『紀州のドン・ファン』は大往生・・・だと思う件。

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに登録しています。
出来たら一日一回↑こちらをクリックしていただけませんでしょうか?
そうすることで僕の記事が少しでも多くの人の目に止まりやすくなります。
応援・・・よろしくお願いいたします!

大きく勝とうとするとその分リスクも増えます。
僕はなるべく少ないリスクで「適度に勝つ」ことを
常に意識してトレードしているんです。。。
↓  ↓  ↓

 

今日は僕にしては少々
「旬」な話題を取り上げます。

「紀州のドン・ファン」との異名を取る
和歌山の資産家が変死した件・・・

なんとなくですが、
まぁ「他殺」なのかなって感じですよね。

 

この人のことは2年くらい前に
愛人にカネや貴金属を盗まれたとかで
ワイドショーから取材された時の映像を見た記憶があります。

当時は特段何も思わなかったのですが、
今回の件で、この人の著書の表紙画像がテレビに映った途端、
僕の目は一気に釘付けとなりました。


※ネットにて画像検索

 

いい女を抱くためだけに、
私は大金持ちになった

まぁこのあたりのコピーは
編集の人が作ったと推察しますが、

それでも僕には
インパクト充分だったんです。

「言ってみてぇ・・・」

これが偽らざる僕の本音です。

 

いいトシしたオッサンが
取っ換え引っかえ若い愛人を作り、
またそれを自慢することなど、

このご時世では通用しない、
というか、
特にネット上などで
袋叩きに合いかねないことは僕にも想像がつきます。

そもそも世の女性ウケは最悪でしょうし、
オトコ側から見ても、

「ただただカネのチカラに
モノを言わせただけだろ!」

みたいな感じで、
決して尊敬されるような雰囲気には
なりにくいのかな、と思います。

けれどもそんな中、僕がシビれたのは
この人の『現役感』に対してなんです。

 

同著の出版時、この人は75才。

実際のところ、
どの程度「現役」だったのかを
僕は知る由もありませんが、

少なくともソレを公言する様に対し、
今年53才になる僕は
シンプルな『憧れ』を抱いてしまったワケです。

いや、おそらく自分が
もし75才まで生きていたとして
その時点で「現役」ではない可能性のほうが高い・・・

そう思ってしまうことで、
この人に対し
『畏敬の念』を持った、のかも知れません。

そう「愛人」が羨ましいのではなく、
『現役』が羨ましいってことです。

ま、そこはどっちでもいいかな(笑)

 

シモの話はさておき、
僕自身この「現役感」については
かなり意識をしています。

ちょうど前々回のブログでも言いましたが、
僕が今のような活動をしているのも
「ただカネ稼げるだけの廃人」にはなりたくない、
という思いがとても強いからです。

というか、
「現役」でいられなくなることに
死ぬ以上の恐怖を感じているのだと思います。

僕のブログを読んでくださる人の中には
僕と同世代の方がとても多いのですが、
みんな・・・どう感じてるんだろうって、
ここは率直に思いますね。

 

ちなみに僕には娘が3人いまして、
そのうちの二人はすでに成人しました。

彼女らもいずれは結婚したりして、
そんでもって子供でも産んだ日には
僕は立派な「おじいちゃん」です。

「孫」を溺愛する人は多いようですが、
果たして僕もそうなるのかなぁ・・・

現時点ではとても想像が出来ません(苦笑)

 

近年『人生100年時代』などと言われていますが、
僕からすると冗談じゃありません。

とてもじゃないですが
そんなに長生きなどしたくないですね。

かように僕は、
今日も「現役」であり続けることだけを目的に
トレードでカネを稼いでいるのだと思います。

 

「紀州のドン・ファン」に話を戻しますが、
ワイドショーの生前映像を見る限りでは
歩く姿もかなりオボつかなくなっていました。

もし誰かに殺されたのだとして、
そこは不本意だったに違いありませんが、

けれども「現役の終焉」が迫っている中で
その生涯をスパっと終えることが出来たことに対し、
もしかしたらご本人は言うほど恨み節もないのではないか?

不謹慎ながら
ついそんなことを考えてしまう僕なのです。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

よろしかったら「ブログランキング」への
応援クリックをよろしくおねがいいたします。
↓   ↓   ↓


為替・FX ブログランキングへ

無料:たった10ヶ月の運用でBTC資産2億円突破!

たった10ヶ月で10BTCを304BTCに増やした
禁断の手法を公開

あなたのビットコインがあれよあれよと増え続ける「BTC増殖ツール」
ビットコインを増やし続けるために必要な“現役稼働中”の 魔法の杖ビットコイン増殖ツールを今なら完全無料にてプレゼントします。
つまりあなたは“今この瞬間”より手持ちのビットコイン枚数を毎日増やし続けることが出来るのです。

登録者限定特典プレゼント!!
FXism及川公式LINE@

LINE@QRコード

2 件のコメント

  • 私も師匠と同年プラス3歳ですが、そちら方面で現役引退だなんて考えたこと無かったです。
    でも、FXを始めてそろそろ2年半になりますが、それ以来、FXで勝ち続けられる様になるまでは、絶対に買わない。と自らに誓い、未だにそれを守っています。と、言うことは?
    現役で居られるうちにこの状態を脱しないと、早くフケそうでヤバイです。

    • kou0121様
      コメントありがとうございます。

      >私も師匠と同年プラス3歳

      ↑完全に「同世代」ですね♪

      >現役で居られるうちにこの状態を脱しないと、早くフケそうでヤバイです。

      ↑これは・・・
      案外重い課題かも知れませんね^^;;

      正直、まだまだ大丈夫だとは思いますが、
      集中力を高めるためのモチベーションにするのに
      この辺のことを意識するのはアリではないでしょうか。

      僕はかねてから言っているのですが、
      モノゴトを成し遂げるための原動力って
      まずは『己の欲望』だと思うからです。

      社会貢献など崇高な志は確かに素晴らしいですが、
      それだと達成出来ないことに対する「痛み」がなく、
      結果的に遠回りになると僕は経験上そう思っています。

      当初はエゲつないくらい「己の欲望」を満たすため
      ストレートにがんばるのが早道だと思いますので
      ぜひともがんばってください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    及川 圭哉


    1965年12月29日生まれ。52歳。 常勝トレーダー集団「FXism(エフエックスイズム)」の中心人物で投資歴は1998年以来の18年。 現在に至るまでの道のりは決して 順風満帆ではなく、6度の無一文を経験する。 2006年、これまでの失敗と向き合い、3勝7敗でも利益が出せる独自の投資手法を構築。 これがきっかけとなり多額の資産を一気に築き上げることに成功する。