海外移住?いやいや「ニッポン」がやっぱりいい・・・ですよね?


ご訪問ありがとうございます。
当ブログは人気ブログランキングに登録しています。
出来たら一日一回↑こちらをクリックしていただけませんでしょうか?
そうすることで僕の記事が少しでも多くの人の目に止まりやすくなります。
応援・・・よろしくお願いいたします!


「とっとと動画を終えて楽になりたい・・・」
この端折った考えが間違いの元でした(汗)
少ないPIPSでも勝つためと倍ポジ入れましたが、
結果損切りとなったため
ドテンを『4倍ポジ』にせざるを得ず、
見た目以上にリスキーなトレードだったと思います。
↓  ↓  ↓

 

7~8年くらい前でしたか・・・
僕の周りでやたら
「海外移住バナシ」が流行っていました。

実際にシンガポールその他に移住した知人も多く、
僕も当時は結構本気で
移住に関することを調べたりしたものでした。

 

「7~8年前」ってのは、
僕自身、急激に現金資産が増えた時期なのですが、
言っちゃナンですけど、我らがニッポン、
やはり「税金」はとっても高いワケです(汗)

先祖代々からの資産家さんの場合、
多額の納税をすること自体に慣れている?のか、
それとも多額の納税をしても
ビクともしないほどの『圧倒的な収入』があるのか、
そのへんはまったくもって定かではありません。

が!
僕のような、早い話
「貧乏からの成り上がり組」からすると、
その過程において、
「税金・・・クソ高くね??汗」
って痛感させられるワケです(苦笑)

節税

で、そんなときにたまたま
「海外移住ブーム?」が盛り上がっていたため、
僕自身、正直ちょっと心が揺れたものでした。

 

ちなみに当時は
3人の娘が全員学生の時期でして、
僕が将来の海外移住について話をしたところ、、、

「は?なにワケの分からないこと言ってるの?
移住するならお父さんだけにしてね。
私たちはお母さんいなければ生きていけないんだから!」

うちのカミさんは「超専業主婦」でして、
また『ウルトラ亭主関白』の僕を見て育ったせいか、
娘たちは全員、カミさんを家政婦のごとく
コキ使うんですよ。

なので僕はいなくてもなんら困りませんが、
カミさんがいなくなるのは
どうやら死活問題のようなんです(苦笑)

もっともカミさん自身、
まったくもって海外移住などに興味がなく、
というか、「日本大好き」なため、
いずれにしても海外移住を承諾することは
なかったわけですが・・・

 

まぁそんなこんなで
立ち消えとなった「海外移住問題」。

今となっては
それで正解だったように思っています。

若くして海外に移住した知人の中には
実はすでに日本に戻って来ている人間も少なくなく、
当たり前ですが日本人にとって、
一番住みやすいのはやっぱり日本だってことですよね。

 

そもそも海外移住のメリットとしては、
税金の安さに加え
「物価の安さ」も当時は言われていましたが、
近年はどこも物価・・・高いですよ。

僕は香港&マカオには
友人らと毎年数回行っていますが、
5~6年前と今とでは余裕で1.5倍、
もしかしたら2倍くらいじゃないか?ってくらいに
物価は騰がっています。

※直近は円高なので
だいぶ有利にはなっていますが、
僕が当初行ってた時期は「ドル円70円台」でしたので
それでも今の方がはるかに円安です(苦笑)

 

経済が発展し、インフラが整うにつれ、
物価が騰がるのは昔の高度成長期の日本を見れば
至極当然のハナシなんですよね。

ま、中国人が「バブリー」だったのも
多いに影響しているとは思いますけど。

これらの観点から見た場合、
ある意味「成熟」していることによって
急激な変化が起こりにくい「我が国:日本」は
生活をするうえで
リスクの少ない国と言えなくもないのかなって、
そんな風に最近は思うようになりました。

 

あ、随分と長くなってしまいましたが、
実はここまでが「前フリ」です(笑)

要するに
「日本で生活する以上は税金はきちんと納めましょう!」
なぁんて野暮?な話をしたかったワケです。

 

現在国内における「FX利益」への課税は
個人口座であれば、

20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)
↑こうなります。

※僕は国内では「法人口座」なのですが、
ややこしいので今日は「個人」の話だけとします。

ただしこれ、
確定申告をする際『必要経費』が認められます。

案外ここを見落としている人が多いようですね。

それこそ「教材購入代金」や「セミナー受講料」など、
すべて利益と相殺できますからね!

もし今までそうしてこなかった人は、
ぜひ次回以降の確定申告の際には経費計上なさってください。

 

特に僕自身
「有料サービス」を提供する側の人間でもあるため、
ここについては、
ぜひとも経費計上して欲しいなって思っているんです。

ちなみにFXの利益に対する「必要経費」は
挙げ出せば実に多岐に渡ります。

例えば・・・

  • セミナー参加費用および交通費、宿泊費
  • トレーダー同士の情報交換にかかる飲食代
  • 銀行の取引手数料や振り込み手数料
  • 書籍、新聞、有料投資教材購入代金
  • FXの取引手数料(あれば)
  • パソコン購入費
  • プリンターのインク代
  • インターネット費用
  • プロバイダ費用
  • 郵便料金などの通信費
  • スマホ代(アプリで注文する場合)
  • 事務用品(ノートやペンなど)

それこそ僕のようにトレードすることを目的とした
「事務所と言う名の隠れ家」を借りた際、
その家賃や光熱費だって経費になるワケです。

実際には、
例えばパソコンやスマホを
トレード以外のことにも使う人は多く、
その場合、購入代金の一部しか経費として
認められないケースなどは多々あると思います。

けど逆に、
ぶっちゃけ「通ればラッキー」という経費項目も
よーく考えれば
案外たくさん出て来るんじゃないですかね?(笑)

「トレーダー同士の情報交換にかかる飲食代」
↑ここが経費って部分も大きなポイントです。
僕がナニを言いたいか?は
ぜひ空気を読んで欲しいですね♪

 

ですので既にFXで利益が出せている人・・・

「あぁ利益の20%を税金払えばいいんでしょ?」
ではなく、

その利益を得るためにかかった「経費」は
しっかり主張し、申告して欲しいと思います。

 

ちなみにこの話、
間違っても「脱税指南」などではありません。

きっちり合法な『節税指南』ですので、
くれぐれも誤解のないようお願いしますね(笑)

国民の「義務」は果たそう!
けど、ゆえに『権利』はしっかり主張しよう!

そーゆー話ではないかと
僕は思っているんです。

 

追伸:
「海外移住を検討したことがある」なんていうと、
なんかカッコよく聞こえるかも知れませんが、
英語がさっぱりの僕は、
その前にECCなどへの『駅前留学』が先であることは
論を待ちません(苦笑)

 

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ