ビットコインVS金相場

ビットコインと金

ビットコインの相場の動向があまりにも激しいので色々と調べてみたら、
面白い事実がわかりましたのでのご紹介いたします。

ゴールドに対する価格動向をみたら実に凄い内容なのです。

 

 

ビットコインの対ドル相場の推移

先ずは平凡にビットコインの対ドル相場の推移を見てみましょう。

ビットコイン対ドル推移

ビットコイン価格は、なんとも凄い動きをしておりますが、
2013年初頭はほとんど0であったものが
その年の年末には1200ドルに迫るような勢いで上昇!

確かその時に中国政府が強硬な規制をかけて暴落した結果があります。

 

「中国の中央銀行は2013年12月初め、
Bitcoinは中国では法的に保護されておらず、
金融機関によるBitcoinの使用を禁止・・・
既存のマネーロンダリング(資金洗浄)法を修正して、
Bitcoinをより規制できる新たな法制定を検討していると報じた。」

 

その後マウントゴックスの破たんのゴタゴタもあり
200ドルを割り込む不遇の時間を過ごした後、2015年から再び上昇。

米大統領選後から時代のパラダイム変化を感じ取ったのかほぼ垂直の上げ、
そして年が明けて300ドル規模の下落と半値戻しとめまぐるしい動きだったのが理解できます。

 

ゴールドの対ドル価格とビットコインの対ドル価格

ここからが本番で、ゴールドの対ドル価格を
ビットコインの対ドル価格で割ったものを計算してチャートにしてみました。

先ずは、単に記録が取れるところまで遡ったという意味で
2010年8月から2013年末までの期間をみると下のようになります。

金とビットコイン

2010年9月には1オンスあたり20,000ビットコイン以上必要だったのが
2013年末にはほぼ1オンスあたり1.6ビットコインで買えてしまうなんて!!

あまりに変動が大きいので
対数目盛りにしないとチャートの体をなさないほどのデータになるのです。

 

しかしながら、2013年以前なんて
ビットコインの流通量は確かスズメの涙ほどでしたでしょうし、
市場を形成する以前の話だと思うので
上のチャートは余興として見ていただいてもいいのですが、
価格動向を理解する上で参照しておいてください。

事実として20,000の価値があったものが1.6へ…
通貨ペアの中ではこんな極端な動きをしているものは見当たりません。

 

*そして下記のチャートが、本題の2013年末からの相場です。

金とビットコイン

2014年の金価格の上昇は対ビットコイン相場にも反映されていますね。

その後の金の下落も良く出ています。これなら相場として成立しそうですね。

トレンドの循環もかなりきれいに出ていますので
この兆候を見ると為替をよりも儲かる可能性は大きいかもしれません。

 

ビットコインのこれから

政府による管理が絶対条件ではないことを考慮してみても、
ビットコインが通貨として普及しても不思議ではないはずで
ビットコインが金本位制に近い存在だとすると、
今後、金(ゴールド)と同じような値動きが
長く続く可能性
があるのではないかという事実が見えてきたということです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す