[NY時間] 及川『含み損800万円』からの生還なるか?! 2018年10月11日

 

すでに「約4年間」継続している
僕のYouTubeトレード動画ですが、
今後は、

・東京時間
・欧州時間
・NY時間

これらの時間帯別に整理して
並べることを目指そうと思っています。

 

ただし、僕は普段
圧倒的に欧州時間のトレードが多く、
東京時間とNY時間の動画本数が足りていません。

そこで今夜も
あえてのNY時間トレードを敢行しました。
↓  ↓  ↓

 

正直な話、
欧州時間にトレードを出来る人が
わざわざNY時間をやる必要はないと思います。

俄然欧州のほうが勝ちやすいですので。

ただし、昼間の仕事をされている場合、
NY時間しか出来ない人が圧倒的に多いですよね。

で、日ごろから他人様に
「先生」などと呼ばれている僕としては
立場上、NY時間でも勝たないといけないわけです(笑)

 

けど・・・
普段やらないから余計ですけど
やっぱりNY時間は難しい、
というか個人的には苦手意識が強いですね。

前回のブログで
NY時間をメインにトレードをする
僕の元受講生でもあるスーパー女子トレーダーが、
僕らのYouTubeチャンネルに参戦してくれるお話をしましたでしょ?

出来ることなら
一刻も早く彼女にNY時間を任せたい・・・

これが僕の偽らざる本音なわけです(苦笑)

 

そんな中ではありますが、
今回のトレード動画のポイントは、

1.「最後の砦」位置からのドル円ナンピン
2.ドル円単独でのプラ転逃げ
3.ユーロ円の形を見てポンド円のポジションを耐え!

このあたりは
参考にしていただいて良いように思います。

ま、かろうじて・・・ですけどね^^;;

 

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:3ヶ月で225万円の運用益を叩き出した最新インジゲータ解禁!

ついに開催!FXism及川圭哉の集大成プロジェクト
『トレードアベンジャーズ』

これまでたくさんの億超えトレーダーを輩出し続けたFXism及川圭哉の最新プロジェクトがついに始動!
今回のプロジェクトでは過去にFXism及川の指導を受け億超えトレーダーの仲間入りを果たした弟子たちが一同に集結します!
さらに今ならプロジェクト専用LINE@に登録すると3ヶ月で225万円の運用益を叩き出したFXismオリジナルインジゲータをプレゼント!
特典ゲット

22 件のコメント

  • 初めまして。いつも動画で勉強させて頂いています。
    今日のトレードは見ていてこっちも冷や冷やしました。(>_<)

    しかし、あの状況からの生還は正しくプロトレーダーだなと思いました。
    あの立ち回りは中々出来ないと思いますが、自分もトレード中の考え方、決断力は時間と経験値を増やして身に着けられたらなと思います。

    これからもお体に気をつけて、動画配信を続けて下さい。楽しみにしています。

    • 飯塚さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >今日のトレードは見ていてこっちも冷や冷やしました。(>_<) ↑冷や冷やさせてしまい申し訳ありません^^;; もっともそうしたくてそうなったわけでもないんですけどね(笑) >あの立ち回りは中々出来ないと思いますが、自分もトレード中の考え方、決断力は時間と経験値を増やして身に着けられたらなと思います。 ↑そうですね、あの立ち回りは真似して良いか微妙だと思います^^;; 一番きをつけないといけないのが 「どんな場面でもなんとか出来ちゃう」との考えで 「自分万能」と思った時点で どこかで尋常じゃない大やけどを食らうことになります。 「怖さ」は充分意識した中で なるべく危なげのないトレードを心がけてください。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつも動画ありがとうございます(^o^)

    今回も改めて、さすがだなと感心しました!

    今回はチャートの勉強より、むしろテクニックとマインドの勉強になりました。
    あんな絶対的に不利な状況の中で冷静にナンピンし、ワンチャンで逃げれたことにすごく感銘を受けました。

    自分も先日NY時間で大負けしたばかりです。ナンピンして、逃げれたワンチャンがあったものの、スゲべ根性を出して利益を引っ張ろうとして、チャンスを逃してしまって、結局、大やけどしちゃいました^^;

    NY時間の特徴を自分なりにまとめますと、
    ・発進も反転も速い
    ・てっぱんパターンが効かないことがよくある。でも効く時はすごく早く伸びる
    NYがもっともテクニック次第で成績が大きく変わる時間帯でもある気がします。

    これからも「女性トレーダー」の動画も楽しみにして、NYとの付き合い方を上達させたいと思っています\(^o^)/

    • クリス・マツシタ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >今回はチャートの勉強より、むしろテクニックとマインドの勉強になりました。

      ↑ホントはそんな勉強してもらうつもりもなかったのですが、
      僕自身が追い込まれて、それどころじゃなかったです(笑)

      >NY時間の特徴を自分なりにまとめますと、
      ・発進も反転も速い
      ・てっぱんパターンが効かないことがよくある。でも効く時はすごく早く伸びる

      ↑確かにそうですね。
      そして、、、

      >NYがもっともテクニック次第で成績が大きく変わる時間帯でもある気がします。

      ↑ここも激しく同意です。

      上記にもありますが
      カンタンなときはメッチャ簡単なんですけどね(苦笑)

      >これからも「女性トレーダー」の動画も楽しみにして、NYとの付き合い方を上達させたいと思っています\(^o^)/

      ↑僕も彼女の動画はとても楽しみにしているんです。
      お互い勉強させてもらいましょう♪

      では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • お疲れさまです。
    ポン円のおっかないチャート。3トップの3つめの山だからですよね?
    ドル円のナンピンにしろ、必要なのは、信じたら貫くことでしょうか?
    スキャルなのですが、及川さんは、期待値はどれぐらい必要とお考えですか?
    いつも質問ばかりですいません。

    • とけい様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ポン円のおっかないチャート。3トップの3つめの山だからですよね?

      ↑それもありますね。
      僕はどっちかというと上ヒゲ連発と4時間足MAの存在が気になってました。
      (天井からの反転場面になる怖さです)

      >ドル円のナンピンにしろ、必要なのは、信じたら貫くことでしょうか?

      ↑というか、
      ドル円は中期的には上昇かな、との見立てもあり、
      崩れと見せかけてもレンジになるイメージを持っていました。

      ですので「信じて貫く」までの信念はなかったです^^;;
      1000万負けくらいはマジで覚悟していましたし。

      >スキャルなのですが、及川さんは、期待値はどれぐらい必要とお考えですか?

      ↑スキャルと僕のような短めのデイトレの線引きが曖昧ではありますが、
      スキャルならとにかく勝率80%以上は必要との認識です。

      前回他の方にもご返信した内容ですが、
      例えば3PIPS利食い×8回、10PIPS損切×2回、
      これなら一応トータルプラスです。

      ここから損切り幅の精度を上げて負けを抑えたり、
      利食い幅をもう少し上げるなりのチャレンジをして
      利益ペースの向上を計っていくと良いように思います。

      「期待値」の主旨を間違えていたらごめんなさいです。。。

  • いつもためになる動画ありがとうございます。
    今回の動画は見ているほうもドキドキしました。
    久々にすごい立ち回りを見ました。
    凄い!
    でも真似したら大けがしますね(^_^;)

    動画を見ているとナンピンの時、ロットの入れ方(倍掛けだったり、そうじゃなかったり)が場面によって違ってますが、ルールとしてはどうしてますか?

    僕はあれだけのロットを入れるのが、普段のロット数では難しいです。
    ロットを下げるとナンピンしないときの儲けが少なくなり、かといって何発か入れてしまうとナンピンが出来なくなる。
    悩みどころです。

    • haruさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >久々にすごい立ち回りを見ました。
      凄い!

      ↑ありがとうございます。
      けど、あんなのしなくて良いようにしたほうが早いですね(苦笑)

      >ナンピンの時、ロットの入れ方(倍掛けだったり、そうじゃなかったり)が場面によって違ってますが、ルールとしてはどうしてますか?

      ↑ここは状況次第、というご回答になってしまいますね。
      正直感覚的なモノもあります。

      あ、過去の経験なども大きいはずです。
      僕はこう見えて、過去の自分のトレードを
      かなりしっかり覚えています。

      特に負けたときのものはなおさらで、
      その教訓を今のトレードに活かしている部分は非常に大きいです。

      >ロットを下げるとナンピンしないときの儲けが少なくなり、かといって何発か入れてしまうとナンピンが出来なくなる。
      悩みどころです。

      ↑確かにこのバランスは大事ですよね。
      僕はここ「性格」などから決めるべきとの考え方なんです。

      どんなにやり方を勉強したところで
      最終的には「自分が勝ちやすいやり方」を
      築かねばならぬのがトレードだと思っています。

      また、ナンピンを戦術に加えるのか?
      一切しないやり方で構築していくのか?

      ここを事前に決めて取り組む必要があるはずです。

      参考までに今度NY時間の動画をアップしてくれる女性トレーダーは
      ナンピンは基本やらない、とのことでした。

      であれば、僕のような「打診ポジ」はダメで、
      常にしっかり「場を待つ」ことがポイントになるわけです。

  • お疲れ様です!
    最近毎日動画拝見しております(笑)

    及川さんの動画を見て手法を真似するようになってたから負けなくなりました!

    もちろんあまり利益の取れてないトレードもありますけど、プラマイゼロでも逃げるなどのマインドを植え付けるために毎日動画見てルールに忠実にするようにしたら負けなくなりました!

    ありがとうございます!

    そこで、もっと詳しく及川さんの手法を学びたいと思いました!

    トレードの塾などは募集してないのでしょうか?

    • エム様
      コメントありがとうございます。

      >及川さんの動画を見て手法を真似するようになってたから負けなくなりました!

      ↑嬉しいご報告をありがとうございます♪

      >もっと詳しく及川さんの手法を学びたいと思いました!
      トレードの塾などは募集してないのでしょうか?

      ↑ちょうど現在、
      新しいプロジェクトを準備しているところでして、
      おそらく今月中にはご案内できると思います。

      過去最高のクオリティになる予定ですので
      そこはご期待いただいて大丈夫です。

      ただし、
      ご自身に合う合わないはあるはずですので、
      しっかり吟味したうえで、
      良さそうなら参加のご検討をなさってみてください。

  • ご返答ありがとうございます。
    >1000万負けくらいはマジで覚悟していましたし。
    この感覚がマジすごいですよね。それを冷静に実行してしまうのですから。

    期待値は、
    (利益)-(損失)÷トレード回数 だと思ってましたが、
    違っていたらすいません。
    どれぐらいとお考えでしょうか?それとも気にしなくてもいいようなものなのでしょうか?

    • とけい様

      期待値は、
      (利益)-(損失)÷トレード回数

      ↑あ、、、これでしたか(汗)
      大変失礼しました。

      僕はこれ、正直あまり気にしたことがないですね。

      いや、本当は気にしたほうが良いのかも知れませんが
      僕の場合、ご存知?のとおり、
      含み損からのプラ転で逃げたりしますし、
      利食いも損切も固定PIPSではやっていませんし。。。

      それよりも保有時間などにこだわっている関係で
      それ以外のことは案外無頓着です。

      「目安」はあるものの
      「目標」とはそこそこ異なる概念なんです。

      本件、僕の考えが正しいかの自信はまったくありませんので
      どうか悪しからずでお願いいたします。

  • 前回のコメントにご返信頂きありがとうございます。

    私は性格的に損切りを短くして
    その日のうちにかならずプラ転して
    終わるようにしています。

    損切りが10pipいきますと、
    取り返しに時間がかかってしまい
    メンタル的に厳しいからです。

    及川先生のおかげで勝率は
    高いまま維持でき、今後も
    崩さぬよう頑張りたいと思います!

    NY時間の立ち回りは凄すぎて
    真似できません、、

    • てつ様

      >前回のコメントにご返信頂きありがとうございます。

      ↑いえいえ、
      あくまで僕の意見ですので
      どうか上手にお聞きください。

      >及川先生のおかげで勝率は
      高いまま維持でき

      ↑ここは「僕のおかげ」ではなく、
      あくまで『ご自身の意識』によるものです。

      過信はいけませんが
      それでも自信を持って良いと思います♪

      >NY時間の立ち回りは凄すぎて
      真似できません、、

      ↑アレは目の毒ですよね。
      僕も好きでやっているわけではなく、
      また、途中から動画は関係ない世界となってしまいました^^;;

      では引き続き、
      お互いがんばってまいりましょう。

  • こんにちは
    及川さんの動画をいくつか拝見させていただきましたが、損切りで終わりのトレードがほぼないのは収支がマイナスの日はアップしないからでしょうか。
    それとも本当に一日単位で負けなしなのでしょうか。
    僕の周りにfxの専業2人いますが、一日単位では普通に負けてますし、FXなんて確率論なんですから、何をやってもダメな日が月に1日位ありますよね。
    更にスキャルなのに損切りが早いタイプではなく、逆行したらナンピンでしのぐタイプのトレードなので、典型的なコツコツドカンですよね。もちろん打診で入ってナンピン前提やのはわかってますが、800万の含み損も想定内でしょうか。
    一日の勝ち額が100万以下とかの日もいっぱいあるののに、逆行したらナンピンで耐えて最終的に含み損800万とかに耐えるトレードって長期的に見て勝ち続けるのは難しいと思います。今は相場とナンピンが噛み合ってるだけです。どんなに及川さんが優れていてもトランプが暴言はいたらチャートなんて関係なく相場はとてつもなく動きます。運がいいときはこの動画のように戻ってくるのでナンピンしてれば勝率は95%位を維持できますが、残念ながら最後の一回で全部持ってかれます(笑)

    • さすらい様
      コメントありがとうございます。

      >損切りで終わりのトレードがほぼないのは収支がマイナスの日はアップしないからでしょうか。

      ↑YouTubeは4年やってますが、
      当初は録画した際、損切りで終わったトレードはボツにし、
      一度スキャルで当日収支をプラ転させてから再度録画するスタイルにしていました。
      (MT4画面では当日収支の合計が出てしまうからです)

      けど、ここ2年はすべて一発撮りです。
      ちなみに配信日も「月&木」で統一しています。
      ただし、今後は東京時間とNY時間もやっていくので
      そうなると飲み会の関係で曜日がバラけるかも知れません。

      >FXなんて確率論なんですから、何をやってもダメな日が月に1日位ありますよね。

      ↑一日単位の負けは僕にもありますよ。
      月間で0日~3日です。

      デイトレに専念してから月間で4回負けたことは
      今のところ一度もありません。

      >800万の含み損も想定内でしょうか。

      ↑想定内か?と言われると
      今回のは微妙です。
      ただし、あの時点で1200万までの損失は覚悟していました。
      その程度であれば充分リカバリー可能ですので。
      あ、その日中で、ではありませんけど。

      >トランプが暴言はいたらチャートなんて関係なく相場はとてつもなく動きます。運がいいときはこの動画のように戻ってくるのでナンピンしてれば勝率は95%位を維持できますが、残念ながら最後の一回で全部持ってかれます(笑)

      ↑このご意見は僕ではなく
      それこそお知り合いの専業の方にぶつけてみてはいかがでしょう?
      おそらく一笑に付されると思います。

      その程度の対応準備が出来ていない人が
      専業などしていないはずですので。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつも動画拝見させて頂いています。
    今回、最初の及川さんの解説で、ポンドドルの『抜けの戻しの一発目』のショートですが、例えば、同じようなショート場面で、5分足で下に抜けてから、戻しの一発目を狙おうと待ち、5分足の20MAでショートした時、そのままMAを上抜けて、上昇していく時があります。

    一発目の戻しで下がる時相場は、最初に下抜けた時の勢いとか、直近安値を下抜けたとか、何か及川さんが、これは間違いないと思う、目安のようなものはあるのでしょうか?又、及川さんが動画で話されている、15分足、1時間足、4時間足のMAとは、20MAのことでしょうか?
    どうかご教授の程、宜しくお願いします。

    • HIROさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >一発目の戻しで下がる時相場は、最初に下抜けた時の勢いとか、直近安値を下抜けたとか、何か及川さんが、これは間違いないと思う、目安のようなものはあるのでしょうか?

      ↑一番留意するのは「時間帯」です。
      まず、「トレンドが発生したか?」が先ですが、
      発生したと判断できた場合、次に時間帯が「若い」かどうかを観ます。

      実はこれ以外に相関&逆相関も観るわけですが、
      混乱してもいけませんので
      今日のところはあえて時間帯をフューチャーさせていただきますね。

      今後のトレード動画で
      今回のご質問に関わる場面も出てくるかも知れませんので
      その際はもう少し実践的なお話が出来ると思います。

      >15分足、1時間足、4時間足のMAとは、20MAのことでしょうか?

      ↑これらはそれぞれ「10SMA」です。

  • 10/1のブログにコメント返信ありがとうございました。
    一度「ナンピンなし」を前提に
    その上でどうやるのが良いか?という視点で
    エントリータイミングの再構築をされてみてはどうかと思います。
    とのアドバイスを思案中です

    ところでかなり過去の動画とか拝見させて頂いたのですが他のFX系の動画と違って 及川さんの動画って話が面白くて 飽きないですね(笑)

    なんだか 今回は私がやりがちな捕まり方だったので親近感湧いちゃいました
    今度良かったら 資産全部溶かしちゃいました的な失敗体験なんかあったら動画で御教授願います!

    • ころぴす様
      コメントありがとうございます。

      「ナンピンなし前提」の件、
      大いに模索なさってみてください^^

      トレードって「基礎」自体は重要ですが、
      その上はご自身の性格やタイプなどによって
      アレンジすることこそが重要だと思っています。

      ぜひ「自分流のやり方」まで到達して欲しいですね。

      >他のFX系の動画と違って 及川さんの動画って話が面白くて 飽きないですね(笑)

      ↑うーむ、ここは痛し痒しです(笑)
      狙って面白くしているつもりもないわけで。。。^^;;

      >今度良かったら 資産全部溶かしちゃいました的な失敗体験なんかあったら動画で御教授願います!

      ↑失敗談については
      セミナーやオフ会などで結構お話しているんですよ
      特にお酒が入ったときの僕は饒舌ですので(笑)

      いずれ機会がありましたら!

  • 及川様

    いつも動画投稿及びコメント有難う御座います。
    及川様の返信が自分のトレードの励みになります。
    トレーダーの胆力とは今回の動画の様なことでしょうか。凄まじいです‥
    自分は怖くて全時間MAがすべて上もしくは下向きでトレンドが明確にでている時しかナンピンは怖くてできないです。

    下記質問になりますが
    ・今回の動画にて「ポンド円の耐え」について。弱い側のユーロ円が買いの形であればポンド円も上目線なのはなぜなのでしょうか?ポンドのみ先に下がるということはあまりないのでしょうか?

    よろしくお願い致します。

    以上

    • SHINさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >トレーダーの胆力とは今回の動画の様なことでしょうか。凄まじいです‥

      ↑決して真似して欲しいわけでもなく、
      本当はもっと「分かりやすい事例」を撮りたいんですけどね。

      ただ、NY時間で良い場面が来るまでひたすら待つと
      編集&アップが確実に0時を回ってしまうため、
      どうしても「早く終えて楽になりたい」という意識になり、
      ついつい難しいところでもやってしまいがちです。

      プライベートではあそこを無理してやることはなかったと思います。

      >今回の動画にて「ポンド円の耐え」について。弱い側のユーロ円が買いの形であればポンド円も上目線なのはなぜなのでしょうか?ポンドのみ先に下がるということはあまりないのでしょうか?

      ↑結論から言いますと、ご指摘のような状況は「起こりえます」。

      あくまでリアルタイム進行の状況の中、
      ドル円も上目線、ユーロ円も買いOKの形、
      で、ユロポンはポンド優勢、

      これら3つの状況を根拠にポンド円のロングを耐えた、
      というハナシです。

      とはいえ、相場は生き物ですので
      突如ポンドだけ下落に転じることは当然ありえます。

      その時は・・・もちろん損切りですね。

      トレードは常に「結果論」です。

      ただしそんな中、
      どれだけ「根拠」を持って取り組めるか?
      がポイントです。

      なぜなら「根拠」があるから耐えられるし、
      その根拠が崩れることで損切り判断が明確になるからです。

      負けること自体が問題だと僕は思いません。
      「なぜ負けたか分からないこと」が問題なわけです。

      取り急ぎ以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。