移動平均線

グランビルの法則でみる移動平均線

chart-1141833_960_720

グランビルの法則

グランビルの法則とは、米国のアナリスト『ジョセフ・E・グランビル』が発見した、
移動平均線と実情レートの推移線の動きと、買い、売りのエントリーポイントとの関係に関する法則です。

買いと売りとでそれぞれ4つずつ、合計8パターンの法則になります。

グランビルの法則はトレンド思考寄りの考えで、様々な局面で活用できます。
FXでは非常有益で、わかりやすい内容ですので、要点を抑えておきましょう。

 

買いの4つのエントリーポイント

買いポイント1

下向きだった移動平均線が、横ばい
もしくは上向きになり、実勢レートが移動平均線を上に突き抜けたら買い

買いポイント2

上昇している移動平均線を実勢レートが下まわったが、
ふたたび移動平均線を突き抜け反発して再度上回ったら買い

※移動平均が上昇している時、レートが移動平均線の下へ潜り、
上に突き抜けたところが買いのポイントです。

買いポイント3

上昇している移動平均線の上に実勢レートがあり、
実勢レートが下落し平均移動線に近づいたものの移動平均線には触れず、再び上向きに反発したら買い

買いポイント4

下降している移動平均線を実勢レートが大幅に下まわり、その幅(乖離)が大きくなったら買い

 

売りの4つのエントリーポイント

売りポイント1

上向きだった移動平均線が横ばいか下向きになり、
実勢レートが移動平均線を下に突き抜けた時、売り

※移動平均が上昇している時、レートが移動平均線の下へ向かい、
その交差したところが売りのポイントです。

売りポイント2

下降している移動平均線を実勢レートが越えたものの、
ふたたび下落し、移動平均線を突き抜けた時売り

※移動平均が下降している時、レートが移動平均線の上へ一旦突き抜け、
再び下降し、交差したところが売りのポイントです。

売りポイント3

下降している移動平均線の下に実勢レートあり、
実勢レートは上昇したものの、結局移動平均線に接することなく下落した時、売り

※移動平均が下降している時、レートが移動平均線の下から上へ向かい、
移動平均線に限りなく近いところが売りのポイントです。

売りポイント4

上昇している移動平均線を実勢レートが大幅に上まわり、その幅(乖離)が大きくなった時

※移動平均が上昇している時、レートが移動平均線の下から上へ突き抜け、
その幅が大きいところが売りのポイントです。

 

まとめ

グランビルの法則は実勢レートと移動平均線との位置関係に関する法則ですが、
単に、移動平均線を上回ったかどうかではなく、移動平均線の向きや角度
そして実勢レートの動き勢い等で判断することが重要です。

また、実勢レートが移動平均線にある場合は買い、
にある場合は売りとトレンド思考の考え方に近いものです。

この法則を使う時は、実情に合っているかどうかの判断が、常に必要です。

移動平均線を使いこなす為には?

entrepreneur-696972_960_720

FXはトレンドに乗ることで、長期的に収益を上げることが出来ます。
ですからトレンドの始まりと終わりをいち早く知る為に、トレンド系のテクニカル分析を使います。

移動平均線はトレンド系の、テクニカル分析の基本ですが、
中にはMACDやボリジャーバンド等多くある中、
単純に平均移動線だけを見るというのも、判断しやすい一つの方法です。

 

移動平均線とは?

日足で過去何日間の終値を足していき、日数で割って点として書き入れ、
日数が変わる毎に一番古い値を新しい値と入れ替えて日数で割っては、
グラフに点として示して行って、それを結んだグラフが移動平均線となります。

通常、短期、中期、長期の3つをグラフに表し、それを実際のレートと比べながら用います。

 

移動平均線の使い方は?

主に短期長期の二本を使うことが多いのですが、
平均する期間が長い場合は実情のレートより遅れてゆっくりと動き、
短い場合は実情レートに近いものとなります。

実情レートの変動が、激しい場合等は、実情に沿った短期の平均移動線が目安になりますが、
同時に変動が激しくなる為、騙しも多くなります。

ですからこういう場合は長期の平均移動線が参考に出来ます。
また、中期も参考の一つにするとより的確な状況判断に役立ちます。

 

参考にする平均移動線チャートとは?

平均期間は日足チャートの場合、短期で21日中期で90日。もしくは100日。
長期では180日。もしくは200日を使用します。

自分で使いこなす事を想定した場合、自分が使いやすいように、
取引通貨ペア使うチャート等の間の取り方等を自身で考慮する事も大切です。

けれど基本はあくまで、多くの人が使用いるチャートを参考にします。

なぜなら多くの人がそれを参考にすると言う事は、それに従ってトレードが行われ、相場が動く可能性が高いからです。

 

短期を中心に注目する理由は?

短期線と実際のレートは、市場の流れが変わった時いち早く教えてくれるので
これを中心に、長期、中期はあくまで流れをイメージする為頭に入れておく程度にしておきます。

中期は短期に近い為、短期から長期への推移の指針として見て行きます。

短期は実際のレートの動きに近いものですが、期間が21日と少し長いので、
実際の動きよりは緩やかにはなりますが、それでも騙しは起こります

ですから例え一旦ポジションを損切してしまった後でも、
長期のトレンドだと気づいた時は速やかにポジションを持ち直すことが大切ですし、
長期的な利益を狙う時は、細かい損切が出来る覚悟が必要です。