押さえておこう!ユーロ取引における予備知識

ユーロ取引の予備知識

ここでは、ユーロ取引における予備知識を紹介していきます。

 

ユーロ取引の予備知識

EURJPYを買ってもスワップ金利がつかず、逆に金利支払いとなる。

なぜそんなことが起こるかというと、
政策金利が欧州は0.05%、日本は0.10%と欧州のほうが日本より金利が低いからです。

逆にEURJPYを売ればスワップポイントをもらえます。ちなみに米国は0.5%です。

 

欧州中央銀行本部がドイツフランクフルトにある理由

ユーロという共通通貨が出来た時に、
欧州中央銀/ECBの本部をドイツの中央銀行のブンデスバンクがある
ドイツのフランクフルトに決めた理由は、
欧州の金融政策でリーダーシップをドイツにもたせることで、
欧州の物価の安定度を印象付けるものであった。

 

EUR誕生前にインターバンクで取引されていた主要通貨

  • ドイツ―ドイツマルク
  • フランス―フラン
  • イタリア―リラ
  • オランダ―ギルダー(ダッチギルダー)など

金融政策の一本化が実施された事になるのだが、
例えばポルトガルが景気悪化の為に金融緩和で金利を下げたくても
ドイツが景気上昇・物価上昇で金利を上げたいなどの状況下でも
欧州のユーロ導入国全体で平均的な選択をするしかない。

 

ギリシャ危機でECBが大量の国債購入を実施した理由

ギリシャ危機の時においては、EUの国債の防御の為に
ECB(欧州中央銀行)が大量の国債購入を実施したのは
より深刻な金融危機を起こさない為の選択肢であった。

 

EURの政策金利の推移

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 0.05 0.05 0 0 0 0 0 0 0 0
2015年 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
2014年 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.15 0.15 0.15 0.05 0.05 0.05 0.05
2013年 0.75 0.75 0.75 0.75 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.25 0.25
2012年 1 1 1 1 1 1 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75
2011年 1 1 1 1.25 1.25 1.25 1.5 1.5 1.5 1.5 1.25 1
2010年 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

 

EURの政策金利の推移

EURGBPの推移

参考:http://gardenforex.com/article/eur-gbp/

 

日本ではEURJPYとEURUSDの取引は人気がありますが、
海外、特にロンドン市場では、EURGBPは、EURUSD、GBPUSDとともに
先行通貨ペアとして取引される通貨ペアの中でも取引高は多くあります。

他にも、EURCHFをはじめEURCADやEURAUDなども取引されているのを認識しておきましょう。

 

パリティ

EURは2016年11月現在に年初来安値を更新しているが、
ドルブル相場継続となればパリティまでいきそうな気配です。

※パリティとは2通貨の通貨価値が同等・等価になることです。
1$=1EUR, 1AUD=1NZD
実際にEURGBPやEURCHF,AUDNZDなどで起こりました。

 

最新のグローバル取引量上位通貨

  • EURUSD 23%
  • USDJPY 18%
  • GBPUSD 9%
  • AUDUSD 5%
  • USDCAD 4%
  • USDCHF 4%
  • EURGBP 2%
  • EURJPY 2%
  • EURCHF 1%  その他省略

SNSでもご購読できます。

コメントを残す