FXトレード入門

儲ける為の必須条件。的確なロスカットを身につけよう!

00_pp44_pp_tp_v

FXは、元金よりも大きな取引を、レバレッジで行えます。
その為、証拠金がある一定の金額減ってしまうと、ロスカットを強行されます。
ロスカットされてしまったお金は戻りません。
そのため、できるだけ少ない損失に抑えた範囲内で自らロスカットを行うことで、
自身の資金を守る事が出来ます。

また、利益額より損失が下回れば、確実に資金は増えていきます。
その為にも自身でロスカットを行う事は、とても重要です。

 

損失を防ぐ為、断固としてロスカットに踏み切りましょう。

誰でも皆、自分の予想に反し相場が動いていても、また戻るだろう。
根拠の無い期待を込め、損切をなかなか実行できません。
この習性をまず捨てなければ、FXで利益を上げる事が出来ません。

誰でも最初は、損失を確定させる事をついつい避けたり、
逆に僅かな利益でも確保しようと、早めに決済して利益が小さく
なりがちです。

しかし、自分の予想が間違っているのに、戻るのを待つのだけは避けた方が良いでしょう。

損失が生じた場合はさっさと決済し、
自分の望む方向に相場が動き出した時に、再度ポジションを持ち直せばいい
のです。

この決断が出来るようになれば、利益を上げる事が出来るようになります。

 

的確なロスカットを行うには?

とはいえ自分の持つポジションが逆へ行ったからといって即損切りしては、利益は上げられません。

対策としては、やはり過去のチャートを参考にします。
チャートを見て頂ければ解ると思いますが、大抵どのチャートでも、
相場から極端に飛び出す細い線が幾つか出ていると思います。
主にこの線の内側を、ロスカット予想値として設定します。

また、過去に一定のレンジ内で値幅が推移し、
ローソク足が何度となく上下動を繰り返して方向性が決まらないような場合、
その値幅はほとんど同じような状態で動く事があります。

勿論、突発的なニュース等は除外します。
その値幅を頭に入れておく事で、損切のレベルを決める目安に出来ます。

この目安は通貨や長期チャート、短期チャートで異なっている為、トレードの前にチェックしておきましょう。

 

損切の目安とは?

相場が上がっている時に買いのポジションで入った場合、どこで損切をするかが問題になります。
この場合過去チャートのローソク足が最も長いものを参考にし、それより下がった場面を損切の目安にします。

また、損切で参考に出来るのは、過去の最安値や最高値です。
同時に、突発的ニュースが入っているかどうかも、チェックしてみます。

このような数字が頭に入っていれば、相場の変動でも慌てる事無く、的確なロスカットが出来るようになります。

常に相場の動きに動揺したり、根拠の無い憶測で臨まず、
冷静に最小の損失でロスカットを行う習性を身につける事が大切です。

 

まとめ

このように、損切りが必要なタイミングを逃さず、
迷いを捨てて断固としてロスカットするのは、大切なことです。

しかし無駄なロスカットを行い、ロスカット貧乏に陥ってしまってもいけません。

この後、色々な相場の状況に応じてどんな場合でロスカットすべきか。
記事に混ぜ入れて行きますので、ぜひ参考にして下さい。

あなたに合ったトレードスタイルは?

c789_keitaitomba_tp_v

今回は色々な取引スタイルをご紹介します。
自分に合ったスタイルとはどれなのか?
あなたのFXトレードはどれが適するのか、選択の参考にして下さい。

 

スキャルピング

短い時間で行う取引スタイルの事を言います。
一回の取引を、数秒から数分で行います。
ドル円で言えば数銭単位の取引で、差益が少なく、同時に損失も少ない、無難な取引とも言えるでしょう。
相場の動きがあまり解らなくても出来る上、決断力の早さ等が必要になってくるので、比較的若い人に向いています。
売られすぎや買われすぎ等を狙い、逆張りをするのが主流です。

 

デイトレード

デイトレードの特徴は、その日のうちに決済し、
ポジションを翌日に持ち越さないトレードスタイルの事を言います。

利幅は数十銭単位。ポジションを持っているのは数十分から数時間程度で、一日に複数回取引を行えます。

また、自動売買をセットしておくと数時間後にポジションチェックを行いながらの取引が出来る為、
サラリーマンの方にも可能な取引方法と言えます。

更にこの取引はその日のうちに決済する為、
誰でもさほどストレスを感じず行える取引スタイルで、
相場が何度となく上下動を繰り返し方向性が決まらない時などでは、
上限で売り、下限で買いを入れて欲張らずに取引出来れば
勝率が確実に上がる方法です。

 

スイングトレード

数日間ポジションを持ち続ける取引スタイルの事を言います。

トレンド(長期的に見られる一定の方向への、
相場の値動きの傾向)が発生してる時は、トレンドに沿ったポジションを取ります。

値幅はドル円で言えば数円単位で行う為、
デイトレードよりロスカットの幅は大きめになるため、取引額は小さめにすると良いでしょう。

この方法は一日に何度も取引をチェックする必要はありませんが、
相場の動きが気になって仕方無い方にはお勧めできません。

 

ポジショントレード

スイングトレードより、更に長くポジションを持つ取引スタイルです。
トレンドが、数週間、数ヶ月と長く続く状況の時に、トレンドに沿ったポジションを持ち続けます。

 

スワップトレード

スワップとは、二つの通貨の金利差の事を言います。

例えば、現在(2016年10月時点での金利に修正)日本円の金利は0.10%。
それに比べ、オーストラリアは1.5%。南アフリカにおいては7.0%もあります。
オーストラリア、もしくは南アフリカ等の通貨を買っておくと、円との金利差分の利益が、毎日が発生します。
けれど売りのポジションだと逆に、金利差分を毎日支払わなくては成りません。

 

スワップトレードとは、この金利差を使い利益を上げるトレード方法です。
外貨預金に近いもので、外貨預金と違う点は、
レバレッジによって少ない金額でも取引出来ますが、元本保証がありません。

取引方法は、通貨ペアの金利差の大きなものを買い、長期に渡ってポジションを持ち続けますが、
スワップは毎日変動するため、万一の場合を考え、損切は必ず入れておかなければなりません。

 

まとめ

このように、様々な取引スタイルがあります。

ライフスタイルに沿った、無理のないトレードを選択する事は、FX外国為替取引で利益を上げる為に大変重要です。

また同時に時間帯だけで無く、それぞれのトレードの特徴を踏まえ、
あなたが得意とするスタイルを選択し、利益を上げて下さい。

トレンドの3つの大きな特徴

financial-crisis-544944_960_720

トレンドとは?

トレンドとは、FX相場が一方向に向かって上昇もしくは下降を続けている状態のことで、
それぞれ上昇トレンド、下降トレンドと呼びます。

これに対して、相場が一定の価格の範囲で上下し続けている状態をレンジと呼びます。

トレンドの長さは短期的なものから、長期的なものまで様々ですが、その長さによって色々な特徴があります。
中でも長期トレンドは、安定した利益を長期上げる事が可能です。

 

長期トレンドの特徴

長期のトレンドの始まり、そして終わりには大抵、各国金融政策の経済指標要人発言等が影響します。

例えば、ドル円を例に取ると
アメリカが金融政策引き締めに政策が転換するし、日本では緩和政策が取られるといった状況の場合金利差が拡大し、ドル買いが始まると推測出来ます。

こういった場合は、米国雇用統計要人発言に注意を払います。

このようなトレンドは、数年単位で続くことがあり、
うまくトレンドに乗ることが出来れば非常に大きな利益を獲得することが可能です。

例えば高金利通貨であるオーストラリアの政策金利の発表は毎月第一火曜日、
雇用統計の発表の中でも、最も注目される米国非農業部門雇用者数の発表は、毎月第一金曜日に発表されます。

金利が高くなったり、雇用者数の数値が高くなればその国の経済が潤っているという事ですから、
通貨の価値が上がり、その国の通貨を買う人が多くなり、上昇トレンドが生まれます。

トレンドの流れをいち早く察知し、大きな波に乗るために各国の重要な指標は常に注視するようにしましょう。
指標発表前にはそれぞれの予想値なども発表されるので参考にしましょう。

 

中期トレンドの特徴

中期のトレンドはテーマがはっきりしているので、終わりも予想しやすいのが特徴です。

例えば、紛争等が起こった場合、一時的にリスク回避の動きが見られます。
しかし事態が収束すれば、元のレベルに戻ります

FXにおける中期のトレンドは数日〜1ヶ月程で収束します。

例えば大型の長期の上昇トレンドの中で、一時的に中期の下降トレンドが発生したり、
発生しそうな場合は、一旦ポジションを決済し、様子をみるようにしましょう。

長期トレンドは数年単位で継続することもあるので、再びトレンドが上昇する気配が見られてから再度ポジションを建てても遅くはありません。

 

短期トレンドの特徴

短期のトレンドは数時間〜数日で収束する短いトレンドです。
いきなり始まり、唐突に終わる事があるので予測しづらく、リスクが大きくなりがちです。

トレンドの継続期間が短いので、必然的に値幅も小さくなり大きな利益を獲得するためには、
レバレッジを多めにかける必要があります。

また、トレード回数も多くなることから
手数料やスプレッドなどを考慮すると、不利な点が目立ちますが、
短期でトレードを完了することができるので、
短期トレンドをうまく掴むことができれば安定した収益を上げることができます。

 

まとめ

このように、FX為替取引のトレンドにはそれぞれ特徴があります。
それぞれの特徴をよく理解し、うまくトレンドに乗ることで
効率の良い、安定した収益を上げることができます。

しかしながら、「トレンドに乗っているから大丈夫」という油断は禁物です。
なぜなら突発的ニュースや事件等で市場が突然動くこともあり得ますので
トレードの際はいつでも危険回避出来る用意が必要
です。

パソコンから離れて相場が監視できないような場合には、
指値やOCO注文等を利用してリスクを最小限に抑えられるような工夫をするようにしましょう。

値動きの活発な時間帯を狙ってトレード効率アップ

symbol-95716_960_720

為替が動き出す時間帯を狙おう

一日の為替市場はニュージーランドのウェリントン市場から始まり、
シドニー市場に続いて東京、香港等アジア圏の市場に移り、
日本時刻の夕方以降からロンドン等の欧州市場、
そして最後にニューヨーク市場に移っていきます。

大きな市場が開く時間帯、そして閉じる時間帯は大手の取引、
例えばインターバンクのディーラー等が大量のポジションを売り買いする時間となるため
相場が大きく動きやすくなっています。

具体的な時間帯としては、
ニューヨーク市場の終わる5時ごろから東京市場の始まる7時頃、
そして東京市場のクローズから欧州市場のオープンが始まる16時から18時頃。
最後にニューヨーク市場が始まる21時頃から24時頃といった時間帯が
比較的レートの動きやすい時間帯です。

 

重要経済指標は要注意

欧州や米国に関する指標発表は非常に相場に大きな影響を与えます。

中でも一番注目されるのが米国の雇用統計です。
大きなトレンドの変換点になることもありますし、
発表の前後はものすごい勢いでレートが変動します。

スキャルピングによる短期のトレードの場合は
この大きく相場が動く時間帯を狙って取引することで効率の良いトレードが可能となります。