リスク管理

【FX入門】損切り徹底!デイトレードでのリスク管理と選ぶべき取引方法・取引会社

cc176164446_tp_v

デイトレードでのリスク管理(損切りの徹底)

前回での記事でもご紹介しましたが、
デイトレードだけではなくスイングトレードに代表される「中長期トレード」においても、
リスク管理(損切りの徹底)は非常に大切なポイントです。

▶︎デイトレードでは損切りポイントは浅く設定する

デイトレードでは長くても一日しかポジションを持ちません。

リスク管理の意味からもデイトレードの損切りポイントは浅く設定するのが一般的というか常識です。
経験上40-50ピップス、超短期取引だと5-15ピップスに設定することが多いです。

エントリーポイントの設定の技術が向上してくると、
経験で見切りも早くできる技術も必然的に向上してきます(危険を察知できる)。

欲を張らずに市場動向に応じて目標ポイントより早く決済し、
ロスカットポイントより早く決済する手際の良さが身についてきます。

市場はたびたび予想外の動きをする事が多々あるので、
そうした事態に素早く対応しなければなりません。

ロスカットを徹底するトレーニングを日々行うことで、
少額は損してもそこはすぐに諦めて、逆に取れるときのポイントは大きく出来るようになります。

 

▶︎デイトレードに必要な”撤退する勇気”

デイトレードでは成り行きでエントリーしてから、
動意のない場合は早めに撤退する勇気も必要です。

下手に我慢するとストレスも溜まり、あまり良い結果が出ないケースが多いものです。

これは基本中の基本ですが、デイトレードでは
成り行きでエントリーしたら瞬時に
ストップオーダーを入れる(スキャルピングは別)ようにするのは、鉄則です。

ストップオーダー(逆指値注文)設定後に利食いオーダー(指値注文)を入れる感じで良いと思います。

すぐにストップで約定する可能性は否定できませんが、
ストップポイントは浅目のほうが月間トータルのロスが圧倒的に少なくなります。

まれにエントリー直後に市場が急変して思わぬ大きな損失を掴まされるケースも現実的にあるのです。

可能な限り早くストップを入れることを心掛けましょう。

 

デイトレードの取引手法・取引会社の選び方

▶デイトレードの取引手法の選択方法

デイトレードにおいて超短期取引であるスキャルピングで一日に何回もトレードするのか、
ゆっくりエントリーポイントを考察して一日数回の取引でポイントを狙う手法を選ぶのかは
人それぞれですが、初心者の内は後者のスタイルから始めるのをお勧めします。

どうしても最初はエントリーポイントが理解しにくいものです。

落ち着いて5分足、1時間足、日足などのチャートを確認していき、
少額で取引して慣れてきたら、時間が許せばスキャルもトライしていく感じのほうが無難です

いわゆる短い時間のスイングトレードみたいな感じですね。

今回はデイトレードが主題ですが、中長期にターゲットを絞った中長期、超長期トレードもあります。

現実的にはプロの金融機関内でのトレーダーで超短期のスキャルをしているトレーダーは少なく、
デイトレードでも時間を決めてトレード、欧米時間だけ取引するなど、
40-50ピップスの利益を狙った的を絞った取引スタイルが多いと思います。

 

▶デイトレード取引会社の選択方法

現在は多くの証券会社やFX専業会社などがありますが、
デイトレードでは取引をする会社の選択も収益に大きな影響を与えます。

リスク管理上の問題点も出てくるのでデイトレードに適した会社を選ぶようにしましょう。

最近でこそ少なくなってきましたが、
以前は顧客の大切な証拠金を無断で着服する、
解約に応じない、信託保全をしていない、
急にスプレッドを広げて顧客のストップオーダーを約定させるといった、
悪徳業者(商品系小規模会社)が存在していました。

金融庁による厳格な監督や、自己資本比率のチェックなど対策強化を実施してきましたが、
今もそのような業者が根絶やしにされたとは言い難いところがあります。

 

総括して言えるのは、比較的大手を選択する必要があるということ

具体的な選択基準は以下の通りです。

  • 常時システムが安定している(取引し易い)。
  • 約定拒否が少ない。
  • 為替ニュースやチャートの種類の充実等の情報が充実している。
  • スプレッドが狭く、荒れ相場でのスリッページが無いもしくは少ない。

以上が取引会社を選択するうえで基本的に重要な事項です。

加えて、プロによるコメンテーターを多数契約していたり、
チャートの達人が在籍していたり、
積極的に顧客のレベルアップのためのセミナーを開催しているなど、
情報サイト等
で何故人気のある取引会社になっているかを確認されるのもよろしいでしょう。

2社以上の口座を持つことは便利ですし、比較検討もしやすいのでおすすめです。

例えば一社で取引して一社でチャートを立ち上げるなど、市場の変化に対応する事が早急に出来ます。

通貨別に取引会社を分けてみたり、中長期取引を別の会社にしたり、
タイムリーな経済ニュースを配信している会社を情報画面としてオープンするなどが
収益増収などに効果があると思います。

 

まとめ

デイトレードで勝利をおさめているトレーダーはリスク管理が徹底されています。
リスク管理は負けない為にやるものなので一見消極的なように思いますが、損切りができるかできないかで勝てるトレーダーになるか勝てないトレーダーになるかが決まります。
ここのポイントはしっかり押さえていきましょう。

また、適した取引方法、取引会社を選ぶことでデイトレード取引はより有益なものとなります。
最初は何も分からないところからになりますが、比較検討や考察を元により良いデイトレード環境を整えていきましょう。

取引資金額に応じた運用方法を考えよう

money-1428593_960_720

FXトレードを行う際、あなたはどのように、取引資金を管理しているのでしょうか?
一日にどれ程の資金を運用するかで、ロスカット時の想定額も変わってきます。

今回は無理なく取引出来る、資金運用の方法をお話しします。

 

借金はしない方が、勝つ機会に巡り会える

良くある事は、資金をすってしまった後、
大きなチャンスが訪れ絶好の利益獲得の機会を逃してしまうことです。

「あの時負けなかったら、今頃は…」

なんて考えても遅いのです。

だからと言って借金までして挑んでも、必ず良い結果が訪れるとは限りません。

なぜなら借金を背負うと、普段感じない精神プレッシャーに押し潰され
逆に勝てる筈なのに負けてしまうことがあるからです。

相場は心理的余裕のある人に有利に働きます。
決して余裕の無い状態で挑むリスクを、犯さないようにする事が大切です。

 

資金の日割り分配

運用資金を日毎に分割して日々のリスクを一定に抑えるのは
リスク管理として非常に有効です。

例えばあなたが、万一失ってしまっても構わない。と思う資金が40万あるとします。

これを一ヶ月の運用資金と考えた際、一週間で10万。
土日を抜いた五日で割って、一日の資金は2万。

つまり、その日2万の損失が起きた時に、ロスカットすべきだと計算できますよね?

これでロスカットの目安が立てられます。

 

例えばドル円が一円幅で取ったポジションと逆方向に動いた時
2万ドルの損失が解った時点でロスカットします。

こんな風に日割りで考えていくと、大きな損失を免れます。

また、1ポジションを2万ドルに取るのでは無く、
倍の4万ドルで取りたい場合には損切りの幅を一円にするのでは無く、半分の50銭にします。

逆に1万ドルに額を縮少してポジションを取りたい場合は、資金額一ヶ月幅でなく二ヶ月と考えます。
つまり二ヶ月で40万の資金運用であれば、一日一万円として考えられるからです。

勿論額を縮少した場合、損切りの額を一円で無く
もっと大きい数字にする事も考えられますが、お勧めはしません。

リスクが高まる危険があるからです。

 

しかし通貨ペアや相場によっては、値動きは様々です。

あっという間に一万の損失額が出るかと思えば、なかなか到達しない事もあるでしょう。
ですからこれは基本的なリスク回避方法と頭に入れて置くと良いでしょう。

 

チャンスは活かす

こうしてコツコツと取引し、資金を一気に失う危険が無ければ、
やがて訪れるチャンスも活かすことが出来ます。

もしチャンスが訪れた時には、いつもの取引額を引き上げて投入します。

ただし、どんなチャンスだろうが、
それまでの資金を一気に失う危険のある投入額は、見合わせましょう。

どの程度の額を投入するかは人様々です。
ただ、今まで取引してきた中であなたが

「万一損失しても、これ位の額は取り戻せるだろう」
と予測出来る額が目安です。

注意が必要なのは、自分が到底取り戻せない額や、
これくらいなら。と安易に大きな金額を投入することです。

自分の裁量を超えた額を投入すると緊張が走り、
精神的プレッシャーによって勝てる相場で、負けてしまうリスクを背負います。

こんな事態は絶対避けるべきです。

 

損失ばかりが続き、利益が生まれないようなら取引自体を見直そう

さて貴方は一日に失っていい額を捻出しました。

だから、この額なら…と言って毎日負け続け、失い続けては取引する意味がありません。

そんな時は、取引自体を見直します。

この金額なら負けても大丈夫。と変な安心感に浸り、肝心の取引が冴えないようではいけません。

利食いを早くしすぎてないか。
ロスカットのタイミングが悪いのでは無いか。
ポジションの取り方に問題は無いか。
ちゃんと今のトレンドの流れが想定できているか。

暫く休んでもう一度トレンドを見直したり、取引の方法自体を見直したりして
自分本来の取引が出来るよう考えましょう。

 

まとめ

借金をするようなリスクは絶対避ける事。
また、一日の取引損失額の確定も勿論、取引を続ける事で大切な想定ですが
何より取引で利益を生み出す事が大切な事を忘れないようにしましょう。