人間心理を数値化?サイコロジカルラインとは?

サイコロジカルライン

サイコロジカルラインは、売られすぎや買われすぎを示すオシレーター系のテクニカル指標です。

通称、サイコロと呼ばれていていますが、
サイコロジカルとは「心理的な」という意味で、市場に向かう人間の心理状態を数値化したものです。

 

サイコロジカルライン

(参考:HYPER SBI)

  • サイコロジカルラインは、ある期間に価格が上昇した日数の割合を求めて、
    市場心理が強気になれば売り、弱気になれば買いというように、逆張り指標として使われます。
  • 75%以上(93敗)は買われすぎ、25%以下(39敗)は売られすぎと判断することができます。
    25%以下になった時に買い75%以上になった時に売り。

このサイコロジカルラインは
心理的な面から売り時や買い時のタイミングを考えようとして作られたチャートです。

このサイコロジカルラインは、
前日比でプラスになっているのか、マイナスになっているかを星取表にして勝敗に直し、
そこから売買タイミングを割り出そうとしたものです。

言い換えれば、このサイコロジカルラインも心理的な過熱感から、
買われ過ぎや売られ過ぎといった売買タイミングを教えてくれるチャートの一つと言えるのです。

 

サイコロジカルライン=
終値が前日比で円安になった日数÷過去何日間(
12日間)

 当日を含む過去12日間で前日比プラスを1勝とします。
また前日比マイナスを1敗とします。

例を挙げて解説します

1)12日間のうち、10回前日比プラスの日があった場合
10回÷12日×100=83.33%

2)12日間のうち、2回前日比プラスの日があった場合
2回÷12日×100=16.66%

このように、前日比上昇、下落を何勝何敗として見ることによって、
12日間の価格動向を客観的に見ることができるようにしたものなのです。

サイコロジカルライン
参考:https://min-fx.jp/seminar/index_43.html

 初期設定では期間が通常では12となっているケースが多いです。

12日間で10回も上昇しているとすれば
買われ過ぎで心理的な過熱感が台頭してきていると考えられるでしょうし、
逆に12日間で2回しか上昇していなければ
心理的な面から売られ過ぎと考えられるということになります。

 

サイコロジカルラインの計算方法は一つですが、
詳細設定を変えることで、
素晴らしいツールにもなれば悪いツールにもなるということを示しています。

そのため、個人の勝率の多い設定を探してみると良いでしょう。

 

チャートを参照してみましょう

▶︎買われ過ぎのときの売りサイン

 サイコロジカルライン売りサイン

参考:http://www.fxciao.com/fx-technical/oscillator/948/

 

▶︎売られ過ぎのときの買いサイン

サイコロジカルサイン買いサイン

参考:http://www.fxciao.com/fx-technical/oscillator/948/

 

取引する時の注意

前日終値よりも高かったら勝ち、安かったら負けと判断するため、
100pips上がった時も10pips上がった時も同じように扱われます。

80%を超えても、それほど上がっていないということも起こり得ることを認識しておきましょう!

もちろん、一方的なワンウエイ相場ではこの指標はサインを出せませんのでご注意ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す