仮想通貨はロックミュージックだ!というハナシ。

ボラナシ、ロンドン休み・・・
こんな時は「伸びたモンを逆張り」
これが一番だと思っていました。
↓  ↓  ↓

 

半月くらい前の話なのですが、
FX以外に僕が最近調べものをしまくっている
仮想通貨に関する記事で、
大変「面白い表現」をしていた人がいました。

日本テクノロジーベンチャーパートナーズの
村口和孝さんという方・・・

と言っても不勉強な僕は
この人について詳しくないのですが、
その村口さんがこんなことを言ってたんです。

株式投資の「IPO」はクラシック音楽で
仮想通貨の「ICO」はロックミュージックだ、と。

僕は「なんと的を射た言葉だろう」と
深く共感を覚えました。

ビートルズ※異論反論あるとは思いますが、
僕は「近代ロックミュージック」のすべては
ビートルズからだと思っている一人です。

 

ベンチャー企業が
巨額の資金を調達する際、
大きな役割を果たす方法のひとつに
「株式上場」があります。

これを「IPO」と略すわけですが、
実際に自社株を上場させるには
少々・・・どころか、
相当な労力や制約がかかります。

 

監査法人の選定、
会計制度の整備や、
内部監査体制の確立から始まり、

上場申請書類の作成はもちろん、
有価証券届出書や目論見書の作成、
元引受証券会社の決定やら
資本政策の立案などなど・・・

とてもじゃないですが、
社長一人ではやりきることなど出来ませんし、
スタッフが何人いたとしても、
そこに実務経験者でもいない限り、
まぁ無理でしょう。

よって、
「各種専門家」に依頼するワケですが、
これによってかかるコストも
膨大となってしまいます。

早い話、
「相当メンドクサイ」わけです。

 

以前遠い知り合いが
経営している会社で
上場する話が進んだ際、

上場日程がほぼ見えて来たあたりから、
夜の街で酒を飲むことすら
「出来るならやめておいてください」
このように関係者から言われていたそうです。

もし、なんらかのトラブルでも
起ころうものなら
これまでの苦労が水の泡になりかねません!
みたいな(汗)

尋常ではないくらいの
「品行方正」を要求されていた様を見て、
僕は気の毒にすら思ったものでした。

もっとも僕には
「組織作り」や「経営」のセンスなど
もとより一切ないので、
完全なる他人事でしたけどね、、、苦笑

 

そんな中、
近年の仮想通貨ブームにより、
株の「IPO」に対する「ICO」という
資金調達方法が大流行するようになりました。

※注「IPO」
イニシャル・パブリック・オファリングの略

※「ICO」
イニシャル「コイン」オファリングの略

 

「ICO」は「IPO」と比較した際、
そのハードルは格段に低いのが現状です。

また、仮想通貨ブームによって
ぶっちゃけ
「それっぽい話をしておくだけ」でも
相応の資金が集まってしまうわけです。

で、あるならば、
「いちいちお上がうるさいIPO」より、
「安易でスピーディーに資金調達が可能なICO」を
目指す企業が増えるのは
ごくごく自然な成り行きじゃないでしょうかね。

ま、そんな状況ですので
今後、新規ICOの中には
「相当なクソ案件」も出てくることでしょう。

 

では「ICOへの投資」はダメなのか?
と言う話になるわけですが、
けど僕はそうも思ってはいません。

確かに「クソ案件」も増えるとは思いますが、
中には「ミソ」も確実に存在するからです。

 

実はこれ、
株の新興市場である
「東証マザーズ」が誕生した頃と、
若干カタチが違うものの、よく似ています。

マザーズ誕生直後の
新規上場会社の中にも
「相当なクソ」が多々ありました。

けど「新興株ブーム」によって、
そんなクソ株の価格も
かなり騰がったりしたワケです。

よって、直近の「ICO案件」における
「実はクソ案件」でも、
間違って(?)値がハネる銘柄も
数多く出てくるでしょうね。

 

僕らはあくまで「個人投資家」ですので、
「値がハネる銘柄」であれば
そこに投資するのはアリですよね?

仮にその案件が
「実はクソ」だったとしてもです。

注意する点があるとしたらただひとつ。

それは
「ハネてる間に売り抜くこと」
ここだけです。

 

冒頭の村口さんの話に戻しますが、
これまでは、
「株式投資(IPO)」というクラシック音楽しか
我々は選択することが出来ませんでした。

そこへ「仮想通貨(ICO)」という
ロックミュージックが出現したワケです。

 

今までクラシック音楽しか聴いてなかった人が
エレキギターでディストーションバリバリの
ロックミュージックを初めて聴いたら
どんな感想を抱くのだろう??

この感覚を現代に生きる僕らは
もはや理解する術もありませんが、

「投資の世界」では、
今まさにそのような状況が生まれている、
そんな話なんじゃないかと思います。

 

「株式投資はちゃんとした投資種目だが、
仮想通貨はインチキ」

こういう感覚の人って、
ロックミュージック創成期に

「あんなうるさい音楽は邪道でしかない!」

このように騒いでいた人たちと
あるいは似ているのかも知れませんよ。

 

もし、そうだとするならば、
ここはいったんアタマを柔軟にし、
「稼げる投資こそが投資」と考えたり、

また、
「フットワークよく売り抜けられること」

これこそが個人投資家の
最大のメリットであることも鑑み、

仮想通貨関連の投資を
考えても良いのかな?って、
僕はそのように思っているんです。

 

繰り返しになりますが、
「クラシック音楽」であるはずの
東証マザーズでも、誕生当初は
「クソ案件」がたくさんあったワケですよ。

そう考えたら昨今の「ICOブーム」も
同じじゃないですかね。

 

あくまで重要なのは、

「我々が儲けることが可能な案件」を
「儲けることが出来るうちに売り抜く」

ここに尽きる、
僕はそう思っているのです。

 

最後になりますが、
今回話題にさせていただいた村口氏が、

今後ICO案件の中から
エルビスプレスリーやビートルズ、
さらにはマイケルジャクソンが誕生する日も近い、
そう考えています。

このように語っていたことに対し
僕も激しく同意したことを付け加え、
本日のお話を〆させていただきます。

 

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

仮想通貨はロックミュージックだ!というハナシ。” への10件のコメント

    • 矢野さま
      コメントありがとうございます。

      >一芸に秀でた男

      ↑コッパズかしいです
      そんな大したモノでもないんですけどね^^;;

      けど、せっかくですので
      お言葉ありがたく頂戴いたします。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  1. いつもありがとうございます(^▽^)/

    本日のトレード動画、これがいつも教えて頂く「ボラなしレンジ相場の対処法」なんですね(^^♪
    トレンドが出ないときの「ソレ用の引出し」ってところですね!

    ナンピンを2発入れるタイミングやプラ転で逃げるところなどサラッとやられておりますが、非常に玄人好みするような動画だと思います(^^♪
    (私にはリスクが少々高いかなぁって思いますが、こういった状況も果敢に攻めていかなくてはプロにはなれないのでしょうかねぇ・・・・・??)

    あと「時間のリスクをとるか?」「ポジションのリスクをとるか?」でいつもビビってしまう私なのですが、要は「相場の方向性の読み」に尽きると云うことなのでしょうか…??

    「5分10分先の方向性は見えてもそのあとは信じていない!」とよく解説頂いておりますが、もし時間のリスクをとった場合は1時間MAや他のラインを参考にトレードすると負けにくくなるのしょうか?

    ただ、私の場合利確は5分10分でするのに、含み損はそれ以上耐えてしまって保有してしまいます。そのあたりの「さじ加減」がイマイチ出来ていません(´;ω;`)
    こういった場合は、「利確も損切りも時間を一定にするルール」なんてものを設定すべきなのでしょうか・・・?

    当然のことながら、「やらないべきをやらない。」は常に頭に叩き込んでおります!!

    なかなか勝てないこの仔羊に愛の手を・・・・

    PS・本日の記事、素人の私でも大変同感いたしました!
    そのためにも早く「仮想通貨」に投入できる軍資金を作りたいと考えております!

    今後ともご指導くださいますようお願い申し上げます(^^♪

    • 小西さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >ナンピンを2発入れるタイミングやプラ転で逃げるところなどサラッとやられておりますが、非常に玄人好みするような動画だと思います(^^♪

      ↑動画の中でも言っていますが、
      一度ロングをスキャルで売り抜けし、
      あの崩れをショートで取るほうが
      どちらかと言えば正解に近いです。

      ただし、あそこのロングも普段はやっちゃいますね。
      下に突き抜けたら損切り、とすれば
      どのみち時間かからずに終わるので
      僕の中では効率が良いイメージなんです。

      >要は「相場の方向性の読み」に尽きると云うことなのでしょうか…??

      ↑一応そうなりますが、
      あとは「自分の中のシナリオ」や
      イメージの問題じゃないかなと思います。

      イメージのとおりにならないと気持ち悪いじゃないですか。
      気持ち悪いときはいったん降りるなどしておきたいですよね。

      つまり「気持ち悪い」と感じることが出来るかどうか?
      ではないかなと。

      >もし時間のリスクをとった場合は1時間MAや他のラインを参考にトレードすると負けにくくなるのしょうか?

      ↑そうですね、
      上位足の向きに沿っておけば
      相場に助けてもらいやすくなると思います。

      >「利確も損切りも時間を一定にするルール」なんてものを設定すべきなのでしょうか・・・?

      ↑本来、杓子定規に決める必要もありませんが、
      けど、損切りだけがいつも遅れる、ということであれば、
      この考えはあって良いと思います。

      「利益トレード」と「損失トレード」の
      金額および保有時間のバランスを見ることで
      その人のトレードパターンが大体わかります。

      ここはご自分でも確認できる部分ですので、
      一度チェックし、改善点を明確にしておくと良いかも知れません。

      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  2. 動画おつかれさまでした
    今日の逆張りとナンピンは観ててちょっとこわくも感じたんですが、
    結果はさすがでしたね
    途中解説されてましたがMAタッチで利食ってショートしてたらスムーズだったかもしれませんね
    記事ありがとうございました
    IPOさえ上場目的みたいな企業が少なくないのにICOは・・・と思うのは、
    最近VALUで優待の嘘情報散々流して大量の売り浴びせで数千万の利益を得た某youtuberのなかなかの事件がまだ記憶に新しいせいなのかなぁ
    でもおっしゃるお話は面白いしICOがロックだというのはなるほどだと思いました
    ICOにせよVALUにせよクラウドファンディングにせよ、いろんな資金調達の方法が出てきて、
    植物肉みたいな奇想天外な案件の企業や古参企業でも『メデタイン』みたいなのが出たり、
    色んな可能性が芽吹いてくる風土になってきたのは良かったしこれから面白いと思います
    及川さんのおっしゃるように『稼げる投資』ができれば理想ですが、
    『仮想通貨』と『新規事業』の2つの不確定要因が相手だと自分には難しそうです(TT)泣

    • たなか様
      いつもコメントありがとうございます。

      >途中解説されてましたがMAタッチで利食ってショートしてたらスムーズだったかもしれませんね

      ↑まったくもっておっしゃるとおりです。
      あそこは「真逆」が正解でしたね(汗)

      >IPOさえ上場目的みたいな企業が少なくないのにICOは・・・

      ↑まぁ、実際にはご指摘通りだとは僕も思っています^^;;
      ただ、現状そこに「投資家のカネ」が集まっているのも事実で、
      「お金が集まるところ」で勝負するのが
      もっとも合理的かつ優位性の高い投資になりやすい、
      僕はそういう割り切った考え方でやっています。

      >『仮想通貨』と『新規事業』の2つの不確定要因が相手だと自分には難しそうです

      ↑なるほど、、、
      中途半端に触るなら「触らない!」で統一したほうが
      確かに良いかも知れません。

      あっちフラフラ、こっちフラフラ、
      どこ行っても高値掴まされるのでは最悪ですからね(笑)

  3. おつかれさまです!

    ナンピンの極意勉強になりました! おかげさまで最近ナンピンの使い方が上手になってきた気がします! 思った方向の逆へ行った時残りのロットを持ってるとどれだけメンタル的に安心するか身にしみております!

    今日で1日収支で勝ち続けて2週間!に大ピンチがやってきて正直今までの自分を見失いました。 今日の朝の北朝鮮のミサイルでドル円が大きく下がった時ミサイルをしらなくてドル円を買いで所持してたのですが ちびるくらいやばいと思いました。 ナンピンを全て使い切り 後は損切りか待つかの2択しかえらべなくなった時 久しぶりの逆方向で吐き気がしました。 調整が入る事を祈りに祈って微損まで持ちこたえ逃げる事ができたのですが、恐ろしかったです。 ナンピンのありがたみを感じた今日このごろです笑

    今自分の自信がかなり失われているって感じです。 この2週間が順調すぎて1回の微損でも吐き気がするのは順応してないからですね。。 がんばります!!

    • まだお様
      いつもコメントありがとうございます。

      >今日の朝の北朝鮮のミサイルでドル円が大きく下がった時ミサイルをしらなくてドル円を買いで所持してたのですが

      ↑ほんと「北」は大迷惑ですよね^^;;

      >微損まで持ちこたえ逃げる事ができたのですが

      ↑「微損で切れる」は上手な証のように
      個人的には思っています。

      いずれにしても、大事故にならなかったのならよかったです。

      >この2週間が順調すぎて1回の微損でも吐き気がするのは順応してないからですね。。

      ↑まぁ、それ言っちゃえばそうなんでしょうけど、
      僕もいまだに吐き気まではいかないものの、
      それに近い「イヤな気分」にはしょっちゅうなりますよ^^

      仕方ないですって、
      「人間」なんですから。

      もっとも「吐き気」や「イヤな気分」で済んでるうちに
      なるべくそうならないように修正しておくことは
      大変重要かも知れません。

      お互いがんばりましょう♪

  4. 及川さん、こんにちは。
    現代の我々がクラシックと呼んでいる何世紀も前の音楽も、それが生まれた時代の人々にとっては極めて先鋭的で過激な音楽だったのではと想像します。
    時代や音楽性に関係なく精神性ということでいうなら、その時点で最も尖った表現がロックであって、それが時の試練を経て存在価値が確立されることでクラシックになるのだと思います。
    実際最近ではロックも60~80年代辺りのロックは、クラシック・ロックと呼ばれていたりしますし。(笑)

    IPOとICOの関係についていえば、クラシック音楽はまともな英才教育を受けてないからできる気がしないけど、ギターなら自己流でもなんとか弾けそうだからロックでもやってみるか、みたいな感じでICOに参入する人が増えているのかもしれませんね。
    自分も株はいろいろ勉強することが多くて難しそうなので、銘柄も少なくシンプルに見えるFXの方を選んだという経緯がありますから。(笑)
    何か新しく物事を始めるに当たって、敷居が低い(低そうに見える)かどうかは思いの外、自分の選択行動に影響を及ぼしますよね。

    • fragileさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >現代の我々がクラシックと呼んでいる何世紀も前の音楽も、それが生まれた時代の人々にとっては極めて先鋭的で過激な音楽だったのではと想像します。

      ↑あ、、、確かに。。。
      言われてみると、クラシック音楽の中にも
      相当前衛的な音楽も多々ありますよね。

      当時は相当尖がっていたはずだって
      言われてみてそう思いなおしました。

      >ギターなら自己流でもなんとか弾けそうだからロックでもやってみるか、みたいな感じでICOに参入する人が増えているのかもしれませんね。

      ↑もう、、、まったく同感です。
      ほんと、fragileさんに代わりにブログ書いて欲しいくらい、
      おっしゃることが的確すぎて、いつも参ってます(笑)

      >何か新しく物事を始めるに当たって、敷居が低い(低そうに見える)かどうかは思いの外、自分の選択行動に影響を及ぼしますよね。

      ↑ここも納得です。
      ただし、世間的に敷居が充分低くなるにつれ
      「旨味」もなくなって来るのが投資の世界なのかなって、
      そんな風にも思います。

      仮想通貨の「旨味」は、まだここから数段階くらいは
      残っているように見えますので、
      取りっぱぐれのないようにしたいと思っています(笑)

      また、気が向いた際にでも
      コメントをお寄せください。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です