リスクリワードを自ら上げる『及川流コツ』とは?

「及川式変態ナンピン」
YouTubeトレード動画にて
おそらく初登場・・・です(笑)
↓  ↓  ↓

 

トレードをする上で
「リスクリワードの合っている場面をやれ!」
このように語る指導者や熟練者は多いはずです。

もちろん僕もその意見には完全同意です。

そんな中、
僕はちょっと世間の人とは違う
リスクリワードの考え方をしていることに
最近気づいたんです(笑)

 

今日は及川流デイトレの
少々変態チックなやり方について
お話させていただきます。

テーマは、
リスクリワードを自ら向上させる考え方
です。

 

ちょっとこのチャート画像をご覧ください。
及川の逆張りポイント

ちなみにこれは「ポンド円」なのですが、
黒丸のあたりが
ショートへの逆張りポイントであることが
終わったチャートからなら分かります。

特に、丸の初期に生じている「長い上ヒゲ」で
その後ロングをしにくい感じなのは明快ですよね?

で、そんじゃショートだ!ってときに、
もしあなたならどこで仕掛けますか?

及川の逆張りポイント 2

おそらくですが、
「教科書的」には赤丸からじゃないですかね?

前回のヒゲ高値を再度目指した足が
やっぱり上ヒゲで終わっているので、
「こりゃもう上には行けないだろ!」

ここがもっとも合理的、
かつ終わったチャートからも安全なのが
見て分かります。

ところが僕なら・・・
なんですが、
実は僕、ここからショートしたりするんです。
及川の逆張りポイント 3

画像の水色の丸、
つまりここでのほぼ最高値からです。

「そんなバカな!」
「ウソをつけ!」

そんな声も聴こえてきます(笑)

けど、本当に
ここからやるんだから仕方ありません。

それはなぜか?

 

実は僕、
ロングポジを持っていた際、
その時点の高値がヒゲで終わった際、
もう一度その高値にチャレンジした際の
「腹八分」で利食い決済するようにしてるんです。

つまり上図の水色丸部分って、
僕にとって「ロングポジの逃げ場」なんですよ。

 

ちなみに終わったチャートは上ヒゲですが、
リアルタイムの現場では
「バリバリ陽線発生中(笑)」です。

ですのでロングを保有していたとしても、
「むむ?まだ伸びるのか?」
ってスケベ根性が生じるような状況のはずです。

けれどもここ、
『もし伸びなかったら一気に下げる場面』
とも言えるんです。

なぜでしょう?

 

それは「前回の上ヒゲで高値つかみした人」が
「ありがとう!」とか
「助かったかも!」とか言いながら
ここで必死に逃げようとするからですね。

これが需給のハナシです。

 

で、僕の「変態バナシ」に戻るのですが、
僕は日頃から
リスクリワードが合っているならナニやっても良い!
このようにお教えしている人にも言ってます。

でね、
この水色丸の部分、、、

繰り返しになりますが、
リアルタイムの現場では
「バリバリ陽線発生中」なんですが、
僕にはここからのショートが
どうしてもオイシく見えてしまうんですよ。

 

なぜなら
もしその前の上ヒゲを超えてきたら
あっさり損切りで数PIPS負け。

もし抜けずに終わったら
一斉にロングポジが逃げ出す場面なので
利益は瞬く間に20PIPSオーバー。

※赤丸下にあるカクカク線(15分足75本線)まで
実際には『26PIPS』ありました。

これって「オイシい!」としか
言えなくないですか??

 

しつこいようですが、
なにせ「バリバリ陽線発生」の状態の中
ショートを仕掛けるので
多くの人は「怖さMAX」かも知れません。

けど、僕からすると
こんなにリスクリワードが合ってる場はない!
このような感覚なんです。

 

僕はよく、
「おっかないと思う場面にチャンスは多い」
このようにも言うのですが、

今回事例のような考え方って、
結構あらゆるパターンで想定出来るものですよ。

今度YouTube動画の録画の日に、
似たような場面があったら
ぜひ収録できるよう意識してみますね。

 

最後にもう一度言います。

リスクリワードが合ってれば
ナニやっても良い!

そういう発想でチャートを見ることで、
誰もルールにしないような
「自分だけの得意パターン」を
見出すことも可能だと思います。

時には「教科書」など無視して、
自分だけの勝ちパターンという
『お宝さがし』をしてみてはいかがでしょう。

そんな風に
「相場を楽しむ」ことも
僕はあって良いと思っているのです。

 

追伸:
今回事例は「しっかり伸びたあと」に
機能しやすくなります。
伸びたてホヤホヤのチャートの際は
まったくもってオススメしませんので、
くれぐれも拡大解釈にはご注意ください。

 

「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

リスクリワードを自ら上げる『及川流コツ』とは?” への12件のコメント

  1. 「相場を楽しむ」

    これ! これなんですよー!
    及川さんの動画の魅力・・・!

    そしてそれを言葉にしようと必死にがんばってくださっている・・・
    ブログ メルマガ

    これからも楽しみにしています

    • おっとっと様
      いつもコメントありがとうございます。

      >「相場を楽しむ」
      これ! これなんですよー!
      及川さんの動画の魅力・・・!

      ↑なんかすごく嬉しいです♪
      ありがとうございます。

      もっとも今回の動画は
      かなりのピンチでしたので
      とても楽しむ余裕はありませんでしたけどね(笑)

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. いつも楽しみに拝見させて頂いております。

    ん~、ただただ怖いです。
    もう~、全然チキンじゃないじゃないですか!(笑)

    でも、このような手法は実際にトレードしていないと思い浮かばないパターンですよね。終わったチャートからは発想できるか?って考えると、手法としてただ受け取るのでなく「そういう風に考える」思考法として捉えないといけないですね。

    教えられた手法をただ淡々とこなすのではなく、「なぜその手法が成り立つのか?」を理屈で捉えることで、相場が変化しても臨機応変に「考えて」対応できるトレーダーを目指さないといけませんね。 

    しかし、”頂きの高さを思い知らされる” 回でした。 
    ・・・そんな発想出来ない~です。<感謝!  

    • Eさま
      いつもコメントありがとうございます。

      >ん~、ただただ怖いです。
      もう~、全然チキンじゃないじゃないですか!(笑)

      ↑「利を確保する」という点については
      かなりのチキンに変わりはないんですよ^^;;

      ただ、当日収支をプラ転させたい、とか、
      エントリーそのものは結構「攻める方」かも知れませんね。

      >「そういう風に考える」思考法として捉えないといけないですね。

      ↑こう思ってもらえると嬉しいですね。
      というか、実際の相場で自分らしく勝っていくとは
      そういうことだと思いますし。

      >しかし、”頂きの高さを思い知らされる” 回でした。 

      ↑いえいえ、
      ちょっと目の毒だったかも知れませんね(汗)

      あくまで「モノの見方」という部分で
      ご参考になればと思います^^

  3. 動画おつかれさまでした
    ユロオジは『ここからあんまり伸びない』という見識はさすがでしたね
    記事もありがとうございます
    動画とちょっと連動したようなお話になりましたが勉強になりました
    すぐに真似するのはちょっと難しいかもしれませんが、
    動画にせよ記事にせよ説明に納得がいくし赤丸で入る時の根拠としては十分使えるように感じました
    自分としては右下がりの長期MAなどとの兼ね合いで判断できるようになるのがまず先なのかなぁ
    それが得意パターンになってきたら及川さんのような判断でエントリーできるように感じました
    ありがとうございました、『相場を楽しむ』が上手にできるよう精進したいと思います

    • たなか様
      いつもコメントありがとうございます。

      >ユロオジは『ここからあんまり伸びない』という見識はさすがでしたね

      ↑結果的にはあそこが「ド天井」でしたね(苦笑)
      もちろんそんなのは予見出来ていませんでしたが。

      >自分としては右下がりの長期MAなどとの兼ね合いで判断できるようになるのがまず先なのかなぁ

      ↑基本はこれだと思います。

      僕の場合、あらゆる場面において
      利益に出来そうな動きはないものか?と
      そんな風に見てる「相場オタク」なだけですので(笑)

      >『相場を楽しむ』が上手にできるよう精進したいと思います

      ↑僕みたいに「オタク」になるのも一考ですね(笑)

      では、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  4. 動画いつも拝見してます。おかげでトレードの動きが少しつかめるようになってきました。今回のお話,是非これからのトレードに生かしてみたいと思います。これまでFXトレードで本当に利益を上げることができるのかなと悩んでいましたが、及川さんのトレード動画で多くの気付きを教えて頂きました。少しではありますが、自信らしきものを感じています。これからも及川さんのトレードテクニックを学んで、必ず勝ち組トレーダーになるつもりです。これからも動画配信をよろしくお願いします。

    • 平島さま
      コメントありがとうございます。

      >少しではありますが、自信らしきものを感じています。

      ↑それはなによりでして、
      そう言ってくれる人が増えるとやりがいもありますね^^
      ありがとうございます。

      動画やブログはなるべく続けますので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  5. 元気にしています、さいです。

    図のタイミングでいけるかどうかは全体をみてみないとわかりませんが、明らかに長めのMAが強い感じでもないのでグズグズな感じはでていますね。
    その点では、青〇ではいけませんが、そのちょっとしたならエントリーしてみて、その後その足が髭で終わって一安心という感じ。
    そして、次の足の確定で保有決定となりますね。

    なんだかんだでもう四月ですね苦笑

    • さい様
      いつもコメントありがとうございます。

      >元気にしています

      ↑なによりです^^

      >青〇ではいけませんが、そのちょっとしたならエントリーしてみて、その後その足が髭で終わって一安心という感じ。
      >そして、次の足の確定で保有決定となりますね。

      ↑さすがの分析ですね^^
      安定感が違います。

      >なんだかんだでもう四月ですね苦笑

      ↑ほんとですよねぇ・・・
      もう言葉もありません。

      では、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  6. いつもありがとうございます。

    「及川式変態ナンピン」「変態逆張り」とてもすごいです。

    若い女の子だったら「ヒーっ!ハーっ!!」って言ってますよ(/ω\)

    なかなか素人ではマネ出来ぬ「変態技」ですね。(笑)
    (過去の動画でも何度かこの「変態技」をお見受けした気がします。)

    結果的にこの画像の「逆張り」も動画でやられた「ナンピン」も思った方向へ値が動いたと云うことは、ほとんどのトレーダーが「そう考えて行動した?」(そちらの方向へ動く力が強かった)結果と云うことなのですね!

    <こんなことされちゃ~素人はたまったもんじゃぁあ~りませんよ!!>(笑)

    先生はよく「相場は人が作り出しているモノ」だとおっしゃいますが、目に見えぬ相手との死闘の結果勝利する「喜び」って格別なものなのでしょうね?

    「相場」って本当に奥が深いものなのですね。
    でも、すごく「面白い」ですよね??

    まだまだ「怖さ」も「面白さ」も解ってはいませんが、一生のスキルを身につけるべく諦めず修行致します。今後ともご指導ください。

    それにしても、「バリバリ陽線発生中」のショートが美味しく見えるなんて相当な「マニアック」なんですね!(笑)

    余談で恐縮ですが「美味しい」で思い出しましたが、いま発売中の「コカ・コーラplus」お飲みになりましたか?カロリー0ゼロなのにとても美味しいですよ!
    一度ご賞味あれ・・・。

    PS・本文中にもし失礼がございましたらお許しくださいませ。

    • 小西さま
      いつもコメントありがとうございます。

      >なかなか素人ではマネ出来ぬ「変態技」ですね。(笑)
      (過去の動画でも何度かこの「変態技」をお見受けした気がします。)

      ↑あ、やってましたかね?
      かも知れませんね、この手のことは本能的にやりますので。

      >それにしても、「バリバリ陽線発生中」のショートが美味しく見えるなんて相当な「マニアック」なんですね!(笑)

      ↑ここは「スキャルピング」もやっているからだと思います。
      スキル的にはそっちの考え方ですね。

      >いま発売中の「コカ・コーラplus」お飲みになりましたか?カロリー0ゼロなのにとても美味しいですよ!
      一度ご賞味あれ・・・。

      ↑僕は普段「コカ・コーラゼロ」を
      主に運動後に愛飲しています。

      新商品は見たことはあるのですが、
      試したことはありませんでした。
      今度チャレンジしてみようと思います^^

      情報ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です