FX売り買い短期取引のタイミング

statistics-706383_960_720

FXにおいて有利なトレードを行うに必要な事とは。
それは、取引前に長期、中期、短期のチャートをチェックする事です。

トレードは、安いレベルで買い、高いレベルで売る事が損切を最小に抑えるボイントとなりますが、
この『安いレベル』『高いレベル』を知る方法として、チャートをチェックしましょう!

 

1 チャートをどう見れば、
『高いレベル』『安いレベル』の判断が出来るようになるのでしょうか?

5分足で、前日の流れをチェック。
日足で、半年から一年の流れをチェック。
時間足で数日の流れをチェック。
その後五分足のチャートをもう一度見直してみる。

このチェックで、現在が高いか安いかの判断をします。

 

2 売りの絶妙なタイミングとはどんな時?

日足チャートが、上下の波を描きながらも下降中の時。
また、時間足のチャートが、日足の下降トレンドの上下の波を描く、その上の波で折り返す時。
更に五分足チャートの波が、時間足下降トレンドの、上の波近くにいる時。

これらの条件が揃った時が、売りで入る最も良いタイミングです。

 

3 これらのタイミングで売りポジションを持った時、気をつけることとは?

このタイミングで売りで入ると暫くの間トレンドが続く事となるので、
数日間ポジションを持つ事になるかもしれませんが、利益もそれだけ大きなものが得られる事が期待できます。

しかし時間足と日足の上限を上に抜いて反対に動き出した時には直ぐ損切を行います。
そしてこの場合は買いに切り替えるべきです。

また日足チャートが下降トレンドの時、時間足、五分チャートが日足の下限まで下落してしまった場合は、
買いで入って、短期で結果を出すようにします。

 

4 買いのタイミングとは?

先ほどとは逆に、日足が上昇トレンドを継続中の時。
時間足のチャートが、日足の上昇トレンド波の、下限で折り返す時。
そして五分足のチャートが、時間足の上昇トレンドの波の、下限近くにいる時です。

この時も売りと同様です。
トレンドが続く間、ポジションを長く持つ事に成りますが、多くの利益を期待できます。

時間足と日足の下限を抜いて反対に動き出した時損切をし、売りで入るようにします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す