『個人投資家の大逆襲』が始まる。

 

突然ですが、
本題に入る前に先んじて申し上げますと、、、

僕は「勝ち自慢」や「利益自慢」は
基本的に好きではありません。

また、例えば
中長期の相場見通しが当たったとして
それを殊更に自慢することも苦手です。

なんていうか
『ダサい』からです。

 

ただし、
僕ではなく「僕の生徒さん」だったり、
僕の信頼するトレーダー仲間の話であれば
まったく事情は変わってきます。

いや、むしろ
徹底的に自慢したくなってしまうんです。

今日はそんなお話を少々・・・

 

現在、FXism主催で運営中の
投資コミュニティー『TRIBE』ですが、

僕がやっている5分足デイトレの
いわゆる「及川式」以外にも
いくつかの具体的投資手法を伝授しています。

 

例えば
「激しく上下動する値動きに翻弄されてしまうので
 短期デイトレはとても難しい」

こういう人向けに、
我らが「渋谷の社長トレーダー佐藤コーチ」がロジック開発し
Dr.ヨン様がインジケーター化をした
爆益スイング手法
『ビッグトレンドゲッター』

こちらが現在絶好調のようで、
今まさに「爆益報告」が続々と届いているようなんです。

▼いきなり1400PIPS獲得の女性メンバー

▼直近1ヶ月で3000PIPSオーバー

一日で1200PIPS獲得したメンバー
(証拠画像付き)


1トレードで1000PIPS超えの利益
(チャート画像付き)


▼デイトレが苦手な「ご高齢女子」も
1ポジションで400PIPS獲得

他にもまだまだあるのですが、
ちょっとキリがないので
ひとまずこの辺にしておきます。

 

以前のブログで
佐藤コーチの相場検証に対する鬼っぷりや、
「参加した人をなるべく勝たせてあげたい!」という
熱意についてご紹介したことがありますが、

そんな彼の『執念』が
だいぶ形になって来ているようで
僕も大変喜んでいるところなんです。

 

あ、、、
スイングトレードの話をしますと、

「今のようなボラがデカい相場なら
大きく勝てて当たり前!」

みたいなツッコミを入れて来る人もいますが、
そういう人に我々はこのように言っています。

「そんなあなたはこの相場で
一体どのくらい勝てているの?」って。

ね?
僕は自分のことを言われても
一切気にせず流せるのですが、
「仲間」をバカにされたりした日には
メッチャ怒り出すわけです(笑)

 

そんでもってもう一人は
先日YouTube動画に出演してくれた
香港在住の凄腕トレーダー「K氏」。

あなたはこれ(音声対談)
すでにご覧いただいているでしょうか?
↓  ↓  ↓

【コロナ相場展望】
香港ヘッジファンド黒幕と及川の内緒バナシ
「今、投資家が取るべき戦略とは?」

収録したのは『3月16日の午後』でしたが
対談の中で、

・今現物を買うなら「ビットコイン!」
・為替なら「ドル買い!」

このような結論をお話しました。

さて、その後の相場は・・・

▼ビットコイン(現物)

収録時(赤枠)の価格が55万円あたりで、
今日(3月20日)の価格が75万円超え。
余裕で30%以上値上がりしています。

▼為替のドル(USDJPY)

収録時のドル円は「105円台半ば」でしたが
その後111円を付け、現在は110円前後です。

これぞ「お見事」と言えないでしょうか?

ちなみに僕(及川)も、
この対談後ビットコイン現物を
50万円台半ばで大量に買いました(笑)

 

繰り返しになりますが、
僕は僕自身の利益自慢は苦手です。

しかし「仲間」の実力が示された結果については
掛け値なしで誇りに思うんですよね。

 

現在、コロナショックの影響により
世界経済が大いに揺れています。

個人投資家の多くも
相当な損失を被っているかも知れません。

そんな中、
「では投資はダメ」なのか?

僕は決してそうは思いません。

あ、これまでのように
資金力にモノを言わせ、
「買ってりゃ儲かる」で儲けた人たちにとっては
かなり厳しい時代になることでしょう。

 

一方で・・・

しっかりとした情報の入手や、
技術の習得を志す人にとっては

まさに
『ここからがチャンス』であると
僕は確信しているんです。

 

実はTRIBEメンバーにはこの辺の話
すでに詳しくしているのですが、

僕はここからの数年間で、
相当な数の
「NEW富豪」が生まれると思っています。

今こそしっかりとした情報の確保と、
しっかりとした投資技術を身に着けて欲しい・・・

何を隠そう、
これこそが『TRIBE』の理念なのです。

 

個人投資家の大逆襲が始まる

あなたはこの波を掴みますか?

それとも
「メンドクサイ」と言って見送りますか?

今、我々が問われているのは
まさにこの部分ではないかと
僕は本気でそう思っているのです。

 

追伸:
「僕自身のこと」はどうでも良いのですが、
運営事務局から
「どうしてもこの動画は紹介してください!」
と釘を刺されてしまっているので
仕方なくご紹介させていただきます。

2020年3月度、
まだ途中段階ではありますが、
僕(及川)のデイトレ史上
月間で二番目の利益ペースとなっています。

【緊急突撃取材】
コロナショックで大勝ちする
FXデイトレーダー inシンガポール

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

126 件のコメント

  • 師匠!
    さすがの収益です!!!

    しかも時間効率最高ですね。
    私も目指すはそこです。
    ヘタレと言われようと、チキンと言われようと、
    短時間で利益を出して飲みに行く(あ、これは別にいいか(笑)

    目に毒。。。いや最高な動画ありがとうございます。
    勇気をいただきました。
    これからも地道に「師匠くらいのチキンになれるように」
    そして使用に自慢していただけるように頑張ります。

    超超チキンのりーだより(笑)

    • りーだ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >しかも時間効率最高ですね。

      ↑ここ・・・狙って出来る時ばかりではないですが
      「ここは!!!」という時に瞬発的に乗れる心構えは
      常に持ち続けていたいですよね。

      >ヘタレと言われようと、チキンと言われようと、
      短時間で利益を出して飲みに行く(あ、これは別にいいか(笑)

      ↑いやいや、
      僕も最後のやつ含めていつも考えていますよ(笑)

      >これからも地道に「師匠くらいのチキンになれるように」
      そして使用に自慢していただけるように頑張ります。

      ↑そうですね♪
      短時間で終えれそうな場面に対し、
      ガッツリとロットをぶち込み、
      保有時間は超チキン・・・

      これが僕が求めるデイトレの究極です。

      お互いここを目指しつつ、
      それでいて
      普段はコツコツやりつつがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。
    初コメントです。

    ぼくは今年1月中旬、たまたま本屋さんでガチ速FXが目にとまりました。
    正直ウサンくさいと思いました。
    しかし、立読みしているうちに論理的で内容のある本だと確信し、即買いしました。
    その日から、YouTubeとガチ速でもう勉強の日々が始まりました。
    2月からは、仕事を休みデイトレ大百科の動画を観続けました。

    そして、今、鉄板2のチャート形状の時のみ勝率が高く、勝ち逃げできるようになりました。
    今まではデモ口座でしたが、そろそろリアルマネーでトレードをしようと考えております。

    そこで、及川さんに質問です。
    どのタイミングで実戦を始めればよいでしょうか?
    自分次第だとは思いますが、ひとつの手法だけで、この先お金を守っていけるでしょうか?
    及川さんの意見聞かせて頂きたいです。
    よろしくお願い致します。

    追伸
    よく耳にするドライブとは何なのでしょうか?
    ドライブとはデイトレ大百科みたいなものなのでしょうか??
    ドライブのメンバーの方の天才チャートが見やすくて羨ましいです。

    • お薬とれーだーYさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >正直ウサンくさいと思いました。
      >しかし、立読みしているうちに論理的で内容のある本だと確信し、即買いしました。

      ↑正直なご感想をありがとうございます^^
      ※「立ち読み」の件も含めてです(笑)

      >どのタイミングで実戦を始めればよいでしょうか?

      ↑実弾スタートのタイミングですか・・・
      さすがにここに対し口出しはしにくいですね(汗)

      ひとつ言えることとしましては
      「いずれにしても完璧なタイミングなどどうせない」
      僕はそう思っています。

      トレードは
      「勝ったり負けたりしながら資金を増やす競技」です。
      つまり、いつでも「負け(損切り)」はついて回るわけですが
      やればやるほど徐々にでも資金が増える人であれば
      タイミングはいつからでも良い、となりますよね。

      つまり、
      「勝ったり負けたりしながら続けること」に対し
      ご自身の中で腹がくくれたタイミングが「GO」ではないでしょうか。

      >自分次第だとは思いますが、ひとつの手法だけで、この先お金を守っていけるでしょうか?

      ↑理論的にも充分優位性の高い場面に絞っているようですので

      ・損切りをちゃんとする
      ・逆に余計なその他のことをやらない

      ここを徹底出来るのであれば
      僕は充分やっていけるのでは?と想像します。

      ただし、多くの人は
      上記のたったふたつを守り切ることが
      思いのほか難しいんですよね。

      油断や慢心・・・
      最大の敵は常に『自分の中』にいるってことを
      常に忘れず過ごすことかなと思いますね。

      >よく耳にするドライブとは何なのでしょうか?

      ↑「TRIBE」の件ですね。
      こちらは昨年末に募集をした
      FXism運営事務局主催の投資コミュニティーです。

      現在進行中のコミュニティーでして
      恐縮ながら途中募集はしておりません。

      5月末までの日程でやっておりますが、
      いつか「第2期」などもあるかも知れませんので
      その際はご検討いただけたら幸いです。

    • イビ様
      コメントありがとうございます。

      >東京のセミナーに行きたいけど何時に有るのは良く分かりません

      ↑「TRIBE」メンバーの方でしょうか?
      その場合は大変お手数ではございますが
      運営事務局までお問い合わせをお願い出来ますでしょうか?
      info@fxism.jp
      ↑こちらまでお願いいたしますm(_ _)m

  • 及川師匠お疲れ様です!
    前回のコメントで師匠から「混ぜるな危険」という大変ありがたいお言葉をいただきましたが、僕の今のトレードの軸足は完全にスイングであるBTGです。
    佐藤コーチのフォローのすごさに驚きつつ、質の高い学びをいただいてる事に感謝してます。
    そこで学んだ事を何とかデイトレに落とし込めないか?と思ってますがそれは後の話なのでご心配なく。その際には「混ぜるな危険」をしっかり念頭に置きつつ頑張ってみます!
    今回のような相場は経験の無い僕らからしたら確かに怖いですがその波を掴む為に前進していきたいと思います。
    及川師匠に自慢していただけるような「仲間」になれるように!

    • HIRO1022様
      いつもコメントありがとうございます。

      >僕の今のトレードの軸足は完全にスイングであるBTGです。
      >佐藤コーチのフォローのすごさに驚きつつ、質の高い学びをいただいてる事に感謝してます。

      ↑嬉しいご報告をありがとうございます。
      佐藤さんのフォローは人間業とは思えないレベルですよね^^;;
      僕もただただ「ビビって」ます(笑)

      >「混ぜるな危険」をしっかり念頭に置きつつ頑張ってみます!

      ↑そうですね。
      同じ陸上競技でも短距離走とマラソンくらいの違いがありますので
      「区別」はくれぐれもしっかりとつけておいてください。

      >及川師匠に自慢していただけるような「仲間」になれるように!

      ↑心はすでに「仲間」ですけどね♪
      お互い「良い出会いになった!」
      このように実感できるよう、
      引き続き精進してまいりましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん こんばんは

    デモトレードの段階ですが苦節14年、やっと勝てる兆しが
    見えてきたと感じています。
    デモトレードをリアルトレードの前哨戦ではなくゲームと考え
    最初の証拠金を500万円に設定しリアルでは絶対できない
    ようなロットをバンバン。やったぜ!倍になったぁと喜んだ
    のもつかの間。損切りできず、パソコンを閉じ再び見たとき
    には700円になっていた。
    そしてデモ口座再申請、金額は500万円からとこのようなこと
    を繰り返しての日々でした。
    富山のKさんの動画にデモトレードとはいえリアルトレードと
    同じ金額スタートがいいですよということで30万円で今年明けから
    開始。2月半ばには15万円まで減りましたが捨てることなく頑張った
    ところ今日時点で100万円、超えました。
    チャートを見る力(相関、逆相関)とメンタル面での飛躍が自分でも
    わかります。
    と喜んでいたんですが今日の及川さんの動画を見て焦りました。
    薄々、気がついていましたが私が勝てるようになったのはボラが
    大きいからなんでしょうね。右端に表示される緑のボラ表示バーが、
    どの通貨でも短いですからね。
    ということは私が勝てているのは一時的なものであり、いつかは
    勝てなくなるということなんでしょうか?
    オフィシャルパートナーズの天才チャート以外にもサインツールを
    2つほど使っていますが基本は30ピプス狙いの場で6ポジションエントリー
    して1ポジションで5ピプスとるという手法です。(チキン利食いですね。)
    決済ポイントは直近の高値、安値です。及川さんが仰っているように
    直近の高値、安値を越えて伸びても、もう少しもっておけば、良かったという
    考えは捨ててます。
    ボラが少なくなっても(とはいっても右端の緑バーが短い通貨を狙ってます。)
    この手法なら大丈夫かなぁと思ってますが、及川さんのお考えをお聞かせ
    願いたいです。

    • さとき様
      いつもコメントありがとうございます。

      >デモトレードとはいえリアルトレードと
      同じ金額スタートがいいですよということで30万円で今年明けから
      開始。2月半ばには15万円まで減りましたが捨てることなく頑張った
      ところ今日時点で100万円、超えました。

      ↑これは実に良い経験となりましたね♪
      大いに自信を持って良い内容だと思いました。

      >私が勝てているのは一時的なものであり、いつかは
      勝てなくなるということなんでしょうか?

      ↑多少の調整は必要かも知れませんが、
      基本やることは同じじゃないですかね。
      僕はそのつもりでやっていますし、
      基本的なやり方や考え方もほとんど変えていませんよ。

      ですので「一時的」とは思いません。
      (勝てない人はボラがあろうとなかろうとどのみち勝てないですので)

      >基本は30ピプス狙いの場で6ポジションエントリー
      して1ポジションで5ピプスとるという手法です。
      >決済ポイントは直近の高値、安値

      ↑全容が分からないのでなんとも言えませんが、
      損切りと利食いとのバランス、そして勝率。
      これらが合っていれば良いはずです・・・
      ただし、若干気になるのは
      この相場状況の中における「5PIPS利食い」ですかね。

      随分と少ないように正直感じます。
      ていうか、損切り時はどうなってるんでしょうか?
      現在の相場環境で損切りが5PIPSで収まるとも思えず。。。

      死ぬほど勝率が高いってことであれば
      それもそれでアリだと思いますし、
      そもそも損切りをしながら資金が増えているってことであれば
      今後も大きな変更はなしでイケるのではないかなと想像しています。

      ま、今からそこを心配しても仕方ありませんので
      状況が変わったあとにでも
      またやりとりいたしましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん
    いつもお世話になっております。
    スイングの利益も及川さんのトレードもすごいですね。
    私も「これさえあれば!」と思うのですが、残念ながらマイナスを戻してはまたマイナスの繰り返しであります。
    そこそこ大きな負けを経験したせいか「乱射」「損切りできない」ということは大分改善してきました。
    しかしながら、いまだに中々改善できない悪癖があります。それは「チャート形成前のフライング」と「飛び乗り」です。
    本日欧州時間を16時からトレードを行いました。最初はルールを守り順調に押し目や抜けの戻し等を買い、17時頃までに50PIPSほど獲得していました。
    18時頃にポンド円が落ちてきたので売りの準備をしていました。
    順調にローソク足も下がり無事に黄緑の15MAを抜き「まだ入っちゃダメ!こうなったら入る!」と自分に言い聞かせていました。
    すると15MAをローソク足が抜けて形成し、次の足でまた15MAを抜き戻しローソク足を形成しました。
    さっきまで売りを慎重に行おうとしていた私は「ちくしょう!戻りやがった!買いだ!」となり慌てて買いで入るも、それはダマしであり直後に陰線でキレイに15MAを下にぶち抜いていき、ここまであった50PIPSのりえきを半分の25PIPSにしてしまいました…(20日18:30~18:40の出来事です)
    心のどこかで焦りがあるせいか、順調にトレードを行っていても「飛び乗り」と「チャート形成前のフライング」をしていまい、せっかくの収益を半減させてしまっり、時にはマイナス収支にしてしまいます…
    このような悪癖を正すアドバイスをいただけないでしょうか?
    お忙しいところ大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

    • しょーさん。様
      いつもコメントありがとうございます。

      >17時頃までに50PIPSほど獲得
      >半分の25PIPSにしてしまいました

      ↑話を整理して行きましょう。

      個人的には「50→25」にした時点で
      トレードをストップ出来たのであれば
      その過程や内容はさておき
      ご自身を褒めて良いように思いますよ。

      多くの人はこの時点から
      「乱射」「自滅」へと向かいがちですので。

      >このような悪癖を正すアドバイスをいただけないでしょうか?

      ↑ここは明確に言えるのですが、
      「勝ったあとのチャートは見ない!」です。

      少なくともいったんPCから離れて
      なんならそのまま出かけてしまう、でも良いと
      本気で思いますね。

      実際には、その後もトレードして良いわけですが
      少なくともチャート推移を「追っかけない」ようにし、
      数時間後(あらたな動きが出やすい時間帯など)に観た際に
      「あ!ここはさすがにやらないともったいない」
      こう思える時だけ「やってやる」という感覚です。

      僕自身にも言えることなのですが
      「やりたいやりたい」でチャートを観ると
      どうしても仕掛けが早くなりがちで、
      その後苦労するケースが増えます。
      (それこそYouTube動画の時なんかがそうなんです・苦笑)

      こちらから一切仕掛けなくとも
      相場はどこかのタイミングでガマン出来ず
      どうせ向こうから勝手に動き出すものです。

      ならば「そこまで待つ」
      というか「そこまで放っておく」です(笑)

      こちらから
      「お願いだから付き合って!」というのではなく
      相手側から
      「あなた好みの女性になったから抱いてください!」
      こう言われるまで放置すれば良いのでは?って
      そんな話だと思うんですよね。
      ゲスの極みを承知で言いますと(笑)

      マジメな話に戻しますと
      「集中力」の問題もあるはずです。

      長時間チャートを観続けてしまうと
      どうしても集中力が落ち、
      判断が「ユルく」なるって感じはしませんか?

      おそらく思い当たるフシはあるはずです。

      なのでキッチリと
      「アタマの休養」を取るべきです。

      実際、アタマをしっかり冷やしたあとにチャートを見直すことで
      僕がここで述べている
      「やってやっても良い」の感覚が実感できると思いますね。

      要するに「余裕」がどれだけあるか?って話です。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは!
    いつもTRIBE、YOUTUBEありがとうございます。
    TRIBEに入り、及川先生の動画やFB上でのやり取りで勉強をしています。
    最近は勝てるようになってきたんですが、どうも勝ちきれません。
    あるあるなんですが、一日何度もトレードして勝ちまくって最後にその日の収支以上負けるといったことを何度も繰り返してしまいます。
    最初のトレードで勝ったら辞めたらいいのに機会損失と思い負けるまでやります。
    通貨は3通貨に絞って東京、欧州、NYと癖をなんとなくですが理解してトレードしています。
    及川先生はプロで一日中トレードできるかと思うんですがこうゆう状態になったことはありますか?
    私が理解している範囲では、及川先生は30分ルール、1時間ルール、時間帯、相関関係、チャート形状、プロフィットを意識されてトレードされてるかと思います。
    私もそれらを意識してトレードしています。しかし微妙な時間帯(各時間帯の午後、20時など)にいい感じのチャート形状になった場合にやりたくなってしまいます。つまり一日中チャンスがあるようにみえて一日中トレードしてしまいます。
    簡単に言ったらただのポジポジ病なんですが結構悩んでいます。
    勝ったら辞めたらいい!自制すればいい!答えは簡単なんですが、こんな私に及川先生からアドバイスを頂けたら何か変わるかもしれません。よろしくお願いします。

    • 京都のスナフキン様
      コメントありがとうございます。

      >一日何度もトレードして勝ちまくって最後にその日の収支以上負けるといったことを何度も繰り返してしまいます。
      >最初のトレードで勝ったら辞めたらいいのに機会損失と思い負けるまでやります。

      ↑今さっき、まさにご返信をした
      コメントのひとつ上「しょーさん。」さんへのご回答が
      ほぼすべてですね。

      チャートをずっと見続けることで
      集中力や「アタマのスタミナ」が奪われます。

      で、そんな中でやっていると
      どうしても判断が「ユルく」なるはずなんです。

      もちろん僕もここは同じでして、
      僕は勝ったトレードのあとは
      ほとんどの場合、パソコンから一度離れます。

      で、アタマをリフレッシュさせた数時間後、
      あるいは「次の動きが出やすい時間帯」に
      あらためて気力・体力・判断力が充実した状態でやっているわけです。

      「アタマのスタミナを補充しておかないと負けやすい!」

      このような考え方が
      一番すんなり入って来ませんでしょうかね?

      いや、ほぼ間違いなくここですので
      一度しっかりと向き合ってみてください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。お疲れ様です。動画いつもありがとうございます(⌒▽⌒)
    トライブはタイミングを逃してデイトレ大百科とプロコンのみ使用させていただいていますが、これらのツールと仲間・・・とても羨ましいですね〜
    デイトレは天才チャートを採用して取引させて頂いてますが、スイングのみ別の手法?でやっていますが、何しろ頭を使うのでBTGのような「便利なツール」あるといいですね!もちろん使いこなすために検証・練習する必要があることは理解しています^^
    友人がトライブ参加してまして、とてもいいよ〜と言ってまして、次回の募集があれば参加します^^(トライブくらいの価格だと嬉しい・なんちゃって)是非お願いします。

    ところで勝ち逃げ倶楽部ってとってもいいですね。
    投稿するために勝って終わろうと思うのでエントリーは吟味しますしみなさんの投稿もポジティブで見ていて参考といい気持ちになります。志気(士気かな)があがります。

    そしてコロナの流行でハイリスク群の持病のわたしですが自分のことだけ考えて節約や貯金するよりも他人のことを考えて少しでも稼いで消費してほんのりでも経済を回そうと考えまして、バンバン欲しいものを買おうと思います。
    なので(なのでw)今後ともよろしくお願いします。

    • WMさま
      コメントありがとうございます。

      >友人がトライブ参加してまして、とてもいいよ〜と言ってまして、次回の募集があれば参加します^^

      ↑それは嬉しいお話ですね。
      光栄です、ありがとうございますm(_ _)m

      TRIBEは佐藤コーチやDr.ヨン様のパワーにかなり助けてもらっています。
      彼らはマジで「ハンパねぇ~」ってレベルでしてね(汗)

      >勝ち逃げ倶楽部ってとってもいいですね。
      >投稿するために勝って終わろうと思うのでエントリーは吟味しますしみなさんの投稿もポジティブで見ていて参考といい気持ちになります。志気(士気かな)があがります。

      ↑僕も大変良いコンセプトだと思っています^^
      ぜひとも有効活用なさってください♪

      >コロナの流行でハイリスク群の持病のわたし
      >少しでも稼いで消費してほんのりでも経済を回そうと考えまして、バンバン欲しいものを買おうと思います。

      ↑そうでしたか・・・
      そんな中、見事なまでの「男前」な心意気に対し、
      心よりリスペクトいたします。

      お互い、がんばってまいりましょう。

      これからも引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • ピックトレンドゲッターはんぱないっすね!この相場ですごすぎます!まじでtribeに参加したかったです!泣
    けど負けじと大百科とFXismのYouTubeで勉強しまくります。目指せ師匠みたいな専業トレードです!笑
    エビバディ精進して頑張ります。

    • ぶーやん様
      コメントありがとうございます。

      >ピックトレンドゲッターはんぱないっすね!

      ↑そうですね
      僕はデイトレ専門なのでノーマークでした(苦笑)

      >けど負けじと大百科とFXismのYouTubeで勉強しまくります。

      ↑はい、その意気です♪
      「デイトレ組」としてお互いがんばりましょう!

  • 及川師匠
    こんばんは。前回コメントさせて頂きました、銀色流星群と申します。動画拝見させて頂きました。特に香港の方たちとの対談は本来であれば絶対聞くことの出来ない裏話的な内容でしたので、今後のトレードライフに関して非常に興味深く、参考になりました。繰り返し何度も視聴しております。
    さて、単刀直入に現状のご報告ですが、本日のデモトレードで資金が450万を突破しました。コロナの影響でボラが果てしなく動いているので、その分スプレッドが厚く、最近はドル円などのスプレッドが薄い通貨ペアでのトレードが主体になって参りました。しかしボラの大きさに助けてもらい、週間での収支がプラス100万円の大台を突破出来たので、かなり結果が出てきたのだと実感することができております。ただ、現状のポンドオージーなど、非常にスプレッドが開いており、手がつけられない状態であるのも事実なのです。目標のデモ口座500万が目前に迫っている反面、スプレッドが厚い通貨になかなか踏み切れないのですが、このような場合、師匠はスプレッドを加味してもなお、ポンドオージーのトレードなどはなされるのでしょうか?少し逆行しただけでビビって損切りしてしまいます。バッチリオージーテクニカルが揃っていてもスプレッドが20とか開いているとなかなかてがだせないのですが、もしスプレッドが広い通貨ペアを狙う時のコツなどがありましたら是非ともご指導願いたい次第です。まだまだ知識も技術も経験も浅いためにここぞというところで獲れるようになるために、引き続き師匠の動画で勉強させて頂きます。以前の師匠のお言葉を受け取り、またいくつかデモ口座を作って色んなやり方を模索して参りますね!
    それでは長文失礼致しました。

    • 銀色流星群さま
      コメントありがとうございます。
      ※それにしてもオシャレなハンドルネームですね。

      >香港の方たちとの対談は本来であれば絶対聞くことの出来ない裏話的な内容

      ↑はい、僕とはまったくタイプが異なりますが
      「プロっぽさ」は彼のほうが俄然高いですよね^^
      僕も大いに刺激をもらえる対談になりました。

      >本日のデモトレードで資金が450万を突破

      ↑おぉ!遂に「もうすぐ!」ってところですね♪

      >最近はドル円などのスプレッドが薄い通貨ペアでのトレードが主体になって参りました。

      ↑僕もドル円のトレード増えました。
      やはりスプレッドは薄いほうが安心ですからね(笑)

      >師匠はスプレッドを加味してもなお、ポンドオージーのトレードなどはなされるのでしょうか?

      ↑いや、まったくと言って良いくらいやりません!
      ドル円はなんていうか「サービス通貨ペア」で
      業界側がどうあってもスプレッドを厚くしないようで、
      それでいてボラがあるって話なんですから
      これらを中心に取引するのはもはや必然ではないでしょうか。

      >もしスプレッドが広い通貨ペアを狙う時のコツなどがありましたら是非ともご指導願いたい次第です。

      ↑上述のとおりでして、
      僕自身「そもそも触らない」が結論です。

      っていうかドル円のスプレッドを見ている中で
      ポンドオージーのようなアレをやることなど出来ませんですって。
      例え貧乏性と呼ばれても、です(苦笑)

      >またいくつかデモ口座を作って色んなやり方を模索して参りますね!

      ↑トレードは「仮説→検証」の繰り返しです。
      せっかくの「デモ時代」ですので
      積極的かつ大胆な仮説に基づいて
      ご自身なりの「トレード世界観」の構築を目指してください♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんお疲れ様です!

    BTGの凄さに目移りしちゃいそうです…
    短期デイトレほどロットは張れないとは思いますが、パソコンにしがみ付いて観なくていいのは魅力的ですね(^^)

    及川さんの爆益さには勝てませんが、
    自分も今月、今日終了時点で約月利100%です♪
    株をやっている知り合いなどはこの相場でしんどい思いをしていると言っていました。
    おもわず彼らに短期デイトレ及川式のすごさをプレゼンしちゃいました笑
    生徒さんまた増やしちゃったことになったらすみません。汗

    自分ずっと及川さんの発信する情報は確認してるんで、この前の動画のようなFX以外の情報あればまたぜひお願いします!
    そのうち資産増やして会いにいきます〜笑

    ではでは失礼します。

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >BTGの凄さに目移りしちゃいそうです…
      短期デイトレほどロットは張れないとは思いますが、パソコンにしがみ付いて観なくていいのは魅力的ですね(^^)

      ↑「デイトレは苦手」って人は絶対数いると思うので
      そういう人には、ぜひとも有効活用なさって欲しいと思います。

      >自分も今月、今日終了時点で約月利100%です♪

      ↑おぉ!素晴らしいですね。

      >株をやっている知り合いなどはこの相場でしんどい思いをしていると言っていました。

      ↑そりゃそうですよね(汗)
      現物系の人はレバがかかってない分、
      良いも悪いもどっしり構える人が多いでしょうから
      現状に至っても放置状態かも知れませんね。

      >おもわず彼らに短期デイトレ及川式のすごさをプレゼンしちゃいました笑

      ↑ありがたいというかなんて言うか(汗)

      ただ、株がメインの人って
      FXには良い印象ないんじゃないでしょうかね?
      以前ほどではないものの
      相対取引に対する印象は絶対良くないはずですし。

      ※僕も「株出身」ですが
      やはりFXの不透明感には当初かなりの嫌悪感を持っていました。

      >自分ずっと及川さんの発信する情報は確認してるんで、この前の動画のようなFX以外の情報あればまたぜひお願いします!

      ↑シンガポールにいると
      相場関係の各種専門家がウジャウジャいますので
      今後もおもしろい情報をジャンジャン発信していけると思います。
      ぜひともご期待ください。

      >そのうち資産増やして会いにいきます〜笑

      ↑はい、待ってます♪

      あ、その前にコロナ、一刻も早く落ち着いて欲しいです。
      シンガポールも「鎖国状態」になってしまいましたので(汗)

  • いつも忙しい中ブログやYouTubeの配信お疲れ様です。日頃から大変お世話になっております。

    ブログでの師匠の返信がわかりやすく、とても為になるので、本編と関係ない話で恐縮ですが、是非僕もお聞きしたい事があります。

    テクニカルが効きにくく、師匠でも取引をさけた方が無難だと思えるタイミングって東京、欧州、NY時間の前場以外の時間帯、月曜日の朝、金曜日、月末や年末、重要な経済指標発表直後など、年間を通してどんな時が考えられますでしょうか?

    取引の勝率をあげるために必要な情報だと思いまして、自分で検証していく以外にプロの方の意見を参考にさせていただきたいので、時間がある時にでも是非ご回答よろしくお願いいたします。

    • 茨城トレーダーさま
      コメントありがとうございます。

      >テクニカルが効きにくく、師匠でも取引をさけた方が無難だと思えるタイミング

      ↑挙げていただいた内容でほぼ網羅出来ているように思います。

      もう少し「根っこ」のお話をしますと、

      ・参加者が少ない時間や日はテクニカルが効きにくい
      ・「材料」の前ではテクニカルなど無力である

      これらが上記項目に繋がるという話ですので
      こちらをむしろアタマに置いていただくと良いかも知れません。

      ※「材料」とは突発的な要人発言や政策発表などを含みます。

      突発的な要人発言につきましては、
      僕は普段気にしていませんが
      ネットで確認出来るサイトなどもあるようですので
      入念に取り組む際には常に留意しておけると良いでしょう。

      では、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎度お世話になります。

    毎度毎度の質問で申し訳ないのですが。。。
    アドバイスを頂ければと思い本日は投稿しました。

    コロナショック!
    色々な意見がある中で
    「ボラが大きいだけでチャート形状は変わらないのでは?
    と勝手に思ってしまっています。。。
    良くも悪くも、大きくも取れず負ける訳でもなく収支は通常営業です。
    ただ、今週の「日経」と「ドル円」の動きが正反対だったり、かと思えばシンクロしたりと言うのには焦りましたが素直に時間とチャート形状で対応しました。

    本題なのですが
    現在は
    ・時間管理(東京&16時or17時のみ)
    ・ラインとmaの密集地帯、方向性
    ・相関、逆相関
    のトレードに慣れてきて安定して勝てるようになってきました。
    ありがとうございます。

    そこで次のステップに進みたいと思いましてlotを上げるのではなく
    FXの醍醐味である「ポジション数の足し算引き算」を練習しています。

    及川さんのトレードを見返していて、やはりポジション調整が出来ないと要領悪いなぁ。と思った次第です。

    及川さんは
    「ポジション数で強引にやったズルいトレードになりました」
    と謙遜されていますが
    通常時は普通のポジション数!
    ここぞ!はポジションマシマシ!!
    のメリハリをつけるスキルありきだと思います。じゃないと、ただのマーチンになりますしね(汗)そうなると、いくら資金があってもキリがないと思うので。

    現在行っているのが
    ・打診エントリー
    ・本来の入りたかった場所での追加
    ・最後の砦のナンピン
    を、しているのですが、どうしても難しいのが
    「追撃のポジション」
    が難しいです。。。

    今週試した追撃は
    ・17時にユロポン↓ユロル↓ユロ円↓
    ・形の良いユロポンで打診売り
    ・ユロポン下げる中形が整ってきたユロ円エントリーと同時にユロル追加
    ・ユロポン、ユロル、ユロ円同時に下げた瞬間に追加
    ・17時25分くらいに利確
    と、いう日がありました。

    ですが、及川さんの動画を見ていると動き出す前にも追加してるんですよね。。。

    動画でも仰ってますが感覚的な部分もあると思うので文章での説明は難しいと思いますがアドバイスがあれば宜しくお願いしますm(_ _)m
    ※現在行っているエントリー本数は4本から6本です。

    毎度甘えて申し訳ないです。

    • スロプロ@ひろき様
      いつもコメントありがとうございます。

      >コロナショック!
      色々な意見がある中で
      「ボラが大きいだけでチャート形状は変わらないのでは?
      と勝手に思ってしまっています。。。

      ↑僕もそう思います。
      ボラがデカいので利益もその分多いものの
      やっていること自体はほとんど変わっていないつもりなんです。

      >今週の「日経」と「ドル円」の動きが正反対だったり、かと思えばシンクロしたりと言うのには焦りましたが素直に時間とチャート形状で対応しました。

      ↑確かに・・・(苦笑)
      ここのシンクロ性がアテにならないのは
      少し痛いですよね。

      >通常時は普通のポジション数!
      ここぞ!はポジションマシマシ!!
      のメリハリをつけるスキルありきだと思います。

      ↑おっと、やはりそう来ましたか(汗)
      ひろきさんにはそのうち切り込まれると覚悟していました(笑)

      >どうしても難しいのが
      「追撃のポジション」
      >及川さんの動画を見ていると動き出す前にも追加してるんですよね。。。

      ↑ホント、よく見てますねぇ(苦笑)
      正直なところ、この辺の話はあまりしたくないのが本音です。

      と、言いますのも、
      「相場」って実にイヤらしいやつじゃないですか。
      例えば損切り後の「取りかえしトレード」の時って
      もう少しでチャラってあたりでなぜか戻されたり、とか(苦笑)

      僕も人間なので、
      損切り後のトレードではついつい「額面」を見てしまいがちなんです。

      そんな中、「もう少しでチャラ」ってときに、
      本来ならここで逃げておいたほうが無難なときも
      「チャラまではなんとか引っ張りたい」という邪念に囚われます。
      で、その結果逃げ損なって結果台無し、みたいな経験も多々経験してきました。

      そういう苦い経験に基づき、
      僕は特に「取りかえしトレード」の際は
      「ある程度は伸びそう」ってタイミングに対し、
      ロット圧力をかけ「より時短を目指す」ということをよくやるわけです。

      ですのでこれ、
      決して「読み切ってやっている」のではありません。
      なのであまり話題にしたくないわけです(笑)

      構造的には、
      そもそもスプレッドや手数料のロスを背負っている部分と、
      普段やっているトレードのリスク&リワード範囲が概ね同一であることが考えられます。
      ゆえに損切り後のトレードにおいても
      「あと少しでチャラ」のあたりが怪しくなるのだと思います(苦笑)

      僕はよく、トレードをボクシングに例えますが、
      相手の良いパンチを食らってロープ際に追い込まれた際、
      劣勢を跳ね返すためにリスクを取って打ち返す・・・

      ご存知かは分かりませんが、
      少し以前の名チャンピオン「長谷川穂積選手」のスタイルが
      このやり方のイメージするところなんです。
      (彼はピンチの時こそ打ち合い、結果劣勢から脱出することの多い選手でした)

      ちなみに、外すこともありますからね。
      その際は当然損失がより大きくなりますし、
      そうなった際はいったんアタマを冷やし、
      数回に分けて取り返すよう切り替えています。

      なお、時々は
      一発目のトレードで同じような追撃を出来ていることもありますが
      それはアタマがやけにスッキリと冴えている時でして
      普段ボケボケしながらスタートする僕としては
      極めて珍しいケースでしかありません。

      お答えになっているか微妙ですが
      とりあえずこんなところです。
      大丈夫でしょうか??汗

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画楽しみに拝見させて頂いてます。
    以前から一つだけお聞きしたかったのですが、負けて取り返すときの本数が尋常ではない数打たれていますが、負けて証拠金は当然減ってると思うのでその後で倍とか3倍の本数を打ってる時の証拠金維持率は何%位になってるんですか?
    拝見してる限り追加入金されてる感じでは無いのでもし更に逆行されたら口座飛ぶ位の維持率になってるように思うのですが。

    またそこまでのリスクをとっても最後には取り戻して更に爆益にできるコツと言うかメンタルをどのようにして養われたのですか?

    不躾なご質問で申し訳ありませんがよろしくご回答お願い致します。

    • K_rockさま
      コメントありがとうございます。

      >負けて証拠金は当然減ってると思うのでその後で倍とか3倍の本数を打ってる時の証拠金維持率は何%位になってるんですか?

      ↑ご心配いただきありがとうございます(汗)
      現在の口座はハイレバでもあり、
      証拠金率自体はそこまで危険な領域には達していません。
      かなり多く入れた時でも500%くらいはあります。

      >そこまでのリスクをとっても最後には取り戻して更に爆益にできるコツと言うかメンタルをどのようにして養われたのですか?

      ↑僕はいわゆる「ツッパる時」の気持ちの持ち方において
      「当月のプラスは全部飛ばしても仕方ない!」
      という腹のくくり方をすることが少なくありません。

      で、実際にそうなってしまった(飛ばした)経験もあるのですが
      それでも月間収支のマイナスになっていないことで
      アタマを冷やして残りの日数をコツコツやるわけです。

      よって月の序盤は無茶をしないようにしているのですが
      時には月初めにそのような局面に追い込まれることもありました。
      そのときどうするか?
      ここは以下の二択となります。

      ・今日のところは負けを受け入れよう
      ・前月のプラス分を吐き出す覚悟でツッパろう

      動画の日にはここまでの腹くくりは正直出来ませんが
      誰も見ていないトレードであれば
      要するに最後は「自分の責任」ですので、
      自分がツッパると決めたならイケるところまでツッパりますね。

      ただしこれ、
      あくまで僕の感覚の中では
      「むやみやたらにツッパっている」つもりはなく、
      ある程度冷静な判断の中、
      相応に「イケる!」という感覚の中でやっているつもりです。

      僕がよくいう
      「今からやるならどっち?」という部分と、
      「相場はどこかのタイミングでしっかり動く!」
      という特性も当然意識しながらやっているつもりなんです。

      つまり、
      >そこまでのリスクをとっても最後には取り戻して更に爆益にできるコツと言うかメンタルをどのようにして養われたのですか?

      ↑こちらのご回答につきましては
      「決してメンタルが強いわけではなく、
      むしろ自身のメンタルが崩壊しないように基準を設けて対応している」
      だけに過ぎないという話かと思います。

      動画ではなるべく淡々とやっているように装っていますが
      内心はビクビクしながらやっていることも多いですよ(苦笑)

      そりゃそうです。
      同じ人間ですので。。。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、おはようございます。
    先日は適切なアドバイスありがとうございました。今月中に先生の動画を全視聴し、来月から1万通貨の取引量で再スタートするつもりです。
    数年後のNEW富豪の一人になれるように精進します。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >今月中に先生の動画を全視聴し、来月から1万通貨の取引量で再スタートするつもりです。

      ↑楽しみですね♪
      変にキバらず、落ち着いて取り組んでください。
      トレードは
      「勝ったり負けたりしながら資金を増やす競技」
      ここを忘れることなく、
      一度の損切りでアツくなってトレードが崩壊することだけはないよう、
      くれぐれもご留意のうえがんばって欲しいと思います。

      >数年後のNEW富豪の一人になれるように精進します。

      ↑ぜひぜひ!
      お互いコツコツがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    二度目のコメント失礼いたします。

    先月より及川先生の書籍、YOUTUBE、デイトレ大百科で勉強させていただき、
    先週より実弾トレードをはじめ何とかこの一週間は毎日プラスの収支で終えることができ、デイトレで今までこんなことなかったので大変感謝しております。
    まだまだLOT自体は小さいので金額も大したことはありませんが、及川先生の仰る「NEW富豪」になれればと思っております。

    最後にトレードや動画を見ていてふと疑問に思ったことがあるので質問させてください。
    ブレークが起こり飛び乗りした際、素直に伸びず一回押しや戻りがあるだろうと判断した時、両建てをすることをどう思いますか、また実際にされている方がいるかどうかを教えていただけたらと思います。
    私自身、今のところやったことはないのですが前にうねりどりの勉強をしていたこともありやった方がいいのかもとも思います。
    是非とも先生の考えをお教えいただけたらと思います。
    よろしくお願いします。

    • 蓮井さま
      コメントありがとうございます。

      >先週より実弾トレードをはじめ何とかこの一週間は毎日プラスの収支で終えることができ、デイトレで今までこんなことなかったので大変感謝しております。

      ↑実弾でプラスは自信に繋がりますね♪
      こんな時だからこそあえて言いますが、
      例えば損切りが続いた際などに「ブレ」が生じないよう、
      というか、そういう局面でこそ
      これまで研究&実践してきた「成果」が試される・・・
      そのような覚悟を今から心に準備しておいて欲しいなと願います。

      >両建てをすることをどう思いますか、また実際にされている方がいるかどうかを教えていただけたらと思います。

      ↑ご気分を害されてしまったらお詫びしますが
      僕は個人的に両建てには反対の立場です。

      「うねり取り」の手法については存じていますが、
      アレを一般の人が使いこなせるとは
      どうしても思えないんですよねぇ(汗)

      まず、エントリーにはスプレッドや手数料が発生します。
      わざわざ両建てし、業者を儲けさせるのもシャクですし(笑)
      あ、ここは冗談として、
      両建てを本当の意味で「戦略的」に出来る人であれば
      アリなのかも知れません。

      けど、多くの人は
      「含み損になった状態をカワす」ための
      なんていうか「問題先送り」にしかならないのでは?
      僕はそう思う次第です。

      その観点から「含み益状態」から両建てするのであれば
      成功率は上がるとも言えますが、
      短期デイトレにおいて、さほど意味があるようにも思えないんですよね。

      なら利食っておしまい、さぁ飲みに行こう!って
      僕なら考えてしまうわけです(笑)

      結論としましては
      「両建てで勝てる人なら絶対に片側通行で勝てます」
      「片側通行で勝てない人が両建てやったら余計負けます」
      僕はこのような意見です。

      お気を悪くされてしまうようならお詫びします。
      あくまで僕個人の考えですので
      上手にお聞きください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもブログと動画,楽しく拝見させていただいております。
    及川師匠今月もエグい収益ですね!私も最近の超ボラ相場で及ばずながら稼がせていただき,直近3ヵ月の負け額をチャラにする「出金」ができました!
    このコメント欄でも師匠に相談に乗っていただき,トレ-ドを反省するきっかけをもらえたので,経過報告させていただきました。
    負け続けてきた私にとってはこれが人生初の出金だったりします。FXトレ-ダ-としての「初給料」です(^_^)
    正直これ以上負け続けたら人生からも撤退を余儀なくされかねない崖っぷち状態と思っていましたので,この安堵は代え難いものがあります。
    始めた当初はダウ理論の本だけ読んでデモは4日だけやって,12万円稼げてしまって味をしめ,すぐリアルでやってしまい,ことごとく資金を溶かし続け,ストレスで体重も半年で8キロほど減ったりしましたが(^_^;
    まとまった額を出金できたことで,私の中ではようやく初心者卒業と思っております。方向性がそもそも合っていないエントリ-がだいぶ減ってきて,「ここを抜かれたらアウト」というポイントでは躊躇なく切っています。
    高ボラ相場に助けられてではありますが,TRIBE参加中に師匠にうれしい報告ができる運びになってよかったです。今後ともよろしくお願いします!

    • guideさま
      コメントありがとうございます。

      >直近3ヵ月の負け額をチャラにする「出金」ができました!

      ↑これは素晴らしい!!!
      おめでとうございます。
      いやマジで心から♪

      >負け続けてきた私にとってはこれが人生初の出金だったりします。FXトレ-ダ-としての「初給料」です(^_^)

      ↑気分は最高!
      これは実に嬉しいご報告となりました。
      すでにご飯ごちそうしたい気分です(笑)

      >まとまった額を出金できたことで,私の中ではようやく初心者卒業と思っております。

      ↑ほんと、そのとおりでしょうね。
      このあと、もう一回今回と同じあたりの金額を出金し、
      「生涯負けなし」からリスタート出来たら最高でしょうね♪
      ぜひともコツコツ粘り強くがんばってください。

      >TRIBE参加中に師匠にうれしい報告ができる運びになってよかったです。

      ↑いやぁ、ほんとに嬉しいです。
      ご報告ありがとうございました♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして!bossten(ボステン)と申します。
    今回、初コメです。
    以前から、デイトレ大百科・YOUTUBEで手法等を勉強させて頂き
    今回初めて、TRIBEに参加させて頂き勉強してます。
    そんな中、リアル・デモ口座でトレードしてるのですが、勝ったり負けたりしつつも、マイナスとなり結局破産してしまいます。
    自分の中で悩みつつ、ある日動画拝見中に 及川先生は{100万円につき1ロット
    を目安にしてます}と仰ってた事を自分の頭の中にす~っと入ってきました!
    今更ながら如何に資金管理が大事!って事がやっとわかりました。
    デモ口座(500万)でロット管理しながらデイトレで700万以上になり(ボラ相場にも助けられてますが 汗 )最近、1万円入金(余裕資金がないので)し2万以上になりました。
    自分は、FX歴2・3年とほぼ初心者ですがやっとスタートラインに立てる確信がもてました。
    まだまだ、皆さんには追い付けませんが日々精進し必ずや追い付き追い越せる様に頑張っていきたいです。
    今後とも宜しくお願い致します。

    • bossten(ボステン)様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今回初めて、TRIBEに参加させて頂き勉強してます。

      ↑あらためまして
      ご参加いただき、ありがとうございますm(_ _)m

      >最近、1万円入金(余裕資金がないので)し2万以上になりました。

      ↑まずはおめでとうございます。

      ちなみにですが、
      「実験用」「大胆なチャレンジ用」などで
      デモ口座はキープしておくと良いように思いますが、
      その際もリアル口座と同じ金額にしておくと良いかも知れません。

      より実弾時と同じ環境で普段からやるほうが
      感覚の育成が早まるのではないでしょうかね。
      ご参考まで!

      >FX歴2・3年とほぼ初心者ですがやっとスタートラインに立てる確信がもてました。

      ↑2~3年なら初心者とは呼べないと思いますよ(笑)
      焦る必要はまったくありませんので
      「自分なりの勝ち方」「自分なりの資金の増やし方」
      これらをイメージしながら日々コツコツと自制と共にがんばって欲しいと思います。

      嬉しいご報告をありがとうございます。

      こちらのほうこそ、
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生初めまして。
    いつも、動画とブログでトレードの勉強をさせて頂いております。

    及川先生が書かれた、ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”を
    読みたいのですが、海外に在住しており、入手出来ずにおります。

    4月に日本に一時帰国の予定でしたので、その際に購入しようと楽しみに
    しておりましたが、コロナウイルスの影響で、一時帰国が出来なくなって
    しまいました。。。(´;ω;`)ウゥゥ

    電子書籍の販売をして頂けると、海外からでも購入できるので、
    ぜひぜひ、アマゾンで電子書籍の発売をお願いします。

    • NAKAMURAさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >4月に日本に一時帰国の予定でしたので、その際に購入しようと楽しみに
      しておりましたが、コロナウイルスの影響で、一時帰国が出来なくなって
      しまいました。。。

      ↑コロナ、、、マジでヤバいですよね(汗)
      僕も日本に一時帰国の予定だったのですが
      断念しましてね・・・
      ほんと、一日も早い収束を願うばかりです。

      ちなみに海外はどちらなんでしょう?
      機会があったらお教えください^^

      >ぜひぜひ、アマゾンで電子書籍の発売をお願いします。

      ↑なるほどですね。
      僕はこの手の話をすべて任せっきりなため、
      本件も運営事務局に相談してみようと思います。

      ご連絡ありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生大変お世話になっておりますm(__)m

    及川先生にご質問したくて、サポート等に連絡した際、ブログのコメント欄で質問したら先生からご回答がありますとのことで、3月20日のトレード動画に対してのコメントではなく、個人的なご質問をさせて下さい。

    宜しくお願い致しますm(__)m

    いつもデイトレ大百科やYouTubeを見て勉強しています。

    先生のやり方を学ぶため日々勉強していて、改めてリスクリワードの重要性を感じます。

    自分が描いたシナリオ通りきちんとやれば勝てていたという事が多々あります。

    仮にロングの場合ここまできたらはいってやろうとロングエントリー、ここまできたら利確。

    それをやれば普通に勝てていたなんてトレードが多々あります。

    私は本当に極度のチキン利確によって目標まで引っ張らずプラスになったらすぐ利確。このクセが本当に直りません。

    恐らく今まで負け続けた恐怖心でもあるのでしょうか。

    これが改善できればトータルでプラスに持っていけるスキルは身につつあるのですが、本当にアホかと思うくらい利確が早く、リスクリワードが、良い場所でエントリーしても利確が早過ぎるので結果リスクの方が多いのと同じになっています。

    こんな私にアドバイスをどうかご教授願います。

    それとトレードについても一つご質問させて下さい。

    基本ルールだったり鉄板パターンだったりと色々あるのですが、いざ、自分が勝ってるトレードはどういうとこか?負けてるとこはどこか?などを研究した際、勝ってるポイントが基本ルール、鉄板パターンがほとんどありません
    1番よくやるのは、例えばロングの場合水平ラインを抜けてその時の瞬間的に強い通貨を選び飛び乗り、もしくは押し目買いです。
    なので、基本ルールだったり鉄板パターンを本来はしっかり身につけたいのですが、水平ラインを使ったトレードが多いです。
    それと気のせいかもしれませんがその水平ラインと15分MAが重なってればなお良いと思ってます(先生のご意見是非ともお聞かせ下さいm(__)m)

    後多いのは、マルチタイムフレームが上向きなので買いたい相場でもダブルトップからの逆張り、もし抜けたらドテンが1番多いかもしれません

    基本ルールでもなく鉄板でもなくそんなトレードをしてる自分は大丈夫なのかと心配になっております。

    及川先生が仰っているリスクリワードは常に意識はしております。

    とても長文になってしまい申し訳ありませんm(__)m

    お忙しいとは存じますが何卒宜しくお願い致しますm(__)m

    • エデンさま
      コメントありがとうございます。

      サポート事務局へのご連絡から
      二度手間となってしまったようで
      まずはその点、お詫びいたしますm(_ _)m

      >本当に極度のチキン利確によって目標まで引っ張らずプラスになったらすぐ利確。このクセが本当に直りません。
      >こんな私にアドバイスをどうかご教授願います。

      ↑僕も相当なチキン野郎ですので
      どう言って良いものか正直悩みますが(汗)

      とりあえず合理的な解決策のひとつに
      「時間で保有する」というのがあります。

      僕の場合「新30分」や「新1時間」の突入前の時点で
      利益が乗っていたら利食っておくことが多いのですが、
      これを逆手に考え、
      ●●時30分に近づくまではとにかくガマン、
      みたいな持ち方を基本にするのはアリではないでしょうかね。

      あ、もちろん逆食って損切りする際は
      この限りではありませんが。

      そもそも僕は新1時間や新30分の突入前の時点では
      あまりエントリーをしません。
      理由は「そこからあらたな動きになる可能性」があると思うからです。

      で、実際に新1時間などに突入してからの動きには
      乗るようにしているわけですが、
      もしそのエントリーが正解だったとして、
      多くの場合、次の新30分突入前までは
      その流れが継続することが多いです。

      ゆえに時間で利食いタイミングを計るという考えは
      一定の優位性があるはずなんですよね。

      その過程において、
      大きく伸びる陽線(または陰線)が生じたら利食い、
      というアレンジはもちろんアリなのですが、
      この「時間を使っての保有管理」は
      一度試してみて欲しいなと思います。

      ハマると「良いクセ付け」になるような気がしますので。

      >勝ってるポイントが基本ルール、鉄板パターンがほとんどありません
      >水平ラインを使ったトレードが多いです。

      ↑水平線を使ってのトレードで勝てているのであれば
      それはそのまま活かす形で良いと思いますよ。
      損切りの判断もしやすくなりますし。

      >その水平ラインと15分MAが重なってればなお良いと思ってます(先生のご意見是非ともお聞かせ下さいm(__)m)

      ↑まったくその通りだと思います。
      水平線の引き方にもよるでしょうが、
      要するに「より根拠が多い状態」だって話だと思いますね。

      >マルチタイムフレームが上向きなので買いたい相場でもダブルトップからの逆張り、もし抜けたらドテンが1番多いかもしれません
      >基本ルールでもなく鉄板でもなくそんなトレードをしてる自分は大丈夫なのかと心配になっております。

      ↑いやいや、実際にやっている内容自体に
      ブレもなく、統一性を感じますので
      それで勝てているのであれば俄然そのままで良いと思います。

      おそらくは「初動」を狙うのか
      「失速狙いの逆張り、または逆抜けのドテン(かなり強いトレンド)」の
      二股を狙うのか、
      その違いだけだと思いますので。

      ちなみに水平線を使っての逆張りやドテンは
      実際僕もやっていますし、
      ライブ講義などでも過去、何度も話題にしています。

      決して邪道ではなく、
      むしろ「王道」なやり方ですので
      自信を持って取り組んで欲しいくらいです♪

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2度目の投稿となります!
    いつも動画拝見させて頂いております!
    1年半位前からFXをやってみようと思い、もともとスキャルやデイトレメインでやってみようと勉強してきました。
    昨年末のTRIBE申し込みもお金がなくギリギリで断念してしまいました。。。
    デモで上手く行くようになってから実費でやってみようと思ったのですが、ずっとデモトレードを溶かし続け、やっと今月コツを掴めた様に感じています。
    先月2/18から新たに10万で始め、現在1400万まで上げる事ができました。
    (あくまでもデモトレードでの話ですので、実際ここまでやるメンタルはきっとないです。
    また、ボラが激しいので。。。
    ですが波に乗れるのであればチャンスだとも考えています)
    が、やはりコツコツドカンにハマりそうになってしまう事が4度ほどあり、これを直さなければ実際のお金でも痛い目みてしまうなと感じています。

    1度目にコメントさせて頂いた際に
    ユロポンを見すぎてユロドルなどで痛い目を見てしまう。
    と言った内容を投稿させて頂きました。
    1つ1つの通貨ペアをしっかりと見て、通貨の強弱はその次とお話し頂き、少し分かってきた気がします。

    新たに1つご質問させて下さい。
    自分のトレードは結構スキャルによっています。
    エントリーするタイミングも天辺を取りに行く事が多く、また、ちょっと早めに入ってしまう事もあります。
    (及川さんの影響を受けているかもしれませんがw)
    基本的にはレジサポ、トレンド、MAを見ていて、1Hレジサポ水平線、上位足のMAをメインに見ています。
    天辺を狙いに行き、逆行した際にコツコツドカンにハマってしまいそうになります。
    入るタイミング、損切るタイミングをまだちゃんと理解できていません。

    スキャルに近いので出来るだけ天辺で入りたいと考えています。
    逆行された際にもキズが浅いからです。
    また1H水平線の反発の場合多くはヒゲを作る様に感じています。
    それを耐えなければいけないので、ギリギリに入りたいなと考えています。
    (ここを考えてしまう為損切るタイミングが良く分からなくなっているのかもしれません)
    ただ水平線にタッチしない事も良くあるんですよね。。。
    頭と尻尾はくれてやれと言いますが、頭をくれてやる事がうまくできないです。

    実際のお金でトレードを始める時、まずは頭をくれてやるのを意識して動いてから入ろうかと思っています。

    及川さんの中でエントリーする時の自分ルール的なものはあったりするのでしょうか?
    感覚的な事が多いですか?
    耐えるラインをしっかり決めておいているのは動画を見ていて教えて頂いているのですが、及川さんがエントリーする時に考えている事をお教え頂けると幸いです。

    どうぞ宜しくお願い致します!
    始めるからには億トレダー目指したいと思います!

    • 安藤さま
      コメントありがとうございます。

      >先月2/18から新たに10万で始め、現在1400万

      ↑なんと!
      デモだからとおっしゃいますが
      デモでもなかなかここまではいかないですよね(汗)

      実弾でまったく同じとは確かにいかないと思いますが、
      手応え的には充分ではないでしょうか。

      >及川さんの中でエントリーする時の自分ルール的なものはあったりするのでしょうか?
      感覚的な事が多いですか?

      ↑前段の内容ももちろん拝見したうえでご回答いたします。

      普段の僕はまず「時間帯」の中で勝負を試みます。
      分かりやすいのは欧州時間の16時~18時などですが、
      為替の場合、明確に「動きが出やすい時間帯」があるので
      そこを活かさない手はない、との考えによります。

      そんな中、ちょっと独特と思われるかも知れませんが
      僕は「最初のエントリーは勝てないかも?」
      このような感覚を常に持っているんです。

      もちろん最初のエントリーで勝てれば言うことなしですし
      「そうなって然り」の場面をやるようにしてはいますが
      それでも最初のエントリーが「結果、間違い」であることも少なくありません。

      実はここからがミソなんですけど、
      ただし上述の時間帯において
      相場ってやつはほとんどの場合
      「どれかキッチリ動く銘柄が出て来るもの」なんですよね。

      よって僕は
      一応最初のエントリーで勝てて然りの場面をやるものの、
      そいつが不発だった場合において、
      他のどれかが動き出した際、
      「いつでも乗り換えるつもり」というイメージを
      常に持ちながらやっている次第です。

      つまり、いつでもどこでも
      「1勝1敗でトータルプラス」と出来るよう
      あらかじめ心の準備をしている、という話なわけです。

      一発目のエントリーは
      チャート形状その他で入ることが多いのですが、
      乗り換え時については
      チャート形状優先ではなく、
      「動き出したモノ」「おっぱじまったヤツ」
      ここに重きを置いています。

      そういう意味ではある種「感覚的」とも言えますが、
      一方で「相場の性質」をしっかり意識した行動でもある、
      そう自分では思っているんですよね。

      ちょっとご質問の主旨からはズレた話かも知れませんが
      このあたりの話を理解していただけると
      かなり今後の役に立つはず、との判断から
      お話をさせていただきました。

      1.最初のエントリーはチャート形状などから。
      2.一発目が不発だった際のその後はチャート形状以上に
      「おっぱじまったモノ」を優先して乗り換える。

      このメリハリ、
      上手く伝わると良いのですが(汗)

      YouTube動画などでも
      結構このパターン多いですので
      今後、少し留意しつつご覧になってみてください。

      おそらくですが、
      メッチャ成績向上可能な部分だと思いますので。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画のアップをありがとうございます! 毎回たくさんの気づきと、手法を惜しげもなく公開していただき、感謝しかありません。この大相場で、私も資産を増やしたのですが、ちょっとの気の緩みで損を出してしまいました。また勉強し直しだと思って、小額から頑張ろうと思います。
    もし師匠が、1万円からFXをスタートするとしたら、ロットはどのくらいで、どんなトレードをしていくと思われますか? 1万円だとすると、含み損もあまり持てないかと思います。どのようなエントリーポイントを狙い、1日の獲得目標はいくらと考えてトレードされるでしょうか? また避けるべき相場はどんな相場でしょうか? アドバイスいただけますと幸いです。

    • keyさま
      コメントありがとうございます。

      >毎回たくさんの気づきと、手法を惜しげもなく公開していただき、感謝しかありません。

      ↑こんな風に言っていただけるのは本当にありがたいです。
      継続の勇気になります。

      >もし師匠が、1万円からFXをスタートするとしたら

      ↑僕はかねてから
      「資金100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」
      ここをベースにロット調整をして来ましたので
      1万円となると「1000通貨×数発」という弾数でやることになりますね。

      で、それ以外の部分はほとんど今と同じ、
      と言いますか、何も変えてはいけない、とむしろ思います。

      利食いや損切りにつきましても
      基本は「PIPS」から判断していき、
      「額面」での目標を置く場合につきましても
      PIPSから計算した結果から、にするはずです。

      なぜなら、そのようにしておかないと
      その後ロットを引き上げた際に
      「同じこと」が出来にくくなるからです。

      FXの良いところはまさにこの
      「ロット調整&PIPS管理」の部分ではないでしょうか?

      これが出来るゆえ、
      例えば僕の動画をご覧になった人が
      「ご自身の資金量」に置き換えて見ることが可能なんだと思います。

      今日のところはこんな感じのご回答ですが
      もし不足などございましたら
      遠慮なく追加でご質問ください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画、ブログ拝見してます。
    TRIBEに参加して早いもので3ヶ月近く経ちますね。

    現状は買ったり負けたり繰り返してます。
    (以前は負けたり負けたりだったので、多少は進歩したのかなと)

    負けの原因が自分なりには理解できてきたのがTRIBEに参加して今のところ一番大きな収穫です。

    1点質問があります。

    今回のブログの中にありました、「情報」の部分です。

    情報に翻弄されたてはならぬと思ってはいても、特に「勉強中」の身としては素直に受け取ってしまいがちで、テクニカルを中心に勉強しているはずなのに、変なバイアスがかかってしまって、おかしなトレードをしてしまうことがあります。相場予想みたいなものは、もう見ないようにしていますが、及川先生のおっしゃる情報というのは、どういった類のもので、どのように取り込んでおられるのかなと思った次第です。

    同じ情報でも見る方のレベルで得るものは大きく変わるのだと思うのですが、情報の取捨選択みたいなものを参考にさせて頂きたいです。

    • sumiさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >TRIBEに参加して早いもので3ヶ月近く経ちますね。

      ↑あぁ、言われてみればもうそんなに経過したんですね(汗)
      僕の中では「まだまだ」の感覚でしたが
      時間が経つのは本当に早いですね^^;;

      >相場予想みたいなものは、もう見ないようにしていますが、及川先生のおっしゃる情報というのは、どういった類のもので、どのように取り込んでおられるのかなと思った次第です。

      ↑デイトレに関して言いますと
      僕も「情報」はほとんど気にしていません。
      おっしゃられるように、
      むしろ「毒」になりかねないとすら思っていますので
      そのあたりの感覚は同じです。

      ただし中長期の投資についてはまったく逆でして、
      ファンダメンタルズや世界情勢、長期トレンドなどについて
      常に複合的な視点を持っていたいと考えています。

      現状「デイトレ専門」でやっているのであれば
      正直ほとんど意識しないで良いと思います。

      多くの読者さん、視聴者さんの中には
      デイトレは苦手ゆえ、中長期メインの人もたくさんいらっしゃいます。
      そういう人たちに向けた「情報」だとお受け取りください。

      ちなみに、以前の生放送勉強会にて
      「数年先の投資ビジョン」についてお話をしましたが
      アレももちろん「デイトレ現場」的には一切関係ありません。

      ただし!
      「投資家」の本来の姿とは
      「お金に働かせる」
      「自身は労働行為をしない」にあると思っていますので
      デイトレから成り上がった以降につきましては
      そういう視点も持っていただきたいという考えもありますね。

      「デイトレ」は成り上がるための手段であり、
      我々が最終的に到達すべきは「投資家」である!

      僕がみなさんにお伝えしたいのは
      まさにこの部分なんです。

      その段階になった時点で
      「上質な情報」は不可欠要素になりますので
      今の段階から、おぼろげでも意識なさっていただけたらと思いますね。

      ではでは、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは!!
    いつも楽しく、ためになるコンテンツをありがとうございます。
    お身体は大丈夫でしょうか?コロナやインフルエンザ、風邪が流行っていますのでどうかご自愛ください。

    今回は自分の中では深刻な質問、相談に答えていただけないでしょうか。

    自分はトレードを始めて約二年経とうとしている所です。
    いくつもの試行錯誤を繰り返し、ある日、及川先生やリオンちゃんの動画を拝見させていただいた時から、天才チャートに触れ、ガチ速を買いその手法を取り入れ、トレードをしてきました。
    リオンちゃんと、及川先生の天才チャートを徹底的に研究し、自分なりのインジケーターを作り、これでずっとやっていくぞ!といった自分の手法もできました。

    ここ最近はずっと、デモトレードをして手法の有効性を試し、本口座でトレードする日々を繰り返して、順調にできていました。

    ですが、先日20万円(ボーナスも含む)でトレードを始めたところ、お恥ずかしいですがその口座を溶かしてしまいました。
    本当に、悔しくて、悔しくてたまりませんでした。

    原因は損切りをしないことを正当化したこと、損切りをしてもその次のトレードで多めのロットで入ってしまうこと。この二点です。

    及川先生の動画にも、コツコツドカンの防止法や、損切りの心理学、ロット数、乱射の話がありますが、その動画は暗唱できるくらいに拝見させていただきました。
    頭の中では完全にそうなってしまう、プロセスやその結果は理解できています。

    ですが、いざパソコンの前にすわり、マウスを動かすとそれができない自分がいます。頭ではわかっているのですが、行動に移すとなると難しいということです。
    これも今回が初めてではなく、3回目です。そのたびに、ノートに何が原因だったかをまとめ、二度と同じ過ちは起こさない気持ちで反省してきました(反省した気になっていただけかもしれません。)

    なぜ、頭では分かっているのにできない上に繰り返してしまうのでしょうか。
    また、自分はこれからどうトレードしていけばいいでしょうか。
    お厳しいお言葉でも、十分覚悟していますので、どうか率直なご意見いただけないでしょうか。
    大変お恥ずかしい話をしてしまって申し訳ありません。

    長文失礼いたしました。
    いつも感謝しています。お身体にはお気をつけてください。

    • 学生トレーダー yuさま
      お久しぶりです・・・でしたよね?
      コメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      正直なところ、かなり驚きました。
      そういう部分でハマるタイプの人ではないと
      想像していましたので。

      >なぜ、頭では分かっているのにできない上に繰り返してしまうのでしょうか。
      また、自分はこれからどうトレードしていけばいいでしょうか。

      ↑確認したい点としては
      普段(平時)の成績は良いんですよね?

      また、深追いせずにルール的な損切りをすることで
      トータルプラスは充分維持可能って部分も大丈夫ですよね?

      ここが「そうでもない」ってことなら
      まるで話は変わって来ますが
      多分問題ないでしょうから
      それ前提でお話させていただきますね。

      おそらく、、、ですが
      デイトレーダーの多くは
      「その日最初のトレード」では損切りがキチンと出来るものです。

      なぜならトレードとは損切りも当然起こり得るモノと
      しっかり理解していますし、
      その時点ではアタマが冷えているはずだからです。

      ところが「当日数回目」のあたりから
      怪しくなるケースが多いと想像します。

      損切りが連発することでアツくなるのもありますが
      逆に当日収支がプラスの時こそ、
      心理的には危険ではないかと思うんです。

      「今損切りしたらせっかく得た利益が飛ぶ」

      人間の心理って本当にデリケートですからね。

      それまで積み上げたモノが振り出しに戻るってことが
      最も苦痛で、不毛で、耐えがたい・・・
      ここは「金額」の問題ではなく、
      もはやプライドや尊厳の範疇ではないでしょうか。

      今回記事のコメント欄の上の方でもお話をしていますが
      僕はときどき、
      「今月分のプラスがすべて飛んでも良い」という風な
      「ツッパリ」をすることがあります。

      それこそ月初めにそういう局面に遭遇した際は
      「前月の利益全部飛ばす覚悟じゃ」ということもあるんです。
      (本当にたまに、ですけどね。
      そんなのがしょっちゅうあったら今頃死んでますので・苦笑)

      かようにトレード現場においては
      このような「腹くくり」や「覚悟」が必要になる事態が生じます。

      直近の僕の動画で
      今月の収益を登場させていますが、
      極論、明日の相場において
      そのすべてを吹っ飛ばす可能性もあるわけです。

      まぁ実際にはそこまでのピンチになる前に
      さすがに撤退はしますが、
      けど・・・「起こり得る」ことに対する『覚悟』は
      常に思っているつもりです。

      話を戻しますが
      多くの人は「せっかく積み上げた利益が減ること」に
      著しい不快感を持つはずです。

      無理もありません、
      それこそが人間の「本能」でしょうからね。

      ただし、トレードで勝つ人間のほとんどは
      この「本能」に対し、逆を出来ていると僕は思っています。

      積み上げた利益が飛ぶのは耐えられない、
      ではなく、
      積み上げた利益などいつ飛ぶか分からないし、
      そういう局面においては「覚悟」をする準備が常にある。

      ちょっと大袈裟な話かも知れませんが、
      まだまだトレードをする際の心持ちが
      「ユルい」ってのはあるかも知れませんね。

      もっともトレードごとに
      死ぬ気でやってたら心が持ちませんので
      普段はむしろ「お気楽」にやるくらいが良いと思います。
      (僕もそうしています)

      ただし!
      「平時」ではない状況に巻き込まれた際に
      いち早くそれに気付き、
      「危険モード」に突入した際には一気にアタマを切り替える、
      その心構えは持っておくべきなんだと思うのです。

      ま、言うのはカンタンで
      やるのは実に難しいってのも承知はしていますが。

      なんか良い例えがあると良いのですが・・・

      例えばですが、
      「バイオハザード」ってゲームがあるじゃないですか。

      僕はアレ、ビビってなんも出来ないのですが、
      そこはいったん置いておきましょう(笑)

      バイオハザードのようなゲームに参加している我々、
      けど、普段はゾンビなど全然出て来なくて、
      実にノホホンと街中を歩き続けることが出来るとします。

      最初のうちは
      「いつゾンビが突如出て来るか分からない」から
      それなりに緊張して歩くのですが、
      いつまで経っても出て来ないため、
      そにうち警戒がユルみます。

      で、すっかりゾンビのことがアタマから離れたとき
      突如出て来て腕を噛まれたらどうでしょうね。

      僕ならパニックになり、
      手持ちの弾を乱射して弾切れになり、
      ガッツリとゾンビに食われゲームオーバー必至でしょう(汗)

      ・・・と、まぁ
      これが「トレードの世界」ってことです。
      全然伝わらないかな(汗)

      油断しているため、
      ゾンビに腕を噛まれるのは仕方ないのですが
      「噛まれた」時点で「これはヤバいぞ!」と気づくこと。

      そして気づいた時点で
      「致命傷だけは避けよう」とアタマを即座に切り替えること。

      さらには
      「ツッパるのか?」
      「その場合、過去利益のどこまでをツッパる?」
      ここに対する決断と覚悟をすること。

      もしツッパるべき「貯金」がないなら、
      とにかく致命傷だけは負わずに「逃げる」こと。

      これらはもはや「ストーリー」としてとらえる部分で、
      そこに「お金」の概念などあったらダメだと思うんです。

      逆にですよ、、、
      僕なんかそうなんですけど、
      「今月の利益全部飛ばしてでもツッパる」
      そう腹をくくった場合、
      その後のチャート監視が俄然冷静に出来るんです。

      尋常じゃない含み損なのに・・・です(笑)

      話がとっ散らかってしまい申し訳ございませんが
      ここまでの僕の話に対し、
      yuさんが「感じること」が今日のひとまずの答えではないか。

      僕はそのように思います。

      僕も本件のご回答は少々不本意ですので
      引き続きやりとりをして行きましょう。

      そして、それを述べる僕の気持ちこそが
      yuさんに対するエールです。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。TRIBEに参加して少しずつですがFXの立ち回りが上手くなっているのを実感しております。
    僕の中で大きく変わったと言えるのは損切りができるようになった事です。それは「TRIBEはコミュニティを大事にしている」という意識から相場が自分の想定を覆す動きをした時に「切れ!メンバーはみんな切っている!」と思えるようになったからです。その後ちゃんと取り返せる事も多くなりました。及川師匠はじめ皆さんのお陰です!ありがとうございます!

    ひとつ質問なのですが、及川師匠は投機(FXなど)を始めたころは少しリスクをとっても資金を増やす事を意識されていましたか?(主にロットを上げる)

    今回のブログで大きな利益を得ている方やその他にもたくさんの方が口座を倍にしたとかTRIBEのFacebookで拝見し少し焦っています。
    僕は1日の目標を口座の1.5%から2%にして、週の目標は負けも含めて8%以上、月の目標で30%から40%にしています。もちろんトレード中は金額は意識せずトレードしています。
    この目標では「倍になりました!」なんてまだまだ先です。。。

    地道にコツコツ、福利の力でいきましょう!と皆さん言ってもらえるのですが大先輩たちのロットや利益額を見るとどうしても早くそこに行きたくなります。
    チキン利食いではありますが勝率が上がってきたのでロットをあげるというのは焦りすぎでしょうか?
    今は1トレードで損切り時は2%前後になるようにロット設定してエントリーしています。ぜひ及川師匠の始めたての頃のリスク管理を教えていただけませんでしょうか?
    よろしくお願いします。

    PS よく師匠が「億トレーダーになったら僕がご馳走します」とおっしゃってますが、僕は名前の通りシェフなので僕が億トレーダーになったら僕が師匠にご馳走を作らせてください!(笑

    • シェフトレーダー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >相場が自分の想定を覆す動きをした時に「切れ!メンバーはみんな切っている!」と思えるようになったからです。

      ↑これは実に良い気持ちの置き方ですね♪
      なるほど、こういう効果がコミュニティーにあるのなら
      それ自体が成功だと思えて来ます。

      嬉しいご報告になりました。
      こちらこそ感謝いたします。

      >及川師匠は投機(FXなど)を始めたころは少しリスクをとっても資金を増やす事を意識されていましたか?(主にロットを上げる)

      ↑そうですね。
      僕がFXを始めたのが2007年。

      当時は一度トレンドが出たらキッチリと伸びることが多く、
      僕自身4時間足を使っての一泊2日トレードが多かったのですが
      その際300万円の元手を「50万×6個」に分け、
      その50万円に対し「全損か二倍」みたいな感じでやっていました。

      見ようによっては相当なハイリスクだったと思います。

      >僕は1日の目標を口座の1.5%から2%にして、週の目標は負けも含めて8%以上、月の目標で30%から40%にしています。もちろんトレード中は金額は意識せずトレードしています。

      ↑俄然、これで良いと思いますよ。
      どんな相場付けであっても成績に大差がない・・・
      デイトレーダーが目指すべきは絶対にこっちだと僕は思っていますので。

      >チキン利食いではありますが勝率が上がってきたのでロットをあげるというのは焦りすぎでしょうか?

      ↑うーん、どうでしょう。
      個人的にはもう少し我慢し、
      二倍になった時点で半分出金し、
      「生涯負けなし状態」を確保。

      そこから先にもう一度倍になった時点からロットを上げていく・・・
      これが最も良いプランだと思います。
      自信もつきますし、精神的なゆとりも持てますからね。

      >ぜひ及川師匠の始めたての頃のリスク管理を教えていただけませんでしょうか?

      ↑上述のとおり、僕はかなりリスクを取って来ました。

      ただしそれって今と相場環境が全然違いまして
      同時は本当に楽に勝てた時代だったんです。

      今、当時の僕を真似するのは絶対にオススメしませんね。

      >僕は名前の通りシェフなので僕が億トレーダーになったら僕が師匠にご馳走を作らせてください!(笑

      ↑それはそれは楽しみです♪
      ご馳走していただくかはさておき、
      「スペシャルメニュー」をぜひともオーダーさせていただきたいですね^^

      まだ、もうしばらく「先は長い」と感じてらっしゃるかも知れませんが、
      ここをしっかり根強くやっていくことが
      先々の「加速化」の際、大きくモノを言うはずです。

      おたがいがんばってまいりましょう。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします♪

  • ちょっと、今回のブログの内容とは違うかもしれませんし、爆益の方は素晴らしいなと思います。
    わたしは、
    デイトレ大百科を何度も見返しているのですが、
    どうしても分からない点があり、投稿してます。
    Facebookで佐藤コーチにも質問したところ、事務局に問い合わせてみたらとアドバイス
    頂きました。事務局からは、ブログにと。
    及川先生は、MTF15MAのファーストタッチでエントリーとよく解説されていますが、
    何度考えても、なぜ、そこで反発するのか理屈がわかりません。
    15分足のMAを5分足に表示させて、中期足の環境認識としての機能はあると
    思いますが、なぜ、MAファーストタッチがエントリー根拠になるのか?
    確かに5分足の各MAがパーフェクトオーダーを示していれば、例えばロングの場足は
    下落してからの上昇になるわけですから、押し目買いになり、それはわかります。
    しかし、なぜ、MAなのか?水平線でもなく、ボリバン1σでもなく、理解ができず
    モヤモヤしてます。
    なにとぞ、アドバイスお願いいたします。

    • 達磨さま
      コメントありがとうございます。

      >Facebookで佐藤コーチにも質問したところ、事務局に問い合わせてみたらとアドバイス
      頂きました。事務局からは、ブログにと。

      ↑たらい回しのようになってしまったのですね(汗)
      大変申し訳ございませんでした。

      >及川先生は、MTF15MAのファーストタッチでエントリーとよく解説されていますが、
      何度考えても、なぜ、そこで反発するのか理屈がわかりません。

      ↑なるほどですね。
      確かに「そこだけ」で観たらモヤモヤされるお気持ちも分かります。

      身もふたもない話からしますと、
      「各種検証した結果」がたまたまそうだった、となるのですが、
      その後、様々な角度から根拠の肉付けをして現在に至っています。

      そこには「水平線」も登場しますし、
      時間帯管理や通貨の相関関係なども、です。

      一元的に「それだけ」でやるとなると
      例えボリバン1σだろうとRSIだろうと
      そこまでアテには出来ないって点では同じだと思います。

      それこそ水平線にしたって
      「どこで引くか」でだいぶ変わって来ますし、
      フィボナッチもそこは同様ですよね。

      我々がトレードに求めるべきは「優位性」であり、
      そのためには「優位性たる根拠」が複数あることが望ましく、
      僕は各種講義などで、そのあたりに注力をしているつもりです。

      そういう意味では「MTF15MAのファーストタッチ」は
      それら要素のひとつでしかなく、
      より精度を上げたい場合はその他要因の根拠と合致することが望ましい、となります。

      このお答えでご納得は可能でしょうか?
      もし不足があるようでしたら
      遠慮なく追加のお問い合わせをなさってください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。
    名前変えました。
    3回目の投稿です。
    3月に入り、デモ口座をやめ、リアルトレードをスタートしました。
    リアルマネーになってから長くポジションを持つことが怖くなり5pipsでも取れたらすぐに決済してしまうようになりました。そのために決済後20pips近く(ボラがある日は40pips近く)伸び悔しい思いをする結果ばかりです。流石に根拠立ててのエントリーなので伸びても知ったこっちゃねーでは内心終われません(笑)
    そこで問題が発生しました。ある1日のトレードで大きな損切りから入り取り返そうと熱くなり乱射し約80pips負けました。そこからさらにマイナスになるのはダメだとなってしまい利が乗ったらすぐ逃げるトレードを毎回してしまいます。結局目標ラインまで伸び、保有出来ていればこのマイナスをプラスにできていました。
    このままではいけないと思い金曜に克服するため緊張しながらも伸ばすことができ、プロコンのリミットの20pipsで終われました。このトレードができとても嬉しかったです。
    このメンタル面の鍛え方に対して及川先生の意見を参考にしたいと考えています。やはり経験をつんで克服するのが1番なのでしょうか?

    それと手法とは全く関係ないのですが、及川先生は左上のワンクリックトレードを押すとすぐエントリーできてるのですが、どのような設定をされているのでしょうか?自分はsell buyを押してももう一度成行き売りか、買いを押さないとエントリーできないので。

    お忙しい中質問ばかりで申し訳ありません。
    次のコメントではトレード成績において嬉しい報告ができるよう頑張ります!
    今後ともよろしくお願いいたします!

    • 海外へ行きたいユダさま
      コメントありがとうございます。

      >リアルマネーになってから長くポジションを持つことが怖くなり5pipsでも取れたらすぐに決済してしまうようになりました。

      ↑直近のボラが大きな相場においてですと
      さすがにこれはもったいないですね(汗)
      一番の問題はご自身でもお分かりだとは思いますが
      「負けばかりが大きくなる」部分です。

      >このメンタル面の鍛え方に対して及川先生の意見を参考にしたいと考えています。やはり経験をつんで克服するのが1番なのでしょうか?

      ↑今回のコメント欄でも
      同じ主旨のご質問が増えていますが
      オススメをしやすいのはやはり「時間による保有管理」ですね。

      ちょっと他の方へのご回答を一部ペーストさせてください。
      ↓ここから

      僕の場合「新30分」や「新1時間」の突入前の時点で
      利益が乗っていたら利食っておくことが多いのですが、

      これを逆手に考え、
      ●●時30分に近づくまではとにかくガマン、
      みたいな持ち方を基本にするのはアリではないでしょうかね。

      あ、もちろん逆食って損切りする際は
      この限りではありませんが。

      そもそも僕は新1時間や新30分の突入前の時点では
      あまりエントリーをしません。
      理由は「そこからあらたな動きになる可能性」があると思うからです。

      で、実際に新1時間などに突入してからの動きには
      乗るようにしているわけですが、
      もしそのエントリーが正解だったとして、
      多くの場合、次の新30分突入前までは
      その流れが継続することが多いです。

      ゆえに時間で利食いタイミングを計るという考えは
      一定の優位性があるはずなんですよね。

      その過程において、
      大きく伸びる陽線(または陰線)が生じたら利食い、
      というアレンジはもちろんアリなのですが、
      この「時間を使っての保有管理」は
      一度試してみて欲しいなと思います。

      ハマると「良いクセ付け」になるような気がしますので。

      ↑ここまで

      >及川先生は左上のワンクリックトレードを押すとすぐエントリーできてるのですが、どのような設定をされているのでしょうか?

      ↑チャート上で右クリックすると
      上の方に「ワンクリックトレード」って出て来ませんか?
      あればそれを選択してみてください。

      またMT4左上のタブから
      「ツール」→「オプション」→「取引」の中にある
      「ワンクリック取引」にチェックを入れるやり方もあった記憶です。

      この辺はネット検索でも各種やり方が記載されていますので
      検索をクセ付けするのも良いでしょうね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。
    TRIBEを初めて勝てるようになってきました。
    デイトレでやっておりますが
    最近は絶好調で100pipsは当たり前で
    600~700pipsをたたき出す日もあります。
    ただ、これはいまのボラが大きく
    流れもよく見えるだけの話しで
    自分が上手くなったと勘違いしているだけなんではないかと気になってます。
    この感覚でコロナなどが落ち着き
    ボラがあまり大きくないときになると
    つまずくのではないかと疑心暗鬼になっているこの頃です。
    もっと腕を磨けよというだけの話しですが。
    いまはトレンドのでている通貨ペアをみつけ
    順張りで、下がってきた、もしくは上がってきたところをロング・ショートするという手法のみで勝ち続けてます。
    通常時だとここまでトレンドがでないようにも感じております。
    いまこの時期だからこそ気をつけるべきことなどアドバイスをいただければ幸いです。
    よろしくお願い申し上げます。

    • 猫の名前はMIKE様
      コメントありがとうございます。

      >最近は絶好調で100pipsは当たり前で
      600~700pipsをたたき出す日もあります。

      ↑一日で・・・ですか(汗)
      恐ろしいくらいの勢いですね。

      確かに直近はボラが大きいので
      PIPSが稼ぎやすいってのはあると思います。

      が、僕なんかもそうですが
      普段とやっていること自体はほとんど変わりがないですよ。

      今後「平常時」に戻るとして、
      けど基本は同じはずですので
      「ま、PIPSはこのくらいで仕方ない」
      この程度の微調整感覚で収まって然りと想像します。

      >通常時だとここまでトレンドがでないようにも感じております。

      ↑チャート形状的にはさほど変わりがないように思っています。
      あくまで「同じように動いた際のPIPS幅が違う」って話なので
      その部分に留意しておけば、保有時間なども今と同じ感じでイケるはずです。

      強いて言いますと、
      利食い幅も縮小するでしょうから
      損切り幅だけが大きいままにならぬよう、
      変なところで「慣れ」が出ないよう、お気をつけください^^

      もし先々、調子が狂ったままでお困りの時がありましたら
      遠慮なくご相談ください。
      こちらでやりとりをいたしましょう。

  • 及川師匠
    お疲れ様です。
    初めての投稿になります。
    私は昨年11月にガチ速FXで師匠の存在を知り、師匠の動画で勉強を再開
    今回TRIBEに参加させていただいております。
    TRIBEでは参加者皆さんのトレードを拝見することができ、まだ皆さんのように勝つことはできませんが自分の引き出しが増え、少しづつ上達しているように感じます。またTRIBEのセミナーやライブ勉強会で師匠のお話を聞いているとトレード以外の向学心が芽生え、最近ではトレード以外の本を読むようになりました。ちなみに七つの習慣は完読しました。ほんとに師匠に出会えて良かったと思います。ありがとうございます。

    私はFXを始めて2年になりますがその間ボコボコに負けているので、負け癖のメンタルが染みついてしまっています。それに生涯累損がたまっているのでそれを取り返したいとの焦りがトレードで狂いを生じさせています。
    具体的には勝率は上げってきているものの損切が目標より深くなり、利確は目標位置まで待てず浅くなっています。結果、平均負け金額が勝ち金額の倍になり、月トータルで負けてしまいます。わかっていてもそこからなかなか抜け出すことができません。
    この負け癖のメンタルを脱却できる方法はないでしょうか??
    お忙しいところ申し訳ござません。
    何かアドバイスをいただければ幸いです。

    • 大器晩成 take様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今回TRIBEに参加させていただいております。

      ↑あらためてご参加いただきまして
      ありがとうございます。

      >最近ではトレード以外の本を読むようになりました。ちなみに七つの習慣は完読しました。

      ↑おぉ!それは素晴らしい♪
      正直、ちょっと難しい本ですが
      時間を置いて何度か読んでいくと染み込んで来るはずです^^

      >勝率は上げってきているものの損切が目標より深くなり、利確は目標位置まで待てず浅くなっています。
      >結果、平均負け金額が勝ち金額の倍になり、月トータルで負けてしまいます。

      ↑確かに「よく聞くパターン」ですね(汗)

      TRIBEメンバーでこの症状ということであれば
      佐藤コーチの「分速スキャル」をルール通りに実践してみることを
      まずはオススメしたいと思います。

      佐藤コーチの手法は
      極力裁量を排除して構築されているので
      その中で「勝ち癖」をまずはつけ、
      そもそも「資金が増える感覚」についても
      同時に慣れる機会にして欲しいと思います。

      現状、バンバン講義動画もアップされていますので
      一度ご確認なさってみてください。

      もちろんFBグループにて
      直接相談や質問をすることもオススメいたします。

      まずは早速ご確認を!

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。
    久しぶりに投稿させていただきます。

    質問の内容は現在の相場についてです。私は及川先生のおかげもあり、月単位では平均300pipsほどで順調に勝てるようになってきました。

    今月は特にコロナの影響によるヴォラの増加で普段以上にリスクリワードに注意しながら、現時点で1000pips近く稼げています。
    これはたまたまなのでしょうか?笑

    このことについて質問ですが、
    1つ目は
    及川先生はヴォラがあろうがなかろうがリスクリワードなどがあっていればこういった相場でも同じメンタルで挑まれているのでしょうか?(テクニカルも)
    ヴォラに応じて信頼しているテクニカルも使い分けておられるのでしょうか?

    2つ目は
    現在のドル円の動きはコロナ相場になる前のポンドの相場のようにヴォラが激しい気がするのですが、

    現在のドル円の相場の動き方=コロナ前のポンドの相場の動き方

    と同じと考えて良いのでしょうか?

    コロナ相場が落ち着いて普段の相場に戻ったときにポンドの取引の参考にさせていただきたいのですが、及川先生はどのようにお考えでしょうか?

    • やまちゃん様
      お久しぶりのコメントありがとうございます。

      >月単位では平均300pipsほどで順調に勝てるようになってきました。
      >今月は特にコロナの影響によるヴォラの増加で普段以上にリスクリワードに注意しながら、現時点で1000pips近く稼げています。

      ↑今月の好調数値については
      確かにコロナ相場の影響もありますので
      平常相場に戻った際は一定の目減りは覚悟が必要かと思います(笑)
      (もちろん僕も含めてでして・苦笑)

      >及川先生はヴォラがあろうがなかろうがリスクリワードなどがあっていればこういった相場でも同じメンタルで挑まれているのでしょうか?(テクニカルも)
      ヴォラに応じて信頼しているテクニカルも使い分けておられるのでしょうか?

      ↑基本的な部分としては
      「やってることは普段と同じ」ってイメージですね。
      そんな中、ボラが大きいため、
      勝手に普段以上の利益になっている・・・という感じです(笑)

      >現在のドル円の相場の動き方=コロナ前のポンドの相場の動き方
      と同じと考えて良いのでしょうか?

      ↑いや、、、ここはそうではないと思います。
      ドル円は現在、ボラはデカい中、
      比較的素直な動きをしていると僕には見えます。
      ゆえに勝ちやすいとも。

      一方、ポンドはあくまで「じゃじゃ馬ポンド」でして
      この先「平常相場」に戻ったあとも
      おそらくは相変わらず我々を上下振り回しに来るはずです(苦笑)

      この部分は明確に線引きしておくべきで
      つまり「要警戒」という話です。

      ただし、それでもボラがある点は魅力的ですので
      なんとか乗りこなしたいところですよね。

      繰り返しになりますが
      現在のドル円のように「シンプルに勝ちやすい」を
      ポンドにそのまま求めると火傷しかねませんので
      あくまで別物と捉えていただき
      その上で「ポンドとの付き合い方」を模索なさっていただきたいと思います。

      ※必要以上に恐れる必要はないと思います。
      「じゃじゃ馬」であることをあらかじめ理解しておくことで
      充分対応できるとも思いますので。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもお疲れ様です。
    前回のブログコメントにて「成果が伴わないため〜」と書いたところ、先生からは「何かポイントがズレてないか?」と回答いただきました者です。

    そのとき一瞬思考が停止しました。「ズレてる⁈」と。
    それから自分か書いたことを読み直し整理しました。
    今となってはお恥ずかしいです。まるで親にすがりつく子供みたいなこと言っていた気がします。
    先生の回答を見て数日考え込みましたが、「成果」についての概念がそもそもズレていた、と思いました。
    TRIBEのキックオフセミナーで先生が仰った「富とはなにか?」の内容が成果であり、自分が書いたコメントの成果とは、単純に「お金」のことであって、それに頭が一杯だったのだと今は思います。
    外からの情報に影響されてただただ振り回されることに一生懸命でした。
    バンドワゴンで言う、最後に乗り込む側のようでした。
    先生、「成果」沢山得られていました。デイトレ大百科から始まりTRIBEも参加させてもらい、素晴らしい知識、環境下にあると改めて感じました。
    もちろん技術に関しても自分の得意場面、確かにありました。
    あまりにも足元が見えていなかったと思っています。
    不思議なことに、このキッカケ以降、成績も急に好転しました。
    手持ちの武器をしっかり見つめ直したからなのでしょうか…。

    とかなんとか言って、先生の仰った「ポイント」とはまた違っていたら面目ありません(汗)

    また、先生がキックオフセミナーで仰った人生の目標について、ある本をオススメされていましたね。(先生は動画がオススメでしたね)
    あの動画、2本見てすぐ本屋行きました(笑)
    今読み進めていますが、人生においてあらゆる場面で力になると感じています。そして読めば読むほど、あそこまで読み解いたあっちゃん凄えなと思います(笑)

    この度は弱音吐きまくりましたが、次はきっと良い報告ができると思います。
    ふつつかものですが、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

    • もとやん様
      コメントありがとうございます。

      >まるで親にすがりつく子供みたいなこと言っていた気がします。

      ↑あれ、そんな風に思っていただくつもりではありませんでした。
      あくまで「トレード自体のポイント」や「目線」などに
      ちょっとしたズレがあるのでは?という主旨でしたので(汗)
      逆に申し訳ございません。

      >不思議なことに、このキッカケ以降、成績も急に好転しました。

      ↑まぁ、そういうことであれば良かったですが^^;;

      >ある本をオススメされていましたね。
      >読めば読むほど、あそこまで読み解いたあっちゃん凄えなと思います(笑)

      ↑まったく同感です。
      あの人はホントにアタマがよろしいですね。
      大したものだとただただ感服するばかりです。

      >この度は弱音吐きまくりましたが、次はきっと良い報告ができると思います。

      ↑いえいえ、それはそれで問題ないですので
      どうかお気になさらずで!

      もっとも「良い報告」は大歓迎ですので
      ぜひともよろしくお願いいたします^^

  • 及川さんのブログとYoutubeをいつも楽しく拝見させていただいています。
    質問があるのですが、Forex FactoryというFXフォーラムで及川さんのYoutubeビデオを紹介してもよろしいですか?ここは英語のサイトで日本人の購読者はあまりいませんが、世界中に購読者が676,167人います。僕はここでよくディスカッションに参加しているのですが、及川さんのビデオを黙って紹介するのもどうかと思いお尋ねしているわけです。都合が悪ければ紹介しません。僕はただ世界のFXトレーダーにビデオを観てもらいたいと希望しているだけです。サイトはforexfactory.com 僕はforexgogoで参加しています。ではよろしくお願いします。

    • forexgogoさま
      コメントありがとうございます。

      >Forex FactoryというFXフォーラムで及川さんのYoutubeビデオを紹介してもよろしいですか?

      ↑それはそれはご丁寧に
      かつ、お気遣いをいただきありがとうございます。

      都合が悪いということはありませんので
      僕としましては一切問題ございません。

      もっとも、僕の動画は「完全日本語オンリー」なので
      英語圏の人が見て面白いと感じるかは
      なんとも懐疑的ではありますが(汗)

      ちなみにこれまでも僕への確認なしで
      諸々動画を紹介してもらった(?)ことは多々あります。
      動画の複製や商業利用などはさすがに困りますが
      普通にURLのご紹介であれば拒絶する理由もまったくございません。

      強いて申し上げるとしたら
      「お手柔らかにお願いします」といったところです(笑)

      ご丁寧にありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。
    いつもYouTubeとブログ更新ありがとうございます。

    為替相場が技術革新(例:人工知能)や社会の変化(例:レバレッジ規制)等にどのような影響を受けるのか気になります。

    そこで質問なのですが、及川さんの相場歴の中で為替相場は今の相場と比較して変化したところはありますか?

    もし、変化したところが有れば、
    いつごろから変化したのか?
    具体的にどのような変化なのか?
    その変化はトレードに影響したり、トレードの難易度にも影響したのか?
    相場が変化した要因は何か?
    など、及川さんの経験や見解など教えてください。

    よろしくお願いします。

    • トマト様
      コメントありがとうございます。

      >及川さんの相場歴の中で為替相場は今の相場と比較して変化したところはありますか?

      ↑僕がFXを始めたのが2007年なのですが
      当時と今はまるで状況が変わっています。

      当時はトレンドの発生が今よりはるかに分かりやすく、
      また信頼性も今より随分高かったと思っています。

      ゆえに当時の僕は
      4時間足を使った主に一泊二日のスイング系トレードがメインでした。
      (15分足を使ったデイトレも並行してやってはいましたが)

      その後、「FXブーム」的な状況が生まれたわけですが
      参戦する個人投資家の数が爆発的に増えるに伴い、
      年を追うごとに相場の難易度は高くなっている、というか
      「ややこしい動き」は増えているように思います。

      記憶に新しいところでは
      ビットコイン相場にも同じ感想を持ちました。

      以前の「BTC-FX」は攻略がかなりカンタンな部類だったんです。

      けど「仮想通貨ブーム」により、
      多くの個人投資家が参戦するに伴い、
      相場攻略の難易度はかなり上がりました。

      FXもこれと同じ経過だったと僕は思っています。

      明確な理由は分かりませんが、
      僕が推察するに
      大口や仕掛け筋から見た際
      「個人投資家=カモ」であり、

      そんな個人投資家の資金が増えるに伴い、
      大口や仕掛け筋の「仕掛けそのもの」も増加したのでは?
      僕はそんなイメージで捉えています。

      要するに
      「個人投資家の資金を巻き上げようとする動き」が
      活発になった、という話かなと。

      この先、例えばFXへ個人参加が激減した場合、
      今度は「プロ同士の食い合い」となり、
      それはそれで難しい相場になるかも知れません。

      ちなみにそれ、
      株式市場で僕は経験しています。

      2005年まで「株式ブーム」で熱狂を帯びた株のデイトレ市場において
      2006年のライブドアショック以降、
      徐々に個人投資家が離脱していくに伴い、
      非常にやりにくい相場へと変遷したことは
      とても印象深く覚えているんです。

      かように『相場』とは
      個人投資家による「人気化」や「ブーム化」によって
      その難易度や複雑度が上がるものと僕は思っています。

      そうなることで
      大口や仕掛け筋から見た際、
      「奪うべき資金(エサ)」が増えるからです。

      あくまで「僕の仮説」ですので
      どうかご参考まで。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも大変勉強させていただき誠にありがとうございます。
    長く相場に向き合っている師匠に、ご見解をお伺いしたいです(既出でしたらスミマセン)

    私は昨年2019年の5月くらいからFXを初めて、ほどなくして「ガチ速」「デイトレ大百科」と出会いながら、FXを「及川式」と共に歩んできました。

    2019年は、毎日トレードをしてきましたが、夏、秋、冬と右肩下がりに負け続けて年末に資金を全部溶かしました。(及川式を学びながら実践してきたつもりですが、まだまだ未熟でした。)

    2020年になってTRIBEに参加し、新規一転。1,2月はトントン収支で、3月から右肩上がりに順調に資金を積み重ねてきました。及川式を自分なりにアレンジした手法が、カチッとハマってきた感覚です。

    さて、長くなってしまい申し訳ないのですが、見解を伺いたいです。

    ①2019年は、過去の年と違ってボラが少ない相場と感じたりしましたか?(このコミュニティでは無いですが、どこかでそんな意見を見たような気がします)
    ②2019年は、及川式が通用し辛い相場だと感じたり、生徒さんからそんな声を聴いたりしましたでしょうか?
    ③コロナショック以降のボラが大きい相場は、今後いつまで続きそう、といった見解はありますでしょうか。

    何が気になっているかというと、自分の「相場の見え方」が、ボラが大きいときは勝てるが、そうでないと負けてしまうものだとしたら恐ろしいなと感じている次第です。

    書いていて「これ聞いてどうすんの?」と自分でも思い始めてしまいましたが、、お悩み相談だと思ってご意見いただけると幸いです。
    やっぱり、相場状況によって手法もアジャストしていくのが大切なんですよね、きっと。
    引き続き精進します。

    • usuyさま
      コメントありがとうございます。

      >2020年になってTRIBEに参加

      ↑あらためてご参加くださり
      ありがとうございます。

      >2019年は、過去の年と違ってボラが少ない相場と感じたりしましたか?

      ↑言われてみると
      例えばアメリカ大統領選や英国のEU離脱に関する選挙など、
      世界中が注目する「イベント」はあまりなかった記憶でして
      あるいは統計的にもボラは例年より少なめだったかも知れませんね。

      ただしこれ、スイングなどの中期保有を主とする人にとっては
      相応の影響があったかも知れませんが
      短期デイトレをやる僕などには、ほとんど関係がなかったイメージです。

      それを言うなら「仮想通貨ブーム」の時の方が
      僕的にはやりにくさは大きかった記憶です。

      >2019年は、及川式が通用し辛い相場だと感じたり、生徒さんからそんな声を聴いたりしましたでしょうか?

      ↑ここもどうでしょう・・・
      特段「大きな声」で聴く機会は正直感じていませんでした。

      ただし、数年前に開催していた
      「FX天才チャートプロジェクト」の際は、
      億単位や数千万単位の利益を叩き出す受講生さんの比率が
      今より高かったようなイメージはありますね。

      もっとも、当時は今よりはるかに人数が少なく、
      それゆえ各人の「顔と名前と成績」を一致して覚える機会が多く、
      今より印象に残りやすかったという側面もありました。

      >コロナショック以降のボラが大きい相場は、今後いつまで続きそう、といった見解はありますでしょうか。

      ↑直近のようなボラの大きさについては
      そう遠くない段階で落ち着くと想像しています。

      ただし、、、
      この先世界経済は「まだまだ荒れる」と考えた方が自然ですので
      例年よりは激しい値動きが比較的長期間継続するのではないでしょうかね。

      >何が気になっているかというと、自分の「相場の見え方」が、ボラが大きいときは勝てるが、そうでないと負けてしまうものだとしたら恐ろしいなと感じている次第です。

      ↑ここは確かに一理あるでしょうね。
      僕自身、いや僕に限らず多くのトレーダーにとって
      ボラがない相場は総じて難易度が高いものですので。

      その際重要になって来るのは
      「エントリーの精査」や「絞り込み」でしょうね。

      ボラのデカい相場は
      とりあえずエントリーしちゃっても
      なんらか動きがあるので、ある意味なんとか出来る・・・

      けどボラがない中で
      言葉は悪いですが「テキトーなエントリー」をして負けてしまいますと
      取り返すチャンス自体が少なくなるはずです。

      ここが一番のポイントではないでしょうか。

      もっともここ、
      ボラのあるうちからでも心掛けられる部分ですので
      今から意識して「無駄打ちには注意!」としておくことが大事だと思います。

      要するに「基本」はやはり重要って話です。
      お互い留意しつつ取り組んでまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちわ。
    前回のコメント時に具体的にエントリー箇所の報告をご指摘頂きましたので
    勝手ながら、お言葉に甘えて報告させて頂きます。
    例えば直近では下記の箇所となります。
    ◆AUDUSD
     MT4時間 3/23 19:15
    エントリー箇所は4時間MA(赤線)が下向き傾向にあり
    1時間MA(青線)下向き傾向に変わるタイミングで
    15分MA(緑線)下降してきたので方向性が一致すると
    予想し青線でショートしオレンジ線で損切りをしました。
    が結局上抜けされて損切りという結果でした。
    これで3月中は一度も勝った日がないという最悪の状況で
    お金がもうありません。何とか脱却したいのです。
    現在実践している手法としては、水平線を意識しての反発・抜けを
    期待する事と、レンジの抜けを取る事、各MAの方向性が一致した事を
    条件に緑線ではあえて入らず損切位置で入る為の青線・オレンジ線・赤線限定での
    エントリーです。
    どうぞ、宜しくお願い致します。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >◆AUDUSD
       MT4時間 3/23 19:15

      ↑チャートを確認しました。
      僕が観ているところが間違いではないか?
      そう思うくらい難しいというか
      分かりずらいところをやってるとまず感じました。

      ※コメント書いてる今現在も
      「ホントにここ??」と思いながら書いてます。

      一度、基本に立ち戻ったほうが良いように思います。
      (僕が観ている場所が間違いでないとするならです)

      ショートの場合、
      下から黄緑線、75本線&1時間足MA
      4時間足MAはさておき、上記3本の並びは
      この順番になっているモノのみ、と当面なさってみてください。

      ただし、これを言うと
      今度は黄緑と1時間足MAの乖離が極端に遠いものを選択する人もいますが
      なるべき至近距離にあるもの、
      PIPSで具体的に言うのはボラ状況もあり難しいですが
      それでも指針ということであれば10PIPS前後程度まで、
      としておくと良いかと思います。

      それとこれって「午前2時台」ですよね?
      絶対ダメとは言えませんが、
      実際問題、方向感がなく動くことが多くないでしょうか?

      テクニカルは統計学

      これが僕の持論なのですが、
      要するに分母(参加者数)が少なければ少ないほど
      その確率論(テクニカル)は効きにくくなります。

      もう少し参加者が多い時間帯に絞ったトレードは
      時間的に難しいのでしょうか?
      夜であれば、僕はせいぜい25時くらいまでかな?とのイメージです。

      それと最後にもう一点。
      大変心苦しいですが、
      まだ「リアル口座(実弾)」でやるには時期尚早ではないですかね。

      しっかり勝てる手応えがないうちは
      デモ口座でもっと練習を積み、感覚を掴むところからのほうが
      良いように感じます。

      取り急ぎ僕からは以上ですが、
      他の取引情報などもお教えいただければ確認してみます。

      どうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    いつも動画や本で勉強させて頂いております。

    デイトレ大百科の講座で「一撃崩壊トレード」に関して質問です。
    幾度となく、動画と同じ波形・条件の時にチャレンジしてみたものの、中々上手くいかずマイナス更新ばかりしてしまいます。

    毎回、師匠の動画のように15分MAに触れてから後、戻り売りで入るも、一気に下がらない事が多いです。
    (もちろん、全てが思い通りに行かないのが相場なのは承知しておりますが・・)

    他の通貨シリーズの相関関係等も意識した方がいいでしょうか?

    まだ私に実践の知識が足りないのかな・・と勉強中なのですが、もしこの状況を打開するヒントがあればご教授願いたいです。

    • 星たべよ様
      コメントありがとうございます。

      >デイトレ大百科の講座で「一撃崩壊トレード」に関して
      >中々上手くいかずマイナス更新ばかりしてしまいます。
      >他の通貨シリーズの相関関係等も意識した方がいいでしょうか?

      ↑一撃崩壊トレードについてですが、
      こちらは「チャート形状のみ」では非常に難しい手法になります。

      なぜこのような現象が起こるのか?
      ポンドが欧州時間以降、NY時間突入後もひたすら上げ続け、
      その後ヘタった際に起こるゆえの「崩壊」でして、
      これをチャレンジするには「発生のメカニズム」をご理解いただく必要があります。
      そのあたり、今一度ご確認いただけませんでしょうか。

      で、チャート形状的にはそうであっても
      その前段階の経緯が違っていた場合は見送りとしていただき、
      もっと分かりやすい基本的な形状のものを扱うほうが
      トレード自体がシンプルで勝ちやすいように思います。

      >もしこの状況を打開するヒントがあればご教授願いたいです。

      ↑「一撃崩壊」に限って言うならば、
      とにもかくにも「発生するメカニズム」のご理解です。

      それなくしてチャート形状のみでやっても
      決して優位性は高くありませんので
      何卒ご留意ください。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも的確な回答をいただきありがとうございます

    デイトレ大百科やTRIBEに参加して勉強しています。

    何回も見直しているうちに新たな発見があり、講義の奥の深さを実感しています。
    ただ、わかるとできるが違うというのを実感して、なかなか勝つことができません。

    1東京時間9時〜11時、13時〜14時
    2欧州時間16時〜18時
    3 NY 22時〜25時
    に取引をするというのがよいのでしょうか?
    それ以外の時間はいかがでしょうか?
    欧州は20時くらいまでよいですか?
    仕事の都合でなかなか時間が合わないので・・・

    いろいろな手法を勉強して実績を上げることができず、最後と思って先生に師事してみようと参加しました。

    あきらめることなくがんばりたいと思います。

    よろしくお願いいたします。

    • shinaさま
      コメントありがとうございます。

      >デイトレ大百科やTRIBEに参加して勉強しています。

      ↑あらためまして
      ご参加くださりありがとうございます。

      取引時間の件ですが
      「この時間が正解でそれ以外は不正解」
      ということはないと思いますので
      極端に線引きはどうかと思います。

      それを踏まえてお話しますが、
      僕は基本「参加者が多い時間帯をやるべし」という考え方です。

      理由は参加者が多いことで「分母」が増え、
      それゆえ確率論(テクニカル)が効きやすくなりますし
      そもそもボラも出やすくなりますので。

      そういう部分から
      主に「株式市場の開始前後から午前中あたりまで」に
      チャンスが多いと思っています。

      挙げていただいた時間帯は僕も大体そのあたりが中心ですので
      イメージとしてはそれでよろしいかと思います。

      ただし、、、

      >仕事の都合でなかなか時間が合わないので

      ↑このようなご事情があるのでしたら
      「ご自身が日々可能な時間」ということでも
      間違いだとは思いません。

      理由は「なるべく日々同じ時間帯をやる」ことで
      その時間帯の特徴やパターンをご自身なりに感じることが出来ると思うからです。

      もちろん動く動かないの違いは日々生じますが
      それでも毎日同じ時間帯を見ていることによって
      「今日はこのパターンか、そんじゃこうして行こう」みたいな
      イメージを持ちやすくなるのではないかなと。

      毎日バラバラの時間帯をやっていると
      例えばクセのある動きをした際、
      「これって例外?それとも割と普通?」という
      区別や判別がしにくいですよね。

      けど毎日同じ時間帯を見ていれば
      そこが分かる、
      で、分かることでイメージや対応がしやすくなる。

      ここは大きなメリットだと僕は思います。

      繰り返しになりますが
      挙げていただいた時間帯は概ね僕と同じですので
      それらの時間を中心に取り組めるようでしたら
      そのままでよろしいかと思います。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    追加の質問ですが、GACHIを使っていますが、天才チャート改の方がよいのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • shinaさま

      >GACHIを使っていますが、天才チャート改の方がよいのでしょうか?

      ↑むむ??
      5分足のいわゆる「及川式デイトレ」ということであれば
      どっちのチャートも中身同じではなかったでしたっけ?(汗)

      僕はその他の時間足は基本観ませんので
      どっちでも同じとの認識でいました。

  • 及川先生こんにちは。
    久しぶりにコメントさせて頂きます。

    以前、なかなか勝ちきれないのは手法ではなく自分に問題があると確信したのでTRIBEには参加せずOPで培った武器と共に自分の内面を見つめ直すとコメントさせて頂きました。
    その後年始1月はひたすらコツコツ2千円を2万円にまで増やすことができたのですが2月のファーストトレードで全損させてしまいました。それ自体はもちろん落ち込んだのですが、1月のコツコツやれていた期間に新たに気付いたことがあります。

    それはチャート監視しているときに直感的に、「あっ、これは絶対に下がるやつ」「この高値ラインは100%ブチ抜くな」など感じることが多くなったことです。
    それどころか、チャートをひらいた瞬間に「おっ」となることもあります。及川先生もトレード動画でチャート監視中に「おっ」とチャンス場面を見つけられていることがあるかと思いますが、それに似た感覚なのかなと感じます。
    ただ、この直感を素直に信用しきれず、躊躇していると思い通りに伸びてしまい機会損失になってしまうことも多いです。結局その機会損失を胸に秘めたまま、そのあとの2番煎じ3番煎じでエントリーしてグダグダに巻き込まれることがあります。

    及川先生の仰る怖い場面をやるというのが結局のところそのチャンス場面でのファーストタッチであることが多いのではないかと感じておりファーストタッチの重要性を強く感じています。

    及川先生はこの直感というものをどのようにお考えになられるでしょうか?

    自分としては、今までの勝ったり負けたりの経験の蓄積から来るものだと思うので素直に信用して、勇気を出してエントリーするしかないのだろうと思うのですが、どうもその直感の根拠が曖昧といいますか、直感を感じても頭で整理しないと行動に移せない自分がいるようで結構悩んでいます^_^

    • よっさ様
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >チャート監視しているときに直感的に、「あっ、これは絶対に下がるやつ」「この高値ラインは100%ブチ抜くな」など感じることが多くなった
      >及川先生もトレード動画でチャート監視中に「おっ」とチャンス場面を見つけられていることがあるかと思いますが、それに似た感覚なのかなと感じます。
      >及川先生はこの直感というものをどのようにお考えになられるでしょうか?

      ↑いやぁ、待ってました。
      この手のご質問♪

      まず結論から言いますと
      僕はこの「直感」俄然信頼しています。

      以前、心理学系の人が話をしていたのですが、
      人間って体験したほとんどの記憶、
      視覚、聴覚、嗅覚などなど、
      基本的にはすべて「覚えている」んだそうです。

      ただし、特段即座に不必要な記憶は
      パソコンで言うところのハードディスクのような場所へ格納されると
      その人は言ってました。
      (ホントかどうかは専門外なので分かりませんが)

      ここからは僕のそれこそ「直感」ですが、
      チャートを観てて「ここは!」という場面に遭遇した際、
      実はそれって『記憶の中』に
      しかも“複数”存在するケースなんだと思っているんです。

      いつの記憶かはちゃんと整理しないと思い出せない、
      けど、確かに観た、あるいは経験したパターン
      そういう話じゃないかなと思っています。

      だとすると、、、
      俄然「アリ」ですよね。

      ついでに「対応策」もお話しておきますと、
      「イケる!」と直感したときって
      本当に早い段階で「イキ」ますでしょ?

      ゆえに「すぐイカない時」は
      すなわち警戒モードへ・・・
      この対応でよくないですか?

      今日からこれを「直感リスクリワード」と
      名づけましょうか(笑)

      即イキのパターンに乗れれば
      瞬く間に利益です(リターン)

      即イキで然りがイカない・・・
      なのでチャラか微損で逃げ!(リスク)

      こうすることで
      RRは充分見合うものになると思いますけどね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもお世話になっております。

    音声対談はかなり勉強になりました。自分は相場に入ってから○○ショックのような体験は今回が初めてでこの先どうなるのかも全然わかりませんが対談では予測が当たっていてわかる人にはわかるんだなぁと内心すごいなと思いました。自分も将来相場の本質がみれてそういった議論ができるように精進します。今後もこういった動画をあげて頂けたらなと思っております。

    相場は相変わらずボラが大きいですね(笑)及川先生の収支にもビックリですけど(汗)
    前回のコメントで「ボラのある相場でもやることは同じ」とアドバイス頂きlotは下げているもののボラ相場にも慣れてきました。

    今回のコロナショックも経験に今後のトレード人生にも生かしていきたいと思っております。

    今後とも宜しくお願い致します。

    • チャートラブさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分は相場に入ってから○○ショックのような体験は今回が初めて

      ↑なるほど、言われてみればそういう人の方が
      むしろ多いのかも知れませんね。

      >対談では予測が当たっていてわかる人にはわかるんだなぁと内心すごいなと思いました。

      ↑僕は短期デイトレオンリーなので
      世間様に対し、あの手の話題は普段しないのですが、
      彼は逆にあの手の話が専門ですので
      今のような局面ではかなり頼りになるんです。

      ちなみに彼は
      相場の各種目に対し、
      例えば空売りが普段と比べ異常に増えている、とか、
      「平時」と「そこからの変化」などをよく見てます。

      で、「変化」によって下げたのであれば
      次なる変化の兆しで反転場が読めるなど、
      「相場の大きな流れ」を掴むのが上手いですね。

      >前回のコメントで「ボラのある相場でもやることは同じ」とアドバイス頂きlotは下げているもののボラ相場にも慣れてきました。

      ↑ならばよかったです。
      逆に言いますと、ボラが落ち着いたあともやることは同じですので
      そのほうが気楽で良いと思います^^

      あ、もっとも利益額やPIPSは下がるでしょうが(苦笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    ガチ速、デイトレ大百科、YouTube動画で勉強させていただいております。
    TRIEBには残念ながら参加できませんでした。
    1月に60万円の資金ではじめ、ひと月で90万円にしたと思ったら、損切りできずのナンピンで半分にし、今月の高ボラで強制ロスカットで資金を溶かし、新たに入れた10万円をこれもまた、2日で溶かしてしまいました。
    すっかり、自信をなくし、ほかの方も書いていらっしゃいましたが、なぜ、頭ではわかっているのに、ルールを守れずに同じことを繰り返すのかと、自己嫌悪で一杯です。
    デモ口座に戻り、ルールを守り、20万円から、100万円にできたら、リアル口座に戻ろうと頑張っているところです。

    先日、ラインの方にBIGBOSSのキャンペーンのお知らせがきたので、次のリアル口座用に口座開設をしようと考えていたところ、twitterに、BIGBOSS,、AXIORY、XM等は詐欺会社だという内容のツイートを見つけ、先生が使っていらっしゃるのだから大丈夫だとは、思いつつも内容が細かくて気になってしまいました。
    先生のラインに送ったところ、こちらは事務局なので、ブログの方に書けば先生が返事を下さいますよと、返ってきましたので、こちらに書いております。

    こんなことを、及川先生に聞くのはとても失礼ではないかとは思ったのですが、どうしても気になってしまったのと、ほかに聞ける人がいないので、書きました。
    宜しくお願いいたします。

    Twitter 単眼愛(モノアイ)@mono_i_loveさんのツイートで、書いているのは
    「危ない投資の備忘録」というブログの違法FX業者リストというものです。

    YouTube動画、毎回勉強になっております。
    お体に気を付けてこれからも、情報発信お願いいたします。

    • Kyoto mamaさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >1月に60万円の資金ではじめ、ひと月で90万円

      ↑立ち上がりはかなり良好だったようですね。。。

      >損切りできずのナンピンで半分に
      >今月の高ボラで強制ロスカット

      ↑「手が止まる」という感覚を体験されましたか?
      損失は痛かったでしょうが
      「あの時の感覚」は絶対忘れないことです。

      これにプラスし、
      「あれ?いつもと様子が違う?」
      このような違和感を感じた際はいったん切る!

      もちろん「デイトレの腕前を上げる」ことも大切ですが
      いわゆる「ディフェンスを固める」ことも極めて重要です。

      ボロ負けさえしなければ取り戻せる!

      どうかこの部分を
      キモに銘じていただきたいなと思います。

      >twitterに、BIGBOSS,、AXIORY、XM等は詐欺会社だという内容のツイート

      ↑現実問題として海外業者は日本の金融庁の許可は取っていませんので
      そこに対してのリスクがあるのは確かです。
      発信者さんもそのあたりから警鐘を鳴らしているものと推察します。

      ちなみに僕がFX業者を選ぶ際に留意しているのは

      1.出金をちゃんとしているか?
      2.ユーザーに不利な約定をワザとさせたりしていないか?

      他にもありますが
      大きくはまずこの2点です。

      僕は現在利用中の業者から
      毎月数千万円の利益を出金をしていますが
      出金を拒絶されたことはいまだかつて一度もありません。

      また、トレード中に
      「スパイク」という、突如謎に値を飛ばし、
      ポジションを損切りさせられた経験もありません。

      「1」は論外で、まさに詐欺。
      「2」は悪徳業者のよくやる技です。

      言うまでもなく
      これらの懸念がある業者を僕はハジきます。
      (当たり前ですよね)

      現在利用中の業者につきましては
      会社のトップの人間たちも知っているため
      基本的には安心して使っています。

      ただし、そもそも論として
      海外業者に対し不安を抱く人が多いのも当然だと思いますので
      ご心配であれば国内業者のみでやられることをオススメいたします。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生。
    お世話になります。
    チキンヒーローです。

    3月23日20時40分に店じまいトレードしたのですが
    (おっぱじまり以外の各時間帯に対するトレードの考え方に自信が持ててないっす)
    ユロポン、ユーロが強い
    ドル円、ドルが強い
    その場の判断では当然ユーロ円を買うかポンドルを売るかになると思うのですが
    ユーロ円はモゾモゾしてたのに対してポンドルは勢いがあり、ワンチャン直近安値あたりまで10ピップスをペロリンチョって甘い考えで5本線まで戻した所でショートしました。
    結果ポンドルはビックリするぐら動きませんでしたが、ユーロ円買っておけば4時間MAまでペロリンチョでした。
    僕は、上記以外の事でも1/2を選択する場面で良くハズレを引いてしまいます。
    運がない男よ…(苦笑)と済ませれば良いのですが欲望が許してくれません。
    どっちが動きやすいのか及川先生は、どの様に判断されていますでしょうか?
    ご教授頂きたいです。

    たまに?やらかしますが、今週から及川先生の真似して東京時間では日経CFD、NY時間ではダウの日足、1分足表示させて動きを確認しクロス円やドルストをトレードするようにしてますがイマイチ自信が持て無いため質問させてください。
    (ぶっちゃけ株式市場の相場勘がなく「今日」のイメージができないのです…)

    〇前日の終値を基準に、下げすぎてたら上目線、上げすぎてたら下目線と頭に入れ、そこまで上下してなかったら日足のチャート形状で上目線か下目線をイメージ。

    〇CFDの1分足チャートで日足でイメージした方向への伸び方の勢いを確認

    〇天才チャート上での押し目や戻り目付近でポジションを持つで問題ないでしょうか?
    なにぶんチキンヒーローですので常に不安が付いてまわります。
    乱文で申し訳ありません。

    毎度、毎度こんな文才のない僕の質問にも分かりやすく腑に落ちる言葉で返事をくださり感謝してます。

    • チキンはチキンでもチキンヒーロー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >3月23日20時40分に店じまいトレード
      >ユーロ円を買うかポンドルを売るか

      ↑終わったチャートからなので微妙なところは分かりませんが
      どっちやっても取れたように見えましたが、
      僕の見てるところが違ったのですかね・・・

      >僕は、上記以外の事でも1/2を選択する場面で良くハズレを引いてしまいます。
      >どっちが動きやすいのか及川先生は、どの様に判断されていますでしょうか?

      ↑僕も外すときは外しますけどね(苦笑)
      個人的にはショートのほうが好きなので
      ショート側に向かうことが多いように自分では思っています。

      >今週から及川先生の真似して東京時間では日経CFD、NY時間ではダウの日足、1分足表示させて動きを確認しクロス円やドルストをトレード

      ↑これなんですが、
      ここに来て、株式市場とのシンクロ性が著しく損なわれてます。
      僕も正直困惑していまして、
      ご質問を頂戴しておいてナンですが
      当面株式市場との連動性はアテにしないほうが良いように思います。

      僕がイメージしている「従来」のパターンに戻るか、
      あるいは「あらたなシンクロポイント」などを見出せた際は
      情報発信をしたいと思います。

      今「従来パターン」を話題にしても
      おそらく苦労や混乱の元になると思いますので
      あえて控えさせてください。

      ・・・と、そんなこんなで
      今回はお役に立てるご回答でなく申し訳ございません。

      相場は今後も続きますので
      引き続きやりとりは継続いたしましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたしま

  • 及川先生。
    初めてコメントさせて頂きます。
    今年からガチ速、デイトレ大百科、YouTube動画を拝見させて頂き、血肉化するべくトレードをしていっております。
    数万の資金から始め、最初はトレンドに乗って倍近くまで行ったのですがその後、買った場合の、安値で損切ばかりとなって最初の資金に戻りかけたタイミングでやめて内容をちゃんと理解できていないと思いデモトレードに切り替えました。

    その中で今日、オージテクニカルや円シリーズでデイトレ大百科にあった内容だ!と思ってやってみて想像した動きになり少しは理解できてきたのかと思ってきております。

    今日のトレードをやっていて疑問に思った場面がございました。
    それは東京時間の午前が終わるタイミングです。
    ローソク足が上位足と逆の方向に動きましたが午前も終わるので参加者も少ないと思われるので上位足を抜けることは難しいのではないかと考え、上位足の方向に戻ると思い、エントリーしました。
    しかし、結果は上位足の方向には戻らなかったので損切しました。
    東京時間の午前終わり付近は参加者が少ないという考え自体が悪かったのかな?と思っているのですが及川さんの考えとしてはいかがでしょうか。

    • しぐれ様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      文面はすべて拝見しました。

      >東京時間の午前終わり付近は参加者が少ないという考え自体が悪かったのかな?と思っているのですが及川さんの考えとしてはいかがでしょうか。

      ↑「参加者が少ないであろう」については僕も同意見です。
      そのような時間帯においては
      通常勢いを持った上昇や下落は起こりにくいと思っています。

      ただし、出来高が少ないゆえ、
      「ダラダラ動く」こともあり得ます。
      これもある種「売り買いのバトルがない」ことで生じる現象かなと。

      本件、詳細が分かりませんので断定的なことは言えませんが
      そもそも僕はこのような「ダラダラした動き」自体が
      各種判断を難しくさせるため、なるべく避けたいと思っているんです。

      例え損切りで終わろうとも
      サクサク動いている中であれば気になりませんが、
      どっちにも行かない、それでいて逆方向にジワジワと
      しかも時間をかけて動かれでもしたらイライラしますよね(汗)

      さらに最悪なのは
      ジワジワ逆行するために損切りの決断もしにくい中、
      そのまま動きの出やすい時間に突入して逆側にグっと伸びたりとか。

      要するに時間ばかりがかかって
      それでいて利食いは浅くなりがちで
      損切りが深くなりがちな時間になりやすい・・・
      これが「参加者の少ない時間」をやった際の傾向ではないでしょうかね。

      もちろん伸びた銘柄の巻き戻しなどで
      取れる機会もありますが、
      「動きがかったるそうな時間」はスッパリと外してしまうのも一考かと僕は思います。

      ご参考まで。

      それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたしま

  • いつも拝見させていただきありがとうございます。初めてコメントさせて頂きました。
    動画やブログとても参考になります。
    一つ質問といいますか、アドバイスを頂きたいのですが、先生は勝った後のチャートは見ない方が良いと動画で仰ってました。勝ち逃げ最強。利があるうちにやめる。パソコン開かなければ資金は減らない。

    大いに理解できます。おっしゃる通りです。
    そうできる時もあります。
    ただ、自分が決済したあとのチャートがどう動くのか、そのポイントで正しかったのかが気になってしまいます。
    決済後にトレンド変換して逆に伸びるのか、まだまだ利益を伸ばせたのか、そのままくすぶるのか。経験のなさを埋めるためには勉強の為見たほうが良いのではないかとも考えます。
    先生の言うように、見てしまったがために損をしてしまう事は多々あるのも事実です。

    見てもやらない精神力の無さだろ。
    自己責任だろ。
    痛いほど分かりますが、何とか良い方法やアドバイスはないでしょうか?
    御返信頂けたら幸いです。

    昨今のコロナウィルス感染でシンガポールも大変ではないでしょうか?ご講演など大勢の前でお話する機会が多いと思います。お体には気をつけて下さい。

    • ユキトア様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >自分が決済したあとのチャートがどう動くのか、そのポイントで正しかったのかが気になってしまいます。
      >見てしまったがために損をしてしまう事は多々あるのも事実
      >何とか良い方法やアドバイスはないでしょうか?

      ↑僕も自分がやった「その後」は気になりますし、
      必ずあとから確認はしていますよ。
      ただし「あとから」ですが^^

      そのままの流れでチャートを追いかけた際、
      僕もついついあらたなエントリーをしてしまうかも知れません。
      そこは「人情」かなと。

      ただし、それをした場合、
      今度は「そのトレードのその後」も確認!とか言いながら
      結局数珠繋ぎでダラダラとチャートを観続けることになりかねませんよね。

      そうなると、日々常に「乱射リスク」が
      自分の中に介在する状態になってしまいませんでしょうか。

      ご自身がやったトレードの「その後」を検証することには
      大きな意味があると僕も思います。

      しかし、「その後のその後」などをやってしまっては
      もはや整理整頓も出来ず、
      結局、何をどう反省したり次に活かそうと試みたりが
      ゴッチャになってしまうことは問題ではないかと思う次第です。

      そういう意味でも
      「トレードを行う時間帯をある程度統一する」ことは大切で、
      そうすることで、いったんパソコンを離れることに対し
      抵抗感も薄まるのではないでしょうか?

      僕にも言えることですが、
      人間、やはり集中力ってそんなには持ちません。

      トレードをスタートした最初のほうは
      落ち着いて客観的な判断も可能ですが、
      ダラダラやってると、知らず知らずのうちに
      雑なエントリーになりやすいと思うんです。

      で、そのようなトレードって
      反省ポイントが「あぁ、とっととやめておけば良かった」
      この一点にしかならず、
      それでは「明日以降」にもあまり活かせないのではないですかね。

      ちょっと説教っぽく感じたらお詫びいたしますが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      >昨今のコロナウィルス感染でシンガポールも大変ではないでしょうか?ご講演など大勢の前でお話する機会が多いと思います。

      ↑お気遣いありがとうございます。
      こちらではセミナーなどもありませんので
      おとなしくさえしていれば大丈夫かなといった状況です。
      (退屈ですけどね・苦笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生ご返信ありがとうございます^^

    「直感リスクリワード」すごく気に入りました^_^
    曲のタイトルのようですね笑

    直感が働くということはレベルアップの証かもしれませんね。これからはこの直感を信じて思い切ってエントリーしたいと思います。もちろん不発の場合は逃げ足も速めにできるように心がけたいと思います。

    また良いご報告ができるように頑張ります。
    背中を押して頂きありがとうございます^^

    • よっさ様
      コメントありがとうございます。

      ってか、動画で紹介させていただきました♪
      僕にとっても大変ありがたいご質問となりましたこと、
      あらためて御礼申し上げます。

      >直感が働くということはレベルアップの証かもしれませんね。

      ↑僕はそう思いますね。

      >背中を押して頂きありがとうございます^^

      ↑いえいえ!こちらこそ感謝感謝です♪
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。いつもYouTubeで動画を拝見させていただいております。
    相談というよりただの要望ですので、返信は頂かなくても結構なのですが読むだけでもして頂ければ幸いです。

    本題なのですが、YouTubeに及川氏が損切りや逃げを決断する負けトレード動画をアップロードしてはいただけないでしょうか。

    及川氏はいつも負けトレードの履歴や体験を素直に話してくださるので、何も疑わしいことはないのですが
    アップロードされる動画は常に「予想通り勝ったトレード」か「負けを取り返したトレード」の動画ばかりであるように思います。

    及川氏の動画のおかげで「勝ち方」は身についてきましたが
    私は「勝ち方」よりも「負け方」の方が重要だと考えております。

    及川氏は常に「損切り」の大切さや思考について説いてくださいますが、実際にそれをトレードで使っている場面を見たことがないように思います…(及川氏を知ってからまだ日も浅いのでなんとも言えませんが)

    エントリー時の予想から、それが外れ損切りを決意するまでのフローを見せていただけるとさらに勉強になることは間違いないと思うのですが…

    是非「良い負け方」をしたトレードの動画などもアップロードしていただきたいです。
    初めてのコメントでこのような自分勝手なことを長々と失礼いたしました。
    これからも勉強させていただきます。

    • 名無しの権兵衛さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >YouTubeに及川氏が損切りや逃げを決断する負けトレード動画をアップロードしてはいただけないでしょうか。

      ↑こちらの件、
      直近動画で少々グチっぽく語ってしまいました。
      ご気分を害されたならお詫びいたします。

      >アップロードされる動画は常に「予想通り勝ったトレード」か「負けを取り返したトレード」の動画ばかりであるように思います。

      ↑僕は最近、なるべく直近の履歴を出すようにしているのですが
      途中、大きく負けている部分などもありまして
      「こういうところの動画が見たい」と言われることは確かにあります。

      ただし、大きな負け状態を取り戻す際の作業は
      録画して喋りながら行う余裕などそうそう持てないんです。
      実際問題、途中まで録画していた中、
      「動画どころではない」となって、録画を止め、
      必至に集中して取り戻すことも少なくありません。

      もっとも「そういうところこそ観たい」というニーズも理解出来ます。
      僕が視聴する側ならやはりそう思うことでしょうし。

      けど、利益も損失も「僕自身の資金」であるため、
      余裕のないときに動画を意識したトレードが出来ないのは正直なところです。

      みなさんにどう思われているかは分かりませんが、
      トレードの際のメンタルは非常にデリケートです。

      僕はそれでも慣れた方ではありますが、
      心理的に「大ピンチ」のときは
      動画を録りながらのトレードは尋常ではない負担になります。
      ゆえにそういう局面の動画がないのが実情です。

      ただし、、、

      >エントリー時の予想から、それが外れ損切りを決意するまでのフロー

      ↑僕は動画の中でしょちゅう「損切り」をしています。
      損切りの際は当然のことながら「エントリー時の予想から外れたため」で
      動画の中でもその根拠やフローはご覧いただける状態のものが多いはずです。

      「負け方」「損切りの仕方」を研究されたい方にも
      その参考となる事例は数多くあるはずですので
      よろしかったらご覧になってみて欲しいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、おはようございます。

    デイトレ大百科の復習が4週目に入ったのですが、
    未だに相関がわかりませんので、1つの通貨しか
    見れない、エントリーできない状態に陥ってます。

    • さよならまたな様
      コメントありがとうございます。

      >未だに相関がわかりませんので、1つの通貨しか
      見れない、エントリーできない状態に陥ってます。

      ↑こちらの件ですが
      東京時間であれば
      ドル円のチャート状況などを基に
      ドル円、ユーロ円、ポンド円の個別チャートからトレードタイミングを計る

      欧州時間であれば
      EURGBPのチャート状況を見て
      ユーロ系の買い?ポンド系の売り?
      これらを個別チャートとの合致でタイミングを計る

      NY時間は欧州時間に準ずることも多いですが
      「米ドル」が主役であって然りの時間帯ですので
      ドル円vsポンドドルorユーロドル
      これらが真逆の動きにシンクロしている場合の
      EURGBPの強弱からポンドドルかユーロドルの売り買いを判断。

      ざっくり書くとこんな流れが基本です。

      いずれの場合も軸になる監視通貨ペアを置き、
      それとプラスして個別チャート形状。。。

      このようにトレードする銘柄とタイミングを計っていくと良いはずです。

      文面でお伝えするのはなかなか難しいですけどね(汗)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ビッグボスの口座開設してMT4ダウンロードしたのですが、ワンクリック注文表示ができません。ワンクリック注文もOKにしたのですが左上に▼がありません!
    ビッグボスはワンクリック注文できないのでしょうか?

    • ゆう様
      コメントありがとうございます。

      >ビッグボスはワンクリック注文できないのでしょうか?

      ↑そんなはずはないですけどね(汗)
      ビッグボスのサポートに確認されましたか?
      さすがにそっちのほうが早いと思います。

      ひとつ思い当たるのは
      「プロスプレッド口座」でしょうか?

      その場合ですと、
      MT4上で通貨ペアを選択する際、
      例えば「USDJPY」ではなく「USDJPY.pro」を選択することです。

      あるいはこれで解決かも知れませんので
      一度お試しになってみてください。

      それ以外のケースですと
      現時点で僕が思いつくことはないですね(汗)

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    お世話になっております。

    前回は損切できなくて何度も資金を溶かしていることを相談させていただきました。
    その後は少しずつではありますが損切もでき、東京時間の午前で少なくても利確できたのであればその日のエントリーはしないとマイルールも設けました。
    このまま続けたいと思います。

    さて、今回は悩みと言うか向上する方法を少しお聞きしたくコメント致しました。
    デイトレ大百科、TRIBEの動画で勉強し、他の師匠のyoutubeも拝見し、ノートを片手に日々取り組んでいますがトレード時には忘れていることが多々あります。
    いざ入ったトレードが自分の思っている反対に行き、損切する際に
    あ~ そうゆうことか となります。
    次の日に前日を踏まえトレードした場合は今度は違う理由で反対に行ったりし、
    あ~ これか  となるわけです。
    もちろんすべてがそろうトレードは無いと思いますが負けた結果を自分で納得しようとしているのか、本当に大事な事を忘れているのかがわかりません。
    師匠は私を含めた生徒 動画 などで同じことを嫌がらずに教えてくれます。
    そんな嫌と言うほどの繰り返しで身に染みているのは承知しております。
    人に教える程に自分が磨かれるのもわかりますが上記の繰り返しだと入る際に躊躇しなかなか入れなくなったり、方向さえも自信が持てなくなりそうです。
    ぼやっとした内容で申し訳ありませんが何か一言いただければと思います。
    宜しくお願い致します。

    • hakuさま
      コメントありがとうございます。

      >前回は損切できなくて何度も資金を溶かしていることを相談
      >東京時間の午前で少なくても利確できたのであればその日のエントリーはしないとマイルール

      ↑損切りが出来るようになったとしたら
      それこそが大きな大きな一歩でしょうね。
      でもって「勝ち逃げ」もなら言うことなしです。

      >いざ入ったトレードが自分の思っている反対に行き、損切する際に
      あ~ そうゆうことか となります。
      >次の日に前日を踏まえトレードした場合は今度は違う理由で反対に行ったりし、
      あ~ これか  となるわけです。

      ↑ここはまったく同感です。
      相場ってホントに「そーいうヤツ」だと僕も思っています。

      僕はすべてのトレード手法を我流で組み立ててやってきましたが、
      例えばなんらかの優位性を発見した際、
      次なる場面で試しても上手くいかない・・・
      それでいて、一定期間の中ではチョイチョイ起こる、など
      数多く経験して来た気がします。

      それこそ、
      直近は「大きなボラ相場」ですが、
      この状況における「特徴」や「動きのパターン」など
      大いに通用するモノがあったとして、
      状況が落ち着いたら、そのままでは全然通用しない・・・
      なんてこともあり得ると思います。

      けど、ここで得た「勝ちパターン」については
      どこかの違うタイミングでキッチリ機能したりもすると。

      イメージとしましては
      「あ、なるほど、こういう時はこう動くのね」
      という感触の中「翌日の同じような場面」では
      裏切られる、みたいな感じですかね。

      なんていうか、
      こっちの気持ちを見透かしているかのような。

      けど、そうして見つけた「優位性」って
      やはりしっかり機能することも多いわけです。

      僕の中ではこれ、
      バッターボックスの中において
      「直球を待ちながら変化球にも対応すべく待ち構える」
      こういう感覚に近いです。

      もしそうだとして、
      「フルスイング」でガンガン決め打ちすることは難しく
      結果「ホームラン」よりも
      「センター前ヒット」を狙うイメージにどうしてもなるんですよね。
      ※それこそ「ファール」も含みますね(苦笑)

      それでも大切なことは
      自分の中における「優位性の引き出し」を
      増やす行為ではないでしょうか?

      それが多ければ多いほど
      「対応の引き出し」も増えますからね。

      ただし、仮に引き出しが少ない現状であっても、
      「こうなって然り」と思ってエントリーする中において
      「そうならない場合の対応」も事前に想定しておくこと。

      これが上述の
      「フルスイングしない」だと僕は思っています。

      なんだかんだ言って
      「優位性を感じる場面」はチャレンジして良いはずで
      それに対し「もしかしたら失敗かも?」と過度に考えすぎると
      行けるべきところも行けなくなってしまいます。

      で、また、そういう時に限って
      やってれば良かったという結果になったり^^;;

      話をまとめますと、

      ・せっかくご自身で定めた「優位性のある場面」はチャレンジ。
      ・ただし「イメージ通りにならない状況」をあらかじめ想定しておき、
       その際の撤退の仕方も定めておく。

      そして、、、
      ・上記を繰り返す中で
      『より信頼出来る自分の得意パターン』を模索し続ける。

      僕から言えるのはこんなところです。
      少しでもご参考になれば良いのですが・・・

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは!

    デイトレ大百科の復習をいくらやっても、
    エントリー箇所が上なのか下なのか、
    全然わからず困りました。

    何がどうなってたらロングなのか、
    ショートなのか・・・

    勉強してるとわかった!なるほど!と
    思うのですが、リアルチャートを見てると、
    全然判断がつきません・・・

    何故か一生懸命やってても結果が
    なかなか出ないのに、
    たいした努力も勉強もしてない人が
    勝ててたりするのを目撃していて、
    何と言いますか悲しみです。

    • ウサギ7様
      いつもコメントありがとうございます。

      >たいした努力も勉強もしてない人が
      勝ててたりするのを目撃していて、
      何と言いますか悲しみです。

      ↑ネットの世界での話ですよね?
      お気持ちは分かりますが、
      他人様の結果を気にしても仕方ない、というか
      そもそもネット上の多くは
      勝ち自慢が中心で負けた話は投稿しないのではないでしょうか。

      相場は「誰かに勝つためにやるもの」ではなく
      「自分が勝つため」にやるものですので
      少なくとも他人様の結果などに意識を取られるのは
      メンタル管理上もよろしくないように思います。

      僕がTwitterなどのSNSを好きでないのも
      そういう部分が大きいです。
      他人様は関係ない、
      あくまで大切なのは「自分自身」だと
      そのように思っているからです。

      なんかこのあと
      もう一つコメントを頂戴しているようなので
      こちらはこのくらいにさせていただきます。

  • はじめて、書き込みをさせていただきます。
    いつも動画を拝見して勉強させていただいてるFXの初心者です。
    (デイトレ大百科も購入しました!)
    少し資金が増えたのですが、最近ドカンをやってしまい、すべて資金を溶かしてしまいました。

    そこで再起をかけて小額から開始したのですが、何をやっても勝てなくなって、今までにないスランプなような状態になってしまいました。
    (さらに2回ほど小額ですが資金を溶かしてしまいました・・・)

    もちろん天才チャートをみてエントリーしているのですが、驚くほどエントリーすると逆にいってしまいます。

    及川さんは今までそのようなスランプなど経験したことはありますでしょうか。

    もし何か良い解決方法などありましたらアドバイスいただけると幸いです。

    • くっきー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >何をやっても勝てなくなって、今までにないスランプなような状態
      >驚くほどエントリーすると逆にいってしまいます。
      >及川さんは今までそのようなスランプなど経験したことはありますでしょうか。

      ↑「スランプ」と感じる時期はありましたが
      本件につきましては
      そもそもトレードそのもののポイントがズレているのではないか?と
      そっちを心配してしまいます。

      デイトレ大百科をお持ちとのことなので
      なるべく要点を絞りますが

      1.黄緑線と1時間足MAが同じ向きで
      なおかつ(ここからが重要)「なるべく至近距離」のモノをやる。

      2.上記2つのMAの距離が離れているときは
      黄緑線では入らず1時間足MAのタッチからやる。

      この2つをまずは念頭に置き、
      やってみてください。

      詳細は見てみないと分かりませんが
      特に「1」のポイントがズレているケースが
      過去では一番多かったです。

      パッと見ですぐ見つかるような
      「大きく伸びたあとの戻し」ほど
      アテになる度合いが下がりますので、
      僕のYouTube動画なども参考にしつつ
      「入り場」の精査をぜひともお願いしたいと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも大変お世話になっておりますm(__)m

    2度目の投稿なのですが、宜しくお願い致しますm(_ _)m

    3月26日のYouTube動画についての事も踏まえてですがご質問させて下さい。

    3月26日本当に最新の動画なのですが、あの時間僕もチャートを監視しておりました。

    そして、及川先生と同じところでポンド円ショート(損切り)。ドル円が下落してることからユロポンの強弱を見てまさにポンドドル、及川先生が引いていた水平ラインと同じところにラインを引いていて、ブレイクで僕は飛び乗りで入っちゃいました。
    その時ポンド通貨が全てあげたので、強いと思い、チャート的に上の形状はポンドドルだけだったのですが、ドル円下落の逆相関のポンドドルを選択でロングエントリー。
    まではよかったのですが、僕に至っては次の押し目(及川先生が入ってる場所)で損切りしてます(⌒-⌒; )
    その後予定通りの場所まで到達。
    ただ悔しがって見てました笑(アホ)
    シナリオは割と当たるようになってきたのですが、どこから入るがすげー下手くそです。
    いつの動画か忘れましたが及川先生と同じシナリオ立ててる!!
    なんてとこもちょこちょこあります。
    しかし入りが下手な僕はそこをやってもなぜか勝てない笑
    3月26日の例えば水平ラインブレイクその後の押し目MAタッチは買いと仰っていましたが、その時の僕の心理(やべー下割れした。戻されんのか?)
    なんて今思えば思ってました笑
    実体で下割れしたその時一度はそのラインをブレイクしてるので、最初のラインは意識しないのですか?
    基本的な質問ですいませんm(__)m
    それと結構ラインを飛び乗りして、ヒゲで戻されて損切りがものすごくあります(⌒-⌒; )
    自分の解釈として、その上げはシリーズで動いてるかどうかだと思ってるのですが、その上げは本当に強いか見極めれてないからだと思ってますが先生のご意見お聞かせ下さいm(__)m
    最後にもう一つだけ、3月26日先生の動画の時僕も見てたと仰いましたが、ドル円のチャート形状が綺麗で清潔感漂ってたので、黙ってドル円ショートを選択すればよかったと後から思ったのですが、どう思われますか?笑
    たらればではあるのですが(⌒-⌒; )
    なんかうまく伝えられてるか下手な質問で申し訳ありませんが、要するに根本的に入り場所がもっと講義動画で勉強しろと言われればそれまでなのですが、何かアドバイス等あればご教授願いますm(__)m
    お忙しいとは存じますが宜しくお願い致しますm(__)m

    • エデンさま
      コメントありがとうございます。

      >3月26日のYouTube動画
      >あの時間僕もチャートを監視
      >ドル円下落の逆相関のポンドドルを選択でロングエントリー。

      ↑見立て自体はほぼ完璧ですけどね(汗)

      >実体で下割れしたその時一度はそのラインをブレイクしてるので、最初のラインは意識しないのですか?
      >結構ラインを飛び乗りして、ヒゲで戻されて損切りがものすごくあります

      ↑本件でお伝えしたいことは大きく2つあります。

      まず一点目、
      「トレンドが出る前後ほど局地的に乱高下になりやすい」です。
      僕はよくデイトレをボクシングに例えますが
      相場も「売りと買いのバトル」という意味でよく似ています。

      ボクシングでもそうですが、
      試合が動き出す瞬間って、
      まだ相手側にもスタミナやパンチ力って残っていますよね?
      よって、攻勢を仕掛けられた際に「一定の反撃」をしてくるわけです。
      なぜなら「相手も負けたくない」からです。

      けど、実際問題としてすでに劣勢な状況の中、
      あえて言うとそれは「最後の抵抗」でもあり、
      そこを超えるとスンナリ伸びる展開になるのが
      「トレンド初動」に多く観られる特徴です、

      まずはこういう特徴」があることを
      知っておくと良いように思います。

      身構え方としましては
      「オレの見立ては合っている(と思う)」
      「瞬時の逆行は相手側の最後の悪あがきの可能性が充分高い」
      「ゆえに明確な決着が出るまでの少しの時間は腹をくくろう」
      このようなイメージが良いかなと。

      ロングの場合ですが
      見ている時点では陰線であっても
      その足の終わりが下髭になるのでは?との感覚で待つ。

      で、実際にそうなったら
      「よし!これはイケる」と。
      僕はなんならその時点でさらにポジションを追加することも多いです。

      というか、
      ノーポジだった場合の入り場は
      まさにここですので。

      ただし!
      「そうなって然り」
      「そのようなイメージで耐えた」にも関わらず、
      下髭にもならず、さらには次足の開始直後からも
      自分側の方向に伸び直さないとき・・・
      ここで損切りってのが普段の僕のパターンですね。

      ちなみに、ですが、
      動画の中で僕はポンド円ショートを損切りした際、
      「もう一度下に抜け直したらショートを入り直すかも」
      このように言っていますが、
      エデンさんも損切り後のポンドドルロングを
      上に抜け直した際に再度入り直すという
      ある種の「したたかさ」もあって良いように思います。

      実際問題として
      ポンドドルのロングについては
      僕の入り場がベターだったと思いますが、

      けど僕はその前にポンド円ショートで「間違って」いたわけで
      この辺までの展開はエデンさんも僕も
      まぁ「似たり寄ったり」だったと思うんですよね(苦笑)

      本件についてエデンさんは
      結果的にエントリータイミングが早すぎたことになるわけですが
      上述の内容により「耐える」という選択肢もあって良かったと思いますし、

      また、損切りをしてしまった際も
      「再エントリー」をチャレンジ出来るようになったら
      なかなかの上級者レベルへと一気に行ける話かなと思いました。

      >その上げは本当に強いか見極めれてないからだと思ってますが先生のご意見お聞かせ下さい

      ↑少なくとも本件については
      僕とほぼ同じ見立てのようでしたので
      見極めが甘い、というわけではなく、
      どちらかと言うと「まだ疑心暗鬼」って部分かなと。

      何度も繰り返し「良い見立て」が出来るにつけ
      ご自身の判断に自信が伴ってくるのではないでしょうか。
      そうあって欲しいと思います。

      >ドル円のチャート形状が綺麗で清潔感漂ってたので、黙ってドル円ショートを選択すればよかったと後から思ったのですが、どう思われますか?笑

      ↑そうですね、
      そのほうが分かりやすかったかも知れません(笑)

      ここにつきましては
      今後のご自身のやり方の中で
      ご検討なさってみてください^^;;

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • FXを始めて半年。
    及川さんと出会って半年。
    試行錯誤の半年。

    高い次元で自分の願望を認知することが
    意志力の弱さを乗り越える方法である事を知りました。

    先生の仰られるところの「自制心」
    これを貫けない自分に失望しかけていましたが、
    結局のところ、その答えは自分の中にありました。

    これを学べたこと(気づけたこと)
    心より感謝しております。

    テクニカルだけでは勝てない、
    がしかし、テクニカルなしでも勝てない

    テクニカル×メンタルの結果が成績に比例している事が
    腑に落ちて、今夜はゆっくり眠れそうです。

    • ダーウィンさま
      コメントありがとうございます。

      >高い次元で自分の願望を認知することが
      意志力の弱さを乗り越える方法である事を知りました。

      ↑人間って僕らの想像以上に
      実はデリケートなのかも知れませんよね。

      けど、日常生活において
      そう痛感させられる機会って正直あまりなく、
      けど「相場の世界」には明確にそれがある・・・

      ゆえに人はトレードをする際、
      突如として思いもよらぬほど「丸裸」にさせられることで
      そこに対し、大いに戸惑うのだと僕は思っています。

      >テクニカル×メンタルの結果が成績に比例している事が
      腑に落ちて、今夜はゆっくり眠れそうです。

      ↑なによりです。。。

      「相場はメッチャ恐ろしいもの」
      「死ぬほどおっかないもの」

      もはやこのように先んじて覚悟しちゃうほうが
      怖さの克服には早いのかも知れません。

      多くの人はやってみて初めて
      「メッチャおっかないもの」と知るため、
      面食らうんだと思いますので。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして28歳のぐっさんと申します。
    いつもYouTubeを拝見させていただいています。トレードにかなり伸び悩んでいるのが正直なところです。いきなり大きく稼げるわけではないことは承知の上ですが…

    昨年の11月に膝の大けがをして長期の入院になって、本をかって読もうと思ったところ及川さんのガチ速fxの本に出会いました!
    日雇いの大工ですので、仕事がなかれば給料が入ってこないし、高校生ながら社長になって自分の会社を作りたい!(特にビジョンはなかったのですが(-_-;))と思ってたこともありfxに興味を持つようになりました。

    本も読ませていただき、通貨の相関であったりといろいろと勉強させてもらいfxをやり始めたのですが、なかなか利益が出せません
    才能がないのかなとか…
    頭が悪いんやろうな…
    とか思ってしまいます

    コツコツドカンにかなりやられています。及川さんのYouTubeも欠かさず見て、及川さんの手法を盗んでやってるつもりなのですが全く勝てません
    初心者がプロトレーダーにむかってすみません…
    それに同じように勝てるわけないですが…

    コメント欄を拝見させていただいたら興味深い言葉を見つけました
    ・損切りをちゃんとする
    ・逆に余計なその他のことをやらない

    冷静になって自分のトレードを振り返ると何がダメだったのがわかるのですが、実践になると、学習能力がないのか、損切ラインを自分で引いてても守れずに、持ち返すんじゃないかと思って引っ張ってしまい、資金を全損してします。
    普段はビビりで用心深いのですがトレードになると、利益がもっと伸びるのではないかと強気に我慢してやられたり、損切ラインを自分で引いてても、戻すのではないかと強気になってしまって、全損…
    コツコツドカンにやられます。今日はいい感じに勝てたから寝る前にもう一回と思ってトレードしたらいきなりやられるとか、相場に俺の動き読まれてんのかなあと思ってします
    自分に嫌気がさしてしまいす

    一度デモトレードで実践を想定して、トレードをしたほうがいいのでしょうか?
    しかし今度はデモだからと実践を想定しない気がするんですよね(-_-;)
    約20万の損失ですので、もうそんなに使える資金がないのですが、少ない資金でやるほうが賢明でしょうか?

    ・損切りをちゃんとする
    ・逆に余計なその他のことをやらない
    トレードをするうえでこの二つをちゃんとできるようになるのでしょうか?

    • ぐっさん様
      コメントありがとうございます。

      全文、もちろん拝見いたしました。
      トレードに対する「情熱」のようなものは
      充分感じることが出来ますので
      ぜひとも良い方向へ「突破」していただきたいものですね。

      >一度デモトレードで実践を想定して、トレードをしたほうがいいのでしょうか?
      しかし今度はデモだからと実践を想定しない気がするんですよね(-_-;)

      ↑デモだと本気になれない、というお気持ちは充分理解出来ます。

      が!
      損切りラインを途中でズラしたりなどの行為を
      ついやってしまう、ということであれば
      そのまま実弾でやるのもどうだろうって部分は正直感じますね(汗)

      僕だったら、ですが、
      「デモならキチンと損切りや利食いが出来るのだろうか?」
      ここを試してみたいなと思うような気がします。

      言うまでもなくデモであれば
      どんなに負けても実損はないわけで
      「そういう中での自分」はどうなのか?

      それこそ、あるいはですが
      「なんだ、損切りするときにしておけば
      ちゃんと取り戻せるんだ!」と思えるかも知れませんし、

      損切りをちゃんとしたらやっぱり負けちゃう、
      みたいな展開であれば、
      「あぁ、普段からナンピンに助けられてただけだったんだ」
      「もっとエントリー場面の精査が必要だ」
      このように思うかも知れません。

      まずはそこを「確認」する作業は
      あって良いように思いますね。

      >・損切りをちゃんとする
      ・逆に余計なその他のことをやらない
      トレードをするうえでこの二つをちゃんとできるようになるのでしょうか?

      ↑ここについても
      同様に「確認」なさってみてはどうでしょう?

      逆に言いますと
      この確認を怠ったまま
      次なる資金を投入するのは
      「問題解決を先送り」する行為であったり
      「目を背けているだけ」になりかねない可能性がある、
      そのようにも少し思いました。

      もちろん僕が決めることではありませんで、
      ご自身の中で一度考えてみてください。

      生意気を言って申し訳ありませんが
      ここまでが僕の率直な意見です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、電子書籍の件で、投稿させて頂きました、Nakamuraです。
    ご返事を頂きありがとうございます。
    現在はタイで駐在をしています。

    及川先生が在住されているシンガポールまでは、直ぐ近くですが、今は、コロナの影響で遠い存在ですね。

    日本への一時帰国は当面、難しそうなので、書籍をタイまで郵送で発注しました。

    及川先生のトレードの基本を身につけて、自分なりのトレードを探求して行きたいと考えていますので、これからもよろしくお願いします。

    私も人とお酒を飲むのは大好きですので、コロナが収束したら、タイに遊びに来てください。

    • Nakamuraさま
      コメントありがとうございます。

      >現在はタイで駐在をしています。

      ↑そうでしたか!
      わざわざありがとうございます^^

      >日本への一時帰国は当面、難しそうなので、書籍をタイまで郵送で発注しました。

      ↑あらま!
      それは大変なご面倒をおかけしました(汗)
      本当にありがとうございます。

      >私も人とお酒を飲むのは大好きですので、コロナが収束したら、タイに遊びに来てください。

      ↑そうですね。
      現状、どこへも行けず、誰も呼べない、ですので
      さすがにフラストレーションが溜まります(汗)

      状況が改善したらお互いアチコチ行きたいものですよね。

      お気遣いのあるコメントをありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • みなさん、すごいですね‥‥。
    以前、師匠が「他人と比べるな。昨日の自分と比べろ」と仰っていたけど、ちょっとへこんでしまっている自分がいます。
    以前、師匠の実践トレード動画に感銘を受け、「勝利のビジョンなき損切はするな!」などと自分に言い聞かせて、それを実践して、今では損切がものすごく得意になりました。
    というのも、いろいろな通貨ペアを見ていて急に動き出す相関ペアがあれば、逆を張っていたポジションを全損切して、それまでのポジションの数倍のポジションでドテンして数pipsで利確して終わり……というトレードをしたりしています。もちろん、そのようなトレードばかりしているわけではなくて、これは逆に行ってしまった場合の話ですが‥‥。
    結果的には、それまでの含み損を4倍くらい取り戻して「やったー!」というトレードです。
    だけどこのやり方だと最終的には勝てても全pips数が、「-40pips」とかのマイナスで、とてもみなさんのようなご自慢のpipsとは違いすぎます。
    それにナンピンも「逆に行ったからしてしまうというような、やってはいけないナンピン」ではなくて、ちゃんと計画的なナンピンだと自分では思ってやっているのですが、それも最終的には自分なりに納得できる収支であっても、全体のpips数ではマイナスの場合があります。
    水平線を引いたり、通貨ペアを監視したりして、根拠のある所でそのようにしているのですが、こんなやり方ではいずれ破産してしまうのでしょうか?
    師匠のおかげで損切ができるようになって、今のところ収支的には満足している自分ですが、ドテンやナンピンは、最終的にはコツコツドカンばかりしてしまっていた昔の自分に逆戻りしたりしないかと、ふと不安がよぎってしまいます。
    もう少し、みなさんのように獲得pips数にこだわったトレードをした方が安定したトレードになるのでしょうか?

    • Markeyさま
      コメントありがとうございます。

      >以前、師匠が「他人と比べるな。昨日の自分と比べろ」と仰っていたけど、ちょっとへこんでしまっている自分がいます。

      ↑うーん、確かに
      「見ないつもりでも見えてしまう」部分もありますので
      そこは少しシンドいかも知れませんね^^;;

      >今では損切がものすごく得意になりました。

      ↑とても重要!素晴らしいと思います♪

      >逆を張っていたポジションを全損切して、それまでのポジションの数倍のポジションでドテンして数pipsで利確して終わり……というトレードをしたりしています。
      >結果的には、それまでの含み損を4倍くらい取り戻して「やったー!」というトレードです。
      >だけどこのやり方だと最終的には勝てても全pips数が、「-40pips」とかのマイナス

      ↑あれ、、、これって僕にかなり似ていませんか?
      僕もこういうパターン多いですよ(汗)

      >もちろん、そのようなトレードばかりしているわけではなくて、これは逆に行ってしまった場合の話ですが‥‥。
      >ナンピンも「逆に行ったからしてしまうというような、やってはいけないナンピン」ではなくて、ちゃんと計画的なナンピンだと自分では思ってやっている

      ↑はい、僕ももちろん同じです。

      >水平線を引いたり、通貨ペアを監視したりして、根拠のある所でそのようにしているのですが、こんなやり方ではいずれ破産してしまうのでしょうか?

      ↑いや、あくまで僕の感想ですが
      むしろ「かなり上手」な気がしますけどね。
      これで破産するなら僕なんか今頃生きてないですよ(笑)

      僕の中ではこれ、
      「ロットの3次元化」みたいなイメージです。

      僕も単体ロットベースでは
      「15PIPS損切り後に倍ロットで10PIPS勝ち逃げ」など
      YouTube動画でもしょっちゅうやってますでしょ?

      これはこれで
      「そうすることでこそ勝ち逃げしやすい」と
      経験上理解しているつもりだからです。

      「時間効率」の部分もありますし
      「ややこしい展開」に巻き込まれたくないという主旨もあります。
      (なぜならその前のトレードで損切りしているからですよね)

      「PIPSベース」では負けだが
      「収支」ではプラス。

      これはひとえに「ロット調整」というか
      「ここでブチ込む!」というメンタルも含めた部分ですよね。

      なんていうかロットに対し「奥行」を持たせるため
      「3次元」という表現で良いかなと僕は思っているわけです。

      おそらくこのあたりの感覚も
      僕と極めて近いのではないでしょうか?

      ただし、確かに「一般的」ではないですし、
      逆襲トレードも負けた際、
      その一連の収支はそこそこ大きくなります。

      そこを「理解」してやっているのであれば
      僕はまったく問題ないと思いますよ。

      それこそ、
      「逆行ったからとりあえずナンピンでカワす」
      みたいな感覚よりは間違いなく良いでしょう?(笑)

      >ドテンやナンピンは、最終的にはコツコツドカンばかりしてしまっていた昔の自分に逆戻りしたりしないかと、ふと不安がよぎってしまいます。

      ↑トレード内容の詳細が分からないので
      なんとも言えない部分もありますが、

      あるいは今後、
      数日分の利益を一日で吹っ飛ばす、などの経験もあり得ると言えばあり得るかも。
      ただしこれは僕にも同じことが言えます。

      留意点としましては
      月初は極力派手なトレードにならぬよう注意。

      また、ドテンやナンピンを駆使せずに取れる
      スキャルピング(ここは逆張りも含むでOK)など、
      「コツコツ取れる小技」の引き出しも
      徐々に増やしていけると良いように思います。

      理由はカンタン、
      僕もそういうトレードがかなり重宝していますので。

      まとめとしましては、
      「3次元ロットトレード」自体は個人的にはまったくダメとは思いません。

      ただし、そればかりになっているならエントリーポイントを
      「もっと引き付けてから!」とするように意識。

      ドテンやナンピンを一切考慮しない
      「単体PIPS(二次元ロット)トレード」の引き出しを増やす。
      ※損失をコツコツ返済が出来るためのスキルとして。

      とりあえずこんなところですかね。

      Markeyさん、
      この先めっちゃ稼げるトレーダーになり得ると
      個人的には大いに期待いたします。

      ぜひともがんばってください。

  • 及川師匠こんにちは!
    何度も質問すいません。

    今日の10時40分~50分のポンドドルの下げなんですが
    新値が何度も付けれずにいての下げかなと思ったのですが、
    エントリーはしてませんでした。
    及川師匠なら、ここはエントリーしますか?

    わたしは、ここの1本前の10時35分の陽線1本を
    たまたま取ることができました。
    及川式がわからなくて4周目の勉強でも、
    エントリータイミングがわからずに居たので、
    前回コメントで質問させて頂いてます。
    このポンドドル10時35分の1本の大陽線は、
    その前のローソク足で超パーフェクトオーダーが出ていて、
    MA密集からの水色線上げ!だったので、
    ロングエントリー。自信もなかったし、
    大陽線の次は下がるかも・・・と即利確してしまったのですが・・・

    エントリー根拠は合ってたでしょうか?

    言葉での説明では難しいかもしれませんが、
    もし可能なら、教えてください。
    よろしくお願い致します。

    • ウサギ7さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >今日の10時40分~50分のポンドドルの下げ
      >及川師匠なら、ここはエントリーしますか?

      ↑ショートですよね?
      僕はまずやらないですね。

      >わたしは、ここの1本前の10時35分の陽線1本を
      たまたま取ることができました。
      >エントリー根拠は合ってたでしょうか?

      ↑チャート的にはキレイな場面だと思います。
      時間的にも順張りが効きやすい状況ですので。

      ただし、、、
      結果、勝てているのでケチつけるようになり恐縮ですが
      東京時間のポンドドルやユーロドルは
      僕はほとんど触りません。

      理由としましては
      「ポンド」も「ユーロ」も「米ドル」も
      東京時間における「主役」ではないからです。

      直近相場はボラも大きいので
      本件もまずまずのPIPSが取れていると推察しますが、

      ボラが落ち着いたあとの「平時の相場」ですと、
      東京時間における上記通貨ペアは
      動きを読みにくく、方向感も曖昧なものになりやすいので
      そこは今のうちにアタマに置いておいてください。

      話を戻しますが、
      チャート形状&時間帯(午前中)の部分において
      このロングはバッチリだと思います。

      それでは今回は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして!
    オフィシャルパートナーズから、引き続きTRIBEでもお世話になっております。

    2018年末からFXを勉強しだして、2019年年初より実弾トレードを開始後3か月間、100万→20万まで順調に残高を減らしておりました(笑)

    その後仕事の忙しさにかまけてトレードに向き合えておらず、心機一転TRIBE開校より再開しております。

    3月より、証拠金を筋肉質にしようと資金10万円に対して0.25ロット通常2発最大で6発までと決め(これで証拠金維持率100%強(^^ゞ)
    増えた証拠金に対して同じ比率で毎日複利でロットを上げて、
    収支目標を証拠金10%と決め、

    今日まででなんとか、資金量が70万円を超えました。

    今のボラがある相場だからなのか、大きく負けても気を取り直してトレードをする事で、当日中には取り返せ、今月は日単位で勝率100%にできました。

    ただ、今月の成績をチェックしてみると、これでいいんだろうか!?と不安になってしまう点もでてきており、及川師匠の考えをお聞かせ頂けると嬉しいです!!

    ・プロフィットファクター:1.6
    ・最大ドローダウン 39% → その日になんとか取り返しました
    ・勝率:69%

    上記のように、150万円勝って、90万円負けて、トータル60万円プラス
    みたいな数字になってしまい、こんな、損益が激しいトレードをしていていいのかな。
    と少し不安になったりしています。

    なにわともあれ、あと少しで、当初の資金を回収できそうなので、引き続き気を引き締めて、毎日及川師匠のトレード動画をみて相場感を養っていけたらなと思っています。今後ともよろしくお願い致します。

    • CROSSROADSさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >オフィシャルパートナーズから、引き続きTRIBEでもお世話になっております。

      ↑それはそれはありがとうございますm(_ _)m

      >資金10万円に対して0.25ロット通常2発最大で6発までと決め(これで証拠金維持率100%強(^^ゞ)

      ↑おっと、これは僕もビックリの相当な張り方ですね(汗)

      >増えた証拠金に対して同じ比率で毎日複利でロットを上げ
      >資金量が70万円を超えました。

      ↑良い結果となっているのでツッコみにくいですが
      このままのペースで「ギリギリロット」は
      さすがに抑えたほうが良いように思います^^;;

      >・最大ドローダウン 39% → その日になんとか取り返しました
      >150万円勝って、90万円負けて、トータル60万円プラス
      >こんな、損益が激しいトレードをしていていいのかな。
      と少し不安になったりしています。

      ↑なんとも・・・(汗)

      イメージとしましては
      「原付のバイクをノーヘルで時速100kmにて爆走中」
      みたいな感じだと思います。

      20万を70万に一気に増やせたことについては
      「ボラ相場のおかげ」とある程度受け入れ、
      ここいらで「落ち着いた資金管理」へと落とす主旨で
      複利ロットの基準自体を引き下げるなどはして欲しいなと思いますね。

      それこそ「転ばぬうちに」です。

      >あと少しで、当初の資金を回収できそう

      ↑もちろんここについては超応援します。
      けど、それを「生きるか死ぬか」みたいな中でやるのは
      応援するからこそおっかないですね。

      今ほどの過激なロットでなくとも
      ここからは充分元本回帰までやれると思いますので
      月も替わるタイミングでもありますし
      一考なさってみてください。

      あ・・・
      月末日のトレードを
      今のままのロットでやるのは危険かも知れません。
      休むか、即座にロットを落とすか、
      ここはかなり本気でご提案いたします。

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画拝見させて頂いております。
    今回はブログとは関係ないのない投稿になってしまうこと大変申し訳ございません。

    少しずつ勝率も上がってきており、コツコツ利益を積み重ねることができていました。
    ただ…今まで積み重ねてきた資金を1日で全損してしまいました。一度のミスから次々とミスを連発してしまい、結局何週間にもわたる利益が1日で…。
    これには2つ理由があります。
    1つは自分のルールに反したエントリー(ひきつける前に入ったことで損切し焦りが生じた)そこから一気に崩れました。
    そして2つ目なんですが、毎度毎度、本当にチキン利食いばかりで、せっかく伸びてくれるところも極わずかしかpipsを獲得することができません。この納得のいかないストレスがフラストレーションを起こし、1つめの理由につながる余計なことをしてしまう。
    自分ではこれが問題なのではと感じています。
    一体どうすればチキン利食いを防ぐことが出来るのか…1ポジションにつき、本来なら結果論ですが、20pipsくらいは伸びています。ですが、ビビりすぎ、心臓ドキドキで耐え切れなくなり、1ポジションあたり5pips程度になってしまいます。

    ここを乗り越えるためにはどうすればよいでしょうか?一人で考えても考えても、こればかりは答えが出来てきません。
    是非とも、及川先生のアドバイスを頂きたいです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • mr.kuさま
      コメントありがとうございます。

      全文、拝見いたしました。
      僕は立場上、かなり多くの方々からご相談が届きますが、
      このパターンはその中でも一番目立ちます。

      >本来なら結果論ですが、20pipsくらいは伸びています。
      >心臓ドキドキで耐え切れなくなり、1ポジションあたり5pips程度

      ↑ここ、少し掘り下げて考えてみましょうか。

      例えばここでのご回答を
      「とにかく腹くくって引っ張れば良い」と
      僕が言ったとします。

      その場合、
      「+5pips以降」の引っ張りで
      一時的にチャラまで戻ることもありますよね。

      で、そこでビビって決済してしまった場合、
      今度は今まで取れていた「5PIPS」すら取れなくなるかも知れません。
      これでは最悪ですよね?

      そこで!です。

      従来通り「5PIPS」で「利食ってしまった?」際、
      以下のような「続き」をやったらどうでしょう。

      1.利食い以降、そのままさらに伸びたら諦める。
      2.利食い以降、再び建値付近まで戻ったら『もう一度入る』

      本来であれば
      戻った時点における「戻り方」や「時間帯」なども
      考慮する必要がありますが
      それをここで文面化しきるのは難しいので
      まずは『考え方』としてのお話です。

      で、二度目のエントリーについては
      本来、引っ張りたかった位置まで粘る、
      みたいなやり方も一考かなと思います。

      実は今回のご回答には
      『最初の利食い時に半分だけ利食って残りを引っ張る』
      このような言い方も出来たのですが、
      僕はこれが苦手でしてね^^;;

      よって上述のようなやり方のほうを
      オススメした次第です。

      ぶっちゃけ僕もなかなかなチキンですので
      今度チャレンジしてみようと思います。

      YouTube動画でやれると一番良いのですが、
      動画は「早く勝ち逃げで終わりたい」とどうしても思ってしまうので
      どうかなと(苦笑)
      意識はしてみようと思います。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こないだのTRIBの生勉強会で午前中のポンドルユロドル、16:00以降のオジテクニカルの信頼性の話とても勉強になりました!生勉強会でもいつも質問に答えていただき本当に感謝しています!

    先生のおかげでやっと月単位で勝てるようになりました。
    自分の得意不得意もわかってきました。
    そこで質問なんです。ドル円の取引がとても苦手なんですがスプレッドのせまさからどうしてもものにしたいという精神でトライするのですがどうもうまくいきません。
    多分原因は他の通貨に比べて伸びる伸びないの時間帯を理解していない。他の通貨に比べるとエントリーする根拠が少なくなってしまう。リスクリワード以外でエントリーする根拠ある?ぐらいでトレードしてる事が多いと思います。
    そこでドル円を取引する時にこういうところに注意した方がいいということがあれば教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    • 兵庫のTさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >先生のおかげでやっと月単位で勝てるようになりました。

      ↑ここ、僕は常に釘を刺させていただくのですが
      「勝てるようになったのは自分のおかげ!」ですので
      慢心せず自信を持ってくださいね^^

      >ドル円の取引がとても苦手
      >スプレッドのせまさからどうしてもものにしたいという精神

      ↑あぁ、、、僕もどっちかと言うと苦手ですよ(汗)
      正確には「分かりやすい時とそうでない時がある」って感じですかね。

      >多分原因は他の通貨に比べて伸びる伸びないの時間帯を理解していない。
      >他の通貨に比べるとエントリーする根拠が少なくなってしまう。

      ↑はい、僕もまったく同じ理由です。
      そう考えますと
      なにも無理してやる必要はないのでは?(笑)

      ボラがある時にはテクニカルも相応に効きますが
      そういう時だけ個別チャート形状などからチャレンジ・・・
      僕はそのように割り切ってます。

      それと、
      もうひとつ僕が意識しているのは「スピード感」です。
      ドル円をテキトーにエントリーしたあと、
      やたら動きが鈍くてイライラさせられることって多くありません?

      例えばポンド円やユーロ円と同時保有した際、
      結局ドル円以外のPIPSで勝ち逃げ(ドル円はほとんど取れず)
      みたいなことも多いです(苦笑)

      てなことで僕的には
      1.ボラがそこそこデカめ
      2.なおかつ動きにスピード感がありそう
      3.他にやれるのがない

      この3つが揃っていると感じるときだけで
      良いイメージですね。

      こんなご回答で大丈夫ですかね(汗)
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつも動画を拝見させていただいております。

    現在は、基礎的なところを確実に身に着けようと考えており、
    「15分MA,1時間MA,4時間MAがきれいにそろっていて、
    15分MAか1時間MAに押し戻りしたときに、押し目買い戻り売り」
    のみに絞ってエントリーしております。

    そこで気になっているのですが、
    例えば、通貨の強弱が
    GBP>JPY>AUD>EUR>USD
    になっているとします。
    この時はポンドの押し目買いを狙おうと考えますが、
    たいてい、上に描いたようなエントリーポイントがやってくる通貨ペアは、
    GBP/JPYになります。
    本当は、最も弱いドルを含むGBP/USDを買いたいところですが、
    15分MAまで戻ることは稀で、エントリーするチャンスがありません。

    GBP/USDを買うには、本当に初動の初動の押し目買いを狙うしかないような気がしているのですが、
    その場合だと、上位足MAがまだきれいになっていない(レンジっぽい)時の買いを狙うしかなく、イマイチ精度が上がりません。

    最強通貨・最弱通貨の組み合わせをきれいに取るコツ・考え方があればご教示いただけると幸甚です。

    よろしくお願いいたします。

    • kawasakiManさま
      コメントありがとうございます。

      >例えば、通貨の強弱が
      GBP>JPY>AUD>EUR>USD
      >本当は、最も弱いドルを含むGBP/USDを買いたいところですが、
      15分MAまで戻ることは稀
      >最強通貨・最弱通貨の組み合わせをきれいに取るコツ・考え方があれば

      ↑実に良いご質問だと思います。
      おっしゃられる意味もよーく分かります^^

      本件のような条件下の中、
      僕が狙うのは以下です。

      1.ポンド全体が揃って一気に上げた場合は
      5分足の水色線(5MA)付近の戻しで入る。
      →ただし、この場合はダラダラ保有しません。
      一気に含み益になるくらいのイメージで入るので
      そうならない場合はチャラ前後で逃げます。
      (ローソク足でせいぜい2本くらい)

      2.この事例における「ポンドドル」に対し
      直近の前回高値に水平線を引き、そこへの到達で入る。
      →この場合、損切り判断もその水平線を軸に置きます。

      3.ポンド円のMAタッチのタイミングでポンドドルを入る。
      →世間的には邪道ですが僕は結構やります。
      この場合もポンド円の損切り位置を軸に置きます。

      本件は

      最強&最弱ペアの場合、
      こちらが本来入りたい位置まで押して来ない

      ↑こういう話ですよね。
      多くの方は同様のお悩み(?)を感じてらっしゃると思います。

      「3」は邪道っちゃ邪道ですので
      「1」と「2」からまずはご確認なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。
    及川先生のデイトレ大百科で勉強し、元々自分が使用していたRCIを使うことで、20万円を200万円くらいにまでしたのですが、調子に乗って全部失いました(^◇^;)その後、8万円を40万円にしたのですが、再度全部失い、自信を失っているとこです。fxに使えるお金が後50万円くらいなのですが、とりあえず10万円くらいからコツコツやっていこうと思っているのですが、及川先生が10万円の証拠金なら、ロットはどのくらいでトレードされますか?

    • kkさま
      コメントありがとうございます。

      >20万円を200万円くらいにまでしたのですが、調子に乗って全部失い
      >その後、8万円を40万円にしたのですが、再度全部失い

      ↑最近、他の方にも言っているのですが
      元手分を先んじて出金しちゃっておくことをオススメしたいです(汗)

      実際、そのようにし
      「生涯負けなし状態」を確保してから
      思い切りの良いトレードに戻る・・・
      なんて人も多いですのでまずはご参考まで^^;;

      >及川先生が10万円の証拠金なら、ロットはどのくらいでトレードされますか?

      ↑僕はかねてから「100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発」
      こちらを軸に考えて来ました。

      ただしこれ、
      世間一般的には結構過剰ロットなはずですので
      ご自身の中で微調整をなさって欲しいなと思います。

      それはそうと、
      上述の「出金による元本確保」の件、
      次回はぜひご検討なさって欲しいと思います。

      では引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。53歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。