【イタリア旅行記02】支払い済の宿泊予約が通っておらず大ピンチに!

 

※6月20日(月)のYouTubeトレード動画は
日本からのお客様訪問の関係でお休みさせていただきます。
何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

イタリア到着2日目にスリ被害に遭った僕は
友人たちからのカンパで880ユーロをGETしたわけですが
ただしクレジットカードがない状況は変わっていませんでした。

この時点で「貧乏旅行」確定です(苦笑)

 

そんな中、
滞在4日目に開催される友人の披露宴会場と
同じホテルを事前予約していた僕は
3日目の朝、スリに遭ったホテルをチェックアウトして
同ホテルに向かったんです。

ちなみにそのホテルはコチラ↓
Grand Hotel et de Milan
https://www.grandhoteletdemilan.it/

ミラノ最古の老舗5つ星ホテルとのこと。
さすが大富豪が選択する披露宴会場は違うなと。

 

僕はイタリア滞在中のホテル予約は
すべて事前にブッキングサイトにて「支払い済」でしたので
クレジットカードはなくてもまぁ大丈夫、

ってなことで
余裕カマしてチェックインをしようとしたのですが
なんと「あなたの予約は入っていません」とのこと。

さらには
「本日お部屋の空きは一切ありません」と。

『え~~~!!!』

 

僕のポンコツ英語では交渉も満足に出来ず、
いや、そもそも仮に空き部屋があったとしても
支払い能力がない僕はこの時点で「詰み確定」でしてね。

シンガポール組のグループLINEで窮状を訴えたところ、
英語堪能な友人二名がたまたま近くにおり飛んで来てくれたんです。

その友人の一人が近所の別ホテルをネットで押さえ、
さらには支払いもしてくれたおかげで
なんとか野宿を回避することが出来る流れとなりました。

 

ちなみにですが、
僕らが滞在していた時期はちょうど年一回の大きなイベントが
ミラノで開催されている時期だったようで、
ホテルの宿泊費は通常の4~5倍くらいに跳ね上がっていたんですよ。

ここのホテルは普段なら日本円で一泊10万円前後なところ、
僕が事前予約の時点で一泊4000SGD(40万円弱)でした。
つまり二泊で80万弱です。

「こんだけ払ってるのにこの仕打ちかよ!」みたいな。

取り直したホテルの宿泊費は半額程度、
さらにはブッキングサイトからの返金も後日あり
結果的に少し節約が出来たことになるわけですが、
「それってどうよ!」って話ですよね(苦笑)

 

そんなこんなで
滞在4日目の友人の披露宴にも無事に参列出来た僕でしたが
その後はスカラ座でオペラ鑑賞(こちらも事前支払い済・笑)

ストーリーはさっぱり理解出来ませんでしたが
それでも良い体験が出来たと思っています。



※この時点でかなり「気を取り直せて」おりました♪

 

なお、貧乏旅行の僕は
大半を地下鉄で移動していました。

どこ行くにも2ユーロで固定?されているみたいで
貧乏な僕にとってはありがたい移動手段でしたね。

 

さぁて、初の欧州旅行はいよいよ終盤。

滞在5日目に僕は
「イタリアに行ったら絶対行くべし!」と言われていた
ベネチアに移動することになります。

~以下、次回記事へ続きます~

 
今回の記事が少しでもお役に立てたなら、
下記のFB投稿のいいね!を押して頂けると励みになります!

 

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

特典ゲット

16 件のコメント

  • 及川先生こんにちは!
    スリに遭うだけにとどまらずホテルの予約が通ってないとかもう、踏んだり蹴ったりですね。初欧州は悪いイメージしかないのすごくわかります。

    ホテルの予約が通ってないとか日本では考えられない事ですが、海外ってズボラだから普通にあること?そんなものだと受け入れるしかないのですかね?
    僕も海外旅行好きなので今まではそのトラブルはありませんでしたが、ヨーロッパ方面へ行く時は気をつけなきゃですね。
    でも先生の友人達もみんなお金持ち、そんな方達に恵まれ助かって良かったですね。

    スカラ座の内装がいかにもヨーロッパ、こんなの洋画でしか見たことない。
    古代ローマとかそういうのを彷彿とさせますね。
    ステージに居る女性達が大富豪の伯爵夫人?にしか見えない。
    こういった佇まいを肉眼で見たら感動するんだろうなぁ。

    ヨーロッパはどこに居てもとにかく映えるスポットばかりだと認識しました!
    写真撮るのが好きな僕にはヨーロッパはヤバイ・たまらんです(笑)
    トレードで稼いだお金でいつかヨーロッパ旅行します。
    第三話は最終話ですか?楽しみにお待ちしてます。

    • ブルベアさま
      コメントありがとうございます。

      >初欧州は悪いイメージしかないのすごくわかります。

      ↑現地では散々でしたが
      けど、無事に戻って来れた今となっては
      刺激的な大変良い思い出、、、のような気がしています(笑)

      >スカラ座の内装がいかにもヨーロッパ、こんなの洋画でしか見たことない。

      ↑本当にその通りでして、
      アレは直接観た方が絶対良いと思います。

      >第三話は最終話ですか?楽しみにお待ちしてます。

      ↑お気遣いありがとうございます。

      もう帰国済みなのでとっとと終わらないといけないのですが
      なにかと忙しくてですね(汗)

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川様、ホテルの予約がされていなかったとのこと、トラブルでしたね。
    しかし、頼りになる友人が近くにおられ、他のホテルを友人がとってくれたとのことで、ご友人さまさまでしたね。
    いい友人をお持ちですね。

    • santensjp様
      コメントありがとうございます。

      >いい友人をお持ちですね。

      ↑シンガポール、つまり異国に在住の日本人同士ということで
      なんだかんだ仲良く、ここ一番の結束も固いイメージです。

      おっしゃるとおりで、僕自身大変ありがたいと思っています。

  • 及川様
    いつも動画楽しく見させて
    頂いております。

    オペラ面白そうですね!
    私も及川様のように
    深みのある男になりたいと思う
    28歳この頃です。

    早速のご質問なのですが、、
    及川様はレンジでも勝っていますが

    私の場合、レンジはしないよ。
    トレンド出るまでしないよ。
    と、自分に言い聞かせているのですが、

    大きく上下に動くレンジの場合
    (たまたまMAがこの位置)のせいで、
    MAの下に潜り込んだローソク足が
    短期的に絶好の押し戻しに見えて
    エントリーと損切を繰り返して
    損切貧乏になる事が多々あります。

    なので、水平線とMAの合致する
    場面まで待つ様にしているのですが、
    レンジのチャートって水平線が
    いっぱい引ける訳でして、

    たまたま水平線と何かのMAが
    合致した位置にあると
    トレンドでるのか?と勝手に
    妄想してしまいます。

    なので、狭いレンジは良いとして
    大きく上下に動くレンジの日は
    及川様の真似をしようと思わずに
    大人しくPCを閉じるべきなのかなと、、

    個人的には手法を順張りだけに
    統一して再現性の高いトレードを
    目指したいのですが、、

    及川様はレンジでも勝率70以上ですが、
    YouTubeが無くてもっと厳選出来るなら
    勝率は上がりますか?
    あと、たまたまこの位置にの
    判断基準などあれば教えて
    頂けたら幸いでございます。

    • ポルトフィーノ様
      コメントありがとうございます。
      (返信が遅くなり申し訳ありません)

      レンジとトレンドへの対応につきまして
      僕は「時間帯」で明確に切り分けて取り組んでいます。

      各時間帯の序盤~前半は「伸びるモノ」「伸びそうなモノ」を狙い、
      後半は「伸びたモノの上下レンジ」を狙う、というコンセプトです。

      YouTube動画では基本的に前者をやるよう心がけておりますが
      これは動画を「教材的」にやりたい意向による部分も大きいです。

      ただし、おっしゃるとおり、その中で「大きなレンジ」に巻き込まれた際
      僕も大き目な損失をしかも連敗することもあります。
      そのような時に後者でコツコツ取り戻す、という作業をしている次第です。

      ここは考え方でして、
      例えば所用などで20時からしかチャートを見れない日が生じた際は
      最初から後者のやり方、つまりスキャルでこまめに利益を拾って行き、
      それらだけのトレードで一日分の利益を得ることも出来ます。

      このように「時間帯」によって戦術を変えることが出来るようになりますと
      鬼のように成績を向上させることも可能ですので
      いきなりは難しいかも知れませんが、少しずつ課題に置くと良いかも知れません。

      >及川様はレンジでも勝率70以上ですが、
      YouTubeが無くてもっと厳選出来るなら勝率は上がりますか?

      ↑ちょうど6月23日のYouTube動画でUSD口座のご紹介をしましたが
      あの時点(まだ一週間でしたが)でのトレード毎の勝率は100%でした。
      (動画以降のトレードで損切りをしたのですでに100%ではないですが、その損切り以上に取り戻し今日に至ります)

      ですので
      1.動画ナシ
      2.慢心なく集中出来れば

      勝率はもっと高いはずです。

      上述の「後者レンジ狙い」につきましては
      今後あえてテーマにしてみるのもアリかと思っていますので
      その際はぜひともお付き合いください。

      直接的なアンサーではなく恐縮ですが
      取り急ぎ僕からは以上です。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして。及川師匠のファンで、いつもYouTubeやブログを拝見しております。
    イタリア旅行記も笑わせていただきました。トレード技術だけではなく、この人間性が人を惹きつける魅力だと思っています。

    さて、今回はご相談がありメールしました。
    私はFXを始めて半年の初心者です。
    ご相談というのは、逆張りぐせを直す方法はないかということです。

    少し勉強したところでデモ口座で10万円を20万円に増やせたので、リアル口座移行したところ、みなさんのあるあるを見事に体現して10万円失いました(泣)。再度デモ口座で勉強中です。
    今の自分を分析すると、トレンドに乗るのが苦手で、上げ(下げ)途中のMAまでの戻りや押し目、ここまで来たら天井(底)だろうと勝手に判断したところの逆張りばかりをして、利小損大になっているのが敗因だと思っています。
    上位足ファーストタッチの逆張りスキャルをしても、逆抜けしたら損切りと決めているのに、ほんの数Pipsをチャラに戻せないかホールドしてしまい、抜けたときの勢いであっという間に数十Pipsもっていかれてからの損切りになってしまいます。

    そもそも、及川師匠も、逆張りはおっかない思いをする割には利が少ない、順張りは相場に助けてもらいやすいとおっしゃているのに、なぜか逆張りしたくなる箇所ばかりが目につくのです。

    デモ口座だと気楽にバカスカ逆張りできるのでたまたま金額を増やせただけで、リアルトレードではそうはいかず、順張りをしっかり身につけなければ、いつまで経っても勝てるようにはならないと思います。

    何かいいアドバイスがありましたらお願いいたします。

    • きりん様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >ご相談というのは、逆張りぐせを直す方法はないかということ

      ↑逆張りを直す、というより、
      なぜ順張りのほうが良いのか?を知る方が早いかも知れません。

      以下「相場が伸びるメカニズム」を時系列にて簡易ではありますが
      示させていただきます。

      ▼ロングの場合
      一度上に伸びる

      注目度が上がる

      1.押し目買いを狙うノーポジの人が控える
      2.再度の高値から逆張りを狙う人が控える
      3.起点から下抜けしたらショートという人が控える

      押し目は下抜けするまで「3」は出て来ないので
      ここでは「1」が優勢となり、よって再度上げ直しやすい

      前回高値付近から
      4,高値ブレイク待ちの人が控える

      前回高値到達付近から
      「2」と「4」のバトルとなるが
      トレンドが『新しい』時は「2」が不利となりやすい
      ※長時間伸びたあとは「2」が有利となりやすい

      前回高値を超えると「4」が勢いを増し、
      「2の損切り」が加わり一気に伸びる

      ここまで。

      特にトレンド発生初期は
      逆張りよりも順張りの方が
      「相場に助けてもらいやすい」のがお分かりいただけると良いのですが。。。

      このように、相場参加者には
      「ポジション保有中の人」と「ノーポジ状態で今から参戦予定の人」がいることを理解すると
      ひとたび生じた事象に対する『その後』がイメージしやすくなるのではないかと想像します。

      本件、大変面白いテーマなので
      次回のYouTube動画で僕がトレードにハマらなかった場合は
      もう少し詳しくお伝えしたい考えです。

      ではでは
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • いつもお世話になっております。
    及川さん、イタリア旅行からおかえりなさい、そしてお疲れ様でした…。
    私は海外に行ったことがないので、及川さんのブログを読んで震え上がっています 苦笑

    最近、及川さんのYouTubeを毎日見ていたら、2021年の2月頃まで動画を遡っていることに気がつきました。
    及川さんの動画で話してくださっている内容は、とても分かりやすく、記憶力が悪すぎる私でもスっと頭に入るので有難いです。

    トレードの方ですが、約50万(正しくは46万ほど)の元本を国内口座(レバレッジは25倍)に入れ、1ロットでエントリーし、1日10pips、利益にすると1000円を目標にしています。
    今のところ、毎日安定的に勝つことが出来て、そこは満足しているのですが、50万の元本で1日1000円というのもなかなかショボイものだなと…。ロットをあげるかも悩むのですが、1ロットにつき、証拠金は約5万円消えます。だから、1度損切りしたあと倍のロットで入る、さらに1回はナンピンするということを考えると、最初の取引は2ロットが限界です。
    かと言って10pipsの利益を獲得したあとで、同じ日にトレードする勇気もありません。

    勝てなかった頃から考えれば、贅沢な悩みなのですが。やはり短期間トレードとなると、ある程度ハイレバでないといけないのかな、とも考えています。

    及川さんは、ふだん、証拠金のうち、何パーセントくらいを使って取引されていますか?差し支えなければ、教えていただけると幸いです。

    • ゆり様
      コメントありがとうございます。

      >最近、及川さんのYouTubeを毎日見ていたら、2021年の2月頃まで動画を遡っていることに気がつきました。

      ↑それはそれは、本当にありがとうございます。
      体調が悪かったり、声の調子が悪い日なども多々ある中ですので
      遡ってご覧いただけていることに対しては恐縮する気持ちも大きいです(汗)

      >及川さんは、ふだん、証拠金のうち、何パーセントくらいを使って取引されていますか?

      ↑こちらですが、僕は現状海外業者のみでやっていまして
      レバレッジ設定がまるで違うことを鑑みますと
      まるで参考にならないかも知れません。。。

      日本在住時は一時期国内業者も使っていましたが
      法人口座で個人のレバ(25倍)ではなく50倍くらいはあったため
      そちらも参考になるか微妙です。

      そんな中、一応お伝えしますと
      国内業者の方では3000万円の資金に対し10ロット(100万通貨)を数発撃つイメージでした。

      ここから資金&レバから算数的に逆算しますと
      50万円なら0.08ロット(8千通貨)を数発くらいが限界かなとの感想です。
      (ゆりさんのおっしゃるところで言うと0.8ロット)

      それだけ国内業者のレバは不利と言えますよね。

      強くは言えませんが
      それでももし「ショボい」が本音であるのなら
      海外業者も検討せざるを得ないかな、というのが正直な感想です。

      特に国内業者は証拠金率が100%を切った時点で
      強制決済となるようなので、ますます持ってリスクは取れませんので。

      国内業者の現状に詳しくないため、
      適切なアンサーが出来ず申し訳ございません。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして、20歳のkaitoと申します。いつも及川先生のYouTube動画を見て勉強しています。及川先生のトレードスタイルが僕の性格とマッチしていてかれこれ1年半及川先生スタイルを真似させて頂いてます。トレードを始めてからずっと治らない僕の弱点が「資金が2〜2.5倍になると心のどこかで調子に乗って振り出しに戻る」ことです。振り出しに戻るたびに殺されないように気をつけようと意識づけるのですが、だんだんその意識も薄れていってしまいます。2年前からほぼ毎日トレードしてきましたが少し頭を冷やす期間を設けようと思います。及川先生であればどのくらいの休養期間を設けますか?
    全然関係ない話ですが僕もミスチルが大好きなので及川先生の「生きろ」待ってます(笑)

    • kaito様
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >少し頭を冷やす期間を設けようと思います。
      >及川先生であればどのくらいの休養期間を設けますか?

      ↑そうでしたか(汗)
      勝つこと自体は出来る中、けど「やらかし」で振り出しへ、
      そういうご報告は何度となく頂戴して来ましたので
      正直心が痛いというか複雑な気持ちです。

      あくまで僕なら・・・を言いますと
      「もう二度とトレードなどやるもんか!」と決めちゃうと想像します。

      二度とやらない(つもり)のですから
      そこに「期間」など存在しません。

      が!

      どこかのタイミングで
      「次こそは」と考えてしまうタイミングがどうせ来てしまう、みたいな(苦笑)

      その時点で
      「お前、本当に大丈夫なんだろうな?」
      「過去の失敗をちゃんと活かし、対策立てて出来るんだろうな?」
      これらを自問し、実際に各種マイルールを徹底することで再開。。。

      こんな流れではないかなと想像します。

      これで良いのかは正直分かりませんが
      トレーダーって結局そんな人種ではないでしょうかね。。。

      >僕もミスチルが大好きなので及川先生の「生きろ」待ってます(笑)

      ↑実は近日、僕のオリジナルの楽曲を公開する予定がありまして
      そっちが先になると思います。
      もし・・・よろしかったら聴いてやってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもありがとうございます。
    私は今でも師匠の昔の動画(天才チャート動画、デイトレ大百科)を再勉強しているのですが、
    1つ思いついたことがあります。
    師匠がよく言われる ”一撃崩壊トレード”って
    巷で言われるエリオット波動の”C波”なのかなって?
    つまり、
    1) 長い上げトレンドが終了し(1波~5波)、
    2) 何となく下げトレンドっぽくなる(A波、B波)、
    3) しかし、まだLongポジションを維持している人が、再度上げを期待してポジションを維持している
    4) しかし、やっぱりすでに下げトレンドが確定的になりLongのポジションを手放す
    5) そして、新規のShort参加者もいるので下がりに加速がつく (C波)

    だからC波は短時間で大きく獲れる
    (=一撃崩壊トレード)

    どうでしょう?
    本質的には同じなのかな? と思いました。
    また、師匠の別の鉄板である ”抜けチャレンジ不発”も同じなのかなと思いました。

    ひょっとして 世間一般の”Head & Shoulder”の 右側のShoulderも同じことなのかな? と思いました。

    あまり学術的に攻めても意味はありませんが、
    頭を整理してみたかったので
    質問させていただきました。

    イタリア旅行、ご苦労様でした。

    • ヤシの実さま
      コメントありがとうございます。

      >師匠がよく言われる ”一撃崩壊トレード”って
      巷で言われるエリオット波動の”C波”なのかなって?

      ↑そうかも知れません・・・
      と言いますか、僕はエリオット波動を勉強したことがなく
      それこそダウ理論も正確には理解しておりません(汗)

      すべて独学で自前の考えでここまでやってきたため、
      なんらかの理論とカブる部分は普通にあるかと想像しています。

      >ひょっとして 世間一般の”Head & Shoulder”の 右側のShoulderも同じことなのかな? と思いました。

      ↑すみません、これも正確には理解出来ておりません。

      僕は実戦の場で「自分が直接感じ、対応したこと」をベースにやって来た関係で
      つまり「及川語」とはガラパゴス的なモノなんです(汗)

      学術的なことにはお答えが出来ず
      まことに申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • 先日の「逆張りぐせを直すには」について、丁寧なご回答、および動画にまで取り上げていただきありがとうございました。

    まず最初に及川師匠にお詫びしなければと思っております。
    それは、イタリア旅行記を「笑わせていただきました」とコメントしまったことです。ご本人にとってトラブルに遭ったことは笑い事ではなく、本来であればお見舞いを申し上げるべきでした。本当に申し訳ございませんでした。

    改めまして、今回動画で解説いただいた「相場が伸びるメカニズム」ですが、具体的にどのポイントでどういう視点を持った勢力が売り買いして相場が作られていくのかそのメカニズムが分かり、なるほどとうなずけました。
    FXの手法を教える方はたくさんいますが、こういった相場のメカニズムを教えてくださるのは及川師匠だけだと思います。

    また、東京タイムと欧州タイムのボラの違いは、理解しているようで理解できていないかったことでエントリー場所が全然違っていたことも気づかされました。

    これから教えていただいたことを繰り返し、繰り返し、自分の中に落とし込んで行って少しずつでも成長していきたいと思います。
    今後もYouTube動画、ブログとも楽しみにしております。

    • きりん様
      コメントありがとうございます。

      まず動画の件、
      こちらこそ大変良いテーマを与えていただき感謝しております。

      >イタリア旅行記を「笑わせていただきました」とコメントしまったこと

      ↑いやいや、それで良いんですって!
      笑いに変えてくれることでこそこの手のネタは「成仏」出来ますので♪

      >東京タイムと欧州タイムのボラの違いは、理解しているようで理解できていないかったことでエントリー場所が全然違っていたことも気づかされました。

      ↑「知る」ということで時に『逆手に取る』ことも出来ます。
      なにせ買いと売りしかない世界ですので。

      そういった感性を含め、
      「したたかな」トレードを目指すのもアリかと思います。
      ぜひともがんばってください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人


    1965年12月29日生まれ。56歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の24年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、独自の「一泊二日スイングトレード手法」を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。現在は短期デイトレがメインである。