「バブル崩壊」に足りない『重要なピース』とは?

 

昨年末のあたりから、

「2020年にドデカい金融ショックが
起こる可能性が超高い」

このように発言をしている僕なのですが
そんな予想を嘲笑うかのごとく、
アメリカも日本も株式市場は絶好調の様相です。

ちなみに昨年末の記事は
↓こちら
【及川イメージ】
2020年発の『経済大混乱』に備えよ!
https://fxism.jp/20191209/

ただし、当時の各種動画でも
口酸っぱく言い続けていますが、

「え?!暴落来るの?」
「そんじゃ今から空売りすれば良いの?」

って、そーゆー話ではまったくありませんので
くれぐれも先走った行動はお控えください。

 

理由は昨年からお伝えのとおり、

バブルは崩壊直前が最高値となる。

このような大きな特徴があるからでして、
暴落を見越して売り仕掛けをした際、
まだまだ「その先の上昇」に巻き込まれ
不本意な強制ロスカットを食らいかねないからです。

 

あくまでトレーダー目線で語るならば
トレーダーとは「予想」をするのではなく、
起きた事象に対し『対応』をするのが仕事です。

いつ起こるか?を
正確に予想する必要などまったくなく、
「起こったあと」への対応にて
『超簡単』かつガッツリ稼げる流れに持っていけます。

なぜそう言い切れるのか?
僕はその答えを「歴史」に置いているんです。

 

あなたは1990年代の
いわゆる「元祖バブル経済」崩壊後のチャート、

2006年ライブドア事件勃発後の
新興市場バブル崩壊後のチャート、

さらには2017年年末に起きた
仮想通貨バブル崩壊後のチャート、

これらを比較して
ご覧になったことがありますでしょうか?

 

細かい値動きにこそ違いはあるものの、
その構造的な動きはすべて同じなんですよね。

加熱→熱狂→奈落→安堵→失望→絶望→無興味

さらに付け加えますと、
長期間の「無興味時代」に仕込む長期保有こそが
実は『投資の鉄板場面』だったりもするワケです。

 

僕はデイトレーダーなので
普段は長期投資の話を一切しませんが、

もし仮に、
「絶対に負けない投資を教えろ!」
このように言われた場合、
上記の進行手順こそをお伝えすることでしょう。

※もっともコレ、
「今すぐ儲けさせろ!」というご希望には
まったく沿えませんけどね(苦笑)

 

中国の経済成長の限界や、
米ドルの基軸通貨としての矛盾。

日本国内においては
ソフトバンクのヴィジョンファンド2期の
資金調達不調による暗雲などなど・・・

「バブル崩壊のトリガー」は
至る所に散見されていますので、
本来であればそれこそ「明日」にでも
どえらい金融ショックが勃発しておかしくありません。

けれどもそんな中、
上記の過去記事でも触れた
あるキーワードに僕は大きく着目しているんです。

それは・・・『ステルスバブル』

 

もっともこの言葉自体、
僕(及川)が作った造語でして
世間では通用しませんからそこはご注意ください(笑)

意味としましては
これまた上記記事でお話をした

“庶民不在”の空中投資合戦

このような状況に基づいています。

我々一般庶民にはなんら恩恵のない、
あるいは恩恵を感じないバブル・・・

それが今、、、そういう話です。

 

ところがですねぇ、
不謹慎ながら「バブル崩壊」を
心待ちにしている僕にとって
この『庶民不在』って部分は
どうにも引っかかるところでもあるんです。

 

実はバブルが崩壊に至るための
大きな原動力(?)に
「一般庶民の熱狂」があります。

90年代の「元祖バブル経済」時には
『不動産買わないヤツはアホ!』と言わんばかりに
すでにクソ高い不動産を
一般庶民がこぞってフルローンで買い漁ったものでした。

 

「ITバブル」や「新興市場バブル」の際には
大学生が億稼いだ!とかで
20代前半の「トレードスター」が続々と登場しては
テレビや雑誌を席捲していましたよね。

そして記憶に新しい
仮想通貨バブルの際には
あの有名な「億り人」なる流行語が登場。

これまたテレビなどで
大いにもてはやされたものでした。

 

本屋さんに行けば、
店頭の目立つ場所に投資関係の雑誌や書籍が
これでもか!というくらいに乱立。

そう考えますと「バブル」って
実は見極めがとてもカンタンであることが分かります(笑)

 

参考までに2018年の年初、
当時僕の長女の
投資になど一切無縁だった20代前半の彼氏から

「お父さん、リップルとイーサリアムを買いました!」
「お父さんはいくらまで騰がると思いますか?」

こう聞かれた際に
「あぁ、こりゃいよいよおしまいだな」って
思ったことを思い出しますね(汗)

 

そうなんです、
過去のバブル崩壊時には
「庶民の熱狂」が必ずセットでして、

けれども今回はそれがまだない・・・

この点が
非常に「気持ち悪い」のです。

 

2020年も早2月。

ここから先、
一般庶民が「投資」に熱狂するような状況が
果たして年内に訪れるでしょうかね?

そのあたりは
大いに注視していきたいところです。

もし仮に「訪れた」としたら、
それこそがバブル崩壊の
『最後のピース』になることでしょう。

 

ちなみに、
僕がシンガポールへの移住を決断した理由の中に
今日のお話に絡む部分があるのですが、

そのあたりの詳細は
また別の機会にでも!


※ビルの屋上でワインが飲める
オイスターバーを見つけました。
シンガポールへお越しの際はぜひ♪

 

▼直近のレード動画です♪
[FX]日本一ゲスなFX講師が語る
『相場の極意』とは?
2020年2月10日※東京時間トレード

 

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

156 件のコメント

    • 北村さま
      コメントありがとうございます。

      >同じようなところで入りましたが、結局、利食い損ねて損切り。

      ↑そうでしたか(汗)
      東京時間だったのでドル円の着実そうな位置で僕は逃げました。

      僕はナンピン対応をした際、
      「プラスで終えること」には特にこだわっています。

      ご参考になれば幸いです。

  • 及川先生

    いつも動画配信ありがとうございます。2/10のトレード、私も全く同じところでトレードしていました。ポンド炎ショートのみですが…
    ところが利食いが遅れて1時間MAでナンピン、その上のレジスタンスを抜けられ帰ってこないところで損切り…、とまぁ散々でした。
    その後、及川先生の動画を見て(後の展開が分かっているだけに)ハラハラしつつも、さてはこの後ドテン大勝ちパターンだな、と勝手に思い込んで待ってました。
    すると、どうでしょうか?ガンガンナンピンショートの落ち着いたプラ転決済!
    本当にびっくらこきました…
    後のチャートをご覧いただくとお分かりだと思いますが、先生の利食いはまさにピンポイントでした。
    やーっぱり、及川圭哉、天才ここにあり!としか言いようがございません…
    あの瞬間、ボラであれだけ獲る…
    常人では無理です。

    今後もよく勉強させて頂きます!

    ご多忙のところ、ご面倒なことを伺いたいのですが、もしあのポイントで決済出来なかった場合(そんなことがないのかも知れませんが)、及川先生ならばその後、どのように組み立てるんでしょうか?
    また、あと一つだけ…
    東京時間、仲直についてはどうお考えになっているんでしょうか?

    不躾に色々申し訳ございません。
    (少し驚いて興奮してしまいました。)

    シンガポール、肺炎が心配ですがくれぐれもご自愛くださいませ。

    • キタッチ様
      コメントありがとうございます。

      >2/10のトレード、私も全く同じところでトレードしていました。

      ↑「ポンド円のみ」自体はPIPS効率的に悪くない考え方だと思います。

      >後のチャートをご覧いただくとお分かりだと思いますが、先生の利食いはまさにピンポイントでした。

      ↑そこはまぁ、たまたまです(汗)
      ただし、動画の中でも触れていますが、
      日経がかなり安いところからスタートしていましたので
      「下値ブレイク」はあそこからだとそこまで確率高いとも思えず、
      増してやナンピン対応をしていた関係もあり
      より着実に利食いをしておく必要を感じていました。

      >もしあのポイントで決済出来なかった場合(そんなことがないのかも知れませんが)、及川先生ならばその後、どのように組み立てるんでしょうか?

      ↑間に入れた余計?なポジションは利食い済でしたので
      その分の利益は最悪差し出しても良いと思った可能性はあります。

      ただし、日経は仮にもマイナス圏内で推移していた以上、
      僕はドテンは出来なかったかなと想像します。

      よって、
      1.残ったポジションをチャラ逃げでトータルプラス確保
      2.トータル収支がチャラか微損程度での撤退
      3.1時間足MA逆抜けで損切りして東京時間終了

      このどれかだったように想像します。

      >東京時間、仲直についてはどうお考えになっているんでしょうか?

      ↑正直に言いますが
      ほとんどまったく意識していません^^;;

      取り急ぎこんなご回答ですが
      僕からは以上です。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    お疲れ様です。
    今日はたまたま有が重なり、本日の動画アップ直後に拝見できました。
    自分も朝からトレード!!と思ってチャートを監視したのですが、チャートに張り付くのはやめました。

    先般、及川先生の動画で「トレーダーズハイになって1日で1千万強の利益」の場面を見たので、俺も!!っと意気込んだのですが、ふと、いつもはNYが主戦場。今は相手が違うのに同じ武器しか持っていない。こんな軽い気持ちで勝ち戦にできるのか?と思いました。

    まだまだ駆け出しなのでマイルールや武器が少なく、少し勝てば調子に乗って負ける。そんな失敗の繰り返しは、こんな軽い気持ちからスタートするトレードの時が多かったので、どんな形であれすみとどまれたことは一つの成長のような気がします。
    動画にもありましたが、変な執着心にならないよう、一歩外から自分を見るというのも大切なのですね。

    2020暴落に対してもいっとき空売りしそうになりましたが、「トレード」は「起きた事象に対する対応」との事を肝に命じて置き、来たるXデーに備えます!

    …でも今日の日本時間、ショートできたな〜( º﹃º` )…なんて。

    それではステキなシンガポールライフをお過ごしくださいm(_ _)m
    失礼しました。

    • もとやん様
      コメントありがとうございます。

      >先般、及川先生の動画で「トレーダーズハイになって1日で1千万強の利益」の場面を見たので、俺も!!っと意気込んだのですが

      ↑アレ、目の毒だったでしょうかね?汗
      どうもすみません。

      >いつもはNYが主戦場。今は相手が違うのに同じ武器しか持っていない。こんな軽い気持ちで勝ち戦にできるのか?と思いました。

      ↑おぉ、これは冷静な判断でしたね。
      もっともやらないまでも「見て研究」とか、
      あるいは普段やらない時間はデモ口座で、
      なんていう練習法もあって良いと思いますよ。

      >2020暴落に対してもいっとき空売りしそうになりましたが、「トレード」は「起きた事象に対する対応」との事を肝に命じて置き、来たるXデーに備えます!

      ↑ここ、大変重要なポイントです。
      過去の各種バブル終盤でも、
      早めに売り向かってヤラれる人はかなり多かったですので。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして!
    TRIBEから初めまして参加してる、江田と申します。
    1つ質問があります。
    本日の動画で、東京時間をトレードしてる時、日経を見てましたが、日経のどの辺りをみて、また、何を判断されているのでしょうか?
    宜しくお願い致します!

    • 江田さま
      コメントありがとうございます。

      >東京時間をトレードしてる時、日経を見てましたが、日経のどの辺りをみて、また、何を判断されているのでしょうか?

      ↑こちらですが、

      1.そもそも高いか安いか(前日比)
      2.直近相場のファンダメンタルズ的に
      下げ過ぎや上げ過ぎになっていないか?
      3.日経自体に激しいボラが生じそうか否か。

      今回の動画場面に関して言いますと、
      先週末NY市場が低調で終わったため
      日経がマイナススタートなのは想像がつきますよね?

      けど株式市場自体は
      昨今強い動きをしている中、
      一方的に下げ続ける可能性はそんなに高くはない・・・

      そんな中、
      なかなか大きなマイナス圏でスタートした日経は
      下げきれずにプラマイゼロ近くまで戻す可能性は考慮しておく必要があるかも?

      これらをイメージしていました。
      ですので売り目線ではありましたが
      徹底的に引っ張る、みたいな強気ではありませんでした。

      増してやナンピン対応していましたので
      着実に逃げる必要性が普段以上に生じていた次第です。

      大体こんなところですね。

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちわ。
    ブログ発信ありがとうございます。現在、私はデイトレ大百科を購入して半月になりますがデモトレードとリアル口座でのエントリーと併用して運用しております。リアル口座でのエントリー方法は15MAロウソク足タッチと、戻り売り、押し目買いを駆使しエントリーしておりますが、現在は微増です。相場で生き残っている事が価値ある事だと考え感謝しております。ありがとうございます。又、デモトレードでは年末から先週までのデモトレードを継続してきました結果が、取得ピプスが3200を超えました。12月末から2月7日までの期間ですので、ほぼ1ヶ月半です。デイトレ大百科の動画を何度も見返しして自分なりに応用した結果です。しかし、これは毎日24時間取引をした結果ですので実際には日中仕事してますので取得できるのは大幅に減ると思います。15MAというのは投資家心理としての境界線なのだな?と実感しておりますが何故そこまで意識されるのでしょうか。このデモ結果がたまたま上手く当たる期間でのバックテスト結果なのか?信憑性の高低の程度は分かりません。その為、15MAが意識される根拠など理解できますと今後のトレードライフも充実させる事ができる気がします。どうぞ、宜しくお願い致します。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >デモトレードとリアル口座でのエントリーと併用して運用
      >現在は微増
      >デモトレードでは年末から先週までのデモトレードを継続してきました結果が、取得ピプスが3200を超えました。

      ↑デモのほうは絶好調のようですが
      やはりリアルだと慎重になるのでしょうかね。
      それでもプラス収支に価値はあると思いますが^^

      >15MAというのは投資家心理としての境界線なのだな?と実感しておりますが何故そこまで意識されるのでしょうか。

      ↑僕はFXを始めた当初、
      4時間足のスイングと15分足のデイトレをやってました。

      その前の株デイトレは5分足だったのですが
      いろいろ模索する中、15分足が一番しっくり来たんです。

      ただし、
      もはやその理由は分かりません(汗)

      長年やっている人間の経験による判断ですので
      特段の根拠がなくとも一定の信頼は置いてもらって良いかと思います。

      なぜなら僕、
      ずっとこの状態で利益取れてますので(笑)

      このようなご回答で大変恐縮ですが
      取り急ぎ本件は以上です^^;;

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん お疲れ様です

    隠れていると言ったのに もう出てきました(ゴメンナサイ)

    バブル崩壊の話 よく分かります
    僕は、TVに普通の主婦が投資勉強会に参加してるとか見ると
    言い方悪いですが 鴨ネギ ババ係 かと思ったりしてます

    我々 TRIBEのメンバーは 心の準備ができているので大丈夫ですよね^^

    僕の参加してる支部でも 色々な動きが出てきそうで楽しみです
    勉強会などに参加して 色々な人の考えを知りたいです
    (でも参考にはしないんですよ意味不明かもしれないですが)
    楽しそうでワクワクしてます。

    天才チャートガチですが
    自分は1時間足でポンドドルをトレードしていたので
    少し混ざってしまって あれ~みたいな感覚もあったんですが
    先週末には、面白い事に気が付いてワクワクしながら月曜日を迎えています

    今まで以上に ポンドドルトレードで優位性を出せる部分を
    ガチシステムで見てけてしまって 感謝の気持ちでいっぱいです
    このガチは 最強の武器になると思います
    ただ 他のチャートも見えてしまうので そこ注意してます
    僕は、及川さんのように 色々の通貨ではトレードできないので
    GBP/USD 一本でいきます。

    そして僕は、既に最強の盾の心理は理解しています
    ですからゼロカットなんて できないです

    最強の武器と最強の盾 なんだか最近のポケモンみたいですがw
    ポケモンバトルって 人間同士の心理戦で楽しいんですよ
    (話がズレた)

    億トレーダーになるために コツコツ増やして
    増やした分で ドカーンとLOTいれて勝負します(元金は確保する)

    及川さんに質問とかなくて スミマセン
    勝手な気持ちを書き込んだだけです
    コメント返信は、適当にお願いします。

    • かわさき(本名ではありません)様
      コメントありがとうございます。

      >言い方悪いですが 鴨ネギ ババ係 かと思ったりしてます

      ↑これ、放送禁止レベルの例えですね(笑)

      >今まで以上に ポンドドルトレードで優位性を出せる部分を
      ガチシステムで見てけてしまって 感謝の気持ちでいっぱいです
      このガチは 最強の武器になると思います

      ↑ほほぉ、それは頼もしいですね
      今後を大いに期待させていただきます♪

      >最強の武器と最強の盾 なんだか最近のポケモンみたいですがw

      ↑最近のポケモンをまるで知りませんが
      最強武器と最強盾は素晴らしいですね^^

      >コツコツ増やして
      増やした分で ドカーンとLOTいれて勝負します(元金は確保する)

      ↑言うことはございません♪
      ぜひともがんばってください。

      あ、それと
      隠れている必要性など一切ありませんので
      今後も遠慮なくコメントをお寄せください(笑)

  • 前回記事から二度目のコメントです。生活費から七万円握りしめやってきたKZと申します。

    前回記事ではコメント返しありがとうございました。
    先生からの
    「トレードで勝てるようになるのは
    いつだって「自分のおかげ」です。」
    という言葉にハッとさせられました。
    まだこの世界にきて二か月(もうすぐ三か月)ですが、勉強している中で結果がなかなか出ずに、焦りから姿勢がブレていたのではないかと…。
    先生のおっしゃる通り、結果を出すのは自分、努力をするのも自分です。ほかの人のトレード手法を理解してすぐ結果を出したがってはいなかったかと、自分の姿勢を振り返るきっかけになりました。ありがとうございました。先生の言葉に自制、というものがありますが、これはまだ伸びるかも、もしかしたら戻ってくるかもという気持ちだけでなく、結果が出ない焦りの気持ちも「自制」を持ってコントロールしていきたいと思います。

    今現在ではトレードよりは座学に比重を置いております。
    先生の動画でも先生が語ることも大事ですが、語らないことを理解すること。なぜチャートを切り替えたか(相関を見たのかな、というアタリも最近できました)などの細かいポイント、私だったらこうエントリーしたなと思えばなぜ先生はわたしとは違うエントリーをしたのか、ああここの相関を見ていたからかな、など細かいところまで見れるようになってきました。
    今週から座学から実践に移していきたいと思っています。

    またコメントさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    • KZさま
      コメントありがとうございます。

      >まだこの世界にきて二か月(もうすぐ三か月)ですが、勉強している中で結果がなかなか出ず

      ↑2~3か月で結果が出ちゃったら
      世間の人に怒られると思いますよ(笑)

      もちろんここは冗談ですが、
      けど、いきなり好調なスタートを切る人ほど
      「転ぶ痛み」を理解しないまま
      全速力で加速したりしますので、
      ドエラい損失になったりするものです。

      個人的には早い段階で苦労をし、
      「相場への畏れ」のような気持ちを
      常に忘れずにいられる状態になったほうが
      先々には俄然良いと思います。

      >先生の動画でも先生が語ることも大事ですが、語らないことを理解する

      ↑なんとも末恐ろしいコメントですね。
      頭脳明晰過ぎですよ(汗)

      頼もしい限りではありますので
      ぜひとも実戦での良い成果を期待させていただきますね♪

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、おはようございます。

    2月10日本日ご配信された午前トレードの動画を早速拝見いたしました。

    及川師匠の思惑では、
    チャート形状から円シリーズが下目線。
    少し早いが行かれた時用に9時前にショート。
    少し踏まれて本来場面で追加。
    想定内の逆行位置まで踏まれたところでナンピン。
    そして、スッと落ち始め、伸びたところで、プロフィットなりで早めの利食い。
    このように解釈しております。

    実は及川師匠が全決済した次の足から円シリーズが揃って上向いたと思うんです。
    (あ、今回の動画は私も後に記述するトレードが終わった後のご配信動画でしたので、自分のトレードが終わった後に観ることができました。その動画を拝見した後に再度今朝の9時から11時までの過去チャートを確認していく中で及川師匠の決済後の円シリーズ上げに気付いた次第です。)

    私もこの日(2月10日)の東京時間午前トレードをしたのですが、私は最初のショートが10時5分の足の始めで、先ほど上に書いた及川師匠の思惑と同じようなイメージ、要はショート目線でトレードをするつもりでした。

    ところが結果的に円シリーズは1時間MAを上に突き抜けてしまいました。
    その足のぶち抜く勢いを見て、1時間MAを上抜けたところで損切りドテンして、かろうじて損切り分を取り返すことができて助かった思いはあるのですが、最初の思惑のトレードとは全く違う結果となってしまったのが、気分的に腑に落ちない感じでした。まさに今日の及川師匠の動画のように私もバリバリ「ショート」で取るイメージでしたので。
    (ちなみに今回のトレードは、TRIBEの天才チャート改フェイスブックにも載せさせていただきました。名前とハンドルが合わないですが。。)

    そこで質問です。

    及川師匠としましては、1時間MAタッチでよくショートのお話が王道としてあり、私自身も承知しているのですが、今朝の9時前後からの及川師匠のトレードの時間帯と10時前後からの私のトレード時間帯で、優劣的な違いがどこかにあるのか、もしあるのであれば、ぜひご教授いただきたいと思いコメントさせていただきました。

    個人的に思うのは、今朝の新たな相場の中での「1時間MAファーストタッチだったかどうか。。ってことなのかな。」くらいしか頭に出てきません。

    及川師匠のトレード中の肌感覚的なもの、もしくは経験則的な感覚があったのかどうかも知りたいです。さらに今後の注意すべき点などアドバイスいただけましたら幸いです。
    よろしくお願いしいたします。

    • 福岡のセルフ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >2月10日本日ご配信された午前トレードの動画
      >スッと落ち始め、伸びたところで、プロフィットなりで早めの利食い。
      このように解釈しております。

      ↑ま、そんなところです^^
      付け加えますと、
      東京時間なので「ドル円」をメインで観ていました。
      で、ドル円の直近安値というか
      直近のいわゆる「谷」で決済って感じでしたね。

      >今朝の9時前後からの及川師匠のトレードの時間帯と10時前後からの私のトレード時間帯で、優劣的な違いがどこかにあるのか

      ↑ここ、恐縮ですが
      他の方に書いたご回答を
      ペーストさせていただきます。

      ↓ここから

      今回の動画場面に関して言いますと、
      先週末NY市場が低調で終わったため
      日経がマイナススタートなのは想像がつきますよね?

      けど株式市場自体は
      昨今強い動きをしている中、
      一方的に下げ続ける可能性はそんなに高くはない・・・

      そんな中、
      なかなか大きなマイナス圏でスタートした日経は
      下げきれずにプラマイゼロ近くまで戻す可能性は考慮しておく必要があるかも?
      これらをイメージしていました。

      ですので売り目線ではありましたが
      徹底的に引っ張る、みたいな強気ではありませんでした。

      ↑ここまで

      それがたまたま10時台からだったのかなと
      僕的にはそんなイメージです。
      要するに「日経主導」みたいな。

      東京時間をやる場合は
      日経の連動性はある程度意識しておくと良いように思います。

      とりあえず今日はこんなところでしょうか。
      損切り後、無事に取り返せたところは素晴らしかったですね。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。

    前回、「大勝ちして逃げちゃうのもアリ」と仰っていただきましたが、個人的にはお金の価値をいまいち信用していないので(一定ではありませんし、失うリスクは常にありますし)、やはり先生みたいにコンスタントに稼ぎ続ける能力が、一回こっきりの現ナマよりも欲しいですね笑
    でも、「チャンスに乗れるように現金を稼ぐ」は深くうなずきました。

    さて、及川先生のトレードを拝見していると、よく打診買い(売り)から入る場面を見かけますが、打診入りのポジションも、リスクリワードが2以上といった条件で入っているのでしょうか?

    また、今日、たまたま先生と同じ場面で(玉数が少ないので2発だけ)ポンドをショートしましたが、20分以上掛かった上に1時間MAを実体抜けしたので、ドテンしました。
    そのドテンの判断自体は後から見ればあっていたのですが、同時刻にドル円が逆向の15分75MAにあたって陰線(実はヒゲで終わった)が出たのを見てビビッて切ってしまいました。

    損切の後で及び腰になっていたのも原因の一つだと思うのですが(足の確定まで待つべきだった)、こういった複数ペアで見ているときに「ほかの通貨ペアに反転要素が出た」場合、そちらを優先したほうがいいのでしょうか?
    ちなみに、今回は「やっぱりクロス円はドル円が引っ張るでしょ」と思っていたので、主にドル円を参考にしていました。

    そして、最後に(質問が多くてすいません。)、今日の動画で「相場に付きっきりにならないのが上達のきっかけ」という意のことを仰られていましたが、
    僕のような初心者の場合は生のチャートを(トレードするかはともかく)なるべく多く見たほうがよいのでしょうか?

    まだ、人生の反転上昇相場には少し時間がかかりそうです。
    そろそろ4時間足MAにあたってもいい頃じゃないかな。
    「これが最後のナンピン」と心に決めて精進して参ります。

    • 人生逆張り男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >個人的にはお金の価値をいまいち信用していない

      ↑なるほど(笑)
      それは面白い、というか
      同意できる部分も確かにありますね。

      >打診入りのポジションも、リスクリワードが2以上といった条件で入っているのでしょうか?

      ↑いや、、、正直そんなことはないはずです。
      僕は世間的には「超短期トレード」
      それこそ観る人が見れば「スキャルパー」でもありまして
      その概念からしたらそもそもRR2以上にはこだわらず、

      RR1程度、ただし時間は短く!

      このような感じでやることも多いです。

      >複数ペアで見ているときに「ほかの通貨ペアに反転要素が出た」場合、そちらを優先したほうがいいのでしょうか?

      ↑ここは僕もその時その時の判断です。
      強弱感は場面ごとに違いますからね(汗)

      例えば「利食い」に関しては
      ロングの場合
      ユロポンの強い方の目標到達で利食い、
      などが僕の場合多いですが、
      勢いがあると自分なりに判断した際は
      ユロポンの弱い方の到達まで引っ張る、とすることもあります。

      一方、例えば「逆張り」の場合は
      上記の逆、つまり到達が遠い方の到達時点からやるなど
      強弱感に「慎重さ加減」を加味して判断するようにしています。

      >ちなみに、今回は「やっぱりクロス円はドル円が引っ張るでしょ」と思っていたので、主にドル円を参考にしていました。

      ↑東京時間については僕もそうすることが多いので
      これ自体は間違いではないと思います。

      >僕のような初心者の場合は生のチャートを(トレードするかはともかく)なるべく多く見たほうがよいのでしょうか?

      ↑あぁ、確かにそうかも知れませんね。
      ちなみに
      「観るけどやらない」というのは
      ある意味苦行でして、
      やりたいけどガマンするという「修行」には
      実はそれ自体になかなか価値があると僕は思います。
      「自制」の訓練としてです。

      >まだ、人生の反転上昇相場には少し時間がかかりそうです。
      そろそろ4時間足MAにあたってもいい頃じゃないかな。

      ↑ここは・・・踏ん張りどころかも知れませんね。

      過去において、相場を離れちゃう人の中に
      「もう少しのところまで来ているのになぁ」って
      そう感じる、もったいない人は実際多かったです。

      ただし、お金や人生における貴重な時間も絡む話ですので
      ここは軽々に申し上げることは出来ません。

      やるからには
      ぜひともがんばって欲しいなと思います。

  • 及川先生、ブログ更新と動画アップ、お疲れ様です。
    いつも楽しませていただいて、更に勉強させていただいております。

    何度かコメントさせていただきましたが、負け続けている男です(苦笑)。
    現在毎日Tribeの方でも勉強しておりますが、なかなか自分が進んでいるのかどうかよくわかりません。
    が、自分でも、ナイストレードやナイス損切を日々少しは自覚を交えて体験しております。
    本業の方で(技術職です)がむしゃらに試行錯誤と練習を続けたのち、数年後に知らない間に技術が身についていた経験がありますので、焦らず日々努力を続けていきます。当時の気持ちを思い出し、少し懐かしいような、迷いながらも努力を続けていくそんな毎日を楽しんでいる自分を最近発見しました。もうおっさんですけれど(笑)。

    一つ質問がございます。
    及川先生は確かブログやYoutubeを始めたころにはすでに十分に勝てるようになってらして、その後講師として5年以上?様々な行動をされてきたと記憶しております。(間違ってたら申し訳ありません)
    その勝てるようになった後に、押しえる側に立ち、また自分でトレードを続けていく中で、当時よりも腕があがったな、と思われる部分ってあるのでしょうか?
    技術的なことでも、精神的なことでもかまいません、もしありましたらご共有いただけると幸いです。
    純粋に興味がわきましたので、質問させていただきました。

    今後も決してあきらめずに、努力を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    • あいあいあ~様
      コメントありがとうございます。

      >本業の方で(技術職です)がむしゃらに試行錯誤と練習を続けたのち、数年後に知らない間に技術が身についていた経験があります

      ↑これは良いお話ですね。
      とても深い共感を覚えます。

      >勝てるようになった後に、教える側に立ち、また自分でトレードを続けていく中で、当時よりも腕があがったな、と思われる部分ってあるのでしょうか?

      ↑ここは「メッチャ」あります。
      自分自身のみでやるのであれば
      「感覚的」で済みますが、
      他人様にそれを伝えるためには
      一定以上の『理論化』がどうしても必要になります。

      で、その作業をすることで
      自分自身の感覚が今度は「その先」に向かうことが可能となり、
      おそらくはそれが“深み”へと昇華するわけです。

      このような好循環に対し、
      僕は僕へ教えを乞うてくれる人に感謝し、
      そこで得たモノをさらにお伝えする工夫をする・・・

      これが僕の活動における
      ある種の責務ではないかと。

      ちなみに有料教材などがあるのは
      パソコンなどがまるで苦手な僕を
      運営事務局が全面的にフォローしてくれることに対し
      彼らのビジネスに協力することで
      こちらもWIN-WINの関係性にて繋がっています。

      あ、あとは僕の「出たがり性分」に対し
      大いに役立っていることも付け加えておきますね(笑)

      ご参考になれば幸いです。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    まだ勉強&トレードを始めたばかりの初心者です。今は辞めておりますが銀座のクラブでホステスをしておりました。

    及川先生がデイトレをキャバクラに例えていらっしゃるのは前から知っておりましたが、2/10のYouTubeを見てホステスをしていた私の目線でコメントさせていただけたらと思いました。

    東京時間、欧州時間、NY時間…キャバクラやクラブのあるエリアに当てはめれるような気がします。私のイメージでは品のある安定した東京時間は銀座、少しヤンチャだけれど大人な欧州時間は六本木、にぎやかなNY時間は新宿です。やはり各エリア客層が違います。働いている女の子の雰囲気も違いますよね。

    私はチャートを見るときホステスになったつもりで向き合っています。相場でお客様をお相手しているつもりです。自分のことを気に入ってまた来店していただきたいと思うことで欲張らなくなりました。媚を売りすぎるのも嫌だし大好きアピールもお客様(相場)にはあまりしません。お客様は笑顔でも心の中は読めないし、相場も常に自分には管理できない分からないものと思っております。そしてお金をいただく感謝も忘れないようにしております。もちろん負けるときもありますがお客様へのプレゼント、バレンタインのチョコレートなど必要経費と考えれば熱くならずに冷静に損切りできるようになりました。

    男性の相場はキャバクラだという目線とは違うと思いますが、ホステスをしていた自分だからこそ気づけたメンタル管理の仕方を見つけることができました。

    FXを始めたばかりの頃はホステスをしていたこともあり損益の金額ばかりに目がいって稼ぎたい稼ぎたいと欲にまみれていました。そして負けてばかりいた私ですが、ホステス目線になってからはどんな相場の動きも受け入れ値動きに対して反感を抱くことがなくなり、勝つことが圧倒的に増えました。先生の例えのおかげで気づけたことです。改めてありがとうございます。

    長くなり失礼いたしました。
    日本からシンガポールへ帰られたばかりだと思いますが、気温差で体調を崩されないようお気をつけくださいませ。

    • 楓さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >銀座のクラブでホステスをしておりました。

      ↑なんと!
      僕の「ゲスばなし」の真逆側から・・・ですね(笑)

      >私のイメージでは品のある安定した東京時間は銀座、少しヤンチャだけれど大人な欧州時間は六本木、にぎやかなNY時間は新宿です。

      ↑素晴らしい!
      カッチリ、ハマっていると思いました♪

      >媚を売りすぎるのも嫌だし大好きアピールもお客様(相場)にはあまりしません。
      >お客様は笑顔でも心の中は読めない
      >お金をいただく感謝も忘れないよう

      ↑どれも素晴らしい考え方だと思います。
      なるほど「逆側」からだとこうなるわけですね、
      勉強になります^^

      >ホステス目線になってからはどんな相場の動きも受け入れ値動きに対して反感を抱くことがなくなり、勝つことが圧倒的に増えました。

      ↑そんな楓さんに接客をしてもらえる相場ってやつが
      少々羨ましくも感じますね♪

      とても知的で
      品のあるメッセージをありがとうございます。

      どうか引き続きよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠こんにちは!
    シンガポールのJimmyです。

    先日のご返信でトレードが覚醒したようで、先週はなんと700pipsも取れました!有難うございます!
    師匠はやはりレジェンドですね…これからもご指導宜しくお願い致します。

    コロナでMOHからオレンジ警報が出ており、師匠も大丈夫かなあとおせっかいながら心配している今日この頃です。
    レッド警報になって万が一食料に困ったら遠慮なくおっしゃってください…

    本日は取り急ぎ御礼とご報告までです。
    師匠もお体ご自愛下さい。

    P.S.
    ちなみにこちらのバー、私も金曜日にいました…笑

    • Jimmy@SGさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >先週はなんと700pipsも取れました!

      ↑なんと!
      ちょっと凄すぎっていうか
      ぶっちゃけスピード違反かも(笑)

      >コロナでMOHからオレンジ警報が出ており、師匠も大丈夫かなあとおせっかいながら心配している今日この頃です。

      ↑お気遣いありがとうございます。
      そういえばこちら(シンガポール)でも
      マスクしている人がだいぶ目立つようになりましたよね。
      以前はまるでいなかったのに。

      >レッド警報になって万が一食料に困ったら遠慮なくおっしゃってください…

      ↑ありがとうございます。
      おかげさまで
      現時点ではなんら苦労はしておりませんので!

      >ちなみにこちらのバー、私も金曜日にいました…笑

      ↑おぉ!そうでしたか^^
      僕は「外食系」まだまだ開拓中ではあるものの
      ひととおり、最低限のラインナップは整ったかな、といった段階です。

      いよいよバッタリお会いする可能性もありそうですが、
      その際はどうぞお手柔らかにお願いいたしますね(笑)

      では
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもYouTubeのトレード動画ありがとうございます。
    前回のブログに続き、2回目の投稿です。
    今日同じ場面をトレードしていたので、大変勉強になりました。

    本日(2/10)のトレードについて教えてください。
    私も先生と同じく円シリーズの下げを狙って、ポン円とユロ円をショートしました。
    9時過ぎからのエントリーでしたが、1本目、2本目のエントリー位置は先生とほぼ同じでした。3本目については私も狙っていたのですが、ポン円・ユロ円のチャートを見る限り黄緑が下げから上げに転換してきていたので追加できず、そのあと上げ転換するかもと考え「負け逃げ」しました。
    ところが先生はしっかりドル円の直近安値ですべて利確されており、さすが!と驚きました。先生が利確されたドル円のラインまですべての通貨を持てた理由は、ドル円のチャート的には黄緑は下向きで転換していなかったからでしょうか?
    細かい質問ですみません。同じトレードでも勝てる先生と負ける自分の違いを確認したくて。

    直近の成績では、先週はプラス68pipsで終われました。少ないpipsでも私にとっては十分大切な「勝ち」です!今月の目標「ルールを守れる自分を好きになる」です^^
    以前は仕事・家事・育児がある中でなかなか勝てない自分に焦りとイラつきを感じていましたが、今はゆっくりでもしっかり勝てるようになろうと考え方を変え、落ち着いています。及川先生の手法とマインドに出会えたことで、トレードも楽しんでやれています♪ありがとうございます!引き続き応援しています^^

    • 歩く花さま
      コメントありがとうございます。

      >3本目については私も狙っていたのですが、ポン円・ユロ円のチャートを見る限り黄緑が下げから上げに転換してきていたので追加できず
      >先生が利確されたドル円のラインまですべての通貨を持てた理由は、ドル円のチャート的には黄緑は下向きで転換していなかったからでしょうか?

      ↑3回目の追加は
      僕がよくやる「ここを抜けたら諦める」
      「ってことは最後のポジションの損失はそんなに大きくならない」
      「ならば助かったときに、より有利かつ時短に繋がる道に対しリスクを取る」
      これらの理由によります。

      それと、9時台という
      いわゆる「浅い時間帯」だったことも
      意識の中にはありました。

      欧州時間にも言えることなのですが、
      僕はなるべく午前の、しかも早めの時間帯で
      決着をつけたいと常に考えてやっています。

      理由は「あとになればなるほどややこしくなる可能性が上がる」
      この考えの逆説的な意味合いによるんです。

      要するに
      「浅めの時間帯のほうがややこしくなりにくい」
      という話ですね。

      >先週はプラス68pips

      ↑良いじゃないですか♪
      決して「少ない」なんてことはないと思いますよ。

      >前は仕事・家事・育児がある中でなかなか勝てない自分に焦りとイラつき
      >今はゆっくりでもしっかり勝てるようになろうと考え方を変え、落ち着いています。

      ↑この変化、いや進化かな?
      ここは雲泥の差ですね。
      特に精神的なストレスが軽くなることは大きいはずです。

      楽しみながらトレード出来て
      それで利益も得られるのなら、
      こんなにシアワセなこともありませんね♪

      ぜひとも引き続き、
      その調子でがんばってください^^

      また嬉しいご報告をお待ちしています。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さん、お久しぶりです!

    私の戦場の株式市場はバブルの真っ只中の認識はとても有ります。
    仲間は「もう天井だ!もう天井だ!」と言ってヘッジ売りを掛けますが、ことごとく踏まれてます。
    私は30年の経験則で、お金じゃぶじゃぶの金余り相場はいつか是正されるので何年も新規買いはせず恩株の売り上がりを続けてます。

    新規参加者は少しずつ増えてますが、バブルの「庶民の熱狂」と言うか熱量はそんなものとは比べ物にならない桁違いのものが有りますから、それが納得出来る何かが出てくるのかも知れませんね。

    リーマンショックの時の怖くてたまらない時に買ったのだから、売るのが惜しくてたまらない時に売らなくちゃと思ってます。

    • マサル様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >仲間は「もう天井だ!もう天井だ!」と言ってヘッジ売りを掛けますが、ことごとく踏まれてます。

      ↑そうでしたか、
      これ、やっちゃう人、案外多いんですよね(汗)

      >リーマンショックの時の怖くてたまらない時に買ったのだから、売るのが惜しくてたまらない時に売らなくちゃと思ってます。

      ↑なるほど(笑)
      一応僕もそのつもりではいるのですが、
      個人的には本文で書いた
      「無興味」の時期に各種資産を
      長期保有用でガンガン買おうとも思っています。

      ま、年齢的に「相続用」とかになりそうですが(苦笑)

      お互いがんばってまいりましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ブログ更新ありがとうございます。
    数年前の仮想通貨バブルで見事に狩られた者です。

    個人投資家のお金を狩るのが大口の狙いであるならば、確かに一般人が投資に加入→相場が過熱というピースが必要ですね。
    その為のバンドワゴンが今から出発してるのか、既に走り始めてるのか分かりませんが今後も注視していきます。

    YouTubeの実践動画も拝見しました。
    ただナンピンして勝ってるだけとは思いませんよ!
    エントリー前から方向性とナンピン場所のシナリオを考えているお手本の様なトレード動画だったと思います。

    今回の動画では、エントリー前にドル円の15MAから前回安値までのpipsを測って「あるなー」と仰ってましたが、現在のドル円はトレードしても良い位のボラがあるとお考えなのでしょうか?

    ドル円にどの位ボラがあればエントリーするのか、判断材料があるなら教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

    • ToMo@TRIBERさま
      コメントありがとうございます。

      >個人投資家のお金を狩るのが大口の狙いであるならば、確かに一般人が投資に加入→相場が過熱というピースが必要ですね。

      ↑そうですね。
      それと、暴落後に一度大きく戻すタイミング・・・
      実はここにこそ「個人の熱狂」という名の「出来高」が
      必要なんだと思います。
      ※本文中の「安堵」の場面位置です。

      >エントリー前から方向性とナンピン場所のシナリオを考えているお手本の様なトレード動画だったと思います。

      ↑お褒めいただきありがとうございますm(_ _)m
      二回目の追加がダメダメだったので
      アレのフォローが出来たことに最も安堵しています(汗)

      >現在のドル円はトレードしても良い位のボラがあるとお考えなのでしょうか?

      ↑うーん、ここは微妙ではあります。
      まだ「その日次第」かなと思ってますし
      東京時間以外ならやってないかなと。

      >ドル円にどの位ボラがあればエントリーするのか

      ↑ここは単純に「リターン計測時のPIPS数」ですね。
      やはりスンナリ勝てたと仮定した際の
      「10PIPS以上」は欲しいところです。

      現在のチャートには「緑バー」もあるので
      ボラ感が一目で大体わかるのは助かっています。

      こんなご回答で大丈夫そうでしょうか?
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 師匠いつもお世話になっています

    確かに、あのバブル当時の熱狂感はありませんね

    投資が身近になったことも大きく影響してるのでしょうか?

    周囲の人々の投資が目に見えなくなってきてるようにも思います❗

    毎回思います❗
    投資は予想ではなくて起こってからの対処法が大事

    スイングトレード勉強中です

    ぜひ私の飛躍のための最後のピースをいただけたら幸いです

    すでにいただいているのかも知れませんね❗

    失礼いたしました

    毎度パワーいただいています‼️

    今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

    • 92さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >確かに、あのバブル当時の熱狂感はありませんね
      >投資が身近になったことも大きく影響してるのでしょうか?

      ↑それなら良いのですが、
      どうでしょうね。。。
      僕には多くの人が「投資に失望」しているか、
      「それどころじゃない」って風情を色濃く感じてしまっています。

      二極化の進行がヒドすぎるのではないですかね(汗)

      >スイングトレード勉強中です

      ↑そうでしたか♪
      スイングはデイトレとは異なり、
      「時々でっかく勝つ」が正しい考え方だと思います。

      そこに至るまで「細かい負け」が
      連続することも少なくないですので、
      「負けだけ付き合うこと」にはくれぐれもご注意ください。

      それでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れ様です!

    元及川塾生のキャスバルです。

    毎週楽しみに動画拝見しております。

    更新が週二回なのでその他五日間は
    過去動画を拝見させて頂いてます。

    毎日及川先生の動画を見てて幸せです。

    塾を卒業して早一年が経過しました。

    卒業から一年ほどFXから離れてまして
    今年1月から気持ち切り替えて5万円チャレンジ始めました!

    今1か月と少し経ちましたが
    18万円まで増えました!

    月利180%超えです。

    しかし途中残高2000円のカゲップチからの復活劇です。

    負けてから大逆転を繰り返して
    ここぞと言う時の胆力が付いて来たかも知れません。

    いつも負けてからココチャンス!という場面に出会す事が多いです。

    今日の相場では15:00〜の魔の時間からポンド円ショートを5ポジ持って
    前回高値から2ポジショート追加して勝ちましたが、内容は不細工だなと思いました。

    開幕に2ポジ。
    損切りラインで4ポジ追加。
    をするのが理想でしたが欲に負けてしまいました。

    もっと引き付けてからポジション持つか、開幕のポジションを少なくして立ち回ろうと思いました。

    5万円が半年で100万円になったら動画配信にチャレンジしてみたいと思います。

    次の動画、ブログ楽しみにしています☆

    • キャスバル様
      コメントありがとうございます。

      >更新が週二回なのでその他五日間は
      過去動画を拝見させて頂いてます。

      ↑大変ありがたいお話ですが
      そんなに見てて飽きないものでしょうか?(汗)

      >今年1月から気持ち切り替えて5万円チャレンジ
      >18万円まで増えました!
      >月利180%超えです。

      ↑これまた凄い勢いですね^^;;
      スピード違反による「ドカン負け」には
      くれぐれもご注意お願いします^^

      >開幕に2ポジ。
      損切りラインで4ポジ追加。
      をするのが理想
      >もっと引き付けてからポジション持つか、開幕のポジションを少なくして立ち回ろうと思いました。

      ↑ここは僕と課題がまったく同じです(笑)
      僕もついついフライングして苦労させられますので
      まぁお互い気を付けていきましょう♪

      >5万円が半年で100万円になったら動画配信にチャレンジしてみたいと思います。

      ↑おぉ!それは楽しみですね♪
      その際はぜひご報告をお願いいたします。

      いつもありがとうございます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもblog、YouTube、本当にありがとうございます。
    そして前回も、手数料に関する丁寧なご回答ありがとうございました!
    おかげさまで自分の中で整理がつき、気持ちよくトレードできるようになりました!笑

    その時に、1週間勝ち続けられた報告をしたのですが、今のところまだ勝ち続けることができてきています。

    ところが、過去2年に渡る負け癖から、連勝が逆に怖く感じて、いつか大きなしっぺ返しを食らうんじゃないかという恐怖がいまだに拭いきれませんでした。

    そんな今日、先生とは違う局面で東京時間にチャレンジし、50pipsの損切りをしました。

    損切り自体はもちろん嫌でしたし、50pipsという損切り幅も自分史上最大でした。(←これまでは、どこで入ろうとも損切りはマイナス20pipsと固定していたので)

    でも、変な話なのですが、「ここを抜けたら損切りと決めたところで、こんな自分史上初の50pipsでも、ちゃんと損切れた!」ということで、何故かとてもスッキリした気持ちでした。(←もうちょっと引き付けてから入っていれば50も損切らなくて済んだな…という反省はしましたが…笑)

    そして、「小さくても、とにかくその日を勝ち逃げる」を意識して、トレードを仕切り直し、東京時間内にマイナス50pipsを取り返し、チャラに。
    そして、「次のトレードをする権利を得た」ということで、先ほど欧州時間でエントリーし、40pipsとることが出来、結果、今日も日ベースでは勝ちで終えることが出来ました!

    もちろん、日ベースで負けてしまう日もこれからやって来るのは当然だと思いますし、それが健全なのだとは分かっているのですが、大きな損切りに引きずられずに次を勝てたことがとても嬉しいです。

    これまでは本当に勝率が低く、1回勝っては3~4回負ける。
    損切りをマイナス20pipsに固定していたのも、勝率が低く、コツコツ勝ってもそれ以上にコツコツコツコツコツコツ負けるので、それ以上の損切りを許容できなかったからです。

    それが、年明けに及川先生に出会ってからのこの勝率。
    そして、マイナス50pipsでも取り返せた今日。

    大きなしっぺ返しを食らうんじゃないかという染みついた恐怖はまだ完全には拭いきれませんが、でも、きちんと損切りするべきところは損切りして、とれるところは取る。
    これをきちんとやっていけば、多少のしっぺ返しは食らっても、それを受け入れながら(←そもそも、受け入れられるしっぺ返ししか受けないように)コツコツ積み重ねた利益は残していけるんだということを初めて体感出来た気がしました!

    なんだかまとまりがなく、何を言いたいのかわかりにくい文章になってしまい、申し訳ありません!
    でも、嬉しくてつい、及川先生に報告したいと思ってしまいました!
    今後もblog、YouTube、楽しみにしています!

    • ちはる様
      いつもコメントありがとうございます。

      >そんな今日、先生とは違う局面で東京時間にチャレンジし、50pipsの損切り
      >トレードを仕切り直し、東京時間内にマイナス50pipsを取り返し、チャラに。
      >「次のトレードをする権利を得た」ということで、先ほど欧州時間でエントリーし、40pipsとることが出来、結果、今日も日ベースでは勝ち

      ↑凄い!
      いろんな意味で素晴らしいです。

      メンタルが崩壊しなかったこと、
      50PIPSの損失を引きずらずに切り替えられたこと、
      大いなる自信になりそうですね♪

      >きちんと損切りするべきところは損切りして、とれるところは取る。
      >コツコツ積み重ねた利益は残していけるんだということを初めて体感出来た気がしました!

      ↑いやぁ、実に大きな進展だと思います。

      負けたり勝ったりしながら資金が増える状態が
      もっとも正しい状態!

      ここが実感できるようになれば
      シメたものです♪

      損切り上等!!

      今後もその心意気?で
      どうかがんばってください♪

  • お久しぶりです師匠!
    この前のブログで僕は全損してしまったと言いました。
    その時に夜も寝れない程悩みました。
    なぜ全損したのか?
    なにがそうさせたのか?
    それから負けパターンを知り、勝ちパターンを知る。
    僕の負けパターンはレンジ、転換、逆張りです。
    今はそれは一切触れず、自分の勝ちパターン、シリーズ揃いの順張り、戻り売り、押し目買いのみで闘い、勝ったら辞めるというルールを徹底しました。
    その結果、スタートしてまだ11日程ですが全てトータルプラスで終わっています。
    前までなら絶対に有り得ない結果です。
    自分のルールに従い、負けるトレードをしないをルールにしました。
    この結果は自分でも成長を感じ、少し自信になっています。
    今は継続させ生き残る事を優先に考えています。
    師匠も動画で言っていましたが、前までは、勝たなければ、トレードしなければでしたが、僕も今はトレードに執着がなく、1日1回同じ時間帯でトレードしています。
    トレードの時間帯で条件が揃わなければトレードすらしません。
    そして勝ったら辞めてます。
    個人的に分析や、勉強も大切ですが、それをやる前に自分を分析する事が大切だと気づきました。
    どうしたらメンタルがブレるのか?
    何をすれば自分は負けて、勝てるのか。
    これを把握して初めてトレードのスタートに立てるんだと実感しています。
    武器は経験と共に見つけて行こうと思います。゚(゚´ω`゚)゚。
    まずは一つに特化しようと思いました。
    一つ質問させてください。
    師匠はどのタイミングでロットを上げましたか?
    今はこれに悩んでいます。
    アドバイスよろしくお願いします。
    僕も師匠に追いつけるように頑張ります!笑
    いつも丁寧なコメントありがとうございます。
    まだまだガキンチョですが、絶対に成り上がってやると、毎日思っています。
    これからもよろしくお願いします^_^

    • MT4戦士さま
      お久しぶりです、
      コメントありがとうございます。

      >自分の勝ちパターン、シリーズ揃いの順張り、戻り売り、押し目買いのみで闘い、勝ったら辞めるというルールを徹底
      >その結果、スタートしてまだ11日程ですが全てトータルプラス

      ↑おぉ!これは嬉しい内容ですね。
      ご自身のやるべき方向性が見えたこと、
      ここが一番大きいでしょうね♪

      >個人的に分析や、勉強も大切ですが、それをやる前に自分を分析する事が大切だと気づきました。

      ↑素晴らしい♪

      >師匠はどのタイミングでロットを上げましたか?
      今はこれに悩んでいます。

      ↑僕はかねてから
      100万円に対し1ロット(10万通貨)×数発
      このような基準でやって来ました、と申しています。

      向き不向きはあるかも知れませんが、
      毎日「口座残高」や「前日収支」を元に
      ロットを可変させるやり方はどうでしょう?

      もっとも僕はめんどくさがりだったため
      自分ではあまりやって来ませんでしたが(汗)

      毎日可変させるやり方の場合、
      どうしたって「PIPS管理」にせざるを得ないため、
      先々本格的に大きなロットになった際も
      「徐々に慣れてきた」ことが大いに役立つかも知れませんよ。

      一度検討なさってみてください。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 久しぶりの投稿です。
    覚えていらっしゃったらとても嬉しいです。
    ブログ更新、講演、YouTube配信お疲れ様でした。

    最近は大学生活とトレードの両立もいいバランスでできていて、距離を置きつつ相場と向き合えていると思います。
    今は、去年のマイナス分をなんとかプラスにするためにコツコツ、学びながらトレードしています。

    最近感じた事なのですが、何のためにトレードをしてお金を稼ぐのかをもう一度深く熟考する事ってとても重要なのかなって思いました。
    以前は、言ってしまえばただお金が欲しい、お金持ちになりたいとばかり考え、空回りした時期を過ごしていましたが、稼いだお金で何を求めているのか、その求めているものを手に入れるためにはいくら稼げば良いのかなどを考えるようになり、トレードをしている意味も考える様になりました。
    ただ闇雲にお金お金するのではなく、目的や手に入れたいものから逆算して、計画性を持ってトレードをする事も、損切りやリスクリワードと同じくらい大切なのかなと感じています。

    突然すみません。
    及川先生のお考えがあったらご教授していただけると幸いです。
    お身体にお気をつけて、頑張ってください。応援してます。

    • 学生トレーダー yu様
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      もちろん覚えてますよ。

      「トレードなんかより恋愛(青春)しろ!」って
      まぁそんな言い方ではありませんでしたけどね(笑)

      >稼いだお金で何を求めているのか、その求めているものを手に入れるためにはいくら稼げば良いのかなど

      ↑確かにそうですね。
      それと若い人に言いたいのは
      「情熱を持って取り組めるモノを見つけて欲しい」
      です。

      それがトレードだというなら
      それで良いのかも知れませんが、
      けど、本当かなぁ・・・って。

      そういう意味では
      「お金持ったあとに何をしたいか?」
      ここをいろいろ考えるのは大切かも知れませんね。

      しつこいようで恐縮ですが、
      僕はもっと「青春」して欲しい気持ちに変わりはありません(笑)

      ぜひとも情熱を持ってチャレンジ出来るものを
      トレード以外でも見つけて欲しいなと
      ここは今日時点でも変化なく思っていますので
      その点も併せて考えてみて欲しいと願いますね。

      ホント、おっさん意見で申し訳ありません(苦笑)

      そんなこんなですが、
      どうか引き続きよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    初めまして。
    最近及川先生を知り書籍、YOUTUBE、ブログで勉強させていただいているものです。
    及川先生の人柄というか謙虚ではありつつも言うことは言うというスタイルがとても好感が持てている次第でございます。
    そして酒好きで女好き?な点も私と共通でありやっと興味と好感の持てるトレーダーの方と出会えたと思いました。

    これまで私は金相場を四年くらいやってきましたが、過去チャートを見て毎日売買の練習をするも虚しく収支はマイナス150万と普通のサラリーマンには厳しい状況です。
    三か月前からは株も始めました。
    こちらは日経が下げ始めた時に下げトレンドが続いている銘柄を空売りするという方法でやり少しですが利益を出せるようになりました。
    自分なりに考えたこの方法で、
    恐縮ではございますが、及川先生の書籍にあった「水に落ちた犬を叩け」に似ているなと思っています。
    金相場をやっていた時はチャートと真っ向勝負をしていたのですが、及川先生の本を読み、チャートと真っ向勝負ではなく、時間帯や他銘柄との相対的な関係を見るということが正しいことなんだと確信することができました。
    知らず知らずのうちに思考がチャート一辺倒に偏っていたようです。
    今回少し相場というものに対して目が開けたように思います。
    まずは天才チャートを使いデモトレードと過去の検証を行っていきたいと思います。
    そして本の内容を実践できるようになれば、デイトレ大百科も購入し学びたいと思います。

    ブログの記事とは全く関係のない自分語りとなりましたが、ご容赦ください。
    お伝えさせていただきたかったためコメントさせていただきました。

    • 蓮井さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >謙虚ではありつつも言うことは言うというスタイルがとても好感が持てている次第でございます。

      ↑光栄です^^
      ありがとうございます。

      >そして酒好きで女好き?な点も私と共通でありやっと興味と好感の持てるトレーダーの方と出会えたと思いました。

      ↑「女好き」のほうはあくまで『推測』ですよね?(笑)
      さぁ、どんなもんでしょうね^^

      >日経が下げ始めた時に下げトレンドが続いている銘柄を空売りするという方法でやり少しですが利益を出せるようになりました。

      ↑ほほぉ、これは面白そうなやり方ですね。
      「空売り」のスキルは大きな武器になると思います。
      ぜひ極めていただきたいです♪

      >チャートと真っ向勝負ではなく、時間帯や他銘柄との相対的な関係を見るということが正しいことなんだと確信

      ↑僕的には二次元を三次元にするイメージに近いんです。
      通常の教材や教本では複数通貨ペアの相関関係って
      構造的に解説しきれないと思うんですよ。
      なのでどうしても単一チャートでの解説となる・・・

      これが多くの教材がイマイチな理由だと
      僕は思っています。

      あ、僕のが素晴らしい、と言いたいわけではありませんので
      そこはあしからずにて(汗)

      >まずは天才チャートを使いデモトレードと過去の検証を行っていきたいと思います。

      ↑YouTubeのトレード動画は
      「エントリー時点」と「決済時点」のチャート形状が観れます。
      移動平均線はリペイントでどうしても動きますので
      エントリー時点の絵を確認することは大変意味があるはずです。
      (その後のギャップ感などとの感覚について)

      ぜひとも参考になさって欲しいと思いますので
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。先日、プロコン買おうかな?とつぶやいていたものです。買いました。今まで、打診で入って損切間近でもう一個入れるというやり方が多かったので、これはわかりやすくてとても使い勝手がいいですね。複数通貨ペアを見ることはあまりありませんでしたが、及川式を学び始めて複数通貨ペアを同時保有することも練習始めたので、これからもっと使いこなせるよう、操作に慣れるよう頑張ります。

    私は幼い子供と夫、またいくつか仕事を持っていて、ついでに難病患者のため一日にトレードに使える時間がないので、これまでは16時から17時半くらいまでの短期決戦、一日10pipsとれたらいいというスタイルでやっていました。増えると、すぐ旅行とか本など遊びにつかっちゃうのでお金はたまっていません(笑)
    一応遊びに使えるくらいは稼いでいますが、40代になり、いつまで生きるかわからないし、もうちょっとちゃんと増やして貯めて家族の楽しみに使いたいなと思い、これまで使っていた坂井増由美さん式の15分足チャートから及川式の天才チャートに変えました。見方が王道といいますか一緒なので短期決戦が性に合う私には5分足メインのほうがストレスが少ないように思います。短気で気が散るタイプです(及川先生もそうだと言っているわけではないですからあしからず・・・)まだ、学び始めたばかりですが・・・。プロコンが面白くてたくさんポジ持ってしまいます。やたらなところで入ってないですよ~損切もしながらちゃんとプラスで終えています^^
    ただ、へたくそに間違いはないのでもっと精度をあげて、皆さんのレベルに追いつけるようこつこつやります。

    でも・・・私らしいやり方といえば一日10pこつこつかな~とも思います。
    複利でどんどん増える経験はあるので、とちゅで出金しないで口座に億を目指したい・・・なんちゃって・・・でも旅行に使いそう・・・「待つのが仕事」これもですかね( ´艸`)

    いつもためになる動画ありがとうございます。大百科を購入して学習中ですので、今後ともよろしくお願いします。

    • MWさま
      コメントありがとうございます。

      >先日、プロコン買おうかな?とつぶやいていたものです。買いました。

      ↑おっと、そうでしたか^^
      それはそれはありがとうございます♪

      >私は幼い子供と夫、またいくつか仕事を持っていて、ついでに難病患者

      ↑軽快な文面でしたのでここは驚きました。
      けど、全然湿っぽさを感じません。
      僭越ながらご立派だなぁと思いました♪

      >これまで使っていた坂井増由美さん式の15分足チャートから及川式の天才チャートに変えました。

      ↑おっと・・・
      久しぶりに聞いた名前が登場しました(笑)
      そういえば彼女のインジケーターもマルチタイムフレームですもんね。

      >プロコンが面白くてたくさんポジ持ってしまいます。やたらなところで入ってないですよ~損切もしながらちゃんとプラスで終えています^^

      ↑ならいいんですけど^^

      >でも・・・私らしいやり方といえば一日10pこつこつかな~とも思います。

      ↑僕はこのままで良いと思いますよ^^

      >複利でどんどん増える経験はあるので、とちゅで出金しないで口座に億を目指したい

      ↑多少スピードが落ちたとしても
      途中、適度に出金をし、
      「人生的にトレード損失なし」を確保しながらやることで
      結果、より安全な資金増加へ繋がるように思います。
      あ、もちろん旅行もアリだと思いますし(笑)

      引き続き軽快な文面で
      今後ともお付き合いのほど
      よろしくお願いいたします♪

  • 2月10日のトレード動画拝見させていただきました。
    まさか自分のブログコメントが題材になっているなんて、、、
    光栄です!
    そしていつも丁寧で分かりやすいご返答、本当にありがとうございます。

    「相場に執着しなくなったこと」
    これを1つの成長の尺度として相場と向き合っていこうと思います。

    僕は、相場においては経験こそが最強の武器だと思っています。
    今の自分は、経験を積みながら引き出しが増えてきている段階なので、まだまだチャートとのにらっめっこは卒業できそうにありません(汗)

    あ、それでも自分はニューヨーク時間が苦手で、やるとドツボにはまり嫌な思いをした挙句、寝不足、、、みたいなことを繰り返した経験から、ニューヨーク時間に関しては執着心が無くなりました。
    及川先生の女性の例えで言えば、「嫌いになったからバイバイ」状態ですね(笑)

    経験を積むこと と 執着心を捨てること のバランスって難しいですね。。。

    • あさくま様
      コメントありがとうございます。

      >まさか自分のブログコメントが題材になっているなんて、、、
      光栄です!

      ↑そう言っていただけると助かります。
      こちらこそ取り上げさせていただき
      ありがとうございましたm(_ _)m

      >僕は、相場においては経験こそが最強の武器だと思っています。
      >今の自分は、経験を積みながら引き出しが増えてきている段階なので、まだまだチャートとのにらっめっこは卒業できそうにありません(汗)

      ↑確かにそうかも知れませんね。

      他の人のご回答でも言っていますが
      「やらずに観る」というのもこれはこれで良い修行です。
      観てるとどうしてもやりたくなっちゃう中でやらない・・・
      ゆえに「苦行」とも言えるのですが(笑)

      >やるとドツボにはまり嫌な思いをした挙句、寝不足、、、みたいなことを繰り返した経験から、ニューヨーク時間に関しては執着心が無くなりました。
      >及川先生の女性の例えで言えば、「嫌いになったからバイバイ」状態ですね(笑)

      ↑あくまで「例え」ですし、
      嫌いになったらバイバイって
      ちょっと使い方、正しくないですよ!(笑)

      バランスについては
      確かに難しい部分もあろうかと思いますが、
      上記の修行、「無駄打ち撲滅」と併せ、
      ぜひともがんばって欲しいと思います。

      それでは引き続き
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生お疲れ様です。
    元受講生で、毎日いい勉強させてもっらってます自分が転換したキッカケが良い勝ち方と悪い勝ち方でした 何でも勝てればいいと思ってましたが悪い勝ち方は、損切りする所で出来ずそのまま放置してプラスになったことです。これが癖になるとまずいですね…何回も口座飛ばしました。

    後自分に合った時間帯です。私は東京時間が勝率が悪くて欧州の時間帯が勝率がいいのがわかりました。自分に合った時間帯があるのも気づかせてもらえて良かったです負けてるときは朝から晩までやってました(笑)

    後及川先生に質問したことが良かったです。らいおんfxの履歴を公開したのを見させて貰って及川先生も2~3pipsのスキャルピングをして見えると思って質問したら違って思った通りに動かないときやチャートの相関が崩れたら逃げますと返答でした自分には衝撃的でした。今では相関が崩れたりダラダラしてる時は、数pipsで逃げるようにしています。本当に感謝しています。

    質問ですが、海外移住に憧れています恥ずかしいことに子供6人いて日本の税金とか保障問題に疑問がありその関係で海外移住を視野に入れてます。ただ日本に出稼ぎに来た人が稼いで自国に戻ったら犯罪に合った話も聞きます。高い税金を払って安全を買ってると思うべきか、外国でも家族で安全で住めるか聞きたいです。シンガポールはどうですか?

    • FX大好き様
      コメントありがとうございます。

      >悪い勝ち方は、損切りする所で出来ずそのまま放置してプラスになったことです。これが癖になるとまずいですね

      ↑そうですね、その通りだと思います。
      コツコツドカンのドカンもこのあたりが要因だったりしますからね(汗)

      >私は東京時間が勝率が悪くて欧州の時間帯が勝率がいいのがわかりました。
      >負けてるときは朝から晩までやってました(笑)

      ↑長時間やったときのほうが結局利益小さかったり
      下手するとボロ負けしやすくすらなります。
      「集中力」の問題も関係してるでしょうね。

      >及川先生も2~3pipsのスキャルピングをして見えると思って質問したら違って思った通りに動かないときやチャートの相関が崩れたら逃げますと返答でした自分には衝撃的でした。

      ↑なるほど!
      ここを衝撃的と捉えていただけるのは
      とても嬉しいかもです。
      実際に活かしていただけているならなおさらです♪

      >日本の税金とか保障問題に疑問がありその関係で海外移住を視野
      >日本に出稼ぎに来た人が稼いで自国に戻ったら犯罪に合った話も聞きます。
      >高い税金を払って安全を買ってると思うべきか、外国でも家族で安全で住めるか聞きたいです。

      ↑うーむ、、、
      これは実に難題ですね。
      なにせ「人生観」も多少関わって来ますので。
      これこそ「ヴィジョン」が明確でないとです。

      例えばシンガポールの上隣りのマレーシアは
      物価などは超安いですが、
      娯楽のレベルが尋常ではなく低いです。

      ご家族で生活する際、
      特に若い人は退屈じゃないかと想像します。

      シンガポールはその点かなり進んでいますが
      けど物価はかなり高いと(苦笑)

      飲食は日本の二倍近いです。
      (ローカルの人向けでは安い店もありますが)
      家賃も1.5~2倍くらいのイメージです。
      その代わりタクシーはなぜか日本の半額程度で
      地下鉄やバスもリーズナブルです。

      安全面に関して言いますと
      シンガポールは下手すると日本以上に安全です。
      僕はシンガポールに来て以来、
      路上での喧嘩などを
      いまだに一度も見たことがありません。

      で、肝心な税金ですが、
      所得税の最高税率は確か22%。
      小さい国なので日本のような「地方税」もなく、
      アレコレとボッタクリ明細のような取られ方はないですね(苦笑)

      それとなんといっても
      キャピタルゲインが無税、
      贈与税や相続税もありません。

      さぁ・・・どうする?って話ですよね(笑)

      シンガポール以外の東南アジアは
      物価は安いけど、治安はそこそこ悪く、
      まさに「どこを重視するか?」で
      俄然判断が変わってくると思いますね。

      ご参考になると良いのですが・・・

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも素晴らしい動画をありがとうございます。
    約一年ぶりに投稿させていただきます。

    師匠の動画に巡り合ってから早一年と半年。お恥ずかしい話ですが、やっと通貨の強弱が腑に落ちました。
    何を今更とおっしゃる方も多いでしょうが、僕のように動画を見て大百科を見て学んで分かったつもりの人って多いと思います。

    学んだ事は借り物でしかなく、自らが納得し、理解したものこそ「スキル」なのだとやっと理解出来ました。

    普段はNYが主戦場(というか普段NYしかできないので、東京や欧州はできる日も無視してます)なので変わり行く通貨強弱を理解することで損切り、耐える、ドテン、乗り換え等、すべてに根拠を持って取り組むことができるようになりました。

    まさに、「あぁ、師匠が言っていた事はこういう事だったんだな」といったかんじで、すべてがカチッとハマった感じの気持ちよさです。

    今では以前の動画を拝見していると師匠がコメントする前に自分で「今はこんな感じだな、じゃあこんな感じでプランニングすればいいかな」などとのたまっております照

    以前は恐れ多くも「もっとわかりやすく言ってくれないかなぁ」などと思っておりましたが、今では全てが金言と受け止めております。

    いつかトレーダーとして一人前(専業でやっていけるメドが立った)になった時には、師匠とすっ高いワインを飲みたいと思っております。そしてFX ismからスカウトされるくらい、日々精進していきたいと思っております。

    長文大変失礼致しました。

    くれぐれも無理はせずご自愛くださいませ。

    • ビビリな特攻隊長さま
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      >学んだ事は借り物でしかなく、自らが納得し、理解したものこそ「スキル」

      ↑これは名言ですね^^

      >今では以前の動画を拝見していると師匠がコメントする前に自分で「今はこんな感じだな、じゃあこんな感じでプランニングすればいいかな」などとのたまっております

      ↑おぉ!それはかっこいい♪

      あれ・・・ブツブツ独り言だとしたら
      そうでもなく、むしろ不気味ですかね?(笑)

      >いつかトレーダーとして一人前(専業でやっていけるメドが立った)になった時には、師匠とすっ高いワインを飲みたいと思っております。

      ↑その際には遠慮なくお声かけください
      日本でもシンガポールでもオッケーです♪

      良い感じでやられてるようで安心しました。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様
    初めてコメントさせていただきます。
    FXを初めて、3年目になるポンコツトレーダーです。いつも、動画と書籍で勉強しています。
    なかなか、一か月をプラス収支で終わることができません。
    サラリーマンなので、ニューヨーク時間のトレードを行っているのですが。
    一週間の内、コツコツなのですがプラス収支で終える日が多いです。
    普段は、損切も想定の範囲で実行出来ているのですが、ある程度利益がたまってくると
    許容範囲の損切をした後に、少しでも取り戻そうとリベンジトレードをしてしまいまい、乱発をしてしてしまいます。そうなると、熱くなっているので普段のトレードはできていません。自分のエントリーと反対動くとイライラしてマウスを投げそうになります。(でも、それをしても何の解決もしないので投げずに我慢してます)ヘタレなので少しでも損失が出ると絶えれなくなり、すぐ損切するのですが、少ない損失でも、乱発しているので損切金額がたまって、今までの利益を飛ばしてしまいます。
    自分でも、やってはいけないの分かっているのですが、馬鹿なのかやってしまいます。
    ほぼ、自分の決定的な負けパターンだとは思うのですが、それが無ければ少しでもプラス収支で終わらせることが出るのに、早く資金を増やしたい気持ちが強いです。
    国内口座で、少額資金なので損失を出すと取り戻すのに時間がかります、(海外口座のハイレバレッジではないので資金全損とゆうことはないのですが)いつもこんなことだとどうなるか正直心が折れそうになります。
    分かっているのにやめられません。
    及川さんは、過去何回か無一文になられたそうですが、どうやって切り替えられたのでしょうか。
    お忙しいところ恐れ入りますが、もしよろしければアドバイスを頂きたいです。
    それでは、お身体にお気をつけてください

    • モーメント川添さま
      ユニークなハンドルネームですね^^
      コメントありがとうございます。

      文面はすべて拝見しました。
      おそらくはほとんどの人が他人事ではない内容だと思います。

      例えば「今」は勝てるようになっている人でも
      油断するとすぐここに戻れてしまう、
      そのくらい「自己制御」って重要で、
      またその『継続』が大変って話なんだと思う次第です。

      >及川さんは、過去何回か無一文になられたそうですが、どうやって切り替えられたのでしょうか。

      ↑あぁ・・・僕が無一文をやらかしたのは
      いずれも「FXやる前」の話でして、
      直接参考にしていただける話はないかも知れません。

      ちょうど最新のトレード動画で
      「執着しない」って話をしていますが、
      ここが本質的にはほぼすべてかなと思っています。

      アツくなってトレードを乱射するのも
      結局トレードと、それに伴う「収支」に執着しているわけで
      ケツの時間を決めるとか、
      一日のトレードは何回まで、など
      ルール化するところから始めるのがまずは一番ではないですかね。

      それと、これも毎度言っているのですが、
      『トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲームである!』
      ここをしっかり認識する努力や工夫が重要です。

      具体的には
      +1万、+1万、+1万で三連勝したとして
      僕はここで辞めちゃうのがベターとの考えなのですが、

      けど、もう一度チャンスがあったとして
      そのトレードが「-2万」になったときどうするか?って話なんですよ。

      この時点で
      「最後のは余計だったけど今日は+1万の勝ち」
      これで終えられるか、
      「いや、絶対に+3万にするまでやめない!」
      こういう思考になってしまうか。

      極論この二者択一が分かれ道となります。

      後者の場合、
      結局のところ「負けるまで続ける」ので
      おそらくは間違いなくいつまでも資金は増えません。

      どんなにショボいと感じる利益でも
      前者を日々選択できる人は
      いずれまとまった資金になる可能性が高まります。

      これは「切り替え」ではなく
      『選択』なんではないでしょうか?

      どこに対し、命を賭けるべきか?
      こう問われた際、
      ことトレードに関してはこの部分にすべき、
      そのように思いますね。

      生意気なご回答で恐縮ですが、
      紛れもない本音ですので
      どうぞご容赦のほど、お願いいたします。

  • いつもユーチューブとブログを閲覧させて頂いております。

    始めてコメントとなりますが、いくつか質問させて頂きたいと思います。

    1年間研究と分析を重ねてきて、現在トレードの収支が安定してきました。

    しかし、勝ち負けを繰り返し、1日終了時に平均10から15pips程をデイトレで利確しているのですが、1日のスタートで負けが連続して20pips程のマイナスからスタートする日に大きく勝つ事が出来ずにいます。

    このような時にナンピンの精度を上げてナンピンで大きく利確して取り返すのか、ナンピンせず単発の利確をコツコツ積み上げてプラ転させるべきなのかで行き詰まっております。

    トレンドの押し目戻りから逆張りでトレードするやり方なのですが、勝率は高めです。

    私の考えとしましては、エントリーの質を上げるというより取得した場所から逆行も視野に入れて、ナンピン精度を向上させる事を重視すれば良いのかと考えております。

    ユーチューブでの及川様のようにナンピンで追いかけて1つのトレンドで大きく利確するのか、単発の取引のみにして大きく負けず大きく勝たずをコツコツと繰り返すべきかご教授いただければと思います。

    • FX 1年さま
      コメントありがとうございます。

      >ナンピンで追いかけて1つのトレンドで大きく利確するのか、単発の取引のみにして大きく負けず大きく勝たずをコツコツと繰り返すべきか

      ↑「損切りがキチンと出来る」と言う人であれば
      個人的にはナンピンを上手に使いこなすほうが良いとの考えです。

      僕はナンピンを「時間効率のための武器」と捉えています。
      僕のトレードは保有時間が長くても1時間以内で
      5分10分レベルのときも大変多いスタイルなんです。

      その際、
      「保有時間が長い=危険」となります。

      なぜならエントリー時点で
      そんなに長い時間保有するイメージではないからで、
      そうなっている状況って
      つまりは「イメージから外れた状態」
      要するにその先どうなるか分かりにくい状態となっていることが多いわけです。

      あらかじめ「一度のナンピン」をシナリオ内に入れることで
      当初イメージの保有時間内で終えやすくなり、
      そのような使い方が出来るのであれば
      ナンピンはしっかり武器に出来ます。

      ちなみにナンピンを使うことで
      当然勝率は格段に向上しなければいけません。
      もしそうなっていないとしたら
      そのナンピンの使い方は正しくないとなり、
      あらためて禁止するか、組み立てを修正するかの作業が必要となるでしょう。

      で、高い勝率を確保することの引換に
      「負けたときの損失は相応に大きく」もなるわけですが、
      それを高勝率で埋め切れているか?
      ここもチェックポイントに当然なります。

      これらを総合的にどうバランスを取るか?
      おそらくは取り組む人の性格なども考慮しつつが良いはずですので
      一度真剣に比較検討なさってみてください。

      ご回答に不足がある場合は
      追加のご質問も遠慮なく!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして

    1月末に及川さんの事を知りファンになりました!

    きっかけは、ちょうどバイナリーオプションを1年間やってきて(まだ勝てていませんが)FXも同時進行、というか相乗効果で相場の感覚が磨けるかなと思い目指すところを探していると、YouTubeで及川さんの事を紹介している方の動画を見て興味本位で及川さんの動画を拝見させて頂き、なんか詳しい解説だなというくらいの感想だったんですが、今まで僕のFXのイメージが月1000万稼げる人がトップですごいというものだったんですが及川さんの紹介で年間5億円と僕のイメージを良い意味でぶっ壊していただけたのでメルマガ登録して即天才チャートを購入させて頂いたのですが、

    その圧倒的ボリュームと細かな解説の動画に響きまくりで1週間くらいぶっ通しでマニュアルをまとめたのですごく寝不足になってました(笑)

    これからは及川さんの考え思考に近づけるように最近では毎日及川漬けです(笑)

    そこで1つ質問なんですが
    初心者が及川さんが今からFXを始めるとしたら東京時間とNY時間どちらに絞って始めるでしょうか?

    僕の仕事がシフト制で10時出勤か14時出勤で変えることができるのでアドバイス頂ければと思います。

    及川さんの動画を拝見している限りですと東京時間がいいのかなと個人的に思っています。

    よろしくお願いいたします。

    • SSSさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >その圧倒的ボリュームと細かな解説の動画に響きまくりで1週間くらいぶっ通しでマニュアルをまとめたのですごく寝不足になってました(笑)

      ↑これは、なんと言ってよろしいやら、ですね^^;;
      申し訳ないような、光栄なようなです(笑)

      >及川さんが今からFXを始めるとしたら東京時間とNY時間どちらに絞って始めるでしょうか?

      ↑ここは間違いなく「東京時間」にします。
      東京時間と欧州時間は
      いずれも動きの落ち着いた時間を経過してからスタートします。

      その間、上位足の移動平均線も密集しやすくなり、
      「密集からの放れ」いわゆるトレンドの初動を見つけやすくなります。

      一方のNY時間は
      スタートが欧州時間の後半とカブるため
      「新規のトレンド初動」の見極め難易度が高いんですよね。

      もちろんNY時間においても
      攻略法はありますが、
      難易度って部分で言いますと
      明らかに東京時間のほうがやりやすいと思います。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、おはようございます!
    今日も、朝も早よから起きてまして(笑)

    15分MAタッチでエントリーしても、
    何故か、逆に行ってしまうことが多々あります。

    15分MAタッチが、押しや戻りになる時と、
    逆行してしまう際の見極め方がわかると、
    もっと勝ちが増えていくと思うので、
    もしよろしければ、アドバイスをお願い致します。

    • ウサギ7さま
      いつもコメントありがとうございます。
      確かにかなり早い時間ですね^^

      >15分MAタッチでエントリーしても、
      何故か、逆に行ってしまうことが多々あります。

      ↑この情報だけですと
      どういう場面をやられているのかが
      ちょっと分からないですね。

      そんな中で言いますと、
      ちょうど昨夜の生放送勉強会でもテーマにしたのですが、
      例えば「大きく膨らんだあとの戻し」
      あるいは「すでにガッツリとトレンドが出たあとの何番煎じ目」
      こういうパターンは期待値が下がります。

      というか、この場合だと
      「さらにトレンドが継続してくれること期待」となるわけです。

      1時間足MAと15分足MAの距離が近い状態であれば
      相場的に「収縮からの拡散」
      要するにトレンドの初動となりやすく、
      さらには、この初動に乗れた際
      もう一度戻し目を勝ちやすくなるはずです。

      言葉は悪いですが、
      「出がらし」場面をやっていないか?
      ここの確認が必要かなと感じます。

      ポイントは上述のように
      1時間足MAと15分足MAの距離です。

      一度ご確認ください。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 月曜日のトレード動画を拝見させて頂き、なぜ先生がデイトレやスキャルの世界で生き残ってるのか再認識させていただきました。入ってみた後、その相場に勢いが無いと判断したら獲得ピプスが少なくても利確してその場面を一端閉じる、短期売買ってピプスで考えちゃ駄目なんですね、海外のFX業者だとスプレットが大きいから、どうしてもその分上乗せしたピプス数を稼ごうと欲をかき上手く時も在りますが大概焼かれます。因みに僕もあの相場参加してました。僕の場合、5,10日だったので先週との間に出来た窓は埋まるだろうと云う根拠で、そこまで行った後のことは考えず先生が入られる数十分前からロングで入ってました。上がり下がりの末、目的は果たせましたが先生がよく仰る相場に救われた感じです。正直スキャルピングに明確なエントリーポイント、決済ポイントなんて無いとは思いますが「あれ?」と思った瞬間、ピプス数なんて物に囚われずサッサと撤退する事が大切なんだ学ばせて頂きました。

    • さざえボン様
      コメントありがとうございます。

      >なぜ先生がデイトレやスキャルの世界で生き残ってるのか再認識させていただきました。

      ↑恐縮です!
      まずはありがとうございますm(_ _)m

      僕も長年やっている中、
      さまざまと暗中模索を繰り返し今に至ります。

      終わったチャートを見れば
      「相場に助けてもらえる」のが分かりますが
      進行中の現場ではなかなかそんな気分にはなれませんよね(苦笑)

      で、そうなると
      戻されたところや含み損が増えていく様を見た時点で
      決済したくなっちゃうのが人情だと思うんです。

      僕もそれで散々嫌な思いをして来ましたので
      「そんじゃこっち都合で逃げよう」
      「どうせ誰かに見せるわけでもないんだから」
      みたいな考えに至りました。

      もっとも僕の場合、
      動画やったりしてるので
      しっかり「見られて」もいるわけですが(笑)

      ただしこれ、
      相場攻略のある意味「現実的処方」だと思ってまして
      そういった部分をお伝えしたい気持ちも
      YouTubeを継続出来ている大きな理由のひとつだと思っています。

      どうか引き続き
      よろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お返事ありがとうございます。
    画一的に「これを判断基準にする」ということはないんですね。
    そんなマニュアル通りの甘い世界じゃないというか、臨機応変な対応が求められるということで、かっこいい世界だな、と憧れを強めました笑
    講義動画やトレード動画、実際のトレードを通じて現場での判断力をつけることが肝要なのだと思いました。
    観て勝って負けて知識をつけます。
    (余談ですが負けたトレードから学んだ知識はその後のすべてのトレードに使えますから、ある意味勝ちトレードかもしれませんね。同じ失敗を繰り返さなければ、ですが)

    あ、いえいえやめるつもりは毛頭ありません!
    ただのぼやきです汗
    これまであんまり物事が続いたことがないんですが、トレードだけはお金持ちになった後もカンをさび付かせないように続けるつもりです。脳トレみたいなものですね笑
    それに、「金持ちになったらやめりゃいいや」なんて軽い気持ちで付き合うと、僕の場合手痛いしっぺ返しを食らいそうなので笑

    たまたま、学びのために、負けた場面を相談しただけで、その後頭を冷やしてから、ちゃんとポイントを絞ったら50pipsとれました。
    どうやら僕はぱっと見で入っては負けるパターンが多いので、「ここまで来たら入る。来なければ入らない」を徹底することで勝率が上がりました。
    たぶん、経験を積んで分析の速度と精度を上げたらぱっと見で入れるのかもしれませんが、まずは経験を積んで実力を上げたいと思います。
    自分の負けパターンを分析することが上達への一番の近道なのでは、と思う今日この頃です。
    これからもよろしくお願いします。
    ではでは。

    • 人生逆張り男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >負けたトレードから学んだ知識はその後のすべてのトレードに使えますから、ある意味勝ちトレードかもしれませんね。同じ失敗を繰り返さなければ、ですが

      ↑これは「名言」ですね♪
      ちょっとキザが過ぎる気もしますが(笑)

      >たまたま、学びのために、負けた場面を相談しただけで、その後頭を冷やしてから、ちゃんとポイントを絞ったら50pipsとれました。

      ↑おぉ!そうでしたか^^
      かなり安心しました♪

      >どうやら僕はぱっと見で入っては負けるパターンが多いので、「ここまで来たら入る。来なければ入らない」を徹底することで勝率が上がりました。

      ↑ここがかなりの「真理」だと僕も思います。

      以前の動画でお話したことがあるのですが
      「相場をゲーセンにするのか?」
      「それとも真剣にカネ稼ぐ場所にするのか?」
      これは『やる人次第』って話ですよね。

      ぜひともがんばってください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもトレード動画拝見させていただいております。
    前回のブログでNY時間トレードのリクエストをさせていただいた者です。

    早速リクエストにお応えいただき大変感謝しております。
    NY時間にある指標発表後の対応や、基本的な戻り売り、非常に参考になりました。
    今後もよろしくお願い申し上げます。

    また、今回取り上げられているバブル崩壊について、
    とても興味深く感じております。
    今後の状況に注視しながら、トレードの腕を磨いておきます。

    • ariueさま
      コメントありがとうございます。

      >NY時間にある指標発表後の対応や、基本的な戻り売り、非常に参考になりました。

      ↑恐れ入りますm(_ _)m

      NY時間のトレード動画は
      かねてから多くの方にリクエストを頂戴していましたが
      編集から公開までやると深夜0時を回ってしまうため
      「飲み会好き」の僕はつい敬遠しがちだったんです(笑)
      (難易度が他の時間帯より高いってのもありますが)

      シンガポールでは
      「独身状態」で「通勤&帰宅」も一切ないため
      日本にいる時よりははるかにやりやすいです。

      今後もなるべくバランス良く
      やっていこうと思っています。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。

    先日は私のコメントを取り上げて頂いてありがとうございました。
    興奮のあまり知人に即電話して自慢してしまいましたww

    そして水平線の貴重なアドバイスありがとうございました。

    及川先生の動画を何周するか分からないほど見ながらトレードしていて
    やっと!
    やっと!!
    ユロポンと言う秘伝のタレの使い方が分かってきました。

    特に欧州序盤での有効性が高く凄く使い勝手が良くメチャクチャ気に入ってます!!

    アホでバカなので何回も見直してトレードして、ようやくですが。。。

    後は
    行くが行かないは逆に行く
    を利用してのドテン
    も割と理解が出来てきて数回ヤル機会があり挑戦できました!!

    今週からのルールとして
    「NY時間はやらない!」
    を追加しました。

    理由としては
    相場の迷子になる!!
    です。

    ドルが絡むことによって急激に訳が分からなくなります。。。汗
    しかも複雑な相関関係で急激に動くので凄く難しく感じてしまい結果迷子になります。

    結果的に東京、欧州で稼いだ分をNYで減らすことになり
    更には迷子になり
    最悪な気分でベッドに潜る

    それならNYは捨ててしまおうと、とりあえずは思った次第です。
    先生が動画で仰っていた、
    仕事をしてない気になって変な罪悪感でトレードをするより
    欧州に全力を尽くそうと思います。

    欧州で
    損切りでスタートして、その後動かずトレードチャンスが無く終わったとしても「迷子」になって負けた訳ではないので納得出来るんです。
    欧州に関して先生の動画を穴が空くほど見てるので割と迷子になりませんww

    前回より少しは成長出来たかな?と思う点は
    ・ユロポンの使い方を理解出来た
    ・ドテンを出来る機会が増えた
    ・水平線の微調整
    ・NYは苦手ということに気付けた

    猿真似ながらも今月は欧州、東京でプラスの日がほとんどです。

    エントリーの時間も
    9時から11時
    12時30分から14時
    16時から18時
    と厳選して
    ライン付近での相関関係からのトレードと優位性を出来る限り高くしてのエントリーなので、トレード回数自体は1日1から3回ほどですが
    「ハイロットで短い時間で切り取る!」
    を合言葉に先生にご馳走をしてもらいに行ける収支になるよう頑張っていきます!!

    お忙しいと思いますので是非お体にはお気をつけ下さい。
    今後とも宜しくお願い致します。

    • スロプロ@ひろき様
      いつもコメントありがとうございます。

      >先日は私のコメントを取り上げて頂いてありがとうございました。
      興奮のあまり知人に即電話して自慢してしまいましたww

      ↑こちらの方こそ、
      実に素晴らしい題材を与えてくださり
      感謝しています♪
      本当にありがとうございます。

      >ユロポンと言う秘伝のタレの使い方が分かってきました。
      特に欧州序盤での有効性が高く凄く使い勝手が良くメチャクチャ気に入ってます!!
      アホでバカなので何回も見直してトレードして、ようやくですが。。。

      ↑いやいやいや!ご謙遜を!

      僕には「超・頭脳明晰」のイメージしかないですよ。
      でないとスロプロは絶対無理だと思っています。

      >結果的に東京、欧州で稼いだ分をNYで減らすことになり
      更には迷子になり
      最悪な気分でベッドに潜る
      それならNYは捨ててしまおうと、とりあえずは思った次第です。

      ↑大正解だと思いますね。
      仕事の都合でNY時間しか出来ない人は
      さすがに仕方ないですが、
      欧州時間の利益をNYで飛ばすって人は
      過去にも山のようにいらっしゃったものでした。

      NY時間の難易度が他より少々高いのは確かですが、
      それ以上に「別物」ってところがデカいんだと思います。

      あ、「別人格」「別の女性」と言ったほうが
      ゲス講師的には良いかも知れません(笑)

      >今月は欧州、東京でプラスの日がほとんどです。

      ↑このへんはスロプロの面目躍如ってところじゃないですかね♪
      やはり「プロ」には理由があるって話だと思うわけです。
      特に理解したあとは強いでしょうね。
      なぜなら「余計なことして利益削らない」って部分を
      すでにしっかり認識されてらっしゃるでしょうから。

      >エントリーの時間も
      9時から11時
      12時30分から14時
      16時から18時

      ↑ここも「平常運転時」の僕とほぼ同じです。
      『状況整備』が着々と進んでいるのが分かります。
      頼もしい限りです^^

      >トレード回数自体は1日1から3回ほどですが
      「ハイロットで短い時間で切り取る!」

      ↑まったく同意見です♪

      ぜひとも先々ご馳走させてください♪
      僕自身、楽しみにしていますので。

      ではでは
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • ブログ更新、お疲れ様です。喉の具合は回復されましたか(^^。
    色々と、お忙しそうですので体調を崩されませんように。

    私は、バブルが崩壊というか、なんらかの動きが起こるのは近いのかなぁ〜っと思って見ています。

    私個人の意見ですが、まず今まで通りの利益主義で毎年業績を上げ続けないといけないと言う経済の仕組みや概念の飽和状態。
    年功序列型の社会のシステムや給料体制。これは現在の若者の多くは疑問に思っているのではないでしょうか?若い方の方がスキルの高いし能力もあるのに、同じ能力しかない先輩より給料が安い・・・なんて私なら許せませんw

    よい大学を出たからといって、終身雇用など保証されない現状。企業で働くと言うメリットの無さ。
    若い方に至っては、マニュアル化された集団行動と協調性の欠落、他者と共通でないと安心できないという思考。おなじ流行に流される傾向や行動パターン。すべてが気持ち悪い。

    銀行の管理システムの崩壊。銀行を通さなくても支払いが出来るICシステムの拡大。カード会社主体のデビットカードの発行などで、手数料で儲けている部分の銀行などは利益が目減りするのでは無いかと・・・・。

    オリンピック終了後の経済や景気の低迷でおこる失業や景気の悪化などなど

    日本だけでなく世界が、今までのシステムでは無理が出てきているのでは無いかと見ています。
    ただ、何が引き金で、リーマンショックのような騒動になるのか・・・あまりにも今の世界が不安定に見えて怖い気がします。

    とは言え、私個人が大きなことを心配したところで・・・って感じですがw
    逆に言えば、ピンチは最大のチャンス・・・その動きに敏感に反応できて対応できるアンテナと、技術を今のうちに磨いておきたいかなと思う今日この頃ですw

    ・・・・・
    岡村靖幸の4年ぶりのアルバムがでますよぉ〜、こりゃ絶対買いますな私w
    あと師匠は聞いていたか解りませんが、大滝詠一さんの新しいのも出るようですwベスト盤なのかなぁ〜、これも買いですなぁw。

    アカデミー賞をWOWOWで見ていましたが、アジア初!「パラサイト」受賞しましたねぇ〜、気になる映画が沢山あって、どれも見て見たいです・・・

    師匠は映画とか見るんですかねぇ〜(^^。忙しいからあまり見ないかなw

    ではまた、次回の動画でお会いしましょう〜
    さよなら、さよなら、さよならぁ〜

    失礼いたしました、ありがとうございます。

    • いつか踏まれたい男さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >毎年業績を上げ続けないといけないと言う経済の仕組みや概念の飽和状態。

      ↑僕もここ、割と子供のころから不思議に思っていたものでした。
      むしろオトナになって麻痺しちゃいましたが、
      あらためて考えるとどっかおかしい、というか無理がありますよね。

      >よい大学を出たからといって、終身雇用など保証されない現状。企業で働くと言うメリットの無さ。

      ↑ここはまったく同意見でして
      僕は娘しかいないのでナンですけど、
      若い男性に意見して良いのであれば
      声を大にしてここを言いたいですね。

      >日本だけでなく世界が、今までのシステムでは無理が出てきているのでは無いかと見ています。

      ↑そういうことでしょうね。
      これまでは経済的にも「未開の地」が残っていたので
      なんとかなりましたが、
      グローバル社会の極みで、もうそれもネタ切れです。

      >岡村靖幸の4年ぶりのアルバムがでますよぉ〜

      ↑おぉ!!!
      知らなかったです!
      情報ありがとうございます♪

      っていうか、
      そんな折の「マッキー逮捕」
      彼が無事であることを祈るのみですね(汗)

      >師匠は映画とか見るんですかねぇ〜

      ↑以前は好きでかなり観ていましたが、
      近年はなかなか時間取れてないです。
      ただしこれ、
      「飲み会の多さ」が理由ですので(笑)

      >ではまた、次回の動画でお会いしましょう〜
      さよなら、さよなら、さよならぁ〜

      ↑淀川大先生ですね♪
      とてもチャーミングな方でしたよね♪

      ではでは!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんこんにちは。
    いつも勉強になる動画ありがとうございます!

    2月13日のトレード動画さっそく拝見させていただきました。
    自分も同じシーンで相関関係からポンドルを見出しトレードしてました。
    及川さんと同じく損切りをし、ロングで逆襲というほぼ同じトレードをしておりました!
    動画をみながら、プロと同じ思考で瞬間的に損切りをできた自分にとても嬉しくなってしまいました!笑
    いよいよ成功曲線のぶち上げ直前にきたのか?と自分で浮かれております笑笑

    最近は欧州時間でも円シリーズで動くことが多い気がします。
    円シリーズで動いてる最中でユーロ、ポンドにさらに強弱がわかれるということもあり、自分的にはやりにくいなと感じているのですが及川先生はどうですか?

    動画の中で目標までいってない場合は17時をポジション持ち越しで跨ぐとおっしゃっていますが、おっぱじまった直後でしたら17時というジャストの時間でも反転する確率は低いのでしょうか?
    自分は欧州の何時ジャストの急変がこわくて、利食い目標に達してなくても切っちゃってるんですけど、
    今日のポンドルで、もし利食い目標行かずに17時を跨いで、反転した場合、及川さんならどのような立ち回りをするのか教えていただけたら嬉しいです!
    自分なら、持ち越し→17時ジャストで反転スタートなら即切りしちゃうとおもいます笑

    質問だらけのコメントですみません。笑
    及川さんに追いつけるよう頑張ります!

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >2月13日のトレード動画
      >及川さんと同じく損切りをし、ロングで逆襲というほぼ同じトレードをしておりました!

      ↑そうでしたか^^
      それは素晴らしい♪
      っていうか、やらしい動きでしたよね(苦笑)

      >いよいよ成功曲線のぶち上げ直前にきたのか?と自分で浮かれております笑笑

      ↑浅く損切れて、取るとこ取れるとしたら
      かなり良好な状態であるのは間違いないと思います♪

      >最近は欧州時間でも円シリーズで動くことが多い気がします。
      >円シリーズで動いてる最中でユーロ、ポンドにさらに強弱がわかれるということもあり、自分的にはやりにくいなと感じているのですが及川先生はどうですか?

      ↑そうですね。
      確かにやりにくさは感じています。
      僕も今月は勝率低いですし(苦笑)

      >動画の中で目標までいってない場合は17時をポジション持ち越しで跨ぐとおっしゃっていますが、おっぱじまった直後でしたら17時というジャストの時間でも反転する確率は低いのでしょうか?

      ↑「伸びる前」「伸びた!って結果が出てない状態」ならば
      いったんの決着がつくまでは引っ張る、というかガマンしようとの考えでした。

      『相場はどこかで一度はしっかり動く』
      これが原理だと思っているんです。

      >今日のポンドルで、もし利食い目標行かずに17時を跨いで、反転した場合、及川さんならどのような立ち回りをするのか教えていただけたら嬉しいです!

      ↑17時過ぎて一気に逆流されたら
      もうその日は「死亡確定」だったでしょうね(苦笑)

      グダグダな動きだった場合は
      チャラ以上のポジションをどんどん落としていき、
      「あのトレード自体」の損失を最小限に抑える努力をしたと思います。

      それをすることで
      「再度やるチャンスや資格」を確保できるからです。

      取り急ぎ以上です♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります。

    ご返信ありがとうございました。

    追加で質問させて頂きたいのですが、ナンピンの回数は1回の方が良いのでしょうか?

    及川様の動画では、色々使いこなしていると思うのですが、及川様がナンピンで意識していることやルールなどありましたらご教授頂けますでしょうか?

    お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

    • FX1年さま
      コメントありがとうございます。

      >ナンピンの回数は1回の方が良いのでしょうか?

      ↑正直、僕は動画などでも
      2回以上のナンピンをしたケースは多々あります。

      が、セオリーというか、
      相場歴の浅い人や、まだ自分なりのやり方が固まっていない人などは
      「1回のみ!」とされた方が良いと思います。

      そのような「縛り」を持つことで
      安易なエントリーをしなくなること・・・
      目的はむしろこっちかなと思うんです。

      「なんとなく」ではやらない。
      「こうなったら」やる。

      このメリハリは
      いち早い段階からしっかり意識付けしておくことが重要です。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも丁寧なご回答ありがとうございます。

    YouTube拝見しました。本当にボクシングを見ているかのようでした(笑)
    以前にナンピンについてアドバイスを頂いてからトレード成績が最近よくなりました。方向性があっていれば含み損になってももう1回だけ入れるというのがメンタル的に楽になりエントリーもためらいがなくなり置いて行かれることもなくなりました。含み損は怖くなくなり想定外の事がおこらない限りは『持っていられる状態』というのもメンタル的に大きいです。
    ありがとうございました。

    体調は良くなられたようで良かったです。
    シンガポールは気候がいいんでしょうね(笑)

    今後もブログや動画を楽しみにしています。

    • チャートラブ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >YouTube拝見しました。本当にボクシングを見ているかのようでした(笑)

      ↑ですよね(汗)
      もう途中、イヤになっちゃいました^^;;

      >以前にナンピンについてアドバイスを頂いてからトレード成績が最近よくなりました。
      >含み損は怖くなくなり想定外の事がおこらない限りは『持っていられる状態』というのもメンタル的に大きいです。

      ↑落ち着いて出来るようになったとしたら大きいですね。
      どれだけ俯瞰、客観的に観れるか?で
      打ち手の精度は格段に違ってくるはずですので。

      >体調は良くなられたようで良かったです。
      シンガポールは気候がいいんでしょうね(笑)

      ↑はい、気温も穏やかからチョイ高め、
      乾燥もなく、年寄りには優しい環境です(笑)

      お気遣いありがとうございます♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもトレード動画拝見しています。
    今年はTRIBEに参加させていただき、トレード技術やその他、いろいろな面で勉強していきたいと思っています。

    2月13日のトレード動画を拝見し、気持ちが抑えられず、初めてコメントを書かせていただきます。

    というのも、昨日の2月12日に私も3回連続で損切りにあい、その後かなり落ち込んでいました。しかし、及川先生も同じように(同じと思っては失礼だとは思いますが)3回連続で損切りをしているのを見て、なんだか自分の気持ちが救われました。そして、損切りの後、見事にプラス収支にされる及川先生のトレードを見て、また頑張ろうと思うことができました。これからまた精進していきたいと思います。

    長々と書いてしまい申し訳ありません。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • noro0316さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >2月13日のトレード動画を拝見し、気持ちが抑えられず

      ↑TRIBEへのご参加も併せ、
      あらためて御礼申し上げますm(_ _)m

      >及川先生も同じように(同じと思っては失礼だとは思いますが)3回連続で損切りをしているのを見て、なんだか自分の気持ちが救われました。

      ↑なるほど、、、
      若干「痛し痒し」な気もしないではないですが
      多少なりお役に立てたとしたなら幸いです^^;;

      >損切りの後、見事にプラス収支にされる及川先生のトレードを見て、また頑張ろうと思うことができました。

      ↑「3連続損切り」は僕自身反省が必要でして、
      ナメたことしてるとヤラれる!って部分については
      あらためて「戒め」て行きたいと思っています。

      お互いがんばってまいりましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画、ブログを拝見させて頂いております。
    わからない所は動画を拝見しながら勉強しているのですが、どうしても解決できないことがあるのでご相談させて頂いてもよろしいでしょうか?

    ちょうど2月13日にアップされた動画が自身が悩んでいるポイントなのですが、及川先生はポンドルを17時まで保有していたと思います。私も同じタイミングでポンドルをロングで保有していたのですが、どうしてもチキン利食いしてしまい、及川先生が利確するよりもずっと前に利確をしてしまいました。こういう事が多々あり、pipsを稼ぐことができないでいます。
    2月13日の動画は、何度か損切した後で利を伸ばすことでプラスの利益を獲得したと思いますが、私は最後の伸びに対してもチキン利食いをしてしまって、結局プラマイゼロ、もしくはマイナスで終わることがほとんどです。

    時間帯の管理の意識はしているのですが、2月13日の動画のロングが、なぜグッと上がったところまで利を伸ばすことができたのでしょうか?
    あるいは利が伸びなかった場合は17時を過ぎても保有する覚悟でロングしていたのでしょうか?

    • mr.kuさま
      コメントありがとうございます。

      >2月13日の動画のロングが、なぜグッと上がったところまで利を伸ばすことができたのでしょうか?

      ↑ここですけど、
      例えばその前段階で損切り3連敗がなければ
      僕ももっと早く利食いしていた可能性は充分ありますよ^^;;
      なんたって僕もなかなかのチキンですので。

      客観的にはあの時間、
      ポンドドル、ポンドオージーが揃って上昇、
      ポンド円は上位足MAの位置にはいましたが陽線。
      つまり「ポンドの時間」になる感じでした。

      僕がよくいう
      「通貨のシリーズで動くときは伸びやすい」
      これですね。

      また、相場ってやつは、
      「どこかでキッチリ動きたい」という性質を持っています。

      僕は常にその「動くところ」を狙っているわけですが
      そんな中、思惑が外れての3連敗だったわけです。

      けど、やはり、
      どこかでしっかり動きは出る。

      それに対し、上述の「ポンド揃い」で
      「これはイケる」
      「ここは取らないと」
      こんな心理状態からの仕掛けでした。

      >あるいは利が伸びなかった場合は17時を過ぎても保有する覚悟でロングしていたのでしょうか?

      ↑おそらく続行していたと思います。
      ただし、17時過ぎてもグダグダが続いていた場合は
      多くのポジションをチャラ以上で落としていき、
      「あのトレード単体」をなるべくプラス、
      最悪大負けしないで済む対応は目指したと思います。

      なぜなら、それをやっておくことで
      「その次のチャンス」をやれる資格を確保できるからです。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画、ブログ更新ありがとうございます。

    及川さんはよく動画などで押したら売りエントリーや押したら買いエントリーなどと発言されていますがなぜ押す部分も逆張りエントリーして取りにいかないんですか?
    押している部分も逆張りエントリーしてとれば2倍美味しいのではないでしょうか?

    あと、シンガポールから取引動画を録画されている様ですが海外に住んでいるのにドル口座で取引しないのはなぜなんでしょうか?
    シンガポールで出金する際に日本円からドルにかえるのに手数料などとられたりするのではないでしょうか?

    今まで通り日本円表示にしているのは金額表示が視聴者の方々にわかりやすい様にするためでしょうか?

    • たける様
      いつもコメントありがとうございます。

      >なぜ押す部分も逆張りエントリーして取りにいかないんですか?

      ↑録画してないときは、やることもありますよ(笑)
      けど、そういうトレードを生徒さんにはなるべく見せたくないってのはあります。

      また「方向性」が自分の中で見えている際、
      わざわざ逆向きのエントリーをする必要もないですし、
      それをやって損切りになったら後悔も大きくなります。

      方向性が合っていると思える中なら
      逆行されても立ち向かいますし、
      その方がポジション保有中のメンタルも「楽」です。

      >シンガポールから取引動画を録画されている様ですが海外に住んでいるのにドル口座で取引しないのはなぜなんでしょうか?

      ↑マルチカレンシー対応の金融機関を使えば
      どの通貨でも両替なしで基本的には動かせます。
      それと、あまり詳しくは書けませんけど、
      出金には様々なテクニックもありましてね。

      多くの方は
      FX会社→銀行→出金
      このようにお考えかも知れませんが、
      まるで違う経路で資金移動することも可能なんです。

      この辺につきましては、
      まだ時期尚早なので、
      いずれ機会があったら詳しくレクチャーします。

      というか、
      一般の方には意味ないかなと。
      いよいよ多くの資金になってどうすべきか?など
      そういうレベルの生徒さんには
      個別でレクチャーするべきかなと言ったところかも知れません。

      >今まで通り日本円表示にしているのは金額表示が視聴者の方々にわかりやすい様にするためでしょうか?

      ↑この部分もアリと言えばアリです。
      あとは僕、最終的には日本に戻るつもりでいますので
      日本円のまま利益をキープしておく意味合いもあります。

      ・・・と、まぁこんなところですね^^
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつも動画で勉強させていただいております。
    今年の正月休みに先生の動画に出会い、真剣にFXに取り組もうと決心しました。

    数年前に一度、スマホでもできるFX という広告を目にし、試しに10万で初めて見たのですが、夏場のかき氷より早く溶けました。

    何冊か本を買って読んだのですが、終わったチャートのきれいな形の説明が何パターンもされているものばかりで、どの本を見ても同じじゃんと結局、全部捨てました。

    それから、数年たち先生のリアルトレード動画に出会い、第一の感想としまして、「FXってこんなにスピード感のあるものなのか」でした。

    あの本は、交通事故後の現場検証を見させられていたのだと気づきました。

    先生は自らハンドルを握り、そのドライブレコーダーを見せていただけるので、それは衝撃的な映像でした。

    ハンドルを握ると人が変わると、耳にしたことがありますが。
    及川先生は、普段は温厚な方なのだとお察しします。
    トレード動画を拝見させていただいていると、生意気ですがスイッチの入る瞬間が見えたりします。

    特に2月13日のトレードは凄まじかったです。
    損切をされた後、「そろそろ本気だすか」とボソッと仰ったのと、凄まじい買い圧力後に「なめやがって」には思わず、カッコいいと一人で興奮しました。

    自分も相場に対して、生意気を承知で言いますが、そのぐらいの強気で挑めるようになりたいと素直に感じました。

    天才チャートを使わせていただきながら、及川先生の動画を見よう見真似で、ここ最近は少しずつ勝ちが続いております。感謝いたします。

    及川先生もFXを始められた当時は、日に1万2万の利益だと仰っていましたが、それが10万20万になり、やがて100万と、まだまだ自分には早いのですが。

    今後、どの様な過程を踏んでいけばいいのでしょうか。お忙しい中恐縮ですが、ご教授いただければ幸いです。

    何卒、宜しくお願い致します。

    今後とも、動画を心待ちにしております。

    • FX太郎さま
      コメントありがとうございます。

      >数年前に一度、スマホでもできるFX という広告を目にし、試しに10万で初めて見たのですが、夏場のかき氷より早く溶けました。

      ↑なんともセンスの良い表現で^^

      >数年たち先生のリアルトレード動画に出会い、第一の感想としまして、「FXってこんなにスピード感のあるものなのか」でした。
      >先生は自らハンドルを握り、そのドライブレコーダーを見せていただけるので、それは衝撃的な映像でした。

      ↑これまたなんとも「詩的」ですね。
      ミュージシャンか、なんらかのクリエイティブなお仕事ですか?
      感性が素晴らしいとお見受けします。

      「スピード感」につきましては
      実際5分足現場ですし、
      僕は「短時間&ハイロット」のトレードスタイルですので
      スピード感も瞬時の判断も実際問われるのは確かです。

      >凄まじい買い圧力後に「なめやがって」には思わず、カッコいいと一人で興奮しました。

      ↑恐れ入りますm(_ _)m
      録画早々、いきなり3連敗でしたので
      「こりゃ参ったなぁ」という気持ちはあったんですよ(汗)

      >そのぐらいの強気で挑めるようになりたいと素直に感じました。

      ↑ただしあれ、
      充分な知識と経験の裏付けを基にしていますので
      「ただ強気」だとちょっとマズいかと思います。

      ご自身のスキルに応じた取り組み・・・
      ここは常に意識しておく必要があるはずです。

      例えば「自転車」で時速50kmで走ったら相当危ない、
      そんなイメージですね。

      >及川先生もFXを始められた当時は、日に1万2万の利益だと仰っていましたが、それが10万20万になり、やがて100万
      >今後、どの様な過程を踏んでいけばいいのでしょうか。

      ↑いやいや、やることは基本同じです。

      まずは「日々トータル収支をプラスで終えること」
      そこからです。

      当初は「月間なら負けない」
      その後「週間なら負けない」

      そういうステップではないでしょうか。

      成績が安定、というか
      自分自身の制御も含め安定および自信がつくに伴い
      次に「ロット引き上げ」がテーマになります。

      ここも性格面がかなり色濃く出てきます。

      僕はなかなかな「バカ」なので
      ロット引き上げによるメンタル面の負担は
      そんなになかった方だと思っていますが、
      ロットを引き上げた途端、勝てなくなる人も多いようです。

      そういうご相談もこのブログコメントには
      過去にも多数お寄せいただいている中、
      僕なりのご回答も多種ありますので、

      探すのは大変かも知れませんが、
      折々参考になさってみてください。

      あ、その際、あらためてご自身のコメントにて
      ご相談いただいてももちろんOKです♪

      では、
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    いつもステキなコンテンツを有り難うございます。
    非常にご多用とは存じますが、

    『環境変化への適応力について』
    質問させて頂きたく、書き込みさせて頂きます。

    先生は兼ねてより、
    “終わったチャートを後から見返すよりも、
    現場のその瞬間に睨んだチャートの数こそがトレーダーの真の経験値になる”旨、
    各種動画内で何度も仰っていらしたかと存じます。

    以降、エントリーした瞬間のスクリーンショットを後で振り返り、改善点と再現性の高そうな勝ちトレードを記録しています。

    そこで質問なのですが、

    相場の兆候が変わる時、
    或いは通じていたものが
    通じなくなるような時

    例えば、
    ・昔はオージーテクニカルで割と簡単に勝てたけど今は…?
    ・ボラが縮小している?
    ・大きなトレンドが出にくくなっている?
    ・相場は難しくなり続けている?

    などなどそういった変化が訪れた時、

    この先も、【自分のトレード】から
    ・負けるパターンを改善し続ける事
    ・優位性の再検討を続ける事
    によって、その時々の流行り・変化をも克服し乗り越えていく事が
    出来るものなのでしょうか??

    いかんせんトレード経験・年月共に浅い為、上記のような”環境の変化”に適応し続ける為のヒントをご教示頂けますと幸いです。

    何卒宜しくお願い申し上げます。

    ヒップホップ育ち

    • 東京生まれヒップホップ育ち様
      いつもコメントありがとうございます。

      >上記のような”環境の変化”に適応し続ける為のヒントをご教示頂けますと幸いです。

      ↑なるほど、大変良いご質問だと思います。

      本質的なご回答の前に
      「日頃の僕」についてお話をしたいので
      実際僕がどういう感じでやっているのかを
      まずは再確認していきましょう。

      僕のトレード・・・
      直近動画ではド派手に見えるような立ち回りをしましたが、
      けど普段、損切りスタートなどがないときって、
      実はかなり手堅い感じでやっていると思いませんか?

      直近動画のポンドのロングも、
      損切り3連敗スタートがなければ
      あるいはもっと浅い位置で手堅く利食っておしまい・・・
      そのようにしていた可能性が高いと自分では思っているんです。

      引退してしまいましたが
      僕はあのイチロー選手がまだ日本にいるとき、
      東京ドームで彼の試合前のバッティング練習を観ていました。

      すると彼は
      まずレフト前ヒット、つまり「コツン」と合わせるような感じでスタートし、
      その後センター前ヒット、ライト前ヒット(引っ張り)。

      それらを経過したのち、
      バッティング練習終盤にはカンバン直撃のホームランを連発。
      そういう流れだったんです。

      僕のデイトレに対する考え方もこれにかなり近く、
      「ボラが出ようと出まいと勝てる勝ち逃げで終えられるならそれで良し」
      こういう意識から一日のトレードをスタートしています。

      ですので驚くほど「つまらない内容」で
      動画が終わることもあるわけです。

      なぜなら「プラスで終えられれば目的達成」だからです。

      で、自分のトレードが終わったあと、
      実際の相場にボラが出にくくなってるのか?
      そんなことはないのか?などをチェックしています。

      僕は基本的な「相場の本質」については
      もはや考えを変化させる必要はないと思っていまして、
      そういう意味では

      >その時々の流行り・変化をも克服し乗り越えていく事が
      出来るものなのでしょうか??

      ↑このあたりの感覚はほとんどないですね。

      ・動きやすい(参加者が多い)時間はテクニカルが効きやすい。
      ・シリーズで動く通貨は伸びやすい
       なぜなら一気に出来高(参加者)が増えるため。
      ・出来高(参加者)の多い相場は「どこかでキッチリ動く」。

      これらを軸にし、
      ただし、

      1.しょっぱなから利食い出来たら無理せず勝ち逃げでOK
      2.損切りからのリカバリーには上記基本に対し集中力を持って取り組む
      3.プラ転したら「1」に戻る

      こういうサイクルでいるだけです。

      例えば昨年のビットコインの相場、
      チャートを観ていても
      突如大口の意向か材料でグンと伸び、その後はダラダラ。
      こんなことの繰り返しでしたが、
      これでは僕らは「仕事」になりません。

      もしFX(為替)の動きもこんな風になってしまった場合は
      僕はFXから手を引くと思います。

      けど、まだまだそこまでではないわけです。
      であれば、上記の「基本」が通用する限り、
      個人的には大丈夫との認識ですね。

      表現が下手なので言葉も増えちゃいますが、
      「その時々の流行り・変化」への対応は
      確かに出来るなら出来たほうが良いとも思いますが、
      そこにばかり意識が向くと
      「外部要因のせい」にするクセがつく可能性も出ちゃいますよね。
      僕はそれは良くないと思うんです。

      相場自体が使い物にならない状態になった場合を除き、
      まずは自分自身が「ミニマム利益」を取っていく姿勢から常にスタートし、
      徐々に大きな打球を打つイメージで取り組むと良いのではないかと思います。

      今回は伝え方がなかなか難しいテーマですが
      僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • TRIBE参加生です。いつもこちらのコメント欄で他の方の体験談や及川師匠のコメントを非常に有益な情報として拝見させていただいています。
    私も今回、僭越ですがメンタル管理について誰かの反面教師になればと思える事があり、記憶が新しいうちに共有させていただこうと思いまして…。
    最近新たに用意した、ボーナス込みの20万の証拠金。
    それを3万3千に減らしてしまい、トレードしただけ損をする状況だったのですが、水平線の活用とナンピンによるチャラ逃げの活用がうまくいき(途中何度もギリギリまで耐えるなど、危なっかしいながらも)、結果的には損小利大で3日間連勝して2月12日には東京、欧州、NYと勝ち証拠金が6万3千に戻りました。
    そして翌13日も会社が連休で東京からやり、7千円利確して4日目の朝で3万3千だった証拠金が倍以上になりました。
    しかし…。もう今日はトレードしなくてもいいかな、欧州の前場だけ勝ったら後は本でも読もう、と思っていた矢先でした。
    ポンオジでちょっとした下落トレンドを見つけ、ナンピン前提で戻りをショートしました。結果は全ポジ踏まれて1万2千の損切。
    「あ~とうとうやっちまったな」って感じでしたよ。勝って兜の尾を締めるつもりだったのが緩くエントリーしてしまった。
    そこからです。自我が崩壊し、トレードが暴走し始めたのは。
    ポンオジで何だか既視感のあるチャート形状を見つけ、トレンドの2波後の押し目のような気がし、爆上げしそうに見えました。
    単なる予感でしかなかったのに、何を思ったか全力フルレバでロングしました。心の声が囁きます。
    「そんなエントリーする奴はトレードをする資格はない。今すぐ撤退しろ!」
    しかし徐々に含み損が膨らんでいき、既に思考力も著しく低下しています。決断できる心境ではありません。
    途中、ワンチャンでチャラ逃げの機会もありました。ですが何故か無視してホールドし続けました。
    案の定、チャートはじわじわ下に弧を描き始め、冷静なら撤退する場面でも、ただただ他人事のように傍観するだけでした。
    次の瞬間、床が抜けたように爆下げ。「切らなきゃ死ぬぞ!」と我に返って損切しました。2万の損失です。
    13日のポンドですからご存じのようにあのロスカ狩りのような急落の後は青天井で爆上げしたわけですが、損切直後の放心状態ではドテンもままならず。
    遅れて飛び乗り、いくらか取り返しましたがその後はもうめちゃくちゃです。
    及川師匠はトレードを女性に例えますが、チャートはその魅惑的な形状で女性のように誘惑してきます。
    それを見て上げそうだから買いたくなる、下げそうだから売りたくなる。
    恐ろしいのは、自分の行為がどれだけ馬鹿らしいか自覚しながらも止められなかったこと。
    「コツコツなんてかったるい。ドカンと取り返させろ!」
    欲望だけの自暴自棄な投げやりトレードに陥り、自殺的にエントリーして損切、最後も8千円利確の機会があったのに決裁できずにチャラに戻される…。
    結局その日は証拠金2万7千で着地。
    連休で一日中トレードができたのが悪く出ました。ギャンブル依存症と変わりません。資金を飛ばすことでしかケリをつけられない心理状態と言ったらいいでしょうか、専業になりたいのにこれでは…。
    及川師匠が勝ち逃げを推奨されるのもそういった理由でしょうか。
    翌14日も、会社帰宅後の欧州ですっかりトレードの勝ち方を忘れており、伸びてる足を見て「もったいない!」と安易にエントリーしてしまいナンピンも踏まれ、1万の損切で証拠金は1万7千まで減りました。
    「しょうがない。イチから出直そう!」と逆に吹っ切れ、とりあえず飯にして、ハイロット癖がついてたのを3千通貨で出直すことにしました。
    気楽に推移を見ていると、絶好のエントリーポイントが。ここぞという場面です。
    その時自分が勝っていたやり方を思い出しました。
    「基本のんびり最小ロットでやってると、そのうち絶好のエントリーポイントが来る。そしたらハイレバの勝負を仕掛ける」
    結局ポンオジは爆上げとはいかないまでも9千ほど利確できました。
    実際エントリーを我慢して簡単に勝てる場面だけを待つってのも結構しんどくないですか?
    ポジポジ病、トレード依存症の癖が抜けないならいっそ上記のやり方はどうかなと。
    及川師匠は専業に必要なメンタル管理はどうお考えでしょうか。
    ブレグジット可決の日の相場で8千万円溶かしたとツイートされてる方もいました。
    今回、損した金額よりも「トレードしていて自分が自分でなくなる」感覚を味わい、専業へのハードルの高さを実感しました。
    専業になるために、自己管理のやり方を模索していきたいと思います。長文失礼しました。

    • guideさま
      コメントありがとうございます。
      また、TRIBEへのご参加に対し、
      あらためて御礼申し上げます。

      文面はすべて拝見しました。
      おそらく多くのトレーダーにとって
      他人事ではない内容ではないかと想像します。

      >連休で一日中トレードができたのが悪く出ました。

      ↑諸々端折って恐縮ですが、
      まず一番の要因はここかなぁとの印象です。

      人間、やはり「集中力」って問題があると思います。
      どうでしょう、
      2時間とか長くて3時間くらいが限界ですよね(汗)

      >「基本のんびり最小ロットでやってると、そのうち絶好のエントリーポイントが来る。そしたらハイレバの勝負を仕掛ける」
      >実際エントリーを我慢して簡単に勝てる場面だけを待つってのも結構しんどくないですか?
      ポジポジ病、トレード依存症の癖が抜けないならいっそ上記のやり方はどうかなと。

      ↑なるほど、ご自身の性格面なども考慮した上での導きであれば
      それは一定の真理だと思います。
      ただ、少々気になるのは
      「モードの切り替え」が上手に出来るかどうか?ですね。

      「ここ一番で気合いれてやる」にも
      ポイントになるのは『集中力』です。

      その前段階でずっとトレードしていたら、
      結局判断力が鈍ってしまい、
      「ここ一番」にならないのでは?
      というあたりを危惧します。

      やはり「やる時間」はある程度決めておき、
      集中して取り組める環境の確保は必要ではないかなと、
      お節介ながらそのようには言わせておいてください。

      >ブレグジット可決の日の相場で8千万円溶かしたとツイートされてる方もいました。

      ↑凄まじいお話ではありますが、
      これってどうなんでしょうね。

      こういう場面を「狙ってやっている」のなら
      相応の戦略を伴ってやるはずで、
      であれば、ここまでドツボな負け方はないと思うんです。

      「大きく動く」は相場的にチャンスであることは間違いありませんが、
      けど、そこに戦術的な準備がないと「ボロ負け」の機会にもなりますよね。

      実は人って、
      大きく動いた相場を観て
      「儲け損ねた!」と思うケースが多いと思います。

      けど、実際には
      「ヘタに関わりを持たぬことで大損しないで済んだ」
      とも言えると僕は思うのです。

      分からないことに手を出すな!

      専業やプロを目指すのであれば
      重要なのはむしろこっちではないでしょうか。

      いつでもどこでも勝つのがプロではなく、
      勝てる場面のみ職人のようにやるのがプロ。

      やはり最後はこういう結論になる僕なのです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    素敵なビルの屋上でワインが飲めるオイスターバーのご紹介有難うございます。
    もし、TRIBEの海外支部のオフ会を、ここで開催した場合、
    たまたま、及川先生が隣に居る事は、ありませんか?
    たまたまの表現は、事務局向けで、確信犯ですが。
    ご検討を宜しくお願い申し上げます。

    • 元小豆相場師 バンコクのK様
      いつもコメントありがとうございます。

      >もし、TRIBEの海外支部のオフ会を、ここで開催した場合、
      たまたま、及川先生が隣に居る事は、ありませんか?

      ↑これ、完全に「逃げ場」ないじゃないですか(笑)

      もしシンガポールでオフ会をやるのであれば
      そりゃさすがに時間作る努力しますって^^

      頻度については、
      お気遣いもいただきたいところですが、
      本当にやる場合はお声かけください。

  • 初コメント失礼致します。

    この質問は及川さんに質問するような事ではないのですが、周りに経験者がいなくて笑

    実は最近流行りのUSBツールを買いました、詐欺かと思ったのですがその手法はオシレーターを組み合わせてここまでいったら逆張りといったものです。そこで本題なのですが、そのツールにはシグナルもついています、オシレーターとシグナルが合致した時は勝率が7割程でしたが、問題なのはそのシグナルが出る根拠を知りたいのです。販売者とは理由があり連絡が取れなくなってしまいました。このシグナルがなぜ出るのか?を知るにはどうしたらいいでしょうか?またカスタムインジケータを作成してる人に提示したらメカニズムは分かるものですか?

    • 初コメントとのことでありがとうございます。
      ハンドルネームはちょっとなんなので
      コピペはスルーさせていただきますね。

      >このシグナルがなぜ出るのか?を知るにはどうしたらいいでしょうか?

      ↑申し訳ございません。
      僕はシステム系のことはまるで分かりませんので
      本件はまったくの役立たずです。

      >カスタムインジケータを作成してる人に提示したらメカニズムは分かるものですか?

      ↑トレードを理解している人なら
      おおよその範囲までは想像がつくのではないかと推察します。

      が、ここも僕は素人なのでなんとも言えないですね。

      なんとか詳しい人をまずは見つけていただきたいと思います。
      お役に立てず申し訳ございませんでした。

  • 及川先生、こんにちは。
    前回の私の質問に対しての先生のお答え「何故そうなるのかを考える」とのご解答を頂き、以後はチャートの形状のみで判断するのではなく常にチャート形状の背景(時間、他通貨との相関、需給等)を考慮するようになりました。
    未だ勝ち切れてはいませんが一筋の光明を見出したような感じです。
    さて、度々の質問で心苦しいのですが先生の動画で東京時間から欧州時間に切り替わる時に、その直前で決済するときと、そのまま継続するときがありますが、その判断基準は何でしょうか。自分の場合は過去に何度も痛い思いをしているので継続して保持したときはびくびくして少しでも逆行すると決済してしまいます。
    先生なりの基準がありましたらご教授下さい。
    また、いつもいつも丁重なアドヴァイスを頂き感謝しております。
    有難うございます。

    • マッサン様
      コメントありがとうございます。

      >先生の動画で東京時間から欧州時間に切り替わる時に、その直前で決済するときと、そのまま継続するときがあります

      ↑むむ?ありますか?
      あるとして、結構前の動画じゃないですかね。
      最近はほとんどその手のことはやっていませんので。

      基本、時間帯またぎはやりたくないと思っています。
      ただし、例えば円シリーズのチャート上におけるシンクロ性が高いとき、
      「今から自分が保有している方向に伸びるのでは?」
      こう思えるパターンであれば、そこは続行すると思います。

      要するに
      「今からやるならどっちだろう?」
      この部分の判断を随時「更新」した際、
      保有側であれば続行。

      というか仮に新規エントリーでやる方向であれば
      わざわざスプレッドや手数料を使う必要はないですからね。

      あくまで
      「今からやるならどっち?」を常に判断基準に置いているつもりです。

      そんな中、
      「新たな時間帯」はそれまでの流れとはまったく関係ない
      それこそ「新たな流れ」が生じる可能性もありますので
      時間帯またぎについては、
      基本やらないほうが良いと思いますので
      そこも付け加えさせてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様

    いつもお世話になっています。久しぶりに投稿させて頂きます。

    及川さんに出会ってから(まだ直接お会いした事はありませんがw)丁度1年が立ちました。既にOPの募集は終了していたため、残念ながら参加出来ず、Youtubeでひたすら勉強してましたが、単に及川さんのコピーをしようとしても、本質を理解していないと例え勝率が上がっても、ボロ負けしないトレードは絶対に出来ない事がこの1年で良く分かりました。勝つための手法はすぐに身に付きますが、行くべきが行かなかった時の対処法が何より重要で、それを理解するにはプロの指導が必要不可欠だと判断しましたが、しばらくスクールは募集しないとおっしゃられていたので、諦めていたところ今回TRIBEの募集をして頂き、晴れて参加させて頂く事が出来ました。本当にありがとうございました。(序に1名紹介しちゃいましたw)

    今度、募集があったら、絶対に入ると決めていたため、話半分で速攻入会させて頂きましたが、翌々考えたら群れる事が苦手なタイプの人間がTRIBE(群れ)に入ってしまった!と少し笑ってしまいましたw
    パソコンスキルが壊滅的なため、正直、Facebookは佐藤さんの保存した投稿ぐらいしか見ておりません。汗
    色んなアイテムをご提供頂きましたので、ヘッジで何か覚えようとデモで1か月検証しては見たものの、やはり自分は及川さんの方式(裁量)一本かな?と感じている次第です。(ノーポジ最強)しかし、せっかくの機会ですし、まだまだ覚える事は山のようにあるので引き続き検証は続けて行きます。

    話は変わりますが、先日(2月13日)の欧州の動画見て、及川さんと全く同じところやってました!僕は及川さんの1回目の損切後のロングから入って、そこからは略同じタイミングで損切、ロング入り直しでポンド3兄弟フルロット(とは言っても僕は10ポジくらいが限界ですがw)でポンオジから切るところまで一緒で、何だか嬉しくなりました。流石に及川さんのぶち込みようは誰もマネ出来ないと思いましたがw

    やはり相関パズルを常に意識する事で、損切、ドテン、入り直しのタイミングが少しずつ理解して来ているように思います。以前はpipsや収支で切ったりしていましたが、今はこのタイミングで逆持ってたら殺される!ってところで切れるようになった気がします。及川さんのご指導のお陰と感謝しております。

    前置きが長くなりましたが、一つだけ質問させて下さい。
    他にも聞かれた方がいるかも知れませんが?
    及川さんのMT4のチャートに尋常じゃない程のUSDJPYの1Hが(6つくらい)入っているのですが、これは何を見ているのでしょうか?2年前ほどの動画から入っているような気がするのですが、環境認識に何か関係があるのかと気になって質問させて頂きました。聞いちゃいけなかったですか?w
    何か不都合があればボツにして頂いて構いませんのでw

    後、事務局の方にお願いがあるのですが、、、
    動画のサムネが格好良くなったのですが、前の統一したタイトルの方が見やすくて(及川さん的にはご不満でしょうがw)、日付で追え、どんな内容だったかも覚えられるので、見直す時に重宝しておりました。せめて日付を同じ位置に入れて頂けると幸いです。

    引き続きご指導のほど、よろしくお願い致します。

    • R(名前変えました)様
      コメントありがとうございます。
      以前のお名前が分からないので
      ご回答の「連続性」についてはひとまずご勘弁ください。

      >今回TRIBEの募集をして頂き、晴れて参加させて頂く事が出来ました。

      ↑大変光栄です。
      どうもありがとうございます。

      >パソコンスキルが壊滅的なため、正直、Facebookは佐藤さんの保存した投稿ぐらいしか見ておりません。汗

      ↑あぁ、僕と同じですね(汗)
      佐藤さんはすべての投稿に目を通したうえで
      ピックアップしてくれていますので
      それらの内容を重点的に確認する感じで
      むしろ良いと思います。

      >先日(2月13日)の欧州の動画見て、及川さんと全く同じところやってました!
      >ポンオジから切るところまで一緒で、何だか嬉しくなりました。

      ↑ほほぉ、それは面白いですね。
      正直、必ずしも僕が正しいとは限らず、
      僕「だけ」が正しいなんてことも絶対にありません。

      『たったひとつの正しい正解』などない世界ですので
      なるべく整合性と合理性が取れる中、
      利益を積み上げていけたら良いですね。

      >及川さんのMT4のチャートに尋常じゃない程のUSDJPYの1Hが(6つくらい)入っているのですが、これは何を見ているのでしょうか?

      ↑あぁ、これですか。
      これ、結論から言いますとまったく関係ありません(笑)

      動画録画の際、画面右側が中心になるので
      通貨ペア名のタブはなるべく右側に寄せておきたいんです。
      そうすることで「チャート」と「通貨ペア名」が
      近い位置に表示でき、単純に見やすいかなと^^

      マジでこれだけの理由ですので
      お気になさらずでお願いいたします。

      >動画のサムネ
      >せめて日付を同じ位置に入れて頂けると幸いです。

      ↑こちらは
      ご要望としてお伝えさせていただきます。
      必ず対応してもらえるかは僕からはなんとも言えませんが(汗

      では取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、お疲れ様です。
    2回目の投稿になります。
    3月からbigbossで口座開設をしてリアルトレードをしていこうと決めました。
    自分は仕事が15時に終わります。デモ段階ですが少し前までNY時間に絞ってトレードをしていました。しかし、中々思い通りのトレードが出来ずやりにくいと感じ欧州時間に絞ることにして定時の日だけトレードをするようにしました。(17時台からなら出来るので17~18時台までと決めて)
    さらにホントに自分の中でやれると思ったとこだけに絞りやるようにしたところ利益はショボイですが欧州時間に変えてからはトレードをしたらその日はプラス収支で終われるようになりました。しかしやる場面を絞るとチャートを見てもエントリーできない日もあり、週2、3回しかできない時もあります。そこで勝率が悪かったですが毎日見れるNY時間に戻してNY時間の口説き方をマスターした方がいいのでしょうか?
    今は冬時間で17,18時台でも欧州時間残存があるのですが、夏時間に入ると始まりが早くなるので夏時間の17,18時台はあまりやらない方がいいでしょうか?また及川先生は夏時間、冬時間において欧州時間が始まってどれくらいの時間が経ったら人が少なくなりやらないというような考えはお持ちでしょうか?
    お忙しい中質問攻めになってしまい申し訳ありませんが、答えていただけたら幸いです。
    これからも及川先生を尊敬しついていきます。youtube、ブログ等楽しみにしています。今後もよろしくお願いいたします!

    • ユダさま
      コメントありがとうございます。
      ご返信が遅くなり申し訳ありません^^;;

      >やる場面を絞るとチャートを見てもエントリーできない日もあり、週2、3回しかできない時もあります。
      >勝率が悪かったですが毎日見れるNY時間に戻してNY時間の口説き方をマスターした方がいいのでしょうか?

      ↑うーむ、ここはなんとも言いにくいところです。
      元々NY時間しか出来ない、ということでしたら
      そこに注力して攻略を目指すしかありませんが
      「欧州なら勝てている」ということであれば
      欧州専門でやるほうが間違いない、という気持ちも正直強いです。

      ただし、「間口を広げたい」
      「引き出しを増やしたい」という主旨で
      NY時間に『進出』するという挑戦はあって然りとも思います。

      ご理解済かとは思いますが、
      欧州時間とNY時間は「別物相場」との認識を持つべきという部分。

      そこで提案したいのは
      それぞれの時間帯に対し口座を分けることです。

      心理的に「別物」と捉えやすいのと、
      そもそも成績を別管理する意味でも良いように思います。

      >夏時間に入ると始まりが早くなるので夏時間の17,18時台はあまりやらない方がいいでしょうか?

      ↑必ずしもそんなことはないと思います。
      僕も夏時間の17時台は普通にトレードしますので。

      夏時間、
      16時から一気にトレンドが出ることも多いですが
      上下に乱高下し、17時あたりから本格的なトレンドが出ることも少なくありません。

      17時からチャートを観れるとするならば、
      その時点で前者が後者かの状況確認からすると良いです。

      前者ならシンプルに押し目や戻り目を狙い、
      後者であれば「お!ここからおっぱじまるかも?」の視点で
      『初動』を狙うというスタンスですね。

      >及川先生は夏時間、冬時間において欧州時間が始まってどれくらいの時間が経ったら人が少なくなりやらないというような考えはお持ちでしょうか?

      ↑必ずしも決めてはいませんが
      僕自身は「夏時間の18時以降」「冬時間の19時以降」は
      ややこしい動きになることが多いイメージでして基本触りません。

      というか、それらの時間までに
      トレードの決着をつけておきたい!という腹積もりで日々やってます。

      ただし!
      ここは下手に真似されると良くないのですが、
      僕は「ややこしい時間」ってある意味一方向へのトレンドが出にくい、
      そのようにも捉えていますので、
      そうであれば、そこそこ伸びたやつの逆張りスキャルで
      コツコツ利食いを拾う、などということも実際にはやっています。

      ※主にメインの時間帯で損失状態で終わった際のリカバリー用トレードとしてです。

      取り急ぎご回答は以上です。
      不足がございましたら、遠慮なくコメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんお疲れ様です☺️

    経済の大混乱に向けて去年FXを始めた僕なりに考えて準備しないければいけないなと感じさせられた記事でした…!
    過去の歴史を勉強してチャートなどを振り返って見たいと思います。

    話は変わりますが、僕は普段仕事をしています。なので普段のチャートを見る時間は欧州時間がメインです。
    先日なんですが、2週間ほど休暇を頂きまして実家の方へ帰省しました。
    その際に東京時間からニューヨーク時間の前場までトレードをしていたんですが仕事を終えてからのトレードよりも確実に勝率も高く個人的にはとても質の良いトレードが出来ました。
    補足:チャート見るのが好きなので朝から晩までチャートに張り付くのは苦じゃないです。むしろ楽しくて仕方がありません。

    そこでなのですが2つ程アドバイス頂けないでしょうか

    1つ目は専業でやっていく際の注意点とどのくらいの技量(例えば年間や月間の獲得pips等)が最低限必要になってくるのでしょうか

    2つ目は人生の大先輩としてアドバイス頂きたいのですが、今の仕事は公務員です。ところが、定時で終わる職場ではなく残業が続いてしまいます(><)そして朝が早いのもあり疲れて寝てしまったりと決して良いトレード環境とは言えません。将来的には仕事を辞めてトレーダーとして生計を建てて行こうと思ってるのですが1年から2年または数年かけて安定を取って仕事を続けながらゆっくりトレードを学ぶ方が良いのかそれとも1年でみっちりトレード勉強をして1年(今の貯蓄で大体1年位生活ができます)でダメだった場合は働くと決めてリスクを取り挑戦して見るのが良いのか
    どちらが良いと思いますか?
    2つ目はFxismの及川さんではなく人生の大先輩の及川さんとして答えてくれると有難いです。
    正直仕事してる時間が勿体なく思ってしまいどうしようもなくなりこのような質問をしました。
    どうかご回答お願いします。

    TRIBEに入ってから週単位、月単位で勝てるようになりとても楽しくなってきてFXを更に好きになりました
    これからも何卒よろしくお願いします。

    • 19歳のuさま
      コメントありがとうございます。
      ご返信が遅くなり申し訳ございません。

      >仕事を終えてからのトレードよりも確実に勝率も高く個人的にはとても質の良いトレードが出来ました。

      ↑なるほど、
      これは結構珍しいケースかも知れませんよ。
      多くの人は一日中チャートを観れるときに
      無駄打ちをしすぎて大負けしたりしますので(苦笑)

      集中力や「アタマスッキリ」の状態で
      挑めるのかも知れませんね。

      >専業でやっていく際の注意点とどのくらいの技量(例えば年間や月間の獲得pips等)が最低限必要になってくるのでしょうか

      ↑獲得PIPSについては一概に言えないかなと思っています。
      元となる資金量によって張れるロットも変わって来ますからね。
      豊富な資金量で取り組めるのであれば、
      PIPS自体は少なめでも、その分をロットでカバー出来ますし、
      同時にトレード回数も絞り込むことが可能となります。

      そんな中、ひとつ言えるとしたら
      「週単位ではプラス確保が常に出来ていること」
      これかなぁと。

      僕は短期デイトレーダー、あるいはスキャルパーの立ち位置ですので
      極力「日ベース」でプラス抜けすることにこだわっていますが、
      あまりに固執しすぎてしまうと、
      無茶なリカバリーによる「乱射」に繋がりかねません。

      ちょっと視点を変えたご回答をしますと、
      僕は「自営業」の月間キャッシュインは
      可能な限り200万円以上、という考え方で生きて来ました。

      逆に言うと「月間200万以上」ないと
      独立には時期尚早では?という感覚なわけです。

      平時にそのくらいの収入があれば
      まぁ生活はもちろん大丈夫として、
      一定の蓄えも可能でしょうし、病気やケガ、
      それこそトレードの不調時など「休業時」にも
      一定期間は生きていけますよね。

      ここについては
      いざとなればそれが可能であるという「安心感」こそに
      意味があると僕は思っています。

      「自営業」ってある意味孤独ですので
      一定以上の基盤を持っていないと
      「不安」「恐怖感」などでメンタルをヤラれてしまう人も少なくありません。

      僕はそのあたり、元々「耐性」が強いのですが、
      ここはまさに個人差の世界じゃないかなと想像します。
      しっかりご自身と相談なさってみて欲しいところですね。

      >1年から2年または数年かけて安定を取って仕事を続けながらゆっくりトレードを学ぶ方が良いのかそれとも1年でみっちりトレード勉強をして1年(今の貯蓄で大体1年位生活ができます)でダメだった場合は働くと決めてリスクを取り挑戦して見るのが良いのか

      ↑これ・・・
      こここそ上述の「耐性」がポイントかなと思います。

      どうか上手にお聞きいただきたいのですが、
      僕は「僕」に対してであれば
      『退路を断ってでもやれ!』と言います。

      けれども僕以外の人に対しては
      「充分すぎる状況となるまで大きなリスクは取るな!」
      このように言いますね。

      ご気分を害してしまわれるとしたらお詫びしますが、
      「本業」や「お給料」がある人が
      それを放棄した際の恐怖感・・・

      これは人によっては極論自殺レベルとなりかねません。
      また、どこまでそのあたりの心理状態の変化を
      事前予測可能か?

      これも実に難題ではないかと思うんですよね。

      僕はまだまだ「19歳のuさん」を知りません。
      あるいは、僕が僕自身に言うセリフを言っても
      大丈夫な人なのかも知れませんが、

      けど、そこに確信を持てぬ以上、
      僕は
      「充分すぎる状況となるまで大きなリスクは取るな!」
      このようにアドバイスさせていただきたいと思います。

      ぜひともがんばってください。
      引き続きやりとりをしていきましょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、ご無沙汰してます。

    実は最近、勝ててるんです。

    それまで10万入れては入金しては全損、5万入金しては全損を繰り返していた僕が…
    負け方はコツコツドカンなんてもんじゃありません。

    言うなればドカン!ドカン!ドッカーンでしょうか?
    すんなり思った方向に行った時はラッキーだけど薄利。
    損切り出来ないでナンピンを繰り返しチャート形状がV字で折り返せば爆利。
    折り返さなければ全損。
    そんな事をいくつ繰り返したでしょうか。

    が、2020年1月8日に全損してまた入金して以来増え続けてるんです。
    毎日の収支がプラスで終えてるんです。

    変えたのは含み損を抱え損切り出来ない自分が浮かんだ時、ドテン倍掛けしてました。全損した時もしも、ここから方向転換していたらまだ取り返しがついたのに…と思った事がきっかけと「ルール通りに行かず逆行った時は強い」という言葉かなと思います。

    そしてMT4のターミナル画面に取引の金額が見えないように何の関係もないニュースタブとかにしてしまっています。

    最後に入金した額が129,000円で1月の終わりで240,000円を越え、2月半ばのこの文章を売ってる時点で670,000円を越えました。
    しかも仕事の都合上、週2日か3日で1日1回〜3回のトレードでです。
    1月が終わった時、計算したら189%増えてました。その計算で皮算用したら2月が終わる頃には27万に達し、今年中に1億になってしまう計算になります。
    けれど現実はそれを遥かに超えるペースなのです。

    でも僕は怖いのです。
    それは決して及川師匠の言い付けやルールを厳守できていないからです。

    20分ルールしかり、初めこそ基本ルールに則ってエントリーするのですが、損切りして即ドテン、まずそのまま行かれたら嫌なので切った数と同じポジションをエントリーして、戻したら第2軍を同じ数エントリーします。

    師匠はFXをボクシングに例えられる事が多いですが、僕はまさに壮絶などつき合いをしています。殴られたら倍返しで殴りつけ、往復ビンタを食らえば、その倍にして返してます。

    TRIBEのキックオフセミナーが終わった翌日往復ビンタを食らってマイナスに終わったのですが、その日の終わりに1発入れてやり、3日目にはもう取り戻してました。

    ただそうして取り戻す時は20分を超える事がほとんどです。
    そしてプロコンで損切りした数値を遥かに越えた時が僕の勝ちです。

    そして避けるべきだと言われた経済指標に助けらてプラスに転じたり、逆行かれた時はあっさり切って飛び乗ってプラスにしたり、吹いてるチャートに飛び乗って20pips越えたら飛び降りたり、珍しく東京時間が動いてるのをエントリーして負けて、ポジション持ったまま寝落ちして往復ビンタされて、再度エントリーして欧州時間の始まる16時前に噴いて勝ち逃げしたり、この間など絶対にやってはいけないやつだと思って欧州時間に含み損のポジション持ったままここまで来たらハッピーラインと言って自動決済を入れて溶けない程度にプラスポジションを薄利逃げしてポジションを減らし、午前3時まで勝負がつかずに寝たら、次の日10時に起きたらポンドオージーが指標(正直計算に入れてた訳ではなく)で噴いてて、40万まで減った額が見たら総額61万になってて、Twitter見たら「リオンちゃんが嫌な予感する」と呟いてるのを見て、「ショーターの嫌な予感=ロング勢の爆上げ」という後付けの根拠を付けたり、300pips取られたら500pips取ったりとネタが尽きません。

    (はい、ごめんなさい。こんな無茶なトレードもうしません。)

    lot数は師匠が3,000万の口座入金額(後から5,000万とおっしゃてましたが…)に対し30lotと仰っていたので10万だったら0.1lot。12万になったら0.12lotという風にして、真似して最初は2発入れてます。ナンピン追加2発でトータルが4つまで。
    損切りは取り戻せる自信があるpips数までが…です。
    ただ上記した通り金額を見てないので減った金額に合わせてlotも変更しなければならないのに、pips表示だけで見ると取り戻せたかどうか判らないので、そのままのlotでやってたりします。

    それにしても何故でしょうね?-18pipsの金額を見ると「こんなにもいくの!?」と思ったり「+18pips」の金額を見ると「たったのこれだけ!?」と感じてしまうのはスプレッド差だけなのでしょうか?

    僕のエントリーって損切りラインを決めるなら初めから損切りラインから入ればいいじゃん!緑線からだとリスクリワードあってないしと言って青線まで戻るの待って入って直近高値or安値目指したり、その際の戻しって緑線逆向き出してるんですよね。「これでいいのかな?」って思ったり「緑線ってその時々で方向後から変える優柔不断な奴」って思ってしまうの僕だけでしょうか?
    その結果はまるで教科書通りに折り返しゴールまでは届かなかったけど腹7部くらいで逃げました。(その後逆行したんでセーフでした。)
    逆張りする時の平行線も戻しのMAもタッチよりもそれを越えた髭から入ったら尚お得な気がして髭先からエントリーしたりします。

    不安なのは僕が今現在勝てているのかの根拠が何もないのです。
    FX歴1年でビギナーズラックか?またはバブル景気のように師匠が返信を下さる時には全損しているのではないか?
    億は遠いのに全損はいつまで経ってもすぐのように感じます。

    今、僕が改めなくてはならないのはドテンするのは損切りしてすぐでなくてもいいのではないか?
    すぐするのならば本当に少ないポジションで少なくともサポレジまで戻ったら足せば、より美味しいのではないか?
    とにかくポジション増やしすぎなのではないか?

    TRIBEのFacebook見ると皆さん根拠をしっかり書かれてるのに、自分の根拠と来たら、全損する自分と反対の事をしてるだけ…くらい。

    入金する度に全損していた僕が何故こんなに勝てているのか?こんなに早く資金が増えるものないか?
    僕はその根拠が欲しいのです。

    追伸:シンガポールでも新型コロナウイルスが発生してると聞きます。健康診断に行かない師匠でもお身体大切にしてくださいね。TRIBEで手法ではなくウイルスが伝達したらシャレになりませんもんね。
    質問:師匠のご家族の話が時々出てきますが3人の娘さんがいらっしゃるとは仰ってましたが何歳くらいのお子さんがいらっしゃるのかイマイチ把握してません。まさかトレードをされる程成人されてるとは思ってみませんでした。

    • 近江の戦闘妖精さま
      コメントありがとうございます。
      ご返信が遅くなり申し訳ございません。

      >最後に入金した額が129,000円で1月の終わりで240,000円を越え、2月半ばのこの文章を売ってる時点で670,000円を越えました。
      >しかも仕事の都合上、週2日か3日で1日1回〜3回のトレードでです。
      >1月が終わった時、計算したら189%増えてました。
      >今年中に1億になってしまう計算になります。

      ↑なんか「ドエラい相談」ですね(笑)

      >「ショーターの嫌な予感=ロング勢の爆上げ」という後付けの根拠を付けたり、300pips取られたら500pips取ったりとネタが尽きません。

      ↑ここ、爆笑してしまいました^^

      全文拝見した僕の感想ですが、
      これってもはや「ご自身のスタイル」なんじゃないでしょうかね?

      >僕のエントリーって損切りラインを決めるなら初めから損切りラインから入ればいいじゃん!
      >逆張りする時の平行線も戻しのMAもタッチよりもそれを越えた髭から入ったら尚お得な気がして髭先からエントリー

      ↑ほほぉ、一個目は過去に億超えした受講生さんも同じことを言っていて、
      2個目はリオンちゃんが同じこと言ってます。

      「僕(及川)の教え通りではない」とおっしゃいますが
      一通り知識を入れたあとの実戦の中、
      ご自身が感じた部分を形にし、
      それで実際に勝てているのであれば
      それこそが「自分の型」って話です。

      過去の受講生さんで
      専業や専業レベルの人は数えきれぬほどいますが、
      「及川のやり方じゃない人」も山ほどいますよ。

      松岡修造さんは一流のテニスプレイヤーでしたが
      その松岡さんに教わった錦織圭さんは
      おそらく松岡さんとプレイスタイルは全然違ったりしますよね?
      それで良いのではないでしょうか?

      >僕が今現在勝てているのかの根拠が何もないのです。

      ↑いやいや、上述の項目
      しっかりした戦術ですので、これこそ充分な根拠なんじゃないですかね。

      >自分の根拠と来たら、全損する自分と反対の事をしてるだけ…くらい。

      ↑ここは僕もかなり似た考え方ですよ。
      「ボロ負け損切りの記憶」は僕の財産だとすら思っています。

      実際のトレードを拝見してはいませんが
      きちんと損切りも出来てらっしゃるようですし、
      であるなら「一日で全損」も考えにくいです。

      これを「OK」と言わず、
      ナニがOKか?って話です(笑)

      >入金する度に全損していた僕が何故こんなに勝てているのか?こんなに早く資金が増えるものないか?
      僕はその根拠が欲しいのです。

      ↑乱暴なアドバイスで恐縮ですが、
      その「根拠」ってやつ・・・
      当面しばらく「分からないまま」で続けてみませんか?
      僕はそれで良いような気がしますね。

      いつかやっと分かった時、
      口座残高は億を超えていた、みたいな(笑)

      言ってみればこれは「天才」でして、
      なんらかのきっかけでその才能が開眼したのであれば
      余計な、極論「俗物的」な考えなど持たず、
      流れに身を任せるのもアリではないかと
      結構本気でそう思いますね。

      >師匠のご家族の話
      >まさかトレードをされる程成人されてるとは思ってみませんでした。

      ↑僕、今年で55歳ですからね(苦笑)
      子供が成人しててもなんらおかしくないですって(笑)

      ではでは取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になっております。

    現在ゲムフォレックス(GEMFOREX)で29.99Lotでトレードをしています。
    ビックボスでは50Lotでした。

    及川師匠のFX口座を教えてください。100Lot程度でトレードしたいです。

    よろしくお願い申し上げます。

    • 岩田さま
      コメントありがとうございます。

      >及川師匠のFX口座を教えてください。

      ↑こちらですが、
      複数社使っていますので
      運営事務局がまとめたページをご案内させていただきます。
      https://fxism.jp/fx-ranking/

      すでにお持ちの業者さんもあるみたいですので
      あくまでご参考まで!

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    昨年「ガチ速FX」を読ませていただき、ブログやYouTubeの動画を拝見させていただいています。

    及川さんの自称ゲスな親しみやすいキャラもあり、楽しく勉強させてもらっています。

    2月13日の欧州時間のトレード動画の中で、一つ質問させて下さい。

    動画の中では、何度かドテンでエントリーを行い、最終的に大きく伸ばして利益をあげています。
    この時のロングやショートのエントリー方向の目線はどのように決めているのでしょうか?
    もちろん、各通貨ペアシリーズの相関や逆相関もみて判断されているのだと思いますが、具体的に考え、自分でエントリーしようと思うとよくわからなくなってしまいます。

    お忙しいところ、大変恐縮ですが、アドバイス等いただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    • はるくん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >及川さんの自称ゲスな親しみやすいキャラもあり、楽しく勉強させてもらっています。

      ↑大変嬉しい「お褒め言葉」です♪
      ありがとうございます。

      >2月13日の欧州時間のトレード動画
      >この時のロングやショートのエントリー方向の目線はどのように決めているのでしょうか?

      録画開始当初の時点で「ポンドドルは上かな?」との認識はありました。
      そんな中、ドル円が弱い&ポンド円の「売り頃チャート形状」に
      安易に乗っかりショート。
      けれども上抜けする感じに見えたので
      「やっぱりポンドは上か」との判断でドテンロング。

      しかしその後、ユーロポンドが一気に上昇しつつ
      ポンド円が下向き上位足に阻まれて下落基調へ。
      「なんだよ、下かよ(汗)」ってことで再度ショートへ。

      しかし・・・
      元々ポンドドルが上抜け期待の目線だった中、
      前回足の上髭を実体が抜けそうな流れになったところで
      今回の決め手である
      『ポンドドル、ポンド円、ポンドオージー揃い踏みの陽線』
      ここで僕は「ポンド上昇」を確信しました。

      今回はポンドの揃い踏みでしたが
      このように僕は「揃って(シンクロして)動いている通貨シリーズ」を
      常に意識しながらチャートを観ています。
      なぜならその通貨シリーズは通常「伸びること」が多いからです。

      動画の判断推移は以上です。
      ご参考になれば幸いです^^

  • 2月13日のすごい試合?拝見させていただきました。本物のボクシングの試合よりも興奮しました。師匠は「You Tube でこういうの見せちゃいけねえんだよなあ」と最後につぶやいていましたけど、なかなかどうして損切についてとても勉強になりました。
    私を含めて損切ができない人はたくさんいると思います。と言うか「損切を制するものはFXを制する」とどこかで聞いたような気がするくらい苦手な人が多いと思います。
    あの試合を見て、その理由がわかったような気がしました。
    よく「自分の思惑と反対に行ったら、その時点で損切をすべきだ」と習ってきましたが、それを実践することは簡単だけど、何でもかんでも一時的に反対に行ったからと損切ばかりしていて資金が増えた人はいないと思います。それだからみんな損切ができなくなってしまうのです。
    今回の師匠のトレードを拝見して、私たちは損切に関してとんでもない勘違いをしていたことに気づきました。
    損切は「それ以上大きな損を避けるために、早目に損を確定すること」だとばかり思っていましたが、そうではなくて、「損切は次の利益を獲りに行くためにするものである」ということがわかったのです。損切は負けを確定することではなくて勝つためにするものだったんですね。
    師匠には確かな経験があり、このラインを超えたら逆に伸びる、などということがイメージできているから、損切ができるんだと思うのです。
    だから、どうして私たちが損切ができなかったのかというと、経験値が少なすぎて相場の心理が読めず、まだ、損切に対する確信も持てないからだとわかりました。
    つまり、損切うんぬんよりもトレード自体がまだ早かったようなものです。
    師匠はたくさんの名言を吐かれていますが、「逆に行ったからといって、するナンピンはダメ」というのと同じように、「勝利のビジョンなき損切はダメ」というのも名言に加えていただけませんか?
    もっともそれ以前に、ビジョンなきエントリーはダメですが。そのダメの三連発なことばかり今までやっていたような気がします。

    • Markeyさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >本物のボクシングの試合よりも興奮しました。

      ↑嬉しいような「痛し痒し」のような(苦笑)
      今月は収益自体は良いのですが、
      けど、あんな感じの「壮絶な打ち合い」がとても多いです。

      僕の場合、打ち合いになったときのほうが
      結果利益額は増える傾向があるのですが、
      本音を言うと、利益額など少なくても良いから
      もっとマッタリと勝ちたいんですけどね(汗)

      >「損切は次の利益を獲りに行くためにするものである」ということがわかったのです。損切は負けを確定することではなくて勝つためにするものだったんですね。

      ↑こ、こ、これは・・・凄い!
      言われてみるとその通りで、
      実際僕もそういう感じでやっていると気づけます。

      が!こういう指導は一度もしたことがありませんでした。

      僕が言うのもナンですが
      大変凄い目線というか「気づき」だと思います。

      >「勝利のビジョンなき損切はダメ」というのも名言に加えていただけませんか?

      ↑これは僕のほうこそ「目から鱗」でして、
      大変ありがたい気づきを与えてもらった気分です。

      ※感覚的にはそうしているはずですが
      他人様にお伝えすべき、との感覚はありませんでしたので。

      今回のコメントは「脱帽」です!
      本当に感謝申し上げます。

      日本にいたら
      「メシご馳走させてください!」レベルですので
      今後僕と会える機会があったら、
      ぜひともアピールしに来てください♪

      素晴らしいメッセージをありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ↑自虐的なことばかり書いてしまいましたが、師匠のトレードを勉強してから相場の心理が少しずつ読めるようになってきました。感謝です。
    そのせいで、勝つための損切も少しずつできるようになりました。

  • 及川先生
    こんにちわ
    昨年末からデイトレ大百科を学習させてもらってます。
    よろしくお願いします。

    デイトレ大百科生放送保存版動画11について質問させてください。
    動画の19分くらいから、プロはここで足しますとお話しされてますが、
    その理由を知りたくて質問させていただきました。
    ・密集MA下抜けから緑線まで戻して緑線越えられず、
     再度密集MAを抜け直したから
    ・チャート形状がダブルトップ完成からの安値切り下げ
     となっており、ダウントレンド形成するを期待できるから
    という根拠を考えましたがどうなんでしょう?
    また、似たようなチャートとしてgbpjpyのショートもやりたかったと
    お話しされていますが、これも同様の根拠となるのでしょうか?

    • ながい様
      コメントありがとうございます。

      >デイトレ大百科生放送保存版動画11について
      >・密集MA下抜けから緑線まで戻して緑線越えられず、
       再度密集MAを抜け直したから
      ・チャート形状がダブルトップ完成からの安値切り下げ
       となっており、ダウントレンド形成するを期待できるから
      という根拠を考えましたがどうなんでしょう?

      ↑はい、それで合っていると思います♪

      >また、似たようなチャートとしてgbpjpyのショートもやりたかったと
      お話しされていますが、これも同様の根拠となるのでしょうか?

      ↑あの動画は時期的にかなり以前のものなので
      明確な記憶はないのですが、
      「ポンド」のほうがPIPSを稼ぎやすいので
      シリーズで揃って動くのであればポンドも乗っておきたかった・・・
      こういう感覚だったはずです。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      もし不足がございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります、よしと申します。日ごろから先生の動画を見て勉強させていただいております。

    最近ようやく自分なりの勝ち方を見つけ出したといった状況です。なので、自分の中でのエントリータイミングは明確なのですが、関係ないところでエントリーしてしまうという病気にかかっています。いわゆる、ポジポジ病です。自分のルール以外のところでエントリーしてしまい結果的に損をしてしまうのです。もちろん、やってはいけないことだという認識はあるのですが、なかなかうまくいきません,,,

    自分なりに分析してみた結果、根本にお金をいち早く稼ぎたいといった気持ちがあるからだという結論に至りました。お金を稼ぎたいという気持ちが先行し、エントリーするべきタイミングではない時にエントリーをしてしまうのです。お金を稼ぐためにやっているが、お金を稼ぎたいという気持ちを持ってはいけないという板挟みにあっています。ゲームのような感覚でやったらいいとは心の中ではわかっているのですが、なかなかうまくいかないのが現実です。

    先生ならこのような場合どうしますでしょうか?このジレンマを解決する方法はあるのでしょうか?自分的にはあと一歩のところまで来ているような感覚ですが、最後に立ちはだかる壁が高く乗り越えられません。アドバイスの方よろしくお願いします。

    • よし様
      コメントありがとうございます。

      >自分のルール以外のところでエントリーしてしまい結果的に損をしてしまう
      >自分なりに分析してみた結果、根本にお金をいち早く稼ぎたいといった気持ちがあるからだという結論に至りました。

      ↑確かにそこもあると思いますが、
      要するに「チャートを観過ぎ」って部分が一番かも知れませんね。

      「今日は現状勝てている」
      「今やめたら当日収支プラス確定」

      この状況の中で
      まだチャートの値動きが気になって仕方ないとしたら
      やはりそれは一種の中毒です。

      それと、ここはかねてから何度も言っているのですが
      「最高値症候群」とでも言いますか、
      その日の最高収益からのドローダウン(つまり損切り)をした際、
      「さっきまでの当日最高収益に戻すまでやめない!」
      このような心理でトレードを続行するわけです。

      ここでの大きな大きな問題は
      「すぐに取り返したい」
      「今すぐ、取り返したい」

      こうなることで、
      早い話「場が来るまで待てない」
      よって「ルール以外のことをやる」
      こういう流れを作ってしまうことでしょうね。

      僕の場合、を言いますと、
      トレード後はコンドミニアム内にあるトレーニングスペースに出向き
      エアロバイクを漕いだり筋トレしたりしています。

      パソコンを閉じちゃうのもアリですが
      一番良いのは「外出」じゃないかなと。

      それこそ映画見に行くとか、散歩でも良いと思います。

      で、そうやって自宅に戻り
      あらためてチャートを開いたとして、
      そこには「当日プラス収支」が載っていますでしょ?

      一度他のことをやったことで
      客観的に観ることが出来る中、
      「ヘタなトレードしてこの利益削るのもったいない」
      「中途半端な場面をやって後悔したくないなぁ」
      「あの魔のループで利益減らしたらアホみたいだ!」

      こんな風に「手が止まりやすい感覚」に
      むしろなると思うんです。

      原始的なやり方というか
      ごく当たり前のアドバイスで恐縮ですが、
      けど、僕も実際にやっていることですので
      シンプルに試していただきたいと思いますね。

  • 及川先生、こんばんは。
    デイトレ大百科で日夜勉強しながらトレードを行なっています。
    初めて質問させて頂きたく思います。

    FXを始めて2ヶ月程が経ちますが、今だに利益を掴むことが出来ません…
    投資額が少ないから利益も少ないのは理解しています…が
    コツコツ積み上げた利益を無駄なトレードで失ってしまうことが多いです。
    相場が荒れているときでもこれは勝てそう!と無駄にトレードを行い、逆行するチャートを呆然と眺めるなんてことが多々あります。
    ルールに当てはまっていないことはわかっているんですが、勝てる気がしてしまいエントリーしてしまいます。
    結果負けます…。
    及川先生のエントリールールを守れていないのはわかっているんですが、守れなくなってしまう心理的要因がわかりません。
    どこからか湧いてくる勝てると言う根拠の無い自信に失望しています。
    誰にも言えず、1人で抱え込まず小言を吐いてしまいました。
    すみません、これからもYouTubeやデイトレ大百科を繰り返し勉強して頑張ります…。

    • ともやん99さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >コツコツ積み上げた利益を無駄なトレードで失ってしまうことが多いです。

      ↑こちら、ちょうどひとつ前にご返信をした
      「よし」さんへのメッセージをそのままお届けしたいです。

      要するに
      「トレードごときにそこまで執着しては人生もったいない!」
      という話だと思うんです。

      トレードはお金を稼ぐ手段であって
      こんなもん、人生の目的になどまぁなりませんでしょ?

      いかに「ライト」に付き合うか・・・

      もちろん「早く大きな資金にしたい!」
      そう願う気持ちは充分すぎるほど理解出来ます。

      しかし結局その気持ちが強いことが弊害になるわけですから
      「今日のオレ、プラス抜け♪」
      「しかも筋トレまで出来ちゃった」
      「オレって充実してるっしょ♪」

      「筋トレ」の部分は他のなんでもOK。
      それこそ「デート」でも良いと思います。

      人生の「メイン」はあくまでトレード以外。
      つまりトレードなど「その程度のモノ」って話でして、
      ご自身の「日々の人生」を彩りあるモノにすることを最優先とし、
      その中で「トレードにてチョイと稼ぐ」
      このくらいの感性で良いのではないでしょうか?

      で、そのほうが結果的に
      利益自体順調に増えていくのだと思うのです。

  • 及川先生
    いつも先生の動画を見て自分もいつの日かそちら側の人間になりたいと夢を見させて頂いております。ありがとうございます。私はデイトレ大百科で勉強をしておりますが、未だに収益化に至ることができません。大変申し訳ございません。まだまだ勉強不足の所がありますので今後も精進していきます。そこで質問なのですが、シリーズが揃った通貨でエントリーをするのが大前提と認識しております。この揃うというのは緑線を境に上下にまとまる事を言うのでしょうか。18日の日本時間で19時のポンド系は自分としては揃ったと認識しましたが、いかがでしょうか。結果、ショートをしましたが途端に大きくポンドが上昇して大きく負けてしまいました。添削をお願い致します。2月18日の日本時間19時のポンドシリーズでポンドが大きく上げる直前でポンドドルをショートしました。また、ドテンとはなんでしょうか?宜しくお願い致します。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >18日の日本時間で19時のポンド系は自分としては揃ったと認識しましたが、いかがでしょうか。

      ↑そうですね、
      というか、2月13日の僕のYouTubeトレード動画と似ているパターンですね。

      ポンド円、ポンドドル、ポンドオージーが
      揃って一気に動いたもの、これは逆張り厳禁です。
      むしろ順張りで乗り直し、19時半、あるいは20時直前まで保有のほうが良いと思います。
      ※全方位参加くらい勢いがあるのでなかなか落ちて来ませんし。

      >ドテンとはなんでしょうか?

      ↑ここではショートポジションを損切りし、
      そのままロングに乗り換えることを指します。

      繰り返しになりますが、
      上記のようなパターンは非常に力強く伸びますので
      そっち側になるべく早く乗り換えてしまうほうが良いことが多いです。

      2月13日の僕の動画と併せ、
      一度復習をなさってみてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画で勉強させてもらっています! ありがとうございます。
    まだちゃんとトータルプラスまではいきませんが、動画のおかげで無駄打ちが減り、勝率が少し増えてきました!

    そこで質問させてください。 自分は基本、日本時間をメインにトレードをしています。  及川先生は、円シリーズでエントリーされる場合、日経平均のサイトを見ながらトレードしていますが、なにかの動画で「日経平均がプラスで2日続いたので3日目も変わらない‥‥。」
    だったか、先生は予測していました!   すみません、はっきり覚えていなくて

    自分は株をやったことがありませんが、日経平均株価というものは何か動きに周期やパターンなどがあるのでしょうか??
    日本時間のFXトレードを優位に進めるために情報を取り入れるとすれば、どういったところを重視して活用したらいいのかもう少し詳しく教えてほしです!  よろしくお願いします。

    • hajimeさま
      コメントありがとうございます。

      >動画のおかげで無駄打ちが減り、勝率が少し増えてきました!

      ↑そういっていただけるのは大変嬉しいです。
      「トータルプラス」達成後に再度メッセージいただけると
      さらに嬉しいですので、ぜひともがんばってください♪

      >及川先生は、円シリーズでエントリーされる場合、日経平均のサイトを見ながらトレード
      >日経平均株価というものは何か動きに周期やパターンなどがあるのでしょうか??

      ↑確かその動画では
      前日の日経が大きく上昇。
      でもって当日も上昇からスタート、みたいな感じだった記憶です。

      前日に大きく上昇をした
      ということは、
      当日は「急上昇からの2日目」となるわけですが、
      この場合、ある程度上昇した時点で
      「そろそろ利食いしておこう」的な動きが出やすく
      おそらく僕は動画でそのへんの話をしていたはずです。

      ここは周期とかパターンというよりは
      シンプルに「人間心理」の部分です。
      なにせ相場が人間がやっているものですから^^

      例えば日経がマイナス圏の日は
      ドル円など円シリーズも弱い傾向になります。

      ただし、直近のYouTube動画でもお話していますが、
      大きなマイナスからスタートした際、
      プラスマイナスチャラまでの距離があり、
      これが逆に「上昇余地」になるとも言えるわけです。

      ですので僕は
      そこに一定の警戒心を持って取り組んだりします。

      「こうなったらこう」という
      法則的なモノではなく、
      「可能性」「余地」の部分から
      事前に『想定』を持って臨む!

      これが相場における重要な考え方だと僕は思っているんです。

      ちょっと分かりにくかったですかね?汗
      もし不足がございましたら
      お手数ですが再度メッセージをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生様
    平本と申します。
    コメントではないので申し訳ないのですがTRIBEに入りまして勉強中です。
    先日プロコンの動作がおかしいのでDr.ヨン様にみていただいたところ使用している
    MT4をを変えなさいと言われBIGBOSSに変更しました。しばらく正常に動いてたのですが、ある日突然画面に正しいメールアドレスをいれなさいとの文字が大きく出るようになりました、Dr.ヨン様とメールを繰り返してヨン様お助けコーナーから依頼するように言われ申し込んだのですが返事がきません。お助けコーナーは原則1回のみとあるので受け付けてくれないのかもと思っています。フェースブックも入れていないので連絡の取りようのない状況です。
    私にとっては高額だったので悩みましたがせっかく入ったので画面を見ながら悩んでいます。
    先生から何とかして頂けないでしょうか。本来このコーナーに書くようなことではないので非常に恐縮ですが有料でも結構ですのでお願いします。

    • 平本さま
      コメントありがとうございます。

      このコメントへのご返信は遅くなってしまいましたが
      運営事務局のスタッフが見つけ、
      早速フォローの手配をしたと報告を受けています。
      すでに解決済だと良いのですが。

      取り急ぎ以上ですが
      なにかありましたらお教えください。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは!
    はじめてコメントさせていただきますasです。
    デイトレ大百科とプロコントローラー改を購入してから
    今まで全然安定しなかった利益がどんどん上がって
    毎日利益が上がっています!
    この2月からリアルで2万円で初めて4万こえました!
    月利100%超えなのですがデイトレ大百科で月利50%って書かれていたので
    かなりのスピード違反なのかな?と思っています。
    及川先生は月利は何%位に抑えているのでしょうか?
    無茶苦茶な利益の出し方なら考え方を変えなければいけないのかな?
    と思いましたのでご回答よろしくお願いします。
    及川先生といつかお話出来るくらいになりたいと思って頑張っています。
    よろしくお願いします。

    • asさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今まで全然安定しなかった利益がどんどん上がって
      毎日利益が上がっています!

      ↑それはなによりです♪
      嬉しいご報告をありがとうございます。

      >月利100%超えなのですがデイトレ大百科で月利50%って書かれていたので
      かなりのスピード違反なのかな?と思っています。
      及川先生は月利は何%位に抑えているのでしょうか?

      ↑「何%に抑える」なぁんて器用なことは僕には出来ないですよ(汗)
      場面場面にベターな選択を心掛け、
      そうして残った成績がたまたま「結果」というだけの話です。

      >無茶苦茶な利益の出し方なら考え方を変えなければいけないのかな?

      ↑一番のチェックポイントは「勝率」と「損切り」ですかね。
      あ、それと『保有時間』です。

      勝率については、一般的に高ければ優秀と言われがちですが、
      問題なのはその中身です。

      逆食らってもとにかくナンピンで耐えまくり、
      とりあえず最終的には戻って利食い・・・
      こういう形での高勝率だった場合、
      先々一度の負けで資金を全損する可能性が高く、
      そうだった場合、途中どれほど順調でもいずれは破綻するはずです。

      僕が事あるごとに言っている
      「トレードは勝ったり負けたりしながら資金を増やすゲーム」
      ここが出来ているかどうか?が最重要チェックポイントかと推察いたします。

      そこで登場するのが「保有時間」。

      例えばエントリー以降、
      特に大きなピンチにならぬまま利食った保有時間を軸に
      本来なら損切り時の保有時間も同等でありたいところです。

      そんな中、
      ナンピン対応でやたら長時間保有しての
      「結果的にプラス逃げ」が散見されるようなら
      それは明らかに危険です。

      詳しい内容が分かりませんので
      とりあえず今日言えるのはこんなところですね。

      >及川先生といつかお話出来るくらいになりたいと思って頑張っています。

      ↑光栄です♪
      今後も各種機会はあるはずですので
      こちらこそよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    おはようございます。再度の投稿、お許しください。ここ直近ですが何かトレード手法について方向性を見失ってしまいさっぱり勝てない状況が続いております。これはトレード時も同様でシリーズ系が揃う状態を見極めても、さて、これからどっちに行くのだろう??と全く先がわかりません。シリーズ系が揃うとテクニカル分析が参加者が多いので効きやすい状態である事は理解しておりますが、その先は同じポンド系でも方向性は定まらないと思います。この場合の通貨ペアの選定と方向性の判断が上手く出来ないのが敗因だと認識しております。例えば19日のMT4時間で12時10分にポンドテクニカルが発生したのだと思いますが(合ってますでしょうか?)そこでポン円をショートで入りました。他のポンオジとポンドルも15MAを下抜けしているので、大きく下がると思いました。しかしポジションを持ったポン円は1MAで反発して結局は反対に上昇したので大きく損切りました。結果論ですが、ポン円は1MAで8ピプスで決済が妥当だったのだと考えておりますが、合っておりますでしょうか。また、先生であればどの通貨で入りますでしょうか?それとも入らず見送りますか?なんとも、シリーズ揃いは見つける事が出来るようになったのですが、その先の通貨ペアの選定と、エントリーの方向性の判断が合っているのか?間違えているのか?が分からないです。その為、手法も定まらず何をどうすれば良いか路頭に迷っているため負け続きなのだと思います。現在は基本に戻ろうとデイトレ大百科のPDF版を併用して勉強しておりますが、やはりシリーズ揃う時はチャンスである事は今後も生かすべきという認識を持ちながら復習中です。どうぞ宜しくお願い致します。知れば知るほど負けるパターンとはFXは厳しいですが、楽しく相場に向き合いたいと思いますが、まだ時間がかかるようです。

    • あんちゃん様
      コメントありがとうございます。

      >例えば19日のMT4時間で12時10分にポンドテクニカルが発生したのだと思いますが(合ってますでしょうか?)そこでポン円をショートで入りました。

      ↑むむ??
      僕が違うところ観ているのかと思うくらい、
      ここはちょっと不思議なトレードですね。

      ポンドドルかポンドオージーのショート、
      あるいは念のためポンド円も含めた3種類、
      というなら分かるのですが
      「ポンド円のみ」だと正直理解に苦しみます。

      この時点でドル円はキレイな上向き状態なので
      ポンドを売るにしても優先順位はポンドドルが一番ではないかなと。

      「揃って動いているモノ」を見つけ、
      さらにそれがポンドであればボラも出やすいので
      ここまでは良いと思います。

      その先、どのポンドを売るか?については
      1.ドル円の向き
      2.オージー円&オージードルの向き

      これらをチェックして選定するようになさると
      精度はあがりますし、
      そもそも利食いがしやすくなるはずです。

      ちょっと厳しめに聞こえてしまうかも知れませんが、

      「揃って動いているモノ」を見つけ、
      さらにそれがポンドであればボラも出やすい

      ↑この部分は良い心掛けですので
      引き続き注視なさって欲しいとも思っています。

      取り急ぎ以上です!
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    はじめてコメントさせて頂きます。3ヶ月程前からデイトレ大百科と動画で勉強させて頂いております。

    FX歴は2年半、1年目は基本的なことを勉強し自分なりの手法を模索しました。2年目はオーバーシュートの逆張りでスキャルピングする手法を自分なりに研究と検証を繰り返してきましたが、結果的に、勝率は高いものの利幅は薄く、たまに大負けで利益を失うようなスタイルを打開することが出来ずストレスの多いトレードを続けて参りました。
    そんな中、逆張りではなく順張りメインの手法の方がいいのではないかと考えるようになり、色々参考にしている時に「天才チャート」に出会いました。
    基本パターン(上位足の方向での押し目買い、戻り売り)程度しか実行できていませんが、以前の逆張りスタイルに比べストレスが劇的に改善されたように思います。
    一方で(ここからが質問なんですが)、基本パターンの出現を待つ間にも、様々なエントリーパターンがあると思います。ただし、自分的には基本パターンしか理解出来ていないので、基本パターン厳守と心に決めてはいるものの、長く待っていると、ついつい別のパターンでエントリーしてしまうことがあります。特に、MAから大きく乖離した時に逆張りを狙ってしまうパターンで、頭の中では今のエントリーパターンではないと理解しながら、体が反応してしまうんです。恐らく、今まで逆張りを狙ってばかりいましたから、それが癖のようになっているのではないかと思います。
    どんなトレードパターンでも勝てればOKという考え方はしておらず、ルール通りにトレードすることを目指しておりますのでこの癖のようなトレードをしてしまう度に、勝っても負けても自己嫌悪に陥ってしまいます。
    一般的に、今までとやり方を変えた時、新しいやり方に馴染むまで時間を要するものだとは思いますが、FX的に考えた時はどうなんでしょう?やはり馴染むまで練習をするしかないのか?それとも、もっと柔軟な発想があるのか?先生の考えをお聞かせいただければ幸いです。

    動画の内容と直接関係ない話で申し訳ございません。

    • Doldollar様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >FX歴は2年半
      >2年目はオーバーシュートの逆張りでスキャルピングする手法を自分なりに研究と検証
      >勝率は高いものの利幅は薄く、たまに大負けで利益を失う

      ↑なるほどですね。
      逆張りから実践するほうが近道っぽい気がするのは
      僕も過去の経験から理解できる気がします。

      >逆張りではなく順張りメインの手法の方がいいのではないかと考えるようになり
      >以前の逆張りスタイルに比べストレスが劇的に改善されたように思います。

      ↑世間でよく言われる
      「昇りのエスカレーターを下ろうとするのではなく昇ろう」
      ってやつですよね^^

      >特に、MAから大きく乖離した時に逆張りを狙ってしまうパターンで、頭の中では今のエントリーパターンではないと理解しながら、体が反応してしまうんです。

      ↑ここに対しお悩み・・・
      ということであれば、
      僕からのアドバイスというか提案は以下となります。

      「ならば逆張りの技法もいくつか鉄板を作ってしまおう!」
      これです。

      順張りの利食い場がすなわち逆張りOKの場でないことは
      ご理解済かと思います。

      ただし、考えようによっては
      特に水平線などを軸にした際、
      損切り幅が少なく済む、という組み立てが出来るのが
      ある意味逆張りの良さでもありますよね。

      ただし!その際は
      1.時間帯
      2.相手が充分ヘタって来たと言える状況
      3.通貨シリーズ的に「一番最後に到達」したモノをやる

      などなどのフィルターを用意しておくことかなと。

      要するに
      「ここまで来たら、まぁやってやっても良い」
      そういう戦術的待ちの姿勢です。

      そのための大きな条件として
      実際に僕がやっているのは

      1.順張りで利食い終えたらチャートを離れる
      2.各市場の「午後」くらいの時間にナニゲなくチャートを観た際
      「おっと、こんなに伸びたんだ」
      「さすがにこの先はシンドいでしょ」

      たまたまこんな状況だった際に
      なんらかの軸を決めてやる、みたいな感じが多いんですよ。

      コツとしては
      「生きてる(伸びてる)最中のトレンドを追いかけて逆張り場を探してはダメ!」です。
      なぜなら、それをやると
      どうしても仕掛けが早くなるからです。

      あくまで基本は順張り。
      でもって、利食ったらチャートを離れ
      あとになって
      「どれどれ、どんだけ伸びたのかだけ確認してみよう」
      これを趣味レベルでやるわけです(笑)

      繰り返しになりますが
      ポイントは「出来なくて普通」
      「やってやっても良いくらいの位置からやる」です。

      バカバカしいご回答のように聞こえてしまうかも知れませんが
      これでかなり精度は高まると思いますよ。
      (回数は減るでしょうが)

      相場に極度に執着しない!
      ってのも同時に申し上げたいところです。

      人間そんなに集中力は持ちませんし、
      ある意味テキトーに観ない時間を設けるほうで
      「ここぞ!」の集中力を出せる状況を確保することも
      重要ではないでしょうかね。

      取り急ぎ僕からは以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    こんにちは。(前回のブログに投稿してしまいましたので再投稿になります)
    「師匠できました」とはまだご報告できませんが、
    少し自制できるようになって、お陰さまで上達したました。
    今日は質問があるのですが、、、、
    本日(2/20日)USD/JPYのチャート(円高が気になって)を監視していたのですが
    レンジ相場だったのが
    11時50分に1時間MAを上抜けしてて動きが出始めたのですが、
    その後の値動きが機械のように感じました。
    決まった位置に落とし込んでくるような動きです。(語彙力がなくてすみません)
    経験が足りないから↑のように感じるのかもしれませんが、、、
    このような場合はトレードを控えた方がよいのでしょうか??
    お忙しい中くだらない質問で申し訳ありません。
    よろしくお願い致します
    それかチャンスととらえて勉強した方がよいのでしょうか?

    • よう様
      いつもコメントありがとうございます。

      >レンジ相場だったのが
      11時50分に1時間MAを上抜けしてて動きが出始めたのですが、
      その後の値動きが機械のように感じました。

      ↑こちらの時間、
      日経のランチタイムですよね。

      一般的にランチタイムは出来高が少なく、
      ゆえに誰かが仕掛けた際、一気に動くこともあるわけですが
      けど「その後」に追随する人は少ないはずです。
      なぜならみんな昼休みだから・・・

      こういう「人間」の行動から
      「時間帯」を意識するのも良いと思いますよ。

      どっちに伸びるにしても、
      そこに「参加者」がいなければその後は続きません。

      1.参加者が少ないから一気に伸びることもある
      2.けど、そういう状況で「大きな相場」にはなかなかならない
      3.なぜならその後を「やる人」がそこにいないから

      僕が各市場の「午前中」
      しかもなるべく早い時間帯をやりたがるのは
      上記の真逆の意味からなわけです。

      なんとなく伝わりましたでしょうか?

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生

    デイトレ大百科にてお勉強させて頂いてる者です。

    技術的な質問で大変恐縮ですが、

    2/20のポンドルチャート、
    日本時間で17時55分の足にて、
    それまで下げていた価格が一気にMAまで戻しましたが、反発せず15分(黄緑)MAを抜いてそのまま上に行きました。

    ここでショート”しない”理由は
    ・18時ジャスト手前の足につき警戒

    になりますでしょうか、、?

    明らかなショート場かと思っていましたが、
    戻してからそのまま抜け切る、
    抜け切らないの判断が難しく、

    申し訳ございませんが、
    御教示頂けますと幸いです。

    • 京風ポカリ様
      コメントありがとうございます。

      >ここでショート”しない”理由は
      ・18時ジャスト手前の足につき警戒
      になりますでしょうか、、?

      ↑「しない理由」を述べるとしたら
      まさにその通りです。

      僕は常に「新30分」「新1時間」からの
      『あらたな動き』に注視、あるいは警戒しますので
      18時直後の動きを観てからにしたいところですね。

      逆に言いますと、
      ●時ジャストからの動きなどに
      上手く乗れないか?を観ているとも言えます。

      取り急ぎご回答は以上です。
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 先生こんにちは。
    私は現在45の会社員です。
    二年程前からFXを遅過ぎながらも始めましたが勿論トータル収支はマイナスです。
    一年ほど前にYouTubeで先生を拝見し、勉強させていただいてます。
    それからは先生動画を観まくりです!いつも先生が仰る通貨の相関性や今だけを狙う!後は知った事ぢゃないなど凄く納得できる様になりFXの見方が変わりました!
    それまではあれこれと手法、インジなどを試し 勝てれば使い負ければまた違う事を試しと定番の初心者あるあるを繰り返してました。(現在も初心者ですが)笑
    しかし先生の動画を拝見させてもらってから勝てても負けても考えをずらさずに学ばせてもらってます。
    先生は凄く納得できる理にかなった説明をされていると常に尊敬してます。
    最近では、オージーで動いているなとか。ポンド弱いなとか。素人目線ですが見ながら考えるようになりました。
    感謝です。
    ただ私は夜の勤務でして。
    ロンドンとニューヨークのオープンは仕事なので東京オープンしかリアルにチャートに向かえません。
    後は深夜2時や、3時、いずれも流動の小さい時間帯に限定されてしまいます。
    この場合ですが、先生ならどういったやり方をされるでしょうか?

    お忙しい日々とは存じますがお手隙の際にでもアドバイス頂ければ嬉しいです!

    いつも有料級の動画配信ありがとうございます。
    失礼します。

    • ぴょん吉さま
      コメントありがとうございます。

      >いつも先生が仰る通貨の相関性や今だけを狙う!後は知った事ぢゃないなど凄く納得できる様になりFXの見方が変わりました!
      >先生は凄く納得できる理にかなった説明をされていると常に尊敬してます。

      ↑光栄です^^
      ありがとうございますm(_ _)m

      >東京オープンしかリアルにチャートに向かえません。
      >後は深夜2時や、3時、いずれも流動の小さい時間帯に限定されてしまいます。

      ↑東京時間、日経オープンからやれるなら
      それで全然よろしいかと思いますよ。

      動きが少々ゆっくりだったり、
      ボラも欧州時間などと比べると少なめだったりしますが、
      けど、オージーテクニカルなどが発生した場合は
      素直に伸びやすく、しかも大きなPIPSも狙えます。

      また、オージー系か円シリーズ(ドル円、ユーロ円、ポンド円)
      いずれかの「シンクロ性」を見極めるだけのため
      こう言ってはナンですがかなり「楽」でもあります。

      ある意味、一番攻略しやすいとも思いますので
      ぜひとも東京時間を極めていただきたいと思います。

      なお、深夜2時3時は捨ててしまうほうが良いかなと。
      その分の体力も東京時間に費やすほうが良いと僕は強く思いますね。

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、こんにちは。
    TRIBEに加入させて頂き、意気揚々とFXをし始めたのですが、
    勉強不足がたたって、入金した50万円を全損してしまいました。
    お金もないので、今は本当にFXの勉強に精進していこうと思っています・・・。

    さて、2020年2月21日の東京時間のエントリーについて、お手数をおかけしますが教えていただきたいと思います。
    8時50分の時点で私は以下のように予想しました。
    ①USBJPYとEURJPYは4時間MAに阻まれているし、特にEURJPYは上げの調子でも直近高値(2月20日20時頃)にはいくのは難しいだろうから下がるかな。
    ②オージーテクニカルは揃っていそうだ。
    AUDJPYは上位足が上に厚くあり、そこを抜けるのは難しそうだから、多分下がる。
    GAPAUDは上向きの上位足がすぐ下(といっても20PIPSはあるけど)し、
    ERPAUDは8時50分の時点では4時間足を上抜けしたところで、上位足も上向きだから多分上がるかな。

    しかし結果、9時30分の時点で全て私の予想とは逆向きに値動きしました(涙)

    振り返ってみて改めて考えたところ、
    ①日経平均株価が高かったので、JPYが上がり、私の予想が外れた。
    ②9時前に予想したのが悪い。9時になって動きが出てから動くべきだった。
    ③そもそも私のFXに対する理解度が致命的に誤っている。
    なのだと思いますが、確信が持てません。
    及川先生はどのように見立てられますか?ちなみに理由が③の場合、私はどうすればよいでしょうか・・・。

    長文および厄介な質問で申し訳ありませんが、どうかご回答いただければ嬉しいです。

    • しばま様
      コメントありがとうございます。

      現在進行形の東京時間なので
      早速確認してみました。

      ドル円に関しては
      日経との連動が効きまくっている感じですね。
      (オージーもですが)

      考え方自体は全然悪いとは思いません。
      今回については、

      >②9時前に予想したのが悪い。9時になって動きが出てから動くべきだった。

      ↑一番はここではないでしょうかね。
      特に「あらたな時間帯のスタート時」は
      それこそ、そこまでの経緯などおかまいなしで動くことも普通にあります。

      仮に9時前に「見立て」をしておく場合であれば
      そこに「日経の動き」を加味し、
      日経の強弱に対し「こうなったらこうかも?」的な想定を
      強弱それぞれに対ししておくと良いと思います。

  • すみませんが、追記で質問です。
    11時頃になると、私の8時50分頃にたてた予想と同じような動きになりました。
    つまり①私の予想は大きく間違ってないが、エントリーが早かった。
    ②私の予想とは関係なく、ただのトレードの動き。
    のどちらなのでしょうか?
    さらにややこしい質問ですみません。お返事待っています。

    • しばま様
      それでは引き続き・・・

      こちらにつきましては

      >②私の予想とは関係なく、ただのトレードの動き。

      ↑正直僕の感想はこっちです。

      揚げ足を取るように聞こえたら恐縮ですが
      そもそも「予想」って言葉が僕からすると微妙です。

      もちろん僕も一定の「想定」はしますが、
      それは複数の選択肢にまたがるものです。

      「予想」となると
      イメージ的には「固執」に繋がる気がしまして、
      それが外れた時点で終了、というか
      その後の柔軟な対応が出来なくなるのでは?
      このように思ってしまいます。

      もっとも僕自身、
      昨夜のYouTube動画(NY時間)では
      固執してしまい苦戦しましたが、
      僕らに必要なのはやはり「対応」だと思うんですよね。

      ただし、デイトレのチャンス場面は
      時に一瞬ですので、
      行くときは行かないと乗れませんが、
      けどその際、
      「逆食った時のこと」
      「見立てと違う動きになり得ること」
      ここを事前に想定しておくことが大切だと思うのです。

      アドバイス?というと生意気ですが、
      なんらかの予測を立てるのであれば
      上下どっちの可能性もある、という視点で
      仮説を立てつつイメージしておくのはどうでしょう?

      取り急ぎご回答は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    こんにちわ。いつも、こんな出来損ないにご丁寧にご教授頂きましてありがとうございます。早速の質問失礼致します。各シリーズの揃いが発生した際の方向性の読み方や通貨ペアの選定に関してが収益化への重要な課題である事を認識しております。そこで、その揃いが発生した際の方向性のみに焦点をあてますと、各MAラインが向いている方向に値動きするという考え方で宜しいでしょうか。どうしても、その瞬間で相関、非相関の通貨ペアを見て入るべき最適の通貨ペアを選定する自信がなく困っております。しかし、いつの日か慣れるだろうという思いで考える事は続けております。そこで、この技術を習得する良い勉強方法がありましたら、ご教授頂きたくお願い申し上げます。

    • あんちゃん様
      いつもコメントありがとうございます。

      >その揃いが発生した際の方向性のみに焦点をあてますと、各MAラインが向いている方向に値動きするという考え方で宜しいでしょうか。

      ↑僕のYouTube動画でこういうシーンって
      過去にもたくさんあると思うのですが、
      まず僕が観るのは

      1.例えば新1時間移行時のポンド一斉陽線
      2.ポンドドルは邪魔なMAがもうない
      3.けどポンド円は逆行上位足MAがある
      4.オージーはチャートがシンクロしていない

      こういう場面で少々乗り遅れでも
      「ポンドルのロング」を僕は選択します。
      あ、ユロポンももちろん見ますが。

      それと、上記事例において
      例えばポンド円の伸びた先に
      4時間足、1時間足などのMAが
      岩盤のようにあった際、
      そこを抜け切れないことを想定し、
      自分が保有した「ポンドドルロング」を
      ポンド円の上位足到達時に決済、などもしているはずです。

      なぜなら曲がりなりにもテクニカルチャートでして、
      ポンド円が上げ止まる際、ドル円の強弱にもよりますが
      ポンドドルもいったん失速するかも?と想定するからです。

      >この技術を習得する良い勉強方法がありましたら

      ↑勉強方法と言われると、なかなか難しいところですが、
      上記事例のような場面と遭遇した際、
      なんならエントリーをせぬまま
      事の成り行きを仮説を立てながら見守る・・・
      なんてのはアリかなぁと思いました。

      文面でお伝えするのは難しいですよね(汗)

      それでいて複数の通貨ペアがまたがる話なので
      テキストベース(PDFなど)でお伝えするのも難しい・・・

      そんなこんなで「動画」は現時点で一番良いのですが、
      あくまで進行中のチャートでないとダメでもあり、
      相場が生き物である以上、
      事前にテーマを決めてやれないところが悩ましいですね。

      取り急ぎご回答は以上ですが
      追加質問などございましたら
      どうぞご遠慮なく!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さんいつも動画ありがとうございます!
    2月20日の動画、たまたま夜中に見つけたので最速で見ました。笑

    自分も今月、勝率がよくなくて…
    でも及川先生のおっしゃってるようになるべく日ベースでプラスになるように心がけてます。
    及川さんは乱打戦が多くなると収支金額は多くなると言われてましたが、
    自分はメンタルが弱すぎて、マイナス取り返しトレードでは
    トータルプラ転した瞬間に「まだあそこまでいくだろうなぁ」と思いつつも
    とりあえず全部きっちゃうので収支は伸びないです…
    しかもそんな日はもうトレードしないことにしてます。

    前は、「次のトレードで1日分のプロフィット稼ぐぞ!」と意気込んでいたのですが、
    そのトレードでマイナスくらうといよいよ乱射がはじまっちゃうんですよね笑笑
    なのでちょいプラスにできたら「マイナスからプラ転した!さすが自分!」
    って言ってパソコン閉じます笑

    SNSで見かけるトレードが上手い人と自分を比べるのはよくないですね!
    自分にとっての敵は昨日の自分です!
    最近それがよくわかってきて、プラスが少なくても収支がマイナスになってない自分にとても喜んでいます!
    コツコツ利益を積み重ねることと、
    その利益を守るためのメンタル管理。
    全部、及川さんから学びました!
    あとはひたすらこのコツコツを続けていきたいと思います。

    今日のコメントは及川さんへの感謝のコメントです!笑笑
    これからもよろしくお願いします!

    • 和歌山のMさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >自分も今月、勝率がよくなくて…
      >トータルプラ転した瞬間に「まだあそこまでいくだろうなぁ」と思いつつも
      とりあえず全部きっちゃうので収支は伸びないです…
      しかもそんな日はもうトレードしないことにしてます。

      ↑こちら、地味な話のようですが
      とても良いと本音でそう思いますよ。

      >前は、「次のトレードで1日分のプロフィット稼ぐぞ!」と意気込んでいたのですが、
      そのトレードでマイナスくらうといよいよ乱射がはじまっちゃうんですよね笑笑

      ↑そうそう、これを言いたかったんです(笑)
      なにせ書きながら読んでるもんで^^;;

      >なのでちょいプラスにできたら「マイナスからプラ転した!さすが自分!」
      って言ってパソコン閉じます笑

      ↑はい、絶対にそれで良いはずです。
      出だしから調子の良い日にはちゃんと利益残せますので。

      >SNSで見かけるトレードが上手い人と自分を比べるのはよくないですね!
      自分にとっての敵は昨日の自分です!

      ↑僕はそもそもSNSが苦手で、
      Facebookは立場上仕方なくやっていますが
      この活動が満了した場合は、間違いなく二度とやらないでしょうね(笑)

      なんで世間の人は
      そんなに他人様の情報が気になったり、
      自分のことを発信したがるのでしょう(汗)

      ま、僕も「出たがり」なので
      「発信」のほうはある程度理解できるのですが、
      他人様の話とか、まるで興味ないんです。

      「敵は自分自身」は僕も完全同意でして、
      他人様を「敵」みたいにしちゃうから、
      ヘンテコな炎上とかが頻発するのではないでしょうかね。
      実に不毛だと思います。

      >コツコツ利益を積み重ねることと、
      その利益を守るためのメンタル管理。
      全部、及川さんから学びました!

      ↑恐縮です^^
      ただし、仮にきっかけが僕だとしても
      「継続」はご自身次第ですので
      そこで得られた『大きな成果』も間違いなくご自身の創意工夫の賜物となります。

      ぜひとも自信を持って
      引き続きがんばっていただきたいと願っています♪

      ではでは、
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠、初めまして(デイトレ大百科では既にお世話になっています)。
    初めてコメントさせて頂きます。
    本日21日の欧州時間でのトレード、ポン円のSで初動を捉えることが出来て、「これは爆益貰った!」と思いながら各通貨ペアの強弱も確認しながらPC画面を見ていました。勿論、僕が捉えたのは初動でしたので一度戻されることは頭では理解していました。ところがどっこい、いざ利益が出ている数字にマイナスがついてしまった途端、僕の頭と心は不安と焦りでいっぱいになってしまい、結局その含み損に耐えきれず薄利で逃げてしましました。含み益の時間はたった10分、15分程度です。その後、当然の様に伸びていき逸失pipsが60pipsくらいでした。頭ではわかっているのに実際に行動できなかった事が心残りで仕方がありませんが、「待つこと」の大切さを身をもって感じる事が出来たので良い経験になったと思います。

    これからも及川師匠の下で多くを学ばせて頂きます。これからもどうぞよろしくお願いします。

    p.s メンタルの強化も大きな課題だな、と感じました。30歳までに1億円稼ぐのが目標です!

    • 才夏さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      ポンド円のショートの件、
      すべて拝見いたしました。

      なるほど、終わったチャートからですと
      憎らしいくらい「超イージー」に見えるものですが、
      リアルタイム進行の現場では必ずしもそう見えない、
      あるいは感じることが出来ないってのがデイトレですよね。

      >メンタルの強化も大きな課題だな、と感じました。

      ↑喫緊では「メンタル」かも知れませんが、
      経験を積むにつれ、今回のような場面については
      さすがに慣れてくるのではないかと想像します。

      ちなみに、、、

      >結局その含み損に耐えきれず薄利で逃げてしましました。

      ↑実は僕もこのパターン結構ありますけどね(汗)
      それを克服する意味で
      「打診からの戻りを追加」をある程度ルーティーンにしちゃっているんです。

      なんていうか、
      「こういうモノだから!」って感じでです。

      これをすることで
      「含み損を経過後に利益乗るのが普通」
      みたいな感じでメンタル管理をしているのかなと
      あらためて考えるとそんな感じなのかも知れません。

      >30歳までに1億円稼ぐのが目標です!

      ↑てか、今おいくつで??
      随分とお若いんですね。
      羨ましい限りです^^;;

      もちろん目標については応援いたしますが、
      どうか「青春」も大切になさって欲しいと思います♪

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    はじめてコメントさせて頂きます。

    現在トレードの勉強に真剣に取り組んで1年半になります。
    以前は大負けを繰り返していましたが、現在は以前のような大負けは無いものの
    勝ち切れていない日々が続いており悩んでおります。

    負ける原因の多くが、小さなレンジにつかまり上下に振らされている間に
    連敗してしまうことです。

    下げると思いショートしたものの少し上げたので損切
    しかし、再度下がってきたので再度ショート
    しかし再度上げなおすといった具合です。
    スプレットを含めると簡単に-8PIPSほど負けてしまいます。
    +10、+10、-8、-8、-8
    といった具合です。

    その後、あきらめて見てない間に思った通り下がっているようなことが度々発生します。
    原因の一つとして、飛びつきでエントリーしてしまっているのだとは思いますが、
    こういった場合の対処方法などはありますでしょうか?

    是非ご教授いただけると嬉しく思います。

    • 井上さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >+10、+10、-8、-8、-8
      といった具合です。

      ↑うーむ、ちょっと情報が少ないですが、
      世間的に割と多いパターンは
      トレードをする時間帯ですね。

      僕は東京も欧州も、それこそNYも
      なるべく現地時間の「午前中」を狙います。

      理由は株式市場オープンに伴い、
      相場参加者が増える時間帯だからです。

      テクニカルは確率論、というのが僕の持論なのですが
      その場合、分母が大きいほうがテクニカルも効きやすい、
      そのように思っているわけです。

      逆にそれ以外の時間になればなるほど
      レンジになる、、、というか
      要するに「トレンドが出にくい」という話かなと。

      あるいは時間帯は意識されている中、
      別の要因かも知れませんが
      今回の内容ではなんとも分かりかねますので
      なんなら再度コメントをお寄せください。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • お世話になります!
    先日、自分のトレード時間について質問した者です。
    早速の御回答、素晴らしいアドバイスありがとうございました。
    私は初のコメント投稿だったのですが、直ぐにお返事いただき感謝です。
    本当に先生の動画内の解説や言葉、話し方、そしてこうして御回答もしてくださるところ。
    そして次元の違うfxの腕。
    素晴らしく思います。

    ありがとうございます。
    頑張って東京時間極めに向かいます(*^_^*)

    まだまだfx素人ですが、先生の動画に出会わせていただいてからは先生に痺れております。笑
    男が男をカッコいいと思う。
    それにつきます。

    いつかセミナーなどで、お会い出来る日を願い頑張ります。
    本当に良きアドバイスありがとうございました!

    • ぴょん吉さま
      コメントありがとうございます。

      >本当に先生の動画内の解説や言葉、話し方、そしてこうして御回答もしてくださるところ。
      そして次元の違うfxの腕。
      素晴らしく思います。

      ↑これはまた、随分な高評価ですね^^
      光栄です、ありがとうございますm(_ _)m

      >男が男をカッコいいと思う。
      それにつきます。

      ↑なんと!そこまで言ってもらえると
      逆にどうしてよいか戸惑いますね。
      僕、アマノジャクなんで(汗)

      >いつかセミナーなどで、お会い出来る日を願い頑張ります。

      ↑そうですね♪
      今後も直接お会い出来る機会はチョイチョイあると思います。
      その際はぜひ!

      では
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めてコメントさせて頂きます。TRIBEに参加している超初心者のものです。
    ブログの「バブル崩壊」の前に...のタイトルを見て、その前に俺は家庭崩壊したな~と思いながら読んでいました(自虐ネタですいません 笑)
    しかしこれを機に「挑戦」出来る環境になったので第二の人生...ではないですがポジティブに考えています。(笑)

    余談が長くなりましたが、及川師匠に聞いてもらいたくてコメントしました。

    結論から言いますと、一流を「真似る」って進歩するにあたって大事なんだなと実感する事がありました。
    TRIBEを受講し基礎的な事やルール、FBでの講師陣や先輩方からの教えなど超初心者の私には吸収するものばかりで為になる事だらけでした。
    昨年末から実践トレードを始めTRIBE開始前までに7万円の資金が8千円まで減り、受講開始後は勝率は上がったものの利益を重ねるまでには届かず、5千円まで減ってしまい正直焦っている自分がいました。

    先週の2月12日、欧州時間のGBPUSDを保有していてチャートを眺めているときに「師匠はこうやってチャート見てるよな~」と各通貨ペアを見るのにカチャカチャと何回も切り替えて見ていると何も抵抗線の無いGBPUSDが反発してる・・・
    「・・・・・・・ん?・・・ん?・・ん‼えっ!こう言う事か‼」
    GBPJPYのレジサポラインでGBPJPYが反発してるのと同時にGBPUSDが反発。
    相関、逆相関関係をなんとなく理解していたつもりが、その関係性をどの様に活かすか理解出来た瞬間でした。

    エントリーポイント、利食い、損切り・・・全てにおいて活用でき、その日から劇的にトレードスタイルが変わりました。
    2月12日から2月21日までの土日を除いた8日間で3000円の利益(0.01~0.05でエントリー)がでました。

    ホント及川師匠の動画を見ていて良かったです。真似て良かったです。
    まだまだ小さな一歩ですが光が見えてきたように感じます。

    一方通行な話で申し訳ありませんでした(笑)
    とにかく感謝を伝えたくてコメントさせて頂きました。

    超多忙だと思いますが、お体ご自愛下さい。

    • takashi gito様
      初コメントとのことでありがとうございます。
      それとTRIBEへのご参加に対しましても
      あらためて御礼申し上げます。

      >その前に俺は家庭崩壊したな~と思いながら読んでいました(自虐ネタですいません 笑)

      ↑これは・・・
      さすがに安易にはツッコめませんね(汗)

      >GBPJPYのレジサポラインでGBPJPYが反発してるのと同時にGBPUSDが反発。
      相関、逆相関関係をなんとなく理解していたつもりが、その関係性をどの様に活かすか理解出来た瞬間でした。

      ↑おぉ!こりゃどうやら完全に
      「見つかっちゃった」みたいですね(笑)
      ここ、お伝えするの、とても苦労しているところなんですよ^^;;

      >エントリーポイント、利食い、損切り・・・全てにおいて活用でき、その日から劇的にトレードスタイルが変わりました。
      >2月12日から2月21日までの土日を除いた8日間で3000円の利益(0.01~0.05でエントリー)

      ↑かなり「開眼」に近いと想像します。
      ぜひとも引き続き「地固め」をがんばってください。

      >ホント及川師匠の動画を見ていて良かったです。真似て良かったです。
      まだまだ小さな一歩ですが光が見えてきたように感じます。

      ↑少しでもお役に立てているなら光栄です。

      ただし、いつも言っていることですが、
      実際に「自制を継続」するのはご自身の意思や行動にかかっています。
      で、それが出来た時に大きな利益を得ることになると思いますが、
      つまりそれ「継続出来た自分のおかげ」なわけです。

      その際はぜひともご自分を褒めてあげてください。

      ではどこかのタイミングで
      さらなる嬉しいご報告が届くことを願っています♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。TRIBE参加させて頂いてます。
    もちろん名前は元受講生さんのパクリです(笑)
    先月は初回セミナーということで大阪から参加させていただきました!
    生で先生が見れてよかったです!(真顔)
    2月20日のドル円がすごく強くYouTubeで先生はNYでポンドルショートしていました(多分NY時間はユロポンでポンドが弱い側)が自分は欧州で円シリーズロングしました。
    ここで質問なんですがこの日みたいにドル円がすごく強い日欧州時間でユロポンの強弱がもうひとつはっきりしない場合円シリーズロングかドルストレートショートどちらの方が有利にたてるのか見極め方あったら教えていただきたいです。この日は先生に教えていただいてる生徒さんもこの二択で悩んだ方は多いと思います。

    30年全く勉強してこなかったんで日本語おかしいかもしれませんがお返事いただけると幸いです。

    • 兵庫のTさま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >先月は初回セミナーということで大阪から参加させていただきました!
      生で先生が見れてよかったです!(真顔)

      ↑あらためまして、
      遠方からのご参加に感謝いたしますm(_ _)m

      >この日みたいにドル円がすごく強い日欧州時間でユロポンの強弱がもうひとつはっきりしない場合円シリーズロングかドルストレートショートどちらの方が有利にたてるのか見極め方あったら教えていただきたいです。

      ↑少々前段でお話をしますと、
      僕は元々「東京時間~欧州時間前半」をメインでやっていまして、
      そのため「円シリーズ目線」が強い傾向がありました。

      そんな中、当然「米ドル主導」で動くこともあり
      「もっとフラットに観て行かないとアカン!」ということで
      意識的にポンドドルなども取引する機会を増やした経緯があるんです。

      けど、やってみて思うのは
      欧州時間においてはドル相関より、
      「ポンド自体」「ユーロ自体」のシリーズで見た方が
      シンプルに分かりやすいかな?と。

      考えると当然の話で
      なんたって欧州の主役は本来ポンドやユーロだからです(苦笑)

      実際の動きはその日によって異なるものの
      欧州時間はドル円の監視比重を少し落とし、
      ポンドドル&ポンド円などのシンクロ性から
      「ポンド自体の強弱」を判断するほうが良いかなと思いますね。
      (当然ユーロも同様です)

      ちなみに、ここのところのドル円は
      もはや為替相場の主役みたいな状況です。

      現在のようなボラがある間は
      ドル円単体でやれると思いますので
      であるならば、ポンド円やユーロ円は触らず、
      ドル円のみでやっちゃうほうがシンプルな気がします。
      ※いずれ落ち着くと思いますが。

      ご質問に戻りますと、
      欧州時間の序盤戦は円シリーズでシンクロすることが
      比較的多いイメージで僕はいます。

      というか、欧州時間序盤は
      ポンドルもユーロドルも一気にボラが伸びませんし。

      これらを勘案しつつ、
      されど「決めつけ」もせず、
      取り組んでいけたら良いように思いますね。

      取り急ぎご回答は以上です^^
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • ご返信ありがとうございます。

    もう1つ質問があるのですが、私は5分足を使ったデイトレで日の収支を10PIPS以上はプラスに残すことに強くこだわっています。

    欧州と米国時間ですんなり1発で勝てる日も多く、その日は終了としているのですが、どうしても負けから始まった時に、日の収支をプラ転させる事に苦戦します。

    及川様のように負け後のポジション数を増したり、ナンピンすれば戻せるとは思いますが、もしそのトレードで負けが出てしまうと損失が更に拡大してコツコツドカンになる為、私のメンタルでは難しいと考えています。

    このような状況下の中で、負けや連敗からスタートした収支を1日終了時にプラ転させるために大事にしている考え方やコツ、戦術や組み立て等あればご教授願います。

    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

    • FX1年さま
      コメントありがとうございます。

      >欧州と米国時間ですんなり1発で勝てる日も多く、その日は終了としているのですが、どうしても負けから始まった時に、日の収支をプラ転させる事に苦戦します。
      >負けや連敗からスタートした収支を1日終了時にプラ転させるために大事にしている考え方やコツ、戦術や組み立て等あればご教授願います。

      ↑僕のようにロットの圧を一気に上げるのは難しい・・・
      ここは充分理解出来るつもりです。

      ただし、実際の相場は
      時間内の中「どこかで明確に動くことが多い」と僕は考えていまして、
      損切りや連敗スタートのときってのは
      結果的に「仕掛けが早かった」との考えなんです。

      それこそ僕の場合、
      利食えたトレードであっても仕掛けが早かったことが多く、
      僕が利食いしたあとにドカンと伸びることも多々あります(苦笑)

      自分が利食えて終えられていた場合、
      それに対し「追っかけ」もしませんが
      一方で、負け状態のときは
      「しっかり伸びるところは乗りたい」と
      そこそこ執念を持ってそのチャンスを掴みにいきます。

      そこには当然リスクもありますが、
      そこまでの負け原因が「仕掛けの早さ」だったことを考えると
      『次のトレード』はより勝てるチャンスが多い場面であることが多いわけです。

      ゆえに僕はそこを「やる」という話なんです。

      あ、これは真似して欲しい意味でお話をしているわけではなく
      そのような考え方、
      チャンスに対する考え方をまずはお伝えしておきたいと思ってのことです。

      話を戻しますが、
      それでもロットを引き上げてチャレンジするのは
      確かにおっかないですし、無理にやるべきではないですよね。

      僕はそんなとき、
      スキャルピングで数回のトレードにて
      損失を埋めに行ったりもします。

      ここは「教材化」しにくい部分ですが
      実はYouTube動画ではチョイチョイやっています。

      機会があれば「スキャル専門デー」などの動画を
      チャレンジしてみますね。

      明確なご回答でなく恐縮ですが、
      今日のところは以上とさせてください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生いつも動画を興味深く見ております。
    先生でも乱打戦になり苦戦する時がある中で自分のような素人は
    それが日々起こっていると納得できました。
    ただし、相場が逆に動いたときの行くか!(ツッパリ)行かない!(損切り)の判断がどれだけ早くできるのか大事で、2月13日と2月20日の動画では
    方や一往復半の損切りからのドテン、
    方や△370万取り返し当日の勝ちを得た所から伸びた所の逆張り・追加
    と勉強させていただきました。
    負けないためには損切り・ツッパリの見極めも重要な要素になってるのでしょうか?
    私の話になりますが、2/21のトレードで20:20よりポンドが吹き上がり、どこまでも上に行くと20:35にポンド/円、オージーにロングポジションを持ったところ陰線3本で合計180pips(資産の18%)の含み損となりました。いつもなら泣く泣く切るのですが、MAを割った一足まで持続けようと決めた後2足で戻り一転利確となりチャンチャンで終れました。この体験で
    ①ドカン負けの危ない場面でもはや損失に対する感覚もおかしくなっている
    ②MAが効く場面で相場のうねりを耐えた
    と分析もできました。(触らない方がいい場所でした)
    相場は複雑で振り回されるのでやりがいがありますね。
    及川先生のどんな時でも諦めずにチャンスは必ず回ってくると戦い続けてる姿からいつも元気をもらっており、とても感謝しております。
    今後も動画を楽しみにしてますので、体調にはくれぐれもお気をつけください。

    • シャバロンさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >負けないためには損切り・ツッパリの見極めも重要な要素になってるのでしょうか?

      ↑「その場の判断」も必要ではありますが、
      なるべく事前に「想定範囲」をイメージしておけるのがベターだと思います。
      ホントの意味で「想定外」な事態になったら
      そりゃ僕も慌てます(笑)

      以前の動画でユーロドルをストップで切らされたポジション、
      アレなんかは完全な想定外でした(苦笑)

      >2/21のトレードで20:20よりポンドが吹き上がり、どこまでも上に行くと20:35にポンド/円、オージーにロングポジションを持ったところ陰線3本で合計180pips(資産の18%)の含み損となりました。いつもなら泣く泣く切るのですが、MAを割った一足まで持続けようと決めた後2足で戻り一転利確となりチャンチャンで終れました。

      ↑チャート、確認しました。
      これはもし僕もやってたら「ツッパった」と思います。
      ただし、押し目はガッツリ追加したはずでして、
      ポイントはここではないでしょうかね?

      具体的には
      飛び乗り系は「余力」を残して乗る。
      押した時に追加が出来るようにする、というか
      それ自体を「想定」しておくって話だと思います。

      >(触らない方がいい場所でした)

      ↑いや、必ずしもそうは思いません。
      理想は押したところから入ることではありましたが
      押すかどうかは誰にも分かりません。

      今後のチャレンジ課題としましては
      「伸びる?」となったらまず乗る、
      ただし余力はしっかり残す。

      ここは僕がよく言う
      「そのまま行かれちゃった時用」であり、
      このポジションがその後含み損になるのは
      もはや「想定内」で、
      いやむしろ「喜ぶべき状況だ」ってこと。
      なぜなら良い位置で追加出来るからです。

      こういうストーリーを
      描けそうな場面をやる・・・って心構えでやると
      俄然成績良くなりそうな予感しませんか?

      ぜひともがんばってください♪
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生はじめまして。
    しんのすけと申します。
    2月のアタマ頃から『デイトレ大百科』にて勉強させていただいております。

    おすすめのFX会社ではないのですが口座開設すると2万円のボーナスがもらえるところがあり、そこで少額の実践トレードを始めております。
    始めて1週間(7日間)で0.01LOTながらpipsは計算してませんが7000円のマイナスになりました。
    このままではダメだと思い、『及川式FX』のキモである相関、逆相関を徹底的に頭に叩き込みました。

    私の本業はトラックの運転手です。
    フロントガラスに2in1のノートパソコンの画面を置いて、走りながらでもチャート監視してチャンスあらばやってやるぐらいの勢いでした。
    しかしそんな状況ではチャート分析もなにもできてないですよね…..
    なので監視は続けるにしてもトレードはしないと決めました。
    それとエントリーするポイントをルールに無理矢理当てはめて見切り発車的なトレードばかりでした。
    チャンスを逃したくない!ってことばかりで
    だから”それっぽい”のがくるとすぐエントリーしていました。
    これもやめました。
    チャンスがくる。エントリーしてもいいか確認する。
    リスクリワードであったり通貨の強弱であったり…..
    確認してからのエントリーに変えました。
    飛び乗らなくても間に合うだなと自分なりの収穫もあり無駄なトレードがなくなりました。

    相関、逆相関を理解したのがよかったのか
    毎日1000円程のマイナスだったのが、1日トータル損切なしの+165円になりました。
    たった165円でしたが、すごくうれしかったです。

    ここからが質問なんですが….
    例えば…
    負けトレードを『✕』
    勝ちトレードを『〇』
    薄利だがなんとかプラスで逃げることができたが『△』
    とします。
    この『△』の数が圧倒的に増えました。

    これはプラスととらえても大丈夫なんでしょうか?
    自分なりには『いける』と
    と思ったとこでエントリーはしてるのですが、会心トレードにはならず、
    なんとか薄利で逃げれて負けなくて良かったと思うトレードが多いです。
    これでも少しは成長してると思ってもいいのでしょうか?

    お暇な時で構わないのでご回答いただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • しんのすけ様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >おすすめのFX会社ではないのですが口座開設すると2万円のボーナスがもらえるところがあり、そこで少額の実践トレードを始めております。

      ↑「ボーナス2万円」は魅力的ですよね^^
      FX会社はご自身が使いやすいところを優先してくれれば全然問題ありません。

      >私の本業はトラックの運転手です。
      フロントガラスに2in1のノートパソコンの画面を置いて、走りながらでもチャート監視してチャンスあらばやってやるぐらいの勢いでした。

      ↑わお!
      危なすぎじゃないですか?(汗)
      危険なのでくれぐれもお気をつけください^^;;

      >相関、逆相関を理解したのがよかったのか
      毎日1000円程のマイナスだったのが、1日トータル損切なしの+165円になりました。
      たった165円でしたが、すごくうれしかったです。

      ↑ここを「嬉しい」と感じれたところが
      一番の収穫かも知れませんね^^

      >『△』の数が圧倒的に増えました。
      これはプラスととらえても大丈夫なんでしょうか?
      >これでも少しは成長してると思ってもいいのでしょうか?

      ↑僕的には「成長」と捉えて良いと思います。

      なぜなら
      「白黒決着しかない」という中でやっている人が
      世間的には圧倒的に多いからです。

      その場合、実は自動売買でも出来ちゃうわけですが
      実際に自動売買で勝ちまくれるモノなどまぁありません。

      なんていうか、
      「柔らかいとこ」への気配りや配慮、
      あるいは対応をすることで精度があがるのがデイトレですので。

      現状はまず「オッケー!」として
      今後「△」で終わったトレードの「その後」をチェックし
      どういう時に耐えても良かったのか?
      どういう時に逃げておいて良かったのか?
      これらの『違い』の要素はどこにあるのか?

      こういう部分を検証していくことで
      「エントリー後に耐えて良いパターン」
      「耐えてないで切っちゃうほうが良いパターン」を
      整理出来ると良いかなと。

      実は僕もそういう手順でやって来たんですよ。
      そうしていく中、
      「時間帯」とか「シリーズ揃いは伸びる」とか
      日頃言っていることを『発見』し続けたのが
      言ってみれば「及川式」なんです。

      ですので現時点の経過は良好!
      ここから先の創意工夫で
      未来の切り開き度合いが変わる。

      このようなエールを送らせていただこうと思います♪

      ぜひともがんばってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。53歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の21年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。