P&F(ポイント&フィギュア)手法とは?

P&F手法

P&F(ポイント&フィギュア)とは何か?

P&Fは非時系列テクニカル指標の一つです。

これは海外で使われている最も代表的な不規則時系列分析で、
株式市場・FX市場では1990年代頃から
ローソク足同様にトレーダーたちは参考にされているものです。

一般的にチャートは横に時系列に沿って取りますが、
ポイントアンドフィギア(P&F)は
ある一定の価格の変動があって始めてチャート上にポイントを書き込みます。

値動きが大人しく数日変化しない時などには、あまり有効ではありません。

具体的には、日々のデータを基本にして
数年間の値動きを単純化して表現することで
比較的中長期なデータをもとにトレンドを見るために使用されます。

基本的には順張りのトレンド手法で少し短めのスイングトレードにも参照されます。

 P&F買いシグナルと売りシグナル

ポイント&フィギュアの価格・枠数の決め方

ポイント&フィギア(P&F)は1枠をいくらにするか、
何枠で転換させるかといったところが問題となりますが、
1枠を1円、3枠転換を用いたり、
仮に1枠を20銭とすれ1枠が大きくなれば転換が少なくなります。

こうしたことを考えて、1枠をいくらにするかは個人の判断することになるのです。

1枠に関しては価格に対する比率で決めることもあります。

この場合、大体2~3%程度が1枠として適当ではないかと思われます。

 

例えば、1枠は2円程度ということにすると長期チャートになりますが、
その時の動きが荒っぽい動きをしているのか、
比較的落ち着いた動きをしているのかで変更することも出来ます。

また、転換に関しては主要な海外市場での伝統的な手法は1枠転換ですが、
日本では最近には3枠転換が多用されていますが、
その時の相場の動きによって変化させることも必要になります。

 

FX取引おいての有効値(参考)

▶︎短時間のトレードの場合
1枠10銭(10ポイント)、4枠転換(40ポイント)

▶︎スイングトレードの場合
1枠50銭(50ポイント)、4枠転換(200ポイント)

P&Fの有効トレード 

ポイント&フィギア(P&F)においては
1枠の大きさと転換のルールの適切さが非常に重要となっていますが、
個人的に最適化の物を模索するために
事前にシュミレーションをする事が成績向上のための徹底策となり得るでしょう!

×だけで表現されているため、買ったら良いのか売ったら良いのかがすぐに分かりやすく、
FXポイント&フィギュアの概念には出来高と時間軸は含まれず、使うものは価格のみです。

価格のみでトレンドを見るのです。

P&F
参考:http://fxtrend.jp/column-trend-p&f.html

P&Fダブルトップ型 P&Fトリプルボトム型         

ダブルトップ型    トリプルボトム型

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す