「スーパートレーダー」がまた一人誕生か?というハナシ。

 

今年の1月より始動した
FXismの最新コミュニティー『TRIBE』。

徐々に成果が上がり始めて来ましてね。

つい最近、
僕もビックリするレベルの
驚くべき「嬉しいご報告」が
実績画像と共に届きましたので
早速ご紹介させていただきます。

 

本名はちょっと・・・
とのことでしたので
ここでは「Sさん」としておきます。

Sさんが
TRIBEコミュニティーへ投稿してくれた内容が
あまりにも素晴らしいため、
一言一句、一切変更を加えぬまま
すべての文面をペーストさせていただきます。

ぜひともご一読ください。

※読みやすさを考慮し
改行処理だけしています。

 

↓ここから↓

おはようございます。

先週口座から戦える証拠金だけ残して出金し、
昨年FXを初めてから負け続け、
とんでもなく膨らんでしまった
クレジットカードの借金を完済できました。

FXismの皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

心では
「師匠と同じロット到達するまで突っ走ってやる!
そこからの利益で返済した方が早いだろ!」と、
意気込んでましたが、

師匠から頂いたブログコメントや身内の助言で、
一旦出金して生涯プラス状態で再スタートすることに決めました。

心配していたのが、
出金により証拠金が減り
ロットが下がることでトレードが崩れる事でしたが、

無事に1週間いつもどおりのトレードが継続でき、
メンタル的にも安定していて、
とくに問題無いと確信しました。

逆に借金が無くなり、
気分が晴れた状態でトレードできたなと思います。

私のスタイルはとにかく毎回勝ち逃げにこだわるので
利食いがとんでもなく浅く完全スキャルですが、
トレード回数で利を補っています。

とくにTRIBEに参加してからは、
佐藤コーチの分速スキャルトレードをもとに、
上位足MAPOでの戻しからの反発の動きに着目することで、
トレードが非常に安定しました。

逆張りは全くしません。

目標である師匠と同じロット、
そして会社を辞めて専業になることを夢に、
今後も同じスタイルを貫いていきたいと思います。

↑ここまで↑

 

どうです??
かなり凄くないですかね(汗)

特に僕が驚いたのは
この間の「エクイティカーブ(収益曲線)」でした。

これ・・・
まるでインチキ自動売買ソフトの
バックテスト結果みたいじゃないですか?(笑)

あまりにも『出き過ぎ』ですって。

この成績を
「実弾」で「リアル」に達成しているわけで
驚愕以外のナニモノでもありません。

 

上記の投稿内容を
ザックリとまとめますと・・・

Sさんは、
これまでFXでそこそこの累積損があり、
そんな中で「TRIBE」へ参加。

すると、たちまち
過去の累積損を埋める利益を
瞬く間に叩き出したようです。

で、そのままの勢いで
資金を増やし続けようかとも考えていた中、
僕とのブログコメントのやりとりにて

「元金を出金して残った資金で再スタートすれば
生涯負けなし状態から始められるのでオススメ!」

このような話題となり、
さらにはご家族からも同様の要望があったため、

まずはこれまでの累積損(借金)を完済し
残った資金から再スタート・・・

このような流れだったようです。

 

と、ここで
エクイティグラフをもう一度。

いくつかポイントを挙げますと、

・勝率: 80.82%
・プロフィットファクター:3.38
・最大ドローダウン:5.7%

一言で言いますと、
僕(及川)なんかよりはるかに優秀ですね(苦笑)

 

特に僕の目を引いたのは
利食いトレードと損切りトレード
それぞれの「平均値」です。

・利益トレード平均額:10,148円
・損失トレード平均額:12,661円

損失平均の金額のほうが若干大きいですが、
この程度であれば
短期デイトレやスキャルピングにおいて
「問題なし!」のレベルです。

 

実はこのお話、
TRIBEのキックオフセミナーでも触れたのですが、

スイング手法など
保有時間が長ければ長いほど
利益平均のほうが大きくなければいけません。

例えば損失平均30PIPSに対し、
利食い平均は100PIPSなどとなることで
勝率は極論50%以下でも充分大きな利益を残せます。

※ただし、
ロットはデイトレほど張れませんが。

 

一方、短期デイトレやスキャルピングの場合、
勝率重視で利益を積み上げるやり方のため
利食い時と損切り時の金額がどうしたって接近します。

というか、
それをあらかじめ受け入れた中で
早い話「回転数」で勝負をしていくやり方でして、

また「短時間しか保有しない!」と決まっているため
その分ロットを厚めにブチ込めるわけです。

※僕が比較的短い期間で一気に資金を増やせたのも
この考え方によります。

 

ちなみに、
Sさんの投稿でも触れられていますが、
今回は渋谷の社長トレーダー佐藤コーチが主導している
「分速スキャル」の手法が
大きくモノを言っているようですね。

佐藤さんは
元々僕(及川)の受講生さんでしたが、
「相場への探求心」は僕のはるか上を行く人なんです。

別名「検証の鬼」とも呼ばれていまして、
僕を含めた一般人は一日24時間しかない中、
この人だけは
一日50時間くらいあるのではないか?(汗)

そう疑いたくなるほど、
相場研究にとてつもない時間を投じています。

 

で、、、

膨大な時間を投じて得た検証結果を基に
「なるべく裁量を排除したロジック」

つまりは
『誰にでも再現が可能なトレード手法』の開発を
常に探求し続けているわけです。

まさに「鬼」と呼ぶに相応しい人なのですが、

僕が、
「なぜそこまで妥協せずにやれるんですか?」
と聞くと、

「だって、せっかく入ってくれたメンバーを
出来る限り勝てるようにしてあげたいじゃないですか!」

って。

鬼どころか、
もはや「仏」側ですよね(笑)

 

「TRIBE」については
まだ折り返し地点にも到達していません。

まだまだ続きます。

今後も一人、そしてまた一人と、
「スーパートレーダー」が誕生することを
大きな大きな楽しみとしつつ、
ここから先の運営に取り組んで行こう・・・

そう心から思える
今日この頃の僕なのです。

みなさん、
焦らずじっくりとがんばって行きましょう!

 

▼FXism直近トレード動画
及川式スキャル解説&実演&
『正しい投資家人生』について
2020年3月6日※NY時間トレード


※今回記事の内容についても触れています。

 

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

166 件のコメント

  • 及川先生、こんにちは。三回目のコメントです。
    生活費から7万円握りしめやってきたKZです。

    今現在、所持金7万円から1万4000円まで減らし、先生の前々回ブログ記事の時期からちょうど実践を繰り返している最中でいます。
    実はまだデイトレ大百科を全部拝見しておりません。中身が非常に濃く、自分の経験を伴わなければ理解が難しいと感じ、実践をするに至っています。そんな中ですが、一日一本及川先生の動画を見て、自分のトレードの記録と照らし合わせ、似たチャートパターンでの思考とメンタルの揺らぎなんかを振り返ったりしております。
    ここ最近の円安相場でなかなかトレンドを掴めないことで弱気になることもありましたが、先生の動画を見るたびにまだやれるぞと勇気を貰っています。ありがとうございます。

    そういったネガティブな面もありましたが、よかったトレードなんかもいくつかありまして、保有時間5分以内で10pips程度取れたというのはこれぞ!といった感じの逆張りスキャルでした。
    逆に悪かったトレードは、仕事終わって帰宅して…となると欧州時間がメインになりますが、揺れ動くチャートに逆つかまされたりなんていうのがありました。今ではルール化を徹底しておりますが、大きな痛手でした…。

    今回の先生の記事にも勇気が湧いてきます。わたしは残念ながらTRIBE参加者ではありませんが、しっかりと基礎を磨きつつ、精いっぱいやっていきたいと思います。(いつかはTRIBEにも入りたいです)
    先生のトレースをメインに行ってきましたが、だんだんと自分の内面も見えてきたようで、先生はこういう風にしただろうけど自分にはこれはストレスだな、などといった考えも浮かんできました。自分なりの考えをデモ口座などで検証しながらルール化を行い、”自分の手法”を作っていきたいと思います。

    今回はわたしにとっても勇気の出る記事でした。追随できるよう頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

    • KZさま
      コメントありがとうございます。

      一部抜粋をしにくい内容なので
      コピペ引用はしませんが
      もちろんすべて拝見しました。

      「試行錯誤」は特にトレードの世界において
      ついて回るものですよね。
      粘り強くがんばって欲しいと思います^^

      >先生はこういう風にしただろうけど自分にはこれはストレスだな、などといった考えも浮かんできました。

      ↑ここ、とても大切です。

      トレードをやらない人や始めたばかりの人は
      理解しにくい部分かも知れませんが、
      実際のトレード現場において
      「性格」ってとても反映されますよね。

      よって「自分らしさ」の追求は
      長く続けるにあたって極めて重要な要素だと僕も思います。

      >今回はわたしにとっても勇気の出る記事でした。追随できるよう頑張っていきたいと思います。

      ↑前向きに受け取っていただけたら嬉しいです♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんばんは。初めてコメントさせて頂きます。
    今年の初めに師匠のガチ速FXを購入しまして、FXを始めました。TRIBEの申し込みは終了しておりましたので残念ながら参加出来ませんでしたが、デイトレ大百科と師匠のトレード動画で日々勉強させていただいております。本職での人間関係が問題で今の仕事がイヤになってしまい、専業になろうと決意しました(情けない話です)。まだデモトレードの段階なのですが、少しずつ成果が出始めており、直近二週間で資金が1.8倍になりました(その前に1度デモ口座を飛ばしました)。
    それ自体は嬉しいことのはずなのですが、勝ち続ければ続けるだけ、明日は負けるのでは?という考えばかりがよぎり、エントリーするのが怖く感じてしまい、勝っているのにメンタルがおかしくなってきました。特に勝ち始める以前はデモとはいえヒドイ成績だったために、今の相場がたまたま自分のトレードスタイルに合致しているだけなのではないかと思ってしまい、トレードに自信が持てなくなってしまいました。勝ち続けるためのメンタルとして、何か必要なものがあるのでしょうか。お時間があればで構いませんのでアドバイス頂ければ幸いです。

    • 銀色流星群さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >本職での人間関係が問題で今の仕事がイヤになってしまい、専業になろうと決意しました(情けない話です)。

      ↑「情けない」とは一切思いませんよ。
      人間関係人生におけるかなり重要な部分ですし、
      僕がちょうど30歳くらいのときにサラリーマンを辞めたのも
      まさに「人間関係」が起因していましたので。

      >直近二週間で資金が1.8倍になりました

      ↑凄いペースだと思います。

      >勝ち続ければ続けるだけ、明日は負けるのでは?という考えばかりがよぎり、エントリーするのが怖く感じてしまい、勝っているのにメンタルがおかしくなってきました。

      ↑なるほど、、、おっしゃりたい主旨は
      僕なりにも充分理解できるつもりです。

      特に「本番」が近づいていることによる
      『言い得ぬ恐怖感』もありそうですね。

      >勝ち続けるためのメンタルとして、何か必要なものがあるのでしょうか。

      ↑まずですね、、、
      「勝ち続けなければいけない」って考えが
      そもそも違うってことからだと思います。

      あえて言いますけど、
      トレードを続けて中、この先「どうせ負けます」。

      勝ち続けることもなければ
      負け続けることもないわけです。

      勝ち続けなければ!と思ってしまうことで
      なんかロープ一本しかないところを
      綱渡りするようなイメージになってしまいませんかね?

      だとしたら、
      そりゃおっかないですって(汗)

      そうではなく、
      「勝ったり負けたりしながら進む競技」
      このような理解で取り組むことではないでしょうか。

      「綱渡り」なんかではなく、
      道路幅2メートルくらいの歩道を歩くような、
      そんな感じでやりたいものです。

      そのためには
      目の前のトレード結果に過度な意識をおかず、
      「損切りは普通にあり得る」
      「そこにビビる必要などない」
      「いやむしろ、損切り出来ない自分のほうがヤバい」
      「ケセラセラじゃ!」
      僕はこのくらいの方が良いと思っています。

      具体的には、
      日々のトータルプラス終えが理想ではある中、
      仮にそうならない日があったとしても、
      「週単位プラスで今週はいいや!」
      こんな風にある意味「ユルく」取り組むと良いかなと。

      自分なりの勝ち方がある程度確立出来ている人であれば
      このほうが結果的に成績が安定すると思いますよ。

      「自信」についてですが、
      これだって無理に持つ必要はないんじゃないですかね。

      常にビビりながらやる。
      その中でなんとかプラスで終えれた!
      今日も一日死なずに済んだ・・・

      いまだに僕もこんなモンです。

      ゆえに、まったくカラダは使ってないのに
      トレード後は異常に「疲れる」わけです(苦笑)

      これこそが『トレードの世界』って話でして、
      とにもかくにも「そういうモノ」なんだから
      今後も続ける限り、
      その悩みは解決などしないってことではないかなと。

      今日も明日も
      「ビビりつつ」トレードをなさってみてください。
      それこそが最も正解に近いはずですので。

  • 及川師匠

    初めてコメントさせていただきます。

    FXは数年前に始めましたが、手法は我流、仕事の合間に片手間でスマホで注文するというようなやり方で、損失だけが増え、「自分には向いていないんだ」と手を引いていました。
    しかし、昨年から病気で会社を休職しており、いろいろと考える時間ができ、将来に対する不安が募る中、「時間があるから、またFXをやってみようか」と思い立ち、書店に行ったところ、偶然、師匠の真っ赤な「ガチ速FX」が目に留まり、購入いたしました(一番目立つところに平積みされていましたよ!)。
    通貨の相関関係や時間管理など、正に目からウロコの連続でした。師匠の本やYoutubeを何度も何度も見返して、少額ずつではありますが、プラスを増やすことが出来てきています。
    大げさに思われるかもしれませんが、師匠との出会いには運命的なものを感じています。専業トレーダーになって億り人を目指すという目標が出来て、日々の生活に活気が生まれました。師匠には感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    追伸
    2020年にバブルが崩壊すると、師匠は予測しておられていましたが、コロナウイルスをきっかけとした経済混乱に、予測が現実味を帯びてきましたね。シンガポールでも感染者が増えているとのこと。人口密集地域ですので、くれぐれもお体にはお気を付けください。

    • まーくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >書店に行ったところ、偶然、師匠の真っ赤な「ガチ速FX」が目に留まり、購入いたしました(一番目立つところに平積みされていましたよ!)。

      ↑そうでしたか^^
      実にありがたい話です。

      >大げさに思われるかもしれませんが、師匠との出会いには運命的なものを感じています。

      ↑こちらも大変光栄です♪
      数年後もそう思ってていただけるよう
      僕自身も精進したいと思います^^

      >2020年にバブルが崩壊すると、師匠は予測しておられていましたが、コロナウイルスをきっかけとした経済混乱に、予測が現実味を帯びてきましたね。

      ↑コロナウイルスが引き金になるとは
      正直想像出来ていませんでしたが、
      きっかけがなんであれ
      「遅かれ早かれ」だったとは思います。

      「今年も株は絶好調!」
      とか言っていたアナリスト達にとっては
      良い言い訳になったのではないでしょうかね(苦笑)

      >シンガポールでも感染者が増えているとのこと。

      ↑こちらはかなり厳重にやってますので
      「実際のところ何人かかってるのか分からない日本」と比較したら
      かなり安心できる状況との認識です。

      お気遣いには心から感謝申し上げますが、
      日本の方々も、
      ぜひお気をつけいただきたいと願っております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんわ!TRIBEに参加してから今週、2年間負け続けたFXトレードが初めてトータルプラスになり、嬉しい限りでした!微々たる金額でしたが、引き出そうかなぁ♪でも複利運用しないと貯まらないし・・・。良し!ロット数を増やそう!と意気込んでいたのですが、以前からロット数を増やすと、上下する金額の大きさにビビり勝てなくなってしまう感じがあったのですが、案の定こっぴどく負けてしまいました。今日50万から300万までは簡単に増えるのに、そこから全部飛ばしてしまうという話と聞いてビックリ!全部とは言いませんが、かなり飛ばしてしまいました(+o+)
    生涯負けなし状況というのがとても大切なんですね!とても参考になりました!儲けた分はしっかり引き出しておく事も大切にします。

    • スミレ様
      コメントありがとうございます。

      >TRIBEに参加してから今週、2年間負け続けたFXトレードが初めてトータルプラスになり、嬉しい限りでした!

      ↑この嬉しさは格別ですね♪
      聞いてる僕も嬉しくなりました^^

      >全部とは言いませんが、かなり飛ばしてしまいました(+o+)

      ↑ゲゲ!
      ロットを上げた途端に大きく負ける事例は
      枚挙にいとまがないですよね(汗)

      >儲けた分はしっかり引き出しておく事も大切にします。

      ↑結果的にこっちのほうが「早い」かも知れません。
      お互いお金や資金は大切にしてまいりましょう^^

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんばんは。デイトレ大百科を購入して勉強しております。
    士業で事務所を経営しているのですが、AI台頭によりこの先どうなるかわからないのでもう1つ収入源が欲しく毎晩ニューヨーク時間と格闘しております。
    利を伸ばすのに苦戦しており、目標値より早く利食いしてしまったり、含み損はギリギリまて耐えてしまうのでコツコツ貯まるがそれを吹き飛ばす負けで振り出しに戻るという悪循環です。
    まだ大負けしてないのでマシかもしれませんが、今までの時間が無駄に。。と虚しくなることもあります。
    先生は何100回と受けた質問かもしれませんが、いかに自制していくかというメンタルの見直しをすべきでしょうが、なかなか難しいですね(^_^;)
    難易度が高いと言われるニューヨーク時間は割り切って、スキャルで回数を重ねて利益をすくうやり方も有りかなとも思ってはいます。
    蛇足ですが、先生はFXがAIによる影響をどの程度受けるとお考えですか?個人トレーダーはまったく勝てなくなるなんていう意見も聞いたことがあるので、気になりました。
    私見でかまいませんのでお教えいただければ幸いです。

    PS
    先生の本日のスキャルは根拠がとてもわかりやすかったです。4分であの利益は理想だなと感服いたしました。
    引き続き動画も楽しみにしております。

    • ユウさま
      コメントありがとうございます。

      >士業で事務所を経営しているのですが、AI台頭によりこの先どうなるかわからないのでもう1つ収入源が欲しく毎晩ニューヨーク時間と格闘しております。

      ↑なるほど、AIですか・・・
      テクノロジーの進化は凄まじいばかりですが
      なんだかおっかない気もしますよね(汗)

      >まだ大負けしてないのでマシかもしれませんが、今までの時間が無駄に。。と虚しくなることもあります。

      ↑お気持ちは充分理解出来るつもりです。
      ただし、焦って端折ろうとしてしまうと
      大負けのワナにハマりやすくなりますので
      そこは粘り強くがんばっていただきたいところです(汗)

      「やる場面」の精査も大切ですが
      「やらない場面」のあぶり出しに対し、
      大いなる課題として取り組まれることをオススメいたします。

      >先生はFXがAIによる影響をどの程度受けるとお考えですか?個人トレーダーはまったく勝てなくなるなんていう意見も聞いたことがあるので、気になりました。

      ↑そうですね・・・
      正直なところ、
      「引っ掻き回される場面」は増えるかも、とは思っています。
      ただし、巨額な資金量ではないAIであれば
      大局はさほど変わらないのでは?とも。

      相場の流れを変えることが可能なレベルの資金だった場合、
      さすがに厄介かな?とは思いますが、
      けどそれってAIに限った話でもないと思うわけです。

      人間だろうとAIだろうと
      「利益を出すことが目的」である以上、
      相場における『方向性』は必ず生じます。

      であるならば、
      結局「相場の本質」は変わらないでしょうし、
      そもそも「AIだから勝てる」ってことにもならないとすら
      僕は思っています。

      例えばAIが相場を引っ掻き回した挙句、
      それにより自分自身(AI)が負ける・・・
      なんて漫画みたいな展開もあるのではないでしょうかね(笑)

      >先生の本日のスキャルは根拠がとてもわかりやすかったです。4分であの利益は理想だなと感服いたしました。

      ↑ありがとうございます♪
      エントリー時点では
      「勝てるか分からない」などとノタマいつつ、
      利食いした途端
      「勝てて然りの場面」なんて言ってますでしょ?

      まぁそんなもんだってお話です(苦笑)

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメント失礼致します。

    いつもYouTube動画拝見させていただいております。
    及川様のトレードを参考にしつつトレンドの初押しと初戻しからの逆張りでトレードを行っております。勝率もまずまずでございます。

    しかし連敗からスタートする日もあり、その日の収支をプラ転させずに終了する日もあります。自分の意見としましては、メンタル的にもナンピンを使わないスタイルを取り、悪魔で1:1の勝率を上げるデイトレで月に200pips程度で着地させたいと思っております。

    逆張りでナンピン不使用1発のエントリーで勝率を上げようと考える場合、必要な要素や大事な事、アドバイス等が及川様の経験からありましたら教えていただけますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • TIさま
      コメントありがとうございます。

      >及川様のトレードを参考にしつつトレンドの初押しと初戻しからの逆張りでトレードを行っております。勝率もまずまずでございます。

      ↑良い意味で参考にしていただけてるとしたら
      とても嬉しいです。

      >逆張りでナンピン不使用1発のエントリーで勝率を上げようと考える場合、必要な要素や大事な事、アドバイス等

      ↑逆張りで、、、ということでしたら
      「ナンピンなし」はむしろそうすべきだと思いますので
      そこはOKだと思います。

      逆張りに対して僕は
      大きく2つの考え方をしています。

      ひとつめは「急落からの一時戻し」で
      もうひとつは「新値アタック不発からの戻し」です。

      前者については極論保有1分でも利食いするほどの
      明確なスキャルピング。
      後者は時に大きく引っ張れることもあるデイトレ。
      こんな感じです。

      前者で僕がよくやるのが、
      チャートスケールを変えて過去の高安値に水平線を引き、
      比較的近い位置の水平線は超スキャルにて。

      「まさかここまではカンタンに来れないだろう」
      というような遠い位置の水平線は
      前述の「超スキャル」で一度抜き、
      再度下値アタックの位置からもう一度逆張りし、
      損切りにならない場合はそこそこ利を引っ張る。

      このような二段階戦術を使ったりします。

      後者のケースでは
      直近高安値に水平線を引き、
      5分足ベースのローソク足で数回新値アタック不発を確認してから逆張りIN。
      こちらについては30分単位や1時間単位で区切りを目安に
      少しゆったり構えて保有することが多いです。

      ただし、勝率や精度向上についてですが、
      ここを目指そうとすればするほど
      トレード回数自体は減っちゃうと思いますので
      そことの兼ね合いについては
      ご自身の中で折り合いをつけていただくと良いでしょうね。

      実際のチャートにてご確認いただく中で
      参考になりそうな部分があるようでしたら
      お試しになってみてください。

  • 及川師匠 はじめまして

    ただいまデイトレ大百科10回転させることを目標に2巡目に入ってます。

    おかげ様で少しずつ成長できているんではないかと思ってはいますが、正直言ってヘタクソです。

    Sさんのトレード実績値の
    ・利益トレード平均額:10,148円
    ・損失トレード平均額:12,661円
    について質問させていただきたいのですが、
    Pipsに直すと、どのくらいになるのでしょうか?

    現在0.03ロットで頑張ってますので、
    参考にさせてください。

    私は、及川師匠に興味をもっていただけるような、勝ちトレーダになりますので、その時には是非、お酒の席をご一緒させてください♪

    • ヴィヴィアン様
      コメントありがとうございます。

      >Pipsに直すと、どのくらいになるのでしょうか?

      ↑あ、ごめんなさい、
      ご本人からロットの件は聞いておりませんので
      具体的な数量は分かりません^^;;

      スキャル、利食いはかなり浅い、
      などと書かれていることから
      おそらくは5PIPS~10PIPSの間で
      僕自身のトレードも鑑みた際、
      7PIPS前後ではないかと推察いたします。

      >私は、及川師匠に興味をもっていただけるような、勝ちトレーダになりますので、その時には是非、お酒の席をご一緒させてください♪

      ↑了解です。
      「望むところ」ですので
      ぜひともがんばってください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画ありがとうございます。
    特に今回は飲み会があるのに。。。(笑)
    素のトレードも、とても参考になります。

    師匠の手法をいくつも試していく中、
    どんな相場でも勝てるようになりたいという私には、
    スキャルが性格的にあっているようで、
    スキャルに重点を置いて勉強させていただいてます。
    今回の話はとても参考になり、また勇気づけられる内容でした。

    今回の動画と同じところを見ていました。
    リスクリワードが合っているのでやろうと思いましたが、
    時間マタギになりそうなのでスルーしました。残念!

    現在は、可変ロットで1日の目標「10pipsまたは利益2%取得」でやっています。
    毎日が『勝ち逃げ上等』を意識して精進していきます。

    師匠は、今頃はうひょひょーとなってるのか???(笑)
    これからもよろしくお願いします。

    • りーだ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >特に今回は飲み会があるのに。。。(笑)
      素のトレードも、とても参考になります。

      ↑恐縮です^^;;
      けど、おかげさまで二日酔いになるくらい
      飲むことが出来ました(苦笑)

      >今回の動画と同じところを見ていました。
      リスクリワードが合っているのでやろうと思いましたが、
      時間マタギになりそうなのでスルーしました。残念!

      ↑時間マタギは、過度に意識しすぎると
      行くべきも行けなくなるので加減が難しいですよね(汗)

      あそこについては
      「動画回してないときモード」でして、
      要は「オレがリスク取ると決めたんだからやる!」
      みたいな。

      逆抜けされたら損切りと決めやすい場面のため
      大負けは絶対ない・・・
      ならどうする?やるの?
      ってそんな感じです。

      >現在は、可変ロットで1日の目標「10pipsまたは利益2%取得」でやっています。
      毎日が『勝ち逃げ上等』を意識して精進していきます。

      ↑素晴らしいと思います♪
      「勝ち逃げ上等」こそ個人トレーダーの特権ですので
      大いに勝ち逃げしていただきたいですね。

      >師匠は、今頃はうひょひょーとなってるのか???(笑)

      ↑繰り返しになりますが、
      翌日使い物にならぬくらい酔いました(笑)
      ダメ人間・・・です^^;;

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠お久しぶりです!
    TRIBEが始まってから自分に合った手法で尚且つトレードの基礎固めになるものは無いか?と探してましたが見つかった感じがします。
    当初はSさんと同じで分速スキャルをやってましたが何かしっくり来なく佐藤コーチやOPから参加されてる先輩方の意見を参考に先月からBTGを使ったスイングトレードをデモで始めたところです。
    ルールが明確なので今はルール通りトレードして少しずつではありますが慣れてきました。BTGのルール通りプラス週またぎはしないというマイルールでしっかりモノにしていきたいと思います。
    最終的にはデイトレとスイング両方で利益を出せるトレーダーになるのを目標に一歩ずつ進んでいきます!
    これから起きるであろう事象をチャンスに変えられるように頑張っていきたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • HIRO1022さま
      お久しぶりです
      コメントありがとうございます。

      >佐藤コーチやOPから参加されてる先輩方の意見を参考に先月からBTGを使ったスイングトレードをデモで始めたところです。

      ↑そうでしたか^^
      スイングトレードはコツコツドカンの真逆となるような設計のはずですので
      勝率がイマイチになっても、そこはガマンなさってください。
      その代わり、取れるときは驚くほどPIPS取れますので。

      >最終的にはデイトレとスイング両方で利益を出せるトレーダーになるのを目標に一歩ずつ進んでいきます!

      ↑それが出来たら言うことなしでしょうね。

      ただし、僕は現在スイングトレードを一切やっていません。
      「混ぜるな危険」でもあるため
      併用する際はくれぐれもご用心ください。

      個人的には
      「どちらか一方を極める」で良いようにも思いますので
      そのあたりは先々充分ご検討なさってください。

      では
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもお世話になっております。
    初めてコメントします。
    昨年より、デイトレ大百科で勉強し、デモで練習しておりました。
    今年、TRIBEに参加させていただき、
    2月下旬より、50万円でリアルトレードし始めました。
    成績は、お陰様で45万円の利益がでています。今のところ、毎日勝ち逃げは出来ています。これも、及川師匠のお蔭だと感謝しております。
    しかし、私の場合、買ったり負けたりとトレード回数が多くなってしまいます。
    もっと勉強して、エントリーの精度を上げ、勝率を上げないとないといけないと思っています。
    負ける場合に多いのが、含み損の後、利がのってきて、もう少しと利を引っ張ろうと思ってる間に逆に行って、損切りになることです。
    利益が出ている時に、逃げておけばよかったといつも悔やみます。
    及川師匠がよく、含み損に耐えた後は少しの利益でも勝ち逃げしなさいとおっしゃいますが、そのタイミングがなかなか掴めません。
    この点に関して、アドバイス頂けたらも思います。
    どうぞよろしくお願いします。

    • オリバーさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >2月下旬より、50万円でリアルトレードし始めました。
      成績は、お陰様で45万円の利益がでています。

      ↑利益が出ている状況であることを
      まずは喜ばせていただきます。

      >及川師匠がよく、含み損に耐えた後は少しの利益でも勝ち逃げしなさいとおっしゃいますが、そのタイミングがなかなか掴めません。

      ↑ここにつきましては
      エントリー後に比較的長い時間含み損だった場合、という主旨ですので
      極論「プラ転」直後に決済が基本との考えです。

      特にナンピン対応した場合などは
      いったんノーポジに戻し、
      あらためて「今からやるならどっち?」と、
      ナンピンなしの通常ロットからやり直すように
      僕自身はやっています。

      一方、含み益からのマイ転はかなり神経質に判断したいところですね。
      理由はそれって
      「行くべきが行かず」だった場合の可能性もあり、
      そうなると「逆に伸びる」という展開も充分考えられるからです。

      例えばですが、
      日頃から利食いを手固く統一しておき、
      利食ったあとの値動きから「もう一度入り直す」という感じの
      2WAY戦術を目指すのもアリかなと思っています。

      もっともこれ、
      2回目を必ずやる必要はありません。

      僕の場合ですと、
      「利食いし損ないは後悔に繋がるのでいったん利食い」
      このような感覚なのですが、

      ところが利食いが出来てしまっているため、
      「もし次のエントリーで損切りになるとややこしいから
      やっぱり二回目はやーめた!」
      みたいな感じで結果『勝ち逃げ』で終了することも多いです。

      一度目の利益を担保に
      そこまでは負けてもOKという割り切りが出来る人は
      「2回目をとことん引っ張る」というやり方もアリで、
      実はこれが一番儲かるかも?と僕は思っています。

      ちょっとご質問の内容とは異なるご回答ではありますが
      良かれと思っての話ですので
      どうぞお許しください。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠お世話になります

    またまた良い話に感謝です❗パワーもらえました❗
    もらってばかりではダメなので、いつか恩返しします

    勝率に関してはメンタルとも関わる、大変キーとなる部分だと思っています。

    勝率が高くても、コツコツドカンでは意味がないし、リスクリワードを管理して勝率が50以下でも、勝ち癖を付けるのが難しいですもんね

    師匠には以前からお話しさせていただいてるスイングのことなんですが、スイングは一般的には勝率は低く、利を伸ばすとも言いますが、師匠はどう思いますか?
    逆に、大きい足の方が素直で読みやすいとも言いますよね。
    その辺の矛盾が気になっています。

    シンガポールライフEnjoyしてください。

    私は家族で、ファーストクラスでハワイに行くことが目標です❗

    お互い健康第一で楽しんでいきましょう(^_^)

    いつもありがとうございます(^o^)

    • 92さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >パワーもらえました❗
      もらってばかりではダメなので、いつか恩返しします

      ↑いやいや、お気遣いなく^^;;
      僕は今のような活動をすること自体で
      メリハリのある時間を過ごさせていただいていますので。

      >スイングは一般的には勝率は低く、利を伸ばすとも言いますが、師匠はどう思いますか?

      ↑はい、まったく同意見ですよ。
      20~30PIPSをコツコツ負けて、
      時々100~200PIPSをドカーンと取る、みたいなイメージです。

      >逆に、大きい足の方が素直で読みやすいとも言いますよね。
      その辺の矛盾が気になっています。

      ↑要するに「別物」って話だと思いますね。
      陸上競技において短距離走と長距離走では
      アプローチがまるで違うのと同じかと。

      どっちの方が良いか?という議論は
      あまり意味がないように思います。

      どのみち「ナニをやるか?」ではなく
      「どうやるか?」が問題なわけですので。

      >私は家族で、ファーストクラスでハワイに行くことが目標です❗

      ↑良いですねぇ
      ぜひとも実現なさって欲しいと思います♪

      >お互い健康第一で楽しんでいきましょう(^_^)

      ↑そうですね。
      ありがとうございます。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも動画・ブログと興味深く見させていただいております。
    トレードがあまりの速さでの終わりでもう一回あるのでは?と残り時間を何回も確認してしまいました。(笑)
    このブログの記事がとても素晴らしくて、
    「自分も頑張れば同じようになれるかも」と
    まるでガチ速を初めて読んだ時のような気持ちになりました。
    今まで自分中心の考えで人の成功を素直に喜べない人間でしたが、人の成功を祝う事で自分もやるぞ!!と前向きに考えれるように気持ちを切り替えてます。
    先生の動画を見てから、相変わらずのアマノジャクはありますが自分を切り離して見る事が多くなり、弱点を素直に認めれます。
    自制の賜物だと思います^^
    TRIBEの皆様のご活躍を期待しながら、ゆっくりと自分のトレードを確立して食らいついて行きたいと思います。
    新型コロナの影響がまだまだ続いておりますのでお体にお気をつけてこれからも元気なトレード動画をご期待しております b^^

    • シャバロン様
      いつもコメントありがとうございます。

      >トレードがあまりの速さでの終わりでもう一回あるのでは?と残り時間を何回も確認してしまいました。(笑)

      ↑恐れ入ります(笑)
      もう一回くらいはやれる余裕もありましたが
      万一コジれてしまったら外出できなくなるため
      やめておきました^^;;

      >今まで自分中心の考えで人の成功を素直に喜べない人間でしたが、人の成功を祝う事で自分もやるぞ!!と前向きに考えれるように気持ちを切り替えてます。

      ↑これ、サラっとおっしゃってますが
      実に大きな変化だと思います。

      「他人様を参考にする」のはアリですが
      「他人様と自分を比較」しても仕方がないんですよね。

      『自分自身がどうあるべきか?』
      『どうありたいか?』

      ここにフォーカスすることで
      今なにをすべきかも自ずと見えて来ます。

      で、見えて来るから行動に移せる・・・
      そんな話じゃないかと僕も思っています。

      >自制の賜物だと思います^^

      ↑素晴らしい!
      今後が楽しみです。

      >新型コロナの影響がまだまだ続いておりますのでお体にお気をつけて

      ↑お気遣いありがとうございます。
      お互い気を付けつつ、がんばってまいりましょう!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • おはようございます。自分もトレード上級者になれるように、及川先生の過去の動画から勉強をやり始めました。
    そこで気づいたのですが、及川先生は2014年の動画では欧州時間は苦手だ、とおっしゃっていました。しかし、最近はニューヨーク時間は苦手だと言っています。これは、欧州時間を攻略したという事でしょうか?

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >及川先生は2014年の動画では欧州時間は苦手だ、とおっしゃっていました。しかし、最近はニューヨーク時間は苦手だと言っています。
      >欧州時間を攻略したという事でしょうか?

      ↑攻略・・・までは言い過ぎだと思いますが、
      コツというか、そういうモノは掴めたと思っています。

      そのポイントはおそらく
      スキャルピングの精度が当時よりも上がっているからでは?
      そのように自己分析しています。

  • 及川先生初めまして。やたろうと申します。宜しくお願いいたします。
    私もTRIBEに参加させていただいていますが、まだ、デモトレードから抜け出せていません。勿論?、負けています。そんな中、今回のような受講生さんの話を聞くと焦ります。
    客観的にみれば、FX初心者なのだから、焦る必要は無いのですが、株式投資の経験は、数年ありまして、先日も損益通算の目的で確定申告しました。トータルマイナスですが。
    私は、サラリーマンなので基本的に、相場に張り付くことは出来ませんので、
    FXの方が、いいのかなと思いやってみましたが、初心者には難しい時間帯しか出来ません。
    20時ごろチャートを開くと17時ごろからきれいなトレンドが出て、これから揉み合う場面がほとんどです。朝が早いので、NY時間が始まるかどうかくらいまでの
    いわゆる「出がらし状態の相場」しか出来ません。
    でも、及川先生の動画を拝見していると、きれいなチャートでなくてもどんどん
    入っていかれて利益を確保されています。
    私の理解が悪いのかもしれませんが、ガチ速FXやデイトレ大百科などの鉄板場面で
    なくても、どんどん入っていかれますが、「エントリーの根拠」がわかりません。
    初心者には、東京時間や欧州時間の前半がやり易いのは、及川先生の教えで理解していますが、現実的には、出来ない相場なので、「出がらしの相場」でも勝てる方法を教えていただけないでしょうか。
    結局は、自分のやり方を確立しないといけないということは、なんとなくわかるのですが、何かヒントをいただけないでしょうか。
    勝手申しますが、よろしくお願いいたします。

    追伸 5月に延期になった大阪セミナーで良いご報告が出来れば、と思います。

    • やたろう様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      文面はすべて拝見いたしました。
      おっしゃる意味はよーく分かりつもりです。

      そんな中ですが、、、

      >及川先生の動画を拝見していると、きれいなチャートでなくてもどんどん
      入っていかれて利益を確保されています。
      >「出がらしの相場」でも勝てる方法を教えていただけないでしょうか。

      ↑基礎的な考え方は各種講義系動画でお話していますよね?
      そのうえでYouTube動画をご覧いただけてるのであれば、
      僕は必ず「エントリーの理由」も語っているはずですので
      そのあたりをぜひともご注目いただけませんでしょうか。

      NY時間しか出来ない人は実際多く、
      それゆえYouTube動画についても
      「NY時間をやって欲しい」とのリクエストは大変多いです。

      僕のプライベートとの兼ね合いもあるので
      毎回NYだけ、というわけにもいかないのが実情ですが、
      それでも以前よりは意識的に増やすよう心掛けています。

      YouTubeチャンネルのトップ画面にて
      「NY時間トレード」のカテゴリーがありますので
      それらだけをおさらいで再視聴なさっていただき、
      どういう場面をやっているのか、
      整理整頓していただくだけでも
      だいぶ打ち手は広がるのではないでしょうか。

      そこには必ず僕なりの「根拠」があり、
      動画内でも必ずお伝えするようにしていますので。

      もちろん、今後の勉強会などでも
      指針を示せるように心がけます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠、お世話になっております。
    現在トライブに参加しております、フェイスブックネーム yu mura と申します。
    ブログには初めてコメントさせて頂きます。

    まず私事ですが、昨年7月にFXを始め今年1月までに丁度100万円吹っ飛ばしトライブに参加の次第です。
    現状はおかげさまで以前とは比べ物にならないくらいトレードスキルは上がっています。
    1トレードに対する勝率は実に8割以上です。

    しかし、たまに負けるトレードで利益を吹っ飛ばします。(笑)
    トライブに参加してから、
    10万円積み上げ10万円吹っ飛ばし、今度は30万円積み上げ30万円吹っ飛ばし、というのがこの1か月半での出来事です(笑)

    ただ私としては正直、メンタル的にやられたりはしておらずどちらかというと、明らかな自分の成長を感じて嬉しく思っております。
    何故なら今まで勝てもしなかったからです。

    もちろんFXの本文は資金を増やすことなので今のままではダメなのはわかってます。
    なので勝ち方が分かってきた今、次は『負け方』がわかれば積み上げた資金を飛ばすことなく億トレーダーへの階段を登って行けるのかなと思っております。
    この考え方は合っているでしょうか?
    (もちろんそれ以上にいろんな試練が今後も出てくるのは承知ですが)

    今までyoutube、ブログ、講義動画等でドカンへの対策や上手な負け方など師匠の教えをたくさん見て来て理解はしているつもりですが、
    『強いて言うなら!』という部分で簡単でかまいませんので『負け方』に対するアドバイス頂けると幸いです。

    そして、ここまでの長文の後に、更にで誠に恐縮なのですが
    今回本当に聞きたいことは師匠の掲げている『億トレーダーを1000人輩出する』『日本人投資家の逆襲』などに対する部分です。
    簡単に言うとこれらの目標、信念を達成するために師匠は
    ブログのコメントには必ずコメントを返し、一人ひとりに親身になり、欠かさずブログやyoutube、講義動画をUPし、そこまでできる『原動力』『モチベーション』など師匠を動かすものは何なのか聞きたいです。
    FX外の質問で申し訳ありませんが、
    FX講師 及川圭哉にではなく
    人生の先輩 及川圭哉に前々から聞いてみたかった質問を思い切って書かせて頂きました。
    ぶしつけな内容大変申し訳ありません。宜しくお願い致します!!

    • yu muraさま
      コメントありがとうございます。
      ハンドルネーム、Facebookではよくお見受けしています。

      >勝ち方が分かってきた今、次は『負け方』がわかれば積み上げた資金を飛ばすことなく億トレーダーへの階段を登って行けるのかなと思っております。
      この考え方は合っているでしょうか?

      ↑基本、合ってると思います。

      >『強いて言うなら!』という部分で簡単でかまいませんので『負け方』に対するアドバイス頂けると幸いです。

      ↑補足させていただきますと、
      「やる場面」と「やらない場面」
      特に後者の区別を明確にしておくと良いかなと思います。

      正直な話、僕は順張りでも逆張りでも
      ナンピンでも、ナニやっても良いという考え方なのですが、
      それと「いつでもどこでもやる」はまったく別の話だと思うわけです。

      イメージ的には
      「ヌルっと」した感じでやるのはダメで
      やるなら「バチっ」とした感じ・・・
      あ、これじゃ全然分かりませんかね(苦笑)

      フワっとした感じでトレードするのはダメで
      メリハリを持って「臨戦態勢でいくぞ!」
      くらい気合いが入る場面が良い・・・
      これなら少しは伝わりませんでしょうか(汗)

      一言でいうと「集中力」なんだと思うのですが、
      それなくして「なんとなく」がマズイって話です。

      つまり「負け方」をどうするか?が先ではなく、
      勝ち負け両方起こりうる世界観の中、
      慢心や油断なく緊張感と集中力を持って臨む!

      これが「良い負け方」に繋がるベースではないかと
      そのように僕は思います。

      >ブログのコメントには必ずコメントを返し、一人ひとりに親身になり、欠かさずブログやyoutube、講義動画をUPし、そこまでできる『原動力』『モチベーション』など師匠を動かすものは何なのか聞きたいです。

      ↑なんででしょうね(汗)

      カッコイイことを言ってはいますが、
      僕は「出たがり」「目立ちたがり屋」でもあり、
      それって承認欲求へとつながっている部分ではないかなと。

      それ以外では
      「社会性」を求めている自分もいるような気がしています。

      トレードだけやって、
      お金をしこたま稼いで・・・
      けどそれだけじゃおそらく何も満足感は得られません。
      (そうなってみれば分かるはずです)

      僕はトシもトシなので
      一通りの遊びも経験してますし
      欲しいものも概ね手に入れることが出来ました。

      で、その後どうなるか?って言うと、
      さほどの物欲もありませんし、
      そもそも「お金」への執着が希薄になります。

      これ、、、気を付けないと
      「ボケ」に向かうなって(苦笑)

      『生きている!』ということに対する
      なんていうか情熱みたいなものがないと
      死んでるみたいになっちゃう・・・

      それじゃあまりにも不毛ですし、
      そもそもつまらないんですよね。

      そのあたりが原動力って言えば原動力かも知れません。

      繰り返しになりますが、
      けど「単なる出たがり」なだけかも知れませんので
      あまりカッコよくは取らないでください(笑)

  • 及川先生
    おはようございます。
    天才チャートに出会い、早2ヶ月間という時間が経ちましたが
    自分なりのスタイルが固まりつつあります。
    多分、自分は及川先生以上のチキンタイプで利確ポイントまで
    保有できずに利確後に伸びているので毎回後悔しております。
    しかし、これでは肝心の収益金額が少ないので「損大・利激小」で
    もはや個人投資家として運用する意味がない状態であると思います。
    そこで、最近の変化点に気付きましたので近況報告とさせて頂きます。
    ①悩み事があります。
     どうしても損切りが上手くできず金額が大きくなってしまいます。
     平均の利益額が「¥3000」なのに対して、損切りが「¥17000」で
     やっとする等、リスクリワードも何も役に立っておりません。
     こういう時のエントリー方法って、狙っているエントリー箇所より
     大きく早まったタイミングでするとか、まだ伸びると思って
     もう伸び切った所で入ってしまうとか、意に反したエントリーなのです。
     そして週末に大反省会を一人で実施すると「何でこんな所で入るかな!?」と
     完全に間違いである事は分かるのです。
     この「待つ・感情を抑える」という自分をコントロールする力「自制」が
     できないのです。そして、先日妻に相談しました。そしたら「子供の写真を
     見たら」って言われて愛娘の写真は机上にあるのですが相場に向き合うと
     全く見てないな?と思い返し、自制が必要な時に一旦相場から目を離す様に
     してみようと思います。
    ②各通貨の強弱を認識する力が弱いです
     先生のように「カチカチ」して頭の中だけで強弱を計算し
     今どの通貨ペアが適切で、しかも方向性はどっちか?という事を
     認識する事は自分の頭の中では全くできません。
     しかしとても重要というか、これを理解できないのであれば
     勝率は高くならないと思い、百均のダイソーで小さいホワイトボードとマグネットを購入しました。そのホワイトボードに9通貨ペアを油性ペンで書き込み、シンクロが始まったタイミングでチャートをカチカチしていき、全通貨ペアの強い方に
    マグネットを付けて週計をして今どの通貨が強くて、どの通貨が最弱なのか?を
    一目で分かるようにしてみました。これをエクセルでやっていたのですが
    エクセルだと強い通貨に色染めをしていたのですが、少し遅くなるので
    マグネットを移動すると「さっさっさっ」と手早くできる事に気づき
    実線してみたら、結構上手くいきました。これで今はいるべきねらい目の
    通貨ペアは選定できるようになりました。しかし、一つ分からない事が
    ありまして、強弱をチェックする際に、「強い・弱い・レンジ」と
    判断をして、強い通貨のみにマグネットを合わせるのですが
    この強弱・レンジを見極めるのに天才チャートの緑線の角度と方向性を
    基準に判断しております。緑線が平行であれば「レンジ」、上向きであれば「強い」・下向きであれば「弱い」です。
    しかし、この時にロウソク足が逆行している場合があり、その際には
    ロウソク足を基準に強弱の判断をします。ドル円の緑線が下向きであれば
    円が強いとするが基準ですが、ロウソク足が陽線を出している時には
    ドルを強いと判断します。それでエントリー箇所を探るとたいてい逆張りに
    なるので、エントリーにはなりませんが、悩み所です。
    この場合は、緑線のトレンドを基準にするのか?足を基準にするのか?どの様に
    お考えでしょうか?
    私の課題は「損小利大」の損切り平均額の減少と、自制心を鍛える事に
    あり、自分の弱さだけは認識できた2ヶ月間になりました。

    • あんちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。
      文面はすべて拝見しました。

      「通貨の強弱」についてですが、
      みなさんご苦労をされている、というか、
      模範解答を求めすぎでは?という感想を正直持っています。

      と、言いますのも、
      僕はみなさんほどキッチリ
      強弱の序列をつける作業はしておりませんで
      それよりも「今どの通貨がシンクロしてるか?」
      その上での強弱感という順番なんですよね。

      東京時間であれば
      円シリーズとオージーのどっちが良いかな?
      とかそんなレベルだけですし、
      欧州以降も上述のシンクロ性をむしろ先に意識しています。

      どのみち時間の経過とともに
      状況は変化してしまうものですので、
      もう少しシンプルにざっくり把握できる見方が出来ると
      良いかなぁと思いますね。

      >緑線のトレンドを基準にするのか?足を基準にするのか?どの様に
      お考えでしょうか?

      ↑方向性については基本MAです。

      押し目買いや戻り売りは
      そもそも戻したところをやるのと、
      短期デイトレという特性も加味した際、
      ローソク足確定を待っていては
      チャンスが減るという考えが僕の中では色濃いです。

      ただしこれ、
      エントリーに対しての考え方でして、
      エントリー後につきましては
      「エントリー時にイメージしていた展開になっているか否か」
      これにより対応を変化させる、という流れです。

      ご回答が正確がどうか分かりませんが
      拝読した上での感想を含ませていただきました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは!今回の及川先生のトレード、いつも私が入る感じと同じでした^^
    昨日の16時頃同じような形で合計28pips 黄緑線まで待たずに(及川先生と違って私の場合は待てなかった汗)のも同じです〜〜嬉しいですね

    この形は欧州初動時間によく出るのでそこだけやってました。
    このごろは以前にコメントしたように息子との時間でありあまりできず、見れても16時にチャート立ち上げ16時40分にお迎えのためアウトみたいなバッタバタですのでできたらラッキーくらいな感じです。
    しかし今週はこの30〜40分で強引に取ろうと仕掛けが早く損切り、からの、取り返してトントンというのを2回もやってしまい反省。形じゃなかったらやらないのが正解でした。
    そしてニューヨーク・・・ニューヨークでの動画ありがとうございます。
    今はNY時間しかしっかり取引時間を取れないので大変参考になります。

    コロナウイルスがまったく収束しませんが私のような基礎疾患持ちでも自宅で生活費を稼げるのはほんとうにFXやっててよかったなあ・・・と思います。こうなることを見越して始めたわけではないですが・・・。始めた時は病気でもなかったし息子もいませんでしたけどね。アハハ(⌒▽⌒)

    ところで、時間がなかなかないので今年からスイングトレードを取り入れまして、そちらはのんびりと増やしています。以前スイングは1年間くらいやっていたことがありますが、せっかちなのかターゲットまで持てずにすぐに利食いしてしまうんでやめちゃっていました。増えたんですけど・・・資金を市場に晒しておくのがどうしても気になって。となると、リスクリワードの意味がなくなりこの先減るぞと思いやめた次第です。
    時が流れて・・・今は余剰資金でと割り切って放ってあります。出口の注文出してあり、リスクリワードがよければもう放置・・・ですね。成長するためにまた挑戦です。

    動画・ブログ楽しみにしています。
    お忙しそうなので、活躍楽しみにしていますがお体もご自愛くださいね!
    ではまた〜〜〜〜

    • MWさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >昨日の16時頃同じような形で合計28pips 黄緑線まで待たずに(及川先生と違って私の場合は待てなかった汗)のも同じです〜〜嬉しいですね

      ↑僕より獲得PIPS多いんですから
      素晴らしい限りです。
      (僕の方こそチキン利食い・苦笑)

      >コロナウイルスがまったく収束しませんが私のような基礎疾患持ちでも自宅で生活費を稼げるのはほんとうにFXやっててよかったなあ・・・と思います。

      ↑ここは軽々にコメントしにくいところですが、
      けど、自宅で稼げるってのはいつだってありがたいのは確かですよね。

      >時間がなかなかないので今年からスイングトレードを取り入れまして、そちらはのんびりと増やしています。

      ↑そうでしたか^^
      ちょうど今あたりは
      相当な利益を取れてそうですね。

      >今は余剰資金でと割り切って放ってあります。出口の注文出してあり、リスクリワードがよければもう放置・・・ですね。成長するためにまた挑戦です。

      ↑そう思います♪
      僕も「持ってられないクチ」なのですが、
      やるとなったら放置!

      上手くハマった時の快感?を
      クセ付け出来るようになれば
      スイングもこれまた楽しいモノとなることでしょう♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    こんにちは。Tribeに参加して、先月から連戦連勝で利益も130万円まで来ました。昨日、そろそろ大丈夫だろうと、証拠金を上げて枚数を増やしたのですが、雇用統計の後の要人発言で超一気に踏み上げられ、3分ほどでこれまで貯めていた利益が全部吹き飛び、逆に70万円のマイナスになってしまいました。短期間でのあまりの動きに手が固まり、損切りができませんでした。しかも一時間後には値段がもとに戻るという涙。

    まさに師匠が言っていた、センスだけで勝っていた奴になってしまいました。

    これまでは、上位足MAPOなどが全部揃っているので、損切りのOCO注文は入れなくて良いかなという甘えが招いた結果です。

    パソコンの前で顔面蒼白立ち尽くしている私に、小学生の息子から、大丈夫かと心配され、その後風呂に入っているときに情けなくて涙が出ました。

    その後ラッキーパンチで30万円取り返し、マイナスは40万円になりました。しかし、利益残高がマイナス残高になったため、少ない枚数でやり直すのがバカらしく感じてしまい、来週から自分をコントロールできるか不安です。

    また佐藤コーチの動画をくまなく見て、損切りは自動で入れて、自分の主観に頼らないようにします。

    もしも師匠から心理面でのアドバイスいただけると大変ありがたいです。

    よろしくお願い致します。

    • アヒルバードさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >先月から連戦連勝で利益も130万円まで来ました。
      >証拠金を上げて枚数を増やしたのですが、雇用統計の後の要人発言で超一気に踏み上げられ、3分ほどでこれまで貯めていた利益が全部吹き飛び、逆に70万円のマイナス

      ↑なんと・・・
      これはさすがにもったいなかったですね(汗)

      >利益残高がマイナス残高になったため、少ない枚数でやり直すのがバカらしく感じてしまい、来週から自分をコントロールできるか不安です。

      ↑あぁ、なるほどですね。。。
      こういうときはトレードが雑になりやすいのは確かです。

      この手の話の際、
      圧倒的に言えるのは・・・「休む」ことです。

      焦りなどがあるときは
      どうしても前のめりでトレードをしてしまうので
      それ自体が「負けやすい体質」へ向かうワナじゃないですか。

      そんな中でそもそもやるべきではない、
      これはあまりにもシンプルなお話だと思うんですよね。

      極論、
      「相場なんてもうやらん!」
      このくらい未練なく一度休み、
      良い機会なので、相場に充てていた時間を
      趣味や他の楽しみ事に使うと良いんじゃないかなと。
      (期間の長さはここでは問題ありません)
      (要するにアタマを冷やすって話です)

      「相場」にのめりこめばのめりこむほど
      「人間らしさ」が欠乏しやすくなります。
      それこそ健康面なども含めてです。

      早い話、ストレスになるようなことはしないってことでして
      これはトレード以外にも言えますよね。

      そもそもトレード自体、
      ストレスが溜まりやすい競技ですので、
      その辺の管理というか、
      「ガス抜き」については
      平時から工夫されることを強くオススメいたします。

      映画観るとか、散歩に出るとか、
      楽器弾くとか、なんでも良いと思っています。

      ちなみに僕は
      エアロバイクと軽めの筋トレがこれにあたりますが、
      「美味いモン食いにいく!」とかもマジメにありだと思って
      自分自身そうやっていますよ。

      あえて言います。

      「トレードごときで自分の人生がストレスになってはアホくさい!」
      「相場はこっちがこっちの都合で便利に利用させてもらうだけのモノである」
      「相場などとっとと利食って引き上げて、自分らしい楽しみを満喫してやる」

      とにかく「固執」や「執着」に向かわないこと!
      僕が今日お伝えしたいのはこの一点ですね。

  • 及川先生お疲れ様です。
    Sさんホントにすごいです。
    自分も早くそうなりたいなぁと思い日々鍛錬の最中です。
    が、成果がなかなか伴わないため、このままのやり方で本当に大丈夫か?と不安になります。
    利益の減りに比例して劣等感は増える一方で(笑)

    TRIBEが始まり、今の段階で成果があげれる人そうでない人の「差」はなんなのか、と考えたりもしますが、結論比べたところで自分らしさを信じて貫く。ことが大切なのかなと頭に思い浮かべて日々を過ごしております(´・Д・)」

    なにはともあれ、自分にはFXismという大船があるので今後も諦めずに頑張りますね!!

    • もとやん様
      コメントありがとうございます。

      >成果がなかなか伴わないため、このままのやり方で本当に大丈夫か?と不安になります。
      >結論比べたところで自分らしさを信じて貫く。ことが大切なのかなと頭に思い浮かべて日々を過ごしております

      ↑焦って取り組むのはどうかと思いますが、
      「成果が伴わない」って部分については
      なにかポイントがズレていないか?との心配はしちゃいますね^^;;

      それなりに「得意な場面」などは得られているのか、
      それすらもないまま停滞してしまっているのか、
      ここは大きな違いだと思います。

      好きな形状や場面などで
      勝てるときは勝てている、ということでしたら
      今後のテーマはだいぶ明確に出来ますので
      さほど心配はしません。

      そうでもない、ってことでしたら
      ちょっと長めのやりとりをしましょう(汗)

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠。お久しぶりです(*^▽^*)いつも動画楽しみにしています!
    そして、今もなんとか、プラス収支で安定しています。負ける日もありますが、損小で終えています。
    これも師匠のお陰です。
    本当にありがとうございます。
    そして今回相談したい事があります。
    僕のトレードはギャンブルなのか?
    根拠ありなのか?なんですが。
    基本動く時間帯でしかトレードはしないんですが、その時に例えば、ポンドがシリーズで揃って動いてきて、ユロポンにフラグが立ち、ポンドが急降下の局面。ポンドが1時間MAを1発でブチ抜いた時に、僕はショートでポジションを持ってしまいます。これを世間では飛び乗りって言うんですかね?僕的には根拠あってのエントリーなんですけど、師匠からするとギャンブルトレードだと思いますか?また、僕は最安値、最高値、シリーズ揃いの抜けとかでも、ブレイク狙いで入ったりしてしまいます。もちろん相関や、監視通貨の動きを見ています。感覚?になるのですが、果たしてトレードを感覚でやっていいものなのか。それに迷いが出ています。基本は戻り売り、押し目買い、1時間MAの実体抜け、または頭の出し方などで損切りをルールにしています。ただ、この抜け方。っとかってやはり感覚になってしまいます。これはトレードとしていい事なのでしょうか?勝ちパターンや、鉄板パターン。そうゆう状況の時は、降りずに常にアプローチをかけています。その時逆に行かれたりもするのですが、今度その逆が強いとわかった時点で損切りをして、またロングしたりします。根拠なのか、ギャンブルなのかわからなくなってきています。゚(゚´ω`゚)゚。アドバイスよろしくお願いします。

    • MT4戦士さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >例えば、ポンドがシリーズで揃って動いてきて、ユロポンにフラグが立ち、ポンドが急降下の局面。ポンドが1時間MAを1発でブチ抜いた時に、僕はショートでポジションを持ってしまいます。

      ↑これがギャンブルかどうか?って話ですが
      僕はそうは思いません。

      理由はすでにお分かりかと思いますが、
      これってロング側が「やばい!」と思う状況であることと、
      ロング狙いで待っていた人が
      「おっかねぇ、入らなくて良かった~」と思う展開ですよね。

      つまり、
      ・新規の買いは入りにくく
      ・買っちゃった人がヤバいと感じ
      ・なんならドテン(売り)も増える

      構造的には
      「ショートのほうが有利な局面」だと思うからです。

      >感覚?になるのですが、果たしてトレードを感覚でやっていいものなのか。それに迷いが出ています。

      ↑ここの答えは案外シンプルですよ。

      それは
      「自分が責任負えるならOK!」です。

      具体的には
      上手くいかなかった際の対応が
      ドツボにならず「普通に」行えるのであれば
      それはいたって『普通のトレード行為』って話です。

      これは手法の如何を問わない部分ですからね。

      「感覚」についてですが、
      それがある人であれば
      僕はむしろ大切にすべきとの立場です。

      多くの人はこの「感覚」がよく分からないゆえに
      ルールの細分化や徹底化で補っているとも言えます。

      僕自身、感覚はめっちゃ大切にしていますが、
      僕は「教える立場」でもあるため
      なるべくそれらを排除した方法論でお伝えするよう心掛けています。

      けど逆にいうと、
      そこに「感覚」まで加わったら鬼に金棒レベルじゃないですかね(笑)

      ちなみに、
      またまたゲスな例えで恐縮ですが、
      僕はトレードって女性を口説く行為に似ていると考えてまして、
      「手法」ってのは言ってみれば「口説き文句」です。

      どれほど効果的な口説き文句を知っていても
      それを発する「タイミング」や「場の空気」とかって
      絶対に必要じゃないですか(笑)

      また「相手の女性がどんな人か理解する」
      あるいは「理解しようとすること」がとても重要で、
      そこに注力するからこそ
      「口説き文句を発するタイミング」もアジャスト出来る・・・

      これがデイトレにおける僕のひとつの結論なんですよね。

      「感覚」はあって良い!
      いやむしろ、引き続き研ぎ澄ませて欲しい。

      これが僕のご回答です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、初めてコメントさせていただきます。TRIBEには経済的理由で参加できなかったのですが、デイトレ大百科とプロコン、そしてずいぶんと前になりましたが、FXismパラダイスメソッドに参加させていただきまして、日々見返すと共に勉強し直しながらトレードに勤しんでいます。
    3月に入りボラが大きい相場が続いておりますが、3月に入ってからというもの連敗が続き、さっぱり勝てなくなりました。損切幅をプロコンで-10pipsに固定してやっているのが原因かと思いますが、資金に対して大きめのロット(5%くらい)でやっているため、これ以上の損失は許容出来ないと思いまして、-10pips固定としております。これが損切の連発で上がっては下がり、下がっては上がりに翻弄されておりまして、損切貧乏となっております。ここで自分でも自覚しているのですが連射癖もでてしまい、資金は減っていく一方です。
    ロットを下げて-10pips固定をやめるべきか、エントリーポイントが悪いだけなのか、アドバイスいただけますと幸いです。
    今回のトレード動画、自分も200万全損した時のことを思い出しました。出金しとけば良かったと当時は思っていました。いつもありがとうございます。

    • ひろちゃん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >3月に入りボラが大きい相場が続いておりますが、3月に入ってからというもの連敗が続き、さっぱり勝てなくなりました。
      >損切幅をプロコンで-10pipsに固定してやっているのが原因
      >ロットを下げて-10pips固定をやめるべきか、エントリーポイントが悪いだけなのか、アドバイスいただけますと幸いです。

      ↑あぁ、なるほどですね・・・

      相場において「ボラ」は極めて重要でして
      例えば似たようなチャート形状で
      同じルールにてトレードをしたとしても
      ボラの大きさによって獲得PIPS(損切りPIPS)は
      まるで違って来ます。

      そういう視点で見た際、
      PIPSの設定は「ボラ状況で可変すべき」だと
      ここは正直そう思います。

      で、その際に「損失額」が気になるようでしたら
      そこはロットの引き下げで対応するしかないでしょうね。

      日々チャートチェックをする際、
      MT4をお使いであれば
      右側の価格表示の目盛り単位のPIPSを
      必ず確認しておくと良いですよ。

      そこをクセ付けしておくことで
      「今日は普段よりボラが大きい」
      「あるいは小さい」
      さらにはどこかのタイミングで一気に大きく動いた際なども
      「ボラ感の変化」をアタマに入れておくことで
      押し目や戻し目の強弱感や加減がイメージしやすくなると思います。

      >今回のトレード動画、自分も200万全損した時のことを思い出しました。出金しとけば良かったと当時は思っていました。

      ↑このパターンの人が最近やけに目に付くため、
      しつこくお話するようにしています^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、こんにちは。
    いつも動画楽しみにみています。
    最近はなんとか+収支で終えられていることが多くなり、少しずつTRIBEで学んだ成果が出てきているのかなと思っています。特にセミナーに参加して、いろいろな人たちと交流したことが大きいです。話を聞くのも、話をするのもかなり勉強になっています。
    Sさんにはまだまだですが、いつかきっと凄腕トレーダーになります!!
    1つ質問ですが、今回の動画でエントリーするときにいくつかの根拠をもってエントリーされていますが、及川師匠が普段トレードするときの根拠の数はいくつぐらいでしょうか?
    自分は最近エントリーする際に3つの根拠がないとエントリーしないようにしています。教えていただけたら幸いです。

    • Phoenix_0427さま
      コメントありがとうございます。

      >少しずつTRIBEで学んだ成果が出てきているのかなと
      >特にセミナーに参加して、いろいろな人たちと交流したことが大きいです。

      ↑「リアルで会う」ってのはかなり良いですよね。
      同じ内容のやりとりのはずでも
      なんか濃い感じがするものです^^

      >及川師匠が普段トレードするときの根拠の数はいくつぐらいでしょうか?
      >自分は最近エントリーする際に3つの根拠がないとエントリーしないようにしています。

      ↑僕も「3つくらい欲しい」ってイメージです。

      まぁ実際には根拠の明確さなども問われるわけで
      無理やり根拠っぽく自分を納得させることもなくはないのですが(苦笑)

      MA、水平線、時間帯、通貨のシンクロ性

      このあたりで3つあれば自信を持って入りやすいですし、
      また、自信を持って入れたポジションが逆食らう場合、
      今度は「逆がめっちゃ強いかも?」という見方も出来ますので
      バタバタせずのトレードが可能だと思います。

      つまり、、、
      よろしいかと♪

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画やブログ更新ありがとうございます。
    今回の動画も拝見させていただきました。
    非常に勉強になりました。ありがとうございます。

    ところで一つ質問なんですが、ネットなどでみたのですが『手法はいつか使えなくなる』、『そうなってしまったた時は新たな手法が必要になる』という情報をみたことがありますがその様な事は本当にあるんでしょうか??

    • たける様
      いつもコメントありがとうございます。

      >『手法はいつか使えなくなる』、『そうなってしまったた時は新たな手法が必要になる』という情報をみたことがありますがその様な事は本当にあるんでしょうか??

      ↑その「手法」の概念次第じゃないかなと思います。

      例えば僕のやり方は

      MA、水平線、時間帯管理、通貨の相関やシンクロ性

      これらを複合的に判断して行うものですので
      FXマーケットが根本的に変化をしない限り、
      ずっと使えると思っています。

      ここでの「手法」って、
      上記のような「複合性」を持たず、
      短絡的あるいは画一的なルールに基づいていることが多く、
      であるならば、そのうち使えなくなる、
      というか、そもそも「たまたま今だけ通用している」という
      そんな低レベルなモノでしかない、
      というのが僕のイメージですね。

      例えばですが、
      「今流行の職業をやる!」と言って
      YouTuberを目指すのと、
      「ビジネスの本質を知り独立開業をする」
      これの違いみたいなもので、

      前者は流行が終われば廃れやすいですが
      けどその中で「さらなる創意工夫」をした人は生き残りますよね。

      後者は何をやっても成果が出しやすい、
      ってそんな話に近いんじゃないかなと僕は思っています。

      なんていうか、
      「端折って上手くいきたい」って考えが
      そもそもダメってことではないでしょうか。

      一時的に上手くいくことと、
      継続的に上手くいくことの違いは
      どんな世界でも同じって話かと思います。

  • 師匠こんにちは!
    優秀なトレーダーがどんどん出て来ますね。
    しかし一方で勝てない人もいるわけで…

    師匠はトレードに向いている人は基本いないとおっしゃっていましたが、一生懸命やっても勝てる人と勝てない人がいるのは向き不向きがあるんでしょうか?
    例えばクレクレ君とか楽して勝ちたい人が勝てないのは分かるんですが、同じように勉強しても勝てない人がいるのは何故でしょうか?

    コロナウイルスには気をつけて下さいね~

    • haruさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >一生懸命やっても勝てる人と勝てない人がいるのは向き不向きがあるんでしょうか?

      ↑どうでしょう、
      ここは「時間軸」も絡むのではないでしょうか?

      僕の過去の受講生さんの中には
      スタート早々から上手くいった人もいれば
      軌道に乗るまで3年くらい地獄をさまよった人もいます。

      この「3年かかった人」が
      2年の時点で諦めてやめてしまったなら
      その人は「向いてなかった」となるかも知れませんし、
      また、どのくらいの期間、粘り強く取り組めるか?も
      その人の性格や環境によって全然異なりますよね。

      もっとも、
      仮に途中で諦めてしまったとしても、
      それを自身で決断したのであれば
      それはある種の正解だと僕は思います。

      諦める、と言うと聞こえが悪いですが、
      「いや、自分にはもっと自分に合ったものがあるはず」
      そういう感覚的な部分は大切にして然りだと思うからです。

      そう、前向きに考えた際、
      「自分にはもっと自分に向いているものがあるはず」
      「少なくともそれがトレードではない」
      こういう主旨で相場から離れる人がいるのであれば
      僕はその決断を支持すべきだと思いますし、
      その人のその後の人生も応援したいですね。

      要するにこれ、
      トレードに限った話ではないって思うわけです。

      ご回答になってますかね?汗

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 毎度お世話になります。

    前回のやり取りで、
    「コツコツとポイントを取りに行く判定ボクサースタイル」
    と言う言葉で何でもお見通しなんだなとビックリさせられましたw

    これ自体は私自身のコンプレックスでもありまして
    本当に最終的に判定勝ちに持っていけるのか?という疑問を常に思っておりまして、それを見抜かれたような感じがして驚きを隠せなかったです!

    「メインディッシュを頂く意識」
    を念頭に置き取引をしまして
    先週の大まかな流れの

    円シリーズ下げ
    ユーロ上げ
    ドルスト上げ

    の中で、17時以降の
    ・ユロポン上げ+ユーロ上げ
    ・ドル円下げ+ポンドル、ユロル上げ
    のタイミングを見計らいユロルのブレイクアウト「メインディッシュ」を食べられた気がしています。

    コツコツとメインディッシュ
    この2つを上手に料理して更なる引き出しを追加していければと思います。
    毎度、アドバイスありがとうございます。

    長くなりますが
    この記事での他の方の質問の答えの
    「勝ち逃げなければ!と言う気持ちはロープ一本の綱渡りだ!」
    と言う言葉にも勇気をもらいました。
    エントリーを厳選するので1日での無理な取返しトレードをしない派なので1日単位でのマイナスも週に1.2回あるんです。

    自分に言い聞かせてるのが
    「1日辺りが勝っても負けても正しい行動をしていれば結果はついてくる。月、半年で負けてれば、やり方が悪い。勝ってれば正解」
    ってのを言い聞かせてるんです。

    実際にスロットでも
    月当たりの勝率は100%
    1日辺りの勝率は70から80%
    で年収は、そこらへんのお偉いさん近くはある訳です。

    そう言い聞かせては、いるもののFXでの実績が無いので
    及川さんが、そう言ってくれると勇気が湧きます。

    お陰様で先月に引き続き今月も幸先の良いスタートを切れてます。

    コメント多くて返信大変だと思います。
    今回はお礼と報告なので私の返信はしなくて大丈夫ですw

    ただ質問の際には宜しくお願いしますm(_ _)m

    • スロプロ@ひろき様
      いつもコメントありがとうございます。

      >何でもお見通しなんだなとビックリさせられましたw

      ↑そんなことはないですよ^^;;
      前回も書きましたが、とても高いスキルだと思いましたので
      率直な感想を述べたまでです。

      >「1日辺りが勝っても負けても正しい行動をしていれば結果はついてくる。月、半年で負けてれば、やり方が悪い。勝ってれば正解」
      ってのを言い聞かせてるんです。

      ↑はい、さすがだと思います。
      僕もまったく同意見です。

      >実際にスロットでも
      月当たりの勝率は100%
      1日辺りの勝率は70から80%
      で年収は、そこらへんのお偉いさん近くはある訳です。

      ↑ほぉ、凄いもんですねぇ。
      僕も若いころ「パチプロ」に憧れた時期もありましたが、
      ガチなプロのマメさを目の当たりにしたとき
      「いやいや、こんなことオレには絶対出来ない!」
      そう思ってあえなく挫折したことを思い出しました(苦笑)

      >FXでの実績が無いので
      及川さんが、そう言ってくれると勇気が湧きます。

      ↑ま、、、ひろきさんの場合、
      ここは時間が解決してくれるのではないでしょうかね。

      自制がキッチリ出来て、
      ルール構築や優位性の確認に余念がない人であれば
      勝てないほうがおかしいって思いますので^^

      >先月に引き続き今月も幸先の良いスタートを切れてます。

      ↑なによりです♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠
    こんばんは。夜分にすみません。ご返答ありがとうございます。銀色流星群と申します。

    師匠の言葉を受け取りまして、身体中にのしかかっていた枷のようなものが軽くなった、そう感じるようになりました。暖かいお言葉本当にありがとうございます。
    負けを恐れず、出来る限り日々の収支をプラスで、しかし無理をしてドツボにはまらないよう、明日からもいつも通りビビりながらかつ冷静にトレードを続けていこうと思います。
    実は師匠の最初期の動画、そして直近のブログ記事にも書かれている「決めれば出来る!」という言葉に凄く感銘を受けまして、パソコンの横に「デモ口座を500万まで増やせればリアル口座にチャレンジする!」という目標を紙に書いて貼り付けております。もちろんデモとリアルでは精神的プレッシャーが桁違いなのは承知しております。まだまだ経験も知識も浅く、日々勉強と実践をトライ&エラーで繰り返し自分のカタチに出来るまで諦めずに取り組んで行きたいと思います。
    夢はもちろん億を突破して、師匠とお食事をご一緒させて頂くことです。
    これからも時々質問等させて頂くかも知れませんが、どうかよろしくお願いいたします。

    • 銀色流星群さま
      コメントありがとうございます。

      >身体中にのしかかっていた枷のようなものが軽くなった、そう感じるようになりました。

      ↑おぉ!それは嬉しいです♪

      >「決めれば出来る!」という言葉に凄く感銘を受けまして
      >パソコンの横に「デモ口座を500万まで増やせればリアル口座にチャレンジする!」という目標を紙に書いて貼り付けております。

      ↑ありがたいですが、ちょっと照れますね(汗)
      ただし目標の置き方としては良いかも知れません。
      デモなら仮に大負けしても実損はないですし。

      もっともその辺の甘えを断ってやられているのでしょうから
      良い緊張感でがんばっていただきたいと思っています。

      >日々勉強と実践をトライ&エラーで繰り返し自分のカタチに出来るまで諦めずに取り組んで行きたいと思います。

      ↑こんな提案をして良いのか迷いますが、
      例えばもうひとつ別のデモ口座を用意し、
      まったくアプローチの違うやり方を試すなんてのはどうかな?と思いました。

      なんていうか
      「二人の自分」でそれぞれやる、みたいな。

      デモ口座の良い点としては
      実験的なトレードや大胆なトレードが可能な点でして、
      せっかくのデモ期間の中、
      思い切った挑戦や仮説に基づく実験なども
      やってみると、面白い発見(気づき)があるかも知れません。

      もし、現状良い感じで推移しているのであれば
      余計なことはしないほうが良いかも知れませんが、
      ある意味「お遊び用」でガンガン別人格でやれる口座は
      不謹慎ながら楽しいかも知れませんよ。
      (ストレス発散になるかも・笑)

      >夢はもちろん億を突破して、師匠とお食事をご一緒させて頂くことです。

      ↑ぜひぜひ!
      その際はごちそうさせてください♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんにちは。いつもYoutube拝見させて頂いております。
    デイトレ大百科購入後、非常にトレードが上手くいくようになりまして、ここ半年ほどは、Sさんほどではないですが、累損分を少しずつ取り返し始めました。これも全て及川さんに出会ったおかげだと思っております。ありがとうございます。
    さて上述の通り基本的には順調に資金を増やせているものの、負けるときに少し大きく負けてしまうことが少し悩みでして、アドバイスを頂戴できればと思っております。
    パターンは大体一緒でして、4時間MA、1時間MAの方向性が逆の時に当初想定した所を踏まれてロスカット→そこからドテン、もしくは取り返そうと別のポイントでエントリー→踏まれてロスカット→ロットをあげて別ポイントでエントリー→ロスカット・・・・
    という感じです。そもそもマーケットの方向性が把握しきれていないタイミングでエントリーはしないというのがセオリーだとは思うのですが、業務時間外であるNY時間しか1日の中でチャンスがないこと、毎日口座の2%の利益獲得を目指していることを理由に、半ば強引にポイントを探してエントリーをしているような状況です。
    ご質問をさせて頂きたいのが、以下2点です。①及川さんは毎日トレードはされているのでしょうか?②長期足の方向性があっていないレンジ相場ではどのように立ち回られていますでしょうか?
    将来的に専業を目指したいと思っていますが、長期でレンジ相場が続くケースを想定し、なんとかレンジでも勝てるような力をつけたいと考えております。何卒ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

    • ちゃんたけんす@米西海岸さま
      コメントありがとうございます。

      ※前回コメント、ついさきほどご返信しました。
      気付くのが遅れてしまいすみませんでしたm(_ _)m

      あ・・・拝読する限り、
      前回内容がベースのようですね^^;;
      あらためてご心配をおかけしました。

      と、なりますと、
      前回コメントへのご回答をご確認いただけると
      良いかと思います。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。

    人生、底をつけました。
    これまでに頂いたアドバイスを参考にしたり、負けトレードを中心に自分の過去トレードを分析した結果、「入るタイミングが悪い」ということがわかり、意識的に戻りや押しを待つようにしたら勝てるようになりました。(実は勝てるようになってからまだ一度も負けていませんが、連勝記録にこだわるのも怖いので小ロットで一回わざと負けておこうかと思っています笑)

    また、先生の仰るように相場のメカニズムや参加者の心理(大きい上げの1波も小さい上げ下げの波で構成されている・・・とか、今、ここで買いたいか?それとも売りたいか?)を意識するのも大きいと思います。
    逆に、それまでやっていた「こういう形になったからエントリー」というトレードはしなくなりました。

    それと、蛇足かもしれまぜんが、勝てるようになった方を妬んだり、羨んだりすることをやめたのも大きいかもしれないです。
    「俺もそっち側(勝ち組)に行くんだからその人たちは仲間であり、先輩じゃないか。それを否定することは未来の自分(勝てるようになった自分)を否定するのと同じことだ」と気づいたからです。
    素直に勝てるようになった人たちを称賛したり、祝えるようになってからは心に余裕が出てきた気がします。
    まだデモですが、デモ口座の資金を決めた額まで複利で増やしたら実戦に移るつもりです。

    そこで、一つ質問があるのですが、僕のトレードは往々にして利食いが早いです。(目標ラインまで待てずに資金に対する%で逃げてしまう)
    おそらく先生なら「勝ち逃げしてればそれでいい」と仰ると思いますが、方向性があっていて、損切が浅い=伸びしろが大きいところで入っているので、だいたい利食った後にがっつり伸びることが多いです。(勝てるようになってからは利食った後、8割方目標値まで伸びてます)
    このチキン症を直したほうがいいのでしょうか?
    いったん逃げて、また入りなおせばいいとも思うのですが、僕は小心者なので目標額(資金の1~2%)まで行くともうその日は利益を減らしたくなくてやれないです。
    そのおかげで大負けすることもないとも言えますが・・・
    もしチキン症の直し方などご存じでしたら、教えていただければ嬉しいです。
    ご回答よろしくお願いします。

    • 人生逆張り男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >意識的に戻りや押しを待つようにしたら勝てるようになりました。

      ↑まずは嬉しいご報告をありがとうございます。
      実はそれよりも・・・

      >実は勝てるようになってからまだ一度も負けていませんが、連勝記録にこだわるのも怖いので小ロットで一回わざと負けておこうかと思っています笑

      ↑これ、僕は大きく同意しますよ^^
      「連勝記録」とかは邪魔なだけですので
      とっとと途切れたほうが良いと思います(笑)

      >勝てるようになった方を妬んだり、羨んだりすることをやめたのも大きいかもしれないです。
      >それを否定することは未来の自分(勝てるようになった自分)を否定するのと同じことだ

      ↑お見事!
      これを言えるようになったなら
      それこそが大いなる成果じゃないですかね♪

      >損切が浅い=伸びしろが大きいところで入っているので、だいたい利食った後にがっつり伸びることが多い
      >このチキン症を直したほうがいいのでしょうか?

      ↑一概には言えませんが
      僕は現状のままでも良いかと思います。

      まさに今回のブログでも触れていますが、

      ・勝率
      ・利食い平均額:損切り平均額

      これらの点検をしつつが良いかと思います。

      短期デイトレは元より「高勝率狙い型」のやり方なので
      まずはそれがどの程度か?

      ただし!「高勝率」にばかり意識が向き、
      損切り出来なくなっては本末転倒なのでそこは充分なご留意を!

      でもって勝率がまずまずな中、
      利食いと損切りの平均額が
      「1:1」に近い数値であれば、
      僕自身の感覚では正常との認識なんです。
      ※この場合の勝率は70%前後欲しいところですが。

      >いったん逃げて、また入りなおせばいいとも思うのですが、僕は小心者なので目標額(資金の1~2%)まで行くともうその日は利益を減らしたくなくてやれないです。

      ↑これ、僕もまったく同じですよ(笑)
      余計なトレードをイケイケでやるより、
      絶対こっちのほうが良いですって♪

      とにもかくにも「大負けをしない!」
      ここが守れていることが最大のポイントですからね。

      てなことで
      「直し方」はスルーさせていただきます(笑)

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。
    TRIBEな参加させて頂いています。
    今日、朝ユーロオージーで300ピップスとれました。有り難うございます!
    及川先生の動画や本を観て日々勉強しています。初歩的な質問で申し訳ありませんが、及川流のトレード方法の基本ルールはどこを見て勉強したらいいでしょうか?まだ初心者で基本ルールがちゃんと理解していません。よかったら教えて下さい。すいません。

    • まさや様
      コメントありがとうございます。
      またTRIBEへのご参加に対し、
      あらためて御礼申し上げます。

      >今日、朝ユーロオージーで300ピップスとれました。

      ↑なんと!スゲー利食いでしたね(汗)
      確かにボラは尋常じゃないくらいのレベルでしたが、
      どのみちそこまで引っ張れたのは凄いです。

      >及川流のトレード方法の基本ルールはどこを見て勉強したらいいでしょうか?

      ↑えっと、TRIBEのコンテンツサイトの中で
      及川式基礎講座のリニューアル版を公開していますので
      まずはそちらをご覧いただけたらと思います。

      もし見つからない場合は
      お手数ですがサポート事務局までお問い合わせください。

      それと今後も生放送勉強会を定期的に開催いたしますので
      良かったらライブで、
      時間的に難しい場合は録画版にてご確認ください。

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠 こんにちは
    最近コロナウイルスの関係で相場がかなり動いてますね。
    そんな中、少し教えて頂きたいと言うか、助言していただきたく書き込み致しました。
    TRIBEでの教えを元に小ロットでのエントリーを心掛けコツコツ資金を増やせていましたがドカンをやってしまいます。それも何回もやってしまいます。
    ここで頭を冷やしたり、損切を勇気をもってする などは承知しております。
    師匠の動画についても何度も繰り返し損切についての話を探し見ておりますが、
    その場面になるとどうしてもできません。何が損切を躊躇させているのかがわからなくなっています。
    今はコツコツドカンをもっと経験しないとわからないのか
    デモではできる損切ができない
    勝ちだしているメンバーは上手く損切できているのか
    ただただ悩んでいます。
    一言だけでもいいのでよろしくお願い致します。

    • haku様
      いつもコメントありがとうございます。

      >小ロットでのエントリーを心掛けコツコツ資金を増やせていましたがドカンをやってしまいます。
      >それも何回もやってしまいます。
      >デモではできる損切ができない

      ↑デモだと出来る損切りがリアルだと出来ない・・・
      これは実際によく聞く話です。

      メンタル的な部分が大きいとは思いますが、
      ここでは具体的な対処法を優先・・・

      まず、エントリー後にリミットとストップを
      やはり設定しておくべきでしょうね。

      プロコンを使ってらっしゃるのであれば
      デフォルトの「各20PIPS」の位置に対し、
      現場的な利食い&損切り位置にラインをズラします。

      ※例えば逆行1時間足を逆抜けした少し上あたりなど。

      ここで大切なのは
      「一度設定した値を絶対にもう動かさない」です。

      正直な話、
      僕も状況に応じて動かすことはあります。
      ただしそれは、相応の考えあってのことでして、
      「近づいて来たらとにかく移動させる」ではマズイですね。

      なんならあえていったんデモに戻し、
      デモ口座で練習しておくと良いかも知れません。
      ※一度決めたストップを動かさずに損切りさせる。

      まずはそれを統一させ、
      その中で成績が悪化するようなら
      それは「入り場」に問題がありますので
      別途やりとりしましょうかね。。。

      >勝ちだしているメンバーは上手く損切できているのか

      ↑ほとんどの場合「出来ている」はずです。

      「損切りが出来ない」というお悩みについては
      何よりも優先して解決すべき問題です。

      よって、修正を試みる期間中、
      勝率はそれなりに落ちてもとりあえず良しとすることです。
      (ゆえにデモ口座の練習がオススメとなります)

      損切りが感情排除のうえで出来るようになったあと、
      勝率やエントリー場面の精度向上などをじっくり調整していくことで
      成績は自ずと改善出来るはずですので、
      ぜひとも克服チャレンジをがんばっていただきたいと思います。

  • 2回目のコメントになります。
    元来、僕は女性が好きですが3月9日のYouTubeを見まして初めて男を
    好きになりました。及川さんの動画を拝見し出して、はや3年。
    ガチ速、インディケーター、勉強さして貰ってる次第です。が・・
    学べてるのか?分かってないのか?
    自分には、無理?と結果がでずに
    資金を減らすばかりです。凄すぎて
    超プロフェショナルなテクニックについて行けず正直一度はYouTubeの
    登録解除をしました。すいません。
    ですが、やはり気になり通勤途中の車内で華麗なテクニックを翻弄してしまいます。もちろん、YouTubeを見たりガチ速を読んだからと言って万人が勝てるように成れるとは思いませんが、何か少しでもヒントに成りうる言葉を探しながら、食い入るように画面とイヤホンに集中している毎日です。ただ、しかし、FXの話しを聞くのもですが、例え話の仕方や話し方に人間味を感じてしまい夢中になってしまいます。私は相場の事は今だわかりません。が、人が人と接する時の相場 は分かっているつもりです。話しは大分反れましたが
    大変勉強になり、また、共感の持てる『男』と思い好きですと書きました。今後も拝見させて頂きます。
    より一層のご活躍を楽しみにしつつ
    参考させて下さい。
    長々と読んで頂きすみません。

    • ゴルフ侍さま
      コメントありがとうございます。

      >元来、僕は女性が好きですが3月9日のYouTubeを見まして初めて男を
      好きになりました。

      ↑恐れ入りますm(_ _)m
      ありがとうございます。

      もちろん「真意」は理解しておりますので
      どうぞご安心ください(笑)

      >正直一度はYouTubeの
      登録解除をしました。

      ↑謝っていただくような話ではないですので
      まったくお気になさらないでください^^;;

      >例え話の仕方や話し方に人間味を感じてしまい

      ↑実にありがたく、光栄の極みですm(_ _)m

      ハンドルネームに「ゴルフ」が含まれていることから
      世代的にはそんなに遠くはないと推察いたします。

      今後もどうぞ
      お手柔らかにお願いいたします^^

      お気遣いにあふれたメッセージをありがとうございました。

  • 及川師匠、こんばんは!
    いつも全員に丁寧な回答をされているので、
    さすがの凄みですね!

    15MA黄緑線のタッチでの、
    エントリーが苦手過ぎて、
    いつも負けてしまいます。

    15MAタッチして上に行くのか、
    下に行くのかの判断がつきません。

    ここがわかると、勝ちが増えていくのじゃないかなと
    思っているのですが、デイトレ大百科の講義を
    観てるとなるほど!なんですが、
    生の相場を見てると途端に全くわからなくなってしまいます。

    何かヒントを頂きたく思います。
    お忙しい中とは思いますが、
    よろしくお願い致します。

    15MAタッチする前の段階では、
    上昇局面だったので、15MAまで戻ったところで
    ロングでエントリーすると、何故か下降したり・・・

    もう及川式を始めて3万円以上失いました・・・
    リアルで(´Д`;)

    すっかり、やる気を失って
    暫し離れて別の手法をやってみてたのですが、
    やはり忘れられない及川式に戻ってきました!

    また、勉強と実践を頑張りたいと思います。

    勝てる時が全くないわけでもないのですが、
    やはりトレードは疲れるものですね。

    では、よろしくお願い致します。

    • ウサギ7様
      いつもコメントありがとうございます。

      >15MA黄緑線のタッチでの、
      エントリーが苦手過ぎて、
      いつも負けてしまいます。

      ↑なるほど・・・
      見極めというか、やるやらないの「区別」に対し、
      イメージが掴めていない可能性が高そうですね。

      であるならば、
      15MAタッチをすべてストップし、
      1時間足MAのタッチからのみやる、に変更されると良いかも知れません。

      ※3月6日のYouTubeトレード動画のような場面です。
      (ポンド円ショート)
      https://youtu.be/9k-zrrpumdw

      これであれば、同MAを逆抜け時点で損切りとなり、
      損失自体を押さえることにもつながりますので。

      ぜひともご確認のうえ
      参考になさってください。

      >やはりトレードは疲れるものですね。

      ↑ここは、なんだかんだ僕もそうですよ^^;;
      カラダは少しも動かしてないのに
      トレード後はなぜが異常に疲れます(汗)

      取り急ぎ僕からは以上ですが
      不足などございましたら遠慮なく!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご返信ありがとうございました。

    テクニカル分析について、1つお聞きしたい事があります。
    及川様が普段使用しているボラティリティを確認する緑色のバーは、どのような
    名前のインジケータで、ネットで検索して取得できますでしょうか?

    プロコン改を購入させていただきたいと思っておりますので、そこに付属しているものなのかと思いましてご連絡させていただきました。

    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

    • TIさま
      コメントありがとうございます。

      >及川様が普段使用しているボラティリティを確認する緑色のバーは、どのような
      名前のインジケータで、ネットで検索して取得できますでしょうか?

      ↑あのバーはですね・・・
      「TRIBE」メンバー向けにDr.ヨン様がバージョンアップしてくれたものなんです。
      そういった事情があるため、
      配布が可能かどうかは、ちょっと僕では分かりかねます(汗)

      個別機能的には
      あるいはネット検索でも見つかるかも知れませんが
      僕はこの手のこと、からっきし詳しくないので
      出来たらご自身にて確認いただけますと助かります^^;;

      >プロコン改を購入させていただきたいと思っておりますので、そこに付属しているものなのかと思いまして

      ↑いえ、プロコンへの付属ではありませんので
      ご注意ください。

      なんかお役に立てず恐縮ですが、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります
    デイトレ大百科を購入したのですが
    及川先生のロット張りが30ロットで回数をバンバン取引されてますが
    資金が100万と考えたときにどれくらいのロットでやるのが望ましいのでしょうか?
    よく言われているのが資金の2%ルールとか言われてますが及川先生なりの資金管理を教えてほしいと思いご連絡しました
    宜しくお願い致します。

    • hiroken090さま
      コメントありがとうございます。

      >資金が100万と考えたときにどれくらいのロットでやるのが望ましいのでしょうか?

      ↑かねてから僕が言っている「目安」は
      『100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発』です。

      ただしこれ、
      キッチリ勝てるようになったあとの話でして
      成績が安定する前段階としては
      少々リスキーなロットだと思います。

      トレード成績の安定や、それに伴う自信がつく前の時点では
      上記の半分以下、数分の1程度のほうが良いかも知れませんね。

      資金管理につきましては「2%ルール」の件、
      もちろん存じていますが、
      僕自身はさほどこだわっていません。
      理由は一日の利益が5~10%になることも多く、
      その過程において、
      含み損や損切り額が2%を超えることもチョイチョイ生じるからです。

      ただし、これも成績安定や
      自信がついたあとのほうが良いと思いますので
      とにもかくにもロット設定は
      当面慎重な数値にとどめておくと良いでしょうね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんばんは。二度目のコメントです。

    資金30万円スタート→先月プラスで終えて今日の途中までは資金70万円まで増えていたのにやらかしてしまいました。

    3/9の22時すぎ、謎の吹上で大きな損切りのあと
    買いで損切り→売りで損切り→たまに利確を繰り返して50万円吹き飛ばしました。もう止めようと思ってもドテンを繰り返してしまい「ボロ負けDAY」になりました。

    今日の東京時間は仕事中でトレードできず「家にいたら何十万も勝ってたのに!!」という気持ちが強すぎて数万円勝ちの時点で物足りず・・
    最初の損切りのあとやめておけば、今日の利益がなくなるだけですんだのに(泣)

    先日、先生に「毎日勝ち逃げにこだわりすぎない、週単位プラスで良しとする」とアドバイスを頂いたのに(泣)

    勝ち方はだいぶ掴んできたはずなので負け方が問題ですね。
    これもいい経験だとおもって再度コツコツがんばっていきます。
    (正直、そんな気分じゃないですが自己暗示・・・)

    • ひよっこトレーダーさま
      コメントありがとうございます。

      >資金30万円スタート→先月プラスで終えて今日の途中までは資金70万円まで増えていたのにやらかしてしまいました。

      ↑おっと・・・
      良い感じで推移していたようですので
      正直もったいなかったですね(汗)

      >今日の東京時間は仕事中でトレードできず「家にいたら何十万も勝ってたのに!!」という気持ちが強すぎて数万円勝ちの時点で物足りず・・

      ↑これですねぇ、
      気持ちは分かるのですが
      今後のこともあるので言っておきたいのは

      「もしやってても言うほどは勝てなかったかもよ」
      って部分です。

      終わったチャートを観れば楽勝っぽい感じでも
      実際にやってる最中はそこまでカンタンには感じませんよね。

      増してやボラが大きすぎな状況の中、
      本当にカンタンに大きく取れていただろうか?
      ビビって結局普通の利益で終わっていたかも?

      あるいは、
      急におかしな思いが湧き、
      普段やらない逆張りをするなどして
      爆死していた可能性もゼロではない・・・

      僕はこんな感じで
      「出来なかった相場」を考えるようにしています。

      人間心理としては
      「儲け損なった!」と思いがちですが、
      本当にそうだろうか?って部分の話です。

      実際にやっていたら
      上下に振り回されてしまい、大負けしてかも?みたいな。

      もちろんやってないことに対し、
      どっちだったかは分かりません。

      分かりませんが、
      けど少なくとも
      「やってたら必ず勝てていた」ということなどなく、
      むしろ「負けずに済んだ」という可能性もあるってこと。

      要するに「出来なかった時間帯」に対し、
      おかしな執着を持つと焦りや間違いの元になりかねない・・・
      こういう視点は大切じゃないかと思いますね。

      >勝ち方はだいぶ掴んできたはずなので負け方が問題ですね。

      ↑まったくその通りですね(汗)

      トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やす競技!

      ここを今一度アタマに叩き込んで欲しいと思います。

      極論、しばらく損切りなしで勝てている、
      なぁんてときこそ注意しなければ!
      みたいな自己管理があっても良いかなと。

      連勝はむしろ注意!

      損切りトレードが時々生じることを
      むしろ安心材料に出来るくらいが
      慢心防止には良いのかも知れませんね。

      メンタル的に大変な中のコメント、
      あらためてありがとうございます。

      焦って無理して取り返す、とかではなく、
      今から始まるようなイメージで
      「普通通り」にがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。
    昨年より及川先生の書籍を手にしてからFXの世界に興味を持ち日々奮闘しています。先生の動画を見て、ノートに書き留め勉強しながらやっております。
    まずは、資金10万程からスタートをし20万まで増えたのですが、私はどうしても損切りがうまくいかないようで気づけば1/10まで減ってしまいました。

    いつもエントリー後、直近、高値安値もしくは上位足などに逆行することを想定し、タッチしたとこで更にロットを追加。しかし、戻ってくることはなくそこからさらに20〜40pips離れたとこで泣く泣く損切りした後に相場が戻ってくる→それならと思い損切りをしない時に限ってどんどん自分の思惑と反対方向へ伸びてしまい大損が続き気付けば資金が空に、、、。
    初心者にもかかわらず、大きなロットでの取り引き、損切りルールが確立していない、そもそもチャート読解能力が不足している事など頭では分かってるのですが、、、あまりの惨敗に何をどうすれば良いのか途方にくれている状況です。

    技術的な面でもご鞭撻頂けるとたすかるのですが、先生は自分で決めたルールを守るためにどのような考えを持って日々過ごしていますでしょうか?
    初見ではありますが、優柔不断な私にご指導頂けると幸いです。

    P.S 私の名前も漢字は違いますが「けいすけ」と言います。勝手に親近感湧いております。
    先生のような立派な男になれるようにトレードも人としても頑張ろうと思います。

    • けいすん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >私はどうしても損切りがうまくいかないようで気づけば1/10まで減ってしまいました。
      >初心者にもかかわらず、大きなロットでの取り引き、損切りルールが確立していない

      ↑確かに「土台なし」で見切り発車している部分はありそうですね。
      柔道で言うところの「受け身」が取れていない中で攻め込むため、
      ケガしやすい状態・・・みたいな例えが言えるかも知れません。

      >先生は自分で決めたルールを守るためにどのような考えを持って日々過ごしていますでしょうか?

      ↑僕自身は変幻自在にトレードしちゃったりするので
      お堅い「ルール」は言うほど意識していません。

      ただし、「ルール以上の原則」は常にアタマにあります。

      具体的には
      ・相場に対する「畏れ」と忘れない
      ・ナメてると一気にやられることを忘れない
      ・保有時間が長いときは要注意
       (含み損で長い時の話です)
      ・連勝続きの時こそ慢心や油断に注意

      他にもあるような気がしますが、
      こういう部分は「染みついて」います。
      なにせ長年やってますので。

      染みついてないとするならば
      そうなるまで
      日々、意識的にアタマに置くしかないですので
      それこそパソコン脇に紙に書いて貼り出すくらいやっても
      良いかも知れませんね。

      それと・・・
      そもそも論で恐縮ですが、
      現時点ではまだデモトレードでの練習が必要ではないでしょうか??

      少なくとも勝ち方に「手応え」というか、
      自分なりに意図して勝てるようになるまでは
      デモ口座で「手応え探しの旅」を経験されるほうが
      良いかなとの感想を持ちました。

      トレードは負ければ資金が減る競技ですので
      まずは資金を減らさない工夫と、
      その中で「地力」をつけていく作業を
      並行して取り組むことが重要かと思います。

      > 私の名前も漢字は違いますが「けいすけ」と言います。勝手に親近感湧いております。

      ↑親近感・・・ありがとうございます♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    本日の動画拝見しました!
    いつもありがとうございます!
    自分はタイミング的にTRIBEには参加出来なかったので、こうやって先生が動画を再開してくださって本当に嬉しく思っています!
    もし、2期募集などがあればその時こそ参加したいと思っております(^^)b
    (一応、デイトレ大百科では勉強させてもらい勝率、利益率ともにプラスに持ってくことが出来たこともご報告させて頂きます!)

    僕も今日の東京時間は、先週末の暴落もあり様子見かなと思ってたのですが、10時台の大陰線で「ここで入らなきゃウソでしょ」と思い飛び乗り、所有時間1分で200pipsオーバー!
    欧州時間は16時入ってすぐあたりでポンドドルの上昇トレンドに上手く乗れて、所有時間8分で80pips!
    締めて10分弱で300pips弱稼ぐことが出来て、まさに勝ち逃げ上等!勝ち逃げ最強!!で明日に繋げることが出来ました!

    と、勝ち逃げ報告はおいておくとして笑
    感覚のお話しですが自分もMT4戦士さんのお話しには同調する部分もあり、自分の場合は及川式プラス自己感覚(現場感覚ともいうのでしょうか)で行っており、基本は及川式でそこに自己感覚で補強するイメージでエントリー、ナンピン、損切り、利食いのそれぞれの位置を決めるようにしております!
    逆に及川式じゃないけどここは行っても大丈夫と感じたら行くし、行けるかもと思ってもこれは及川式じゃない(ルール外だな)と思ったら入らないこともままあります!
    (これによって勝率、利益率はかなり上がってきましたので、自己感覚と及川式は相性いいんだなと勝手に思っております笑)

    ただやっぱり、環境によっては感覚はズレていくものだとも思うので、毎日とまでは言いませんが、その時々の相場環境に対して感覚をアジャストさせていくことも大事だなと改めて思いました!

    長々と駄文を失礼致しました!
    先生も体調には気を付けて、元気に勝ち逃げしていきましょう!(^^)b笑

    • 優@340さま
      コメントありがとうございます。

      >デイトレ大百科では勉強させてもらい勝率、利益率ともにプラスに持ってくことが出来たこともご報告させて頂きます!

      ↑「2期生」の件はさておき、
      こちらのご報告はありがたく頂戴させていただきます♪

      >10時台の大陰線で「ここで入らなきゃウソでしょ」と思い飛び乗り、所有時間1分で200pipsオーバー!
      >欧州時間は16時入ってすぐあたりでポンドドルの上昇トレンドに上手く乗れて、所有時間8分で80pips!
      >締めて10分弱で300pips弱稼ぐことが出来て、まさに勝ち逃げ上等!勝ち逃げ最強!!

      ↑凄まじいばかりの「大漁DAY」となりましたね^^
      お見事です!

      >自分の場合は及川式プラス自己感覚(現場感覚ともいうのでしょうか)で行っており
      >勝率、利益率はかなり上がってきましたので、自己感覚と及川式は相性いいんだなと勝手に思っております笑

      ↑短期デイトレの感性が育った方であれば
      自ずと僕のやり方との相性は良くなるでしょうね。
      ていうか、そこはもはや「及川式」とかじゃない範疇だと思います(笑)

      >ただやっぱり、環境によっては感覚はズレていくものだとも思うので、毎日とまでは言いませんが、その時々の相場環境に対して感覚をアジャストさせていくことも大事だなと改めて思いました!

      ↑そうですね。
      他の方にも申し上げてますが、
      「慢心」や「落とし穴」には注意が必要ですよね。

      例えば連戦連勝状態のときこそ
      「そろそろ意識しておかないと!」的な身構えを
      自動的に持てるようになるくらい、
      慢心などには注意をしたいところです。
      (ここはお互いに)

      >先生も体調には気を付けて、元気に勝ち逃げしていきましょう!(^^)b笑

      ↑了解です♪

      明るく元気な「エグい利益」のご報告、
      まことにありがとうございました♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。
    50秒で500万取った動画を拝見しました。急落している場面でロングで入るなんて凄いですね。自分にはとても真似出来ません。 
    神がかりなトレードですね。
    自分はいつもはスキャルピングに近いスタイルなのですが、昨日は昼休みにドル円をショートし、夜に決済しました。約50pips獲れたのですが、長時間ポジションを持つと精神的に疲れますね。
    やはり、混ぜるな危険。ですかね。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >50秒で500万取った動画を拝見しました。
      >神がかりなトレードですね。

      ↑「神がかり」は言い過ぎですが、
      確かにここは「過去の経験」が大きい部分かと思います。

      >いつもはスキャルピングに近いスタイル
      >昨日は昼休みにドル円をショートし、夜に決済しました。約50pips
      >長時間ポジションを持つと精神的に疲れますね。

      ↑考えあっての長時間保有であれば
      もちろんOKじゃないでしょうかね。

      「混ぜるな危険」につきましては、
      不都合な状況が生じた際に途中からルール変更することを指していますので
      今回のような「利」を引っ張るのであれば
      問題はないと思いますよ^^

      ま、普段スキャルの人がやると
      とても疲れるって部分は大いに想像出来ますが(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    負けトレーダーで自分が嫌になってる長井です。

    先生の書籍をたまたま購入し、
    その後、大百科を購入し先生のトレード手法を学ばさせていただいてます。

    実は15年ほど前にFX商材をしこたま買い、負けまくり、
    一旦相場から遠ざかり、昨年戻ってきました。

    今回の先生の教材を拝見(まだ途中です)しましたが、
    いやいや、、凄いです。

    僕はアフィリもやっていた経験から、
    FX商材は今まで100本程度は見ていますが、
    ここまでのクオリティは先生がダントツです。

    また、圧倒的なガチ感がモチベーションの維持に
    とても心の支えになります。

    おそらく、僕が買ったFX商材でも勝てる手法だとは思いますが、
    人間はやらかす生き物であり、
    テキストだけではどうしても学びが浅くなりがちです。

    負けが混むと猜疑心が生まれ、孤独から
    また聖杯を探し続けるという悪循環です。

    また、他の教材には実際のリアルなトレードも収録されてないので、
    どういった感じでFX商材の著者トレーダーがトレードしているのかも
    イメージができません。

    そこを先生は自ら実践することで、
    自分の誤って理解ているトレードを徐々に修正してくれます。

    現役バリバリのトレーダーがリアルタイムでトレードを
    見せるなんて活動はFX教材をリリースしている人に限っては
    皆無でしたから、ただただ驚きです。

    教材としてのテキストがあり、
    見本の日々の動画もある。

    非常に素晴らしい環境感謝します。
    頑張りたいです。

    PS.
    >上位足MAPOでの戻しからの反発の動きに着目することで、

    教材に書かれていたらすみませんが、
    「MAPO」とは何のことだったのでしょうか。

    すみません。

    • 長井さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >アフィリもやっていた経験から、
      FX商材は今まで100本程度は見ていますが、
      ここまでのクオリティは先生がダントツです。

      ↑メッチャ嬉しいです♪
      ありがとうございますm(_ _)m

      >教材としてのテキストがあり、
      見本の日々の動画もある。
      非常に素晴らしい環境感謝します。

      ↑いやもう、目の前にいたら
      抱擁したくなるくらいの褒め言葉です^^
      本当にありがとうございます。

      >「MAPO」とは何のことだったのでしょうか。

      ↑こちらは佐藤コーチのフレーズですが、

      MAPO→移動平均線パーフェクトオーダー

      訳すとこれ・・・のはずです(笑)

      チャート内の各時間足MAが
      いずれも同方向の向きとなっている状態での
      押し目や戻し目を指している・・・はずです。

      「はずです」の連発で恐縮ですが、
      意味的にはまず大丈夫ですのでご安心ください^^;;

      多くの教材を見てこられた方からの評価は
      大変光栄で、本当に嬉しいものですね。

      お気遣いに溢れたメッセージに
      あらためて感謝いたします!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。
    今回ブログに掲載いただきました、横浜のSです。
    覚えていただきやすいよう、横浜のと付けさせて
    いただきました。

    憧れの師匠に私のことを掲載していただけるなんて、
    夢のようです。間違いなく2020年最高のご褒美です。

    また、すごく良い書き方していただき本当にありがた
    いです。私のエントリー場は及川式のほぼ基本通り
    なので、教えにもない前代未聞の勝ち方をみつけた
    わけでもなく、本当にシンプルな戦略です、、、。

    ただ、師匠の膨大な教えの中から自分に合う場面に
    絞り、そのスペシャリストになる練習を積めば、
    良い結果が出せる事、及川組の凄さの証明の一例に
    なれたと思うと、大変嬉しく思います。

    借金までリスクに晒すような私だったので、
    師匠を知らないままFXを続けていたら、
    私は間違いなく未だに利益の残し方がわからず、
    借金を背負い退場せざるを得なかったと思います。

    もう怖いものはなくなりましたので、目標は師匠と
    同じロットで一日100万円を目指し、これからも
    待ちと勝ち逃げに徹底し、続けて参ります。

    これからもどうぞよろしくお願いします!

    • 横浜のSさま
      コメントありがとうございます。

      っていうか、
      遂に「主役」の登場ですね♪

      今回はブログで取り上げさせていただき
      本当にありがとうございました。

      >師匠の膨大な教えの中から自分に合う場面に
      絞り、そのスペシャリストになる練習を積めば、
      良い結果が出せる事、及川組の凄さの証明の一例に
      なれたと思うと、大変嬉しく思います。

      ↑いやぁ、もっともっと「大きな声」で
      言って欲しいですね(笑)

      もちろんここは冗談で、
      取捨選択や「自分らしさ」を加味しつつ、
      さらにはおそらく
      『自制』もしっかり伴ったうえでの成果だったと推察します。

      あらためて、
      本当に凄いエクイティカーブで、
      「こんなキレイな形によくぞなったもんだ」と
      本気で驚いています。

      >もう怖いものはなくなりましたので、目標は師匠と
      同じロットで一日100万円を目指し、これからも
      待ちと勝ち逃げに徹底し、続けて参ります。

      ↑めっちゃ楽しみです♪

      慌てずじっくり取り組み続けることが
      実は一番早いってあたりを
      ぜひとも証明して欲しいと願っています。

      多くの「成り上がりを目指すトレーダーの人たち」にとって
      指針になっていただき・・・
      なぁんて言うと、プレッシャーがキツ過ぎかな(汗)

      ま、そこまでの意識は不要ですが、
      まずは「ご自身のため」
      応援してくださる「ご家族のため」

      充実したトレードライフを
      ぜひとも継続なさって欲しいと思います。

      このたびは本当にありがとうございました。
      引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    はじめまして。初めてコメントさせて頂きます。

    私は3年前程にFXを始めましたが、当初は何も分からず、色んなEAにも手を出したり、もはやギャンブルのように資金を溶かし続けてきました。
    しかし、昨年の夏に先生の書籍に出会い感銘を受け、絶対この人みたいになってやると本当の意味でFXと向き合い始め、及川式を必死に勉強しトレードしています。(結果はまだついてきてないですが。。)

    その中で幾つか質問なんですが、
    先生の仰る通貨の相関・パズルに関して、先生は今現状の15MAの方向のみでエントリー通貨ペアを選択されてますでしょうか?
    それともそれぞれの通貨ペアに対し、これからどう動きそうか、も判断材料としてますでしょうか?
    と言いますのも、今現状の15MAのみを判断材料とする場合、既にその強弱については動きが出てしまってまして、これからやろうとするといわゆる旨味が少なくなってしまってる場面が多く感じます。(結果逆行するリスクを考えてしまいなかなか入れません)

    また、今後どう動きそうか、を考慮した場合、よさそうな通貨ペア(例えばGBPUSD)があったとしても、関連するGBPJPYやGBPAUDなんかが明確な逆行上位足付近、意識されそうな水平線付近にある場合、反発が起こりGBPUSDも素直に伸びないんじゃないかとビビってしまいます。(案の定、入ると逆行したり。。)

    最近、エントリーすると含み損スタートすることばかりで悩んでいます。
    結果ナンピン対応で時間がかかり、トントン逃げ出来たと思ったら素直に伸びたり、少し耐えると状況が一変して結果大きめの損切りにあったり。。
    エントリーポイントやタイミングが悪いと言われればそれまでなんですが、なるべく持った瞬間に含み益となるエントリーポイントを探るには、今後どう動くかも考慮すべきかどうか、先生のご見解をお伺いさせて頂きたく。。

    資金が一向に増えず、FXに囚われすぎるのも良くないと思いつつ、FXで嫁を会社勤めから解放させてあげたいという夢を捨てきれずにいます。

    これからもご指導よろしくお願い致します。

    • 兵庫のHさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >昨年の夏に先生の書籍に出会い感銘を受け
      >及川式を必死に勉強しトレードしています。

      ↑光栄です。
      ありがとうございますm(_ _)m

      >通貨の相関・パズルに関して、先生は今現状の15MAの方向のみでエントリー通貨ペアを選択されてますでしょうか?
      >それともそれぞれの通貨ペアに対し、これからどう動きそうか、も判断材料としてますでしょうか?

      ↑どちらか「だけ」ということはないですね。
      いかに優位性の高い「要素」が重なっているか?を見たいので
      時間帯、特に動き出すことが多い時間の「動き出し」はいつも注目しています。
      (9時や16時などは特に)

      僕の基本は「押し目買い」や「戻り売り」ですが、
      一方で「おっぱじまった初動」も
      チャンスがあれば乗りたいと常に意識しています。

      ポイントは「鮮度」とのイメージでして、
      動き出しのなるべく初期に乗れれば、
      仮にその後伸びなくとも
      目先は追随の買い(売り)が入りやすいので
      大抵の場合「逃げ場」があります。

      普段の僕は、ある意味
      こういうところばかりをやっている、とも言えますね。
      (特に動画回してない時など・汗)

      >最近、エントリーすると含み損スタートすることばかりで悩んでいます。
      >なるべく持った瞬間に含み益となるエントリーポイントを探るには、今後どう動くかも考慮すべきかどうか

      ↑エントリー後に含み損スタートが多い、は気になりますね。
      今一つ噛み合ってないのかも知れません。

      実際の事例が分からないとなんとも言えませんが、
      過去のご相談事例で多かったのは、

      ・動きがゆっくりなところで入る傾向
      →まだ判断しにくい時点からやっている

      ・動きが出たあとのエントリーには逆に慎重
      →「怖い」と思う局面がチャンスであることが実際には多い

      このように「行くべき」と「まだ行く必要なし」の部分が
      逆なケースが多かったです。

      本件がそうかはちょっと分かりませんが、
      ご自身的にはどうですかね・・・

      人間の心理として
      動きが早いときはおっかなく、
      落ち着いてからやっと出来る・・・
      なのかも知れませんが、

      「おっかない場面」は
      多くの人が躊躇するからこそ
      そこを攻め込める人に「果実」が多い、という側面は
      相場の世界における「あるある」のひとつです。

      ボクシングで例えますと、
      「相手のパンチが絶対に飛んで来ないとき」
      ここを攻められれば良いのでしょうが、
      そういう場面はこっちのパンチも当てにくいですよね。

      一方で相手が打ち込んでくる際に、
      その先手をカウンターで打つことが出来たなら
      そのパンチの威力は絶大です。

      伝わりにくい例えかも知れませんが
      この例えにピンと来ていただけると
      その後のチャレンジにも明確なテーマが持てると思います。

      ポイントとしましては
      「動き出してからで良い」
      「ただし動き出しの初期をやる」
      ひとまずこんなところからでしょうか。

      取り急ぎ僕からは以上ですが
      不足がございましたらご連絡ください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも丁寧なアドバイスを頂きありがとうございます。

    3月9日の動画拝見しました。あそこで逆張りで買えるなんて・・・
    すごいとしか言葉がないです。買う根拠があっても入れる勇気がすごいです。
    自分も及川先生のような相場を理解してトレードできるトレーダーになりたいです!!

    最近の相場はボラが大きく自分としてはやりずらい相場で結構やられています。もともとボラの大きいポンドとかも苦手です。
    及川先生にお聞きしたいのですがボラが大きい時どういった所を気おつければいいのでしょうか?lotの管理や損切りの位置もボラが大きいとパニックになってしまいます。fxを初めて3年になるのですがこんなにボラのある相場は初めてです。暫く落ち着くまでトレードを控えたほうがいいのか迷っています。

    お忙しいとは思いますがアドバイス頂けたら幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >3月9日の動画拝見しました。あそこで逆張りで買えるなんて・・・

      ↑トレーダー仲間からも結構驚かれました(苦笑)

      けど、あれはやはり「経験」です。
      あぁいう局面は過去に何度も見てきていますし、
      その当時
      「今回は入れなかったけど、次こそは入ってみたい」
      こういう意識はアタマにありましたので。

      >ボラが大きい時どういった所を気おつければいいのでしょうか?
      >lotの管理や損切りの位置もボラが大きいとパニックになってしまいます。

      ↑本音を言いますと、
      「同じようにやる」が一番で、
      普段の相場で勝てている人ならば
      今のような相場は「より大きく勝てる」に繋がるので。

      ただし、メンタル的に
      パニックになりやすいということであれば
      そこはやはりロット数量を落としたほうが良いでしょうね。

      また、今後のお話もしておきますと

      ・ボラがない銘柄を多めのロットでやる

      これよりも、
      ・ボラの大きい銘柄を少なめのロットでやる

      こちらのほうがトレードの「腕」を上げるには
      適していると思いますので
      一度検討なさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんばんは!
    二度目のコメントになります。

    つい最近二度も口座をぶっ飛ばしかけてしまい、落ち込んでいたのですがそのような時は、相場から離れるべきなのしょうか?

    そして、もう一つは
    通貨強弱をしっかり見極め最強と最弱の通貨でエントリーし数pips(少ない時は1〜2pips)を取りにいくスタイルでトレードをしているのですが、一日にある程度取るべきノルマを決めてやる事はもったいない事でしょうか?
    どうしてもチャートを見るとエントリーしたくなり、負けてしまう事があります。
    それをやめるために毎日このpips数取ればおしまいというスタイルにし、コツコツ資産を増やす事に切り替えました。
    早く増やしたい気持ちがある分でかいロット数で勝負を仕掛けたいのですが、何度もそれでやられてきました。
    いつか、でかいロットでもやれる日が来るのか…汗

    このスタイルでも資産を増やしていく事は可能なのでしょうか?

    先生の動画を励みに頑張っていますので、これからも動画更新よろしくお願いします。
    雑談もたまにはしてほしいです笑

    • 車椅子のまっとん様
      コメントありがとうございます。

      >つい最近二度も口座をぶっ飛ばしかけてしまい、落ち込んでいたのですがそのような時は、相場から離れるべきなのしょうか?

      ↑落ち込んだり、焦ったりしているときは
      期間はさておき「休むも相場」が一番だと素直に思います。

      焦りから無茶なトレードをすることで
      更なるドツボにハマるケースは
      これまでイヤってほど見て来ましたので。

      >どうしてもチャートを見るとエントリーしたくなり、負けてしまう事があります。
      >それをやめるために毎日このpips数取ればおしまいというスタイルにし、コツコツ資産を増やす事に切り替えました。
      >早く増やしたい気持ちがある分でかいロット数で勝負を仕掛けたいのですが、何度もそれでやられてきました。

      ↑拝読した上での感想は
      「なんかチグハグ」な印象です。

      少ないPIPSが「少なすぎ」のケースが多いように感じますし、
      そんな中でロットを上げても
      「負けるときだけがデカくなってしまう」みたいな感じではないかと。

      僕自身「勝ち逃げ」を推奨してまして
      自分自身、そのように日々実践していますが、
      少ないトレード回数の中、
      白黒の決着に対し「ある程度の利益」にはしたいものです。

      例えばエントリー後の長いこと含み損状態だった際、
      チャラになった瞬間に逃げ、結果「超微益」であることは
      僕にもよくあり、これはこれでOKとの立場です。

      一方、特段のピンチを経由していないポジションについては
      ある程度目標ラインまで引っ張ることはしたいです。
      ※「●●時ジャスト前」や「●●時30分前」まで引っ張るなど。

      このように
      平時のトレードのリスクとリワード自体を
      もう少し良好なものにすべく工夫をすることかなと感じました。

      MT4口座でやってる場合は
      詳細レポートを期間別で出し、
      「利食い平均額」と「損切り平均額」を比べてみてください。

      短期デイトレの場合、
      この2つが同じくらい、または損切り平均が少し多いくらいであれば
      勝率がある程度高ければ問題ありません。
      (70%近くは欲しいところですが少なくとも60%以上)

      これらの数値を観ることで
      改善すべきポイントが見えて来ますので
      一度確認なさってみてください。

      もちろんそのデータをお教えいただければ
      再度ご回答いたします。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんいつも動画、TRIBE、コメント返信、お疲れ様です!

    いやぁSさんのエクイティグラフすごいですね…
    自分にとっては目に毒な気がします。笑(決して悪い意味ではないです!)
    自分の成績と比べるともう悲しくなっちゃいますよ。汗
    でもしかし、自分は自分を貫きます!
    打診エントリーしちゃうんでこんな綺麗な成績に絶対ならないって割り切ってます(T-T)笑
    そこで質問なのですが、
    デイトレーダーとして安定を目指すならば及川さん的にプロフィトファクターはどれくらい必要だと考えますか?

    日々勝ち逃げしながら、精度を高め、引き出しが増えるようトレード頑張ってます!
    及川さんも活動がんばってください!

    • 和歌山のM様
      いつもコメントありがとうございます。

      >いやぁSさんのエクイティグラフすごいですね…

      ↑ほんと、それです(苦笑)
      「手動」であんなキレイな結果が出せるのかと
      僕もかなり驚きました^^

      >打診エントリーしちゃうんでこんな綺麗な成績に絶対ならないって割り切ってます(T-T)笑

      ↑あ、ここ、僕もまったく同意見です(笑)

      >デイトレーダーとして安定を目指すならば及川さん的にプロフィトファクターはどれくらい必要だと考えますか?

      ↑PFは言うほど意識してないんですよね。
      というのも、トータルで勝てていれば
      おのずと「そこそこ以上の数値」にはなるからです。

      例えばリオンちゃんが好調の時なんかは
      「PF7以上」は当たり前のように出てますが、
      それって要するに「連戦連勝状態」の期間だったりします。

      僕らは「勝ったり負けたりしながら増やすでOK」ってやり方なので
      それであれば「1.5~2前後」で充分じゃないですかね。

      PFを普段から意識する必要は正直ないと思いますよ。
      僕もまったく見ていません。

      あとから詳細レポートを見たときに
      確認しておく程度でして、
      いうなれば「通信簿」みたいなイメージです。
      アレもアテにしてませんでしたので(笑)

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ブログ更新、その他色々(^^、お疲れ様です。

    いやはや・・・凄い人が毎回登場いたしますねぇ~。私もそんな報告がしたいと思いつつ、カメさんペースなので、なんか落ち込むばかりですw
    でも私の場合は、今は修行期間と自分で決めているので、見聞を広め見方を広め自分のポイントを確実に再現できるように頑張っています。
    最近は、パズルトレードをベースに、元祖天才チャートに、自分のオリジナルのインジを組み合わせて検証しています。
    あ、パズルトレードで気になりましたが、上記コメントの「兵庫のH 」さんの質問の師匠の答えが気になります(^^。
    一応、私もパズルトレードを極めようとチャートを見てるので「自分の考え方・見方」と、「師匠の考えや見方」にどれだけの違いがあるのか・・・その答えが勉強になりそうです。

    ちょっと笑いましたが、
    きっと師匠は、古い動画のサムネイルを変更する面倒なことはしていないと思うので、たぶんFXismさんのスタッフさんが洒落ているのか、偶然なのか?・・・
    最近動画のサムネイルがチョコチョコ変わっているのですね。前回ラーメンの話をしたからなのか偶然なのか、古い動画のサムネイル、師匠がラーメン店主になってましたよぉw
    めっちゃ、笑いました(^^。

    笑いと言えば、
    以前まぁ~、あまり仲が良い友達では無いのでどうでも良いのですが「FXを勉強していていずれ専業トレーダーになりたいんよぉ~」って酒の席でポロっと話したら「出た出た、楽して儲け話・・・」とか、「儲かったら俺の金も増やしてくれぇ~」って半分、こ馬鹿にされた感じで言われました(^^。
    まだまだ、そうゆう風な感覚でFXって、見られる所があるんだなぁ~。もったいないなぁ~って思いながらも、ちょっと心の中んでは「見てろよお前らぁ~」みたいな気持ちにもなりましたが、焦っても仕方ないので、ゆっくり資金を増やして、最後に逆に、笑ってやります。

    しかし今年の日本は、冬らしい感覚もなく、春になっちゃいましたよぉ~
    そう言えば、シンガポールは日本のように四季的な感覚は無いんでしょうねぇ?私がお借りしてる家の裏には山があって、ここ最近の暖かさに釣られてか、うぐいすが、綺麗な声で泣きだしましたよぉ~(^^。
    五感で感じる季節感・・・師匠も恋しくなるんじゃないですか?

    あとは・・・そうだ、私も師匠に負けないように頑張って
    若作りしよっと(^^そこかいw。

    くだらない長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

    • いつか踏まれたい男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >上記コメントの「兵庫のH 」さんの質問の師匠の答えが気になります(^^。
      >その答えが勉強になりそうです。

      ↑あらま、もうご返信済ですが
      果たしてどんなもんだったでしょうね^^;;

      >最近動画のサムネイルがチョコチョコ変わっているのですね。前回ラーメンの話をしたからなのか偶然なのか、古い動画のサムネイル、師匠がラーメン店主になってましたよぉw
      めっちゃ、笑いました

      ↑ゲゲ!そうでしたか(汗)
      ご想像のとおり、僕は一切ノータッチですので
      どんなことになっているのか分かっていませんでした(苦笑)

      >「FXを勉強していていずれ専業トレーダーになりたいんよぉ~」って酒の席でポロっと話したら「出た出た、楽して儲け話・・・」とか、「儲かったら俺の金も増やしてくれぇ~」って半分、こ馬鹿にされた感じで言われました

      ↑ま、そんなもんですって。
      僕もまったく同じでしたし、
      途中から一切言わなくなりました。

      もっとも僕は
      友達自体が少ないですけど(笑)

      >シンガポールは日本のように四季的な感覚は無いんでしょうねぇ?

      ↑そうですね、ほぼ一年中似たような気候のイメージです。
      一応時期時期で違うと、現地の人は言ってますが
      僕自身、実感はまだありません^^;;

      >五感で感じる季節感・・・師匠も恋しくなるんじゃないですか?

      ↑どうですかね、
      トシ取ると寒いのはイヤでして、
      実際、この冬も日本に戻った瞬間体調崩しましたし(汗)

      >私も師匠に負けないように頑張って
      若作りしよっと

      ↑「若作り」って言葉にする時点で
      「若くない」と認めてるようなものですがね(笑)

      お互い、世間から「痛いおっさん」と思われない範囲で
      がんばってまいりましょう♪

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • おはようございます!

    昨日は、大きな負けからデモ口座ですが
    吹っ飛び事件が起こりました!
    厳密には、5千円くらい残ってたのですが、
    心機一転、新規口座開設しました。

    4連勝して気分よく寝ました(笑)

    コツコツまでは、何とかできるように
    なってきてますが、ドカン!がデカくて、
    6千円~2万円くらい一度に負けます。

    どうしたら良いものかなと・・・
    損切りを設定したほうがいいのか・・・

    今の悩みは、相関が全くわからないことです。
    円シリーズが揃ってる、くらいしかわかりません。

    あとは、15MAタッチ、1時間MAタッチで
    どちらに上に行くのか下に行くのかが
    わからないことです。

    どうしたもんかな・・・と、
    自力解決も難しく、頭を抱えております。

    • Ayuminさま
      コメントありがとうございます。

      >昨日は、大きな負けからデモ口座ですが
      吹っ飛び事件が起こりました!
      >心機一転、新規口座開設しました。
      4連勝して気分よく寝ました(笑)

      ↑なるほど^^;;
      「気分よく寝る」は大切なことなので
      とりあえずは良かったかなと思います^^

      >今の悩みは、相関が全くわからないことです。
      円シリーズが揃ってる、くらいしかわかりません。

      ↑もしそういうことであれば
      「分かってることだけ」をやる・・・
      そこからで良いんではないでしょうかね??

      どんなジャンルでも
      「分からないこと」をやっても上手くいかないのは当然ですし。

      もっとも「やりながら理解が深まる」ってのもありますので
      デモ口座であれば、
      さまざまな実験的試みをするのはアリだと思います。

      僕が当初からやっていたことは

      ・とりあえず「仮説」を立てる。
      ・その仮説がイケるのかイケないのか?
      ・どの程度イケるのか?を実際に試す。

      この繰り返しでした。

      そうしているうちに
      徐々に「使える技」が増えて来て、
      気付けばなかなかな変幻自在になりましたよ(笑)

      もちろん外から「教わる」ことも大切ですが、
      やりながら自分自身においても「発見」していくこと。

      これこそが「自分らしさ」に繋がりますし、
      ご自身にとって「無理なく自然に取り組める型」へと
      向かうように思います。

      それこそ僕を含めた「他人」からの教えに対し、
      上手くいかない場合、
      「どう上手くいかないのか?」に対し、
      なんらかの仮説を立て、試してみると。。。

      これこそが「デモ口座時代」に出来る特権ですので
      ぜひとも大胆な仮説&検証をなさってみて欲しいと思います。

      また、そこで得られた内容に対し
      僕へ意見を求めていただけたら
      もちろん感想や「さらなる改善点のご提案」なども
      させていただきます。

      ぜひともがんばってください。

  • 初めまして。
    いつも良質なコンテンツを配信してくださって感謝の限りです。

    ご相談なのですが、最近チキン利食いがとても多くなっています。
    具体的には含み損を抱えてから損切ラインでナンピンをして、合計+10pips弱まで回復したらそこで利食ってしまいます。
    その後本来の目標値までいって、「このまま持っていればよかった」なんてことが多いです。

    そのくせ損切の時はしっかりルール通りに行っているので獲得する利益に対して損失の方が大きくなってしまっています。
    勝率はいいのでなんとかプラスにはなっていますが、いつドカンが来るかわからず悩んでいます。

    メンタルの問題だとは思っているのですが、良い治療法はありますでしょうか?

    お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただけたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • KKSさま
      コメントありがとうございます。

      >最近チキン利食いがとても多くなっています。
      >含み損を抱えてから損切ラインでナンピンをして、合計+10pips弱まで回復したらそこで利食ってしまいます。
      >その後本来の目標値までいって、「このまま持っていればよかった」なんてことが多いです。

      ↑ここまでについては
      僕も似たようなもんなのでなんとも言いにくいですね^^;;

      >そのくせ損切の時はしっかりルール通りに行っているので獲得する利益に対して損失の方が大きくなってしまっています。

      ↑なるほど、
      そうなると「マネジメント」の問題でもありそうですね。

      前段の「含み損からのナンピンからの回復」
      ここについてはプラス逃げで正解だと思います。

      理由は、ロットが普段より大きいからであるのと、
      もしその後再びマイナス収支に転落し損切りとなった場合
      メンタル的にかなり堪えるからです。

      ここからがポイントになっていくのですが、
      一度プラス逃げした時点でノーポジに戻りますよね?
      その時点で
      「今から再度入り直すのはどうか?」
      の確認をされることです。

      僕がよく言う
      「今からやるならどっち?」という視点です。

      ノーポジからのリスタートですので
      ロットは通常ロットなわけで、
      ただし、おそらく前段の利食い時点で
      本当に入りたい位置よりは先に行っちゃってますよね?

      けど、そこで一発入れておき、
      戻された時点でもう一発、
      これでやっと前段のナンピン時ロットと同じわけですから
      こういう手順もあって然りだと思います。

      ただしこの事例、
      個別状況を加味していませんので
      例えば再エントリー後の「再ナンピン」は
      すべき状況ではないかも知れませんので
      そこはあくまで現場を見つつで!
      ※おそらくして良いケースが多いはずですが。

      要するに
      「本当に美味しいところを食べれていない」
      こういう話ですよね?

      本当に美味しいところを
      チョロっとしか取れていない、
      そういうお悩みとお見受けしてのご回答ですので
      ご了承のほどよろしくお願いいたします。

  • いつも師匠のyoutubeやブログを拝見させて頂き、勉強をさせて頂いております。
    師匠の動画でのエントリーポイント、利確ポイント、損切ポイント等、納得させられる解説ばかりで、ときたま師匠が手じまった後に予想とおりの方に大きく動き始めたときに『くそー!』と言ったりする師匠も、『私たちと同じ人間なんだなぁ笑☆』と思わせてくれるシーンもとても好感が持てて、楽しく勉強させて頂いております。

    天才チャートを使わせて頂き、エントリーや利確ポイント等を分かっていながら、結果として、
    ・早めにエントリーしすぎてしまっていること
    ・早めにエントリーしたことによって、一時的にマイナスになり、耐えられなくなり損切、その後、予想とおりの値段まで動くこと「持っておけばなぁ」と後悔することが多いです。

    この後悔によって、マイナスポジションになったにも関わらず「前回は持ち堪えてたらプラスに戻ったから、持っておこう」と思うと大きなマイナスになったりと…。

    そうすると、エントリーがだんだん怖くなり、次の5分を待って、次の5分を待ってとなり、タイミングをなくすという、あまりよくない連鎖で、せっかくプラスであったトレードがここ最近自身がなくなってきております。

    師匠は、こういう経験は過去にありましたでしょうか。
    引き出しを増やすためにも、大事な経験として諦めずに何が悪かったかを考えながらやっておりますが、あまりいい連鎖ではないので、エントリーの際に大事なポイントや心がけていることがあればご教授頂きたいと思います。
    何卒よろしくお願い致します。

    • TMKさま
      コメントありがとうございます。

      >師匠が手じまった後に予想とおりの方に大きく動き始めたときに『くそー!』と言ったりする師匠も、『私たちと同じ人間なんだなぁ笑☆』と思わせてくれるシーンもとても好感が持てて、楽しく勉強させて頂いております。

      ↑嬉しいやらお恥ずかしいやら(汗)
      ひとつ言えるのは
      「現場やってればしょちゅうあること」って話です(笑)

      その後の文面を拝見しました。

      >師匠は、こういう経験は過去にありましたでしょうか。

      ↑「ない」と言えばウソになりますが、
      あくまでその場の感情的な部分だけでして、
      「尾を引く」ことはあまりない記憶です。

      あ、「迷い」が生じることで、
      エントリー回数が激減したことなら過去にありますが
      それが「相場状況」のせいなのか
      「自分自身のやり方」に問題があるのか
      ここに関してはかなり客観的に見直すよう
      心掛けては来れたと思っています。

      >エントリーの際に大事なポイントや心がけていることがあればご教授頂きたいと思います。

      ↑こちらについてですが、
      少し上のほうの「兵庫のHさん」へのご回答と
      かなり重複する課題のように感じます。

      一部ペーストしますので
      ご確認ください。

      ↓ここから

      過去のご相談事例で多かったのは、

      ・動きがゆっくりなところで入る傾向
      →まだ判断しにくい時点からやっている

      ・動きが出たあとのエントリーには逆に慎重
      →「怖い」と思う局面がチャンスであることが実際には多い

      このように「行くべき」と「まだ行く必要なし」の部分が
      逆なケースが多かったです。

      人間の心理として
      動きが早いときはおっかなく、
      落ち着いてからやっと出来る・・・
      なのかも知れませんが、

      「おっかない場面」は
      多くの人が躊躇するからこそ
      そこを攻め込める人に「果実」が多い、という側面は
      相場の世界における「あるある」のひとつです。

      ボクシングで例えますと、
      「相手のパンチが絶対に飛んで来ないとき」
      ここを攻められれば良いのでしょうが、
      そういう場面はこっちのパンチも当てにくいですよね。

      一方で相手が打ち込んでくる際に、
      その先手をカウンターで打つことが出来たなら
      そのパンチの威力は絶大です。

      ポイントとしましては
      「動き出してからで良い」
      「ただし動き出しの初期をやる」
      ひとまずこんなところからでしょうか。

      ↑ここまで

      どうですかね?
      僕的にはこのあたりと感じましたが・・・

      また、他の方へのご回答でも
      別部分でご参考にしていただけそうなものもある気がしています。

      ※一個上の「KKSさん」のご回答も
      本件に近いような・・・

      ぜひともご確認なさってみてください。

      不足がございましたら
      遠慮なく再度メッセージをお寄せください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠!はじめて投稿します!

    今週に入り、どうも、チャートが機能しにくい相場づきで、損切りが多くなっています。

    黄緑線や、黄色線、紫線での反発がなく、ずるずる赤線まで落ちていき、ようやく少し反発というケースが多いように思います。

    仮に、黄色線、紫線で反発しても、黄緑線まで戻らず、再度反落していくような展開が多いように思います。

    苦肉の策で、紫線までは耐えて、それを割れたら、ドテンで赤線まで引っ張るようチューニングして対応してますが、、これはこれで往復ビンタ食らいそうで怖く。。

    ちなみに直近、先週の実績は、週利+15%程度ですので、平時のトレード手法的には問題無いのかなと思ってはいます。今週に入り、負けが込み不安になっております。

    なにかお知恵、ご意見を拝借できますと幸いです。

    • てんてん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >直近、先週の実績は、週利+15%程度ですので、平時のトレード手法的には問題無いのかなと思ってはいます。
      >今週に入り、負けが込み不安になっております。

      ↑直近につきましては
      そもそも「平時ではない」という側面もありますので
      テクニカルトレーダーにとって難易度が高いのは確かだと思います。

      ここのところ僕が意識しているのは
      「株式市場との連動性」です。

      東京時間をやるときは
      かねてから日経との連動性を意識していましたが、
      ここ最近はNY時間もダウとのシンクロ性を見ながらやっています。

      理由は「株式市場の方向性」のほうが
      為替のそれよりも信頼しやすいかな?との考えからです。

      で、その方向性に対し、
      タイミングを計るわけですが、
      とにかくボラがデカいですので、
      損切りが深くならぬように注意するのと、

      一方で利が乗った時には
      従来より強気で引っ張ることも多いです。

      ボラが大きい相場に対しては
      「PIPS重視」の意識を少し落とし、

      「勝つときも負けるときもそこそこデカくなりがち」
      ここに対し腹をくくり、
      損切りだけが大きくならぬよう、
      利もある程度は引っ張る、
      ただしそこに「時間帯管理」はしっかり加えるようにしています。
      (新30分直前や新1時間直前までなるべく粘る、など)

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      ※いただいたコメントを見落としてしまい、
      ご返信の順番が後回しとなってしまいました。
      どうもすみません。

  • コメント返信ありがとうございます。

    期間トレード結果を見たら
    勝率65%で1:2の割合で負けていました。(金額はお恥ずかしいものなので…w)

    負け越している事実と負け学が勝ち額の二倍ではこの勝率だとまだ上に行くことは難しそうです。

    億トレに憧れていますが、正直億にいかなくとも数十万数百万をコンスタントに稼げるよう種銭作り頑張りたいと思います。

    これは余談ですが
    肉体労働できない体である以上自分は頭を使って稼ぎ自分の存在価値を見出したくトレードをはじめました。

    いつか及川先生のようにトレード動画出せるくらいの実力をつけて稼ぎたいと思います!!

    • 車椅子のまっとん様
      こちらこそご返信ありがとうございます。

      >勝率65%で1:2の割合で負けていました。

      ↑なるほど、見ておいて良かったと思います。
      課題が明確になりますので。

      勝率65%は良い方ですので
      この水準の中で利食いを伸ばすか
      損失を抑えるかが出来ると良いですね。

      逆に言うとここが「1:1」に近づいた時点で
      無敵ロード突入になり、
      驚くほど資金増加ペースが上がりますので
      ぜひともがんばって欲しいです♪

      >肉体労働できない体である以上自分は頭を使って稼ぎ自分の存在価値を見出したくトレードをはじめました。

      ↑表現は難しいですが、
      境遇が似た人たちの「憧れ」や「目標」になるような
      そんな立場になっていただきたいなと願っています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつも素晴らしい動画ありがとうございます。最近は生徒さんへのアフターというよりも完全に一般人に講義をしているように感じますが(笑)

    コミュに参加してない身としては大変ありがたいです。 

    今日は質問がありましてコメントさせていただきました。
    私は普段NY時間だけをトレードしておりますが、基本的に私のやり方はチャート形状重視でプラス時間帯と相関や強弱を見ながらスキャル系のポジションを持つやり方をしております。
    特にシリーズの動きには敏感に反応してるつもりです。
    ところが最近円シリーズを動いていたはずが、いきなり止まりドルストで動き出していたりします。かなりハチャメチャな動きでとても困っております。
    差し当たりシリーズでポジションを持たずに1通貨ごとの取引に専念して振り回されないように対応しておりますが、師匠はそういったことはないのでしょうか?
    また、もし良い処方箋があれば是非ご教授いただければと思います。

    • ビビリな特攻隊長さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >最近円シリーズを動いていたはずが、いきなり止まりドルストで動き出していたりします。かなりハチャメチャな動きでとても困っております。
      >もし良い処方箋があれば是非ご教授いただければと思います。

      ↑最近の動画でもお話していますが
      ドル円のボラはガッツリ出ている時期は
      「ドル円のみ」でやるほうが分かりやすいことが多いです。
      なんたって世界的に注目されていますし。

      で、ドル相関の逆側として
      ユーロドルとポンドドルをユロポンを鑑みつつやる、
      みたいなほうがトレードがシンプルじゃないですかね。

      ・・・とこれを書いている今、
      ポンドもユーロも全部弱いですね(苦笑)

      仮想通貨も暴落中で、
      まぁなんとも凄い状況になりました。

      基本は戻り売りになると思いますが、
      なにせボラがデカいので
      入るタイミングには注意です。

      しっかり戻ったところ、
      あるいは「下げ」に動意づいたとこ。

      お互いがんばってまいりましょう!

  • 及川様

    いつもお世話になっております。
    TRIBEにも参加させていただいて、毎日教材を繰り返し見ながら頑張っています。
    手法を学んで勝率が上がっている方も多いようですが、
    私の場合はなかなか勝率が上がりません。
    (同じような方もいらっしゃるのでしょうか・・・)
    コツコツ負けてちょっと勝つ感じです。仕掛けが早いせいかもしれませんが、自分のベストの形を待っていると数日エントリーできないこともあります。
    多いパターンとして、
    損切確定足が大きく伸びてしまってリスクが大。
    リターン目標まで伸びずに大きく戻されリワードが小。
    ルールは守ってやっているつもりですが、
    自分でも何かがずれているんだと思います。
    その微細差がなかなかわからずに、試行錯誤を繰り返しています。
    その違いが理解できる日が来ることを信じて(笑)
    最近はロットを下げで数百円の攻防で相場の感覚をつかもうとしています。
    何かいい訓練法ってないでしょうか?

    RIONさんをはじめ、Sさんなどの記事を見るととても勇気づけられます。
    これからもあきらめないで頑張っていくつもりです。

    今後もご指導よろしくお願いします。

    • まり様
      コメントありがとうございます。

      >私の場合はなかなか勝率が上がりません。
      >損切確定足が大きく伸びてしまってリスクが大。
      リターン目標まで伸びずに大きく戻されリワードが小。

      ↑「場面」や「銘柄選択」などで
      選択の感覚が違うかなぁとの感想です。

      >何かいい訓練法ってないでしょうか?

      ↑一番の良薬は「勝つこと」ですので
      そういう意味から言いますと、

      黄緑線からではなく、
      1時間足MAタッチからやるのが良いかも知れません。

      これは多くの人に言っていますし
      僕の「鉄板5選」にも入っています。

      具体的には黄緑線と1時間足MA(青)がそれぞれ下向きのまま
      1時間足MAに到達した時点でショート。
      で、目標は黄緑線。

      黄緑線までの距離が近い場合は
      更なる下抜けを確認出来たらもっと引っ張るなど。

      ただし、場面の取捨選択が難しいようでしたら
      2つのMAの距離がある程度あるケースに絞ったほうが
      やりやすいかも知れません。

      それと、
      ご自身がやって負けたとき、
      同じ時間帯で「やってたら勝てていた銘柄」があるか?
      ここを確認してみてください。

      それをすることで
      「見方のズレ」がどこにあるか?
      大きなヒントになる可能性がありますので。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 大変お世話になっております。

    いつも親身なアドバイスありがとうございます。

    前回の及川師匠のアドバイスを受け

    私なりに朝から晩までトレードのことばかり考え
    頑張ってきました。

    TVの棒グラフがチャートに見えたり、

    夢ではレンジに悩まされたりと、、、

    私は誰に何を言われても、自分で経験して(痛い目)
    頭で理解しないのできない、、、

    本当に試行錯誤しました!

    そんな、日々を過ごしていたら、

    疲れてしまいました(笑)

    コロナの影響もあり、家に籠っていましたが、

    気分転換に外に出てたのですが、、、、

    そこで、、、やっと気がつきました。

    自分は何のためにトレードをしているのか?

    何を目指してるのか?

    どうしたいのか?

    安定した収支を出したい←これが答えでした。

    (それぞれ違ってよいんですよね??)

    結果→及川式最強という

    私のベストアンサーは及川式 +私の立場(マイスタイル=手法)

    環境認識、時間帯管理、損切、利確=自制の賜物

    どれをとっても、相場に生き残る最善の策である

    何度も何度も痛い思いをして、やっと頭で理解できました。

    師匠の仰っていた通り、

    「利確」のタイミングは難しいです。他通貨の相関、時間帯

    チャートの具合、そして自分の欲。

    ↑腹八分目ラインを的確に見分けること

    失敗して後追いしたりと、

    今までは負けたくない勝ちたいというという思いばかりが
    強く、逆にドツボにハマっていまり、、、
    時間ばかりで疲れるトレードばかりでしたが、

    すっぱり、損も切れるようになりました。

    やっと、ここまで辿り着けました。

    師匠のおかげです。ありがとうございます。

    もう初心者は卒業しても大丈夫でしょうか???

    もちろん、これからも
    高みを目指して頑張っていきたいと思っております。

    Fxismの佐藤コーチ、ヨン様、リオンさん、
    もちろん、及川師匠の動画や存在は
    孤独なトレードの世界で私の心の支え、癒し♡です。

    本当に心から感謝しております。ありがとうございます。

    及川組、皆さんの存在は私にとって宝物です。

    今後ともご指導よろしくお願い致します。

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      あ、「次回」は生放送勉強会のことですよね?
      がんばります♪

      >TVの棒グラフがチャートに見えたり、
      夢ではレンジに悩まされたりと、、、

      ↑あまり健全ではないですねぇ(苦笑)
      トレードが人生のすべて・・・みたいになって
      カラダ壊しては良くないですので
      その点はくれぐれもご注意ください^^;;

      気分転換は絶対あったほうが良いですよ♪
      あえてそういう時間も作って欲しいと思います。

      >今までは負けたくない勝ちたいというという思いばかりが
      強く、逆にドツボにハマっていまり、、、
      時間ばかりで疲れるトレードばかりでしたが、
      すっぱり、損も切れるようになりました。

      ↑勝つときも負けるときも時間をかけない。
      損切りをスパっとしちゃう。

      ここが出来るようになったのは
      大きな進歩だと思います♪

      >もう初心者は卒業しても大丈夫でしょうか???

      ↑そうですね。
      上記の2つは経験長い人の中でも
      出来てない人が多いですので
      自信持って良いかと思います^^

      >及川組、皆さんの存在は私にとって宝物です。

      ↑楽しみながら続けられるのが一番です。
      よく「トレードは命がけで!」とか
      「死ぬ気でやれ!」とか言う人がいますが
      僕はそんなんでやるから
      損切り出来ないんじゃね??って思ってます(笑)

      可能な限り「サラっ」と出来ること、
      こちらのほうが良いと思いますので
      ヘンテコな悲壮感は持たぬよう、
      お互い意識しつつがんばってまいりましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生の動画や本などで勉強させていただいているよしと申します。いつも質問に対する丁寧なご回答の方ありがとうございます。

    今回は自分のトレード手法についての質問です。始めたころは及川先生の天才チャートでトレードを行っていたのですが、試行錯誤した結果、現在はボリンジャーバンドと水平線とトレンドラインに基づくトレード手法に落ち着いている状況です。もちろん、及川先生のように押し目や戻りなどを狙っていきたいのですが、なかなかうまくいきませんでした。損切の際はたとえ損切ラインを設定していたとしても、いざそのラインを越えても損切できず「少し上の上位足まで損切ラインを引き上げよう」と最初に決めた損切幅守れずドカンと負けてしまうことが多かったのです。典型的なコツコツドカンです。(笑)このような経緯で今の手法に落ち着いています。

    自分の手法はシンプルで1時間足を主に水平線やトレンドラインを引き、そのラインで反転すると予想しトレードは5分足でやっていくスタイルです。これだとリスクリワードもよく損切ラインになり得そうなラインは1本しかなくなかなか自分の中では満足しています。ですが、やはり非合理のも無駄に損を重ねてしまうときがよくあります。それは損切の際にドテンと損切を繰り返してしまうときです。この無意味なトレードで損が膨らんでしまうので、自分的にはドテンを禁止したほうが無駄な損は増えないと思ったのでドテン禁止にしようと思っているのですが、禁止にしたらその分大きな利を失ってしまっているようでもやもやしています。

    及川先生はこの損切ライン付近での右往左往の解決策についてどうお思いでしょうか?また、ドテンをするとしても何を基準にドテンし、どこを損切ラインにするべきでしょうか?ご回答のほうよろしくお願いします!

    • よし様
      いつもコメントありがとうございます。

      >試行錯誤した結果、現在はボリンジャーバンドと水平線とトレンドラインに基づくトレード手法に落ち着いている状況です。

      ↑ご自身なりの感覚や相性もあると思いますので
      そのあたりはむしろ大切になさって欲しいと思います。

      >自分的にはドテンを禁止したほうが無駄な損は増えないと思ったのでドテン禁止にしようと思っているのですが、禁止にしたらその分大きな利を失ってしまっているようでもやもやしています。

      ↑ドテンは実際のところ「上級編」なのかも知れませんね。
      僕の中では案外シンプルで、
      まず損切りトレードの「負け方」を顧みます。

      ボラがイマイチな中で逆抜けしたとき、
      そっち側の動きこをが「相場の総意」だってケースがあり、
      そう感じた際は俄然ドテン!です。

      逆にそうではないと感じるときは
      損切りオンリーでとどめておき、
      再度同じ方向に入り直すことも少なくありません。

      言ってみれば、
      この辺の感覚が「上級編」なんでしょうね。。。

      ひとつ言えるのは
      「損切りからの即ドテン」はやめておき、
      損切りしたら必ずいったんアタマを冷やす。

      で、逆抜け側に勢いがある場合は
      ある程度の押し目戻し目で打診入りさせちゃって、
      さらにMA接近で追加・・・
      みたいなやり方を基本にすると大きく取れることが増えるはずです。

      再度元の方向に戻った際は
      そっちに強かったりしますので
      それも上記と同様に。

      早い話、
      一回一回のトレード事態はある意味基本通り!
      ってことですね。

      また僕の場合、
      「どこかでしっかり動く」
      「そこに乗れれば損失は埋められる」
      このような考えでやっています。

      文面でお伝えするのはなかなか難しいですが
      ご参考になれば幸いです。

      では引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも勉強させていただいています。
    ありがとうございます。

    たった今(23:30/03/13/2020/JAP)、やらかしました
    「コツコツドカン」の「ドカン」が起きる原因という
    素晴らしい内容のyoutube動画は当然見て肝に銘じていました

    なのに、やっちゃいました
    4時間10MAに当たりショートしました
    その上には1時間足レベルと前日安値で出来たレジサポラインがあったので
    そこに突っかかってきたらナンピン
    確定で抜けたら損切りというプランでした

    それとは別に「1発あたり20pips」もしくは「ロスカット総額」の
    2つを基本ルールに置いてロットを決めています

    エントリー後、すぐに抜かれてしまい、ナンピン後も大きく反発することなく
    抜かれてしまいました。

    師匠をマネしてボクシングに例えると、ゴングが鳴ってワンツーとジャブ出したら
    いきなりカウンター食らった感じです
    いつもなら、「ごめんよ~」って感じですぐ損切りなのですが、今回は熱くなって
    その後、もう根拠のないところでナンピンするわ、ロスカットの総額なんぞ頭から飛んでしまうわ、最後はもう追加ナンピンするのも怖く見てるだけ。
    当然、途中の押しで降りることも出来ず、自分で決めたロスカット総額の3倍をやられて退散。
    FXから退場とまではなっていませんが、十分に骨折ぐらいの傷は負いました。

    でようやく、師匠に教えてもらって実践できていたことがなぜ今回出来なかったかを考えました。 思い当たるのが2つあり、他の方にも参考になるのではと思い、恥ずかしながら告白です。

    1つ目は通貨ドル円で3月に入ってからずっとショートで稼げていました
    ましてNYダウ暴落の中、いくら介入で上げても「ほころび」が来ると、
    勝手に思い込んで、ショートの目線でしか見ていなかったため、あっという間に抵抗を抜けるほど勢いのある上昇なのに素直になれませんでした。

    2つめはこれがメンタルでは本当に大きかったのですが、
    3月に入ってから1日ベース負けなしので連勝だったんです
    チキンなので勝ちはしれていますが、450pipsぐらいは積み上げていました
    今日は調子が悪く、若干のプラスでいたところ、エントリー数分で
    マイナス。 これが素直に受け入れなくなって、どうしても勝ちで終わりたく、
    必死に食らいついてしまい、踏まれて含み損が増えていくあいだ、チャートの形より収支の損益ばかりが気になるという、なんとも初心者のようなメンタルに逆戻り。
    初めのポジションなんて20pips損切りルールなどなかったかのように、あとで計算すると100pips超えての損でした。
    結局、予定外のナンピンで保有ロットも増えて、今月プラス分も吐き出しの大マイナス。

    「損切りさえ決めておけば何をやってもいい」って言葉を胸に、怖いところも挑めたのが
    その肝の損切りが、くだらない「思い込み」や「そろばん勘定」で出来なくなるとは・・・・

    ひたすら猛省です

    お忙しいと思いますので、お返事もコメント掲載もしていただなくて大丈夫です
    もしお目に止まりましたら、師匠が損切りやドカン負けを話題とする時に
    こう言った落とし穴もあるんだと知らしめてくださいませ
    一人でFXをやっていると、「あっそれ言ってた」ってアドバイスがどれだけ窮地を救ってくれることか。
    私は何度も師匠の言葉に助けられてまだFXの世界にとどまっていれています。

    例のウィルスで日本とシンガの行き来も大変だと思います。
    ご自愛くださいませ。 長文失礼しました。 

    • マイナスジョーダン様
      まずはコメントありがとうございます。

      ここまで赤裸々に告白してくださり、
      その勇気というか心意気というか、
      とにもかくにも感謝いたします。

      手法やルールとは「まったく別」の
      しかも大きな大きな問題提起でして、
      多くの人にとって「思い当たるフシ」のあるお話だと思います。

      特にここ最近は「例の問題」で
      ボラが非常に大きくなっており、
      「普段と同じようなヤラれ方」のイメージのものが
      実数では数倍の威力となっていた点も
      要因だったかも知れませんね。

      特に目を引くのが、

      >3月に入ってから1日ベース負けなしので連勝だった
      >450pipsぐらいは積み上げていました

      ↑こういう時が逆に危ない・・・
      これは「相場の真理」ではなく、
      もはや『人間の真理』なのかも知れません。

      僕は今のような活動をする中、
      「言うのはカンタン」
      「されどやるのはとても大変」
      「特に継続することの困難さ」
      このあたりをどうお伝えするべきか、
      ここに苦慮をし続け今に至ります。

      結局は
      「実践する人の心掛け次第」なわけですが
      なんとかヒドイ目に遭う前に感じ取って欲しい・・・

      いや、もはや一度も転ばずに済ませるのが無理ならば
      せめてヒドイ目に遭う回数を激減させて欲しい。

      そういう気持ちで日々意識をしているつもりなんです。

      誰にナニを習おうとも、
      結局は「自分自身の気づき」や「覚悟」が
      モノを言う世界です。

      ここからの復活を陰ながら願っております。
      次回はスカっとするような
      心地よいご報告をお待ちしています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、いつもいつもリアルでためになる講義動画をありがとうございます。
    日々繰り返し、勉強させて頂いております。

    先月師匠に「自制」についてご相談させて頂きましたが、
    『少々マジメ過ぎではありませんか?」
    と仰って頂き、かなり目の前の霧が晴れたように思います。

    「正当な努力をしないやつは成功してはいけない」
    「真っ当な歩みをしないやつが大金を握ってはいけない」

    自分ではこれらの呪縛から解放されたつもりでおりましたが、まだまだ縛られていたことに気付かされました。

    今は、及川師匠が仰られるように「ちゃっかりした人」を自分なりに体現してみております!
    (確かに基本はマジメながらも本業では自分もそれが出来ている方の人間だと思いますし、それを部下に教えたことすらありましたw)

    それらの大きな気付きや変化から相場と冷静に向き合えるようになったからか、色々なモノがチャートから見えるようになってきたかと思います。

    しかし、見えるようになって来たからこそ『怖くてエントリーできない』という状況に陥ってしまっております。

    コロナウィルスが問題視されて以降のボラの大きな相場では特に、
    「ここチャンスだ‼️」
    「ここまで来たらエントリーしよう‼️」

    と計画するも、
    あっと言う間にそこまで達してしまい過ぎて

    「このまま勢いよく抜けてくんじゃね❓」
    「もう一本待った方がイィのでは❓」
    「こんなに戻したらもう入れないや。。。」

    と、何度も何度も利益機会を失っています。

    もちろん、これまではチャンスに見えるものにはすべて飛びついていたため勝つことも多々ありましたが、すぐに踏み上げられ我慢大会になってしまったり、勝ちが続いても結果的にはコツコツドカンを迎えておりました。

    それを考えたら微益でも毎日勝ち逃げできるようになってきている現在の方が自分には合っているのかなぁとも思います。

    リスクを取らずにFXで利益を生むなんてあり得ないことは重々理解しているつもりなのですが、「負けないことを意識し過ぎている」からか「ボラの大きさに対してロットが大きすぎるから」なのか、エントリーできないケースが増えてきていることに悩んでおります。

    とはいえ、自分には犯せないリスクであると判断したのだから、結果がどうであれスルーして正解だと考えるのか。。。

    瞬発力が足りないからなのか、経験や準備が足りないだけなのか、
    色々考えては見たものの、未だ答えが見つかりません。

    そもそもこれがイィことなのか悪いことなのかすら、自分では判断しかねている状況です。

    及川師匠ならどのようにお考えになられますでしょうか?

    どうか、ご教示下さい。

    • 戸愚呂さま
      コメントありがとうございます。

      >しかし、見えるようになって来たからこそ『怖くてエントリーできない』という状況に陥ってしまっております。

      ↑なるほど・・・
      ただしこれ「時節柄要因」かも知れませんよ。

      >コロナウィルスが問題視されて以降のボラの大きな相場では特に

      ↑はい、まさにこの部分でして、
      なんていうか「可愛げのない相場」ですからね(苦笑)

      >「負けないことを意識し過ぎている」からか「ボラの大きさに対してロットが大きすぎるから」なのか、エントリーできないケースが増えてきていることに悩んでおります。

      ↑よってここも、
      基本後者寄りではないかなと。

      もしそうだとするならば
      ある意味正常ではないでしょうかね。

      >自分には犯せないリスクであると判断したのだから、結果がどうであれスルーして正解だと考えるのか。。。

      ↑はい、まぁそういうことかと。

      なにか新しいことに取り組む際、
      それこそ会社勤めの業務にも言えますが
      例えば部下の人に対し
      「出来ないこと」はさせないですよね?

      「出来ること」
      「咀嚼出来ていること」
      これらをこなしつつ、
      徐々に応用編に繋げていくのが王道ですからね。

      そういう意味では
      分からないものを無理くりやるより
      はるかに正しい身の振りになっている、
      そう言って良いのではないでしょうか?

      そんな中、
      ここまでボラがある相場も
      普段しょっちゅう目に出来ない意味で貴重ではあります。

      であるならば、
      例えばデモ口座をひとつ作り、
      「こういう時」に対し、
      様々な実験的トレードを試してみてはいかがでしょう?

      メイン利用以外の業者でデモ口座を作れば
      MT4も同時立ち上げが出来ますので
      フレキシブルに切り替えながら
      「ここはデモなので大暴れしたる!」
      みたいにやるのも案外楽しいと思います(笑)

      ただし、せっかくやるのですから、
      「おぉ、こういう感じでやると良いのかも?」
      という経験の蓄積に繋げていただくと
      更に良いように思いますね。

      誤解を恐れずに言わせていただきますと、
      僕はやはり
      ある程度「楽しみながらやりたい」
      そう思って日々取り組んでいます。

      切羽つまった感じや
      目を血走らせながらやっても
      逆に良くない方にしか行かない気がするんですよね(苦笑)

      ・・・と、
      取り急ぎ僕からは以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    前回のこれからどう動かそうかも判断材料としているか?とのご質問に対するご回答ありがとうございました。
    先生のトレード動画は毎回欠かさず拝見してますがさすがとしか言いようがないですね!

    怖いところをやる、売り買いどっちが強いかボクシングの例えも非常に分かりやすいです。私もそこを意識しながらトレードを行なってるつもりではあるんですが。。

    更なる質問で大変恐縮なのですが、持ったらすぐ含み損になってしまう悩みに関し、
    例えば9時過ぎ、16時過ぎの円シリーズ15MA下離れや下値更新の場面を「フラグ」と認識しエントリーするのですが、その途端逆行し始め1時間MAでナンピンしてもそのまま上に突き抜け大きな損切りというパターンを毎度のよう(ほぼ毎回)に食らっています。(先生の仰る相場と噛みあってない状態です)
    また、もうダメと思って損切ると瞬く間に目標利食い場まで到達したり、逆にそういった場面が頭から離れずホールドし過ぎてロスカットされるみたいなことが続いてしまっています。(もちろん15MA、1時間MA下向きの中でです)

    今は特にボラの大きい相場なのである程度のオーバーシュートはある前提で見てますが、さすがにこれだけ続くと情けなくて仕方ありません。。
    (上記はオーバーシュートではなく明確なトレンドの逆を持ってしまってるだけだと思いますが。)

    初動に乗ろうとすると上記のような状態にハマってしまいますし、動きが出たあとの押し目等を狙っても逆行されてしまいます。
    ここまで来ると末期患者のようですが、自分の何がいけないのか全く見えない状態です。
    天にFXは向いてないと言われてるようでなりません。。

    トレードは立ち回り方というのは理解してますので、瞬時の判断がモノを言うと思いますが、
    こう言う事象はたまたま今続いてるだけであるあるなんでしょうか?
    それとも相場感やファンダメンタル、今の投資家心理など大きな何かを見落としてるのでしょうか。

    具体的なトレードをご覧頂いてるわけではないので何ともコメントしにくいと思われますが、
    何か光明となるポイントが少しでも頂けたらと思い、再度コメントさせて頂きました。

    よろしくお願い致します。

    • 兵庫のHさま
      いつもコメントありがとうございます。

      全文拝見しました。
      これはなかなかヘビーな内容ですね。。。

      正直、実際にどんなところをやっているのか
      一緒にパソコン前で見てみたいところなのですが、
      そうもいかないため、
      今僕が思うことをお話させていただきます。

      まず一点め。

      昨夜の生放送勉強会でも触れましたし、
      他の方のコメント返信でも言いましたが
      ご自身が負けた時間帯に対し、
      「他の銘柄やってたら勝てていたモノ」がないか?
      ここを洗い出してみて欲しいです。

      過去に遡るのは大変でしょうから、
      損切りした時点などのタイミングで
      「あぁ、こっちやってれば良かったのか」
      これを確認するってことです。

      これの意味は
      「エントリー前の雰囲気」と
      「その後の結果」とのギャップを埋める作業でして、
      結論的には「想定の置き方のズレ補修」を目的としています。

      僕でもいまだにしょっちゅうあるのが
      「さっき見たときにはまるでチャンスに感じなかったチャート」が
      カチャカチャとイジっているうちに
      数分後みたら「俄然チャンス」に見えることがある・・・
      このへんの感覚なんです。

      YouTube動画でも結構あるはずですよ。
      最初のシーンでは見向きもしなかったのに
      ほんの数分後に戻ってきた時点で
      「あ!これだ!」みたいなこと。

      つまり、
      「やれるのないかなぁ」と見て回るようで
      実は
      「あ!これこれ!」ってのに
      『巡り合う』みたいな感じでやれると良いって話なんです。

      女性を口説くバナシで僕はよく例えますが
      「見た目」で選ぶのではなく
      「運命的な出会い」的にビビっと来たものをやる、
      みたいな感じなんですよね。

      パっと見は好みじゃなかったのに、
      ちょっと別角度から見たら
      メッチャ魅力的だった・・・みたいな。
      分かりにくいかな(汗)

      これもつまりは
      「やりたいやりたいでやる」ではなく、
      「やってやっても良いでやる」とある意味同義です。

      もう一点は、
      やはり「方針は原則変えない」です。

      昔よく聞いた話に
      「自動売買ソフトの愚痴」がありました。

      自動売買で何度か連敗した時点で
      一度ソフトをオフにする・・・

      で、オフにした途端連勝し始めたため
      再度オンにしたら、
      今度はまた連敗、みたいな。

      これでは「負けばかりに付き合う」ことになりかねません。

      あ、自動売買を僕は一切やりませんので
      これはあくまで例えバナシではありますが、

      「融通や調整をする部分」と
      「ブレない部分」は明確に分けたほうが良いと思いますね。

      やはり『大前提』は基本変えず、
      細かいところに対し調整はする・・・

      心構え的にはこれが良いように思います。

      おそらく今後も「続く話」かと思いますが、
      取り急ぎ僕からは以上です。

      また遠慮なくコメントをお寄せください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生。
    はじめまして。
    初めてのコメントになります。
    いつも動画、ブログにて貴重なお話ありがとうございます。

    数年前、勝てなかった毎日から先生のブログと動画を見まくっていたら何となく相場と向き合えるようになり、日進月歩ですが資産形成しております。

    「私は毎日どこでもよいので必ず最低10pips以上で終わらせる。」
    という資金管理をやっておりまして、証拠金に対して〇%のリスク計算を独自にしまして資金に対してのロット数がエクセルで自動で出てきており日誌も兼ねてそれをもとに資金管理しております。
    そうすると証拠金に関係なく、毎日同じリスクでトレードできるからです。
    (負けるときもありますが、何とかプラスで終わらせるようにしてます。)

    前置き長くなりまして申し訳ないのですが、悩んでいることがあります。
    ノルマpipsを取れればそれで良いはずなのですが、大きくわかりやすい相場だと

    「もうちょっと持ってりゃよかった!」
    エントリー根拠が来ているにも関わらず恐怖で傍観して
    「ここで怖がらずに張ればよかった!」
    「取れるときは大きくとったほうが良いのではないか。。。」

    など、機会損失による感情がほぼ毎日襲ってきて自己嫌悪になります。
    負けやすい典型的な形で
    「大きく動いてから飛び乗る」
    みたいなことはしないのでそれを見ている時間、特に自己嫌悪に陥ります。

    心持ちをどう考えればよいのでしょうか。。。
    そもそもどこかでカッコ良く、大きく取ってみせるのが「トレーダー」、「資産運用」ではないような気はしているんですが、心のどこかで消せないようです。

    私は今専業トレーダーなので毎日楽しく先生の動画を拝見しております。
    昔、動画内で発する先生の言葉にどれほど救われ、
    「決めればできる」
    「今上手くいってなくても大丈夫」
    を聞いたときはトレーダーとして色々辛い時期だったのでどれほど泣いたか。
    です。(笑)
    リオンさんの誕生前の話も自分と重なり乗り換えた彼女に感動したりして。
    そう、私よく泣きます(笑)

    先生、いつも本当にありがとうございます。

    • ファルコン様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文、大変興味深く拝見させていただきました。

      「専業」でやってらっしゃる点におきまして
      大いなるリスペクトをいたしますし、
      「自己管理」「制御」の部分におきましても
      申し分ないようにお見受けしました。

      僕的には「成立している人」に対し、
      それをイジくるようなアドバイスは
      正直「恐れ多い」と思うゆえ
      どうしても慎重な物言いになりますね(汗)

      そんな中ではありますが、
      あえて「僕の直近」についてお話させてください。

      僕も基本的な考え方はファルコンさんと酷似しています。

      「まず日ベースで負けないような組み立て」
      そして「勝ち逃げ第一主義」でやっています。

      ただし、この2月と3月は
      普段の自分のアベレージに対し、
      極めて良好なプロフィットとなっているのですが
      これは一重に
      「ボラがデカい」ことに起因しています。

      とはいえ、相変わらず
      例えば直近のドル円のような
      アホみたく伸びるチャートに対しては
      まったくもって取れていません(苦笑)

      ただし、
      僕はPIPSではなく「時間帯管理」の概念もあるため、
      具体的には「新30分突入前まで」や
      「新1時間突入前まで」などの引っ張りは出来たりするんです。

      その際、チャート形状的には
      普段通りの「位置」で利食いをするとして、
      そこまでの「ボラ感」が通常の数倍あったりするため
      結果、プロフィットが普段の数倍になったりもするわけです。

      ボラの大きな相場に対し、
      PIPSメインのトレードをすると
      もったいない、というか、
      損切りトレードばかりが大きくなるリスクも増えるため、
      ある程度「勝つときも負ける時も大きめ」であることを
      あらかじめ許容する必要性も
      あって然りではないでしょうか?

      すでに「専業」の方に
      僕が言えることは正直この程度です。

      ただし、
      トレードに対する基本的なコンセプトは
      かなり近いと感じておりまして、
      その部分に関しましては
      「今後もそれを貫く、でよくないですかね?」
      このように申し上げたい気持ちです♪

      >そう、私よく泣きます(笑)

      ↑感受性の強い方、
      おそらくはクリエイティブな能力も高い方と推察いたします。

      クリエイティブな才能を
      上手にトレードに活かす・・・
      ここは僕自身、かなり意識していますので
      このあたりも共通点かも知れませんね^^

      >カッコ良く、大きく取ってみせるのが「トレーダー」、「資産運用」ではないような気はしているんですが、心のどこかで消せないようです。

      ↑いやいや、
      僕は逆だと思いますよ。

      「どんな相場でも勝てる」
      これこそが最強だと信じて
      お互い貫いてやりましょうよ♪

      専業の方からのコメントは
      とても刺激になりますし、嬉しいものです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • もう止めた!!

    こんなクソ相場ならやらん方がマシだ!

    今、マウスを破壊して廃棄物にしてやりました。

    師匠、お世話になります。初めてコメします。

    僕は昨年の2月にFXを初めて知ってから、関連書籍を買い漁り

    勉強しているさなか、師匠のYouTube動画に出会いました。

    師匠の”怒涛の感性FX”の手法に憧れ、自主トレを続けていました。

    しかしながら今日はもうどうにもなりません。

    ドル円の相場に裏切られ続け口座を飛ばしました。

    こんなことってあるのでしょうか?

    全MAの流れに沿って相場の総意に従って張った相場が、、

    自分がエントリーした瞬間、激烈な逆行。ドンピシャな逆行。。

    ”まるで誰かに見られているかのような”最近の逆行ぶり。

    「はは、そんなこと良くあるよ。まだまだ甘ちゃんだなあ」

    ベテランのトレーダーの方なら、そういうかもしれませんね。

    たかだか、○○万円程度の口座かも知れませんが、悔しいです。

    「○○万円?やっすい授業料だな…はは。これから及川式をマスターしたら何百倍にしてやるよ」

    ・・・と、強がってみても今夜はむなしい限りです。

    メンタルタフネスがまだまだ必要なのだな。。

    師匠は、僕のような発展途上の時期にメンタルを保つために工夫していたことはありますでしょうか?

    もっとも、師匠にとっては遠い遠い昔の話かとは存じますが、、

    まだまだトレーダーを諦めるつもりは断固、ありませんので、

    一言でも頂けると死ぬほどうれしいです。

    あ、ちなみに、自分の得意なパターンも判りつつあります。

    得意な形は、おっぱじまった後の戻り売りが一番わかりやすいです。

    (ただ、最近はボラがありすぎてエントリーがムズいです)

    FXを始めた当初はデモ口座で何回飛ばしたかわかりません。

    及川式を学び始めてからは、「感性は自分が直に体験しないとわからない」と考え、

    あえて、感覚でエントリー、チャートを開いた直後に直感でエントリー、酒に酔ってエントリー、時間帯無視でエントリー、方向性に従ってほったらかし…などなど。

    わざととんでもなく駄目な場面、失敗しそうな場面でエントリーをしていました(でも全力で勝つつもりでやる)。

    そのおかげで、「あ、これヤバいパターンだ」「損切しないとアホみたいに負けるな」など、

    徐々に分り始めて、勝ち逃げ出来たことも数多くありましたが、、

    それからしばらく経って、少額口座の実弾トレードを始めてみるも、口座を飛ばしまくる日々。。

    やはり難しいっすね相場は。特に昨日今日覚えたての初心者にとって。。

    もちろん時間帯や通貨の相関関係はかなり意識していて、うまくいくことも多いです(相関を意識するあまり訳が解らなくなることもあります)。

    余談ですが、デイトレ大百科と数々の師匠の動画は、毎日欠かさずこの1年間見てまして、熱しやすく冷めやすい僕にとってはかつていない入れ込みぶりです。

    大事な教訓(及川語録)&自分が感じたことはノートに書き留めて、いつかは師匠の完コピしたいと思っております。

    以下、ノートから抜粋。

    ・シリーズで揃っているものをやれ!
    ・得意な場面だけやれ!
    ・勝ちにこだわれ!負けている場合ではない!
    ・とんでもない勝ちは見ることはない。とんでもない負けをなくせ!
    ・わからない相場に手を出すな!
    ・方向性に自信があるなら胆力を持て!
    ・経済指標を忘れるな!
    ・当日の収支がプラスなら余計なトレードはするな!
    ・仕掛けが早すぎる!しっかり待て!なんならやらなくてもよい!
    ・勝ちながら、より勝てるための研究をしろ!
    ・執着しない、自己制御!

    上記はほんの一部ですが、
    何か間違っていたリ、足りないものがあったらアドバイスいただけると嬉しいです。。

    以上、
    なんとも取り留めもないストレス発散みたいな書き込みになってしまいましたが、

    これからもどうぞよろしくお願いいたします。失礼しました。

    • よしむー様
      コメントありがとうございます。

      なんでしょう、
      小説のような書き出しで
      思わず引き込まれてしまいました。

      もっとも内容自体はシビアなので
      ちょっと困惑しておりますが(汗)

      >師匠は、僕のような発展途上の時期にメンタルを保つために工夫していたことはありますでしょうか?

      ↑最近、このようなご質問がやたら多いんですが、
      ボラのデカさに対し、戸惑ってらっしゃる、とか、
      実際に大きな損失になってしまった人が多いのでしょうね。。。

      みなさんから見て、
      僕がどう映っているのかは分かりませんが
      僕なぞ、いたって「ありきたりな人間」でして、
      つまり、感じる痛みや悔しさなど
      なんら違いはありませんでしたよ。

      大きな損切り後にマウスをぶん投げ、
      何度壊したことか・・・
      負けた腹いせで壁をグーで殴ったものの
      拳をしこため痛め余計に泣けて来たり・・・などなど。

      そういう苦い経験を
      あるいは多くの人たち以上に
      繰り返しして来たのでは?とすら思っています。

      で、そんなときの対処法なのですが、、、
      「とにかく休む!」です。
      がっかりされるかも知れませんが
      まさにこのままですので仕方ありません(汗)

      アタマに血が昇ったまま
      次のトレードをやることで
      さらなるドツボにハマった経験も当然あるわけで、
      そうなった際「いったん休む」
      「別のことやって気分を入れ替える」
      これ以外に出来ることなど逆にないと思うんです。

      「もう二度と相場なんかやらん!」
      極論、このくらいの勢いで休んだこともありますが、
      けど、数日もすれば再びチャートを観てる僕がいて(苦笑)

      それが「人間」とでも言いますか、
      結局「相場が好き」とでも言いますか。

      ただし「続けたい!」と本気で思うなら
      相応の自制はせよ!

      何度も腹立つ自分を経験して
      その後至る「結論」も
      多くの人となんら変わりなどないって話なわけです。

      ノートからの抜粋項目、拝見しました。
      な~んにも言うことなどありません。
      充分すぎるくらいご理解なさっていると思います。

      ここまで来るともはや
      「アタマとカラダに染み込み待ち」
      そんなレベルじゃないでしょうか。

      強いて付け加えるとするならば
      『損切りは恥ではない!』
      『むしろ損切りを出来た自分を褒めよう』

      それと、
      『自分のポジションに執着してはならぬ!』
      『常に“今からやるならどっち?”をクールに観れる自分でいよう』

      さらには
      『トレードごときでメンタル壊してはならぬ!』
      『こんなもんは自分の人生の中の“ほんの一部”でしかない!』

      取り急ぎ僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちは。
    前回30万から3営業日で200万少しまで増やせたご報告をしました。
    その後、このまま500万、いや1千万!と息巻きそうになりましたが、一旦冷静になろうと元手の30万だけ残して170万出金しました。そこからまた30万を1日で80万まで増やせましたが、翌日に全部飛ばしてしまいました。悔しい気持ちももちろんありますが、やはり出金しておいて良かったという気持ちが大きいです。
    80万飛ばした要因は、ローソク足が損切り位置を割ったにも関わらず、必ず戻るという根拠の無い思い込み&無限ナンピンです。なんともお恥ずかしい話です。
    なんとかこの耐えようとし過ぎる性格を治そうと思い、FXに全く興味の無いパートナーに相談し、自分のトレードルール(損切り位置や利確位置、ショット数、lot、1日の目標利益、許容損失)を説明し、自分がトレードしている際に近くにいて貰う事を頼みました。
    そこから、なんかショット数多くない?赤い数字が50pipsとかなってるけど大丈夫?青いカクカク線超えたら切るって言ってなかった?今日の目標行ってるのにまだやるの?など細かくチェックが入ります。自分で頼んでおきながら既にうるさいなぁという気持ちが勝っておりますが、見られる事で下手なエントリーや無謀なナンピンは出来ないという気持ちから、少しコツコツドカンが減って来た気がします笑
    我ながら情けない矯正の仕方ですが、考え抜いた結果のやり方なのでとにかくやってみます。
    いつも応援しています。それではまた。

    • アクミク様
      コメントありがとうございます。

      >前回30万から3営業日で200万少しまで増やせたご報告をしました。
      >一旦冷静になろうと元手の30万だけ残して170万出金
      >そこからまた30万を1日で80万まで増やせましたが、翌日に全部飛ばしてしまいました。

      ↑ってことは、トータルでは全然プラスですね?
      出金・・・しておいて良かったですね。

      >FXに全く興味の無いパートナーに相談
      >なんかショット数多くない?
      >赤い数字が50pipsとかなってるけど大丈夫?
      >青いカクカク線超えたら切るって言ってなかった?
      >今日の目標行ってるのにまだやるの?

      ↑これは!!!
      実に素晴らしい試みではないでしょうか。
      俄然支持したいですね♪

      他人様ではこうはいかないと思いますが、
      パートナーさんであれば、
      根っこの部分で信頼もあるでしょうし、
      パートナーさんもその信頼に基づいて遠慮なく発言出来ますもんね。

      「情けない」などトンでもない!
      個人的には最強の管理法だと思いますよ。

      そうやってご夫婦(かな?)で共に築いた資金は
      ご両人の共同作業による成果として
      大変意味深いモノになるのではないでしょうか。

      久しぶりに
      ハートウォーミングなお話に触れさせていただきました。

      ぜひとも引き続き仲良く、
      ま、たまにはケンカなどもあるかも知れませんが、
      それすら「信頼の絆」の証として
      引き続きがんばっていただきたいと思います。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 早速のご返信ありがとうございます。
    先生にそう言って頂けると勇気が出ます笑
    エントリー前にパートナー(彼女です)にその根拠を説明する事で自然と先生のおっしゃる『やってやってもいいよ』という場面を選べている気がして、アウトプット効果を感じております。
    僕の欲を抑える役目を負ってくれているパートナーに恩返しする為にも引き続き謙虚に頑張ります。
    それでは、ありがとうございます!

    • アクミクさま
      >早速のご返信ありがとうございます。

      ↑いえいえ、こちらこそありがとうございます^^

      >エントリー前にパートナー(彼女です)にその根拠を説明する事で自然と先生のおっしゃる『やってやってもいいよ』という場面を選べている気がして、アウトプット効果を感じております。

      ↑大変良い試みだなぁってあらためて思います。
      あ、、、「彼女」でしたか^^;;
      なおさら素晴らしいじゃないですか♪

      素敵なお付き合い、
      ぜひとも大切になさって欲しいと思います。

      それでは、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、前回のブログコメントのご返信、誠にありがとうございます。
    「日払いバイト」の感覚的なお話で日々の連続性を絶つ。自分の頭の中にスーっと入ってきました。
    モヤモヤしながら考えていたことを先生に言われて一気に鎖で巻き付けられた状態から解き放たれたイメージです。
    簡単に言うと
    「早くお金を取り戻したい!」
    という思考から
    「明日もトレード出来る権利を得る」
    ために”今”出来る最善の策は何か?
    というマインドを取り戻せる事が出来ました。
    なので3月は不安定な相場状態ですが調子よく来ていますなんて報告しちゃうと日々の連続性が再び発生してまたドカンと行きかねないので今の所は無事で来ていますとだけご報告しておきます。
    こんな素性もわからない僕なんかの為に貴重な時間を割いてのアドバイスを頂けたこと心より感謝します。

    • 戒めを込めて”千里の道も一歩から”様
      コメントありがとうございます。

      >モヤモヤしながら考えていたことを先生に言われて一気に鎖で巻き付けられた状態から解き放たれたイメージです。

      ↑なら良かったです^^

      実際問題、
      どんなに「昨日まで良い成績」だったとしても
      ちょっとしたことで「今日」すべてを失う可能性もある世界です。

      ここは何年やってても同じでして、
      つまり僕もそうだって話なんですよね(苦笑)

      >3月は不安定な相場状態ですが調子よく来ています
      >今の所は無事で来ていますとだけご報告しておきます。

      ↑了解しました(笑)

      デイトレはある種「職人」の世界でもあります。
      資金がどんだけ増えようとも、
      それこそ減ろうとも、
      今日やることは同じ・・・

      ちっとも派手ではなく、
      それこそ、相場をやってない人から見たら
      「え!そんなに地味な感じなの?」
      「もっと華やかな世界だと思ってた」
      こんな感じでちょうど良いように思っています。

      お互い地味にコツコツ
      継続してまいりましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、おはようございます。
    毎度2時くらいには目覚めてしまう(笑)
    そんな早寝早起きのわたしです。

    いつも思うのですが、例えばピンク線が
    押し目になるか、ならないかの見極めが、
    わからないのですが、どんな条件がありますか?

    ザックリしてるとは思いますが、
    押し目になったり、戻りの場面がわかりません。

    ピンク線で押し目になったり、
    黄色線で押し目になる違いは、
    何なのでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    • ウサギ7さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >毎度2時くらいには目覚めてしまう(笑)
      そんな早寝早起きのわたしです。

      ↑ていうか、何時に寝てるんですか?(笑)

      >例えばピンク線が
      押し目になるか、ならないかの見極めが、
      わからないのですが、どんな条件がありますか?

      ↑一言で言えば「強弱の違い」となりますが、
      ちょっと気になるのは
      「チャート形状の条件」ばかりを気にされている部分です。

      同じようなチャート形状であっても
      時間帯や、該当通貨の「今の状況」などから
      強弱判断は変わって来ます。

      まずはそっちを確認した上での「形状」
      この順番が良いと思います。

      このあたりを詳細にお伝えするよう
      心掛けたのがデイトレ大百科でもありますので
      お手元にある場合はぜひともご確認お願いいたします。

      それではいったん失礼いたします。

  • 及川先生、こんにちは

    先生の動画を印刷し、それぞれの動画を「逆張り」「順張り」「レジサポ転換」などに分けてプロファイルして勉強することで、この一週間で少しずつトレードで勝てるようになってきました。
    (と言いましても、初めて入金した50万円を吹っ飛ばしてしまったので、今はまだデモトレードをしていますが)

    ただ、その勝ち方に対して質問があります。
    私は0.2ロットでトレードして、3千円でも利が乗れば利確し、一日平均1万~3万円の収益を得るようにしています。
    つまり、ロウソク足一本が終わり切らないうちに決済をしてしまいます。
    確かにそれで利は得ているのですが、その後、勉強のためにさらに私が望んだ方へトレードが伸びるかどうか監視したところ、
    15分ほど経った後、私が思った方へトレードが伸びることは五分五分です。

    この勝ち方は正しいのでしょうか?

    つまり、5分以内のスキャルとして、今は確かに利を得ています。
    (利確の仕方も自分なりの根拠があります。例えば水平線まで、とか。
    水平線まで届かなくても、自分が「この利を確保したい」という額まで到達したら
    水平線まで届かなくても決済、などです)

    しかし、15分のスキャルピングトレードとして考えたら、私のトレードは負ける時も多いです。
    今まで勝てているのはただ私の運が良いだけなのか、それとも5分のトレードで利を得るトレードでも「勝てているトレード」と判断していいのか、
    及川先生はどうお思いになりますか? 抽象的でわかりにくいと思いますが、どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

    • しばま様
      コメントありがとうございます。

      >勝ち方に対して質問があります。
      >ロウソク足一本が終わり切らないうちに決済をしてしまいます。
      >15分ほど経った後、私が思った方へトレードが伸びることは五分五分です。
      この勝ち方は正しいのでしょうか?

      ↑スキャルに徹して、という主旨ならば
      少なくとも間違いではないと思います。

      ただし、先々のことを考えてや、
      もう少し「伸びるべきところを見極めた上で出来るようになりたい」
      こういうテーマや課題があるとしたら
      点検や修正の余地はあるかも知れませんね。

      例えば僕の場合ですが、
      実際の勝率は平常時で大体70%強ですが、
      この中には今回話題になっているような
      「そのまま保有していたら負けていた」もたくさん含まれています。

      これっていうのは
      「ある程度伸びると見込んで入ったものの
      そうでもなさそうで、
      そうでもない時は逆に危ない」

      ゆえに薄利やチャラで逃げた場面も
      相応に多いってことなんです。

      もう少し踏み込んで言いますと、
      スキャルよりは長めに保有するつもりだったポジションが
      結果的にスキャル的で終わった・・・となります。

      これって要するに
      しばまさんの話と同じではないでしょうか?

      短期デイトレの場合、
      こういう展開が増えるのは
      仕方ない、というのが僕の考えです。

      ここを「もっと安全に」とすると
      エントリーチャンスが極端に減ってしまうかも知れず、
      「随時対応」が可能な人であれば
      「まずは入り、その後の展開には相応の対応を取る」
      これで良いと僕は思っている次第です。

      ちなみに、

      >15分ほど経った後、私が思った方へトレードが伸びることは五分五分です。

      ↑こちらの「伸びた方」と「伸びなかった方」
      あるいは「逆に伸びた方」などを区分けし、
      それぞれなぜそうなったか?を検証分析すると
      相場への理解度が格段に上がると想像します。

      可能であればお試しになってみてください。

  • 及川師匠、こんにちは!
    度々の質問で申し訳ございませんが、
    本日3月16日の14時30分の、
    超パーフェクトオーダーでロングしてみたのですが、
    逆行してしまい、その後、ショートで往復ビンタ喰らいました。

    超パーフェクトオーダーでも、
    入っていい箇所と、ダメな箇所の
    違いを教えてください。

    また何か、及川師匠の動画、
    講義を含めて観たらわかるぞっていうものが
    あれば、ぜひ教えてください。

    よろしくお願い致します。

    • ウサギ7様
      たまたま返信中だったので
      すぐに観れました。

      >本日3月16日の14時30分の、
      超パーフェクトオーダーでロング

      ↑ロング??ですか?
      どの通貨ペアでしょう?
      僕が確認した限りでは
      該当する通貨ペアが見つからないですね。

      あと「14時半」は
      すでに東京時間の店じまい的な時間帯でして
      テクニカルがアテになりにくい・・・
      これも割とアチコチでいつも言ってるんですけどね(汗)

      ウサギ7さんは
      チャート形状以外の要素も
      確認するクセをつけられると良いように感じます。

      1.今何時か?
      →テクニカルが「人が多い時」のほうが効きやすい
      ※主に各市場の午前中

      2.個別チャート形状にプラスして
       通貨の強弱は確認出来ているか?

      3.シリーズで揃って動いている場合は信頼性がより高いが
       そうでない場合はその分低い

      などなど。

      これらの状況が良い時に
      その上で個別チャート形状が整っている場合が
      トレード精度の高まる時だと僕は思っています。

      これらの項目はひとつの動画ではなく
      それぞれをテーマにお話をしていますので
      「この動画見て!」という一個はないかなと。。。

      デイトレ大百科を一通り確認していただくと
      ほとんど網羅出来ているはずなんですが。

      あ、もしお持ちでない場合も
      過去のYouTube動画では一通り実演出来ているはずです。
      なにせ5年以上やってますので。

      「あ、あの動画だと分かりやすいかも!」ってのを
      もし、思い出せたらお教えしますね。

  • こんにちは。相変わらず勝てません。天才チャートを基でのテクニカル分析であれば収益化はカタイと思っておりましたが、ここ直近の溶かし率は100%で天才チャートに出会ってからの損失は大きくなってしまい60万を超えてしまいました。どうしても青線で反発すると思えば抜けて損失膨大ですし、緑線でも同様ですし、4時間MAですら抜けるなど、もう全く自信がありません。しかし、天才チャートはトレンドが見やすいので重宝しており、緑線と青線の距離が狭い時の下落トレンドは勝てる自信がありますが中々出会わせてくれません。過去のチャートを見返して研究する日々ですが、一度たりとも収益化になった週がありませんので月額も最悪です。本当にお先真っ暗の状態で途方に暮れております。こんな良いインジを上手く使えず、また、デイトレ大百科の内容も吸収出来てないんだと思います、結果が全く出せないので。もうすこし頑張ってみます。ここまで来て後戻りできませんし。再度、デイトレ大百科を見返して、何か見逃していないか?を確認します。

    • あんちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ここ直近の溶かし率は100%

      ↑ここまで悪いとなると
      ちょっと内容を確認したくなりますね(汗)
      ボラの大きな相場ですので
      PIPS的な含み損は普段より多めに取る必要はありますが
      そもそも方向性が違っていた場合、
      ボラが大きいことでむしろ損失がダイレクトに増えます。

      果たして本当に方向性が合っていないのか?
      それともなんらかの「見方」がズレているのか?
      そういった部分は点検したいところです。

      差支えなければ
      「ある一日」のトレード内容をお教えください。

      1.通貨ペア
      2.エントリー時間
      3.決済時間

      これが分かれば僕の方で見てみます。

  • 先生。
    お世話になります。ファルコンです。

    先日、「機会損失への心の持ち方」に際して質問させていただきました。
    アドバイス、本当にありがとうございます。

    先生のいつもおっしゃっている「30分刻みの意識」をテクニカル分析として検証、研究、実弾で相場を見てみました。
    結果、かなり意識されていて上手くいきました。

    心理学的に「人は我慢も攻めも集中力は30分ぐらいが限界」らしく意識されているのはそういうトレーダーが多いのかなと思います。
    要は30分ぐらいまではエントリー時のテクニカルは結構な確率で効くが、30分経つとそのまま伸ばすかリバーサルするかの5分5分へと確率が変化していくのかなと考えています。

    実際、〇時00分前にテクニカル的に綺麗に戻り売ったのですが、17分ぐらいで反転の兆しをみせて目標前で利確したほうが良いのか?と迷うぐらいまで陽線が出ましたが、29分までその方向に伸び続け到達点で利確、30分過ぎにもみ合いになり伸びなくなりました。
    そのあとリバーサルしたものもあれば伸びたものもありました。
    いわゆる上記の「確率論」なのかなと感じました。
    毎日確実に利を伸ばして最悪でもトントンを目指す中ではとても意識しておいたほうが良い理論だと感じました。「機会損失」への嫌悪感もなんだか気にならなくなってきました。
    本当にありがとうございます。

    そして、先日の先生のコメントの返信内容なのですが、私が専業トレーダーになれたのは先生のおかげなのです。
    専業になる前は下世話な話ですが月3桁ぐらいの利益の仕事をしてましたが、
    「平行してやるか、きっぱり覚悟決めてやるか」
    で、私は覚悟を決めました。
    辛いとき後戻りも頭をよぎりましたが、どの仕事もそんな数日や数か月で上手くできるわけないんですよねw
    そう思い毎日勉強したりして今に至ります。
    そう、先生はまさに救世主なのです^^

    それと私芸術職を30年以上やってきてました。
    さすがです。文章から見抜いておられたのですねw

    それと最近はボラが半端ではないのと平常の相場ではないので、pipsで損切計算すると簡単に引っかかってそして予想通りの方向へ行く展開となりやすいですね。
    エントリーの位置がとても重要で平常時以上にシビアになることでなんとか乗り越えてます。「今はとりあえず売ってりゃ良い」となるわけもなくw
    はやく平常相場に戻って欲しいものですw

    コメント返信、お忙しい中ありがとうございます。
    先生のお人柄にいつも感銘を受け、人にとって本当に大事な事とは?と考えさせられ、日々人間力も向上させるように努めております。
    いつもありがとうございます。

    • ファルコン様
      コメントありがとうございます。

      >心理学的に「人は我慢も攻めも集中力は30分ぐらいが限界」らしく

      ↑僕はこの手の専門ではありませんが
      集中力の持続時間に関しては実感としてその通りなイメージです。

      >私が専業トレーダーになれたのは先生のおかげなのです。

      ↑ありがたいような、責任感じるような、
      ちょっと複雑な気持ちもありますが^^;;

      >専業になる前は下世話な話ですが月3桁ぐらいの利益の仕事をしてました
      >「平行してやるか、きっぱり覚悟決めてやるか」
      で、私は覚悟を決めました。

      ↑ほほぉ、これは凄い(汗)
      ぜひともその選択が正しいものであったと
      ご自身にて証明なさっていただきたいですね。

      >最近はボラが半端ではないのと平常の相場ではないので、pipsで損切計算すると簡単に引っかかってそして予想通りの方向へ行く展開となりやすいですね。

      ↑ここも同意見です。
      PIPSで損切り管理してしまうと
      ちょっとのブレですぐに引っかかってしまいますので
      僕自身、途中の含み損の「額面」は平時よりかなり多めです。
      (その代わり、結果利食い額も普段以上ですが)

      >先生のお人柄にいつも感銘を受け、人にとって本当に大事な事とは?と考えさせられ、日々人間力も向上させるように努めております。

      ↑いやいやいや、、、
      そんなくすぐったいことを言われてしまいますと
      一杯ごちそうしたくなっちゃいます(笑)

      嬉しいメッセージをいつもありがとうございます。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんこんにちは!

    コロナウイルスのせいなのか?原因は何であれ、最近の荒波に飲まれて爆損しました。

    只今、全てのトレードをストップし、リアルタイムで動いているチャートも開かず、過去の自分のトレードの振り返りと、及川さんのYouTube動画を見直してルールの再構築をしております。

    そこで、ストップロスの置き方についてアドバイスいただけますか??

    例えば、1時間足MAファーストタッチでエントリーの場合、1時間足MA上抜けで損切り
    と言うルールになりやすいかと思います。
    その場合、ストップロスの位置を1時間足MAのすぐ上に置いておくと、割と高確率で切られます。
    そして、髭になって戻って行く
    これを回避しようとすると、ストップロスをMAより少々上に持って行くしか思いつきません。
    ですが、そうすると、ストップにかかる頃には損失が大きくなってしまいます。
    特に最近のボラティリティだと損失額もpipsもさらに大きくなります。
    ですが、MA上抜けの髭を確認した後にエントリーしようとすると、今度は逆にエントリーチャンスがかなり少なくなってしまい困っております。

    どのような対策が効果的でしょうか?

    やはり、ストップロスは最終安全装置として少し遠めに置いておき、MA上抜けでの損切りは確定足を見て手で切るのが効果的でしょうか?

    お忙しい中とは思いますが、よろしくお願いいたします。

    • いちばりき様
      コメントありがとうございます。

      >コロナウイルスのせいなのか?原因は何であれ、最近の荒波に飲まれて爆損

      ↑そうでしたか・・・

      >ストップロスの置き方についてアドバイスいただけますか??

      ↑なるほど、
      確かにボラがいちいちデカい今の相場では
      MAからの「距離感」は難しいでしょうね。

      僕の場合を言いますと、
      普段からあまりストップの位置は気にしておらず、
      プロコンを使っての時は
      むしろかなり先の方にストップをズラしておいたりします。

      これは「自分の手で切る」という主旨からなのですが、
      僕の場合、やはり該当の個別銘柄の動向だけで決めることは少なくて、
      例えば「ポンド円」であるならば
      「ドル円」「ポンドドル」「ユロポン」も見ながら
      強弱感を判断するようにやっているんです。

      この場合ですと
      例えばショートをしたポンド円に対し、
      ドル円が上げ基調だったら損切りは浅め(早め)に決断しますし
      ポンドドルと共に上昇基調っぽいと見えた場合も同様です。

      一方、上記の逆の場合であれば
      「より損失が大きくなろうとも少々ハラくくって耐える」
      このような決断をするイメージなんですよね。

      つまり、チャート形状も大切ではある中、
      「オレが今保有しているポジションについては
      保有後の状況変化を鑑みつつも
      耐えるかそうしないか、そのものを決断する!」

      このような概念で僕はやっているわけです。

      理由は
      「どうせすべての責任は自分にある」からです(苦笑)

      ちょっと漠然としているようで申し訳ないのですが、
      「ハラくくって耐える」と決めた際に
      そんな僕を嘲笑うかのように「あれよあれよ」と逆に伸びるとき、
      僕は少々遅れてでもドテンし、
      ドテン後の押し目(つまり含み損再び)の段階で追撃したりしますね。

      あ、この追撃の場合、
      追撃ポジションが割と即座にプラ転するかどうかは要確認ですが。。。

      もちろんそれをやって大きく負ける時もなくはないですが
      「相場の特性」的にはこのほうが1勝1敗で大きく勝てることが多いです。

      追記しますが
      逆抜け時のドテンの際は
      言うまでもなく「シリーズ揃いで強い状況」であることは必須です。
      ※ポンドシリーズや円シリーズ

      それと、
      例えばドル円が上げててユロポンが下げ転換的動きになっててと、
      そんな中でのポンドドルをロング!であることが望ましいので
      その点もご了承のほど。

      どの動画かは思い出せませんが
      僕のYouTube動画でドテンしているやつを見つけたら
      上記部分のあたりをご注目しつつ再視聴なさってみてください。

      直接なご回答でなく恐縮ですが、
      おそらくはこのご回答のほうが
      今後に繋がると思いました。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先、初メッセージですm(__)m

    いつもYouTube拝見させていただいてます。
    赤い本もトレード用モニターの下にいつも置いてあります(笑)

    YouTubeなどで通貨ペアを切替ながらどちらが強い弱いとお話ししておりますが、
    もちろん私も明確にトレンドが出ていればわかりますし、今現在の時間に近いローソク足の色の多さやMAの方向などで何となく判断しております。
    ですが、レンジというわけでもないのですが、どうも判断が難しいチャート形状といいますか・・・

    お忙しいと思いますので、簡単な強い弱いなどの相関関係ポイント教えていただけら幸いです。(ポイント一言、二言で構いませんm(__)m)

    • ビギナー様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >いつもYouTube拝見させていただいてます。
      赤い本もトレード用モニターの下にいつも置いてあります(笑)

      ↑大変光栄です!
      本当にありがとうございますm(_ _)m

      >簡単な強い弱いなどの相関関係ポイント教えていただけら幸いです。

      ↑直近相場ではドル円そのものにボラがあるので
      ドル円をトレードする機会も多い僕なのですが、
      普段、というか平時というか、
      ドル円にボラが出ない時については
      「ドル円」と「ユロポン」を強弱感を判断する銘柄と位置付けてやっています。

      まず「ユロポン」を見て、
      同銘柄が上昇トレンド状態であれば
      ・ユーロが強い、またはポンドが弱い
      ・ユーロもポンドも強くてユーロがより強い
      ・ユーロもポンドも弱くてポンドがより弱い

      この中のどれだろう??って感じで
      各通貨ペアのチャートを観ていきます。

      で、例えば「ポンドが弱い」だった場合、
      次にドル円を見ます。

      ドル円が上げ基調な形状だった場合は
      「ポンドドルのショート」が出来ないか?
      個別チャートを確認・・・

      基本はこのような流れです。

      ただし、上記の見方ですと
      すでにだいぶ下がってたりもしますので
      そこからがアレンジとなります。

      例えばドル円は上げ基調チャートではあるが
      そろそろヘタって来てもおかしくないと思えば
      ポンド円のショートも視野に入れたり、
      ドル円がとても強い場合であれば
      ユーロドルのショートも視野に入れます。
      (ドル相関&出遅れ銘柄としてです)

      文面だとなかなか分かりにくいかも知れませんが
      上記を踏まえた上で
      僕のYouTube動画をご覧いただきますと、
      理解が深まって来るはずです。

      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、こんにちは!
    シンガポールから出られなくなったということで、
    大変ですね。

    わたしも、熱が出まして、
    コロナを心配してましたが、
    2日で熱が下がったので何とか風邪で終わったのかなと・・・

    さて、今日はブログを貼り付けておくので
    ご回答をお願いしたいのですが・・・

    直近安値に水平線を引き、
    1本での実態割れをしたので、
    ショートエントリーしたら、
    なぜか逆行してしまいました。

    ポンド円です。
    時間は、確か16時57分とかだったと思います。

    自力解決ができないと思ったので、
    ブログを載せておきましたので、
    もし原因がわかれば教えてください。

    前回の回答も、印刷しておきました!
    本当にありがとうございます。

    お忙しいとは思いますが、
    よろしくお願いいたします。

    • ウサギ7様
      いつもコメントありがとうございます。

      >シンガポールから出られなくなったということで、
      大変ですね。

      ↑そうなんです。
      ちょうど今夜(18日)の夜便で帰国予定だったのですが
      フライトチケットを捨てることになりました(苦笑)

      >直近安値に水平線を引き、
      1本での実態割れをしたので、
      ショートエントリーしたら、
      なぜか逆行してしまいました。

      ↑ブログ、拝見しました。
      ていうか、各種チャートも確認しました。

      この時間、上げ基調のドル円の押し目と合致していますので
      ドル円の上昇に引っ張られて
      円シリーズのポンド円も上昇した感じに見えますね。

      ドル円が上げ基調であれば
      「ポンドドル」のショートのほうが良いことになりますが、
      この時点のポンドドルはMAよりかなり下にいましたので
      こっちもまぁやれません。

      ただし!
      ここからが重要なのですが、
      ポンドドルが17時35分あたりで黄緑線付近に接近し
      その後再下落。

      同じタイミングで
      ポンド円も上げ止まって下げ転換しています。

      つまり、
      「ポンド」が弱かったのは確かだが、
      ドル円が強い状況での「ポンド円売り」よりも
      ドル相関逆側の「ポンドドルの売りタイミング」で売るほうが
      勝算は高く、また比較的楽に勝てる、という結果となった。。。

      ポンド円も結局は下げているので
      ショート自体は間違いではないわけですが
      その「タイミング」を計るうえで
      ドル円とポンドドルの位置関係は重要だという話です。

      ここ・・・
      「かなり重要」ですので
      どうかしっかりご自身でも確認なさってみてください。

      デイトレは
      「方向性」と『タイミング』ですので。

      そういえば
      「和歌山のMさん」がコメントしてくださってますね。
      少々手厳しい感じのようですが
      僕にはかなり「愛情」を感じるメッセージと取れました。

      僕の返信と併せ、
      ぜひとも復習なさって欲しいと思います。

  • はじめまして。
    初めてコメントさせていただきます。
    ハセガワです。
    YouTubeの動画、デイトレ大百科を勉強させていただいてます。
    及川さんのFXトレードには驚かされるばかりで参考にしたくても天と地の差でそんな簡単には追いつく事などできないなと思って必死に取り組ませていただいてます。
    ここで質問の本題なのですが、相関、逆相関の話です。相場の強弱がどうも判断が難しく動画を何度も繰り返しみていて、観ながら一緒に相場と照らし合わせるとなんとなくこうなんだろうなとわかるのですが、実際に判断しエントリーしてみようとなるとボラティリティにも乗れず、弱い相場で逆行くらって爆死する事がほとんどです。
    相場の強弱なら判断方法はハッキリ言って
    苦手な分野だとわかりました。
    ですが、がんばって習得したいと思ってがんばっています。
    クロス円、ドラスト、ユロポンでの判断で揃って動いてる相場だとそっちの方向にエントリーすると勝ちやすいはわかるのですが、ドルが上げ、又は下げ、ユーロ円ポンド円が下がっていたら、ユロドル、ポンドルが普通の強さだとかこんがらがって、ん?となってしまいます。
    そこらへんもっとわかりやすく解説がほしいです。
    お願いします。

    • ハセガワ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >質問の本題なのですが、相関、逆相関の話です。相場の強弱がどうも判断が難しく

      ↑ちょうど先ほど、
      別の方に同じ内容のご返答をしました。

      コピペで恐縮ですが
      ぜひともご確認ください。

      ↓ここから

      直近相場ではドル円そのものにボラがあるので
      ドル円をトレードする機会も多い僕なのですが、

      普段、というか平時というか、
      ドル円にボラが出ない時については
      「ドル円」と「ユロポン」を強弱感を判断する銘柄と位置付けてやっています。

      まず「ユロポン」を見て、
      同銘柄が上昇トレンド状態であれば

      ・ユーロが強い、またはポンドが弱い
      ・ユーロもポンドも強くてユーロがより強い
      ・ユーロもポンドも弱くてポンドがより弱い

      この中のどれだろう??って感じで
      各通貨ペアのチャートを観ていきます。

      で、例えば「ポンドが弱い」だった場合、
      次にドル円を見ます。

      ドル円が上げ基調な形状だった場合は
      「ポンドドルのショート」が出来ないか?
      個別チャートを確認・・・
      基本はこのような流れです。

      ただし、上記の見方ですと
      すでにだいぶ下がってたりもしますので
      そこからがアレンジとなります。

      例えばドル円は上げ基調チャートではあるが
      そろそろヘタって来てもおかしくないと思えば
      ポンド円のショートも視野に入れたり、
      ドル円がとても強い場合であれば
      ユーロドルのショートも視野に入れます。
      (ドル相関&出遅れ銘柄としてです)

      ↑ここまで

      文面ですと
      ますますややこしい感じかと思いますが
      一度アタマで理解できると
      その後は「慣れ」の世界だと思います。

      上記の流れが把握できましたら、
      主役の通貨ペアを変えながら
      それぞれの答え合わせをなさってみると良いかと思います。

      で、その後僕のYouTube動画にて
      現場の立ち回りを参考になさっていただけますと
      理解は一気に進むはずです。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生。
    お疲れ様です。

    先生のトレードの腕前も然り、僕が見るに回答に悩むような相談者の悩みや質問への親切な対応には尊敬しかありません。

    僕はゴールドをメインでトレードしていたのですが値動きが激しすぎるので今はドル、円、ユーロ、ポンド、オージーを監視しトレードしています。
    自制が出来るようになったのか、まだ2日連続ですが30ピップスの勝ち逃げに成功しています。

    僕の質問&悩みですが、
    ①この荒れ相場だからこそチキンヒーローの僕でも30ピップスを取れているのでしょうが、相場が落ち着いたら、10ピップス取るのも苦労させられた挙げ句ロットを上げる勇気がないのでプロフィットが不安です。
    (先生に「大丈夫!」と背中を押して頂きたいだけかもですが…)

    ②しょうもない質問ですが3月12日の先生のYouTube動画から75MAが消えていますが何故でしょうか?

    ③3月13日の20時15分頃にトレードしたのですが
    ・円シリーズ上げで動いていたのがポンドが下げた。
    ・ユロポンは直近高値まで行きそう。
    ・ポンド崩れと判断、ポンドルも見ていましたが美人銘柄で入り場が解らず、円シリーズが強いのも頭に入れつつ崩壊の序章っぽいチャート形状でポン円を75MAまでを目標にショートエントリー。

    その後、入りが早かった為でしょうが35分の足で目標まで行かなかったのとドル円が直近高値を抜けたのを見て、ポン円も上がるかもと思い決済。

    微益でも勝ち逃げ出来て満足ですが、ポン円が目標まで行ったのを見て悔しい思いをしました。
    先生なら目標まで持ち続ける事が出来たのでは?と思い意見を伺いたいと思いました。
    僕の質問&悩みは以上です。

    ここからは余計な事かも知れませんが
    及川式でトレードされて上手くいかない人は9画面+ユロポンで表示すると通貨の強弱、揃いを一目で確認出来るのでトレードが上手くいくかもしれませんよ。
    僕みたいな素人が先生みたくカチャカチャしてるとマウスに意識が行ってしまうので1つ前のチャート形状すら忘れてしまうのです。(苦笑)
    結果、苦労してカチャカチャしてる内に「やってやってもいい」という考えがどこかに行ってしまい、やっとこ見つけたエントリー出来そうなチャート形状で妥協で入ってやられる。
    って事が僕は多かったです。
    カチャカチャを苦労と捉えてはいけないのですがね(^_^;)

    先生がアドバイスしても結果が出ないって人が居るなら、今の先生のレベルからでは思い付かない超ド素人から素人になれた気がする人間のアドバイスも役に立つかもと思います。

    9画面+ユロポンは見にくいけど通貨の強弱と揃いは理解できトレードも上手くいってます。
    で、やってやってもいいって場面になった通貨のチャートを表示してMAなどを再確認しタイミングをとってます。
    その後、関連通貨の邪魔な線などを確認してますよ。
    少なくとも僕はカチャカチャの間に及川式の基本がぶっ飛んでしまってたのかなと思います。

    待つのも仕事なのにカチャカチャして必死でエントリータイミングを追いかけてしまってる人も居ると思います。

    要らぬお節介かも知れませんが僕の通貨の確認方法を試され先生への質問の質が向上し先生の負担も減らせればと思い発言させて頂きました。

    長文&乱文でごめんなさい。
    2日間かけてこのクオリティーの文章しか書けない文才の無さに悲しくなりますわ…

    • チキンはチキンでもチキンヒーロー様
      いつもコメントありがとうございます。

      >僕はゴールドをメインでトレードしていたのですが値動きが激しすぎるので今はドル、円、ユーロ、ポンド、オージーを監視しトレード

      ↑ゴールドも直近ではヤラしい動きしていましたよね(苦笑)

      >①この荒れ相場だからこそチキンヒーローの僕でも30ピップスを取れているのでしょうが、相場が落ち着いたら、10ピップス取るのも苦労させられた挙げ句ロットを上げる勇気がないのでプロフィットが不安
      >先生に「大丈夫!」と背中を押して頂きたいだけかもですが…

      ↑なるほど(笑)
      客観的に言わせていただきますと、
      「現在のロットで30PIPS」に慣れているとして、
      平時の同じ感覚が仮に10PIPSだった場合、
      おそらく「物足りなさ」を感じるのではないでしょうか?

      そうであれば、
      一気に数倍とはいかないまでも
      「少しロットは上げたいな」って
      自然とそう思う可能性はあるんじゃないですかね。

      >3月12日の先生のYouTube動画から75MAが消えていますが何故でしょうか?

      ↑こちら、大変失礼しました。
      インジケーターをイジくった挙句、
      結局入れ直すことになったのですが、
      その際75本線が「置いてけぼり」になっただけです(笑)

      なんの意味もありませんで、
      すでに修復していますのでご安心?ください。

      >③3月13日の20時15分頃にトレードした
      >微益でも勝ち逃げ出来て満足ですが、ポン円が目標まで行ったのを見て悔しい思いをしました。
      >先生なら目標まで持ち続ける事が出来たのでは?と思い意見を伺いたいと思いました。

      ↑チャート見ましたが
      僕も無理だったと思いますよ(苦笑)
      というか、僕はここ、
      まずショートすらできなかったと思います。
      ドル円、めっちゃ強かったですし。。。

      ポンドルが1時間足MAを下抜けして戻したのが20時25分くらい??
      もしやれたとして、僕はこっちのショートだったかなとの感想です。

      で!その際に
      自分が持っているのはポンドドルである中、
      ポンド円の75本線タッチでポンドルショートを利食う・・・
      僕はこんな感じのことをよくやっています。

      「より安全そうな方をなるべくやりたい」
      そういう話なわけです^^;;

      >及川式でトレードされて上手くいかない人は9画面+ユロポンで表示すると通貨の強弱、揃いを一目で確認出来るのでトレードが上手くいくかもしれませんよ。

      ↑貴重なアドバイスをありがとうございます。
      ぜひとも多くの方々にお読みいただきたいと思いました。

      >先生への質問の質が向上し先生の負担も減らせればと思い発言させて頂きました。

      ↑お気遣いに感謝です!
      本当にありがとうございます。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。

    及川先生の本を最近購入いたしまして、YouTubeの動画を視聴しながら、自分にもできそうな事や心構えなどをトレードノートに書き留めているところです。
    毎回の動画で考えさせられることが多く、とても参考になります。

    個人的な話で申し訳ないのですが、私の課題はメンタル面です。
    及川先生のやり方を参考にした検証でデータを3000個程取って、勝率と利益率を計測し、期待値が大きくプラスで出ました。
    エントリーも利確、損切りも明確に示されている状態です。

    しかし、実戦となると散々で、理性ではそこでエントリーをしなければならないと分かっていて、数字でもそれを後押ししているという状態であるにも関わらず、リアルトレードではエントリーするのが怖くて仕方ありません。
    その結果、毎日が機会損失の日々で、たまにうまくエントリーできても利確が早すぎて利益を出せないという情けない結果に終わってしまいます。
    精神的な事に関して聞かれても困るかもしれませんが、ご意見を頂戴いたしたくてコメントいたしました。
    ご教示いただけますと幸いです。

    • メンタル弱者さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川先生のやり方を参考にした検証でデータを3000個程取って、勝率と利益率を計測し、期待値が大きくプラスで出ました。

      ↑なんと!これは凄い検証ですね。
      かなりビビります(汗)

      >しかし、実戦となると散々で
      >リアルトレードではエントリーするのが怖くて仕方ありません。

      ↑なるほどですね・・・
      ここまでデータを出せる方ですので
      基礎的な能力や
      いわゆる「地アタマ」もさぞお強い方と想像します。

      けれども、こと「お金に対する耐性」は
      別の経験やスキルが必要って話なのかも知れませんね。

      例えば僕の話をいたしますと、
      僕は長年自営業でやって来た人間で、
      数千万単位のある程度デカいお金の出入りについても
      そこそこ慣れていました。

      悪く言うと
      「ちょっとアタマのネジが飛んでる」とも言えまして、
      本来、決して良くはないはずの感覚が
      ことトレードに関しては功を奏している部分もあるかも知れません。

      僕が思うに、そのあたりのことって
      少々図々しい、とか、
      「ちゃっかりした感覚」みたいなものがあると良いように思うんです。

      あくまで例えば・・・ですが、
      自営業バリバリの「ハートの強い仲間」と組んで
      ルール構築や管理部門と実際のロットを張る部門とを
      分けて共同運営出来たら素晴らしい成果になるかも知れませんね。

      ま、実際にはそんな風に信頼できる人はそうそういませんが
      例えばそれが「奥さん」とか
      「兄弟」とかであれば可能性もなくはないかなと。

      さて、、、
      本題に戻りますが、
      要するに「お金に対する耐性」は
      確かにトレードスキルとは別なのかも知れません。

      これって、
      例えばキャバクラで一回いくらまでなら使える?
      みたいな話でして、
      そこで出て来る数字が
      ある意味「耐性」とも言えそうな気もするんですよね。
      (不謹慎で申し訳ないですが)

      もちろん「キャバクラで散財せよ!」なんて言いませんが
      しかし、

      『金持ちになったらやりたいこと』
      これをなるべく具体的にピックアップし
      そしてそれを「手に入れるところ」までイメージする
      なんてのはどうかな?と思いました。

      どんなに綺麗ごとを言ったところで
      「金を稼ぐ最大の原動力」は『欲望』です。

      フェラーリに一度は乗ってみたい
      いい女を口説きたい
      高級時計を買いたい
      新築の家をブッ建てたい・・・

      なんでも良いと思いますが、
      逆にそういうのがない中で
      ただただお金を稼ぎたい、ってことだと
      それまでの自分自身の「お金に対する感覚の限界」を
      超えるのは難しいのかも知れませんよね。

      それと、真逆の話としましては
      「お金を失うことの恐怖感」が
      とても大きいって部分もあるかも?です。

      で、あるならば、
      やることは案外明確です。

      例えばパソコン画面の近くなどに

      俺は今から50万円を捨てる覚悟で取り組む!
      ただしこの50万を元手にとりあえず100万円に増やす!

      あ、額面はあくまで例ですからね。

      言葉は悪いですが、
      「いくらいくらまでは捨てる覚悟」
      こういう腹をくくるって作業に
      チャレンジすることではないでしょうか。

      っていうか、相場って
      まさにそういう世界ですし。

      だいぶ無茶なアドバイスなのは承知していますが、
      おそらくはこのくらい言ってちょうど良いのかな?
      そう思ってのお話でした。

      失礼があったらお詫びいたしますが
      もし、参考になる部分があるようでしたら
      お聞きおきください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。
    昨日、大負けしたので しばらくトレードは休み、先生の動画を全視聴しようと思います。
    いや、エントリーした直後に逆行マイナス50pipsは さすがに萎えますよ。
    一つ質問させて下さい。
    先生はパソコンを立ち上げたら、まず何をされますか?
    自分はチャートの形状チェック、1時間足チャートのチェック、通貨相関関係チェック という感じです。
    ご教授よろしくお願いします。

    • とりちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >昨日、大負けしたので しばらくトレードは休み、先生の動画を全視聴しようと思います。
      >エントリーした直後に逆行マイナス50pipsは さすがに萎えますよ。

      ↑そうでしたか(汗)
      今のようなボラですとPIPSで決済基準を置くのは無理がありますが
      さすがに50となると参りますね。。。

      >先生はパソコンを立ち上げたら、まず何をされますか?

      ↑ここ最近は「株」の動向をまず見ます。

      ▼日経
      https://nikkei225jp.com/chart/
      ▼NYダウ
      https://nikkei225jp.com/nasdaq/

      チャートが2つ表示される仕組みですが
      僕は上にCFDの1分足、下に日足としています。

      その後はMT4のチャートを観て回りますが
      僕は時間足表示は変えず、
      スケールを変えて「引いた絵」を見ます。

      これにより、数日分の流れを見れますので
      株式市場の相場観と併せ、
      「今日」のイメージをひとまず持つ感じですね。

      ただし、あくまで「短期デイトレ」ですので
      行き過ぎと思えば逆をやりますし、
      けど、その際の強弱感も意識しつつ、ですね。

      ご参考になれば幸いです。

      今回、ダメージは大きそうですが
      なるべく早い段階で「まっさらな気持ち」に
      立ち戻れることを願っております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、こんばんは!
    平日の夜いかがお過ごしですか?

    今、日経が下げていて、
    NYダウも下げていますよね・・・
    深刻な事態だと思うのですが、
    先日までは、ドル円も大暴落して
    101円台くらいまで下がっていたのに、
    何故今、ドル円は109円まで上昇してるのですか?

    素朴な疑問でした。
    よろしくお願い致します。

    • あゆみんカバーアルバム様
      コメントありがとうございます。

      >先日までは、ドル円も大暴落して
      101円台くらいまで下がっていたのに、
      何故今、ドル円は109円まで上昇してるのですか?

      ↑おっしゃる通りで、
      従来の急落や暴落時には避難先通貨として
      日本円が買われることで円高になったものでした。

      ところが今回のコロナショック、
      世界中のサプライチェーンが止まり、
      人の流れも止まり・・・

      リスクオフにおける「現金」を
      世界中の人が「米ドル」に求めたことが
      大きいように推察しています。

      つまり、
      「いよいよマジでヤバい」ってときに
      世界の人たちはその避難先に「米ドル」を選択。

      計らずも現時点における世界の基軸通貨が
      米ドルであったことを示した結果ではないでしょうかね。

      ちなみにこの辺りのお話は
      最近の動画でも話題にしています。

      https://youtu.be/1DsgQGa-tOQ
      もしご興味があるようならご確認なさってみてください。

  • FXを始めて4年、最初の2年で年収の3分の2を溶かしました。その後口座に入金する額はどんどん減っていき一年前からはタバコ銭程度、毎月一定額を入金しては負けています。

    及川さんの動画で勉強をし、抜けのイチオシ 揃っている通貨 上位足MAファーストタッチ等でエントリーするのですがことごとく逆にいきます。スプレッドがあるのは当然ですがエントリーした途端5~6pipsマイナスはザラでプラスを見ないまま15~20pips必ず負けます。『逆をやればいんだ!』と売りだと思った時は買い、買いだと思ったときは売る。これも必ず逆にいって負けます。←これはもはやトレードではないですね(^o^;) これを繰り返すので今日50pips勝っても翌日200pips負ける、そんな毎日の中 あまりにも逆に行くので50才目前の男がくやしくて何度も涙を流しました。
    が、が、この一週間初めてプラスです。本当に初めてです。三月としては負けてますが一週間プラスは初めてです。もう、うれしくて。
    勝因は何? ボラがあること? いや、ポンド系やめました。どこかで及川さん行ってた『単体通貨でトレードするならドル円かなぁ』
    ドル円のみのトレードにしました。
    トレードをやめない限り今まで溶けた資金は含み損、チャラになるのさえ今のペースでは相当な時間がかかりますが頑張っていきます。
    私がシンガポール行く前に及川さんは帰国されてしまいますね。笑

    • ゆきお様
      コメントありがとうございます。

      >『逆をやればいんだ!』と売りだと思った時は買い、買いだと思ったときは売る。これも必ず逆にいって負けます。

      ↑なんと・・・(汗)

      >が、が、この一週間初めてプラスです。本当に初めてです。
      >ポンド系やめました。
      >ドル円のみのトレードにしました。

      ↑なるほど・・・
      相性も良かった可能性高そうですね。

      であるならば、
      「そいつを極める!」でもちろん良いと思います。

      ただし、ドル円はボラがない時期は
      かなりかったるい動きになりますので
      ボラの状況については、常に意識なさっておいてください。

      またその際にポンドに戻る必要はないと思いますが、
      ご自身の中で相性の良い通貨や通貨ペアを発掘出来ると良いでしょうね。

      ぜひともがんばって欲しいと思います。

      >私がシンガポール行く前に及川さんは帰国されてしまいますね。笑

      ↑どうでしょう(笑)
      世界情勢の先がますます持って見通しにくい世の中になりそうで
      結構長く留まるかも知れませんし、
      ゆきおさんの利益ペースも想定以上になるかも知れません♪

      お互い先のことはあまり考えすぎず、
      今出来ることに対し、常にベストを尽くす感じで
      がんばってまいりましょう。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    はじめまして。
    ガチ速fxで先生のトレード手法を拝見し、これはすごい!と思い、先月から大百科で勉強中です。
    大百科はまだ全てを閲覧してない中でなのですが、いくつか質問がありまして、お時間ある際に教えていただければ幸いです。

    【質問1】
    先生がおっしゃっているトレンド押し目だけど入ってはいけない箇所、いわゆる「もっさり戻し」の判断がかなり難しく感じています。

    もっさりだと確信しての見逃し、または逆張りからの損切がこのところ増えています。
    直近では、3/19の22時15分前後のドル円ですが、
    (MT4時間で16:15前後。以下MT4時間です)

    ①15:10に110円をつけ、その後109.65付近で黄緑線タッチ
     このときはシリーズ的に円が弱くドルが強い感じで、かつNY時間開始1時間なので押し目ロング目線でしたが、リスクリワードが悪く入りませんでした。

    ②16:10に109.88で高値更新せずに下落、16:25に109.53で安値となる。
     このとき、高値切り下げの上位トレンド崩れと判断し、黄緑線が微妙に下向き、ピンク線下を見て確信。いわゆる「もっさり戻し」からの逆張り目線

    ③16:35で109.78、黄緑線タッチで逆張り。
     他通貨の動きも悪くなく、逆張りエントリー。オレンジ線で利確目標

    …だったのですが、ご覧のとおりとなりました。
    今回ドル円が直近安値更新されていないことは後から分かりましたが、過去にはこのパターンで安値更新されている場合のトレードもあります。
    このところ一番多い負けパターンです。

    チャートに張り付ける時間に限りがあるため、一番見る形がこうしたトレンド形成した後なのです。
    この事例の解消でなくてもいいのですが、「もっさり戻し」の判断について教えていただけないでしょうか。

    【質問2】
    シリーズの確認についてですが、例えば欧州時間にユーロやポンドの強弱を確認する際に、先生は対円や対ドルを確認し、対オージーはあまり確認していないように見受けられます。(たまたま私が閲覧したのがそうだったのかもしれませんが…;;)
    オージーはオージーテクニカルとして揃ってなくても、ユーロを買う際にドルや円よりもオージーが弱い場合は、ユーロオージーのロングなどあってもいいかと思うのですが、何か理由があるのでしょうか。

    【質問3】
    先生のトレード手法についての超超超基本原則が、
    ①時間帯を意識
    ②シリーズで揃っているか
    ③リスクリワードとれているか
    だと思っており、ここにチャートの形状や勢いやらが入ってくるものだととらえています。
    基本この意識はしているのですが、どうしてもチャート形状等がそろっている際には2つしか原則を踏まえていないのにエントリーする場合があり、勝ち<負け といった感じです。

    質問は、そもそもこの私がとらえている原則に、これが不足している等ありますでしょうか。また、先生の場合、こうした条件の何か1つでもネガティブな項目があれば、たとえ他の条件が良くてもトレードを見送るのでしょうか?

    最後になりますが、私の経験上、金融市場において義務教育から金融を学んでいる海外勢からすれば、日本人は良いカモにされていると感じております。
    こうした状況での先生の企画は、海外勢へ牽制する一助となり、金融戦争に立ち向かえる一石を投じるものだと思っております。先生の本及び動画などから、人柄を含めとても尊敬しております。
    いつかは専業となり、先生とお酒を飲むのことを人生の目標としておりますので、今後も勉強に励みたいと思います。

    • saiさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >「もっさり戻し」の判断について教えていただけないでしょうか。

      ↑もっさり戻し・・・「及川語」で恐縮なのですが、
      こちらは以下のような定義付けをしています。

      ▼5分足の水色線、黄色線、ピンク線の序列が
      崩れたあとに黄緑線まで戻った状態

      水色線、黄色線、ピンク線の3つは
      「5分足上のトレンド」の進行状態を見るのに使えます。
      (信号機の並び順で進行中は勢いがある状態です)
      で、それらの並びが崩れた際は
      トレンドに対する不確定要素が増えるのと、
      逆にこの状態のまま黄緑線に到達した際、
      そこを逆抜けしたら一気にその方向へ伸びてしまう可能性がむしろ高くなる、
      ゆえに見送り、となります。

      >例えば欧州時間にユーロやポンドの強弱を確認する際に、先生は対円や対ドルを確認し、対オージーはあまり確認していないように見受けられます。

      ↑それぞれの時間帯において
      株式市場がオープンしている国の通貨が
      通常「主役」になりやすいのですが、
      その意味でオージーは東京時間がメインとなり、
      欧州時間以降の優先順位は下がるわけです。

      逆に東京時間をトレードする際は
      円シリーズかオージーの二者択一でやっています。

      あ、ただし、直近の相場におきましては
      GBPAUDなどはスプレッドが常に10PIPS近くある状況ですので
      まぁ触る気にはならないですが(苦笑)

      >①時間帯を意識
      ②シリーズで揃っているか
      ③リスクリワードとれているか
      >先生の場合、こうした条件の何か1つでもネガティブな項目があれば、たとえ他の条件が良くてもトレードを見送るのでしょうか?

      ↑3つの原則についてはその通りでして、
      これらが揃っているところを出来たら良いなと思っています。

      ただし、後半のご質問につきましては
      ちょっと方向性が異なっていまして、
      僕は「揃って動き出した通貨シリーズの初動」を見つけたら
      その他の条件は軽視してでも乗ることが多いです。

      例えばポンド円、ポンドドル、ポンドオージーが
      揃ってMAを一気にぶち抜いて上昇を開始、などの場合です。

      このような状況の際は
      こちらの都合が良い押し目位置まで戻してくれないことも多く、
      僕は5分足の水色線付近への戻しから
      チャレンジ的にエントリーすることが多いですね。

      >先生の本及び動画などから、人柄を含めとても尊敬しております。

      ↑光栄です。ありがとうございますm(_ _)m

      >いつかは専業となり、先生とお酒を飲むのことを人生の目標としております

      ↑このようなパターンで実際に食事やお酒の席へと
      お付き合いが進んだ人はかなり多いんですよ^^
      ぜひとも実現させましょう♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも動画を興味深く拝見しております。
    今の相場の動きがとても激しくてガクガクと震えながらマウスを握りしめております。こういうボラが多い日が続くことにびっくりしており、これが終わった時の立ち回りに苦労しそうだなと先のことばかり考えてしまします。
    3月19日動画では、20時からの立ち回りとしてとても参考になりました。
    私の主戦場にしている時間帯が20:30~23:00でいつもこっちに行きそうと思っても逆に行きます。デイトレ大百科で勉強した中でMA付近からのトレンドフォローが機能しにくいのかな?と思ってました。
    動画でおっしゃっていたように、やはり方向感が無く難しい時間帯なんですね。。。
    私はこの時間にトレードする事が都合がいいので、うまく立ち回れるように日々研究していきます。
    またアドバイスをいただければと思うのですが、
    損切りを浅くしたいと考え、相場をどう受け入れたら良いでしょうか?
    先日育てていたデモ口座をメンタル崩壊により飛ばしてしまいました。(2回目)
    理由は、損切りが深くなりロットあげてナンピンして取り返し、それを何日か損切りする度に繰り返した結果が最後にドカンでした。自分の想定していない値動きがメンタルを破壊したと思っています。コツコツは取れてきているのでこれが修正できれば現場復帰を考えておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

    • シャバロン様
      コメントありがとうございます。

      >これが終わった時の立ち回りに苦労しそうだなと先のことばかり考えてしまします。

      ↑今からそこを想定しておければ対応は比較的容易かと思います。
      でもって、本来の「普通(?)のボラ」に対し、
      落ち着いたトレードをお互い心掛けましょう。

      ま、もっともその際は
      「あの時のボラ相場がもう一度来てくれないか」って
      そう思う気もしますけど(笑)

      >3月19日動画では、20時からの立ち回りとしてとても参考になりました。
      >やはり方向感が無く難しい時間帯なんですね。。。

      ↑そうですね。
      この部分を身を持って示せたかと思います(苦笑)

      僕としましては
      「だから無理してやっちゃダメな時間帯ですよ」
      こちらをメッセージとしたつもりなんです。

      >損切りを浅くしたいと考え、相場をどう受け入れたら良いでしょうか?

      ↑これは案外シンプルです。
      エントリー根拠の中に
      必ず「水平線」をセットにすることです。

      MAは時間経過とともに動いてしまいますが
      水平線は一切動きません。

      「この水平線を逆抜けしたら損切り!」
      要はここからの逆算で許容可能な損失PIPSを計ることでしょうね。

      極論、その水平線タッチからのエントリーと出来れば
      常に損失は軽微に抑えることが出来ます。

      あ、この話をすると
      「それじゃ損切りばかりが増えそう」って人もいますが
      例えばいったん損切りしたあと、
      再度狙って方向に抜け直して場合はもう一回やって良い、
      というか、僕はそのようにしています。

      多くの人は
      「一度決済したら終了、あとは見るだけ」
      みたいな感じのようですが、
      見立てが合っていると思える時は
      再度同じ方向へエントリーし直して然りではないでしょうか。

      例え損切り値よりも不利な位置からであっても
      「伸びる!」と踏んだ際、僕は再エントリーすることが多いんですよ。

      >損切りが深くなりロットあげてナンピンして取り返し、それを何日か損切りする度に繰り返した結果が最後にドカン

      ↑このパターンの厄介なところは
      「何度かはそれで助かる」部分ですよね。

      で、前回もそれで助かったからと
      次もナンピンで「カワそう」としてしまうわけです。

      ナンピンは僕も駆使しますので
      それ自体を否定はしませんが、
      「逆食らってるからとりあえずナンピン」のナンピンは
      遅かれ早かれ破産・・・への道間違いないでしょうね(汗)

      まずはこれを一切禁止するところからだと思います。

      やって良いナンピンとダメなナンピンの
      「区別」をキチンとする!

      ここも大きなテーマのひとつに置いて欲しいなと思いました。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちは。突然ですが一点質問がありましてお答え頂けますと幸いです。
    以前私が1ショットあたりのロットについて質問した際、100万円につき1ショット(10万通貨)が先生の目安と仰っておられましたが、今回伺いたいのはトレード時の証拠金維持率についてです。
    私の場合維持率300%くらいならまあ大丈夫だろうと思ってしまっているのですが、多分この感覚がそもそもずれている為にしょっちゅう口座を危機に晒しす程の乱発をしてしまい、結果更に踏まれて維持率があっというまに100%を切ってしまう、という事も多々あります。そもそもの乱発癖を治すのはもちろんなのですが、その為にも参考に先生ならどのような資金管理の感覚を持たれているのか、もしくはそもそも維持率どうこうという考え方ではないのか?など教えて頂きたく質問しました。レバレッジや、ナンピンor追撃の有無によって人それぞれ維持率は違うとは思いますが、あくまで先生の感覚で結構です。
    抽象的な質問で申し訳ないですが是非ご回答よろしくお願い致します。

    • アクミク様
      コメントありがとうございます。

      >先生ならどのような資金管理の感覚を持たれているのか
      >もしくはそもそも維持率どうこうという考え方ではないのか?など教えて頂きたく質問しました。

      ↑まず「証拠金率」からお話しますと
      僕は現在、ハイレバの海外口座がメインですので
      正直そこはほとんど意識していません。
      (常に余力充分ですので)

      ちなみに国内口座の際は、
      証拠金率100%近くになることも珍しくはありませんでした。
      ただし!僕の場合「時間効率」こそを重視していまして
      そもそも長く保有することなどない!と決めた場面において
      ガッツリとロットを入れる、などのやり方をしていたためです。

      別角度からのお話としましては
      「心地よい額面」というのは意識にありますね。

      例えば普段、一度のトレードにおける利食い額が
      10万円前後だとして、そんな中で含み損が30万円、
      なんてなるとそれはいかにも「居心地が悪い」ですよね(汗)

      ここは「含み益」にも言えるはずなんです。

      普段10万円前後で利食う人間が
      「含み益30万円」って居心地悪いわけです(笑)
      ゆえにいたたまれなくなって根拠なく利食うと。。。

      ここは「各人の感覚」なわけですが、
      つまり、自分自身にとって「居心地の悪い額面」は
      利食いとしても存在しにくくなるゆえ、
      当然損失トレードにおいても意識をしておく、
      という話だと思うんですよね。

      これらの話に「証拠金率」を併せ、
      なるべく合理的なエントリー位置を志す、
      という話かなと思います。

      トレードを続ける中において
      「損切り」は避けては通れません。

      ですので「負け方」という概念は
      必ず持っておく必要があるはずです。

      言葉は変かも知れませんが
      「心地よい負け」「平常心を崩さずに済む負け」
      ここをしっかりと外さぬよう、
      トレードを組み立てていただきたいと思います。

  • ご返信いただきましてありがとうございました。
    アドバイスを参考にトレードをしまして、70万を380万まで増やすことに成功しました。この場を借りて、お礼申し上げます。
    資金が多少増えようともへっぴり腰なトレードスタイルを変えるのは、なかなか至難の技ですが、最初に一度勝つと倍々ゲームをしかけられるので、かなり精神的に楽に感じました。

    まだ、現状では通貨の相関関係と、逆行上位足のタッチしか使いこなせていないという状況でして、ハイレベルな質問ができずに申し訳ありませんでした。
    これからも情報をしっかりとチェックいたします。よろしくお願い致します。

    • メンタル弱者さま
      こちらこそご返信ありがとうございます。

      >70万を380万まで増やすことに成功しました。

      ↑なんとも凄い逆襲でしたね^^;;
      お見事です♪

      >最初に一度勝つと倍々ゲームをしかけられるので、かなり精神的に楽に感じました。

      ↑倍々ゲームでやってるんですか?
      だとしたら、
      全然「へっぴり腰」なんかじゃないですね(苦笑)

      >逆行上位足のタッチしか使いこなせていないという状況

      ↑いやいや、
      「一点突破」上等じゃないですか。

      引き続きご自身なりのトレードで
      がんばってください^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、ご無沙汰してます。近江戦闘妖精です。

    ついこの間、1月7日に入金した12万9千円が、2月17日には67万になって、このペースで増え続けると怖いと大層な事を抜かしてたアホです。

    その2月の真ん中には強烈な往復ビンタをくらい-50万くらい17万から3月初旬にしれが44万になって、9万2千円ほど出金し、残り35万往復ビンタをくらい全損していました。

    また手付かずに残ってた定期預金の1部からから全損する前の金額35万を入れて、2日間で72万になって、35万を出金し、元の預金に戻し、残りの預金で1度は54万にするもまたも全損しました。

    元の預金に戻した定期預金からまた今度は41万出金し、それを49万にしたのにまた何回か往復して返す余力もなくなっていました。つまりまた全損です。

    普通に記録を付けていれば、このブログの彼の様な結果をお知らせしたかったのですが、自分が勝ててた理由、わかりました。

    師匠がNY時間に3連敗からの逆転した動画。
    爆益ではあるが師匠が「危なっかしいんですよ」と言っておられた、まさにそれが僕の勝ち方だったわけです。

    もちろん基本通りに勝てる日もあります。
    ですが「勝つまでやる」の精神ゆえに日々プラスだったのかもしれません。

    ですが大きな損切りをした後の往復ビンタは普通の損切りより抵抗があります。
    何せ、その「大きな損切りが実はまっとけば爆益になったのに」って嘲笑われるかの様に。

    まだまだ修行が足りません。1度TRIBEが終わるまで、DEMOでやり続けようと思った筈なのに、DEMOで勝てると勿体ないとリアル口座でやってかなり増えたからってまた溶かしてしまう。

    そもそもDEMOでやろうと決めたのに、リアル口座に、しかも手付かずで置いといた口座のお金に手を出す事自体、「最強に自制が出来ていない証拠」ではないですか。

    もっとも最初に入金した12万7千円もTRIBEの受講料と共に崩したなけなしの定期預金を崩したお金でしたから、まだ受講も中途の段階で実践投入するなど、これまた自制が出来てないって話です。

    先日、TRIBEの方々にLot数について質問して、ナンピン&ドテンの結果最大10ポジになることも…」と言うとポジションが多過ぎると怒られました。

    これは師匠が以前、口座には3000万入れておられると聞いたので、30lotで2発ずつ入れられてるのを見て真似して10万なら1発0.1lotと言う様にしたのですが、師匠は例のNY時間の3連敗の後も、シンガポールでの1,000万の負けの後も、また複数ポジション持たれる時も常に30lotで勝負されてます。

    師匠は資金が減っても、ポジションを複数持ってもlot数を減らすという事はしないのでしょうか?

    これから僕はTRIBEが終わるまでDEMO口座で練習します。
    悔やまれるのは練習場となる相場はリアルな相場で時間も同じ様に流れるが故に師匠のデイトレ、佐藤社長のスイングと分速スキャル、リオンちゃんのゾーントレード同時に試す事は出来ないって事ですかね。

    それから今月から毎月1万円ずつFX貯金をして夏のボーナスから10万円程を資金にし、7月からリアルトレードをする事にします。

    もちろんそれまでに弱点である。
    1、損切りを少なくする。
    2、損切り=ドテンではない。
    3、ポジションを少なくする。
    4、1日1トレードのみみたいなルールを作る。
    5、連射禁止。

    これがマスター出来ているのが大前提です。
    しかし、損切りを練習をしようと思っている時に限って負けないのだから(っていうか負けようと思ってエントリーする人いないし)難しいもんで、だからいざという時、抵抗が生まれるんでしょうが。

    とにかく、ここに書き込む事で決意です。
    これでリアル口座に入金し、リアル口座を稼働させれば、それは自制が全然出来てない事です。

    机の前に上記の言葉を書いて貼って置きます。
    何なら師匠の写真も付けて、師匠に言われてる様な気分になる様吹き出しの様にしようかなと思います。

    ところで師匠、最近僕はFXの事ばかり考えて、実生活では趣味の音楽制作もイラストを描いたり、ギター練習もほとんどしてなかったり、作ってないプラモデルが積み重なったり、FXの勉強をする時間に費やしてます。

    師匠がお金を得た上で次にする事と言っておられたのに何か本末転倒な日々を送ってます。それだけならまだしも仕事で電車を運転していて、「何で電車が停まるのは分かるのに値動きが停まるかはわかんないんだろう?」とか、考えてはいけない事を考えてしまう事があったりして、事故したら洒落になりません。

    FXの勉強はちゃんとします。けど他の事が疎かにならない様にはしたいと思います。

    セミナーの後のサイン会では後ろに並んでる人に気を遣い質問しても、わからないのに理解できた振りをし、生放送勉強会ではチャットで質問拾おうとして大変な中に気を遣い、懇親会では人気者の師匠に周りに人だかりが出来て、質問が出来ず、ここで長文になってしまう事をお許し下さい。

    損切りの時の実線確定の実線が長くなってしまったらどうするのかという質問をしたのは僕です。
    「ちょっと佐藤コーチ、及川師匠、何か実線が10pipsくらいで切りたいのに20pipsくらいになってるんですけど、でもヒゲで終わったら悔しいし、でもヒゲで全損なんてあるしどうしよう〜!?リスクリワードあってるのにこれじゃよ〜!」って一人で喚いておりました。

    何回も師匠が答えてくれたあの部分再生します。

    • 近江戦闘妖精さま
      コメントありがとうございます。

      資金の経過、拝見しました。
      短期間で全損が複数回あるということは
      いったんコジれ出すとかなりアツくなってしまうのでは?
      と推察いたします。
      ここは、ぜひとも改善したいところでしょうね^^;;

      >師匠がNY時間に3連敗からの逆転した動画。
      爆益ではあるが師匠が「危なっかしいんですよ」と言っておられた、まさにそれが僕の勝ち方だったわけです。

      ↑ここですが
      「目の毒」みたいな動画を公開している点については
      申し訳ない気持ちが正直あります。

      >大きな損切りをした後の往復ビンタは普通の損切りより抵抗があります。
      何せ、その「大きな損切りが実はまっとけば爆益になったのに」って嘲笑われるかの様に。

      ↑この気持ちも充分理解出来ます。
      僕もとことんツッパる時ってありますので。

      が、、、現場において
      どれだけ客観的に観れるか?と
      「アツくなってやる」との違いはだいぶ大きいですよね。

      >先日、TRIBEの方々にLot数について質問して、ナンピン&ドテンの結果最大10ポジになることも…」と言うとポジションが多過ぎると怒られました。

      ↑なるほど(汗)
      ここについては「ブッコみ型」の僕は
      あまり言えることはないかも知れませんね(苦笑)

      >師匠は資金が減っても、ポジションを複数持ってもlot数を減らすという事はしないのでしょうか?

      ↑結論から言いますと一切していません。

      ちょっと興味深い話題なので
      少し掘り下げてみたいと思いますが、

      「100万円に対し1ロット」の理論を
      僕はよく口にしますよね?

      この場合、3000万円で30ロットとなるわけですが
      ところが僕の場合、5000万であっても1億であっても
      30ロットから引き上げることはしていません。

      理由はひとえに
      「自分にとって居心地良いロット」であるのと
      正直「慣れている」からです。

      もし、口座内の資金量のみで決めるなら
      僕はもっと大きなロットにすべき(?)ですし、
      また、それこそ「生涯獲得額」から決めるのであれば
      1ショット数百ロットや1000ロットでもおかしくないわけです。

      もちろんそんなバカげたロットでは
      そもそも注文も通らないでしょうし、
      現実的ではありません。

      言いたいことは
      僕の場合、ここまでの「生涯獲得額」に対し、
      ロットはむしろ「小さすぎ」だという部分なんです。

      あ、ここはホント、
      上手に聞いて欲しいのですが、
      まじめな話、僕は「今日の口座残高」を
      仮に全損したとしても
      「生涯的」には余裕でプラスです。

      そういう状況と、
      上述の「そもそも現状のロットが少なめ」であるため、
      口座内の資金が少々減少しようとも
      その時点でロットを引き下げる必要は特段ないという話なわけです。

      案外重要なところではないでしょうか?

      実際問題として、
      僕自身「現状のFX口座資金など飛ばしても良い」
      なんて気持ちではもちろんやっていません。

      が、極論仮にそうなったとしても
      そこまで大きなダメージにはならない、という話なんですよね。

      そんな中、
      「今から資金を増やして行く人」の場合、
      そこは正直立場自体が違うのだと思います。

      リスクの許容度については
      その人その人の性格や「資金の性質」などにより
      大きな個人差があると思いますが、

      いずれにしましても
      「今から増やしていく人」であれば
      全損時のダメージが大きくなることに論を待ちません。

      さぁどうする!

      突き詰めた際、こういうお話ではないでしょうか。

      >これから僕はTRIBEが終わるまでDEMO口座で練習します。
      >師匠のデイトレ、佐藤社長のスイングと分速スキャル、リオンちゃんのゾーントレード同時に試す事は出来ないって事ですかね。

      ↑デモ口座を業者違いで作れば
      複数のMT4口座を同時に回せますので
      可能と言えば可能です。

      普段はいろいろな手法を同時に試すことを
      オススメはしていませんが
      今回のお話の経緯を鑑みますと、
      あるいは「良い機会」になり得るかも?
      そんな気持ちもありますね。
      (微妙ではあるんですが)

      >最近僕はFXの事ばかり考えて、実生活では趣味の音楽制作もイラストを描いたり、ギター練習もほとんどしてなかったり、作ってないプラモデルが積み重なったり、FXの勉強をする時間に費やしてます。

      ↑個人的にはこれ、
      むしろ良くないと思っちゃいます。

      世間の人たちはいろいろ言うでしょうが、
      僕はデイトレにそこまで根詰めて取り組むってどうなんだろう?
      って気持ちの方が強いです。

      むしろ、トレード以外のことを充実させつつ
      チョイチョイと相場に関わるくらいのほうが
      客観的に見えて良い部分も多いのではないだろうか?と。

      「相場とはかくも厳しいものだ!」
      「命がげで取り組め!」
      みたいなことを言う人って
      僕の知る限りでは、そんなに儲かってないですよ(苦笑)

      それこそ「命がけ」なんて考えちゃったら
      出来る損切りも出来なくなるのではないでしょうか?

      なんていうか
      もっと「サラっと」関わる・・・

      人生におけるトレードの「スケール」を
      もっと小さく置く・・・

      良い意味で「軽~く」やるからこそ、
      損切りへの心理的負担も減りますし、

      「やってやっても良い」で出来るようになりますし、

      世間の人が「怖い!」と感じるような場面でも
      涼しい顔してエントリー出来ますし、

      結果・・・「勝ち逃げ余裕」で
      日々のトレードを終えることが出来るのではないですかね。

      ご回答のピントが合っているか分かりませんが
      僕なりのエールを込めたお話とさせていただきました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして!
    FXトレード歴2年ほどの初心者です!もともと国内口座でトレードしていましたが、及川さんのトレードを拝見させていただきまして、海外口座に移りました。
    そして、天才チャートをいただきまして、また、先生に憧れまして、最近、プロコン改も購入させていただきました!
    現在コロナショックの際に、3倍にまで増やしていた資金をすべて失いまして、天才チャートのマスターのためにデモトレードで練習中です。
    その中で、毎晩先生のトレード動画も拝見しているのですが、移動平均線が混沌とした中でも1時間MAやその他のラインの動きを見られて、エントリーされたり、反発を狙われたりしていますよね。そしてそれがまた的中するのをみていつも、すごいなー!とびっくりしております!
    エントリーする際のポイント(確認すべきポイント)と初心者としてどのようなトレードをしていけばよいのでしょうか?非常に迷っています。
    教えていただけると、幸せです。

    • MJさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんのトレードを拝見させていただきまして、海外口座に
      >先生に憧れまして、最近、プロコン改も購入

      ↑それはそれはありがとうございますm(_ _)m

      >移動平均線が混沌とした中でも1時間MAやその他のラインの動きを見られて、エントリーされたり、反発を狙われたり
      >エントリーする際のポイント(確認すべきポイント)と初心者としてどのようなトレードをしていけばよいのでしょうか?

      ↑「混沌とした中」でやるケースの多くは
      トレンドの動き出しを取ろうと試みている時が多いはずです。
      この場合「動き出しやすい時間帯」が僕の中では大きなポイントです。
      で、ここを上手く取れればひとまずそれでOK。

      そこを逃した場合、
      今度は「しっかり動いたやつの初戻し(初押し)」を狙います。

      それ以外では特にポンドが多いのですが
      通貨シリーズが一斉に伸びたところに乗る、があります。

      ここまではすべて方向に対する順張りです。
      (戻ったところをやるのも「順張り」としています)

      上記のチャンスをすべて逸した場合は、
      「しこたま伸びたやつの逆張りチャンス」を狙えないかと観ています。

      ただし逆張りはテキトーな値ごろ感でやると
      痛い目に遭うこともあるので、
      「無理してまではやらないよ」という姿勢ですが。

      さらにこれら以外では、
      「レンジ狙い」です。
      チャートを少し引いたスケールで見て、
      高値と安値に水平線を引き、
      どっちも抜けない状態であれば、それらの水平線からの逆張り。
      で、この場合、逆抜けしたらドテンも考慮・・・

      ここは軽く文章でお伝えするのは危険なのですが
      あくまでやっていることを言うとこれもやっているので
      お話だけはしておきます。

      最後のやつ以外であれば、
      「狙い方」の目安になるかなと思うのですが
      いかがでしょう?

      ここまでのお話をアタマに置きつつ
      トレード動画をご覧いただきますと、
      いろいろと見えて来るモノがあるかと思います。

      で、あらたな疑問などが生じた際は
      遠慮なくご質問なさってください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    はじめまして。
    デイトレ大百科で勉強させて頂いておりますSNと申します。
    現在、大阪在住で今年で36歳になります。
    いつもYouTube動画楽しく拝見させて頂いており大変勉強になっております。

    今回、及川先生にご相談させて頂きたいことがありコメントさせて頂きました。
    何とも情けない相談ですがご容赦頂けると幸いです。

    私は2年ほど前からFXに取り組んでいるのですが、勝ったり負けたりを繰り返してしまいトータルでなかなか成果が上がらずに苦戦しております。

    恥ずかしながらトレードが本当に下手くそで自分の裁量でエントリーするとことごとく負けてしまうのでサインツール頼みになってしまい、ようやくこれだと思える手法に落ち着いて勝てることも増えてきたのですが(業界でおそらくかなり有名なド〇ストFXを使ってます)、やはりサインの騙しに遭ってしまい利益が吹き飛んでしまいます。裁量判断を入れてサインの取捨選択を試みるもなかなか上手くいかず、結局、勝ち負けの繰り返しです。

    下手くそながらも絶対にFXで勝てるようになりたい気持ちと持ち前の粘り強さで喰らい付いてきましたが、2年取り組んでもトータルで勝てない状況に流石にこのままではダメだと思い、本当に勝っている証拠がある方から学びたいと思い及川先生に辿り着きました。

    世の中には色々なFX講師の方がいたりツールがありますが、本当に勝っているのか、成果が出ているのかという核心部分が見えてきません。誰がどう見ても疑いようのない正真正銘の結果を出されているのは私が見たところ及川先生、FXismの方々しかいないです。

    勝てないのは自分自身のやり方、実力が足りないことが一番の原因ですが、もし努力の方向性が間違っているのであれば修正する必要があると感じております。

    これまでにツールを使って勝っていることもあるので、その時の記憶が染みついているのか天才チャートを使用させて頂きながらも、自分の裁量でエントリーして負けてしまうとまたそのツールを頼ってトレードしてしまいます。そしてまた勝ったり負けたりの繰り返しになってしまいます。

    誤解を恐れずに言うと、天才チャートはかなり上級者向きのような気がしています(でも、圧倒的に勝っている人が多いのは間違いのない事実です)。自分も及川先生みたいになりたいので天才チャート、及川先生の教えを信じて頑張るべきだと頭では分かっているのですが、トレードして上手くいかないと、やっはり自分には向いてないのではないか、これまでに使ってきたツールで頑張った方が良いのではないかと心が揺らいでしまいます。

    及川先生、FXismのメンバーの方達の結果が凄すぎて少しでも追いつけるようになりたいのですが、神業としか思えない状況です。

    今後、私はどのように努力していくべきでしょうか?

    自分にはFXは無理かもしれないと何度も思いましたが、やはり諦めたくはありません。曲がりながらも2年間続けてきてチャートの動き方やパターンなどだいぶ掴めてきたこともあります。

    お答えしにくい内容でしたら申し訳ございません。

    大変な時期ではありますが、先生もどうぞお体ご自愛下さいませ。

    • SNさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      全文拝見しました。
      お悩みの本質もかなり正確に理解出来ているつもりです。

      それを踏まえてお話しますが、
      まず決定的に言えるのは
      『どんなモノゴトにも相性がある』と言う部分です。

      僕のやり方が合っている人もいれば
      正直合っていない人もいるはずです。

      それと同様に
      他の講師さんや、ツール開発者さんのやり方が
      合っている人やそうでない人も同様でしょうね。

      例えば世間的にはまったく評価が低いやり方でも
      ある人にとってはドンピシャであるようなケースだって
      きっとあるように思います。

      ゲスな例えで恐縮ですが
      僕が石原さとみちゃんが好きだったして、
      そして多くのファンがいたとして、
      けれども彼女にまったく刺さらない人もいます。

      多くの人が「え?お前の趣味ってあんなタイプなの?」と
      怪訝な顔をしようとも、
      その人にとってドストライクであれば、
      その選択は正しいわけです。

      ツールを使ってある程度勝てる機会が増えているのなら
      僕はそっちを伸ばす方向で良いように思いました。

      ただし!
      ここからが重要なのですが、
      どれほど優秀なシグナルツールであっても
      「それだけ」で勝ち続けるのはまず難しいはずです。
      というか、そこは重々ご理解済かと思います。

      つまりトレードで勝ち続けるためには
      「ある一定の裁量判断」は欠かせません。

      では具体的にどうするか?ですが、
      現在お使いのサインツールに対し、
      「どういう状況になるとそのサインが出る」のかを
      キチンと理解されていますでしょうか?

      僕はまずそこからだと思います。

      「サインが出るからやる」ではなく
      『ここで出るサインはGO!』
      こういう風にいかに持っていけるかが
      最重要ポイントだと思います。

      そのためにやるべきこととしては、

      1.サインで勝てたトレード
      2.サインで負けたトレード

      ここにどんな違いがあったか?
      時間帯?
      MAの形状?

      こういった「他の要因」に統一性がないかを確認する作業です。

      で、確認後シグナルの取捨選択をする中、
      それでもさらにイマイチな部分があれば
      その要因(違い)はどこにあるのだろう?

      この「探求の継続」なわけです。

      これをやるためには
      そもそもまず、
      「どういう風になったらシグナルが出るのか」
      ここを理解しないと話になりませんので
      まずはそこから。

      で、それ以降、上述のような
      言ってみれば「バグ出し」の作業を継続すること、

      実はこれこそが
      『裁量判断力の向上』に繋がるのだと僕は思います。

      何をやるにしても、
      「自分らしさ」や「相性」は重要です。

      例えきっかけはシグナルツール発だったとしても
      先々には
      『これが自分らしいやり方だ』
      そう言えるような取り組みを構築できるよう
      がんばっていただきたいと思います。

      僕からは以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。54歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。