日経225

NYダウは巨額のお金が動く場所

NYダヴ

FXをやる上で「ダウ平均」の基礎知識は必須

FXの世界でのゴールデンタイムは、
何といってもロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯です。

世界中の投資家の多くが市場参加をする時間帯で、
二つの取引所が絡んだ時から米国の経済指標が発表されるあたりが、
FX市場が最も活性化していると言われています。

FX市場において、アメリカ経済の状態を短期でリサーチする上でも大切で、
特にドルの動向にも影響を与えるのがNYダウ(NYダウ平均)です。

NYダウは、英語名ではDow Jones Industrial Averageといいます。

日本で言うと日経225に当たります。

 

NYダウとは?

NYダウは米国の代表的な株価指数で「ダウ工業株30種平均」の事を言います。

米国の有名な経済新聞である
ウォールストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)の発行元である
ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)が、
優良30銘柄を独自に選考して、株価をもとに計算している平均株価指数です。

優良30銘柄は時代に合わせて入れ替えをするそうです。

日本の日経新聞が日経225において225社を選考し、入れ替えも行うのと同じイメージですね。
(実際にはWS社の編集部が入れ替えを管理しています)。

 

優良30銘柄は、1896年に指数算出を始めたころは12種でしたが、
20種を経て、1928年に現在と同じ30種になりました。

英語名のIndustrial (工業・産業)がついてはいますが、
選考基準は公共事業や鉄道を除外した広域な産業が対象となっています。

 

30社の構成 ※参考データ:2016年11月

  • アップル(IT)
  • アメリカンエックスプレス(金融)
  • ボーイング(航空機)
  • キャタピラー(重機)
  • シスコシステムズ(情報通信)
  • シェブロン(石油)
  • デュポン(科学)
  • ウオルト・ディズニー(娯楽)
  • GE(コングロマリット)
  • ゴールドマン・サックス(金融)
  • ホームデポ(小売)
  • IBM(IT),インテル(半導体)
  • ジョンソン&ジョンソン(ヘルスケア)
  • JPモルガン・チェース(金融)
  • ザ・コカコーラ・カンパニー(飲料)
  • マクドナルド(外食)
  • スリーエム(化学)
  • メルク(衣料品)
  • マイクロソフト(ソフトウエア)
  • ナイキ(その他製品)
  • ファイザー(医療品)
  • P&G(日用消費財)
  • トラベラーズ(保険)
  • ユナイテッド・ヘルス(保険)
  • ユナイテッド・テクノロジーズ(航空、宇宙)
  • ビザ(その他金融)
  • べリゾン・コミュニケーションズ(通信)
  • ウォルマート・ストアーズ(小売)
  • エクソンモービル(石油)

 

上記を見てみると、ほとんどが世界有数の実績豊かな企業ですが、
金融・保険関係も多く入っていることが分かります。

 

関連指数

NYダウ先物

NYダウは現物株価指数ですが、
これを先物取引化したものを「ダウ先物」と言っています。

ダウ先物はシカゴのCMEにて取引され、
取引相手はもちろん米国を含めた世界中のトレーダーたちです。

取引の際には、米国内の証券先物の口座を開設する必要があるのですが、
最近では日本の楽天証券とその他一部のFX会社などが、
海外先物口座を用いてリアルタイム、取引が可能になりました。

米国証券との業務提携によって、東証・大証と何の変わりなく
板を見ながらの取引が可能になっています。

 

S&P500 

S&P500とは、米国の格付け会社で有名な
投資情報会社のスタンダード・プアーズ社によって
ナスダック、NY証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している企業の中から
500銘柄の株価を算出している株価指数を言います。

S&P500は数多くある上場企業のデータから算出されており、
選択する企業分野も隔たりが無く、米国株式市場全体の動きを表しています。

 

ナスダック株価指数

米国の2大証券市場のひとつである
「NASDAQ」に上場している企業から算出される株価指数です。

ナスダックにはバイオ産業が多く上場しているため、
新興産業の株価動向を表す傾向が強い。

 

NYダウの推移(年次)

NYダウの推移(年次)

NYダウの推移(年次)

参考:http://ecodb.net/stock/dow.html

 

NYダウとドル円の相関性

為替ドル円とNYダウの推移

為替ドル円とNYダウの推移

参考:http://lets-gold.net/market/chart2_usdjpy-ny_dow.php

 

上記のチャートで理解できるように、
2016年6月から10月までの間ではドル円とNYダウの相関性は殆ど見られていません。

2015年の夏ごろには強い相関性が見られていた時期もありましたが、最近はまったくの別物にみえます。

NYダウとドル円には相関関係が少なく、
世界主要国の株価下落も含めて世界経済の景気が悪く低迷しているときは
リスクオフの円買い、世界情勢安定・世界の株価上昇となり、
リスクオンで成長国・新興国外から、円売りとでも覚えておいた方が無難かもしれません。

 

ちなみに、米国債10年物利回りとドル円の相関性も
ダウ平均同様に最近(同時期)は以前と比較して弱くなってきていましたが、
2016年6月以降はその相関性が強まってきています。

下記のチャートは、日経225とダウ平均の相感性を調べてみたものです。

 

ダウ平均と日経225の相関性

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-18-58-55

参考:http://lets-gold.net/market/chart2_usdjpy-ny_dow.php

 

一応、こちらはチャート上でも相関性が見えますし、
ある程度は連動しているようには見えますね。

相関性を見るにあたり、判断の仕方は相関係数が示しています。

上記のチャートは、相関係数+0.65353でありましたが、
相関係数はマイナス1からプラス1の間の数値で示されて
プラス1に近ければ正の相関関係(強い。類似した動向)、
マイナス1に近ければ負の相関(逆相関)となり、
(相関性は弱い、違った動向を示す)ということになります。

あとは、NY時間にトレードしていると
NYダウの動きの激しさに閉口する時が多々あります。

例えば、ダウ平均がマイナス100ドルぐらいから、
クローズ時間にはプラス100ドルぐらいで引けたりと
情報も原因もはっきりわからないままに終了するケースが結構ありました。

 

ダヴには世界の投資家の巨額な資金が動いている

このような動向は日経225ではあまり見られません。

指数を出すための対象企業が30社と少数からなのか、
マーケットの特性なのかいまだに不明でありますが、日経225を動かす資金より、
ダウのほうが世界の投資家の巨額な資金が動いているのは間違いないです。

恐らく、為替の世界であるポイントで
ファンド筋が強引に巨額の取引で為替市場を脅かすように
株式市場でも見えないところで暗躍しているのかもしれません。

押さえておきたい日経225関連の基礎知識

stock-exchange-1426335_960_720

FX取引をするにあたって、ドル円相場と日経225が連動するケースが
非常に多いのはご存知だろうと思います。

通常、日経225が下がると円高に進行し、上がると円安に進行するケースが多いのです。

その相関性は以前ほど確かなものではありませんが、
ここ2005年以降の数年は、長期で見るとまだその動向には連動性がありますし、
デイリーでもそのような動きをする日が多いので覚えておきましょう。

基本的に為替の市場関係者は日経225の動向を、
アジア時間ではTOPICSなどに代表される他の株価指標よりも一番注視しているようです。

この相関性はNYダウとドル相場の動向にも
同様なケースが見られる日も多いので、NY時間には注視してみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-15-25-43
参考:http://www.777money.com/tameru/nikkei_dolyen.html

 

日経225とは何か?

日経225とは、日本経済新聞社が公表及び算出しているものであり、
日本の代表する東証第一部上場企業のうち「225社の株価の平均値」を加工した指数である。

この指数は、単なる株式市場のみならずに
日本経済の状況を表すTOPIXとともに大切な株式指数で、
日々の変化や敏感に相場状況を把握するために重要と認識されています。

日経225は株価の高い銘柄の動向で指数が左右される傾向があり、
歴史の長い企業が結構多いことから、
新しい産業の経済推移が反映されにくいという特徴があります。

 

日経225に関連する指数

▶︎TOPIX

TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の時価総額を対象にした指数です。

古くも1968年1月4日を基準日【指数は100】としてその増減をポイント化した指数で、
時価総額が大きい銘柄の動向に影響を受けやすい特徴を持っています。

なぜそのような特徴を持っているのかというと、
TOPIXは時価総額(発行済み株式数×株価)を対象に算出している為です。

▶︎JASDAQ

JASDAQインデックスは、ジャスダック上場企業の時価総額から算出する指数で、
算出にはTOPIXと同様の方法が取られています。

▶︎JPX日経インデックス400

新しい株価指数で、市場の動向を感じる指数です。

東証、マザーズ、ジャズダックに上場している代表銘柄400者の銘柄を指数化しています。

 

尚、日経225とJPXは入れ替えもありますが、
日経225の場合は毎年10 月 第1営業日に見直しが公表されます。

これは、大手企業であっても経営統合があったり、新たに上場した優良企業も多々あるためである。

 

日経225先物

日経225で株価指数先物取引が対象。

取引単位は日経平均株価を1,000倍にした金額が1枚(最小取引単位)ですが、
弟分の日経225先物miniは、個人投資家向けに開発されたものとなるので
これの十分の一のスケールで取引が可能です。

取引は、上場証券取引所の大阪取引所、シンガポール証券取引所、シカゴ商業取引所(CME)。

日経225先物は、FXと同じように証拠金【担保】を積んでの方法で
CMEから取り入れた「SPAN」という証拠金の計算方法が用いられる、
いわゆる信用取引に似た取引形態です。

日経225先物は通常の株式の信用取引が約3倍の金額を取引するのに対して
証拠金に対して数十倍の取引が出来ます。

このように、レバレッジが大きい分だけ証拠金を上回る損失が発生するケースもあるため、
取引の際は慎重かつ注意が必要となります。

 

動向は日経225の動向と連動する

もちろん、その動向は日経225の動向と連動します。

例えば、NY市場の日経225先物のプライスが東京時間よりも100円高い終値でしたら、
東京市場の現物の日経225は、通常ではそのあたりでスタートします。

現物に比べて、先物は高くなるか安くなるかを取引します。

取引形態は、株式で言う銘柄にあたる限月取引で特別清算指数SQで決済、
各限月の満期日である第二金曜日(SQ)の一日前の営業日を最終取引日とします。

その日に決済されない場合は、SQ当日に自動決済されるのです。

日経225先物は取引できる期間が決まっていますが、その満期月を限月と呼んでいます。

これは株式の銘柄と考えてください。

3月、6月、9月、12月のうち13の限月が取引できるわけです。

1例として2016年3月時点の仮定ですと限月取引は以下のようになります。

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
2016年
3月限SQ日〜
6月限取引最終日
3月限
6月限 6月限 6月限 6月限 6月限
9月限 9月限
12月限 12月限 12月限 12月限 12月限

 

日経225に関する最近の傾向と注意事項

日経225に関して、市場関係者によると以下の意見が確認されています。

日本株とドル円相場の相関性が強い

2005年以降、とくに2012年以降をみると
日本株とドル円相場においての相感性は強かったように確認できます。

これは、最近ではなかなか効果が出ず評判が少し落ち気味のアベノミクスへの期待感と
海外大手投資家やファンドの為替ヘッジが主要な理由と言われています。

このことから、安倍さんおよびBOJの金融政策期待感が継続されている内は、
日本株の動きがどうなるのか・・・特にアジアタイムはドル円相場に影響を与えそうである。

インパクト大!大きく仕掛ける投資家の手口

大手投資家やファンドの手口として、巨額の証拠金を投入して先物価格を買いから入り、
現物も大量に買って株式市場に大きなインパクトを与えるような手口があります。

もちろん、売りからの仕掛けもあって現物空売り、先物の本気売りといった方法で仕掛けたりもします。

最近では中国の重要指標の結果直後に日経と連動する事も多いので、
大きく仕掛けてくる輩もいると聞いております。

これは、シカゴの日経225先物終値を参照に、為替の短期テクニカルチャートをミックスして、
東京市場に向けての為替と株のポジションメイクも自分のやり方を見つけだせば、
かなり有効だと手段かと思われます。