでFXを始めました。
    その後デイトレ大百科も購入し、全ての講義を3周視聴し、内容はほぼ全て頭には入っているつもりです。
    手法はデイトレ大百科を元に、これまで全てのトレードを記録し、その中でうまくいっているものを取り入れ自分なりにアレンジしています。
    及川式+αといった感じです。

    取引時間は東京、欧州、NY時間のそれぞれ最初の2時間程です。
    (仕事はフリーランスのため、トレードをやらない空き時間にやっています。)

    エントリーは、東京時間は揃った通貨の密集MAの抜けでエントリー、もしくは抜けた後の押し目買い・戻り売りでエントリー。
    欧州、NY時間は、動きが出ていない場合は東京時間と同じ、動きが出ている場合は伸び切った通貨の転換(例えば、円シリーズが全て50〜100pips程下げた状況から、黄緑線まで戻り、黄緑線を割ったあたりで買いのエントリー)でエントリーしています。

    その他のルールは以下になります。
    ・1回のトレードは20分〜30分(状況によっては1時間程かかる場合もありますが、長くても1時間までです。)
    ・リスクリワードは1.5:1以上。
    ・一日50pips以上負けたらその日はやらない。
    ・一日+30pips目標で、30pipsを越えたら勝ち逃げでそれ以上はやらない。

    悩みとしましては、自分がエントリーした途端逆に行ったり、円シリーズで動いていたのに突如ポンドが強くなり、ポンド円が逆を食うみたいなことがとても多いです。
    オージーはまだその傾向が弱い気がするので、オージー円、ユーロオージー、ポンドオージーはプラスですが、それ以外は全てマイナスです。
    特に円シリーズ、ドルシリーズが酷いです…。
    騙しに遭うことが多く、自分がエントリーしたら逆に行くのが定番化しています。

    これまでの成績としましては
    2020年12月 -73.7pips 勝率46%
    2021年1月  -404.87pips 勝率55%(これはリスクリワードが悪すぎました。)
    2021年2月  +373.9pips 勝率58%
    2021年3月 -100.5pips 勝率45%
    2021年4月(4月19日現在) -188.5pips 勝率47%
    ※12〜2月はデモ口座、2月の成績が良かったので3月〜リアル口座に移行した、という感じです。

    資金は50万円スタートで現在10万弱マイナスです。
    大負けで資金全損が怖いので、国内口座でトレードしており、大体1pipsあたり400円程度のレートでトレードしております。
    ポジションは最大2ポジまでしか持てません。
    証拠金が増えればlot数を上げていきます。

    週末には全てのトレードに対して何が良かったのか、何が悪かったのかを自分なりに反省し全て記録し、次回以降のトレードに活かせるように心がけています。
    まだまだ始めたてですぐに結果が出るわけがないとはわかっているものの、やはり結果が出ないと焦ってしまい不安になってしまいます。

    自分はコツコツ積み上げていくタイプだと自負しており、調子に乗ってハイロットで大勝負!!みたいなことをすると失敗するタイプなのでコツコツと積み重ねて行こうと思います。

    これまでの人生何をやっても上手くいかず、今度こそはと意気込んでFXに取り組んでいますが、現状あまりうまくいっておりません。
    自分はそういう星の元に生まれたんだと悲観的になっていたところで、ちょうど先日の「理想と現実のギャップに悩む全ての人へ」という動画を拝見させていただき少し救われた気がします。

    自分の目標は億トレーダーになり、シンガポールで及川先生にその報告をすることです。
    その際は感謝の気持ちを込めてぜひご馳走させてください!!

    お手数ですが、またお忙しい中大変恐れ入りますが、お手隙の際に上記に関してアドバイス頂けますと幸いです。
    何卒よろしくお願いいたします。

    • furu様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。

      >オージー円、ユーロオージー、ポンドオージーはプラスですが、それ以外は全てマイナス

      ↑最初のうちはオージーの勝率が低い方からの報告が多く、
      こちらは少し意外と感じました。

      東京、欧州、NYとすべての時間帯をやっているそうですが
      ご自身にとってやりやすく感じる時間帯ってありますでしょうか?

      それぞれ特徴が大きく異なりますので
      個人的には時間帯を絞り、その時間帯に集中するところからのほうが
      良いように想像しているんです。

      ここは時期によって異なる部分もありまして、
      例えばFXデイトレを始めた当初の僕は東京時間が最も得意で
      欧州が一番苦手意識を持っていました。

      が、近年は断然欧州序盤がやりやすく、
      この時間帯ならトータルで負ける気がほとんどしないくらい
      「理解」や「見える感」が強いです。

      おそらくはポンドへの理解がかなり増したからでは?と
      自分では分析をしている次第です。

      このように
      「得意な時間帯」「得意な通貨ペア(または通貨シリーズ)」を
      まずは固めていくこと、
      ここに集中されることをオススメしたいです。
      ※僕の場合はそのせいで「ユーロ」を触る機会が極端に減りました。

      さて、、、
      ここからはモノ凄~く品のない例えバナシで失礼します。

      僕はかねてからデイトレを恋愛に例えることが多いのですが、
      例えば今年56歳になる僕の場合、
      かれこそ20年以上、一般職の若い女性となど出会う機会はそうありません。

      で、結果的にいわゆる「飲み屋の女の子」になるわけですが、
      そうなると必然的に飲み屋の女の子と接する機会ばかりとなり、
      彼女たちのニーズや特徴、どういう話をすれば良いのか、
      あるいはどのような対応をすれば良いのかは概ね分かります。

      このため、仮に口説こうとしたとして、
      そこそこの成功率があると言えます。
      (実際に「ある」という話ではありませんが・笑)

      そんな中、
      その口説き方を一般OLの女の子にそのままスライドをしても
      まず間違いなく通用しないはずです。

      これをFXに例えるなら
      「時間帯=人種や職種の違い」「通貨=性格の違い」
      僕の中ではこのようなイメージなわけです。

      例えば「FXデイトレ全体を攻略」しようとする行為は
      言うなれば「全女性を口説けるノウハウ」と同義で、
      上述の話から、これって実は果てしなく難しいとも言えますよね。

      本件の例題で言うのなら
      今の僕に必要なのは「全女性を口説けるノウハウ」ではなく
      「キャバ嬢を口説けるノウハウ」だという話なわけです。

      このように「特化」を意識し、
      「特定のジャンルを極める」ことが大切ではないか?
      本件はそのような例えだとご理解ください。
      (ゲスで申し訳ありませんけどね・苦笑)

      こんなアンサーで大丈夫でしょうか?^^;;
      取り急ぎ僕からは以上です。

      >自分の目標は億トレーダーになり、シンガポールで及川先生にその報告をすることです。

      ↑はい、その日が来るのを待ってます!
      どうか僕までたどり着いてください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、お疲れ様です。
    本日のYouTubeに載せて頂き、誠に有難うございます。
    週末BTCUSDをやって見ましたが、エントリー直後にパソコンがいきなり再起動しますと出て電源切れっ放しになり、中々復活出来ない状態になり、その後にやっと起動したら資金の殆どが消えてしまいました…
    その後に頭テンパってエントリーし、結局全損しました。
    したがってもう一度、1から勉強し直します。
    損切りルールの徹底、メンタルや資金管理など再びやり直し、勝率6〜7割目指します。
    勝率100%程怖いものは無いと、自覚しました。

    BTCUSDは普通のFXの流れとは違う物ですかね?
    やっぱり投資なので、基本は同じでしょうか?

    • いさみっくす様
      コメントありがとうございます。

      >本日のYouTubeに載せて頂き、誠に有難うございます。

      ↑こちらこそ、
      勝手にご紹介する形となり申し訳ございませんでした。

      >エントリー直後にパソコンがいきなり再起動しますと出て電源切れっ放しになり、中々復活出来ない状態になり、その後にやっと起動したら資金の殆どが消えてしまいました

      ↑なんと・・・
      これは完全なる事故ですね。

      >損切りルールの徹底、メンタルや資金管理など再びやり直し、勝率6〜7割目指します。
      勝率100%程怖いものは無いと、自覚しました。

      ↑勝率が高いこと自体に問題があるわけではないですからね。
      問題は「損ばかりがデカくなる状況や体質」のほうですので。
      そのあたりも含め、検証に活かして欲しいと願っております。

      >BTCUSDは普通のFXの流れとは違う物ですかね?
      やっぱり投資なので、基本は同じでしょうか?

      ↑正直、現在のBTCは
      僕から見るとテクニカルはあまり関係ないイメージです。
      ですので僕は現物以外で触ることはありません。

      ただし、僕はそこまでしっかり見続けていないからという部分もありまして、
      もし取り組んでる人にとって、なんらかの法則性などがあるようでしたら
      そこを突くことに異論はありません。

      今回は以上とさせていただきます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    成功前にまた戻ってきてしまいました。

    以前の投降後損切しながらも徐々に増やしていっていたのですが
    先週末までのドル好調に味を占めて金曜1割の損でルール通りに切れたのですが、
    香港K氏予測でポンド買いと言っていたのにまた売ってしまい、
    200pipもあげると思わず、連敗は許されないと我慢して
    結局最後そんぎってかけらしか残りませんでした。
    計1000pip負けという見たことのない桁に(苦笑
    米国長期債の金利低下もドルの弱さに影響大きかったでしょうか。

    今のスタイルですが、仕事終わりの18:30~24:30で、
    ポンドル取引で95パーセントショート、選択肢がないときロング、
    通貨強弱基準に足1~4本程度で複数回(20-30回くらい)で50pip平均稼ぐ感じです。
    500000円0.50ワンショット、最大10ポジ程度。(破綻時は20近くやってしまった・・)
     →超短期の予測は意外にできることに気づき、反対に長期分析苦手で
      なおかつ、お師匠の言葉を借りるなら、相場を信用できないという考えから。
      足4本も長く持っていると不安になります。

    通勤帰り~20:00までタブレットでながめて明らかに入れそうなら
    目安の10pips程度稼ぐ。
    21:00~ 指標などを見ながらPC MT4+プロコンで勝負。

    それで、ここから質問です。
    やりなおしに際してです。
    先生ならどれを選ぶでしょうか・・・
    手元には60000残ってます。

    パターン1
    残った60000円でリオンちゃんのように徐々に力をつけて逆襲。
    (ただし、2年程度は億まで覚悟)
      ※スタート日利2500円程度ですね。

    パターン2
    6月に資金ができるので
    大半の500000円+かけら60000円の560000 0.50 1ショットでリスタート
     ※日利25000目安

    パターン3
    その資金を半分に分けて(生活資金か、この31万の崩壊時のバックアップ)
    250000円+かけら60000の310000円で再スタート。

    パターン4
    夏期・冬期の資金を合わせて計1000000円 1.00ワンショットでリスタート

    正直少々疲れたので、1はいったんやめて少し休もうかとは思ってはおりますが、お師匠が上記選択を選ぶことになった場合、どうするでしょうか・・・

    泣き言など言ってられないのですが、FXをやっていることを周りにもいっていないので、おこがましいのですがここでだけ泣き言わせてください。

    月曜から仕事だったのですが、日曜になんだかねれず一睡もしないで
    仕事に行き、判断力鈍った状態でトレードに入ったわけです。
    途中までプラスで、そこからのポンド一斉上げに気づかず耐えようという無茶を。
    悔やまれます。
    1日やらなくても相場は逃げないのですが、ついつい先を急ぎたく。

    順調に20~50pips毎日とって、来年度初頭には1億が見えていたのですが・・・
    お師匠の先日の動画ふたつにまたしても当てはまってしまいました。
    ①ダイエットのネタ…積み重ね。急にはいかない ②月曜の動画…100%の勝率は危険

    先は遠いです、お師匠やリオンさん、ほかの専業トレーダーの方々まぶしくてみえません。

    これを書かせていただいたことで今日は寝れそうです。誤字脱字あったらすみません。

    あきらめずまだまだやります。新刊も購入する予定です。(ガチ速はもちろん所持)
    よろしくお願い致します。

    • Phoenix様
      いつもコメントありがとうございます。

      >計1000pip負けという見たことのない桁

      ↑なんと・・・
      さすがにちょっとコメントしにくいですね。

      このあともう一個コメントを頂戴しているようなので
      ここではパターン1~4について。

      僕ならですが、以下のどれかを検討するかなと思いました。

      1.60000円リスタートを10万円に増やせた時点で
      20万追加で30万にて本格リスタート。

      2.50万のうちの24万だけ使い30万からのリスタート

      いずれにしましても
      投入出来る資金は残しておくと想像しました。

      さらに、
      ここは昔の僕がやらなかったことなので
      言って良いのか分かりませんが、
      やはり多くの方の傾向を鑑みた際、

      例えば「2」で30万が60万になった時点で一度30万は出金。
      もう一度30万から再度リスタートが良いように思ってしまいました。

      おそらく「かったるい」とお感じになると思いますが、
      それでも「生涯プラ転」まではその確保を優先する組み立ての方が
      結局メンタル管理的にも良いのではと思うんですよね。

      というか、複利的思考で考えた際、
      どのみちどこかのタイミングから成長曲線がブレイクするわけで、
      その下積みを今のうちにどっしり構えて取り組む、
      という考え方はあって良いと思うわけです。

      時間はかかるものの、
      それによって以降の成績がより強固になる!
      時間を「かけた」ことで以降「より強いトレーダー」になれる。

      このような強い意思を持つのはアリではないでしょうか?

      今回の悔しさは尋常ではないと想像出来ますので
      すでに今後への戒めは充分かも知れません。

      で、あればご自身で掲げたプランでも良い気もしますが
      僕はご本人でない以上、どうしても安全策を採ってしまいます。

      それと、

      >1日やらなくても相場は逃げないのですが、ついつい先を急ぎたく。

      ↑ここは今後も要注意課題として残るでしょうね。

      「体調万全、集中力万全でない日はやらない!」
      ある意味ここの徹底こそをしっかりし、
      その代わり、資金量に対するロット比率を高めるのもアリ、
      みたいな考え方も僕ならするかも知れません。

      取り急ぎこちらのほうは以上です。

    • 及川師匠

      昨日のもの、感情で書いてしまったので(←これがそもそもダメですね)、
      だいぶ乱雑でしたので、捕捉させて下さい。

      ・基本はポンドルショート、師匠と同じチャートを開きドル/ポンド相関を特に監視。
      ・5分足、1~4本で終える、0.50の場合1トレード1000~3000円で利益をきちんと切り取る。2~4pips程度反対にいかれた段階でナンピン、最初のポジの手数料分まで稼いだらクローズ。通常は5ポジ程度で見切り。
      ・30pips逆行くらいまでなら、戻る自信があれば耐える。
        →これが悩みどころです。反対にこれをあっさり超えるときは
         特に10秒ポンドは10pips~20pipsいってしまうので、
         そうなると切る決断が鈍り、プロコンから手が離れてしまう。
      SLはひげ狩りを敬遠してやりたくないのですが・・・

      ・日課は50pips、損切りは100pips
       (以前言われた心地よいpips数は30pips程度なので今後は落とします)

      課題は、
      買えるか(ロング)/どんなに一気にマイナス行かれても/条件のいい通貨を・・・
      でしょうか。

      ・万一MSC2期があるようなら本気で参加を検討します。

    • Phoenixさま

      >2~4pips程度反対にいかれた段階でナンピン

      ↑ここ、もう少し幅を取れませんでしょうかね?
      あるいは最初のエントリーをもう少し引き付けるようにするか、です。

      もっとも僕も「行かれてしまった用」で打診から入るわけですが、
      その場合、このPIPSでのナンピンは早いのではないかと懸念しました。
      (ただし、僕が余計なことを言って
      これまで上手くいっていることを崩すのなら取り消します)

      >・30pips逆行くらいまでなら、戻る自信があれば耐える。
        →これが悩みどころです。

      ↑状況にもよるでしょうが
      この位置って「ガチのトレンド転換との境目」くらいですよね?
      だとしたら

      1.いったん切っておき
      2,ある程度のPIPSをロスってでも方向を見極めて再エントリー
      (ドテンか同じ方向かの究極の2択)
      まぁドテンについては通貨シリーズ全体を見てとなりますが。

      >課題は、
      買えるか(ロング)/どんなに一気にマイナス行かれても/条件のいい通貨を・・・

      ↑ショートのイメージしかない、、、
      そんな中で下げてくれない時のロングはチャレンジ出来ると良いでしょうね。
      普段は封印でOKだと思いますが。

      >・万一MSC2期があるようなら本気で参加を検討します。

      ↑さすがに始まったばかりなので2期はまだ検討すらしていませんが
      もし開催の際、Phoenixさんが良い感じで復活出来ているなど
      結果的にタイミングばっちり!
      みたいな展開になると良いですね。

      そういう流れになることを強く望みます。

      それでは!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。

    先月に及川式を強く勧めてもらいましたので動画を見ながら勉強しています。
    日本語がネイティブではないのでよくわからない部分もあるのですが、ひとつだけすごく納得出来たのでそればかりやっています。

    時間は東京とNY中心にやっています。そして、先生の言っていたMAの密集からの離れを毎日やっています。

    私の4月の成績は321回トレードして勝率56%なのでまだまだよくありません。
    4万円を入れてロットは0.02でやっています。

    平均利益142に対して平均損失が-188円です。 
    maximum draw downは19%です。
    リスクリワードが合ってないですね。

    そのため、途中でプラスになってもナンピンをして負けると一度の負けで資金の10%ぐらい無くなってしまいます。

    今はPFは0.92で少しマイナスです。

    もっともっと勉強して勝てるように頑張ります。

    そしたらまた報告したいと思います。よろしくおねがいします。

    • むっちゃん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >MAの密集からの離れを毎日やっています。
      >4月の成績は321回トレードして勝率56%

      ↑このやり方でこの勝率は正直低いと思います。
      もう少し条件を追加すると良いかも知れません。

      具体的には4月15日のYouTube動画スタート時点で保有していた
      オージーのチャートを
      動画から再度確認なさってみてください。

      あのように「狭いレンジの水平線ブレイク」
      さらには「通貨シリーズの同時ブレイク」を加味した際は
      もっと勝率も上がるはずで、
      しかももっと時間を使って利益を伸ばせる場面も増えるはずです。

      条件を絞り過ぎるとトレード回数は減りますが、
      もし上記を試して手応えを感じるようなら
      無駄打ちが激減する可能性が高まりますので試してみてください。

      >もっともっと勉強して勝てるように頑張ります。
      そしたらまた報告したいと思います。

      ↑はい、嬉しいご報告を待っています!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも動画やブログなどで勉強させていただいておりますm(_ _)m

    現在、1時間足でトレードをしています。決済は早ければ数時間以内、長ければ1、2日保有する場合もあります。
    海外口座で1,000通貨で行っており、まだ3ヶ月ではあるものの、月の収益がプラスで推移しております。
    勝率は4割前後です。

    及川先生にお伺いしたいのですが、
    勝率が低いのですが、このまま続けていても大丈夫なのでしょうか?

    自分で決めることではあるものなので、このような質問をしてしまい
    大変恐縮なのですが(>_<)、
    決済の度に、負けてるなーという印象が多く、でも結果は勝ててる場合、淡々とやり続けるメンタルを強化すべきなのでしょうか?
    またメンタルを鍛え方はあるのでしょうか??
    それとも手法を変えるべきなのでしょうか??

    いろいろ疑問が出てきてしまい、すみませんm(_ _)m

    お忙しいところ、恐れ入りますが
    宜しくお願いいたしますm(_ _)m

    • ayaさま
      コメントありがとうございます。

      >現在、1時間足でトレード
      >決済は早ければ数時間以内、長ければ1、2日保有
      >まだ3ヶ月ではあるものの、月の収益がプラスで推移
      >勝率は4割前後

      ↑なんと!!

      詳細が分からないので一概には言えませんが
      もしかしたらこれ「理想的」な内容かも知れませんね。

      要するにこれ、
      「コツコツ負けてドカンと勝つ」に近い、
      少なくともその方向に沿った結果です。

      もしそうだとすると
      僕を含む多くのトレーダーが
      「本当はそうしたいけど出来ないやり方」とも言えますよ。

      例えば僕の場合、
      「利を引っ張れない」という弱点がありまして、
      それを他で穴埋めする主旨で
      「短時間保有&ハイロット&高勝率」というスタイルにしているわけです。

      ayaさんの場合、
      利食いトレードの利を伸ばせているからこその
      「低勝率&プラス収支」という結果のはずですので、
      つまり体質的に『損小利大』ですよね。

      それこそ「あやかりたい」と願う人が多いパターンですので
      少なくとも悲観する状況ではないと思います。
      (むしろ自信を持って良いくらいです)

      >決済の度に、負けてるなーという印象が多く、でも結果は勝ててる場合、淡々とやり続けるメンタルを強化すべきなのでしょうか?

      ↑個人的には「淡々と継続」で良いと思いますね。
      まぁ欲を言えばもう少し勝率が高いと言うことなしですが、
      変にルールや基準をイジくってトレードがおかしくなるのも避けて欲しいです。

      >メンタルを鍛え方はあるのでしょうか??

      ↑少なくともプラス収支の間は
      「これでOK!」と余計なことを考えずに継続、
      つまり「鍛える必要すらなし」で良いかも知れません(笑)

      繰り返しになりますが
      やり方の詳細が分からないので「断言」は出来ません。
      しかし、
      少なくとも損失が薄く、利食いが厚いという傾向が生きている限り、
      そのやり方は「とても良い」と僕なら自信を持ちます。

      今後、あらたなお悩みなど生じた際は
      遠慮なくコメントをお寄せください。

      個人的には
      このまま良い感じで月間プラスを継続されることを期待します。

      僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    先日コメントさせていただきましたfuruと申します。
    お忙しい中ご返信いただきましてありがとうございました。

    あれから過去の全てのトレードを時間帯別に見返してみたところ、NY時間だけ成績がプラスでした。
    ですので、しばらくはNY時間に絞ってトレードしようと思います。

    もう1点お聞きしたいことがあり再度コメントさせていただきました。
    何度も申し訳ございません。

    自分は収縮→拡散を狙う際に、直近の高値(もしくは安値)ブレイクをエントリーの根拠にしているのですが、ブレイクしたタイミングでエントリーするのが良いのか、ブレイクした後少し戻りを待ってからエントリーした方が良いのかどちらが良いのでしょうか?

    現状はとりあえず1ポジエントリーし、そのまま伸びれば1ポジのみ保有。
    黄緑線あたりまで戻れば1ポジ追加をしているのですが、戻った場合は最初の1ポジが含み損になっており、エントリーしたあたりまで再度伸びる頃には次の30分や1時間に突入するので利確することが多く、追加の1ポジ分しか利が乗らずあまり利益がとれないので、それだったら最初から戻りを待てば良いのか… でも戻らずそのまま伸びてしまうこともある…という感じであまり定まっていません。

    このあたりに関してぜひアドバイスを頂きたく思っております。
    何度も申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

    • furuさま
      コメントありがとうございます。

      >NY時間だけ成績がプラス
      >しばらくはNY時間に絞ってトレードしようと思います。

      ↑そうでしたか。
      ここは相性や「イメージ」もありますよね。
      なんとなくでも自信を持って臨めることは大切だと思います。

      >ブレイクしたタイミングでエントリーするのが良いのか、ブレイクした後少し戻りを待ってからエントリーした方が良いのかどちらが良いのでしょうか?

      ↑ここは「エントリー後の立ち振る舞い」にも関連します。

      例えば4月23日の朝に公開したYouTube動画(22日深夜トレード)で
      損切り後にユーロのショートをしていますが、

      あれは「ブレイクするタイミング」こそを狙い
      一気に伸びたところを取るという考え方なので
      あらかじめ『短時間勝負』です。
      つまり短時間で決着がつかないときは危ないかも?という考えの元やってます。

      一方、その後最後にやったユーロのショートは
      「決着がついたあと」の戻しをやってまして、
      『時間をかければ勝てる』というイメージに基づいています。

      つまりどっちが良いか?ではなく、
      それぞれ戦い方が違う、という話です。

      せっかくの実演ですので
      その違いを見比べていただきたいですね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。

    当ブログ記事内で2回目の投稿お許しください。
    どうしてもこのタイミングであえて恥をさらしておこうと思い連投させて頂きます。

    といいますのも、まったくの投資ど素人から一年前にFXを始めただけの私が、K’sレポートをそのまま鵜呑みにして、例のユロポン大逆行と今週の日経225で大負けしました。

    これまでまったく触ったことのないユロポンや日経に安易に手を出し、特に日経は4月初めの30100円で買い昨日の28500円で損切りました。
    あくまで今日現在ですが見事に天井で買い底で損切り。まだ耐えても良かったのですが自分への戒めのためにすべて損切りました。

    当記事内1回目の師匠のアンサーで『クールでカッコいい投資家になって頂きたい』とありがたいお言葉を頂戴しましたので、真逆の愚行をお詫びしたいとの思いであえてご報告させて頂きます。

    この場をお借りしてK氏にもお詫び申し上げます。
    この度はK氏の素晴らしいレポートを一番間違った使い方をしてしまい本当に申し訳ございません。
    これからもレポートを大いに活用させて頂いて、広い視野を持ったクールでカッコいい『投資家』になります。

    バイアスとピボットを使った日計りトレードでは無難にではありますが順調に勝てております。本当にありがとうございます。

    今回のユロポン、日経おバカトレードとK’s式トレードで奇しくも『エントリーする時点で損切りラインを決めておく。それも手切りではなくストップ指値を入れておく事の重要性と、逆にそれさえしていれば大負けする事は絶対にない。』ということが完全に身につきました。

    大負けしないことが今の自分の1番のテーマだったのでその意味でも今回の大負けをポジティブにとらえて、今日からまた頑張ります。

    これからも宜しくお願いします。

    • 三度の飯よりメッシ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >K’sレポートをそのまま鵜呑みにして、例のユロポン大逆行と今週の日経225で大負け
      >バイアスとピボットを使った日計りトレードでは無難にではありますが順調に勝てております。

      ↑そうでしたか。。。

      最近、結構しつこく言っているのが
      「行って然りが行かぬは逆に強いを疑え」でして、
      相場が裏切る時はこのパターンが実に多いです。

      というか、
      裏切る時の「裏切り具合」はハンパないことが多い、
      こう言った方が今後の戒めになるかも知れませんね。

      サラっと言っていますが
      このお話は結構強く印象付けておくことで
      今後の投資人生に役立つ機会が何度もあると想像します。

      >広い視野を持ったクールでカッコいい『投資家』になります。

      ↑はい、上記はそのためのお話だったつもりです。
      お互いがんばってまいりましょう。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、はじめまして。
    kosu-usaと申します。
    昨夜大火傷をしました。1週間分以上の利益分の350pips以上の損失を出しました。
    決意を込めてコメントします。
    今日から「損切りできるカッコイイ俺」に生まれ変わります。
    どうぞ、見守って下さい。

    • kosu-usa様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >1週間分以上の利益分の350pips以上の損失を出しました。

      ↑そうでしたか(汗)
      けど逆に言うと一週間チョイで350PIPS取っていたわけですよね。

      自信を持つべきところは持ったまま、
      「引く時は引こう」の気持ちを常にアタマに置いておくと良さそうですね。

      恋愛と同じですよ。
      好みの相手に打診をかけ
      脈がありそうなら引っ張り、
      当たってみたもの反応がイマイチならいったん引く。

      いったん引くことで次のチャンスがあるかも知れませんし、
      引かないことでストーカー扱いされるリスクがある。

      例えがゲスで恐縮ですが
      ほとんどこれで合ってると僕は思っています(笑)

      >今日から「損切りできるカッコイイ俺」に生まれ変わります。

      ↑ぜひともがんばってください♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもユーチューブ拝見しております。

    私はTribeの受講生で、キックオフセミナーの時は一緒に写真まで取っていただいて有難うございました!

    4月22日(木)の欧州時間のトレード動画でご質問があります。
    及川先生はいつも通り各通貨のチャート形状を確認し、結果ポンド円の売りを選択し、結果すんなり利確。本当にお見事でした。

    私も同時間トレードしており、私が選択したのはユーロドル、ポンドドルの買いでした。
    根拠は、ドル円:弱含み、ユーロドル・ポンドドル・オージードルが揃って3時30分頃に1時間MAを含む密集MAを上抜けし、16時の段階でユロドル、ポンドル、オジドル全て、チャートがMAの上ありMAも全て上向き。
    さらにユーロドルが予め引いてあった直近高値の水平線を上抜きかけようとしていました。
    よってドルストレートが上に「おっぱじまる」と判断し、ユロポンが上向きでしたので、強いと思われるユーロドル、Pipsが稼げるポンドドルのダブル買いをしました。

    結果、ユロドル・ポンドルはしばらく上をつっついた後、するすると下落していき損切りとなりました。

    ポン円はチャート形状的に売り側にある事は把握しておりましたが、ドルストレートが全て上記のような状態でしたので、ユロドル・ポンドルの買いの方が優位性は高いと判断しましたが結果及川先生の見立てが正しかったです。

    動画の中で及川先生は何の迷いもなくすんなりとポン円の売りを選択したように見えますが、なぜそのような判断に至ったのでしょうか?

    お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。

    追伸:新型コロナにより、Tribeの卒業式ができなく、先生にお礼を言えないままの状態になっております。
    ワクチン等により新型コロナが終息した折には是非卒業式等、先生にお礼を言う機会を与えていただけると幸いです。

    • けいさん様
      コメントありがとうございます。
      また「TRIBE」へのご参加に対しまして
      あらためて御礼申し上げます。

      >私が選択したのはユーロドル、ポンドドルの買いでした。
      >動画の中で及川先生は何の迷いもなくすんなりとポン円の売りを選択したように見えますが、なぜそのような判断に至ったのでしょうか?

      ↑いや、僕も最初は迷ったというか、
      恐る恐るの部分は正直あったんですよ。

      ちょうどひとつ上の「ha!!!」さんのアンサーで触れたばかりですが、
      ドルストのほうは目先の上げ幅が直近高値まで近くて
      目先のリターンがイマイチだったところがポンド円ショートを選択した理由でした。

      「上昇余地」「下落余地」についてはチャートのスケールを変えることで
      見える部分があると思っています。
      ※僕は「ロング」のほうを信頼しにくい性格というのもありますが。

      >新型コロナにより、Tribeの卒業式ができなく

      ↑ここ、、、本当にその通りでして
      僕も心残りです。

      コロナが落ち着き、日本への渡航も自由に戻った際には
      ぜひリアルセミナーや懇親会でお会い出来る機会を作りたい、
      ここは切に願っています。

      その際はどうぞよろしくお願いいたします。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画、ブログと楽しみにしております。また新書籍も楽しく読ませて頂きました。本日朝の動画(欧州後のNY時間)で、やらなくてもいいんだけどで、損切りまでいってしまった時、思わず画面越しに突っこんでしまいました笑。その後に、見事取り返す所が驚きであります。。
    ご質問ですが、過去の経験ではGWの相場はテクニカルが効きづらい傾向はありますでしょうか?私自身、基本は欧州時間で、たまに東京時間のスタイルでトレードしております。

    • Kemuri様
      コメントありがとうございます。

      >本日朝の動画(欧州後のNY時間)で、やらなくてもいいんだけどで、損切りまでいってしまった時、思わず画面越しに突っこんでしまいました笑。

      ↑ホント、それですよね(苦笑)
      動画となると、つい前のめりにエントリーしてしまいがちな僕なんです。
      なので本来であれば動画なんてやるべきではないって話なんですけど、
      それ言っちゃおしまいでして(笑)

      >過去の経験ではGWの相場はテクニカルが効きづらい傾向はありますでしょうか?

      ↑欧州時間以降であれば、さほど気にした記憶はありませんが
      FXの場合、個人投資家の7割は日本人というデータもありますので
      そこを押さえた上で注意はしています。

      ちなみに東京時間は「日本市場休場」の場合、
      GWに関係なくややこしいので触りません。

      取り急ぎ僕からは以上です。

      というか、気づけばもうGWですね。。。
      時間経過の早さに驚かされました(汗)

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも大変勉強になる、また、励みになるお話を、ありがとうございます。

    短期デイトレにおける、いい意味での相場観?(みたいなもの)と、悪い意味でのマインドセット?先入観?(のようなもの)との区別とか違いについて、ご考察などあれば、ご教授を賜りたく存じます。

    相場が下降トレンドにあるのに、上げ目線のマインドセットに入っていて、ずっと逆張りナンピンを繰り返し、結果、大きく負けるというような失敗(”やらかし”?)をしてしまったことが、過去、何度かあります。
    後で見ると、「なぜ、このMAの形でロング?」と、自分の頭は狂っているのではないかと思ってしまうような、そんなレベルで・・・、です。

    一方、短期デイトレにおいても長期足とか、長期的な相場傾向とか、ファウンダメンタルズ的な相場傾向など、「相場観(と言って良いのでしょうか?)」を踏まえてトレードするのが肝要と説かれることも多く、事実、エントリー方向を間違えないために役立っていると思えるような場面も、多々ありました。

    初心者の間は、総じて自分の判断には、自信が持てません。自分は、損切りができないトレーダーではないと思っているのですが、(むしろ、損切貧乏を克服してここまで来たのですが、それでも)当然、自分の「損切の判断」についても、そんなに自信が持てるわけではありません。

    なので、

    相場観が、無意識のうちに、悪い意味でのマインドセットになってしまっていて、一瞬「損切りだ」と思っても、「いやいや、自分のチキンな判断が間違っているのではないか?」とか、「相場観に照らせば、ここは、損切りの場面ではないのではないか?」とか思ってしまい、結局、「損切りすべきでない」と考えてあえて損切りしない(実際は、損切り「できない」)、そんなパターンに陥って、”やらかし”てしまうことがあります。

    特に、TVやメディアなどで(いわゆる)権威ある人の相場観が耳に入っていたり、また、長期足チャートを見すぎたりしていても、自分の判断に自信が持てず、悪いマインドセットに引っ張られやすくなってしまいます。
    長い目で見れば、相場観が正しかったとしても、それでも、悪い結果に結びつくことがあります。

    及川師匠は、短期デイトレにおいて、「相場観」を持たれますか。どのように扱われていますか。マインドセットとの違いとか、何か、注意しておられることはありますか。そもそも、このような考え方が、おかしいでしょうか。
    何でも良いので、何かお考えのことがありましたら、ご考察を賜りたく存じます。

    何卒、よろしくお願い申し上げます。

    • R君さま
      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      全文拝見しました。
      とても繊細な表現で聡明な方なんだろうなと想像しながら読ませていただきました。

      >及川師匠は、短期デイトレにおいて、「相場観」を持たれますか。

      ↑相場観自体は持っている、あるいは意識もしています。

      本件のご相談で僕がもっとも伝えしたいのは
      「判断の更新」についてです。

      例えばロングからエントリーをし、
      それが逆行した際、ナンピン対応をすることなどで
      人は見立てが硬直しやすい、と僕は思っているんです。

      現場ではすでに下落転換しているにもかかわらず
      自分自身はナンピンまでしてしまったことで
      本能的に「ロングで取り戻せないか?」に固執しやすくなる、
      こんなイメージです。
      (僕も気をつけないと今でも起こり得ます)

      及川語録(?)のひとつに
      「今からやるならどっち?」があるのですが
      これってノーポジ時に限ったことではないんです。

      保有中であっても僕は常に
      「今」からやるならどっちだろう?を意識してまして
      これが上述の「判断の更新」です。

      一言でいうと「柔軟対応」って話なのですが
      これについてはそこそこ訓練も必要だと思います。
      なんたって相場とは「敵は本能にあり」の世界ですので。

      >(実際は、損切り「できない」)、そんなパターンに陥って、”やらかし”てしまうことがあります。

      ↑とても分かりやすいお話ですね。
      理想を言うなら、
      トレードやってる自分を見るもう一人の自分がいると良くて
      上記「判断の更新」と併せて意識を持つと良いように思います。

      「迷い」についてお話をしますと、
      合理的に解決する方策として僕は、
      「トレードヴィジョン」を挙げます。

      多くの人は縦軸(値幅やPIPS数)に重きを置くようですが
      これに横軸(時間)も加味してイメージをしておくと良いですよ。

      例えば、
      「何時頃までにここの位置で利食える場面では?」
      ここまでイメージをしておくわけです。

      時間軸も意識することで
      その時間到達が近づいた時点で「あれ?ダメかも?」
      このような判断が出来る可能性も上がり、
      その時点で薄利逃げや微損逃げしておくなんて対応も出来ますよね。
      (僕はこれを「ドローの概念」と呼んでます)

      こういうトレードをすることで
      「薄利逃げしたあとでやっぱりドカンと伸びた、悔しい」
      そう思うこともありますが、
      けどそれって仕掛けが早過ぎたから生じた現象だったりもしますので
      反省や修正を目指すのはむしろそっちだと僕なら考えるんです。

      いつまで経っても「ドンピシャベスト」なトレードなど
      そうは出来ませんが、
      しかし、こういった取り組み方を理解してやっている人は
      やればやるほど相場への理解が深まるはず、そのように思う次第です。

      例えば
      「これ、仕掛けが早い!
      分かってはいるけどやる」

      仮に自分都合でトレードする際にも
      あらかじめそれを認識して取り組むことで
      保有中のアジャストもしやすいと思うんですよね。

      いろいろ書いてしまいましたが
      おそらく話が通じる方とお見受けしたもので
      脱線込みでお話をさせていただきました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつもyoutube、ブログのコメント返信ありがとうございます。
    最近は、ブログで学ぶ時間が多くなりました。
    まだデモトレードなのですが、このままで良いのか不安になり質問させてもらいます。
    NY時間のポンド円とポンドドルだけに絞ってやるとだいぶ勝てるようになってきました。ありがとうございます。
    しかし、利確目標と損切り場所の決めて、エントリーしてるんですが、自分のエントリー前に決めた利確目標に辿り着く前に利確してしまいます。損切りのルールは守れています。
    結果、利確目標に行く事の方が多いのですが、やっぱりプラスになっていたものがマイナスになる怖さと、早くノーポジになって気持ちを楽にしたいとゆう2つの理由から来ていると思います。自分の利確目標に自信が無いのもあると思いますが。そんなおかしな目標設定では無いと思います。
    結果は利確目標に行く場合の方がほとんどなんですが、、
    30分まで待ち続けようとかこの足の終値まで待とうと思っても、ある程度プラスになると利確してしまいます。
    この場合はここまでなら自分でも持ち続ける事ができるだろうと思える場所に利確目標も変えて、その利確目標でもリクスリワードが合う場所でのエントリーに変えた方がいいでしょうか。
    文章がおかしなところもあるかも知れませんがすみません。

    • 20歳さま
      コメントありがとうございます。
      ※返信が遅くなり申し訳ありません。

      >自分のエントリー前に決めた利確目標に辿り着く前に利確してしまいます。
      >結果は利確目標に行く場合の方がほとんど

      ↑これによってトータルの成績がどうなのか?
      ここがポイントでしょうね。

      利食いばかりが浅く損切りだけが深い、
      ということであれば
      せめて30分切り替え近くまでは引っ張らないといけないかも知れません。

      実はトレードって「正解」ってないじゃないですか。
      そうなると我々が目指すのは
      『後悔しないトレード』ではないでしょうか。
      ここはもはや自分の世界です。

      例えば僕は最初のエントリーでスンナリ勝てたら
      チキン利食いだろうがなんだろうがそれでやめてしまい、
      とっとと飲みに出かけてしまいます。

      僕にとってはその後もトレードを続行し
      時間ばかりかかって利益を削ったりしようものなら
      その後悔こそがハンパないわけです(笑)

      話を戻しますが、
      もしチキン利食いで後悔が多いなら
      そこに対し、どういう工夫が自身にとって後悔しにくいモノになるか?
      そういう話ではないかなと思う次第です。

      また、成績自体が悪くない場合は
      あるいはそれがスタイルと言えなくもなく
      そのあたり、ご自身の中で考えてみていただけませんでしょうか。
      その上でやりとりは続行でOKです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、新刊発売おめでとうございます。
    早速購入させて頂き、何度も読み返しています。

    FXを初めて1年弱ですが、デイトレ大百科、ガチ速FXとYouTube動画で勉強しながら自身の相場観も少しずつ育ってきまして、天才チャートをメインに自分のスタイルが出来上がりつつあります。
    本当にありがとうございます。

    そして突然の相談で恐縮なのですが、月から木までは順調にトータルプラスでいけるのですが、金曜日にどうしても大きく負けてしまいます。
    4月は2週連続で金曜日に大きく負け、昨日4/23(金)あえて金曜日を克服しようと懲りずにトレードに挑戦したのですが、またもや今週の利益を飛ばしてしまいました。

    そして今『どうしても金曜日のトレードで敵討ちしたい!』という単純な心理と『金曜日はトレードしない!』というルールを決めるところで葛藤しています。

    明らかに後者の方がいいとはわかっているのですが、金曜日に1発お見舞いしたい気持ちがあり揺れています。苦笑

    及川先生にも苦手な日やらない日など自分自身決めているルールはありますでしょうか?
    またこの単純な人間心理との付き合い方へのアドバイスがあれば教えて頂きたいです。
    お忙しいところ大変申し訳ありませんが、ご指導よろしくお願い致します。

    • タイガー様
      コメントありがとうございます。

      >FXを初めて1年弱ですが、デイトレ大百科、ガチ速FXとYouTube動画で勉強しながら自身の相場観も少しずつ育ってきまして

      ↑新刊まで含め、お付き合いいただき
      本当にありがとうございます。

      >月から木までは順調にトータルプラスでいけるのですが、金曜日にどうしても大きく負けてしまいます。

      ↑この手のご相談はかねてから多かったです。
      場面関係なしの決済などが増えることも一因かも知れません。

      >『どうしても金曜日のトレードで敵討ちしたい!』という単純な心理と『金曜日はトレードしない!』というルールを決めるところで葛藤
      >明らかに後者の方がいいとはわかっているのですが

      ↑はい、僕も同意見です(笑)

      >及川先生にも苦手な日やらない日など自分自身決めているルールはありますでしょうか?
      またこの単純な人間心理との付き合い方へのアドバイスがあれば教えて頂きたいです。

      ↑僕も月末日は基本外しています。
      月初日もYouTube動画がなければあまり積極的にはやらないですね。

      ちょうどひとつ上
      「20歳」さんのコメント返信でも触れていますが、
      僕は「後悔しないトレード」に対し、
      一定のこだわりを持っています。

      その日最初のエントリーでスンナリ勝てたら
      そのままやめてしまうことが多い僕なんですが、
      これってその次のトレードで利益を削ってしまった際の後悔が
      異常にデカいことを僕自身の性格上、強く認識しているからです。

      トレードに「たった一つの正解」などありませんので
      最終的には自分自身との折り合いだと思うんです。

      「金曜日にお見舞いしたい」の気持ちは充分理解出来ます(笑)が、
      実際にそれをやって負けてしまった際の後悔ってどんなもんでしょうね?

      それを乗り越えてでもやる!ということであれば
      もはや止める理由もありませんが
      そんなところに突っ張る時間があったら、
      「素敵な金曜日」を過ごすほうが良くないでしょうか(笑)

      トレードはお金も時間も費やす行為ですので
      ある意味「人生」とのリンク度合いも高いです。

      自分自身の人生を後悔しないで過ごすために
      「やるべきこと」」と「やらぬべきもの」を区別するのは
      とても重要ではないか、
      ちょっと大袈裟ですがそんな風に思いました。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも、有意義な発信、ありがとうございます。
    久々に質問させて頂きます。
    以前のコメントで、及川さんの言われる「勝ち方は大丈夫でも、、、」の状況まで来れた気でおります、とコメントさせて頂いたのですが、やはり「、、、」が克服できず(コツコツどかん)今年に入り何度も資金を溶かしてしまっている状況です。
    これに関しては原因はハッキリしているので、引き続き諦めず己と戦う気持ちを固めております。
    前置きが長くなり、すみませんでした。
    今回の質問はゴールデンウィークのような連休はトレードを休む方が安全でしょうか、、今の自分のテーマが守りを固めるトレードであります。
    及川さんのご意見をお聞かせください。
    お忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。

    • 大阪のGさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >やはり「、、、」が克服できず(コツコツどかん)今年に入り何度も資金を溶かしてしまっている状況です。

      ↑そうでしたか、、、
      とすると、エントリー段階での「引き付け」は
      回数が減ってもやるべきかも知れませんね。

      また、それを承知でもやる場合、
      「このエントリーは引き付けてないから注意!」と
      その後の立ち振る舞いに至るまでを
      あらかじめ認識するクセをつけておくことかなと思いました。

      >ゴールデンウィークのような連休はトレードを休む方が安全でしょうか

      ↑あくまで記憶なので恐縮ですが
      僕はFXにおいてはGWだからと過度に意識したことはなかったイメージです。

      ただし、言うまでもなく
      東京時間が休場であれば大型連休関係なくそこは外します。

      逆に言いますと、
      東京で全然動かないことで
      欧州序盤が「収縮からの拡散場面」を狙えるかも?
      もしチャートを見る時間があるようでしたら
      そういう見方で見るのも良いように思います。

      ※何度から乱高下したのち
      一方へドカンと伸びる展開もあり得るので
      早めの仕掛けの際はあまり大きな勝負にせぬようご注意ください。

      取り急ぎ本件は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、
    いつもYoutubeにて楽しくまた真剣に勉強させていただいております。
    お陰様で自分の型や時間帯というものを見つけ出し、最近は直近の元手から比較するとそこそこの利益が出ている状態であります。

    ただ、過去数度となく、コツコツドカンを繰り返したことがあり、また直近利益を出しているとは言え、1.自分の勝ちパターンでの利益はそれほど大きくなく、2.負けた後に及川先生が時々やられるようなロットを上げて圧力かけて取り返すような場面での利益(私の場合は”運よく”)の恩恵を受けているというのが事実であり、自分でも危なっかしいなと感じております。
    そして、良くあるように2の取引ではそのままもっと持ち続ければロットを上げているため、更なる爆益になっていたのにという結果になりがっかりするようなことがしょっちゅうです。

    このように、利益が上がっているが、運にも助けられており、危なっかしいトレードをしているということを自覚している状況において、どう自分を戒めて、今後も継続して利益を残せるようなトレーダーとして成長できるためには、具体的にどういったこと注力、もしくは焦点をおいてトレードするようにしたらよろしいでしょうか?

    過去の動画でもこういった状況における助言をされてきたかとは存じますが、改めて直接メッセージにてアドバイスいただけますと幸いです。

    • Reality様
      コメントありがとうございます。

      >お陰様で自分の型や時間帯というものを見つけ出し

      ↑まずは嬉しいご報告をありがとうございます。

      >2の取引ではそのままもっと持ち続ければロットを上げているため、更なる爆益になっていたのにという結果になりがっかりするようなことがしょっちゅう

      ↑ここはものすご~く分かります、
      というか想像がつきます。

      一気に取り返す場面って、
      要するにその前に損切りしているわけですよね。
      これって「トレンド発生か?」でエントリーしたものが不発で、
      その後、満を持して方向が出るタイミングだったりすると思うからです。

      つまり結果的に「ガチで伸びる場面の初動」を捉えた、
      という話です。

      この場面のその後の伸びに対し
      「もったいない」と思うのであれば
      以下のような組み立てにチャレンジするのも一考ではないでしょうかね。

      1,利食い時に一部残す。
      →押し目で追加準備

      2.利食い後にある程度押し目をつけたところから再エントリー
      →ここはMAではなく水平線管理が良いはずです、
      本気で強い時ほどMAまで戻しませんので。
      (一度も押さずに伸びたら基本諦め

      重要なのはハイロットのまま引っ張らない、
      だと個人的には思います。

      もちろんハマった時には爆益となりますが、
      そうでなかった時には
      「一気に取り返せたはずのトレードでそうならなかった」
      このようになり、一日収支が再びマイナスに転じてしまうことで
      メンタル的に大変不衛生だと思うからです。

      ただし、目の付け所が良いのは間違いない話でして、
      本件のような場面をどのように自分の必勝パターンに落とし込んでいくか、
      その模索には大変価値があると思います。

      死ぬほど理想的なことを言うと、
      普段のロットは逆に引き下げ、
      本件のような「ガチで伸びた時点」から本気のロットにギアを上げる、
      このようなことが出来たら最強です。
      ただ問題はそこまでガマンが効くかどうかですが。

      僕は他人様の特にロット設定については
      あまり断定的なことを言いたくない考えなのですが、
      上記の内容はちょっと深く検討しても良いのでは?が本音です。

      ちなみに僕の場合は
      利食い後、そのまま外出、、、なんてパターンが多く、
      あとからチャートを観て
      「あぁ、やはりここから先が本番だったか」と思うことが多い中、
      けど、まったく気にはなりません。

      なぜならせっかくプラスで終えれる状況の中、
      さらにトレードをするのは「残業感」が強いからです(笑)

      このあたりは考え方ですよね。

      もっと言うと、
      「あ、利食っておいて正解だった」ということもありましてね。
      この場合、その後もやってたら
      相当ややこしい展開になった可能性もあるわけです。

      このように
      上手くいくケースだけを想定するのではなく、
      上手く行かない時にどうするか?もセットで考えることが
      トレードプランの組み立てには重要だと思いますので
      そこも加味したうえでをオススメします。

      僕の場合、
      上手く行かない時のめんどくささを嫌い、
      「勝ち逃げ最強」としている点は
      付け加えさせていただきます。

      それでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは。先日、新しい漫画も読ませていただきました。
    とても面白い&勉強になりました。ガチ速もそうなのですが
    いまいち調子が出ないときに読み返すと
    「あ、そういえば○○を忘れていた!」
    という気付きがあり、大変重宝しています。

    さて、2度目の質問をさせてください。損切についてです。
    比較的根拠を決めて損切ができるようにはなってきたのですが
    「このラインを実体が抜けたら切る」と決めた時に
    「足が確定するまで待ったことで損が大きくなること」と
    「勢いがありそうなので早く損切りしたら確定直前に戻り
    切らなきゃよかったと後悔すること」があります。
    基本は「実体抜けで損切確定」としているのですが
    効率よく切るために、何かアドバイスいただければ幸いです。
    ご指導よろしくお願いいたします。

    • 及川先生、お返事ありがとうございます。
      どちらかを判断するよりも「一旦切ることでボロ負けの可能性を無くす」
      に統一すればいいことがわかり、凄くすっきりしました。
      また「必要経費」や「今からやるならどっち?」「本当に同じ銘柄で良いのか?」
      など、経験としても、直後にトレードするとしても、正しい損切は
      次に生かせるトレードに出来るんだと分かりました。
      また質問させてください。今後もご指導よろしくお願いいたします。

    • とし様
      コメントありがとうございます。

      >いまいち調子が出ないときに読み返すと
      「あ、そういえば○○を忘れていた!」
      という気付きがあり、大変重宝しています。

      ↑そう言っていただけますと大変嬉しいです。
      ありがとうございます。

      >「足が確定するまで待ったことで損が大きくなること」と
      「勢いがありそうなので早く損切りしたら確定直前に戻り
      切らなきゃよかったと後悔すること」があります。

      ↑ありますよねぇ(汗)
      僕もここ、いまだによくあります。

      過去のYouTube動画で僕は
      「損切り即ドテン」みたいなケースも散見されていたと思いますが
      実はプライベートトレードではあまりやりません。

      「危険か?」と感じた時点で一度切っておき、
      足の確定、さらには次足の動き出しを観てから
      ドテンであろうと同じ方向であろうと再度入り直すことが多いです。

      正直なところ、
      一度切ってしまうとスプレッドの損や、
      例えばショートだと損切り位置より安値で入らねばならぬなど
      心理的には結構負担も大きいです。

      けど、それをやることで
      少なくとも「ボロ負け」はなくなり、
      仮に次に入り直したポジションが
      「正の方向」だった場合、充分取り返して余りあるトレードになり得ます。

      上手い例えかは分かりませんが
      これってある意味「必要経費」なんじゃないかなと。

      ちなみに、一度切っておくことで
      次に入る銘柄を変えることもありまして、
      これも僕が普段からよく言う
      「今からやるならどっち?」の考え方です。

      そもそも損切りか続行か?の決断が迫られている時点で
      エントリー当初の想定とは状況が異なっているはずですので
      「本当に同じ銘柄で良いのか?」は特に冷静さが必要な部分かなと思います。

      もっとも、
      行くべきが行かぬは逆に強い!も相場であるため、
      「苦境の末に損切り」をしたのちにさらに逆に伸びると判断した場合は
      同じ銘柄のドテンが有力候補になるでしょう。

      損切りタイミングに対する具体的なアンサーではなく恐縮ですが
      本件は「捉え方」を中心のお話とさせていただきました。

      不足がございましたらお手数ですが
      再度アプローチをお願いいたしますm(_ _)m

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠。初めまして。

    まずはお礼を伝えさせてください。
    昨年の9月にFXをはじめ10月に及川師匠の存在を知りデイトレ大百科とガチ速FXを購入、今年に入って少しづつ及川式の本質を理解出来るようになり、かなり勝てるようになってきました。

    何も分からずまま飛び込んだトレードの世界、
    初めて購入した教材が及川式で本当に良かったと思っています。
    及川師匠、ありがとうございます!

    勝てるようになったのでそれはそれで良いのですが、、、
    ひとつご相談があります。

    及川式を実践しながら自分なりのノウハウを見つけ、
    スキャルなのですが勝率9割以上をキープしております。
    毎週末にバックテストを行っておりますがいかに過去チャートを遡ってみても、
    月ベースで勝率8割を割れる事はありません。

    それならば、
    一人でコッソリと稼ぎ続ければイイじゃんって話になってしまいますが、、

    私は及川師匠のおかげでFXで勝てるようになりました。
    そして及川師匠の理念は『稼げる日本人トレーダーを増やす事』です。
    そうなれば私もその理念も受け継ぎ情報発信をする事が多少なりとも及川師匠への恩返しではないかと、
    おこがましくもそう考えております。

    しかし自身のノウハウを発信する事で、
    実践者が増え、そのせいで使えなくなるのではないか?
    (及川師匠のオージーテクニカルのお話のような…)
    と、そんな懸念がございます。

    今現在はオリジナルの手法が確立し専業トレーダーとして生計を立てておりますが、オリジナル手法が使えなくなるとメシのタネが無くなってしまうので、
    なかなか情報発信に踏み込めずにいます。。。

    このような場合、
    及川師匠であればどうしますでしょうか?
    ご意見やアドバイスなど頂けましたら幸いでございます!

    • ベーシストS様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >昨年の9月にFXをはじめ10月に及川師匠の存在を知り
      >スキャルなのですが勝率9割以上をキープ
      >過去チャートを遡ってみても、
      月ベースで勝率8割を割れる事はありません。

      ↑凄いですねぇ、
      のっけからこんなに「捉える」人はさすがにあまり見たことがありません。

      僕がどうのではなく、
      どこでなにを学ぼうとも上手くいったと想像しますよ^^

      >私もその理念も受け継ぎ情報発信をする事が多少なりとも及川師匠への恩返しではないかと

      ↑なんとも光栄な話ですが、
      とりあえず以下に・・・

      >自身のノウハウを発信する事で、
      実践者が増え、そのせいで使えなくなるのではないか?

      ↑スキャルのような超短期のやり方であれば
      本来なら使えなくなる懸念は必要ないかなと個人的には思います。

      ただし、一点気になるのは
      バックテストでの成績です。
      どこまで裁量が入るのか?の加減は正直気になります。

      あ、見せてくれと言う意味ではなく、
      裁量なしで機械的に出来てしまうくらいに
      統一的なやり方、、、となると、
      確かに世間に出すことによる懸念もあると言えばあります。
      このあたりはご自身で今一度検討なさって欲しいところです。

      それ以外の部分で言いますと、
      僕の場合
      「他人様に教えることでより自分のスキルが向上した」
      このような実感があるんです。

      それまでは感覚的に
      言ってみれば「自分だけが理解出来ていればよかった部分」も
      他人様にお教えするとなると一定以上の理論化が必要です。

      そこをやればやるほど、
      自分自身の中で「固まり」ますし
      さらに「その先」まで見えて来たりしたものでした。

      で、自分がさらに成長した内容をみなさんにお伝えしていく、、、
      こんなループでここまで来れたのは幸いだったと僕は思っています。

      話を戻しますが
      例えば機械的に、それこそ自動売買化も出来るくらいに
      統一された、あえて悪い言い方をした際の画一的なやり方だったとするなら
      それを外に出すのは控えた方が良いかも知れません。

      そうではなく、まだまだ改善の余地がある
      言ってみれば「成長可能」なモノだったとしたら
      他人様にお教えする際の創意工夫がご自身の成長にも繋がる、
      僕はそのように思います。

      ここから先はいったんご自身でご検討いただき、
      また何かございましたら遠慮なくコメントをお寄せください。

      とにもかくにも
      いきなり好調過ぎる出足に感服いたします。

      あ、それと「ベーシスト」にも反応しました(笑)

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも楽しくYOUTUBE拝見してます。2年ほど前から動画を拝見してましたが、最初の頃はチャートをカチカチと切り替えて、利確も早くって、私には ”??” だったのですが、色々身をもって体験してみて、”通貨の相関性” や ”勝ち逃げ最強” の大切さが身に染みて、先生のトレードスタイルが私の生活には理想だと思っております。先生の動画やリオンちゃんのツイッターは本当に有料級の内容です!本当にありがとうございます、先生もいつまでも現役でいてくださいね。私も勝ちトレーダーになってシンガポールの先生のワインバーに行くのが目標です。と、感謝をお伝えがてら、一つ質問させてください!こちらのブログでお伺いして良いのか分かりませんが、先生ご利用のFX口座ビッグボスについてです。実は私ヨーロッパ在住で、日本のFX口座にはなかなか口座開設ができません。ビッグボスの場合はヨーロッパ在住でも口座開設可能でしょうか?そしてその口座で仮想通貨や、ゴールド等のトレードができますか?次回キャンペーンがありましたらお世話になりたいのですが、、、。変な質問ですみません、、、よろしくお願いいたします。

    • フリゼット様
      コメントありがとうございます。

      >先生の動画やリオンちゃんのツイッターは本当に有料級の内容です!

      ↑大変光栄です。
      リオンちゃんも喜ぶと思います。
      ありがとうございます。

      >ビッグボスの場合はヨーロッパ在住でも口座開設可能でしょうか?
      >その口座で仮想通貨や、ゴールド等のトレードができますか?

      ↑運営事務局がオススメしているのは
      同社の「プロスプレッド口座」ですが、
      仮想通貨は確か「スタンダード口座」でないと取引出来なかったはずです。
      (僕もビットコインの短期トレードはスタンダード口座です)

      ヨーロッパ在住で開設可能かにつきましては
      大変恐縮ですが、直接同社のサポートへお問い合わせいただくほうが良いですね。
      僕が確認して返信、、、となりますと
      「また聞きリスク」というか微妙な点で認識の差異が生じてしまうかも知れませんので(汗)

      同社は日本語サポートも充実していますので
      ぜひ直接、それこそお聞きになりたいすべてを確認なさってみてください。

      お手数をおかけしますが
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんばんわ。およそ1年ぶりの投稿になります。
    どうにか死なずに生き残ってました。
    まず始めに新刊おめでとうございます! 
    早速購入させて頂きました。今日届いたので一気に読みました。
    漫画と説明の間が絶妙であっという間でした。
    少しずつですが、勝てるようになってきたのですが調子に乗ってやらかす事があるのでまた読み返して戒めたいと思います。

    前回の投稿から時間が経ちましたが勝ちやすいパターンが出来つつある感じです。
    ただ、先生に負けないチキン利食いで利食いした後に伸びたのを見て悔しくて飛び乗りで振り落とされて事故ってしまいます。
    利食いした所から反転して命拾いする事もありますが。
    漫画をみて改めて『利食い千人力』が絶対だと感じました。

    それと、いつもならNY時間しか出来ないので日本時間や欧州時間はやらないというかやれないんですが、先週たまたま時間がありましてやった事の無い東京時間にやって見事にやられました。(泣)
    普段もスマホでチャートを見ることはありましたが、この時は時間があったせいでPCでみてしまい、自分的にイケる形だったのですが思惑とは逆に。
    NY時間なら反転しそうな感じだったのでナンピンしましたが、ズルズル行かれて損切り。その後取り返そうとして…結果は言わずとも往復ビンタ食らいました。(泣)
    チャートの形が似ていてもNY時間と東京時間では動きも勢いも全然違いました。
    後からチャートを見れば何とでも言えますが、リアルタイムでは闇雲に追っ掛けてました。自分ではFX である程度やれてるかも?と思い込んでしまい痛い目にあいました。今月のプラス分吹っ飛ばしました。(悲)
    正直なところ先生の新刊の漫画がいいタイミングした。
    先生程のスキルがあっても日々勉強されているのにちょっと勝てるかも程度じゃ話にならないですね。
    初心者から1歩踏み出せたと思ったのにまた1歩戻ってしまいましたのでもう1度踏み出せるように精進したいと思います。
    結果を残す為に余計な事はしない方がいいというのが身をもって知ることが出来ました。もっと機械的にならないとダメですね。早く増やしたいスケベ心を持つとイイ事ありませんでした。

    望海ちゃんのように‼ を目標に頑張ります!

    • 北乃SHIN様
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >早速購入させて頂きました。今日届いたので一気に読みました。

      ↑まずはこちら、
      ご信頼いただきありがとうございました。

      >先週たまたま時間がありましてやった事の無い東京時間にやって見事にやられました。
      >チャートの形が似ていてもNY時間と東京時間では動きも勢いも全然違いました。

      ↑そうなんですよね。。。
      「別人格」くらいに思っておかないといけないのと、
      東京時間は動きがさらにゆっくりのため、
      利食いや損切り撤退の判断が逆に難しく感じたのではないでしょうか。

      ゆえに逆方向で捕まってしまうと
      思いのほか大きな損失になる点は本当に注意が必要だと思います。
      ま、今これ言っても意味ないかもですが(汗)

      >結果を残す為に余計な事はしない方がいいというのが身をもって知ることが出来ました。

      ↑分かってやれている部分が良い感じなのであれば
      なおさら分かってないことはやらない、が良いでしょうね。
      「万能感」は悪魔のささやきです。

      >望海ちゃんのように‼ を目標に頑張ります!

      ↑アレはまぁ設定ですが(笑)
      とは言えなんらかの刺激になるなら嬉しいです。

      東京時間の件は残念としか言えませんが、
      一気に取り返そうと変な無茶はせず、
      これまでご自身がやってきて上手くいくパターンで
      「平常心」でリセットの上取り組んでいただくことを願っています。

      書籍ご購入の件はあらためてありがとうございました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    初めてのコメント失礼します。
    いつもYouTube拝聴させていただいており、大変勉強になってます。
    先日出版させた新刊も読みやすく数時間で読破しました。
    いつもありがとうございます。
    4/26深夜のトレード動画について質問させていただきます。
    自分も当日は欧州時間から張り切ってトレードしていましたが、
    いつも通りのエントリーポイントでルールにのってトレードしましたが
    相場がなかなか動かず違った方向に動き損切りを繰り返しました。
    いつもと様子がおかしいぞと感じ一旦欧州は諦め、
    米国時間に入り次こそはとポジションを持ってもまた同じとかなり苦労させられました。
    月曜日だったので及川さんはどう乗り越えてるのだろうと気になり
    YOUTUBEの通知を何回も確認しましたがアップされておらず
    あれ?及川さん体調でも崩されたのかと心配しておりました(笑)

    翌朝アップされていた動画を拝聴させていただき
    及川さんも同じく苦労されたとのことで
    失礼ではありますが自分と同じだと思い少し安心してしまいました(笑)
    と同時に自分もユーロドル、ポンドドルのショートで入れるポイントを狙っていたのですがクロス円のロングに転じる発想をその日、その時の相場状況で
    柔軟に対応することが大事なんだと勉強させていただきました。

    そこでご質問させていただきたいのですが
    その日は動画撮影でしっかり動画にできる内容をとお思いでトレードされていたと思うのですが、もし撮影もなく個人でトレードされていたとすれば
    ジリジリノロノロ動く相場の時はどうトレードされていますか?
    注目指標のある週の前半は26日のような相場の動きが多いと思うので
    ある程度そうなるのではと頭に入れて戦略を立てれたらと思い質問させていただきました。お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いします。

    • 茶々丸さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >先日出版させた新刊も読みやすく数時間で読破しました。

      ↑まずはご購入くださり本当にありがとうございます。

      >4/26深夜のトレード動画について
      >自分と同じだと思い少し安心してしまいました(笑)

      ↑いやぁ、本当にイライラMAXのシンドイ相場でした(苦笑)

      >もし撮影もなく個人でトレードされていたとすれば
      ジリジリノロノロ動く相場の時はどうトレードされていますか?

      ↑軽く経緯を説明しますと、
      欧州から録画はしていました。
      僕はその後の編集を楽にしたい主旨から
      回しっぱなしではなく
      シーンごとに録画を止めるスタイルでやっているのですが、
      あまりにそのシーン数が多くなり、
      「こりゃ編集出来ん!」となっていったん頓挫したんです。

      実はその途中、
      それまでの負けをオージーで取り返したのですが
      チョイプラスだったため、もう一回やったところ
      それがまたまた深い損切り・・・
      ちなみにプライベートだったらそのオージーの時点で間違いなく終了していたはずです。

      話を戻しますが、
      ボツにしたシーンの中で僕は
      「もう今日はマイナスでいいからやめたい」とボヤいていましたので
      万一上述のオージー後にトレードをして損切りで終えたいたなら
      その日はやめてしまった可能性も高いですね。

      ちなみに、動画の中でお話したような
      ドルスト?クロス円?みたいな相場の時は
      どちらかがしっかり伸びることが多いので
      その際はどんなにノロくイライラする展開でも
      プライベートなら気合いで耐えて時間かかっても伸ばすことが多いです。
      (途中戻されても動画ないので誰も観てませんし)

      26日のような状況については
      それと気づいた時点で僕にとってのYouTubeのような
      「サクっと短時間で勝つ短期デイトレ」ではない展開も視野に入れる、
      そんなイメージです。

      もっとも、その際は確定損を埋めるためのトレードが多いというのも
      付け加えておきますが(苦笑)

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、はじめまして。
    いつも月、木の配信を楽しみにし勉強させていただいております。

    正直な話、なかなか上達しないのです。
    コツコツとがんばって買っていても、損切りできず持っているものがありそれが大きくなり他のトレードができなくなる、方向的に無理と感じるとドーンと損切りしています。
    だったら、すぐに途転をしてみようとトレード方針を変えたところそれもうまくいきません。
    途転してもそこから勝つ力がないのです。

    プラスになるのはなかなかなのにどうしてマイナスはどんどん増えていくのでしょうか。
    私、向いていないのかな、センスがないのかなと半ばあきらめモードです。
    やはりそういう向き不向きはありますか?

    毎日続けていれば報われる日が来ると信じています。
    ですが、がんばれないときは休むのもありでしょうか?
    それともそれでも続けていたほうが力がつきますか?
    デモだと実感ないので実践をしていきたいですが今のままでは損切り貧乏となってしまいます。
    デモで続けていくべきでしょうか。

    私どうしたらよいのだろうかと悩んだのでコメントをさせていただきました。
    よろしくお願いします。

    • パーラメント様
      コメントありがとうございました!
      私のような者にコメントをしてくださり嬉しかったです。
      みなさんも日々色々乗り越えるために試行錯誤にて取り組まれているのですよね。
      ゴールデンウイークでトレードから離れリフレッシュできたことですし楽しくトレードして行くぞ!という気持ちです。
      お互い頑張りましょう!

    • 及川先生、リオン先生、佐藤先生、FXism運営事務局の皆様いつもお世話になっております。
      練習生の身ながら横槍な発言をお許しください。

      ひまわり様初めまして。パーラメントと申します。
      私の経緯に関しましては、https://fxism.jp/20210126/
      で、同じ名前にて投稿をいたしております。

      ひまわり様の状況を拝見させていただき、昨年の私の状況(心理含)に酷似していると感じまして、お気持ちがすごく伝わりました。
      私は今年に入り及川式のトレードを改めて学習し直している身でありますが、
      (現在もまだデモです(明確な理由有))
      昨年と180度激変した事があります。それはトレードに対して過度なストレスが無くなりました。
      以前はとにかく肩の力が入りっぱなしで前のめりで、目の前の事だけしかできなく
      それが出来ない自分をすごく責め上げ、
      :やらなきゃいけない::やらなければ:と動けば動くほど沼にはまっていく状態でした。
      その中で今年から今の環境になり、全先生方の日々の講義動画やブログでのお言葉
      考え方(観点)等々が不安になる自分を奮い立たせていただける環境にとても感謝致しております。

      一度スクエアな状態になられ、
      もしデモでのトレードに抵抗があられるのでしたら極少Lotでのトレードで再開をされてみて
      手ごたえを感じれるようになりましたら、状況が変わるのではないかと思いました。

      ありきたりではございますが決して1人ではないですしお互い向上できれば良いとおもいました。
      横槍なことを申しまして、ご心情を悪くされましたら大変申し訳ございませんでした。

    • 師匠、お返事ありがとうございます(^^)
      勇気を出してコメントしてよかったです。
      師匠のおっしゃる通り真面目すぎるとよく言われます(^^;
      「ズルくて勝てる方法」、「宝探し」、「遊び心」
      そう考えるたら楽しくトレードができそうな気がしてきました。
      師匠の住んでいるシンガポール、修学旅行・留学帰りの乗り換え時間に観光をした思い出のある国です。
      またいつか行きたい国、師匠のワインレストランにてお会いできる夢が叶えられるよう時には休みながら軽い気持ちで取り組んでみます。
      元気になれるコメントありがとうございました。
      師匠もお体にはお気を付け、これからもトレード配信をよろしくお願いします!

    • ひまわり様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >プラスになるのはなかなかなのにどうしてマイナスはどんどん増えていくのでしょうか。
      >やはりそういう向き不向きはありますか?

      ↑トレードに元々向いている人はそうそういません。
      僕自身もそうです。
      理由としては「損したくない」という人間の本能が
      利食いを浅く、損切りだけが深くなる構造によります。

      トレードとはある意味「克服をする競技」でして、
      どの部分を克服すべきか?が当初の課題と言えば課題なわけです。

      そういう意味では現時点の状況は
      とても「普通」だと思います。

      そんな中でのお話となりますが、、、

      >がんばれないときは休むのもありでしょうか?
      それともそれでも続けていたほうが力がつきますか?

      ↑個人的には「休む」が断然アリ、との立場です。

      上手に聞いていただきたいのですが
      僕は「たかがFX」くらいの感性って必要だと思うんです。

      それこそ「FXごとき」で人生にストレスを抱えたり
      他のことが手につかなくなる、なんてのはよくありませんからね。

      リオンちゃんのことはご存知かと思いますが
      彼女もスタートからの2年間はほぼ同じような状況だったと聞いています。

      想像込みのお話で恐縮なのですが
      「正しい勝ち方」みたいなものをマジメに考えすぎではないでしょうか?

      真面目なのは良いこと、、、と言いたいところなんですが
      例えばそうではなく「ズルく勝てるやり方ってないかなぁ」みたいな
      そういう見方で「宝探し」するような感覚はあって良いと思います。
      (僕は割とそっち派でした)

      少なくとも「苦行」のように取り組むことは
      あまりオススメしたくありません。
      それこそ「たかがFXごとき」で体調崩しても仕方ないですし。

      例えばすっかり勝てるようになった人が
      「もうトレードなんてつまらんけど、仕事なので仕方なくやってる」
      このくらいの状況なら「苦行」も仕方ないと思いますが
      その前段階では、楽とは言わないまでも「楽しい」の感覚はあって欲しいのが本音です。
      つまり、精神的にシンドくない状況でやる!です。

      で、そこが難しそうな時点では「休む」で良い、
      僕はそう思います。

      とにもかくにもメンタル的にシンドくなく
      疲れてもいない状況でチャートを見る、
      その状態であるからこそ
      「ズルい勝ち方ないかなぁ」が遊び心を持って探せる、

      で、「アレ?これってイケるかも?」という
      コツのようなモノが見えてきたところからが
      ひまわりさんにとっての本当のスタートだと僕は思いました。

      いったん重い荷物をおろし、リラックスした状態の中で
      リスタートしてはいかがでしょうか。

      僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です。いつも動画楽しみに見ています。

    及川先生のおかげで1ヶ月の収支が3月はプラスで終わることができました。しかし4月はその利益を全部溶かして少し元金も減らしてしまいました。

    原因は損切りしたあとすぐドテンすることが多く、それがレンジ相場で往復ビンタを喰らってしまい資金を溶かしてしまいます。振り替えってチャートを見るとレンジだとすぐわかりますが、実際にやってるときはこれは伸びるかもしれないと思って飛び乗ってしまいます。

    逆にトレンドの出ている相場ならある程度勝てるようになってきました。

    そこで及川先生に質問です。レンジ相場の見分け方などあれば教えて頂きたいです。

    お忙しい中恐縮ですが、ぜひご回答をよろしくお願い致します。

    • かっぱの弟さま
      コメントありがとうございます。

      >レンジ相場で往復ビンタを喰らってしまい資金を溶かしてしまいます。
      >逆にトレンドの出ている相場ならある程度勝てるようになってきました。
      >レンジ相場の見分け方などあれば教えて頂きたいです。

      ↑ここは考え方を逆にした方が早いと思います。

      僕はかねてから「レンジ相場というものは存在しない」
      「トレンドが出ない状態が結果的にレンジ相場である」
      このようにお話をして来ました。

      つまり、レンジ相場の時間帯のほうが圧倒的に長い、
      こうなるわけで、ここに大きなヒントがあります。

      僕の場合、YouTube動画でも
      もっと伸びるか分からないけどハイロット&短時間で
      トレードを終えるケースが圧倒的に多いと思いますが、
      これも「トレンド出ると見せかけて出ないこと」を警戒しての対応なんです。
      よって、ここにトレードスタイルの構築法も関わって来るわけです。

      話を戻しますが、
      本件はつまり「レンジ相場の見極め方」の探求より、
      「どういう時にトレンドが発生するか?」の探求のほうが
      圧倒的に合理的だと言えるはずです。

      極論、トレンドが出た!と明確になるまでは
      一切トレードをしない、あるいはこれこそが理想とも言えるんです。

      まぁ、とは言えそうもいかないのが人間、というか、
      それだとあまりにもチャンスが少ないとも言えますが(苦笑)

      僕がトレンド発生?それともまだ不明確?
      ここを見極めたいと願うとしたなら、

      1.動きが出て然りの時間帯
      2.狭いレンジ幅(水平線管理)をブレイク
      3.一度ブレイクしてつけた高安値をブレイクして加速
      4.通貨シリーズ単位で似た動きとして発生

      これらを基準にすると思います。

      で、その前段階のトレードは
      常に僕が普段やっているような感じの
      「その後伸びるか知ったこっちゃない利食い」
      このように統一し、

      利食い後上記1~4を確認出来た時点で
      再エントリーし引っ張ると。

      実際の僕は長時間トレードしたくないため、
      トレンドが出たモノを長く引っ張ることはしませんが
      時間をかけられる人はここで述べたやり方を模索すると良いように思いますね。

      繰り返しになりますが
      「レンジ相場というものは存在しない」
      「トレンドが出ない状態が結果レンジ」
      ここをアタマに置いておくことで
      トレードに対する意識は大きく変わると想像します。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お久しぶりです。碧です。
    この頃は少しずつ勝率が上がってきましたが04/27のトレードで10万の損切りをしてしまいました。コツコツドカンです。この時のトレードでご相談したくコメントさせていただきました。
    1回目
     09:00時にオージーテクニカル+安値抜けのブレイク+キリ番が近いということでユーロオージーをショートでエントリー。青線でナンピン。キリ番を実体で抜けたら損切り。こう考えて保持していて一度キリ番で反発したのでよし!と思い持ち続けたら抜けて損切り。

    2回目
     14:20にユーロオージーが緑線を上から下に抜けて前の下髭を下に抜けていたのでブレイクと判断してエントリー。緑線でナンピン。直近の上髭をを抜けたら損切り。茶色線にて反発。しかし一気に抜けて損切り。

    この二つのトレードの時は自分では自信を持って入っていますので何がおかしいか理解できず、死にたくなる思いになってしまいました。トレードはやめたくないし、人に会えない性格ですので、ご指導して欲しいです。この一年で50万ほど負けています。始めた頃は億トレーダーになると意思を持ちやっていますが、今は確実に勝つ。10〜20pipsでもいいから毎日取れるような安定したトレーダーになりたいと思っております。それを成し得てから億だと思っております。長文になってしまいましたが、本気で思っており、1人ではどうすればいいか分からず助けて欲しいです。よろしくお願いいたします。

    • 返信ありがとうございました。
      すいません。今確認したら記入していた時間を間違えており、MT4時間を記入してしまいました。15:00と21:20でした。お手数ですが簡潔でいいのでその時間のこともアドバイスお願いします。誠に申し訳ございません。

    • 碧さま

      >15:00と21:20でした。

      ↑チャート、あらためて見てみました。
      というか「15時」ですか。。。

      15時台はどのみち明確な動きになるか分からないと僕は思っているので
      テクニカルの形だけでは信用しにくい、

      もちろん伸びる時は伸びますのでチャレンジ自体を反対はしませんが
      あらかじめ「まだ仕掛けが早いので信用出来ない」と考えつつやる、、、
      この割り切りが出来ないならまだ手を出さない、が良いのではないですかね。

      2回目は「20:20」ではないでしょうか?
      確かにテクニカル的には良い形だと思います。
      ただ、やはり時間帯的には難しいところではないかなと。

      ここって状況的に
      トレンド転換狙いのエントリーになっていると思いますが
      それを狙うには微妙な時間帯と言えないでしょうか。

      これが21時台や22時台だったら
      「あらたな動きの発生」狙いでチャレンジし甲斐のある展開だったと思います。

      繰り返しになりますが、
      どんな時間帯であっても伸びる時は伸びます、
      けど、これらの時間帯はトレンド自体が「出にくい」ので
      信頼性は正直高くないと思うんですよね。

      よって僕はそもそも「見ない」ようにしています。
      やはり見ているとつい手を出してしまうこともありますので。

      取り急ぎ駆け足で観た感想でした。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

    • 碧さま
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      オージー4種のチャート、
      確認してみました。

      9時のエントリーについては
      僕がもし東京時間を主戦場にしていたなら
      僕もチャレンジした可能性が高いだろうなと感じました。

      日経オープン直後に密集MAをシリーズで抜けているようなので
      ハマればかなり取れる展開だと僕も思ったはずですので。

      けど実際にはトレンドは出ず、
      東京時間は残念ながら終日「ノートレンド」でしたね。

      9時のやつは僕もやっていたら損切り必至でしたが
      もったいないかも?と思ったのはむしろ14:20のほうです。

      逆言うと、9時のトレードを損切り後、
      この時間まで手出しせず待てたことは凄いと思っていまして、
      そうであれば14:20という
      通常時にトレンドが出にくいだろう時間帯は
      もはやチャートを見ず、他のことをやっていた方が良かったかも?
      僕ならこんな感じの後悔をしたかなぁと想像している次第です。

      14時台中盤のエントリーは
      かなりスンナリ行かない場合、15時台に保有が突入してしまいます。
      時に大きく動くこともあるかも知れませんが、
      僕はそもそも動きが不規則になりやすい時間帯を考慮すると手を出したくなく、
      また「そこからあらたに始まる動き」のほうこそを警戒し、
      どのみち触らないことがほとんどなんです。

      ※どちらかと言うと
      それまで死ぬほど伸び続けた銘柄の逆張りをする時間帯という位置づけです。

      繰り返しになりますが
      9時のトレードは僕もチャレンジした可能性が高く、
      やっていたら僕も間違いなく損切りだったはずです。

      ただし14:20のは
      見ていてもやっていなかったはず、
      ここまでをセットとしたアンサーとさせていただきます。

      なお、
      ちょうどひとつ前「かっぱの弟」さんとのコメントやりとりは
      参考にしていただける部分が多いと思いますので
      ぜひご確認なさってください。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になってます。
    日々YouTube動画で勉強させてもらっています。

    去年の7月ごろにデイトレ大百科、12月にマシンガンハントを購入させていただき日々勉強とトレードに励んでまいりましたがどうにも損切りが上手くできない時があります。

    4月22日をトレード動画と同じようにユーロ円のロングを持っていて同じように損切りができ、ドテンでプラ転させることが出来ました。
    損切りできる時はできるのですが、出来ずに無駄に引っ張ってナンピンナンピンで、終いにはお祈りしてなるなんてバカなことをしてしまいます。

    これ、切らないとやばいなと思ってすぐ切れればいいのですが切れずに通貨ペア切り替えて、どうしようかなーって思っている間にバーンと伸びて切れなくてMAがあるからキリ番あるからとナンピンしてしまいます。

    どうしたら毎回素早く損切りすることができるのでしょうか、、

    ご回答よろしくお願いします。

    • 20代パパ様
      コメントありがとうございます。

      >損切りできる時はできるのですが、出来ずに無駄に引っ張ってナンピンナンピンで、終いにはお祈り
      >どうしたら毎回素早く損切りすることができるのでしょうか

      ↑少々オカルトな話で申し訳ないのですが、
      トレードで逆行される時に「イヤな予感しかない」って感じることありませんか?

      損切り?か耐えか?という時点で
      当初の思惑通りではないので、
      ある意味毎回そう感じるかも知れませんが^^;;

      僕は本件の解決策は主に2つあると思っています。

      ひとつは損切りするかどうかの判断ポイントまでのPIPSを
      今よりもっと狭める、つまりエントリー自体をもっと引き付けたポイントのみにする。

      もうひとつは
      上述の「イヤな予感しかない」時点で反射的に切ってしまう。

      この2つです。

      より合理的なのは言うまでもなく前者ですので
      ここに対し工夫をなさってみて欲しいと思います。

      ただし、
      「それを承知で引き付けが甘いところでも入る!」
      ここまでを事前に意識して取りくむのであれば反対しません。

      その場合、
      「損切りの際は少し深くなる可能性が高いこと」を
      事前に想定しておけるからです。

      要するにですね、、、
      エントリー段階で
      「どうなったら損切りするか」までを
      どこまでイメージしておけるか?という話です。

      短期デイトレは慎重過ぎもよくない競技ですが、
      けど「安易過ぎ」も当然良くないですよね。

      ここのバランスをどう取るか?という部分と
      エントリー段階で利食いや損切りに至るプロセスまでを
      どこまでイメージしておけるか?
      こういう話だと思う次第です。

      ちなみに、、、
      >切れなくてMAがあるからキリ番あるからとナンピン

      ↑これをいかに撲滅するかも重要でしょうね。
      これで助かることがあったとしても、
      「前回も助かったから」とクセにしてしまうことで
      結局どこかでヤラれるだけですので。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。55歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。