『凡人』が相場で生き残る方法

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに登録しています。
出来たら一日一回↑こちらをクリックしていただけませんでしょうか?
そうすることで僕の記事が少しでも多くの人の目に止まりやすくなります。
応援・・・よろしくお願いいたします!

「利益を切り取る!」
これが僕のデイトレにおける基本的な考え方です。
詳しくは本文にて・・・
↓  ↓  ↓

 

突然で恐縮ですが、
「トレードが上手い」って
どういう基準で決めるのでしょう?

華麗なテクニックがある、とか
千里眼のような眼を持つ、とか
情報分析力に優れている、とか
尋常ではない『胆力』を持っている、とか

想像するに、
いろいろなスキルが思いつきます。

あなたはどれか当てはまるもの
ありますでしょうか。

 

ちなみに僕は
現在のような活動をしている関係からか、
世間では「トレードが上手なオトコ」と
言われる機会が多いです。

けど、本当にそうかなと。。。

世の中に
「天才」と「凡才」がいるとして、
僕は明確に後者・・・

つまり自分自身のことを
『凡人』だとしっかり自覚しているんですよ。

 

その理由は極めてシンプルです。

「僕」がトレードをする際の
メンタルを挙げますと、

1.「チキンハート」である
2.ハンパない「ビビり」である
3.堪え性がない
4.ガマン強くもない
5.持久力もない
6.上下の値動きに翻弄されやすい

ざっと思いつくだけでも
こんだけあります(笑)

 

特筆すべき能力もなければ、
取り立ててセンスが良いわけでもない・・・

そう、どこをどう見ても
『トレードが上手そうな要素』など
一切見いだせないのが「僕」なんです。

けど、なぜか
実際のトレードでは勝てている。。。

 

感じ悪く聴こえるかも知れませんが、
けれども「凡人」がなぜトレードで勝てるのか?

これについては
あなたが余程の天才でない限り、
知っておいても良いように思うんですよね。

今日はそのあたりのお話を少々・・・

 

ちょうど、
当ページの冒頭に貼ってある
直近YouTube動画でトレードをした
「ポンド円」のチャートで解説させていただきますね。

詳しくは
動画を参照いただきたいのですが、

僕がトレード(ショート)をしたのが
黒いワクの部分です。

僕的には10PIPS強の利益を狙っていましたが、
実際の利食いは10PIPS弱でした。

 

ちなみに画像上部の赤い線
画像内最安値付近の赤い線までは
「約80PIPS」あります。

「なんだよ、
プロのくせに80PIPS下げた中の
10PIPSも取れないのかよ!
ダッセ~なぁ。」

もしあなたが
このような感想を持つとして、
僕はそれに対し一切否定しません。

ぶっちゃけ
「そのとおり」だからです(苦笑)

 

おそらく
「トレードが上手な人」であれば、
この間で40~50PIPSは
余裕で取れたことでしょう。

けど僕はそうではない・・・

なぜなら僕のトレードは
「基本ダサい」からです。

 

ダサい理由は上述のとおりでして、
僕は「チキン」で「堪え性」もなく
そして「センス」すらないため、

こういうセコいトレードしか
出来ないワケですね。

 

あ、念のため言っておきますが、
上下の赤い線を上から下まで80PIPS全部取りたい!

もしそう思う人がいるとしたら、
その人が勉強すべきは
「トレード」ではなく『超能力』ですので
そこは悪しからずでお願いします(笑)

※もう一度同じ画像です。

 

さて、、、

生まれ持ったトレードセンスなど
一切ない僕でしたが、
けどトレードで勝ちたいわけです。

そんじゃどうする?って話ですよね。

そこで僕が考えたのが
「逆の発想」でした。

 

チキンで、
堪え性もなくて、
持久力もなくて、
値動きに右往左往させられやすい、

で、あるならば、

「より確実に伸びそうな場面」だけを
「より短時間」で終えるトレードを目指そう!

このような考えにシフトしたんです。

これが僕がよく言う、
『チャートから利益を切り取る行為です。

 

先程のチャートで、
理論上僕がトレード可能な場面は以下となります。

黒枠がショート
赤枠がロングです。

あくまで
「やろうと思えば出来る」
という部分を示しただけで、

実際にこれらを全部トレードすることはありませんので
そこは誤解のないようお願いします。

特に僕は一度目のトレードで勝てると、
そのままやめちゃうことも多いですから。

 

経験上、
ストレスを感じにくいポジション保有時間を
僕は「20~30分」と思っています。

よって、僕のトレードの多くは
その程度の保有しかしません。

 

ただし、
短時間しか保有しないことによる
大きな大きなメリットもあります。

それは
「ボロ負けしにくい」です。

思惑と逆に伸びたらさっさと損切りし、
「次、行ってみよう!」って
アタマを切り替えれば済みますからね。

 

さらには、
利食いだろうと損切りだろうと
どうせ短時間しか保有しない・・・

で、あるならば証拠金に対し
かなりデカめのロット
ぶち込むことが可能となりますよね?

よって僕は
そのようにしているわけです。

 

例えばBTCトレードのほうですが、
僕はビットフライヤーをあまり信用していないこともあり、
何かと言えばすぐに出金します。

少ない時には200万程度しか
口座に残しません。

けどその代わり、
その証拠金に対しフルMAXでロットを入れちゃいます。

口座にナンボ資金があろうとも、
ロットに対する損益は変わりませんからね。

そんなこんなで
証拠金率が100%前後となることなど、
僕にとっては日常茶飯事なんです。

 

あ、今年の1月に
YouTubeでもアップしましたが
僕は昨年末からの約2週間、
ビットコイントレードで資金を5倍に増やしたりもしてます。

こういうのは
証拠金に対しMAXに近いロットを撃てるからこそ
出来る芸当に他なりません。

※当時の動画です。
もし興味があればご覧ください。

 

ま、いろいろ言っていますが、
要するに僕が現状トレードで勝てているのは
「チキン」「臆病」「ビビり」だからだってことです。

 

正直、
まるでカッコよくなどはありません。

けど、いいじゃないですか。

どうせ自分のトレードなんて
誰かに見せるモノじゃないんですから。

 

参考までに言いますが、
「トレードがめっちゃ上手」なのに退場した人を
これまで僕は何十人と見て来ました。

普段は上手い、
けどそれゆえに
『致命的なたった一度の負け』を食らうんですよ。

それが相場だと思っているからこそ、
僕は今日も
「セコいトレード」を繰り返しているのです。

 

僕はよくトレードをボクシングに例えますが、
詰まるところ、

『最後に立っている奴が勝ち』

これが結論ですね。

 

最後にもう一度・・・

『凡人』でもトレードで勝つことは出来ます。

恥ずかしながら
それを証明した人間の一人が
たまたま「僕」なんだと思います。

あなたがもし、
「チキン」で「臆病」で「ビビり」で
堪え性もなく、持久力もなく、
上下の値動きに翻弄されやすい人だとするならば・・・

僕のやり方を
徹底的に真似してみてください。

そう、僕のデイトレとは
「凡人」が相場で生き残ることだけ
目的としたやり方だからです。

 

追伸:
今日のブログでお示しした
それぞれのトレード根拠については
別の機会にお話させていただきますね。

 

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:たった10ヶ月の運用でBTC資産2億円突破!

たった10ヶ月で10BTCを304BTCに増やした
禁断の手法を公開

あなたのビットコインがあれよあれよと増え続ける「BTC増殖ツール」
ビットコインを増やし続けるために必要な“現役稼働中”の 魔法の杖ビットコイン増殖ツールを今なら完全無料にてプレゼントします。
つまりあなたは“今この瞬間”より手持ちのビットコイン枚数を毎日増やし続けることが出来るのです。

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード

12 件のコメント

    • シモモト様
      コメントありがとうございます。

      エラそうにお話してはいますが、
      一応すべて「本音」ではあります^^

      今後もお役に立てる内容に努めますので
      引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生、いつもお世話になっております(^o^)

    ときどき、数億稼いだ後、一気に利益をぶっ飛ばして、消える人を見かけますね。
    長くトレードやっていると、いつか、稼ぎが一気にぶっ飛ばないかの恐怖感はあります^^;
    最後まで立っていたいのですが、立てるかどうかはわかりません^^;
    ということで、今日も退場させられないように、冷静に慎重にトレードしたいと思います(^o^)

    • クリス・マツシタ様
      コメントありがとうございます。

      >ときどき、数億稼いだ後、一気に利益をぶっ飛ばして、消える人を見かけますね。

      ↑確かにいますね^^;;
      アレは「伸るか反るか」でやっているタイプに多いと思います。

      常にフルMAX&イケイケでやるので
      上手くいくと一気に資金増えますけど、
      そのノリのまま続けていくとどこかで大体パンクします。

      見た目は派手でカッコ良いのですが、
      あまりにもギャンブルチックで
      少なくとも「資産運用」ではないですね。

      >長くトレードやっていると、いつか、稼ぎが一気にぶっ飛ばないかの恐怖感はあります^^;

      ↑いやいや、
      普段から利食いと損切りを無茶なくやっていれば
      突然死みたいな負け方はないので大丈夫ですよ。

      僕のやり方が絶対とは言いませんが、
      「基本ノーポジ」
      「保有時間はなるべく短く」
      「やるべきところだけやる」

      ここを徹底してさえおけば
      着実に資金増えますので、そういう感じが良いと思います。

      焦って「今日の大勝」を狙わず、
      コツコツ毎日継続することです。

      それが出来るようになったら
      徐々にロットを上げていくことで
      結果的に「複利」で爆発的に増える日がやってきます♪

      ぜひともがんばってください。

  • ビットコイン、ボラのなさがつらすぎますね。
    結構動いてるなと思って測ったら2000円しか動いてなかったり。
    せっかくビットフライヤーがサーバーを強化して注文が通りやすくなったんですが(もっと早く対応してくれ…)
    どうやらBTCは週足で意識されやすい52週移動平均線付近で揉み合ってるようです。4月上旬の上昇相場の時は52MAでサポートされてからの反発でした。

    話は変わりますが、及川先生はFXのトレードで普段どのくらいレバレッジをかけているのでしょうか?多めのポジション取った時で何倍くらいですか。

    自分も凡人トレードを心がけます。

    • 村崎さま
      コメントありがとうございます。

      >ビットコイン、ボラのなさがつらすぎますね。

      ↑はい・・・本当に参りますね(汗)

      ボラがない時間帯が多いと
      トレンドも信用しにくくなり、
      ポジションを引っ張ることも出来ません。

      よってスキャルピング的なやり方がメインにならざるを得ませんね。

      ただ、そこを割り切ると
      相場自体は結構カンタンではありますので、
      こまめな利食いでコツコツやっていきましょう♪

      >どうやらBTCは週足で意識されやすい52週移動平均線付近で揉み合ってるようです。

      ↑なるほど、ちゃんと確認されてるのですね。
      素晴らしいと思います。

      僕は「どうせスキャル」と思っているため、
      上位足のトレンドやMAはほとんど見ていないんです^^;;

      >及川先生はFXのトレードで普段どのくらいレバレッジをかけているのでしょうか?

      ↑僕はレバレッジの概念はほとんどなくて、
      単純に「ロット数量」でやっています。

      イメージ的には100万円に対し1ロット(10万通貨)を最大4つくらいの割合です。
      この場合、3000万円で1ショット30ロットとなりますが、
      これ以上の資金であっても30ロットを上限にしています。

      慣れ、というか、
      このロットがメンタル的にも一番楽なんです。

      ※ただし国内では無理なので海外口座でのお話です。

      >自分も凡人トレードを心がけます。

      ↑これが結果的に「最強」だと僕は思っています♪

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川さま
    いつも拝見させていただいてます。
    fxでよく負け、遅ればせながらも自分なりに学んだことが、まさに今回の記事の内容です。自分は及川先生からみれば僅かではありますが、口座にそれなりに大きな資金を入れておくことで、中途半端にはやらないようにし、絶対くる!というときにビビりながら勝ち逃げするようにします。

    • ppapさま
      コメントありがとうございます。

      >fxでよく負け、遅ればせながらも自分なりに学んだことが、まさに今回の記事の内容です。

      ↑そうでしたか。
      諸々試行錯誤してたどり着いた結論だとすると
      それが一番「自分らしいスタイル」だと思います。

      本当は苦労なく勝てるようになりたいところですが、
      けどそれだと、どこかで結局「手痛い洗礼」を浴びるのが相場ではないでしょうか。

      「以前は負けてばかりだった」

      これはどこのプロも異口同音に言うセリフでして、
      僕も例外ではありません。

      ヒドイ目に遭った経験があるからこそ、
      今後のトレードに対し常に「戒め」を持って臨めます。

      つまり「過去のボロ負け」は
      財産だと思うくらいで良いのかも知れませんよね。

      逆に「今後」が楽しみだということです♪

      お互いにがんばって勝ち逃げを継続していきましょう。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 及川先生こんにちは。動画やブログいつもかなり参考になっています。

    最近というか少し前から疑問に思っていたのが、TwitterやYouTube、ブログ等で、ひたすら「ビットコインを含めた仮想通貨がこれから上げていくぞ」と常に言い続けてる投資家です。

    人に投資について教えたり仮想通貨について分析・解説してるそこそこ影響力のある人達がそんな事をつい最近も言ってたのですが、結局6月10日に結構な下落をしましたよね。

    及川先生の「状況変化対応」という言葉や、「予想屋になるな」「仮想通貨の信者にはなるな」という言葉が非常に役立ち、そういった根拠に乏しい情報に惑わされずに済みました。

    年内に1BTC=200万300万と言っていたアナリストも最近いましたが、上値が重い中で何を根拠にそう言えるのか不思議でなりません・・・。ポジショントークですかね??

    • NOELさま
      コメントありがとうございます。

      >年内に1BTC=200万300万と言っていたアナリストも最近いましたが、上値が重い中で何を根拠にそう言えるのか不思議でなりません・・・。ポジショントークですかね??

      ↑こちらの件、
      ご返信前に撮った直近のYouTube動画で回答させていただきました。
      良いご質問を頂戴出来て大変ありがたかったです。

      そう、アレはポジショントークというよりかは
      彼らの「願望」じゃないかと僕は思っているわけです。

      もっとも僕自身、
      あまりに閑散とした相場ではやりにくいため、
      少し騰がってもらったほうが良いとは思っています。

      ただし、現状まだまだ詐欺的なICO案件も多く、
      中途半端な上昇転換は彼らを利することにもなるため、
      難しいような気もしますね。

      詐欺的ICOの集金作業に対し、
      一般ユーザーが一切反応しなくなるくらいに
      駆逐されたあたりが底打ちかも・・・

      あくまで漠然とですが、
      現時点ではそんなイメージを持っています。

      >及川先生の「状況変化対応」という言葉や、「予想屋になるな」「仮想通貨の信者にはなるな」という言葉が非常に役立ち、そういった根拠に乏しい情報に惑わされずに済みました。

      ↑このように言っていただけるととても嬉しいです。

      今後も参考にしていただけるような発信を努めたいと思います。
      どうぞよろしくお願いいたします。

  • 初めまして(__)
    貴殿の『3000時間で考える勉強法に納得!?』という動画を、たまたま拝見しました。
    逐一、的を射た良い内容の動画だと思います。

    • y.mさま
      コメントありがとうございます。

      >貴殿の『3000時間で考える勉強法に納得!?』という動画を、たまたま拝見しました。

      ↑こちらは「NERO」の動画ですね。
      僕ともう一人いる、そっちのほうです(笑)

      >逐一、的を射た良い内容の動画だと思います。

      ↑ありがとうございます。
      本人も喜ぶと思います♪

      ちなみに、NEROもブログ記事を更新していますので、
      よろしかったらそちらにもお付き合いいただけますと幸いです。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。