トランプ・トレード・トレイサー

BOAメリルリンチのアナリストが紹介した記事に、
「米国大統領選でトランプが勝利してから、
市場がどのポジションを取ってきたかが一発で分かる!」
といった内容の記事があり、印象深かったので記事にしてみます。

 

2016年3月までのデータ

2016年3月チャート

上記は

ファイナンシャル・セレクト・セクター SPDR ETF価格
 ÷ iシェアーズ米国債20年超ETF価格

の結果を昨年3月末からフォローしたもので、
チャートが上に行くほど金融株式の価格上昇、
或いは米国長期債ETFの価格下落の度合いが強まることを意味しています。

緑で○囲いしたところがまさしく、米大統領選後で金融株が爆上げした時期を示すものです。

また、そのころから米国金利上昇が顕著になり、
12月のFOMCで利上げが実際行われた時の声明で
2017年の追加利上げの回数を巡ってタカ派的な論調が鮮明となったことで、
いよいよ米国債売りに拍車がかかりました。

よってこのチャートは更に上昇したわけです。

 

そして、一昨日の米連銀関係者のタカ派発言、
昨日のトランプ氏の議会演説を経てこの指標の上昇が再点火したということになります。

 

トランプ・トレード・トレイサーとして見るのも面白いのですが、
せっかくなのでデータがもっと長期で取れるので、
いっそのこと2007年、サブプライム危機直前から追ってみようということで、
視覚化したものが下のチャートです。

 

2007年以降FTFシェア価格

 

これを見ると当然ながら、
サブプライム~リーマン危機時の
金融株の落ち込み方が痛いほどよく伝わってきます。

直近の数値0.20というのは2014年前半の0.17を抜いてきており、
当面は金融株買い/長期債売り、
或いはその両方が同時進行する勢いが強く推移する予感をはらんでいるようです。

しかしながら、トランプさんのお手並み次第で
それがどこまで行くのかはわからないとも言えます。(参照―ブルムバーグ)