値動きの活発な時間帯を狙ってトレード効率アップ

symbol-95716_960_720

為替が動き出す時間帯を狙おう

一日の為替市場はニュージーランドのウェリントン市場から始まり、
シドニー市場に続いて東京、香港等アジア圏の市場に移り、
日本時刻の夕方以降からロンドン等の欧州市場、
そして最後にニューヨーク市場に移っていきます。

大きな市場が開く時間帯、そして閉じる時間帯は大手の取引、
例えばインターバンクのディーラー等が大量のポジションを売り買いする時間となるため
相場が大きく動きやすくなっています。

具体的な時間帯としては、
ニューヨーク市場の終わる5時ごろから東京市場の始まる7時頃、
そして東京市場のクローズから欧州市場のオープンが始まる16時から18時頃。
最後にニューヨーク市場が始まる21時頃から24時頃といった時間帯が
比較的レートの動きやすい時間帯です。

 

重要経済指標は要注意

欧州や米国に関する指標発表は非常に相場に大きな影響を与えます。

中でも一番注目されるのが米国の雇用統計です。
大きなトレンドの変換点になることもありますし、
発表の前後はものすごい勢いでレートが変動します。

スキャルピングによる短期のトレードの場合は
この大きく相場が動く時間帯を狙って取引することで効率の良いトレードが可能となります。

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:たった10ヶ月の運用でBTC資産2億円突破!

たった10ヶ月で10BTCを304BTCに増やした
禁断の手法を公開

あなたのビットコインがあれよあれよと増え続ける「BTC増殖ツール」
ビットコインを増やし続けるために必要な“現役稼働中”の 魔法の杖ビットコイン増殖ツールを今なら完全無料にてプレゼントします。
つまりあなたは“今この瞬間”より手持ちのビットコイン枚数を毎日増やし続けることが出来るのです。

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です