デイトレード

【FX入門】デイトレードを始める前に 〜デイトレードの変遷

pak88_tumikasanattakinkai_tp_v

序章〜世界経済を相手にしたFXデイトレード

世の中が世界的な低金利に襲われてから、すでに数年以上経ちます。

そのため、せっかくのお金を銀行に置いておいても全く金利が見込めない状況です。

とはいえ、株式投資も難しいし、以前のように高金利な金融商品も見当たらない。

そこで、苦労して働いて貯蓄した大切な自己資金を
効率的に運用するために「FXによる投資」を選択される方が増えています。

 

近年では、そのFXを取り巻く環境も大きな変貌を遂げてきています。

1998年に個人投資家向けに金融庁(当時の大蔵省)によってFX取引が公認されて以降、
その市場参加者は、個人、法人で日本だけでも、
おそらく100万人を超えて推移してきているはずです。

当時、相場がゆっくりとした円安局面だったため、高金利通貨を買って円を売り、
なおかつ金利差によるスワップポイントまでプラスされていました。

(※スワップポイントというのは
「金利差調整分」という2国間の金利差から得られる利益のことです)

 

日本では「ミセスワタナベ」に総称される
円キャリートレードで儲けた個人投資家が多くなり、
飛躍的にFX人口が増えていきました。

しかしながら、主要国を中心として世界の金融市場が低金利時代へと変貌した昨今、
FX取引もまた、かなり難しいものとなっています。

 

6割勝てたら優秀!FXトレーダー事情

現実的にプロのトレーダーでも
年間で6割の勝率(野球でいえば打率)を維持すれば、
相当優秀なディーラーと呼ばれるぐらいです。

そのため、FXを始めたばかりの個人投資家が
世界の投資家を相手にいきなり勝てるわけがありません。

 

FX取引は、決して丁半博打ではありません。

それなりに慎重に準備し、
基本的な知識を身につけてからスタートすることがなにより大切です。

「デイトレーダーで◯◯円稼いだ!」などと豪語している方々は、
間違いなく人の数倍も勉強して、独自の取引手法を構築しています。

現実のFX取引では、大きく負けてしまう人、
勝ったり負けたりを繰り返す人の方が圧倒的に多くいます。

 

FXトレードの変遷〜時代を振り返る

昔話を少しさせていただくと、
そんな私も社会人としてのスタートがFX業界で、
当時は東京外国為替市場と呼ばれる銀行間取引が主な取引スタイルでした。

まだその頃は海外との直接取引も出来ない時代で、
株式市場同様15:30に1日の取引を終えておりました。

 

その後、何度か法改正が繰り返されて、
海外との取引も始まり、24時間市場となり、
当局によって個人投資家向けの外国為替取引が認可されて、
ようやく個人のFX取引がスタートとなりました。

  • 1985年の悪魔のプラザ合意
  • 1987年のブラックマンデー
  • 1990年のバブル破裂
  • 1995-98年の大手証券・銀行破綻、
    株価暴落を経てから、ドル円も79円台に突入

そうした激動の時代を経た後、東京でのFX取引は始まったのでした。

 

FX取引が始まる以前は、商社やメーカーでさえも
輸出輸入などの実需のカバーは
銀行を通して取引しなければいけない市場でした。

私がFXトレーダーとしてデビューした当時は
今は当たり前に使用されているチャートのようなものは無く、
株式罫線(けいせん)を為替相場に適用させ、
トレーダーたちは、方眼紙に手書きで、
自分でローソク足をつけて勉強しておりました。

 

何が起こるか分からない・・・
FX取引は世界経済に強く影響される

1985年9月22日のプラザ合意の日に
ドル円が240円から215円ぐらいまで急降下。

僅か1日で起きたその推移に
多くのトレーダーが、買いレートも無く、
地獄を見て涙を流したということもありました。

 

FX取引が公認されてからも、

  • 1995年の阪神淡路大震災
  • 2001年の9.11
  • 2008年のリーマンショックやLTCM破綻

など多くの大事件に直面し、
私自身も東北大震災時には2日間もディーリングルームで格闘しておりました。

 

そういった様々な世界経済の変化を経験した中で
私自身も強くアドバイスさせていただくのは、
FX市場への参入は、最低限の勉強、予備知識を仕入れてからすることです。

もう既に取引をされている方々も、
今からでも知識を厚くするには絶対に遅くはありません。

専業トレーダーの方は当然のこと、
普段昼間は仕事をしながら空き時間を利用して
数時間の取引をしている方、
携帯でトレードされている兼業トレーダーの方も、

とにかく勝ち組になりたいなら、
もしくは勝つ確率を上げたいのなら、
トレードについてのルールや関連知識は
自分から積極的に学び取っていくようにしましょう。

 

デイトレードを行う際に利用する証券会社(FX取引業者)について

現在は、数多い証券会社やFX会社のシステムは、
当初に比べると安定してきてシステムトラブルも少なくなっているようです。

余程の大きなアクシデントが起きなければ安定してスプレッドの狭いなプライスが供給されています。

しかしながら、取引する会社にはやはり安定して情報が豊富な大手の会社を選択することを推奨します。

超短期のスキャルピング取引を行うなら、主要国の経済指標発表時が狙い目

トレーダーは自分の環境、適性によって取引手法はそれぞれ異なります。

デイトレードとは、基本的に株式取引から来た言葉だと思いますが、
一日のうち短時間で複数回の取引を行ってオーバーナイトポジションを持たないで決済する取引手法です。

通常5分足、60分足、日足のチャートを注視してする短期取引です。

一方、スキャルピングは、ポジション保有時間がデイトレードよりもさらに短い超短期トレードです。

一回の取引のターゲットを3-15ピップスぐらいにして、俊敏な取引を継続しますが、
逃げるときはロスを最小限にする緊張感と動向をウォッチする耐久力を必要とします。

例えばですが、超短期の経済指標時間を中心に狙ったスキャルピング取引をメインで取引される方は、
特に主要国の経済指標発表時にある程度のポイントを稼ぐ手法が有効と言われております。

豪州(オーストラリア)、NZ(ニュージーランド)の経済指標発表時には
結果に素直に反応するケースが多く、後乗りでもピップス(利ざや)が結構取りやすいケースが見受けられます。

その際は出来ればシンプルな1分足の移動平均線か、ボリンジャーバンドを参照しながらが有効です。

もちろん、欧米時間の主要経済指標発表の際も同様ですが、
事前予想と前月データなどを押さえつつ、金融政策発表時のコメントなどを瞬時に判断するためには、
ファンダメンタル分析も少しずつで結構ですので勉強しておくべきでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-12-55

上掲のチャートのように、「スキャルピング」は短期でトレンドが出始めて
一方方向に相場が動いているときにポジションを構築して、決済も俊敏に実行する取引です。

お年寄り世代には向かないかもしれませんが、ゲームに慣れた若い世代の方には案外簡単かもしれません。

まあ、1日の間に何回も取引チャンスはあるということで面白いかもしれませんが、
ロスカットは確実に行うことを心がけましょう。
(この手法の名前を聞いたときは、頭皮の薄い我々中高年が、
シャンプー前に薬品をつけて油を取るような意味かなと思っておりましたら、
頭の皮を剥ぐという意味だそうです)

他に本業があり、FX取引になかなか時間が取れないで
トレンド発生時にポジションを構築するという投資家に有効なのは俗に言うスイングトレードです。

中長期にわたってポジションを保有してある程度大きなプロフィットを目指すスタイルです。

例えば、イギリスのEU離脱問題の国民投票後のポンドなどがよい例です。

ここではいずれにしてもポンドは下がるに違いないと思って
トレンドが出始めのときにポジションを構築する(ポンド売り)ケースを言います。

もちろん、参考チャートは、日足、週足がメインになってきますが、
その際の収益目標は100-300ピップスで引っ張る人は500ピップスぐらい欲張るトレーダーもいますが、
ストップポイントをどの辺に設定するかは、トレンドの強さの見極めとテクニカル分析の認識と
その人の資金力と構築したポジションの大きさによって異なるでしょう。

 

EU離脱の国民投票で起こったサクセスストーリー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-13-40

上掲のチャートは英国のEU離脱の国民投票の結果が出た6月24日からのポンド円の日足移動平均線ですが、
その時に150円超えから、134円まで急落の途中に幸運にも145円でショートを構築することができました。

サプライズ的なニュースであったために欲張って130円にターゲットを設定したところ、
7月の初旬には、なんと目標の130円で決済し、1500ピップスの利益確定となりました。

ストップポイントはトレンドが出た状態であったために
(サプライズ売り)50ピップス上に浅めで設定しておきました。
(まあ、こんなケースは滅多にありませんけど!)

上記のポンド円のスイングトレードの成功例の背景には、
実は、テクニカル分析とファンダメンタル分析の知識が大きく関わっております。

この日は、概ね何といってもEU離脱否定派が勝つだろうというのが、市場関係者の読みでした。
そのため、直前には、ポンドは買われていた中でのサプライズの結果でありました。

テクニカル的には、何個ものサポートポイントをブレイクして
売りが売りを呼んでもうストップの嵐状態であったために、
テクニカル分析及び過去のサプライズアナウンスの経験があるトレーダーは
追っかけても売れる勇気と度胸を持ち合わせていました。

決して相場が冷えるまで安易に値ごろ感で買ったりしてはいけないということです。

ファンダメンタル分析を把握しているトレーダーは、
もし離脱決定になればポンドが暴落するのはわかっていました。

接戦ではあったものの、離脱決定自体がサプライズであったために
ユーロともどもこのような大きな下落ムーブメントを招いたということでしょう。

あとは、スイングトレードにおいてメンタル面は非常に大切です。

デイトレードやスキャルピングと違い
一定期間ポジションキープするという精神的な強靭さが必要なことから、
重圧がかかり、少しばかり相場がアゲインストに動いてきたら利益確定をしてしまったり、
ロスカットしてしまったりするケースが多いのが現実です。

相場の細かい上下動に左右されないメンタルトレーニングを徹底して、
一度決めたポイントまでは我慢を貫き通すことが重要です。

DMIの特徴と売買シグナル

DMI

DMIとは価格の変動幅を基礎にして
トレンドの強弱を見極める為に考案されたテクニカル分析の一つで、
RSIも開発したW.ワイルダー氏によって作られたものです。

 

DMIチャートを読み取ってみよう

DMI

一般的にはローソク足とは分離し、
上記のようにサブチャートに表示させて見ます。

+D1と-D1の2つのラインを基本として見ていくものになりますが、
ADXと組み合わせて利用することもよくあります。

 

2本の線で見る売買シグナル(上記チャート参照)

  •  +D1が-D1を下から上へ上抜けるところが買いシグナル(ピンクボックス)
  • D1が+D1を下から上へ上抜けるところが売りシグナル(ブルーボックス)

 

 ADXと組み合わせたチャート例

ADチャート解説

参考:http://fx10.info/275

  •  黄色い線=ADX,
  • 白線=+D1
  • 赤線=-D1

ピンクの丸印のポイントの+D1と-D1が交差して
ADXラインが高く、傾きが上を向いてきたところが買いエントリーです。

水色の丸印が決済ポイント(利食いチャンス)で
+D1やADXが下がって-D1が上がってきたところがポイントになります

※レンジ相場時にはこの理論は機能しないので注意する。

 

DIチャート解説

参考:http://gachi-fx.jp/2013070210/

 

買いポジション保留中に上昇中に決済ポイントを模索する際には
+DIは頻繁に向きを変更し使いにくいものとなります。

その時に判断し易いのは-D1のラインとなります。

 

上昇しているとき+DIは頻繁に角度を変えてしまいますが、
-DIはなだらかに落ちたままで、そう簡単に傾きを変えません。

この-DIが鋭角に上向いたら、有益な決済サインとなる場合が多くあります。

逆発想で買いポジションをキ―プ時には-DIを、
売りポジションをキープ時には+
DIを参考にすると
意外ですがかなり有効となります。

ADXRをDMIと組み合わせてみる人もいますが、
トレンド発生時がわかりやすくなる利点はありますが、
売買シグナルが遅延する傾向がありますので注意が必要です。

 

  • +DIは「プラス」の方向性を示すので、
    ローソク足の動きと相関します。
  • -DIは「マイナス」の方向性を示すので、
    ローソク足の動きと逆相関します。

ADXは上昇・下落のトレンド強さを示すので、
+DIとADXがともに上昇している時は上昇トレンドの勢いが強く、
-DIとADXがともに上昇している時は下降トレンドの勢いが強いと判断できます。

-DIが+DIを上回ると下降トレンドのサイン、
+DIが-DIを上回ると上昇トレンドのサインを予言することになるのです

ADXの水準が上昇していくケースでは、
トレンドが勢いを増していく様子を示します。

DMI解説

参考:http://www.opticast.co.jp/opt/gcom/kakuzuke/mikata/mikata_dmi.htm