儲ける為の必須条件。的確なロスカットを身につけよう!

00_pp44_pp_tp_v

FXは、元金よりも大きな取引を、レバレッジで行えます。
その為、証拠金がある一定の金額減ってしまうと、ロスカットを強行されます。
ロスカットされてしまったお金は戻りません。
そのため、できるだけ少ない損失に抑えた範囲内で自らロスカットを行うことで、
自身の資金を守る事が出来ます。

また、利益額より損失が下回れば、確実に資金は増えていきます。
その為にも自身でロスカットを行う事は、とても重要です。

 

損失を防ぐ為、断固としてロスカットに踏み切りましょう。

誰でも皆、自分の予想に反し相場が動いていても、また戻るだろう。
根拠の無い期待を込め、損切をなかなか実行できません。
この習性をまず捨てなければ、FXで利益を上げる事が出来ません。

誰でも最初は、損失を確定させる事をついつい避けたり、
逆に僅かな利益でも確保しようと、早めに決済して利益が小さく
なりがちです。

しかし、自分の予想が間違っているのに、戻るのを待つのだけは避けた方が良いでしょう。

損失が生じた場合はさっさと決済し、
自分の望む方向に相場が動き出した時に、再度ポジションを持ち直せばいい
のです。

この決断が出来るようになれば、利益を上げる事が出来るようになります。

 

的確なロスカットを行うには?

とはいえ自分の持つポジションが逆へ行ったからといって即損切りしては、利益は上げられません。

対策としては、やはり過去のチャートを参考にします。
チャートを見て頂ければ解ると思いますが、大抵どのチャートでも、
相場から極端に飛び出す細い線が幾つか出ていると思います。
主にこの線の内側を、ロスカット予想値として設定します。

また、過去に一定のレンジ内で値幅が推移し、
ローソク足が何度となく上下動を繰り返して方向性が決まらないような場合、
その値幅はほとんど同じような状態で動く事があります。

勿論、突発的なニュース等は除外します。
その値幅を頭に入れておく事で、損切のレベルを決める目安に出来ます。

この目安は通貨や長期チャート、短期チャートで異なっている為、トレードの前にチェックしておきましょう。

 

損切の目安とは?

相場が上がっている時に買いのポジションで入った場合、どこで損切をするかが問題になります。
この場合過去チャートのローソク足が最も長いものを参考にし、それより下がった場面を損切の目安にします。

また、損切で参考に出来るのは、過去の最安値や最高値です。
同時に、突発的ニュースが入っているかどうかも、チェックしてみます。

このような数字が頭に入っていれば、相場の変動でも慌てる事無く、的確なロスカットが出来るようになります。

常に相場の動きに動揺したり、根拠の無い憶測で臨まず、
冷静に最小の損失でロスカットを行う習性を身につける事が大切です。

 

まとめ

このように、損切りが必要なタイミングを逃さず、
迷いを捨てて断固としてロスカットするのは、大切なことです。

しかし無駄なロスカットを行い、ロスカット貧乏に陥ってしまってもいけません。

この後、色々な相場の状況に応じてどんな場合でロスカットすべきか。
記事に混ぜ入れて行きますので、ぜひ参考にして下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す