仮想通貨トレードは危険?それとも儲かる?

セコいトレードのオンパレードでしたが、
僕の利食い後、逆行しているので
そこはそれなりに正解だったと。。。
「よく分からないクソ相場」は
薄利でも確保しておいたほうが良いって
僕はそのような考え方です。
↓  ↓  ↓

 

先日、具体的には5月25日でしたが、
日本テレビ、朝の定番ワイドショーである「スッキリ」で
ビットコインの特集が放送されたようですね。

朝の弱い僕は観ることが出来なかったのですが、
今回のブログを書くために
つい先ほどYouTubeで確認しました^^;;

 

番組放送時の
ビットコイン対円価格(BTC/JPY)は
30万円だったものが、
その日のうちに33万円程度まで急騰しました。

ところがその翌日と翌々日にかけて
23万円程度まで急落と。。。

そのため世間では
「ま~た日本人が高値掴まされて
いつものようにいいカモにされた!」と
アチコチで口さがない評価を語られていましたね。

 

ちなみに「僕」なのですが、
実は20万円を切るあたりまで下がったら、
そこそこな金額を追加購入するつもりで
待ち構えていたんです。

が・・・残念ながら、
思った以上に早く値が持ち直してしまい、
追加購入出来ぬまま今日に至ります。
ビットコイン暴落せず
※昨夜(4日)深夜にスクリーンショットした画像です。

 

正直このチャート付けは「強い」と思います。

上述のとおり、
僕がもし20万円切ったあたりで買えたとして、

けれどもその保有分については、
相当な期間、横横な値動き、
つまり「当面利益にはならない」であろう覚悟で
買うつもりだったんです。

ところが実際には再び30万円台が
視野に入るほどの急回復ぶり・・・

あくまでファンダメンタルズを無視し
テクニカルだけで見た場合、
前回高値(33万)を上抜けした際には、
年内に「1BTC=50万円」をあっさりと拝めるかも知れない、
そんな風にも思ってしまいますね。

 

ところで上述の「スッキリ」を
YouTubeで確認した際、
かの有名な「与沢翼氏」が
仮想通貨に関して語っている動画を発見。

1時間弱の長い動画だったのですが、
時間を忘れて一気に視聴しちゃいました。
(彼は本当にアタマの良い人ですね)

与沢氏の仮想通貨に対するスタンスは
基本「ネガティブ」のようです。

彼が動画の中で語っていた、
『インカムゲインのない長期投資は対象たりえない』
『価格を構築する根拠が存在しないため不透明過ぎる』

これらの発言については
僕自身、大変説得力のある内容だと感じました。
※インカムゲイン=配当や金利収入

 

また、
仮にビットコインの普及が今後さらに進んだ際、
世界各国の政府や中央銀行が、
果たしてそれを「良し」とするのだろうか?
という点についても、

現時点でどうなるかを
誰も正確には予測出来ないだろうなと、
正直僕もそう思っています。

 

けれども、
では仮想通貨への投資、
もとい「投機」は一切手出し無用なのか?
ってハナシになると、
僕はそのようには思っていないんです。

そう思う一番の理由は、
「仮想通貨市場」への資金流入の
スピードとペースです。

以前、このブログでもご紹介した、
海外の仮想通貨取引所「Poloniex」では、
日々こんなことが繰り返されています。
↓  ↓  ↓
Poloniex

当取引所では、
現在64銘柄が取引出来るのですが、
毎日日替わりで急騰銘柄が複数出現しています。

参考までに値下がり率の上位には、
「前日急騰した銘柄」が並んでおり、
つまり、取引所全体が
概ね右肩上がりで推移している状況なんです。

※これを株好きの間では
『循環物色』と言います。

 

ちなみに上記画像の「値上がり率」は
「対ビットコイン」でのそれです。

ビットコイン自体が値上がりをする中で、
さらにその上前をハネるかの如く
値を上げているワケでして、
ま、「バブル」と言えばバブルですが、

個人的にはこの状況はまだ続く、、、というか、
もう一段二段、上のレベルまでは行くことを
イメージしています。

 

僕は現在の仮想通貨取引所の状況って、
2004年以降の株式投資ブーム初期の
「新興株バブル」に大変似ていると思っているんです。

あなたは「ガンホー」という銘柄名を聞いて
何を連想するでしょうか?

多くの人は「パズドラの会社でしょ?」
ってなところじゃないかと思います。

ところが僕の記憶の中にあるガンホーとは、
2005年に初めて上場した直後に、
「アホみたいに急騰した
 謎なオンラインゲーム会社の株」
なんです(笑)

 

同社株は2005年3月に
当時の大阪ヘラクレス市場に新規上場したのですが、

公募価格120万円に対し、初値が420万円、
さらにはその後
一ヶ月足らずの2005年4月には
2310万円の最高値まで一気に昇りつめました。

公募からだと20倍弱、
初値からでも5倍以上になったわけです。
(わずか一ヶ月で、です)

※僕の記憶が確かなら
あの「BNF氏」も
この銘柄で相当儲けたはずです。

 

もっとも同社株は、
当時の新興株バブルの象徴のような存在で、
以降、ここまで騰がる銘柄は出現しませんでしたが、
その後もライブドアショックに至るまでの間、
株式市場が大いに活況を呈したのは事実です。

 

少々乱暴な置き換えをしますと、
ビットコイン=当時のライブドア(象徴的銘柄)

このような図式で見た際、
ビットコインが堅調な間は、
仮想通貨市場の活況も続くのかなと、
僕はそのような見立てをしているわけです。

あなたのご感想はいかがでしょうか?

 

このお話にはまだまだ続きがありまして、
実は僕・・・

このまま仮想通貨が世界的に広がりを見せ、
既存通貨を脅かす存在にまで成長した際には、
そこそこガチで大きな戦争につながる、
そのような説を持っています。

極論、
人類滅亡の危機すらありえると。。。

思っていることをすべて書くのは
ちょっと危険な気もしますので、
(バカと呼ばれるリスクの面も含め・笑)
どこまでお話出来るかは微妙ですが、

機会があったら、
そのあたりのお話もさせてもらいますね。

 

追伸:

そんな先の話はさておき、
やはりビットコインの
「値の崩れなさ」はちょっと異質です。

今後、コンビニや国内の楽天やアマゾンなどで
決済導入する話でも進んでるんじゃないかと、
さらにはそれらインサイダー情報に対し、
相当な「大口」が買っているんじゃないかって、
そんなことも勘繰りたくなりますね。。。

 

「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

仮想通貨トレードは危険?それとも儲かる?” への9件のコメント

  1. イングランド銀行が、EU離脱を決める前から、ブロックチェーン技術を元とする仮想通貨の今後の可能性についてかなり積極的に研究を進めている記事など、各国中央銀行もこれから独自の仮想通貨を発行してくようなことをネットでも目にします。

    EU離脱が決まり、ある面ではやりやすくなった英国が、どこかのタイミングで早々に中央銀行の仮想通貨を発行、うまく成功する方向があれば、各国中央銀行も続け続けで仮想通貨が出てきて、仮想通貨乱立、それぞれの仮想通貨の信用度合い、実際の利便性で従来の仮想通貨、通常の国家流通通貨の価値も含めて変化出てくるのかななんて想像しちゃいます。 中央銀行が発行する仮想通貨に、いままでの仮想通貨には無い利便性など比較的有利な価値があれば、従来仮想通貨の価値下落にも直結するかもしれませんね。 

    仮想通貨への各国の取り組みは、各国の従来通貨価値と連動する可能性も今後出てくるような気もして、ここ数年で結構変動あるかもしれませんね。(^◇^)

    • MSさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >各国中央銀行もこれから独自の仮想通貨を発行してくようなことをネットでも目にします。

      ↑「乱立」となると、ややこしくなりそうですよね。
      現在日本でも乱立中?の「ポイントカード」みたいになっちゃいますよね(苦笑)

      >中央銀行が発行する仮想通貨に、いままでの仮想通貨には無い利便性など比較的有利な価値があれば、従来仮想通貨の価値下落にも直結するかもしれませんね。 

      ↑現時点ではビットコインが先行者としての優位性が
      圧倒的な状況だと思いますが、
      そこを覆す勢力が登場するのか?

      あるいは、すでに普及が進みつつあるビットコインに
      乗るほうが早いと、
      そのような政策に打って出るのか?

      こういった部分ひとつとっても、
      世界が割れる要素はたくさんあるように思います。

      >ここ数年で結構変動あるかもしれませんね。

      ↑おっしゃるとおりだと思います。

      ひとつ言えるのは、
      仮想通貨の世界には今後まだまだ資金流入が続く、
      ということです。

      これについては「安定的な長期投資」とは
      確かに言いずらいとは思いますが、
      けれども『魅力的な投機先』であることも確かだと思います。

      さぁ、、、どうする?!

      ってなところでしょうね。

  2. 動画おつかれさまでした
    なんか・・・欧州時間に合わせるよう変更したら16時前後がトレンドの狭間になる事が多くなったような気が^^;;
    でも及川さんが苦悩しながらも勝ちをおさめてくれる実証をしてくれるのはありがたいです
    記事ありがとうございました
    自分も及川さん同様に国との懸念や信頼性の懸念はあるんですが短期投資とこの数年の動向は投資に問題ないのかなぁと思ってます
    値下がりしないのはまだ中国需要や石油など現物に流れていた資金がビットコインに流れてるのかなぁとも推測していましたが、
    及川さんのおっしゃるような大口が控えてるのかもですね
    及川さんは『VALU』はご存知ですか?
    ビットコインなど仮想通貨よりこういう仕組みの方が個人的には驚き興味が湧いたんですが、
    こうしたサービスと親和性の良い仮想通貨はこれからどんどん活躍の幅を広げていくんでしょうねぇ

    • たなか様
      いつもコメントありがとうございます。

      >なんか・・・欧州時間に合わせるよう変更したら16時前後がトレンドの狭間になる事が多くなったような気が^^;;

      ↑ほんと、そんな感じですよね(苦笑)
      僕を狙い撃ちですか?みたいな(笑)

      >及川さんは『VALU』はご存知ですか?

      ↑恥ずかしながら知りませんでした、、、
      が、今いろいろ調べてみたところ、
      これは確かに面白い試みですね♪

      僕も「上場?」しようか、一瞬考えちゃいました(笑)

      >こうしたサービスと親和性の良い仮想通貨はこれからどんどん活躍の幅を広げていくんでしょうねぇ

      ↑確かにこういったサービスにこそ
      ビットコインの使い勝手はあるような気がしますね。

      いやぁ、大変勉強になりました。
      良い情報をありがとうございます

      • >恥ずかしながら知りませんでした、、、
        自分もホリエモンやイケダハヤトさんとかをTwitterでフォローしてないとたぶん知らなかったです^^;;
        たぶん暗号通貨取引所の存在やICOが滞りなくなってというのと、
        現状だとネームバリューが無いと集金できにくく詐欺的な展開の懸念がかなり大きいんですが。。。

        >僕も「上場?」しようか、一瞬考えちゃいました
        自分も及川さんの上場の可能性を想定してました
        以前、『youtubeの広告費用で講座運営を賄えないか模索してる』みたいな事をおっしゃっていた事をふと思い出したので、
        コメントにてお伝えしてみました

  3. 毎度お世話になりありがとうございます。 

    「仮想通貨」のハナシ・・・。
    なにやら「きな臭い」匂いが漂っていそうな感じがしますねぇ~(笑)

    「ヒト・モノ・カネ」が大きく動くときには必ずウラでなにか得体の知れぬ大きなチカラが加わっているのだとつい想像してしまうのは私の「妄想癖」のせいでしょうか・・・?

    無知な私にとってはとても「難しすぎる」事象に見えてしまいます・・・。
    この世はいつも「一部の賢者(権力者)」が「多くの愚者(一般大衆)」を操っているかのように思えてなりません。

    それにしましてもコメントされている皆さんも含め本当に頭の良い人が世の中にはたくさんいらっしゃるようで驚いてしまいます。

    確かに与沢氏は「キレる男」だと思いますし何より「パフォーマンス」がすばらしい方だとは私も認めます。
    しかしながら、実のところ彼以上に「頭の良い男」が近くにいるようです!!

    ・・・・・
    そう!何を隠そう「その男」こそが「及川圭哉氏」なのです!!
    (そのように私の家内が申しております!!)冗談じゃぁないですよ!!

    先生のお名前が「ハンドルネーム」でなく実名で名乗っておられるのでしたら兎に角先生の「お名前」はすばらしく良いみたいで、好むと好まざるとに拘わらず「まだまだ上に登るお名前」らしいですよ・・・!!マジです!
    (名付けてもらった親に感謝デスね・・・。)
    それに付加え、ご存知かどうか分かりませんが、「及川」の姓は大変由緒ある名だそうですよ!!ご存知でしたか??
    (家内の申すことは今までにも大概的を得ております。)

    先生がどこまで登られるかは存じ上げませんが、私もお供させて頂ければ幸いです!!
    どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

    (仮想通貨のハナシからへんな方向へ行ってしまいました・・・)
    悪しからず・・・。

    • 小西さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >「ヒト・モノ・カネ」が大きく動くときには必ずウラでなにか得体の知れぬ大きなチカラが加わっているのだとつい想像してしまう

      ↑いや、実際そのとおりだと思いますよ。

      仮に最初から仕組んでいたわけではなかったとしても、
      途中から各種の思惑が生まれ、
      現時点では完全にその流れの中だと思います。

      >何を隠そう「その男」こそが「及川圭哉氏」なのです!!
      (そのように私の家内が申しております!!)

      ↑恐縮です(汗
      奥様にはくれぐれもよろしくお伝えくださいませ。

      >先生の「お名前」はすばらしく良いみたいで、好むと好まざるとに拘わらず「まだまだ上に登るお名前」らしいですよ・・・!!マジです!

      ↑本当ですか? だとしたら自分でも楽しみです♪

      まさか50過ぎてから
      上を目指せるとは思っていませんでしたので、
      今後の活動にもより一層勇気が湧いてきました^^
      本当にありがとうございます。

      >先生がどこまで登られるかは存じ上げませんが、私もお供させて頂ければ幸いです!!

      ↑では、奥様ともども、
      一緒にがんばってまいりましょうか^^

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  4. 何だか壮大な お話になってきましたね

    何十年後かに、
    70年代ころに活躍した高木彬光さんのような小説家に
    ビジネス小説として取り上げられそうな内容ですね

    しかし、時代時代ごとに、
    時節によりそった投資スタイルがあってあたりまえですね

    引き続き頭をやわらかくして、
    いや、心を必死に柔軟にしてがんばります

    • おっとっと様
      いつもコメントありがとうございます。

      >何十年後かに、
      70年代ころに活躍した高木彬光さんのような小説家に
      ビジネス小説として取り上げられそうな内容ですね

      ↑言われてみると確かにそうかも知れませんね。

      正直、大多数の人は、まだまだ魑魅魍魎とした
      意味不明な内容と感じているかも知れませんが、
      逆に言いますと、
      その大多数が「やはりこれだったんだ!」と
      思うころにはもう投資(投機)妙味は
      大して残っていない・・・

      これが投資の世界の歴史でもあります。

      特に近代は「ネット」という飛び道具があるので、
      判断や決断にも「スピード」が求められるはずです。

      ぶっちゃけ「普通の人」が「大富豪」へと
      一気に駆け上がる大きなチャンスになり得ますので、
      よーく研究されることをオススメしたいですね。

      僕のほうでも、
      そのお役に立てる情報発信ができるよう、
      引き続き「裏のほうの話」も含めて
      情報収集に努めるつもりです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です