6度目(現時点で最後)の無一文

ご訪問ありがとうございます。
当ブログは人気ブログランキングに登録しています。
出来たら一日一回↑こちらをクリックしていただけませんでしょうか?
そうすることで僕の記事が少しでも多くの人の目に止まりやすくなります。
応援・・・よろしくお願いいたします!

久しぶりのドテン動画です。
まぁしたくてやってるワケではなく(苦笑)
ナンピンか?ドテンか?
いずれの場合も「ジリジリ動き」には注意ですね。
↓  ↓  ↓

 

※今日は「無一文シリーズ」です。

2006年3月末、
家電工事会社を従業員に1500万円でバイアウトした僕は、
そのまま株の「専業デイトレーダー」へと転身します。

▼関連記事
「6度目無一文」への序章・・・

 

「3度目の無一文」の際、
株式投資の持越し時に全損した反省を踏まえ、
原則オーバーナイトなしの
デイトレをメインにすることにしました。

会社売却により『身体的自由』を得た僕は、
喜び勇んでその翌日からトレードを始めたんです。

 

ちなみに成績はボチボチ良好でして、
「これなら大丈夫かな?」と当初はそう思っていました。

投資金1500万円に対し一日1%~2%、
つまり15万円から30万円くらいの利益を出すイメージでしたので、
本当にそのペースで勝てるのであれば、
僕の「億万長者への道」はかなり明るかったと言えます。

 

ところが実際には専業移行の初月、
僕の利益は50万円弱で終了となりました。

普通の感覚であれば「月間利益50万円」なら、
まぁ生活も出来ますし、
そもそも勝ててるんだからいいじゃん!
ってハナシですよね?

ところが僕・・・
このときトンでもない「恐怖」を感じてしまったんです。

それは『出金の恐怖』です。

 

確かに50万弱は勝った、
けれどもそれは生活費として出金せねばならない、
すると翌月はまた「原点」からのスタートである。

しかも僕の中の「目標月間利益」からすると、
10分の1程度の利益しかない・・・

僕はなんとも言い得ぬプレッシャーを
この瞬間に感じたのです。

 

専業移行から数ヶ月目、
僕は初めて「月間収支マイナス」を経験しました。

トータルではまだまだ勝てていたのですが、
けれどもそれまでの利益は生活費として出金済なワケです。

従ってその月の出金により、
僕の口座残高は当初額を割り込んでしまいました。

「怖い・・・」

 

この当時の僕は、
株の利益以外のキャッシュフローが一切ありませんでしたので、
その収支がマイナスであることの恐怖は
計り知れないものがありましたね。

 

少し話が逸れますが、
僕は大昔のブログでこのあたりのことを
記事に書いたことがあります。

専業トレーダーへのある意味一番の壁、
それは・・・『出金』である!と。

 

さて・・・

「出金の恐怖」に支配された僕は、
その後のトレードがどんどんおかしくなって行きます。

それまでなら手堅く利食いをしていたモノが、
「いや!今日の目標には足りていないのでもっと引っ張ろう!」
みたいなケースが目に見えて増えてきました。

で、結局戻されてしまい、
逆に利益が減った状態で決済・・・

いや、これならまだ良いほうでして、
含み益だったポジションがマイナスに転じた際など、
それまでなら損切り出来たモノが、
「いやいや!損では切れないだろ!!」
と意固地になり、結果さらに大損・・・みたいな。

要するに
「それまで取れていた利益が大幅に減り
 それまで食らわなかった損失を食らう」
このような“体質”になってしまったワケです。

 

こんなんでマトモな成績になろうはずもなく、
気づけば僕は月間収支でも
ロクに勝てない状態になっていました。

毎月の生活費を出金していく中で、
そもそもトレードの収支がマイナスなのですから、
どんどん資金が目減りするのは明白ですよね?

けれどもカミさんに
その悩みを打ち明けることも出来ず、
家庭では極力平静を装って過ごしていたのでした。

 

そんな折、
その年(2006年)の11月・・・

我が家は念願だった
「マイホーム」に引っ越します。

あ、「マイホーム」なんて言うと少々大袈裟で、
いわゆる“建売”なんですけどね。

ただし建築開始前の購入だったため、
間取りをある程度僕らの自由に設計出来たんですよ。
そこはとっても幸運だったと思っています。

 

ちなみに
「専業トレーダー」なんて職業では、
住宅ローンなど組めませんよね?

当然そこは理解していた僕、
工事会社の経営最終年に
カミさんを「従業員」という扱いにし
給料を発生させておいたんです。

で、彼女の収入証明を使い、
彼女名義で住宅ローンを組む作戦を立て
それが奏を効した次第です。

 

ところが不動産の契約自体は6月頃の話で、
まだ僕が株で負け始める前の時期でした。

で、建物完成が11月。
この時点で僕の証券口座資金はかなり減っていたワケですよ。

・・・死ぬほど焦りましたね。

 

新居に引っ越しをしてからの僕は、
目減りした資金を一気に取り戻そうと
値動きの激しい新興株ばかりを扱うようになりました。

けど・・・もうご想像つきますよね?

「引っ越し後の僕」は
ますます損失ペースが上がり、
なななんと、その月の月末時点で
すべての資金を飛ばしてしまったんです。

 

「最後のトレード」は今でも鮮明に覚えています。

その日もついぞ負け続けた僕は、
一発逆転を狙いある新興銘柄を買ったのですが
見事に逆を突かれます。

今度はと損切り後にすべての資金で空売りをした途端、
なぜかその銘柄は一気に上昇に転じ、
瞬く間にストップ高に張り付いてしまいました。

「終わった・・・」

これが僕の6度目無一文転落の瞬間です。

 

カミさん、3人の娘たち、
つまり僕を除くすべての家族が、
念願のマイホームへの引っ越しで
はしゃぎにはしゃぎまくっている
まさにその最中・・・

僕は無一文に転落してしまったワケです。

 

僕はカミさんにこう言いました。

「お前たちを守れるのは
もうオレの生命保険金しかない」

当時僕は、本当に死ぬしかないかもって
そう思っていたんです。

 

来月以降の生活費や
それこそ始まったばかりの住宅ローンをどうすればいいのか?

完全に思考停止に陥った僕に向かって
カミさんはこう言いました。

「別に死ぬまでのハナシじゃなくない?」
「なんとかなるでしょ?アンタなら」

その日はどうにもブルーな僕でしたが、
それでも心が楽になった僕は、
不思議なくらいその夜を熟睡することが出来、

そして『無一文転落の翌日』から、
再生に向けた行動を開始することになるのです。

 

以下、次号(おそらく最終回)へ続きます。

 

▼続きはコチラ
「6度目無一文」からの復活バナシ

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料EBook:1日20分のデイトレで億を稼ぐ攻略メソッド

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード
▼【実録】“億トレーダー”への軌跡

全3部構成(26ページ)
〜序章編〜 〜転落編〜 〜復活編〜

▼【及川式】デイトレ攻略メソッド

全3部構成(150ページ)
LESSON1〜LESSON3

1日20分であなたの投資成績を大幅に改善する良質なトレード手法を知りたくありませんか?
  • ・実践初日からプラス12万円を獲得するデイトレ手法を知りたい
  • ・「どうして勝てないのか?」「どうすれば勝てるようになるのか?」をキチンと知りたい
  • ・確実に無駄なポジションをなくして、相場に冷静に対処できるようになりたい
  • ・30万円からの投資をはじめて億超えを目指したい
このデイトレ手法は僕が6度の無一文を経験してから億トレーダーへ復活した禁断の手法です。 無料EBOOKでは、トレーダーとしての道を間違えないよう、デイトレード手法を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

及川 圭哉

1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。