スワップ金利

トルコリラスワップ

flag-61070_960_720

今回の記事では、トルコリラスワップについて解説します。

ですがその前に、簡単なトルコの知識を身につけておきましょう。

 

トルコという国

  • トルコの人口は約8000万人
    その数は、近い将来にはドイツを抜いてEU加盟国でも
    有数の人口を誇るようになる可能性が強いと言われるほどです。
  • VISTAの一員
    トルコはベトナム、南ア、インドネシア、アルゼンチンとともに
    BRICSに次ぐVISTAの一国です。
  • トルコの産業は武器サービス業が中心
    産業は地理的有利生を武器(欧州とアジアの中間)サービス業を中心に
    工業、観光、輸出(自動車)が主体。
  • インフレが起こりやすい
    いまだい経常赤字、対外債務が問題視されていてインフレが起こりやすい。
  • 経常赤字になりやすい
    経済成長していると内需が増え、
    それにより輸入が増える現象が起こり経常赤字となりやすい。
  • 新興国経済の典型をいっている
    経済成長しているとお金が必要になるため、
    外国から借金してでもインフラ整備と対外債務を増やしやすい。(新興国経済の典型)

 

通貨変動の背景

2005年1月1日、ハイパーインフレの為に
トルコはデノミを実施しIMF管理下となりましたが、翌年よりEU加盟を交渉。

リーマンショック後、リスク回避のためにトルコリラは下落トレンドに突入して
その後の円高圧力で下落は継続中です。

トルコリラは対米ドルでも売られていていますが、
更なるリスクオフになると、円買い意欲によりまた下落する可能性もあります。

但し、2016年7月のクーデター失敗事件で
37円近くから現在の水準の34円ミドルに至っています。

政情鎮圧は緩やかに進んでいるという情報もありながらも
継続的にテロのニュースが聞こえてきており、
しかしその状況下でも経済成長率は2009年以降プラスで成長継続、
2015年3.8%で2016年もIMF推定ではありますが、同水準との評価を受けています。

 

結論としては、世界経済が好転してトルコ国内の政情が安定してくれば
トルコリラ上昇の可能性もあるというところで、ジャッジは難しいところです。

※現在の政策金利は2016年10月現在で
7.50%となり2015年2月の下げからは据え置きとなっています。

今後は不透明ながら、対円でも7.50%というのは美味しいかと思います。

 

トルコリラのスワップ金利(スワップポイント)

問題はここです。

一日当たりのトルコリラのスワップ金利は、各社まちまちで大きな隔たりが実在します。

金利支払い金額が高額なので
売りからポジションを持つ投資家はいらっしゃらないはずで、
買いの場合の1リラあたり35円から115円と信じられないくらい差異が凄く大きくなっています。

そのため、取引会社はその会社の信用性や取引規模、知名度などを
慎重に探って厳選する必要があります。

 

トルコの政策金利推移

下記はトルコの政策金利の推移を表にまとめたものです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50
2015年 7.75 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50
2014年 10.00 10.00 10.00 10.00 9.50 8.75 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25
2013年 5.50 5.50 5.50 5.00 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50
2012年 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.50
2011年 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75
2010年 6.50 6.50 6.50 6.50 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 6.50
2009年 13.00 11.50 10.50 9.75 9.25 8.75 8.25 7.75 7.25 6.75 6.50 6.50
2008年 15.50 15.25 15.25 15.75 15.75 16.25 16.75 16.75 16.75 16.75 16.25 15.00

参考:http://www.miyako-kankou.com/try.html

▶︎政策金利の変更の可能性

トルコリラ・対ドルで最安値更新をしているため
今後の政策金利の変更があり得るのではないか、ということが表から読み取れます。

▶︎トルコリラ円と政策金利の相関性

2013年からの4.50%から10.00%という金融引き締めを経て、
2014年からの10%-7.5%と大幅な緩和策で現状なNO CHANGEとなっています。
トルコリラ円と政策金利の相関性は
下に指し示したチャートのようにあまり感じられないのが妙なところです。

▶︎トルコリラ下落の原因は?

最近のトルコリラの下落の原因としては、
世界経済情勢の悪化やクーデター、国内テロが要因としては大きいはずです。

以上のことから、個人的にはどこが上昇転機になるか分からないので
もちろん浅いストップ売りは入れながら、

取引金額を押さえて超長期でキャリーする方法を推奨します。

参考のために、トルコリラの推移を日足と週足で載せてみました。

 

トルコリラ円日足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-13-29-37
参考:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/try.html

トルコリラ円週足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-13-29-43
参考:http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=TRYJPY&time=1w#charttop

チャートを見てみると、クーデター前の37円あたりに大切なレジスタンスがあるが、
チャート的には39円、42円後半を超えてくるようだと
キャリートレードの妙味が出てきそうです。

スワップ金利とは?特徴と注意点

eu-712739_960_720

FX取引を行っている投資家の方々は、もうすっかりご存知だと思いますが、
スワップ金利について説明いたします。

 

スワップ金利とは?

スワップ金利は、FXにおいて「スワップポイント」とも言われています。

元来、スワップという言葉は「交換」を意味していて、
外国為替市場では、SPOT(直物)とFORWARD(先物・スワップ)の売買という
二つの意味で取引されています。

日本でのFX取引の大半は、直物取引です(先物も取引できる会社もあるはず)。

簡単に言うと、日本では銀行に円を預金していても金利が低いために
金利(利息)が高い通貨を選択して外貨預金を選ぶ投資家もいますが、
これがFXになると、同様に円を売って金利の高い外貨を買うと
スワップポイントという金利収入を得ることが出来るのです。

スワップ金利とは取引通貨の日ごとに受け取れる1日当たりの金額を言います。

但し、取引する外貨が日本より金利が低い場合は、逆に利子を支払わなければいけません。

この時に基準となるのが、各国の政策金利になるのです。

ではここで、FXを取引される主要各国の政策金利をチェックしてみましょう!

 

現在の主要各国政策金利

年/月 USD EUR GBP AUD CHF CAD NZD ZAR JPY TRY
2016/10 1.50 0.50
2016/09 0.50 0.00 0.25 1.50 -1.25 0.50 2.00 7.00 0.10 7.50
2016/08 0.50 0.00 ↓0.25 1.50 -1.25 0.50 ↓2.00 7.00 0.10 7.50
2016/07 0.50 0.00 0.50 1.75 -1.25 0.50 2.25 7.00 0.10 7.50
2016/06 0.50 0.00 0.50 1.75 -1.25 0.50 2.25 7.00 0.10 7.50
2016/05 0.50 0.00 0.50 ↓1.75 -1.25 0.50 2.25 7.00 0.10 7.50
2016/04 0.50 0.00 0.50 2.00 -1.25 0.50 2.25 7.00 0.10 7.50
2016/03 0.50 ↓0.00 0.50 2.00 -1.25 0.50 ↓2.25 ↑7.00 0.10 7.50
2016/02 0.50 0.05 0.50 2.00 -1.25 0.50 2.50 6.75 0.10 7.50
2016/01 0.50 0.05 0.50 2.00 -1.25 0.50 2.50 ↑6.75 0.10 7.50
2015/12 ↑0.50 0.05 0.50 2.00 -1.25 0.50 ↓2.50 6.25 0.10 7.50
2015/11 0.50 0.05 0.50 2.00 -1.25 0.50 2.75 ↑6.25 0.10 7.50

※中国の政策金利は現在4.35%です。
※高金利が目立つのは、トルコリラ(7.5%)と南アランド(7.0%)。

 

投資家の心理と具体例

個人投資家の心理としては、例として1年間通貨の変動が無ければ、
当然ながら高金利通貨【政策金利の高い】の方が
より多い利息を受け取れるので魅力的になります。

しかし、そう簡単にいかないのがFX取引なのです。

 

下記はAUDJPYの推移(週足)チャートです。
参考:http://zai.diamond.jp/list/fxchart/detail?pair=AUDJPY&time=1w#charttop

これを見ながら解説していきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-18-46-57

例えば高金利通貨を対円で買ったとします。

2015年10月に85円で買った豪ドル円(10万豪ドルを円で買い、850円を支払う)が
1年後の2016年10月に80円(10万豪ドルの価値は800万円)になったとしましょう。

そして、豪ドル円のスワップポイントが1万豪ドルあたり30円とします。

10万ドルですから、1日につき300円金利をもらえて
年間109,500円を金利収入でもらえることになりますが、
豪ドルの価値が下がり(あるいは円高に進行して)為替差益では500,000円の損失になります。

そうなると、差し引き390,500円の損失という評価になってしまうのです。

逆に円安トレンドに乗っかれると、為替差益で儲けて
なおかつ金利収入も受け取れることになります。(キャリートレード)

 

また、トルコリラ円取引でトルコリラを買って円を売るとして、
単純な計算で解説をしてみます。

この時トルコの政策金利は現状7.5%、日本は0.1%だとすれば
年率で差し引き7.4%となるスワップポイントを受け取れることが出るのです。

但し、上記の例と同様に為替リスク(為替差益)が生じてくるのです。

 

高金利通貨のリスク

高金利通貨は、いわゆる新興国通貨でもあって、
世界的に見れば主要国通貨に対して
流通量も市場で取引する投資家数も少ないのが現状です。

なおかつ国債金融市場に置いて、
政治的にも経済的にも主要国に対して安定度が低く、
その国の安全性【債務不履行など】も低いため、
何かアクシデントが起きたら、ものすごい勢いで下落するリスクを高く持っています。

金融市場においてその国の経済ニュースを掴む事もまだまだ難しく、
投資するにはリスクが大きすぎるという理論です。

ファンドなどは、比較的安全な投資方法を選択して巨額の資金をつぎ込み、
確実に投資実績を確保していくのが、彼らの方法です。

また、金利は主要国の中で低く設定されていますが、
有事の緊急避難通貨として一時的に巨額の資金が流入する
CHF(スイスフラン)やJPY(日本円)などはリスク時における代表的な例です。

 

注意しておきたいこと

この件は意外と重要なのです、心に留め置いてください。

スワップ金利・ポイントの設定は各FX会社、証券会社によって大きな差異があります。

そこで中長期で運用する場合などは、
年間ベースでのスワップ金利収入や金利支払額はバカになりません。

FX・証券会社は顧客が取引した巨額な各通貨の決済を
毎日、取引銀行(外資系銀行、メガバンク)との間で決済業務をしておりますが、
その際の金利コストが各社とも異なるのです。

ですから、顧客に対するスワップポイントの提供が、良心的な取引会社を選びましょう!

ネットでスワップ金利比較サイトを
簡単にチェックすることが出来るので、是非調べてみましょう。