【ボーナス上限なし】W BOBBY キャンペーンで資金倍増のチャンス!

2021年4月1日追記

なんと、『W BOBBY キャンペーン』の
4月30日までの延長が決定いたしました。

それに加え、3月中のボーナス受取累計入金額がリセットされますので
4月も再度、入金額による最大10万円分(1,000ドル)のボーナスが受け取れます!

取引ボーナス2倍キャンペーンも継続するので
新年度もボーナスをもらってお得に取引を開始しましょう!

 

↓ここから記事本文↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!

この記事では、FXismのスタッフがBigBossの取引口座へ実際に入金して、
現在開催中の『W BOBBY キャンペーン』
本当にボーナスが貰えるのかを検証してみました。

条件によってボーナスが貰え、
金額によっては、入金するだけで資金が倍増するという
史上最大のキャンペーンですので
是非とも期間中に参加してみてください!

BigBoss W BOBBY キャンペーンとは?

W BOBBY キャンペーンとは、
海外取引所のBigBossで開催中の2つのお得なキャンペーンです。

※期間が2021年3月31日までなので注意して下さい。

グローバル・アンバサダーとしてボブ・サップが起用されたこと、
また前回のキャンペーンにて
BigBossのキャラクターに「Bobby」という名前が決まったことを祝して
開催されたキャンペーンのようです。

ダブルでボーナスが受け取れるという、
知れば知るほどお得なキャンペーンですので
是非、参加しましょう!

2つのキャンペーンについて詳しくご紹介いたします。

1.BigBoss口座に入金

BigBossの口座に入金するだけで
なんと最大10万円分(1,000ドル)のボーナスを貰えるんです!

もちろんこのボーナスは実際の取引で利用可能です。

気になる入金ボーナスの詳細はこちら↓

10万円までの入金で、
入金額と同額のボーナスが貰えます!

つまり入金した金額が倍になるということです。

是非キャンペーン期間中に入金しちゃいましょう。

2.取引ボーナス2倍キャンペーン

2つ目のボーナスは
取引ボーナスが通常時の2倍になります。

通常時でもBigBossで取引をするごとにボーナスが受け取れますが
今回は1ロットあたり8ドルのボーナスを受け取ることができます。
しかも取引ボーナスの付与上限はなし!

このような取引ボーナス増額キャンペーンは
なかなか開催されませんので今がチャンスです。

トレードを行えば行うほど
多くのボーナスも受け取れてしまう、
こんな太っ腹なキャンペーンに参加しない手はありません。

この機会にBigBossでお取引をして
皆様も多くのボーナスを受け取ってください。

実際にボーナスを受け取ってみましょう

さて、ここまでで今回のW BOBBY キャンペーンの内容をご紹介しましたが
実際にボーナスが受け取れるのか、検証していきましょう!

今回は入金ボーナスを受け取れるのか、試してみました。

BigBoss プロスプレッド口座への入金方法

まずはBigBossのマイページへログインします。
BigBossの口座開設がまだの方は、まずは開設を済ませて下さい。
(3分ほどで完了します)
口座開設はこちら

今回はクレジットカードからの入金を試してみます。
入金方法は他にも、銀行振込、各種仮想通貨での入金などがあるので
お好きな入金方法でお試し下さい。

カードの場合は、入金先口座と入金額とカードの種類を選択して「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックするとカード情報の入力画面が表示されます。

入力できたら「入金する」をクリックしたら入金完了です。
入金の反映とボーナス分の反映を待ってみます。

入金額分のボーナスが取引口座に反映!

入金の反映からしばらく経った後、
MT4にログインして残高を確認してみました。

今回は10万円を入金してみましたが、
残高とは別にクレジットの欄に10万円が反映されていました!

有効証拠金も20万円になっているので、
20万円分の取引ができる状態になっています。

10万円までの入金で
その倍の資金でトレードができてしまうなんて
とっても嬉しいですね。

しかもそのボーナスを使ってお取引することで
増額中の取引ボーナスも無限に受け取れるので
余裕を持った取引が行えそうです。

今回のW BOBBY キャンペーンは2021年3月31日までなので、
このチャンスを活かして資金を増やしていきましょう。

もしまだこのキャンペーンでボーナスを貰ってない方は、
キャンペーンが終了するまでに必ず貰ってみてくださいね!
W BOBBY キャンペーンはこちら

よくある質問

Q. 入金ボーナスはどれくらいで反映されますか?

A. 入金ボーナスの反映は、入金と同時ではなく、
入金反映後0~1営業日以内に反映されます。

Q. 入金したのに入金額が反映されません。

A. 入金方法によって反映までの時間が異なります。
しばらく経っても反映されない場合はBigBossへお問い合わせしてみてください。

Q. キャンペーン期間中に複数回の入金は可能ですか?
  またその場合、入金ボーナスは受け取れるのでしょうか。

A. 期間中の複数回の入金は可能です。
それまでの累計入金額によって最大10万円までのボーナスが受け取れます。

Q. 取引ボーナスはいつ反映されますか?

A. 毎週日曜日~土曜日までの1週間の取引数量を元に集計し、
翌週月曜日に取引ボーナスをお受け取りできます。

Q. ボーナスの出金は可能ですか?

A. ボーナス分の出金はできません。
また、ボーナスお受け取り後に一部でも出金や資金移動があった場合、
口座内のボーナスはすべて消滅してしまいますのでご注意ください。

【期間限定】香港K氏の投資メソッドを本邦初公開

NYダウ&日経225ショートで含み益1900万円!
あなたを『真の勝ち組トレーダー』へと導く珠玉のインビテーション

現在、及川とのYouTube対談で数々の予想を的中させている話題のスーパートレーダー“香港のK氏”。
本来ならヘッジファンや限られた彼の顧客しか見れない「秘密のレポート」を本邦初公開。
彼の渾身の投資メソッドが記された『100万ドルレポート』が見れるのはLINE登録者だけ!

特典ゲット

6 件のコメント

  • 及川先生はじめまして。
    先生はお忙しいかと思いますので、長々と記載せず、簡潔に質問させていただきます。
    2月28日にアップしていただいたBTC/jpyのトレード履歴を拝見させていただきましたが、その動画の中でオールリスクオフの中、次はBTCも下がるだろうとおっしゃっておられましたが、なぜBTCも下がると分かったのですか?
    理由を自身で色々と調べましたが、いまいちしっくりくる答えが見つからないため質問させていただきました。
    お忙しい中大変申し訳ありませんが、お時間ある際に御回答いただけますと幸いです。

    • 聖也さま
      初コメントとのことでありがとうございます。

      >なぜBTCも下がると分かったのですか?

      ↑決して「分かった」わけではないのですが(汗)
      ただし「下がる可能性が高い」とは思っていました。

      金曜日の株式市場が暴落することはある程度見えていた中、
      株式市場の暴落初動については過去にもBTCは連動して動いていますので
      そこまで難易度の高い読みではなかったように思っています。

      ちなみに、株式市場の急落との連動は「初期」が顕著で、
      その後の戻し方などは必ずしも連動しませんので
      その点も付け加えさせていただきます。

      取り急ぎ本件は以上です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川師匠

    いつもお世話になっております。

    最近少しYouTube拝見が遅れており2/25のNYトレード動画を先程拝見させて頂き、ブログコメント&実演トレードがとても参考になり久々にコメントを送らせて頂きました。

    私はと言いますとあいかわらずNYの21時半頃から23時頃までのポンド円のみでトレードを毎夜続けています。

    そしてFXを始めて丸一年が経ちました。
    ポンド円専門スタイルにしてから約半年。
    安定的に勝てるようにはなっているのですが、月に一度の負けで全部焼かれてしまうが1月から続いていてトータルでは結局マイナスです。

    大負けするパターンは決まっていて、酒を飲んで帰ってきたときなど、トレードしないと決めていた日に『一応チャートは見ておこう』となんとなくPCを開き、結局なんとなくエントリーしてしまい、今回の及川師匠のブログコメントでも仰っていた『すごく伸びる可能性がある場面』で逆張りしてしまい、ナンピンをすべて焼かれてしまうというパターンです。

    トレードしないと決めた日はチャートも見ないを徹底する事と、損切りを潔くしないと結局絶対に勝てない。

    『勝てるのに勝てない』から抜け出せない、わかっていたつもりの損切りの重要性がようやく身に染みました。

    勝つことよりもまずいくらまで負けられるかを考えて損切りラインを決めて、絶対に動かさない。
    潔く負けて、もう一度仕切り直す。
    そこから出直しています。

    それに加えて、これまではポンド円のみを注視していましたが、ポンド円専門トレードは変えませんが、そろそろ他の通貨ペアも監視して、よりいっそう勝ちやすい場面をしっかり見極めてエントリーできるようになった方が良いのではと思っていたところに、今回の及川師匠のNY時間、ポンドシリーズの超具体的アドバイスを拝見し、本当に嬉しく思いました。
    ありがとうございます。

    今日から早速参考にしながら実戦に活かしてきます。

    損切りとエントリーするべき場面の見極め。
    =リスクリワードが良く、ロングかショートか7:3以上ではっきり判断できる場面のみエントリー。
    結果、判断が間違って損切りラインに来たら潔く損切る。

    月ベースの勝敗とか勝率とかは気にしないので良くわかっていませんが、おそらく勝率は6割以上はあると思います。
    それでも負けるのは負け方が悪いからですよね。

    年始に『もう初心者気分は捨てる。相場に授業料はもう払わない。』と誓いました。
    勝てる場面をしっかり取る。それでも外れるときは必ずある。
    減ったり増えたりしながら増やす。

    わかっているつもりでもみんながぶち当たる壁。
    その壁をなんとか乗り越えていきたいです。

    • 三度の飯よりメッシ様
      いつもコメントありがとうございます。

      >大負けするパターンは決まっていて、酒を飲んで帰ってきたときなど、トレードしないと決めていた日に『一応チャートは見ておこう』となんとなくPCを開き、結局なんとなくエントリーしてしまい、今回の及川師匠のブログコメントでも仰っていた『すごく伸びる可能性がある場面』で逆張りしてしまい、ナンピンをすべて焼かれてしまうというパターン

      ↑もう!これはさすがに卒業しないといけないパターンですよね。
      怒りますよ、マジで(苦笑)

      通貨のシリーズが揃って動いている時は
      なんなら高値からでも買い、押したら足す、のほうが良いくらいですよね。
      「相場にケンカを売る」のではなく、
      「相場に助けてもらっちゃおう」の精神で行きましょうよ^^;;

      それと「やらないつもりでPC開けたけどやっちゃう」
      これ自体をダメとは言いませんが、
      「やるからには集中してやる」は必ずセットにしましょう。

      とにかく「あとから後悔する可能性のあるトレードはしない」ことです。

      あ、それと触ってしまうからには
      最悪1~2時間関わらなければならない覚悟もセットですかね。

      さらについでで言いますが
      逆張りもすべて反対はしません。

      通貨シリーズのシンクロ性が脆弱な場合は
      むしろ逆張りのほうが短時間でPIPS抜けますし。

      要は「区別」の問題です。

      ここがしっかり出来れば
      もっと変幻自在な利益の取り方が可能になるはずです。

      ホント、もう、
      お願いしますよ(笑)

      ご自身でやるべきこと、やってはいけないことについては
      ほとんどご理解済のはずです。

      僕からの課題は「区別」!

      ここを意識して後悔のないトレードを極力排除なさって欲しいと願っております。

      では
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生
    いつもとてつもなく有益な動画、ありがとうございます。
    毎回楽しみに拝見しております。

    1点、質問?ご相談?がありコメントいたしました。

    天才チャートを使わせていただいており、
    よくMAもしくは水平線を上抜けor下抜けしたタイミングでエントリーをすることが多いのですが、
    その場合のエントリーのタイミングについて悩んでおります。

    内容としては以下の通りです。
    ・MA・水平線を上抜け下抜けした時点で即座にエントリー
    →結果、ヒゲで終わり逆方向に戻されて含み損、さらに戻され損切り

    ・MA・水平線を上抜け下抜けしたローソク足が次のローソク足へと切り替わるタイミングで実体が上抜け下抜けしていたらエントリー
    →次のローソク足へと切り替わる頃にはMA・水平線からかなりかけ離れた場所まで値が動いており結果エントリーできず

    もちろんそのときのチャート形状や通貨ペアの強弱関係、時間帯(特に30分、1時間刻み)も関係してくると思います。がしかし、
    それを踏まえてもどっちが良いのかさっぱりです(笑)

    及川先生はどようなタイミング・判断でエントリーされていらっしゃいますでしょうか?

    お忙しい中、申し訳ございませんが
    ご教示いただけますと幸いです。

    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です