EURJPY

取引国の経済実態はFX取引において重要!ユーロの現実

ユーロの現実

20166月の国民投票でEU離脱が決定したことにより、
ポンドとユーロはその価値を下げています。

その後にドイツ銀行崩壊のニュースが報じられるなど、
ギリシャ問題以降からもEURにはいいニュースを聞くことはありません。

しかし、ユーロ円取引を好む日本人には、
ユーロ円が上がっている為か、ユーロの下げ幅が深刻な実感として捉えられないようです。

そこで今回は、ユーロについて改めて考えてみましょう。

 

2008年からのEURUSDの推移

2008年からのEURUSDの推移

2008年からのEURUSDの推移

参考:http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=EURUSD=FX

 

ユーロという通貨は1999年に導入されてから歴史は浅く、
最安値・最高値のそれぞれは2000年の最安値0.8225,2008年の最高値1.6034となっています。

しかし2016年11月、それまでの最安値を更新して1.05台まで値を落としています。

対円(EURJPY)ではドル円の影響もあって上昇していますが、
対ドル(
EURUSD)での下落率は、VWの排ガス不正、ドイツバンク問題や
ユーロ圏内の難民受け入れなどの深刻な課題を背にひどい状況となっているのです。

 

ユーロを導入している国々

投資家として、ユーロを導入している国にはどんな国があるのかをチェックしておきましょう。

  • アイルランド
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • キプロス
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • スウエ―デン
  • スペイン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • フィンランド
  • フランス
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • マルタ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルーマニア
  • ルクセンブルグ

合計:27カ国(201611月データより)

 

ユーロ導入国の中でドイツは断トツの経済(米国、中国、日本に次ぐ経済大国)を誇り、
その経済データも金融市場で注目されています。

ギリシャ問題以降ユーロ安になってもドイツ経済(オランダも)は堅調でしたが、
ここ1-2年の間に転落しているのは注目要素です。

 ※世界に誇るフォルクスワーゲンが排ガス問題で急降下以降、
 2016年に何度目かの世界的な大幅人員削減を発表しました。

尚、ドイツ銀行経営問題が深刻で英国がEU離脱を決めた2016年、
EUの大黒柱のドイツが崩れてしまったら。EURの価値も上がる訳がありません。

ドイツとギリシャの例のように
おなじ通貨を使用していても平均賃金の格差が起こるなど、
国の経済格差が大きすぎて物価や賃金のアジャストが出来なくなり、
欧州の経済危機が発覚したのです。

結局27国もの経済状態が異なる国々が共通通貨を使いながら、
財政政策の連携は非常に困難な状況となりました。格差拡大が広がり過ぎたのです。

 

上記のように通貨問題は複雑なもので、
単純に経済理論や原理だけでは計り知れません。

国家の主権等が入り組んだ特殊性もあり、
ドイツマルクという強靭な自国通貨を持っていたドイツでさえも
ユーロという共通通貨の悪影響を、結果的には受けてしまったのです。

ユーロは1999年の導入から変動を繰り返しながらも
10年ぐらいはうまく機能していましたが、
最近の急落に伴って、ドイツやチェコでは
数日間の食糧備蓄を国民に呼びかけるという事態にもなっています。

日本では海外の経済ニュースはなかなか報道されないので、
臨場感もなくピンとこない方も多いかと思いますが、
事実、そのような事態となっているのです。

 

まとめ

今回のユーロだけではなく、FXで通貨取引をする上では
その通貨を使用する国の実情を知ることは非常に大切です。

海外の経済ニュースは自分からアンテナを張らないとなかなか入ってきません。

積極的に情報収集をしていくようにしましょう。

ユーロ円の見通し

money-1596016_960_720

ユーロ円はこの1年間で約20円以上の下落を継続中です。

短期、中長期の見通しを見てみると、
ECB理事会やドラギさんの発言でEURUSD,EURJPYも敏感に反応しています。

ですが、欧州連合(EU)から英国が離脱することによって
英国とユーロ圏加盟国の経済情勢が著しく悪化するとの懸念も消えていません。

 

ユーロ円週足チャートを見てみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-12-41-15
参考:http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=EURJPY&time=1w#charttop

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-12-41-22
参考:http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=EURJPY&time=60m#charttop

上記チャートはユーロ円の時間足です。

これらは週足と時間足での移動平均線とローソク足のチャートですが、
超短期では113.90を明確に抜けて上昇してこなければ、
下落リスクの方が大きく見えます。

 

中長期でのレジスタンス

中長期でのレジスタンスは、114.40,114.90、116円が大きな壁に思えます。

 

政策金利変更の可能性

政策金利変更の可能性は12月にあるか否かで、取り巻く環境やニュース
(英国EU離脱問題やEU主要国のドイツやイタリアの政情不安)などにより
まだまだ欧州圏経済全体での懸念要因が払拭されていません。

そのため、将来的な追加緩和の可能性もあると思います。

 

欧州中銀(ECB)の動き

欧州中銀(ECB)は早期追加緩和には消極的とみられており、
原油価格の戻しを意識して欧州中銀(ECB)による追加緩和観測は後退しています。

それもあってリスク回避的なユーロ売りが
さらに広がる可能性は低いとみられがちですが、とにかく上昇要因が見つかりません。

尚、英国経済の先行き不安によるポンド売りは継続する可能性も強く、
EURJPYもGBPJPYに付き合うように下落の可能性もあります。

 

中国経済の減速懸念

その他にも、中国経済の減速懸念による
リスク回避の円買い意欲が強くなる可能性は否定できません。

というような背景があるため、
円に対してEURJPYが上昇する要因は今のところ感じられません。

 

影響を及ぼすであろう米大統領選

米大統領選の結果次第で(クリントン勝利はほぼ確実)
クリントン氏優勢との評価からドル高円安の流れになると
ユーロ円は上昇する可能性もありますが、
中長期的には2012年後半の108円前後
(2011年年末は99.55円―ヨーロッパ金融、主要国の株価急落)への
下落の可能性をイメージしてしまいます。

ユーロ円も心理的節目の112円50あたりを割ってくると
年内にも111円、109円あたりが意識されてくるでしょう。

 

テーパリング観測の否定

テーパリング観測の否定を背景に、
このところ高止まりしていた独10年債利回りは2週間ぶりにマイナス圏に落ち込み、
EURUSDは一時1.0916ドルと約4カ月ぶりの安値を付けています。

テクニカル的には、EURUSD自体も
重要なサポートの1.0815や1.0775を割ってくるようだと、
ストップを誘発し、下落スピードは速くなる可能性が大きいと思います。

ちなみに長期チャートを確認してみたら、
2000年に記録した1ユーロ=88.87円がユーロ発足以来の安値でした。

 

ユーロ円月足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-12-48-48

参考:http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=EURJPY&time=1mon#charttop

 

まとめ

あくまでも個人的な見解ですが、まとめといたしましては
短期では欧州、英国の置かれている状況下で
113.90、114.40、114.90あたりのレジスタンスを超えてこなければ、
112.50、111.90、111.15あたりのサポートを
ブレイクする可能性のほうが強いと感じております。

具体的には年内にクリントン勝利、
12月の米金利利上げを考慮しても110円割れの可能性も否定できないと思います。

英国EU離脱の具体化に向けて、英国のなだらかな景気減速が発生して
EUに対しての懐疑感も膨張し、ユーロ売りを誘発するであろうという理由から、
中長期的にもEURJPY、EURUSDのなだらかな下落を予想します。